2024/06/25 更新

写真a

ホシノ サヤカ
星野 さや香
HOSHINO Sayaka
所属
医歯学総合病院 泌尿器科 助教
職名
助教
通称等の別名
秋山 さや香
外部リンク

学位

  • 医学士 ( 2008年3月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 泌尿器科   助教

    2020年4月 - 現在

留学歴

  • 神奈川県立こども医療センター  

    2014年4月 - 2016年3月

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Asymptomatic bilateral delayed ureteral obstruction following dextranomer/hyaluronic acid copolymer (Deflux) injection for vesicoureteral reflux.: A case report. 国際誌

    Sayaka Hoshino, Kenji Obara, Tatsuhiko Hoshii, Yoshihiko Tomita

    Urology case reports   35   101539 - 101539   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We here present a case of a 4-year-old girl who exhibited an asymptomatic bilateral de novo hydroureteronephrosis seven months after undergoing endoscopic treatment for bilateral vesicoureteral reflux. The child underwent an open bilateral reimplantation. Intraoperatively, a 14 mm nodule on the right and a 16 mm on the left located periureteral orifice were observed. When a small incision was made on nodules, a yellowish-white mucinous fluid flowed out.

    DOI: 10.1016/j.eucr.2020.101539

    PubMed

    researchmap

  • Virilization of a female infant genitalia caused by a maternal androgen-producing adrenocortical tumor: A case report. 国際誌

    Sayaka Hoshino, Kenji Obara, Tatsuhiko Hoshii, Hiroo Kuroki, Kazuhiro Watanabe, Yoshihiko Tomita

    Urology case reports   32   101253 - 101253   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    A 4-month-old girl presented us with genital ambiguity. The patient had a persistent urogenital sinus, posterior labial fusion with clitoromegaly. MRI reveals ovary-like mass in left inguinal region and right abdominal cavity. Uterus and vagina was also identified. Her mother was diagnosed with a right androgen-producing adrenocortical tumor 14 months after the birth of a virilized infant.

    DOI: 10.1016/j.eucr.2020.101253

    PubMed

    researchmap

  • Free Tube Graft Urethroplasty for Repair of Hypospadias. 国際誌

    Kenji Obara, Tatsuhiko Hoshii, Sayaka Hoshino, Kazutoshi Yamana, Tsutomu Anraku, Ryo Maruyama, Hiroo Kuroki, Fumio Ishizaki, Hiroyuki Yamazaki, Yoshihiko Tomita

    Urologia internationalis   104 ( 5-6 )   386 - 390   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    INTRODUCTION: We aimed to assess the outcome of free tube graft urethroplasty for single-stage repair of hypospadias with chordee in children. MATERIALS AND METHODS: We retrospectively evaluated a series of 56 patients (16 months to 9 years old, median 24 months) who underwent free graft urethroplasty for repair of hypospadias with chordee between May 2005 and November 2017. The median follow-up was 7 years (range 1-11). RESULTS: After releasing the chordee, the hypospadiac orifice was retracted to become penile in 32 patients (57%), penoscrotal in 18 patients (32%), and scrotal in 6 patients (11%). Single-stage repair was achieved without complications in 42 patients (75%). Of the remaining 14 patients with postoperative complications requiring surgical intervention, 2 had meatal stenosis, 9 had urethrocutaneous fistula, 1 had urethral diverticulum without meatal stenosis, and 1 had meatal regression. One patient who complained the urine stream went upwards in an arc underwent cutback meatoplasty to correct the stream. In all patients, a neomeatus with a vertically oriented slit-like appearance was eventually achieved at the tip of the glans. CONCLUSION: A free graft is an appropriate choice for repairing hypospadias with chordee. Our procedure achieved favorable functional and cosmetic outcomes with a low postoperative morbidity rate.

