2021/10/25 更新

写真a

ウオシマ カツミ
魚島 勝美
UOSHIMA Katsumi
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 教授
歯学部 歯学科 教授
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 歯学博士「歯学」 ( 2007年12月   東京医科歯科大学 )

研究キーワード

  • デンタルインプラント

  • 骨代謝

  • 歯科補綴学

  • 金属アレルギー

  • 歯科医学教育

研究分野

  • 人文・社会 / 教育工学  / 歯科医学教育

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 口腔再生医学、歯科医用工学  / デンタルインプラント

経歴(researchmap)

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   生体歯科補綴学分野   教授

    2008年 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科総合診療部 教授   Medical and Dental Hospital, General Dentistry and Clinical Education Unit

    2004年 - 2008年

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科 助教授   Graduate School of Medical and Dental Sciences

    2001年 - 2003年

      詳細を見る

  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 講師   Graduate School of Medical and Dental Sciences

    2000年 - 2001年

      詳細を見る

  • 東京医科歯科大学歯学部 助手   Faculty of Dentistry

    1996年 - 2000年

      詳細を見る

  • 癌研生化学部研究生

    1995年

      詳細を見る

  • 東京逓信病院歯科口腔外科勤務

    1994年

      詳細を見る

  • アメリカNIH、UNC Visiting Scholar

    1991年 - 1994年

      詳細を見る

  • 東京大学医学部 助手   Faculty of Medicine

    1988年 - 1991年

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学   教授

    2008年7月 - 現在

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   教授

    2008年7月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 顎顔面再建学   教授

    2008年6月 - 2008年7月

  • 新潟大学   医歯学総合病院   教授

    2004年1月 - 2008年5月

学歴

  • 東京医科歯科大学   歯学研究科   歯科補綴学

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京医科歯科大学   歯学部

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Bone heating and implant removal using a high-frequency electrosurgical device: An in vivo experimental study. 国際誌

    Atsushi Kawamura, Yosuke Akiba, Masako Nagasawa, Makiko Takashima, Yoshiaki Arai, Katsumi Uoshima

    Clinical oral implants research   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Failed implant removal using a high-frequency electrosurgical device (HFED) has been reported to be less invasive than other surgical techniques. We sought to clarify the mechanism of removal torque reduction in an implant by heating with HFED. MATERIALS AND METHODS: Sixty-eight Wistar rats received titanium implants on the maxillary bone 4 weeks after extraction of the first and second molars. The control group was sacrificed 6 weeks after implant installation. In the experimental group, the implant was heated by HFED for 10 s using three different power outputs, and samples were collected at 3, 7, and 14 days after heating. Removal torque measurement and histological analysis were performed in the control and experimental groups. Implant surfaces were observed using an electron-probe microanalyzer (EPMA). Data were analyzed using Mann-Whitney U test at a significance level of 5%. RESULTS: The removal torque could not be measured in the control group due to fracture of the implant. After heating, the removal torque was measurable without fracture and decreased significantly at 14 days as compared with that at 3 days (p < .05). Heating with "min" power output resulted in a significantly smaller blank lacunae area and fewer osteoclasts at 14 days after heating (p < .05). EPMA revealed bone matrix adherence to outer surface of heated implant. CONCLUSIONS: After heating, an enlarged area of blank lacunae around the implant and an increased number of osteoclasts into the bone marrow cavity were observed, which may have contributed to the reduction in removal torque.

    DOI: 10.1111/clr.13793

    PubMed

    researchmap

  • Biological reaction control using topography regulation of nanostructured titanium 査読 国際誌

    Mayuko Shiozawa, Haruka Takeuchi, Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Nami Akiba, Yujin Aoyagi, Masako Nagasawa, Hiroyuki Kuwae, Kenji Izumi, Katsumi Uoshima, Jun Mizuno

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2438 - 2438   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020, The Author(s). The micro- and nanosize surface topography of dental implants has been shown to affect the growth of surrounding cells. In this study, standardized and controlled periodic nanopatterns were fabricated with nanosized surface roughness on titanium substrates, and their influence on bone marrow stromal cells investigated. Cell proliferation assays revealed that the bare substrate with a 1.7 nm surface roughness has lower hydrophilicity but higher proliferation ability than that with a 0.6 nm surface roughness. Further, with the latter substrate, directional cell growth was observed for line and groove patterns with a width of 100 nm and a height of 50 or 100 nm, but not for those with a height of 10 or 25 nm. With the smooth substrate, time-lapse microscopic analyses showed that more than 80% of the bone marrow cells on the line and groove pattern with a height of 100 nm grew and divided along the lines. As the nanosized grain structure controls the cell proliferation rate and the nanosized line and groove structure (50–100 nm) controls cell migration, division, and growth orientation, these standardized nanosized titanium structures can be used to elucidate the mechanisms by which surface topography regulates tissue responses to biomaterials.

    DOI: 10.1038/s41598-020-59395-4

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 超平滑チタン基板を用いたチタン結合タンパク質の探索

    竹内 陽香, 秋葉 陽介, 照沼 美穂, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   118 - 119   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • Peri‐Implant Bone Alterations under the Influence of Abutment Screw Preload Stress. A preclinical vivo study

    Farah A. Al‐Omari, Masako Nagasawa, Mubarak Suliman, Ameen Khraisat, Katsumi Uoshima

    Clinical Oral Implants Research   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/clr.13671

    researchmap

  • Reducing bacterial counts around the abutment following professional mechanical plaque removal at the implant bridge: A randomized crossover comparison of removing or not removing the superstructure.

    Yoshiaki Arai, Mutsumi Inanobe-Takatsuka, Makiko Takashima, Shin Ogawa, Atsushi Kawamura, Kaname Nohno, Katsumi Uoshima

    Journal of prosthodontic research   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The purpose of this study was to determine whether removing the superstructure of the implant bridge in cases of full-arch implant restorations for edentulous atrophic arches at the abutment level during professional mechanical plaque removal (PMPR) affects bacterial counts. METHODS: This crossover clinical trial included 20 patients who received screw-retained prostheses at the abutment level. Patients were randomly assigned to two groups and received PMPR with or without removal of the superstructure. After a three-month washout period, the type of treatment was reversed between the groups. Bacterial counts around the cylinder and abutment were measured and compared before and after PMPR. RESULTS: Bacterial numbers around the cylinder and abutment were significantly reduced after PMPR as compared with before PMPR regardless of whether the superstructure was removed (p <0.05). However the ratio of subjects with bacteria at 1.0 × 105 colony forming unit/ml (cfu/ml) or more after PMPR was significantly higher when the superstructure was not removed (p < 0.05). Among patients with bacterial counts of less than 10 × 105 cfu/ml, bacterial loads were reduced to less than 1.0 × 105 cfu/ml even when superstructures were not removed. Among patients with bacterial load of >10 × 105 cfu/ml, bacterial numbers were not reduced to <1.0 × 105 cfu/ml when PMPR was performed without removing the superstructure. CONCLUSIONS: Removal of the superstructure in cases of full-arch implant restorations for edentulous atrophic arches during PMPR reduces bacterial numbers around the implant bridge at the abutment level.

    DOI: 10.2186/jpr.JPOR_2019_431

    PubMed

    researchmap

  • バーチャルリアリティ(VR)とオーグメンテッドリアリティ(AR)を用いた支台歯形成練習の効果

    長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 江口 香里, 高 昇将, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   39回   62 - 62   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 補綴歯科における「技能教育」を考える

    長澤 麻沙子, 河野 博史, 大久保 昌和, 秋葉 奈美, 峯 篤史, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 3 )   243 - 256   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    歯学教育の大きな目標のひとつは臨床能力の獲得であり、十分な知識に裏付けられ、臨床における多様性に対応できる技能の習得は必須である。特に補綴臨床においては補綴診断能力のみならず、高い「臨床技能」が必須である。2020年度より一斉技能試験が診療参加型臨床実習後の客観的臨床能力試験(Post-CC CPX)の一部として正式に実施される予定であるが、これは社会的事情を背景として臨床実習の実施形態が大きく変化したことに対して、卒業時の歯学生の技能を担保するために社会に対する説明責任の一端である。また、2019年から補綴歯科学会において全国の歯学生を対象とした学生技能コンペティションが開催されることになった。そこで今回、補綴歯科における「技能教育」のあり方について、明確な到達目標、方略と評価について考えたい。質の高い歯科医師を輩出する責務を負う教育機関の一員として、特に補綴治療の専門家として「技能教育」を再考したい。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J05334&link_issn=&doc_id=20200818330005&doc_link_id=130007887388&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007887388&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 大学病院インプラント治療部開設後10年間の臨床統計的検討

    星名 秀行, 小川 信, 山田 一穂, 上松 晃也, 今井 秀明, 永田 昌毅, 勝見 祐二, 荒井 良明, 小林 正治, 高木 律男, 魚島 勝美

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   19 ( 1 )   3 - 11   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    新潟大学医歯学総合病院では2006年4月インプラント治療部が開設された。今回、開設後10年間(2006年4月から2016年3月)における外来患者、入院患者、インプラント手術を総括し、今後の当治療部の運営に資することを目的に臨床的検討を行った。10年間の外来患者の総数は1,606人(男性598人、女性1,008人)であった。年齢は50〜60歳代が多くを占め、平均55.1歳(最低16歳、最高87歳)であり、また院外からの紹介患者は43%と多くを占めた。インプラント埋入手術件数(本数)は年間90〜150件(150〜260本)、平均114件(198本)であった。10年間に顎堤形成術や上顎洞底挙上術を含めた骨増生術は入院下に計183件に施行された。10年間のインプラント埋入総数1,986本のうち、インプラント脱落本数(率)は54本(2.7%)であった。外来患者数は一時的な増減がみられたが、最近、一定の患者数があり、インプラント埋入手術および骨増生術件数は安定して推移していた。今後も特定機能病院としてインプラント治療成績向上に貢献すべく、入院治療を含めた総合的な医療提供を務めることが肝要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 上下顎無歯症に対し自家培養骨膜細胞併用顎堤形成術後インプラント治療を施行した1例

    勝見 祐二, 永田 昌毅, 高木 律男, 星名 秀行, 魚島 勝美

    日本形成外科学会会誌   40 ( 3 )   138 - 138   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • Response to Letter to the Editor: Concerns on modeling postmenopausal osteoporosis in young female rats. 査読 国際誌

    Juan Marcelo Rosales Rocabado, Masaru Kaku, Kosuke Nozaki, Takako Ida, Megumi Kitami, Yujin Aoyagi, Katsumi Uoshima

    Journal of orthopaedic surgery and research   14 ( 1 )   451 - 451   2019年12月

     詳細を見る

  • 歯科金属アレルギーによる乾癬発症の可能性探索 査読

    高岡 由梨那, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 青柳 裕仁, 竹内 陽香, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   49 ( 2 )   83 - 84   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 矯正的歯の移動時における歯根膜増殖期細胞の特性

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 新井 萌生, 井田 貴子, 魚島 勝美, 齋藤 功

    新潟歯学会雑誌   49 ( 2 )   84 - 84   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 矯正的歯の移動時のマウス歯根膜における増殖期細胞の局在と特性

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 井田 貴子, 新井 萌生, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   172 - 172   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 矯正治療での歯移動時の歯根膜におけるXII型コラーゲンおよびfibromodulinの局在(Localization of type XII collagen and fibromodulin in periodontal ligament during orthodontic tooth movement)

    Thant Lay, Kaku Masaru, Mizukoshi Masaru, Kitami Kohei, Kakihara Yoshito, Uoshima Katsumi, Saito Isao

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   78回   286 - 286   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎半側区域切除後の再建プレート上の皮弁と残存顎堤で支持されたインプラントオーバーデンチャー12年経過症例 査読

    荒井 良明, 星名 秀行, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 高木 律男, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 3 )   230 - 235   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    腫瘍治療のための下顎骨区域切除後は,腓骨や腸骨などの自家骨を用いて再建されることが多い.一方,欠損の大きさや病態,年齢等によりプレートのみで再建せざるを得ない患者が少なからず存在する.そのような患者の場合,プレート上の皮弁で可撤性有床義歯を支持させることは非常に困難である.今回,下顎片側切除後にプレートのみで再建し,インプラントオーバーデンチャー(IOD)で長期間良好な口腔機能を維持できた無歯顎症例を経験したので報告する.患者は74歳の女性で,下顎歯肉癌の診断にて右側下顎半側切除後D-P皮弁による再建術を受けた.その後マラソンが趣味であることから腸骨や腓骨採取の同意を得られず,プレートのみで二次再建をした.上下顎総義歯によってきわめて柔らかい食物のみ摂食可能となったが,断端部の床下粘膜に常時疼痛を訴えた.そこで残存顎堤の断端部にインプラントを埋入し,再建プレート上の皮弁とインプラントを埋入した残存顎堤で支持した下顎IODとしたところ,疼痛の訴えはなくなり,食べられる食品も増加した.再建プレート上の皮弁に一度も潰瘍が生じることなく,良好な咀嚼機能を12年間維持できた.インプラント周囲の粘膜の異常所見やパノラマエックス線写真による骨吸収は認めず,患者の口腔関連QOLは高く維持されている.下顎再建プレート上の義歯にインプラントを応用することで,12年間の長期にわたり良好な口腔機能を維持することができた.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J02151&link_issn=&doc_id=20191105450009&doc_link_id=%2Fes7impla%2F2019%2F003203%2F013%2F0230-0235%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes7impla%2F2019%2F003203%2F013%2F0230-0235%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 本学における「歯学研究演習」を履修して

    高島 大輔, 高橋 士穂, 佐伯 万騎男, 藤井 規孝, 魚島 勝美, 前田 健康, 小野 和宏

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   38回   162 - 162   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • Effect of Collagen Cross-Link Deficiency on Incorporation of Grafted Bone. 査読

    Mubarak S, Masako N, Al-Omari FA, Keisuke H, Katsumi U

    Dentistry journal   7 ( 2 )   2019年5月

  • Valproic Acid contribute to Bone Cavity Healing in Rats. 査読

    Rashid M, Akiba Y, Eguchi K Akiba N, Kaku M, Nagasawa M, Uoshima K

    Dentistry   3   539 - 546   2019年4月

     詳細を見る

  • Dental metal allergy is not the main cause of palmoplantar pustulosis. 査読

    Masui Y, Ito A, Akiba Y, Uoshima K, Abe R

    Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   33 ( 4 )   2019年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdv.15434

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/jdv.15434

  • Insulin-like growth factor binding Protein-3 suppresses osteoblast differentiation via bone morphogenetic protein-2. 査読 国際誌

    Kaori Eguchi, Yosuke Akiba, Nami Akiba, Masako Nagasawa, Lyndon F Cooper, Katsumi Uoshima

    Biochemical and biophysical research communications   507 ( 1-4 )   465 - 470   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Bone augmentation therapy is used in dental implantation. While techniques to induce bone formation are generally successful, the maintenance of bone mass is more difficult. Therefore, it is important to understand the mechanisms that regulate this process. Insulin-like growth factor-1 (IGF-1) is one of the most abundant growth factors that regulate bone mass, promote osteoblast differentiation, and accelerate bone formation. The activity of IGF-1 is regulated by IGF-binding proteins (IGFBPs). IGFBP-3 forms a ternary complex with IGF-1, extending its half-life in the circulating system. Therefore, IGFBP-3 acts as a stabilizer and transporter of IGF-1. Recent studies reported new IGF-1-independent functions of IGFBP-3 related with bone metabolism. In this study, we investigated the function of IGFBP-3 in osteoblast differentiation. Our results showed that IGFBP-3 decreases the expression of osteoblast differentiation markers, whose expression is enhanced by bone morphogenetic protein-2 (BMP-2). IGFBP-3 also reduced BMP-2 effect on ALP activity and mineral nodule formation. In addition, IGFBP-3 suppresses the activity of the Smad Binding Element (SBE) reporter, induced by BMP-2 signaling. These results suggest that IGFBP-3 inhibits osteoblast differentiation through the BMP-2 signal pathway, and that IGFBP-3 might play a role in bone mass maintenance in an IGF-1-dependent and -independent manner.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.11.065

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Risk factors associated with post-loading implant loss of removable and fixed implant-supported prostheses in edentulous jaws. 査読 国際誌

    Makiko Takashima, Yoshiaki Arai, Atsushi Kawamura, Katsumi Uoshima

    Journal of prosthodontic research   62 ( 3 )   365 - 369   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This study analyzed risk factors for post-loading implant loss in cases of implant-supported prostheses applied to edentulous jaws of Japanese patients. METHODS: In total, 245 dental implant fixtures placed in 54 edentulous jaws of 46 patients performed at Niigata University Hospital were retrospectively analyzed. Kaplan-Meier curves were used to estimate the cumulative survival rate (SR) of implants, and multiple Cox regression analysis was used to identify predictive factors of implant loss. The following risk factors for implant failure were examined: age, sex, survival time, implant length, implant location, smoking habit, bone density, bone augmentation, opposing dentition, loading period, and type of final restoration. The Cochran-Mantel-Haenszel test was used to examine difference in survival curves of the extracted predictors. RESULTS: Sixteen implants failed during the observation period (SR=92.8 %). Multiple Cox regression analysis revealed that male sex [hazard ratio (HR)=16.1; p=0.007] and use of maxillary removable restorations (HR=12.7; p<0.000) were risk factors for implant failure. Other factors had no significant effect on implant failure. The SR of implants for males (SR=86.9%) was significantly lower than that for females (SR=99.1%). The SR of implants for maxillary removable restorations (SR=76.4%) was significantly lower than for maxillary fixed restorations (SR=99.1%) and mandibular fixed restorations (SR=97.8%). CONCLUSIONS: Maxillary implants with removable restorations and male sex were risk factors for implant failure among Japanese edentulous patients.

    DOI: 10.1016/j.jpor.2018.01.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 歯学系臨床実習後臨床能力試験(仮称)の概要とトライアル実施報告

    秋葉 奈美, 藤井 規孝, 俣木 志朗, 川上 智史, 北原 和樹, 魚島 勝美, 長澤 敏行, 大澤 銀子, 金澤 学, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37回   87 - 87   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • A multi-factorial analysis of bone morphology and fracture strength of rat femur in response to ovariectomy. 査読

    Rosales Rocabado, Juan Marcelo, Kaku, Masaru, Nozaki, Kosuke, Ida, Takako, Kitami, Megumi, Aoyagi, Yujin, Uoshima, Katsumi

    Journal of orthopaedic surgery and research   13 ( 1 )   318 - 318   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-018-1018-4

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular matrix with defective collagen cross-linking affects the differentiation of bone cells 査読

    Ida, Takako, Kaku, Masaru, Kitami, Megumi, Terajima, Masahiko, Rocabado, Juan Marcelo Rosales, Akiba, Yosuke, Nagasawa, Masako, Yamauchi, Mitsuo, Uoshima, Katsumi

    Plos One   13 ( 9 )   e0204306   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0204306

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 人工歯肉付きインプラントブリッジに対するプロフェッショナルケア後の細菌数と患者満足度の評価

    稲野辺 紫巳, 荒井 良明, 小川 信, 菅野 亜紀, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   47回   O - 12   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における統合型模型実習の取り組み

    秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, 小野 和宏, 前田 健康, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    本邦では、社会の急速な高齢化に伴い、高度な治療が求められる患者や全身的な疾患を有する患者が増加している。また、患者の意識変化によって、より質の高い治療を求められることが多くなっている結果、臨床実習に協力していただける患者が減少している。このような背景から、学生は限られた患者を対象に臨床技能の習得をし、卒業時には相応の知識と臨床能力を確保しなければならない。この問題を解決するための手段として、新潟大学歯学部では1つの模型の中に様々な病態を具備した6種類のオリジナルの模型を開発し、治療計画立案を含めた統合的な模型実習を導入している。実習は臨床実習直前の5年前期に実施され、基礎模型実習と臨床実習をつなぐと共に、不足する臨床実習を補完する役割を果たす。模型には歯石除去必要部位、抜歯、充填、歯内治療、分割抜歯適応歯および歯冠修復、不良補綴歯、欠損補綴適応部位を含む。学生は診断・治療計画立案から歯科処置までをファントムに装着した模型上で実際の臨床をシミュレートする形で行う。現在、本実習の評価はルーブリックを用いて行っているが、評価方法に関しては今後も継続的に検討する必要がある。実習後の学生アンケートからは実習が有意義なものであったとの回答を得ており、知識や技術を使いこなす統合的な能力の育成に有効であることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Biological Evaluation of Implant Drill Made from Zirconium Dioxide. 査読 国際誌

    Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Nami Akiba, Katsumi Uoshima

    Clinical implant dentistry and related research   19 ( 2 )   306 - 315   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    PURPOSE: Zirconia is a good candidate material in the dental field. In this study, we evaluated biological responses against a zirconia drill using a bone cavity healing model. MATERIALS AND METHODS: Zirconia drills, stainless steel drills, and the drilled bone surface were observed by scanning electron microscopy (SEM), before and after cavity preparation. For the bone cavity healing model, the upper first and second molars of Wistar rats were extracted. After 4 weeks, cavities were prepared with zirconia drills on the left side. As a control, a stainless steel drill was used on the right side. At 3, 7, and 14 days after surgery, micro-CT images were taken. Samples were prepared for histological staining. RESULTS: SEM images revealed that zirconia drills maintained sharpness even after 30 drilling procedures. The bone surface was smoother with the zirconia drill. Micro-CT images showed faster and earlier bone healing in the zirconia drill cavity. On H-E staining, at 7 days, the zirconia drill defect had a smaller blank lacunae area. At 14 days, the zirconia drill defect was filled with newly formed bone. CONCLUSIONS: The zirconia drill induces less damage during cavity preparation and is advantageous for bone healing. (197 words).

    DOI: 10.1111/cid.12452

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Recruitment of bone marrow-derived cells to the periodontal ligament via the stromal cell-derived factor-1/C-X-C chemokine receptor type 4 axis

    Kaku, M., Kitami, M., Rosales Rocabado, J.M., Ida, T., Akiba, Y., Uoshima, K.

    Journal of Periodontal Research   52 ( 4 )   686 - 694   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ? 2017 John Wiley &amp; Sons A/S. Published by John Wiley &amp; Sons Ltd Background/Objectives: The periodontal ligament (PDL) is a non-mineralized connective tissue that exists between the alveolar bone and root surface cementum and plays important roles in tooth function. The PDL harbors a remarkable reserve of multipotent stem cells, which maintain various types of cells. However, the sources of these stem cells, other than their developmental origin, are not well understood. Material and Methods: To elucidate the recruitment of bone marrow (BM)-derived stem cells in the PDL, green fluorescent protein (GFP)-expressing BM-derived cells were transplanted into the femoral BM of immunodeficient rats, and the distribution and expression of stem cell markers in the PDL were analyzed in vivo. To evaluate the functional significance of BM-derived cells to the PDL, tooth replantation was performed and the expression of stromal cell-derived factor (SDF)-1, a critical chemotactic signal for mesenchymal stem cell recruitment, was analyzed. To confirm the SDF-1-dependency of BM-derived cell migration to the PDL, PDL-conditioned medium (CM) was prepared, and BM-derived cell migration was analyzed using a transwell culture system. Results: Four weeks after cell transplantation, GFP-positive cells were detected in the PDL, and some of them were also positive for stem cell markers (i.e., CD29, SSEA4, and αSMA). Seven days after tooth replantation, the number of GFP- and SDF-1-positive cells significantly increased in PDL. Concurrently, the concentration of SDF-1 and the number of colony-forming units of fibroblasts in peripheral blood were increased. BM-derived cell migration increased in PDL-CM and was inhibited by an inhibitor of C-X-C chemokine receptor type 4 (CXCR4), an SDF-1 receptor. Conclusion: These results indicate that stem cells and their progeny in PDL are not only derived from their developmental origin but are also supplied from the BM via the blood as the need arises. Moreover, this BM-derived cell recruitment appears to be regulated, at least partially, by the SDF-1/CXCR4 axis.

