2021/05/16 更新

写真a

カノウ ナオキ
狩野 直樹
KANO Naoki
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 准教授
自然科学研究科 材料生産システム専攻 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1995年6月   東京大学 )

  • 理学修士 ( 1991年3月   東京大学 )

  • 理学士 ( 1989年3月   東京大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  • 環境・農学 / 放射線影響

  • 環境・農学 / 化学物質影響

  • ナノテク・材料 / 分析化学

  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • 環境・農学 / 環境動態解析

▶ 全件表示

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 化学システム工学科   准教授

    2007年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   助教授

    2000年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   助手

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1995年7月 - 1997年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1995年7月 - 1997年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   化学システム工学科   准教授

    2007年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   工学部   助教授

    2000年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   工学部   助手

    1997年4月 - 2000年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1995年7月 - 1997年3月

▶ 全件表示

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 日本分析化学会   関東支部新潟地区部会部会長  

    2017年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本化学会   関東支部化学教育協議会委員  

    2013年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 新潟県酸性雨研究連絡協議会   会長  

    2011年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 公益財団法人新潟市産業振興財団(IPC財団)   技術開発補助金審査会委員  

    2010年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 新潟県環境影響評価審査会   審査会委員  

    2010年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本化学会   関東支部新潟地域懇談会運営委員  

    2009年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本分析化学会   関東支部常任幹事  

    2008年3月 - 2010年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 新潟県酸性雨研究連絡協議会   幹事長  

    2005年11月 - 2011年11月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 新潟県環境審議会委員会   審議会委員  

    2005年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 日本化学会   関東支部新潟地域懇談会運営委員  

    2004年4月 - 2007年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本化学会   関東支部新潟地区地域化学教育小委員会委員  

    2003年4月 - 2004年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本化学会   関東支部化学教育協議会委員  

    2003年4月 - 2004年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

取得資格

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

 

論文

  • Adsorption of REEs from Aqueous Solution by EDTA-Chitosan Modified with Zeolite Imidazole Framework (ZIF-8) 査読

    Sihan Feng, Xiaoyu Du, Munkhpurev Bat-Amgalan, Haixin Zhang, Naoto Miyamoto, Naoki Kano

    International Journal of Molecular Sciences22 ( 7 ) 3447   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Chitosan (CS) modified with ethylenediamine tetraacetic acid (EDTA) was further modified with the zeolite imidazole framework (ZIF-8) by in situ growth method and was employed as adsorbent for the removal of rare-earth elements (REEs). The material (EDTA–CS@ZIF-8) and ZIF-8 and CS were characterized by X-ray diffraction (XRD), Fourier transform infrared spectroscopy (FT-IR), scanning electron microscope (SEM), and nitrogen adsorption/desorption experiments (N2- Brunauer–Emmet–Teller (BET)). The effects of adsorbent dosage, temperature, the pH of the aqueous solution, contact time on the adsorption of REEs (La(III), Eu(III), and Yb(III)) by EDTA–CS@ZIF-8 were studied. Typical adsorption isotherms (Langmuir, Freundlich, and Dubinin–Radushkevich (D-R)) were determined for the adsorption process, and the maximal adsorption capacity was estimated as 256.4 mg g−1 for La(III), 270.3 mg g−1 for Eu(III), and 294.1 mg g−1 for Yb(III). The adsorption kinetics results were consistent with the pseudo-second-order equation, indicating that the adsorption process was mainly chemical adsorption. The influence of competing ions on REE adsorption was also investigated. After multiple cycles of adsorption/desorption behavior, EDTA–CS@ZIF-8 still maintained high adsorption capacity for REEs. As a result, EDTA–CS@ZIF-8 possessed good adsorption properties such as stability and reusability, which have potential application in wastewater treatment.

    DOI: 10.3390/ijms22073447

    researchmap

  • Study on the Behavior and Removal of Cadmium and Zinc Using Taraxacum officinale and Gazania under the Application of Biodegradable Chelating Agents 査読

    Naoki Kano, Takumi Hori, Haixin Zhang, Naoto Miyamoto, David Eva Vanessa Anak, Kenji Mishima

    Applied Sciences11 ( 4 ) 1557   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    The removal of cadmium (Cd) and zinc (Zn) from soil by phytoremediation was investigated using Taraxacum officinale and Gazania. A plant environmental control system was used to cultivate the plants. The effects of different biodegradable chelating agents (i.e., EDDS, HIDS, and GLDA), relative humidity, and other competitive metals on the adsorption of Cd and Zn were also studied. In addition, the approach for metal recovery was explored by extraction of metals from plants after phytoremediation using Gazania. The concentrations of Cd and Zn were determined by inductively coupled plasma mass spectrometry (ICP-MS). In addition, one-way analysis of variance (ANOVA) tests were performed.to determine significant differences between the experimental treatments adopted in this work. Consequently, the following main conclusions were obtained: (1) In the case of Taraxacum officinale, Cd and Zn could be removed even under the presence of other heavy metals. (2) By adding a chelating agent, the amount absorbed by the shoot generally increased. (3) In the case of Gazania, the concentration of Cd was higher in root than that in shoot, whereas the concentration of Zn was higher in the shoot than that in the root. (4) Taraxacum officinale was more suitable for phytoremediation of Cd than Gazania. (5) Cd and Zn could be extracted from plants by adding a low concentration of nitric acid. (6) The one-way ANOVA tests showed no statistically significant differences among the experimental treatments.

    DOI: 10.3390/app11041557

    researchmap

  • 降水中のトリチウム (T)濃度及び酸素・水素安定同位体比(δ18O,δD)から見た近年の環境動態の評価 招待 査読

    狩野直樹, 諸橋峻秀, 宮本直人

    RADIOISOTOPES70 ( 1 ) 41 - 54   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 酸素・水素安定同位体(δ18O,δD),トリチウム(T)濃度および各種イオン濃度から見た近年の新潟県の湖沼水系と降水の特徴 査読

    大石皓平, 江野本貴之, 佐藤舜起, 諸橋峻秀, 宮本直人, 狩野直樹, 今泉洋, 渡部直喜

    RADIOISOTOPES69 ( 9 ) 299 - 313   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本アイソトープ協会  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.69.299

    researchmap

  • Removal of Chromium(VI) by Chitosan Beads Modified with Sodium Dodecyl Sulfate (SDS) 査読

    Xiaoyu Du, Chihiro Kishima, Haixin Zhang, Naoto Miyamoto, Naoki Kano

    Applied Sciences10 ( 14 ) 4745   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    In this study, chitosan beads modified with sodium dodecyl sulfate (SDS) were successfully synthesized and employed for the removal of chromium(VI) (Cr(VI)). The adsorption performance of the adsorbent (SDS-chitosan beads) was examined by batch experiments. The partition coefficient (PC) as well as the adsorption capacity were evaluated to assess the true performance of the adsorbent in this work. The adsorbent (SDS-chitosan beads) showed a maximum Cr(VI) adsorption capacity of 3.23 mg·g−1 and PC of 9.5 mg·g−1·mM−1 for Cr(VI). The prepared adsorbent was characterized by different techniques such as scanning electron microscopy-energy dispersive X-ray spectroscopy (SEM-EDS), X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) and Fourier transform-infrared spectroscopy (FT-IR). We used inductively coupled plasma mass spectrometry (ICP-MS) for the determination of Cr(VI) in solution. The experimental data could be well-fitted by pseudo-second-order kinetic and Langmuir isotherm models. The thermodynamic studies indicated that the adsorption process was favorable under the higher temperature condition. The SDS-modified chitosan beads synthesized in this work represent a promising adsorbent for removing Cr(VI).

    DOI: 10.3390/app10144745

    researchmap

  • セシウム吸着に用いるプルシアンブルー類似体の特性評価と水溶液中からのセシウム除去法の検討 査読

    堀井雄太, 宮本直人, 狩野直樹, 今泉 洋

    RADIOISOTOPES69 ( 7 ) 217 - 231   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本アイソトープ協会  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.69.217

    researchmap

  • Adsorption and Desorption Mechanisms of Rare Earth Elements (REEs) by Layered Double Hydroxide (LDH) Modified with Chelating Agents 査読

    Shuang Zhang, Naoki Kano, Kenji Mishima, Hirokazu Okawa

    Applied Sciences9 ( 22 ) 4805   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    In order to obtain the adsorption mechanism and adsorption structures of Rare Earth Elements (REEs) ions adsorbed onto layered double hydroxides (LDH), the adsorption performance of LDH and ethylenediaminetetraacetic acid (EDTA) intercalated LDH for REEs was investigated by batch experiments and regeneration studies. In addition to adsorption capacity, the partition coefficient (PC) was also evaluated to assess their true performance metrics. The adsorption capacity of LDH increases from 24.9 μg·g−1 to 145 μg·g−1 for Eu, and from 20.8 μg·g−1 to 124 μg·g−1 for La by intercalating EDTA in this work; and PC increases from 45.5 μg·g−1·uM−1 to 834 μg·g−1·uM−1 for Eu, and from 33.6 μg·g−1·μM−1 to 405 μg·g−1·μM−1 for La. Comparison of the data indicates that the adsorption affinity of EDTA-intercalated LDH is better than that of precursor LDH no matter whether the concept of adsorption capacity or that of the PC was used. The prepared adsorbent was characterized by XRD, SEM-EDS and FT-IR techniques. Moreover, quantum chemistry calculations were also performed using the GAUSSIAN09 program package. In this calculation, the molecular locally stable state structures were optimized by density functional theory (DFT). Both the quantum chemistry calculations and the experimental data showed that REEs ions adsorbed by EDTA-intercalated LDH are more stable than those adsorbed by precursor LDH. Furthermore, the calculation results of adsorption and desorption rates show that adsorption rates are larger for Eu(III) than for La(III), which agrees with the experimental result that Eu(III) has a higher adsorption ability under the same conditions. The LDHs synthesized in this work have a high affinity for removing REEs ions.

