2021/06/24 更新

写真a

ヤマダ シユウジ
山田 修司
YAMADA Syuuji
所属
教育研究院 自然科学系 数理物質科学系列 教授
理学部 理学科 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2000年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 数理計画

  • 大域的最適化

研究分野

  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学  / 数理計画

  • 自然科学一般 / 数学基礎  / 数理計画

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部 数学科 情報数理科学   教授

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部 数学科   准教授

    2010年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻   准教授

    2010年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 情報理工学専攻   准教授

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   情報数理科学   教授

    2014年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   数学科   准教授

    2010年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻   准教授

    2010年4月 - 2014年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 情報理工学専攻   准教授

    2004年4月 - 2010年3月

 

論文

  • Sublinear Scalarization Methods for Sets with respect to Set-Relations 査読

    Y.Ogata, Y.Saito, T.Tanaka, S.Yamada

    Linear and Nonlinear Analysis3   121 - 132   2017年

     詳細を見る

  • ON GENERALIZATION OF RICCERI'S THEOREM FOR FAN-TAKAHASHI MINIMAX INEQUALITY INTO SET-VALUED MAPS VIA SCALARIZATION 査読

    Yutaka Saito, Tamaki Tanaka, Syuuji Yamada

    JOURNAL OF NONLINEAR AND CONVEX ANALYSIS16 ( 1 ) 9 - 19   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:YOKOHAMA PUBL  

    In the paper, we propose Ricceri's theorem on Fan-Takahashi minimax inequality for set-valued maps by using the scalarization method proposed by Kuwano, Tanaka and Yamada, and we give a characterization of a certain set which plays an important role in Ricceri's theorem.

    Web of Science

    researchmap

  • Successive search methods for solving a canonical DC programming problem 査読

    Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    OPTIMIZATION63 ( 3 ) 371 - 384   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    In this article, we propose two successive search methods for solving a canonical DC programming problem constrained by the difference set between two compact convex sets in the case where the dimension number is greater than or equal to three. In order to find feasible solutions, the algorithms generate the directions based on a branch and bound procedure, successively. By exploring the provisional solutions throughout the intersection of the boundaries of two compact convex sets, both algorithms calculate an approximate solution.

    DOI: 10.1080/02331934.2011.651471

    Web of Science

    researchmap

  • Expansion of the cross-efficiency evaluation by using the equations forming the efficient frontier in DEA 査読

    S. Washio, S. Yamada, T. Tanaka, T. Tanino

    OPTIMIZATION METHODS & SOFTWARE28 ( 4 ) 889 - 899   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    In this paper, we propose an algorithm to calculate cross-efficiency scores which used the equations forming the efficient frontier in data envelopment analysis (DEA). In many standard DEA models, each decision-making unit (DMU) is evaluated by using the advantageous weight for itself. Then, many DMUs are evaluated as efficient, and those efficient DMUs are not ranked by the models. The cross-efficiency evaluation is a method to rank DMUs by using the advantageous weights for all DMUs. Previously, the cross-efficiency scores based on different ideas are calculated by solving multiple linear or nonlinear programming problems. However, it is often hard to solve such a nonlinear programming problem. Therefore, by analysing the efficient frontier, we construct an algorithm to calculate alternative cross-efficiency scores.

    DOI: 10.1080/10556788.2012.750320

    Web of Science

    researchmap

  • Relationships between vector-valued cone-dc and locally cone-dc functions 査読

    Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    Journal of Mathematical Analysis and Applications398 ( 2 ) 588 - 593   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we propose an extension for vector-valued cone-convex functions. Moreover, by utilizing the proposed extension, we show that each vector-valued locally cone-dc function defined over a compact convex set is cone-dc. © 2012 Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.jmaa.2012.09.002

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation method based on ranking in data envelopment analysis 査読

    Satoshi Washio, Syuuji Yamada

    Expert Systems with Applications40 ( 1 ) 257 - 262   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Data envelopment analysis (DEA) has been developed as a method to evaluate efficiency of Decision Making Unit (DMU). In order to analyze DMU in detail, each DEA model is formulated as a mathematical programming problem utilizing the values of inputs and outputs of all DMUs as coefficients. Each DMU is evaluated by a different weight. Then, the efficiency score of each DMU is determined by using an advantageous weight for itself. In general, the efficiency score is obtained by selecting the most advantage weight. In some real cases, seeking the best ranking is sometimes more important than maximizing the efficiency score. In this paper, we propose a model called rank-based measure (RBM) to evaluate DMU from a different standpoint. We suggest a method to obtain a weight which gives the best ranking, and calculates a weight between maximizing the efficiency score and keeping the best ranking. In order to calculate an efficiency score and the best ranking, we repeatedly solve linear programming problems. Moreover, we apply RBM model to the cross efficiency evaluation. Furthermore, a numerical experiment is shown to compare the rankings and scores with traditional evaluations. © 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.eswa.2012.07.015

