2021/09/26 更新

写真a

ゴトウ シンイチ
後藤 真一
GOTO Shin-ichi
所属
教育研究院 自然科学系 数理物質科学系列 准教授
理学部 准教授
自然科学研究科 数理物質科学専攻 化学 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 2002年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 核・放射化学

  • 超重元素

研究分野

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  • エネルギー / 量子ビーム科学

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   大学院自然科学研究科   准教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   研究推進機構 機器分析センター   准教授

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   機器分析センター   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   機器分析センター   助教授

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部化学科   助手

    2001年8月 - 2003年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻 化学   准教授

    2012年4月 - 現在

  • 新潟大学   化学科   准教授

    2012年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   研究推進機構 機器分析センター   准教授

    2007年4月 - 2012年3月

  • 新潟大学   研究推進機構 機器分析センター   助教授

    2003年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   理学部   助手

    2001年8月 - 2003年3月

学歴

  • 新潟大学   自然科学研究科   エネルギー基礎科学

    - 2001年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学

    - 2001年

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部   化学科

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学

    - 1995年

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Isothermal gas chromatography study of Zr and Hf tetrachlorides using radiotracers of 88Zr and 175Hf ---Towards investigation of gas-phase chemistry of Rf--- 査読

    K. Shirai, S. Goto, K. Ooe, H. Kudo

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   21   7 - 14   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Systematic Studies of Asymmetric Mass Distributions in Proton-induced Fission of Actinides 査読

    S. Goto, D. Kaji, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Ichikawa, K. Tsukada, M. Asai, H. Haba, S. Mitsuoka, K. Nishio, M. Sakama, Y. L. Zhao, K. Sueki, M. Tanikawa, K. Takamiya, H. Kudo, H. Nakahara

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   63 - 65   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.63

    researchmap

  • Isomeric yield ratios of fission products in proton-induced fission of232Th 査読

    S. Goto, D. Kaji, H. Kudo, M. Fujita, T. Shinozuka, M. Fujioka

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   239 ( 1 )   109 - 112   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Isomeric yield ratios of 11 fission products were measured in the system of 13 MeV proton-induced fission of Th-232 by an on-line ion-guide isotope separator. It was found that the closed shell structures of primary fragments and their complementary fragments affect the isomeric yield ratios. Isomeric yield ratios of Cd-121 (11/2(-), 3/2(+)) and Xe-135 (11/2(-), 3/2(+)) were measured precisely in the proton energy range of 13 to 26 MeV to investigate their energy dependence. It was found that the isomeric yield ratios increased slightly with proton energy. The results were discussed in connection with the deformation of fission fragments and fission modes.

    DOI: 10.1007/bf02349539

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/BF02349539/fulltext.html

  • Determination of Fusion Barrier Distributions from Quasielastic Scattering Cross Sections towards Superheavy Nuclei Synthesis 査読

    Taiki Tanaka, Yoshihiro Narikiyo, Kosuke Morita, Kunihiro Fujita, Daiya Kaji, Kouji Morimoto, Sayaka Yamaki, Yasuo Wakabayashi, Kengo Tanaka, Mirei Takeyama, Akira Yoneda, Hiromitsu Haba, Yukiko Komori, Shinya Yanou, Benoît Jean-Paul Gall, Zouhair Asfari, Hugo Faure, Hiroo Hasebe, Minghui Huang, Jumpei Kanaya, Masashi Murakami, Atsushi Yoshida, Takayuki Yamaguchi, Fuyuki Tokanai, Tomomi Yoshida, Shoya Yamamoto, Yuki Yamano, Kenyu Watanabe, Satoshi Ishizawa, Masato Asai, Ryuji Aono, Shin-ichi Goto, Kenji Katori, Kouichi Hagino

    Journal of the Physical Society of Japan   87 ( 1 )   014201 - 014201   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/jpsj.87.014201

    researchmap

  • Role of Multichance Fission in the Description of Fission-Fragment Mass Distributions at High Energies 査読

    K. Hirose, K. Nishio, S. Tanaka, R. Léguillon, H. Makii, I. Nishinaka, R. Orlandi, K. Tsukada, J. Smallcombe, M. J. Vermeulen, S. Chiba, Y. Aritomo, T. Ohtsuki, K. Nakano, S. Araki, Y. Watanabe, R. Tatsuzawa, N. Takaki, N. Tamura, S. Goto, I. Tsekhanovich, A. N. Andreyev

    Physical Review Letters   119 ( 22 )   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society (APS)  

    DOI: 10.1103/physrevlett.119.222501

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevLett.119.222501/fulltext

  • Decay Measurement of283Cn Produced in the238U(48Ca,3n) Reaction Using GARIS-II 査読

    Daiya Kaji, Kouji Morimoto, Hiromitsu Haba, Yasuo Wakabayashi, Mirei Takeyama, Sayaka Yamaki, Yukiko Komori, Shinya Yanou, Shin-ichi Goto, Kosuke Morita

    Journal of the Physical Society of Japan   86 ( 8 )   085001 - 085001   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/jpsj.86.085001

    researchmap

  • Simultaneous measurement of neutron-induced fission and capture cross sections for 241Am at neutron energies below fission threshold 査読

    K. Hirose, K. Nishio, H. Makii, I. Nishinaka, S. Ota, T. Nagayama, N. Tamura, S. Goto, A.N. Andreyev, M.J. Vermeulen, S. Gillespie, C. Barton, A. Kimura, H. Harada, S. Meigo, S. Chiba, T. Ohtsuki

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment   856   133 - 138   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.nima.2016.12.021

    researchmap

  • Fission fragments mass distributions of nuclei populated by the multinucleon transfer channels of the 18 O + 232 Th reaction 査読

    R. Léguillon, K. Nishio, K. Hirose, H. Makii, I. Nishinaka, R. Orlandi, K. Tsukada, J. Smallcombe, S. Chiba, Y. Aritomo, T. Ohtsuki, R. Tatsuzawa, N. Takaki, N. Tamura, S. Goto, I. Tsekhanovich, C.M. Petrache, A.N. Andreyev

