2021/12/04 更新

写真a

タカハシ マサシ
高橋 昌
TAKAHASHI Masashi
所属
医歯学総合研究科 特任教授
医学部 特任教授
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学 特任教授
職名
特任教授
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 1994年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 心臓血管外科学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 災害医療学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医学部 災害医療教育センター   副センター長

    2014年11月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   新潟医療人育成センター   センター長

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   特任教授

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所 地域安全科学部門 災害医療分野   協力教員

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   准教授

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   講師

    2007年8月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院   助教

    2003年10月 - 2007年7月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   助手

    2003年4月 - 2003年9月

      詳細を見る

  • 国立循環器病センター   心臓血管外科   職員(医療系)

    2002年1月 - 2003年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部附属病院   助手

    1997年11月 - 2001年12月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医学部   副センター長

    2014年11月 - 現在

  • 新潟大学   センター長

    2014年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   特任教授

    2014年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   准教授

    2012年4月 - 2014年3月

  • 新潟大学   災害・復興科学研究所 地域安全科学部門 災害医療分野   協力教員

    2012年4月 - 2014年3月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   講師

    2007年8月 - 2012年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院   助教

    2003年10月 - 2007年7月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   助手

    2003年4月 - 2003年9月

  • 新潟大学   医学部附属病院   助手

    1997年11月 - 2001年12月

▶ 全件表示

所属学協会

  • 日本小児循環器学会 評議員

      詳細を見る

  • 日本外科学会

      詳細を見る

  • 日本胸部外科学会

      詳細を見る

  • 日本小児外科学会

      詳細を見る

  • 日本集団災害医学会 評議員 広報委員会委員 倫理委員会委員 社会医学系専門医検討委員会委員

      詳細を見る

  • 日本小児救急医学会

      詳細を見る

  • 日本循環器学会

      詳細を見る

  • 日本心臓血管外科学会

      詳細を見る

▶ 全件表示

委員歴

  • 日本集団災害医学会 評議員 広報委員会委員 倫理委員会委員 社会医学系専門医検討委員会委員   中越沖地震調査特別委員会委員  

    2007年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 医師

  • 厚生労働省DMAT登録者

  • 厚生労働省統括DMAT登録者

  • 社会医学系専門医・指導医

  • 外科専門医

  • 日本DMAT隊員養成研修インストラクター

  • MCLS-CBRNE(多数傷病者救護訓練特殊災害コース)インストラクター

  • MCLS(多数傷病者救護訓練コース)インストラクター 世話人

  • ITLS pediatric(国際外傷救命教育訓練小児コース)インストラクター

  • JPTEC(外傷病院前救護訓練コース)インストラクター

  • PUSH認定インストラクター・ディレクター

  • ETS(エマルゴトレーンシステム)シニアインストラクター

  • BHELP(地域保健・福祉の 災害対応標準化トレーニングコース)インストラクター

▶ 全件表示

 

論文

  • Long-term functional results of the one and one half ventricular repair for the spectrum of patients with pulmonary atresia/stenosis with intact ventricular septum 査読

