2022/12/01 更新

写真a

コジマ キヨヒデ
児島 清秀
KOJIMA Kiyohide
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 教授
自然科学研究科 教授
農学部 農学科 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 学術博士 ( 1993年3月   広島大学 )

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   自然科学研究科   教授

    1997年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   農学部 農業生産科学科   教授

    1997年4月 - 現在

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科   教授

    1997年4月 - 現在

  • 新潟大学   農業生産科学科   教授

    1997年4月 - 現在

留学歴

  • コーネル大学   在外研究

    2013年10月 - 2014年1月

 

MISC

  • セイヨウナシ'越さやか'におけるフィルム包装および収穫後処理が果実追熟に及ぼす影響

    知野 秀次, 松本 辰也, 児島 清秀

    園芸学研究   14 ( 3 )   291 - 296   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    本研究は異なる酸素透過率のポリプロピレンフィルムが'越さやか'果実の追熟に及ぼす影響を調査した.収穫適期に収穫した果実を酸素透過率の異なるフィルム(2,500~100,000 mL・m<sup>−2</sup>・24 hr<sup>−1</sup>・atm<sup>−1</sup>)に個々に包装し,それらの果実を20°Cのインキュベーター内で追熟させた場合,果実の正常な追熟が抑制された.一方,収穫適期に収穫した果実を0~1°Cで14日間の低温処理し,酸素透過率の異なるフィルム(20,000~200,000 mL・m<sup>−2</sup>・24 hr<sup>−1</sup>・atm<sup>−1</sup>)に個々に包装した場合,それらの果実は20°Cの追熟中に軟化した.その時,高酸素透過率(200,000 mL・m<sup>−2</sup>・24 hr<sup>−1</sup>・atm<sup>−1</sup>)のフィルム内のガス組成は大気とほぼ同レベルであった.追熟中の果実の水分消失がフィルム包装によって抑制され,外観品質が向上した.

    DOI: 10.2503/hrj.14.291

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セイヨウナシ'ル・レクチェ'における追熟中の弾性と果皮色などの経時的な変化と追熟後の糖度と酸度

    石本 卓也, 長谷川 悠子, 佐野 拓哉, 甲斐 慎一, 小松 優太, 大竹 佳奈, 宮原 悠里, 児島 清秀, Ishimoto Takuya, Hasegawa Yuko, Sano Takuya, Kai Shinichi, Komatsu Yuta, Ohtake Kana, Miyahara Yuri, Kojima Kiyohide

    新潟大学農学部研究報告   66 ( 1 )   65 - 69   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    セイヨウナシ'ル・レクチェ'の果実をフィルムで密封して,低温貯蔵した。果実の物性の変化を,小型果実用非破壊硬度測定装置で共鳴周波数を経時的に測定してモニターした。さらに,共鳴周波数と果実重から弾性指標を算出し,貯蔵中の果実の弾性指標の経時的変化を示した。追熟開始前の果実の弾性指標EI(f2m)およびEI(f3m)は,それぞれ25および55であり,追熟開始後73日にはそれぞれ22および43と低下した。このように,弾性指標は貯蔵期間中に有意に低下し,弾性指標が'ル・レクチェ'果実の新たな熟度指標となることを確認した。さらに,果実の破壊的測定で酸度と糖度の測定を行い,食味試験の値との相関を解析した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 可視・近赤外分光法とニューラルネットワークによるセイヨウナシ'ル・レクチェ'の渋味判定

    滝沢 憲一, 中野 和弘, 大橋 慎太郎, 廣井 柾円, 知野 秀次, 松本 辰也, 山澤 康秀, 児島 清秀

    農業施設   44 ( 2 )   59 - 64   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農業施設学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 可視・近赤外分光法によるセイヨウナシ'ル・レクチェ'の渋味果評価の可能性

    滝沢 憲一, 中野 和弘, 大橋 慎太郎, 知野 秀次, 松本 辰也, 山澤 康秀, 児島 清秀

    新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   64 ( 2 )   179 - 186   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    可視・近赤外スペクトルの測定により、ゼラチン法による渋味判定法で取得される濁度について、非破壊的に推定する方法を検討した。供試果実には、新潟県内5か所の産地から生産者3戸ずつ計15戸の生産者から集めた290果を用いた。670と730nmの吸光度二次微分値を説明変数とした検量線を用いて、等分散性を考慮したデータセット(以下,試験1)、ランダムに選抜した5組のデータセット(以下,試験2)の濁度推定を実施した。試験1でSEPは0.235、試験2ではSEPは0.215~0.244であった。また試験2における濁度の実測値と推定値の単相関係数は0.44~0.52であった。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 可視・近赤外分光法によるセイヨウナシ'ル・レクチエ'の渋味果評価の可能性

    滝沢 憲一, 中野 和弘, 大橋 慎太郎, 知野 秀次, 松本 辰也, 山澤 康秀, 児島 清秀, Takizawa Kenichi, Nakano Kazuhiro, Ohashi Shintaroh, Chino Shuji, Matsumoto Tatsuya, Yamazawa Yasuhide, Kojima Kiyohide

    新潟大学農学部研究報告   64 ( 2 )   179 - 186   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    可視・近赤外スペクトルの測定により、ゼラチン法による渋味判定法で取得される濁度について、非破壊的に推定する方法を検討した。供試果実には、新潟県内5か所の産地から生産者3戸ずつ計15戸の生産者から集めた290果を用いた。670と730nm の吸光度二次微分値を説明変数とした検量線を用いて、等分散性を考慮したデータセット(以下,試験1)、ランダムに選抜した5組のデータセット(以下,試験2)の濁度推定を実施した。試験1でSEP は0.235、試験2ではSEP は0.215~0.244であった。また試験2における濁度の実測値と推定値の単相関係数は0.44~0.52であった。This study aimed to develop nondestructive techniques based on near-infrared absorption spectroscopy for theestimation of turbidity that is acquired when determining astringency with the gelatin method. For this study, 290 pearswere collected. The samples were harvested from three farmers of five areas in Niigata prefecture, comprising a total of 15areas. Two data sets were analyzed as: a homoscedastic data set(Test 1), five series of selected random data set(Test 2).Turbidity was estimated using a calibration curve of explanatory variables with the second derivative value of absorbance at670 nm and 730 nm. In Test 1, the standard error of prediction (SEP) was 0.235. In Test 2, SEP was 0.215 to 0.244. Further, InTest 2, the simple correlation coefficient (r) of measured values and the estimated value of turbidity was 0.44 to 0.52.

