2021/08/06 更新

写真a

カナザワ シンイチ
金澤 伸一
KANAZAWA Shinichi
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 准教授
自然科学研究科 環境科学専攻 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2010年3月   神戸大学 )

  • 修士(工学) ( 2008年3月   神戸大学 )

研究キーワード

  • 河川堤防

  • 盛土

  • 地層処分

  • 地盤環境工学

  • 地盤工学

  • 不飽和土

  • 数値解析

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木環境システム

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 地盤工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻 社会基盤・建築学   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 福島工業高等専門学校   都市システム工学科   准教授

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 福島工業高等専門学校   建設環境工学科   准教授

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 中央大学 研究開発機構   Research and Development Initiative   特任准教授

    2013年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 中央大学 理工学部   都市環境学科   助教

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列   准教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2021年4月 - 現在

学歴

  • 神戸大学大学院   工学研究科   博士課程後期課程修了

    - 2010年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 地盤工学会   北陸支部幹事  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 地盤工学会   「地盤工学会誌」講座委員会委員  

    2018年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 国土交通省 東北地方整備局   相馬山上地区地すべり対策委員会委員  

    2018年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 地盤工学会   「地盤工学会誌」編集委員会委員  

    2017年5月 - 2020年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 国土交通省 東北地方整備局   久之浜バイパス地すべり対策委員会委員  

    2017年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 国土交通省 東北地方整備局   道路ドクター  

    2015年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 地盤工学会   企画総務委員会委員  

    2015年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 地盤工学会   関東支部幹事  

    2012年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 地盤工学会   「地盤工学会誌」編集委員会委員  

    2010年5月 - 2013年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 土木学会   地盤工学委員会幹事  

    2010年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • EXPERIMENT REGARDING MONTMORILLONITE CONTENT AND STRENGTH PROPERTIES IN BENTONITE UNDER THE INFLUENCE OF HEAT 査読

    Suzuki R, Kanazawa S, Yanai M, Yoshino O

    International Journal of GEOMATE   20 ( 82 )   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    DOI: 10.21660/2021.82.gx235

    researchmap

  • UNIAXIAL COMPRESSION TEST OF BENTONITE UNDER VARIOUS CONDITIONS 査読

    Yanai M, Kanazawa S, Yoshino O

    International Journal of GEOMATE   20 ( 79 )   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    DOI: 10.21660/2021.79.gx314

    researchmap

  • ANALYSIS OF EMBANKMENT STRESS PRODUCED DURING CONSTRUCTION AND IN-SERVICE PHASES CONSIDERING EMBANKMENT GEOMETRIES 査読

    Kanazawa S, Igarashi H

    International Journal of GEOMATE   20 ( 79 )   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    DOI: 10.21660/2021.79.gx189

    researchmap

  • ANALYTICAL STUDY ON QUALITY EVALUATION OF EMBANKMENT STRUCTURE WITH A VIEW TO LONGER LIFE 査読

    Nakamura E, Kanazawa S

    International Journal of GEOMATE   20 ( 78 )   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Geomate  

    DOI: 10.21660/2021.78.gx202

    researchmap

  • Analytical study on quality evaluation of embankment structure with a view to longer life 査読

    Nakamura, E, Kanazawa, S

    Proc. 10th International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, GEOMATE 2020   2020年11月

     詳細を見る

  • Uniaxial compression test of bentonite under various conditions 査読

    Yanai, M, Kanazawa, S, Suzuki, R, Yoshino, O

    Proc. 10th International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, GEOMATE 2020   2020年11月

     詳細を見る

  • Stress analysis on construction and service process considering embankment shape 査読

    Kanazawa, S, Igarashi, H

    Proc. 10th International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, GEOMATE 2020   2020年11月

     詳細を見る

  • Experiment regarding montmorillonite content and strength properties in bentonite under the influence of heat 査読

    Suzuki, R, Kanazawa, S, Yanai, M, Yoshino, O

    Proc. 10th International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, GEOMATE 2020   20 ( 82 )   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21660/2021.82.gx235

    researchmap

  • Uniaxial compression test with varying silica sand content, particle size and temperature 査読

    Kanazawa, S., Yanai, M., Ichikawa, N., Muto, N., Ishiyama, K.

