2021/05/15 更新

写真a

ヤマダ ヒロヨシ
山田 寛喜
YAMADA Hiroyoshi
所属
教育研究院 自然科学系 情報電子工学系列 教授
自然科学研究科 電気情報工学専攻 教授
工学部 工学科 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 1993年3月   北海道大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 情報工学科 情報ネットワーク   教授

    2008年1月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 情報工学科   准教授

    2004年4月 - 2007年12月

      詳細を見る

  • 国際電気通信基礎研究所   客員研究員(兼務)

    2001年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 放送大学   客員助教授(兼務)

    2001年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

  • NASAジェット推進研究所   客員研究員(兼務)

    2000年6月 - 2001年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   助教授

    1997年8月 - 2004年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   講師

    1995年7月 - 1997年7月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   助手

    1993年4月 - 1995年6月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   情報ネットワーク   教授

    2008年1月 - 2017年3月

  • 新潟大学   情報工学科   准教授

    2004年4月 - 2007年12月

  • 新潟大学   助教授

    1997年8月 - 2004年3月

  • 新潟大学   工学部   講師

    1995年7月 - 1997年7月

  • 新潟大学   工学部   助手

    1993年4月 - 1995年6月

▶ 全件表示

所属学協会

委員歴

  • 電子情報通信学会宇宙航行エレクトロニクス研究会   副委員長  

    2019年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE Geoscience and Remote Sensing Society All Japan Joint Chapter   Chair  

    2018年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   IEICE Communications society, Vice Editor  

    2016年6月 - 2017年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   通信ソサイエティ編集副委員長  

    2016年6月 - 2017年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   IEEE Geoscience and Remote Sensing All Japan Chapter, Vice Chair  

    2016年1月 - 2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   IEEE Geoscience and Remote Sensing All Japan Chapter, Vice Chair  

    2016年1月 - 2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   IEICE Communications Express  

    2014年6月 - 2016年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   IEICE Communications Express 編集長  

    2014年6月 - 2016年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   Japan chapter of Antenna and Propagation Society, Chair  

    2013年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   Japan chapter of Antenna and Propagation Society, Chair  

    2013年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   ISAP国際会議委員会,国内担当幹事  

    2011年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   ISAP 2012 Technical Program Committee, Vice Chair  

    2011年8月 - 2013年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   ISAP 2012 論文委員会副委員長  

    2011年8月 - 2013年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   Editor of the IEICE Communications Express  

    2011年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   IEICE Communications Express 編集副委員長  

    2011年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   APSAR 2013 Technical Progra,m Committee, Chair  

    2011年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   APSAR 2013 論文委員会 委員長  

    2011年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   Vice Chair, ISAP 2012 Technical Program Comittee  

    2010年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   ISAP 2012 Technical Program Comittee 副委員長  

    2010年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   Japan chapter of Antenna and Propagation Society, Secretary  

    2010年1月 - 2012年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   Japan chapter of Antenna and Propagation Society, Vice Chair  

    2010年1月 - 2012年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   IGARSS 2012 Technical Program Committee Member  

    2009年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   IGARSS 2012 Technical Program Committee 委員  

    2009年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   Japan chapter of Antenna and Propagation Society, Secretary  

    2009年1月 - 2011年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   Japan chapter of Antenna and Propagation Society, Secretary  

    2009年1月 - 2011年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   Associate Editor of ELEX  

    2007年9月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   ELEX編集委員  

    2007年9月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会幹事  

    2006年6月 - 2008年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   Editor, IEICE Transactions in Communicatoins  

    2005年6月 - 2007年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   英文論文誌B 編集副委員長  

    2005年6月 - 2007年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   大会委員  

    2002年9月 - 2004年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   Associate Editor of IEICE Transactions in Communications  

    2002年6月 - 2005年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   英文論文誌B 編集委員  

    2002年6月 - 2005年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会幹事補佐  

    2002年6月 - 2004年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers   Geoscience and Remote Sensing Japan Section, Treasurer  

    2002年1月 - 2004年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   Geoscience and Remote Sensing of Japan Section, Treasurer  

    2002年1月 - 2004年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会委員  

    2001年6月 - 2010年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   査読委員  

    1999年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

留学歴

  • 2000年06月01日 - 2001年03月31日   NASAジェット推進研究所   客員研究員

 

論文

  • ミリ波FMCWレーダにおける複数パルスを用いた速度折り返し推定について 査読

    堀内 貴裕, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会論文誌 BVol.J102-B ( No.11 ) 873 - 882   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Khatri-Rao積仮想アレー処理を用いたTomoSARによる三次元イメージング 査読

    鈴木 健一郎, 山田 寛喜, 牛腸 正則, 有井 基文, 児島 正一郎, 佐藤 亮一, 山口 芳雄

    電子情報通信学会論文誌 BVol.102-B ( No.11 ) 864 - 872   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sensitivity Analysis of Multifrequency MIMP SAR Data From Rice Paddies 査読

    Motofumi Arii, Hiroyoshi Yamada, Shoichiro Kojima, Masato Ohki

    IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing57 ( 6 ) 3543   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers ({IEEE})  

    DOI: 10.1109/TGRS.2018.2885550

    researchmap

  • Retrieval of Polarimetric Azimuthal Angular Characteristics via the Application of Target Decomposition to Spectral Domain Circular SAR Images 査読

    Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada, Yuto Tokutake, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi

    IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing57 ( 5 ) 2963   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers ({IEEE})  

    DOI: 10.1109/TGRS.2018.2878981

    researchmap

  • Analysis of Polarimetric Scattering from Dihedral Structure for Detecting Building Damaged by Mudflow. 査読

    Ryoichi Sato, Kentaro Sasaki, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    2019 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IGARSS 2019, Yokohama, Japan, July 28 - August 2, 2019   907 - 910   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/IGARSS.2019.8900071

    researchmap

  • A Fundamental Study on Vehicle Detection in Flooded Urban Area Using Quad-Polarimetric SAR Data. 査読

    Takanori Ishikuro, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEICE Transactions102-C ( 1 ) 38 - 45   2019年

  • Experimental Validation of Conifer and Broad-Leaf Tree Classification Using High Resolution PolSAR Data above X-Band. 査読

    Yoshio Yamaguchi, Yuto Minetani, Maito Umemura, Hiroyoshi Yamada

    IEICE Transactions102-B ( 7 ) 1345 - 1350   2019年

  • 偏波合成開口レーダデータの散乱モデル電力分解について

    山口芳雄, SINGH Gulab, 山田寛喜

    電子情報通信学会論文誌 B(Web)J101-B ( 9 ) 638‐647 (WEB ONLY)   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • TDM‐MIMOレーダによる移動ターゲットのDOA推定誤差解析

    大橋卓, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌 B(Web)J101-B ( 7 ) 528‐538 (WEB ONLY)   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Characterization of L-Band MIMP SAR Data from Rice Paddies at Late Vegetative Stage 査読

    Motofumi Arii, Hiroyoshi Yamada, Masato Ohki

    IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing56 ( 7 ) 3852 - 3860   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    Insufficient validation for polarimetric decomposition techniques has led to its less perceived popularity for more than 20 years. The true composition ratio of scattering mechanisms within a radar backscatter should be essential to make polarimetric synthetic aperture radar (SAR) operational applications. To achieve this, a novel comprehensive approach to accurately identify the contribution of each scattering mechanism by a multi-incidence angle and multipolarimetric (MIMP) SAR observation combined with a theoretical model simulation is newly applied to L-band SAR data. Rice paddies in Niigata, Japan having a simple vegetation structure without topography were observed by Polarimetric and Interferometric Airborne SAR L-band 2, by gradually varying the flight path in terms of incidence angle. In addition to the MIMP SAR observation, a dominant scattering mechanism is reliably isolated through the theoretical characterization of the data by a discrete scatterer model. Avoiding unnecessary Bragg scattering effect caused by the methodically distributed rice paddies, the volume scattering from grains is identified as a dominant scattering mechanism over incidence angles. In addition, HH and VV are strongly affected by the double-bounce scattering between stalks and the ground surfaces at only small incidence angles, whereas the contribution of the double-bounce scattering for HV is not obvious. The results at the L-band will be compared with another MIMP SAR data at the X-band obtained for the same rice paddies in 2014 so that multifrequency MIMP SAR data analysis shall be conducted for our next step.

    DOI: 10.1109/TGRS.2018.2814996

    Scopus

    researchmap

  • 3-D imaging using SAR tomography with Pi-SAR2-X dataset 査読

    Masanori Gocho, Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii, Shoichiro Kojima, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi

    IEICE Transactions on CommunicationsE101B ( 2 ) 409 - 417   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    SAR tomography is one of the methods that can perform 3-dimensional (3-D) imaging with multiple SAR datasets by using the Direction-of-arrival (DOA) estimation technique to estimate the height distribution of scatterers. Several reports on SAR tomography have been issued. However, experimental results of the SAR tomography by the Pi- SAR2-X, Japanese airborne SAR operated by the NICT, have not been reported yet. This paper is the first to report the results of experiments on the Japanese SAR platform. High-resolution 2-dimensional image can be obtained by the X-band SAR. However the image is generated by projecting 3-D objects in to a 2-D image plane, hence the target responses having the same slant-range distance locate at the same image pixel. This is well known as the layover problem. When we employ the X-band SAR tomography, we can obtain 3-D high-resolution images without the layover and also foreshortening problem. It will be useful for disaster damage monitoring, especially in urban areas. The main difficulty of the SAR tomography comes from the phase error caused by inaccurate flight-path data. In many cases, the dataset are preprocessed and compensated so as to parallelize their flight-path to carry out the phase calibration and the DOA estimation easily. However, it is often difficult for common users to obtain such preprocessed datasets. In this paper, we propose a simple calibration method by using a flat-surface area with known altitude. Experiments show that the proposed method is effective for the Pi-SAR2-X standard products without parallelized preprocessing or precise flight-path information.

    DOI: 10.1587/transcom.2017ISP0020

    Scopus

    researchmap

  • Optimum element arrangements in MIMO radar using Khatri-Rao product virtual array processing 査読

    Konishi Jumpei, Yamada Hiroyoshi, Yamaguchi Yoshio

    IEICE COMMUNICATIONS EXPRESS7 ( 11 ) 407 - 414   2018年

  • Effectiveness of Implicit Beamforming with Large Number of Antennas Using Calibration Technique in Multi-User MIMO System 査読

    Nishimori, Kentaro, Hiraguri, Takefumi, Mitsui, Tsutomu, Yamada, Hiroyoshi

    ELECTRONICS6 ( 4 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    This paper examines the effectiveness of implicit beamforming (IBF), which enables transmission without channel state information (CSI) feedback in multi-user multiple-input multiple-output (MU-MIMO) systems with a large number of antennas. First, we explain why CSI feedback from terminal stations to the base station produces a very large overhead. A calibration technique is then introduced, which compensates for the difference between the complex amplitudes of the transmitters and receivers to facilitate CSI-feedback-free beamforming; this technique is called IBF. The efficacy of this calibration technique is demonstrated by measuring the amplitude and phase errors obtained using a 16-element array testbed and by performing a channel capacity evaluation. Finally, the throughput under IEEE802.11ac-based massive MIMO transmission, both with and without CSI feedback, is obtained in terms of the medium access control efficiency.

    DOI: 10.3390/electronics6040091

    Web of Science

    researchmap

  • Theoretical Characterization of X-Band Multiincidence Angle and Multipolarimetric SAR Data From Rice Paddies at Late Vegetative Stage 査読

    Motofumi Arii, Hiroyoshi Yamada, Tatsuharu Kobayashi, Shoichiro Kojima, Toshihiko Umehara, Tomomi Komatsu, Takeshi Nishimura

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING55 ( 5 ) 2706 - 2715   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Various polarimetric decomposition techniques have been proposed and demonstrated for more than 20 years. However, they still have never been operational applications because of insufficient validations. The true composition ratio of scattering mechanisms within a radar backscatter has to be known. To achieve this, a novel comprehensive approach to accurately identify the contribution of each scattering mechanism by a multiincidence angle and multipolarimetric (MIMP) synthetic aperture radar (SAR) observation combined with a theoretical model simulation is introduced. Rice paddies in Niigata City in Japan having a simple vegetation structure without topography were observed by X-band polarimetric and interferometric SAR 2 (Pi-SAR2), by gradually varying the flight path in terms of incidence angle. In addition to the MIMP SAR observation, a dominant scattering mechanism is reliably isolated through the theoretical characterization of the data by a discrete scatterer model. In the case of the rice paddies at a late vegetative stage, a dominant scattering on HH gradually varies from the doublebounce scattering to the volume scattering of rice grains in terms of incidence angle, whereas VV is affected by various volume scatterings of grains, leaves, and stems at the small, medium, and large incidence angles, respectively. HV is simply affected by the volume scattering of grains at the small incidence angle, and then it gradually switches to the volume scattering of the stalks. This brand new approach by the MIMP SAR observation with the theoretical modeling for this specific stage could take forward the polarimetric decomposition studies.

    DOI: 10.1109/TGRS.2017.2652447

    Web of Science

    researchmap

  • MIMO Doppler Radar Using Khatri-Rao Product Virtual Array for Indoor Human Detection 査読

    Yosuke Wakamatsu, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE99B ( 1 ) 124 - 133   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The MIMO technique can improve system performance of not only communication system but also of radar systems. In this paper, we apply the MIMO radar with enhanced angular resolution to the indoor location estimation of humans. The Khatri-Rao (KR) matrix product is also adopted for further angular resolution enhancement. We show that the MIMO radar with the KR matrix product processing can increase the number of virtual elements effectively with suitable element arrangement, hence higher angular resolution can be realized. In general, the KR matrix product processing is not suitable for coherent radar because of signal correlation. However, when targets signals have enough Doppler frequency differential against each other, this approach works well because the signals are decorrelated. In addition, Doppler filtering is introduced to remove unwanted responses of stationary objects which make human detection difficult with conventional methods. Computer simulation and experimental results are provided to show performance of the proposed method.

    DOI: 10.1587/transcom.2015ISP0029

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental Study on MW-SAR imaging in Outdoor Environment 査読

    J. Minotani, H. Yamada, Y. Yamaguchi

    2015 International Workshop on Electromagnetics and R&S Student Competition (iWEM2015),   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 航空機搭載リピートパスPOLSARデータを用いた偏波散乱成分分解法に関する検討

    山田寛喜, 浦澤文美規, 山口芳雄, 佐藤亮一

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric Scattering Properties of Landslides in Forested Areas and the Dependence on the Local Incidence Angle 査読

    Takashi Shibayama, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    REMOTE SENSING7 ( 11 ) 15424 - 15442   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    This paper addresses the local incidence angle dependence of several polarimetric indices corresponding to landslides in forested areas. Landslide is deeply related to the loss of human lives and their property. Various kinds of remote sensing techniques, including aerial photography, high-resolution optical satellite imagery, LiDAR and SAR interferometry (InSAR), have been available for landslide investigations. SAR polarimetry is potentially an effective measure to investigate landslides because fully-polarimetric SAR (PolSAR) data contain more information compared to conventional single- or dual-polarization SAR data. However, research on landslide recognition utilizing polarimetric SAR (PolSAR) is quite limited. Polarimetric properties of landslides have not been examined quantitatively so far. Accordingly, we examined the polarimetric scattering properties of landslides by an assessment of how the decomposed scattering power components and the polarimetric correlation coefficient change with the local incidence angle. In the assessment, PolSAR data acquired from different directions with both spaceborne and airborne SARs were utilized. It was found that the surface scattering power and the polarimetric correlation coefficient of landslides significantly decrease with the local incidence angle, while these indices of surrounding forest do not. This fact leads to establishing a method of effective detection of landslide area by polarimetric information.

    DOI: 10.3390/rs71115424

    Web of Science

    researchmap

  • マルチビームMassive MIMOのビーム選択に関する検討

    亀山航平, 西森健太郎, 平栗健史, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 全偏波SARデータを用いた土砂災害の調査

    柴山卓史, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao 積仮想アレーを用いたMIMOドップラレーダによる複数の人物を対象とした屋内位置推定に関する検討

    若松洋介, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会信越支部大会   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • KR変換と圧縮センシングを用いた広帯域DOA推定における相関波到来時の推定誤差に関する検討

    石山優, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会信越支部大会   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 圧縮センシングを用いた到来方向推定手法に関する基礎検討

    石山 優, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Kinectを利用したハンドヘルド走査式イメージングレーダシステムの実験的検討

    服部恵介, 山田寛喜, 山口芳雄, 小林弘一

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 79GHz帯FMCW偏波レーダの試作とドップラ実測

    森沢茂紀, 菊池三千子, 杉山智之, ウェン バン ドン, 小林弘一, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチベースラインSAR Tomographyのためのレジストレーションに関する検討

    浦澤文美規, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会信越支部大会   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PolSARデータを利用した被災橋梁の状態把握のための偏波散乱解析

    佐藤亮一, 矢嶋俊樹, 真坂元貴, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • レンジ・ドップラレーダを用いた複数の人物の動作検出に関する実験的検討

    福島真也, 山田寛喜, 小林弘一, 山口芳雄

    電子情報通信学会信越支部大会   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミリ波レーダを用いたSARイメージングに関する実験的検討

    美濃谷 潤, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会信越支部大会   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Kinect を利用した自由走査式レーダにおける位置推定誤差の影響の検討

    服部恵介, 山田寛喜, 山口芳雄, 小林弘一

    電子情報通信学会信越支部大会   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチビームMassive MIMO伝送による通信効率改善

    西森健太郎, 亀山航平, 平栗健史, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ALOS-PALSAR Quad-Polarization Images Over Singapore 招待 査読

    Yoshio Yamaguchi, Ryoichi Sato, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of the 5th Asia-Pacific Conference on Synthetic Aperture Radar (APSAR2015)   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Multi-baseline SAR Tomography Using Airborne X-band SAR, 査読

    Tomoki Kato, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of the 5th Asia-Pacific Conference on Synthetic Aperture Radar (APSAR2015)   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Study on Detecting Deformed Man-made Objects Based on Eigenvalue/eigenvector Analysis 査読

    Motoki Masaka, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of the 5th Asia-Pacific Conference on Synthetic Aperture Radar (APSAR2015)   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 仮想アレーを用いた海洋レーダの2次元表層流速推定性能改善に関する実験的検討 査読

    龍川卓也, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    電子情報通信学会和文論文誌BJ98 ( 9 ) 991 - 999   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • C-1-14 湿地帯抽水植物下の水域識別のためのFDTD偏波散乱解析(C-1.電磁界理論,一般セッション)

    佐藤 亮一, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集2015 ( 1 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • B-1-125 Wi-Fiアクセスポイントを用いたParasitic Radarによる人物検出の実験的検討(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般セッション)

    馬野 聡士, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集2015 ( 1 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 車載ミリ波レーダによるSARイメージングに関する基礎検討

    美濃谷潤, 山田寛喜, 山口芳雄, 杉山裕一

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Wi-Fiアクセスポイントを利用したParasitic Radarに関する実験的検討

    馬野聡士, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MODEL-BASED SCATTERING COMPONENT DECOMPOSITION BY USING MULTI-BASELINE POLSAR DATA 査読

    Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Syoichiro Kojima

    Proc. of International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2015 (IGARSS2015)   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 変形被災住宅検出のための偏波行列の固有値/固有ベクトル解析"

    佐藤亮一, 真坂元貴, 五十嵐裕平, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチパス環境におけるMIMOドップラレーダを用いた複数人物の屋内リアルタイム行動追跡 (アンテナ・伝播)

    佐藤 耕平, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報115 ( 79 ) 1 - 6   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 近傍の帯域制限電波源を利用したParasitic Radarに関する基礎検討 (アンテナ・伝播)

    山田 寛喜, 馬野 聡士, 山口 芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報115 ( 12 ) 71 - 75   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • BS-1-5 MIMOドップラレーダを用いた屋内における複数人物のリアルタイム行動追跡に関する実験的検討(BS-1.アンテナ・レーダ・センシングシステムを支えるアレー信号処理技術,シンポジウムセッション)

    佐藤 耕平, 山田 寛喜, 辻 宏之, 山口 芳雄

    電子情報通信学会総合大会講演論文集2015 ( 1 ) "S - 9"-"S-10"   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • Indoor Human Detection by Using Quasi-MIMO Doppler Radar 招待 査読

    H. Yamada, Y. Wakamatsu, K. Sato, Y. Yamaguchi

    International Workshop on Antenna Technology (iWAT2015)   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-1-221 CSI推定を不要とするMassive MIMO伝送法の提案(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般セッション)

    西森 健太郎, 亀山 航平, 平栗 健史, 山田 寛喜

    電子情報通信学会総合大会講演論文集2015 ( 1 )   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • PolInSAR Coherence Region Modeling and Inversion: The Best Normal Matrix Approximation Solution 査読

    Yi Cui, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Sang-Eun Park

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING53 ( 2 ) 1048 - 1060   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    In this paper, we address the theoretical aspects of coherence region modeling and its inversion methods for polarimetric interferometric synthetic aperture radar (PolInSAR). Instead of only considering the geometrical shape of the coherence region, we focus on directly modeling the whitened interferometric cross-correlation matrix of the PolInSAR data. In particular, we consider three classes of generic scattering models that respectively contain single, double, and triple phase centers within one resolution cell. We then demonstrate, for each class, that the modeled whitened interferometric cross-correlation matrix is normal. Based on this property, we propose, for each case, efficient algorithms to obtain the best normal matrix approximation solution for model inversion from the observed whitened interferometric cross-correlation matrix. In addition, we show how a simple and effective criterion can be designed from the derived solutions for model validation. Finally, we verify the solutions with both simulated and real data. The results prove the proposed method to be a very promising tool for PolInSAR applications.