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • An Outer Approximation Method Utilizing the Relation of Connection among Vertices for Solving a DC Programming Problem 査読

    S.Yamada, Y.Tokushige, T.Tanaka, T.Tanino

    Journal of Nonlinear Analysis and Optimization3 ( 1 ) 1 - 12   2012年3月

     詳細を見る

  • Improvements by analyzing the efficient frontier in DEA 査読

    Satoshi Washio, Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    EUROPEAN JOURNAL OF OPERATIONAL RESEARCH217 ( 1 ) 173 - 184   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In this paper, we suggest four types of improvements for making inefficient DMUs efficient in the CCR model with the minimal change of input and output values. Moreover, we propose an algorithm for calculating such improvements by applying quadratic programming techniques. Furthermore, since all equations constructing the efficient frontiers of the CCR and BCC models are necessary to execute the algorithm, we present a procedure for calculating them. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ejor.2011.09.002

    Web of Science

    researchmap

  • OPTIMALITY CONDITION FOR VECTOR-VALUED DC PROGRAMMING PROBLEMS 査読

    Mayumi Hojo, Tamaki Tanaka, Syuuji Yamada

    JOURNAL OF NONLINEAR AND CONVEX ANALYSIS13 ( 1 ) 57 - 64   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:YOKOHAMA PUBL  

    In this paper, we introduce a general concept of the difference of two cone convex functions (DC function) in a different way from what Blanquero and Carrizosa [1] did. Also we show a certain optimality condition for dc programming by using some properties of DC functions.

    Web of Science

    researchmap

  • Dual and bidual problems for a Lipschitz optimization problem based on quasi-conjugation 査読

    Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    JOURNAL OF MATHEMATICAL ANALYSIS AND APPLICATIONS378 ( 1 ) 198 - 212   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    In this paper, we consider a Lipschitz optimization problem (LOP) constrained by linear functions in R(n). In general, since it is hard to solve (LOP) directly. (LOP) is transformed into a certain problem (MP) constrained by a ball in R(n+1). Despite there is no guarantee that the objective function of (MP) is quasi-convex, by using the idea of the quasi-conjugate function defined by Thach (1991) [1], we can construct its dual problem (DP) as a quasi-convex maximization problem. We show that the optimal value of (DP) coincides with the multiplication of the optimal value of (MP) by -1. and that each optimal solution of the primal and dual problems can be easily obtained by the other. Moreover, we formulate a bidual problem (BDP) for (MP) (that is, a dual problem for (DP)). We show that the objective function of (BDP) is a quasi-convex function majorized by the objective function of (MP) and that both optimal solution sets of (MP) and (BDP) coincide. Furthermore, we propose an outer approximation method for solving (DP). (C) 2010 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jmaa.2010.12.046

    Web of Science

    researchmap

  • Pareto-Efficient Target by Obtaining the Facets of the Efficient Frontier in DEA 査読

    Satoshi Washio, Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    Journal of Nonlinear Analysis and Optimization2 ( 1 ) 197 - 207   2011年1月

     詳細を見る

  • IMPROVEMENT INDICES KEEPING THE FEASIBILITY IN DATA ENVELOPMENT ANALYSIS 査読

    Satoshi Washio, Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    JOURNAL OF NONLINEAR AND CONVEX ANALYSIS12 ( 1 ) 29 - 48   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:YOKOHAMA PUBL  

    In this study, we propose a computational algorithm to determine the equations simultaneously, which define the efficient frontiers of the four types of DEA(Data Envelopment Analysis) models(the CRS, VRS, IRS and DRS models). By applying the algorithm, we calculate each efficiency score of all DMUs(Decision Making Units) and classify efficient DMUs into three types of RTS(Returns To Scale). Moreover, for each DMU which is not efficient in the CRS model, we present two kinds of improvements. One is for becoming an efficient unit in the CRS model. The other is for becoming an efficient unit in the CRS model over the PP(Production Possibility) set of the VRS model. For each type of improvements, we use an order matrix defined by the decision maker to calculate an improvement target contained in the PP sets of some models.

    Web of Science

    researchmap

  • OUTER APPROXIMATION METHOD INCORPORATING THE FERRARI'S METHOD FOR SOLVING A QUADRATIC DC PROGRAMMING PROBLEM 査読

    Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka, Tetsuzo Tanino

    JOURNAL OF NONLINEAR AND CONVEX ANALYSIS12 ( 1 ) 17 - 27   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:YOKOHAMA PUBL  

    In this paper, we propose two kinds of successive approximation methods for solving a quadratic dc programming problem. One is the algorithm based on an outer approximation method. The algorithm calculates an approximate solution by constructing two cutting planes at each iteration. The second is the outer approximation algorithm incorporating the Ferrari's method. By utilizing the Ferrari's method, provisional solutions are updated effectively.

