2023/02/05 更新

写真a

ヤマダ タカホ
山田 貴穂
YAMADA Takaho
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 助教
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2002年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 解剖学

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学   助教

    2016年10月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 内分泌・代謝内科   特任助教

    2013年7月 - 2016年9月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻   助教

    2004年4月 - 2008年3月

学歴

  • 新潟大学大学院   医学研究科   内科系内科学

    - 2002年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学   医学部

    - 1995年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Predictors of hemoglobin and its changes focusing on anemia and polycythemia after administration of the SGLT2 inhibitor, tofogliflozin. 国際誌

    Yasuhiro Matsubayashi, Akihiro Yoshida, Hideki Suganami, Momoko Oe, Takaaki Sato, Yuta Yaguchi, Kazuya Fujihara, Takaho Yamada, Shiro Tanaka, Kohei Kaku, Hirohito Sone

    Diabetes, obesity & metabolism   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/dom.14836

    PubMed

    researchmap

  • Fast walking and physical activity are independent contributors to improved physical function. 国際誌

    Haruka Shiozaki, Kazuya Fujihara, Mayuko Yamada-Harada, Masahiko Yamamoto, Yurie Mitsuma, Masaru Kitazawa, Yuta Yaguchi, Yasuhiro Matsubayashi, Midori Iwanaga, Takaho Yamada, Satoru Kodama, Hirohito Sone

    Family practice   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND OBJECTIVES: To clarify whether the presence or absence of fast walking and habitual physical activity are independently associated with the incidence of functional disability. METHODS: This historical cohort study was comprised of 9,652 (4,412 men, mean age 65 years) individuals aged 39-98 years without functional disability at baseline. Functional disability was determined based on the Japanese long-term care insurance system, which specified requirements for assistance in the activities of daily living. The impact of fast walking and habitual physical activity on the incidence of functional disability was analysed by Cox proportional hazards models. RESULTS: The follow-up period was a median of 3.7 years during which 165 patients were newly certified as having functional disability. In the multivariate analysis, baseline age in 5-year increments (hazard ratio 2.42 [95% confidence interval 2.18-2.69]), no habitual physical activity (1.56 [1.07-2.27]), and not fast walking (1.89 [1.32-2.69]) significantly increased the risk of functional disability after adjustment for covariates. The stratified analysis showed that compared with physical activity (+), the impact of physical activity (-) on the incidence of functional disability was observed in those aged ≥75 years regardless of fast walking (+). Fast walking (-) significantly increased the risk of disability compared with fast walking (+) in those aged <75 years regardless of a physical activity habit. CONCLUSION: In Japanese, slow walking speed and lack of a physical activity habit were shown to be independent risk factors for incident functional disability, with their impact differing according to age.

    DOI: 10.1093/fampra/cmac087

    PubMed

    researchmap

  • Impact of metabolic syndrome and metabolic dysfunction-associated fatty liver disease on cardiovascular risk by the presence or absence of type 2 diabetes and according to sex. 国際誌

    Yasuhiro Matsubayashi, Kazuya Fujihara, Mayuko Yamada-Harada, Yurie Mitsuma, Takaaki Sato, Yuta Yaguchi, Taeko Osawa, Masahiko Yamamoto, Masaru Kitazawa, Takaho Yamada, Satoru Kodama, Hirohito Sone

    Cardiovascular diabetology   21 ( 1 )   90 - 90   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: To determine the impact of metabolic syndrome (MetS) and/or metabolic dysfunction-associated fatty liver disease (MAFLD), which are pathophysiologically similar and include insulin resistance, on the development of new-onset cardiovascular disease with and without type 2 diabetes and according to sex. METHODS: This study included 570,426 individuals without a history of cardiovascular disease who were enrolled in a nationwide claims database from 2008 to 2016 and were classified by the presence or absence of MetS and/or MAFLD stratified by the presence or absence of type 2 diabetes and sex. The fatty liver index was used to determine the presence or absence of fatty liver that required a diagnosis of MAFLD. Risks of developing coronary artery disease (CAD) and cerebrovascular disease (CVD) in each category were analyzed using a multivariate Cox proportional hazard model. RESULTS: During a median follow-up of 5.2 years, 2252 CAD and 3128 CVD events occurred. Without type 2 diabetes the hazard ratio (HR) (95% CI) for CAD/CVD compared with neither MAFLD nor MetS was 1.32 (1.17-1.50)/1.41(1.28-1.57) for MAFLD only (without MetS), 1.78 (1.22-2.58)/1.66 (1.34-2.06) for MetS only (without MAFLD), and 2.10 (1.84-2.39)/1.73 (1.54-1.95) for MAFLD + MetS. For those with type 2 diabetes, the HR for CAD for MAFLD only (compared with neither MAFLD nor MetS) was 1.29 (1.06-1.58), for MetS only 1.34 (0.84-2.13), and for MAFLD + MetS 1.22 (1.02-1.47). For CVD, there was a significant increase in HR only in MAFLD + MetS [1.44 (1.18-1.76)]. The results of the analysis stratified by sex showed that MAFLD had a greater impact in men, and MetS had a greater impact in women regarding the development of CAD. CONCLUSIONS: Distinguishing between MetS and/or MAFLD in the presence or absence of type 2 diabetes and according to sex may aid in accurately identifying patients at high risk of cardiovascular disease.

    DOI: 10.1186/s12933-022-01518-4

    PubMed

    researchmap

  • Impact of prior cerebrovascular disease and glucose status on incident cerebrovascular disease in Japanese

    Momoko Oe, Kazuya Fujihara, Mayuko Harada-Yamada, Taeko Osawa, Masaru Kitazawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaaki Sato, Yuta Yaguchi, Midori Iwanaga, Hiroyasu Seida, Takaho Yamada, Hirohito Sone

    Cardiovascular Diabetology   20 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Although both a history of cerebrovascular disease (CVD) and glucose abnormality are risk factors for CVD, few large studies have examined their association with subsequent CVD in the same cohort. Thus, we compared the impact of prior CVD, glucose status, and their combinations on subsequent CVD using real-world data.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    This is a retrospective cohort study including 363,627 men aged 18–72 years followed for ≥ 3 years between 2008 and 2016. Participants were classified as normoglycemia, borderline glycemia, or diabetes defined by fasting plasma glucose, HbA1c, and antidiabetic drug prescription. Prior and subsequent CVD (i.e. ischemic stroke, transient ischemic attack, and non-traumatic intracerebral hemorrhage) were identified according to claims using ICD-10 codes, medical procedures, and questionnaires.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    Participants’ mean age was 46.1 ± 9.3, and median follow up was 5.2 (4.2, 6.7) years. Cox regression analysis showed that prior CVD + conferred excess risk for CVD regardless of glucose status (normoglycemia: hazard ratio (HR), 8.77; 95% CI 6.96–11.05; borderline glycemia: HR, 7.40, 95% CI 5.97–9.17; diabetes: HR, 5.73, 95% CI 4.52–7.25). Compared with normoglycemia, borderline glycemia did not influence risk of CVD, whereas diabetes affected subsequent CVD in those with CVD- (HR, 1.50, 95% CI 1.34–1.68). In CVD-/diabetes, age, current smoking, systolic blood pressure, high-density lipoprotein cholesterol, and HbA1c were associated with risk of CVD, but only systolic blood pressure was related to CVD risk in CVD + /diabetes.


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    Prior CVD had a greater impact on the risk of CVD than glucose tolerance and glycemic control. In participants with diabetes and prior CVD, systolic blood pressure was a stronger risk factor than HbA1c. Individualized treatment strategies should consider glucose tolerance status and prior CVD.


    </sec>

    DOI: 10.1186/s12933-021-01367-7

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1186/s12933-021-01367-7/fulltext.html

  • Impact of Medication Adherence and Glycemic Control on the Risk of Micro- and Macrovascular Diseases in Patients with Diabetes. 国際誌

    Yuta Yaguchi, Kazuya Fujihara, Mayuko Harada Yamada, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Midori Iwanaga, Masaru Kitazawa, Masahiko Yamamoto, Hiroyasu Seida, Satoru Kodama, Hirohito Sone

    The American journal of medicine   135 ( 4 )   461 - 470   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Our purpose in the research was to clarify the impact of medication adherence to oral hypoglycemic agents during a 1-year period and subsequent glycemic control on the risk of micro- and macrovascular diseases. METHODS: Examined was a nationwide claims database on 13,256 individuals with diabetic eye disease without requiring prior treatment, 7,862 without prior initiation of dialysis, 15,556 without prior coronary artery disease, 16,243 without prior cerebrovascular disease, and 19,386 without prior heart failure from 2008 to 2016 in Japan. Medication adherence was evaluated by the proportion of days covered. Patients were considered to have poor adherence if the proportion of days covered was <80%. Multivariate Cox regression model identified risks of micro- and macrovascular diseases. RESULTS: In each group, mean age was 53 to 54 years, HbA1c was 7.1% to 7.2%, and median follow-up period was 4.6 to 5.1 years, and the percentage of poor adherence was approximately 30%. During the study period, 532 treatment-requiring diabetic eye disease, 75 dialysis, 389 coronary artery disease, 316 cerebrovascular disease, and 144 heart failure events occurred. Multivariate Cox regression model revealed that the hazard ratio (95% confidence interval) of dialysis in the poor adherence group was 2.04 (1.27-3.30) compared with the good adherence group. The hazard ratios in the poor adherence/poor glycemic control group were 3.34 (2.63-4.24) for treatment-requiring diabetic eye disease, 4.23 (2.17-8.26) for dialysis, 1.69 (1.23-2.31) for coronary artery disease, and 2.08 (1.25-3.48) for heart failure compared with the good adherence/good glycemic control group. CONCLUSIONS: Poor medication adherence was an independent risk factor for the initiation of dialysis, suggesting that clinicians must pay close attention to these patients.

    DOI: 10.1016/j.amjmed.2021.10.018

    PubMed

    researchmap

  • 副腎腫瘍とK低値で内分泌疾患を疑うもGitelman症候群と考えた1例

    中村 博至, 矢口 雄大, 佐藤 孝明, 山本 正彦, 石黒 創, 北澤 勝, 松林 泰弘, 石澤 正博, 鈴木 浩史, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 2 )   559 - 559   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 日本人男性における耐糖能別にみた脳卒中既往がその後の脳卒中発症に与える影響

    山田 万祐子, 藤原 和哉, 大江 桃子, 大澤 妙子, 北澤 勝, 松林 泰弘, 佐藤 隆明, 矢口 雄大, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   35 ( Suppl. )   174 - 174   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 経口血糖降下薬(OHA)の服薬アドヒアランスおよび血糖コントロールと細小/大血管合併症発症の関連の検討

    矢口 雄大, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 北澤 勝, 山本 正彦, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 清田 浩康, 松林 泰弘, 児玉 暁, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   35 ( Suppl. )   173 - 173   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 血清尿酸値と重症糖尿病網膜症との関係

    山本 正彦, 藤原 和哉, 矢口 雄大, 大澤 妙子, 山田 万祐子, 松林 泰弘, 長谷部 日, 山田 貴穂, 児玉 暁, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   35 ( Suppl. )   268 - 268   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • Association of estimated plasma volume and weight loss after long‐term administration and subsequent discontinuation of the sodium‐glucose cotransporter‐2 inhibitor tofogliflozin

    Yasuhiro Matsubayashi, Akihiro Yoshida, Hideki Suganami, Momoko Oe, Takaaki Sato, Yuta Yaguchi, Kazuya Fujihara, Takaho Yamada, Shiro Tanaka, Kohei Kaku, Hirohito Sone

    Diabetes, Obesity and Metabolism   23 ( 7 )   1660 - 1665   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/dom.14387

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/dom.14387

  • 認知機能低下/治療中断による2型糖尿病の血糖増悪が急性発症1型糖尿病であった1例

    村井 幸四郎, 金子 正儀, 岸 裕太郎, 今西 明, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( 7 )   425 - 425   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Associations of Systolic Blood Pressure and Diastolic Blood Pressure With the Incidence of Coronary Artery Disease or Cerebrovascular Disease According to Glucose Status

    Mayuko Harada Yamada, Kazuya Fujihara, Satoru Kodama, Takaaki Sato, Taeko Osawa, Yuta Yaguchi, Masahiko Yamamoto, Masaru Kitazawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Hiroyasu Seida, Wataru Ogawa, Hirohito Sone

    Diabetes Care   dc202252 - dc202252   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Diabetes Association  

    DOI: 10.2337/dc20-2252

    researchmap

  • SGLT2阻害薬投与早期及び慢性期のヘモグロビン変化予測因子の検討 貧血・多血例における評価

    松林 泰弘, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 矢口 雄大, 山本 正彦, 石黒 創, 北澤 勝, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   II - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • メトホルミン内服中の2型糖尿病患者に対するDPP4阻害薬またはSGLT2阻害薬の追加併用効果の多施設共同無作為化比較試験

    北澤 勝, 片桐 尚, 鈴木 裕美, 松永 佐澄志, 山田 万祐子, 五十嵐 智雄, 山本 正彦, 古川 和郎, 岩永 みどり, 治田 麻理子, 藤原 和哉, 山田 貴穂, 田中 司郎, 曽根 博仁, NISM研究グループ

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   I - 6   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 健診の体力テスト結果を用いた総合体力指標の算出と生活習慣病との関連の検討

    佐藤 隆明, 藤原 和哉, 矢口 雄大, 山田 万祐子, 北澤 勝, 山本 正彦, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 加藤 公則, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   III - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 日本人男性における耐糖能と脳卒中既往がその後の脳卒中発症に与える影響 リアルワールドデータによる検討

    山田 万祐子, 藤原 和哉, 大江 桃子, 大澤 妙子, 北澤 勝, 松林 泰弘, 佐藤 隆明, 矢口 雄大, 岩永 みどり, 清田 浩康, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   III - 2   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 服薬アドヒアランスと下肢切断のリスクに関する縦断的検討(第2報)

    金子 正儀, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 北澤 勝, 矢口 雄大, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 清田 浩康, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   P - 4   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病の悪化と視野障害により再発が疑われたCushing病

    今西 明, 北川 めぐみ, 渡辺 聖央, 小松 健, 北澤 優, 松林 泰弘, 岡田 正康, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   P - 1   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病(DM)の有無別にみたeGFRと尿蛋白が透析開始に及ぼす影響

    大澤 妙子, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 山本 正彦, 矢口 雄大, 北澤 勝, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   64 ( Suppl.1 )   I - 8   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Rates and risk factors for amputation in people with diabetes in Japan: a historical cohort study using a nationwide claims database. 国際誌

    Masanori Kaneko, Kazuya Fujihara, Mayuko Yamada Harada, Taeko Osawa, Masahiko Yamamoto, Masaru Kitazawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Hiroyasu Seida, Satoru Kodama, Hirohito Sone

    Journal of foot and ankle research   14 ( 1 )   29 - 29   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: The prevalence of diabetes is rising, and diabetes develops at a younger age in East Asia. Although lower limb amputation negatively affects quality of life and increases the risk of cardiovascular events, little is known about the rates and predictors of amputation among persons with diabetes from young adults to those in the "young-old" category (50-72 y). METHODS: We analyzed data from a nationwide claims database in Japan accumulated from 2008 to 2016 involving 17,288 people with diabetes aged 18-72 y (mean age 50.2 y, HbA1c 7.2%). Amputation occurrence was determined according to information from the claims database. Cox regression model identified variables related to lower limb amputation. RESULTS: The mean follow-up time was 5.3 years, during which time 16 amputations occurred (0.17/1000 person-years). Multivariate Cox regression analysis showed that age (hazard ratio [HR] 1.09 [95% confidence intervals] 1.02-1.16, p = 0.01) and HbA1c (HR 1.46 [1.17-1.81], p < 0.01) were independently associated with amputations. Compared with those aged < 60 years with HbA1c < 8.0%, the HR for amputation was 27.81 (6.54-118.23) in those aged ≥60 years and HbA1c ≥8.0%. CONCLUSIONS: Age and HbA1c were associated with amputations among diabetic individuals, and the rates of amputation were significantly greater in those ≥60 years old and with HbA1c ≥8.0%.

