2021/11/27 更新

写真a

イシイ ノゾム
石井 望
ISHII Nozomu
所属
教育研究院 自然科学系 情報電子工学系列 准教授
自然科学研究科 電気情報工学専攻 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 1996年12月   北海道大学 )

研究キーワード

  • 小形アンテナ

  • アンテナ測定

  • 液剤中アンテナ

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学  / アンテナ

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 福祉人間工学科   准教授

    1998年8月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 北海道大学工学部   School of Engineering   助手

    1991年4月 - 1998年7月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   福祉人間工学科   准教授

    1998年8月 - 2017年3月

学歴

  • 北海道大学   大学院工学研究科   電子工学専攻

    1989年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

  • 北海道大学   工学部   電子工学科

    1985年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • IEEE Antennas and Propagation Society   Tokyo Chapter Chair  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会実行委員会 委員長  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   水中無線技術特別研究専門委員会 幹事  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本学術会議   電気電子工学委員会URSI分科会電磁波小委員会 委員  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 2022 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (IEEE iWEM 2022)   General Chairs  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

  • 総務省   高度化された陸上無線システムに対する定期検査のあり方に関する検討会 座長代理  

    2020年   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • IEEE Antennas and Propagation Society   Tokyo Chapter Vice Chair  

    2019年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 総務省   情報通信審議会情報通信技術分科会局所吸収指針委員会電力密度測定方法作業班 主任代理  

    2018年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 電子情報通信学会   通信ソサイエティ研専運営会議 総務幹事  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会実行委員会 委員長  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 2017 IEEE Conference on Antenna Measurements & Applications (2017 IEEE CAMA)   Steering Committee Co-Chairs  

    2016年 - 2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE   Shin-etsu Section Treasurer  

    2015年 - 2016年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   ISAP国際会議委員会 委員  

    2013年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アクディデーション委員会 委員  

    2012年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会 幹事  

    2011年 - 2013年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   次世代無線設備試験認証技術時限研究専門委員会 副委員長  

    2010年 - 2012年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 総務省   情報通信審議会情報通信技術分科会局所吸収指針委員会比吸収率測定方法作業班 主任代理  

    2009年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  • 電子情報通信学会   次世代無線設備試験認証技術時限研究専門委員会 幹事  

    2008年 - 2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   通信ソサイエティ和文論文誌 編集委員  

    2007年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • Investigation of a 3-D Undersea Positioning System Using Electromagnetic Waves 査読

    Ryosuke Kato, Masaharu Takahashi, Nozomu Ishii, Qiang Chen, Hiroshi Yoshida

    IEEE Transactions on Antennas and Propagation   69 ( 8 )   4967 - 4974   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    DOI: 10.1109/tap.2020.3048584

    researchmap

  • Probe Calibration in Lossy Liquid Using Small Dipole Antennas for Megahertz-Band Specific Absorption Rate Measurements 査読

    Nozomu Ishii, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Soichi Watanabe

    IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement   69 ( 6 )   3078 - 3088   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    © 1963-2012 IEEE. The transmit antenna factor of a dipole antenna in a tissue-equivalent liquid phantom is derived from the power transmission formula and used in the calibration of an electric field probe for specific-absorption-rate (SAR) measurements of wireless power transfer systems operating in the megahertz band. First, we determine the length of the reference dipole antenna to be used in the calibration by the method of moments. Then, we construct a calibration system, including in-house fabricated dipole antennas and a phantom liquid with a concentration of 0.074 mol/L. The transmit antenna factor is then determined from the measured S-parameters and the conversion factor (CF) of the probe immersed inside the liquid phantom is derived by using our proposed calibration procedure. The CF is compared with that provided by a manufacturer to confirm the validity of our calibration method. An uncertainty budget is provided and the difference between the manufacturer's value and our result is indicated to be within 2.6%, less than the expanded uncertainty, indicating the validity.

    DOI: 10.1109/tim.2019.2927648

    Scopus

    researchmap

  • Near-Field Gain Evaluation of Balanced Dipole Antenna Operated in Salt Water Using a Power Amplifier 査読

    Keita Sekiya, Nozomu Ishii, Yuto Shimizu, Tomoaki Nagaoka

    Proc. 2021 IEEE CAMA   16 - 21   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:ヴェンダ語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Verification of a Dielectric Property Measurement System using a Waveguide Well Compared with Reference Value of Pure Water 査読

    Yuto Shimizu, Nozomu Ishii, Tomoaki Nagaoka, Kanako Wake, Watanabe Soichi

    Proc. 2021 IEEE CAMA   67 - 69   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Attempt of Underwater Position Estimation in Pseudo-Scale Model Using Cross-Dipole Array 査読

    Ryota Sase, Nozomu Ishii

    Proceedings of ISAP2021   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Measurement of an undersea positioning system using radio waves 査読

    Ryosuke Kato, Masaharu Takahashi, Ryotaro Suga, Takashi Matsuda, Nozomu Ishii

    IEICE Communications Express   10 ( 7 )   409 - 414   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/comex.2021xbl0092

    researchmap

  • Distance Dependence of Transmission Characteristics Between Small Dipole Antennas in Tissue Equivalent Liquid Operated in kHz Band 査読

    Riki Masuda, Nozomu Ishii, Yuto Shimizu, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Soichi Watanabe

    Proc ISAP 2020   401 - 402   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Verification of Underwater Position Estimation Using Received Power Profile Through Pseudo-Scale Model 査読

    Ryota Sase, Nozomu Ishii, Masaharu Takahashi, Qiang Chen, Hiroshi Yoshida

    Proc. ISAP 2020   403 - 404   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Undersea Positioning Using Electromagnetic Wave in Consideration of Sea Wave Effects 査読

    Ryosuke Kato, Hiroki Kobayashi, Masaharu Takahashi, Nozomu Ishii, Qiang Chen, Hiroshi Yoshida

    Proc. ISAP 2020   133 - 134   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Measurement of Complex Permittivity of Tissue-Equivalent Liquid Poured in a Waveguide Well 査読

    Yuto Shimizu, Tomoaki Nagaoka, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    Proc. 2019 IEEE CAMA   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Extension of Probe Calibration Method for SAR Measurement to the kHz Band 査読

    Nozomu Ishii, Yuto. Shimizu, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Soichi Watanabe

    Proc. ISAP 2019   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2019 Antenna Branch of Chinese Institute of Electronics. A wireless power transfer (WPT) technology is expected to be applied to powering electric vehicles in the kHz band. The specific absorption rate or SAR may be used as a metric to ensure the safety of WPT devices. In order to measure the specific absorption rate, it is necessary to calibrate the electric field probe, that is, to relate the received electric field intensity with the output voltage of the probe. In this paper, we theoretically and experimentally verify that the electric-field probe calibration method we developed in the MHz band can be applied to the kHz band as well.

    Scopus

    researchmap

  • Investigation of a 3D Undersea Positioning System Using Electromagnetic Waves 査読

    Ryosuke Kato, Masaharu Takahashi, Nozomu Ishii, Qiang Chen, Hiroshi Yoshida

    Proc. ICECOM 2019 - 23rd International Conference on Applied Electromagnetics and Communications   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Comparisons of Measured SAR Values Measured between Fast and Full Measurement Procedures for Cellular Phones 査読

    Yuto Shimizu, Tomoaki Nagaoka, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    2019 URSI AP-RASC   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Cavity Resonance Free Wheeler Cap Method Using Cauchy Method for Amplitude Only Response 査読

    Nozomu Ishii, Takumi Kato

    Proc. ISAP 2018   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:ベンガル語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • SAR Probe Calibration Using the Transmit Antenna Factor of the Small Dipole Antenna in Saline Solution 査読

    Nozomu Ishii, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2018 IEEE Conference on Antenna Measurements & Applications (2018 IEEE CAMA)   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In order to evaluate the specific absorption rate for wireless devices in the MHz band, we propose a method to estimate the electric field intensity generated by small dipole antenna in saline solution using the transmit antenna factor based on the power transfer formula and two antenna method. By introducing the average electric field intensity, we solve some problems caused by inappropriate approximation in our formulation. By comparing the results of numerical simulation and measurement, the validity of the distance property of the transmit antenna factor of the small dipole antenna in the solution is comfirmed. In addition, an example of probe calibration using the small dipole antenna based on our proposal is presented.

    Web of Science

    researchmap

  • Wheeler Efficiency Eliminating Cavity Resonances Using Cauchy Method 査読

    Takumi Kato, Nozomu Ishii

    Proc. 2018 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (iWEM2018)   76 - 77   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effects of Selecting the Fitting Range for SAR Probe Calibration in Waveguide System 査読

    Nozomu Ishii, Yuto Shimizu, Tomoaki Nagaoka, Soichi Watanabe

    Proc. 2018 IEEE International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (iWEM2018)   190 - 191   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Cavity Resonance-Free Wheeler Efficiency Using Humming Window 査読

    Takumi Kato, Nozomu Ishii

    Proc. The 6th International Symposium on Fusion Technology 2018 at Niigata   134   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:ベンガル語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Modifications of cavity resonance-free Wheeler cap method 査読

    Nozomu Ishii, Takumi Kato

    2017 IEEE Conference on Antenna Measurements and Applications, CAMA 2017   407 - 410   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    A serious problem in evaluating the radiation efficiency of antennas based on Wheeler cap method is to emerge some dips in the efficiency at the cavity resonance, because a shielding cap can be considered as a cavity. To eliminate the dips, it is shown to be effective that a rational function is fitted to measured reflection coefficient and common polynomial factors which depend on the cavity resonance are canceled. In this paper, we describe the cancelling condition in detail by using equivalent lumped circuits for the cavity. And, the effect of the fluctuation of measured reflection coefficient inside the cavity can be reduced by using hamming window in the process of curve fitting. Our modification is affirmed by estimating Wheeler efficiency of simple antennas.

    DOI: 10.1109/CAMA.2017.8273466

    Scopus

    researchmap

  • Dipole Antenna with Sheath-Cover For Seawater Use 査読

    Hiroyasu Sato, Naomichi Fujii, Qiang Chen, Nozomu Ishii, Masaharu Takahashi, Ryotaro Suga, Koichi Uesaka, Hiroshi Yoshida

    Proc. ISAP 2017   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Underwater LF wave propagation study for positioning 査読

    Hiroshi Yoshida, Ryotaro Suga, Koichi Uesaka, Masaharu Takahashi, Nozomu Ishii, Qiang Chen, Naomichi Fuji, Hiroyasu Sato

    OCEANS 2017 - Aberdeen   2017-   1 - 5   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In 1998, JAMSTEC started the development project of the first prototype of a long-range cruising AUV (LCAUV) to evaluate fundamental technologies needed to travel through under the ice covered area of the Arctic. In 2005, The LCAUV, Urashima, achieved 317 km continuous cruising powered by a deep sea fuel cell developed in JAMSTEC [1]. We then moved to next stage and have conducted to design the second prototype LCAUV with target range of over 3,000 km. It included improvement of power source, communication system, and positioning system. In 2010 a small high efficiency multi-less (HEML) fuel cell was completed [2] and a long range acoustic communication system achieved 1,000 km communication using time-reversal waves. But we had not developed practical positioning system for under the ice by 2010. In past years the dramatic melting of Arctic ice would be driving extreme weather. This is very serious problem, but it is still poorly understood. Scientists need more research to understand it. We have thus a plan to develop an Arctic research platform that especially performs observations under the ice. Now we are conducting a research of a new positioning method with communication availability before developing the platform or an AUV. The proposed method is based on low frequency electromagnetic waves which can propagate inside of ice and sea water. A prototype to evaluate the method is like GPS repeater. The repeater to be set on the ice receives GPS signal, transmitting radio waves into the sea water via the ice up to several tens meters deep. To realize the system feasibility we started developing underwater antennas and measuring wave propagation in the sea ice and the sea water in 2016.

    DOI: 10.1109/OCEANSE.2017.8084829

    Scopus

    researchmap

  • A Study on the Depth of Tissue-Equivalent Liquid for SAR Measurement of Human Exposure to EMF from Wireless Communication Devices by Numerical Simulations 査読

    Tomoaki Nagaoka, Lira Hamada, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    Abst. BioEM2017   PB-112   639 - 641   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Near-Field Measurement of Transmit Antenna Factor of Small Dipole Antenna in Saline Solution 査読

    Nozomu Ishii, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2017 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP 2017)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    To determine E-field at a tip of probe for evaluating SAR (specific absorption rate) values of DUTs in saline solution, use of near-field transmit antenna factor (NF-TAF) of small dipole antenna is proposed. NF-TAF can be expressed in closed form by assuming hyperbolic sinusoidal current distribution. Also, it can be evaluated by measuring S parameters between two identical dipole antennas and dielectric property of the saline solution. Calculated and measured NF-TAF are compared with each other, and limited range of antenna distance should be used for accurate calibration of E-field probe in the saline solution at 6.78MHz.

    Web of Science

    researchmap

  • 改良型Wheeler法におけるキャビティ共振による小形アンテナの放射効率落ち込みを回避する二つの方法について 査読

    石井 望

    電子情報通信学会論文誌B   J99-B ( 1 )   18 - 25   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Derivation of Some Expansions of Near-Field Gain of Antennas in Lossy Medium 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Soichi Watanabe

    2016 URSI ASIA-PACIFIC RADIO SCIENCE CONFERENCE (URSI AP-RASC)   796 - 798   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    To estimate SAR (specific absorption rate) of the wireless devices operated in HF band, the behavior of the near-field gain in the near-field region of the reference antennas operated in the tissue-equivalent liquid is required. Some asymptotic expansions of the near-field gain of the reference antennas are derived by using an integral form of the transmission coefficient between the antennas and expansion theorem.

    DOI: 10.1109/URSIAP-RASC.2016.7601134

    Web of Science

    researchmap

  • Roles and Effects of Human Network of Supporting Experts out of Niigata University to Practical Engineering Education. 査読

    Tetsuo Oka, Kazuhisa Abe, Takeshi Yamauchi, Takatsune Narumi, Nozomu Ishii, Shin-ya Nishimura, Takashi Sato, Yuji Tanabe, Masakazu Sengoku

    iJEP   6 ( 1 )   44 - 49   2016年

  • On an Expression of Antenna Factor for Transmitting Small Loop Antenna in Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Chakarothai Jerdvisanop, Kanako Wake, Soichi Watanabe

    2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   254 - 255   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    To evaluate specific absorption rate (SAR) of radio devices operated in MHz band, a small loop antenna can be used to calibrate a probe for estimating field intensity in the tissue-equivalent liquid. In our proposed method, field intensity radiated by a small loop antenna can be expressed in terms of its antenna factor in transmitting mode. In this paper, distance property of the antenna factor is analytically derived to determine a fitting curve.

    Web of Science

    researchmap

  • Roles and effects of human network of supporting experts out of Niigata University to practical engineering education 査読

    T. Oka, K. Abe, T. Yamauchi, T. Narumi, N. Ishii, S. Nishimura, T. Sato, Y. Tanabe, M. Sengoku

    Proceedings of 2015 International Conference on Interactive Collaborative Learning, ICL 2015   150 - 154   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    © 2015 IEEE. The educational supporting human network outside the university we call as 'The Network of 100 Wise Men' has been constructed by Faculty of Engineering of Niigata University on the process of educational reform activities. We have operated various kinds of practical engineering programs which have been assisted by the engineers of companies and societies. The network members possess the actual experiences of engineering through the processes of their practical R&D activities. And the guidance, lectures, and advice by the network members have made a lot of beneficial contributions to the engineering education for the university students as well as to the faculties of Niigata University. The network is composed of various generations and industrial areas, which is not only based on the alumni organization but on the personal reliance between the faculties and engineers/scientists through their continueing research collaborations. We are convinced that it must be much advantageous for the university students to obtain the practical engineering skills and their ways of thinking by means of the cooperation of the network members.

    DOI: 10.1109/ICL.2015.7318017

    Scopus

    researchmap

  • Simulated near-field gain of dielectric-coated circular loop antennas operated in liquid and in HF band 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2015 IEEE MTT-S International Microwave Workshop Series on RF and Wireless Technologies for Biomedical and Healthcare Applications, IMWS-BIO 2015 - Proceedings   141 - 142   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    To evaluate specific absorption rate (SAR) in HF band using reference antenna method, dielectric-coated and shielded loop antenna operated in the liquid can be used. It is found that the electric and magnetic field intensity in the near-field region of the reference antenna behave like corresponding far-field if the near-field gain have a plateau as a function of the distance from the antenna. To simulate the perimeter of the loop with a plateau in its near-field gain using Richmond's method of moments, the dielectric property of the cylindrically dielectric shell should be well given by using Lichtenecker's logarithmic mixture law if the dielectric shell is made of heat-shrinkable tube.

    DOI: 10.1109/IMWS-BIO.2015.7303818

    Scopus

    researchmap

  • Mixed-mode Sパラメータを利用した平衡給電型アンテナの平衡・不平衡モード分析 査読

    木下 加那子, 石井 望

    電子情報通信学会論文誌B   J98-B ( 9 )   878 - 885   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Simulation of near-field gain for circular folded loop antennas in liquid 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 2015 Vietnam-Japan International Symposium on Antennas and Propagation   22 - 25   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Numerical Simulation of Calibrating Magnetic Field Intensity of Small Circular Loop Antenna in Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2015 IEEE CONFERENCE ON ANTENNA MEASUREMENTS & APPLICATIONS (CAMA)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    To calibrate an electric field prove for evaluating specific absorption rate (SAR) of wireless devices operated in the MHz band, we have proposed the use of circular loop antenna immersed in tissue-equivalent liquid. In our proposed method, near-field gain of the loop antenna should be evaluated to estimate the fields radiated by the loop antenna. However, there is a serious problem that its size which can determined as the near-field gain is constant in its neighborhood is much larger than a liquid container as the frequency is lower, for example, at 6.78MHz. In this paper, we focus on estimating antenna factor for transmitting loop antenna and we examine that the distance property of the small circular loop antenna in the liquid can be estimated in its neighborhood with the antenna factor for transmitting loop antenna by using the method of moments.

    DOI: 10.1109/CAMA.2015.7428138

    Web of Science

    researchmap

  • Simulated Near-Field Gain of Dielectric-Coated Circular Loop Antennas Operated in Liquid an in HF Band 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2015 IEEE MTT-S INTERNATIONAL MICROWAVE WORKSHOP SERIES ON RF AND WIRELESS TECHNOLOGIES FOR BIOMEDICAL AND HEALTHCARE APPLICATIONS (IMWS-BIO)   141 - 142   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    To evaluate specific absorption rate (SAR) in HF band using reference antenna method, dielectric-coated and shielded loop antenna operated in the liquid can be used. It is found that the electric and magnetic field intensity in the near-field region of the reference antenna behave like corresponding far-field if the near-field gain have a plateau as a function of the distance from the antenna. To simulate the perimeter of the loop with a plateau in its near-field gain using Richmond's method of moments, the dielectric property of the cylindrically dielectric shell should be well given by using Lichtenecker's logarithmic mixture law if the dielectric shell is made of heat-shrinkable tube.

