Updated on 2024/06/22

写真a

 
BABA Shigehito
 
Organization
University Medical and Dental Hospital Pediatrics Assistant Professor
Title
Assistant Professor
External link

Research Areas

  • Life Science / Embryonic medicine and pediatrics

Research History

  • Niigata University   Pediatrics, University Medical and Dental Hospital   Assistant Professor

    2022.4

 

Papers

  • 肺動静脈瘻と屈曲した導管を有するFontan症例の治療方針の検討 外科手術かステント治療か

    馬場 恵史, 堀口 祥, 額賀 俊介, 塚田 正範, 小澤 淳一, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 杉本 愛, 渡邉 マヤ, 白石 修一, 齋藤 昭彦

    日本成人先天性心疾患学会雑誌   13 ( 1 )   126 - 126   2024.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本成人先天性心疾患学会  

    researchmap

  • 新生児期に急性心不全を呈した冠動脈低形成症例に対するIvabradineの有効性の検討

    馬場 恵史, 堀口 祥, 塚田 正範, 小澤 淳一, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 長谷川 聡, 杉本 愛, 渡邉 マヤ, 白石 修一, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   59回   [III - 01]   2023.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 右肺動脈上行大動脈起始症に対する二期的修復

    堀口 祥, 馬場 恵史, 塚田 正範, 小澤 淳一, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 杉本 愛, 渡邉 マヤ, 白石 修一

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   59回   [II - 04]   2023.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • T波交代現象を認めた心室中隔欠損による高肺血流性心不全症例の検討

    小澤 淳一, 杉本 愛, 堀口 祥, 馬場 惠史, 塚田 正範, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 渡邉 マヤ, 白石 修一, 鈴木 博

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   59回   [I - 03]   2023.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • SGLT-2阻害薬で浮腫の改善と体重減少が得られた成人Fontanの一例

    馬場 恵史, 沼野 藤人, 阿部 忠朗, 小澤 淳一, 塚田 正範, 水流 宏文, 齋藤 昭彦, 額賀 俊介

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [I - 08]   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 最新の遺伝性不整脈の臨床 QT延長症候群8型におけるメキシレチンのQT短縮および不整脈抑制効果

    小澤 淳一, 大野 聖子, 鈴木 博, 水流 宏文, 馬場 惠史, 塚田 正範, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 堀江 稔, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [I - 06]   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • AMPLATZER Piccolo Occluder留置後のデバイス形態変化

    阿部 忠朗, 塚田 正範, 水流 宏文, 馬場 惠史, 小澤 淳一, 沼野 藤人, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [I - 05]   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • ミドドリン塩酸塩が奏功した難治性乳び胸水の乳児例

    額賀 俊介, 水流 宏文, 馬場 恵史, 塚田 正範, 小澤 淳一, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 杉本 愛, 渡邉 マヤ, 白石 修一

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [II - 06]   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 生後1ヵ月で発症したが、抗心不全治療によって改善し、3歳時に冠動脈再建を施行された左冠動脈肺動脈起始(ALCAPA)

    水流 宏文, 渡邉 健一, 馬場 恵史, 塚田 正範, 小澤 淳一, 阿部 忠明, 沼野 藤人, 杉本 愛, 渡邉 マヤ, 白石 修一

    日本小児循環器学会総会・学術集会抄録集   58回   [II - 10]   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 体肺側副血管と肺動脈の塞栓後に開窓作成術を行い中心静脈圧の低下が得られた肺静脈閉塞を合併したFailing Fontanの一例

