2021/12/04 更新

写真a

タナベ ケイコ
田邉 恵子
TANABE Keiko
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
人文学部 人文学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 2019年10月 )

  • 修士(文学) ( 2014年3月 )

研究キーワード

  • ドイツ文学

  • ヴァルター・ベンヤミン

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学  / ドイツ文学・思想

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   人文学部   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 東京大学   教養学部   非常勤講師

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 早稲田大学   Faculty of Letters, Arts and Sciences   非常勤講師

    2020年4月 - 2021年9月

      詳細を見る

  • 東京女子大学 現代教養学部   School of Arts and Sciences   非常勤講師

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 大阪市立大学   都市文化研究センター   研究員

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 千葉英和高等学校   非常勤講師

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 千葉大学全学教育センター   非常勤講師

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 東京医科歯科大学   教養部   非常勤講師

    2019年5月 - 2019年7月

      詳細を見る

  • 東京工業大学   非常勤講師(ドイツ語)

    2018年4月 - 2019年2月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   文学学術院   助手

    2017年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 人間科学系列   准教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2021年4月 - 現在

学歴

  • 早稲田大学   文学研究科博士後期課程ドイツ語ドイツ文学コース 修了

    2014年4月 - 2019年10月

      詳細を見る

  • ケルン大学   哲学部ドイツ語学・文学研究所I   ドイツ学術交流会(DAAD)長期研究奨学生

    2015年9月 - 2016年9月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   文学研究科修士課程ドイツ語ドイツ文学コース

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 早稲田ドイツ語学・文学会   会計監査  

    2018年9月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • Übersetzung als „Kollaboration“. Walter Benjamins Schreibpraxen als Beispiel der ‚Umbildung‘ des Gemeinsamen 査読

    Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz. Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo   365 - 372   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • ベンヤミンの「雲の故郷」ーー『一九〇〇年ごろのベルリンの幼年時代』をめぐって

    思想   ( 1153 )   67 - 86   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 語りだす傷ーーテオドール・W・アドルノの〈書物論〉 査読

    田邉恵子

    早稲田現代文芸研究   ( 10 )   32 - 48   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 「カワウソのもとがわたしの家だった」ーベンヤミン『1900年ごろのベルリンの幼年時代』における居住のモティーフ 査読

    ドイツ文学   ( 160 )   188 - 203   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 「一冊の、ささやかな、本」 ヴァルター・ベンヤミン『1900年ごろのベルリンの幼年時代』研究 査読

    田邉 恵子

    早稲田大学大学院文学研究科 博士論文   2019年10月

     詳細を見る

  • Als Spuren verschütteter Utopie. Über Walter Benjamins Suche nach dem Utopischen 査読

    田邉 恵子

    Akten des XIII. Internationalen Germanistenkongresses Shanghai 2015   8   407 - 411   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 「慰め」の痕跡ーベンヤミン「ムンメレーレン」(一九三三/三八年)におけるいくつかのモティーフについて 査読

    田邉 恵子

    早稲田現代文芸研究   ( 8 )   81 - 92   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • "Oder war es ein ewiger Sedantag?"-Walter Benjamins "Kind-Figur" als Beispiel des Erinnerns 査読

    田邉 恵子

    Gingko. Tankamg Studies of German Language and Literature   ( 3 )   43 - 58   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語  

    researchmap

  • 「夢見心地のレジスタンス」ーベンヤミンの〈子ども〉描写と歴史叙述の関連性 査読

    田邉 恵子

    早稲田大学文学研究科紀要   2 ( 61 )   205 - 217   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「わたしが造ったノアの方舟」ーベンヤミンの主に1930年代の作品における〈神話〉批判

    田邉 恵子

    哲学世界   ( 38 )   33 - 47   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • せむしの小人と不器用な回想者ーベンヤミン『1900年頃のベルリンの幼年時代』における音声と歩行のモチーフについて 査読

    田邉 恵子

    早稲田大学文学研究科紀要   2 ( 60 )   175 - 188   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • かつてあったものにおける絶え間ない改変の能力ーベンヤミン『ベルリン年代記』における「わたし」の回想の方法について 査読

    田邉 恵子

    ワセダ・ブレッター   ( 21 )   49 - 66   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • ベンヤミンの経験への問いー1930年代を焦点に(日本独文学会研究叢書144)

    柿木伸之, 田邉恵子( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 論文:「洗っていない子どもの手」ーベンヤミンの児童書蒐集、あとがき)

    日本独文学会  2021年10月 

     詳細を見る

  • Wissen über Wissenschaft. Felder-Formation-Mutation. Festschrift für Ryozo Maeda zum 65. Geburtstag

    Keiko Tanabe( 担当: 分担執筆 ,  範囲: "Dies Buch soll keine Literaturgeschichte sein". Karl Hobreckers Einfluss auf Walter Benjamins Konzepte der alternativen Wissenschaftsform)

    Stauffenburg Verlag  2021年6月 

     詳細を見る

  • イメージ学の現在 ヴァールブルクから神経系イメージ学へ

    田邉 恵子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ジョヴァンナ・タージャ「「精神的同化」、「無意識的記憶」、アビ・ヴァールブルク『ムネモシュネ・アトラス』」)

    東京大学出版会  2019年4月 

     詳細を見る

MISC

  • 書評:思慮深く、慎重に、不信感を抱きながら Lorenz Jäger: Walter Benjamin. Das Leben eines Unvollendeten, Berlin (Rowohlt) 2017に寄せて 査読

    田邉恵子

    ワセダ・ブレッター   ( 27 )   109 - 114   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • 新刊紹介:森貴史『裸のヘッセ ドイツ生活改革運動と芸術家たち』 招待

    田邉 恵子

    表象文化論学会ニューズレターREPRE37号   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • ウルリッヒ・レーマン「ベンヤミンと近代のファッションという革命」(訳・解題) 招待

    田邉 恵子

    表象   ( 13 )   50 - 80   2019年4月

     詳細を見る

  • 書評:濱田真「ヘルダーにおける記憶術ー古典レトリックとの関係を中心に」 招待

    田邉 恵子

    ヘルダー研究   ( 23 )   109 - 115   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アーヴィング・ウォールファース「救出 対 弁明」ーベンヤミン「夢のキッチュ」について(訳・解題) 招待

    田邉 恵子

    思想   ( 1131 )   149 - 180   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヴァルター・ベンヤミン「クリスマスの歌」「「月」習作集」 査読

    田邉 恵子

    早稲田現代文芸研究   8   121 - 133   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 投壜通信の行方ー竹峰義和『〈救済〉のメーディウム ベンヤミン、アドルノ、クルーゲ』に寄せて 査読

    田邉 恵子

    ワセダ・ブレッター   ( 25 )   104 - 109   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

  • フレディ・ムーラー「私はいかにして山人と出会い、そしていかにして山人を映画化したか」(訳) 招待

    田邉 恵子

    2017年山形国際ドキュメンタリー映画祭特集「共振する身体ーフレディ・ムーラー」   32 - 39   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヴァルター・ベンヤミン研究と新批判版全集をめぐる諸相ー『新訳・評註 歴史の概念について』(鹿島徹訳・評註)出版に寄せて 招待

    田邉 恵子

    季刊 未来   ( 夏号 )   52 - 55   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 残響に応答する試み Klang und Musik bei Walter Benjamin (Wilhelm Fink 2013) 査読

    田邉 恵子

    ワセダ・ブレッター   ( 21 )   85 - 90   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 書物の「その後の生」とはなにかーベンヤミン『1900年ごろのベルリンの幼年時代』編集・出版を例に

    2021年度日本独文学会春季研究発表会シンポジウム「EditionからDokumentation、そしてその先へー編集文献学の射程」  2021年6月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 「もはや青い花がまともに夢見られることはない」ーヴァルター・ベンヤミンにおけるロマン派的モティーフの変奏

    第10回都市文化研究フォーラム「目覚めるために夜へーロマン派的トポスにたいする神秘思想と近代文学の双方向的観点による研究」  2021年2月 

     詳細を見る

  • 「洗っていない子どもの手」ーベンヤミンの児童書蒐集

    日本独文学会2020年度秋季研究発表会シンポジウム「ベンヤミンの経験への問いー1930年代を焦点にー」  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 「雲の故郷」 ベンヤミンの〈子どもの世界〉

    田邉 恵子

    第52回ゲーテ自然科学の集い総会 若手シンポジウム「言語・身体・回想 ベンヤミン研究のこれから」  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Übersetzung als "Kollaboration". Walter Benjamins Schreibpraxen als Beispiel der "Umbildung" des Gemeinsamen 国際会議

    田邉 恵子

    アジア・ゲルマニスト会議 札幌大会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「カワウソのもとがわたしの家だった」 ヴァルター・ベンヤミン『1900年ごろのベルリンの幼年時代』における、「住む」こと

    田邉 恵子

    表象文化論学会第14回大会パネル2「ベルリン、大都市のポリフォニー 群衆の夢/個の記憶」  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • "ein, winziges, Buch". Walter Benjamins alternatives Medium des Erinnerns 招待

    田邉 恵子

    II. Internationalen Kolloquium für Nachwuchswissenschaftler. "Lesbarkeit der Welt"  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語  

    researchmap

  • Gestus des Abschieds: ein Aspekt der Schreib- und Erinnerungspraxen bei Walter Benjamin 招待 国際会議

    田邉 恵子

    Poesie und Philosophie in Deutschland um 1800 und die Rezeption in der Gegenwartsliteratur. Ein Gespräch zwischen den Philosophen und Literaturwissenschaftler  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「慰め」の痕跡ーベンヤミン『1900年ごろのベルリンの幼年時代』における「ムンメレーレン」(1933/38)について

    田邉 恵子

    第8回早稲田文芸・ジャーナリズム学会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 濱田真「ヘルダーにおける発見術と記憶術」(問題提起) 招待

    田邉 恵子

    日本ヘルダー学会春季研究発表会特別企画「『思想』のヘルダー特集を批評する」  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • Fahrgast Walter Benjamin. Schwellenerfahrungen in seinen Prosawerken in Hinsicht auf das moderne Medium "Eisenbahn" 国際会議

    田邉 恵子

    アジア・ゲルマニスト会議ソウル大会  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • "Oder war es ein ewiger Sedantag?" Walter Benjamins "Kind-Figur" als Beispiel des Erinnerns 招待 国際会議

    田邉 恵子

    11. Internationales Germanistik-Symposium in Taiwan  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Als Spuren verschütteter Utopie. Über Walter Benjamins Suche nach dem Utopischen 国際会議

    田邉 恵子

    国際ゲルマニスト会議上海大会  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 「わたしが造ったノアの方舟」ーヴァルター・ベンヤミンの主に1930年代の作品における〈神話〉批判 招待

    田邉 恵子

    第1回戸山哲学コロキウム  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Beiträge zur Walter Benjamin-Forschung. Die literarische Analyse über Berliner Kindheit um neunzehnhundert 招待 国際会議

    田邉 恵子

    DAAD日独フォーラム  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヴァルター・ベンヤミン『ベルリン年代記』における「わたし」の役割

    田邉 恵子

    第21回早稲田ドイツ語学・文学研究発表会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第61回ドイツ語学文学振興会賞

    2021年6月   公益財団法人ドイツ語学文学振興会  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 戦間期ドイツにおける〈児童文学史叙述〉の特性の解明

    2021年7月 - 2022年3月

    新潟大学ダイバーシティ推進室  新規採用女性研究者スタートアップ支援制度 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • <楽園と地下世界>――ロマン派的トポスにたいする神秘主義思想と近代文学の双方向的観点による研究

    2020年7月

    大阪市立大学都市文化研究センター(UCRC)  UCRC若手プロジェクト 

    代表研究者 田邉恵子 共同研究者 若松功一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 〈翻訳〉と〈回想〉ーW・ベンヤミン後期思想におけるフランス語翻訳作品の意義

    2019年4月 - 2020年3月

    早稲田大学  特定課題研究助成費(若手・アーリーキャリア支援) 

    田邉 恵子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • W.ベンヤミンのラジオ放送作品(1927~1933年)研究ー後期著作群への位置付けの試み

    2018年4月

    早稲田大学  特定課題研究助成費(基礎助成) 

    田邉 恵子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • W.ベンヤミン『1900年ごろのベルリンの幼年時代』における〈触覚〉の機能

    2017年6月 - 2018年3月

    早稲田大学  特定課題研究助成費(新任の教員向け) 

    田邉 恵子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 長期研究奨学金(ケルン大学)

    2015年8月 - 2016年9月

    ドイツ学術交流会(DAAD)  長期研究奨学金 

    田邉 恵子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 夏期講座奨学金

    2012年8月

    ドイツ学術交流会(DAAD)  ドイツ学術交流会(DAAD) 

    田邉 恵子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 初級ドイツ語

    機関名:東京工業大学、東京女子大学、千葉大学

     詳細を見る

  • 文章表現・情報活用リテラシー

    機関名:東京医科歯科大学

     詳細を見る

  • 総合学習ドイツ語

    機関名:千葉英和高等学校

     詳細を見る

  • ドイツ文学演習(専門演習)

    機関名:早稲田大学

     詳細を見る

  • 中級ドイツ語

    機関名:東京工業大学

     詳細を見る

  • 上級ドイツ語

    機関名:東京工業大学、早稲田大学

     詳細を見る

  • ドイツ言語文化概説A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 人文初年次演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ドイツ言語文化演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ドイツ語インテンシブ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 中級ドイツ語(演習)

    機関名:東京大学

     詳細を見る

  • ドイツ文芸文化特論

    機関名:新潟大学(大学院)

     詳細を見る

  • ドイツ文芸文化演習

    機関名:新潟大学(大学院)

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • ドイツ語インテンシブ II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ言語文化演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ言語文化演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ言語文化概説A

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(田邉恵子)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ文芸文化特論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ文芸文化演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ語インテンシブ IA

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ドイツ語インテンシブ IB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 欧州留学フェア2020 オープニングウェビナー

    役割:パネリスト

    駐日欧州連合代表部  2020年10月

     詳細を見る

  • HSK-Einführungsseminar

    役割:助言・指導, 情報提供

    ドイツ学術交流会(DAAD)  2019年6月

     詳細を見る

  • ドイツ学術交流会(DAAD)ブース

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    駐日欧州連合代表部  欧州留学フェア2019  2019年5月

     詳細を見る

  • ドイツ研究留学説明会

    役割:パネリスト, 助言・指導, 情報提供

    ドイツ学術交流会/早稲田大学  2018年5月

     詳細を見る