2021/09/26 更新

写真a

ニツタ イサミ
新田 勇
NITTA Isami
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 教授
自然科学研究科 材料生産システム専攻 教授
工学部 工学科 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 工学博士 ( 1990年2月   東北大学 )

研究キーワード

  • Tribology

  • トライボロジー

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 設計工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 機械要素、トライボロジー

経歴(researchmap)

  • 新潟大学自然科学系 教授

    2004年 - 現在

      詳細を見る

  • Professor,Science and Technology.Niigata University

    2004年 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学工学部 助教授   Faculty of Engineering

    2002年 - 2003年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Faculty of Engineering.Niigata University

    2002年 - 2003年

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院自然科学研究科 助教授   Graduate School of Science and Technology

    1996年 - 2002年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Graduate School of Science and Technology.Niigata University

    1996年 - 2002年

      詳細を見る

  • 新潟大学工学部 助教授   Faculty of Engineering

    1990年 - 1996年

      詳細を見る

  • Associate Professor,Faculty of Engineering.Niigata University

    1990年 - 1996年

      詳細を見る

  • 新潟大学工学部 助手   Faculty of Engineering

    1984年 - 1990年

      詳細を見る

  • Research Associate,Faculty of Engineering.Niigata University

    1984年 - 1990年

      詳細を見る

  • 東北大学工学部 助手   Faculty of Engineering

    1982年 - 1984年

      詳細を見る

  • Research Associate,Faculty of Engineering.Tohoku University

    1982年 - 1984年

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   教授

    2004年4月 - 現在

  • 新潟大学   機械システム工学科   教授

    2004年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   工学部   助教授

    1990年1月 - 2003年3月

学歴

  • 東北大学   工学研究科   機械工学専攻

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東北大学

    - 1982年

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部   機械工学科

    - 1980年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 新潟大学

    - 1980年

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Realization of A Novel Morphing Surface using Additive Manufacturing and its Active Control in Friction

    Motoyuki Murashima, Yusuke Imaizumi, Masato Kawaguchi, Noritsugu Umehara, Takayuki Tokoroyama, Toshiyuki Saito, Masayuki Takeshima, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    Journal of Tribology   TRIB-20-1551   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASME International  

    <title>Abstract</title>
    As the need for higher efficiency of engineering components increases, so does the demand for functional surfaces. While various tribosurfaces (e.g., texturing and coatings) have been developed, many researches are aimed at static functionality. On the other hand, due to a wide range of environmental adaptability and active control, active-morphing surfaces can be highly efficient and robust. In this paper, we demonstrate a novel morphing surface and its realization using additive manufacturing (AM). By using a diaphragm structure, morphing performance is achieved even if a hard resin material is used. When air pressure is applied to the backside of the diaphragm, it changes to a convex shape, and vice versa. The concept requires a complex structure for arranging airflow and a solid morphing system. The AM is one great technique to create such complex structure. As a result of actual manufacturing, the created morphing structure realizes a large morphing of 600 µm or more. In addition, the shape changes reversibly depending on the air pressure. The surface also exhibits very interesting tribological characteristics. The surface shows a friction coefficient of 0.5-1.7 with a convexity, and then decreases to about 0.3 with a concavity. A real-contact area measurement reveals that the novel property occurs due to change in the real-contact area depending on surface morphology. In conclusion, the present paper provides a new concept of a novel morphing tribosurface, which selectively performs as a low-friction or break-like surface, created using AM.

    DOI: 10.1115/1.4050269

    researchmap

  • Effect of power adhesion on the friction and wear of rubber rollers 招待

    Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    TJTS2018   15 - 16   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Influence of Paper Lint on Friction and Wear of Rubber Rollers

    Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    ISPS/MIPE2018   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Visualization of contact patterns of thermal printhead for indirect thermal transfer printing 査読

    Toshiki Irii, Masaya Kou, Yousuke Tsukiyama, Isami Nitta, Tomoko Wauke, Hirotoshi Terao

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   12 ( 2 )   JAMDSM0048   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/jamdsm.2018jamdsm0048

    researchmap

  • A novel single shot interferometry with a wide field of view by reference plates coated with various metals 査読

    Yuta Ohara, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    Precision Engineering   52   345 - 355   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

    A laser microscope with a wide field of view developed in our previous study allowed us to observe the whole surface of a cylinder in a very short time. In that study, resolution of the laser microscope in the depth direction was sacrificed to obtain a wide field of view. To overcome this shortcoming and achieve nano-level measurement of 3-dimensional profiles of various objects, we have introduced two-beam interferometry to the wide field of view laser microscope. To achieve a high contrast interference fringe pattern, a glass reference plate was coated with a thin Cr film or other pure metals. The interference fringe pattern was distorted from sinusoidal wave into a sawtooth-like waveform. The distortion of the interference fringe pattern appeared to correspond to the inclination of the specimen surface measured. This shows the possibility of realizing a novel single shot interferometry method capable of determining the surface profile from only one image of the interference fringe pattern without using the phase shift method. The type of distortion of intensity distribution was different for each metal. The mechanisms by which the intensity distribution of the interference fringes changed to sawtooth pattern are discussed from both a Fourier-transform analysis and an electromagnetic approach.

    DOI: 10.1016/j.precisioneng.2018.01.015

    Scopus

    researchmap

  • 針なし注射器のモーション解析による最大噴射圧力推定法 査読

    工藤慈, Jim FUKUSHIMA, 新田勇

    精密工学会誌   84 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2493/jjspe.84.388

    researchmap

  • ループ型カーボンファイバーブラシによる軽量・低起動トルクすべり軸受の提案 査読

    志鷹拓哉, 村島基之, 梅原徳次, 月山陽介, 新田勇, 上坂裕之, 鄧興瑞

    日本機械学会論文集   83 ( 854 )   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.17-00252

    researchmap

  • One-shot measurement of surface profile using wide field view laser microscope

    Isami Nitta, Hirotoshi Watanabe, Yosuke Tsukiyama

    ICOA2017 (International Conference on Optoacoustics)   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Laser micro texturing for high friction surface

    Yosuke Tsukiyama, Honda Masanori, Tsuyoshi Kakiuchi, Yusuke Aida, Isami Nitta

    ICOA2017 (International Conference on Optoacoustics)   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Proposal of new polyaxial locking mechanism of osteosynthesis plate

    Hiroya Toyosaki, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    ICMDT2017 (The 7th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   255   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A novel measurement method of real contact area of floor materials using ultra-high transparent rubber

    Takuto Masuda, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    ICMDT2017 (The 7th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   88   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Frictional Property and Real Contact Area of Contaminated Rubber Rollers for Paper Feed

    Yosuke Tsukiyama, Yohei Sato, Keisuke Kato, Isami Nitta

    ICMDT2017 (The 7th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   220   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡による円筒内外面とカムの全周観察 査読

    新田勇, 福島直幸, 江渕倫太郎, 月山陽介

    精密工学会誌   82 ( 11 )   976 - 982   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2493/jjspe.82.976

    researchmap

  • Contact thermal resistance of densely-packed VACNTs and deformation mechanics of CNTs

    Yosuke Tsukiyama, Takumi Kawasaki, Isami Nitta, Wataru Norimatsu, Michiko Kusunoki

    International Conference on Diamond and Carbon Materials   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Frictional characteristics of clamp surfaces of aneurysm clips finished by laser processing 査読

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Satoshi Nomura, Noboru Takatsu

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING   10 ( 2 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    An aneurysm clip is a medical instrument that is used intraoperatively to clip a ruptured cerebral aneurysm and reduce the risk of rebleeding. To prevent the clips from slipping off the aneurysm neck, it is very important to maintain a constant clamp force. A high frictional coefficient of the clip blades will also help prevent slippage between the clip blades and the blood vessel. In this study, to raise the frictional coefficients of the clip blades, we used a laser processing machine to produce clamp surfaces of the aneurysm clips with micro-dimples or micro-grooves. The static and dynamic frictional characteristics of the clamp surfaces made in this way were examined. The grooved surfaces with a width of 30 mu m and a groove pitch of 40 mu m showed the highest frictional coefficient. However, the dimpled surfaces with a shallow depth of 1 mu m showed lower frictional coefficients than existing aneurysm clips.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0026

    Web of Science

    researchmap

  • Fundamental study of acoustic leakage through a gap between gasket and flange surface 査読

    Shuichi Sakamoto, Takanari Azami, Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING   10 ( 4 )   JAMDSM0067   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    In this study, we theoretically and experimentally explore the acoustic leak of an entire acoustic system as well as the various gap occurring between a gasket and flange. We conducted the first-ever fundamental research related to sound transmission loss through a narrow gap between a gasket and flange. In the experiments, we constructed pipeline elements, including the gap and the leakage path, in the impedance measurement tube. In the theoretical analysis, we replaced the fluid path, including the gap, with acoustic elements that comprise an electrical equivalent circuit. We then conducted the analysis using the transfer matrix method. To calculate the attenuation of sound waves propagating through the gap, we considered friction in association with viscosity, primarily in the boundary layers of the inner wall, to derive the characteristic impedance and propagation constant. The trends between the calculated and the actual experimental values for transmission loss in the entire acoustic system coincided enough with regard to a large gap size range between 0.01 and 0.2 mm. Furthermore, the transmission loss linearly increased with the decreasing logarithm of gap for the calculated regions. Furthermore, the theoretical analysis and experimental results show agreement for incline gap conditions between the gasket and flange. The maximum gap also greatly affects the acoustic transmission loss for the inclined gaps. This was confirmed both by the experimental and the calculated values. We consider that these results provide fundamental acoustic knowledge specific to the narrow gap between the gasket and flange in an acoustic system.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2016jamdsm0067

    Web of Science

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡による円筒面全面のナノスケール計測 査読

    月山陽介, 福島直幸, 新田勇

    精密工学会誌   81 ( 7 )   699 - 704   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2493/jjspe.81.699

    researchmap

  • Relationship Between Friction Force and Real Contact Area Observed by Laser Microscope with Wide Field of View

    Yosuke Tsukiyama, Naoya Fukuda, Takuto Masuda, Isami Nitta

    ICMDT2015 (The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   70 - 71   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Nanoscale Measurement of Whole Cylinder Surface using a Wide Field-of-View Laser Interferometer

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Shunsuke Sakuma

    ICMDT2015 (The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   426 - 427   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effect of laser micro texturing on the frictional properties of Ti material

    Yusuke Aida, Masanori Honda, Tsuyoshi Kakiuchi, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    ICMDT2015 (The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   294 - 295   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Measurement of real contact area on thermal print head using a laser microscope with a wide field of view 査読

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Tsuyoshi Tsukada, Hirotoshi Terao

