2022/11/28 更新

写真a

コヤマ ユウ
小山 諭
KOYAMA Yu
所属
教育研究院 医歯学系 保健学系列 教授
医学部 保健学科 看護学専攻 教授
職名
教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 1998年2月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医学部 保健学科 看護学専攻   教授

    2015年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学   准教授

    2013年6月 - 2015年3月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻   助教

    2004年4月 - 2013年5月

  • 新潟大学   医学部 医学科   助教

    2004年4月 - 2013年5月

  • 新潟大学   医学部附属病院   医員

    1988年4月 - 1999年12月

所属学協会

  • 日本乳癌検診学会

      詳細を見る

  • 日本静脈経腸栄養学会

      詳細を見る

  • 日本サルコペニア・悪液質・消耗疾患研究会

      詳細を見る

  • 日本在宅静脈経腸栄養研究会

      詳細を見る

  • ESPEN (European Society for Parenteral & Enteral Nutrition)

      詳細を見る

  • 日本外科代謝栄養学会

      詳細を見る

  • 日本内分泌外科学会

      詳細を見る

  • 日本乳癌学会

      詳細を見る

  • ACS (American College of Surgeons)

      詳細を見る

  • 日本外科学会

      詳細を見る

▶ 全件表示

取得資格

  • 日本乳癌学会乳腺専門医

  • 甲状腺外科専門医

  • 日本外科学会指導医

 

論文

  • Monitoring chronological change by liver-to-spleen attenuation ratio for secondary hepatic steatosis for a short term. 査読

    Hiroteru Kamimura, Kunihiko Yokoyama, Shunsuke Nojiri, Yuko Komoro, Toshiko Murayama, Yu Koyama, Kenya Kamimura, Masaaki Takamura, Junji Yokoyama, Shuji Terai

    Clinical journal of gastroenterology   13 ( 6 )   1219 - 1224   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Parenteral nutrition-associated liver disease (PNALD) causes hepatic steatosis and moderate liver enzyme elevation due to lack of enteral nutrition and deficiency of some nutrients. However, the period for recovery from PNALD after a nutritional intervention is unknown with no report. Herein, we report a case of a 44-year-old Japanese woman with severe fatty infiltration of the liver due to malnutrition. Our nutritional support team administered appropriate total parenteral, especially fat and carnitine, nutrition to improve her malnutrition. Chronological changes in liver-to-spleen attenuation ratio were also considered because of her disease state. Computed tomography demonstrated improved attenuation of the liver, and the liver enzymes level normalized after 5 weeks from appropriate nutrition. Understanding the nutritional condition of a patient may help in elucidating an appropriate treatment strategy.

    DOI: 10.1007/s12328-020-01165-w

    PubMed

    researchmap

  • How to perform appropriate flushing after lipid emulsion administration using totally implantable venous access devices in long-term total parenteral nutrition and home parenteral nutrition 査読 国際誌

    Naoya Okamura, Takae Yamato, Ippei Yamaoka, Kazuhisa Doi, Yu Koyama

    Clinical Nutrition ESPEN   41   287 - 292   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND & AIMS: There has been no clear evidence regarding the appropriate method of flushing catheters and totally implantable venous access devices (TIVADs) after lipid emulsion (LE) administration. Therefore, the aim of the study was to identify appropriate methods of flushing to minimize residual LE when using TIVADs to ensure the safety of long-term total parenteral nutrition (TPN) and home parenteral nutrition (HPN). METHODS: A soybean oil LE containing indocyanine green (ICG) was administered from the injection site of the primary infusion set for flowing TPN, and LE dynamics were evaluated by a fluorescence imaging system. TIVADs were connected to the end of the infusion sets. After LE administration, the tubes and chambers were flushed from the injection site using saline at various speeds (20, 40, 60 mL/min), with and without pulsation. The washout effect of TPN solution after LE administration followed by flushing was examined, as was the washout effect of size differences in the infusion sets. RESULTS: When the LE was flushed with 20 mL of saline immediately after administering the LE using a standard infusion set (inner diameter 2.5 mm), the LE still remained in the tubes and chambers under any flushing condition. Flushing the LE from the injection site with 10 mL of saline and then flowing >240 mL of TPN solution were effective for minimizing residual LE inside the tubes and chambers. When using an infusion set with a small inner diameter (1.0 mm), the LE inside the tubes and chambers was almost discharged with ≥20 mL of saline immediately after administering the LE. In all settings, flushing with/without pulsation did not affect LE washout efficacy. CONCLUSIONS: Flushing immediately with saline ≥10 mL and then flowing >240 mL of primary PN solution after soybean oil LE administration using the standard infusion set or flushing with 20 mL saline immediately after administering the soybean oil LE using the infusion set with a small inner diameter are effective for minimizing the residual LE in the catheter and TIVAD, ensuring the safety of long-term TPN and HPN.

    DOI: 10.1016/j.clnesp.2020.11.019

    PubMed

    researchmap

  • Quality of life and symptom burden among chronic kidney disease of uncertain etiology (CKDU) patients in Girandurukotte, Sri Lanka 査読 国際誌

    Hansani Madushika Abeywickrama, Swarna Wimalasiri, Yu Koyama, Mieko Uchiyama, Utako Shimizu, Nahoko Kakihara, Rohana Chandrajith, Nishantha Nanayakkara

    International Journal of Environmental Research and Public Health   17 ( 11 )   1 - 16   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:{MDPI} {AG}  

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Symptom burden and health-related quality of life (HRQOL) are important predictors of how a disease affects patients’ lives, especially for endemic health problems such as chronic kidney disease of uncertain etiology (CKDu). Our study describes symptom burden, HRQOL, and associated demographic and clinical variables in CKDu patients in the Girandurukotte area, Sri Lanka. A cross-sectional study included 120 CKDu patients attending the renal clinic in the endemic area. The instruments applied were the Kidney Disease Quality of Life—Short Form (KDQOL-SF™) version 1.3 and CKD Symptom Index—Sri Lanka. Socio-demographic, disease-related, and anthropometric variables were also investigated. The mean age of patients was 61.87 (SD 11.31), while 69.2% were male. The mean glomerular filtration rate was 28.17 (SD 14.03) mL/min/1.73 min2, and 70.8% were anemic. Bone/joint pain was the most experienced symptom while the median number of symptoms reported by patients was 5 (IQR 3–7). The mean symptom burden, physical component summary, mental component summary, and kidney-disease-specific component scores were 12.71 (SD 10.45), 68.63 (SD 19.58), 78.53 (SD 18.78), and 81.57 (SD 5.86), respectively. Age was found to be a significant predictor of HRQOL, while hemoglobin level and being a farmer were significant predictors of symptom burden. Our data indicate that CKDu patients in all stages experience at least one symptom affecting all aspects of HRQOL.

    DOI: 10.3390/ijerph17114041

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Assessment of nutritional status and dietary pattern of a rural adult population in dry zone, Sri Lanka 査読 国際誌

    Hansani Madushika Abeywickrama, K. M. Swarna Wimalasiri, Yu Koyama, Mieko Uchiyama, Utako Shimizu, Rohana Chandrajith, Nishantha Nanayakkara

    International Journal of Environmental Research and Public Health   17 ( 1 )   150 - 150   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:{MDPI} {AG}  

    © 2019 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. The objective of this work was to describe average dietary intake, physical activity (PA) and nutritional status of the adult population of Girandurukotte, Sri Lanka. A cross-sectional survey, including one 24-h dietary recall, international physical activity questionnaire and anthropometric measurements was conducted in a representative sample of 120 adults. Mean (SD) for body mass index (BMI), waist circumference (WC), waist to hip ratio (WHR) and waist to height ratio (WHtR) were 23.06(4.20) kg/m2, 85.6(9.5) cm, 0.95(0.05) and 0.55(0.07), respectively. Significant differences were observed in height, body fat %, body muscle %, hip circumference, WHR, WHtR, fat mass index and hand grip strength between men and women (p < 0.05). Among the study group, 35.8% were overweight, 13.3% were obese and 11.7% were underweight. Central obesity was observed in 59.2%, 97.5% and 74.2% of adults by WC, WHR and WHtR, respectively. Mean (SD) dietary diversity score and dietary diversity score with portions were 4.77(1.28) and 4.09(1.32), respectively. Mean daily intake of protein, fruits, vegetables and dairy were well below the national recommendations. Despite the higher PA level, nearly half the population was overweight and obese and the majority was centrally obese. None of the dietary diversity scores met the optimal levels, suggesting poor quality and quantity of the diet.

    DOI: 10.3390/ijerph17010150

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Relationship Between Sarcopenia and Both Physical Activity and Lifestyle in Patients With Chronic Liver Disease. 査読 国際誌

    Kazuki Ohashi, Toru Ishikawa, Asami Hoshi, Mitsuyuki Suzuki, Yuta Mitobe, Etsuko Yamada, Hansani Madushika Abeywickrama, Nao Seki, Chikayo Koyama, Hagiko Aoki, Yu Koyama

    Journal of clinical medicine research   10 ( 12 )   920 - 927   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Sarcopenia can affect the prognosis of patients with cirrhosis or hepatocellular carcinoma. Exercise therapy and nutritional therapy are carried out to prevent processing sarcopenia. In addition, changing lifestyle is also important. However, there are only few reports on the physical activities (PAs) and lifestyle of chronic liver disease patients and their association with sarcopenia. The aim of this study is to examine the relationship between sarcopenia in patients with chronic liver disease and both PA and lifestyle. Methods: A total of 214 out-patients with chronic liver disease were enrolled into the present study. All patients were evaluated for with or without sarcopenia based on the sarcopenia diagnostic criteria of the Japan Society of Hepatology. Then, patient's characteristics and laboratory parameters were divided into two groups with or without sarcopenia and compared. In continuous variable with significant difference in univariate analysis, cut-off value was calculated by receiver operating characteristic curve. We determined which factors were associated with sarcopenia in univariate analyses, and variables significant in the univariate analyses were entered in a multivariable logistic regression model. Results: Patients with chronic liver disease had a prevalence of sarcopenia of 12.6% in this study. Sarcopenia patients were older (76.48 ± 6.69 versus 66.97 ± 11.19 years old; P < 0.01), had lower body mass index (BMI) (20.84 ± 2.44 versus 23.76 ± 3.72 kg/m2; P < 0.01), lower PA (6.6 (2.34 - 19.90) versus 16.5 (6.60 - 41.23) metabolic equivalents (METs)-h/week; P < 0.01) and longer total time sitting and lying on the day (7.43 ± 4.09 versus 5.68 ± 3.17 h/day; P = 0.01); retirement status (81.5% versus 48.1%; P < 0.01) and low frequency of driving (40% versus 20%; P = 0.01) were higher in sarcopenia patients than in non-sarcopenia patients. The independent predictive factors of sarcopenia, analyzed with logistic regression, were age (odds ratio (OR): 5.89, 95% confidence interval (CI): 2.15 - 16.20; P < 0.01), BMI (OR: 4.77, 95% CI: 1.87 - 12.10; P < 0.01) and PA (OR: 3.65, 95% CI: 2.15 - 16.20; P < 0.01). Conclusion: Sarcopenia patients' lifestyle characteristics were longer sedentary time and low frequency of driving, high retirement. Independent predictive factors of sarcopenia were elderly, low BMI and low PA. For these patients, intervention in the lifestyle for prevention of sarcopenia may be effective for patients with chronic liver disease.

    DOI: 10.14740/jocmr3640

    PubMed

    researchmap

  • Impact of pectoral nerve block on postoperative pain and quality of recovery in patients undergoing breast cancer surgery: A randomised controlled trial 査読 国際誌

    Yoshinori Kamiya, Miki Hasegawa, Takayuki Yoshida, Misako Takamatsu, Yu Koyama

    European Journal of Anaesthesiology   35 ( 3 )   215 - 223   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lippincott Williams and Wilkins  

    © 2018 European Society of Anaesthesiology. All Rights Reserved. BACKGROUND In recent years, thoracic wall nerve blocks, such as the pectoral nerve (PECS) block and the serratus plane block have become popular for peri-operative pain control in patients undergoing breast cancer surgery. The effect of PECS block on quality of recovery (QoR) after breast cancer surgery has not been evaluated. OBJECTIVES To evaluate the ability of PECS block to decrease postoperative pain and anaesthesia and analgesia requirements and to improve postoperative QoR in patients undergoing breast cancer surgery. DESIGN Randomised controlled study. SETTING A tertiary hospital. PATIENTS Sixty women undergoing breast cancer surgery between April 2014 and February 2015. INTERVENTIONS The patients were randomised to receive a PECS block consisting of 30 ml of levobupivacaine 0.25% after induction of anaesthesia (PECS group) or a saline mock block (control group). The patients answered a 40-item QoR questionnaire (QoR-40) before and 1 day after breast cancer surgery. MAIN OUTCOME MEASURES Numeric Rating Scale score for postoperative pain, requirement for intra-operative propofol and remifentanil, and QoR-40 score on postoperative day 1. RESULTS PECS block combined with propofol-remifentanil anaesthesia significantly improved the median [interquartile range] pain score at 6 h postoperatively (PECS group 1 [0 to 2] vs. Control group 1 [0.25 to 2.75]; P=0.018]. PECSblock also reduced propofol mean (± SD) estimated target blood concentration to maintain bispectral index (BIS) between 40 and 50 (PECS group 2.65 (± 0.52) vs. Control group 3.08 (± 0.41)μgml -1 ; P<0.001) but not remifentanil consumption (PECS group 10.5 (± 4.28) vs. Control group 10.4 (±4.68)μgkg -1 h -1 ; P=0.95). PECS block did not improve the QoR-40 score on postoperative day 1 (PECS group 182 [176 to 189] vs. Control group 174.5 [157.75 to 175]). CONCLUSION In patients undergoing breast cancer surgery, PECS block combined with general anaesthesia reduced the requirement for propofol but not that for remifentanil, due to the inability of the PECS block to reach the internal mammary area. Further, PECS block improved postoperative pain but not the postoperative QoR-40 score due to the factors that cannot be measured by analgesia immediately after surgery, such as rebound pain.

    DOI: 10.1097/EJA.0000000000000762

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Intravenous Carnitine Administration in Addition to Parenteral Nutrition With Lipid Emulsion May Decrease the Inflammatory Reaction in Postoperative Surgical Patients. 査読 国際誌

    Yu Koyama, Kazuki Moro, Masato Nakano, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Shin-Ichi Kosugi, Junko Tsuchida, Mayuko Ikarashi, Masato Nakajima, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Toshifumi Wakai

    Journal of clinical medicine research   9 ( 10 )   831 - 837   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: A prospective randomized study was performed to investigate the validity of intravenous carnitine administration during postoperative parenteral nutrition (PN) with lipid emulsion. METHODS: Patients undergoing surgery for gastric or colorectal cancer were enrolled in the study and were randomly divided into two groups (n = 8 in each group): 1) group L, who received a peripheral PN (PPN) solution of 7.5% glucose, 30% amino acid, and 20% lipid emulsion; and 2) group LC, who received the same PPN solution, as well as carnitine intravenously. PPN was performed from postoperative day (POD) 1 to POD4. Clinical and laboratory parameters were compared between the two groups; statistical significance was set at P < 0.05. RESULTS: Serum carnitine concentrations were significantly higher in group LC on POD3 (P < 0.01) and POD7 (P = 0.01). Postoperative changes in laboratory parameters and morbidity were comparable between the two groups. However, the decrease in C-reactive protein from POD3 to POD7 was significantly greater in group LC than in group L (P = 0.011). CONCLUSION: The results show that intravenous carnitine administration in addition to PN is safe and may be beneficial for recovery from postoperative inflammatory reactions.

    DOI: 10.14740/jocmr3113w

    PubMed

    researchmap

  • Low fat-containing elemental formula is effective for postoperative recovery and potentially useful for preventing chyle leak during postoperative early enteral nutrition after esophagectomy 査読 国際誌

    Kazuki Moro, Yu Koyama, Shin ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kohei Miura, Masayuki Nagahashi, Masato Nakajima, Kumiko Tatsuda, Junko Tsuchida, Chie Toshikawa, Mayuko Ikarashi, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Clinical Nutrition   35 ( 6 )   1423 - 1428   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}  

    © 2016 The Authors Background and aims Transthoracic esophagectomy using 3-field lymphadenectomy (TTE-3FL) for esophageal cancer is one of the most aggressive gastrointestinal surgeries. Early enteral nutrition (EN) for TTE-3FL patients is useful and valid for early recovery; however, EN using a fat-containing formula risks inducing chyle leak. In the present study, we retrospectively examined esophageal cancer patients treated byTTE-3FL and administered postoperative EN to elucidate the validity of lowering the fat levels in elemental formulas to prevent postoperative chyle leak and improve postoperative recovery. Methods A total of 74 patients who received TTE-3FL for esophageal cancer were retrospectively examined. Patients were classified into two groups according to the type of postoperative EN: Group LF patients received a low-fat elemental formula, and Group F patients received a standard fat-containing polymeric formula. The following clinical factors were compared between the groups: EN start day, maximum EN calories administered, duration of respirator use, length of ICU stay, incidence of postoperative infectious complications, use of parenteral nutrition (PN), and incidence of postoperative chyle leak. Results Patients in Group LF were started on EN significantly earlier after surgery and they consumed significantly higher maximum EN calories compared to Group F patients (P < 0.01). Duration of respirator use and length of ICU stay were also significantly shorter, and TPN was used significantly less in Group LF compared to Group F (P < 0.05). Postoperative chyle leak was observed in six patients in total (8.1%); five patients in Group F and one patient in Group LF, although there was no significant difference in frequency of chyle leak per patient between Group LF and Group F. Conclusions Early EN using low-fat elemental formula after esophagectomy with three-field lymphadenectomy was safe and valid for postoperative recovery and potentially useful in preventing chyle leak.

    DOI: 10.1016/j.clnu.2016.03.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of Number Versus Ratio of Positive Lymph Nodes in the Assessment of Lymph Node Status in Extrahepatic Cholangiocarcinoma 査読 国際誌

    Jun Sakata, Toshifumi Wakai, Yasunobu Matsuda, Taku Ohashi, Yuki Hirose, Hiroshi Ichikawa, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Kouhei Akazawa, Yoichi Ajioka

    Annals of Surgical Oncology   23 ( 1 )   225 - 234   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    © 2015, Society of Surgical Oncology. Background: This study aimed to compare the utility of the number of positive lymph nodes with the lymph node ratio (LNR) in predicting survival after resection of extrahepatic cholangiocarcinoma. Methods: A retrospective analysis of 142 consecutive patients who underwent radical resection of extrahepatic cholangiocarcinoma was performed. A total of 3066 regional lymph nodes were resected. The median number of nodes per patient was 21. The optimal cutoff values for the number of positive nodes and the LNR were determined using the Chi square scores calculated by the Cox proportional hazards regression model. Results: Nodal disease was found in 59 patients (42 %). In the subsequent analysis of the impact that nodal status has on survival, 18 patients with R1/2 resection and 6 patients with paraaortic nodal disease who did not survive for more than 5 years after resection were excluded. The optimal cutoff value for the number of positive nodes was 1, and the optimal cutoff value for the LNR was 5 %. Univariate analysis identified both the number of positive nodes (0, 1, or ≥2; P = 0.005) and the LNR (0, 0–5, or >5 %; P = 0.007) as significant prognostic factors. Multivariate analysis identified the number of positive nodes but not the LNR as an independent prognostic factor (P = 0.012). The 5-year survival rates were 64 % for the patients with no positive nodes, 46 % for the patients with one positive node, and 28 % for the patients with two or more positive nodes. Conclusions: The number of positive lymph nodes predicts survival better than the LNR after resection of extrahepatic cholangiocarcinoma, provided that nodal evaluation is sufficient.

    DOI: 10.1245/s10434-015-4609-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effect of the Early Introduction of Mild Mobilization Performed by Nurses on the Recovery of Patients in the Intensive Care Unit. 査読

    Mitobe Y, Koyama Y, Aoki H, Shimizu U, Muramatsu Y, Koyama C, Sakai S, Iwasa Y, Kikunaga J, Taguchi M, Nitta M, Endoh H, Kitajima M, Morishita S

    O J Nurs   6   969 - 975   2016年

     詳細を見る

  • Predictive Factors for Non-Sentinel Lymph Node Metastasis in the Case of Positive Sentinel Lymph Node Metastasis in Two or Fewer Nodes in Breast Cancer. 査読 国際誌

    Toshikawa C, Koyama Y, Nagahashi M, Tatsuda K, Moro K, Tsuchida J, Hasegawa M, Niwano T, Manba N, Ikarashi M, Kameyama H, Kobayashi T, Kosugi S, Wakai T

    Journal of clinical medicine research   7 ( 8 )   620 - 626   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14740/jocmr2195w

    PubMed

    researchmap

  • Amplification of Genomic DNA for Decoy Receptor 3 Predicts Post-Resection Disease Recurrence in Breast Cancer Patients. 査読 国際誌

    Kanbayashi C, Koyama Y, Ichikawa H, Sakata E, Hasegawa M, Toshikawa C, Manba N, Ikarashi M, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi SI, Wakai T

    World journal of oncology   5 ( 1 )   14 - 23   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14740/wjon764w

    PubMed

    researchmap

  • Is early enteral nutrition initiated within 24 hours better for the postoperative course in esophageal cancer surgery? 査読 国際誌

    Manba N, Koyama Y, Kosugi S, Ishikawa T, Ichikawa H, Minagawa M, Kobayashi T, Wakai T

    Journal of clinical medicine research   6 ( 1 )   53 - 58   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4021/jocmr1665w

    PubMed

    researchmap

  • Aquaporin 8 mRNA Expression After Intestinal Resection in Rat 査読

    Koyama Y, Kameyama H, Sakata J, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Yamamoto T, Akazawa K, Wakai T

    Open J Gastroenterol   4 ( 2 )   62 - 68   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ojgas.2014.42011

    researchmap

    その他リンク: http://www.scirp.org/journal/doi.aspx?DOI=10.4236/ojgas.2014.42011

  • The Association between Sentinel Lymph Node Metastasis and Ki-67 Labeling Index. 査読

    Koyama Y, Ichikawa H, Sakata J, Sakata E, Tatsuda K, Hasegawa M, Toshikawa C, Manba N, Ikarashi M, Wakai T

    Adv. Breast Cancer Res   2 ( 3 )   60 - 65   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Is early enteral nutrition better for postoperative course in esophageal cancer patients? 査読 国際誌

    Kazuaki Kobayashi, Yu Koyama, Shin ichi Kosugi, Takashi Ishikawa, Kaoru Sakamoto, Hiroshi Ichikawa, Toshifumi Wakai

    Nutrients   5 ( 9 )   3461 - 3469   2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    We retrospectively examined esophageal cancer patients who received enteral nutrition (EN) to clarify the validity of early EN compared with delayed EN. A total of 103 patients who underwent transthoracic esophagectomy with three-field lymphadenectomy for esophageal cancer were entered. Patients were divided into two groups; Group E received EN within postoperative day 3, and Group L received EN after postoperative day 3. The clinical factors such as days for first fecal passage, the dose of postoperative albumin infusion, differences of serum albumin value between pre- and post operation, duration of systematic inflammatory response syndrome (SIRS), incidence of postoperative infectious complication, and use of total parenteral nutrition (TPN) were compared between the groups. The statistical analyses were performed using Mann-Whitney U test and Chi square test. The statistical significance was defined as p < 0.05. Group E showed fewer days for the first fecal passage (p < 0.01), lesser dose of postoperative albumin infusion (p < 0.01), less use of TPN (p < 0.01), and shorter duration of SIRS (p < 0.01). However, there was no significant difference in postoperative complications between the two groups. Early EN started within 3 days after esophagectomy. It is safe and valid for reduction of albumin infusion and TPN, for promoting early recovery of intestinal movement, and for early recovery from systemic inflammation. © 2013 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland.

    DOI: 10.3390/nu5093461

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Enhanced Aquaporin8 expression after subtotal colectomy in rat. 査読

    Nakano M, Koyama Y, Nogami H, Yamamoto T, Wakai T

    Open J Gastroenterol   3 ( 5 )   253 - 258   2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The prevalence of hereditary breast/ovarian cancer risk in patients with a history of breast or ovarian cancer in Japanese subjects 査読 国際誌

    Dai Komata, Tetsuro Yahata, Shoji Kodama, Yu Koyama, Nobuo Takeda, Kenzo Tajima, Haruhiko Makino, Nobuaki Sato, Ichiro Muto, Katsuyoshi Hatakeyama, Kenichi Tanaka

    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   35 ( 5 )   912 - 917   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC  

    Aim: Women at high risk for hereditary breast/ovarian cancer require specific management strategies for cancer prevention and early detection. The authors sought to determine the prevalence of family histories suggestive of a hereditary breast/ovarian cancer syndrome in patients with a personal history of breast or ovarian cancer in Japanese women. Methods: Family history (first- and second-degree relatives) data were collected by a self-administered questionnaire for women with a history of breast or ovarian cancer in six major cancer treating hospitals in Niigata prefecture, Japan. Results: Data were obtained from 1463 women: 626 women with a history of breast cancer, 289 women with a history of ovarian cancer and 548 women without a history of any cancer as controls. Women with a family history of breast and/or ovarian cancer had OR of breast cancer of 2.3 (95% confidential interval [CI] 1.5-3.7) and ovarian cancer of 2.2 (95% CI 1.3-3.8). The risk was higher when the proband was younger or when two or more relatives were affected. Among women with a history of breast or ovarian cancer, 7.5% met the criteria for a 10% risk of a BRCA1 or BRCA2 mutation according to the Myriad model. Conclusion: Obtaining a detailed breast and ovarian cancer family history and the application of the Myriad model is useful for identifying women at an elevated genetic risk of breast and ovarian cancer. The estimation for the prevalence of hereditary breast/ovarian cancer syndrome has significant implications for a patient's management, as well as for the capacity for risk assessment and testing. © 2009 Japan Society of Obstetrics and Gynecology.

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2009.01090.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic groups in colorectal carcinoma patients based on tumor cell proliferation and classification and regression tree (CART) survival analysis 査読 国際誌

    Vladimir A. Valera, Beatriz A. Walter, Naoyuki Yokoyama, Yu Koyama, Tsuneo Iiai, Haruhiko Okamoto, Katsuyoshi Hatakeyama

    Annals of Surgical Oncology   14 ( 1 )   34 - 40   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Background: In this study, an alternative analytical method was used to model colorectal cancer (CRC) patients' long-term survival by assessing the prognostic value of the Ki-67 protein as a marker of tumor cell proliferation, and to illustrate the interaction between standard clinicopathologic variables and the proliferation marker in relation to their impact on survival. Methods: A cohort of 106 surgically treated CRC patients was used for analysis. The expression of the cell-cycle-related Ki-67 protein in tumor samples was evaluated by immunohistochemistry. A score was assigned as the percentage of positive tumor cell staining, denoted as proliferation index (PI), and was used in a multivariate analysis using a recursive partitioning algorithm referred to as classification and regression tree (CART) to characterize the long-term survival after surgery. Results: Of the covariates selected for their prognostic value, PI contributed most to the classification of survival status of patients. However, CART analysis selected the presence of distant metastasis as the best first split-up factor for predicting 5-year survival. CART then selected the following covariates for building up subgroups at risk for death: (1) PI; (2) pathological lymph node metastasis; (3) tumor size. Seven terminal subgroups were formed, with an overall misclassification rate of 16%. Conclusions: These analyses demonstrated that a Ki-67-protein-based tumor proliferation index appeared as an independent prognostic variable that was consistently applied by the CART algorithm to classify patients into groups with similar clinical features and survival. © 2006 Society of Surgical Oncology.

    DOI: 10.1245/s10434-006-9145-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • mRNA expression of vascular endothelial growth factor-C and -D in esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Kouji Kaneko, Yu Koyama, Tatsuo Kanda, Hideyuki Honma, Manabu Ohashi, Satoru Nakagawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    Acta Medica et Biologica   54 ( 3 )   67 - 75   2006年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Lymph node metastasis is a major prognostic factor for esophageal cancer patients. However, the molecular mechanisms underlying node metastasis remain unclear. Vascular endothelial growth factor-C (VEGF-C) and vascular endothelial growth factor-D (VEGF-D), which are ligands for VEGFR-3, have been reported to be capable of stimulating lymphangiogenesis under in vivo experimental conditions. The aim of the present study was to measure VEGF-C and/or VEGF-D mRNA expression in clinical specimens of esophageal squamous cell carcinoma, and to examine the correlation between VEGF-C or VEGF-D messenger ribonucleic acid (mRNA) expression and conventional clinicopathological parameters, especially the lymphatic involvement of esophageal squamous cell carcinoma. As a previous study has demonstrated that an expression pattern of high VEGF-C and low VEGF-D is correlated with both lymph node metastasis and lymphatic invasion of cancer cells, we also investigated the VEGF-C/D ratio. Total RNAs were isolated from 51 surgical specimens of esophageal carcinoma tissue and 42 normal esophageal mucosae. The relative mRNA abundance of VEGF-C and VEGF-D was measured by real-time quantitative reverse transcription polymerase chain reaction (PCR) analysis, and mRNA expression of VEGF-C and VEGF-D was standardized against glceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH) mRNA expression. VEGF-C mRNA was expressed similarly in esophageal carcinoma tissue and normal mucosal tissue; however, VEGF-D mRNA expression was significantly lower in carcinoma tissue compared with normal mucosal tissue, and therefore the VEGF-C/VEGF-D ratio was significantly increased in tumors compared with normal mucosae. However, neither mRNA expression of VEGF-C or VEGF-D nor the VEGF-C/VEGF-D ratio correlated with any clinicopathological factors, including lymphatic invasion, venous invasion, lymph node status, and tumor stage. VEGF-C and VEGF-D gene expression do not appear to be involved in the lymphatic progression of esophageal carcinoma.

    Scopus

    researchmap

  • Squamous cell carcinoma-antigen messenger RNA level in peripheral blood predicts recurrence after resection in patients with esophageal squamous cell carcinoma 査読 国際誌

    Hideyuki Honma, Tatsuo Kanda, Hiroaki Ito, Toshifumi Wakai, Satoru Nakagawa, Manabu Ohashi, Yu Koyama, Vladimir A. Valera, Kouhei Akazawa, Katsuyoshi Hatakeyama

    Surgery   139 ( 5 )   678 - 685   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY, INC  

    Background: The aim of this study was to clarify whether preoperative squamous cell carcinoma-antigen messenger RNA (SCC-Ag mRNA) level in peripheral blood can be used to predict tumor recurrence after curative resection for esophageal squamous cell carcinoma. Methods: A prospective analysis was conducted for 46 consecutive patients who underwent curative esophagectomy and who had no residual tumor. The SCC-Ag mRNA level in the peripheral blood of each patient was measured preoperatively by using quantitative reverse transcriptase-polymerase chain reaction. Median follow-up period was 34 months. Results: Receiver operating characteristic analysis demonstrated that the optimal cutoff level of SCC-Ag mRNA was 40. Patients were divided into the high SCC-Ag mRNA level group (n = 14) and the low SCC-Ag mRNA level group (n = 32). The cumulative probabilities of tumor recurrence were higher in the high SCC-Ag mRNA level group (probability of recurrence was 71% at 2 years) than in the low group (22% at 2 years; P = .0005). SCC-Ag mRNA level (relative risk, 3.00; 95% confidence interval, 1.05-8.54; P = .040) was the strongest independent predictor of recurrence by multivariate analysis. Conclusions: Preoperative SCC-Ag mRNA levels in the peripheral blood are the best predictive factor for recurrence in patients with esophageal squamous cell carcinoma who undergo curative resection (R0). © 2006 Mosby, Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.surg.2005.09.022

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • NY-ESO-1 expression and its serum immunoreactivity in esophageal cancer 査読 国際誌

    Argun Akcakanat, Tatsuo Kanda, Yu Koyama, Michitoshi Watanabe, Eiji Kimura, Yutaka Yoshida, Shintarou Komukai, Satoru Nakagawa, Shoji Odani, Hiroshi Fujii, Katsuyoshi Hatakeyama

    Cancer Chemotherapy and Pharmacology   54 ( 1 )   95 - 100   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG  

    Purpose: NY-ESO-1, a member of the cancer/testis antigen (CTA) family, elicits humoral and cellular immune responses in patients with advanced cancer. Unresectable or metastatic esophageal carcinoma patients do not benefit from the present multimodality treatment regimens in terms of survival. The objectives of this study were to analyze the antibody response to NY-ESO-1 antigen in patients with esophageal cancer and to determine the potential of NY-ESO-1 for use in tumor-specific immunotherapy. Methods: Serum from 69 patients with esophageal cancer was investigated for antibody production against NY-ESO-1 by Western blot analysis. Also analyzed by immunohistochemistry were 56 tissue samples from these patients for NY-ESO-1 protein expression. Results: NY-ESO-1 protein expression was found in 18 of 56 (32%) esophageal carcinomas. Serum immunoreactivity specific for NY-ESO-1 was found in 9 patients (13%) of whom 8 were in the advanced stage (stages III and IV). There was no relationship between clinicopathologic features and serum immunoreactivity for NY-ESO-1. NY-ESO-1 protein expression was detected in three of five antibody-positive patients whose tissue was available for analysis. Survival analysis showed no significant difference between antibody-positive and antibody-negative patient groups. Conclusions: A humoral immune response to NY-ESO-1 antigen was established in patients with advanced esophageal cancer. NY-ESO-1 is a good candidate for vaccine-based immunotherapy for advanced esophageal carcinoma. © Springer-Verlag 2004.

    DOI: 10.1007/s00280-004-0768-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Vascular endothelial growth factor-C and vascular endothelial growth factor-D messenger RNA expression in breast cancer: Association with lymph node metastasis 査読 国際誌

    Yu Koyama, Kouji Kaneko, Kohei Akazawa, Chizuko Kanbayashi, Tatsuo Kanda, Katsuyoshi Hatakeyama

    Clinical Breast Cancer   4 ( 5 )   354 - 360   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

    Lymph node metastasis is a major prognostic factor for patients with breast cancer. Vascular endothelial growth factors (VEGF) - C and VEGF-D are capable of stimulating lymphangiogenesis, and VEGF-C enhances lymphatic metastasis. The aim of the present study was to determine whether VEGF-C and VEGF-D messenger RNA (mRNA) expression is correlated with lymphatic invasion and lymph node metastasis in patients with breast cancer. Total RNAs were isolated from 33 surgical specimens of breast cancer tissue and 7 samples of normal breast tissue. VEGF-C and VEGF-D mRNA expression was measured by quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction analysis. There was no correlation between VEGF-C mRNA expression and lymphatic invasion or lymph node metastasis. However, VEGF-D mRNA expression was decreased in cancer tissue, and it was inversely correlated with lymphatic invasion and the number of metastatic lymph nodes. An increased VEGF-C/VEGF-D ratio was also correlated with lymph node metastasis and the number of metastatic lymph nodes. Our results suggest that a decrease in VEGF-D mRNA or an increase in the VEGF-C/VEGF-D ratio may have an association with tumorigenesis and/or lymph node metastasis in breast cancer.

    DOI: 10.3816/CBC.2003.n.041

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Combined radioguided parathyroidectomy and intravenous vitamin D therapy for the treatment of uraemic hyperparathyroidism 査読 国際誌

    Yuko Oyama, Junichiro James Kazama, Hiroki Maruyama, Ichiei Narita, Chizuko Kanbayashi, Yu Koyama, Tsukasa Omori, Katsuyoshi Hatakeyama, Fumitake Gejyo

    Nephrology Dialysis Transplantation   18 ( SUPPL. 3 )   76 - 78   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Therapy combining radioguided parathyroidectomy (PTx) followed by intravenous maxacalcitol was given to a 50-year-old Japanese man referred for treatment of uraemic secondary hyperparathyroidism. After laboratory and radiological examinations, the patient underwent uncomplicated, successful surgery, but glands that had not been detected radiologically before the procedure became apparent with a scintillation counter immediately after the removal of the swollen gland. To prevent relapse of secondary hyperparathyroidism in the remaining glands, 10 μg of maxacalcitol was injected intravenously after each dialysis session. Following a minimally invasive radioisotope-guided PTx, the potential risk of relapse in the remaining glands has to be considered and intensive medical therapy should be instituted immediately after the operation. Further study needs to elucidate whether this treatment strategy can improve the long-term prognosis of patients with secondary hyperparathyroidism.

    DOI: 10.1093/ndt/gfg1019

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Cloning of a new aquaporin (AQP10) abundantly expressed in duodenum and jejunum 査読

    Satoru Hatakeyama, Yutaka Yoshida, Tatsuo Tani, Yu Koyama, Kouei Nihei, Kazufumi Ohshiro, Jun Ichi Kamiie, Eishin Yaoita, Takeyasu Suda, Katsuyoshi Hatakeyama, Tadashi Yamamoto

    Biochemical and Biophysical Research Communications   287 ( 4 )   814 - 819   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    A new aquaporin (AQP10) was identified in human small intestine. This gene encoded a 264-amino-acid protein with high sequence identity with AQP3 (53%), 9 (52%), and 7 (43%). These AQPs constitute one subfamily of AQP family that is differentiated from the other subfamily of AQP (AQP0, 1, 2, 4, 5, 6, and 8) by sequence homology. Ribonuclease protection assay and Northern blotting demonstrated almost exclusive expression of AQP10 mRNA in the duodenum and jejunum. In situ hybridization localized it in absorptive jejunal epithelial cells. Xenopus oocytes expressing AQP10 exhibited an increased osmotic water permeability in a mercury-sensitive manner. Although AQP10 belongs to the AQP subfamily, which has been characterized by permeability to water and neutral solutes such as urea and glycerol, it was not permeable to urea nor glycerol. The specific expression of AQP10 suggests its contribution to the water transport in the upper portion of small intestine. © 2001 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.2001.5661

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Expression of Fas ligand is an early event in colorectal carcinogenesis 査読

    Tatsuo Kanda Masaaki Shimoyama, Lili Liu, Yu Koyama, Takeyasu Suda, Yasuo Sakai, Katsuyoshi Hatakeyama

    Journal of Surgical Oncology   76 ( 1 )   63 - 68   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and objectives: Fas ligand (FasL) is expressed in many cancers and plays an important role in establishing immunologically privileged environments that allow tumors to escape the host's immune surveillance. We investigate the expression of FasL in human colorectal cancer and colorectal adenoma and elucidate the relationship between FasL expression and the clinicopathological characteristics of colorectal cancers. Methods: We examined 214 colorectal cancer specimens and 83 colorectal adenoma specimens. Expression of FasL was determined by immunohistochemical staining using a specific monoclonal antibody. We analyzed the relationship between the results of FasL expression and clinicopathological data statistically. Results: FasL expression was detected in 173 (80.8%) of 214 colorectal carcinomas and 34 (40.9%) of 83 colorectal adenomas. The status of FasL expression in colorectal carcinoma was independent of clinicopathological features including tumor stage, histologic grade, lymphatic invasion, venous invasion, lymph node metastasis, liver metastasis, and Dukes stage. In colorectal adenoma, FasL expression was more frequently observed in high-grade atypia than in low-grade atypia (P = 0.05). Conclusions: FasL expression is commonly observed not only in cancer but also in highly dysplastic tissue. These observations suggest that FasL expression may be an important event in the transformation process leading to adenocarcinoma. © 2001 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/1096-9098(200101)76:1<63::AID-JSO1011>3.0.CO;2-C

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Immunolocalization of aquaporin-8 in rat digestive organs and testis 査読

    T. Tani, Y. Koyama, K. Nihei, S. Hatakeyama, K. Ohshiro, Y. Yoshida, E. Yaoita, Y. Sakai, K. Hatakeyama, T. Yamamoto

    Archives of Histology and Cytology   64 ( 2 )   159 - 168   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Histological Documentation  

    Expression of aquaporin-8 mRNA has previously been shown in hepatocytes, pancreatic acinar cells, colon epithelial cells and seminiferous tubules of the testis in the rat by in situ hybridization technique. However, immunolocalization of this water channel has not yet been demonstrated. In the present study, the localization of immunoreactive aquaporin-8 and expression of the mRNA were examined in rat organs (cerebrum, cerebellum, eye, salivary gland, heart, lung, liver, pancreas, esophagus, stomach, jejunum, ileum, colon, testis, ovary, kidney, spleen and lymphnode) by immunohistochemistry using an antibody against aquaporin-8 and ribonuclease protection assay. Aquaporin-8 was distinctly immunolocalized on the apical membranes of pancreatic acinar cells and mucosal epithelium of the colon and jejunum. In the liver, the bile canalicular membrane of hepatocytes was immunostained. In the testis, immunoreactive aquaporin-8 was demonstrated on the luminal side of the seminiferous tubules. At high magnification, the peroxidase reaction products appeared on the ramified cytoplasmic membrane of Sertoli cells surrounding the residual bodies or spermatogenic cells. Specificity of the antibody was verified by Western blot analysis showing a minor ∼28 kDa band (deduced deglycosylated form of aquaporin-8) and a major ∼30 kDa band (glycosylated form) in these organs. The intensity of aquaporin-8 immunoreactivity was approximately comparable to that of aquaporin-8 mRNA expression in the liver, pancreas, colon, jejunum and testis. The aquaporin-8 mRNA expression in the hepatocytes was presumed to be closely associated with the structure of bile canaliculi since the message was detected in hepatocytes immediately after isolation from the liver but not in cells following cultivation for three days. The localization of immunoreactive aquaporin-8 indicated functions for this water channel in the secretion of bile and pancreatic juice, and the secretion or absorption of water in the colon and jejunum, and the maturation or liberation of spermatogenic cells in the testis.

    DOI: 10.1679/aohc.64.159

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Immunolocalization of aquaporin-9 in rat hepatocytes and leydig cells 査読

    K. Nihei, Y. Koyama, T. Tani, E. Yaoita, K. Ohshiro, L. P. Adhikary, I. Kurosaki, Y. Shirai, K. Hatakeyama, T. Yamamoto

    Archives of Histology and Cytology   64 ( 1 )   81 - 88   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Histological Documentation  

    The aquaporin (AQP)-9 gene was recently isolated from human and rat liver cDNA libraries as a member of the water channel family for water and neutral solutes. Although the expression of AQP9 mRNA has been demonstrated in several organs including the liver and testis by Northern blot analysis, the cellular and subcellular localization of the AQP9 protein remains unclear. In the present light and electron microscopic immunohistochemical study, the localization of the AQP9 immunoreactivity was examined in fifteen kinds of rat organs using an antibody against rat AQP9 synthetic peptide. The antibody immuno-stained a major band of ∼33 kDa in the liver by Western blot analysis. Immunoreactivity for AQP9 was found exclusively in the liver and testis among the organs examined. In the liver, positive staining appeared selectively along the space of Disse. Immunoelectron microscopy confirmed the localization of AQP9 on the surface of hepatocyte microvilli facing the space of Disse. In the testis, the plasma membrane of Leydig cells located between seminiferous tubules was conspicuously immunoreactive to the antibody. Intense mRNA expression was detected in the liver and testis but not in other organs by ribonuclease protection assay. These findings suggest a specific role for AQP9 in the transport of water and non-charged solutes in hepatocytes and Leydig cells.

    DOI: 10.1679/aohc.64.81

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Expression and localization of angiogenic inhibitory factor, chondromodulin-I, in adult rat eye 査読

    H. Funaki, S. Sawaguchi, K. Yaoeda, Y. Koyama, E. Yaoita, S. Funaki, M. Shirakashi, Y. Oshima, C. Shukunami, Y. Hiraki, H. Abe, T. Yamamoto

    Investigative Ophthalmology and Visual Science   42 ( 6 )   1193 - 1200   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC  

    Purpose. To determine the role in the eye of chondromodulin (ChM)-I, which has been identified in cartilage as an angiogenic inhibitor, the expression and localization and a possible function of ChM-I were investigated. METHODS. Expression and localization of ChM-I in rat eyes were examined by RNase protection assay and in situ hybridization and by immunostaining, using an antibody against a synthetic peptide. The effect of recombinant ChM-I on tube morphogenesis of retinal endothelial cells was examined in culture. Results. The rat ChM-I gene was determined to encode the open reading frame of 334 amino acid residues, and ChM-I mRNA was exclusively expressed in cartilage, eye, and cerebellum in rats. ChM-I mRNA expression was evident in the iris-ciliary body, retina, and scleral compartments, but not in other compartments of the eye. In situ hybridization revealed mRNA expression in the ganglion cells, inner nuclear layer cells, and pigment epithelium in the retina and in the nonpigment epithelium of the ciliary body. Immunoreactive ChM-I was present in these cells and also in the vitreous body. Western blot analysis detected an ∼25-kDa band of ChM-I presumed as a secretory form in the aqueous humor and vitreous body and an ∼37-kDa band as a precursor form in the retina. Recombinant human ChM-I inhibited tube morphogenesis of human retinal endothelial cells in vitro. Conclusion. These observations indicate a potential role for ChM-I in inhibition of angiogenesis in the rat eye.

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Localization of olfactomedin-related glycoprotein isoform (BMZ) in the Golgi apparatus of glomerular podocytes in rat kidneys 査読 国際誌

    Daisuke Kondo, Tadashi Yamamoto, Eishin Yaoita, Patria E. Danielson, Hideyuki Kobayashi, Kazufumi Ohshiro, Haruko Funaki, Yu Koyama, Hidehiko Fujinaka, Katsutoshi Kawasaki, J. Gregor Sutcliffe, Masaaki Arakawa, Itaru Kihara

    Journal of the American Society of Nephrology   11 ( 5 )   803 - 813   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    A gene encoding olfactomedin-related glycoprotein was isolated from rat glomerulus despite its prior identification as a neuron-specific gene. The mRNA expression was remarkably intense in renal glomerulus and brain and faint in the lung and eye among rat systemic organs. Although the brain contained four mRNA variants (AMY, AMZ, BMY, and BMZ) transcribed from a single gene, the glomerulus, lung, and eye expressed only two variants (BMZ and BMY). The glycoprotein was intensely immunolocalized in glomerular podocytes and neurons by using an antibody against synthetic peptide of the M region, but weak in endothelial cells of the kidney and lung. Bronchiolar epithelial cells in the lung, and ciliary, corneal, and iris epithelial cells in the eye were also stained. Immunogold electron microscopy revealed selective localization of olfactomedin-related glycoprotein at the Golgi apparatus in podocytes. In glomerular culture, the staining was also intense at a juxtanuclear region in synaptopodin-positive epithelial cells of irregular shape (phenotypic feature of podocytes), whereas it was weak in synaptopodin-negative ones of cobblestone-like appearance (phenotypic feature of parietal epithelial cells of Bowman's capsule). Interestingly, Western blot analysis identified an intense band corresponding to BMZ isoform and another faint band corresponding to BMY isoform in the glomerulus, whereas the intensity of these two bands were nearly equal in the lung and eye. In the brain, four bands corresponding to four isoforms were observed apparently. Computer sequence analysis predicted coiled-coil structures in the secondary structure of the glycoprotein similar to those in Golgi autoantigens, suggesting significant roles in the unique functions of the Golgi apparatus in rat podocytes and neurons.

    DOI: 10.1681/ASN.V115803

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Differences in gut integrity following abdominal surgery according to the magnitude of the surgical stress 査読

    Nobuaki Sato, Manabu Oyamatsu, Yu Koyama, Yoichi Tamiya, Katsuyoshi Hatakeyama

    International Surgery   85 ( 1 )   30 - 33   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EDIZIONI MINERVA MEDICA  

    Background: An increase in serum diamine oxidase (DAO) activity reflects intestinal mucosal damage. This was used to estimate the effect of surgical stress after elective abdominal surgery on gut integrity. Methods: Patients with gastrointestinal tract cancers were placed in either group T (transthoracic esophagectomy for esophageal cancer, n = 9) or group L (laparotomy, n = 10). The serum DAO activity was measured pre-operatively, and on postoperative days 1, 3, and 8. Results: Transthoracic esophagectomy was associated with a more extensive stress than the operations in group L, as measured by the intra-operative blood loss, the amount of blood transfused, and the operative time (P = 0.007, P = 0.0002, P = 0.0011, respectively). Following surgery, the serum DAO activity was decreased markedly in all patients in group T. In contrast, the activity was unchanged in group L (P = 0.04). Conclusions: The severity of the surgical insult plays a significant role in the decrease in serum DAO activity. These results suggest that surgical stress influences gut integrity following elective abdominal surgery.

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Expression and localization of aquaporins in rat gastrointestinal tract 査読

    Yu Koyama, Tadashi Yamamoto, Tatsuo Tani, Kouei Nihei, Daisuke Kondo, Haruko Funaki, Eishin Yaoita, Katsutoshi Kawasaki, Nobuaki Sato, Katsuyoshi Hatakeyama, Itaru Kihara

    American Journal of Physiology - Cell Physiology   276 ( 3 45-3 )   C621 - C627   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A family of water-selective channels, aquaporins (AQP), has been demonstrated in various organs and tissues. However, the localization and expression of the AQP family members in the gastrointestinal tract have not been entirely elucidated. This study aimed to demonstrate the expression and distribution of several types of the AQP family and to speculate on their role in water transport in the rat gastrointestinal tract. By RNase protection assay, expression of AQP1-5 and AQP8 was examined in various portions through the gastrointestinal tract. AQP1 and AQP3 mRNAs were diffusely expressed from esophagus to colon, and their expression was relatively intense in the small intestine and colon. In contrast, AQP4 mRNA was selectively expressed in the stomach and small intestine and AQP8 mRNA in the jejunum and colon. Immunohistochemistry and in situ hybridization demonstrated cellular localization of these AQP in these portions. AQP1 was localized on endothelial cells of lymphatic vessels in the submucosa and lamina propria throughout the gastrointestinal tract. AQP3 was detected on the circumferential plasma membranes of stratified squamous epithelial cells in the esophagus and basolateral membranes of cardiac gland epithelia in the lower stomach and of surface columnar epithelia in the colon. However, AQP3 was not apparently detected in the small intestine. AQP4 was present on the basolateral membrane of the parietal cells in the lower stomach and selectively in the basolateral membranes of deep intestinal gland cells in the small intestine. AQP8 mRNA expression was demonstrated in the absorptive columnar epithelial cells of the jejunum and colon by in situ hybridization. These findings may indicate that water crosses the epithelial layer through these water channels, suggesting a possible role of the transcellular route for water intake or outlet in the gastrointestinal tract.

    DOI: 10.1152/ajpcell.1999.276.3.c621

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Do the level of nodal disease according to the TNM classification and the number of involved cervical nodes reflect prognosis in patients with differentiated carcinoma of the thyroid gland? 査読

    Nobuaki Sato, Manabu Oyamatsu, Yu Koyama, Iwao Emura, Yoichi Tamiya, Katsuyoshi Hatakeyama

    Journal of Surgical Oncology   69 ( 3 )   151 - 155   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Background and Objectives: The importance of nodal involvement as a prognostic factor in differentiated carcinoma of the thyroid gland remains controversial. We therefore attempted to confirm the prognostic factors in differentiated thyroid carcinoma, with special reference to nodal status. Patients and Methods: A total of 139 patients with differentiated thyroid cancer followed for 2-27 years, with a median follow-up of 7 years were studied. All patients underwent surgical resection, either subtotal, total, or lobectomy, with modified radical neck dissection. Survival was calculated using the Kaplan-Meier method. Results: Ten (7%) patients have died from thyroid cancer. Adverse prognostic factors included age >45 years (P = 0.0120), the presence of distant metastases (P = 0.0006), and TNM stage (P = 0.0002). The number of lymph nodes dissected ranged from 6 to 92, with an average of 26. Lymph node metastases were found in 102 (73%) patients. There was no difference in survival according to the level of nodal disease by the TNM classification. Furthermore, the number of cervical lymph nodes involved had no effect on the survival. Conclusion: Our results suggest that the presence of histologically confirmed lymph node metastases is not an important prognostic factor in patients with differentiated thyroid carcinoma.

    DOI: 10.1002/(SICI)1096-9098(199811)69:3<151::AID-JSO6>3.0.CO;2-V

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Localization and expression of AQP5 in cornea, serous salivary glands, and pulmonary epithelial cells 査読

    Haruko Funaki, Tadashi Yamamoto, Yu Koyama, Daisuke Kondo, Eishin Yaoita, Katsutoshi Kawasaki, Hideyuki Kobayashi, Shoichi Sawaguchi, Haruki Abe, Itaru Kihara

    American Journal of Physiology - Cell Physiology   275 ( 4 44-4 )   C1151 - C1157   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSIOLOGICAL SOC  

    Aquaporin (AQP) 5 gene was recently isolated from salivary gland and identified as a member of the AQP family. The mRNA expression and localization have been examined in several organs. The present study was focused on elucidation of AQP5 expression and localization in the eye, salivary gland, and lung in rat. RNase protection assay confirmed intense expression of AQP5 mRNA in these organs but negligible expression in other organs. To examine the mRNA expression sites in the eye, several portions were microdissected for total RNA isolation. AQP5 mRNA was enriched in cornea but not in other portions (retina, lens, iris/ciliary body, conjunctiva, or sclera). AQP5 was selectively localized on the surface of corneal epithelium in the eye by immunohistochemistry and immunoelectron microscopy using an affinity-purified anti-AQP5 antibody. AQP5 was also localized on apical membranes of acinar cells in the lacrimal gland and on the microvilli protruding into intracellular secretory canaliculi of the serous salivary gland. In the lung, apical membranes of type I pulmonary epithelial cells were also immunostained with the antibody. These findings suggest a role of AQP5 in water transport to prevent dehydration or to secrete watery products in these tissues.

    DOI: 10.1152/ajpcell.1998.275.4.c1151

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Molecular cloning of a new aquaporin from rat pancreas and liver 査読

    Yu Koyama, Tadashi Yamamoto, Daisuke Kondo, Haruko Funaki, Eishin Yaoita, Katsutoshi Kawasaki, Nobuaki Sato, Katsuyoshi Hatakeyama, Itaru Kihara

    Journal of Biological Chemistry   272 ( 48 )   30329 - 30333   1997年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    A new water channel (aquaporin-8, gene symbol AQP8) was isolated from rat pancreas and liver by homology cloning. Ribonuclease protection assay showed intense expression of the gene in pancreas and liver, less intense in colon and salivary gland, and negligible in other organs. The full-length cDNA was obtained by ligation of ~1.4-kilobase (kb) cDNA isolated from the rat liver cDNA library to ~0.5 kb of the 5'-end fragment obtained by the rapid amplification of cDNA ends method. A major transcript of ~1.45 kb was demonstrated in liver and colon by Northern blot analysis. Expression of the cRNA in Xenopus oocytes markedly enhanced osmotic water permeability in a mercury-sensitive manner, indicating a water channel function of this molecule. The open reading frame encoded a 263- amino acid protein with a predicted molecular size of 28 kDa. Hydropathy analysis represented six membrane spanning domains and five connecting loops containing two sites of NPA motif as preserved in other aquaporins. Unlike other mammalian aquaporins, AQP8 has an unusual structure with a long N terminus and a short C terminus, which are found in plant aquaporin, γ-tonoplast intrinsic protein. By in situ hybridization, AQP8 mRNA expression was assumed in hepatocytes, acinal cells of pancreas and salivary gland, and absorptive colonic epithelial cells. The physiological role(s) of AQP8 remain to be elucidated.

    DOI: 10.1074/jbc.272.48.30329

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Insulin-like growth factor-I (IGF-I) in malnourished rats following major hepatic resection 査読

    N. Sato, Y. Koyama, M. Oyamatsu, S. Kayama, K. Yoshikawa, A. Ohkawa, K. Hatakeyama, T. Muto

    Acta Medica et Biologica   42 ( 4 )   159 - 163   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We examined the effect of malnutrition on liver regeneration and changes in plasma insulin-like growth factor-I (IGF-I) concentrations, and the effect of the administration of IGF-I to rats following hepatic resection. Twenty-nine male Sprague-Dawley rats were allocated to one of three groups. Group I (n = 11) consisted of normally nourished rats which each underwent a 70% partial hepatectomy by the method of Higgins and Anderson.) Group II (n = 8) was composed of malnourished rats which also underwent partial hepatectomies. Group III (n = 10) consisted of malnourished rats which each underwent a partial hepatectomy and received 200 μg of exogenous IGF-I for 24 h following surgery. Group I rats were permitted to eat ad libitum., rats in Groups II and III received 50% of their normal intake for one week prior to and following hepatectomy. The rats were killed after 48 h of hepatic regeneration, and the livers were weighed and prepared for hamatoxylineosin staining to facilitate an assessment of the number of mitotic cells. Decreases in the remnant liver weights and mitotic indices were more extensive in the malnourished rats. Additionally, malnutrition was associated with low plasma IGF-I concentrations following partial hepatectomy. IGF-I administration was not associated with an improved nitrogen balance following hepatectomy. These results suggest that an adequate nutritional status is essential for liver regeneration, and that malnutrition is associated with lower plasma IGF-I concentrations following partial hepatectomy. An inadequate nutrient supply may abolish the anabolic effect of the administration of IGF-I on nutritional repletion postoperatively.

    Scopus

    researchmap

  • Resting energy expenditure in patients undergoing transhiatal or transthoracic oesophagectomy for carcinoma of the thoracic oesophagus 査読

    N. Sato, A. Kusama, A. Ohkawa, Y. Koyama, M. Oyamatsu, S. Kayama, K. Yoshikawa, O. Tanaka, T. Muto

    British Journal of Surgery   80 ( 11 )   1413 - 1415   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Resting energy expenditure (REE) was studied in five patients undergoing transhiatal and in 14 undergoing transthoracic oesophagectomy for carcinoma. All resections were performed with an intention to cure. REE was measured by indirect calorimetry before operation and on days 1, 3, 5 and 7 after surgery. Following transthoracic oesophagectomy, REE increased significantly on days 1, 3, 5 and 7 after operation, and on day 7 the value was significantly higher (P <0·05) than that obtained after transhiatal surgery. Energy expenditure following transhiatal oesophagectomy is lower than that after transthoracic oesophagectomy; this may be a result of reduced surgical stress. Copyright © 1993 British Journal of Surgery Society Ltd.

    DOI: 10.1002/bjs.1800801119

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Compliance of Static Stretching and the Effect on Blood Pressure and Arteriosclerosis Index in Hypertensive Patients. 査読 国際誌

    Etsuko Yamada, Sayuri Sakai, Mieko Uchiyama, Hansani M Abeywickrama, Masanori Inoue, Kazuo Maeda, Yuko Kikuchi, Kentaro Omatsu, Yu Koyama

    Clinics and practice   12 ( 3 )   306 - 317   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Treatment of high blood pressure is a combination of lifestyle changes and medications, and appropriateexercise therapy is recommended as one of the lifestyle-related changes. Recently, stretching, a low-intensity exercise, was reported to be antihypertensive and effective for improving arteriosclerosis, in addition to aerobic exercise. The present study investigated the short-term effects of continuous stretching and rest-induced rebound on vascular endothelial function in hypertensive patients. METHODS: This study was conducted as a single-arm prospective interventional study including patients between 30 and 70 years of age undergoing treatment for hypertension from October 2019 until May 2021. The intervention consisted of six months of daily stretching, one month of rest, and another three months of stretching. We measured arteriosclerosis indices such as cardio ankle vascular index (CAVI), ankle brachial pressure index (ABI) and reactive hyperemia index (RHI), and flexibility at the baseline and one, three, six, seven, and ten months from the baseline. RESULTS: We included a total of ten patients (three males and seven females) with an average age of 60.10 ± 6.05 years. The exercise rate for the entire period was 90% or more, and the anteflexion measurement value improved significantly before and after the intervention (p &lt; 0.001). Blood pressure and CAVI/ABI were well controlled throughout the study period. RHI did not show any significant improvement during the initial six months, and only slightly improved by the third month (p = 0.063). Even after the rest phase and resumption of stretching, RHI remained stable. CONCLUSIONS: The compliance of the stretching program we used, evaluated by the exercise implementation rate for the entire period, was 90% or more; therefore, easy to perform and continue by hypertensive patients. However, we did not observe a significant positive effect on arteriosclerosis index or blood pressure in this study.

    DOI: 10.3390/clinpract12030036

    PubMed

    researchmap

  • Plasma Sphingosine-1-Phosphate Levels Are Associated with Progression of Estrogen Receptor-Positive Breast Cancer. 査読 国際誌

    Mayuko Ikarashi, Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Shiho Takeuchi, Kazuki Moro, Chie Toshikawa, Shun Abe, Hiroshi Ichikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Yu Koyama, Nobuaki Sato, Nitai C Hait, Yiwei Ling, Shujiro Okuda, Kazuaki Takabe, Toshifumi Wakai

    International journal of molecular sciences   22 ( 24 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although numerous experiments revealed an essential role of a lipid mediator, sphingosine-1-phosphate (S1P), in breast cancer (BC) progression, the clinical significance of S1P remains unclear due to the difficulty of measuring lipids in patients. The aim of this study was to determine the plasma concentration of S1P in estrogen receptor (ER)-positive BC patients, as well as to investigate its clinical significance. We further explored the possibility of a treatment strategy targeting S1P in ER-positive BC patients by examining the effect of FTY720, a functional antagonist of S1P receptors, on hormone therapy-resistant cells. Plasma S1P levels were significantly higher in patients negative for progesterone receptor (PgR) expression than in those positive for expression (p = 0.003). Plasma S1P levels were also significantly higher in patients with larger tumor size (p = 0.012), lymph node metastasis (p = 0.014), and advanced cancer stage (p = 0.003), suggesting that higher levels of plasma S1P are associated with cancer progression. FTY720 suppressed the viability of not only wildtype MCF-7 cells, but also hormone therapy-resistant MCF-7 cells. Targeting S1P signaling in ER-positive BC appears to be a possible new treatment strategy, even for hormone therapy-resistant patients.

    DOI: 10.3390/ijms222413367

    PubMed

    researchmap

  • [A Case of HER2-Positive Recurrent Breast Cancer and Liver Metastases of GIST Treated with Combined Anti-HER2 Therapy and Imatinib].

    Haruka Uchida, Chie Toshikawa, Kazuki Moro, Takashi Ishikawa, Yasuo Obata, Junko Tsuchida, Masayuki Nagahashi, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hajime Umezu, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   1725 - 1727   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 70-year-old female with liver metastases from gastrointestinal stromal tumor(GIST)that were found 3 months after partial gastrectomy for the primary GIST underwent Auchincloss operation for left breast cancer with ipsilateral axillary lymph node metastases. The diagnosis was microinvasive ductal cancer that was pT1miN1M0, pStage ⅡA, hormone receptor negative, and HER2 positive. Given the impact of this cancer on the prognosis of liver metastases of GIST, imatinib therapy, but not adjuvant chemotherapy, was started promptly for breast cancer after surgery. Four months after the surgery, left subclavian lymph node recurrence of breast cancer was found. Since the liver metastases of GIST had been stable, imatinib was discontinued, and paclitaxel and anti-HER2 therapy were administered. After confirming tolerability, imatinib was carefully added in combination. Because the lymph nodes shrank and liver metastases of GIST were stable, both anti-HER2 therapy and imatinib were continued. There are few reports of combined chemotherapy for synchronous double cancer, and we report our experience in which careful treatment was required.

    PubMed

    researchmap

  • Clinical Sign-Based Rapid Response Team Call Criteria for Identifying Patients Requiring Intensive Care Management in Japan. 査読 国際誌

    Reiko Okawa, Tomoe Yokono, Yu Koyama, Mieko Uchiyama, Naoko Oono

    Medicina (Kaunas, Lithuania)   57 ( 11 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and Objectives: For effective function of the rapid response system (RRS), prompt identification of patients at a high risk of cardiac arrest and RRS activation without hesitation are important. This study aimed to identify clinical factors that increase the risk of intensive care unit (ICU) transfer and cardiac arrest to identify patients who are likely to develop serious conditions requiring ICU management and appropriate RRS activation in Japan. Materials and Methods: We performed a single-center, case control study among patients requiring a rapid response team (RRT) call from 2017 to 2020. We extracted the demographic data, vital parameters, blood oxygen saturation (SpO2) and the fraction of inspired oxygen (FiO2) from the medical records at the time of RRT call. The patients were divided into two groups to identify clinical signs that correlated with the progression of clinical deterioration. Patient characteristics in the two groups were compared using statistical tests based on the distribution. Receiver operating characteristic (ROC) curve analysis was used to identify the appropriate cut-off values of vital parameters or FiO2 that showed a significant difference between-group. Multivariate logistic regression analysis was used to identify patient factors that were predictive of RRS necessity. Results: We analyzed the data of 65 patients who met our hospital's RRT call criteria. Among the clinical signs in RRT call criteria, respiratory rate (RR) (p < 0.01) and the needed FiO2 were significantly increased (p < 0.01) in patients with severe disease course. ROC curve analysis revealed RR and needed FiO2 cut-off values of 25.5 breaths/min and 30%. The odds ratio for the progression of clinical deterioration was 40.5 times higher with the combination of RR ≥ 26 breaths/min and needed FiO2 ≥ 30%. Conclusions: The combined use of RR ≥ 26 breaths/min and needed FiO2 ≥ 30% might be valid for identifying patients requiring intensive care management.

    DOI: 10.3390/medicina57111194

    PubMed

    researchmap

  • オキサリプラチンを含む薬物療法を受ける大腸がん患者の末梢神経障害と歩容の関連

    奥山 晶子, 小山 諭, 内山 美枝子, 坂井 さゆり

    日本がん看護学会学術集会   35回   P2 - 044   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本がん看護学会  

    researchmap

  • 味覚のアセスメント 主観的味覚と味覚センサーの比較 査読

    小山 諭, 大沼 彩香, 小野間 憲泰, 内山 美枝子, 奥田 明子, 飯島 淳彦

    栄養   35 ( 1 )   53 - 55   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    市販の油淋鶏弁当の主食:副食の割合を10g:3g、10g:6g、10g:9gに調整し、この順序で一口に食し主観的味覚を点数化した。20〜25歳の健常な日本人女性12名とスリランカ人女性4名を対象とした。副食が増量していくに従い日本人は酸味・渋味・旨味の評価が高くなっていったが、スリランカ人では塩味・甘味・苦味の評価が高くなった。同様の3パターンの食事を味覚センサーで分析した。その結果、白飯をコントロールとした場合、副食の増量に従い酸味・旨味が高くなり、炒飯をコントロールとした場合は酸味が強く影響され、旨味や渋味は副食を6gより増加させてもほとんど変化しなかった。コントロールとして白飯を用いた場合と炒飯を用いた場合とでは味覚のパターンが異なり、日本人・スリランカ人各々の主観的味覚評価のいずれともパターンが一致しなかった。

    researchmap

  • スリランカ、ギランドゥルコッテ地区における原因不明慢性腎疾患(CKDu)患者での身体計測

    Abeywickrama Madushika Hansani, Wimalasiri Swarma, 小山 諭, 内山 美枝子, 清水 詩子, Chandrajith Rohana, Nanayakkara Nishantha

    外科と代謝・栄養   54 ( 5 )   137 - 137   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • A Case of Breast Cancer with Metastatic Nodules in Additionally Resected Specimens 査読

    Maiko Endo, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Kumiko Yamaura, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Masato Nakajima, Yu Koyama, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   45 ( 13 )   1860 - 1862   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 68-year-old woman who had leftbreastcancer (cT2N0M0, cStage ⅡA)underwentbreast -conserving therapy and sentinel lymph node biopsy. Pathological diagnosis of the resected specimen revealed a 60mm cancer lesion including a 50 mm invasive ductal carcinoma with surrounding ductal carcinoma in situ, although the pre-operative MRI suggested a 30mm invasive cancer. The surgical margin was positive with the exposure of ductal carcinoma in situ. Additional resection was performed with a resection margin of 20mm from the head-side stump of the previous surgery. Pathological diagnosis of the additionally resected specimen revealed a 6mm invasive carcinoma with its exposure on the surface of the specimen around the new surgical stump distant from the initial surgical margin, where no remnant cancer was noted. She underwent left mastectomy. Pathological diagnosis further revealed 7mm and 2mm invasive carcinomas in the remnant breast. The preoperative imaging was reviewed retrospectively, and it was found that identifying the nodules in the remnant breast was quite difficult based on the images, including MRI. We report a case of breast cancer with metastatic nodules in additionally resected specimens.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A Case of Metachronal Phyllodes Tumors That Presented Bilaterally in the Breast 査読

    Daisuke Motegi, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Kumiko Yamaura, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Masato Nakajima, Yu Koyama, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   45 ( 13 )   1854 - 1856   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 33-year-old woman underwent resection of a right breast mass, which was diagnosed as a fibroadenoma 15 years ago. Ten years later, a right breast mass appeared again, and it was diagnosed as a fibroadenoma based on core needle biopsy. After observation for a while, the mass increased in size, and she underwent resection of the tumor, which was diagnosed as a borderline-malignant phyllodes tumor. A mass appeared again in the right breast and rapidly expanded. A malignant phyllodes tumor was suspected, and right mastectomy was performed. The pathological diagnosis revealed a benign phyllodes tumor. Four years ago, a left breast mass was also detected. Because the mass was suspected to be a fibroadenoma, it has been observed for a few years. The mass has increased in size since 1 year ago, and another mass emerged 2 months ago. Core needle biopsy of the 2 masses revealed that both were phyllodes tumors. She underwent left mastectomy, and the pathological examination revealed that both masses were benign phyllodes tumors. We report this rare case of metachronal phyllodes tumors that presented bilaterally.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Quantitative Evaluation of Number of Chewing Times and Saliva Secretion in Adults with regard to Different Diet Styles in Japan and Sri Lanka 査読

    Oppilamany T, Syama.B, Koyama Y, Uchiyama M

    International nursing congress 2018   7 - 10   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 美味しさにより変動する唾液タンパク質の解析 査読

    平澤 侑也, 奥田 明子, 内山 美枝子, 小山 諭, 齊藤 里佳, 飯島 淳彦, 大沼 彩香, 小野間 憲泰

    生物試料分析   41 ( 1 )   55 - 55   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)生物試料分析科学会  

    researchmap

  • 術前内分泌療法を施行した高齢者進行副乳癌の1例 査読

    坂田 英子, 永橋 昌幸, 小山 諭, 梅津 哉, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   131 ( 7 )   433 - 439   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    副乳癌は全乳癌の0.2〜0.6%と比較的まれな疾患である。また、近年、高齢者乳癌の一次治療として忍容性の高い内分泌療法が選択される機会が増えている。今回、内分泌療法施行後に根治切除を実施した高齢者副乳癌の1例を経験したので報告する。症例は96歳、女性。右腋窩腫瘤を主訴に受診し、画像検査で右腋窩に径2cmの腫瘤と多数の腫大リンパ節を認めた。腫瘤の針生検は、充実腺管癌、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陰性、HER2陽性であり、右副乳癌と診断した。高齢で手術を積極的には希望されず、抗HER2療法併用化学療法の実施は忍容性の面から困難と考え、内分泌療法を一次治療として選択した。原発巣、腋窩リンパ節ともに一旦は縮小したが、治療開始9ヵ月目にはリンパ節の一部が増大した。高齢ではあるが耐術可能と判断し、腋窩広範囲切除と右腋窩リンパ節郭清を施行した。術後3年が経過し、明らかな再発を認めずに生存中である。高齢者乳癌治療では、年齢、併存症、臓器機能等を考慮し、手術療法を含めたバランスのとれた治療を選択することが大切である。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20171214030008&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2017%2F013107%2F008%2F0433-0439%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2017%2F013107%2F008%2F0433-0439%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 新潟医療圏地域包括ケアシステム構築に向けた取り組みとその成果 査読

    亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 若井 俊文, 小山 諭, 鈴木 一郎, 遠藤 直人, 鈴木 榮一

    新潟医学会雑誌   131 ( 6 )   363 - 368   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】患者の高齢化、併存症をもつ患者の増加により、在院期間の延長、転院先の受け入れ困難等が社会的な問題となっている。一方で、急性期疾患を対象とする基幹病院においては在院日数の短縮が求められており、各病院・施設における医療連携・退院支援部署と連動した病病・病診連携が重要となっている。本研究の目的は、2016年から積極的に開始した新潟医療圏地域包括ケアシステムの構築を目指した病病・病診連携の取り組みとその成果を報告することである。【対象と方法】始めに新潟医療圏における病病・病診連携の現状把握を行った。2015年5月から10月の6ヵ月間に、新潟大学医歯学総合病院消化器・一般外科で退院支援部署に退院支援依頼を行った入院患者37名に対して、依頼までの日数、実際の支援日数、在院日数、転帰等を調査した。その結果を踏まえ、さらにスムーズな連携が行われることを目的として2016年3月に第1回新潟医療圏地域包括ケア推進協議会を開催した。新潟医療圏11施設の協力を得て、病病・病診連携を進めていく同意が得られた。【結果】2015年5月から10月の期間での検討では、入院後の退院支援依頼までの日数(中央値)は18日(範囲:1-161日)、在院日数は31日(14-322日)であった。第1回新潟医療圏地域包括ケア推進協議会の後、2016年5月から12月の期間では、退院支援依頼までの日数(中央値)は6日(1-71日)、在院日数は29日(2-101日)であり、第1回新潟医療圏地域包括ケア推進協議会の後で、退院支援依頼までの日数、在院日数が有意に短縮していた(P=0.008、P=0.048)。【結論】地域包括ケアシステムの構築を目指した我々の取り組みは、入院早期からの退院支援依頼につながり、在院日数の短縮に寄与している。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20171113030006&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2017%2F013106%2F006%2F0363-0368%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2017%2F013106%2F006%2F0363-0368%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 新潟県のNutrition Support Team(NST)の実態と今後の課題 査読

    小山 諭, 青木 萩子, 横野 知江, 小笠原 映子

    新潟大学保健学雑誌   14 ( 1 )   87 - 95   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    新潟県内のNSTの実態と今後の課題を明らかにすることを目的とし、新潟県内の病院を対象に、主な施設形態、病床規模、NSTの有無、NST活動状況、NST介入の効果、他施設との連携状況などについてアンケート調査を行った。新潟県内の病院129施設中、103施設より回答が得られ、NSTを設立していたのは57施設であった。急性期病院や病床数≧150床ではNSTを有する病院が多かった。NST加算の有無に関しては、病床数≧150床の施設ではNST加算算定を行っている施設が多かった。NST介入数は36.5%の施設で増加しており、中心静脈栄養の減少、経腸栄養の増加、脂肪乳剤使用の増加、医療従事者の知識の向上などの効果が認められた。多くの施設が他施設NSTとの十分な連携を行えていないことが示されたが、ほとんどの施設が他施設NSTとの連携の必要性を感じており、ネットワーク体制を構築する必要があると考えられた。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J06421&link_issn=&doc_id=20170413460011&doc_link_id=1704141&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F1704141&type=%8D%C5%90V%8A%C5%8C%EC%8D%F5%88%F8Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif

  • 新潟県のNSTの実態と今後の課題 査読

    小山 諭, 青木 萩子, 横野 知江, 小笠原 映子

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   32 ( Suppl. )   762 - 762   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • Study of Breast Cancer Patients Diagnosed Preoperatively with Ductal Carcinoma In Situ 査読

    Masato Nakajima, Masayuki Nagahashi, Maiko Endo, Ayaka Otani, Junko Tsuchida, Kazuki Moro, Toshiyuki Niwano, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Mayuko Ikarashi, Kumiko Tatsuda, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   43 ( 12 )   1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Although ductal carcinoma in situ(DCIS)is generally cured by surgical resection, it has been suggested that resection is over-treatment for some patients with DCIS. The aim of this study was to reconsider operative indications for patients with DCIS by examining clinicopathological features of 23 patients who underwent surgical resection for DCIS in our institute over a single year. Postoperative histological examination revealed that there were Luminal and HER2-positive subtypes, but no triple negative cancers. We found coincidental invasive ductal carcinoma(IDC)in 5 patients, and in all 5 the tumor size exceeded 60 mm. There was no coincidence of IDC in patients with a Ki-67 index ≤5%. Positive surgical margins were observed in 7 patients, all of which were histologically diagnosed as DCIS. Only 1 of the 7 patients underwent additional surgical resection; the 6 remaining patients, including 2 patients who received no treatment, did not undergo additional resection. All patients including those with positive surgical margins have had a 5-year relapse-free survival. Our findings imply that the subgroup of DCIS patients without IDC could be followed up without surgery.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 緩徐進行性の経過を辿り腫瘍治療と免疫療法が有効であったYo抗体陽性傍腫瘍性小脳変性症の1例 査読

    坪口 晋太朗, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 河内 泉, 小山 諭, 西澤 正豊

    臨床神経学   56 ( 7 )   477 - 480   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    症例は54歳女性で、緩徐に進行する歩行障害と構音障害を呈した。左乳癌に対して乳房切除術と癌化学療法を受け、神経症候の進行は術後一旦停止していたが、小脳性運動失調が再び増悪した。頭部MRIでの小脳半球の萎縮、血清Yo抗体陽性、乳癌の既往より傍腫瘍性小脳変性症(paraneoplastic cerebellar degeneration;PCD)と診断した。CTで指摘された左腋窩リンパ節の廓清と癌化学療法の変更に加え、免疫グロブリン大量療法を行った結果、神経症候は改善し、独歩可能となった。亜急性の経過と治療反応性の不良が特徴とされるYo抗体陽性PCDにも、緩徐進行性で治療反応性が良好な非典型例があることを報告した。(著者抄録)

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-000872

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J01550&link_issn=&doc_id=20160831140004&doc_link_id=130006882207&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130006882207&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif

  • Study of Immune Tolerance Cases in Adult Living Donor Liver Transplantation 査読

    K. Miura, T. Kobayashi, Z. Zhang, D. Soma, Y. Hirose, H. Ishikawa, K. Takizawa, M. Nagahashi, J. Sakata, H. Kameyama, M. Minagawa, S. Kosugi, Y. Koyama, T. Wakai

    Transplantation Proceedings   48 ( 4 )   1119 - 1122   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    © 2016 Elsevier Inc. All rights reserved. Background Complete immune tolerance is the chief goal in organ transplantation. This study aimed to evaluate patients who successfully withdrew from immunosuppressive (IS) agents after living donor liver transplantation (LDLT). Materials and Methods A retrospective review of all adult LDLT from July 1999 to March 2012 was conducted. In patients who acquired immune tolerance after LDLT, their background and the course of surgical procedures were evaluated. Results Of a total of 101 adult LDLT patients, 8 patients were completely free of IS agents. Six of these patients (75%) were female, and the median age at the time of transplantation was 56 years (range, 31-66 years). The primary disease causing liver failure was type C liver cirrhosis (50%), fulminant hepatitis (25%), type B liver cirrhosis (12%), and alcoholic liver cirrhosis (12%). The median Child-Pugh score and MELD score were 13 points (range, 8-15 points) and 19 points (range, 10-18 points), respectively. The living related donor was the recipient's child (75%), sibling (12%), or parent (12%). ABO compatibility was identical in 62%, compatible in 25%, and incompatible in 12%. Conclusions In this study, we evaluated the adult patients who successfully withdrew from IS agents after LDLT. In most cases, it took more than 5 years to reduce IS agents. Because monitoring of the serum transaminase level is not adequate to detect chronic liver fibrosis in immune tolerance cases, further study is required to find appropriate protocols for reducing IS agent use after LDLT.

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2015.12.093

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of slowly progressive anti-Yo-associated paraneoplastic cerebellar degeneration successfully treated with antitumor and immunotherapy. 査読

    Tsuboguchi S, Yajima R, Higuchi Y, Ishikawa M, Kawachi I, Koyama Y, Nishizawa M

    Rinsho Shinkeigaku.   48 ( (4) )   1119 - 1122   2016年5月

     詳細を見る

  • A Case of Minimally Invasive Apocrine Carcinoma Derived from Ductal Adenoma 査読

    Kazuki Moro, Yu Koyama, Masayuki Nagahashi, Miki Hasegawa, Chie Toshikawa, Junko Tsuchida, Takaaki Hanyu, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Takashi Kato, Gen Watanabe, Yoichi Ajioka, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   43 ( 2 )   235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 63-year-old woman was found to have a mass in her right breast and visited our hospital to undergo a detailed examination. A histopathological examination by using ultrasound-guided core needle biopsy revealed ductal carcinoma in situ. A partial mastectomy with sentinel lymph node biopsy was performed for the cancer of the right breast. The postoperative histopathological examination indicated apocrine carcinoma with a predominantly intraductal component without lymph node metastasis. The discrimination between ductal adenoma and apocrine carcinoma sometimes becomes a problem in making decisions about treatment. We need to take care when making a diagnosis.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mesorectal Lymph Node Metastasis Arising from Rectal Invasion by an Ovarian Cancer--A Case Report 査読

    Toru Mizuki, Yoshifumi Shimada, Yutaka Yagi, Yosuke Tajima, Mae Nakano, Masato Nakano, Kumiko Tatsuda, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai, Takayuki Enomoto

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   42 ( 12 )   2300 - 2302   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 58-year-old woman presenting with abdominal distension was diagnosed with a tumor in the right ovary. A chest-abdominal-pelvic computed tomography scan revealed multiple lung metastases, multiple liver metastases, and peritoneal dissemination. Invasion of the rectum by peritoneal dissemination of the Douglas' pouch was suspected. She was diagnosed with Stage Ⅳ right ovarian cancer and was treated with preoperative chemotherapy. After chemotherapy, debulking surgery of the abdominal cavity (total hysterectomy, bilateral salpingo-oophorectomy, partial omentectomy, and Hartmann's procedure) was performed. Because there was swelling observed in multiple mesorectal lymph nodes, lymph node dissection was performed based on methods used for rectal cancer surgery. Postoperative histopathological examination revealed multiple mesorectal lymph node metastases arising from ovarian cancer. We suggest that mesorectal lymph node dissection be considered a part of debulking surgery for ovarian cancers that have invaded the rectum.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Locally Advanced Breast Cancer Treated with Halsted's Operation Because of Drug-Induced Lung Injury Caused by Neoadjuvant Chemotherapy--A Case Report 査読

    Kazuki Moro, Masayuki Nagahashi, Junko Tsuchida, Kumiko Tatsuda, Chie Toshikawa, Miki Hasegawa, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   42 ( 12 )   1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 64-year-old woman discovered a mass in her left breast and visited our hospital. A thorough examination resulted in a diagnosis of left, locally advanced breast cancer (cT4bN3, M0, cStage Ⅲc) with muscle invasion and Level Ⅲ lymph node metastases. Because of drug-induced lung disease following 4 courses of adriamycin and cyclophosphamide, the chemotherapy had to be stopped. Halsted's operation and postoperative radiotherapy (50 Gy) were performed. The patient was alive with no evidence of recurrence 9 months after surgery. Although multidisciplinary therapy is recommended in locally advanced breast cancer, chemotherapy sometimes cannot be performed due to factors such as age and physical status. Halsted's operation could be considered as a treatment of choice in patients with locally advanced breast cancer. It is important to choose the treatment strategy based on the condition of the patient.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Pagetoid spreadを契機に発見された直腸癌術後局所再発の1例 査読

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 山田 沙季, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 11 )   692 - 698   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    症例は80歳女性。前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された。局所切除後2年1ヵ月目に、外陰部から肛門にかけてそう痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった。生検でPaget細胞が認められた。乳房外Paget病は、皮膚原発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され、鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である。本症例では、免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性、CK20陽性、CK7陰性であり、Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発と診断した。CT検査で所属リンパ節および遠隔転移を認めなかった。外陰部腟合併切除を伴う腹会陰式直腸切断術を行うことで、治癒切除となった。直腸癌局所切除後のPagetoid spreadを伴う再発形式は稀であるが、Paget細胞遺残の可能性を考慮し、外来通院時の肛門皮膚観察に注意すべきである。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20160414040006&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012911%2F006%2F0692-0698%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012911%2F006%2F0692-0698%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • A case of pneumatosis cystoides intestinalis secondary to gefitinib therapy for lung adenocarcinoma 査読

    Takuya Ando, Jun Sakata, Tomohiro Maruyama, Yuki Hirose, Yasuyuki Okabe, Kazuyasu Takizawa, Masayuki Nagahashi, Yoshifumi Shimada, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Yu Koyama, Aya Ohtsubo, Satoshi Watanabe, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   42 ( 7 )   847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Pneumatosis cystoides intestinalis (PCI) is a relatively rare condition, characterized by subserosal or submucosal air within the bowel wall. Herein, we report a rare case of PCI secondary to treatment with an epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI). A 71-year-old man, who had received gefitinib therapy for 2 years and 5 months for lung adenocarcinoma with metastases to the bones and brain, presented with abdominal pain, diarrhea, and vomiting. Computed tomography of the abdomen revealed intramural air in the small bowel, free air in the abdomen, and moderate ascites. A diagnosis of PCI was made, and the patient was managed conservatively by discontinuing gefitinib treatment, because his vital signs were stable and there was no sign of peritonitis. The patient's symptoms gradually improved, and follow-up CT after 1 week revealed that the initial findings had almost completely resolved. Clinicians should note that treatment with gefitinib might cause PCI.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 超音波検査で描出困難な乳腺石灰化病変に対し、切除標本マンモグラフィーが有用であった1例 査読

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 諸 和樹, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   331 - 336   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    近年、マンモグラフィー検診の普及に伴い、非触知乳癌の発見率が上昇してきている。非触知乳癌の中には、石灰化病変のみで発見される非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ:DCIS)も多く含まれるが、石灰化病変を超音波検査で描出することは困難なことがあり、手術に際し切除範囲の設定には苦慮することも多い。臨床上、実際に十分切除できているのか否かを術中に判断することは、その後の局所再発を防ぐ上で極めて重要である。今回、石灰化病変のみで発見された乳癌症例に対し、術中に切除標本のマンモグラフィーを撮影し、石灰化病変が切除できていることを確認できた症例を経験した。症例は51歳、女性。検診マンモグラフィーで右乳房の石灰化を指摘され、ステレオガイド下マンモトーム生検を施行し乳癌と診断された。超音波検査では石灰化病変の描出は困難であったが、マンモトーム生検時に留置したクリップ部位をマーキングし、乳房温存手術を施行した。術中に切除標本マンモグラフィーを施行し、ターゲットとした石灰化病変が切除できていることを確認して手術を終了した。術後病理診断でも術前に予測した石灰化病変が完全に切除できていることを確認できた。切除標本マンモグラフィーは、簡便に石灰化病変の切除範囲の確認が可能な方法として有用であり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20151009040006&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012906%2F006%2F0331-0336%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012906%2F006%2F0331-0336%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 症例報告 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例 査読

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 諸 和樹, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   326 - 330   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され, その3年後に骨転移が出現し, 初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する. 症例は61歳, 男性. 他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され, 術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた. しかし, 術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現, その後, 下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ, 術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった. 経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であったと考えられた. 甲状腺濾胞癌は細胞異型がほとんど認められないため術前細胞診での診断は困難とされている. 濾胞腺腫を疑った場合でもサイログロブリン高値等の場合は濾胞癌の可能性を考慮して治療やフォローアップを行っていく必要がある.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44091

  • 緩徐に進行する小脳症状を呈した54歳女性例

    坪口 晋太朗, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 河内 泉, 小山 諭, 西澤 正豊

    新潟医学会雑誌   129 ( 5 )   292 - 292   2015年5月

  • Three cases of esophageal carcinoma achieved a pathological complete response after neoadjuvant chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil 査読

    Hidehito Oyanagi, Hiroshi Ichikawa, Shin Ichi Kosugi, Takeo Banba, Takaaki Hanyu, Kotaro Hirashima, Takashi Ishikawa, Hitoshi Kameyama, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   42 ( 4 )   497 - 501   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    We report three cases of esophageal carcinoma all of which achieved a pathological complete response after neoadjuvant chemotherapy (NAC) with cisplatin and 5-fluorouracil (CF). All three patients were men with clinical stage II squamous cell carcinoma of the middle thoracic esophagus. We administered 2 courses of CF treatment as NAC and then performed radical esophagectomy. Pathologic examination revealed no viable tumor cells in the resected esophagus. The patients are currently alive with no evidence of disease.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 術前CDDP/5-FU療法にて組織学的完全奏効が得られた食道癌の3例

    小柳 英人, 市川 寛, 小杉 伸一, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 4 )   497 - 501   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    術前CDDP/5-FU(CF)療法にて組織学的完全奏効(pathological complete response:pCR)が得られた食道癌の3例を経験した。全例男性、胸部中部食道、臨床病期IIの扁平上皮癌であった。3例とも標準的CF療法を2コース施行後、根治的食道切除、3領域リンパ節郭清を施行した。切除標本に癌細胞の遺残は認められず、pCRと判定された。現在3例ともに無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20150421560022&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004204%2F023%2F0497-0501%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004204%2F023%2F0497-0501%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Surgical curative resection after chemotherapy and portal vein embolization for multiple liver metastases of rectal cancer - Report of a case 査読

    Shinnosuke Hotta, Hitoshi Nogami, Mae Nakano, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Kameyama, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1794 - 1795   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 34-year-old woman presenting with bloody stools was diagnosed with a rectal tumor. Computed tomography (CT) revealed multiple liver masses in Couinaud segments IV, V, and VU. The lesions were diagnosed as multiple liver metastases from rectal cancer. Right trisegmentectomy of the liver was considered the optimal treatment option for curative resection; however, liver volumetric examination using CT estimated that the remnant liver volume after right trisegmentectomy would be only 24.6 % of the total liver volume. Therefore, she underwent resection of the primary lesion followed by systemic chemotherapy for multiple liver metastases. She showed a partial response, according to the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors, after 5 courses of capecitabine/oxaliplatin plus bevacizumab. Embolization of the right branch of the portal vein was performed to increase liver volume. A subsequent liver volumetric examination with CT estimated that the remnant liver volume after right trisegmentectomy would be 38.4 % of the total liver volume. Therefore, she underwent right trisegmentectomy of the liver for curative resection of the liver metastases. She had had no signs of recurrence at 3 years and 6 months after initial surgery.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of long-term survival after lateral pelvic lymph node dissection for recurrence as skip metastasis of rectal cancer 査読

    Kazuyoshi Suda, Hitoshi Kameyama, Hitoshi Nogami, Yoshifumi Shimada, Takaaki Hanyu, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1620 - 1621   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Herein, we present a case of long-term survival after lateral pelvic lymph node dissection for recurrence in the form of skip metastasis of rectal cancer. A 63-year-old man underwent abdominoperineal resection without lateral pelvic lymph node dissection for advanced lower rectal cancer. The histological diagnosis was type 2, 85×50 mm, tub1, pT4a, ly0, v1, pPM0, pDM0 and pN0, pStage II (Japanese Classification of Colorectal Carcinoma, 8th edition). Six months after surgery, enhanced computed tomography showed right obturator lymph node metastasis. We performed lateral pelvic lymph node dissection. Histological examination revealed moderately differentiated adenocarcinoma in the right obturator lymph node. The lymph node metastasis was diagnosed as a skip metastasis of the rectal cancer. The patient has had no recurrence for 9 years after resection of the lateral pelvic lymph node.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of an elderly patient who underwent single-incision laparoscopic surgery for small intestine cancer 査読

    Yoshifumi Hashimoto, Hitoshi Kameyama, Yuki Hirose, Ryoma Yagi, Mae Nakano, You Sato, Tomoki Kido, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Takashi Kobayashi, Jun Sakata, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   2442 - 2443   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    An 81-year-old man presented with chief complaints of abdominal pain and vomiting. Intestinal obstruction was found at the time of admission to a local hospital in October 2011. Conservative treatment provided symptomatic relief; however, he was readmitted with similar symptoms in December 2011. Small-intestinal wall thickening was detected by abdominal and pelvic computed tomography, and he was referred to our hospital. Small-bowel endoscopy revealed an elevated subcircumferential tumor in the jejunum. Biopsy revealed well to moderately differentiated adenocarcinoma diagnosed as jejunal cancer, which caused narrowing of the jejunum. Single-incision laparoscopy-assisted small-bowel resection was performed. The intraoperative findings were a tumor with inflammatory changes in the jejunum and enlarged surrounding lymph nodes. We performed regional lymph node dissection. Histopathological analysis showed moderately differentiated small-intestinal tubular adenocarcinoma and 2 of 5 lymph nodes positive for metastatic cancer cells. After an uneventful postoperative course, he was discharged on day 7. He preferred not to undergo postoperative adjuvant chemotherapy and quickly recovered his activities of daily living postoperatively. He stayed home until he developed abdominal distention resulting from peritoneal recurrence 1 year and 6 months postoperatively and died 1 month later.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Single-port laparoscopic stoma creation for fecal diversion - Experience of ten consecutive patients 査読

    Ryoma Yagi, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, You Sato, Tomoki Kido, Masato Nakano, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1643 - 1644   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Purpose: In the present study, we aimed to describe the surgical results of single-port laparoscopic stoma creation in our institution. Methods: We examined the safety of the surgical procedure and short-term results in 10 consecutive patients who underwent single-port laparoscopic stoma creation at our hospital between April 2011 and July 2013. Results: The median age of the patients was 60.5 (range, 31-75) years. Five patients were men, and 5 were women. There were 5 cases of colorectal cancer, 2 each of extramammary Paget's disease and uterine cancer, and one of perineal neurofibroma. Eight surgeries were performed for bowel obstruction or stenosis, and two surgeries were performed for other reasons. The median operative time was 59.5 (range, 40-91) min, blood loss volume was 0 (range, 0-10) mL, postoperative duration before commencement of oral intake was 2.5 (range, 1-4) days, and duration of postoperative hospital stay was 11 (range, 5-19) days. No short-term complications were noted after the surgery. Conclusion: Single-port laparoscopic stoma creation appears to be feasible in terms of safety and short-term surgical results, and may improve the quality of life of patients requiring fecal diversion.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of descending colon cancer with multiple liver metastases effectively treated with capecitabine/oxaliplatin (CapeOX) and bevacizumab 査読

    Mae Nakano, Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Yoshifumi Hashimoto, Mana Hosoi, Masato Nakano, Hitoshi Nogami, Takaaki Hanyu, Kazuyasu Takizawa, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1785 - 1787   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 57-year-old woman was referred to our hospital because of descending colon cancer with multiple liver metastases. Abdominal magnetic resonance imaging (MRI) revealed 13 liver metastases across the lobes. We started combination chemotherapy with capecitabine/oxaliplatin (CapeOX) and bevacizumab. After 9 courses of the treatment, the number and size of the liver metastases were remarkably reduced on MRI. Left colectomy and partial hepatectomy were performed. Histopathological examination revealed no residual cancer cells in the colon but revealed a few cancer cells in 4 of 7 resected liver specimens. At 11 postoperative months, 1 liver metastasis reappeared, for which we performed laparoscopy-assisted partial hepatectomy. At 21 months after the second operation, the patient was well without any signs of recurrence. Thus, the combination chemotherapy with CapeOX and bevacizumab allowed for the successful resection of the tumor and metastasis in our patient who initially had unresectable colon cancer and multiple liver metastases.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Surgical resection after chemotherapy for advanced rectal cancer - Report of a case

    Kazuyoshi Suda, Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Hitoshi Nogami, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1572 - 1574   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    Herein, we present a case of advanced rectal cancer surgically resected after chemotherapy. A 65-year-old woman presented with anal pain, and rectal cancer extending beyond the anus was diagnosed. The primary tumor was a well-differentiated adenocarcinoma with a KRAS mutation. Computed tomography revealed cancer invasion into the vagina and sacral and coccygeal bones, and cancer metastases to the bilateral inguinal lymph nodes and the left lung. Sigmoid colostomy and subcutaneous venous port insertion were performed. The patient was treated with modified oxaliplatin, leucovorin, and 5-fluorouracil (FOLFOX6) plus bevacizumab. She showed a partial response according to the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors after 13 courses of chemotherapy. The primary tumor was then resected via posterior pelvic exenteration, bilateral inguinal lymphadenectomy, and sacral/coccygeal resection. Histological examination of the resected specimens revealed moderately differentiated adenocarcinoma with vaginal invasion. Metastasis to a right inguinal lymph node was observed. The pathological stage was ypT4bN0M1b, ypStage IV according to the tumor-node-metastasis system of the eighth edition of the Japanese Classification of Colorectal Carcinoma. The pathological response grade of the tumor after chemotherapy was determined to be Grade 1b.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of long-term survival in a patient with rectal cancer with virchow lymph node metastasis, liver metastases, and lung metastases 査読

    Hidehito Oyanagi, Hitoshi Kameyama, Hitoshi Nogami, Yoshifumi Shimada, Mae Nakano, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1674 - 1676   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 69-year-old man with advanced rectal cancer and liver metastases was treated with 2 courses of chemotherapy with irinotecan and S-1 followed by low anterior resection and partial hepatectomy. Chemotherapy with S-1 was then administered for 22 months. However, lung metastases developed, for which partial pneumonectomy was performed. Seven months later, computed tomography (CT) revealed swelling of the left supraclavicular lymph node. Despite chemotherapy with 5-fluorouracil, Leucovorin, and oxaliplatin (mFOLFOX6); 5-fluorouracil, Leucovorin and irinotecan (FOLFIRI); and capecitabine plus bevacizumab, the lung metastases recurred and Virchow lymph node swelling was noted again. Accordingly, palliative therapy was administered. The patient died 3 years 1 month after Virchow lymph node resection. Herein, we describe a case of advanced rectal cancer, in which lung and Virchow lymph node metastases developed after liver metastasis. Surgical excision of the metastases resulted in long-term survival of 6 years following the first operation.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of early gastric cancer completely responding to adjuvant chemotherapy for advanced colon cancer 査読

    Ryo Tanaka, Hitoshi Kameyama, Mae Nakano, Hiroshi Ichikawa, Takaaki Hanyu, Masato Nakano, Takashi Ishikawa, Yoshifumi Shimada, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Shin Ichi Kosugi, Masahiro Minagawa, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   2364 - 2366   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 70-year-old man was referred to our hospital with ascending colon cancer (cT3N1M0, Stage IIIa), which was found during examinations following a positive fecal occult blood test. The patient was also diagnosed with early gastric cancer (cT1a, NO, MO, Stage IA) during a preoperative gastroscopy examination. A laparoscopically assisted right colectomy and D3 lymphadenectomy was performed for the ascending colon cancer. The postoperative pathological diagnosis was Stage IIIb (pT3N2), he was administered in combination with capecitabine plus oxaliplatin (CapeOX) as adjuvant chemotherapy before the treatment for the colon cancer. After 6 months of adjuvant chemotherapy, we were unable to detect any gastric lesions at the same location using gastroscopy, and so diagnosed a clinical complete response. A follow-up gastroscopy 6 months later showed the same findings. The patient has had no recurrence of gastric cancer for 18 months after the initial operation. He will continue to be followed up closely using gastroscopy. In this case, CapeOX as adjuvant chemotherapy for advanced colon cancer was also effective for early gastric cancer.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of curatively resected, locally advanced ascending colon cancer with ileal conduit invasion 査読

    Hitoshi Kameyama, Yoshifumi Shimada, Hitoshi Nogami, Mae Nakano, Masato Nakano, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 12 )   1677 - 1679   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 71-year-old man was referred to our hospital because of repeated bowel obstruction. He had previously undergone cystectomy with ileal conduit urinary diversion for the treatment of bladder cancer at the age of 28 years. Computed tomography revealed a mass in the ascending colon. Ileostomy was initially performed because of poor general condition that improved with postoperative nutrition management. Enema findings revealed ascending colon cancer and we therefore decided to perform curative surgery. Intraoperative findings revealed that the ascending colon cancer had invaded the ileal conduit. However, it was confirmed that the ureter-ileal conduit anastomosis and the mesentery of the ileal conduit could be preserved. We performed right colectomy and partial resection of the ileal conduit with curative intent. The pathological stage was pT4bpN0cM0, pStage II. There were no signs of recurrence 15 months after curative surgery.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 単孔式腹腔鏡手術を行った高齢者小腸癌の1例

    橋本 喜文, 亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 石川 卓, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   2442 - 2443   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は81歳、男性。主訴は腹痛、嘔吐で腸閉塞を生じ、近医で入院加療が行われた。保存的治療で症状は改善したが、2ヵ月後に同じ症状で再入院となった。腹部骨盤部CT検査で小腸壁の肥厚が指摘されたため、当院紹介となった。小腸内視鏡検査で空腸に亜全周性の隆起性腫瘍を認め、生検で高分化〜中分化腺癌と診断された。狭窄所見を伴う空腸癌と診断し、単孔式腹腔鏡補助下空腸部分切除術を行った。術中所見として、空腸に炎症性変化を伴う腫瘍が確認された。リンパ節の腫大を認めたため腸管周囲リンパ節の郭清を行った。病理組織結果は小腸中分化管状腺癌、リンパ節は2/5個で転移陽性であった。術後経過は良好で、7病日に退院となった。術後補助化学療法は希望されなかった。術後すぐに日常生活動作は回復し、自宅で生活されていた。術後1年6ヵ月ごろより腹膜再発による腹部膨満を生じ、1年7ヵ月で永眠された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480335&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F335%2F2442-2443%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F335%2F2442-2443%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • A case of a large liposarcoma of the chest 査読

    Koji Toge, Yu Koyama, Kumiko Tatsuta, Miki Hasegawa, Eiko Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shinichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   41 ( 8 )   1037 - 1040   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.  

    A 49-year-old woman with a growing tumor of the left anterior chest wall was admitted to our hospital. This patient was diagnosed with a malignant well-differentiated tumor by needle biopsy and underwent surgery involving wide resection of the tumor, associated excision of the major pectoralis muscle, and part of the mammary tissue and skin. The tumor measured 14.2X 17.8 cm and weighed 1,220 g. Histopathologically, the tumor was confirmed to be a dedifferentiated liposarcoma, and local recurrence and metastasis often occurs in spite of complete surgical resection. However, no local recurrence or metastasis has been detected 2 months post-surgery. The main anatomic sites of liposarcomas are the retroperitoneum and lower extremities; only 19 liposarcoma cases of the anterior chest wall have been reported in Japan.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 簡便・確実なリアルタイム超音波ガイド下鎖骨下静脈穿刺法の経験 査読

    佐藤 洋, 島田 能史, 亀山 仁史, 野上 仁, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 6 )   264 - 268   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【緒言】消化器外科領域では、術前・術後の栄養管理に加え、昨今では化学療法の重要性が急速に増してきており、CVカテーテルの必要性が増大している。体表解剖に基づいたランドマーク法による鎖骨下静脈(以下SCV)穿刺は、ブラインド穿刺のため、時に気胸・動脈穿刺など、種々の合併症を引き起こすことがある。リアルタイムエコーガイド下のSCV(USgSCV)穿刺で、これらの合併症が激減することが報告されているが、主に放射線科で実施されており、広く普及するには至っていない。そこで、我々は一般外科診療において、市中病院で容易に入手可能な材料を用いて、安全にSCVの穿刺を行える手技の工夫および検証を行ったため、報告する。【方法・結果】Sakamotoらの穿刺法に筆者の工夫を加え、7.5MHzの体表プローベを用いてSCVを長軸に描出し、エコー観察下にフリーハンドでSCV穿刺を行う手技を施行した。USgSCV穿刺施行例のうちCVポート増設を行ったものは3施設18例で、合併症の発生はみられなかった。平均手術時間は30分であり、経験症例数やBMIによって手術時間は影響を受けなかった。【結語】USgSCV穿刺法は、動脈・静脈の走行を直接確認しながら、合併症フリーでのSCV穿刺が可能であった。手術室のみならず、病棟での処置にも十分応用可能であり、エクストラコストを最小限に留めながら安全性のメリットを享受できうる方法であった。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20140918060005&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2014%2F012806%2F005%2F0264-0268%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2014%2F012806%2F005%2F0264-0268%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 症例報告 サイトケラチン7,19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例 査読

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, Hirose Yuki, Sakata Jun, Ohashi Taku, Takizawa Kazuyasu, Nitta Masakazu, Takano Kabuto, Kobayashi Takashi, Nagomi Hitoshi, Minagawa Masahiro, Kosugi Shinichi, Koyama Yu, Wakai Toshifumi

    新潟医学会雑誌   128 ( 4 )   177 - 181   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    肝細胞癌の主たる再発形式は肝内再発であるが, リンパ節再発は比較的稀である. 今回, 肝細胞癌に対して肝切除後に異時性リンパ節転移再発を認めた症例を経験したので, 文献的考察を加えて報告する. 症例は66歳, 男性. C型肝硬変の経過観察中に肝S6, S8-4の多発肝細胞癌を指摘され, 各々肝部分切除術が施行された. 病理組織診断は, 肝S6病変が中分化型, 肝S8-4病変が低分化型肝細胞癌であったが, 肝S8-4の病変はサイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌であった. 術後1年4か月後のCT検査で膵頭部背側のリンパ節の腫大を認めたため, 肝細胞癌の孤立性リンパ節転移再発と診断し, リンパ節摘出術を施行した. 病理組織診断は, サイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌のリンパ節転移であった. 本症例は, 肝細胞癌2病変のうち, 胆管上皮マーカーであるサイトケラチン7,19陽性であった肝S8-4病変からリンパ節転移再発をきたしたと考えられた. サイトケラチン7,19陽性の肝細胞癌は, 肝内胆管癌と類似した生物学的悪性度を有しリンパ節転移をきたす可能性があるため, 肝硬変に伴うリンパ節腫大との鑑別および術後の経過観察の際には肝外病変に対しても注意が必要である.

    CiNii Article

    researchmap

  • Non-sentinel lymph node metastasis is hard to predict by clinicopathological factors if SLN metastasis in two or fewer nodes in breast cancer. 査読

    Hasegawa M, Koyama Y, Sakata J, Tatsuda K, Sakata E, Chie Toshikawa C, Manba N, Ikarashi M, Wakai T

    J Curr Surg   4 ( 1 )   10 - 16   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高度局所進展を呈する肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果 査読

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   127 ( 8 )   422 - 426   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】本研究の目的は、局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法の効果と周術期に及ぼす影響を明らかにすることにある。【方法】当科で2009年1月から2012年8月までに術前の画像診断で根治切除が困難・不能と判断された症例に対して術前化学療法を行った5例を対象とした。根治切除が困難・不能と判断した因子は、高度局所進展(腹壁・胃への浸潤、腹膜播種)が4例、高度局所進展+大動脈周囲リンパ節転移が1例であった。術前化学療法としては、gemcitabine(GEM)が2例、テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(S-1)が1例、GEM+S-1が1例、GEM+S-1からGEM+cisplatinに変更が1例であった。抗癌剤効果判定基準(RECISTガイドライン)に準じて術前化学療法の効果を判定した。【成績】標的病変の抗癌剤効果判定は、部分奏功(PR)が1例(GEM+S-1を施行し腫瘍縮小率68%)、安定(SD)が3例、進行(PD)が1例であり、奏功率は20%であった。Grade 3の有害事象を1例に認めたが、全例で術前化学療法前に立案していた術式の遂行が可能であった。全例にR0切除が行われ、pStage Iが1例、pStage IVAが3例、pStage IVBが1例であった。術後合併症を3例に認めた。その内訳は、腹腔内膿瘍2例、仮性動脈瘤破裂1例、腸炎1例、リンパ漏1例(重複あり)であった。術後在院死亡は認めなかった。術前化学療法の効果判定がPRとSDであった2例が、各々術後9ヵ月、14ヵ月に原病死したが、残り3例は生存中であった。全症例の累積1年生存率は75%、累積2年生存率は50%、生存期間中央値は14ヵ月であった。【結論】局所進展が高度な肝内胆管癌に対する術前化学療法は安全に施行でき、化学療法前に立案していた術式を遂行可能である。ただし、術前化学療法の奏功率が低いこと、奏功しないPD症例が存在することが臨床上の問題点として挙げられる。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20140110130004&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2013%2F012708%2F004%2F0422-0426%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2013%2F012708%2F004%2F0422-0426%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 精神科における入院時栄養状態の実態調査 査読

    畔上 悠, 小山 諭, 畠山 勝義

    栄養-評価と治療   29 ( 1 )   24 - 27   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    精神科病院に入院している患者は薬剤の副作用、食事摂取量や運動量の低下などにより低栄養に陥っている可能性も少なくないと考えられる。そこで今回、精神科病院入院患者の入院時栄養状態の調査を行った。その結果、国民健康・栄養調査の結果と比較すると、精神科病院入院患者ではヘモグロビン値、血清蛋白値、血清アルブミン値が低く、栄養不良の割合が高い可能性が考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • Annular erythemas diagnosed as cutaneous metastasis of breast carcinoma: Spontaneous resolution of the lesions 査読 国際誌

    Hiroshi Miida, Masaaki Ito, Eiko Sakata, Yu Koyama

    International Journal of Dermatology   50 ( 7 )   898 - 900   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    DOI: 10.1111/j.1365-4632.2010.04483.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 11歳女児に発生した右乳房巨大葉状腫瘍 査読

    塚田 真実, 窪田 正幸, 奥山 直樹, 小林 久美子, 佐藤 佳奈子, 仲谷 健吾, 小山 諭, 畠山 勝義, 大橋 瑠子

    日本小児外科学会雑誌   47 ( 2 )   251 - 255   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児外科学会  

    症例は11歳、女児。右乳房に腫瘤を自覚し徐々に増大してきたため、3ヵ月後に前医受診し、当科紹介受診となる。右乳房全体を占める12×12×9cm大の弾性軟、辺縁平滑、可動性を有する腫瘤を認めた。穿刺吸引細胞診では悪性像は認めず、CEA、CA15-3は正常範囲内であった。画像診断上は線維腺腫、葉状腫瘍(phyllodes tumor)などの良性腫瘍が考えられたため、乳房下縁inframammary foldに沿った皮膚切開をおき、可能な限り乳腺を含む周囲組織を温存した右乳房腫瘤核出術を施行した。術中迅速組織診断では良性葉状腫瘍との診断のため、追加切除やリンパ節郭清は施行しなかった。病理診断でも良性葉状腫瘍と診断された。術後3年現在、再発なく乳腺の軽度の発育を認めている。(著者抄録)

    DOI: 10.11164/jjsps.47.2_251

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J01113&link_issn=&doc_id=20110421130009&doc_link_id=%2Fes5shoge%2F2011%2F004702%2F009%2F0251-0255%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fes5shoge%2F2011%2F004702%2F009%2F0251-0255%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 外科卒後研修 代謝栄養学をいかに学ぶか? 当科でのアンケート結果より 査読

    小山 諭

    外科と代謝・栄養   45 ( 1 )   15 - 19   2011年2月

  • A case of metastatic esophageal tumor from breast cancer 査読

    Kaoru Sakamoto, Shin Ichi Kosugi, Yu Koyama, Tatsuo Kanda, Atsushi Matsuki, Katsuyoshi Hatakeyama

    Esophagus   7 ( 1 )   53 - 57   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    A 58-year-old woman was admitted to our hospital with the complaint of dysphagia that had developed 37 months after initiation of treatment for breast cancer. Endoscopy revealed severe stenosis 32 cm from the incisors through which the endoscope could not pass. No mucosal irregularities were observed, and biopsies of the stenotic lesion were negative for malignancy. Computed tomography showed wall thickening of the midthoracic esophagus and left pleural effusion, which had increased metabolic activity as detected by 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography. Cytological examination of the pleural effusion showed adenocarcinoma compatible with metastasis from a prior lobular carcinoma of the breast. Vinorelbine effectively relieved her symptoms, and the disease stabilized for approximately 1 year. However, she died 16 months after the diagnosis of metastatic esophageal tumor from the preceding breast cancer. © Japan Esophageal Society and Springer 2010.

    DOI: 10.1007/s10388-009-0216-x

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • 【良性甲状腺腫瘍をどのようにとり扱うか】当科における濾胞性腫瘍手術症例の検討 査読

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 吉澤 麻由子, 畠山 勝義

    内分泌外科   26 ( 4 )   219 - 223   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)インターメルク  

    1999〜2008年に濾胞性腫瘍に対して手術を施行した75症例(男性16例、女性59例、平均56.9±13.9歳)を対象に良性群と悪性群に分け、腫瘍径・細胞診断・術前サイログロブリン値、術後病理診断・臨床病理因子、臨床経過などについて検討した。その結果、腫瘍最大径は1.5〜13cm・平均4.4±1.9cm、細胞診ではclass I;15例・II;11例・III;33例・IV;1例・検体不適正;12例でclass V例はなく、術前診断は腺腫;69例・腺腫様甲状腺腫;5例・濾胞癌疑い;1例であった。術式は葉切除;67例・全摘;5例、部分切除+腫瘍摘出;2例に施行され、永久病理診断は腺腫;43例・腺腫様甲状腺腫;18例・良性腫瘍;1例で、腺腫に乳頭癌合併;2例・腺腫様甲状腺腫に乳頭癌合併;4例・濾胞癌;5例であった。臨床症状は良性群と悪性群で差を認めず、腫瘍増大を悪性群で多く認める傾向があり、検診発見頻度は悪性群が有意に高く、サイクログロブリン値は術前後で有意に低下していた。以上より、濾胞癌と濾胞腺腫の鑑別は術前・術中共に困難であった。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ラット乳癌モデルに対する抗酸化物質含有栄養剤の効果 査読

    高橋 万有, 佐藤 則文, 小山 諭, 畠山 勝義

    外科と代謝・栄養   43 ( 6 )   125 - 133   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    通常の食事が摂取可能な担癌生体における抗酸化成分付加作用を調べるため、ラット乳癌モデルに対し抗酸化成分含有栄養剤を投与した場合の(1)摂食量及び全身状態(2)腫瘍増殖(3)抗酸化機構、への効果について検討を行った。雌性F344ラットを2群に分け抗酸化成分含有栄養剤(AO diet)又はControl dietを3週間制限給餌した。開始1週間の時点で乳癌細胞MATB-IIIを背部皮下へ移植し、移植7、14日後に解剖した。移植4日後まで及び11日後にControl群と比較してAO群において栄養剤摂食量が有意に多かった。腫瘍容積はControl群に比較してAO群では6、7、9日目で有意に低値を示した。Superoxide Dismutase活性はControl群と比較してAO群において移植後日数の経過による低下が見られず、Catalase活性はControl群と比較してAO群で移植後に有意に高値を示した。さらにAO群でのみ両酵素に相関が見られた。これらの結果から担癌ラットに対する抗酸化成分含有栄養剤の投与は、活性酸素消去系の活性維持に影響する可能性が示唆された。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2009&ichushi_jid=J00397&link_issn=&doc_id=20100115090001&doc_link_id=%2Fdj5surgi%2F2009%2F004306%2F001%2F0125-0133%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdj5surgi%2F2009%2F004306%2F001%2F0125-0133%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 入院時栄養評価における血漿亜鉛(Zn)値測定の有用性 査読

    伊藤 正行, 佐藤 卓, 高野 操, 棚橋 洋子, 中村 明, 小山 諭, 岡田 正彦

    栄養-評価と治療   26 ( 6 )   460 - 462   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    低栄養では亜鉛(Zn)の欠乏を伴う場合も少なくないが、入院時の栄養スクリーニングとして血漿Zn値の測定が有用なのかを検討した。CONUT法による栄養評価と血漿Zn値により、入院時栄養状態良好なZn低値群およびZn正常群を抽出し、入院後の栄養評価を行った結果、Zn低値群で栄養状態が悪化する割合が有意に高かった。入院時に血漿Zn値を測定することが栄養状態の変動予測につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • Successful treatment for a benign esophagorespiratory fistula with perioperative nutritional management and multistep esophageal bypass operation: A case report 査読

    Takeo Bamba, Shin Ichi Kosugi, Tatsuo Kanda, Yu Koyama, Tsutomu Suzuki, Katsuyoshi Hatakeyama

    Esophagus   5 ( 2 )   93 - 97   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 49-year-old man was referred to our hospital for treatment of an esophagorespiratory fistula following 5-year airway stenting for stenosis of tracheal anastomosis. In consideration of the prior polysurgery and the patient's poor general status and malnutrition, we selected multistep esophageal bypass combined with feeding enterostomy for nutritional support. Respiratory symptoms and pneumonia were rapidly improved by esophageal transection and decompression via a catheter esophagostomy. Nutritional status was also improved by enteral nutrition via a catheter gastrostomy. Four months after the esophageal transection, we conducted an esophageal bypass using an ileocolonic conduit because the right gastroepiploic artery had been used for omental reinforcement of tracheal anastomosis. The patient had no postoperative complications and was discharged 53 days after the bypass surgery. Multistep esophageal bypass including feeding enterostomy for perioperative nutritional management is a safe and useful alternative to direct closure for a critically ill patient with an esophagorespiratory fistula who is at high risk for operative mortality. © 2008 Japan Esophageal Soceity and Springer.

    DOI: 10.1007/s10388-008-0148-x

    Scopus

    researchmap

  • Dynamics of aquaporin 1 and aquaporin 8 in the pancreas: An experimental study with a caerulein-induced pancreatitis model 査読

    Chi E. Kitami, Yu Koyama, Hirokazu Nishino, Isao Kurosaki, Tsuneo Iiai, Katsuyoshi Hatakeyama

    Acta Medica et Biologica   55 ( 4 )   91 - 101   2007年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aquaporins (AQPs) are a family of water channel proteins comprising 13 members, of which five (AQP1, AQP 4, AQP 5, AQP 8 and AQP12) have been detected in the rat exocrine pancreas. However, the dynamics and role of AQPs in pancreatitis, which is characterized by interstitial edema and acinar cell injury, are unclear. This experimental study using a caerulein-induced pancreatitis model aimed to investigate the kinetics of AQPs in pancreatitis. Male Wistar rats received a caerulein infusion (10 μg/kg/h) for three h and then were sacrificed at three h and 72 h after the start of infusion. The expression of mRNA and protein for AQP1 and AQP8 were examined by quantitative reverse transcription polymerase chain reaction (RT-PCR), Western blotting, and immunohistochemistry. In the control group, AQP1 was located in the pancreatic ductal cells and capillary endothelia, whereas AQP8 was positive only in the acinar cells. Macroscopically and microscopically, obvious pancreatitis was observed in the acute pancreatitis phase (three h group), while it disappeared in the recovery phase (72 h group). AQP1 expression in the pancreatic ductules decreased in both the three h and 72 h groups. AQP8 expression was depressed in the three h group when the acinar cell swelling was observed, while AQP8 expression was focally decreased in the 72 h group. These results suggest that the decrease in AQP1 and AQP8 show a latent injury in the ductal cells and acinar cells. They can be related to the mechanisms of edematous pancreatitis.

    Scopus

    researchmap

  • 消化管手術後にSerratia marcescensによる敗血症を発症した4例 査読

    野上 仁, 小山 諭, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   517 - 521   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    消化管の手術後にSerratia marcescensによる敗血症を発症した4例を報告する。症例1は59歳の男性で、上行結腸癌に対し結腸右半切除術後5日目に敗血症を発症。エンドトキシン吸着(以下、PMX)施行、救命しえた。症例2は34歳の女性で、家族性大腸腺腫症に対し回腸人工肛門閉鎖術後17日目に腸閉塞を発症。その4日後に腸閉塞は軽快するも敗血症を発症。急激な全身状態の悪化を認め死亡。症例3は74歳の男性で、胃癌に対し幽門側胃切除術後7日目に敗血症を発症。敗血症性ショックに陥り、PMX施行するも死亡。症例4は78歳の男性で、胃癌に対し胃全摘術、脾摘術後24日目に敗血症を発症。PMX施行し、救命しえた。Serratia marcescensによる敗血症は症状が急速に進行するため致命率が高い。発症した場合は血液浄化療法を迅速に行う必要がある。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2007&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20071130070005&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2007%2F012109%2F005%2F0517-0521%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2007%2F012109%2F005%2F0517-0521%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Severe acute pancreatitis as an initial manifestation of primary hyperparathyroid adenoma in a pediatric patient [4] 査読 国際誌

    Kiyotaka Tsuboi, Masaaki Takamura, Yuichi Sato, Hisashi Yokoyama, Manabu Takeuchi, Masato Igarashi, Daisuke Kondo, Kentaro Omori, Asa Ogawa, Aya Takeyama, Yu Koyama, Yoichi Ajioka, Yutaka Aoyagi

    Pancreas   35 ( 1 )   100 - 101   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    DOI: 10.1097/01.mpa.0000278691.71059.90

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 塩酸チアミン含有新末梢静脈栄養輸液剤TAJ-01の消化器術後患者を対象とした多施設共同比較臨床試験(第III相試験) 査読

    長谷部 正晴, 橋詰 直孝, 近藤 征文, 樫村 暢一, 池田 健一郎, 椎葉 健一, 小山 諭, 西村 元一, 持木 彫人, 渡邉 聡明, 丸山 道生, 鈴木 英之, 吉澤 康男, 大谷 剛正, 細井 英雄, 落合 正宏, 横井 俊平, 大谷 哲之, 下間 正隆, 飯島 正平, 吉野 茂文, 馬場 秀夫, 前川 隆文, 石橋 生哉, 赤木 由人

    日本臨床栄養学会雑誌   27 ( 4 )   380 - 412   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養学会  

    PPN療法の適応となる消化器術後患者で,経口的栄養補給が不能のため術後3日間を超える絶食期間が予想される患者125名を対象に,TAJ-01投与により血中ビタミンB1濃度が基準値下限(28ng/ml)を下回らずに維持できることを確認するため,既承認のPPN輸液剤GABを対照薬とした多施設共同無作為割付並行群間比較試験を実施した.その結果,術後4日目及び6日目の早朝空腹時血中ビタミンB1維持度はPPN用キット輸液剤(TAJ-01)群64例がアミノフリード(GAB)群61例に比べ有意に高かった.又,TAJ-01群のビタミンB1投与量と血中ビタミンB1濃度には相関はなかった.安全性については発現した有害事象・副作用は両群で同定でお出問題はないと思われた.TAJ-01はPPN療法において,血中ビタミンB1濃度を維持し,安全にPPN療法ができる臨床的に有用な製剤と思われた

    researchmap

  • 消化器とAquaporin 査読

    小山 諭, Valera Vladimir A., 谷 達夫, 野上 仁, 北見 智恵, 畠山 悟, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   120 ( 4 )   193 - 202   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    In mammals, a family of water-selective channels, aquaporins (AQP0〜10) has recently been identified and localized in various organs and tissues. In digestive organs, AQP1 and AQP3 were generally present from esophagus to colon. In contrast, AQP4 expression was selectively observed in the epithelium of lower stomach and small intestine and AQP8 in the epithelium of jejunum and colon. AQP8 mRNA expression was exclusive in the pancreas and liver. The wide distribution of AQP family members in digestive organs suggested their essential roles in water transport across plasma membranes of various cells, especially in epithelia of organs where marked water intake or outlet is presumed.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20060622220001&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2006%2F012004%2F001%2F0193-0202%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2006%2F012004%2F001%2F0193-0202%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 広範な内頸静脈内腫瘍塞栓を伴う甲状腺乳頭癌の1例 査読

    中野 雅人, 小山 諭, 神林 智寿子, 鈴木 聡, 三科 武, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   67 ( 1 )   28 - 32   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は77歳の女性.2002年夏より頸部腫瘤の増大を訴え,近医受診.精査にて甲状腺乳頭癌と診断された.当科での術前CT,MRIで甲状腺左葉に10×9.5×6.5cm大の腫瘍と左内頸静脈内に腫瘍塞栓を認めた.術中所見では5cm大の左内頸静脈内腫瘍塞栓を認め,甲状腺全摘術と左内頸静脈の合併切除を施行し,肉眼的には癌の遺残を認めなかった.甲状腺分化癌は一般的に予後良好な腫瘍であるが,局所浸潤をきたす症例は比較的予後不良であるとされる.内頸静脈浸潤を伴った甲状腺分化癌の外科的治療は,現在まで数症例でその有用性が報告されている.特に肉眼的に腫瘍を摘出しうることが重要であるとされる.本症例は肉眼的腫瘍の遺残なく,手術を施行し,術後TSH抑制療法にて経過観察中である.本人の希望により131I内照射療法は施行されていないが,術後現在まで28ヵ月間,再発を認めない(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.67.28

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2006&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20060207140006&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.67.28&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.67.28&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • Long-term survival after hepatectomy for hepatic recurrence of carcinoma of the papilla of Vater 査読

    Chi E. Kitami, Isao Kurosaki, Yu Koyama, Haruhiko Makino, Katsuyoshi Hatakeyama

    Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery   12 ( 4 )   321 - 323   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    We present herein a rare case of a long-term survivor after major hepatectomy performed for a metastatic liver tumor from carcinoma of the papilla of Vater. A 74-year-old man had undergone a pancreaticoduodenectomy for carcinoma of the papilla of Vater with obstructive jaundice, in April 1995. Histologically, an exposed mass-forming type of tumor, measuring 40 × 30mm, was composed of mucinous and papillary adenocarcinoma, invading into the muscularis propria of the duodenum, without lymph node metastases. The patient did not receive any type of chemotherapy. In September 1999, a solitary hepatic tumor, 3.5cm in diameter, was detected in segment VIII of the liver by computed tomography. In November 1999, right hepatic lobectomy was carried out. The anterior and posterior portal pedicles were ligated and dissected in the hepatic parenchyma so as not to compromise the hepaticojejunostomy. After the hepatectomy, the patient was treated with low-dose tegafur/uracil/cisplatin therapy for approximately 2 years. He has been doing well, without recurrence, for 5 years after the hepatectomy. Hepatectomy for hepatic metastases from carcinoma of the papilla of Vater is thought to be a useful surgical treatment in selected patients. © Springer-Verlag Tokyo 2005.

    DOI: 10.1007/s00534-005-0972-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Clear cell carcinomaとの鑑別を要した部分を含む乳腺fibromatosisの1例 査読

    金子 耕司, 小山 諭, 神林 智寿子, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   65 ( 5 )   1197 - 1200   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    Clear cell carcinomaは乳腺原発として稀に発生する一方,多臓器からの転移としても起こりうる.今回clear cell carcinomaと鑑別を要した乳腺腫瘤の1例を経験したので報告する.症例は41歳,女性.右乳房腫瘤を主訴に来院.右乳房A領域に1.5cm大の硬結を触知.画像検査も含め乳癌を疑いcore needle biopsyを2回施行したが,確定診断に至らなかったため,最終的に切除生検を施行した.病理所見では,主病巣はfibromatosisであったが,脂肪組織内にclear cell carcinomaも疑わせる細胞塊を認めた.連続切片にて小葉への連続性を認めたため,小葉のclear cell metaplasiaと診断することができた.Clear cell metaplasiaはその疾患概念を理解していないと,一見clear cell carcinomaと診断することもあるので注意を要するものと考えられた(著者抄録)

    DOI: 10.3919/jjsa.65.1197

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2004&ichushi_jid=J03156&link_issn=&doc_id=20040531260009&doc_link_id=10.3919%2Fjjsa.65.1197&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.3919%2Fjjsa.65.1197&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 妊娠中に発見された先天性胆道拡張症の1症例 査読

    西野 幸治, 石井 桂介, 鈴木 美奈, 倉林 工, 高桑 好一, 田中 憲一, 小山 諭

    産婦人科の実際   51 ( 2 )   285 - 289   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    24歳経産婦.妊娠18週に胃のもたれ感,心窩部痛,腹痛,嘔吐が出現した.近医で急性胃腸炎とされたが,MRIで先天性胆道拡張症と診断した.妊娠継続を強く希望したが,保存的治療では改善が得られず,妊娠23週に,分娩後に根治術を予定した二期的手術を行った.術後経過は良好で,妊娠39週4日に正常経腟分娩で女児を出産した

    researchmap

  • 原発性副甲状腺機能亢進症(PrHP)に対するラヂオガイド下副甲状腺摘出術

    神林 智寿子, 小山 諭, 林 光弘, 櫻井 加奈子, 植村 元貴, 畠山 勝義, 佐藤 信昭

    新潟医学会雑誌   115 ( 10 )   535 - 535   2001年10月

  • 当科における乳房温存療法の治療方針について

    林 光弘, 小山 諭, 神林 智寿子, 櫻井 加奈子, 植村 元貴, 畠山 勝義, 佐藤 信昭

    新潟医学会雑誌   115 ( 3 )   100 - 100   2001年3月

  • 中心静脈(CV)カテ-テルによる感染性静脈血栓から右鎖骨下静脈完全閉塞をきたした一例 査読

    小山 諭, 佐藤 信昭, 林 光弘, 櫻井 加奈子, 植村 元貴, 畠山 勝義

    静脈経腸栄養   15 ( 4 )   51 - 57   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    症例は39歳女性で,平成7年1月に子宮頸癌術後に化学療法,外照射施行された後,11年に膀胱腟瘻が出現した.回腸導管造設術が施行され,この時からCVカテーテルが留置されていた.術後腸閉塞に対して回腸部分切除術および回腸横行結腸バイパス術を施行したが,術後熱発を認めたため術後7日目にCVカテーテルを抜去した.カテーテル先端細菌培養は陽性で,抗生剤投与で軽快したが,術後27日目より高熱が出現し,精査にてCVカテーテル抜去後の感染性静脈血栓から右鎖骨下静脈完全閉塞をきたしていた.抗生剤治療により軽快した

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 悪性類似良性疾患 Ductal Adenomaの1例

    桜井 加奈子, 親松 学, 佐藤 信昭, 小山 諭, 林 光弘, 神林 智寿子, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   114 ( 10 )   409 - 410   2000年10月

  • 乳腺悪性リンパ腫の3例

    金子 耕司, 小山 諭, 藤田 亘浩, 外山 秀司, 高野 征雄

    新潟医学会雑誌   114 ( 3 )   126 - 126   2000年3月

  • 乳癌再発症例の検討 局所治療を中心に

    神林 智寿子, 親松 学, 小山 諭, 林 光弘, 佐藤 信昭, 畠山 勝義

    新潟医学会雑誌   114 ( 3 )   136 - 136   2000年3月

  • Nonoperative treatment of reperforated duodenal ulcer: Report of three cases 査読

    Yu Koyama, Tatsuhiko Hayashi, Nobuhiro Fujita, Koji Kaneko, Yukio Takano, Nobuaki Sato, Katsuyoshi Hatakeyama

    Surgery Today   30 ( 11 )   1034 - 1036   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG  

    During the period between 1983 and 1998, a total of 58 patients were admitted to the surgical department of Akita Red Cross Hospital with acute duodenal perforation. Of these 58 patients, 16 were treated operatively and 42 were treated nonoperatively. Among the 38 men and 4 women who received nonoperative treatment, 3 developed reperforation. The incidence of reperforation was 7.1% and the mean average interval from the initial treatment until reperforation was 3.5 years. Endoscopic biopsy and/or serum anti-H. pylori IgG measurement revealed Helicobacter pylori infection in all three patients. No serious complications developed during the nonoperative treatment of reperforation in these three patients, and their recovery was uneventful. The hospital stay ranged from 10 to 18 days, with a mean stay of 12 days after the first perforation and from 14 to 18 days, with a mean stay of 15.6 days after the reperforation. Nonoperative treatment proved successful as a life-saving procedure for reperforation of a duodenal ulcer in all three patients.

    DOI: 10.1007/s005950070029

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 鈍的腹部外傷と比較した腹部刺傷15例の検討

    高野 征雄, 小山 諭, 藤田 亘浩, 金子 耕司, 外山 秀司

    新潟医学会雑誌   113 ( 5 )   288 - 289   1999年5月

  • 長期経腸栄養モデルの腸内細菌叢の変化と bacterial translocation 査読

    香山 誠司, 佐藤 信昭, 佐藤 友威, 林 光弘, 親松 学, 小山 諭, 大川 彰, 田宮 洋一, 吉川 恵次, 光山 正雄, 畠山 勝義

    日本静脈・経腸栄養研究会誌   12   160 - 163   1997年1月

     詳細を見る

  • 9年間周期性嘔吐症として治療されていた腸管逆回転症の1例 査読

    山田 謙一, 佐藤 浩一, 小山 諭

    小児科臨床   49 ( 5 )   867 - 870   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本小児医事出版社  

    1)10歳6ヵ月男児.9年間,周期性嘔吐症として治療されていた腸管逆回転症例. 2)注腸造影では異常を指摘できなかったが,上部消化管造影で狭窄を認めた. 3)嘔吐を反復する患児の診察においては,器質的疾患が存在する可能性を常に念頭におく必要がある

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 静脈経腸栄養テキストブック

    社, 日本静脈経腸栄養( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2章栄養療法の基礎−A.栄養スクリーニング (pp127-137), 第5章 病態下の静脈・経腸栄養—I.成人−G.外科周術期の栄養療法—2.短腸症候群に対する栄養療法 (pp420-424))

    南江堂,東京  2017年 

     詳細を見る

  • 癌と臨床栄養第2版

    丸山道生( 担当: 分担執筆 ,  範囲: がん患者と抗酸化物質とは? (pp185-189))

    日本医事新報社,東京  2016年 

     詳細を見る

  • 栄養管理をマスターする

    大村健二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: TPN処方の組み立て方と処方,投与法 (pp.135-141))

    文光堂,東京  2014年 

     詳細を見る

  • 癌と臨床栄養

    小山 諭( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 担癌生体の栄養と代謝 (pp12-19))

    日本医事新報社,東京  2010年 

     詳細を見る

  • NST活動のための栄養療法データブック

    東口高志( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 脂肪投与のプランニング (pp80-87))

    中山書店,東京  2008年 

     詳細を見る

  • コメディカルのための静脈系腸栄養ハンドブック

    日本静脈経腸栄養学会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 身体計測方法 (pp100-105), ODAと生化学的指標 (pp106-113), 免疫能検査 (pp114-121))

    南江堂,東京  2008年 

     詳細を見る

  • 栄養力UP NST症例集

    雨海照祥( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 抗癌剤投与時の栄養管理の注意点 (pp90-96))

    医歯薬出版社,東京  2008年 

     詳細を見る

  • NSTハンドブック-疾患・病態別の栄養管理-

    東口高志( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 上腸間膜動脈血栓症による短腸症候群の栄養管理 (pp357-371))

    医薬ジャーナル,大阪  2008年 

     詳細を見る

  • キーワードでわかる臨床栄養

    大熊利忠, 金谷節子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 短腸症候群 (pp228-231))

    羊土社,東京  2007年 

     詳細を見る

  • 【第一線医師・研修医・コメディカルのための新・輸液ガイド すぐ役立つ手技・手法のすべて】 実地診療で必要な栄養輸液の基礎知識と手技

    和田 攻, 大久保行, 矢崎義雄, 大内尉義( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 経腸栄養法の実際 (pp178-185))

    文光堂,東京  2007年 

     詳細を見る

  • NST完全ガイド 静脈栄養・経腸栄養療の基礎と実践

    東口高志( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 静脈栄養法の実際:中心静脈栄養法 (TPN):TPN用総合ビタミン剤の種類と特徴 (pp217-220))

    照林社,東京  2005年 

     詳細を見る

  • 小腸機能から見た経腸栄養ハンドブック

    渡辺明治( 担当: 分担執筆 ,  範囲: PN併用EN (pp53-59))

    メディカルレビュー社,東京  2004年 

     詳細を見る

  • 静脈経腸栄養ハンドブック-各種病態における実際

    畠山勝義( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 栄養学的アセスメント (pp30-34), 中心静脈栄養法基本手技の実際 (pp74-82))

    メディカルレビュー社,東京  2003年 

     詳細を見る

  • Gastrointestinal Functions vol.19

    Edited by, T. Muto, M. Tsuchiya, Y. Mastuo, K. Kasuya( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Aquaporin in Digestive Organs: Expression, Distribution and Functions ( pp35-46))

    Excerpta Medica, Tokyo, Japan  2000年 

     詳細を見る

  • Kidney and fluid metabolism

    Edited by, M. Uchiyama, T. Asami, H. Hayakawa( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Expression and localization of aquaporins in the body: Speculation of the physiological role (pp63-78))

    Nihon-Igakukan, Tokyo, Japan  1999年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 【外科医が知っておくべき-《最新版》栄養療法】製剤 TPN製剤のラインナップと特徴

    小山 諭, Abeywickrama M. Hansani

    臨床外科   77 ( 1 )   34 - 41   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆TPN(中心静脈栄養)は生体の維持に必要な糖質,アミノ酸,脂質およびビタミン,ミネラル,微量元素のすべてを静脈内投与する栄養法である.◆高カロリー輸液用キット製剤が開発・市販されているが,すべての栄養素を配合しているTPN製剤は存在しない.◆キット製剤の使用は簡便であるが,内容・組成をよく理解し,個々の患者に必要かつ十分な栄養管理を行うことを心がける必要がある.

    researchmap

  • Synapse Vincentにより適応を決定し膵頭十二指腸切除を施行した短腸の1例

    百武 佳晃, 吉留 博之, 江藤 亮大郎, 小山 諭, 大塚 将之, 安蒜 聡

    日本消化器外科学会雑誌   55 ( 1 )   49 - 56   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は65歳の男性で,背部痛精査の造影CTで遠位胆管癌を認め,胆汁細胞診にてClass Vであった.幼小児期に複数回の開腹歴と大量腸切除の既往から食事摂取は可能であったが,短腸が推測され,また高尿酸血症・高血圧・高脂血症・慢性腎障害を認めた.短腸症例に膵切除を施行する場合には栄養障害の可能性が考えられることから,Synapse Vincentを用いて残存小腸の長さを測定し手術適応を決定した.手術は亜全胃温存膵頭十二指腸切除を行った.術後は消化吸収の点から中心静脈栄養管理を主体に開始し,成分栄養剤にて腸管機能の改善を確認後に膵酵素剤を併用し食事を開始した.短腸の症例に対する膵頭十二指腸切除は報告がないが,その適応は残存膵機能の面と残存小腸機能の面から慎重に検討することで施行可能であると考えられた.(著者抄録)

    researchmap

  • HER2陽性再発乳癌とGIST肝転移に対し抗HER2療法とイマチニブを併用した1例

    内田 遥, 利川 千絵, 諸 和樹, 石川 卓, 小幡 泰生, 土田 純子, 永橋 昌幸, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 坂田 純, 梅津 哉, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   48 ( 13 )   1725 - 1727   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は70歳、女性。胃GIST術後3ヵ月目に左乳癌、腋窩リンパ節転移、GIST肝転移を認め、左乳癌に対し手術を施行した。病理組織学的結果はHER2陽性乳癌、pT1miN1M0、pStage IIAであった。予後規定因子はGIST肝転移と考え、イマチニブを開始した。乳癌術後4ヵ月目に乳癌左鎖骨下リンパ節再発を認めた。GIST肝転移の病勢は安定していたためイマチニブをいったん休薬し、パクリタキセル、抗HER2療法を開始した。忍容性を確認した後、慎重にイマチニブを併用した。リンパ節は著明に縮小し肝転移も増大を認めず、パクリタキセルを7コースで終了した。現在は抗HER2療法、イマチニブを継続中である。転移性の重複癌において両者に対する薬物療法を同時併用した報告は少なく、若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20220117600064&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2021%2F004813%2F064%2F1725b1727%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2021%2F004813%2F064%2F1725b1727%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • がん患者の臨死期ケアにおける新卒看護師の困難感尺度の信頼性・妥当性の検証

    浅野 暁俊, 坂井 さゆり, 関 奈緒, 小山 諭, 近 文香

    Palliative Care Research   16 ( Suppl._Kanto-Koshinetsu )   S581 - S581   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    researchmap

  • フレイル・ロコモ・サルコペニアの予防・改善:味覚と亜鉛

    小山 諭, アベウィッカラム・ハンサニ, 奥田 明子, 住吉 智子, 内山 美枝子

    BIO Clinica   36 ( 13 )   1301 - 1306   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    我が国は世界でも最高位に位置する長寿国となり、日本人の平均寿命・健康寿命は共に世界第1位となっているが、平均寿命と健康寿命の間には乖離があり、晩年の約10年間を「自立した生活ではない期間」として過ごしていることとなる。高齢者の健康寿命の障害となるものフレイル・ロコモ・サルコペニアを予防・改善することが健康寿命を延伸していくために大切である。フレイル・ロコモ・サルコペニアの共通項目である筋力・筋肉量低下の原因となる栄養障害の1つに、亜鉛欠乏による味覚障害があり、亜鉛補給による味覚障害の改善は食欲・食事摂取量を増進しフレイル・ロコモ・サルコペニアの予防・改善につながる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 原因不明の慢性腎障害患者における人体測定学的および性別特異的差異(Anthropometry and sex-specific differences in chronic kidney disease of uncertain etiology patients)

    アヴェウィックラマ・ハンサニ, 小山 諭

    学会誌JSPEN   3 ( Suppl.1 )   802 - 802   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • 静的ストレッチングが高血圧症患者の動脈硬化関連指標および血圧に及ぼす影響

    山田 悦子, 小山 諭

    外科と代謝・栄養   55 ( 4 )   130 - 130   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 【透析患者の消化管疾患AtoZ】小腸・大腸,肛門 短腸症候群

    小山 諭

    臨床透析   37 ( 9 )   1033 - 1036   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    researchmap

  • 肥満状態下の乳癌転移におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 長谷川 遥, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   46 - 46   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法で病理学的完全奏功を得たBRCA1遺伝子変異陽性乳癌の2例

    長谷川 遥, 永橋 昌幸, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   53 - 53   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院における遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対するリスク低減手術実施の取り組み

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 遥, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   47 - 47   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血清グルコシルセラミドの臨床的意義

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 小幡 泰生, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   29回   70 - 70   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 【治療の質を高める!上手な栄養製剤の選び方・使い方】[栄養製剤の考え方]栄養障害の分類とアセスメント

    小山 諭

    薬事   63 ( 8 )   1541 - 1549   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)じほう  

    <Points>▼栄養障害にはいわゆる栄養不良・低栄養のみならず、肥満につながる栄養過剰、摂食障害、栄養が病因に関与する疾患なども含まれる。▼近年、基礎疾患や炎症の有無などを考慮した栄養障害の分類が提唱され、普及してきている。▼栄養スクリーニングは、できるだけ簡便な指標を用いて効率良く実施することが望まれる。▼栄養アセスメントでは、さまざまな指標を用いて多角的かつ詳細に栄養状態を評価する。▼これまでに簡便な指標を用いた栄養スクリーニングツールが開発され用いられている。▼世界規模で統一された栄養不良の診断基準であるGLIM criteriaでは、栄養状態のリスクスクリーニングと診断的アセスメントにより栄養障害の診断と重症度判定を行う。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J01465&link_issn=&doc_id=20210602180002&doc_link_id=%2Fan1yakgl%2F2021%2F006308%2F005%2F1541-1549%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fan1yakgl%2F2021%2F006308%2F005%2F1541-1549%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 一施設におけるRaped Response Team(RRT)要請に関する実態調査

    大川 玲子, 横野 知江, 小山 諭, 内山 美枝子, 大野 直子

    日本外科系連合学会誌   46 ( 3 )   401 - 401   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    researchmap

  • 乳癌術前患者用パンフレットの有用性に関する研究

    土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 小林 隆, 石川 卓, 金子 耕司, 神林 智寿子, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌において腫瘍組織のみを用いた癌遺伝子パネル検査で検出された二次的所見開示を検討すべき体細胞変異

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   PS - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌に対する治療戦略 日本人トリプルネガティブ乳癌における治療標的となりうる遺伝子変異

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 利川 千絵, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 小林 隆, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 坂田 純, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回   SY - 2   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • A精神科病院の病棟内食堂で食事摂取可能な入院患者における誤嚥性肺炎リスクの影響要因と予防に向けた支援

    清野 由美子, 小山 諭, 井上 誠, 鈴木 拓, 吉原 翠, 渋木 瞳, 笹 杏奈, 鈴見 梨紗, 坂井 遥

    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌   25 ( 1 )   33 - 43   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本摂食嚥下リハビリテーション学会  

    【目的】精神科病院の病棟内食堂で食事摂取可能な入院患者における誤嚥性肺炎リスクの影響要因を明らかにし、誤嚥性肺炎予防に向けた支援への示唆を得るために調査研究を行った。【方法】対象者は、A精神科病院入院患者約400名のうち、病棟内食堂で食事摂取可能な20歳以上85歳未満の者100名とした。対象者を誤嚥性肺炎リスク評価により高・中・低リスクに分け、その群のそれぞれの基本属性、日常生活の状況、食事摂取の状況、栄養状態(Body Mass Index:BMI、Geriatric Nutritional Risk Index:GNRI)、血液生化学所見(Total Protein:TP、Albumin:Alb、Hemoglobin:Hb、Hematocrit:Ht、White Blood Cell:WBC)を調査し、統計学的に検討した。【結果】対象者のうち、高リスク群0名、中等度リスク群24名、低リスク群76名であった。群間比較において、年齢は、中等度リスク群で有意に高値であった。BMI、GNRI、Ht、Hb、Peak Expiratory Flow:PEF、Repetitive Saliva Swallowing Test:RSSTは、中等度リスク群で有意に低値であった。Spearmanの順位相関係数では、年齢、BMI、GNRI、Alb、Ht、Hb、PEF、RSSTにおいて相関を認めた。二項ロジスティック回帰分析において、BMI、PEF、RSSTが独立変数として得られた。【結論】精神科病院の病棟内食堂で食事摂取可能な入院患者における誤嚥性肺炎リスクの影響要因は、BMI、PEF、RSSTの低下であることが示唆された。誤嚥性肺炎予防に向けた支援として、栄養状態や呼吸機能、嚥下機能の維持・改善を目指す取り組みが必要と考える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J03152&link_issn=&doc_id=20210616040004&doc_link_id=%2Fcb5dvsph%2F2021%2F002501%2F004%2F0033-0043%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fcb5dvsph%2F2021%2F002501%2F004%2F0033-0043%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • nutritionDay oncologyからみた日本と世界のがん患者の栄養状態および栄養管理

    武元 浩新, 福島 亮治, 小山 諭, 石井 信二, 遠藤 龍人, 児島 洋, 斎藤 恵子, 篠 聡子, 中瀬 一, 山口 恵, 小谷 穣治, 2015-2020年度日本静脈経腸栄養学会(現日本臨床栄養代謝学会)nutritionDayワーキンググループ

    学会誌JSPEN   3 ( 1 )   2 - 10   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    【目的】2006年にヨーロッパで始まったnutritionDayであるが,2012年よりがん患者に特化した調査も行われている.今回,2015年から2017年のnational reportをもとに本邦および世界のがん患者の現況について報告する.【対象】日本から748例,世界から4,630例のがん患者が登録されており,平均年齢はそれぞれ71.3歳,65.4歳,BMIについては21.6,24.1となっていた.【結果】終末期の入院患者の割合が,日本の13.4%に対して世界では4.8%であった.栄養療法についてみると,静脈栄養がおこなわれていたのは日本で18.0%であったが,世界では10.9%しかなかった.逆に経口栄養補助食品の摂取については,日本では3.9%しかなかったのに対し,世界では14.4%であった.【結論】本邦のがん患者の現状を客観的に評価し,今後の栄養療法の改善に向けた基礎資料となる.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J07204&link_issn=&doc_id=20210309420001&doc_link_id=10.11244%2Fejspen.3.1_2&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11244%2Fejspen.3.1_2&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 早期COPD患者の呼吸困難マネジメントの類型化とその特徴

    小林 千穂, 大澤 拓, 結城 ちかこ, 坂井 邦彦, 小山 千加代, 小山 諭, 清水 詩子

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   30 ( Suppl. )   202s - 202s   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会  

    researchmap

  • エネルギー代謝と栄養療法-基礎から臨床へ- 外科侵襲下のエネルギー代謝と栄養療法の意義

    小山 諭

    学会誌JSPEN   2 ( Suppl.1 )   61 - 61   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • イントラリポス輸液を側管投与した後のフラッシング方法の検討

    岡村 直耶, 小山 諭

    学会誌JSPEN   2 ( Suppl.1 )   1160 - 1160   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • 新潟県における看護師の口腔アセスメントと口腔ケアの現状と課題

    菊池 裕子, 小山 諭

    学会誌JSPEN   2 ( Suppl.1 )   722 - 722   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • 精神科看護師が体験している誤嚥性肺炎予防に関するケアの実態 単科精神科病院におけるフォーカスグループインタビュー調査から

    清野 由美子, 田中 浩二, 関井 愛紀子, 小山 諭

    日本精神保健看護学会誌   29 ( 2 )   60 - 70   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本精神保健看護学会  

    本研究の目的は,精神科看護師が体験している誤嚥性肺炎予防に関するケアの実態を明らかにし,誤嚥性肺炎防止と患者の食生活に関するQOL向上に向けた支援の在り方について示唆を得ることである.A県内16ヶ所の精神科病院に勤務する病棟看護師55名を対象にフォーカスグループインタビュー調査を行い,収集したデータを質的帰納的に分析した.精神科看護師は,【精神科における誤嚥性肺炎予防ケアの困難】があるために,誤嚥性肺炎予防ケアにおいて,見守りの徹底に象徴される【目前の誤嚥・窒息リスクを回避したいという強い思いに基づくケア】を提供していた.一方では,精神疾患患者にとって食はQOLの重要な要素であることから,【食べることのQOLを志向したケア】に取り組んでいた.また,看護業務の一環として日常的に【誤嚥性肺炎予防に有効とされる日常生活援助】に努めていた.さらに,限られた環境の中で,【精神科医療の強みを活かすチームケア】を取り入れていた.本研究結果から,有効な資源の少なさや精神疾患をもつ人に特有の困難さがある中での,看護師のケアが明らかとなった.本研究により,一人ひとりの患者のニーズに立ち返り,多職種連携や包括的支援に取り組むことの重要性が示唆された.(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J02771&link_issn=&doc_id=20210303360007&doc_link_id=10.20719%2Fjapmhn.20-007&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.20719%2Fjapmhn.20-007&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • nutritionDay 2010-2012年の3年間の調査結果からみた日本と世界の栄養状態および栄養療法の比較

    武元 浩新, 小山 諭, 朝川 貴博, 梶谷 伸顕, 白木 亮, 利光 久美子, 野田 さおり, 宮田 剛, 山口 恵, 福島 亮治, 日本臨床栄養代謝学会nutritionDayワーキンググループ

    学会誌JSPEN   2 ( 5 )   332 - 340   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    nutritionDayプロジェクトとは毎年特定の日をnutritionDayと定め、世界的規模で実施される入院患者の栄養状態についてのアンケート調査であり、日本では2008年より当時の日本静脈経腸栄養学会(現日本臨床栄養代謝学会)主導の下に参加している。今回、ちょうど栄養サポートチーム(nutrition support team;以下、NSTと略)加算が評価された2010年から3年間の日本における集計結果を世界のものと比較し検討した。BMIでは3年間とも同様に経過し、日本では22前後、世界では25前後であった。栄養療法では、経腸栄養施行患者割合が日本では2010年から年々増加し、2012年には7%前後と世界とほぼ同程度に達していた。一方静脈栄養は日本では3年とも15%を超えていたのに対し、世界では5%前後であった。この変化は、日本でNSTが健康保険制度として評価され浸透したことが関係していると考えられる。今後も継続して報告していく予定である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J07204&link_issn=&doc_id=20210113460006&doc_link_id=10.11244%2Fejspen.2.5_332&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11244%2Fejspen.2.5_332&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 術前化学療法を施行したトリプルネガティブ乳癌におけるTP53及びPI3K関連遺伝子変異の臨床的意義

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 小山 諭, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   521 - 521   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   221 - 221   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌微小環境における組織間質液中のスフィンゴリン脂質定量の試み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   222 - 222   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科の乳癌術前化学療法AC-DTX療法における好中球減少症の現状及びPegfilgrastim使用の検討

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   416 - 416   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陰性乳癌患者における血中スフィンゴシン-1-リン酸の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   520 - 520   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科の乳癌術前化学療法AC-DTX療法における好中球減少症の現状及びPegfilgrastim使用の検討

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 長谷川 遥, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 山浦 久美子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   416 - 416   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌微小環境における組織間質液中のスフィンゴリン脂質定量の試み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   222 - 222   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌腫瘍免疫微小環境におけるスフィンゴシン-1-リン酸の役割の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   221 - 221   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前化学療法を施行したトリプルネガティブ乳癌におけるTP53及びPI3K関連遺伝子変異の臨床的意義

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 神林 智寿子, 金子 耕司, 小山 諭, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   521 - 521   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ER陽性HER2陰性乳癌患者における血中スフィンゴシン-1-リン酸の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   28回   520 - 520   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるBRCA体細胞変異の同定について

    利川 千絵, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 滝沢 一泰, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回   DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 県医よろずQ&A 高齢者の低タンパク血症について

    小山 諭

    新潟県医師会報   ( 845 )   54 - 56   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    researchmap

  • 【外来がん化学療法と栄養】外来がん化学療法における栄養管理について

    小山 諭

    栄養   35 ( 2 )   71 - 76   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    外来癌化学療法中の患者は、癌による代謝異常に加え、抗癌剤による有害事象(悪心・嘔吐、食欲不振や味覚障害、口内炎、下痢・腹痛)などで栄養障害に陥る危険が少なくない。栄養障害は予後、QOL、治療継続などにも影響するため、適切な栄養管理(栄養療法、栄養サポート)を行うことが望ましい。外来癌化学療法患者における栄養管理の有用性に関するエビデンス蓄積が期待される。

    researchmap

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療と予防に関する栄養学的提言

    東口 高志, 佐々木 雅也, 飯島 正平, 石井 良昌, 犬飼 道雄, 遠藤 陽子, 小山 諭, 小谷 穣治, 斎藤 恵子, 篠 聡子, 清水 孝宏, 鈴木 裕, 祖父江 和哉, 高増 哲也, 中瀬 一, 鍋谷 圭宏, 野上 哲史, 福島 亮治, 二村 昭彦, 丸山 道生, 三原 千惠, 室井 延之, 山中 英治, 吉田 貞夫, 鷲澤 尚宏, 一般社団法人日本臨床栄養代謝学会COVID-19対策プロジェクトチーム(P009)

    学会誌JSPEN   2 ( 2 )   84 - 94   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • Brief Note : Validation of human salivary proteins affected by normal diet

    Okuda Akiko, Hirasawa Yuya, Koyama Yu, Iijima Atsuhiko, Yamada Etsuko, Takanarita Rina, Uchiyama Mieko

    International journal of analytical bio-science   8 ( 1 )   18 - 23   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:The Society of Analytical Bio-Science [編]  

    CiNii Article

    researchmap

  • 味覚のアセスメント 主観的味覚と味覚センサーの比較

    小山 諭, 大沼 彩香, 小野間 憲泰, 内山 美枝子, 奥田 明子, 飯島 淳彦

    栄養   35 ( 1 )   53 - 55   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    市販の油淋鶏弁当の主食:副食の割合を10g:3g、10g:6g、10g:9gに調整し、この順序で一口に食し主観的味覚を点数化した。20〜25歳の健常な日本人女性12名とスリランカ人女性4名を対象とした。副食が増量していくに従い日本人は酸味・渋味・旨味の評価が高くなっていったが、スリランカ人では塩味・甘味・苦味の評価が高くなった。同様の3パターンの食事を味覚センサーで分析した。その結果、白飯をコントロールとした場合、副食の増量に従い酸味・旨味が高くなり、炒飯をコントロールとした場合は酸味が強く影響され、旨味や渋味は副食を6gより増加させてもほとんど変化しなかった。コントロールとして白飯を用いた場合と炒飯を用いた場合とでは味覚のパターンが異なり、日本人・スリランカ人各々の主観的味覚評価のいずれともパターンが一致しなかった。

    researchmap

  • 新規国際規格ISO誤接続防止コネクタの問題点とデバイス

    丸山 道生, 鈴木 裕, 小山 諭, 有本 之嗣, 日本栄養材形状機能研究会・調査ワーキンググループ

    学会誌JSPEN   1 ( Suppl.2 )   41 - 41   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • 慢性肝疾患患者における身体活動量と握力の変化に関する検討

    大橋 和貴, 石川 達, 星井 旭美, 鈴木 光幸, 山田 悦子, 菊池 裕子, Abeywickrama Hansani, 水戸部 優太, 小山 千加代, 関 奈緒, 青木 萩子, 小山 諭

    日本消化器病学会雑誌   116 ( 臨増大会 )   A803 - A803   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 慢性肝疾患患者における身体活動量と握力の変化に関する検討

    大橋 和貴, 石川 達, 星井 旭美, 鈴木 光幸, 山田 悦子, 菊池 裕子, Abeywickrama Hansani, 水戸部 優太, 小山 千加代, 関 奈緒, 青木 萩子, 小山 諭

    日本消化器病学会雑誌   116 ( 臨増大会 )   A803 - A803   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • Skeletal Muscle Index at ICU (Intensive Care Unit) Admission is Valid for Predicting the Progression of ICU-Acquired Weakness (ICU-AW) for Septic Patients 査読

    Yuta Mitobe, Y Koyama, S Sakai, M Uchiyama, H Abeywickrama, E Yamada, K Ohashi, Y Kikuchi, M Nitta, T Honda, H Endo

    Clinical Nutrition   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    researchmap

  • 敗血症患者におけるICU-AWの診断 腹部主要筋断面積計測の有用性

    水戸部 優太, 小山 諭, 森下 慎一郎, 大橋 和貴, 山田 悦子, Hansani Abeywickrama, 坂井 さゆり, 内山 美枝子

    学会誌JSPEN   1 ( Suppl. )   571 - 571   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • NSTによる消化器内科病変の発見により自宅退院まで改善した症例

    小師 優子, 村山 稔子, 上村 博輝, 小山 諭, 寺井 崇二

    学会誌JSPEN   1 ( Suppl. )   1331 - 1331   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • 地域一体型NSTの現状と課題 地域包括ケアシステム 在宅栄養管理実践に向けての課題

    小山 諭, 小林 恵子, 齋藤 智子, 横野 知江, 堀田 かおり, 八百坂 志保, 高橋 美佳子, 松井 美嘉子, 牧野 令子, 川村 美和子

    学会誌JSPEN   1 ( Suppl. )   139 - 139   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床栄養代謝学会  

    researchmap

  • 乳がん患者の放射線照射に伴う肩関節可動域制限に影響する要因の探索的研究

    野口 美貴, 坂井 さゆり, 小山 諭, 内山 美枝子, 飯島 敦彦

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   349 - 349   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 診断に苦慮した乳腺悪性腫瘍の2症例

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 加藤 卓, 高村 佳緒里, 梅津 哉, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   749 - 749   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がんゲノム医療における検体品質管理と遺伝カウンセリング体制の整備

    永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 田澤 立之, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   395 - 395   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん患者の放射線照射に伴う肩関節可動域制限に影響する要因の探索的研究

    野口 美貴, 坂井 さゆり, 小山 諭, 内山 美枝子, 飯島 敦彦

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   349 - 349   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血漿中スフィンゴシン-1-リン酸濃度の臨床的意義

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   425 - 425   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ICU-AWの予防と対策(早期リハと栄養の観点から) 骨格筋指数を用いたICU-AWの早期予測に関する後ろ向き研究

    水戸部 優太, 小山 諭, 内山 美枝子, 大橋 和貴, 山田 悦子, ハンサニ・アベイウィックレマ, 坂井 さゆり, 菊池 裕子, 森下 慎一郎

    外科と代謝・栄養   53 ( 3 )   76 - 76   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    DOI: 10.11638/jssmn.53.3_76

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Precision medicineクリニカルシークエンスの現状と課題 HBOC診療の連携確立に向けて 新潟県の取り組み

    西野 幸治, 山口 雅幸, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 関根 正幸, 榎本 隆之, 須田 一暁, 五十嵐 真由子, 土田 純子, 永橋 昌幸, 田澤 立之, 栗山 洋子, 藤田 沙織里, 小山 諭, 菊池 朗, 佐藤 信昭, 金子 耕司, 田村 恵美子, 三冨 亜希, 後藤 清恵

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 3 )   328 - 328   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    researchmap

  • 新たな視点で見る栄養評価 味覚のアセスメント 主観的味覚と味覚センサー

    小山 諭, 大沼 彩香, 小野間 憲泰, 内山 美枝子, 奥田 明子, 飯島 淳彦

    栄養   4 ( 2 )   114 - 114   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 中国都市部における高齢者の主観的健康感と健康習慣、ソーシャル・キャピタルとの関連

    于 進, 小林 恵子, 成田 太一, 八尾坂 志保, 目黒 優子, 小山 諭

    新潟大学保健学雑誌   16 ( 1 )   23 - 31   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    中国都市部に居住する高齢者の主観的健康感と、健康習慣及びソーシャル・キャピタル(以下SCと略す)との関連を明らかにすることを目的とした。老人活動センターを利用する65歳以上の高齢者を対象に無記名自記式質問紙調査を実施し、207人から回答を得た。調査内容は基本属性、主観的健康感、生活満足度、健康習慣、SCであった。主観的健康感と健康習慣では、喫煙、運動、睡眠に有意差がみられた。主観的健康感とSCでは、「付き合い・交流指数」「信頼指数」「社会参加指数」のすべてにおいて「健康」群の平均値は有意に高かった。主観的健康感を従属変数とし、二項ロジスティック回帰分析を行った結果、健康習慣の「睡眠」とSCの「付き合い・交流指数」に有意な関連がみられた。高齢者の主観的健康感は客観的健康や生活満足度とも関連することから、適正な睡眠への支援や、社会参加および地域交流の促進が重要であることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2019&ichushi_jid=J06421&link_issn=&doc_id=20190528370003&doc_link_id=1900537&url=https%3A%2F%2Fkango-sakuin.nurse.or.jp%2Fnid%2F1900537&type=%8D%C5%90V%8A%C5%8C%EC%8D%F5%88%F8Web&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00014_1.gif

  • 重症患者への早期リハビリテーションの有効性と骨格筋指数を用いたICU-AW発症予測

    水戸部優太, 小山諭, 森下慎一郎, 大橋和貴, 山田悦子, Hansani Abeywickrama, 菊池裕子, 坂井さゆり, 内山美枝子

    第6回日本サルコペニア・悪液質消耗性疾患研究会   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 慢性肝疾患患者の身体活動量と握力の変化

    大橋和貴, 小山諭, 石川達, 星井旭美, 鈴木光幸, 水戸部優太, 山田悦子, 菊池裕子, Hansani Abeywickrama, 小山千加代, 関奈緒, 青木萩子

    第6回日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • 外科医の特性を活かしたトランスレーショナル研究の試み

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 廣瀬 雄己, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 川口 耕, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌ゲノム医療の推進に向けた取り組み 当科における乳癌ゲノム医療の推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 市川 寛, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   WS - 6   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺外科医を目指す若手女性外科医にとってのロールモデルとキャリア形成

    土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 中島 真人, 小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 島田 能史, 小林 隆, 坂田 純, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 生命危機場面における病棟看護師の看護行為への満足度の実態調査

    大野 直子, 横野 知江, 内山 美枝子, 小山 諭

    日本集中治療医学会雑誌   26 ( Suppl. )   [P59 - 3]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 生命危機場面における病棟看護師の躊躇の実態調査

    大野 直子, 横野 知江, 内山 美枝子, 小山 諭

    日本集中治療医学会雑誌   26 ( Suppl. )   [P59 - 2]   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    researchmap

  • 精神科病院における入院患者の誤嚥性肺炎リスク評価

    清野由美子, 小山諭, 井上誠, 鈴木拓, 吉原翠, 渋木瞳, 笹杏奈, 鈴見梨紗, 坂井遙, 廣川ひとみ

    日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)   25th   2019年

     詳細を見る

  • 追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1860 - 1862   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は68歳、女性。左乳癌、cT2N0M0、cStage IIAに対して、左乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術前MRI検査で浸潤癌の長径は30mmと診断されていたが、術後病理組織診断では浸潤癌は長径50mmで周囲に非浸潤性乳管癌を伴い、病変全体の範囲は60mmに及び、頭側断端に非浸潤性乳管癌の露出を認めた。追加切除を希望し、前回手術の頭側断端より20mmの切除範囲で、乳房追加部分切除術を施行した。病理組織診断では前回手術断端周囲に癌の遺残は認めなかったが、その頭側に6mm大の浸潤癌を認め、体表側断端に癌が露出していたため左残存乳房に対して全摘術を行った。病理組織診断では7mmと2mmの浸潤癌をさらに認めた。術前画像の見直しを行ったが、乳房内転移と一致する結節の同定はできなかった。追加切除した乳房内に転移結節を認めた1例を報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600024&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F024%2F1860-1862%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 両側乳房に異時性に発生した多発葉状腫瘍の1例

    茂木 大輔, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 小林 隆, 坂田 純, 亀山 仁史, 若井 俊文

    癌と化学療法   45 ( 13 )   1854 - 1856   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は33歳、女性。15年前に右乳房の腫瘤摘出術を施行され、線維腺腫と診断された。5年前に再度右乳房に腫瘤を認め、針生検で線維腺腫と診断され経過観察となったが、その後増大を認め4年前に腫瘤摘出術が施行された。病理診断は境界悪性葉状腫瘍で、切除断端は陰性であった。2年前に右乳房に再度腫瘤を認め、針生検で葉状腫瘍と診断された。急速な増大を認めたため悪性化を疑い、右乳房切除術を施行された。病理診断は良性葉状腫瘍であった。また、左乳房には4年前より腫瘤を指摘されていたが、線維腺腫の疑いで経過観察されていた。1年前より腫瘤の増大を認め、2ヵ月前よりさらに新たに腫瘤が出現し増大を認めた。針生検でいずれの腫瘤も葉状腫瘍と診断され、左乳房切除術を施行した。病理診断はいずれも良性葉状腫瘍であった。両側に異時性に多発した葉状腫瘍の1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20190107600022&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F022%2F1854-1856%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2018%2F004513%2F022%2F1854-1856%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • ICUに入室した敗血症患者の入室時CT画像を用いた腹部主要筋断面積とMRC scoreとの関連について

    水戸部 優太, 小山 諭

    第6回 日本静脈経腸栄養学会 関東甲信越支部学術集会   2018年10月

     詳細を見る

  • 慢性肝疾患患者におけるサルコペニア合併例の特徴

    大橋 和貴, 石川 達, 星井 旭美, 小山 諭, 青木 萩子

    日本消化器病学会雑誌   115 ( 臨増大会 )   A809 - A809   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    researchmap

  • 褥瘡ケアに関する訪問看護ステーションと皮膚・排泄ケア認定看護師の連携に関する実態調査

    横野 知江, 須釜 淳子, 真田 弘美, 小山 諭

    日本褥瘡学会誌   20 ( 3 )   305 - 305   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本褥瘡学会  

    researchmap

  • 女性の家族性がん 新潟県におけるHBOC診療体制の確立に向けての取り組み

    西野 幸治, 須田 一暁, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 関根 正幸, 榎本 隆之, 五十嵐 真由子, 土田 純子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 田澤 立之, 栗山 洋子, 藤田 沙織里, 小山 諭, 菊池 朗, 佐藤 信昭, 金子 耕司, 田村 恵美子, 三富 亜希, 後藤 清恵

    人間ドック   33 ( 2 )   232 - 232   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本人間ドック学会  

    researchmap

  • 女性の家族性がん 新潟県におけるHBOC診療体制の確立に向けての取り組み

    西野 幸治, 須田 一暁, 安達 聡介, 吉原 弘祐, 関根 正幸, 榎本 隆之, 五十嵐 真由子, 土田 純子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 田澤 立之, 栗山 洋子, 藤田 沙織里, 小山 諭, 菊池 朗, 佐藤 信昭, 金子 耕司, 田村 恵美子, 三富 亜希, 後藤 清恵

    人間ドック   33 ( 2 )   232 - 232   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本人間ドック学会  

    researchmap

  • 味覚の相違に及ぼす食事組成、国民性・微量栄養素の影響

    小山 諭, シャリカ・プレマラツネ, 大沼 彩香, チュラシカ・オピラマニー, 内山 美枝子, 山田 悦子, 齊藤 里佳, 高成田 里菜, 小野間 憲泰, 奥田 明子, 平澤 侑也, 藤森 麻佑, 飯島 淳彦

    外科と代謝・栄養   52 ( 3 )   155 - 155   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   281 - 281   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   339 - 339   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   677 - 677   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 【静脈栄養における脂肪乳剤の使い方】序論 脂肪乳剤の特集について

    小山 諭

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   33 ( 2 )   721 - 725   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    脂肪乳剤が国内で市販されてから数十年が経過した現在、必要な症例に対して適切かつ十分に使用されているのかは疑問である。脂肪の静脈内への投与は17世紀から実験的に試みられていたが、効果的な乳化剤の開発により1900年代に脂肪の静脈内投与への発展に結びついていった。1961年A.Wretlindが大豆油に卵黄レシチンを乳化剤として使用し、安全に使用できる脂肪乳剤を開発した。その後、n-6系脂肪酸の炎症活性を抑えるために、大豆油ベースのみではなく、ココナッツ油、オリーブ油、魚油などを組み合わせた製剤が開発されていった。脂肪乳剤の禁忌の根拠となっている文献はかなり以前の報告であり、実際には脂肪乳剤が投与できる状況もあり得る。また、日本ではn-6系脂肪乳剤しか市販されていないため、侵襲下の症例では使用されにくい状況であるが、カルニチンの併用などでn-6系脂肪酸のβ酸化を促進することで炎症反応を抑えられる可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科における妊娠期乳癌の経験

    五十嵐 麻由子, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   508 - 508   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサーを用いたTriple negative乳癌の遺伝子変異解析と治療可能性

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   339 - 339   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ゲノム医療推進に向けた取り組みの課題と展望 当科におけるゲノム医療推進に向けた取り組み

    永橋 昌幸, 土田 純子, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   281 - 281   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下症例における手術前後の病期判定の変更の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   677 - 677   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • トリプルネガティブ乳癌におけるbasal-like乳癌の臨床的意義の検討

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   635 - 635   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清省略の可能性

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   2482 - 2482   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌患者におけるスフィンゴシン-1-リン酸の腫瘍関連免疫細胞に対する役割

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 山浦 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1034 - 1034   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 消化器手術患者における周術期リハビリテーション介入と地域包括ケアシステム構築に向けた取り組み

    亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 須藤 翔, 三浦 宏平, 田島 陽介, 中野 麻恵, 角田 知行, 市川 寛, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 中島 真人, 石川 卓, 小林 隆, 小杉 伸一, 木村 慎二, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1055 - 1055   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食事内容の変化と味覚および味覚センサーとの関連

    小山 諭, 大沼 彩香, 小野間 憲泰, 内山 美枝子, 奥田 明子, 飯島 淳彦

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   33 ( Suppl. )   283 - 283   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 序論:脂肪乳剤の特集について

    小山 諭

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   33 ( 2 )   721 - 725   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会  

    <p>脂肪乳剤が国内で市販されてから数十年が経過した現在、必要な症例に対して適切かつ十分に使用されているのかは疑問である。脂肪の静脈内への投与は17世紀から実験的に試みられていたが、効果的な乳化剤の開発により1900年代に脂肪の静脈内投与への発展に結びついていった。1961年A. Wretlindが大豆油に卵黄レシチンを乳化剤として使用し、安全に使用できる脂肪乳剤を開発した。その後、n-6系脂肪酸の炎症活性を抑えるために、大豆油ベースのみではなく、ココナッツ油、オリーブ油、魚油などを組み合わせた製剤が開発されていった。脂肪乳剤の禁忌の根拠となっている文献はかなり以前の報告であり、実際には脂肪乳剤が投与できる状況もあり得る。また、日本ではn-6系脂肪乳剤しか市販されていないため、侵襲下の症例では使用されにくい状況であるが、カルニチンの併用などでn-6系脂肪酸のβ酸化を促進することで炎症反応を抑えられる可能性がある。</p>

    DOI: 10.11244/jspen.33.721

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2018256100

  • 当科における続発性副甲状腺機能亢進症手術と腎移植との関連

    小山 諭, 市川 寛, 羽入 隆晃, 庭野 稔之, 五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.2 )   S286 - S286   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 次世代シークエンサー解析に必要な乳癌手術および生検組織ブロック検体の検討

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   496 - 496   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科におけるエリブリン使用成績

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   599 - 599   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 腋窩リンパ節に対する術前画像評価の再検討

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 塩谷 基, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   672 - 672   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 私たちが日本で行うべき乳癌研究 基礎から臨床まで 日本だからこそできるトランスレーショナルリサーチの実践を目指して

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   245 - 245   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • CRISPR/Cas9を用いた乳がんにおけるスフィンゴシン-1-リン酸産生酵素の機能解析

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   263 - 263   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 周術期末梢静脈栄養 脂肪乳剤投与におけるカルニチン併用による炎症反応の軽減効果

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   51 ( 3 )   106 - 106   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 精神科看護師が誤嚥性肺炎予防を目的として提供している看護ケアの実態調査

    清野 由美子, 関井 愛紀子, 小山 諭

    日本精神保健看護学会学術集会・総会プログラム・抄録集   27回   184 - 184   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本精神保健看護学会  

    researchmap

  • 【低栄養対策パーフェクトガイド-病態から問い直す最新の栄養管理】(Part1)低栄養の最新知識 低栄養患者に対するルート選択とプランニング

    小山 諭

    臨床栄養   130 ( 6 )   746 - 752   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 低悪性度DCISに対する手術省略の可能性を考える

    大渓 彩香, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 8   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • プレシジョン・メディスンを見据えた次世代シークエンサー解析に必要な乳癌FFPEブロック検体の条件

    五十嵐 麻由子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩花, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 神林 智寿子, 金子 耕司, 佐藤 信昭, 井筒 浩, 児玉 啓輔, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳がん患者における脂質メディエーター・スフィンゴシン-1-リン酸の定量と臨床的意義

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌および周囲微小環境では高濃度のセラミドが産生される

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 土田 純子, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 2   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検転移陽性例における腋窩郭清の意義

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 1   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下かつ非センチネルリンパ節転移陽性例におけるpN2以上の症例の検討

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 鹿野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 6   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌術後早期の経腸栄養に際し低脂質栄養剤は乳び胸の予防に有用か?

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 市川 寛, 羽生 隆晃, 宗岡 悠介, 諸 和樹, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 利川 千絵, 三浦 宏平, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本創傷治癒学会プログラム・抄録集   46回   133 - 133   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本創傷治癒学会  

    researchmap

  • 術前に非浸潤性乳管癌と診断された乳癌手術症例の検討

    中島 真人, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 辰田 久美子, 亀山 仁史, 小林 隆, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 12 )   1544 - 1546   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    非浸潤性乳管癌(ductal carcinoma in situ:DCIS)は、切除により治癒が期待できるが、一部の患者ではover treatmentとなる可能性が示唆されている。今回われわれは、自施設で単年に手術を施行したDCIS 23例の臨床病理学的検討から、手術適応について再考した。術後病理では、サブタイプ分類でLuminalとHER2のみが認められ、triple negativeは認められなかった。5例に浸潤癌の併存を認めたが、浸潤癌症例は腫瘍径が60mm以上と大きい傾向にあった。またKi-67 index≦5%の症例では、浸潤癌の併存は認めなかった。切除断端陽性例は7例あり、すべてDCISでの断端陽性であった。追加切除は1例に行われた。無治療経過観察の2例を含む6例では追加切除を行わなかったが、術後5年が経過し全例無再発生存中である。DCISには浸潤癌の合併がなければ、経過観察できるサブグループが存在すると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20161222480042&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F042%2F1544-1546%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004312%2F042%2F1544-1546%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 肥満を伴う乳癌患者における血清スフィンゴシン-1-リン酸の定量

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   969 - 969   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 経過観察症例に対する地域連携 新潟地域における乳癌検診検討委員会の活動と『良性所見情報』の運用

    田邊 匡, 佐藤 信昭, 尾崎 利郎, 小山 諭, 牧野 春彦, 椎名 真, 川合 千尋, 月岡 恵, 田代 敦志, 藤田 一隆, 広橋 武, 岡田 潔, 古泉 直也, 横田 樹也, 佐野 宗明

    日本乳癌検診学会誌   25 ( 3 )   379 - 379   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • がん関連遺伝子パネルにより耐性機序が示唆されたHER2陽性再発乳がんの1例

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 兒玉 啓輔, 中田 光隆, 小山 諭, 若井 俊文

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   P30 - 1   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移進展度

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   637 - 637   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科における続発性副甲状腺機能亢進症の推移 シナカルセト治療の影響

    小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 ( Suppl.2 )   S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 縦隔内異所性副甲状腺腫を伴った二次性副甲状腺機能亢進症の3症例

    辰田 久美子, 小山 諭, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 永橋 昌幸, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 ( Suppl.2 )   S248 - S248   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • 【がんの栄養管理と栄養指導エキスパートガイド】Glasgow prognostic score

    小山 諭

    臨床栄養   129 ( 4 )   411 - 413   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 肥満によって促進される乳癌の血管新生に対する抗スフィンゴシン-1-リン酸受容体治療

    永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   258 - 258   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ICU入室患者における急性期からの看護師によるリハビリテーション効果

    水戸部 優太, 小山 諭, 青木 萩子, 清水 詩子, 岩佐 有華, 白砂 由美子, 新田 正和, 遠藤 裕

    外科と代謝・栄養   50 ( 3 )   164 - 164   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科における炎症性乳癌7例の検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   542 - 542   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌患者における血清および組織中セラミド濃度の意義について

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大渓 彩香, 土田 純子, 辰田 久美子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   547 - 547   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 菌状息肉症を合併し腋窩リンパ節郭清を行ったcN0乳癌の一例

    遠藤 麻巳子, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 塩谷 基, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   640 - 640   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん患者における腫瘍内スフィンゴシン-1-リン酸濃度と臨床病理学的因子の関連について

    土田 純子, 永橋 昌幸, 遠藤 麻巳子, 大溪 彩香, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 中島 真人, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   257 - 257   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳がん手術検体におけるスフィンゴリン脂質の定量

    中島 真人, 永橋 昌幸, 大渓 彩香, 遠藤 麻巳子, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   471 - 471   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 周術期末梢静脈栄養における脂肪乳剤とカルニチン投与の検討

    小山 諭, 諸 和樹, 永橋 昌幸, 三浦 宏平, 辰田 久美子, 土田 純子, 中島 真人, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   50 ( 3 )   169 - 169   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 検診発見および自己発見乳癌の臨床病理学的特徴と長期成績

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 市川 寛, 中島 真人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 2   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下での非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 永橋 昌幸, 中島 真人, 辰田 久美子, 土田 純子, 諸 和樹, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 2   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • Sphingosine-1-phosphate signaling promotes metastatic niches and lung metastasis in obesity-related breast cancer

    M. Nagahashi, J. Tsuchida, K. Moro, K. Tatsuda, Y. Koyama, K. Takabe, T. Wakai

    CANCER RESEARCH   76   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS15-P2-05-11

    Web of Science

    researchmap

  • 乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 羽入 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 加藤 卓, 渡辺 玄, 味岡 洋一, 若井 俊文

    癌と化学療法   43 ( 2 )   235 - 237   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は63歳、女性。検診で右乳房腫瘤を指摘され、当科を受診した。精査で非浸潤性乳管癌と診断され、右乳房部分切除術、センチネルリンパ節生検を施行した。術後病理組織学的検査では診断に苦慮したが、最終的に乳管腺腫を背景に発生した微小浸潤アポクリン癌と診断した。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別は難しく病理診断上しばしば問題となる。本症例のように乳管腺腫を背景としてアポクリン癌を合併することもあり、良悪性の判別には注意を要する。乳管腺腫とアポクリン癌の鑑別が困難な場合は診断を兼ねた完全切除が望ましいと考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2016&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20160225470018&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004302%2F019%2F0235-0237%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2016%2F004302%2F019%2F0235-0237%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Obesity increases the lipid mediator, sphingosine-1-phosphate in the tumor and tumor microenvironment, and promotes tumor progression

    J. Tsuchida, M. Nagahashi, K. Moro, K. Tatsuda, Y. Koyama, K. Takabe, T. Wakai

    CANCER RESEARCH   76   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS15-P1-03-03

    Web of Science

    researchmap

  • 医師、メディカルスタッフに対する臨床栄養教育の諸問題 メディカルスタッフにおける臨床栄養学教育 地域利便性の問題

    小山 諭, 中村 卓郎, 片多 史明, 北原 修一郎, 中瀬 一, 清水 博之, 勝連 真人

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   31 ( 1 )   228 - 228   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 卵巣癌直腸浸潤により直腸間膜内リンパ節転移を来した1例

    水木 亨, 島田 能史, 八木 寛, 田島 陽介, 中野 麻恵, 中野 雅人, 辰田 久美子, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 榎本 隆之

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2300 - 2302   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は58歳、女性。腹部膨満を主訴に近医を受診し、その後当院産婦人科へ紹介された。胸腹骨盤部CT検査では、右卵巣腫大、多発肺転移、多発肝転移、腹膜播種を指摘され、さらにダグラス窩の腹膜播種は直腸への浸潤が疑われた。卵巣癌Stage IVに対して術前化学療法(paclitaxel+carboplatin療法)を3コース行った。その後、腹腔内の腫瘍減量手術(子宮・両側付属器摘出、大網部分切除、腹膜播種切除、Hartmann手術)を施行した。直腸間膜内に多発するリンパ節腫大を認めたため、下腸間膜動脈根部までのリンパ節郭清を行った。術後の病理組織学的診断では、右卵巣漿液性腺癌の診断となった。また、傍直腸リンパ節にも卵巣癌の転移が認められた。術後は化学療法を再開し、現在加療中である。卵巣癌の直腸浸潤では、直腸切除と直腸所属リンパ節郭清を行うことで卵巣癌の腫瘍減量手術に寄与する可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470285&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F285%2F2300-2302%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F285%2F2300-2302%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 術前化学療法による薬剤性肺障害のためハルステッド手術を選択した局所進行乳癌の1例

    諸 和樹, 永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 12 )   1803 - 1805   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は64歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し当科を受診した。精査の結果、左乳癌cT4bN3(左腋窩、胸筋間、左鎖骨上リンパ節転移陽性)、M0、cStage IIIcと診断され、針生検診断は浸潤性乳管癌、サブタイプはトリプルネガティブであった。術前化学療法としてadriamycin+cyclophosphamide(AC)療法4コースを施行したが、grade 2の薬剤性肺障害が出現したため継続を断念した。遠隔転移を認めなかったことから、局所制御に重点を置いた治療方針の下、ハルステッド手術、術後放射線療法を施行した。9ヵ月経過した現在も再発を認めていない。化学療法有害事象発生例においては、患者の状態に合わせ施行可能な治療法を選択することが重要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20151224470119&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F119%2F1803-1805%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004212%2F119%2F1803-1805%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • マンモグラフィ検診開始年齢に関する検討 日米比較より

    土田 純子, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 庭野 稔之, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 高部 和明, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   907 - 907   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当科におけるセンチネルリンパ節生検、色素法単独と色存・RI併用法の再検討

    辰田 久美子, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 庭野 稔之, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 純, 小林 隆, 石川 卓, 亀山 仁史, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   807 - 807   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移と腫瘍浸潤径の関連

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 永橋 昌幸, 庭野 稔之, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   808 - 808   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 家族性大腸腺腫症術後に発症した回腸嚢内腺腫、回腸嚢内腺癌の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 岡村 拓磨, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   48 ( Suppl.2 )   360 - 360   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • ケア がん医療地域連携の発展 がん診療連携パス適応外症例における地域連携推進チームでの取り組み

    長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 三保 美枝子, 神田 峰加, 塚本 友香里, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 池 睦美, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   2734 - 2734   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 保存的に軽快した鈍的外傷による甲状腺血腫の一例

    小山 諭, 永橋 昌幸, 辰田 久美子, 諸 和樹, 土田 純子, 庭野 稔之, 若井 俊文

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   32 ( Suppl.2 )   S276 - S276   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会  

    researchmap

  • がん微小環境中にはスフィンゴシン-1リン酸(S1P)が高濃度で存在する

    永橋 昌幸, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 山田 顕光, 青柳 智義, 高部 和明, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   312 - 312   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎患者の人工肛門造設術後ストーマサイズの経時的変化

    諸 和樹, 亀山 仁史, 田島 陽介, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 3   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 乳房切除後疼痛症候群に対する胸筋ブロック(PECSB)の有効性の検討 前向き二重盲検無作為化比較試験

    長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   304 - 304   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 高齢者Triple negative乳癌の治療 若年者との比較

    小山 諭, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   449 - 449   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 手術により精神症状の著明な改善を認めた傍腫瘍性神経症候群合併乳癌の一例

    日紫喜 万理子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 諸 和樹, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   738 - 738   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前精査中に発症した胆石イレウスの1例

    安藤 拓也, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 油座 築, 岡部 康之, 三浦 宏平, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 下大静脈高度圧排をきたした巨大後腹膜漿液性嚢胞の1例

    阿部 馨, 皆川 昌広, 諸 和樹, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 甲状腺乳頭癌に対する甲状腺亜全摘術と全摘術の比較

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1809 - 1809   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • MRIで発見された乳癌骨梁間型骨転移の1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1809 - 1810   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 術後に傍腫瘍性神経症候群が強く疑われた乳癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 土田 純子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   746 - 746   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 同時性脳転移を契機に発見された直腸癌の1例

    田中 花菜, 島田 能史, 田島 陽介, 中野 雅人, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1807 - 1807   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • S状結腸浸潤を伴った腸間膜デスモイド腫瘍の1手術例

    日紫喜 万理子, 中野 雅人, 亀山 仁史, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 島田 能史, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1807 - 1807   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 拡大前区域切除で根治切除し得たERCP後重症急性膵炎による門脈左枝血栓を伴うBismuth IIIa肝門部胆管癌の1例

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 小林 隆, 皆川 昌広, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 7 )   1808 - 1808   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌肝転移切除後に出現した再発巣に対する追加切除の有効性

    阿部 馨, 中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   70回   P - 4   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 肺腺癌に対するGefitinib投与中に発症した腸管嚢腫様気腫症の1例

    安藤 拓也, 坂田 純, 丸山 智宏, 廣瀬 雄己, 岡部 康之, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 大坪 亜矢, 渡部 聡, 若井 俊文

    癌と化学療法   42 ( 7 )   847 - 849   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、男性。骨転移、脳転移を伴う肺腺癌に対して、2年5ヵ月前よりgefitinib(250mg/日)を連日投与され、安定(stable disease:SD)を維持中に腹痛、下痢、嘔吐を発症した。腹部骨盤造影CT検査を施行すると小腸壁内ガス像、腹腔内遊離ガス像、中等量の腹水を認め、腸管嚢腫様気腫症(pneumatosis cystoides intestinalis:PCI)の診断となった。バイタルサインが安定し、腹部理学所見で腹膜炎を疑う所見がみられなかったため、gefitinibを休薬して保存的に治療を開始した。自覚症状は徐々に改善し、治療開始7日後の腹部骨盤造影CT検査では画像所見も著明に改善した。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20150729440015&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004207%2F016%2F0847-0849%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2015%2F004207%2F016%2F0847-0849%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 乳癌手術における胸筋神経ブロックの有用性 食事摂取と鎮痛の面から

    小山 諭, 紙谷 義孝, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 馬場 洋, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   49 ( 3 )   174 - 174   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 症例報告 超音波検査で描出困難な乳腺石灰化病変に対し,切除標本マンモグラフィーが有用であった1例

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 諸 和樹, 小杉 伸一, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   331 - 336   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    近年, マンモグラフィー検診の普及に伴い, 非触知乳癌の発見率が上昇してきている. 非触知乳癌の中には, 石灰化病変のみで発見される非浸潤性乳管癌(Ductal carcinoma in situ : DCIS)も多く含まれるが, 石灰化病変を超音波検査で描出することは困難なことがあり, 手術に際し切除範囲の設定には苦慮することも多い. 臨床上, 実際に十分切除できているのか否かを術中に判断することは, その後の局所再発を防ぐ上で極めて重要である. 今回, 石灰化病変のみで発見された乳癌症例に対し, 術中に切除標本のマンモグラフィーを撮影し, 石灰化病変が切除できていることを確認できた症例を経験した. 症例は51歳, 女性. 検診マンモグラフィーで右乳房の石灰化を指摘され, ステレオガイド下マンモトーム生検を施行し乳癌と診断された. 超音波検査では石灰化病変の描出は困難であったが, マンモトーム生検時に留置したクリップ部位をマーキングし, 乳房温存手術を施行した. 術中に切除標本マンモグラフィーを施行し, ターゲットとした石灰化病変が切除できていることを確認して手術を終了した. 術後病理診断でも術前に予測した石灰化病変が完全に切除できていることを確認できた. 切除標本マンモグラフィーは, 簡便に石灰化病変の切除範囲の確認が可能な方法として有用であり, 文献的考察を加えて報告する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/44092

  • 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 諸 和樹, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   129 ( 6 )   326 - 330   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術施行後に濾胞腺腫と診断され、その3年後に骨転移が出現し、初回の摘出腫瘍が濾胞癌であったことが判明した1例を経験したので報告する。症例は61歳、男性。他院で甲状腺腫瘍に対し甲状腺全摘術が施行され、術中迅速診断および永久病理診断で腺腫と診断されていた。しかし、術後3年目頃から腰痛・下肢痛が出現、その後、下肢麻痺を認めたため当院整形外科で第5腰椎切除が行われ、術後病理診断では甲状腺濾胞癌の骨転移の診断であった。経過から初回甲状腺腫瘍が濾胞癌であったと考えられた。甲状腺濾胞癌は細胞異型がほとんど認められないため術前細胞診での診断は困難とされている。濾胞腺腫を疑った場合でもサイログロブリン高値等の場合は濾胞癌の可能性を考慮して治療やフォローアップを行っていく必要がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20151009040005&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012906%2F005%2F0326-0330%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012906%2F005%2F0326-0330%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 胸骨縦切開を追加して切除し得た無症候性進行甲状腺癌の1例

    庭野 稔之, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文, 小池 輝元, 橋本 毅久, 土田 正則

    新潟医学会雑誌   129 ( 5 )   281 - 286   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    甲状腺癌のうち乳頭癌(papillary carcinoma)の頻度は90%と大部分を占め、頸部リンパ節転移の頻度が高く、高齢者では未分化癌に転化することもある。今回、結腸癌術後の全身検索で発見され、胸骨縦切開を追加して切除可能であった無症候性進行甲状腺癌の1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は76歳、女性。上行結腸癌手術後7年目にCA19-9値の上昇傾向を指摘され、CT検査では上縦隔へ進展した7cm大の甲状腺腫瘤と1.5cm大の右頸部リンパ節腫大を認めた。穿刺吸引細胞診ではclass IIIであったが甲状腺癌が強く疑われたため、手術目的に当科入院となった。術前の頸部CTおよびMRI検査では、甲状腺腫瘍は上縦隔まで進展していたが、明らかな血管への浸潤所見は認めず、気管支鏡検査では明らかな気管浸潤は認めなかった。手術を施行し、右頸部リンパ節を摘出し術中迅速病理診断に提出したところ乳頭癌の診断が得られたため、甲状腺全摘術および頸部リンパ節郭清の方針となった。術中所見では、上縦隔内の無名静脈および右頸動脈への浸潤が疑われ、切除可能か否かの判定が困難であった。視野を確保し、血管等への浸潤の有無を判定するために胸骨縦切開を追加した。その結果、良好な視野が得られ、無名静脈、右左総頸動脈への直接浸潤を認めず、腫瘍の切離が可能となり、甲状腺全摘術および頸部リンパ節郭清を施行した。甲状腺癌、特に乳頭癌は10年生存率が80〜90%と良好であり、また、放置した場合に気管浸潤、血管浸潤を伴うと、生命予後のみならず、患者QOLも著しく損なわれるので、可能であるならば積極的に切除を行うことが望ましい。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20150811080007&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2015%2F012905%2F007%2F0281-0286%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2015%2F012905%2F007%2F0281-0286%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 肝胆膵 非アルコール性脂肪肝疾患関連肝細胞癌における肝切除の術後成績およびp27発現の臨床的意義

    廣瀬 雄己, 松田 康伸, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   YIA - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 成人生体肝移植における免疫抑制剤完全離脱症例の検討

    三浦 宏平, 小林 隆, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 通常型膵癌における予後因子としての簇出と再発部位の検討

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 肥満はスフィンゴシン-1-リン酸を癌微小環境において増加させる

    永橋 昌幸, 諸 和樹, 土田 純子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 高部 和明, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 進行再発大腸癌におけるNQO1発現の臨床的意義

    亀山 仁史, 廣瀬 雄己, 佐藤 洋, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 岡村 拓磨, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 胸部食道癌cT3sT4症例の治療成績

    番場 竹生, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 市川 寛, 加納 陽介, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 CY1胃腺癌症例における胃切除例の検討

    加納 陽介, 小杉 伸一, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 市川 寛, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 膵頭十二指腸切除術後における膵外分泌機能とCT画像所見との相関性

    佐藤 良平, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術 従来式vs単孔式 肝胆膵 従来式

    小林 隆, 三浦 宏平, 石川 博補, 相馬 大輝, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   DB - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 膵空腸吻合におけるBlumgart変法の膵液瘻予防因子

    皆川 昌広, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 仲野 哲矢, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 8   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 進行性胆嚢癌に対する根治的切除術の長期転帰(Long-term outcomes of radical resection for advanced gallbladder carcinoma)

    若井 俊文, 坂田 純, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 須藤 翔, 堅田 朋大, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   IS - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 E-PASS scoring systemにおける高齢者胃癌手術の検討

    田中 花菜, 平島 浩太郎, 小杉 伸一, 石川 卓, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 直腸癌の側方領域におけるリンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣の臨床的意義

    八木 亮磨, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 田島 陽介, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 瀧井 康公, 川崎 隆

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 胆嚢癌におけるTNM分類 胆道癌取扱い規約第6版の妥当性の検証

    油座 築, 坂田 純, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌におけるNAD(P)H:quinine oxidoreductase-1発現に関する臨床病理学的検討

    須藤 翔, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 潰瘍性大腸炎に合併した下部直腸の癌およびdysplasiaに対する外科治療

    島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 佐藤 洋, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 基礎研究・移植再生 PgR高発現のER陽性HER2陰性乳癌は、タンパク質レベルで性質の違いがあるのか

    長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小林 隆, 坂田 純, 滝沢 一泰, 島田 能史, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 皆川 昌広, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 高齢者HER2陽性乳癌の治療 若年者との比較

    諸 和樹, 小山 諭, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小林 隆, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 5   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 初発消化管間質腫瘍の手術成績

    石川 卓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 日紫喜 万理子, 田中 花菜, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 番場 竹生, 小杉 伸一, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 2   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 pT1b胆嚢癌に対する至適術式の検討 胆嚢摘出術と根治切除との比較

    丸山 智宏, 坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 森本 悠太, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 胆嚢癌に対するリンパ節郭清 リンパ節転移部位からみた郭清範囲と術後遠隔成績

    坂田 純, 若井 俊文, 小林 隆, 三浦 宏平, 廣瀬 雄己, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 佐藤 良平, 森本 悠太郎, 岡部 康之, 相馬 大輝, 油座 築, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 再発胆道癌に対する外科切除の適応と意義

    齋藤 敬太, 坂田 純, 丸山 智宏, 堅田 朋広, 須藤 翔, 相馬 大輝, 油座 築, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 森本 悠太, 佐藤 良平, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 小林 隆, 亀山 仁史, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 複数臓器への遠隔転移を来した大腸癌に対する外科的治療の長期成績 Prognostic nutritional indexは予後予測因子として有用か

    中野 雅人, 亀山 仁史, 島田 能史, 阿部 馨, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 野上 仁, 丸山 聡, 瀧井 康公

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 食道癌術後の重篤な合併症は腫瘍学的予後不良因子である Clavien-Dindo分類による術後合併症重症度評価の臨床的意義

    市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 加納 陽介, 田中 花菜, 日紫喜 万理子, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 大腸癌における肉眼的リンパ節転移診断の意義

    田島 陽介, 島田 能史, 亀山 仁史, 山田 沙季, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 広瀬 雄己, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 E-PASS scoring systemによる胃切除術の検討

    平島 浩太郎, 小杉 伸一, 石川 卓, 田中 花菜, 加納 陽介, 市川 寛, 羽入 隆晃, 番場 竹生, 日紫喜 万理子, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳腺・内分泌 乳癌センチネルリンパ節転移2個以下の際の非センチネルリンパ節転移の危険因子

    小山 諭, 諸 和樹, 土田 純子, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 1   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 上部消化管 NCDデータによる食道切除術後死亡リスクモデルを用いた施設間比較 その実践と問題点

    日紫喜 万理子, 小杉 伸一, 市川 寛, 中川 悟, 石川 卓, 番場 竹生, 羽入 隆晃, 平島 浩太郎, 加納 陽介, 田中 花菜, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 永橋 昌幸, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵 肝内胆管癌におけるリボヌクレオチドリダクターゼM1発現と化学療法効果との関連

    堅田 朋大, 油座 築, 相馬 大輝, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 須藤 翔, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 3   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 当科でのCrohn's Diseaseに合併した痔瘻癌についての検討

    山田 沙季, 亀山 仁史, 阿部 馨, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   RS - 4   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 下部消化管 炎症性腸疾患の長期経過例におけるサーベイランスの臨床的意義

    安藤 拓也, 島田 能史, 亀山 仁史, 中野 雅人, 中野 麻恵, 山田 沙季, 庭野 稔之, 岩城 孝和, 廣瀬 雄己, 八木 亮磨, 田島 陽介, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 岡村 拓磨, 永橋 昌幸, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 7   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 緩徐に進行する小脳症状を呈した54歳女性例

    坪口 晋太朗, 矢島 隆二, 樋口 陽, 石川 正典, 河内 泉, 小山 諭, 西澤 正豊

    臨床神経学   55 ( 1 )   64 - 64   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 医師に対して必要な臨床栄養教育は行われているのか? 臨床における栄養学教育の現実と展望

    小山 諭, 諸 和樹, 若井 俊文

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   30 ( 1 )   249 - 249   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 食道癌術後早期経腸栄養における低脂質含有栄養剤による乳び流出の予防効果

    諸 和樹, 小山 諭, 若井 俊文

    日本静脈経腸栄養学会雑誌   30 ( 1 )   294 - 294   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 【進展度に応じた胆嚢癌の治療戦略】リンパ節転移からみた胆嚢癌の治療成績

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    胆と膵   36 ( 1 )   55 - 59   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    当科における局所進展度pT2以上の胆嚢癌145例のリンパ節転移からみた手術成績を呈示し、胆嚢癌の至適リンパ節郭清範囲について概説した。145例のリンパ節郭清範囲は、領域リンパ節が116例、領域リンパ節+膵頭周囲リンパ節(膵頭十二指腸切除併施)が29例であった。癌遺残の無いR0手術が実施された123例で解析すると、リンパ節転移陰性57例、リンパ節転移陽性66例の5年生存率は、おのおの75%、43%であった(P<0.001)。リンパ節転移陽性で5年生存したのは24例で、そのうちリンパ節転移個数が4個以上であった4例中3例で膵頭周囲リンパ節転移に対して膵頭十二指腸切除が併施されていた。胆嚢癌の至適リンパ節郭清範囲は領域リンパ節であり、領域リンパ節郭清によりリンパ節転移陽性の長期生存例を得ることができ、胆嚢癌の手術成績は向上する。膵頭十二指腸切除は膵頭周囲リンパ節転移陽性例の予後を改善する可能性がある。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00807&link_issn=&doc_id=20150123600009&doc_link_id=%2Faa6tnsid%2F2015%2F003601%2F028%2F0055-0059%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa6tnsid%2F2015%2F003601%2F028%2F0055-0059%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【胆道癌外科切除 再発防止のストラテジー】術中戦略 リンパ節郭清範囲 胆嚢癌

    坂田 純, 若井 俊文, 皆川 昌広, 小林 隆, 滝沢 一泰, 三浦 宏平, 岡部 康之, 廣瀬 雄己, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小杉 伸一, 小山 諭

    臨床外科   70 ( 1 )   68 - 72   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>胆嚢癌に対する至適リンパ節郭清範囲は,胆道癌取扱い規約第6版の定める領域リンパ節である.この領域リンパ節をen blocに郭清することが進行胆嚢癌の手術成績向上の鍵である.膵頭十二指腸切除は,膵頭周囲リンパ節転移陽性胆嚢癌の予後を改善する可能性がある.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407210613

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20141229290016&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407210613&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407210613&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • ER陽性HER2陰性乳癌の術前化学療法における化学療法感受性予測バイオマーカーの探索

    長谷川 美樹, 神林 智寿子, 若井 俊文, 朝長 毅, 山本 格, 吉田 豊, 白水 崇, 佐藤 信昭, 張 瑩, 小山 諭, 牧野 春彦, 永橋 昌幸, 金子 耕司

    日本プロテオーム学会大会要旨集   2015 ( 0 )   144 - 144   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本プロテオーム学会(日本ヒトプロテオーム機構)  

    DOI: 10.14889/jhupo.2015.0.144.0

    CiNii Article

    researchmap

  • 胸骨縦切開を追加して切除し得た無症候性進行甲状腺癌の1例

    庭野 稔之, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • USで描出困難な石灰化病変に対し、切除標本ラジオグラフィが有用であった1例

    土田 純子, 長谷川 美樹, 小山 諭, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 骨転移で判明した甲状腺濾胞癌の1例

    岩城 孝和, 小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3398 - 3398   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 消化器外科手術アトラス 胆嚢癌に対する拡大根治的胆嚢摘出術(Glenn手術変法)

    若井 俊文, 坂田 純, 田島 陽介, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭

    消化器外科   37 ( 13 )   1885 - 1894   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)へるす出版  

    researchmap

  • 魚油由来脂肪製剤オメガベンの小児外科疾患3例への使用経験

    荒井 勇樹, 窪田 正幸, 仲谷 健吾, 横田 直樹, 和田 雅樹, 小山 諭

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 12 )   3400 - 3400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 進行大腸癌の術後補助化学療法により完全奏効した早期胃癌の1例

    田中 亮, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 市川 寛, 羽入 隆晃, 中野 雅人, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   2364 - 2366   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は70歳、男性。検診の便潜血陽性を主訴に近医にて下部消化管内視鏡検査が行われ、2型上行結腸癌と診断された。術前の上部消化管内視鏡検査で、体中部後壁大彎に12mm大の0-IIa病変(tub1)を指摘された。上行結腸癌(cT3N1M0、Stage IIIa)、胃癌[cT1a(M)、N0、M0、Stage IA]の診断で、上行結腸癌に対して手術を先行、その後内視鏡的胃粘膜下層剥離術を行う方針とした。腹腔鏡補助下結腸右半切除、D3郭清を施行。術後経過良好で12病日に退院した。病理組織診断はtub1、pT3N2(4/15)、Stage IIIbで、35病日から術後補助化学療法としてCapeOXを6ヵ月間施行した。その後、上部消化管内視鏡検査を施行したが病変は指摘できず、6ヵ月後の再検でも同様であった。補助化学療法開始後1年6ヵ月経過したが、胃癌は臨床的に完全奏効の状態である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480308&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F308%2F2364-2366%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F308%2F2364-2366%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 回腸導管に浸潤した局所進行上行結腸癌に対して治癒切除を行った1例

    亀山 仁史, 島田 能史, 野上 仁, 中野 麻恵, 中野 雅人, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1677 - 1679   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は71歳、男性。28歳時、膀胱癌に対して膀胱全摘術、回腸導管による尿路変向術が施行されていた。腸閉塞症状を繰り返すため当院を受診した。腹部骨盤部CT検査で、上行結腸に腫瘤性病変を認めた。腫瘤による腸閉塞と診断し緊急手術の適応と判断したが、全身状態が不良であり小腸人工肛門造設を行った。術後の栄養管理により全身状態は改善した。術中所見、術後の注腸造影検査で上行結腸癌と診断、根治手術の方針とした。術中所見では回腸導管に浸潤する上行結腸癌を認めたが、尿管回腸導管吻合部、回腸導管腸間膜の温存は可能であると判断した。回腸導管の部分切除を含めた右側結腸切除を行い、治癒切除となった。病理結果はtype2、55×44mm、tub1、med、T4b(回腸導管)N0M0、pStage IIであった。術後15ヵ月経過し再発を認めていない。局所進行上行結腸癌に対して回腸導管部分切除を行うことで、治癒切除となった1例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480077&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F077%2F1677-1679%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F077%2F1677-1679%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • CapeOX+Bevacizumab療法が著効した下行結腸癌多発肝転移の1例

    中野 麻恵, 亀山 仁史, 島田 能史, 橋本 喜文, 細井 愛, 中野 雅人, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1785 - 1787   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は57歳、女性。検診便潜血陽性の精査で、多発肝転移を伴う下行結腸癌(1/4周、低分化腺癌)と診断された。肝転移はMRI検査で両葉に13個認め、術前化学療法の方針となった。capecitabine/oxaliplatin(CapeOX)+bevacizumab(BV)療法を9コース施行したところ、原発巣は瘢痕化、肝転移は5個と減少し、partial response(PR)と判定し、左結腸切除術、肝部分切除術を施行した。術中超音波検査では肝臓に7病変を認め、すべて部分切除が可能でR0の手術となった。病理診断では原発巣は癌細胞を認めず、肝転移は切除した7病変のうち4病変にわずかに癌細胞の残存を認めるのみであった。術後11ヵ月目に肝S5に単発の肝転移を認め、腹腔鏡補助下肝部分切除術を施行した。現在、21ヵ月無再発生存中である。CapeOX+BV療法は切除不能肝転移大腸癌に対して、根治切除を可能とする有用な治療法と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480113&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F113%2F1785-1787%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F113%2F1785-1787%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 全身化学療法および門脈塞栓術施行後に治癒切除を行った直腸癌多発肝転移の1例

    堀田 真之介, 野上 仁, 中野 麻恵, 中野 雅人, 島田 能史, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1794 - 1795   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は34歳、女性。同時性多発肝転移を伴う直腸癌の診断で当院を紹介された。CT検査で肝S4、S5、S7に腫瘤を認め、治癒切除のためには右三区域切除が必要であった。CT volumetry検査では切除後の予測残肝容積率は24.6%であり、切除不能肝転移と判断した。下血の症状があることから原発巣切除を先行した。原発巣術後に、全身化学療法としてcapecitabine/oxaliplatin+bevacizumabを5コース施行した。新規病変はみられず、Response Evaluation Criteria in Solid Tumors判定でpartial responseであった。門脈右枝塞栓術を施行し、予測残肝容積率は38.4%まで増大した。切除可能と判断して肝右三区域切除を行い治癒切除となった。肝切除から3年6ヵ月経過し再発を認めていない。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480116&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F116%2F1794-1795%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F116%2F1794-1795%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 術前化学療法が奏効し局所治癒切除が可能となった進行直腸癌の1例

    須田 和敬, 亀山 仁史, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1572 - 1574   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    術前化学療法としてのmFOLFOX6+bevacizumab(BV)が奏効し、局所治癒切除が可能となった1例を経験したので報告する。症例は65歳、女性。主訴は肛門痛。肛門外まで進展する直腸癌(高分化管状腺癌)と診断された。KRAS遺伝子は変異型であった。CT検査で腟浸潤、仙骨尾骨浸潤、両側鼠径リンパ節転移陽性、左肺転移陽性であった。治癒切除困難と判断してS状結腸人工肛門造設、埋め込み式カテーテル挿入を行い、mFOLFOX6+BVを開始した。13コース施行後のResponse Evaluation Criteria in Solid Tumors判定はpartial responseであった。局所治癒切除が可能と判断し、仙骨尾骨合併切除を伴う後方骨盤内臓器全摘術、両側鼠径リンパ節郭清を施行し、局所治癒切除となった。進行度はypT4b(腟)N0M1b(LYM、PUL1)、ypStage IV(大腸癌取扱い規約第8版)、薬物治療の組織学的効果判定はGrade 1bであった。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480040&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F040%2F1572-1574%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F040%2F1572-1574%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 跳躍転移による側方リンパ節再発に対する摘出術により長期生存を得た直腸癌の1例

    須田 和敬, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 羽入 隆晃, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1620 - 1621   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    跳躍転移による側方リンパ節再発に対する摘出術により、長期生存を得た直腸癌の1例を経験したので報告する。症例は63歳、男性。進行下部直腸癌と診断され、前医で直腸切除術が施行された。側方リンパ節郭清は行われなかった。病理組織診断はtype 2、85×50mm、tub1、pT4a、ly0、v1、pPM0、pDM0、pN0、pStage II(大腸癌取扱い規約第8版)であった。術後6ヵ月目の造影CT検査で右閉鎖リンパ節転移が指摘され、当院で側方リンパ節郭清術を施行した。病理組織診断では、右閉鎖リンパ節に1個、中分化腺癌の転移を認めた。直腸癌の跳躍転移と診断した。側方リンパ節転移摘出術から9年経過し、無再発生存中である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480057&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F057%2F1620-1621%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F057%2F1620-1621%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 当院における単孔式人工肛門造設術の検討

    八木 亮磨, 亀山 仁史, 中野 麻恵, 佐藤 洋, 木戸 知紀, 中野 雅人, 島田 能史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1643 - 1644   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    目的:当科における単孔式人工肛門造設術の手術成績を明らかにする。対象・方法:2011年4月〜2013年7月の間に当院で単孔式人工肛門造設術を施行した連続10症例において、安全性、短期的な手術成績を検討した。全例でストーマサイトを切開し、プラットフォームにEZアクセスを用いた。結果:年齢中央値(範囲)は60.5(31〜75)歳、男性5例、女性5例。原疾患は、直腸癌3例、S状結腸癌1例、子宮癌3例、乳房外パジェット病2例、会陰神経線維腫1例であった。手術時間の中央値(範囲)は59.5(40〜91)分、出血量0(0〜10)mL、術後経口摂取開始時期2.5(1〜4)病日、術後の在院日数は11(5〜19)日であった。術後短期の合併症はみられなかった。結論:単孔式人工肛門造設術は、安全性、術後の短期成績ともに良好で、QOL改善に寄与していると思われた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480065&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F065%2F1643-1644%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F065%2F1643-1644%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 長期生存を得たVirchowリンパ節、肝、肺転移を伴った直腸癌の1例

    小柳 英人, 亀山 仁史, 野上 仁, 島田 能史, 中野 麻恵, 中野 雅人, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1674 - 1676   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は69歳、男性。主訴は肛門痛。肝転移、側方リンパ節転移を伴う直腸癌[Rb](cT3N3M1a)、S状結腸癌(cT1N0M0)、上行結腸癌(cTisN0M0)と診断された。全身化学療法としてirinotecan+S-1を施行後、腫瘍は著明に縮小し、低位前方切除、回盲部切除を行った。その後、肝転移巣に対し肝前区域切除、S2部分切除を行い、術後にS-1を22ヵ月服用した。さらにCT検査で右肺S2、S6に転移巣を指摘され、右肺部分切除を行った。7ヵ月後のCT検査で左鎖骨上リンパ節の腫大が指摘され、Virchowリンパ節の単独転移と判断し切除を行った。切除後3ヵ月後に肺転移が出現したため、mFOLFOX6、FOLFIRI、capecitabine+bevacizumabによる全身化学療法を施行した。その後、肺病変は増大、左鎖骨上リンパ節も再増大し、緩和治療に移行した。Virchowリンパ節切除後、3年1ヵ月で永眠された。肝転移、肺転移切除後に生じたVirchowリンパ節転移を切除し、初回手術から6年の長期生存を得た症例を経験したので報告する。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20141217480076&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F076%2F1674-1676%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004112%2F076%2F1674-1676%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 膵癌術後難治性リンパ瘻を外科的に治療しえた腎移植後患者の1例

    安藤 拓也, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 油座 築, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   660 - 660   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 十二指腸潰瘍瘢痕狭窄に対する2手術例

    日紫喜 万理子, 石川 卓, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 番場 竹生, 島田 能史, 亀山 仁史, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   516 - 516   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝転移で発症しカプセル内視鏡によって診断し得た小腸神経内分泌腫瘍の1例

    油座 築, 皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 安藤 拓也, 三浦 宏平, 永橋 昌幸, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   673 - 673   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 大腸癌における壁内転移の臨床的意義

    山田 沙季, 島田 能史, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   534 - 534   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • Pagetoid spreadで発見された直腸癌術後再発の1例

    岩城 孝和, 亀山 仁史, 中野 雅人, 阿部 馨, 山田 沙季, 八木 亮磨, 中野 麻恵, 島田 能史, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   537 - 537   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 直腸癌術後多発リンパ節転移に対し、化学療法施行後に切除をし得た1例

    平島 浩太郎, 坂田 純, 三浦 宏平, 諸 和樹, 相馬 大輝, 番場 竹生, 中野 雅人, 永橋 昌幸, 島田 能史, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   539 - 539   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 胆管原発小細胞癌の1例

    相馬 大輝, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 永橋 昌幸, 滝沢 一泰, 島田 能史, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   550 - 550   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • ホルモン療法が奏功した肝硬変併存広範なDCISの1例

    土田 純子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 諸 和樹, 滝沢 一泰, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   794 - 794   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 食道アカラシアに表在癌7病変を合併した1例

    阿部 馨, 番場 竹生, 小杉 伸一, 加納 陽介, 平島 浩太郎, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   796 - 796   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 乳管腺腫との鑑別に苦労した微小浸潤アポクリン癌の1例

    諸 和樹, 小山 諭, 長谷川 美樹, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 土田 純子, 羽生 隆晃, 石川 卓, 島田 能史, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌弘, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   683 - 683   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 骨形成を伴う胆嚢癌肉腫の1例

    庭野 稔之, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 三浦 宏平, 佐藤 良平, 滝沢 一泰, 永橋 昌幸, 島田 能史, 羽入 隆晃, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 増刊 )   705 - 705   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • FTY720, a Sphingosine-1-phosphate receptor modulator, as a novel targeted therapy against colitis-associated cancer

    Masayuki Nagahashi, Jie Liang, Akimitsu Yamada, Wei-Ching Huang, Yu Koyama, Toshifumi Wakai, Sheldon Milstien, Sarah Spiegel, Kazuaki Takabe

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS   219 ( 4 )   E73 - E73   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • Association between non-sentinel lymph node metastasis and clinicopathological factors in sentinel lymph node metastasis positive breast cancer

    Yu Koyama, Miki Hasegawa, Kumiko Tatsuda, Jun Sakata, Takashi Kobayashi, Masahiro Minagawa, Shin-Ichi Kosugi, Toshifumi Wakai

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS   219 ( 4 )   E172 - E173   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • どこまで膵臓は残せるのか 膵体部温存手術における自験例での検討

    皆川 昌広, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   47 ( Suppl.2 )   269 - 269   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 胃癌ESD後追加外科切除症例の検討

    田中 亮, 小杉 伸一, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 橋本 哲, 竹内 学, 小林 正明, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会雑誌   47 ( Suppl.2 )   148 - 148   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Sphingosine-1-Phosphate Signaling Targeted Therapy Suppresses Obesity-Related Breast Cancer Progression and Improves Survival

    Masayuki Nagahashi, Akimitsu Yamada, Tomoyoshi Aoyagi, Krista P. Terracina, Yu Koyama, Toshifumi Wakai, Kazuaki Takabe

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS   219 ( 3 )   S126 - S126   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 左胸壁から発生した巨大脂肪肉腫の1切除例

    峠 弘治, 小山 諭, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    癌と化学療法   41 ( 8 )   1037 - 1040   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    患者は49歳、女性。2013年初頭より左乳房腫大を自覚し、検診マンモグラフィで左乳房に異常を指摘され、精査し術前診断で分化型・粘液型脂肪肉腫とされた。手術は周囲健常組織(大胸筋の一部、乳腺の一部)を含めた広範囲切除を行った。腫瘍径14.2×17.8cm、重量1,220gであり、病理所見で脱分化型脂肪肉腫の診断であった。脱分化型では局所再発および血行転移が多いとされている。自験例は完全切除後2ヵ月間の再発徴候なく経過し、今後も慎重な経過観察を要する。脂肪肉腫の大部分は後腹膜、四肢に発生し、前胸壁に発生したものは本邦で19例のみである。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20140822480023&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004108%2F024%2F1037-1040%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2014%2F004108%2F024%2F1037-1040%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 乳癌の手術療法

    小山 諭

    新潟医学会雑誌   128 ( 8 )   343 - 351   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    乳癌は従来、欧米に比べ日本人では少ないとされていた。しかし近年では罹患率は急速に増加しており、最新データでは日本人女性の乳癌の生涯リスクは7%(14人に1人)となっている。乳癌の治療は、大きく外科的治療(手術療法)、薬物療法、放射線療法の3つに分けられるが、症例ごとに乳癌の病期、性質を考慮してこれらの治療法を組み合わせていく、いわゆる集学的治療が重要である。今回は特に乳癌の外科的治療に焦点を絞って解説する。乳癌に対する外科治療の歴史は正確にはわからないが、紀元前1650年頃のパピルスに記録として残っている最古のものと考えられており、乳房の腫瘍性病変を切開して排膿し残存腫瘍を焼却・腐敗させた内容が記されている。古代から前近代においては乳癌の治療は焼却・腐食・切除が行われていたとされるが、根治的効果は乏しく、乳癌治療が発展するには近代まで待たなければならなかった。17世紀に入ると癌腫を周囲組織を大きく付けて取ることと、腫大した腋窩リンパ節を取ることが乳癌手術手技として確立された。しかし今日の乳房切除とは異なり不完全な切除であった。19世紀に入ると麻酔法の発展を背景に、乳癌の手術術式は腫瘍切除から乳房切除へと移っていき、さらに広範な皮膚切除や大胸筋筋膜切除も行われるようになった。しかし術後の再発、特に局所再発の頻度は極めて高く、高名な外科医でも乳癌術後の局所再発率は50〜80%程度であった。その後、William Stewart Halstedは乳癌の再発は不完全な切除が主な原因と考え、乳癌を完全に取り除くために乳房、大胸筋、小胸筋を一塊に切除し、さらにリンパ節を含め脂肪織ごと郭清を行うen bloc郭清を考案した。彼の術式は定型的乳房切除術(radical mastectomy)と呼ばれ、3年生存率42.3%、局所再発率6%と、当時としては驚異的に良好な成績を示したため1980年代後半まで日本でも広く行われていた。その後、大胸筋を温存して乳房切除および腋窩リンパ節郭清を行う非定型乳房切除術が考案され、治療成績は定型的乳房切除術手術と同等以上であるため現在でも行われている。さらに1943年には乳房部分切除でも適切な放射線療法を行えば5年生存率88%と乳房切除術に匹敵することが示され、放射線治療の進歩に伴い乳房温存手術は全世界的に普及し、現在、我が国でも約6割の症例で乳房温存手術が行われている。また、腋窩リンパ節郭清はリンパ浮腫・上腕の知覚鈍麻といった合併症リスクを伴う手技であるため、近年はセンチネルリンパ節生検(sentinel lymph node biopsy:SLNB)という手技が確立し、乳癌手術では標準術式となっている。(著者抄録)

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20141225160001&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2014%2F012808%2F001%2F0343-0351%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2014%2F012808%2F001%2F0343-0351%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)は乳癌の血管新生・リンパ管新生を誘導する

    永橋 昌幸, 高部 和明, 山田 顕光, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   323 - 323   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • ホルマリン固定パラフィン包埋標本でのプロテオミクス解析の可能性

    長谷川 美樹, 小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   325 - 325   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節生検における非センチネルリンパ節転移と臨床病理学的因子との関連

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   462 - 462   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科における乳癌センチネルリンパ節生検

    辰田 久美子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   333 - 333   2014年7月

  • サイトケラチン7、19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 7 )   340 - 340   2014年7月

  • 術前補助化学療法を施行した食道癌患者における小野寺Prognostic nutritional indexの臨床的意義

    市川 寛, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   P - 7   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 食道・胃接合部癌に対する治療戦略 食道胃接合部癌のリンパ節転移分布からみた手術戦略

    羽入 隆晃, 石川 卓, 小杉 伸一, 市川 寛, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   WS - 5   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 進行胃癌に対する術前化学療法の栄養状態に与える影響

    宗岡 悠介, 石川 卓, 市川 寛, 羽入 隆晃, 小杉 伸一, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   P - 1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Long-Term Follow-Up Study of Biliary Reconstructions and Complications After Adult Living Donor Liver Transplantation

    H. Ishikawa, T. Kobayashi, K. Miura, D. Soma, K. Takizawa, K. Takano, J. Sakata, M. Minagawa, Y. Koyama, T. Wakai

    TRANSPLANTATION   98   795 - 795   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • 当科における腹腔鏡補助下噴門側胃切除術の短期成績

    石川 卓, 小杉 伸一, 羽入 隆晃, 市川 寛, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   RS - 6   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 食道胃接合部扁平上皮癌の臨床病理学的特徴

    小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 市川 寛, 皆川 昌広, 小林 隆, 亀山 仁史, 坂田 純, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   O - 1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • Stage II/III胃癌における転移陰性リンパ節個数の長期成績に与える影響

    田中 亮, 小杉 伸一, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本消化器外科学会総会   69回   P - 1   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    researchmap

  • 【非外科治療中がん患者への栄養療法】化学療法・放射線療法を受ける患者の栄養療法に必要な知識 新しい静脈経腸栄養ガイドラインを踏まえて

    小山 諭, 若井 俊文

    臨床栄養   125 ( 1 )   21 - 27   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 【創傷の予防と治癒のための栄養療法】創傷ケアにおける周術期栄養管理の役割

    小山 諭, 中野 雅人, 亀山 仁史, 若井 俊文

    WOC Nursing   2 ( 7 )   52 - 59   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学出版  

    <Point>▼創傷治癒にはエネルギーや栄養素が必要である▼創傷治癒形式には、一期治癒、二期治癒、三期治癒の形式がある▼周術期栄養管理は、創傷治癒を円滑にし、術後合併症を減らし術後回復を順調にすることである(著者抄録)

    researchmap

  • Long-Term Follow-Up Study of Biliary Reconstructions and Complications After Adult Living Donor Liver Transplantation.

    H. Ishikawa, T. Kobayashi, K. Miura, D. Soma, K. Takizawa, K. Takano, J. Sakata, M. Minagawa, Y. Koyama, T. Wakai

    AMERICAN JOURNAL OF TRANSPLANTATION   14   795 - 795   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • 脂質含有量が少ない成分栄養剤による食道癌術後早期経腸栄養の乳び胸水・腹水予防効果

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 永橋 昌幸, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 坂田 純, 皆川 昌広, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   48 ( 3 )   87 - 87   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • イマチニブ治療で長期生存を得られたGIST患者の検討

    石川 卓, 神田 達夫, 内藤 哲也, 小杉 伸一, 宗岡 悠介, 田中 亮, 市川 寛, 羽入 隆晃, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1410 - 1410   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移陽性における非センチネルリンパ節転移と臨床病理学的因子

    小山 諭, 永橋 昌幸, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 土田 純子, 辰田 久美子, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 石川 卓, 坂田 純, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1044 - 1044   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 【消化器疾患診療支援のための栄養療法の最先端】短腸症候群の栄養管理

    小山 諭, 亀山 仁史, 若井 俊文

    臨床消化器内科   29 ( 8 )   1105 - 1110   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    短腸症候群は「腸管切除・残存腸管の機能障害のために小腸からの吸収が低下し,標準的な経口あるいは経腸栄養では水分,電解質,主要栄養素,微量元素,およびビタミンなどの必要量が満たされない状態」である.臨床経過は,第I期(術直後期),第II期(回復適応期),第III期(安定期)に分類される.第I期ではすべての栄養素の喪失を引き起こしやすいため静脈栄養管理(TPN)を要することが多い.第II期では下痢に注意しながら経腸栄養を開始する.第III期では経腸栄養・経口摂取を進めてTPNからの離脱を目指す.経口摂取のみで十分な栄養摂取ができることが望ましいが,不可能な場合には在宅経腸栄養,もしくは在宅静脈栄養が導入される.(著者抄録)

    researchmap

  • 栄養サポートチームの役割 栄養スクリーニング、栄養アセスメント、モニタリング

    小山 諭, 若井 俊文

    日本外科系連合学会誌   39 ( 3 )   473 - 473   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科系連合学会  

    researchmap

  • サイトケラチン7、19陽性肝細胞癌の異時性リンパ節転移再発の1切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    新潟医学会雑誌   128 ( 4 )   177 - 181   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    肝細胞癌の主たる再発形式は肝内再発であるが、リンパ節再発は比較的稀である。今回、肝細胞癌に対して肝切除後に異時性リンパ節転移再発を認めた症例を経験したので、文献的考察を加えて報告する。症例は66歳、男性。C型肝硬変の経過観察中に肝S6、S8-4の多発肝細胞癌を指摘され、各々肝部分切除術が施行された。病理組織診断は、肝S6病変が中分化型、肝S8-4病変が低分化型肝細胞癌であったが、肝S8-4の病変はサイトケラチン7、19陽性の肝細胞癌であった。術後1年4ヵ月後のCT検査で膵頭部背側のリンパ節の腫大を認めたため、肝細胞癌の孤立性リンパ節転移再発と診断し、リンパ節摘出術を施行した。病理組織診断は、サイトケラチン7、19陽性の肝細胞癌のリンパ節転移であった。本症例は、肝細胞癌2病変のうち、胆管上皮マーカーであるサイトケラチン7、19陽性であった肝S8-4病変からリンパ節転移再発をきたしたと考えられた。サイトケラチン7、19陽性の肝細胞癌は、肝内胆管癌と類似した生物学的悪性度を有しリンパ節転移をきたす可能性があるため、肝硬変に伴うリンパ節腫大との鑑別および術後の経過観察の際には肝外病変に対しても注意が必要である。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00990&link_issn=&doc_id=20140725070004&doc_link_id=%2Fdg3nigta%2F2014%2F012804%2F004%2F0177-0181%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdg3nigta%2F2014%2F012804%2F004%2F0177-0181%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • PS-215-3 噴門側胃切除術,空腸間置再建後の内視鏡検査(PS-215 胃 手術適応-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    石川 卓, 小杉 伸一, 市川 寛, 羽入 隆晃, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   1004 - 1004   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-011-3 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 : 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   331 - 331   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-011-4 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   331 - 331   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-011-7 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討(OP-011 炎症性腸疾患-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   332 - 332   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-024-7 肝門部領域胆管癌におけるリンパ節転移分類法 : リンパ節転移個数とlymph node ratioの比較(OP-024 胆 悪性 胆道癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   356 - 356   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-006-3 肝のMove the Ground : 横隔膜ドーム下病変に対する腹腔鏡下肝部分切除の視野確保(PS-006 肝 内視鏡下-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   586 - 586   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-065-3 乳癌におけるセンチネルリンパ節転移と非センチネルリンパ節転移,および臨床病理学的因子との関連(PS-065 乳腺 センチネル-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    小山 諭, 辰田 久美子, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   704 - 704   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-086-6 胆嚢癌に対するリンパ節郭清範囲 : 13aリンパ節は所属リンパ節に含めるべきである(PS-086 胆 悪性-5,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   747 - 747   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-089-2 膵癌におけるリンパ節転移個数とlymph node ratioが予後に与える影響(PS-089 膵 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   752 - 752   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • IS-9-6 Extent of liver resection for gallbladder carcinoma(IS-9 International Session (9) Hepato-biliary surgery-2)

    若井 俊文, 坂田 純, 皆川 昌広, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   106 - 106   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-012-3 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義(OP-012 炎症性腸疾患-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   333 - 333   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-083-7 併存疾患を有する胸部食道癌患者における食道切除術の短期及び長期成績(OP-083 食道 合併症-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    市川 寛, 小杉 伸一, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   463 - 463   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • OP-145-4 大腸癌において免疫組織化学染色によって同定される神経侵襲の臨床的意義(OP-145 大腸 病理・NET,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    木戸 知紀, 島田 能史, 伏木 麻恵, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 滝澤 一泰, 羽入 隆晃, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 論, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   571 - 571   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-125-2 食道癌根治術後の呼吸機能およびQOLの推移(PS-125 食道 術後合併症-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    坂本 薫, 羽入 隆晃, 市川 寛, 佐藤 優, 加納 陽介, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   824 - 824   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-129-4 食道癌における好中球リンパ球比の臨床的意義(PS-129 食道 悪性-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 市川 寛, 皆川 昌広, 小林 隆, 野上 仁, 亀山 仁史, 坂田 純, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   832 - 832   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-144-6 乳房切除術と比較した乳房温存術の長期成績(PS-144 乳腺 手術手技-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    辰田 久美子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 利川 千絵, 坂田 純, 野上 仁, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   863 - 863   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • PS-146-6 タンパク質プロファイルと遺伝子プロファイルの違いによる個別化治療の可能性(PS-146 乳腺 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    長谷川 美樹, 小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 野上 仁, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 坂田 純, 亀山 仁史, 石川 卓, 高野 可赴, 小林 隆, 吉田 豊, 山本 格, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   867 - 867   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 胆嚢癌に対する肝切除の程度(Extent of liver resection for gallbladder carcinoma)

    若井 俊文, 坂田 純, 皆川 昌広, 小林 隆, 高野 可赴, 滝沢 一泰, 廣瀬 雄己, 大橋 拓, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   106 - 106   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌における好中球リンパ球比の臨床的意義

    小杉 伸一, 石川 卓, 羽入 隆晃, 市川 寛, 皆川 昌広, 小林 隆, 野上 仁, 亀山 仁史, 坂田 純, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   832 - 832   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳房切除術と比較した乳房温存術の長期成績

    辰田 久美子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 利川 千絵, 坂田 純, 野上 仁, 小林 隆, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   863 - 863   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • タンパク質プロファイルと遺伝子プロファイルの違いによる個別化治療の可能性

    長谷川 美樹, 小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 野上 仁, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 坂田 純, 亀山 仁史, 石川 卓, 高野 可赴, 小林 隆, 吉田 豊, 山本 格, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   867 - 867   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 胆嚢癌に対するリンパ節郭清範囲 13aリンパ節は所属リンパ節に含めるべきである

    坂田 純, 大橋 拓, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   747 - 747   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 膵癌におけるリンパ節転移個数とlymph node ratioが予後に与える影響

    滝沢 一泰, 皆川 昌広, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 野上 仁, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文, 味岡 洋一

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   752 - 752   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 食道癌根治術後の呼吸機能およびQOLの推移

    坂本 薫, 羽入 隆晃, 市川 寛, 佐藤 優, 加納 陽介, 石川 卓, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   824 - 824   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 噴門側胃切除術、空腸間置再建後の内視鏡検査

    石川 卓, 小杉 伸一, 市川 寛, 羽入 隆晃, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   1004 - 1004   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 術前化学療法が有効であった胃扁平上皮癌の1例

    坂本 薫, 小杉 伸一, 市川 寛, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本胃癌学会総会記事   86回   362 - 362   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併した大腸腫瘍に対する手術術式の選択 回腸嚢肛門吻合術かそれとも回腸嚢肛門管吻合術か

    島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   331 - 331   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作製に関与する因子

    亀山 仁史, 中野 雅人, 島田 能史, 伏木 麻恵, 木戸 知紀, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   331 - 331   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎におけるLoop ileostomy造設時のoutlet obstructionの発症状況と危険因子の検討

    中野 雅人, 亀山 仁史, 木戸 知紀, 伏木 麻恵, 島田 能史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   332 - 332   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 潰瘍性大腸炎に合併する大腸腫瘍におけるサーベイランス内視鏡検査の臨床的意義

    伏木 麻恵, 島田 能史, 木戸 知紀, 中野 雅人, 亀山 仁史, 野上 仁, 羽入 隆晃, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 石川 卓, 小林 隆, 坂田 純, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   333 - 333   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝のMove the Ground 横隔膜ドーム下病変に対する腹腔鏡下肝部分切除の視野確保

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 石川 博補, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   586 - 586   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 肝門部領域胆管癌におけるリンパ節転移分類法 リンパ節転移個数とlymph node ratioの比較

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   356 - 356   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 併存疾患を有する胸部食道癌患者における食道切除術の短期及び長期成績

    市川 寛, 小杉 伸一, 羽入 隆晃, 石川 卓, 坂田 純, 亀山 仁史, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   463 - 463   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 乳癌におけるセンチネルリンパ節転移と非センチネルリンパ節転移、および臨床病理学的因子との関連

    小山 諭, 辰田 久美子, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 若井 俊文

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   704 - 704   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    researchmap

  • 当院NSTが介入した摂食・嚥下障害患者の動向

    谷口 裕重, 堀 一浩, 真柄 仁, 村山 稔子, 小師 優子, 小山 諭, 井上 誠

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   384 - 384   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • nutritionDay 2012 in Japan これまでの3年間の調査結果を振り返って

    武元 浩新, 福島 亮治, 小山 諭, 朝川 貴博, 遠藤 龍人, 梶谷 伸顕, 白木 亮, 利光 久美子, 野田 さおり, 三原 千惠, 山口 恵, 日本静脈経腸栄養学会nutritionDay参加委員会

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   248 - 248   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 臨床栄養サーベイランスの意義と必要性 nutritionDay woldwideの現状と課題

    福島 亮治, 小山 諭, 朝川 貴博, 遠藤 龍人, 梶谷 伸顕, 白木 亮, 武元 浩新, 利光 久美子, 野田 さおり, 三原 千惠, 山口 恵, 日本静脈経腸栄養学会nutritionDay参加委員会

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   264 - 264   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 医学部における栄養学教育の問題点と展望 医学部における栄養学教育の問題と展望 当科アンケート結果より

    小山 諭, 野上 仁, 若井 俊文

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   275 - 275   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 在宅静脈栄養(HPN)患者における微量栄養素の推移

    水木 亨, 小山 諭, 野上 仁, 若井 俊文

    静脈経腸栄養   29 ( 1 )   375 - 375   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 胃切除術後患者の栄養指導拡大の取り組み

    植木 明, 石川 卓, 黒崎 ひとみ, 吉原 喬, 曽根 あずさ, 佐藤 陽子, 佐藤 真帆, 村山 稔子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本病態栄養学会誌   17 ( Suppl. )   S - 162   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本病態栄養学会  

    researchmap

  • 【小児NST病態栄養シリーズ:在宅栄養のすべて】誤嚥性肺炎の対策

    小山 諭, 若井 俊文

    小児外科   45 ( 12 )   1330 - 1333   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    researchmap

  • 当院NSTにおける摂食・嚥下障害患者の動向について

    谷口 裕重, 堀 一浩, 真柄 仁, 村山 稔子, 小師 優子, 小山 諭, 井上 誠

    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌   17 ( 3 )   S222 - S223   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本摂食嚥下リハビリテーション学会  

    researchmap

  • 腹腔鏡下肝部分切除におけるバルーンを使った視野づくり

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本内視鏡外科学会雑誌   18 ( 7 )   439 - 439   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    researchmap

  • 消化器術後 食道がん術後の早期経腸栄養 (症例特集 脳血管疾患術後から外傷、消化器術後まで 術後早期の経腸栄養管理実践症例集)

    小山 諭, 小杉 伸一, 皆川 昌広

    ヒューマンニュートリション : 人間栄養   5 ( 6 )   50 - 55   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医療企画  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2014025108

  • 【脳血管疾患術後から外傷、消化器術後まで 術後早期の経腸栄養管理実践症例集】[Part3]消化器術後 食道がん術後の早期経腸栄養

    小山 諭, 小杉 伸一, 皆川 昌広, 小林 隆, 若井 俊文

    ヒューマンニュートリション   5 ( 6 )   50 - 55   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医療企画  

    researchmap

  • 【静脈経腸栄養ガイドライン第3版をめぐって】総論 栄養管理計画とプロセス

    小山 諭

    静脈経腸栄養   28 ( 6 )   1217 - 1222   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    静脈経腸栄養ガイドラインが第3版として大幅に改定され出版された。クリニカルクエスチョンを設定し、それに対して答えとエビデンスレベル、推奨度を示し、解説を加えるという形式で作成されている。本稿では栄養管理の流れを、栄養管理の必要性、栄養管理の定義、栄養管理プロセス(栄養アセスメント、栄養必要量の決定、栄養療法のモニタリングなど)の項目を、ガイドラインでのポイント、臨床現場での活用、およびESPENやA.S.P.E.N.のガイドラインとの比較などについて解説する。(著者抄録)

    DOI: 10.11244/jjspen.28.1217

    researchmap

  • 進行胆嚢癌に対する治療戦略 進行胆嚢癌に対する治療戦略 R0手術と術後補助化学療法

    若井 俊文, 坂田 純, 廣瀬 雄己, 仲野 哲矢, 石川 博補, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 新田 正和, 小林 隆, 皆川 昌広, 小山 諭

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   393 - 393   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 内視鏡下手術手技の工夫(肝・胆・膵、脾、甲状腺) 低出力CUSAを使用した膵腫瘍切除

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   450 - 450   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 肝胆膵外科再手術創における真皮埋没縫合の効果

    皆川 昌広, 仲野 哲矢, 廣瀬 雄己, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 坂田 純, 小林 隆, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    日本外科感染症学会雑誌   10 ( 5 )   680 - 680   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    researchmap

  • 乳房温存手術における術前MRM診断と切除断端の検討

    小山 諭, 辰田 久美子, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 増刊 )   555 - 555   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    DOI: 10.3919/jjsa.74.S555

    researchmap

  • 乳癌におけるセンチネルリンパ節転移と臨床病理学因子、およびKi67との関連

    小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2644 - 2644   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 閉経後ホルモン感受性乳癌に対する化学療法とletrozoleの同時併用術前療法

    佐藤 友威, 神林 智寿子, 佐藤 信昭, 金子 耕司, 坂田 栄子, 小山 諭, 武藤 一朗, 田邊 匡, 本間 慶一, 赤澤 宏平, 佐野 宗明

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1575 - 1575   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 術前に診断し得た隆起型の早期胆嚢癌2切除例

    廣瀬 雄己, 坂田 純, 大橋 拓, 滝沢 一泰, 新田 正和, 高野 可赴, 小林 隆, 野上 仁, 皆川 昌広, 小杉 伸一, 小山 諭, 若井 俊文

    胆道   27 ( 3 )   551 - 551   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    researchmap

  • 【在宅静脈経腸栄養 今日の進歩】(Part-3)誤嚥性肺炎の予防対策 誤嚥性肺炎と予防対策

    小山 諭

    臨床栄養   別冊 ( JCNセレクト8 在宅静脈経腸栄養 今日の進歩 )   60 - 64   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 【在宅静脈経腸栄養 今日の進歩】(Part-3)誤嚥性肺炎の予防対策 神経難病患者における嚥下時食塊動態の特徴

    谷口 裕重, 堀 一浩, 辻村 恭憲, 下畑 享良, 小山 諭, 井上 誠

    臨床栄養   別冊 ( JCNセレクト8 在宅静脈経腸栄養 今日の進歩 )   70 - 75   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    2006〜2010年に当院を摂食・嚥下評価目的で受診した神経難病患者のうち、嚥下造影検査時に液体3mlの誤嚥を認めなかった筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者35例と多系統萎縮症(MSA)患者43例および進行性核上性麻痺(PSP)患者5例の3疾患群と、健常者11例を加えた4群間で嚥下時の食塊移送状態を比較し、各疾患の特徴について検討した。結果、ALS患者の特徴として、嚥下反射惹起前に食塊が中咽頭から下咽頭にかけて流入し、嚥下後の咽頭内食塊残留が顕著であった。MSA患者では咽頭内食塊残留が他疾患に比べて少なかったものの、食塊の咽頭内早期流入が顕著であった。PSP患者は3疾患うち最も重度な嚥下機能障害を示した。すなわち、食塊が早期に下咽頭まで流入し、また咽頭内残留率が高かった。

    researchmap

  • 術前化学療法を施行した生体腎移植後男性乳癌の一例

    辰田 久美子, 小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   628 - 628   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 食道癌術後経腸栄養において、成分栄養剤は乳び胸水・腹水の出現予防に有用か?

    小山 諭, 小杉 伸一, 石川 卓, 辰田 久美子, 坂田 英子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 坂田 純, 皆川 昌広, 野上 仁, 若井 俊文

    外科と代謝・栄養   47 ( 3 )   105 - 105   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 乳癌におけるセンチネルリンパ節転移と臨床病理学因子、およびsubtypeとの関連

    小山 諭, 坂田 英子, 辰田 久美子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   382 - 382   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • マンモグラフィー検診における2重読影要精査判定不一致例の検討

    坂田 英子, 辰田 久美子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭, 若井 俊文

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   435 - 435   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 食道癌術後の早期経腸栄養開始はより早いほうがよいのか?

    小山 諭, 小杉 伸一, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 神田 達夫

    静脈経腸栄養   28 ( 1 )   446 - 446   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • nutritionDayの新たな展開の新たな展開

    福島 亮治, 武元 浩新, 小山 諭, 朝川 貴博, 梶谷 伸顕, 白木 亮, 利光 久美子, 野田 さおり, 宮田 剛, 山口 恵, 日本静脈経腸栄養学会nutritionDay参加委員会

    静脈経腸栄養   28 ( 1 )   249 - 249   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • nutritionDay worldwide national dataからわかること

    武元 浩新, 小山 諭, 朝川 貴博, 梶谷 伸顕, 白木 亮, 利光 久美子, 野田 さおり, 宮田 剛, 山口 恵, 福島 亮治, 日本静脈経腸栄養学会nutritionDay参加委員会

    静脈経腸栄養   28 ( 1 )   250 - 250   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 各種栄養評価方法の比較検討

    伊藤 正行, 星山 良樹, 中村 岳史, 小山 諭, 加藤 公則

    静脈経腸栄養   28 ( 1 )   395 - 395   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 総論 栄養管理計画とプロセス

    小山 諭

    静脈経腸栄養   28 ( 6 )   1217 - 1222   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本静脈経腸栄養学会  

    静脈経腸栄養ガイドラインが第3版として大幅に改定され出版された。クリニカルクエスチョンを設定し、それに対して答えとエビデンスレベル、推奨度を示し、解説を加えるという形式で作成されている。本稿では栄養管理の流れを、栄養管理の必要性、栄養管理の定義、栄養管理プロセス (栄養アセスメント、栄養必要量の決定、栄養療法のモニタリングなど) の項目を、ガイドラインでのポイント、臨床現場での活用、およびESPENやA.S.P.E.N.のガイドラインとの比較などについて解説する。

    DOI: 10.11244/jjspen.28.1217

    CiNii Article

    researchmap

  • 肝細胞癌異時性肋骨転移に対する1切除例

    高木 諭隆, 亀高 尚, 牧野 裕庸, 小山 隆史, 清家 和裕, 原 淳, 長谷川 章雄

    癌と化学療法   39 ( 12 )   1834 - 1836   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)癌と化学療法社  

    症例は76歳、男性。肝細胞癌に対して2011年5月、肝拡大右葉切除術、肝S2部分切除術を施行した。原発巣切除の4ヵ月後より強い右背部痛があり、CT・骨シンチグラフィを施行したところ、右第8肋骨に骨破壊像を伴う転移巣を検出した。他に再発所見は認めず、2011年12月に肋骨切除・腫瘤摘出術を施行した。病理組織学的に肝細胞癌の転移と確定診断され、切除断端に癌の遺残は認められなかった。局所再発予防目的の放射線療法を付加し、骨転移術後6ヵ月現在、癌性疼痛も消失し無再発生存中である。本症例のように、肝内・肝外再発に対するコントロールが良好な単発性骨転移においては外科的切除も治療の選択肢の一つになり得ると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00296&link_issn=&doc_id=20121206360026&doc_link_id=%2Fab8gtkrc%2F2012%2F003912%2F026%2F1834-1836%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fab8gtkrc%2F2012%2F003912%2F026%2F1834-1836%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • NST加算後のNST介入と効果は?

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 利川 千絵

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   584 - 584   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 当院におけるマンモグラフィー検診2次精検例の検討

    坂田 英子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 小山 諭

    日本乳癌検診学会誌   21 ( 3 )   470 - 470   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • 乳癌センチネルリンパ節転移とホルモン感受性、Her2発現およびsubtypeとの関連

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   1672 - 1672   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 嚢胞内腫瘍の臨床像を呈した乳腺腺筋上皮腫(Adenomyoepithelioma)の1例

    岡部 康之, 小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 増刊 )   1021 - 1021   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • AQP8、AQP9及びAQP8&AQP9ノックアウトマウス総胆管結紮モデルを用いた肝機能の検討

    小山 諭, サマー・マデルディン, 藤中 秀彦, 長谷川 美樹, 坂田 英子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 萬羽 尚子, 山本 格

    外科と代謝・栄養   46 ( 3 )   75 - 75   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 食道癌手術症例における早期経腸栄養の効果・有用性

    新田 正和, 小山 諭, 小杉 伸一, 坂田 英子, 利川 千絵, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 神田 達夫

    外科と代謝・栄養   46 ( 3 )   63 - 63   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本外科代謝栄養学会  

    researchmap

  • 【クリティカルケアに必要な糖代謝と栄養管理-SCCM/ASPEN栄養管理ガイドラインに準拠して-】SCCM/ASPEN栄養管理ガイドライン 経腸栄養適正化のモニタリング[SCCM/ASPEN栄養管理ガイドラインD1-6]

    小山 諭

    救急・集中治療   24 ( 5-6 )   674 - 681   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)総合医学社  

    <point>●経腸栄養をできるだけ継続して行うことは、感染性合併症を減らし患者の予後に寄与するので、循環動態の安定しているICU患者では、できるだけ早期に導入する。●ICU患者に対して経腸栄養を開始する際には、腸管運動の証拠(腸蠕動音の有無や、排便/排ガスの有無など)は必要とはならない。●不適切な経腸栄養の中断は避けるべきであり、各施設で適したプロトコールを作成して経腸栄養を順調に継続するように心がけることが望ましい。●ICU患者では、経腸栄養剤の胃内残量<500mLは許容範囲であり、また嚥下性肺炎を防ぐために患者の体位、投与方法、口腔内ケアなどを考慮することが必要である。●下痢症状もその原因を調べて対処することにより、できるだけ経腸栄養を休止中断しないように心がける。(著者抄録)

    researchmap

  • 腋窩部副乳の経過観察中に発生した葉状腫瘍の一例

    五十嵐 麻由子, 小山 諭, 坂田 英子, 萬羽 尚子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 畠山 勝義, 梅津 哉

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   423 - 423   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 乳癌手術例における高齢者と非高齢者の比較

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   367 - 367   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 術前内分泌療法を施行した高齢者進行副乳癌の一例

    坂田 英子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義, 梅津 哉

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   370 - 370   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 今時の周術期栄養管理は?

    小山 諭

    静脈経腸栄養   27 ( 3 )   959 - 959   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 【過渡期の家族性腫瘍診療、その現状と展望】家族性乳がん遺伝カウンセリング体制の構築にむけたこの1年の取組み 新潟県の場合

    田澤 立之, 後藤 清恵, 遠山 潤, 栗山 洋子, 坂田 英子, 小山 諭, 佐藤 信昭, 佐野 宗明, 畠山 勝義, 中田 光

    家族性腫瘍   12 ( 2 )   43 - 44   2012年5月

  • 精神科領域における入院時栄養状態と国民健康栄養調査との比較

    畔上 悠, 小山 諭, 皆川 昌広, 畠山 勝義

    静脈経腸栄養   27 ( 1 )   386 - 386   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • 半固形化栄養とQOL 「半固形化栄養剤使用PEG患者における長期追跡調査」の経過報告

    丸山 道生, 鈴木 裕, 有本 之嗣, 小山 諭, 日本栄養材形状機能研究会調査ワーキンググループ

    静脈経腸栄養   27 ( 1 )   257 - 257   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • NST介入対象疾患と効果・アウトカムとの関係は?

    小山 諭, 小師 優子, 佐藤 真帆, 佐藤 陽子, 植木 明, 村山 稔子, 塩谷 敬子, 右近 さゆり, 山田 春美, 白砂 由美子, 池田 裕美, 伊藤 正行, 佐藤 美里, 星山 良樹, 中村 岳史

    静脈経腸栄養   27 ( 1 )   306 - 306   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    researchmap

  • がん化学療法の完遂を目指して 新しい支持療法の概念と実践

    小山 諭, 田中 善宏, 田原 信, 今村 博司, 中村 将人, 庄 雅之

    Pharma Medica   29 ( 11 )   201 - 208   2011年11月

  • NSTへの取り組みとその効果 NSTの介入期間と効果との関係は?

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 畠山 勝義

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 増刊 )   397 - 397   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    researchmap

  • 【栄養療法に必要な水・電解質代謝の知識】(Part-3)病態時の栄養管理と水・電解質管理 回腸瘻患者の栄養管理と水・電解質管理の基本的考え方

    小山 諭

    臨床栄養   別冊 ( JCNセレクト6 栄養療法に必要な水・電解質代謝の知識 )   89 - 94   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    <ポイント>・回腸人工肛門症例では一般には、術後経過は良好で経口摂取も通常通りに行うことができ、特別な管理を必要としない症例がほとんどである。・頻度は少ないもののHOS(High-output stoma)となる危険もあり、人工肛門造設後の経過を十分に観察することが望ましい。(著者抄録)

    researchmap

  • 乳癌腋窩リンパ節郭清施行例におけるリンパ節転移個数/lymph node ratioが術後再発に与える影響

    坂田 英子, 小山 諭, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   359 - 359   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当院におけるマンモグラフィー検診2次検診症例の検討

    坂田 英子, 小山 諭, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本乳癌検診学会誌   20 ( 3 )   355 - 355   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本乳癌検診学会  

    researchmap

  • センチネルリンパ節生検 色素・注入部位による差は?

    小山 諭, 坂田 英子, 五十嵐 麻由子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 畠山 勝義

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   659 - 659   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    researchmap

  • 精神疾患合併乳癌症例に対する治療認容性の検討

    長谷川 美樹, 小山 諭, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 坂田 英子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   281 - 281   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 当科での乳房温存手術における乳房内再発と予後

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   19回   326 - 326   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本乳癌学会  

    researchmap

  • 【処方設計にチャレンジ これでわかる静脈栄養法】基本編(第3章) 処方設計にとりかかる 静脈栄養法か経腸栄養法か?

    小山 諭

    薬事   53 ( 10 )   1473 - 1478   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)じほう  

    researchmap

  • 精神科における入院時栄養状態の実態調査

    畔上 悠, 小山 諭, 畠山 勝義

    栄養-評価と治療   28 ( 3 )   272 - 272   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 【栄養療法】コラム エネルギー源としての脂肪乳剤投与 最近の知見と本邦の現状

    小山 諭

    Intensivist   3 ( 3 )   502 - 511   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル  

    健常人では、必要カロリーの約20〜30%を脂肪から得ている。各種病態下においても、健常時と同様に脂肪からエネルギーを得ることが不自然ではないことは理解されよう。「脂肪」と一括りにいっても、脂肪はその構造や代謝産物の特徴からいくつかの系列に分類され、侵襲反応に有利に働く系列も、不利に働く系列も存在する。では、高度侵襲下にあるICU患者において脂肪は有害か、供給するべきものではないか、という問題、疑問がわき上がってくる。それに対しては、脂肪をICU患者に供給することは基本的には問題ない、と答えてよいだろう。なぜなら、高度侵襲下ICU患者にも経腸栄養が積極的に行われているが、その際に、あえて脂肪を含まない経腸栄養剤を投与することはほとんどないからである。さらには、侵襲反応に対する影響を加味した特殊な脂質を含む経腸栄養剤を投与することも行われている。しかし今回のテーマは、"高度侵襲下ICU患者で(経腸栄養が行えない場合に)静脈栄養を行う際に脂肪乳剤を投与することの意義"である。本邦では、脂肪乳剤に関して、欧米で使用されている製品が使用できず、大豆油由来の脂肪乳剤soybean-oil based lipid emulsion(SO-LE)しか使われていない現状がある。海外で用いられている脂肪乳剤と本邦の現状を比較しながら、我々は脂肪乳剤(LE)をどのように用いればよいのか、以下に解説を加える。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J05343&link_issn=&doc_id=20110809300010&doc_link_id=10.11477%2Fmf.3102100071&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.3102100071&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 【EBN Evidence-Based Nutrition エビデンスにもとづく栄養ケア】(Part-1)ガイドラインの活用法 ESPENガイドラインの概要 静脈栄養

    小山 諭

    臨床栄養   別冊 ( JCNセレクト5 EBN エビデンスにもとづく栄養ケア )   37 - 41   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    <ポイント>・ESPENでは静脈栄養ガイドラインに先立って経腸栄養ガイドラインを発表しており、経腸栄養(enteral nutrition:EN)を第一選択とし、それが不可能/不十分な場合に静脈栄養(parenteral nutrition:PN)を行うことを基本姿勢としている。・本書のPart-2で病態ごとのガイドラインが解説されているので、本稿では各論に含まれていない項目、Central Venous Catheters(中心静脈カテーテル)、Intensive Care(集中治療)、Geriatrics(老年医学)、Home Parenteral Nutrition in adults(在宅静脈栄養)について解説する。(著者抄録)

    researchmap

  • 【栄養療法 最新の知見と新たな展開】[栄養療法における製剤] TPN製剤 ラインナップとそれぞれの特徴

    小山 諭, 坂田 英子, 長谷川 美樹, 利川 千絵, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    臨床外科   66 ( 6 )   724 - 730   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>◆TPNとは完全静脈栄養であり,輸液剤を用いて必要な熱量・栄養素を経静脈投与することを意味する.◆糖質・アミノ酸を配合したTPNキット製剤が開発され,さらにビタミンや微量元素を含む製品も登場してきた.◆キット製剤は簡便であるが内容・組成をよく理解し,患者個々の必要量を満たすように使用すべきである.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407103580

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J01539&link_issn=&doc_id=20110608480004&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1407103580&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1407103580&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 【医師は臨床栄養学をどのように学んでいるのか その現状と課題】卒前・卒後の臨床栄養教育の現状と課題 新潟大学医学部の場合

    小山 諭

    臨床栄養   118 ( 7 )   795 - 800   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    researchmap

  • 乳癌術後骨転移例の予後と骨転移検索の有用性

    小山 諭, 坂田 英子, 利川 千絵, 長谷川 美樹, 萬羽 尚子, 五十嵐 麻由子, 畠山 勝義

    日本外科学会雑誌   112 ( 臨増1-2 )   700 - 700   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 家族性乳がん遺伝カウンセリング診療体制の構築 新潟県の場合

    田澤 立之, 後藤 清恵, 遠山 潤, 栗山 洋子, 坂田 英子, 小山 諭, 佐藤 信昭, 佐野 宗明, 畠山 勝義, 中田 光

    家族性腫瘍   11 ( 2 )   A83 - A83   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本家族性腫瘍学会  

    researchmap

  • 家族性乳がん遺伝カウンセリング診療体制の構築 新潟県の場合

    田澤 立之, 後藤 清恵, 遠山 潤, 栗山 洋子, 坂田 英子, 小山 諭, 佐藤 信昭, 佐野 宗明, 畠山 勝義, 中田 光

    日本遺伝カウンセリング学会誌   32 ( 2 )   83 - 83   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本遺伝カウンセリング学会  

    researchmap

  • 【ESPEN-LLLに学ぶ(前編)】周術期の栄養管理

    小山 諭, 森 直治

    静脈経腸栄養   26 ( 2 )   723 - 735   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ジェフコーポレーション  

    手術や外傷に伴うストレス反応は、生体にとって本来、有益な現象であるが、制御を失うと有害なものとなる。患者を手術から早期に回復させ、手術アウトカムを最良のものにするために、侵襲を最小限にし、栄養管理をはじめとする集学的な周術期管理を行うことが重要である。ERAS(Enhanced Recovery After Surgery)プログラムと呼ばれるこのモダンな周術期管理は、術前絶食期間を最短として炭水化物の負荷を行い、術前腸管のプレパレーションや術後経鼻胃管留置を回避し、胸部硬膜外ブロックや非オピオイド性の鎮痛薬投与による鎮痛、早期経口摂取・早期離床の励行、適正な周術期の輸液・血糖管理、術前低栄養の是正等を行うことにより、術後の回復に有害な種々の生体反応、インスリン抵抗性や腸管麻痺を軽減し、手術侵襲からの早期回復と良好な手術アウトカムをもたらす。(著者抄録)

    DOI: 10.11244/jjspen.26.723

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J03242&link_issn=&doc_id=20110404230006&doc_link_id=10.11244%2Fjjspen.26.723&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11244%2Fjjspen.26.723&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 【徹底ガイド 胃ろう(PEG)管理Q&A】