2024/04/23 更新

写真a

ウスイ サトシ
臼井 聡
USUI Satoshi
所属
教育研究院 自然科学系 地球・生物科学系列 准教授
自然科学研究科 環境科学専攻 准教授
理学部 理学科 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位

  • 理学博士 ( 1993年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • ソルボリシス機構の理論的研究

  • 光加溶媒分解反応機構

  • Photosolvolysis Mechanism

  • Photoinduced Electron Transfer

  • 光誘起電子移動

  • Theoretical Studies on Solvolysis Mechanism

研究分野

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

経歴

  • 新潟大学   理学部 理学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然環境科学科   准教授

    2004年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   理学部   講師

    1996年4月 - 1999年2月

学歴

  • 九州大学   理学研究科   化学

    - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 九州大学   Graduate School, Division of Natural Science

    - 1985年

      詳細を見る

  • 九州大学   Faculty of Science

    - 1983年

      詳細を見る

  • 九州大学   理学部   化学

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

 

論文

  • CATALYTIC ACTIVITIES OF NOVEL L-HISTIDYL GROUP-INTRODUCED POLYMERS IMPRINTED BY A TRANSITION-STATE ANALOG IN THE HYDROLYSIS OF AMINO-ACID ESTERS 査読

    K OHKUBO, Y URATA, S HIROTA, Y FUNAKOSHI, T SAGAWA, S USUI, K YOSHINAGA

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   101 ( 2 )   L111 - L114   1995年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The catalytic activities of L-histidyl group-introduced, cross-linked polymers imprinted by a transition-state analogue (phenyl 1-benzyloxycarbonylamino-3-methylpentylphosphonate) or a ground-state one (N-(N-benzyloxycarbonyl-L-leucinoyl)anthranilic acid) for the esterolysis of a marked substrate of p-nitrophenyl N-benzyloxycarbonyl-L-leucinate were examined in the hydrolysis of amino acid esters; a transition-state analogue recorded polymer possessing a low cross-linker content (8.7%) exhibited the highest catalytic activity for the marked substrate hydrolysis with the positively largest activation entropy and the smallest activation free energy.

    DOI: 10.1016/1381-1169(95)00097-6

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • High esterolytic activity of a novel water-soluble polymer catalyst imprinted by a transition-state analogue 査読

    Katsutoshi Ohkubo, Yoshio Funakoshi, Yasuo Urata, Shogo Hirota, Satoshi Usui, Takashi Sagawa

    Journal of the Chemical Society, Chemical Communications   ( 20 )   2143 - 2144   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel water-soluble polymer catalyst containing a L-histidyl group as a catalytic site, prepared by imprinting of a transition-state analogue of phenyl 1-benzyloxycarbonyl-3-methylpentyl phosphonate, accelerates the substrate-specific esterolysis of p-nitrophenyl N-(benzyloxycarbonyl)-L- leucinate (Z-L-Leu-PNP) in 10 vol% Me2O-Tris buffer (pH 7. 15) at 293-308 K.

    DOI: 10.1039/C39950002143

    Scopus

    researchmap

書籍等出版物

  • 弥彦・角田山から地球環境を考える

    新潟日報事業社  2004年 

     詳細を見る

  • 分子集合体中における光誘起電子移動反応と後続反応における磁場効果

    エルセビア出版  1991年 

     詳細を見る

  • "MAGNETIC FIELD EFFECTS ON PHOTOINDUCED ELECTRON TRANSFER AND THE SUCCEEDING PROCESSES IN ORGANIZED MOLECULAR ASSEMBLIES"

    "Photochemical Processes in Organized Molecular Systems"ed. by K. Monda Elsevier  1991年 

     詳細を見る

MISC

  • 冬季の弥彦山頂における大気および降雪酸性成分の観測

    弥彦山・角田山とその周辺の環境科学   15-23   2003年

     詳細を見る

  • 弥彦山頂の酸性雪・大気観測期間における気象状況

    弥彦山・角田山とその周辺の環境科学   5-14   2003年

     詳細を見る

  • Stereoselectivities in AgBF4-catalyzed and photoinduced phenyl-rearrangement of 2-chloropropiophenone

    S Usui, T Matsumoto, K Ohkubo

    TETRAHEDRON LETTERS   39 ( 52 )   9755 - 9758   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    (S)-2-Phenylpropionic acid was stereoselectively obtained by the AgBF4- catalyzed phenyl-rearrangement of (S)-2-chloropropiophenone dimethyl acetal, while the photoirradiation of (S)- or (R)-2-chloropropiophenone afforded partially racemized (S)- or (R)-2-phenylpropionic acid, respectively. An intramolecular S(N)2 mechanism is suggested for the former rearrangement. The latter result is indicative of the intervention of an ion or radical intermediate in the photoinduced phenyl-rearrangement. (C) 1998 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0040-4039(98)02284-9

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • 2-クロロプロピオフェノンのAgBF<sub>4-</sub>及び光誘起フェニル転位反応における立体選択性

    39   9755   1998年

     詳細を見る

  • Extremely high stereoselectivity of novel helical ruthenium(II) complexes for photoinduced reduction of racemic-[Co(acac)(3)] (Hacac=pentane-2,4-dione)

    K Ohkubo, M Fukushima, H Ohta, S Usui

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   98 ( 3 )   137 - 140   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    A photocatalyst M(C-3)-Delta-[Ru(menbpy)(3)](2+) (menbpy = 4,4'-bis{(1R,2S,5R)-(-)-methoxycarbonyl}-2,2'-bipyridine; M(C-3) = minus (counterclockwise) helical arrangement along the C-3 symmetry axis) possessing a lang lifetime tau and the low quantum yield of photoracemization Phi(rac) (tau = 1500 ns and Phi(rac) = 4.0 x 10(-6) in EtOH at 298 K) facilitated the asymmetric reduction of racemic Delta,Lambda-[Co(acac)(3)] (Hacac = pentane-2,4-dione) at 298 K in deaerated 90% v/v EtOH-H2O; it exhibited extremely high stereoselectivity with the enantiomer rate ratio k(Delta)/k(Lambda) = 14.79 (in the absence of Hacac) -91.9 (in the presence of Hacac).