    DOI: 10.1111/jre.12433

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 日本歯科医学教育学会の国際化について 教育の国際化に関する本学会のこれまでの歩みと今後の方向性

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎関節脱臼を伴う上下顎無歯顎患者の下顎骨骨折治療に対するインプラントシミュレーションソフトの応用

    山田 一穂, 星名 秀行, 勝見 祐二, 上杉 崇史, 小川 信, 魚島 勝美, 高木 律男

    日本口腔インプラント学会誌   29 ( 3 )   173 - 179   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    下顎骨骨折に対して整復固定手術を行うにあたり、無歯顎で萎縮した下顎骨では骨片の復位に難渋することがしばしばある。近年、インプラント治療において埋入シミュレーションを正確に実際の埋入手術に再現するガイドサージェリーが普及しているが、成功の要件として、顎堤へのサージカルテンプレートの正確かつ強固な固定が必須であり、様々な方法が用いられている。今回、高度に萎縮した上下無歯顎患者の顎関節脱臼を伴う下顎骨骨折に対して観血的整復固定手術を行うにあたり、インプラントシミュレーションソフトで術前分析を行い、ガイドサージェリーにおけるサージカルテンプレートの固定手技の応用により、顎堤に対する上下顎義歯を正確に位置づけることで下顎骨片の復位が容易となり、手術を良好に完遂できた症例(85歳男)を経験したので、その概要を報告した。

    DOI: 10.11237/jsoi.29.173

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修に関するインシデントレポートの分析と対策

    石崎 裕子, 中島 貴子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 小林 哲夫, 魚島 勝美, 高木 律男, 興地 隆史, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    より安全な歯科医師臨床研修の運営を推進するために、新潟大学医歯学総合病院歯科総合診療部において臨床研修歯科医が報告したインシデントを集計・分析した。提出されたインシデントレポートを基に、平成18年度から平成26年度までの9年間に報告された歯科医師臨床研修に関するインシデントの数、種類、患者影響レベル、原因、年度別の発生率について調査した。その結果、研修歯科医を当事者とするインシデントは77件で、研修歯科医のみがかかわったインシデントは71件であった。インシデントの内容では歯科治療が55件と最も多く、それらはさまざまな診療場面で発生していた。歯科治療のなかでは軟組織損傷・火傷が26件と最も多かった。そのため患者影響レベルは3aが多かった。原因は技術不足、確認不足、観察不足、判断力不足、知識不足などが複数影響していた。研修歯科医1人当たりの年間インシデント発生数は0.1〜0.6件で、1診療当たりのインシデント発生率は0.03〜0.43%と推計された。調査期間内での推移を調べると、対策として実施している事例紹介や危険予知トレーニングの工夫でインシデントの発生件数は減少傾向にあるものの、今後も諸々の対策を継続・充実させる必要が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Topography Influences Adherent Cell Regulation of Osteoclastogenesis

    M. Nagasawa, L. F. Cooper, Y. Ogino, D. Mendonca, R. Liang, S. Yang, G. Mendonca, K. Uoshima

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   95 ( 3 )   319 - 326   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS INC  

    The importance of osteoclast-mediated bone resorption in the process of osseointegration has not been widely considered. In this study, cell culture was used to investigate the hypothesis that the function of implant-adherent bone marrow stromal cells (BMSCs) in osteoclastogenesis is influenced by surface topography. BMSCs isolated from femur and tibia of Sprague-Dawley rats were seeded onto 3 types of titanium surfaces (smooth, micro, and nano) and a control surface (tissue culture plastic) with or without osteogenic supplements. After 3 to 14 d, conditioned medium (CM) was collected. Subsequently, rat bone marrow-derived macrophages (BMMs) were cultured in media supplemented with soluble receptor activator of NF-kappa B ligand (RANKL) and macrophage colony-stimulating factor (M-CSF) as well as BMSC CM from each of the 4 surfaces. Gene expression levels of soluble RANKL, osteoprotegerin, tumor necrosis factor a, and M-CSF in cultured BMSCs at different time points were measured by real-time polymerase chain reaction. The number of differentiated osteoclastic cells was determined after tartrate-resistant acid phosphatase staining. Analysis of variance and t test were used for statistical analysis. The expression of prominent osteoclast-promoting factors tumor necrosis factor a and M-CSF was increased by BMSCs cultured on both micro-and nanoscale titanium topographies (P &lt; 0.01). BMSC CM contained a heat-labile factor that increased BMMs osteoclastogenesis. CM from both micro-and nanoscale surface-adherent BMSCs increased the osteoclast number (P &lt; 0.01). Difference in surface topography altered BMSC phenotype and influenced BMM osteoclastogenesis. Local signaling by implant-adherent cells at the implant-bone interface may indirectly control osteoclastogenesis and bone accrual around endosseous implants.

    DOI: 10.1177/0022034515616760

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Correlation between stress distributions and biological reactions in bone surrounding implants that support cantilevers in supraocclusal contact in rats 査読

    Takano, R., Nagasawa, M., Kitami, M., Rocabado, J.M.R., Kaku, M., Stegaroiu, R., Uoshima, K.

    Implant Dentistry   25 ( 2 )   204 - 213   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ? 2016 Wolters Kluwer Health, Inc. All rights reserved. Purpose: To investigate the relationship between stress distributions and peri-implant bone reactions around maxillary implants that support cantilevers in supraocclusal contact. Materials and Methods: After molar extraction, 16 Wistar rats received a titanium implant unilaterally. After healing, 8 rats (control group) were killed and the others received implant-supported cantilever superstructures in supraocclusion (loaded group). After 5 days, they were killed. The maxillae of all rats were scanned by microcomputed tomography (m-CT). Based on the m-CT images, bone volumes were measured. For the loaded group, 3D finite element models were created and analyzed under 20-N vertical and 5-N lateral forces, successively. After m-CT scanning, sections were prepared and observed histologically. Results: When compared with the controls, the bone volume tended to decrease in the loaded group, but the difference was not statistically significant. On average, marginal bone resorption and stresses tended to be higher in 2 rats that occluded on the cantilever arm than in the others, which occluded right on the implant, nevertheless, calculated stress did not surpass the maximum elastic stress (yielding strength) of rat bone. However, at the implantbone interface of these samples, partial bone resorption surrounded by signs of active resorption was histologically found. Conclusion: These findings suggest that in this occlusally loaded rat model, the stress distributions correlated to some extent with bone volume and morphological changes observed on m-CT images and histological sections.

    DOI: 10.1097/ID.0000000000000369

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Prolonged Survival of Transplanted Osteoblastic Cells Does Not Directly Accelerate the Healing of Calvarial Bone Defects 査読

    Kitami, M., Kaku, M., Rocabado, J.M.R., Ida, T., Akiba, N., Uoshima, K.

    Journal of Cellular Physiology   231 ( 9 )   1974 - 1982   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ? 2016 Wiley Periodicals, Inc. Considering the increased interest in cell-based bone regeneration, it is necessary to reveal the fate of transplanted cells and their substantive roles in bone regeneration. The aim of this study was to analyze the fate of transplanted cells and the effect of osteogenic cell transplantation on calvarial bone defect healing. An anti-apoptotic protein, heat shock protein (HSP) 27, was overexpressed in osteoblasts. Then, the treated osteoblasts were transplanted to calvarial bone defect and their fate was analyzed to evaluate the significance of transplanted cell survival. Transient overexpression of Hsp27 rescued MC3T3-E1 osteoblastic cells from H2O2-induced apoptosis without affecting osteoblastic differentiation in culture. Transplantation of Hsp27-overexpressing cells, encapsulated in collagen gel, showed higher proliferative activity, and fewer apoptotic cells in comparison with control cells. After 4-week of transplantation, both control cell- and Hsp27 overexpressed cell-transplanted groups showed significantly higher new bone formation in comparison with cell-free gel-transplantation group. Interestingly, the prolonged survival of transplanted osteoblastic cells by Hsp27 did not provide additional effect on bone healing. The transplanted cells in collagen gel survived for up to 4-week but did not differentiate into bone-forming osteoblasts. In conclusion, cell-containing collagen gel accelerated calvarial bone defect healing in comparison with cell-free collagen gel. However, prolonged survival of transplanted cells by Hsp27 overexpression did not provide additional effect. These results strongly indicate that cell transplantation-based bone regeneration cannot be explained only by the increment of osteogenic cells. Further studies are needed to elucidate the practical roles of transplanted cells that will potentiate successful bone regeneration. J. Cell. Physiol. 231: 1974-1982, 2016.

    DOI: 10.1002/jcp.25302

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mechanical Loading Stimulates Expression of Collagen Cross-Linking Associated Enzymes in Periodontal Ligament 査読

    Kaku, M., Rosales Rocabado, J.M., Kitami, M., Ida, T., Akiba, Y., Yamauchi, M., Uoshima, K.

    Journal of Cellular Physiology   231 ( 4 )   926 - 933   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ? 2016 Wiley Periodicals, Inc. Type I collagen, a major extracellular component of the periodontal ligament (PDL), is post-translationally modified by a series of specific enzymes. Among the collagen-modifying enzymes, lysyl oxidase (LOX) is essential to initiate collagen cross-linking and lysyl hydroxylases (LHs) to regulate the cross-linking pathways that are important for tissue specific mechanical properties. The purpose of this study was to investigate the effects of mechanical loading on the expression of collagen-modifying enzymes and subsequent tissue changes in PDL. Primary human PDL cells were subjected to mechanical loading in a 3D collagen gel, and gene expression and collagen component were analyzed. Wistar rats were subjected to excessive occlusal loading with or without intra-peritoneal injection of a LOX inhibitor, β-aminopropionitrile (BAPN). Upon mechanical loading, gene expression of LH2 and LOX was significantly elevated, while that of COL1A2 was not affected on hPDL-derived cells. The mechanical loading also elevated formation of collagen α-chain dimers in 3D culture. The numbers of LH2 and LOX positive cells in PDL were significantly increased in an excessive occlusal loading model. Notably, an increase of LH2-positive cells was observed only at the bone-side of PDL. Intensity of picrosirius red staining was increased by excessive occlusal loading, but significantly diminished by BAPN treatment. These results demonstrated that mechanical loading induced collagen maturation in PDL by up-regulating collagen-modifying enzymes and subsequent collagen cross-linking which are important for PDL tissue maintenance.

    DOI: 10.1002/jcp.25184

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 【歯科医学教育白書2014年版(2012〜2014年)】 (第19章)学会および関連団体の活動 国際関連学会

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【歯科医学教育白書2014年版(2012〜2014年)】 (第17章)国際交流

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科用金属による金属アレルギーの臨床病態と補綴学的対応に関する多施設調査

    市川 哲雄, 横山 敦郎, 飯田 俊二, 舞田 健夫, 大平 千之, 近藤 尚知, 志賀 博, 山瀬 勝, 大久保 力廣, 魚島 勝美, 秋葉 陽介, 峯 篤史, 田中 昌博, 鳥井 克典, 高 永和, 服部 正巳, 松香 芳三, 細木 真紀, 田上 直美, 渡邉 恵

    日本補綴歯科学会誌   7 ( 3 )   234 - 235   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院単独型歯科医師臨床研修プログラムにおける研修経験症例数調査の試み

    中島 貴子, 石崎 裕子, 田口 裕哉, 島田 靖子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 小林 哲夫, 魚島 勝美, 藤井 規孝

    日本歯科医学教育学会雑誌   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    新潟大学医歯学総合病院歯科総合診療部で行っている診療参加型臨床研修プログラムにおいて、研修歯科医の経験症例数ならびに経験症例数に影響を及ぼす因子を明らかにし、目標症例数設定の妥当性、有用性を検討することを目的として調査を行った。方法には記名記述式アンケートを用い、平成20〜23年度に本院歯科臨床研修単独型プログラム(Aプログラム)に在籍した研修歯科医合計115名を対象として、臨床研修と臨床実習における経験症例数に関する調査を実施した。その結果、本院Aプログラムにおける研修歯科医1人当たりの平均経験症例数はおおむね設定した目標症例数に達している一方で、研修歯科医それぞれの経験症例にはばらつきが認められることがわかった。また、研修歯科医の経験症例数は担当患者数および臨床実習における症例の経験に応じて増加する傾向があり、担当患者数は各年の研修歯科医の人数の影響を受けていた。本調査により研修目標の達成のために必要な担当患者数の目安ならびに研修医間の担当症例のばらつきの程度が明らかになり、研修の運営に改善策を講じる機会を得ることができた。以上より、研修プログラムならびにその運営状況の評価のために目標症例数を設定することには一定の意義があると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • ナノフィラーを用いた新規歯冠用硬質レジンの着色性

    青柳 裕仁, 高橋 英和, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   218 - 218   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯冠用硬質レジンの色調安定性

    石田 光, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 2 )   E65 - E65   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯冠用硬質レジンの物性 フィラー形状と強度

    青柳 裕仁, 石田 光, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 2 )   E64 - E64   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)を用いたエピジェネティクス制御による細胞分化制御を利用した新規骨増成法に関する研究

    秋葉 陽介, 江口 香里, Rashid Md. Mamunur, 加来 賢, 秋葉 奈美, 魚島 勝美

    日本歯科医学会誌   33   44 - 48   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)は抗癌剤、抗てんかん薬として臨床応用される薬剤である。HDACIは遺伝子発現過程においてクロマチンリモデリングに関与し、遺伝子発現を活性化することが知られている。骨形成関連においてはRunx2の安定化に関与し骨芽細胞の分化を促進する作用が報告されている。そこで本研究では、はじめに上顎骨円筒形骨欠損修復モデルを用いてHDACIの全身投与における骨形成能の賦活化を検討することとした。HDACIにはバルプロ酸(Valproic acid(VPA))を使用し、投与法は腹腔内投与、投与期間は円筒形骨欠損形成前7日間とした。VPA全身投与群では窩洞内新生骨形成能促進、円筒形骨欠損治癒促進を示す像が窩洞形成14日から21日後にかけて観察された。次に頭蓋骨限界径骨欠損細胞移植モデルを作製し、大腿骨より採取した骨髄間質細胞をVPA処理し欠損部へ移植した。VPA処理細胞移植窩洞では対照群と比較して窩洞内の石灰化の亢進が観察された。本研究より骨増成法におけるHDACIの有効性が示され、更にHDACIの多機能性を応用した新規骨増成法開発の可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Royal jelly affects collagen crosslinking in bone of ovariectomized rats

    Kaku, M., Rocabado, J.M.R., Kitami, M., Ida, T., Uoshima, K.

    Journal of Functional Foods   7 ( 1 )   398 - 406   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Royal jelly (RJ) is an essential food for queen bees, and it reportedly has estrogen-like activity. The objective of this study was to evaluate the effect of RJ intake on bone quality with a focus on the posttranslational modifications of type I collagen. RJ was fed to ovariectomized (OVX) rats for 12. weeks. RJ intake did not affect OVX-induced reduction in bone volume at the femur epiphysis; however, the reduction of collagen crosslinks (pyridinoline and deoxypyridinoline), which represent an aspect of bone quality, were significantly mitigated. In cultured MC3T3-E1osteoblasts, RJ treatment did not affect cell proliferation, cell differentiation, matrix formation, or mineralization. However, RJ treatment did stimulate expression of plods, which encode lysyl hydroxylase isoforms that control the collagen crosslinking pathway, and it also affected collagen crosslinking. These results indicate that oral intake of RJ could improve bone quality by modulating the posttranslational modification of type I collagen. ? 2014 Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.jff.2014.01.019

    Scopus

    researchmap

  • Osteoblastic differentiation and mineralization ability of periosteum-derived cells compared with bone marrow and calvaria-derived cells 査読

    Rosales-Rocabado, J.M., Kaku, M., Kitami, M., Akiba, Y., Uoshima, K.

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   72 ( 4 )   694.e1 - 9   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose Clinically, bone marrow stromal cells (BMCs) are the most common source of osteoprogenitor cells. Its harvest process, however, is invasive to patients. Previous reports have shown the potential advantages of using periosteum-derived cells (PDCs) as a source of cell-based transplant therapy. The objective of our study was to characterize the osteoblastic differentiation and mineralization ability of PDCs versus BMCs and osteoblasts (OBs). Materials and Methods BMCs, OBs, and PDCs were isolated from 4-week-old male Wistar rats. To characterize the differentiation ability of the cells, MTS assay, alkaline phosphatase (ALP) activity staining, picrosirius red staining, and alizarin red staining were performed. Immunohistochemistry was performed on paraffin sections of calvarial periosteum to determine the presence of mesenchymal stem cells. Results PDCs showed the greatest proliferation rate compared with BMCs and OBs. Matured collagenous matrix formation was observed in PDCs and BMCs. ALP-positive cells and in vitro mineralization were evident in all cell types analyzed; however, that of PDCs was not comparable to that of the OBs and BMCs. Immunohistochemistry revealed the presence of STRO-1-and CD105-positive cells in the cambium layer of the periosteum. Conclusions PDCs have remarkable proliferative ability, but contain only a small population of osteogenic cells compared with BMCs and OBs. Although cell activity can be affected by various factors, such as age, culture condition, additives, and so forth, PDCs are likely not the source of OBs, although they might provide matrices that indirectly aid in bone formation. ? 2014 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.

    DOI: 10.1016/j.joms.2013.12.001

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Osteoblastic differentiation and mineralization ability of periosteum-derived cells compared with bone marrow and calvaria-derived cells. 査読

    Rosales-Rocabado Juan Marcelo, Kaku Masaru, Kitami Megumi, Akiba Yosuke, Uoshima Katsumi

    J Oral Maxillofac Surg   72 ( 4 )   694.e1 - 694.e9   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joms.2013.12.001

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Detection and Partial Characterization of Bone Marrow Derived Cells in Periodontal Ligament 査読

    Kaku Masaru, Edris Asadullah Mohammad, Kitami Megumi, Ida Takako, Rocabado J, M. Rosales, Uoshima Katsumi

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   28   2013年2月

  • Observation of the Bone Surrounding an Overloaded Implant in a Novel Rat Model

    Masako Nagasawa, Ryohei Takano, Takeyasu Maeda, Katsumi Uoshima

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL & MAXILLOFACIAL IMPLANTS   28 ( 1 )   109 - 116   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:QUINTESSENCE PUBLISHING CO INC  

    Purpose: Although the recent success rates of dental implants are quite high, it is still true that loading during the bone healing period may be more likely to discourage osseointegration and that occlusal overloading might result in implant failure, even after osseointegration is established. The purposes of this study were to establish an appropriate experimental animal model and to histologically assess degenerative changes in established osseointegration under early and excessive occlusal loading. Materials and Methods: Forty rats were divided into control and experimental groups. The maxillary first and second molars on both sides were extracted, and machined-surface titanium implants were placed. In the experimental group, 2 or 4 weeks after implant placement, abutments that were designed to overload the implants were attached. Control group implants did not receive abutments and remained in situ 2 or 4 weeks. Sections were prepared and observed histologically. Results: Attrition of occluding opposite teeth and shiny spots on the abutments indicated that this model was useful for histologic investigation of the remodeling and bone changes around implants. Specimens showed remarkable bone loss and deterioration of osseointegration when overloading began at 2 weeks. Overloading applied after 4 weeks of healing induced active bone resorption in remote areas of the implants after 15 days of occlusion, while bone resorption at the interface was limited. Conclusion: The authors successfully established an implant occlusion model using rats. This model revealed degenerative changes in osseointegration and/or in the bone around implants upon excessive occlusal loading. These results emphasize the risks associated with immediate loading and overloading. This is the first study to reveal the possibility of bone loss around overloaded implants in the absence of infection using a small animal model.

    DOI: 10.11607/jomi.2388

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院総合診療部における歯科用ユニットの汚染調査 査読

    野澤恩美, 塩生有希, 長澤麻沙子, 八木 稔, Roxana Stegaroiu, 魚島勝美

    新潟歯学会誌   43 ( 1 )   43 - 49   2013年

     詳細を見る

  • 【力を診る-歯列を守る力のマネジメント-】(Part 2)力が加わったら生体はどう変化するか 生体力学と力の生物学 歯根膜のメカノバイオロジー 査読

    魚島 勝美, 加来 賢

    補綴臨床   別冊 ( 力を診る-歯列を守る力のマネジメント- )   46 - 51   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • Evaluation of bone volume changes after sinus floor augmentation with autogenous bone grafts

    M. Arasawa, Y. Oda, T. Kobayashi, K. Uoshima, H. Nishiyama, H. Hoshina, C. Saito

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   41 ( 7 )   853 - 857   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHURCHILL LIVINGSTONE  

    The aim of this study was to establish an objective method for quantitative evaluation of bone volume change after sinus augmentation. 11 sinuses in 9 patients were evaluated by computed tomography images taken before treatment (T0), and 3 months (T1) and at least 1 year (T2) after sinus augmentation. Based on the 3D digital subtraction technique, augmented bone images were extracted and bone volumes were calculated from voxel numbers of the extracted images. The mean augmented bone volumes at T1 and T2 were 2.46 cm(3) and 1.85 cm(3), respectively. These bone volume changes were statistically significant and the mean bone volume change +/- SE was -24.8% +/- 6.1%. Loss of augmented bone was observed in all except one of the patients. The correlation coefficient between bone volume change and elapsed time was -0.64, which was statistically significant and indicated that bone resorption progressed with elapse of time after sinus augmentation. The authors' method of analysis enabled visualization of augmented bone and objective assessment of bone volume change. Within the limited number of cases, the present investigation demonstrated a significant decrease in augmented bone volume between 3 and 23 months after surgery.

    DOI: 10.1016/j.ijom.2012.01.020

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 頭頸部癌の切除不能頸部リンパ節転移巣に対する温熱化学放射線療法 治療成績および予後因子について(Thermochemoradiotherapy for inoperable metastatic cervical lymph nodes of patients with head and neck cancer: Analysis of clinical outcomes and prognostic variables)

    星名 秀行, 永田 昌毅, 高木 律男, 藤田 一, 安島 久雄, 児玉 泰光, 池田 順行, 齋藤 正直, 小林 孝憲, 嵐山 貴徳, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 小川 信, 山田 一穂, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   27 - 36   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    この研究の目的は頭頸部癌患者対する温熱化学放射線療法の成績向上のための重要な予後因子について検討することである。対象および方法:15名の切除不能頸部リンパ節転移20病巣に対して温熱化学放射線療法を行なった。温熱療法はマイクロ波またはRF波加温装置を用いて平均で8.8回実施した。化学療法はシスプラチンにペプレオマイシンまたは5Fuを併用し、さらに、外照射を加えた。結果:20病巣中8例(40%)は著効、8例(40%)は有効であったが、残りの4例(20%)では変化がなかった。奏効率は80%であった。全例の5年累積病巣制御率は64.2%を示し、放射線量別では、50Gy以上の照射例では5年病巣制御率は80.2%に対し、30Gy以下の照射例では3ヵ月で0%であった。統計学的解析により放射線療法の総線量は累積病巣制御率との間に有意差が認められた(P&lt;0.05)。他の治療に関する因子(温熱療法の方法、回数、シスプラチン投与量、併用薬)および腫瘍に関する因子(再発巣か否か、腫瘍の大きさ、WHO分類、癌浸潤様式)では、病巣制御との間に有意差は認められなかった。結論:50Gy以上を併用した温熱化学放射線療法は頭頸部癌の切除不能な頸部リンパ節転移巣に対する効果的な治療方法であることが示された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00999&link_issn=&doc_id=20120725420004&doc_link_id=%2Fdj2ngtdt%2F2012%2F004201%2F004%2F0027-0036%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdj2ngtdt%2F2012%2F004201%2F004%2F0027-0036%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Evaluation of newly developed devices for denture placement and removal in the dependent elderly

    Maiko Kawasaki, Shuichi Nomura, Naoto Okada, Akiko Nomura, Katsumi Uoshima

    GERODONTOLOGY   29 ( 2 )   E703 - E709   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Objective: The purpose of this study was to subjectively evaluate the utility of newly developed denture placement and removal devices. Objective observations were also made to support the evidence.
    Materials and method: Twenty-one subjects were instructed to place and remove their dentures with and without the devices. We evaluated the device based on a questionnaire. Objective observations were based on a 2-D image analysis. We analysed three factors: the time, the area and the circumference required to insert and remove the dentures.
    Results: Image analysis showed that the effectiveness and ease with which the subject used the device significantly improved with practice. The questionnaire data showed that a majority of the subjects appreciated the device after the first and second time. While there was no significant decrease in time required to place and remove dentures even with the device, the area and circumference of the movement on 2-D images were significantly reduced.
    Conclusion: In this study, the utility of denture placement and removal devices was evaluated both subjectively and objectively. Our data reveal that the device is effective in the elderly. Further minor improvement in the device might be required to increase its effectiveness.

    DOI: 10.1111/j.1741-2358.2011.00547.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A clinical study of alveolar bone tissue engineering with cultured autogenous periosteal cells: Coordinated activation of bone formation and resorption

    Masaki Nagata, Hideyuki Hoshina, Minqi Li, Megumi Arasawa, Kohya Uematsu, Shin Ogawa, Kazuho Yamada, Tomoyuki Kawase, Kenji Suzuki, Akira Ogose, Ichiro Fuse, Kazuhiro Okuda, Katsumi Uoshima, Koh Nakata, Hiromasa Yoshie, Ritsuo Takagi

    BONE   50 ( 5 )   1123 - 1129   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    In ongoing clinical research into the use of cultured autogenous periosteal cells (CAPCs) in alveolar bone regeneration, CAPCs were grafted into 33 sites (15 for alveolar ridge augmentation and 18 for maxillary sinus lift) in 25 cases. CAPCs were cultured for 6 weeks, mixed with particulate autogenous bone and platelet-rich plasma, and then grafted into the sites. Clinical outcomes were determined from high-resolution three-dimensional computed tomography (3D-CT) images and histological findings. No serious adverse events were attributable to the use of grafted CAPCs. Bone regeneration was satisfactory even in cases of advanced atrophy of the alveolar process. Bone biopsy after bone grafting with CAPCs revealed prominent recruitment of osteoblasts and osteoclasts accompanied by angiogenesis around the regenerated bone. 3D-CT imaging suggested that remodeling of the grafted autogenous cortical bone particles was faster in bone grafting with CAPCs than in conventional bone grafting. The use of CAPCs offers cell-based bone regeneration therapy, affording complex bone regeneration across a wide area, and thus expanding the indications for dental implants. Also, it enables the content of particulate autogenous bone in the graft material to be reduced to as low as 40%, making the procedure less invasive, or enabling larger amounts of graft materials to be prepared. It may also be possible to dispense with the use of autogenous bone altogether in the future. The results suggest that CAPC grafting induces bone remodeling, thereby enhancing osseointegration and consequently reducing postoperative waiting time after dental implant placement. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bone.2012.02.631

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Immediate implant loading following computer-guided surgery

    Kazuho Yamada, Hideyuki Hoshina, Takanori Arashiyama, Megumi Arasawa, Yoshiaki Arai, Katsumi Uoshima, Mikako Tanaka, Shuichi Nomura

    JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH   55 ( 4 )   262 - 265   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Purpose: The aim of this study was to develop and apply a new method for easy intraoperative adjustment of a provisional fixed full-arch restoration, in order to allow immediate implant loading following computer-guided surgery, regardless of any implant positioning errors compared to the virtual planning.
    Methods: In accordance with the NobelGuide (TM) protocol, a provisional restoration for immediate loading of six maxillary implants was prepared prior to surgery. Because small shifts between the planned and the actual implant positions were to be expected, the provisional restoration was not fabricated directly on temporary cylinders as a conventional one-piece superstructure, but was divided into two portions: six custom made abutments and a long span fixed restoration which were left unconnected. After implantation, the custom abutments were attached to the six implants to be immediately loaded, and the superstructure was cemented simultaneously to all abutments using dual cure resin cement. After the excess cement was cleaned and polished, the superstructure was then reseated. Passive fit was achieved between implants and the superstructure.
    Conclusion: The superstructure described in this article can be easily seated and adjusted to accommodate any possible shifts in implant positioning occurring during computer-guided surgery. Through this method uneventful immediate implant loading can be achieved in a reasonable operative time. (C) 2010 Japan Prosthodontic Society. Published by Elsevier Ireland.

    DOI: 10.1016/j.jpor.2010.11.002

    Web of Science

    researchmap

  • Towards the establishment of a 3-D finite element model to investigate stress distribution around an implant under excessive load in a rat model: Optimal implant location and dimensions. 査読

    Takano R, Stegaroiu R, Nagasawa M, Uoshima K

    Romanian Journal of Stomatology   1   62 - 66   2011年

     詳細を見る

  • Analysis of patients visiting Niigata University Medical and Dental Hospital with chief complaints of dental metal allergy and/or dental focal infection in the previous 8 years. 査読

    Akiba Y, Tomizuka K, Kaku M, Kawasaki M, Nagasawa M, Takano R, Uoshima K

    The Indonesian Journal of Dental Research   1 ( 1 )   2011年

     詳細を見る

  • 新潟大学歯学部歯学科のカリキュラム評価 学習成果に関する卒業生の自己評価と教員評価の一致度による検討 査読

    小野和宏, 八木 稔, 大内章嗣, 魚島勝美, 藤井規孝, 林 孝文, 齋藤 功, 興地隆史, 前田健康

    日歯教誌   26 ( 1 )   49 - 57   2010年

     詳細を見る

  • 新潟大学歯学部における教員研修(FD)の概要と今後の方向性 査読

    安島久雄, 魚島勝美, 小野和宏, 藤井規孝, 井上 誠, 山村健介, 齋藤 功, 興地隆史, 高木律男, 前田健康

    日歯教誌   26 ( 3 )   349 - 353   2010年

     詳細を見る

  • Comparison of two methods for testing restored tooth failure resistance 招待 査読

    Juan Marcelo, Rosales Rocabado, Roxana Stegaroiu, Farhana Sharmin, Eriko Kitamura, Al-amin Bhuiyan, Kouichi Kurokawa, Katsumi Uoshima

    Revista Romana de Stomatologie   55 ( 3 )   218 - 224   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Influence of heat stress to matrix on bone formation

    Keiko Yoshida, Katsumi Uoshima, Kimimitsu Oda, Takeyasu Maeda

    Clinical Oral Implants Research   20 ( 8 )   782 - 790   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives: It is important to know the etiology of implant failure. It has been reported that heat stress during drilling was one of the causes for failure and the threshold was 47°C. However, clinically, we encounter cases in which overheating does not seem to affect osseointegration eventually. The purpose of this study was to assess histologically the spatio-temporal effect of heat stress on bone formation after overheating the bone matrix. Material and methods: Rat calvarial bone was heated to 37°C, 43°C, 45°C and 48°C for 15 min by a temperature stimulator. Paraffin sections were prepared 1, 3 and 5 weeks after heating and investigated histologically under light microscopy. Hematoxylin and eosin staining, alkaline phosphatase (ALP), osteopontin (OPN), heat shock protein 27 (Hsp27) and heat shock protein 70 (Hsp70) immunohistochemistry and tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP) enzyme histochemistry were carried out. The area of dead osteocytes was calculated and statistically analyzed. Apoptotic osteocytes were detected by the terminal deoxynucleotidyltransferase-mediated dUTP nick end-labeling (TUNEL) method. Results: Along with the temperature increase, the area of dead osteocytes increased and regeneration of the periosteal membrane was delayed. Hsps- and TUNEL-positive cells were only seen in the 48°C group. Spatio-temporal changes of TRAP- and ALP-positive cell numbers were observed, while OPN expression was mostly absent. Even after 48°C stimulation, bone formation on the calvarial surface was observed after 5 weeks. Conclusions: Although there was a temperature-dependent delay in bone formation after heat stress, the 48°C heat stress did not obstruct bone formation eventually. This delay was probably caused by slow periosteal membrane regeneration. © 2009 John Wiley and Sons A/S.

    DOI: 10.1111/j.1600-0501.2009.01654.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Influence of heat stress to matrix on bone formation.

    Yoshida Keiko, Uoshima Katsumi, Oda Kimimitsu, Maeda Takeyasu

    Clin Oral Implants Res   20 ( 8 )   782 - 790   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: It is important to know the etiology of implant failure. It has been reported that heat stress during drilling was one of the causes for failure and the threshold was 47 degrees C. However, clinically, we encounter cases in which overheating does not seem to affect osseointegration eventually. The purpose of this study was to assess histologically the spatio-temporal effect of heat stress on bone formation after overheating the bone matrix. MATERIAL AND METHODS: Rat calvarial bone was heated to 37 degrees C, 43 degrees C, 45 degrees C and 48 degrees C for 15 min by a temperature stimulator. Paraffin sections were prepared 1, 3 and 5 weeks after heating and investigated histologically under light microscopy. Hematoxylin and eosin staining, alkaline phosphatase (ALP), osteopontin (OPN), heat shock protein 27 (Hsp27) and heat shock protein 70 (Hsp70) immunohistochemistry and tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP) enzyme histochemistry were carried out. The area of dead osteocytes was calculated and statistically analyzed. Apoptotic osteocytes were detected by the terminal deoxynucleotidyltransferase-mediated dUTP nick end-labeling (TUNEL) method. RESULTS: Along with

    DOI: 10.1111/j.1600-0501.2008.01654.x

    PubMed

    researchmap

  • 新潟大学歯学部歯学科の新教育課程とその評価 査読

    小野和宏, 八木 稔, 大内章嗣, 魚島勝美, 林 孝文, 齋藤 功, 興地隆史, 前田健康, 山田好秋

    新潟歯誌   39 ( 1 )   29 - 40   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Detailed Process of Bone Remodeling After Achievement of Osseointegration in a Rat Implantation Model

    Maiko Haga, Noritaka Fujii, Kayoko Nozawa-Inoue, Shuichi Nomura, Kimimitsu Oda, Katsumi Uoshima, Takeyasu Maeda

    Anatomical Record-Advances in Integrative Anatomy and Evolutionary Biology   292 ( 1 )   38 - 47   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Osseointegration is regarded as the most appropriate implant-bone interface in dental implantation. However, damaged bone with empty osteocytic lacunae driven by implant cavity preparation remains even after the completion of osseointegration. Although previous studies have suggested the occurrence of bone remodeling around implants, information on its detailed process is meager. Our study aimed to examine the fate of bone around titanium implants after the establishment of osseointegration on an animal model using the rat maxilla. Titanium implants were inserted into prepared bone cavities of the rat maxilla. Bone formation and maturation processes were evaluated by double staining for alkaline phosphatase and tartrate-resistant acid phosphatase, immunohistochemistry for bone matrix proteins, vital staining with calcein, and elemental mapping with an electron probe microanalyzer. Bone with empty osteocytic lacunae or pyknosis remained between the intact preexisting and newly formed woven bones at post 1 month. It gradually decreased to disappear completely by active bone remodeling with a synchronized coordination of alkaline phosphatase-positive osteoblasts and tartrate-resistant acid phosphatase-reactive osteoclasts at post 3 months, thickening to be replaced by compact bone. Dynamic labeling showed two clear lines in the newly formed bone around the implant through this experimental period. Electron probe microanalyzer analysis demonstrated chronologically increased levels of Ca and P in the newly formed bone identical to those in the surrounding bone at post 2.5 months. These findings indicate that continuous bone remodeling after the achievement of osseointegration causes replacement of the damaged bone by compact bone as well as an improvement in bone quality. Anat Rec,292:38-47, 2009. (c) 2008 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/ar.20748

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • デンタルインプラントの臨床

    魚島 勝美, 藤井 規孝, 吉田 恵子, 長澤 麻沙子

    新潟歯学会雑誌   38 ( 1 )   1 - 14   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • Histological evaluation on bone regeneration of dental implant placement sites grafted with a self-setting α-tricalcium phosphate cement 査読

    Masayoshi Nakadate, Masayoshi Nakadate, Norio Amizuka, Norio Amizuka, Minqi Li, Paulo H.L. Freitas, Kimimitsu Oda, Kimimitsu Oda, Shuichi Nomura, Katsumi Uoshima, Takeyasu Maeda, Takeyasu Maeda

    Microscopy Research and Technique   71 ( 2 )   93 - 104   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to evaluate the histological characteristics of the new bone formed at dental implant placement sites concomitantly grafted with a self-setting tricalcium phosphate cement (BIOPEX-R?). Standardized defects were created adjacent to the implants in maxillae of 4-week-old male Wistar rats, and were concomitantly filled with BIOPEX-R?. Osteogenesis was examined in two sites of extreme clinical relevance: (1) the BIOPEX-R?-grafted surface corresponding to the previous alveolar ridge (alveolar ridge area), and (2) the interface between the grafting material and implants (interface area). At the alveolar ridge area, many tartrate-resistant acid phosphatase (TRAPase)-reactive osteoclasts had accumulated on the BIOPEX-R? surface and were shown to migrate toward the implant. After that, alkaline phosphatase (ALPase)-positive osteoblasts deposited new bone matrix, demonstrating their coupling with osteoclasts. On the other hand, the interface area showed several osteoclasts initially invading the narrow gap between the implant and graft material. Again, ALPase-positive osteoblasts were shown to couple with osteoclasts, having deposited new bone matrix after bone resorption. Transmission electron microscopic observations revealed direct contact between the implant and the new bone at the interface area, although few thin cells could still be identified. At both the alveolar ridge and the interface areas, newly formed bone resembled compact bone histologically. Also, concentrations of Ca, P, and Mg were much alike with those of the preexistent cortical bone. In summary, when dental implant placement and grafting with BIOPEX-R? are done concomitantly, the result is a new bone that resembles compact bone, an ideal achievement in reconstructive procedures for dental implantology. ? 2007 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/jemt.20532

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Staff recruitment, development and global mobility

    E. Corbet, J. Akinwade, R. Duggal, G. Gebreegziabher, H. Hirvikangas, D. Hysi, L. Katrova, T. Karaharju-Suvanto, C. McGrath, K. Ono, M. Radnai, E. Schwarz, J. Scott, J. -L. Sixou, U. Soboleva, K. Uoshima, K. Yaneva-Ribagina, C. Fox

    EUROPEAN JOURNAL OF DENTAL EDUCATION   12   149 - 160   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    This paper considers issues that relate to staff recruitment, staff development and global mobility of dental academics. Published literature, which has a North American bias, is reviewed. Recommendations, which may be applicable world-wide, are made to address evident and pertinent areas of concern in terms of the availability of quality dental teaching staff in dental teaching institutions so as to sustain the global dental academic enterprise at appropriately high levels of achievement.

    DOI: 10.1111/j.1600-0579.2007.00496.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 生涯学習力に対するPBLチュートリアルの効果 査読

    小野和宏, 八木 稔, 大内章嗣, 魚島勝美, 安島久雄, 林 孝文, 齋藤 功, 興地隆史, 前田健康

    日歯教誌   24 ( 1月2日 )   145 - 149   2008年

     詳細を見る

  • An evaluation of problem-based learning course at Niigata University Faculty of Dentisitry 招待 査読

    Maeda T, Ono K, Ohuchi A, Hayashi T, Saito I, Okiji T, Uoshima K

    Dentistry in Japan   43   166 - 171   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 本院臨床研修歯科医採用試験におけるミニワークショップの効果

    小林 哲夫, 魚島 勝美, 藤井 規孝, 中島 貴子, 石崎 裕子, 小野 和宏, 宮崎 秀夫

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education   22 ( 3 )   281 - 288   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    本研究の目的は、臨床研修歯科医採用試験においてミニワークショップによる評価が有効か否かを検討することである。平成16年12月、新潟大学医歯学総合病院歯科医師臨床研修を希望する者35名を5グループに編成して自由討論を行わせ、5名の評価者がローテーションにより各グループ受験者の態度・コミュニケーション能力を評価した。その後、ミニワークショップによる評価の妥当性を探るためにアンケート調査(受験者・評価者対象)を実施して分析を行うとともに、各試験成績間およびこれらと1年間の臨床研修総括評価との相関について検索した。その結果、1)採用試験の一部としてのミニワークショップは運営上効率的であり、アンケート調査結果からミニワークショップは情意領域の評価に有効であることが示された。2)ミニワークショップ成績は小論文成績と正の相関を示したが、実技成績とは相関がなかった。3)ミニワークショップ成績は臨床研修における情意および認知領域での総括評価と強い正の相関を示した。以上より、ミニワークショップは臨床研修歯科医採用試験での臨床能力評価において有効であり、情意領域のみでなく認知領域の評価をもある程度代替できる可能性が示唆された。今後は評価基準の検討によりさらに信頼性を高める必要がある。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • Regenerative medical therapy and prosthodontics

    Katsumi Uoshima

    Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi   50   1 - 9   2006年1月

     詳細を見る

    The relation between prosthodontics and regenerative medical therapy was taken up as a theme at symposiums in the 112th and 113th scientific meeting of Japan Prosthodontic Society. In this article, these two symposiums are summarized, and academic conference presentations in the scientific meeting of Prosthodontic Society and the content of scientific papers published in the past 21 years are listed by theme, and how the academic society members had worked on themes such as basic medical research and regenerative medical therapy are verified. As a result, it is clarified that reports on biological research and research of regenerative medical therapy carried out from the prosthodontic viewpoint have increased in recent years. However, reports concerning biological findings on dental implants have not increased. It is shown that we have to think about the future direction again regarding the relations with recent regenerative medical therapy. In addition, the necessity of regenerative medical therapy in prosthodontic studies in the future is discussed including some personal opinions. The theme on which we have worked to date is not necessarily far from regenerative medical therapy, and research in the prosthodontic field will contribute to the development of regenerative medical therapy greatly if we appropriately adopt its concept and techniques. I hope that this article will have a good influence on the direction of research of academic society members, especially young members in the future.

    DOI: 10.2186/jjps.50.1

    PubMed

    researchmap

  • 歯科医学教育へのPBLテュートリアルの導入 査読

    小野和宏, 大内章嗣, 魚島勝美, 林 孝文, 西山秀昌, 安島久雄, 小林正治, 瀬尾憲司, 齋藤 功, 程 ?, 山田好秋, 前田健康

    日歯教誌   22 ( 1 )   58 - 71   2006年

     詳細を見る

  • Investigation of periodontal ligament reaction upon excessive occlusal load - Osteopontin induction among periodontal ligament cells

    Kaku, M., Uoshima, K., Yamashita, Y., Miura, H.

    Journal of Periodontal Research   40 ( 1 )   59 - 66   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: The purpose of the present study was to investigate the reaction of the periodontal ligament to excessive occlusal loading by observing the histological changes and osteopontin induction. The possibility of ligand for receptor activator of nuclear factor κB (RANKL) participation in osteopontin induction was also discussed. Background: The precise mechanism of periodontal ligament breakdown by excessive occlusal loading remains unclear. We established an experimental model for excessive occlusal loading in vivo. Osteopontin is known to be produced upon mechanical loading and is considered to induce the migration of osteoclasts to the resorption site. RANKL is one of the essential factors for osteoclast maturation and induces the constitutive induction of intracellular osteopontin in vitro. Methods: The occlusal surface of the upper left first molars of rats was raised by steel wire bonding in order to induce occlusal trauma. The destruction of the periodontal ligament was observed and the production of osteopontin and RANKL by periodontal ligament cells was detected via immunohistochemistry. Results: Our model produced wide-ranging destruction of the periodontal ligament. From day 3 to day 7, prominent compression of the periodontal ligament and osteoclast migration were observed at the apical interradicular septum. Osteopontin was detected in some osteoclasts, surrounding fibroblasts, and osteoblasts adjacent to the compression area. RANKL was observed from day 1 to day 7 around the osteoblasts and osteoclasts. Conclusions: Our model was useful for the detailed investigation of periodontal ligament breakdown during excessive occlusal loading. Although intracellular osteopontin was produced in osteoclasts with intermittent occlusal loading, the role of this protein in the cells was not clear. No correlation between RANKL distribution and osteopontin production in osteoclasts could be found. ? Blackwell Munksgaard 2004.

    DOI: 10.1111/j.1600-0765.2004.00773.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 歯学教育プログラムへのPBL教育の導入−南カリフォルニア大学歯学部における実態調査− 査読

    安島久雄, 小野和宏, 前田健康, 永田昌毅, 高木律男, 山田好秋, 興地隆史, 魚島勝美, 葭原明弘, 花田晃治

    日歯教誌   10 ( 1 )   166 - 173   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A histological evaluation of the involvement of Bio-Oss (R) in osteoblastic differentiation and matrix synthesis

    FI Tapety, N Amizuka, K Uoshima, S Nomura, T Maeda

    CLINICAL ORAL IMPLANTS RESEARCH   15 ( 3 )   315 - 324   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL MUNKSGAARD  

    This study was designed to investigate the responses of bone cells to a deproteinized bovine bone material, Bio-Oss(R) (Geistlich-Pharma, Wolhunsen, Switzerland), which was grafted in artificial bone defects of rat femurs. Standardized bone defects in the cortical bone of the right femurs were grafted with Bio-Oss(R) particles. Narrow penetrations were prepared on the bottom of the cavity, enabling osteogenic cells to migrate from the bone marrow. A defect in the left femur without Bio-Oss(R) was used as a control. The treated femurs were histochemically examined at 1, 3, 5, 7, and 14 days after the operation. At day 1, no osteogenic migration into the cavities occurred in either the control or experimental groups. At day 3, alkaline phosphatase (ALPase) immunohistochemistry showed a migration of the positive cells at the bottom of the cavities of the experimental groups, but not in the control ones. At day 5, new bone formation was recognized at the bottom of the cavity of both groups. In the experimental group, ALPase-positive cells were localized on Bio-Oss(R) and/or on the thin bone matrix that covered this material. The superficial layer of Bio-Oss(R) underlying the newly formed bone exhibited osteocalcin immunoreactivity. Transmission electron microscopy revealed osteoblasts depositing bone matrices - including collagen fibers - on the surface of Bio-Oss(R). At days 7 and 14, woven bone occupied the previous cavities of both control and experimental groups, accompanied by osteoclasts. Thus, Bio-Oss(R) appears to serve as a scaffold for osteogenic cells as well as to promote osteoblastic differentiation and matrix synthesis.

    DOI: 10.1111/j.1600-0501.2004.01012.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The effect of electrical potential on the penetration of metal ions through radicular dentin

    Sukontip Arwatchanakan, Katsumi Uoshima, Hidekazu Takahashi, Hiroyuki Miura

    Journal of Medical and Dental Sciences   51 ( 1 )   53 - 58   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: Electrical potential may facilitate the moving of corroded metal ions across radicular dentin to cause allergic reaction. This study was to investigate the effect of electrical potentials on the penetration of silver and copper ions through radicular dentin. Materials and Methods: Eighty-eight dentin discs were prepared from intact premolar teeth and placed between two containers of the model. One container was filled with copper and/or silver solution. Another container was filled with 0.9% sodium chloride solution. Five levels of electrical potential were applied to the model at 37°C for 1 and 24 hrs. Then silver and copper ions in sodium chloride solution were measured by ICP-ES. The data was analyzed by one-way ANOVA with Tukey comparison test and student's t-test (P &lt
    0.05). Results: The concentrations of metal ions significantly increased as the electrical potentials increased when above 250 mV were applied after 1 hr. The concentrations of silver ions were significantly greater than those of copper ions. Low concentrations of silver and copper ions were detected after 24 hrs at 125 mV level. Conclusions: These results suggest that the penetration of corroded silver and copper ions through radicular dentin caused by intraoral potential might be minimal.

    DOI: 10.11480/jmds.510107

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 新潟大学歯学部卒前教育における客観的臨床能力試験(OSCE)の導入. 査読

    興地隆史, 福島正義, 葭原明弘, 子田晃一, 小野和宏, 小林 博, 魚島勝美, 小山純市, 植田耕一郎, 高木律男, 前田健康, 花田晃治

    日歯教誌   18 ( 2 )   300 - 307   2002年

     詳細を見る

  • 5.3 Global challenges in research and strategic planning

    Bruce J. Baum, John Scott, Matthias Bickel, Giorgio Gombos, John S. Greenspan, Wei Guo, No-Hee Park, David Purdell-Lewis, Richard Ranney, Eli Schwarz, Greg Seymour, Katsumi Uoshima

    European Journal of Dental Education   6 ( 3 )   179 - 184   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Health sciences research is experiencing dramatic progress. How can dental schools throughout the world best make these research advances relevant for dental students, as well as providing them with the means to assess and utilize the research advances that will occur in the future? This complex question presents a critical challenge to the dental educational community. Research is clearly integral to the mission of dental education. By providing dental students with active learning strategies, dental educators can inculcate the ability for independent scientific thinking and thereby develop reflective as well as technically competent practitioners. However, there is a shortage of well-trained individuals to fill faculty and research positions in certain parts of the world. Global networks for mutual information exchange are imperative to overcome resource limitations in individual institutions, as is dedicated funding for research in the dental educational setting. © Blackwell Munksgaard, 2002.