    CiNii Article

    researchmap

  • セイヨウナシ'ル・レクチェ'における低温貯蔵中の弾性指標と水分消失との関係

    知野 秀次, 松本 辰也, 徳田 美佳子, 二木 明日香, 太田 祐樹, 齊藤 洋太郎, 坂井 優, 児島 清秀

    園芸学研究   10 ( 3 )   413 - 419   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    本研究は,'ル・レクチェ'果実の水分損失と弾性指標との関係の解明を目的とし,果実の熟度を低温貯蔵によって維持しつつ,果実内の水分を湿度によって変化させた.収穫適期に収穫した'ル・レクチェ'果実は,相対湿度95%以上で2~3℃の簡易雪室,もしくは相対湿度10%で2℃の冷蔵庫で保存した.簡易雪室を使用した高湿区の果実における水分損失量,果肉硬度および弾性指標は,貯蔵期間中にほとんど変化しなかった.一方,低湿区の果実の水分損失量および弾性指標は大幅に低下し,果肉硬度は水分損失によってわずかに低下した.水分損失量と弾性指標との間の有意な相関は,低湿区で認められた.しかし,高湿区の水分損失量と弾性指標との間の相関は,散布幅が小さいために認められなかった.'ル・レクチェ'果実の弾性指標の低下には果肉の軟化に加え,水分損失量が関与することが明らかになった.

    DOI: 10.2503/hrj.10.413

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 液体クロマトグラフィー質量分析計を使用した果実の植物ホルモンの同時分析

    太田 祐樹, 坂井 優, 知野 秀次, 福田 陽子, 児島 清秀

    質量分析 = Mass spectroscopy   59 ( 3 )   51 - 55   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本質量分析学会  

    A method for the highly sensitive detection of some phytohormones is described. We evaluated some simple methods for the extraction and purification of phytohormones using organic solvents and high-performance liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS) using atmospheric pressure chemical ionization (APCI). The methodology developed was used for the simultaneous detection and quantitative determination of a series of 5 phytohormones, including indole-3-acetic acid (IAA), abscisic acid (ABA), cytokinins (CKs), gibberellins (GAs) and jasmonic acids (JAs). The detection limits ranged from 0.07 pmol for JA to 4.0 pmol for ABA. Compared with previous negative electrospray ionization-tandem mass spectrometry (ESI-MS/MS) methods, the sensitivity was found to be sufficient for the detection and analysis of the above phytohormones. This method was sufficiently sensitive to permit the measurement of the endogenous concentrations of IAA, ABA, CKs, GAs, and JAs in extracts of the “Le lectier” fruit.

    DOI: 10.5702/massspec.11-19

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セイヨウナシ'ル・レクチェ'における低温貯蔵中の弾性指標と水分消失との関係

    知野 秀次, 松本 辰也, 徳田 美佳子, 二木 明日香, 太田 祐樹, 齋藤 洋太郎, 坂井 優, 児島 清秀

    園芸学研究   10 ( 3 )   413 - 419   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    本研究は,'ル・レクチェ'果実の水分損失と弾性指標との関係の解明を目的とし,果実の熟度を低温貯蔵によって維持しつつ,果実内の水分を湿度によって変化させた.収穫適期に収穫した'ル・レクチェ'果実は,相対湿度95%以上で2~3℃の簡易雪室,もしくは相対湿度10%で2℃の冷蔵庫で保存した.簡易雪室を使用した高湿区の果実における水分損失量,果肉硬度および弾性指標は,貯蔵期間中にほとんど変化しなかった.一方,低湿区の果実の水分損失量および弾性指標は大幅に低下し,果肉硬度は水分損失によってわずかに低下した.水分損失量と弾性指標との間の有意な相関は,低湿区で認められた.しかし,高湿区の水分損失量と弾性指標との間の相関は,散布幅が小さいために認められなかった.'ル・レクチェ'果実の弾性指標の低下には果肉の軟化に加え,水分損失量が関与することが明らかになった.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.10.413

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セイヨウナシ'ル・レクチェ'における低温貯蔵中の弾性指標と水分消失との関係

    知野 秀次, 松本 辰也, 徳田 美佳子, 二木 明日香, 太田 祐樹, 齋藤 洋太郎, 坂井 優, 児島 清秀, Chino Shuji, Matsumoto Tatsuya, Tokuda Mikako, Futatsugi Asuka, Ohta Yuuki, Saito Yotaro, Sakai Yu, Kojima Kiyohide

    園芸学研究   10 ( 3 )   413 - 419   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    本研究は,'ル・レクチェ'果実の水分損失と弾性指標との関係の解明を目的とし,果実の熟度を低温貯蔵によって維持しつつ,果実内の水分を湿度によって変化させた.収穫適期に収穫した'ル・レクチェ'果実は,相対湿度95%以上で2~3℃の簡易雪室,もしくは相対湿度10%で2℃の冷蔵庫で保存した.簡易雪室を使用した高湿区の果実における水分損失量,果肉硬度および弾性指標は,貯蔵期間中にほとんど変化しなかった.一方,低湿区の果実の水分損失量および弾性指標は大幅に低下し,果肉硬度は水分損失によってわずかに低下した.水分損失量と弾性指標との間の有意な相関は,低湿区で認められた.しかし,高湿区の水分損失量と弾性指標との間の相関は,散布幅が小さいために認められなかった.'ル・レクチェ'果実の弾性指標の低下には果肉の軟化に加え,水分損失量が関与することが明らかになった.The present study aimed to clarify the relation between elasticity index and water loss. Fruit ripeness was maintained by low-temperature storage without changing the physical properties of the fruit, although the water content changed due to low-humidity. 'Le Lectier' pears harvested at a commercial maturity were stored in a simplified snow storeroom at 2–3°C with 95% or more relative humidity or in a refrigerator at 2°C with 10% relative humidity. The amount of water loss, flesh firmness and elasticity index of the fruit stored in the simplified snow storeroom did not change during storage. However, the amount of water loss and elasticity index of the fruit stored at 2°C with a 10% relative humidity markedly decreased, and flesh firmness decreased slightly due to water loss. A significant correlation between the amount of water loss and elasticity index was apparent in the low-humidity processing. However, the correlation between the water content and elasticity index in high humidity processing was not apparent because the application width was small. These findings indicate that the decrease in the elasticity index of 'Le Lectier' pears was caused by fruit softening and water loss.

    DOI: 10.2503/hrj.10.413

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 低温処理期間の違いが追熟中のセイヨウナシ'ル・レクチェ'の果実特性に及ぼす影響

    知野 秀次, 徳田 美佳子, 大石 智美, 小式澤 一博, 太田 祐樹, 松本 辰也, 児島 清秀, Chino Shuji, Tokuda Mikako, Ohishi Tomomi, Koshikizawa Kazuhiro, Ohta Yuuki, Matsumoto Tatsuya, Kojima Kiyohide