    DOI: 10.1186/s13047-021-00474-8

    PubMed

    researchmap

  • ソマトスタチン受容体シンチグラフィが診断に有用であった肺カルチノイドによる周期性ACTH依存性クッシング症候群の1例

    金子 正儀, 佐藤 隆明, 福武 嶺一, 滝澤 祥子, 今西 明, 安楽 匠, 小松 健, 北澤 勝, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   363 - 363   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 心血管疾患既往の有無と耐糖能状態別に見たその後の心血管疾患発症リスク

    北澤 勝, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 大澤 妙子, 矢口 雄大, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 清田 浩康, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   274 - 274   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 遺伝子検査によりPendred症候群と考えられた一例

    竹内 亮, 岸 裕太郎, 山本 正彦, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 4 )   983 - 983   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • ソマトスタチン受容体シンチグラフィが診断に有用であった肺カルチノイドによる周期性ACTH依存性クッシング症候群の1例

    金子 正儀, 佐藤 隆明, 福武 嶺一, 滝澤 祥子, 今西 明, 安楽 匠, 小松 健, 北澤 勝, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   363 - 363   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 心血管疾患既往の有無と耐糖能状態別に見たその後の心血管疾患発症リスク

    北澤 勝, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 大澤 妙子, 矢口 雄大, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 清田 浩康, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   274 - 274   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Severity of hypertension as a predictor of initiation of dialysis among study participants with and without diabetes mellitus. 国際誌

    Taeko Osawa, Kazuya Fujihara, Mayuko Harada Yamada, Masahiko Yamamoto, Masaru Kitazawa, Yasuhiro Matsubayashi, Midori Iwanaga, Takaho Yamada, Hiroyasu Seida, Satoru Kodama, Yoshimi Nakagawa, Hitoshi Shimano, Hirohito Sone

    Journal of investigative medicine : the official publication of the American Federation for Clinical Research   69 ( 3 )   724 - 729   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To determine associations between severity of hypertension and risk of starting dialysis in the presence or absence of diabetes mellitus (DM). A nationwide database with claims data on 258 874 people with and without DM aged 19-72 years in Japan was used to elucidate the impact of severity of hypertension on starting dialysis. Initiation of dialysis was determined from claims using International Classification of Diseases-10 codes and medical procedures. Using multivariate Cox modeling, we investigated the severity of hypertension to predict the initiation of dialysis with and without DM. Hypertension was significantly associated with the initiation of dialysis regardless of DM. The incidence of starting dialysis in those with systolic blood pressure (SBP) ≤119 mm Hg and DM (DM+) was almost the same as in those with SBP ≥150 mm Hg and absence of DM (DM-). In comparison with SBP ≤119 mm Hg, SBP ≥150 mm Hg significantly increased the risk of the initiation of dialysis about 2.5 times regardless of DM+ or DM-. Compared with DM- and SBP ≤119 mm Hg, the HR for DM+ and SBP ≥150 mm Hg was 6.88 (95% CI 3.66 to 12.9). Although the risks of hypertension differed only slightly regardless of the presence or absence of DM, risks for starting dialysis with DM+ and SBP ≤119 mm Hg were equivalent to DM- and SBP ≥150 mm Hg, indicating more strict blood pressure interventions in DM+ are needed to avoid dialysis. Future studies are required to clarify the cut-off SBP level to avoid initiation of dialysis considering the risks of strict control of blood pressure.

    DOI: 10.1136/jim-2020-001489

    PubMed

    researchmap

  • A 52-week randomized controlled trial of ipragliflozin or sitagliptin in type 2 diabetes combined with metformin: The N-ISM study. 国際誌

    Masaru Kitazawa, Takashi Katagiri, Hiromi Suzuki, Satoshi Matsunaga, Mayuko H Yamada, Tomoo Ikarashi, Masahiko Yamamoto, Kazuo Furukawa, Midori Iwanaga, Mariko Hatta, Kazuya Fujihara, Takaho Yamada, Shiro Tanaka, Hirohito Sone

    Diabetes, obesity & metabolism   23 ( 3 )   811 - 821   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    AIM: To compare the long-term efficacy of sodium-glucose co-transporter-2 inhibitors and dipeptidyl peptidase-4 inhibitors as second-line drugs after metformin for patients not at high risk of atherosclerotic cardiovascular disease (ASCVD). MATERIALS AND METHODS: In a 52-week randomized open-label trial, we compared ipragliflozin and sitagliptin in Japanese patients diagnosed with type 2 diabetes, without prior ASCVD and treated with metformin. The primary endpoint was a glycated haemoglobin (HbA1c) reduction of ≥0.5% (5.5 mmol/mol) without weight gain at 52 weeks. RESULTS: Of a total of 111 patients (mean age 59.2 years, mean body mass index [BMI] 26.6 kg/m2 , 61.3% men), 54 patients received ipragliflozin and 57 received sitagliptin. After 52 weeks, achievement of the primary endpoint was not significantly different (37.0% and 40.3%; P = 0.72). HbA1c reduction rate at 24 weeks was greater for sitagliptin (56.1%) than for ipragliflozin (31.5%; P = 0.01). From 24 to 52 weeks, the HbA1c reduction with sitagliptin was attenuated, with no significant difference in HbA1c reduction after 52 weeks between sitagliptin (54.4%) and ipragliflozin (38.9%; P = 0.10). Improvements in BMI, C-peptide and high-density lipoprotein cholesterol were greater with ipragliflozin than with sitagliptin. Adverse events occurred in 17 patients with ipragliflozin and in 10 patients with sitagliptin (P = 0.11). CONCLUSION: The HbA1c-lowering effect at 24 weeks was greater with sitagliptin than with ipragliflozin, but with no difference in efficacy related to HbA1c and body weight at 52 weeks. However, some ASCVD risk factors improved with ipragliflozin.

    DOI: 10.1111/dom.14288

    PubMed

    researchmap

  • 糖尿病患者におけるIoT端末による食事運動記録と持続血糖測定器を用いた新しい食事運動療法の開発

    北澤 勝, 藤原 和哉, 石澤 正博, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    新潟県医師会報   ( 851 )   10 - 11   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    researchmap

  • Body flexibility and incident hypertension: The Niigata wellness study

    Yuko Gando, Susumu S. Sawada, Haruki Momma, Ryoko Kawakami, Motohiko Miyachi, I‐Min Lee, Steven N. Blair, Minoru Tashiro, Chika Horikawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Kazuya Fujihara, Kiminori Kato, Hirohito Sone

    Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1111/sms.13867

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/sms.13867

  • A Prospective Cohort Study of Muscular and Performance Fitness and Incident Glaucoma: The Niigata Wellness Study

    Ryoko Kawakami, Yuko Gando, Kiminori Kato, Susumu S. Sawada, Haruki Momma, Motohiko Miyachi, I-Min Lee, Steven N. Blair, Minoru Tashiro, Chika Horikawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Kazuya Fujihara, Hirohito Sone

    Journal of Physical Activity and Health   17 ( 11 )   1171 - 1178   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Kinetics  

    <bold>Background</bold>: To examine the association between muscular and performance fitness (MPF) and the incidence of glaucoma. <bold>Methods</bold>: A total of 27,051 glaucoma-free participants aged 20–87 years underwent physical fitness tests between April 2001 and March 2002. The MPF index was calculated using an age- and sex-specific summed <italic>z</italic>-score from grip strength, vertical jump, single-leg balance, forward bending, and whole-body reaction time. The participants were divided into quartiles according to the MPF index and each physical fitness test. Participants were followed up for the development of glaucoma, which was defined based on physician-diagnosed glaucoma at an annual health examination between April 2002 and March 2008. Hazard ratios for the incidence of glaucoma were estimated using Cox proportional hazards models. <bold>Results</bold>: During follow-up, 303 participants developed glaucoma. Compared with the lowest MPF index group, hazard ratio (95% confidence interval) of developing glaucoma was 0.64 (0.46–0.89) for the highest MPF index group (<italic>P</italic> for trend = .001). Vertical jump and whole-body reaction time were associated with incident glaucoma (<italic>P</italic> for trend = .01 and &lt;.001, respectively). There were no associations between the other physical fitness tests and the incidence of glaucoma. <bold>Conclusion</bold>: Higher MPF is associated with lower incidence of glaucoma.

    DOI: 10.1123/jpah.2019-0660

    researchmap

    その他リンク: https://journals.humankinetics.com/downloadpdf/journals/jpah/17/11/article-p1171.xml

  • 心血管・動脈硬化 耐糖能別にみた収縮期血圧と冠動脈疾患、脳血管疾患発症との関連

    山田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 矢口 雄大, 北澤 勝, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   34 ( Suppl.1 )   219 - 219   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 心血管・動脈硬化 耐糖能別にみた収縮期血圧と冠動脈疾患、脳血管疾患発症との関連

    山田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 矢口 雄大, 北澤 勝, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   34 ( Suppl.1 )   219 - 219   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • Network Meta-Analysis of Drug Therapies for Lowering Uric Acid and Mortality Risk in Patients with Heart Failure. 国際誌

    Satoru Kodama, Kazuya Fujihara, Chika Horikawa, Mayuko Yamada, Takaaki Sato, Yuta Yaguchi, Masahiko Yamamoto, Masaru Kitazawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Kenichi Watanabe, Hirohito Sone

    Cardiovascular drugs and therapy   35 ( 6 )   1217 - 1225   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This network meta-analysis aimed to assess the current efficacy of decreasing the uric acid (UA) level with drugs to reduce mortality in patients with heart failure (HF). METHODS: Electronic literature searches using EMBASE and MEDLINE of studies published from 1 Jan 1950 to 26 Dec 2019 were conducted for randomized controlled trials or non-randomized cohort studies that included at least one group of patients who took UA-lowering drugs and with a study outcome of all-cause mortality. A random-effects network meta-analysis was performed within a frequentist framework. Hierarchy of treatments was expressed as the surface under the cumulative ranking curve (SUCRA) value, which is in proportion to mean rank (best is 100%). RESULTS: Nine studies, which included seven different types of groups, were eligible for analysis. The "untreated uricemia" group in which patients had hyperuricemia but without treatment had a significantly higher risk of mortality than the "no uricemia" group in which patients had no hyperuricemia (relative risk (RR)(95% confidence interval (CI), 1.43 (1.08-1.89)). The "start-allo" group wherein patients started to take allopurinol did not have a significantly lower risk of mortality than the "untreated uricemia" group (RR (95% CI), 0.68 (0.45-1.01)). However, in the "start-allo" group the SUCRA value was comparable to that in the "no uricemia" group (SUCRA: 65.4% for "start-allo"; 64.1% for "no uricemia"). CONCLUSIONS: Results suggested that allopurinol therapy was not associated with a significantly improved prognosis in terms of mortality but could potentially counteract the adverse effects associated with longstanding hyperuricemia in HF patients.

    DOI: 10.1007/s10557-020-07097-4

    PubMed

    researchmap

  • Association of treatment-achieved HbA1c with incidence of coronary artery disease and severe eye disease in diabetes patients 査読

    M. Harada, K. Fujihara, T. Osawa, M. Yamamoto, M. Kaneko, M. Ishizawa, Y. Matsubayashi, T. Yamada, N. Yamanaka, H. Seida, S. Kodama, W. Ogawa, H. Sone

    Diabetes & Metabolism   46 ( 4 )   331 - 334   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.diabet.2018.08.009

    PubMed

    researchmap

  • 高齢になり副腎皮質機能低下症、甲状腺機能低下症が顕在化した下垂体茎離断症候群に甲状腺乳頭癌を合併した1例

    浅島 雄弥, 佐藤 隆明, 竹内 亮, 小松 健, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   309 - 309   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 著明な嚥下障害を呈したKearns-Sayre症候群に合併した糖尿病の1例

    種村 聡, 山本 正彦, 石黒 創, 岩永 みどり, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 渡邊 賢一, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( 8 )   568 - 568   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 下垂体機能低下症を併発した本態性高Na血症の一例

    岸 裕太郎, 竹内 亮, 山本 正彦, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 石黒 創, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   256 - 256   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 糖尿病の有無別にみた日本人男性におけるBMI・腹囲と冠動脈疾患発症との関連

    上村 和樹, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 北澤 勝, 矢口 雄大, 清田 浩康, 山中 菜詩, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 児玉 暁, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 229   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 指先穿刺による血糖およびHbA1c迅速測定をもちいた糖尿病啓発の取り組み(第2報)

    山田 貴穂, 武田 安永, 池田 和泉, 竹内 瑞希, 國米 純也, 中湊 大成, 滝澤 祥子, 村井 幸四郎, 竹内 亮, 今西 明, 安楽 匠, 岸 裕太郎, 小松 健, 佐藤 隆明, 矢口 雄大, 山田 万祐子, 川田 亮, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 松林 泰弘, 藤原 和哉, 岩永 みどり, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁, 新潟県糖尿病協会

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 349   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • スマートフォンを含むスクリーンタイムと小児の生活習慣、食品群別摂取量および肥満との関連

    池田 和泉, 藤原 和哉, 根立 梨奈, 森川 咲子, 石黒 創, 山田 万祐子, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 275   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 総合体力尺度から作成した体力年齢とメタボリックシンドローム(MetS)との関連

    佐藤 隆明, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 矢口 雄大, 北澤 勝, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 加藤 公則, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 133   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病の有無別にみた収縮期血圧が透析開始に及ぼす影響

    大澤 妙子, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 山本 正彦, 北澤 勝, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 清田 浩康, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 172   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病と定期的な運動習慣が要介護発症へ及ぼす影響の検討

    藤原 和哉, 山田 万祐子, 北澤 勝, 松林 泰弘, 矢口 雄大, 八尋 拓也, 筒井 歩, 山田 貴穂, 加藤 公則, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 148   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • SGLT2阻害薬52週投与及び投与中止2週後の推算血漿流量変化とBNPとの関連の検討

    松林 泰弘, 吉田 明弘, 野島 俊秋, 菅波 秀規, 石黒 創, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 223   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 耐糖能別にみた収縮期血圧が冠動脈/脳血管疾患に及ぼす影響の検討

    山田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 北澤 勝, 松林 泰弘, 矢口 雄大, 岩永 みどり, 山中 菜詩, 清田 浩康, 山田 貴穂, 小川 渉, 曽根 博仁

    糖尿病   63 ( Suppl.1 )   S - 206   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Diabetes mellitus and risk of new-onset and recurrent heart failure: a systematic review and meta-analysis. 査読 国際誌

    Satoru Kodama, Kazuya Fujihara, Chika Horikawa, Takaaki Sato, Midori Iwanaga, Takaho Yamada, Kiminori Kato, Kenichi Watanabe, Hitoshi Shimano, Tohru Izumi, Hirohito Sone

    ESC heart failure   7 ( 5 )   2146 - 2174   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Despite mounting evidence of the positive relationship between diabetes mellitus (DM) and heart failure (HF), the entire context of the magnitude of risk for HF in relation to DM remains insufficiently understood. The principal reason is because new-onset HF (HF occurring in participants without a history of HF) and recurrent HF (HF re-occurring in patients with a history of HF) are not discriminated. This meta-analysis aims to comprehensively and separately assess the risk of new-onset and recurrent HF depending on the presence or absence of DM. We systematically searched cohort studies that examined the relationship between DM and new-onset or recurrent HF using EMBASE and MEDLINE (from 1 Jan 1950 to 28 Jul 2019). The risk ratio (RR) for HF in individuals with DM compared with those without DM was pooled with a random-effects model. Seventy-four and 38 eligible studies presented data on RRs for new-onset and recurrent HF, respectively. For new-onset HF, the pooled RR [95% confidence interval (CI)] of 69 studies that examined HF as a whole [i.e. combining HF with preserved ejection fraction (HFpEF) and HF with reduced ejection fraction (HFrEF)] was 2.14 (1.96-2.34). The large between-study heterogeneity (I2  = 99.7%, P < 0.001) was significantly explained by mean age [pooled RR (95% CI) 2.60 (2.38-2.84) for mean age < 60 years vs. pooled RR (95% CI) 1.95 (1.79-2.13) for mean age ≥ 60 years] (P < 0.001). Pooled RRs (95% CI) of seven and eight studies, respectively, that separately examined HFpEF and HFrEF risk were 2.22 (2.02-2.43) for HFpEF and 2.73 (2.71-2.75) for HFrEF. The risk magnitudes between HFpEF and HFrEF were not significantly different in studies that examined both HFpEF and HFrEF risks (P = 0.86). For recurrent HF, pooled RR (95% CI) of the 38 studies was 1.39 (1.33-1.45). The large between-study heterogeneity (I2  = 80.1%, P < 0.001) was significantly explained by the proportion of men [pooled RR (95% CI) 1.53 (1.40-1.68) for < 65% men vs. 1.32 (1.25-1.39) for ≥65% men (P = 0.01)] or the large pooled RR for studies of only participants with HFpEF [pooled RR (95% CI), 1.73 (1.32-2.26) (P = 0.002)]. Results indicate that DM is a significant risk factor for both new-onset and recurrent HF. It is suggested that the risk magnitude is large for new-onset HF especially in young populations and for recurrent HF especially in women or individuals with HFpEF. DM is associated with future HFpEF and HFrEF to the same extent.