    DOI: 10.1016/1010-6030(95)04286-5

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • The role of membrane-promoted multi-point hydrophobic interactions between peptide catalysts and enantiomeric substrates in highly stereoselective hydrolyses of amino acid esters

    K Ohkubo, K Urabe, J Yamamoto, S Usui, T Sagawa

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   110 ( 1 )   L1 - L4   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The 500 MHz(1)H NMR NOESY spectra of membrane-promoted multi-point hydrophobic interactions between peptide catalysts and enantiomeric amino acid esters were detected for clarifying the role of muti-point interactions between the reactants in the highly stereoselective hydrolysis reactions in a vesicular membrane.

    DOI: 10.1016/1381-1169(96)00157-4

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • Novel photocatalytic asymmetrical synthesis of Delta (or Lambda)-[Co(acac)(3)] (acac, pentane-2,4-dione) from [Co(acac)(2)(H2O)(2)] and Hacac with helical ruthenium(II) complexes

    K Ohkubo, M Watanabe, H Ohta, S Usui

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   95 ( 3 )   231 - 233   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE SA LAUSANNE  

    The photocatalytic asymmetrical synthesis of Delta (or Lambda)-[Co(acac)(3)] (acac, pentane-2,4-dione) from [Co(acac)(2)(H2O)(2)] and Hacac was successfully performed with novel helical ruthenium(II) complexes of Delta-[Ru(Menbpy)(3)](2+) (1; Menbpy, 4,4'-bis{(1R,2S,5R)-(-)-menthoxycarbonyl}-2,2'-bipyridine), Delta-[Ru(R-PhEtbpy)(3)](2+) (2a), Lambda-[Ru(S-PhEtbpy)(3)](2+) (2b) (R- or S-PhEtbpy, 4,4'-bis[(R)-(+)- or (S)-(-)-1-phenylethylaminocarbonyl]-2,2'-bipyridine) and Delta-[Ru(bpy)(3)](2+) (3; bpy, 2,2'-bipyridine); photocatalyst 1 possesses the most efficient extent of minus (counterclockwise) M(C-3) helicity along the C-3 symmetry axis, resulting in a maximum enantiomeric excess (37% e.e.) of Lambda-[Co(acac)(3)] in 50% v/v EtOH-H2O at 298 K.

    DOI: 10.1016/1010-6030(95)04263-6

    Web of Science

    researchmap

  • The role of the membrane-assisted hydrophobic interaction between di-, tri-, or tetrapeptide catalysts and amino acid esters for the enhancement of stereoselective hydrolysis reactions

    K Ohkubo, K Urabe, S Usui, T Sagawa

    MACROMOLECULAR RAPID COMMUNICATIONS   17 ( 2 )   109 - 116   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:HUTHIG & WEPF VERLAG  

    The peptide catalyst having the amino acid sequence (Z-L-Leu (or Phe)-L-His) was found to be the most stereoselective among the L-histidyl group-containing di-, tri-, or tetrapeptide catalysts in the hydrolysis of enantiomeric amino acid substrates in vesicular membranes. The role of the membrane-assisted hydrophobic interaction between the peptide catalyst and enantiomeric substrates for the improvement of the hydrolysis stereoselectivity was demonstrated by means of direct measurements of nuclear Overhauser effect spectroscopy (NOESY) spectra of the interaction system and by the extremely high stereoselectivity itself obtained by intensifying the membrane-promoted hydrophobic interaction between the catalyst and the substrates.

    DOI: 10.1002/marc.1996.030170206

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • アセチルアセトンとヘリカルルテニウム錯体(II)によるΔ-(あるいはΛ-)[Co(acac)<sub>3</sub>]の[Co(acac)<sub>2</sub>(H<sub>2</sub>O)<sub>2</sub>]からの新規な光触媒的不斉合成

    93   231   1996年

     詳細を見る

  • ペプチド触媒と光学活性基質との二分子膜中での多点相互作用による高立体選択的アミノ酸エステルの加水分解反応

    110   L1   1996年

     詳細を見る

  • 新規ヘリカルルテニウム(II)錯体による[Co(acac)<sub>3</sub>]ラセミ体の高立体選択的光還元反応

    98   137   1996年

     詳細を見る

  • ジ、トリ、テトラペプチド触媒とアミノ酸エステルの二分子膜による水素結合相互作用による立体選択的加水分解反応

    17   109   1996年

     詳細を見る

  • NOVEL STEREOSELECTIVE INCORPORATION AND HYDROLYSIS OF LONG-CHAIN AMINO-ACID SUBSTRATES BY VESICULAR MEMBRANE SYSTEMS WHICH INCLUDE TRI-PEPTIDE OR TETRA-PEPTIDE CATALYSTS

    K OHKUBO, K URABE, J YAMAMOTO, T SAGAWA, S USUI

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-PERKIN TRANSACTIONS 1   ( 23 )   2957 - 2959   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    In the vesicular membrane systems comprising N,N-didodecyl-N,N-dimethylammonium bromide and tri- or tetra-peptide catalysts (pH 7.68; ionic strength mu = 0.15; 298 K), Z-L-Leu-L-His-L-Leu (or Z-L-Leu-L-His-L-Leu-L-Leu), having a hydrophobic terminal L-leucine (or L-leucyl-L-leucine) unit, contributed to the stereoselective binding of long-chain p-nitrophenyl N-hexadecanoyl-L (and D)-phenyalanates with the remarkably high binding ratio K-b(L/D) = 11 (or 7.3) and overall stereoselectivity [k(cat)(L/D) = 35 (or 8.1)].

    Web of Science

    researchmap

  • EFFICIENT MULTIPOINT INTERACTION BETWEEN PEPTIDE CATALYSTS AND AMINO-ACID ESTERS IN A BILAYER VESICULAR MEMBRANE FOR HIGHLY STEREOSELECTIVE HYDROLYSIS REACTIONS

    K OHKUBO, K URABE, J YAMAMOTO, H ISHIDA, S USUI, T SAGAWA

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 22 )   2301 - 2302   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The H-1 NMR NOESY spectra of the multi-point interaction between N-(N-benzyloxycarbonyl-L-leucyl)-L-histidine-[(Z)-L-Leu-L-His] and methyl N-hexanoyl-L-phenylalanate in a N,N-bisdodecyl-N,N-dimethylammonium bromide membrane confirms that the membrane-assisted, hydrophobic interaction between the peptide catalyst and enantiomeric substrates enhances the stereoselective hydrolysis of p-nitrophenyl N-acetyl (or decanoyl)-L (or D)-phenylalanate with (Z)-L-Leu-L-His (most effective in di-, tri- or tetra-peptide catalysts with an introduced L-histidyl group).