    園芸学研究   9 ( 2 )   235 - 241   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    'Le Lectier' pears treated with low-temperature (refrigerated storage) at 2–3°C for 0, 10, 30, 60, or 90 days after harvest showed changes in elasticity index, flesh firmness, fresh weight, peel color index and soluble solid concentration during ripening at 10°C. During low-temperature treatment, the fruit did not reach the edible ripeness stage, although the metabolic activities such as yellowing of the peel and softening of the flesh did occur under the low-temperature condition at 2–3°C. After low-temperature treatment at 2–3°C, the peel color index and soluble solid concentration of the fruit increased during ripening at 10°C, and the elasticity index, flesh firmness and fresh weight of the fruit decreased. Fruit receiving low-temperature treatment for 10 or 30 days ripened normally, and the fleshy substance of the fruit developed a melting quality. However, fruit receiving low-temperature treatment for 60 or 90 days rotted from the fruit stalk during ripening. The flesh of the fruit receivinglow-temperature treatment for 60 days softened, but the fleshy substance of the fruit did not reach a melting quality. Therefore, it was suggested that 'Le Lectier' pears are not able to ripen normally when fruit was stored for 60 days or longer at a low temperature of 2–3°C. In addition, the weight loss correlated with the elasticity index during ripening. This finding suggests that the elasticity index is strongly affected by weight loss (moisture loss).0,10,30,60または90日間の低温処理(低温貯蔵)した'ル・レクチェ'果実において,10℃で追熟させた果実の弾性指標,果肉硬度,果実重,果皮色および可溶性固形物濃度の経時的変化を測定した.低温処理中の'ル・レクチェ'果実は可食状態にならなかったが,追熟中の果実で起こる果皮の黄化や果肉の軟化のような代謝活動が2~3℃の低温条件下で認められた.2~3℃の低温処理(低温貯蔵)後,果皮色値および可溶性固形物濃度は10℃の追熟中に上昇し,弾性指標,果肉硬度および果実重は低下した.10もしくは30日間の低温処理した果実は正常に追熟し,果実の果肉はメルティング質になった.一方,60または90日間の低温処理をした果実は追熟中に果柄側から腐敗した.60日間低温処理した果実では,果肉の軟化が認められたが,メルティング質の果肉に至らなかった.従って,'ル・レクチェ'果実は,2~3℃の低温下で60日以上貯蔵した場合,正常に追熟することができないことが示唆された.さらに,追熟中の果実の弾性指標と果実重の割合との間には有意な相関が認められた.この結果から,弾性指標は果実重の減量歩合(水分消失)の影響を強く受けることを示唆する.

    DOI: 10.2503/hrj.9.235

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セイヨウナシ'越さやか'における追熟中の果実特性の変化ならびにフィルム包装が果実追熟に及ぼす影響

    知野 秀次, 太田 祐樹, 二木 明日香, 齋藤 洋太郎, 黒坂 俊, 大塚 伸吾, 坂井 優, 松本 辰也, 児島 清秀, Chino Shuji, Ohta Yuuki, Futatsugi Asuka, Saito Yotaro, Kurosaka Syun, Ohtsuka Shingo, Sakai Yu, Matsumoto Tatsuya, Kojima Kiyohide

    園芸学研究   9 ( 1 )   99 - 105   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    '越さやか'の果色値および可溶性固形物濃度は追熟中に上昇し、果肉硬度、弾性率、粘性率および弾性指標は低下した。果実が収穫後12日に適食状態に達した時の果実特性の値は、9.3(果色値)、12.7Brix%(可溶性固形物濃度)、1.4N(果肉硬度)、1.8×10(6)(弾性率)および1.1×10(7)(粘性率)であった。さらに、f2およびf3から算出した弾性指標は9.5×10(6)(Emf2)および17.4×10(6)(Emf3)であった。一方、収穫後の果実へのフィルム包装は水分消失、果皮の黄化、果肉の軟化、ならびにデンプンの糖化を抑制した。収穫後12日におけるフィルム包装した果実の果実特性は、3.7(果色値)、20%(ヨードカリデンプン反応)、12.5N(果肉硬度)、15.0×10(6)(弾性率)、15.0×10(7)(粘性率)、29.5×10(6)(Emf2)および66.2×10(6)(Emf3)であった。以上の結果から、'越さやか'果実の追熟特性ならびにフィルム包装による果実の追熟抑制効果が明らかになった。この追熟抑制効果はフィルム内の酸素濃度の低下によることが示唆された。また、'越さやか'の弾性指標が果肉の軟化とともに低下したことから、非破壊計測技術による熟度推定の可能性が示唆された。

    DOI: 10.2503/hrj.9.99

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 低温処理期間の違いが追熟中のセイヨウナシ'ル・レクチェ'の果実特性に及ぼす影響

    知野 秀次, 徳田 美佳子, 大石 智美, 小式澤 一博, 太田 祐樹, 松本 辰也, 児島 清秀

    園芸学研究   9 ( 2 )   235 - 241   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    0,10,30,60または90日間の低温処理(低温貯蔵)した'ル・レクチェ'果実において,10℃で追熟させた果実の弾性指標,果肉硬度,果実重,果皮色および可溶性固形物濃度の経時的変化を測定した.低温処理中の'ル・レクチェ'果実は可食状態にならなかったが,追熟中の果実で起こる果皮の黄化や果肉の軟化のような代謝活動が2~3℃の低温条件下で認められた.2~3℃の低温処理(低温貯蔵)後,果皮色値および可溶性固形物濃度は10℃の追熟中に上昇し,弾性指標,果肉硬度および果実重は低下した.10もしくは30日間の低温処理した果実は正常に追熟し,果実の果肉はメルティング質になった.一方,60または90日間の低温処理をした果実は追熟中に果柄側から腐敗した.60日間低温処理した果実では,果肉の軟化が認められたが,メルティング質の果肉に至らなかった.従って,'ル・レクチェ'果実は,2~3℃の低温下で60日以上貯蔵した場合,正常に追熟することができないことが示唆された.さらに,追熟中の果実の弾性指標と果実重の割合との間には有意な相関が認められた.この結果から,弾性指標は果実重の減量歩合(水分消失)の影響を強く受けることを示唆する.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.9.235

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セイヨウナシ'越さやか'における追熟中の果実特性の変化ならびにフィルム包装が果実追熟に及ぼす影響

    知野 秀次, 太田 祐樹, 二木 明日香, 齋藤 洋太郎, 黒坂 俊, 大塚 伸吾, 坂井 優, 松本 辰也, 児島 清秀

    園芸学研究   9 ( 1 )   99 - 105   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    '越さやか'の果色値および可溶性固形物濃度は追熟中に上昇し,果肉硬度,弾性率,粘性率および弾性指標は低下した.果実が収穫後12日に適食状態に達した時の果実特性の値は,9.3(果色値),12.7 Brix%(可溶性固形物濃度),1.4 N(果肉硬度),1.8 × 10<sup>6</sup>(弾性率)および1.1 × 10<sup>7</sup>(粘性率)であった.さらに,<i>f<sub>2</sub></i>および<i>f<sub>3</sub></i>から算出した弾性指標は9.5 × 10<sup>6</sup>(<i>Emf<sub>2</sub></i>)および17.4 × 10<sup>6</sup>(<i>Emf<sub>3</sub></i>)であった.一方,収穫後の果実へのフィルム包装は水分消失,果皮の黄化,果肉の軟化,ならびにデンプンの糖化を抑制した.収穫後12日におけるフィルム包装した果実の果実特性は,3.7(果色値),20%(ヨードカリデンプン反応),12.5 N(果肉硬度),15.0 × 10<sup>6</sup>(弾性率),15.0 × 10<sup>7</sup>(粘性率),29.5 × 10<sup>6</sup>(<i>Emf<sub>2</sub></i>)および66.2 × 10<sup>6</sup>(<i>Emf<sub>3</sub></i>)であった.以上の結果から,'越さやか'果実の追熟特性ならびにフィルム包装による果実の追熟抑制効果が明らかになった.この追熟抑制効果はフィルム内の酸素濃度の低下によることが示唆された.また,'越さやか'の弾性指標が果肉の軟化とともに低下したことから,非破壊計測技術による熟度推定の可能性が示唆された.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.9.99

