2024/05/29 更新

写真a

ヤマモト トオル
山本 徹
YAMAMOTO Toru
所属
医歯学総合病院 口腔外科系歯科 歯科麻酔科 助教
職名
助教
外部リンク

代表的な業績

    • 【論文】 Selective targeting of peripheral cannabinoid receptors prevents behavioral symptoms and sensitization of trigeminal neurons in mouse models of migraine and medication overuse headache.  2021年1月

    • 【論文】 Circuit-Specific Early Impairment of Proprioceptive Sensory Neurons in the SOD1G93A Mouse Model for ALS.  2019年10月

    • 【論文】 Endothelin receptor-mediated responses in trigeminal ganglion neurons.  2013年4月

学位

  • 博士(歯学) ( 2013年3月 )

研究キーワード

  • 神経障害性疼痛

  • 新型コロナウイルス COVID-19(SARS-CoV-2)

  • ASIC

  • TRPA1

  • カンナビノイド

  • エンドセリン

  • 末梢神経再生

  • 慢性頭痛

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

  • ライフサイエンス / 麻酔科学

  • ライフサイエンス / 神経機能学

  • ライフサイエンス / 病態神経科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学医歯学総合病院 歯科麻酔科   助教

    2022年12月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院 歯科麻酔科   医員

    2022年4月 - 2022年11月

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   歯科麻酔学分野   特任助教

    2021年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

  • University of California, Los Angeles   School of Dentistry, Laboratory of Neuropharmacology   Postdoctoral Scholar

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 東京医科歯科大学   麻酔・生体管理学分野   医員

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 鶴見大学   歯学部歯科麻酔学講座   助教

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 鶴見大学   歯学部歯科麻酔学講座   学部助手

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   助教

    2022年12月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 口腔外科系歯科 歯科麻酔科   助教

    2022年12月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   特任助教

    2021年4月 - 2022年3月

  • 新潟大学   教育研究院 医歯学系   特任助教

    2021年4月 - 2022年3月

学歴

  • 九州歯科大学大学院   歯学研究科

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 九州歯科大学   歯学部   歯学科

    2002年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

委員歴

  • 日本歯科麻酔学会   診療statement作業部会  

    2024年1月 - 現在   

      詳細を見る

留学歴

  • University of California, Los Angeles  

    2017年4月 - 2021年3月

 

論文

  • Local Perfusion Failure Caused by the Incorrect Attachment of an SpO2 Probe during General Anesthesia 招待 査読

    Emi SAWADA, Toru YAMAMOTO, Naotaka KISHIMOTO, Yutaka TANAKA, Kenji SEO

    Anesthesia Progress   71 ( 3 )   2024年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Safety and Efficacy of Epinephrine Dilution in Dental Local Anesthesia 査読

    Takutoshi Inoue, Toru Yamamoto

    Anesthesia Progress   2024年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tracheal Deviation and Airway Management: Clinical Considerations From a Cadaver 査読

    Takutoshi Inoue, Toru Yamamoto

    The Cureus Journal of Medical Science   16 ( 3 )   e55546   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7759/cureus.55546

    researchmap

  • Anesthetic Management of a Patient with a Giant Hemangioma Who Required Urgent Embolization for Bleeding during Third Molar Extractions 査読

    Toru Yamamoto, Shigenobu Kurata, Tomoaki Ujita, Naotaka Kishimoto, Yuzo Imai, Emi Sawada, Hiroko Kanemaru, Yutaka Tanaka, Kenji Seo

    Anesthesia Progress   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科における最近4年間の外来新患患者の動向

    倉田 行伸, 岸本 直隆, 田中 裕, 金丸 博子, 山本 徹, 佐藤 由美子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    新潟歯学会雑誌   53 ( 2 )   65 - 71   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科の最近の外来新患患者の動向を調査し,10年前の状況との比較および新型コロナウイルス感染症拡大前後の比較を行うことで今後の歯科麻酔に対する需要について検討した。外来新患患者数は2019年で129名,2020年で108名,2021年で101名,2022年で86名であった。2011年は117名であり,2019年の患者数は増加した。しかし,2020年と2022年に患者数の減少が認められた。2020年の減少は障害者および非協力児の全身麻酔依頼の患者数の減少が要因であった。これは新型コロナウイルス感染症の拡大で歯科治療が延期を余儀なくされたことが考えられた。また,2022年の減少は上記に加え,口腔外科から紹介される患者の減少が要因であり,特に術後の三叉神経障害とペイン(その他)の紹介が減少した。しかし,全体の三叉神経障害の症例数は減少しなかった。これは院外からの紹介が増加傾向にあることに起因すると考えられた。歯科麻酔に対する需要にも変化が生じ,障害者および非協力児の全身麻酔の需要が増加した。また,痛みや知覚障害の診察,治療に対しては院外からの紹介が増加していることから今後も需要は多いことが予想された。(著者抄録)

    researchmap

  • Tracheal Stenosis Detected during Endotracheal Intubation in a Patient with Down Syndrome 招待 査読

    Tomoaki Ujita, Toru Yamamoto, Yutaka Tanaka, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    Anesthesia Progress   70 ( 4 )   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Delayed Rocuronium Onset in a Patient Taking Levetiracetam for Epilepsy 査読

    Toru Yamamoto, Yuhei Koyama, Yutaka Tanaka, Kenji Seo

    Anesthesia Progress   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 術中にパルスオキシメータプローブの過圧迫により手指が虚血になったと思われた小児の1症例 査読

    沢田詠見, 山本徹, 岸本直隆, 田中裕, 瀬尾憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   51 ( 4 )   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Automatic Cuff Pressure Controller (Smartcuff®) Detected Cuff Damage in a Tracheal Tube: A Case Report 招待 査読

    Yuzo IMAI, Naotaka KISHIMOTO, Shigenobu KURATA, Yutaka TANAKA, Tatsuru TSURUMAKI, Hiroko KANEMARU, Toru YAMAMOTO, Kenji SEO

    Anesthesia Progress   70 ( 2 )   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Expert consensus on difficult airway assessment 査読

    Ming Xia, Hong Jiang, Toru Yamamoto

    Hepatobiliary Surgery and Nutrition   12 ( 4 )   545 - 566   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/HBSN-23-46

    Web of Science

    researchmap

  • A Transient Sinus Arrest Caused by Intraoral Disinfection Maneuver in Maxillofacial and Oral Surgery Under General Anesthesia: A Case Report 査読

    Yuhei Koyama, Toru Yamamoto, Junrong Qi, Kei Tomihara, Kenji Seo

    Journal of Maxillofacial and Oral Surgery   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12663-023-01955-y

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s12663-023-01955-y/fulltext.html

  • Rectus Sternalis (Sternalis muscle) : a rare variant with surgical Importance: A case report 査読

    Takutoshi Inoue, Toru Yamamoto

    Asian Journal of Medical Case Reports   5 ( 1 )   9 - 14   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 気管挿管時に気管狭窄が認められたダウン症候群患者の全身麻酔経験 査読

    氏田 倫章, 山本 徹, 田中 裕, 倉田 行伸, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   51 ( 2 )   30 - 32   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • SARS-CoV-2 recombinant spike protein induces cell apoptosis in rat taste buds 査読