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   79   162 - 173   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    In a dye-sublimation printer, a thermal print head presses and heats a dye-based ribbon to diffuse ink dyes to the desired positions into the receiving layer of paper. The print quality will deteriorate if the contact condition between the thermal print head and the paper is insufficient. Thus, it is necessary to analyze the contact condition for finer printing. Direct observation of the contact area with an optical microscope is effective to clarify the contact conditions of the thermal print head. However, conventional optical microscopes take too much time to observe the whole apparent contact area, because their fields of view are not sufficiently wide. Previously, we developed a laser microscope with a wide field of view and applied this laser microscope to observe the whole apparent contact area of rubber elements. In this study, we examined the contact conditions between the thermal print head and the paper. In general, when we observe the contact area of two solid surfaces, one is restricted to a transparent material such as a glass plate. Instead of the thermal print head, a glass head of the same shape as an existing thermal print head was pressed on the paper and observed through the glass head. This allowed us to clearly determine the contact situations of the interface and measure the contact widths and distributions of real contact area. In this method, it was confirmed that the contact width and the real contact area changed in accordance with the type of paper used, steps of the printing process, and density of color printing. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2014.06.005

    Web of Science

    researchmap

  • 鉄道車両用レーザ三次元座標測定システムのデータ接続手法の開発 査読

    月山陽介, 菅野明宏, 新田勇, 大川永, 鈴木正毅, 久保田遼, 西脇正, 磯部光一

    精密工学会誌   80 ( 7 )   675 - 681   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2493/jjspe.80.675

    researchmap

  • Nanoscale measurement of whole cylinder surface with laser microscope with wide field of view

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Naoyuki Fukushima

    ICPE2014 (15th International Conference on Precision Engineering)   830 - 835   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡による銅ガスケットの密封特性の評価 査読

    新田勇, 松崎良男, 月山陽介, 堀田素志, 坂本秀一

    日本機械学会論文集   80 ( 814 )   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.2014dsm0173

    researchmap

  • レーザスポット走査型干渉計の開発-小型レンズ金型の形状計測- 査読

    本合邦彦, 月山陽介, 鈴木天, 新田勇

    精密工学会誌   80 ( 3 )   302 - 307   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2493/jjspe.80.302

    researchmap

  • Evaluation of tribological properties of pick up roller measured using a laser microscope with a wide field of view 査読

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Tsuyoshi Tsukada, Hirotoshi Terao

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   67 ( - )   182 - 190   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    Analysis of contact conditions between rubber rollers and printing paper is important for stable paper feeding operation. Direct observation of apparent contact area is necessary to understand contact conditions, such as distributions of real contact area and micro-slips. However, conventional optical microscopy takes too long to observe the whole apparent contact area because the field-of-view is too narrow. We developed a wide field-of-view laser microscope, and applied it to determine the distributions of real contact area of rubber rollers against glass plates. Critical torques at which micro-slips of the rubber rollers occurred were proportional to total real contact area. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2013.07.014

    Web of Science

    researchmap

  • Thorough Observation of Real Contact Area of Copper Gaskets Using a Laser Microscope With a Wide Field of View 査読

    Isami Nitta, Yoshio Matsuzaki, Yosuke Tsukiyama, Motoshi Horita, Shuichi Sakamoto

    JOURNAL OF TRIBOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   135 ( 4 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASME  

    To quantitatively predict the leakage rates of static metal seals, it is important to observe the real contact area at seal surfaces because the leakage path consists of the noncontact portions between the flange and gasket surfaces. In a previous study, we observed the real contact situation using a thin polymer film 1 mu m in thickness. In the present study, we observed the real contact area on gasket surfaces using a laser microscope with a wide field of view. With this method, observation time over the whole gasket surface could be greatly reduced compared with conventional methods. The observations indicated that the leakage paths on the gasket surfaces were in the radial direction perpendicular to a lathe-turned groove and the circumferential direction along the groove. As the closing loads increased, the leakage paths in the radial direction disappeared and only the leakage path in the circumferential direction remained. When the closing loads increased further, the widths of the leakage paths at both the inside and outside on the gasket surface became narrower. The critical contact pressure where the leakage paths in the radial direction disappear was determined from the observation of the contact surface of the gasket. The leakage rates obtained from the experiments showed good agreement with the calculated values under the assumption of laminar flow along the turned groove over the critical contact pressure.

    DOI: 10.1115/1.4024781

    Web of Science

    researchmap

  • Observation of the real contact area of carbon nanotube film

    Yosuke Tsukiyama, Naoya Fukuda, Isami Nitta, Wataru Norimatsu, Michiko Kusunoki

    World Tribology Congress 2013   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Observation of Spherical Surfaces using a Laser Microscope with Wide Field of View

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Takuya Watanabe, Naoyuki Fukushima

    World Tribology Congress 2013   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Contact Behavior of Vertically Aligned Carbon Nanotube film

    Yosuke Tsukiyama, Naoya Fukuda, Isami Nitta, Wataru Norimatsu, Michiko Kusunoki, Noritsugu Umehara

    ICMDT2013 (The 5th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   152   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Measurement of surface profile of precision molds using a newly developed scanning laser interferometer

    Kunihiko Hongo, Hiraku Suzuki, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    ICMDT2013 (The 5th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   207   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Observation of Spherical Heart-Valve Prosthesis using a Laser Microscope with Wide Field of View

    Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama, Naoyuki Fukushima, Takuya Watanabe

    ICMDT2013 (The 5th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology)   64   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Evaluation of Sealing Characteristics of High-Performance Gasket Using a Laser Microscope with Wide Field of View

    Yoshio Matsuzaki, Isami Nitta, Yosuke Tsukiyama

    17th ISC (International Sealing Conference)   329 - 338   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effects of Paper Debris on Micro-Slip Characteristics of Rubber Rollers

    Isami Nitta, Tsuyoshi Tsukada, Yosuke Tsukiyama

    ITC Hiroshima 2011   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 音響を利用した中空光ファイバにおける漏洩検出(実験および理論解析) 査読

    坂本秀一, 長瀬功育, 中川雅哉, 新田勇, 柳本憲作, 渡部誠二

    日本機械学会論文集(C)   77 ( 777 )   2096 - 2106   2011年5月

     詳細を見る

  • 広視野レーザ顕微鏡による真実接触面観察 査読

    新田勇, 江渕倫太郎, 安田由季子, 寺尾博年

    日本機械学会論文集(C)   77 ( 775 )   631 - 640   2011年3月

     詳細を見る

  • Observation of Cylindrical Surfaces by Laser Microscopy with a Wide Field of View 査読

    Isami Nitta, Rintaro Ebuchi, Huan Hai

    Journal of JSEM, Special Issue (2010)   10 ( - )   119 - 124   2011年2月

     詳細を見る

  • Study of Performance Improvement for Dye-Sublimation Printer 査読

    Hirotoshi Terao, Tomoko Wauke, Susumu Arauchi, Isami Nitta

    DIGITAL FABRICATION 2011/ NIP27- 27TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DIGITAL PRINTING TECHNOLOGIES: TECHNICAL PROGRAMS AND PROCEEDINGS, 2011   666 - 669   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SOC IMAGING SCIENCE & TECHNOLOGY  

    Dye sublimation printer print is possible to print on the high-resolution. But Dye sublimation printer receives high heat and pressure than Inkjet printer and Laser printer. Therefore, the surface paper is transformed, and there is a possibility of negatively affecting the print quality. Then, we verify the reason why the surface paper is transformed and Influence that transformation of surface paper gives print quality. (Key Words: Dye sublimation printer, Thermal print head, Micro heater, Numerical analysis, Positioning margi)

    Web of Science

    researchmap

  • Observation of Real Contact Area Using Laser Microscope with Wide Field of View 査読

    Isami Nitta, Rintaro Ebuchi, Yukiko Yasuda, Hirotoshi Terao

    JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING   5 ( 3 )   150 - 159   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    In tribology, a contact condition between mating surfaces is very important to reduce friction and raise their lifetime. Direct observation of apparent contact area is necessary for a better understanding of the contact condition. We examined the distribution of real contact area between a platen rubber roller and a glass plate using a laser microscope with wide field of view. Based on these observations, the distribution of real contact area ratio, which is the ratio of real contact area to the apparent contact area at each point, was calculated. Micro-slips over the whole apparent contact area were measured with several torques applied to the platen roller. The relationship between real contact area ratio and micro-slips on the contact area are discussed.

    DOI: 10.1299/jamdsm.5.150

    Web of Science

    researchmap

  • PLASMA TREATMENT OF CIIR RUBBER WITH IMPROVEMENT OF ADHESION AND REAL CONTACT AREA 査読

    Jong-Hyoung Kim, Isami Nitta, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka, Mamoru Shimada, Mitsuru Hasegawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS B   24 ( 15-16 )   2688 - 2693   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    The adhesion force between a chloride-isobutene-isoprene rubber (CIIR) and stainless steel ball was studied. To decrease the adhesion force, the CIIR rubber was treated with high-density microwave plasma employing oxygen and argon gases. The experimental results showed that the adhesion force decreases with increasing the time of oxygen and argon plasma treatments. In addition, the contact microscope measurements revealed different surface structure with two gases. The real contact area also decreased with treatment time and dramatic changes were observed after 5 min treatment of CIIR rubber. The field emission scanning electron microscope image also showed that the subsurface of CIIR rubber pattern has changed with various plasma treatments. These results imply change in the morphology of CIIR rubber surface by plasma treatment is one reason for the decrease in adhesion forces.

    DOI: 10.1142/S0217979210065477

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental Study of the Performance of Static Seals Based on Measurements of Real Contact Area Using Thin Polycarbonate Films 査読

    Isami Nitta, Yoshio Matsuzaki

    JOURNAL OF TRIBOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   132 ( 2 )   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ASME-AMER SOC MECHANICAL ENG  

    To clarify the sealing characteristics of metal gasket seals, leakage rates of gas and the real contact area of the seal surfaces were measured under several closing loads. The static seal consisted of a ring-shaped copper gasket and the two steel flanges that held the gasket in place. Gasket widths in the radial direction were 2 mm, 3 mm, and 5 mm. The contact surfaces of the flanges were finished by lathe turning. To determine the leakage flow paths between the gasket and the flanges, the real contact situation between them was observed using a thin polymer film 1 mu m in thickness. The results indicated the leakage flow paths on the gasket surface were the radial direction perpendicular to the lathe-turned groove and the circumferential direction along the groove. As the closing loads increased, the leakage flow in the radial direction ceased and only that in the circumferential direction remained. Therefore, the cross-section of the aperture for the leakage flow in the circumferential direction was evaluated from the measured real contact area, and the leakage rates were estimated by assumption of laminar flow. The results agreed well with the measured leakage rates. [DOI: 10.1115/1.4000838]

    DOI: 10.1115/1.4000838

    Web of Science

    researchmap

  • 脳動脈瘤クリップの把持力評価とレーザ加工された把持面の摩擦特性評価 査読

    新田勇, 野村聡志, 高津昇

    日本機械学会論文集(C)   76 ( 770 )   2712 - 2718   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.76.2712

    Scopus

    researchmap

  • Frictional Properties of DLC films in Plane Contact due to Reciprocal Micro-Sliding 査読

    Isami Nitta, Takenari Sakazume

    Tribology Online   4 ( 3 )   66 - 69   2009年5月

     詳細を見る

  • Coupled Photon and Heat Transport Simulation inside Biological Tissue for Laser Therapy 査読

    Atsushi Sakurai, Isami Nitta, Shigenao Maruyama, Junnosuke Okajima, Koji Matsubara

    JOURNAL OF THERMAL SCIENCE AND TECHNOLOGY   4 ( 2 )   314 - 323   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS  

    The objective of this study is to develop a new simulator for laser therapy. In order to minimize undesired effects on the laser therapy, it is important to precisely predict for heat and photon transport inside a biological tissue. In the present study, the photon transport is solved with the Radiation Element Method by Ray Emission Model (REM2), and then coupled with bioheat transfer equation. The dimensionless results become valuable guidance for developing a laser therapy system.

