2022/12/10 更新

写真a

イヅミカワ タクジ
泉川 卓司
IZUMIKAWA Takuji
所属
研究推進機構 共用設備基盤センター 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 1999年6月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 格子欠陥

  • 原子核構造

  • Lattice Defect

  • Nuclear Structure

研究分野

  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験

経歴

  • 新潟大学   研究推進機構 共用設備基盤センター   准教授

    2017年2月 - 現在

  • 新潟大学   研究推進機構 アイソトープ総合センター   准教授

    2007年4月 - 2017年1月

  • 新潟大学   助教授

    2004年5月 - 2007年3月

  • 新潟大学   助手

    1996年9月 - 2004年5月

学歴

  • 大阪大学   理学研究科   物理学専攻

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京理科大学   理学部   物理学科

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 応用物理学会

    2006年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本アイソトープ協会

    2003年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本放射線安全管理学会

    2002年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本物理学会

      詳細を見る

 

論文

  • Development of a small Beta-NMR system using Halbach Array permanent magnet

    Y. Kimura, M. Mihara, K. Matsuta, M. Fukuda, Y. Otani, G. Takayama, T. Izumikawa, N. Noguchi, M. Ogose, M. Sato, K. Takatsu, T. Ohtsubo, H. Takahashi, S. Momota, H. Okumura, T. Moriguchi, A. Ozawa, A. Kitagawa, S. Sato

    Hyperfine Interactions   243 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have developed a new and compact β-nuclear magnetic resonance (NMR) system using beta-radioactive nuclei. By using a Halbach array permanent magnet to create a static magnetic field, and a scintillating fiber as a detector, we succeeded in significantly reducing the size and weight of the entire system. The performance of the new spectrometer was tested and evaluated by observing an NMR spectrum of 19O (T1/2 = 26.9 s, I = 5/2) in TiO2.

    DOI: 10.1007/s10751-021-01789-5

    Scopus

    researchmap

  • One-Neutron Removal Cross Sections for <sup>16</sup> N Isomeric State

    M. Fukutome, M. Fukuda, M. Tanaka, D. Nishimura, M. Takechi, T. Ohtsubo, M. Mihara, K. Matsuta, T. Suzuki, T. Yamaguchi, T. Izumikawa, S. Sato, S. Fukuda, A. Kitagawa, H. Takahashi, Y. Kimura, S. Sugawara, K. Takatsu, G. Takayama

    Few-Body Systems   63 ( 2 )   2022年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is well known that the enhancement of halo neutron removal cross sections in neutron halo nuclei. This is one of the evidence for the neutron halo structure. Because the valence neutron of the isomeric state in 16N is considered to be mainly occupying in the s-orbital, we studied the nuclear structure of 16N as a candidate for neutron halo nucleus. In this study, we measured one-neutron removal cross sections σ-1n using secondary beams of 16N with a mixture of ground and isomeric states. We used two types of primary beams, 15N and 18O, to produce 16N beams with different isomeric ratios (8.7, 24.2a 16N beam with a large isomeric ratio is large compared to that obtained with another beam with a small isomeric state. This result suggests that the 16N isomeric state is considered to have a neutron-halo-like structure.

    DOI: 10.1007/s00601-021-01721-1

    Scopus

    researchmap

  • High-resolution beta-NMR of short-lived spin-1/2 nucleus N-17 implanted into water

    Mototsugu Mihara, Yurika Otani, Yoko Kimura, Ryo Wakabayashi, Norihide Noguchi, Mizuki Ogose, Takuji Izumikawa, Hiroyuki Takahashi, Misa Sato, Kazuya Takatsu, Gen Takayama, Sadao Momota, Hiroyuki Okumura, Mitsunori Fukuda, Miki Fukutome, Daiki Nishimura, Kensaku Matsuta, Tadanori Minamisono, Takashi Ohtsubo, Akira Ozawa, Takashi Nagatomo, Atsushi Kitagawa, Shinji Sato

    HYPERFINE INTERACTIONS   242 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER INT PUBL AG  

    Nuclear magnetic resonance (NMR) spectrum of the short-lived nucleus N-17 (I = 1/2, T-1/2 = 4.17s) in liquid water was measured by means of the beta-NMR technique to clarify the chemical species formed by nitrogen ions injected into water. We have improved the spectral resolution to 5ppm in the full width at half maximum which is about 1/40 times compared to the previous study. The shape of the obtained spectrum indicated that it may consist of multiple resonance lines rather than a single line. Some possibilities regarding the chemical states of nitrogen in water are discussed based on the present result.

    DOI: 10.1007/s10751-021-01773-z

    Web of Science

    researchmap

  • High-resolution β-NMR of short-lived spin-1/2 nucleus <sup>17</sup>N implanted into water

    Mototsugu Mihara, Yurika Otani, Yoko Kimura, Ryo Wakabayashi, Norihide Noguchi, Mizuki Ogose, Takuji Izumikawa, Hiroyuki Takahashi, Misa Sato, Kazuya Takatsu, Gen Takayama, Sadao Momota, Hiroyuki Okumura, Mitsunori Fukuda, Miki Fukutome, Daiki Nishimura, Kensaku Matsuta, Tadanori Minamisono, Takashi Ohtsubo, Akira Ozawa, Takashi Nagatomo, Atsushi Kitagawa, Shinji Sato

    Hyperfine Interactions   242 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nuclear magnetic resonance (NMR) spectrum of the short-lived nucleus 17N (I = 1/2, T1/2 = 4.17s) in liquid water was measured by means of the β-NMR technique to clarify the chemical species formed by nitrogen ions injected into water. We have improved the spectral resolution to 5ppm in the full width at half maximum which is about 1/40 times compared to the previous study. The shape of the obtained spectrum indicated that it may consist of multiple resonance lines rather than a single line. Some possibilities regarding the chemical states of nitrogen in water are discussed based on the present result.

    DOI: 10.1007/s10751-021-01773-z

    Scopus

    researchmap

  • Application of spin polarized <sup>19</sup>O beam to the study of oxygen motion in solid oxide fuel cell materials

    Y. Otani, M. Mihara, K. Matsuta, M. Fukuda, R. Wakabayashi, N. Okimoto, M. Fukutome, Y. Kimura, G. Takayama, T. Izumikawa, N. Noguchi, M. Ogose, M. Sato, K. Takatsu, T. Ohtsubo, D. Nishimura, H. Takahashi, S. Sugawara, A. Gladkov, H. Ishiyama, A. Kitagawa, S. Sato, S. Momota, H. Okumura, T. Moriguchi, A. Ozawa, N. Kaname, A. Yano

    Hyperfine Interactions   242 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The spin-lattice relaxation times T1 of an unstable nucleus 19O (T1/2 = 26.9 s, I = 5/2) implanted into Y2O3 stabilized ZrO2 (YSZ), which is a solid oxide fuel cell material, were measured at T = 278 − 333 K by means of the β-NMR technique, using a highly spin polarized 19O beam produced via the heavy ion reaction. The motional correlation times τc for oxygen motion derived from the T1 data are on the same straight line on the Arrhenius plot as those derived from the previous 17O-NMR data at above the room temperature. This indicates that 19O ions implanted into YSZ from outside seem to exhibit the same behavior as oxygen ions in the host YSZ material.

    DOI: 10.1007/s10751-021-01776-w

    Scopus

    researchmap

  • Possibility to Employ Nucleon Pickup Cross Sections to Look into Nucleon Momentum Distributions in Nuclei

    M. Fukuda, N. Tadano, S. Yamaoka, M. Tanaka, J. Ohno, D. Nishimura, M. Takechi, R. Wakabayashi, H. Du, S. Fukuda, T. Izumikawa, N. Kanbara, Y. Kanke, A. Kitagawa, K. Matsuta, M. Mihara, S. Miura, S. Momota, D. Murooka, J. Nagumo, T. Ohtsubo, H. Oikawa, S. Sato, J. Shimaya, Y. Takeuchi, S. Suzuki, T. Suzuki, Y. Tanaka, T. Yamaguchi

    Proceedings of 13th International Conference on Nucleus-Nucleus Collisions   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Journal of the Physical Society of Japan  

    DOI: 10.7566/jpscp.32.010044

    researchmap

  • Beta-NMR of short-lived nucleus <sup>17</sup>N in liquids

    Mototsugu Mihara, Takanobu Sugihara, Mitsunori Fukuda, Akira Homma, Takuji Izumikawa, Atsushi Kitagawa, Kensaku Matsuta, Tadanori Minaisono, Sadao Momota, Takashi Nagatomo, Hiroki Nishibata, Daiki Nishimura, Kosuke Ohnishi, Takashi Ohtsubo, Akira Ozawa, Shinji Sato, Masaomi Tanaka, Ryo Wakabayashi, Shoichi Yagi, Rikuto Yanagihara

    Hyperfine Interactions   240 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019, Springer Nature Switzerland AG. The β-ray detected nuclear magnetic resonance (β-NMR) of a short lived-nucleus 17N (I = 1/2, T1/2 = 4.173 s) in liquid H2O and CH3NO2 has been performed. A π-pulse method was applied to obtain sharp NMR lines, from which the ratio of the Larmor frequencies of 17N in CH3NO2 and 1H was determined to be ν[17N in CH3NO2]/ν[1H2O] = 0.1265751 ± 0.0000019. Two resonance lines were observed for 17N in H2O with the relative frequency shifts of –(2.33 ± 0.37) × 10−4 and (2.91 ± 0.27) × 10−4 referenced to 17N in CH3NO2.

    DOI: 10.1007/s10751-019-1650-3

    Scopus

    researchmap

  • New test of modulated electron capture decay of hydrogen-like Pm-142 ions: Precision measurement of purely exponential decay

    F. C. Ozturk, B. Akkus, D. Atanasov, H. Beyer, F. Bosch, D. Boutin, C. Brandau, P. Buehler, R. B. Cakirli, R. J. Chen, W. D. Chen, X. C. Chen, Dillmann, I, C. Dimopoulou, W. Enders, H. G. Essel, T. Faestermann, O. Forstner, B. S. Gao, H. Geissel, R. Gernhaeuser, R. E. Grisenti, A. Gumberidze, S. Hagmann, T. Heftrich, M. Heil, M. O. Herdrich, P-M Hillenbrand, T. Izumikawa, P. Kienl, C. Klaushofer, C. Kleffner, C. Kozhuharov, R. K. Knoebel, O. Kovalenko, S. Kreim, T. Kuehl, C. Lederer-Woods, M. Lestinsky, S. A. Litvinov, Yu A. Litvinov, Z. Liu, X. W. Ma, L. Maier, B. Mei, H. Miura, Mukha, I, A. Najafi, D. Nagae, T. Nishimura, C. Nociforo, F. Nolden, T. Ohtsubo, Y. Oktem, S. Omika, A. Ozawa, N. Petridis, J. Piotrowski, R. Reifarth, J. Rossbach, R. Sanchez, M. S. Sanjari, C. Scheidenberger, R. S. Sidhu, H. Simon, U. Spillmann, M. Steck, Th Stoehlker, B. H. Sun, L. A. Susam, F. Suzaki, T. Suzuki, S. Yu Torilov, C. Trageser, M. Trassinelli, S. Trotsenko, X. L. Tu, P. M. Walker, M. Wang, G. Weber, H. Weick, N. Winckler, D. F. A. Winters, P. J. Woods, T. Yamaguchi, X. D. Xu, X. L. Yan, J. C. Yang, Y. J. Yuan, Y. H. Zhang, X. H. Zhou

    PHYSICS LETTERS B   797   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    An experiment addressing electron capture (EC) decay of hydrogen-like Pm-142(60+) ions has been conducted at the experimental storage ring (ESR) at GSI. The decay appears to be purely exponential and no modulations were observed. Decay times for about 9000 individual EC decays have been measured by applying the single-ion decay spectroscopy method. Both visually and automatically analysed data can be described by a single exponential decay with decay constants of 0.0126(7) s(-1) for automatic analysis and 0.0141(7) s(-1) for manual analysis. If a modulation superimposed on the exponential decay curve is assumed, the best fit gives a modulation amplitude of merely 0.019(15), which is compatible with zero and by 4.9 standard deviations smaller than in the original observation which had an amplitude of 0.23(4). (C) 2019 The Author(s). Published by Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.physletb.2019.134800

    Web of Science

    researchmap

  • Ca同位体の中性子スキン厚

    田中 聖臣, Aimaganbetov A. S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K. -H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 本間 彰, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 鈴木 健, 中村 翔健, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, 田中 悠太郎, Prochazka A., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 良樹, 福田 光順, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T. K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   73 ( 0 )   365 - 365   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_365

    CiNii Article

    researchmap

  • 中性子過剰軽核の中性子剥離断面積

    福田 光順, 松多 健策, 本間 彰, 池田 彩夏, 神田 直人, 親跡 和弥, 山口 滉太, 冨田 瑞樹, 茂住 圭一, 降幡 瑞貴, 宮瀬 巧, 武智 麻耶, 大坪 隆, 鈴木 健, 藤居 朋也, 横田 健次郎, 坂上 護, 山口 貴之, 町田 聖寛, 泉川 卓司, 福田 茂一, 佐藤 眞二, 大西 康介, 北川 敦志, 西村 太樹, 杉原 貴信, 八木 翔一, 三原 基嗣, Kehl R., 田中 聖臣

    日本物理学会講演概要集   73 ( 0 )   367 - 367   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.1.0_367

    CiNii Article

    researchmap

  • DEVELOPMENT OF HIGH RESOLUTION TOF DETECTOR FOR RI BEAMS USING CHERENKOV RADIATION

    E. Miyata, M. Takechi, T. Ohtsubo, M. Fukuda, D. Nishimura, K. Abe, K. Aoki, A. Ikeda, T. Izumikawa, H. Oikawa, K. Ohnishi, S. Ohmika, I. Kato, Y. Kanke, N. Kanda, R. Kanbe, H. Kikuchi, A. Kitagawa, S. Sato, H. Shimamura, J. Shimaya, S. Suzuki, T. Suzuki, R. Takagaki, H. Takahashi, Y. Takei, Y. Takeuchi, T. Takenouchi, N. Tadano, M. Tanaka, Y. Tanaka, K. Chikaato, H. Du, J. Nagumo, K. Nishizuka, T. Nishimura, S. Fukuda, M. Machida, A. Mizukami, M. Mihara, J. Muraoka, S. Yagi, S. Yamaoka, T. Yamaguchi, K. Yokoyama

    ACTA PHYSICA POLONICA B   48 ( 3 )   409 - 414   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAGIELLONIAN UNIV PRESS  

    We have developed a high time resolution time-of-flight (TOF) detector that detects the Cherenkov light emitted when an RI beam passes through a high refractive index glass. Ni-58 and Xe-132 beams of energies of 200 A 500 A MeV and secondary beams produced with those beams have been used for the test of the Cherenkov detectors. The time resolution of sigma = 5 ps with the inclusion of system resolution has been achieved with a 420 A MeV Xe-132 beam.