    DOI: 10.1039/c39950002301

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • EFFECTS OF PARAMAGNETIC LANTHANIDE IONS ON DECAY PROCESS OF PHOTOGENERATED RADICAL PAIRS IN PORPHYRIN-VIOLOGEN LINKED COMPOUNDS AT REVERSED MICELLAR SURFACES

    A TOKI, H YONEMURA, S USUI, H NAKAMURA, T MATSUO

    RESEARCH ON CHEMICAL INTERMEDIATES   21 ( 8-9 )   951 - 960   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:VSP BV  

    Radical pairs were generated in reversed micelles by laser excitation of zinc tetraphenylporphyrin-viologen linked compounds (ZPnV) with a polymethylene spacer (-(CH2)(n)-; n = 4, 6 and 8). The optical transient-absorption and chemically induced dynamic electron polarization (CIDEP) spectra indicated that paramagnetic lanthanide ions invariably accelerated the decay process of the radical pairs at 0.3 T. The typical E/A/E/A spectra for the ZP6V and ZP8V systems were explained as due to S-T-0 mixing and electron-spin relaxation between Zeeman-splitted triplet sublevels. In the case of ZP4V, the paramagnetic Gd3+ ion accelerated the radical decay process even at zero-magnetic field, and strong emissive CIDEP spectra evolved with the elapsed time after laser excitation. Appreciable contribution of S-T level crossing in the radical decay process was suggested to account for the novel features of the ZP4V system.

    Web of Science

    researchmap

  • 逆ミセル中の光照射により生成した亜鉛ポルフィリンービオロゲンラジカル対の減衰反応に対する常磁性ランタニドイオンの効果

    21   951   1995年

     詳細を見る

  • 気相中の塩化物イオン移動物平衝反応における置換基効果

    68   3199   1995年

     詳細を見る

  • 高立体選択的加水分解反応のための二分子膜中におけるペプチド触媒とアミノ酸エステル間の他点相互作用

    1995   2301   1995年

     詳細を見る

  • ペプチド・ベシクル系超分子の立体選択的分子認識触媒作用

    高分子論文集   52 ( 10 )   650 - 656   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1295/koron.52.650

    Scopus

    researchmap

  • 遷移状態類似体鋳型高分子触媒の分子設計.アミノ酸エステル基質認識加水分解反応

    高分子論文集   52 ( 10 )   644 - 649   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1295/koron.52.644

    Scopus

    researchmap

  • トリ、テトラペプチド含有ベシクル膜による長鎖アミノ酸の取り込みと立体選択的加水分解

    ( 23 )   2957   1995年

     詳細を見る

  • CATALYTIC AND STEREOSELECTIVE MOLECULAR RECOGNITION ABILITIES OF SUPRAMOLECULES WHICH INCLUDE PEPTIDE CATALYSTS AND A VESICULAR MEMBRANE

    K OHKUBO, K URABE, J YAMAMOTO, T SAGAWA, S USUI

    KOBUNSHI RONBUNSHU   52 ( 10 )   650 - 656   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:SOC POLYMER SCIENCE JAPAN  

    The molecular composition and reaction circumstances of supramolecules which include a simple peptide and a double-chain surfactant vesicle were determined for the highly efficient catalytic and stereoselective esterolysis of enantiomeric amino acid esters through the effective multi-hydrophobic substrate-peptide interaction. In the simple peptides (1, 2a similar to g and 3a similar to c) including L-histidine residue and cationic double-chain surfactants (4a, b), a supramolecule composed of 2c and 4b incorporated short-chain substrates (5a) into its vesicular membrane efficiently. It hydrolyzed 5a stereoselectively with an enantiomer-rate ratio of L/D=167 though a suitable multi-point interaction between 2c and 5a in the esterolyses of the substrates (5a similar to f) in 3 vol% MeCN/Tris-KCl buffer (pH 7.68, mu=0.01) at 298 K.

    Web of Science

    researchmap

  • MOLECULAR DESIGN OF TRANSITION-STATE ANALOG-IMPRINTED POLYMER CATALYSTS-STEREOSELECTIVE ESTEROLYSIS OF AMINO-ACID ESTERS

    K OHKUBO, Y FUNAKOSHI, Y URATA, S HIROTA, S USUI, T SAGAWA, K YOSHINAGA

    KOBUNSHI RONBUNSHU   52 ( 10 )   644 - 649   1995年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:SOC POLYMER SCIENCE JAPAN  

    Molecular design of polymer catalysts for the esterolysis of a marked amino acid ester substrate Z-L-Leu-PNP (PNP=p-nitrophenol) was performed. Either a transition-state analogue of Z-Leu-PP (phenyl 1-benzyloxycarbonly-3-methylpentylphosphonate) or a ground-state analogue of Z-L-Leu-AA (ethyl N-benzyloxycarbonyl-L-leucine-anthranilate) was used as a template molecule. In the esterolyses of amino acid esters in 10 vol% dimethyl sulfoxide (DMSO)-Tris buffer (pH 7.15) at 293 similar to 308 K, several water-soluble or insoluble polymer catalysts containing a L-histidine catalytic site, which were synthesized by the radical polymerization with acrylamide derivatives, incorporated the marked substrate into their reaction cavities effectively. An ammonium-chain containing water-soluble polymer catalyst exhibited a remarkable acceleration of the present reaction. The free energy of activation (23.9 kcal/mol at 303 K) of the uncatalyzed reaction decreased 7.0 kcal/mol.

    Web of Science

    researchmap

  • "Subtituent Effect on Chloride Ion Transfer Equilibria in the Gas Phase"

    Bull Chem Soc Jpn   68   3199   1995年

     詳細を見る

  • ENANTIOSELECTIVE AND PHOTOCATALYTIC OXIDATION OF 1,1'-BI-2-NAPHTHOL WITH A CHIRAL RUTHENIUM COMPLEX WHICH INCLUDES MOLECULAR HELICITY

    T HAMADA, H ISHIDA, S USUI, K TSUMURA, K OHKUBO

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS   88 ( 1 )   L1 - L5   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    1,1'-Bi-2-naphthol was oxidized catalytically and enantioselectively (less-than or-equal-to 15.2% e.e.), by using the chiral ruthenium complex, DELTA-[Ru(menbpy)3]2+ (menbpy = 4,4'-dimenthoxycarbonyl-2,2'-bipyridine) as a photocatalyst and [Co(acac)3] (Hacac = pentane-2,4-dione) as an oxidant under photoirradiation.