    Physics Letters B   761   125 - 130   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2016.08.010

    researchmap

  • Startup of a new gas-filled recoil separator GARIS-II 査読

    D. Kaji, K. Morimoto, H. Haba, Y. Wakabayashi, Y. Kudou, M. Huang, S. Goto, M. Murakami, N. Goto, T. Koyama, N. Tamura, S. Tsuto, T. Sumita, K. Tanaka, M. Takeyama, S. Yamaki, K. Morita

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   303 ( 2 )   1523 - 1525   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-014-3706-9

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s10967-014-3706-9/fulltext.html

  • Production cross sections of niobium and tantalum isotopes in proton-induced reactions on natZr and natHf up to 14MeV 査読

    M. Murakami, H. Haba, S. Goto, J. Kanaya, H. Kudo

    Applied Radiation and Isotopes   90   149 - 157   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.apradiso.2014.03.014

    researchmap

  • Excitation functions for production of Rf isotopes in the248Cm+18O reaction 査読

    M. Murakami, S. Goto, H. Murayama, T. Kojima, H. Kudo, D. Kaji, K. Morimoto, H. Haba, Y. Kudou, T. Sumita, R. Sakai, A. Yoneda, K. Morita, Y. Kasamatsu, H. Kikunaga, T. K. Sato

    Physical Review C   88 ( 2 )   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society (APS)  

    DOI: 10.1103/physrevc.88.024618

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevC.88.024618/fulltext

  • New Result on the Production of277Cn by the208Pb +70Zn Reaction 査読

    Takayuki Sumita, Kouji Morimoto, Daiya Kaji, Hiromitsu Haba, Kazutaka Ozeki, Ryutaro Sakai, Akira Yoneda, Atsushi Yoshida, Hiroo Hasebe, Kenji Katori, Nozomi Sato, Yasuo Wakabayashi, Shin-ichi Mitsuoka, Shin-ichi Goto, Masashi Murakami, Yoshiki Kariya, Fuyuki Tokanai, Keita Mayama, Mirei Takeyama, Toru Moriya, Eiji Ideguchi, Takayuki Yamaguchi, Hidetoshi Kikunaga, Junsei Chiba, Kosuke Morita

    Journal of the Physical Society of Japan   82 ( 2 )   024202 - 024202   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/jpsj.82.024202

    researchmap

  • New Result in the Production and Decay of an Isotope,278113, of the 113th Element 査読

    Kosuke Morita, Kouji Morimoto, Daiya Kaji, Hiromitsu Haba, Kazutaka Ozeki, Yuki Kudou, Takayuki Sumita, Yasuo Wakabayashi, Akira Yoneda, Kengo Tanaka, Sayaka Yamaki, Ryutaro Sakai, Takahiro Akiyama, Shin-ichi Goto, Hiroo Hasebe, Minghui Huang, Tianheng Huang, Eiji Ideguchi, Yoshitaka Kasamatsu, Kenji Katori, Yoshiki Kariya, Hidetoshi Kikunaga, Hiroyuki Koura, Hisaaki Kudo, Akihiro Mashiko, Keita Mayama, Shin-ichi Mitsuoka, Toru Moriya, Masashi Murakami, Hirohumi Murayama, Saori Namai, Akira Ozawa, Nozomi Sato, Keisuke Sueki, Mirei Takeyama, Fuyuki Tokanai, Takayuki Yamaguchi, Atsushi Yoshida

    Journal of the Physical Society of Japan   81 ( 10 )   103201 - 103201   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.1143/jpsj.81.103201

    researchmap

  • Sulfate complexation of element 104, Rf, in H2SO4/HNO3 mixed solution 査読

    Z. J. Li, A. Toyoshima, M.Asai, K. Tsukada, T.K.Sato, N.Sato, T. Kikuchi, Y.Nagame, M. Schaedel,V. Pershina, X.H.Liang, Y. Kasamatsu, Y. Komori, K.Ooe, A. Shinohara, S.Goto, H. Murayama, M.Murakami, H. Kudo, H.Haba, Y. Takeda, M. Nishikawa, A. Yokoyama, S.Ikarashi, K. Sueki, K. Akiyama, J.V.Kratz

    Radiochimica Acta   100 ( 3 )   157 - 164   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    <title>Abstract</title>
    The cation-exchange behavior of <sup>261</sup>Rf (<italic>T</italic>
    <sub>1/2</sub>= 78 s) produced in the <sup>248</sup>Cm(<sup>18</sup>O, 5<italic>n</italic>) reaction was studied on a “one-atom-at-a-time” scale in 0.15–0.69 M H<sub>2</sub>SO<sub>4</sub>/HNO<sub>3</sub> mixed solutions ([H<sup>+</sup>]=1.0 M) using an automated ion-exchange separation apparatus coupled with the detection system for alpha-spectroscopy (AIDA). It was found that adsorption probabilities ( decrease with an increase of [HSO<sub>4</sub>
    <sup>−</sup>], showing a successive formation of Rf sulfate complexes. Rf exhibits a weaker complex formation tendency compared to the lighter homologues Zr and Hf. This is in good agreement with theoretical predictions including relativistic effects.

    DOI: 10.1524/ract.2012.1898

    researchmap

    その他リンク: https://www.degruyter.com/document/doi/10.1524/ract.2012.1898/pdf

  • Radiochemical study of sub-barrier fusion hindrance in the 19F+209Bi reaction 査読

    I. Nishinaka, Y. Kasamatsu, M. Tanikawa, S. Goto, M. Asai

    Proceedings in Radiochemistry   1 ( 1 )   117 - 121   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    <title>Abstract</title>Production cross sections of fission product <sup>99</sup>Mo produced in the reaction of <italic /><sup>19</sup>F + <sup>209</sup>Bi<italic /> have been measured at the incident energies 135–83 MeV near and below the fusion barrier by radiochemical methods. The excitation function for the fusion-fission cross sections in this reaction were deduced down to 80 μb from the measured production cross sections. A systematic analysis of the fusion-fission excitation function shows that sub-barrier fusion hindrance in the heavy mass system <italic /><sup>19</sup>F + <sup>209</sup>Bi<italic /> is different from that in the medium-heavy mass systems but similar to that in the medium-light mass system and in the heavy mass system. This work is the first radiochemical study of sub-barrier fusion hindrance in heavy mass systems.