    DOI: 10.3390/app9224805

    researchmap

  • The Removal of Cr(III) from Aqueous Solution Using Modified Wool 査読

    Yunden, G, Kano, N, Kim, H. J

    J. Chem. Chem. Eng.13   55 - 61   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Combined experimental and quantum chemistry studies on the pH dependence of the adsorption efficiency of uranium (VI): Lewis theory of acid-base reactions in adsorption processes 査読

    Mishima, K, Deng, Y, Feng, S, Abe, M, Miyamoto, N, Kano, N

    J. Phys. Chem. C   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Experimental and Theoretical Studies on the Adsorption Mechanisms of Uranium (VI) Ions on Chitosan 査読

    Kenji Mishima, Xiaoyu Du, Naoto Miyamoto, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    J. Funct. Biomater.   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jfb9030049

    researchmap

  • Studies on decolorization of orange peel pectin by using corncob activated carbon (CAC), kinetics and thermodynamics of interactions 査読

    XIAOYU-DU, Q. U. YAN-QING, W. U. CHUN AND, NAOKI KANO

    J. Appl. Chem. Sci. Int.   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Removal of Cr(VI) from Aqueous Solution by Cross-Linked Chitosan 査読

    Xiaoyu Du, Yanling Deng, Shunsuke Sekiguchi, Naoto Miyamoto, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    J. Environ. Sci. Eng. A   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Experimental and theoretical studies on the adsorption and desorption mechanisms of chromate ions on cross-linked chitosan 査読

    Mishima, K, Du, X, Sekiguchi, S, Kano, N

    J. Funct. Biomater.   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jfb8040051

    researchmap

  • Stable Isotope Analysis of Hydrogen and Oxygen in a Traditional Japanese Alcoholic Beverage, Sake, from Niigata Prefecture in Japan and Other Countries 査読

    Takashi Kuribayashi, Masamichi Sugawara, Keigo Sato, Yoshihito Nabekura, Toshio Aoki, Naoki Kano, Toshio Joh, Mitsuoki Kaneoke

    ANALYTICAL SCIENCES33 ( 8 ) 979 - 982   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC ANALYTICAL CHEMISTRY  

    Stable hydrogen and oxygen isotopic compositions (delta D and delta O-18 values, respectively) were analyzed for "sake," a traditional Japanese alcohol beverage, to assess these values for the identification of its geographic origin. We collected sake (Junmai-shu; made of only rice, water, and koji) and its source water (i.e., brewing water) from breweries in Niigata Prefecture, Japan, and measured the isotopic compositions of water in these samples. The delta D and delta O-18 values for the sake are well correlated with their respective values for the corresponding brewing water (delta D; r = 0.92, delta O-18; r = 0.80). Furthermore, based on the delta D-delta O-18 cross plot, sake brewed in Niigata Prefecture is distinguishable from that brewed in countries other than Japan. These results imply that this dual isotope (delta D and delta O-18) analysis is potentially useful in identifying the geographic origin of sake.

    DOI: 10.2116/analsci.33.979

    Web of Science

    researchmap

  • Recovery of Gold from Aqueous Solution Containing Au (III) by Silicon Organic Polymer 査読

    Yunden, G, Gunchin, B, Kano, N, Kim, H

    J. Chem. Chem. Eng11   15 - 21   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Adsorption of Cr(VI) onto Hybrid Membrane of Carboxymethyl Chitosan and Silicon Dioxide 査読

    Yanling Deng, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    JOURNAL OF CHEMISTRY   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI LTD  

    In this study, a new adsorbent material was synthesized by using carboxymethyl chitosan and silicon dioxide. The hybrid membrane was used as an adsorbent for the removal of Cr(VI) from aqueous solutions. The adsorption potential of Cr(VI) by the hybrid materials was investigated by varying experimental conditions such as pH, contact time, and the dosage of the hybrid membrane. Adsorption isotherms of Cr(VI) onto the hybrid membrane were studied with varying initial concentrations under optimum experiment conditions. The surface property of the hybrid membrane was characterized by SEM (scanning electron microscope) and Fourier transform infrared spectrometer (FTIR). The concentrations of Cr(VI) in solution are determined by ICP-AES (inductively coupled plasma atomic emission spectrometry). The present study investigates the adsorption mechanisms of Cr(VI) onto the hybrid membrane. The results provide new insight, demonstrating that the modified hybrid membrane can be an efficient adsorbent for Cr(VI) from the aqueous solution.

    DOI: 10.1155/2017/3426923

    Web of Science

    researchmap

  • Adsorption of rare earth elements (REEs) onto Activated Carbon Modified with Potassium Permanganate (KMnO4) 査読

    Kano, N, Pang, M, Deng, Y, Imaizumi, H

    J. Appl. Sol. Model.   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Observation of Tritium Behavior Both in Monthly Precipitation in Niigata City and in Spring Water at Top of Mt. Zao and Some Mountains in Fukushima Prefecture After the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accident 査読

    Ying WANG, Shogo MORITA, Noriaki KATAOKA, Hiroshi IMAIZUMI, Naoki KANO

    RADIOISOTOPES65 ( 10 ) 409 - 414   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.65.409

    researchmap

  • Combined experimental and quantum chemical study on the adsorption mechanism of phosphorous anions on the hydrotalcite surfaces 査読

    Kenji Mishima, Shuang Zhang, Sho Minagawa, Naoki Kano

    FUNCTIONAL MATERIALS LETTERS9 ( 5 )   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    In the present work, the hydrotalcite-like compound [Mg6Al2(OH)(16)]CO3 center dot nH(2)O (shorted as MgAl-CO3) is synthesized and the adsorption of phosphorous anions, their adsorption performance on the surface of hydrotalcites, and its mechanism are analyzed. To theoretically clarify the adsorption mechanism and adsorption structures, we perform quantum chemistry calculations of reactants, locally stable states, transition states, and products among phosphorous anion, water, and hydrotalcite in a variety of pH ranges. The experimental result shows that the efficiency of phosphate removal does not depend on pH of the solution, with which the numerical results are consistent. In particular, we identify the factors of influencing the adsorption ratio in different pH ranges from the quantum chemistry calculations: the stability of locally stable states, and the energies and locations of potential barriers along the reaction pathway relative to those of the locally stable states. The results suggest that hydrotalcites synthesized in this work are suitable as sorbent materials for the adsorption and removal of phosphorous anions from aqueous solutions.

    DOI: 10.1142/S1793604716500612

    Web of Science

    researchmap

  • Removal of Chromium from Aqueous Solution Using Hybrid Membrane of Chitosan and Silicon Dioxide 査読

    Yanling DENG, Naoki KANO, Hiroshi IMAIZUMI

    J. Chem. Chem. Eng10   199 - 206   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Adsorption of Cd(II) on Zn-Al LDHs (Layered Double Hydroxides) Intercalated with Chelating Agents EDTA 査読

    Shuang Zhang, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    J. Chem. Chem. Eng.10   60 - 67   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17265/1934-7375/2016.02.002

    researchmap

  • Synthesis and Characterization of LDHs (Layered Double Hydroxides) Intercalated with EDTA (Ethylenediaminetetraacetic Acid) or EDDS (N, N'-1, 2-Ethanediylbis-1-Aspartic Acid 査読

    Zhang, S, Kano, N, Imaizumi, H

    J. Environ. Sci. Eng. A5   549 - 558   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17265/2162-5298/2016.11.001

    researchmap

  • Effect of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant on Lakes in Fukushima Prefecture and Niigata City 査読

    Naoyuki Kanda, Ying Wang, Noriaki Kataoka, Ryuta Yamada, Hiroshi Imaizumi, Naoki Kano

    Radioisotopes64 ( 12 ) 717 - 728   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.64.717

    researchmap

  • Investigation of Tritium and Radiocaesium in Spring Water and Short Precipitation after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant Accident 査読

    Wang Ying, Noriaki Kataoka, Naoyuki Kanda, Ryuta Yamada, Minami Watanabe, Shogo Morita, Hiroshi Imaizumi, Naoki Kano

    Radioisotopes64 ( 9 ) 553 - 561   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.64.553

    researchmap

  • Adsorption of Chromium(VI) onto Activated Carbon Modified with KMnO4 査読

    Meiling Pang, Bing Liu, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    Journal of Chemistry and Chemical Engineering,USA9   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:David Publishing Company  

    researchmap

  • Removal of Chromium from Aqueous Solution Using Yukitsubaki Carbon 査読

    Yanling Deng, Naoki Kano, Sho Nakamori, Liang Xu, Hiroshi Imaizumi

    Journal of Chemistry and Chemical Engineering, USA   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 台風時における短期降水中のトリチウムと各種イオンの動態解析 査読

    山田龍太, 渡辺 南, Wang Ying, 片岡憲昭, 森田尚悟, 今泉 洋, 狩野直樹

    Radioisotopes   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.64.455

    researchmap

  • 下水道汚泥灰から高効率リン回収法の開発と重金属除去 招待 査読

    金 煕濬, 狩野直樹

    ケミカルエンジニヤリング60 ( 7 ) 522 - 527   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Adsorption of lead by zeolite/chitosan hybrid composite 査読

    Meiling PANG, Yanling DENG, Naoki KANO, Hiroshi IMAIZUMI

    Energy and Environment   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Environmental characteristics of lagoon waters in Niigata Prefecture, Japan and the effect of precipitation on the water quality of lagoon 査読

    A. Tiemuer, C. Li, M. Pang, N. Kano, H. Imaizumi

    Energy and Environment   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Biosurfactants-enhanced phytoremediation of Pb-contaminated soil by braissca juncea 査読

    L. GAO, R. ZHENG, N. KANO, H. IMAIZUMI

    Energy and Environment   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Isotopic and Chemical Characteristics of Lagoon Waters in Niigata Prefecture, Japan 査読

    Adilijiang Tiemuer, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi, Naoki Watanabe

    Journal of Environmental Science and Engineering   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:David Publishing Company  

    DOI: 10.17265/2162-5298/2015.03.001

    researchmap

  • Biosorption of Chromium from Aqueous Solution Using Chitosan 査読

    Naoki Kano, Kunihiro Tanabe, Meiling Pang, Yanling Deng, Hiroshi Imaizumi

    J. Chem. Chem. Eng.8   1049 - 1058   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:David Publishing  

    DOI: 10.17265/1934-7375/2014.11.005

    researchmap

  • Oxygen Stable Isotopic Ratio in Precipitations in Niigata Prefecture, Japan 査読

    Adilijiang Tiemuer, Naoki Kano, Maiko Sasaki, Hiroshi Imaizumi, Naoki Watanabe

    Journal of Environ. Sci. Engineering   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Evaluation of the Reactivity of L-tyrosine in the T-for-H Exchange Reaction at Low Temperature 査読