    DOI: 10.1002/ehf2.12782

    PubMed

    researchmap

  • A Prospective Cohort Study of Muscular and Performance Fitness and Risk of Hearing Loss: The Niigata Wellness Study. 査読 国際誌

    Ryoko Kawakami, Susumu S Sawada, Kiminori Kato, Yuko Gando, Haruki Momma, Hideaki Oike, Motohiko Miyachi, I-Min Lee, Steven N Blair, Minoru Tashiro, Chika Horikawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Kazuya Fujihara, Hirohito Sone

    The American journal of medicine   134 ( 2 )   235 - 242   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Several cross-sectional studies have linked higher physical fitness with better hearing sensitivity but have not established a causal relation; none have used a prospective design that is less susceptible to bias. We used a prospective cohort study to investigate the association between muscular and performance fitness and the incidence of hearing loss. METHODS: In total, 21,907 participants without hearing loss received physical fitness assessments between April 2001 and March 2002. Muscular and performance fitness index, an age- and sex-specific summed z-score based on grip strength, vertical jump height, single-leg balance, forward bending, and whole-body reaction time was calculated. Participants were classified into quartiles according to the muscular and performance fitness index as well as each physical fitness test. They were followed up for the development of hearing loss, assessed by pure-tone audiometry at annual health examinations between April 2002 and March 2008. Hazard ratios (HRs) and 95% confidence intervals (95% CIs) for hearing loss incidence were estimated using Cox proportional hazards regression models. RESULTS: During follow-up, 2765 participants developed hearing loss. The HRs (95% CIs) for developing hearing loss across the muscular and performance fitness index quartiles (lowest to highest) were 1.00 (reference), 0.88 (0.79-0.97), 0.83 (0.75-0.93), and 0.79 (0.71-0.88) (Ptrend <.001). Among the various physical fitness components, a clear dose-response association with hearing loss incidence was observed in vertical jump height and single-leg balance (Ptrend <.001 for both). CONCLUSION: Higher muscular and performance fitness is associated with a lower incidence of hearing loss.

    DOI: 10.1016/j.amjmed.2020.06.021

    PubMed

    researchmap

  • 甲状腺穿刺吸引細胞診後に一過性びまん性甲状腺腫脹を呈した1例

    山田 貴穂, 岸 裕太郎, 小松 健, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 4 )   1346 - 1346   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 抗体陰性バセドウ病に合併した類もやもや病の1例

    滝澤 祥子, 今西 明, 安楽 匠, 川田 亮, 佐藤 隆明, 金子 正儀, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   134 ( 2 )   75 - 76   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 甲状腺穿刺吸引細胞診後に一過性びまん性甲状腺腫脹を呈した1例

    山田 貴穂, 岸 裕太郎, 小松 健, 黒崎 功, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   134 ( 2 )   76 - 76   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 副甲状腺癌の全身骨転移と鑑別が困難でありBrown腫瘍が疑われた一例 査読

    山本 正彦, 種村 聡, 石黒 創, 松林 泰弘, 藤原 和哉, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 3 )   998 - 998   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Weight and cardiometabolic risk among adolescents in Agano city, Japan: NICE EVIDENCE Study-Agano 1. 国際誌

    Sakiko Yoshizawa Morikawa, Kazuya Fujihara, Yasunaga Takeda, Mariko Hatta, Chika Horikawa, Masahiro Ishizawa, Masahiko Yamamoto, Tomonobu Shiraishi, Hajime Ishiguro, Takaho Yamada, Yohei Ogawa, Hirohito Sone

    Asia Pacific journal of clinical nutrition   29 ( 4 )   856 - 866   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND OBJECTIVES: Pediatric obesity is associated with clustered cardiometabolic risk and the future incidence of cardiovascular disease. However, few studies have determined the effect of pediatric obesity in Asia, where obesity is less common than in Western countries. We aimed to clarify whether weight status including underweight and slightly overweight is associated with metabolic risk factors in Japanese adolescents. METHODS AND STUDY DESIGN: We performed a cross-sectional analysis of 2241 adolescents aged 13-14 years. Participants were classified as underweight, normal weight, slightly overweight, overweight, or obese according to the International Obesity Task Force. The clustered cardiometabolic risk (Z-CMR) was estimated by summing standardized sex-specific Z scores of mean arterial pressure (MAP), non-high-density lipoprotein cholesterol (non-HDLC), and HbA1c. RESULTS: Linear regression analysis showed that MAP, non-HDL-C, and Z-CMR were higher in the slightly overweight, overweight, and obese groups than in the normal weight group after adjusting for confounders. Compared with the normal weight group, the slightly overweight, overweight, and obese groups had higher prevalence of high BP [odds ratios (ORs): 1.38 (95% CI, 1.03, 1.85); 2.63 (1.77, 3.91); and 2.39 (1.57, 3.64), respectively]. Compared with the normal weight group, underweight boys, but not girls, had a lower prevalence of high Z-CMR [OR=0.20 (0.05, 0.84)]. CONCLUSIONS: Adolescents classified as slightly overweight had higher levels of BP, serum lipids, and clustered cardiometabolic risk than those classified as normal weight. This observation showed significant associations between weight status and cardiometabolic risk factors during adolescence even in East Asians.

    DOI: 10.6133/apjcn.202012_29(4).0022

    PubMed

    researchmap

  • Blood Pressure as Predictor of Coronary Artery Disease (CAD)/Cerebrovascular Disease (CVD) According to Glucose Tolerance Status (GTS): Implications for Updated Guidelines

    Yamada, Mayuko H., Fujihara, Kazuya, Yaguchi, Yuta, Osawa, Taeko, Kitazawa, Masaru, Matsubayashi, Yasuhiro, Iwanaga, Midori, Yamada, Takaho, Yamanaka, Nauta, Seida, Hiroyasu, Ogawa, Wataru, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-6-OR

    Web of Science

    researchmap

  • Association between Plasma Metabolites in the Urea Cycle and Diabetic Kidney Disease (DKD) in a Japanese Population

    Yamamoto, Masahiko, Harada, Sei, Okamura, Tomonori, Fujihara, Kazuya, Yaguchi, Yuta, Komatsu, Takeshi, Sato, Takaaki, Kitazawa, Masaru, Yamada, Mayuko H., Kaneko, Masanori, Osawa, Taeko, Matsubayashi, Yasuhiro, Yamada, Takaho, Kodama, Satoru, Sone, Hirohito, Takebayashi, Toru

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-518-P

    Web of Science

    researchmap

  • Association between Screen Time Including Smartphone Use and Obesity and Its Associated Lifestyles in School Children in Japan

    Ikeda, Izumi, Fujihara, Kazuya, Nedachi, Rina, Morikawa, Sakiko Y., Ishiguro, Hajime, Yamada, Mayuko H., Matsubayashi, Yasuhiro, Yamada, Takaho, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-1988-P

    Web of Science

    researchmap

  • Impact of Body Mass Index (BMI) and Waist Circumference (WC) on Coronary Artery Disease (CAD) in Japanese with and without Diabetes Mellitus (DM)

    Komatsu, Takeshi, Fujihara, Kazuya, Yamada, Mayuko H., Sato, Takaaki, Kitazawa, Masaru, Yamamoto, Masahiko, Seida, Hiroyasu, Yamanaka, Nauta, Matsubayashi, Yasuhiro, Yamada, Takaho, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-449-P

    Web of Science

    researchmap

  • Predictive Ability of Incident Type 2 Diabetes Mellitus (T2DM) Using Machine Learning Algorithms: A Meta-analysis

    Kodama, Satoru, Sato, Takaaki, Yamamoto, Masahiko, Ishiguro, Hajime, Iwanaga, Midori, Fujihara, Kazuya, Yamada, Takaho, Kato, Kiminori, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-841-P

    Web of Science

    researchmap

  • Randomized Controlled Trial of Ipragliflozin or Sitagliptin Combined with Metformin in Type 2 Diabetes: NISM Study

    Kitazawa, Masaru, Katagiri, Takashi, Suzuki, Hiromi, Matsunaga, Satoshi, Yamada, Mayuko H., Ikarashi, Tomoo, Yamamoto, Masahiko, Furukawa, Kazuo, Iwanaga, Midori, Hatta, Mariko, Fujihara, Kazuya, Yamada, Takaho, Tanaka, Shiro, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-1126-P

    Web of Science

    researchmap

  • Physical Fitness (PF), Weight Status, and Metabolic Risk in Japanese Adolescents

    Morikawa, Sakiko Y., Fujihara, Kazuya, Nedachi, Rina, Ikeda, Izumi, Takeda, Yasunaga, Takeuchi, Mizuki, Hatta, Mariko, Ishiguro, Hajime, Yamada, Takaho, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-1267-P

    Web of Science

    researchmap

  • Difference between Comprehensive Physical Fitness Age and Calendar Age Is a Potent Predictor of Incident Metabolic Syndrome (MetS)

    Sato, Takaaki, Fujihara, Kazuya, Yamada, Mayuko H., Yaguchi, Yuta, Kitazawa, Masaru, Matsubayashi, Yasuhiro, Iwanaga, Midori, Yamada, Takaho, Kato, Kiminori, Sone, Hirohito

    Diabetes   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/DB20-1485-P

    Web of Science

    researchmap

  • Risk of coronary artery disease according to glucose abnormality status and prior coronary artery disease in Japanese men. 査読

    Kitazawa M, Fujihara K, Osawa T, Yamamoto M, Yamada MH, Kaneko M, Matsubayashi Y, Yamada T, Yamanaka N, Seida H, Sone H

    Metabolism   101 ( Dec )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Relationship Between Number of Multiple Risk Factors and Coronary Artery Disease Risk With and Without Diabetes Mellitus. 査読 国際誌

    Mayuko Yamada-Harada, Kazuya Fujihara, Taeko Osawa, Masahiko Yamamoto, Masanori Kaneko, Masaru Kitazawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Nauta Yamanaka, Hiroyasu Seida, Wataru Ogawa, Hirohito Sone

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism   104 ( 11 )   5084 - 5090   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: To determine the degree of control of multiple risk factors under real-world conditions for coronary artery disease (CAD) according to the presence or absence of diabetes mellitus (DM) and to determine whether reaching multifactorial targets for blood pressure (BP), low-density lipoprotein-cholesterol (LDL-C), HbA1c, and current smoking is associated with lower risks for CAD. METHODS: We investigated the effects on subsequent CAD of the number of controlled risk factors among BP, LDL-C, HbA1c, and current smoking in a prospective cohort study using a nationwide claims database of 220,894 individuals in Japan. Cox regression examined risks over a 4.8-year follow-up. RESULTS: The largest percentage of participants had two risk factors at target in patients with DM (39.6%) and subjects without DM (36.4%). Compared with those who had two targets achieved, the risks of CAD among those who had any one and no target achieved were two and four times greater, respectively, regardless of the presence of DM. The effect of composite control was sufficient to bring CAD risk in patients with DM below that for subjects without DM with any two targets achieved, whereas the risk of CAD in the DM group with all four risk factors uncontrolled was 9.4 times more than in the non-DM group who had achieved two targets. CONCLUSIONS: These findings show that composite control of modifiable risk factors has a large effect in patients with and without DM. The effect was sufficient to bring CAD risk in patients with DM below that in the non-DM group who had two targets achieved.

    DOI: 10.1210/jc.2019-00168

    PubMed

    researchmap

  • Relationship Between Number of Multiple Risk Factors and Coronary Artery Disease Risk With and Without Diabetes Mellitus. 査読

    Yamada-Harada M, Fujihara K, Osawa T, Yamamoto M, Kaneko M, Kitazawa M, Matsubayashi Y, Yamada T, Yamanaka N, Seida H, Ogawa W, Sone H

    J Clin Endocrinol Metab   104 ( 1 )   1133 - 1138   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 下垂体性と異所性の鑑別に苦慮したACTH依存性クッシング症候群の1例

    佐藤 隆明, 金子 正儀, 福武 嶺一, 小松 健, 今西 明, 安楽 匠, 竹内 真理, 竹内 亮, 岸 裕太郎, 矢口 雄大, 山本 正彦, 川田 亮, 石黒 創, 松林 康弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   133 ( 9-10 )   352 - 352   2019年10月

  • 局在診断に苦慮している周期性ACTH依存性クッシング症候群の1例

    金子 正儀, 佐藤 隆明, 福武 嶺一, 滝澤 祥子, 今西 明, 安楽 匠, 小松 健, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 岡田 正康, 小原 伸雅, 米岡 有一郎

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 2 )   765 - 765   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 大血管障害 糖尿病、非糖尿患者における血糖・血圧・脂質・喫煙の管理目標の達成状況と冠動脈疾患発症の関連 査読

    山田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 山本 正彦, 石澤 正博, 金子 正儀, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   33 ( Suppl.1 )   241 - 241   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • 大血管障害 耐糖能状態及び心血管疾患既往の有無で層別化した、心血管疾患発症リスクの検討 査読

    北澤 勝, 藤原 和哉, 山田 万祐子, 大澤 妙子, 山本 正彦, 矢口 雄大, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 清田 浩康, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   33 ( Suppl.1 )   242 - 242   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • Effect of family-oriented diabetes programs on glycemic control: A meta-analysis. 査読 国際誌

    Satoru Kodama, Sakiko Morikawa, Chika Horikawa, Dai Ishii, Kazuya Fujihara, Masahiko Yamamoto, Taeko Osawa, Masaru Kitazawa, Takaho Yamada, Kiminori Kato, Shiro Tanaka, Hirohito Sone

    Family practice   36 ( 4 )   387 - 394   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Efficacy of programs for patients with diabetes mellitus (DM) that have promoted family members to help with patients' self-care activities has been largely inconsistent. This meta-analysis aims to assess the effect of family-oriented diabetes programs for glycemic control (GC). METHODS: Electronic literature searches were conducted for clinical trials with a parallel design wherein there were two groups according to whether family members were included (intervention group) or not included (control group) and changes in glycohemoglobin A1C (A1C) were assessed as a study outcome. Each effect size (i.e. difference in A1C change between the intervention and control group) was pooled with a random-effects model. RESULTS: There were 31 eligible trials consisting of 1466 and 1415 patients in the intervention and control groups, respectively. Pooled A1C change [95% confidence interval (CI)] was -0.45% (-0.64% to -0.26%). Limiting analyses to 21 trials targeted at patients with type 1 DM or 9 trials targeted at patients with type 2 DM, the pooled A1C changes (95% CI) were -0.35% (-0.55% to -0.14%) and -0.71% (-1.09% to -0.33%), respectively. CONCLUSION: This meta-analysis suggests that focusing on the family as well as the individual patient in self-management diabetes programs to improve the performance of self-care activities of patients with DM is effective in terms of proper GC.