    DOI: 10.1159/000504146

    PubMed

    researchmap

  • Prevention of ventriculoperitoneal shunt complications after intraperitoneal urological surgeries. 国際誌

    Takashi Ikeda, Sayaka Akiyama, Woo Jin Kim, Susumu Ito, Yuichiro Yamazaki

    Journal of pediatric surgery   52 ( 7 )   1169 - 1172   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To evaluate perioperative management for the prevention of postoperative shunt infection and malfunction after intraperitoneal urological surgery in patients with myelodysplasia and a ventriculoperitoneal shunt. METHODS: From 2005 to 2015, 20 consecutive patients with myelodysplasia and a ventriculoperitoneal shunt who underwent intraperitoneal urological surgeries were managed with the same perioperative regimen. Intraperitoneal surgeries involved opening gastrointestinal tracts, including bladder augmentation by enterocystoplasty, creating continent catheterizable channels and Malone antegrade continent enema. We compared results with those from seven previous reports regarding postoperative shunt complications, surgical histories of previous shunt revisions, management of bacteriuria before surgery preoperative bowel preparation, antibiotic regimens, and duration of indwelling drain. RESULTS: Of 20 patients, 18 received prior shunt revisions, and 14 had positive urine culture before surgery that was managed with oral antibiotics. Thirteen patients underwent bladder augmentation with ileum, and one underwent augmentation with sigmoid colon. Nineteen patients underwent Malone antegrade continent enema using the appendix. All parenteral antibiotics were stopped on postoperative day 2.5. Mean duration of indwelling peritoneal drain was 2.7days. Mean follow-up period was 59.8months. Neither postoperative shunt infections nor intraperitoneal shunt malfunctions were recognized during follow-up period. CONCLUSIONS: This is the first study to evaluate postoperative ventriculoperitoneal shunt complications in patients with myelodysplasia who underwent intraperitoneal urological surgeries with a specific perioperative regimen. Shunt complications are greatly reduced by rigorous perioperative management, including preoperative control of bacteriuria, appropriate administration of prophylactic antibiotics, and early removal of intraperitoneal drains. LEVELS OF EVIDENCE: The type of study: Case series with no comparison group, IV.

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2016.09.073

    PubMed

    researchmap

  • Retroperitoneoscopic assisted single-site pyeloplasty using EZ access in children: Comparison with open dismembered pyeloplasty. 国際誌

    Yuichiro Yamazaki, Woo Jin Kim, Sayaka Akiyama, Takashi Ikeda

    Journal of pediatric surgery   52 ( 4 )   574 - 577   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The aim of this study was to compare the results of the retroperitoneoscopic assisted pyeloplasty (RASP) using EZ access (silicone rubber cap) with open dismembered pyeloplasty (ODP) in children. METHODS: A retrospective review was performed of patients treated for ureteropelvic junction (UPJ) obstruction with either RASP or ODP from 2010 to 2015. For patients with RASP, two 5-mm trocars were placed in the EZ access. The UPJ was dissected retroperitoneoscopically and dismembered pyeloplasty was performed extracorporeally. Patient demographics and operative outcomes were compared between the groups. RESULTS: A total of 50 children were included, with 25 RASP and 25 ODP. Mean patient age was 49months in the RASP group and 53months in the ODP group. Perioperative outcomes, including operative time (185 vs 188min) and postoperative hospital stay (2.0 vs 2.2days), were similar between the two groups. Mean skin scar length (17 vs 34mm) was significantly smaller in the RASP group. The postoperative success rate (96% vs 100%) was not significantly different between the groups. CONCLUSIONS: The RASP represents a safe and effective single-site procedure in children. This procedure significantly reduces the skin scar length and has equivalent surgical outcomes to ODP. THE TYPE OF STUDY: Retrospective comparative study. LEVELS OF EVIDENCE: III.

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2016.09.056

    PubMed

    researchmap

  • Prepubertal testicular tumors: a single-center experience of 44years. 国際誌

    Sayaka Akiyama, Kazuyo Ito, Woo Jin Kim, Yukichi Tanaka, Yuichiro Yamazaki

    Journal of pediatric surgery   51 ( 8 )   1351 - 4   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To present the clinical and histological features of prepubertal testicular tumors (PTTs), the long-term experience of a single institution was reviewed. MATERIALS AND METHODS: A total of 62 prepubertal children who were treated for testicular tumors at Kanagawa Children's Medical Center from 1971 to 2014 were retrospectively reviewed. Histopathological findings, age at operation, clinical stage, and outcomes were analyzed. Clinical findings between the two eras, 1971-1990 and 1991-2014, were also compared. RESULT: The median age at operation was 17months. Pathology revealed 29 teratomas (47%), 26 yolk sac tumors (42%), 5 epidermoid cysts (8%), 1 Sertoli cell tumor (1.5%), and 1 benign cyst (1.5%). Teratoma was the most common tumor in this series, and children with immature teratomas were operated at a significantly younger age than those with mature teratomas. Yolk sac tumor was the second most common. The clinical stages of yolk sac tumors were stage I in 23 (89%) and stage II in 3 (11%). Clinical findings were not significantly different between the early and late eras. CONCLUSIONS: To the best of our knowledge, this is the largest single-center study of PTTs in Japan. The most common PTT in this study was teratoma, followed by yolk sac tumor. There was no significant difference in the histological distribution of PTTs between the two eras. Compared with the current data of single-center series in North America, the incidence of yolk sac tumor was markedly higher in the present study. This discrepancy is possibly explained by racial differences.