    DOI: 10.5506/APhysPolB.48.409

    Web of Science

    researchmap

  • Reaction cross sections for <sup>13-15</sup>b and one-neutron halo in 14b

    M. Tanaka, M. Fukuda, D. Nishimura, M. Takechi, S. Suzuki, H. Du, Y. Tanaka, K. Aoki, S. Fukuda, A. Honma, T. Izumikawa, Y. Kamisho, N. Kanda, I. Kato, Y. Kanke, A. Kitagawa, J. Kohno, M. Machida, K. Matsuta, M. Mihara, E. Miyata, Y. Morita, J. Muraoka, D. Murooka, T. Nagai, M. Nagashima, K. Ohnishi, J. Ohno, T. Ohtsubo, H. Oikawa, S. Sato, H. Shimamura, T. Sugihara, T. Suzuki, N. Tadano, R. Takagaki, Y. Takei, A. Takenouchi, S. Yagi, T. Yamaguchi, S. Yamaki, S. Yamaoka

    Acta Physica Polonica B   48 ( 3 )   461 - 466   2017年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We have measured reaction cross sections (σ13;14;15B on Be, C, Al, and proton targets. In addition to the conventional method of deducing nucleon density distributions based on the Glauber-type calculation, the recently developed method for deducing point-proton and neutron density distributions separately from σoton targets were utilized for these nuclei. The result suggests the necessity for 14B of a large tail in its neutron density distribution, which can be referred to as a one-neutron halo. Rootmean- square point-proton, neutron and matter radii for 13;14;15B were also derived. From present systematic studies for 13;14;15B, a large enhancement of matter and neutron radii in 14B was found for the first time.

    DOI: 10.5506/APhysPolB.48.461

    Scopus

    researchmap

  • Nuclear structure of <sup>15;16</sup>C via reaction cross-section measurements

    H. Du, M. Fukuda, D. Nishimura, M. Takechi, T. Suzuki, Y. Tanaka, I. Kato, M. Tanaka, K. Abe, T. Izumikawa, H. Oikawa, T. Ohtsubo, J. Ohno, Y. Kanke, H. Kikuchi, A. Kitagawa, S. Sato, U. Sayama, J. Shimaya, S. Suzuki, Y. Takeuchi, T. Takemoto, N. Tadano, R. Tamur, J. Nagumo, K. Nishizuka, S. Fukuda, K. Hori, S. Matsunaga, A. Mizukami, M. Mihara, E. Miyata, D. Murooka, S. Yamaoka, T. Yamaguchi

    Acta Physica Polonica B   48 ( 3 )   473 - 479   2017年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Reaction cross sections for 15;16C on nuclear targets (Be, C, Al) and proton target are systematically measured in the intermediate energy range. Nucleon density distributions of 15;16C were deduced from the analyses of present data with existing experimental data using the Glauber-type calculation. Proton and neutron density distributions were also deduced separately from proton target data. Results of root-mean-square radii show a good agreement with theoretical calculations for both isotopes.

    DOI: 10.5506/APhysPolB.48.473

    Scopus

    researchmap

  • 陽子過剰側C同位体の陽子、中性子密度分布

    西塚 賢治, 笈川 浩之, 大西 康介, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 神戸 峻輔, 神田 直人, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 武智 麻耶, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 杉原 貴信, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 高橋 拓希, 田口 義眞, 武井 悠稀, 竹内 勇貴, 竹之内 嵐, 大坪 隆, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 親跡 和弥, 杜 航, 永井 伎, 南雲 淳也, 福田 茂一, 堀 兼修, 福田 光順, 本間 彰, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 町田 聖寛, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 西村 太樹, 横山 耕平, 青木 一矢, 安部 敬治郎, 池田 彩夏, 泉川 卓司

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   314 - 314   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>原子核の反応断面積のエネルギー依存性の系統的測定は不安定核の密度分布を調べる強力な手法である。特に中間エネルギー領域における陽子標的に対する反応断面積は陽子-陽子散乱断面積と陽子-中性子散乱断面積の大きな違いを反映し、陽子密度分布と中性子密度分布の差に感度を持つ。^9-11^C における陽子分布と中性子分布の違いを研究するため、我々は ^9-11^C の陽子標的に対する反応断面積測定実験を放医研の HIMAC で行った。反応標的には C、CH2 標的を用い、その差を取ることで陽子標的に対する反応断面積を導出した。本講演では得られた密度分布から陽子過剰側C同位体の陽子半径の発達と核構造について議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_314

    CiNii Article

    researchmap

  • チェレンコフ放射を利用した不安定核ビーム高時間分解能検出器の研究III

    宮田 恵理, 笈川 浩之, 大西 康介, 大西 淳平, 加藤 郁磨, 神田 直人, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 清水 昇吾, 杉原 貴信, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 鈴木 健, 高橋 拓希, 多田 真嵩, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 田原 智祐, 杜 航, 中村 翔健, 福田 茂一, 大坪 隆, 細川 裕之, 堀 太地, 本間 彰, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 八木 翔一, 柳原 陸斗, 山口 貴之, 横山 耕平, 若山 清志, 福田 光順, 西村 太樹, 池田 彩夏, 石井 瞭, 泉川 卓司, 伊藤 眞子

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   340 - 340   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>最先端加速器施設における不安定核実験において、不安定核ビームの粒子識別向上のためには粒子飛行時間の測定精度を上げることが重要である。そこで我々は、チェレンコフ放射の特性に着目して、高時間分解能全反射型チェレンコフTOF検出器を開発した。量子科学技術研究開発機構HIMACで、^58^Ni、^82^Kr、^132^Xeビーム(200~500AMeV)を用い、検出器テスト実験を行った。本講演では、これまでの成果と二次ビーム粒子識別の解析結果について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_340

    CiNii Article

    researchmap

  • Ni領域中性子過剰核における核子剥離反応の系統的研究

    柳原 陸斗, Aimaganbetov A.S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K.H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 田中 聖臣, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 本間 彰, 中村 翔健, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, 鈴木 健, Prochazka A., Sakhiyev S.K., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 福田 光順, 田中 良樹, 田中 悠太郎, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T.K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   315 - 315   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>核子剥離反応はバレンス核子の状態・運動をプローブできるという点から核構造研究において有力な手段の一つとなるが、Ni領域のような軽中重核では核子剥離反応の詳細な研究は未だ数少ない。今回、理化学研究所RIBFのBigRIPSを用いて、Ni領域の中性子過剰核に対し、核子剥離断面積や剥離破砕片の運動量分布を系統的に測定した。本講演では実験結果を報告し、中性子数やバレンス中性子結合エネルギーとの関連で議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_315

    CiNii Article

    researchmap

  • 中性子過剰側Ni同位体の相互作用断面積と中性子スキン厚

    本間 彰, Aimaganbetov A. S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K. -H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 大坪 隆, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 中村 翔健, 田中 聖臣, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 王 恵仁, 小沢 顕, Prochazka A., 櫻井 博儀, 福田 光順, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 悠太郎, 田中 良樹, 和田 太郎, 鈴木 健, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T. K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   244 - 244   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_244

    CiNii Article

    researchmap

  • 荷電変化断面積および陽子標的に対する反応断面積から導出されるC 同位体荷電半径

    池田 彩夏, 大西 康介, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 神戸 峻輔, 神田 直人, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 武智 麻耶, 島谷 二郎, 杉原 貴信, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 高橋 拓希, 田口 義眞, 武井 悠稀, 竹内 勇貴, 竹之内 嵐, 竹本 貴紀, 大坪 隆, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 親跡 和弥, 杜 航, 永井 伎, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 福田 茂一, 堀 兼修, 福田 光順, 本間 彰, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 町田 聖寛, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 西村 太樹, 横山 耕平, 青木 一矢, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   246 - 246   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_246

