2021/05/13 更新

写真a

マツオカ アツシ
松岡 篤
MATSUOKA Atsushi
所属
教育研究院 自然科学系 地球・生物科学系列 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 教授
理学部 理学科 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 理学博士 ( 1986年3月   大阪市立大学 )

研究キーワード

  • 古海洋学

  • 放散虫

  • 中生代

研究分野

  • 自然科学一般 / 地球生命科学

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 放送大学   非常勤講師

    2012年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   大学院 自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 愛媛大学沿岸環境科学研究センター   Center for Marine Environmental Studies   客員研究員

    2002年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部 地質科学科   教授

    2002年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   大学院自然科学研究科   教授

    2002年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   理学部   助教授

    1994年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教養部   助教授

    1993年3月 - 1994年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教養部   講師

    1987年6月 - 1993年2月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   地質科学科   教授

    2002年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   理学部   助教授

    1994年4月 - 2002年3月

  • 新潟大学   教養部   助教授

    1993年3月 - 1994年3月

  • 新潟大学   教養部   講師

    1987年6月 - 1993年2月

▶ 全件表示

委員歴

  • 日本古生物学会   Paleontological Research誌 編集委員  

    2017年10月 - 現在   

      詳細を見る

  • Revue de micropaleontologie, Editorial Board Member  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • International Association of Radiolarists   - President  

    2015年3月 - 2017年11月   

      詳細を見る

  • 形の科学会   庶務幹事  

    2012年6月 - 2016年5月   

      詳細を見る

  • 日本地質学会   代議員  

    2012年5月 - 2018年5月   

      詳細を見る

  • International Subcommission on Jurassic Stratigraphy   - Voting Member  

    2008年9月 - 2020年10月   

      詳細を見る

  • 形の科学会 FORMA誌,Associate Editor  

    2008年6月 - 現在   

      詳細を見る

  • 形の科学会   会長  

    2008年6月 - 2012年6月   

      詳細を見る

  • 日本古生物学会   評議員  

    2007年6月 - 2019年6月   

      詳細を見る

  • 日本地質学会   評議員(理事)  

    2004年9月 - 2012年5月   

      詳細を見る

  • 日本古生物学会   Paleontological Research誌 編集委員  

    2003年6月 - 2005年5月   

      詳細を見る

  • International Subcommission on Jurassic Stratigraphy   - Corresponding Member  

    1998年9月 - 2008年8月   

      詳細を見る

  • The Island Arc Associate Editor  

    1998年1月 - 2006年12月   

      詳細を見る

  • 日本地質学会   地質学雑誌 編集委員  

    1997年7月 - 2004年10月   

      詳細を見る

  • 形の科学会   運営委員  

    1995年1月 - 現在   

      詳細を見る

▶ 全件表示

 

論文

  • Radiolarian occurrences from the Jurassic–Cretaceous transition beds in the Maiolica Formation of the Bosso Valley section, Northern Apennines, central Italy 査読

    Atsushi Matsuoka, Xin Li, Marco Chiari, Angela Bertinelli

    Cretaceous Research114   104500 - 104500   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.cretres.2020.104500

    researchmap

  • Origami Reconstruction of the Cortical Shell Structures of Radiolarian genus Pantanellium from Planar Graphs 査読

    Takashi Yoshino, Atsushi Matsuoka, Naoko Kishimoto

    Revue de Micropaléontologie67   100423 - 100423   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.revmic.2020.100423

    researchmap

  • Paleobiogeographic distribution of the Early Cretaceous radiolarian Turbocapsula costata and its correlation potential 査読

    Xin Li, Atsushi Matsuoka

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH24 ( 2 ) 89 - 102   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    Turbocapsula, having three (or four) segments with a characteristic oval shape and a hemi-closed segmental end, is a radiolarian genus with a high stratigraphic value due to its phyletic evolution in the mid-Cretaceous period. An overview of lithology, depositional setting, associated fossil records, and paleomagnetic data from each locality of Turbocapsula costata (Wu) is summarized. All these data lead to the conclusion that locations of known T. costata-bearing strata are restricted to the low- to mid-latitude Mediterranean and eastern Tethys of the Tethyan realm. The results emphasize that the phyletic evolution of the genus Turbocapsula is significant in correlations within the Tethys. The zonation established by the phyletic evolution of the genus Turbocapsula cannot be utilized for Early Cretaceous zonal correlations beyond the T. costata territory.

    DOI: 10.2517/2019PR015

    Web of Science

    researchmap

  • A morphological analysis of the flat-shaped spumellarian radiolarian Dictyocoryne: morpho-functional insights into planktonic mode of life 査読

    Yuta Shiino, Toshiyuki Kurihara, Ryo Ichinohe, Naoko Kishimoto, Takashi Yoshino, Atsushi Matsuoka

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH24 ( 2 ) 134 - 146   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    The three-dimensional morphology of the flat-shaped spumellarian radiolarian Dictyocoryne was analysed using a microfocus X-ray CT with a special focus on whether it was capable of a planktonic lifestyle. Two types of 3D models, the shell model, which represents a realistic 3D shell, and the wrapped model, which mimics the whole body outline without pseudopodia, were reconstructed in order to estimate volume, surface area, and centres of gravity for the shell model and buoyancy for the wrapped model. The calculated values showed that the volume of shell with respect to the total volume was negatively allometric, regardless of the differences between threshold settings. Stepwise secretions of the patagium layer may result in a comparatively lightweight shell, thereby decreasing the total density during growth but not below the density of seawater. Estimated positions for the centres of gravity and buoyancy were too close to maintain an autonomous posture while floating. Instead, the ratio between surface area and volume was greater than that in an ideal sphere. Such a broad surface area could obtain the viscous resistance necessary for sinking retardation. Spumellarian radiolarians, including Dictyocoryne, have photosynthetic symbionts located primarily in the ectoplasmic layer, which is a habitable space that can be maximised within the larger surface area. Given that radiolarians float when extending their pseudopodia, it can be hypothesised that pseudopodia may play a role in the adjustment of life posture in a hydraulically unstable shell, which can be integrated into sinking retardation, enhancement of photosynthetic activity and manoeuvrability of life posture within a unique flat-shaped morphogenesis.

    DOI: 10.2517/2019PR020

    Web of Science

    researchmap

  • Early Cretaceous plants from the Itsuki and Nochino formations of the Tetori Group in the Kuzuryu area, central Japan and their paleoclimatic implications 査読

    Yusuke Sakai, Yongdong Wang, Atsushi Matsuoka

    CRETACEOUS RESEARCH105   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Early Cretaceous plants are widely distributed in a number of localities and horizons in the Tetori Group in central Japan. However, the stratigraphical occurrences and diversity patterns of some plant groups and their palaeoclimatic implications are not well understood. In this study, we report the diverse fossil plants recently collected from the Lower Cretaceous Itsuki and Nochino formations of the Tetori Group in the Kuzuryu area, central Japan. The plant assemblage from the lower and middle part of the Itsuki Formation has no Ryoseki-type floral element, whereas the assemblage from the Nochino Formation has some Ryoseki-type floral elements such as microphyllous conifers. The occurrence of Ryoseki-type floral elements is consistent with floral change that conifers are more diverse in the Nochino Formation than in the Itsuki Formation, and a warming and drying climate trend from the Itsuki Formation to the Nochino Formation is recognized. The Early Cretaceous warming and drying trend recorded in floral assemblages of the Tetori Group is considered to reflect the paleoclimate transition represented by drastic shrinking of the Hadley circulation in the mid-latitudes of East Asia, thus providing evidence for understanding the climatic switch pattern during the Early Cretaceous. (C) 2019 Published by Elsevier Ltd.

    DOI: 10.1016/j.cretres.2019.01.018

    Web of Science

    researchmap

  • Correlation of Early Cretaceous radiolarian assemblages from southern Tibet and central Italy 査読

    Xin Li, , Atsushi Matsuoka, , Angela Bertinelli, , Marco Chiari, , Chengshan Wang

    Cretaceous Research105 ( 104046 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Geometrical Properties of Skeletal Structures of Radiolarian Genus Didymocyrtis 査読

    吉野 隆, 松岡 篤, 岸本 直子

    Image Analysis and Stereology38 ( 3 ) 237 - 244   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5566/ias.2089

    researchmap

  • Middle and Late Jurassic radiolarians from Nadanhada terrane of eastern Heilongjiang Province, northeastern China 査読

    Gang Li, Atsushi Matsuoka, Qun Yang, Jingeng Sha

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH23 ( 4 ) 291 - 313   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    The Nadanhada terrane of northeastern Heilongjiang, northeastern China is composed of Jurassic accretionary complexes (i.e., the Yuejinshan Complex in the west, the Raohe Complex in the east) and succedent cover beds. In this paper we report two radiolarian assemblages recognized from four black clay stone samples collected from the Dalinggiao Formation in the Dajiashan area of the Raohe Complex. The Striatgjaponocapsa synconexa-"Tricolocapsa" tetragona assemblage of one sample consists of eleven species in eight genera, which indicates a middle Bathonian (Middle Jurassic) age, i.e., correlative with the uppermost Striatojaponocapsa plicarum Zone to the lower Striatojaponocapsa conexa Zone. The other three samples contain 34 species in 25 genera, which indicate a late Oxfordian-early Tithonian (Late Jurassic) age. The discovery of the Late Jurassic radiolarian assemblage indicates that the Raohe Accretionary Complex was formed during the Late Jurassic. The succedent late Tithonian-early Valanginian Buchia fauna-bearing Dong'anzhen Formation may be the earliest cover beds overlying the Raohe Accretionary Complex. Then, during the Early Cretaceous, the Nadanhada terrane received the deposition of the Aucellina bivalve fauna-bearing Dajiashan Group. This indicates paleogeographic differentiation between the Nadanhada terrane and the Tamba-Mino-Ashio terrane.

    DOI: 10.2517/2019PR006

    Web of Science

    researchmap

  • The Guadalupian (Permian) Gufeng Formation on the north margin of the South China block: A review of the lithostratigraphy, radiolarian biostratigraphy, and geochemical characteristics 査読

    Tsuyoshi Ito, Koji U. Takahashi, Atsushi Matsuoka, Qinglai Feng

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH23 ( 4 ) 261 - 280   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    The Guadalupian (Permian) Gufeng Formation, distributed over the north margin of the South China block, is characterized by siliceous rock and muddy rock and yields several representative radiolarian fossils. The lithostratigraphy, radiolarian occurrences and biostratigraphy, and geochemical characteristics of the Gufeng Formation are reviewed and summarized in this paper. The distributional area of the Gufeng Formation is subdivided into the Lower, Middle, and Upper Yangtze regions. The Gufeng Formation in the Lower Yangtze region is lithostratigraphically characterized by muddy rock, chert, and nodule-bearing muddy rock in descending order. The Gufeng Formation in the Middle Yangtze region is lithostratigraphically characterized by chert, muddy rock with carbonate, and muddy rock in ascending order. The lithostratigraphic characteristics of the "Gufeng Formation" in the south margin of the South China block greatly differ from the typical Gufeng Formation in containing fewer siliceous rocks and a large amount of elastic rocks and in having a significantly greater total thickness; therefore, this article considers that the "Gufeng Formation" in the block's south margin should be isolated from the Gufeng Formation in the block's north margin. The radiolarian biostratigraphy of the Lower and Middle Yangtze regions is composed of the Pseudoalbailella globosa, Pc. monacantha, and Follicucullus scholasticus-Ruzhencevispongus uralicus assemblage zones in ascending order. The lower Gufeng Formation has abundantly yielded the Albaillellaria; however, its occurrence ratio with respect to other radiolarian orders decreases stratigraphically upward. The geochemical characteristics indicate the following facts: (1) the siliceous rocks are generally biogenic; (2) even though a previous study concluded that the organic matter within the chert was originated from terrestrial or reworked organic matter, the origin remains debatable; and (3) the Gufeng Formation was formed on a continental shelf. The geochemical characteristics, in addition to the lithological characteristics, indicate that the redox conditions of the Gufeng Formation in the Lower Yangtze region changed from aerobic to suboxic to anoxic, while that in the Middle Yangtze region changed from oxic to anoxic to suboxic.

    DOI: 10.2517/2018PR025

    Web of Science

    researchmap

  • Late Anisian radiolarian assemblages from the Yarlung-Tsangpo Suture Zone in the Jinlu area, Zedong, southern Tibet: Implications for the evolution of Neotethys 査読

    Dishu Chen, Hui Luo, Xueheng Wang, Bo Xu, Atsushi Matsuoka

    ISLAND ARC28 ( 4 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Abundant Triassic radiolarian fossils were obtained from varicolored bedded cherts exposed in the Buruocang section near Jinlu village, Zedong, southern Tibet. The radiolarian-bearing rocks represent fragmented remnants of the Neotethys oceanic sediments belonging to the melange complex of the east part of the Yarlung-Tsangpo Suture Zone. Two new middle Late Anisian radiolarian assemblages recognized from this section named Oertlispongus inaequispinosus and Triassocampe deweveri, respectively, are compared with those known from Europe, Far East Russia, Japan, and Turkey. These Anisian radiolarian fossils are the first reported in southern Tibet and the oldest radiolarian record within the Yarlung-Tsangpo Suture Zone. They improve time constraints for the evolution of Neotethys in southern Tibet.

    DOI: 10.1111/iar.12302

    Web of Science

    researchmap

  • Triassic marine Os isotope record from a pelagic chert succession, Sakahogi section, Mino Belt, southwest Japan 査読

    Tatsuo Nozaki, Takashi Nikaido, Tetsuji Onoue, Yutaro Takaya, Keiko Sato, Jun Ichi Kimura, Qing Chang, Daisuke Yamashita, Honami Sato, Katsuhiko Suzuki, Yasuhiro Kato, Atsushi Matsuoka

    Journal of Asian Earth Sciences: X1   2019年6月

     詳細を見る

    © 2018 The Author(s) Pelagic cherts preserved in accretionary complexes represent former seafloor sediment that can retain geochemical evidence of paleoceanographic conditions that predate the oldest extant oceanic crust. The ratio of Os isotopes in seawater, in particular, is of wide interest as a source of insight into notable geologic events such as oceanic anoxic events, rapid global warming episodes, and eruption of large igneous provinces, but marine Os isotope records from before 80 Ma are scarce. We present a record of secular variations of marine Os isotope ratios from a thick, continuous succession of Middle and Upper Triassic pelagic chert in the Sakahogi section of the Mino Belt accretionary complex. Initial Os isotope ratios (187Os/188Os) have a wide range in this succession, from 0.197 to 0.813. The variations in this Os record are quite similar to those in the marine Sr isotope record for the same time period, although their amplitudes differ owing to the differing residence times of Os and Sr in the ocean. Together, our results and previous data trace a continuous Os isotope record for ca. 50 Myr starting in Anisian time. We document the following six notable features in the Os record, which also appear in the Sr record, and their interpretation: (1) a negative (unradiogenic) shift associated with euxinia in the latest Anisian reflecting late-stage Siberian Traps eruptions, (2) wide fluctuations from the latest Anisian to Ladinian induced by volcanism and by the late Ladinian humid pulse and volcanism of the Italian Volcanic Center, (3) a continuous decrease in the early Carnian during eruptions of the Wrangellia large igneous province, (4) stable unradiogenic values from the early to early middle Norian associated with a prolonged arid period, (5) a negative spike in the middle Norian associated with the Manicouagan impact event, and (6) a broad rise and fall from the earliest late Norian to the Rhaetian ages, attributed to the Cimmerian-Indosinian orogeny and subsequent volcanism of the Central Atlantic Magmatic Province.

    DOI: 10.1016/j.jaesx.2018.100004

    Scopus

    researchmap

  • Radiolarian-based study on the fabric and the formation process of the Early Cretaceous melange near Zhongba, Yarlung-Tsangpo Suture Zone, southern Tibet 査読

    Xin Li, Atsushi Matsuoka, Yalin Li, Yushuai Wei, Chengshan Wang

    ISLAND ARC28 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The Yarlung-Tsangpo Suture Zone (YTSZ), as the southernmost and youngest among the sutures that subdivides the Tibetan Plateau into several east-west trending blocks, marks where the Neo-Tethys was consumed as the Indian continent moved northward and collided against the Eurasian continent. Melanges in the YTSZ represent the remnants of the oceanic plate through subduction and collision. Melanges are characterized by a highly sheared volcanoclastic or siliceous mudstone matrix including blocks of chert, claystone, and basalt. Detailed radiolarian analyses are conducted on the melange near Zhongba County. Macroscopic, mesoscopic, and microscopic observations are combined in order to elucidate the relationships among age, lithology, and structure of blocks in the melange. Reconstructed ocean plate stratigraphy includes Lower Jurassic limestone within the chert sequence accumulated at a depth near the CCD (Unit 2), Upper Jurassic thin-bedded chert interbedded with claystone deposited in the wide ocean basin (Unit 3), and Lower Cretaceous chert with siliceous mudstone (Units 4 and 5), representing the middle parts of ocean plate stratigraphy. The results highlight the fabric of brecciated chert on mesoscopic scale, which is thought to be due to localized overpressure. The formation of mesoscopic and microscopic block-in-matrix fabrics in the melange is proposed for the chert and siliceous mudstone bearing different extents of consolidation and competence during the progressive deformation of accreted sediments at shallow-level subduction.

    DOI: 10.1111/iar.12282

    Web of Science

    researchmap

  • 石川県白峰地域における手取層群赤岩層の凝灰岩から得られたジルコンLA-ICP-MS U-Pb年代 査読

    酒井 佑輔, 堤 之恭, 楠橋 直, 薗田 哲平, 堀江 憲路, 松岡 篤

    地質学雑誌125 ( 3 ) 255 - 260   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本地質学会  

    <p>The Tetori Group in the Shiramine area (Ishikawa Prefecture, central Japan) is subdivided into the Gomijima, Kuwajima, Akaiwa, and Kitadani formations (from bottom to top). A variety of animal and plant fossils have been reported from the Kuwajima, Akaiwa, and Kitadani formations, but the depositional ages are still poorly constrained. We obtained the first reliable zircon U-Pb age from the Akaiwa Formation of the Tetori Group in the Shiramine area using laser ablation inductively coupled plasma mass spectrometry. The dated sample was taken from the lower part of the Akaiwa Formation along the Osugidani River (Shiramine area), and its U-Pb age is 121.2±1.1 Ma (95% confidence interval).</p>

    DOI: 10.5575/geosoc.2018.0062

    CiNii Article

    researchmap

  • Mesozoic radiolarian biochronology - current status and future directions 査読

    Spela Gorican, Luis O'Dogherty, Peter O. Baumgartner, Elizabeth S. Carter, Atsushi Matsuoka

    REVUE DE MICROPALEONTOLOGIE61 ( 3-4 ) 165 - 189   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER FRANCE-EDITIONS SCIENTIFIQUES MEDICALES ELSEVIER  

    Mesozoic radiolarian biochronologic scales have been developed since the 1970s and most of them reached their present day status in the1990s. The degree of temporal resolution, on average, corresponds to substage level and is sufficient to provide a meaningful framework for general geological studies. The great majority of zonal schemes were elaborated in low-latitude sections but are applicable in high latitudes as well because an adequate number of species occur worldwide. This paper presents a short historical review and a synthesis of currently used zonations developed in North America, Europe and Asia. The advantages and the shortcomings of the existing zonations are discussed. As a general rule, the zonations including a high number of taxa in each zone have a much greater applicability for global correlations than those defined exclusively with marker taxa. In the forthcoming years, particular studies will focus on zonal division of under-explored time intervals and on improved calibration to chronostratigraphy. Two joint objectives for future research are briefly introduced. The first objective, achievable in a relatively short time, is to compile a composite Mesozoic zonation that would provide a single reference standard for radiolarian dating at a global scale. The second objective is to refine the radiolarian zonal schemes, which, in certain intervals, have already attained the resolution comparable to that of the standard ammonite zones. To increase the degree of precision and accuracy to this level through the entire Mesozoic is a long-term goal that requires additional high-resolution sampling and emphasis on detailed documentation of evolutionary first and last appearances in different phylogenetic lineages. (C) 2018 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.revmic.2018.08.001

    Web of Science

    researchmap

  • Morphological characteristics of a dimorphic pair of <i>Albaillella sinuata</i> Ishiga and Watase: Dimorphism in the lineage of the Permian Albaillellaria (Radiolaria) . 査読

    Ito, T, Matsuoka, A, Feng, Q

    Island Arce12271   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iar.12271

    researchmap

  • Lithology and radiolarian age of the Ryokami-yama Chert Formation in eastern Mt. Ryokami: Possible décollement zone in Permian pelagic sequence in mid-Mesozoic accretionary complexes of Southwest Japan. 査読

    Ito, T, Matsuoka, A

    Island Arce12273   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iar.12273

    researchmap

  • 石川-福井県境地域における下部白亜系手取層群の層序と植物化石群の層位学的意義 査読

    酒井 佑輔, 関戸 信次, 松岡 篤

    地質学雑誌124 ( 3 ) 171 - 189   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0074

    researchmap

  • Paleocene Radiolarian Faunas in the Deep-Marine Sediments Near Zhongba County, southern Tibet 査読

    Xin Li, Yalin Li, Chengshan Wang, Atsushi Matsuoka

    Paleontological Research22 ( 1 ) 37 - 56   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Palaeontological Society of Japan  

    An upper Paleocene radiolarian-bearing succession (ZN1) located in the southern part of the north subzone of the Tethyan Himalaya is composed of siliceous siltstones and claystones. In this paper, 23 species belonging to 13 genera are reported. Three new species, Lychnocanium? pyramis Li and Matsuoka sp. nov., Lychnocanium? stypticum Li and Matsuoka sp. nov., and Pterocyrtidium sinense Li and Matsuoka sp. nov., are described. Radiolarian assemblages from this succession can be compared with the Bekoma campechensis Zone (RP6), indicating a time interval of 61.5-58.23 Ma, i.e., late Paleocene. The radiolarian assemblages from the Yamdrok mélange, the Zheba section, and the Jiazhu section indicate that they are of the same age as those from the Zhinadibu 1 section. The lack of calcareous and coarse-grained terrestrial materials in the ZN1 section proves that the strata of this section were deposited in a relatively deep marine environment below the calcium carbonate compensation depth (CCD) and more distal to the continents during the late Paleocene. Coeval deepwater sediments near Saga were accumulated near the CCD.

    DOI: 10.2517/2017PR009

    Scopus

    researchmap

  • 日本海の放散虫-進化の謎を解き明かす日本海と放散虫の関係

    松岡 篤

    生物の科学 遺伝72 ( 1 ) 30 - 35   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Guiuva sashidai n. gen. n. sp., a probable colonial radiolaria from the Lopingian (Upper Permian) in South China 査読

    Tsuyoshi Ito, Lei Zhang, Mu-Hui Zhang, Qing-Lai Feng, Atsushi Matsuoka

    PALAEOWORLD26 ( 4 ) 631 - 637   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Guiuva sashidai Ito and Feng n. gen. n. sp., characterized by bunchy aggregations comprising combined small spherical shells with porous surfaces, was discovered from the Lopingian (Upper Permian) of the Yutouling section in the Xiaodong area, Guangxi Zhuang Autonomous Region, South China. The morphological similarities with recent radiolarians and formation of the aggregations imply that this species is a colonial radiolaria. This species is ca. 200 myr older than previously-reported occurrences of colonial radiolarians from the Eocene. It is believed that colonial radiolarians live exclusively in association with symbiotic algae, based on previous observations of the extant forms. Therefore, it is plausible to suggest that G. sashidai had symbionts, which would indicate that the origin of symbiont-bearing radiolarians dates back at least to the Permian. On this basis, we suggest that this is the oldest known example of symbiont-bearing radiolarians. (C) 2017 Elsevier Ireland Ltd Elsevier B.V. and Nanjing Institute of Geology and Palaeontology, CAS. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.palwor.2017.04.001

    Web of Science

    researchmap

  • Permian–Cretaceous radiolarians from Ie Island, Okinawa Prefecture, Japan. 査読

    Ito, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University (Geology)32 ( Supplement ) 125 - 136   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Excursion guide to the radiolarians of the East China Sea near Sesoko Island, Okinawa, Japan: An important research station for living radiolarian studies. 査読

    Matsuoka, A, Suzuki, N, Ito, T, Kimoto, K, Tuji, A, Ichinohe, R, Li, X

    Science Reports of Niigata University (Geology)32 ( Supplement ) 103 - 123   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Outline and history of the Itoigawa UNESCO Global Geopark in Niigata Prefecture in central Japan, with radiolarian occurrences in Itoigawa. 査読

    Ito, T, Ibaraki, Y, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University (Geology)32 ( Supplement ) 71 - 90   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • An aberrant bi-apical Follicucullus (Albaillellaria) from the late Guadalupian (Middle Permian), with the possible oldest evidence of double malformation in radiolarians 査読

    Tsuyoshi Ito, Yusuke Kitagawa, Atsushi Matsuoka

    JOURNAL OF MICROPALAEONTOLOGY36 ( 2 ) 222 - 223   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEOLOGICAL SOC PUBL HOUSE  

    An aberrant bi-apical Follicucullus specimen (Albaillellaria, Radiolaria) has been discovered from an upper Guadalupian (Middle Permian) chert block of the Kamiaso Unit of the Mino terrane, central Japan. If this specimen was formed with double malformation, it would be the oldest record of this phenomenon in radiolarians and the first record of its kind in Albaillellaria.