    馬場 恵史, 阿部 史朗, 塚田 正範, 小澤 淳一, 杉本 愛, 沼野 藤人, 白石 修一, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会雑誌   37 ( 4 )   320 - 328   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    肺静脈閉塞を合併したFontan術後患者に対する有効な治療法はなく予後は不良である。今回我々はFontan術後に右肺静脈閉塞を来し、多量の胸水、浮腫、心房性不整脈が出現した急性心不全の3歳女児例に対して体肺側副血管と右肺動脈の塞栓後に開窓作成術を行った。体肺側副血管の塞栓は3回のセッションに分けて51本のコイルを使用した。右肺動脈塞栓は計5個のAmplatzer Vascular Plug(AVP)と計2本のコイルを用いて、手技時間は3時間程度で合併症なく完全閉塞できた。その後に開窓作成術を行い、中心静脈圧は閉塞術前の20mmHgから7mmHgへ低下した。手技に伴う合併症はなく、手技時間も短く施行し得た。しかし術後9日目に心タンポナーデを発症し死亡した。過去に肺静脈閉塞を合併したFontan術後症例に対して体肺側副血管と患側の肺動脈を完全に塞栓した報告はない。本治療は一時的に肺静脈閉塞を伴うFontan患者の循環動態を安定させた。(著者抄録)

    researchmap

    Other Link: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2021&ichushi_jid=J02003&link_issn=&doc_id=20220418220009&doc_link_id=%2Fee7shoni%2F2021%2F003704%2F010%2F0320-0328%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fee7shoni%2F2021%2F003704%2F010%2F0320-0328%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 新生児期早期の心電図はQT延長症候群の診断に有用である可能性がある

    小澤 淳一, 鈴木 博, 大野 聖子, 八木原 伸江, 馬場 惠史, 塚田 正範, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 堀江 稔, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 212   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • Evaluating the response to cardiac resynchronization therapy performed with a new ventricular morphology-based strategy for congenital heart disease.

    Aya Miyazaki, Jun Negishi, Yosuke Hayama, Shigehito Baba, Yu Matsumura, Yuriko Shima, Etusko Tsuda, Heima Sakaguchi, Takaya Hoashi, Koji Kagisaki, Takashi Noda, Hiraku Doi, Hajime Ichikawa, Hideo Ohuchi

    Heart and vessels   34 ( 8 )   1340 - 1350   2019.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    BACKGROUND: In cardiac resynchronization therapy (CRT) for patients with congenital heart disease (CHD) and a ventricular morphology other than a systemic left ventricle (LV), we previously proposed pacing sites that are different from those used for a systemic LV. The leads should be placed laterally on opposite sides of both ventricles in patients with short-axis dyssynchrony and a single ventricular physiology with two ventricles, whereas they should be placed at the farthest sites along the longitudinal direction in the right ventricle (RV) in patients with long-axis dyssynchrony of the RV. Moreover, in patients with interventricular dyssynchrony and a biventricular physiology with a systemic RV, they should be placed at sites that both ventricles can contract simultaneously. We retrospectively investigated 27 consecutive procedures in 24 patients with CHD who underwent CRT to evaluate the effectiveness of a new ventricular morphology-based CRT strategy. The responder rate was 63% (17/27). The reasons for a non-response to CRT in 10 cases were as follows: non-optimal lead positions during CRT, 4; no systemic ventricular conduction delay or heart failure symptoms before the CRT, 5; short follow-up periods after the CRT, 2; and an extremely dilated systemic RV, 1. The responder rate became 88% (14/16), after excluding the procedures without a ventricular conduction delay or heart failure symptoms and those with non-optimal lead positions. This new strategy for CRT can provide favorable results for CHD patients with a systemic ventricular conduction delay and heart failure.

    DOI: 10.1007/s00380-019-01369-2

    PubMed

    researchmap

  • Abiotrophia defectivaによる感染性心内膜炎の1例

    小嶋 智子, 馬場 恵史, 塚田 正範, 羽二生 尚訓, 星名 哲, 大石 智洋, 鈴木 博, 齋藤 昭彦

    日本小児科学会雑誌   120 ( 7 )   1110 - 1110   2016.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 小児における非観血的なBrugada型心電図誘発検査の検討

    馬場 恵史, 鈴木 博, 星名 哲, 羽二生 尚訓, 塚田 正範

    日本小児循環器学会雑誌   31 ( Suppl.1 )   s1 - 302   2015.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 心室中隔欠損に合併する僧帽弁閉鎖不全とその経過