    International Journal of GEOMATE 19(74)   210 - 215   2020年7月

     詳細を見る

  • The swelling behaviour of bentonite buffer material considering the effect of temperature 査読

    Kanazawa, S, Kobayashi, S, Ichikawa, N, Yanai, M, Ishiyama, K

    International Journal of GEOMATE 19(74)   216 - 224   2020年7月

     詳細を見る

  • Stress analysis of embankment due to different in construction conditions 査読

    Kanazawa, S , Suzuki, S

    International Journal of GEOMATE 18(65)   1 - 8   2020年2月

     詳細を見る

  • The swelling experiment of bentonite buffer material considering the effect of temperature by high-level radioactive waste 査読

    Kanazawa, S, Kobayashi, S, Ichikawa, N, Muto, N, Yanai, M, Ishiyama, K

    Proc. 9th International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, GEOMATE 2019, Tokyo, Japan.   2019年11月

     詳細を見る

  • Uniaxial compression test with varying silica sand content, particle size and temperature 査読

    Kanazawa, S, Yanai, M, Ichikawa, N, Muto, N, Kobayashi, S, Ishiyama, K

    Proc. 9th International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment, GEOMATE 2019, Tokyo, Japan.   2019年11月

     詳細を見る

  • 温度変化を考慮した珪砂混合ベントナイトの力学特性に関する実験的検討 査読

    柳井正樹, 金澤伸一, 市川希, 武藤尚樹, 小林千莉, 石山宏二

    環境地盤工学シンポジウム論文集   2019年9月

     詳細を見る

  • 地層処分施設における温度の影響を考慮したベントナイト緩衝材の膨潤特性に関する実験的検討 査読

    小林千莉, 金澤伸一, 市川希, 武藤尚樹, 柳井正樹, 石山宏二

    環境地盤工学シンポジウム論文集   2019年9月

     詳細を見る

  • 熱の影響を考慮したベントナイト緩衝材の再冠水挙動に関する解析的検討 査読

    市川希, 金澤伸一, 武藤尚樹, 小林千莉, 柳井正樹, 石山宏二, 河原裕徳

    環境地盤工学シンポジウム論文集   2019年9月

     詳細を見る

  • 突発的豪雨に起因する盛土構造物の破壊に関する解析的検討 査読

    金澤伸一, 松崎慎也

    土木学会論文集A2   74(2)   I_373 - I_380   2019年2月

     詳細を見る

  • A Proposal of the Design Consideration in Construction and Operation of Direct Nuclear Waste Disposal Facilities 査読

    Hayashi, H, Nishiuchi, M, Kanazawa, S, Ishiyama, K, Morimoto, S, Shinji, M

    Proc. 10th Asian Rock Mechanics Symposium, Singapore   2018年10月

     詳細を見る

  • 解析による施工時期の違いが盛土の初期応力に与える影響 査読

    金澤伸一, 五十嵐日菜, 飯塚敦

    土木学会論文集A2   73 ( 2 )   I_489 - I_496   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 直接処分施設の建設・運用時における力学的影響予測 査読

    林久資, 西内瑞生, 金澤伸一, 石山宏二

    トンネル工学報告集   27(1-32)   1 - 5   2017年11月

     詳細を見る

  • 地層処分施設内における温度・密度・飽和度を考慮したベントナイト緩衝材の力学特性 査読

    武藤尚樹, 金澤伸一, 林久資, 石山宏二, 飯塚敦

    環境地盤工学シンポジウム論文集   12th   567 - 570   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 水質の違いによるベントナイトの膨潤特性 査読

    市川希, 金澤伸一, 林久資, 石山宏二, 飯塚敦

    環境地盤工学シンポジウム論文集   12th   557 - 560   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 盛土構造物の排水能力に対する解析的検討 査読

    金澤伸一, 橘伸也, 飯塚敦

    土木学会論文集 A2   71 ( 2 )   I_429 - I_436   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    DOI: 10.2208/jscejam.71.i_429

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Theoretical and experimental studies of stress distribution in wedge-shaped granular heaps 査読

    Thirapong Pipatpongsa, Tadaki Matsushita, Maho Tanaka, Shinichi Kanazawa, Katsuyuki Kawai

    Acta Mechanica Solida Sinica   27 ( 1 )   28 - 40   2014年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present work explains the statics of self-weight transmission restricted to a long prismatic heap inclined at an angle of repose and symmetrically formed on a rigid base. The closure of polarized principal axes with the mobilized state of stress along the slope surface is employed by imposing the orientation of principal stresses on the equilibrium equations. Comparisons were made with calculations based on the finite element method using an elastic model. Moreover, experiments on sand heaps deposited on a rectangular rigid base were conducted to validate the theoretical study. The measured pressure profile generally agreed well with theoretical results. © 2014 The Chinese Society of Theoretical and Applied Mechanics.