    DOI: 10.1299/jtst.4.314

    Web of Science

    researchmap

  • Relationship between Real Contact Area and Adhesion Force of Plasma-Treated Rubber Sheets Against Stainless-Steel Ball 査読

    Jong-Hyoung Kim, Isami Nitta, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka, Mamoru Shimada, Mitsuru Hasegawa

    Tribology Online   3 ( 7 )   361 - 365   2008年12月

     詳細を見る

  • シュリンクフィッタを用いたマルチポリゴン方式レーザ走査装置の開発 査読

    菅野明宏, 新田勇, 小俣公夫, 井口敏

    精密工学会誌   74 ( 3 )   258 - 263   2008年3月

     詳細を見る

  • 昇華型熱転写プリンタのサーマルヘッド表面に作用する接触圧力の解析 査読

    池上宗利, 新田勇, 寺尾博年

    日本機械学会論文集(C)   74 ( 738 )   439 - 445   2008年2月

     詳細を見る

  • Laser treatment of cutaneous lesions with image-guided fine spot-scanning irradiation 査読

    Isami Nitta, Xuefeng Zhao, Akihiro Kanno, Yasushi Kan, Takezawa Yoshimasa, Tomohiro Maruyama, Yoshitaka Maeda

    Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE   6826   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We propose a new laser irradiation method for the treatment of cutaneous lesions in plastic surgery. In general, lasers with a spot size of 1 to 10 mm are used in irradiation on diseased skin. Although the target absorbs more light energy according to the theory of selective photothermolysis, the surrounding tissue, however, is still somewhat damaged. In proposed method, an f-theta lens, which is assembled by a shrink fitter, focuses the irradiation laser beam to a very fine spot with the size of 125 μm. Guided by the captured object-image, such laser beam is conducted by a pair of galvanometer-driven mirrors to irradiate only the desired tissue target without thermal damage to surrounding tissue. Moreover, an optical coherence tomography, whose probe is capable of wide field of view, can be used to provide the guidance information for the best treatment. The usefulness of the developed laser therapy apparatus was demonstrated by performing an experiment on the removal of tattoo pigment.

    DOI: 10.1117/12.755559

    Scopus

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いた広視野レーザ顕微鏡 査読

    新田勇, 菅野明宏, 岡本倫哉, 長岡泰

    精密工学会誌   73 ( 11 )   1226 - 1232   2007年11月

     詳細を見る

  • シュリンクフィッタ技術を用いた広領域レーザ微細加工装置の開発 査読

    新田勇, 芳賀亮介, 菅野明宏

    日本機械学会論文集(C)   73 ( 734 )   2841 - 2847   2007年10月

     詳細を見る

  • ボルト頭部頂面の変形に基づいた軸力測定方法の基礎研究 査読

    新田勇, 松崎良男, 阿部正信, 宮島敏郎

    日本機械学会論文集(C)   73 ( 733 )   2612 - 2618   2007年9月

     詳細を見る

  • 昇華型熱転写プリンタの印刷濃度に及ぼす真実接触面積の影響 査読

    池上宗利, 新田勇, 寺尾博年

    日本機械学会論文集(C)   73 ( 730 )   1869 - 1876   2007年6月

     詳細を見る

  • Visualization technologies of real contact area 査読

    Isami Nitta

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   52 ( 12 )   843 - 848   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • Contact problems between optical lenses and shrink fitter for a new type of laser microscope with a wide field of view 査読

    I. Nitta, A. Kanno

    COMPUTER METHODS AND EXPERIMENTAL MEASUREMENTS FOR SURFACE EFFECTS AND CONTACT MECHANICS VIII   55   101 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:WIT PRESS/COMPUTATIONAL MECHANICS PUBLICATIONS  

    We have studied contact stiffness between randomly rough surfaces. This research led to the development of a shrink fitter consisting of a new ring-shaped machine element to join mechanical components with different coefficients of thermal expansion, such as a ceramic shaft and a metal cylinder. As one application of the shrink fitter, several optical lenses were shrink-fitted in a lens-barrel. Such a scanning lens, assembled using the shrink fitter, can focus laser light well over a wide scanning width because the optical axes of the several lenses in the lens-barrel compliment each other well regardless of changes in room temperature. Thus, a laser microscope with such a scanning lens can observe object surfaces over a relatively wide area. However, contact pressures between the shrink fitter and the optical lenses will change the curvature of the lenses resulting in deterioration of the scanning properties of the scanning lens. Therefore, it is very important to calculate the contact pressures acting on optical lenses to examine the scanning properties of the scanning lens. In this study, we have developed a new type of laser microscope with a field of view of 10 x 8 mm. The pixel number in the laser scanning direction of 10 mm was 20,000 and 16,000 in the perpendicular direction of 8 mill. Thus, one field of view of this laser microscope had 320,000,000 pixels. The observation results of some surfaces by this laser microscope are reported.

    DOI: 10.2495/SECM070101

    Web of Science

    researchmap

  • Contact problems between optical lenses and shrink fitter for a new type of laser microscope with a wide field of view 査読

    I. Nitta, A. Kanno

    WIT Transactions on Engineering Sciences   55   101 - 110   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We have studied contact stiffness between randomly rough surfaces. This research led to the development of a shrink fitter consisting of a new ring-shaped machine element to join mechanical components with different coefficients of thermal expansion, such as a ceramic shaft and a metal cylinder. As one application of the shrink fitter, several optical lenses were shrink-fitted in a lens-barrel. Such a scanning lens, assembled using the shrink fitter, can focus laser light well over a wide scanning width because the optical axes of the several lenses in the lens-barrel compliment each other well regardless of changes in room temperature. Thus, a laser microscope with such a scanning lens can observe object surfaces over a relatively wide area. However, contact pressures between the shrink fitter and the optical lenses will change the curvature of the lenses resulting in deterioration of the scanning properties of the scanning lens. Therefore, it is very important to calculate the contact pressures acting on optical lenses to examine the scanning properties of the scanning lens. In this study, we have developed a new type of laser microscope with a field of view of 10 8 mm. The pixel number in the laser scanning direction of 10 mm was 20,000 and 16,000 in the perpendicular direction of 8 mm. Thus, one field of view of this laser microscope had 320,000,000 pixels. The observation results of some surfaces by this laser microscope are reported.

    DOI: 10.2495/SECM070101

    Scopus

    researchmap

  • 微細スポット走査法を用いたレーザピンポイント治療装置の開発(シュリンクフィッタ法を用いたレーザ広範囲走査) 査読

    新田勇, 菅康志, 丸山友裕, 前田宜俊, 趙学峰, 菅野明宏

    日本機械学会論文集(A)   72 ( 722 )   1430 - 1436   2006年10月

     詳細を見る

  • 接触圧力解析によるサーマルヘッドの設計 査読

    寺尾博年, 荻山理, 小林浩, 新田勇

    日本画像学会誌   45 ( 4 )   308 - 313   2006年8月

     詳細を見る

  • 高精細多階調カラー画像印刷用薄膜熱転写ヘッドの検討 査読

    寺尾博年, 中谷壽文, 対馬登, 白川享志, 日比野郁夫, 新田勇

    日本機械学会論文集(C)   72 ( 716 )   1305 - 1310   2006年4月

     詳細を見る

  • 金属平形ガスケットの密封特性―ポリカーボネイト薄膜を用いた接触状態の観察― 査読

    松崎良男, 新田勇, 伊藤穣, 池上宗利, 長谷川聡

    トライボロジスト   51 ( 4 )   308 - 315   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 真実接触面積による印刷用紙の印字濃度評価 査読

    寺尾博年, 新田勇

    日本機械学会論文集(C)   72 ( 716 )   1028 - 1033   2006年4月

     詳細を見る

  • シュリンクフィッタを用いた高精度光学系によるレーザ微細加工装置の開発 査読

    野中敏, 新田勇, 菅野明宏, 西村方壱, 芳賀亮介, 土田恵一

    精密工学会誌   72 ( 3 )   403 - 407   2006年3月

     詳細を見る

  • 微細スポット走査法を用いたレーザ治療装置の開発(シュリンクフィッタを用いたレーザ広範囲走査) 査読

    新田勇, 菅康志, 菅野明宏, 丸山友裕, 前田宜俊

    精密工学会誌   72 ( 2 )   260 - 265   2006年2月

     詳細を見る

  • 2-103 ものづくりにおける企業との技術連携を通じた実践的教育プログラムの開発((17)産学連携教育(産学間・大学高専間の連携)-I) 査読

    岡 徹雄, 西村 伸也, 菅原 晃, 新田 勇, 石井 望, 丸山 武男

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2006 ( 0 )   26 - 27   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2006.0_26

    CiNii Article

    researchmap

  • 樹脂リングによる光学レンズの光軸方向の高精度な位置決め 査読

    菅野明宏, 新田勇, 五十嵐渉, 小俣公夫

    精密工学会誌   71 ( 12 )   1583 - 1589   2005年12月

     詳細を見る

  • シュリンクフィッタを用いたレンズの超精密接合法の光学シミュレーションによる理論的検討 査読

    菅野明宏, 新田勇, 小俣公夫

    精密工学会誌   71 ( 6 )   779 - 784   2005年6月

     詳細を見る

  • PC薄膜を用いた金属平形ガスケットの接触状態の観察 査読

    新田勇, 松崎良男, 伊藤穣

    日本機械学会論文集(C)   71 ( 701 )   265 - 271   2005年1月

     詳細を見る

  • 熱転写プリンタの熱転写ヘッドの接触圧力の解析 査読

    新田勇, 寺尾博年, 瀬下卓弥

    日本機械学会論文集(C)   70 ( 693 )   1482 - 1487   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.70.1482

    researchmap

  • 熱転写プリンタを利用した印刷用紙の簡易熱伝導率評価法 査読

    新田勇, 寺尾博年, 瀬下卓弥

    精密工学会誌   70 ( 4 )   522 - 527   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2493/jspe.70.522

    researchmap

  • Effect of Interference on Scanning Performance of fθ Lens Fixed by a Shrink Fitter 査読

    新田勇, 菅野明宏, 小俣公夫

    OPTICAL REVIEW   10 ( 4 )   321 - 324   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10043-003-0321-3

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いた光学レンズの超精密接合 査読

    新田勇, 菅野明宏, 刈田伸樹, 小俣公夫, 白井健司

    精密工学会誌   67 ( 10 )   1615 - 1620   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2493/jjspe.67.1615

    researchmap

  • New joining method for laser scanner lenses by using a shrink fitter 査読

    Nitta, I, A Kanno, K Komata, S Iguchi

    COMPUTATIONAL METHODS IN CONTACT MECHANICS V   5   31 - 40   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:WIT PRESS  

    A laser scanning unit, which was designed to converge the laser beam to 4.8 mum over a wide scanning width of 30 mm, consisted of 6 optical lenses. To realize such high performance of the laser scanning unit, the optical lenses in a housing were needed to be placed with their optical axis in a exactly straight line. Usually the optical lenses in the housing are pressed on their rims by ring-shaped retainers for their location. However, the lens location is not accurate by this present method. In addition, the temperature change causes the laser spot deteriorated over the wide scanning width because the thermal expansion coefficients of the lenses are greatly different from that of the metallic housing. We have applied a shrink fitter, which is a new machine element, to the accurate location of the optical lenses. So far no one tried to attach the optical lenses into the housing by such a shrinkage fit. Because the optical lenses are brittle and fragile, the lenses must be damaged or broken by the pressure of shrinkage fit. However, a cylinder-shaped shrink fitter was made of plastic material. A Young's modulus of the plastic material is lower than that of the metal housing by about two orders. The margin of the interference became large if we used the shrink fitter. This is a contact problem between the optical lenses and the shrink fitter. The thickness of the shrink fitter and the optimum interference for the shrinkage fit of such combination had to be designed not to brake the lenses and not to extremely deform the lenses. Then the contact pressures between lenses and the shrink fitter were calculated by FEM. In the experiment, we succeeded in converging the laser beam to 5.8 mum over the wide scanning width of 30 min. Moreover, this good convergence performance did not change even at the elevated temperature of 60 degreesC.

    Web of Science

    researchmap

  • くさび形メタルシールの基本特性 査読

    松崎良男, 新田勇, 細川一夫, 舩橋鉀一

    日本機械学会論文集(C編)   67 ( 659 )   2344 - 2351   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.67.2344

    Scopus

    researchmap

  • セラミックベアリングの高温時の耐荷重性能に及ぼすシュリンクフィッタの効果 査読

    新田勇, 岡村陽, 白井健司, 北村和久, 竹林博明, 大橋修

    日本機械学会論文集(C)   67 ( 662 )   3291 - 3297   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.67.3291

    Scopus

    researchmap

  • 高分子薄膜を用いた真実接触面積の測定 査読

    新田勇, 安藤弘一, 大橋修

    日本機械学会論文集(C)   67 ( 662 )   3283 - 3290   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.67.3283

    Scopus

    researchmap

  • Theory of contact and friction 査読

    Nitta, I, K Kato

    JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF TRIBOLOGISTS   45 ( 12 )   864 - 869   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC TRIBOLOGISTS  

    Web of Science

    researchmap

  • 無酸素銅の拡散接合部に及ぼす接合面での結晶方位差の影響 査読

    大橋修, 吉岡隆幸, 新田勇, 古田徳秋

    溶接学会論文集   18 ( 2 )   324 - 330   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2207/qjjws.18.324

    Scopus

    researchmap

  • PET薄膜を用いた真実接触面積の分布の測定 査読

    新田勇, 諸橋明, 大谷親

    トライボロジスト   44 ( 2 )   128 - 134   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • 銅粉末のパルス通電焼結 査読

    大橋修, 吉岡隆幸, 新田勇, 長谷川宏, 杉井伸吾

    日本金属学会誌   63 ( 8 )   983 - 988   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/jinstmet1952.63.8_983

    Scopus

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いたポリゴンミラーの超精密接合(回転時のミラー反射面の平面度のための最適形状) 査読

    新田勇, 浅井広志, 小俣公夫, 紺野大介

    日本機械学会論文集(C)   64 ( 628 )   4827 - 4834   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.64.4827

    researchmap

  • 極低温における樹脂系材料の硬さ評価 査読

    吉野泰弘, 岩渕明, 池澤和彦, 清水友治, 新田勇

    低温工学   33 ( 10 )   681 - 689   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2221/jcsj.33.681

    researchmap

  • ガラス繊雑強化複合材料の接触面剛性 査読

    新田勇, 塩原浩, 岩渕明

    低温工学   33 ( 5 )   290 - 299   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2221/jcsj.33.290

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いたポリゴンミラーの超精密接合(接合面の真円度がミラー反射面に及ぼす影響) 査読

    新田 勇, 菅野明宏, 小俣公夫

    日本機械学会論文集(C編)   64 ( 620 )   1390 - 1397   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.64.1390

    researchmap

  • Measurements of distributions of contact pressures between ground surfaces using PET films 査読

    Isami Nitta, Takeshi Jozawa

    JSME International Journal Series C - Dynamics Control Robotics Design and Manufacturing   39 ( 3 )   621 - 628   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS SANSHIN HOKUSEI BLDG  

    A method for measuring a distribution of contact pressures between ground surfaces using a thin PET, polyethylene terephthalate, film of 0.9 mu m thickness has been developed. Punch specimens were made of carbon steel, S45C, and their ends were ground. The PET film was inserted between ground surfaces of the punch specimens and pressed at a given pressure for one minute. The PET film was indented by surface asperities on the ground surfaces at real contact points. Thus if the relationship between the areas of the indented parts and the applied pressures were known, the contact pressures could be determined by measuring the indented areas of the PET film. The indented areas of the PET films were proportional to the applied pressures in the range of zero to 300 MPa. These areas were measured automatically by image processing through an optical microscope which was modified so that its stage was controlled by a microcomputer. The apparent contact area was divided into many small portions with areas of about 0.017 mm(2) and the contact pressure was determined in each portion. The measured distributions of contact pressures for circular and square punches were compared with the calculated ones. They were in relatively good agreement with each other.

    DOI: 10.1299/jsmec1993.39.621

    Web of Science

    researchmap

  • シュリンクフィッターを用いたポリゴンミラーの超精密接合(接合体の静的・動的特性と寸法が平面度に及ぼす影響) 査読

    新田勇, 古川英夫, 小俣公夫, 紺野大介

    日本機械学会論文集(C編)   62 ( 599 )   2785 - 2791   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.62.2785

    researchmap

  • The development of a Vickers-type hardness tester for cryogenic temperatures down to 4.2 K 査読

    A. Iwabuchi, T. Shimizu, Y. Yoshino, T. Abe, K. Katagiri, I. Nitta, K. Sadamori

    Cryogenics   36 ( 2 )   75 - 81   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BUTTERWORTH-HEINEMANN LTD  

    Hardness is one of the most important parameters for evaluating the tribological properties of structural materials for magnets at cryogenic temperatures. We have developed a Vickers-type hardness tester for cyrogenic temperatures. This paper outlines the hardness tester and presents the results of hardness measurements. The temperature of specimens can be varied from 4.2 K to room temperature. A controlled d.c. servo motor and a ball-screw device drive the indentation system and control the velocity of the indenter, the applied load, and the loading rate. Another d.c. motor rotates the specimen which is placed at the bottom of a hollow cylindrical holder. The hardnesses of JN1, JN2, SUS304, SUS316L, Ti alloy, and copper were measured. Hardness increased with decreasing temperature to 77 K for all metals. The hardness of steels at 77 K is more than 1.8 times higher than at 293 K, and JN2 shows the greatest increase with a factor of 3.3. However, the hardness at 4.2 K does not always increase from 77 K. SUS304 shows the greatest increase (1.4 times). On the other hand, JN2, SUS316L, Cu, and CuNi soften between 77 and 4.2 K. Comparisons of hardness with yield stress and tensile strength are also made.

    DOI: 10.1016/0011-2275(96)83806-9

    Web of Science

    researchmap

  • 真実接触点を考慮した摩擦発熱による温度上昇の解析 査読

    新田勇, 岩渕明, 南正晴, 高尾智明

    低温工学   30 ( 10 )   457 - 467   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2221/jcsj.30.457

    researchmap

  • 極低温硬さ計の開発 査読

    清水友治, 岩渕明, 吉野泰弘, 片桐一宗, 新田勇

    日本機械学会論文集(A編)   61 ( 586 )   1431 - 1437   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaia.61.1431

    researchmap

  • ハイブリッドシュリンクフィッタを用いたセラミックスと金属の締りばめ接合体の三次元応力解析 査読

    新田勇, 堀内宗典

    日本機械学会論文集(C編)   61 ( 584 )   1640 - 1645   1995年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.61.1640

    researchmap

  • Shrink Fit between a Ceramic and a Metal Element Using a Hybrid Shrink Fitter (Measurements of Fitting Strengths) 査読

    Isami Nitta, Keiichi Kusama, Toshiaki Hara

    JSME International Journal, Series C: Dynamics, Control, Robotics, Design and Manufacturing   38 ( 3 )   617 - 624   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS SANSHIN HOKUSEI BLDG  

    A new type of shrink fitter, ‘a hybrid shrink fitter’, containing liquid such as a fusible alloy is proposed. The specimen materials are AI2O3and Si3N4for the shafts, SUS 304 for casings of the hybrid shrink fitters and SUS 403 for the metal rings. Fitting strengths were measured up to 600°C. The fitting strengths decreased with temperatures up to 200°C or 300°C and increased at higher temperatures. It was found that the hybrid shrink fitter had a higher apparent coefficient of thermal expansion than the monolithic shrink fitter. The effect of the number of slits on the fitting strength at elevated temperatures was also studied. The slit was essential for improving the fitting strength. The number of slits did not affect the fitting strength-temperature relationship if the number was 2 or more. The longevity of the hybrid shrink fitter was less than that of the monolithic shrink fitter at elevated temperatures. © 1995, The Japan Society of Mechanical Engineers. All rights reserved.

    DOI: 10.1299/jsmec1993.38.617

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Measurements of Real Contact Areas using PET Films (Thickness, 0.9μm) 査読

    新田勇

    Wear   181-183 ( 2 )   844 - 849   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0043-1648(95)90205-8

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • PET薄膜を用いた研削表面間の接触圧力分布測定 査読

    新田勇, 如澤健

    日本機械学会論文集(C編)   60 ( 579 )   3970 - 3977   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.60.3970

    researchmap

  • ハイブリッドシュリンクフィッタを用いたセラミックスと金属の締りばめ(接触圧力分布の計算) 査読

    新田勇

    日本機械学会論文集(C)   59 ( 559 )   888 - 895   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.59.888

    researchmap

  • ハイブリッドシュリンクフィッタを用いたセラミックスと金属の締りばめ(接合強度の測定) 査読

    新田勇, 草間圭一, 原利昭

    日本機械学会論文集(C)   58 ( 555 )   3326 - 3333   1992年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.58.3326

    researchmap

  • The effects of work hardening on the contact pressure and the deflection of asperity points in contact 査読

    Isami Nitta, Koji Kato, Takao Kayaba, Shigeo Umezawa

    Wear   146 ( 2 )   325 - 335   1991年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The effects of work hardening on the contact pressure and the deflection of model asperities were investigated experimentally and theoretically. The asperity angles were 100°, 120°, 140° and 160°. For stainless steel SUS304, which shows considerable work hardening, the contact pressure was in good agreement with the value given by Shindo's theory which includes the effects of work hardening, but the deflection was not accurately predicted either by Shindo's theory or from the Vickers microhardness Hv. For steel HT60 and aluminium A2017, which do not become work hardened to the same degree, the contact pressure could be approximately predicted from Hv or from Shindo's theory. The deflection could also be approximately predicted from Hv or Shindo's theory. © 1991.

    DOI: 10.1016/0043-1648(91)90072-3

    Scopus

    researchmap

  • The Fitting Strength between Ceramic and Metal with the Use of a Bimetal Shrink Fitter at Elevated Temperature 査読

    Isami Nitta, Katsumi Nakashizuka, Toshiaki Hara

    JSME International Journal. Ser. 1, Solid mechanics, strength of materials   34 ( 2 )   249 - 256   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS SANSHIN HOKUSEI BLDG  

    The shrink fit between a ceramic shaft and a metal ring with the use of a bimetal shrink fitter has been developed in this paper. The fitting strengths of the shrink-fitted assemblies were measured from room temperature to 600-degrees-C. The contact pressures between the shafts and the shrink fitters of bimetal were also calculated. The ceramic shaft was Al2O3 or Si3N4. The shrink fitter was a bimetal of SUS304 and SUS403. The outer ring was SUS403. It was shown from the calculations that the shrink-fitted assembly using the bimetal shrink fitter was somewhat weaker than that using the monolithic SUS304 shrink fitter when the thickness of the shrink fitter in the radial direction was over 6 mm. The shrink-fitted assembly using the bimetal shrink fitter was approximately 3MPa stronger than that using the monolithic SUS304 shrink fitter at 600-degrees-C when the thickness of the shrink fitter in the radial direction was 4 mm. The fitting conditions under which the shrink-fitted assembly using the bimetal shrink fitter was stronger than that using the monolithic SUS304 shrink fitter were discussed.

    DOI: 10.1299/jsmea1988.34.2_249

    Web of Science

    researchmap

  • シュリンクフィッターを用いたセラミックスと金属の締りばめ(種々の熱膨張係数に対する高温結合強度) 査読

    新田勇, 坂井勇一郎, 原利昭

    日本機械学会論文集(C)   57 ( 535 )   985 - 990   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.57.985

    researchmap

  • バイメタルシュリンクフィッターを用いたセラミックスと金属の締りばめの高温結合強度 査読

    新田勇, 中静勝己, 原利昭

    日本機械学会論文集(C)   56 ( 525 )   1289 - 1297   1990年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.56.1289

    researchmap

  • シュリンクフィッターを用いたセラミックスと金属の締りばめの高温結合強度に関する研究(第二報,締め付け圧力分布の計算) 査読

    新田勇, 原利昭

    日本機械学会論文集(C)   55 ( 520 )   3062 - 3068   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.55.3062

    researchmap

  • Study of the Fitting Strength between Ceramic and Metal Elements with the Use of a Shrink Fitter at Elevated Temperature (Proposal of the Shrink-Fit Method with the Use of a Shrink Fitter and Experimental Results) 査読

    新田勇, 木越健二, 加藤康司

    JSME Int.Journal,Series III   32 ( 4 )   632 - 639   1989年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1299/jsmec1988.32.632

    researchmap

  • 拡散接合の接合強度と接合面積に及ぼすSUS304突起頂角の影響 査読

    新田勇, 平田直樹, 石橋達弥, 下田茂

    日本機械学会論文集(C)   55 ( 515 )   1814 - 1819   1989年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.55.1814

    researchmap

  • The Effect of Surface Roughness on Fitting Strength of Shrink Fit Between Ceramic and Metal Elements 査読

    K. Kato, T. Kayaba, I. Nitta, S. Shimoda

    Journal of Vibration, Acoustics, Stress, and Reliability in Design   111 ( 3 )   318 - 325   1989年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ASME-AMER SOC MECHANICAL ENG  

    DOI: 10.1115/1.3269859

    Web of Science

    researchmap

  • インサートリングを用いたセラミックスと金属の締りばめの高温結合強度に関する研究(第一報,インサートリングを用いた締りばめの提案と実験結果) 査読

    新田勇, 木越健二, 加藤康司

    日本機械学会論文集(C)   55 ( 510 )   417 - 423   1989年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.55.417

    researchmap

  • セラミックスと金属の締りばめ部の破壊に及ぼす真円度と表面あらさの影響 査読

    新田勇, 下田茂, 石橋達弥, 加藤康司

    日本機械学会論文集(C)   54 ( 503 )   1564 - 1571   1988年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.54.1564

    researchmap

  • 球圧子の押込硬さ試験方式を利用した高分子材料の変形抵抗 -ひずみ特性測定法 査読

    石橋達弥, 下田茂, 古川徹, 新田勇, 蒲沢英樹

    日本機械学会論文集(A)   54 ( 501 )   1158 - 1164   1988年5月

     詳細を見る

  • 球圧子の押込硬さ試験方式を利用した高分子材料のヤング率測定法 査読

    石橋達弥, 下田茂, 古川徹, 新田勇, 吉田秀敏

    日本機械学会論文集(A)   53 ( 495 )   2193 - 2202   1987年11月

     詳細を見る

  • セラミックスと金属の締りばめ部の表面あらさの変形を考慮した締め付け圧力の解析 査読

    新田勇, 下田茂, 椎谷佳弘, 加藤康司

    日本機械学会論文集(C)   53 ( 487 )   908 - 915   1987年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.53.908

    researchmap

  • 高温下でのSUS304モデル突起の変形特性に関する研究 査読

    新田勇, 下田茂, 加藤康司

    日本機械学会論文集(C)   52 ( 483 )   2920 - 2924   1986年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.52.2920

    researchmap

  • セラミックスと金属の締りばめ部結合強度に及ぼす表面あらさと寸法の影響 査読

    新田勇, 下田茂, 加藤康司, 椎谷佳弘

    日本機械学会論文集(C)   52 ( 481 )   2503 - 2507   1986年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1299/kikaic.52.2503

    researchmap

  • 複合スノータイヤ車輪の粘着特性 査読

    下田茂, 石橋達弥, 新田勇, 鎌田美昭

    日本機械学会論文集(C)   51 ( 471 )   3091 - 3096   1985年11月

     詳細を見る

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • トライボロジーの評価・制御・応用展開

    新田勇, 岩井善郎, 月山陽介,外( 担当: 共著 ,  範囲: 第Ⅰ編第1章表面の性質,第Ⅰ編第2章接触,第Ⅰ編第5章2.2広視野レーザ顕微鏡によるトライボ表面の解析)

    シーエムシー出版  2021年1月  ( ISBN:9784781315911

     詳細を見る

    総ページ数:319   担当ページ:9-36,96-102   記述言語:日本語

    researchmap

  • 高分子材料のトライボロジー制御

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 第6章第10節ゴムローラの摩擦特性)

    技術情報協会  2020年1月  ( ISBN:9784861047770

     詳細を見る

    総ページ数:550p   担当ページ:436-444   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 柔軟媒体ハンドリング技術の理論と応用

    ( 担当: 共著 ,  範囲: ゴムローラニップ部の滑り観察)

    日本機械学会  2019年11月  ( ISBN:9784888983129

     詳細を見る

    総ページ数:493   担当ページ:430-450   記述言語:日本語

    researchmap

  • 実験力学ハンドブック

    ( 担当: 共著)

    朝倉書店  2008年1月  ( ISBN:9784254201307

     詳細を見る

    担当ページ:569-573  

    researchmap

  • 摩擦・摩耗試験機とその活用

    ( 担当: 共著)

    養賢堂  2007年11月  ( ISBN:9784842504278

     詳細を見る

    担当ページ:184-190  

    researchmap

  • Contact Mechanics VIII

    ( 担当: 共著)

    WIT PRESS  2007年5月  ( ISBN:9781845640736

     詳細を見る

    担当ページ:101-110  

    researchmap

  • よくわかる実験技術・学術用語

    ( 担当: 共著)

    日本実験力学会  2006年11月  ( ISBN:4990340000

     詳細を見る

    担当ページ:20-23  

    researchmap

  • Contact Mechanics VII

    ( 担当: 共著)

    WIT Press  2005年9月  ( ISBN:1845640225

     詳細を見る

    担当ページ:321-330  

    researchmap

  • Contact Mechanics VI

    ( 担当: 共著)

    WIT Press  2003年3月  ( ISBN:1853129631

     詳細を見る

    担当ページ:25-33  

    researchmap

  • 機械設計法(第2版)

    ( 担当: 共著)

    日本材料学会  2002年9月  ( ISBN:4901381016

     詳細を見る

    担当ページ:84-91  

    researchmap

  • Contact Mechanics V

    ( 担当: 共著)

    WIT Press  2001年6月  ( ISBN:1853128724

     詳細を見る

    担当ページ:31-40  

    researchmap

  • Contact Mechanics IV

    ( 担当: 共著)

    WIT Press  1999年8月  ( ISBN:1853126942

     詳細を見る

    担当ページ:49-58  

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 紙搬送に及ぼす紙粉の影響および評価手法

    月山陽介, 新田勇

    トライボロジスト   64 ( 9 )   544 - 549   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.18914/tribologist.64.09_544

    researchmap

  • 3次元レーザ積層造形によるバイオインプラント材の作製技術

    新田勇

    FORM TECH REVIEW   28   88 - 93   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    researchmap