    星名 哲, 馬場 恵史, 塚田 正範, 羽二生 尚訓, 鈴木 博, 齋藤 昭彦, 水流 宏文, 伊藤 裕貴, 白石 修一, 高橋 昌, 長谷川 聡

    日本小児循環器学会雑誌   31 ( Suppl.1 )   s1 - 314   2015.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院が関わった学童心肺蘇生4例の検討 学校心臓病検診と心肺蘇生の意義について

    塚田 正範, 鈴木 博, 馬場 恵史, 伊藤 裕貴, 羽二生 尚訓, 星名 哲, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会雑誌   31 ( Suppl.1 )   s1 - 172   2015.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

▶ display all

MISC

  • 体肺側副血管と肺動脈の塞栓後に開窓作成術を行い中心静脈圧の低下が得られた肺静脈閉塞を合併したFailing Fontanの一例

    馬場 恵史, 阿部 史朗, 塚田 正範, 小澤 淳一, 杉本 愛, 沼野 藤人, 白石 修一, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会雑誌   37 ( 4 )   320 - 328   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    肺静脈閉塞を合併したFontan術後患者に対する有効な治療法はなく予後は不良である。今回我々はFontan術後に右肺静脈閉塞を来し、多量の胸水、浮腫、心房性不整脈が出現した急性心不全の3歳女児例に対して体肺側副血管と右肺動脈の塞栓後に開窓作成術を行った。体肺側副血管の塞栓は3回のセッションに分けて51本のコイルを使用した。右肺動脈塞栓は計5個のAmplatzer Vascular Plug(AVP)と計2本のコイルを用いて、手技時間は3時間程度で合併症なく完全閉塞できた。その後に開窓作成術を行い、中心静脈圧は閉塞術前の20mmHgから7mmHgへ低下した。手技に伴う合併症はなく、手技時間も短く施行し得た。しかし術後9日目に心タンポナーデを発症し死亡した。過去に肺静脈閉塞を合併したFontan術後症例に対して体肺側副血管と患側の肺動脈を完全に塞栓した報告はない。本治療は一時的に肺静脈閉塞を伴うFontan患者の循環動態を安定させた。(著者抄録)

    researchmap

  • ADO1離脱時のデバイス移動を予測する

    阿部 忠朗, 塚田 正範, 馬場 恵史, 小澤 淳一, 沼野 藤人, 齋藤 昭彦, 星名 哲, 塚野 真也, 佐藤 誠一

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 287   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • プロスタグランジンE1製剤長期使用による骨膜肥厚の検討

    塚田 正範, 馬場 恵史, 小澤 淳一, 阿部 忠朗, 沼野 藤人, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 255   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 早期の両方向性グレン手術と細いBTシャント、長期呼吸器管理でFontan手術に到達しえた高度の冠動脈異常(類洞交通)を有する純型肺動脈閉鎖症例

    沼野 藤人, 馬場 恵史, 塚田 正範, 小澤 淳一, 阿部 忠朗, 星名 哲, 齋藤 昭彦, 杉本 愛, 白石 修一

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 305   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院における18歳以上になった超低出生体重児の臨床的予後

    沼田 修, 下妻 大毅, 添野 愛基, 小林 玲, 稲葉 聡, 丸山 馨, 馬場 恵史, 目黒 茂樹, 高橋 勇弥, 渡辺 健一, 田中 篤

    長岡赤十字病院医学雑誌   32 ( 1 )   23 - 30   2019.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:長岡赤十字病院  