    Web of Science

    researchmap

  • Constant Near-Field Gain for Folded Loop Antennas in Normal Saline At 6.78MHz 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2015 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   728 - 730   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    It is required that specific absorption rate of mobile devices operated in HF band should be evaluated by using a calibrated probe. In this paper, we propose an extension of reference antenna method, which is one of methods for calibrating the probe. As a reference antenna, we examine a circular folded loop antenna immersed in normal saline solution. If its perimeter is well selected, constant near-field gain can be realized in its near field region. And, to reduce its size, the number of folding should be larger. Also, we show the validity of estimated formula for electric field intensity radiated by the reference antenna with its near-field gain.

    Web of Science

    researchmap

  • A Novel SAR-Probe Calibration Method Using a Waveguide Aperture in Tissue-Equivalent Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E97B ( 10 )   2035 - 2041   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A novel method for calibrating the probes used in standard measurement systems to evaluate SAR (specific absorption rate) of the radio equipment operating at frequencies over 3 GHz is proposed. As for the proposed method, the electric-field distribution produced by a waveguide aperture installed in a liquid container is used to calibrate the SAR probe. The field distribution is shown to be the same as that given by a conventional calibration method by analytically deriving a closed-form expression for the field produced by the waveguide aperture with the help of the paraxial approximation. Comparing the approximated and measured distributions reveals that the closed-form expression is valid for the electric-field distribution near the central axis of the aperture. The calibration factor for a commercial SAR probe is evaluated by the proposed method and agrees well with that provided by the manufacturer of the probe.

    DOI: 10.1587/transcom.E97.B.2035

    Web of Science

    researchmap

  • An Evaluation of Transition from Balanced to Unbalanced Modes for Asymmetric Antennas Using Mixed-Mode S-parameters 査読

    Nozomu Ishii

    Proc. 2014 Asian Workshop on Antennas and Propagation   20 - 20   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Sampling Points Reduction in Spherical Scanned TRP Measurement 査読

    Hiroyuki Arai, Nozomu Ishii

    2014 IEEE CONFERENCE ON ANTENNA MEASUREMENTS & APPLICATIONS (CAMA)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents measurement techniques to reduce sampling points in Total Radiated Power (TRP) measurement by spherical scanned probes. For the sampling point reduction, this paper presents modified equi-angle to eliminate the effect of metric coefficient and generalized spiral scanning to pick up measured data uniformly. Data reduction rate is discussed by the measurement results. In addition, a partially spherical scanning is presented for the radiation power measurement only.

    DOI: 10.1109/CAMA.2014.7003333

    Web of Science

    researchmap

  • One-port measurement for coupling between balanced and unbalanced modes on dipole antennas using a quadrature hybrid 査読

    Kanako Kinoshita, Nozomu Ishii

    2014 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ELECTROMAGNETICS (IEEE IWEM): APPLICATIONS AND STUDENT INNOVATION COMPETITION   70 - 71   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    It is known that coupling between balanced and unbalanced modes on AUT (antenna under test), is calculated by using mixed-mode S parameters. In this paper, it is shown that the coupling can approximately be evaluated by proposed one-port measurement with a quadrature hybrid as well as two-port measurement for equivalent network of AUT.

    DOI: 10.1109/iWEM.2014.6963640

    Web of Science

    researchmap

  • Radiation efficiency measurement based on Wheeler method using hybrid coupler and phase shifter 査読

    Kouhei Watanabe, Nozomu Ishii

    2014 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ELECTROMAGNETICS (IEEE IWEM): APPLICATIONS AND STUDENT INNOVATION COMPETITION   197 - 198   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A method to evaluate reflection coefficients accurately by using a hybrid coupler and a sliding short is modified to save measurement time. For modified method, a digital phase shifter is used to vary the phase of reference standard. Radiation efficiency based on Wheeler method for a monopole antenna is evaluated by the modified method to confirm the effectiveness of using the digital phase shifter instead of the sliding short.

    DOI: 10.1109/iWEM.2014.6963704

    Web of Science

    researchmap

  • Constant Near-Field Gain for a Shielded Loop Antenna Operated in the Liquid at 30 MHz 査読

    Ryosuke Takezawa, Satsuki Tsuruma, Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2014 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ELECTROMAGNETICS (IEEE IWEM): APPLICATIONS AND STUDENT INNOVATION COMPETITION   72 - 73   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    For calibrating electric-field probe to evaluate the value of SAR (specific absorption rate) for devices at a frequency of 30 MHz, a shielded loop antenna is used as a reference antenna. To facilitate curve fitting for the calibration, near-field gain should be constant near the loop. In this paper, it is shown that the circumference of the loop can be selected as the nearfield gain becomes approximately-constant near the loops.

    DOI: 10.1109/iWEM.2014.6963641

    Web of Science

    researchmap

  • Far-field gain estimation of reference dipole antenna operated in liquid by considering phase centers 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2014 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ELECTROMAGNETICS (IEEE IWEM): APPLICATIONS AND STUDENT INNOVATION COMPETITION   251 - 252   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A new technique for estimating far-field gain as well as phase center of antennas operated in liquid is numerically demonstrated. It is easily derived that the distance characteristic of near-field gain for antennas operated in the liquid is the same as that in free space. Moreover, another expression for the near-field gain for antennas operated in the liquid that the authors have proposed is proven to be valid by mathematical formulation and numerical simulation.

    DOI: 10.1109/iWEM.2014.6963730

    Web of Science

    researchmap

  • Simulated Near-Field Gain and E-Field Intensity of Insulated Loop Antenna in the Liquid at 30 MHz 査読

    Nozomu Ishii, Ryosukc Takezawa, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, TOKYO (EMC'14/TOKYO)   642 - 645   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    As a reference antenna operated in the tissue-equivalent liquid at 30 MHz, where the wireless communication devices are used in Japan, an insulated circular loop antenna is useful for calibrating the electric field probe for evaluating the SAR (Specific Absorption Rate) of the devices. Its near-field gain and electric field intensity are numerically simulated by the mothods of moment so that the probe can be calibrated by our formulation. Moreover, if the size of the insulated circular loop antenna is well selected, the near-field gain is approximately coincident with the far-field gain extremely in the neighborhood of the antenna and the behavior of the electric field intensity in the extremely near-field region becomes the same as that in the far-field region.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis on Balanced and Unbalanced Modes for Dipole Antennas Using Characteristic Modes 査読

    Nozomu Ishii

    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   239 - 240   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Modal analysis on dipole antenna using method of moments and characteristic modes is used to evaluate the amount of the excitation for balanced and unbalanced modes. To separate the current on the antenna into the balanced and unbalanced modes, the current distribution is decomposed into even-and odd-symmetrical distribution with respect to reference plane. As a result, the power ratio of the unbalanced to balanced modes can be numerically computed without setting both balanced and unbalanced feed ports on the analytical model.

    Web of Science

    researchmap

  • Modal Analysis on Insulated Loop Antenna Immersed in Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2014 ASIA-PACIFIC MICROWAVE CONFERENCE (APMC)   79 - 81   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    An insulated circular loop antenna (ICLA) immersed in tissue-equivalent liquid is one of candidates for reference antenna to calibrate probes which are used to evaluate SAR (specific absorption rate) for mobile communication devices operated in the MHz band. To clarify operation principle of ICLA immersed in the liquid, ICLA fed at a point along the loop is analyzed by the method of moments with characteristic modes. It is found that the pattern is composed by fundamental and second harmonic cosine current distributions. Also, it is found that the fundamental cosine current distribution is dominant in the direction of the central axis to measure the near-field gain of ICLA.

    Web of Science

    researchmap

  • 平衡型ダイポールアンテナの平衡・不平衡モード評価 査読

    早川 準起, 石井 望

    電子情報通信学会論文誌B   J96-B ( 9 )   1075 - 1085   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Optimal Size of Waterproofed Shielded Loop Antenna in a Tissue-Equivalent Liquid to Calibrate SAR Probe in HF Band 査読

    Nozomu Ishii, Ryosuke Takezawa, Hidenori Toyoshima, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Abst. PIERS 2013 Stockholm   750 - 750   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 企業や社会の技術者と協働で進める実践的工学教育プログラム 査読

    岡 徹雄, 原田 修治, 田邊 裕治, 鳴海 敬倫, 金子 双男, 菅原 晃, 石井 望, 西村 伸也, 丸山 武男, 仙石 正和, 大川 秀雄, 坪川 紀夫

    電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society   133 ( 4 )   180 - 185   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    The educational program by learn-by-doing engineering has been conducted by the grand in aid of MEXT of Japan. The skills and educational factors lie in the practical R&D driven in the company researches. We have attempted to adopt the before-graduation students to the research collaborations among the company engineers.

    DOI: 10.1541/ieejfms.133.180

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Measurement Methods for Total Radiated Power from an Antenna 査読

    Hiroyuki Arai, Nozomu Ishii

    Abst. PIERS 2013 Taipei   190 - 190   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Balanced and Unbalanced Mode Analysis in a Practical Dipole Antenna Using Mixed-Mode S-parameter 査読

    Nozomu Ishii, Junki Hayakawa

    Abst. PIERS 2013 Taipei   189 - 189   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • E- and H-fields' Representation Extremely Near Small Waterproofed Loop Antenna in the Liquid

    Nozomu Ishii, Hidenori Toyoshima, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 2013 Korea-Japan Workshop on Antennas and Propagation   16 - 16   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Novel Techniques of Avoiding Dips of Radiation Efficiency Measured by Improved Wheeler Method 査読

    Nozomu Ishii

    Proc. ISAP 2012   999 - 1002   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Radiation Efficiency Measurement Based on Wheeler Method Using 90-degree 3dB Hybrid Coupler and Sliding Short 査読

    Hirofumi Iguchi, Nozomu Ishii

    Proc. ISAP 2012   1108 - 1111   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Near-Field Gain Measurement of Waterproofed Shielded Loop Antenna in Tissue-Equivalent Liquid 査読

    Hidenori Toyoshima, Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. ISAP 2012   1087 - 1090   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Electric toothbrushes induce electric current in fixed dental appliances by creating magnetic fields 査読

    Takashi Kameda, Kazuo Ohkuma, Nozomu Ishii, Natsuki Sano, Hideo Ogura, Kazuto Terada

    DENTAL MATERIALS JOURNAL   31 ( 5 )   856 - 862   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOC DENTAL MATERIALS DEVICES  

    Magnetic fields can represent a health problem, especially low frequency electromagnetic fields sometimes induced by electric current in metallic objects worn or used in or on the body (as opposed to high frequency electromagnetic fields that produce heat). Electric toothbrushes are widely used because of their convenience, but the electric motors that power them may produce electromagnetic waves. In this study, we showed that electric toothbrushes generate low frequency (1-2000 Hz) magnetic fields and induce electric current in dental appliances (e.g. orthodontic and prosthetic appliances and dental implants). Current induced by electric toothbrushes might be dependent on the quantity and types of metals used, and the shape of the appliances. Furthermore, these induced currents in dental appliances could impact upon human oral health, producing pain and discomfort.

    DOI: 10.4012/dmj.2012-129

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 放射抑制シールドを用いた小形アンテナの放射効率測定 招待 査読

    石井 望

    電子情報通信学会論文誌B   J95-B ( 9 )   1025 - 1035   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 非対称アンテナに対する改良型Wheeler法における放射効率落ち込み回避法の比較検討 査読

    藤本 将也, 石井 望

    電子情報通信学会論文誌B   J95-B ( 9 )   1098 - 1105   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • An Experimental Validation of a SAR-probe Calibration System Using a Reference Waveguide Antenna in Tissue-Equivalent Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Abstracts for the 32nd Bioelectromagnetics Society Annual Meeting   34 - 36   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • アンテナ放射電力測定法に関する国内研究動向 招待 査読

    石井 望, 新井 宏之

    電子情報通信学会論文誌B   J95-B ( 5 )   607 - 617   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ハイブリッド結合器と可動短絡を用いたWheeler法による放射効率の測定およびその不確かさ評価 査読

    小林 陽平, 石井 望

    電子情報通信学会論文誌B   J95-B ( 3 )   433 - 441   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • SAR-Probe Calibration System Using Reference Dipole Antenna in Tissue-Equivalent Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Yukihiro Miyota, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 1 )   60 - 68   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The probe used in the conventional SAR measurement is usually calibrated in a well filled with tissue-equivalent liquid surrounded by a rectangular waveguide and a matching dielectric window in the frequency range from 800 MHz to 3 GHz. However, below 800 MHz, the waveguides are too large to be used for the calibration. Therefore, we have developed another technique of calibrating the SAR-probe, that is, relating the output voltage of the probe to the field intensity produced by a reference antenna in the tissue-equivalent liquid by using two-antenna method. In this paper, the calibration system using the reference dipole antennas in the liquid at 450 MHz, 900 MHz and 2450 MHz is presented and far-field gain of the reference antenna and calibration factor of the SAR-probe are measured and compared with those obtained by using the conventional waveguide system.

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.60

    Web of Science

    researchmap

  • SAR-probe calibration system using reference dipole antenna in tissue-equivalent liquid 査読

    Nozomu Ishii, Yukihiro Miyota, Ken-Ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    IEICE Transactions on Communications   E-95-B ( 1 )   60 - 68   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    The probe used in the conventional SAR measurement is usually calibrated in a well filled with tissue-equivalent liquid surrounded by a rectangular waveguide and a matching dielectric window in the frequency range from 800 MHz to 3 GHz. However, below 800 MHz, the waveguides are too large to be used for the calibration. Therefore, we have developed another technique of calibrating the SAR-probe, that is, relating the output voltage of the probe to the field intensity produced by a reference antenna in the tissue-equivalent liquid by using two-antenna method. In this paper, the calibration system using the reference dipole antennas in the liquid at 450 MHz, 900 MHz and 2450 MHz is presented and farfield gain of the reference antenna and calibration factor of the SAR-probe are measured and compared with those obtained by using the conventional waveguide system. Copyright © 2012 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.60

    Scopus

    researchmap

  • Electric toothbrushes induce electric current in fixed dental appliances by creating magnetic fields 査読

    Takashi Kameda, Kazuo Ohkuma, Nozomu Ishii, Natsuki Sano, Hideo Ogura, Kazuto Terada

    Dental Materials Journal   31 ( 5 )   856 - 862   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Magnetic fields can represent a health problem, especially low frequency electromagnetic fields sometimes induced by electric current in metallic objects worn or used in or on the body (as opposed to high frequency electromagnetic fields that produce heat). Electric toothbrushes are widely used because of their convenience, but the electric motors that power them may produce electromagnetic waves. In this study, we showed that electric toothbrushes generate low frequency (1-2000 Hz) magnetic fields and induce electric current in dental appliances (e.g. orthodontic and prosthetic appliances and dental implants). Current induced by electric toothbrushes might be dependent on the quantity and types of metals used, and the shape of the appliances. Furthermore, these induced currents in dental appliances could impact upon human oral health, producing pain and discomfort.

    DOI: 10.4012/dmj.2012-129

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effect of Higher Modes on Waveguide Aperture Covered by a Dielectric Slab in the Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Yukihiro Miyota, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. ISAP 2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Radiation Efficiency Measurement Based on Wheeler Method Using Hybrid Coupler and Sliding Short 査読

    Yohei Kobayashi, Nozomu Ishii

    Proc. ISAP 2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Wheeler法および改良型Wheeler法による放射効率測定における不確かさ評価 査読

    石井 望, 坪池 裕司

    電子情報通信学会論文誌B   J94-B ( 9 )   1094 - 1103   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • TRP Estimation Using Random Points Allocated by Monte Carlo Method 査読

    Nozomu Ishii

    Proc. Thailand-Japan MicroWave 2011 (TJMW2011)   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Comparison of Sampling Methods for Total Radiated Power Estimation from Radio Equipment Integrated with Antennas 査読

    Nozomu Ishii

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E94B ( 5 )   1174 - 1183   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    EIRP measurement in the direction of maximum radiation has not always been valid to estimate the radiated power from radio equipments integrated with antennas, for example, integrated radiator with antennas shaped like the notebook-sized PC. Therefore, it is recommended that total radiated power (TRP) from equipment under test (EUT) should be estimated by integrating measured EIRPs on the whole surface of the unit sphere. In this paper, a conventional and some novel sampling methods for the TRP estimation, which were proposed to reduce the number of measurement points, are examined by using a measured EIRP data set and compared with each other. For a simulated radio equipment shaped like a notebook-sized PC, it is found that the equi-area and generalized spiral points methods are superior to the equi-angle method in terms of reducing the number of the measurement points and orthogonal three planes method is another candidate in terms of saving measurement time unless the pattern radiated from EUT is not so complicated.

    DOI: 10.1587/transcom.E94.B.11174

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟大学を支援する学外の教育支援者の活動と工学教育 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 山際 和明, 清水 忠明, 原田 修治, 岩部 洋育, 彦沢 正明, 石井 望, 丸山 武男, 西村 伸也, 今泉 洋, 仙石 正和, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2011 ( 1 )   77 - 80   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 工学キャリア教育における学外支援者による技術倫理講演の状況 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 原田 修治, 丸山 武男, 石井 望, 今泉 洋, 西村 伸也, 仙石 正和, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2010 ( 39 )   25 - 28   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 実践的工学キャリア教育への学外組織による教育支援の現状 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 岩部 洋育, 原田 修治, 石井 望, 丸山 武男, 佐藤 孝, 今泉 洋, 西村 伸也, 仙石 正和, 大川 秀雄

    工学教育   58 ( 5 )   67 - 72   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4307/jsee.58.5_67

    researchmap

  • 実践的工学キャリア教育への学外組織による教育支援の現状 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 岩部 洋育, 原田 修治, 石井 望, 丸山 武男, 佐藤 孝, 今泉 洋, 西村 伸也, 仙石 正和, 大川 秀雄

    工学教育   58 ( 5 )   67 - 72   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本工学教育協会  

    A learn-by-doing engineering career education program adopted by MEXT of Japanese Government has been conducted for three years with the assistance of named “A network of 100 wise men” , which is a novel supporting organization for the students and faculties of Niigata University. The network is composed by the company engineers or social technicians who have rich experiences in the careers of the actual R&D processes. We have confirmed that the practical experiences they possessed on the course of their R&D processed are quite effective for the students to give them the practical engineering education.