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 追熟中のセイヨウナシ'ル・レクチエ'における非破壊法による果実特性の評価

    知野 秀次, 松本 辰也, 太田 祐樹, 児島 清秀

    園芸学研究   8 ( 1 )   109 - 114   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    セイヨウナシ'ル・レクチエ'における追熟中の果実の第2共鳴周波数および弾性指標(振動応答技術によって測定された剪断係数の相対値)を新規の非破壊測定装置でモニターした.さらに,果実重,果肉硬度および可溶性固形物濃度の変化を測定し,弾性指標と果実特性との関係を示した.収穫時の果実の弾性指標は48~65(×10^6)であり,追熟中に低下した.弾性指標の低下パターンは果実によって異なり,処理後40日に可食状態に達した時の弾性指標は18~25(×10^6)であった.個々の果実おける物性の変化を弾性指標によって連続的に追跡でき,収穫時の果実の品質や追熟中の軟化パターンの違いが完熟時(処理後40日)における熟度のばらつきの原因になることが示唆された.果実重および果肉硬度は追熟中に低下したが,可溶性固形物濃度は上昇し,これらの果実特性は弾性指標と相関があった.これらの結果は,追熟中の'ル・レクチエ'果実の可食期を弾性指標によって推定でき,その弾性指標は含水率と可溶性固形物濃度の影響を受けることを示唆している.

    DOI: 10.2503/hrj.8.109

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 追熟中のセイヨウナシ'ル・レクチエ'における非破壊法による果実特性の評価

    知野 秀次, 松本 辰也, 太田 祐樹, 児島 清秀

    園芸学研究   8 ( 1 )   109 - 114   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    セイヨウナシ'ル・レクチエ'における追熟中の果実の第2共鳴周波数および弾性指標(振動応答技術によって測定された剪断係数の相対値)を新規の非破壊測定装置でモニターした.さらに,果実重,果肉硬度および可溶性固形物濃度の変化を測定し,弾性指標と果実特性との関係を示した.収穫時の果実の弾性指標は48~65(×10<sup>6</sup>)であり,追熟中に低下した.弾性指標の低下パターンは果実によって異なり,処理後40日に可食状態に達した時の弾性指標は18~25(×10<sup>6</sup>)であった.個々の果実おける物性の変化を弾性指標によって連続的に追跡でき,収穫時の果実の品質や追熟中の軟化パターンの違いが完熟時(処理後40日)における熟度のばらつきの原因になることが示唆された.果実重および果肉硬度は追熟中に低下したが,可溶性固形物濃度は上昇し,これらの果実特性は弾性指標と相関があった.これらの結果は,追熟中の'ル・レクチエ'果実の可食期を弾性指標によって推定でき,その弾性指標は含水率と可溶性固形物濃度の影響を受けることを示唆している.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.8.109

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 西洋ナシの「ル・レクチエ」--果実の成熟生理と追熟

    児島 清秀

    農業および園芸   83 ( 10 )   1069 - 1073   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    果実の成熟生理と追熟。ル・レクチエの来歴と特性。近年、日本の貿易問題で、農産物の輸入量に対する輸出量の少なさが問題になってきた。農水省では攻めの農政として、数値目標を設定して取り組んでいる。このような情勢の中で、全般的に日本の果実は外国産と比べて高品質であることから、輸出品目として果実をより一層注目するべきと考える。そこで、今回輸出に適する果実として新潟県特産の高級果実のル・レクチエを取り上げる。西洋ナシのル・レクチエは19世紀後半に北フランスのオルレアン地方で、バートレットの交配種として生まれた品種である。新潟県へは新潟市(旧白根市)の栽培家の小池氏が明治36年に導入した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ニホンナシの新梢における摘心と摘葉が花芽着生抑制に及ぼす効果

    松本 辰也, 本永 尚彦, 知野 秀次, 児島 清秀

    園芸学研究   7 ( 3 )   433 - 437   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    ニホンナシの主枝,亜主枝および側枝等の先端1年生枝部分の摘蕾作業軽減を目的として,新梢に対する摘心と病葉による腋花芽着生の抑制効果を検討した.'豊水'では,無処理区の腋花芽率が86~95%(3年間)であったが,満開50~65日後に新梢の先端1/3を摘心することにより腋花芽率は40~54%に抑制された.また,摘心の処理時期が早いほど,そして新梢の2次伸長部分が長いほど,抑制効果は大きかった.'新興','幸水',および'秋麗'においても,摘心は腋花芽着生を抑制した.摘心による腋花芽率の低下は2次伸長部分だけではなく,1次伸長部分においても認められた.新梢の基部から2/3の部分に対する機業は'新興'において満開50~65日後の早い時期の処理で腋花芽着生を抑制した.これらのことから,骨格枝先端等の新梢における摘心と検量は,摘蕾と作業時期が競合しない開花数調節の技術として有効と考えられた.

    DOI: 10.2503/hrj.7.433

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 追熟前のセイヨウナシ'ル レクチエ'における弾性指標と果肉硬度の関係

    知野 秀次, 大石 智美, 徳田 美佳子, 小式澤 一博, 太田 祐樹, 松本 辰也, 児島 清秀

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨   7 ( 1 )   455 - 455   2008年3月

     詳細を見る

  • メタノール濃度およびカラム温度がアブシジン酸、インドール-3-酢酸およびゼアチンの保持時間におよぼす影響

    太田 祐樹, 村田 憲昭, 知野 秀次, 児島 清秀

    新潟大学農学部研究報告   60 ( 2 )   119 - 122   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    HPLCによって植物ホルモンを効率的に精製するために、ODSタイプのカラムにおけるアブシジン酸(ABA)、トランス-アブシジン酸(t-ABA)インドール-3-酢酸(IAA)およびゼアチン(Z)の保持時間を測定し、メタノール濃度またはカラム温度がこれらの保持時間におよぼす影響を示した。30℃のカラム温度で35%MeOHの溶離液での分析条件において、4つの標準物質はZ(8.0分)、IAA(44分)、t-ABA(60分)、ABA(93分)の順に溶出した。35%MeOHでカラム温度を30℃から50℃に上昇させたとき、4つの標準物質の溶出の順序は変化しなかったが、温度が増加するにつれてABA、t-ABAおよびIAAが早く溶離した。しかしながら、Zの保持時間はカラム温度が30℃から50℃に増加してもほとんど変化しなかった。45%MeOHおよび50%MeOHの溶離液において、標準物質の溶出の順序(Z→IAA →t-ABA→ABA)は35%MeOHと同様であり、MeOH濃度が上昇するにつれてZ、ABA、t-ABAおよびIAAが早く溶離した。標準物質の保持時間はカラム温度と高い相関があり、全標準物質における回帰直線のR2値は全てのメタノール濃度で高かった。全標準物質において、MeOH濃度が高くなると、保持時間とカラム温度の間の回帰直線の傾きは減少した。これらの結果から、HPLCカラムにおける植物ホルモンの保持時間とカラム温度およびMeOH濃度の組み合わせの関係が示された。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ニホンナシの新梢における摘心と摘葉が花芽着生抑制に及ぼす効果