    Web of Science

    researchmap

  • Outer Approximation Method Incorporating a Quadratic Approximation for a DC Programming Problem

    S. Yamada, T. Tanaka, T. Tanino

    JOURNAL OF OPTIMIZATION THEORY AND APPLICATIONS144 ( 1 ) 156 - 183   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS  

    In this paper, we propose an outer approximation method using two quadratic functions approximating the constraint functions of a DC programming problem. By analyzing the relation among the eigenvectors of the Hessian matrices of the constraint functions, the search direction for a feasible solution of the problem is determined. Moreover, to avoid line searches along similar directions, we incorporate a penalty function method in the algorithm.

    DOI: 10.1007/s10957-009-9590-8

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • UNIFIED SCALARIZATION FOR SETS AND SET-VALUED KY FAN MINIMAX INEQUALITY 査読

    Issei Kuwano, Tamaki Tanaka, Syuuji Yamada

    JOURNAL OF NONLINEAR AND CONVEX ANALYSIS11 ( 3 ) 513 - 525   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:YOKOHAMA PUBL  

    In the paper, we investigate some properties of nonlinear scalarizing functions for sets introduced by Kuwano, Tanaka, Yamada (2009) and prove four kinds of set-valued Ky Fan minimax inequality.

    Web of Science

    researchmap

  • A characterization of efficient saddle point for set-valued maps 査読

    Tamaki Tanaka, Syuuji Yamada

    Proceedings of the Second International Conference on Game Theory and Applications   183 - 185   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:WORLD ACAD UNION-WORLD ACAD PRESS  

    We introduce a certain mathematical methodology on the comparison between sets in an ordered vector space, and we consider its application to Multicriteria game theory. By using nonlinear scalarization methods for set-valued optimization problems, we obtain optimality conditions for efficient solutions of such Multicriteria optimization problems. As an application, we observe efficient-like concepts for saddle point of set-valued maps.

    Web of Science

    researchmap

  • An inner approximation method incorporating with a penalty function method for a reverse convex programming problem

    S Yamada, T Tanino, M Inuiguchi

    JOURNAL OF COMPUTATIONAL AND APPLIED MATHEMATICS146 ( 1 ) 57 - 75   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In this paper, we consider a reverse convex programming problem constrained by a convex set and a reverse convex set which is defined by the complement of the interior of a compact convex set X. When X is not necessarily a polytope, an inner approximation method has been proposed (J. Optim. Theory Appl. 107(2) (2000) 357). The algorithm utilizes inner approximation of X by a sequence of polytopes to generate relaxed problems. Then, every accumulation point of the sequence of optimal solutions of relaxed problems is an optimal solution of the original problem. In this paper, we improve the proposed algorithm. By underestimating the optimal value of the relaxed problem, the improved algorithms have the global convergence. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0377-0427(02)00418-1

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • An inner approximation method incorporating a branch and bound procedure for optimization over the weakly efficient set 査読

    S Yamada, T Tanino, M Inuiguchi

    EUROPEAN JOURNAL OF OPERATIONAL RESEARCH133 ( 2 ) 267 - 286   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In this paper, we consider an optimization problem which aims to minimize a convex function over the weakly efficient set of a multiobjective programming problem. From a computational viewpoint, we may compromise our aim by getting an approximate solution of such a problem. To find an approximate solution, we propose an inner approximation method for such a problem. Furthermore, in order to enhance the efficiency of the solution method, we propose an inner approximation algorithm incorporating a branch and bound procedure. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0377-2217(00)00297-6

    Web of Science

    researchmap

  • An inner approximation method for optimization over the weakly efficient set 査読

    S Yamada, T Tanino, M Inuiguchi

    JOURNAL OF GLOBAL OPTIMIZATION16 ( 3 ) 197 - 217   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    In this paper, we consider an optimization problem which aims to minimize a convex function over the weakly efficient set of a multiobjective programming problem. To solve such a problem, we propose an inner approximation algorithm, in which two kinds of convex subproblems are solved successively. These convex subproblems are fairly easy to solve and therefore the proposed algorithm is practically useful. The algorithm always terminates after finitely many iterations by compromising the weak efficiency to a multiobjective programming problem. Moreover, for a subproblem which is solved at each iteration of the algorithm, we suggest a procedure for eliminating redundant constraints.