  • 全表面観察のための広視野レーザ顕微鏡の研究開発

    新田勇, 月山陽介

    電気評論   ( 7 )   8 - 13   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 低出力レーザ積層造形によるチタンインプラントの機械的性質

    新田勇, 月山陽介

    チタン   66 ( 2 )   112 - 117   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡/干渉計

    新田勇, 月山陽介

    トライボロジスト   63 ( 4 )   276 - 279   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.18914/tribologist.63.04_276

    researchmap

  • レーザ走査干渉計による広領域精密形状計測

    新田勇, 月山陽介

    画像ラボ   28 ( 7 )   49 - 55   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 位相シフト不要なワンショット形状計測

    新田勇, 月山陽介

    検査技術   22 ( 7 )   47 - 52   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 広視野レーザ走査型干渉計を用いた位相シフトを不要にする3次元形状計測

    新田勇, 月山陽介

    化学工業   67 ( 8 )   561 - 568   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 走査レーザ干渉計による広領域精密形状計測

    新田勇

    機械の研究   68 ( 7 )   557 - 562   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 広視野レーザ走査型干渉計を用いた位相シフト不要な形状計測技術

    新田勇, 月山陽介

    ケミカルエンジニヤリング   60 ( 9 )   30 - 35   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 接触面剛性の研究から生まれた光学部品・光学計測技術

    新田勇

    トライボロジスト   59 ( 10 )   597 - 603   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.18914/tribologist.59.10_597

    researchmap

  • 表面テクスチャリングにおける表面性状試験・評価

    新田勇

    メカニカル・サーフェス・テック   14 - 16   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Detection of leak of hollow optical fiber using acoustics (Experiments and theoretical analysis)

    Shuichi Sakamoto, Takayasu Nagase, Masaya Nakagawa, Isami Nitta, Kensaku Yanagimoto, Seiji Watanabe

    Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, C Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part C   77   2096 - 2106   2011年12月

     詳細を見る

    In this paper, the problem in the CO2 infrared laser medical operation device that propagates the laser in the hollow optical fiber was dealt. There is risk of the accident of damaging by a fire when leak is opened in the hollow optical fiber, and the laser light is discharged outside. This study is the detecting method for the leak on hollow optical fiber by using the sound. A basic experiment concerning this method and comparison result between the theoretical analysis and the experiment are reported. The leakage of the narrow tube with large attenuation can be detected. The experiment was corresponding to the tendency to the theoretical analysis for the presence of the leakage and the change in the hole diameter. This method is inexpensive than the method of adding the optical device, it makes small hand peace, and doesn&#039;t ruin handling that is the advantage of the hollow optical fiber. © 2011 The Japan Society of Mechanical Engineers.

    Scopus

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いたマルチポリゴン方式レーザ走査装置

    菅野明宏, 新田勇, 小俣公夫, 井口敏

    光アライアンス   19 ( 12 )   22 - 27   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 研究室探訪・新たなシーズを求めて 「トライボロジーから生み出す新技術 新潟大学 新田研究室」

    新田勇

    機械設計   52 ( 10 )   76 - 77   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 真実接触面積の可視化技術

    新田勇

    トライボロジスト   52 ( 12 )   843 - 848   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 産学協同によるメカトロニクス機器開発「シュリンクフィッタ法を用いたレーザ走査技術」

    新田勇

    機械の研究   59 ( 2 )   227 - 232   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 理事の仕事

    新田勇

    52 ( 11 )   757 - 757   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

    researchmap

  • レンズの光軸方向位置ずれの温度補償 -樹脂リングをコリメータレンズに適用した場合-

    新田勇

    光アライアンス   17 ( 9 )   37 - 40   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 接触問題の基礎と最近分かってきたこと

    新田勇

    トライボロジスト   50 ( 7 )   493 - 498   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 真実接触面積の測定

    新田勇

    実験力学   3 ( 4 )   67 - 70   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • プリント基板直接描画装置のためのシュリンクフィッタを用いたマルチポリゴン光走査装置

    新田勇

    IGAS2003特別企画セミナー資料   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

    researchmap

  • 新規事業創出と大学発ベンチャー「光学技術と半導体レーザ制御技術」

    新田勇

    化学工業   54 ( 8 )   47 - 49   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • シュリンクフィッタ

    新田勇

    トライボロジスト   48 ( 5 )   325 - 330   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 感光材料評価用レーザー走査装置

    菅野明宏, 小俣公夫, 新田勇

    光アライアンス   13 ( 7 )   47 - 49   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いた光学レンズの組込み法 =広視野・高解像度レーザースキャナーの開発=

    新田勇, 菅野明宏

    光アライアンス   13 ( 4 )   32 - 36   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • -特集・20世紀から21世紀に引き継がれるトライボロジー技術- 接触と摩擦の理論

    新田勇, 加藤康司

    トライボロジスト   45 ( 12 )   864 - 869   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 人海戦術にかわる海岸美化

    新田勇

    日本機械学会誌   102 ( 973 )   746 - 747   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • 基礎研究をいかに実用製品に結び付けたか「締りばめ用シュリンクフィッタ」

    新田勇

    日本機械学会機素潤滑設計部門ニュースレター   19 ( - )   3   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • Vibration insensitive single-shot interferometry using a wide-field laser microscope

    I. Nitta, Y. Tsukiyama

    ICPE2020  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3D surface profile measurement of materials with varying reflection coefficients by single shot interferometry 国際会議

    T.Sato, Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ASPEN2019  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mechanism of High Friction of the Aluminum Surface Textured by Laser Micro Texturing 国際会議

    Y.Sato, Y.Tsukiyama, I.Nitta, H.Shiomi

    ATEM'19  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3D surface profile measurement by single shot interferometry with wide field of view 国際会議

    I.Nitta, T.Sato, Y.Tsukiyama

    ATEM'19  2019年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tribological Properties of Rubber Rollers for Paper Feeding 国際会議

    Y.Tsukiyama, T.Tsumori, I.Nitta

    ITC Sendai 2019  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effects of Real Contact Area of Platen Rollers on Friction Force 国際会議

    I.Nitta, K.Tamura, Y.Tsukiyama, T.Wauke, H.Terao

    ITC Sendai 2019  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Real contact and electrical properties of carbon fibers 国際会議

    Y.Tsukiyama, M.Kou, I.Nitta

    30th International Conference on Diamond and Carbon Materials  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Influence of paper lint adhesion on the wear form of rubber roller for paper feed 国際会議

    T.Tsumori, Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ICMDT2019  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Real contact area observation on paper materials 国際会議

    Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ICMDT2019  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Measurement of real contact area of rubber platen rollers 国際会議

    K.Tamura, I.Nitta, Y.Tsukiyama, T.Wauke, H.Terao

    ICMDT2019  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of powder adhesion on the friction and wear of rubber rollers 国際会議

    Y.Tsukiyama, I.Nitta

    TJTS2018  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Single-shot measurement of 3D surface profiles using wide field view laser microscope 国際会議

    I.Nitta, T.Sato, Y.Tsukiyama

    ICPE2018  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Influence of Paper Lint on Friction and Wear of Rubber Rollers 国際会議

    Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ISPS/MIPE2018  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • One-shot measurement of surface profile using wide field view laser microscope 国際会議

    I.Nitta, H.Watanabe, Y.Tsukiyama

    ICOA2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Laser micro texturing for high friction surface 国際会議

    Y.Tsukiyama, H.Masanori, T.Kakiuchi, Y.Aida, I.Nitta

    ICOA2017  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Proposal of new polyaxial locking mechanism of osteosynthesis plate 国際会議

    H.Toyosaki, Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ICMDT2017  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Frictional Property and Real Contact Area of Contaminated Rubber Rollers for Paper Feed 国際会議

    Y.Tsukiyama, Y.Sato, K.Kato, I.Nitta

    ICMDT2017  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A novel measurement method of real contact area of floor materials using ultra-high transparent rubber 国際会議

    T.Masuda, Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ICMDT2017  2017年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Contact thermal resistance of densely-packed VACNTs and deformation mechanics of CNTs 国際会議

    Y.Tsukiyama, T.Kawasaki, I.Nitta, W.Norimatsu, M.Kusunoki

    International Conference on Diamond and Carbon Materials  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Detection method of nano-scale defects by using wide field of view laser microscope 国際会議

    I.Nitta, Y.Tsukiyama, R.Terashima

    ITC Tokyo 2015  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Laser Micro-Texturing for Improvement of Pedicle Screw Fixation 国際会議

    Y.Tsukiyama, T.Kakiutchi, Y.Aida, M.Honda, I.Nitta

    ITC Tokyo 2015  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Nanoscale Measurement of Whole Cylinder Surface using a Wide Field-of-View Laser Interferometer 国際会議

    I.Nitta, Y.Tsukiyama, S.Sakuma

    ICMDT2015  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Relationship Between Friction Force and Real Contact Area Observed by Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    Y.Tsukiyama, N.Fukuda, T.Masuda, I.Nitta

    ICMDT2015  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effect of laser micro texturing on the frictional properties of Ti material 国際会議

    Y.Aida, M.Honda, T.Kakiuchi, Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ICMDT2015  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Nanoscale measurement of whole cylinder surface with laser microscope with wide field of view 国際会議

    I.Nitta, Y.Tsukiyama, N.Fukushima

    ICPE2014  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Observation of Spherical Surfaces using a Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    I.Nitta, Y.Tsukiyama, T.Watanabe, N.Fukushima

    WTC2013  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Observation of the real contact area of carbon nanotube film 国際会議

    Y.Tsukiyama, N.Fukuda, I.Nitta, W.Norimatsu, M.Kusunoki

    WTC2013  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Measurement of surface profile of precision molds using a newly developed scanning laser interferometer 国際会議

    K.Hongo, H.Suzuki, Y.Tsukiyama, I.Nitta

    ICMDT2013  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Contact Behavior of Vertically Aligned Carbon Nanotube film 国際会議

    Y.Tsukiyama, N.Fukuda, I.Nitta, W.Norimatsu, M.Kusunoki, N.Umehara

    ICMDT2013  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Observation of Spherical Heart-Valve Prosthesis using a Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    I.Nitta, Y.Tsukiyama, N.Fukushima, T.Watanabe

    ICMDT2013  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Evaluation of Sealing Characteristics of High-Performance Gasket Using a Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    Y.Matsuzaki, I.Nitta, Y.Tsukiyama

    ISC  2012年9月 

     詳細を見る

  • Observation of micro-slips of rubber roller using a laser microscope with wide field of view 国際会議

    I.Nitta

    Advanced Forum on Tribology  2012年4月 

     詳細を見る

  • Effects of Paper Debris on Micro-Slip Characteristics of Rubber Rollers 国際会議

    I.Nitta, T.Tsukada, Y.Tsukiyama

    ITC  2011年11月 

     詳細を見る

  • Observation of Metal Gasket Surfaces Using Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    I.Nitta, Y.Matsuzaki

    STLE 66th Annual Meeting & Exhibition  2011年5月 

     詳細を見る

  • Observation of Micro-slip Distributions of Rubber Roller using Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    I.Nitta, R.Ebuchi, T.Tsukada

    ICMDT  2011年4月 

     詳細を見る

  • Observation of Micro-slips between Rubber Roller and Glass Plates using a Laser Microscope with Wide Field of View

    I.Nitta, R.Ebuchi, T.Tsukada

    ISEM  2010年11月 

     詳細を見る

  • Observation of Real Contact Area at Metal Gasket Surfaces using Laser Microscope with Wide Field of View

    Y.Matsuzaki, I.Nitta

    ISC  2010年10月 

     詳細を見る

  • Observation of Cylindrical Surfaces using Laser Microscope with Wide Field of View 国際会議

    I.Nitta, R.Ebuchi, H.Huan

    ISEM  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Frictional Characteristics of Aneurysm Clips Finished by Laser Processing

    I.Nitta, S.Nomura, N.Takatsu

    WTC  2009年9月 

     詳細を見る

  • Visualization of Real Contact Area at Conical Inside-Seal Surfaces Using the Thin Au Film

    Y.Matsuzaki, I.Nitta, A.Fuse

    WTC  2009年9月 

     詳細を見る

  • Effect of the Real Contact Area on the Dye Diffusion for Dye-Sublimation Printer

    M.Ikegami, I.Nitta, H.Terao

    ICMDT  2007年7月 

     詳細を見る

  • Contact problems between optical lenses and shrink fitter for a new type of laser microscope with a wide field of view

    新田勇, 菅野明宏

    Contact Mechanics  2007年5月 

     詳細を見る

  • Effect of the Real Contact Area on the Optical Density of the Dye Sublimation Printer

    M.Ikegami, I.Nitta, H.Terao

    ASIATRIB  2006年10月 

     詳細を見る

  • Visualisation of the real contact area at gasket surfaces using thin PC films

    I.Nitta, Y.Matsuzaki

    Contact Mechanics  2005年9月 

     詳細を見る

  • Study of a Laser Material Processing System with Fine Optical Setup using a Shrink Fitter

    野中敏, 新田勇, 菅野明宏, 西村方壱

    International Conference Leading Edge Manufacturing in 21st Century  2003年11月 

     詳細を見る

  • Analysis of Contact Pressure between a Thermal Print Head and Ink of a Thermal Transfer Printer 招待

    I.Nitta, H.Terao

    Contact Mechanics  2003年3月 

     詳細を見る

  • Effect of Indentation Shape on the Polymer Film Method

    I.Nitta, K.Sone

    ITC Austrib‘02  2002年12月 

     詳細を見る

  • Effect of Interference on Scanning Performance of fθ Lens Fixed by a Shrink Fitter

    I.Nitta, A.Kanno, K.Komata

    International Conference on Optics-photonics Design & Fabrication  2002年10月 

     詳細を見る

  • New Joining Method for Laser Scanner Lenses by Using a Shrink Fitter 招待

    I.Nitta, A.Kanno, K. Komata, S.Iguchi

    International conference on computational methods in contact mechanics  2001年6月 

     詳細を見る

  • Effect of Waviness on Contact Stiffness between Two Solid Surfaces

    I.Nitta, T.Hasegawa

    ITC  2000年11月 

     詳細を見る

  • Analysis of Contact Stiffness between Metal Ground Surfaces Using Thin PET Film

    I.Nitta, T.Hasegawa

    Contact Mechanics  1999年8月 

     詳細を見る

  • Influence of Surface Roughness and Precooling by Liquid Nitrogen on Frictional Coefficients at Liquid Helium Temperature

    T.Takao, D.Yoshino, T.Kubosaka, N.Momma, I.Nitta, A.Iwabuchi, F.Odajima

    International Cryogenic Engineering Conference  1998年7月 

     詳細を見る

  • New Method of Measuring Real Contact Areas by Using a Thin PET Film (Effect of Surfaces Roughness on PET Film Method)

    新田勇, 諸橋明, 大谷親

    WTC  1997年9月 

     詳細を見る

  • Analysis of Temperature Rises in Point and Line Contact Slidings in Liquid Helium

    新田勇, 岩渕明, 高尾智明, 南正晴

    16th International Cryogenic Engineering Conference/ International Cryogenic Materials Conference  1996年5月 

     詳細を見る

  • Round Robin Tests on Frictional Characteristics of Cryogenic Materials

    高尾智明, 岩渕明, 南正晴, 新田勇

    16th International Cryogenic Engineering Conference/ International Cryogenic Materials Conference  1996年5月 

     詳細を見る

  • Effect of Diameter Ratio on Flatness of a Polygon Mirror Joined by a Shrink Fitter

    新田勇, 古川英夫, 小俣公夫, 紺野大介

    ITC  1995年10月 

     詳細を見る

  • Analysis of Temperature Rise Induced by Frictional Heat through Real Contact Points

    新田勇

    ITC  1995年10月 

     詳細を見る

  • Measurements of Real Contact Areas using PET Films (Thickness, 0.9μm)

    新田勇

    International Conference on WEAR OF MATERIALS  1995年4月 

     詳細を見る

  • New Joining Method of a Polygon Mirror Using a Shrink Fitter

    新田勇, 紺野大介

    ITC, AUSTRIB'94  1994年12月 

     詳細を見る

  • The Effects of Friction and Surface Rough¬ness on Contact Pressures between Ceramic and Metal Elements Using a Shrink Fitter at Elevated Temperature

    新田勇

    ITC  1990年10月 

     詳細を見る

  • The Effects of Workhardening on the Flow Pressure and the Load-Deflection Curve of Asperity in Contact

    新田勇, 萱場孝雄, 加藤康司, 梅澤茂雄

    1985年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

  • レーザ走査型干渉計を用いた表面形状の計測方法

    新田勇, 月山陽介

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-109489  出願日:2014年5月

    特許番号/登録番号:特許6327641  発行日:2018年4月

    researchmap

  • カム表面の観察方法

    新田 勇

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-045375  出願日:2011年3月

    特許番号/登録番号:特許5716459  発行日:2015年3月

    researchmap

  • 円筒面の形状計測方法

    新田勇, 小俣公夫

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-090007  出願日:2010年4月

    特許番号/登録番号:特許5748414  発行日:2015年5月

    researchmap

  • レーザ治療装置

    新田勇

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-535117  出願日:2005年8月

    researchmap

  • 人口股関節の製造方法

    新田勇, 大橋修, 山口典男, 長谷川孝則, 落合清秀

     詳細を見る

    出願番号:特願2005-073496  出願日:2005年3月

    特許番号/登録番号:特許4591925  発行日:2010年9月

    researchmap

  • レーザ治療装置およびその使用方法

    新田勇, 菅野明宏, 小俣公夫, 伊藤嘉恭

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-276338  出願日:2004年9月

    researchmap

  • 光学レンズ装置及びレーザ装置、光学レンズの位置決め方法

    新田 勇

     詳細を見る

    出願番号:特願2004-114544  出願日:2004年4月

    特許番号/登録番号:特許4672278 

    researchmap

  • 表面観察装置

    小俣公夫, 井口敏, 新田勇

     詳細を見る

    出願番号:特願2001-172122  出願日:2001年6月

    researchmap

  • 光走査装置

    小俣公夫, 井口敏, 新田勇

     詳細を見る

    出願番号:特願2001-115628  出願日:2001年4月

    特許番号/登録番号:特許4757397  発行日:2011年6月

    researchmap

  • 光学レンズ締結装置

    新田勇, 菅野明宏, 小俣公夫

     詳細を見る

    出願番号:特願2001-065245  出願日:2001年3月

    特許番号/登録番号:特許3456646  発行日:2003年8月

    researchmap

  • 光学レンズ接合装置

    新田 勇

     詳細を見る

    出願番号:特願平11-011070  出願日:1999年1月

    特許番号/登録番号:特許3422710  発行日:2003年4月

    researchmap

▶ 全件表示

Works(作品等)

  • Study of laser length measurement technology

    2004年

     詳細を見る

  • レーザ測長技術の研究

    2004年

     詳細を見る

  • Research on the optimization of optical instruments

    2003年

     詳細を見る

  • 医療用CO2レーザーに用いる中空ファイバー導入システム

    2003年

     詳細を見る

  • 光学装置の最適化に関する研究

    2003年

     詳細を見る

  • 長岡市産業活性化検討調査委員会

    2003年

     詳細を見る

  • Development of peripheral equipment for hollow fiber for medical CO2 laser

    2003年

     詳細を見る

  • Basic research of high-precise fastening method of optical lens

    2002年
    -
    2004年

     詳細を見る

  • ナノテクによる患部ピンポイント治療と装置の開発

    2002年
    -
    2004年

     詳細を見る

  • 光学レンズの高精度締結方法の基礎研究

    2002年
    -
    2004年

     詳細を見る

  • NPO法人創業支援推進機構

    2002年
    -
    2004年

     詳細を見る

  • Development of lesion pinpoint treatment and the equipment by nanotech

    2002年
    -
    2004年

     詳細を見る

  • Basic research of contact mechanism of the heat transfer printing head

    2000年
    -
    2001年

     詳細を見る

  • 熱転写ヘッドの接触メカニズムの基礎研究

    2000年
    -
    2001年

     詳細を見る

  • 光学レンズの高精度位置決めの実用研究

    2000年
    -
    2001年

     詳細を見る

  • Practical research of the high-precise positioning of the optical lens

    2000年
    -
    2001年

     詳細を見る

  • Development of the attachment of the three-dimensional surface roughness measurement

    1999年

     詳細を見る

  • Development of garbage collectting mechanism of the beach cleaner

    1999年

     詳細を見る

  • Research and development of multi-correspondence optical scanner for high-precise printers

    1999年

     詳細を見る

  • 3次元表面粗さ測定アタッチメントの開発

    1999年

     詳細を見る

  • ビーチクリーナーのゴミ収集機構の開発

    1999年

     詳細を見る

  • 高精度プリンター用のマルチ対応光走査装置の研究開発

    1999年

     詳細を見る

  • Basic research of contact mechanism of the heat transfer printing head

    1998年
    -
    1999年

     詳細を見る

  • 熱転写ヘッドの接触メカニズムの基礎研究

    1998年
    -
    1999年

     詳細を見る

  • Basic research of higher precision of the laser scanner

    1998年

     詳細を見る

  • レーザースキャナーの高精度化の基礎研究

    1998年

     詳細を見る

  • Basic research of miniaturization and performance enhancement of the laser scanner

