2021/12/04 更新

写真a

イマイ ヒロエイ
今井 博英
IMAI Hiroei
所属
経営戦略本部 評価センター 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 1998年3月   新潟大学 )

  • 修士(工学) ( 1995年3月   新潟大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 計算機システム

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   経営戦略本部 評価センター   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   企画戦略本部 評価センター   助教授

    2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 情報工学科   助手

    2003年4月 - 2007年1月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1998年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   経営戦略本部 評価センター   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   経営戦略本部 評価センター   助教授

    2007年3月

  • 新潟大学   情報工学科   助手

    2003年4月 - 2007年1月

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1998年4月 - 2003年3月

学歴

  • 新潟大学   工学部

    - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

 

論文

  • 路上空間を用いた無線マルチホップネットワークのリレーノード配置方式 査読

    今井博英, 間瀬憲一, 岡田啓, 中野敬介

    電子情報通信学会論文誌B   J99-B ( 10 )   871 - 880   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特定小電力無線と衛星携帯電話を用いたトリアージ情報伝送システム 査読

    亀井秀一, 伊藤達哉, 今井博英, 西森健太郎, 高橋 昌, 木下秀則, 牧野秀夫

    電子情報通信学会   J95B ( 11 )   1435 - 1445   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 小型端末を用いたトリアージ情報の管理・配信システム

    伊藤達哉, 牧野秀夫, 今井博英, 山本峻, 亀井秀一, 畑中将輝, 土屋裕, 小林二朗, 高橋昌, 木下秀則

    電子情報通信学会大会2011年総合大会,CD-ROM   B ( 20 )   43   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • An Evaluation Method for Delay Time and Its Jitter of WLAN using a GSPN Model 査読

    Masahiro Tsunoyama, Hiroei Imai

    2008 IEEE 33RD CONFERENCE ON LOCAL COMPUTER NETWORKS, VOLS 1 AND 2   791 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper proposes a method for evaluating mean delay time and its standard deviation (jitter) of wireless local area networks (WLAN) using Generalized Stochastic Petri Nets (GSPN). The WLAN is modeled using GSPN and the mean delay time and its jitter are calculated using equations derived from the Markov chain associated with the GSPN model. The method is applied to evaluate delay time and its jitter for 802.11e WLAN. The results reveal that the values calculated based on the equations agree well with the values obtained from simulations.

    DOI: 10.1109/LCN.2008.4664285

    Web of Science

    researchmap

  • GSPNを用いた無線LANの性能評価の方法について

    樋口達也, 今井博英, 角山正博, 牧野秀夫

    電子情報通信学会信越支部大会,講演論文集   92 - 92   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 大規模災害時における避難所への物資分配方法について

    渡辺雅史, 今井博英, 角山正博, 牧野秀夫

    電子情報通信学会信越支部大会,講演論文集   68 - 68   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • GSPNによる無線LANのモデル化

    樋口達也, 今井博英, 角山正博, 牧野秀夫

    電子情報通信学会大会2007年総合大会,名城大学   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • マルチホップ無線LANの提案と実装 査読

    大和田 泰伯, 照井 宏康, 間瀬 憲一, 今井 博英

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B   89 ( 11 )   2092 - 2102   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    既存の無線LANのバックボーンネットワークとして無線アドホックネットワークを用いるネットワークコンセプトとしてマルチホップ無線LAN(M-WLAN)が提案されている.M-WLANは任意の場所に個別に提供されたアクセスポイント(AP)を無線リンクで結び,経路を自動かつ自律分散的に構成するネットワークである.端末には従来の無線LANのサービスを提供し,GWとなる端末を設置することで,端末は外部ネットワークへも接続可能となる.M-WLANのアーキテクチャとしてIP中継方式を提案し,その優位性について定期的に評価を行う.さらに,その基本機能を実装し,動作確認を行うことで,本方式における実現可能性を示した.また,M-WLANにおいての端末間スループット,端末がローミングを行うときの経路切換わり時間についても測定した.この結果,同環境でのアドホックネットワークとほぼ同等の性能が得られ,M-WLANの有効性を示すとともに,実装に関する問題や今後の課題を示した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/9089

  • 確率密度関数の形状に合わせたコックス型分布による確率分布の近似方法について 査読

    佐々木幸恵, 今井博英, 角山正博, 石井郁夫

    信頼性   28 ( 3 )   205 - 218   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11348/reajshinrai.28.3_205

    researchmap

  • 魚眼カメラ内部パラメータの幾何学的キャリブレーション法

    駒形英樹, 石井郁夫, 高橋章, 若月大輔, 今井博英

    電子情報通信学会論文誌D   J89-D ( 1 )   64 - 73   2006年

     詳細を見る

  • 群集化交友集団のいじめに関するエージェントベースモデル 査読

    前田義信, 今井博英

    電子情報通信学会論文誌   J88-A ( 6 )   722 - 729   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Approximation of Probability Distribution Functions by Coxian Distribution to Evaluate Multimedia Systems 査読

    Yukie Sasaki, Hiroei Imai, Masahiro Tsunoyama, Ikuo Ishii

    Systems and Computers in Japan   35 ( 2 )   16 - 24   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It has been reported in several studies that the probability distribution functions for interarrival times of tasks in multimedia systems cannot be represented by traditional probability distribution functions, such as exponential ones. In this paper we propose an approximation method, based on the Coxian distribution function, to calculate the probability distribution functions used in analyzing multimedia systems. Although the Coxian function can represent arbitrary distribution functions, it is difficult to determine their parameters directly from a given distribution function. In this work, this drawback is remedied by first approximating the given distribution function with a linear combination of Erlang function, and then converting it to a Coxian function. We also present examples of the approximation and evaluate its accuracy. ©2004 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/scj.10446

    Scopus

    researchmap

  • Approximation method for probability distribution functions by Coxian distribution 査読

    Y Sasaki, H Imai, Ishii, I, M Tsunoyama

    Advanced Reliability Modeling   427 - 434   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    This paper provides an extension of the approximation method proposed in the literature [1]-[2], using the Coxian distribution. In the existing method, the probability distribution functions with the monotonic decreasing property can be approximated. The method proposed in this paper uses the combination of hyper-exponential distribution and Erlang distributions, and enables to approximate non-monotonous distributions. We also present some examples to show the usefulness of the approximate method.

    Web of Science

    researchmap

  • 詳細構造をもつVRオブジェクトに対する観察者の形状認識特性を考慮した高現実感描画法 査読

    若月大輔, 石井郁夫, 高橋章, 今井博英, 牧野秀夫

    信学論   J86-A ( 7 )   781 - 791   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • VRオブジェクトの局所的な形状詳細度制御のためのマルチスケールパッチ生成法 査読

    若月大輔, 石井郁夫, 高橋章, 今井博英, 牧野秀夫

    信学論   J86-D-II ( 5 )   697 - 705   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • マルチメディアシステム解析のためのコックス型分布による確率分布の近似方法について 査読

    佐々木幸恵, 今井博英, 角山正博, 石井郁夫

    信学論   J85-D-I ( 9 )   887 - 895   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A synchronization mechanism in networked virtual environment 査読

    L Wang, H Ishii, H Imai, M Tsunoyama, Ishii, I

    IEEE WORKSHOP ON KNOWLEDGE MEDIA NETWORKING, PROCEEDINGS   23 - 27   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    This paper describes a design of group synchronization mechanism for local area network virtual environment and introduces a step synchronization mechanism. We use a football game for evaluate this mechanism. In this football game, users can share a virtual space in where they can move around, dribble and shot. To achieve synchronization among users, a client of the game exchanges data through a server within a certain period time. A problem of such a system is that all users should share the space in the same time for justice competition. But because of the different of capacity of computers and time cost by the communication between clients, it is difficult for all clients to update the virtual space simultaneity. In our systems, we introduce a waiting time synchronization mechanism. To evaluate our proposed architecture and mechanisms, we make a series of experiments in our local area network and then build and analyses the model of our system.

    DOI: 10.1109/KMN.2002.1115158

    Web of Science

    researchmap

  • 視距離の変化に対応した高現実感レンダリングのためのマルチスケールモデリング法

    若月大輔, 石井郁夫, 今井博英, 高橋章, 牧野秀夫

    日本バーチャルリアリティ学会   6 ( 4 )   281 - 290   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18974/tvrsj.6.4_281

    researchmap

  • A method for analyzing a queuing network by the tagged-task model 査読

    Hiroei Imai, Masahiro Tsunoyama, Ikuo Ishii, Hideo Makino

    Systems and Computers in Japan   32 ( 13 )   52 - 60   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper considers faults in distributed real-time systems modeled by queuing networks
    in particular, a fast method of analysis of transient variation of system performance is proposed. This method involves analyzing queuing networks by means of the tagged-task model. Such an analysis requires repetitive determination of the limit-state probability at varied initial values
    however, the computation time can be reduced by using the absorption probability (the probability of arriving at the absorption state). In addition, a fast algorithm is proposed to calculate absorption probability, in which the state set is split into cosets according to arrivability, and the cosets are replaced by representatives as soon as the state probability becomes low. Finally, the effectiveness and accuracy of the proposed method are verified by actual examples. © 2001 Scripta Technica, Syst Comp Jpn.

    DOI: 10.1002/scj.1085

    Scopus

    researchmap

  • 視距離の変化に対応した高現実感レンダリングのためのマルチスケールモデリング法 査読

    若月大輔, 石井郁夫, 今井博英, 高橋章, 牧野秀夫

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌   6 ( 4 )   281 - 290   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18974/tvrsj.6.4_281

    researchmap

  • Modeling Multimedia Servers Using Tagged Class Model and GSPN 査読

    K. Kumagai, M. Tsunoyama, H. Imai, I. Ishii

    Proc. of the 20th IASTED International Conference Modeling Identification and Control   807 - 812   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Approximation method for probability distribution functions using Cox distribution to evaluate multimedia systems 査読

    Y Sasaki, H Imai, M Tsunoyama, Ishii, I

    2001 PACIFIC RIM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON DEPENDABLE COMPUTING, PROCEEDINGS   333 - 340   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    Several probability distribution functions such as exponential distribution function have been used to represent the task arrival process and processing time of tasks for multimedia systems. These distribution functions are simple, memory less, and easy-to-use, however,they are difficult to represent the task arrival process of multimedia stream data or audio data having real-time properties.
    This paper proposes a method for obtaining approximate probability distribution functions for given task arrival process for multimedia systems by using the Cox distribution function. The Cox distribution function can represent arbitrary distribution functions but their parameters are difficult to be determined for representing the given function. In the method, first, an objective probability distribution function is approximated by a linear combination of exponential distribution functions and Erlan distribution functions, then the parameters of the Cox distribution function is determined from the linear combination of the functions obtained above. The examples of the approximations show that the method is effective for approximating given prpbability distribution functions.

    DOI: 10.1109/PRDC.2001.992717

    Web of Science

    researchmap

  • タグ付きタスクモデルによる待ち行列ネットワークの一解法について 査読

    今井博英, 角山正博, 石井郁夫, 牧野秀夫

    信学論   J82 ( 6 )   751 - 759   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Modeling and Evaluating Computer Systems for Multimedia Data Processing 査読

    Hiroei IMAI, Masahiro TSUNOYAMA, Ikuo ISHII, Hideo MAKINO

    Proceeding of the Eighteenth IASTED International Conference Modeling, Identification and Control   355 - 358   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • タグ付きタスクモデルの一解法について 査読

    今井博英, 角山正博, 石井郁夫, 牧野秀夫

    信学論   J80 ( 10 )   836 - 844   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • リスポンシブシステムにおけるプロセッサ故障時の解析方法について 査読

    今井博英, 角山正博, 石井郁夫, 牧野秀夫, 内藤祥雄

    信学論   J78 ( 8 )   716 - 723   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Analysis of Responsive Systems at Processor Faults 査読

    Hiroei IMAI, Masahiro TSUNOYAMA, Ikuo ISHII, Hideo MAKINO

    Proceedings of the 1995 Pacific Rim International Symposium on Fault-Tolerant Systems   716 - 723   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 路上空間を用いたセンサネットワークのリレーノード配置方式について (知的環境とセンサネットワーク)

    今井 博英, 間瀬 憲一, 岡田 啓

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 162 )   21 - 26   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 路上空間を利用したセンサネットワークのリレーノード配置方式の検討 (知的環境とセンサネットワーク)

    板垣 勇也, 今井 博英, 間瀬 憲一, 中野 敬介, 岡田 啓

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 399 )   35 - 40   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    大規模災害の被災地にセンサ,通信機器を搭載する車を用いて無線マルチホップ型のセンサネットワークを構築する方法が考えられる.センサネットワークの接続性,通信品質を維持するため,リレーノードを搭載する車を用いるものとし,デジタル地図や道路・建物等の情報を考慮しリンク品質を保証するリレーノード配置方式について検討する.提案するリレーノード配置方式はリレーノード配置候補地の選択とリレーノード配置位置の選択の2段階からなる.本方式をシミュレーションで評価し,高いパケット配信率を得られることから2段階からなる路上空間を利用したリレーノード配置方式の有効性を示す.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 無線メッシュネットワークにおける半固定ルーティング方式に関する検討 (アドホックネットワーク)

    板垣 勇也, 今井 博英, 間瀬 憲一

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 30 )   7 - 11   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • A High Reality Drawing Method for VR Objects with Details Structure in Consideration of Shape Recognition Characteristics of Observers

    Daisuke WAKATSUKI, Ikuo ISHII, Akira TAKAHASHI, Hiroei IMAI, Hideo MAKINO

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A   J86-A ( 7 )   781 - 791   2003年

     詳細を見る

  • A Multi-Scale Patching Method for Partial Fineness Control of VR Object Shape

    Daisuke WAKATSUKI, Ikuo ISHII, Akira TAKAHASHI, Hiroei IMAI, Hideo MAKINO

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers D-II   J86-D-II ( 5 )   697 - 705   2003年

     詳細を見る

  • A Multi-Scale Modeling Method for High Reality Rendering Relative to the Viewing Distance

    Daisuke Wakatsuki, Ikuo Ishii, Hiroei IMAI, Akira Takahashi, Hideo MAKINO

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan   6 ( 4 )   281 - 290   2001年

     詳細を見る

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • コンピュータアーキテクチャ

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 知能情報システム実験III

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験IV

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験II

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報工学実験I

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験I

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報工学演習

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学基礎実習I

    2008年
    機関名:新潟大学

  • コンピュータアーキテクチャ

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報工学実験II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 計算機構成論

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示