    S Numata, H Uemura, T Yagihara, K Kagisaki, M Takahashi, H Ohuchi

    EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY   24 ( 4 )   516 - 520   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Objective: To determine whether one and one half ventricular repair (1.5VR) is definitely superior to the Fontan procedure in patients, hypoplastic right ventricle (RV) in the setting of pulmonary atresia with intact ventricular septum (PA/IVS) or its relatives, in terms of having results in the longer term. Method: Since 1987, 1.5VR has been chosen in seven patients with PA/IVS and in six having PS with hypoplastic RV. On preoperative catheterization, right ventricular end-diastolic volume (RVEDV) was 47 +/- 23% of the anticipated normal value, and annular diameter of the tricuspid valve (TVD) 72 +/- 22% of normal (Z value being -2.4 +/- 2.1). Follow-up term was 3-15 (10 +/- 4) years. Results: All patients survived 1.5VR, but one patient died of arrhythmia 9 years later. Freedom from arrhythmia was 80 and 20% at 10 and 12 years, respectively. Two patients have undergone conversion to the Fontan circulation, but none to true biventricular physiology. Consecutive catheterization (1, 5, and 10 years after 1.5VR) demonstrated no changes in %RVEDV or %TVD. Cardiac index was 2.4 +/- 0.6 l/min per m(2) at either 5 or 10 ears. RA pressure was 9 +/- 3 and 12 +/- 2 mmHg at 5 and 10 years, respectively. Smaller %RVEDV and %TVD were associated with episodes of atrial arrhythmia and higher RA pressure. Exercise testing showed anaerobic threshold of 16.6 +/- 3.4 ml/kg per min and 13.1 +/- 2.7 ml/kg per min at 5 and 10 years, respectively. These values were equivalent to those in patients with classical tricuspid atresia or PA/IVS undergoing the Fontan procedure, and unequivocally interior to those in patients having PA/IVS. who could have undergone biventricular repair. Conclusion: Although we previously expected reasonable functional results after 1.5VR between the Fontan circulation and biventricular physiology. this was not always the case in patients having pulmonary atresia or stenosis with intact ventricular septum. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1010-7940(03)00378-6

    Web of Science

    researchmap

  • Surgical Repair of Pulmonary Arterial Sling Associated with Tetralogy of Fallot 査読

    Yuji Hanafusa, Hideki Uemura, Toshikatsu Yagihara, Koji Kagisaki, Masashi Takahashi, Soichiro Kitamura

    Japanese Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery   51 ( 4 )   160 - 162   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Japanese Association for Thoracic Surgery  

    Pulmonary artery sling associated with tetralogy of Fallot was successfully repaired in 2 patients. In 1 patient, extensive reconstruction was needed for severe hypoplasia in the left pulmonary artery, followed by definitive repair. In the other patient, surgical repair was achieved in a single-stage fashion.

    DOI: 10.1007/s11748-003-0054-z

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Aortic root endoscopy in pediatric cardiac operations for aortic valvuloplasty 査読

    Watanabe H, Hayashi J, Takahashi M, Takekubo M, Tosaka Y

    Journal of Cardiac Surgery   17 ( 1 )   398 - 399   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A new, safe, and easy technique of atrial septal defect creation 査読

    M.Takahashi, H.Kanazawa, Y.Yamazaki, M. Ueno, T.Sakano

    Annals of Thoracic Surgery   2000 ( 69 )   293 - 294   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0003-4975(99)01226-6

    researchmap

  • The long-term influence of pulmonary valve regurgitation following repair of tetralogy of Fallot: Does preservation of the pulmonary valve ring affect quality of life? 査読

    H.Miyamura, M.Takahashi, M.Sugawara, S.Eguchi

    Surgery Today   1996 ( 26 )   603 - 606   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00311664

    researchmap

  • The use of a human dura mater allograft for the repair of a contaminated abdominal wall defect 査読

    M.Takahashi, K.Nitta, G.Kamiya, K.Tajima, K.Wada

    Surgery Today   24   468 - 472   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF01427043

    researchmap

  • Force and histochemical changes in rabbit pectoral muscle induced by chronic electrical stimulation for use in cardiac assistance. 査読

    Takahashi M, Homma S, Miyamura H, Eguchi S

    The Thoracic and Cardiovascular Surgeon   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

    researchmap

  • FORCE AND HISTOCHEMICAL-CHANGES IN RABBIT PECTORAL MUSCLE INDUCED BY CHRONIC ELECTRICAL-STIMULATION FOR USE IN CARDIAC ASSISTANCE 査読

    M TAKAHASHI, H MIYAMURA, S EGUCHI, S HOMMA

    THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGEON   41 ( 6 )   344 - 348   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEORG THIEME VERLAG  