    DOI: 10.1144/jmpaleo2016-016

    Web of Science

    researchmap

  • Campanian-Maastrichtian palynomorph from the Sifangtai and Mingshui formations, Songliao Basin, Northeast China: Biostratigraphy and paleoflora 査読

    Kohei Yoshino, Xiao-Qiao Wan, Dang-Peng Xi, Wei Li, Atsushi Matsuoka

    PALAEOWORLD26 ( 2 ) 352 - 368   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We recovered a Campanian-Maastrichtian palynological record in transitional succession from the Sifangtai to Mingshui formations of the Songke Core-1 (North) (SK1 (N)) in the Songliao Basin, Northeast China. These formations are composed mainly of various colored mudstones and sandstones. The lithofacies variation suggests that the paleoenvironment changed from flood plain to lake. Most of the palynomorph assemblages are dominated by gymnosperm pollen, followed by spore of pteridophyte, and angiosperm pollen. On the basis of the first occurrences of marker genera within the succession, we identified four palynomorph interval zones (in ascending order): the Jianghanpollis, Chenopodipollis, Toroisporis, and Betulaceoipollenites interval zones. The first two interval zones are found from flood plain and levee deposits. The third one is recognized from lake basin plain-lake basin slope deposits. The last one is found in delta deposits within lakeshore. We consider that environmental changes are the major factors that formed component of Campanian-Maastrichtian assemblage in the Songliao Basin. In addition, the Jianghanpollis and Chenopodipollis interval zones are assigned to the Campanian, whereas the Toroisporis and Betulaceoipollenites interval zones date as the Maastrichtian. Thus, the Chenopodipollis/Toroisporis zonal boundary approximates the C/M boundary. Triprojectate pollen such as Aquilapollenitesis regarded as marker taxa in the study section and other areas within the Aquilapollenites Province during the Campanian-Maastrichtian. However, Wodehouseia spp. have yet been confirmed within the study section, although this genus has appeared in Campanian-Maastrichtian deposits in other areas. This is one of the important clues to understand regional difference of local flora in these ages. (C) 2016 Elsevier B.V. and Nanjing Institute of Geology and Palaeontology, CAS. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.palwor.2016.10.001

    researchmap

  • Catalogue of living polycystine radiolarians in surface waters in the East China Sea around Sesoko Island, Okinawa Prefecture, Japan 査読

    Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University (Geology)32   57 - 90   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • SEM morphological study of calm shrimp <i>Diestheria</i> (spinicaudatan) of the Jehol Biota of China. 査読

    Li, Y, Teng, X, Matsuoka, A, Li, G

    Science Reports of Niigata University (Geology)32   15 - 23   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Late Silurian radiolarians from a siliceous rock pebble within a conglomerate, Kotaki, Itoigawa, Niigata Prefecture, central Japan. 査読

    Ito, T, Kurihara, T, Hakoiwa, H, Ibaraki, Y, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University (Geology)32   1 - 14   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Phyletic evolution of the mid-Cretaceous radiolarian genus Turbocapsula from southern Tibet and its applications in zonation 査読

    Xin Li, Atsushi Matsuoka, Yalin Li, Chengshan Wang

    MARINE MICROPALEONTOLOGY130   29 - 42   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A radiolarian biostratigraphic study ranging from the latest Barremian to the Aptian of a pelagic sequence (section BB1) near Babazhadong in southern Tibet revealed phyletic relationships of species belonging to the genus Turbocapsula. Three species and two subspecies are included in this genus: Turbocapsula tetras LI & MATSUOKA, n. sp., T. fugitiva O'DOGHERTY, and T. costata (T. costata (WU) multicostata LI & MATSUOKA, n. ssp. and T. costata (WU) costata). Turbocapsula fugitive appears to have arisen from T. tetras by losing the septa between the third and the fourth segments. Turbocapsula fugitiva seems to have given rise to T. costata multicostata following the development of thicker costae between its two to five rows of pores. With the decrease in the number of the costae and the development in the costae, T. costata multicostata evolved into T. costata costata. The phyletic evolution of the genus Turbocapsula has a high stratigraphic value. Based on the phyletic evolution of Aurisaturnalis and Turbocapsula, two radiolarian zones have been defined: the Aurisaturnalis carinatus Zone and the Turbocapsula costata Zone. These zones are defined by evolutionary first appearance bio-horizons (EFABs), which are more reliable than the first and the last occurrence bio-horizons over wide areas. The Turbocapsula costata Zone is subdivided into the Turbocapsula costata multicostata Subzone and the Turbocapsula costata costata Subzone. Based on comparisons with radiolarian biostratigraphic research conducted in other areas, in which age-diagnostic calcareous nannofossils and planktonic foraminifera occur alongside radiolarians, the Aurisaturnalis carinatus Zone and the Turbocapsula costata Zone are assigned to the Lower Hauterivian-Lower Aptian and the Lower Aptian-Lower Albian, respectively. This newly proposed zonation is useful for comparing the stratigraphic relationships of Turbocapsula-bearing horizons in other areas. A zonal scheme like this scheme can be used for identifying certain episodes such as mid-Cretaceous oceanic anoxic events (OAEs) in the pelagic realms. The Early Aptian OAE la is located between the first appearance bio-horizon of the genus Turbocapsula and the EFAB of T. costata multicostata. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2016.11.002

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟県糸魚川地域の小滝川流域の来馬層群から産出したジュラ紀汽水生二枚貝化石 査読

    茨木洋介, 坂田凌輔, 箱岩寛晶, 鹿澤優祐, 伊藤 剛, 酒井佑輔, Li Xin, 小松昭美, 北川祐介, 松岡 篤

    糸魚川市博物館研究報告 ( 4 ) 51 - 61   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • REVIEW OF MICROFOSSIL-BEARING CLASTS WITHIN LATE MESOZOIC STRATA IN EAST ASIA: STAGED DENUDATION OF MID-MESOZOIC ACCRETIONARY COMPLEXES 査読

    Tsuyoshi Ito, Yusuke Sakai, Qinglai Feng, Atsushi Matsuoka

    OFIOLITI42 ( 1 ) 39 - 53   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OFIOLITI  

    Late Mesozoic neritic-continental strata of East Asia show intercalations of conglomerates including microfossil-bearing clasts. Some clasts are presumed to have originated in mid-Mesozoic accretionary complexes (ACs) of East Asia. Microfossils (e.g., radiolaria, conodonts) in these clasts can provide age constraints. Relationships between rock facies and age in sequences of the mid-Mesozoic ACs have been clarified in previous studies; therefore, the rock facies and the age of the clasts offer a clue about denudation history and provenance of the mid-Mesozoic ACs. This study compiles previous studies of microfossil-bearing clasts within the Late Mesozoic in the Outer and Inner zones of Southwest Japan and in the Gyeongsang Supergroup in the southeastern Korean Peninsula.
    The compilation, at present, recognizes three denudation stages (Stages A, B, and C) of the mid-Mesozoic ACs. Stage A (Oxfordian-Hauterivian) is characterized by an initial and narrow denudation. The denudation of the mid-Mesozoic ACs started at some point in this stage, but it was of limited extent. Stage B (Barremian-early Albian) is characterized by wide denudation: the mid-Mesozoic ACs became largely exposed. Afterwards, some younger geologic bodies of the mid-Mesozoic ACs, which were structurally underlying, were exposed and denuded. Stage C (late Albian-) is characterized by denudation of almost all the mid-Mesozoic ACs. This denudational evolution might be related to some tectonic and igneous events in East Asia, such as the uplift of the Tetori Group in the late Hauterivian-early Barremian and the initiation of the granitic magmatic activity in the middle Albian.

    DOI: 10.4454/ofioliti.v42i2.447

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟県小滝地域における県内最古の化石発見:糸魚川市・新潟大学・産業技術総合研究所の共同研究報告 査読

    伊藤 剛, 栗原敏行, 箱岩寛晶, 茨木洋介, 松岡 篤

    糸魚川市博物館研究報告 ( 4 ) 23 - 31   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • A New subspecies of <i>Pseudoalbaillella Globosa</i>(Middle Permian radiolaria) and its morphological variation. 査読

    Ito, T, Feng, Q, Matsuoka, A

    微体古生物学報33 ( 4 ) 33   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Uneven Distribution of Pseudotormentus De Wever et Caridroit (Radiolaria, Protozoa): Provincialism of a Permian Planktonic Microorganism 査読

    Tsuyoshi Ito, Feng Qinglai, Atsushi Matsuoka

    ACTA GEOLOGICA SINICA-ENGLISH EDITION90 ( 5 ) 1598 - 1610   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    The Permian planktonic distribution is not well known, in contrast to other fossil distributions of nekton and benthos. Radiolaria are representative microfossils of plankton in the Permian palaeocean. This study compares both correlated radiolarian occurrences (Pseudotormentus De Wever et Caridroit and Quadriremis Nazarov et Ormiston) in literature data from the Pacific Rim and quantitative data from the Liuhuang and Gujingling sections in South China. Pseudotormentus distributions are concentrated in the Panthalassa, whereas Quadriremis occurrences are distributed over both the Panthalassa and the Palaeotethys. The uneven distribution of Pseudotormentus seems to have been controlled by a difference in the oceanic basins, indicating the presence of faunal differences in Permian planktonic microorganisms between the Panthalassa and the Palaeotethys. In other words, this study infers the provincialism of Permian planktonic microorganisms. The uneven distribution is explainable by a hypothesis that Pseudotormentus was strongly affected by a Panthalassan equatorial current.

    DOI: 10.1111/1755-6724.12804

    Web of Science

    researchmap

  • Bolide impact triggered the Late Triassic extinction event in equatorial Panthalassa 査読

    Tetsuji Onoue, Honami Sato, Daisuke Yamashita, Minoru Ikehara, Kazutaka Yasukawa, Koichiro Fujinaga, Yasuhiro Kato, Atsushi Matsuoka

    SCIENTIFIC REPORTS6   29609   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Extinctions within major pelagic groups (e.g., radiolarians and conodonts) occurred in a stepwise fashion during the last 15 Myr of the Triassic. Although a marked decline in the diversity of pelagic faunas began at the end of the middle Norian, the cause of the middle Norian extinction is uncertain. Here we show a possible link between the end-middle Norian radiolarian extinction and a bolide impact. Two palaeoenvironmental events occurred during the initial phase of the radiolarian extinction interval: (1) a post-impact shutdown of primary and biogenic silica production within a time span of 104-105 yr, and (2) a sustained reduction in the sinking flux of radiolarian silica for similar to 0.3 Myr after the impact. The catastrophic collapse of the pelagic ecosystem at this time was probably the dominant factor responsible for the end-middle Norian conodont extinction.

    DOI: 10.1038/srep29609

    Web of Science

    researchmap

  • Mode of occurrence and taphonomy of the heteromorph ammonite Pravitoceras sigmoidale Yabe from the Upper Cretaceous Izumi Group, Japan 査読

    Kohei Yoshino, Atsushi Matsuoka

    CRETACEOUS RESEARCH62   74 - 85   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The heteromorph ammonite Pravitoceras sigmoidale Yabe, of the family Nostoceratidae, is the zonal marker of the upper Campanian P. sigmoidale Zone in southwest Japan, and is the main component of ammonite assemblages in this zone. We explain the taphonomic processes underlying the occurrence of P. sigmoidale in the Izumi Group, specifically in the Minato (Awaji Island), Anaga (Awaji Island), Koike -Omoizaki (Shikoku), and Hidonodani sections (Shikoku). The first two sections consist mainly of the non-turbiditic Northern Marginal Facies (NMF), while the latter two sections comprise the Main Fades (MF), a turbiditic facies deposited in waters deeper than those of the NMF. We recognise three modes of occurrence of P. sigmoidale, as follows: (1) In nodules crowded with P. sigmoidale (NCP); this mode occurs only in the NMF, and includes juvenile and adult specimens, together with other ammonites such as Solenoceras (Oxybeloceras) aff. humei (Douville), (2) In mudstone with isolated P. sigmoidale (MIP), which is found in all of the sections studied, (3) In sandstone with isolated P. sigmoidale (SIP), which occurs only in the MF. Adult individuals of P. sigmoidale are dominant in most of the sections, while juveniles were observed only in the Minato section, which originally was closer to land areas. The number of specimens of P. sigmoidale and Solenoceras spp. tends to increase in sections representing depositional environments proximal to terrestrial areas. Ammonite assemblages could have been transported from shallow- to deep-water settings by turbidity currents. The sorting of components by transport processes likely contributed to the formation of these fossil assemblages in different areas. This is an important clue to understanding the habitat of heteromorph ammonite life assemblages consisting mainly of P. sigmoidale. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.cretres.2016.02.003

    Web of Science

    researchmap

  • 岐阜県美濃テレーン上麻生ユニットの礫岩に含まれるチャート岩体から産出したペルム紀放散虫化石 査読

    伊藤 剛, 北川祐介, 松岡 篤

    地質学雑誌122 ( 6 ) 249 - 259   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.2016.0013

    researchmap

  • SEM morphological study of clam shrimp <i>Ganestheria </i>(spinicaudatan) from Upper Cretaceous of Jiangxi, southeastern China. 査読

    Li, G, Teng, X, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University (Geology)31   69 - 74   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • <i>Nestoria sikeshuensis</i> (Spinicaudata), a new clam shrimp species from the Tugulu Group in Junggar Basin, northwestern China. 査読

    Teng, X, Xiao, J, Zhang, Y, Matsuoka, A, Li, G

    Science Reports of Niigata University (Geology)31   75 - 81   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Possible Boundaries between <i>Pseudoalbaillella</i> and <i>Follicucullus</i> (Follicucullidae, Albaillellaria, Radiolaria): An Example of Morphological Information from Fossils and Its Use in Taxonomy. 査読

    Ito, T, Feng, Q, Matsuoka, A

    Forma31   7 - 10   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5047/forma.2016.002

    researchmap

  • Siliceous sponge spicules from the Permian Gufeng Formation in Wuhan, Hubei Province, China 査読

    Ito, T, Matsuoka, A, Feng, Q

    News of Osaka Micropaleontologists (NOM), Special Volume16   105 - 111   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Middle Jurassic to Early Cretaceous radiolarian assemblages from the chert blocks in the mélange along the Yarlung–Tsangpo Suture Zone, near Zhongba County, Southern Tibet. 査読

    Li, X, Matsuoka, A, Li, Y, Wei, Y, Wang, C

    News of Osaka Micropaleontologists (NOM), Special Volume16   79 - 94   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Ductilely deformed cherts within intrusive sandstones of the Yoshii Group of the Akiyoshi terrane in Southwest Japan: Consolidation time of Permian cherts 査読

    Ito, T, Matsuoka, A

    News of Osaka Micropaleontologists (NOM), Special Volume16   95 - 104   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 3D造形物を利用した学習教材の開発と活用:放散虫骨格の拡大模型作成を例に

    小林由枝, 栗原敏之, 岸本直子, 松岡 篤

    化石98   29 - 38   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Palaeontological Society of Japan  

    researchmap

  • Swollen type of <i>Albaillella sinuata</i> lshiga and Watase (Permian radiolaria) from a chert boulder in le-jima Island, Okinawa Prefecture, Japan 査読

    Ito T, Matsuoka A

    News of Osaka MicropaleontologistsSpecial Volume ( 15 ) 207 - 217   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 多面体幾何学の放散虫骨格構造への応用 査読

    吉野 隆, 松岡 篤, 岸本直子, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 松浦 執

    大阪微化石研究会誌特別号 ( 15 ) 1 - 9   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 和泉層群の<i>Pravitoceras sigmoigale</i>帯(上部Campanian階)から産する放散虫 査読

    吉野恒平, 松岡 篤

    大阪微化石研究会誌 ( 特別号15 ) 169 - 179   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Imbricate structure of the Permian Yoshii Group in the Otakeyama area, Okayama Prefecture, southwest Japan 査読

    Tsuyoshi Ito, Atsushi Matsuoka

    FRONTIERS OF EARTH SCIENCE9 ( 1 ) 152 - 163   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The Yoshii Group of the Akiyoshi terrane is distributed over the Otakeyama area, Okayama Prefecture, southwest Japan. The Yoshii Group is composed of siliceous rocks and clastics, comprising chert-clastic sequences. The Yoshii Group is divided into four structural units (Units Ot 1, Ot 2, Ot 3, and Ot 4) in structurally ascending order. Lithological similarities and radiolarian age suggest that these units exhibit almost identical ocean plate stratigraphy. These units are structurally-repeated to form an imbricate structure. This structure was possibly formed by off-scrape accretion at a toe of an accretionary complex. Additionally, a review of previous studies indicates that an imbricate structure is common in the Akiyoshi terrane. The presence of an imbricate structure in the Akiyoshi terrane, Permian accretionary complex, indicates the possibility that a specific horizon of Permian pelagic sequences acted as a d,collement zone.

    DOI: 10.1007/s11707-014-0443-x

    Web of Science

    researchmap

  • Searching for a non-marine Jurassic/Cretaceous boundary in northeastern China 査読

    Li G, Matsuoka A

    The Journal of the Geological Society of Japan121 ( 3 ) 109 - 122   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.2015.0001

    researchmap

  • トピックセッション「ジュラ系+」の10年の足跡と国際ジュラ系層序小委員会の活動 査読

    松岡 篤

    地質学雑誌121 ( 2 ) 39 - 44   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Polyhedron geometry of skeletons of Mesozoic radiolarian Pantanellium 査読

    Takashi Yoshino, Atsushi Matsuoka, Toshiyuki Kurihara, Naoto Ishida, Naoko Kishimoto, Katsunori Kimoto, Shu Matsuura

    Revue de Micropaleontologie58 ( 1 ) 51 - 56   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Masson SAS  

    We considered the geometrical properties of skeletons of the genus Pantanellium, a type of Mesozoic radiolarian. We constructed four 3D models of fossil specimens of Pantanellium, using X-ray Micro-CT and layered manufacturing technology. Focusing on cortical shells, we approximated the skeletal structures with convex polyhedrons and investigated their geometrical properties. We summarized these properties using planar graphs. The geometrical properties differ for fossils that are believed to belong to the same species. The results of numerical simulations based on a mathematical model for spherical radiolarians were partially consistent with the skeletal structures of the specimens. We conclude that the skeletal structure of the genus Pantanellium is not fixed and is not completely optimized from the viewpoint of symmetry.

    DOI: 10.1016/j.revmic.2015.01.002

    Scopus

    researchmap

  • Taxonomic significance of short forms of middle Permian Pseudoalbaillella Holdsworth and Jones, 1980 (Follicucullidae, Radiolaria) 査読

    Tsuyoshi Ito, Qinglai Feng, Atsushi Matsuoka

    Revue de Micropaleontologie58 ( 1 ) 3 - 12   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Masson SAS  

    Middle Permian Pseudoalbaillella from the Xiaodong area in South China were studied using fossil morphology. Short forms of Pseudoalbaillella fusiformis (Holdsworth and Jones), Pseudoalbaillella internata Wang, and Pseudoalbaillella monacantha (Ishiga and Imoto), characterized by a short and skirt-like pseudoabdomen, were confirmed. We conclude that the short forms were derived from their respective species by breaking off during disruptive processes. If this is true, there may be structurally weakened parts in the pseudoabdomen.

    DOI: 10.1016/j.revmic.2014.05.003

    Scopus

    researchmap

  • Foraminifera: the small giant in the ocean

    Fang P, Willems H, Matsuoka A, Li G

    Chinese Journal of Nature37 ( 2 ) 103 - 107   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Three-dimensional imaging of the Jurassic radiolarian <i>Protunuma? ochiensis</i> Matsuoka: an experimental study using high-resolution X-ray micro-computed tomography. 査読

    Ishida N, Kishimoto N, Matsuoka A, Kimoto K, Kurihara T, Yoshino T

    Volumina Jurassica13 ( 1 ) 77 - 82   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Middle Jurassic radiolarians from chert clasts within conglomerates of the Itsuki Formation of the Itoshiro Subgroup (Tetori Group) in the Taniyamadani valley, Fukui Prefecture, central Japan. 査読

    Ito T, Sakai Y, Feng Q, Matsuoka A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology) ( 30 ) 1 - 13   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Jurassic-cretaceous boundary strata of the Somanakamura Group in NE Japan and their correlation with coeval terrestrial deposits in China 査読

    Li Wei, Xiaoqiao Wan, Atsushi Matsuoka, Shuqin Zhang, Haiying Qu, Tsubasa Tamura, Kohei Yoshino

    Acta Geologica Sinica89 ( 1 ) 285 - 299   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-Blackwell Publishing Asia  

    Abstract: Defining the Jurassic-Cretaceous boundary is a controversy in stratigraphic study of the world. It has been widely accepted that this boundary can be defined at the bottom of Berriasian in Tethys, with the appearance of the ammonite Berriasella jacobi dating to ca. 145 Ma. However, it is difficult for the widespread terrestrial deposits in China to correlate with the international standard of marine facies. The Somanakamura Group in Japan is represented by a succession of marine-continental transitional strata. It provides a bridge of marine and nonmarine stratigraphic correlation. The ammonite and radiolarian fossils preserved in this group suggest an age from Bajocian to early Valanginian. The J-K boundary was defined in or atop the Tomizawa Formation of the group according to the ammonite data. The present authors study the fossil spores and pollen newly found from the Tomizawa and Koyamada formations. Three assemblages have been recognized. They are Assemblage 1 (Cyathidites-Classopollis) from the upper part of the Tomizawa Formation, Assemblage 2 (Cyathidites-Jiaohepollis) from the lower part of the Koyamada Formation, and Assemblage 3 (Cyathidites-Spheripollenites-Ephedripites) from the middle to upper part of the Koyamada Formation. With the reference of ammonite evidence, the J-K boundary can be defined between Assemblage 1 and Assemblage 2. This palynological J-K boundary can be correlated with that of terrestrial sequence in China. However, local biostratigraphy imply that the continental J-K boundary in China is of 135 or 137 Ma age. It has a considerable discrepancy from the marine standard. Biogeographically, the distribution pattern of spores and pollen in southern China is in accordance with that in the Somanakamura Group, which parallels the Tuchengzi Formation in northeastern China. By the palynological correlation between the Somanakamura Group and the strata in southern China, and then with the sequence in northeastern China, it is suggested that the continental J-K boundary is located in the Tuchengzi Formation.

    DOI: 10.1111/1755-6724.12411

    Scopus

    researchmap

  • SEM morphological study of the clam shrimp type specimens of Eosestheria sihetunensis from the Lower Cretaceous Yixian Formation in western Liaoning, northeastern China. 査読

    Li G, Matsuoka A, Willems H

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology) ( 30 ) 27 - 37   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Bathonian/Callovian (Middle Jurassic) ammonite biostratigraphy of the Kaizara Formation of the Tetori Group in central Japan 査読

    Naoto Handa, Kentaro Nakada, Junko Anso, Atsushi Matsuoka

    NEWSLETTERS ON STRATIGRAPHY47 ( 3 ) 283 - 297   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEBRUDER BORNTRAEGER  

    The definition of the Global Boundary Stratotype Section and Point (GSSP) of the Bathonian/Callovian (Middle Jurassic) boundary is under debate in Europe. The sections that include the Bathonian/Callovian boundary are still limited in East Asia. In Japan, the Middle Jurassic Kaizara Formation, which is located within the Tetori Group, is exposed in Fukui Prefecture, central Japan. This formation contains abundant ammonite fossils. On the basis of ammonite fossils, the Kaizara Formation has been assigned to the late Bathonian to early Callovian age. Therefore, the Kaizara Formation is an important formation encompassing the Bathonian/Callovian boundary in East Asia. However, the fossil-bearing horizons have not been observed clearly in previous studies. In the present study, a detailed analysis of the molluscan fossil-bearing horizons of the Kaizara Formation was conducted utilizing three stratigraphic successions. On the basis of seven identified genera and nine species of ammonites, the presence of three successive assemblage zones first proposed by a previous study is confirmed: the Pseudoneuqueniceras yokoyamai, the Kepplerites japonicus, and the Oxycerites assemblage zones. Of these, the Pseudoneuqueniceras yokoyamai Assemblage Zone was assumed to correspond to the Orbis - Oppeli Zone (late Bathonian), and the Kepplerites assemblage Zone was assumed to be comparable to the early Callovian age. These results indicate that the Bathonian/Callovian boundary lies within the middle part of the Kaizara Formation.

    DOI: 10.1127/0078-0421/2014/0048

    Web of Science

    researchmap

  • 糸魚川ジオパーク認知度アンケートの結果を活用した普及活動の提案

    大河内春香, 松岡 篤

    形の科学会誌29 ( 2 ) 97 - 103   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Pores in Spherical Radiolarian Skeletons Directly Determined from Three-Dimensional Data.