    松本 辰也, 本永 尚彦, 知野 秀次, 児島 清秀

    園芸学研究   7 ( 3 )   433 - 437   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    ニホンナシの主枝,亜主枝および側枝等の先端1年生枝部分の摘蕾作業軽減を目的として,新梢に対する摘心と摘葉による腋花芽着生の抑制効果を検討した.'豊水'では,無処理区の腋花芽率が86~95%(3年間)であったが,満開50~65日後に新梢の先端1/3を摘心することにより腋花芽率は40~54%に抑制された.また,摘心の処理時期が早いほど,そして新梢の2次伸長部分が長いほど,抑制効果は大きかった.'新興','幸水',および'秋麗'においても,摘心は腋花芽着生を抑制した.摘心による腋花芽率の低下は2次伸長部分だけではなく,1次伸長部分においても認められた.新梢の基部から2/3の部分に対する摘葉は'新興'において満開50~65日後の早い時期の処理で腋花芽着生を抑制した.これらのことから,骨格枝先端等の新梢における摘心と摘葉は,摘蕾と作業時期が競合しない開花数調節の技術として有効と考えられた.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.7.433

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • エチレンあるいは低温処理がセイヨウナシ'ル レクチエ'の追熟過程の果実特性に及ぼす影響

    知野 秀次, 松本 辰也, 児島 清秀

    園芸学研究   6 ( 2 )   295 - 299   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    収穫後に低温(5℃・7日間)またはエチレン(5000 ppm・24時間)処理したセイヨウナシ‘ル レクチエ’の果実において,外気温で追熟させた時の果実の果皮色(赤道部およびていあ部),果肉硬度,可溶性固形物濃度およびエチレン生成量の変化を測定した.果実を追熟させた時,低温またはエチレン処理区の可食果の割合は,処理後35日に100%に到達した.両処理区の果実からのエチレン生成量は,処理後14日から増加し,処理後35日に最大に達した.エチレン処理区の赤道部およびていあ部の果色値は,処理後49および56日に低温処理区の果実より有意に高かった.両処理区において,果実が可食適期に達した時の赤道部の果色値は5.0以上であった.低温およびエチレン処理区で果色値が同じ時,果肉硬度は異なった.<br>

    DOI: 10.2503/hrj.6.295

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 追熟開始後のセイウナシ'ル レクチエ'におけるエチレン処理の影響

    小式澤 一博, 知野 秀次, 児島 清秀

    新潟大学農学部研究報告   59 ( 2 )   94 - 98   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    本研究は、追熟開始後のセイヨウナシ'ル レクチエ'の果実におけるエチレン処理の影響を評価するために、果実重、果皮色、果肉硬度およびエチレン生成量の変化を測定した。エチレン処理区の果実重の割合は、対照区よりも低下した。これは湿度の影響であることが考えられた。果皮色および果肉硬度は、対照区およびエチレン処理区の間で差はなかった。処理区でのエチレン生成量は、対照区と同様であった。これらの結果より、追熟開始後のエチレン処理の影響を考察した。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 紫外線照射によるカンキツのファイトアレキシン, スコパロン生成量の品種間差異

    國賀 武, 松尾 洋一, 津村 哲宏, 児島 清秀, 松本 亮司

    園芸学研究   4 ( 1 )   99 - 103   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    紫外線照射で生成するカンキツ類のファイトアレキシンであるスコパロン(6,7-ジメトキシクマリン)の果皮および葉での生成量の品種間差異を検討した. カンキツ類26種・品種の果皮と29種・品種の葉に20分間の紫外線照射を行った. 発育期(8月)の葉および果実では成熟期(12月)のそれらより生成量が低かった. 幼葉では‘吉田ポンカン’, ‘ユーレカ’レモン, キンカン類などが, 成葉では‘セミノール’, ヒュウガナツ, ‘ユーレカ’レモンが, また, 幼果では, ‘ユーレカ’レモン, ネイハキンカン, 成果では, ‘津之香’, ‘ロビンソン’, ネイハキンカンの生成量がそれぞれ多かった. また種・品種間あるいは器官別でも, 紫外線によるスコパロン生成量には大きな差異があり, また生成量の変化にも差異が認められた.

    CiNii Article

    researchmap

  • Phytohormones in Shoots and Fruits of Tomato ; Apoplast Solution and Seedless Fruit

    Kojima Kiyohide, 児島 清秀

    JARQ   39 ( 2 )   77 - 81   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japan International Research Center for Agricultural Sciences  

    Indole-3-acetic acid (IAA) endogenous levels were determined by liquid chromatography-mass spectrometry, diffusible levels were determined by fluorometric detection and polar transport activity was determined by radioactive IAA in tomato plants. IAA concentration in the apoplast (AP) solution was higher than those in the symplast (SP) solution in both upper and lower parts of stems. It is suggested that the amount of polar IAA transport might be only 19% of the amount of endogenous IAA in stems. In fruits, concentrations of abscisic acid (ABA) were high in the pericarp, axis and the locule tissue in the early growth stages. In seedless fruits of parthenocarpic tomato, the levels of IAA, gibberellic acid1 (GA1), trans-zeatin (Z) and trans-zeatin riboside (ZR) were analyzed. IAA concentrations of the pericarps and partitions were higher in fruits of 8cm in diameter (8-cm-fruit) than in 6-cm-fruit. In the partitions, IAA concentrations of SP were higher than those of AP solution. The SP of the partitions in 6-cm-fruit had the highest concentration of Z and was 2.7 times greater than the AP. The ZR concen-tration in locule tissues in 6-cm-fruit was the highest. These results suggest that the sites of synthesis may be the SP of partitions for IAA and Z, and locules for ZR.

    DOI: 10.6090/jarq.39.77

    CiNii Article

    researchmap

  • トマトの内生植物ホルモン(2)花と果実

    児島 清秀

    農業および園芸   79 ( 7 )   767 - 773   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • トマトの内生植物ホルモン(1)根・茎・葉におけるオーキシンの分布と輸送

    児島 清秀

    農業および園芸   79 ( 6 )   672 - 676   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 果実の相関的な優勢現象

    児島 清秀

    農業および園芸   79 ( 1 )   18 - 22   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • LC-MS-SIMの高感度の設定条件

    児島 清秀, 田村 裕一

    質量分析 = Mass spectroscopy   49 ( 6 )   237 - 240   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本質量分析学会  

    For a higher sensitivity, the parameters of liquid chromatography-mass spectrometry-selected ion monitoring (LC-MS-SIM) using atmospheric pressure chemical ionization (APCI) were examined. The scan-range means the range of atomic mass unit which was scanned at the center of an established value. The sampling-point-number means the number of measurement points within the scan-range. The counting-number means the number of the data acquisition per measurement point. The area and height of a peak as sensitivity, the full width half maximum (FWHM) and the actual scan-time which was required for the scanning were measured. The plant hormone, indole-3-acetic acid (IAA) was used as a standard chemical. The suitable parameters for higher sensitivity on the measurement limit level were as follows: 1) The scan-time might correspond to the value of FWHM. 2) The counting-number was over about 7,000. 3) The scan-range might correspond to a decimal fraction of the molecular weight of the sample substance. The results showed that the value obtained from repeated sampling-point-number was a total amount, that the value obtained from repeated counting-number was a mean and that there were no loss of time on repetitions of the sampling-point-number and the counting-number.