    DOI: 10.1109/TGRS.2014.2332553

    Web of Science

    researchmap

  • Preliminary Results of Polarimetric Circular SAR Image Analysis (宇宙・航行エレクトロニクス)

    渡邉 卓磨, 山田 寛喜, 佐藤 亮一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報114 ( 397 ) 13 - 18   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

    researchmap

  • Scattering component decomposition of Pol-SAR image by using multi-baseline SAR data -- Preliminary results on PiSAR2-X campaign in Niigata -- 招待

    H. Yamada, C. Komagata, D. Sato, R. Sato, Y. Yamaguchi, S. Kojima

    2015 Vietnam-Japan International Symposium on Antennas and Propagation   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Multi-beam Massive MIMO Using Analog Beamforming and DBF Based Blind Algorithm 査読

    Kentaro Nishimori, Takefumi Hiraguri, Tomohiro Seki, Hiroyoshi Yamada

    2015 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Massive MIMO enables the improvement on the transmission rate without increasing the burden on the signal processing by employing a large number of antennas at a base station (BS). Channel state information (CSI) feedback scheme from terminal stations to BS gives a very large overhead when considering massive MIMO and implicit beamforming (IBF) with the calibration technique as the countermeasures are introduced. However, it is reported that CSI estimation itself has a large overhead when considering massive MIMO. In this paper, we propose analog-digital hybrid configuration using analog multi-beams with dielectric line array and lens and blind algorithm called Constant Modulus Algorithm (CMA) which does not need the CSI estimation. Via a computer simulation, the effectiveness of proposed configuration is verified.

    Web of Science

    researchmap

  • Polarimetric scattering analysis for detecting largely-oriented man-made objects based on eigenvalues/eigenvectors analysis to the rotated coherency matrix. 査読

    Ryoichi Sato, Yuhei Ikarashi, Motoki Masaka, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IGARSS   3810 - 3813   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IGARSS.2015.7326654

    researchmap

  • 仮想アレーを用いた角度分解能向上による二次元表層流速推定結果について

    龍川卓也, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    九州大学 応用力学研究所 研究集会「海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用」   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • キャリブレーション誤差を考慮したMassive MIMOの伝送効率評価

    西森健太郎, 平栗健史, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2014-129   7 - 12   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大きく傾いた建築物群の検出を目的とした偏波散乱解析

    五十嵐裕平, 佐藤亮一, 真坂元貴, 山口芳雄, 山田寛喜

    第43回電磁界理論シンポジウムEMT-14-170   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解法に基づくスペックルフィルタリングの検討

    落合拓也, 山口芳雄, 山田寛喜, 崔一

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-2 ) 49 - 49   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • KR変換を用いた広帯域DOA推定の分解能特性に関する検討

    石山優, 山田寛喜, 山口芳雄

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-4 ) 51 - 51   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 指向性アンテナを用いたMIMOセンサによる室内外検出特性

    平石壮, 西森健太郎, 田代翼, 本間尚樹, 山田寛喜

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-2 ) 53 - 53   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解による積雪についての検討

    高橋祐太, 山口芳雄, 山田寛喜

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-3 ) 54 - 54   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内における人物の行動追跡に関する実験的検討

    佐藤耕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-4 ) 55 - 55   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOドップラレーダにおけるMUSIC法を用いた屋内人物位置推定

    若松洋介, 山田寛喜, 山口芳雄

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4D-3 ) 62 - 62   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • レンジ・ドップラレーダを用いた人物の動作検出,抽出に関する実験的検討

    福島真也, 山田寛喜, 小林弘一, 山口芳雄

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4D-4 ) 63 - 63   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Soil Moisture Effects on Polarimetric Radar Backscatter from Forest in Various Incidence Angles

    Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 6A-3 ) 192 - 192   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 海洋レーダによる表層流速推定へのKhatri-Rao積仮想アレー適用について

    龍川卓也, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    2014年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-3 ) 50 - 50   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on Moisture Effects on Polarimetric Radar Backscatter from Forested Terrain 査読

    Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii, Ryoichi Sato, Sang-Eun Park, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE97B ( 10 ) 2074 - 2082   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Soil moisture retrieval from polarimetric synthetic aperture radar (SAR) imagery over forested terrain is quite a challenging problem, because the radar backscatter is affected by not only the moisture content, but also by large vegetation structures such as the trunks and branches. Although a large number of algorithms which exploit radar backscatter to infer soil moisture have been developed, most of them are limited to the case of bare soil or little vegetation cover that an incident wave can easily reach the soil surface without serious disturbance. However, natural land surfaces are rarely free from vegetation, and the disturbance in radar backscatter must be properly compensated to achieve accurate soil moisture measurement in a diversity of terrain surfaces. In this paper, a simple polarimetric parameter, co-polarized backscattering ratio, is shown to be a criterion to infer moisture content of forested terrain, from both a theoretical forest scattering simulation and an appropriate experimental validation under well-controlled condition. Though modeling of forested terrain requires a number of scattering mechanisms to be taken into account, it is essential to isolate them one by one to better understand how soil moisture affects a specific and principal scattering component. For this purpose, we consider a simplified microwave scattering model for forested terrain, which consists of a cloud of dielectric cylinders as a representative of trunks, vertically stood on a flat dielectric soil surface. This simplified model can be considered a simple boreal forest model, and it is revealed that the co-polarization ratio in the ground-trunk double-bounce backscattering can be an useful index to monitor the relative variation in the moisture content of the boreal forest.

    DOI: 10.1587/transcom.E97.B.2074

    Web of Science

    researchmap

  • DOA Estimation for Multi-Band Signal Sources Using Compressed Sensing Techniques with Khatri-Rao Processing 査読

    T. Terada, T. Nishimura, Y. Ogawa, T. Ohgane, H. Yamada

    IEICE Trans. Communications   371 - 374   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • インプリシットビームフォーミングのための装置内位相誤差によるチャネル容量特性評価

    佐々木 叡, 西森健太郎, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-186 )   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao変換を用いた広帯域信号のための到来方向推定 査読

    白井 智士, 山田 寛喜, 西村 寿彦, 小川 恭孝, 大鐘 武雄, 山口 芳雄

    電子情報通信学会和文論文誌BJ97-B ( 9 ) 780 - 788   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Human Motion Estimation Using Range-Doppler Response 査読

    Shinya Fukushima, Hiroyoshi Yamada, Hirokazu Kobayashi, Yoshio Yamaguchi

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Throughput Performance on IEEE802.11ac Based Massive MIMO Considering Calibration Errors 査読

    Nishimori, T. Hiraguri, T. Ogawa, H. Yamada

    Proceedings of the 2014 International Conference on Antennas and Propagation (ISAP2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 3Dプリンターによるホーンアンテナの試作とその評価

    小林弘一, 川村龍一, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2014-72   1 - 6   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Sublook処理を用いたPOLSAR画像における市街地検出

    相馬悠紀, 山本和朋, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2014-48   1 - 6   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 基礎的な人工物モデルの偏波散乱測定 〜 スクイント角および入射角変化に対する散乱特性の実験的検討 〜

    真坂元貴, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2014-49   7 - 12   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao積仮想アレーを用いたMIMOドップラレーダによる屋内人物位置推定に関する検討

    若松洋介, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2014-79   39 - 44   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 水田からのXバンド多入射角多偏波SARデータの特徴抽出

    有井基文, 小松都茂美, 西村健志, 渡邊卓磨, 山田寛喜, 小林達治

    電子情報通信学会技術研究報告AP2014-84   67 - 72   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解法に基づくスペックルフィルタリングの検証"

    落合拓也, 山口芳雄, 山田寛喜, 崔 一

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2014-56   47 - 52   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海洋レーダによる二次元表層流観測におけるKhatri-Rao積仮想アレーの効果について

    龍川卓也, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2014-62   83 - 88   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Massive MIMO Transmission by Calibration Circuit Eliminating CSI Feedback 査読

    Satoshi Sasaki, Kentaro Nishimori, Hiroyoshi Yamada

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Human Motion Estimation For Two Moving Target Using Range-doppler Filter 査読

    Shinya Fukushima, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proceedings of the 2014 International Conference on Antennas and Propagation (ISAP2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Wideband DOA Estimation Technique for Correlated Sources 招待 査読

    H. Yamada, S. Shirai, Y. Yamaguchi

    Proceedings of the 2014 International Conference on Antennas and Propagation (ISAP2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Velocity and Direction Estimation by Ocean Surface Current Radar Using Khatri-Rao Product Transform 査読

    Takuya Ryukawa, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, Keizo Hirano, Hiroyuki Ito

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Estimation of Soil Moisture Content and Surface Roughness Using Oh Model and Scattering Power Decomposition 査読

    Hiroto Abe, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Yi Cui

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMO Doppler Radar Using Khatri-Rao Product Virtual Array for Human Location Estimation 査読

    Yosuke Wakamatsu, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Effectiveness of Implicit Beamforming Using Calibration Technique in Massive MIMO System 査読

    Kentaro Nishimori, Takefumi Hiraguri, Toshiyuki Ogawa, Hiroyoshi Yamada

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Performance Verification of Polarimetric Change Detector Based on Four-Component-Decomposition with PiSAR-2 Data 査読

    Kazutomo Yamamoto, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Gulab Singh

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Study on Calibration of the Array Antenna Using a Web Camera 査読

    Yu Ishiyama, Hiroyoshi Yamada, Yi Cui, Yoshio Yamaguchi

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A Study on Detecting Man-made Objects Using Correlation Coefficients in Circular Polarization Basis 査読

    Motoki Masaka, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proceedings of 2014 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2014)   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Study on Effects of Forest Moisture on Polarimetric Radar Backscatter 査読

    Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii, Ryoichi Sato, Sang-Eun Park, Yoshio Yamaguchi

    Proceedings of IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLINSAR COHERENCE ESTIMATION BASED ON BEST NOMRAL MATRIX APPROXIMATION 招待 査読

    Yi Cui, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Sang-Eun Park

    Proceedings of IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • X-band 30 cm Resolution Fully Polarimetric SAR Images Obtained by Pi-SAR2 招待 査読

    Yoshio Yamaguchi, Gulab Singh, Shinichiro Kojima, Makoto Satake, Mao Inami, Sangun Park, Yi Cui, Hiroyoshi Yamada, Ryoichi Sato

    Proceedings of IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA Estimation of Correlated Wideband Signals by using Multi-band EM Algorithm 査読

    Hiroyoshi Yamada, Satoshi Shirai, Toshihiko Nishimura, Yasutaka Ogawa, Takeo Ohgane, Yoshio Yamaguchi

    Proceedingfs of 2014 IEEE AP-S/USNC-URSI Symposium   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA Estimation of Wideband Signals Using Extended Virtual Array 招待 査読

    H.Yamada, S.Shirai, Y.Yamaguchi

    Proceedings of 2014 Asia-Pacific Conference on Antennas and Propagation (APCAP2014)   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental study on array calibration using a Web camera 査読

    Y. Ishiyama, H. Yamada, Y.Yamaguchi

    Proceedings of the 2014 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP2014)   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Wideband DOA Estimation Technique for Correlated Sources by using Extended EM Algorithm 査読

    H.Yamada, S.Shirai, Y.Yamaguchi, T.Nishimura, Y.Ogawa, T.Ohgane

    Proceedings of the 2014 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP2014)   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of MIMO Doppler Radar for Human Motion and Location Estimation 査読

    Y. Wakamatsu, H. Yamada, Y.Yamaguchi

    Proceedings of the 2014 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP2014)   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMOドップラレーダによる屋内移動ターゲットの検出について

    佐藤耕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2014-1 ( 4 ) 1 - 6   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CSIフィードバックを不要とするキャリブレーション回路によるMassive MIMO伝送

    西森健太郎, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( ABS-1-6 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 周波数特性を有するマルチバンド信号の圧縮センシング到来方向推定

    寺田 翼, 西村寿彦, 小川恭孝, 大鐘武雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-231 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PolSARデータを用いた橋-水面間距離推定法の精度検証

    富永浩暉, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜, パク サンユン

    電子情報通信学会総合大会 ( C-1-19 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解法を用いたPi-SAR2画像の偏波解析

    稲見麻央, 山口芳雄, Sang-Eun Park, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-53 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像におけるChange Detector の性能比較

    山本和朋, 山口芳雄, Sang-Eun Park, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-54 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 円偏波相関係数と正規化相関係数を用いた人工物検出の実験的検討

    真坂元貴, 佐藤亮一, Sang-Eun Park, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-55 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao変換を用いた広帯域DOA推定法の誤差軽減

    白井智士, 山田寛喜, 西村寿彦, 小川恭孝, 大鐘武雄, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-228 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DOA Estimation of Multi-band Signals Using a Compressed Sensing Technique 査読

    T. Terada, T. Nishimura, Y. Ogawa, T. Ohgane, H. Yamada

    Proc. International Workshop on Antenna Technology 2014 (iWAT 2014)   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Kinectを利用した自由走査式イメージングレーダシステムの実験的検討

    山田敏弘, 山田寛喜, 山口芳雄, 小林弘一

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-26 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • レンジ・ドップラ周波数推定によるモーションセンシングの特性評価

    福島真也, 山田寛喜, 小林弘一, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告vol.AP2013-193 ( 3 ) 45 - 50   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PolInSAR Coherence Estimation Based on Best Normal Matrix Approximation

    Y.Cui, H.Yamada, S.Park, Y.Yamaguchi, R.Sato

    第582回URSI-F会合   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Very Large MIMOのための多素子リニアアレーの素子間相互結合に関する考察

    板橋慎二, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2013-187 ( 3 ) 13 - 18   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 動きのある人物の屋内位置推定に関する実験的検討

    佐藤耕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-219 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • XバンドPi-SAR2画像における降雨による後方散乱の変化に関する検討

    佐藤大輔, 渡邊卓磨, Cui Yi, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-56 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多素子リニアアレーにおける素子間相互結合によるビームスティアリング誤差評価

    板橋慎二, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-187 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Webカメラによる参照信号位置推定を利用したアレーアンテナ校正法の実験的検討

    石山 優, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-188 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FM-CWレーダによるドップラ周波数推定に基づくモーションセンシングの実験的検討

    福島真也, 山田寛喜, 山口芳雄, 小林弘一

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-200 )   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • CSIフィードバックを不要とするキャリブレーション回路によるMassive MIMO伝送の基本特性

    西森健太郎, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2013-181 ( 2 )   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像のための散乱モデル分解アルゴリズムの特性比較 査読

    佐藤,渡邉, 山田,パク,山口

    電子情報通信学会和文論文誌BJ97-B ( 2 ) 192 - 201   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Wideband DOA estimation algorithm for linear arrays using KR matrix product 査読

    H. Yamada, S. Shirai, Y. Yamaguchi

    Proc. Vietnam-Japan International Symposium on Antennas and Propagation   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Khatri-Rao変換を用いた広帯域信号DOA推定に関する検討 査読

    白井智士, 山田寛喜, 西村寿彦, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2013-131 ( 12 ) 35 - 40   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 周波数特性を有するマルチバンド信号の到来方向推定に関する検討 査読

    寺田 翼, 西村寿彦, 小川恭孝, 大鐘武雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2013-116 ( 11 ) 93 - 98   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内人物位置推定におけるSTAPの有効性に関する検討 査読

    佐藤, 山田,山口

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-3 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサにおける相関係数の統計的性質に関する実験的検討 査読

    板橋, 山田,山口

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-1 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Experimental Study on Statistical Characteristic of MIMO Sensor for Event Detection 査読

    S.Itabashi, H.Yamada, K.Nishimori, Y.Yamaguchi

    Electronic Proc. of ISAP 2013   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Stable Parameter Estimation of Compound Wishart Distribution for Polarimetric SAR Data Modeling 査読

    Yi Cui, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Electronic Proc. of ISAP 2013   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Kinect を利用した自由走査式イメージングレーダシステムの検討 査読

    山田, 山田,山口

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-1 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao 変換を用いた広帯域信号DOA推定における周波数特性補正 査読

    白井, 山田,山口

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-1 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高分解能海洋レーダにおける相関行列の対角平均化について 査読

    小沢,山田, 山口, 平野,伊藤

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-2 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DOA推定におけるスパース信号再構成アルゴリズムの比較検討 査読

    龍川, 山田,山口

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-2 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 植生領域におけるPOLSAR画像散乱モデル分解法の特性比較 査読

    佐藤,渡邊, 山田,山口

    2013年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-4 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Angular Resolution Improvement of Ocean Surface Current Radar Based on the Khatri-Rao Product Array Processing 査読

    Hiroyoshi Yamada, Naoki Ozawa, Yoshio Yamaguchi, Keizo Hirano, Hiroyuki Ito

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE96B ( 10 ) 2469 - 2474   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Ocean surface current radar is a Doppler radar to observe oceanographic information using the Bragg scattering resonance mechanism. In this paper, we consider angular resolution improvement of the radar. The radar employs an antenna array with FMICW operation, then it can resolve angular distribution by Digital Beam Forming (DBF) and distance by Fourier transform of the beat signal obtained by the FMICW radar. In order to obtain sufficient angular resolution, large array length or aperture with increasing the number of elements is needed, that is often difficult to realize in the HF/VHF ocean surface current radar. In this paper we propose to apply the Khatri-Rao (KR) product array processing to the radar. To verify effectiveness of the KR product array processing in angular resolution enhancement for the ocean surface current radar, we apply the KR product array to actual experimental data set of the radar, and show that the method is available to angular resolution enhancement and Doppler spectrum improvement.

    DOI: 10.1587/transcom.E96.B.2469

    Web of Science

    researchmap

  • A Novel DOA Estimation Error Reduction Preprocessing Scheme of Correlated Waves for Khatri-Rao Product Extended-Array 査読

    Satoshi Shirai, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE96B ( 10 ) 2475 - 2482   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we study on direction-of-arrival (DOA) estimation error reduction by Khatri-Rao (KR) product extended array in the presence of correlated waves. Recently, a simple array signal processing technique called KR product extended array has been proposed. By using the technique, degrees-of-freedom of an array can be easily increased. However, DOA estimation accuracy deteriorates when correlated or coherent waves arrive. Such highly correlated waves often arrive for radar application, hence error reduction technique has been desired. Therefore, in this paper, we propose a new method for error reduction preprocessing scheme by using N-th root of matrix. The N-th root of matrix has a similar effect to the spatial smoothing preprocessing for highly correlated signals. As a result, DOA estimation error due to signal correlation will be reduced. The optimal order of N depends on the data itself. In this paper, a simple iterative method to obtain adaptive N is also proposed. Computer simulation results are provided to show performance of the proposed method.