    1986年から1999年の14年間に当院NICUを生存退院した超低出生体重児(出生体重が1000g未満の児)を対象に、現在の生活状況や健康状態についてアンケート調査を行った。アンケートの有効回収率は70.1%であった。就学状況は全員が高等学校または特別支援学校高等部を卒業していた。短期大学を含む大学進学率は全体で36%(男性41%、女性32%)であり、同年代の全国平均と比べて低かった。生活状況は、パートを含めて一般就労している者が45%、学生が30%で、全体の約3/4は特別な支援を必要とせず生活していた。就労支援作業所に通っている者が4%、授産施設・作業所に通っている者が17%、在宅が4%で、全体の約1/4を占めた。健康状態は、40%が医療機関に定期通院しており、疾患は慢性腎疾患、未熟児網膜症や脳性麻痺またはてんかんが多かった。特に学童期以降に学校健診や職場健診で蛋白尿を指摘され、慢性腎疾患と診断された者が多かった。低出生体重児は出生時のネフロン数が減少しており、成長後の過剰濾過により二次性巣状分節性糸球体硬化症(focal segmental glomerulosclerosis:FSGS)を発症するハイリスクである。超低出生体重児では本疾患のリスクが高いと思われた。超低出生体重児は、学齢期以降になって慢性腎疾患や発達障害などの疾患が新たに分かってくるハイリスク児である。このことを考慮し、その可能性を家族や本人に説明して、成人期までの長期間にわたるフォローアップ体制が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 肺炎様症状で発症した横紋筋肉腫の1例と後方視的なエックス線所見の検討

    稲葉 聡, 丸山 馨, 下妻 大毅, 馬場 恵史, 目黒 茂樹, 高橋 勇弥, 添野 愛基, 渡辺 健一, 小林 玲, 沼田 修, 田中 篤, 笠原 靖史, 久保 暢大, 石井 孝規, 岩渕 晴子, 今村 勝, 今井 千速

    長岡赤十字病院医学雑誌   32 ( 1 )   37 - 41   2019.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:長岡赤十字病院  

    症例は生来健康な10歳男児であり、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸水貯留からマイコプラズマ肺炎が疑われ前医で入院加療されていたが、胸水貯留と呼吸困難が増悪し当院紹介・入院となった。当院入院後撮影したCT検査で中縦隔下部を中心に両側胸腔と腹腔に及び、胸腹膜播種と肝臓への直接浸潤を伴い下大静脈の狭窄をきたす巨大な腫瘤が指摘された。胸水細胞診からは診断に至らず、精査加療目的に新潟大学医歯学総合病院小児科へ転院となった。その後の開胸生検の結果、横紋筋肉腫と診断された。後方視的に初診時の胸部エックス線所見を確認すると、腫瘤性病変を示唆する所見を確認することができた。あらゆる身体部位に発生しうる横紋筋肉腫は初発症状も多様であり、常に鑑別にあげ早期の発見と介入に務めるべきである。日常診療で行われることの多い胸部単純エックス線写真を適切に評価し、より適切に確定診断を行うための検査を進めていくことが肝要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 肺炎様症状を契機に診断に至った横紋筋肉腫の1例

    稲葉 聡, 丸山 馨, 下妻 大毅, 馬場 恵史, 目黒 茂樹, 高橋 勇弥, 添野 愛基, 渡辺 健一, 小林 玲, 沼田 修, 田中 篤, 笠原 靖史, 石井 孝規, 久保 暢大, 岩渕 晴子, 今村 勝, 今井 千速

    日本小児科学会雑誌   123 ( 6 )   1063 - 1063   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 肺動脈絞扼術後に錯綜配列を伴う右室心筋肥厚が出現したが、既報の遺伝子変異を認めなかったcomplete AVSD hypoplastic aortic archの一例

    馬場 恵史, 渡辺 健一, 田中 篤

    日本小児循環器学会雑誌   35 ( Suppl.1 )   s1 - 282   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 当院における超低出生体重児の成人期予後

    沼田 修, 小林 玲, 添野 愛基, 下妻 大毅, 田中 篤, 渡辺 健一, 高橋 勇弥, 目黒 茂樹, 馬場 恵史, 丸山 馨, 稲葉 聡

    日本小児科学会雑誌   123 ( 6 )   1064 - 1064   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 生来健康な4歳女児に発症したリステリア髄膜炎の一例

    巻渕 絢子, 高橋 勇弥, 稲葉 聡, 下妻 大毅, 馬場 恵史, 目黒 茂樹, 添野 愛基, 渡辺 健一, 小林 玲, 沼田 修, 田中 篤

    日本小児科学会雑誌   123 ( 2 )   358 - 358   2019.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 房室結節回帰性頻拍と心拍変動解析