    DOI: 10.1524/rcpr.2011.0021

    researchmap

    その他リンク: https://www.degruyter.com/document/doi/10.1524/rcpr.2011.0021/pdf

  • Extraction Chromatographic Behavior of Rf, Zr, and Hf in HCl Solution with Styrenedivinylbenzene Copolymer Resin Modified by TOPO (trioctylphosphine oxide) 査読

    A. Toyoshima, Y. Kasamatsu, K. Tsukada, M. Asai, Y. Ishii, H. Toume, I. Nishinaka, T. K. Sato, Y. Nagame, M. Schädel, H. Haba, S. Goto, H. Kudo, K. Akiyama, Y. Oura, K. Ooe, A. Shinohara, K. Sueki, J. V. Kratz

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   11 ( 1 )   7 - 11   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs.11.7

    researchmap

  • Anionic Fluoro Complex of Element 105, Db 査読

    Yoshitaka Kasamatsu, Atsushi Toyoshima, Masato Asai, Kazuaki Tsukada, Zijie Li, Yasuo Ishii, Hayato Toume, Tetsuya K. Sato, Takahiro Kikuchi, Ichiro Nishinaka, Yuichiro Nagame, Hiromitsu Haba, Hidetoshi Kikunaga, Yuki Kudou, Yasuji Oura, Kazuhiko Akiyama, Wataru Sato, Kazuhiro Ooe, Hiroyuki Fujisawa, Atsushi Shinohara, Shin-ichi Goto, Taichi Hasegawa, Hisaaki Kudo, Tomohiro Nanri, Mikio Araki, Norikazu Kinoshita, Akihiko Yokoyama, Fangli Fan, Zhi Qin, Christoph E. Düllmann, Matthias Schädel, Jens V. Kratz

    Chemistry Letters   38 ( 11 )   1084 - 1085   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/cl.2009.1084

    researchmap

  • Decay Properties of 266Bh and 262Db Produced in the 248Cm + 23Na Reaction 査読

    Kosuke Morita, Kouji Morimoto, Daiya Kaji, Hiromitsu Haba, Kazutaka Ozeki, Yuki Kudou, Nozomi Sato, Takayuki Sumita, Akira Yoneda, Takatoshi Ichikawa, Yasuyuki Fujimori, Sin-ichi Goto, Eiji Ideguchi, Yoshitaka Kasamatsu, Kenji Katori, Yukiko Komori, Hiroyuki Koura, Hisaaki Kudo, Kazuhiro Ooe, Akira Ozawa, Fuyuki Tokanai, Kazuaki Tsukada, Takayuki Yamaguchi, Atsushi Yoshida

    Journal of the Physical Society of Japan   78 ( 6 )   064201 - 064201   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.1143/jpsj.78.064201

    researchmap

  • Adsorption of Db and its homologues Nb and Ta, and the pseudo-homologue Pa on anion-exchange resin in HF solution 査読

    K. Tsukada, H. Haba, M. Asai, A. Toyoshima, K. Akiyama, Y. Kasamatsu, I. Nishinaka, S. Ichikawa, K. Yasuda, Y. Miyamoto, K. Hashimoto, Y. Nagame, S. Goto, H. Kudo, W. Sato, A. Shinohara, Y. Oura, K. Sueki, H. Kikunaga, N. Kinoshita, A. Yokoyama, M. Schaedel, W. Bruechle, J. V. Kratz

    Radiochimica Acta   97 ( 2 )   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    DOI: 10.1524/ract.2009.1577

    researchmap

  • Target for the heaviest element production at RIKEN

    D. Kaji, K. Morimoto, A. Yoneda, H. Hasebe, A. Yoshida, H. Haba, S. Goto, H. Kudo, K. Morita

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment   590 ( 1-3 )   198 - 203   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.nima.2008.02.090

    researchmap

  • Fluoride Complexation of Element 104, Rutherfordium (Rf), Investigated by Cation-exchange Chromatography 査読

    Yasuo Ishii, Atsushi Toyoshima, Kazuaki Tsukada, Masato Asai, Hayato Toume, Ichiro Nishinaka, Yuichiro Nagame, Sunao Miyashita, Tomotaka Mori, Hideo Suganuma, Hiromitsu Haba, Masami Sakamaki, Shin-ichi Goto, Hisaaki Kudo, Kazuhiko Akiyama, Yasuji Oura, Hiromichi Nakahara, Yuki Tashiro, Atsushi Shinohara, Matthias Schädel, Willy Brüchle, Valeria Pershina, Jens V. Kratz

    Chemistry Letters   37 ( 3 )   288 - 289   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/cl.2008.288

    researchmap

  • Hexafluoro complex of rutherfordium in mixed HF/HNO3 solutions 査読

    A. Toyoshima, H. Haba, K. Tsukada, M. Asai, K. Akiyama, S. Goto, Y. Ishii, I. Nishinaka, T. K. Sato, Yuichi Nagame, Wataru Sato, Yuuki Tani, H. Hasegawa, K. Matsuo, D. Saika, Y. Kitamoto, A. Shinohara, M. Ito, J. Saito, H. Kudo, A. Yokoyama, M. Sakama, K. Sueki, Y. Oura, H. Nakahara, M. Schädel, W. Brüchle, J. V. Kratz

    Radiochimica Acta   96 ( 3 )   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    DOI: 10.1524/ract.2008.1474

    researchmap

  • Extraction behavior of rutherfordium into tributylphosphate from hydrochloric acid 査読

    Hiromitsu Haba, K. Tsukada, M. Asai, A. Toyoshima, Y. Ishii, H. Toume, T. Sato, I. Nishinaka, T. Ichikawa, S. Ichikawa, Yuichi Nagame, W. Sato, K. Matsuo, Y. Kitamoto, Y. Tashiro, Atsushi Shinohara, J. Saito, M. Ito, T. Ikezawa, M. Sakamaki, S. Goto, H. Kudo, H. Kikunaga, M. Arai, S. Kamataki, A. Yokoyama, K. Akiyama, K. Sueki, Y. Oura, M. Schädel, W. Brüchle, Jens Volker Kratz