    DOI: 10.5702/massspec.49.237

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カンキツの不定胚形成における内生オーキシンの影響

    池田 敬, 児島 清秀, 薬師寺 博, 小林 省蔵, 野並 浩

    園芸学会雑誌   69 ( 2 )   221 - 223   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園藝學會  

    本研究ではカンキツ(Citrus sinensis Osb.)の不定胚形成能と内生インドール酢酸(IAA)の関係, および不定胚形成過程での内生IAA濃度の変化について検討した.Embryogenic callus (EC)はオーシキンを含まない培地で'トロビタオレンジ'と'大三島ネーブル'および'ワシントンネーブル'の胚珠から得られた.不定胚形成能力が高いカルスほど内生IAA濃度は高かった.ECをホルモンフリー培地で培養すると, IAA濃度は培養後2日目まで増加し, その後減少した.これらの結果から, ECの段階では高い内生オーキシン濃度を必要とするが, 不定胚誘導では内生IAA濃度の減少が関係していることが示唆された.

    DOI: 10.2503/jjshs.69.221

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カンキツの不定胚形成における内生オーキシンの影響

    池田 敬, 児島 清秀, 薬師寺 博, 小林 省蔵, 野並 浩, Ikeda Takashi, Kojima Kiyohide, Yakushiji Hiroshi, Kobayashi Shozo, Nonami Hiroshi

    園芸学会雑誌   69 ( 2 )   221 - 223   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:園芸学会  

    This study investigated the changes in endogenous auxin concentration during embryogenesis of citrus (Citrus sinensis Osb.) in tissue culture. Embryogenic callus (EC) was induced from ovules of 'Trovita orange' and 'Oomishima navel'. In both varieties, the EC having greater capacity for embryogenesis had a correspondingly higher endogenous indole-3-acetic acid (IAA) concentration. When the EC in 'Washington navel' and 'Oomishima navel' were cultured on hormone-free media which can induce embryogenesis, the IAA concentration increased for 2 days, then rapidly decreased and stabilized 14 days later. These results suggest that the decrease in IAA concentration is closely related to citrus embryogenesis.本研究ではカンキツ(Citrus sinensis Osb.)の不定胚形成能と内生インドール酢酸(IAA)の関係,および不定胚形成過程での内生IAA濃度の変化について検討した.Embryogenic callus (EC)はオーシキンを含まない培地で'トロビタオレンジ'と'大三島ネーブル'および'ワシントンネーブル'の胚珠から得られた.不定胚形成能力が高いカルスほど内生IAA濃度は高かった.ECをホルモンフリー培地で培養すると,IAA濃度は培養後2日目まで増加し,その後減少した.これらの結果から,ECの段階では高い内生オーキシン濃度を必要とするが,不定胚誘導では内生IAA濃度の減少が関係していることが示唆された.

    DOI: 10.2503/jjshs.69.221

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • アスパラガスの若茎生長の生理:ABAとIAAの分布(2)

    児島 清秀

    農業および園芸   75 ( 2 )   265 - 269   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • アスパラガスの若茎生長の生理:ABAとIAAの分布(1)

    児島 清秀

    農業および園芸   75 ( 1 )   31 - 35   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 52. 植物ホルモンのLC-MSによるマススペクトル(第35回大会研究発表抄録)

    児島 清秀, 高橋 みや子, 大竹 憲邦

    植物の化学調節   35 ( 2 )   237 - 237   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 植物化学調節学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 果実のかたさと化学的成分(2)

    児島 清秀

    農業および園芸   74 ( 4 )   452 - 454   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 単為結実のカキの幼果におけるABA, IAAおよびGA様物質の内生量の変化

    児島 清秀, 潮崎 圭司, 児下 佳子, 石田 雅士

    園藝學會雜誌   68 ( 2 )   242 - 247   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:園芸学会  

    単為結実のカキ'平核無'の子房/幼果を開花前5日から開花後122日まで採取し, アブシジン酸(ABA)とインドール酢酸(IAA)はガスクロマトグラフー質量分析計で, ジベレリン(GA)様物質はわい性イネの生物検定で各内生量を測定した.幼果は開花後41日をピークとして13∿62日に集中的に落果した.幼果の相対的な生重量の増加は, 開花後41日までは急激で, 以後はゆるやかであった.がくの生重量の増加は開花後13日までにほぼ終わった.幼果のABA濃度は開花日から28日後まで高く, その後低下した.がくのABA濃度は開花後13日にすべての分析値中の最高値であった.子房中のIAAは, 開花前5日と比べて開花日に含量が約18倍に増加して高濃度を示し, 開花後13日には含量が半分以下に減少して濃度も急低下した.幼果のGA様物質の濃度も, 開花日に高い値を示し, その後41および122日に上昇した.開花前5日のつぼみではがくの3種類の植物ホルモンは濃度および含量とも, 子房よりも高い値であった.以上の結果から, カキの単為結実の幼果では開花時のIAAおよびGA様物質の遺伝的な増加が幼果の生長を継続させること, ならびにその後の幼果中のABA濃度の上昇およびIAAとGA様物質の濃度の低下が共同的に落果を促進することが示唆された.

    DOI: 10.2503/jjshs.68.242

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 果実のかたさと化学的成分(1)

    児島 清秀

    農業および園芸   74 ( 3 )   335 - 339   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 果実と蔬菜の発育の生理学的研究 : -成長期の植物ホルモン及び成熟期の軟化機構-

    児島 清秀

    植物の化学調節   34 ( 1 )   21 - 30   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 植物化学調節学会  

    DOI: 10.18978/jscrpi.34.1_21

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カンキツの果実生長と内生植物ホルモン(2)

    児島 清秀

    農業および園芸   73 ( 9 )   967 - 970   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カンキツの果実生長と内生植物ホルモン(1)

    児島 清秀

    農業および園芸   73 ( 8 )   871 - 877   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:養賢堂  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 追熟中の料理用バナナのかたさの化学的成分

    児島 清秀

    フレッシュフ-ドシステム   25 ( 13 )   62 - 64   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:流通システム研究センタ-  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ウンシュウミカンの生殖器官における ABA, IAA および GAs 含量の変化

    児島 清秀, 山本 雅史, 後藤 明彦, 松本 亮司

    園芸学会雑誌   65 ( 2 )   237 - 243   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:園芸学会  

    温州ミカンの生殖器官の内生植物ホルモンの生理的役割を明らかにするため,アブシジン酸(ABA),インドール酢酸(IAA)およびジベレリン(GAs)を,それぞれ,ガスクロマトグラフ(GC)電子捕獲型検出器,GC一質量分析器(選択的イオンモニタリング)およびわい性イネ生物検定で測定した.<BR>1,開花にむけて,花柱と雄ずいのIAA濃度は変化しなかったが,花柱のABA濃度は6倍に増加した.幼果の新鮮重量は39DAF(開花後日数)まで,非常に増加し,'がく'(花盤,がく,花床を含む)はわずかに増加した.<BR>2,4DAFに,幼果は本実験中で最大のABA濃度のピークを示したが,7DAF以降は'がく'よりも低い値であった.幼果のIAA濃度は,7DAFに最高に達して,その後は低下し続けた.'がく'のIAA濃度は,0から31DAFまで増加し,15DAF以降は幼果よりもはるかに高い値であった.<BR>3,幼果のGAs濃度は,7から31DAFまで増加し続け,39DAFに急に低下した.<BR>4,このように幼果で,一連の内生ABA,IAAおよびGAs量のピークがあったので,これらホルモンが,順次におよび共働的に,幼果の保持と生長に役割をはたしていると思われる.

    DOI: 10.2503/jjshs.65.237

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • アスパラガス若茎とオレンジ果実の内生IAAとABAの分布と変動

    児島 清秀

    植物の化学調節   31 ( 1 )   68 - 71   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 植物化学調節学会  

    DOI: 10.18978/jscrpi.31.1_68

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 分子から生理的レベルの果実生長

    児島 清秀

    植物の化学調節   31 ( 2 )   150 - 160   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 植物化学調節学会  

    DOI: 10.18978/jscrpi.31.2_150

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カンキツ果実へのアブシジン酸注射が糖および有機酸濃度に及ぼす影響

    児島 清秀, 山田 彬雄, 山本 雅史

    園芸学会雑誌   64 ( 1 )   17 - 21   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:園芸学会  

    秋季に'宮内伊予柑'を供試し, 注射針で果実内にABAを注入し, ABAが果肉の糖と有機酸濃度に及ぼす影響を調べた.<BR>1.9月上旬に, ABAの0.2,0.6,1.2μmolを,それぞれ100個の果実に注射した. ABAの注入量が多いほど落果が多くみられた. しかし, 0.2μmolのABAでは, 16日後でも92%は落果しなかった.<BR>2.果実内でのABAの代謝速度を調べるために, 9月上旬に, 枝付きの果実を採取後, 微量の<SUP>14</SUP>C-ABAと0.2μmolのABAを果実に注入し, 水さしで, 25°Cの室内においた. 注入後, 果実を毎日, 4日連続して採取し, 抽出精製後, HPLCでABAの画分を分取し, 放射能を測定した. 4日目には放射能が始めに与えた量の10%にまで減少した.<BR>3. 1と2の結果から適切な条件として, 注入するABA量は0.2μmol, 注入する間隔は3または4日が得られた.<BR>4.そこで, この条件を用い, 9月中旬に5本の10年生の樹を供試し, 1樹内にABA処理果と対照果をそれぞれ10果設定した. ABA処理果には0.2μmolのABA (展着剤水溶液を含む) と対照果には展着剤水溶液を注射した. 11月上旬にも6本の15年生の樹を供試し, 1樹内にそれぞれ15果設定し, 同様に注射した. 処理時期と果実の大きさの異なる上記2回の実験ともに, 注射したABAは, 有機酸には影響しなかったが, 果汁中のブドウ糖, および果糖濃度を有意に増加させた. ABA処理果と対照果の果実重はほぼ同じであったので, ABAの果肉の糖量を上昇させる作用が認められた.

    DOI: 10.2503/jjshs.64.17

    CiNii Article

    researchmap

  • カンキツの台木用品種の生育特性と内生ABA, IAA及びGAとの関係

    高原 利雄, 緒方 達志, 村松 昇, 児島 清秀

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表   64 ( 1 )   787 - 787   1995年3月

     詳細を見る

  • カンキツ果実におけるABA,IAA及びGAsの同時定量〔英文〕

    児島 清秀, 後藤 明彦, 山田 彬雄

    果樹試験場報告   ( 27 )   p1 - 10   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農林水産省果樹試験場  

    CiNii Article

    researchmap

  • カンキツ各種台木の生育特性と内生ABA, IAAおよびGAとの関係

    児島 清秀, 高原 利雄, 緒方 達志, 村松 昇

    園芸學會雜誌   63 ( 4 )   753 - 760   1995年

     詳細を見る

    出版者・発行元:園芸学会  

    カンキツ各種台木の特性についてつぎの知見を得た.<BR>1. 9月以降, カラタチ, ヒリュウ, 'トロイヤー'シトレンジおよび'ラスグシトレンジの実生は伸長が止まったが, シイクワシャーとラフレモンは伸長を継続した.<BR>2.'市文早生と'ユーレカ'レモンを接木した上述の台木の根の総伸長量はいずれも, 7月から10月にかけて急激に増加した. 接木後20ヵ月で解体し, 地上部の総伸長量, 枝と葉の生体重を調査した結果, シイクワシャー台の生育が最も良好で, 次いでカラタチとラフレモン台で, 不良であったのはヒリュウ, 'トロイヤー'シトレンジおよび'ラスク'シトレンジ台であった. いずれの台木とも, '市文早生'よりも'ユーレカ'レモンを接木した方が生育が良好であった, 根の生育は, 地上部とは異なった傾向を示し, '市文早生'を接木した場合カラタチ台が良好で, 'ユーレカ'レモンを接木した場合'ラスク'シトレンジ台が不良であった. TR率は, いずれの台も'ユーレカ'レモンを接木した方が高い値で, 特にシイクワシャー台で3.0と高かった.<BR>3.カラタチ, ヒュウおよびシイクワシャーの地上部と根の内生ABA, IAAおよびGAを定量した. 地上部の内生ABA濃度は, カラタチが最も高く, 次いでヒリュウ, シイクワシャーの順で, 地上部の内生IAAとGAは, いずれの種類でも同程度の濃度であった. 根の内生ABA濃度は, カラタチとシイクワシャーより, ヒリュウで少し高く, 内生IAA濃度はシイクワシャーで他の約3倍高かった. 根の内生GA濃度はカラタチが他の約3倍高かった.

    DOI: 10.2503/jjshs.63.753

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • エチレン処理後の追熟中の料理用バナナ(プランテン)果実の硬さと化学的成分の変化

    児島 清秀, 桜井 直樹, 倉石 晉

    熱帯農業   38 ( 4 )   323 - 327   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    プランテン[Musa(AABグループ, プランテンサブグループ)ホーンタイプ, 'ツンドク']果実を軟化中の物理的と化学的分析に供試した.エチレン処理後の果肉の構造的特性の変化を応力緩和法で測定した結果, 果肉の粘性と弾性の低下が軟化の主な原因であることが示唆された.追熟中に果肉のデンプン, ベクチン, ヘミセルロース画分の糖量が低下したが, セルロース画分の糖量は変化しなかった.ペクチンとヘミセルロース量の減少は硬さのパラメーターの低下と同じパターンになったが, デンプン量は急激に低下した.これらの結果よりプランテンの果肉で硬さの変化に寄与する化学的成分はデンプンよりもむしろ細胞壁多糖類のペクチンとヘミセルロースであることが示唆された.

    DOI: 10.11248/jsta1957.38.323

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 追熟中のバナナ果実の硬さと化学的成分の変化

    児島 清秀, 桜井 直樹, 倉石 晉, 小久保 亮

    熱帯農業   38 ( 4 )   293 - 297   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    エチレン生成後のバナナ果肉の構造的特性の変化を応力緩和法で測定し, 果肉の粘性と弾性の低下が軟化の主な原因であることが示唆された.追熱中に果肉のデンプン, ペクチン, ヘミセルロース画分の糖量は変化しなかった.さらに, ゲルろ過クロマトグラフィーによりペクチン多糖類の部分的な分解が, 大きな量的な減少よりも早く起こることが明らかになった.これらの結果から, ペクチンとヘミセルロース多糖類とデンプンの一連の分解が果肉軟化の主な原因であることが示唆された.

    DOI: 10.11248/jsta1957.38.293

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 肥大期のバレンシアオレンジ果実内のABAとIAAの分布

    児島 清秀, 山田 彬雄, 山本 雅史

    園芸学会雑誌   63 ( 2 )   335 - 339   1994年

     詳細を見る

    出版者・発行元:園芸学会  

    本実験ではバレンシアオレンジ果実の生長速度が高い秋期の果実を部分 (果芯, 種子, 果肉, アルベド,フラベド) に分けてアブシジン酸 (ABA) とインドール-3-酢酸 (IAA) を分析した. ABAとIAAは, 内部標準として<SUP>3</SUP>H-ABAと [<SUP>13</SUP>C<SUB>6</SUB>] IAAを使用し, ガスクロマトグラフィー電子捕獲型検出器と質量分析器(選択的イオンモニタリング) で測定した. 果肉と種子の重さは急激に増加したが, アルベドとフラベドの重さはゆるやかに増加した. 150DAB (開花盛期後の日数) に, 種子のABA濃度は大きなピーク (21nmol•g<SUP>-1</SUP>生重量) を示したが, 果肉は小さなピーク (5nmol•g<SUP>-1</SUP>生重量) であった. 種子中のIAA濃度は150DABまで減少したが, 他の分析した部分よりも高い濃度であった. 果芯部のIAA濃度は119DABにピークを示し, 果肉•アルベド•フラベドよりも高い濃度を保った. アルベド, フラベドは同程度の低いIAA濃度であった. 得られた部位別の植物ホルモン量より, 種子中のABAと同化物集積性や果芯部のIAAと維管束との関係, 果肉と果皮間のABAの非移動性, 部分別の植物ホルモン分析の必要性が示唆された.

    DOI: 10.2503/jjshs.63.335

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 追熱中のバナナ果実の硬さと化学的成分の変化

    児島 清秀, 桜井 直樹, 倉石 晉, 小久保 亮

    熱帯農業   38 ( 4 )   293 - 297   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    エチレン生成後のバナナ果肉の構造的特性の変化を応力緩和法で測定し, 果肉の粘性と弾性の低下が軟化の主な原因であることが示唆された.追熱中に果肉のデンプン, ペクチン, ヘミセルロース画分の糖量は変化しなかった.さらに, ゲルろ過クロマトグラフィーによりペクチン多糖類の部分的な分解が, 大きな量的な減少よりも早く起こることが明らかになった.これらの結果から, ペクチンとヘミセルロース多糖類とデンプンの一連の分解が果肉軟化の主な原因であることが示唆された.

    DOI: 10.11248/jsta1957.38.293

    CiNii Article

    researchmap

  • エチレン処理後の追熟中の料理用バナナ (プランテン) 果実の硬さと化学的成分の変化

    児島 清秀, 桜井 直樹, 倉石 晉

    熱帯農業   38 ( 4 )   323 - 327   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    プランテン [<I>Musa</I> (AABグループ, プランテンサブグループ) ホーンタイプ, 'ツンドク'] 果実を軟化中の物理的と化学的分析に供試した.エチレン処理後の果肉の構造的特性の変化を応力緩和法で測定した結果, 果肉の粘性と弾性の低下が軟化の主な原因であることが示唆された.追熟中に果肉のデンプン, ベクチン, ヘミセルロース画分の糖量が低下したが, セルロース画分の糖量は変化しなかった.ペクチンとヘミセルロース量の減少は硬さのパラメーターの低下と同じパターンになった参, デンプン量は急激に低下した.これらの結果よりプランテンの果肉で硬さの変化に寄与する化学的成分はデンプンよりもむしろ細胞壁多糖類のペクチンとヘミセルロースであることが示唆された.

    DOI: 10.11248/jsta1957.38.323

    CiNii Article

    researchmap

  • '川野なつだいだい'の台風による落葉被害樹の摘果の是非

    村松 昇, 高原 利雄, 緒方 達志, 高辻 豊二, 児島 清秀

    園芸学会雑誌   63 ( 1 )   31 - 37   1994年

     詳細を見る

    出版者・発行元:園芸学会  

    我が国のカンキツ園の多くは温暖地の海岸付近にあり, 台風襲来時には大きな被害を受ける. さらに, カンキツは永年作物であるため, 台風や低温などによる気象災害を受けると, 被害当年だけでなく翌年以降にも影響する. したがって, 被害を受けた樹園地は, 改植などの判断を含め, できるかぎり早く適切な処置をすることが重要である.<BR>1991年9月14日に台風17号が, 9月27日には台風19号が西日本に来襲した. これらの台風により九州中•北部や中国, 四国など多くのカンキツ園地で潮風により落葉や枝枯れなどの被害を生じた.<BR>カンキツ樹の潮風害の特徴は, リンゴなどとは異なり, 落葉してもほとんどの果実が樹上に残ることである. この残存果の摘果の是非については, 小笠原(1961,1971) の報告があるが, 樹体栄養の観点からその是非の裏づけを行った例はない. そこで, 落葉被害樹の回復状況とそれに伴う樹体の栄養状態を調査し,樹上残存果の摘果の是非について検討したので報告する.

    DOI: 10.2503/jjshs.63.31

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 植物発育制御学

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学演習I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 科学英語演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 果樹・蔬菜園芸学

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学演習II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物化学調節論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIb

    2021年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIb

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習I

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅳ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅲ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 産業スペシャリスト育成特論

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 食品科学概論

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 領域概説 F (農学)

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学演習Ⅱ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学演習Ⅰ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産実地見学

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農産食品学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農学入門Ⅱ

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 農学入門Ⅰ

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源科学概論

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 新潟の農林業

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅳ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習(中間発表)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 文献詳読Ⅰ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学特定研究AⅠ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学セミナーAⅠ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA1

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 文献詳読Ⅱ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学セミナーAⅡ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学特定研究AⅡ

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅱ

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅰ

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習Ⅱ

    2009年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習Ⅰ

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 作物及び園芸学概論

    2009年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 新潟の農業

    2009年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 企画提案型食づくりプロジェクト

    2009年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 実践型食づくりプロジェクト

    2009年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験Ⅱ

    2009年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 農作物概論

    2009年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験Ⅰ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 植物専門実習Ⅰ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源論

    2008年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 蔬菜園芸学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 果樹園芸学

    2007年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習I

    2007年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 植物化学調節論

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 実地見学

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 植物発育制御学

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 植物専門実習I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習II

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示