    DOI: 10.1587/transcom.E96.B.2475

    Web of Science

    researchmap

  • Comparison of Speckle Filtering Methods for POLSAR Analysis of Earthquake Damaged Areas 査読

    K.Yamamoto, Y.Yamaguchi, S.Park, Y.Cui, H.Yamada

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Simplified Algorithm for Detecting Oriented Man-made Objects Using Correlation Coefficients in Circular Polarization Basis 査読

    R.Sato, H.Sano, Y.Yamaguchi, H.Yamada, S.Park

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Comparison of Model-Based Polarimetric Decomposition Algorithms 査読

    D.Sato, T.Watanabe, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Comparison of Model-Based Four Component Scattering Power Decompositions 査読

    Y.Yamaguchi, G.Singh, Y.Cui, S.Park, H. Yamada, R.Sato

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Theoretical Study of Backscatter from Rice Paddy Using Discrete Scatterer Model 査読

    M.Arii, H.Kitta, T.Watanabe, H.Yamada

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Scattering Characteristics from Man-made Objects Using the FDTD Polarimetric Scattering Analysis 査読

    R.Sato, Y.Yamauchi, H.Yamada, Sang-Eun Park

    Electronic Proc. of Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’13)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • マルチパス環境における動きのある人物の屋内位置推定に関する基礎検討 査読

    佐藤耕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2013-81 ( 9 ) 7 - 12   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 広帯域信号を用いたDOA推定における推定可能到来波数の改善 査読

    白井智士, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-205 )   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Experimental Study on Radar Backscatteringfrom a Simplified Forest Model 査読

    T.Watanabe, H.Yamada, M.Arii, R.Sato, S.Park, Y. Yamaguchi

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • L-バンドPOLSAR画像分解における様々な散乱モデル分解法の特性評価 査読

    佐藤大輔, 渡邉卓磨, 山田寛喜, パク サンウン・ツィ イー, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2013-50 ( 8 ) 31 - 36   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波相関係数を用いた水域と自然領域の検出に関する検討 査読

    渡辺祐太, 山本和朋, Park Sang-Eun, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2013-51 ( 8 ) 43 - 47   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 自由走査式測定システムによる電磁波散乱分布の可視化の検討 査読

    山田敏弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2013-47 ( 8 ) 11 - 16   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DOA Estimation Error Reduction of Nested Array Using N-th Root of Correlation Matrix 査読

    Satoshi Shirai, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. 2013 IEEE AP-S Symposium and USNC/URSI Meeting   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLARIMETRIC FEATURE EVALUATION FOR STRICKEN MAN_MADE OBJECT DETECTION USING FDTD POLARIMETRIC SCATTERING ANALYSIS 査読

    Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Sang-Eun Park

    Electronic Proc. of IGARSS 2013   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • CO-POLARIZATION COHERENCE SIGNATURE FOR CHARACTERIZATION OF POLARIMETRIC SAR IMAGE 査読

    Sang-Eun Park, Yoshio Yamaguchi, Ryoichi Sato, Hiroyoshi Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2013   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • HIGH ANGULAR RESOLUTION OCEAN SURFACE CURRENT RADAR BASED ON THE KHATRI-RAO PRODUCT ARRAY PROCESSING 査読

    Hiroyoshi Yamada, Naoki Ozawa, Yoshio Yamaguchi, Keizo Hirano, Hiroyuki Ito

    Electronic Proc. of IGARSS 2013   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 相関波到来時におけるNested Arrayを用いたDOA推定に関する検討 査読

    白井智士, 山田寛喜, 山口芳雄

    電気学会計測研究会IM-13-017 ( 3 ) 11 - 16   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非RS偏波散乱特性を利用した人工物識別アルゴリズム 査読

    佐野華枝, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( C-1-27 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao積拡張アレー処理を用いた海洋レーダのドップラ周波数推定特性について 査読

    小沢直輝, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-33 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 行列累乗根を用いたKhatri-Rao積拡張アレーによるDOA推定誤差軽減に関する検討 査読

    白井智士, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-201 )   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセキュリティセンサを用いた屋内侵入検出システムの検出性能に関する検討 査読

    小川 研, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2012-154 ( 2 ) 31 - 36   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao積拡張アレー処理による海洋レーダ分解能特性改善に関する検討 査読

    小沢直輝, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2012-136 ( 1 ) 55 - 60   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Khatri-Rao積拡張アレー処理を用いた海洋レーダの角度分解能改善に関する検討

    小沢直輝, 山田寛喜, 山口芳雄, 平野圭蔵, 伊藤浩之

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-1 ) 63 - 63   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アレー自由度を超える相関波到来時のDOA推定に関する検討

    白井智士, 山田寛喜, 山口芳雄

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-2 ) 55 - 55   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 誘電体多層平板の経路長計算とそのビジュアル化

    高岡峻一, 小林弘一, 山口芳雄, 山田寛喜

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-1 ) 54 - 54   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Angular Resolution Improvement of Ocean Surface Current Radar 査読

    Naoki OZAWA, Hiroyoshi YAMADA, Yoshio YAMAGUCHI, Keizo HIRANO, Hiroyuki ITO

    Electronic Proc. of ISAP 2012   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Resolution Enhancement of Three-Dimensional Imaging in SAR Tomography 査読

    T. Yamada, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Electronic Proc. of ISAP 2012   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Near-Field Target Location Estimation by Using Khatri-Rao Product Array 査読

    S. Shirai, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Electronic Proc. of ISAP 2012   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMOセンサにおける相関係数の統計的性質を用いたイベント検出確率に関する検討

    小川研, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-5 ) 62 - 62   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMO屋内侵入検出センサにおけるレイトレース法を用いた誤警報率に対する検出確率の導出法

    熊倉央, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-4 ) 61 - 61   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ゲーティング処理適用時のTime Reversal MUSIC法の雑音低減効果に関する実験的検討

    佐藤啓輔, 山田寛喜, 山口芳雄

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-3 ) 56 - 56   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポーラリメトリックレーダの偏波比を用いた植生領域における含水状態の推定

    渡邉卓磨, 山田寛喜, 有井基文, 山口芳雄

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-4 ) 66 - 66   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 東日本大震災被害前後の4成分散乱電力比較

    羽下恭平, 山口芳雄, Park San-Eun, Singh Gulab, 山田寛喜

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-3 ) 65 - 65   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SAR TomographyにおけるKhatri-Rao積アレー拡張処理を用いたアレー自由度向上の検討

    山田敏弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    2012年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-2 ) 64 - 64   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 相関波到来時におけるKhatri-Rao積拡張アレーを用いた信号パラメータ推定に関する検討

    白井智史, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-201 )   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMO センサを用いた屋内侵入検出システムの特性評価 査読

    小川研, 山田寛喜, 黒崎雄太, 山口芳雄

    電子情報通信学会和文論文誌BJ95-B ( 9 ) 1142 - 1150   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Statistical Performance Analysis of MIMO Sensor for Event Detection 査読

    H.Yamada, K.Ogawa, Y.Yamaguchi

    Thailand-Japan MicroWave 2012(TJMW2012)   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMOセンサにおける相関係数の統計的性質に関する検討

    小川研, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2012-79 ( 8 ) 63 - 67   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SCATTERING POWER DECOMPOSITION USING FULLY POLARIMETRIC INFORMATION 査読

    Yoshio Yamaguchi, Gulab Singh, Sang-Eun Park, Hiroyoshi Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2012   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MODEL EXPERIMENT OF PERMITTIVITY RETRIEVAL METHOD FOR FORESTED AREA BY USING BREWSTER'S ANGLE 査読

    Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii, Sang-Eun Park, Yoshio Yamaguchi

    Electronic Proc. of IGARSS 2012   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • SAR Tomographyの高度推定分解能向上に関する実験的検討

    山田敏弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2012-35 ( 7 ) 29 - 34   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 相関波到来時におけるKhatri-Rao積拡張アレーを用いた信号パラメータ推定に関する検討

    白井智史, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2012-34 ( 7 ) 23 - 28   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • STRICKEN MAN-MADE OBJECT DETECTION USING SCATTERING POWER DECOMPOSITION WITH NNED AND ROTATION OF THE COVARIANCE MATRIX 査読

    Ryoichi Sato, Yuta Takahashi, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2012   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • RESOLUTION ENHANCEMENT OF MULTI-BASELINE SAR TOMOGRAPHY WITH SPARSE SAMPLES 査読

    Hiroyoshi Yamada, Toshihiro Yamada, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi

    Electronic Proc. of IGARSS 2012   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • SENSITIVITY STUDY OF RADAR BACKSCATTER FROM BOREAL FOREST USING DISCRETE SCATTERER MODEL 査読

    Motofumi Arii, Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2012   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Investigation of Polarimetric Scattering Charac te - ristics For Accurate Classification of Oblique Wetland Boundary 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Electronic Proc. of EUSAR 2012   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Semi-blind Scattering Component Decomposition for POLSAR data using ICA 査読

    H. Yamada, Y. Yamaguchi, R. Sato

    Electronic Proc. of EUSAR 2012   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 多入射角合成開口レーダを 用いた植生・土壌の誘電率測定法について

    渡邉卓磨, 山田寛喜, 有井基文, 小林弘一, 山口芳雄

    電気学会計測研究会IM-12-017 ( 12 ) 1 - 4   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • カトリ・ラオ積拡張アレーを用いたDOA推定誤差と 改善法に関する一検討

    青柳岳泰, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2011-167 ( 1 ) 119 - 124   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内新湯検出手法のチャネル行列変動に対する性能評価

    小川研, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2011-96 ( 11 ) 42 - 44   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Channel Model of MIMO sensor for Event Detection 査読

    Akira Kumakura, Hiroyoshi Yamada, Kentaro Nishimori, Yoshio Yamaguchi

    Electronic Proc. Of ISAP 2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Array Configuration and Channel Model of MIMO Sensor for Home Security 査読

    Hiroyoshi Yamada, Kei Tanaka, Yoshio Yamaguchi

    Electronic Proc. Of ISAP 2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Performance Evaluation of MIMO Sensor algorithms for Indoor Intrusion Detection 査読

    Ken OGAWA, Hiroyoshi YAMADA, Yuta KUROSAKI, Yoshio YAMAGUCHI

    Electronic Proc. Of ISAP 2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Study on Permittivity Estimation for Vegetation and Soil by Using Brewster's Angle 査読

    Takuma Watanabe, Hiroyoshi Yamada, Motofumi Arii

    Electronic Proc. Of ISAP 2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 張型体積散乱モデルの実験的検討

    大川 平, 山口芳雄, 山田寛喜, 佐藤彰展

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-2-3 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサを用いた屋内侵入検出における素子配置に関する検討

    田仲圭, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4D-1 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 入射角の変化がPolSAR観測へ及ぼす影響に関する一考察

    渡邉 卓磨, 山田 寛喜, 有井 基文, 小林 弘一, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-2-4 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサを用いた屋内侵入 検出における受信アレー配置に関する検討

    田仲 圭, 山田 寛喜, 西森 健太郎, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-198 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2レベル Nested Array を用いた近傍波源位置推定に関する検討

    青柳 岳泰, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-220 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MS-Root-MUSICにおけるアレー校正法の実 験的検討

    高橋 善樹, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-223 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内侵入検出の MIMOチャネルのモデルに関する検討

    熊倉 央, 田仲, 圭, 山田, 寛喜, 西森, 健太郎, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-197 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内電波伝搬環境変動検出手法 の性能評価に関する検討

    小川 研, 山田 寛喜, 黒崎 雄太, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( BS-2-7 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサにおける送受信ダイバーシチ効果の実験評価

    西森健太郎, 牛木敬太, 本間尚樹, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( BS-2-6 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内侵入検出のためのMIMOチャネルの変動に関する検討

    熊倉央, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4D-2 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多入射角PolSARによる植生観測のための角柱ターゲットを用いたモデル実験

    渡邉卓磨, 山田寛喜, 有井基文, 小林弘一, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-4 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拡張型体積散乱モデルの有用性に関する実験的検討

    大川平, 山口芳雄, 山田寛喜, 佐藤彰展

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-2 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 反復計算を用いたブラインドアレー校正の収束特性に関する検討

    高橋善樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-1 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • TL Nested Array を用いた近傍界波源位置推定へのICAの適用

    青柳岳泰, 山田寛喜, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-2 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • チャネルモデルを用いた電波伝搬変動検出手法の性能評価に関する検討

    小川研, 山田寛喜, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-1 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FDTD POLARIMETRIC SCATTERING ANALYSIS FOR DETECTION OF STRICKEN MAN-MADE OBJECT 査読

    Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2011)   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MEASUREMENT OF VEGETATION PERMITTIVITY USING BREWSTER'S ANGLE 査読

    T.Watanabe, H.Yamada, M.Arii, K.Kobarashi, Y.Yamaguchi

    Proc. Asia Pacific Synthetic Aperture Radar Conference (APSAR 2011)   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLSAR画像における植生の散乱成分モデル分解に関する実験的検討

    滝沢竜之介, 山田寛喜, 山口芳雄

    2011年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-4 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MS-Root-MUSICを用いたDOA推定のためのアレー校正手法に関する検討 査読

    高橋善樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ94B ( 9 ) 1190 - 1194   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Application of MIMO System to Security Sensor for Intruder Detection 査読

    Hiroyoshi Yamada, Yuta Kurosaki, Kei Tanaka, Kentaro Nishimori, Yoshio Yamaguchi

    Proc. 2011 IEEE AP-S Symposium and USNC/URSI Meeting   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric Scattering Feature Estimation for Accurate Wetland Boundary Classification 査読

    R.Sato, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2011   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Brewster角に基づく植生ターゲットの誘電率推定に関する基礎検討

    渡邉卓磨, 山田寛喜, 有井基文, 小林弘一, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2011-22 ( 6 ) 29 - 34   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサを用いた屋内侵入検出における最適素子配置に関する検討

    田仲圭, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2011-22 ( 6 ) 7 - 12   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサを用いた電波伝搬環境変動検出の性能評価に関する検討

    小川研, 山田寛喜, 黒崎雄太, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2011-43 ( 7 ) 91 - 96   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋内侵入検出のためのMIMOセンサのチャネルモデルに関する実験的検討

    熊倉央, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2011-42 ( 7 ) 87 - 90   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Accuracy of 2-Dimensional Object Location Estimation Using Leaky Coaxial Cables 査読

    Kenji Inomata, Yashio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Wataru Tsujita, Masahiro Shikai, Kazuhiko Sumi

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION59 ( 6 ) 2396 - 2403   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    The improvement of position estimation accuracy is a very important factor in various radar applications. This paper focuses on two-dimensional (2-D) location estimation in radar surveillance using leaky coaxial cables. A leaky coaxial cable is a kind of antenna and has recently attracted attention as a powerful tool for vehicle detection and as an intrusion detection sensor for perimeter security. We derive the Cramer-Rao bound (CRB) for a leaky coaxial cable sensing application and introduce the CRB ellipsoid to evaluate the accuracy of the 2-D location estimation of an object. The diameter and angle of a CRB ellipsoid indicates its error distribution. A leaky coaxial cable has an outer conductor with periodic slots. Its slot pattern determines the radiation characteristics such as the beam angle and harmonic radiation. We focus on the slot pattern to improve the estimation accuracy. Numerical analyses show that a slot pattern generating multi-beams improves the accuracy while single radiation is preferred for general use in communication applications.

    DOI: 10.1109/TAP.2011.2143661

    Web of Science

    researchmap

  • Four-Component Scattering Power Decomposition With Rotation of Coherency Matrix 査読

    Yoshio Yamaguchi, Akinobu Sato, Wolfgang-Martin Boerner, Ryoichi Sato, Hiroyoshi Yamada

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING49 ( 6 ) 2251 - 2258   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper presents an improvement to a decomposition scheme for the accurate classification of polarimetric synthetic aperture radar (POLSAR) images. Using a rotation of the coherency matrix to minimize the cross-polarized component, the four-component scattering power decomposition is applied to fully polarimetric SAR images. It is known that oriented urban area and vegetation signatures are decomposed into the same volume scattering mechanism in the previous decompositions and that it is difficult to distinguish vegetation from oblique urban areas with respect to the radar direction of illumination within the volume scattering mechanism. It is desirable to distinguish these two scattering mechanisms for accurate classification although they exhibit similar polarimetric responses. The new decomposition scheme by implementing a rotation of the coherency matrix first and, subsequently, the four-component decomposition yields considerably improved accurate results that oriented urban areas are recognized as double bounce objects from volume scattering.

    DOI: 10.1109/TGRS.2010.2099124

    Web of Science

    researchmap

  • Array calibration techniques for DOA estimation with arbitrary array using Root-MUSIC algorithm 査読

    Yoshiki Takahashi, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc.IEEE MTT-S International Microwave Workshop Series on Innovative Wireless Power Transmission: Technologies, Systems, and Application (IMWS-IWPT 2011)   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On Array Calibration Technique for Multipath Reference Waves 査読

    Hiroyoshi Yamada, Hiroshi Sakai, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE94B ( 5 ) 1201 - 1206   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    High resolution direction-of-arrival (DOA) estimation algorithm for array antennas becomes popular in these days. However, there are several error factors such as mutual coupling among the elements in actual array. Hence array calibration is indispensable to realize intrinsic performance of the algorithm. In the many applications, it is preferable that the calibration can be done in the practical environment in operation. In such a case, the incident wave becomes coherent multipath wave. Calibration of array in the multipath environment is a hard problem, even when DOA of elementary waves is known. To realize array calibration in the multipath environment will be useful for some applications even if reference signals are required. In this report, we consider property of reference waves in the multipath environment and derive a new calibration technique by using the multipath coherent reference waves. The reference wave depends on not only the DOA but also complex amplitude of each elementary wave. However, the proposed technique depends on the DOA only. This is the main advantage of the technique. Simulation results confirm the effectiveness of the proposed technique.

    DOI: 10.1587/transcom.E94.B.1201

    Web of Science

    researchmap

  • マルチアンテナセンサシステムの特性評価に関する検討 招待

    山田寛喜, 黒崎雄太, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告RCS2011-8 ( 4 ) 41 - 46   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 実伝搬チャネルを用いた2x2MIMOセンサに適したアンテナ配置に関する考察 招待

    西森健太郎, 本間尚樹, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会技術研究報告RCS2011-5 ( 4 ) 25 - 30   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチアンテナセンシングによる侵入検出のための電力変動検出に関する基礎検討

    小川研, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-203 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Brewster角を用いた植生の誘電率測定に関する基礎検討

    渡邊卓磨, 山田寛喜, 有井基文, 小林弘一, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-42 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 一般化体積散乱成分を用いたPOLSAR画像の散乱成分分解に関する検討

    滝沢竜之介, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2010-150 ( 1 ) 71 - 76   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 実環境データに基づくMIMOセンサに適した素子間隔の考察

    小出悠太, 西森健太郎, 本間尚樹, 桑原大輝, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-149 ( 1 ) 97 - 102   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非同期送信アンテナ分散配置環境における屋内侵入検出実験

    田仲圭, 黒崎雄太, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-137 ( 1 ) 25 - 30   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 非同期送信アンテナ分散配置環境を想定した屋内侵入検出に関する検討

    黒崎雄太, 山田寛喜, 西森健太郎, 辻宏之, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-136 ( 1 ) 19 - 24   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拡張型体積散乱モデルを用いたモデルベースターゲット分類に関する検討

    佐藤彰展, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2010-149 ( 1 ) 65 - 70   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 任意形状アレーにおけるRoot-MUSICを用いたDOA推定のためのアレー校正手法

    高橋善樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-128 ( 12 ) 61 - 66   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SAR軌道に対して傾いた市街地の分類に関する検討

    下唐湊理, 山口芳雄, 山田寛喜, 児玉拓哉

    第550回電波研連F分科会   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波壁透過レーダの基礎検討

    大川平, 山口芳雄, 山田寛喜

    第550回電波研連F分科会   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Utilization of fully polarimetric ALOS-PALSAR data 査読

    Y.Yamaguchi, R.Sato, H.Yamada

    The 4th Joint PI Symposium of ALOS Data Nodes for ALOS Science Program in Tokyo,   61   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Study on DOA/DOD Estimation Using a Quasi MIMO System 査読

    K. Kaneko, T. Aoyagi, H. Yamada, Y. Yamaguchi

    Electronic Proc. of ISAP 2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMO Sensor - Effectiveness of Distributed MIMO Antenna Configuration 査読

    K. Nishimori, Y. Koide, N., Honma, D. Kuwahara, H. Yamada, H. Makino

    Electronic Proc. of ISAP 2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Study on Blind MIMO Transmission by Using ICA 査読

    K. Sugai, H. Yamada, K. Nishimori, Y. Yamaguchi

    Electronic Proc. of ISAP 2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Retrieval of soil moisture using multi-polarization L-band SAR data 査読

    G.Singh, Y.Yamaguchi, S.-E.Park, A.Sato, H.Yamada

    The 4th Joint PI Symposium of ALOS Data Nodes for ALOS Science Program in Tokyo,   196   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Evaluation of various scattering component decomposition techniques of POLSAR data for forest 査読

    H.Yamada, Y.Yamaguchi

    The 4th Joint PI Symposium of ALOS Data Nodes for ALOS Science Program in Tokyo,   180   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Analysis of PALSAR backscatter response for various target in glaciated terrain 査読

    G.Singh, Y.Yamaguchi, S.-E.Park, A.Sato, H.Yamada

    The 4th Joint PI Symposium of ALOS Data Nodes for ALOS Science Program in Tokyo,   188   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMOセンサに適したアンテナ配置の実験的検討