    Yoshino T, Kishimoto N, Matsuoka A, Ishida N, Kurihara T, Kimoto K

    FORMA29   21 - 27   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Evolutionary patterns and palaeobiogeography of Pliensbachian and Toarcian (Early Jurassic) Radiolaria 査読

    Spela Gorican, Elizabeth S. Carter, Jean Guex, Luis O'Dogherty, Patrick De Weyer, Paulian Dumitrica, Rie S. Hon, Atsushi Matsuoka, Patricia A. Whalen

    PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY386   620 - 636   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Recent studies on the global distribution of Pliensbachian and Toarcian polycystine radiolarians allowed us to examine faunal turnovers and the biogeography through this critical time interval around a major ecologic and biotic crisis. The analysis is based on the distribution of 167 species belonging to 69 genera. Significant variations in the ratio between the number of originating and extinct species have been recognized. During the early Early Pliensbachian FADs greatly exceeded LADs and the maximum diversity was reached in the late Early Pliensbachian. The trend then reversed with the number of LADs exceeding FADs throughout the Late Pliensbachian and Early Toarcian (extinction interval). Recovery started in the Middle and Late Toarcian, when the number of FADs again surpassed the number of LADs.
    Three differing evolutionary patterns are observed amongst radiolarian genera through the studied time interval. The largest group diversified rapidly in the Early Pliensbachian and experienced higher extinction rates in the Late Pliensbachian and Early Toarcian; a second group exhibited no major changes; and a third group of mainly spongy spumellarians was successful during the extinction interval. The overall trend of radiolarian diversity is in a fairly good agreement with that of other marine faunas (ammonites and also benthos), but shows an inverse correlation with diversity trends of phytoplankton.
    Correlation with concomitant environmental changes indicates that radiolarian radiation/extinction rates were not consistently linked with temperature fluctuations or sea-level changes. It is also evident that the diversity decrease started well before the Early Toarcian negative delta C-13 peak and the Oceanic Anoxic Event (OAE). The extinction interval corresponds well to the duration of a short-term anomaly in the strontium-isotope record, including the rapid decrease of Sr-87/Sr-86 values in the Late Pliensbachian as well as the rapid increase in the Early Toarcian. This coincidence supports the hypothesis that the predominance of extinctions over originations was caused by a series of climate and environmental changes related to intensified magmatic activity.
    Some distinct biogeographic differences have been observed. Generic differences are most strongly displayed by the presence or absence of a particular genus or by changes in abundance while species differences range from greater variability to having completely different species in separate palaeolatitudinal realms. Two groups of genera are distinguished: those that are common to abundant in the Tethys (low latitudes) and rare to absent in mid to high latitudes, and those common to abundant in mid to high latitudes and rare to absent in the Tethys. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.palaeo.2013.06.028

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Guadalupian (Middle Permian) Radiolarian and Sponge Spicule Faunas from the Bancheng Formation of the Qinzhou Allochthon, South China 査読

    Ito Tsuyoshi, Lei Zhang, Qinglai Feng, Matsuoka Atsushi

    JOURNAL OF EARTH SCIENCE24 ( 2 ) 145 - 156   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHINA UNIV GEOSCIENCES  

    The Gujingling Section in Xiaodong, Guangxi Zhuang Autonomous Region, China, consists of cherts and siliceous siltstones, which belongs to the Bancheng Formation of the Qinzhou allochthon. Three successive radiolarian assemblage-zones related to the Guadalupian (Middle Permian) appear in the section in the following ascending order: Pseudoalbaillella sp. aff. Pseudoalbaillella longicornis-Pseudoalbaillella fusiformis, Follicucullus monacanthus, and Follicucullus scholasticus-Follicucullus porrectus. The radiolarian content in this section is generally greater than that of sponge spicules. The radiolarian fauna commonly consists of abundant Albanlellaria and spherical radiolaria with minor Latentifistularia and Entactinaria. The sponge fauna is composed mainly of hexactinellids with minor demosponges. These siliceous fossil faunal features, comparable with those in a deep basin of the western belt of the Phosphoria Basin in the western United States, indicate that the Bancheng Formation in the Gujingling Section was deposited in a basin deeper than 1 000 m. The siliceous siltstones in the section are characterized by inclusion of silt-sized quartz and no inclusion of sand-sized materials, suggesting that the Gujingling Section was located at least a few hundred kilometers from the South China Block in the Guadalupian.

    DOI: 10.1007/s12583-013-0317-2

    Web of Science

    researchmap

  • 東日本大震災被災地支援 化石のレプリカ作りi n相馬地方.(共著)

    田村 翼, 二上文彦, 八巻安夫, 荒 好, 松岡 篤

    相馬中村層群研究会誌 自然史研究 ( 3 ) 13 - 27   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Revision of clam shrimp (“conchostracan”) genus Tylestheria from Late Cretaceous deposits of China "jointly worked" 査読

    Li, G, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)28   51 - 63   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Late Jurassic radiolarians from the Zhongba melange in the Yarlung-Tsangpo suture zone, southern Tibet. "jointly worked" 査読

    Li, X, Li, Y, Wang, C, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)28   23 - 30   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Radiolarian faunal change in the Middle Permian Gufeng Formation in the Liuhuang section, Chaohu, South China "jointly worked" 査読

    Ito, T, Feng, Q, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)28   39 - 49   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Application of Voronoi Tessellation of Spherical Surface to Geometrical Models of Skeleton Forms of Spherical Radiolaria. "jointly worked" 査読

    Yoshino, T, Matsuoka, A, Kurihara, T, Ishida, N, Kishimoto, N, Kimoto, K, Matsuura, S

    FORMA27   45 - 53   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県佐渡島に分布する中部更新統沢根層上部の貝形虫化石群と日本海表層水の低塩分化 (共著) 査読

    石田 桂, 吉田和弘, 松岡 篤

    地質学雑誌118 ( 8 ) 476 - 492   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.2012.0024

    researchmap

  • Exact number of pore frames and their configuration in the Mesozoic radiolarian Pantanellium: An application of X-ray micro-CT and layered manufacturing technology to micropaleontology 査読

    Atsushi Matsuoka, Takashi Yoshino, Naoko Kishimoto, Naoto Ishida, Toshiyuki Kurihara, Katsunori Kimoto, Shu Matsuura

    MARINE MICROPALEONTOLOGY88-89   36 - 40   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Nylon models of earliest Cretaceous Pantanellium were produced from a real fossil specimen by applying X-ray micro-CT and layered manufacturing technology. These models enable us to elucidate the exact number of polygonal pore frames and their configuration on the cortical shell, which is difficult to recognize from scanning electron microscope or light microscope images. The specimen has a total number of 27 polygonal (12 pentagonal and 15 hexagonal) pore frames. The pore frame number and the configuration are important criteria in the taxonomy of the Family Pantanelliidae. Planar graphs showing the distribution of polygonal pore frames on the cortical shell are depicted. They are expected to be a standard method for presenting and examining geometrical characters of pantanellid cortical shells. The new technology of X-ray micro-CT can shed light on detailed morphological examinations of not only radiolarians but also any other microfossils. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2012.02.005

    Web of Science

    researchmap

  • Ultrastructural and molecular characterization of cyanobacterial symbionts in Dictyocoryne profunda (polycystine radiolaria) 査読

    Tomoko Yuasa, Takeo Horiguchi, Shigeki Mayama, Atsushi Matsuoka, Osamu Takahashi

    SYMBIOSIS57 ( 1 ) 51 - 55   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Cyanobacterial symbionts were detected in the extracytoplasm of the polycystine radiolarian Dictyocoryne profunda Ehrenberg. The bacterial symbionts were observed as numerous spherical bodies similar to 0.5-1.0 mu m in diameter under transmission electron microscopy. They were present in a very restricted location close to the periphery of the host radiolarian shell, adjacent to the central capsular wall. Several cells of them may have been in the process of cell division or just divided. The symbionts had thylakoid-like structures, which ran around the cell periphery in two or three concentric layers. Based on the small subunit ribosomal DNA (16S rDNA) phylogenetic analyses, the intracellular symbiotic bacteria grouped with cyanobacteria belonging to the genus Synechococcus. Three sequences, one from each of three specimens of D. profunda, collected in March/October 2009 and March 2010 from the East China Sea, were the same and branched within Synechococcus clade II, that is characterized by strains with low amounts of phycourobilin (PUB).

    DOI: 10.1007/s13199-012-0174-2

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟県糸魚川地域の境川右岸の手取層群水上谷層の岩相と層序(共著)

    酒井佑輔, 伊藤 剛, 茨木洋介, 吉野恒平, 石田直人, 梅津 暢, 中田健太郎, 松本明日香, 日野原達, 松本 健, 松岡 篤

    糸魚川市博物館研究報告3   1 - 11   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県糸魚川地域手取層群水上谷層の礫岩中の珪質岩礫から産出した放散虫化石(共著)

    伊藤 剛, 酒井佑輔, 茨木洋介, 吉野恒平, 石田直人, 梅津 暢, 中田健太郎, 松本明日香, 日野原達, 松本 健, 松岡 篤

    糸魚川市博物館研究報告3   13 - 25   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Jurassic clam shrimp (“conchostracan”) faunas in China. "jointly worked" 査読

    Li, G, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)27   73 - 88   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Early Jurassic fish from the Nishinakayama Formation of the Toyora Group, Yamaguchi Prefecture, southwest Japan. "jointly worked" 査読

    Nakada, K, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)27   1 - 7   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • International correlation of the Pliensbachian/Toarcian (Lower Jurassic) ammonoid biostratigraphy of the Nishinakayama Formation in the Toyora Group, southwest Japan 査読

    Kentaro Nakada, Atsushi Matsuoka

    NEWSLETTERS ON STRATIGRAPHY44 ( 2 ) 89 - 111   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GEBRUDER BORNTRAEGER  

    The Toyora Group, Jurassic continental shelf sediments exposed in southwest Japan, is divided into three formations. The lower member of the Nishinakayama Formation, the middle part of the group, is characterized by an abundance of ammonoid fossils. Ammonite zonal schemes have been established, although these frameworks were difficult to correlate with European zonations. This study aims to revise the ammonite zonation of this member and to correlate the new zonal scheme with the European zonations. Four successive ammonoid zones are proposed (in ascending order): the Canavaria japonica Zone, the Paltarpites paltus Zone, the Dactylioceras helianthoides Zone and the Harpoceras inouyei Zone. These new zones are compared to the zonations established in European provinces. The base of the P. paltus Zone corresponds to the Pliensbachian/Toarcian boundary. In the Upper Pliensbachian, the lowermost part of the C. japonica Zone analyzed in this study is correlated with the Apyrenum Subzone. In the Lower Toarcian, the base of the D. helianthoides Zone seems to be compared to a horizon within the Clevelandicum Subzone, and the base of the H. inouyei Zone is correlated with the base of the Exaratum Subzone. The uppermost part is probably compared to the Fibulatum Subzone.

    DOI: 10.1127/0078-0421/2011/0006

    Web of Science

    researchmap

  • Preservation of larval bivalve shells in a radiolarian chert in the Late Triassic (Early Norian) interval of the Malampaya Sound Group, Calamian Island, western Philippines 査読

    Tetsuji Onoue, Takashi Nikaido, Laurence R. Zamoras, Atsushi Matsuoka

    MARINE MICROPALEONTOLOGY79 ( 1-2 ) 58 - 65   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Silicified thin larval bivalve shells occur in Upper Triassic radiolarian chert (Early Norian) in the Liminangcong Formation of the Malampaya Sound Group, part of a Late Jurassic to Early Cretaceous subduction-related accretionary complex in the North Palawan Block, western Philippines. The bivalve-bearing radiolarian chert, which we term "bivalve chert," is considered to be a deep-sea sediment that accumulated in an open-ocean realm of the Panthalassa Ocean. Radiolarian and conodont biostratigraphies indicate an early Norian deposition of the thin-shelled bivalves. The bivalve morphology, thin shells (less than 30 mu m thick), smooth ornamentation, and small size (less than 1.3 mm long), suggests they represent larval shells. Although their taxonomic identity cannot be established with certainty, halobiid bivalves that lived in Norian times apparently had such a planktonic larval mode of life. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2011.01.005

    Web of Science

    researchmap

  • Living radiolarians sampled on 7 June 2010 in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Tassha, Sado Island, central Japan.

    Kurihara, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)26   53 - 60   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 南相馬市の相馬中村層群小山田層の新産地から採集されたベリアシアン(白亜紀初期)アンモナイトおよびオウムガイ化石群集. 査読

    佐藤 正, 竹谷陽二郎, 八巻安夫, 栃久保廣泰, 荒 好, 平 宗雄, 岸崎晃一郎, 二上文彦, 田村 翼, 松岡 篤

    福島県立博物館紀要25   25 - 48   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Direct observation of the skeletal growth patterns of polycystine radiolarians using a fluorescent marker 査読

    Kaoru Ogane, Akihiro Tuji, Noritoshi Suzuki, Atsushi Matsuoka, Toshiyuki Kurihara, Rie S. Hori

    MARINE MICROPALEONTOLOGY77 ( 3-4 ) 137 - 144   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Skeletogenesis in polycystine radiolarians was detected, using a fluorescent compound called PDMPO (2-(4-pyridyl)-5-[(4-(2-dimethylaminoethylaminocarbamoyl)methoxy)-phenyl] oxazole). This compound binds under acidic conditions with silica in the silica deposition vesicle (SDV) of radiolarians, and only newly added silica emits a green fluorescence under ultraviolet light. We used cells fixed with formaldehyde of two species of spherical Spumellaria (Hexacontium philosophica and Rhizosphaera trigonacantha) and three species of cyrtid Nassellaria (Anthocyrtidium angulare, Clathrocyclas (?) cassiopeiae, and Lophophaena hispida), in which green fluorescence occurred in the entire skeleton outside the endoplasm. In contrast, the conical nassellarian species Eucyrtidium hexagonatum emitted green fluorescence only on the cephalo-thorax-abdominal part of the skeleton, and on part of the inner ring at the segmental suture, and the margins of pores, suggesting partial biological silicification. Two flat spumellarian species (Dictyocoryne profunda and Rhopalastrum elegans) showed bright green fluorescence over the full skeleton in some cells, but other cells did not fluoresce at all, even though young cells in good condition were tested, suggesting that intermittent growth occurs in these species, as known from a controlled incubation experiment. We did not observe development of new skeletons, but "skeletal thickening growth" (STG), defined as silica deposition over the surface of an existing skeleton, occurred to varying degrees in the polycystines, and may result in the formation of lamellar structures, as observed in sectioned skeletons of polycystines. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2010.08.005

    Web of Science

    researchmap

  • Global radiolarian zonation for the Pliensbachian, Toarcian and Aalenian 査読

    Elizabeth S. Carter, Spela Gorican, Jean Guex, Luis O'Dogherty, Patrick De Wever, Paulian Dumitrica, Rie S. Hori, Atsushi Matsuoka, Patricia A. Whalen

    PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY297 ( 2 ) 401 - 419   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Jurassic radiolarians from 220 samples in Queen Charlotte Islands, B.C., Williston Lake, B.C., east-central Oregon, Baja California Sur, southern Spain, Austria, Slovenia, Turkey, Oman, Japan and Argentina were studied in order to construct global zonation for the Pliensbachian, Toarcian and Aalenian stages. Well-preserved faunas from continuous stratigraphic sections in Queen Charlotte Islands provide the most detailed record for this time interval, and all collections are tied to North American ammonite zones or assemblages. Collections from nearly all other areas lack independent dating except for early Toarcian carbon-isotope dating in Slovenia and late Aalenian ammonites in Spain.
    A database of 197 widely distributed updated taxonomic species was used to construct a Unitary Association (UA) zonation for the interval. A global sequence of 41 UAs was obtained for the top of the Sinemurian to the base of the Bajocian. The first and the last UAs represent the Late Sinemurian and the Early Bajocian respectively. The remaining 39 UAs were merged into nine zones (four Early Pliensbachian, one Late Pliensbachian, one Early Toarcian, one Middle-Late Toarcian, and two Aalenian) according to prominent radiolarian faunal breaks and ammonite data. The new zones are the Canutus tip pen - Katroma clara Zone (latest Sinemurian/earliest Pliensbachian); Zartus mostleri - Pseudoristola megaglobosa, Hsuum mulleri - Trillus elkhornensis and Gigi fustis - Lantus sixi zones (Early Pliensbachian); Eucyrtidiellum nagaiae - Praeparvicingula tlellensis Zone (Late Pliensbachian); Napora relica - Eucyrtidiellum disparile Zone (Early Toarcian); Elodium pessagnoi - Hexasaturnalis hexagonus Zone (Middle and Late Toarcian); Higumastra transversa - Napora nipponica Zone (early Aalenian); and Mirifusus proavus - Transhsuum hisuikyoense Zone (late Aalenian). These zones can be correlated worldwide and link previously established UA zonations for the Hettangian-Sinemurian and the Middle to Upper Jurassic. The new zonation allows high-resolution dating in the studied interval and provides a solid basis for analyzing faunal turnovers and the paleobiogeography of Jurassic radiolarians. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.palaeo.2010.08.024

    Web of Science

    researchmap

  • Living radiolarian fauna of late autumn (November 13, 2008) in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Tassha, Sado Island, central Japan.

    Kurihara, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)25   83 - 92   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Biometrical analysis on primary rib number of the Middle Jurassic ammonoid Pseudoneuqueniceras yokoyamai (Kobayashi & Fukada) and its allied forms.

    Matsuoka, A, Anso, J, Nakada, K, Terabe, K, Sato, T

    Cephalopods Present and Past.   187 - 194   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Enlarged Skeleton Models of Plankton for Tactile Teaching 査読

    Yoshinori Teshima, Atsushi Matsuoka, Mamoru Fujiyoshi, Yuji Ikegami, Takeshi Kaneko, Susumu Oouchi, Yasunari Watanabe, Kenji Yamazawa

    COMPUTERS HELPING PEOPLE WITH SPECIAL NEEDS, PROCEEDINGS, PT 26180   523 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    Blind people can learn about real objects through tactile sensations. However, the objects are sometimes rather small to observe by touch. Enlarged three-dimensional (3D) models for such tiny objects are useful for tactile teaching. This paper presents the first exact models of radiolaria and foraminifera. Their 3D shape data are measured using micro X-ray CT, and their exact 3D models are constructed using layered manufacturing. A recognition test showed the immense usefulness of these enlarged models for blind students in learning the shapes of micro-organisms.

    DOI: 10.1007/978-3-642-14100-3_78

    Web of Science

    researchmap

  • Distribution patters of the radiolarian nuclei and symbionts using DAPI-fluorescence.

    Suzuki, N, Ogane, K, Aita, Y, Kato, M, Sakai, S, Kurihara, T, Matsuoka, A, Ohtsuka, S, Go, A, Nakaguchi, K, Yamaguchi, S, Takahashi, T, Tuji, A

    Bulletin of the National Museum of Nature and Science, Series B (Botany)35   169 - 182   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A simple mathematical model for chamber arrangement of planktic foraminifera.

    Yoshino, T, Kimoto, K, Kishimoto, N, Matsuoka, A, Kurihara, T, Ishida, N, Matsuura, S

    FORMA24 ( 3 ) 87 - 92   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • On the Pliensbachian/Toarcian boundary in the Lower Jurassic Toyora Group in southwest Japan

    Nakada, K, Matsuoka, A

    Volumina Jurassica, Warsaw University7   51 - 58   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Sporogenesis of an extracellular cell chain from the spheroidal radiolarian host Haliommilla capillaceum (Haeckel), Polycystina, Protista

    Noritoshi Suzuki, Toshiyuki Kurihara, Atsushi Matsuoka

    MARINE MICROPALEONTOLOGY72 ( 3-4 ) 157 - 164   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We present the first record of a living solitary spherical polycystine radiolarian, Haliommilla capillaceum (Haeckel), with a chain of extracellular cells. The extracellular cells divided seven times over about 4 h from the 8-cell to the 1024-cell stage and then swam away. At the 1024-cell stage the cells were very small, isospores (ca. 12 mu m in length). After final cytokinesis, the cells remained essentially immobile, with only occasional movement. After this immobile stage, they abruptly swam out in a burst into seawater. The cell division patterns and cell shape are similar to the sporogenesis of the host-specific parasitic dinoflagellate Duboscquella sp. infecting a tintinnid. Precise identification, however, needs molecular analysis, transmitted scanning images and proliferation test. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2009.04.007

    Web of Science

    researchmap

  • 放散虫Mirifusus属(海洋プランクトン)の進化と骨格構造の力学的最適化-骨格形状遷移の構造力学的検証-

    吉野 隆, 石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典, 松浦 執

    応用力学論文集12   35 - 42   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 関東山地秩父累帯の山中白亜系瀬林層より産出したバレミアン期テチス型二枚貝群集

    寺部和伸, 松岡 篤

    地質学雑誌115 ( 3 ) 122 - 132   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.115.130

    researchmap

  • A late-winter (March 10, 2008) living radiolarian fauna in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Tassha, Sado Island, central Japan.

    Kurihara, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)24   81 - 90   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Late autumn living radiolarian fauna from sub-tropical surface waters in the East China Sea off Sesoko Island, Okinawa, southwest Japan.

    Matsuoka, A

    News of Osaka Micropaleontologists, Special Volume14   11 - 29   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 関東山地上吉田層(北部秩父帯)の珪質泥岩から産出したジュラ紀中世放散虫化石.

    小久保晋一, 松岡 篤

    大阪微化石研究会誌, 特別号14   493 - 499   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • First application of PDMPO to examine silicification in polycystine radiolaria 査読

    Kaoru Ogane, Akihiro Tuji, Noritoshi Suzuki, Toshiyuki Kurihara, Atsushi Matsuoka

    Plankton and Benthos Research4 ( 3 ) 89 - 94   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2-(4-pyridyl)-5-[(4-(2-dimethylaminoethylaminocarbamoyl)methoxy)-phenyl] oxazole (PDMPO) is a fluorescent compound that accumulates in acidic cell compartments. PDMPO is accumulated with silica under acidic conditions, and the newly developed silica skeletons show green fluorescent light. This study is the first to use PDMPO in polycystine radiolarians, which are unicellular planktonic protists. We tested Acanthodesmia sp., Rhizosphaera trigonacantha, and Spirocyrtis scalaris for emission of green fluorescence. Entire skeletons of Acanthodesmia sp. and Sr. scalaris emitted green fluorescent light, whereas only the outermost shell and radial spines of Rz. trigonacantha showed fluorescence. Two additional species, Spongaster tetras tetras and Rhopalastrum elegans did not show fluorescence. Green fluorescence of the entire skeleton is more like the "skeletal thickening growth" defined by silica deposition throughout the surface of the existing skeleton. The brightness of the fluorescence varied with each cell. This difference in fluorescence may reflect the rate of growth in these cells. Green fluorescence in PDMPO-treated polycystines suggests the presence of similar metabolic systems with controlled pH. The results of this study shed light not only on the feasibility of using PDMPO in diatoms and siliceous sponges, but also in polycystines. Further application of PDMPO could refine polycystine skeletogenic hypotheses and offer new insight on the physiological functions of silica assimilation. © The Plankton Society of Japan.

    DOI: 10.3800/pbr.4.89

    Scopus

    researchmap

  • Catalogue of Mesozoic radiolarian genera. Part 2: Jurassic-Cretaceous 査読

    Luis O&apos;Dogherty, Elizabeth S. Carter, Paulian Dumitrica, Spela Gorican, Patrick De Wever, Alexandre Nicolas Bandini, Peter O. Baumgartner, Atsushi Matsuoka

    GEODIVERSITAS31 ( 2 ) 271 - 356   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PUBLICATIONS SCIENTIFIQUES DU MUSEUM, PARIS  

    The catalogue of Mesozoic radiolarian genera is a revision of all described genera with re-illustration of their type species. This project was organized under the auspices of the International Association of Radiolarian Paleontologists (Inter-Rad), and was carried out by the Mesozoic Working Group. This is the second of two contributions, this one devoted to the Jurassic-Cretaceous period. It contains 581 genera with re-illustration of their type species. This part shares 30 genera in common with the Triassic catalogue, most of which arose in the Carnian, Norian and Rhaetian. The sharp difference manifested between the Triassic fauna and the Jurassic-Cretaceous fauna is so evident that it justifies two independent catalogues. A comparable division between the Jurassic and Cretaceous could not be justified however, because of the similarity of the fauna, and by the greater number of genera crossing the Jurassic-Cretaceous boundary which is three times that for the Triassic-Jurassic boundary. A distinct characteristic of Jurassic-Cretaceous genera is the high number of nomina dubia (up to 131), contrary to the low number in the Triassic interval. This reflects, in part, the influence of Haeckelian taxonomy in earlier research on Jurassic-Cretaceous faunas prior to the application of SEM techniques. The Mesozoic Working Group has carefully reviewed and re-examined the taxonomy of all available genera, their family assignment and stratigraphic ranges. Following careful comparisons, 91 genera were declared as synonyms. The review has noted 26 homonyms which were duly notified to their corresponding authors, and were corrected previous to the publication of this catalogue. In spite of this effort, unfortunately nine homonyms still remain. Two invalid nominal genera, and two nomina nuda are also reported. The systematic revisions have validated 341 genera for the Jurassic-Cretaceous interval. At the end of this catalogue 24 additional are resented as support for those genera having a poor photographs p original illustration of the type species.

    Web of Science

    researchmap

  • Pseudopodial features and feeding behavior of living nassellarians Eucyrtidium hexagonatum Haeckel, Pterocorys zancleus (Muller) and Dictyocodon prometheus Haeckel

    Kazuhiro Sugiyama, Rie S. Hori, Yoshitaka Kusunoki, Atsushi Matsuoka

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH12 ( 3 ) 209 - 222   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    Light microscopic studies, using both video imaging and normal camera, were made on living nassellarian radiolarians Eucyrtidium hexagonatum Haeckel, Pterocotys zancleus (Muller) and Dictyocodon prometheus Haeckel from the East China Sea off Okinawa Island, Japan. Continuous and careful observations revealed pseudopodial activity related mostly to feeding behavior. The results are presented in detail with the definition of 11 descriptive terms for nassellarian pseudopodia. Among them, terminal projections (TP) extending as straight projections from the aperture of the shell body and forming a conical structure (terminal cone: TC) and axial projections (XP) prolonged outward from the center of the aperture and proximally surrounded by TP are used for feeding. Although there are some minor differences, feeding activities of the three species can be subdivided into the following three cyclic phases; Phase I characterized by gradual extension of TP and XP from the aperture, Phase 2 marked by an abrupt withdrawal of TP and XP toward the aperture to engulf captured prey, and Phase 3 during which entangled TP used for capturing prey are completely retracted into the aperture. These lines of evidence suggest that the shell aperture plays the same role of a feeding apparatus as does a mouth. Interestingly, XP of E. hexagonatum sometimes shows abnormal branching, fusion and separation, which is different from the spumellarian axotlagellum.

    DOI: 10.2517/1342-8144-12.3.209

    Web of Science

    researchmap

  • Radiolarian faunal characteristics in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Tassha, Sado Island, central Japan in June 2007:inflowing radiolarians on the Tsushima Warm Current.

    Kurihara, T, Uchida, K, Shimotani, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)23   65 - 74   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 愛媛県城川地域の上部ジュラ系今井谷層群下相層中の鳥巣式石灰岩岩塊より厚歯二枚貝の発見. 査読

    佐野晋一, スケルトン ピーター, 武井雅彦, 松岡 篤

    地質学雑誌113   500 - 503   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.113.500

    researchmap

  • Living radiolarian feeding mechanisms: new light on past marine ecosystems

    Atsushi Matsuoka

    SWISS JOURNAL OF GEOSCIENCES100 ( 2 ) 273 - 279   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIRKHAUSER VERLAG AG  

    Environmentally controlled studies on living radiolarians, especially on their feeding mechanisms are rare. In the same way, feeding behaviours of fossil radiolarians are poorly known. In this work, techniques for living radiolarian research, including plankton sampling at sea, observations using different types of microscopes, and laboratory culture, are introduced. Light microscope, epifluorescence microscope, and confocal laser scanning microscope images of selected radiolarian species are presented. Four types of feeding behaviour which correspond well to skeletal morphology are recognized and discussed. Multi-segmented nassellarians, represented by Eucyrtidium, Pterocorys, and Spirocyrtis, take relatively large prey, including ciliates and flagellates. Some other nassellarians, e.g. Pseudocubus and Arachnocorallium, are advantageous in collecting tiny prey including microflagellates and bacteria. Solitary spumellarians, represented by Diplosphaera, Spongosphaera, and Spongaster, also gather tiny prey. Colonial radiolarians such as Collozoum and Buccinosphaera seem to live exclusively on symbiotic algae. The wide variation in feeding behaviour means that radiolarians occupy several kinds of ecological niches in marine environments. Assuming that the radiolarian skeletal morphology indicates their feeding strategy, living forms can give some light on the feeding mechanisms of similar Mesozoic forms. By contrast, the unique curved conical skeleton of the Paleozoic Albaillellaria, unknown after the end-Permian mass extinction, suggests a different feeding behaviour.

    DOI: 10.1007/s00015-007-1228-y

    Web of Science

    researchmap

  • Quantitative morphological analyses and evolutionary history of the Middle Jurassic polycystine radiolarian genus Striatojaponocapsa Kozur 査読

    Kentaro Hatakeda, Noritoshi Suzuki, Atsushi Matsuoka

    MARINE MICROPALEONTOLOGY63 ( 1-2 ) 39 - 56   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Middle Jurassic polycystine radiolarian species belonging to the genus Striatojaponocapsa show major morphological changes in the basal structure of the test, overall shell size and shape, and the developmental state of irregular polygonal pore frames. Striatojaponocapsa species also vary widely in the number and arrangement pattern of longitudinal plicae. Striatojaponocapsa plicarum (Yao), with a large basal appendage, gave rise to S. synconexa O'Dogherty, Gorican, and Dumitrica, characterized by reduced basal appendage size and a circular depression. Specimens of the S. plicarum-synconexa species group (S. plicarum and S. synconexa) and S. conexa (Matsuoka), with fewer or highly irregular plicae, were relatively atypical and their morphology can be explained by intraspecific variation. The S. plicarum-synconexa species group gradually increased in overall shell size and had a very distinct lumbar stricture in particular horizons. Striatojaponocapsa conexa became more elongated over time; the stricture of this species became indistinct over time. The remaining species, S. riri O'Dogherty, Gorican, and Durmtrica, evolved from S. conexa and developed more than 42 irregular polygonal pore frames in the middle of the S. conexa zone. The stratigraphic distributions of Striatojaponocapsa reflect two evolutionary lineages: S. plicarum continuously and gradually changed into S. synconexa, then S. synconexa was rapidly replaced by S. conexa in a phyletic evolutionary, process. After S. conexa gave rise to S. riri, the former coexisted with small numbers of the latter, showing cladogenetic speciation. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2006.11.001

    Web of Science

    researchmap

  • Radiolarian faunas and water properties in surface and subsurface waters of the Japan Sea in September 2005, off Tassha, Sado Island, central Japan 査読

    Kurihara, T, Uchida, K, Shimotani, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)22   43 - 56   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Solution for Universal Classification of Species Based on Genomic DNA 査読

    Kouduka, M, Sato, D, Komori, M, Kikuchi, M, Miyamoto, K, Kosaku, A, Naimuddin, M, Matsuoka, A, Nishigaki, K

    International Journal of Plant Genomics2007   1 - 8   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Acquisition of genome information from single-celled unculturable organisms (radiolaria) by exploiting genome profiling (GP) 査読

    Mariko Kouduka, Atsushi Matuoka, Koichi Nishigaki

    BMC GENOMICS7   135 - 135   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: There is no effective method to obtain genome information from single-celled unculturable organisms such as radiolarians. Even worse, such organisms are often very difficult to collect. Sequence analysis of 18S rDNA has been carried out, but obtaining the data has been difficult and it has provided a rather limited amount of genome information. In this paper, we have developed a method which provides a sufficient amount of data from an unculturable organism. The effectiveness of this method was demonstrated by applying it to the provisional classification of a set of unculturable organisms ( radiolarians).
    Results: Dendrogram was drawn regarding the single-celled unculturable species based on the similarity score termed PaSS, offering a consistent result with the conventional taxonomy of them built up based on phenotypes. This fact has shown that genome profiling-based technology developed here can obtain genome information being sufficient for identifying and classifying species from a single-celled organism.
    Conclusion: Since this method is so simple, general, and yet powerful, it can be applied to various organisms and cells, especially single-celled, uncluturable ones, for their genome analysis.

    DOI: 10.1186/1471-2164-7-135

    Web of Science

    researchmap

  • Phylogenetic position of the small solitary phaeodarians (Radiolaria) based on 18S rDNA sequences by single cell PCR analysis 査読

    T Yuasa, O Takahashi, JK Dolven, S Mayama, A Matsuoka, D Honda, KR Bjorklund

    MARINE MICROPALEONTOLOGY59 ( 2 ) 104 - 114   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Within the holoplanktonic protists group Radiolaria, the Class Phaeodarea is today represented by several hundreds species. The phaeodarian skeletons consist of opaline silica as well as organic matter and are very fragile and vulnerable to dissolution. Their tests are therefore rarely found in the fossil records; this has caused uncertainty with regard to their phylogenetic evolution. In this study, small, solitary phaeodarian species, namely, Protocystis xiphodon (Haeckel), Challengeron diodon Haeckel and Conchellium capsula Borgert were examined using molecular techniques in order to clarify the phylogenetic position of the Phaeodarea. The phylogenetic trees obtained from the neighbor-joining, maximum-parsimony and maximum-likelihood methods of analysis showed that all phaeodarians formed a monophyletic group within the Phylum Cercozoa. This result contradicts Haeckel's classical taxonomy, wherein the phaeodarians were grouped along with the polycystines, i.e., nassellarians and spumellarians, and the acantharians under the common name "Radiolaria". Within the cercozoan clade, the Phaeodarea were closely related to the euglyphid and pseudodifflugid testate amoebae and the desmothoracid heliozoans. The tests and skeletons of both the phaeodarians and the euglyphid testate amoebae resemble each other in their chemical composition and construction. The similarities in the morphologic features may suggest that they are sisters as the Phylum Cercozoa in which leading from molecular methods. (c) 2006 Elsevier B.V All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.marmicro.2006.01.003

    Web of Science

    researchmap

  • Water temperature, salinity, algal-chlorophyll profiles and radiolarian fauna in the surface and subsurface waters in early June off Tassha, Sado Island, central Japan 査読

    Kurihara, T, Shimotani, T, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)21   31 - 46   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 飼育実験による浮遊性有孔虫の生態の研究 査読

    木元克典, 松岡篤

    化石79   1 - 2   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Latest Jurassic-earliest Cretaceous radiolarian fauna from the Xialu chert in the Yarlung Zangbo suture zone, southern Tibet: Comparison with coeval western Pacific radiolarian faunas and paleoceanographic implications 査読

    A Matsuoka, Q Yang, M Takei

    ISLAND ARC14 ( 4 ) 338 - 345   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    The Xialu chert radiolarian fauna is latest Jurassic - earliest Cretaceous in age ( Pseudodictyomitra carpatica zone) and contains many taxa in common with coeval northern hemisphere middle-latitude ( temperate) radiolarian faunas represented by the Torinosu fauna in southwest Japan. Common elements include Eucyrtidiellum pyramis ( Aita), Protunuma japonicus Matsuoka & Yao, Sethocapsa pseudouterculus Aita, Sethocapsa (?) subcrassitestata Aita, Archaeodictyomitra minoensis ( Mizutani), Stichocapsa praepulchella Hori and Xitus gifuensis ( Mizutani). The Xialu fauna is less similar to low-latitude ( tropical) assemblages represented by the Mariana fauna. For this reason, the Xialu fauna is regarded as representative of a southern hemisphere middle-latitude ( temperate) fauna. A mirror-image bi-temperate provincialism to the equator in radiolarian faunas is reconstructed for the Ceno-Tethys and Pacific Ocean in latest Jurassic - earliest Cretaceous time.

    DOI: 10.1111/j.1440-1738.2005.00491.x

    Web of Science

    researchmap

  • Shell variavility of Pseudocubus obeliscus Haeckel in the early autumn radiolarian fauna off Tassha, Sado Island, central Japan 査読

    Kurihara, T, Matsuoka,A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)20   29 - 45   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 愛媛県城川地域に分布する上部ジュラ系今井谷層群下相層中の含大型化石泥質岩岩塊 査読

    武井雅彦, 松岡 篤

    地質学雑誌110   163 - 174   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.110.146

    researchmap

  • Accretion and postaccretion tectonics of the Calamian Islands, North Palawan block, Philippines 査読

    LR Zamoras, A Matsuoka

    ISLAND ARC13 ( 4 ) 506 - 519   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING ASIA  

    Upper Paleozoic to Mesozoic sedimentary sequences of chert (Liminangcong Formation), clastics (Guinlo Formation) and a number of limestone units (Coron Formation, Minilog Formation and Malajon Limestone) constitute the accretionary complex of the North Palawan block, Philippines. Based on chert-to-clastic transitions from different stratigraphic sequences around the Calamian Islands, three accretionary belts are delineated: the Northern Busuanga Belt (NBB), the Middle Busuanga Belt (MBB) and the Southern Busuanga Belt (SBB). The accretion events of these belts along the East Asian accretionary complex, indicated by their sedimentary transitions, began with the Middle Jurassic NBB accretion, followed by the Late Jurassic MBB accretion and the Early Cretaceous SBB accretion. Several limestone blocks that formed over the seamounts became juxtaposed with chert-clastic sequences during accretion. During the Late Cretaceous, accretion-subduction along the East Asian margin subsided bringing tectonic stability to the region. The seafloor spreading during the mid-Oligocene disconnected the entire North Palawan block from the Asian mainland and then migrated southward. The collision between the North Palawan block and the Philippine Island Arc system in the middle Miocene generated a megafold structure in the Calamian Islands as a result of the clockwise turn of the accretionary belts in the eastern Calamian from originally northeast-southwest to northwest-southeast.

    DOI: 10.1111/j.1440-1738.2004.00443.x

    Web of Science

    researchmap

  • Toarcian (Early Jurassic) radiolarian fauna from the Nanjo Massif in the Mino Terrane, central Japan 査読

    Matsuoka, A

    News of Osaka Micropaleontologists, Special Volume13   69 - 87   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Shell structure and morphologic variation in Spongosphaera streptacantha Haeckel (Spumellaria, Radiolaria) 査読

    Kurihara T, Matsuoka A

    Science Report,Niigata University, Series E(Geology)19   35 - 48   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Late Jurassic and early Cretaceous ammonites from the Weimei Formation in Gyangze, southern Tibet 査読

    M Takei, A Matsuoka, Q Yang, K Kobayashi, T Nagahashi, QG Zeng, YJ Wang, GX He

    RIVISTA ITALIANA DI PALEONTOLOGIA E STRATIGRAFIA110 ( 1 ) 269 - 272   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:UNIV STUDI MILANO  

    The We mei Formation in southern Tibet is a shallow marine sequence accumulated in the northern margin of the Indian subcontinent. It has been dated as Tithonian based on ammonites such as Haplphylloceras strigile (Blanford), Berriasella sp. and Himalayites sp.. Six ammonite specimens were found in the type locality of the Weimei Formation. They include Spiticeras (Spiticeras) spitiense (Blanford), Berriasella sp. and Phylloceras sp.. The occurrence of S. spitiense indicates that the ammonite-bearing portion is assignable to the Berriasian stage. The Jurassic/Cretaceous boundary possibly exists within the Weimei Formation.

    Web of Science

    researchmap

  • Late spring radiolarian fauna in the surface water off Tassha, Aikawa Town, Sado Island, central Japan 査読

    Itaki, T, Matsuoka, A, Yoshida, K, Machidori, S, Shinzawa, M, Todo, T

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)17   41 - 51   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 関東山地秩父累帯両神山チャートユニットのパイルナップ構造 査読

    吉田和弘, 松岡 篤

    地質学雑誌109   324 - 335   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.109.324

    researchmap

  • 福井県九頭竜川上流地域の手取層群から産出した前期白亜紀胞子・花粉化石 査読

    梅津慶太, 松岡 篤

    地質学雑誌109   420 - 423   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.109.420

    researchmap

  • Host-symbiont associations of polycystine Radiolaria: epifluorescence microscopic observation of living Radiolaria 査読

    O Takahashi, S Mayama, A Matsuoka

    MARINE MICROPALEONTOLOGY49 ( 3 ) 187 - 194   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    In all 29 polycystine radiolarian species were obtained from surface seawater on May 28, 1999, using a plankton-net at one station (Site 990528; 26degrees37'18"N, 127degrees47'35"E) approximately 5 km northwest of Okinawa Island, Japan. In most polycystine radiolarians of the orders Nassellarida and Spumellarida symbiotic algae were observed under light microscopy. The light microscopic (LM) images of the symbionts, however, varied in clarity among individuals because of the variations in microanatomy of the host radiolarian cells. On the other hand, epifluorescence microscopic (EFM) observation easily detected and confirmed the existence of the algal symbionts within the host cytoplasm even in radiolarians such as Dictyocoryne truncatum (Ehrenberg) that include algal symbionts in the depth of the cytoplasm. The chloroplasts of the algal symbionts emitted autofluorescence in ultraviolet irradiation and they appeared red. That is, the autofluorescence images of the chloroplasts can be used to recognize the existence of the algal symbionts within the host radiolarians. Moreover, staining of the symbiont cells with 4',6-diamido-2-phenylindle permitted visualization of the nucleus in the center of the symbiont cell, confirming the existence of living endosymbiotic algae within the polycystine radiolarians. Both the LM and EFM observations of eight polycystine radiolarian species revealed the specific patterns of various host-symbiont associations. (1) The investigated polycystine radiolarians all possess algal symbionts, except for one species, i.e. Dictyocoryne profunda Ehrenberg. (2) The size of the algal symbionts depends on the radiolarian species. The symbionts are largely classified into two types based on the size of their diameters, i.e. about 8-10 mum for the larger group and about 5 mum for the smaller one. (3) The algal symbionts show a variety of locations within the host radiolarian cytoplasm. The types of distribution of algal symbionts may be a useful characteristic for radiolarian taxonomy. (C) 2003 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0377-8398(03)00035-5

    Web of Science

    researchmap

  • Progress in radiolarian micropaleontological studies of southern Tibet 査読

    Yang, Q, Matsuoka, A, Wang, Y

    Acta Micropalaeontologica Sinica19   105 - 111   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 古海洋学の最近の進展と古生物学-地球史における海洋環境研究の最前線- 査読

    西 弘嗣, 北里 洋, 松岡 篤

    月刊地球24   377 - 381   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Triassic radiolarians from the Yarlung Zangbo Suture Zone in the Jinlu area, Zetang County, southern Tibet 査読

    Wang, Y, Yang, Q, Matsuoka, A, Kobayashi, K, Nagahashi, T, Zeng, Q

    Acta Micropalaeontologica Sinica19   215 - 227   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 放散虫オーシャン(古生代~中生代)の古海洋学 査読

    松岡 篤

    月刊地球24   444 - 448   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 現生放散虫研究の手法と研究機器 査読

    松岡 篤

    化石71   19 - 27   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Bottom sediments and benthic faunas off the Tassha in Sado Island, Niigata Prefecture, central Japan "jointly worked" 査読

    Tamura, K, Sakumoto, T, Yabe, H, Matsuoka, A, Niikawa, I, Tateishi, M, Hasegawa, S, Yoshida, K, Shinzawa, M

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)17   27 - 41   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Sediment reworking into the Pleistocene Sawane Formation at Shichiba, Sado Island, Niigata, Japan: A view from dinoflagellate cyst assemblages. "jointly worked" 査読

    Kurita, H, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)17   43 - 57   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Early summer radiolarian fauna in surface waters off Tassha, Aikawa Town, Sado Island, central Japan "jointly worked" 査読

    Matsuoka, A, Shinzawa, M, Yoshida, K, Machidori, S, Kurita, H, Todo, T

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)17   17 - 25   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Jurassic-Cretaceous radiolarian biostratigraphy and sedimentary environments of the Ceno-Tethys: Records from the Xialu Chert in the Yarlung-Zangbo Suture Zone, Southern Tibet 査読

    Atsushi Matsuoka, Qun Yang, Kenta Kobayashi, Masahiko Takei, Toru Nagahashi, Qinggao Zeng, Yujing Wang

    Journal of Asian Earth Sciences20 ( 3 ) 277 - 287   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Radiolarian biostratigraphic research has been carried out along two continuous sections through the Xialu Chert, one of the accreted sheets included in the Yarlung-Zangbo Suture Zone. Six radiolarian zones have been identified as follows: Laxtorum(?) jurassicum Zone (Aalenian), Tricolocapsa plicarum Zone (Bajocian-lower Bathonian). Stylocapsa(?) spiralis Zone (upper Callovian-Oxfordian), Hsuum maxwelli Zone (Kimmeridgian), Pseudodictyomitra carpatica Zone (upper Tithonian-lower Valanginian), and Turbocapsula costata Zone (Aptian). A reconstructed stratigraphy of the Xialu Chert, based on lithological succession and radiolarian dating, indicates that the chert exhibits a long depositional history, at least from early Middle Jurassic (Aalenian) to late Early Cretaceous (Aptian). The separation of the Lhasa Block from the northern Gondwana margin must, therefore, be dated before the Aalenian. The absence of calcareous sediments in the Xialu Chert indicates that the oceanic basin was deeper than the CCD throughout the depositional history. The transition from chert to siliceous mudstone is recorded sometime in Early Cretaceous, most probably around the Barremian/Aptian boundary. This means that the oceanic plate had already started being consumed at a trench by that time. The accretion of the Xialu Chert occurred after the Aptian time. © 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S1367-9120(01)00044-X

    Scopus

    researchmap

  • Temperature profile and radiolarian fauna in surface waters off Tassha, Aikawa Town, Sado Island, central Japan 査読

    Atsushi MATSUOKA, Kazuhiro YOSHIDA, Satoshi HASEGAWA, Midori SHINZAWA, Kazutoshi TAMURA, Tatsuya SAKUMOTO, Hideo YABE, Isao NIIKAWA, Masaaki TATEISHI

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)16   83 - 93   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • フィリピン北パラワン地塊のジュラ紀付加体 -日本のジュラ紀付加体の南西延長- 査読

    松岡篤, Zamoras,L R

    古生物学トピックス2   31 - 38   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • チベット南部ヤールンツアンポー縫合帯の珪質堆積物 -東テチスの古海洋学- 査読

    松岡篤, 楊群, 小林健太, 長橋徹, 武井雅彦, 曾慶高, 王玉浄

    古生物学トピックス2   39 - 44   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Malampaya Sound Group: a Jurassic-Early Cretaceous accretionary com-plex in Busuanga Island, North Palawan Block (Philippines) 査読

    Zamoras,L R, Matsuoka,A

    Jour. Geol. Soc. Japan107 ( 5 ) 316 - 336   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Early Midle Jurassic (Aalenian) radiolarian fauna from the xialu chert in the Yarlung Zangbo Suture zone, southern Tibet 査読

    A Matsuoka, K Kobayashi, T Nagahashi, Q Yang, YJ Wang, QG Zeng

    FAUNAL AND FLORAL MIGRATIONS AND EVOLUTION IN SE ASIA-AUSTRALASIA   105 - 110   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:A A BALKEMA PUBLISHERS  

    An early Middle Jurassic (Aalenian) radiolarian fauna is reported from the Xialu chert in the Yarlung Zangbo Suture Zone. This is the oldest known fossil record from the chert. The fauna comes from a chert sample which contains no terrigenous elements other than clay minerals. This indicates that the Ceno-Tethys was already a rather wide ocean with a pelagic environment far from continents by that time. The rifting and separation of the Lhasa Block from the northern Gondwana margin must have occurred well before early Middle Jurassic time.

    Web of Science

    researchmap

  • 付加体研究のツールとしての放散虫 査読

    松岡 篤

    地質学論集no. 55   17 - 26   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A direct correlation between North American and Japan-Pacific radiolarian zonal schemes for the Upper Jurassic. 査読

    MATSUOKA, A, YANG, Q

    GeoResearch Forum6   119 - 128   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Early Late Jurassic radiolarians from the clastic unit in Busuanga Island, North Palawan, Philippines. "jointly worked" 査読

    Zamoras, L.R, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)15   91 - 109   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • A Middle Triassic radiolarian assemblage from Quxia, Lhaze County, southern Tibet. "jointly worked" 査読

    Yang, Q, Matsuoka, A, Wang, Y, Kobayashi, K, Nagahashi, T, Zeng, Q

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)15   59 - 65   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • A comparative study on Upper Jurassic radiolarian biostratigraphy of the Taman Formation, east-central Mexico and the ODP Site 801B Section, west Pacific. "jointly worked" 査読

    Yang, Q, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University, Series E (Geology)12   29 - 49   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Current activities of radiolarian research. 査読

    MATSUOKA, A

    Forma14(1-2)   199 - 204   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Late Jurassic (Tithonian) radiolarians from a clastic unit of the Khabarovsk complex (Russian Far East): Significance for subduction accretion timing and terrane correlation 査読

    Sergei Zyabrev, Atsushi Matsuoka

    Island Arc8 ( 1 ) 30 - 37   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A well-preserved radiolarian fauna from a clastic unit of the Khabarovsk accretionary complex (southern part of the Badzhal accretionary wedge terrane in the Russian Far East) is assigned to the basal part of the Pseudodictyomitra carpatica zone. The age of the fauna is most likely late Tithonian. This is the first reliable dating of the clastic unit and makes it possible to constrain the timing of subduction accretion in the Badzhal terrane. The Khabarovsk complex is correlated chronologically with the Bikin and Samarka terranes (Russian Far East), Mino, Southern Chichibu and North Kitakami terranes (Japan), and Nadanhada terrane (northeast China).

    DOI: 10.1046/j.1440-1738.1999.00220.x

    Scopus

    researchmap

  • 紀伊山地中央部の中・古生界(その6)-辻堂地域- 査読

    大和大峯グループ

    地球科学52   275 - 291   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.52.4_275

    researchmap

  • Faunal composition of earliest Cretaceous (Berriasian) radiolaria from the Mariana Trench in the western Pacific. 査読

    MATSUOKA, A

    News of Osaka MicropaleontologistsSpecial Volume No. 11   165 - 187   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 四国西端部秩父累帯の地体構造区分 査読

    松岡 篤

    地質学雑誌104 ( 9 ) 565 - 576   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 付加体地質の観点に立った秩父累帯のユニット区分と四国西部の地質 査読

    松岡 篤, 山北 聡, 榊原正幸, 久田健一郎

    地質学雑誌104 ( 9 ) 634 - 653   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.104.634

    researchmap

  • 秩父累帯研究の新展開 : 四国西部からの発信

    松岡 篤, 山北 聡, 榊原 正幸, 久田 健一郎

    地質學雜誌104 ( 9 ) XXI - XXII   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地質学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 西南日本の付加体地質からみた白亜紀テクトニクス

    松岡 篤

    月刊地球19 ( 3 ) 188 - 191   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Middle Jurassic radiolarians from the basal sediments at DSDP Site 534, Blake Bahama Basin, Northern Atlantic 査読

    MATSUOKA, A, BAUMGARTNER, P.O

    News of Osaka MicropaleontologistsSpecial Volume No. 10   183 - 191   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 古生物学からみた三波川テレーンと非変成付加体の対応関係

    松岡 篤

    テクトニクスと変成作用(原 郁夫先生退官記念論文集),創文   78 - 86   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Vallupusテリトリー(ジュラ紀放散虫地理区)と東アジアの中生代テクトニクス

    松岡 篤

    月刊地球18 ( 11 ) 754 - 758   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 東アジアの中・古生代生物地理とテクトニクス(共著)

    田沢純一, 松岡 篤

    月刊地球18 ( 11 ) 713 - 717   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Mesozoic radiolarians and radiolarian-bearing sequences in the circum-Pacific regions: A report of the symposium 'Radiolarians and Orogenic Belts'

    Atsushi Matsuoka, Yoshiaki Aita, Munasri, Koji Wakta, Gaoping Shen, Hiroshi Ujiié, Katsuo Sashida, Valentina S. Vishnevskaya, Nikita Y. Bragin, Fabrice Cordey

    Island Arc5 ( 2 ) 203 - 213   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Blackwell Publishing  

    This paper contains extended abstracts of the seven papers presented at the symposium 'Radiolarians and Orogenic Belts' held at the seventh meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists (INTERRAD). Important results of the symposium include the following: (1) Upper Paleozoic and Mesozoic cherts are widely distributed within accretionary complexes in the circum-Pacific orogenic belt. Radiolarian dating reveals that long durations of chert sedimentation in a pelagic environment are recorded on both sides of Pacific-rim accretionary complexes (e.g. New Zealand, Japan, Russian Far East, Canadian Cordillera). (2) Triassic radiolarian faunas from New Zealand and the Omolon Massif, northeast Siberia are similar in composition and are characterized by the absence of typical Tethyan elements. This suggests that radiolarian faunal provincialism may have been established as early as the Triassic. High-latitude radiolarian taxa exhibit a bi-polar distribution pattern. (3) The Lower Triassic interval in chert dominant pelagic sequences is mechanically weaker than other levels and acted as a décollement in accretionary events. This lithologic contrast in physical property is considered to reflect radiolarian evolution, such as the end-Permian mass extinction.

    DOI: 10.1111/j.1440-1738.1996.tb00026.x

    Scopus

    researchmap

  • Late Jurassic tropical Radiolaria: Vallupus and its related forms

    Atsushi Matsuoka

    Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology119 ( 3-4 ) 359 - 369   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier B.V.  

    The Vallupinae is a radiolarian subfamily whose range is restricted to the Late Jurassic and the acme in the latest Jurassic (Tithonian). Species of the subfamily (Vallupus group) are found in low- and middle-latitudes of the western Pacific, East Asia, North-Central-South America, and Mediterranean regions. Available paleomagnetic data suggest that Vallupus group-bearing rocks in these localities accumulated within 25° of the Jurassic paleoequator. Seawater temperature is considered to be the major factor controlling the distribution of the Vallupus group. Warm seawater temperatures could be favourable to the propagation of the group. The Vallupus territory is proposed as a water mass inhabited by the Vallupus group. It occupied tropical surface waters from the low-latitude part of the Panthalassa to Tethys. Some Vallupus group-bearing rocks in the Circum-Pacific orogenic belt have been translated from low-latitude depositional sites to higher locations by lateral plate movements. Most Upper Jurassic strata in Japan accumulated outside the Vallupus territory. This means that the Vallupus group cannot be utilized for Upper Jurassic radiolarian zonal correlations between Japan and other regions. However, the rapid speciation of the Vallupus group has a high potential to produce a fine biostratigraphic framework for the Upper Jurassic within the Vallupus territory. © 1995 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/0031-0182(95)00018-6

    Scopus

    researchmap

  • 六甲山地の断層系と1995年兵庫県南部地震における断層変位

    松岡 篤

    シンポジウム「阪神・淡路大震災と地質環境」論文集   75 - 78   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • Radiolaria-based Jurassic/Cretaceous boundary in Japan.

    Matsuoka, A

    Proc. 15th International Symposium of Kyunpook National University   219 - 232   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Jurassic and Lower Cretaceous radiolarian zonation in Japan and in the western Pacific

    Atsushi Matsuoka

    Island Arc4 ( 2 ) 140 - 153   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Abstract A radiolarian zonal scheme for the entire Jurassic and Lower Cretaceous using biostratigraphic data from both Japanese Island sections and the western Pacific seafloor is documented. The zonation is applicable to low and middle paleolatitude portions of the Paleo‐Pacific ocean. Radiolarian bio‐events such as the evolutionary first appearance biohorizon, first occurrence biohorizon, and last occurrence biohorizon were used to define zones. The 11 zones proposed are, in ascending order, Parahsuum simplum, Trillus elkhornensis, Laxtorum(?) jurassicum, Tricolocapsa plicarum, Tricolocapsa conexa, Stylocapsa(?) spiralis, Hsuum maxwelli, Pseudodictyomitra primitiva, Pseudodictyomitra carpatica, Cecrops sep‐temporatus, and Acanthocircus carinatus zones. Preliminary age assignments for these zones are presented. Copyright © 1995, Wiley Blackwell. All rights reserved

    DOI: 10.1111/j.1440-1738.1995.tb00138.x

    Scopus

    researchmap

  • 太平洋プレート上のジュラ・白亜紀海山-- チャート層序,古地磁気及び表層堆積物中の裂か群--マリアナ海溝海側斜面における「しんかい6500」第181潜航報告 (共著)

    小川勇二郎, 藤岡換太郎, 押田 淳, 西村はるみ, 川田多加美, 松岡 篤, 指田勝男, 金松敏也, 伊藤 孝

    JAMSTEC深海研究 ( 10 ) 123 - 151   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 平板状スプメラリア(放散虫)のアクソフラジェルムと殻にみられるその通過孔

    松岡 篤

    化石56   1 - 8   1994年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟県佐渡島北東部鷲崎地域の先第三系より三畳紀後期放散虫化石の発見(共著) 査読

    板坂孝司, 松岡 篤, 田沢純一

    地質学雑誌100 ( 5 ) 368 - 370   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.100.368

    researchmap

  • 紀伊山地中央部の中・古生界(その5)-新子地域-

    大和大峯研究グループ

    地球科学48 ( 2 ) 103 - 117   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Localities and biostratigraphy of Jurassic Radiolaria in Japan.

    Matsuoka, A

    Micropaleontology Press (New York), Micropaleontology Spec. Publ. ( 6 ) 153 - 160   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • カリブ海の表層海水から採取した放散虫の生体観察

    松岡 篤

    大阪微化石研究会誌特別号 ( 9 ) 349 - 363   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 放散虫の飼育実験から何がわかるのか 査読

    松岡 篤

    月刊地球15 ( 9 ) 572 - 577   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 沖縄県瀬底島周辺海域の現生放散虫

    松岡 篤

    化石54   1 - 9   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Jurassic and Early Cretaceous radiolaria from Leg 129, Sites 800 and 801, Western Pacific Ocean

    Matsuoka, A

    Proceedings of the Ocean Drilling Program, Scientific Results129   203 - 220   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 西太平洋のジュラ紀海洋地殻

    松岡 篤

    月刊地球号外 ( 6 ) 258 - 263   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 放散虫と共生生物の観察-平板状のSpumellarida目について-

    松岡 篤

    化石 ( 53 ) 20 - 28   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • JURASSIC-EARLY CRETACEOUS TECTONIC EVOLUTION OF THE SOUTHERN CHICHIBU TERRANE, SOUTHWEST JAPAN

    A MATSUOKA

    PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY96 ( 1-2 ) 71 - 88   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The Southern Chichibu terrane fringes the southern margin of the Jurassic-Early Cretaceous accretionary complex of southwest Japan. Two subterranes, the Togano subterrane in the north and Sambosan subterrane to the south, are recognized by examination of the common features of the terrane. They are juxtaposed throughout the terrane from western Kyushu to the Kanto Mountains a distance of over 1000 km. The geology of the Sakawa area, central Shikoku, is described in detail to show an example of the terrane. The geology around Tsukumi in eastern Kyushu and Okutama in the Kanto Mountains is introduced to emphasize the common features of this terrane.
    The Togano subterrane is composed of predominantly Triassic-Jurassic chert-clastic sequences associated with subordinate Jurassic olistostromal sequences and Upper Jurassic-Lower Cretaceous limestone-bearing clastic sequences. The chert-clastic sequences show an upward-coarsening sequence which reflects landward drift of the sea floor from a pelagic realm towards a trench. The olistostromal sequence contains abundant upper Paleozoic blocks. This subterrane is characterized by a south-vergent imbricate structure and south-younging polarity of the chert-clastic sequences.
    The Sambosan subterrane consists of mainly Upper Jurassic-Lower Cretaceous olistostromal sequences associated with Upper Jurassic-Lower Cretaceous limestone-bearing clastic sequences. The olistostromal sequence includes abundant Triassic-Jurassic chert blocks and Triassic limestone blocks accompanied by greenstones. The limestone-bearing clastic sequences of both subterranes are regarded as shelf or inner-trench slope sediments deposited on the chert-clastic and olistostromal sequences.
    Two major stages of tectonic development are discriminated. The Togano subterrane was formed by successive offscrape-accretion mainly during the Middle to Late Jurassic. The Sambosan subterrane was constructed by collision-accretion of seamounts mainly during the Late Jurassic to Early Cretaceous. The difference in the tectonic processes is considered to relate to topography of subducting oceanic plate; an oceanic plate with an abyssal plain for the Togano subterrane and an oceanic plate with seamounts for the Sambosan subterrane.

    DOI: 10.1016/0031-0182(92)90060-I

    Web of Science

    researchmap

  • 放散虫の生態観察と成長記録 -Dictyocoryne truncatumを例として-

    松岡 篤

    漂石 真鍋鶴松先生遺稿集・追悼集   67 - 76   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • SKELETAL GROWTH OF A SPONGIOSE RADIOLARIAN DICTYOCORYNE-TRUNCATUM IN LABORATORY CULTURE 査読

    A MATSUOKA

    MARINE MICROPALEONTOLOGY19 ( 4 ) 287 - 297   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The stages of skeletal growth of the radiolarian Dictyocoryne truncatum were observed using scanning electron and light microscopy. Four growth stages were recognized through comparison of laboratory-grown individuals with various sized skeletons which were collected by plankton tows near Barbados. Skeletal size is expressed as test height, which is the largest value among the three dimensions between a base line and arm apex of a trianglar skeleton. The early stage (stage 1), with a maximum height of less than approximately 120 mum, is a uniformly spongiose, triangular skeleton lacking arms and a patagium. The next stage (stage 2 ) is a triangular skeleton with slightly concave sides of ca. 120-200 mum size with three arms and a lace-like patagium. Further accretion of silica on the patagium conceals its lace-like structure, making a skeleton (stage 3: ca. 200-280 mum) with a more uniformly spongiose patagium. The mature stage (stage 4) with a maximum height more than ca. 280 mum is a triangular skeleton with convex sides, resulting from an outward growth of the patagium. Additional maturation produces an accretion of spongiose silica on the central part of the skeleton, forming a thickly biconvex skeleton in transverse section. One hundred and one individuals of D. truncatum were cultured in the laboratory at 28-degrees-C, 35 parts per thousand salinity and 165 muE/m2/s light intensity, with maximum and mean longevity of 37 and 6.4 days, respectively. The mean growth of 57 specimens which grew in the laboratory culture was 24.7 mum, with a maximum of 95 mum. The initial size of cultured specimens ranged from 103 to 325 mum, covering all of the four growth stages. Some specimens grew from one stage to the next stage changing skeletal morphology. The mean growth rate of four specimens which grew from stage 3 to 4 in laboratory culture was 5.4 mum/day (range 4.5-6.5 mum/day). Sporadic growth patterns exhibiting periods of rapid growth (15-20 mum per day) punctuated by intervals of little or no growth were observed in some cultured specimens. The sporadic growth may be related to a physiological rhythm of the organisms rather than environmental factors. The silica-depositing capacity is related largely to the vitality of the organisms. Discolored specimens and specimens with weakly extended axopodia showed no skeletal growth.

    Web of Science

    researchmap

  • EXPERIMENTAL AND OBSERVATIONAL STUDIES OF RADIOLARIAN PHYSIOLOGICAL ECOLOGY .5. TEMPERATURE AND SALINITY TOLERANCE OF DICTYOCORYNE-TRUNCATUM 査読

    A MATSUOKA, OR ANDERSON

    MARINE MICROPALEONTOLOGY19 ( 4 ) 299 - 313   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The longevity and skeletal growth of Dictyocoryne truncatum, collected from surface waters near Barbados, were assessed in laboratory culture in relation to variations in temperature and salinity. The range of longevities for groups of organisms collected at different times, but maintained at 28-degrees-C and 35.0 parts per thousand salinity, exhibited a wide fluctuation (1-2 to 5-37 days). The amount of growth also showed a wide variation among the groups since it was generally proportional to the longevity. The causes of the variation in longevity and growth are not known, but we hypothesize that a combination of genetic variability and physical and biological factors intrinsic to the culture conditions produced the variability.
    D. truncatum showed a narrow temperature range for skeletal growth with an optimum in our culture conditions at about 28-degrees-C. Temperatures over 32-degrees-C or under 21-degrees-C suppressed skeletal growth. D. truncatum has a much wider temperature tolerance for survival than for growth. Longevity at temperatures as low as 15-degrees-C was comparable to that at 28-degrees-C. This indicates that D. truncatum can endure periods of relatively low temperatures. This may have survival advantage by conferring resistance to lower temperatures at great depths in the water column or during intrusion of colder water masses into warmer surface water regimes, but we have presently no evidence of their reproductive capacity at these lower temperatures. These results are consistent with a theory that D. truncatum is largely a surface-dwelling species surviving optimally in warmer water that supports optimum skeletal growth and maturation. The tolerance of cooler water, however, may also reflect biological adaptations related to variations in habitat during the reproductive cycle. Mature organisms may sink and release reproductive swarmers at greater depths in a water column, judging from the observation that mature individuals in culture withdrew their axopodia prior to swarmer release and settled to the bottom of culture vessels. The low temperature tolerance may also permit survival of juvenile organisms until they ascend into more warm surface water strata.
    Cultured D. truncatum has a wide growth and survival tolerance for variations in salinity. Mean growth and longevities were comparable at salinities of 27 parts per thousand and 35.0 parts per thousand. A broad tolerance for variations in salinity can enhance survival at locations where wide variations in salinity occur regularly as happens near Barbados where the surface water is diluted by river outflows. The low salinity tolerance is also consistent with the interpretation that D. truncatum dwells in near-surface water in low latitude, open ocean locations.

    Web of Science

    researchmap

  • 日本のジュラ紀Nassellariaの多様性

    松岡 篤

    大阪微化石研究会誌特別号 ( 8 ) 63 - 66   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 紀伊山地中央部の中・古生界(その4)-高原川地域- 査読

    大和大峯研究グループ

    地球科学46 ( 3 ) 185 - 198   1992年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.46.3_185

    researchmap

  • ENDOCYTOPLASMIC MICROALGAE AND BACTEROIDS WITHIN THE CENTRAL CAPSULE OF THE RADIOLARIAN DICTYOCORYNE-TRUNCATUM

    OR ANDERSON, A MATSUOKA

    SYMBIOSIS12 ( 3 ) 237 - 247   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT SCIENCE SERVICES/BALABAN PUBLISHERS  

    Micro-algae (c. 2.5 to 3.5 mum wide x3.8 to 4.5 mum long) occur abundantly within perialgal vacuoles in the intracapsular cytoplasm of the radiolarian Dictyocoryne truncatum, a triangular-shaped, spongiose skeletal radiolarian. The fine structure of the microalgae resembles that of yellow-brown pigmented symbionts observed in larger spongiose skeletal radiolaria of the spongodrymid type. The density of microalgae in a typical ultrathin section is c. 4/100 mum2. Bacteroids (0.2x0.5 mum) are present throughout the intracapsular cytoplasm. There is no evidence of a vacuolar membrane enclosing the bacteroids, but each is surrounded by an electron lucent zone. The central capsule of radiolaria contains the nucleus and cytoplasmic organelles and is bounded by a capsular wall. Previously, algae associated with radiolaria have been observed in the extracapsulum. The occurrence of intracapsular microalgae in D. truncatum is of interest since this indicates that the intracapsular cytoplasm, previously thought to be largely specialized for metabolism, storage of reserve substances and production of reproductive swarmers, can also be a site for host-algal interactions.

    Web of Science

    researchmap

  • Middle Jurassic Radiolarians from the Western Pacific.

    Matsuoka, A

    Saito Ho-on Kai Spec. Publ.3   163 - 173   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Early Jurassic Radiolarians from the Nanjo Massif in the Mino Terrane, central Japan. Part 1. Tricolocapsa, Stichocapsa, and Minocapsa n. gen. 査読

    Matsuoka, A

    Transactions and Proceedings of the Paleontological Society of Japan New Series161   720 - 738   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Southern Chichibu Terrane."jointly worked"

    Matsuoka, A, Yao, A

    Pre-Cretaceous Terranes of Japan, Publication of IGCP Project 224, Osaka   203 - 216   1990年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • OCEAN DRILLING PROGRAM, LEG-129 - JURASSIC OCEANIC-CRUST AND SEDIMENTS IN THE PACIFIC, AT LAST

    ODP Leg, Shipboard Scientific Party

    GEOTIMES35 ( 6 ) 25 - 26   1990年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER GEOLOGICAL INST  

    Web of Science

    researchmap

  • OCEAN DRILLING PROGRAM - ANCIENT CRUST ON PACIFIC PLATE

    Leg, Shipboard Scientific Party

    NATURE345 ( 6271 ) 112 - 112   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Web of Science

    researchmap

  • 北部北上地山田老帯槙木沢層からのジュラ紀中世放散虫化石の産出(共著) 査読

    松岡 篤, 大路樹生

    地質学雑誌96 ( 3 ) 239 - 241   1990年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.96.239

    researchmap

  • ジュラ紀テレーンをつなぐ鍵 -チャート・砕屑岩シークェンス

    松岡 篤

    構造地質(構造地質研究会誌)34   135 - 144   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 相馬中村層群小山田層(最下部白亜系)からの放散虫化石

    松岡 篤

    化石46   11 - 16   1989年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 紀伊山地中央部の中・古生界(その3)-御吉野地域-(共著) 査読

    大和大峯研究グループ

    地球科学43 ( 3 ) 119 - 128   1989年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.43.3_119

    researchmap

  • First appearance biohorizon of Tricolocapsa conexa within Jurassic siliceous mudstone sequences of the Kamiaso area in the Mino Terrane, central Japan - a correlation of radiolarian zones of the Middle Jurassic. 査読

    Matsuoka, A

    Journal of the Geological Society of Japan94 ( 8 ) 583 - 590   1988年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.94.583

    researchmap

  • 北部北上帯(狭義)よりジュラ紀古世放散虫化石の発見 査読

    松岡 篤

    地球科学42 ( 2 ) 104 - 106   1988年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.42.2_104

    researchmap

  • 青森県尻屋層群の放散虫年代

    松岡 篤

    化石42   7 - 13   1987年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A NEWLY PROPOSED RADIOLARIAN ZONATION FOR THE JURASSIC OF JAPAN 査読

    A MATSUOKA, A YAO

    MARINE MICROPALEONTOLOGY11 ( 1-3 ) 91 - 106   1986年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

    researchmap

  • ジュラ紀白亜紀境界付近における放散虫化石群の変化(予察).-とくに多節Nassellariaについて-.

    松岡 篤

    化石40   1 - 15   1986年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 美濃帯上麻生地域の飛水峡セクションにおけるTricolocapsa属2種の層位分布.

    松岡 篤

    大阪微化石研究会誌特別号7   59 - 62   1986年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 大分県津久見地域の秩父累帯南帯の中生層.

    松岡 篤

    大阪微化石研究会誌特別号7   219 - 223   1986年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tricolocapsa yaoi Assemblage (Late Jurassic Radiolarians) from the Togano Group in Southwest Japan.

    Matsuoka, A

    Journal of Geosciences Osaka City University29   101 - 115   1986年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 高知県吾川村・仁淀地域の秩父累帯北帯 (共著)

    波田重煕, 石井健一, 松岡 篤, 伊沢尚美

    MRT, Newsletter1   37 - 42   1985年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 高知県佐川地域秩父累帯中帯南部の中部ジュラ系毛田層 査読

    松岡 篤

    地質学雑誌91 ( 6 ) 411 - 420   1985年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.91.411

    researchmap

  • Latest Jurassic Radiolarians from the Torinosu Group in Southwest Japan."jointly worked"

    Matsuoka, A, Yao, A

    Journal of Geosciences Osaka City University28   125 - 145   1985年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 高知県西部秩父累帯南帯の斗賀野層群 査読

    松岡 篤

    地質学雑誌90 ( 7 ) 455 - 477   1984年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.90.455

    researchmap

  • Late Jurassic Four-Segmented Nassellarians (Radiolaria) from Shikoku, Japan.

    Matsuoka, A

    Journal of Geosciences Osaka City University27   143 - 153   1984年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 高知県秩父累帯南帯のトリアス・ジュラ系中にみられるチャート層と砕屑岩層との整合関係 査読

    松岡 篤

    地質学雑誌89 ( 7 ) 407 - 410   1983年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.89.407

    researchmap

  • Middle and Late Jurassic radiolarian biostratigraphy in the Sakawa and adjacent areas, Shikoku, southwest Japan.

    Matsuoka, A

    Journal of Geosciences Osaka City University26   1 - 48   1983年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 高知県佐川・仁淀地域における中・上部ジュラ系の放散虫化石層序

    松岡 篤

    大阪微化石研究会誌特別号5   237 - 253   1982年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 西南日本のトリアス紀・ジュラ紀放散虫化石群集

    八尾 昭, 松岡 篤, 中谷登代治

    大阪微化石研究会誌特別号5   27 - 43   1982年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Jurassic two-segmented Nassellarians (Radiolaria) from Shikoku, Japan.

    Matsuoka, A

    Journal of Geosciences Osaka City University25   71 - 86   1982年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 紀伊山地中央部の秩父帯・四万十帯

    大和大峰研究グル-プ, 新 一馬, 荒金 孝明, 伊熊 俊幸, 磯崎 行雄, 伊藤 岳彦, 岩橋 豊彦, 江尻 祥晃, 奥田 尚, 久世 浩, 栗本 史雄, 国分 みゆき, 佐藤 浩一, 杉田 福松, 竹内 靖夫, 竹花 康夫, 但馬 達雄, 徳永 桂子, 中尾 勝博, 中谷 登代治, 西原 ちさと, 久本 大介, 藤塚 譲二, 前島 渉, 前山 博美, 政岡 邦夫, 益田 晴恵, 舛屋 直, 松岡 篤, 松岡 数充, 松田 哲夫, 松田 均, 南浦 育弘, 八尾 昭, 山口 理佐, 山本 典子, 渡辺 正巳

    Bulletin of the National Science Museum Ser. C Geology & Paleontology7 ( 3 ) p119 - 127   1981年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:国立科学博物館  

    There are two lithologic units in strata in the central area of the Kii Mountains. One of them belongs to the Chichibu Belt and is subdivided into three formations : B, C and D in ascending order. The other unit of Cretaceous in age is a member of the Shimanto Belt. Besides them, there is O Formation exclusively found between the two units. The B Formation is composed of mudstone, chert and large limestone bodies accompanied with greenstones. The limestone bodies contain Late Triassic conodonts, and the mudstone rarely yields Jurassic radiolarians. The C Formation is made up of thick chert beds, intercalated with layers of mudstone, sandstone, acidic tuff, limestone and greenstones. Late Paleozoic and Mesozoic fossils are found sporadically in this formation. The D Formation is characterized by conglomerate containing abundant pebbles and cobbles of limestone. The O Formation consists largely of mudstone with subordinate sandstone. The constituent of the formation is a chaotic sediment involving blocks rich in dimensional and lithological diversity, yielding fossils of various ages. The Cretaceous strata in the Shimanto Belt comprise sand- and mud-abundant portions. In each mud-abundant portion are a few horizons involving greenstones, chert and acidic tuff. Among them, the siliceous parts yield Cretaceous radiolarians. Such juxtaposition of rocks of different ages as shown in the B and C formations is interpreted as the product of tectonic and/or sedimentary rearrangement. From the lithofacies and fossil contents, the formation of the chaotic part of the O Formation was due to mingling during and after sedimentary processes. The B, C and D formations, gently dipping north to northeast, overlie structurally the Cretaceous strata and partly the O Formation. The Cretaceous strata dipping 40°to 60°northwest show recurrence of the muddy portions. The B or C formation and the Cretaceous strata or the O Formation are in fault contact with each other. This fault having gentle dip corresponds to the Butsuzo Tectonic Line. The Cretaceous strata in the Shimanto Belt may be in fault contact directly with the Sanbagawa metamorphics in western half of the area without the B, C and D formations or the Chichibu Belt.

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • The Geology of Japan.

    Kojima, S, Hayasaka, Y, Hiroi, Y, Matsuoka, A, Sano, H, Sugamori, Y, Suzuki, N, Takemura, S, Tsujimori, T, Uchino, T( 担当: 共著 ,  範囲: 2b. Pre-Cretaceous accretionary complexes.)

    The Geological Society of London.  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:61-100   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • ジオパーク -大学から地域へ、そして世界へ- ブックレット新潟大学61

    松岡 篤, 栗原敏之( 担当: 共著)

    新潟日報事業社  2013年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:72   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • かたち創造の百科事典

    岩田修一, 河口洋一郎, かたち創造の百科事典編集委員会( 担当: 共著)

    丸善出版  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:418-419   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 国立科学博物館叢書13 微化石 顕微鏡で見るプランクトン化石の世界. 5.5 宇宙プランクトン研究

    岸本直子, 松岡 篤, 木元克典, 吉野 隆, 石田直人, 栗原敏之( 担当: 共著 ,  範囲: 5.5 宇宙プランクトン研究)

    東海大学出版会  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 古生物学事典第2版

    日本古生物学会( 担当: 編集)

    朝倉書店  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 図録 群馬県立自然史博物館第36回企画展「石になったものの記録」

    松岡 篤( 担当: 共著 ,  範囲: 放散虫・小さな芸術品)

    群馬県立自然史博物館  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • アンモナイトと糸魚川ジオパーク(共著)

    松岡 篤, 栗原敏之( 担当: 共著)

    新潟大学理学部地質科学科  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

  • 頭足類展 アンモナイトとその仲間たち

    松岡 篤( 担当: 編集)

    新潟大学理学部地質科学科  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

  • Catalogue and systematics of Pliensbachian, Toarcian and Aalenian radiolarian genera and species

    Gorican, S, Carter, S.E, Dumitrica, P, Hori, S.R, De Wever, P, O'Dogherty, L, Matsuoka, A, Guex, J( 担当: 共著)

    Paleontoloski Institut Ivana Rakovca ZRC SAZU  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 新潟県の化石 化石から日本列島の歴史を考える

    田沢純一, 新川 公, 松岡 篤( 担当: 共著)

    新潟大学理学部地質科学科  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 進化・情報・かたち "生命知"のパースペクティブ

    松岡 篤( 担当: 共著)

    培風館  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 古生物の科学第5巻 地球環境と生命史

    松岡 篤( 担当: 共著)

    朝倉書店  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 形の科学百科事典

    松岡 篤( 担当: 共著)

    朝倉書店  2004年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • かたちの事典

    松岡 篤( 担当: 共著)

    丸善  2003年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • 化石の研究法

    松岡 篤( 担当: 共著 ,  範囲: 2)

    共立出版  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 古生物の科学-第1巻 古生物の概説・系統分類

    北里 洋, 松岡 篤, 松岡数充( 担当: 共著 ,  範囲: 9)

    朝倉書店  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • Preface: The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists (InterRad XV), 20 October-1 November, 2017, Niigata, Japan (Part 2)

    Atsushi Matsuoka, Toshiyuki Kurihara, Yoshihito Kamata, Atsushi Takemura

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH24 ( 2 ) 87 - 88   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    DOI: 10.2517/2020PR002

    Web of Science

    researchmap

  • Preface: The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists (InterRad XV), 20 October-1 November, 2017, Niigata, Japan

    Atsushi Matsuoka, Toshiyuki Kurihara, Yoshihito Kamata, Atsushi Takemura

    PALEONTOLOGICAL RESEARCH23 ( 4 ) 235 - 235   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PALAEONTOLOGICAL SOC JAPAN  

    DOI: 10.2517/2019PR014

    Web of Science

    researchmap

  • Editorial: Progress in radiolarian research during the last two decades 査読

    Matsuoka, A, Ito, T

    Science Reports of Niigata University (Geology)32 ( Supplement ) i - iv   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Report of the 12th symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems, August 16-20, 2015, Shenyang, China. 査読

    Li, X. Yoshino, K. Sakai, Y, Matsuoka, A

    Science Reports of Niigata University (Geology)31   99 - 110   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 放散虫化石 バルパス物語 (共著)

    川端清司, 松岡 篤

    Nature Study57 ( 8 ) 2 - 4   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:大阪市立自然史博物館友の会  

    researchmap

  • Earth History of Asia.

    Matsuoka, A, Kurihara, T

    Abstracts of the International Symposium on Earth History of Asia.   1 - 62   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:Niigata University  

    researchmap

  • 新潟大学理学部のサイエンスミュージアムの紹介

    松岡 篤

    新潟県高等学校教育会理科部会, 理科研究集録48   61 - 64   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:新潟県高等学校教育会理科部会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 放散虫スプメラリアの珪質殻における成長モデル

    堀 利栄, 新木 雄之, 岩切 彰宏, 松岡 篤, 鈴木 紀毅, 大金 薫, 辻 彰洋

    日本地質学会学術大会講演要旨  2016年  一般社団法人 日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 球形放散虫の3次元データから殼孔数を自動判別する試み

    吉野 隆, 岸本 直子, 石田 直人, 松岡 篤, 栗原 敏之, 木元 克典

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2013年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海洋性プランクトン骨格の幾何学および力学特性について

    岸本直子, 吉野隆, 石田直人, 松岡篤

    構造強度に関する講演会講演集  2013年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 放散虫 Mirifusus 属の殻形態から着想した3次元フレーム構造の力学特性

    岸本 直子, 吉野 隆, 石田 直人, 木元 克典, 栗原 敏之, 松岡 篤, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2010年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 海洋性プランクトンの形態から学ぶモジュール型宇宙構造物

    岸本 直子, 吉野 隆, 木元 克典, 栗原 敏之, 石田 直人, 松岡 篤, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2009年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中生代放散虫 Pantanellium の外層殻にみられる殻孔の配列様式とその多様性

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原 敏之, 石田 直人, 木元 克典, 岸本 直子, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2009年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫の幾何モデリング : 口孔 (Aperture) の実装と分類学的考察

    木元 克典, 吉野 隆, 岸本 直子, 松岡 篤, 栗原 敏之, 石田 直人, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2009年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 放散虫Mirifusus属の進化における骨組形状遷移の構造力学的検証

    吉野隆, 石田直人, 岸本直子, 松岡篤, 栗原敏之, 木元克典, 松浦執

    形の科学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中生代放散虫 Pantanellium の外層殻にみられる殻孔の配列様式

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原 敏之, 石田 直人, 木元 克典, 岸本 直子, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2009年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中生代放散虫 Pantanellium の外層殻にみられる殻孔の幾何学

    吉野 隆, 松岡 篤, 栗原 敏之, 石田 直人, 木元 克典, 岸本 直子, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2009年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫チャンバー形成モデル その2 : -実在する形態との比較-

    木元 克典, 吉野 隆, 岸本 直子, 松岡 篤, 栗原 敏之, 石田 直人, 松浦 執

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2008年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 球形放散虫骨格生成のための凸多面体形成

    吉野 隆, 松岡 篤, 栗原 敏之, 岸本 直子, 木元 克典, 松浦 執, 石田 直人

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2008年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫チャンバー形成モデル : その1 : モデルと実装

    吉野 隆, 木元 克典, 岸本 直子, 松岡 篤, 栗原 敏之, 松浦 執, 石田 直人

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2008年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月1日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 4) 付加体地質の観点からみた秩父累帯のユニット区分

    松岡 篤, 山北 聡, 榊原 正幸, 久田 健一郎

    日本地質学会学術大会講演要旨  1998年3月20日  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月20日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 123 日本のジュラ系放散虫化石帯の年代

    八尾 昭, 松岡 篤, 堀 利栄

    日本地質学会学術大会講演要旨  1986年4月25日  日本地質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1986年4月25日

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 放散虫の進化史からみたジュラ・白亜系境界問題

    松岡 篤

    日本地質学会第125年学術大会  2018年9月5日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌,北海道大学  

    researchmap

  • ジュラ・白亜系境界と放散虫の進化系統

    松岡 篤

    日本古生物学会2018年年会  2018年6月22日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学青葉山北キャンパス  

    researchmap

  • 中生代放散虫<i>Vallupus</i> 類の殻形態とその“機能”

    松岡 篤

    形の科学会第85回シンポジウム  2018年6月22日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学青葉山東キャンパス  

    researchmap

  • ペルム紀放散虫Albaillellariaにみられる二形性の形態的特徴

    伊藤 剛, 松岡 篤, 馮 慶来

    日本古生物学会2018年年会  2018年6月22日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学青葉山北キャンパス  

    researchmap

  • ジュラ系・白亜系境界の策定を目指した西太平洋の深海掘削の提案 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉,幕張メッセ  

    researchmap

  • ジュラ系・白亜系境界と放散虫<i>Loopus-Pseudodictyomitra</i> 進化系列 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉,幕張メッセ  

    researchmap

  • 地質多様性を示す一法 –放散虫年代指標(RADIX) 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉,幕張メッセ  

    researchmap

  • Late Cretaceous radiolarian assemblages and U-Pb zircon ages of the Yezo Group in the Niikappu area, Hokkaido, Japan. 国際会議

    伊藤祐輝, 栗原敏之, 植田勇人, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉,幕張メッセ  

    researchmap

  • Radiolarian-based study on the fabric and the formation process of the Early Cretaceous mélange near Zhongba, Yarlung–Tsangpo suture zone, southern Tibet. 国際会議

    Li, X, Matsuoka, A, Li, Y, Wang, C

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉,幕張メッセ  

    researchmap

  • Stratigraphic potential of radiolarians for defining the Jurassic/Cretaceous Boundary: phylitic analysis in the western Pacific and eastern Tethys 国際会議

    Matsuoka, A

    10<sup>th</sup> International Congress on the Jurassic System  2018年2月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Luis Potosí, Mexico.  

    researchmap

  • 表か裏か? CT画像からみた平板形放散虫の形態解析

    椎野勇太, 栗原敏之, 一戸 凌, 岸本直子, 吉野 隆, 松岡 篤

    日本古生物学会第167回例会  2018年2月2日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛県松山市 愛媛大学城北キャンパス  

    researchmap

  • 福井県大野市の手取層群貝皿層(中部ジュラ系)より産出するトリゴニア類

    酒井佑輔, 鹿澤優祐, 近藤康生, 松岡 篤

    日本古生物学会第167回例会  2018年2月2日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛県松山市 愛媛大学城北キャンパス  

    researchmap

  • 第15回国際放散虫研究集会(新潟,2017)を振り返って

    松岡 篤

    第84回 形の科学シンポジウム  2017年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎県長崎市 長崎大学文教キャンパス  

    researchmap

  • A growth model and strategy of forming siliceous skeletons of living Spumellaria (Radiolaria) 国際会議

    Hori, R S, Shinki, T, Iwakiri, A, Matsuoka, A, Suzuki, N, Ogane, K, Tuji, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • The Early Cretaceous fossil plants from the Itsuki and Nochino formations of the Tetori Group in the Kuzuryu area, central Japan and their paleoclimatic implications 国際会議

    Sakai, Y, Wang Y, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Lithostratigraphy and bivalve associations of the Lower Jurassic Niranohama Formation in the Hashiura area, South Kitakami Belt, Miyagi Prefecture, Northeast Japan 国際会議

    Sakata, R, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Lithostratigraphy and biostratigraphy of the Tomizawa and Koyamada Formations in the Somanakamura Group, Northeast Japan — Jurassic–Cretaceous transition beds in the eastern margin of Asia 国際会議

    Tamura, T, Taketani, Y, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Radiolarian-based oceanic plate stratigraphy of the melanges and subduction-accretion processes in the western sector of the Yarlung–Tsangpo suture zone, southern Tibet 国際会議

    Li, X, Matsuoka, A, Li, Y, Wang, C

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Late Silurian radiolarians from a conglomerate of a float block in Kotaki, Itoigawa, central Japan: Oldest fossil record in Niigata Prefecture 国際会議

    Ibaraki, Y, Ito, T, Kurihara, T, Hakoiwa, H, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Development of Enlarged Skeleton Models of Radiolaria (with Hands-on Exhibition) 国際会議

    Teshima, Y, Nakagawa, T, Kimoto, K, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Development of Enlarged Skeleton Models of Foraminifera (with Hands-on Exhibition) 国際会議

    Teshima, Y, Takagi, F, Hoshino, S, Watanabe, H, Matsuoka, A, Kimoto, K

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Origami Representation of the Cortical Shell Structures of radiolarian <i>Pantanellium</i> (with Hands-on Exhibition) 国際会議

    Yoshino, T, Matsuoka, A, Kishimoto, N, Ishida, N, Kurihara, T, Kimoto, K

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Retraction Force of Axial Projection of Multi-segmented Nassellarian <i>Eucyrtidium hexastichum</i> (Haeckel) 国際会議

    Yoshino, T, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Late Jurassic radiolarians from Nadanhada Range of eastern Heilongjiang Province, NE China 国際会議

    Li, G, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Phylitic analysis of radiolarians for defining the Jurassic/Cretaceous boundary in the western Pacific and eastern Tethys 国際会議

    Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Newly discovered marine beds in the Lower Jurassic Kuruma Group in the Otari Village, Nagano Prefecture, Central Japan 国際会議

    Matsumoto, K, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Integrated mega- and micro- biostratigraphy of the Campanian–Maastrichtian Izumi Group, Southwest Japan–Application to the Songliao Basin– 国際会議

    Yoshino, K, Matsuoka, A, Wan, X

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • How to present diversity of geologic entities? – Proposal of Radiolarian age Diversity IndeX (RADIX) 国際会議

    Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Head or tail? Morphological analysis of the discoid spumellarian radiolarian <i>Dictyocoryne</i> 国際会議

    Shiino, Y, Kurihara, T, Ichinohe, R, Kishimoto, K, Yoshino, T, Matsuoka, A

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • Phylogeny and spatial distribution of the early Cretaceous radiolarian <i>Turbocapsula</i> 国際会議

    Li,X, Matsuoka, A, Li, Y, Wang, C

    The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists  2017年10月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata, Japan.  

    researchmap

  • 第15回国際放散虫研究集会で議論するジュラ・白亜系境界問題

    松岡 篤

    日本地質学会第124年学術大会  2017年9月16日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市)  

    researchmap

  • 放散虫をもちいた地質多様性の評価指標、放散虫年代多様度指標(RADIX)の地質図幅への適用

    松岡 篤, 伊藤 剛

    日本地質学会第124年学術大会  2017年9月16日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市)  

    researchmap

  • Stratigraphic potential of radiolarians for determining the Jurassic/Cretaceous boundary: evidence from pelagic sequences in the Pacific and Tethys 国際会議

    Matsuoka, A

    10<sup>th</sup> International Symposium on the Cretaceous  2017年8月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Vienna, Austria  

    researchmap

  • Radiolarian assemblage of Barremian to Aptian interval in the Tethys and the influence of the oceanic anoxic event (OAE) 1a 国際会議

    Li, X, Matsuoka, A, Chiari, M, Bertinelli, A, Wang, C

    10<sup>th</sup> International Symposium on the Cretaceous  2017年8月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Vienna, Austria  

    researchmap

  • 放散虫骨格の拡大模型の作製

    中川竜弥, 木元克典, 松岡 篤, 手嶋吉法

    第83回 形の科学シンポジウム  2017年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:野々市市 金沢工業大学扇が丘キャンパス  

    researchmap

  • 放散虫の普及を考える ―「放散虫の木」構想

    松岡 篤

    第83回 形の科学シンポジウム  2017年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野々市市 金沢工業大学扇が丘キャンパス  

    researchmap

  • 放散虫 <i>Eucyrtidium hexastichum (Haeckel) </i>の仮足の引張力

    吉野 隆, 松岡 篤

    第83回 形の科学シンポジウム  2017年6月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野々市市 金沢工業大学扇が丘キャンパス  

    researchmap

  • 放散虫をもちいた地質多様性の評価指標(RADIX)の提案

    松岡 篤

    日本古生物学会2017年年会,  2017年6月9日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市 北九州市立自然史・歴史博物館  

    researchmap

  • 福井県大野市上半原地域の手取層群上部より産出する前期白亜紀植物群(田茂谷植物群)の層位学的位置

    酒井佑輔, 松岡 篤

    日本古生物学会2017年年会,  2017年6月9日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州市 北九州市立自然史・歴史博物館  

    researchmap

  • InterRad 15の日本開催(2017年10月22-27日)と放散虫の普及アイテム 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月20日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    researchmap

  • Radiolarian zonation of Barremian to Aptian interval and its constraint on oceanic anoxic event 1a (OAE 1a) 国際会議

    LI Xin, Matsuoka A

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月20日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    researchmap

  • ジュラ系・白亜系境界と放散虫のバイオイベント 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月20日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    researchmap

  • 現生多節ナセラリア(放散虫) <i>Eucyrtidium</i>属の生物学

    松岡 篤, Li, X

    日本古生物学会2016年年会,  2016年6月24日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井県永平寺町 福井県立大学  

    researchmap

  • 放散虫の収斂現象

    松岡 篤

    形の科学会第81回シンポジウム  2016年6月3日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:統計数理研究所, 東京都立川市  

    researchmap

  • 放散虫のカレンダー

    松岡 篤, 大河内春香

    形の科学会第81回シンポジウム  2016年6月3日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:統計数理研究所, 東京都立川市  

    researchmap

  • 有孔虫骨格の拡大模型の開発

    手嶋吉法, 星野 捷, 渡辺 宏, 木元克典, 松岡 篤

    形の科学会第81回シンポジウム  2016年6月3日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:統計数理研究所, 東京都立川市  

    researchmap

  • InterRad 15の日本開催(2017年10月)と放散虫の普及活動. 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月22日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    researchmap

  • ペルム系芳井層群の遠洋成チャートにみられる砂岩岩脈とその変形構造 国際会議

    伊藤 剛, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月22日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    researchmap

  • ジュラ紀中世のStriatojaponocapsaおよび白亜紀中期のTurbocapsula属の系統進化と信頼性の高い放散虫生層序区分 国際会議

    松岡 篤, Li, X

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月22日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    researchmap

  • 福井県大野市石徹白地域および長野地域に分布する手取層群より産出するジュラ紀海生二枚貝化石

    鹿澤優祐, 酒井佑輔, 半田直人, 松岡 篤

    日本古生物学会第165回例会  2016年1月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 放散虫の認知度を高めるための方策

    松岡 篤

    日本古生物学会第165回例会  2016年1月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • An asteroid impact in the Late Triassic triggered mid-Norian radiolarian faunal turnover in the Panthalassa Ocean. 国際会議

    Onoue, T, Sato, H, Yamashita, D, Ikehara, M, Yasukawa, K, Fujinaga, K, Kato, Y, Matsuoka, A

    American Geophysical Union fall meeting 2015  2015年12月14日  American Geophysical Union

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, USA.  

    researchmap

  • 生痕化石からわかる深海生物の進化

    松岡 篤

    形の科学会第80回シンポジウム  2015年11月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京電機大学鳩山キャンパス  

    researchmap

  • Radiolarian biostratigrahy of a Barremian-Aptian deep marine succession on the Indian passive margin and its record of Oceanic Anoxic Event, Southern Tibet

    Li, X, Matsuoka, A, Li, Y, Wang, C

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月11日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学長野キャンパス  

    researchmap

  • ジュラ紀付加体にみられる生痕化石とその意義

    松岡 篤

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月11日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学長野キャンパス  

    researchmap

  • 福井県大野市に分布する中部ジュラ系手取層群九頭竜亜層群貝皿層における放散虫群集とアンモノイド年代

    鹿澤優祐, 松岡 篤

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月11日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学長野キャンパス  

    researchmap

  • 長野県開田地域における美濃帯東部味噌川コンプレックスの岩相層序及び放散虫化石

    箱岩寛晶, 松岡 篤

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月11日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学長野キャンパス  

    researchmap

  • ペルム紀放散虫<i>Albaillella sinuata</i>の二形性の形態学的検討

    伊藤 剛, 馮 慶来, 松岡 篤

    日本地質学会第122年学術大会  2015年9月11日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:信州大学長野キャンパス  

    researchmap

  • Jurassic-Cretaceous boundary sequences in Japan and their implication for biochronological correlation. 国際会議

    Matsuoka, A

    The 12th Symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems  2015年8月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shenyang, China  

    researchmap

  • Cretaceous origin of Cenozoic clam shrimp <i>Paraleptestheria</i> fauna. 国際会議

    Li, G, Matsuoka, A

    The 12th Symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems  2015年8月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shenyang, China  

    researchmap

  • <i>Aquilapollenites</i> from Late Cretaceous marine and non-marine deposits in East Asia. 国際会議

    Yoshino, K, Matsuoka, A, Wan, X

    The 12th Symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems  2015年8月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shenyang, China  

    researchmap

  • Method of observing microfossil-bearing clasts in the neritic-terrestrial conglomerate: advantages, significance and applications. 国際会議

    Li, X, Ito, T, Sakai, Y, Li, Y.L, Wang, C.S, Matsuoka, A

    The 12th Symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems  2015年8月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shenyang, China  

    researchmap

  • New late Early Cretaceous plants from the Tetori Group in central Japan and their paleaoclimatic implications. 国際会議

    Sakai, Y, Wang, Y.D, Matsuoka, A

    The 12th Symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems  2015年8月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shenyang, China  

    researchmap

  • Late Paleocene radiolarian faunas from sediments south to the Yarlung -Tsangpo suture zone and its implication for the evolusion of the Neo-Tethys.

    Li, X, Matsuoka, A, Li, Y, Wang, C

    日本古生物学会2015年年会  2015年6月26日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:産業技術総合研究所  

    researchmap

  • InterRad 15の2017年日本開催とその意義

    松岡 篤

    日本古生物学会2015年年会  2015年6月26日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:産業技術総合研究所  

    researchmap

  • 福井県大野市長野地域における手取層群の岩相層序と産出化石

    鹿澤優祐, 酒井佑輔, 松岡 篤

    日本古生物学会2015年年会  2015年6月26日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:産業技術総合研究所  

    researchmap

  • 石川県白峰地域における手取層群赤岩亜層群の凝灰岩から得られたジルコンのU-Pb年代

    酒井佑輔, 薗田哲平, 堤 之恭, 楠橋 直, 堀江憲路, 松岡 篤

    日本古生物学会2015年年会  2015年6月26日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:産業技術総合研究所  

    researchmap

  • Ammoniteに見られるねじれ -白亜紀後期の<i>Pravitocerass sigmoidale</i>

    松岡 篤, 吉野恒平

    形の科学会第79回シンポジウム  2015年6月12日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 微化石の拡大模型

    松岡 篤, 栗原敏之, 岸本直子, 吉野 隆, 石田直人, 木元克典

    形の科学会第79回シンポジウム  2015年6月12日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉工業大学  

    researchmap

  • 放散虫のSpumellaria/Nassellaria 比は何を示しているのか? 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2015年大会  2015年5月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 福井県大野市長野地域に分布する手取層群における層序 国際会議

    鹿澤優祐, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2015年大会  2015年5月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 長野県開田地域における美濃帯東部味噌川コンプレックスの地質と放散虫化石 国際会議

    箱岩寛晶, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2015年大会  2015年5月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • Deep-water trace fossils in Paleozoic-Mesozoic accretionary complexes 国際会議

    Matsuoka, A

    13th International Ichnofabric Workshop  2015年5月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • Campanian-Maastrichtian (Late Cretaceous) Spore and Pollen from East Asia 国際会議

    Yoshino K, Matsuoka A, Wan X

    The 7th China-Japan-Korea Graduate Student Forum -Environment, Resources and Life  2014年9月26日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing, China(中国地質大学北京)  

    researchmap

  • 美濃帯坂祝セクションの層状チャートから復元した三畳紀海水Os同位体比変動

    野崎達生, 二階堂 崇, 高谷雄太郎, 鈴木勝彦, 加藤泰浩, 尾上哲治, 佐藤峰南, 松岡 篤

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月13日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 球面上のチューリング・パタンとシリカ殻の形成-中生代放散虫<i>Pantanellium</i>の実体模型

    松岡 篤, 吉野 隆

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月13日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 岐阜県美濃-七宗地域における美濃帯-上麻生ユニットと那比ユニットの再区分

    北川祐介, 荒井祐一郎, 松岡 篤

    日本地質学会第121年学術大会  2014年9月13日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • Land-ocean linkage: pelagic materials in Mesozoic neritic-terrestrial sequences in East Asia. 国際会議

    Matsuoka A, Ito T, Sakai Y, Nikaido T

    The second International Symposium of the International Geoscience Programme Project 608, Cretaceous ecosystems and their responses to palaeoenvironmental changes in Asia and the Western Pacific  2014年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Waseda Univ. Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Campanian-Maastrichtian palynomorph assemblage from East Asia. 国際会議

    Yoshino K, Matsuoka A, Wan X

    The second International Symposium of the International Geoscience Programme Project 608, Cretaceous ecosystems and their responses to palaeoenvironmental changes in Asia and the Western Pacific  2014年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Waseda Univ. Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Denudation stages of mid-Mesozoic accretionary complexes in East Asia besed on microfossil-bearing clasts within the Mesozoic strate. 国際会議

    Ito T, Sakai Y, Feng Q L, Matsuoka A

    The second International Symposium of the International Geoscience Programme Project 608, Cretaceous ecosystems and their responses to palaeoenvironmental changes in Asia and the Western Pacific  2014年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Waseda Univ. Tokyo, Japan  

    researchmap

  • 放散虫化石の分類について-中生代のPantanellium属を例として-

    松岡 篤

    日本古生物学会2014年年会  2014年6月27日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学総合研究博物館  

    researchmap

  • 岐阜県高山市荘川地域における下部白亜系手取層群赤岩亜層群より産出した植物化石群

    酒井佑輔, 寺田和雄, 松岡 篤

    日本古生物学会2014年年会  2014年6月27日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学総合研究博物館  

    researchmap

  • 現生および化石放散虫の種概念

    松岡 篤

    形の科学会第77回シンポジウム  2014年6月13日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉県立大学  

    researchmap

  • 岐阜県美濃-関地域における美濃帯-上麻生ユニットと那比ユニットの関係性 国際会議

    北川祐介, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

    researchmap

  • 遠洋域環境復元の代替指標としての放散虫形態:問題点と展望 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

    researchmap

  • 3Dイメージング技術による放散虫研究

    石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典, 吉野 隆, 松浦 執

    日本古生物学会2013年年会  2013年6月28日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • 白山区の手取川流域および石徹白川流域における手取層群の白亜紀前期系植物相

    酒井佑輔, 関戸信次, 松岡 篤

    日本古生物学会2013年年会  2013年6月28日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • イラン西部ケルマンシャ地域ビセトゥンセクションのジュラ系放散虫化石層序

    松岡 篤, Vaziri, S.H

    日本古生物学会2013年年会  2013年6月28日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

    researchmap

  • 球形放散虫の3次元データから殻孔数を自動判別する試み

    吉野 隆, 岸本直子, 石田直人, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典

    形の科学会第75回シンポジウム  2013年6月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:フォッサマグナミュージアム  

    researchmap

  • 3Dイメージング技術によるプランクトン殻の微細構造

    石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 木元克典, 栗原敏之, 吉野 隆

    形の科学会第75回シンポジウム  2013年6月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:フォッサマグナミュージアム  

    researchmap

  • 糸魚川ジオパークの認知度アンケートから見える糸魚川のイメージ

    大河内春香, 松岡 篤

    形の科学会第75回シンポジウム  2013年6月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:フォッサマグナミュージアム  

    researchmap

  • アンモナイトと底生有孔虫の殻形態の比較

    植原和樹, 松岡 篤

    形の科学会第75回シンポジウム  2013年6月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:フォッサマグナミュージアム  

    researchmap

  • ジオパーク普及のための”形”の活用-見立ての効用

    松岡 篤

    形の科学会第75回シンポジウム  2013年6月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:フォッサマグナミュージアム  

    researchmap

  • イラン西部・ケルマンシャ地域における遠洋性堆積物の中生代放散虫層序 国際会議

    松岡 篤, セイエド・ハミド・バジリ

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月19日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 岐阜県美濃-関地域における美濃帯‐上麻生ユニットの地質と放散虫年代 国際会議

    北川祐介, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月19日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 石川県白山市の下部白亜系手取層群赤岩亜層群赤岩層より産出したZamites属を含む植物化石群集.

    酒井佑輔, 山口一男, 関戸信次, 松岡 篤

    日本古生物学会第162回例会  2013年1月25日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜国立大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの外層殻を構成する殻孔枠数の多様性.

    松岡 篤, 吉野 隆, 岸本直子, 石田直人, 栗原敏之, 木元克典

    日本古生物学会第162回例会  2013年1月25日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学  

    researchmap

  • バッキーボール式殻孔枠配列の外層殻をもつ中生代放散虫Pantanellium.

    松岡 篤, 吉野 隆, 岸本直子, 石田直人, 栗原敏之, 木元克典

    形の科学会第74回シンポジウム  2012年11月16日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学  

    researchmap

  • Feeding behavior and skeltal morphology of radiolarians: Toward understanding past marine ecosystems. 国際会議

    Matsuoka, A

    The 2nd International Congress On Natural Sciences  2012年10月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kaohsiung, Taiwan  

    researchmap

  • Jurassic radiolarian fossils from siliceous mudstone in the Mino terrane, in Gifu Prefecture, centaral Japan. 国際会議

    Kitagawa, Y, Matsuoka, A

    The 2nd International Congress On Natural Sciences  2012年10月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kaohsiung, Taiwan  

    researchmap

  • トピックセッション「ジュラ系+」10年間の歩み

    松岡 篤

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月15日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • Older accretionary units in Honshu and Shikoku islands, Japan.

    Kojima, S, Hayasaka, Y, Hiroi, Y, Matsuoka, A, Sano, H.. Suzuki, N, Takemura, S, Tujimori, T, Uchino, T

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月15日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • 長野県塩尻南方地域に分布する美濃帯薮原層および奈良井層の地質

    内山雅貴, 松岡 篤

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月15日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • 西南日本付加帯に含まれる上部古生界放散虫チャートの年代分布

    伊藤 剛, Feng, Q, 松岡 篤

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月15日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • マイクロCT技術のジュラ紀放散虫化石への応用例

    石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典吉野, 松浦 執

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月15日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • Early Cretaceous flora from the Tetori Group in the Oguchi area, Hakusan City, Ishikawa Prefecture, Japan. 国際会議

    Sakai, Y, Sekido, S, Matsuoka, A

    The 13th International Palynological Congress(XIII IPC) & The 9th Internatinal Organisation of Palaeobotany Conference(IX IOPC).  2012年8月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:中央大学後楽園キャンパス  

    researchmap

  • Provincialism of Campanian (Late Cretaceous) radiolarians in the North Pacific. 国際会議

    Yoshino, K, Matsuoka, A

    34th International Geological Congress 2012  2012年8月5日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Brisbane, Australia  

    researchmap

  • Cenozoic clam shrimp from China and their Cretaceous origin.

    Li, G, Matsuoka, A

    日本古生物学会2012年年会  2012年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 石川県白山市の下部白亜系手取層群より産出したTaeniopteris を含む植物化石群集

    酒井佑輔, 関戸信次, 松岡 篤

    日本古生物学会2012年年会  2012年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 美濃帯南部坂祝セクションにおける後期トリアス系層状チャートと放散虫生層序

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本古生物学会2012年年会  2012年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 多節Nassellaria(放散虫)の捕食器官と殻形態からみた系統分類

    松岡 篤

    日本古生物学会2012年年会  2012年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 放散虫の多節骨格とその意味

    松岡 篤

    形の科学会第73回シンポジウム  2012年6月15日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学  

    researchmap

  • Carapace surface ornamentation and its applications in fossil clam shrimp (Crustacean) taxomomy.

    Li, G, Matsuoka, A

    形の科学会第73回シンポジウム  2012年6月15日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学  

    researchmap

  • 飼育実験とマイクロCT技術にもとづく放散虫の生態学的・形態学的研究 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2012年大会  2012年5月20日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • First record of Late Jurassic radiolarians from eastern Heilongjiang Province, NE China. 国際会議

    Li, G, Matsuoka, A

    日本地球惑星科学連合2012年大会  2012年5月20日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • Recent progress in ecological and morphological studies on radiolarians. 国際会議

    Matsuoka, A

    The 13th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, International Conference on Fossil and Recent Radiolarians  2012年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Cadiz, Spain  

    researchmap

  • Geometrical models of skeleton forms of spherical Radiolaria. 国際会議

    Yoshino, T, Matsuoka, A, Kurihara, T, Ishida, N, Kishimoto, N, Kimoto, K, Matsuura, S

    The 13th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, International Conference on Fossil and Recent Radiolarians  2012年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cadiz, Spain  

    researchmap

  • Evolutionary patterns of Pliensbachian and Toarcian (Early Jurassic) Radiolaria. 国際会議

    Goričan, Š, Carter, E. S, Guex, J, O'dogherty, L, De Wever, P, Dumitrica, P, Hori, R. S, Matsuoka, A, Whalen, P.A

    The 13th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, International Conference on Fossil and Recent Radiolarians  2012年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cadiz, Spain  

    researchmap

  • Acquisition of Three Dimensional Shape of Radiolaria using Micro X-ray Computer Tomography. 国際会議

    Kishimoto, N, Ishida, N, Kurihara, T, Kimoto, K, Matsuoka, A, Yoshino, T, Matsuura, S

    The 13th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, International Conference on Fossil and Recent Radiolarians  2012年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cadiz, Spain  

    researchmap

  • Variability in Permian chert accumulation in the central-west Panthalassa: the occurrence of the upper Paleozoic cherts within accretionary complexes in southwest Japan. 国際会議

    Ito, T, Feng, Q, Matsuoka, A

    The 13th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, International Conference on Fossil and Recent Radiolarians  2012年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cadiz, Spain  

    researchmap

  • Guadalupian (Middle Permian) radiolarian and sponge spicule faunas from the Bancheng Formation of the Qinzhou allochthon, South China. 国際会議

    Ito, T, Zhang, L, Feng, Q, Matsuoka, A

    The 13th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, International Conference on Fossil and Recent Radiolarians  2012年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cadiz, Spain  

    researchmap

  • 新潟大学コア・ステーション「形の科学研究センター」の活動パンタネグラフ誕生までの道のり

    松岡 篤

    かたちシューレ2012  2012年3月3日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県四万温泉  

    researchmap

  • 中国のジュラ紀の貝エビ

    Li, G, 松岡 篤

    日本古生物学会第161回例会  2012年1月20日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県富岡市  

    researchmap

  • 石川県白山市女原の下部白亜系手取層群から産出した植物化石群集

    酒井佑輔, 松岡 篤

    日本古生物学会第161回例会  2012年1月20日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県富岡市  

    researchmap

  • 白亜系和泉層群からの異常巻アンモノイドPravitoceras sigmoidaleの産状とその意義

    吉野恒平, 松岡 篤

    日本古生物学会第161回例会  2012年1月20日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県富岡市  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの内層殻にみられる殻孔枠の配列と形態形成.

    松岡 篤, 吉野 隆, 岸本直子, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 松浦 執

    日本古生物学会第161回例会  2012年1月20日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県富岡市  

    researchmap

  • マイクロCTによる放散虫および有孔虫の3次元構造取得と石膏製実体模型作成

    岸本直子, 石田直人, 木元克典, 栗原敏之, 松岡 篤, 吉野 隆, 松浦 執

    日本古生物学会第161回例会  2012年1月20日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬県富岡市  

    researchmap

  • 放散虫骨格の3次元構造と力学特性

    岸本直子, 石田直人, 松岡 篤, 栗原敏之, 吉野 隆, 木元克典

    日本機械学会バイオエンジニアリング第24回講演会  2012年1月8日  日本機械学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学豊中キャンパス  

    researchmap

  • 微化石のトランプ

    松岡 篤, 小林由枝

    形の科学会第72回シンポジウム  2011年12月9日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの骨格構造がもつ多面体幾何学的な特徴

    吉野 隆, 松岡 篤, 岸本直子, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 松浦 執

    形の科学会第72回シンポジウム  2011年12月9日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 多節Nassellaria(放散虫)の補食行動と系統分類

    松岡 篤

    形の科学会第72回シンポジウム  2011年12月9日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • Discovery of Late Jurassic radiolarians from Zhenbaodao area of Heilongjiang Province, NE China.

    Li, G, Matsuoka, A

    2011年放散虫研究集会松山大会  2011年10月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学  

    researchmap

  • 和泉層群のPravitoceras sigmoidale帯(上部Campanian階)から産する放散虫群集

    吉野恒平, 松岡 篤

    2011年放散虫研究集会松山大会  2011年10月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学  

    researchmap

  • Pantanelliidae科放散虫にみられる殻孔枠の配列とその分類学的評価

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    2011年放散虫研究集会松山大会  2011年10月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学  

    researchmap

  • Feeding behavior and skeletal morphology of radiolarians. 国際会議

    Matsuoka, A

    1st Asian Congress of Protistology  2011年10月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Jeju, Korea  

    researchmap

  • Campanian期後期に北太平洋に生息した放散虫群集 -淡路島南西部の和泉層群北縁相から得られた放散虫化石-

    吉野恒平, 松岡 篤

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • 下部ジュラ系Pliensbachian-Toarcian階のアンモナイト/放散虫層序 --Toarcian期の海洋無酸素事変の理解に向けて

    松岡 篤, 中田健太郎

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • 福島県南相馬市信田沢地域に分布する上部ジュラ系相馬中村層群栃窪層の堆積環境と植物化石組成

    佐藤友哉, 松岡 篤

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • 南中国Xiaodong地域から産出したペルム紀中世放散虫化石群集

    伊藤 剛, Feng, Q, 松岡 篤

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • 石川県の手取川流域北部に分布する手取層群の層序と植物化石群

    酒井佑輔, 松岡 篤

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • 南相馬市の相馬中村層群小山田層の新産地から得られた白亜紀初期のアンモナイトおよびオウムガイ群集

    佐藤 正, 竹谷陽二郎, 八巻安夫, 栃久保廣泰, 荒 好, 平 宗雄, 岸崎晃一郎, 二上文彦, 田村 翼, 松岡 篤

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • Toarcian期前期の海洋無酸素事変とアンモナイト群集の多様性低下‐西南日本の下部ジュラ系豊浦層群の例

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月9日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨木大学  

    researchmap

  • ジュラ系全体にわたる放散虫生層序区分とUnitary Association法についてのコメント

    松岡 篤

    日本古生物学会2011年年会  2011年7月1日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学  

    researchmap

  • Ammonoid paleobiogeographic changes of the Northern hemisphere in the late Early jurassic.

    Nakada, K, Matsuoka, A, Yin, J

    日本古生物学会2011年年会  2011年7月1日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの骨格構造と形態形成

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    形の科学会第71回シンポジウム  2011年6月17日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • 球面上のVertex Dynamics

    吉野 隆, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 松浦 執

    形の科学会第71回シンポジウム  2011年6月17日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • 美濃帯坂祝セクションに産するチャート試料から復元した三畳紀古海水のOs 同位体比変動と古海洋環境変動 国際会議

    野崎達生, 二階堂 崇, 高谷雄太郎, 鈴木勝彦, 加藤泰浩, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 日本海佐渡沖の表層~亜表層水における2005 年・2006 年(6 月~9 月)の放散虫の深度分布と季節変化 国際会議

    栗原敏之, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • ジュラ紀古世後期(Pliensbachian 期後期‐Toarcian 期)におけるアンモノイド相の変遷とToarcian 期前期の海洋無酸素事変 国際会議

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • ジュラ紀Toarcian 海洋無酸素事件とアンモノイド/放散虫化石帯区分 国際会議

    松岡 篤, 中田健太郎

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 美濃帯坂祝セクションにおける後期トリアス紀放散虫生層序の再検討 国際会議

    二階堂 崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月22日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの外層殻にみられる殻孔枠の配列とその分類学的評価.

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    日本古生物学会第160回例会  2011年1月28日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの実体モデルと走査型電子顕微鏡像

    松岡 篤, 吉野 隆, 岸本直子, 木元克典, 栗原敏之, 石田直人, 松浦 執, 手嶋吉法

    形の科学会第70回シンポジウム  2010年11月19日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県立加古川東高等学校  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの形態形質とその分類学的評価.

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    形の科学会第70回シンポジウム  2010年11月19日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県立加古川東高等学校  

    researchmap

  • 相馬中村層群小山田層から得られた白亜紀最前期のアンモナイト化石とその産状.

    田村 翼, 松岡 篤, 竹谷陽二郎, 八巻安夫, 荒 好, 二上文彦

    日本地質学会第117年学術大会  2010年9月18日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学  

    researchmap

  • 大学の研究・教育・普及活動とジオパーク:新潟大学と糸魚川市の連携を例にして.

    松岡 篤

    日本地質学会第117年学術大会  2010年9月18日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学  

    researchmap

  • 新潟県糸魚川地域の水上谷層の岩相と礫岩から産出した放散虫化石‐糸魚川の中生界研究1‐.

    伊藤 剛, 石田直人, 茨木洋介, 梅津 暢, 酒井佑輔, 中田健太郎, 松本明日香, 吉野恒平, 松岡 篤

    日本地質学会第117年学術大会  2010年9月18日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学  

    researchmap

  • Co-occurrence of ammonite and radiolarians from the Upper Cretaceous Izumi Group in southwestern part of Awaji Island, Hyogo Prefecture, southwest Japan. 国際会議

    Yoshino, K, Matsuoka, A

    8th International Symposium, Cephalopods - Present and Past  2010年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Taxonomic and biostratigraphic analyses of the genus Amaltheus, Late Pliensbachian (Early Jurassic) ammonite, from East Asia 国際会議

    Nakada, K, Meister, C, Matsuoka, A

    8th International Symposium, Cephalopods - Present and Past  2010年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Paleobiogeographical changes of late Early Jurassic ammonite assemblage from East Asia. 国際会議

    Nakada, K, Matsuoka, A, Yin, J

    第8回国際ジュラ系会議  2010年8月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中国四川省  

    researchmap

  • Ammonite faunas from the Middle Jurassic-lowest Cretaceous Somanakamura Group in Fukushima Prefecture, northeast Japan. 国際会議

    Matsuoka, A, Tamura, T, Futakami, F, Taketani, Y, Sato, T

    第8回国際ジュラ系会議  2010年8月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中国四川省  

    researchmap

  • 来馬層群寺谷層より新たに産出したジュラ紀古世後期アンモノイド群集.

    中田健太郎, Meister C, 松岡 篤

    日本地質学会中部支部2010年年会  2010年7月24日  日本地質学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井県立博物館  

    researchmap

  • 新潟大学理学部地質科学科の2009年度社会連携事業- 糸魚川ジオパークに関連して -.

    松岡 篤, 栗原敏之

    日本地質学会中部支部2010年年会  2010年7月24日  日本地質学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井県立博物館  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの外層殻にみられる27 個の殻孔の配列.

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    形の科学会第69回シンポジウム  2010年6月25日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京学芸大学  

    researchmap

  • 汎用的な光学機器を用いた化石の三次元形状データ取得法.

    吉岡 翼, 松岡 篤

    形の科学会第69回シンポジウム  2010年6月25日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京学芸大学  

    researchmap

  • 放散虫Mirifusus属の殻形態から着想した3次元フレーム構造の力学特性.

    岸本直子, 吉野 隆, 石田直人, 木元克典, 栗原敏之, 松岡 篤, 松浦 執

    形の科学会第69回シンポジウム  2010年6月25日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京学芸大学  

    researchmap

  • 面上のVertex Dynamics モデル

    吉野 隆, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 松浦 執

    形の科学会第69回シンポジウム  2010年6月25日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京学芸大学  

    researchmap

  • 本邦より産出するPliensbachian期後期(ジュラ紀古世)のアンモナイトAmaltheus属の分類学的・生層序学的検討.

    中田健太郎, Meister, C, 松岡 篤

    日本古生物学会2010年年会  2010年6月13日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanelliumの外層殻にみられる殻孔の配列様式は何が決めるのか?

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    日本古生物学会2010年年会  2010年6月10日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 日本のジュラ紀古世後期におけるアンモナイト群集の古生物地理学的変遷

    中田健太郎, 松岡 篤, Yin J

    日本古生物学会2010年年会  2010年6月10日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 関東山地両神山東部地域における両神山スラストの追跡.

    伊藤 剛, 二階堂 崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2010年大会  2010年5月23日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 西南日本付加体中のペルム系チャートの産状と層序およびその比較.

    伊藤 剛, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2010年大会  2010年5月23日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 上部白亜系和泉層群の北縁相と主部相から産出する放散虫群集の比較.

    吉野恒平, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2010年大会  2010年5月23日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 日本海佐渡沖における秋季の現生放散虫群集.

    栗原敏之, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2010年大会  2010年5月23日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 中生代古海洋学のための放散虫生層序 2010年のレビューと展望

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2010年大会  2010年5月23日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 美濃帯坂祝セクションにおけるストライプチャートの層位分布と意義.

    二階堂 崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2010年大会  2010年5月23日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • Enlarged Skeleton Models of Plankton for Tactile Teaching. 国際会議

    Teshima, Y, Matsuoka, A, Fujiyoshi, M, Ikegami, Y, Kaneko, T, Oouchi, S, Watanabe, Y, Yamazawa, K

    The Institute of Science and Technology Austria (IST Austria) Computer Science Symposium, Reactive Modeling in Science and Engineering  2010年5月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Klosterneuburg, Austria  

    researchmap

  • 有殻原生生物骨格に学ぶ構造物システム

    岸本直子, 吉野 隆, 松岡 篤, 木元克典, 栗原敏之, 石田直人, 松浦 執

    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会  2010年1月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanellium の外層殻にみられる殻孔の配列様式とその多様性.

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    形の科学会第68回シンポジウム  2009年11月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協医科大学  

    researchmap

  • 放散虫Mirifusus 属の進化における骨組形状遷移の構造力学的検証.

    吉野 隆, 石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典, 松浦 執

    形の科学会第68回シンポジウム  2009年11月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協医科大学  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫の幾何モデリング:口孔(Aperture)の実装と分類学的考察.

    木元克典, 吉野 隆, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 石田直人, 松浦 執

    形の科学会第68回シンポジウム  2009年11月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協医科大学  

    researchmap

  • 海洋性プランクトンの形態から学ぶモジュール型宇宙構造物.

    岸本直子, 吉野 隆, 木元克典, 栗原敏之, 石田直人, 松岡 篤, 松浦 執

    形の科学会第68回シンポジウム  2009年11月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協医科大学  

    researchmap

  • 新潟大学サイエンスミュージアムの出前サービス-「くらしの中にある大学」(2009.9.11-12朱鷺メッセ)

    二階堂 崇, 松岡 篤

    形の科学会第68回シンポジウム  2009年11月21日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:獨協医科大学  

    researchmap

  • Lithostratigraphy and radiolarian dating of the Yoshii Group in the Otake-yama Area, Okayama Prefecture, southwest Japan: A Permian accretionary complex with a pile-nappe structure. 国際会議

    Ito, T, Matsuoka, A

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Catalogue of Mesozoic radiolarian genera. 国際会議

    O'Dogherty, L, Carter, E, Dumitrica, P, Gorican, S, De Wever, P, Bandini, A, Baumgarter, P, Hugerbuhler, A, Matsuoka, A. Takemura, A

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Genera systematics revision: Implications for the stratigraphic ranges of Mesozoic families. 国際会議

    O'Dogherty, L, Carter, E, Dumitrica, P, Gorican, S, De Wever, P, Bandini, A, Baumgarter, P, Hugerbuhler, A, Matsuoka, A. Takemura, A

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Upper Campanian radiolarian fossils from the Upper Cretaceous Izumi Group in the southwestern part of Awaji Island, Hyogo Prefecture, southwest Japan. 国際会議

    Yoshino, K, Matsuoka, A

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Mathematical and Mechanical Aspects of Radiolarian Skeletons. 国際会議

    Yoshino, T, Matsuoka, A, Kishimoto, N, Kimoto, K, Kurihara, T, Ishida, N, Matsuura, S

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Interdisciplinary research on form and function of radiolarians: Introduction to multi-scale design. 国際会議

    Matsuoka, A, Yoshino, T, Kishimoto, N, Kimoto, K, Kurihara, T, Ishida, N, Matsuura, S

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Seasonal change of living radiolarian faunas in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Sado Island, central Japan. 国際会議

    Kurihara, T, Matsuoka

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Plaster models of radiolarian skeletons produced by X-ray microtomography and 3-D printer. 国際会議

    Matsuoka, A. Teshima

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • Lithostratigraphy and radioralian biostratigraphy of Triassic-Jurassic chert sequences in the Calamian Islands, North Palawan Block, Philippines. 国際会議

    Matsuoka, A, Nikaido, T, Onoue, T, Zamoras, L

    The 12th Meeting of the International Association of Radiolarian Paleontologists, Radiolarians Through Time  2009年9月14日  International Association of Radiolarian Paleontologists

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nanjing, China.  

    researchmap

  • 淡路島南西部における上部白亜系和泉層群西淡層から産するアンモナイト化石・放散虫化石・有孔虫化石とその意義.

    吉野恒平, 松岡 篤

    日本地質学会第116年学術大会  2009年9月4日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • 大学が実施する普及活動:新潟大学における頭足類展(2008)を例にして

    松岡 篤

    日本地質学会第116年学術大会  2009年9月4日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • 下部ジュラ系豊浦層群西中山層より産出するCleviceras属の分類学的再検討.

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本地質学会第116年学術大会  2009年9月4日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • ペルム紀付加体秋吉テレーンのチャート-砕屑岩シーケンスの繰り返し構造とその意義

    伊藤 剛, 松岡 篤

    日本地質学会第116年学術大会  2009年9月4日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • 放散虫Mirifusus属(海洋プランクトン)の進化と骨組構造の力学的最適化-骨組形状遷移の構造力学的検証-

    吉野 隆, 石田直人, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 木元克典, 松浦 執

    応用力学シンポジウム  2009年9月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanellium の外層殻にみられる殻孔の幾何学.

    吉野 隆, 松岡 篤, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    形の科学会第67回シンポジウム  2009年6月26日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学柏キャンパス  

    researchmap

  • 3次元実体模型の観察にもとづく中生代放散虫Pantanelliumの外層殻にみられる殻孔の数と配列様式.

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    日本古生物学会2009年年会  2009年6月26日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • 北チベットのQiangtang basinより産出するToarcian(前期ジュラ紀)アンモナイト群集の古生物地理学的意義.

    中田健太郎, 松岡 篤, Yin, J

    日本古生物学会2009年年会  2009年6月26日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • 中生代放散虫Pantanellium の外層殻にみられる殻孔の配列様式.

    松岡 篤, 吉野 隆, 栗原敏之, 石田直人, 木元克典, 岸本直子, 松浦 執

    形の科学会第67回シンポジウム  2009年6月26日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学柏キャンパス  

    researchmap

  • 関東山地両神山チャートユニットの内部構造

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 関東山地北西部における北部秩父帯の岩相層序と放散虫化石年代.

    小久保晋一, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • フィラメントチャート:フィリピン北パラワン地塊の上部トリアス系チャートから産する薄殻二枚貝.

    尾上哲治, 二階堂崇, Zamoras, L, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 大学における地学教員養成の現状と問題点.

    藤林紀枝, 藤本光一郎, 星 博幸, 天野和孝, 中井睦美, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 美濃帯および北パラワン地塊のジュラ紀付加体中にみられるストライプチャート.

    松岡 篤, 二階堂崇, 尾上哲治, Zamoras, L

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 淡路島南西部の和泉層群から産出するカンパニアン後期の放散虫化石.

    吉野恒平, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • Seasonal faunal change of living radiolarians in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Sado Island, central Japan.

    Kurihara, T, Matsuoka, A

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 球形放散虫骨格の数理モデルに関するいくつかの問題.

    吉野 隆, 松岡 篤, 栗原敏之, 石田直人, 岸本直子, 木元克典, 松浦 執

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 美濃帯坂祝セクションの放散虫生層序とストライプチャート

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2009年大会  2009年5月16日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 新潟大学旭町学術資料展示館2008年企画展「頭足類展 アンモナイトとその仲間たち」の報告.

    松岡 篤, 中田健太郎, 二階堂 崇, 小久保晋一, 伊藤 剛, 吉岡 翼, 石田直人, 栗原敏之, 寺部和伸, 半田直人, 吉野恒平, 佐藤友哉

    日本古生物学会第158回例会  2009年1月31日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

    researchmap

  • Development of three-dimensional geometrical models for tactile teaching materials. 国際会議

    Teshima, Y, Fujiyoshi, M, Ikegami, Y, Kaneko, T, Matsuoka, A, Nakano, T, Oouchi, S, Tanaka, A, Watanabe, Y, Yamazawa, K

    Tactile Graphics 2008 - 4th International Conference On Tactile Diagrams, Maps And Pictures  2008年12月3日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Birmingham, UK  

    researchmap

  • 理科教育普及活動における連携のかたち-新潟大学理学部地質科学科の実践例-.

    松岡 篤

    形の科学会第66回シンポジウム  2008年10月31日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    researchmap

  • 美濃帯南部坂祝セクションにおけるトリアス系放散虫生層序.

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本地質学会第115年学術大会  2008年9月20日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • 下部ジュラ系豊浦層群西中山層より産出するDactylioceras helianthoidesの層位的な形態変化.

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本地質学会第115年学術大会  2008年9月20日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • 九頭竜亜層群貝皿層(中部ジュラ系)におけるPseudoneuqueniceras 属アンモナイトの産出層準と計量生物学的検討.

    松岡 篤, 半田直人, 安曽潤子, 中田健太郎, 寺部和伸, 佐藤 正

    日本地質学会第115年学術大会  2008年9月20日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • ペルム系芳井層群のチャート層最上部の年代.

    伊藤 剛, 松岡 篤

    日本地質学会第115年学術大会  2008年9月20日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

    researchmap

  • The Toarcian Oceanic Anoxic Event and biodiversity fluctuation in Early Jurassic ammonoid assemblage in East Asia. 国際会議

    Nakada, K, Matsuoka, A

    The 33rd International Geological Congress (IGC)  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oslo, Norway  

    researchmap

  • Itoigawa Geopark: the first Geopark candidate in Japan. 国際会議

    Takenouchi, K, Ibaragi, Y, Miyajima, H, Ohkouchi, M, Matsuoka, A

    33th IGC  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oslo  

    researchmap

  • Striped radiolarian chert: evidence for superimposed cyclicity in the Earth System. 国際会議

    Matsuoka, A, Nikaido, T, Onoue, T, Zamoras, L

    33th IGC  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Oslo  

    researchmap

  • フィリピン北パラワン地塊のDimanglet島におけるトリアス-ジュラ系放散虫化石層序.

    松岡 篤, 二階堂崇, 尾上哲治, Zamoras, L.R

    日本古生物学会2008年年会  2008年7月4日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 福井県九頭竜川上流地域の手取層群貝皿層における軟体動物化石層序.

    半田直人, 安曽潤子, Yin, J, 松岡 篤

    日本古生物学会2008年年会  2008年7月4日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • マルチスケールデザイン学の提案:プランクトンから宇宙構造物まで.

    松岡 篤, 木元克典, 栗原敏之, 石田直人, 岸本直子, 吉野 隆, 松浦 執

    日本地質学会中部支部2008年年会  2008年6月28日  日本地質学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 糸魚川ジオパークの紹介 ―日本初の世界ジオパークを目指して―.

    茨木洋介, 宮島 宏, 竹之内耕, 松岡 篤, 大河内誠

    日本地質学会中部支部2008年年会  2008年6月28日  日本地質学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 岡山県芳井地域,芳井層群より産出した中期ペルム紀放散虫化石.