    DOI: 10.1034/j.1600-0579.6.s3.24.x

    Scopus

    researchmap

  • Transcriptional regulation involving the intronic heat shock element of the rat hsp27 gene

    LF Cooper, K Uoshima, ZY Guo

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENE STRUCTURE AND EXPRESSION   1490 ( 3 )   348 - 354   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    While sequencing the first intron of the rat heat shock protein 27 gene (hsp27), we identified a consensus heat shock regulatory element (HSE). This intronic HSE (i-HSE) is conserved among mammalian hsp27 genes. The aim of this study was to investigate possible effects of this intronic HSE (i-HSE) on transcription from the rat hsp27 promoter. Gel mobility shift assays indicated that the i-HSE bound heat shock transcription factor 1 (HSF1) in a manner equivalent to that of HSE present in hsp27 promoter (p-HSE). The effect of i-HSE on transcription from the hsp27 promoter was evaluated using reporter constructs transiently transfected in the osteosarcoma cell line ROS17/2.8. When inserted 5' to a 145 bp fragment of the hsp27 promoter not containing p-HSE, a 215 bp fragment of hsp27 intron 1 containing i-HSE enhanced CAT activity and conferred heat shock-inducible activity to the construct. This intronic fragment containing i-HSE also enhanced CAT activity in either normal or heat-shocked culture conditions when inserted 3' to the CAT open reading frame. However, in chimeric reporter constructs with a 273 bp hsp27 promoter containing p-HSE directly 5' to CAT reporter, and with a 215 bp fragment containing i-HSE inserted 3' to the CAT open reading frame, transcription from hsp27 promoter was reduced under normal and heat-stressed culture conditions. Mutation of the i-HSE reversed this effect. Further study is required to define the mechanism by which the i-HSE-containing region of the hsp27 promoter may mediate negative regulation of hsp27 transcription. (C) 2000 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0167-4781(00)00005-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Investigation of metal allergy to constituent elements of intraoral restoration materials

    H. Hamano, K. Uoshima, W. P. Miao, T. Masuda, M. Matsumura, H. Hani, H. Kitazaki, M. Inoue

    K?k?by? Gakkai zasshi. The Journal of the Stomatological Society, Japan   65   93 - 99   1998年1月

     詳細を見る

    Allergies caused by metals have been increasing. The number of patients visiting dentists with the chief complaint of metal allergy has also been increasing. From March 1994 to February 1997, 263 patients who complained of various symptoms visited our allergy clinic. Among them, 184 patients were suspected to have allergy caused by metals in dental restoration materials and were referred to the patch test. Among 165 patients&#039;, 128 were positives for metal allergy. Constituent elements of intraoral metals were analyzed in 107 of these 128 positive patients. The findings were as follows: 1. The most common five elements acting on the patients were Hg, Co, Ni, Cr, and Pd. 2. The most frequently used elements of dental restoration metal materials were Zn, Ag, Cu, Au, and Pd, and the alloy was Au-Ag-Pd alloy. 3. The highest tendency of coincidence between allergen and intraoral metals were observed among Co-Cr-Ni alloys and Pd, Ni, and Cr elements. 4. In case of palmoplantar pustulosis, allergen metals tended to be the same as intraoral metal elements.

    DOI: 10.5357/koubyou.65.93

    PubMed

    researchmap

  • Modification of the Abbe flap for reconstruction of the vermilion tubercle and Cupid's bow in cleft lip patients 査読

    Tsuyoshi Takato, Yoshiyuki Yonehara, Takafumi Susami, Katsumi Uoshima

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery   54 ( 3 )   256 - 262   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: This article reports on the modification of the Abbe flap for correction of mild tightness of the corrected cleft lip deformity. Patients and Methods: Twelve patients with a moderately tight lip deformity, from 16 to 35 years old, underwent this procedure. Nine had a unilateral deformity and 3 a bilateral deformity. The flap, which was taken from the central portion of the lower lip vermilion, was designed to repair the vermilion tubercle and the Cupid's bow. A tiny portion of skin was included to facilitate closure of the donor site. It was inserted into the center of the upper lip and the pedicle was divided 1 week after operation. Results: Each patient showed a more natural contour of the vermilion tubercle and the Cupid's bow. The scarring of the donor site was inconspicuous. Conclusions: Use of modified Abbe flap to reconstruct the contour of the vermilion tubercle and the Cupid's bow makes the upper lip look more natural.

    DOI: 10.1016/S0278-2391(96)90735-1

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Correlative microscopic investigation of the interface between titanium alloy and the osteoblast-osteoblast matrix using mineralizing cultures of primary fetal bovine mandibular osteoblasts

    Paula K. Yliheikkil?, David A. Felton, S. William Whitson, Wallace W. Ambrose, Katsumi Uoshima, Lyndon F. Coope

    International Journal of Oral and Maxillofacial Implants   10   655 - 665   1995年1月

     詳細を見る

    ? 1997 Quintessence. In this study, the primary culture of bovine mandibular osteoblast cells in a microculture assay has been used to further investigate the interaction of mineralizing osteoblast cultures with implant surfaces by using correlative microscopic techniques. Rapid differentiation and mineralization of osteoblast cultures grown on titanium alloy surfaces was observed. The successful short-term culture of mineralizing mandibular osteoblasts on titanium alloy surfaces occurred without the formation of a tenacious adhesive interface between the alloplastic material and the multilayered cell culture.

    PubMed

    researchmap

  • Differential estrogenic regulation of small M(r) heat shock protein expression in osteoblasts

    L. F. Cooper, K. Uoshima

    Journal of Biological Chemistry   269   7869 - 7873   1994年1月

     詳細を見る

    Polymerase chain reaction amplification and sequencing of heat shock protein (HSP) 27-related transcripts present in cDNAs generated from heat- shocked osteoblast RNA revealed the expression of three related open reading frames that encode proteins of 208, 197, or 175 amino acids. Their expression as recombinant proteins in Escherichia coli demonstrated that they encode 27,000, 25,000, or 22,000 M(r) proteins. Northern blot analysis of heat shock protein 27-related transcript expression revealed that, while HSP 27 expression (850-nucleotide transcript) was induced by heat shock alone, the expression of a smaller transcript was facilitated by estrogen treatment prior to heat shock. This corresponded with the co-induction of 18,000 and 22,000 M(r) proteins by estrogen-pretreated, heat-shocked osteoblasts as revealed by fluorography. The identification of these multiple small M(r) heat shock-induced proteins demonstrated that the stress response of mammalian cells is composed of multiple, related proteins whose expression is differentially regulated. The importance of estrogen-regulation of the small M(r) heat shock protein component of the stress response may be of particular significance to osteoblast physiology.

    PubMed

    researchmap

  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A RAT HSP-27 GENE

    K UOSHIMA, B HANDELMAN, LF COOPER

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   197 ( 3 )   1388 - 1395   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS  

    A gene encoding the rat heat shock protein 27 protein was isolated and characterized. The gene is composed of three exons and two introns. The proximal 5′ untranslated region of this gene contains consensus heat shock elements, multiple SP1 sites, and basal regulatory elements including a CCAAT box and a TATA box. Comparison of this heat shock gene with the murine heat shock protein 25 and human heat shock protein 27 genes revealed the conserved presence of a putative heat shock element in the first intron of these mammalian small Mrheat shock protein genes. While preliminary expression studies indicate the promoter directs heat shock induced expression of heat shock protein 27, the functional signficance of the intronic heat shock element to the expression of this gene remains to be determined. ? 1993 Academic Press, Inc.

    DOI: 10.1006/bbrc.1993.2631

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Histological investigation of improvement of mandibular atrophy for application of hydroxyapatite dental implant

    K. Uoshima

    K?k?by? Gakkai zasshi. The Journal of the Stomatological Society, Japan   56   314 - 346   1989年1月

     詳細を見る

    The purpose of this study was to investigate the possibility of applying the hydroxyapatite dental implant to the atrophic mandible after alveolar ridge augmentation using hydroxyapatite granules. The lower P3, P4 and M1 of 3 mongrel dogs were extracted. At 30 weeks, alveolar ridge augmentation was performed with porous hydroxyapatite granules. Sixteen weeks later, hydroxyapatite dental implants were applied to the area. And 4 weeks later, the specimens were taken out and fixed by 10% formalin alcohol. They were embedded in polyester resin and prepared into undecalcified sections. And the sections were stained with toluidine blue to observe the surrounding tissue of the dental implants histologically under light microscopy. RESULTS: 1) Bone formation was seen in most part of the intergranular spaces. However, in the buccal area, there were some spaces in which bone formation was entirely not observed. 2) At 4 weeks after implantation, almost all of the surface of the hydroxyapatite dental implants was attached to the surrounding osseous tissues. But in some parts of the implant surface, especially the buccal, fibrous connective tissue was seen. 3) These results provide a basis for the technique of hydroxyapatite dental implantation with porous hydroxyapatite granules in the atrophic mandibles after alveolar ridge augmentation.

    DOI: 10.5357/koubyou.56.314

    PubMed

    researchmap

  • Apatite 2-piece implant. Part III. Clinical trial

    M. Ogiso, H. Kaneda, M. Shiota, T. Mitsuwa, H. Wakuda, S. Aikawa, K. Uoshima, T. Masuda, R. Kaneda, K. Tomizuka

    Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi   32   523 - 533   1988年1月

▶ 全件表示

MISC

  • 超平滑チタン基板を用いたチタン結合タンパク質の探索

    竹内陽香, 秋葉陽介, 照沼美穂, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 歯科金属アレルギーによる乾癬発症の可能性探索

    高岡 由梨那, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 青柳 裕仁, 竹内 陽香, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   49 ( 2 )   83 - 84   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 本学歯学部学生の歯冠修復学実習における支台歯形成自己評価能力について

    長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 秋葉 陽介, 加来 賢, 青柳 裕仁, Rosales Rocabado J.M., 江口 香里, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   38回   94 - 94   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【海外の基礎研究はインプラント治療をどう変えたか?:From Bench to Clinic】オッセオインテグレーションの獲得に関わる骨代謝とコラーゲン架橋

    加来 賢, 井田 貴子, 長澤 麻沙子, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌   32 ( 2 )   108 - 115   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    デンタルインプラントにおける術前検査と埋入プロトコルが確立されつつある現在では,その長期予後をいかにして予測し,これを維持するかが新たな課題となっている.長らく歯科界でインプラント適用時の判断基準として使われてきた概念,すなわちインプラント埋入部位の骨量と骨密度を基にした分類は,インプラントの初期固定と骨の力学的支持能力を評価する際に効果的であることは明白である.しかしながら,整形外科領域で診断根拠として用いられる"骨質"は,骨の機械的強度に影響を及ぼす因子の中でも骨密度以外の要素を指し,時に歯科で使われる"骨質"とは全く異なる概念である.整形外科領域で使われる"骨質"の代表的な要素の一つであるコラーゲン架橋は,コラーゲン生合成の過程において細胞内外で生じる一連の翻訳後修飾の結果として形成される分子間架橋であり,その量や構成比が組織の機械的特性に寄与していることが知られている.また,近年の研究から,組織中のコラーゲン架橋は細胞活性を制御することが報告されており,骨組織中のコラーゲン架橋は組織の機械的強度に影響を及ぼすだけでなく,局所的な骨代謝回転を制御する因子としても機能していると考えられる.本総説では骨質の一要素でもあるコラーゲン架橋の新たな機能と,そのインプラント治療における臨床的意義および将来的な展望について紹介する.(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 金属アレルギー診療update 金属アレルギーと扁平苔癬:歯科の立場から

    秋葉陽介, 魚島勝美

    Monthly Book Derma.   ( 282 )   61‐66   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【金属アレルギー診療update】金属アレルギーと扁平苔癬 歯科の立場から

    秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Derma.   ( 282 )   61 - 66   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    歯科において治療対象となる扁平苔癬は口腔扁平苔癬である。口腔扁平苔癬は原因不明の難治性疾患で、潜在性悪性疾患と認識されている。頬、歯肉、舌、口唇などの口腔粘膜に発症し、白色の角化性病変を基本とするが、進行により紅斑を呈し、びらんを生ずることもある。重篤化すると疼痛により摂食困難となる。歯科的対応としては症状の軽減を目的とした口腔衛生指導、含嗽、ステロイド局所塗布などが実施されている。金属アレルギーの関与、金属除去の効果について、現段階では水銀以外は口腔扁平苔癬発症・症状軽快との関連に明確なエビデンスは存在していないとされている。しかし口腔衛生指導、ステロイド局所塗布が奏効しなかった症例において、金属除去によって粘膜症状が軽快した症例も報告されている。(著者抄録)

    researchmap

  • 乾癬の病態機構に対する歯科金属アレルギー関与の可能性の探究

    高岡 由梨那, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, 江口 香里, 竹内 陽香, 魚島 勝美

    日本歯科医学会誌   38   59 - 59   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乾癬の病態機構に対する歯科金属アレルギー関与の可能性の探究

    高岡 由梨那, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, 江口 香里, 竹内 陽香, 魚島 勝美

    日本歯科医学会誌   38   59 - 59   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    researchmap

  • 補綴医に贈る再生医療の話(第4回) 骨・歯根膜の再生と力 補綴的意義を探る

    魚島 勝美, 加来 賢, 長澤 麻沙子

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 1 )   14 - 19   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    補綴治療と力のコントロールは切っても切れない関係にある。意識するしないにかかわらず、補綴治療に伴って起こる可能性のある生物学的変化は、治療の予後に大きく影響する。ところが、力による骨吸収や骨添加の可能性とその生物学的背景、歯根膜の恒常性維持や再生と力との関係についてはその詳細が明確になっていない。本稿では、現状で解明されているこれら基礎的背景を簡単に紹介する。骨の再生と力の項では、両者の密接な関係を疑わせる臨床的所見を文献と共にいくつか紹介する。歯根膜の再生と力の項では、歯根膜組織構成要素の特異性と臨床的な意義を文献と共に紹介する。以って、将来の補綴治療成績向上に資することを期待したい。(著者抄録)

    researchmap

  • 歯根膜発生過程における細胞周期動態のin vivo解析

    井田貴子, 加来賢, 水越優, 北見公平, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   11   250 (WEB ONLY)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨・歯根膜の再生と力 ‐補綴的意義を探る‐

    魚島勝美, 加来賢, 長澤麻沙子

    日本補綴歯科学会誌(Web)   11 ( 1 )   14‐19(J‐STAGE)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2186/ajps.11.14

    J-GLOBAL

    researchmap

  • SiC繊維に対するシラン処理がSiC繊維強化型レジンの曲げ強さに及ぼす影響

    高昇将, 青柳裕仁, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   48 ( 2 )   122‐123   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • SiC繊維に対するシラン処理がSiC繊維強化型レジンの曲げ強さに及ぼす影響

    高 昇将, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   48 ( 2 )   122 - 123   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 下顎小児線維腫症術後の骨欠損に対し骨延長,インプラント治療により機能再建した1例

    今井秀明, 星名秀行, 上松晃也, 山田一穂, 小川信, 魚島勝美, 高木律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   17 ( 3 )   185   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔疾患と慢性炎症 11 歯科金属アレルギーと全身所見

    魚島勝美, 秋葉陽介, 長澤麻沙子

    Bio Clinica   55‐59   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正的歯の移動時のマウス歯根膜における増殖/静止期細胞の局在

    水越 優, 加来 賢, 北見 公平, 井田 貴子, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   77回   231 - 231   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 【口腔疾患と慢性炎症】歯科金属アレルギーと全身所見

    魚島 勝美, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子

    別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   7 ( 3 )   55 - 59   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    歯科に用いられている各種合金が金属アレルギーの原因となり得ることが知られている。ところが、臨床的にはその存在がほぼ確実であるにもかかわらず、基礎研究や臨床研究の遅れにより、明確な診断・治療方法は見出されていない。歯科金属アレルギーはそのほとんどが全身性接触皮膚炎として病態を現す。今後は病態と金属の種類ごとにその発症メカニズムを解明し、診断・治療に資する成果が求められている。本稿ではその歴史、実態、代表的症状と現状での問題点を概説し、歯科金属アレルギーに関する理解を深める一助としたい。(著者抄録)

    researchmap

  • 上顎無歯顎インプラントオーバーデンチャーの経過不良症例に対して骨造成と固定性補綴装置の適用が有効であった1例

    上松 晃也, 星名 秀行, 荒井 良明, 永田 昌毅, 山田 一穂, 今井 秀明, 小川 信, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   48回   197 - 197   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 能動的学習法を用いた新たな冠ブリッジ実習プログラム

    長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 秋葉 陽介, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37回   83 - 83   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移植骨と移植部位に骨質が与える影響に関する組織学的研究(A histological investigation on the influences of bone quality on transplanted bone and recipient site)

    スリマン・ムバラク, 長澤 麻沙子, アルオマリ・ファラ, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   10 ( 特別号 )   242 - 242   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • インプラントアバットメントスクリューの締め付けトルクが辺縁骨に及ぼす影響(The Influence of Abutment Screw tightening on Marginal Bone of Dental Implant)

    アルオマリ・ファラ, 長澤 麻沙子, スリマンム・バラク, 浜谷 佳佑, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   10 ( 特別号 )   239 - 239   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • チタン表面の規格化ナノ構造形成による周辺細胞制御技術とこれを応用した次世代インプラントの開発

    秋葉 陽介, 魚島 勝美, 塩澤 茉由子, 水野 潤

    日本歯科医学会誌   37   59 - 59   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    researchmap

  • インプラント治療における偶発症・続発症とそのリカバリー 下顎骨臼後管の損傷による合併症 出血および神経障害について

    星名 秀行, 勝見 祐二, 山田 一穂, 上松 晃也, 今井 秀明, 魚島 勝美, 高木 律男, 金丸 祥平, 小田 陽平, 小林 正治

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   16 ( 3 )   167 - 167   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 再生医療新法施行後の骨再生療法の実施現況と包括的施用基準確立の取り組み

    魚島 勝美, 星名 秀行, 永田 昌毅, 山田 一穂, 小川 信, 上松 晃也, 今井 秀明, 高木 律男

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   47回   P - 2   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム

    竹石龍右, 加来咲子, 天雲太一, 冨士岳志, 三村純代, 首藤崇裕, 石田陽子, 秋葉奈美, 魚島勝美, 小野和宏, 高橋信博, 二川浩樹, 加藤功一, 佐々木啓一, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36th   125   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発―第4報―

    秋葉奈美, 天雲太一, 冨士岳志, 首藤崇裕, 小野和宏, 吉羽邦彦, 二川浩樹, 津賀一弘, 田地豪, 加藤功一, 佐々木啓一, 魚島勝美, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36th   118   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科金属アレルギーに対する治療関連データを用いたアレルギー症状発症原因因子の検討

    高岡 由梨那, 宮 福子, 長澤 麻沙子, 秋葉 奈美, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   9 ( 特別号 )   150 - 150   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • コラーゲン架橋構造がラットのオッセオインテグレーションに与える影響について(Collagen cross-link deficiency might influence osseointegration of the implant in rat)

    スリマン・ムバラク, 長澤 麻沙子, 水嶌 一尊, アルオマリー・ファラ, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   9 ( 特別号 )   156 - 156   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯科金属アレルギーに対する治療関連データを用いたアレルギー症状発症原因因子の検討

    高岡由梨那, 宮福子, 長澤麻沙子, 秋葉奈美, 秋葉陽介, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   9   2017年

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部における骨増生の臨床的検討

    上松晃也, 星名秀行, 山田一穂, 小川信, 永田昌毅, 長谷部大地, 長谷部大地, 荒井良明, 荒井良明, 高木律男, 小林正治, 小林正治, 魚島勝美, 魚島勝美

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   15 ( 3 )   224   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 加熱によるデンタルインプラント除去法の有効性検証

    河村 篤志, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 高嶋 真樹子, 永井 康介, 山崎 裕太, 荒井 良明, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集   46回   O - 12   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • IGFBP-3はBMP-2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口 香里, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, Cooper Lyndon, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   259 - 259   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム―平成26~27年度の実績―

    竹石龍右, 加来咲子, 天雲太一, 竹内裕尚, 三村純代, 首藤崇裕, 石田陽子, 秋葉奈美, 魚島勝美, 小野和宏, 高橋信博, 二川浩樹, 佐々木啓一, 菅井基行, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   35th   99   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 疾患統合模型を用いた卒業時歯科臨床技能評価方法の開発

    秋葉奈美, 小野和宏, 吉羽邦彦, 加来咲子, 竹石龍右, 魚島勝美, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   35th   135   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発―第3報―

    田地豪, 天雲太一, 竹内裕尚, 秋葉奈美, 三村純代, 首藤崇裕, 二川浩樹, 津賀一弘, 小野和宏, 吉羽邦彦, 魚島勝美, 前田健康, 佐々木啓一, 菅井基行

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   35th   82   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 機能特化プライミング細胞カクテルによる多面的骨形成法

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   151 - 151   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • SDF-1/CXCR4による歯根膜への骨髄由来細胞の誘導

    加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocavado J.M., 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   237 - 237   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • IGFBP-3はBMP-2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口香里, 秋葉陽介, 秋葉奈美, 長澤麻沙子, COOPER Lyndon, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   8   2016年

     詳細を見る

  • 機能特化プライミング細胞カクテルによる多面的骨形成法

    秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   8   2016年

     詳細を見る

  • SDF-1/CXCR4による歯根膜への骨髄由来細胞の誘導

    加来賢, 北見恩美, ROCAVADO JM Rosales, 井出貴子, 秋葉陽介, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   8   2016年

     詳細を見る

  • IGF binding protein 3はBMP 2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口 香里, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 水嶌 一尊, クーパー・リンドン, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   107 - 107   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 加熱によるデンタルインプラント除去法の有効性検証

    河村 篤志, 荒井 良明, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 高嶋 真樹子, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   107 - 108   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 小児期の上顎肉腫治療後の上顎骨劣成長に外科矯正,インプラント義歯を適用した1例

    山田一穂, 星名秀行, 勝見祐二, 永田昌毅, 福井忠雄, 児玉泰光, 上松晃也, 小川信, 小林正治, 魚島勝美, 高木律男

    Jpn J Maxillo Facial Implant   14 ( 3 )   191   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発―第2報―

    魚島勝美, 天雲太一, 竹内裕尚, 小野和宏, 吉羽邦彦, 秋葉奈美, 二川浩樹, 津賀一弘, 田地豪, 首藤崇裕, 三村純代, 三村純代, 菅井基行, 佐々木啓一, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th   81   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 総合模型実習におけるルーブリックを用いた評価とその信頼性検討

    秋葉奈美, 長澤麻沙子, 小野和宏, 秋葉陽介, 前田健康, 魚島勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th   84   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正的歯の移動における歯根膜中のコラーゲン修飾酵素の発現

    北見 公平, 加来 賢, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   73回   197 - 197   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 多機能性エピジェネティクス化合物による骨増成法への多面的アプローチ

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, 北見 恩美, マルセロ・ロサレス, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   264 - 264   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯根膜には大腿骨骨髄に由来する幹細胞が存在する

    加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocabado Juan Marcelo, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   104 - 104   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発

    天雲太一, 竹内裕尚, 島内英俊, 小野和宏, 吉羽邦彦, 藤井規孝, 石田陽子, 二川浩樹, 津賀一弘, 田地豪, 菅井基行, 佐々木啓一, 前田健康, 魚島勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   33rd   71   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 培養自家骨膜シートを用いた歯槽骨再生療法の臨床試験

    小川信, 永田昌毅, 星名秀行, 山田一穂, 上松晃也, 川瀬知之, 吉江弘政, 魚島勝美, 高木律男

    新潟歯学会雑誌   43 ( 2 )   162 - 163   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 無歯顎患者の顎関節脱臼を伴った下顎骨骨折治療にコンピューターガイドデッドサージェリーの手法を応用した1例

    山田 一穂, 勝見 祐二, 安島 久雄, 星名 秀行, 小川 信, 上杉 崇史, 西川 敦, 五十嵐 友樹, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   12 ( 3 )   157 - 157   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 造成骨生着困難な硬化性下顎骨に対して培養自家骨膜移植を併用して骨造成を行った1例

    小川 信, 星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 上杉 崇史, 荒井 良明, 小林 正治, 高木 律男, 魚島 勝美

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   12 ( 3 )   117 - 117   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • HDACi処理細胞移植による骨増成法の検討

    江口 香里, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 北見 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   189 - 189   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 歯根膜における骨髄由来細胞の局在と幹細胞マーカーの発現

    加来 賢, 北見 恩美, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   134 - 134   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 移植細胞の初期動態とストレスタンパク質HSP27導入による影響

    北見 恩美, 加来 賢, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   155 - 155   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部開設後6年間における入院症例の臨床的検討

    小川信, 星名秀行, 山田一穂, 勝見祐二, 上杉崇史, 藤井規孝, 荒井良明, 久保田健彦, 小林正治, 櫻井直樹, 田中裕, 永田昌毅, 嵐山貴徳, 齊藤力, 高木律男, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   43 ( 1 )   77 - 78   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラットの骨治癒に及ぼすバルプロ酸(VPA)の効果(Effect of Valproic Acid (VPA) on Bone Healing in Rat)