    西森健太郎, 小出悠太, 本間尚樹, 桑原大輝, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-113 ( 11 ) 125 - 130   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol-InSAR画像におけるICAを用いた散乱成分分解法に関する検討

    滝沢竜之介, 山田寛喜, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-4 ) 61   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 送信切替疑似MIMOシステムを用いたビームフォーマ法による到来方向推定

    金子和弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-2 ) 59   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波壁透過レーダのキャリブレーションについての検討

    大川平, 山口芳雄, 山田寛喜

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-2 ) 64   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 二つの体積散乱モデルを用いた三成分散乱モデル分解法に関する検討

    佐藤彰展, 山口芳雄, 山田寛喜

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-1 ) 63   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 固有値を用いた植生と市街地の識別に関する検討

    下唐湊理, 山口芳雄, 山田寛喜, 児玉拓哉

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-5 ) 62   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 到来方向推定のためのブラインドアレー校正手法の精度向上に関する検討

    高橋善樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-4 ) 71   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電波を用いた屋内侵入検出センサのための屋内伝搬実験

    田仲圭, 黒崎雄太, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-2 ) 69   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 信号/雑音部分空間の直交性を利用した屋内侵入検出

    黒崎雄太, 田仲圭, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-5 ) 72   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサー屋内実環境におけるアンテナ分散配置の効果ー

    小出悠太, 西森健太郎, 本間尚樹, 桑原大輝, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-77 ( 10 ) 19 - 24   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチパス環境下でのアレー校正によるDOA推定精度について

    酒井宏史, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-81 ( 10 ) 43 - 48   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ブラインドMIMO伝送における送信側ICA処理の検討

    菅井幸平, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-1 ) 58   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチパス参照信号を用いたアレー校正手法の定量的評価

    酒井宏史, 山田寛喜, 山口芳雄

    2010年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-2 ) 64   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Landcover monitoring in India using POLSAR image analysis with quad, polarimetric ALOS/PALSAR data 査読

    R. Sato, A. Sato, Y. Yamaguchi, D. Singh, G. Singh

    Electronic Proc. of Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’10)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Independent Component Analysis for Pol-InSAR data 査読

    R.Takizawa, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Electronic Proc. of Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’10)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Study on Target/Multipath Wave Detection by using MIMO Radar 査読

    T.Aoyagi, K.Kaneko, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Electronic Proc. of Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’10)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Considerations on array calibration technique using MS-Root-MUSIC for DOA estimation 査読

    Y.Takahashi, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Electronic Proc. of Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’10)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Retrieval of orientation angle of building with respect to flight pass using fully polarimetric radar data 査読

    A. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada, S. E. Park

    Electronic Proc. of Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’10)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 送信アンテナ分散配置による屋内侵入検出に関する一検討

    黒崎雄太, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-34 )   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOセンサ-アンテナ高による侵入検出特性評価-

    西森健太郎, 本間尚樹, 小出悠太, 桑原大樹, 山田寛喜, 牧野秀夫

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-215 )   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マルチパス環境下におけるアレー校正精度の評価

    酒井宏史, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-236 )   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 固有値を用いた植生と傾いた市街地の識別に関する検討

    下唐湊理, 山口芳雄, 山田寛喜, 児玉拓哉

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2010-64 ( 8 ) 23 - 26   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric scattering analysis for accurate observation of stricken man-made targets using a rotated coherency matrix 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2010   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Four-component scattering power decomposition with rotation of coherency matrix 査読

    Y. Yamaguchi, R. Sato, H. Yamada, W. -M. Boerne

    Electronic Proc. of IGARSS 2010   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 電波伝搬変化を利用した屋内侵入/位置検出に関する基礎検討

    黒崎雄太, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-42 ( 7 ) 25 - 30   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ICAを用いたブラインドMIMO伝送におけるデータシンボル削減の検討

    菅井幸平, 山田寛喜, 西森健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-38 ( 7 ) 1 - 6   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Time transient scattering analysis for s simplified bridge model on risen water surface using the FDTD method 査読

    R. Sato, Y. Okubo, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Electronic Proc. of IGARSS 2010   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ESPRIT-based scattering power decomposition by using modified volume scattering model 査読

    H. Yamada, R. Komaya, Y. Yamaguchi

    Electronic Proc. of IGARSS 2010   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A New Four-component Scattering Power Decomposition Applied to ALOS-PALSAR PLR Data Sets 査読

    Y.Yamaguchi, R.Sato, H.Yamada, J.Yang

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2010)   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLSAR/POL-INSAR Data Analysis by Using ICA 査読

    H.Yamada, R.Takizawa, Y.Yamaguchi, R.Sato

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2010)   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Man-made Target Detection using Modified Scattering Power Decomposition with a Polarimetric Rotation 査読

    R.Sato, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2010)   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Array calibration by using orthogonal property between signal and noise subspace

    H.Yamada, Y.Yamaguchi

    電子情報通信学会技術研究報告AP2010-21 ( 5 ) 49 - 52   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 偏波を用いた壁透過レーダのターゲット分類に関する検討

    大川平, 大久保譲, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2010-11 ( 5 ) 7 - 12   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • On Array Calibration in the Presence of Multipath Waves

    H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Korea-Japan Technical Meeting on Antennas and Propagation ( 1 )   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • マルチパス環境下でのアレー校正法に関する一考察

    山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-244 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波行列回転とPOLSAR画像解析の湿地帯水域識別精度

    佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( C-1-9 )   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多次元信号部分空間を用いた拡張位置指紋法による屋内無線端末位置推定 査読

    黒崎雄太, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会和文論文誌BJ93-B ( 2 ) 322 - 331   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 送信アンテナ切替疑似MIMOシステムを用いたターゲット/マルチパス波分離検出について

    金子和弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2009-196 ( 2 ) 71 - 76   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 改良型体積散乱モデルを用いたPol-InSAR画像解析

    駒谷隆太郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2009-180 ( 1 ) 141 - 146   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SAGE法による伝搬チャネルパラメータ推定へのPSO適用

    稲越敦久, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2009-170 ( 1 ) 87 - 92   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ALOS-PALSAR quad-pol. image analysis by four-component scattering power decomposition

    Yoshio Yamaguchi, Akinobu Sato, Ryoichi Sato, Hiroyoshi Yamada

    電子情報通信学会技術研究報告WSANE2009-93 ( 11 )   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Data の平均化サイズとランクについて

    内山健太郎, 内田範昭, 山口芳雄, 山田寛喜

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( A1-5 ) 5   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 仮想矩形アレーを用いたアレーアンテナの校正精度について

    酒井宏史, 山田寛喜, 山口芳雄

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-2 ) 60   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • QAM変調方式におけるブラインドMIMOシステムの基礎検討

    菅井幸平, 山田寛喜, 山口芳雄

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-3 ) 61   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3次元屋内モデルにおける拡張位置指紋法を用いた無線端末位置推定

    黒崎雄太, 山田寛喜, 山口芳雄

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-1 ) 59   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMO-Capon法によるターゲット方位推定に関する一検討

    金子和弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-4 ) 67   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Experimental Evaluation of Linear Array Calibration by using 2-D Virtual Array 査読

    H.Sakai, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Proc. of 2009 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2009)   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fundamental Study on Blind MIMO Transmission by using ICA 査読

    K.Sugai, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Proc. of 2009 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2009)   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Wireless Location Estimation Using Extended Fingerprinting Techniques in Indoor Environment 査読

    Y.Kurosaki, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Proc. of 2009 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2009)   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 偏波Orientation角を用いた四成分散乱モデル分解法に関する検討

    内田範昭, 内山健太郎, 山口芳雄, 山田寛喜

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-4 ) 72   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波Orientation角を用いたPol-InSAR散乱モデル分解法

    駒谷隆太郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-3 ) 71   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SAGEアルゴリズムによる伝搬チャネル推定へのPSO適用

    稲越敦久, 山田寛喜, 山口芳雄

    2009年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 4C-1 ) 65   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ALOS Quad-Pol.データの平均化サイズとランクについて

    内山健太郎, 内田範昭, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-2-31 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 拡張位置指紋法を用いたMIMO端末位置推定

    黒崎雄太, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-203 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOシステムを用いた到来方向推定に関する一検討

    金子和弘, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-189 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ALOS/PALSARデータを用いた市街地検出に関する一検討

    内田範昭, 内山健太郎, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-2-30 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 回転化Coherency行列による四成分散乱モデル分解法を用いた市街地検出に関する検討

    佐藤彰展, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-2-32 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高分解能到来方向推定のためのアレーキャリブレーション手法 招待 査読

    山田寛喜

    電子情報通信学会論文誌BJ92-B ( 9 ) 1308 - 1321   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 偏波 Orientation角を用いた市街地検出に関する一検討

    内田範昭, 内山健太郎, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2009-59 ( 8 ) 37 - 42   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 回転化coherency行列を用いた四成分散乱モデル分解法に関する検討

    佐藤彰展, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2009-59 ( 8 ) 47 - 52   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Leeフィ ルタを用いた適応型コヒーレンスに関する検討

    内山健太郎, 内田範昭, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2009-59 ( 8 ) 43 - 46   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Scattering component decomposition for POL-InSAR data and its application 査読

    H. Yamada, Y. Yamaguchi, R. Sato

    2009 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2009)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric Scattering Feature Estimation for Accurate Vegetation Area Classification 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    2009 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2009)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Analysis and Observation of Polarimetric Scattering Behaviorin Wetland Area 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    2009 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2009)   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Elevation-Angle-Dependency calibration in DOA estimation with uniform linear array 査読

    H.Yamada, H.Sakai, Y.Yamaguchi

    Proc. of KJJC 2009   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ICAを用いたブラインドMIMOシステムに関する基礎的検討

    菅井幸平, 島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2009-29 ( 2 ) 105 - 110   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 近似信号部分空間を用いた屋内無線端末位置推定に関する検討

    黒崎雄太, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2009-35 ( 2 ) 141 - 146   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Fundamental study on Quasi-MIMO Radar system using ESPAR antenna

    M.Morishita, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    電子情報通信学会技術研究報告AP2008-235 ( 3 ) 117 - 121   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 電波伝搬と位置推定

    山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( PB-1-5 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 散乱電力分解を基とした植生の画像分類に関する一考察

    佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( C-1-14 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 降雨時の漏洩同軸ケーブル放射に関する一考察

    佐藤竜馬, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( C-1-7 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解法を用いた市街地検出に関する実験的検討

    内田範昭, 内山健太郎, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-9 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ESPARアンテナを用いた疑似MIMO radarに関する基礎検討

    森下雅透, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-231 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POL-InSAR画像解析における体積散乱成分推定に関する検討

    駒谷隆太郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-31 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Study on radio propagation channel sounder using the SAGE algorithm 査読

    A.Inakoshi, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    2nd International Symposium on Fusion Technology   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric synthetic aperture radar image analysis by four- component scattering power decomposition 招待 査読

    Y.Yamaguchi, R.Sato, H.Yamada

    2nd International Symposium on Fusion Technology   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental study on polarization orientation angle of building models by Ku-band FM-CW polsar 査読

    N.Uchida, K.Uchiyama, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    2nd International Symposium on Fusion Technology   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On the detection of dead tree by polarimetric FM-CW SAR data 査読

    K.Uchiyama, N.Uchida, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    2nd International Symposium on Fusion Technology   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Classification of oriented urban and forest areas using eigenvalue 査読

    Y.Henmi, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    2nd International Symposium on Fusion Technology   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MIMO-STAPレーダにおけるMWF処理の基礎的検討

    岩倉慶成, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏, 東海林慶一

    電子情報通信学会技術研究報告AP2008-161 ( 1 ) 79 - 84   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンテナ近傍物体の結合を考慮したブラインドアレー校正手法

    島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2008-161 ( 1 ) 67 - 72   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 仮想アレーを用いたアレー校正手法における仮想素子位置の最適化

    内藤孝, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2008-162 ( 1 ) 73 - 78   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DOA推定のための仮想素子を用いたアレー校正手法(共著) 査読

    内藤孝, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ92-B ( 1 ) 216 - 223   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アレー信号処理手法による高分解能到来方向推定とアレー校正 招待

    山田寛喜

    電子情報通信学会第23回信号処理シンポジウムCDROM   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An Efficient Sliding Window Processing for the Covariance Matrix Estimation 査読

    Y.Iwakura, J.Suzuki, H.Yamada, Y.Yamaguchi, M.Tanabe, Y.Shoji

    Proc. of 2008 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2008)   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Extended Array Calibration Technique by Using Virtual Elements for DOA Estimation 査読

    T.Naito, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Proc. of 2008 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2008)   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ICAとEMアルゴリズムを用いたア レーアンテナによる電波到来方向推定

    稲越敦久, 島田祐平, 山田寛喜, 山口芳雄

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   65   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 仮想素子を用いたアレー校正手法の検討

    内藤孝, 山田寛喜, 山口芳雄

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   63   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 部分空間の直交性に基づいたブラインドア レーアンテナ校正手法

    島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   64   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • STAPレーダのための 効率的な共分散行列算出手法

    岩倉慶成, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   66   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Consideration on initial values for parastic elements with multiport parastic array radiator antenna

    Masayuki Morishita, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   219   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 海洋レーダにおけるアンテナ狭小化実験

    小海,伊藤, 千葉,藤田, 新井,山田

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   70   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 二つの四成分ターゲット分解法 に関する比較検討

    内山健太郎, 内田範昭, 山口芳雄, 山田寛喜

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   68   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 斜面観測における偏波 Orientation角に関する実験的検討

    内田範昭, 内山健太郎, 山口芳雄, 山田寛喜

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   69   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FDTD法を用いた複数人工物モデル の偏波散乱解析

    浅川雄祐, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   61   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新しい体積散乱モデルを用いた散乱モデル 分解法に関する検討

    駒谷隆太郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   62   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海洋レーダの表層流観測へのCapon法の適用

    大西,木藤, 平野, 伊藤,山田

    2008年度電子情報通信学会信越支部大会   71   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 独立成分分析を利用した不等間隔リニアアレーのためのブラインドアレー校正手法 査読

    島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ91-B ( 9 ) 980 - 988   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 複数給電型パラサイトアレーを用いた適応指向性制御方式 査読

    森下雅透, 山田寛喜, Sun Chen, 太郎丸真, 大平孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ91-B ( 9 ) 989 - 997   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Ku-band FM-CW POLSARによる建造物モデルの偏波散乱特性に関する実験的検討

    内田範昭, 内山健太郎, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2008-51 ( 8 ) 23 - 26   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中越地震地域のPOLSAR画像解析

    逸見祐輔, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2008-52 ( 8 ) 27 - 30   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Ku-band FM-CWレーダによる枯木の検出に関する検討

    内山健太郎, 内田範昭, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2008-50 ( 8 ) 19 - 22   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 湿地帯における水域-抽水植物境界からの偏波散乱特性について

    佐藤亮一, 板垣健志, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告EMT2008 ( 7 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Coherent decomposition of fully polarimetric radar data 査読

    Y. Yamaguchi, J. Nakamura, K. Aoyama, H. Yamada

    2008 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2008)   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Simple Man-made Object Classification Approach Using The Correlation Coefficient in Circular Polarization Basis 査読

    R.Sato, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    2008 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2008)   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric scattering analysis for simplified man-made structure model on rough and/or inclined ground plane 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    2008 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2008)   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Seasonal change monitoring of wetlands by using airborne and satellite POLSAR sensing 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada, W. -M. Boerne

    2008 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2008)   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric scattering model decomposition for POL-InSAR data 査読

    H. Yamada, Y. Yamaguchi, R. Sato

    2008 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2008)   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 送信側相関抑圧処理によるアレーアンテナを用いた屋内無線局位置推定法の精度の向上について

    遠藤奈津美, 山田寛喜, 佐藤亮一, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2008-73 ( 7 ) 207 - 212   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Coherent decomposition of fully polarimetric FM-CW radar data 査読

    Jun Nakamura, Kazuyasu Ayama, Muneyuki Ikarashi, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE91B ( 7 ) 2374 - 2379   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a coherent decomposition scheme for polarimetric SAR data. Coherent decomposition means the decomposition is applied to a single or a few scattering matrix data. Based on the scattering matrix acquired with an FM-CW polarimetric SAR system, we have devised a simple decomposition technique using the coherency matrix for the purpose of identifying scatterers. This paper presents the decomposition technique and some decomposition results obtained by a fully polarimetric FM-CW radar. It is shown the scattering mechanisms are well recovered and the orientation angles of wire scatterer are precisely measured.

    DOI: 10.1093/ietcom/e9l-b.7.2374

    Web of Science

    researchmap

  • POLSAR image analysis of wetlands using a modified four-component scattering power decomposition 査読

    Yuki Yajima, Yoshio Yamaguchi, Ryoichi Sato, Hiroyoshi Yamada, Wolfgang-Martin Boerner

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING46 ( 6 ) 1667 - 1673   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    dIt is important to monitor environmental changes of the Earth's cover by remotely sensed data. This paper analyzes seasonal changes of a wetland by a modified polarimetric four-component scattering power decomposition method. The data sets analyzed here are L- and X-band fully polarimetric synthetic aperture radar (POLSAR) data, which have been acquired by the NICT/JAXA airborne polarimetric and interferometric synthetic aperture radar system in 2004. Since there existed a deficiency in the currently adopted decomposition schemes in that negative powers appear in a few pixels in the image analysis, we modified the approach taking into account physical conditions. It is shown by the modified scheme that the seasonal changes and features of the vegetation near Sakata Lagoon in Niigata, Japan, are observed clearly, demonstrating the utility of POLSAR image analysis for wetland assessments in general.