    CiNii Article

    researchmap

  • Z=20および28近傍領域の核子ピックアップ断面積

    福田 光順, Aimaganbetov A. S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K. -H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 田中 聖臣, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 武智 麻耶, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 中村 翔健, 本間 彰, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, Prochazka A., 神田 直人, Sakhiyev S. K., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 悠太郎, 鈴木 健, 田中 良樹, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T. K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   213 - 213   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_213

    CiNii Article

    researchmap

  • 重イオン用 Ring-Imaging Cherenkov Counter の開発と性能評価

    町田 聖寛, 福田 光順, 三原 基嗣, 田中 聖臣, 杜 航, 大西 康介, 中村 翔健, 堀 太地, 柳原 陸斗, 大坪 隆, 武智 麻耶, 千葉 順成, 宮田 恵理, 本間 彰, 池田 彩夏, 神田 直人, 泉川 卓司, 鈴木 健, 山口 貴之, 加藤 郁磨, 若山 清志, 森口 哲朗, 西村 太樹, 天野 将道, 北川 敦志, 福田 茂一, 佐藤 眞二, 笈川 浩之, 細川 裕之, 大西 純平, 多田 真嵩, 石井 瞭, 田原 智祐

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   341 - 341   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>原子核実験においてRing-Imaging Cherenkov Counter (RICH)が使われている例は稀であるが、重イオン用速度検出器として利用することができる。コンパクトで高分解能な検出器であり、不安定核実験の今後の更なる発展への寄与が期待される。本公演では、核子あたり数百MeV領域の重イオンビームを使ってRICHの性能評価を行い、2次ビームの粒子識別に成功したので、これを報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_341

    CiNii Article

    researchmap

  • Z=20および28近傍領域の荷電変化断面積測定

    田中 聖臣, Aimaganbetov A. S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K. -H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 本間 彰, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 中村 翔健, 福田 光順, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, Prochazka A., 神田 直人, Sakhiyev S. K., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 悠太郎, 鈴木 健, 田中 良樹, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T. K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   214 - 214   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_214

    CiNii Article

    researchmap

  • K 同位体相互作用断面積測定

    神田 直人, 安 得順, Aimaganbetov A. S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K. H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 武智 麻耶, 福田 直樹, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 大坪 隆, 上岡 大起, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 中村 翔健, 本間 彰, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 王 恵仁, 小沢 顕, Prochazka A., 櫻井 博儀, 田中 聖臣, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 悠太郎, 田中 良樹, 和田 太郎, 福田 光順, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T. K., 鈴木 健, 西村 太樹, 森口 哲朗

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   245 - 245   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_245

    CiNii Article

    researchmap

  • 陽子ターゲットによる高スピン偏極<sup>12</sup>Nビームの生成とその応用

    杉原 貴信, 上庄 康斗, 森田 祐介, 田中 聖臣, 大西 康介, 八木 翔一, 南園 忠則, 泉川 卓司, 大坪 隆, 長島 正幸, 酒井 拓, 三原 基嗣, 阿部 康介, 小沢 顕, 丹羽 崇博, 阿部 康志, 石橋 陽子, 長友 傑, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 金沢 光隆, 取越 正己, 松多 健策, 久保 謙哉, 百田 佐多生, 西村 大樹, 福田 光順, 矢口 雅貴, 岩本 昴大, 若林 優, 大野 淳一

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   231 - 231   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.2.0_231

    CiNii Article

    researchmap

  • 短寿命核<sup>12</sup>NのNMRによる、水中での孤立窒素イオンの挙動研究

    杉原 貴信, 岩切 秀一, 柳原 陸斗, 田中 悠太郎, 杜 航, 大西 康介, 上林 祥平, 南園 忠則, 八木 翔一, 中村 翔健, 堀 太地, 三原 基嗣, 西村 大樹, 泉川 卓司, 小沢 顕, 石橋 陽子, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 鳥越 正巳, 百田 佐多生, 島谷 二郎, 松多 健策, 福田 光順, 大野 淳一, 田中 聖臣, 山岡 慎太郎, 渡邊 浩太

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   593 - 593   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>$\beta$線放射核を用いたNMR($\beta$-NMR)はNMRの検出に対し超高感度であり、試料中で希薄にしか存在しない原子についての研究に適している。今回我々は液体試料を用いた$\beta$-NMRを世界で初めて行い、水中で孤立した窒素イオンの化学シフトや縦緩和時間を観測した。本研究では、その結果から$^{12}$Nの水中での状態と、この新手法の物性分野での有用性を議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_593

    CiNii Article

    researchmap

  • Ca同位体の相互作用断面積と核構造

    田中 悠太郎, Aimaganbetov A.S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K.-H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 田中 聖臣, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 本間 彰, 中村 翔健, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, 鈴木 健, Prochazka A., Sakhiyev S.K., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 福田 光順, 田中 良樹, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T.K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   233 - 233   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>多くのCa同位体はレーザー分光を利用して荷電半径が高精度で測定されている。この荷電半径と相互作用断面積測定により導出できる物質半径から陽子半径および中性子半径をそれぞれ独立に決定できる。本講演では、理研RIビームファクトリーにおいて^42-50^Caの相互作用断面積を測定した結果を報告し、その結果から得られた半径を通じてCa同位体の核構造を議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_233

    CiNii Article

    researchmap

  • 中性子過剰側Ni同位体の相互作用断面積測定

    本間 彰, Aimaganbetov A.S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K.-H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 大坪 隆, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 中村 翔健, 田中 聖臣, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 王 恵仁, 小沢 顕, Prochazka A., 櫻井 博儀, 福田 光順, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 悠太郎, 田中 良樹, 和田 太郎, 鈴木 健, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T.K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   230 - 230   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>Ni同位体について、安定核から中性子過剰側領域での相互作用断面積の測定を理研・RIBFで行った。RIBFで供給される^238^U1次ビーム 30pnA の核破砕反応と用いて^58-78^Niの2次ビームを生成、破砕片分離装置BigRIPSをベースとしたトランスミッション法を用いることにより断面積を測定した。本公演では得られた相互作用断面積の最新の解析結果を報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_230

    CiNii Article

    researchmap

  • Ca,Ni同位体の荷電変化断面積測定

    田中 聖臣, Aimaganbetov A.S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K.-H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 本間 彰, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 鈴木 健, 中村 翔健, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, 田中 悠太郎, Prochazka A., Sakhiyev S.K., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 福田 光順, 田中 良樹, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T.K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   232 - 232   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>原子核の中性子スキン厚の系統的変化は核物質状態方程式の解明において極めて重要であり、そのために荷電変化断面積による陽子分布半径導出法が注目されている。しかし、この手法は軽い質量数領域で議論が行われているものの、中重核領域への拡張は充分に行われていない。そこで本研究では、理研RIBFにおいて陽子分布半径が既知のCa, Ni同位体を含む核種に対して荷電変化断面積測定を行った。本講演では得られた荷電変化断面積実験値と陽子分布半径との関係について議論を行う。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_232

    CiNii Article

    researchmap

  • 中間エネルギー領域における<sup>10</sup>Beの 反応断面積と核構造

    八木 翔一, 神戸 崚輔, 北川 敦志, 河野 準平, 佐藤 眞二, 朱 易帆, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 田代 圭佑, 田中 聖臣, 長島 正幸, 福田 光順, 本間 彰, 三原 基嗣, 森田 祐介, 山木 さやか, 山口 貴之, 若林 優, 渡辺 大介, 西村 太樹, 武智 麻耶, 岩元 昴大, 泉川 卓司, 大坪 隆, 大野 淳一, 上庄 康斗