    DOI: 10.1016/0304-5102(93)E0271-H

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • Substituent Effects on the Photosolvolysis of 2-Chloropropio phenones in 2, 2, 2-Trifluoroethanal

    Chemistry Letters   ( 11 )   2015   1994年

     詳細を見る

  • 分子ヘリシティーを有する不斉ルテニウム錯体を用いた立体選択的および光触媒的1,1'-ビー2-ナフトールの酸化反応

    88   L1-L5   1994年

     詳細を見る

  • 2-クロロプロピオフェノンの2,2,2-トリフルオロエタノール中の光加溶媒分解反応における置捩基効果

    ( 11 )   2015   1994年

     詳細を見る

  • LASER-INDUCED PHOTOIONIZATION OF 2-ELECTRON-REDUCED VIOLOGEN

    S USUI, H INOUE, H ISHIDA, K OHKUBO

    CHEMISTRY LETTERS   12,2089 ( 12 )   2089 - 2092   1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Laser photolysis of two-electron-reduced 1,1'-bis(3-sulfonatepropyl)-4,4'-bipyridinium (pVS2-) produced by the reduction of PVS0 with Na2S2O4 in the cationic micelles of hexadecyltrimethylammonium chloride induced the photoionization of PVS2- to generate comparable amounts of PVS-. and hydrated electrons. Pyrene with a considerably negative reduction potential of -2.09 vs. SCE was observed to be reduced in the system.

    DOI: 10.1246/cl.1993.2089

    Web of Science

    researchmap

  • A NOVEL PHOTOCATALYTIC ASYMMETRIC-SYNTHESIS OF (R)-(+)-1,1'-BI-2-NAPHTHOL DERIVATIVES BY OXIDATIVE COUPLING OF 3-SUBSTITUTED-2-NAPHTHOL WITH DELTA-[RU(MENBPY)3]2+ [MENBPY = 4,4'-DI(1R,2S,5R)-(-)-MENTHOXYCARBONYL-2,2'-BIPYRIDINE], WHICH POSSESSES MOLECULAR HELICITY

    T HAMADA, H ISHIDA, S USUI, Y WATANABE, K TSUMURA, K OHKUBO

    JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-CHEMICAL COMMUNICATIONS   11,909 ( 11 )   909 - 911   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The asymmetric synthesis of (R)-(+)-1,1'-bi-2-naphthol [or (R)-(+)-1,1'-bi-3-methoxy-2-naphthol] from 2-naphthol (or 3-methoxy-2-naphthol) is performed photocatalytically by using the chiral ruthenium complex, M(C3)-DELTA-[Ru(menbpy)3]2+ [M(C3) = counterclockwise molecular helicity along the C3 axis, menbpy = 4,4'-di(1R,2S,5R)-(-)-menthoxycarbonyl-2,2'-bipyridine] as a photosensitizer and [Co(acac)3] (acac- = acetylacetonato) as an oxidant.

    Web of Science

    researchmap

  • TIME-RESOLVED ELECTRON-SPIN-RESONANCE SPECTRA OF LINKED RADICAL PAIRS ON LASER EXCITATION OF ZINC TETRAPHENYLPORPHYRIN VIOLOGEN SYSTEMS

    H NAKAMURA, S USUI, Y MATSUDA, T MATSUO, K MAEDA, T AZUMI

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY   97 ( 3 )   534 - 536   1993年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Photoinduced electron transfer from the zinc tetraphenylporphyrin moiety to the viologen unit in linked compounds in reversed micelles generated radical pairs, which afforded chemically induced dynamic electron polarization (CIDEP) spectra at room temperature. The CIDEP spectra varied with the number of methylene groups (n) in the alkyl spacer of the linked compounds. In the case of longer spacers (n = 6 and 8), common E/A/E/A patterns were observed throughout the measurement (0.7-5 mus). The signal pattern could be simulated by a formula for the well-known spin-correlated radical pair mechanism, and the corresponding exchange coupling (J) was evaluated (-0.4mT). In the case of ZP4V, the CIDEP signals rapidly changed with elapsed time (O.5-3 mus) from the absorptive to emissive mode. The observation was explained on the basis of a strong contribution of the triplet mechanism in the photogeneration of the radical pair in the early period of measurement.

    DOI: 10.1021/j100105a002

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • 分子不斉を有するルテニウム錯体を用いた1,1'-ビチフトール誘導体の光触媒的不斉合成反応

    11,909   1993年

     詳細を見る

  • 亜鉛ポルフィリン-ビオロゲン間のレーザー光励起により生成したラジカル対の時間分割ESRスペクトル

    97 ( 3 )   534   1993年

     詳細を見る

  • ビオロケン二電子還元体のレーザー光イオン化反応

    12,2089   1993年

     詳細を見る

  • DESIGN OF A HYBRID OF 2 ALPHA-HELIX PEPTIDES AND RUTHENIUM TRISBIPYRIDINE COMPLEX FOR PHOTOINDUCED ELECTRON-TRANSFER SYSTEM IN BILAYER-MEMBRANE

    H MIHARA, N NISHINO, R HASEGAWA, T FUJIMOTO, S USUI, H ISHIDA, K OHKUBO

    CHEMISTRY LETTERS   9,1813 ( 9 )   1813 - 1816   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Two strands of an amphiphilic alpha-helical 22-peptide were anchored on ruthenium trisbipyridine complex. The hybrid was equipped with the triad of the ruthenium complex, anthraquinone, and viologen as photo-induced electron transfer system embedded in bilayer membrane.

    Web of Science

    researchmap

  • SUBSTITUENT EFFECT ON THE SOLVOLYSIS OF 2,2-DIMETHYLINDAN-1-YL CHLORIDES

    M FUJIO, K NAKATA, Y TSUJI, T OTSU, Y TSUNO

    TETRAHEDRON LETTERS   33 ( 3 )   321 - 324   1992年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The substituent effect on the solvolysis of 2,2-dimethylindan-1-yl chlorides was analyzed in terms of the LArSR Eq., to give rho = -5.81 and r = 1.14. The coplanarity of alpha-t-butylbenzyl cation system was discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • 二分子膜透過型光誘起電子移動反応を示すルテニウムトリスビピリジン錯体ハイブリッドα-ヘリカルペプチドの分子設計

