2023/04/01 更新

写真a

カナタニ ミツグ
金谷 貢
KANATANI Mitsugu
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 講師
歯学部 歯学科 講師
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学 講師
職名
講師
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 1994年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 器械

  • Dental materials and devices

  • 歯科材料

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学

経歴(researchmap)

  • - 新潟大学大学院医歯学総合研究科 助教

    2007年

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻   助教

    2004年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   助教

    2004年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科 助手   Graduate School of Medical and Dental Sciences

    2001年 - 2007年

      詳細を見る

  • - Assistant Professor, Graduate School of

    2001年

      詳細を見る

  • 新潟大学歯学部 助手   Faculty of Dentistry

    1985年 - 2001年

      詳細を見る

  • Assistant Professor, Faculty of Dentistry,

    1985年 - 2001年

      詳細を見る

  • Medical and Dental Sciences, Niigata University

      詳細を見る

  • 新潟大学

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 医歯学系 歯学系列   講師

    2021年6月 - 現在

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   講師

    2021年6月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学   講師

    2021年6月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻   助教

    2004年4月 - 2021年5月

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   助教

    2004年4月 - 2021年5月

学歴

  • 新潟大学   Faculty of Engineering

    - 1983年

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   化学工学

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 日本歯科理工学会

      詳細を見る

  • 日本補綴歯科学会

      詳細を見る

  • International Association for Dental Research

      詳細を見る

  • 日本セラミックス協会

      詳細を見る

  • 国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)

      詳細を見る

委員歴

  • 委員  

    2018年4月 - 2020年4月   

      詳細を見る

  • 理事(会計担当)  

    2013年1月 - 2013年5月   

      詳細を見る

  • 幹事(会計担当)  

    2008年1月 - 2008年12月   

      詳細を見る

  • 委員  

    2006年4月 - 2007年3月   

      詳細を見る

  • 委員  

    2005年4月 - 2006年3月   

      詳細を見る

  • 歯科技工士国家試験委員  

    2000年4月 - 2001年3月   

      詳細を見る

  • 幹事(会計担当)  

    1998年1月 - 1998年12月   

      詳細を見る

  • 歯科技工士国家試験委員  

    1996年4月 - 1997年3月   

      詳細を見る

  • 委員  

    1991年4月 - 1992年3月   

      詳細を見る

▶ 全件表示

 

論文

  • 華岡青洲の門人・小田順亭(魯庵)による華岡流麻酔法を用いた手術事例 査読

    金谷 貢, 金谷桂子

    日本医史学雑誌(日医史誌)   63 ( 3 )   263 - 274   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cu含有量の異なる金銀パラジウム合金の接触腐食における腐食面のXPS分析 査読

    金子広美, 金谷 貢, 小野高裕, 野村修一

    日本補綴歯科学会誌(日補綴会誌)   7 ( 4 )   371 - 379   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本補綴歯科学会  

    <b>目的</b>:組成が異なる,同種合金の接触による腐食の影響を調べることを目的として,Cu含有量の異なる金銀パラジウム合金の接触腐食実験を行い,X線光電子分光法によりその腐食表面を分析し,接触腐食における初期の腐食挙動を検討した.<br><b>方法</b>:Cu含有量の異なる3種類の12%金銀パラジウム合金をプレート状に鋳造後,研磨し,試料の約半分の面積を2種類ずつ接触させてゴムで固定し,腐食溶液に8週間浸漬した.浸漬後,アセトンと超純水で試料を超音波洗浄し,X線光電子分光法により腐食表面の表面分析を行った.XPSで分析できる深さは約10 nmであり,今回の深さ方向の分析結果では,この範囲内で最表面およびその下を内部とした.<br><b>結果</b>:肉眼的観察では,Cu含有量がより多い試料の接触領域の辺縁部で著しい変色が観察された.初期の化合物としてAg<sub>2</sub>O,PdO,CuO,Cu<sub>2</sub>SとCuSO<sub>4</sub>が考えられ,このうちPdOはCu含有量の多い試料でより内部まで検出された.Cuの化合物については,Cu含有量の多い試料ではCuSO<sub>4</sub>の割合が多く,内部に行くほどCuOとCu<sub>2</sub>Sの割合が増加した.Cu含有量の少ない試料では最表面から内部にかけてCu<sub>2</sub>Sが検出された.<br><b>結論</b>:Cu含有量の異なる金銀パラジウム合金が接触している場合は,Ag<sub>2</sub>O,PdO,CuO,CuSO<sub>4</sub>とCu<sub>2</sub>Sが腐食の初期に生成される.

    DOI: 10.2186/ajps.7.371

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20016440485?from=CiNii

  • Cyclic mechanical pressure-loading alters epithelial homeostasis in a three-dimensional in vitro oral mucosa model: Clinical implications for denture-wearers 査読

    Shiomi Aki, Izumi Kenji, Uenoyama Atsushi, Saito Taro, Saito Naoaki, Ohnuki Hisashi, Kato Hiroko, Kanatani Mitsugu, Nomura Shuichi, Egusa Hiroshi, Maeda Takeyasu

    Journal of Oral Rehabilitation   42 ( 3 )   192 - 201   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1111/joor.12254

    researchmap

  • 低エネルギー電子線照射がポリメチルメタクリレートレジンの接着性に及ぼす影響 査読

    伊藤 圭一, 金谷 貢, 野村 章子

    明倫短期大学紀要   18 ( 1 )   20 - 24   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:明倫短期大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1681/00000296/

  • 低エネルギー電子線照射がポリメチルメタクリレートレジンの吸水性と表面硬さに及ぼす影響 査読

    伊藤 圭一, 金谷 貢, 野村 章子

    明倫短期大学紀要   18 ( 1 )   14 - 19   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:明倫短期大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1681/00000295/

  • Usefulness of a rotation-revolution mixer for mixing powder-liquid reline material 査読

    Yoshio Yamaga, Mitsugu Kanatani, Shuichi Nomura

    JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH   59 ( 1 )   71 - 78   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Purpose: The purpose of this study was to evaluate the distribution of bubbles, degree of mixing, flowability and mechanical strength of powder-liquid reline material by manually and with a rotation-revolution (planetary) mixer, and to determine the usefulness of a rotation-revolution mixer for this application.Methods: Powder-liquid reline material (Mild Rebaron, GC, Tokyo, Japan) was mixed with a powder to liquid ratio of 1:0.62 according to the manufacturer's instruction. Two methods were used to mix it: mixed by manually ("manual-mixing") and automatically with a rotation-revolution mixer (Super Rakuneru Fine, GC, Tokyo, Japan; "automatic-mixing"). Disc-shaped specimens, 30 mm in diameter and 1.0 mm in thickness, were used to observe the distribution of bubbles in at 10x magnifications. Flowability tests were carried out according to the JIS T6521 for denture base hard reline materials. A three point bending test was carried out by a universal testing machine. Elastic modulus and flexural stress at the proportional limit were calculated.Results: A median of 4 bubbles and inhomogeneous were observed in manual-mixed specimens. However, no bubbles and homogeneous were observed in automatic-mixed specimens. Flowability was within the JIS range in all mixing conditions and did not differ significantly across conditions. The elastic modulus was the same for manual-mixed and automatic-mixed specimens. On the other hand, the flexural stress at the proportional limit differed significantly between manual-mixed and automatic-mixed specimens.Conclusion: The results confirm that rotation-revolution mixer is useful for mixing powder-liquid reline material. Automatic-mixing may be recommended for clinical practice. (C) 2014 Japan Prosthodontic Society. Published by Elsevier Ireland. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jpor.2014.11.002

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Surface analysis of commercially pure titanium implant retrieved from rat bone Part 2: Biomolecular adsorption influenced by surface texture 査読

    Watanabe K, Okawa S, Kanatani M

    Niigata Dent J   43 ( 1 )   13 - 25   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Calcium phosphates deposited on titanium electrode surface-Part 1: Effect of the electrode polarity and oxide film on the deposited materials 査読

    Seigo Okawa, Kouichi Watanabe, Mitsugu Kanatani

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   32 ( 2 )   281 - 288   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    We report experimental results about the effect of polarity of electrode and anodized titanium oxide film on the deposited materials by electrolysis of an acidic calcium phosphate solution. Mirror-polished titanium and anodized titanium were Used as anode or cathode, and a Pt plate was used as a counter electrode. The load voltage was held constant at 20 VD C. No deposited materials were found on the anode surface. On the other hand, dicalcium phosphate dihydrate (DCPD) was deposited on the cathode surface at the beginning of the electrolysis. After the electrolysis time 600 s, the non-stoichiometric hydroxyapatite (HAp) with several hundred nanometers was formed on the specimen surface. Based on X-ray photoelectron spectroscopy data, the anodized oxide film contained both P5+ and P3+ ions. This characteristic of the oxide film and the electrolysis conditions were related to the behavior of the deposition of ultra fine HAp with high crystallinity.

    DOI: 10.4012/dmj.2012-197

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • ヘリウムガスを用いた一室加圧型鋳造における鋳型空洞の圧力挙動 査読

    大川成剛, 渡辺孝一, 金谷 貢

    新潟歯学会誌   42 ( 2 )   21 - 26   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • コ・デンタルスタッフの卒後教育におけるワークショップ方式の有効性 : 歯科技工士を対象としたワークショップのアンケート調査による検討 査読

    金谷 貢, 岡田 直人, 山野井 敬彦, 飛田 滋, 田之口 克規, 熊倉 喜久夫, 岩嶋 秀明, 丸山 満, 坂井 隆, 倉田 園子, 若杉 順一, 伊藤 圭一

    日本歯科技工学会雑誌   31 ( 2 )   123 - 130   2011年1月

     詳細を見る

  • Adhesion of hollow calcium-deficient hydroxyapatite microspheres onto titanium 査読

    Isao Kimura, Mitsugu Kanatani, Kouichi Watanabe

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   28 ( 6 )   700 - 707   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    Microcapsules containing active drugs, e.g. an antimicrobial agent, with a hydroxyapatite (HAp) shell are expected to prevent infection and to improve osseointegration Simultaneously when used as implant materials. This study was conducted to investigate the effects of etching with hydrofluoric acid (HF) to change the surface morphology of titanium in cases of adhesion of calcium-deficient HAp microspheres onto titanium. The microspheres were mixed with Hanks' balanced salt solution (HBSS) to prepare slurry; the slurry was then put between two titanium disks that had been etched and kept soaking in HBSS for seven days at 310 K. The coverage and the degree of adherence of the microsphere were evaluated using electron probe microanalysis. The etching at an HF concentration of 0.10 mol/L caused the greatest adhesion. Changing the temperature between 303 and 323 K showed a tendency for the degree of adherence to increase.

    DOI: 10.4012/dmj.28.700

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Characterization of calcium phosphate deposited on valve metal by anodic oxidation with polarity inversion 査読

    Seigo Okawa, Kikuo Homma, Mitsugu Kanatani, Kouichi Watanabe

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   28 ( 4 )   513 - 518   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    Electrochemical deposition of calcium phosphate (CAP) on valve metals such as Ta, Nb, and Zr, was performed by anodic oxidation with alternate polarity inversion at an applied 20 VDC. A saturated hydroxyapatite(HAP)-phosphoric acid solution (pH 3) was used as the electrolyte. MR, XRD, and XPS were employed to investigate the detailed characteristics of the deposition. HAP was precipitated on Ta; HAP including brushite and monetite on Nb; and HAP and monetite on Zr. The Ca/P atomic ratios were 1.3-1.5 by XPS, and HPO42- bands were detected on Ta by FTIR. Therefore, the HAP precipitated on Ta was a Ca-deficient HAP. In addition, the XPS spectra of the specimens showed that phosphate ions were incorporated into the anodic oxide film. Deposits with nano-grain size were observed by AFM. The results confirmed that CAP with nano-grain size was deposited on valve metals by the anodic oxidation with polarity inversion.

    DOI: 10.4012/dmj.28.513

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Rapid Nitridation of Al Powder in a Floating System 査読

    Kobayashi T, Hazwani KN, Kanatani M, Hotta M, Hotta N

    Materials Science and Technology   46 ( 3 )   147 - 152   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Surface analysis of commercially pure titanium implant retrieved from rat bone. Part 1: Initial biological response of sandblasted surface 査読

    Watanabe K, Okawa S, Kanatani M, Homma K

    Dent Mater J   28 ( 2 )   178 - 184   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 窒化物系セラミックスの歯科鋳造への応用 第3報 石膏系外埋没材を用いた場合のCo-Cr合金に対するコーティング材としての可能性 査読

    金谷 貢, 野村修一, 石岡 靖, 堀田憲康, 木村勇雄

    補綴誌   34 ( 6 )   1235 - 1246   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 歯科理工学教育用語集 第2版

    金谷 貢( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 用語番号1, 13, 36, 37, 76, 100, 101, 102, 180, 195, 238, 269, 290, 291, 292, 421, 422, 423, 424, 450, 451, 469, 573, 582, 583, 584, 587, 589, 592, 895, 897, 972, 973, 974, 1006)

    医歯薬出版  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 歯科理工学教育用語集

    金谷 貢( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 用語番号1, 12, 35, 36, 75, 99, 100, 101, 178, 193, 235, 266, 287, 288, 289, 417, 418, 419, 420, 446, 447, 465, 568, 577, 578, 579, 582, 584, 587, 883, 885, 953, 954, 955, 986)

    医歯薬出版  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 歯科理工学教育用語集(共著)

    医歯薬出版  2005年  ( ISBN:4263455851

     詳細を見る

MISC

  • 低エネルギー電子線照射がポリメチルメタクリレートレジンの吸水性,表面硬さならびに接着性に及ぼす影響 招待

    伊藤圭一, 金谷 貢, 野村章子

    日本歯技   ( 555 )   33 - 39   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • P-27 金合金の大気中鋳造への六方晶窒化ホウ素の応用(金属材料,一般講演(ポスター発表),第65回日本歯科理工学会学術講演会)