    DOI: 10.4307/jsee.58.5_67

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 企業や社会との連携で進める実践的工学教育プログラムの実施状況 査読

    岡 徹雄, 原田 修治, 田邊 裕治, 金子 双男, 菅原 晃, 佐藤 孝, 石井 望, 丸山 武男, 今泉 洋, 西村 伸也, 仙石 正和, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2010 ( 23 )   39 - 42   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Field Distribution by Open Waveguide in the Tissue-Equivalent Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Yukihiro Miyota, Kenichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Low-Frequency Expansion of the SAR-Probe Calibration System Using a Reference Dipole Antenna in Head-Simulating Liquid 査読

    Lira Hamada, Yukihiro Miyota, Kenichi Sato, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    Abstracts for the 32nd Bioelectromagnetics Society Annual Meeting   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Development of Learn-by-Doing Program on Engineering Career Education Conducted with Collaboration from Private Company Engineers, Journal of Engineering Education Reseach 査読

    T. Oka, Y. Tanabe, S. Harada, K. Abe, N. Ishii, T. Maruyama, T. Sato, H. Imaizumi, S. Nishimura, M. Sengoku, H. Ohkawa

    Korean Society for Engineering Education   13 ( 2 )   43 - 48   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Uncertainty Evaluation of Wheeler and Reflection Methods for Radiation Efficiency Using Monte Carlo Simulation 査読

    Yuji Tsuboike, Nozomu Ishii, Michio Miyakawa

    Proc. ISAP 2009   265 - 268   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Development of Learn-by-Doing Program on Engineering Career Education Conducted with Collaboration from Private Company Engineers 査読

    Tetsuo Oka, Yuji Tanaba, Shuji Harada, Kazuhisa Abe, Nozomu Ishii, Takeo Maruyama, Takashi Sato, Hiroshi Imaizumi, Shin-ya Nishimura, Masakazu Sengoku, Hideo Ohkawa

    Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE 2009)   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Radiated Power Evaluation of Simulated Radio Equipment Using Equi-Spaced-Points-Method 査読

    Nozomu Ishii

    Proc. ISAP 2009   691 - 694   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 企業連携による実践的工学キャリア教育プログラムの開発 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 石井 望, 丸山 武男, 岩部 洋育, 原田 修治, 大川 秀雄, 佐藤 孝, 西村 伸也, 今泉 洋, 仙石 正和

    工学教育   57 ( 5 )   73 - 77   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本工学教育協会  

    We report the results and further problems on what we call the learn-by-doing engineering career education program which has been conducted for three years by the grant-in-aid adapted in 2006 by MEXT of Japanese government. In the paper, we attempt to estimate the processes of the internship programs which were supported by “A Network of 100 Wisdom” , an organization outside the university. In this year, we have accomplished the construction of three kinds of internship programs, which have been combined one after another. We confirm that we have given the university students strong motivations toward the technical studies through these practical internship programs.

    DOI: 10.4307/jsee.57.5_73

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 実践的工学教育における学外技術者による支援状況 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 石井 望, 丸山 武男, 岩部 洋育, 原田 修治, 大川 秀雄, 佐藤 孝, 西村 伸也, 今泉 洋, 仙石 正和

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2009 ( 17 )   17 - 20   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 企業における先端的な技術開発と「ものづくりの実際」を学習するプログラム「企業 Week」 査読

    岩部 洋育, 田邊 裕治, 岡 徹雄, 佐藤 孝, 石井 望, 伊東 章, 西村 伸也, 大川 秀雄, 仙石 正和, 丸山 武男, 金丸 邦康, 石井 雅博

    工学教育   57 ( 4 )   42 - 47   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本工学教育協会  

    This paper deals with the study program for leading edge technical development and manufacturing in industry, a new trial “Technology Week” in Faculty of Engineering, Niigata University, Nagasaki University and Toyama University. This trial is organized by one-week exhibition of new products and technology and a technical lecture. Nine “Technology Week” programs were held from Dec. 2004, and two to three hundred students joined in each lecture. And also, each trial was highly evaluated by students according to the results of the questionnaires, because 95% of attending students would want to join the next plan basically. At last, it is estimated for the effectiveness and discussed the future development of the “Technology Week” .

    DOI: 10.4307/jsee.57.4_42

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Far-Field Gain Estimation of Sandwiched Dipole Antenna in Tissue Equivalent Liquid at 5.2GHz 査読

    Takashi Watanabe, Naoto Ikarashi, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. EMC'09/Kyoto   22S1-4   313 - 316   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Approximate Expression of Near Field Gain in Tissue Equivalent Liquid for SAR Evaluation 査読

    Nozomu Ishii, Takashi Watanabe, Yukihiro Miyota, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 4rd International Conference on Electromagnetic Near-Field Characterization and Imaging (ICONIC2009)   37 - 42   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 企業連携による実践的工学キャリア教育プログラムの開発の最終年度の取組成果 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 石井 望, 丸山 武男, 岩部 洋育, 原田 修治, 大川 秀雄, 佐藤 孝, 西村 伸也, 今泉 洋, 仙石 正和

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2009 ( 1 )   75 - 78   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Validation of Gain Measurement in the Liquid Based on Extended Friis Transmission Formula 査読

    Naoto Ikarashi, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. ISAP 2008   573 - 576   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 工学における実践的キャリア教育の実施 : マーケット・インターンシップとキャリアデザイン・ワークショップの成果と課題 査読

    阿部 和久, 田邊 裕治, 岡 徹雄, 石井 望, 丸山 武男, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2008 ( 13 )   65 - 68   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 企業連携による実践的工学キャリア教育プログラムの開発とその社会連携に関する実施状況 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 石井 望, 丸山 武男, 大川 秀雄, 佐藤 孝

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2008 ( 13 )   43 - 46   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 工学教育に関する一考察 : 文部科学省支援により導入された工学教育の現状と問題点 査読

    田邊 裕治, 岡 徹雄, 阿部 和久, 石井 望, 丸山 武男, 佐藤 孝, 大川 秀雄

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2008 ( 13 )   69 - 72   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • モデルベース自由空間定在波法による建築材料の複素比誘電率測定 査読

    石井 望, 宮川 道夫, 西潟 陽輔

    電子情報通信学会論文誌B   J91-B ( 8 )   852 - 860   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Simultaneous measurement of antenna gain and complex permittivity of liquid in near-field region using weighted regression 査読

    Nozomu Ishii, Hiroki Shiga, Naoto Ikarashi, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 6 )   1831 - 1837   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    As a technique for calibrating electric-field probes used in standardized SAR (Specific Absorption Rate) assessment, we have studied the technique using the His transmission formula in the tissue-equivalent liquid. It is difficult to measure power transmission between two reference antennas in the far-field region due to large attenuation in the liquid. This means that the conventional Friis transmission formula cannot be applied to our measurement so that we developed an extension of this formula that is valid in the near-field region. In this paper, the method of weighted least squares is introduced to reduce the effect of the noise in the measurement system when the gain of the antenna operated in the liquid is determined by the curve-fitting technique. And we examine how to choose the fitting range to reduce the uncertainty of the estimated gain.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.6.1831

    Web of Science

    researchmap

  • Development of the SAR-Probe Calibration Systems Using a Reference Dipole Antenna in Head-Simulating Liquid --- Improvement of a Prototype System of 900MHz and 2.45GHz --- 査読

    Lira Hamada, Ken-ichi Sato, Nozomu Ishii, Naoto Ikarashi, Soichi Watanabe

    Abstracts for the 30th Bioelectromagnetics Society Annual Meeting   P-25   249 - 251   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Project-based Engineering Career Education Programs by the Collaborations with Private Companies - To provide Motivation for Developing Self-Consciousness - 査読

    Tetsuo Oka, Yuji Tanaba, Shin-ya Nishimura, Hiroshi Imaizumi, Shuji Harada, Nozomu Ishii, Kazuhisa Abe, Hiroyasu Iwabe, Takashi Sato, Takuji Haneda, Hajime Souma, Kumiko Terasawa, Takeo Maruyama, Hideo Ohkawa, Masakazu Sengoku

    Proc. 11th World Conference on Continuing Engineering Education   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Differences of Engineering Education Systems between Japan and Germany ~ Consideration about "before and after graduation" ~", Proc. 11th World Conference on Continuing Engineering Education 査読

    Takashi Sato, Christine Sobczyk, Shuichi Sakamoto, Nozomu Ishii, Yuji Tanabe, Masaki Goda, Takeo Maruyama, Tomiichi Hasegawa, Lutz Wiswe

    Proc. 11th World Conference on Continuing Engineering Education   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Gain calibration in near-field region of antenna in tissue-equivalent liquid for SAR assessment 査読

    Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2008 ASIA-PACIFIC SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY AND 19TH INTERNATIONAL ZURICH SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, VOLS 1 AND 2   TU-BIO-1-1   112 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A technique of measuring the gain of the antenna in the tussue equivalent liquid is required to develop alternative method for calibrating SAR probe with no use of the waveguide system. It is based on an extended Friis transmission formula which is valid in the near-field region of the antenna in the liquid, because the attenuation in the liquid is so large that the measurement in the far-field region is impossible. The near-field gain is defined and expressed by polynomial expansion in terms of inverse of the distance between the antennas. In this paper, two or three terms of the expansion, including the far-field gain in dB, should be selected to obtain good result of the curve fitting. The effect of shifting initial position of the antennas is also discussed.

    DOI: 10.1109/APEMC.2008.4559824

    Web of Science

    researchmap

  • A SAR-probe calibration system using reference dipole antenna in tissue-equivalent liquid 査読

    Lira Hamada, Kenichi Sato, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    2008 Asia-Pacific Symposium on Electromagnetic Compatibility and 19th International Zurich Symposium on Electromagnetic Compatibility, APEMC 2008   116 - 119   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    The SAR-probe is usually calibrated using a rectangular waveguide with a matching dielectric spacer below 3 GHz. However, the probe diameter is comparable with the cross-section area of the waveguide above 3 GHz and it can deteriorate the accuracy of the calibration. Therefore, there is an alternative method for calibrating the SAR-probe
    relating the output voltage of the probe to the field intensity produced by a reference antenna in the tissue-equivalent liquid by two-antenna method. In this report, we have built a prototype of a calibration system and presented some calibration results of SAR-probe sensitivity using this method in conducting head-equivalent liquid at 2.45GHz.

    DOI: 10.1109/APEMC.2008.4559825

    Scopus

    researchmap

  • A SAR-probe calibration system using reference dipole antenna in tissue-equivalent liquid 査読

    Lira Hamada, Kenichi Sato, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    2008 ASIA-PACIFIC SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY AND 19TH INTERNATIONAL ZURICH SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, VOLS 1 AND 2   TU-BIO-1-2   116 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The SAR-probe is usually calibrated using a rectangular waveguide with a matching dielectric spacer below 3 GHz. However, the probe diameter is comparable with the cross-section area of the waveguide above 3 GHz and it can deteriorate the accuracy of the calibration. Therefore, there is an alternative method for calibrating the SAR-probe; relating the output voltage of the probe to the field intensity produced by a reference antenna in the tissue-equivalent liquid by two-antenna method. In this report, we have built a prototype of a calibration system and presented some calibration results of SAR-probe sensitivity using this method in conducting head-equivalent liquid at 2.45GHz.

    DOI: 10.1109/APEMC.2008.4559825

    Web of Science

    researchmap

  • Systematic uncertainty of radiation efficiency based on some formulas for Wheeler method 査読

    Nozomu Ishii, Yohei Kobayashi, Yasuo Katagiri, Michio Miyakawa

    2008 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ANTENNA TECHNOLOGY: SMALL ANTENNAS AND NOVEL METAMATERIALS, CONFERENCE PROCEEDINGS   254 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/IWAT.2008.4511339

    Web of Science

    researchmap

  • Systematic Uncertainty of Efficiency by Reflection Method 査読

    Nozomu Ishii, Yasuo Katagiri, Michio Miyakawa

    2008 IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1-9   439.8   3631 - 3634   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Web of Science

    researchmap

  • Visualization of Human Arms and Legs by CP-MCT 査読

    Michio Miyakawa, Takashi Yokoo, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    2008 EUROPEAN MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-3   1119 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Chirp Pulse Microwave Computed Tomography (CP-MCT) have been applied to a real human body to visualize the physiological- or biochemical- changes in forearm muscles produced by grasping a rubber hall in saline solution bolus. By subtracting the image of the forearm obtained at rest from that of the loaded one, slight variation in the grey level is observed at the muscle region of the forearm. Although the true cause of variation is not identified at the present stage of the study, some possible causes are conceivable. To suggest appropriateness of the assumption, numerical simulation in which some parameter changes are surely reflected to the grey level variation has been attempted in this study.

    DOI: 10.1109/EUMC.2008.4751476

    Web of Science

    researchmap

  • Challenge for New Engineering Education - Pedagogical Attempts at Motivating Undergraduate Students as Candidates of Engineers - 査読

    Yuji Tanabe, Takeo Maruyama, Tetsuo Oka, Kazuhisa Abe, Nozomu Ishii, Takashi Sato, Hideo Ohkawa

    Proc. 5th European Forum on State-of-the-Art - Continuing Engineering Education(CEE) and Continuing Professional Development(CPD) - Challenging the Future   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 新しい工学教育への挑戦 : 工学力を身につけた卒業生の輩出を目指して 査読

    丸山 武男, 田邊 裕治, 佐藤 孝, 石井 望, 岩部 洋育, 阿部 和久, 岡 徹雄, 菅原 晃, 宮島 敏郎, 原田 修治, 西村 伸也, 今泉 洋, 大川 秀雄, 仙石 正和

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2007 ( 13 )   43 - 48   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Analysis of the reflection method for measuring the radiation efficiency using the transmission line model 査読

    Nozomu Ishii, Yasuo Katagiri, Michio Miyakawa

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E90B ( 9 )   2394 - 2400   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The reflection method is an accurate and simple method for measuring the radiation efficiency of a small antenna. However, it takes too long and has the disadvantage of underestimating the efficiency due to resonance in the cavity formed by the straight waveguide and two sliding shorts. To reduce the measurement time, one sliding short can be fixed while the other one is moved. To improve the accuracy of this technique, we can set the antenna to be measured at the center of the two sliding shorts or at a local anti-node of the standing wave in the waveguide. When one of the sliding shorts is fixed, the measured efficiency becomes negative at certain frequencies. We examine these reductions in efficiency using an equivalent transmission line model for the reflection method. We also derive analytical expressions for the overall efficiency in the above cases and verify new procedures that enable measurements to be performed without any drops in the measured efficiency.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b.9.2394

    Web of Science

    researchmap

  • A method of measuring gain in liquids based on the Friis transmission formula in the near-field region 査読

    Nozomu Ishii, Takuhei Akagawa, Ken-Ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E90B ( 9 )   2401 - 2407   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In the 300 MHz to 3 GHz range, probes used to measure specific absorption rate (SAR) of mobile communication devices are usually calibrated using a rectangular waveguide filled with tissue-equivalent liquid. Above 3 GHz, however, this conventional calibration can be inaccurate because the diameter of the probe is comparable to the cross-sectional dimension of the waveguide. Therefore, an alternative method of SAR probe calibration based on another principle was needed and has been developed by the authors. In the proposed calibration method, the gain of the reference antenna in the liquid is first evaluated using the two-antenna method based on the Friis transmission formula in the conducting medium. Then the electric field intensity radiated by the reference antenna is related to the output voltage of the SAR probe at a given point in the liquid. However, the fields are significantly reduced in the liquid, and the gain is impossible to calibrate in the far-field region. To overcome this difficulty, the Friis transmission formula in the conducting medium must be extended to the near-field region. Here, we report results of simulations and experiments on estimated gain based on the extended Friis transmission formula, which holds in the near-field region, and test the validity of the new formula.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b.9.2401

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of the reflection method for measuring the radiation efficiency using the transmission line model 査読

    Nozomu Ishii, Yasuo Katagiri, Michio Miyakawa

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E90B ( 9 )   2394 - 2400   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The reflection method is an accurate and simple method for measuring the radiation efficiency of a small antenna. However, it takes too long and has the disadvantage of underestimating the efficiency due to resonance in the cavity formed by the straight waveguide and two sliding shorts. To reduce the measurement time, one sliding short can be fixed while the other one is moved. To improve the accuracy of this technique, we can set the antenna to be measured at the center of the two sliding shorts or at a local anti-node of the standing wave in the waveguide. When one of the sliding shorts is fixed, the measured efficiency becomes negative at certain frequencies. We examine these reductions in efficiency using an equivalent transmission line model for the reflection method. We also derive analytical expressions for the overall efficiency in the above cases and verify new procedures that enable measurements to be performed without any drops in the measured efficiency.

    DOI: 10.1093/ietcom/e90-b.9.2394

    Web of Science

    researchmap

  • Simultaneous Measurement of Antenna Gain and Complex Permittivity of Liquid in Fresnel Region and Evaluation Methodology of Uncertainty 査読

    Hiroki Shiga, Naoto Ikarashi, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. ISAP 2007   422 - 425   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Reduction of Small Dips in Efficiency Estimated by Reflection Method 査読

    Yasuo Katagiri, Nozomu Ishii, Michio Miyakawa

    Proc. ISAP 2007   65 - 68   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Gain Estimation of Antennas Immersed in the Liquid Based on Extended Friis Transmission Formula and Method of Weighted Least Square 査読

    Nozomu Ishii, Hiroki Shiga, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Conf. Digest North American Radio Science Meeting - URSI 2007   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Proposal of New Far-field Gain Estimation of the Antenna Immersed in the Conducting Medium using the Measured Data in the Near-field Region 査読

    Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 3rd International Conference on Electromagnetic Near-Field Characterization and Imaging,   218 - 223   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Proposal of New Far-field Gain Estimation of the Antenna Immersed in the Conducting Medium using the Measured Data in the Near-field Region 査読

    Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 3rd International Conference on Electromagnetic Near-Field Characterization and Imaging   218 - 223   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Development of the SAR-probe Calibration System Using the Reference Dipole Antenna in Head-Simulating Liquid 査読

    Lira Hamada, Ken-ichi Sato, Nozomu Ishii, Soichi Watanabe

    Abstracts for the 29th Bioelectromagnetics Society Annual Meeting,   309 - 310   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Consideration of the Uncertainty of Calibrating Antenna Gain in the Liquid for the SAR Probe Measurement" 査読

    Nozomu Ishii, Hiroki Shiga, Kenichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Abstracts for the 29th Bioelectromagnetics Society Annual Meeting   296 - 297   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Multidisciplinary Project as a Subject of Design and Production for Undergraduate Student 査読

    Yuji Tanabe, Takashi Sato, Nozomu Ishii, Takeo Maruyama

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Systematic Uncertainty Estimation of Antenna Gain for SAR Probe Calibration in the Tissue Equivalent Liquid 査読

    Hiroki Shiga, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   125 - 125   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Study Program for Leading Edge Technical Development and Manufacturing in Industry -New Trial "Technology Week" in Faculty of Engineering, Niigata University- 査読

    Hiroyasu Iwabe, Shin-ya Nishimura, Takeo Maruyama, Takashi Sato, Nozomu Ishii, Yuji Tanabe, Testuo Oka, Masakazu Sengoku

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Investigation on Magnetic Separation Technique for Water Purification System and its Application to Learn-by-Doing Educational Programs 査読

    Tetsuo Oka, Hayato Kanayama, Yutaka Hirose, Hokuto Kikuchi, Kazuya Yokoyama, Koshichi Noto, Shin-ya Nishimura, Shuji Harada, Nozomu Ishii, Satoshi Fukui, Jun Ogawa, Takao Sato, Manabu Oohizumi, Mitsugi Yamaguchi, Masakazu Sengoku

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Avoidance of Ill-conditioned Radiation Efficiency Estimated by Reflection Method Using Transmission Line Model 査読

    Yasuo Katagiri, Nozomu Ishii, Michio Miyakawa

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   129 - 129   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Improved Algorithm to Distinguish the Diffracted Wave from Standing Wave in Front of Construction Material 査読

    Yosuke Nishikata, Nozomu Ishii, Michio Miyakawa

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   124 - 124   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Extension of the Friis Transmission Formula in the Conducting Medium Based on the Fresnel Approximation 査読

    Takuhei Akagawa, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Abstracts of International Symposium on Fusion Tech 2006-2007 at Niigata   132 - 132   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Analitical Study of Chirp Pulse Microwave Breast Radar (CP-MBR) 査読

    Yasuaki Miyazaki, Michio Miyakawa, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    2007 ASIA PACIFIC MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-5   1702 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Feasibility of a new microwave radar imaging system for early stage breast tumor detection using chirp pulse microwaves was investigated numerically. In the FDTD-based simulation, the basic idea of discriminating tumors from surrounding inhomogeneous breast tissues was verified and the effects of the bandwidth of CP-MBR on the resolution were examined by varying the frequency band from 2 - 3 GHz to 1 - 4 GHz.