    DOI: 10.1093/fampra/cmy112

    PubMed

    researchmap

  • Blake's pouch cystに伴う水頭症の治療により若年性認知症の改善を認めた糖尿病の1例 査読

    種村 聡, 山本 正彦, 石黒 創, 岩永 みどり, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 渡邊 賢一, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( 7 )   441 - 441   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病の有無別にみた血糖・血圧・脂質・喫煙の各管理目標達成状況が冠動脈疾患発症に及ぼす影響 査読

    原田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 石澤 正博, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山田 貴穂, 小川 渉, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 285   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病の有無別にみた高血圧が透析導入に及ぼす影響の検討 査読

    大澤 妙子, 藤原 和哉, 山本 正彦, 原田 万祐子, 北澤 勝, 金子 正儀, 石黒 創, 石澤 正博, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 219   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 耐糖能状態と心血管疾患既往の有無別に見たその後の心血管疾患発症リスク 査読

    北澤 勝, 藤原 和哉, 原田 万祐子, 大澤 妙子, 山本 正彦, 矢口 雄大, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 清田 浩康, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 190   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 術前に経カテーテル動脈塞栓術(TAE)を施行した骨盤内IGF-2産生腫瘍による低血糖症の1例

    佐藤 隆明, 金子 正儀, 福武 嶺一, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 福田 いずみ, 長嶋 洋治

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   495 - 495   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 脂肪細胞インスリン抵抗性からみたSGLT2阻害薬投与によるケトン体上昇予測因子の検討

    松林 泰弘, 吉田 明弘, 野島 俊秋, 菅波 秀規, 石黒 創, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 126   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 原発巣の特定に苦慮した甲状腺扁平上皮癌が疑われた一例

    今西 明, 安樂 匠, 三ツ間 友里恵, 矢口 雄大, 鈴木 達郎, 山田 貴穂, 曽根 博仁, 植木 雄志, 茂木 聡子, 梅津 哉, 大橋 瑠子, 佐々木 健太, 平田 哲大, 丸山 克也

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   464 - 464   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 当科で経験した下垂体茎断裂症候群の1例 査読

    佐藤 隆明, 金子 正儀, 福武 嶺一, 安楽 匠, 種村 聡, 今西 明, 矢口 雄大, 山本 正彦, 鈴木 達郎, 石黒 創, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   132 ( 11-12 )   399 - 399   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 当科で経験した下垂体茎断裂症候群の1例 査読

    佐藤 隆明, 金子 正儀, 福武 嶺一, 安楽 匠, 種村 聡, 今西 明, 矢口 雄大, 山本 正彦, 鈴木 達郎, 石黒 創, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   132 ( 11-12 )   399 - 399   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • ステロイド糖尿病を合併し歯性感染から上顎の骨髄炎を発症した2型糖尿病の1例 査読

    棚橋 怜生, 山本 正彦, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( 9 )   644 - 644   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 当科で経験した下垂体茎断裂症候群の1例

    佐藤 隆明, 福武 嶺一, 金子 正儀, 岩永 みどり, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 2 )   680 - 680   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 下肢皮膚潰瘍から骨髄炎に至った2型糖尿病の1例

    張 かおり, 金子 正儀, 佐藤 陽子, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( 9 )   646 - 646   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 耐糖能及び肥満の有無別にみた代謝異常が冠動脈疾患発症に及ぼす影響の検討 査読

    藤原 和哉, 松林 泰弘, 山本 正彦, 金子 正儀, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 清田 浩康, 山中 菜詩, 児玉 暁, 曽根 博仁

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回   336 - 336   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    researchmap

  • 【血糖変動】血糖の日内変動の血管合併症への影響

    山田 貴穂, 曽根 博仁

    内分泌・糖尿病・代謝内科   46 ( 5 )   316 - 322   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 指先穿刺による血糖およびHbA1c迅速測定をもちいた糖尿病啓発の取り組み 査読

    山田 貴穂, 石井 大, 武田 安永, 橋本 浩平, 三ツ間 友里恵, 張 かおり, 原田 万祐子, 白石 友信, 吉岡 大志, 山本 正彦, 大澤 妙子, 石黒 創, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 岩永 みどり, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 377   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 眼科処置を要する重症糖尿病性眼疾患の発生リスクに対する腎症の影響についての検討 査読

    山本 正彦, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 原田 万祐子, 石黒 創, 石澤 正博, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 161   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者における脈圧が透析導入に及ぼす影響の検討 査読

    大澤 妙子, 藤原 和哉, 山本 正彦, 原田 万由子, 石澤 正博, 清田 浩康, 山中 菜詩, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 160   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病治療薬別にみたHbA1cと冠動脈疾患(CAD)発症リスクとの関連 査読

    原田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 石澤 正博, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山中 菜詩, 清田 浩康, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 258   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した再発性重症低血糖の原因特定に薬物血中濃度測定が有用であった一例 査読

    三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 橋本 浩平, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 181   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • SGLT2阻害薬が安静時心拍数(Resting Heart Rate:RHR)に及ぼす影響とその関連因子の検討

    松林 泰弘, 阿部 孝洋, 吉田 明弘, 野島 俊秋, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 158   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • DPP-4阻害薬アナグリプチン(ANA)の12週間投与時におけるインスリンクリアランスに及ぼす影響

    阿部 孝洋, 松林 泰弘, 村岸 沙也加, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 古澤 研一, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 246   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Association of treatment-achieved HbA1c with incidence of coronary artery disease and severe eye disease in diabetes patients 査読

    Harada M, Fujihara K, Osawa T, Yamamoto M, Kaneko M, Ishizawa M, Matsubayashi Y, Yamada T, Yamanaka N, Seida H, Kodama S, Ogawa W, Sone H

    Diabetes Metab   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Comparison of baseline characteristics and clinical course in Japanese patients with type 2 diabetes among whom different types of oral hypoglycemic agents were chosen by diabetes specialists as initial monotherapy (JDDM 42) 査読

    Kazuya Fujihara, Risa Igarashi, Satoshi Matsunaga, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Hiroki Yokoyama, Shiro Tanaka, Hitoshi Shimano, Hiroshi Maegawa, Katsuya Yamazaki, Koichi Kawai, Hirohito Sone

    MEDICINE   96 ( 7 )   e6122   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Little is known about the relationships between patient factors and the antihyperglycemic agents that have been prescribed as initial therapy by diabetes specialists for patients with type 2 diabetes. Moreover, there has been little clarification of the subsequent usage patterns and related factors that influenced the continuation or discontinuation of the drug or the addition of another drug. To provide information on these issues, we evaluated the clinical characteristics of Japanese patients with type 2 diabetes for whom different types of oral hypoglycemic agents (i.e., either sulfonylureas, biguanides, or DPP-4 inhibitors (DPP-4Is)) were chosen as initial monotherapy by diabetes specialists and evaluated subsequent usage patterns.
    Prescription data on 3 different antidiabetic agents from December 2009 to March 2015 from diabetes specialists' patient registries were used to identify variables at baseline related to initial prescriptions; also, the addition of another hypoglycemic drug or discontinuation of the initial therapy was evaluated 1 year after the initial prescription. Analyzed were data on 2666 patients who received initial monotherapy with either a sulfonylurea (305 patients), biguanide (951 patients), or DPP-4I (1410 patients). Patients administered sulfonylureas were older, had a lower body mass index (BMI), longer duration of diabetes, and worse glycemic control than recipients of biguanides. Use of biguanides was related to younger age, short duration of diabetes, and obesity but was negatively associated with poor glycemic control. Older age but neither obesity nor poor glycemic control was associated with DPP-4Is. In all 3 groups a high HbA1c value was related to adding another hypoglycemic agent to the initial therapy. Moreover, adding another drug to a DPP-4I was related to a younger age and higher BMI.
    Patients' age, duration of diabetes, obesity, and glycemic control at baseline influenced the choice of hypoglycemic agents. Selection of a biguanide differs greatly from that of a sulfonylurea or DPP-4I with regard to age and obesity.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000006122

    Web of Science

    researchmap

  • Utility of nonblood-based risk assessment for predicting type 2 diabetes mellitus: A meta-analysis 査読

    Sakiko Yoshizawa, Satoru Kodama, Kazuya Fujihara, Hajime Ishiguro, Masahiro Ishizawa, Yasuhiro Matsubayashi, Satoshi Matsunaga, Takaho Yamada, Hitoshi Shimano, Kiminori Kato, Osamu Hanyu, Hirohito Sone

    PREVENTIVE MEDICINE   91   180 - 187   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Objective. Nonblood-based risk assessment for type 2 diabetes mellitus (T2DM) that depends on data based on a questionnaire and anthropometry is expected to avoid unnecessary diagnostic testing and overdiagnosis due to blood testing. This meta-analysis aims to assess the predictive ability of nonblood-based risk assessment for future incident T2DM.
    Methods. Electronic literature search was conducted using EMBASE and MEDLINE (from January 1, 1997 to October 1, 2014). Included studies had to use at least 3 predictors for T2DM risk assessment and allow reproduction of 2 x 2 contingency table data (i.e., true positive, true negative, false positive, false negative) to be pooled with a bivariate random-effects model and hierarchical summary receiver-operating characteristic model. Considering the importance of excluding individuals with a low likelihood of T2DM from diagnostic blood testing, we especially focused on specificity and LR-.
    Results. Eighteen eligible studies consisting of 184,011 participants and 7038 cases were identified. The pooled estimates (95% confidence interval) were as follows: sensitivity = 0.73 (0.66-0.79), specificity = 0.66 (0.59-0.73), LR+ = 2.13 (1.81-2.50), and LR- = 0.41 (0.34-0.50).
    Conclusions. Nonblood-based assessment of risk of T2DM could produce acceptable results although the feasibility of such a screener needs to be determined in future studies. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ypmed.2016.07.026

    Web of Science

    researchmap

  • Fibromyalgia in a Patient with Cushing's Disease Accompanied by Central Hypothyroidism 査読

    Nobumasa Ohara, Shinichi Katada, Takaho Yamada, Naomi Mezaki, Hiroshi Suzuki, Akiko Suzuki, Osamu Hanyu, Yuichiro Yoneoka, Izumi Kawachi, Takayoshi Shimohata, Akiyoshi Kakita, Masatoyo Nishizawa, Hirohito Sone

    INTERNAL MEDICINE   55 ( 21 )   3185 - 3190   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    A 39-year-old woman with a 3-year history of a rounded face developed widespread myalgia. Detailed examinations revealed no disorders that could explain the pain other than concomitant Cushing's disease and central hypothyroidism. Both the hypercortisolemia and hypothyroidism completely resolved after the patient underwent surgery to treat Cushing's disease, but she continued to experience unresolved myalgia and met the diagnostic criteria for fibromyalgia. Few studies have so far investigated patients with fibromyalgia associated with Cushing's syndrome. In our case, the hypothyroidism caused by Cushing's disease probably played an important role in triggering and exacerbating fibromyalgia. This highlights the need to examine the endocrine function in patients with muscle pain.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.5926

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of clinical characteristics in patients with type2 diabetes among whom different antihyperglycemic agents were prescribed as monotherapy or combination therapy by diabetes specialists (JDDM 35) 査読

    Fujihara K, Hanyu O, Heianza Y, Suzuki A, Yamada T, Yokoyama H, Tanaka S, Yagyu H, Shimano H, Kashiwagi A, Yamazaki K, Kawai K, Sone H

    J. Diabet Invest.   2015年

     詳細を見る

  • Circulating Malondialdehyde-Modified LDL-Related Variables and Coronary Artery Stenosis in Asymptomatic Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Kazuya Fujihara, Hiroaki Suzuki, Akira Sato, Satoru Kodama, Yoriko Heianza, Kazumi Saito, Hitoshi Iwasaki, Kazuto Kobayashi, Shigeru Yatoh, Akimitsu Takahashi, Naoya Yahagi, Hiroaki Yagyu, Hirohito Sone, Hitoshi Shimano

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   507245   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI PUBLISHING CORPORATION  

    Aims. To elucidate the levels of malondialdehyde-modified LDL (MDA-LDL)-related variables for predicting coronary artery stenosis (CAS) by coronary CT angiography (CCTA) in asymptomatic patients with type 2 diabetes (T2DM). Methods. Enrolled were 36 Japanese patients with T2DM who underwent CCTA and in whom MDA-LDL levels were measured. Definition of CAS was luminal narrowing of &gt;= 50%. Trends through tertiles of each MDA-LDL-related variable were analyzed with a general linear model. The ability of each MDA-LDL-related variable to predict CAS was compared to areas under the curve (AUCs) in receiver operating characteristic curve (ROC) analysis. Results. Seventeen patients had CAS. Each MDA-IDL-related variable was an independent predictor of CAS (P = 0.039 for MDALDL, P = 0.013 for MDA-LDL/LDL-C, P = 0.047 for MDA-LDL/HDL-C, and P = 0.013 for (MDA-LDULDL-C)/HDL-C). AUCs of MDA-LDL, MDA-LDL/LDL-C, MDA-LDL/HDL-C, and (MDA-LDULDLC)/HDL-C were 0.675 (95% CI 0.496-0.854), 0.765 (0.602-0.927), 0.752 (0.592-0.913), and 0.799 (0.643-0.955), respectively, for predicting CAS. Trends throughout the tertiles showed significant associations between N4DA-LDL/LDL-C, N4DA-LDL/41DL-C, or (MDALDL/LDL-C)/41DL-C and CAS (P 0.003 for MDA-LDL/LDL-C, P=0.042 for MDA-LDULIDL-C, and P 0.001 for (MDA-LDULDL-C)/HDL-C). Conclusions. Data suggest that measurements of MDA-LDL/LDL-C, MDA-LDL/HDLC, and (MakLDULDL-C)/HDL-C are useful for predicting CAS.

    DOI: 10.1155/2015/507245

    Web of Science

    researchmap

  • Meta-Analysis of the Quantitative Relation Between Pulse Pressure and Mean Arterial Pressure and Cardiovascular Risk in Patients With Diabetes Mellitus 査読

    Satoru Kodama, Chika Horikawa, Kazuya Fujihara, Sakiko Yoshizawa, Yoko Yachi, Shiro Tanaka, Nobumasa Ohara, Satoshi Matsunaga, Takaho Yamada, Osamu Hanyu, Hirohito Sone

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   113 ( 6 )   1058 - 1065   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EXCERPTA MEDICA INC-ELSEVIER SCIENCE INC  

    Results of epidemiologic studies that investigated the significance of pulse pressure (PP) and mean arterial pressure (MAP) in terms of risk of cardiovascular disease (CVD) in patients with diabetes mellitus are inconsistent. We performed a quantitative meta-analysis to estimate CVD risk in relation to PP or MAP. Electronic literature search was conducted for prospective studies providing data on CVD risk for an increment in baseline MAP or PP in patients with diabetes mellitus. The pooled CVD risk for a 10-mm Hg increase in each blood pressure (BP) index was estimated with a random-effects model. There were 17 eligible studies consisting of 52,647 patients and 5,112 CVD cases. The pooled relative risk (95% confidence interval) of CVD for an increment of 10 mm Hg was 1.10 (1.04 to 1.16) for PP and 1.09 (0.98 to 1.21) for MAP. Significant between-study heterogeneity was observed (I-2 [p value]; 76.5% [p &lt; 0.001] for PP, 67.8% [p = 0.005] for MAP). In studies concurrently investigating CVD risk for the 4 indexes (i.e., PP, MAP, systolic BP, and diastolic BP), the pooled relative risk (95% confidence interval) was 1.17 (1.09 to 1.26) for PP, 1.11 (1.06 to 1.15) for MAP, 1.14 (1.06 to 1.22) for systolic BP, and 1.06 (0.94 to 1.19) for diastolic BP. In conclusion, the current meta-analysis suggested that PP was the strongest indicator among the 4 commonly used BP indexes. However, the large heterogeneity urged cautious interpretation of the study results. (c) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2013.12.005

    Web of Science

    researchmap

  • Quantitative relationship between body weight gain in adulthood and incident type 2 diabetes: a meta-analysis 査読

    S. Kodama, C. Horikawa, K. Fujihara, S. Yoshizawa, Y. Yachi, S. Tanaka, N. Ohara, S. Matsunaga, T. Yamada, O. Hanyu, H. Sone

    OBESITY REVIEWS   15 ( 3 )   202 - 214   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    This meta-analysis quantified the risk of type 2 diabetes mellitus (T2DM) preceded by body weight (BW) gain in the general population. Systematic literature searches retrieved 15 eligible studies. The BW gain was divided into early weight-gain, which was defined as BW gain from early adulthood (18-24 years of age) to cohort entry (&gt;= 25 years of age), and late weight-gain, which was defined as BW gain from cohort entry. The pooled relative risk (RR; 95% confidence interval [CI]) of T2DM for an increment of BW gain standardized into a 5-kg m(-2) increment in the body mass index (BMI) was 3.07 (2.49-2.79) for early weight-gain and 2.12 (1.74-2.58) for late weight-gain. When limiting analysis to studies that concurrently examined T2DM risk for current BMI (defined in both groups as BMI at cohort entry), a larger magnitude of T2DM risk was revealed for early weight-gain compared with current BMI (RR [95% CI], 3.38 [2.20-5.18] vs. 2.39 [1.58-3.62]), while there was little difference between late weight-gain (RR [95% CI], 2.21 [1.91-2.56]) and current BMI (RR [95% CI], 2.47 [1.97-3.30]). The meta-analysis suggested that BW gain was a quantifiable predictor of T2DM, as well as current obesity in adults. Particularly, BW gain in early rather than middle-to-late adulthood played an important role in developing T2DM.