    DOI: 10.1016/S0894-9166(14)60014-8

    Scopus

    researchmap

  • Influence of Rain and Evaporation of the Stress State for Embankment with Soil/Water/Air Coupled F. E. Analysis 査読

    Kanazawa, S, Fukuda, T, Saito, K

    Theoretical and Applied Mechanics   62   227 - 235   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.62.227

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Salt Damage and Soil Contamination Caused by the East Japan Earthquake and Tsunami 査読

    Sugiyama, Y, Nomura, S, Iizuka, A, Kawai, K, Tachibana, S, Kanazawa, S, Takeyama, T

    Theoretical and Applied Mechanics   62   141 - 148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11345/nctam.62.141

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 短繊維混合補強土の基本特性 査読

    平野孝行, 吉田直人, 藤井二三夫, 金澤 伸一

    ジオシンセティックス論文集   28   135 - 142   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Chapter of International Geosynthetics Society  

    DOI: 10.5030/jcigsjournal.28.135

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Elasto-plastic constitutive model for unsaturated soils with subloading surface concept 査読

    Shintaro Ohno, Katsuyuki Kawai, Atsushi Iizuka, Shinya Tachibana, Shin ichi Kanazawa, Hideki Ohta

    Geotechnical, Geological and Earthquake Engineering   25   215 - 228   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    © Springer Science+Business Media Dordrecht 2013. An elasto-plastic constitutive model for unsaturated soils is improved to realize numerical stability of computations at the singular point on the yield surface and an accurate prediction of the mechanical behavior of overconsolidated (or elastic state) soils in this chapter. The authors introduce the exponential contractancy model (EC model) by Ohno et al. (J Appl Mech JSCE 9:407–414, 2006) and the subloading surface model by Hashiguchi and Chen (Int J Numer Anal Method Geomech 22:197–227, 1998) to the elasto-plastic constitutive model for unsaturated soils by Ohno et al. (J JSCE 63(4):1132–1141, 2007). The applicability of the constitutive model is verified by simulating triaxial shear tests under constant net stress undrained conditions.

    DOI: 10.1007/978-94-007-5675-5_14

    Scopus

    researchmap

  • 土/水/空気連成有限要素解析を用いた降雨・蒸発履歴による盛土内の応力状態に及ぼす影響 査読

    金澤伸一, 福田拓海, 齋藤邦夫

    理論応用力学論文集   62   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:National Committee for IUTAM  

    DOI: 10.11345/japannctam.62.0.26.0

    CiNii Article

    researchmap

  • Expression of mechanical characteristics in compacted soil/water/air coupled F.E. simulation 査読

    Kawai, K, Iizuka, A, Kanazawa, S

    Proc. 18th international Conf. on soil mechanics and geotechnical engineering   2   1129 - 1132   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • Mechanical behaviors and water retention characteristics of micro-porous ceramic particles produced by burning sludge 査読

    Kawazu, J, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   2012年

     詳細を見る

  • Banking simulation with a constitutive model for unsaturated soil 査読

    Tanaka, M, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   2012年

     詳細を見る

  • Mathematical model of soil/water/air coupled problem for unsaturated soils considering mass transfer within pore-water 査読

    Nomura, S, Kawai, K, Iizuka, A, Tachibana, S, Kanazawa, S

    Proc. 5th Asia-Pacific Conf. on Unsaturated Soils   2012年

     詳細を見る

  • 土/水/空気連成有限要素法を用いた締固め土の力学挙動の解析 査読

    金澤伸一, 豊嶋拓馬, 河井克之, 橘伸也, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   68 ( 2 )   I_291 - I_298   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    Compacted soil is widely used to build earth structure. Although construction management of the soil progresses day by day, it is said that mechanism of compaction effect isn't fully made clear. This is due to the complication of compaction mechanism of unsaturated soil. Recently, some constitutive models for unsaturated soil and SWCC models were proposed and advanced the study on unsaturated soil. In this study we regarded compaction as the consecutive cycle of compression and expansion of unsaturated soil under undrained condition, and simulated it with unsaturated soil/water/air coupled finite element analysis. In this study, we expressed the characteristics of the mechanical behavior of compacted soil, which has not been explained for a long period of geotechnical engineering. And we considered the difference of compaction procedure affected the quality of earth structures. The achievement can be managed reasonably the compaction of earth structure.

