2024/05/23 更新

写真a

ササカワ ユウキ
笹川 祐輝
SASAKAWA Yuki
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
歯学部 歯学科 助教
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2021年3月 )

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 医歯学系 歯学系列   助教

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学   助教

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   助教

    2021年4月 - 現在

 

論文

  • Evaluation of oral function using a composite sensor during maximum lip closure and swallowing in normal children and adults. 国際誌

    Mio Hozawa, Yuki Nakamura, Tetsuya Sotome, Tsutomu Nakajima, Mika Hanasaki, Yuki Sasakawa, Saeko Tsukuno, Yuki Yonemoto, Haruaki Hayasaki

    Journal of oral rehabilitation   2024年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: There is growing interest in the development of objective methods for assessing lip-closing function in children. OBJECTIVE: To obtain normative data for healthy children in the developmental stages of lip closure function, we quantitatively evaluated oral movements associated with lip closure in children and adults using a composite sensor (CS). METHODS: Twenty-five normal children (11 boys, 14 girls) aged 8.8 ± 1.6 years and 25 young adults (13 men, 12 women) aged 27.4 ± 3.9 years were asked to perform test movements, maximal lip closure and swallowing of 3 mL of water. Lip-closing pressure (LP), intraoral baro-pressure (IP) and electromyographic (EMG) activity of the upper orbicularis oris muscle were simultaneously recorded using the CS. RESULTS: EMG activity of the upper orbicularis oris muscle during closure was significantly greater in adults than in children. There were significant positive correlations between integral values of LP and EMG for closure in adults (r = .527, p = .008) but not in children, and significant positive correlations between integral values of LP and IP for swallowing in children (r = .508, p = .010) but not in adults. CONCLUSIONS: The CS may provide an effective tool for evaluating lip function in children acquiring oral function. For the combination of maxillary orbicularis oculus contraction and formation of intraoral negative pressure, EMG activity of the upper orbicularis oris muscle involvement in LP and IP involvement in LP may differ between children and adults.

    DOI: 10.1111/joor.13705

    PubMed

    researchmap

  • 小児と成人の捕食は異なる スプーンと頭部の協調

    腰越 佐和子, 中島 努, 花崎 美華, 中村 由紀, 五月女 哲也, 米本 裕貴, 笹川 祐輝, 朴沢 美生, 築野 沙絵子, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   61 ( 大会抄録号 )   117 - 117   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 摂食先行期に関する研究 小児と成人における食具操作と開口動作

    中島 努, 米本 裕貴, 花崎 美華, 五月女 哲也, 中村 由紀, 笹川 祐輝, 朴沢 美生, 築野 沙絵子, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   61 ( 大会抄録号 )   122 - 122   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 複合センサーを用いた嚥下時の小児口唇閉鎖機能の評価

    中村 由紀, 朴沢 美生, 五月女 哲也, 中島 勉, 花崎 美華, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 米本 裕貴, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   61 ( 大会抄録号 )   149 - 149   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 茶碗の中における食具の動きは異なる

    米本 裕貴, 中島 努, 中村 由紀, 花崎 美華, 笹川 祐輝, 五月女 哲也, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   61 ( 地方会抄録号 )   10 - 10   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 摂食運動先行期に関する研究 食具と手

    中島 努, 花崎 美華, 中村 由紀, 五月女 哲也, 米本 裕貴, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 吉田 歩未, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   61 ( 地方会抄録号 )   29 - 29   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 摂食運動先行期に関する研究 食具の入出

    花崎 美華, 中島 努, 中村 由紀, 五月女 哲也, 米本 裕貴, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 吉田 歩未, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   61 ( 地方会抄録号 )   29 - 29   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 一時保護所に保護中の被虐待児童の歯種別う蝕罹患状況に関する報告

    野上 有紀子, 中村 由紀, 五月女 哲也, 清川 裕貴, 朴沢 美生, 築野 沙絵子, 笹川 祐輝, 鈴木 絢子, 花崎 美華, 中島 努, 大島 邦子, 齊藤 一誠, 岩瀬 陽子, 早崎 治明

    障害者歯科   44 ( 1 )   10 - 18   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本障害者歯科学会  