    9,1813   1992年

     詳細を見る

  • 2,2-ジメチルインダニル塩化物シスにおける溶媒効果

    18,297   1992年

     詳細を見る

  • MAGNETIC-FIELD EFFECTS ON THE DECAY-RATES OF PHOTOGENERATED GEMINATE RADICAL PAIRS IN REVERSED MICELLES

    A UEHATA, H NAKAMURA, S USUI, T MATSUO

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY   93 ( 25 )   8197 - 8203   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    DOI: 10.1021/j100362a012

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • REACTION CONTROL OF PHOTOINDUCED ELECTRON-TRANSFER BY THE USE OF MOLECULAR ASSEMBLIES AND MAGNETIC-FIELD

    S USUI, A UEHATA, H BABA, H NAKAMURA, T MATSUO

    NIPPON KAGAKU KAISHI   8,1477 ( 8 )   1477 - 1485   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • SUBSTITUENT EFFECT ON THE STABILITY OF 1-PHENYLETHYL CATION IN THE GAS-PHASE

    M MISHIMA, S USUI, M FUJIO, Y TSUNO

    NIPPON KAGAKU KAISHI   8,1269 ( 8 )   1269 - 1274   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • STABILITIES OF ALPHA-CUMYL CATIONS IN THE GAS-PHASE

    M MISHIMA, S USUI, H INOUE, M FUJIO, Y TSUNO

    NIPPON KAGAKU KAISHI   8,1262 ( 8 )   1262 - 1268   1989年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

    researchmap

  • 逆ミセル中で生成した光誘起ラジカル対の減滾速度に対する磁場効果

    93 ( 25 )   8197   1989年

     詳細を見る

  • 気相における置換クミルカチオンの安定性

    日本化学会誌   1989 ( 8 )   1262 - 1268   1989年

     詳細を見る

  • 分子集合体界面を利用した光誘起電子移動反応の制御とその磁場効果

    日本化学会誌   1989 ( 8 )   1477 - 1485   1989年

     詳細を見る

  • 1-フェニルエチルカチオンの気相安定性における置換基効果

    日本化学会誌   1989 ( 8 )   1269 - 1274   1989年

     詳細を見る

  • External Magnetic Field Effects on Photoinduced Electron Transfer Reactions in Organized Moleculer Systems

    MRS International Meeting on Advanced Materials   12,339   1988年

     詳細を見る

  • 分子集合体中の光誘起電子移動反応における外部磁場効果

    12,339   1988年

     詳細を見る

  • EFFECTS OF EXTERNAL MAGNETIC-FIELDS ON LASER-INDUCED ELECTRON-TRANSFER REACTIONS IN PORPHYRIN-VIOLOGEN PAIRS AT THE SURFACE OF MOLECULAR BILAYERS

    S USUI, H NAKAMURA, T OGATA, A UEHATA, A MOTONAGA, T MATSUO

    CHEMISTRY LETTERS   9,1779 ( 9 )   1779 - 1782   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    DOI: 10.1246/cl.1987.1779

    Web of Science

    researchmap

  • 分子集合体表面上のポルフィリン-ビオロゲン対中のレーザー誘起電子移動反応における外部磁場の効果

    9,1779   1987年

     詳細を見る

  • ベンジルカチオンの気相中.安定性に対する置換基効果

    6,1047   1987年

     詳細を見る

  • SUBSTITUENT EFFECT ON THE STABILITY OF BENZYL CATION IN THE GAS-PHASE

    M MISHIMA, K ARIMA, S USUI, M FUJIO, Y TSUNO

    CHEMISTRY LETTERS   6,1047 ( 6 )   1047 - 1050   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CHEMICAL SOC JAPAN  

    DOI: 10.1246/cl.1987.1047

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

Works(作品等)

  • Studies on the photosolvolysis mechanisms of phenacyl sulfonates by the aid of LASER Flash photolysis

    2000年

     詳細を見る

  • Photosolvolysis mechanism of 1-albyloxy-2-pyridone.

    2000年

     詳細を見る

  • 1-アルコキシ-2-ピリドンの光分解反応機構

    2000年

     詳細を見る

  • フェナシルスルホナートの光加溶媒分解反応機構のレーザーフラッシュホトリシスによる研究

    2000年

     詳細を見る

  • Photosolvolysis Mechanism of 3-Phenyl-2-chloropropiophenone.

    1999年

     詳細を見る

  • フェナシルスルホナートの光加溶媒分解反応における脱離基効果

    1999年

     詳細を見る

  • 3-フェニル-2-クロロプロピオフェノンの光加溶媒分解反応機構

    1999年

     詳細を見る

  • Leaving Group Effect on the Photosolvolysis of Phenacyl Sulfonate

    1999年

     詳細を見る

  • Substituent Effect on the Stereoselectivity of Photoinduced Phenyl-rearrangement of 2-Chloropropiophenone

    1998年

     詳細を見る

  • Photochemical Reactions of 4'-Alkyloxy-1-methylstilbazolium Ion in the presence of Nucleophiles

    1998年

     詳細を見る

  • Substituent Effect on the Photosolvolysis of Phenacyl Sulfonate

    1998年

     詳細を見る

  • 2-クロロプロピオフェノンの光フェニル転位反応の立体選択性における置換基効果

    1998年

     詳細を見る

  • 求核剤存在下での4'-アルコキシ-1-メチルスチルバゾリウム塩の光反応

    1998年

     詳細を見る

  • フェナシルスルホナートの光加溶媒分解反応における置換基効果

    1998年

     詳細を見る

  • "Theoretical Study on the k<sub>S</sub>-k<sub>Δ</sub> Solvolysis of 2-Phenylethyl System"

    1997年

     詳細を見る

  • 2-フェニルエチルソルボリシスにおけるk<sub>S</sub>-k<sub>Δ</sub>機構の理論研究

    1997年

     詳細を見る

  • Substituent Effect on the Photosolvolysis Products of α-Chloroacetophenone in Trifluoroethnol

    1996年

     詳細を見る

  • Enantioselectivities in the Phenyl-rearrangements of 2-Chloropropiophenones

    1996年

     詳細を見る

  • 2-クロロプロピオフェノンのフェニル転位反応における立体選択性の検討

    1996年

     詳細を見る

  • トリフルオロエタノール中のα-クロロアセトフェノンのフォトソルボリシス生成物比に対する置換基効果

    1996年

     詳細を見る

  • "STEREOSELECTIVE PHOTOINDUCED PHENYL-REARRANGEMENT REACTION OF 2-CHLOROPROPIOPHENONE IN 2,2,2-TRIFLUOROETHANOL"

