2021/12/04 更新

写真a

キタダ シンイチ
北田 伸一
KITADA Shin-Ichi
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
人文学部 人文学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 2011年3月 )

  • 修士(文学) ( 2008年3月 )

研究キーワード

  • 生成文法理論

研究分野

  • 人文・社会 / 英語学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 東京理科大学   理学部第一部教養学科   准教授

    2020年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • アリゾナ大学   言語学科   客員研究員

    2018年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 東京理科大学   理学部第一部教養学科   講師

    2013年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 東北大学   文学部文学研究科   専門研究員

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 人間科学系列   准教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2021年4月 - 現在

学歴

  • 東北大学   文学研究科   文化科学専攻

    - 2011年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 日本言語学会

    2013年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本英文学会

    2010年7月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本英語学会

    2008年2月 - 現在

      詳細を見る

委員歴

  • 日本英語学会   財務・学会賞委員会・理事会書記  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本英語学会   評議員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

 

論文

  • On the In-Situ Theory of Sluicing in English: A New Perspective from “Immobile” Elements 査読

    Yosuke Sato, Nobu Goto, Shin-Ichi Kitada

    English Linguistics   35 ( 1 )   96 - 121   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Minimizing Application of Movement: Evidence from Echo Questions in English 査読

    Shin-Ichi Kitada

    Explorations in English Linguistics   31   31 - 55   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Landau, Idan (2013) Control in Generative Grammar: A Research Companion 査読

    Shin-Ichi Kitada

    English Linguistics   32 ( 2 )   397 - 409   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Clausal Subjects in Japanese 査読

    Naoto Satow, Shin-Ichi Kitada

    FLC Working Papers in Linguistics   12   27 - 46   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Of-Insertion as a Repair Operation in Syntax 査読

    Shin-Ichi Kitada

    JELS 32: Papers from the Thirty-Second Conference November 8-9, 2014 and from the Seventh International Spring Forum April 19-20, 2014 of The English Linguistic Society of Japan   32   42 - 48   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Hubert Haider, Symmetry Breaking in Syntax. Cambridge, Cambridge University Press, 2013, xviii+264 査読

    Shin-Ichi Kitada

    Studies in English Literature   55   185 - 192   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Investigations of Argument Structure within the Minimalist Program 査読

    Shin-Ichi Kitada

    Explorations in English Linguistics   27   57 - 76   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Feature Inheritance and Four Types of Argument Structure 査読

    Shin-Ichi Kitada

    JELS 30: Papers from the Thirtieth Conference November 10-11, 2012 and from the Fifth International Spring Forum April 21-22, 2012 of The English Linguistic Society of Japan   97 - 103   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Linearization and Boundedness of Movement 査読

    Shin-Ichi Kitada

    JELS 29: Papers from the Twenty-Ninth Conference November 12-13, 2011 and from the Fourth International Spring Forum April 23-24, 2011 of the English Linguistic Society of Japan   86 - 92   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A theory of linearization and its implication for boundedness of movement 査読

    Shin-Ichi Kitada

    English Linguistics   29 ( 2 )   223 - 258   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:English Linguistic Society of Japan  

    The purpose of this paper is to propose within the framework of the Minimalist Program that linear order within a phase domain is determined by the Linear Correspondence Axiom, whereas linear order within a non-phase domain is determined by the head parameter. Furthermore, I will argue that this proposal, together with the Phase Impenetrability Condition proposed by Chomsky (2000), explains a long-standing issue regarding a difference in boundedness between leftward and rightward movement to the effect that the former can apply successive cyclically, while the latter cannot.

    DOI: 10.9793/elsj.29.2_223

    Scopus

    researchmap

  • C-to-T Inheritance of Edge Features 査読

    Shin-Ichi Kitada

    Studies in English Literature   52   77 - 101   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • An Edge Feature as a Trigger of Head Movement 査読

    Shin-Ichi Kitada

    FLC Working Papers in Linguistics   10   1 - 20   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Feature Inheritance and A/A' Properties of Non-DP Subjects 査読

    Shin-Ichi Kitada

    JELS 27: Papers from the Twenty-Seventh Conference of the English Lin-guistic Society of Japan   99 - 108   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Right Roof Constraint in the Minimalist Program 査読

    Shin-Ichi Kitada

    Explorations in English Linguistics   24   73 - 117   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On the Relation between Projections and Adjunction Sites 査読

    Shin-Ichi Kitada

    FLC Working Papers in Linguistics   9   1 - 18   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Two Types of Coordinate Structures 査読

    Shin-Ichi Kitada

    JELS 26: Papers from the Twenty-Sixth Conference of the English Lin-guistic Society of Japan   101 - 110   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Internal Structure of Prepositional Phrases 査読

    Shin-Ichi Kitada

    FLC Working Papers in Linguistics   8   17 - 36   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Minimalist Analysis of Coordinate Structures 査読