    被虐待児童はう蝕が多いとされているが,これまでの報告の多くは,う蝕有病者率やう蝕経験歯数に限られていた.本研究では,被虐待児童におけるう蝕罹患状況の特徴を探索するため,歯種別に解析を行った.歯種別解析の対象は,2~19歳の一時保護所への入所理由が「虐待」の児童(虐待群)323名とした.年齢に応じて,乳歯の解析では2区分(2~5歳,6~9歳),永久歯では3区分(5~9歳,10~14歳,15~19歳)とし,歯科疾患実態調査(対照群)と比較を行った.乳歯,永久歯ともに一人平均未処置歯数は虐待群において有意に高く,永久歯においては一人平均う歯数がすべての年齢区分で虐待群が有意に高かった.歯種別に解析した結果,乳歯では上顎左側乳中切歯と上顎右側乳犬歯,永久歯では第一大臼歯と第二大臼歯において,虐待群が有意にう歯保有者率が高かったが,虐待群の歯種別う蝕罹患状況として明確な特徴と判断できるものはなく,一般にう蝕が発生しやすい部位において虐待群ではさらに高い割合でう蝕を有し,永久歯萠出直後早い段階で罹患していると考えられた.一人平均う歯数のパーセンタイル値では,いずれの年齢区分においても虐待群の25%は対照群と同様にう歯を有していなかった一方で,虐待群の一部の者のう歯数が非常に多く,虐待群の全体的なう蝕歯数の数値を引き上げていると推察された.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2023&ichushi_jid=J02489&link_issn=&doc_id=20230403180002&doc_link_id=10.14958%2Fjjsdh.44.10&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.14958%2Fjjsdh.44.10&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 食品やその摂取方法の違いによる捕食時呼吸運動の変化

    築野 沙絵子, 中村 由紀, 中島 努, 花崎 美華, 笹川 祐輝, 朴沢 美生, 五月女 哲也, 米本 裕貴, 早崎 治明

    新潟歯学会雑誌   52 ( 2 )   100 - 100   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 食具の違いに着目した捕食動作の三次元動作解析

    五月女 哲也, 中島 努, 中村 由紀, 花崎 美華, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 米本 裕貴, 早崎 治明

    新潟歯学会雑誌   52 ( 2 )   100 - 101   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 知的障害者福祉施設における支援者の口腔保健支援の負担感に関する調査

    吉田 歩未, 中村 由紀, 大島 邦子, 中島 努, 笹川 祐輝, 早崎 治明

    日本障害者歯科学会総会および学術大会プログラム・抄録集   39回   196 - 196   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本障害者歯科学会  

    researchmap

  • 複合センサーで評価する小児口腔機能の特徴

    朴沢 美生, 中村 由紀, 中島 努, 花崎 美華, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 五月女 哲也, 早崎 治明

    新潟歯学会雑誌   52 ( 1 )   37 - 37   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 知的障害者福祉施設における障害支援区分に基づく口腔保健支援システムに向けた検討 障害支援区分と口腔保健支援および歯科疾患実態との関連性

    吉田 歩未, 中村 由紀, 中島 努, 笹川 祐輝, 大島 邦子, 早崎 治明

    新潟歯学会雑誌   52 ( 1 )   38 - 39   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • スプーンを用いた捕食における口腔と上肢の協調運動の発達変化

    笹川 祐輝, 中村 由紀, 中島 努, 花崎 美華, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 五月女 哲也, 齊藤 一誠, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   60 ( 大会抄録号 )   137 - 137   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 口唇閉鎖を伴う3種被験運動における複合センサーを用いた口腔機能評価

    朴沢 美生, 中村 由紀, 中島 努, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 五月女 哲也, 岩瀬 陽子, 齋藤 一誠, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   59 ( 大会抄録(Web開催)号 )   72 - 72   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • Lip-closing pressure during food intake from a spoon in normal children. 国際誌

    Yuki Sasakawa, Yuki Nakamura, Issei Saitoh, Tsutomu Nakajima, Saeko Tsukuno, Mio Hozawa, Tetsuya Sotome, Yukiko Nogami, Mie Kurosawa, Yoko Iwase, Toyohiko Hayashi, Haruaki Hayasaki

    Journal of oral rehabilitation   48 ( 6 )   711 - 719   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Understanding the refinement of self-feeding skills is useful for the assessment of oral functional development in children. OBJECTIVES: To determine normative data on lip closing during food intake in the development of independent spoon-feeding in normal children, we tested the hypothesis that lip-closing pressure and spoon operation differ depending on food type. METHODS: Fifteen normal children (eight boys, seven girls; mean age: 6.5 years) were asked to eat test foods (2, 3 and 5 g of yogurt and cream cheese) freely with a spoon. Lip-closing pressures and kinematic data on spoon operation were recorded simultaneously with a strain gauge transducer embedded in the spoon and Vicon motion analysis, respectively. RESULTS: In the most common lip-pressure pattern, only positive pressure was generated. In the second most common pattern, negative pressure occurred first, followed by positive pressure; this pattern was seen infrequently. Positive pressure (P < .001), pressure duration (P < .001) and spoon intra-oral time (P < .05) during intake of cream cheese (an adhesive food) were significantly greater than those during intake of yogurt (a non-adhesive food). Pressure onset occurred at the beginning of the spoon withdrawal period or at the turning point from spoon insertion to withdrawal, depending on the food. CONCLUSIONS: Lip-closing force and spoon operation varied depending on food type in preschool and early elementary school children. Our findings suggest the need to consider the importance of food diversity and to pay attention to the spoon withdrawal period when assessing the development and maturation of lip function.

    DOI: 10.1111/joor.13155

    PubMed

    researchmap

  • スプーンを用いた捕食運動における小児期の特徴

    笹川 祐輝, 中村 由紀, 中島 努, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 五月女 哲也, 岩瀬 陽子, 齊藤 一誠, 早崎 治明

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   111 - 112   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • Influence of food adhesivity and quantity in lip closing pressure. 国際誌

    Yuki Nakamura, Tsutomu Nakajima, Yuki Sasakawa, Saeko Tsukuno, Ryusuke Sakurai, Mie Kurosawa, Yoko Iwase, Issei Saitoh, Kazuhiro Hori, Toyohiko Hayashi, Haruaki Hayasaki

    Physiology & behavior   214   112743 - 112743   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lip closing is an important motor act in food acquisition. Appropriate food capture in anticipatory and early oral stages of feeding is essential for mastication and swallowing. The aim of this study was to investigate the effect of food type and quantity on lip closing pressure during food capture with a spoon, and to identify normal lip function during food acquisition in healthy young adults. Twenty young healthy males (age range: 22-30 years) participated in this study. They were asked to eat the test food freely with a spoon. Test foods were yogurt and cream cheese, which were given in quantities of 3, 5 and 10 g in weight; 3 ml water was included as a reference. A strain gauge transducer was embedded in the spoon in advance, and lip closing pressures during food capture were measured and recorded. The Vicon motion analysis system was used to collect three-dimensional kinematic data of spoon operation. Positive pressure with lip closing during capture of adhesive food, such as cream cheese, significantly increased (P < 0.001). Moreover, positive pressure significantly decreased when food quantity increased (P < 0.01), irrespective of food type. Negative pressure that preceded positive pressure appeared more frequently during cream cheese intake and increased when food quantity on the spoon increased (P < 0.001). These findings indicated that participants sucked or squeezed the spoon further during capture of adhesive food. Maximum mouth opening occurred predominantly during the spoon insertion period, while mouth closing occurred predominantly during the spoon withdrawal period. After mouth closing, all subsequent lip pressure events appeared in the withdrawal period. Our results may be useful for comprehending normal lip function during food acquisition in healthy young adults. They may also aid in the diagnosis and management of abnormal lip function in oral hypofunction and dysfunction, which can be examined in future studies.

    DOI: 10.1016/j.physbeh.2019.112743

    PubMed

    researchmap

  • Change in masticatory movement according to food size in young Japanese females. 査読

    Kitte E, Nakamura Y, Nakajima T, Hanasaki M, Nogami Y, Sasakawa Y, Iwase Y, Kurosawa M, Oku T, Saitoh I, Hayasaki H

    Dental, Oral and Craniofacial Research   4 ( 2 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15761/DOCR.1000242

    researchmap

  • Oral feeding behavior during a whole meal 査読

    Murakami N, Nakamura Y, Nakajima T, Sasakawa Y, Nakakura-Ohshima K, Murakami T, Kurosawa M, Iwase Y, Murakami D, Saitoh I, Inada E, Yamasaki Y, Hayasaki H

    Dental, Oral and Craniofacial Research   4 ( 1 )   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15761/DOCR.1000232

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 捕食時の呼吸相および呼吸サイクル時間の検討

    築野沙絵子, 中村由紀, 中島努, 花崎美華, 笹川祐輝, 朴沢美生, 五月女哲也, 米本裕貴, 早崎治明

    小児歯科学雑誌   62   2024年

     詳細を見る

  • 「食べる」を科学する-小児歯科医の視点から-

    中島努, 中村由紀, 花崎美華, 笹川祐輝, 五月女哲也, 朴沢美生, 築野沙絵子, 早崎治明

    日本食育学会総会・学術大会講演・学術報告要旨集   11th   2023年

     詳細を見る

  • スプーンを用いた捕食運動における小児期の特徴

    笹川 祐輝, 中村 由紀, 中島 努, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 五月女 哲也, 岩瀬 陽子, 齊藤 一誠, 早崎 治明

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   111 - 112   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 一時保護所における被虐待児童の歯種別う蝕有病率に関する報告

    野上 有紀子, 中村 由紀, 築野 沙絵子, 鈴木 絢子, 笹川 祐輝, 五月女 哲也, 清川 裕貴, 朴沢 美生, 岩瀬 陽子, 齊藤 一誠, 早崎 治明

    障害者歯科   41 ( 3 )   197 - 197   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    researchmap

  • 小児のスプーンを用いた捕食時口唇圧に食品の差異が及ぼす影響

    笹川 祐輝, 中村 由紀, 中島 努, 築野 沙絵子, 朴沢 美生, 五月女 哲也, 岩瀬 陽子, 齋藤 一誠, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   58 ( 大会抄録(誌上開催)号 )   99 - 99   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 当院小児歯科・障がい者歯科診療室における初診患者の実態調査

    小野寺 早紀, 岩瀬 陽子, 清川 裕貴, 五月女 哲也, 朴沢 美生, 笹川 祐輝, 中島 努, 中村 由紀, 齊藤 一誠, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   58 ( 地方会抄録号 )   4 - 4   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • 乳歯列期における咬合治療を通した軟組織形態と咀嚼機能の評価

    黒澤 美絵, 齊藤 一誠, 中島 努, 野上 有紀子, 笹川 祐輝, 築野 沙絵子, 岩瀬 陽子, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   57 ( 2 )   314 - 314   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • モーションキャプチャシステムを用いたスプーンによる捕食動作の多角的解析

    笹川 祐輝, 中村 由紀, 中島 努, 築野 沙絵子, 齋藤 一誠, 早崎 治明, 櫻井 隆佑, 林 豊彦

    小児歯科学雑誌   57 ( 1 )   103 - 103   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

  • モーションキャプチャシステムを用いたスプーンによる捕食動作の3次元分析

    櫻井 隆佑, 林 豊彦, 中村 由紀, 中島 努, 笹川 祐輝

    電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   118 ( 44 )   7 - 12   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)電子情報通信学会  

    捕食動作とは摂食動作の一部であり、その機能には「食具操作」と「口唇による食物の取り込み」の2つがある。しかし、両者の協調動作であるにもかかわらず、同時測定データに基づいて包括的に調査されることが少なかった。そこで本研究では、身体運動とスプーンボウル部上の口唇圧を同時計測するシステムを構築し、予備実験として、成人がスプーンに入れた食品を自然に摂食する動作を分析した。食品には付着性と流動性の異なるチーズとヨーグルトを用いた。一口量は3g、5g、10gの3種類とした。成人男性8名を用いた実験から、一口量はスプーン挿入量に、食品の性状は捕食時口唇圧に有意に影響するが、両者は捕食中のスプーン姿勢には影響しないことが判明した。(著者抄録)

    researchmap

  • Evidence Based Dentistry in Pediatric Dentistry 卒乳について

    中島 努, 中村 由紀, 平原 三貴子, 笹川 祐輝, 小野寺 早紀, 齊藤 一誠, 早崎 治明

    小児歯科学雑誌   56 ( 1 )   93 - 93   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児歯科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 早期臨床実習II

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 障害者歯科治療学演習IIA

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 障害者歯科治療学演習IIB

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 障害者歯科治療学演習IA

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生涯にわたる歯と咬合

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 障害者歯科治療学演習IB

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科臨床概論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 小児歯科学

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 成長発育学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示