    DOI: 10.1109/TGRS.2008.916326

    Web of Science

    researchmap

  • On scattering model decomposition with Pol- InSAR data 査読

    H. Yamada, Y. Yamaguchi

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2008)   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A monitoring technique for seasonal water area change of wetland based on POLSAR image analysis 査読

    R. Sato, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2008)   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Water change detection in natural dam caused by earthquake using Pi-SAR fully polarimetric data 査読

    Y. Yamaguchi, H. Yamada, R. Sato

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2008)   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLSAR image analysis of wetlands using fully polarimetric quad-SAR data 査読

    Y. Yamaguchi, H. Yamada, Y. Yajima, R. Sato, W. M. Boer

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2008)   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A simple method to stop an adaptive process for the multistage Wiener filter 査読

    Junichiro Suzuki, Yoshikazu Shoji, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, Masahiro Tanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE91B ( 5 ) 1581 - 1588   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The multistage Wiener filter (MWF) outperforms the full rank Wiener filter in low sample support environments. However, the MWF adaptive process should be stopped at an optimum stage to get the best performance. There are two methods to stop the MWF adaptive process. One method is to calculate until the final full-stage, and the second method is to terminate at r-stage less than full-stage. The computational load is smaller in the latter method, however, a performance degradation is caused by an additional or subtractive stage calculation. Therefore, it is very important for the r-stage calculation to stop an adaptive process at the optimum stage. In this paper, we propose a simple method based on a cross-correlation coefficient to stop the MWF adaptive process. Because its coefficient is calculated by the MWF forward recursion, the optimum stage is determined automatically and additional calculations are avoided. The performance was evaluated by simulation examples, demonstrating the superiority of the proposed method.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.5.1581

    Web of Science

    researchmap

  • ICAを用いた等間隔リニアアレーによる到来方向推定に関する検討

    原義宏, 島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-189 ( 3 ) 95 - 100   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DOA推定のためのアレー校正手法 −信号処理的アプローチ−

    山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-13 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Beamspace Post-Doppler法を用いたMWFの性能評価

    岩倉慶成, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-216 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波相関係数を用いた人工物検出に関する一考察

    浅川雄祐, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-218 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Two-dimensional target location estimation technique using leaky coaxial cables 査読

    Kenji Inomata, Takashi Hirai, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE91B ( 3 ) 878 - 886   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a target location estimation method that can use a pair of leaky coaxial cables to determine the 2D coordinates of the target. Since convention location techniques using leaky coaxial cables can find a target location along the cable in I D, they have been unable to locate it in 21) planes. The proposed method enables us to estimate target on a 21) plane using, 1) a beam-forming technique and 2) a reconstruction technique based on Hough transform. Leaky coaxial cables are equipped with numerous slots at regular interval, which can be utilized as antenna arrays that acts both as transmitters and receivers. By completely exploiting this specific characteristic of leaky coaxial cables, we carried out an antenna array analysis that performs in a beam-forming fashion. Simulation and experimental results support the effectiveness of the proposed target location method.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.3.878

    Web of Science

    researchmap

  • 仮想アレーを用いたリニアアレーDOA推定の仰角依存性の校正について

    内藤孝, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-130 ( 1 ) 45 - 50   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Ku-band FM-CW POLSARによるCCD基礎検討

    中村 純, 青山和康, 山口芳雄, 山田寛喜, 降旗正忠, 熊谷信夫

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2007-118 ( 1 )   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高速な散乱行列取得による移動 ターゲットの四成分電力分解

    青山和康, 中村 純, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2007-123 ( 1 )   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Classification of terrain by implementing the correlation coefficient in the circular polarization basis using X-band POLSAR data 査読

    Yoshio Yamaguchi, Yukari Yamamoto, Hiroyoshi Yamada, Jian Yang, Wolfgang-Martin Boerner

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE91B ( 1 ) 297 - 301   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Classification of terrain is one of the most important applications of Polarimetric Synthetic Aperture Radar (POLSAR) image analysis. This paper presents a simple method to classify terrain by the use of the correlation coefficients in the circular polarization basis together with the total power of the scattering matrix in the X-band. The reflection symmetry condition that the co-polarized and the cross-polarized correlations are close to zero for natural distributed scatterers is utilized to extract characteristic parameters of small forests or cluster of trees, and oriented urban building blocks with respect to the direction of the radar illumination. Both of these kinds of scatterers are difficult to identify in high resolution POLSAR images of complex urban areas. The indices employed here are the correlation coefficient, a modified coefficient normalized by the reflection symmetric conditional case, and the total power. It is shown that forest areas and oriented building blocks are easily detected and identified. The terrain classification yielded by these combinations is very accurate as confirmed by photographic ground truth images.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.1.297

    Web of Science

    researchmap

  • POLSAR画像解析を基とした新潟県中越地震の被災住宅の検出

    佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    第520回電波研連F分科会   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An Efficient Dimensional Reduction of the Blocking Matrix for the Multistage Wiener Filter 査読

    J. Suzuki, Y. Shoji, M. Tanabe, H. Yamada, Y. Yamaguchi

    Proc. of Asilomar Conference on Signals, Systems, and Computers   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Blind Array Calibration Technique for Uniform Linear Array Using ICA 査読

    Y. Shimada, H. Yamada, Y. Yamaguchi

    Proc. of TENCON 2007   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 複数給電型パラサイトアレーを用いた適応指向性制御方式の検討

    森下雅透, 山田寛喜, Chen Sun, 太郎丸 真, 大平 孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-102 ( 11 ) 1 - 6   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol-InSAR画像解析におけるESPRIT法を用いた散乱モデル分解法の精度向上

    小野田 仁, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-99 ( 10 ) 69 - 74   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遅延線を用いた散乱行列の同時取得

    中村純, 青山和康, 山口芳雄, 山田寛喜

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-5 ) 60   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Post-Doppler方式を 用いたSTAPの性能評価

    岩倉慶成, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-2 ) 57   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高速な散乱行列取得による移動 ターゲットの四成分電力分解

    青山和康, 中村純, 山口芳雄, 山田寛喜

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 2A-2 ) 22   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナを用いた素子 指向性制御型アダプティブアレーの適応制御法に関する一検討

    片岡瑛太郎, 森下雅透, 山田寛喜, 山口芳雄

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3C-2 ) 52   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol-InSAR画像解析における散乱モデル分解法の 精度向上

    小野田仁, 山田寛喜, 山口芳雄

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 2A-1 ) 21   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Consideration on Adaptive Beamforming of the MuPAR Antenna

    Masayuki Morishita, Hiroyoshi Yamada, Chen Sun, Makoto Taromaru, Takashi Ohira

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 10C-3 ) 225   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 複数給電型パラサイトアレーに おける適応指向性制御の高速化

    森下雅透, 山田寛喜, S.Chen, 太郎丸真, 大平孝

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-184 )   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Simple detection method of forested area by the correlation coefficients in the circular polarization basis using the X-band Pi-SAR data 査読

    Y. Yamaguchi, Y. Yamamoto, R. Sato, H. Yamada

    Electronic Proc. of ASAR Workshop 2007   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLSAR image analysis of wetlands using fully polarimetric quad-SAR data 査読

    Y. Yamaguchi, H. Yamada, Y. Yajima, R. Sato, W. -M. Boerne

    Electronic Proc. of ASAR Workshop 2007   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • FDTD法を用いた簡易人工物モデルの 偏波散乱解析

    浅川雄祐, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-3 ) 58   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 円偏波相関係数を用いたPOLSAR画像解析(1)

    逸見祐輔, 山口芳雄, 山田 寛喜

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 2A-5 ) 25   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 独立成分分析を用いた素子間相互結合および 素子特性の校正手法

    島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3C-1 ) 51   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 三角アレー送信側SSPによるコヒーレント波の 相関抑圧特性

    遠藤奈津美, 山田寛喜, 山口芳雄

    2007年度電子情報通信学会信越支部大会 ( 3C-3 ) 53   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Decorrelation performance of spatial smoothing preprocessing at transmitter in the presence of multipath coherent waves 査読

    Natsumi Endo, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE90B ( 9 ) 2297 - 2302   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Direction of arrival estimation of coherent multipath waves by using superresolution technique often requires decorrelation preprocessings. Spatial smoothing preprocessings are the most popular schemes as the techniques. In mobile environment, position change of the target/transmitter often brings us decorrelation effect. In addition, multiple signals transmitted by an antenna array, such as a MIMO transmitter, can also cause the same effect. These effects can be categorized as the spatial smoothing preprocessing at the transmitter. In this paper, we analyze the spatial smoothing effect at the transmitter in the presence of multipath coherent waves. Theoretical and simulation results show that the spatial smoothing at the transmitter has a good feature in comparison with the conventional SSP at the receiving array. We also show that better decorrelation performance can be obtained when the SSPs at the transmitter and receiving array are applied simultaneously.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b.9.2297

    Web of Science

    researchmap

  • A simple mutual coupling compensation technique in array of single-mode elements by a weighted mutual coupling matrix based on the impedance matrix 査読

    Hiroyoshi Yamada, Masayuki Morishita, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE90B ( 9 ) 2288 - 2296   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    High-resolution Direction-of-Arrival (DOA) estimation techniques for antenna arrays have been widely desired in many applications such as smart antennas, RF position location, and RFID system. To realize high-resolution capability of the techniques, precise array calibration is necessary. For an array of single-mode elements. a calibration matrix derived by the open-circuit method is the simplest one. Unfortunately, calibration performance of the method is not enough for the high-reslution DOA estimation techniques. In this paper, we consider problems of the calibration matrix derived by the method, and show that errors in the matrix can be effectively removed by an optimal diagonal weight coefficient. In the proposed compensation technique, the number of newly introduced parameters, or unknowns. is only one for an array of the identical elements. Performance of the simple compensation technique is verified numerically and experimentally.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b.9.2288

    Web of Science

    researchmap

  • Investigation on seasonal water area change in Lake Sakata based on POLSAR image analysis 査読

    Ryoichi Sato, Yuki Yajima, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE90B ( 9 ) 2369 - 2375   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper examines seasonal change of the true water area of Lake "Sakata" by using Polarimetric Synthetic Aperture Radar (POLSAR) image analysis. The true water area includes not only the body of water but also the water area under emerged-plants and/or floating-leave plants in the lake. Statistical POLSAR image analysis is carried out for both X- and L-band data, based on the three-component scattering power decomposition method, where the decomposed components are surface scattering, double-bounce scattering and volume scattering components. From the results of the image analysis for the L-band POLSAR data acquired by Pi-SAR system, it is found that strong double-bounce scattering can be observed at the vicinity of the boundary region between water area and the surrounding emerged-plants area in early and middle summer. This phenomenon is an important factor for environmental monitoring. To verify the generating mechanism of the double-bounce scattering, the Finite-Difference Time-Domain (FDTD) polarimetric scattering analysis is also executed for a simplified boundary model, which simulates the local boundary region around the lake and consists of lots of vertical thin dielectric pillars on a perfect electric conductor (PEC) plate or on a PEC and dielectric hybrid plate. Taking into account the polarimetric feature of the double-bounce scattering obtained by both the FDTD and POLSAR image analyses, one can distinguish the actual water area from the bush of the emerged-plants around the lake, even when the water area is concealed by emerged-plants and/or floating-leave plants. Consequently, it is found that by using the proposed approach, one can estimate the true water area seasonal change for the lake and the surrounding wetland.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b.9.2369

    Web of Science

    researchmap

  • POLSAR IMAGE ANALYSIS FOR WETLANDS MONITORING BASED ON A MODIFIED FOUR-COMPONENT SCATTERING POWER DECOMPOSITION 査読

    Yuki Yajima, Ryoichi Sato, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Wolfgang-Martin Boerner

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • PRELIMINARY RESULT OF ALOS/PALSAR FULLY POLARIMETRIC DATA AND ITS COMPARISON WITH PI-SAR DATA 査読

    Xin Xu, Yoshio Yamaguchi, Yuki Yajima, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • CLASSIFICATION OF TERRAIN USING THE CORRELATION COEFFICIENT IN THE CIRCULAR POLARIZATION BASIS FOR X-BAND POLSAR DATA 査読

    Yukari Yamamoto, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Ryoichi Sato, Jian Yang

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • PERFORMANCE OF ADAPTIVE BEAMFORMING WITH MULTIPORT PARASITIC ARRAY RADIATOR ANTENNA 査読

    Masayuki Morishita, Sun Chen, Makoto Taromaru, Hiroyoshi Yamada, Takashi Ohira

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • INTERFERENCE CANCELLATION PERFORMANCE OF ADAPTIVE ARRAY OF ESPAR ANTENNAS 査読

    Eitaro Kataoka, Masayuki Morishita, Hiroyoshi Yamada, Makoto Taromaru, Takashi Ohira, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • TARGET DETECTION WITH SURFACE AND RADIATION MODE OF LEAKY COAXIAL CABLE 査読

    Kenji Inomata, Takashi Hirai, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Classification of Stricken Residential Houses by the Mid Niigata Prefecture Earthquake Based on POLSAR Image Analysis 査読

    R. Sato, K. Soma, Y.Yajima, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA ESTIMATION OF COHERENT WAVES BY USING SPATIAL SMOOTHING PREPROCESSINGS IN TRANSMITTER 査読

    Natsumi Endo, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DEVELOPMENT OF THE FULLY POLARIMETRIC FM-CW SAR AND THE COHERENT DECOMPOSITION OF TARGET 査読

    Kazuyasu Aoyama, Muneyuki Ikarashi, Jun Nakamura, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • FULLY POLARIMETRIC AND INTERFEROMETRIC FM-CW SAR SYSTEM AND ITS PRELIMINARY MEASUREMENT RESULTS 査読

    Jun Nakamura, Kazuyasu Aoyama, Muneyuki Ikarashi, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • BLIND ARRAY CALIBRATION TECHNIQUE USING ICA 査読

    Yuhei Shimada, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Coherent decomposition of polarimetric FMCW SAR data

    Yoshio Yamaguchi, Muneyuki Ikarashi, Kazuyasu Aoyama, Jun Nakamura, Hiroyoshi Yamada

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2007-61 ( 8 )   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • POLSAR image analysis of Chuetsu-earthquake area using a modified four-component scattering power decomposition

    山口芳雄, 矢島雄生, 佐藤亮一, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2007-47 ( 8 )   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • COMPUTATIONAL LOAD REDUCTION OF STAP USING A NEW STAGE PROCESSING 査読

    Yoshikazu Shoji, Junichiro Suzuki, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, Masahiro Tanabe

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • IMPROVEMENT OF SCATTERING MODEL DECOMPOSITION BY ESPRIT-BASED POL-INSAR 査読

    Hitoshi Onoda, Masahiro Yamazaki, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2007 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2007)   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA推定のための仮想素子を用いたアレー校正法の効果

    内藤孝, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-72 ( 7 ) 169 - 174   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 独立成分分析による分離信号を用いたアレー 校正手法

    島田裕平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-73 ( 7 ) 175 - 180   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Classification of Terrain Using the Correlation Coefficient in the Circular Polarization Basis for the X-band Pi-SAR image

    山口芳雄, 山本ゆかり, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007-26 ( 5 )   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 複数給電型パラサイト アレーによる適応指向性制御について

    森下雅透, Chen Sun, 太郎丸 真, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2007 ( 5 )   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Optimal antenna matching and mutual coupling effect of antenna array in MIMO receiver 査読

    Hiroki Iura, Hiroyoshi Yamada, Yasutaka Ogawa, Yoshio Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE90B ( 4 ) 960 - 967   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Antenna array is essential factor for multiple- input multiple-output (MIMO) wireless systems. Since the antenna array is composed of closely spaced elements, the mutual coupling among the elements cannot be ignored for the best performance of the array. Mutual coupling affects the MIMO channel, so the performance of a MIMO system, including channel capacity and diversity, varies with the degree of mutual coupling. The effect of mutual coupling is a function of the antenna load impedance. Therefore, designing an optimal element-matched array for a MIMO system requires consideration of the optimal matching condition for the array elements, the one that maximizes the channel capacity. We evaluated the effects of mutual coupling with various matching conditions in dipole arrays, and investigated their effects on the path correlation and channel capacity of MIMO systems. Simulation showed that the conventional conjugate matching of each element is still suitable for closely spaced elements except when the separation is about less than 0.1.1 Theoretical consideration of the received power of a closely-spaced-element array is also provided to show the effects of mutual coupling.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b4.960

    Web of Science

    researchmap

  • Handheld DOA Finder with Electronically Steerable Parasitic Array Radiator Using the Reactance-Domain MUSIC Algorithm 査読

    A.Hirata, E.Taillefer, H.Yamada, T.Ohira

    IET Proc. on Microwaves, Antennas & Propagation1 ( 4 ) 815 - 821   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Classification of Targets on Road by Fully Polarimetric and Real-time FM-CW Radar 査読

    J. Nakamura, M. Ikarashi, K. Aoyama, M. Mitamura, Y. Yamaguchi, H. Yamada, Y. Uehara

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   60   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 仮想アレーを用いた拡張アレー校正法について

    山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-248 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric Observation of the Trees in the X- and Ku-band by FM-CW SAR system 査読

    K. Aoyama, M. Ikarashi, J. Nakamura, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   61   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Coherent enhancement for polarimetric SAR interferometry 査読

    T. Xiong, J. Yang, W. Zhang, Y. Yamaguchi, Y. Hamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Rank Selection Algorithm with a Cross-Correlation Coefficient for the Multistage Wiener Filter 査読

    Junichiro Suzuki, Yoshikazu Shoji, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, Masahiro Tanabe

    Proc. of 2006 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2006)   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Seasonal Change Investigation of Water Area in Lake Sakata Based on POLSAR Image Analysis 査読

    Ryoichi Sato, Yuki Yajima, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of 2006 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2006)   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Simple Calibration Technique for Arrays with Single-mode Elements Based on Mutual Impedance Matrix 査読

    Hiroyoshi Yamada, Masayuki Morishita, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2006 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2006)   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA Estimation of Coherent Waves by Using Spatial Smoothing Preprocessings in Transmitter 査読

    Natsumi Endo, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2006 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2006)   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Decomposition of POLSAR Image Applied to Wet Land Monitoring 査読

    Yoshio Yamaguchi, Yuki Yajima, Ryoichi Sato, Hiroyoshi Yamada, Wolfgang-M.Boerner

    Proc. of 2006 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2006)   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解を用いた湿地帯のPOLSAR画像解析

    矢島雄生, 山口芳雄, 佐藤亮一, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2006-103 ( 10 ) 31 - 34   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Fully Polarimetric FM-CWレーダによる路上ターゲットの分類に関する検討

    中村 純, 五十嵐宗幸, 青山和康, 三田村美佳, 山口芳雄, 山田寛喜, 山田直之, 上原康生

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2006-98 ( 10 ) 1 - 5   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像解析を用いた新潟県中越地震の被災現場の観測

    相馬宏司, 佐藤亮一, 矢島雄生, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-18 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Observation of a local stricken area by mid Niigata prefecture earthquake based on POLSAR image analysis 査読

    R.Sato, Y. K.Soma, Y.Yajima, Yamaguchi, H. Yamada

    Korea-Japan Joint Conference-AP/EMCJ/EMT(KJJC2006)   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 素子間隔相互結合行列を用いたMIMO容量の計算に関する検討

    原 義宏, 山田寛喜, 山口芳雄

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   65   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナをアレー化したアダプティブアレーによる干渉波抑圧に関する一検討

    片岡瑛太郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   61   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MWFを用いたSTAPレーダにおける段階的ブロッキング行列算出に関するランク選択規範の解析的検討

    東海林慶一, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   62   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol-InSAR画像を用いた四成分散乱モデル分解を応用した森林高推定

    山崎真裕, 山田寛喜, 山口芳雄

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   66   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol-InSAR画像を用いた森林領域の散乱モデル分解法に関する考察

    小野田仁, 山崎真裕, 山田寛喜, 山口芳雄

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   68   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3面コーナーリフレクタと都市構造物を用いた偏波校正について

    許キン,山口芳雄, 山田寛喜

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   64   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多周波FM-CW SARを用いた植生における散乱特性の比較

    五十嵐宗幸, 山口芳雄, 山田寛喜

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   67   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像解析における四成分散乱モデル分解法の検討

    矢島雄生, 山口芳雄, 山田寛喜

    2006年電子情報通信学会信越支部大会   69   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MWFを用いたSTAPレーダにおける段階的ブロッキング行列算出に関するランク選択規範の検討

    東海林慶一, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-230 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インピーダンス行列に基づくアレーアンテナの簡易校正法の実験的検証"

    森下雅透, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-180 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナをアレー化したアダプティブアレーによる干渉波抑圧について

    片岡瑛太郎, 山田寛喜, 太郎丸 真, 大平 孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-193 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric SARを用いたターゲット識別の可能性について

    山田直之, 三富 敏, 上原康生, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-14 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A New FM-CW Pol-InSAR System for Laboratory Measurement 査読

    M. Ikarashi, K. Aoyama, J. Nakamura, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   174   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Ku-band Fully Polarimetric FM-CW Radar System

    青山和康, 中村 純, 五十嵐宗幸, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2006-57 ( 8 ) 1 - 5   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fully Polarimetric L-and X-Band Pi-SAR Observation of Tomakomai Forested Area 査読

    Y. Yamaguchi, Y. Yajima, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   470   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ESPRIT-based Pol-InSAR Technique with Scatterring Model Decomposition Preprocessing for Forest Analysis 査読

    H. Yamada, M. Yamazaki, Y. Yamaguchi

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   308   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Investigation on Seasonal Change of Water Area in Lake Sakata Based on POLSAR Image Analysis 査読

    R. Sato, Y. Yajima, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   176   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Laboratory Measurements by a Fully Polarimetric FM-CW SAR in the Ku-Band 査読

    M. Ikarashi, J. Nakamura, K. Aoyama, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   175   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 送信側空間平均法を用いたコヒーレント波の到来方向推定性能について

    遠藤奈津美, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2006-52 ( 7 ) 79 - 84   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Four-component decomposition of POLSAR image based on coherency matrix 査読

    Yoshio Yamaguchi, Yuki Yajima, Hiroyoshi Yamada

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2006) ( CDROM )   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • X-and L-Band Pi-SAR Observation to Chuetsu Earthquake Region, Japan 査読

    Yoshio Yamaguchi, Yuki Yajima, Hiroyoshi Yamada, Seiho Uratsuka, Toshihiko Umehira, Toshifumi Moriyama

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2006) ( CDROM )   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Modified Huynens Decomposition of a Mueller Matrix 査読

    Jian Yang, Ying-Ning Peng, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2006) ( CDROM )   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On Scattering Model Decomposition of PolSAR Image and its Application to the ESPRIT-based Pol-inSAR 査読

    Hiroyoshi Yamada, Masahiro Yamazaki, Yoshio Yamaguchi

    European Conference on Synthetic Aperture Radar (EUSAR2006) ( CDROM )   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • アレーアンテナの送受信時の校正行列とその簡易推定法

    山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2006-7 ( 4 ) 33 - 38   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A four-component decomposition of POLSAR images based on the coherency matrix 査読

    Y. Yamaguchi, Y. Yajima, H. Yamada

    IEEE Geoscience Remote Sensing Letters3 ( 3 ) 292 - 296   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • On Huynen's decomposition of a Kennaugh matrix," IEEE Geoscience Remote Sensing Letters 査読

    J.Yang, Y.N.Peng, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    IEEE Geoscience Remote Sensing Letters3 ( 3 ) 369 - 372   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • マルチステージウィーナーフィルターを用いたSTAPにおける最適ブロッキング行列算出方法の検討

    東海林慶一, 鈴木潤一郎, 山田寛喜, 山口芳雄, 田邊正宏

    電子情報通信学会技術研究報告AP2005-2 ( 2 ) 37 - 42   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解法を用いたESPRIT法の森林高推定精度向上に関して

    山崎真裕, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2005-138 ( 1 ) 37 - 40   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric scattering analysis for a finite dihedral corner reflector 査読

    K Hayashi, R Sato, Y Yamaguchi, H Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE89B ( 1 ) 191 - 195   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper examines polarimetric scattering characteristics caused by a dihedral corner reflector of finite size. The dihedral corner reflector is a basic model of double-bounce structure in urban area. The detailed scattering information serves the interpretation of Polarimetric Synthetic Aperture Radar (POLSAR) data analysis. The Finite-Difference Time-Domain (FDTD) method is utilized for the scattering calculation because of its simplicity and flexibility in the target shape modeling. This paper points out that there exists a stable double-bounce squint angle region both for perfect electric conductor (PEC) and dielectric corner reflectors. Beyond this stable squint angular region, the scattering characteristics become completely different from the assumed response. A criterion on the double-bounce scattering is proposed based on the physical optics (PO) approximation. The detailed analyses on the polarimetric index (copolarization ratio) with respect to squint angle and an experimental result measured in an anechoic chamber are shown.