    DOI: 10.1016/j.jpedsurg.2016.02.042

    PubMed

    researchmap

  • OP-028 早期前立腺癌に対する待機療法 : 当院症例での検討(前立腺腫瘍/診断・マーカー1,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会)

    斎藤 俊弘, 小林 和博, 秋山 さや香, 若月 俊二, 北村 康男

    日本泌尿器科学会雑誌   102 ( 2 )   345 - 345   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.102.345_4

    CiNii Article

    researchmap

  • OP-044 stage I精巣腫瘍の検討(精巣腫瘍,一般演題口演,第99回日本泌尿器科学会総会)

    小林 和博, 秋山 さや香, 斎藤 俊弘, 北村 康男, 若月 俊二, 川崎 隆

    日本泌尿器科学会雑誌   102 ( 2 )   348 - 348   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本泌尿器科学会  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.102.348_2

    CiNii Article

    researchmap

  • 移植後早期に心虚血性変化を認めた献腎移植の1例

    秋山 さや香, 中川 由紀, 齋藤 和英, 池田 正博, 小林 和博, 高橋 公太

    腎移植・血管外科   22 ( 1 )   45 - 49   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:腎移植・血管外科研究会  

    48歳男性。慢性腎不全のため36歳時に透析導入。47歳時に狭心症発作に対してPCI施行。その7ヵ月後、献腎移植のレシピエントに選定され入院し、同日移植術が施行された。シクロスポリン(CYA)による免疫抑制療法が導入されたが、利尿がつかず、CYAの腎毒性が疑われた。第12病日にCYAをタクロリムス(FK)に変更し、透析回数7回で第15病日に透析を離脱した。術後軽度胸痛あり、心筋シンチでanteroseptalに集積の低下を認めた。第27病日に狭心症発作を来たしたため、FKをCYAに再置換した。第49病日に再び狭心症発作を来たしたため第54病日に再度PCIを施行され、第68病日に退院した。その後発作なく経過している。(著者抄録)

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 母のアンドロゲン産生副腎腫瘍により女児外性器の男性化を生じた1例

    星野 さや香, 小原 健司, 星井 達彦, 黒木 大生, 渡邉 和博, 冨田 善彦

    日本小児泌尿器科学会雑誌   29 ( 2 )   234 - 234   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 後部尿道弁の3症例

    星野 さや香, 小原 健司, 星井 達彦, 山名 一寿, 冨田 善彦

    日本小児泌尿器科学会雑誌   28 ( 2 )   200 - 200   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 転移性ホルモン感受性前立腺癌に対する複合アンドロゲン遮断(CAB)療法unfitな因子の検討

    田所 央, 星野 さや香, 今井 智之, 川上 芳明, 冨田 善彦

    日本泌尿器科学会総会   107回   OP - 263   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 瘻孔の存在証明に苦慮した直腸(肛門管)尿道瘻の1例

    塩畑 健, 梅津 守一郎, 十河 剛, 小林 宗也, 乾 あやの, 藤澤 知雄, 秋山 さや香, 山崎 雄一郎, 新開 真人

    神奈川医学会雑誌   46 ( 1 )   58 - 58   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県医師会  

    researchmap

  • 超高齢化社会における泌尿器科がん外科治療における問題点

    星野 さや香, 冨田 善彦

    腎臓内科・泌尿器科   8 ( 5 )   496 - 502   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 術前EP療法を行った膀胱小細胞癌の1例

    松本 華奈, 星野 さや香, 今井 智之, 川上 芳明

    新潟市民病院医誌   39 ( 1 )   113 - 113   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    researchmap

  • 鎖肛に合併した尿道下裂の治療戦略について

    星野 さや香, 今井 智之, 平山 裕, 仲谷 健吾, 水澤 隆樹, 奥山 直樹, 小原 健司

    日本小児泌尿器科学会雑誌   27 ( 2 )   238 - 238   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 重複腎盂尿管に伴う異所性尿管瘤に対して経尿道的尿管瘤切開術を施行した症例