    金谷 貢, 大川 成剛, 泉 健次, 木村 勇雄

    日本歯科理工学会誌   34 ( 2 )   98 - 98   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The present study examined the feasibility of hexagonal boron nitride (hBN) as a wax pattern coating material for gold alloy casting in air. After wax patterns were coated with hBN, they were outer-invested with a gypsum-bonded investment. The thin specimens made of the gold alloy, 0.55 mm in thickness, were cast in air. The color of the cast surface by using hBN was rusty red. The X-ray diffractometer analysis revealed that copper oxide produced on the hBN cast surface was the only Cu_2O, and CuO produced on the control was not detected. This means that hBN remarkably inhibited the oxidation during casting. Thus, the use of hBN could be effective in hardness of the cast surface.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-34 電解法による有機無機複合体の合成 : 金属板への無機粒子の付着特性について(レジン,一般講演(ポスター発表),第64回日本歯科理工学会学術講演会)

    大川 成剛, 金谷 貢, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   33 ( 5 )   420 - 420   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The aim of this study was to characterize the adhesion of mineral particles to a metal (titanium) plate by electrolysis. MMA including a conductive monomer and zircon powder treated with stearic acid was used as an electrolyte. Titanium and carbon plates were used as electrodes. Twenty volts DC were applied between the electrodes for 3,600 s. EPMA revealed the adhesion of zircon particles to the metal surface. In addition, S, O elements were concurrently detected on and around the particles. Since both elements were derived from the conductive monomer, the present study indicated the formation of an organic material including conductive monomer on the metal surface preceded the adhesion of zircon particles.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-34 真空練和容器とスパチュラに付着した水滴が石膏の混水比および圧縮強さにおよぼす影響(接着・臨床応用,一般講演(ポスター発表),第63回日本歯科理工学会学術講演会)

    金谷 貢, 大川 成剛, 泉 健次, 木村 勇雄

    日本歯科理工学会誌   33 ( 2 )   143 - 143   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The water-powder ratio (W/P ratio) affects compressive strength of dental stone. In this study, we investigated the effects of water droplets adhering on a mechanical spatulator with vacuum and hand spatula on W/P ratio. The amount of water droplets was measured using an electronic balance. The compressive strength of dental stone was calculated based on the loaded weight. The total amount of water droplets adhering onto spatulator (volume; 250 and 500 mL) and a hand spatula were 0.90 mL (SD 0.10) and 1.33 mL (SD 0.12), respectively. The compressive strength of the dental stone were 10.23 kg/mm^2 (SD 0.27) and 6.89 kg/mm^2 (SD 1.31) at W/P ratio 0.20 and 0.23, respectively. Thus, the total amount of water droplets adhering on those instruments should be taken into consideration when mixing dental stone.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-57 Cu含有量の異なる金銀パラジウム合金の接触腐食 : XPSによる腐食表面の分析(チタン・歯科用合金・埋没材,一般講演(ポスター発表),第62回日本歯科理工学会学術講演会)

    金子 広美, 大川 成剛, 金谷 貢, 伊藤 恭輔, 山鹿 義郎, 野村 修一, 泉 健次

    日本歯科理工学会誌   32 ( 5 )   407 - 407   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The aim of this study was to investigate the effect on corrosion products due to difference in Cu content. We prepared three kinds of Ag-Pd-Cu-Au alloys with difference Cu content. After casting in 10 × 20 × 1 mm^3, the contacted casting plates were immersed in corrosion solution for 8 weeks at 37℃. After immersed, we analyzed alloy surface by XPS. In spite of Cu content, a peak derived from PdO was confirmed in Pd3d XPS spectra of all specimens.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 粉液型リライン材の混和時における公転・自転式ミキサーの使用が機械的強度に与える影響

    山鹿 義郎, 大川 成剛, 金谷 貢, 伊藤 恭輔, 金子 広美, 野村 修一, 渡辺 孝一

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   31 ( 5 )   454 - 454   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    Mechanical properties of powder-liquid type lining materials are inferior to those of heat cured denture base resins, which causes the reduction of the strength of the denture. We studied the effect of rotation-revolution mixer compared with hand mixing for powder-liquid type denture lining material on mechanical properties. Flexural stress at the proportional limit was significantly increased, while flexural modulus was similar to the specimen made with rotation-revolution mixer mixing.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 常温重合型アクリルレジンの改質 : ポリマー粒子への低エネルギー電子線照射の効果

    伊藤 恭輔, 大川 成剛, 金谷 貢, 金子 広美, 山鹿 義郎, 野村 章子, 野村 修一, 渡辺 孝一

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   31 ( 5 )   451 - 451   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    Self-curing acrylic resin is used in a variety of clinical applications, e.g. fabricating provisional restorations, adjusting occlusion, and repairing dentures. However, this resin is inferior to heat-curing acrylic resin in chemical and mechanical properties. In this study, to improve these properties, we irradiated low-energy electron beam (LEB) to polymer particles, and then the polymer particles were polymerized by ordinary method. We investigated the influence of LEB irradiation on polymer particles. Consequently, LEB irradiation caused formation of the free radical, which contributed to increase of flexural strength.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 極性交互反転電解によってマグネシウムおよびその合金表面に析出するリン酸カルシウムの特性

    大川 成剛, 伊藤 恭輔, 金子 広美, 山鹿 義郎, 渡辺 孝一, 金谷 貢

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   31 ( 5 )   482 - 482   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The aim of this study was to investigate the characterization of calcium phosphate deposited on magnesium and its alloys (AZ31 and AZ61) by applying polarity inversion electrolysis. Magnesium and its alloys were used as electrodes. One volt DC was applied between the electrode and Pt counter electrode in an acid calcium phosphate solution for 600s. The polarity was swapped every 60s. XRD results confirmed the deposited material to be a magnesium hydroxide and brushite. XPS spectrum of Mg2p was observed for the outermost surface. Therefore, the brushite was deposited locally on the metal surface.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 流動性の異なるコンポジットレジンにおけるフィラーおよびレジンの特性

    渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 伊藤 恭輔, 金子 広美, 山鹿 義郎

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   31 ( 5 )   429 - 429   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    Appropriate flow property of composite resin is required for application to a variety of prepared cavities. Three types of commercial composite resin having different flow properties were investigated with electron probe micro-analyser (EPMA), infrared spectroscopy (FT-IR) and atomic force microscope (SPM). The filler-size of the most flowable type was larger than those of other two types. The weight content of filler was almost equal among these three types. In conclusion, the filler size plays an important role for flow properties.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科用合金の腐食 第1報 : 口腔内から撤去した歯科用合金の表面分析

    金子 広美, 大川 成剛, 金谷 貢, 伊藤 恭輔, 山鹿 義郎, 野村 修一, 渡辺 孝

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   30 ( 5 )   333 - 333   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    Ag-Pd-Cu-Au alloys are widely used as dental casting alloys. However, they have some clinical problems such as corrosion and discoloration. XPS is effective for analyzing the uppermost surface of dental alloys. In this study, we used XPS to investigate surface chemical properties at none-discoloration areas of removed Ag-Pd-Cu-Au alloys. According to the results, in addition to the alloy elements, S, C, N and O were detected at areas of none-discoloration. Therefore, the formation of oxides and sulfides was estimated even at areas of none-discoloration.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科用合金のフッ素含有溶液における腐食挙動 : 第一報 銀合金における初期の腐食反応

    渡邊 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 伊藤 恭輔, 金子 広美, 山鹿 義郎

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   30 ( 5 )   313 - 313   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The influence of fluoride ions on the corrosion behavior of Ag-based alloy was investigated. The cast specimens of a commercial Ag-based alloy (65Ag-22Sn-13Zn) were immersed in 7% polyvinylpyrrolidone iodine (povidone-iodine) solution with and without fluoride ions. After that, the alloy surface was examined by means of XPS to investigate the corrosion behavior. In the case of solution containing fluoride ions, notable intense Sn and F peaks were detected, suggesting that tin fluoride compound was formed.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科診療室内における粉塵の挙動に関する一考察 招待

    金谷 貢

    新潟歯学会誌   40 ( 2 )   175 - 176   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 有機薄膜をコーティングしたチタン表面に析出するリン酸カルシウムの特性 : 有機薄膜がリン酸カルシウムの析出におよぼす影響

    大川 成剛, 伊藤 恭輔, 金子 広美, 渡辺 孝一, 金谷 貢

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   29 ( 5 )   411 - 411   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The aim of this study is to investigate the effect of the coatings on the deposited calcium phosphate. The organic coatings was formed on titanium by electrolyzing MMA, including conducting monomer at 150 VDC for 3,600 s. Calcium phosphate was deposited on the treated specimen by the polarity inversion method in calcium phosphate solution (pH 3) at 20 VDC. XRD, FTIR and AFM were employed to study the characterization of calcium phosphate. The deposited calcium phosphates are influenced by an electrical characteristic of the organic coatings.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 有機薄膜をコーティングしたチタン表面に析出するリン酸カルシウムの特性

    大川 成剛, 渡辺 孝一, 金谷 貢

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   29 ( 2 )   143 - 143   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The aim of this study is to investigate calcium phosphate (CAP) deposition on organic thin film coated titanium. The organic thin film was coated on titanium by electrolyzing MMA including DMSO and a conducting monomer at 110 and 150 VDC for 3,600s. CAP deposited on the treated specimen by polarity inversion method in a hydroxyapatite (HAp) saturated solution (pH 3). XRD, FTIR and AFM were employed to study the characterization of deposited CAP. The deposited CAP was Ca-deficient HAp and brushite for 110 VDC. For 150 VDC, these CAPs and calcium hydroxide were detected. Hybrid coatings of organic thin film/CAPs codeposited on titanium was formed by the electrolyzing method.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 真空練和容器とスパチュラに付着した水滴量に対する振りきり操作の有効性

    金谷 貢, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 木村 勇雄

    日本歯科理工学会誌 = The journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices   29 ( 2 )   149 - 149   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The water-powder ratio for gypsum-bonded investment influences the setting expansion. In this study, the effect of shaking off water drops on mechanical spatulator and hand spatula were investigated. The amount of water drops was measured by using an electronic balance. The total amount of water drops on the mixing set decreased very much after two times shaking off. By two times shaking off water drops, the influence on the setting expansion ratio of water drops can be avoided at the worst condition. The results demonstrated that shaking off water drops was effective for the setting expansion of gypsum-bonded investment.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 真空練和容器とスパチュラに付着した水滴量が混水比におよぼす影響

    金谷 貢, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 木村 勇雄

    歯科材料・器械   28 ( 5 )   370 - 370   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The water-powder ratio (W/P) for stone or gypsum-bonded investment influences setting expansion. In this study, the effects of water drops adhered to mechanical spatulator and hand spatula on W/P were investigated. The amount of water drops was measured by using an electronic balance. The setting expansion rates of an investment were also measured. The total amount of water drops adhered to 250 and 500 ml spatulator and hand spatula were 0.90 ml (SD 0.09 ml) and 1.31 (SD 0.12), respectively. The setting expansion rates of the investment were 0.60 % (SD 0.04 %) and 0.47 (SD 0.04) at W/P 0.31 and 0.35, respectively. The results demonstrated that the total amount of water drops sometimes influences W/P.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • タンパク質を含む人工唾液中における金銀パラジウム合金の溶出挙動

    本間 ヒロ, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 金谷 貢

    歯科材料・器械   28 ( 5 )   357 - 357   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The purpose of this study is to study the dissolution behavior of dental Ag-Pd-Cu-Au alloys in artificial saliva including protein. The cast specimens (surface area of 6 cm^2) were polished using #1,000 SiC waterproof paper. Fusayama's artificial saliva, Hank's balanced salts solution, and artificial saliva Saliveht with or without mucin as immersion solutions for metal extraction were prepared. The cast specimen was immersed in 50 mL of each immersion solution, and incubated at 37℃ for 7 days. ICP-MS worked by analyzing the released elements. The level of Cu, Zn and Ag from the tested alloys in the Fusayama's artificial saliva without mucin was about twice as high as that of elements in the saliva with mucin.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • イオン液体の電解 : チタンの表面に生成する有機薄膜

    大川 成剛, 本間 喜久男, 金谷 貢, 渡辺 孝一

    歯科材料・器械   28 ( 5 )   332 - 332   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The aim of this study is to investigate an organic film formed on titanium surface by electrolysis of ionic liquid. The ionic liquid of imidazole system, [C_8H_<15>N_2][PF_6], was used for electrolyte preparation. Mirror polished titanium and platinum plate as an electrode were used. A constant VDC of 40 was applied between the electrodes for 180 s via a DC power unit. FTIR and AFM were employed to study the organic film. The electrolytic oxidation reaction of the imidazole ring resulted in forming the organic film.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科インプラントの表面特性について(第5報) : 表面テクスチャーと吸着生体分子の関係

    渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 本間 喜久男

    歯科材料・器械   28 ( 5 )   310 - 310   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    To investigate the relationship between the surface texture of Ti implant and the adsorption behavior of biomolecules, two kinds of implants (having polished surface or grooved surface) were fabricated from commercial pure titanium. They were inserted to rat bone, retrieved after either 3 hours or 7 days, and analyzed with X-ray photoelectron spectroscopy. Although the amounts of proteins adsorbing were almost equal on the both surfaces, the amount of proteoglycan adsorbing on the polished surface was about 2 times larger than that on the grooved surface.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カルシウム欠損型ヒドロキシアパタイト中空ミクロスフィアのチタンねじへの付着

    木村 勇雄, 金谷 貢

    歯科材料・器械   28 ( 5 )   269 - 269   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    The final purpose of this study is to develop a high-performance implant, which can prevent infection for a couple of day immediately after the operation and then promote the osseointegration. As a fundamental study, hollow calcium-deficient hydroxyapatite microspheres revealing high solubility were made to adhere onto a titanium screw, of which the surface had been treated with hydrofluoric acid. The effects of conditions for the surface treatment on the surface morphology of titanium and the adhering amount of the microspheres were investigated.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 極性反転によるチタンの陽極酸化 : アルカリ性電解液の場合

    大川 成剛, 本間 喜久男, 金谷 貢, 渡辺 孝一

    歯科材料・器械   28 ( 2 )   120 - 120   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 陽極酸化した矯正用Ni-Tiワイヤのフッ化物を含む酸性溶液中での腐食

    本間 喜久男, 大川 成剛, 金谷 貢, 渡辺 孝一

    歯科材料・器械   28 ( 2 )   123 - 123   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 金属微粒子の到達高さを傍証として用いた歯科診療室内における粉塵の挙動