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   235 - 235   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>本講演は、^10^Beの核子/陽子/中性子密度分布についてのものである。^10^Beは中性子ハロー構造を持つ^11^Beのコアとなる原子核であり、その核構造を調べることは重要である。我々は放射線医学総合研究所の重イオンシンクロトロン加速器:HIMACを用い、中間エネルギー領域における反応断面積測定を行った。反応標的はBe、C、Al、ポリエチレン(CH2)である。この結果とGlauber計算を用い、核子/陽子/中性子密度分布を導出した。これらの密度分布についてまとめ、議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_235

    CiNii Article

    researchmap

  • Ni領域中重核の陽子標的相互作用断面積測定

    中村 翔健, Aimaganbetov A.S., 天野 将道, 荒川 裕樹, Bagchi S., Behr K.H., Burtebayev N., 親跡 和弥, 杜 航, 藤井 朋也, 福田 直樹, 武智 麻耶, Geissel H., 堀 太地, 星野 寿春, 伊五澤 涼, 池田 彩夏, 稲辺 尚人, 猪股 玖美, 板橋 健太, 泉川 卓司, 上岡 大起, 田中 聖臣, 神田 直人, 加藤 郁磨, Kenzhina I., Korkulu Z., Kuk Ye., 日下 健祐, 松多 健策, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 長江 大輔, 本間 彰, Nassurlla M., 西室 国光, 西塚 賢治, 大甕 舜一朗, 大西 康介, 大竹 政雄, 大坪 隆, 王 恵仁, 小沢 顕, Prochazka A., 鈴木 健, Sakhiyev S.K., 櫻井 博儀, Scheidenberger C., 清水 陽平, 杉原 貴信, 炭竃 聡之, 鈴木 伸司, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 田中 良樹, 福田 光順, 田中 悠太郎, 谷畑 勇夫, 和田 太郎, 若山 清志, 八木 翔一, 山口 貴之, 柳原 陸斗, 柳澤 善行, 吉田 光一, Zholdybayev T.K., 西村 太樹, 森口 哲朗, 安 得順

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   231 - 231   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>核子核子散乱断面積のアイソスピン依存性を利用した陽子・中性子分布半径の独立決定法が開発され、軽核の一部において陽子標的及び原子核標的に対する相互作用断面積から中性子スキン厚を導出できることが示されているが、この手法は中重核ではまだ試されていない。そこで我々は、Ni同位体の陽子(ポリエチレン)及び原子核標的に対する相互作用断面積を理研RIBFにて測定した。本講演では、実験結果を報告するとともに、Zero-Degree Spectrometerにおける相互作用断面積測定の可能性や中性子スキン厚導出の可能性について議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_231

    CiNii Article

    researchmap

  • 中間エネルギー領域における<sup>12</sup>Nの1陽子剥離断面積

    大西 康介, 大坪 隆, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 杉原 貴信, 鈴木 健, 高橋 拓希, 武井 悠稀, 竹之内 嵐, 福田 光順, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 親跡 和弥, 杜 航, 永井 伎, 西塚 賢治, 福田 茂一, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 西村 太樹, 宮田 恵理, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 横山 耕平, 武智 麻耶, 森田 祐介, 青木 一矢, 池田 彩夏, 泉川 卓司, 笈川 浩之

    日本物理学会講演概要集   72 ( 0 )   237 - 237   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>陽子ドリップライン核^12^Nは1陽子分離エネルギーが約0.6MeVと小さいことから、バレンス陽子が空間的に外側に広がっていると期待される。しかし、陽子過剰核はクーロンポテンシャルの影響により束縛される傾向にある。また現在発見されている陽子ハロー核は^8^B、^17^Neのみと中性子ハロー核に比べて数少ないことからも、^12^Nにおける陽子ハローの有無は興味深い。そのため、バレンス陽子が弱束縛な場合に感度の高い1陽子剥離断面積を導出し、^12^Nの構造を密度分布の観点から議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.72.1.0_237

    CiNii Article

    researchmap

  • Development of a Portable Gamma-ray Survey System for the Measurement of Air Dose Rates 査読

    GOTO Jun, SHOBUGAWA Yugo, KAWANO Yoh, AMAYA Yoshihiro, IZUMIKAWA Takuji, KATSURAGI Yoshinori, SHIIYA Tomohiro, SUZUKI Tsubasa, TAKAHASHI Takeshi, TAKAHASHI Toshihiro, YOSHIDA Hidenori, NAITO Makoto

    JPS Conference Proceedings (Web)   11   ROMBUNNO.070007 (WEB ONLY)   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Measurements of Reaction Cross Sections for C9-11

    Kenji Nishizuka, Maya Takechi, Takashi Ohtsubo, Daiki Nishimura, Mitsunori Fukuda, Kazuya Aoki, Keijiro Abe, Ayaka Ikeda, Takuji Izumikawa, Hiroyuki Oikawa, Kosuke Ohnishi, Junichi Ohno, Shunichiro Ohmika, Ikuma Kato, Yuki Kanke, Shunsuke Kanbe, Naoto Kanda, Haruka Kikuchi, Atsushi Kitagawa, Shinji Sato, Umito Sayama, Jiro Shimaya, Takanobu Sugihara, Shinji Suzuki, Takeshi Suzuki, Hiroki Takahashi, Yoshisada Taguchi, Yuki Takei, Yuki Takeuchi, Arashi Takenouchi, Takanori Takemoto, Natsuki Tadano, Masaomi Tanaka, Yutaro Tanaka, Kazuya Chikaato, Hang Du, Takumi Nagai, Junya Nagumo, Shigekazu Fukuda, Kensyu Hori, Akira Honma, Masahiro Machida, Satoshi Matsunaga, Atsushi Mizukami, Mototsugu Mihara, Eri Miyata, Daiki Murooka, Shoichi Yagi, Shintaro Yamaoka, Takayuki Yamaguchi, Kouhei Yokoyama

    PROCEEDINGS OF THE 14TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON NUCLEI IN THE COSMOS (NIC2016)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:PHYSICAL SOCIETY JAPAN  

    In order to probe the differences of matter and charge radii of atomic nucleus in the proton-rich C isotopes, measurements of reaction cross sections (sigma(R)) for C9-11 on proton targets in the energy range from 50 to 120A MeV were performed at HIMAC facility, NIRS. Owing to the large di fferences between proton-proton and proton-neutron scattering cross sections at this intermediate energy region, sigma(R) data for atomic nuclei on proton targets are expected to have the sensitivity to the di fferences between proton and neutron distributions in the nucleus. Present preliminary data are compared with the Glauber calculation, which suggest the larger enhancements of proton distributions in C-9 and C-10 compared to C-11.