    DOI: 10.1109/APMC.2007.4554957

    Web of Science

    researchmap

  • Numerical simulation of antenna efficiency based on Wheeler and reflection methods using method of moments with wire-grid model 査読

    Takashi Murayama, Nozomu Ishii, Yasuo Katagiri, Michio Miyakawa

    TENCON 2007 - 2007 IEEE REGION 10 CONFERENCE, VOLS 1-3   523 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    It is known that both the Wheeler and reflection methods are accurate and simple techniques for measuring radiation efficiency of small antennas. In this paper, the radiation efficiencies based on both methods are simulated by use of the method of moments with wire-gird model. To clarify the frequency shift between simulated and measured efficiencies based on the reflection method, we pay attention to dips observed in the frequency response of the efficiency based on the Wheeler method. Some simulated results are shown to confirm our proposed techniques for avoiding the dips of the efficiency based on the reflection method.

    Web of Science

    researchmap

  • A gain calibration in the liquid including the effects of Fresnel field and systematic uncertainty 査読

    Nozomu Ishii, Hiroki Shiga, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    EMC ZURICH-MUNICH 2007, SYMPOSIUM DIGEST   143 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ETH FOUNDATION ZURICH  

    One of calibration techniques for electric field probes used in the standardized SAR (Specific Absorption Rate) assessment is based on the Friis transmission formula in the far-field region for the conductive medium. In practice, it is difficult to measure power transmission between transmitting and receiving antennas in the far-field region for the liquid used in the SAR assessment because of its large attenuation. To overcome the difficulty, the authors extended the formula taking into account the Fresnel approximation. The extended formula is valid in the Fresnel region of the antennas for the conductive medium. In this paper, the far-field gain of the antennas can be estimated by not only using the extended formula but also considering systematic uncertainty of measuring power transmission. Adding the effect of the measurement uncertainties can make the resulting uncertainty of the gain small, because the measurement uncertainty of the power transmission largely depends on its level so that this behavior can not be ignored in the liquid.

    DOI: 10.1109/EMCZUR.2007.4388216

    Web of Science

    researchmap

  • Far-field Gain Estimation in Tissue Equivalent Liquid Using Measured Data in Far-field Region 査読

    Hiroki Shiga, Naoto Ikarashi, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    2007 ASIA PACIFIC MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-5   2408 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    To evaluate the values of the SAR (Specific Absorption Rate) for the mobile communication devices, electric-field probes should be calibrated to relate the field intensity in the tissue equivalent liquid to its output voltages. As a conventional method for 300MHz-3GHz, it can be calibrated in the liquid surrounded by the waveguide and the dielectric spacer. Above 3GHz, the effect of the probe cannot be ignored unless its diameter is smaller than the conventional probe's one. This would lead to deteriorate the uncertainty of the probe calibration. To overcome this difficulty, we have proposed an alternative method based on an extended Friis transmission formula in the conducting medium. In this method, the gain of the reference antenna operated in the liquid is calibrated and then the probe is calibrated in the radiated field of the calibrated antenna in the liquid. However, the measurement in the far-field region can not be realized by using a vector network analyzer, because the dynamic range of the measurement system is limited whereas the electromagnetic wave is rapidly decayed in the liquid. In this paper, we use the signal generator and spectrum analyzer instead of the vector network analyzer to enhance the dynamic range and measure the power transmission in the far-field region. As a result, the measurable range can be enhanced so that the Friis transmission formula including no contribution of the near field can be applied to the measured power transmission to assure our proposed method.

    DOI: 10.1109/APMC.2007.4555136

    Web of Science

    researchmap

  • Low reflection sandwiched dipole array antenna used in high-loss liquids 査読

    Michio Miyakawa, Naoyuki Iwata, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    2007 EUROPEAN MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-4   317 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In microwave imaging of biological objects, array antennas are desired for efficient- and swift-data acquisition. We have fabricated several kinds of dipole array antennas for microwave imaging of a human body by Chirp Pulse microwave Computed Tomography (CP-MCT). Those antennas are consisted of more than 30 small dipole antennas so printed on a dielectric board as to construct a fan beam-type receiving antenna. The problem of such printed antennas is high return loss nature in high loss liquids such as a saline solution. We have tried to reduce the return loss by achieving the impedance matching between the antenna-conductor and surrounding saline solution (high-loss liquid) by covering the conductor with the same dielectric material as the printed dielectric board. The sandwiched dipole antenna works properly as we expected, but mutual coupling effects among adjacent dipole antennas have to be minimized for tomographic imaging. We have solved this problem by covering all the antenna conductors with small- and separate -dielectric substrates. Return loss of the sandwiched dipole antenna was reduced by more than 10dB as compared to conventional printed dipole antennas.

    DOI: 10.1109/EUMC.2007.4405190

    Web of Science

    researchmap

  • Some techniques for avoiding dips of antenna radiation efficiency on improved Wheeler method 査読

    Nozomu Ishii, Takayuki Kaneko, Michio Miyakawa

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS   90 ( 1 )   35 - 44   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    When the efficiency of a monopole is measured by determining the radiation efficiency of a small antenna based on a waveguide and a movable short, there are dips at certain frequencies. In this paper, a transmission line model considering the loss in the movable short is introduced and the efficiency dip phenomena are explained. A method for avoiding the dip is presented. When two movable shorts on the left and right inserted into the waveguide are moved, an efficiency dip occurs at the resonant frequency of the cavity. Therefore, the movable range of the two movable shorts that will avoid the efficiency dip is investigated. When one of the movable shorts is fixed at an arbitrary location, there is a dip in the radiation efficiency at a specific frequency. Therefore, it is confirmed that the dip can be avoided by limiting the range of the fixed location of the movable short. (C) 2006 Wiley Periodicals, Inc.

    Web of Science

    researchmap

  • A Gain Measurement in the Liquid Based on Friis Transmission Formula in the Near-field Region 査読

    Takuhei Akagawa, Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. ISAP 2006   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Improved Algorithm for Finding Electric Property of Grounded Dielectric Slab with Finite Size by Use of Model-based Standing Wave Method 査読

    Yosuke Nishikata, Nozomu Ishii, Michio Miyakawa

    Proc. EMC Europe 2006   347 - 352   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An Experimental Study on the Gain Measurement in the Tissue Equivalent Liquid to Calibrate the SAR Probe 査読

    Nozomu Ishii, Takuhei Akagawa, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. EMC Europe 2006   607 - 612   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 企業との技術連携を通じた実践的教育プログラムの開発 査読

    岡 徹雄, 西村 伸也, 菅原 晃, 新田 勇, 田邊 裕治, 林 豊彦, 石井 望, 丸山 武男, 仙石 正和

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2006 ( 19 )   1 - 4   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A Gain Calibration of Antennas in Conducting Medium Using Friis Formula in Fresnel Region 査読

    Nozomu Ishii, Takuhei Akagawa, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. PIERS 2006 Tokyo   124 - 124   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Gain Measurement of Antennas in the Tissue Equivalent Liquid for the SAR-Probe Calibration 査読

    Nozomu Ishii, Takuhei Akagawa, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Abstract Book for the Bioelectromagnetics Society 28th Annual Meeting   233 - 237   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Analysis on the dips of the radiation efficiency in the reflection method using the transmission line model 査読

    Nozomu Ishii, Michio Miyakawa

    2006 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ANTENNA TECHNOLOGY: SMALL ANTENNAS AND NOVEL METAMATERIALS (IWAT)   313 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/IWAT.2006.1609038

    Web of Science

    researchmap

  • Image restoration of CP-MCT for sugar distribution imaging inside a fruit 査読

    Masakazu Watanabe, Michio Miyakawa, Yasuaki Miyazaki, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    2006 EUROPEAN MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-4   823 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    But for water, the main component of a fruit is sugar. Most of the fruits contain sugar from 8% to 22% by weight at the harvest time. According to our preliminary study, Chirp Pulse Microwave Computed Tomography (CP-MCT) has a possibility of measuring sugar content distribution nondestructively. The capability is verified easily by measuring the sugar solution. However, permittivity of a real fruit is affected by the other parameters such as the minor components of a fruit. We examined the relationship between the gray level of CP-MCT and sugar content measured with a sugar meter by using A Japanese pears and apples. Due to the spherical shape and air-containing feature in the core regions of those fruits, the biggest correlation coefficient is 0.734. To find the higher correlation between them, image restoration by PSF (Point Spread Function) was attempted.

    DOI: 10.1109/EUMC.2006.281221

    Web of Science

    researchmap

  • Fan beam-type CP-MCT with microstrip dipole array receiving antenna 査読

    Michio Miyakawa, Toshiyuki Takahashi, Naoyuki Iwata, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    2006 EUROPEAN MICROWAVE CONFERENCE, VOLS 1-4   807 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Chirp Pulse Microwave Computed Tomography (CP-MCT) was developed for visualization of permittivity distribution inside a human body [1, 2]. Tissue characterization using one of the developed CP-MCT systems has been attempted to discriminate tumor tissues from the normal ones. Based on the dependence of temperature, sugar content, acid content and the other quantities on the permittivity value, non-invasive imaging of such physiological or biochemical quantities have also been attempted by using various phantom models of a human body and some real fruits. Now we need a practical model of CP-MCT in order to evaluate the performance in animal experiments. Thus we developed the high-speed model of CP-MCT that shortens the data acquisition time by adopting the fan beam geometry into the scanner. The scanner is consisted of a single transmitting antenna and 39 printed dipole receiving antennas. The newly developed scanner has excellent radiation characteristics even in the lossy bolus saline solution. It takes approximately 2 minutes to collect all projection data. The performance of the system such as a spatial resolution, data acquisition time and so on were evaluated under various measuring conditions to show the usefulness of CP-MCT in animal experiments.

    DOI: 10.1109/EUMC.2006.281203

    Web of Science

    researchmap

  • 2-103 ものづくりにおける企業との技術連携を通じた実践的教育プログラムの開発((17)産学連携教育(産学間・大学高専間の連携)-I) 査読

    岡 徹雄, 西村 伸也, 菅原 晃, 新田 勇, 石井 望, 丸山 武男

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2006 ( 0 )   26 - 27   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2006.0_26

    CiNii Article

    researchmap

  • 改良型Wheeler法におけるアンテナ放射効率の落込み回避について 査読

    石井 望, 金子 貴幸, 宮川 道夫

    電子情報通信学会論文誌B   J88-B ( 11 )   2287 - 2295   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Proposal of Accurate SAR-probe Calibration Using Reference Antennas in the Liquid at Higher Frequency 査読

    Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Soichi Watanabe

    Proc. 28th URSI-GA   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Simple Analysis on the Dips of Radiation Efficiency in the Improved Wheeler Method 査読

    Nozomu Ishii, Takayuki Kaneko, Michio Miyakawa

    Proc. ISAP 2005   3   1217 - 1220   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 新しいWheeler効率の評価式 査読

    石井 望, 金子 貴幸, 宮川 道夫

    電子情報通信学会論文誌B   J88-B ( 7 )   1370 - 1371   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Simulation of SAR-probe Calibration Using Antennas in the Liquid 査読

    Nozomu Ishii, Ken-ichi Sato, Lira Hamada, Takashi Iwasaki, Souchi Watanabe

    Abstract of Bioelectromagnetics 2005   99 - 101   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Simultaneous measurement of antenna gain and solution dielectric properties 査読

    N Ishii, Y Yonemura, M Miyakawa

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E88B ( 6 )   2268 - 2274   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A method is presented for the simultaneous measurement of the absolute gain of antennas in solution and the dielectric properties of the solution. The principle and formulation are based on a modified Friis transmission formula. This three-antenna method is applied to gain measurement of printed dipole antennas in solution, and demonstrated through comparison with calculated results to be an accurate method for the measurement of both antenna gain and solution dielectric properties.

    DOI: 10.1093/ietcom/e88-b.6.2268

    Web of Science

    researchmap

  • A method for achieving electromagnetic wave absorption by low-loss stratified construction materials 査読

    N Ishii, M Miyakawa, K Sakai

    IEEE TRANSACTIONS ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY   47 ( 1 )   105 - 111   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    For the safe and effective use of electromagnetic waves, a method for designing construction materials having selective electromagnetic wave absorption is needed. As an example, the characteristics of a stratified construction material consisting of two different low-loss materials (acrylic resin and glass) is evaluated by numerical simulation, and the electromagnetic wave absorption mechanism is determined. Furthermore, a method is developed for designing stratified construction materials to realize electromagnetic wave absorption at a desired frequency.

    DOI: 10.1109/TEMC.2004.842105

    Web of Science

    researchmap

  • Visualization of the breast tumor by the integrated use of CP-MCT and chirp pulse microwave breast radar 査読

    M. Miyakawa, Hiroyuki Ikarashi, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    35th European Microwave Conference, Vols 1-3, Conference Proceedings   1043 - 1046   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:HORIZON HOUSE PUBLICATIONS LTD  

    Chirp Pulse Microwave Computed Tomography (CP-MCT) is a modality for microwave imaging of biological objects. By using the high-resolution model, which uses the chirp pulse signal from 2 GHz to 3 GHz, diagnosis of an early stage breast tumor has been attempted mainly by numerical simulation. However, the FDTD-based numerical simulation showed that only diagnostic information provided by the tomographic images was not sufficient for localizing the tumor in the breast fat tissues. This is mainly due to the strong scattering at the surface of the breast and the boundary between the tumor and surrounding fat tissues because of the big difference in those permittivity values. To gain the compensative information, we have investigated feasibilicity of the breast radar, which provides the dosimetric image according to the same measurement principle as CP-MCT. The Chirp Pulse Microwave Breast Radar (CP-MBR) can provide tumor information projected onto the imaging plane of CP-MCT. The numerical simulation of the breast radar shows that the integrated use of those microwave imaging systems is useful for localizing the early stage tumors in the breast.

    DOI: 10.1109/EUMC.2005.1610108

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis on absorbing peak frequency of electromagnetic wave absorption in two low-loss periodically layered dielectric materials 査読

    N Ishii, M Miyakawa, Y Ito

    EMC 2005: IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility, Vols 1-3, Proceedings   1   69 - 74   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A large absorption of the electromagnetic wave achieves using periodically layered materials with low loss. Our FDTD calculation demonstrates the sharp absorption at discrete frequencies for TM and TE polarizations. These frequencies are called absorbing peak frequencies, which are determined by the characteristic equations related to the transversal resonance in the cross section of the composite material. An equivalent dielectric constant of the composite material is required to solve these equations. One method to estimate the equivalent dielectric constant is based on electrically stored energy in the material, and the other is based on the effective dielectric constant method. The absorbing peak frequencies obtained by two methods are compared with FDTD calculation.

    DOI: 10.1109/ISEMC.2005.1513474

    Web of Science

    researchmap

  • A Simulteneous Measurement of Absolute Gain of Antennas in the Solution and its Dielectric Properties 査読

    Nozomu Ishii, Yoshikazu Yonemura, Michio Miyakawa

    Proc. ISAP 2004   261 - 264   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Perspective on a Program for Engineer's Ability Development based on "Monodukuri" 査読

    Nozomu Ishii, Shin-ya Nishimura, Takashi Sato, Yuji Tanabe, Takeo Tamura, Masaki Goda, Hideo Ohkawa, Futao Kaneko, Akira Ohkawa, Takeo Maruyama, Masakazu Sengoku

    Proc. 9th World Conference on Continuing Engineering Education   155 - 160   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Calculation of normalized impedance of a transversal slot on the image plate of an image NRD guide using the method of moments 査読

    Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Electronics and Communications in Japan, Part I: Communications (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   86 ( 2 )   71 - 79   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The normalized impedance of a transverse slot on the image plate of an image NRD that is a modification of the original NRD is formulated by means of the method of moments. In terms of the modes that can be supported within the image NRD guide, the electromagnetic field inside the guide is modally expanded and the dyadic Green's function (DGF) is obtained. In addition, by applying the concept of the virtual cavity method, the DGF is modified. The numerical results are compared with the experimental data obtained by the standing wave measurement method. The difference in the resonant frequency is 1.6% and a shift of the peak value is observed. Nevertheless, the tendencies of the frequency locus are identical.

    DOI: 10.1002/ecja.1155

    Scopus

    researchmap

  • Quick search for a permittivity value in model-based standing wave method used for construction material measurement 査読

    M Miyakawa, N Komiyama, N Ishii

    2003 IEEE SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, SYMPOSIUM RECORD, VOLS 1 AND 2   1   372 - 377   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    An efficient way of permittivity value estimation in a model-based standing wave method used for measuring a construction material has been investigated. Accuracy of the estimation is slightly improved by using a thin and long piece of material, but essential solution may be given by using a material sample whose size is fully large as compared to the measuring wavelength.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis and design on EM wave absorption by stratified construction materials - a case of vertically incident wave 査読

    N Ishii, M Miyakawa, K Sakai

    2003 IEEE SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, SYMPOSIUM RECORD, VOLS 1 AND 2   2   800 - 805   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    It is known that EM waves are largely absorbed at discrete frequencies, which we can call absorbing frequencies, when a plane wave is normally incident onto the surface of the stratified structure which consists of two low-loss construction materials. In this paper, an approximate analysis on the absorption will be given and a design formula and a design diagram for the structural parameters will be presented. Furthermore, formulae for the Q-factor concerned with the absorption and the change in the absorbing frequency due to the change of the effective dielectric constant of the composite construction material by the perturbation method will be derived.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis on the standing wave method in free space using spectral domain approach 査読

    T Tamada, N Ishii, M Miyakawa

    2003 IEEE SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, SYMPOSIUM RECORD, VOLS 1 AND 2   2   759 - 764   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The standing wave method for the spherical wave incidence has been developed to estimate the complex permittivity of construction materials. In this paper, the behavior of spherically standing wave in front of the construction materials has been theoretically analyzed by the use of the spectral domain approach. As a result, the relationship between the complex permittivity and the reflection coefficient at the front surface of the grounded materials is derived, when a spherical wave is irradiated toward the material. This relationship can be expanded for all types of the incident wave including the plane wave incidence. A number of the numerical models for the composite materials have been so simulated by means of the FDTD technique as to check the validity of the relationship.

    Web of Science

    researchmap

  • Development of a Printed Dipole Array Antenna for Fan Beam-type Chirp-pulse Microwave Computed Tomography (CP-MCT) 査読

    Michio Miyakawa, Emiko Harada, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    Proc. PIERS 2002   871 - 871   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Accuracy improvement in permittivity measurement of construction materials by use of a model of the standing wave method in free space 査読

    M Miyakawa, K Yaguchi, N Ishii, T Saeki, Y Kanal

    2002 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY, VOLS 1 AND 2, SYMPOSIUM RECORD   2   809 - 814   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A model of the measuring system has been developed to estimate accurately the complex permittivity of construction materials based on the standing wave method in free space. It is assumed in the model that the standing wave distribution is represented by the sum of the incident-, reflected- and scattered-wave components. In this paper, the measurement conditions of the model based measuring method have been discussed by means of computer simulation using FDTD techniques. It has been concluded that the size of the materials should be larger than 600 millimeters square in order to estimate complex permittivity accurately by the model based method.