    Before the application of skeletal muscle in a cardiac-assist device, a preconditioning procedure is required in order to overcome the easy fatigability of this muscle. We evaluated the effect of preconditioning muscles while keeping their collateral blood supply. In 15 male rabbits, a skeletal muscle ventricle (SMV) was constructed from silicone and pectoralis major muscle with minimal dissection. In six rabbits, the muscle was electrically preconditioned. The pressure generated by the SMV was measured under various conditions. Histochemical fiber grouping was performed using myosin ATPase staining. The pressure rose with preconditioning despite an increase in slow-twitch fibers. The cross-sectional area of both slow-twitch and fast-twitch fibers increased significantly. The rise in pressure is attributable to muscle hypertrophy. The use of muscles with minimal dissection may avoid or shorten the vascular delay because of a well maintained blood supply and nearly isometric preconditioning.

    Web of Science

    researchmap

  • The effect of bupivacaine hydrochloride on skeletal muscle fiber type transformatuin by low frequncy electrical stimulation 査読

    M.Takahashi, S.Homma, H.Miyamura, S.Eguchi

    Neuroscience Letters   155 ( 6 )   191 - 194   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0304-3940(93)90705-P

    researchmap

  • The bupivacaine effect on long term low frequency electrical nerve stimulation to transform muscle fiber type 査読

    M.Takahashi, S.Homma

    Neuroscience Research   16 ( supple )   94   1991年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Transformation of rabbit pectoral muscle by low frequency electrical stimulation; The availability of skeletal muscle for cardiac assist 査読

    M.Takahashi, S.Homma

    Japanese Journal of Physiology   41 ( supple )   290   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • ブックレット新潟大学52「地震災害への備えを考えるー中越地震・中越沖地震で学んだ事」

    高橋 昌, 伊藤忠雄 ほか( 担当: 分担執筆)

    新潟日報事業社  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 平成20年度新潟大学テレビ公開講座テキスト「地震災害への備えを考える」

    高橋 昌, 五十嵐由利子, ほか( 担当: 分担執筆)

    新潟大学公開講座実行委員会  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

MISC

  • 災害医療における看護職の役割を考える 招待 査読

    高橋 昌

    手術医学   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟大学発!災害医療のIT化 空飛ぶトリアージタグ「エアタグ」 招待

    高橋 昌

    文月会誌   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 減災への取り組みー平穏期、超急性期。復興期までをシームレスに災害情報を管理するITツール「エアタグ」システム 招待 査読

    高橋 昌, 牧野秀夫, 木下秀則

    内科   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 空飛ぶトリアージタグ「エアタグ」システム 招待

    高橋 昌

    新潟県医師会報   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 平成19年新潟県中越沖地震調査特別委員会報告書 現地対策本部への支援~地元大学病院の立場から~ 招待 査読

    高橋 昌

    日本集団災害医学会雑誌   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 心耳並列を合併した完全大血管転位症の外科治療

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 白石修一, 登坂有子, 若林貴志, 林 純一

    第42回日本小児循環器学会総会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Ebstein’s anomaly に対する成人期のCarpentier手術

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 白石修一, 登坂有子, 保坂靖子

    第246回新潟循環器談話会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ナノバブルによる肺高血圧治療の可能性 国際会議

    高橋 昌

    第11回骨格筋研究懇話会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Shaher Type3A TGA の冠動脈移植

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 登坂有子, 三島健人, 林 純一

    第11回新潟心臓血管肺手術手技研究会  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Off-pump フォンタン手術を目指した治療戦略

    高橋 昌, 八木原俊克, 上村秀樹, 鍵﨑康治

    第22回新潟小児循環器懇話会  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 先天性僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成手術の遠隔成績

    高橋 昌, 八木原俊克, 上村秀樹, 鍵﨑康治, 北村惣一郎

    第39回日本小児循環器学会総会  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 右肺低形成を伴った先天性心疾患の外科治療の問題点

    高橋 昌, 上村秀樹, 鍵﨑康治, 八木原俊克

    第40回日本小児外科学会総会  2003年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長期予後より見た僧帽弁手術におけるエビデンス:温存、生体弁、機械弁?

