2022/12/10 更新

写真a

オカモト マサシ
岡本 昌士
OKAMOTO Masashi
所属
教育研究院 医歯学系 保健学系列 助教
医学部 保健学科 放射線技術科学専攻 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(保健学) ( 2022年3月   新潟大学 )

  • 修士(保健学) ( 2018年3月   新潟大学 )

  • 学士(保健学) ( 2010年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 画像特徴量による身体領域の分類および分割の自動化

  • Slot scanning 3D X-ray imagerを用いた遷移移行椎の解明

  • deep learningを用いた医用画像処理

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医学部 保健学科 放射線技術科学専攻   助教

    2020年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟県医療法人愛仁会 亀田第一病院   放射線科   診療放射線技師

    2010年4月 - 2020年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

経歴

  • 新潟大学   医学部 保健学科 放射線技術科学専攻   助教

    2020年8月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   大学院保健学研究科博士後期課程   保健学(放射)専攻

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   大学院保健学研究科博士前期課程   保健学(放射)専攻

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   医学部保健学科   放射線技術科学専攻

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 新潟県診療放射線技師会

    2021年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 医用画像情報学会

    2019年6月 - 現在

      詳細を見る

  • International Computer Assisted Orthopaedic Surgery

    2017年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本脊椎脊髄病学会

    2016年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本側弯症学会

    2014年11月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本放射線技術学会

    2011年3月 - 現在

      詳細を見る

▶ 全件表示

委員歴

  • 医用画像情報学会(MII)   実行委員長  

    2021年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 診療放射線技師

 

論文

  • Influence of lumbosacral transitional vertebrae on spinopelvic parameters using biplanar slot scanning full body stereoradiography―analysis of 291 healthy volunteers 査読

    Masashi Okamoto, Kazuhiro Hasegawa, Shun Hatsushikano, Koichi Kobayashi, Makoto Sakamoto, Masayuki Ohashi, Kei Watanabe

    Journal of Orthopaedic Science   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    BACKGROUND: Proper identification of lumbosacral transitional vertebrae (LSTV) is important to characterize the relationship between the transitional segment and adjacent levels. Classical classification schemes are inaccurate with respect to the whole spine. We propose a precise vertebral numbering method and investigated the relationship between LSTV and whole-body sagittal alignment. METHODS: A total of 291 healthy adult volunteers with no history of spinal disease were evaluated with biplanar slot scanning full body stereoradiography to determine the prevalence of LSTV. Vertebrae were counted from the first cervical vertebra using both coronal and sagittal plane images. We then investigated the influence of LSTV on whole-body sagittal alignment in 279 participants. Whole-body key parameters descriptive statistics were compared among groups according to the number of vertebrae (L4, L5, and L6). Statistical analysis was performed between normal and LSTV cases using the Steel-Dwass analysis. RESULTS: Of the 291 subjects, 14 (4.8%) had 23 vertebrae and 16 (5.5%) had 25 vertebrae. Eleven (3.8%) had Th11, 3 (1.0%) had L4, and 1 (0.3%) had Th11 + L6, 16 (5.5%) had L6. Compared with the normal group, the sacral base in relation to the pelvis was higher in the L4 group and lower in the L6 group. The C2-C7 angle and lumbar lordosis (LL) were increased in both the L4 and L6 groups. All remaining parameters were decreased in the L4 group and increased in the L6 group. The relationship between LL and PI was similar in the normal and LSTV groups, despite the difference in the sacral base location. CONCLUSIONS: We propose a precise method for numbering the vertebrae using coronal and sagittal full body images. The spinopelvic parameters of the LSTV population significantly differed from those in the normal spine population due to differences in the sacral base location.

    DOI: 10.1016/j.jos.2021.03.009

    PubMed

    researchmap

  • Compensation for standing posture by whole-body sagittal alignment in relation to health-related quality of life 査読 国際誌

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Kei Watanabe, Masayuki Ohashi, Jean-Marc Vital, Jean Dubousset

    The Bone & Joint Journal   102-B ( 10 )   1359 - 1367   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Editorial Society of Bone & Joint Surgery  

    <sec><title>Aims</title> The aim of this study is to test the hypothesis that three grades of sagittal compensation for standing posture (normal, compensated, and decompensated) correlate with health-related quality of life measurements (HRQOL).

    </sec><sec><title>Methods</title> A total of 50 healthy volunteers (normal), 100 patients with single-level lumbar degenerative spondylolisthesis (LDS), and 70 patients with adult to elderly spinal deformity (deformity) were enrolled. Following collection of demographic data and HRQOL measured by the Scoliosis Research Society-22r (SRS-22r), radiological measurement by the biplanar slot-scanning full body stereoradiography (EOS) system was performed simultaneously with force-plate measurements to obtain whole body sagittal alignment parameters. These parameters included the offset between the centre of the acoustic meatus and the gravity line (CAM-GL), saggital vertical axis (SVA), T1 pelvic angle (TPA), McGregor slope, C2-7 lordosis, thoracic kyphosis (TK), lumbar lordosis (LL), pelvic incidence (PI), PI-LL, sacral slope (SS), pelvic tilt (PT), and knee flexion. Whole spine MRI examination was also performed. Cluster analysis of the SRS-22r scores in the pooled data was performed to classify the subjects into three groups according to the HRQOL, and alignment parameters were then compared among the three cluster groups.

    </sec><sec><title>Results</title> On the basis of cluster analysis of the SRS-22r subscores, the pooled subjects were divided into three HRQOL groups as follows: almost normal (mean 4.24 (SD 0.32)), mildly disabled (mean 3.32 (SD 0.24)), and severely disabled (mean 2.31 (SD 0.35)). Except for CAM-GL, all the alignment parameters differed significantly among the cluster groups. The threshold values of key alignment parameters for severe disability were TPA &gt; 30°, C2-7 lordosis &gt; 13°, PI-LL &gt; 30°, PT &gt; 28°, and knee flexion &gt; 8°. Lumbar spinal stenosis was found to be associated with the symptom severity.

    </sec><sec><title>Conclusion</title> This study provides evidence that the three grades of sagittal compensation in whole body alignment correlate with HRQOL scores. The compensation grades depend on the clinical diagnosis, whole body sagittal alignment, and lumbar spinal stenosis. The threshold values of key alignment parameters may be an indication for treatment. Cite this article: Bone Joint J 2020;102-B(10):1359–1367.

    </sec>

    DOI: 10.1302/0301-620x.102b10.bjj-2019-1581.r2

    PubMed

    researchmap

  • Relative position of sacral base in the pelvis and its correlation with spino-pelvic parameters 査読

    Masashi Okamoto, Kazuhiro Hasegawa, Shun Hatsushikano, Kei Watanabe, Haruka Shimoda, Koichi Kobayashi, Makoto Sakamoto

    European Spine Journal   29 ( 3 )   446 - 454   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06118-7

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00586-019-06118-7/fulltext.html

  • Sagittal balance measures are more reproducible when measured in 3D vs in 2D using full-body EOS® images 査読

    Masashi Okamoto, Fouad Jabour, Kenichiro Sakai, Shun Hatsushikano, J. C. Le Huec, Kazuhiro Hasegawa

    European Radiology   28 ( 11 )   4570 - 4577   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00330-018-5485-0

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s00330-018-5485-0.pdf

  • Pelvic rotation and inclination affect reliability of sagittal pelvic alignment and anterior pelvic plane angle measured by EOS system 査読

    Masashi Okamoto, Kunihiko Tokunaga

    EPiC Series in Health Science   1   359 - 362   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • The age-specific normative values of standing whole-body sagittal alignment parameters in healthy adults: based on international multicenter data 査読

    Jun Ouchida, Hiroaki Nakashima, Tokumi Kanemura, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Shiro Imagama, Jean Charles Le Huec, Kazuhiro Hasegawa

    European Spine Journal   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00586-022-07445-y

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00586-022-07445-y/fulltext.html

  • Development of individual identification method using thoracic vertebral features as biometric fingerprints 査読

    Mitsuru Sato, Yohan Kondo, Masashi Okamoto, Naoya Takahashi

    Scientific Reports   12 ( 1 )   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    Identification of individuals is performed when a corpse is found after a natural disaster, incident, or accident. DNA and dental records are frequently used as biometric fingerprints; however, identification may be difficult in some cases due to decomposition or damage to the corpse. The present study aimed to develop an individual identification method using thoracic vertebral features as a biological fingerprint. In this method, the shortest diameter in height, width, and depth of the thoracic vertebrae in the postmortem image and a control antemortem were recorded and a database was compiled using this information. The Euclidean distance or the modified Hausdorff distance was calculated as the distance between two points on the three-dimensional feature space of these measurement data. The thoracic vertebrae T1-12 were measured and the pair with the smallest distance was considered to be from the same person. The accuracy of this method for identifying individuals was evaluated by matching images of 82 cases from a total of 702 antemortem images and showed a hit ratio of 100%. Therefore, this method may be used to identify individuals with high accuracy.

    DOI: 10.1038/s41598-022-20748-w

    researchmap

    その他リンク: https://www.nature.com/articles/s41598-022-20748-w

  • Development of a computer‑aided quality assurance support system for identifying hand X‑ray image direction using deep convolutional neural network 査読

    Mitsuru Sato, Yohan Kondo, Masashi Okamoto

    Radiological Physics and Technology   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s12194-022-00675-1

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s12194-022-00675-1/fulltext.html

  • Development of a contactless operation system for radiographic consoles using an eye tracker for severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 infection control: a feasibility study 査読

    Mitsuru Sato, Mizuki Narita, Naoya Takahashi, Yohan Kondo, Masashi Okamoto, Toshihiro Ogura

    ACTA IMEKO   11 ( 2 )   1 - 8   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Implications of the uncertainty of postoperative functional parameters for the preoperative planning of total hip arthroplasty 査読

    Maximilian C. M. Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Juliana Habor, Klaus Radermacher

    Journal of Orthopaedic Research   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/jor.25291

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/jor.25291

  • Slot scanning 3D X-ray imagerを用いた立位脊柱骨盤アライメント評価に関する研究

    岡本昌士

    新潟大学(新大院博(保))   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • The anterior center edge angle has limited ability to predict three-dimensional coverage of the femoral head in patients with developmental dysplasia of the hip undergoing curved periacetabular osteotomy 査読 国際誌

    Keisuke Uemura, Toshihito Hiraiwa, Masashi Okamoto, Kunihiko Tokunaga, Andrew E. Anderson

    Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    INTRODUCTION: Femoral head coverage in patients with hip dysplasia (DDH) is typically quantified using 2D measurements of the lateral center edge angle (LCEA) and anterior center edge angle (ACEA). However, as the morphology of DDH is complex and varies between patients, 2D measurements may not predict the true 3D femoral head coverage. Herein, 2D and 3D coverage were quantified before and after curved periacetabular osteotomy (CPO) and their relationships were assessed. MATERIALS AND METHODS: Forty-three hips that underwent CPO for DDH were analyzed. For 2D evaluation, LCEA was quantified from X-rays and CT images. The ACEA was measured from CT images (CT-ACEA) and digitally reconstructed radiographs generated from CT images (DRR-ACEA). Three-dimensional coverage was quantified from CT reconstructions of the hip and evaluated in the anterior, superior, posterior, and inferior regions of the femoral head. Two-dimensional measurements were correlated to 3D coverage to assess their relationships. RESULTS: The median preoperative 3D percent coverage was 17.7, 36.1, 56.1, and 14.6% for the anterior, superior, posterior, and inferior region, respectively. After CPO, all LCEAs and ACEAs increased significantly (all p < 0.001). For the 3D coverage, anterior and superior coverage significantly increased while the posterior and inferior coverage decreased (all p < 0.001). Moderate to strong correlations were detected between the two LCEAs and the 3D superior coverage in both the preoperative and postoperative period. For the correlation between 3D anterior coverage, no significant correlation was found between the CT-ACEA while a moderate correlation was found between the DRR-ACEA (rs = 0.41, p = 0.023). CONCLUSIONS: Our results indicate that the LCEA can be used to predict 3D coverage in the superior region of the femoral head. However, as the CT-ACEA or DRR-ACEA had no or only moderate correlation between the 3D anterior coverage, these measurements are not recommended for evaluating/estimating the 3D anterior coverage in patients with DDH.

    DOI: 10.1007/s00402-021-04258-4

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00402-021-04258-4/fulltext.html

  • The Patient-Specific Combined Target Zone for Morpho-Functional Planning of Total Hip Arthroplasty 査読

    Juliana Habor, Maximilian Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Klaus Radermacher

    Journal of Personalized Medicine   11 ( 8 )   817 - 817   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Background Relevant criteria for total hip arthroplasty (THA) planning have been introduced in the literature which include the hip range of motion, bony coverage, anterior cup overhang, leg length discrepancy, edge loading risk, and wear. The optimal implant design and alignment depends on the patient’s anatomy and patient-specific functional parameters such as the pelvic tilt. The approaches proposed in literature often consider one or more criteria for THA planning. but to the best of our knowledge none of them follow an integrated approach including all criteria for the definition of a patient-specific combined target zone (PSCTZ). Questions/purposes (1) How can we calculate suitable THA implant and implantation parameters for a specific patient considering all relevant criteria? (2) Are the resulting target zones in the range of conventional safe zones? (3) Do patients who fulfil these combined criteria have a better outcome score? Methods A method is presented that calculates individual target zones based on the morphology, range of motion and load acting on the hip joint and merges them into the PSCTZ. In a retrospective analysis of 198 THA patients, it was calculated whether the patients were inside or outside the Lewinnek safe zone, Dorr combined anteversion range and PSCTZ. The postoperative Harris Hip Scores (HHS) between insiders and outsiders were compared. Results 11 patients were inside the PSCTZ. Patients inside and outside the PSCTZ showed no significant difference in the HHS. However, a significant higher HHS was observed for the insiders of two of the three sub-target zones incorporated in the PSCTZ. By combining the sub-target zones in the PSCTZ, all PSCTZ insiders except one had an HHS higher than 90. Conclusions The results might suggest that, for a prosthesis implanted in the PSCTZ a low outcome score of the patient is less likely than using the conventional safe zones by Lewinnek and Dorr. For future studies, a larger cohort of patients inside the PSCTZ is needed which can only be achieved if the cases are planned prospectively with the method introduced in this paper. Clinical Relevance The method presented in this paper could help the surgeon combining multiple different criteria during THA planning and find the suitable implant design and alignment for a specific patient.

    DOI: 10.3390/jpm11080817

    researchmap

  • Sacral incidence to pubis: a novel and alternative morphologic radiological parameter to pelvic incidence in assessing spinopelvic sagittal alignment 査読

    Yasuhito Takahashi, Kei Watanabe, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Kazuhiro Hasegawa, Naoto Endo

    BMC Musculoskeletal Disorders   22 ( 1 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Although pelvic incidence (PI) is a key morphologic parameter in assessing spinopelvic sagittal alignment, accurate measurements of PI become difficult in patients with severe hip dislocation or femoral head deformities. This study aimed to investigate the reliability of our novel morphologic parameters and the correlations with established sagittal spinopelvic parameters.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    One hundred healthy volunteers (25 male and 75 female), with an average age of 38.9 years, were analysed. Whole-body alignment in the standing position was measured using a slot-scanning X-ray imager. We measured the established spinopelvic sagittal parameters and a novel parameter: the sacral incidence to pubis (SIP). The correlation coefficient of each parameter, regression equation of PI using SIP, and regression equation of lumbar lordosis (LL) using PI or SIP were obtained. The intraclass correlation coefficient (ICC) was calculated as an evaluation of the measurement reliability.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    Reliability analysis showed high intra- and inter-rater agreements in all the spinopelvic parameters, with ICCs &gt; 0.9. The SIP and pelvic inclination angle (PIA) demonstrated strong correlation with PI (<italic>R</italic> = 0.96) and pelvic tilt (PT) (<italic>R</italic> = 0.92). PI could be predicted according to the regression equation: PI = − 9.92 + 0.905 * SIP (<italic>R</italic> = 0.9596, <italic>p</italic> &lt; 0.0001). The ideal LL could be predicted using the following equation using PI and age: ideal LL = 32.33 + 0.623 * PI – 0.280 * age (<italic>R</italic> = 0.6033, <italic>p</italic> &lt; 0.001) and using SIP and age: ideal LL = 24.29 + 0.609 * SIP – 0.309 * age (<italic>R</italic> = 0.6177, <italic>p</italic> &lt; 0.001).


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    Both SIP and PIA were reliable parameters for determining the morphology and orientation of the pelvis, respectively. Ideal LL was accurately predicted using the SIP with equal accuracy as the PI. Our findings will assist clinicians in the assessment of spinopelvic sagittal alignment.


    </sec><sec>
    <title>Trial registration</title>
    This study was retrospectively registered with the UMIN Clinical Trials Registry (<ext-link xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" ext-link-type="uri" xlink:href="https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000049060">UMIN000042979</ext-link>; January 13, 2021).


    </sec>

    DOI: 10.1186/s12891-021-04093-z

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s12891-021-04093-z/fulltext.html

  • Preoperative factors improving the prediction of the postoperative sagittal orientation of the pelvis in standing position after total hip arthroplasty 査読

    Maximilian C. M. Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Juliana Habor, Klaus Radermacher

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title>
    The aims of this study were to investigate if the sagittal orientation of the pelvis (SOP) in the standing position changes after total hip arthroplasty (THA) and evaluate what preoperative factors may improve the prediction of the postoperative standing SOP in the context of a patient-specific functional cup orientation. 196 primary THA patients from Japan were retrospectively selected for this study. Computed tomography imaging of the pelvis, EOS imaging of the lower body and lateral radiographs of the lumbar spine in the standing position were taken preoperatively. Common biometrics and preoperative Harris Hip Score were recorded. The EOS imaging in the standing position was repeated three months following THA. A 3D/2.5D registration process was used to determine the standing SOP. Thirty-three preoperative biometric, morphological and functional parameters were measured. Important preoperative parameters were identified that significantly improve the prediction of the postoperative standing SOP by using multiple linear LASSO regression. On average, the SOP changed significantly (<italic>p</italic> &lt; 0.001) between the preoperative and postoperative standing position three months after THA by 3° ± 4° in the posterior direction. The age, standing lumbar lordosis angle (LLA) and preoperative supine and standing SOP significantly (<italic>p</italic> &lt; 0.001) improve the prediction of the postoperative standing SOP. The linear regression model for the prediction of the postoperative standing SOP is significantly (<italic>p</italic> &lt; 0.001) improved by adding the parameters preoperative standing SOP and LLA, in addition to the preoperative supine SOP, reducing the root mean square error derived from a leave-one-out cross-validation by more than 1°. The mean standing SOP in Japanese patients changes already three months after THA in comparison to the preoperative value. The preoperative factors age, LLA, supine and standing SOP can significantly improve the prediction of the postoperative standing SOP and should be considered within the preoperative planning process of a patient-specific functional cup orientation.

    DOI: 10.1038/s41598-020-72782-1

    researchmap

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-72782-1

  • Correction surgery for adult spinal deformity improves not only spinopelvic alignment but also the three-dimensional alignment of the lower extremities 査読

    Yusuke Sato, Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Yoshinori Ishii, Kei Watanabe, Yasushi Oshima, Haruka Shimoda, Takao Homma

    Journal of Orthopaedic Science   25 ( 6 )   946 - 952   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.12.002

    researchmap

  • Bayesian U-netを用いた股関節形成不全症例の筋萎縮の評価

    上村 圭亮, 大竹 義人, 岡本 昌士, 徳永 邦彦, 高尾 正樹, 菅野 伸彦, 佐藤 嘉伸

    日本コンピュータ外科学会誌   22 ( 4 )   298 - 299   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    researchmap

  • Etiology and clinical manifestations of double-level versus single-level lumbar degenerative spondylolisthesis 査読

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Yusuke Sato, Kei Watanabe

    Journal of Orthopaedic Science   25 ( 5 )   812 - 819   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.11.004

    researchmap

  • 立位姿勢維持機構と健康関連QOL 全身骨アライメント・バランス・筋量の関与

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 下田 晴華, 本間 隆夫, 渡辺 慶, 大橋 正幸

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 8 )   S1778 - S1778   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Can measurements from an anteroposterior radiograph predict pelvic sagittal inclination? 査読 国際誌

    Keisuke Uemura, Penny R. Atkins, Masashi Okamoto, Kunihiko Tokunaga, Andrew E. Anderson

    Journal of Orthopaedic Research   38 ( 7 )   1477 - 1485   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Pelvic sagittal inclination (PSI) is often evaluated in patients with hip pathology using lateral radiographs. However, it would be useful if PSI could be predicted from an anteroposterior radiograph since this film is ubiquitous in the evaluation of hip pathology. Herein, computer-modeling was applied to predict PSI from radiographic measurements assessed in the anteroposterior plane. Three-dimensional surface models of the pelvis, femur, and sacrum were reconstructed from computed tomography images of 50 women with hip dysplasia. This study cohort was selected as changes in PSI alter femoral head coverage, which is relevant to the diagnosis and treatment of hip dysplasia, a known cause of hip osteoarthritis. Five radiographic parameters commonly used to independently estimate PSI were evaluated after bone surfaces were projected to an anteroposterior plane, including the symphysis to sacrococcygeal joint distance (S-S distance), the pelvic foramen aspect ratio (PF ratio), the distance between the symphysis and a line connecting the femoral head centers (S-H distance), the sacro-femoral-pubic angle (SFP angle), and the pelvic vertical ratio (PVR). Regression models determined the ability of these parameters to predict PSI from -20° to 20° at 1° increment. All five parameters showed a strong correlation with the PSI (all r > 0.9). From the regression models, PSI was estimated with a median (maximum) absolute error of 3.6° (18.4°), 3.8° (17.7°), 5.2° (17.9°), 5.8° (28.8°), and 3.2° (23.5°) for the S-S distance, PF ratio, S-H distance, SFP angle, and PVR, respectively. The regression model for S-S distance had a mean slope of 2.18 that ranged from 1.98 to 2.41 when the sacrococcygeal joint was located superior to the symphysis. Results indicated that substantial errors occur when estimating the actual value of PSI from an anteroposterior radiograph. However, the change in PSI could be estimated from the S-S distance, which may aid surgeons to successfully increase head coverage through periacetabular osteotomy and to locate the acetabular cup in a functional position for total hip arthroplasty.

    DOI: 10.1002/jor.24701

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/jor.24701

  • Patient-specific ROM and load-based target zone for total hip arthroplasty and its application in a retrospective analysis 査読

    Juliana Habor, Maximilian, C.M. Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Klaus Rademacher

    EPiC Series in Health Science   3   161 - 165   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 腰椎変性疾患に対する除圧術および固定術前後の立位全身矢状面アライメントおよびバランスの変化 査読

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 佐藤雄亮, 下田晴華

    Journal of Spine Research   10 ( 9 )   1362 - 1366   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Lumbar lordosis does not correlate with pelvic incidence in the cases with the lordosis apex located at L3 or above 査読

    Osamu Tono, Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Kei Watanabe, Katsumi Harimaya

    European Spine Journal   28 ( 9 )   1948 - 1954   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5695-9

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00586-018-5695-9/fulltext.html

  • Proximal femoral asymmetry in Japanese patients before total hip arthroplasty. 査読

    Maximilian, C.M. Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Klaus Rademacher

    EPiC Series in Health Science   3   127 - 132   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Difference in whole spinal alignment between supine and standing positions in patients with adult spinal deformity using a new comparison method with slot-scanning three-dimensional X-ray imager and computed tomography through digital reconstructed radiography 査読

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Gabriel Caseiro, Kei Watanabe

    BMC Musculoskeletal Disorders   19 ( 1 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1186/s12891-018-2355-5

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s12891-018-2355-5/fulltext.html

  • Relationship between sagittal radiographic parameters and disability in patients with spinal disease using 3D standing analysis 査読

    Hiroyuki Yoshihara, Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Kei Watanabe

    Orthopaedics & Traumatology: Surgery & Research   104 ( 7 )   1017 - 1023   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.otsr.2018.07.009

    researchmap

  • Why did anterior dislocation occur during dandling her baby in front of her in standing position after THA? 査読

    Kunihiko Tokunaga, Juliana Habor, Maximilian, C.M. Fischer, Masashi Okamoto, Klaus Rademacher

    EPiC Series in Health Science   2   219 - 222   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Slot scanning 3D X-ray imager (EOS) を用いた立位脊柱アライメントに関する研究 査読

    岡本昌士

    新潟大学(新大院修(保))   ( 250 )   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(修士)  

    researchmap

  • 腰椎前彎の頂椎高位によって脊柱骨盤矢状面アライメントは有意に変化する

    東野 修, 長谷川 和宏, 下田 晴華, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 本間 隆夫, 渡辺 慶, 平野 徹, 大橋 正幸, 播广谷 勝三

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   619 - 619   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人期の脊柱変形の病態と治療体系 成人期以降の脊柱変形における立位アライメントおよびバランス

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 下田 晴華, 本間 隆夫, 大橋 正幸, 渡辺 慶, 平野 徹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 2 )   S322 - S322   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人脊柱変形では立位で胸腰椎後側彎が悪化する Slot-scanning X-ray imager(立位)とCT(臥位)での比較

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 下田 晴華, 本間 隆夫, 渡辺 慶, 大橋 正幸, 平野 徹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   92 ( 3 )   S680 - S680   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人期以降の脊柱変形は立位によって胸腰椎後側彎および骨盤後傾が悪化する

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 下田 晴華, 本間 隆夫, 大橋 正幸, 渡辺 慶, 平野 徹

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   455 - 455   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 成人脊柱変形に対する後方脊柱矯正固定術はアライメントと共に立位バランスも改善させる

    下田 晴華, 長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 本間 隆夫, 小野 真稔, 大橋 正幸, 渡辺 慶, 平野 徹

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   608 - 608   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • EOS Revealed Correlation of the Anterior Pelvic Plane Angle with the Pelvic Alignment Parameters of Pre- and Post-Operative Patients in Supine and Standing Positions 査読

    Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto

    Orthopaedic Proceedings   99 ( 20 )   1 - 4   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Implant Orientation Measurement After THA Using the EOS X-Ray Image Acquisition System 査読

    Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Kenji Watanabe

    Advances in Experimental Medicine and Biology   1093   335 - 343   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Singapore  

    DOI: 10.1007/978-981-13-1396-7_26

    researchmap

  • Standing sagittal alignment of the whole axial skeleton with reference to the gravity line in humans 査読

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Masatoshi Ono, Takao Homma, Kei Watanabe

    Journal of Anatomy   230 ( 5 )   619 - 630   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/joa.12586

    researchmap

  • 立位重心線を基準とした正常全身矢状面アライメントとその加齢による変化

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 下田 晴華, 小野 真稔, 本間 隆夫, 渡辺 慶, 大橋 正幸, 平野 徹, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   91 ( 3 )   S727 - S727   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頭蓋・頸椎および下枝アライメントも腰痛関連HRQOLに関連する

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 初鹿野 駿, 下田 晴華, 小野 真稔, 本間 隆夫, 渡辺 慶, 大橋 正幸

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   623 - 623   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Normative spino-pelvic parameters in patients with the lumbarization of S1 compared to a normal asymptomatic population 査読

    R. Price, M. Okamoto, JC Le Huec, K. Hasegawa

    European Spine Journal   25 ( 11 )   3694 - 3698   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00586-016-4794-8

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00586-016-4794-8/fulltext.html

  • Normative values of spino-pelvic sagittal alignment, balance, age, and health-related quality of life in a cohort of healthy adult subjects 査読

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Masatoshi Ono, Kei Watanabe

    European Spine Journal   25 ( 11 )   3675 - 3686   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00586-016-4702-2

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00586-016-4702-2/fulltext.html

  • 腰仙固定の適応について 成人脊柱変形PI-LL mismatch症例の矯正・固定術における腰仙椎(骨盤)固定の意義

    長谷川 和宏, 岡本 昌士, 下田 晴華, 小野 真稔, 本間 隆夫, 平野 徹, 渡辺 慶, 大橋 正幸, 遠藤 直人

    日本整形外科学会雑誌   90 ( 2 )   S346 - S346   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • The first report on normal sagittal spinopelvic alignment of Japanese population using EOS imaging 査読

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Keiji Ishii, Haruka Shimoda, Takao Honma

    Scoliosis   10 ( 1 )   35 - 35   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Biplanar slot-scanning full body stereoradiographyによる脊柱を中心とした荷重骨・関節アライメント解析

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士( 担当: 共著)

    金原出版  2021年4月 

     詳細を見る

  • 整形・災害外科ジャーナル

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Slot scanning 3D X-ray imager (EOS) を用いた矢状面全身アライメント評価)

    金原出版  2018年6月 

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形治療の最前線

    日本側彎症学会, 種市 洋, 松本 守雄, 岡本 昌士, 長谷川 和宏( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 特殊な病態評価 Slot-scanning 3D X-ray Imager (EOS), 立位バランス, 歩行解析)

    南江堂  2017年7月  ( ISBN:9784524259861

     詳細を見る

    総ページ数:viii, 358p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • L6椎体症例における立位全身矢状面アライメント異常

    岡本昌士, 岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    Journal of Spine Research (Web)   11 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

  • 頚髄症単独よりも頚髄症・腰部脊柱管狭窄症合併患者の方が立位バランスは不良である

    岡本昌士, 岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 初鹿野駿, 佐藤雄亮, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

  • 腰椎前弯頂椎と後弯前弯変曲椎からみた立位矢状面全身アライメント~健常例における検討~

    岡本昌士, 岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 佐藤雄亮, 東野修, 小林公一, 坂本信

    日本側彎症学会演題抄録集   53rd   2019年

     詳細を見る

  • 立位脊柱矢状面最大後弯頂点,最大前弯頂点におよび術前後アライメント変化量(Sagittal Spino-Pelvic Profile)とPJFとの関連性

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小林公一, 坂本信

    日本側彎症学会演題抄録集   52nd   2018年

     詳細を見る

  • 立位脊柱矢状面最大後弯頂点,最大前弯頂点および変曲椎(Sagittal spino-pelvic profile)とPJFとの関連性

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小林公一, 坂本信

    日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集   27th   2018年

     詳細を見る

  • Hip-Spine-Knee syndrome Slot scanning3D X-ray imager(EOS)を用いた矢状面全身アライメント評価

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿

    整形・災害外科   61 ( 7 )   2018年

     詳細を見る

  • 腰仙部移行椎の全脊柱アライメントに及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • 立位脊柱矢状面最大後弯と最大前弯の変曲椎に関する検討

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    日本側彎症学会演題抄録集   51st   2017年

     詳細を見る

  • 全身立位アライメント・バランスと全身骨格筋量の関係-性差に着目して-

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 笹本龍太

    Journal of Spine Research (Web)   13 ( 3 )   2022年

     詳細を見る

  • 生体指紋として胸椎形状を用いた個人識別法の開発

    佐藤充, 近藤世範, 岡本昌士, 高橋直也

    日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web)   61st   2022年

     詳細を見る

  • DVT診断に至適な下肢静脈エコー断面像の自動識別

    中山裕介, 田村愛, 近藤世範, 佐藤充, 岡本昌士, 皆川靖子, 内山美枝子

    日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web)   61st   2022年

     詳細を見る

  • 脊椎変性疾患および脊柱変形における全身・体幹骨格筋量の立位全身アライメント・バランスへの影響

    初鹿野 駿, 長谷川 和宏, 岡本 昌士, 笹本 龍太

    Journal of Spine Research   12 ( 3 )   90 - 90   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脊椎脊髄病学会  

    researchmap

  • Biplanar slot-scanning full body stereoradiography system(EOS)による全身立位矢状面アライメントとHRQOL

    長谷川和宏, 初鹿野駿, 岡本昌士, 渡辺慶, 大橋正幸, VITAL Jean-Marc, DUBOUSSET Jean

    東北整形災害外科学会雑誌   64 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • 脊椎のバイオメカニクスと下肢アライメント 1 Biplanar slot-scanning full body stereoradiographyによる脊柱を中心とした荷重骨・関節アライメント解析

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士

    整形・災害外科   64 ( 5 )   2021年

     詳細を見る

  • SterEOSイメージングシステムでみたTHA症例の立位・座位骨盤傾斜の変化

    徳永邦彦, 平岩利仁, 岡本昌士, 初鹿野駿

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   48th   2021年

     詳細を見る

  • 脊椎変性疾患および脊柱変形における全身・体幹骨格筋量の立位全身アライメント・バランスへの影響

    初鹿野駿, 初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 笹本龍太

    Journal of Spine Research (Web)   12 ( 3 )   2021年

     詳細を見る

  • 低線量立位全身三次元画像解析システム(EOS)の有用性と被曝低減効果

    長谷川和宏, 下田晴華, 本間隆夫, 岡本昌士, 初鹿野駿

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 2 )   S19 - S19   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 立位全身アライメントと重心動揺計測による立位バランスの関係

    初鹿野駿, 初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 笹本龍太

    Journal of Spine Research (Web)   11 ( 3 )   2020年

     詳細を見る

  • 立位から座位での矢状面骨盤後傾は人工股関節全置換術後に減少する(SterEOSイメージングシステムを用いた解析)

    徳永邦彦, 平岩利仁, 平岩利仁, 岡本昌士

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   47th   2020年

     詳細を見る

  • sterEOSを用いた人工股関節置換術前後での立位骨盤アライメントの検討

    平岩利仁, 徳永邦彦, 岡本昌士

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • Pelvic incidenceに代わる骨頭中心を用いない新規骨盤形態パラメーターの確立

    高橋康人, 高橋康人, 渡辺慶, 岡本昌士, 初鹿野駿, 長谷川和宏, 遠藤直人

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形に対する矯正固定術は3D下肢アライメントをも改善させる

    佐藤雄亮, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

  • 健常人でのWhole Body Alignmentは人種間で違いがあるのか?

    中島宏彰, 中島宏彰, 金村徳相, 長谷川和宏, 佐竹宏太郎, 伊藤研悠, 大内田隼, 岡本昌士, 初鹿野駿, LE Huec, 今釜史郎

    日本側彎症学会演題抄録集   53rd   2019年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形患者における立位全身アライメントと重心動揺計によって計測した立位バランス-健常人との比較-

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 佐藤雄亮, 笹本龍太

    日本側彎症学会演題抄録集   53rd   2019年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形に対する解離・除圧・矯正・固定術~私の流儀

    長谷川和宏, 下田晴華, 佐藤雄亮, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集   28th   2019年

     詳細を見る

  • 姿勢異常と疼痛 Slot scanning 3D X-ray imager(EOS)によるグローバルアライメント評価と疼痛

    佐藤雄亮, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    関節外科   38 ( 12 )   2019年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形に対する椎体骨切りを行わない後方矯正固定術の可能性と限界

    長谷川和宏, 下田晴華, 佐藤雄亮, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形患者における立位全身矢状面アライメントと重心動揺計によって計測した立位バランスとの関係

    初鹿野駿, 初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 岡本昌士, 佐藤雄亮, 下田晴華, 本間隆夫, 笹本龍太, 小林公一, 坂本信

    Journal of Spine Research   10 ( 3 )   2019年

     詳細を見る

  • 脊柱変形における立位全身アライメント評価と手術治療戦略

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 佐藤雄亮, 本間隆夫, 渡辺慶, 平野徹

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 2 )   2019年

     詳細を見る

  • 傍脊柱筋の機能解剖学,姿勢制御と手術アプローチ 第4章:傍脊柱筋の画像検査 全脊椎アライメントの測定

    佐藤雄亮, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 4 )   2019年

     詳細を見る

  • EOSで測ったTHA患者の立位と座位の骨盤傾斜

    徳永邦彦, 岡本昌士

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   45th   2018年

     詳細を見る

  • 腰椎変性疾患に対する除圧・固定術ではアライメントに有意な変化はないが立位バランスは改善する

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • 胸椎後弯が大きく立位重心動揺が大きいほど成人脊柱変形術後PJFは発生しやすい

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 笹本龍太

    日本側彎症学会演題抄録集   52nd   2018年

     詳細を見る

  • 胸椎後弯が大きく立位重心動揺が大きいほど成人脊柱変形術後PJFは発生しやすい

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士

    日本脊椎インストゥルメンテーション学会抄録集   27th   2018年

     詳細を見る

  • 日本人成人健常者におけるWhole Body Sagittal Alignment~多施設研究による基準値

    大内田隼, 金村徳相, 長谷川和宏, 岡本昌士, 佐竹宏太郎, 中島宏彰, 石川喜資, 世木直喜, 初鹿野駿

    Journal of Spine Research   9 ( 3 )   2018年

     詳細を見る

  • 腰椎変性疾患術前後における立位全身アライメント,バランスの評価-腰椎除圧術,腰椎固定術,脊柱矯正固定術の比較-

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    日本側彎症学会演題抄録集   51st   2017年

     詳細を見る

  • L6移行椎症例の全脊柱アライメント計測に及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • Slot-scanning 3D X-ray imager(EOS)は脊椎外科治療のルチーンとして役立つか?

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 渡辺慶

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • 名人の極意を知る「成人脊椎変形」成人期以降の脊柱変形に対するfail-safeな術式をめざして~後方法単独Segmental(decompression),release,correction,and fusion~

    長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 岡本昌士, 初鹿野駿, 小池崇志, 佐々木隆臣, 渡辺慶

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • 腰仙部移行椎の全脊柱アライメントに及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    新潟整形外科研究会会誌   33 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形に対する後方脊柱矯正固定術はアライメントと共に立位バランスも改善させる

    下田晴華, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    新潟整形外科研究会会誌   33 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形の矯正固定術は立位矢状面アライメントとともに立位バランスをも改善する

    小野真稔, 長谷川和宏, 下田晴華, 本間隆夫, 初鹿野駿, 岡本昌士

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • 腰椎除圧術,腰椎固定術,および脊柱矯正固定術前後における立位全身アライメントの変化

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • Slot-scanning 3D X-ray imager(EOS)による脊椎アライメントの3次元評価に関する精度評価

    笹川圭右, 岡本昌士, 長谷川和宏, 尾田雅文, 原利昭, 初鹿野駿

    Journal of Spine Research   8 ( 3 )   2017年

     詳細を見る

  • SterEOSで計測した術前後の前骨盤基準面(APP)の傾斜角は脊椎外科で使用する骨盤傾斜のパラメターと相関する

    徳永邦彦, 岡本昌士, 渡辺研二

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   47th   2017年

     詳細を見る

  • 腰仙椎移行部の相対的高位~Slot-scanning 3D X-ray Imager(EOS)を用いた日本人健常141人の計測~

    岡本昌士, 長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 初鹿野駿, 関谷勝

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

  • Pelvic incidenceは変化する

    長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 初鹿野駿, 本間隆夫

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

  • 立位矢状面アライメントの悪化によって健康関連QOLは悪化する~健常日本人における検証~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

  • 脊柱アライメント計測における従来型X線撮影装置(CR)の正確度~Slot scanning 3D X-ray imager(EOS)との比較

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    Journal of Spine Research   7 ( 3 )   2016年

     詳細を見る

  • 成人脊柱変形患者評価のポイント

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 渡辺慶, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    日本側彎症学会演題抄録集   50th   2016年

     詳細を見る

  • Slot-scanning 3D X-ray imagerによる脊柱変形評価~矯正・固定術を成功させるための秘訣~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 渡辺慶, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    日本側彎症学会演題抄録集   50th   2016年

     詳細を見る

  • 立位X線写真撮影装置hipCASとsterEOSで計測した人工股関節設置角度はどちらが正確か?

    徳永邦彦, 岡本昌士, 増井雅也

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   43rd   2016年

     詳細を見る

  • SterEOSで計測した前骨盤基準面(APP)傾斜角はsacral slopeやpelvic tiltと相関する

    徳永邦彦, 岡本昌士

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   43rd   2016年

     詳細を見る

  • 脊柱アライメント計測における一般X線撮影装置(CR)の精度~slot-scanning 3D X-ray Imager(EOS)との比較~

    初鹿野駿, 岡本昌士, 長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    新潟整形外科研究会会誌   32 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • 脊椎アライメントの三次元評価におけるsterEOSを用いた精度検証

    安澤拓真, 笹川圭右, 長谷川和宏, 長谷川和宏, 岡本昌士, 尾田雅文, 勝山恵子, 原利昭

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集(CD-ROM)   28th   2016年

     詳細を見る

  • 3次元脊椎アライメント評価におけるEOSシステムとCTモデルの比較

    安澤拓真, 笹川圭右, 長谷川和宏, 長谷川和宏, 岡本昌士, 尾田雅文, 原利昭

    日本機械学会北陸信越支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)   53rd   2016年

     詳細を見る

  • 従来型X線撮影装置(CR)とSlot scanning 3D X-ray imagerとの脊椎アライメント計測精度の比較

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    日本側彎症学会演題抄録集   50th   2016年

     詳細を見る

  • 移行椎L6症例が脊柱アライメント計測に及ぼす影響およびその特徴~Slot-scanning 3D X-ray Imagerを用いた検討~

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    日本側彎症学会演題抄録集   50th   2016年

     詳細を見る

  • 仙骨終板の相対的高位が立位矢状面アライメントに与える影響~slot-scanning 3D X-ray imager(EOS)を用いた検討

    岡本昌士, 長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    日本側彎症学会演題抄録集   49th   2015年

     詳細を見る

  • 新しい2方向同時slot-scanning X-ray Imager(EOS)による健常日本人全脊柱立位アライメント~正常値および年齢による変化~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 石井圭史, 小野真稔, 本間隆夫, 平野徹, 渡辺慶

    Journal of Spine Research   6 ( 3 )   2015年

     詳細を見る

  • 新しい2方向同時slot-scanning X-ray Imager(EOS)と重心動揺計を用いた脊柱変形手術前後の立位バランス測定の試み

    長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 石井圭史, 小野真稔, 本間隆夫

    Journal of Spine Research   6 ( 3 )   2015年

     詳細を見る

  • 一般X線撮影装置(CR)とslot-scanning 3D X-ray imager(EOS)の装置間誤差に関する検討

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    日本側彎症学会演題抄録集   49th   2015年

     詳細を見る

  • A slot-scanning 3D X-ray Imager(EOS)と重心動揺計を組み合わせた成人脊柱変形手術例のバランス評価

    小野真稔, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫

    日本側彎症学会演題抄録集   49th   2015年

     詳細を見る

  • 新しいslot-scanning X-ray Imager(EOS)による脊椎形状評価における精度~一般X線撮影

    岡本昌士, 長谷川和宏, 石井圭史, 下田晴華, 本間隆夫, 関屋勝

    日本側彎症学会演題抄録集   48th   2014年

     詳細を見る

  • 低X線量で短時間に立位2方向同時X線撮影が可能なSterEOS撮影装置を用いた臼蓋カップ設置角度の計測

    徳永邦彦, 渡辺研二, 岡本昌士

    日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集   41st   2014年

     詳細を見る

  • 新しいslot-scanning X-ray Imager(EOS)による健常日本人全脊柱立位アライメント

    長谷川和宏, 岡本昌士, 石井圭史, 下田晴華, 小野真稔, 平野徹, 渡辺慶

    日本側彎症学会演題抄録集   48th   2014年

     詳細を見る

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • L6椎体症例における立位全身矢状面アライメント異常

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第49回日本脊椎脊髄病学会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎前弯頂椎と後弯前弯変曲椎からみた立位矢状面全身アライメント~健常例における検討~

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 佐藤雄亮, 東野修, 小林公一, 坂本信

    第53回日本側彎症学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Difference in whole spinal alignment between supine and standing positions in patients with adult spinal deformity using a new comparison method with slot-scanning three-dimensional X-ray imager (EOS) and computed tomography (CT) through digital reconstructed radiography

    Kazuhiro Hasegawa, Jean Dubousset, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Takao Homma, Kei Watanabe

    The 93nd Annual Meeting SOFCOT  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pelvic rotation and inclination affect reliability of sagittal pelvic alignment and anterior pelvic plane angle measured by EOS system

    Masashi Okamoto, Kunihiko Tokunaga

    17th Annual Meeting of the International Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Relationship between the location of the base of sacrum and sagittal spino-pelvic alignment

    Masashi Okamoto, Kazuhiro Hasegawa, Shun Hatsushikano, Masatoshi Ono, Haruka Shimoda, Takao Homma, Masaru Sekiya

    The 51st Annual Meeting Scoliosis Research Society  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生前・死後CT画像における胸椎形状特徴に基づく個人識別法の開発

    近藤世範, 佐藤充, 岡本昌士, 高橋直也

    医用画像情報学会 令和4年度秋季(第194回)大会  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Presentation & Chair Symposium: Correction of spinal deformity considering global spinal alignment. Implication of standing whole body sagittal alignment in spine surgery

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Yuusuke Satou, Haruka Shimoda, Takao Homma

    The 26th Annual Meeting of the Japan Society for the Study of Surgical Technique for Spine and Spinal Nerves  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Patient-specific ROM and load-based target zone for total hip arthroplasty and its application in a retrospective analysis

    Juliana Habor,Maximilian, C.M. Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Klaus Rademacher

    19th Annual Meeting of the International Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Proximal femoral asymmetry in Japanese patients before total hip arthroplasty

    Maximilian, C.M. Fischer, Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Klaus Rademacher

    19th Annual Meeting of the International Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Objective assessment of muscle fatigue in the back and lower extremities of patients with adult spinal deformity using an integrated electromyogram

    Mikio Muraoka, Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Michiko Sakai

    13th International Society of Physical Medicine and Rehabilitation Medicine World congress  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Correction surgery for adult spinal deformity improves the 3D alignment of lower extremities

    Yuusuke Satou, Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Yasushi Oshima, Takao Homma

    The 46th Annual Meeting ISSLS  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The greater the difference of global spino-pelvic alignment between supine and standing positions, the worse the low back pain disability in the patients with adult spine deformity

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Yuuske Satou, Haruka Shimoda

    The 46th Annual Meeting ISSLS  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • DVT診断に至適な下肢静脈エコー断面像の自動識別

    中山裕介, 田村愛, 近藤世範, 佐藤充, 岡本昌士, 皆川靖子, 内山美枝子

    第61回日本生体医工学会大会  2022年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生体指紋として胸椎形状を用いた個人識別法の開発

    佐藤充, 岡本昌士, 近藤世範, 高橋直也

    第61回日本生体医工学会大会  2022年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Compensation for standing posture by whole-body sagittal alignment in relation to health-related quality of life

    Hasegawa K, Okamoto M, Hatsushikano S, Watanabe K, Ohashi M, Vital JM, Dubousset J

    Global Spine Congress 2021  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低線量立位全身3次元画像解析システム(EOS)の有用性と被ばく低減効果

    長谷川和宏, 下田晴華, 本間隆夫, 岡本昌士, 初鹿野駿

    第94回日本整形外科学会学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脊椎変性疾患および脊柱変形における全身・体幹骨格筋量の立位全身アライメント・バランスへの影響

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 笹本龍太

    第50回日本脊椎脊髄病学会  2021年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Bayesian U-netを用いた股関節形成不全症例の筋委縮の評価

    上村圭亮, 大竹義人, 岡本昌士, 徳永邦彦, 高尾正樹, 菅野伸彦, 佐藤嘉伸

    第29回コンピューター外科学会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アライメント評価の新時代:立位矢状面全身アライメント・バランス~脊椎外科の立場から~

    長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 岡本昌士, Jean Dubousset

    第47回日本臨床バイオメカニクス学会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位姿勢維持機構と健康関連QOL~全身骨アライメント・バランス・筋量の関与

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸

    第35回日本整形外科学会基礎学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 脊椎脊髄外科手術における立位全身アライメント・バランスの意義 Standing whole body alignment and balance for spinal surgery

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    第27回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 立位全身アライメントと重心同様計による立位バランスの関係

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 笹本龍太

    第49回日本脊椎脊髄病学会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脊柱矯正・固定術のための矢状面アライメント評価の未来

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 佐藤雄亮, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸

    第10回日本成人脊柱変形学会  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形に対する解離・除圧・矯正・固定術~私の流儀

    長谷川和宏, 下田晴華, 佐藤雄亮, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    第28回日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形患者における立位全身アライメントと重心動揺計によって計測した立位バランス-健常人との比較-

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 佐藤雄亮, 笹本龍太

    第53回日本側彎症学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 健常人でのWhole Body Alignmentは人種間で違いがあるのか?

    中島宏彰, 金村徳相, 長谷川和宏, 佐竹宏太朗, 伊藤研悠, 大内田隼, 岡本昌士, 初鹿野駿, LeHuec JC

    第53回日本側彎症学会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pelvic incidenceに代わる骨頭中心を用いない新規骨盤形態パラメータの確立

    高橋康人, 渡辺慶, 岡本昌士, 初鹿野駿, 長谷川和宏, 遠藤直人

    第92回日本整形外科学会学術集会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒトの立位全身アライメントのなりたちに基づく高齢者脊柱変形の病態と手術治療指針

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 佐藤雄亮, 本間隆夫, Jean Dubousset, Christine Tardieu, Ginett Duval-Beaupere

    腰曲がりの新しい治療を考える会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形患者における立位全身矢状面アライメントと重心動揺計によって計測した立位バランスとの関係

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 佐藤雄亮, 下田晴華, 本間隆夫, 笹本龍太, 小林公一, 坂本信

    第48回日本脊椎脊髄病学会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎変性疾患に対する除圧・固定術ではアライメントに有意な変化はないが立位バランスは改善する

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 佐藤雄亮, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第48回日本脊椎脊髄病学会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形に対する矯正固定術は3D下肢アライメントをも改善させる

    佐藤雄亮, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    第48回日本脊椎脊髄病学会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎変性疾患に対するTLIFおよび低侵襲神経除圧術における再手術例の特徴

    下田晴華, 長谷川和宏, 佐藤雄亮, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    第48回日本脊椎脊髄病学会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形に対する椎体骨切りを行わない後方矯正固定術の可能性と限界

    長谷川和宏, 下田晴華, 佐藤雄亮, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    第48回日本脊椎脊髄病学会  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人(高齢者)脊柱変形に対する後方単独アプローチによる矯正固定術は安全かつ確実な方法である

    長谷川和宏, 下田晴華, 佐藤雄亮, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫

    第9回日本成人脊柱変形学会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 胸椎後弯が大きく立位重心動揺が大きいほど成人脊柱変形術後PJFは発生しやすい

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 笹本龍太

    第52回日本側彎症学会  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位脊柱矢状面最大後弯頂点, 最大前弯頂点および術前後アライメント変化量(Sagittal Spino-pelvic Profile)とPJFとの関連性

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小林公一, 坂本信

    第52回日本側彎症学会  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lumbar lordosis does not correlate with pelvic incidence in the cases with lordosis apex above L3

    Osamu Touno, Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Kei Watanabe, Katsumi Harimaya

    The 53th The Annual Meeting of Scoliosis Research Society  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 胸椎後弯が大きく立位重心動揺が大きいほど成人脊柱変形術後PJFは発生しやすい

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士

    第27回日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位脊柱矢状面最大後弯頂点, 最大前弯頂点および変曲点(sagittal spino-pelvic profile)とPJFとの関連性

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿

    第27回日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Why did anterior dislocation occur during dandling her baby in front of her in standing position after THA?

    Kunihiko Tokunaga, Juliana Habor, Maximilian, C.M. Fischer, Masashi Okamoto, Klaus Rademacher

    18th Annual Meeting of the International Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery  2018年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形では立位で胸腰椎後側弯が悪化する

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸, 遠藤直人

    第91回日本整形外科学会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人期以降の脊柱変形における立位アライメントおよびバランス

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸, 遠藤直人

    第91回日本整形外科学会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Lumbo-sacral alignment and deformity in patients with adult spine deformity deteriorate in standing compared with supine position

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Gabriel Caseiro, Kei Watanabe

    The 45th Annual Meeting ISSLS  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Influence of spinopelvic mobility for THA

    Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto, Kenji Watanabe

    CAOS Asian Pacific 2018  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形に対する後方脊柱矯正固定術はアライメントと共に立位バランスも改善させる

    下田晴華, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫, 小野真稔, 大橋正幸, 渡辺慶, 平野徹

    第47回日本脊椎脊髄病学会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎前弯の頂椎高位によって脊柱骨盤矢状面アライメントは有意に変化する

    東野修, 長谷川和宏, 下田晴華, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸, 渡辺慶, 平野徹

    第47回日本脊椎脊髄病学会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎変性疾患に対する除圧・固定術ではアライメントに有意な変化はないが立位バランスは改善する

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第47回日本脊椎脊髄病学会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本人成人健常者におけるwhole body sagittal alignment~多施設研究による基準値

    大内田隼, 金村徳相, 長谷川和宏, 岡本昌士, 佐竹宏太朗, 中島宏彰, 石川喜資, 世木直喜, 初鹿野駿

    第47回日本脊椎脊髄病学会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人期以降の脊柱変形は立位によって胸腰椎後側弯および骨盤後傾が悪化する

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 大橋正幸, 渡辺慶, 平野徹

    第47回日本脊椎脊髄病学会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰仙部移行椎の全脊椎アライメントに及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第47回日本脊椎脊髄病学会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰仙部移行椎の全脊柱アライメントに及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第8回日本成人脊柱変形学会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎変性疾患に対する除圧・固定術ではアライメントに有意な変化はないが立位バランスは改善する

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第8回日本成人脊柱変形学会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形に対する後方脊柱矯正固定術後のQOLの時間的経過の検証(SRS-22, ODI)

    下田晴華, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 本間隆夫, 大橋正幸, 渡辺慶

    第8回日本成人脊柱変形学会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数回の術後に白血病を発症した先天性後側弯症の1例

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 平野徹, 渡辺慶, 大橋正幸, 長野順二

    第16回日本乳・幼児側弯症研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰仙部移行椎の全脊柱アライメントに及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第231回新潟整形外科研究会, 第77回新潟脊椎外科研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SYNAPSE VINCENTの臨床現場における有用性-脊椎3D画像について-

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士

    FUJIFILM MEDICAL SEMINAR 2017  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The whole body standing alignment: Can it be evaluated by top view?

    Kazuhiro Hasegawa, Jean Dubousset, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Masatoshi Ono, Takao Homma

    Spinal Balance Meeting in Garches  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脊椎のバイオメカニクス, ヒトはいかにして安定した立位姿勢を保持しているか~全身骨アライメントからの考察~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    第44回日本臨床バイオメカニクス学会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人(高齢者)脊柱変形に対する後方椎間除圧・解離・矯正・固定術は安全確実な術式である~同一術者による連続50例の分析~

    長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 岡本昌士, 初鹿野駿

    第26回日本脊椎インストゥルメンテーション学会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰椎変性疾患術前後における立位全身アライメント, バランスの評価-腰椎除圧術, 腰椎固定術, 脊柱矯正固定術の比較

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫

    第51回日本側彎症学会学術集会  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位脊柱矢状面最大後弯と最大前弯の変曲椎に関する検討

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 小林公一, 坂本信

    第51回日本側彎症学会学術集会  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EOS Revealed Correlation of the Anterior Pelvic Plane Angle with the Pelvic Alignment Parameters of Pre- and Post-Operative Patients in Supine and Standing Positions

    Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto

    17th Annual Meeting of the International Society for Computer Assisted Orthopaedic Surgery  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形の矯正固定術は立位矢状面アライメントとともに立位バランスをも改善する

    小野真稔, 長谷川和宏, 下田晴華, 本間隆夫, 初鹿野駿, 岡本昌士

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Slot-scanning 3D X-ray imager (EOS)による脊椎アライメントの3次元評価に関する精度評価

    笹川圭右, 岡本昌士, 長谷川和宏, 尾田雅文, 原利昭, 初鹿野駿

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 頭蓋・頸椎および下肢アライメントも腰痛関連HRQOLに関連する

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Slot-scanning 3D X-ray Imager (EOS)は脊椎外科治療のルーチンとして役立つか?

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 渡辺慶

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • L6移行椎症例の全脊柱アライメント計測に及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 名人の極意を知る「成人脊柱変形」成人期以降の脊柱変形に対するfail-safeな術式をめざして~後方法単独Segmental (decompression), release, correction, and fusion

    長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 岡本昌士, 初鹿野駿, 小池崇志, 佐々木隆臣, 渡辺慶

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    researchmap

  • 腰椎除圧術, 腰椎固定術, および脊柱矯正固定術前後における立位全身アライメントの変化

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位2方向X線写真による人工股関節設置角度の測定~hipCAS vs sterEOS

    徳永邦彦, 岡本昌士, 増井雅也, 渡邊研二

    第11回日本CAOS研究会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 従来型X線撮影装置(CR)とSlot-scanning 3D X-ray Imager(EOS)の計測精度の検討

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    第7回日本成人脊柱変形学会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自立保持困難の判断基準および姿勢安定器具使用が重心動揺計測数値に及ぼす影響

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    第7回日本成人脊柱変形学会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SterEOSで計測した術前後の前骨盤基準面(APP)の傾斜角は脊椎外科で使用する骨盤傾斜のパラメータと相関する

    徳永邦彦, 岡本昌士, 渡邊研二

    第47回日本人工関節学会  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヒトの立位全身アライメントからみた高齢者脊柱変形症の本質と治療

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿

    第7回しものせき脊椎カンファレンス  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人脊柱変形診療のup-to-date

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    第50回日本側彎症学会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 従来型X線撮影装置(CR)とSlot-scanning 3D X-ray Imagerとの脊椎アライメント計測精度の比較

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    第50回日本側彎症学会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Standing balance: General concept

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Shun Hatsushikano, Haruka Shimoda, Masatoshi Ono, Takao Homma

    World Wide Conference of Scoliosis Research Society, combined with The 50th Annual Meeting of Japanese Scoliosis Society  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 移行椎L6症例が脊柱アライメント計測に及ぼす影響およびその特徴~Slot-scanning 3D X-ray Imagerを用いた検討

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    第50回日本側彎症学会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • sterEOSで計測した前骨盤基準面(APP)傾斜角はsacral slopeやpelvic tiltと相関する

    徳永邦彦, 岡本昌士

    第43回日本股関節学会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • X 線写真撮影装置hipCASとsterEOSで計測した人工股関節設置角度はどちらが正確か?

    徳永邦彦, 岡本昌士, 増井雅也

    第43回日本股関節学会  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位脊柱アライメント・バランス~The chain of balanceとConus of economy~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    第43回日本臨床バイオメカニクス学会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰痛と立位全身矢状面アライメントとの関係

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸

    第24回日本腰痛学会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • “Slot-scanning three dimensional X-ray Imager”

    Masashi Okamoto, Kazuhiro Hasegawa

    Midnight Research Meeting, The 36th Annual Meeting of Japanese Society for Bone Morphometry  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • From “micro” to “global” spine research

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto

    Midnight Research Meeting, The 36th Annual Meeting of Japanese Society for Bone Morphometry  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Pelvic Tilt for THA Planning (Panel Discussion)

    Kunihiko Tokunaga, Masashi Okamoto

    Computer Assisted Orthopaedic Surgery(CAOS) International 2016  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Spino-pelvic mismatch is the most significant indicator on low back symptom measured by ODI score

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Haruka Shimoda, Masatoshi Ono, Takao Homma

    The 43th Annual Meeting ISSLS  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lunchon Seminar:EOS imaging: Alignment and compensation mechanisms of the spine, pelvis, and lower limbs: The benefits of weight-bearing examination by EOS

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto

    The 89th Annual Meeting of Japanese Orthopaedic Association  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰仙椎固定の適応について~成人脊柱変形PI-LL mismatch症例の矯正・固定術における腰・仙椎(骨盤)固定の意義

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸

    第89回日本整形外科学会  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 立位矢状面アライメントの悪化によって健康関連QOLは悪化する~健常日本人における検証~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 渡辺慶, 大橋正幸

    第45回日本脊椎脊髄病学会  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Pelvic incidenceは変化する

    長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    第45回日本脊椎脊髄病学会  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脊柱アライメント計測における従来型X線撮影装置(CR)の正確度~slot-scanning 3D X-ray imager (EOS)との比較

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    第45回日本脊椎脊髄病学会  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 腰仙椎移行部の相対的高位~Slot-scanning 3D X-ray imager (EOS)を用いた日本人健常141人の計測~

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    第45回日本脊椎脊髄病学会  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 従来型X線撮影装置(CR)の正確度~a slot scanning 3D X-ray imagerとの比較

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    第6回日本成人脊柱変形学会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 撮影肢位による重心の変動~Slot scanning 3D X-ray imagerを用いた検討~

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 小野真稔, 下田晴華, 本間隆夫, 関谷勝

    第6回日本成人脊柱変形学会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 一般X線撮影装置(CR)とslot-scanning 3D X-ray imager (EOS)の装置間誤差に関する検討

    初鹿野駿, 長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    第49回日本側彎症学会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仙骨底の相対的位置が立位矢状面アライメントに与える影響~slot-scanning 3D X-ray imager (EOS)を用いた検討

    岡本昌士, 長谷川和宏, 初鹿野駿, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    第49回日本側彎症学会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脊柱アライメント計測における一般X線撮影装置(CR)の精度~Slot-scanning 3D X-ray Imager (EOS)との比較~

    初鹿野駿, 岡本昌士, 長谷川和宏, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    第222回新潟整形外科研究会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Slot-scanning 3D X-ray Imager (EOS)と重心動揺計を組み合わせた成人脊柱変形手術後のバランス評価

    小野真稔, 長谷川和宏, 岡本昌士, 初鹿野駿, 下田晴華, 本間隆夫

    第222回新潟整形外科研究会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Spino-pelvic sagittal malalignment determined by a new slot-scanning X-ray Imager (EOS) has a positive relationship with ODI score

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Haruka Shimoda, Masatoshi Ono, Takao Homma

    The 42th Annual Meeting ISSLS  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新しい2方向同時slot-scanning X-ray imager (EOS)による健常日本人全脊柱立位アライメント~正常値および年齢による変化~

    長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 石井圭史, 小野真稔, 渡辺慶, 平野徹

    第44回日本脊椎脊髄病学会  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新しい2方向同時slot-scanning X-ray imager (EOS)と重心動揺計を用いた脊柱変形手術前後の立位バランス測定の試み

    長谷川和宏, 岡本昌士, 下田晴華, 本間隆夫, 石井圭史, 小野真稔

    第44回日本脊椎脊髄病学会  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • EOSおよび重心動揺計の同時測定による脊柱変形手術前後の立位バランス測定の試み

    長谷川和宏, 岡本昌士, 石井圭史, 下田晴華, Jean Dubousset, 平野徹, 渡辺慶

    第5回日本成人脊柱変形学会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 変性脊椎を科学する:変性脊椎における立位アライメントおよびバランス

    長谷川和宏, 岡本昌士, 石井圭史, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫

    第41回日本臨床バイオメカニクス学会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新しいslot-scanning X-ray imager (EOS)による健常日本人全脊柱立位アライメント

    長谷川和宏, 岡本昌士, 石井圭史, 下田晴華, 小野真稔, 平野徹, 渡辺慶

    第48回日本側彎症学会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新しいslot-scanning X-ray imager (EOS)による脊椎形状評価における精度~一般X線撮影との比較

    岡本昌士, 長谷川和宏, 石井圭史, 下田晴華, 小野真稔, 本間隆夫, 関谷勝

    第48回日本側彎症学会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The first report on normal sagittal spinopelvic alignment of Japanese population using EOS imaging

    Kazuhiro Hasegawa, Masashi Okamoto, Keiji Ishii, Haruka Shimoda, Takao Homma, Kei Watanabe

    The 10th Meeting of the International Research Society of Spinal Deformities  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 電気工学実験

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学総合

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用画像処理工学演習

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 診断支援工学

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 画像解剖学演習

    2021年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線撮影技術学演習

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用画像工学実験

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 画像医学Ⅱ

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 画像医学Ⅰ

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療英語

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線撮影技術学実習

    2021年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 画像医学演習

    2020年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線科学セミナー

    2020年10月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    2020年8月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 放射線撮影技術学演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 診断支援工学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 画像解剖学演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電気工学実験

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ (放射)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医療英語(放射)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医用画像処理工学演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 画像医学I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医用画像工学実験

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 画像医学II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線撮影技術学実習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学総合

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 画像医学演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線科学セミナー

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示