    Toru Yamamoto, Yuhei Koyama, Tomoaki Ujita, Emi Sawada, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    Journal of Dental Sciences   18 ( 1 )   428 - 431   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.jds.2022.08.016

    researchmap

  • Tracheal bronchus detected during general anesthesia: A case report 査読

    Toru Yamamoto, Tatsuru Tsurumaki, Hiroko Kanemaru, Kenji Seo

    Anesthesia Progress   70 ( 4 )   173 - 177   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 自動カフ圧コントローラSmartCuff@によりカフ損傷を早期に発見しえた1症例 査読

    今井有蔵, 岸本直隆, 倉田行伸, 田中裕, 弦巻立, 金丸博子, 山本徹, 瀬尾憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   50 ( 3 )   122 - 124   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tortuous Carotid Artery: A Case Report from Anatomy training body and Anesthetic consideration for Stellate Ganglion Block 査読

    Takutoshi Inoue, Toru Yamamoto

    Asian Journal of Medical Case Reports   4 ( 1 )   63 - 67   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • SARS-CoV-2 recombinant proteins-induced degeneration of taste buds in rat circumvallate papillae 査読

    Toru Yamamoto, Yuhei Koyama, Yuzo Imai, Emi Sawada, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    Journal of Dental Sciences   17 ( 4 )   1450 - 1453   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jds.2022.03.009

    researchmap

  • Role of voltage-gated sodium channels in axonal signal propagation of trigeminal ganglion neurons after infraorbital nerve entrapment. 査読

    Yatendra Mulpuri, Toru Yamamoto, Ichiro Nishimura, Igor Spigelman

    Neurobiology of Pain   11   100084   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ynpai.2022.100084

    PubMed

    researchmap

  • 系統解剖実習用遺体にみられた星状神経節ブロックを困難にさせうる一例 左総頸動脈蛇行 査読

    井上 卓俊, 山本 徹

    日本口腔顔面痛学会雑誌   13 ( 1 )   43 - 47   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Selective targeting of peripheral cannabinoid receptors prevents behavioral symptoms and sensitization of trigeminal neurons in mouse models of migraine and medication overuse headache. 査読 国際誌

    Toru Yamamoto, Yatendra Mulpuri, Mikhail Izraylev, Qianyi Li, Menooa Simonian, Christian Kramme, Brian L Schmidt, Herbert H Seltzman, Igor Spigelman

    Pain   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ABSTRACT: Migraine affects ∼15% of the world's population greatly diminishing their quality of life. Current preventative treatments are effective in only a subset of migraine patients, and while cannabinoids appear beneficial in alleviating migraine symptoms, central nervous system (CNS) side effects limit their widespread use. We developed peripherally-restricted cannabinoids (PRCBs) that relieve chronic pain symptoms of cancer and neuropathies, without appreciable CNS side effects or tolerance development. Here we determined PRCB effectiveness in alleviating hypersensitivity symptoms in mouse models of migraine and medication overuse headache (MOH). Chronic glyceryl trinitrate (GTN, 10 mg/kg) administration led to increased sensitivity to mechanical stimuli, and increased expression of phosphorylated protein kinase A (p-PKA), neuronal nitric oxide synthase (nNOS), and transient receptor potential ankyrin 1 (TRPA1) proteins in trigeminal ganglia. PRCB pretreatment, but not posttreatment, prevented behavioral and biochemical correlates of GTN-induced sensitization. Low pH- and allyl isothiocyanate-activated currents in acutely isolated trigeminal neurons were reversibly attenuated by PRCB application. Chronic GTN treatment significantly enhanced these currents. Chronic sumatriptan treatment also led to development of allodynia to mechanical and cold stimuli which was slowly reversible after sumatriptan discontinuation. Subsequent challenge with a previously ineffective low-dose GTN (0.1-0.3 mg/kg) revealed latent behavioral sensitization and increased expression of p-PKA, nNOS, and TRPA1 proteins in trigeminal ganglia. PRCB pretreatment prevented all behavioral and biochemical correlates of allodynia and latent sensitization. Importantly, chronic PRCB treatment alone did not produce any behavioral or biochemical signs of sensitization. These data validate peripheral cannabinoid receptors as potential therapeutic targets in migraine and MOH.

    DOI: 10.1097/j.pain.0000000000002214

    PubMed

    researchmap

  • Circuit-Specific Early Impairment of Proprioceptive Sensory Neurons in the SOD1G93A Mouse Model for ALS. 国際誌

    Soju Seki, Toru Yamamoto, Kiara Quinn, Igor Spigelman, Antonios Pantazis, Riccardo Olcese, Martina Wiedau-Pazos, Scott H Chandler, Sharmila Venugopal

    The Journal of Neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   39 ( 44 )   8798 - 8815   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a neurodegenerative disease in which motor neurons degenerate, resulting in muscle atrophy, paralysis, and fatality. Studies using mouse models of ALS indicate a protracted period of disease development with progressive motor neuron pathology, evident as early as embryonic and postnatal stages. Key missing information includes concomitant alterations in the sensorimotor circuit essential for normal development and function of the neuromuscular system. Leveraging unique brainstem circuitry, we show in vitro evidence for reflex circuit-specific postnatal abnormalities in the jaw proprioceptive sensory neurons in the well-studied SOD1G93A mouse. These include impaired and arrhythmic action potential burst discharge associated with a deficit in Nav1.6 Na+ channels. However, the mechanoreceptive and nociceptive trigeminal ganglion neurons and the visual sensory retinal ganglion neurons were resistant to excitability changes in age-matched SOD1G93A mice. Computational modeling of the observed disruption in sensory patterns predicted asynchronous self-sustained motor neuron discharge suggestive of imminent reflexive defects, such as muscle fasciculations in ALS. These results demonstrate a novel reflex circuit-specific proprioceptive sensory abnormality in ALS.SIGNIFICANCE STATEMENT Neurodegenerative diseases have prolonged periods of disease development and progression. Identifying early markers of vulnerability can therefore help devise better diagnostic and treatment strategies. In this study, we examined postnatal abnormalities in the electrical excitability of muscle spindle afferent proprioceptive neurons in the well-studied SOD1G93A mouse model for neurodegenerative motor neuron disease, amyotrophic lateral sclerosis. Our findings suggest that these proprioceptive sensory neurons are exclusively afflicted early in the disease process relative to sensory neurons of other modalities. Moreover, they presented Nav1.6 Na+ channel deficiency, which contributed to arrhythmic burst discharge. Such sensory arrhythmia could initiate reflexive defects, such as muscle fasciculations in amyotrophic lateral sclerosis, as suggested by our computational model.

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1214-19.2019

    PubMed

    researchmap

  • The Effect of Adding Midazolam to Propofol Intravenous Sedation to Suppress Gag Reflex During Dental Treatment. 国際誌

    Toru Yamamoto, Keiko Fujii-Abe, Haruhisa Fukayama, Hiroshi Kawahara

    Anesthesia progress   65 ( 2 )   76 - 81   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We retrospectively investigated the efficacy and safety of propofol administration alone and in combination with midazolam for gag reflex suppression during dental treatment under intravenous sedation. We included 56 patients with an overactive gag reflex who were to undergo dental treatment under intravenous sedation. They were divided into propofol (P group, n = 22) and midazolam with propofol (MP group, n = 34) groups. The P group received propofol alone, while the MP group received midazolam (0.04 mg/kg) prior to target-controlled infusion (TCI) of propofol (titrated for adequate sedation). The patients' anesthetic records were evaluated for vital sign changes, adverse cardiovascular or respiratory event frequency, the number of forced treatment interruptions, and the TCI-predicted cerebral propofol concentration at gag reflex suppression (posterior tongue stimulation with a dental mirror). No significant differences were observed between the 2 groups preoperatively. There were no cases of forced interruptions or significant respiratory compromise in either group. Cardiovascular adverse event frequency was lower in the MP group than in the P group (all p < .05). Our results suggest that propofol, when combined with midazolam, minimized cardiovascular effects compared with propofol alone when used to suppress the gag reflex in patients during dental treatment under intravenous sedation.