    小原 健司, 星井 達彦, 山名 一寿, 石崎 文雄, 黒木 大生, 晝間 楓, 結城 恵里, 星野 さや香, 冨田 善彦, 水澤 隆樹

    日本泌尿器科学会総会   106回   OP - 456   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 腹腔鏡下子宮全摘術後に尿管損傷を来し、ステント留置で軽快した一例

    冨永 麻理恵, 森川 香子, 小川 裕太郎, 上村 直美, 常木 郁之輔, 田村 正毅, 柳瀬 徹, 倉林 工, 星野 さや香, 今井 智之, 川上 芳明

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   33 ( Suppl.I )   932 - 932   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    researchmap

  • 小児泌尿器手術におけるシングルポート鏡視下手術に関する研究(第5報)

    金 宇鎮, 山崎 雄一郎, 秋山 さや香, 池田 敬至

    こども医療センター医学誌   46 ( 3 )   170 - 171   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    researchmap

  • 陰嚢部尿道下裂に対するThiersch-Duplay二期的手術法の成績

    小原 健司, 山名 一寿, 山崎 裕幸, 安樂 力, 黒木 大生, 星野 さや香, 長谷川 素, 冨田 善彦

    日本小児泌尿器科学会雑誌   26 ( 2 )   248 - 248   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 膀胱横紋筋肉腫に対する膀胱全摘・回腸導管管理後に禁制型代用膀胱への尿路変向を行った2症例

    秋山 さや香, 伊藤 和代, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本小児泌尿器科学会雑誌   26 ( 1 )   103 - 106   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    症例1:9歳女性。2歳時に膀胱横紋筋肉腫に対し、化学療法及び放射線療法ののち、膀胱全摘・回腸導管造設術を施行した。その後再発なく経過し、9歳時に回腸導管閉鎖を希望され、結腸利用の禁制型代用膀胱を造設した。術後10年間合併症なく経過している。症例2:22歳女性。2歳時に膀胱横紋筋肉腫に対し、化学療法ののち、膀胱全摘術・術中照射・回腸導管造設術を施行した。その後再発なく経過し、22歳時に回腸導管閉鎖を希望され、回腸導管と結腸利用の禁制型代用膀胱を造設した。術後1年半経過したが、術後早期から認めていた導尿路からの失禁に対し、10ヵ月目にデフラックス注入を行い改善が得られた。近年、膀胱横紋筋肉腫で膀胱全摘となる小児に対し、その後の尿路再建として、回腸・結腸導管などの失禁型ストーマに代わり、導尿型及び自排尿型の禁制型代用膀胱を選択するケースも増えている。しかし、幼児期に膀胱全摘術を受け、原病のコントロールがついてもなお、回腸導管管理のまま思春期を迎え、社会的障害やボディイメージの障害に苦しむ患者がいる。そのような患者に対し、回腸導管から禁制型代用膀胱への尿路復元は有効な治療手段の一つであると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 小児原発性膀胱尿管逆流症に対する内視鏡的Hyaluronic acid/dextranomer注入療法の成績

    小原 健司, 星野 さや香, 安楽 力, 山崎 裕幸, 黒木 大生, 瀧澤 逸大, 山名 一寿, 冨田 善彦

    日本泌尿器科学会総会   105回   OP51 - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 二分脊椎症における腎尿路/排泄機能障害の早期診断・治療に関する研究

    山崎 雄一郎, 金 宇鎮, 秋山 さや香, 池田 敬至

    こども医療センター医学誌   45 ( 4 )   256 - 257   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    researchmap

  • 小児泌尿器手術におけるシングルポート鏡視下手術に関する研究(第4報)

    金 宇鎮, 山崎 雄一郎, 秋山 さや香, 池田 敬至

    こども医療センター医学誌   45 ( 3 )   168 - 170   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    researchmap

  • 二分脊椎症小児における腎尿路・排泄機能障害の早期発見・診断・治療・管理に関する研究(第6報)

    山崎 雄一郎, 金 宇鎮, 秋山 さや香, 池田 敬至

    こども医療センター医学誌   45 ( 3 )   158 - 160   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    「二分脊椎症小児における腎尿路・排泄機能障害の早期発見・診断・治療・管理に関する研究」の第6報として、本年度主眼研究である「神経因性膀胱患児に対する筋膜スリング手術「DOUBLE FASCIAL SLING(DFS)」による尿失禁制御の成績評価」および「開放性脊髄髄膜瘤患児において、車いす移動や脳室腹腔シャント留置が下部尿路機能異常のリスク因子となるか」について報告した。「神経因性膀胱患児に対する筋膜スリング手術「DOUBLE FASCIAL SLING(DFS)」による尿失禁制御の成績評価」については、2010年〜2014年に当科(県立こども医療センター・泌尿器科)でDFSを施行した16名(男児9名、女児7名、5〜20歳、平均年齢13歳)の成績は、16名中11名で尿失禁が消失、4名で改善し、DFSの成功率は93%であった。「開放性脊髄髄膜瘤患児において、車いす移動や脳室腹腔シャント留置が下部尿路機能異常のリスク因子となるか」では、2005年10月〜2014年3月にビデオウロダイナミクス検査(VUDS)を施行した開放性脊髄髄膜瘤患児93名(男児41名、女児52名、VUDS時年齢5.1〜17.9歳、平均年齢12.0歳)を対象に後ろ向きに検討した結果、VUDSの異常所見である最大排尿筋圧40cmH2O以上(MDP≧40)と歩行不能との関連は認められなかった。一方、歩行可能はVUDSの異常所見である膀胱肉柱形成および膀胱尿管逆流のリスク因子で、この傾向は思春期前ではみられず、思春期後に顕著であった。また、脳室腹腔シャント留置は、思春期後におけるMDP≧40のリスク因子であった。

    researchmap

  • 【腎と透析診療指針2016】(第3章)生検、画像診断 排尿時膀胱尿道造影(VCUG)、利尿レノグラム、DMSAシンチグラフィ

    秋山 さや香, 山崎 雄一郎

    腎と透析   80 ( 増刊 )   101 - 104   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    researchmap

  • 肝下面への付着を認めた腹腔内精巣の1例

    秋山 さや香, 池田 敬至, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本小児泌尿器科学会雑誌   25 ( 3 )   287 - 287   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 胎児期に対側腎盂破裂を生じたcecoureteroceleの1例

    小原 健司, 安樂 力, 池田 正博, 小松 集一, 水澤 隆樹, 丸山 亮, 秋山 さや香, 冨田 善彦

    日本小児泌尿器科学会雑誌   25 ( 3 )   295 - 295   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 腸管利用尿路再建術後の脳室腹腔シャント合併症予防は可能か? 周術期管理に関するprospective trial

    池田 敬至, 秋山 さや香, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本小児泌尿器科学会雑誌   25 ( 3 )   279 - 279   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 小児原発性膀胱尿管逆流症(VUR)に対する内視鏡的hyaluronic acid/dextranomer注入療法の成績

    小原 健司, 秋山 さや香, 鳥羽 智貴, 星井 達彦, 瀧澤 逸大, 安樂 力, 山名 一寿, 乾 幸平, 冨田 善彦

    泌尿器外科   29 ( 臨増 )   890 - 890   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • シングルポートアクセス法による後腹膜鏡併用小児腎盂形成術の成績 開放手術との比較

    山崎 雄一郎, 金 宇鎮, 秋山 さや香, 池田 敬至

    日本泌尿器科学会総会   104回   OP - 202   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 表現型が左停留精巣のみであった混合性性腺異形成症の1例

    池田 敬至, 秋山 さや香, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    泌尿器外科   29 ( 4 )   445 - 445   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 近位尿道下裂に対する二期手術合併症の検討 亀頭離解のリスク因子

    金 宇鎮, 池田 敬至, 秋山 さや香, 山崎 雄一郎

    日本泌尿器科学会総会   104回   PP2 - 162   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 停留精巣に精索捻転を合併した1例

    池田 敬至, 秋山 さや香, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    泌尿器外科   29 ( 1 )   91 - 91   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 二分脊椎症における腎尿路/排泄機能障害の早期診断・治療に関する研究

    山崎 雄一郎, 金 宇鎮, 秋山 さや香, 伊藤 和代

    こども医療センター医学誌   44 ( 4 )   252 - 252   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    researchmap

  • 小児泌尿器手術におけるシングルポート鏡視下手術に関する研究(第3報)

    金 宇鎮, 山崎 雄一郎, 秋山 さや香, 伊藤 和代

    こども医療センター医学誌   44 ( 3 )   165 - 167   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    researchmap

  • 二分脊椎症小児における腎尿路・排泄機能障害の早期発見・診断・治療・管理に関する研究(第5報)

    山崎 雄一郎, 金 宇鎮, 秋山 さや香, 伊藤 和代

    こども医療センター医学誌   44 ( 3 )   143 - 145   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神奈川県立こども医療センター  

    自己導尿管理中の二分脊椎患児において、日常診療での膀胱前壁厚エコー測定値からウロダイナミクス検査の測定値を予測することが可能であるか検討した。対象は、当科で2012年9月〜2013年8月にvideo-urodynamic study(VUDS)を施行した当該患児51例とし、エコーによる膀胱前壁厚の測定を同時に行い、VUDSにおける各異常所見(「高圧膀胱」「低コンプライアンス膀胱」「排尿筋過活動」「膀胱肉柱」「膀胱尿管逆流」)との相関性について解析した。結果、膀胱前壁厚エコー測定値は[膀胱肉柱]とのみ有意な相関を示した。

    researchmap

  • 脊髄髄膜瘤患者における乳幼児期腎瘢痕形成について 0歳時DMSA腎シンチグラフィー、ビデオウロダイナミクス検査所見からの検討

    秋山 さや香, 伊藤 和代, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本小児泌尿器科学会雑誌   24 ( 2 )   232 - 232   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 尿道下裂二期手術の検討 白膜補填の有無による比較

    金 宇鎮, 秋山 さや香, 山崎 雄一郎

    日本小児泌尿器科学会雑誌   24 ( 2 )   195 - 195   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 膀胱尿管逆流症の術後フォローアップ 手術施設でどこまで行うべきか

    秋山 さや香, 金 宇鎮, 伊藤 和代, 山崎 雄一郎

    泌尿器外科   28 ( 臨増 )   838 - 838   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 開放性脊髄髄膜瘤患児において、車いす移動や脳室-腹腔シャント留置が下部尿路機能異常のリスク因子となるか

    金 宇鎮, 伊藤 和代, 秋山 さや香, 山崎 雄一郎

    日本泌尿器科学会総会   103回   488 - 488   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 片側膀胱尿管逆流症に対する膀胱外再建法 鼠径アプローチか、下腹部横切開か?

    伊藤 和代, 秋山 さや香, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本泌尿器科学会総会   103回   517 - 517   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 当院における思春期前精巣腫瘍44年の検討

    秋山 さや香, 伊藤 和代, 金 宇鎮, 田中 水緒, 田中 祐吉, 山崎 雄一郎

    日本泌尿器科学会総会   103回   543 - 543   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 片側膀胱尿管逆流に対する膀胱外再建法 鼠径アプローチか、下腹部横切開か?

    伊藤 和代, 秋山 さや香, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本逆流性腎症フォーラム記録集   23回   35 - 37   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本逆流性腎症フォーラム  

    researchmap

  • 今、VURとRN患児のフォローアップ、私はこうしている、私はこう考える 膀胱尿管逆流に対し膀胱尿管吻合を行った乳幼児に対しての術後フォローアップ方針の検討

    秋山 さや香, 伊藤 和代, 金 宇鎮, 山崎 雄一郎

    日本逆流性腎症フォーラム記録集   23回   33 - 34   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本逆流性腎症フォーラム  

    researchmap

  • 二分脊椎症による神経因性下部尿路機能障害患者における清潔間欠導尿の尿失禁に対する効果

    小原 健司, 秋山 さや香, 星井 達彦, 丸山 亮, 田所 央

    日本排尿機能学会誌   25 ( 1 )   182 - 182   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本排尿機能学会  

    researchmap

  • 小児原発性膀胱尿管逆流症(VUR)に対する内視鏡的hyaluronic acid/dextranomer注入療法の成績

    小原 健司, 秋山 さや香, 鳥羽 智貴, 星井 達彦, 瀧澤 逸大, 石川 昌子, 高橋 公太

    日本小児泌尿器科学会雑誌   23 ( 2 )   220 - 220   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • ドセタキセル治療後の転移性去勢抵抗性前立腺癌患者に対するケトコナゾールの治療経験

    瀧澤 逸大, ビリーム・ウラジミル, 秋山 さや香, 小松 集一, 笠原 隆, 谷川 俊貴, 西山 勉, 高橋 公太

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   2230 - 2230   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 尿道下裂手術 そのゴールは? 自然な外観を目指して

    小原 健司, 新井 啓, 原 昇, 星井 達彦, 小松 集一, 瀧澤 逸大, 安藤 嵩, 秋山 さや香, 筒井 寿基, 高橋 公太

    泌尿器外科   27 ( 臨増 )   673 - 676   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    Free graft法を用いて尿道下裂修復術を行った症例の外観をHOPEスコアを用いて検討した。Free graft法を用いて尿道下裂修復術を行った19例を対象とした。外尿道口の位置、外尿道口の形態、亀頭の形態、包皮の形態、陰茎捻転の程度、陰茎前屈の程度を術者以外の3例の日本泌尿器科学会専門医が複数の写真セットより判定した。判定結果より外尿道口の形態は縦のスリットであるがスリットか長すぎる傾向があった。また、亀頭形態では外尿道口のスリットの近位に正常な亀頭のブリッジがなくスリットが冠状溝にかかっている症例かみられた。包皮形態では包皮の非対称やたるみが指摘された症例があった。

    researchmap

  • 巨大膿腎症を契機に発見された腎盂尿管移行部狭窄症の1例

    秋山 さや香, ビリーム・ウラジミル, 瀧澤 逸大, 小松 集一, 笠原 隆, 小原 健司, 西山 勉, 高橋 公太

    泌尿器外科   27 ( 臨増 )   775 - 775   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 腹部大動脈解離を伴う腎部分切除術後仮性動脈瘤に対しTAEが奏功した1例

    安楽 力, 秋山 さや香, 瀧澤 逸大, 小松 集一, 笠原 隆, 小原 健司, 高野 徹, 西山 勉, 高橋 公太

    日本泌尿器科学会総会   102回   608 - 608   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会総会事務局  

    researchmap

  • 虫垂を利用した尿管皮膚瘻の1例

    羽場 知己, 秋山 さや香, 小池 宏, 森井 章裕

    泌尿器科紀要   59 ( 9 )   618 - 618   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:泌尿器科紀要刊行会  

    researchmap

  • 当科における異所開口尿管症例の検討

    秋山 さや香, 小原 健司, 星井 達彦, 新井 啓, 安藤 崇, 山口 峻介, 西山 勉, 高橋 公太

    日本小児泌尿器科学会雑誌   22 ( 2 )   240 - 240   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 精巣腫瘍stage I症例の検討

    小林 和博, 田所 央, 斎藤 俊弘, 北村 康男, 川崎 隆, 秋山 さや香, 若月 俊二, 小松原 秀一

    新潟医学会雑誌   126 ( 9 )   508 - 508   2012年9月

  • 心電図で心室性補充調律を認め、逆たこつぼ型心筋症から腎外性の褐色細胞腫の診断が得られた一例

    南場 一美, 田川 実, 鈴木 裕美, 照沼 正博, 大坪 亜矢, 秋山 さや香, 落合 幸江, 中村 裕一, 池主 雅臣, 相澤 義房

    日本心臓病学会誌   7 ( Suppl.I )   390 - 390   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • トイレトレーニング後に予防的抗菌療法を中止した原発性膀胱尿管逆流症症例の経過

    小原 健司, 鈴木 一也, 伊佐早 悦子, 秋山 さや香, 高橋 公太, 水澤 隆樹

    日本小児泌尿器科学会雑誌   20 ( 2 )   181 - 181   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本小児泌尿器科学会  

    researchmap

  • 転移性腎細胞癌に対するsunitinibの使用経験

    秋山 さや香, 瀧澤 逸大, 笠原 隆, 原 昇, 新井 啓, 谷川 俊貴, 西山 勉, 高橋 公太

    泌尿器外科   24 ( 臨増 )   507 - 507   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 腎盂癌・尿管癌に対する術前化学療法の有用性について

    北村 康男, 秋山 さや香, 小林 和博, 斎藤 俊弘, 若月 俊二

    日本泌尿器科学会雑誌   102 ( 2 )   353 - 353   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

    researchmap

  • 前立腺癌に対する組織内照射療法後の血清PSA値の推移に関する検討

    秋山 さや香, 瀧澤 逸大, 笠原 隆, 原 昇, 新井 啓, 西山 勉, 高橋 公太, 丸山 克也, 川口 弦, 笹本 龍太, 青山 英史

    日本泌尿器科学会雑誌   102 ( 2 )   453 - 453   2011年3月

▶ 全件表示