    Noriaki Kataoka, Naoyuki Kanda, Hiroshi Imaizumi, Naoki Kano

    RADIOISOTOPES63 ( 9 ) 429 - 434   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.63.429

    researchmap

  • T-for-H交換反応における各種ピリジン誘導体の速度論的反応解析と未知のニコチン酸誘導体の反応性推定への応用 査読

    青塚 潤, 王 蛍, 佐藤貴之, 片岡 憲昭, 今泉 洋, 狩野直樹

    RADIOISOTOPES63 ( 6 ) 283 - 291   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.63.283

    researchmap

  • Adsorption of Heavy Metal onto Activated Carbon Modified with Potassium Permanganate 査読

    Meiling Pang, Liang Xu, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN47 ( 5 ) 386 - 391   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC CHEMICAL ENG JAPAN  

    This study investigated the adsorption of lead ions (Pb2+) by activated carbon modified with potassium permanganate (KMnO4). Activated carbon was chemically modified through impregnation with solutions of KMnO4 (0.01 mol/L and 0.03 mol/L). Adsorption experiments from aqueous solutions containing known amounts of Pb2+ were explored in a batch system. The amount of Pb2+ adsorbed at different pH values, initial concentrations, sorbent dosages, contact times, and temperature were determined by atomic absorption spectrometry (AAS) in order to determine the optimum conditions for Pb2+ adsorption. Moreover, the effects of common ions like sodium, potassium, calcium, and magnesium on the adsorption capacity were also studied. The Pb2+ adsorption on modified and unmodified activated carbon conformed to the Langmuir isothermal adsorption equation. Overall the modified activated carbon exhibited a higher adsorption capacity and stronger chemical affinity than pristine activated carbon. The rates of adsorption were found to conform to pseudo-second order kinetics.

    DOI: 10.1252/jcej.13we208

    Web of Science

    researchmap

  • Adsorption of Cu(Ⅱ), Pb(Ⅱ) by Mg-Al layered double hydroxides (LDHs): intercalated with the chelating agents EDTA and EDDS 査読

    Shuang ZHANG, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    Journal of Chemical Engineering of Japan47 ( 4 ) 324 - 328   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.13we210

    Web of Science

    researchmap

  • Removal of U(VI) from Aqueous Solution Using Carbon Modified with Nitric Acid 査読

    Liang Xu, Meiling Pang, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN47 ( 4 ) 319 - 323   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC CHEMICAL ENG JAPAN  

    Adsorption of uranium (VI) from aqueous solution onto Yukitsubaki carbon (YKC) modified with nitric acid (10% and 30%) has been investigated in a batch system. Adsorption parameters such as contact time, carbon dosage, pH of solution and temperature onto the modified carbon have been determined with ICP-MS in order to obtain the optimum conditions for the U(VI) adsorption process. Adsorption isotherms of U(VI) onto the modified and pristine carbon were measured at varying initial concentrations under optimized condition. The surface properties of the modified carbon as well as the pristine carbon were characterized using N-2-BET, SEM and FT-IR. The results show that the U(VI) adsorption capacity of YKC is increased after the modification with nitric acid, and that the Langmuir isotherm model fits the experimental data better than the Freundlich isotherm.

    DOI: 10.1252/jcej.13we207

    Web of Science

    researchmap

  • “Concentration and Chemical Speciation of Heavy Metals in Sludge and Removal of Metals by Biosurfactants Application” 査読

    Lidi Gao, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    Journal of Chemistry and Chemical Engineering (USA)   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:David Publishing Company  

    researchmap

  • 新潟県の湖沼における水質及び同位体的特徴-中国黒龍江省のZhalong湿地との比較も含めて- 査読

    Adiljiang Tiemuer, 狩野 直樹, 今泉 洋, 李 冲, 渡部 直喜, 鄭 永杰

    RADIOISOTOPES62 ( 7 ) 409 - 421   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.62.409

    researchmap

  • Seasonal Variation of Tritium and Major Elements in Snow and Precipitation in Niigata Japan

    Yurong Jiao, Hiroshi Imaizumi, Naoki Kano

    Journal of Environmental Science and Engineering   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Kinetic estimation of hydrogen isotope exchange reaction between tritiated-water (HTO) vapor and each amino acid in a heterogeneous system 「"jointly worked"」 査読

    Noriaki Kataoka, Hiroshi Imaizumi, Naoki Kano

    Journal of Nuclear Science and Technology49 ( 7 ) 667 - 672   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00223131.2012.693882

    Web of Science

    researchmap

  • Behavior and Distribution of Heavy Metals Including Rare Earth Elements, Thorium, and Uranium in Sludge from Industry Water Treatment Plant and Recovery Method of Metals by Biosurfactants Application 査読

    Lidi Gao, Naoki Kano, Yuichi Sato, Chong Li, Shuang Zhang, Hiroshi Imaizumi

    BIOINORGANIC CHEMISTRY AND APPLICATIONS   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI PUBLISHING CORPORATION  

    In order to investigate the behavior, distribution, and characteristics of heavy metals including rare earth elements (REEs), thorium (Th), and uranium (U) in sludge, the total and fractional concentrations of these elements in sludge collected from an industry water treatment plant were determined and compared with those in natural soil. In addition, the removal/recovery process of heavy metals (Pb, Cr, and Ni) from the polluted sludge was studied with biosurfactant (saponin and sophorolipid) elution by batch and column experiments to evaluate the efficiency of biosurfactant for the removal of heavy metals. Consequently, the following matters have been largely clarified. (1) Heavy metallic elements in sludge have generally larger concentrations and exist as more unstable fraction than those in natural soil. (2) Nonionic saponin including carboxyl group is more efficient than sophorolipid for the removal of heavy metals in polluted sludge. Saponin has selectivity for the mobilization of heavy metals and mainly reacts with heavy metals in F3 (the fraction bound to carbonates) and F5 (the fraction bound to Fe-Mn oxides). (3) The recovery efficiency of heavy metals (Pb, Ni, and Cr) reached about 90-100% using a precipitation method with alkaline solution.

    DOI: 10.1155/2012/173819

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of EDTA and EDDS on phytoremediation of Pb- and Zn-contaminated soil by Brassica Juncea 査読

    Lidi Gao, Naoki Kano, Yuichi Sato, Shuang Zhang, Hiroshi Imaizumi

    ADVANCES IN ENVIRONMENTAL SCIENCE AND ENGINEERING, PTS 1-6518-523   5040 - 5046   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:TRANS TECH PUBLICATIONS LTD  

    Effect of EDTA and EDDS on phytoremediation of Pb- and Zn- contaminated soil by Brassica Juncea was investigated in this work. Especially, the effect of the kind and the method of adding chelating agent was investigated during the plant growth. Plants were grown in an environmental control system. The biomass of the whole plant was weighed, and the uptake of Pb and Zn in shoot and root were determined using ICP-AES. Consequently, the following matters have been obtained: (1) Both EDTA and EDDS significantly enhanced the translocation of metals (Pb and Zn) in soil from root to shoot. Furthermore, the two chelating agents resulted in a sharply biomass loss for more than 30% of the control. As a result, the total uptake amount of metals by Brassica Juncea was decreased (except the uptake of Pb with the addition of 3.0 mmol.kg(-1) EDTA). (2) EDDS showed the higher inhibition for the growth of Brassica Juncea than EDTA. (3) The method for adding EDTA and EDDS at several times separately did not necessarily increase the uptake of heavy metals.

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMR.518-523.5040

    Web of Science

    researchmap

  • “Fractional determination of Some Metallic Elements including Rare Earth Elements, Thorium and Uranium in Agriculture Soil by Sequential Extraction Procedure”「"jointly worked"」 査読

    Lidi GAO, Naoki KANO, Yoshimasa HIGASHIDAIRA, Yoshikazu NISHIMURA, Ryo ITO, Hiroshi IMAIZUMI

    Radioisotopes60 ( 11 )   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.60.443

    researchmap

  • "Observation of the Movement of the Precipitation by Using Tritium Tracer" 「"jointly worked"」 査読

    Yurong Jiao, Sayuri ISHIDA, Kayoko TAKADA, Hiroshi IMAIZUMI, Naoki KANO, Masaaki Saito

    Radioisotopes60 ( 9 )   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.60.363

    researchmap

  • トリチウムトレーサー法を用いた硫酸銅の結晶水の挙動 「(共著)」 査読

    佐藤徹也, 焦 玉荣(Jiao Yurong, 今泉 洋, 狩野直樹

    Radioisotopes60 ( 5 ) 215 - 219   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.60.215

    researchmap

  • Biosorption of Lanthanides using Three Kinds of Seaweed Biomasses 「"jointly worked"」 査読

    Nobuo SAKAMOTO, Naoki KANO, Yudan WANG, Lidi GAO, Hiroshi IMAIZUMI

    Radioisotopes59 ( 11 ) 623 - 636   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.59.623

    researchmap

  • Biosorption of Rare Earths Elements, Thorium and Uranium using Buccinum Tenuissimum Shell Biomass 「"jointly worked"」 査読

    Yudan WANG, Yusuke KOTO, Nobuo SAKAMOTO, Naoki KANO, Hiroshi IMAIZUMI

    Radioisotopes59 ( 9 )   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.59.549

    researchmap

  • T-for-H交換反応におけるL-ノルバリンの2段階同時反応解析— 極性効果と立体効果の影響に対するTaft式の適用 —「(共著)」 査読

    片岡 憲昭, 今泉 洋, 斉藤 弘, 佐藤 貴之, 狩野 直樹

    Radioisotopres59 ( 6 ) 379 - 386   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.59.379

    researchmap

  • T-for-H 交換反応を用いたベンズアルデヒド誘導体の速度論的反応解析 査読

    山崎佑樹, 今泉 洋, 狩野直樹

    Radioisotopes59 ( 5 ) 311 - 318   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.59.311

    researchmap

  • Characteristics of oxygen stable isotopic ratio in precipitations in Niigata Prefecture, Japan「"jointly worked"」 査読

    Chong LI, Naoki KANO, Yuichi UENO, Mitsuru HANABUSA, Yurong JIAO, Hiroshi IMAIZUMI, Naoki WATANABE

    Radioisotopes59 ( 2 ) 93 - 102   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.59.93

    researchmap

  • Biosorption of lanthanides from Aqueous Solutions using Pretreated Buccinum tenuissimum Shell Biomass 「"jointly worked"」 査読