    DOI: 10.2344/anpr-65-02-03

    PubMed

    researchmap

  • Hypoesthesia associated with mandibular movement after sagittal split ramus osteotomy. 国際誌

    Toru Yamamoto, Keiko Fujii-Abe, Haruhisa Fukayama, Hiroshi Kawahara

    Oral and maxillofacial surgery   21 ( 3 )   313 - 319   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This retrospective study investigated the relationship between the degree of neurosensory disturbance (NSD) and mandibular movement distance after sagittal split ramus osteotomy (SSRO) and assessed sensory recovery. METHODS: Lower lip hypoesthesia was evaluated at 1 week, 1 month, and 2 months after SSRO in 38 patients categorized according to the distance of mandibular movement: S group (0-7 mm; n = 17, 4 males and 13 females) and L group (7-14 mm; n = 21, 7 males, 14 females). Symptoms were evaluated by visual analog scale (VAS), tactile-threshold (SW) test, static 2-point discrimination (s-2PD) test, and current perception threshold (CPT) test. RESULTS: The two groups did not differ significantly in gender and age. The Aβ fiber results of the CPT test differed significantly between the groups at 1 week and 1 month postsurgery (P < 0.05). There were no significant differences between the groups throughout the period in terms of VAS, SW, s-2PD, Aδ fiber, and C fiber of CPT. CONCLUSIONS: Post-SSRO, the incidence of NSD in terms of tactile sensation may be greater in the L group early postoperatively. This may assist surgeons in explaining postoperative hypoesthesia to patients preoperatively.

    DOI: 10.1007/s10006-017-0633-2

    PubMed

    researchmap

  • Anesthetic Management in Mitochondrial Encephalomyopathy: A Case Report. 国際誌

    Toru Yamamoto, Noriko Miyazawa, Shinichi Yamamoto, Hiroshi Kawahara

    Anesthesia progress   64 ( 4 )   235 - 239   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report on a morbidly obese 16-year-old boy (weight, 116 kg; height, 176 cm; body mass index, 35.5 kg/m2) with mitochondrial encephalomyopathy and a history of cerebral infarction, epilepsy, and severe mental retardation. The patient was scheduled for elective surgery under general anesthesia for multiple dental caries and entropion of the left eye. Preoperative examination results, including an electrocardiogram, were normal. No obvious cardiac function abnormalities were observed on echocardiography. Midazolam (10 mg) was administered orally as premedication 30 minutes before transfer to the operating room; however, the patient was uncooperative, and his body movements were difficult to control upon entering the operating room. This complicated our attempts to establish a peripheral intravenous line and necessitated volatile inhalational induction, followed by maintenance using total intravenous anesthesia. General anesthesia was used to minimize metabolic system stress. We did not use an infusion solution containing sodium lactate. The operation and subsequent clinical course until discharge were uneventful. Because aerobic metabolism is already compromised in patients with mitochondrial encephalomyopathy, anesthetic management should be designed to avoid placing additional stress on the metabolic system.

    DOI: 10.2344/anpr-64-03-06

    PubMed

    researchmap

  • Anesthetic Management of a Patient With Takayasu Arteritis. 国際誌

    Mitsuhiro Yoshida, Toru Yamamoto, Shunji Shiiba, Nozomu Harano, Teppei Sago, Masahito Nunomaki, Seiji Watanabe

    Anesthesia progress   63 ( 1 )   31 - 3   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Takayasu arteritis is a rare chronic progressive panendarteritis involving the aorta and its main branches. Anesthesia in patients with this disease can be complicated by severe uncontrolled hypertension, end-organ dysfunction, and stenosis of major blood vessels. In this case, general anesthesia was induced with sevoflurane and remifentanil without complications. To prevent intraoperative complications, we conducted intubation with a rigid video laryngoscope with careful consideration of the concentrations of analgesics and sedatives used. This case demonstrates the importance of anesthetic techniques for maintaining adequate tissue perfusion without hemodynamic changes in the anesthetic management of patients with Takayasu arteritis.

    DOI: 10.2344/14-00006R1.1

    PubMed

    researchmap

  • 全身麻酔下歯科口腔外科手術後に角膜障害をきたした2症例

    中村泰輔, 山本徹, 舘野健, 鈴木將之, 福田瑠美, 曽我部薫, 堂下幹司, 阿部佳子, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   44 ( 1 )   2016年

     詳細を見る

  • Effects of intraoperative administration of carbohydrates during long-duration oral and maxillofacial surgery on the metabolism of carbohydrates, proteins, and lipids. 国際誌

    Toru Yamamoto, Mitsuhiro Yoshida, Seiji Watanabe, Hiroshi Kawahara

    Oral and maxillofacial surgery   19 ( 4 )   417 - 21   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Insulin resistance in patients undergoing invasive surgery impairs glucose and lipid metabolism and increases muscle protein catabolism, which may result in delayed recovery and prolonged hospital stay. We examined whether intraoperative administration of carbohydrates during long-duration oral and maxillofacial surgery under general anesthesia affects carbohydrate, proteins, and lipid metabolism and the length of hospital stay. METHODS: We studied 16 patients with normal liver, kidney, and endocrine functions, and ASA physical status I or II, but without diabetes. Patients were randomly assigned to receive 0.1 g/kg/h of (n = 8) or lactated Ringer's solution (n = 8). Blood was collected before (T0) and 4 h after (T1) the start of surgery. We analyzed the plasma levels of glucose, ketone bodies, 3-methylhistidine (3-MH), and the length of hospital stay. RESULTS: At T0, no statistically significant differences were observed in the levels of glucose, ketone bodies, and 3-MH between the groups. At T1, no statistically significant difference in glucose levels was found between the groups. However, ketone bodies were significantly lower, and the changes in 3-MH levels were significantly less pronounced in the glucose-treated group compared with controls. No significant differences were observed between the groups in terms of length of hospital stay. CONCLUSIONS: The administration of low doses of glucose during surgery was safe, did not cause hyperglycemia or hypoglycemia, and inhibited lipid metabolism and protein catabolism. Additional experiments with larger cohorts will be necessary to investigate whether intraoperative management with glucose facilitates postoperative recovery of patients with oral cancer.