    1997年

     詳細を見る

  • レーザースキャナーの小型化・高性能化の基礎研究

    1997年

     詳細を見る

  • Development of SiC self-acting air bearing

    1996年

     詳細を見る

  • SiC空気動圧軸受の研究

    1996年

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 第48回信頼性・保全性シンポジウム優秀報文賞

    2019年7月   日本科学技術連盟   プリンタ複合機(MFP)の給紙性能に及ぼす紙粉の影響とその評価法の開発

    月山陽介, 新田勇

     詳細を見る

  • ICMDT Best Paper Award

    2017年8月   The Korean Society Of Mechanical Engineers, The Japan Society Of Mechanical Engineers   Frictional Property and Real Contact Area of Contaminated Rubber Rollers for Paper Feed

    Yosuke Tsukiyama, Yohei Sato, Keisuke Kato, Isami Nitta

     詳細を見る

  • 第10回機素潤滑設計部門講演会優秀講演

    2011年4月   日本機械学会   THGレーザによる微細ディンプルの作製と摩擦特性評価

    新田勇

     詳細を見る

  • 機素潤滑設計部門業績賞

    2003年4月   日本機械学会  

    新田勇

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 「国際新技術フェア」優秀新技術特別賞

    2002年1月   日刊工業新聞  

    新田勇

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 新潟ニュービジネスメッセ‘98新潟産業大賞

    1998年11月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成4年度日本トライボロジー学会奨励賞

    1993年5月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 機械部品のフレッチング摩耗抑制について

    2020年4月 - 2021年3月

    YKK(株)  共同研究 

    新田勇, 月山陽介

      詳細を見る

  • 順転性及びその保持性を向上させる表面形状の開発

    2019年9月 - 2021年8月

    ヤマウチ(株)  共同研究 

    新田勇, 月山陽介

      詳細を見る

  • 医療用インプラントの解析研究

    2018年10月 - 2022年9月

    ミズホ(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 医療用インプラントの開発

    2018年7月 - 2019年2月

    ミズホ(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 機械部品のフレッチング摩耗抑制について

    2018年6月 - 2019年3月

    YKK(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 湿式ペーパー摩擦材 接触面評価技術の開発

    2018年5月 - 2021年3月

    (株)ダイナックス  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 広視野レーザ走査干渉計を用いたワンショット3次元ナノ形状測定システム

    2018年4月 - 2021年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ゴムローラーに関する評価及び解析

    2018年3月 - 2019年3月

    住友理工(株)  共同研究 

    新田勇, 月山陽介

      詳細を見る

  • 3次元レーザ積層造形による頚椎椎間板インプラント材の作製技術

    2017年9月 - 2020年3月

    天田財団  一般研究開発助成 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 機械部品のフレッチング摩耗抑制について

    2017年9月 - 2018年3月

    YKK(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • ポリアクシャルロッキング機構研究

    2017年9月 - 2018年3月

    ミズホ(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 異相界面におけるエネルギー輸送現象の解析

    2017年7月 - 2017年10月

    トヨタ自動車(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • ローラ摩擦係数低下のメカニズム解明

    2016年10月 - 2019年3月

    (株)電通国際情報サービス  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 広視野レーザ走査方式によるLED用サファイア基板のナノレベル欠陥検出技術

    2016年4月 - 2018年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • レーザ走査型干渉技術を用いた円筒表面ナノレベル観察システム

    2014年4月 - 2017年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡に適した位相シフト法のための疑似位相像出現メカニズムの解明

    2014年4月 - 2016年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ゴム材料の真実接触面積測定

    2014年4月 - 2015年3月

    住友ゴム工業(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 医療器具製造装置の開発

    2013年11月 - 2015年1月

    瑞穂医科工業(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 3次元レーザ積層造形によるバイオインプラント材の作製技術

    2013年10月 - 2016年3月

    天田財団  一般研究開発助成 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 医用デバイスの開発

    2013年9月 - 2014年3月

    瑞穂医科工業(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • ローラ接触状態の観察

    2013年6月 - 2015年3月

    (株)サムスン横浜研究所  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 高精度レーザ焼結による骨梁構造を有するバイオインプラント製造技術

    2012年11月 - 2013年10月

    科学技術振興機構  研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1308000円 、 間接経費:392000円 )

    researchmap

  • 次世代自動車用電池のフィルム状セパレータのレーザ加工に関する調査研究

    2012年7月 - 2013年3月

    (株)オプセル  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • 医用デバイスの開発

    2012年6月 - 2013年3月

    瑞穂医科工業(株)  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 車両内部構体計測システムの連続計測技術の開発

    2012年5月 - 2013年2月

    東日本旅客鉄道(株)新潟支社 新津車両製作所  共同研究 

    新田勇,月山陽介

      詳細を見る

  • 球状インプラント材の3次元デジタル画像化の基礎研究

    2012年4月 - 2014年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • レーザ走査干渉技術を用いたトライボ要素円筒表面ナノレベル観察装置の研究

    2011年4月 - 2014年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    researchmap

  • 三次元座標システムのキャリブレーションプログラム開発

    2011年4月 - 2012年3月

    東日本旅客鉄道(株)新潟支社 新津車両製作所  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • 非球面レンズ用金型の高精度・非接触形状測定法の要素技術開発

    2011年

    科学技術振興機構  研究成果最適展開支援事業(A-STEP) 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6630000円 ( 直接経費:5100000円 、 間接経費:1530000円 )

    researchmap

  • 広視野レーザ顕微鏡を用いた高性能ガスケットの漏れ特性評価

    2011年

    JKA  自転車等機械工業振興事業 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2811840円 ( 直接経費:2811840円 )

    researchmap

  • ロール・ツー・ロール生産方式のための高精度ロール検査技術の要素開発

    2011年

    科学技術振興機構  研究成果最適展開支援事業(A-STEP) 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1699000円 ( 直接経費:1307000円 、 間接経費:392000円 )

    researchmap

  • ポリマー材料の加速劣化に関する研究

    2010年4月 - 2011年9月

    瑞穂医科工業(株)  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • シュリンクフィッタ技術を用いた広領域レーザ粉末焼結装置の開発

    2010年

    天田金属加工機械技術振興財団  一般研究開発助成 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円

    researchmap

  • 大面積高精度3次元計測の研究

    2009年9月 - 2010年3月

    マコー(株)  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • 転がり玉軸受用転動体の高精度デジタル画像化の基礎研究

    2009年4月 - 2011年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    researchmap

  • 三次元座標システムのソフト開発

    2009年4月 - 2010年3月

    東日本旅客鉄道(株)新潟支社 新津車両製作所  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • トライボ要素の表面欠陥検出用広視野レーザ検査装置の基礎研究

    2008年4月 - 2011年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:19240000円 ( 直接経費:14800000円 、 間接経費:4440000円 )

    researchmap

  • 波長最適化と装置小型化によるレーザピンポイント治療装置の開発

    2007年

    科学技術振興機構  産学共同シーズイノベーション化事業 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:979000円 ( 直接経費:851000円 、 間接経費:128000円 )

    researchmap

  • 超広視野レーザ走査装置を用いた高精度キズ検出装置の試作

    2007年

    科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1989000円 ( 直接経費:1530000円 、 間接経費:459000円 )

    researchmap

  • 光同期式粒子計測センサーの開発

    2005年8月 - 2007年3月

    トライボ・テックス(株)  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • 超広視野3Dレーザイメージャーの基礎研究

    2005年4月 - 2008年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:15110000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:1110000円 )

    researchmap

  • レーザ測長技術の研究

    2004年7月 - 2006年3月

    日立工機(株)  共同研究 

    新田勇

      詳細を見る

  • SEMなみの解像度を持つ広視野レーザースキャナーの基礎研究

    2002年4月 - 2005年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:14600000円 ( 直接経費:14600000円 )

    researchmap

  • シュリンクフィッタによる光学レンズの超精密接合の基礎的研究

    2000年4月 - 2002年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いた光学レンズの超精密接合法の基礎的研究

    1998年4月 - 2000年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いた超高分解能ドライプロセスセッターの試作研究

    1998年4月 - 2000年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    researchmap

  • シュリンクフィッタを用いた超精密接合法の基礎的研究

    1996年4月 - 1998年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    researchmap

  • セラミックスベアリング高寿命化用シュリンクフィッターの開発

    1995年4月 - 1997年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:7500000円 ( 直接経費:7500000円 )

    researchmap

  • シュリンクフィッターを用いた超小型ポリゴンミラーの接合に関する基礎的研究

    1994年4月 - 1995年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • PET薄膜を援用した極低温環境下での摩擦発熱解析に関する基礎的研究

    1993年4月 - 1994年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    researchmap

  • 走査電子顕微鏡なみの深い焦点深度を有する光学顕微鏡に関する基礎的研究

    1992年4月 - 1993年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

  • セラミックスベアリングの精密接合部における耐熱性向上の基礎的研究

    1991年4月 - 1992年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • 複合インサートリングを用いたセラミックスと金属の締りばめ部高温強度の基礎的研究

    1988年4月 - 1989年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    researchmap

  • インサートリングを用いたセラミックスと金属の締りばめ部高温強度に関する基礎的研究

    1987年4月 - 1988年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • シリコンナイトライドと金属の拡散接合による接合部の高温強度に関する基礎的研究

    1986年4月 - 1987年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • 機械構造用セラミックスと金属のしまりばめによる結合部の高温強度の基礎的研究

    1983年4月 - 1984年3月

    文部科学省,日本学術振興会  科学研究費補助金 

    新田 勇

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 総合工学概論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特許・経営および製品開発入門

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 先端研究入門

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 機械工学実験IV

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 機械工学実験III

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • トライボロジー

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(力学分野)

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 物理工学実験

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 機械工学概論

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術英語入門

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士特定研究Ⅲ

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム特定研究Ⅱ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習・発表

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム特定研究Ⅰ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 機械科学セミナーⅠ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 機械科学セミナーⅡ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士特定研究Ⅱ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 中間発表

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士セミナーⅡ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 外国語論文解説・討論Ⅱ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅱ

    2012年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 機械科学文献詳読Ⅰ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 機械科学文献詳読Ⅱ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 機械科学特別演習

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 外国語論文解説・討論Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 機械科学コース演習

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士セミナーⅠ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム博士特定研究Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習・発表Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • くらしを支える機械システム工学

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • プロジェクト研究特別概説

    2010年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(機械システム工学科)

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 設計製図I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 設計製図II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • トライボロジー論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英文輪読I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 製図基礎

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 機械工学実験I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 機械工学実験II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • トライボロジ

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 機械工学演習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 英文輪読II

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知的光応用機器論

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 創造工学実習

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ(機械工学基礎)

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 英文輪読

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 卒業基礎研究

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示