    DOI: 10.1023/A:1008336124425

    Web of Science

    researchmap

  • Inner approximation method for a reverse convex programming problem

    S. Yamada, T. Tanino, M. Inuiguchi

    Journal of Optimization Theory and Applications107 ( 2 ) 355 - 389   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we consider a reverse convex programming problem constrained by a convex set and a reverse convex set, which is defined by the complement of the interior of a compact convex set X. We propose an inner approximation method to solve the problem in the case where X is not necessarily a polytope. The algorithm utilizes an inner approximation of X by a sequence of polytopes to generate relaxed problems. It is shown that every accumulation point of the sequence of optimal solutions of the relaxed problems is an optimal solution of the original problem.

    DOI: 10.1023/A:1026456730792

    Scopus

    researchmap

  • Inner approximation method for a reverse convex programming problem

    S. Yamada, T. Tanino, M. Inuiguchi, K. Tatsumi

    Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics3   1999年12月

     詳細を見る

    In this paper, we consider a reverse convex programming problem constrained by a convex set and a reverse convex set which is defined by the complement of the interior of a compact convex set X. We propose an inner approximation method to solve the problem in case X is not necessarily a polytope. The algorithm utilizes inner approximation of X by a sequence of polytopes to generate relaxed problems. It is shown that every accumulation point of the sequence of optimal solutions of relaxed problems is an optimal solution of the original problem.

    Scopus

    researchmap

  • An Outer Approximation Algorithm Guaranteeing Feasibility of Solutions and Approximate Accuracy of Optimality 査読

    Syuuji Yamada, Tamaki Tanaka

    Journal of Global Optimization14 ( 3 ) 267 - 281   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Netherlands  

    We treat a concave programming problem with a compact convex feasible set. Assuming the differentiability of the convex functions which define the feasible set, we propose two solution methods. Those methods utilize the convexity of the feasible set and the property of the normal cone to the feasible set at each point over the boundary. Based on the proposed two methods, we propose a solution algorithm. This algorithm takes advantages over classical methods: (1) the obtained approximate solution is always feasible, (2) the error of such approximate value can be evaluated properly for the optimal value of such problem, (3) the algorithm does not have any redundant iterations.

    DOI: 10.1023/A:1008343426871

    Scopus

    researchmap

  • An Outer Approximation Method for Optimization over the Efficient Set 査読

    Syuuji Yamada, Tetsuzo Tanino, Masahiro Inuiguchi

    Lecture Note in Economics and Mathematical Systems487   196 - 207   1000年6月

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 凸乗法最大化問題に対する大域的最適化手法

    内山大輝, 山田修司

    自動制御連合講演会(CD-ROM)61st ( 0 ) ROMBUNNO.2F1 - 1638   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 分数計画問題に対する大域的最適化手法

    熊倉卓也, 山田修司

    自動制御連合講演会(CD-ROM)61st ( 0 ) ROMBUNNO.2F2 - 1642   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リプシッツ最適化問題に対する大域的最適化手法

    長南侑吾, 山田修司

    自動制御連合講演会(CD-ROM)61st ( 0 ) ROMBUNNO.2F3 - 1646   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 捕捉者のある捜索ゲーム

    黒須敦史, 宝崎隆祐, 佐久間大, 鵜飼孝盛, 山田修司

    自動制御連合講演会(CD-ROM)61st ( 0 ) ROMBUNNO.2E3 - 1334   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 捕捉者を伴う捜索ゲームにおける目標のマルコフ移動戦略

    黒須敦史, 宝崎隆祐, 佐久間大, 鵜飼孝盛, 山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2018   200‐201   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 凸乗法計画問題に対するKKT点列挙法

    山田修司

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)62nd   ROMBUNNO.132‐4   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 捕捉者を伴う密輸取締ゲーム

    黒須敦史, 宝崎隆祐, 佐久間大, 鵜飼孝盛, 山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2018   52‐53   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 凸関数の積の大域的最小化

    山田修司

    自動制御連合講演会(CD-ROM)60th ( 0 ) ROMBUNNO.SuH2‐1 - 1536   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸2次計画問題に対するFJ点列挙法におけるラグランジュ乗数更新方法の改善

    山田修司

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)61st   ROMBUNNO.353‐1   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 集合最適化における劣線形スカラー化手法について

    久須美裕, 田中環, 山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2017   341‐342   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 集合の二項関係に基づくスカラー化関数の数値計算法

    YU Hui, 池浩一郎, 小形優人, 齋藤裕, LIU Xuefeng, 田中環, 山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2017   343‐344   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するFJ点列挙法を導入した分枝限定法の改善

    山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2017   349‐350   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するFJ点列挙法の改善

    山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2016   162‐163   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 招待講演 逆凸2次計画問題に対するFJ点列挙法を用いた大域的最適化手法

    山田 修司

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集60   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸2次計画問題に対するFJ点列挙法を用いた大域的最適化手法

    山田 修司

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集60   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸2次計画問題に対するFJ点列挙法を用いた大域的最適化手法

    山田修司

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)60th   ROMBUNNO.352‐1   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対する大域的最適化アルゴリズムとその応用

    山田修司

    システム/制御/情報60 ( 2 ) 47 - 53   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    DOI: 10.11509/isciesci.60.2_47

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • スカラー化を用いたRicceriの定理の集合値写像への一般化 (Nonlinear Analysis and Convex Analysis)

    齋藤 裕, 田中 環, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1963 ) 130 - 137   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ多目的計画問題の有効解集合上での大域的最適化手法

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集59   ROMBUNNO.326-1   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1-H-10 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するFJ点列挙法を用いた分枝限定法(連続最適化(1))

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2015   182 - 183   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するFJ点列挙法を用いた分枝限定法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2015   182 - 183   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するKKT点列挙法とその応用

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    自動制御連合講演会(CD-ROM)57th ( 0 ) ROMBUNNO.2C06‐5 - 1378   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    本研究では制約集合が有界開凸集合の補集合とコンパクト凸集合の共通部分で表わされる2次計画問題に対し,KKT点列挙法を提案する.また,KKT点列挙法を用いた大域的最適化手法やその応用について説明する.

    DOI: 10.11511/jacc.57.0_1373

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Optimality conditions for a cone-dc vector optimization problem (Nonlinear Analysis and Convex Analysis)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1923 ) 205 - 213   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Optimality conditions for a cone-dc vector optimization problem (Nonlinear Analysis and Convex Analysis)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1923 ) 205 - 213   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 写像を用いたFan-Takahashiの不等式定理とRicceriの定理の関連付け (Nonlinear Analysis and Convex Analysis)

    齋藤 裕, 田中 環, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1923 ) 192 - 197   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 鎖完備な半順序ベクトル空間における凸計画法に対する鞍点について

    WATANABE TOSHIKAZU, KUWANO ISSEI, TANAKA TAMAKI, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1923 ) 233 - 241   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2-A-6 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するKKT点列挙法を用いた大域的最適化手法(連続最適化(2))

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2014   172 - 173   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するKKT点列挙法を用いた大域的最適化手法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2014   172 - 173   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DC2次計画問題に対する分枝限定法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)58th   ROMBUNNO.113-3   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1-F-7 逆凸制約をもつ2次計画問題に対する大域的最適化手法(連続最適化(1))

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2014   108 - 109   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対する大域的最適化手法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2014   108 - 109   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 分数凸計画問題に対するDC最適化手法に基づく逐次近似解法 (非線形解析学と凸解析学の研究 : RIMS研究集会報告集)

    平野 裕之, 山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1841 ) 105 - 113   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Optimization for a mixed integer programming problem (非線形解析学と凸解析学の研究 : RIMS研究集会報告集)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1821 ) 231 - 238   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • ベクトル値DC計画問題の最適性条件 (非線形解析学と凸解析学の研究 : RIMS研究集会報告集)

    北條 真弓, 田中 環, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1821 ) 270 - 276   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Note on the regularity of nonadditive measures

    Toshikazu Watanabe, Syuji Yamada, Tamaki Tanaka

    Journal of Applied Mathematics2013   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We consider the regularity for nonadditive measures. We prove that the non-additive measures which satisfy Egoroff's theorem and have pseudometric generating property possess Radon property (strong regularity) on a complete or a locally compact, separable metric space. © 2013 Toshikazu Watanabe et al.

    DOI: 10.1155/2013/234681

    Scopus

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ2次計画問題に対するKKT点列挙法を用いた分枝限定法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    自動制御連合講演会(CD-ROM)56th   ROMBUNNO.717   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 弱有効解集合上でのリプシッツ最適化問題に対する外部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)56th   ROMBUNNO.M36-6   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 分数計画問題に対する外部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2012   224 - 225   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2-E-8 分数計画問題に対する外部近似法(ゲーム理論・連続最適化)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2012   224 - 225   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 球疎充填シミュレーションモデルとその充填密度近似公式

    山田 修司, 菅野 仁子, 宮内 美樹

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)2012 ( 21 ) 1 - 6   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    重力ではなく分子間力のような粒子間引力が働いている環境における球充填をシミュレートするモデルを導入した。その充填実験の結果から,容器の壁面積-体積比と壁面平均曲率とだけを用いて種々の容器形状における充填密度を良好に近似する公式を与えた。A new simulation model for the sphere random loose packing is introduced. An approximation formula for the packing density involving only S/V ratio and average of mean curvature of wall surface of the container is given.