    Yusuke KOTO, Naoki KANO, Yudan WANG, Nobuo SAKAMOTO, Hiroshi IMAIZUMI

    Bioinorganic Chemistry and Applications2010   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2010/804854

    Web of Science

    researchmap

  • Behavior and Distribution of Rare Earth Elements, Thorium and Uranium in Soil Environment「"jointly worked"」 査読

    Naoki KANO, Toshiyuki TSUCHIDA, Nobuo SAKAMOTO, He LU, Yoshikazu NISHIMURA, Daichi OGURA, Hiroshi IMAIZUMI, Lidi GAO

    Radioisotopes58 ( 11 ) 727 - 741   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.58.727

    researchmap

  • SPE電解法におけるトリチウム分離係数への磁場と温度の影響「(共著)」 査読

    高橋洋輔, 関谷喜史, 今泉洋, 斎藤正明, 福井聡, 狩野直樹

    Radioisotopes58 ( 7 ) 469 - 475   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.58.469

    researchmap

  • Speciation analysis of chromium in environmental waters in Niigata Prefecture by applying size fractionation and ion-exchange methods 「(共著)」 査読

    LU He, JIAO Yurong, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    Journal of Ecotechnolgy Research   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11190/jer.14.239

    researchmap

  • T-for-H交換反応における芳香族アミノ酸の速度論的反応解析 査読

    吉田 陽, 今泉 洋, 佐藤貴之, 狩野直樹

    Radioisotopes58 ( 4 ) 121 - 128   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.58.121

    researchmap

  • Decentralization Treatment of Papermaking Wastewater by a Sequential Biological Fluidized Bed 「(共著)」 査読

    XU Gongdi, LI Chong, IMAIZUMI Hiroshi, KANO Naoki

    Proceedings of 2009 International Symposium on Environmental Science and Technology (2009ISEST)   1635 - 1640   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Determination of rare earth elements, thorium and uranium in seaweed samples on the coast in Niigata Prefecture by inductively coupled plasma mass spectrometry 査読

    Nobuo Sakamoto, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    APPLIED GEOCHEMISTRY23 ( 10 ) 2955 - 2960   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The determination of rare earth elements (REEs), Th and U in seaweeds of various species and in ambient surface seawater were performed by inductively coupled plasma mass spectrometry. The seaweeds and the seawater samples were collected at 10 different coastal areas of Niigata Prefecture in Japan twice a year (spring and autumn) in 2004 and 2005. Results showed that concentration of REEs in seaweed species from Niigata Prefecture were about 103 times higher than those in seawater, and the enrichment factors of REEs were larger in heavy REE than light REE. A significant concentration difference of REEs, Th and U was found among species even in the same phylum. Undaria pinnatifida had the highest concentration of U. Considering that U. pinnatifida has low concentrations of REEs among typical brown algae, different REEs and U uptake mechanisms are suggested. The concentration of REEs, Th and U did not vary remarkably between sampling points and/or seasons. (c) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.apgeochem.2008.04.011

    Web of Science

    researchmap

  • Environmental characteristics of lagoon waters in Niigata Prefecture based on oxygen stable isotopic ratio and the concentrations of dissolved materials 査読

    He LU, Naoki KANO, Yoshie YASHIMA, Yoshiyuki AMANO, Chong LI, Hiroshi IMAIZUMI, Naoki WATANABE, Yongjie ZHENG

    Radioisotopes57 ( 7 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.57.405

    researchmap

  • 降水中におけるトリチウムとカルシウムイオンとの間の濃度相関性 査読

    高橋優太, 今泉 洋, 狩野直樹, 齋藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之, 齋藤圭一

    Radioisotopes57 ( 6 ) 375 - 383   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.57.375

    researchmap

  • T-for-H交換反応における安息香酸誘導体の速度論的反応解析 査読

    澤田佳則, 今泉 洋, 狩野直樹

    Radioisotopes57 ( 4 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.57.233

    researchmap

  • Biosorption of Uranium and Rare Earth Elements Using Biomass of Algae 査読

    Nobuo Sakamoto, Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    BIOINORGANIC CHEMISTRY AND APPLICATIONS   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:HINDAWI PUBLISHING CORPORATION  

    In order to investigate the behavior of rare earth elements (REEs) and uranium (U) in marine organism, the concentrations of REEs and U in some brown algae samples taken on the coast of Niigata Prefecture were determined. In addition, laboratory model experiment to uptake these elements using living and dried algae (Undaria pinnatifida and Sargassum hemiphyllum) was also carried out to survey the uptake and bioaccumulation mechanism of REEs and U in algae. Consequently, the following matters have been mainly clarified. (1) The order of the concentration of REEs for each organ in Sargassum hemiphyllum is "main branch" > "leaf" > "vesicle," however for U, the order is "leaf " > "vesicle" > " main branch." (2) The concentration of REEs in Sargassum hemiphyllum may be strongly affected by suspended solid in seawater. (3) The uptake and/or accumulate mechanism of REEs in brown algae may be different from that of U. Copyright (C) 2008 Nobuo Sakamoto et al.

    DOI: 10.1155/2008/706240

    Web of Science

    researchmap

  • T-for-H交換反応における脂環式アルコール及びカルボン酸の速度論的解析

    田村 潔, 今泉 洋, 狩野直樹

    Radioisotopes56 ( 10 ) 593 - 603   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.56.593

    researchmap

  • Study on Reduction of Chromium Using Humic Substances and Clay Minerals 査読

    KANO Naoki, OTSUKI Yusuke, LU He, IMAIZUMI Hiroshi

    Journal of Ecotechnology Research13 ( 2 ) 79 - 84   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 大気・降水中に含まれる多環芳香族炭化水素類(PAHs)の測定とその挙動 査読

    大浦 孝祐, 村山 等, 家合 浩明, 狩野 直樹, 今泉 洋

    環境化学17 ( 2 ) 205 - 216   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5985/jec.17.205

    researchmap

  • 新潟県の湖沼における環境汚染物質の動態および水質評価 査読

    狩野直樹

    財団法人 環境地質科学研究所 研究年報 ( 18 ) 29 - 38   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 異なる3種の官能基を持つL-システイン酸とL-システインの反応性の同時解析 査読

    今泉 洋, 長澤智史, 狩野直樹

    Radioisotopes55 ( 12 ) 709 - 718   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.55.709

    researchmap

  • Environmental characteristics of precipitations based on both oxygen stable isotopic ratio and concentration of rare earth elements (REEs), thorium (Th), uranium (U) in Niigata Prefecture 査読

    Naoki KANO, Takehiro KIKUCHI, Nobuo SAKAMOTO, Hiroshi IMAIZUMI, Hitoshi MURAYAMA, Hiroaki YAGOH, Tsuyoshi OHIZUMI

    Radioisotopes55 ( 6 ) 307 - 317   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.55.307

    researchmap

  • T-for-H交換反応における種々の脂肪族ジアミンの反応性 査読

    今泉 洋, 斎藤博美, 狩野直樹

    Radioisotopes55 ( 4 ) 183 - 190   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.55.183

    researchmap

  • 酸素安定同位体比および希土類元素濃度から見た新潟県の降水の特徴 査読

    狩野直樹

    財団法人 環境地質科学研究所 研究年報 ( 17 ) 51 - 62   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Study on the behavior of pollutants in lagoon waters in Niigata Prefecture, Japan 査読

    Naoki Kano, Yongjie Zheng, He Lu, Masaru Tazawa, Yoshie Yashima, Takeshi Koyama, Hiroshi Imaizumi

    Geophysical Solutions for Environment and Engineering, Vol 1 and 2Vol. 2   802 - 806   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SCIENCE PRESS USA INC  

    In order to reveal the quality and characteristics of lagoon waters in Niigata Prefecture in recent years, and to investigate the behavior of the pollutants in lagoon waters, dissolved organic carbon (DOC), complexing capacity, the concentration of major ions and oxygen stable isotopic ratios (i.e., delta O-18) in some lagoon water samples in Niigata Prefecture were measured. Moreover, pH and electric conductivity (EC), dissolved oxygen (DO) and water temperature were measured in the field. Lagoon water samples were usually monthly taken from 2004 to 2006 at the fixed sampling point from 2 lagoons (i. e. Sakata and Toyanogata) in Niigata Prefecture.
    Consequently, the following matters have been mainly clarified. (1) 6180 values of lagoon water samples is generally larger than that of river water samples. In particular, delta 1(8)O values in Sakata lagoon increase remarkably in summer. It can be closely related to the activity of Crustacea plankton as well as due to the effect of the supply of groundwater. (2) The values of DO and DOC of water samples in Sakata increase in summer. It might be attributable to the photosynthesis of aquatic plants. For the same reason, it can be considered that the complexing capacity of the samples in Sakata also increases in summer. (3) The relationship between delta O-18 values and the concentration of HCO3- can be a good indicator for the degree of the inflow from groudwaters to lagoon under the same geological condition. (4) The relationship between delta O-18 values and the DOC was relatively good in the water samples in Sakata.