    DOI: 10.1007/s10006-015-0517-2

    PubMed

    researchmap

  • 歯学部学生に対する気管挿管の実習教育 間接視認型ビデオ喉頭鏡の有用性

    山本 徹, 中川 文雄, 堂下 幹司, 曽我部 薫, 阿部 佳子, 河原 博

    鶴見歯学   41 ( 2 )   86 - 86   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鶴見大学歯学会  

    researchmap

  • 気管内吸引を契機として発作性心房細動が生じた1症例

    山本徹, 阿部佳子, 曽我部健, 中川文雄, 堂下幹司, 伏見茜, 矢口絵莉香, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • 挿管未経験者の経鼻挿管の検討-DAMシミュレータマネキンでのMacintosh,Airwayscope,McGRATHの有用性の比較-

    中川文雄, 山本徹, 曽我部健, 堂下幹司, 伏見茜, 矢口絵莉香, 阿部佳子, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 2 )   2015年

     詳細を見る

  • Pallister-Killian症候群患者の歯科治療に対する静脈内鎮静管理経験

    矢口絵莉香, 山本徹, 阿部佳子, 關田俊介, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 3 )   2015年

     詳細を見る

  • 歯科治療前から発症していた発作性上室性頻拍に対し,アデノシン三リン酸ナトリウムの静脈内投与が奏効した症例

    阿部佳子, 中川文雄, 山本徹, 荻野祐未, 市川由香, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 1 )   2015年

     詳細を見る

  • General anesthesia for a patient of Ectrodactyly-Ectodermal Dysplasia-Clefting (EEC) syndrome with holoprosencephaly and partial central diabetes insipidus during oral surgery 査読

    Toru Yamamoto, Nami Oyama, Kazutaka Uriu, Noriko Miyazawa, Shinichi Yamamoto, Hiroshi Kawahara

    Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology   42 ( 2 )   242 - 243   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    researchmap

  • 全前脳胞症を合併し部分型中枢性尿崩症を伴ったEEC症候群患児の口腔外科手術の全身麻酔経験

    山本徹, 大山奈美, 瓜生和貴, 瓜生和貴, 宮澤典子, 山本信一, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 2 )   2014年

     詳細を見る

  • Endothelin receptor-mediated responses in trigeminal ganglion neurons. 国際誌

    T Yamamoto, K Ono, S Hitomi, N Harano, T Sago, M Yoshida, M Nunomaki, S Shiiba, S Watanabe, O Nakanishi, K Inenaga

    Journal of Dental Research   92 ( 4 )   335 - 9   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recent evidence implicates endothelin in nociception, but it is unclear how endothelin activates trigeminal ganglion (TRG) neurons. In the present study, we investigated the expression of the endothelin receptors ETA and ETB and endothelin-induced responses in rat TRG neurons. Double-immunofluorescence studies demonstrated that ETA and ETB were expressed in TRG neurons and that 26% of ETA- or ETB-expressing neurons expressed both receptors. During whole-cell patch-clamp recording, endothelin-1 enhanced an induced current in response to capsaicin, a TRPV1 agonist, in approximately 20% of dissociated neurons. The enhancement was blocked by the PKC inhibitor chelerythrine and by the ETA antagonist BQ-123, but not by the ETB antagonist BQ-788. Ca(2+)-imaging showed that endothelin-1 increased the intracellular Ca(2+) concentration in more than 20% of the dissociated neurons. Importantly, unlike the effect of endothelin-1 on capsaicin-induced current, the Ca(2+) response was largely suppressed by BQ-788 but not by BQ-123. These results suggest that ETA-mediated TRPV1 hyperactivation via PKC activation and ETB-mediated Ca(2+) mobilization occurs in different subsets of TRG neurons. These endothelin-induced responses may contribute to the induction of orofacial pain. The ETB-mediated function in TRG neurons is a special feature in the trigeminal system because of no ETB expression in dorsal root ganglion neurons.

    DOI: 10.1177/0022034513478428

    PubMed

    researchmap

  • カルバマゼピンが有効であったFirst Bite Syndromeの3症例

    布巻 昌仁, 左合 徹平, 山本 徹, 多田 幸代, 原野 望, 吉田 充広, 椎葉 俊司, 渡邉 誠之

    九州歯科学会雑誌   66 ( 5 )   171 - 171   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州歯科学会  

    researchmap

  • Effect of sweet solutions on pain tolerance threshold in pediatric oral mucosa 査読

    Shun-ji Shiiba, Eiji Sakamoto, Teppei Sago, Hiroyuki Furuta, Toru Yamamoto, Yukiyo Tada, Kiichiro Yamaguchi, Mitsuhiro Yoshida, Nozomu Harano, Masahito Nunomaki, Yoshihiro Nakatsu

    Pediatric Dental Journal   21 ( 2 )   22 - 26   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0917-2394(12)70248-3

    Web of Science

    researchmap

  • 巨大な下顎骨骨腫による挿管困難症例にエアウェイスコープが有用であった1症例

    原野望, 三浦陽子, 山本徹, 古田和美, 吉田充広, 布巻昌仁, 仲西修, 椎葉俊司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 1 )   2012年

     詳細を見る

  • 麻酔導入後に開口度の低下をきたした咀嚼筋腱・腱膜過形成症患者の1例

    吉田充広, 山本徹, 下向頼子, 左合徹平, 中島隆喜, 原野望, 布巻昌仁, 椎葉俊司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 2 )   2012年

     詳細を見る

  • エアウェイスコープ経鼻挿管のイントロック先端位置に関する研究-喉頭蓋谷と喉頭蓋下の比較-

    河原博, 山本徹

    神奈川医学会雑誌   38 ( 2 )   2011年

     詳細を見る

  • エアウェイスコープによる経鼻挿管を行う際のイントロック先端位置に関する研究-喉頭蓋谷と喉頭蓋下の比較-

    山本徹, 河原博, 原野望, 布巻昌仁, 椎葉俊司, 寺元平, 多田幸代, 萩原正剛, 仲西修

    日本歯科麻酔学会雑誌   38 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • Peripherally acting cannabinoid prevents migraine-like pain and sensitization of dural nociceptors 査読

    Yoshihiro Kitaoka, Kyotaro Koshika, Zhiwei Li, Toru Yamamoto, Yatendra Mulpuri, Kyle L. Whyland, Fidencio E. Vasquez-Dominguez, Rithvik Murali, Prarthna Chabria, Phi Long Le, Parsa Ahmadi, Justin Shafa, Lynette Andreasyan, Herbert H. Seltzman, Igor Spigelman

    Neuroscience 2024, Chicago   2024年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 歯科麻酔,救急医療時の器材を用いた歯科用局所麻酔製剤のアドレナリン倍希釈法の考案 査読

    井上卓俊, 山本徹

    第52回日本歯科麻酔学会学術集会   2024年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Meloxicam prevents carrageenan-induced chronic hyperalgesia by suppressing microglial activation 査読

    Mitsuhiro Yoshida, Toru Yamamoto, Eiji Imado, Y Mulpri, Kana Oue, Shigenobu Kurata, Mitsuru Doi, Yoshitaka Shimizu, Yutaka Tanaka, Naotaka Kishimoto, Hiroshi Hanamoto, Kenji Seo

    Neuroscience 2024, Chicago   2024年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Peripherally-acting cannabinoid prevents migraine-like pain and sensitization of dural nociceptors 査読

    Yoshihiro Kitaoka, Kyotaro Koshika, Zhiwei Li, Toru Yamamoto, Elisha Haykani, Yatendra Mulpuri, Kyle Whyland, Herber, H. Seltzman, Igor Spigelman

    The 34th Annual International Cannabinoid Research Society Symposium   2024年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    researchmap

  • Investigation the effect of sphingosine lipids on the promotion of peripheral nerve regeneration

    Li Chi, Toru Yamamoto, Hiroko Kanemaru, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    Niigata Dental Society, 1st regular meeting   2024年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    researchmap

  • 解剖体にみられた気道管理困難にさせうる一例 ―高度な気管偏位― 査読

    井上卓俊, 山本徹

    第40回関東臨床歯科麻酔懇話会学術集会   2024年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Correlation of chronic pain related behavior and microglia in trigeminal spinal subnucleus caudalis 招待