    DOI: 10.1093/ietcom/e89-b.1.191

    Web of Science

    researchmap

  • エスパアンテナを用いたビーム切り替え型アダプティブアレーに関する検討

    森下雅透, 山田寛喜, 太郎丸真, 太平孝, 山口芳雄

    2005年電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-5 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol-InSARにおけるESPRIT法の森林高推定精度向上に関して

    山崎真裕, 山田寛喜, 山口芳雄

    2005年電子情報通信学会信越支部大会 ( 4B-1 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波レーダによる人の検出に関する基礎実験

    三富敏, 山田寛喜, 山口芳雄

    2005年電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-3 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Coherency 行列を用いたPOLSAR画像の四成分散乱モデル分解

    矢島雄生, 山田寛喜, 山口芳雄

    2005年電子情報通信学会信越支部大会 ( 4A-5 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最尤法を用いた電波到来方向推定の特性評価

    東海林慶一, 山田寛喜, 山口芳雄

    2005年電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-4 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 様々なアンテナ負荷状態におけるMIMO特性評価

    井浦裕貴, 山田寛喜, 山口芳雄

    2005年電子情報通信学会信越支部大会 ( 3D-5 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解を用いた佐潟のPOLSAR画像解析

    矢島雄生, 山口芳雄, 佐藤亮一, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-2-19 )   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Four-Component decomposition of POLSAR image based on coherency matrix

    Y.Yamaguchi, Y.Yajima, H.Yamada

    電子情報通信学会技術研究報告AP2005-77 ( 9 ) 71 - 76   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Coherency 行列を用いたPOLSAR画像の4成分散乱モデル分解

    山口芳雄, 矢島雄生, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-4 )   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナによるビーム切り替え型アダプティブアレー

    森下雅透, 山田寛喜, 太郎丸 真, 大平 孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-184 )   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンテナ負荷および素子間相互結合を考慮したMIMO特性評価

    井浦裕貴, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会AP2005-75 ( B-1-240 ) 59 - 64   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric Scattering by a finite dihedral corner reflector 査読

    R.Sato, K.Hayashi, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2005 (ISAP 2005)   423 - 426   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Mutual coupling compensation in array antenna for high-resolution DOA estimation 査読

    H.Yamada, Y.Ogawa, Y.Yamaguchi

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2005 (ISAP 2005)   305 - 308   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR image decomposition for non-reflection symmetry condition 査読

    Y.Yamaguchi, M.Ishido, T.Moriyama, J.Yang, H.Yamada

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2005 (ISAP 2005)   431 - 434   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Four-component scattering model for polarimetric SAR image decomposition 査読

    Y Yamaguchi, T Moriyama, M Ishido, H Yamada

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING43 ( 8 ) 1699 - 1706   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    A four-component scattering model is proposed to decompose polaximetric synthetic aperture radar (SAR) images. The covariance matrix approach is used to deal with the non-reflection symmetric scattering case. This scheme includes and extends the three-component decomposition method introduced by Freeman and Durden dealing with the reflection symmetry condition that the co-pol and the cross-pol correlations are close to zero. Helix scattering power is added as the fourth component to the three-component scattering model which describes surface, double bounce, and volume scattering. This helix scattering term is added to take account of the co-pol and the cross-pol correlations which generally appear in complex urban area scatttering and disappear for a natural distributed scatterer. This term is relevant for describing man-made targets in urban area scattering. In addition, asymmetric volume scattering covariance matrices are introduced in dependence of the relative backscattering magnitude between HH and W. A modification of probability density function for a cloud of dipole scatterers yields asymmetric covariance matrices. An appropriate choice among the symmetric or asymmetric volume scattering covariance matrices allows us to make a best fit to the measured data. A four-component decomposition algorithm is developed to deal with a general scattering case. The result of this decomposition is demonstrated with L-band Pi-SAR images taken over the city of Niigata, Japan.

    DOI: 10.1109/TGRS.2005.852084

    Web of Science

    researchmap

  • Four-component decomposition of POLSAR image 査読

    Y.Yamaguchi, M.Ishido, H.Yamada, T.Moriyama

    2005 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2005)   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Accuracy Improvement of ESPRIT-based Polarimetric SAR Interferometry for Forest Height Estimation 査読

    H.Yamada, H.Okada, Y.Yamaguchi

    2005 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2005)   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • アレーアンテナの素子間相互結合と送信/受信時の校正行列について

    山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2005-25 ( 5 ) 91 - 96   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Mutual Impedance of Receiving Array and Calibration Matrix for High-resolution DOA Estimation 査読

    Hiroyoshi Yamada, Yasutaka Ogawa, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 2005 IEEE/ACES International Conference on Wireless Communications and Applied Computational Electromagnetics   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Sectorized Calibration of CUBA-ESPAR for Improving Direction Finding Ability

    Chen Sun, Akifumi Hirata, Tatsuya Shimizu, Hiroyoshi Yamada, Takashi Ohira

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-329 ( 3 ) 157 - 162   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ESPRIT法を用いたPol-InSARにおける森林高推定精度の改善に関して

    岡田裕樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-23 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アレーアンテナの相互結合と送受信時の校正行列について

    山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-237 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ESPARアンテナによるリアクタンスドメインビームフォーマー

    Eddy Taillefer, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-254 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • リアクタンスドメインMUSIC法の従来アレーとの比較

    平田明史, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-255 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Four-component scattering model for polarimetric SAR image decomposition based on asymmetric covariance matrix

    Y. Yamaguchi, M. Ishido, H. Yamada

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2004-119 ( 3 ) 187 - 192   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Four-Component Scattering Model for Polarimetric SAR Image Decomposition based on Covariance Matrix

    Yoshio YAMAGUCHI, Toshifumi MORIYAMA, Motoi ISHIDO, Hiroyoshi YAMADA

    電子情報通信学会総合大会 ( CS-1-4 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 有限平板上の誘電体柱群からの偏波散乱特性(2) -- 斜め入射の場合

    木島靖人, 佐藤亮一, 林 圭, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-22 )   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンテナ整合および素子間相互結合を考慮したMIMO特性評価

    井浦裕貴, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-301 ( 3 ) 129 - 134   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 受信アレーアンテナの相互インピーダンスとその校正行列について

    山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-332 ( 3 ) 173 - 178   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 4-component decomposition of POLSAR data based on covariance matrix

    Yoshio Yamaguchi, Motoi Ishido, Toshifumi Moriyama, Hiroyoshi Yamada

    SAR Workshop   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Four-component scattering model for polarimetric SAQR image decomposition 査読

    Y.Yamaguchi, T.Moriyama, M.Ishido, H.Yamada

    Proc. of 2004 Korea-Japan Joint Conference on AP/EMC/EMT (KJJC-AP/EMC/EMT 2004),   105 - 108   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Correlation Suppression Performance for Coherent Signals in RD-SSP-MUSIC with a 7-element ESPAR Antenna 査読

    Akifumi HIRATA, Eddy TAILLEFER, Tomoyuki AONO, Hiroyoshi YAMADA, Takashi OHIRA

    European Conference on Wireless Technologies 2004   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • STAP法を用いた前方監視車載レーダの基礎的検討

    佐藤正人, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 3C-2 ) 103 - 104   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アレーアンテナを用いたリアルタイム電波伝搬モニタシステムの基礎実験

    照井雄佳, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 2C-5 ) 69 - 70   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンテナ指向性がMIMOチャネル容量に与える影響に関する一検討

    井浦裕貴, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 2D-3 ) 75 - 76   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 四成分散乱モデル分解を用いた市街地領域のPOLSAR画像解析

    石堂基, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 2D-4 ) 77 - 78   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多偏波干渉SARデータにおける森林高推定手法について

    岡田裕樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 2D-5 ) 79 - 80   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 9素子矩形エスパアンテナを用いた波源位置推定実験

    池田堅一, 山田寛喜, 平田明史, 大平孝, 山口芳雄

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 3C-1 ) 101 - 102   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2面コーナーリフレクタを用いたMonostatic RadarによるBistatic測定の検討

    加藤洋一, 山口芳雄, 林 圭, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-183 ( 10 ) 21 - 26   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 斜め方向から見た誘電体2面コーナリフレクタからの散乱特性について

    林圭, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 2C-3 ) 65 - 66   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FDTD法による正弦型Rough Surfaceの散乱解析

    三富敏, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成16年電子情報通信学会信越支部大会 ( 2C-4 ) 67 - 68   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Circular polarization correlation coefficient for detection of non-natural targets aligned not parallel to SAR flight path in the X-band POLSAR image analysis 査読

    K Kimura, Y Yamaguchi, T Moriyama, H Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE87B ( 10 ) 3050 - 3056   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper proposes a method to detect buildings and houses whose walls are not parallel to Synthetic Aperture Radar (SAR) flight path. Experimental observations show that it is difficult to detect these targets because of small backscattering characteristics. The detection method is based on the correlation coefficient in the circular polarization basis, taking full advantage of Polarimetric SAR (POLSAR) data. Since the correlation coefficient is real-valued for natural distributed targets with reflection symmetry and for non-natural targets orthogonal to illumination direction, and it becomes a complex number for non-natural targets aligned not orthogonal to radar Line-Of-Sight (LOS), the value seems to be an effective index for detection of obliquely aligned non-natural targets. The detection results are shown using the X-band Polarimetric and Interferometric SAR (Pi-SAR) single-path data set in conjunction with other polarimetric indices.

    Web of Science

    researchmap

  • A Proposal of Four-Component Scattering Model for Polarimetric SAR Image Decomposition

    山口芳雄, 森山敏文, 石堂 基, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-132 ( 9 ) 47 - 52   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナの素子間隔と電波到来角度分解能の関係

    平田明史, 樋口啓介, エディ タユフェール, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-171 )   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 数値解を利用したリニアアレーアンテナ校正手法の実験的検討

    山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-205 )   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 高分解能到来方向推定のための 影像法を用いた反射板付ダイポールアレー校正法 査読

    原 六蔵, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ87-B ( 9 ) 1424 - 1433   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 7素子円形配列エスパアンテナを用いたリアクタンスドメイン空間平均MUSIC法によるコヒーレント波の到来方向推定 査読

    平田 明史, タユフェール エディ, 青野 智之, 山田 寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = 電子情報通信学会論文誌. B, 通信87 ( 9 ) 1405 - 1413   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    エスパアンテナは一般に円形配列アレーアンテナであるが,特に7素子の場合には中央に給電素子を有する正六角形となるためひし形のサブアレーを3対取り出せる.このことに着眼し,リアクタンスドメインMUSIC法に3組の空間平均を適用したコヒーレント波の到来方向推定法を提案する.まずエレメントスペース変換によって素子間結合の影響を除去し,3対のひし形サブアレーの平行移動においてF/B空間平均を施して3組のMUSICスペクトルを求める.その後,それらのスペクトルを平均化処理を施した形で合成する.電波暗室での実験で,アレー関口が小さい4素子ひし形サブアレーによるMUSIC法が7素子エスパアンテナのBeamformer法より高い分解能を有することを図示し,本提案手法によって7素子円形配列エスパアンテナによるコヒーレント波の高分解能到来方向推定が可能であることを示す.

    CiNii Article

    researchmap

  • Effect of Element Spacing for Mimo Channel Chapacity in rayleigh fading environment 査読

    Hiroki Iura, Hiroyoshi Yamada, Yasutaka Ogawa, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2004 (ISAP 2004)   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On Optimal Polarimetric Characteristic Parameters for Land-Cover Classification 査読

    Hiroyoshi Yamada, Souhei Kakizaki, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2004 (ISAP 2004)   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experiment of DOA Estimation with RD-CUBA-MUSIC Using 7-element ESPAR Antennas 査読

    Yoshihiko Ogawa, Akifumi Hirata, Hiroyoshi Yamada, Takashi Ohira

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2004 (ISAP 2004)   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Fisher-Gramer-Rao Lower Bound and MUSIC Standard Deviation Formulation for ESPAR Antennas 査読

    Eddy Taillefer, Akifumi Hirata, Hiroyoshi Yamada, Takashi Ohira

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2004 (ISAP 2004)   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA Estimation by Using MUSIC Algorithm with a 9-Elements Rectangular ESPAR Antenna 査読

    Kenichi Ikeda, Jun Nagai, takahiro Fujita, Hiroyoshi Yamada, Akifumi Hirata, Takashi Ohira, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2004 (ISAP 2004)   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Correlation Coefficient in The Circular Polarization Basis for Detection of Man-Made Targets in Polsar Image Analysis 査読

    Yoshio Yamaguchi, Koji Kimura, Toshifumi Moriyama, Hiroyoshi yamada

    Proc. of International Symposium on Antennas Propagation 2004 (ISAP 2004)   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • エスパアンテナの素子間隔と電波到来角度分解能に関する一検討

    平田明史, タユフェールエディ, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-73 ( 7 ) 43 - 46   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOチャネル容量におけるアレー素子間隔の影響

    井浦裕貴, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-69 ( 7 ) 19 - 23   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 斜め方向から見た誘電体2面コーナリフレクタからの散乱特性

    林 圭, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-98 ( 7 ) 11 - 16   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Unsupervised land cover classification using H/α/TP space applied to POLSAR image analysis 査読

    K.Kimura, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    IEICE Trans. CommunicationsE87B ( 6 ) 1639 - 1647   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • 円偏波相関係数による偏波レーダ画像中の人工物体の検出

    山口芳雄, 木村晃治, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-21 ( 5 ) 53 - 58   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 7素子エスパアンテナによるRD-CUBA-MUSIC到来方向推定実験

    小川佳彦, 平田明史, 山田寛喜, 大平孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2004-5 ( 4 ) 27 - 32   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MIMOチャネル容量における素子間相互結合の影響について

    井浦裕貴, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-224 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナを用いたCUBA-MUSIC法によるコヒーレント波の到来方向推定

    小川佳彦, 平田明史, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-271 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 近傍既知波源を用いる反射板付ダイポールアレー校正に関する検討

    原 六蔵, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-218 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 9素子矩形エスパMUSIC法によるコヒーレント波の到来方向推定

    池田堅一, 永井 潤, 藤田隆宏, 山田寛喜, 平田明史, 大平 孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-272 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパアンテナにおけるMUSIC到来方向推定精度の理論限界

    Eddy Taillefer, 平田明史, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-269 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 7素子エスパアンテナによるRD-SSP-MUSIC法の信号間相関抑圧効果

    平田明史, エディ タユフェール, 青野智之, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-270 )   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 有限平板上の誘電体柱群からの偏波散乱特性について

    林圭, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( F5 ) 129 - 130   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • A novel antenna array calibration with a linear space error correction 査読

    C.Sun, A.Hirata, T.Ohira, H.Yamada, N.C.Karmar

    Proc. of The European Conference on Wireless Technology 2003(ECWT2003)   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Reactance-Domain SSP MUSIC for an ESPAR antenna to estimate the DOAs of coherent waves 査読

    Akifumi Hitara, Tomoyuki Aono, Hiroyoshi Yamada, Takashi Ohira

    The 6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPCM'03)   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 市街地・室内無線通信における到来波の角度広がり推定

    朴珍珪, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E10 ) 119 - 120   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コヒーレント波のDOA推定に関するアレー校正効果の実験的検証

    池田堅一, 原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E7 ) 113 - 114   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多周波POL-SAR画像による地表面解析について

    石堂基, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E8 ) 115 - 116   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 森林モデルを用いたPol-InSAR基礎実験

    岡田裕樹, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E2 ) 103 - 104   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像データを用いた地表面の傾斜角推定

    佐藤正人, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E9 ) 117 - 118   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アレーアンテナを用いた電波伝搬モニタシステムの校正の検討

    照井雄佳, 原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( F4 ) 127 - 128   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Monostatic RaderによるSpecular反射測定

    加藤洋一, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E10 ) 101 - 102   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電波暗室内POL-InSAR実験における森林解析

    岡田武幸, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E3 ) 105 - 106   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像分類パラメータの最適な組み合わせに関する一考察

    柿崎創平, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E4 ) 107 - 108   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ESPRIT法を用いた多偏波干渉SARデータにおける森林解析について

    浅田龍, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E6 ) 111 - 112   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 影像法を用いる反射板付ダイポールアレーの校正について

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成15年電子情報通信学会信越支部大会 ( E5 ) 109 - 110   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 影像法を用いる反射板付ダイポールアレー校正

    原 六蔵, 山田 寛喜, 小川 恭孝, 山口 芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2003-140 ( 9 ) 43 - 48   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 校正用データセット数を軽減した反復的アレー校正手法 査読

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ86-B ( 9 ) 1906 - 1913   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 主成分分析を用いた最適なPOLSAR画像分類パラメータの検討

    柿崎創平, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-24 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Monostatic RadarによるSpecular反射測定法の検討

    加藤洋一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-25 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • リアクタンスドメインZero-forcing解との相関を用いたエスパアンテナ適応制御

    平田明史, 青野智之, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-62 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 7素子正六角形エスパアンテナによるコヒーレント波の2次元到来方向推定

    森 浩樹, 平田明史, 山田寛喜, 大平 孝

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-65 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 影像法を用いる反射板付ダイポールアレーの校正に関する検討

    原 六蔵, 山田寛喜, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-116 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スーパーレゾリューション法を用いたコヒーレント波のDOA推定に関する校正実験

    池田堅一, 原 六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-121 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 有限平板上の誘電体柱群からの偏波散乱特性

    林 圭, 佐藤亮一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-9 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多周波POL-SAR画像による地表面解析

    石堂 基, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-23 )   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エスパMODE法によるコヒーレント波の2次元到来方向推定シミュレーション

    山田 寛喜, 平田 明史, 大平 孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2003-122 ( 8 ) 37 - 42   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 超解像法による多偏波干渉SAR森林データ解析

    山田寛喜

    PI-SAR WorkshopCD-ROM   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLSAR画像における有効な分類パラメータの組み合わせの検討

    柿崎創平, 山田寛喜, 山口芳雄

    PI-SAR WorkshopCD-ROM   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2面コーナーリフレクタからの偏波散乱特性

    小林弘晃, 山口芳雄, 山田寛喜

    PI-SAR WorkshopCD-ROM   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Monostatic radarによるBistatic反射測定

    加藤洋一, 山口芳雄, 山田寛喜

    PI-SAR WorkshopCD-ROM   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pi-SAR image analysis using polarimetric scattering parameters and total power 査読

    Koji Kimura, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    2003 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2003)   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 種々のDOA推定法とアレー校正の効果に関する検討

    池田堅一, 原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2003-60 ( 7 ) 115 - 120   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Forest Height feature extraction in polarimetric SAR interferometry by using rotational invariance property 査読

    Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, W.M.Boerner

    2003 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS 2003)   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Reactance-Domain MUSIC DOA Estimation Using Calibrated Equivalent Weight Matrix of ESPAR Antenna 査読

    Akifumi Hirata, Hiroyoshi Yamada, Takashi Ohira

    2003 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 2面コーナーリフレクタからの偏波散乱特性

    小林弘晃, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2003-13 ( 5 ) 35 - 40   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Advantage of the ESPRIT method in polarimetric interferometry for forest analysis 査読

    K Sato, H Yamada, Y Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE86B ( 5 ) 1666 - 1672   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Polarimetric SAR interferometry has been successful and attractive for forest parameters (tree height and canopy extinction) estimation. In this paper, we propose to use the ESPRIT algorithm to extract the interferometric phase of local scatterers with polarimetric and interferometric SAR data. Two or three local scattering waves can be extracted at each image patch when a fully polarimetric data set (HH, HV, VV) is available. Furthermore, the ESPRIT can estimate two dominant local scattering centers when only a dual polarimetric data set (e.g., VV and VH) is provided. In order to demonstrate effectiveness the proposed teclinnqiue, we examined the relation between local scattering centers extracted by this method and complex coherence of the coherent scattering model for vegetation cover. The results show that the three-wave estimation can be more accurate than the two-wave case. The extracted interferometric phases with full and dual polarization data sets correspond to effective ground and canopy scattering centers. In this investigation, SIR-C/X-SAR data of the Tien Shan flight-pass are used.