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟県内の主要な湖沼・河川水の水質および同位体的・化学的特徴 査読

    田澤 勝, 狩野 直樹, 今泉 洋

    分析化学54 ( 9 ) 789 - 798   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.54.789

    Web of Science

    researchmap

  • T-for-H交換反応におけるシクロアミンの反応性の速度論的解析 査読

    今泉 洋, 長澤智史, 篠原雪彦, 狩野直樹

    Radioisotopes54 ( 5 ) 139 - 143   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.54.139

    researchmap

  • 新潟県内の環境水中クロムのイオン交換分離/ 誘導結合プラズマ発光分析法による形態分析 査読

    岩崎 祐樹, 狩野 直樹, 大森 和宏, 今泉 洋, 石塚 紀夫

    分析化学53 ( 9 ) 1015 - 1019   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.53.1015

    Web of Science

    researchmap

  • 酸素安定同位体比および主要イオン濃度を用いた新潟県の河川水・地下水の動態評価 査読

    狩野直樹, 佐藤明史, 今泉 洋

    Radioisotopes53 ( 7 ) 415 - 425   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.53.415

    researchmap

  • Reactivity of Normal Chain Diols in T-for-H Exchange Reaction 査読

    H. Sakai, H. Imaizumi, T. Murata, N. Kano

    Radioisotopes53 ( 2 ) 71 - 75   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.53.71

    researchmap

  • 希土類元素パターンから見た近年の新潟県近辺海域における海藻および海水試料の化学的特徴 査読

    狩野直樹, 青柳良隆, 松井健太郎, 今泉 洋

    環境化学13 ( 3 ) 789 - 798   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5985/jec.13.789

    researchmap

  • Reactivity of Aliphatic Dicarboxylic Acids in Hydrogen-Isotope Exchange Reaction 査読

    D. Zhao, H. Imaizumi, T. Kato, H. Sakai, N. Kano

    Radioisotopes52 ( 5 ) 215 - 223   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.52.215

    researchmap

  • 酸素安定同位体比から見た新潟県における近年の降水と河川水の特徴 査読

    狩野直樹, 藍原弘行, 小島 令, 竹内香代子, 佐藤明史, 今泉 洋

    Radioisotopes52 ( 2 ) 65 - 80   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.52.65

    researchmap

  • Reactivity of Benzenesulfonic Acids in the Hydrogen-Isotope Exchange Reaction 査読

    D. Zhao, H. Imaizumi, N. Kano

    Radioisotopes52 ( 2 ) 57 - 64   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.52.57

    researchmap

  • 脂肪族ジカルボン酸中のメチレン数がその反応性に及ぼす影響(T-for-H交換の利用) 査読

    今泉 洋, 加藤岳久, 趙 東宇, 狩野直樹

    Radioisotopes51 ( 6 ) 244 - 248   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.51.244

    researchmap

  • Determination of Rare Earth Elements in Seaweed and Seawater Samples on the coast in Niigata Prefecture by ICP-MS after Solvent Extraction 査読

    Naoki Kano, Yoshitaka Aoyagi, Hiroshi Imaizumi

    Analytical Sciences17(Supplement)   i1011 - i1014   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 物質の解離とトリチウム水の解離 査読

    今泉 洋, 狩野直樹

    Radioisotopes50   425 - 427   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.50.9_425

    researchmap

  • Preliminary investigation of isotope hydrology of precipitations and river waters in Niigata Prefecture, Japan. 査読

    Naoki Kano, H. Aihara, R. Kozima, Hiroshi Imaizumi

    Proc. of 1st International Symposium on Isotopomers (ISI 2001 Yokohama)1   323 - 330   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 誘導結合プラズマ質量分析法による新潟県近辺海域における海藻試料中の希土類元素の定量 査読

    狩野直樹, 青柳良隆, 今泉 洋

    環境化学11   221 - 231   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5985/jec.11.221

    researchmap

  • 三置換芳香族化合物の反応性の同時解析 -固気系でのT-for-H交換の利用- 査読

    今泉 洋, 坂井秀行, 狩野直樹

    Radioisotopes49 ( 6 ) 285 - 291   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.49.285

    researchmap

  • Effect of temperature on HTO-dissociation determined by ion exchange resins 査読

    N Kano, D Arai, H Imaizumi

    ANALYTICAL SCIENCES15 ( 11 ) 1071 - 1076   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC ANALYTICAL CHEM  

    In order to reveal the effect of temperature on (i) the dissociation equilibrium of tritiated water (HTO water) and (ii) the reactivity of each anion-exchange resin, the OT-for-OH exchange reaction between each anion-exchange resin and HTO water was studied within the range of 20 degrees C to 80 degrees C in the equilibrium state. In addition, the apparent dissociation constant (pK') for each resin was estimated by the method of pH-titration. From the observation of the OT-for-OH exchange reaction between each of the following anion-exchange resins and HTO water, the next three items have been found: (1) in the case of acryl-type anion-exchange resin, the effect of temperature on OT-for-OH exchange reaction is larger than that on the reaction in the case of styrene-type one; (2) the radioactivity incorporated into weakly basic anion-exchange resin (OH--form) by the isotope exchange reaction is smaller than that into strongly basic one; (3) in the case of the weakly basic anion-exchange resin, the amount of radioactivity incorporated into Cl--form resin by the hydrolysis is larger than the amount of radioactivity incorporated into OH--form resin by the isotope exchange reaction.

    DOI: 10.2116/analsci.15.1071

    Web of Science

    researchmap

  • Tritium incorporation into functional materials by applying OT-for-OH exchange reaction 査読

    Naoki Kano, Hiroshi Imaizumi

    Biological Trace Element Research71-72   509 - 518   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Humana Press  

    In order to reveal (1) the behavior of the tritium-labeled hydroxyl group (i.e., OT group) and (2) the effect of temperature on the dissociation equilibrium of tritiated water, the OT-for-OH exchange reaction in a homogeneous system was observed (1) using ion-exchange resins and HTO water, and (2) using hydrogen oxides and HTO water. Consequently, the following four conclusions were obtained: (1) The OT-for-OH exchange reaction occurred between each anion-exchange resin (or each metal hydroxide) and HTO water. (2) The higher the temperature is, the smaller the activity of both anion- exchange resin and metal hydroxide will be, and the activity of cation- exchange resin is large when the temperature is high. (3) The larger the degree of crosslinking in each Biorad AG1 resin is, the lower the activity of the resin will be. (4) The exchange rate for the OT-for-OH exchange reaction is small when the electronegativity of the metal ion in the metal hydroxide is large.

    DOI: 10.1007/BF02784239

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • T-for-H exchange reaction between HTO vapor and two functional groups in an aromatic compound in a gas-solid system 査読

    H. Imaizumi, H. Sakai, N. Kano

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry241 ( 3 ) 451 - 455   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The hydrogen-isotope exchange reaction (T-for-H exchange reaction) between HTO vapor and an aromatic compound having two different kinds of functional groups has been observed at several temperatures. The rate constant (k) for each functional group in the T-for-H exchange reaction was obtained by using both the A-MCKAY plot method and the data observed. Comparing these k with each other has led to the following four conclusions in the T-for-H exchange reaction. (1) The reactivity of both the COOH and OH groups increases with a rise in temperature. (2) As to the degree of the effect of the COOH group on the reactivity of monosubstituted phenols, the degree in p-hydroxybenzoic acid is greater than that in m-hydroxybenzoic acid. (3) The HAMMETT rule is useful for estimating the reactivity of a certain aromatic compound. (4) The A-MCKAY plot method is also useful not only investigating the reactivity of the compounds having one kind of functional group, but also doing the reactivity of the compounds having two different kinds of functional groups.

    DOI: 10.1007/BF02347196

    Scopus

    researchmap

  • T-for-H交換反応におけるエーテルへのトリチウム取込み 査読

    今泉 洋, 狩野直樹, 平松 城

    Radioisotopes47 ( 12 ) 897 - 903   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.47.12_897

    researchmap

  • Chemical Characteristics of Acid Snow and Rain 査読

    Koichi Katoh, Yoji taguchi, Naoki kano, Kiyomichi Aoyama

    Proc. of International Congress of Acid Snow and Rain1997   38 - 42   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Chromium isotopic composition of some chondritic meteorites 査読

    N. Kano, K. Yamakoshi, M. Imamura

    Antarct. Meteorites Research10   313 - 333   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Isotope exchange between iron(II or III) hydroxide and HTO water in the equilibrium state 査読

    H. Imaizumi, N. Kano, M. Eguchi

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry224 ( 1-2 ) 67 - 69   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Observing the OT-for-OH exchange reaction between iron(II or III) hydroxide and tritiated water (HTO) leads to the following results: (1) isotope exchange as 'atomic group' occurred between the OH group in each iron hydroxide (i.e., Fe(OH)2 or Fe(OH)3) and OT- resulted from the dissociation of HTO
    (2) the ratio of the reactivity of the hydroxides is roughly [iron(III) hydroxide] : [iron(II) hydroxide] = 1.2 : 1.0 and the result is related to difference in electronegativity between Fe2+ and Fe3+. (In other words, if the reactivity depends on the number of the charge, the ratio should be 1.5 : 1.0).

    DOI: 10.1007/BF02034613

    Scopus

    researchmap

  • Effect of temperature (and the degree of crosslinking) on the reactivity of anion-exchange resins by applying the OT-for-OH exchange reaction 査読

    N Kano, D Arai, H Imaizumi

    RADIOCHIMICA ACTA79 ( 3 ) 195 - 198   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:R OLDENBOURG VERLAG  

    In order to reveal (i) the exchange ability of OT- resulting from the dissociation of HTO, (ii) the effect of temperature on the reactivity of anion-exchange resins, and (iii) the effect of the degree of crosslinking on the reactivity of the resins, the OT- for -OH exchange reaction between each OH--form anion-exchange resin and HTO water was observed in the equilibrium state. The anion-exchange resins used were Amberlite IRA-400, and Biorad AG1-X2, X4, X8. The temperature used was 20, 30, 40, 60, or 80 degrees C. The activity of each resin based on the OT-for-OH exchange reaction was measured with a liquid scintillation counter. Analyzing the data obtained, it was found that: (1) the higher the temperature is, the smaller is the activity of IRA-400 resin within the range of 40 similar to 80 degrees C; (2) the larger the degree of crosslinking in each Biorad AG1 resin, the lower the activity of the resin. Accordingly, it can be concluded that: (1) as for the dissociation of HTO at high temperature, the formula (HTO reversible arrow T+ + OH-) is more predominant than the formula (HTO reversible arrow H+ + OT-); (2) the resin with lower porosity (i.e., the resin having the larger degree of crosslinking) shows a lesser tendency for the OT-for-OH exchange reaction to occur than the resin with a higher porosity.

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of the number of methylene groups per molecule on the reactivity of both amino and carboxyl groups in hydrogen-isotope exchange reaction 査読

    H Imaizumi, K Nishiwaki, N Kano

    RADIOCHIMICA ACTA76 ( 4 ) 201 - 204   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:R OLDENBOURG VERLAG  

    In order to reveal to what extent the number of methylene groups per molecule can have an effect on the reactivity of a material having two different kinds of functional groups, the hydrogen-isotope exchange reaction (T-for-H exchange reaction) between HTO vapor and one of aliphatic compounds having both COOH and NH, groups has been observed in the gas-solid system at a range of 50 similar to 80 degrees C. The rate constants for both COOH and NH2 groups in each material were obtained by applying the A ''-McKay plot method to the data observed. Comparing the rate constants has lead to the following three conclusions. (1) The reactivity of the two groups increases with a rise in temperature. (2) The greater the number of methylene groups is, the smaller the reactivity is of the material (i.e., the smaller the reactivity is of both the COOH and NH2 groups in the material). (3) The reactivity of certain aliphatic materials having two different kinds of functional groups can only be analyzed with the A ''-McKay plot method as well as certain aromatic materials having two different kinds of functional groups.

    Web of Science

    researchmap

  • Isotope exchange between alkaline earth metal hydroxide and HTO water in the equilibrium state 査読

    H. Imaizumi, J. Gounome, N. Kano

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry223 ( 1-2 ) 23 - 26   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kluwer Academic Publishers  

    In order to reveal to what extent tritium (3H or T) can be incorporated into hydroxides, the isotope exchange reaction (OT-for-OH exchange reaction) between each alkaline earth metal hydroxide (M(OH)2), where M means alkaline earth metal (M = Ca, Sr or Ba) and HTO water was observed homogeneously at 30 °C under equilibrium after mixing. Consequently, the followings were obtained: (1) a quantitative relation between the electronegativity of each M ion and the ability (of the M ion) incorporating OT- into the M hydroxide can be found and the ability is small when the temperature is high, (2) the exchange rate for the OT-for-OH exchange reaction is small when the electronegativity of the M ion in the M hydroxide is great, (3) as for the dissociation of HTO water, it seems that formula (HTO⇆T+ + OH-) is more predominant than the formula (HTO⇆ + OT-) when the temperature is high and (4) the method used in this work is useful to estimate the reactivity of a certain alkaline material.

    DOI: 10.1007/BF02223358

    Scopus

    researchmap

  • Effect of substituents on the reactivity of monosubstituted benzyl mercaptans in hydrogen-isotope exchange reaction 査読

    H Imaizumi, K Yamauchi, N Kano

    RADIOCHIMICA ACTA79 ( 1 ) 57 - 61   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:R OLDENBOURG VERLAG  

    In order to reveal to what extent each substituent of monosubstituted benzyl mercaptan can affect the reactivity of the material, the hydrogen-isotope exchange reaction (T-for-H exchange reaction) between one of monosubstituted benzyl mercaptans in a p-xylene solution and a poly(vinyl alcohol) labeled with tritium has been observed in a liquid-solid system at a range of 50 similar to 90 degrees C. The rate constants for the materials were obtained by applying the A "-McKay plot method to the data observed. Comparing the rate constants and the results obtained previously has led to the following three conclusions. (1) The reactivity of each monosubstituted benzyl mercaptan is somewhat affected by the type of substituent in the material, and by the reaction temperature. (2) The reactivity of monosubstituted benzyl mercaptans follows the Hammett rule, and is enhanced with one of the electron-attractive substituents. (3) The increasing order of the effect of the substituents on the reactivity of monosubstituted aromatic compounds is as follows: (monosubstituted thiophenol) < (monosubstituted aniline) < (monosubstituted benzyl mercaptan) <(monosubstituted benzaldehyde) < (monosubstituted benzylamine) < (monosubstituted phenol).

    Web of Science

    researchmap

  • OT-for-OH交換反応を用いた陰イオン交換樹脂の反応性 査読

    狩野直樹, 二瓶 誠, 今泉 洋

    Radioisotopes45 ( 10 ) 613 - 618   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3769/radioisotopes.45.613

    researchmap

  • The infrared spectra of diamond-like residues from the Allende meteorite

    C. Koike, N. C. Wickramasinghe, N. Kano, K. Yamakoshi, T. Yamamoto, C. Kaito, S. Kimura, H. Okuda

    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society277   986 - 994   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Chemical and isotopic compositions in acid residues from three meteorites 査読

    Naoki KANO, Kazuo YAMAKOSHI, Hiroyuki MATSUZAKI, Ken’ichi NOGAMI

    Antarctic Meteorites Res.6   325 - 337   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Estimation of burnup in the Oklo natural nuclear reactor from ruthenium isotopic composition 査読

    H. Hidaka, N. Kano, A. Masuda

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry Letters155 ( 2 ) 107 - 113   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kluwer Academic Publishers  

    Estimation of burnup in the Oklo natural reactor was based on Ru isotopic abundances determined by thermal ionization mass spectrometry. Nearly all Ru in the samples is fissiogenic, and burnup values calculated from101Ru,102Ru and104Ru isotope abundances are in good agreement with each other. The conversion factor of238U to235U was also determined using Ru isotope abundances. © 1991 Akadémiai Kiadó.

    DOI: 10.1007/BF02165064

    Scopus

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Advanced Sorption Process Applications

    Kano, N, Zhang, S, edited, by Serpil Edebali( 担当: 共著)

    InTech  2019年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:205   担当ページ:165-183   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Chitin-Chitosan - Myriad Functionalities in Science and Technology

    Naoki KANO, ed, by Rajendra, Sukhadeorao Dongre( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 2 (pp. 19-44) "Carboxymethyl-chitosan cross-linked 3-aminopropyltriethoxysilane membrane for speciation of toxic chromium from water")

    In Tech.  2018年7月  ( ISBN:9781789234060

     詳細を見る

    総ページ数:353   担当ページ:19-44   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Biomass Production and Uses

    Naoki Kano, dite, y E. Jacob-Lopes, L. Q. Zepk( 担当: 共著 ,  範囲: Chap. 4 (pp. 55-80) "Adsorption of Heavy Metal onto the Materials Prepared by Biomass")

    InTech  2015年10月  ( ISBN:9789535121817

     詳細を見る

    総ページ数:106 pages   担当ページ:55-80   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Biomass Now - Sustainable Growth and Use

    Naoki KANO, ed, by Miodrag, Darko Matovi( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 4 (pp. 101-126) "Biosorption of Lanthanides Using Some Marine Biomasses")

    InTech  2013年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:540 pages   担当ページ:101-126   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 環境水中の重金属の動態および天然物質を用いた浄化・回収法の検討

    田辺国大, 吉村友樹, 荒谷朱美, 狩野 直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第60年会  2011年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ファイトレメディエーションを用いた重金属汚染された水・土壌環境における浄化方法の検討

    佐藤 裕一, 安中 崇, 竹橋 央真, 狩野 直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第60年会  2011年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いた各種芳香族スルホン酸誘導体の速度論的反応解析

    西村啓成, 今泉 洋, 狩野直樹

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いた異なる置換基を持つ種々のピリジン誘導体の速度論的反応解析

    佐藤貴之, 今泉 洋, 狩野直樹

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いた各種脂肪族アミドの速度論的反応解析

    佐藤 淳, 今泉 洋, 狩野直樹

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いた室温におけるCOOH基とNH2基の2段階同時解析

    片岡 憲昭, 今泉 洋, 狩野 直樹

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土壌環境中における希土類元素,トリウム,ウランの存在形態と分布

    東平 吉正, 西村 孔一, 高立娣(Gao Lidi, 狩野 直樹, 今泉 洋

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Annual or seasonal variations of specific activity of tritium and of concentrations of major ions in precipitation in Niigata City

    Jiao Yurong, 石田さゆり, 柳 麻美, 今泉 洋, 狩野直樹, 斎藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之

    第48回アイソトープ・放射線研究発表会  2011年7月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Analysis of mechanism of the Biosorption of Rare Earth Elements Using Buccinum Tenussimum Shell Biomass 国際会議

    WANG Yudan, SAKAMOTO Nobuo, KOTO Yusuke, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS2011)  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto,Japan  

    researchmap

  • Separation and Analysis of the Chemical Form of Metals in Sludge from Some Industry Water Treatment Plant 国際会議

    Gao Lidi, Nishimura Yoshikazu, Sato Yuichi, Higashidaira Yoshimasa, Kano Naoki, Imaizumi Hiroshi

    IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS2011)  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto,Japan  

    researchmap

  • Biosorption of REEs, Th and U Using Some Marine Biomasses 国際会議

    Naoki Kano, Chong Li, Nobuo Sakamoto, Yudan Wang, Hiroshi Imaizumi

    1st Annual World Congress of Marine Biotechnology (WCMB2011)  2011年4月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dalian, China,  

    researchmap

  • Behavior and Distribution of Metals in Soil Environment in Niigata and Yamagata Prefectures, Japan 国際会議

    GAO Lidi, NISHIMURA Yoshikazu, SATO Yuichi, HIGASHIDAIRA Yoshimasa, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    17th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET17)  2010年11月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kurobe, Japan  

    researchmap

  • Biosorption of Rare earth elements (REEs) from Aqueous Solutions by Pretreated Shell and Thermodynamic and Kinetic Study on the absorption 国際会議

    WANG Yudan, SHIMA Shizuka, SAKAMOTO Nobuo, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    17th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET17)  2010年11月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kurobe, Japan  

    researchmap

  • Evaluation of Comprehensive Water Quality and Protection Measures of Sakata Lagoon in Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    LI Chong, TANABE Kunihiro, HARA Takayuki, ARAYA Akemi, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi, WATANABE Naoki, XU Gongdi

    17th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET17)  2010年11月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kurobe, Japan  

    researchmap

  • ファイトレメディエーションによる土壌中の重金属(鉛,亜鉛,ヒ素)除去の検討

    佐藤 裕一, 安中 崇, 竹橋 央真, 狩野直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第59年会  2010年9月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • ファイトレメディエーションを用いた土壌中の重金属除去の検討

    佐藤 裕一, 安中 崇, 竹橋 央真, 狩野 直樹, 今泉 洋

    第24回分析化学新潟地区部会研究発表会  2010年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いたベンゼンスルホン酸誘導体の速度論的反応解析

    西村啓成, 今泉 洋, 狩野直樹

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 降水中のトリチウム濃度とカルシウムイオン濃度とを用いた気団動態の解析

    石田さゆり, 焦 玉荣(Jiao Yuron, 高田佳代子, 今泉 洋, 狩野直樹, 斎藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之, 斎藤圭一

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いた脂肪族アミノ酸の速度論的反応解析

    片岡憲昭, 今泉 洋, 狩野直樹

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 硫酸銅五水和物の結晶水の挙動と構造解析へのトリチウムトレーサー法の適用

    佐藤徹也, 今泉 洋, 狩野直樹

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • トリチウムを追跡因子とした短期型降水の挙動

    Jiao Yurong, 高田佳代子, 石田さゆり, 今泉 洋, 狩野直樹, 斎藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之, 斎藤圭一

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 強磁場下でのSPE電解濃縮におけるトリチウム分離係数への温度の影響

    高橋洋輔, 今泉 洋, 斎藤正明, 福井 聡, 佐藤孝雄, 狩野直樹

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 土壌環境中における希土類元素,トリウム,ウラン,重金属元素の動態

    西村孔一, Gao Lidi, 伊藤 亮, 佐藤裕一, 東平吉正, 狩野直樹, 今泉 洋

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 新潟県における降水の酸素安定同位体比および水質基礎項目との関連

    上野悠一, Li Chong, Jiao Yurong, 狩野直樹, 今泉 洋

    第47回アイソトープ・放射線研究発表会  2010年7月7日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Study on the interaction between REEs and humic acid by applying both standard batch equilibration technique and WHAM VI model 国際会議

    LU He, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi, Zheng Yongjie

    16th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET16)  2009年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dalian, China  

    researchmap

  • The characteristics of water pollution in Zhalong wetlands 国際会議

    ZHENG Yongjie, TIAN Jingzhi, LU He, KANO Naoki

    16th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET16)  2009年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dalian, China  

    researchmap

  • Isotopic, chemical characteristics and water quality of Sakata Lagoon in Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Li Chong, KANEKO Hanae, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi, WATANABE Naoki, XU Gongdi

    16th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET16)  2009年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dalian, China  

    researchmap

  • Biosorption of Rare earths elements (REEs), Thorium (U), Uranium (U) from Aqueous Solutions by Pretreated Buccinum tenuissimum Shell 国際会議

    WANG Yudan, KOTO Yusuke, SAKAMOTO Nobuo, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    16th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET16)  2009年10月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dalian, China  

    researchmap

  • 土壌環境中における重金属元素の動態,および腐植物質との相互作用

    伊藤亮, 土田利幸, 西村孔一, 狩野直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第58年会  2009年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 新潟県の湖沼水における重金属元素の動態

    田辺国大, 廬 鶴, 李 冲, 狩野直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第58年会  2009年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 機能性薄膜による水質浄化システムの構築

    原 孝幸, 李 冲, 王 玉丹, 阿部明香, 狩野直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第58年会  2009年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 植物を用いた土壌・水環境中における重金属元素の浄化

    竹橋央真, 安中崇, 佐藤裕一, 狩野直樹, 今泉洋

    日本分析化学会第58年会  2009年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • トリチウムトレーサー法を用いた硫酸銅の結晶水の安定性の解析

    佐藤徹也, 今泉 洋, 狩野直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 天然物質(ゼオライトや活性炭等)を用いた水中における環境汚染物質の除去・回収法の検討

    阿部明香, 李 冲(Li Chong, 今泉 洋, 狩野直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 貝殻のバイオマスによる希土類元素(REEs), トリウム(Th), ウラン(U)の水溶 液中からの回収法の検討

    古藤 雄祐, 王 玉丹, 坂本 信生, 狩野 直樹, 今泉 洋

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 降水中のトリチウム濃度とカルシウムイオン濃度とを用いた季節別気団動態の解明手法へのアプローチ

    石田 さゆり, 焦, 玉荣(Jiao Yuron, 高橋優太, 高田佳代子, 今泉 洋, 狩野直樹, 斎藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之, 斎藤圭一

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 強磁場下でのSPE電解濃縮におけるトリチウム分離係数への電流と温度の影響

    高橋洋輔, 関谷喜史, 今泉 洋, 斎藤正明, 福井 聡, 佐藤孝雄, 狩野直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 磁場移動型キレート性陽イオン交換樹脂の製造

    吉田雅子, 後藤真也, 伊藤聡, 平野賢, 今泉洋, 福井聡, 狩野直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • ファイトレメディエーションによる土壌中のヒ素・亜鉛除去の検討

    安中崇, 竹橋央真, 今泉 洋, 狩野直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いたアミノ酸の速度論的反応解析とTaft式の利用

    片岡 憲昭, 吉田 陽, 今泉 洋, 狩野 直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 固―液系でのT-for-H交換反応の観測に基づくベンゼンスルホン酸誘導体の速度論的反応解析

    西村啓成, 山崎佑樹, 今泉 洋, 狩野直樹

    2009年支部合同新潟地方大会  2009年8月27日  日本化学会関東支部・高分子学会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 新潟県の近年における降水の同位体的・化学的特徴

    上野 悠一, 花房 充, 李 冲 (Li Chong, 焦 玉荣(Jiao Yurong, 狩野 直樹, 今泉 洋

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • トリチウムトレーサー法を用いた硫酸銅の結晶水の挙動

    佐藤徹也, 今泉 洋, 狩野直樹

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • アミノ酸の速度論的反応解析とTaft式の利用

    片岡 憲昭, 吉田 陽, 今泉 洋, 狩野 直樹

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 海洋生物のバイオマスによる微量金属元素の回収法の検討

    古藤 雄祐, 王 玉丹, 坂本 信生, 狩野 直樹, 今泉 洋

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 降水中のトリチウム濃度とカルシウムイオン濃度とによる季節別気団動態の解明

    石田 さゆり, 焦, 玉荣(Jiao Yurong, 高橋優太, 今泉 洋, 狩野直樹, 斎藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之, 斎藤圭一

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 強磁場下でのSPE電解濃縮におけるトリチウム分離係数への電流の影響

    高橋洋輔, 今泉 洋, 狩野直樹, 福井 聡, 斎藤正明

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 土壌環境中における金属元素の動態および腐植物質との相互作用

    西村 孔一, 土田 利幸, 伊藤 亮, 廬 鶴, 狩野 直樹, 今泉 洋

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • T-for-H 交換反応によるベンズアルデヒド誘導体の速度論的反応解析

    山崎佑樹, 今泉 洋, 狩野直樹

    第46回アイソトープ・放射線研究発表会  2009年7月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Decentralization Treatment of Papermaking Wastewater by a Sequential Biological Fluidized Bed 国際会議

    XU Gongdi, LI Chong, IMAIZUMI Hiroshi, KANO Naoki

    International Symposium on Environmental Science and Technology (2009ISEST)  2009年6月2日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shanghai, China  

    researchmap

  • Environmental Characteristics of Lagoon Waters in Niigata Prefecture Based on the Concentrations of Nutrients,Heavy Metals and Dissolved material 国際会議

    LI Chong, LU He, ABE Asuka, KANEKO Hanae, Naoki KANO, IMAIZUMI Hiroshi

    15 th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET15)  2008年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa, Japan  

    researchmap

  • Study on Water Quality Improvement for Removing Pollutant in Environmental Water 国際会議

    ABE Asuka, LU He, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    15 th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET15)  2008年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa, Japan  

    researchmap

  • Study on the Reduction of Arsenic and Zinc from Soil by Phytoremediation 国際会議

    YASUNAKA Takashi, TAKEHASHI Chikamasa, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    15 th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET15)  2008年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa, Japan  

    researchmap

  • Speciation Analysis of Chromium in Environmental Waters in Niigata Prefecture by Applying Size Fraction and Ion-exchange Methods 国際会議

    LU He, JIAO Yurong, KANO Naoki, IMAIZUMI Hiroshi

    15 th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET15)  2008年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa, Japan  

    researchmap

  • マグネタイト含有陰イオン交換樹脂の合成と評価

    平野賢, 青山真理, 今泉洋, 福井聡, 狩野直樹

    第22回日本分析化学会関東支部新潟地区部会研究発表会  2008年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土壌環境中におけるランタノイド,クロム,亜鉛等重金属元素の動態

    伊藤亮, 土田利幸, 狩野直樹, 今泉 洋

    日本分析化学会第57年会  2008年9月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • 海洋生物による微量金属元素の生体濃縮

    古藤 雄祐, 坂本 信生, 狩野 直樹, 今泉 洋

    第45回アイソトープ・放射線研究発表会  2008年7月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 新潟県における湖沼の同位体・化学的特徴 ~降水が湖沼の水質に与える影響~

    金子華江, 廬 鶴, 李 冲, 高野美穂, 狩野直樹, 今泉 洋

    第45回アイソトープ・放射線研究発表会  2008年7月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • SPE電解濃縮法におけるトリチウム分離係数への磁場の強さ(及び温度)の影響

    関谷喜史, 高橋洋輔, 吉田 陽, 今泉 洋, 狩野直樹, 福井 聡, 斎藤正明

    第45回アイソトープ・放射線研究発表会  2008年7月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • T-for-H 交換反応における芳香族ベンズアルデヒドの速度論的反応解析

    山崎佑樹, 今泉 洋, 狩野直樹

    第45回アイソトープ・放射線研究発表会  2008年7月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いたアミノ酸の速度論的反応解析

    吉田 陽, 今泉 洋, 佐藤貴之, 狩野直樹

    第45回アイソトープ・放射線研究発表会  2008年7月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 酸素安定同位体比および後方流跡線解析から見た新潟県における降水の化学的特徴

    花房 充, 李 冲, 狩野直樹, 今泉 洋

    第45回アイソトープ・放射線研究発表会  2008年7月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • T-for-H交換反応におけるベンズアルデヒド誘導体の速度論的反応解析

    山崎佑樹, 今泉 洋, 狩野直樹

    日本原子力学会関東・甲越支部第1 回学生研究発表会  2008年3月14日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Biosorption of Uranium and Rare Earth Elements Using Biomass of Algae 国際会議

    Nobuo SAKAMOTO, Naoki KANO, Hiroshi IMAIZUMI

    The 10th Eurasia Conference on Chemical Sciences (EuAs C2S-10)  2008年1月7日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Manila, Philippines  

    researchmap

  • 降水中トリチウムでみる日本近辺の気団動態

    高橋優太, 今泉洋, 狩野直樹, 斎藤正明, 加藤徳雄, 石井吉之, 斎藤圭一

    日本原子力学会関東・甲越支部第6回若手研究者発表討論会  2007年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応における安息香酸誘導体の速度論的反応解析

    澤田佳則, 今泉 洋, 狩野直樹

    日本原子力学会関東・甲越支部第6回若手研究者発表討論会  2007年10月31日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Laboratory Model Experiments for the Reduction of Cr(VI) Using Natural Ecological Restoration Substances such as Eichhornia crassipes 国際会議

    KANO Naoki, OTSUKI Yusuke, LU He, IMAIZUMI Hiroshi

    14th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET14)  2007年10月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyung-Hee University, Korea  

    researchmap

  • Behhavior and Uptake of Rare Earth Elements and Uranium in Seaweed 国際会議

    SAKAMOTO Nobuo, KANO Naoki, LU He, IMAIZUMI Hiroshi

    14th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET14)  2007年10月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyung-Hee University, Korea  

    researchmap

  • 土壌環境中における希土類元素,トリウム,ウランの動態

    土田利幸, 狩野直樹, 廬 鶴, 小倉大知, 今泉 洋

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県における降水の酸素安定同位体比および化学分析

    花房 充, 狩野直樹, 今泉 洋

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応における安息香酸誘導体の反応性

    澤田佳則, 今泉 洋, 狩野直樹

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応を用いた異なる3種類の官能基を持つ物質の速度論的反応解析

    吉田 陽, 橋詰陽介, 今泉 洋, 狩野直樹

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県における湖沼・河川水の環境汚染物質の動態評価

    天野義之, 狩野直樹, 田澤 勝, 小山 威, 今泉 洋

    第44回アイソトープ・放射線研究発表会  2007年7月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 天然物質(フミン物質,粘土鉱物,植物)を用いた自然環境中におけるクロム低減化の検討

    大槻佑輔, 狩野直樹, 今泉 洋

    第68回分析化学討論会  2007年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮  

    researchmap

  • 新潟県における湖沼中の環境汚染物質の動態

    小山 威, 狩野直樹, 天野義之, 廬 鶴, 今泉 洋

    第68回分析化学討論会  2007年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮  

    researchmap

  • Study on the Reduction of Chromium Using Humic Substance and Clay Minerals 国際会議

    KANO Naoki, OTSUKI Yusuke, LU He, IMAIZUMI Hiroshi

    13th Asian Symposium on Ecotechnolgy (ASET13)  2006年12月2日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • フミン物質および粘土鉱物を用いた土壌中のクロム低減化の検討

    大槻佑輔, 狩野直樹, 今泉 洋

    第20回分析化学新潟地区部会研究発表会  2006年9月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応における脂肪族環状カルボン酸の速度論的反応解析

    田村 潔, 今泉 洋, 狩野直樹

    第43回アイソトープ・放射線研究発表会  2006年7月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • T-for-H交換反応におけるm-ヒドロキシ安息香酸の反応性

    添野忠宏, 今泉 洋, 佐竹徹哉, 狩野直樹

    第43回アイソトープ・放射線研究発表会  2006年7月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 酸素安定同位体比およびアルカリ度を用いた河川・湖沼水の動態 ~降水による周辺土壌からの影響~

    八嶋由枝, 田澤 勝, 狩野直樹, 今泉 洋

    第43回アイソトープ・放射線研究発表会  2006年7月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海藻中の希土類元素,トリウム,ウラン濃度から見た元素摂取および生態濃縮機構の検討

    坂本信生, 狩野直樹, 今泉 洋, 加藤健二

    第43回アイソトープ・放射線研究発表会  2006年7月5日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大気・降水中に含まれる多環芳香族炭化水素類の挙動と発生源の推定

    大浦孝祐, 狩野直樹, 村山 等

    第15回環境化学討論会  2006年6月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • Study on the Behavior of Pollutants in lagoon waters in Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Naoki KANO, Yongjie ZHENG, He LU, Masaru TAZAWA, Yoshie YASHIMA, Takeshi KOYAMA, Hiroshi IMAIZUMI

    2nd International Conference on Environmental and Engineering Geophysics (ICEEG2006)  2006年6月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Wuhan, China  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • Radioisotopes誌 論文奨励賞

    1997年7月   日本アイソトープ協会  

    狩野直樹, 二瓶 誠

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • ポリビニルアルコール―シリカハイブリッド材料を用いた重金属の除去

    2018年06月 - 2019年03月

    民間財団等  公益財団法人内田エネルギー科学振興財団 試験研究費 

    狩野 直樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 環境にやさしいリンおよび重金属の高効率回収法の構築

    2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    狩野 直樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 燃焼凝縮水の無害化に関する研究

    2015年06月 - 2016年03月

    ダイニチ工業  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 重金属の除去回収のための新規吸着剤の開発

    2013年06月 - 2014年03月

    民間財団等  公益財団法人内田エネルギー科学振興財団試験研究費 

    狩野 直樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 重金属の除去回収を目指した新規吸着剤の開発

    2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:2730000円 、 間接経費:1170000円 )

    現在,地球上では資源・エネルギーの大量消費に伴う環境問題が深刻化しており,特に資源に乏しい日本においては,環境保全対策と同時に資源の確保や安定供給が重要な課題である。本研究では,これまで行ってきた「バイオマスを用いた重金属の吸着・回収」の研究を発展させ,海洋資源等の天然資源を利用して,有機―無機ハイブリッドナノ材料を作製して吸着剤の加工性を向上させることにより,重金属を効率よく除去回収できる吸着剤を開発することを目的とする。計画している具体的な研究項目として,(Ⅰ)アルギン酸(海藻由来)-炭酸カルシウム(貝殻由来)合成物質やキトサン加工物質による重金属の除去回収,さらには,(Ⅱ)生分解性キレート剤を層間挿入したハイドロタルサイトによる重金属の除去回収である。

    researchmap

  • バイオマスを用いた重金属の吸着と回収の新手法

    2010年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3800000円 ( 直接経費:2660000円 、 間接経費:1140000円 )

    現在、水質汚染をはじめ様々な環境問題が国内外で大きな注目を集めている。本研究では、環境に低負荷で低コストである天然物質を用いて汚染物質を除去・回収する手法を確立して環境浄化に役立てることを目的とする。一方で、希土類元素等の重金属は幅広い産業分野で利用されており、近年需要が拡大しているものの、国内では枯渇の危機にある。そこで、資源の安定供給が課題となっている点に着目し、バイオマスを金属の吸着剤として利用し、資源回収に役立てることを目指す。具体的には、海藻・貝殻・植物・木材等のバイオマス試料を用いて、重金属特に希土類元素(REEs)、トリウム(Th)、ウラン(U)等の吸着・捕捉に関する最適条件を決定する。そして、得られたデータをLangmuirやFreundlich等の吸着等温モデル式に適応し、吸着メカニズムの検討を行う。これらの結果に基づき、生物吸着を利用した汚染物質の除去・回収ならびに希少金属の回収法を確立し、実用化に向けてのアプローチとすることを目指す。

    researchmap

  • 湿地における汚染物質の動態および天然物質を用いた環境浄化へのアプローチ

    2009年04月 - 2010年03月

    民間財団等  高橋産業経済研究財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 発生土の活用化研究

    2007年08月 - 2009年03月

    新潟工業用水組合  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 湿地帯における環境汚染物質の動態ならびに汚染物質の低減化への試み

    2006年04月 - 2008年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:2990000円 、 間接経費:510000円 )

    湿地における環境汚染物質の動態把握および汚染物質の低減化や回収除去法の探索の目的で,環境試料中のウラン(U)・トリウム(Th)等の放射性物質,溶存有機炭素(DOC),多環芳香族炭化水素類(PAHs)の定量に加え,酸素安定同位体比(δ18O)等の定期的測定を行う。さらに,各種汚染物質[トリチウム(T), U, Th等の放射性物質やクロム(Cr), ヒ素(As)等の重金属]の取り込みや吸着に関するモデル実験を行う。

    researchmap

  • 湿地における環境汚染物質の動態と分析方法

    2005年04月 - 現在

    チチハル大学  共同研究(国際共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 大気・降下物中に含まれる多環芳香族炭化水素類(PAHs)の挙動と発生源の推定に関する研究

    2005年04月 - 2007年03月

    新潟県保健環境科学研究所  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 降雨・降雪中に含まれるPOPs等微量物質の動態及び起源の解明に関する研究

    2003年11月 - 2005年03月

    新潟県保健環境科学研究所,酸性雨研究センター  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 天然物質を用いた環境浄化・修復法および資源回収法の検討

    2003年04月 - 現在

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 水素同位体交換反応を用いた機能性物質の反応性の評価

    1996年04月 - 現在

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 環境試料の同位体・化学分析による環境動態の把握

    1995年07月 - 現在

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 隕石・ウラン鉱石の同位体・化学組成から見た太陽系初期情報の探求

    1989年04月 - 1995年07月

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • リメディアル演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチD

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチB

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチA

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチC

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 計測化学I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 分析化学(工)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 分析化学実験(工)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特許と技術経営II

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(化学材料分野)

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特許・経営および製品開発入門

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特許と技術経営I

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 素材反応制御化学

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅱ

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士特定研究Ⅲ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 外国語論文解説・討論Ⅰ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学コース演習

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士特定研究Ⅰ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士特定研究Ⅱ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士セミナーⅠ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士セミナーⅡ

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学文献詳読Ⅱ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学セミナーⅠ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム特定研究Ⅱ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学セミナーⅡ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学文献詳読Ⅰ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学特別演習

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム特定研究Ⅰ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習・発表

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(化学システム工学科)

    2009年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 化学技術英語

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学システム工学入門

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 素材解析化学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境計測化学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 最先端技術を支える化学 I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用化学演習II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 計測化学II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講I

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講II

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 分析化学実験

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 卒業基礎研究

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 応用化学実習

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

教育活動に関する受賞

  • Radioisotopes誌 論文奨励賞

    2014年07月   日本アイソトープ協会  

  • 第3回サイエンス・インカレ コンソーシアム奨励賞(DERUKUI賞)

    2014年03月   文部科学省  

  • ASET Excellent Student Award

    2009年10月23日   Asian Symposium on Ecotechnolgy  

  • Radioisotopes誌 論文奨励賞

    2009年07月   日本アイソトープ協会  

  • ASET Best Student Award

    2008年10月19日   Asian Symposium on Ecotechnolgy  

  • Radioisotopes誌 論文奨励賞

    2007年07月   日本アイソトープ協会  

    受賞者:菊池武大,坂本信生(狩野研究室)

    Radioisotopes誌論文”Environmental characteristics of precipitations based on both oxygen stable isotopic ratio and concentration of rare earth elements (REEs), thorium (Th), uranium (U) in Niigata Prefecture”に対する研究貢献による

  • Radioisotopes誌 論文奨励賞

    2003年07月   日本アイソトープ協会  

    受賞者:藍原弘行,小島令(狩野研究室)

    Radioisotopes誌論文「酸素安定同位体比から見た新潟県における近年の降水と河川水の特徴」に関する研究貢献による

▶ 全件表示