    高橋 昌, 八木原俊克, 上村秀樹, 鍵﨑康治, 北村惣一郎

    第55回日本胸部外科学会総会  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 小児心臓手術遠隔期における不整脈に対する外科治療

    高橋 昌, 上村秀樹, 鍵﨑康治, 宮崎 文, 大内秀雄, 越後茂之, 八木原俊克

    第38回日本小児循環器学会総会  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • Off-oumpフォンタン手術を目指した治療戦略―特に合併病変に対して

    高橋 昌, 八木原俊克, 上村秀樹, 鍵﨑康治, 北村惣一郎

    第45回関西胸部外科学会学術集会  2002年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 組織ドップラーイメージ法による心房機能の定量的評価

    高橋 昌, 登坂有子, 羽賀 学, 渡辺 弘, 林 純一

    第102回日本外科学会総会  2002年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 組織ドップラーイメージ法を応用した心房収縮速度勾配による心房機能の評価

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 登坂有子, 林 純一

    第37回日本小児循環器学会総会  2001年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The usefulness of somatosensory and motor evoked potential monitoring for operation of mild coarcteation of the aorta to avoid the spinal cord ischemia. 国際会議

    Takahashi,M, Watanabe,H, Tosaka,Y, Hayashi,J, Tobita,T, Kurokawa,S, Shimizu,M

    The 3rd World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery  2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toronto, Canada  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症の手術における誘発電位モニタリング

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 登坂有子, 飛田俊幸, 黒川 智, 林 純一

    第15回心臓血管外科ウインターセミナー  2001年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨格筋による心機能補助のための In situ preconditioningの検討

    高橋 昌, 登坂有子, 高橋善樹, 渡辺 弘, 北村昌也, 林 純一

    第53回日本胸部外科学会総会  2000年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tissue Doppler Imaging法による骨格筋ポンプの機能評価(続報) 国際会議

    高橋 昌, 登坂有子, 名村 理, 渡辺 弘, 林 純一

    第6回骨格筋研究懇話会  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症の手術における誘発電位モニタリング―脊髄障害による対麻痺予防のための試みー

    高橋 昌, 渡辺 弘, 高橋善樹, 篠永真弓, 羽賀 学, 平塚雅英, 登坂有子

    第36回日本小児循環器学会総会  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小児大動脈手術における脊髄誘発電位モニタリング

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 篠原博彦, 林 純一, 佐藤誠一, 矢崎 諭, 桑原 厚, 飛田俊幸

    第7回新潟心臓血管肺手術手技研究会  2000年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症の手術における小児の誘発電位モニタリング

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 篠原博彦, 林 純一, 佐藤誠一, 矢崎 諭

    第9回新潟周産母子研究会学術講演会  1999年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 組織ドップラーイメージ法でCardiomyoplastyの機能評価ができないか?

    高橋 昌, 渡辺 弘, 菅原正明, 篠永真弓, 羽賀 学, 林 純一

    第5回 骨格筋研究懇話会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大動脈縮窄症の手術における誘発電位モニタリング

    高橋 昌, 渡辺 弘, 羽賀 学, 篠原博彦, 林 純一

    第18回新潟小児循環器懇話会  1999年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心房細動を合併した成人期心房中隔欠損症に対するRight-sided Maze 手術後の心房機能評価

    高橋 昌, 渡辺 弘, 菅原正明, 高橋善樹, 篠永真弓, 羽賀 学, 島田晃治, 石山貴章, 林 純一

    第35回日本小児循環器学会  1999年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 成人期Ebstein奇形に対するCarpentier 手術Quaegebeur変法の検討

    高橋 昌, 渡辺 弘, 菅原正明, 高橋善樹, 篠永真弓, 羽賀 学, 島田晃治, 林 純一, 江口昭治

    第36回日本小児外科学会  1999年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 骨格筋のPreconditioning法に関する検討