    Web of Science

    researchmap

  • エスパアンテナを用いたリアクタンスドメインMUSIC法によるコヒーレント2波の到来方向推定実験

    平田明史, エディ・タユフェール, 青山智之, 山田寛喜, 大平孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002 ( 5 )   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 等価ウェイト行列推定によるリアクタンスドメインMUSIC法

    平田明史, エディ・タユフェール, 山田寛喜, 大平孝

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-68 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • リニアアレーアンテナ校正手法の比較検討

    山田寛喜, 原六蔵, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-113 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Re-defined Impedance Matrixを用いた反復アレー校正手法

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-116 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • DOA推定法におけるアレー校正効果に関する実験的検討

    池田堅一, 千葉建治郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-114 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ターゲットの偏波散乱特性に基づく地表面の教師なし分類

    木村晃司, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( SB-1-3 )   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 既知の波源を用いたスーパレゾリューションアレー校正法について 査読

    新井隆宏, 原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ86-B ( 3 ) 527 - 535   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • アレーアンテナの素子間相互結合校正法とその精度に関する比較検討

    山田寛喜, 原六蔵, 小川恭孝, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002-218 ( 3 ) 179-186   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 等価ウェイト行列をキャリブレートするエスパアンテナの高分解能到来方向推定

    平田明史, エディ・タユフェール, 山田寛喜, 大平孝

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002-226 ( 3 ) 9 - 14   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Coherency Matrixに基づく地表面の教師なし分類

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    SAR WorkshopCD-ROM   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波散乱特性に基づく地表面の教師なし分類

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    第470回電波研連F分科会   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • On Antenna Calibration with Minimum Known Sources 査読

    R.Hara, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    2002 Interim International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP i-02)   5 - 8   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Superresolution Polarimetric SAR Interferometry for Forest Analysis 査読

    H.Yamada, K.Sato, Y.Yamaguchi

    2002 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC2002)   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Study on Performance of Calibration Techniques for Superresolution Array 査読

    K.Chiba, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    2002 Interim International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP i-02)   476 - 479   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 基本ターゲットのBistatic散乱特性

    加藤洋一, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E4 ) 97 - 98   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 既知波源を用いたアンテナアレー校正の実験による検証

    千葉建治郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E5 ) 99 - 100   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SRA校正パラメータ取得における反復推定法の収束特性

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E6 ) 101 - 102   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Monostatic Radarによるspecular反射測定法"

    小林弘晃, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E7 ) 103 - 104   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟市西部のPol-SAR画像解

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E8 ) 105 - 106   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol InSARデータにおける森林解析手法の検証

    浅田龍, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E3 ) 95 - 96   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最適なPOLSAR画像分類パラメータの検討

    柿崎創平, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E1 ) 91 - 92   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電波暗室におけるPolarimetric SAR Interferometry基礎実験

    岡田武幸, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成14年電子情報通信学会信越支部大会 ( E2 ) 93 - 94   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポーラリメトリックイメージングレーダー

    山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( TB-1-3 )   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 最小データセット数によるスーパーレゾリューションアレー校正

    山田寛喜, 原 六蔵, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-9 )   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • POLARIMETRIC DETECTION OF BURIED OBJECTS BY FM-CW RADAR 査読

    Y.Yamaguchi, T.Moriyama, H.Yamada

    Proc. of URSI General Assembly   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ALOS-PALSAR simulation using polarimetric scattering parameters 査読

    K.Kimura, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    Proceedings of Polarimetric and Interferometric SAR Workshop 2002   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Effective tree height estimation by using ESPRIT-based polarimetric SAR interferometry 査読

    H.Yamada, K.Sato, Y.Yamaguchi

    Proceedings of Polarimetric and Interferometric SAR Workshop 2002   2002年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 既知波源を用いたアンテナアレイ校正の実験的検証

    千葉建治朗, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002-41 ( 7 ) 7 - 12   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンテナアレイ校正における校正用データセット数の軽減について

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002-40 ( 7 ) 1 - 6   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ALOS-PALSAR Image Simulation in Various Polarization Basis 査読

    Y.Yamaguchi, K.Kimura, H.Yamada

    International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2002 (IGARSS 2002)   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Interferometric phase and coherence of forest estimated by ESPRIT-based polarimetric SAR interferometry 査読

    Hiroyoshi Yamada, Koichi Sato, Yoshio Yamaguchi, W.M.Boerner

    International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2002 (IGARSS 2002) ( CDROM )   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • L-Band Polarimetric AIR/PI-SAR Images Around Niigata City 査読

    Y. Yamaguchi, K. Kimura, H. Yamada, S. Uratsuka, W.M.Boerner

    International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2002 (IGARSS 2002)   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 誘電体コーナーリフレクタからの散乱行列

    小林弘晃, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002-28 ( 5 ) 25 - 30   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • SRAのためのアンテナアレー校正法

    新井隆宏, 原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2002-38 ( 5 ) 39 - 44   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • T-bar fed slot antennaによるPolarimetric地中探査レーダー ―Polarimetric anisotropy, entropyの検討―

    脇田喜之, 渡部清一, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-2-14 )   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スーパーレゾリューションアレーのブラインド校正手法に関する一考察

    山田寛喜, 新井隆宏, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-23 )   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The characteristic polarization states and the equi-power curves 査読

    J Yang, Y Yamaguchi, H Yamada, ZH Czyz, WM Boerner, H Mott, E Luneburg, YN Peng

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING40 ( 2 ) 305 - 313   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Characteristic polarization state theory is restudied for the symmetric coherent Sinclair scattering matrix case. First, the geometric relations of the characteristic polarization states on the Poincare sphere are derived. Based on these relations, simple formulas are given for all of the characteristic polarization states of this Sinclair matrix in Stokes vector form. From the formulation, it is clear that the CO-POL Nulls are fundamental characteristic polarization states for the symmetric coherent Sinclair scattering matrix case, in that the others can straightforwardly be obtained from the Stokes vectors of the CO-POL Nulls. For further study of the characteristic polarization state and the distribution of the received powers on the Poincare sphere, we introduce the concept of the equi-power curve. It is defined as the curve on the Poincare sphere on which the received powers in some defined channel have the same value. We deal with the characteristics of the equi-power curves for various special cases. In addition, we show how the characteristic polarization states are generated by the equi-power curves. It is demonstrated that the characteristic polarization states can usually be regarded as the points of contact of the Poincare sphere and a conicoid representing a power-related quadratic form. This leads to a new method to introduce the characteristic polarization states. The new method provides a geometric interpretation for visualization of changes in polarized states on the Poincare sphere.

    Web of Science

    researchmap

  • The periodicity of the scattering matrix and its application 査読

    J Yang, YN Peng, Y Yamaguchi, H Yamada, WM Boerner

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE85B ( 2 ) 565 - 567   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The periodicity of a tat-get scattering matrix is studied when the target is rotated about the sight line of a monostatic radar. Except for the periodicity and invariance of the scattering matrix diag(a,a), it is proved that only helixes have the quasi-invariance, and that only N-targets have the quasi-periodicity, demonstrating that a target with some angle rotation symmetry also has the scattering matrix form diag(a,a). From this result, we conclude that it is impossible to extract the shape characteristics of a complex target from its scattering matrix or its Kennaugh matrix.

    Web of Science

    researchmap

  • レーダ分解能と偏波散乱パラメータ

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    SAR Workshop   12 - 19   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Interferometryによる地面とキャノピーの散乱パラメータについて

    佐藤晃一, 山田寛喜, 山口芳雄

    SAR Workshop   24 - 27   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric correlation coefficient applied to tree classification 査読

    Makoto Murase, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEICE Trans. CommunicationsE84-B ( 12 ) 1835 - 1840   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Polarimetric characteristics of forest at coherent decomposition in polarimetric SAR interferometry 査読

    K Sato, H Yamada, Y Yamaguchi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICSE84C ( 12 ) 1829 - 1834   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we examine the polarimetric characteristics and the potential of the coherent decomposition in polarimetric synthetic aperture radar (SAR) interferometry. Coherent scattering decomposition based on the coherence optimization can separate effective phase center of different scattering mechanisms and can be used to generate canopy digital elevation model (DEM). This decomposition is applied to a simplified stochastic scattering model such as forest canopy. However, since the polarimetric characteristics are not well understood when the decomposition is carried out. we investigate its characteristics and potential using polarimetric entropy-alpha and three-component scattering matrix decomposition. The results show that the first and third components correspond to the lower and upper layer. respectively, in ideal case. In this investigation, SIR-C/X-SAR data of the Tien Shan flight-pass are used.

    Web of Science

    researchmap

  • Polarimetric SAR interferometry for forest analysis based on the ESPRIT algorithm 査読

    H Yamada, Y Yamaguchi, Y Kim, E Rodriguez, WM Boerner

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICSE84C ( 12 ) 1917 - 1924   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Synthetic aperture radar interferometry have been established in the past two decades, and used extensively for many applications including topographic mapping of terrain and surface deformation. Vegetation analysis is also a growing area of its application. In this paper, we propose an polarimetric SAP, interferometry technique for interferometric phase extraction of each local scatterer. The estimated position of local scattering centers has an important information fur effective tree height estimation of forest. The proposed method formulated for local scattering center extraction is based on the ESPRIT algorithm which is known for high-resolution capability of closely located incident waves. The method shows high-resolution performance when local scattered waves are. uncorrelated and have different polarization characteristics, Using the method. the number of dominant local scattering centers and interferometric phases in each image pixel can be estimated directly. Validity of the algorithm is demonstrated by using examples derived from SIR-C data.

    Web of Science

    researchmap

  • ミニチュアモデル実験による建造物の偏波散乱特性に関する検討

    鶴巻浩一, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2001-151 ( 11 ) 47 - 52   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 既知の波源を用いたアンテナアレー校正法(1) − 連立方程式による校正パラメータの直接導出法 −

    新井隆宏, 千葉建治郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2001-152 ( 11 ) 53 - 60   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 既知の波源を用いたアンテナアレー校正法(2) − 校正用データセットの軽減に関する考察 −

    原六蔵, 新井隆宏, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2001-153 ( 11 ) 61 - 68   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 3次元MODE法を用いた多重波パラメータ推定

    中澤達也, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2001-88 ( 10 ) 101 - 107   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アレーアンテナを用いた電波伝搬モニタシステムの試作

    千葉建治郎, 原 六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E5 ) 125 - 126   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric classification of trees 査読

    Yoshio Yamaguchi, Makoto Murase, Hiroyoshi Yamada, Jian Yang

    2001 CIE Intn'l Conf. on Radar   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • T-bar fed slot antennaによるPolarimetric地中探査レーダ

    脇田喜之, 渡部清一, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE2001-73 ( 10 ) 153 - 160   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 教師なしPi-SAR画像分類

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E7 ) 129 - 130   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2-D スーパーレゾリューション法によるコヒーレント波分解特性

    原 六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E1 ) 117 - 118   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 円アレーを用いた電波到来方向推定の実験的検証

    新井隆宏, 千葉建治郎, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E6 ) 127 - 128   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Pol in SAR画像における偏波特徴の検討

    佐藤晃一, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E2 ) 119 - 120   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Radar Polarimetryによる建造物の倒壊状況の把握について

    鶴巻浩一, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E3 ) 132 - 122   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 方位分解能内に含まれるターゲットの散乱行列の解析

    小林弘晃, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成13年電子情報通信学会信越支部大会 ( E4 ) 123 - 124   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2次元スーパーレゾリューション法における推定誤差特性について

    原六蔵, 中澤達也, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-35 ) 41   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MODE法に基づく3次元波源探査法について

    山田寛喜, 中澤達也, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( SB-1-10 ) 553 - 554   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Covariance行列を用いた偏波較正とPI-SAR画像解析

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-29 ) 35   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Complex permittivity of flat ground in terms of polarization ratio 査読

    Y. Yamaguchi, K. Kimura, H. Yamada, H. J.Eom

    Proc. of KJJC   19 - 22   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Scattering characteristic analysis of conifer and broad-leaf trees by polarimetric radar 査読

    Y. Yamaguchi, M. Murase, H. Yamada

    Proc. of EMEA   18 - 27   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 3-D mode method for wave propagation estimation 査読

    H.Yamada, T.Nakazawa, Y.Yamaguchi

    Proc. of KJJC   23 - 26   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • PI-SAR Image Analyses 査読

    Y. Yamaguchi, K. Kimura, H. Yamada

    AP-RASC, 2001   165   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Dual Polarization SAR Interferometry for Vegetation Analysis 査読

    H.Yamada, Y.Yamaguchi, E.Rodriguez, Y.Kim, W.M.Boerner

    AP-RASC, 2001   166   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of T-bar Fed Slot Antenna with Taper Matching Section 査読

    Y.Wakita, S.Watabe, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   625   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric correlation coefficient applied to tree classification 査読

    M. Murase, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   272   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric calibration of PI-SAR image data and its image analysis 査読

    K. Kimura, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   271   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The estimation error in 2D superresolution techniques 査読

    R. Hara, T. Nakazawa, H. Yamada, Y. Yamaguchi

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   683   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Interferometry for Vegetation Analysis Using ESPRIT Algorithm 査読

    Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, Ernesto Rodriguez, Yunjin Kim, W.M.Boerner

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   267   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On polarimetric coherency matrix in optimized POL InSAR image 査読

    K. Sato, H. Yamada, Y. Yamaguchi

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   266   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Interferometry for Forest Canopy Analysis by Using the Super-resolution Method 査読

    Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi, Ernesto Rodriguez, Yunjin Kim, Wolfgang.M.Boerner

    Proc. of International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGRASS 2001) ( CDROM )   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Radar Polarimetryによる木々の散乱特性の解析

    村瀬 誠, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2001-22 ( 5 )   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of target null theory 査読

    J Yang, Y Yamaguchi, H Yamada, WM Boerner, H Mott, YN Peng

    IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING39 ( 2 ) 330 - 338   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    In a co- or cross-polarized channel, the polarization states of the transmitting and receiving antennas are the same or orthogonal, and the corresponding target nulls (i.e., the CO-POL Nulls or X-POL Nulls) are defined as the polarization states of the transmitting antenna such that the received power equals zero. However, no systematic studies have been carried out to solve the problem of the corresponding target nulls if the polarization states of the transmitting and receiving antennas are independent. In this paper, the target null theory is extended to the case of two independent polarization states. For two arbitrary independent symmetric scattering matrices, it is proved that there exists only one pair of polarization states such that both of the received powers equal zero. This polarization states' pair is called the co-null of the two targets, which can easily be obtained by solving an eigenvalue problem. Based on this concept and algebraic theory, the concept of the co-null space is introduced for the symmetric scattering matrix case, and many important results are presented, e.g., the relations between the co-null and the CO-POL/X-POL Nulls, the properties of the co-null space, and the relation between the co-null and target decomposition. Finally, the co-null for the asymmetric scattering matrix case is studied. The concepts of the mono-co-null space and the bi-co-null space are introduced, and the relations between both spaces are presented.

    Web of Science

    researchmap

  • EM-MODE法を用いた不等間隔アレーにおける多重波の到来方向推定 査読

    中澤達也, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌BJ84-B ( 1 ) 92 - 100   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Compound scattering matrix of targets aligned in the range direction 査読

    K Kitayama, Y Yamaguchi, J Yang, H Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE84B ( 1 ) 81 - 88   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The Sinclair scattering matrix is defined in a fixed radar range. If a radar target extends in the range direction, the reflected signal or the compound scattering matrix will undergo interaction of multiple reflections. Since scattering matrix is subject to target parameters such as shape, size, orientation, material, and radar parameters as frequency, polarization, and incidence angle, it is difficult to specify a representative scattering matrix of a general target. Therefore we choose the simplest target, wire, and its scattering matrix to examine the effect of targets aligned in the range direction with respect to the compound scattering matrix. First, we present a simple formula for the compound scattering matrix of wires with the phase difference due to spacing. Then, we employed the FDTD method to examine the scattering phenomena, changing the spacing in the range direction. The FDTD result reveals that two wires can become sphere (plate) and dihedral comet reflector (diplane) component generators: and that four wires can become a good helix component generator. These phenomena are verified with a laboratory measurement. From the result. the target decomposition should be carefully carried out in terms of range. If a range resolution of a radar is not high enough, the scattering matrix of the desired target may be affected by the targets behind.

    Web of Science

    researchmap

  • 時空間MUSIC法におけるパラメータ推定誤差について 査読

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ84-B ( 1 ) 137 - 141   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 三成分散乱モデルによる Polarimetric SAR 画像分類

    村瀬誠, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-124 ( 10 ) 125 - 132   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • テーパ給電部を有する T-bar fed slot antenna

    脇田喜之, 渡部清一, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-120 ( 10 ) 99 - 104   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地中探査レーダ用 T-bar Fed Slot Antenna の給電部形状に関する考察 −探査性能の評価−

    脇田喜之, 渡部清一, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E2 ) 127 - 128   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 入射波の相関による 2-D MUSIC 法の推定誤差について

    原六蔵, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E9 ) 141 - 142   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PI-SAR Polarimetric 画像解析(3)

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E10 ) 143 - 144   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Microwave interaction with crop biomass for remote sensing 査読

    D. P. Singh, Y. Yamaguchi, H. Yamada

    Proc. SPIE   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 建造物倒壊による散乱行列の変化に関する検討

    鶴巻浩一, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E3 ) 129 - 130   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 三成分散乱モデルによる Polarimetric SAR の画像分類について

    村瀬誠, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E4 ) 131 - 132   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 電波到来方向推定におけるアンテナアレー較正に関する検討

    新井隆宏, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E5 ) 133 - 134   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • EMアルゴリズムを用いた 2-D MODE 法による電波の到来方向推定

    中澤達也, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E6 ) 135 - 136   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FM-CWレーダシステムを用いた Polarimetric SAR Interferometry について

    松井克宜, 佐藤晃一, 山田寛喜

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E7 ) 137 - 138   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Interferometry による森林抽出

    佐藤晃一, 山田寛喜, 山口芳雄

    平成12年電子情報通信学会信越支部大会 ( E8 ) 140 - 139   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Interferometry による森林の特徴について

    佐藤晃一, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-125 ( 10 ) 133 - 138   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR Interferometry の FM-CW レーダシステムへの適用

    松井克宜, 佐藤晃一, 山田寛喜, 山口芳雄, 阿達透

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-126 ( 10 ) 139 - 146   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンテナアレーを用いた電波到来方向推定誤差の較正に関する検討

    新井隆宏, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-133 ( 10 ) 43 - 50   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Response of microwave on bare soil moisture and surface roughness by X-band scatterometer 査読

    D Singh, Y Yamaguchi, H Yamada, KP Singh

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE83B ( 9 ) 2038 - 2043   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper describes an individual effect of soil moisture (m(g)) and surface roughness (h(rms)) of bare soil on the back scattering coefficient (sigma(0)) at the X-band frequency. The study contributes to the design of an efficient microwave sensor. For this pur pose, experimentally observed data was utilized to provide a composite sigma(0) equation model accounting for individual effect in regression analysis. The experimental data are compared with Small Perturbation Method. It is observed that the X-band gives better agreement up to incidence angle 50 degrees for HH-polarization and 60 degrees for VV-polarization as compared to the C-band. The lower angles of incidence give better results than the higher angles for observing m(g) at the X-band. The multiple and partial regression analyses have also carried out for predicting the dependence of scattering coefficient (sigma(0)) on m(g) and h(rms) more accurately. The analyses suggest that the dependence of dielectric constant (i.e., m(g)) is much more significant in comparison to surface roughness at lower angles of incidence for both like polarizations; The results propose the suitable angle of incidence for observing bare surface roughness and soil moisture at the X-band. All these data can be used as a reference for satellite or spaceborne sensors.

