2021/10/25 更新

写真a

イトウ アキコ
伊藤 明子
ITO Akiko
所属
教育研究院 医歯学系 特任准教授
医歯学総合研究科 特任准教授
職名
特任准教授
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 1999年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 接触皮膚炎

研究分野

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   特任准教授

    2020年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   皮膚科   特任准教授

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   特任准教授

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   皮膚科   特任准教授

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 藤田医科大アレルギー疾患対策医療学   特任准教授

    2017年10月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   皮膚科   病院准教授

    2017年6月 - 2017年10月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻   講師

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 医科学専攻   講師

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻   講師

    2013年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   講師

    2013年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 医科学専攻   講師

    2013年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   特任准教授

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   講師

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院   助教

    2003年10月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部附属病院   助手

    2003年3月 - 2003年9月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   特任准教授

    2020年5月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   特任准教授

    2018年4月 - 2020年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   講師

    2013年4月 - 2017年9月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻   講師

    2013年4月 - 2017年9月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 医科学専攻   講師

    2013年4月 - 2017年9月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   特任准教授

    2011年4月 - 2013年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 皮膚科   講師

    2010年4月 - 2011年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院   助教

    2003年10月 - 2010年3月

  • 新潟大学   医学部附属病院   助手

    2003年3月 - 2003年9月

▶ 全件表示

所属学協会

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Genome-wide association study identifies CDH13 as a susceptibility gene for rhododendrol-induced leukoderma. 査読 国際誌

    Ken Okamura, Yuko Abe, Izumi Naka, Jun Ohashi, Akiko Yagami, Kayoko Matsunaga, Yui Kobayashi, Kazuyoshi Fukai, Atsushi Tanemura, Ichiro Katayama, Yukiko Masui, Akiko Ito, Toshiharu Yamashita, Hiroshi Nagai, Chikako Nishigori, Naoki Oiso, Yumi Aoyama, Yuta Araki, Toru Saito, Masahiro Hayashi, Yutaka Hozumi, Tamio Suzuki

    Pigment cell & melanoma research   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Racemic RS-4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol (rhododendrol; trade name: Rhododenol [RD]), which is used in topical skin-lightening cosmetics, was unexpectedly reported in Japan to induce leukoderma or vitiligo called RD-induced leukoderma (RIL) after repeated application. To our knowledge, no studies have investigated chemical-induced vitiligo pathogenesis on a genome-wide scale. Here, we conducted a genome-wide association study (GWAS) for 147 cases and 112 controls. CDH13, encoding a glycosylphosphatidylinositol-anchored protein called T-cadherin (T-cad), was identified as the strongest RIL susceptibility gene. RD sensitivity was remarkably increased by T-cad knockdown in cultured normal human melanocytes. Furthermore, we confirmed tyrosinase upregulation and downregulation of the anti-apoptotic molecules (BCL-2 and BCL-XL), suggesting that T-cad is associated with RD via tyrosinase or apoptotic pathway regulation. Finally, monobenzyl ether of hydroquinone sensitivity also tended to increase with T-cad knockdown, suggesting that the T-cad could be a candidate susceptibility gene for RIL and other chemical-induced vitiligo forms. This is the first GWAS for chemical-induced vitiligo, and it could be a useful model for studying the disease's genetic aspects.

    DOI: 10.1111/pcmr.12904

    PubMed

    researchmap

  • Response to Hamann et al. 査読 国際誌

    Kayoko Suzuki, Akiko Yagami, Akiko Ito, Hiromi Kanto, Kayoko Matsunaga

    Contact dermatitis   81 ( 2 )   157 - 157   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/cod.13291

    PubMed

    researchmap

  • Dental metal allergy is not the main cause of palmoplantar pustulosis 査読

    Y. Masui, A. Ito, Y. Akiba, K. Uoshima, R. Abe

    Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   33 ( 4 )   2019年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    添付ファイル: Masui Yet. al PPP論文JEADV.pdf

    DOI: 10.1111/jdv.15434

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/jdv.15434

  • Positive reactions to gold sodium thiosulfate in patch test panels (TRUE Test) in Japan: A multicentre study. 査読 国際誌

    Kayoko Suzuki, Akiko Yagami, Akiko Ito, Atsuko Kato, Hitoshi Miyazawa, Hiromi Kanto, Kayoko Matsunaga

    Contact dermatitis   80 ( 2 )   114 - 117   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The proportion of positive test results with gold sodium thiosulfate included in a patch test panel (P-GST) had been found to be greater than that with gold sodium thiosulfate 0.5% pet. by allergEAZE (A-GST). OBJECTIVES: To compare positive reactions to P-GST and A-GST, and to evaluate late reactions after the day (D) 7 reading. METHODS: A retrospective analysis was performed of 588 patients at participating departments (119 males; 469 females) who were patch tested with P-GST and A-GST in May 2015 to March 2016. RESULTS: Positive test reactions to P-GST and A-GST were observed in 15% and 6% of patients, respectively. Three patients reported a positive reaction occurring after the D7 reading. CONCLUSIONS: Gold sodium thiosulfate often gives a positive reaction after 2 to 3 weeks, and, in such cases, the positive reaction may be sustained, so it is recommended to assess the reaction for up to 1 month after application.

    DOI: 10.1111/cod.13105

    PubMed

    researchmap

  • A case of allergic contact dermatitis caused by goalkeeper gloves. 査読 国際誌

    Atsuko Aizawa, Akiko Ito, Yukiko Masui, Kazumi Sasaki, Yutaka Ishimura, Mitsuru Numata, Riichiro Abe

    Contact dermatitis   79 ( 2 )   113 - 115   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cod.13011

    PubMed

    researchmap

  • 日用品および職業性接触皮膚炎の話題 招待

    伊藤 明子

    日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌   1 ( 1 )   28 - 34   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 診断・検査マニュアル-不変の知識と最新の情報—「接触皮膚炎」 招待

    伊藤 明子

    Monthly Book Derma   286   1 - 10   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan. 査読 国際誌

    Akiko Ito, Kazue Nishioka, Hiromi Kanto, Akiko Yagami, Shigeki Yamada, Mariko Sugiura, Chihiro Yasunaga, Keiko Yoshii, Hiromi Kobayashi, Atsuko Adachi, Yuko Ikezawa, Kumiko Washizaki, Shigeki Inui, Hitoshi Miyazawa, Naoki Oiso, Tokio Nakata, Kayoko Matsunaga

    Contact dermatitis   77 ( 1 )   42 - 48   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: In Japan, allergic contact dermatitis caused by hair colouring agents is a considerable problem for those occupationally exposed and also for consumers. Over the last 20 years, p-phenylenediamine (PPD) has been a common allergen, with ∼7% positive patch test reactions. OBJECTIVES: To investigate which ingredients caused allergic contact dermatitis related to hair dye and perming solutions in Japan, to assess whether PPD is suitable for screening for hair dye allergy, and to propose allergens for a Japanese hairdresser series. METHODS: We selected 19 hair cosmetic allergens, including PPD, Bandrowski's base, cysteamine HCl, and ammonium thioglycolate. Altogether 203 patients (26 males and 177 females) with suspected contact allergy to hair colouring or perming solutions at 14 hospitals in Japan were included. RESULTS: The highest prevalence of positive reactions (35.1%) was for PPD. p-Methylaminophenol and o-aminophenol were often positive, both in the PPD-positive and in the PPD-negative patients. Moreover, cysteamine HCl often yielded positive test reactions. CONCLUSIONS: PPD is insufficient to diagnose contact allergy caused by to hair dyes. We recommend 13 allergens to be included in a Japanese hairdresser series.

    DOI: 10.1111/cod.12783

    PubMed

    researchmap

  • Guide for medical professionals (i.e., dermatologists) for the management of Rhododenol-induced leukoderma

    Nishigori C, Aoyama Y, Ito A, Suzuki K, Suzuki T, Tanemura A, Ito M, Katayama I, Oiso N, Kagohashi Y, Sugiura S, Fukai K, Funasaka Y, Yamashita T, Matsunaga K

    J Dermatol   42 ( 2 )   113 - 128   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 疫学調査その2 ロドデノール誘発性脱色素斑の臨床経過と治療 招待

    伊藤 明子

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 2 )   145 - 153   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • このひとのキャリアを聞きたい!「一歩高いところを目指すためにアドバイス」

    伊藤明子, 岸部麻里, 高山かおる, 多田弥生, 塩原哲夫, 矢上晶子, 青山裕美, 市原麻子, 東 裕子, 松村由美, 峠岡里沙, 秀 道広

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 13 )   2779 - 2784   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 歯科と連携して治す皮膚疾患 歯性病巣治療により改善した掌蹠膿疱症 招待

    伊藤 明子, 多部田 康一

    Visual Dermatology   16 ( 12 )   1190 - 1191   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 掌蹠膿疱症の今を知る 掌蹠膿疱症と歯科金属アレルギー 招待

    伊藤 明子

    PPPフロンティア   2   13 - 16   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 今こそパッチテストを 招待

    伊藤 明子

    臨床皮膚科   71 ( 7 )   482 - 483   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 接触皮膚炎診療におけるジャパニーズスタンダードアレルゲンの活用 招待

    伊藤 明子

    喘息・アレルギー   30 ( 1 )   70 - 74   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Epidermolysis Bullosa Acquisita Develops in Dominant Dystrophic Epidermolysis Bullosa. 査読 国際誌

    Ryota Hayashi, Ken Natsuga, Mika Watanabe, Hiroaki Iwata, Satoru Shinkuma, Akiko Ito, Yukiko Masui, Masaaki Ito, Yutaka Shimomura

    The Journal of investigative dermatology   136 ( 1 )   320 - 3   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/JID.2015.370

    PubMed

    researchmap

  • 接触皮膚炎診療スペシャリストによる手湿疹診療のコツ-手袋によるかぶれを見逃さない- 招待

    伊藤 明子

    MB Derma   248   52 - 60   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 皮膚科医に必要な使命感と公共心について考える

    多田弥生, 伊藤明子, 東 裕子, 加藤則人, 菊地克子, 高山かおる, 中嶋喜美子, 松村由美, 青山裕美, 秀 道広

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 13 )   2405 - 2408   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 酒皶様皮膚炎における皮膚試験の有用性について-酒皶様皮膚炎71例の臨床検討- 査読

    出口登紀子, 伊藤明子, 増井由紀子, 藤川大基, 阿部理一郎

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 9 )   1717 - 1724   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 大学医局アンケートからみる最近の皮膚科医の動向と未来予測

    青山裕美, 伊藤明子, 菊地克子, 高山かおる, 多田弥生, 加藤則人, 松村由美, 中嶋喜美子, 東, 裕子 秀 道広

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 6 )   1087 - 1901   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • しなやかリーダーワークショップ 2015~Fond Yourself in Dermatology~ キャリア支援委員会企画 平成27 皮膚科リーダー養成ワークショップ

    松村由美, 高山かおる, 多田弥生, 蓮沼直子, 加藤則人, 東 裕子, 中嶋喜美子, 伊藤明子, 菊地克子, 青山裕美, 秀 道広

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 3 )   273 - 282   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 当科で貼布試験を施行した酒さ様皮膚炎78例の臨床検討

    出口 登希子, 伊藤 明子, 増井 由紀子, 阿部 理一郎

    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   9 ( 5 )   440 - 440   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会  

    researchmap

  • Novel splice site mutation in the fumarate hydratase (FH) gene is associated with multiple cutaneous leiomyomas in a Japanese patient. 査読

    Yoshinaga Y, Nakai H, Hayashi R, Ito A, Kariya N, Ito M, Shimomura Y

    J Dermatol   43 ( 1 )   85 - 91   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A case of allergic contact dermatitis caused by arbutin. 査読 国際誌

    Yoshie Matsuo, Akiko Ito, Yukiko Masui, Masaaki Ito

    Contact dermatitis   72 ( 6 )   404 - 5   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cod.12375

    PubMed

    researchmap

  • A case of allergic contact dermatitis caused by arbutin. 査読

    Matsuo Y, Ito A, Masui Y, Ito M

    Contact Dermatitis   42 ( 2 )   113 - 128   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特集 フレッシャーズに贈る:皮膚科の基礎・実践,そして未来の描き方 Part3.専門編:フレッシャーズでも身につけておきたい診断法 招待

    伊藤 明子

    VisualDermatology   14 ( 4 )   462 - 465   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ロドデノール誘発性脱色素斑症例における三次全国疫学調査結果

    伊藤明子, 青山裕美, 鈴木加余子, 鈴木民夫, 種村 篤, 錦織千佳子, 伊藤雅章, 片山一朗, 伊藤祥輔, 大磯直毅, 深井和吉, 船坂陽子, 山下利春, 松永佳世子

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 13 )   2401 - 2414   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2008)の陽性率2010年~2012年の推移 査読

    鈴木加余子, 松永佳世子, 矢上晶子, 足立厚子, 池澤優子, 伊藤明子, 乾 重樹, 上津直子, 海老原, 全, 大磯直毅, 大迫順子, 加藤敦子, 河合敬一, 関東裕美

    Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology   9 ( 2 )   101 - 109   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 見逃さない!日用品による皮膚障害 編集企画によせて 招待

    伊藤 明子

    MB Derma   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 装飾品や化粧用品による皮膚障害を見逃さない 招待

    増井 由紀子, 伊藤 明子

    MB Derma   231   39 - 44   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:全日本病院出版  

    researchmap

  • Case of allergic contact dermatitis due to 1,3-butylene glycol. 査読 国際誌

    Atsuko Aizawa, Akiko Ito, Yukiko Masui, Masaaki Ito

    The Journal of dermatology   41 ( 9 )   815 - 6   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1,3-Butylene glycol (1,3-BG) is widely used in cosmetics, including low-irritant skin care products and topical medicaments, as an excellent and low-irritation humectant. We report a case of allergic contact dermatitis caused by 1,3-BG. A 28-year-old woman suffered from an itchy erythematous eruption on her face. By 2 days of closed patch testing, her own cosmetics and many of the hypo-irritant skin care products showed positive results. A second patch testing showed positive reaction to 1,3-BG (1% and 5%). 1,3-BG was a common component in most of the products that had elicited a positive reaction in the first patch testing. Although allergic contact dermatitis due to 1,3-BG is not so common, we have to consider 1,3-BG as a possible contact allergen in the patients presenting with allergic contact dermatitis due to various cosmetics.

    DOI: 10.1111/1346-8138.12603

    PubMed

    researchmap

  • ロドデノール誘発性脱色素斑症例における一次全国疫学調査結果

    青山裕美, 伊藤明子, 鈴木加余子, 鈴木民夫, 種村 篤, 錦織千佳子, 伊藤雅章, 片山一朗, 杉浦伸一, 松永佳世子

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 11 )   2095 - 2109   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ロドデノール誘発性脱色素斑医療者(皮膚科医)向けの診療の手引き

    錦織千佳子, 青山裕美, 伊藤明子, 鈴木加余子, 鈴木民夫, 種村 篤, 伊藤雅章, 片山一朗, 大磯直毅, 篭橋雄二, 杉浦伸一, 深井和吉, 船坂陽子, 山下利春, 松永佳世子

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 3 )   285 - 303   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特集 クイズ!接触皮膚炎 化粧品(ヘアダイ)による接触皮膚炎の疑い 招待

    伊藤 明子

    VisualDermatology   31 ( 1 )   33 - 34   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特集 クイズ!接触皮膚炎 洗浄剤やエポキシ樹脂による接触皮膚炎の疑い 招待

    伊藤 明子

    Visual Dermatology   13 ( 1 )   45 - 46   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特集 クイズ!接触皮膚炎 金属アレルギーの疑い 招待

    伊藤 明子

    VisualDermatology   13 ( 1 )   47 - 48   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特集 クイズ!接触皮膚炎 消毒薬による接触皮膚炎疑い 招待

    伊藤 明子

    Visual Dermatology   13 ( 1 )   67 - 68   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ロドデノール誘発性脱色素斑症例における二次全国疫学調査結果

    鈴木加余子, 青山裕美, 伊藤明子, 鈴木民夫, 種村 篤, 錦織千佳子, 伊藤雅章, 片山一朗, 大磯直毅, 深井和吉, 船坂陽子, 山下利春, 松永佳世子

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 24 )   3125 - 3142   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「一歩」踏み出そう -自分の可能性を信じてチャレンジ・成長していこう-

    東 裕子, 伊藤明子, 岡崎愛子, 常深祐一郎, 菊地克子, 蓮沼直子, 檜垣祐子, 高山かおる, 本田ひろみ, 加藤則人, 鶴田京子, 中島喜美子, 青山裕美, 塩原哲夫, 松永佳世子

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 14 )   3143 - 3148   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 特集/実践に役立つ かぶれ治療ガイド 歯科と皮膚科の診療連携に欠かせないものとは —両者の連携の必要性(両科で困っていること),ワークショップ,テンプレートの紹介— 招待

    伊藤 明子, 伊藤 雅章

    MB Derma   200   65 - 74   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • スニーカーによる接触皮膚炎の1例 査読

    増井 由紀子, 伊藤 明子, 伊藤 雅章

    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergy   8 ( 3 )   175 - 179   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • これだけは知っておきたい接触皮膚炎の基礎知識 化粧品による接触皮膚炎 招待

    伊藤 明子

    日皮会誌   1231 ( 13 )   2458 - 2459   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 当科における理・美容師の職業性接触皮膚炎のまとめ

    藤本 篤, 増井 由紀子, 伊藤 明子

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   89 - 89   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • これだけは知っておきたい接触皮膚炎の基礎知識 金属アレルギーとパッチテスト 歯科との連携の重要性

    伊藤 明子

    週刊医学のあゆみ   240 ( 7 )   601 - 607   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Allergic contact dermatitis syndrome due to tocopherol acetate,in addition to glycyrrhetinic acid 査読

    Ohko K, Ito A, Ito M

    JCDSA   2 ( 1 )   38 - 40   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 歯科と皮膚科の連携に必須の紹介状テンプレート ワークショップからの提案 招待

    伊藤明子

    Visual Dermatology   10 ( 11 )   1201 - 1207   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 金属アレルギーとパッチテスト 招待

    伊藤 明子

    日皮会誌   121 ( 13 )   2660 - 2662   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 同種皮膚移植に自家皮膚移植を併用した広範囲熱傷の1例

    五十嵐可奈子, 田中英一郎, 伊藤明子, 伊藤雅章

    臨床皮膚科学会雑誌   65 ( 9 )   659 - 663   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 47. 異汗性湿疹および痒疹と金属アレルギー:新潟大学10年間の検討 補綴金属を中心とした治療効果の検討 査読

    大湖健太郎, 伊藤明子, 増井由紀子, 松山麻子, 伊藤雅章

    皮膚病診療   33 ( 7 )   758 - 764   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 1. HLA-DQ and RBFOX1 as susceptibility genes for an outbreak of hydrolyzed wheat allergy. 査読

    Noguchi E, Akiyama A, Yagami A, Ito A e

    Journal of Allergy Clinical and Immunology   144 ( 5 )   1354 - 1363   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSIVIER  

    DOI: 10.1016/j.jaci

    researchmap

  • 新潟大学皮膚科における理・美容師の職業性接触皮膚炎のまとめ

    藤本 篤, 伊藤 明子, 増井 由紀子, 伊藤 雅章

    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   4 ( 5 )   392 - 392   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会  

    researchmap

  • Allergic contact dermatitis due to mono(2-ethylhexyl) maleate in di-(n-octyl)tin-bis(2-ethylhexyl maleate) in polyvinyl chloride gloves. 査読 国際誌

    Akiko Ito, Tomoko Imura, Kazumi Sasaki, Keiko Kakihara, Ayumi Mori, Masaaki Ito

    Contact dermatitis   60 ( 1 )   59 - 61   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0536.2008.01459.x

    PubMed

    researchmap

  • NK cells contribute to the skin graft rejection promoted by CD4+ T cells activated through the indirect allorecognition pathway. 査読 国際誌

    Akiko Ito, Hideki Shimura, Ayano Nitahara, Katsuhiro Tomiyama, Masaaki Ito, Takuro Kanekura, Ko Okumura, Hideo Yagita, Kazuhiro Kawai

    International immunology   20 ( 10 )   1343 - 9   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rejection of solid organ allografts is promoted by T cells. Recipient T cells can directly recognize intact allo-MHC molecules on donor cells and can also indirectly recognize processed donor-derived allo-peptides presented by recipient antigen-presenting cells in the context of self-MHC molecules. Although CD4(+) T cells primed through the indirect allorecognition pathway alone are sufficient to promote acute allograft rejection, it is unknown how they can mediate graft destruction without cognate recognition of donor cells. In this study, we analyzed the indirect effector mechanism of skin allograft rejection using a mouse model in which SCID recipients bearing MHC class II-deficient skin allografts were adoptively transferred with CD4(+) T cells. Histologically, entire graft necrosis was preceded by mononuclear cell infiltration in the graft epithelia with epithelial cell apoptosis, indicating cell-mediated cytotoxicity against donor cells as an effector mechanism. Beside CD4(+) T cells and macrophages, NK cells infiltrated in the rejecting grafts. Depletion of NK cells as well as blocking of the activating NK receptor NKG2D allowed prolonged survival of the grafts. Expression of NKG2D ligands was up-regulated in the rejecting grafts. These results suggest that NK cells activated through NKG2D contribute to the skin allograft rejection promoted by indirectly primed CD4(+) T cells.

    DOI: 10.1093/intimm/dxn092

    PubMed

    researchmap

  • 塩化ビニル手袋中のジオクチル錫ビスおよびアジピン酸ポリエステルによる接触皮膚炎の1例 査読

    井村 倫子, 伊藤 明子, 佐々木 和実, 伊藤 雅章

    Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology = / the Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis   2 ( 2 )   107 - 111   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008210597

  • 声:質疑応答「耳垢のタイプと腋臭症」

    伊藤明子

    皮膚病診療   29 ( 3 )   364 - 367   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 多毛(多嚢胞性卵巣症候群)

    橋本 剛, 伊藤明子

    Visual Dermatology,   5(7):   672- - 674   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • NKG2D ligation without T dell receptor engagement triggers both cytotoxicity and cytokine production in dendritic epidermal T cells. 査読

    Nitahara A, Shimura H, Ito A, Tomiyama K, Ito M, Kawai K

    J Investig Dermatol,   126:00:00   1052 - 1058   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 症例報告 慢性膵炎に伴った皮下結節性脂肪壊死症の1例 査読

    池滝 知, 伊藤 明子, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科   60 ( 2 )   152 - 155   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006140246

  • ローヤルゼリーによりアナフィラキシー症状を呈した1例 査読

    苅谷直之, 伊藤明子, 鈴木信也, 三井田 博, 下村 裕, 伊藤雅章

    日皮アレルギー,   13(3):   144 - 147   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Up-regulation of cell surface Toll-like receptor 4-MD2 expression on dendritic epidermal T cells after the emigration from epidermis during cutaneous inflammation[学位論文] 査読

    Shimura H, Nitahara A, Ito A, Tomiyama K, Ito M, Kawai K

    J Dermatol Sci,   37(2):   101 - 110   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟大学皮膚科における10年間の扁平苔癬症例のまとめ ; 特に歯科金属との関連について 査読

    清水 純子, 伊藤 明子, 山本 洋子, 伊藤 雅章, 本間 香, 橋本 明彦

    日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY   114 ( 7 )   1277 - 1282   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004297190

  • リンゴ酸ジイソステアリルによる接触口唇炎の1例 査読

    土屋和夫, 伊藤明子, 野本真由美, 山本洋子, 伊藤雅章

    日皮アレルギー,   12(1):   35 - 39   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 症例報告 眼鏡先セルの着色剤による接触皮膚炎の1例 査読

    伊藤 明子, 鹿庭 正昭, 山本 洋子

    臨床皮膚科   58 ( 2 )   126 - 128   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004128969

  • A unique case of sarcoidosis: coexistence of sarcoidal granuloma and histological changes consistent with dermatomyositis 査読

    Ito A, Kazama T, Ito M

    Br J Dermatol,   149(2):   430 - 432   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Purpura with cold urticaria in a patient with hepatitis C virus infection-associated mixed cryoglobulinemia type 。: successful treatment with interferon-β 査読

    Ito A, Kazama T, Ito K, Ito M

    J Dermatol,   30(4):   321 - 325   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Expression of functional Toll-like receptor 2 on human epidermal keratinocytes 査読

    Kawai K, Shimura H, Minagawa M, Ito A, Tomiyama K, Ito M

    J Dermatol Sci,掲載誌名(英訳):   30(3):   185 - 194   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Enforced expression of Bcl-2 restores the number of NK cells,but does not rescue the impaired development of NKT cells or intraepithelial lymphocytes,in IL-2/IL-15 receptor β-chain-deficient mice 査読

    Minagawa M, Watanabe H, Miyaji C, Tomiyama K, Miyaji C, Tomiyama K, Shimura H, Ito A, Ito M, Dommen J, Weissman I L, Kawai K

    J Immunol,   169(8):   4153 - 4160   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 無汗性外胚葉形成不全症の1例 査読

    下村 裕, 青木宣明, 田中英一郎, 伊藤明子, 伊藤雅章

    臨皮,   56(9):   705- - 707   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Chronic glomerulonephritis remarkably improved after surgery for acne conglobata of the buttocks 査読

    Shimomura Y, Nomoto S, Yamada S, Ito A, Ito K, Ito M

    Br J Dermatol,   145(2):   363 - 364   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Differential roles of cytokine receptors in the development of epidermal γδ T Cells1 査読

    Ye S-K, Maki K, Lee H-C, Ito A, Kawai K, Suzuki H, Mak TW, Chien Y-h, Honjo T, Ikuta K

    J Immunol,   167(4):   1929 - 1934   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 掌蹠膿疱症における歯性病巣治療の有効性について 査読

    山本 洋子, 橋本 明彦, 冨樫 きょう子, 高塚 純子, 伊藤 明子, 志村 英樹, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   821 - 826   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    掌蹠膿疱症における歯性病巣治療の有効性を調べるために,新潟大学医学部附属病院皮膚科で掌蹠膿疱症と診断した60症例について検討した.本学歯学部附属病院第二補綴科で歯性病巣を検索したところ,54例に慢性根尖病巣または慢性辺縁性歯周炎を認め,歯科治療を開始した.皮疹の経過観察を行い,「治癒」,「著明改善」,「改善」,「軽度改善」,「不変」,「悪化」の6群に分類し,「改善」以上の皮疹の軽快を認めた症例を有効群とした.口腔内アレルゲン金属除去ないし扁桃摘出術を行った症例を除いた31例について,歯性病巣治療の有効性を検討した.有効率は,歯性病巣治療終了群では70.6%,歯性病巣治療途中群では57.1%,両者を合わせた「歯性病巣治療群」では64.5%であり,無治療群の14.3%に比べて有意に有効率が高かった.有効群では歯性病巣治療開始後比較的早期に治療効果を認めること,罹病期間が長期でも治療効果が速やかに現れる症例があることより,歯性病巣は掌蹠膿疱症の主要な発症因子の1つであると考えた.本症では,従来のような扁桃炎などの耳鼻咽候科的な感染病巣および歯科金属アレルギーの検索とともに,自覚症状の有無に関わらず歯性病巣の検索も行い,個々の患者ごとに適切な治療方針を決定することが重要である.

    DOI: 10.14924/dermatol.111.821

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2001217084

  • Homogeneous epithelial γδ T cell repertoire of the skin is shaped through peripheral selection[学位論文] 査読

    Minagawa M, Ito A, Shimura H, Tomiyama T, Ito M, Kawai K

    J Dermatol Sci,   25(2):   150- - 155   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Dystrophic scrotal calcinosis originating from benign eccrine epithelial cysts 査読

    Ito A, Sakamoto F, Ito M

    Br J Dermatol   144 ( 1 )   146 - 150   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cytotoxic pathways in the skin allograft rejection by CD4+ T cells[学位論文] 査読

    Ito A, Minagawa M, Tomiyama K, Ito M, Kawai K

    Transplantation   68 ( 1 )   97 - 100   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cytotoxic pathways in the skin allograft rejection by CD4+ T cells. 査読

    Akiko Ito, Masahiro Minagawa, Katsuhiro Tomiyama, Masaaki Ito, Kazuhiro Kawai

    Transplantation   68 ( 1 )   97 - 100   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    Abstract
    BACKGROUND:
    Two major mechanisms of T cell-mediated cytotoxicity are known: perforin-dependent and Fas-dependent cytotoxic pathways. Previous studies in vitro demonstrated that CD4+ cytotoxic T lymphocytes use the Fas pathway as a primary cytotoxic mechanism, but the cytotoxic mechanisms used by CD4+ T cells in vivo are unclear.

    METHODS:
    We examined the cytotoxic pathways of CD4+ T cells in vivo using a skin allograft model, in which athymic nu/nu mice were transplanted with skin allografts and reconstituted with purified CD4+T cells. Fas-deficient and perforin-deficient mice and anti-tumor necrosis factor (TNF)-alpha monoclonal antibody were used for inactivating each cytotoxic pathway in vivo.

    RESULTS:
    The skin allografts from Fas-deficient mice were readily rejected by the athymic mice reconstituted with purified CD4+ T cells. Perforin-deficient CD4+ T cells could also reject Fas-deficient skin allografts. Furthermore, in vivo treatment with anti-TNF-alpha monoclonal antibody did not prevent the allograft rejection by CD4+ T cells in the absence of both Fas and perforin pathways.

    CONCLUSIONS:
    These results indicate participation of undefined mechanisms other than Fas, perforin, and TNF-alpha pathways in CD4+ T cell-mediated cytotoxicity in vivo.

    researchmap

  • 爪下外骨腫 査読

    手塚匡哉, 猪股成美, 所澤 徹, 伊藤明子

    臨皮   53 ( 3 )   198 - 199   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An ultrastructural study of squamous eddy-like structures in sweat gland tumors with poral differentiation 査読

    Takizawa A, Sakamoto F, Ito M

    J Dermatol掲載誌名(英訳):   23 ( 6 )   442 - 443   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An ultrastructural study on eccrine duct milia accompanied by scrotal calcinosis 査読

    Takizawa A, Sakamoto F, Ito K, Ito M

    J Dermatol   22 ( 7 )   538 - 538   1995年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 今日の治療指針2018 手湿疹・汗疱

    伊藤 明子( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 医師と患者のためのパッチテスト・アレルゲン解説書 パラフェニレンジアミン

    伊藤 明子( 担当: 共著)

    秀潤社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:70-74   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 医師と患者のためのパッチテスト・アレルゲン解説書 カインミックス

    伊藤 明子( 担当: 共著)

    秀潤社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:22-23   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Ⅳ型アレルギー検査(パッチテスト) 伊藤明子:患者さんも知りたいアレルギーの知識 日常生活で遭遇するアレルギーとその検査法

    伊藤 明子( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:52-60   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • そこが知りたい達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏技 Ready-to-useのパッチテストパネル活用法

    伊藤 明子( 担当: 共著)

    全日本病院出版会  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 今日の治療指針 第7版 皮膚疾患:接触皮膚炎

    伊藤 明子( 担当: 単著)

    医学書院  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:1585-1587   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 皮膚の測定評価法バイブル 各種製品における皮膚炎事例と皮膚診断 第3章 化学物質による皮膚炎事例紹介 〜原因究明を目指して〜

    伊藤 明子( 担当: 分担執筆)

    技術情報協会  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:715-718   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 今日の皮膚疾患治療指針,第4版 紅皮症

    伊藤 明子( 担当: 単著)

    医学書院  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:320-25   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • アレルギー診療に必要な検査,治療の実際 プリックテスト,スクラッチテスト,皮内テスト

    伊藤 明子( 担当: 分担執筆)

    文光堂  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:61-64   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • アレルギー診療に必要な検査,治療の実際 パッチテスト

    伊藤 明子( 担当: 分担執筆)

    文光堂  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:56-60   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 今日の皮膚疾患治療指針,第4版 輸血後GVHD

    伊藤 明子( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:325-327   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 疾患からまとめた病態生理 FIRST AID:奈良信雄編

    伊藤明子, 伊藤雅章( 担当: 共著 ,  範囲: 皮膚系:湿疹/皮膚炎群(pp.642-646))

    メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 疾患からまとめた病態生理 FIRST AID:奈良信雄編

    伊藤明子, 伊藤雅章( 担当: 共著 ,  範囲: 皮膚系:血管炎(pp.647-649))

    メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 疾患からまとめた病態生理 FIRST AID:奈良信雄編

    伊藤明子, 伊藤雅章( 担当: 共著 ,  範囲: 皮膚系:尋常性乾癬(pp.650-651))

    メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 疾患からまとめた病態生理 FIRST AID:奈良信雄編

    伊藤明子, 伊藤雅章( 担当: 共著 ,  範囲: 皮膚系:血管炎(pp.647-649))

    メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 疾患からまとめた病態生理 FIRST AID:奈良信雄編

    伊藤明子, 伊藤雅章( 担当: 共著 ,  範囲: 皮膚系:湿疹/皮膚炎群(pp.642-646))

    メディカル・サイエンス・インターナショナル(東京)  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 最新皮膚科学大系(特別巻2,皮膚科症候群,玉置邦彦,飯塚 一,清水 宏,富田 靖,宮地良樹,橋本公二,古江増隆編)

    伊藤明子, 伊藤雅章( 担当: 共著 ,  範囲: polycystic ovary syndrome(PCOS)(pp.280-282))

    中山書店(東京)  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 【皮フのスポーツ医学-みんな皮フに包まれている-】スポーツと皮膚障害 スポーツとアレルギー

    伊藤 明子

    臨床スポーツ医学   37 ( 8 )   914 - 918   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)文光堂  

    researchmap

  • 新・皮膚科セミナリウム 接触皮膚炎の基礎 パッチテストの手技と結果の活かし方

    伊藤 明子

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 8 )   1791 - 1799   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    患者にはパッチテストの方法と必要性を十分に説明して同意を得る。原因を見逃さないために、接触皮膚炎の原因として疑わしい製品とともにJapanese baseline seriesを貼布する。判定には皮膚科医の湿疹を診る力を要し、刺激と陽性反応を区別して患者に過度な生活制限をかけないように留意する。テスト後は、結果をもとに再度問診をし、疑わしい原因を避けて症状が改善するか因果関係を確認するため経過観察を怠らない。(著者抄録)

    researchmap

  • 理美容師における接触皮膚炎の診断、対策と問題点

    伊藤 明子

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 5 )   1091 - 1091   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 【光線療法使いこなしガイド-症例と最新情報】(Part5.)掌蹠膿疱症 (case12)掌蹠膿疱症に対する光線療法の工夫 エキシマライト

    伊藤 明子

    Visual Dermatology   19 ( 5 )   507 - 509   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    researchmap

  • 【最近のトピックス2020 Clinical Dermatology 2020】新しい検査法と診断法 掌蹠膿疱症における金属アレルギーの対応

    伊藤 明子

    臨床皮膚科   74 ( 5 )   77 - 80   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>歯科金属アレルギーは扁桃病巣や喫煙と並んで掌蹠膿疱症の発症要因の1つとされるが,歯科金属を除去しても症状が改善しない症例がある.われわれは金属パッチテストを実施した掌蹠膿疱症257例を対象に歯科金属除去と金属含有食品の摂取制限の効果について,歯性病巣や扁桃病巣治療の影響も併せて調査した.歯科金属除去例に治癒した症例はなく,パッチテスト陽性金属を含む補綴物を除去せずに治癒した症例があった.治癒例のほとんどが歯性病巣の治療を受け,半数近くは扁桃を摘出した.歯科金属除去後に著明改善または改善した症例も,その多くが歯性病巣を同時に治療された.歯科金属除去群と非除去群で皮膚所見の改善度に有意差はなく,歯科金属除去を検討する前に病巣感染の治療を優先して良いと結論した.ただしニッケル(Ni)については,Ni含有歯科金属の除去やNi含有食品の摂取制限が有効な症例があり,病巣を除いた上でNi除去を検討して良いと考える.

    researchmap

  • 【"顔の赤み"鑑別・治療アトラス】職業による顔の赤み

    伊藤 明子

    Derma.   ( 294 )   63 - 67   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    顔面の難治性湿疹に対して接触皮膚炎を疑った場合、香粧品に加えて、職業に関連したアレルゲンにより症状が生じていないか検討する。直接、顔に触れなくても、原因アレルゲンが付着した手で顔を触ることや、アレルゲンが空気中を伝播して顔に触れて症状を生じている可能性も念頭に置いて問診し、原因が推測できなければ皮膚検査を計画する。また接触皮膚炎は遅延型アレルギーではなく、即時型アレルギーが関連する場合もある。その場合は、パッチテストに加えて、プリックテストが有用である。(著者抄録)

    researchmap

  • 皮膚科医に限らず知っておきたい香粧品や外用薬による接触皮膚炎

    伊藤 明子

    アレルギー   69 ( 1 )   13 - 18   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アレルギー学会  

    外用薬を処方するすべての医師が知っておくと良い接触皮膚炎について紹介した。化粧品や外用薬による接触皮膚炎を見逃して生じ得る医原性の皮膚疾患として、皮膚真菌症、難治性皮膚潰瘍、酒さ様皮膚炎が挙げられる。Japanese baseline seriesは日本において接触皮膚炎を生じやすいアレルゲンを集めたパッチテスト試薬シリーズであり、金属、化粧品、植物、ゴム、樹脂、外用剤、防腐剤関連アレルゲンの七つのカテゴリーに分類されている。このうち、パラフェニレンジアミンによる接触皮膚炎、イソチアゾリノン系防腐剤による接触皮膚炎が問題とされている。外用薬による接触皮膚炎を発症させないために、患者への指導や薬局との情報共有が重要となる。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00009&link_issn=&doc_id=20200210450003&doc_link_id=130007797664&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007797664&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • 【日常に潜む接触皮膚炎】酸化染毛剤による接触皮膚炎症候群

    鈴木 丈雄, 伊藤 明子, 会沢 敦子, 増井 由紀子, 阿部 理一郎

    皮膚病診療   42 ( 1 )   30 - 33   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)協和企画  

    <文献概要>症例のポイント ・酸化染毛剤による接触皮膚炎症候群を経験した.・職業性接触皮膚炎であることより,アレルゲンの接触を避けることが困難であった.・職業性接触皮膚炎の皮膚障害とその予防の重要性について啓発が必要である.

    researchmap

  • 接触皮膚炎 ヘアカラーのセルフテストにおける被験物質適用方法の最適化に関する検討

    松永 佳世子, 中村 政志, 久野 千枝, 枝松 栄子, 矢上 晶子, 鈴木 加余子, 西岡 和恵, 矢野 弘幸, 伊藤 明子

    日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌   3 ( 1 )   179 - 179   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚免疫アレルギー学会  

    researchmap

  • 接触皮膚炎の最新情報と知っておきたいピットフォール対策 見逃していませんか、そのかぶれ

    伊藤 明子

    日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌   3 ( 1 )   91 - 91   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚免疫アレルギー学会  

    researchmap

  • 写真で学ぶアレルギー 原因確定後にもうっかり見落とさないようにしたい接触皮膚炎

    伊藤 明子

    皮膚アレルギーフロンティア   17 ( 2 )   135 - 136   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    <Point!>酸化染毛剤による接触皮膚炎は中高年の男性にも多く、染毛部位を超えて全身性接触皮膚炎症候群に進展する場合がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 【接触皮膚炎の最新情報】加硫促進剤による職業性接触皮膚炎の1例

    増井 由紀子, 伊藤 明子

    アレルギーの臨床   39 ( 8 )   643 - 646   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    症例は50代、男性外科医師。就業間もない20代より手湿疹が出現。医療用ゴム手袋による接触皮膚炎を疑った。皮疹の原因検索のためパッチテストを施行し、複数のゴム手袋とゴムの加硫促進剤であるカルバミックスとジエチルジチオカルバミン酸亜鉛が陽性。製造会社に問い合わせたところ、パッチテスト陽性となったゴム手袋にジエチルジチオカルバミン酸亜鉛を使用しており、同成分による接触皮膚炎と診断した。検査後、ゴム手袋を加硫促進剤フリーの製品に変更し、皮疹の再燃はない。職業性接触皮膚炎症例では原因検索のためのパッチテストと代替製品の紹介が重要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 接触皮膚炎・金属アレルギー 皮膚科医に限らず知っておきたい香粧品や外用薬による接触皮膚炎

    伊藤 明子

    アレルギー   68 ( 4-5 )   297 - 297   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本アレルギー学会  

    researchmap

  • 赤ら顔。私の対処法 酒さ様皮膚炎の治療にパッチテストを活用する

    伊藤 明子

    日本臨床皮膚科医会雑誌   36 ( 2 )   251 - 251   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床皮膚科医会  

    researchmap

  • 【金属アレルギー診療update】金属アレルギーと扁平苔癬 皮膚科の立場から

    伊藤 明子

    Derma.   ( 282 )   37 - 44   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)全日本病院出版会  

    組織学的に扁平苔癬と診断した77症例のうち同意が得られた症例に対して、金属パッチテスト、歯科金属分析、歯性病巣の確認、経過観察を行い、特に口腔扁平苔癬に対する金属アレルギーの関与を検討した。歯科金属を除去した症例は3例、このうち、歯科金属分析で口腔内金属にパッチテストで陽性となった金属の含有を確認して除去した2症例は、金属除去後に症状は改善したものの、完治はせず、1例は再燃した。1例は金属パッチテストを行った上で金属除去を開始した状態で紹介されたが、既に口唇癌を発症していた。一方で、パッチテストが陽性となった金属を口腔内に残したままであっても、義歯の調整や歯性病巣治療、ステロイド外用治療により改善した症例もあり、パッチテストで陽性となった金属を口腔内に保有している場合でも、まず、口腔内衛生管理や補綴物による非アレルギー性の刺激を除きながら、対症治療を行い、金属除去に関しては慎重に検討すべきと考えた。(著者抄録)

    researchmap

  • 接触皮膚炎のマイスターが語る忘れられない病例 心に残る症例とパッチテストの意義

    伊藤 明子

    日本臨床皮膚科医会雑誌   35 ( 6 )   864 - 868   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床皮膚科医会  

    researchmap

  • 手術用手袋で行う手荒れ・感染予防 手術用手袋による接触皮膚炎

    伊藤 明子

    日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌   2 ( 1 )   118 - 118   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本皮膚免疫アレルギー学会  

    researchmap

  • 掌蹠膿疱症における一般的な検査と治療 招待

    伊藤 明子

    Visual Dermatology   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:秀潤社  

    researchmap

  • 接触皮膚炎の最新情報 招待

    伊藤 明子

    マルホ皮膚科セミナー「ラジオNIKKEI」放送内容集   233   15 - 19   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 32. ロドデノール化粧品誘発性脱色素斑のその後 二次調査結果より「経過と治療」

    伊藤明子, 伊藤雅章, ロドデノール特別委員会

    日本皮膚科学会  2014年5月  日本皮膚科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山  

    researchmap

  • Allergic contact dermatitis due to di-n-octyltin oxide dimaleate and adipic polyester in vinyl chloride 国際会議

    Akiko Ito, Tomoko Imura, Kazumi Sasaki, Keiko Kakihara, Ayumi Mori, Masaaki Ito

    Australasian coolege of dermatologists biennial spring conferance in association with the in ternational contact dermatitis symposium(ICSD) and the Asia-Pacific Environmental and occupational dermatitis symposium(APEODS)  2007年9月  The Austraslasian College of dermatologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Australia  

    researchmap

受賞

  • the prize of the Best Poster Presentation

    2007年10月   The Austrasian College of Dermatologist  

    Akiko Ito

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:オーストラリア連邦

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 日本における酸化染毛剤による接触皮膚炎

    2012年4月 - 2017年3月

    共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    日本において酸化染毛剤による接触皮膚炎は理美容師だけではなく消費者によっても問題である。酸化染毛剤成分のパッチテスト陽性率を検討した。PPDがパッチテストで陽性となった患者は他の酸化染毛剤にも陽性反応を示した症例が多かった。比較的新しいパーマ液であるシステアミン塩酸塩の陽性率は理美容師m、消費者両者で高かった。

    researchmap

  • 同種皮膚移植片拒絶反応のメカニズムの解明

    2004年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    researchmap

  • 同種皮膚移植片拒絶反応のメカニズムの解析

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 掌蹠膿疱症における金属アレルギーの関与

    2000年1月 - 2019年4月

    共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    歯科金属アレルギーは掌蹠膿疱症の主な発症要因ではない。

    researchmap