    Radiochimica Acta   95 ( 1 )   1 - 6   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    The extraction behavior of rutherfordium (Rf) into tributylphosphate (TBP) from hydrochloric acid (HCl) has been studied together with those of the lighter group-4 elements Zr and Hf. The extractability of<sup>261</sup>Rf,<sup>169</sup>Hf, and<sup>85</sup>Zr into TBP was investigated under identical conditions in 7.2–8.0 M HCl by on-line reversed-phase extraction chromatography. The percent extractions of Rf, Hf, and Zr into the TBP resin increase steeply with increasing HCl concentration, and the order of extraction is Zr &gt; Hf ≈ Rf. By considering the order of chloride complexation among these elements, it is suggested that the stability of the TBP complex of Rf tetrachloride is lower than those of Zr and Hf.

    DOI: 10.1524/ract.2007.95.1.1

    researchmap

    その他リンク: https://www.degruyter.com/document/doi/10.1524/ract.2007.95.1.1/xml

  • α decay ofCm238and the new isotopeCm237 査読

    M. Asai, K. Tsukada, S. Ichikawa, M. Sakama, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, Y. Kojima, Y. Oura, M. Shibata

    Physical Review C   73 ( 6 )   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society (APS)  

    DOI: 10.1103/physrevc.73.067301

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevC.73.067301/fulltext

  • Chemical studies on rutherfordium (Rf) at JAERI 査読

    Y Nagame, K Tsukada, M Asai, A Toyoshima, K Akiyama, Y Ishii, T Kaneko-Sato, M Hirata, Nishinaka, I, S Ichikawa, H Haba, S Enomoto, K Matsuo, D Saikal, Y Kitamoto, H Hasegawa, Y Tani, W Sato, A Shmohara, M Ito, J Saito, S Goto, H Kudo, H Kikunaga, N Kinoshita, A Yokoyama, K Sueki, Y Oura, H Nakahara, M Sakama, M Schadel, W Bruchle, JV Kratz

    Radiochimica Acta   93 ( 9-10 )   519 - 526   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    <title>Summary</title>Chemical studies on element 104, rutherfordium (Rf), at JAERI (Japan Atomic Energy Research Institute) are reviewed. The transactinide nuclide<sup>261</sup>Rf has been produced in the reaction<sup>248</sup>Cm(<sup>18</sup>O, 5<italic>n</italic>) at the JAERI tandem accelerator with the production cross section of about 13 nb. On-line anion-exchange experiments on Rf together with the lighter homologues, group-4 elements Zr and Hf, in acidic solutions have been conducted with a rapid ion-exchange separation apparatus. From the systematic study of the anion-exchange behavior of Rf, it has been found that the properties of Rf in HCl and HNO<sub>3</sub>solutions are quite similar to those of Zr and Hf, definitely confirming that Rf is a member of the group-4 elements. However, we have observed an unexpected chemical behavior of Rf in HF solutions; the fluoride complex formation of Rf is significantly different from those of the homologues. Prospects of extending chemical studies on transactinide elements in the near future at JAERI are briefly considered.

    DOI: 10.1524/ract.2005.93.9-10.519

    researchmap

    その他リンク: https://www.degruyter.com/document/doi/10.1524/ract.2005.93.9-10.519/xml

  • Proton-neutron configurations in 236g, mAm and its EC-decay daughter 236Pu 査読

    M. Asai, M. Sakama, K. Tsukada, S. Ichikawa, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, Y. Kojima, Y. Oura, H. Nakahara, M. Shibata, K. Kawade

    The European Physical Journal A   23 ( 3 )   395 - 400   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1140/epja/i2004-10096-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1140/epja/i2004-10096-6/fulltext.html

  • Simultaneous Observation of Volatility of Zr, Hf, and Rf Chlorides 査読

    Tetsuya Kaneko Sato, Kazuaki Tsukada, Masato Asai, Kazuhiko Akiyama, Hiromitsu Haba, Atsushi Toyoshima, Sawako Ono, Toshiyuki Hirai, Shin'ichi Goto, Shinichi Ichikawa, Yuichiro Nagame, Hisaaki Kudo

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   6 ( 2 )   N1 - N3   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.6.2_n1

    researchmap

  • EC and α decays of 235Am 査読

    M. Asai, M. Sakama, K. Tsukada, S. Ichikawa, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, Y. Kojima, Y. Oura, H. Nakahara, M. Shibata, K. Kawade

    The European Physical Journal A   22 ( 3 )   411 - 416   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1140/epja/i2004-10044-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1140/epja/i2004-10044-6/fulltext.html

  • Experiment on the Synthesis of Element 113 in the Reaction209Bi(70Zn,n)278113 査読

    Kosuke Morita, Kouji Morimoto, Daiya Kaji, Takahiro Akiyama, Sin-ichi Goto, Hiromitsu Haba, Eiji Ideguchi, Rituparna Kanungo, Kenji Katori, Hiroyuki Koura, Hisaaki Kudo, Tetsuya Ohnishi, Akira Ozawa, Toshimi Suda, Keisuke Sueki, HuShan Xu, Takayuki Yamaguchi, Akira Yoneda, Atsushi Yoshida, YuLiang Zhao

    Journal of the Physical Society of Japan   73 ( 10 )   2593 - 2596   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.1143/jpsj.73.2593

    researchmap

  • Production and Decay Properties of272111 and its Daughter Nuclei 査読

    K. Morita, K. Morimoto, D. Kaji, H. Haba, E. Ideguchi, J. C. Peter, R. Kanungo, K. Katori, H. Koura, H. Kudo, T. Ohnishi, A. Ozawa, T. Suda, K. Sueki, I. Tanihata, H. Xu, A. V. Yeremin, A. Yoneda, A. Yoshida, Y.-L. Zhao, T. Zheng, S. Goto, F. Tokanai

    Journal of the Physical Society of Japan   73 ( 7 )   1738 - 1744   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physical Society of Japan  

    DOI: 10.1143/jpsj.73.1738

    researchmap

  • Status of heavy element research using GARIS at RIKEN 査読

    K. Morita, K.K. Morimoto, D. Kaji, S. Goto, H. Haba, E. Ideguchi, R. Kanungo, K. Katori, H. Koura, H. Kudo, T. Ohnishi, A. Ozawa, J.C. Peter, T. Suda, K. Sueki, I. Tanihata, F. Tokanai, H. Xu, A.V. Yeremin, A. Yoneda, A. Yoshida, Y.-L. Zhao, T. Zheng

    Nuclear Physics A   734   101 - 108   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.01.019

    researchmap

  • Chemical studies of the heaviest elements 査読

    Y. Nagame, H. Haba, K. Tsukada, M. Asai, A. Toyoshima, S. Goto, K. Akiyama, T. Kaneko, M. Sakama, M. Hirata, T. Yaita, I. Nishinaka, S. Ichikawa, H. Nakahara

    Nuclear Physics A   734   124 - 135   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.01.021

    researchmap

  • Fluoride Complexation of Element 104, Rutherfordium 査読

    Hiromitsu Haba, Kazuaki Tsukada, Masato Asai, Atsushi Toyoshima, Kazuhiko Akiyama, Ichiro Nishinaka, Masaru Hirata, Tsuyoshi Yaita, Shin-ichi Ichikawa, Yuichiro Nagame, Ken-ichiro Yasuda, Yutaka Miyamoto, Tetsuya Kaneko, Shin-ichi Goto, Sawako Ono, Toshiyuki Hirai, Hisaaki Kudo, Mitsuru Shigekawa, Atsushi Shinohara, Yasuji Oura, Hiromichi Nakahara, Keisuke Sueki, Hidetoshi Kikunaga, Norikazu Kinoshita, Naoya Tsuruga, Akihiko Yokoyama, Minoru Sakama, Shuich Enomoto, Matthias Schädel, Willy Brüchle, Jens V. Kratz

    Journal of the American Chemical Society   126 ( 16 )   5219 - 5224   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/ja031824u

    researchmap

  • Elution Curve of Rutherfordium (Rf) in Anion-Exchange Chromatography with Hydrofluoric Acid Solution 査読

    A. Toyoshima, H. Haba, K. Tsukada, M. Asai, K. Akiyama, I. Nishinaka, Y. Nagame, D. Saika, K. Matsuo, W. Sato, A. Shinohara, H. Ishizu, M. Ito, J. Saito, S. Goto, H. Kudo, H. Kikunaga, N. Kinoshita, C. Kato, A. Yokoyama, K. Sueki

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   5 ( 2 )   45 - 48   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.5.45

    researchmap

  • Characteristics of the asymmetric mass distribution in proton-induced fission of actinides 査読

    S. Goto, D. Kaji, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Ichikawa, K. Tsukada, M. Asai, H. Haba, S. Mitsuoka, K. Nishio, M. Sakama, Y. L. Zhao, K. Sueki, K. Tanikawa, K. Takamiya, H. Kudo, H. Nakahara

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   255 ( 1 )   73 - 76   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1023/a:1022271529219

    researchmap

  • Fragment mass distribution of the239Pu(d,pf)reaction via the superdeformed β-vibrational resonance 査読

    K. Nishio, H. Ikezoe, Y. Nagame, S. Mitsuoka, I. Nishinaka, L. Duan, K. Satou, S. Goto, M. Asai, H. Haba, K. Tsukada, N. Shinohara, S. Ichikawa, T. Ohsawa

    Physical Review C   67 ( 1 )   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society (APS)  

    DOI: 10.1103/physrevc.67.014604

    researchmap

    その他リンク: http://harvest.aps.org/v2/journals/articles/10.1103/PhysRevC.67.014604/fulltext

  • Chemical separation of the unknown isotope 252Bk 査読

    T. Maruyama, D. Kaji, T. Kaneko, S. Goto, K. Tsukada, H. Haba, M. Asai, S. Ichikawa, Y. Nagame, H. Kudo

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   255 ( 2 )   253 - 256   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1023/a:1022571813231

    researchmap

  • Isothermal gas chromatography of chlorides of Zr and Hf as Rf homologs 査読

    T. Kaneko, S. Ono, S. Goto, H. Haba, M. Asai, K. Tsukada, Y. Nagame, H. Kudo

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   255 ( 2 )   381 - 384   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1023/a:1022577409113

    researchmap

  • Thermochromatographic behavior of fission products combined with dipivaloylmethane

    S. Ono, T. Kaneko, S. Goto, H. Kudo

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   255 ( 3 )   571 - 574   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1023/a:1022505104512

    researchmap

  • Anion exchange behavior of nobelium 査読

    A. Toyoshima, K. Tsukada, H. Haba, M. Asai, S. Goto, K. Akiyama, I. Nishinaka, S. Ichikawa, Y. Nagame, A. Shinohara

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   255 ( 3 )   485 - 487   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1023/a:1022520113173

    researchmap

  • Primary fragment mass-yield distributions for asymmetric fission path of heavy nuclei 査読

    Y. L. Zhao, I. Nishinaka, Y. Nagame, K. Tsukada, K. Sueki, S. Goto, M. Tanikawa, H. Nakahara

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   255 ( 1 )   67 - 72   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1023/a:1022219512380

    researchmap

  • Nuclear Decay Properties of the Neutron-Deficient Actinides 査読

    Minoru Sakama, Kazuaki Tsukada, Masato Asai, Shin-ichi Ichikawa, Hiromitsu Haba, Shin-ichi Goto, Ichiro Nishinaka, Yuichiro Nagame, Yasuji Oura, Yasuaki Kojima, Akihiko Osa, Michihiro Shibata, Kiyoshi Kawade, Mitsuru Ebihara, Hiromichi Nakahara

    Journal of Nuclear Science and Technology   39 ( sup3 )   34 - 37   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00223131.2002.10875403

    researchmap

  • Measurements of EC and WeakαDecays of Neutron-deficient Transuranium Isotopes 査読

    Masato Asai, Minora Sakama, Kazuaki Tsukada, Shin-ichi Ichikawa, Hiromitsu Haba, Ichiro Nishinaka, Yuichiro Nagame, Shin-ichi Goto, Yasuaki Kojima, Yasuji Oura, Hiromichi Nakahara, Michihiro Shibata, Kiyoshi Kawade

    Journal of Nuclear Science and Technology   39 ( sup2 )   474 - 477   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa UK Limited  

    DOI: 10.1080/00223131.2002.10875143

    researchmap

  • Production Cross Sections of 261Rf and 262Db in Bombardments of 248Cm with 18O and 19F Ions 査読

    Y. Nagame, M. Asai, H. Haba, S. Goto, K. Tsukada, I. Nishinaka, K. Nishio, S. Ichikawa, A. Toyoshima, K. Akiyama, H. Nakahara, M. Sakama, M. Schaedel, J. V. Kratz, H. W. Gaeggeler, A. Tuerler

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   85 - 88   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.85

    researchmap

  • Anion-exchange Behavior of Rf in HCl and HNO3 Solutions 査読

    H. Haba, K. Tsukada, M. Asai, S. Goto, A. Toyoshima, I. Nishinaka, K. Akiyama, M. Hirata, S. Ichikawa, Y. Nagame, Y. Shoji, M. Shigekawa, T. Koike, M. Iwasaki, A. Shinohara, T. Kaneko, T. Maruyama, S. Ono, H. Kudo, Y. Oura, K. Sueki, H. Nakahara, M. Sakama, A. Yokoyama, J. V. Kratz, M. Schaedel, W. Bruechle

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   143 - 146   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.143

    researchmap

  • Status and Prospects of Heavy Element Nuclear Chemistry Research at JAERI 査読

    Y. Nagame, M. Asai, H. Haba, K. Tsukada, S. Goto, M. Sakama, I. Nishinaka, A. Toyoshima, K. Akiyama, S. Ichikawa

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   129 - 132   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.129

    researchmap

  • Rapid Chemical Separation for Bk 査読

    T. Maruyama, D. Kaji, T. Kaneko, S. Goto, K. Tsukada, H. Haba, M. Asai, S. Ichikawa, Y. Nagame, H. Kudo

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   155 - 158   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.155

    researchmap

  • Fission Characteristics of Individual Deformation Paths in Heavy Elements 査読

    Y. L. Zhao, I. Nishinaka, Y. Nagame, K. Tsukada, K. Sueki, M. Tanikawa, S. Goto, H. Nakahara

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   103 - 107   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.103

    researchmap

  • Decay Studies of Neutron-deficient Am, Cm, and Bk Nuclei Using an On-line Isotope Separator 査読

    M. Asai, M. Sakama, K. Tsukada, S. Ichikawa, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, K. Akiyama, A. Toyoshima, Y. Kojima, Y. Oura, H. Nakahara, M. Shibata, K. Kawade

    Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   3 ( 1 )   187 - 190   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japan Society of Nuclear and Radiochemical Sciences  

    DOI: 10.14494/jnrs2000.3.187

    researchmap

  • Characteristics of two fission modes 査読

    Y. Nagame, Y.L. Zhao, I. Nishinaka, S. Goto, D. Kaji, M. Tanikawa, K. Tsukada, M. Asai, H. Haba, M. Sakama

    Radiochimica Acta   89 ( 11-12 )   681 - 688   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Walter de Gruyter GmbH  

    Characteristics of nuclear deformation properties at scission of two fission modes, symmetric and asymmetric, are reviewed. Existence of two kinds of scission configurations associated with the symmetric and asymmetric fission modes is pointed out: elongated and compact configurations. Each symmetric and asymmetric scission property is discussed in terms of shape elongation evaluated from fragment total kinetic energy (TKE). Fragment deformation at scission is also discussed based on neutron multiplicity data. From the systematic study of the scission properties in a wide range of actinide fission, the bimodal fission observed in spontaneous fission (SF) of the heavy actinides is interpreted as the result of the presence of the two fission paths of the ordinary asymmetric mode and a strongly shell-influenced symmetric one. The correlation between the fragment shell structures and the asymmetric mass-yield curves is described.

    DOI: 10.1524/ract.2001.89.11-12.681

    researchmap

    その他リンク: https://www.degruyter.com/document/doi/10.1524/ract.2001.89.11-12.681/xml

  • New isotope 233Am 査読

    M. Sakama, K. Tsukada, M. Asai, S. Ichikawa, H. Haba, S. Goto, Y. Oura, I. Nishinaka, Y. Nagame, M. Shibata, Y. Kojima, K. Kawade, M. Ebihara, H. Nakahara

    The European Physical Journal A   9 ( 3 )   303 - 305   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s100500070013

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s100500070013/fulltext.html

  • Two deformation paths in fission of light actinides 査読

    Y. Nagame, I. Nishinaka, Y. L. Zhao, K. Tsukada, S. Ichikawa, Z. Qin, H. Ikezoe, Y. Oura, K. Sueki, H. Nakahara, M. Tanikawa, T. Ohtsuki, S. Goto, H. Kudo, Y. Hamajima, K. Takamiya, K. Nakanishi, H. Baba

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   239 ( 1 )   97 - 101   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/bf02349537

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/BF02349537/fulltext.html

▶ 全件表示

MISC

  • Systematic studies of asymmetric mass distributions in proton-induced fission of actinides.

    J. Nud. Radiochem. Sci.   3 ( 1 )   63   2002年

     詳細を見る

  • Isomeric yield ratios of fission products in proton-induced fission of Th-232

    S Goto, D Kaji, H Kudo, M Fujita, T Shinozuka, M Fujioka

    JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY   239 ( 1 )   109 - 112   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA  

    Isomeric yield ratios of 11 fission products were measured in the system of 13 MeV proton-induced fission of Th-232 by an on-line ion-guide isotope separator. It was found that the closed shell structures of primary fragments and their complementary fragments affect the isomeric yield ratios. Isomeric yield ratios of Cd-121 (11/2(-), 3/2(+)) and Xe-135 (11/2(-), 3/2(+)) were measured precisely in the proton energy range of 13 to 26 MeV to investigate their energy dependence. It was found that the isomeric yield ratios increased slightly with proton energy. The results were discussed in connection with the deformation of fission fragments and fission modes.

    DOI: 10.1007/BF02349539

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 205Tl(g,pn)反応を用いた無担体203Hgトレーサの製造

    髙橋佳暉, 後藤真一, 菊永英寿, 高橋健

    日本放射化学会第63回討論会(2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超重元素塩化物の系統的気相化学研究に向けた15族元素Sbの塩化物の揮発挙動

    井上浩樹, 後藤真一

    日本放射化学会第63回討論会(2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Rfの同族元素Zr,Hfの塩化物に対する等温ガスクロマトグラフィにおける酸素の影響

    白井香里, 後藤真一, 工藤久昭

    日本放射化学会第63回討論会(2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 超重元素原子ビーム生成に向けた高温ノズル型低速原子ビーム源の開発

    富塚知博, 佐藤哲也, 伊藤由太, 床井健運, 鈴木颯人, 浅井雅人, 塚田和明, 後藤真一, 永目諭一郎

    日本放射化学会第63回討論会(2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Isothermal gas chromatography of chloride of Zr and Hf at off-line experiment for the gas-phase investigation of Rf

    SHIRAI, Kaori, GOTO, Shin'ichi, OOE, Kazuhiro, KUDO, Hisaaki

    6th International Conference on the Chemistry and Physics of the Transactinide Elements (TAN19)  2019年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Off-line experiment of gas chromatography for ZrCl4 and HfCl4 using a chlorinated column

    K. Shirai, S. Goto, K. Ooe, H. Kudo

    9th Workshop on the Chemistry of the Heaviest Element (CHE9)  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Adsorption of Lawrencium (Z=103) on a Tantalum Surface

    T. Tomitsuka, Y. Kaneya, T. K. Sato, M. Asai, K. Tsukada, A. Toyoshima, A. Mitsukai, A. Osa, K. Nishio, Y. Nagame, K. Ooe, M. Sakama, S. Miyashita, M. Shibata, Y. Kasamatsu, R. Eichler, C. E. Duellmann, N. Trautmann, J. V. Kratz, M. Schaedel

    6th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC17)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Surface Condition of Quartz Column for Gas Chromatoraphic Behaviors of ZrCl4 and HfCl4

    K. Shirai, S. Goto, K. Ooe, H. Kudo

    6th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC17)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Gas chromatographic behaviors of ZrCl and HfCl in macro- and tracerscale

    GOTO, Shinichi, OSHIMI, Yoshinari, SHIRAI, Kaori, Ooe, Kazuhiro, Kudo, Hisaaki

    2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)  2015年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Excitation functions of Db isotopes produced in 248Cm(19F, xn) reaction

    M. Murakami, S. Goto, K. Ooe, D. Sato, S. Tsuto, N. Goto, K. Koyama, R. Aono, H. Haba, M. Huang, H. Kudo

    5th International Conference on the Chemistry and Physics of the Transactinide Elements (TAN15)  2015年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Off-line experiment of isothermal chromatography for Zr and Hf tetrachloride in macro- and tracer-scale

    S. Goto, Y. Oshimi, K. Shirai, K. Ooe, H. Kudo

    5th International Conference on the Chemistry and Physics of the Transactinide Elements (TAN15)  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Gas phase chemistry of the volatile chloride compound of Hf isotopes

    S. Goto, Y. Oshimi, T. Tomitsuka, M. Murakami, S. Tsuto, Y. Yatsu, K. Ooe, T. K. Sato, K. Tsukada, M. Asai, A. Toyoshima, N. Miyashita, Y. Kaneya, Y. Nagame, H. Kudo

    Eighth Workshop on the Chemistry of the Heaviest Elements (CHE8)  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Decay properties of 261Rf and 262Rf 招待

    Shin-ichi Goto, Masashi Murakami, Hirohumi Murayama, Hisaaki Kudo, Daiya Kaji, Koji Morimoto, Hiromitsu Haba, Yoshitaka Kasamatsu, Yuki Kudo, Kosuke Morita

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010)  2010年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Gas chromatographic behavior of chloride compounds of group-4 elements

    Hirofumi Murayama, Masashi Murakami, Shin'ichi Goto, Hisaaki Kudo, Kazuaki Tsukada, Masato Asai, Atsushi Toyoshima, Tetsuya K. Sato, Yuichiro Nagame

    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010)  2010年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 113番元素ニホニウムの第一イオン化エネルギー測定で拓く超重元素原子科学

    研究課題/領域番号:18KK0086  2018年10月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    佐藤 哲也, 伊藤 由太, 後藤 真一

      詳細を見る

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    原子番号が100を超える超重元素では、大きな中心電荷によって引き起こされる強い相対論効果により、その化学的性質が元素の周期律から逸脱する可能性が指摘されている。これらの元素は、重イオン核反応によって合成されるが、生成される同位体はすべて単寿命であり、生成率も非常に小さいため、化学的性質の研究にあたっては、一度に一個の原子しか取り扱うことができない。このような極限領域の元素を対象に、元素の化学的性質を特徴づける原子の電子配置に関する情報を得るため、最外殻電子の束縛エネルギーを直接反映する物理量である第一イオン化エネルギーの決定を目指す。
    第一イオン化エネルギーの決定には、表面電離イオン化あるいは電子衝撃イオン化におけるイオン化効率の第一イオン化エネルギー依存性を応用する。核反応によって合成した超重元素同位体をエアロゾルガスジェット搬送法あるいはガスセル法によってイオン源へと導入し、このときのイオン化効率を測定する。
    2019年度は、超重元素原子のイオン化に用いる電子衝撃型イオン源として、対応真空度に幅のあるEBGP(Electron Beam Generated Plasma)イオン源の設計を終了し、プロトタイプを構築した。
    国際共同研究相手先であるスイス ポールシェラー研究所 R.Eichler部門長ならびにロシア ドゥブナ合同原子核研究所 フレロフ核反応研究所 N.Aksenovグループリーダーとの議論を進め、113番元素ニホニウムの同族元素タリウムを用いたテスト実験について、検討を進めた。

    researchmap

  • 超重元素Rf塩化物の吸着エンタルピー測定と12~15族元素の気相化学研究への応用

    研究課題/領域番号:18K11917  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    後藤 真一

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    ラザホージウム塩化物の吸着エンタルピー測定に向けて,同族元素であるジルコニウムおよびハフニウム塩化物に対する等温ガスクロマトグラフィ実験をオンラインで行うための準備を進めた。具体的には,これまで塩化物を生成させるために四塩化炭素を用いて穏やかに反応させていたが,オンライン実験では速く反応する塩素化剤を使用しなくてはいけないため,塩化チオニルを用いた塩素化の検討を行った。塩化チオニルを用いた場合でも,四塩化炭素の場合の結果を再現することを確認し,年度末にはオンライン実験を開始した。
    12族以降の元素の塩化物に対する気相化学研究については,15族元素であるアンチモンを対象とした実験を行った。その結果,トレーサ量の塩化アンチモン(III)の生成に成功し,統計精度は悪いものの等温クロマトグラフィを行うことができた。これにより,過去に測定したBiCl3の結果との比較が可能になる。12族元素である水銀の気相化学に向け,無担体の水銀トレーサ製造法の確立に向けた研究も進めた。トレーサ実験には203Hgが適しているが,荷電粒子を入射する核反応では製造しにくい。そこで,タリウムに対する制動放射線照射による製造法とターゲットからの分離法を検討し,実験を行った。その結果,トレーサを用いた気相化学実験を行うことができる数百kBqの無担体203Hgを得ることに成功した。203Hgの半減期が46.5日であるため,2か月ごとに製造することで,継続的な化学実験が可能となる。

    researchmap

  • 気相化学法による超重元素Rf, Dbの化学的性質の研究

    研究課題/領域番号:25390122  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    後藤 真一, 加治 大哉, 森本 幸司, 工藤 久昭, 大江 一弘, 村上 昌史, 押見 吉成, 浅井 貴裕, 南波 祐, 白井 香里

      詳細を見る

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    超重元素である104番元素ラザホージム,105番元素ドブニウムの化学的性質を調べるため,これらの元素の塩化物あるいは塩化酸化物の等温ガスクロマトグラフィ実験を計画した。ラザホージウムの同族元素であるジルコニウムとハフニウムの塩化物を対象とした実験を行ったところ,等温カラムの通過挙動がマクロ量とトレーサ量とで異なることを見出した。分子数により等温ガスクロマトグラフィ挙動の違いを明確に観測した初めての結果である。そこで,ラザホージウムおよびドブニウムの実験を見送り,トレーサ量での塩化ジルコニウムと塩化ハフニウムの石英への吸着エンタルピーの測定を行い,初めて正確な値を得ることに成功した。

    researchmap

  • アクチノイド核分裂における核分裂片電荷測定装置の開発と電荷分割機構に関する研究

    研究課題/領域番号:15750046  2003年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    後藤 真一

      詳細を見る

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    本研究の目的は,核分裂によって生成する核分裂片の電荷(原子番号)を精度よく測定するための検出器の開発である.今年度は,これまでの研究成果を基に,検出器の基本性能のチェックと,更なる性能の向上を目指し研究を行った.
    核分裂片の電荷測定の基本的な原理は,核分裂片が気体中を通過する際に,ある通過距離で失った運動エネルギーを精密に測定することである.そのためには,比較的低い圧力の気体中で長距離を飛行させることが求められるが,核分裂片の運動エネルギーはおそよ100MeVであるので,現実的な検出器の大きさを考えると,イソブタンを100torrの圧力で充填せするのが限界であった.また,検出効率向上のために検出器の開口率を上げようとすると,電極間距離が大きくなり,高電圧の印加が求められるため,いかにして放電を抑えて高電圧を印加するかが課題であった.
    これらの問題に対して,放電しにくい構造に検出器のデザインを変更するとともに,アノードとカソードへの印加電圧とエネルギー分解能の関係を詳細に調査した.
    アノードへはプリアンプの制限から+1kVまで印加可能であり,アノード・グリッドの電極間距離が1cmであるため,カソード・グリッド間は-1kV/cm以下の電場勾配でなくてはならない.カソード・グリッド間の距離をさまざまに変化させ,カソードへの印加電圧と^<252>Cfからのアルファ線のエネルギー分解能の関係を調査したところ,電場勾配の増加とともに分解能はよくなり,-0.65kV/cmで1.76%の分解能を得た.これ以上の電場勾配では,電子がグリッドを通過する効率が悪くなるため,分解能も悪化した.
    この結果より,より現実的な印加電圧の範囲では,カソード・グリッド間距離は6cm程度となり,かなり明るい検出器が実現できた.また,核分裂片についてもアルファ線と明確に異なるパルス波高で観測することができた.検出器のデザイン変更のため,電荷測定には至らなかったが,十分測定可能な性能の検出器を製作することができた.

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 無機化学II

    2014年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射化学

    2007年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 無機化学実験

    2002年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 安全教育

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 無機化学III

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学コロキウム

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究 b

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究 a

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学の最前線

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 不安定核物理学概論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 無機化学I

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 無機化学Ⅱ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅰ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • コミュニケーション演習

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 科学技術英語

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究ⅡA(化学)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 化学コロキュウム

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究ⅡB(化学)

    2014年
    機関名:新潟大学

  • グリーンケミストリー入門

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 無機化学II

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(化学科)

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究Ⅰ(化学)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学演習Ⅰ(化学)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • Basic Chemistry Ⅱ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 放射化学

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線計測学

    2008年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 放射化学特論

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 放射化学I

    2008年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 核化学特論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 無機化学実験

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 無機化学演習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学実験

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 大型機器分析技術

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズ(化学学習法)

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 放射化学II

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 重元素化学

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示