    Web of Science

    researchmap

  • Polarimetry からPolarimetric Interferomertyへ

    山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( SC-2-1 )   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波比と平面大地の複素誘電率の関係式

    山口芳雄, 木村晃治, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-2 ) 2   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Three-dimensional fully polarimetric imaging in snowpack by a synthetic aperture FM-CW radar 査読

    T Moriyama, Y Yamaguchi, H Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE83B ( 9 ) 1963 - 1968   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a three-dimensional polarimetric detection result of targets buried in snowpack by synthetic aperture FM-CW radar system. Since the FM-CW radar is suitable for short range sensing and can be equipped with fully polarimetric capability, we further extended it to a polarimetric three-dimensional SAR system. A field experiment was carried our to image and detect targets in a natural snowpack of 280 cm deep. The polarimetric detection and identification schemes are the polarimetric filtering, three-component decomposition, and the power polarization anisotropy coefficient. These approaches to acquired data show the usefulness of three-dimensional polarimetric FM-CW SAR system.

    Web of Science

    researchmap

  • テーパ型給電部を有する T-bar fed slot antenna の地中探査性能

    脇田喜之, 渡部清一, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-1 ) 1   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • On estimation error of two-dimensional MUSIC algorithm for time-delay and direction-of arrival estimation 査読

    Rokuzou Hara, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2000) ( 3 ) 1423 - 1426   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Direction-of-arrival estimation of coherent waves with nonuniform array by using superresolution technique 査読

    Tatsuya Nakazawa, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2000) ( 4 ) 1633 - 1636   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Polarimetric SAR measurement for building collapse using an FM-CW radar 査読

    Yoshio Yamaguchi, Tsurumaki, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2000) ( 4 ) 1661 - 1664   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • X-band Polarimetric synthetic aperture radar imaging of a small tree 査読

    Makoto Murase, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2000) ( 3 ) 1255 - 1258   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Effect of crop height and crop covered soil moisture on microwave scattering for remote sensing 査読

    Dharmendra Singh, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, K. P. Singh

    Proc. of International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2000) ( 4 ) 1665 - 1668   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A trial to calibrate polarimetric PI-SAR data and its image analysis 査読

    Koji Kimura, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proc. of International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2000) ( 2 ) 561 - 564   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Response of microwave paddy by X-band scatterometer for remote sensing 査読

    Dnarmendra,Y.Yamaguchi, H.Yamada

    Progress In Electromagnetic Research Symposium Proceedings (PIERS)   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 時空間MUSIC法におけるパラメータ推定誤差

    原六蔵, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-16 ( 5 ) 37 - 42   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 不等間隔アレーによる多重波の到来方向推定における精度改善について

    中澤達也, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP2000-15 ( 5 ) 29 - 36   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地中探査レーダ用T-bar fed slot antenna 査読

    脇田喜之, 山田寛喜, 山口芳雄, 藤本京平

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ83-B-II ( 2 ) 207 - 215   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Polarimetric SAR image classification by scattering matrix elements, characteristic polarization states, 3-components, and entropy 査読

    Yukio Yoshida, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98) ( 1 ) 430 - 433   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • PI-SARポーラリメトリック解析(2)

    山口芳雄, 木村晃治, 山田寛喜, 小林達治, 梅原俊彦, 灘井章詞, 浦塚清峰

    PI-SAR Workshop   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 方位方向に置かれた複数ターゲットの散乱行列について

    村瀬誠, 山口 芳雄, 山田 寛喜

    平成11年電子情報通信学会信越支部大会 ( N4 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • EMアルゴリズムを用いた多重波の高分解能到来方向推定

    中沢達也, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成11年電子情報通信学会信越支部大会 ( PA7 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PI-SAR polarimetric画像解析

    木村 晃治, 山口 芳雄, 山田 寛喜

    平成11年電子情報通信学会信越支部大会 ( PA8 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FM-CWレーダを用いたInterferometry実験

    松井克宣, 山田 寛喜, 山口 芳雄, 阿達透

    平成11年電子情報通信学会信越支部大会 ( N3 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MUSIC法における電波到来方向推定精度の定量的考察

    原六蔵, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成11年電子情報通信学会信越支部大会 ( N1 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地中探査レーダ用T-bar Fed Slot Antennaの給電部形状に関する考察

    脇田喜之, 渡部清一, 山口 芳雄, 山田 寛喜

    平成11年電子情報通信学会信越支部大会 ( N2 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MODE法を用いた不等間隔アレーによる到来方向推定

    中澤達也, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP99-123 ( 10 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地中レーダ用T-bar fed slot antennaの改良と性能評価

    脇田喜之, 渡部清一, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告SANE99-77 ( 10 )   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • シグナルプロセッシングアレーと モバイル通信

    山田寛喜, 山口芳雄, 仙石正和

    電子情報通信学会誌J82 ( 9 ) 917 - 921   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通学会  

    researchmap

  • 偏波平均化MUSIC法のコヒーレント波 検出性能について 査読

    山田寛喜, 山倉利春, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ82-B-II ( 9 ) 1739 - 1746   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 3成分分解法によるポーラリメトリックSAR画像解析

    木村 晃治, 山口 芳雄, 山田 寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-26 )   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • PI-SARポーラリメトリック解析(1)

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜, 小林達治, 梅原俊彦, 灘井章詞, 浦塚清峰

    電子情報通信学会技術研究報告SANE99-54 ( 9 )   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • EMアルゴリズムを用いたMODE法による電波の到来方向推定

    中澤達也, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-3 )   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric Decomposition of Range-Aligned Radar Targets 査読

    Hiroyoshi Yamada, Kenji Kitayama, Yoshio Yamaguchi

    Proc. XXVI-th URSI General Assembly   880   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Classification of target buried in the underground by radar polarimetry 査読

    T Moriyama, M Nakamura, Y Yamaguchi, H Yamada, WM Boerner

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE82B ( 6 ) 951 - 957   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper discusses the classification of targets buried in the underground by radar polarimetry. The subsurface radar is used for the detection of objects buried beneath the ground surface, such as gas pipes, cables and cavities, or in archeological exploration operation. In addition to target echo, the subsurface radar receives various other echoes, because the underground is inhomogeneous medium. Therefore, the subsurface radar needs to distinguish these echoes. In order to enhance the discrimination capability, we first applied the polarization anisotropy coefficient to distinguish echoes from isotropic targets (plate, sphere) versus anisotropic targets (wire, pipe). It is straightforward to find the man-made target buried in the underground using the polarization anisotropy coefficient. Second, we tried to classify targets using the polarimetric signature approach, in which the characteristic polarization state provides the orientation angle of an anisotropic target. All of these values contribute to the classification of a target. Field experiments using an ultra-wideband (250 MHz to 1 GHz) FM-CW polarimetric radar system were carried out to show the usefulness of radar polarimetry. In this paper, several detection and classification results are demonstrated. It is shown that these techniques improve the detection capability of buried target considerably.

    Web of Science

    researchmap

  • Co-null of targets and co-null Abelian group 査読

    J Yang, Y Yamaguchi, H Yamada

    ELECTRONICS LETTERS35 ( 12 ) 1017 - 1019   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEE-INST ELEC ENG  

    A new concept is introduced, the co-null of two targets, and some interesting results are presented. Based on these results and group theory, the concept of the co-null Abelian group is derived and used to form two important classes of targets: symmetric targets and N-targets. Finally, an important result concerning N-targets is obtained.

    Web of Science

    researchmap

  • 距離方向に置かれたターゲットの偏波散乱特性

    北山健志, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP99-27 ( 5 )   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波比による路面状況の識別

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-29 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • アンビギュイティを有する等間隔リニアアレーによるコヒーレント波の到来方向推定

    山田寛喜, 中澤達也, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-67 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地中レーダ用T-bar fed slot antennaの近傍電界分布に関する一検討

    脇田喜之, 児玉淳, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-4 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The optimal problem for contrast enhancement in polarimetric radar remote sensing 査読

    Jian Yang, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada, Masakazu Sengoku, Shiming Lin

    IEICE Trans. CommunicationsE82-B ( 1 ) 174 - 183   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 偏波比による路面状況の識別

    木村晃治, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP98-135 ( 1 )   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stable decomposition of a Muller matrix and extraction of a scattering matrix 査読

    J.Yang, Y.Yamaguchi, H.Yamada, M.Sengoku, S.Lin

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98)   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • An interferometric FM-CW radar using the ESPRIT algorithm for short-distance target detection 査読

    H.Yamada, T.Hara, Y.Yamaguchi

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98)   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • T-Bar slot antenna for ground penetrating radar 査読

    Y.Wakita, H.Yamada, Y.Yamaguchi

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98)   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Real-time and full polarimetric FM-CW radar and its applications to the decomposition of targets 査読

    M.Nakamura, Y.Yamaguchi, H.Yamada, W.-M.Boerner

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98)   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On the surveillance system for disaster - Estimation of building collapse using a polarimetric FM-CW radar - 査読

    Y.Yamaguchi, M.Nakamura, H.Hosaka, T.Hara, H.Yamada, K.Mitani, M.Kobayashi

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98)   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of T-bar Fed Slot Antenna for Ground Penetrating Radar 査読

    Yoshiyuki Wakita, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    1998 International Symposium on Noise Reduction for Imaging and Communication Systems (ISNIC'98) ( 1 ) 442 - 446   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 平行平板ターゲットによるPolarimetric Calibration 査読

    北山健志, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ81-B-II ( 10 ) 914 - 921   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 改良型Root-MUSIC法による電磁波散乱の周波数分散性の検出精度に関する検討 査読

    板羽直人, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ81-B-II ( 10 ) 906 - 913   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Blind DeconvolutionとMUSIC法を併用した多重波検出

    荒木 俊明, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Bistatic FM-CWレーダによる路面状況の識別

    木村 晃治, 山口 芳雄, 山田 寛喜

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地中探査レーダ用T-bar fed slot antennaの送受信間過渡応答について

    脇田 喜之, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2D-MUSIC法を用いた室内伝搬推定

    五十嵐 ゆり, 山田 寛喜, 山口 芳雄, 阿達 透

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MODE法を用いた高分解能室内伝搬推定

    板羽 直人, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 距離方向に置かれた線状ターゲットの散乱行列

    北山健志, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ESPRIT法を用いたInterferometricFM-CWレーダに関する基礎的検討

    原 崇徳, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成10年電子情報通信学会信越支部大会   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • On The Estimation of Building Collapse Using a Polarimetric FM-CW Radar 査読

    Yoshio Yamaguchi, Masafumi Nakamura, Hiroyuki Hosaka, Takanori Hara, Hiroysohi Yamada, Kenji Mitani, Masakazu Kobayashi

    1998 Korea-Japan AP/EMC/EMT Joint Conference   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ブラインド等化器を用いたスーパーレゾリューション伝搬遅延推定法

    山田寛喜, 荒木俊明, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • High Resolution Indoor Propagation Estimation Using 2-D Polarization Averaging MUSIC Algorithm 査読

    H.Yamada, Y.Igarashi, M.Yoshino, Y.Yamaguchi

    Proc. of 2nd International Symposium on Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC'98)   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • High-resolution Delay-profile Estimation Using a MODE Method 査読

    Naoto Itaba, Hiroyoshi Yamada, Yoshio Yamaguchi

    1998 Korea-Japan AP/EMC/EMT Joint Conference   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 2次元スーパレゾリューション法の分離可能信号数について

    山田寛喜, 吉野元樹, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ダイポールアンテナを用いた土壌の媒質定数の推定法 査読

    脇田喜之, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ81-B-II ( 8 ) 797 - 804   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Resolution Enhancement of the MUSIC Algorithm with Wave Polarization 査読

    Hiroyoshi Yamada, Motoki Yoshino, Yoshio Yamaguchi

    Proc. of 4th International workshop on radar polarimetry   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Optimum Polarization States for Contrast Enhancement

    楊 健, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Challenging problems on the subsurface FM-CW radar system 査読

    Y.Yamaguchi, H.Yamada, Y.Wakita, W.-M.Boerner

    PIERS Workshop on Advances in Radar Methods   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 3-dimensional polarimetric imaging of metallic objects in snow pack 査読

    T.Moriyama, Y.Yamaguchi, H.Yamada

    Proc. of 4th International workshop on radar polarimetry   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Road surface condition observed by polarization ratio using a bi-static FM-CW radar 査読

    Y.Yamaguchi, K.Kimura, H.Yamada, K.Inomata, T.Fukae

    Proc. of 4th International workshop on radar polarimetry   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MODE法を用いたコヒーレント波の伝搬遅延推定

    山田寛喜, 板羽直人, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP98-20 ( 6 ) 23 - 29   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Simple method for obtaining characteristic polarization state 査読

    J.Yang, Y.Yamaguchi, H.Yamada, M.Sengoku, S.M.Lin

    Electronics Letters34 ( 5 ) 441 - 443   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 偏波平均化前処理によるスーパレゾリューション法の分解能改善 査読

    山田寛喜, 山倉利春, 山口芳雄

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ81-B-II ( 3 ) 200 - 207   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • MODE法による高分解能伝搬遅延時間推定

    板羽直人, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会 ( B-1-17 )   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • L-band 3-D full polarimetric FM-CW SARの雪中埋没物体検出への応用

    森山敏文, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会総合大会 ( SB-1-2 )   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • T-bar slotアンテナによる地中探査実験

    脇田喜之, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会総合大会   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波平均化MUSIC法におけるコヒーレント波の検出特性について

    山倉利春, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP97-170 ( 1 ) 39 - 46   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Advanced polarimetric subsurface FM-CW radar 査読

    Toshifumi Moriyama, Hajime Kasahara, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing36 ( 3 ) 725 - 731   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The subsurface radar suffers from two typical problems, i.e., strong clutter from surface and severe wave attenuation in the underground. This paper presents a unique countermeasure to these problems using a polarimetric FM-CW radar and an equivalent sensitivity time control (STC) technique. We apply the polarimetric filtering principle to suppress surface clutter either in the Co-pol channel or in the X-pol channel of synthetic aperture radar, yielding to polarimetric enhanced target image. This technique works when the surface clutter and target have different polarization properties. Moreover, we use an equivalent STC technique specially suited for FM-CW radar for a deep object sounding to compensate wave attenuation within the ground. These techniques contribute to a significant improvement of the radar performance and the detection image contrast, although the detection of the target is in general a much more complicated topic. The field experiments were carried out to show the usefulness of the method. Some detection results are presented. © 1998 IEEE.

    DOI: 10.1109/36.673665

    Scopus

    researchmap

  • Real-time and full polarimetric FM-CW radar and its application to the classification of targets 査読

    Masafumi Nakamura, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement47 ( 2 ) 572 - 577   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The Sinclair scattering matrix plays a decisive role in radar polarimetry. For realization of a real-time and full polarimetric radar, there are some technical problems associated with hardware implementations. Since the FM-CW radar system is suitable for short-range sensing applications, we modified an FM-CW radar to a real-time and polarimetric system by adding a PIN diode-switching circuitry for antenna polarization changes. A parallel operation scheme in the signal processing and the radar control is employed in a personal computer, which enables 44 snapshots for acquiring scattering matrices and displays the polarimetric target classification results along 44 radar ranges per second. In this paper, we present the hardware design of the system and its fundamental application to the classification of targets using the three-component decomposition theorem. © 1998 IEEE.

    DOI: 10.1109/19.744207

    Scopus

    researchmap

  • Use of multi-polarimetric enhanced images in SIR-C/X-SAR land-cover classification 査読

    T Nagai, Y Yamaguchi, H Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE80B ( 11 ) 1696 - 1702   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a method for land cover classification using the SIR-C/X-SAR imagery based on the maximum likelihood method and the polarimetric filtering. The main feature is to use polarimetric enhanced image information in the pre-processing stage for the classification of SAR imagery. First, polarimetric filtered images are created where a specific target is enhanced versus another, then the image data are incorporated into the feature vector which is essential for the maximum likelihood classification. Specific target classes within the SAR image are categorized according to the maximum likelihood method using the wavelet transform. Addition of polarimetric enhanced image in thee preprocessing stage contributes to the increase of classification accuracy. It is shown that the use of polarimetric enhanced images serves efficient classifications of land cover.

    Web of Science

    researchmap

  • アンテナを用いた土壌の電気定数の測定 -降雨による時間変化の測定結果-

    脇田喜之, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告SANE97-90 ( 11 )   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Real-Time Full Polarimetric FM-CW Radar System

    中村政文, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP97-137 ( 11 )   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Decomposition of radar target based on the scattering matrix obtained by FM-CW radar 査読

    Y Yamaguchi, M Nakamura, H Yamada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE80B ( 10 ) 1564 - 1569   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    One of the polarimetric radar applications is classification or identification of targets making use of the scattering matrix. This paper presents a decomposition scheme of a scattering matrix into three elementary scattering matrices in the circular polarization basis. The elementary components are a sphere, a diplane (dihedral corner reflector), and a helix. Since a synthetic aperture FM-CW radar provides scattering matrix through a polarimetric measurement, this decomposition scheme was applied to the actual raw data, although the matrix is resulted from a swept frequency measurement. Radar imaging experiments at the Ku band (14.5-15.5 GHz) were carried out to obtain a total of 64 X 64 scattering matrices in an imaging plane, using flat plates, corner reflectors and wires as elementary radar targets for classification. It is shown that the decomposition scheme has been successfully carried out to distinguish these targets and that the determination of rotation angle of line target is possible if the scattering matrix is classified as a wire.

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • The formulae of the characteristic polarization states in the CO-POL channel and the optimal polarization state for contrast enhancement 査読

    J Yang, Y Yamaguchi, H Yamada, SM Lin

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONSE80B ( 10 ) 1570 - 1575   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    For the completely polarized wave case, this paper presents the explicit formulae of the characteristic polarization states in the co-polarized radar channel, from which one can obtain the CO-POL Max, the CO-POL Saddle and the CO-POL Nulls in the Stokes vector form. Then the problem on the polarimetric contrast optimization is discussed, and the explicit formula of the optimal polarization state for contrast enhancement is presented in the Stokes vector form for the first time. To verify these formulae, we give some numerical examples. The results are completely identical with other authors', which shows the validity of the presented method.

    Web of Science

    researchmap

  • 反復法を用いた伝導体のTomographic Imaging

    竹中 宏, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会技術研究報告AP97-122 ( 10 )   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インターフェロメトリックFM-CWレーダに関する基礎的検討

    原 崇徳, 山口芳雄, 山田寛喜, 阿部武雄

    電子情報通信学会技術研究報告AP97-119 ( 10 )   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マイクロコンピュータボードの不要電磁波の可視化について

    五十嵐ゆり, 山口芳雄, 山田寛喜, 阿達透

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Interferometric FM-CWレーダに関する基礎的検討

    原崇徳, 山口芳雄, 山田寛喜, 阿達透

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 単一周波数トモグラフィックレーダを用いた伝導体の形状推定

    竹中宏, 山口芳雄, 山田寛喜, 阿達透

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • FDTD法を用いた地中探査用T-barスロットアンテナの解析

    炭 篤則, 脇田 喜之, 山田 寛喜, 山口 芳雄

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 距離方向におかれた2個のターゲットによる散乱行列について

    北山健志, 中村政文, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-10 )   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 埋没探査用FM-CWレーダへの3成分分解法の適用

    森山敏文, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-3 )   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 改良型Root-MUSIC法を用いた電磁波散乱特性の高分解能推定

    板羽直人, 山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-10 )   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 改良型MODE法による高分解能信号パラメータ推定"

    山田寛喜, 山口芳雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会 ( B-1-22 )   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 降雨時の土壌の誘電率の時間変化について

    脇田喜之, 山口芳雄, 山田寛喜, 阿達透

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 平行平板ターゲットを用いたPolarimetric Calibrationについて

    北山健志, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • An Application of Polarization Anisotropy Coefficient to Subsurface FM-CW Radar 査読

    Toshifumi Moriyama, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proceedings of Second international conference on archaeological prospection   27   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 3成分分解法によるSIR-C/X-SAR画像の分類について

    中村政文, 山口芳雄, 山田寛喜

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MUSIC法を用いた周波数分散性の高分解能検出について

    板羽直人, 山田寛喜, 山口芳雄, 阿達透

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏波平均化MUSIC法の高分解能化について

    山倉利春, 山田寛喜, 山口芳雄, 阿達透

    平成9年電子情報通信学会信越支部大会   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Measurement Results on Electromagnetic Characteristics of Soil using the Dipole Antenna 査読

    Yoshiyuki Wakita, Yoshio Yamaguchi, Hiroyoshi Yamada

    Proceedings of Second international conference on archaeological prospection   28   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 任意物体からの散乱電界の振幅成分によるDiffraction Tomography実験 査読

    伊藤孝充, 山口芳雄, 山田寛喜

    電子情報通信学会論文誌B-IIJ80-B-II ( 8 ) 739 - 741   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap