Updated on 2021/12/04

写真a

 
OOMORI-TAKAHASHI Yuko
 
Organization
University Medical and Dental Hospital Orthodontics and Pedodontics Orthodontics Assistant Professor
Title
Assistant Professor
External link

Degree

  • 博士(歯学) ( 2017.3 )

Research History

  • Niigata University   University Medical and Dental Hospital Oral Health Control Orthodontics   Assistant Professor

    2021.1

 

Papers

  • Changes in vermilion lip morphology following orthodontic treatment with premolar extraction for Angle Class II maxillary protrusion Reviewed

    Yuko Oomori, Jun Nihara, Kojiro Takahashi, Isao Saito

    APOS TRENDS IN ORTHODONTICS   10 ( 2 )   89 - 95   2020.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:SCIENTIFIC SCHOLAR LLC  

    Objectives: The objective of the study was to clarify the changes in vermilion lip morphology following orthodontic treatment in Japanese patients with Class II maxillary protrusion.Materials and Methods: The subjects were 15 adult women diagnosed as having Angle Class II maxillary protrusion who had undergone orthodontic treatment with premolar extraction. For analysis, profile photographs taken at the first examination and at completion of active treatment were used for linear and angular measurements. For linear measurements on the lateral facial photographs, an X-Y coordinate system was established using a lateral cephalogram superimposed along the line of the profile. Measurement points relating to the vermilion lip morphology were measured on the facial photographs by digital processing, with the Frankfort horizontal (FH) plane as the X-axis, and the line perpendicular to the X-axis passing through the alar curvature point (Ac) as the Y-axis.Results: The results of linear measurements showed significant retraction of approximately 3.0 mm in the upper vermilion lip, and mean retraction of the upper incisors after treatment was approximately 6.0 mm. However, whereas mean retraction of the lower incisors was approximately 1.0 mm, there was significant retraction of the lower vermilion lip of over 3.0 mm. Significant reduction in vermilion height was also found in the upper vermilion lip. With regard to angular measurements, the upper lip and total vermilion showed significant reductions that indicated inversion.Conclusion: Adequate retraction of the upper incisors in the maxillary protrusion with excessive overjet may retract not only the upper vermilion lip but also the lower one, suggesting that morphological changes in the lower lip are affected by the positioning of the upper incisors. In addition, the patterns of morphological changes differed between the upper and lower vermilion lips, with a large proportion of rotational change toward the mucous membrane in the upper vermilion lip and with a pattern of change resembling horizontal displacement in the lower vermilion lip. Total vermilion showed a significant reduction in vermilion height due to the reduction in height of the upper vermilion lip.

    DOI: 10.25259/APOS_63_2020

    Web of Science

    researchmap

  • 日本人を対象とした矯正歯科治療前後の赤唇に関する形態学的研究 小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突症例における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化 Reviewed

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    Orthodontic Waves-Japanese Edition   75 ( 2 )   97 - 105   2016.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    大学医歯学総合病院矯正歯科を受診しAngleクラスI歯性上下顎前突症と診断され、上下顎両側第一小臼歯を抜去してマルチブラケット装置により矯正歯科治療を受け、動的治療が終了した成人女性20名(20〜34歳)を対象に、治療前後の口唇、特に赤唇状態の変化様相について顔面規格写真を用い検討した。上下両側小臼歯を抜去して矯正歯科治療を行ったAngle I級歯性上下顎前突症例では、前歯の後退によって赤唇は上下とも高径を減少させて後退するが、その変化量は臨床的にみてわずかであった。また、赤唇の変化様相は上下で異なり、上唇については粘膜側へ反転しながら後退し、下唇は形態を維持したまま後退する変化を示すことが明らかになった。

    researchmap

MISC

  • 開咬を伴うAngle Class II subdivision上顎前突症例

    大森 裕子, 竹山 雅規, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   27 ( 1 )   76 - 76   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 安全な歯科治療のためのレオロジー:超音波で硬化を操る印象法の開発

    丹原 惇, 大森 裕子, 三俣 哲, 川合 巳佳, 高橋 功次朗, 齋藤 功

    日本歯科医学会誌   38   61 - 61   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本歯科医学会  

    researchmap

  • 歯の移植を併用した過蓋咬合症例の長期経過

    竹山 雅規, 小栗 由充, 大森 裕子, 芳澤 享子, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   26 ( 1 )   61 - 61   2018.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • Angle Class I上下顎前突とAngle Class II上顎前突における矯正歯科治療前後の赤唇形態変化の比較

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   76回   150 - 150   2017.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 日本人を対象とした小臼歯抜去を適用した矯正歯科治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   109 - 110   2016.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科における歯数異常症例の統計調査

    坂上 馨, 高橋 功次郎, 丹原 惇, 大森 裕子, 中田 樹里, 新島 綾子, 村上 智子, 阿部 遼, 網谷 季莉子, 市川 佳弥, 栗原 加奈子, 藤田 瑛, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   226 - 226   2016.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したAngle Class III下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   146 - 146   2016.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 混合歯列期上顎前突の治療管理に関する調査

    上村 藍太郎, 高橋 功次朗, 大森 裕子, 丹原 惇, 森田 修一, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   24 ( 1 )   105 - 105   2016.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したAngle Class II上顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   155 - 155   2015.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正歯科において混合歯列期より治療・管理を開始した上顎前突症患者の治療効果

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 大森 裕子, 上村 藍太郎, 森田 修一, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   74回   238 - 238   2015.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 小臼歯抜去により治療したアングルI級上下顎前突における矯正治療前後の赤唇形態の変化

    大森 裕子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   271 - 271   2014.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 成人抜歯症例における矯正治療前後の咽頭気道形態および舌骨の位置変化

    竹山 雅規, 八巻 正樹, 丹原 惇, 坂上 馨, 大森 裕子, 西野 和臣, 小林 正治, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   22 ( 1 )   33 - 33   2014.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

▶ display all

Research Projects

  • 安全な歯科治療のためのレオロジー-超音波で硬化を操る印象方法の開発-

    Grant number:18K17279  2018.4 - 2021.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    大森 裕子

      More details

    Grant amount:\3770000 ( Direct Cost: \2900000 、 Indirect Cost:\870000 )

    従来の印象採得で最も用いられているアルジネート印象材。その反応経路は、遅延剤と石膏の初期反応を経て、2価イオンがアルギン酸ナトリウムと反応し硬化する。そのため、完全に固まるまでの一定時間の保持が必要である。しかしながら、硬化を待つ間の患者負担は大きく、窒息、嘔吐反射、誤飲誤嚥など全身的偶発症のリスクも高い。そこで申請者らは、現在普及している印象材に対し、外場を加えて硬化反応を促進し、さらにその反応を制御を試みることとした。
    本研究は、最も利用頻度の高いアルジネート印象材に対し超音波を印加することで、操作時間および物性の確保と口腔内保持時間の短縮の両立を試み、術者が自由自在に硬化時間を調節できる方法を模索するものである。
    申請者は、アルジネート印象材の基材である珪藻土にあらかじめCa2+イオンを含浸させておき、超音波を照射することでイオンの拡散流出を促進し、印象採得における操作および硬化完了までの時間がコントロール可能となる仮説を立てた。超音波照射によって印象材のゲル化時間をどの程度短縮できるかの解明、トレーに入れた印象材へ効率よく超音波振動を伝える装置の開発、それらの結果から臨床へ応用できるシステムを開発するという3点について検討することとした。
    まずは、超音波を照射することで印象材のゲル化時間および2価イオンを含浸させた珪藻土の分散液中イオン濃度に対する影響を明らかにする。イオン流出速度を制御する方法として、利用する多孔質材料の粒子径、孔の数の変更を検討しており、流出速度を制御する最も有効な手法を特定する。また、得られた材料に動的粘弾性測定を行いゲル化に要する時間や力学物性値を測定し、現流通材料と比較し改良する。そして、実際の臨床応用を想定し、超音波発生素子をトレー底面に配置した印象用超音波発生トレーを試作し、試作トレーを用いた印象材の硬化時間や操作性を確認し臨床応用を試みる。

    researchmap