    DOI: 10.1111/obr.12129

    Web of Science

    researchmap

  • Reversible brain atrophy and cognitive impairment in an adolescent Japanese patient with primary adrenal Cushing’s syndrome. 査読

    Ohara N, Suzuki H, Suzuki A, Kaneko M, Ishizawa M, Furukawa K, Abe T, Matsubayashi Y, Yamada T, Hanyu O, Shimohata T, Sone H

    Neuropsychiatric Disease and Treatment   10   1763 - 1767   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/NDT.S70611

    Web of Science

    researchmap

  • Reversible brain atrophy and cognitive impairment in an adolescent Japanese patient with primary adrenal Cushing's syndrome. 査読 国際誌

    Nobumasa Ohara, Hiroshi Suzuki, Akiko Suzuki, Masanori Kaneko, Masahiro Ishizawa, Kazuo Furukawa, Takahiro Abe, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Osamu Hanyu, Takayoshi Shimohata, Hirohito Sone

    Neuropsychiatric disease and treatment   10   1763 - 7   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Endogenous Cushing's syndrome is an endocrine disease resulting from chronic exposure to excessive glucocorticoids produced in the adrenal cortex. Although the ultimate outcome remains uncertain, functional and morphological brain changes are not uncommon in patients with this syndrome, and generally persist even after resolution of hypercortisolemia. We present an adolescent patient with Cushing's syndrome who exhibited cognitive impairment with brain atrophy. A 19-year-old Japanese male visited a local hospital following 5 days of behavioral abnormalities, such as money wasting or nighttime wandering. He had hypertension and a 1-year history of a rounded face. Magnetic resonance imaging (MRI) revealed apparently diffuse brain atrophy. Because of high random plasma cortisol levels (28.7 μg/dL) at 10 AM, he was referred to our hospital in August 2011. Endocrinological testing showed adrenocorticotropic hormone-independent hypercortisolemia, and abdominal computed tomography demonstrated a 2.7 cm tumor in the left adrenal gland. The patient underwent left adrenalectomy in September 2011, and the diagnosis of cortisol-secreting adenoma was confirmed histologically. His hypertension and Cushingoid features regressed. Behavioral abnormalities were no longer observed, and he was classified as cured of his cognitive disturbance caused by Cushing's syndrome in February 2012. MRI performed 8 months after surgery revealed reversal of brain atrophy, and his subsequent course has been uneventful. In summary, the young age at onset and the short duration of Cushing's syndrome probably contributed to the rapid recovery of both cognitive dysfunction and brain atrophy in our patient. Cushing's syndrome should be considered as a possible etiological factor in patients with cognitive impairment and brain atrophy that is atypical for their age.

    DOI: 10.2147/NDT.S70611

    PubMed

    researchmap

  • Roles of forebrain GABA receptors in controlling vasopressin secretion and related phenomena under basal and hyperosmotic circumstances in conscious rats 査読

    Ken'ichi Yamaguchi, Takaho Yamada

    BRAIN RESEARCH BULLETIN   77 ( 1 )   61 - 69   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Although the anteroventral third ventricular region (AV3V), a forebrain area essential for homeostatic responses, includes receptors for gamma-aminobutyric acid (GABA), the roles of these receptors in controlling vasopressin (AVP) secretion and related phenomena have not been clarified as yet. This study aimed to pursue this problem in conscious rats implanted with indwelling catheters. Cerebral injection sites were determined histologically. Applications of bicuculline, a GABA(A) receptor antagonist, to the AM induced prompt and marked augmentations in plasma AVP, osmolality, glucose, arterial pressure and heart rate, without affecting plasma electrolytes. Such phenomena did not occur when phaclofen, a GABA(B) receptor antagonist, was applied to the AM. All of the effects of AV3V-administered bicuculline were abolished by preadministration of the GABA(A) receptor agonist muscimol. Preadministration of either MK-801 or NBQX, ionotropic glutamatergic receptor antagonists, was also potent to abolish the AVP response to AM bicuculline. When hypertonic saline was infused intravenously, plasma AVP increased progressively, in parallel with rises in plasma osmolality, sodium and arterial pressure. AM application of muscimol or baclofen, a GABA(B) receptor agonist, was found to abolish the response of plasma AVP, without inhibiting that of the osmolality or sodium. The response of arterial pressure was also blocked by muscimol treatment, but not by baclofen treatment. Based on these results, we concluded that, under basal conditions, GABA receptors in the AM or vicinity may tonically operate to attenuate AVP secretion and cardiovascular functions through mechanisms associated with glutamatergic activity, and that plasma hyperosmolality may cause facilitation of AVP release by decreasing forebrain GABAergic activity. (c) 2008 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.brainresbull.2008.04.009

    Web of Science

    researchmap

  • Involvement of anteroventral third ventricular AMPA/kainate receptors in both hyperosmotic and hypovolemic AVP secretion in conscious rats 査読

    Ken'ichi Yamaguchi, Takaho Yamada

    BRAIN RESEARCH BULLETIN   71 ( 1-3 )   183 - 192   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The area of the brain called the anteroventral third ventricular region (AV3V) includes three different subtypes of glutamate receptor, as well as neural circuits controlling fluid balance and cardiovascular and neuroendocrine functions. Although our previous data indicate the ability of AM N-methyl-D-aspartate (NMDA) and metabotropic receptors to provoke vasopressin (AVP)-releasing, pressor and hyperglycemic responses, the roles of non-NMDA receptors selective for alpha-amino-3-hydroxy-5-methylisoxazole-4-propionic acid and kainate have not been elucidated to date. To address this question, the effects of intracerebral infusion with FWD or NBQX (specific agonist and antagonist for non-NMDA receptors, respectively) on plasma AVP, glucose, osmolality, electrolytes and cardiovascular parameters were examined in conscious rats in the absence or presence of an osmotic or volemic stimulus. When applied topically to AV3V structures such as the median preoptic nucleus, FWD augmented plasma AVP, osmolality, glucose and arterial pressure in a dose-associated fashion. All responses of the variables were abolished by pre-administering NBQX, which exerted no conspicuous effect on any variable except arterial pressure. It was revealed that NBQX administration in AM structures such as the median preoptic nucleus and the periventricular nucleus inhibited the rise of plasma AVP in response to intravenous infusion with hypertonic saline or removal of systemic blood through the femoral artery. Elevation of plasma osmolality and sodium evoked by osmotic load, and elevation of plasma osmolality, glucose and angiotensin II and decrease of arterial pressure caused by bleeding, were not significantly affected by NBQX treatment. These results suggest that AM non-NMDA receptors, as well as NMDA receptors, may elicit AVP-releasing, pressor and hyperglycemic actions when stimulated in the basal state, and may facilitate AVP secretion under both hyperosmotic and hypovolemic conditions, without contributing to cardiovascular, blood glucose or other responses. (c) 2006 Elsevier Inc. All fights reserved.

    DOI: 10.1016/j.brainresbull.2006.09.002

    Web of Science

    researchmap

  • リンパ組織と脈管のクロストーク ラット実験的炎症肺の免疫担当細胞の動態

    山田 貴穂, 牛木 辰男

    リンパ学   27 ( 2 )   79 - 83   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Developmental changes in the structure of the rat fetal lung, with special reference to the airway smooth muscle and vasculature 査読

    T Yamada, E Suzuki, F Gejyo, T Ushiki

    ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY   65 ( 1 )   55 - 69   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT SOC HISTOLOGY & CYTOLOGY  

    Structural changes in the developing rat lung were studied by a combined use of light microscopy including immunohistochemistry for alpha-smooth muscle actin (alpha-SMA) and scanning electron microscopy (SEM) using the KOH-collagenase digestion method. In the embryonic stage (E11-E13), the lung bud appeared as an outgrowth from the ventral wall of the foregut which grew caudally into the splanchnic mesoderm to form a pair of bronchial buds at the end. At E13, the airway smooth muscle cells first appeared around the bifurcation of the trachea. These smooth muscle cells were restricted to the dorsal surface of the tracheal epithelium, suggesting a difference in character between the dorsal and ventral sides of the mesenchymal cells in this region. During the pseudoglandular stage (E13-E18.5), the bronchial buds repeatedly gave off branches in the mesenchymal tissue. The smooth muscle cells in the bronchioles were spindle-shaped and arranged completely circularly around the epithelial tube, except that the terminal bud of bronchioles lacked the smooth muscles. The neck of the terminal bud was constantly surrounded by flat and irregularly-shaped immature smooth muscle cells, representing an early event in the smooth muscle cell differentiation from mesenchymal cells. In the canalicular to saccular stages (E18.5 to birth), the terminals of bronchioles became saccular, thus forming prospective alveolar acini. At birth, the alveolar wall became thinner than before birth, and the individual smooth muscle cells in bronchioles were elongated like a tape. As to the blood vessel differentiation, various sized sinusoidal spaces indicating the primitive blood vessels were already present in the mesenchymal tissue at E11.5. The endothelial cells of these sinusoidal spaces were irregularly shaped and sometimes extended their processes into the lumen. The network of tubular vessels appeared from E14.5. These vessels had tapering ends as well as transluminal trabeculae, suggesting that capillary growth proceeds by both the sprouting and partitioning (i.e., intussusception) of vessels in the pseudoglandular stage.

    DOI: 10.1679/aohc.65.55

    Web of Science

    researchmap

  • Cytoarchitecture of the bronchiolar wall in the rat lung: scanning electron microscopic studies. 招待

    YAMADA Takaho, USHIKI Tatsuo

    Italian Journal of Anatomy and Embryology   106 ( (supple1)n2 )   387 - 393   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 糖尿病・内分泌代謝科 特集:血糖変動

    山田貴穂;曽根博仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 血糖の日内変動の血管合併症への影響)

    科学評論社  2018年5月 

     詳細を見る

  • プラクティスセレクション 今度こそできる!糖尿病運動療法 サイエンス&プラクティス

    山田貴穂;曽根博仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅰ部 サイエンス 2.疫学から見た糖尿病患者における身体活動の意義)

    医歯薬出版株式会社  2018年 

     詳細を見る

  • 糖尿病診療マスター

    山田貴穂;曽根博仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 糖尿病診療および疾病管理におけるビッグデータの活用 今後の展望)

    医学書院  2017年12月 

     詳細を見る

  • The Lipid 特集 これからの高トリグリセライド(TG)血症治療

    山田貴穂;曽根博仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Ⅰ.リスクとしての高TG血症 1.疫学研究からみた高TG血症の意義.)

    メディカルレビュー社  2017年1月 

     詳細を見る

  • 糖尿病 診断と治療のABC 117

    山田貴穂, 曽根博仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章 糖尿病の疫学)

    最新医学社  2016年11月 

     詳細を見る

  • 組織細胞生物学

    内山安男, 和栗聡, 八木沼洋行, 山田貴穂, 牛木辰男, 大塚愛二, 金澤寛明, 大谷修, 渡部剛, 年森清隆, 鈴木-豊田二美枝, 伊藤千鶴( 担当: 共訳)

    南江堂  2006年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • Association between Screen Time, Including That for Smartphones, and Overweight/Obesity among Children in Japan

    Izumi Ikeda, Kazuya Fujihara, Sakiko Y. Morikawa, Yasunaga Takeda, Hajime Ishiguro, Mayuko H. Yamada, Chika Horikawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Yohei Ogawa, Hirohito Sone

    DIABETES   71   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    DOI: 10.2337/db22-1438-P

    Web of Science

    researchmap

  • ニボルマブ投与後に同時期に破壊性甲状腺炎,1型糖尿病,下垂体機能低下症をきたした1例

    齋藤啓輔, 矢口雄大, 西井郁生, 山本正彦, 石黒創, 北澤勝, 松林泰弘, 鈴木浩史, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本内分泌学会雑誌   97 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • 粘液水腫性昏睡に急性膵炎を合併した一例

    齋藤啓輔, 滝澤祥子, 西井郁生, 竹内亮, 矢口雄大, 山本正彦, 川田亮, 石黒創, 北澤勝, 松林泰弘, 鈴木浩史, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 汎血球減少を伴ったバセドウ病の一例

    日向裕大, 渡辺聖央, 佐藤隆明, 松林泰弘, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 著明な嚥下障害を呈したKearns-Sayre症候群に合併した糖尿病の1例

    種村聡, 山本正彦, 石黒創, 岩永みどり, 松林泰弘, 山田貴穂, 藤原和哉, 渡邊賢一, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   63 ( 8 )   2020年

     詳細を見る

  • バセドウ病合併妊婦において,分娩後に著しい甲状腺機能亢進症・無痛性甲状腺炎を呈した一例

    岩永みどり, 松林泰弘, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 3 (Web) )   2020年

     詳細を見る

  • Blake's pouch cystに伴う水頭症の治療により若年性認知症の改善を認めた糖尿病の1例

    種村 聡, 山本 正彦, 石黒 創, 岩永 みどり, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 渡邊 賢一, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( 7 )   441 - 441   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Factors Significantly Associated with Adherence to Diabetes Medications: Findings from a Large Japanese Claims Database

    Yuta Yaguchi, Kazuya Fujihara, Taeko Osawa, Masahiko Yamamoto, Masanori Kaneko, Masaru Kitazawa, Mayuko Harada, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Nauta Yamanaka, Hiroyasu Seida, Hirohito Sone

    DIABETES   68   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    DOI: 10.2337/db19-698-P

    Web of Science

    researchmap

  • 糖尿病の有無別にみた血糖・血圧・脂質・喫煙の各管理目標達成状況が冠動脈疾患発症に及ぼす影響

    原田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 石澤 正博, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山田 貴穂, 小川 渉, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 285   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 耐糖能状態と心血管疾患既往の有無別に見たその後の心血管疾患発症リスク

    北澤 勝, 藤原 和哉, 原田 万祐子, 大澤 妙子, 山本 正彦, 矢口 雄大, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 清田 浩康, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 190   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 脂肪細胞インスリン抵抗性からみたSGLT2阻害薬投与によるケトン体上昇予測因子の検討

    松林 泰弘, 吉田 明弘, 野島 俊秋, 菅波 秀規, 石黒 創, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 126   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病の有無別にみた高血圧が透析導入に及ぼす影響の検討

    大澤 妙子, 藤原 和哉, 山本 正彦, 原田 万祐子, 北澤 勝, 金子 正儀, 石黒 創, 石澤 正博, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   62 ( Suppl.1 )   S - 219   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 原発巣の特定に苦慮した甲状腺扁平上皮癌が疑われた一例