    DOI: 10.2208/jscejam.68.I_291

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Simulations of static compaction with soil/water/air coupled F.E analysis 査読

    Kawai, K, Shibata, M, Otsuki, T, Phonmmachanh, V, Kanazawa, S

    Proc. 2nd European Conf. on Unsaturated Soils   181 - 187   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-3-642-31343-1_23

    researchmap

  • Simulations of static compaction with soil/water/air coupled F.E analysis 査読

    Kawai, K, Iizuka, A, Kanazawa, S

    Proc. 2nd European Conf. on Unsaturated Soils   181 - 187   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-3-642-31343-1_23

    researchmap

  • Study of stratification resistant to salt damage 査読

    Nomura, S, Kawai, K, Kanazawa, S, Iizuka, A

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   2   1133 - 1139   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • 飽和/不飽和地盤内における水溶性物質移動モデルの構築 査読

    野村瞬, 河井克之, 角井駿祐, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚 敦

    土木学会論文集A2(応用力学)   67 ( 2 )   I_231 - I_240   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会  

    The ground pollution is one of the most serious environmental issues all over the world now. Industrial wastes discharged from various human activities infiltrate to the ground, diffuse and damage to plants and animals indirectly. Therefore, it is strongly requested to know the transfer behavior of contaminant movement in the ground. In this study, continuous equations and advection-dispersion equation are derived from mass conservation laws in soil, water, air and dissolved material phases. These governing equations are applied to the constitutive model for unsaturated soil and formulated in the framework of the initial boundary value problems with the finite element method The soil/water/air coupled analysis program, DACSAR-M_ad, applied mass transfer equation to is coded. Here, the mass within the ground due to loading is simulated with this code.

    DOI: 10.2208/jscejam.67.I_231

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不飽和土の力学から観た締固めによって生じる供試体内不均一性の把握

    河井 克之, 寺島 裕樹, 後藤 浩司, 金澤 伸一, 大谷 順, 椋木 俊文

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 14 )   23 - 43   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011309

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不飽和土/水/空気連成解析を用いた締固めシミュレーション

    河井 克之, 山田 竜太郎, 金澤 伸一

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   ( 14 )   45 - 59   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81011310

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 締固め方法の違いが締固め土構造物の品質に及ぼす影響 査読

    柴田昌輝, 河井克之, 尾崎早希子, 金澤伸一, 橘伸也, 飯塚敦

    応用力学論文集(CD-ROM)   13   363 - 370   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A finite element simulator for mechanical behavior of unsaturated earth structures exposed to evaporation and moisturization 査読

    Kanazawa, S., Kawai, K., Iizuka, A., Ohno, S., Tachibana, S., Pipatpongsa, T. and Takeyama, T.

    UNSATURATED SOILS: THEORETICAL AND NUMERICAL ADVANCES IN UNSATURATED SOIL MECHANICS   711 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CRC PRESS-TAYLOR & FRANCIS GROUP  

    To predict the long-term elasto-plastic behavior of unsaturated earth structures, a constitutive model, which can express the following typical mechanical behavior of unsaturated soil, is needed. This includes shrinkage and increase of stiffness upon drying (i.e. suction increase), collapse with reduction of stiffness upon wetting (i.e. suction decrease), and the influences of suction history related to the hysteresis of soil-water retention characteristics. In this study, a new constitutive model is proposed for unsaturated soil where the effective degree of saturation is used as a parameter relating to stiffness. The model shows good agreement with experimental results. In addition, a soil/water coupled finite element simulation code (simulator), as applied to this model, is introduced. The appropriateness of the simulator is demonstrated for the case of a virtual fill.