    1995年

     詳細を見る

  • 2-クロロプロピオフェノンのトリフルオロエタノール中での光フェニル転位反応における立体選択性

    1995年

     詳細を見る

  • Stereoselective Photosolvolysis of 2-Chloropropiophenone

    1994年
    -
    1996年

     詳細を見る

  • 2-クロロプロピオフェノンの立体選択的光加溶媒分解反応

    1994年
    -
    1996年

     詳細を見る

  • Electron-Transfer from Photoexcited State of Two-Electron-Reduced Viologen

    1993年

     詳細を見る

  • α-クロロプロピオフェノンの光フェニル転位反応における置換基効果

    1993年

     詳細を見る

  • ビオロゲン二電子還元体を増感剤として用いた電子移動反応

    1993年

     詳細を見る

  • ペプチド鎖に連結したルテニウム錯体を用いた光誘起電子移動反応

    1993年

     詳細を見る

  • Photo-Induced Electron Transfer Reaction by Ruthenium Complexes Bound to Peptioles

    1993年

     詳細を見る

  • Substituent Effect on the Photoinduced Pheyl Migration of α-chloropropiophenone

    1993年

     詳細を見る

  • 二階段励起によるAuポルフィリン-ピレン間の光誘起電子移動反応

    1991年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • Two Step Photoinduced Electron Transfer Reactions between Gold Porphyrim and Pyrene Derivatives

    1991年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • ルチニウム錯体を光触媒とするナフトール誘導体の酸化的二量化反応

    1991年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • Photo-Oxidative Coupling of Naphthol Derivatives by the Use of Ruthenium Complex

    1991年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • キラルルテニウム(II)錯体を触媒としたコバルト(III)錯体の立体区別光還元反応

    1990年
    -
    1996年

     詳細を見る

  • Enontioselective Photoreduction of Co(III)Complexes by the Use of Chiral Ruthenium(II)Complex

    1990年
    -
    1996年

     詳細を見る

  • 電子受容性ペプチド鎖を有するルテニウム錯体の光電子移動反応

    1990年
    -
    1993年

     詳細を見る

  • Photoinduced Electron Transfer Reactions in Ruthenium Complex with Peptide Chain Containing Electron Acceptor

    1990年
    -
    1993年

     詳細を見る

  • Enontioselective Photoreduction of Co(III)Complexes by the Use of Chiral Ruthenium(II)Complex

    1990年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • キラルルテニウム(II)錯体を光触媒としたコバルト(III)錯体の立体区別光還元反応

    1990年
    -
    1992年

     詳細を見る

  • 亜鉛ポルフィリン-ビオロゲン間の光誘起電子移動反応の時間分割ESRスペクトルによる研究

    1989年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • Photochemical Carbon Dioxide Reductions Cataleyzed by[Ru(bpy)<sub>2</sub>(CO)<sub>2</sub>)<sup>2+</sup>

    1989年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • Time Resolved ESR Spectroscopic Study on Photoinduced Electron Transfer Reactions between Zinc Porphynate and Viologen

    1989年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • [Ru(bpy)<sub>2</sub>(CO)<sub>2</sub>]<sup>2+</sup>を光触媒とする光化学的二酸化炭素還元反応

    1989年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • ビオロゲン-シクロデキストリン錯体が関与する光誘起電子移動反応II:ベンジルビオロゲン及びヘキシルビオロゲン系に関する検討

    1988年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • Photoinduced Electron Transfer Reactions Involving Viologen-Cyclodextrin Complex2 : Studies of Benzyl-and Hexylviolegen Systems

    1988年
    -
    1990年

     詳細を見る

  • ポルフィリン-ビオロゲン間の光誘起電子移動反応とその磁場効果(1)meso-位のピリジニウム基の効果

    1988年
    -
    1989年

     詳細を見る

  • Effects of External Magnetic Fields on Photoinduced Electron Transfer between Porphysin and Viologens(1). Effects of Pyridiniun Group at meso-Position

    1988年
    -
    1989年

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 弥彦山頂における乾性・湿生沈着の観測による新潟県山晴雨発生機構の解明

    2000年

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 炭素陽イオン中間体を経る光フェニル転位反応機構の研究

    研究課題/領域番号:06740499

    1994年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:奨励研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    臼井 聡

      詳細を見る

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    光によりフェニル転移反応を示し、非アルカロイド系抗炎症剤合成の中間体となる2-Phenyl-propionic acidを与える2-Phenylpropiophenone(1)のフォトソルボリシス機構を2,2,2-Trifluoroethanol(TFE)中において検討した。1の無置換体の光反応生成物をHPLCならびに^1H-NMRで解析したところ、フェニル転移生成物(2)79.8%、求核置換反応性生成物(3)7.2%、脱離反応性生物(4)9.2%ならびにフェナシルラジカルの還元生成物(5,6)3.8%が得られた。本光反応の特徴は反応の定量性が高い事のみならず、一般のα-haloketoneのフォトソルボリシスとは異なりラジカル生成物が少なくイオン反応が選択的に進行している事にある。この結果は反応溶媒であるTFEの高極性に起因していると思われる。1のフォトソルボリシスにおける2および3の生成物比を種々の置換体について調べたところ、無置換体では0.091であった3/2比はm-CN体では0.0065、p-OMe体では0.92と、フェニル環への電子吸引性置換基の導入が2の生成を促進させることが明らかとなった。この結果は類似したフェニル転移-求核置換競争反応を示す3-Phenyl-2-butylbrosylateの熱反応が電子吸引性置換基により求核置換反応を促進させている事とは対照的であり、光フェニル転移反応の特異性を表すものである。またm-位に電子吸引性置換基を導入したp-OMe置換体においてもp-OMe体と同等の3/2比が、さらにm-OMe置換体では大きな3/2比12が得られており、本光反応のカルボカチオン生成過程においてベンゼン環から塩素原子への電子移動の重要性が示唆された。

    researchmap

  • キラル遷移金属錯体を光触媒として用いた新規不斉合成

    研究課題/領域番号:05234224

    1993年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:重点領域研究

    提供機関:日本学術振興会

    大久保 捷敏, 臼井 聡, 石田 斉

      詳細を見る

    配分額:2400000円 ( 直接経費:2400000円 )