    今西 明, 安樂 匠, 三ツ間 友里恵, 矢口 雄大, 鈴木 達郎, 山田 貴穂, 曽根 博仁, 植木 雄志, 茂木 聡子, 梅津 哉, 大橋 瑠子, 佐々木 健太, 平田 哲大, 丸山 克也

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   464 - 464   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 術前に経カテーテル動脈塞栓術(TAE)を施行した骨盤内IGF-2産生腫瘍による低血糖症の1例

    佐藤 隆明, 金子 正儀, 福武 嶺一, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 福田 いずみ, 長嶋 洋治

    日本内分泌学会雑誌   95 ( 1 )   495 - 495   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • メタ解析からみた糖尿病の心不全発症危険因子としての疫学的エビデンス

    児玉 暁, 藤原 和哉, 石澤 正博, 石黒 創, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 渡辺 賢一, 加藤 公則, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   108 ( Suppl. )   270 - 270   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • メタ解析からみた糖尿病の心不全発症危険因子としての疫学的エビデンス

    児玉 暁, 藤原 和哉, 石澤 正博, 石黒 創, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 渡辺 賢一, 加藤 公則, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   108 ( Suppl. )   270 - 270   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 耐糖能状態と心血管疾患既往の有無別に見たその後の心血管疾患発症リスク

    北澤勝, 北澤勝, 藤原和哉, 原田万祐子, 大澤妙子, 山本正彦, 矢口雄大, 金子正儀, 松林泰弘, 山田貴穂, 清田浩康, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   62 ( Suppl )   2019年

     詳細を見る

  • Blake’s pouch cystに伴う水頭症の治療により若年性認知症の改善を認めた糖尿病の1例

    種村聡, 山本正彦, 石黒創, 岩永みどり, 松林泰弘, 山田貴穂, 藤原和哉, 渡邊賢一, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   62 ( 7 )   2019年

     詳細を見る

  • 脂肪細胞インスリン抵抗性からみたSGLT2阻害薬投与によるケトン体上昇予測因子の検討

    松林泰弘, 吉田明弘, 吉田明弘, 野島俊秋, 野島俊秋, 菅波秀規, 石黒創, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 加来浩平, 加来浩平, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   62 ( Suppl )   2019年

     詳細を見る

  • バセドウ病治療に伴う無顆粒球症の治療中、血球貪食症候群を発症した一例

    三ツ間 友里恵, 橋本 浩平, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 福武 嶺一

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 3 )   846 - 846   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • バセドウ病治療に伴う無顆粒球症の治療中、血球貪食症候群を発症した一例

    三ツ間 友里恵, 橋本 浩平, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 福武 嶺一

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 3 )   846 - 846   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 胃亜全摘術後の2型糖尿病患者における治療強化の手段として、DPP-4阻害薬からGLP-1受容体作動薬への変更は有効か

    白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本先進糖尿病治療研究会雑誌   14   44 - 44   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本先進糖尿病治療研究会  

    researchmap

  • 入院下と外来でCGMを装着し血糖変化を確認した1型糖尿病の一例

    橋本 浩平, 金子 正儀, 三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本先進糖尿病治療研究会雑誌   14   39 - 39   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本先進糖尿病治療研究会  

    researchmap

  • 胃亜全摘術後の2型糖尿病患者における治療強化の手段として、DPP-4阻害薬からGLP-1受容体作動薬への変更は有効か

    白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本先進糖尿病治療研究会雑誌   14   44 - 44   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本先進糖尿病治療研究会  

    researchmap

  • 入院下と外来でCGMを装着し血糖変化を確認した1型糖尿病の一例

    橋本 浩平, 金子 正儀, 三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 松林 泰弘, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本先進糖尿病治療研究会雑誌   14   39 - 39   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本先進糖尿病治療研究会  

    researchmap

  • 糖尿病患者における心不全発症リスクの系統レビュー・メタ解析

    児玉暁, 藤原和哉, 岩永みどり, 鈴木浩史, 山田貴穂, 渡辺賢一, 加藤公則, 曽根博仁

    糖尿病合併症   32 ( Supplement 1 )   287   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脈圧が透析導入に及ぼす影響の検討

    大澤妙子, 藤原和哉, 山本正彦, 原田万由子, 石澤正博, 清田浩康, 山中菜詩, 松林泰弘, 松永佐澄志, 山田貴穂, 曽根博仁

    糖尿病合併症   32 ( Supplement 1 )   245   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 耐糖能別にみた肥満及び代謝異常が冠動脈疾患発症へ及ぼす影響の検討

    藤原和哉, 松林泰弘, 原田万祐子, 山本正彦, 大澤妙子, 金子正儀, 松永佐澄志, 山田貴穂, 清田浩康, 山中菜詩, 児玉暁, 曽根博仁

    糖尿病合併症   32 ( Supplement 1 )   206   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病腎症が重症糖尿病性眼疾患の発生に及ぼす影響

    山本正彦, 藤原和哉, 石澤正博, 大澤妙子, 石黒創, 岩永みどり, 松林泰弘, 清田浩康, 山中菜詩, 山田貴穂, 長谷部日, 曽根博仁

    糖尿病合併症   32 ( Supplement 1 )   299   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃亜全摘後の糖尿病患者において、DPP-4阻害薬からGLP-1受容体作動薬への変更は有効か

    白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( 10 )   721 - 721   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 1型糖尿病の発症以前にバセドウ病が先行したと考えられる14歳女児の1例

    橋本 浩平, 金子 正儀, 三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( 10 )   700 - 700   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 高齢発症の劇症1型糖尿病の1例

    吉岡 大志, 小松 健, 皆川 真一, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 今川 彰久, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( 10 )   726 - 726   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 当科で経験した小児クッシング症候群の1例

    三ツ間 友里恵, 金子 正儀, 山本 正彦, 橋本 浩平, 矢口 雄大, 鈴木 達郎, 石黒 創, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁, 長崎 啓祐, 齋藤 和英, 羽入 修

    新潟医学会雑誌   132 ( 7 )   287 - 287   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • Incidence and Risk Factors for Amputation in Patients with Diabetes in Japan-Historical Cohort Study Using a Nationwide Claims Database

    Masanori Kaneko, Kazuya Fujihara, Masahiko Yamamoto, Masaru Kitazawa, Masahiro Ishizawa, Taeko Osawa, Mayuko Harada, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Hirohito Sone

    DIABETES   67   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    DOI: 10.2337/db18-637-P

    Web of Science

    researchmap

  • Effects of Treatment-Achieved HbA1c on Incidence of Micro-/Macrovascular Complications in Patients with Diabetes Mellitus

    Mayuko Harada, Kazuya Fujihara, Taeko Osawa, Masahiko Yamamoto, Masanori Kaneko, Yasuhiro Matsubayashi, Satoshi Matsunaga, Takaho Yamada, Nauta Yamanaka, Hiroyasu Seida, Satoru Kodama, Hirohito Sone

    DIABETES   67   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    DOI: 10.2337/db18-444-P

    Web of Science

    researchmap

  • 耐糖能及び肥満の有無別にみた代謝異常が冠動脈疾患発症に及ぼす影響の検討

    藤原 和哉, 松林 泰弘, 山本 正彦, 金子 正儀, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 清田 浩康, 山中 菜詩, 児玉 暁, 曽根 博仁

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   50回   336 - 336   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本動脈硬化学会  

    researchmap

  • 【血糖変動】 血糖の日内変動の血管合併症への影響

    山田 貴穂, 曽根 博仁

    内分泌・糖尿病・代謝内科   46 ( 5 )   316 - 322   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 菌状息肉症に対するベキサロテン治療後に出現した副作用例の検討

    山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 藤原 和哉, 北澤 勝, 松永 佐澄志, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 石澤 正博, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   420 - 420   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した再発性重症低血糖の原因特定に薬物血中濃度測定が有用であった一例

    三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 橋本 浩平, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 181   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 眼科処置を要する重症糖尿病性眼疾患の発生リスクに対する腎症の影響についての検討

    山本 正彦, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 原田 万祐子, 石黒 創, 石澤 正博, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 松林 泰弘, 清田 浩康, 山中 菜詩, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 161   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病治療薬別にみたHbA1cと冠動脈疾患(CAD)発症リスクとの関連

    原田 万祐子, 藤原 和哉, 大澤 妙子, 石澤 正博, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山中 菜詩, 清田 浩康, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 258   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • DPP-4阻害薬アナグリプチン(ANA)の12週間投与時におけるインスリンクリアランスに及ぼす影響

    阿部 孝洋, 松林 泰弘, 村岸 沙也加, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 古澤 研一, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 246   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 指先穿刺による血糖およびHbA1c迅速測定をもちいた糖尿病啓発の取り組み

    山田 貴穂, 石井 大, 武田 安永, 橋本 浩平, 三ツ間 友里恵, 張 かおり, 原田 万祐子, 白石 友信, 吉岡 大志, 山本 正彦, 大澤 妙子, 石黒 創, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 岩永 みどり, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 377   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 肥満と肝インスリンクリアランス(Hepatic insulin clearance:HIC)低下の関係における脂肪肝(Fatty Liver:FL)の役割

    松林 泰弘, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   432 - 432   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者における脈圧が透析導入に及ぼす影響の検討

    大澤 妙子, 藤原 和哉, 山本 正彦, 原田 万由子, 石澤 正博, 清田 浩康, 山中 菜詩, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 160   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • SGLT2阻害薬が安静時心拍数(Resting Heart Rate:RHR)に及ぼす影響とその関連因子の検討

    松林 泰弘, 阿部 孝洋, 吉田 明弘, 野島 俊秋, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   61 ( Suppl.1 )   S - 158   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 肥満と肝インスリンクリアランス(Hepatic insulin clearance:HIC)低下の関係における脂肪肝(Fatty Liver:FL)の役割

    松林 泰弘, 吉田 明弘, 菅波 秀規, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 加来 浩平, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   432 - 432   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 原発性アルドステロン症と原発性副甲状腺機能亢進症を併発した1例

    白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   430 - 430   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 菌状息肉症に対するベキサロテン治療後に出現した副作用例の検討

    山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 藤原 和哉, 北澤 勝, 松永 佐澄志, 金子 正儀, 鈴木 浩史, 石澤 正博, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   420 - 420   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 原発性アルドステロン症と原発性副甲状腺機能亢進症を併発した1例

    白石 友信, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   94 ( 1 )   430 - 430   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 勤労世代男性における各耐糖能が冠動脈疾患発症に及ぼす影響の検討

    藤原和哉, 松林泰弘, 石澤正博, 山本正彦, 松永佐澄志, 山田貴穂, 山中菜詩, 清田浩康, 児玉暁, 曽根博仁

    日本疫学会学術総会講演集(Web)   28th   76 (WEB ONLY)   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 原発巣の同定に至らなかった癌の1例

    橋本 浩平, 三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   132 ( 1 )   31 - 31   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 原発巣の同定に至らなかった癌の1例

    橋本 浩平, 三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 金子 正儀, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 岩永 みどり, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   132 ( 1 )   31 - 31   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 胃亜全摘後の糖尿病患者において,DPP‐4阻害薬からGLP‐1受容体作動薬への変更は有効か

    白石友信, 吉岡大志, 松林泰弘, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( 10 )   721(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高齢発症の劇症1型糖尿病の1例

    吉岡大志, 小松健, 皆川真一, 松林泰弘, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 今川彰久, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( 10 )   726(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 青少年の心肺持久力及び筋力と代謝異常リスクの関連

    森川咲子, 森川咲子, 石黒創, 堀川千嘉, 堀川千嘉, 石井大, 武田安永, 治田麻里子, 松林泰弘, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本臨床運動療法学会雑誌   20 ( 1 )   43   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下肢皮膚潰瘍から骨髄炎に至った2型糖尿病の1例

    張かおり, 金子正儀, 佐藤陽子, 松林泰弘, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 羽入修, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( 9 )   646(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1型糖尿病の発症以前にバセドウ病が先行したと考えられる14歳女児の1例

    橋本浩平, 金子正儀, 三ツ間友里恵, 山本正彦, 松林泰弘, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( 10 )   700(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ステロイド糖尿病を合併し歯性感染から上顎の骨髄炎を発症した2型糖尿病の1例

    棚橋怜生, 山本正彦, 松林泰弘, 松永佐澄志, 山田貴穂, 岩永みどり, 藤原和哉, 羽入修, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( 9 )   644(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • メタ解析を用いた,2型糖尿病患者におけるレジスタンストレーニングの有用性の検討

    石黒創, 児玉暁, 森川咲子, 堀川千嘉, 石井大, 治田麻理子, 張かおり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本臨床運動療法学会雑誌   20 ( 1 )   53   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 診断に難渋した再発性重症低血糖の原因特定に薬物血中濃度測定が有用であった一例

    三ツ間友里恵, 山本正彦, 橋本浩平, 金子正儀, 松林泰弘, 松永佐澄志, 山田貴穂, 岩永みどり, 藤原和哉, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( Suppl )   2018年

     詳細を見る

  • SGLT2阻害薬が安静時心拍数(Resting Heart Rate:RHR)に及ぼす影響とその関連因子の検討

    松林泰弘, 阿部孝洋, 吉田明弘, 吉田明弘, 野島俊秋, 野島俊秋, 菅波秀規, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 加来浩平, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( Suppl )   2018年

     詳細を見る

  • 指先穿刺による血糖およびHbA1c迅速測定をもちいた糖尿病啓発の取り組み

    山田貴穂, 山田貴穂, 石井大, 武田安永, 橋本浩平, 三ツ間友里恵, 張かおり, 原田万祐子, 白石友信, 吉岡大志, 山本正彦, 大澤妙子, 石黒創, 金子正儀, 鈴木浩史, 松林泰弘, 松林泰弘, 松永佐澄志, 藤原和哉, 岩永みどり, 鈴木亜希子, 鈴木亜希子, 羽入修, 羽入修, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( Suppl )   2018年

     詳細を見る

  • 眼科処置を要する重症糖尿病性眼疾患の発生リスクに対する腎症の影響についての検討

    山本正彦, 藤原和哉, 大澤妙子, 原田万祐子, 石黒創, 石澤正博, 岩永みどり, 松永佐澄志, 松林泰弘, 清田浩康, 山中菜詩, 山田貴穂, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( Suppl )   2018年

     詳細を見る

  • DPP-4阻害薬アナグリプチン(ANA)の12週間投与時におけるインスリンクリアランスに及ぼす影響

    阿部孝洋, 松林泰弘, 村岸沙也加, 吉田明弘, 吉田明弘, 菅波秀規, 古澤研一, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 加来浩平, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   61 ( Suppl )   2018年

     詳細を見る

  • 【糖尿病診療 今後の展望-next decade】 糖尿病診療および疾病管理におけるビッグデータの活用 今後の展望

    山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病診療マスター   15 ( 12 )   1042 - 1047   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <POINT>日本人糖尿病へのエビデンス構築と糖尿病発症予防の重要性.従来の大規模臨床研究と新しいビッグデータを活用した研究への期待.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1415200817

    researchmap

  • FHHとPHPTの鑑別に苦慮している一例

    棚橋 怜生, 山本 正彦, 松林 泰弘, 張 かおり, 佐藤 陽子, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 3 )   753 - 753   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 重症低血糖を契機に発見されたIGF‐2産生腫瘍によるNICTHの1例

    張かおり, 金子正儀, 佐藤陽子, 松林泰弘, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 羽入修, 曽根博仁, 福田いずみ, 長嶋洋治

    新潟医学会雑誌   131 ( 11 )   667   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 原発巣の同定に至らなかった癌の一例

    橋本 浩平, 金子 正儀, 三ツ間 友里恵, 山本 正彦, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 2 )   642 - 642   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 膵島細胞症とインスリノーマの合併が疑われ診断に難渋した一例

    山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 林 和直, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 高野 徹, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 2 )   589 - 589   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 心血管疾患 糖尿病が冠動脈疾患発症へ与える影響は若年者と中年では大きく異なる

    藤原 和哉, 松林 泰弘, 山本 正彦, 石澤 正博, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 清田 浩康, 山中 菜詩, 児玉 暁, 曽根 博仁

    糖尿病合併症   31 ( Suppl.1 )   202 - 202   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病合併症学会  

    researchmap

  • Pulse Pressure and HbA1c Levels Are Significant Predictors of Vision-Threatening Eye Diseases in Japanese Patients with Diabetes Mellitus

    Masahiko Yamamoto, Kazuya Fujihara, Risa Igarashi, Sakiko Yoshizawa, Yasuhiro Matsubayashi, Takaho Yamada, Satoshi Mat-Sunaga, Chie Ito, Nauta Yamanaka, Hiruma Hasebe, Takeo Fukuchi, Shiro Tanaka, Kiminori Katou, Satoru Kodama, Hirohito Sone

    DIABETES   66   A431 - A431   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 重症低血糖を契機に発見されたIGF-II産生腫瘍の1例

    佐藤 陽子, 金子 正儀, 張 かおり, 棚橋 怜生, 山本 正彦, 松林 康弘, 松永 佐登志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   131 ( 5 )   320 - 320   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 勤労世代男性における耐糖能の冠動脈疾患発症への影響の検討

    藤原 和哉, 山本 正彦, 石澤 正博, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 加藤 公則, 伊藤 知恵, 小石 美恵子, 山中 菜詩, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   260 - 260   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方と患者背景の解析(第3報)

    藤原 和哉, 五十嵐 理沙, 松永 佐澄志, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 横山 宏樹, 田中 司朗, 島野 仁, 前川 聡, 山崎 勝也, 川井 紘一, 曽根 博仁, 糖尿病データマネジメント研究会

    糖尿病   60 ( Suppl.1 )   S - 457   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 小児期の運動能力と心血管リスクに関する検討

    柴田 健継, 松永 佐澄志, 五十嵐 理沙, 由澤 咲子, 古川 和郎, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 曽根 博仁

    糖尿病   60 ( Suppl.1 )   S - 364   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者における透析導入のリスク因子の検討

    大澤 妙子, 山本 正彦, 石澤 正博, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 山田 貴穂, 小石 美恵子, 伊藤 知恵, 山中 菜詩, 児玉 暁, 加藤 公則, 曽根 博仁

    糖尿病   60 ( Suppl.1 )   S - 245   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 勤労世代男性における耐糖能の冠動脈疾患発症への影響の検討

    藤原 和哉, 山本 正彦, 石澤 正博, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 加藤 公則, 伊藤 知恵, 小石 美恵子, 山中 菜詩, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   260 - 260   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 重症低血糖を契機に発見されたIGF-2産生腫瘍によるNICTHの一例

    張 かおり, 金子 正儀, 佐藤 陽子, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁, 福田 いずみ, 長嶋 洋治

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   329 - 329   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した低血糖症

    山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 張 かおり, 佐藤 陽子, 金子 正儀, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 林 和直, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 高野 徹, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   328 - 328   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 骨密度に影響する身体測定値 人間ドックのデータ解析から

    石澤 正博, 藤原 和哉, 田代 稔, 加藤 公則, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   332 - 332   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 重症低血糖を契機に発見されたIGF-2産生腫瘍によるNICTHの一例

    張 かおり, 金子 正儀, 佐藤 陽子, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁, 福田 いずみ, 長嶋 洋治

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   329 - 329   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者における透析導入のリスク因子の検討

    大澤妙子, 山本正彦, 石澤正博, 松林泰弘, 松永佐澄志, 藤原和哉, 山田貴穂, 小石美恵子, 伊藤知恵, 山中菜詩, 児玉暁, 加藤公則, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   60 ( Suppl )   S.245(J‐STAGE) - 245   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨密度に影響する身体測定値 人間ドックのデータ解析から

    石澤 正博, 藤原 和哉, 田代 稔, 加藤 公則, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   332 - 332   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した低血糖症

    山本 正彦, 棚橋 怜生, 松林 泰弘, 張 かおり, 佐藤 陽子, 金子 正儀, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 林 和直, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 高野 徹, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   93 ( 1 )   328 - 328   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者の家族に対する教育が患者血糖に及ぼす効果のメタ分析

    児玉 暁, 藤原 和哉, 山本 正彦, 石澤 正博, 石黒 創, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 加藤 公則, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   106 ( Suppl. )   211 - 211   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者の家族に対する教育が患者血糖に及ぼす効果のメタ分析

    児玉 暁, 藤原 和哉, 山本 正彦, 石澤 正博, 石黒 創, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 加藤 公則, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   106 ( Suppl. )   211 - 211   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 【これからの高トリグリセライド(TG)血症治療】 リスクとしての高TG血症 疫学研究からみた高TG血症の意義

    山田 貴穂, 曽根 博仁

    The Lipid   28 ( 1 )   11 - 18   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    動脈硬化性心血管疾患は、LDL低下治療だけではまだ完全に防止できず、その「残存リスク」への介入が今後の課題である。近年の疫学研究から、トリグリセライド(TG)もそのひとつであることが判明しており、特に非空腹時TG値と心血管疾患との関連が注目されている。高TG血症の背景のひとつにはインスリン抵抗性があるため、肥満の有無にかかわらず、将来、耐糖能異常の発症も危惧される。また、2型糖尿病患者では心血管疾患(大血管障害)予防のため、両病態の根底にあるインスリン抵抗性改善が重要と考えられる。(著者抄録)

    researchmap

  • 甲状腺全摘術後に腎細胞癌の甲状腺転移が判明した腺腫様甲状腺腫合併T3優位型Basedow病の一例

    羽入 修, 山田 貴穂, 金子 正儀, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 藤原 和哉, 岩永 みどり, 伊藤 崇子, 鈴木 亜希子, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 3 )   638 - 638   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 破壊性甲状腺炎をともなったMYC転座陽性甲状腺悪性リンパ腫の1例

    山田 貴穂, 布施 香子, 柴崎 康彦, 河本 啓介, 羽入 修, 瀧澤 淳, 大島 孝一, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 3 )   635 - 635   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 小児期の運動能力と心血管リスクに関する検討

    柴田健継, 松永佐澄志, 五十嵐理沙, 由澤咲子, 古川和郎, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   60 ( Suppl )   S.364(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FHHとPHPTの鑑別に苦慮している一例

    棚橋怜生, 山本正彦, 松林泰弘, 張かおり, 佐藤陽子, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 曽根博仁

    日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム抄録集   18th   78   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方と患者背景の解析(第3報)

    藤原和哉, 五十嵐理沙, 松永佐澄志, 松林泰弘, 山田貴穂, 横山宏樹, 田中司朗, 島野仁, 前川聡, 山崎勝也, 川井紘一, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   60 ( Suppl )   S.457(J‐STAGE)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 診断に難渋した褐色細胞腫の1例

    横川 かおり, 佐藤 陽子, 金子 正儀, 棚橋 怜生, 山本 正彦, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   130 ( 12 )   714 - 714   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した褐色細胞腫の1例

    横川 かおり, 佐藤 陽子, 金子 正儀, 棚橋 怜生, 山本 正彦, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   130 ( 12 )   714 - 714   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 無症候性褐色細胞腫の一例

    横川 かおり, 佐藤 陽子, 金子 正儀, 棚橋 怜生, 山本 正彦, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 岩永 みどり, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 羽生 修, 曽根 博仁, 山名 一寿, 田崎 正行

    日本内分泌学会雑誌   92 ( S.Branc )   111 - 111   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 高血糖を放置した結果、巨大後腹膜膿瘍を発症した1例

    田村 秀, 石澤 正博, 福武 嶺一, 吉岡 大志, 阿部 孝洋, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   59 ( 8 )   599 - 599   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Impact of glucose tolerance status on development of coronary artery disease among working aged men in Japan

    K. Fujihara, N. Yamanaka, R. Nishikino, M. Yamamoto, Y. Matsubayashi, S. Matsunaga, T. Yamada, H. Ishiguro, C. Horikawa, M. Ishizawa, N. Ohara, K. Kato, H. Sone

    DIABETOLOGIA   59   S514 - S515   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Web of Science

    researchmap

  • 高血糖を放置した結果,巨大後腹膜膿瘍を発症した1例

    田村秀, 石澤正博, 福武嶺一, 吉岡大志, 阿部孝洋, 松林泰弘, 松永佐澄志, 山田貴穂, 鈴木亜希子, 羽入修, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   59 ( 8 )   599(J‐STAGE) - 599   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 副腎腫瘍におけるFDG-PET CTの有用性 当科での2症例をふまえて

    矢口 雄大, 川田 亮, 種村 聡, 佐藤 陽子, 松林 泰弘, 松永 佐登志, 藤原 和哉, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   130 ( 6 )   376 - 376   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 三系統(PRL、ACTH、GH)のホルモン過剰分泌が疑われた微小下垂体腺腫の1例

    佐藤 陽子, 種村 聡, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 藤原 和哉, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 1 )   233 - 233   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 耐糖能と骨密度の関連—健診データの縦断的解析

    石澤正博, 石澤正博, 藤原和哉, 田代稔, 松永佐澄志, 加藤公則, 鈴木亜希子, 山田貴穂, 羽入修, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   59 ( Suppl )   S.340(J‐STAGE) - 340   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FDG-PET CTを施行された副腎腫瘍の2例

    矢口 雄大, 川田 亮, 種村 聡, 佐藤 陽子, 松林 泰弘, 松永 佐登志, 藤原 和哉, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 1 )   324 - 324   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • インスリン自己免疫症候群にインスリン受容体異常症B型を合併した一例

    阿部 孝洋, 福武 嶺一, 吉岡 大志, 石澤 正博, 松林 泰弘, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   92 ( 1 )   308 - 308   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 耐糖能と骨密度の関連 健診データの縦断的解析

    石澤 正博, 藤原 和哉, 田代 稔, 松永 佐澄志, 加藤 公則, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   59 ( Suppl.1 )   S - 340   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方と患者背景の解析(第2報)

    藤原 和哉, 羽入 修, 松永 佐澄志, 松林 泰弘, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 横山 宏樹, 島野 仁, 前川 聡, 山崎 勝也, 川井 紘一, 曽根 博仁, JDDMデータマネジメント研究会

    糖尿病   59 ( Suppl.1 )   S - 452   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 不安定な体重変動は、肥満と独立した2型糖尿病発症危険因子である メタ解析

    児玉 暁, 藤原 和哉, 石澤 正博, 石黒 創, 松林 泰弘, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 加藤 公則, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   105 ( Suppl. )   214 - 214   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方と患者背景の解析(第2報)

    藤原和哉, 羽入修, 松永佐澄志, 松林泰弘, 鈴木亜希子, 山田貴穂, 横山宏樹, 島野仁, 前川聡, 山崎勝也, 川井紘一, 曽根博仁

    糖尿病(Web)   59 ( Suppl )   S.452(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 無症候性褐色細胞腫の一例

    横川かおり, 佐藤陽子, 金子正儀, 棚橋怜生, 山本正彦, 松林泰弘, 松永佐澄志, 岩永みどり, 山田貴穂, 藤原和哉, 羽生修, 曽根博仁, 山名一寿, 田崎正行

    日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会プログラム抄録集   17th   80   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 極端な偏食と紫外線遮断に起因したビタミンD欠乏症骨軟化症の1例

    橋本 浩平, 三ツ間 友里恵, 吉岡 大志, 松林 泰弘, 二宮 悟, 福武 嶺一, 阿部 孝洋, 石澤 正博, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 小原 伸雅, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   91 ( Suppl.Branch )   117 - 117   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 遅発型カルニチン欠乏症が関与した低血糖症の一例

    種村 聡, 佐藤 陽子, 松林 泰弘, 矢口 雄大, 川田 亮, 石黒 創, 松永 佐澄志, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   91 ( 3 )   790 - 790   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • SGLT2阻害剤トホグリフロジンの脂肪肝合併2型糖尿病患者への有効性 国内治験の部分集団解析

    松林 泰弘, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 菅波 秀規, 加来 浩平, 曽根 博仁

    肥満研究   21 ( Suppl. )   166 - 166   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肥満学会  

    researchmap

  • 当院通院中の糖尿病患者における皮膚AF(Autofluorescene)値測定の意義に関する検討

    川田 亮, 羽入 修, 古川 和郎, 石澤 正博, 山本 正彦, 大澤 妙子, 山田 貴穂, 皆川 真一, 鈴木 裕美, 山田 絢子, 鈴木 亜希子, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   129 ( 8 )   482 - 482   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 糖尿病友の会のウォークラリーに参加して

    山田 徹, 成田 操, 山際 睦美, 山口 広美, 吉田 禅, 藤塚 三枝子, 土田 浩司, 石澤 正博, 山田 貴穂, 宗田 聡

    新潟医学会雑誌   129 ( 8 )   476 - 476   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 発症15年後に局在が判明した周期性異所性ACTH産生腫瘍の1例

    阿部 孝洋, 福武 嶺一, 吉岡 大志, 石澤 正博, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 大橋 瑠子, 渡邉 佳緒里, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   129 ( 7 )   424 - 424   2015年7月

  • TSH/GH産生下垂体腺腫の2例

    吉岡 大志, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 福武 嶺一, 阿部 孝洋, 石澤 正博, 小原 伸雅, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   129 ( 4 )   221 - 221   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • トホグリフロジンのHbA1c投与前値別にみる血糖低下・体重減少に関する検討 国内治験の併合データを用いたサブグループ解析

    阿部 孝洋, 松林 泰弘, 小原 伸雅, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 菅波 秀規, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   58 ( Suppl.1 )   S - 174   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 発症15年後に局在が判明した周期性異所性ACTH産生腫瘍の1例

    阿部 孝洋, 福武 嶺一, 吉岡 大志, 石澤 正博, 松林 泰弘, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   91 ( 1 )   375 - 375   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 既存の経口血糖降下剤に、選択的SGLT2阻害剤トホグリフロジンを長期併用した場合の各種パラメータに与える影響と安全性の検討 国内治験データを用いたサブグループ解析

    松林 泰弘, 小原 伸雅, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 菅波 秀規, 加来 浩平, 曽根 博仁

    糖尿病   58 ( Suppl.1 )   S - 357   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 認知機能低下合併糖尿病患者の臨床的・社会的特徴についての検討

    山本 正彦, 百都 健, 田邊 直仁, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   58 ( Suppl.1 )   S - 317   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 2型糖尿病患者におけるレジスタンストレーニングのメタ解析 どのような患者にどのように指導すべきか?