    金谷 貢, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 堀田 憲康, 木村 勇雄, 小林 正義

    歯科材料・器械   27 ( 5 )   382 - 382   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • リン酸カルシウム水溶液中での極性反転によるチタンの陽極酸化 : 陽極酸化時の電流密度が析出する結晶相とその大きさにおよぼす影響

    大川 成剛, 本間 喜久男, 金谷 貢, 渡辺 孝一

    歯科材料・器械   27 ( 5 )   418 - 418   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-9 極性反転によるNb,TaとZrの陽極酸化 : 電解液のpHが析出するリン酸カルシウムの形態におよぼす影響(セラミックス,第51回日本歯科理工学会学術講演会)

    大川 成剛, 本間 喜久男, 中野 周二, 金谷 貢, 渡辺 孝一

    歯科材料・器械   27 ( 2 )   144 - 144   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • P-46 水酸化カルシウム溶液中での矯正用Ni-Tiワイヤの陽極酸化(歯科用金属・鋳造,第51回日本歯科理工学会学術講演会)

    本間喜久男, 大川 成剛, 金谷 貢, 渡辺 孝一

    歯材器   27   197 - 197   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 歯科技工士卒後研修としてのワークショップの有効性 : 新潟県歯科技工士会新潟支部 第1回ワークショップのアンケート調査から

    金谷 貢, 岡田 直人, 飛田 滋, 田之口 克規, 若杉 順一

    日本歯科技工学会雑誌   28 ( 2 )   181 - 181   2007年12月

     詳細を見る

  • 高齢者および要介護高齢者にかかわる欠損補綴の将来推計

    金谷 貢

    明倫歯科保健技工学雑誌   10 ( 1 )   56 - 58   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 歯科技工士卒後研修としてのワークショップの有効性 : 新潟県歯科技工士会新潟支部 第1回ワークショップのアンケート調査から

    金谷 貢, 岡田 直人, 飛田 滋, 田之口 克規, 若杉 順一

    日本歯科技工学会学術大会 : プログラム : 講演内容抄録   29   75 - 75   2007年9月

     詳細を見る

  • 細いワイヤーを用いた隣接面鉤の維持力 : 上顎中切歯用可撤性部分床義歯の場合

    金谷 貢, 熊倉 喜久夫, 野村 章子

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society   51 ( 116 )   124 - 124   2007年5月

     詳細を見る

  • 電子線によるメタクリレート系材料の表面改質 : 残留モノマーの溶出試験と表面分析

    石川 俊一, 野村 章子, 伊藤 圭一, 佐野 裕子, 大川 成剛, 金谷 貢

    歯科材料・器械   26 ( 2 )   166 - 166   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 水酸化ナトリウム溶液中での矯正用Ni-Tiワイヤーの陽極酸化

    本間 喜久男, 渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 宮川 修

    歯科材料・器械   26 ( 2 )   141 - 141   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Nb, TaとTiおよびZrの極性反転による陽極酸化 : リン酸水溶液中で生成した酸化被膜のXPS分析

    大川 成剛, 本間 喜久男, 中野 周二, 金谷 貢, 渡辺 孝一, 宮川 修

    歯科材料・器械   26 ( 2 )   154 - 154   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 0.7mmφ以下のワイヤーを用いたスープラバルジ型隣接面鉤の維持力評価 : 上顎中切歯を対象とした可撤性部分床義歯の場合 査読

    金谷 貢, 熊倉 喜久夫, 野村 章子

    日本歯科技工学会雑誌   27 ( 2 )   83 - 89   2006年12月

     詳細を見る

  • 歯科技工士卒後研修としてのワークショップの進め方とその工夫 : 新潟県歯科技工士会新潟支部 第1回ワークショップを例として

    金谷 貢, 飛田 滋, 岡田 直人, 若杉 順一, 田之口 克規

    日本歯科技工学会雑誌   27 ( 2 )   151 - 151   2006年12月

     詳細を見る

  • 「平成17年度新潟県歯科技工士会新潟支部学術研修会 第1回ワークショップ」に参画して

    金谷 貢

    歯科技工   34 ( 5 )   646 - 648   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 歯科インプラントの表面特性について(第四報) : ラット骨内から摘出された溝加工チタン試料の表面分析

    渡辺 孝一, 野村 修一, 大川 成剛, 金谷 貢, 中野 周二, 小林 正義, 宮川 修

    歯科材料・器械   25 ( 5 )   319 - 319   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 0.7mmφ以下のCo-Cr合金線を使用したスープラバルジ型隣接面鉤の維持力 : 上顎中切歯用可撤性部分床義歯の場合

    金谷 貢, 熊倉 喜久夫, 野村 章子, 中野 周二, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 宮川 修

    歯科材料・器械   25 ( 5 )   453 - 453   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • CaとPを含む溶液中でチタンの陽極酸化により析出したナノ粒子のXPS分析

    大川 成剛, 中野 周二, 金谷 貢, 渡辺 孝一, 宮川 修

    歯科材料・器械   25 ( 5 )   428 - 428   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 洗浄滅菌処理による歯科用バーの表面劣化 査読

    戸川 紀子, 加藤 一誠, 金谷 貢, 小林 正義

    医科器械学 = The Japanese journal of medical instrumentation   75 ( 7 )   375 - 380   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医療機器学会  

    1. 目的 新潟大学医歯学総合病院の歯科診療における切削バーの管理方法としては, 感染対策の考えからウォッシャーディスインフェクターによる洗浄および熱水処理を行った後にガスプラズマ法による滅菌処理を一般的に行っている. しかし, 治療中に切削バーが破折する事例が増加する傾向にあり, 最多で1ヵ月に5件の破折事例の報告があった. 切削バーの破折の原因として術者の誤操作, 使用後の切削バーの管理(洗浄, 滅菌処理など), バーの強度などが考えられる. また, 歯科治療の根管治療に使用される器具の破折の原因として佐藤らは器具の根管壁の食い込みによるロックや繰り返し使用による金属疲労を報告している. 本研究では当院で現在行われている洗浄, 滅菌処理過程の中でバーの破折に影響をおよぼしている可能性のある処理を明らかにすることを目的とした.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Analysis of Re-used Dental Burs’ Surface after Repeated Sterilization "jointly worked"

    Journal of Dental Research   84 ( Special Issue )   in press   2005年

     詳細を見る

  • チタン修復物の歯ブラシ摩耗面の化学性状と摩耗粉中のチタンの化学結合状態(共著)

    平成15年度~平成16年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書(課題番号14571842)   2005年

     詳細を見る

  • 0.6mmφCo-Cr合金線の隣接面鉤とレスト付2腕鉤を併用した義歯の設計と製作(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   26 ( 2 )   201   2005年

     詳細を見る

  • 器材の取扱い方の教育に資するデータ収集―練和器具に付着した水滴量とその影響―(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   26 ( 2 )   266   2005年

     詳細を見る

  • Ca,Pを含む溶液中でのチタンの陽極酸化―析出するリン酸カルシウムの形態―(共著)

    歯科材料・器械   24 ( 5 )   321   2005年

     詳細を見る

  • より細いCo-Cr合金線を用いた維持装置による審美的でコンパクトな義歯の設計と製作法(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   26 ( 2 )   278   2005年

     詳細を見る

  • 歯科インプラントの表面特性について(第三報)―ラット骨内から摘出されたチタン鏡面試料の表面分析―(共著)

    歯科材料・器械   24 ( 5 )   278   2005年

     詳細を見る

  • 高熱伝導性を有するセラミックス鋳型によるチタン鋳造の可能性―hBN板を用いた高温鋳型の場合―(共著)

    歯科材料・器械   24 ( 5 )   309   2005年

  • リン酸カルシウム水溶液中で電極交互交換法により陽極酸化したチタン酸化皮膜の構造(共著)

    チタンと歯科臨床   3 ( 1 )   71   2005年

     詳細を見る

  • Analysis of Re-used Dental Burs’ Surface after Repeated Sterilization "jointly worked"

    Journal of Dental Research   84 ( Special Issue )   印刷中   2005年

     詳細を見る

  • ラット骨内に埋入・摘出されたチタン表面のXPS分析(共著)

    チタンと歯科臨床   3 ( 1 )   39   2005年

     詳細を見る

  • 0.7 mmφ以下の細いCo-Cr合金線を使用した近遠心鉤義歯(共著)

    明倫歯科保健技工学雑誌   8 ( 1,95 )   2005年

     詳細を見る

  • 歯科インプラントの表面特性について (第三報) : ラット骨内から摘出されたチタン鏡面試料の表面分析(インプラント1, 平成17年度秋期 (長崎) 第46回日本歯科理工学会学術講演会)

    渡辺孝一, 橋本 明彦, 野村 修一, 遠藤 ミゲル雅崇, 大川 成剛, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修

    器材誌   24 ( 5 )   278 - 278   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Surface properties of electrochemically buffed titanium casting

    S Okawa, A Hossain, M Kanatani, K Watanabe, O Miyakawa

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   23 ( 4 )   504 - 511   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    Electrochemical buffing, a combined process of electrochemical and mechanical polishing, was applied to titanium casting. Mixture of alpha-Al2O3 suspension (average grain diameter of 5 mu m) and 5% KNO3 solution was used as abrasive slurry. Specimen and experimental wheel buff were respectively connected to the positive and negative poles of a DC source, whose potential ratings ranged from 0 V (MEP) to 10 V (ECB10). Surface roughness, hardness, color, and cleanness were investigated. ECB10 surface produced a gold color and attained a mirror finish, as its roughness value was only one-quarter that of MEP. High amount of aluminum was present in MEP surface. Its bond state entirely differed from that of alpha-Al2O3, hence indicating surface alteration due to chemical reactions with the abrasive material. At higher potentials, reaction products might be dissolved anodically, so that the surface was chemically clean to some extent. The surface also became rich in OH-.

    DOI: 10.4012/dmj.23.504

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • Surface properties of electrochemically buffed titanium casting. 査読

    Seigo Okawa, Awlad Hossain, Mitsugu Kanatani, Kouichi Watanabe, Osamu Miyakawa

    Dental materials journal   23 ( 4 )   504 - 11   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    Electrochemical buffing, a combined process of electrochemical and mechanical polishing, was applied to titanium casting. Mixture of alpha-Al2O3 suspension (average grain diameter of 5 microm) and 5% KNO3 solution was used as abrasive slurry. Specimen and experimental wheel buff were respectively connected to the positive and negative poles of a DC source, whose potential ratings ranged from 0 V (MEP) to 10 V (ECB10). Surface roughness, hardness, color, and cleanness were investigated. ECB10 surface produced a gold color and attained a mirror finish, as its roughness value was only one-quarter that of MEP. High amount of aluminum was present in MEP surface. Its bond state entirely differed from that of alpha-Al2O3, hence indicating surface alteration due to chemical reactions with the abrasive material. At higher potentials, reaction products might be dissolved anodically, so that the surface was chemically clean to some extent. The surface also became rich in OH-.

    DOI: 10.4012/dmj.23.504

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 洗浄・滅菌処理による歯科用バーの表面劣化(共著)

    新潟県中材業務研究会第30回研究会誌   17 - 21   2004年

     詳細を見る

  • 市販インプラント・フィクスチャー部の表面構造について(共著)

    チタンと歯科臨床(歯科チタン学会雑誌)   2 ( 1, 57 )   2004年

     詳細を見る

  • 洗浄・滅菌処理による歯科用バーの表面劣化(共著)

    新潟歯学会誌   34 ( 1 )   73 - 74   2004年

     詳細を見る

  • 歯科における切削バーの管理方法について -各種洗浄、滅菌によるバーの劣化の比較-(共著)

    第58回日本口腔科学会総会プログラム・抄録集   279   2004年

     詳細を見る

  • 残存歯や歯周組織に優しく,審美的でコンパクトな義歯の歯科理工学的設計基準(共著)

    日本歯科医師会雑誌   57 ( 4,374 )   2004年

     詳細を見る

  • 高熱伝導性セラミックス鋳型によるチタン鋳造の可能性(共著)

    歯科材料・器械   23 ( 5,362 )   2004年

  • Ca,Pを含む溶液中でのチタンの陽極酸化 -低電圧で陽極酸化した場合の酸化皮膜の構造-(共著)

    歯科材料・器械   23 ( 5,363 )   2004年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスによるコバルト-クロム合金鋳造体と作業能率の改善 -鉄,ステンレス鋼の鋳造とルツボへの応用も視野に入れて-

    平成16年度新潟大学シーズプレゼンテーション抄録   ( ,31-36 )   2004年

     詳細を見る

  • 歯科インプラントの表面特性について(第二報) -ラット骨内埋入・摘出チタン試料の表面分析-(共著)

    歯科材料・器械   23 ( 5,329 )   2004年

     詳細を見る

  • 二室型加圧鋳造機における鋳造時の鋳型空洞の圧力挙動 ―鋳型温度と鋳型の大きさおよびクルシブルの形状による影響― 査読

    大川 成剛, 金谷 貢, 渡辺 孝一, 中野 周二, 宮川 修

    歯科材料・器械   23 ( 1 )   1 - 7   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    二室型加圧鋳造システムにおける鋳造圧の立ち上がり速度は,鋳型内のアルゴンガスがいかに速く排気されるかにかかっている.本研究では,この鋳造システムにおける鋳造時の鋳型空洞の圧力変化を測定し,鋳型の温度と大きさが鋳造圧の立ち上がり速度および一定時間経過後の鋳造圧に及ぼす影響を検討した.さらに,改良型クルシブルを提案し,それが鋳型空洞の圧力変化に及ぼす影響も検討した.その結果,高い鋳型温度と大きい鋳型では鋳造圧の立ち上がり速度が顕著に小さかった.クルシブルの形状については有意な影響は認められなかった.ただ,従来型より改良型のクルシブルのほうが高い鋳造圧が作用した.

    DOI: 10.18939/jjdm.23.1_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004147352

  • 0.7 mmφ以下の細いCo-Cr合金線を使用したクラスプの維持力Ⅱ -合金線の太さ,アンダーカット量,アンダーカット域における鉤腕長の影響-(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   25 ( 2,291 )   2004年

     詳細を見る

  • ペンタブレットと液晶プロジェクターによる呈示システムを用いた教育内容の高密度化 -歯科技工学教育の場合-(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   25 ( 2,307 )   2004年

     詳細を見る

  • 再生器材の洗浄,滅菌方法について-歯科用切削バーの劣化の比較-(共著)

    医科器械学   74 ( 4 )   81   2004年

     詳細を見る

  • Prospective Demand for Fixed and Removable Dentures for Elderly and Dependent Elderly People in Japan 招待 査読

    Mitsugu KANATANI, Osamu MIYAKAWA, Noriyasu HOTTA

    Dentistry in Japan   39   63 - 66   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Properties of AlN powders synthesized by rapid nitridation of Al powder in floating system

    N Hotta, M Kanatani, R Yonezawa, K Yanagita, T Tobitsuka, T Watanabe

    THERMEC'2003, PTS 1-5   426-4   4245 - 4250   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TRANS TECH PUBLICATIONS LTD  

    Synthesis method of fine and pure AlN powder from Al powder by means of floating-type fluidized-bed was investigated. Concentration of oxygen and water vapor in reacting nitrogen was carefully controlled in. the range 4 to 600 ppm. Ultrapure Al powder as a raw material was continuously fed into nitrogen stream with a flow rate of 1.6 cm/s from the end of the reactor, and was nitrided, at 1550 degreesC. AN powders which were nitrided in nitrogen containing oxygen and/or water vapor in the range 50 to 100 ppm, were considered to be suitable for fabrication of high thermal conductive ceramics, because the resulting AN powders were perfectly nitrided and the color of them was pure white indicating the powders being ultrapure. The amounts of impurities such as metals and oxygen context in the powders were extremely low. The powders were composed of primary particles with 0.1 to 0.2 mm in size and specific surface areas of them were 10.0 m(2)/g. The formation process of the fine AlN powder was presumed to be constituted of several elementary reaction steps involving explosive and combustive nitridation of Al particles. The AN powder had good sinterability, and high thermal conductive AlN ceramics with value of 255 W/mK could be obtained by sintering at 1900 degreesC for 32 hours in a nitrogen with aid of 3wt% to 5 wt% Y2O3. Neither pore nor precipitation of the second phase was observed at the gram boundary, and then the extensive gram growth was observed.

    Web of Science

    researchmap

  • Prospective Demand for Fixed and Removable Dentures for Elderly and Dependent Elderly People in Japan "jointly worked"

    Dentistry in Japan   39   63 - 66   2003年

     詳細を見る

  • Preparation of Translucent Magnesium Oxide Ceramics "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   90   2003年

     詳細を見る

  • Low Temperature Sintering of Fine AlN Powder Synthesized by Floating-Type Rapid Nitridation of Al Powder "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   50   2003年

     詳細を見る

  • Preparation of Transparent AlON Ceramics and Their Properties "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   50   2003年

     詳細を見る

  • Properties of AlN powders synthesized by rapid nitridation of Al powder in floating system

    N Hotta, M Kanatani, R Yonezawa, K Yanagita, T Tobitsuka, T Watanabe

    THERMEC'2003, PTS 1-5   426-4   4245 - 4250   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:TRANS TECH PUBLICATIONS LTD  

    Synthesis method of fine and pure AlN powder from Al powder by means of floating-type fluidized-bed was investigated. Concentration of oxygen and water vapor in reacting nitrogen was carefully controlled in. the range 4 to 600 ppm. Ultrapure Al powder as a raw material was continuously fed into nitrogen stream with a flow rate of 1.6 cm/s from the end of the reactor, and was nitrided, at 1550 degreesC. AN powders which were nitrided in nitrogen containing oxygen and/or water vapor in the range 50 to 100 ppm, were considered to be suitable for fabrication of high thermal conductive ceramics, because the resulting AN powders were perfectly nitrided and the color of them was pure white indicating the powders being ultrapure. The amounts of impurities such as metals and oxygen context in the powders were extremely low. The powders were composed of primary particles with 0.1 to 0.2 mm in size and specific surface areas of them were 10.0 m(2)/g. The formation process of the fine AlN powder was presumed to be constituted of several elementary reaction steps involving explosive and combustive nitridation of Al particles. The AN powder had good sinterability, and high thermal conductive AlN ceramics with value of 255 W/mK could be obtained by sintering at 1900 degreesC for 32 hours in a nitrogen with aid of 3wt% to 5 wt% Y2O3. Neither pore nor precipitation of the second phase was observed at the gram boundary, and then the extensive gram growth was observed.

    Web of Science

    researchmap

  • Preparation of Transparent Yttrium Oxide Ceramics by HIP Sintering "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   90   2003年

     詳細を見る

  • Setting Expansion Pressure of Alpha-Calcium Sulfate Hemihydrate "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   303   2003年

     詳細を見る

  • Synthesis of Flake-Like TiN Powders by Floating-Type Reduction-Nitridation "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   66   2003年

     詳細を見る

  • 直接測定法による硬質せっこうの硬化膨張圧(共著)

    歯科材料・器械   22 ( 2 )   152   2003年

     詳細を見る

  • 0.7 mmφ以下の細いCo-Cr合金線を使用したクラスプの維持力―合金線の太さ,アンダーカット量,アンダーカット域における鉤腕長の影響―(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   24 ( 2 )   314   2003年

     詳細を見る

  • 歯科インプラントの表面特性について 第1報 各種市販インプラントの表面特性について(共著)

    歯科材料・器械   22 ( 2 )   109   2003年

     詳細を見る

  • チタンのケミカルメカニカルポリシング―酸化剤を添加したスラリーの研磨面性状への影響―(共著)

    歯科材料・器械   22 ( 2 )   133   2003年

     詳細を見る

  • チタンのケミカルメカニカルポリシング(共著)

    チタンと歯科臨床(歯科チタン学会雑誌)   46   2003年

     詳細を見る

  • 細いCo-Cr合金線を使用したクラスプの少数歯中間欠損症例への応用(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   24 ( 2 )   315   2003年

     詳細を見る

  • 酸化剤を添加したスラリーによるチタンのケミカルメカニカルポリシング―研磨面のXPS分析―(共著)

    歯科材料・器械   22 ( 5 )   366   2003年

  • Preparation of Transparent Yttrium Oxide Ceramics by HIP Sintering "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   90   2003年

     詳細を見る

  • Setting Expansion Pressure of Alpha-Calcium Sulfate Hemihydrate "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   303   2003年

     詳細を見る

  • Synthesis of Flake-Like TiN Powders by Floating-Type Reduction-Nitridation "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   66   2003年

     詳細を見る

  • Preparation of Translucent Magnesium Oxide Ceramics "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   90   2003年

     詳細を見る

  • Low Temperature Sintering of Fine AlN Powder Synthesized by Floating-Type Rapid Nitridation of Al Powder "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   50   2003年

     詳細を見る

  • Preparation of Transparent AlON Ceramics and Their Properties "jointly worked"

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies Abstract Book   50   2003年

     詳細を見る

  • チタン鋳造時の鋳型空洞の圧力挙動 : 二室加圧型鋳造機の場合 査読

    大川 成剛, 金谷 貢, 渡辺 孝一, 中野 周二, 宮川 修

    歯科材料・器械   22 ( 1 )   37 - 44   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    二室加圧型鋳造機ではその構造上,鋳型空洞は鋳込み直前までアルゴンガスで満たされ,溶解室と同じ圧力である.したがって,鋳込み直後の鋳型空洞のガスの排出挙動が鋳造体の鋳込み不足や内部欠陥の生成に影響する.そこで,二室加圧型鋳造機の鋳込み過程を模した室温鋳型について,鋳型空洞の圧力変化を計測しこれを鋳造圧に換算し,溶解室と鋳造室の設定圧力および鋳型の通気度が鋳造圧におよぼす影響を検討した.その結果,鋳型の通気度が大きいほど,また,溶解室と鋳造室の圧力差が大きいほど,鋳込み初期の鋳造圧の立ち上がりが速く,高い鋳造圧が得られた.これらから鋳造機構に適した通気度をもつ鋳型を選択することの重要性が示唆された.

    DOI: 10.18939/jjdm.22.1_37

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2003181288

  • 歯科用レジンと歯科用合金の接着強さ 第一報(共著)

    歯科材料・器械   22 ( 5 )   446   2003年

     詳細を見る

  • Setting Expansion Pressure of Dental Plaster and Stone by Direct Measurement "jointly worked"

    Transactions of the Fouth International Congress on Dental Materials   280   2002年

     詳細を見る

  • Quick Identification of Restoration Components Causing Metal Allergy by Microscopic X-ray Fluorescence Analysis "jointly worked"

    Transactions of the Fourth International Congress on Dental Materials   290   2002年

     詳細を見る

  • Retention force of thin RPD Co-Cr Wire Clasps "jointly worked"

    Abstracts of Papers for Japanese Association for Dental Research 50th Annual Meeting   117   2002年

     詳細を見る

  • Quick Identification of Restortion Components Causing Metal Allergy by Microscopic X-ray Fluorescence Analysis(共著)

    Transactions of the Fourth International Congress on Dental Materials   290   2002年

     詳細を見る

  • 遠心鋳造によるTi-6Al-7Nbのマクロ偏析(共著)

    歯科材料・器械   21 ( 特40 )   110   2002年

  • 0.7mmf以下の細いCo-Cr合金線をしよしたクラスプの維持力―上顎中切歯1歯欠損に対応する可撤性義歯への応用に関して―(共著)

    新潟歯学会雑誌   32 ( 2 )   335   2002年

     詳細を見る

  • チタンのケミカルメカニカルポリシング―研磨圧とスラリーpHの研磨面性状への影響―(共著)

    歯科材料・器械   21 ( 特40 )   105   2002年

     詳細を見る

  • Retention force of thin RPD Co-Cr Wire Clasps(共著)

    Abstracts of Papers for Japanese Association for Dental Research 50th Annual Meeting   117   2002年

     詳細を見る

  • Setting Expansion Pressure of Dental Plaster and Stone by Direct Measurement(共著)

    Transactions of the Fourth International Congress on Dental Materials   280   2002年

     詳細を見る

  • チタン歯科鋳造の現状 鋳造機の特徴と利用技術

    渡辺孝一, 大川成剛, 金谷 貢, 宮川 修

    新潟歯学会雑誌   31 ( 2 )   129 - 139   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 高齢者および要援護高齢者にかかわるブリッジ数と有床義歯数の将来推計の試み 査読

    金谷 貢, 渡辺孝一, 宮川 修

    補綴誌   45 ( 2 )   227 - 237   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Prosthodontic Society  

    目的: 本研究ではブリッジと有床義歯に関する教育, 研究および臨床の将来計画立案の-助とするために, 将来使用されるそれら補綴物数の推計を試みた.<BR>方法: 研究対象は65歳以上の高齢者および要援護高齢者とした. 将来における一人平均のブリツジ数と有床義歯数を歯科疾患実態調査報告をもとにした単純回帰分析より推定した. 回帰分析においては, 推定回帰線の交差および上限に対する補正を加えた. 推定された一人平均のブリッジ数, 有床義歯数, および将来推計人口から, 将来使用される補綴物数を予測した.<BR>結果: 高齢者が使用するブリッジと有床義歯の総数は, 今後20年間で2.0倍 (2.2~1.1倍, 95%信頼区間より算出) と1.5倍 (1.8~1.0倍) にそれぞれ増加し, その後10年間は両者ともにほぼ一定で推移すると推定された.ブリッジ数と有床義歯数の増加率はともに年齢階層が高くなるほど大きくなっていた. また, 要援護高齢者が必要とするブリッジと有床義歯の総数は, 今後25年間で2.7倍 (3.2~1.0倍) と1.8倍 (2.2~1.0倍) にそれぞれ増加すると推定された.<BR>結論: 以上より, 高齢者および要援護高齢者を対象としたブリッジあるいは有床義歯に関する教育, 研究および臨床はこれまで以上に必要性が増してくると考えられた.

    DOI: 10.2186/jjps.45.227

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2001240637

  • 高齢者ならびに要介護高齢者にかかわる欠損補綴の将来予測

    金谷 貢, 宮川 修

    The Nippon Dental Review   61 ( 6 )   91 - 96   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    researchmap

  • チタン歯科鋳造の現状 : 鋳造機の特徴と利用技術 査読

    渡辺孝一, 大川 成剛, 金谷 貢

    新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌   31 ( 2 )   1 - 11   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2002197328

  • Mechanism of Internal Porosity Formation in Pressure-reduced Cavity: An Improved Sprue Design can Eliminate Such Porosity "jointly worked"

    Proceedings The 5th International Symposium on Titanium in Dentistry   70   2001年

     詳細を見る

  • Pressure Begavior in the Mold Cavity at Different Temperatures:A Two-chamber Casting Unit "jointly worked"

    Proceedings The 5th International Symposium on Titanium in Dentistry   69   2001年

     詳細を見る

  • Partition Technique for Titanium Pressure Casting Unit "jointly worked"

    Journal of Dental Research   80 ( Special Issue )   561   2001年

     詳細を見る

  • Future Demand of Prosthetic Appliances on the Elderly in Japan "jointly worked"

    Journal of Dental Research   80 ( Special Issue )   564   2001年

     詳細を見る

  • 二室加圧型鋳造機における鋳造時の鋳型空洞の圧力挙動-鋳型温度の影響-(共著)

    歯科材料・器械   20 ( 特37 )   55   2001年

     詳細を見る

  • Partition Technique for Titanium Pressure Casting Unit(共著)

    Journal of Dental Research   80 ( Special Issue )   561   2001年

     詳細を見る

  • 圧力遮蔽箔を用いたチタン用二室加圧型鋳造機の特性-スプルー設計と内部欠陥との関係-(共著)

    歯科材料・器械   20 ( 特37 )   107   2001年

     詳細を見る

  • 光重合型床用レジンによる義歯製作とリライニングにおける適合性-従来法との比較および変形に関する考察-(共著)

    金谷 貢, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 中野 周二, 宮川 修, 堀田 憲康

    歯科材料・器械   20 ( 特37 )   46 - 46   2001年

     詳細を見る

  • 直接的測定法による硫酸カルシウム半水和物の凝結膨張圧(共著)

    平成13年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   12   2001年

     詳細を見る

  • 流動層と充填層を併用したAl粉末の窒化反応と生成粉末の特性(共著)

    平成13年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   104   2001年

     詳細を見る

  • Mechanism of Internal Porosity Formation in Pressure-reduced Cavity:An Improved Sprue Design can Eliminate Such Porosity(共著)

    Proceedings The 5th International Symposium on Titanium in Dentistry   70   2001年

     詳細を見る

  • 金属アレルギー診断のための口腔内金属迅速分析法 第2報 微量試料による系統的偏差とその解決(共著)

    渡辺 孝一, 本間 ヒロ, 大川 成剛, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修, 橋本 明彦, 小林 正義

    歯科材料・器械   20 ( 特38 )   132 - 132   2001年

     詳細を見る

  • Future Demand of Prosthetic Appliances on the Elderly in Japan(共著)

    Journal of Dental Research   80 ( Special Issue )   564   2001年

     詳細を見る

  • Pressure Behavior in the Mold Cavity at Different Temperatures:A Two-chamber Casting Unit(共著)

    Proceedings The 5th International Symposium on Titanium in Dentistry   69   2001年

     詳細を見る

  • 高齢者および要援護高齢者に関わる欠損補綴の将来推計

    金谷 貢, 宮川 修

    新潟歯学会雑誌   30 ( 2 )   57 - 58   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 鋳造時の鋳型空洞の圧力挙動 - 一室加圧型鋳造機の場合 - 査読

    大川 成剛, 渡辺 孝一, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修

    歯科材料・器械   19 ( 1 )   108 - 114   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    一室加圧型のチタン鋳造機を用いて, 鋳造時の鋳造室と鋳造空洞の圧力挙動を検討した.鋳型と鋳型空洞との関係を模した装置を鋳造室の扉に取り付け, 鋳造室内の圧力挙動と鋳型を通して, 鋳型空洞に侵入するガスの圧力挙動を圧力センサーにより測定した.その結果, 鋳造室内の圧力上昇は, 圧力の立ち上がりから約0.2sで設定鋳造圧の約半分まで急速に上昇した. 鋳型空洞の圧力上昇および鋳造室と鋳型空洞との圧力差は, 設定鋳造圧はもちろん, 埋没材の通気度に大きく左右された.また, 圧力上昇が速い鋳型の場合, チタン溶湯が鋳型空洞を満たす前に, 多量のアルゴンガスが鋳型空洞に侵入する.このため, 鋳込み不良や, ガスの巻き込みによる内部欠陥が生じやすい.したがって, 一室加圧型鋳造では, 通気度の小さい埋没材を使用することが望ましい.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000172729

  • ハンクス溶液中に浸漬したチタンミニプレートの表面分析(共著)

    第13回歯科チタン研究会講演抄録集   42 - 43   2000年

     詳細を見る

  • New Partition Technique for Two-camber Pressure Casting Unit for Titanium(共著)

    Dental Materials Journal   19 ( 3 )   307 - 316   2000年

     詳細を見る

  • New Partition Technique for Two-chamber Pressure Casting Unit for Titanium

    Kouichi Watanabe, Seigo Okawa, Mitsugu Kanatani, Seruji Nakano, Osamu Miyakawa, Masayoshi Kobayashi

    Dental Materials Journal   19 ( 3 )   307 - 316   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society for Dental Materials and Devices  

    Although titanium has been widely used in prosthetic appliances, such as cast removable partial denture frameworks, high quality castings are still difficult to obtain. This study proposes a new partition technique using a metal foil for improving castability of a two-chamber pressure casting unit. The metal foil was formed beforehand to bring it in contact with the mold rucible wall so that no clearance was left behind it. Using this formed foil, the mold cavity can be completely isolated from the upper chamber and can be maintained in a vacuum even after the rupture of the foil. Accordingly, a large casting force is generated very quickly, and as a result, castability is expected to be significantly improved. This expectation was confirmed by the experiments using wax patterns including thin plate and mesh plate.

    DOI: 10.4012/dmj.19.307

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 金属アレルギー診断のための口腔内金属迅速分析法(共著)

    歯科材料・器械   19 ( 特36 )   27   2000年

     詳細を見る

  • 高齢者および要援護高齢者に関わるブリッジ数と有床義歯数の将来推計(共著)

    日本補綴歯科学会雑誌   44 ( 特104 )   214   2000年

     詳細を見る

  • チタン用二室型加圧鋳造機を使用する際の内部欠陥の原因と対策(共著)

    歯科材料・器械   19 ( 特35 )   41   2000年

     詳細を見る

  • 鋳造時の鋳型空洞の圧力挙動-二室加圧型鋳造機の場合-(共著)

    歯科材料・器械   19 ( 特36 )   78   2000年

     詳細を見る

  • 二室型加圧鋳造機における鋳造欠陥軽減のためのテクニック(共著)

    渡辺孝一

    第13回歯科チタン研究会講演抄録集   8 - 9   2000年

  • 解説 浮上法による窒化アルミニウムの合成と粒子形態制御 (窒化アルミニウム粉末合成と焼結体の高性能化) 査読

    堀田 憲康, 大嶋 貴弘, 金谷 貢

    材料科学   37 ( 2 )   59 - 64   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本材料科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 金合金を用いたキャストオンテクニックにおける鋳造体の局所的変形と鋳造性

    金谷 貢, 堀田憲康, 宮川 修, 河野正司, 小林正義

    Quintessence of Dental Technology   24 ( 11 )   1451 - 1458   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 電解複合研磨用の導電性ポイントの試作(共著)

    歯科材料・器械   18 ( 特33 )   66   1999年

     詳細を見る

  • 安定化ジルコニアでカプセル化した石英を含むチタン鋳造用埋没材 : 鋳造体の機械的性質と表面反応層 査読

    大川 成剛, 渡辺 孝一, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修, 小林 正義

    歯科材料・器械   18 ( 4 )   287 - 294   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    安定化ジルコニアでカプセル化した石英を耐火材とする非リン酸塩系のチタン鋳造用埋没材を試作し,市販のシリカ-リン酸塩系のチタン鋳造用埋没材によって得られた鋳造体の機械的性質と比較し,試作埋没材の有用性を検討した.引張強さはほぼ同じ値であったが,伸びは試作埋没材のほうが大きかった.硬さは,内部ではほとんど同じであったが,表層では試作埋没材によるものほうが小さかった.また,試作埋没材による鋳造体のほうが反応層は薄かった.安定化ジルコニアでカプセル化した石英は,明らかにシリカ-チタン反応を軽減させた.これによって,高品質のチタン鋳造体が得られた.

    DOI: 10.18939/jjdm.18.4_287

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2000033265

  • 高齢者および在宅歯科医療のための材料・術式の研究開発に関する一考察 -喪失歯牙補綴物の将来推計量からみた必要性-(共著)

    歯科材料・器械   18 ( 特33 )   79   1999年

     詳細を見る

  • 喪失歯に対する補綴物数の将来推計において回帰分析に補正を加えた場合の予測(共著)

    歯科材料・器械   18 ( 特34 )   178   1999年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスによる歯科鋳造の改善-金銀パラジウム合金への大気中での応用を中心に-

    新潟大学歯学部歯科補綴学第1講座30周年記念誌   75 - 80   1999年

     詳細を見る

  • チタン用加圧鋳造機で現れる実質鋳造力の理論的検討(共著)

    歯科材料・器械   18 ( 特34 )   212   1999年

     詳細を見る

  • 金合金を用いた二重鋳造法における鋳造体の局所的変形と鋳造性に関する研究 査読

    金谷 貢, 堀田憲康, 河野正司

    補綴誌   42 ( 2 )   271 - 278   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Prosthodontic Society  

    Double casting method (cast on technique) is sometimes used for attachment work. As to this method, the present study was conducted to investigate the partial deformation of casting and the castability of the second casting. A wax sheet stuck on the first cast plate of a gold alloy was invested with a gypsum-bonded investment. Using a centrifugal casting machine, two kinds of alloy were cast in the mold heated to 700°C: one was the same alloy as the first casting and the other was a silver-palladium-gold alloy.<BR>Protuberances on the first casting and the corresponding concaves on the second casting were found approximately beneath the sprue. Some protuberances appeared to be wavy, while the others appeared to be hemispherical, with a maximum height of 220μm. There were no differences in the size and shape of crystal grain as well as the composition between the protuberance and the body of the first casting. Therefore, the protuberances did not result from the adhesion of the molten metal to the first casting, but from the partial deformation of the first casting. In case of using a silver-palladium-gold alloy for the second casting, some of the first castings had concavities.<BR>The castability of the second casting was significantly low, compared with general casting.

    DOI: 10.2186/jjps.42.271

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1998203960

  • Synthesis of Aluminium Nitride Whiskers and Their Properties 査読

    N. HOTTA, K. FUKUI, Y. FURUKAWA, K. TAWARAGI, M. KANATANI, T. MEGURO, K. KOMEYA

    Journal of the Australasian Ceramic Society   34 ( 2 )   66 - 71   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 直接窒化法で合成したAlN粉末からの透光性ALONの作製(共著)

    平成10年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   64 - 65   1998年

     詳細を見る

  • 適正な加熱膨張を確保するためのリングファーネスの設定温度と係留時間(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   19 ( 1 )   112   1998年

     詳細を見る

  • Effect of replacing residual gas with Ar gas in mold for titanium casting(共著)

    4th International Symposium on Titanium in Dentistry ABSTRACTS   19   1998年

     詳細を見る

  • アルゴン雰囲気溶解におけるCo-Cr合金とMgOの反応(共著)

    歯科材料・器械   17 ( 特31 )   59   1998年

     詳細を見る

  • 加圧型チタン鋳造機を使う際の内部欠陥を減少する鋳造方案(共著)

    渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修, 小林 正義

    歯科材料・器械   17 ( 特31 )   93 - 93   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • チタンと白金加金の真空雰囲気下における電気炉内ろう付の可能性(共著)

    第11回歯科チタン研究会講演抄録集   64 - 65   1998年

     詳細を見る

  • Properties of AlN Powders Stnthesized by Nitridation of Al Powder in Floating System(共著)

    Abstracts INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ALUMINUM NITRIDE CERAMICS   7   1998年

     詳細を見る

  • Synthesis of Aluminium Nitride Whiskers and Their Properties "jointly worked"

    Journal of the Australasian Ceramic Society   34 ( 2 )   66 - 71   1998年

     詳細を見る

  • クラウン・ブリッジのチタン鋳造におけるランナーバーの役割(共著)

    渡辺孝一

    第11回歯科チタン研究会講演抄録集   24 - 25   1998年

  • 導電性ポイントによるチタンの電解複合研磨(共著)

    大川成剛

    第11回歯科チタン研究会講演抄録集   48 - 49   1998年

  • Surface Characterristics of Electro-Chemical Buffed Titanium Casting "jointly worked"

    4th International Symposium on Titanium in Dentistry ABSTRACTS   62   1998年

     詳細を見る

  • Partial Deformation and Castability of Castings by Cast-on Technique Using Gold Alloy(共著)

    Abstracts 3rd International Congress of Dental Technology   141   1998年

     詳細を見る

  • Partial Deformation and Castability of Castings by Cast-on Technique Using Gold Alloy "jointly worked"

    Abstracts 3rd International Congress of Dental Technology   141   1998年

     詳細を見る

  • Effect of replacing residual gas with Ar gas in mold for titanium casting "jointly worked"

    4th International Symposium on Titanium in Dentistry ABSTRACTS   19   1998年

     詳細を見る

  • 高熱伝導性AlNで封止した高速応答性熱伝対の作製(共著)

    平成10年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   62 - 63   1998年

     詳細を見る

  • Surface Characterristics of Electro-Chemical Buffed Titanium Casting(共著)

    4th International Symposium on Titanium in Dentistry ABSTRACTS   62   1998年

     詳細を見る

  • Effective Techniques to Reduce Internal Defects in Titanium Crown & Bridge Castings "jointly worked"

    4th International Symposium on Titanium in Dentistry ABSTRACTS   29   1998年

     詳細を見る

  • 生体親和性を考えたチタン-白金加金ハイブリッドフレームワークを目指したろう付法の研究(共著)

    平成10年度日本補綴歯科学会関越支部総会・学術大会プログラム   5   1998年

     詳細を見る

  • Prperties of AlN Powders Synthesized by Nitridation of Al Powder in Floating System "jointly worked"

    Abstracts INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ALUMINUM NITRIDE CERAMICS   7   1998年

     詳細を見る

  • 真空ろう付法による金ろうを用いたチタンと白金加金のろう付強さ及びろう付部の元素分布(共著)

    坂野 智三, 長谷川 雄一, 河野 正司, 大川 成剛, 金谷 貢, 渡辺 孝一, 宮川 修

    歯科材料・器械   17 ( 特32 )   143 - 143   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effective Techniques to Reduce Internal Defects in Titanium Crown & Bridge Castings(共著)

    4th International Symposium on Titanium in Dentistry ABSTRACTS   29   1998年

     詳細を見る

  • デンタルプレスケールを用いた前後的咬合力分布測定に関する模型実験的考察 査読

    野村修一, 金谷 貢, 河野正司, 加茂剛介, 中野周二, 宮川 修

    補綴誌   41 ( 4 )   710 - 718   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Prosthodontic Society  

    Bite force measurement on intercuspal clenching in normal subjects using the pressure sensitive sheet "Dental Prescale" showed that larger bite forces were applied to the posterior teeth than to the anterior teeth. In this study, an experimental model revealed that the even thickness of the pressure sensitive sheet was one of the influential factors in this characteristic distribution.<BR>The experimental model consisted of 14 steel ball-bearings, used as substitutes for the dentition, and a glass slab which were respectively mounted in the maxillary and mandibular elements of a semiadjustable articulator. Three kinds of loading conditions were determined and applied to the upper member with an Instron-type testing machine; then contact forces were compared with the Occluzer FPD-703. Firstly, the upper member was removed from the articulator and the pressure sensitive sheet was loaded directly. Secondly, the condylar elements of the articulator were locked through centric latches, and thirdly, the condylar elements were not locked.<BR>The direct load distributed contact forces almost equally to each steel ball. On the contrary, the load with locked condylar balls distributed larger contact forces to the posterior steel ball-bearings than to the anterior ones. However, the unlocked load showed a similar distribution to the direct load.

    DOI: 10.2186/jjps.41.710

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1998007757

  • 浮上式流動層CVDによるAlN/YN複合微粉末の合成と焼結 査読

    福井紘一郎, 古川裕一, 小寺和人, 俵木一真, 金谷 貢, 堀田憲康

    材料科学   34 ( 6 )   281 - 287   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 鋳造雰囲気の違いによるチタン鋳造体の機械的性質 査読

    大川成剛, 渡辺孝一, 金谷 貢, 中野周二, 宮川 修, 小林正義

    歯材器   16 ( 4 )   330 - 334   1997年12月

     詳細を見る

  • 透光性AlNウィスカーの化学的性質(共著)

    平成9年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   88 - 89   1997年

     詳細を見る

  • 加圧鋳造機を用いた場合のクラウン・ブリッジ内のチタン湯流れ(共著)

    歯科材料・器械   16 ( 特30 )   97   1997年

     詳細を見る

  • Si粒子の浮上窒化法によるSi<sub>3</sub>N<sub>4</sub>粒子の生成機構(共著)

    平成9年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   6 - 7   1997年

     詳細を見る

  • 鋳型内のガスがチタン鋳造体に及ぼす影響(共著)

    歯科材料・器械   16 ( 特30 )   48   1997年

     詳細を見る

  • チタンの電解複合研磨について-市販のチタン用研摩材を用いた場合-(共著)

    歯科材料・器械   16 ( 特30 )   122   1997年

     詳細を見る

  • 遠心鋳造によるクラウン・ブリッジ型キャビティ内のチタン湯流れ(共著)

    渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修, 小林 正義

    歯科材料・器械   16 ( 特29 )   153 - 153   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本歯科理工学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 電解複合研磨したチタン表面のXPSによる分析(共著)

    歯科材料・器械   16 ( 特29 )   55   1997年

     詳細を見る

  • 石こうの硬化膨張力に関する研究(共著)

    歯科材料・器械   16 ( 特29 )   69   1997年

     詳細を見る

  • 低純度Al粉末の窒化反応機構(共著)

    日本セラミックス協会1997年会講演予稿集   217   1997年

     詳細を見る

  • 直接窒化法で合成したAlN粉末の安定性に及ぼす反応ガス種の影響(共著)

    日本セラミックス協会1997年会講演予稿集   521   1997年

     詳細を見る

  • Surface Contamination of Titanium by Abrading Treatment(共著)

    Transactions Third International Congress on Dental Materials   137   1997年

     詳細を見る

  • Observation of Titanium Flow in Crown-bridge Cavity by Tracer(共著)

    Transactions Third International Congress on Dental Materials   336   1997年

     詳細を見る

  • 加圧鋳造による規格クラウン空洞内のチタン湯流れと内部欠陥(共著)

    第10回歯科チタン研究会講演抄録集   110 - 111   1997年

     詳細を見る

  • Observation of Titanium Flow in Crown-bridge Cavity by Tracer "jointly worked"

    Transactions Third International Congress on Dental Materials   336   1997年

     詳細を見る

  • Surface Contamination of Titanium by Abrading Treatment "jointly worked"

    Transactions Third International Congress on Dental Materials   137   1997年

     詳細を見る

  • 浮上窒化法と充填層窒化法の併用によるAlN粉末の合成(共著)

    日本セラミックス協会1997年会講演予稿集   216   1997年

     詳細を見る

  • CVD反応によるTiN微粒子の合成と複合材料への応用(共著)

    日本セラミックス協会1997年会講演予稿集   139   1997年

     詳細を見る

  • 直接窒化法で合成したAlN粉末の特性に及ぼす合成法の影響(共著)

    日本セラミックス協会1997年会講演予稿集   215   1997年

     詳細を見る

  • 電解複合研磨したチタン鋳造体の表面性状について(共著)

    第10回歯科チタン研究会講演抄録集   54 - 55   1997年

     詳細を見る

  • Possible Segregation Caused by Titanium Casting(共著)

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   15 ( 2 )   212 - 219   1996年12月

     詳細を見る

  • 純チタンとTi-6Al-4V合金の湯流れの相違点 査読

    渡辺孝一, 大川成剛, 金谷 貢, 中野周二, 宮川 修, 小林正義

    歯材器   15 ( 2 )   137 - 145   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.18939/jjdm.15.2_137

    researchmap

  • U字型キャビティ内のチタン湯流れ 査読

    渡辺孝一, 大川成剛, 金谷 貢, 中野周二, 宮川 修, 小林正義

    歯材器   15 ( 6 )   532 - 539   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.18939/jjdm.15.6_532

    researchmap

  • Possible Segregation Caused by Centrifugal Titanium Casting

    Kouichi Watanabe, Seigo Okawa, Mitsugu Kanatani, Syuji Nakano, Osamu Miyakawa, Masayoshi Kobayashi

    Dental Materials Journal   15 ( 2 )   212 - 219   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    The possibility of the segregation under solidification process using a centrifugal casting machine was investigated using an electron probe microanalyzer with elemental distribution map, line analysis and quantitative analysis. When a very small quantity of platinum was added to local molten titanium during the casting process, macroscopic segregation was observed under conditions of density difference of 0.1g/cm3 at the most, confirming that the centrifugal force of the casting machine is extremely strong. When a Ti -6Al-4V alloy was cast, however, no macroscopic segregation was observed. The centrifugal force of the casting machine examined in the present study hardly results in the body-force segregation in this titanium alloy.

    DOI: 10.4012/dmj.15.212

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Surface Contamination of Titanium by Abrading Treatment

    Osamu Miyakawa, Kouichi Watanabe, Seigo Okawa, Mitsugu Kanatani, Syuji Nakano, Masayoshi Kobayashi

    Dental Materials Journal   15 ( 1 )   11 - 21   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    This study investigated the contamination of abraded Ti surfaces. Using a polishing machine, specimens were abraded with waterproof SiC grit papers under water cooling. The abraded surfaces were examined using element analysis, X-ray diffraction, and hardness tests. Contaminant deposits with dimensions reaching about 30 μm were observed throughout the surface. In these deposits, Ti was apparently reduced by about 10% and replaced by Si and O. The chemical bond state of the Si was similar to that of SiC or a titanium suicide. The O was solute in Ti, which increased the surface hardness. The contaminant deposits were amorphous or very thin. The contamination of Ti, the extent of which was related to hardness, resulted from a reaction with abrasives.

    DOI: 10.4012/dmj.15.11

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Surface Contamination of Titanium by Abrading Treatment(共著)

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   15 ( 1 )   11 - 21   1996年6月

     詳細を見る

  • チタンの電解複合研磨(ECB)について-研磨条件の違いによる仕上げ面粗さ-(共著)

    歯科材料・器械   15 ( 特27 )   226 - 227   1996年

     詳細を見る

  • キャストオンテクニックの金合金金型に発生した局所的隆起(共著)

    歯科材料・器械   15 ( 特27 )   88 - 89   1996年

     詳細を見る

  • 複雑キャビティ内のチタン湯流れ-U字型空洞内の湯流れ-(共著)

    歯科材料・器械   15 ( 特27 )   156 - 157   1996年

     詳細を見る

  • チタン仕上げ面の汚染(共著)

    第9回歯科チタン研究会講演抄録集   11 - 12   1996年

     詳細を見る

  • 電解複合研磨(ECB)によるチタン鋳造体の鏡面仕上げについて(共著)

    大川成剛

    第9回歯科チタン研究会講演抄録集   35 - 36   1996年

  • 細いスプルーでの鋳込み過程とチタン湯流れ(共著)

    第9回歯科チタン研究会講演抄録集   7 - 8   1996年

     詳細を見る

  • 浮上式窒化法で合成したAlNの低温焼結と焼結体の特性(共著)

    平成8年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   80 - 81   1996年

     詳細を見る

  • デンタルプレスケールを用いた咬合力測定の基礎的検討(共著)-模型実験での接触力分布からの検討-

    日本補綴歯科学会雑誌   40 ( 特96 )   60   1996年

     詳細を見る

  • 金合金溶湯と接触する窒化物セラミックスの大気中での可能性(共著)

    歯科材料・器械   15 ( 特28 )   302 - 303   1996年

     詳細を見る

  • 単純化したクラウンタイプ空洞内のチタン湯流れ(共著)

    歯科材料・器械   15 ( 特28 )   306 - 307   1996年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスの金銀パラジウム合金およびコバルトクロム合金鋳造への応用

    金谷 貢, 宮川 修, 河野正司, 堀田憲康

    新潟歯学会雑誌   25 ( 2 )   215 - 216   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 一室加圧型チタン鋳造機に関する研究 第2報 鋳型通気性が鋳造欠陥に及ぼす影響 査読

    渡辺孝一, 大川成剛, 金谷 貢, 中野周二, 宮川 修, 小林正義

    歯材器   14 ( 6 )   669 - 677   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 窒化物セラミックの金銀パラジウム合金およびコバルトクロム合金鋳造への応用

    金谷 貢, 宮川 修, 河野 正司, 堀田 憲康

    新潟歯学会雑誌   25 ( 2 )   93 - 94   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 一室加圧型チタン鋳造機に関する研究 第2報 鋳型通気性が鋳造欠陥に及ぼす影響

    渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 中野 周二, 宮川 修, 小林 正義

    歯科材料・器械   14 ( 6 )   668 - 676   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    一室加圧型チタン鋳造機について, 欠陥の発生と鋳型内湯流れをX線透過法と標識元素溶解法とを用いて観察した.また湯流れと欠陥との関係を明らかにするため, 形状の異なる3種のワックスパターンを同時に埋没して鋳込んだ.通気性の影響を調べるため, 通気度が非常に異なる3種の埋没材を用いた.その結果, 鋳型通気度が大きいと, 厚いパターンでは内部に, 薄いパターンやメッシュパターンでは外部に欠陥が発生しており, それぞれキャビティ内湯流れに関係していた.また, 通気度の小さい埋没材を使用した場合, ほとんど欠陥が認められなかった.Casting defects and titanium flow using a one-chamber pressure casting machine were observed by the transparent X-ray method and molten tracer element method, respectively. To clarify the relation between casting defects and filling types, three types of wax patterns were invested at one time. To estimate the influence of mold permaebility, three types of investment which significantly differed in permeability were used. As a result, investments with high permeability cause many internal defects in thick plate castings and external defects on thin plate castings and mesh castings. These defects were closely related to the flow in the cavity. Low permeable investment caused few casting defects despite the cavity type.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1996110589

  • 歯科用金ろうによるチタンの真空炉内ろう付(共著)

    第8回歯科チタン研究会講演抄録集   52 - 53   1995年

     詳細を見る

  • 湯流れから見た純チタンとチタン合金の鋳造性の違い(共著)

    歯科材料・器械   14 ( 特26 )   318 - 319   1995年

     詳細を見る

  • ロータリーポンプによって得られる真空中での金ろうによるチタンの炉内ろう付けの可能性(共著)

    新潟歯学会誌   25 ( 1 )   66 - 67   1995年

     詳細を見る

  • 真空度と係留時間が金ろうによるチタンのろう付強さに及ぼす影響について(共著)

    日本補綴歯科学会雑誌   39 ( 特93 )   101   1995年

     詳細を見る

  • Synthesis of Pure AlN Powder by the Floating Nitridation Technique 査読

    Noriyasu HOTTA, Kouichiro FUKUI, Yuichi FURUKAWA, Satoshi KAMESHIMA, Isao KIMURA, Mitsugu KANATANI

    Journal of the Ceramic Society of Japan, International Edition   102   1034 - 1039   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 金銀パラジウム合金の大気鋳造への窒化物セラミックスの応用 査読

    金谷 貢

    歯科材料・器械   13 ( 3 )   193 - 205   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Synthesis of Pure AIN Powder by the Floating Nitrdation Technique "jointly worked"

    Journal of the Ceramic Society of Japan, International Edition   102   1034 - 1039   1994年

     詳細を見る

  • 浮上窒化反応による高純度AlN粉末の合成(共著)

    日本セラミックス協会学術論文誌   102 ( 11 )   1032 - 1036   1994年

     詳細を見る

  • 金銀パラジウム合金の大気鋳造への窒化物セラミックスの応用(共著)

    平成6年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   72 - 73   1994年

     詳細を見る

  • 高純度AlN微粉末の合成とその特性(共著)

    平成6年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   20 - 21   1994年

     詳細を見る

  • 試作電気炉を用いたチタンの炉内ろう付の可能性について(共著)

    歯科材料・器械   13 ( 特23 )   62 - 63   1994年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスの金合金鋳造に対するコーティング材としての可能性(共著)

    日本補綴歯科学会雑誌   38 ( 特92 )   145   1994年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスの歯科鋳造用コーティング材としての可能性―金銀パラジウム合金に対する大気中での有効性―(共著)

    新潟歯学会雑誌   23 ( 2 )   86 - 87   1993年

     詳細を見る

  • Si粉末の浮上式直接窒化法によるSi<sub>3</sub>N<sub>4</sub>微粉末の合成(共著)

    平成5年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   19 - 20   1993年

     詳細を見る

  • パラフィン被覆AlN粉末の連続合成とその性質(共著)

    平成5年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   21 - 22   1993年

     詳細を見る

  • 70Au-16Cu-8Ag-3Pd-2Pt合金の金型に発生した局所的隆起現象(共著)

    鋳物第123回全国講演大会講演概要集   81   1993年

     詳細を見る

  • AlN,BNおよびSi<sub>3</sub>N<sub>4</sub>の歯科用鋳型への応用―Au-Ag-Cu-Pd系合金に対する大気中における効果―(共著)

    平成4年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   43 - 44   1992年

     詳細を見る

  • 二重埋没法の熱コントロールへの応用に関する研究(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   13 ( 1 )   136   1992年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスによる金銀パラジウム合金鋳造体の改善―大気中における鋳造の場合―(共著)

    日本補綴歯科学会雑誌   36 ( 特87 )   71   1992年

     詳細を見る

  • 組織内血流量計測による、かみしめ時咀嚼筋の疲労と回復に関する研究(共著)

    平成2年度科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書(研究課題番号01480446)   1991年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスの歯科鋳造への応用―H-BNによる鋳造合金の冷却速度の制御―(共著)