    DOI: 10.7566/JPSCP.14.021015

    Web of Science

    researchmap

  • <sup>15,16</sup>Cの反応断面積と核構造

    杜 航, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田村 崚, 田中 悠太郎, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 福田 茂一, 堀 兼修, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   71   206 - 206   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>^15^Cは中性子過剰な炭素の不安定同位体で、中性子ハロー構造の可能性が高いと示唆されている。本研究は、中間エネルギーで原子核標的及び水素標的に対する^15^Cの反応断面積を測定し、陽子、中性子密度分布を導出した。同様に導出した^16^Cの密度分布と比較し、^15^Cのハロー構造について議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_206

    CiNii Article

    researchmap

  • 水に打ち込まれた短寿命核<sup>12</sup>NのNMR

    杉原 貴信, 三原 基嗣, 島谷 二郎, 松多 健策, 福田 光順, 矢口 雅貴, 岩本 昴大, 若林 優, 大野 淳一, 上庄 康斗, 森田 祐介, 神戸 崚輔, 田中 聖臣, 篠崎 真一, 山岡 慎太郎, 渡邊 浩太, 岩切 秀一, 柳原 陸斗, 田中 悠太郎, 杜 航, 大西 康介, 上林 祥平, 南園 忠則, 西村 大樹, 泉川 卓司, 大坪 隆, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 酒井 拓, 阿部 康介, 中村 佳裕, 室岡 大樹, 小沢 顕, 長江 大輔, 石橋 陽子, 阿部 康志, 丹羽 崇博, 長友 傑, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 鳥越 正巳, 百田 佐多生

    日本物理学会講演概要集   71   179 - 179   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>以前我々は高エネルギービームを用いて液体H$_2$Oに対し$\beta$線放射核$^{12}$Nを用いた$\beta$-NMRを世界で初めて行い、その結果を学会において発表した。今回はそれに引き続き、化学シフトをさらに精密に測定し、また縦緩和時間$T_1$の温度変化も観測した。本研究では、その結果から$^{12}$Nの水中での状態について議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_179

    CiNii Article

    researchmap

  • 反応断面積測定による<sup>6,8</sup>Heの核構造

    田中 悠太郎, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 田中 聖臣, 杜 航, 大西 康介, 青木 一矢, 池田 彩香, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 杉原 貴信, 鈴木 健, 高橋 拓希, 武井 悠稀, 竹之内 嵐, 只野 奈津生, 親跡 和弥, 永井 伎, 西塚 賢治, 福田 茂一, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 横山 耕平

    日本物理学会講演概要集   71   204 - 204   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>^4^Heというソリッドなコアを持つ中性子過剰核^6,8^Heは、それぞれ中性子ハロー構造、中性子スキン構造を持つ可能性が示唆されており、ハロー構造とスキン構造の差異を調べるための良いプローブである。本講演では、原子核標的・陽子標的に対する反応断面積を中間エネルギー領域で測定した結果を報告し、その結果をもとにGlauber計算から導出した^6,8^Heの核子/陽子/中性子密度分布について核構造との関連で議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_204

    CiNii Article

    researchmap

  • <sup>6,8</sup>Heの中性子剥離断面積と荷電変化断面積

    福田 光順, 田中 悠太郎, 田中 聖臣, 西村 太樹, 武智 麻耶, 杜 航, 大西 康介, 青木 一矢, 池田 彩香, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 杉原 貴信, 鈴木 健, 高橋 拓希, 武井 悠稀, 竹之内 嵐, 只野 奈津生, 親跡 和弥, 永井 伎, 西塚 賢治, 福田 茂一, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 横山 耕平

    日本物理学会講演概要集   71   203 - 203   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>中性子スキンやハロー構造が議論されている 6He, 8He について、核子あたり 40–180 MeV の中間エネルギー領域で、中性子剥離断面積と荷電変化断面積を測定した。これらの断面積は、反応断面積を介して相補的な関係にあり、スキン/ハロー構造との関連や、陽子分布/中性子分布半径との関連でも興味深い。本講演では、実験結果と Glauber 計算などをもとに、これらの核構造や陽子分布半径について議論したい。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_203

    CiNii Article

    researchmap

  • <sup>13,14,17</sup>Cの反応断面積測定と密度分布

    加藤 郁磨, 福田 光順, 安倍 敬治郎, 青木 一矢, 福田 茂一, 杜 航, 泉川 卓司, 神田 直人, 菅家 悠生, 菊池 遥, 北川 敦志, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 水上 純, 村岡 純一, 室岡 大樹, 永井 伎, 南雲 淳也, 西村 太樹, 西塚 賢治, 大西 康介, 大坪 隆, 笈川 浩之, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 島村 元, 杉原 貴信, 鈴木 健, 只野 奈津生, 高垣 龍, 武智 麻耶, 武井 悠稀, 竹本 貴紀, 竹之内 嵐, 竹内 勇貴, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 八木 翔一, 山口 貴之, 山岡 慎太郎

    日本物理学会講演概要集   71   205 - 205   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>反応断面積測定によって不安定核の密度分布を導出する手法が研究されてきた。これにより、不安定核のハロー構造やスキン構造についての系統的な研究、議論が行われてきている。本研究では、放医研HIMACで核子あたり40-100MeV程度のエネルギー領域におけるC同位体の反応断面積を測定した。本講演では、得られた反応断面積測定結果およびC同位体の密度分布について報告する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_205

    CiNii Article

    researchmap

  • 中間エネルギー領域における<sup>12</sup>Nの反応断面積と核構造

    大西 康介, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 青木 一矢, 池田 彩香, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 杉原 貴信, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 高橋 拓希, 武井 悠稀, 竹之内 嵐, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 親跡 和弥, 杜 航, 永井 伎, 西塚 賢治, 福田 茂一, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 横山 耕平

    日本物理学会講演概要集   71   207 - 207   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    <p>陽子過剰核のバレンス陽子はクーロン障壁の影響によって、空間的に広がりにくいと考えられている。しかし、陽子ドリップライン核^12^Nの1陽子分離エネルギーは約0.6MeVと安定核と比べて極めて小さいことから、バレンス陽子が弱束縛な状態にあり、興味深い。そこで本研究では中間エネルギー領域において反応断面積を系統的に測定した。そのデータをもとに、核子/陽子/中性子密度分布に対する情報をGlauber計算を用いて導出し、得られた結果について議論する。</p>

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_207

    CiNii Article

    researchmap

  • 20pAX-4 陽子過剰側C同位体の反応断面積

    西塚 賢治, 武智 麻耶, 大坪 隆, 福田 光順, 西村 太樹, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大野 淳一, 大甕 舜一朗, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 神戸 峻輔, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 田口 義眞, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 杜 航, 南雲 淳也, 福田 茂一, 堀 兼修, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   71   330 - 330   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_330

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20pAB-7 チェレンコフ放射を利用した不安定核ビーム高時間分解能検出器の研究II

    宮田 恵理, 武智 麻耶, 大坪 隆, 福田 光順, 神戸 峻輔, 西村 太樹, 青木 一矢, 安部 敬治郎, 池田 彩夏, 泉川 卓司, 大西 康介, 大甕 舜一朗, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 神田 直人, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 島村 元, 島谷 二郎, 杉原 貴信, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 高垣 龍, 高橋 拓希, 武井 悠稀, 竹内 勇貴, 竹之内 嵐, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 親跡 和弥, 杜 航, 永井 伎, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 西村 拓真, 福田 茂一, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 村岡 純一, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 横山 耕平

    日本物理学会講演概要集   71   321 - 321   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.1.0_321

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Between atomic and nuclear physics: radioactive decays of highly-charged ions 査読

    Dinko Atanasov, Klaus Blaum, Fritz Bosch, Carsten Brandau, Paul Buehler, Xiangcheng Chen, Iris Dillmann, Thomas Faestermann, Bingshui Gao, Hans Geissel, Roman Gernhaeuser, Siegbert Hagmann, Takuji Izumikawa, Pierre-Michel Hillenbrand, Christophor Kozhuharov, Jan Kurcewicz, Sergey A. Litvinov, Yuri A. Litvinov, Xinwen Ma, Gottfried Muenzenberg, Mohammad Ali Najafi, Fritz Nolden, Takashi Ohtsubo, Akira Ozawa, Fatma Cagla Ozturk, Zygmunt Patyk, Matthew Reed, Rene Reifarth, Mohammad Shahab Sanjari, Dieter Schneider, Markus Steck, Thomas Stoehlker, Baohua Sun, Fumi Suzaki, Takeshi Suzuki, Christian Trageser, Xiaolin Tu, Tomohiro Uesaka, Philip Walker, Meng Wang, Helmut Weick, Nicolas Winckler, Philip Woods, Hushan Xu, Takayuki Yamaguchi, Xinliang Yan, Yuhu Zhang