    伊藤 剛, 松岡 篤

    日本地質学会中部支部2008年年会  2008年6月28日  日本地質学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 「地質の日」制定記念行事 2008年新潟大学サイエンスフェスティバルの報告.

    栗原敏之, 平中宏典, 地質の日, 制定記念イベント実行委員会

    日本地質学会中部支部2008年年会  2008年6月28日  日本地質学会中部支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 有殻原生生物の実体モデル作成と研究・教育への利用

    松岡 篤, 手嶋吉法

    形の科学会第65回シンポジウム  2008年6月20日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 球形放散虫骨格生成のための凸多面体形成.

    吉野 隆, 松岡 篤, 栗原敏之, 岸本直子, 木元克典, 松浦 執, 石田直人

    形の科学会第65回シンポジウム  2008年6月20日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫チャンバー形成モデル ―その1:モデルと実装―.

    吉野 隆, 木元克典, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 松浦 執, 石田直人

    形の科学会第65回シンポジウム  2008年6月20日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫チャンバー形成モデルその2:-実在する形態との比較-.

    木元克典, 吉野 隆, 岸本直子, 松岡 篤, 栗原敏之, 石田直人, 松浦 執

    形の科学会第65回シンポジウム  2008年6月20日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 有殻原生生物の実体モデル.

    手嶋吉法, 松岡 篤, 池上祐司, 大内 進, 金子 健, 藤芳 衛, 山澤建二, 渡辺泰成

    形の科学会第65回シンポジウム  2008年6月20日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 放散虫のクッキー.

    松岡 篤, 猪俣多喜, 塩澤澄枝, 菊地聡一郎, 友木屋絵理

    形の科学会第65回シンポジウム  2008年6月20日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • フィリピン北パラワン地塊カラミアン諸島のDimangletセクションにおけるトリアスージュラ紀放散虫生層序.

    松岡 篤, 二階堂崇, 尾上哲治, Zamoras, L.R

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ストライプ構造をもつ放散虫チャートとその古海洋学的な意義.

    松岡 篤, 二階堂崇, 尾上哲治, Zamoras, L.R

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 関東山地北西部に分布する北部秩父帯上吉田層のチャート角礫岩の堆積学的・微古生物学的検討.

    小久保晋一, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 岡山県芳井地域のペルム系芳井層群にみられるパイルナップ構造.

    伊藤 剛, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 美濃帯南部坂祝セクションのトリアス紀層状チャートにおける岩相変化と放散虫化石.

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有殻原生生物プランクトンの設計原理と宇宙構造物の形態創成.

    吉野 隆, 岸本直子, 松岡 篤, 木元克典, 栗原敏之, 松浦 執

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Radiolarian faunal characteristics in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Sado Island.

    栗原敏之, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Toarcianの海洋無酸素事変と山口県に分布する豊浦層群におけるジュラ紀アンモノイド群集の多様性低下.

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • フィリピン・ディマングレット島とマリノン島におけるトリアス―ジュラ紀層状チャート.

    二階堂崇, 松岡 篤, 尾上哲治, Zamoras, L.R

    日本地球惑星科学連合2008年大会  2008年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • マイクロCTデータより作製した有孔虫の拡大モデル 国際会議

    手嶋吉法, 松岡 篤

    第2回幾何学教材と視覚障害者の立体認識シンポジウム  2008年1月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:産総研臨海副都心センター別館  

    researchmap

  • 放散虫のぬいぐるみ

    松岡 篤, 友木屋絵理, 塩澤澄枝, 猪俣多喜, 福山智子, 菊地聡一郎, 樋口明子, 水垣圭子

    形の科学会第64回シンポジウム  2007年11月2日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ストライプ構造をもつ放散虫チャート.

    松岡 篤, 二階堂崇

    形の科学会第64回シンポジウム  2007年11月2日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Biometrical analysis on Middle Jurassic ammonoid Pseudoneuqueniceras Yokoyamai (Kobayashi & Fukada) and its related forms. 国際会議

    Matsuoka, A, Anso, J, Nakada, K, Terabe, K, Sato, T

    The 7th International Symposium, Cephalopods - Present and Past.  2007年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo.  

    researchmap

  • Morphological study of Genus Protogrammoceras (Early Jurassic ammonoid) from the Toyora Group in Southwest Japan. 国際会議

    Nakada, K, Matsuoka, A

    The 7th International Symposium, Cephalopods - Present and Past.  2007年9月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sapporo.  

    researchmap

  • 山中白亜系に関する層序の再検討.

    寺部和伸, 佐藤和久, 松岡 篤

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月7日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 西南日本の下部ジュラ系豊浦層群西中山層におけるアンモナイト化石帯の国際対比.

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月7日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 関東山地風早峠地域における北部秩父帯付加体の層序と地質構造.

    小久保晋一, 松岡 篤

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月7日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 美濃帯南部坂祝セクションにおけるトリアス紀層状チャートの岩相層序と放散虫生層序.

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月7日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 顕生累代海洋プレートの赤道通過を知る方法

    松岡 篤

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月7日  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

    researchmap

  • 関東山地秩父累帯北帯上吉田層の珪質泥岩から産出したジュラ紀中世放散虫化石.

    小久保晋一, 松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 山中白亜系瀬林層(バレミアン階)からのテチス型二枚貝フォーナの産出と,その古生物地理学的意義.

    寺部和伸, 松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 西南日本の下部ジュラ系豊浦層群西中山層におけるアンモナイト生層序区分の再検討.

    中田健太郎, 松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 愛媛県城川地域の上部ジュラ系今井谷層群下相層中の鳥巣式石灰岩岩塊産厚歯二枚貝について.

    佐野晋一, Skelton, P, 武井雅彦, 松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジュラ系放散虫化石帯区分の改訂と主要放散虫種の垂直分布.

    松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 18S rDNAに基づく放散虫とそれに共生する藻類の系統解析.

    湯浅智子, 真山茂樹, 松岡 篤, 高橋 修

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 教育教材DVD:生きている放散虫.

    堀 利栄, 庵谷奈津子, 松岡篤, 瀬底放散虫観察会参加者一同

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジュラ系放散虫生層序研究の現状と展望.

    松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浮遊性二枚貝の海:上部トリアス系チャート・深海成石灰岩から産する薄殻二枚貝.

    尾上哲治, 松岡 篤

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Water properties and radiolarian faunas in surface and subsurface waters of the Japan Sea in late September 2005, off Tassha, Sado Island, central Japan.

    Kurihara, T, Matsuoka, A

    日本古生物学会2007年年会  2007年6月29日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 沖縄近海の東シナ海産放散虫の種多様性.

    松岡 篤

    形の科学会第63回シンポジウム  2007年6月15日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ジュラ紀アンモナイトPseudoneuqueniceras属の形態解析

    松岡 篤, 安曽潤子, 中田健太郎, 寺部和伸

    形の科学会第63回シンポジウム  2007年6月15日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 横断型プランクトン研究プロジェクトについて.

    岸本直子, 松岡 篤, 松浦 執, 吉野 隆, 木元克典

    形の科学会第63回シンポジウム  2007年6月15日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 関東山地風早峠地域における秩父累帯北帯の層序の再検討.

    小久保晋一, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2007年大会  2007年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 浮遊性有孔虫Orbulina universa d’Orbigny の生殖戦略:プロセスとその意味について.

    木元克典, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2007年大会  2007年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 顕生累代における遠洋域研究の展望

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2007年大会  2007年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • 美濃帯南部坂祝セクションにおけるトリアス紀層状チャートの連続層序記録.

    二階堂崇, 松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2007年大会  2007年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

  • North Palawan Block's Paleozoic-Mesozoic sedimentary sequences: Records of accretion events at the eastern region of the Tethyan realm during the Jurassic-Cretaceous time. 国際会議

    Zamoras, L.R, Matsuoka, A

    Second International Symposium on Geological Anatomy of East and South Asia: Paleogeography and Paleoenvironment in Eastern Tethys (IGCP 516)  2006年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philippines  

    researchmap

  • Updated radiolarian zonation and age assignment for the Jurassic in 2006. 国際会議

    Matsuoka, A

    Second International Symposium on Geological Anatomy of East and South Asia: Paleogeography and Paleoenvironment in Eastern Tethys (IGCP 516)  2006年11月14日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Philippines  

    researchmap

  • 飼育放散虫の殻形態から中生代放散虫の捕食行動を推定する

    松岡 篤

    形の科学会第62回シンポジウム  2006年11月3日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • Feeding behavior of Jurassic radiolarians inferred from comparison in skeletal morphology with laboratory cultured radiolarians. 国際会議

    Matsuoka, A

    7th International Congress on the Jurassic System  2006年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Krakow, Poland  

    researchmap

  • Revised radiolarian zonation for the entire Jurassic in the western Pacific and Japan. 国際会議

    Matsuoka, A

    7th International Congress on the Jurassic System  2006年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Krakow, Poland  

    researchmap

  • The Pliensbachian/Toarcian boundary in the Lower Jurassic Toyora Group in southwest Japan. 国際会議

    Nakada, K, Matsuoka, A

    7th International Congress on the Jurassic System  2006年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Krakow, Poland  

    researchmap

  • 2005年佐渡島達者沖の日本海における表層・亜表層海水の温度・塩分・クロロフィル鉛直分布と放散虫群集

    松岡 篤, 栗原敏之

    日本古生物学会2006年年会  2006年6月23日  日本古生物学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:島根大学  

    researchmap

  • Eco-system evolution of the pelagic realm in the Phanerozoic inferred from radiolarians. 国際会議

    Matsuoka, A

    The Second International Palaeontological Congress  2006年6月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing, China  

    researchmap

  • Radiolarian faunal transition of the seasonal thermocline layer in the Japan Sea during spring to summer, off Sado Island, central Japan. 国際会議

    Kurihara, T, Matsuoka, A

    The Second International Palaeontological Congress  2006年6月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing, China  

    researchmap

  • The importance of observational study of morden planktic foraminifera by culture experiments: an approach to understanding their life cycle. 国際会議

    Kimoto, K, Matsuoka, A

    The Second International Palaeontological Congress  2006年6月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing, China  

    researchmap

  • 多節Nassellaria(放散虫)の捕食行動の多様性と殻形態

    松岡 篤

    形の科学会第61回シンポジウム  2006年5月25日  形の科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 顕生累代放散虫の進化と海洋生態系 国際会議

    松岡 篤

    日本地球惑星科学連合2006年大会  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉幕張メッセ  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 「化石種はどのように定義すべきか」パンタネリウム属(放散虫)による挑戦

    研究課題/領域番号:20K04144  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 形と機能から探る放散虫の系統進化学的研究

    研究課題/領域番号:15K05329  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松岡 篤, 栗原 敏之, 吉野 隆, 岸本 直子, 伊藤 剛, 大河内 春香, リ シン

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    放散虫の系統関係を検討する優先順位として,閉室ナセラリアは白亜紀のTurbocapsula属を選び,チベット南部のセクションにおいて,形態形質が系統的に変化すること明らかにした.現生多節ナセラリアのEucyrtidium属2種(E. hexagonatumとE. hexastichum)の殻孔の配列パタンは,中生代の分類基準を適用すると科のレベルの違いがあることが判明した.
    第15回国際放散虫研究集会を開催した.この国際会議では,社会認知度の低い放散虫を一般社会に普及する活動も展開した.マイクロCTを用いた放散虫の3次元模型は,普及活動に有効であることが示された.

    researchmap

  • 2億年間の古海洋を探る:生物源シリカの珪素・酸素同位体分析

    研究課題/領域番号:18340156  2006年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    松岡 篤, 渡部 直喜

      詳細を見る

    配分額:13600000円 ( 直接経費:11500000円 、 間接経費:2100000円 )

    西南日本内帯の美濃帯坂祝セクションとフィリピン北パラワン地塊のDimangletセクションにおいて, 遠洋性堆積物であるチャート層の地質柱状図を作成した. 両者の比較から, より珪質な岩相が卓越する層準が, 美濃帯のチャートと北パラワン地塊のチャートとでは差異のあることが明らかになった. この差異は, チャートが超大洋パンサラサの別の部分で堆積したことによると考察された. 放散虫の飼育実験においては, 蛍光試薬を用いた検討により, 飼育海水中でシリカの固定が行われていることが確認された.

    researchmap

  • ゲノム解析技術GP法をもちいた浮遊性原生生物における種概念の構築

    研究課題/領域番号:17654100  2005年 - 2006年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    松岡 篤, 西垣 功一

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    沖縄近海の東シナ海において1回の,佐渡島近海の日本海において3回のプランクトン採取を行った.沖縄の瀬底臨海実験所(琉球大学)および佐渡臨海実験所(新潟大学)において,Didymocyrtis, Dictyocoryne, Euchitonia, Eucyrtidiuum, Spongosphaera, Spongodiscus, Actinosphaera, Acanthodesmia, Pseudocubus, Pterocanium, Eucyrtidium属(放散虫),Globigerinoides属(有孔虫)を主対象とした浮遊性原生生物の生態観察を実施した.
    新潟大学大学院自然科学研究科に既設の走査型電子顕微鏡(日本電子 5300LV)を用いて,殻の画像を取得した.詳細な形態解析により,殻形態の種間関係や種内変異を把握した.
    埼玉大学でゲノム・プロフィリング(GP)法を実施し,Didymocyrtis, Dictyocoryne, Eucyrtidium属などのPolycystine放散虫とPhaeodaria・Acantharia放散虫との分子生物学的近縁度を求めた.
    研究成果を,日本地球惑星連合大会(2006年5月,千葉幕張メッセ),第61回形の科学会(2006年6月,名古屋大学),第2回万国古生物会議(2006年6月北京),日本古生物学会(2006年6月島根大学),第62回形の科学会(2006年11.月,大阪大学),などで発表した.論文としては,GP法の結果をBMC Genomics誌などに発表し,GP法が原生生物の種を識別するのにも有効であることを示した.

    researchmap

  • 中・古生代珪質堆積物の酸素同位体・微化石統合層序の確立

    研究課題/領域番号:14340148  2002年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    松岡 篤, 渡部 直喜

      詳細を見る

    配分額:14400000円 ( 直接経費:14400000円 )

    本研究は,放散虫などによる微化石層序と酸素同位体層序を統合することを目的として計画された.目的達成のための最も重要な研究項目は,珪質堆積物から酸素を抽出し,それを精製するための装置を完成させることにあった.建物の改装および新築にともなう影響で,酸素同位体抽出・精製装置の完成は,最終年度にずれ込んだ.ただ,別のプロジェクトとして立ち上げた,珪素同位体精製ラインを組み込むことに成功し,同一の珪酸塩試料から酸素と珪素の安定同位体比を同時に求めうるユニークな装置を完成させることができた.
    新潟大学での装置構築に障害があるなか,珪質岩や放散虫殻の酸素同位体組成は産業技術総合研究所において測定された.太平洋の海底から得られたコアサンプルについて,放散虫化石で年代を決定した試料の酸素同位体組成を測定した.その結果,ジュラ紀新世から白亜紀古世にかけての層序断面において,放散虫生層序と酸素同位体層序の関係を明らかにすることに成功した.新潟大学に構築した装置を用いて実施する,今後の研究展開に道筋をつけたといえる.
    微化石層序の検討は,放散虫の研究を中心に進めた.国内では,美濃帯や秩父帯において,放散虫生層序や群集組成の検討結果を公表した.国外では,中国のチベット南部とフィリピンの北パラワン地塊の研究成果をまとめた.また,ヨーロッパアルプスについては,スイス,イタリア,スロベニアにおいて中生代の珪質岩試料を採取し,放散虫年代を明らかにした.日本を含む環太平洋やヒマラヤからアルプスにかけての造山帯に含まれる遠洋性珪質堆積物を,系統的に採取するという所期の目的を達成したといえる.これらの試料は,今後,酸素・珪素同位体組成の測定に供されることになる.

    researchmap

  • 顕生累代海洋環境の解明をめざす国際共同研究のための企画調査

    研究課題/領域番号:12894012  2000年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    松岡 篤, 指田 勝男, 竹村 厚司, 相田 吉昭, 佐野 弘好, 大藤 茂

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    平成12年6月に兵庫県立博物館において開催された第7回放散虫研究集会(参加者約60人)では,第9回InterRadを目前に控え,国際共同研究の活性化に向けた情報交換を行った.この研究集会の成果は,大阪微化石研究会の特別号として出版される予定である(竹村厚司・古谷裕編集).9月には,アメリカ合衆国カリフォルニア州で第9回InterRadが開催され,本基盤研究メンバーの大半が参加し,国際共同研究の推進に努めた.10月には,宇都宮大学で企画調査会議を開き,平成13年度から発足する特定領域創設に向けて具体的な議論を行った.また,同大学に設置されている,国際深海底掘削計画(ODP)の微化石リファレンスセンターサテライト研究室の見学を行うとともに,陸域の試料をも扱った研究・保管施設の構想について議論した.11月には,特定領域研究(B)「パンサラサ-テチスの古海洋学-時間・空間座標のリファレンス構築」(代表者:松岡篤)の申請を行った.現在活動中の顕生累代海洋環境研究に関わる海外地質調査の研究紹介を目的とした印刷物の出版を計画し,兵庫(6月),宇都宮(10月),茨城(平成13年1月)で編集会議をもった.この印刷物は日本古生物学会から,古生物学トピックスNo.2「パンサラサ-テチスの古海洋学-グローバル・フィールド・サイエンスへの招待」として,平成13年6月に出版される予定である(松岡篤編集).また,本研究の一環として,平成13年6月に開催される日本古生物学会年会において,「パンサラサ-テチスの古海洋学」を企画した(世話人:松岡篤・相田吉昭・佐野弘好).

    researchmap

  • 東テチス海の古海洋学

    研究課題/領域番号:10041114  1998年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    松岡 篤, 小林 健太, 王 玉浄, 楊 群

      詳細を見る

    配分額:10800000円 ( 直接経費:10800000円 )

    チベット南部やヤールンツァンポー縫合帯周辺に分布する珪質岩の堆積学的・微化石年代学的検討の結果,遠洋性堆積物よりトリアス紀中世から白亜紀古世にいたる放散虫化石を見出した.従来,インドとラサブロックの間の海域(新テチス海)はトリアス紀新世からジュラ紀にかけて形成されたと考えられてきたが,さらに古いトリアス紀中世に,すでに海域が存在していたことが明らかになった.検討岩体のひとつシャルーチャートでは,ジュラ紀中世から白亜紀古世にわたるチャートが見出され,5千万年以上にもおよぶ遠洋域での堆積の証拠が確認された.また,シャルーチャートの付加年代は白亜紀中頃であることが明らかになった.構造地質学的検討からは,チャート中に横ずれ運動を示す変形構造がみられ,その一部はインド大陸が衝突する以前の付加体形成時期の変形を表現していると考えられる.また,珪質堆積物に付随して産出する火山岩(ドレライト)の産状および岩石学的検討の結果,この火山岩は海洋島の玄武岩に類似することが明らかになった.この玄武岩は,東テチス海の海洋島を形成する火成作用に伴って深海底堆積物に貫入したものである.
    珪質堆積物はヤールンツァンポー縫合帯の内部およびその南側の比較的狭い範囲に分布している.しかしそれらは広大な東テチス海の異なる海域の堆積物を代表していると考えられる.今後,放散虫の古生物地理学的検討が進めば,堆積場の相対的位置を議論できるようになると期待される.なお,シャルーチャートのジュラ紀新世の放散虫群集は,日本列島の鳥巣層群などから得られる北半球中緯度の群集に類似している.ジュラ紀新世当時,赤道域を挟んで鏡像関係の放散虫古生物地理区分が想定される.

    researchmap

  • 微化石マッピングによる付加体成長の定量化

    研究課題/領域番号:09440178  1997年 - 1999年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:6000000円 ( 直接経費:6000000円 )

    日本のジュラ紀付加体である秩父累帯について,付加体地質の観点から西南日本外帯全域に適用可能なユニット区分を示して,各ユニットごとの復元した海洋プレート層序を比較した.その結果,北部秩父帯の上吉田ユニットと柏木ユニットはそれぞれ南部秩父帯の斗賀野ユニットと三宝山ユニットに,復元した海洋プレート層序の点で相互によく類似することを示すとともに,無視し得ない差異もあることを指摘した.これは,北部秩父帯と南部秩父帯とが,ひとつの沈み込み帯の側方関係で,同一海洋プレートの沈み込みにより形成され,後に両帯が並置して現在の分布を示すようになったことを示している.西南日本内帯のジュラ紀付加体である丹波―美濃―足尾帯は,復元した海洋プレート層序の点で北部秩父帯に似ている.このことは,テレーンの重複に寄与した主要な横ずれ断層は中央構造線ではなく,黒瀬川構造帯であることを示唆している.
    本研究では,Matsuoka(1995)が設定したジュラ系〜下部白亜紀の放散虫生層序区分および化石帯境界の数値年代値を用いて,従来の3〜5倍の時間解像度で地質イベントや海洋プレート層序の比較を行った.微化石年代の精度をさらに高めるために,これまで問題点の多かった北米のジュラ系放散虫化石帯区分との対比を試みた.さらに,日本―太平洋で設定した放散虫化石帯がチベット南部のヤールンツァンポー縫合帯,フィリピンの北パラワン地塊,ロシア沿海州の中生代付加体にも適用できることを示した.

    researchmap

  • ジュラ紀付加体の比較による黒瀬川ナップの検証

    研究課題/領域番号:07740399  1995年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    愛媛県大洲地域の野外地質調査を実施し,北部秩父テレーン,黒瀬川テレーン,南部秩父テレーンの分布状況および構造関係を明らかにした.従来,この地域の秩父帯の地帯区分は不明確であったが,各テレーンが北傾斜の低〜中角度衡上断層で境されることが判明した.このことは,南部秩父テレーンと北部秩父テレーンが黒瀬川テレーンの構造的下位でつながっていないことを意味する.
    南部秩父テレーンについては放散虫化石の産出記録が豊富で,海洋プレート層序の復元が行えるが,北部秩父テレーンは変成作用を被っており年代決定に耐える放散虫化石を得ることができなかった.しかし,調査地域東方では泥質岩より,前期ジェラ紀の放散虫化石が得られており,ジェラ紀新世ないし白亜紀古世の砕屑岩からなる南部秩父テレーンとは明瞭に年代差があることがわかる.このことは,南部秩父テレーンと北部秩父テレーンとでは,付加体の形成時期が異なることを示している.
    テレーン間の構造関係および放散虫化石による年代データから,四国西部地域では,黒瀬川テレーンナップ説は成立しない可能性が高い.今後,北部秩父テレーンについて放散虫化石の抽出に努め,海洋プレート層序の詳細な復元が必要である.また,他地域の秩父帯においても同様の検討を行って行きたい.
    なお,本研究の成果の一部は,平成8年4月に東北大学で開催される日本地質学会において発表する予定である.

    researchmap

  • 改訂した放散虫生層序区分をもちいた鳥巣層群および相当層の対比

    研究課題/領域番号:06740400  1994年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    1.四国西端部の南部秩父テレーンの野外地質調査を実施し,鳥巣層群相当層の地質図を作成した.また,放散虫化石用の岩石試料を採取・処理し,同層からの放散虫化石の産出を確認した.この成果は,鳥巣層群相当層の年代対比を行ううえで基礎的なデータとなる.
    2.ジュラ紀末に栄えた放散虫Vallupus類についての世界各地からの産出データをレビューし,同類の古生物地理を明らかにした.それぞれの試料の年代位置づけについては,改訂した放散虫生層序区分をもちいた.鳥巣層群を含む日本の上部ジュラ系からの放散虫化石の産出記録などから,Vallupus類の生息温度の見積りを行った.この研究の成果は,古地理・古気候・古生態学の専門誌に発表予定である.
    3.日本のジュラ・白亜紀境界を含む地層(鳥巣層群を含む)の年代を,改訂した放散虫生層序の枠組みの中に位置づけ,地層の対比を行った.これは,当該層準の深海相および陸棚相を単一の化石帯区分に位置づけたはじめての研究である.この成果は白亜紀研究の専門誌に発表予定である.
    4.有人潜水艇"しんかい6500"により,マリアナ海溝の海側斜面から得られたチャートおよび凝灰岩の年代を,改訂した放散虫生層序区分をもちいて明らかにした.一部の岩石は鳥巣層群と同年代であることが明らかになった.この研究の成果は,JAMSTEC深海研究に掲載されている.

    researchmap

  • 放散虫の殼形成に関する飼育実験

    研究課題/領域番号:04854089  1992年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    researchmap

  • ジュラ紀放散虫群集の全的把握

    研究課題/領域番号:02740392  1990年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • 西南日本外帯に分布する中・古生代礫岩中のチャート礫の年代研究

    研究課題/領域番号:63740450  1988年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • ジュラ紀放散虫の生層序学的,古生物地理学的研究

    研究課題/領域番号:61790196  1986年 - 1987年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    松岡 篤

      詳細を見る

    配分額:1920000円 ( 直接経費:1920000円 )

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 論文講読演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習III

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習B

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 古生物学A

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習II

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質調査法実習I

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地層・古生物学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地質学入門b

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習a

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習b

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地学実験B

    2017年
    機関名:新潟大学

  • フィールド体験実習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 東アジアの地質形成史

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文作成演習D

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義I

    2014年
    機関名:新潟大学

  • サイエンスコミュニケーション実習M

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 古生物学実験

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(地質科学科)

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • サイエンスコミュニケーション実習D

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 学術発表演習M

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習Ma

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習D

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Ma

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 学術発表演習D

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Da

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表M

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学演習Mb

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Db

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Dc

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 論文作成演習M

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表D

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特定研究Mb

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • リサーチキャンプ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • セミナー

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地球科学特別講義II

    2011年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 古生物学B

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野外実習II

    2010年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地球-生命共進化論

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 海底地質学

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 海洋生物学実験

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学概論B

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地史学B

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 古海洋学特論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学実験A

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎B

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習III

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 野外実習基礎

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 地球-生命共進化論

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 海洋地質学

    2007年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生きている地球

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • コミュニケーション実習

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示