    高橋 昌, 渡辺 弘, 菅原正明, 篠永真弓, 羽賀 学, 林 純一

    第11回 骨格筋の心臓への応用研究会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自己骨格筋による心機能補助のためのChemical Preconditioningの効果

    高橋 昌, 篠永真弓, 高橋善樹, 菅原正明, 渡辺 弘, 大関 一, 林 純一

    第99回 日本外科学会総会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ICMO by skeletal muscle ventricle

    高橋 昌, 渡辺弘, 菅原正明, 篠永真弓, 林純一, 本間信治

    第4回骨格筋研究懇話会  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 主要体肺動脈側副血行路により呼吸不全、左心不全を呈したファロー四徴症・肺動脈閉鎖に対する外科治療

    高橋 昌, 渡辺弘, 菅原正明, 高橋善樹, 篠永真弓, 平塚雅英, 林純一, 佐藤誠一, 竹内菊博, 矢崎論, 広川徹

    第34回日本小児循環器学会総会  1998年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Ferris-Smith-Kerrison puncherを用いたエコーガイド下心房中隔欠損孔作成術

    高橋 昌, 金沢宏, 渡辺弘, 菅原正明, 高橋善樹, 篠永真弓, 平塚雅英, 林純一

    第35回日本小児外科学会総会  1998年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ダウン症候群を合併した開心術後肺高血圧クリーゼに対する一酸化窒素(NO)吸入療法の効果

    高橋 昌, 交代縁者, 渡辺弘, 菅原正明, 山本和男, 高橋善樹, 建部祥

    第35回日本小児外科学会総会  1998年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 心房中隔欠損症に合併した心房細動に対するRight-sided maze手術の治療経験

    高橋 昌, 渡辺弘, 諸久永, 中山卓, 平塚雅英, 林純一

    第105回日本胸部外科学会関東甲信越地方会  1998年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 放射光位相差X線CT法による血管退縮関連疾患群の異常血管の構造解析に関する研究

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 発災~復興まで支援する災害医療人材の養成

    2014年4月 - 2019年3月

    文部科学省  課題解決型高度医療人材養成プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 尿中メガリンは腎組織血流障害における急性腎臓病(AKD)のマーカーとなり得るか

    2012年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 災害復興を支援する情報管理システム「復興支援エアタグ」~避難所・復興仮設住宅の医療情報管理による「避けられる災害死ゼロ」プロジェクト

    2012年3月 - 2013年3月

    新潟大学  学長裁量経費(災害特別) 

    高橋 昌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 災害医療教育と普及

    2011年4月 - 現在

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 住民参加型トリアージを可能とする救命救急GIS連携技術の研究開発

    2011年4月 - 2013年3月

    総務省  総務省戦略的情報通信研究開発経費(SCOPE) 

    牧野秀夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 超急性期~慢性期・復興期にかけてのシームレスな災害医療・保険活動を支援するシステム(総合災害医療学)構築へのフィールドワーク

    2011年4月 - 2012年3月

    新潟大学  新潟大学プロジェクト推進経費 

    高橋 昌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 中越発・災害医療チーム(DMAT)支援システムの実用化研究

    2010年4月 - 2012年3月

    地方自治体  新潟県地域貢献型中越復興研究支援補助事業 

    牧野秀夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 災害医療における情報通信の課題と対策

    2007年7月 - 現在

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • HO1/COシグナル伝達修飾による肺動脈細胞増殖抑制効果に関する基礎的研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費助成事業  萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    researchmap

  • 単心室の外科治療

    2002年4月 - 現在

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 骨格筋活性化傍細胞の分可能と補助循環システム応用に関する基礎的研究

    1995年4月 - 1997年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    骨格筋傍細胞の役割と分化能力に関する研究

    researchmap

  • 骨格筋による心機能補助

    1990年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 外科学2

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 全身管理学

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 外科学2

    2008年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学