    JOURNAL OF PHYSICS B-ATOMIC MOLECULAR AND OPTICAL PHYSICS   48 ( 14 )   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    Highly charged radioactive ions can be stored for extended periods of time in storage rings which allows for precision measurements of their decay modes. The straightforward motivation for performing such studies is that fully ionised nuclei or few-electron ions can be viewed as clean quantum-mechanical systems, in which the interactions of the many electrons can be either excluded or treated precisely. Thus, the influence of the electron shell on the decay probability can be investigated. Another important motivation is stellar nucleosynthesis, which proceeds at high temperatures and the involved atoms are therefore highly ionised. Presented here is a compact review of the relevant experiments conducted at heavy-ion storage rings. Furthermore, we outline the perspectives for future experiments at new-generation storage-ring facilities.

    DOI: 10.1088/0953-4075/48/14/144024

    Web of Science

    researchmap

  • beta-NMR study of boron in diamond 査読

    T. Izumikawa, M. Mihara, K. Matsuta, M. Fukuda, T. Ohtsubo, S. Ohya, T. Minamisono

    HYPERFINE INTERACTIONS   230 ( 1-3 )   11 - 14   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER  

    A beta-NMR study of B-12 implanted in diamond was performed in order to investigate the implantation sites and the defects. The maintained polarization of B-12 was measured by use of widely modulated rf around the Larmor frequency (nu = nu (L) +/- 200 kHz) as a function of temperature from 160 K to 320 K. The observed polarization was found to be almost constant at about 0.9 % in this temperature range. The initial polarization for this system was obtained as about 8.1 %. Therefore about 10 % of the implanted B-12 maintained its polarization in this frequency range. Conversely, about 90 % of the implanted B-12 was undetected in the present experiment.

    DOI: 10.1007/s10751-014-1090-z

    Web of Science

    researchmap

  • Density distribution of Li-8 and B-8 and capture reaction at low energy 査読

    Fan G. W, Fukuda M, Nishimura D, Cai X. L, Fukuda S, Hachiuma I, Ichikawa C, Izumikawa T, Kanazawa M, Kitagawa A, Kuboki T, Lantz M, Mihara M, Nagashima M, Namihira K, Ohkuma Y, Ohtsubo T, Ren Zhongzhou, Sato S, Sheng Z. Q, Sugiyama M, Suzuki S, Suzuki T, Takechi M, Yamaguchi T, Xu W

    PHYSICAL REVIEW C   91 ( 1 )   2015年1月

  • 22aCD-4 核子ピックアップ反応による核内核子運動量分布の研究

    福田 光順, 只野 奈津生, 山岡 慎太郎, 田中 聖臣, 大野 淳一, 神戸 崚輔, 三原 基嗣, 松多 健策, 島谷 二郎, 田中 悠太郎, 杜 航, 鈴木 健, 山口 貴之, 竹内 勇貴, 三浦 宙, 武智 麻耶, 大坪 隆, 室岡 大樹, 泉川 卓司, 西村 太樹, 南雲 淳也, 菅家 悠生, 笈川 浩之, 神原 直也, 鈴木 伸司, 佐藤 眞二, 福田 茂一, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   70   311 - 311   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_311

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pCF-11GEANT4シミュレーションとの比較によるイオンチェンバーの性能評価2

    菅家 悠生, 千葉 順成, 西村 太樹, 福田 光順, 本間 彰, 泉川 卓司, 上庄 康斗, 神戸 崚輔, 金野 峻平, 北川 淳志, 松永 達, 三原 基嗣, 森田 祐介, 室岡 大樹, 長島 正幸, 南雲 淳也, 大野 淳一, 大坪 隆, 大甕 舜一朗, 佐藤 眞二, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 田口 義眞, 武智 麻耶, 竹内 勇貴, 田中 聖臣, 田代 圭佑, 福田 茂一, 渡邉 浩太, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 吉永 健太, 吉延 俊輝, 朱 易帆

    日本物理学会講演概要集   70   347 - 347   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_347

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pCD-5 性子過剰核^8Heの中性子剥離断面積と核構造

    田中 聖臣, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 鈴木 伸司, 三原 基嗣, 松多 健策, 森田 祐介, 上庄 康斗, 大野 淳一, 神戸 崚輔, 山岡 慎太郎, 渡邊 浩太, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 本間 彰, 室岡 大樹, 鈴木 健, 山口 貴之, 河野 準平, 山木 さやか, 松永 達, 金野 峻平, 田口 義眞, 北川 敦志, 福田 茂一, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   70   330 - 330   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_330

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aCE-12 短寿命放射性核^<12>Nを用いたH_2O中におけるβ-NMR測定

    島谷 二郎, 三原 基嗣, 岩切 秀一, 松多 健策, 福田 光順, 南園 忠則, 大野 淳一, 田中 聖臣, 山岡 慎太郎, 田中 悠太郎, 杜 航, 神戸 崚輔, 渡邊 浩太, 柳原 陸斗, 石橋 陽子, 小沢 顕, 長江 大輔, 大坪 隆, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 長友 傑, 西村 太樹, 北川 敦志, 取越 正己, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   70   382 - 382   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_382

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 23pCF-4 重イオン粒子識別用RICH(Ring Imaging Cherenkov counter)の開発

    山岡 慎太郎, 福田 光順, 三原 基嗣, 松多 健策, 大野 淳一, 田中 聖臣, 神戸 崚輔, 島谷 二郎, 田中 悠太郎, 杜 航, 鈴木 健, 山口 貴之, 竹内 勇貴, 只野 奈津生, 三浦 宙, 西村 太樹, 南雲 淳也, 菅家 悠生, 笈川 浩之, 神原 直也, 安部 敬治郎, 大坪 隆, 武智 麻耶, 室岡 大樹, 泉川 卓司, 鈴木 伸司, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一, Matsunaga S.

    日本物理学会講演概要集   70   356 - 356   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.1.0_356

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aSF-11 中性子過剰核^<16>Cの反応断面積と核構造

    田中 悠太郎, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 田中 聖臣, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田村 崚, 杜 航, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 福田 茂一, 堀 兼修, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   70   221 - 221   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_221

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aSF-10 中性子過剰核^<15>Cの反応断面積と核構造

    杜 航, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 田中 聖臣, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田中 悠太郎, 田村 崚, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 福田 茂一, 堀 兼修, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   70   220 - 220   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_220

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aSF-9 p-sd殻領域中性子過剰核の中性子剥離断面積

    福田 光順, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 杜 航, 西村 太樹, 武智 麻耶, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田村 崚, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 福田 茂一, 堀兼 修, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   70   219 - 219   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_219

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aSF-12 ΔE測定によるsd殻領域中性子剥離破砕片の運動量分布

    田中 聖臣, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 田中 悠太郎, 杜 航, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 大野 淳一, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 菊池 遥, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田村 崚, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 福田 茂一, 堀 兼修, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 室岡 大樹, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   70   222 - 222   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_222

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 26pSH-6 チェレンコフ光を利用した不安定核ビーム高時間分解能検出器の開発