    Shin-Ichi Kitada

    Explorations in English Linguistics   22   71 - 107   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On the Extraction out of Conjuncts 査読

    Shin-Ichi Kitada

    The Tohoku English Literary Society: Proceedings of the 62nd Confer-ence   78 - 85   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On Coordinate Structures as Phases 査読

    Shin-Ichi Kitada

    FLC Working Papers in Linguistics   7   27 - 42   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • An Approach to ConjP as Phases 査読

    Shin-Ichi Kitada

    The Tohoku English Literary Society: Proceedings of the 61st Conference   77 - 84   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 英語構文を分析する(上)

    金子義明、島越郎(監訳)( 担当: 共訳)

    開拓社  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 増補版 チョムスキー理論辞典

    原口庄輔, 中村捷, 金子義明( 担当: 共著)

    研究社  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 言語学の現在を知る26考

    菊地朗, 秋孝道, 鈴木亨, 富澤直人, 山岸達弥, 北田伸一( 担当: 単著)

    研究社  2016年6月  ( ISBN:9784327332099

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • 言語の多様性再考:外在化の観点から

    北田伸一、那須川訓也、前田雅子、北原久嗣

    JELS 37: Papers from the Thirty-Seventh Conference November 9-10, 2019 and from the Twelfth International Spring Forum May 11-12, 2019 of The English Linguistic Society of Japan   37   168 - 169   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Bracketing Paradoxes and Their Implications for the Syntax-Morphology Interface

    Shin-Ichi Kitada

    東京理科大学紀要(教養篇)   ( 50 )   13 - 29   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 併合の自由適用とGotの随意的挿入

    北田 伸一

    言語学の現在を知る26考   106 - 117   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PF Intervention Conditions on Covert Pied-Piping

    Shin-Ichi Kitada

    Phonological Externalization   1   63 - 74   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Ergative Parameter Revisited

    Shin-Ichi Kitada

    東京理科大学紀要(教養編)   ( 47 )   77 - 92   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Exploring a Consequence of Feature Inheritance and Labeling Algorithm

    Shin-Ichi Kitada

    東京理科大学紀要(教養編)   ( 46 )   65 - 81   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 学習英文法における埋め込み構造

    北田 伸一

    文化   76 ( 1・2 )   60 - 73   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Passive as a Consequence of Feature Inheritance

    Shin-Ichi Kitada

    神田外語大学大学院紀要特別号:平成22年度~平成23年度 日本学術振興会 科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書(課題番号:21320079)「談話のカートグラフィー研究:主文現象と複文現象の統合を目指して」(研究代表者:遠藤喜雄)   163 - 196   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Feature Inheritance and Heavy NP Shift

    Shin-Ichi Kitada

    文化   73 ( 3・4 )   100 - 113   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 助動詞の内部構造について 招待

    北田 伸一

    第83回新潟大学言語研究会  2021年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 外在化メカニズムから導出する主語省略パラメータ

    北田伸一

    日本英文学会第92回全国大会(シンポジア「空項(発音されない項)に関する諸問題」(企画者:島越郎、発表者:藏藤健雄、北田伸一、縄田裕幸、島越郎(五十音順)))  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:ウェッブカンファレンス  

    researchmap

  • 空範疇の探索可能性:探索する空範疇と探索される空範疇

    北田伸一

    日本言語学会第160回大会  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン(日本言語学会HP)  

    researchmap

  • 代名詞主語省略の再考

    北田伸一

    日本英語学会第37回大会(ワークショップ題目:「言語の多様性再考:外在化の観点から」(企画者:北田伸一、発表者:那須川訓也、北田伸一、前田雅子、北原久嗣(発表順)))  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:関西学院大学  

    researchmap

  • 言語間変異とパラメータ

    北田伸一

    新潟大学人文学部英語学講演会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • Minimal Computation at the PF Interface

    Shin-Ichi Kitada

    形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異 第4回ワークショップ  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • PF Intervention Conditions on Covert Pied-Piping

    北田伸一

    形態統語構造の音韻的外在化:普遍性と差異 第2回ワークショップ  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 極小主義プログラムにおける随意性

    北田 伸一

    慶應言語学コロキアム  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶應義塾大学三田キャンパス  

    researchmap

  • 併合と括弧標示の逆説

    北田 伸一

    日本英語学会第33回大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:関西外国語大学  

    researchmap

  • 分散形態論におけるgotの随意性

    北田 伸一

    日本英文学会東北支部第70回大会  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:宮城学院女子大学  

    researchmap

  • Of-Insertion as a Repair Operation in Syntax

    Shin-Ichi Kitada

    日本英語学会第32回大会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:学習院大学  

    researchmap

  • On the Relation between Relativization and Negative Inversion

    北田 伸一

    高知英語学英語教育研究会第21回大会  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • Feature Inheritance and Four Types of Argument Structure