    CiNii Article

    researchmap

  • 2-C-5 DEAにおいて順位を最優先にした効率評価(特別セッション 評価のOR(2))

    鷲尾 哲, 山田 修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2011   236 - 237   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DEAにおいて順位を最優先にした効率評価

    鷲尾哲, 山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2011   236 - 237   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Existence theorems for saddle points of set-valued maps via nonlinear scalarization methods (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    桑野 一成, 田中 環, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1755 ) 210 - 217   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 閉凸錐に関する弱有効解集合上での最適化に対する内部近似法 (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    安藤 圭太, 山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1755 ) 218 - 225   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 標準DC計画問題に対する区分的分離超平面を用いた逐次近似解法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)55th   ROMBUNNO.W15-3   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 標準DC計画問題に対する逐次近似解法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2011   8 - 9   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1-A-3 標準DC計画問題に対する逐次近似解法(連続最適化(1))

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2011   8 - 9   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2-C-7 DEAにおいて加重和を用いた全順序評価(評価のOR(3))

    鷲尾 哲, 山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2010   164 - 165   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • DC計画問題に対する内部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)54th ( 0 ) ROMBUNNO.F33-4 - 293   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    本研究では有界な開凸集合の補集合として定義された逆凸制約をもつDC問題に対して,新たな内部近似法を提案する.本研究で提案するアルゴリズムは逆凸制約を与える凸集合を内部から凸多面体の列で逐次的に近似することで大域的収束性が保証され,暫定解列の任意の集積点が対象問題の大域的最適解となることが示される.また,ペナルティ関数法を導入し,各反復で解かれる部分問題を制約なし凸計画問題に変換し,アルゴリズムの収束性の向上を図る。

    DOI: 10.11509/sci.SCI10.0.293.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Improvement indices based on careful study of the feasibility in DEA (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    鷲尾 哲, 山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1685 ) 200 - 209   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Unified scalarization for sets in set-valued optimization (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    桑野 一成, 田中 環, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1685 ) 270 - 280   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 擬凸関数を制約に持つDC計画問題に対する外部近似法の改善 (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    徳重 友輔, 山田 修司, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1685 ) 249 - 258   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • DEAにおいて加重和を用いた全順序評価

    鷲尾哲, 山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2010   164 - 165   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リプシッツ最適化問題に対する頂点間の連結関係を用いた内部近似法

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    自動制御連合講演会講演論文集 = 自動制御連合講演会講演論文集52 ( 3 ) 1 - 6   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    第52回自動制御連合講演会, 2009年11月21,22日(大阪大学)

    CiNii Article

    researchmap

  • DEAにおいて実現可能性を考慮した効率測定

    鷲尾 哲, 山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    自動制御連合講演会講演論文集 = 自動制御連合講演会講演論文集52 ( 5 ) 1 - 2   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    第52回自動制御連合講演会, 2009年11月21,22日(大阪大学)

    CiNii Article

    researchmap

  • ベクトル空間における集合のスカラー化数値計算法について

    田中環, 山田修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2009 ( 0 ) 261 - 262   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    本研究ではベクトル空間における集合の様々なスカラー化関数に対する数値計算法を提案する.従来,多目的計画問題に対して様々なスカラー化手法が考えられ数値計算に利用されてきた。最近,ベクトル最適化や集合値最適化(集合計画問題)では,錐による半順序構造に基づいた非線形スカラー化関数を利用した結果が数多く発表されている。本研究では,それらを組合わせ,大域的最適化手法を用いて,集合をスカラー化する数値計算法を紹介する。

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2-G-3 ベクトル空間における集合のスカラー化数値計算法について(連続最適化(1))

    田中 環, 山田 修司

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2009   261 - 262   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2-G-4 リプシッツ最適化問題に対する切除平面法を導入した内部近似法(連続最適化(2))

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2009   263 - 264   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • リプシッツ最適化問題に対する切除平面法を導入した内部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2009   263 - 264   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • リプシッツ最適化問題の双対問題に対する外部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)53rd ( 0 ) ROMBUNNO.F15-2 - 165   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    本研究ではリプシッツ最適化問題の双対問題に対する外部近似法に基づく新たな逐次近似解法を提案する.本研究で提案するアルゴリズムはリプシッツ最適化問題を高次の球上での最適化問題に変換し,その双対問題の制約集合を凸多面体で外部近似することで大域的収束性が保証され,暫定解列の任意の集積点が対象問題の大域的最適解となることが示される.また,制約関数が凸関数で定義されている場合,暫定解の列を制約集合上に生成することができ,実行可能な近似解を求めることができる.

    DOI: 10.11509/sci.SCI09.0.165.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Several nonlinear scalarization methods for set-valued maps (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    桑野 一成, 田中 環, 山田 修司

    数理解析研究所講究録 ( 1643 ) 75 - 86   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • リプシッツ最適化問題に対する頂点間の連結関係を用いた内部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    自動制御連合講演会(CD-ROM)52nd ( 0 ) ROMBUNNO.B3-6 - 138   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    本研究ではリプシッツ最適化問題に対する頂点間の隣接関係を用いた内部近似法を提案する.本研究で提案するアルゴリズムはリプシッツ最適化問題を高次の半球上での最適化問題に変換し,その半球を凸多面体で内部近似することで大域的収束性が保証され, 暫定解列の任意の集積点が対象問題の大域的最適解となることが示される.また, 逐次的に更新される凸多面体の頂点の計算効率を向上させるために, 頂点間の隣接関係を利用する.

    DOI: 10.11511/jacc.52.0.138.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DEAにおいて実現可能性を考慮した効率測定

    鷲尾哲, 山田修司, 田中環, 谷野哲三

    自動制御連合講演会(CD-ROM)52nd ( 0 ) ROMBUNNO.B5-1 - 223   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動制御連合講演会  

    本研究では, 包絡分析法(DEA)の効率分析において, 非効率的と評価された意思決定主体(DMU)に対し,最小変化でCCRモデルにおいて効率的になるために実現可能性を考慮した4種類の改善指標を提案する.また, 2次計画に基づいて提案した指標を求めるアルゴリズムを提案する.さらに, 実現可能性を考慮した4種類の効率測定モデルを提案する.

    DOI: 10.11511/jacc.52.0.223.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A successive approximation method for solving a Lipschitz optimization problem (Nonlinear analysis and convex analysis)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1611 ) 18 - 25   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • リプシッツ最適化問題に対する内部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)52nd ( 0 ) 539 - 540   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    本研究ではリプシッツ最適化問題に対する内部近似法に基づく新たな逐次近似解法を提案する.本研究で提案するアルゴリズムは制約集合を高次の球に射影し,その球を凸多面体で内部近似することで大域的収束性が保証され,暫定解列の任意の集積点が対象問題の大域的最適解となることが示される.また,制約関数が凸関数で定義されている場合,暫定解の列を制約集合上に生成することができ,実行可能な近似解を求めることができる.

    DOI: 10.11509/sci.SCI08.0.247.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大域的最適化問題に対する2次近似を用いた逐次近似解法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集51st ( CD-ROM ) 1F1-4 - 209   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    本研究では, いくつかの凸関数や凹関数で定義された制約集合をもつ大域的最適化問題に対し, 外部近似法に基づく逐次近似解法を提案する. 凸関数や凹関数で表された制約は2つの凸関数の差で表すことができるため, 対象問題は等価なd.c.計画問題に変換できることが知られている. そこで, 本研究では, 逆凸制約集合を凸多面集合で逐次的に近似し, 暫定解を求めるために2近似を用いたアルゴリズムを提案する.

    DOI: 10.11509/sci.SCI07.0.209.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • D.C.計画問題に対する2次近似を用いた逐次近似解法 (非線形解析学と凸解析学の研究--RIMS研究集会報告集)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    数理解析研究所講究録 ( 1544 ) 222 - 231   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1-E-6 D.C.計画問題に対する逐次2次近似解法(非線形計画)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2007   68 - 69   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • D.C.計画問題に対する逐次2次近似解法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2007   68 - 69   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2-E-2 D.C.計画問題に対する2次近似を用いた逐次近似解法(非線形最適化)

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2006   252 - 253   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • D.C.計画問題に対する2次近似関数を用いた逐次近似解法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集50th ( 0 ) 153 - 154   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    本研究では, D.C.計画問題に対し, 制約関数の2次近似関数を用いた切除平面法に基づく逐次近似解法を提案する. 従来の D.C. 計画問題に対する解法は制約集合を幾つかの凸多面集合で逐次的に近似することで近似解を求める. そこで, 本研究では, より効率的に実行可能領域上で近似解を求めるために, 制約関数の2次近似関数を用いた実行可能解探索方向の決定方法を導入した新たな逐次近似解法を提案する.

    DOI: 10.11509/sci.SCI06.0.77.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2-A-10 D.C.計画問題に対する2次近似を用いた外部近似法(非線形最適化(2))

    山田 修司, 田中 環, 谷野 哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2006   94 - 95   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • D.C.計画問題に対する2次近似を用いた遂次近似解法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2006   252 - 253   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • D.C.計画問題に対する2次近似を用いた外部近似法

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2006   94 - 95   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • D.C.計画問題に対する逆凸制約の緩和について

    山田修司, 田中環, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集49th ( 0 ) 31 - 32   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    本研究では D.C. 計画問題に対する逐次近似解法を提案します。従来、D.C. 計画問題に対し提案されている外部近似法に基づくアルゴリズムは有限回の反復で得られる近似解が実行可能領域に含まれるとはかぎりません。そこで、本研究では主問題に代わり逆凸制約を緩和した問題に対し、外部近似法に基づくアルゴリズムを適用することで実行可能領域に含まれる近似解を求める手法を提案します。また、その手法にペナルティ関数を導入し、より効率的に凸多面体実行可能領域を逐次近似するアルゴリズムを提案します。

    DOI: 10.11509/sci.SCI05.0.28.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Webデザイナーカリキュラムに関する一考察

    橋本 〔ヒトミ〕, 大崎 佑一, 山田 修司

    富山短期大学紀要39   1 - 6   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:富山短期大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • DC計画問題に対する逐次近似解法

    山田修司, 谷野哲三, 乾口雅弘

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集47th ( 0 ) 31 - 32   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    In this paper, we consider a DC programming problem constrained by a convex set and a reverse convex set which is defined by the complement of the interior of a compact convex set X. When X is not necessarily a polytope, we propose an inner approximation method. The algorithm utilizes inner approximation of X by a sequence of polytopes to generate relaxed problems. Then, every accumulation point of the sequence of optimal solutions of relaxed problems is an optimal solution of the original problem.

    DOI: 10.11509/sci.SCI03.0.1016.0

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対するペナルティ関数を用いた分枝限定法

    山田 修司

    富山短期大学紀要37   71 - 80   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:富山短期大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • エレガントな解答をもとむ

    古市 茂, 山田 修司, 植野 義明

    数学セミナ-40 ( 6 ) 86 - 92   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本評論社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対する内部近似法の正確なペナルティパラメータ

    山田 修司, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    富山短期大学紀要36   165 - 181   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:富山短期大学  

    本研究では, コンパクトな凸集合の補集合を制約に持つ逆凸計画問題について考察する。集合Xが凸多面体でない場合の逆凸計画問題に対して, 内部近似法に基づく逐次近似解法が Yamada, Tanino and Inuiguchi [9] によって提案されている。本研究では, そのアルゴリズムに対して正確なペナルティパラメータの存在性を示す。正確なペナルティパラメータの存在性より, アルゴリズムの各反復において, ペナルティパラメータを更新せずに逆凸計画問題の最適解が得られることがわかる。

    CiNii Article

    researchmap

  • DC計画法

    山田 修司

    日本ファジィ学会誌13 ( 6 )   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本知能情報ファジィ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対する内部近似法の改良 (Mathematical Science of Optimization)

    山田 修司, 佐藤 研吾, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    数理解析研究所講究録 ( 1174 ) 192 - 204   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対するペナルティ関数と障壁関数を用いた内部近似法

    佐藤研吾, 山田修司, 谷口尚, 望月勇岐, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集44th   307 - 308   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対するペナルティ関数と限定操作を用いた内部近似法

    望月勇岐, 山田修司, 谷口尚, 佐藤研吾, 谷野哲三

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集44th   309 - 310   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸計算問題に対する降下法を用いた内部近似法

    山田 修司, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    数理解析研究所講究録 ( 1136 ) 147 - 161   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対する内部近似法

    谷口尚, 山田修司, 谷野哲三, 乾口雅弘

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2000   176 - 177   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対する内部近似法(数理計画法(3))

    谷口 尚, 山田 修司, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集2000   176 - 177   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸計画問題に対する内部近似法 (最適化のための連続と離散数理)

    山田 修司, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    数理解析研究所講究録 ( 1114 ) 85 - 95   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逆凸制約をもつ凸関数最小化問題に対する内部近似法

    山田修司, 谷野哲三, 乾口雅弘

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集43rd   505 - 506   1999年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 弱有効解集合上での凸関数最小化問題に対する内部近似法/分枝限定法(数理計画(4))

    山田 修司, 西村 英二, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集1999   130 - 131   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 弱有効解集合上での凸関数最小化問題に対する内部近似法/分枝限定法

    山田修司, 西村英二, 谷野哲三, 乾口雅弘

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集1999   130 - 131   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 弱有効解集合上での凸関数最小化問題に対する内部近似法(非線形計画(2))

    山田 修司, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集1998   116 - 117   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 弱有効解集合上での凸関数最小化問題に対する内部近似法 (数理最適化の理論と応用)

    山田 修司, 谷野 哲三, 乾口 雅弘

    数理解析研究所講究録 ( 1068 ) 1 - 12   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 弱有効解集合上での凸関数最小化問題に対する内部近似法

    山田修司, 谷野哲三, 乾口雅弘

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集1998   116 - 117   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • An Outer Approximation Method for a Concave Minimization Problem(Optimization Theory in Descrete and Continuous Mathematical Sciences)

    山田 修司, 田中 環

    数理解析研究所講究録 ( 1015 ) 1 - 13   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:京都大学数理解析研究所  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示