    Toru Yamamoto, Mitsuhiro Yoshida, Yuhei Koyama, Eiji Imado, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    Oral Neuroscience 2023   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 脂肪組織由来幹細胞から抽出した細胞抽出物中の末梢神経再生に影響する因子の探索 査読

    今井 有蔵, 岸本 直隆, 小山 祐平, 山本 徹, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    第23回日本再生医療学会雑誌   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 脂肪組織由来幹細胞cell extractによる末梢神経再生の組織透明化による三次元画像を用いた評価 査読

    小山祐平, 岸本直隆, 山本徹, 今井有蔵, 氏田倫章, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    第23回日本再生医療学会総会   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Meloxicam Prevents Carrageenan-induced Chronic Hyperalgesia And Microglial Activation. 査読

    Mitsuhiro Yoshida, Toru Yamamoto, Eiji Imado, Yuhei Koyama, Yatendra Mulpuri, Serika Imamura, Hisanobu Kamio, Aya Oda, Tamayo Takahashi, Yuzo Imai, Tomoaki Ujita, Emi Sawada, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    2024 IADR/AADOCR/CADR General Session & Exhibition, New Orleans, LA, USA   2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Peripherally-restricted cannabinoid prevents migraine-like pain and sensitization of dural nociceptors

    Yoshihiro Kitaoka, Kyotaro Koshika, Zhiwei Li, Toru Yamamoto, Elisha Haykani, Yatendra Mulpuri, Fidencio Vasquez, Rithvik Murali, Prarthna Chabria, Phi Long Le, Parsa Ahmadi, Justin Shafa, Lynette Andreasyan, Kyle Whyland, Igor Spigelman

    UCLA School of Dentistry Research and Clinical Excellence Day Poster Competition   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 人工的なシナプス形成が損傷した三叉神経の感覚機能を回復させる可能性の検討

    沢田詠見, 岸本直隆, 山本徹, 佐藤友里恵, 小山祐平, 今井有蔵, 氏田倫章, 瀬尾憲司

    第2回新潟大学歯学会   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 膜電位感受性色素を用いた光学的イメージングによる刺激応答の解析 査読

    氏田倫章, 山本徹, 山田友里恵, 今井有蔵, 小山祐平, 沢田詠見, 岸本直隆, 瀬尾憲司

    第51回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   51 ( 4 )   125 - 125   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Tracheal bronchus detected during general anesthesia 査読

    Toru Yamamoto, Naotaka Kishimoto, Yutaka Tanaka, Shigenobu Kurata, Hiroko Kanemaru, Yumiko Sato, Yuhei Koyama, Yuzo Imai, Tomoaki Ujita, Emi Sawada, Kenji Seo

    The 14th Federation of Asian Dental Anesthesiology Societies (FADAS) General Session/e-Poster   51 ( 4 )   241 - 241   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 歯科用局所麻酔剤(オーラ® 注歯科用カートリッジ)のアドレナリン倍希釈時のゴム栓コアリング防止に関する検討 査読

    井上卓俊, 山本徹

    第51回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   51 ( 4 )   153 - 153   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 上下顎骨形成術後の鎮痛薬使用状況に関する後方視的研究 査読

    倉田行伸, 岸本直隆, 田中裕, 金丸博子, 山本徹, 佐藤由美子, 今井有蔵, 小山祐平, 氏田倫章, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    第51回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   51 ( 4 )   156 - 156   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • パルスオキシメータプローブの過圧迫な装着により遅発的に急激な動脈血酸素飽和度が変動した小児の1症例 査読

    沢田詠見, 山本徹, 岸本直隆, 田中裕, 瀬尾憲司

    第51回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   51 ( 4 )   197 - 197   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 脂肪組織由来幹細胞内における末梢神経再生に影響する因子の検討(in vitro) 査読

    今井有蔵, 岸本直隆, 小山祐平, 山本徹, 氏田倫章, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    第51回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   51 ( 4 )   124 - 124   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Trial of Sensory evoked potential Measurement in the Trigeminal Nerve for diagnosing nerve injury 査読

    Yutaka Tanaka, Toru Yamamoto, Shigenobu Kurata, Naotaka Kishimoto, Kenji Seo

    The 14th Federation of Asian Dental Anesthesiology Societies (FADAS) General Session/e-Poster   51 ( 4 )   237 - 237   2023年10月

     詳細を見る

  • 局所麻酔薬の1型アレルギー診断への白血球遊走試験(LMT–chamber法)応用の試み 査読

    田中裕, 倉田行伸, 山本徹, 今井有蔵, 小山祐平, 氏田倫章, 沢田詠見, 佐藤由美子, 金丸博子, 岸本直隆, 瀬尾憲司

    第51回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   51 ( 4 )   145 - 145   2023年10月

     詳細を見る

  • 三叉神経刺激による三叉神経節細胞興奮の光学的解析

    氏田倫章, 山本徹, 瀬尾憲司

    第94回新潟麻酔科懇話会 / 第73回新潟ショックと蘇生・集中治療研究会   2023年6月

     詳細を見る

  • 左室補助人工心臓装着患者の全身麻酔管理経験

    今井有蔵, 岸本直隆, 田中裕, 倉田行伸, 金丸博子, 佐藤由美子, 山本 徹, 氏田倫章, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    第39回関東臨床歯科麻酔懇話会学術集会   2023年6月

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染症の後遺症としての味覚障害撲滅への挑戦

    山本徹, 小山祐平, 岸本直隆, 瀬尾憲司

    日本歯科医学会 第38回「歯科医学を中心とした 総合的な研究を推進する集い」   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 三叉神経刺激による三叉神経節細胞興奮の光学的解析〜膜電位感受性色素を用いて〜

    氏田倫章, 岸本直隆, 山本徹, 今井有蔵, 小山祐平, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    R4新潟大学歯学会第2回例会   2022年11月

     詳細を見る

  • 麻酔前投薬の麻酔導入中の嘔吐により換気困難となった小児全身麻酔の1例

    今井 有蔵, 倉田 行伸, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    第39回日本障害者歯科学会学術集会   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  • 主気管支分岐部の形態異常の1 例

    沢田詠見, 山本徹, 弦巻立, 金丸博子, 瀬尾憲司

    第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   50   2022年10月

     詳細を見る

  • 脂肪組織由来幹細胞由来cell extract の末梢神経再生効果の神経トレーサーを用いた三次元的検討 査読

    小山祐平, 岸本直隆, 今井有蔵, 山本徹, 氏田倫章, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   50   2022年10月

     詳細を見る

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV‒2)組み換えタンパク質によるラット味蕾の退行性変化

    山本徹, 小山祐平, 今井有蔵, 氏田倫章, 沢田詠見, 岸本直隆, 瀬尾憲司

    第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会 2022年10月   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • 声門通過後にチューブ挿入困難を認めたことにより気管狭窄を発見した1 例

    氏田倫章, 山本徹, 田中裕, 弦巻立, 倉田行伸, 金丸博子, 佐藤由美子, 瀬尾憲司

    第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   50   2022年10月

     詳細を見る

  • 当院中央手術室での小児患者の抜歯における気道管理方法についての統計学的検討

    佐藤由美子, 岸本直隆, 田中裕, 弦巻立, 倉田行伸, 金丸博子, 山本徹, 瀬尾憲司

    第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   50   2022年10月

     詳細を見る

  • 当科の卒前臨床実習でのビデオ・シミュレーション実習における学生への効果

    倉田行伸, 岸本直隆, 田中裕, 弦巻立, 金丸博子, 山本徹, 瀬尾憲司

    第50回日本歯科麻酔学会総会・学術集会   50   2022年10月

     詳細を見る

  • 術中・術後に口腔周囲に浮腫を生じた Costello 症候群患者の麻酔経験

    氏田倫章, 岸本直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田行伸, 金丸博子, 佐藤由美子, 山本 徹, 小山祐平, 沢田詠見, 瀬尾憲司

    第 38 回関東臨床歯科麻酔懇話会学術集会   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

    researchmap

  • 腸骨移植術の疼痛による体交困難から無気肺を発症したと考えられた症例

    金丸 博子, 田中 裕, 弦巻 立, 岸本 直隆, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   143 - 143   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 上下顎骨形成術中にソノペット® により経鼻挿管チューブの損傷が生じた1 症例

    倉田 行伸, 今井 有蔵, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   145 - 145   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 静脈内鎮静法下インプラント埋入術後,帰宅後に呼吸困難のため救急搬送となった1 例

    弦巻 立, 山本 徹, 田中 裕, 岸本 直隆, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   148 - 148   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 下顎骨骨折の手術終了後に抜管を躊躇した小児全身麻酔の1 症例

    沢田 詠見, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 山本 徹, 今井 有蔵, 小山 祐平, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   160 - 160   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 解剖実習用遺体にみられた星状神経節ブロックを困難にさせうる一例 ―右頸動脈蛇行症の症例―

    井上 卓俊, 山本 徹

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   2021年9月

     詳細を見る

  • 確定診断に苦慮した小児の三叉神経痛の1 例

    田中 裕, 岸本 直隆, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   167 - 167   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 麻酔器内の電源供給システムにより,気化器が作動停止した一例

    大塚 有紀子, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   168 - 168   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 遠隔シミュレーションを応用した歯科医院での偶発症対応セミナー

    岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   175 - 175   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 脂肪組織由来幹細胞由来cell extract 内の神経再生作用のある成分の分析

    今井 有蔵, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   49 ( 抄録号 )   114 - 114   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 片頭痛の慢性化メカニズム解明と新規末梢作用型カンナビノイド臨床応用への展望

    山本 徹, 岸本 直隆, 瀬尾 憲司

    第49回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2021   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • Trigeminal nerve entrapment selectively increases axonal NaV1.8 mRNA and protein

    Mulpuri Yatendra, Yamamoto Toru, Izraylev Mikhail, Li Qianyi, Nishimura Ichiro, Spigelman Igor

    The International Association for Dental Research (IADR)   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Peripheral cannabinoid 1 receptor activation prevents hypersensitivity symptoms in murine models of chronic migraine and rebound headaches

    Y. MULPURI, T. YAMAMOTO, M. IZRAYLEV, C. KRAMME, M. SIMONIAN, H. H. SELTZMAN, I. SPIGELMAN

    Society for Neuroscience   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • Excitability changes in trigeminal nerve induced by entrapment neuropathy: Role of voltage gated sodium channels

    Y. MULPURI, T. YAMAMOTO, A. AGAHI, I. NISHIMURA, I. SPIGELMAN

    Society for Neuroscience   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 新しい電動注射器の安全性と有効性の検討

    阿部桂子, 阿部佳子, 山本徹, 久保田一政, 脇田亮, 三浦雅明, 深山治久

    関東臨床歯科麻酔懇話会   33rd   2016年

     詳細を見る

  • 挿管未経験者の経鼻挿管の検討-DAMシミュレータマネキンでのMacintosh,Airwayscope,McGRATHの有用性の比較-

    山本徹, 中川文雄, 鈴木將之, 舘野健, 福田瑠美, 曽我部薫, 堂下幹司, 笹尾真美, 阿部佳子, 河原博

    関東臨床歯科麻酔懇話会   32nd   2015年

     詳細を見る

  • 術前低炭水化物含有飲料の摂取は,下顎後退術周術期における抗酸化力の低下を予防する

    笹尾真美, 谷口英喜, 山本徹, 曽我部健, 中川文雄, 市川由香, 鈴木將之, 野口いづみ, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   2015年

     詳細を見る

  • 低濃度炭水化物含有飲料による周術期ストレス抑制の試み-下顎後退術の術前に経口補水液を使用した検討-

    笹尾真美, 谷口英喜, 谷口英喜, 山本徹, 鈴木将之, 野口いづみ, 河原博

    日本臨床麻酔学会誌   35 ( 6 )   2015年

     詳細を見る

  • 下顎枝矢状分割術後の知覚低下に関する臨床的検討-下顎骨移動距離の影響-

    山本徹, 中川文雄, 鈴木將之, 舘野健, 福田瑠美, 三浦一恵, 阿部佳子, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   2015年

     詳細を見る

  • エナメル上皮腫に対し下顎骨辺縁切除および腸骨海綿骨による再建術を行った褐色細胞腫既往患者の周術期管理

    福田瑠美, 曽我部薫, 鈴木將之, 市川由香, 日高亨彦, 中村泰輔, 山本徹, 阿部佳子, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   2015年

     詳細を見る

  • 障害者歯科治療の静脈内鎮静法におけるOptiflowの上気道開通維持効果の検討

    加藤礼子, 山本徹, 阿部佳子, 關田俊介, 關田俊介, 河原博

    障害者歯科   35 ( 3 )   2014年

     詳細を見る

  • 来院時から発作性上室性頻拍を生じていた症例

    阿部佳子, 中川文雄, 山本徹, 荻野祐美, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   2014年

     詳細を見る

  • 頸部の高度プラークを有する口腔外科手術症例に対し,近赤外線分光酸素モニターを用いて麻酔管理を行った1症例

    曽我部健, 市川由香, 阿部佳子, 堂下幹司, 芦垣薫, 中川文雄, 山本徹, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   2014年

     詳細を見る

  • Optiflow使用による静脈内鎮静法下での上気道開通維持効果の検討

    山本徹, 加藤礼子, 阿部佳子, 關田俊介, 河原博

    関東臨床歯科麻酔懇話会   31st   2014年

     詳細を見る

  • 高度肥満を伴ったミトコンドリア脳筋症患児の歯科治療に対する全身麻酔経験

    山本徹, 大山奈美, 宮澤典子, 山本信一, 河原博

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   2014年

     詳細を見る

  • 術前に摂取する炭水化物濃度がインスリン抵抗性に与える影響の検討-HOMA-IRからみた下顎後退術における検討-

    笹尾真美, 谷口英喜, 谷口英喜, 山本徹, 野口いづみ, 河原博

    日本臨床麻酔学会誌   34 ( 6 )   2014年

     詳細を見る

  • 部分型中枢性尿崩症を合併したEEC症候群患児の全身麻酔経験

    山本徹, 大山奈美, 瓜生和貴, 瓜生和貴, 河原博, 山本信一

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   2013年

     詳細を見る

  • Nociceptive mechanism via endothelin receptors in rat trigeminal ganglion neurons

    Toru Yamamoto, K Ono, S Hitomi, S. Shiiba, K. Inenaga

    The 54th Annual Meeting of the Japanese Association for Oral Biology   2012年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • DiGeorge(22q11.2欠失)症候群患者の周術期管理経験

    山本 徹, 多田 幸代, 吉田 充広, 椎葉 俊司, 古田 弘之, 古田 和美, 原野 望, 布巻 昌仁, 仲西 修, 渡邉 誠之

    九州歯科学会雑誌   66 ( 4 )   95 - 99   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州歯科学会  

    DiGeorge(22q11.2欠失)症候群は第22番染色体長腕q11.2領域の微細欠失を原因とするもので第三・第四鰓弓に由来する複数の臓器の発生異常や奇形を特徴とする。本症候群においては心血管異常、特有のfish mouth様顔貌、胸腺低形成、口蓋裂、低カルシウム血症といったいくつかの症状を呈する。われわれは静脈内鎮静法を用いたDiGeorge(22q11.2欠失)症候群患者の周術期管理を経験した。症例:22歳男性。身長168.7cm、体重51.2kg。左側上顎智歯抜歯術が予定された。本患者は新生児期に大動脈弓離断症に対する大動脈再建術後、心室中隔欠損症に対する欠損孔修復術を受けていた。術前身体診察において右耳は先天性の高度難聴を有し、またNew York Heart Association functional classification(NYHA class)II度の心機能低下が明らかとなった。術前の心エコー検査にて僧帽弁逸脱症による僧帽弁閉鎖不全が指摘された。血液生化学検査上カルシウム値は8.7mg/dl、白血球数は4000/μlと低値を示していた。術中の交感神経活動増強による心機能の悪化を避けるために静脈内鎮静法による麻酔管理を選択した。感染性心内膜炎予防のため術前に抗菌薬予防投与(アンピシリン2g/日)を施行した。精神発達遅滞および高度難聴を有する本患者に対し過鎮静を避けるために、鎮静度を評価できるBispectral Index(BIS、Aspect Medical System、Newton)モニターを使用した。患者は周術期を通して合併症を生じることなく無事に退院した。過去に心血管の修復がなされた後でも、術前検査によって新たな問題点がないかどうかを検索することが重要であると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • カルバマゼピンが有効であったFirst Bite Syndromeの3症例

    布巻 昌仁, 左合 徹平, 山本 徹, 多田 幸代, 原野 望, 吉田 充広, 椎葉 俊司, 渡邉 誠之

    九州歯科学会雑誌   66 ( 補冊 )   37 - 37   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州歯科学会  

    researchmap

  • Ca2+mobilization via endothelin B receptor in rat trigeminal ganglion neurons

    Toru Yamamoto, K Ono, S Hitomi, N. Harano, M. Nunomaki, M. Yoshida, S. Shiiba, K Inenaga

    The 89th Annual Meeting of the physiological Society of japan   2012年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • Glial activation in the medullary dorsal horn and its contributions to cancer-induced pain in a rat facial cancer model

    Masahito Nunomaki, Teppei Sago, Toru Yamamoto, Shunji Shiiba, Kentaro Ono, Kiyotoshi Inenaga

    The 13th International Dental Congress on Anesthesia, Sedation, and Pain Control   2012年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • DiGeorge(22q11.2欠失)症候群患者の周術期管理経験

    山本徹, 椎葉俊司, 吉田充広, 多田幸代, 古田弘之, 古田和美, 原野望, 布巻昌仁, 仲西修, 渡邉誠之

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

  • 全身麻酔下歯科口腔外科長時間手術における術中ブドウ糖投与による糖・脂質・蛋白代謝に対する効果の検討

    山本徹, 吉田充広, 多田幸代, 中津由博, 長野結子, 古田弘之, 古田和美, 原野望, 布巻昌仁, 仲西修, 椎葉俊司, 渡邉誠之

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

  • ラット三叉神経節ニューロンにおけるエンドセリン受容体を介した侵害受容機構

    山本徹, 原野望, 吉田充広, 布巻昌仁, 椎葉俊司, 渡邉誠之

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

  • 大動脈炎症候群(高安病)患者の全身麻酔の経験

    山本徹, 吉田充広, 多田幸代, 原野望, 布巻昌仁, 椎葉俊司, 渡邉誠之

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

  • 当科における歯科治療困難患者の対応と行動調整法~4カ年の臨床統計~

    原野望, 中津由博, 山口喜一郎, 多田幸代, 山本徹, 左合徹平, 吉田充広, 布巻昌仁, 椎葉俊司, 渡邉誠之

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

  • 顔面癌モデルラットにおける中枢グリア細胞の経時的変化

    左合徹平, 原野望, 布巻昌仁, 吉田充広, 中津由博, 山口喜一郎, 多田幸代, 山本徹, 椎葉俊司, 渡邉誠之

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   2012年

     詳細を見る

  • 歯科治療困難患者の成因と傾向

    原野望, 山口喜一郎, 多田幸代, 山本徹, 左合徹平, 吉田充広, 布巻昌仁, 森川和政, 牧憲司, 椎葉俊司, 渡邉誠之

    九州歯科学会雑誌   66   2012年

     詳細を見る

  • ラット三叉神経節ニューロンにおけるエンドセリン受容体を介した侵害受容機構

    山本徹, 小野堅太郎, 人見涼露, 椎葉俊司, 稲永清敏

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2012   2012年

     詳細を見る

  • ラット三叉神経節ニューロンにおいてエンドセリンはET<sub>B</sub>を介した細胞内カルシウム動員とET<sub>A</sub>を介したPKCε膜移行を個別に刺激する

    山本徹, 小野堅太郎, 人見涼露, 原野望, 吉田充広, 布巻昌仁, 椎葉俊司, 稲永清敏

    九州歯科学会雑誌   66   2012年

     詳細を見る

  • 超短時間作用性麻薬性鎮痛薬の静脈内鎮静法への応用 九州歯科大学附属病院における症例検討

    布巻 昌仁, 古田 弘之, 左合 徹平, 日高 和美, 山本 徹, 原野 望, 吉田 充広, 椎葉 俊司

    九州歯科学会雑誌   65 ( 4 )   138 - 138   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州歯科学会  

    researchmap

  • A case of nasotracheal fiberoptic intubation during conscious sedation with remifentanil

    Shun-ji Shiiba, Teppei Sago, Hiroyuki Furuta, Toru Yamamoto, Yukiyo Tada, Kazumi Hidaka, Nozomu Harano, Masahito Nunomaki, Mitsuhiro Yoshida, Kazumi Sakamoto, Sawako Nagahata, Ayumi Kobayashi, Takaki Nakashima, Kouji Yamaguti

    The 4th Annual Meeting of Federation of Asian Dental Anesthesiology Societies(FADAS 2011)   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 超短時間作用性麻薬性鎮痛薬の静脈内鎮静法への応用 九州歯科大学附属病院における症例検討

    布巻 昌仁, 古田 弘之, 左合 徹平, 日高 和美, 山本 徹, 原野 望, 吉田 充広, 椎葉 俊司

    九州歯科学会雑誌   65 ( 補冊 )   31 - 31   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:九州歯科学会  

    researchmap

  • 麻酔導入後に開口度の低下をきたした咀嚼筋・腱膜過形成症患者の一例

    山本徹, 吉田充広, 下向頼子, 左合徹平, 坂本和美, 山口浩志, 山口浩志, 中島隆喜, 中島隆喜, 日高和美, 原野望, 布巻昌仁, 椎葉俊司, 仲西修

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   2011年

     詳細を見る

  • 聴覚誘発反応測定装置(aepEX PLUS)を用いた静脈内鎮静法の検討

    布巻昌仁, 椎葉俊司, 古田弘之, 左合徹平, 山本徹, 田中裕実子, 吉田充広, 原野望, 河原博, 仲西修

    日本歯科麻酔学会雑誌   38 ( 4 )   2010年

     詳細を見る

  • 顔面癌モデルラットの神経因性疼痛と三叉神経脊髄路核尾側亜核での変化

    原野望, 菊池健太, 大平孝造, 山本徹, 佐橋倫恵, 甲斐絢, 吉田充広, 椎葉俊司, 河原博, 仲西修

    日本歯科麻酔学会雑誌   36 ( 4 )   2008年

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 第47回日本歯科麻酔学会学術集会最優秀発表賞(デンツプライシロナ賞)