    本研究は長寿命化した分子ヘリシティを有する新規ルテニウム(II)錯体触媒を分子設計し、基質との直接的結合(配位など)を経ない遠距離相互作用による光触媒的不斉合成を試みた。分子力学解析から、DELTA-[Ru(Men-bpy)_3]^<2+>(Menbpy=4,4'-ビス[(1R,2S,5R)-(-)-メントキシカルボニル]-2,2'-ビピリジン)の分子構造は、DELTA-体のメンチル部位がC_3対称軸に対して反時計廻りのMinus分子ヘリシティ(M(C_3)-DELTA-型)を有することになり、4,4'-ビス[S(-)またはR(+)-1-フェニルエチルアミノカルボニル]-2,2'-ビピリジン(SまたはR-PhEtbpy)配位子を有するRu(II)錯体では、唯一安定な時計廻りPlusヘリシティのP(C_3)-LAMBDA-[Ru(S-PhEtbpy)_3]^<2+>とM(C_3)-DELTA-[Ru(S-PhEtbpy)_3]^<2+>構造が決定された。これらヘリカルRu(II)錯体の光化学的特性は、三重項Metal to Ligand Charge Transfcr (^3MLCT)-[Ru(bpy)_3]^<2+>(bpy=2,2'-ビピリジン)励起体に比して励起波長はほぼ同じであるが、励起寿命は長くなり、また光異性および光分解の量子収率は著しく低下して光安定性の向上がみられた。ヘリカルRu(II)錯体の不斉光触媒機能について、C_3軸対称のP(C_3)-DELTA,M(C_3)-LAMBDA-[Co(acac)_3](acacH=ペンタン-2,4-ジオン)の光学分割・不斉合成から調べると、とりわけM(C_3-DELTA-[Ru(Menbpy)_3]^<2+>はラセミ[Co(acac)_3]の消光反応よりも光学分割において基質分子認識力が強く発揮され、その他の触媒と同じくヘテロヘリカル(M(C_3))-PC-(_3))触媒・基質相互作用が優先される。^3MLCT Ru(II)錯体より生成したヘリカルRu(III)錯体は、[Co(acac)_3]の還元生成物Co(acac)_3(H_2O)/acacHの不斉酸化を触媒し、他のM(C_3型)触媒と同様にM(C_3)-DELTA-[Ru(Menbpy)_3]^<3+>はホモヘリカル対のM(C_3)-LAMBDA-[Co(acac)_3]を優先不斉合成する。不斉認識力序列 DELTA-[Ru(Menbpy)_3]^<2+>]>>LAMBDA)AまたはDELTA)-[Ru(S(またはR)-PhEtbpy)_3]^<2+>>>DELTA-[Ru(bpy)_3]^<2+>はC_3対称軸に対する触媒分子ヘリシティの拡がりに反映し、本反応は新規不斉増殖型光触媒反応であることが明白になった。

    researchmap

  • 金属酵素機能を有する新規な固定化抗体触媒による蛋白質の位置選択的切断に関する研究

    研究課題/領域番号:03650681

    1991年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:一般研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    大久保 捷敏, 佐川 尚, 臼井 聡, 石田 斉

      詳細を見る

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1700000円 )

    酵素機能を有する抗体触媒による蛋白質の位置選択的切断にあたって、まず多点相互作用によりアミノ酸エステル基質を分子認識して反応するペプチド型加水分解酵素モデルの分子設計を試みた。すなわち活性部位となるヒスチジン誘導体と抗原分子を結合したアンカ-型触媒を合成し、別途作製したモノクロ-ナル抗体と溶液中混合することによって抗原ー抗体反応を利用して抗体内部に効率よく触媒部位を導入した抗体ハイブリッド触媒を用いて光学活性アミノ酸エステルの加水分解反応を行なった。その結果、反応は立体選択的に進行し、抗体のもつ不斉環境を利用した抗体ハイブリッド触媒の有用性が示された。また、加水分解反応の遷移状態が四面体構造をとることから遷移状態類似体をハプテンとし、遷移状態を安定化して反応する抗体触媒の開発を以下のように進めた。すなわち電荷の異なる遷移状態類似体としてリン酸エステル(アニオン性)およびアンモニウム塩誘導体(カチオン性)をそれぞれ合成し、これらをハプテンとする抗体触媒の反応性の比較から抗体結合部位での電荷の影響が明らかとなる。アニオン性ハプテンの免疫は現在進めており、これまでにカチオン性ハプテンに対するモノクロ-ナル抗体のL体アミノ酸エステル加水分解反応を調べたところ、中性から弱アルカリ領域では反応の加速がみられなかったものの、弱酸性領域では加速がみられ、そのpH依存性より至適pH〜6であることが示された。同条件下でD体基質を用いたところ反応加速はみられずL体基質に対する高い選択性が示された。さらに、金属酵素機能を有する抗体触媒の開発にあたって、これまでにヒスチジン誘導体へのルテニウム、コバルト等の遷移金属イオン添加効果から、錯形成した触媒の構造と活性および立体選択性の相関を調べており、ペプチド結合切断反応の遷移状態に相当する安定な錯体を用いた遷移状態類似体のハプテンの合成を現在検討している。

    researchmap

  • 水ー有機異相界面を利用した光誘起電子移動の制御と応用

    研究課題/領域番号:01550628

    1989年 - 1990年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:一般研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    中村 博, 米村 弘明, 臼井 聡

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    初年度は水ー有機異相界面として各種の二分子膜等の分子集合体を用い、界面に担持されたポルフィリンから種々の電荷を持つビオロ-ゲン(電子受容体)へのレ-ザ-による光誘起電子移動反応を、界面の電荷と電子受容体の電荷を変化させて検討した。
    正電荷を持つ二分子膜上で反応を行い、反応に対する外部磁場の効果を見ると、負の電荷を持つビオロ-ゲンの場合は外部磁場の印加により環元体の生成が増加した。これはポルフィリンとビオロ-ゲン環元体が生成初期においてスピン間相互作用を持つ距離に暫く留まっていることによると考えられる。一方、正電荷を持つビオロ-ゲンの場合は静電反発により速やかに解離するため外部磁場の影響は受けなかった。
    最終年度は、AOT逆ミセルを用いてこの界面に、両親媒性のポルフィリン化合物、カルバゾ-ル化合物及びフェノチアジン化合物を担持し、これを光増感剤として光誘起電子移動反応と2光子イオン化について検討した。
    逆ミセル上に担持したポルフィリンから逆ミセル内の微小水滴上のビオロ-ゲンへの光誘起電子移動移動について、外部磁場効果を用いて検討を行った結果、これまで電子供与体ー電子受容体の連結系でしか得られていなかった外部磁場効果が顕著に現れた。その詳しい解析の結果、逆ミセルが擬似連結系となるためのケ-ジの役割を果していることが明かとなった。
    一方、AOT逆ミセル界面上に担持した両親媒性ドナ-は、紫外光励起で容易に2光子イオン化する事がわかった。このイオン化は、微小水滴内の水の状態によって変化する事が示された。又、これによって生じたラジカルイオンのAOT逆ミセル上の配置について、電子スピンエコ-法よって検討した。その結果、ドナ-部位と親水部との間のメチレン鎖長によって逆ミセル上のドナ-の配置が制御できることが判明した。

    researchmap

  • 生体系モデル物質を用いる電子移動の制御と光変換への応用

    研究課題/領域番号:62550593

    1987年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:一般研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    中村 博, 臼井 聡