    平成3年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   53 - 54   1991年

     詳細を見る

  • キャスト・オン法によるアタッチメント製作に関する基礎的研究

    日本補綴歯科学会雑誌   35 ( 特85 )   151   1991年

     詳細を見る

  • 歯科金型鋳造へのBNの応用に関する基礎的研究(共著)

    日本セラミックス協会1991年会講演予稿集   337   1991年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスを応用したコーヌスクローネ外冠の直接鋳造に関する基礎的研究(共著)

    日本歯科技工学会雑誌   12 ( 1 )   124   1991年

     詳細を見る

  • 電解式組織血流計による咬筋筋組織血流測定法の基礎的検討 査読

    生田伸之, 金谷 貢, 林 豊彦, 野村修一, 石岡 靖

    下顎運動機能とEMG論文集   8   87 - 94   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 喪失歯に対する補綴物数の将来推計において回帰分析に補正を加えた場合の予測

    金谷 貢, 大川 成剛, 渡辺 孝一, 中野 周二, 宮川 修

    歯科材料・器械   18 ( 34 )   178 - 178   1990年9月

     詳細を見る

  • チタン用加圧鋳造機で現れる実質鋳造力の理論的検討

    渡辺 孝一, 大川 成剛, 金谷 貢, 岡部 徹, 宮川 修

    歯科材料・器械   18 ( 34 )   212 - 212   1990年9月

     詳細を見る

  • 窒化物系セラミックスの歯科鋳造への応用 第3報(共著)

    金谷 貢, 野村 修一, 石岡 靖, 堀田 憲康, 木村 勇雄

    日本補綴歯科学会雑誌   34 ( 6 )   1235 - 1246   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本補綴歯科学会  

    Nitrides used in this experiment are h-BN, AIN and Si_3N_4. The feasibility of using the nitrides was studied as wax pattern coating materials for a Co-Cr alloy in an atmosphere of argon. Wax patterns were painted with the nitride coating material (first investing), and then it was outer-invested witla a mixture of gypsum-bonded investment and water (second investing). The temperature of mold was 700℃, and the thin specimens were cast with an argon arc vacuum-pressure casting machine in the Co-Cr alloy (composition Co : 63 wt%, Cr : 27, Mo : 5, Bat. : 5 ; melting point : 1,380℃). Surfaces of cast specimens were investigated with the unaided eye, a scanning electron microscope, a surface roughness analyzer, an X-ray diifractometer and a micro-Vickers hardness tester. Furthermore, the cast clasp using an h-BN coating material were made and investigated with the unaided eye. Results were sumcmarized as follows : 1. The nitrides inhibited remarkably a reactiona between the cast specimen and the investment. 2. BN had the good effect of separation. 3. The cast surface coated BN had less clitaging than uncoated one. This indicated that cleansability and work efficiency were improved. 4. The surface roughness (Rz) of the specimens decreased to 32, 42 and 60% of the control with BN, Si_3N_4 and AlN, respectively. 5. A hardness change of the alloy by casting was the least in the case of using BN. 6. BN also had the effect in fabricating a cast clasp in the clinical form.

    DOI: 10.2186/jjps.34.1235

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1992023902

  • 直接鋳造によるコーヌス外冠の製作に関する基礎的研究―本法の問題点とその対策法―(共著)

    歯科材料・器械   9 ( 特16 )   87 - 88   1990年

     詳細を見る

  • h-BNを分離材に応用した歯科金型鋳造に関する基礎的研究(共著)

    平成2年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   37 - 38   1990年

     詳細を見る

  • 窒化物系セラミックスの歯科鋳造への応用 第2報 Co-Cr合金に対するコーティング材としての可能性 査読

    金谷 貢, 野村修一, 石岡 靖, 堀田憲康, 木村勇雄

    補綴誌   33 ( 1 )   64 - 69   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本補綴歯科学会  

    Nitrides used in this experiment are hBN, AIN and Si3N). We studied feasibility of nitrides as wax pattern coating materials for Co-Cr alloy in an atmosphere of argon. Wax patterns were painted with coating material of nitrides (first investing), then a mixture of phosphate bonded investmetat and water was used in outer investing (second investing). The temperature of mold was 800'C, antd an argon arc vacuum-pressure casting machine was used. We cast the thin specinnens in Co-Cr alloy (composition Co : 63 wt%, Cr : 27wt%, Mo : 5wt%,Bal. : 5wt% ; melting point : 1,380℃). Surfaces of cast specimens were investigated using theunaided eye, a scanning electron microscope and a surface roughness analyzer. Furthermore, the thick specimens (globular form : φ6.5mm) using coatiuag material of hBN were investigated using the unaided eye. Results were summarized as follows ; 1. The nitrides controlled remarkably the reaction between cast specimen and investment. 2. The nitrides had the good effect of separation. 3. The cast surface coated the nitrides had less clinging than uncoated one, and this indicated that its cleansability was improved. 4. The nitrides decreased the surface roughness (Rz) of the cast to about 1/3. 5. hBN had the best effect in nitrides. 6. hBN also had the effect in a thick globular specimen.

    DOI: 10.2186/jjps.33.64

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1990015727

  • Precision Cast and Preparation of Cast Clasp by Using Nitride Ceramics:A Case of Using Gypsum-Bonded Investment as Outer Investment for Dental Co-Cr Alloy "jointly worked"

    Tracsactions International Congress on Dental Materials   324   1989年

     詳細を見る

  • AlN,BN及びSi<sub>3</sub>N<sub>4</sub>による歯科用Co-Cr合金精密鋳造体の作製(共著)

    日本セラミックス協会1989年会講演予稿集   305   1989年

     詳細を見る

  • 電解式組織血流計による咬筋筋組織血流測定法の基礎的検討(共著)

    日本ME学会専門別研究会 顎口腔機能研究会   10   1989年

     詳細を見る

  • Precision Cast and Preparation of Cast Clasp by Using Nitride Ceramics:A Case of Using Gypsum-Bonded Investment as Outer Investment for Dental Co-Cr Alloy(共著)

    Tracsactions International Congress on Dental Materials   324   1989年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスによる鋳造体の表面状態およびルツボ耐久性の改善

    金谷 貢, 野村修一, 石岡 靖, 堀田憲康, 木村勇雄, 金谷 保

    Quintessence of Dental Technology   13 ( 3 )   289 - 296   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 窒化物系セラミックスの歯科鋳造への応用 第1報 金銀パラジウム合金に対するコーティング材としての可能性 査読

    金谷 貢, 野村修一, 石岡 靖, 堀田憲康, 木村勇雄

    補綴誌   32 ( 1 )   43 - 51   1988年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本補綴歯科学会  

    Nitrides used in this experiment are BN, A IN and Si_3N_4. First, we studied wettability between nitrides and molten Au-Au-Pd alloy (comrosition Au : 12 wt%, Ag : 45 wt%, Cu :18 wt%, Pd : 20 wt%, Bal. : 5 wt% ; melting point : 930℃). Secondly, we studied feasibility of nitrides as coating materials for wax patterns, that is, Au-Ag-Pd alloy was cast after painting wax patterns with coating material of nitrides. The temperature of mold was 700℃, and an argon arc vacuum-pressure casting machine was used. Surfaces of casted material were investigated using a scanning electron microscope, X-ray diffractometer and surface roughness analyzer. Results were summarized as follows ; 1. The nitrides little wetted molten Au-Ag-Pd alloy. 2. The color of the cast surface coated BN was purple with a dash of red, and this was derived from Cu_2O. 3. The dense coating layer of BN inhibited formation of CuO on the cast surface and reduced the surface roughness of the cast. 4. The cast surface coated the nitrides had less clinging than uncoated one, and this indicated that its cleansability was improved.

    DOI: 10.2186/jjps.32.43

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1989093703

  • 窒化物セラミックスCo-Cr合金鋳造に対するコーティング材としての応用(共著)

    歯科材料・器械   7 ( 特12 )   116 - 117   1988年

     詳細を見る

  • AlN,BNおよびSi<sub>3</sub>N<sub>4</sub>による歯科用Co-Cr合金鋳造体の表面改善―ワックスパターンコーティング法を用いたアルゴン雰囲気鋳造の場合―(共著)

    日本セラミックス協会昭和63年度東北北海道支部研究発表会講演要旨集   66 - 67   1988年

     詳細を見る

  • 窒化物セラミックスによる金銀パラジウム合金鋳造体の表面性状の改善に関する研究(共著)

    日本補綴歯科学会雑誌   31 ( 特78 )   104   1987年

     詳細を見る

  • 窒化物系セラミックスの歯科用鋳型への応用―Au-Ag-Cu-Pd系合金に対するコーティング材としての効果―(共著)

    昭和61年度窯業協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集   43 - 44   1986年

     詳細を見る

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 華岡青洲門人・小田順亭(魯庵)の墓誌銘の原史料と毛利空桑全集収載の二次史料の内容

    金谷 貢, 金谷桂子

    第119回日本医史学会総会・学術大会  2018年6月  日本医史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島・鹿児島県医師会館  

    256

    researchmap

  • 歯科材料・技術に関するコ・デンタルスタッフに対する卒後教育におけるワークショップ方式の可能性

    金谷 貢, 山野井敬彦, 岡田直人, 伊藤圭一, 飛田 滋, 岩嶋秀明, 丸山 満

    第56回広島県歯科医学会 併催 第101回広島大学歯学会 併催 日本歯科技工学会中国・四国支部第12回学術大会  2017年10月  広島県歯科医学会・広島大学歯学部・日本歯科技工学会中国・四国支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島・広島県歯科医師会館  

    255

    researchmap

  • 華岡青洲の弟子・小田順亭と帆足萬里の弟子・小田魯庵が同一人物である証拠の発見

    金谷 貢, 金谷桂子

    第118回日本医史学会総会・学術大会  2017年6月  日本医史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・京都大学芝蘭会館  

    253

    researchmap

  • 『華岡青洲先生及其外科』収載の「華岡青洲先生春林軒門人録」の期日は入門日である

    金谷桂子, 金谷 貢

    第118回日本医史学会総会・学術大会  2017年6月  日本医史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都・京都大学芝蘭会館  

    254

    researchmap

  • 華岡青洲の無名の弟子・小田順亭(魯庵)が華岡流麻酔法を用いて行った手術の事例

    金谷 貢, 金谷桂子

    第117回日本医史学会総会・学術大会  2016年5月  日本医史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島・広島県医師会館  

    248

    researchmap

  • 低エネルギー電子線照射滅菌が純チタン表面におよぼす影響:オートクレーブと低温ガスプラズマ滅菌との比較

    金谷 貢, 野村章子, 泉 健次

    第67回日本歯科理工学会学術講演会  2016年4月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡・九州大学医学部百年講堂  

    246

    researchmap

  • 金合金の大気中鋳造への六方晶窒化ホウ素の応用

    金谷 貢, 大川成剛, 泉 健次, 木村勇雄

    第65回日本歯科理工学会学術講演会  2015年4月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市 仙台市情報・産業プラザ  

    243

    researchmap

  • 低エネルギー電子線照射滅菌による純チタン表面の変化 国際会議

    金谷 貢

    日本歯科理工学会中部地方会夏期研修会  2014年8月  日本歯科理工学会中部地方会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜  

    240

    researchmap

  • 歯科診療室における有害な粒径の粉塵の運動に関する考察

    金谷 貢

    日本補綴歯科学会第123回学術大会  2014年5月  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

    239

    researchmap

  • 真空練和容器とスパチュラに付着した水滴が石膏の混水比および圧縮強さにおよぼす影響

    金谷 貢, 大川成剛, 泉 健次, 木村勇雄

    第63回日本歯科理工学会学術講演会  2014年4月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    238

    researchmap

  • 日本歯科理工学会称号制度を活用して患者の利益を図るための方法に関する一考察

    金谷 貢, 大川成剛, 山鹿義郎, 金子広美, 泉 健次

    第62回日本歯科理工学会学術講演会  2013年10月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

    234

    researchmap

  • 歯科材料・器械に関する卒後研修におけるワークショップの有効性 −アンケート調査による検討−

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 伊藤恭輔, 金子広美, 山鹿義郎

    第59 回日本歯科理工学会学術講演会  2012年4月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:徳島  

    220

    researchmap

  • Evaluation of Behavior of Dust in Dental Clinic Office and Laboratory Using Particle of Noble Metal Alloy as Marker 国際会議

    Kanatani M, Okawa S, Watanabe K, Kimura I, Kobayashi M, Ito K, Yamaga Y, Kaneko H

    International Dental Materials Congress 2011  2011年5月  The Japanese Society for Dental Materials and Devices

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Seoul, Korea  

    206

    researchmap

  • 真空練和容器とスパチュラに付着した水滴量に対する振りきり操作の有効性

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 木村勇雄

    第55回日本歯科理工学会学術講演会  2010年4月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

    197

    researchmap

  • 合金微粒子の到達高さから見た技工室における粉塵の挙動

    金谷 貢

    第31回日本歯科技工学会学術大会  2009年11月  日本歯科技工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    193

    researchmap

  • 真空練和容器とスパチュラに付着した水滴量が混水比におよぼす影響

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 木村勇雄

    第54回日本歯科理工学会学術講演会  2009年10月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

    191

    researchmap

  • Feasibility of titanium casting using hBN ceramic with high thermal conductivity 国際会議

    Kanatani M

    4th International Congress of Dental Technology  2008年11月  Nippon Academy of Dental Technology

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka, Japan  

    180

    researchmap

  • 歯科技工の重要ポイントの共有化 - 石膏模型の製作 -

    金谷 貢, 飛田 滋, 岡田直人, 若杉順一, 田之口克規

    第4回国際歯科技工学術大会  2008年11月  日本歯科技工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    181

    researchmap

  • 金属微粒子の到達高さを傍証として用いた歯科診療室内における粉塵の挙動

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 堀田憲康, 木村勇雄, 小林正義

    第52回日本歯科理工学会学術講演会  2008年9月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

    176

    researchmap

  • Feasibility of Titanium Casting Using Ceramic Mold with High Thermal Conductivity: Case of High-temperature Mold Using hBN Plate 国際会議