    Web of Science

    researchmap

  • 築堤シミュレーションにおける設定条件が盛土内応力分布に及ぼす影響 査読

    田中麻穂, 河井克之, 金澤伸一, 橘伸也, 大野進太郎, 飯塚敦, 竹山智英

    応用力学論文集(CD-ROM)   13   423 - 430   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Simulation of static compaction with unsaturated soil/water coupled F. E. analysis 査読

    Shibata, M, K. Kawai, S. Kanazawa, A. Iizuka

    Proc. 5th Int. Conf. on Unsaturated Soils   965 - 970   2010年

     詳細を見る

  • Effect of yield function's form on performance of the backward-Euler stress update algorithm for the original cam-clay model 査読

    Kanazawa, S., Khosravi, M. H., Pipatpongsa, T., Iizuka, A

    Proceedings of the 11th International Summer Symposium, JSCE   161 - 164   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JSCE  

    CiNii Article

    researchmap

  • 不飽和土の力学理論から見た土の締固め (特集 盛土の設計と締固め)

    河井 克之, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    基礎工   37 ( 7 )   32 - 35   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:総合土木研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Stress propagation in semi-infinite planar heap of granular medium possessing self-weight in loose condition 査読

    Pipatpongsa, T, Heng, S, Kanazawa, S, Iizuka, A

    Proc, APCMM2009, The Japan Society of Mechanical Engineers   2009年

     詳細を見る

  • Stress-strain and water retention characteristics of micro-porous ceramic particles made with burning sludge 査読

    Kawai, K, Iizuka, A, Fukuda, A, Kanazawa, S

    Proc. Int. Symp. on Prediction and Simulation Methods for Geohazard Mitigation, Is-Kyoto   339 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • 土/水連成有限要素解析プログラムを用いた静的締固めシミュレーション 査読

    河井克之, 柴田昌輝, 金澤 伸一

    応用力学論文集   12   429 - 436   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 耐塩害性地盤構造及び塩害地盤浄化手法の検討 査読

    河井克之, 野村瞬, 大野進太郎, Thirapong Pipatpongsa, 橘伸也, 金澤伸一, 飯塚敦

    応用力学論文集   12   421 - 428   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不飽和土/水連成有限要素解析における空間離散化手法の検討 査読

    金澤 伸一, 橘 伸也, 河井 克之

    応用力学論文集   11   331 - 338   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:土木学会  

    DOI: 10.2208/journalam.11.331

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • ベントナイト緩衝材の力学特性に関する実験的検討 査読

    金澤伸一, 武藤尚樹, 林久資, 市川希

    福島工業高等専門学校研究紀要   ( 59 )   57 - 61   2018年12月

     詳細を見る

  • 形状の違いによる盛土構造物の応力解析~築堤から供用まで~ 査読

    金澤伸一, 五十嵐日菜

    福島工業高等専門学校研究紀要   ( 59 )   45 - 48   2018年12月

     詳細を見る

  • ベントナイト緩衝材の力学特性に関する解析的検討 査読

    金澤伸一, 市川希, 林久資, 武藤尚樹

    福島工業高等専門学校研究紀要   ( 59 )   49 - 56   2018年12月

     詳細を見る

  • 天然バリアと人工バリアの力学特性を考慮した放射性廃棄物処分施設の長期的な力学挙動予測システムの開発

    金澤伸一, 林久資, 高山裕介, 石山宏二, 太田秀樹

    放射性共通技術調査等事業(放射性廃棄物重要基礎技術研究調査)報告書   2018年

     詳細を見る

  • 地層処分における緩衝材の再冠水挙動に関する解析的検討

    吉野修, 石山宏二, 金澤伸一, 飯塚敦

    西松建設技報(CD-ROM)   40   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 天然バリアと人工バリアの力学特性を考慮した放射性廃棄物処分施設の長期的な力学挙動予測システムの開発

    金澤伸一, 林久資, 高山裕介, 石山宏二, 太田秀樹

    放射性共通技術調査等事業(放射性廃棄物重要基礎技術研究調査)報告書   2017年

     詳細を見る

  • 東日本大震災の津波による地盤塩害及び土壌汚染調査・分析

    飯塚 敦, 杉山 友理, 野村 瞬, 河井 克之, 橘 伸也, 金澤 伸一, 竹山 智英

    理論応用力学講演会 講演論文集   62 ( 0 )   110 - 110   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」  

    2011年3月11日,日本における観測史上最大規模である東北地方太平洋沖地震に起因する大津波が発生した.この津波により,コンビナート等がある工業施設も被災した.重金属・揮発性有害物質が土壌流出した場合,被災民やボランティアの人々の健康被害が懸念される.重金属類による土壌汚染を調べるため,調査チームを編成し,現地(仙台近郊海岸部および石巻)に赴いた.調査の結果,崩壊したコンビナート等の工業施設から直接に汚染されたというよりも,高度成長時代に港湾や海底に堆積し,眠っていたものが,津波によって掘り起こされ,薄く広範囲に撒き散らされたものと推察される.

    DOI: 10.11345/japannctam.62.0.110.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不飽和土/水/空気連成解析を用いた締固めシミュレーション

    河井克之, 山田竜太郎, 金澤伸一

    神戸大学都市安全研究センタ-研究報告   ( 14 )   45 - 59   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不飽和土の力学から観た締固めによって生じる供試体内不均一性の把握

    河井克之, 寺島裕樹, 後藤浩司, 金澤伸一, 大谷順, 椋木俊文

    神戸大学都市安全研究センタ-研究報告   ( 14 )   23 - 43   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 不飽和土の力学理論から見た土の締固め (特集 盛土の設計と締固め)

    河井 克之, 金澤 伸一, 飯塚 敦

    基礎工   37 ( 7 )   32 - 35   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:総合土木研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 不飽和土 /水連成解析による築堤シミュレーション

    河井 克之, 田中 麻穂, 金澤 伸一, 橘 伸也, 大野 進太郎, 飯塚 敦, 竹山 智英

    神戸大学都市安全研究センター研究報告   13 ( 13 )   1 - 9   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:神戸大学都市安全研究センター  

    DOI: 10.24546/81001945

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

▶ 全件表示

受賞

  • 教育功労者表彰

    2019年3月   福島工業高等専門学校  

    金澤伸一

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 高専教育は何故難しいのか?―持続可能な高等教育のための当事者エスノグラフィ

    2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

    笠井哲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 長寿命化を見据えた盛土構造物の健全性に関わる力学評価手法の確立

    研究課題/領域番号:20K04692  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金澤 伸一

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 近年の突発的豪雨に関する盛土構造物の力学評価システムの構築に関する研究2

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 高橋産業経済研究財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 地層処分施設におけるベントナイト緩衝材の力学特性の把握3

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 福島県学術教育振興財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 外水位変動を考慮した河川堤防崩壊機構に関する評価手法の確立

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 土科学センター財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 地層処分坑道の超長期挙動予測・評価に適用可能な解析コードの改良・検証およびベントナイト緩衝材の物性把握

    2020年4月 - 2021年3月

    西松建設株式会社  共同研究 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 放射性廃棄物処分におけるベントナイト緩衝材の超長期挙動予測・評価技術の研究開発

    2019年4月 - 2020年3月

    西松建設株式会社  共同研究 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 地層処分施設におけるベントナイト緩衝材の力学特性の把握2

    2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 福島県学術教育振興財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 近年の突発的豪雨に関する盛土構造物の力学評価システムの構築

    2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 高橋産業経済研究財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 突発的豪雨による盛土構造物の浸透破壊に関する評価手法の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 土科学センター財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 地層処分施設におけるベントナイト緩衝材の力学特性の把握

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人 福島県学術教育振興財団  研究助成 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 高レベル放射性廃棄物の地層処分事業に関する理解を深め今後のわが国の地層処分事業の将来課題の発掘する

    2018年4月 - 2019年3月

    前田記念工学振興財団  研究助成(学生研究) 

    市川 希

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 突発的集中豪雨に対する盛土構造物の力学挙動評価手法の提案

    研究課題/領域番号:16K06497  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    金澤 伸一

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究では,盛土構造物の築造時における降雨・蒸発による盛土内部の応力挙動の変化と,築造後の初期応力状態を把握し,その後の集中豪雨と断続的な豪雨に伴う盛土構造物崩壊に至るメカニズムを解析的に表現することで,長期供用課程での力学挙動の変化を評価することを目的とした.その結果,降雨強度が強くなるにつれて,天端から法面に沿って弱部となり,時間の経過とともに法先が弱部となり表層滑りを起こし崩壊することが確認された.本研究より,集中豪雨によって盛土が破壊に至るメカニズムを解析と実験で表現することで長期供用課程での力学挙動変化に対する評価が可能となった.

    researchmap

  • 天然バリアと人工バリアの力学特性を考慮した放射性廃棄物処分施設の長期的な力学挙動予測システムの開発

    2015年10月 - 2018年3月

    公益財団法人 原子力環境整備促進・資金管理センター  放射性廃棄物共通技術調査等事業(放射性廃棄物重要基礎技術調査) 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 放射性廃棄物処分坑道の超長期挙動予測・評価に適用可能な解析コードの改良・検証

    2015年4月 - 2018年3月

    西松建設株式会社  共同研究 

    金澤伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 飽和/不飽和地盤における部分排水効果を利用した強度推定法の構築

    研究課題/領域番号:26889062  2014年8月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    金澤 伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2340000円 ( 直接経費:1800000円 、 間接経費:540000円 )

    土の部分排水効果を考慮した強度推定法を室内実験から提案し,それを用いた簡易的な支持力計算を行うことで,提案する推定法の適応性を示す.まず,粘土,中間土を用いた部分排水せん断試験において,ひずみ速度 を変化させ試験を試みた.その結果から,正規化したせん断強度と載荷速度・排水距離・圧密係数の関係を表し,部分排水強度を評価できる推定法を示した.また,要素試験から得られた推定法を境界値問題へ適用するため,拘束圧依存,不攪乱による構造の違いについて検討を行った.あわせて,数値実験による部分排水せん断試験を行い,提案する推定法の妥当性を示した.

    researchmap

  • 塩害・地盤変状発生機構シミュレーションと抑止修復技術の総合化

    研究課題/領域番号:24360193  2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    飯塚 敦, 河井 克之, 橘 伸也, 竹山 智英, 金澤 伸一, 野村 瞬

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    本研究は,塩害による沙漠化抑止と修復の技術提案を通して,地盤工学の地球環境問題への積極的な寄与を目的としている.過伐採,過放牧,塩害が沙漠化の三大要因であり,全体の約8 割を占めている.森林などの植生伐採に伴う気圏・地圏間の水循環の狂いが原因である.特に塩害による沙漠化は,地下水中の希薄な塩分が高濃度化して地表に析出することにより生じ,ユーラシア大陸などの大陸の広範囲な地域で発生している.このような塩害による沙漠化メカニズムを表現できるFE シミュレータを開発し,さらに,環境負荷の低減を可能とするPS 灰や浄水場汚泥のリサイクルによる粒状材料などを活用できる塩害抑止工法を開発した.

    researchmap

  • 締固めメカニズムに着目した道路盛土の効率的な施工および維持管理計画

    2011年4月 - 2014年3月

    高速道路関連社会貢献協議会研究助成 

    河井克之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 施工速度を考慮した締固め土構造物の力学挙動評価

    研究課題/領域番号:22860058  2010年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    金澤 伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1963000円 ( 直接経費:1510000円 、 間接経費:453000円 )

    盛土構造物の建設には,締固め土が重要である。しかしながら,盛土構造物の内部状態を把握することが難しく,豪雨や地震といった自然災害による不測の事態に備えることができないと言える。本研究では,土/水/空気連成有限要素解析を用いて,施工速度を考慮した静的締固めシミュレーションと締固め土構造物の施工シミュレーションを行った。本研究の成果は,合理的な締固め管理を可能にするものである。

    researchmap

  • 塩害・地盤変状発生機構の解析と環境負荷汚泥焼成物を用いた防止技術の開発

    研究課題/領域番号:21360225  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    飯塚 敦, 河井 克之, 橘 伸也, 竹山 智英, 金澤 伸一

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    ユーラシア大陸地下には,広く岩塩層が堆積していることが知られる.地層褶曲などにより岩塩層が比較的地表近くまで迫出している場合には,表層地下水にまで塩分が含まれていることが多い.典型的な事例をタイ東北部(内陸)に見ることができる.乾期,雨期の乾湿繰返しに伴って地表面への塩の析出と塩害に伴う農業生産の低下を引き起こしている.一方,東南アジアの国々では,製紙業から排出されるPS(ペーパースラッジ)や浄水場発生汚泥の処理は深刻な環境問題となっている.このような汚泥を1300度程度で焼くと,微細な多孔構造を持つ安定した多孔質材とすることができる.本研究課題は,タイ東北部をフィールドに,この多孔質材料を塩害防止・対策に用い,塩害防止と農耕地保全に役立てることを目的とし, 1.水収支の狂いによる塩分析出シミュレータの高度化, 2.タイ東北部で計測された塩害,地盤変状の解析, 3. PS焼成材,浄水場排出焼成材の力学特性の把握, 4.塩害防止,農耕地保全の構造体の提案を行った.