    Rashid Md. Mamunur, Akiba Yosuke, Kaku Masaru, Akiba Nami, Uoshima Katsumi

    新潟歯学会雑誌   43 ( 1 )   74 - 74   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 移植細胞の初期動態とHSP27過剰発現骨芽細胞に関する分析

    北見 恩美, 加来 賢, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   43 ( 1 )   73 - 74   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 各種HDACiが骨分化能、骨形成能に与える影響に関する研究

    江口 香里, 秋葉 奈美, Rosales Juan Marcelo, 野澤 恩美, 加来 賢, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   5 ( 特別号 )   275 - 275   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • ジルコニア製インプラントドリルの生物学的評価に関する研究

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, Rosales Juan Marcelo, 野澤 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   5 ( 特別号 )   167 - 167   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 歯根膜における骨髄由来細胞の局在と幹細胞マーカーの発現

    加来 賢, 野澤 恩美, Rosales Juan Marcelo, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   5 ( 特別号 )   222 - 222   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 移植細胞の初期動態とHSP27の導入による細胞移植法の検討

    野澤 恩美, 加来 賢, Rosales Juan Marcelo, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   5 ( 特別号 )   248 - 248   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • ラットにおけるHDACI全身投与による骨形成促進作用の検討

    秋葉 陽介, ラシッド・マムヌール, 秋葉 奈美, 野澤 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   5 ( 1 )   E128 - E128   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 平成22年度授業改善プロジェクト(臨床歯学演習)報告

    秋葉 陽介, 魚島 勝美

    新潟大学高等教育研究   1 ( 1 )   61 - 65   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学教育・学生支援機構  

    良質な歯科医療には適切な診断、治療計画、治療技術が不可欠である。新潟大学歯学部では臨床教育において早期臨床実習、統合型PBL、総合模型実習、参加実践型臨床実習を行っているが、ーロ腔単位での治療計画立案の機会は十分とはいえない。本演習は、治療計画の立案能力養成を目的に、実際の症例からデータを提供、学生は治療計画立案し、アドバイザーは治療計画の妥当性を評価、助言し、学生は助言を基に再度立案を行う。演習効果について演習終了後にアンケート調査を行う。本演習を通して治療計画立案の基礎を習得、治療方針の多様性に触れ、卒後歯科医師臨床研修における包括的診療能力の獲得と、各実習の有機的連携を期待する。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/24051

  • HDACi処理細胞移植による骨増成法の検討

    江口香里, 秋葉陽介, 秋葉陽介, 秋葉奈美, 秋葉奈美, 北見恩美, 北見恩美, 加来賢, 魚島勝美, 魚島勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • 移植細胞の初期動態とストレスタンパク質HSP27導入による影響

    北見恩美, 北見恩美, 加来賢, 井田貴子, 秋葉陽介, 秋葉陽介, 魚島勝美, 魚島勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • 歯根膜における骨髄由来細胞の局在と幹細胞マーカーの発現

    加来賢, 北見恩美, 井田貴子, 秋葉陽介, 秋葉陽介, 魚島勝美, 魚島勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

  • 高度顎堤萎縮に対して培養骨膜細胞を併用した腸骨移植後にインプラントを適用した1例

    山田一穂, 星名秀行, 永田昌毅, 勝見祐二, 小川信, 上杉崇史, 魚島勝美, 高木律男

    Jpn J Maxillo Facial Implant   11 ( 3 )   145   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔腫瘍切除後インプラント治療による機能再建

    星名秀行, 山田一穂, 勝見祐二, 小川信, 魚島勝美, 永田昌毅, 池田順行, 嵐山貴徳, 高木律男

    新潟医学会雑誌   126 ( 9 )   504   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 機械的刺激に誘導されるコラーゲン修飾酵素が歯根膜組織に及ぼす影響

    加来 賢, 野澤 恩美, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2012   156 - 156   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化阻害剤全身投与による骨形成促進作用の検討

    秋葉 陽介, 野澤 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2012   164 - 164   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • HDACIによる骨代謝制御機構を応用した骨造成法

    秋葉 陽介, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本歯科医師会雑誌   65 ( 5 )   620 - 620   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 機械的刺激によるコラーゲン翻訳後修飾を介した歯根膜組織安定化機構

    加来 賢, 野澤 恩美, Rosales J.M. Marcelo, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本歯科医師会雑誌   65 ( 5 )   617 - 617   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本歯科医師会  

    researchmap

  • 一口腔単位での問題発見・解決能力の涵養を目的とした治療方針立案演習

    秋葉 陽介, 加来 賢, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   31回   68 - 68   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部における開設後5年間の実績

    山田一穂, 星名秀行, 勝見祐二, 小川信, 藤井規孝, 荒井良明, 富塚健, 久保田健彦, 小林正治, 櫻井直樹, 田中裕, 田口裕哉, 吉田恵子, 嵐山貴徳, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   64   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 培養自家骨膜細胞シートを用いた歯槽骨再生臨床試験~骨形成と骨吸収の協調的な活性化~

    永田昌毅, 星名秀行, 上松晃也, 小川信, 川瀬知之, 奥田一博, 魚島勝美, 中田光, 吉江弘正, 高木律男

    再生医療   11   179   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 卵巣摘出ラットにおける荷重下インプラント周囲骨の組織学的観察

    長澤麻沙子, 高野遼平, 前田健康, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   121st   77   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラットにおけるHDACI全身投与による骨再生

    秋葉 陽介, ラシッド・マムヌール, 秋葉 奈美, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   4 ( 特別号 )   198 - 198   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 留学生交流支援制度(ショートステイ・ショートビジット)プログラムによる歯学部学生の海外派遣

    魚島勝美, 宮崎秀夫, 小野和宏, 興地隆史, 大内章嗣, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   31st   69   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化阻害剤全身投与による骨形成促進作用の検討

    秋葉陽介, 野澤恩美, 加来賢, 魚島勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2012   2012年

     詳細を見る

  • 機械的刺激に誘導されるコラーゲン修飾酵素が歯根膜組織に及ぼす影響

    加来賢, 野澤恩美, 秋葉陽介, 魚島勝美, 魚島勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2012   2012年

     詳細を見る

  • In vitroにおける骨膜由来細胞の造骨細胞分化と石灰化能(Osteoblastic Differentiation and Mineralization Ability of Periosteum Derived Cells in vitro)

    Rocabado Juan Marcelo Rosales, 加来 賢, 野沢 恩美, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   41 ( 2 )   129 - 129   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 培養自家骨膜シートを用いた歯槽骨再生療法の臨床試験

    小川 信, 永田 昌毅, 星名 秀行, 上松 晃也, 勝見 祐二, 山田 一穂, 魚島 勝美, 吉江 弘正, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   41 ( 2 )   130 - 130   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬は骨膜由来細胞に骨原性細胞分化能を与える(Histone Deacetylase inhibitors have osteogenic differentiation effect on periosteum derived cells)

    Bhuiyan Al-Amin Md., 秋葉 陽介, 加来 賢, Rocabado Juan Marcelo Rosales, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   41 ( 2 )   129 - 129   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 下顎嚢胞に対する下顎骨区域切除後に腸骨およびインプラントで再建した1例

    勝見 祐二, 星名 秀行, 山田 一穂, 小川 信, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   10 ( 3 )   123 - 123   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 上下顎歯槽部からの採骨による上顎洞底挙上術と同時に全顎的インプラント埋入を行った1症例

    山田 一穂, 星名 秀行, 永田 昌毅, 勝見 祐二, 小川 信, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   10 ( 3 )   111 - 111   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 口腔腫瘍切除後インプラントを用いた再建の機能的評価

    星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 小川 信, 嵐山 貴徳, 荒井 良明, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   10 ( 3 )   122 - 122   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • コンピュータガイドシステムによる口腔インプラント治療の経験

    山田 一穂, 星名 秀行, 勝見 祐二, 魚島 勝美, 嵐山 貴徳, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌   31 ( 6 )   411 - 411   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • ラット骨再生に対してヒストン脱アセチル化酵素阻害薬が与える影響(Effect of Histone Deacetylase Inhibitor on Bone Regeneration in Rat)

    Mamunur Rashid M.D., Akiba Yosuke, Kaku Masaru, Nagasawa Masako, Uoshima Katsumi

    日本補綴歯科学会誌   3 ( 特別号 )   144 - 144   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)を用いたエピジェネティクス制御による新規骨造成法に関する研究

    秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本歯科医学会誌   30   83 - 83   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    researchmap

  • 荷重インプラント周囲骨の組織学的変化

    長澤麻沙子, 高野遼平, AL‐AMIN Bhuiyan Md, RASHID Mamunur Md, 前田健康, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   40 ( 2 )   189   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラット咬合モデルを用いた咬合力に対するインプラント周囲骨変化の組織学的観察

    長澤麻沙子, 高野遼平, 吉田恵子, 川崎真依子, 前田健康, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   119th   106   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科医師臨床研修における複合型プログラム研修歯科医の評価

    藤井規孝, 小林哲夫, 中島貴子, 石崎裕子, 田口裕哉, 興地隆史, 魚島勝美, 齊藤力, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   29th   162   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学歯学部におけるPBL実施方法の評価―学生の立場から―

    塩生有希, 南智香子, 君雅水, 長澤麻沙子, 小野和宏, 魚島勝美, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   29th   102   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 間葉系幹細胞の骨形成系細胞誘導におけるヒストン脱アセチル化阻害剤の影響について

    秋葉陽介, アルアミン ブイアン, 川崎真依子, 加来賢, 加来賢, 魚島勝美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   119th   2010年

     詳細を見る

  • 咀嚼能率検査とQOLアンケートによる固定性インプラント義歯と部分床義歯の比較

    川崎真依子, 吉田恵子, 加来賢, 秋葉陽介, 長澤麻沙子, 藤井規孝, ROSALES M J.M., AL-AMIN MD.B, RASHID MD.M, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   119th   2010年

     詳細を見る

  • コラーゲン修飾酵素の特異的発現が機械的刺激による歯根膜組織の安定化を制御する

    加来賢, 加来賢, 川崎真依子, 秋葉陽介, ROSALES M, RASHID M, 魚島勝美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   119th   2010年

     詳細を見る

  • インプラント咬合動物実験モデルにおける骨の組織学的観察

    長澤麻沙子, 加来賢, 秋葉陽介, 吉田恵子, 川崎真依子, ROSALES Marcelo, AL‐AMIN Buiyan, 魚島勝美, 前田健康

    J Oral Biosci   51 ( Supplement )   101   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科医師臨床研修における単独型プログラムの実際

    藤井規孝, 小林哲夫, 中島貴子, 石崎裕子, 魚島勝美, 齊藤力, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28th   162   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学歯学部歯学科のカリキュラム評価

    小野和宏, 八木稔, 大内章嗣, 魚島勝美, 林孝文, 齋藤功, 興地隆史, 前田健康, 藤井規孝

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   28th   91   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Extension Crest法による上顎歯槽拡大術を施行した2症例

    荒澤 恵, 星名 秀行, 山田 裕士, 荒井 良明, 田口 裕哉, 魚島 勝美, 高木 律男, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   7 ( 2 )   83 - 83   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • 上顎嚢胞摘出後骨移植・インプラント治療を行った2例

    山田 裕士, 星名 秀行, 田口 裕哉, 荒澤 恵, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants   7 ( 2 )   77 - 77   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    researchmap

  • ラット上顎骨におけるインプラント周囲骨組織

    羽下麻衣子, 藤井規孝, 野澤(井上, 佳世子, 魚島勝美, 前田健康

    J Oral Biosci   50 ( Supplement )   138   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院の歯科医師臨床研修における現状と展望

    小林 哲夫, 藤井 規孝, 中島 貴子, 石崎 裕子, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   38 ( 1 )   21 - 22   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • ラット上顎骨におけるチタンインプラント周囲骨組織の長期的変化

    羽下麻衣子, 羽下麻衣子, 藤井規孝, 野澤(井上, 佳世子, 魚島勝美, 野村修一, 前田健康

    解剖学雑誌   83 ( Supplement )   184   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラット上顎骨に植立したチタンインプラント周囲骨組織の長期的変化

    羽下麻衣子, 藤井規孝, 野澤(井上, 佳世子, 野村修一, 魚島勝美, 前田健康

    新潟歯学会雑誌   37 ( 2 )   250 - 251   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修必修化に伴う病棟研修の充実に向けて

    飯田 明彦, 西川 敦, 堀井 信哉, 高木 律男, 小野 由起子, 佐藤 秀樹, 長谷川 真弓, 齊藤 力, 小林 哲夫, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   37 ( 2 )   242 - 243   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 【生体本位の実践 咬合技工 ラボサイドで活かす咬合理論と咬合器操作】 適材適所の咬合器操作を見る!治療法・部位・欠損状態別解説集 インプラント シングルスタンディング

    魚島 勝美, 荒井 良明, 藤井 規孝, 吉田 恵子, 木村 修平

    歯科技工   別冊 ( 生体本位の実践 咬合技工-ラボサイドで活かす咬合理論と咬合器操作 )   129 - 136   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    遊離端欠損に適用するシングルスタンドインプラントの場合には、補綴物が回転する方向に直接咬合力が加わることは避けるべきで、咬合接触の位置については若干の配慮が必要となる。(著者抄録)

    researchmap

  • Bone remodeling after achievement of osseointegration by titanium implantation in rat maxillae

    M. Haga, N. Fujii, K. Nozawa-Inoue, K. Uoshima, S. Nomura, T. Maeda

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   22   S262 - S262   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC BONE & MINERAL RES  

    Web of Science

    researchmap

  • ラット上顎骨に植立したチタンインプラント周囲骨組織の長期的変化

    羽下麻衣子, 藤井規孝, 野澤(井上, 佳世子, 魚島勝美, 野村修一, 前田健康

    J Oral Biosci   49 ( Supplement )   113   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨基質への熱刺激による骨形成阻害の検索

    吉田恵子, 魚島勝美, 野村修一, 前田健康

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   116th   93   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腓骨・インプラント義歯により咬合再建を行った口腔腫瘍の4例

    星名 秀行, 永田 昌毅, 青柳 貴之, 高木 律男, 荒井 良明, 魚島 勝美

    日本形成外科学会会誌   27 ( 3 )   272 - 272   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 下顎第二大臼歯部インプラント埋入時の熱傷の1例

    高山 裕司, 星名 秀行, 高木 律男, 田口 裕哉, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌   20 ( 1 )   191 - 192   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における高度先進医療としてのインプラント義歯

    田口 裕哉, 星名 秀行, 荒井 良明, 小林 正治, 藤井 規孝, 櫻井 直樹, 久保田 健彦, 田中 裕, 中舘 正芳, 高木 律男, 斉藤 力, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌   20 ( 1 )   161 - 162   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔インプラント学会  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における総合模型実習3年間の経験

    魚島勝美, 田中みか子, 小田陽平, 庭野和明, 渡邉清志, 飛田滋, 岡田直人, 長澤麻沙子, 吉田恵子, 小野和宏, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   26th   65   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学新歯学教育課程の教育効果―生涯学習能力に関する学生の自己評価結果について―

    小野和宏, 魚島勝美, 林孝文, 齋藤功, 八木稔, 大内章嗣, 興地隆史, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   26th   61   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨基質への温熱刺激が骨形成に与える影響

    吉田恵子, 魚島勝美, 羽下麻衣子, 野村修一, 前田健康

    新潟歯学会雑誌   36 ( 2 )   319 - 320   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 温熱化学放射線療法後切除した下顎に対するプレート再建・インプラント義歯の適用

    星名 秀行, 荒井 良明, 永田 昌毅, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 勝見 祐二, 高木 律男, 魚島 勝美

    日本ハイパーサーミア学会誌   22 ( 4 )   248 - 248   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ハイパーサーミア学会  

    researchmap

  • 温熱刺激がラット骨組織に及ぼす影響に関する組織学的検索

    吉田恵子, 魚島勝美, 羽下麻衣子, 鈴木晶子, 野澤(井上, 佳世子, 野村修一, 前田健康

    J Oral Biosci   48 ( Supplement )   127   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修制度の実際 新潟大学 新潟大学医歯学総合病院歯科における歯科医師臨床研修制度

    魚島 勝美, 藤井 規孝

    補綴臨床   39 ( 4 )   474 - 477   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 当科外来で全身管理した歯科インプラント手術の動向

    前川 孝治, 豊里 晃, 荒井 良明, 櫻井 直樹, 佐藤 一弘, 佐藤 孝弘, 藤井 規孝, 石井 多恵子, 岡部 香織, 田中 裕, 星名 秀行, 瀬尾 憲司, 魚島 勝美, 斉藤 力, 高木 律男, 染矢 源治

    新潟歯学会雑誌   35 ( 2 )   254 - 254   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における卒前・卒後臨床教育の現状と展望

    藤井 規孝, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   35 ( 2 )   231 - 233   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 保存修復学卒前臨床実習へのStrctured Clinical Operative Test導入の試み―評価結果の解析―

    興地隆史, 富田文仁, 魚島勝美, 前田健康, 山田好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   25th   127   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における高度先進医療としてのインプラント義歯

    田口裕哉, 星名秀行, 荒井良明, 小林正治, 藤井規孝, 櫻井直樹, 久保田健彦, 田中裕, 中舘正芳, 高木律男, 斉藤力, 魚島勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会プログラム・抄録集   36th   219   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • インプラント周囲に充填した自己硬化型α‐TCP系骨補填材に対する組織反応

    中舘正芳, 魚島勝美, 網塚憲生, 織田公光, 前田健康, 野村修一

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   113th   74   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • インプラント周囲に充填した自己硬化型α-TCP系骨補填材に対する組織反応

    中舘 正芳, 魚島 勝美, 網塚 憲生, 織田 公光, 前田 健康, 野村 修一

    日本補綴歯科学会雑誌   49 ( 113回特別 )   74 - 74   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部教員を対象としたPBLに関するワークショップの経験

    藤井規孝, 魚島勝美, 高木律男, 興地隆史, 斎藤功, 小野和宏, 林孝文, 山村健介, 中島貴子, 山田好秋, 宮崎秀夫, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   24th   45   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • チタンインプラントとa‐TCP系自己硬化型補填材の界面領域における組織化学的検索

    中舘正芳, 網塚憲生, 魚島勝美, 田口裕哉, 那須真樹子, 前田健康, 野村修一

    J Oral Biosci   46 ( 5 )   385   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学歯学部におけるFDワークショップの試み

    藤井規孝, 魚島勝美, 高木律男, 興地隆史, 斎藤功, 小野和宏, 山村健介, 中島貴子, 山田好秋, 宮崎秀夫, 前田健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   23rd   31   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における総合模型実習の試み

    魚島勝美, 橋本明彦, 田中みか子, 杉田典子, 富田文仁, 長島克弘, 泉直也, 前田健康, 山田好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   23rd   67   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学院学生を対象にしたProfessional Writingの開講

    相田 恵, 前田 健康, 魚島 勝美, 興地 隆史, 小野 和宏, 高木 律男, 花田 晃治, 山田 好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   22回   52 - 52   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 大学学習法としての歯学スタディスキルズ

    前田 健康, 魚島 勝美, 興地 隆史, 小野 和宏, 高木 律男, 花田 晃治, 山田 好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   22回   33 - 33   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部卒前教育へのOSCEの導入(第2報) コミュニケーション能力の評価

    興地 隆史, 福島 正義, 葭原 明弘, 田井 秀明, 高田 佳之, 小野 和宏, 小林 博, 魚島 勝美, 富沢 美恵子, 高木 律男, 前田 健康, 山田 好秋, 花田 晃治

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   22回   41 - 41   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • 歯学教育プログラムへのPBL教育の導入 南カリフォルニア大学歯学部における実態調査

    小野 和宏, 前田 健康, 花田 晃治, 山田 好秋, 高木 律男, 興地 隆史, 魚島 勝美, 葭原 明弘, 永田 昌毅, 安島 久雄

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   22回   52 - 52   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • Excessive occlusal load induces apoptosis among periodontal ligament.

    M. Kaku, K. Uoshima, Y. Yamashita, H. Miura

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   82   B287 - B287   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:INT AMER ASSOC DENTAL RESEARCHI A D R/A A D R  

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟大学歯学部卒前教育へのOSCEの導入

    興地 隆史, 福島 正義, 葭原 明弘, 子田 晃一, 小野 和宏, 小林 博, 魚島 勝美, 小山 純市, 植田 耕一郎, 高木 律男, 前田 健康, 花田 晃治

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   21回   52 - 52   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学教育学会  

    researchmap

  • Six-year results of dental allergen control treatment.

    H Hamano, H Hani, M Matsumura, H Kitazaki, K Uoshima, T Masuda, G Enkhtuvshin, H Miura, T Ohyama, H Nakayama

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   79 ( 5 )   1245 - 1245   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • Present situation of metal allergy and dental metal elements.

    H Hamano, K Uoshima, T Masuda, M Matsumura, H Hani, H Kitazaki, G Enkhtuvshin, H Miura, T Ohyama, H Nakayama

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   79   544 - 544   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • Hsp27 expression in rat periodontal tissue upon traumatic stress.

    K Tomizuka, M Shiiba, T Susami, T Takato, Y Yamashita, K Uoshima

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   79   433 - 433   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • INITIAL STUDIES OF PLEIOTROPHIN EXPRESSION IN BONE AND OSTEOBLASTS

    K UOSHIMA, R VENEZIE, LF COOPER

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   74   480 - 480   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • TRANSCRIPTIONAL REGULATION OF THE HSP2M GENE BY AN INTRONIC HSE

    K UOSHIMA, LF COOPER

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   74   154 - 154   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

  • CLONING AND CHARACTERIZATION OF A RAT HSP27 ENCODING GENE

    K UOSHIMA, LF COOPER

    JOURNAL OF DENTAL RESEARCH   73   204 - 204   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC DENTAL RESEARCH  

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • チタン表面の規格化ナノ構造形成による周辺細胞制御技術とこれを応用した次世代インプラントの開発

    秋葉 陽介, 魚島 勝美, 塩澤 茉由子, 水野 潤

    日本歯科医学会誌  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インプラント治療における偶発症・続発症とそのリカバリー 下顎骨臼後管の損傷による合併症 出血および神経障害について

    星名 秀行, 勝見 祐二, 山田 一穂, 上松 晃也, 今井 秀明, 魚島 勝美, 高木 律男, 金丸 祥平, 小田 陽平, 小林 正治

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 人工歯肉付きインプラントブリッジに対するプロフェッショナルケア後の細菌数と患者満足度の評価

    稲野辺 紫巳, 荒井 良明, 小川 信, 菅野 亜紀, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 再生医療新法施行後の骨再生療法の実施現況と包括的施用基準確立の取り組み

    魚島 勝美, 星名 秀行, 永田 昌毅, 山田 一穂, 小川 信, 上松 晃也, 今井 秀明, 高木 律男

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発(第4報)

    秋葉 奈美, 天雲 太一, 冨士 岳志, 首藤 崇裕, 小野 和宏, 吉羽 邦彦, 二川 浩樹, 津賀 一弘, 田地 豪, 加藤 功一, 佐々木 啓一, 魚島 勝美, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム

    竹石 龍右, 加来 咲子, 天雲 太一, 冨士 岳志, 三村 純代, 首藤 崇裕, 石田 陽子, 秋葉 奈美, 魚島 勝美, 小野 和宏, 高橋 信博, 二川 浩樹, 加藤 功一, 佐々木 啓一, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部における骨増生の臨床的検討

    上松 晃也, 星名 秀行, 山田 一穂, 小川 信, 永田 昌毅, 長谷部 大地, 荒井 良明, 高木 律男, 小林 正治, 魚島 勝美

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎関節脱臼を伴う上下顎無歯顎患者の下顎骨骨折治療に対するインプラントシミュレーションソフトの応用

    山田 一穂, 星名 秀行, 勝見 祐二, 上杉 崇史, 小川 信, 魚島 勝美, 高木 律男

    日本口腔インプラント学会誌  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    下顎骨骨折に対して整復固定手術を行うにあたり、無歯顎で萎縮した下顎骨では骨片の復位に難渋することがしばしばある。近年、インプラント治療において埋入シミュレーションを正確に実際の埋入手術に再現するガイドサージェリーが普及しているが、成功の要件として、顎堤へのサージカルテンプレートの正確かつ強固な固定が必須であり、様々な方法が用いられている。今回、高度に萎縮した上下無歯顎患者の顎関節脱臼を伴う下顎骨骨折に対して観血的整復固定手術を行うにあたり、インプラントシミュレーションソフトで術前分析を行い、ガイドサージェリーにおけるサージカルテンプレートの固定手技の応用により、顎堤に対する上下顎義歯を正確に位置づけることで下顎骨片の復位が容易となり、手術を良好に完遂できた症例(85歳男)を経験したので、その概要を報告した。

    researchmap

  • 加熱によるデンタルインプラント除去法の有効性検証

    河村 篤志, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 高嶋 真樹子, 永井 康介, 山崎 裕太, 荒井 良明, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部開設後の治療実績 10年間の外来および入院患者

    魚島 勝美, 星名 秀行, 山田 一穂, 小川 信, 清水 太郎, 上松 晃也, 荒井 良明, 小林 正治

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨基質コラーゲンのクロスリングが周囲組織の反応に与える影響

    Mubarak Suliman, 長澤 麻沙子, 水嶌 一尊, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会学術大会抄録集  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 疾患統合模型を用いた卒業時歯科臨床技能評価方法の開発

    秋葉 奈美, 小野 和宏, 吉羽 邦彦, 加来 咲子, 竹石 龍右, 魚島 勝美, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣除去ラットに対する皮質骨量の増加による大腿骨の破壊強度の増大(Fracture Strength of Femoral Bone Increased by Gain of Cortical Bone Volume on Ovariectmized Rats)

    ロサレス・ロカバド・ホアン・マルセロ, 加来 賢, 野崎 浩佑, 井田 貴子, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • IGFBP-3はBMP-2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口 香里, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, Cooper Lyndon, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SDF-1/CXCR4による歯根膜への骨髄由来細胞の誘導

    加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocavado J.M, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機能特化プライミング細胞カクテルによる多面的骨形成法

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 日本歯科医学教育学会の国際化について 教育の国際化に関する本学会のこれまでの歩みと今後の方向性

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム 平成26〜27年度の実績

    竹石 龍右, 加来 咲子, 天雲 太一, 竹内 裕尚, 三村 純代, 首藤 崇裕, 石田 陽子, 秋葉 奈美, 魚島 勝美, 小野 和宏, 高橋 信博, 二川 浩樹, 佐々木 啓一, 菅井 基行, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発(第3報)

    田地 豪, 天雲 太一, 竹内 裕尚, 秋葉 奈美, 三村 純代, 首藤 崇裕, 二川 浩樹, 津賀 一弘, 小野 和宏, 吉羽 邦彦, 魚島 勝美, 前田 健康, 佐々木 啓一, 菅井 基行

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 加熱によるデンタルインプラント除去法の有効性検証

    河村 篤志, 荒井 良明, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 高嶋 真樹子, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 咀嚼筋痛障害患者の就寝時および覚醒時の咬筋筋活動分析

    高嶋 真樹子, 荒井 良明, 河村 篤志, 魚島 勝美, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IGF binding protein 3はBMP 2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口 香里, 秋葉 陽介, 長澤 麻沙子, 水嶌 一尊, クーパー・リンドン, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小児期の上顎肉腫治療後の上顎骨劣成長に外科矯正、インプラント義歯を適用した1例

    山田 一穂, 星名 秀行, 勝見 祐二, 永田 昌毅, 福井 忠雄, 児玉 泰光, 上松 晃也, 小川 信, 小林 正治, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発(第2報)

    魚島 勝美, 天雲 太一, 竹内 裕尚, 小野 和宏, 吉羽 邦彦, 秋葉 奈美, 二川 浩樹, 津賀 一弘, 田地 豪, 首藤 崇裕, 三村 純代, 菅井 基行, 佐々木 啓一, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 総合模型実習におけるルーブリックを用いた評価とその信頼性検討

    秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, 小野 和宏, 秋葉 陽介, 前田 健康, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨強度に重要なコラーゲン架橋の変化は骨代謝に影響を及ぼす

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, ロサレス・ロカバド・ホアン・マルセロ, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン・クロスリンクの変化は骨代謝に影響を及ぼす

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocabado, Juan Marcelo, 魚島 勝美

    日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン架橋の変化は骨強度のみならず骨代謝に影響を及ぼす

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocabado, Juan Marcelo, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臨床基礎教育における新しい潮流 技能と知識の統合を目指して 基礎模型実習と臨床実習を繋ぐ総合模型実習

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 矯正的歯の移動における歯根膜中のコラーゲン修飾酵素の発現

    北見 公平, 加来 賢, 魚島 勝美, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン・クロスリンクの変化が骨芽細胞、破骨細胞に及ぼす影響

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臨床基礎教育における新しい潮流 技能と知識の統合を目指して 基礎模型実習と臨床実習を繋ぐ総合模型実習

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 標準化された病態顎模型を用いた客観的歯科臨床技能評価方法の開発

    天雲 太一, 竹内 裕尚, 島内 英俊, 小野 和宏, 吉羽 邦彦, 藤井 規孝, 石田 陽子, 二川 浩樹, 津賀 一弘, 田地 豪, 菅井 基行, 佐々木 啓一, 前田 健康, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜には大腿骨骨髄に由来する幹細胞が存在する

    加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocabado, Juan Marcelo, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ナノフィラーを用いた新規歯冠用硬質レジンの着色性

    青柳 裕仁, 高橋 英和, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多機能性エピジェネティクス化合物による骨増成法への多面的アプローチ

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, 北見 恩美, マルセロ・ロサレス, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン・クロスリンクが骨芽細胞分化、破骨細胞分化に及ぼす影響

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, Rosales Rocabado Juan, Marcelo Rosales, 加来 咲子, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 無歯顎患者におけるインプラント喪失の予測因子

    高嶋 真樹子, 荒井 良明, 河村 篤志, 山田 一穂, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯冠用硬質レジンの色調安定性

    石田 光, 青柳 裕仁, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コラーゲン・クロスリンクが骨芽細胞に及ぼす影響

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, ロサレス・マルセロ, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯冠用硬質レジンの物性 フィラー形状と強度

    青柳 裕仁, 石田 光, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 培養自家骨膜シートを用いた歯槽骨再生療法の臨床試験

    小川 信, 永田 昌毅, 星名 秀行, 山田 一穂, 上松 晃也, 川瀬 知之, 吉江 弘政, 魚島 勝美, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 造成骨生着困難な硬化性下顎骨に対して培養自家骨膜移植を併用して骨造成を行った1例

    小川 信, 星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 上杉 崇史, 荒井 良明, 小林 正治, 高木 律男, 魚島 勝美

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 無歯顎患者の顎関節脱臼を伴った下顎骨骨折治療にコンピューターガイドデッドサージェリーの手法を応用した1例

    山田 一穂, 勝見 祐二, 安島 久雄, 星名 秀行, 小川 信, 上杉 崇史, 西川 敦, 五十嵐 友樹, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • HDACi処理細胞移植による骨増成法の検討

    江口 香里, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 北見 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜における骨髄由来細胞の局在と幹細胞マーカーの発現

    加来 賢, 北見 恩美, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 移植細胞の初期動態とストレスタンパク質HSP27導入による影響

    北見 恩美, 加来 賢, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜におけるプライマリー・シリアの出現率と過剰咬合による変化

    井田 貴子, 加来 賢, 北見 恩美, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新しいインプラント除去キットを使用してインプラントを除去した5症例

    山田 一穂, 星名 秀行, 小川 信, 上杉 崇史, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学病院インプラント治療部開設後の治療実績 6年間の外来および入院患者

    小川 信, 山田 一穂, 星名 秀行, 上杉 崇史, 藤井 規孝, 小林 正治, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 無歯顎患者におけるインプラント治療の補綴方法別予後調査

    高嶋 真樹子, 荒井 良明, 山田 一穂, 星名 秀行, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部開設後6年間における入院症例の臨床的検討

    小川 信, 星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 上杉 崇史, 藤井 規孝, 荒井 良明, 久保田 健彦, 小林 正治, 櫻井 直樹, 田中 裕, 永田 昌毅, 嵐山 貴徳, 齊藤 力, 高木 律男, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 移植細胞の初期動態とHSP27過剰発現骨芽細胞に関する分析

    北見 恩美, 加来 賢, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科総合診療部における歯科用ユニットの汚染調査

    野澤 恩美, 塩生 有希, 長澤 麻沙子, 八木 稔, Stegaroiu Roxana, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    歯科診療の現場で頻繁に使用されるエアータービンや超音波スケーラー等は、広範囲にミストを飛散させることが知られている。しかしながら、これによって患者や医療従事者が直接触れる可能性のある歯科用ユニット及びその周辺がどの程度汚染されているかは明らかになっていない。本調査の目的は新潟大学医歯学総合病院歯科における診療後の汚染度及び、日常臨床における清掃後の汚染除去効果を細菌数の変化から検証することである。まず、検証対象部分を決定するための参考として、外来患者および歯科医師を対象として、歯科診療環境および診療後清掃についての意識調査を行った。意識調査の結果を基に、歯科用ユニットおよび周囲15ヶ所を選択し、患者一名診療終了後並びに終日診療後の各部位の細菌数を測定した。また診療後に行う日常清掃を行った後、同様にサンプルを採取し清掃効果を評価した。意識調査の結果、歯科診療環境の衛生に懸念を持つ患者はほとんどいなかった。また、歯科医師の回答では、多くの歯科医師が現在の清掃法は効果があると認識していたが、その清掃方法は様々であった。汚染度の評価では、終日診療後の結果、清掃後にも関わらず多くの細菌が検出される部位が認められた。しかしながら、80%エタノールを用いた丁寧な清拭後には検出細菌数は顕著に減少した。また、術者の着衣・マスク等からも多量の細菌が検出された。以上より、歯科診療環境汚染の可能性を認識して丁寧な診療後の清拭を心がける必要があること、歯科医療従事者が自身の身を守るためにも防護具の使用を徹底すべきであることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • ジルコニア製インプラントドリルの生物学的評価に関する研究

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, Rosales Juan Marcelo, 野澤 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 各種HDACiが骨分化能、骨形成能に与える影響に関する研究

    江口 香里, 秋葉 奈美, Rosales Juan Marcelo, 野澤 恩美, 加来 賢, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 移植細胞の初期動態とHSP27の導入による細胞移植法の検討

    野澤 恩美, 加来 賢, Rosales Juan Marcelo, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜における骨髄由来細胞の局在と幹細胞マーカーの発現

    加来 賢, 野澤 恩美, Rosales Juan Marcelo, 井田 貴子, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜の部位によるプライマリー・シリア出現率の違いと過剰咬合による変化

    井田 貴子, 加来 賢, 野澤 恩美, Rosales Juan Marcelo, 加来 咲子, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ローヤルゼリー摂取による卵巣摘出ラットの骨量、骨質への影響

    加来 賢, Rosales Rocavado J.M, 野澤 恩美, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラットにおけるHDACI全身投与による骨形成促進作用の検討

    秋葉 陽介, ラシッド・マムヌール, 秋葉 奈美, 野澤 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【力を診る-歯列を守る力のマネジメント-】 (Part 2)力が加わったら生体はどう変化するか 生体力学と力の生物学 歯根膜のメカノバイオロジー

    魚島 勝美, 加来 賢

    補綴臨床  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 荷重負担下ラットインプラント周囲骨の骨応力分布と骨組織変化の関連性

    高野 遼平, 長澤 麻沙子, 野澤 恩美, Rosales Rocabado, Juan Marcelo, 加来 賢, Stegaroiu Roxana, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高度顎堤萎縮に対して培養骨膜細胞を併用した腸骨移植後にインプラントを適用した1例

    山田 一穂, 星名 秀行, 永田 昌毅, 勝見 祐二, 小川 信, 上杉 崇史, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 二次的下顎骨再建後に歯科インプラント治療を行ったエナメル上皮腫の1例

    上杉 崇史, 小林 正治, 荒井 良明, 魚島 勝美, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラットインプラント咬合モデルにおける骨応力分布と骨形態の関連性検討

    高野 遼平, 長澤 麻沙子, 山田 浩之, Roxana Stegaroiu, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化阻害剤全身投与による骨形成促進作用の検討

    秋葉 陽介, 野澤 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械的刺激に誘導されるコラーゲン修飾酵素が歯根膜組織に及ぼす影響

    加来 賢, 野澤 恩美, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔腫瘍切除後インプラント治療による機能再建

    星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 小川 信, 魚島 勝美, 永田 昌毅, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 高木 律男

    新潟医学会雑誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械的刺激によるコラーゲン翻訳後修飾を介した歯根膜組織安定化機構

    加来 賢, 野澤 恩美, Rosales J.M. Marcelo, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本歯科医師会雑誌  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • HDACIによる骨代謝制御機構を応用した骨造成法

    秋葉 陽介, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本歯科医師会雑誌  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Evaluation of bone volume changes after sinus floor augmentation with autogenous bone grafts

    M. Arasawa, M. Arasawa, Y. Oda, T. Kobayashi, T. Kobayashi, K. Uoshima, K. Uoshima, H. Nishiyama, H. Hoshina, C. Saito

    International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery  2012年7月 

     詳細を見る

    The aim of this study was to establish an objective method for quantitative evaluation of bone volume change after sinus augmentation. 11 sinuses in 9 patients were evaluated by computed tomography images taken before treatment (T0), and 3 months (T1) and at least 1 year (T2) after sinus augmentation. Based on the 3D digital subtraction technique, augmented bone images were extracted and bone volumes were calculated from voxel numbers of the extracted images. The mean augmented bone volumes at T1 and T2 were 2.46 cm3and 1.85 cm3, respectively. These bone volume changes were statistically significant and the mean bone volume change ± SE was -24.8% ± 6.1%. Loss of augmented bone was observed in all except one of the patients. The correlation coefficient between bone volume change and elapsed time was -0.64, which was statistically significant and indicated that bone resorption progressed with elapse of time after sinus augmentation. The authors' method of analysis enabled visualization of augmented bone and objective assessment of bone volume change. Within the limited number of cases, the present investigation demonstrated a significant decrease in augmented bone volume between 3 and 23 months after surgery. ? 2012 International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.

    researchmap

  • 一口腔単位での問題発見・解決能力の涵養を目的とした治療方針立案演習

    秋葉 陽介, 加来 賢, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, 魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 留学生交流支援制度(ショートステイ・ショートビジット)プログラムによる歯学部学生の海外派遣

    魚島 勝美, 宮崎 秀夫, 小野 和宏, 興地 隆史, 大内 章嗣, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部における開設後5年間の実績

    山田 一穂, 星名 秀行, 勝見 祐二, 小川 信, 藤井 規孝, 荒井 良明, 富塚 健, 久保田 健彦, 小林 正治, 櫻井 直樹, 田中 裕, 田口 裕哉, 吉田 恵子, 嵐山 貴徳, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頭頸部癌の切除不能頸部リンパ節転移巣に対する温熱化学放射線療法 治療成績および予後因子について(Thermochemoradiotherapy for inoperable metastatic cervical lymph nodes of patients with head and neck cancer: Analysis of clinical outcomes and prognostic variables)

    星名 秀行, 永田 昌毅, 高木 律男, 藤田 一, 安島 久雄, 児玉 泰光, 池田 順行, 齋藤 正直, 小林 孝憲, 嵐山 貴徳, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 小川 信, 山田 一穂, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    この研究の目的は頭頸部癌患者対する温熱化学放射線療法の成績向上のための重要な予後因子について検討することである。対象および方法:15名の切除不能頸部リンパ節転移20病巣に対して温熱化学放射線療法を行なった。温熱療法はマイクロ波またはRF波加温装置を用いて平均で8.8回実施した。化学療法はシスプラチンにペプレオマイシンまたは5Fuを併用し、さらに、外照射を加えた。結果:20病巣中8例(40%)は著効、8例(40%)は有効であったが、残りの4例(20%)では変化がなかった。奏効率は80%であった。全例の5年累積病巣制御率は64.2%を示し、放射線量別では、50Gy以上の照射例では5年病巣制御率は80.2%に対し、30Gy以下の照射例では3ヵ月で0%であった。統計学的解析により放射線療法の総線量は累積病巣制御率との間に有意差が認められた(P<0.05)。他の治療に関する因子(温熱療法の方法、回数、シスプラチン投与量、併用薬)および腫瘍に関する因子(再発巣か否か、腫瘍の大きさ、WHO分類、癌浸潤様式)では、病巣制御との間に有意差は認められなかった。結論:50Gy以上を併用した温熱化学放射線療法は頭頸部癌の切除不能な頸部リンパ節転移巣に対する効果的な治療方法であることが示された。(著者抄録)

    researchmap

  • ラットにおけるHDACI全身投与による骨再生

    秋葉 陽介, ラシッド・マムヌール, 秋葉 奈美, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Heat Shock Protin27の過剰発現が骨芽細胞の抗アポトーシス能・分化能に及ぼす影響

    野澤 恩美, 加来 賢, Rosales-Rocabado J.M, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 卵巣摘出ラットにおける荷重下インプラント周囲骨の組織学的観察

    長澤 麻沙子, 高野 遼平, 前田 健康, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ローヤルゼリーはコラーゲン翻訳後修飾およびクロスリクを介して骨質の改善に寄与する

    Rosales-Rocabado J.M, 加来 賢, 野澤 恩美, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上顎洞底挙上術後の増生骨の経時的変化

    荒澤 恵, 小田 陽平, 小林 正治, 齊藤 力, 魚島 勝美, 西山 秀昌

    日本形成外科学会会誌  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬は骨膜由来細胞に骨原性細胞分化能を与える(Histone Deacetylase inhibitors have osteogenic differentiation effect on periosteum derived cells)

    Bhuiyan Al-Amin Md, 秋葉 陽介, 加来 賢, Rocabado Juan, Marcelo Rosales, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 培養自家骨膜シートを用いた歯槽骨再生療法の臨床試験

    小川 信, 永田 昌毅, 星名 秀行, 上松 晃也, 勝見 祐二, 山田 一穂, 魚島 勝美, 吉江 弘正, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • In vitroにおける骨膜由来細胞の造骨細胞分化と石灰化能(Osteoblastic Differentiation and Mineralization Ability of Periosteum Derived Cells in vitro)

    Rocabado Juan, Marcelo Rosales, 加来 賢, 野沢 恩美, 秋葉 陽介, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 上下顎歯槽部からの採骨による上顎洞底挙上術と同時に全顎的インプラント埋入を行った1症例

    山田 一穂, 星名 秀行, 永田 昌毅, 勝見 祐二, 小川 信, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 血管柄付き腓骨皮弁による下顎骨再建後に垂直骨延長術を施行した1例

    上杉 崇史, 小林 正治, 高田 佳之, 荒井 良明, 魚島 勝美, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎嚢胞に対する下顎骨区域切除後に腸骨およびインプラントで再建した1例

    勝見 祐二, 星名 秀行, 山田 一穂, 小川 信, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔腫瘍切除後インプラントを用いた再建の機能的評価

    星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 小川 信, 嵐山 貴徳, 荒井 良明, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット上顎骨へのインプラント植立が骨改造に与える影響

    高野 遼平, 長澤 麻沙子, 野澤 恩美, Stegaroiu Roxana, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミニワークショップ評価と臨床研修評価との関連性

    小林 哲夫, 藤井 規孝, 中島 貴子, 石崎 裕子, 田口 裕哉, 魚島 勝美, 興地 隆史

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンピュータガイドシステムによる口腔インプラント治療の経験

    山田 一穂, 星名 秀行, 勝見 祐二, 魚島 勝美, 嵐山 貴徳, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜におけるXII型コラーゲンの局在と石灰化能への影響

    加来 賢, Rosales Rocavado J.M, 野澤 恩美, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨芽細胞の分化過程におけるsmall Heat Shock Proteinの発現

    野澤 恩美, 加来 賢, Rosales Rocavado J, M, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)を用いたエピジェネティクス制御による新規骨造成法に関する研究

    秋葉 陽介, 魚島 勝美

    日本歯科医学会誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯根膜をモデルとしたメカノバイオロジー研究の推進 コラーゲン・クロスリンクを介した組織安定化機構

    加来 賢, 魚島 勝美

    日本歯科医学会誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 留学生受け入れにみる歯科の国際連携(第18回) 新潟大学歯学部の国際交流

    魚島 勝美, 前田 健康

    日本歯科評論  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 荷重インプラント周囲骨の組織学的変化

    長澤 麻沙子, 高野 遼平, Al-Amin Bhuiyan Md, Rashid Mamunur Md, 前田 健康, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自家骨移植による上顎洞底挙上術後の移植骨体積の経時的変化

    荒澤 恵, 小田 陽平, 小林 正治, 魚島 勝美, 西山 秀昌, 星名 秀行, 齊藤 力

    新潟歯学会雑誌  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における教員研修(FD)の概要と今後の方向性

    安島 久雄, 魚島 勝美, 小野 和宏, 藤井 規孝, 井上 誠, 山村 健介, 齋藤 功, 興地 隆史, 高木 律男, 前田 健康, 新潟大学歯学部, 委員会

    日本歯科医学教育学会雑誌  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    新潟大学歯学部では、教員の資質向上を目的として、平成14年にFD委員会を発足させた。今回、これまで行ってきたFaculty development(FD)活動の概要を報告するとともに、歯学部FDと大学院FDとの連携やスムースな移行を検討するための体系化マップを作成し、FDのあり方や方向性について検討した。これまでに行われてきたFD活動を列挙して体系化マップを作成し、これまでの問題点や改善点を検証して今後に必要なプログラムの立案を行った。委員会発足当初は、全教員を対象として学生教育に必須と考えられる基本的な知識・技能・態度の習得に力点をおいたFD活動が行われていた。しかし近年では、新任者から段階的に研修活動ができるようにFDプログラムの整備がなされ、計画的にFDを開催するとともに、個別対応型FDや参加・体験型FDへとその活動の中心が推移している。これまでの本委員会の活動を体系化マップとしてまとめることにより、平成19年度からは、その役割が、大学院教育の実質化促進へと展開しつつあることが明確になり、今後は歯学部FDで積み重ねた経験を基に、高いレベルの大学院FDに移行させるためのプログラム立案が可能と考えられた。今後は単なるイベント型FDのみならず、各教員の日常的な研修環境の整備やニーズに即したプログラムの企画を通して、教員の研究指導力の開発を目標とすることが重要であると思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • 自家骨移植による上顎洞底挙上術後の移植骨体積変化について

    荒澤 恵, 小田 陽平, 小林 正治, 魚島 勝美, 西山 秀昌, 星名 秀行, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3次元有限要素法によるシミュレーションと実際の骨改造との相関性検証を目的としたモデル構築

    高野 遼平, 長澤 麻沙子, Stegaroiu Roxana, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部歯学科のカリキュラム評価 学習成果に関する卒業生の自己評価と教員評価の一致度による検討

    小野 和宏, 八木 稔, 大内 章嗣, 魚島 勝美, 藤井 規孝, 林 孝文, 齋藤 功, 興地 隆史, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会雑誌  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    新潟大学歯学部歯学科では、21世紀の社会動向を見通し、2000年度より新教育課程を開始した。新課程は、認知、精神運動、情意の3領域の教育を密接に連関させることにより学生の知的好奇心を喚起させ、教育目標とする人材育成を効果的に達成しようとするもので、その方策として問題発見解決型学習を展開している。今回、カリキュラム評価を目的に、2001・2002年度入学、6年一貫教育、新潟大学医歯学総合病院における卒業後1年間の歯科医師臨床研修の3条件を満たす卒業生を対象として、新課程で獲得が期待される学習成果、すなわち、知識・理解、専門的能力、汎用的能力、態度・姿勢の4つの観点からなる25項目の達成度に関して、4段階の基準で自己評価を依頼した。また、臨床研修で1年間にわたり卒業生を観察してきた指導歯科医師にも、同じ項目について対象者の達成度を評価するよう依頼した。卒業生と指導歯科医師それぞれが学習成果の達成度を評価し、その結果にさほど矛盾がなければ、一致した評価結果は信頼できると仮定し、両者の一致度を指標として新課程の教育効果を検討した。その結果、卒業生は科学的根拠に基づいた歯科医療を実践する力、問題を発見し解決する力、コミュニケーションする力、適切に判断し行動する力、さまざまな価値観を受容する力の育成がなされており、新課程は一定の教育効果をもち、その狙いはおおむね達成されていると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 過重負担下インプラント周囲骨の応力分布を分析する3次元有限要素ラットモデル作成の試み

    高野 遼平, 長澤 麻紗子, 三上 諭, Roxana Stegaroiu, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機械的刺激は骨芽細胞においてコラーゲン修飾/分解酵素の発現を特異的に制御する

    加来 賢, 山内 三男, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 【歯科医学教育白書2008年版(2006〜2008年)】 歯科医学教育の現状と課題 大学院教育と歯科医学研究の動向

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンピュータガイドシステムを用いたインプラント埋入の臨床的検討

    山田 一穂, 荒井 良明, 星名 秀行, 嵐山 貴徳, 荒澤 恵, 山田 裕士, 三上 諭, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎顔面変治骨折の咬合再建に顎矯正手術とインプラント治療を併用した1例

    小林 正治, 荒井 良明, 高田 佳之, 泉 直也, 芳澤 享子, 魚島 勝美, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Influence of heat stress to matrix on bone formation

    Keiko Yoshida, Katsumi Uoshima, Katsumi Uoshima, Kimimitsu Oda, Takeyasu Maeda

    Clinical Oral Implants Research  2009年8月 

     詳細を見る

    Objectives: It is important to know the etiology of implant failure. It has been reported that heat stress during drilling was one of the causes for failure and the threshold was 47°C. However, clinically, we encounter cases in which overheating does not seem to affect osseointegration eventually. The purpose of this study was to assess histologically the spatio-temporal effect of heat stress on bone formation after overheating the bone matrix. Material and methods: Rat calvarial bone was heated to 37°C, 43°C, 45°C and 48°C for 15 min by a temperature stimulator. Paraffin sections were prepared 1, 3 and 5 weeks after heating and investigated histologically under light microscopy. Hematoxylin and eosin staining, alkaline phosphatase (ALP), osteopontin (OPN), heat shock protein 27 (Hsp27) and heat shock protein 70 (Hsp70) immunohistochemistry and tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP) enzyme histochemistry were carried out. The area of dead osteocytes was calculated and statistically analyzed. Apoptotic osteocytes were detected by the terminal deoxynucleotidyltransferase-mediated dUTP nick end-labeling (TUNEL) method. Results: Along with the temperature increase, the area of dead osteocytes increased and regeneration of the periosteal membrane was delayed. Hsps- and TUNEL-positive cells were only seen in the 48°C group. Spatio-temporal changes of TRAP- and ALP-positive cell numbers were observed, while OPN expression was mostly absent. Even after 48°C stimulation, bone formation on the calvarial surface was observed after 5 weeks. Conclusions: Although there was a temperature-dependent delay in bone formation after heat stress, the 48°C heat stress did not obstruct bone formation eventually. This delay was probably caused by slow periosteal membrane regeneration. ? 2009 John Wiley and Sons A/S.

    researchmap

  • インプラント咬合動物実験モデルにおける骨の組織学的観察

    長澤 麻沙子, 加来 賢, 秋葉 陽介, 吉田 恵子, 川崎 真依子, Marcelo Rosales, Buiyan Alamin, 魚島 勝美, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動物実験モデルを用いたオッセオインテグレーション崩壊機序の検索

    長澤 麻沙子, 魚島 勝美, 吉田 恵子, 川崎 真依子

    日本口腔インプラント学会誌  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 咀嚼能率検査とQOLアンケートによる固定性インプラント義歯と可撤性部分床義歯の比較

    川崎 真依子, 魚島 勝美, 吉田 恵子, 長澤 麻沙子

    日本口腔インプラント学会誌  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • サージカルガイドによるインプラント即時荷重時の新しい上部構造システム

    山田 一穂, 星名 秀行, 山田 裕士, 荒井 良明, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インプラントに関連した上顎洞合併症の臨床的検討

    星名 秀行, 嵐山 貴徳, 山田 一穂, 荒澤 恵, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部歯学科の新教育課程とその評価

    小野 和宏, 八木 稔, 大内 章嗣, 魚島 勝美, 林 孝文, 齋藤 功, 興地 隆史, 前田 健康, 山田 好秋

    新潟歯学会雑誌  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    新潟大学歯学部歯学科では、2000年度より新教育課程を開始した。新課程は、認知、精神運動、情意3領域の教育を密接に連関させることにより学生の知的好奇心を喚起させ、教育目標とする人材育成を効果的に達成しようとするもので、その方策として問題発見解決型学習を展開している。今回、この課程で学んだ2006年度卒業生を対象としてカリキュラム評価を実施した。卒業後1年が経過した臨床研修修了時に記名式調査用紙を郵送し、カリキュラム・授業に対する満足度について質問した。また、カリキュラムの教育効果に関して、教育目標とする人材への到達度および学習成果の達成度について自己評価を依頼した。なお、新潟大学医歯学総合病院において臨床研修を受けた卒業生に対して、指導歯科医師による教員評価を行い、卒業生の自己評価の信頼性についても検討した。対象者40名中24名、60.0%から調査用紙の返送があり、以下の結果を得た。1.カリキュラムに対する学習者の満足度は良好であった。2.全般に教育目標への到達度は良好で、卒業生は人間性豊かな人材、問題発見解決型人材へ成長していた。3.卒業生は科学的根拠に基づいた歯科医療を実践する力、問題を発見し解決する力、意思決定し自己責任を負う態度の育成がなされていた。以上から、新課程は一定の教育効果をもち、その目的はある程度、達成されていると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨縁下齲蝕に対して外科的挺出(再植)を適用した症例の臨床的考察

    平山 実里, 藤井 規孝, 小林 哲夫, 中島 貴子, 石崎 裕子, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 技能教育の充実に向けて 本学の卒前技能教育と臨床実習 現状の問題点と今後の課題

    魚島 勝美

    日本歯科医学教育学会雑誌  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Extension Crest法による上顎歯槽拡大術を施行した2症例

    荒澤 恵, 星名 秀行, 山田 裕士, 荒井 良明, 田口 裕哉, 魚島 勝美, 高木 律男, 齊藤 力

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上顎嚢胞摘出後骨移植・インプラント治療を行った2例

    山田 裕士, 星名 秀行, 田口 裕哉, 荒澤 恵, 魚島 勝美, 高木 律男

    Japanese Journal of Maxillo Facial Implants  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット上顎骨におけるインプラント周囲骨組織

    羽下 麻衣子, 藤井 規孝, 野澤 佳世子, 魚島 勝美, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 光重合レジンを用いたインプラント用テンプレートの試作とその臨床応用

    三上 諭, 荒井 良明, 岡田 直人, 富塚 健, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生涯学習能力に対するPBLチュートリアルの効果

    小野 和宏, 八木 稔, 大内 章嗣, 魚島 勝美, 安島 久雄, 林 孝文, 齋藤 功, 興地 隆史, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会雑誌  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    新潟大学歯学部歯学科では、5年次の4月から10月にPBLチュートリアルによる授業「顎顔面診断・治療学」を実施している。今回、PBLチュートリアルの教育効果を検証するために、授業開始前と終了後に、生涯学習能力に関する学生の自己評価を行い、その結果を比較した。対象は、平成18,19年度学生105名中95名である。学生には研究の目的、結果は成績評価に用いないこと、研究への協力は本人の自由意思によることを説明し、同意を得た。方法は、生涯学習能力に関する学習意欲、問題発見・解決能力、自己評価能力、コミュニケーション能力の11項目の方向目標を学生に明示し、評価基準について教員を含めクラス全員で討論した後に、内的基準を学生に個人的に設定させ、それに従い到達度を5段階で自己評価させた。その結果、自己評価能力についてはPBLチュートリアル前後で変化は認められなかったが、学習意欲、問題発見・解決能力、コミュニケーション能力は有意な上昇がみられた。以上のことから、PBLチュートリアルは生涯学習能力の育成に効果があると推察された。知識基盤社会を生き抜くこれからの歯科医師を養成するために、歯学教育におけるPBLチュートリアルの重要性は、ますます高まるものと考える。(著者抄録)

    researchmap

  • 下顎枝骨に培養骨膜細胞を併用し上顎洞底挙上術を施行した3例

    星名 秀行, 荒澤 恵, 荒井 良明, 魚島 勝美, 山田 裕士

    日本口腔インプラント学会誌  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インプラント用テンプレートのための光重合型レジン歯の開発と臨床応用

    荒井 良明, 三上 諭, 富塚 健, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • デンタルインプラントの臨床

    魚島 勝美, 藤井 規孝, 吉田 恵子, 長澤 麻沙子

    新潟歯学会雑誌  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院の歯科医師臨床研修における現状と展望

    小林 哲夫, 藤井 規孝, 中島 貴子, 石崎 裕子, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット上顎骨におけるチタンインプラント周囲骨組織の長期的変化

    羽下 麻衣子, 藤井 規孝, 野澤 佳世子, 魚島 勝美, 野村 修一, 前田 健康

    解剖学雑誌  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Staff recruitment, development and global mobility

    E. Corbet, J. Akinwade, R. Duggal, G. Gebreegziabher, H. Hirvikangas, D. Hysi, L. Katrova, T. Karaharju-Suvanto, C. McGrath, K. Ono, M. Radnai, E. Schwarz, J. Scott, J. L. Sixou, U. Soboleva, K. Uoshima, K. Yaneva-Ribagina, C. Fox

    European Journal of Dental Education  2008年2月 

     詳細を見る

    This paper considers issues that relate to staff recruitment, staff development and global mobility of dental academics. Published literature, which has a North American bias, is reviewed. Recommendations, which may be applicable world-wide, are made to address evident and pertinent areas of concern in terms of the availability of quality dental teaching staff in dental teaching institutions so as to sustain the global dental academic enterprise at appropriately high levels of achievement. ? 2008 Blackwell Munksgaard and The American Dental Education Association.

    researchmap

  • 【生体本位の実践 咬合技工 ラボサイドで活かす咬合理論と咬合器操作】 適材適所の咬合器操作を見る!治療法・部位・欠損状態別解説集 インプラント シングルスタンディング

    魚島 勝美, 荒井 良明, 藤井 規孝, 吉田 恵子, 木村 修平

    歯科技工  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    遊離端欠損に適用するシングルスタンドインプラントの場合には、補綴物が回転する方向に直接咬合力が加わることは避けるべきで、咬合接触の位置については若干の配慮が必要となる。(著者抄録)

    researchmap

  • ラット上顎骨に植立したチタンインプラント周囲骨組織の長期的変化

    羽下 麻衣子, 藤井 規孝, 野澤 佳世子, 野村 修一, 魚島 勝美, 前田 健康

    新潟歯学会雑誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科総合診療部における歯科用ユニットの汚染調査

    野澤 恩美, 石坂 淳子, 塩生 有希, 長澤 麻沙子, 八木 稔, ロクサーナ・ステガロユ, 星野 悦郎, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修必修化に伴う病棟研修の充実に向けて

    飯田 明彦, 西川 敦, 堀井 信哉, 高木 律男, 小野 由起子, 佐藤 秀樹, 長谷川 真弓, 齊藤 力, 小林 哲夫, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コンピュータガイドシステムを用いたインプラント治療

    荒井 良明, 星名 秀行, 藤井 規孝, 吉田 恵子, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 基礎と臨床のクロスオーバー インプラント骨造成の現在と近未来を探る

    魚島 勝美, 星名 秀行, 青柳 貴之, 吉田 恵子

    The Quintessence  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット上顎骨に植立したチタンインプラント周囲骨組織の長期的変化

    羽下 麻衣子, 藤井 規孝, 野澤 佳世子, 魚島 勝美, 野村 修一, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨基質への熱刺激による骨形成阻害の検索

    吉田 恵子, 魚島 勝美, 野村 修一, 前田 健康

    日本補綴歯科学会雑誌  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腓骨・インプラント義歯により咬合再建を行った口腔腫瘍の4例

    星名 秀行, 永田 昌毅, 青柳 貴之, 高木 律男, 荒井 良明, 魚島 勝美

    日本形成外科学会会誌  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎第二大臼歯部インプラント埋入時の熱傷の1例

    高山 裕司, 星名 秀行, 高木 律男, 田口 裕哉, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における高度先進医療としてのインプラント義歯

    田口 裕哉, 星名 秀行, 荒井 良明, 小林 正治, 藤井 規孝, 櫻井 直樹, 久保田 健彦, 田中 裕, 中舘 正芳, 高木 律男, 斉藤 力, 魚島 勝美

    日本口腔インプラント学会誌  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 本院臨床研修歯科医採用試験におけるミニワークショップの効果

    小林 哲夫, 魚島 勝美, 藤井 規孝, 中島 貴子, 石崎 裕子, 小野 和宏, 宮崎 秀夫

    日本歯科医学教育学会雑誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    本研究の目的は、臨床研修歯科医採用試験においてミニワークショップによる評価が有効か否かを検討することである。平成16年12月、新潟大学医歯学総合病院歯科医師臨床研修を希望する者35名を5グループに編成して自由討論を行わせ、5名の評価者がローテーションにより各グループ受験者の態度・コミュニケーション能力を評価した。その後、ミニワークショップによる評価の妥当性を探るためにアンケート調査(受験者・評価者対象)を実施して分析を行うとともに、各試験成績間およびこれらと1年間の臨床研修総括評価との相関について検索した。その結果、1)採用試験の一部としてのミニワークショップは運営上効率的であり、アンケート調査結果からミニワークショップは情意領域の評価に有効であることが示された。2)ミニワークショップ成績は小論文成績と正の相関を示したが、実技成績とは相関がなかった。3)ミニワークショップ成績は臨床研修における情意および認知領域での総括評価と強い正の相関を示した。以上より、ミニワークショップは臨床研修歯科医採用試験での臨床能力評価において有効であり、情意領域のみでなく認知領域の評価をもある程度代替できる可能性が示唆された。今後は評価基準の検討によりさらに信頼性を高める必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 骨基質への温熱刺激が骨形成に与える影響

    吉田 恵子, 魚島 勝美, 羽下 麻衣子, 野村 修一, 前田 健康

    新潟歯学会雑誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 温熱化学放射線療法後切除した下顎に対するプレート再建・インプラント義歯の適用

    星名 秀行, 荒井 良明, 永田 昌毅, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 勝見 祐二, 高木 律男, 魚島 勝美

    日本ハイパーサーミア学会誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 温熱刺激がラット骨組織に及ぼす影響に関する組織学的検索

    吉田 恵子, 魚島 勝美, 羽下 麻衣子, 鈴木 晶子, 野澤 佳世子, 野村 修一, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修制度の実際 新潟大学 新潟大学医歯学総合病院歯科における歯科医師臨床研修制度

    魚島 勝美, 藤井 規孝

    補綴臨床  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医学教育へのPBLテュートリアルの導入 新潟大学歯学部の試み

    小野 和宏, 大内 章嗣, 魚島 勝美, 林 孝文, 西山 秀昌, 安島 久雄, 小林 正治, 瀬尾 憲司, 齋藤 功, 程 くん, 山田 好秋, 前田 健康

    日本歯科医学教育学会雑誌  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    新潟大学歯学部歯学科では平成16年度より5年次の授業にPBLテュートリアルを導入した.1年次に教えられる学習から自ら学ぶ学習態度への転換,またその学習法としてのスタディ・スキルズを習得させ,3年次に医学教育開発研究センター主催の「楽位置楽The Tutorial」への参加によりPBLの原理を理解させた後に,部分的折衷型カリキュラムで実施している.このPBLテュートリアルは,4年次までに学習した基礎科学と臨床歯学の知識を統合させ,疾患概念を構築し,治療の原則を理解すること,また臨床実習前に,医療人としての在り方を深く考えさせることを教育の目標とし,基礎および臨床の8分野が参加している.このカリキュラムで学習した平成16,17年度5年生,計107名のアンケート結果では,約9割の学生がPBLテュートリアルをこれからの歯科医師としてのキャリアに重要と捉えていた.また,約8割の学生がPBLテュートリアルでの学習を有意義と感じており,科目別の知識の統合と理解の深化,学習意欲の高まり,問題発見・解決能力や対人関係能力の向上を自覚していた.PBLテュートリアルの実施にあたっては,学習内容と量を十分に検討し,それに見合う自習時間を確保すること,また,学生主体の学習を補う支援授業の開催や,学習を促進させる教員の養成が重要と考えられた(著者抄録)

    researchmap

  • 再生医療と歯科補綴学

    魚島 勝美

    日本補綴歯科学会雑誌  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    (社)日本補綴歯科学会の第112回および第113回学術大学シンポジウムにおいて,歯科補綴学と再生医療のかかわりに関するテーマが取り上げられた.本稿では,この2回のシンポジウムを総括するとともに,過去21年間の(社)日本補綴歯科学会における学会発表と発表論文の内容をテーマ別に集計し,基礎医学研究や再生医療といったテーマに学会員がいかに取り組んできたかを検証した.その結果,近年では補綴学的な見地から取り組んだ生物学的な研究や再生医療に関連する報告が若干増加していることが明らかとなった.しかしながら,デンタルインプラントに関しての生物学的な知見に関する報告は増加していない.最近の再生医療とのかかわりという点では今後の方向性を今一度考え直す必要があることが示された.さらに,今後の歯科補綴学における再生医療の必要性について若干の私見を交えて考察した.われわれが今まで取り組んできたテーマは必ずしも再生医療とかけ離れたところにあったわけではなく,再生医療の概念や手法を適切に取り入れることによって,歯科補綴学領域の研究が再生医療発展に大きく寄与する可能性がある.本稿が特に若い学会員の今後の研究の方向性に少しでも良い影響を与えることを願っている(著者抄録)

    researchmap

  • 当科外来で全身管理した歯科インプラント手術の動向

    前川 孝治, 豊里 晃, 荒井 良明, 櫻井 直樹, 佐藤 一弘, 佐藤 孝弘, 藤井 規孝, 石井 多恵子, 岡部 香織, 田中 裕, 星名 秀行, 瀬尾 憲司, 魚島 勝美, 斉藤 力, 高木 律男, 染矢 源治

    新潟歯学会雑誌  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科総合診療部に求められるもの

    魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部における卒前・卒後臨床教育の現状と展望

    藤井 規孝, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インプラント周囲に充填した自己硬化型α-TCP系骨補填材に対する組織反応

    中舘 正芳, 魚島 勝美, 網塚 憲生, 織田 公光, 前田 健康, 野村 修一

    日本補綴歯科学会雑誌  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 欧州の歯科医学教育の動向−教育の質の向上を目指すプロジェクトの背景と概略−

    森尾 郁子, 鶴田 潤, 魚島 勝美, 谷口 弘江, 江藤 一洋

    日歯教誌  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Investigation of Periodontal Ligament Reaction upon Excessive Occlusal Load― Osteopontin Induction among Periodontal Ligament Cells ―.

    Masaru Kaku, Katsumi Uoshima, Katsumi Uoshima, Yasuo Yamashita, Hiroyuki Miura

    J. Periodont. Res.  2005年2月 

     詳細を見る

    Objective: The purpose of the present study was to investigate the reaction of the periodontal ligament to excessive occlusal loading by observing the histological changes and osteopontin induction. The possibility of ligand for receptor activator of nuclear factor κB (RANKL) participation in osteopontin induction was also discussed. Background: The precise mechanism of periodontal ligament breakdown by excessive occlusal loading remains unclear. We established an experimental model for excessive occlusal loading in vivo. Osteopontin is known to be produced upon mechanical loading and is considered to induce the migration of osteoclasts to the resorption site. RANKL is one of the essential factors for osteoclast maturation and induces the constitutive induction of intracellular osteopontin in vitro. Methods: The occlusal surface of the upper left first molars of rats was raised by steel wire bonding in order to induce occlusal trauma. The destruction of the periodontal ligament was observed and the production of osteopontin and RANKL by periodontal ligament cells was detected via immunohistochemistry. Results: Our model produced wide-ranging destruction of the periodontal ligament. From day 3 to day 7, prominent compression of the periodontal ligament and osteoclast migration were observed at the apical interradicular septum. Osteopontin was detected in some osteoclasts, surrounding fibroblasts, and osteoblasts adjacent to the compression area. RANKL was observed from day 1 to day 7 around the osteoblasts and osteoclasts. Conclusions: Our model was useful for the detailed investigation of periodontal ligament breakdown during excessive occlusal loading. Although intracellular osteopontin was produced in osteoclasts with intermittent occlusal loading, the role of this protein in the cells was not clear. No correlation between RANKL distribution and osteopontin production in osteoclasts could be found. ? Blackwell Munksgaard 2004.

    researchmap

  • Regeneration of Epithelium and Nerve Fibers Incident to Implantation - Neuronal Similarity between Peri-Implant and Junctional Epithelium -.

    J. Oral Tissue Engineering  2005年 

     詳細を見る

  • 歯学教育プログラムへのPBL教育の導入 南カリフォルニア大学歯学部における実態調査

    安島 久雄, 小野 和宏, 前田 健康, 永田 昌毅, 高木 律男, 山田 好秋, 興地 隆史, 魚島 勝美, 葭原 明弘, 花田 晃治

    日本歯科医学教育学会雑誌  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    2001年12月に新潟大学の教員6名が南カリフォルニア大学歯学部を訪れ,米国人学生とともにPBL(問題解決型学習)教育を1週間体験した.また,PBLの概念,教科課程編成法,教材の作成法,評価方法などについて資料収集を行った.その結果,PLBでは問題への解答よりも学習者中心の問題解決過程を通じた理解の育成が重視されること,教員の役割は知識の伝授ではなくグループの作業プロセスを支援して学習目標への到達を促すものであることなどが確認された

    researchmap

  • チタンインプラントとα-TCP系自己硬化型補填材の界面領域における組織化学的検索

    中舘 正芳, 網塚 憲生, 魚島 勝美, 田口 裕哉, 那須 真樹子, 前田 健康, 野村 修一

    Journal of Oral Biosciences  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A Histological Evaluation on the Involvement of Bio-Oss? in Osteoblastic Differentiation and Matrix Synthesis.

    Fabricio I. Tapety, Fabricio I. Tapety, Norio Amizuka, Norio Amizuka, Katsumi Uoshima, Shuichi Nomura, Takeyasu Maeda, Takeyasu Maeda, Takeyasu Maeda

    Clinical Oral Implants Research  2004年6月 

     詳細を見る

    This study was designed to investigate the responses of bone cells to a deproteinized bovine bone material, Bio-Oss? (Geistlich-Pharma, Wolhunsen, Switzerland), which was grafted in artificial bone defects of rat femurs. Standardized bone defects in the cortical bone of the right femurs were grafted with Bio-Oss? particles. Narrow penetrations were prepared on the bottom of the cavity, enabling osteogenic cells to migrate from the bone marrow. A defect in the left femur without Bio-Oss? was used as a control. The treated femurs were histochemically examined at 1, 3, 5, 7, and 14 days after the operation. At day 1, no osteogenic migration into the cavities occurred in either the control or experimental groups. At day 3, alkaline phosphatase (ALPase) immunohistochemistry showed a migration of the positive cells at the bottom of the cavities of the experimental groups, but not in the control ones. At day 5, new bone formation was recognized at the bottom of the cavity of both groups. In the experimental group, ALPase-positive cells were localized on Bio-Oss? and/or on the thin bone matrix that covered this material. The superficial layer of Bio-Oss? underlying the newly formed bone exhibited osteocalcin immunoreactivity. Transmission electron microscopy revealed osteoblasts depositing bone matrices - including collagen fibers - on the surface of Bio-Oss?. At days 7 and 14, woven bone occupied the previous cavities of both control and experimental groups, accompanied by osteoclasts. Thus, Bio-Oss? appears to serve as a scaffold for osteogenic cells as well as to promote osteoblastic differentiation and matrix synthesis. Copyright ? Blackwell Munksgaard 2004.

    researchmap

  • The effect of electrical potential on the penetration of metal ions through radicular dentin.

    Sukontip Arwatchanakan, Katsumi Uoshima, Katsumi Uoshima, Hidekazu Takahashi, Hiroyuki Miura

    Journal of Medical and Dental Sciences  2004年3月 

     詳細を見る

    Purpose: Electrical potential may facilitate the moving of corroded metal ions across radicular dentin to cause allergic reaction. This study was to investigate the effect of electrical potentials on the penetration of silver and copper ions through radicular dentin. Materials and Methods: Eighty-eight dentin discs were prepared from intact premolar teeth and placed between two containers of the model. One container was filled with copper and/or silver solution. Another container was filled with 0.9% sodium chloride solution. Five levels of electrical potential were applied to the model at 37°C for 1 and 24 hrs. Then silver and copper ions in sodium chloride solution were measured by ICP-ES. The data was analyzed by one-way ANOVA with Tukey comparison test and student's t-test (P < 0.05). Results: The concentrations of metal ions significantly increased as the electrical potentials increased when above 250 mV were applied after 1 hr. The concentrations of silver ions were significantly greater than those of copper ions. Low concentrations of silver and copper ions were detected after 24 hrs at 125 mV level. Conclusions: These results suggest that the penetration of corroded silver and copper ions through radicular dentin caused by intraoral potential might be minimal.

    researchmap

  • 大学学習法としての歯学スタディスキルズ

    前田 健康, 魚島 勝美, 興地 隆史, 小野 和宏, 高木 律男, 花田 晃治, 山田 好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部卒前教育へのOSCEの導入(第2報) コミュニケーション能力の評価

    興地 隆史, 福島 正義, 葭原 明弘, 田井 秀明, 高田 佳之, 小野 和宏, 小林 博, 魚島 勝美, 富沢 美恵子, 高木 律男, 前田 健康, 山田 好秋, 花田 晃治

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • イギリスの歯科医学教育事情

    魚島 勝美, 俣木 志朗, 小野 和宏, 花田 晃治, 前田 健康, 山田 好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学院学生を対象にしたProfessional Writingの開講

    相田 恵, 前田 健康, 魚島 勝美, 興地 隆史, 小野 和宏, 高木 律男, 花田 晃治, 山田 好秋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯学教育プログラムへのPBL教育の導入 南カリフォルニア大学歯学部における実態調査

    小野 和宏, 前田 健康, 花田 晃治, 山田 好秋, 高木 律男, 興地 隆史, 魚島 勝美, 葭原 明弘, 永田 昌毅, 安島 久雄

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 本学歯学部卒前教育における客観的臨床能力試験(OSCE)の導入

    興地 隆史, 福島 正義, 葭原 明弘, 子田 晃一, 小野 和宏, 小林 博, 魚島 勝美, 小山 純市, 植田 耕一郎, 高木 律男, 前田 健康, 花田 晃治

    日歯教誌  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    標記OSCEの概要を示し,試験成績とアンケート調査(受験者・評価者対象)の結果を報告した.OSCEは形成的評価に有効であった.低得点の試験課題の存在は,出題レベルの均一化の困難性を示すものであったが,これにより指導上の問題点も明らかになった.computer-based testingとの間に相関は認められなかった.評価者間の採点結果に有意差が認められたのは1ステーションのみで,試験の客観性は高いと考えられた.本試験法の継続的な実施には,熟練教官の養成を念頭に置いたOSCEの試行が不可欠と思われた.又,カリキュラムの中でのOSCEの位置づけをより明確なものとすることの必要性が示唆された

    researchmap

  • 掌蹠膿疱症における金属パッチテストの陽性率及びその原因除去に対する評価

    鷲見 浩史, 横関 博雄, 石原 亜希子, 田中 智子, 若林 知江, 西岡 清, 浜野 英也, 三浦 宏之, 船山 憲彦, 魚島 勝美

    日本皮膚科学会雑誌  2003年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Global challenges in research and strategic planning.

    Bruce J. Baum, John Scott, Matthias Bickel, Giorgio Gombos, John, S. Greenspan, Wei Guo, No Hee Park, David Purdell-Lewis, Richard Ranney, Eli Schwarz, Greg Seymour, Katsumi Uoshima

    European Journal of Dental Education  2002年12月 

     詳細を見る

    Health sciences research is experiencing dramatic progress. How can dental schools throughout the world best make these research advances relevant for dental students, as well as providing them with the means to assess and utilize the research advances that will occur in the future? This complex question presents a critical challenge to the dental educational community. Research is clearly integral to the mission of dental education. By providing dental students with active learning strategies, dental educators can inculcate the ability for independent scientific thinking and thereby develop reflective as well as technically competent practitioners. However, there is a shortage of well-trained individuals to fill faculty and research positions in certain parts of the world. Global networks for mutual information exchange are imperative to overcome resource limitations in individual institutions, as is dedicated funding for research in the dental educational setting. ? Blackwell Munksgaard, 2002.

    researchmap

  • 純チタン補綴物の予後調査 3年経過症例について

    吉田 俊吾, 加藤 拓, 橋本 明彦, 魚島 勝美, 野村 修一

    日本補綴歯科学会雑誌  2002年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医学教育における世界の動向(第2報) 歯学教育における情報通信技術の可能性

    鶴田 潤, 魚島 勝美, 森尾 郁子, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学歯学部卒前教育へのOSCEの導入

    興地 隆史, 福島 正義, 葭原 明弘, 子田 晃一, 小野 和宏, 小林 博, 魚島 勝美, 小山 純市, 植田 耕一郎, 高木 律男, 前田 健康, 花田 晃治

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医学教育における世界の動向(第3報) 歯学教育における研究と教員の研究活動

    魚島 勝美, 鶴田 潤, 森尾 郁子, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医学教育における世界の動向(第1報) 評価方法と教育の質の改善

    森尾 郁子, 魚島 勝美, 鶴田 潤, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 咬合性外傷の発症機序の検索を目的とした動物実験モデル確立の試み

    加来 賢, 魚島 勝美, 山下 靖雄, 三浦 宏之

    日本補綴歯科学会雑誌  2002年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 本学歯学部学生の研究活動に対する意識調査と基礎研究選択実習の評価

    魚島 勝美, 森尾 郁子, 谷口 弘江, 江藤 一洋

    日歯教誌  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    基礎研究選択実習の教育効果を明らかにする目的で,実習履修前の第5学年と履修後の第6学年の学生を対象に「研究に関する興味」や「研究活動への参加経験」を問うアンケート調査を行った.その結果,履修前でも研究に興味がある学生は決して少なくないものの,実際に研究活動を体験した学生は非常に少なく,学生を歯科医学研究に触れさせるという点で基礎研究選択実習は有効であったと考えられた

    researchmap

  • 本学歯学部における「科学英語」教育の現状と課題について

    森尾 郁子, 魚島 勝美, 谷口 弘江, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会雑誌  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    東京医科歯科大学歯学部において平成9年1月から必修科目として導入された「科学英語」教育の実施状況と今後の課題を明らかにする目的で,平成13年3月に教員を対象とした質問票調査を実施し,併せて学生からの意見聴取を行った.調査の結果,「科学英語」教育を担当する歯学系大学院29分野の半数以上が分野としての重点目標を設定しており,その約半数は「英語科学論文の読解力の育成」を挙げていた.授業内容については「英語科学論文講読」が最も多く,8割以上を占めていた.「科学英語」教育を実施することで学生に期待される効果としては「長期的にみた英語への関心の高まり」を挙げた分野が約6割と最も多かった

    researchmap

  • 本歯学部における「科学英語」教育の現状と課題について

    日歯教誌  2002年 

     詳細を見る

  • 研究活動に対する東京医科歯科大学歯学部学生の意識調査

    魚島 勝美, 森尾 郁子, 谷口 弘江, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2001年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 東京医科歯科大学歯学部における「科学英語」の現状と課題について

    森尾 郁子, 魚島 勝美, 谷口 弘江, 江藤 一洋

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2001年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 東京医科歯科大学歯学部附属病院・歯科アレルギー外来におけるパッチテストの実態とその検討

    小泉 智宏, 渡邊 希江, アワチャナカン・スコンティップ, 濱野 英也, 益田 高行, 魚島 勝美, 北崎 祐之, 埴 英郎, 廣原 英樹, 能木場 公彦

    日本補綴歯科学会雑誌  2001年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 金属アレルギー患者の歯科治療による原因除去療法について 新しいキャスタブルセラミックス"クリセラ"を用いた治癒例

    松村 光明, 北崎 祐之, 埴 英郎, 濱野 英也, 船山 憲彦, 魚島 勝美, 益田 高行, 小泉 智宏, 木原 誠治, 大山 喬史

    日本補綴歯科学会雑誌  2000年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Transcriptional regulation involving the intronic heat shock element of the rat hsp27 gene.

    Lyndon F. Cooper, Lyndon F. Cooper, Katsumi Uoshima, Zhanying Guo

    Biochimica et Biophysica Acta  2000年2月 

     詳細を見る

    While sequencing the first intron of the rat heat shock protein 27 gene (hsp27), we identified a consensus heat shock regulatory element (HSE). This intronic HSE (i-HSE) is conserved among mammalian hsp27 genes. The aim of this study was to investigate possible effects of this intronic HSE (i-HSE) on transcription from the rat hsp27 promoter. Gel mobility shift assays indicated that the i-HSE bound heat shock transcription factor 1 (HSF1) in a manner equivalent to that of HSE present in hsp27 promoter (p-HSE). The effect of i-HSE on transcription from the hsp27 promoter was evaluated using reporter constructs transiently transfected in the osteosarcoma cell line ROS17/2.8. When inserted 5' to a 145 bp fragment of the hsp27 promoter not containing p-HSE, a 215 bp fragment of hsp27 intron 1 containing i-HSE enhanced CAT activity and conferred heat shock-inducible activity to the construct. This intronic fragment containing i-HSE also enhanced CAT activity in either normal or heat-shocked culture conditions when inserted 3' to the CAT open reading frame. However, in chimeric reporter constructs with a 273 bp hsp27 promoter containing p-HSE directly 5' to CAT reporter, and with a 215 bp fragment containing i-HSE inserted 3' to the CAT open reading frame, transcription from hsp27 promoter was reduced under normal and heat-stressed culture conditions. Mutation of the i-HSE reversed this effect. Further study is required to define the mechanism by which the i-HSE-containing region of the hsp27 promoter may mediate negative regulation of hsp27 transcription. (C) 2000 Elsevier Science B.V.

    researchmap

  • 歯周組織への機械的刺激によるhsp27の発現に関する観察

    富塚 健, 魚島 勝美, 椎葉 正史, 須佐美 隆史, 山下 靖雄, 長谷川 成男, 高戸 毅

    日本口腔科学会雑誌  1999年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 金属アレルギー患者の歯科治療による原因除去療法について 原因除去療法実施後の治療成績と治癒例の検討

    埴 英郎, 松村 光明, 北崎 祐之, 船山 憲彦, 魚島 勝美, 益田 高行, 濱野 英也, 鈴木 乃里子, 大山 喬史, 長谷川 成男

    日本補綴歯科学会雑誌  1999年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科用金属がアレルゲンとして疑われた金属アレルギー患者の原因除去療法について

    松村 光明, 魚島 勝美, 益田 高行, 濱野 英也, 埴 英郎, 北崎 祐之, 長谷川 成男, 鈴木 乃里子, 大山 喬史

    口腔病学会雑誌  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科材料によるアレルギーの実態とその検査方法の検討 病因究明に向けて

    魚島 勝美, 船山 憲彦, 松村 光明, 益田 高行, 濱野 英也, 長谷川 成男

    日本歯科医学会誌  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ノースカロナイナ大学歯学部学生教育の現状

    益田 高行, 魚島 勝美, 濱野 英也

    日本歯科医学教育学会雑誌  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 米国ノースカロライナ大学歯学部学生の研究活動の現状―主に東京医科歯科大学歯学部の現状との比較―

    魚島 勝美, 益田 高行, 濱野 英也

    日歯教誌  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最近の歯学 歯科補綴 ラットhsp 27の組織特異的発現とその遺伝子発現制御機構の解析 補綴学的意義と展望

    魚島 勝美, 長谷川 成男

    口腔病学会雑誌  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 金属アレルギーと口腔内修復物の成分組成に関する調査

    濱野 英也, 魚島 勝美, 苗 維平

    口腔病学会雑誌  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    1997年2月迄の3年間に第二補綴科アレルギー外来を受診した263名の患者について金属アレルギーに関する調査を行った. 1)当科アレルギー外来を受診した患者で,歯科治療による金属アレルギーが強く疑われた患者数は3年間で107名であった. 2)金属アレルギーが疑われた患者には,皮膚炎,掌蹠膿疱症,扁平苔癬,口内炎等の疾患が認められ,発症部位は全身にわたっていた. 3)パッチテスト陽性率の高い元素はHg,Co,Ni,Cr,Pdであった. 4)修復物として使用頻度の高い元素はZn,Ag,Cu,Au,Pdであった.また,使用合金としては金銀パラジウム合金が最も多く,修復物全体の49.7%を占めていた. 5)パッチテスト陽性金属元素と修復物中の検出元素との一致率はPd,Ni,Crで高かったが,実際にアレルゲンである金属を含む合金としての一致率が高かったのは,コバルトクロムニッケル合金であった

    researchmap

  • 金属アレルギーと口腔内修復物の成分組成に関する調査

    H. Hamano, K. Uoshima, W. P. Miao, T. Masuda, M. Matsumura, H. Hani, H. Kitazaki, M. Inoue

    口病誌  1998年1月 

     詳細を見る

    Allergies caused by metals have been increasing. The number of patients visiting dentists with the chief complaint of metal allergy has also been increasing. From March 1994 to February 1997, 263 patients who complained of various symptoms visited our allergy clinic. Among them, 184 patients were suspected to have allergy caused by metals in dental restoration materials and were referred to the patch test. Among 165 patients', 128 were positives for metal allergy. Constituent elements of intraoral metals were analyzed in 107 of these 128 positive patients. The findings were as follows: 1. The most common five elements acting on the patients were Hg, Co, Ni, Cr, and Pd. 2. The most frequently used elements of dental restoration metal materials were Zn, Ag, Cu, Au, and Pd, and the alloy was Au-Ag-Pd alloy. 3. The highest tendency of coincidence between allergen and intraoral metals were observed among Co-Cr-Ni alloys and Pd, Ni, and Cr elements. 4. In case of palmoplantar pustulosis, allergen metals tended to be the same as intraoral metal elements.

    researchmap

  • ノースカロライナ大学歯学部学生教育の現状

    日歯教誌  1998年 

     詳細を見る

  • ラットhsp27の組織特異的発現とその遺伝子発現制御機構の解析―補綴学的意義と展望―

    口病誌  1998年 

     詳細を見る

  • Modification of the Abbe flap for reconstruction of the vermilion tubercle and Cupid's bow in cleft lip patients.

    J.Oral and Maxillofac. Surg.  1996年 

     詳細を見る

  • Rat hsp27 expression pattern indicates the complex regulation of hsp27 gene expression.

    Jpn.J.Oral Biol.,  1996年 

     詳細を見る

  • Correlative microscopic investigation of the interface between titanium alloy and the osteoblast-osteoblast matrix using mineralizing cultures of primary fetal bovine mandibular osteoblasts

    Paula K. Yliheikkil?, David A. Felton, S. William Whitson, Wallace W. Ambrose, Katsumi Uoshima, Lyndon F. Coope

    International Journal of Oral and Maxillofacial Implants  1995年1月 

     詳細を見る

    ? 1997 Quintessence. In this study, the primary culture of bovine mandibular osteoblast cells in a microculture assay has been used to further investigate the interaction of mineralizing osteoblast cultures with implant surfaces by using correlative microscopic techniques. Rapid differentiation and mineralization of osteoblast cultures grown on titanium alloy surfaces was observed. The successful short-term culture of mineralizing mandibular osteoblasts on titanium alloy surfaces occurred without the formation of a tenacious adhesive interface between the alloplastic material and the multilayered cell culture.

    researchmap

  • Two-flap palatoplasty の経験.

    形成外科  1995年 

     詳細を見る

  • Differential Estrogenic Regulation of Small Mr Heat Shock Protein Expression in Osteoblasts.

    L. F. Cooper, K. Uoshima

    J.Biol.Chem.  1994年1月 

     詳細を見る

    Polymerase chain reaction amplification and sequencing of heat shock protein (HSP) 27-related transcripts present in cDNAs generated from heat- shocked osteoblast RNA revealed the expression of three related open reading frames that encode proteins of 208, 197, or 175 amino acids. Their expression as recombinant proteins in Escherichia coli demonstrated that they encode 27,000, 25,000, or 22,000 M(r) proteins. Northern blot analysis of heat shock protein 27-related transcript expression revealed that, while HSP 27 expression (850-nucleotide transcript) was induced by heat shock alone, the expression of a smaller transcript was facilitated by estrogen treatment prior to heat shock. This corresponded with the co-induction of 18,000 and 22,000 M(r) proteins by estrogen-pretreated, heat-shocked osteoblasts as revealed by fluorography. The identification of these multiple small M(r) heat shock-induced proteins demonstrated that the stress response of mammalian cells is composed of multiple, related proteins whose expression is differentially regulated. The importance of estrogen-regulation of the small M(r) heat shock protein component of the stress response may be of particular significance to osteoblast physiology.

    researchmap

  • Correction of the Cleft Nasal Deformity with an L-shaped Iliac Bone Graft.

    Annals. of Plastic Surgery.  1994年 

     詳細を見る

  • ISOLATION AND CHARACTERIZATION OF A RAT HSP27 GENE.

    Katsumi Uoshima, Katsumi Uoshima, Beverly Handelman, Lyndon F. Cooper, Lyndon F. Coope

    Biochem. Biophys. Res. Comm.  1993年12月 

     詳細を見る

    A gene encoding the rat heat shock protein 27 protein was isolated and characterized. The gene is composed of three exons and two introns. The proximal 5′ untranslated region of this gene contains consensus heat shock elements, multiple SP1 sites, and basal regulatory elements including a CCAAT box and a TATA box. Comparison of this heat shock gene with the murine heat shock protein 25 and human heat shock protein 27 genes revealed the conserved presence of a putative heat shock element in the first intron of these mammalian small Mrheat shock protein genes. While preliminary expression studies indicate the promoter directs heat shock induced expression of heat shock protein 27, the functional signficance of the intronic heat shock element to the expression of this gene remains to be determined. ? 1993 Academic Press, Inc.

    researchmap

  • Multiple primary Carcinoma of the Palate, Report of a Case.

    Asian J. Oral Maxillofac. Surg.  1993年 

     詳細を見る

  • Le Fort 3型を含む多発性顔面骨折の1例

    古森 孝英, 大越 基弘, 魚島 勝美

    日本災害医学会会誌  1992年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    29歳男.骨折の種類は,Le Fort 1型+2型+3型骨折,下顎骨骨体部骨折及び歯槽骨骨折であった.頭蓋・顔面懸垂固定(Kufner法及びAdams法)を用い,良好な結果を得た

    researchmap

  • A case of multiple facial fractures including LE FORT type ?.

    日本災害医学会会誌  1992年 

     詳細を見る

  • 口蓋に発生した重複癌(扁平上皮癌および腺様嚢胞癌)の1例

    魚島 勝美

    日本口腔外科学会雑誌  1991年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎に発生したセメント質形成線維腫の1例

    日本口腔外科学会雑誌  1990年 

     詳細を見る

  • Apatite顆粒による顎堤挙上域における骨形成状態に関する実験的研究

    魚島 勝美

    日本口腔科学会雑誌  1989年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Apatite implant適用を目的とした顎堤形態の改善に関する実験的研究

    魚島 勝美

    口腔病学会雑誌  1989年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    雑種成犬の下顎P3, P4, M1を抜歯後約30週経過したもの3頭を用い,相当部に多孔質アパタイト顆粒によって顎堤形成を行った.顎堤形成後16週経過した時点で被覆粘膜を剥離し,apatite implantを片側あたり2本埋入した.implant埋入後さらに4週経過した時点で,実験動物を無痛下にて安楽死させ,顎骨を摘出した.implant周囲顎骨組織について組織学的観察を行った.1)顎堤形成によって顎骨が挙上および増幅された顆粒領域のうち,元来の顎骨頂部より上方の領域と舌側顆粒領域では,ほぼその全域で顆粒間に良好な骨形成がみられる.元来の顎骨頂部より下方の頬側顆粒領域では,顆粒間の骨形成が全体として少なく,線維組織が形成されている部が多い.2)顆粒領域における顆粒の分布密度には,部位によってかなりの差がみられ,また全体的には舌側顆粒領域の顆粒密度の方が頬側のものに比べて高い.3)顆粒密度と顆粒間の骨形成にはおおむね相関性がみられ,顆粒密度が高い部分の顆粒間でより多くの骨が形成されている傾向がみられる.4)顆粒領域に埋入されているimplant表面および周囲には多くの部で骨が形成されている.それらの骨の量と隣接する顆粒間に形成されている骨の量との間にはある程度の相関性がみられる.すなわち隣接する顆粒間に形成されている骨の量が多い部では,implant表面および周囲にも多くの骨が形成されている傾向がみられる.しかし,隣接する顆粒間の骨がとくに緻密化している部では,implant表面および周囲に骨が形成されていない部がみられる場合もある.5)元来の顎骨領域に埋入されたimplant表面およびそこに隣接する部分の多くに骨が形成されており,そのような骨形成の状態は通常の顎骨に埋入されたimplant表面におけるものに近い.6) implant表面および周囲に形成された骨は,type 1aおよびtype 2aの骨によって構成されており,type 2aの骨の方がやや多い

    researchmap

  • Apatite implant 適用を目的とした顎堤形態の改善に関する実験的研究

    K. Uoshima

    口病誌  1989年1月 

     詳細を見る

    The purpose of this study was to investigate the possibility of applying the hydroxyapatite dental implant to the atrophic mandible after alveolar ridge augmentation using hydroxyapatite granules. The lower P3, P4 and M1 of 3 mongrel dogs were extracted. At 30 weeks, alveolar ridge augmentation was performed with porous hydroxyapatite granules. Sixteen weeks later, hydroxyapatite dental implants were applied to the area. And 4 weeks later, the specimens were taken out and fixed by 10% formalin alcohol. They were embedded in polyester resin and prepared into undecalcified sections. And the sections were stained with toluidine blue to observe the surrounding tissue of the dental implants histologically under light microscopy. RESULTS: 1) Bone formation was seen in most part of the intergranular spaces. However, in the buccal area, there were some spaces in which bone formation was entirely not observed. 2) At 4 weeks after implantation, almost all of the surface of the hydroxyapatite dental implants was attached to the surrounding osseous tissues. But in some parts of the implant surface, especially the buccal, fibrous connective tissue was seen. 3) These results provide a basis for the technique of hydroxyapatite dental implantation with porous hydroxyapatite granules in the atrophic mandibles after alveolar ridge augmentation.

    researchmap

  • Apatite 2-piece Implant 第3報 臨床治験について

    M. Ogiso, H. Kaneda, M. Shiota, T. Mitsuwa, H. Wakuda, S. Aikawa, K. Uoshima, T. Masuda, R. Kaneda, K. Tomizuka

    日本補綴誌  1988年1月 

     詳細を見る

  • アパタイト・インプラントー特に2-piece implantの基礎と臨床ー

    歯科ジャーナル  1987年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 平成17年度日本歯科医学教育学会教育システム開発賞

    2005年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 第113回日本補綴歯科学会学術大会課題口演コンペティション優秀賞

    2005年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • バーチャルリアリティーを活用した歯科技能教育の完全デジタル化

    2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 骨質(コラーゲン)が骨代謝に及ぼす影響とそのメカニズムを探る

    2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 健康食品と既存の医薬品併用による骨代謝改善の可能性

    2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 骨膜非剥離小規模骨増成法の新規開発

    2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 咬合力による骨組織改造の高精度予測

    2008年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 歯根膜をモデルとした細胞の感圧機構(メカノレセプター)に関する検索

    2004年4月 - 2008年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 非金属歯科材料アレルギーを対象としたパッチテスト用試薬開発とその基礎に関する研究

    2001年4月 - 2004年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 金属支台から溶出する金属イオンの歯質透過性及び歯根膜細胞の抗原提示能に関する検索

    2000年4月 - 2003年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 初代培養ウシ胎児下顎骨骨芽細胞を用いた顆粒状生体材料表面での石灰化に関する研究

    1998年4月 - 2000年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • アパタイト人工歯根適用を目的とした顎堤形態の改善に関する実験的研究

    1991年4月 - 1992年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金 

    魚島 勝美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 歯科臨床推論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特別授業 歯科臨床推論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 総合模型実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯の形態学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 口腔インプラント学ⅠA

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 臨床歯学コースワーク(補綴臨床基礎総合コースⅠ)

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 臨床歯学コースワーク(補綴臨床基礎総合コースⅡ)

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 口腔インプラント治療学演習ⅠA

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 口腔インプラント学ⅠB

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 基礎歯学コースワーク(国際連携基礎歯科学コース)

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 口腔インプラント治療学演習ⅠB

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 口腔インプラント学

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 欠損補綴学Ⅱ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 選択実習Ⅱ

    2008年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 統合科目Ⅰ

    2008年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅱ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習Ⅰ

    2008年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅰ

    2008年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習Ⅱ

    2008年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習Ⅲ

    2008年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習ⅠB

    2008年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 歯冠修復学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯の形態と機能

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 歯学研究入門

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 臨床予備実習

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習IB

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 欠損補綴学II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 統合科目I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 選択実習II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習III

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 臨床実習II

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示