    Web of Science

    researchmap

  • Model-based permittivity measurement of construction materials by the standing wave method 査読

    M Miyakawa, M Shimada, N Ishii, T Saeki, Y Kanai

    2001 IEEE EMC INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1 AND 2   1   1135 - 1140   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A simplified model of permittivity measurement system based on the standing wave method in free space has been developed to estimate complex permittivity of construction materials accurately. It is assumed that the standing wave distribution is determined by three spherical wave components in this model that are the incident-, reflected- and scattered-waves at the edge of the material under test. The model is described by the equation in which the standing wave distribution is represented by the sum of those three wave components. By applying the least squares method to the model equation, the amplitudes and phase angles of those three wave components are estimated from the experimentally observed standing wave distribution. We can estimate the material permittivity from those estimated parameters of the model with high accuracy.

    Web of Science

    researchmap

  • Selective use of EM waves in the closed space constructed by traditional but new construction materials with various surface structures 査読

    M Miyakawa, K Sakai, N Ishii

    2001 IEEE EMC INTERNATIONAL SYMPOSIUM, VOLS 1 AND 2   1   794 - 798   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Problems such as unnecessary absorption of electromagnetic waves, interference between communication devices, information leakage through electromagnetic waves radiated from a computer should be solved by selective use of electromagnetic waves in the living space. This should be realized by developing new construction materials that are able to transmit electromagnetic waves selectively. From economic point of view, such new functional materials should be made of traditional materials by varying the constituents, cross sectional shape, and so on.
    Transmission characteristics of a new construction material that has a periodicity in the longitudinal direction have been analyzed by means of FD-TD analysis using a supercomputer. Selective attenuation of electromagnetic waves by the new material would provide a methodology of EMC design.

    Web of Science

    researchmap

  • An attempt of time domain microwave computed tomography for biomedical use 査読

    M Miyakawa, M Eiyama, N Ishii

    PROCEEDINGS OF THE 23RD ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-4   23   3300 - 3303   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    So-called time-domain measurement techniques were employed for visualizing the complex permittivity distribution inside a human body. A microwave pulse with a bandwidth from 0.8 GHz to 41 GRz is radiated from a transmitting antenna toward the object immersed in a saline solution that is called a bolus. The transmitted signal is detected by a receiving antenna that is placed on the opposite side of the transmitting antenna. The signal transmitted on the straight path between those two antennas is measured by leaving only the signal that corresponds to the transmission time between those two antennas. This procedure is repeated to obtain a complete set of projection data of the target while the antenna pair is moved on and around the translation- and rotation-axes just like the first generation X-ray CT. The transmission time between two antennas is estimated from complex permittivity of a bolus and biological phantoms. It was demonstrated that time-domain microwave computed tomography (TD-MCT) is feasible by measuring only the transmitted signal on a straight-transmission-path between two antennas by means of a time-domain measurement technique.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of dual-frequency operating microstrip antenna fed by coplanar waveguide using method of moments in spectral domain 査読

    Tsuyoshi Kaichida, Nozomu Ishii, Manabu Yamamoto, Toshihiko Nishimura, Kiyohiko Itoh

    Electronics and Communications in Japan, Part I: Communications (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   84 ( 3 )   21 - 28   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scripta Technica Inc  

    At millimeter wave frequencies, the loss in the transmission line is significant. To alleviate this problem, a quasi-optical mixer will reduce the transmission loss by combining the antenna and the mixer. The RF and the local signals at two different frequencies are received spatially, and the intermediate frequency is generated immediately. To realize this function, there is a microstrip antenna fed by a coplanar waveguide to operate at two frequencies. In this paper, the spectral domain method is used to analyze the input characteristics of the 1/20 scale model of this antenna at microwave frequencies. It is shown that the antenna can be operated at two frequencies independently. Further, the radiation characteristics of this antenna are evaluated in terms of the absolute gain.

    DOI: 10.1002/1520-6424(200103)84:3<21::AID-ECJA3>3.0.CO;2-D

    Scopus

    researchmap

  • マルチモーダルインターフェイス実現に向けた注視点のリアルタイム計測法 査読

    宮川 道夫, 小林 康之, 鳥羽 啓, 石井 望

    電子情報通信学会論文誌D-II   J83-D-II ( 12 )   2810 - 2821   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Permittivity Measurement of Construction Materials for Living Space Design in Full Consideration of EMC 査読

    Michio Miyakawa, Masatoshi Kubota, Shigemitsu Kaneko, Nozomu Ishii, Yasushi Kanai

    Proc. PIERS 2000   1   24 - 24   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Computational and Experimental Determination of the PSF in CP-MCT 査読

    Michio Miyakawa, Yohei Kawada, Nozomu Ishii, Mario Bertero, Patrizia Boccacci

    Proc. PIERS 2000   1   232 - 232   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Imaging of Biological Targets by the Prototype Model and a High Resolution Model of CP-MCT 査読

    Michio Miyakawa, Kei-ichi Kitamura, Masato Eiyama, Nozomu Ishii, Mario Bertero, Patrizia Boccacci

    Proc. PIERS 2000   1   152 - 152   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • モーメント法によるイメージ NRD ガイドのイメージ面上に設けられた横スロットの規格化インピーダンスの計算 査読

    石井 望, 伊藤精彦

    電子情報通信学会論文誌B   J82-B ( 11 )   2152 - 2160   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Numerical Analysis of CP-MCT and Image Restoration by the Computed Projection 査読

    Michio Miyakawa, Kentaro Orikasa, Nozomu Ishii, Mario Bertero, Patrizia Boccacci

    Proc. IEEE BMES & EMBS   1   1109 - 1109   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Beam scan using the quasi-optical antenna mixer array 査読

    T Nishimura, N Ishii, K Itoh

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   47 ( 7 )   1160 - 1166   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    The quasi-optical antenna mixer system transforms an RF signal into an intermediate frequency signal just after it spatially receives the RF signal and the local oscillator's CLO) signal. In this paper, we present a novel beam-scanning system using the quasi-optical antenna mixer array and describe its principle of operation and the experimental results in the microwave band. The arrival direction of RF signals can be controlled by adjusting the LO incident angle and/or the LO frequency without implementing RF circuits such as phase shifters, Therefore, the novel beam-scanning system has no loss due to RF circuits and can be easily designed because of its simple composition.

    DOI: 10.1109/8.785747

    Web of Science

    researchmap

  • スペクトル領域モーメント法によるコプレーナ導波路給電2周波マイクロストリップアンテナの解析 査読

    垣内田 毅, 石井 望, 山本 学, 西村 寿彦, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B   J82-B ( 6 )   1177 - 1184   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • イメージNRDガイドから誘電体イメージ線路への変換 査読

    菊間 知裕, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌C-I   J82-C-I ( 4 )   219 - 225   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • イメージNRDガイドの提案とその端部からの放射 査読

    菅原 靖敬, 中南 直樹, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B   J82-B ( 4 )   637 - 644   1999年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • FD-TD Based Analysis of the Measuring Process of the CP-MCT 査読

    Michio Miyakawa, Kentaro Orikasa, Nozomu Ishii, Mario Bertero, Patrizia Boccacci

    Proc. PIERS 1999   1   202 - 202   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Quasi-optical antenna mixer system fed by a coplanar waveguide 査読

    Toshihiko Nishimura, Katsumi Tsuchida, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Electronics and Communications in Japan, Part I: Communications (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   82 ( 1 )   22 - 30   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley and Sons Inc.  

    The quasi-optical antenna mixer system transforms a radio frequency (RF) signal into the intermediate frequency (IF) signal as soon as the system receives the RF and the local oscillator (LO) signals spatially. This system can be expected to reduce transmission line loss, especially in higher frequency bands, such as the millimeter-wave band, because the RF transmission line is removed. In this paper, we propose a dual frequency operating microstrip antenna fed by coplanar waveguide, with a mixer diode to realize the quasi-optical antenna mixer system. It is a problem of the receiving part in conventional quasi-optical antenna mixer systems that LO incidence obstructs RF incidence because both RF and LO signals are received from one side of the system. Therefore, we construct a quasi-optical antenna mixer system that can receive the RF and LO signals separately on both sides of the substrate. To begin with, the receiving part is designed and its characteristics are evaluated with an electromagnetic simulator. Next, the system is fabricated and tested on the dual frequency operation of the receiving part and the mixing operation in the microwave band. As a result, we confirm that our proposed system functions as a quasi-optical antenna mixer. © 1998 Scripta Technica.

    DOI: 10.1002/(SICI)1520-6424(199901)82:1<22::AID-ECJA3>3.0.CO;2-M

    Scopus

    researchmap

  • Study on the Quasi-Optical Antenna Mixer Array 査読

    Toshihiko Nishimura, Katsumi Tsuchida, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh, Yasutaka Ogawa

    1998 APMC Proc.   3   1517 - 1520   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Beam scanning by the quasi-optical antenna mixer array 査読

    Toshihiko Nishimura, Katsumi Tsuchida, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh, Yasutaka Ogawa

    1998 28th European Microwave Conference, EuMC 1998   1   415 - 420   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    The quasi-optical antenna mixer system transforms radio frequency (RF) signal into intermediate frequency (IF) signal just after the system receives the RF and local oscillator's (LO) signal spatially [1]. We present a novel beam scanning system with the quasi-optical antenna-mixer array. In this paper, we describe the principle and the experimental results in the microwave band. The arrival direction of the RF signal can be controlled by the system without RF circuits such as phase shifters. Therefore, not only losses in RF circuits are reduced but also the system is easily designed because of its simple structure. This feature is an advantage in applying to the millimeter wave band. © 1998 IEEE.

    DOI: 10.1109/EUMA.1998.338025

    Scopus

    researchmap

  • A study on planar loop antennae 査読

    Mitsuru Muramoto, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh, Kanemi Sasaki

    Electronics and Communications in Japan, Part I: Communications (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   81 ( 6 )   24 - 30   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley and Sons Inc.  

    Small receivers such as pagers are used in various situations due to their portable nature. These portable units are subject to changes in situation and shift of location so that the receiving gain of arriving wave changes significantly. In this paper, the characteristics of planar loop antennae are studied in detail. We proposed that polarization characteristics can be improved significantly by switching the shorting location of the planar loop antenna. In order to study this effect more realistically, polarization characteristics are measured and evaluated using a model that includes a switching circuit and an oscillator. © 1998 Scripta Technica.

    DOI: 10.1002/(SICI)1520-6424(199806)81:6<24::AID-ECJA3>3.0.CO;2-5

    Scopus

    researchmap

  • Characteristics of a small planar loop antenna 査読

    M Muramoto, N Ishii, K Itoh

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   45 ( 12 )   1818 - 1822   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Small planar-type loop antennas used in pagers have fixed directivity patterns, As a result, the received signal strength depends on the orientation of the antenna. A new type of small planar loop antenna (PLA) is, therefore, proposed, The position of conductor posts can be changed and MOSFET's are adopted for switching the Conductor posts, If the positions of the posts can be switched at will, then the dependence of the received signal on the orientation of the antenna can be minimized, Fundamental experiments were performed in order to investigate the characteristics of polarization switching. Polarization directivity was measured while switching each conductor alternately, The receiving characteristics are affected by a cable connected to the receiver, Therefore, the transmission characteristics are measured by using an internal oscillator. As a result, meaningful results were obtained and the possibility of polarization diversity was shown.

    DOI: 10.1109/8.650200

    Web of Science

    researchmap

  • コプレーナ導波路給電による準光学アンテナ・ミキサ 査読

    西村 寿彦, 土田 克実, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B-II   J80-B-II ( 12 )   1076 - 1083   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 多素子準光学アンテナ・ミキサの受信特性 査読

    西村 寿彦, 土田 克実, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B-II   J80-B-II ( 12 )   1084 - 1090   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • モーメント法を用いたカードサイズ板状ループアンテナの最適化問題 査読

    石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B-II   J80-B-II ( 8 )   654 - 662   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 板状ループアンテナに関する検討 査読

    村本 充, 石井 望, 伊藤 精彦, 佐々木 金見

    電子情報通信学会論文誌B-II   J80-B-II ( 5 )   434 - 439   1997年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 誘電体イメージ線路の同軸プローブ励振 査読

    菊間 知裕, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌C-I   J80-C-I ( 2 )   88 - 89   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A Polarization Characteristics of a Small Planar Loop Antenna which can Switch the Polarization Direction 査読

    Mitsuru Muramoto, Kiyohiko Itoh, Nozomu Ishii, Kanemi Sasaki

    Proc. PIERS 1997   367 - 367   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 通信用小形・薄形アンテナに関する研究

    石井 望

    1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

    researchmap

  • Dual Frequency Operation Microstrip Antenna System Fed by Coplanar-Waveguide 査読

    Toshihiko Nishimura, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Proc. 9th Int. Sym. Superconductivity (ISS'96)   1265 - 1268   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Proposal of a Small Planar Loop Antenna which can Switch the Polarization Direction 査読

    Mitsuru Muramoto, Kiyohiko Itoh, Nozomu Ishii, Kanemi Sasaki

    Proc. ISAP'96   4   1117 - 1120   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Cavity Model Analysis on a Tilt of the Polarization of a Small Planar Loop Antenna 査読

    Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Proc. ISAP'96   1   117 - 120   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Wheeler法による放射効率測定に関する検討 査読

    村本 充, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B-II   J78-B-II ( 6 )   454 - 460   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Radiation efficiency measurement of a small antenna using the wheeler method 査読

    Mitsuru Muramoto, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Electronics and Communications in Japan, Part I: Communications (English translation of Denshi Tsushin Gakkai Ronbunshi)   79 ( 6 )   93 - 100   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley and Sons Inc.  

    The antennas for mobile communication handsets have become smaller in shape, which has degraded their electrical performance significantly. To obtain a small but high-performance handset, it is important to increase the antenna efficiency. The important parameter for such a purpose is the radiation efficiency which can be measured easily by the Wheeler method. This method is carried out based on the assumption that the input power is equal to the power loss if the antenna is covered with a cap of a size on the order of a radian sphere. However, unless this assumption holds, the computed Wheeler efficiency does not give accurate radiation efficiency. When the radiation efficiency is actually measured by the Wheeler method, the measured values often have a dip from the theoretical value. In this paper, the cap is approximated by wire grids and the Wheeler method is simulated on a computer. It is confirmed that the dip is not caused by the measurement method. It is shown that the cause derives from the invalidness of the presumption of the Wheeler method that the internal reactive electromagnetic field does not change when a cap is placed. It is shown also that the Wheeler method can be used sufficiently even if the size of the cap is larger than the radian sphere. The limit of application is studied.

    DOI: 10.1002/ecja.4410790610

    Scopus

    researchmap

  • A proposal of a small planar loop antenna whose polarization direction can be switched electrically 査読

    M Muramoto, K Itoh, N Ishii, K Sasaki

    IEEE ANTENNAS AND PROPAGATION SOCIETY INTERNATIONAL SYMPOSIUM - 1996 DIGEST, VOLS 1-3   1   726 - 729   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

    researchmap

  • A Study on Radiation Efficiency Measurement of a Small Antenna Using Wheeler Method 査読

    Mitsuru Muramoto, Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    1995 APMC Proc.   2   419 - 422   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 円偏波円環マイクロストリップアンテナにおけるインピーダンス整合スタブの動作解析 査読

    石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会論文誌B-II   J78-B-II ( 2 )   71 - 78   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Analysis on the mechanism of a tuning stub for circular‐polarized annular microstrip antenna 査読

    Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Electronics and Communications in Japan (Part I: Communications)   78 ( 11 )   43 - 51   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is often not possible to operate a microstrip antenna with a probe feed with a zero reactance at the designed frequency because the self‐inductance of the probe is added to the input impedance. It is proposed that by means of matching stubs added on the periphery of the patch, this excess reactance is cancelled. Few examples exist on the analytical studies of the operating principle of such a proposal. In the present paper, it is noticed that this matching stub resembles by shape the metal piece added for separating the degeneracy in the design of a circularly polarized annular microstrip antenna with a one‐point feed. Then the effects of these two metal pieces and the feed pin are analyzed by the eigen function expansion method and the perturbation method. It is found that the excitation amplitude ratio of the two principal modes can be varied and the phase of the input impedance can be controlled by adding the matching stubs. Further, the design of areas and locations of the two metal pieces are investigated for generation of a circular polarization. Copyright © 1995 Wiley Periodicals, Inc., A Wiley Company

    DOI: 10.1002/ecja.4410781105

    Scopus

    researchmap

  • Impedance Matching for an Annular Circular Polarized Microstrip Antenna Using Two Perturbation Stubs 査読

    Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    1994 APMC Proc.   1   215 - 218   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ANALYSIS OF HIGH-T(C) SUPERCONDUCTING MICROSTRIP ANTENNA USING MODIFIED SPECTRAL-DOMAIN MOMENT METHOD 査読

    N ISHII, T FUKASAWA, K ITOH

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E77C ( 8 )   1242 - 1248   1994年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we analyze high-T(c) superconducting (HTS) microstrip antenna (MSA) using modified spectral domain moment method. Although it is assumed that the patch and the ground plane of the MSA are perfect electric conductors (PECs) in the conventional spectral domain method, we modify this method to compute the conduction loss of the HTS-MSA. In our analysis, the effect of the HTS film is introduced by the surface impedance which we can estimate by using the three fluid model and experimental results. This paper presents numerical results about the HTS-MSA, for example, the relations between the thickness of the substrate and the radiation efficiency, the temperature and the resonant frequency, and so forth. And we discuss the effective power range where the performance of the HTS-MSA is superior to that of the Cu-MSA.

    Web of Science

    researchmap

  • ANALYSIS OF SUPERCONDUCTING PATCH ANTENNAS USING THE SPECTRAL-DOMAIN METHOD 査読

    K ITOH, T FUKASAWA, N ISHII

    HIGH-T(C) MICROWAVE SUPERCONDUCTORS AND APPLICATIONS   2156   160 - 171   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE - INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    Web of Science

    researchmap

  • A CONSIDERATION OF THE THIN PLANAR ANTENNA WITH WIRE-GRID MODEL 査読

    N ISHII, K ITOH

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E76B ( 12 )   1518 - 1525   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    A theoretical and experimental study of a thin card-sized antenna is presented. The method of moment with a wire-grid model is used to analyze this antenna. In order to validate numerical efficiency, measurements using Wheeler method are preformed on this antenna and its wire-grid models. The experimental and theoretical results are in good agreement if the wire conductivity is well chosen. And the noise reduction of measured Wheeler efficiency using least mean square method is also examined.

    Web of Science

    researchmap

  • Wheeler Efficiency of an Impedance Matched Card-Size Antenna 査読

    Kiyohiko Itoh, Nozomu Ishii

    Proc. 24th URSI-GA   33 - 33   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A Consideration on the Thin Planar Antenna Analysis with Wire-Grid Model 査読

    Nozomu Ishii, Kiyohiko Itoh

    Proc. ISAP'92   2   441 - 444   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ANALYSIS ON SMALL PLANAR ANTENNA IN A PAGING SYSTEM 査読

    N ISHII, K ITOH

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS ELECTRONICS INFORMATION AND SYSTEMS   74 ( 10 )   3233 - 3240   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRON INFO COMMUN ENG  

    In this paper, the characteristics of the card-sized paging antenna composed of plates and wires are estimated in view of its efficiency. To analyze this type of antennas using the reaction matching technique for the wire antenna, we approximate the plate parts to the wire grids. In the analysis of the antenna with a complex configuration, the numerical input impedance by the usual reaction technique assumed the local symmetry in calculating one mutual impedance, is sometimes incorrect. Therefore, we carry out the reaction matching on the condition that the dipoles are placed at their own positions throughout calculating the mutual impedances. In modeling the plate with a wire-grid, we estimate the loss effect of the plate parts by introducing the equivalent radius. Furthermore, we examine the validity of the wire-grid model for the card-sized antenna. And, we estimate the radiation efficiency as a function of the gap distance of the plates, and discuss the polarization matching and the impedance matching of the thin paging antenna, in view of the total efficiency.

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • アンテナ基本測定法

    石井 望( 担当: 単著)

    コロナ社  2011年3月  ( ISBN:9784339008227

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • アンテナ工学ハンドブック(第2版)

    電子情報通信学会編, 石井 望, 担執筆( 担当: 共著 ,  範囲: 3.2節)

    オーム社  2008年7月  ( ISBN:9784274205446

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 要点がわかる電磁気学

    石井 望( 担当: 単著)

    コロナ社  2009年4月  ( ISBN:9784339008067

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 要点がわかるベクトル解析

    丸山 武男, 石井 望( 担当: 共著)

    コロナ社  2007年4月  ( ISBN:9784339060935

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 工学力のデザイン

    仙石 正和, 編, 石井 望, 担執( 担当: 共著 ,  範囲: 2.3節, pp.56-61,)

    丸善  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • アンテナ・無線ハンドブック

    後藤 尚久, 編, 石井 望, 分担執筆( 担当: 共著 ,  範囲: III編1.2節, 1.5節, 3.2.4項, pp.145-149, 162-164, 254-256,)

    オーム社  2006年10月  ( ISBN:4274203115

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 小形アンテナ測定技術

    石井 望

    電子情報通信学会誌   94 ( 9 )   795 - 800   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    researchmap

  • 擬似スケールモデルを用いた微小ダイポールによる海水中電磁界 (アンテナ・伝播)

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 345 )   11 - 16   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • BS-1-5 液剤中で動作する微小円形ループアンテナによる磁界強度の距離特性の較正(BS-1.人体周辺における無線システムを実現するアンテナ・伝搬技術,シンポジウムセッション)

    石井 望, 武笠 龍, 鶴間 さつき, 浜田 リラ, チャカロタイ ジェドヴィスノブ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 1 )   "S - 9"-"S-10"   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 液体中ループアンテナにおける被覆材料の液体吸収性による影響 (アンテナ・伝播)

    石井 望, 鶴間 さつき, 浜田 リラ

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 226 )   43 - 48   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Q&Aを用いた電気系専門講義に対するティーチング・アシスタントからのコメント (教育フロンティア研究会 技術者倫理と教育一般)

    酒井 翔太, 佐藤 孝, 石井 望

    電気学会研究会資料. FIE   2014 ( 25 )   55 - 58   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B-1-83 液剤中動作ループアンテナの特性モード分析(B-1.アンテナ・伝搬B(アンテナ一般),一般セッション)

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014 ( 1 )   83 - 83   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • チュートリアル講演 液体中におけるアンテナ利得測定 (アンテナ・伝播)

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 193 )   73 - 78   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    液体中では,自由空間と異なり,液体による損失が無視できず,実効波長は短くなるものの,遠方界条件を満足する距離に達する前に電磁波が到達しなくなるという問題に遭遇する.このため,液体中では,アンテナ近傍において利得測定を行わなければならない.本講演では,液体中のアンテナ利得測定法の基本となる近傍界利得についての理論的背景および測定法について述べ,測定事例を紹介する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ハイブリッド結合器を用いた1ポート測定による平衡給電型アンテナの平衡・不平衡モード分析 (アンテナ・伝播)

    木下 加那子, 石井 望

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 193 )   95 - 100   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    平衡給電型非対称アンテナに生じる平衡および不平衡モードの発生を定量的に評価するためにmixed mode Sパラメータを導入する.Mixed mode Sパラメータは通常のSパラメータを測定することにより評価できる.これまでに平衡モードおよび不平衡モードにおける反射係数に相当するS_<dd>およびS_<cc>について,180° 3dBハイブリッド結合器を用いて1ポート測定により評価できることを原理的に明らかにしている.本稿では,平衡モードおよび不平衡モードにおける結合係数に相当するS_<cd>について,90° 3dBハイブリッド結合器を用いて1ポート測定により評価できることを原理的に明らかにし,ダイポールアンテナ,折り返しダイポールアンテナに対して平衡および不平衡モードの発生を定量的に評価する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ハイブリッド結合器と移相器を利用したWheeler効率測定の高速化 (アンテナ・伝播)

    渡辺 康平, 石井 望

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 193 )   91 - 94   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    アンテナの放射効率の簡易測定法としてWheeler法が知られている.測定された効率の不確かさを軽減するため,著者らはハイブリッド結合器を利用する方法について検討している.これまで任意のアンテナインピーダンスに対応させて位相を変化するために可動短絡を利用していたが,短絡位置を手動で変化させるため,測定に時間を要するという欠点があった.本稿では,可動短絡の代わりに移相器を利用することにより測定時間の短縮を図るとともに,その際の問題点について指摘する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B-1-242 90°3dBハイブリッド結合器を用いた1ポート測定による折り返しダイポールアンテナの平衡・不平衡モード変換の評価(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般セッション)

    木下 加那子, 石井 望

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014 ( 1 )   242 - 242   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B-1-222 Mixed-Mode Sパラメータを用いた折り返しダイポールアンテナの平衡・不平衡モード分析(B-1.アンテナ・伝播C,(アンテナシステム),一般セッション)

    石井 望

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013 ( 1 )   223 - 223   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 分岐バラン付き被覆ダイポールアンテナを利用した土壌中におけるS_<21>特性測定

    鈴木 優太, 大林 玄, 石井 望

    電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   2013 ( 15 )   1 - 4   2013年3月

     詳細を見る

  • B-1-235 方向性結合器と可動短絡を用いたWheeler法に基づく放射効率測定および不確かさ評価(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム))

    井口 裕文, 石井 望

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013 ( 1 )   235 - 235   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非対称アンテナに対する改良型 Wheeler 法における放射効率落ち込み回避法の比較検討

    藤本 将也, 石井 望

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B   95 ( 9 )   1098 - 1105   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小形アンテナの簡易放射効率測定として知られている改良型Wheeler法では,被測定アンテナを自由空間内及び可動短絡付きの導波管内に設置したときの反射係数を測定することで放射効率を算出する.これまで筆者らは,モノポールアンテナに限定して,アンテナと可動短絡の間の距離あるいは可動短絡間の距離が管内波長の半整数倍となる際に,放射効率の落ち込みが生じることを明らかにしてきた.本論文では,非対称構造のアンテナとして長方形ループアンテナ及び逆Fアンテナを取り上げ,モノポールアンテナで得られた落ち込み条件を実験的に考察する.アンテナを導波管に挿入する際の向きと落ち込み周波数などの関係を明らかにし,反射係数の大きさに着目した落ち込み回避法がアンテナの種類を問わずに利用できることを明らかにする.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 放射抑制シールドを用いた小形アンテナの放射効率測定

    石井 望

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B   95 ( 9 )   1025 - 1035   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小形アンテナの簡易放射効率測定法として知られているWheeler Cap法及び改良型Wheeler法について,動作原理,効率評価式を紹介するとともに,これまでの研究動向を手短に振り返る.これらの方法では,放射抑制シールドを利用するが,その際にシールドの共振により放射効率が評価できなくなる.その対処法についてまとめる.測定の不確かさの評価法について簡単に述べた後,Wheeler cap法及び改良型Wheeler法により評価される放射効率の不確かさが放射抑制シールドを被せたときの反射効率測定の不確かさに大きく依存することを示す.更に,不確かさの軽減手法についても言及する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 改良型Wheeler法におけるキャビティ共振による放射効率ち込み回避法の比較

    石井 望

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播   112 ( 187 )   13 - 18   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    小形アンテナの簡易放射効率測定法である導波管とスライディングショートを用いる改良型Wheeler法において,放射抑制シールドのキャビティ共振により放射効率が落ち込むことが知られている.この解決法としては,放射効率を推定する際に,シールドがキャビティ共振する場合の反射係数を取り除けばよい.被測定アンテナ系に大きな損失が含まれる場合,スライディングショートを変化させて得られる反射係数がスミスチャート上で円を描くが,その中心は原点より離れ,かつ,半径も1より小さくなるため,これまでに損失が小さいアンテナ系に対して適用できた反射係数の大きさに着目したキャビティ共振検出法が適用できるか確認する必要がある.本稿では,その確認に加えて,スミスチャート上で測定された反射係数が円周上にあることを複比により判定する方法について考察する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ハイブリッド結合器の特性を考慮した平衡型ダイポールアンテナの入力インピーダンス測定

    早川 準起, 石井 望

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播   112 ( 187 )   7 - 12   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    180°3dBハイブリッド結合器を利用して,平衡型アンテナの入力インピーダンスを測定できることはよく知られている.しかしながら、実際のハイブリッド結合器のSパラメータは理想的ではなく,精度のよいインピーダンス測定を実現するためには,ハイブリッド結合器のSパラメータを考慮する必要がある.本稿では,ハイブリッド結合器のSパラメータを利用して, 3通りのインピーダンス評価法を比較し,検討する.このうち, 2つはフル2ポート測定が必要となるが,残りの1つは1ポート反射測定のみで十分である.さらに,これらの結果をモーメント法によるインピーダンスの計算値と比較し,本提案評価法の有効性を確認する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • アンテナ放射電力測定法に関する国内研究動向

    石井 望, 新井 宏之

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B   95 ( 5 )   607 - 617   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    無線機器の運用形態の多様化に伴い,運用状態における機器からの放射電力の測定,すなわち,機器からの全放射方向での測定が必要となっている.本解説論文では,平成20年4月から平成24年3月まで電子情報通信学会内に設置された次世代無線設備試験認証技術時限研究会において発表・討議された話題から,アンテナ一体型無線設備に関する放射電力測定法である全方位指向性測定法及びランダムフィールド法について解説する.特に全方位指向性測定法に関しては,研究会で発表された全球面走査法,部分球面走査法,球面走査アルゴリズム, 60°間隔3平面測定法について概観する.更に,簡易放射効率測定法であるウィラー法及び改良型ウィラー法について概観し,放射電力測定法としての可能性について指摘する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 導波管型標準アンテナを用いた人体等価液剤中での比吸収率測定プローブ較正システムの改良

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播   112 ( 7 )   1 - 5   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    標準的な比吸収率(SAR)測定装置では,電界プローブを用いて組織等価液剤中における電界強度を測定しSARを求める.携帯無線機器で使用される周波数帯域の拡張をふまえ,著者らは5200MHz帯における電界プローブ較正方法について提案している.本報告では,液剤中に設置した標準導波管アンテナを利用するシステムを改良し,開口により生じる電界分布およびプローブ較正結果を検討した.以前に試作した結果に比べて,プローブ較正の際に要求される感度の空間一様性についても,実用的な観点から従来の導波管を用いたプローブ較正と同等の特性を確保できていることを確認した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 企業の技術者との共同による実践的工学教育~強磁場による環境浄化プロジェクト~

    岡徹雄, 原田修治, 鳴海敬倫, 田邊裕治, 西村伸也, 石井望, 仙石正和, 大川秀雄, 坪川紀夫

    電気学会全国大会講演論文集   2012 ( 1 )   6   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 企業技術者との協働に基づく実践的工学教育~磁場による環境浄化プロジェクトから~

    岡徹雄, 原田修治, 田邊裕治, 西村伸也, 石井望, 仙石正和, 大川秀雄

    電気学会全国大会講演論文集   2011 ( 1 )   9   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 企業連携による実践的工学キャリア教育プログラムの開発とその実施状況

    岡徹雄, 田邊裕治, 阿部和久, 石井望, 丸山武男, 佐藤孝, 西村伸也, 仙石正和, 大川秀雄

    電気学会全国大会講演論文集   2009 ( 1 )   13   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 414 工学教育に関する一考察 : 文部科学省支援により導入された工学教育の現状と問題点(OS14-2 工学教育・大学院教育,オーガナイズドセッション:14 技術と社会(高等教育改善)) 査読

    田邊 裕治, 鳴海 敬倫, 田村 武夫, 岡 徹雄, 丸山 武男, 石井 望, 阿部 和久, 大川 秀雄

    北陸信越支部総会・講演会 講演論文集   2009 ( 0 )   153 - 154   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmehs.2009.46.153

    CiNii Article

    researchmap

  • 工学教育に関する一考察―文部科学省支援による非破壊検査に関する産学連携技術教育の現状と問題点―

    田邊裕治, 岡徹雄, 阿部和久, 石井望, 丸山武男, 佐藤孝, 大川秀雄

    日本非破壊検査協会大会講演概要集   2008   205 - 206   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1-319 企業連携による実践的工学キャリア教育プログラムの開発とその実施((8)工学教育に関するGood Practice-I,口頭発表論文) 査読

    岡 徹雄, 田邊 裕治, 阿部 和久, 石井 望, 丸山 武男, 大川 秀雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2008 ( 0 )   434 - 435   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2008.0_434

    CiNii Article

    researchmap

  • 2-325 工学教育に関する一考察(オーガナイズドセッション「イノベーションを支える工学教育」-I,口頭発表論文):: 文部科学省GP事業による新しい工学教育導入 査読

    田邊 裕治, 丸山 武男, 岡 徹雄, 石井 望, 阿部 和久, 大川 秀雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2008 ( 0 )   460 - 461   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2008.0_460

    CiNii Article

    researchmap

  • 1-320 企業連携に基づく実践的工学キャリア教育の取組みとその成果((8)工学教育に関するGood Practice-I,口頭発表論文):: マーケット・インターンシップとキャリアデザイン・ワークショップを中心に 査読

    阿部 和久, 田邊 裕治, 岡 徹雄, 石井 望, 丸山 武男, 大川 秀雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2008 ( 0 )   436 - 437   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2008.0_436

    CiNii Article

    researchmap

  • B-012 企業連携に基づく実践的工学キャリア教育の初年度の成果(ポスター発表論文,(B)工学教育に関するGood Practice):: 職業意識の自己形成に向けた学生・技術者・教員の協働の試み 査読

    西村 伸也, 今泉 洋, 原田 修治, 石井 望, 阿部 和久, 岡 徹雄

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2007 ( 0 )   754 - 755   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2007.0_754

    CiNii Article

    researchmap

  • Nondestructive Imaging of the sugar distribution inside a fruit by use of CP-MCT

    Masakazu Watanabe, Michio Miyakawa, Tetsuya Tanaka, Nozomu Ishii, Mario Bertero

    35th European Microwave Conference, Vols 1-3, Conference Proceedings   CD-ROM   1379 - 1382   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:HORIZON HOUSE PUBLICATIONS LTD  

    Originally, Chirp Pulse Microwave Computed Tomography (CP-MCT) was developed for noninvasive imaging of a human body. The tomographic image provides not only the permittivity distribution of the cross section but also various physical- or chemical-quantities relating to the permittivity value such as temperature and salt concentration. Generally speaking, fruits are dielectric materials containing much water, sugar, acids and so on. Accordingly, the quantities which vary the permittivity value such as sugar content, acid content and etceteras are visualized by microwave imaging. By use of the high-resolution model of CP-MCT using the chirp pulse microwave signal from 2 GHz to 3 GHz, nondestructive imaging of sugar content inside fruits is worthy to be investigated. In this study, we have confirmed that the sugar distribution inside the Japanese pairs vary according to the harvest time.

    DOI: 10.1109/EUMC.2005.1610193

    Web of Science

    researchmap

  • 創造性豊かな技術者の育成を目指す工学教育プログラムの開発

    丸山 武男, 石井 望, 田邊 裕治, 西村 伸也, 佐藤 孝, 田村 武夫, 合田 正毅, 石田 正弘, 茂地 徹, 松田 浩, 長谷川 淳, 升方 勝巳, 森田 昇

    電気学会研究会資料. FIE, 教育フロンティア研究会 = The papers of Technical Meeting on Frontiers in Education, IEE Japan   2004 ( 1 )   39 - 44   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Beam scan using the quasi-optical antenna mixer array

    西村 寿彦, Ishii Nozomu, Itoh Kiyohiko

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   47 ( 7 )   1160 - 1166   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IEEE  

    CiNii Article

    researchmap

  • 準光学アンテナ・ミキサアレーにおけるRFとLOの相殺

    大矢根 秀彦, 西村 寿彦, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波   98 ( 198 )   1 - 6   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    準光学アンテナ・ミキサは, 高周波信号(RF)と局部発信周波(LO)の信号を空間的に受信し, 直後にミキシングして中間周波数(IF)の信号へ変換するシステムである.このシステムを用いることにより, ミリ波帯では大きな問題となる伝送損を取り除くことができる.従来, ミキサ出力からRFとLOを消去するらめには, 低域フィルタが必要であった.本報告では, 準光学アンテナ・ミキサアレーにおいて, 合成出力からフィルタを用いずにRFとLOを相殺する構造を提案する.また、マイクロ波帯モデルを試作して, 実験的にRFとLOが相殺可能であることを確認する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 配列型準光学アンテナ・ミキサのビーム走査に関する基礎実験

    西村 寿彦, 土田 克実, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播   97 ( 382 )   73 - 78   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    準光学アンテナ・ミキサは, 高周波信号と局部発振周波の信号を空間的に受信し, 直後にミキシングして中間周波数の信号へ変換するシステムである. 本報告では, 多素子の配列型準光学アンテナ・ミキサを用いた新しいビーム走査システムのマイクロ波帯モデルを試作し, ビーム走査特性の詳細な実験を行った結果について述べる. このシステムは, 従来のフェイズドアレイでは必須である移相器等の高周波回路を使用することなく, 高周波信号の到来方向を走査することができる. これによって, 高周波回路による損失を大幅に低減できるばかりではなく, システム構成が単純となり設計が容易になる.

    CiNii Article

    researchmap

  • 多素子準光学アンテナ・ミキサの特性

    西村 寿彦, 土田 克実, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム   96 ( 531 )   25 - 32   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    準光学アンテナ・ミキサは,高周波信号と局部発振周波の信号を空間的に受信し,直後にミキシングして中間周波数の信号へ変換するシステムである.本報告では,多素子の準光学アンテナ・ミキサを用いた新しい受信システムを提案する.このシステムは,従来のフェイズドアレイのように移相器等の高周波回路を使用することなく,高周波信号の到来方向を走査することができる.これによって,高周波回路による損失を大幅に低減できるばかりではなく,システム構成が単純となり設計が容易になる.更に,マイクロ波帯で動作するシステムを試作し,実験を行った.その結果は,解析結果と非常に良く一致した.

    CiNii Article

    researchmap

  • コプレーナ導波路給電による2周波マイクロストリップアンテナ

    西村 寿彦, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播   96 ( 35 )   27 - 34   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    ミリ波帯では,実用上伝送線路損失が大きな問題である.準光学アンテナ・ミキサは,ミキサに高周波と局部発信周波を伝送線路を通さずに直接入力し,直後に中間周波に変換することによって損失を抑えるデバイスである.本報告では,これを実現するために,コプレーナ導波路給電による2周波マイクロストリップアンテナを提案し,その数値解析を行う.コプレーナ導波路は,その構造の柔軟性から,比較的容易にマイクロストリップアンテナとの整合がとれることがわかる.接地導体板の両側に放射素子を置いたため,そのFB比が大きくとれる.また,ある程度共振周波数を離すことによって,異なる2つの周波数で独立に動作させることが可能であることを示す.

    CiNii Article

    researchmap

  • 超電導円形パッチのスペクトル領域法解析

    村田 智宏, 西村 寿彦, 石井 望, 伊藤 精彦

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学   95 ( 134 )   29 - 34   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では、超電導体を用いた円形パッチアンテナの共振周波数とQ factorについて解析を行なう。超電導体は、ある程度の周波数までは銅よりもかなり表面インピーダンスが低く、そのためマイクロ波素子への超電導体の応用は諸特性の向上が期待される。超電導体の表面インピーダンスの周波数依存性には、二流体モデルを用いている。また、アンテナの解析にはスペクトル領域法を用い、円形パッチ上の電流基底関数は、円形の場合一般的にはハンケル変換等を用いるのだが、本稿ではフーリエ変換により求め、その定式化を行う。

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 損失媒質中における微小電気的ダイポールアンテナ間の伝送特性測定について ~ 海中電磁界の疑似スケールモデル実験環境構築にむけて ~ 招待

    石井 望

    電子情報通信学会 水中無線技術研究会  2021年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 疑似スケールモデル実験系による複数海面位置受信電力プロファイルを利用した海中位置推定法の検証

    佐瀬 亮太, 石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浅海域における海中電磁波信号の海面受信に関する考察

    石井 望, 高橋 応明, 加藤 涼介, 陳 強, 吉田 弘

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中位置推定の位置検出精度を向上するための疑似スケールモデル実験の改良

    佐瀬 亮太, 石井 望

    電子情報通信学会 水中無線技術研究会  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大気・海水2層問題における疑似スケールモデルの周波数特性

    神谷 安璃, 石井 望

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 組織等価液剤内のkHz帯における微小ダイポールアンテナの電界成分分布測定

    砂崎 拓也, 石井 望, Jerdvisanop Chakarothai, 清水 悠斗, 長岡 智明

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 4-6GHz帯におけるダイポールアンテナを利用した水中近傍界利得および電気定数の推定

    関屋 敬太, 石井 望, 清水 悠斗, 長岡 智明

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 上肢・下肢回転運動におけるRF-IDタグ貼付位置の分析

    江口 由華, 石井 望

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疑似スケールモデルを利用したkHz帯組織等価液剤中における直接波領域の特定

    増田 力, 石井 望

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中位置推定のための疑似スケールモデル実験におけるフェライトコアの効果

    佐瀬 亮太, 石井 望

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中位置推定システムにおける使用受信アンテナ数の最適化

    若林 大雅, 佐瀬 亮太, 石井 望

    2021年度電子情報通信学会信越支部大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 受信電力プロファイルの対称性が海中位置推定に与える影響

    若林 大雅, 佐瀬 亮太, 石井 望

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クロスダイポール受信アレーを用いた海中位置推定に関する疑似スケールモデル実験

    佐瀬 亮太, 石井 望

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中電磁界応用における研究動向とポイント

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中および海面の電磁波伝搬

    高橋 応明, 石井 望, 陳 強, 吉田 弘

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大気・海水2層問題の疑似スケールモデルのFDTD法による検証

    神谷 安璃, 石井 望

    2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2-4GHz帯における液剤中アンテナを利用した近傍界利得および液剤電気定数の推定

    関屋 敬太, 石井 望, 清水 悠斗, 長岡 智明

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2021年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 5G Sub-6の周波数帯におけるSARプローブ較正の不確かさ評価に関する検討

    清水 悠斗, 長岡 智明, 石井 望, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電磁波を用いた3次元海中位置推定システムの実測

    加藤 涼介, 高橋 応明, 菅 良太郎, 松田 隆志, 石井 望

    2021年電子情報通信学会総合大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3GHz以上における導波管中のダイポールアンテナ引き上げによる電気定数測定の検討

    清水 悠斗, 石井 望, 長岡 智明, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    2021年電子情報通信学会総合大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 浅海海中位置推定に特化した電界数値積分の高速化について

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 塩水中のアンテナの動作についての一考察

    吉田 弘, 石井 望, 高橋 応明, 陳 強

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mixed-mode Sパラメータ測定に基づく長尺水槽を用いたkHz帯組織等価液剤中における基準アンテナの送信アンテナ係数の評価

    増田 力, 石井 望, チャカロタイジェドウィスノプ, 清水悠斗, 和氣加奈子, 渡辺聡一

    2020年度電子情報通信学会信越支部大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水平2成分受信電力プロファイルに基づく海中微小垂直ダイポール位置推定の疑似スケールモデル実験

    佐瀬 亮太, 石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    2020年度電子情報通信学会信越支部大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 受信電力プロファイルを利用した海中位置推定法の検討と疑似スケールモデルに基づく実験への適用

    佐瀬 亮太, 石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 大気・海水2層問題における電界成分の数値積分評価

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中疑似スケールモデルにおけるシールデッドループアンテナ間の伝送特性の距離依存

    石井 望, 坂井 洸太

    2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長尺水槽を用いたkHz帯組織等価液剤中における基準アンテナの送信アンテナ係数の測定

    増田 力, 石井 望, チャカロタイ ジェドヴィスノプ, 清水 悠斗, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 長尺水槽を用いたkHz帯組織等価液剤中における送受信アンテナ間の伝送特性測定に関する検討

    増田 力, 石井 望, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 清水 悠斗, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低周波電磁波による氷下海中ドローンの測位・通信試験

    佐藤 良, 吉田 弘, 高橋 応明, 加藤 涼介, 陳 強, 石井 望, 三好 扶, 米倉 達郎

    2020年電子情報通信学会総合大会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • GHz帯組織等価液剤中シース付ダイポールアンテナの送信アンテナ係数の距離特性

    石井 望, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 清水 悠斗, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    2020年電子情報通信学会総合大会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SARプローブ較正システムの不確かさにおける導波管内電界強度均一性及びプローブ直線性の評価

    清水 悠斗, 石井 望, 長岡 智明, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    2020年電子情報通信学会総合大会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 比吸収率プローブ較正用導波管におけるマッチングセクションの設計

    清水 悠斗, 石井 望, 長岡 智明, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電磁波による3次元海中ポジショニングシステム

    高橋 応明, 加藤 涼介, 石井 望, 陳 強, 吉田 弘

    2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中動作ダイポールアンテナによる電界強度測定のための疑似スケールモデル

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 氷結したサロマ湖における海中電磁波伝搬の基礎検討

    加藤 涼介, 高橋 応明, 吉田 弘, 石井 望, 陳 強

    2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疑似スケールモデルを利用した模擬海中における微小ダイポールアンテナ間の位相分布測定

    石井 望, 高橋 応明, 加藤 涼介, 陳 強, 吉田 弘

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 氷結したサロマ湖における海中電磁波伝搬の基礎検討

    加藤 涼介, 高橋 応明, 吉田 弘, 石井 望, 陳 強

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中アンテナの設計と評価

    陳 強, 佐藤 弘康, 石井 望, 高橋 応明, 吉田 弘

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疑似スケールモデルを用いた海中ダイポールアンテナの3Dパタン計測

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導波管システムを利用した損失性液剤の複素誘電率測定法の提案

    石井 望, 青木 佑弥, 清水 悠斗, 長岡 智明, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シース付ダイポールアンテナによる液剤中光電界プローブの較正

    チャカロタイ ジェドヴィスノプ, 石井 望, 和氣 加奈子, 藤井 勝巳, 渡辺 聡

    電子情報通信学会 光応用電磁界計測研究会  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 冬季サロマ湖における低周波電磁波の氷上から海中への伝播特性, 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会資料

    吉田 弘, 佐藤 良, 高橋 応明, 石井 望, 陳 強, 加藤 涼介

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • kHz帯およびMHz帯における組織等価食塩水内でのダイポールアンテナ間の伝送測定に関する実験的考察

    石井 望, 小原 大貴, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導電媒質における微小ダイポールアンテナによる電界

    石井 望, 小原 大貴, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    2019年電子情報通信学会総合大会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 携帯電話端末のFast SAR測定法を用いた適合性評価の測定時間削減についての検討

    清水 悠斗, 長岡 智明, 石井 望, 渡辺聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 3D Measurement of Transmission Between Small Dipole Antennas Using Pseudo Scale Model for Underwater Positioning System in KHz Band 招待

    Nozomu Ishii, Yudai Ishizuka, Shota Meguro, Masaharu Takahashi, Hiroshi Yoshida, Qiang Chen

    Conference Proceedings of 2018 Asian Wireless Power Transfer Workshop (AWPT2018)  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 疑似スケール則による海面・海中水平ダイポール間の伝達特性測定

    石塚 雄大, 目黒 翔太, 石井 望, 高橋 応明, 吉田 弘, 陳 強

    平成30年度電子情報通信学会信越支部大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cauchy法を利用したキャビティ共振におけるモノポールアンテナのWheeler効率の評価

    加藤 匠, 石井 望

    平成30年度電子情報通信学会信越支部大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海洋中における電磁波を利用した位置測距の検討 招待

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強, 吉田 弘

    電子情報通信学会 2018年ソサイエティ大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 海水中における送受信アンテナ間の伝送効率

    陳 強, 藤井 直道, 佐藤 弘康, 石井 望, 高橋 応明, 吉田 弘

    2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Probe Calibration Techniques in Tissue Equivalent Liquid Using Dipole Antenna 招待

    Nozomu Ishii

    2018 International Workshop on Future Antenna -- Electromagnetic Space Perception Technology --  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 微小ダイポールアンテナによる液体中電界強度距離特性較正法の改良

    石井 望, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複数の携帯端末におけるFast SAR測定法を用いた適合性評価について

    清水 悠斗, 長岡 智明, 石井 望, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導波管を用いたSARプローブ較正におけるあてはめ範囲に関する検討

    石井 望, 清水 悠斗, 長岡 智明, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中無線通信用アンテナと伝搬モデルに関する研究

    藤井 直道, 佐藤 弘康, 陳 強, 石井 望, 高橋 応明, 吉田 弘, 菅 良太郎

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電磁波を用いた海中位置推定システムの検討

    久野 竜輝, 高橋 応明, 陳 強, 石井 望, 吉田 弘

    2018年電子情報通信学会総合大会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海水中におけるアンテナ間の伝送効率

    藤井 直道, 佐藤 弘康, 陳 強, 石井 望, 高橋 応明, 吉田 弘, 菅 良太郎

    電子情報通信学会 無線電力伝送研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食塩水中における微小ダイポールアンテナの伝達特性

    石塚 雄大, 石井 望, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 浜田リラ, 渡辺 聡一

    平成29年度電子情報通信学会信越支部大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 空気境界近傍に配置された水中ダイポールアンテナ間のS21測定

    武笠 龍, 石井 望, 浜田リラ, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    平成29年度電子情報通信学会信越支部大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 有理関数あてはめを利用した自己整合型アンテナのWheeler効率評価

    加藤 匠, 石井 望

    平成29年度電子情報通信学会信越支部大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 北極海氷下観測のための海中ロボット用電波航法の研究

    吉田 弘, 菅 良太郎, 高橋 応明, 石井 望, 陳 強, 佐藤 弘康, 藤井 直道

    電子情報通信学会 2017年ソサイエティ大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • MHz帯食塩水内における微小ダイポールアンテナ間電力伝送係数の3次元測定

    石井 望, 郭 育維, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 海中位置推定へのアプローチ

    高橋 応明, 野田 耕司, 陳 強, 石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反射係数の有理関数表現を利用したキャビティ共振によるWheeler効率落ち込み除去法の拡張

    石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 疑似スケールモデルを用いた微小ダイポールによる海水中電磁界

    石井 望, 高橋 応明, 陳 強

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • Fundamentals of Practical Antenna Measurement to Get More Accurate Data for Input Impedance and Pattern 招待 国際会議

    Nozomu Ishii

    ISAP 2016  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Ginowan, Okinawa  

    researchmap

  • MHz帯における液体中ループアンテナ間の近傍伝達特性測定

    郭 育維, 石井 望, 浜田 リラ, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    平成28年度電子情報通信学会信越支部大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • 3アンテナ法による液剤中ループアンテナの振幅中心の推定

    武笠 龍, 石井 望, 浜田リラ, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    平成28年度電子情報通信学会信越支部大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • 液体中動作微小ダイポールアンテナによる電界強度の距離特性較正法の提案とそのシミュレーション

    石井 望, 浜田 リラ, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

    researchmap

  • 電波の海中応用へのアプローチ

    陳 強, 高橋 応明, 石井 望

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

    researchmap

  • 損失媒質中における電磁界および近傍界利得の展開

    石井 望, 浜田 リラ, チャカロタイ ジェドウィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:小樽  

    researchmap

  • 液剤中で動作する微小円形ループアンテナによる磁界強度の距離特性の較正

    石井 望, 武笠 龍, 鶴間 さつき, 浜田 リラ, チャカロタイ ジェドヴィスノプ, 和氣 加奈子, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2016年総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

    researchmap

  • Wheeler法および改良型Wheeler法による放射効率の比較

    今野 俊貴, 石井 望

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平衡給電型ダイポールアンテナの放射効率測定のためのWheeler法の改良の試み

    今野 俊貴, 石井 望

    平成27年度電子情報通信学会信越支部大会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液体中ループアンテナにおける被覆材料の液体吸収性による影響

    石井 望, 鶴間 さつき, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良型Wheeler法におけるキャビティ共振による吸収体近傍に置かれたモノポールアンテナの放射効率落ち込みの回避について

    石井 望

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 携帯無線機器の比吸収率測定装置の精度保証 -評価試験用標準アンテナの設計-

    浜田 リラ, 渡辺 聡一, 王 建青, 高橋 応明, 上村 佳嗣, 石井 望, 大西 輝夫

    電子情報通信学会 電磁環境工学研究会  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 位相中心を考慮した液剤中アンテナの遠方界利得推定に関する一考察

    石井 望, 張間 勝茂, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 防水加工ダイポールアンテナを用いた乾燥砂・含水砂の比誘電率推定

    高橋 昇平, 石井 望

    平成26年度電子情報通信学会信越支部大会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 13.56MHz用組織等価液剤中におけるシールデッドループアンテナの近傍界利得曲線

    鶴間 さつき, 竹澤 諒亮, 石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    平成26年度電子情報通信学会信越支部大会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mixed-mode Sパラメータを利用したダイポールアンテナの放射効率測定

    今野 俊貴, 石井 望

    平成26年度電子情報通信学会信越支部大会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 30MHz液剤中正方形ループアンテナの近傍界利得が一定となるループ長の推定

    竹澤 諒亮, 鶴間 さつき, 石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    平成26年度電子情報通信学会信越支部大会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液剤中動作ループアンテナの特性モード分析

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2014年ソサイエティ大会  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液体中におけるアンテナ利得測定 招待

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ハイブリッド結合器を用いた1ポート測定による平衡給電型アンテナの平衡・不平衡モード分析

    木下 加那子, 石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハイブリッド結合器と移相器を利用したWheeler効率測定

    渡辺 康平, 石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 可動短絡を用いた可逆2ポート回路網のSパラメータ推定法の基礎検討

    上杉 将, 石井 望

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 位相中心を考慮した液剤中動作アンテナの遠方界利得推定

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 90°3dBハイブリッド結合器を用いた1ポート測定による折り返しダイポールアンテナの平衡・不平衡モード変換の評価

    木下 可那子, 石井 望

    電子情報通信学会 2014年総合大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モーメント法における特性モード展開による非対称給電された線状アンテナのモード分析

    井口 裕文, 石井 望

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会/光応用電磁界計測研究会  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液剤中でシールデッドループアンテナの近傍界利得が一定となるループ長の存在について

    竹澤 諒亮, 石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    平成25年度電子情報通信学会信越支部大会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 180°3dBハイブリッド結合器と可動短絡を用いたWheeler効率測定における挿入減衰量に対する不確かさ変化について

    井口 裕文, 石井 望

    平成25年度電子情報通信学会信越支部大会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平衡線路で給電された様々な線状アンテナに対する平衡・不平衡モード分析

    石井 望

    電子情報通信学会 光応用電磁界計測研究会/無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Mixed-Mode S パラメータを用いた折り返しダイポールアンテナの平衡・不平衡モード分析

    石井 望

    電子情報通信学会 2014年ソサイエティ大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 平衡給電された非対称アンテナへの平衡・不平衡モード分析の拡張

    石井 望

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 方向性結合器と可動短絡を用いたWheeler法に基づく放射効率測定および不確かさ評価

    井口 裕文, 石井 望

    電子情報通信学会 2013年総合大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 分岐バラン付き被覆ダイポールアンテナを利用した土壌中におけるS21特性測定

    鈴木 優太, 大林 玄, 石井 望

    電気学会 計測研究会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Basic Techniques for the Antenna Measurements - Input Impedance and Pattern Measurements 招待 国際会議

    Nozomu Ishii

    Vietnam-Japan International Symposium on Antennas and Propagation  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 平衡型ダイポールアンテナにおける平衡,不平衡モード分析

    早川 準起, 石井 望

    電子情報通信学会 無線端末・アンテナシステム測定技術研究会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハイブリッド結合器の位相特性を考慮した平衡型ダイポールアンテナの入力インピーダンス測定

    早川 準起, 石井 望

    平成24年度電子情報通信学会信越支部大会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電力分配器と可動短絡を用いた改良型Wheeler法に基づく放射効率測定

    井口 裕文, 石井 望

    平成24年度電子情報通信学会信越支部大会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 被覆ダイポールアンテナによる乾燥砂中の位相定数測定

    鈴木 優太, 石井 望

    平成24年度電子情報通信学会信越支部大会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液剤中で動作するループおよびダイポールアンテナに対する拡張されたFriisの伝達公式に関する考察

    豊島 秀紀, 石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    平成24年度電子情報通信学会信越支部大会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良型Wheeler法におけるキャビティ共振による放射効率落ち込み回避法の比較

    石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハイブリッド結合器の特性を考慮した平衡型ダイポールアンテナの入力インピーダンス測定

    早川 準起, 石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fundamentals of Antenna Measurement 国際会議

    Nozomu Ishii

    2012 Thailand-Japan MicroWave (TJMW2012)  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Fundamentals of Antenna Measurement 招待 国際会議

    Nozomu Ishii

    TJMW2012  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Bangkok, Thailand  

    researchmap

  • 導波管型標準アンテナを用いた人体等価液剤中での比吸収率測定プローブ較正システムの改良

    石井 望, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電力分配器と可動短絡を用いたWheeler法に基づく放射効率測定および不確かさ評価

    井口 裕文, 小林 陽平, 石井 望

    電気学会計測研究会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2つの新しい反射係数推定法を用いたWheeler法による効率測定における不確かさの比較

    小林 陽平, 石井 望

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 逆Lアンテナに対する改良型Wheeler法における効率落ち込み条件についての実験的考察

    藤本 将也, 石井 望

    平成23年度電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Sパラメータ法を用いたダイポールアンテナのWheeler法による放射効率測定

    早川 準起, 石井 望

    平成23年度電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 30MHzで動作する液剤中シールドループアンテナの絶対利得測定

    豊島 秀紀, 石井 望, 御代田 至弘, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    平成23年度電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液剤中における誘電体板付き導波管開口による電界の定式化

    鈴木 優太, 石井 望, 御代田 至弘, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    平成23年度電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小形ワイヤレス機器のアンテナ測定技術の課題

    石井 望, 新井 宏之

    電子情報通信学会 2011年ソサイエティ大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電力分配器と可動短絡を用いたWheeler法による放射効率測定

    小林 陽平, 石井 望

    電子情報通信学会 2011年ソサイエティ大会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ループアンテナおよび逆Fアンテナに対する改良型Wheeler法における効率落ち込み条件についての実験的考察

    藤本 将也, 石井 望

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 電力分配器と可動短絡を用いた任意の反射係数測定

    田邉 皓紀, 小林 陽平, 石井 望

    電気学会 計測研究会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 直方体キャビティ内に配置されたダイポールアンテナによるキャビティモード励振解析

    石井 望, 浦富 健太

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハイブリッド結合器を用いた伝送測定による任意の反射係数測定の原理について

    小林 陽平, 田邉 皓紀, 石井 望

    電子情報通信学会 次世代無線設備試験認証技術時限研究会  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 一様な損失媒質内に設置された導波管開口による電界分布

    石井 望, 佐藤 賢一, 御代田 至弘, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • アンテナ一体型無線端末に関する全放射電力測定法の比較

    石井 望

    電子情報通信学会 次世代無線設備試験認証技術時限研究会  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 導波管型標準アンテナを用いた人体等価液剤中での比吸収率測定プローブ較正システム

    浜田 リラ, 御代田 至弘, 佐藤 賢一, 石井 望, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2010年総合大会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 標準アンテナを用いた人体等価液剤中での比吸収率測定プローブ較正システムの周波数拡張

    浜田 リラ, 御代田 至弘, 佐藤 賢一, 石井 望, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良型Wheeler法で使用するキャビティ内の電界分布 国際会議

    浦富 健太, 石井 望, 宮川 道夫

    平成21年度電子情報通信学会信越支部大会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Wheeler法に基づく放射効率の不確かさシミュレーション

    坪池 裕司, 石井 望, 宮川 道夫

    電子情報通信学会 2009年ソサイエティ大会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 比吸収率測定装置の性能評価に用いる標準アンテナの設計

    浜田 リラ, 高橋 応明, 上村 佳嗣, 大西 輝夫, 石井 望, 渡辺 聡一, 王 建青

    電子情報通信学会 2009年ソサイエティ大会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 等スペース点法を利用したアンテナ一体型無線端末による全放射電力の評価 国際会議

    石井 望

    電子情報通信学会 次世代無線設備試験認証技術時限研究会  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 液剤中で動作する5.2GHzサンドウィッチダイポールアンテナの利得測定

    渡部 孝史, 五十嵐 直人, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 次世代無線設備試験認証技術時限研究会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2.45GHz用SAR評価液剤中で動作するサンドウィッチダイポールアンテナの絶対利得測定

    渡部 孝史, 五十嵐 直人, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2008年ソサイエティ大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ネットワークアナライザを用いた遠方界領域における液剤中アンテナの絶対利得推定

    五十嵐 直人, 長野 剛, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会環境電磁工学研究会  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 改良型Wheeler法による効率の系統的不確かさ評価

    石井 望, 片桐 康男, 宮川 道夫

    電子情報通信学会2008年総合大会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Wheeler効率の評価式と系統的不確かさ 国際会議

    片桐 康男, 石井 望, 宮川 道夫

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 低反射プリントダイポールアンテナ1-2GHz帯と2-3GHz帯におけるマイクロ波生体イメージング

    岩田 直之, 宮川 道夫, 石井 望

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • チャープパルスマイクロ波ブレストレーダ(CP-MBR)の数値解析 : 乳腺を考慮に入れたシミュレーション

    宮崎 康彰, 宮川 道夫, 石井 望

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ワイヤグリッドモデルを用いたモーメント法による改良型Wheeler法による放射効率落ち込みに関する検討

    村山 隆, 石井 望, 片桐 康男, 宮川 道夫

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Wheeler効率の系統的不確かさ評価

    石井 望, 小林 陽平, 片桐 康男, 宮川 道夫

    電子情報通信学会 2007年ソサイエティ大会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遠方界データを用いた液剤中アンテナの遠方界利得の決定

    志賀 博樹, 五十嵐 直人, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2007年ソサイエティ大会  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 反射係数の大きさを着目した改良型Wheeler法における放射効率の落込み回避法の提案 国際会議

    片桐 康男, 石井 望, 村山 隆, 宮川 道夫

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fresnel領域の振る舞いを考慮した液剤中でのアンテナ利得および比誘電率の同時測定における不確かさ評価

    志賀 博樹, 五十嵐 直人, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会環境電磁工学研究会  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面波空間定在波法による建築材料の複素比誘電率測定 国際会議

    西潟 陽輔, 小松 弘明, 石井 望, 宮川 道夫

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CP-MCTによる果実内の糖分布イメージングの画像復元(II)

    渡邊 正和, 宮川 道夫, 宮崎 康彰, 石井 望

    電子情報通信学会 2007年総合大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 損失媒質中におけるアンテナ利得の近傍界測定法について

    石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2007年総合大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fresnel近似を利用した人体等価液剤中での標準アンテナ利得の近傍界測定 国際会議

    石井 望, 赤川 拓平, 五十嵐 直人, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 標準アンテナを用いた人体等価液剤中での比吸収率測定プローブ較正システムの開発 国際会議

    浜田 リラ, 佐藤 賢一, 赤川 拓平, 石井 望, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 時間領域記録とアレイアンテナにより高速化したファンビームCP-MCT

    高橋 利之, 岩田 直之, 宮川 道夫, 石井 望

    電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティックス研究会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 損失媒質中で動作する低反射プリント化ダイポールアンテナ

    岩田 直之, 宮川 道夫, 石井 望

    電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SARプローブ較正用アンテナの利得測定における不確かさ評価

    志賀 博樹, 赤川 拓平, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SARプローブ較正用液剤中小型アンテナの開発

    浜田 リラ, 佐藤 賢一, 赤川 拓平, 石井 望, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 2006年ソサイエティ大会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 伝送線路理論を用いた改良型Wheeler法におけるアンテナの放射効率に関する検討

    片桐 康男, 石井 望, 宮川 道夫

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 近傍界測定データを用いた液体中におけるアンテナ利得の決定

    石井 望, 赤川 拓平, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究会  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SARプローブ較正のための液剤中アンテナの絶対利得測定における系統的不確かさ評価

    志賀 博樹, 赤川 拓平, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SARプローブ較正のための液剤中におけるアンテナの絶対利得測定

    赤川 拓平, 石井 望, 佐藤 賢一, 浜田 リラ, 渡辺 聡一

    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 壁面の損失を考慮した改良型Wheeler法を用いた放射効率評価法の提案

    片桐 康男, 石井 望, 宮川 道夫

    電子情報通信学会2006年総合大会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CP-MCTにおける果実内の糖分布イメージングの画像復元

    渡邊 正和, 宮川 道夫, 田中 哲也, 石井 望, Bertero Mario

    電子情報通信学会2006年総合大会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • Ulrich Rohde Innovative Conference Paper Award on Antenna Measurements and Applications

    2018年9月   IEEE Antennas and Propagation Society   SAR Probe Calibration Using the Transmit Antenna Factor of the Small Dipole Antenna in Saline Solution

    Nozomu Ishii, Jerdvisanop Chakarothai, Kanako Wake, Lira Hamada, Soichi Watanabe

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

  • Best Paper Award

    2016年5月   IEICE Communications Society   A novel calibration method using a waveguide aperture in tissue-equivalent liquid

    Nozomu Ishii, Lira Hamada, Soichi Watanabe

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

    researchmap

  • ソサイエティ活動功労賞

    2018年9月   電子情報通信学会  

    石井 望

     詳細を見る

  • the First Place of the Best Paper Award

    2017年11月   2017 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2017)   Dipole Antenna with Sheath-Cover For Seawater Use

    Hiroyasu Sato, Naomichi Fuji, Qiang Chen, Nozomu Ishii, Masaharu Takahashi, Ryotaro Suga, Koichi Uesaka, Hiroshi Yoshida

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:タイ王国

    researchmap

  • 教育功労賞

    2017年3月   電子情報通信学会   AP研設計・解析ワークショップでの測定技術の知識向上への貢献

    石井 望

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • ソサイエティ活動功労賞

    2014年9月   電子情報通信学会  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • ソサイエティ活動功労賞

    2013年9月   電子情報通信学会  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • ソサイエティ活動功労賞

    2011年9月   電子情報通信学会  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成6年度学術奨励賞

    1995年3月   電子情報通信学会  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 平成6年度電気関係学会北海道支部連合大会若手講演者表彰

    1994年12月   平成6年度電気関係学会北海道支部連合大会  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 松本正奨学賞

    1989年3月   北海道大学工学部  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 吉町先生記念賞

    1989年3月   北海道大学工学部  

    石井 望

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 高損失液剤中動作ダイポールアンテナを用いた電界強度推定法の100kHz帯への拡張

    研究課題/領域番号:19K04389  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石井 望

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    電気自動車における無線充電技術が開発されており、それに対応する比吸収率(SAR)測定法を確立する必要がある。SAR測定で鍵となるのは、電界レベルを検知するために利用されるプローブの校正技術である。本研究では、EV無線電力用に検討されている100kHz帯におけるプローブ校正の基盤となる、液剤中における標準ダイポールアンテナによる平均電界強度推定法について検討する。すでに、研究代表者によってMHz帯での平均電界強度推定法は確立されている。本研究では、この手法を100kHz帯への拡張を確認することを目的とする。
    令和元年度は、(1) 0.074mol/l濃度食塩水内におけるダイポールアンテナに関する伝送係数 S21 の大きさを測定するため、3つの電動ステージアンテナ可動領域を40cm×40cm×20cm以上とする実験系を構築した。(2)シリコンシーラントを利用した長さ10cmのシース付ダイポールアンテナを2個試作した。(3) 構築した実験系および試作した2個のダイポールアンテナを用いて、0.074mol/l濃度食塩水内において、50kHzにおいてアンテナ間間隔20cm以上における伝送係数 S21 の大きさおよび送信アンテナ係数の距離特性を測定した。(4) 測定により、空気と導電媒質の二層構造問題におけるラテラル波が発生、あるいは、アンテナもしくはケーブル上でのコモンモード電流発生による伝送係数 S21 および送信アンテナ係数への影響が生じることを確認した。
    令和元年度は、100kHz帯においてアンテナを40cmまで移動できる実験系を構築し、MHz帯では問題とはならなかったラテラル波あるいはコモンモード電流発生が発生しうることを実験的に確認した。令和2年度以降に取り組むべき課題として、kHz帯における伝送特性S21等の距離特性から不要外乱要因を取り除く手法について検討することである。

    researchmap

  • 送信ループアンテナ係数を利用した液剤中ループアンテナによる近傍磁界強度推定

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 望

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3700000円 ( 直接経費:2590000円 、 間接経費:1110000円 )

    researchmap

  • 海中電波利用技術の確立

    研究課題/領域番号:20K04496  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    陳 強, 佐藤 弘康, 今野 佳祐, 石井 望, 高橋 応明

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 近傍界利得によるMHz帯液剤中ループアンテナの電磁界強度の距離特性推定

    2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石井 望

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 高損失液剤中におけるアンテナ利得校正

    研究課題/領域番号:21560390  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    石井 望, 宮川 道夫

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    携帯無線端末の比吸収率(生体への電波の熱吸収の程度を表す指標)を測定する際に用いられる電界プローブを校正する際に必要となる高損失液剤中における基準アンテナ利得測定に関して, 1)マイクロ波増幅器の利用による測定系のダイナミックレンジ拡大, 2)サンドウィッチダイポールアンテナの利用, 3)液剤の温度依存性による利得推定への影響, 4)利得推定法の改良, 5)利得曲線への当てはめ条件, 6)導波管開口アンテナを検討した.

    researchmap

  • 準遠方領域における平面型標準アンテナによるSARプローブ校正

    研究課題/領域番号:17656123  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 萌芽研究  萌芽研究

    石井 望

      詳細を見る

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    組織等価液剤中において動作する標準アンテナの絶対利得について、平成18年度に開発した準遠方界の測定データを用いた評価法を実際の標準アンテナの利得校正に即するように改善した。また、測定系の不確かさを考慮した利得校正について検討を行い、利得校正そのものの不確かさ評価について検討を行った。具体的な実施内容は次の通りである。
    (1)液剤の比誘電率・導電率について同軸プローブ法で測定し、液剤の比誘電率・導電率が既知であるとする。このとき、Fresnel近似を考慮した損失媒質中におけるFriisの伝達公式を利用して絶対利得を評価する方法について検討を行った。
    (2)液剤中において電磁波減衰が大きいため、その伝達特性の不確かさはレベルが低下するとともに増大する。この事実を考慮した重み付けを導入し、液剤中における伝達特性の曲線あてはめに関して定式化を行い、標準アンテナの利得推定を実現した。
    (3)近傍界の寄与を含めた曲線当てはめのターゲット式は距離の逆ベキ級数で与えられるため、線形最小2乗法による曲線あてはめが可能となる。このときの系統的不確かさについては線形最小2乗法のルーチンにより容易に算出可能である。そこで、重み付けあり/なしの場合の曲線あてはめについて、最小2乗法により推定されるパラメータ、すなわち、利得およびその不確かさの計算を行い、あてはめ範囲による不確かさの増減等について検討を行い、最適なあてはめ範囲について考察した。
    (4)以上の利得校正法によって校正された標準アンテナを用いて、実際のSARプローブの校正系を試作するための検討を行った。その結果を踏まえて、研究協力者(NICT)とともに、縦型プローブ走査方式の校正系についての試作し、その動作について確認した。

    researchmap

  • 磁気的アンテナの放射効率測定法の開発研究

    研究課題/領域番号:12750321  2000年 - 2001年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    石井 望

      詳細を見る

    配分額:2400000円 ( 直接経費:2400000円 )

    本年度は,改良型Wheeler法(IWM)に関して,効率測定可能な周波数範囲について,簡単な線路モデルを用いて検討を行うとともに,実測上生じる効率の落ち込みについて,その原因と対策について実験的に検討を行った.
    簡単な伝送線路モデルを用いて,IWMにおいて使用導波管のカットオフ周波数以下の周波数において利用できないことを明らかにした.これは,従来のWheeler法においては,エバネセント状態にあるキャビティを用いて放射を抑制していることを考えれば当然のことであって,カットオフ周波数以下ではWheeler法を利用すべきといえる.また,導波管と可動短絡板(SS)によって構築されるキャビティが空胴共振を起こす場合に効率の落ち込みが観測されることを明らかにし,キャビティが共振する場合の反射係数を利用しないことで効率落ち込みを回避できることを実験的に確認した.さらに,SSに設けられたチョーク構造に着目し,この構造を改良することによって効率測定周波数範囲を広げることに成功した.
    前年度ならびに本年度で得られた知見を元に,IWMによるイメージループアンテナ(ILA)の放射効率測定を行った.その結果,管内波長が導波管断面寸法よりも非常に長くならないような単一モード伝搬周波数帯域において,大きな落ち込みを生じることなく,効率測定可能であることを確認した.また,ILAの挿入方向によらずほぼ同一の効率が測定されていることも確認した.従来のWheeler法による結果と比較して,これまで明らかにしてきた共振時における効率の落ち込み等を除けば,ほぼ同一の結果が得られ,IWMによる効率測定の妥当性が実験的に検証された.

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 電磁気学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(情報電子分野)

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数値計算プログラミング

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム概論

    2018年
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎Ⅱ

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 情報システム基礎実習

    2018年
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎Ⅰ

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • アドバンストテクノロジー

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 技術英語入門

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学セミナーⅡ(情報)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学研究発表(外部発表)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学文献詳読Ⅱ(情報)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学研究発表演習(中間発表)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学特定研究Ⅱ(情報)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学セミナーⅠ(情報)

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学特定研究Ⅰ(情報)

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学文献詳読Ⅰ(情報)

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 福祉人間工学実験I

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講

    2011年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 数値計算

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅲ

    2010年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数値計算実習

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 数理応用演習I

    2009年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(福祉人間工学科)

    2009年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数理基礎演習Ⅱ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅵ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 生体電磁論

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生体・環境電磁特論

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ(福祉人間工学)

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 電気数理I

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電磁気学II

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 電磁気学I

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 電磁気学演習I

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 電磁気学演習II

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 数理工学特論I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 環境電磁界論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 環境電磁制御論

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

教育活動に関する受賞

  • 新潟大学工学部教育賞

    2002年3月   新潟大学工学部  

    受賞者:石井 望

その他教育活動及び特記事項

  • 日本技術者教育認定機構(JABEE)審査長・審査員

    2009年7月 - 2017年2月

  • 石井 望,要点がわかる電磁気学,コロナ社

    2009年4月

  • 丸山 武男,石井 望,要点がわかるベクトル解析,コロナ社

    2007年4月

  • 仙石正和他編,石井望他著,工学力のデザイン,丸善

    2007年1月

  • 学生のものづくり活動を支援するための100人力ネットワーク

    2004年4月 - 2008年3月

  • ものづくりを支える工学力教育の拠点形成

    2003年4月 - 2008年3月

  • 新潟大学工学部教育賞(教育賞第13号)

    2002年3月

  • Q&Aを利用した双方向授業の試み

    1999年4月 - 現在

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • アンテナ基本測定技術

    役割:講師

    電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究専門委員会 第39回/第40回/第41回ワークショップ実行委員会  2009年 - 2010年

     詳細を見る

  • 電波の海中利用について

    役割:講師

    東北受信環境クリーン協議会  2019年2月

     詳細を見る

  • 電磁波工学の基礎

    役割:講師

    東北受信環境クリーン協議会  2018年2月

     詳細を見る

  • アンテナ基本測定技術セミナー 講師

    役割:講師

    総務省信越総合通信局他  2011年9月

     詳細を見る

  • 「コンピュータおもしろ科学教室-最新テクノロジーが描く未来社会-」(テーマ:電波をみてみよう)講師 (新潟県立自然科学館)

    役割:講師

    科学系博物館活用電子情報通信学会&中央大学ネットワーク推進協議会  2001年10月

     詳細を見る