    Kanatani M, Okawa S, Watanabe K, Nakano S, Hotta N, Kobayashi M

    International Dental Materials Congress 2007  2007年11月  The Japanese Society for Dental Materials and Devices

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok, Thailand  

    168

    researchmap

  • 歯科技工士卒後研修としてのワークショップの有効性 - 新潟県歯科技工士会新潟支部 第1回ワークショップのアンケート調査から -

    金谷 貢, 岡田直人, 飛田 滋, 田之口克規, 若杉順一

    日本歯科技工学会第29回学術大会  2007年9月  日本歯科技工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

    164

    researchmap

  • Feasibility of Titanium Casting Using Ceramic Mold with High Thermal Conductivity 招待 国際会議

    Kanatani M, Okawa S, Watanabe K, Miyakawa O, Nakano S, Hotta N, Kobayashi M

    The 6th International Symposium on Titanium in Dentistry  2007年6月  Society for Titanium Alloys in Dentistry

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto, Japan  

    159

    researchmap

  • 細いワイヤーを用いた隣接面鉤の維持力 -上顎中切歯用可撤性部分床義歯の場合-

    金谷 貢, 熊倉喜久夫, 野村章子

    第116回日本補綴歯科学会学術大会・第5回アジア補綴歯科学会  2007年5月  日本補綴歯科学会・アジア補綴歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

    157

    researchmap

  • 0.7 mmφ以下のCo-Cr合金線を使用したスープラバルジ型隣接面鉤の維持力 -上顎中切歯用可撤性部分床義歯の場合-

    金谷 貢, 熊倉喜久夫, 野村章子, 中野周二, 大川成剛, 渡辺孝一, 宮川 修

    第48回日本歯科理工学会学術講演会  2006年10月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

    152

    researchmap

  • 歯科技工士卒後研修としてのワークショップの進め方とその工夫 - 新潟県歯科技工士会新潟支部 第1回ワークショップを例として -

    金谷 貢, 飛田 滋, 岡田直人, 若杉順一, 田之口克規

    日本歯科技工学会第28回学術大会  2006年9月  日本歯科技工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島・広島国際会議場  

    141

    researchmap

  • コ・デンタルスタッフの卒後研修におけるワークショップの有効性 - 歯科技工士の研修でのアンケート調査から - 招待

    金谷 貢

    平成18年度日本歯科理工学会中部支部夏期研修会  2006年8月  日本歯科理工学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟・越後湯沢・湯沢東映ホテル  

    140

    researchmap

  • 歯科インプラントの表面特性について(第四報) -ラット骨内から摘出された溝加工チタン試料の表面分析-

    第48回日本歯科理工学会学術講演会  2006年 

     詳細を見る

  • 窒素-アンモニア-ヘキサン混合ガスによる酸化チタン粉末の流動層反応

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 酸化タンタル粉末の流動層還元窒化反応

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 酸化ニオブ粉末の流動層反応による非酸化物セラミック粉末の合成

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Y2O3-CaO-Al2O3系助剤を用いたAlN粉末の低温焼結

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 窒素-ヘキサン混合ガスによるAl粉末の直接窒化反応

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HIP焼結による透明酸化イットリウムセラミックスの作製

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • HIP焼結による透光性酸化マグネシウムセラミックスの作製

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 8020運動が推進されているが,高齢者ならびに要介護高齢者にかかわる欠損補綴は将来,減少していくのであろうか?

    第31回明倫短期大学野村研究室プレゼンテーション  2006年 

     詳細を見る

  • CaとPを含む溶液中でチタンの陽極酸化により析出したナノ粒子のXPS分析

    第48回日本歯科理工学会学術講演会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 酸化チタン粉末の浮上式還元窒化法による窒化チタン粉末の合成

    平成18年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • リン酸カルシウム水溶液中での陽極酸化により析出したナノ粒子のキャラクタリゼーション

    第19回歯科チタン学会  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラット骨内に埋入・摘出されたチタン表面のXPS分析(第2報)

    第19回歯科チタン学会  2006年 

     詳細を見る

  • 高熱伝導性を有するセラミックス鋳型によるチタン鋳造の可能性 -hBN板を用いた高温鋳型の場合-

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 宮川 修, 中野周二, 堀田憲康, 小林正義

    第46回日本歯科理工学会学術講演会  2005年9月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎・長崎ブリックホール  

    131

    researchmap

  • 高熱伝導性セラミックス鋳型によるチタン鋳造の可能性

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 宮川 修, 中野周二, 堀田憲康, 小林正義

    第44回日本歯科理工学会学術講演会  2004年9月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都・京都府民総合交流プラザ・京都テルサ  

    123

    researchmap

  • Setting Expansion Pressure of Alpha-Calcium Sulfate Hemihydrate 国際会議

    Kanatani Mitsugu, Nakano Syuji, Okawa Seigo, Watanabe Kouichi, Miyakawa Osamu, Hotta Noriyasu

    The 5th International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies (PacRim 5)(Incorporating the 16th Fall Meeting of the Ceramic Society of Japan)  2003年9月  Pacific Rim Ceramic Societies

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Nagoya Congress Center (名古屋国際会議場), Nagoya  

    113

    researchmap

  • 直接測定法による硬質せっこうの硬化膨張圧

    金谷 貢, 中野周二, 大川成剛, 渡辺孝一, 宮川 修, 堀田憲康

    第41回日本歯科理工学会学術講演会  2003年4月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京・千代田区・学術総合センター  

    103

    researchmap

  • Setting Expansion Pressure of Dental Plaster and Stone by Direct Measurement 国際会議

    Kanatani Mitsugu, Nakano Syuji, Okawa Seigo, Watanabe Kouichi, Miyakawa Osamu, Hotta Noriyasu

    Fourth International Congress On Dental Materials  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawai'i Convention Center, Honolulu, HI USA  

    97

    researchmap

  • 直接的測定法による硫酸カルシウム半水和物の凝結膨張圧

    金谷 貢, 中野周二, 堀田憲康, 大川成剛, 渡辺孝一, 宮川 修

    平成13年度日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会  2001年11月  日本セラミックス協会東北北海道支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:山形・米沢・山形県立置賜広域文化施設  

    92

    researchmap

  • Future Demand of Prosthetic Appliances on the Elderly in Japan 国際会議

    Kanatani Mitsugu, Okawa Seigo, Watanabe Kouichi, Miyakawa Osamu

    International Association for Dental Research 79th General Session & Exhibition  2001年6月  International Association for Dental Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Makuhari Center and Prince Hotel, Chiba, Japan  

    88

    researchmap

  • 光重合型床用レジンによる義歯製作とリライニングにおける適合性 ― 従来法との比較および変形に関する考察 ―

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 中野周二, 宮川 修, 堀田憲康

    第37回日本歯科理工学会学術講演会  2001年3月  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京・世田谷・日本大学商学部  

    84

    researchmap

  • 高齢者および要援護高齢者に関わるブリッジ数と有床義歯数の将来推計

    金谷 貢, 渡辺孝一, 宮川 修

    第104回日本補綴歯科学会学術大会  2000年11月  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪・大阪国際会議場(グランキューブ大阪)  

    83

    researchmap

▶ 全件表示

Works(作品等)

  • 光重合型レジンによる義歯製作における適合性

    2001年

     詳細を見る

  • Fitness on denture using light-curing base resin

    2001年

     詳細を見る

  • 直接・連続的測定による硫酸カルシウム半水和物の凝結膨張圧

    2000年

     詳細を見る

  • Pressure of setting expansion on calcium sulfate hemihydrate by direct and continuous measurement

    2000年

     詳細を見る

  • Synthesis and Sintering Behavior of AIN/YN Composite Powders by Floating-type

    1996年
    -
    1997年

     詳細を見る

  • 浮上式流動層CVDによるAIN/YN複合微粉末の合成と焼結

    1996年
    -
    1997年

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 第52回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞

    2009年4月   日本歯科理工学会   金属微粒子の到達高さを傍証として用いた歯科診療室内における粉塵の挙動

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 堀田憲康, 木村勇雄, 小林正義

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 化学工学会関東支部学生賞銀賞(関東支部長賞)

    2008年8月   化学工学会   抗菌剤含有ヒドロキシアパタイト中空球状粒子被覆チタンインプラントの作製

    川口峻範, 木村勇雄, 柄崎和彦, 高橋真記, 田中孝明, 谷口正之, 金谷 貢

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • The 6th International Symposium on Titanium in Dentistry

    2007年6月   Society for Titanium Alloys in Dentistry   Anodic Oxidation of Ni-Ti Orthodontic Wires in NaOH solution

    Homma K, Watanabe K, Okawa S, Kanatani M, Miyakawa O

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第44回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞

    2004年12月   日本歯科理工学会   高熱伝導性セラミックス鋳型によるチタン鋳造の可能性

    金谷 貢, 大川成剛, 渡辺孝一, 宮川 修, 中野周二, 堀田憲康, 小林正義

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第79回日本医科器械学会大会優秀発表賞

    2004年5月   日本医科器械学会   再生器材の洗浄,滅菌方法について:歯科用切削バーの劣化の比較

    戸川紀子, 加藤一誠, 金谷 貢

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞

    2004年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成13年度日本補綴歯科学会特定推進研究優秀論文賞

    2002年5月   日本補綴歯科学会   高齢者および要援護高齢者にかかわるブリッジ数と有床義歯数の将来推計の試み

    金谷 貢

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本補綴歯科学会特定推進研究優秀論文賞

    2002年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本材料科学会論文賞(平成13年度)

    2001年5月   日本材料科学会   浮上式流動層CVDによるAlN/YN複合微粉末の合成と焼結

    福井紘一郎, 古川裕一, 小寺和人, 俵木一真, 金谷 貢, 堀田憲康

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本材料科学会論文賞

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 低エネルギー電子線照射は歯科切削加工(CAD/CAM)用レジンの破折を防止する

    2018年4月 - 2021年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3400000円 ( 直接経費:2380000円 、 間接経費:1020000円 )

    researchmap

  • CAD/CAM

    2018年4月 - 2019年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    大川成剛

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 低エネルギー電子線照射が医療機関における滅菌処理の効率化,環境浄化に貢献する

    2013年4月 - 2016年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    野村章子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:845000円 ( 直接経費:650000円 、 間接経費:195000円 )

    researchmap

  • 口腔粘膜3次元培養モデルを用いた義歯床下の顎骨吸収メカニズムの解析 -培養細胞圧力負荷システムによる義歯装着シミュレーション-

    2013年4月 - 2014年3月

    制度名:新潟大学プロジェクト推進経費(発芽研究)

    提供機関:新潟大学

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:422000円 ( 直接経費:422000円 )

    researchmap

  • ヒドロキシアパタイト壁マイクロカプセルで被覆したチタンインプラントの作製

    2009年4月 - 2012年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:468000円 ( 直接経費:360000円 、 間接経費:108000円 )

    researchmap

  • 超高熱伝導により高温反応の完全抑制を指向するチタン用ハイブリッド鋳型材の開発

    2009年4月 - 2012年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    researchmap

  • 低エネルギー電子線は超高齢社会での補綴物の安全性を向上し滅菌コストを削減する

    2008年4月 - 2012年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    野村章子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:240000円 ( 直接経費:177000円 、 間接経費:63000円 )

    researchmap

  • 超高熱伝導により高温反応をほとんど抑制するチタン用ハイブリッド鋳型材の開発

    2008年4月 - 2009年3月

    制度名:新潟大学科研費応募支援経費

    提供機関:新潟大学

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:240000円 ( 直接経費:240000円 )

    researchmap

  • インプラント術後骨形成促進を指向するヒドロキシアパタイト壁マイクロカプセルの調製

    2006年4月 - 2009年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    木村勇雄

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:91000円 ( 直接経費:70000円 、 間接経費:21000円 )

    researchmap

  • ナノ・バイオハイブリッド化医用材料化学に関する基盤研究

    2006年4月 - 2009年3月

    制度名:新潟大学プロジェクト推進経費(助成研究)

    提供機関:新潟大学

    坪川紀夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2811614円 ( 直接経費:2811614円 )

    researchmap

  • Retention fore of thin RPD Co-Cr Wire clasps

    2000年

    制度名:Cooperative Research

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 細いCo-Cr合金線を使用したクラスプの維持力

    2000年

    制度名:共同研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 鋳型の微細な空隙に残留および吸着したガスがチタン鋳造体に及ぼす影響

    1996年4月 - 1997年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

  • Setting Expansion Pressure of Plaster and Stone by Direct and Continuous Measurement

    1996年

    制度名:Cooperative Research

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 直接・連続的測定によるセッコウの凝結膨張圧

    1996年

    制度名:共同研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 窒化ホウ素(BN)を応用した直接鋳造法による高精度コーヌスクローネ製作法の開発

    1992年4月 - 1993年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • 窒化物セラミックスの導入による高精度のコーヌスクローネ製作法の開発

    1990年4月 - 1991年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • 窒化物セラミックスによる純チタン鋳造体の改善に関する基礎的研究

    1989年4月 - 1990年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    researchmap

  • 各種耐火材料の歯科チタン鋳造用坩堝への応用に関する基礎的研究

    1986年4月 - 1987年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    金谷 貢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • ファインセラミックスの歯科領域への応用に関する基礎的研究

    1985年

    制度名:共同研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Basic Study on Application of Fine Ceramics to Dental Field

    1985年

    制度名:Cooperative Research

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学演習ⅠB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学演習ⅡB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学演習ⅡB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学演習ⅠB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学演習ⅡB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学演習ⅠB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 歯科理工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体理工学Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体材料学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 生体材料学演習IB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学特論IIA

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎歯学コースワーク(生体材料関係コースワークI)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎歯学コースワーク(生体材料関係コースワークII)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学特論IB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学特論IIB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学演習IIB

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学演習IIA

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学特論IA

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学演習IA

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人体のしくみ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体理工学

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学演習ⅠB

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学演習ⅡB

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 歯科理工学Ⅱ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科理工学Ⅰ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体理工学Ⅰ

    2008年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 生体材料学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎科学演習

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 歯科理工学II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 歯科理工学I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 生体理工学I

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 新潟県歯科技工士国家試験委員

    2000年4月 - 2001年3月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    researchmap

  • 新潟県歯科技工士国家試験委員

    1996年4月 - 1997年3月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    researchmap