    2019年10月  

     詳細を見る

  • 第46回日本歯科麻酔学会学術集会最優秀発表賞(デンツプライシロナ賞)

    2018年10月  

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 口腔から全身へ、一次感覚ニューロンを標的としたALS新規治療戦略の開発

    2024年4月 - 2027年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    関 壮樹, 山本徹, 田中晋

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • R6年度 国際学術研究奨励金

    2023年10月 - 2024年12月

    制度名:R6年度 国際交流委員会事業

    提供機関:日本歯科麻酔学会

    山本徹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 神経障害性疼痛における過分極活性化サイクリックヌクレオチド依存チャネルの機能検索

    研究課題/領域番号:23K09350

    2023年4月 - 2026年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    山本 徹、吉田充広、市木貴子、岸本直隆、瀬尾憲司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    researchmap

  • 慢性咀嚼筋痛発症過程でのBDNF-TrkB経路と下行性疼痛制御系の関係性の解明

    研究課題/領域番号:23K09353

    2023年4月 - 2026年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    吉田 充広, 山本 徹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 末梢神経再生時の神経障害性疼痛発症予防への展望

    2022年4月 - 2024年3月

    提供機関:(第34回)中冨健康科学振興財団 「研究助成金」採択

    山本徹, 瀬尾憲司, 岸本直隆, 市木貴子, Igor Spigelman

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染による舌味覚障害発症メカニズムの解明

    2022年4月 - 2023年3月

    提供機関:西山デンタルアカデミー「研究助成金」採択

    山本徹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染による舌味覚障害発生のメカニズム解明

    研究課題/領域番号:21K21036

    2021年9月 - 2023年3月

    制度名:科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究種目:研究活動スタート支援

    提供機関:日本学術振興会

    山本徹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3120000円 ( 直接経費:2400000円 、 間接経費:720000円 )

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者において、発熱、咳、鼻水や鼻づまりなどの鼻症状がない状態での、嗅覚異常と味覚異常が報告されており、感染の初期症状ならびに後遺障害として注目されている。
    しかしながら、COVID-19 による味覚障害が、嗅覚異常の随伴により生ずるものなのか、それとも舌の味覚を感知する味蕾細胞への直接作用によるものなのかなど、その詳細はまだ明らかではない。
    本研究はCOVID-19 による味覚異常の機序の一端を明らかすること、また味覚異常の回復に関する治療法の開発を目指すとともに、COVID-19 に関する知見を蓄積することで有効な感染症対策に資することを目指す。
    本研究では雄性 Sprague Dawley ラット(6 週齢)を用いた。まず免疫組織化学的にラット味蕾におけるACE2受容体発現を確認した。次にSARS-CoV-2 recombinant spike/ nucleocapsid proteinsを有郭乳頭に塗布するSARS-CoV-2群、生理食塩水群、舌咽神経切断群、不活性化SARS-CoV-2タンパク質群(各n=4)において介入12日後に灌流固定し組織切片を作製後、味蕾数・味蕾面積・DAPI陽性味蕾細胞数について比較検討した。その結果、生食群と比較してSARS-CoV-2群で味蕾数・味蕾面積・DAPI陽性味蕾細胞数の有意な減少が観察されたが、不活性化SARS-CoV-2タンパク質群では観察されなかった。
    このことからSARS-CoV-2タンパク質の味蕾への直接的な影響が、COVID-19感染後の味覚障害の一因として関与している可能性が示唆された。

    researchmap

  • 高次脳機能からの新規歯科治療ストレス軽減法の開発

    研究課題/領域番号:15K11328

    2015年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    河原 博, 河原 幸江, 山本 徹, 阿部 佳子, 山田 麻記子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Handling stressによって,認知ネットワーク,陰性情動発現ネットワーク,記憶ネットワークのモノアミン神経系活動が亢進した.ミダゾラム,プロポフォール,デクスメデトミジンは,非ストレス状況下のこれらのネットワーク活動を抑制した.ミダゾラムとプロフォールは,ストレス状況下のこれらの神経系活動亢進を抑制するのに対し,デクスメデトミジンは,ストレス状況下のこれらの神経系活動の亢進を抑制しなかった.また,新規ストレス軽減候補薬は,非ストレス状況下のこれらのネットワークのモノアミン神経活動に影響がなく,ストレス状況下のこれらの神経系活動亢進を軽度抑制した.

    researchmap

  • 口腔顎顔面領域難治性慢性疼痛の発症機序解明と新たな治療展開

    研究課題/領域番号:26861756

    2014年4月 - 2016年3月

    制度名:科学研究費助成事業 若手研究(B)

    研究種目:若手研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    山本 徹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    エンドセリンの口腔顔面領域における疼痛への関与について検討した.馴化を行い,7週齢のラット鼻毛部にエンドセリン-1を投与することによって,コントロール(生理食塩水)と比較して疼痛関連行動時間が増加し,エンドセリンの疼痛への関与が示唆された.またペントバルビタール麻酔下(50 mg/kg,i.p.)でラットの下顎骨を骨切削用歯科用エンジンを用いて切削し,下歯槽神経を露出させ,これを切断もしくは4-0絹糸で緩く結紮する手術を施行し,神経障害性疼痛モデルラット(切断・結紮)を作製した.

    researchmap

▶ 全件表示

職務上の実績に関する事項

  • 第47回日本歯科麻酔学会学術集会最優秀発表賞(デンツプライシロナ賞)

    2019年10月

  • 第46回日本歯科麻酔学会学術集会最優秀発表賞(デンツプライシロナ賞)

    2018年10月

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 歯科麻酔学

    2023年11月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科麻酔学

    2014年4月
    -
    2016年3月
    機関名:鶴見大学

     詳細を見る

 

社会貢献活動

  • UCLA School of Dentistry, Pre-College Science Education Program 2017, 2018, 2019

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

     詳細を見る

  • Tachikawa high school SSH training in America 2019

    役割:運営参加・支援

     詳細を見る

  • ODAPUS (Okayama university Dental school short-term-study-Abroad Program for Undergraduate Students) 2017, 2018, 2019

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

     詳細を見る

  • 新潟県かかりつけ医等発達障害対応力向上研修修了(令和3年度)

     詳細を見る

学術貢献活動

  • Topic Editor (Pain And Disability Associated With Head And Neck Cancers) in Frontiers in Pain Research (Editor-in-Chief: Tony L Yaksh)

    役割:監修

    2022年6月

     詳細を見る

  • Reviewer in Journal of Dental Sciences (Editor-in-Chief: Chun-Pin Chiang)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Reviewer in European Journal of Histochemistry (Editor-in-Chief: Carlo Pellicciari)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap

  • Reviewer in Histology and Histopathology (Editor-in-Chief: Juan F Madrid)

    役割:査読

     詳細を見る

    種別:査読等 

    researchmap