    石黒 創, 児玉 暁, 小原 伸雅, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   104 ( Suppl. )   159 - 159   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • Propranolol投与にて心不全を来たしたBasedow病の1例

    鈴木 達郎, 植村 靖之, 鈴木 亜希子, 北澤 勝, 鈴木 浩史, 皆川 真一, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   129 ( 2 )   95 - 96   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 視床下部性副腎機能低下を合併したインスリノーマの1例

    福武 嶺一, 阿部 孝洋, 吉岡 大志, 石澤 正博, 松林 康弘, 松永 佐澄志, 小原 伸雅, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   90 ( 3 )   942 - 942   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 潜在性甲状腺機能亢進症から甲状腺中毒症に移行した機能性甲状腺結節の1例

    山田 貴穂, 白石 友信, 植村 靖行, 阿部 孝洋, 小原 伸雅, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 佐藤 浩史, 石岡 孝二郎, 大橋 瑠子, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   90 ( 2 )   541 - 541   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Characteristics of patients with type 2 diabetes who achieved better glycaemic control through resistance training: a meta-analysis

    H. Ishiguro, S. Kodama, S. Matsunaga, C. Horikawa, Y. Heianza, N. Ohara, T. Yamada, A. Suzuki, O. Hanyu, H. Sone

    DIABETOLOGIA   57   S259 - S259   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Web of Science

    researchmap

  • 多発性内分泌腫瘍症(MEN)I型が疑われた前縦隔神経内分泌腫瘍の1例

    坪谷 隆介, 鈴木 浩史, 植村 靖行, 山田 貴穂, 鈴木 達郎, 北澤 勝, 阿部 孝洋, 古川 和郎, 松永 佐澄志, 皆川 真一, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁, 土田 正則

    新潟医学会雑誌   128 ( 6 )   277 - 277   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • Resistance Exercise Was Effective in Improving Glycemic Control but Inferior to Aerobic Exercise for Patients with Type 2 Diabetes Mellitus-A Meta-analysis

    Hajime Ishiguro, Satoru Kodama, Chika Horikawa, Hiroshi Suzuki, Satoshi Matsunaga, Yoriko Heianza, Takaho Yamada, Akiko Suzuki, Osamu Hanyu, Hirohito Sone

    DIABETES   63   A185 - A185   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Comprehensive Analysis of Patterns of First-Line Medication for Patients with Diabetes in Japan: Nationwide Claims Database Study

    Akiko Suzuki, Yoriko Heianza, Tatsurou Suzuki, Masaru Kitazawa, Takahiro Abe, Yasuyuki Uemura, Satoshi Matsunaga, Shinichi Minagawa, Takaho Yamada, Osamu Hanyu, Hirohito Sone

    DIABETES   63   A609 - A610   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Predictive Value of Combined Single Nucleotide Polymorphisms for Diabetes Mellitus-A Meta-analysis

    Satoru Kodama, Chika Horikawa, Satoshi Matsunaga, Kazuya Fujihara, Yoriko Heianza, Ayumi Hirose, Takaho Yamada, Akiko Suzuki, Osamu Hanyu, Hirohito Sone

    DIABETES   63   A360 - A360   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • High Serum Uric Acid Level Is More Predictive of Risk of Future Type 2 Diabetes in Nonobese Than in Overweight/Obese People: The Niigata Wellness Study

    Satoshi Matsunaga, Yoriko Heianza, Tatsuro Suzuki, Masaru Kitazawa, Shinichi Minagawa, Takaho Yamada, Akiko Suzuki, Osamu Hanyu, Kiminori Kato, Koji Sato, Hirohito Sone

    DIABETES   63   A367 - A367   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • αGlの内服によって食事性低血圧による失神を予防できた2型糖尿病の1例

    古川 和郎, 鈴木 達郎, 石黒 創, 皆川 真一, 松永 佐澄志, 山田 貴穂, 森川 洋, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 村山 稔子, 曽根 博仁

    糖尿病   57 ( 6 )   467 - 467   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Stability and Changes in the Metabolically Healthy Overweight or Obese State and the Risk of Development of Future Type 2 Diabetes

    Yoriko Heianza, Akiko Suzuki, Kiminori Kato, Kazuya Fujihara, Takaho Yamada, Osamu Hanyu, Satoru Kodama, Koji Sato, Hirohito Sone

    DIABETES   63   A21 - A21   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 高血圧を合併したサブクリニカルクッシング症候群の1例

    山本 正彦, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 曽根 博仁, 滝澤 逸大, 小松 集一, 笠原 隆

    新潟医学会雑誌   128 ( 5 )   233 - 233   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • レセプトデータを利用した新規糖尿病治療薬処方状況の検討

    鈴木 亜希子, 平安座 依子, 羽入 修, 鈴木 達郎, 北澤 勝, 阿部 孝洋, 植村 靖行, 皆川 真一, 山田 貴穂, 曽根 博仁

    糖尿病   57 ( Suppl.1 )   S - 387   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 巣症状を来したインスリノーマによる低血糖性脳症2例

    鈴木 達郎, 阿部 孝洋, 鈴木 亜希子, 北澤 勝, 皆川 真一, 山田 貴穂, 羽入 修, 曽根 博仁, 石澤 正博, 大澤 妙子

    日本内分泌学会雑誌   90 ( 1 )   319 - 319   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 問診による2型糖尿病予測能のメタ分析

    由澤 咲子, 児玉 暁, 藤原 和哉, 堀川 千嘉, 菅原 歩美, 谷内 洋子, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   57 ( Suppl.1 )   S - 205   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 糖尿病スクリーニング後の早期治療と未治療放置が短期間の血糖コントロールに与える影響の大規模疫学的検討

    五十嵐 理沙, 平安座 依子, 児玉 暁, 由澤 咲子, 山田 貴穂, 藤原 和哉, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   57 ( Suppl.1 )   S - 144   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • わが国の糖尿病専門医の薬物療法における処方パターンと意図の解析

    藤原 和哉, 羽入 修, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 横山 宏樹, 田中 司朗, 野牛 宏晃, 島野 仁, 柏木 厚典, 山崎 勝也, 川井 紘一, 曽根 博仁, 糖尿病データマネージメント研究会

    糖尿病   57 ( Suppl.1 )   S - 387   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 尿酸の糖尿病発症への影響は非肥満者で強い

    松永 佐澄志, 平安座 依子, 皆川 真一, 鈴木 亜希子, 山田 貴穂, 羽入 修, 田代 稔, 大塚 政人, 佐藤 幸示, 加藤 公則, 曽根 博仁

    糖尿病   57 ( Suppl.1 )   S - 274   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • メタ分析によるゲノムワイド関連解析(GWAS)における糖尿病関連複数遺伝子と糖尿病との定量的相関性の検討

    児玉 暁, 藤原 和哉, 松永 佐澄志, 古川 和郎, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 島野 仁, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内科学会雑誌   103 ( Suppl. )   152 - 152   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 原発性アルドステロン症 新潟プロトコールについての提案

    鈴木 裕美, 鈴木 達郎, 北澤 勝, 植村 靖行, 鈴木 浩史, 古川 和郎, 山田 貴穂, 松永 佐澄志, 皆川 真一, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   128 ( 2 )   92 - 93   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 診断に難渋した妊娠時発症甲状腺クリーゼの1例

    鈴木 浩史, 周 啓亮, 山田 貴穂, 鈴木 達郎, 北澤 勝, 植村 靖行, 皆川 慎一, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁, 山口 雅幸, 本多 忠幸, 山谷 恵一

    日本内分泌学会雑誌   89 ( 3 )   955 - 955   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 術後に微小癌の合併が判明した甲状腺機能性結節の1例

    山田 貴穂, 阿部 孝洋, 松林 泰弘, 横山 侑輔, 渡辺 順, 橋本 茂久, 渋谷 宏行, 百都 健, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   89 ( 2 )   506 - 506   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • Predictive ability of simple clinical information without blood tests for future incident diabetes: a meta-analysis

    S. Yoshizawa, S. Kodama, K. Fujihara, C. Horikawa, A. Sugawara, Y. Heianza, Y. Yachi, S. Tanaka, S. Minakawa, T. Yamada, A. Suzuki, O. Hanyu, H. Sone

    DIABETOLOGIA   56   S137 - S137   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Web of Science

    researchmap

  • 電解質補正中に生じた橋中心髄鞘崩壊症に対してTRH補充療法が奏功した1例

    竹内寛之, 石澤正博, 山田貴穂, 宗田聡, 佐藤朋江

    新潟市民病院医誌   34 ( 1 )   83 - 84   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟市民病院  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における副腎静脈サンプリングの実績

    鈴木 裕美, 金子 正儀, 川田 亮, 大澤 妙子, 古川 和郎, 山田 貴穂, 山田 絢子, 伊藤 崇子, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 曽根 博仁, 吉村 宣彦, 青山 英史

    新潟医学会雑誌   127 ( 8 )   446 - 446   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • Aspergillus fumigatusによる頭蓋底骨髄炎を発症した2型糖尿病の1例

    金子 正儀, 大澤 妙子, 鈴木 亜希子, 川田 亮, 古川 和郎, 山田 絢子, 山田 貴穂, 鈴木 裕美, 伊藤 崇子, 羽入 修, 曽根 博仁

    糖尿病   56 ( 7 )   462 - 462   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • Skin Accumulation of Advanced Glycation End-Products (AGEs) Highly Correlates With Severity of Renal Complications in Patients With Diabetes

    Ryo Kawada, Osamu Hanyu, Kazuo Furukawa, Masahiro Ishizawa, Masahiko Yamamoto, Taeko Osawa, Takaho Yamada, Shiniti Minagawa, Hiromi Suzuki, Ayako Yamada, Yoriko Heiznza, Akiko Suzuki, Hirohito Sone

    DIABETES   62   A396 - A396   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • High-Dose Metformin vs. Sitagliptin in Addition to Metformin 750mg in Insufficiently Controlled Japanese Type 2 Diabetes Patients With Metformin 750mg

    Kazuo Furukawa, Osamu Hanyu, Yoriko Heianza, Yasuyuki Uemura, Ryo Kawada, Masahiko Yamamoto, Taeko Osawa, Masanori Kaneko, Takaho Yamada, Hiromi Suzuki, Shinichi Minagawa, Ayako Yamada, Akiko Suzuki, Hirohito Sone

    DIABETES   62   A671 - A671   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 右片麻痺をきたしたインスリノーマの1例

    大澤 妙子, 金子 正儀, 鈴木 亜希子, 山本 正彦, 川田 亮, 古川 和郎, 山田 貴穂, 皆川 真一, 鈴木 裕美, 山田 絢子, 伊藤 崇子, 羽入 修, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌   127 ( 7 )   386 - 386   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 当院における原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリングの検討

    鈴木 裕美, 金子 正義, 川田 亮, 山本 正彦, 大澤 妙子, 古川 和郎, 山田 貴穂, 皆川 真一, 鈴木 亜希子, 羽入 修, 吉村 宣彦, 青山 英史, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   89 ( 1 )   282 - 282   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 糖尿病患者における経皮的AF値(Autofluorescence)の規定因子および合併症との関連についての検討

    川田 亮, 羽入 修, 古川 和郎, 石澤 正博, 山本 正彦, 大澤 妙子, 山田 貴穂, 皆川 真一, 鈴木 裕美, 山田 絢子, 鈴木 亜希子, 曽根 博仁

    糖尿病   56 ( Suppl.1 )   S - 132   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • メトホルミン750mgでコントロール不十分の2型糖尿病患者におけるメトホルミン増量とシタグリプチン追加との有用性の比較検討

    古川 和郎, 羽入 修, 平安座 依子, 植村 靖行, 川田 亮, 大澤 妙子, 金子 正儀, 山田 貴穂, 鈴木 裕美, 皆川 真一, 森川 洋, 鈴木 亜希子, 曽根 博仁

    糖尿病   56 ( Suppl.1 )   S - 386   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 特定健診による要受診判定後の医療機関受診率とその推移

    羽入 修, 平安座 依子, 古川 和郎, 川田 亮, 大澤 妙子, 山本 正彦, 皆川 真一, 鈴木 裕美, 山田 絢子, 山田 貴穂, 鈴木 亜希子, 曽根 博仁

    糖尿病   56 ( Suppl.1 )   S - 339   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    researchmap

  • 運動と血清脂質

    平山 哲, 宗田 聡, 上野 剛, 石澤 正博, 山田 貴穂, 出居 真由美, 堀内 裕紀, 三井田 孝

    順天堂醫事雑誌   59 ( 1 )   89 - 89   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:順天堂医学会  

    researchmap

  • 糖尿病における性差医療 細小血管障害

    山田貴穂, 鈴木亜希子, 曽根博仁

    糖尿病   56 ( 8 )   535 - 538   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11213/tonyobyo.56.535

    researchmap

  • 意識障害を繰り返した潜在性続発性副腎皮質機能低下症の1例

    大澤 妙子, 金子 正儀, 鈴木 亜希子, 川田 亮, 古川 和郎, 山田 貴穂, 鈴木 裕美, 伊藤 崇子, 羽入 修, 曽根 博仁

    日本内分泌学会雑誌   88 ( 3 )   1017 - 1017   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    researchmap

  • 従来の糖尿病関連の臨床指標に関する検討

    石澤正博, 山田貴穂, 宗田聡

    糖尿病   55 ( Supplement 1 )   S.338 - 338   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病教育入院における初期治療の選択についての検討

    山田貴穂, 石澤正博, 宗田聡

    糖尿病   55 ( Supplement 1 )   S.107 - 107   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胃憩室による偽副腎腫瘍の1例

    宗田聡, 石澤正博, 山田貴穂

    新潟医学会雑誌   126 ( 1 )   58 - 58   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 糖尿病患者における経皮的advanced glycation endproductsの測定と合併症に関する検討

    石澤正博, 古川和郎, 皆川真一, 森川洋, 阿部孝洋, 金子正儀, 植村靖行, 鈴木裕美, 山田貴穂, 小菅恵一朗, 羽入修, 相澤義房

    新潟医学会雑誌   124 ( 11 )   647 - 647   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 発熱・高度貧血を呈したIL‐6産生褐色細胞腫の1例

    阿部孝洋, 篠崎洋, 小菅恵一朗, 阿部英里, 石澤正博, 金子正儀, 古川和郎, 皆川真一, 山田貴穂, 岩永みどり, 森川洋, 羽入修, 相澤義房, 田崎正行, 小林和博, 中川由紀, 齋藤和英, 高橋公太

    新潟医学会雑誌   124 ( 8 )   475 - 475   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 低血糖昏睡を契機に発症した悪性インスリノーマの1例

    石澤正博, 古川和郎, 皆川真一, 森川洋, 植村靖行, 阿部孝洋, 金子正儀, 篠崎洋, 鈴木裕美, 山田貴穂, 岩永みどり, 小菅恵一朗, 羽入修, 相澤義房

    新潟医学会雑誌   124 ( 6 )   350 - 350   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 蛍光分光方式による経皮的advanced glycation endproductsの測定と糖尿病合併症との関連

    石澤正博, 古川和郎, 皆川真一, 森川洋, 阿部孝洋, 金子正儀, 植村靖行, 鈴木裕美, 山田貴穂, 小菅恵一朗, 羽入修, 相澤義房

    糖尿病   53 ( Supplement 1 )   S.193 - 193   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヘプシジン高値,高度貧血を合併したIL‐6産生褐色細胞腫の1例

    阿部孝洋, 篠崎洋, 小菅恵一朗, 阿部英里, 石澤正博, 金子正儀, 古川和郎, 皆川真一, 山田貴穂, 岩永みどり, 森川洋, 羽入修, 相澤義房

    日本内分泌学会雑誌   86 ( 1 )   153 - 153   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Forebrain mechanisms activated by amino acid receptors to control vasopressin release in response to a hyperosmotic or a hypovolemic stimulus

    Kenichi Yamaguchi, Takaho Yamada, Hitoshi Hama, Kanemitsu Yamaya

    ENDOCRINE JOURNAL   57   S532 - S532   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPAN ENDOCRINE SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 6 正常アミブミン尿の2型糖尿病における尿中IgG排泄量と全身血圧との関係 : 2型糖尿病早期における腎自動調節能の解(I.一般演題,第38回新潟糖尿病談話会)

    小原 伸雅, 羽入 修, 松林 泰弘, 篠崎 洋, 岩永 みどり, 森川 洋, 阿部 英里, 鈴木 亜希子, 宗田 聡, 山田 貴穂, 戸谷 真紀, 平山 哲, 中川 理, 伊藤 正毅, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 11 )   592 - 592   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 4 1型糖尿病とバセドウ病をほぼ同時に発症したと思われる1例(I.一般演題,第87回新潟内分泌代謝同好会)

    山田 貴穂, 岩永 みどり, 松林 泰弘, 森川 洋, 小原 伸雄, 羽人 修, 平山 哲, 中川 理, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 1 )   44 - 44   2009年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • アミノ酸抑制性前脳GABAA受容体とバゾプレッシン分泌

    山口賢一, 山田貴穂, 長谷川功

    生体の科学   60 ( 5 )   378 - 379   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11477/mf.2425100880

    researchmap

  • 多発性筋炎の治療中にパーキンソン症候群を呈したCNSループスの1例

    山田貴穂, 寺邑朋子, 菊池正俊, 吉田和清

    中部リウマチ   29 ( 2 )   123 - 124   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  •   詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • -

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap