2021/12/04 更新

写真a

ドヒ エイスケ
土肥 栄祐
DOHI Eisuke
所属
脳研究所 生命科学リソース研究センター 助教
職名
助教
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2012年5月 )

研究キーワード

  • 神経免疫

  • 包括脳ネットワーク

  • アストロサイト

  • オリゴデンドロサイト

  • ミクログリア

  • 神経細胞

  • 脳循環代謝

  • 神経新生

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 実験動物学

  • ライフサイエンス / 内科学一般  / 臨床推論

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / Bofiformatics

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 神経内科学

▶ 全件表示

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   脳研究所附属生命科学リソース研究センター   助教

    2020年8月 - 現在

      詳細を見る

  • University of Alabama   Department of Psychiatry and Behavioral Neurobiology   Post-Doctoral fellow

    2019年1月 - 2020年7月

      詳細を見る

  • Johns Hopkins University   Department of Psychiatry and Behavioral Sciences   Post-doctoral fellow

    2015年11月 - 2018年12月

      詳細を見る

  • 県立広島病院   脳神経内科   副部長

    2015年4月 - 2015年10月

      詳細を見る

  • 広島大学   脳神経内科   助教

    2015年1月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 広島大学   脳神経内科   特任助教

    2013年10月 - 2014年12月

      詳細を見る

  • 広島大学大学院 神経薬理学教室   大学院 博士課程

    2009年4月 - 2012年6月

      詳細を見る

  • 広島大学病院   脳神経内科   医科診療医

    2008年4月 - 2013年9月

      詳細を見る

  • 広島市立広島市民病院   神経内科   後期レジデント

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 独立行政法人国立病院機構 呉医療センター   初期研修医

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   脳研究所 生命科学リソース研究センター   助教

    2020年8月 - 現在

学歴

  • 広島大学大学院 脳神経内科学,神経薬理学

    2008年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • 広島大学医学部医学科

    1999年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Visualizing the phenotype diversity: a case study of Alexander disease 招待 査読

    Eisuke Dohi, Ali Haider Bangash

    Genomics and Informatics   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    researchmap

  • Alterations in circulating extracellular vesicles underlie social stress‐induced behaviors in mice 査読

    Shinji Sakamoto, Dania Mallah, Destynie J Medeiros, Eisuke Dohi, Takashi Imai, Indigo VL Rose, Ken Matoba, Xiaolei Zhu, Atsushi Kamiya, Shin‐ichi Kano

    FEBS Open Bio   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/2211-5463.13204

    researchmap

  • Glutathione <i>S</i>-transferases promote proinflammatory astrocyte-microglia communication during brain inflammation. 査読

    Kano SI, Choi EY, Dohi E, Agarwal S, Chang DJ, Wilson AM, Lo BD, Rose IVL, Gonzalez S, Imai T, Sawa A

    Science signaling   12 ( 569 )   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1126/scisignal.aar2124

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Vesicles for Research on Psychiatric Disorders. 査読

    Kano SI, Dohi E, Rose IVL

    Schizophrenia bulletin   2018年9月

  • Behavioral Changes in Mice Lacking Interleukin-33. 査読

    Dohi E, Choi EY, Rose IVL, Murata AS, Chow S, Niwa M, Kano SI

    eNeuro   4 ( 6 )   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1523/ENEURO.0147-17.2017

    PubMed

    researchmap

  • Developmental expression of GPR3 in rodent cerebellar granule neurons is associated with cell survival and protects neurons from various apoptotic stimuli 査読

    Shigeru Tanaka, Tatsuhiro Miyagi, Eisuke Dohi, Takahiro Seki, Izumi Hide, Yusuke Sotomaru, Yoshinaga Saeki, E. Antonio Chiocca, Masayasu Matsumoto, Norio Sakai

    Neurobiology of Disease   68   215 - 227   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Academic Press Inc.  

    G-protein coupled receptor 3 (GPR3), GPR6, and GPR12 belong to a family of constitutively active Gs-coupled receptors that activate 3'-5'-cyclic adenosine monophosphate (cAMP) and are highly expressed in the brain. Among these receptors, the endogenous expression of GPR3 in cerebellar granule neurons (CGNs) is increased following development. GPR3 is important for neurite outgrowth and neural maturation
    however, the physiological functions of GPR3 remain to be fully elucidated. Here, we investigated the survival and antiapoptotic functions of GPR3 under normal and apoptosis-inducing culture conditions. Under normal culture conditions, CGNs from GPR3-knockout mice demonstrated lower survival than did CGNs from wild-type or GPR3-heterozygous mice. Cerebellar sections from GPR3-/- mice at P7, P14, and P21 revealed more caspase-3-positive neurons in the internal granular layer than in cerebellar sections from wild-type mice. Conversely, in a potassium-deprivation model of apoptosis, increased expression of these three receptors promoted neuronal survival. The antiapoptotic effect of GPR3 was also observed under hypoxic (1% O2/5% CO2) and reactive oxygen species (ROS)-induced apoptotic conditions. We further investigated the signaling pathways involved in the GPR3-mediated antiapoptotic effect. The addition of the PKA inhibitor KT5720, the MAP kinase inhibitor U0126, and the PI3 kinase inhibitor LY294002 abrogated the GPR3-mediated antiapoptotic effect in a potassium-deprivation model of apoptosis, whereas the PKC inhibitor Gö6976 did not affect the antiapoptotic function of GPR3. Furthermore, downregulation of endogenous GPR3 expression in CGNs resulted in a marked reduction in the basal levels of ERK and Akt phosphorylation under normal culture conditions. Finally, we used a transient middle cerebral artery occlusion (tMCAO) model in wild-type and GPR3-knockout mice to determine whether GPR3 expression modulates neuronal survival after brain ischemia. After tMCAO, GPR3-knockout mice exhibited a significantly larger infarct area than did wild-type mice. Collectively, these in vitro and in vivo results suggest that the developmental expression of constitutively active Gs-coupled GPR3 activates the ERK and Akt signaling pathways at the basal level, thereby protecting neurons from apoptosis that is induced by various stimuli. © 2014 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/j.nbd.2014.04.007

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 蛍光イメージングを用いた神経細胞でのシャペロン介在性オートファジー活性の解析

    関 貴弘, 吉野 健一, 田中 茂, 土肥 栄祐, 隠地 智也, 秀 和泉, Paulson Henry, 齋藤 尚亮, 酒井 規雄

    日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   23回・43回   249 - 249   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会  

    researchmap

  • Amelioration of persistent, non-ketotic hyperglycemia-induced hemichorea by repetitive transcranial magnetic stimulation 査読

    Yumiko Kaseda, Takemori Yamawaki, Junko Ikeda, Miwa Hayata, Eisuke Dohi, Tomohiko Ohshita, Kazuhide Ochi, Eiichi Nomura, Masayasu Matsumoto

    Case Reports in Neurology   5 ( 1 )   68 - 73   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Diabetic hemichorea-hemiballism with non-ketotic hyperglycemia is usually a benign syndrome. Here, we report a 78-year-old woman with persistent hemichorea (HC) for longer than 1 year with a recurrence after rapid correction of hyperglycemia. Following the disappearance of the characteristic T1 hyperintensity at 3 months after onset, an MRI demonstrated T2* hypointensity and atrophic changes in the contralateral striatum, suggesting irreversible neuronal loss and some vascular proliferation. The electrophysiological examination using transcranial magnetic stimulation revealed significantly shorter cortical silent periods (CSPs) on the contralateral primary motor cortex (M1), possibly in relation to cortical hyperexcitability. We have applied 10 daily sessions of low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) over the contralateral M1 to reduce the hyperexcitability. The HC was suppressed during and for several minutes after rTMS with prolongation of CSPs. After rehabilitation therapy, the patient was able to walk independently with a walker. We suggest that the combination of low-frequency rTMS and rehabilitation therapy may be a possible choice in medically refractory involuntary movements. © 2013 S. Karger AG, Basel.

    DOI: 10.1159/000350434

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Establishment of a Novel Fluorescence-Based Method to Evaluate Chaperone-Mediated Autophagy in a Single Neuron 査読

    Takahiro Seki, Ken-ich Yoshino, Shigeru Tanaka, Eisuke Dohi, Tomoya Onji, Kazuhiro Yamamoto, Izumi Hide, Henry L. Paulson, Naoaki Saito, Norio Sakai

    PLOS ONE   7 ( 2 )   e31232   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Background: Chaperone-mediated autophagy (CMA) is a selective autophagy-lysosome protein degradation pathway. The role of CMA in normal neuronal functions and in neural disease pathogenesis remains unclear, in part because there is no available method to monitor CMA activity at the single-cell level.
    Methodology/Principal Findings: We sought to establish a single-cell monitoring method by visualizing translocation of CMA substrates from the cytosol to lysosomes using the HaloTag (HT) system. GAPDH, a CMA substrate, was fused to HT (GAPDH-HT); this protein accumulated in the lysosomes of HeLa cells and cultured cerebellar Purkinje cells (PCs) after labeling with fluorescent dye-conjugated HT ligand. Lysosomal accumulation was enhanced by treatments that activate CMA and prevented by siRNA-mediated knockdown of LAMP2A, a lysosomal receptor for CMA, and by treatments that inactivate CMA. These results suggest that lysosomal accumulation of GAPDH-HT reflects CMA activity. Using this method, we revealed that mutant gamma PKC, which causes spinocerebellar ataxia type 14, decreased CMA activity in cultured PCs.
    Conclusion/Significance: In the present study, we established a novel fluorescent-based method to evaluate CMA activity in a single neuron. This novel method should be useful and valuable for evaluating the role of CMA in various neuronal functions and neural disease pathogenesis.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0031232

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Hypoxic stress activates chaperone-mediated autophagy and modulates neuronal cell survival. 査読

    Dohi Eisuke, Tanaka Shigeru, Seki Takahiro, Miyagi Tatsuhiro, Hide Izumi, Takahashi Tetsuya, Matsumoto Masayasu, Sakai Norio

    Neurochem. Int   60 ( 4 )   431 - 442   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    :Autophagy is a conserved mechanism responsible for the continuous clearance of unnecessary organelles or misfolded proteins in lysosomes. Three types of autophagy have been reported in the difference of substrate delivery to lysosome: macroautophagy, microautophagy, and chaperone-mediated autophagy (CMA). Among these types, CMA is a unique autophagy system that selectively degrades substrates detected by heat shock cognate protein 70 (HSC70). Recently, autophagic cell death has been reported to be involved in neuronal death following brain ischemia; however, the contribution of CMA to neuronal death/survival after ischemic stress has not been addressed. In the present study, we determined whether quantitative alterations in LAMP-2A, which is the key molecule in CMA, would modulate neuronal cell survival under hypoxic conditions. Incubation of Neuro2A cells in a hypoxic chamber (1% O(2), 5% CO(2)) increased the level of LAMP-2A and induced accumulation of LAMP-2A-positive lysosomes in the perinuclear area, which is a hallmark of CMA activation. The activation of CMA in response to hypoxia was also confirmed by the GAPDH-HaloTag CMA indicator system at the single cell level. Next, w

    DOI: 10.1016/j.neuint.2012.01.020

    researchmap

  • Granulovacuolar Degenerations Appear in Relation to Hippocampal Phosphorylated Tau Accumulation in Various Neurodegenerative Disorders 査読

    Yuu Yamazaki, Tomoyasu Matsubara, Tetsuya Takahashi, Takashi Kurashige, Eisuke Dohi, Masanori Hiji, Yoshito Nagano, Takemori Yamawaki, Masayasu Matsumoto

    PLOS ONE   6 ( 11 )   e26996   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLIC LIBRARY SCIENCE  

    Background: Granulovacuolar degeneration (GVD) is one of the pathological hallmarks of Alzheimer&apos;s disease (AD), and it is defined as electron-dense granules within double membrane-bound cytoplasmic vacuoles. Several lines of evidence have suggested that GVDs appear within hippocampal pyramidal neurons in AD when phosphorylated tau begins to aggregate into early-stage neurofibrillary tangles. The aim of this study is to investigate the association of GVDs with phosphorylated tau pathology to determine whether GVDs and phosphorylated tau coexist among different non-AD neurodegenerative disorders.
    Methods: An autopsied series of 28 patients with a variety of neurodegenerative disorders and 9 control patients were evaluated. Standard histological stains along with immunohistochemistry using protein markers for GVD and confocal microscopy were utilized.
    Results: The number of neurons with GVDs significantly increased with the level of phosphorylated tau accumulation in the hippocampal regions in non-AD neurodegenerative disorders. At the cellular level, diffuse staining for phosphorylated tau was detected in neurons with GVDs.
    Conclusions: Our data suggest that GVDs appear in relation to hippocampal phosphorylated tau accumulation in various neurodegenerative disorders, while the presence of phosphorylated tau in GVD-harbouring neurons in non-AD neurodegenerative disorders was indistinguishable from age-related accumulation of phosphorylated tau. Although GVDs in non-AD neurodegenerative disorders have not been studied thoroughly, our results suggest that they are not incidental findings, but rather they appear in relation to phosphorylated tau accumulation, further highlighting the role of GVD in the process of phosphorylated tau accumulation.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0026996

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Trigeminal neuropathy from perineural spread of an amyloidoma detected by blink reflex and thin-slice magnetic resonance imaging 査読

    Yuu Yamazaki, Kazuhide Ochi, Yuki Nakata, Eisuke Dohi, Kuniki Eguchi, Satoshi Yamaguchi, Toshinori Matsushige, Takeshi Ueda, Vishwa J. Amatya, Yukio Takeshima, Takeshi Nakamura, Toshiho Ohtsuki, Tatsuo Kohriyama, Masayasu Matsumoto

    Muscle and Nerve   41 ( 6 )   875 - 878   2010年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:6  

    The purpose of this study was to describe a trigeminal neuropathy caused by the perineural spread of an amyloidoma. A 62-year-old woman had an amyloidoma of the Gasserian ganglion that was hypointense on T2-weighted images; the lesion was enhanced by gadolinium on thin-slice magnetic resonance imaging. There was no evidence of systemic amyloidosis or underlying inflammatory or neoplastic disorders. Her blink reflex and thin-slice magnetic resonance imaging demonstrated that the right trigeminal nerve was involved. A rare trigeminal neuropathy resulted from the perineural spread of a primary amyloidoma that was difficult to detect by conventional magnetic resonance imaging. © 2010 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/mus.21608

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 血漿交換療法が奏功した抗アクアポリン4抗体陽性視神経脊髄炎の2例

    森真悠, 越智一秀, 杉本太路, 土肥栄祐, 倉重毅志, 上野弘貴, 中村毅, 宮地隆史, 高橋哲也, 大槻俊輔, 山脇健盛, 松本昌泰

    広島医学   63 ( 2 )   113   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 診療録からの症状半自動抽出システム「POET」の開発

    地引芳乃, 土肥栄祐, 仁宮洸太, 建石由佳, 山本泰智, 佐々木貴規, 藤原豊史

    Togoの日シンポジウム  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Uncommon-disease with uncommon presentation

    Eisuke Dohi

    Biomedical Linked Annotation Hackathon 7(BLAH7)  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Impact of circulating extracellular vesicles on brain function and behavior

    Eisuke Dohi, Norimichi Ito, Ken Matoba, Indigo V.L. Rose, Takashi Imai, Rei Mitani, Eric Y. Choi, Kenneth W. Witwer, Shin-ichi Kano

    International Society for Extracellular Vesicles  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Astrocyte-microglia inflammatory circuit is regulated by GSTM1 abundant in astrocytes

    EISUKE DOHI, Eric Choi, Swati Agarwal, Indigo Rose, Santiago Gonzalez, Takashi Imai, Akira Sawa, Shin-ichi Kano

    第60回 日本神経学会学術大会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Potential role of circulating extracellular vesicles in the modulation of brain function and behavior 国際会議

    EISUKE DOHI, Indigo Rose, Samuel Koh, Thomas Wan, Takashi Imai, Eric Choi, Shin-ichi Kano

    International society for extracellular vesicles  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Modulation of Brain Function and Behavior by Circulating Extracellular Vesicles

    Eisuke Dohi, Kenneth Witwer, Shin-ichi Kano

    ACNP 58th Annual Meeting  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Behavioral Changes and their Molecular Basis in Mice Lacking Interleukin-33 国際会議

    Eisuke Dohi, Eric Y. Choi, Indigo V.L. Rose, Akiho S. Murata, Sharon Chow, Minae Niwa, Shin-ichi Kano

    Neuroscience Meeting 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Role of glutathione S-transferase on astrocyte-microglia communications in inflammation 国際会議

    Eisuke Dohi, Eric Choi, Indigo Rose, Takashi Imai, Akira Sawa, Shinichi Kano

    Neuroscience Meeting 2017  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Potential role of circulating extracellular vesicles in the modulation of brain function and behavior 国際会議

    Eisuke Dohi, Indigo Rose, Samuel Kou, Thomas Wan, Takashi Imai, Rei Mitani, Eric Choi, Shinichi Kano

    ERCC9  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 認知機能低下からHANDを疑い検査を進め、その原因が判明したHIV感染例

    斎藤誠司, 土肥栄祐, 飯塚暁子, 木梨貴博, 濱野有里, 大山紗よ子, 坂田達朗

    第29回日本エイズ学会学術集会・総会  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 虚血性脳障害において神経細胞生存に関連するG蛋白共役型受容体GPF3.

    田中茂, 宮城達博, 土肥栄祐, 秀和泉, 佐伯嘉修, E. Antonio Chiooca, 松本昌泰, 酒井規雄

    第40回日本脳卒中学会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 抗VGKC複合体抗体陽性関連疾患を合併した、Autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay (ARSACS)の1例.

    久保川佳子, 上野弘貴, 土肥栄祐, 越智一秀, 倉重毅志, 丸山博文, 松本昌泰

    第97回日本神経学会 中国・四国地方会 YIAセッション  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 急速に四肢麻痺が進行しショックを伴ったビタミンB1欠乏の1例.

    石橋はるか, 土肥栄祐, 亀谷貴浩, 小田侑一, 上野弘貴, 越智一秀, 宮地隆史, 丸山博文, 松本昌泰

    第97回日本神経学会 中国・四国地方会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両側外転神経麻痺のみを呈した抗GQ1b抗体陽性のacute ophthalmoplegiaの1例.

    小田侑一, 石橋はるか, 土肥栄祐, 琴崎哲平, 上野弘貴, 越智一秀, 丸山博文, 松本昌泰

    第97回日本神経学会 中国・四国地方会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Magendie孔開窓術が奏功したクリプトコッカス髄膜炎の1例.

    松島勇人, 土肥栄祐, 太田陽子, 久保川佳子, 碓井智, 上野弘貴, 越智一秀, 富永篤, 丸山博文, 栗栖薫, 松本昌泰

    第67回広島医学会総会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • HDAC10はMPPによる神経細胞死に関与し、パーキンソン病患者脳に高発現する:

    永野義人, 倉重毅志, 土肥栄祐, 宍戸丈郎, 高橋哲也, 丸山博文, 松本昌泰

    第37回日本神経科学大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 非交通性水頭症に対しMagendie孔開窓術を行ったNon-HIVクリプトコッカス髄膜炎の1例.

    松島勇人, 土肥栄祐, 太田陽子, 久保川佳子, 碓井智, 上野弘貴, 越智一秀, 富永篤, 丸山博文, 栗栖薫, 松本昌泰

    第19回神経感染症学会総会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Magendie孔開窓術を行ったNon-HIVクリプトコッカス髄膜炎の1例.

    松島勇人, 土肥栄祐, 碓井智, 上野弘貴, 越智一秀, 富永篤, 丸山博文, 栗栖薫, 松本昌泰

    第96回日本神経学会 中国・四国地方会 YIAセッション  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 血球貪食症候群の発症1年後に中枢神経障害を合併したT細胞性悪性リンパ腫の1例.

    土肥栄祐, 永野義人, 奥野萌, 久保智司, 北村樹里, 上野弘貴, 越智一秀, 兵頭英出夫, 丸山博文, 松本昌泰

    第109回日本内科学 中国会地方会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The decrease of LAMP-2A in the neurons after cerebral ischemia was prior to neuronal death in rat pMCAO and 4VO models. 国際会議

    Eisuke Dohi, Shigeru Tanaka, Takahiro Seki, Izumi Hide, Tetsuya Takahashi, Masayasu Matsumoto, Norio Sakai

    Neuroscience Meeting 2013  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 家族内でも特に筋力低下が強いセントラルコア病の14歳男児の1例.

    前谷勇太, 土肥栄祐, 北村樹里, 倉重毅志, 上野弘貴, 越智一秀, 丸山博文, 松本昌泰

    第95回日本神経学会 中国・四国地方会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小脳病変を呈しステロイドが奏功したCNSループスの一例.

    久保智司, 土肥栄祐, 北村樹理, 永野義人, 江草玄太郎, 植田祐介, 上野弘貴, 越智一秀, 丸山博文, 松本昌泰

    第94回日本神経学会 中国・四国地方会 YIAセッション  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳虚血後の神経細胞におけるLAMP-2Aの経時的発現変化.

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 宮城達弘, 秀和泉, 高橋哲也, 松本昌泰, 酒井規雄

    第54回日本神経学会学術大会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多発脳神経麻痺で発症したリンパ腫様肉芽腫症の69歳女性例.

    荒木睦子, 土肥栄祐, 原直之, 山脇健盛, 美山貴彦, 黒田芳明, 上野弘貴, 越智一秀, 丸山博文, 松本昌泰

    第110回日本内科学 中国会地方会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 6ヶ月の経過で呼吸筋の筋力低下をきたし人工呼吸・気管切開を要した封入体筋炎の一例.

    曽我部愛由子, 後藤昌弘, 土肥栄祐, 篠崎ゆかり, 永野義人, 倉重毅志, 山崎雄, 上野弘貴, 越智一秀, 山脇健盛, 松本昌泰

    第93回日本神経学会 中国・四国地方会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • PFOによる繰り返すTIAとして加療されていたHaNDLの一例

    木下直人, 土肥栄祐, 山崎雄, 越智一秀, 永野義人, 高橋哲也, 山脇健盛, 松本昌泰

    第40回頭痛学会総会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 虚血脳におけるシャペロン介在性オートファジーの役割

    田中茂, 土肥栄祐, 関貴弘, 秀和泉, 松本昌泰, 酒井規雄

    第24回脳循環代謝学会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Time dependent alternations of lysosomal-associated membrane protein type 2A in rodent brain following cerebral ischemia. 国際会議

    Eisuke Dohi, Shigeru Tanaka, Takahiro Seki, Izumi Hide, Tetsuya Takahashi, Masayasu Matsumoto, Norio Sakai

    Neuroscience Meeting 2012  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 低酸素環境下におけるシャペロン介在性オートファジーの活性化と保護作用

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 宮城達弘, 高橋哲也, 秀和泉, 松本昌泰, 酒井規雄

    第121回薬理学会 近畿部会  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低酸素環境下におけるシャペロン介在性オートファジーの活性化と保護作用

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 宮城達弘, 高橋哲也, 秀和泉, 松本昌泰, 酒井規雄

    第53回日本神経学会学術大会  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シャペロン介在性オートファジーは低酸素により活性化し、神経細胞死に保護的に作用する

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 宮城達弘, 高橋哲也, 秀和泉, 松本昌泰, 酒井規雄

    第37回日本脳卒中学会総会  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シャペロン介在性オートファジーは低酸素ストレスによる神経細胞死に対し保護的に働く

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 宮城達弘, 高橋哲也, 秀和泉, 松本昌泰, 酒井規雄

    第85回日本薬理学会総会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「低酸素ストレスとシャペロン介在性オートファジー」

    土肥栄祐

    第23回 日本脳循環代謝学会総会. YIA受賞講演  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Chaperone-mediated autophagy is activated during hypoxic stress and contribute to the survival of cells under hypoxic stress. 国際会議

    Eisuke Dohi, Shigeru Tanaka, Takahiro Seki, Tomoya Onji, Tetsuya Takahashi, Izumi Hide, Masayasu Matsumoto, Norio Sakai

    Neuroscience Meeting 2011  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Role of LAMP-2A positive lysosome under low oxygen stress.

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 隠地智也, 高橋哲也, 松本昌泰, 酒井規雄

    第34回日本神経科学大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低酸素ストレス環境下におけるLAMP-2A陽性リソソームの関与と役割.

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 隠地智也, 高橋哲也, 松本昌泰, 酒井規雄

    第52回 日本神経学会学術大会.  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低酸素ストレス環境下におけるLAMP2A陽性リソソームの動態と役割.

    土肥栄祐, 田中茂, 関貴弘, 隠地智也, 高橋哲也, 松本昌泰, 酒井規雄

    第22回 脳循環代謝学会総会.  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 頭部MRIにて中小脳脚に異常を認めたChronic acquired hepatocerebral degenerationの2例.

    山口恵美, 杉本太路, 土肥栄祐, 越智一秀, 大下智彦, 中村 毅, 大槻俊輔, 山脇健盛, 松本昌泰

    第102回日本内科学会 中国地方会.  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Chronic Acquired Hepatocerebral Degeneration(CAHD)を発症し分枝鎖アミノ酸製剤(BAA)が奏効した1例

    土肥栄祐, 越智一秀, 中田有紀, 末田芳雅, 山崎雄, 中村毅, 高橋哲也, 郡山達男, 松本昌泰

    第27回神経治療学会総会  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 著明な構音障害を来たし分枝鎖アミノ酸製剤(BAA)点滴投与が奏効したChronic Acquired Hepatocerebral Degeneration(CAHD)の1例

    土肥栄祐, 越智一秀, 中田有紀, 末田芳雅, 山崎雄, 中村毅, 高橋哲也, 郡山達男, 松本昌泰

    第85回日本神経学会 中国・四国地方会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両側視床病変を呈し急性期に種々の疾患との鑑別を要した神経ベーチェットの1例.

    中田有紀, 山崎雄, 土肥栄祐, 越智一秀, 中村毅, 大下智彦, 大槻俊輔, 郡山達男, 松本昌泰

    日本内科学会 第99回中国地方会  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 熱中症による重篤な肝壊死をきたした後独歩退院となった一例

    武本知子, 森井大一, 土肥栄祐, 中前尚久, 宮加谷靖介

    第11回日本臨床救急医学会  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 拡大胸腺摘出単独療法を行った重症筋無力症(MG)における抗AChR抗体価の推移と予後.

    好永順二, 神崎昭浩, 田中義人, 長尾茂人, 土肥栄祐

    第49回日本神経学会総会  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SLEに伴う再発性脊髄炎の経過中に視床性健忘を来たした一例

    土肥栄祐, 越智一秀, 大貫英一, 尾原麻耶, 山崎雄, 山田淳夫

    第79回 日本神経学会 中国・四国地方会  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 免疫グロブリン大量反復投与が奏功した難治性ギラン・バレー症候群の1例

    土肥栄祐, 越智一秀, 山崎雄, 大貫英一, 尾原麻耶, 山田淳夫

    第93回日本内科学会 中国地方会  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第1回 Young investigator’s awards

    2011年11月   第23回 日本脳循環代謝学会総会   低酸素ストレスとシャペロン介在性オートファジー

    土肥 栄祐

     詳細を見る

  • Young Investigator's award

    2008年12月   第85回 日本神経学会 中国・四国地方会   著明な構音障害を来たし分枝鎖アミノ酸製剤(BAA)点滴投与が奏効したChronic Acquired Hepatocerebral Degeneration(CAHD)の1例

    土肥 栄祐

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • なんでも症例検討会(科を問わない臨床推論検討会)を通した、臨床推論力の向上を目指す活動

    2015年4月 - 2016年3月

    広島県地域保健医療推進機構  平成27年度 若手医師等育成支援助成金 

      詳細を見る

  • なんでも症例検討会(科を問わない臨床推論検討会)を通した、臨床推論力の向上を目指す活動

    2014年4月 - 2015年3月

    広島県地域医療推進機構  第26年度 若手医師等育成支援助成金 

      詳細を見る

  • なんでも症例検討会(科を問わない臨床推論検討会)を通した、臨床推論力の向上を目指す活動

    2013年4月 - 2014年3月

    広島県地域医療推進機構  平成25年度 若手医師等育成支援助成金 

      詳細を見る

  • なんでも症例検討会(科を問わない臨床推論検討会)を通した、臨床推論力の向上を目指す活動

    2012年4月 - 2013年3月

    広島県地域保険医療推進機構  平成24年度 若手医師等育成助成金 

      詳細を見る

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 臨床神経内科学(内科疾患による神経症状)

    2013年
    -
    2014年
    機関名:広島大学

     詳細を見る

  • 臨床神経内科学(神経感染症)

    2013年
    -
    2014年
    機関名:広島大学

     詳細を見る