      詳細を見る

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    本年度は, 光合成のモデルとしての光誘起電子移動反応を, ポルフィリンを電子トナー, ビオローゲンを電子アクセプターとして, 均一系および, 逆ミセル系および二分子膜系を用いて行い, ミクロ環境と外部磁場の効果について検討した. まず水溶性ポルフィリンと各種電荷の異なるビオローゲンの組合せで, 表面電荷の異なる二分子膜系において逆電子移動速度, および電荷分離効率に及ぼす磁場の効果をみた. その結果, 正の表面電荷をもつ二分子膜では, 正の電荷をもつビオローゲンの電荷分離効率は大きくなるが磁場によって変化を受けない. 一方負の電荷をもつビオローゲンでは, 0磁場では効率は小さいが, 0.2T以上の磁場を加えることによって逆電子移動速度の減少とともに, 分離効率が上昇した. これらは膜表面と還元体の静電相互作用が分離効率やそれに対する磁場の影響を支配していることを示す.
    一方, 油中水滴型ミクロエマルジョンである逆ミセル中でも水溶性ポルフィリンおよび界面活性剤型ポルフィリンとビオローゲンの組合せで光誘起電子移動反応を行った. この系では有機層中の界面活性剤濃度と水の量の他により水滴の径をコントロールできることが分っており, 水の量を種々変化させて実験を行った. その結果, 同時にポルフィリン分子と, ビオローゲン分子が, この逆ミセル中に入る確率はPoisson分布に従い, その時だけ電子移動が起ることが認められた. このことはまた, 同じ逆ミセル中にある励起ドナー, アクセプターの対は, 100%の確率で電子移動が起ることを示す. 逆電子移動の速度は逆ミセルの大きさが大きくなるほど遅くなり, 一次の動力学に従う. このことから逆ミセル自身が一つのケージとしての役割を果していると考えられる. 以上のことは, 磁場の効果によっても認められた. すなわち, 磁場を加えることにより逆電子移動速度は遅くなったが, その効果はミセルの大きさが小さくなるほど大きい.

    researchmap

  • 液晶相を用いる光反応の制御に関する研究

    研究課題/領域番号:60470082

    1985年 - 1986年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:一般研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    松尾 拓, 臼井 聡, 中村 博

      詳細を見る

    配分額:6900000円 ( 直接経費:6900000円 )

    光生物学的現象は液晶的反応場で発現する。そこで、表示用液晶および生体膜モデル二分子膜に担持した色素のエネルギー移動と電子移動について液晶の特性を利用して制御することを試みつぎの成果を得た。
    (1)液晶相での光励起エネルギー移動:ネマチック液晶に増感剤と受容体色素を溶解した系を透明電極セルに封入して電圧を印加したところ、増感剤の励起光吸収量はあまり変化しないにもかかわらず受容体の蛍光強度は大きな電場依存性を示してエネルギー移動効率が見掛け上いちじるしく変化した。しかし、これらの系の蛍光寿命は印加電圧に依存しないので、真のエネルギー移動効率は液晶の分子配向変化に支配されないことが明かとなり、受容体の蛍光強度変化は蛍光発射方向が液晶の分子配向により大きく変化することを示唆した。そこで、蛍光強度の角度依存性を求めてその確証を得た。
    (2)膜面を介する光電子移動:生体膜モデル物質であるアンモニウム塩二分子膜系に、ポルフィリン亜鉛錯体とビオローゲンをメチレン鎖で結合した電子供与体-受容体連結系を組み込み、レーザー励起による分子内電子移動反応の速度を解析した。メチレン鎖数4から8迄は容易にポルフィリン三重項のビオローゲンによる電子移動消光で二分子膜内から界面へ電子が運び出され、逆方向の電子移動の速度は磁場の印加により大幅に抑制されることが明かになった。
    (3)膜系における光誘起電荷輸送と電荷プール機能の発現:ビオローゲンを末端基とする界面活性剤型ミセルや二分子膜などの組織体で、界面に配列したビオローゲン間の電子交換により電子輸送と電子の貯蔵が可能なことを明かにした。また、電子供与体であるカルバゾール単位を分子内に持つ化合物の二分子膜についてレーザーイオン化を行い、カルバゾール基間での正孔の移動が可能なことを見出した。

    researchmap

  • Mechanistic Studies on the Photosolvolysis of α-Haloketones

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 有機化合物の光転位反応における立体選択性

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 分子軌道計算による有機反応における溶媒効果解析

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • α-ハロケトンの光加溶媒分解反応機構

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • キラルルテニウム錯体を光触媒とした不斉認識電子移動反応と不斉合成

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Photoinduced Enantio differential Electron Transfer by Using Chiral Ruthenium Complex

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Stereoselectivity in the Photo-rearrangement of Organic Conpounds

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 自然環境科学 IV

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学研究演習

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学基礎演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境汚染論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究B

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究C

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(自然環境)A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 化学基礎実習b

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 環境経済システム論Ⅰ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 環境経済システム論I

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 安全教育

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学総論

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学実験C2

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学実験C1

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学基礎実習a

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究C

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究A

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究B

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 専門力アクティブ・ラーニング

    2017年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学基礎実験

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境科学スタディスキルズ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究(自然環境)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • グリーンケミストリー概説

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然科学実験法

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅰ(学外発表)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定演習Ⅰ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅰ(中間発表)

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅠ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学総合演習Ⅰ

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • エネルギー物質科学

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 物質反応化学

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境化学特論Ⅰ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎化学実験

    2008年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 大型機器分析技術

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 環境学入門

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境化学要論III

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学実験C

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 自然環境科学概論C

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 化学実験

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • エネルギー変換論

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 化学物質反応論

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 環境化学特論I

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示