    researchmap

▶ 全件表示

その他研究活動

  • 令和2年度土木学会全国大会, 第75回年次学術講演会, 優秀論文賞受賞

    2020年9月

     詳細を見る

    受賞者: 鈴木梨恵, 金澤伸一, 石山宏二
    タイトル「熱の影響によるベントナイトのモンモリロナイト含有率と強度の関係」

    researchmap

  • 第54回地盤工学研究発表会全国大会, 最優秀論文発表賞

    2019年7月

     詳細を見る

    受賞者: 諏江あきほ, 金澤伸一
    タイトル「被災確率論を用いた簡易的な液状化マップの構築」

    researchmap

  • 平成30年度土木学会全国大会, 第73回年次学術講演会, 最優秀論文発表賞

    2018年9月

     詳細を見る

    受賞者: 五十嵐日菜, 金澤伸一
    タイトル「不飽和土/水/空気連成解析を用いた盛土構造物の力学挙動解析」

    researchmap

  • 第52回地盤工学研究発表会全国大会, 最優秀論文発表賞

    2017年7月

     詳細を見る

    受賞者: 松崎慎也, 金澤伸一,五十嵐日菜
    タイトル「解析を用いた突発的集中豪雨による盛土構造物の力学挙動」

    researchmap

  • 第52回地盤工学研究発表会全国大会, 最優秀論文発表賞

    2017年7月

     詳細を見る

    受賞者: 小野里花子, 金澤伸一, 松崎慎也
    タイトル「外水位変動が堤体内の応力状態に及ぼす影響」

    researchmap

  • 平成28年度土木学会全国大会, 第71回年次学術講演会, 最優秀論文発表賞

    2016年9月

     詳細を見る

    受賞者: 佐藤文啓, 金澤伸一, 林久資, 高山裕介, 石山宏二
    タイトル「温度変化を考慮したベントナイト緩衝材の膨潤量の計測について」

    researchmap

  • 第51回地盤工学研究発表会全国大会, 最優秀論文発表賞

    2016年7月

     詳細を見る

    受賞者: 金成雅季, 金澤伸一, 坂本将吾
    タイトル「被災確率に基づく液状化判定の構築」

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 特別研究Ⅰ

    機関名:福島工業高等専門学校専攻科

     詳細を見る

  • 特別研究Ⅱ

    機関名:福島工業高等専門学校専攻科

     詳細を見る

  • 減災工学

    機関名:福島工業高等専門学校専攻科

     詳細を見る

  • 地下空間工学

    機関名:福島工業高等専門学校専攻科

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:中央大学

     詳細を見る

  • 専門演習Ⅱ

    機関名:中央大学

     詳細を見る

  • 地盤工学Ⅱ

    機関名:福島工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 地盤工学Ⅰ

    機関名:福島工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 応用地盤工学

    機関名:福島工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 工学実験・演習

    機関名:福島工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:福島工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 固体力学

    機関名:中央大学

     詳細を見る

  • 専門演習Ⅰ

    機関名:中央大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 社会基盤工学実験II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会基盤プロジェクト・マネージメント

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地盤工学II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地盤工学III

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地盤工学I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術英語II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会基盤設計基礎

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 総合技術科学演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 総合技術科学演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会基盤工学概論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 自然災害にみる「防災」と「減災」

    役割:講師

    いわき市 いわきヒューマンカレッジ(市民大学)  2020年10月

     詳細を見る

  • 地盤工学から原子力の問題を考える

    役割:講師

    いわき市 いわきヒューマンカレッジ(市民大学)生命環境学部  2019年9月

     詳細を見る

  • 実は知っておいた方が良い!家を支える地盤のこと

    役割:講師

    いわき市 いわきヒューマンカレッジ(市民大学)生命環境学部  2018年9月

     詳細を見る

  • 相馬山上地区地すべり対策委員会委員

    役割:助言・指導

    国土交通省 東北地方整備局  2018年

     詳細を見る

  • 久之浜バイパス地すべり対策検討委員会委員

    役割:助言・指導

    国土交通省 東北地方整備局  2017年

     詳細を見る