    北田 伸一

    日本英語学会第30回大会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応義塾大学  

    researchmap

  • 対格言語と能格言語の共時的違いと通時的変化

    菅野 悟, 北田 伸一

    日本言語学会第144回大会  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京外国語大学  

    researchmap

  • Linearization and Boundedness of Movement

    北田 伸一

    日本英語学会第29回大会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • Passive as a Consequence of Feature Inheritance 国際会議

    Shin-Ichi Kitada

    Linguistic Workshop: Interface between Minimalism and Cartgraphy  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tohoku University  

    researchmap

  • Feature Inheritance and A/A' Properties of Non-DP Subjects

    北田 伸一

    日本英語学会第27回大会  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • An Edge Feature as a Trigger of Head Movement

    北田 伸一

    FLC Conference 2009  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北学院大学  

    researchmap

  • Two Types of Coordinate Structures

    北田 伸一

    日本英語学会第26回大会  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • On the Relation between Projections and Adjunction Sites

    北田 伸一

    FLC Conference 2008  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北学院大学  

    researchmap

  • On the Extraction out of Conjuncts

    北田 伸一

    第62回東北英文学会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • The Internal Structure of Prepositional Phrases

    北田 伸一

    FLC Conference 2007  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北学院大学  

    researchmap

  • An Approach to ConjP as Phases

    北田 伸一

    第61回東北英文学会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • On Coordinate Structures as Phases

    北田 伸一

    FLC Conference 2006  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北学院大学  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第10回(2013年度)日本英語学会新人賞

    2013年11月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • EL研究奨励賞

    2013年3月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 最適なパラメータ理論の構築に向けた研究

    研究課題/領域番号:19K00668  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    北田 伸一

      詳細を見る

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    本研究の目的は、生成文法理論の極小主義プログラムの枠組みにおいて、最適なパラメータ(parameter)理論を構築することである。人間言語の普遍性および言語計算の単純性を極限まで追究する最新の極小主義プログラムの枠組みの下では、個別言語が示す変異(variation)を言語生成システム内のどこ(派生・表示)に位置づけるべきかについて、統一的な理論基盤が整備・確立されていないのが現状である。そこで本研究は、等位構造に観察される全域的(ATB)規則適用、問い返し疑問文(echo question)、格脱落(Case drop)の諸特性の実証的研究を中心として、パラメータを組み込んだ最適な言語生成システムの解明に寄与することを目的としている。
    この目的の達成のために、2019年度においては、2つの研究発表を行った。どちらの発表も、代名詞主語省略(pro-drop)に観察される言語間変異についてである。この現象は、これまでの生成文法理論のなかで、最も論じられてきた言語間変異の現象の一つであり、理論の変遷を辿るためにも有益な研究を行うことができた。主要部移動という操作に着目をして、主要部移動が起こる言語・構文では代名詞主語を省略することができるのに対して、主要部移動が起こらない言語・構文では代名詞主語を省略することができないという相関関係を日本語に基づいて論じた。
    この主要部移動に着目して、問い返し疑問文の分析に一定の成果が見られた。学会への研究発表の応募を終えて、論文の執筆を進めている。ATB規則適用についても、学会への研究発表の応募を行い、審査結果を待っている段階である。

    researchmap

  • 統語論における修復操作の研究

    研究課題/領域番号:15K16776  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    北田 伸一

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    本研究の目的は、生成文法理論の極小主義プログラム(Minimalist Program)の枠組みにおいて統語部門の修復(repair)操作を提案するとともに、この修復操作がインターフェイスレベルにもたらす帰結を追究することであった。具体的には、have (got)構文および括弧標示の逆説に観察される随意的言語現象が、統語部門の修復操作の帰結として生じることを論証した。そして、本研究が提案する統語論の修復操作が統語論・音韻論のインターフェイス理論にもたらす帰結としては問い返し疑問文に基づいて、統語論・音韻論のインターフェイス理論にもたらす帰結としては介在効果に基づいてそれぞれ議論した。

    researchmap

  • 極小主義プログラムにおける項構造決定メカニズムの研究

    研究課題/領域番号:25770182  2013年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    北田 伸一

      詳細を見る

    配分額:1430000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:330000円 )

    生成文法の極小主義プログラムの理論的枠組み下で、新たな項構造決定理論を提案した。具体的には、Chomsky (2008) "On Phases"において提案された素性継承というメカニズムをHornstein (1999) "Movement and Control"が導入した素性に基づくθ理論に援用し、その理論的・経験的帰結を探った。その結果として、英語の能動文と受動文の項交替現象と対格言語と能格言語の間に観察される項構造の差異が、どのθ素性が素性継承するかという統語操作の差異に還元されることを明らかにした。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 英米言語論A

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語入門R

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(北田伸一)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英米言語文化I演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英米言語文化基礎演習B

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英米言語文化演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英米言語文化演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英米言語文化I特論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示