    河合 駿, 坂口 平馬, 鈴木 大, 馬場 恵史, 嶋 侑里子, 白石 公, 黒嵜 健一

    日本小児循環器学会雑誌   34 ( Suppl.1 )   s1 - 377   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 単心室血行動態姑息術段階のFocal ATに対するカテーテルアブレーション

    馬場 恵史, 坂口 平馬, 河合 駿, 鈴木 大, 根岸 潤, 大内 秀雄, 白石 公, 帆足 孝也, 市川 肇, 黒嵜 健一

    日本小児循環器学会雑誌   34 ( Suppl.1 )   s1 - 275   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 川崎病罹患後100日未満の冠動脈瘤径と遠隔期冠動脈障害残存との関連

    津田 悦子, 仲岡 英幸, 豊島 由佳, 三池 虹, 馬場 恵史, 鈴木 大, 山田 修

    日本小児循環器学会雑誌   34 ( Suppl.1 )   s1 - 218   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 高コレステロール血症の肥満指導を契機に発症した食物回避性情緒障害の1例

    丸山 茂, 田中 真奈, 古寺 一樹, 下妻 大毅, 桑原 春洋, 馬場 恵史, 倉辻 言, 須田 昌司

    日本小児科学会雑誌   121 ( 8 )   1420 - 1420   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 重症心不全を呈した左室心筋緻密化障害に対し、補助人工心臓を植え込み移植待機している小児例

    羽二生 尚訓, 馬場 恵史, 鳥越 司, 沼野 藤人, 星名 哲, 齋藤 昭彦

    新潟医学会雑誌   131 ( 8 )   512 - 513   2017.8

  • 乳幼児期に植え込んだ心外膜リードの耐久性の検討

    馬場 恵史, 宮崎 文, 坂口 平馬, 松村 雄, 嶋 侑里子, 鍵崎 康治, 帆足 孝也, 白石 公, 市川 肇, 大内 秀雄

    日本小児循環器学会雑誌   33 ( Suppl.1 )   s1 - 221   2017.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 右側相同心に伴う総肺静脈還流異常の新生児期CT検査の有用性

    中島 光一朗, 黒嵜 健一, 神崎 歩, 廣田 篤史, 松村 雄, 馬場 恵史, 吉松 淳, 白石 公

    日本小児循環器学会雑誌   33 ( Suppl.1 )   s1 - 182   2017.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • ペースメーカー植込みとスピロノラクトン大量療法により軽快したFontan術後蛋白漏出性胃腸症の1例

    羽二生 尚訓, 馬場 恵史, 塚田 正範, 星名 哲, 文 智勇, 杉本 愛, 白石 修一, 高橋 昌, 鈴木 博

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 321   2016.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • QT延長にてんかんを合併しプロプラノロールとクロバザムを導入した3歳女児の一例

    馬場 恵史, 須田 昌司, 星名 哲, 沼野 藤人, 羽二生 尚訓, 鳥越 司, 額賀 俊介

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 298   2016.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 先天性心疾患児における胸郭の形態変化と肺静脈狭窄との関連

    星名 哲, 額賀 俊介, 馬場 恵史, 塚田 正範, 鳥越 司, 羽二生 尚訓, 沼野 藤人, 鈴木 博, 齋藤 昭彦

    日本小児循環器学会雑誌   32 ( Suppl.1 )   s1 - 274   2016.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本小児循環器学会  

    researchmap

  • 11 ICD植込みを行った小児期発症閉塞性肥大型心筋症の1例(Ⅱ.テーマ演題「心筋症」, 第282回新潟循環器談話会)

    塚田 正範, 馬場 恵史, 羽二生 尚訓, 星名 哲, 齋藤 昭彦, 鈴木 博, 伊藤 裕貴

    新潟医学会雑誌   129 ( 10 )   611 - 612   2015.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2016166674

▶ display all