    宮田 恵理, 菊池 遥, 武智 麻耶, 大坪 隆, 福田 光順, 西村 太樹, 安部 敬治郎, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大野 淳一, 大甕 舜一郎, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 神戸 峻輔, 北川 敦志, 金野 峻平, 佐藤 眞二, 佐山 海斗, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 田口 義眞, 竹内 勇貴, 竹本 貴紀, 只野 奈津生, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 杜 航, 南雲 淳也, 西塚 賢治, 西村 拓真, 福田 茂一, 松永 達, 水上 淳, 三原 基嗣, 室岡 大樹, 森田 祐介, 山岡 慎太郎, 山口 貴之, 渡邉 浩太

    日本物理学会講演概要集   70   284 - 284   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_284

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aSF-2 核子ピックアップ反応における生成断面積のエネルギー依存性

    只野 奈津生, 福田 光順, 山岡 慎太郎, 福田 茂一, 泉川 卓司, 神原 直也, 神戸 峻輔, 菅家 悠生, 北川 敦志, 松永 達, 三原 基嗣, 三浦 宙, 室岡 大樹, 南雲 淳也, 西村 太樹, 大坪 隆, 笈川 浩之, 佐藤 眞二, 島谷 二郎, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 竹内 勇貴, 田中 聖臣, 田中 悠太郎, 杜 航, 山口 貴之, 鈴木 健

    日本物理学会講演概要集   70   323 - 323   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.70.2.0_323

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study of spatial resolution of proton computed tomography using a silicon strip detector 査読

    Y. Saraya, T. Izumikawa, J. Goto, T. Kawasaki, T. Kimura

    Nuclear Inst. and Methods in Physics Research   A735C   485 - 489   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nima.2013.09.051

    researchmap

  • Structure of Li-8 from a reaction cross-section measurement 査読

    G. W. Fan, M. Fukuda, D. Nishimura, X. L. Cai, S. Fukuda, I. Hachiuma, C. Ichikawa, T. Izumikawa, M. Kanazawa, A. Kitagawa, T. Kuboki, M. Lantz, M. Mihara, M. Nagashima, K. Namihira, Y. Ohkuma, T. Ohtsubo, Zhongzhou Ren, S. Sato, Z. Q. Shen, M. Sugiyama, S. Suzuki, T. Suzuki, M. Takechi, T. Yamaguchi, B. J. Xu, W. Xu

    PHYSICAL REVIEW C   90 ( 4 )   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    We have precisely measured reaction cross sections (sigma(R)) for Li-8 using Be-9, C-12, Al-27, and proton targets at intermediate energies by the transmission method. From the energy dependence of the sigma(R) including the high energy data, the density distribution of Li-8 was deduced through a modified Glauber model. It is shown that Li-8 has a shorter tail structure in the density as compared with that of B-8 and the matter radius of Li-8 is similar to those of the other nonhalo Li isotopes. The result is consistent with the previous experiments that there is a tendency for Li-8 to be a skin nucleus.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.90.044321

    Web of Science

    researchmap

  • Charge-changing cross sections of Ne-30, Na-32,Na-33 with a proton target 査読

    A. Ozawa, T. Moriguchi, T. Ohtsubo, N. Aoi, D. Q. Fang, N. Fukuda, M. Fukuda, H. Geissel, I. Hachiuma, N. Inabe, Y. Ishibashi, S. Ishimoto, Y. Ito, T. Izumikawa, D. Kameda, T. Kubo, T. Kuboki, K. Kusaka, M. Lantz, Y. G. Ma, M. Mihara, Y. Miyashita, S. Momota, D. Nagae, K. Namihira, D. Nishimura, H. Ooishi, Y. Ohkuma, T. Ohnishi, M. Ohtake, K. Ogawa, Y. Shimbara, T. Suda, T. Sumikama, H. Suzuki, S. Suzuki, T. Suzuki, M. Takechi, H. Takeda, K. Tanaka, R. Watanabe, M. Winkler, T. Yamaguchi, Y. Yanagisawa, Y. Yasuda, K. Yoshinaga

    PHYSICAL REVIEW C   89 ( 4 )   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    The total charge-changing, charge pick-up, and partial charge-changing cross sections of very neutron-rich nuclei (Ne-30, Na-32,Na-33) with a proton target have been measured at similar to 240A MeV for the first time. We introduced the phenomenological correction factor in Glauber-model calculations for the total charge-changing cross sections with the proton target, and applied it to deduce the proton radii of these nuclei. For 30Ne and Na-32, the neutron skin thicknesses of the nuclei were deduced by comparing the proton radii with the matter radii deduced from the interaction cross-section measurements. A significant thick neutron-skin has been observed for the nuclei. We also found that the charge pick-up cross sections are much larger than those in the systematics of stable nuclei.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.89.044602

    Web of Science

    researchmap

  • High rate silicon tracker for proton computed tomography 査読

    T. Kawasaki, T. Izumikawa, J. Goto, Y. Saraya

    2014 IEEE NUCLEAR SCIENCE SYMPOSIUM AND MEDICAL IMAGING CONFERENCE (NSS/MIC)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Proton computed tomography (CT) is an imaging technique using a high-energy proton beam penetrating the human body and shows promise for improving the quality of cancer therapy with high-energy particle beams because more accurate electron density distribution measurements and in-situ positioning can be achieved with proton CT. The deterioration of the spatial resolution owing to multiple Coulomb scattering is saved by reconstructing the proton trajectory. We have developed a prototype system for proton CT and demonstrate a precise measurement of electron density and an improvement in spatial resolution. In order to control of the radiation dose and reduce the exposure time for imaging, the precise position detector should work with very high rate (a few MHz). We have developed high speed tracker with large area silicon strip detector, Amplifier-Shaper-Discriminator LSI, which was developed for drift chamber readout at high energy physics experiment, and FPGA. We report the performance of the tracker evaluated with very high intensity proton beam for the cancer therapy.

    Web of Science

    researchmap

  • First observation of an isomeric state in proton drip-line nucleus P-26

    D. Nishimura, M. Fukuda, T. Sakai, M. Tanaka, K. Abe, J. Chiba, S. Fukuda, H. Furuki, A. Homma, H. Hotaka, N. Ichihashi, N. Inaba, K. Iwamoto, T. Izumikawa, Y. Kamisho, K. Kanbe, N. Kikukawa, A. Kitagawa, J. Kouno, M. Nagashima, Y. Nakamura, I. Nishizuka, K. Matsuta, M. Mihara, S. Miyazawa, Y. Morita, J. Ono, T. Ohtsubo, K. Sato, S. Sato, D. Sera, S. Suzuki, S. Suzuki, T. Suzuki, M. Takechi, K. Tashiro, M. Wakabayashi, D. Watanabe, M. Yaguchi, T. Yamaguchi, S. Yamaki, S. Yasumoto, K. Yoshinaga, Y. Zhu

    INPC 2013 - INTERNATIONAL NUCLEAR PHYSICS CONFERENCE, VOL. 1   66   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:E D P SCIENCES  

    An isomeric state in the proton drip-line nucleus P-26 has been observed by the gamma-ray spectroscopy. The gamma-ray energy and the half-life are 164.4 +/- 0.1 keV and 120 +/- 9 ns, respectively. For the isomeric transition of the mirror nucleus Na-26, the gamma-ray energy of 82.40 +/- 0.04 keV and the half-life of 4.35 +/- 0.16 mu s are also revised. Comparing the experimental reduced transition probabilities of Na-26 and P-26 with theoretical ones calculated by the shell model with the USDA interaction, the spin-parity (J(pi)) of the isomeric state in P-26 is most likely to be 1(+).

    DOI: 10.1051/epjconf/20146602072

    Web of Science

    researchmap

  • Neutron halo in <sup>14</sup>B studied via reaction cross sections

    M. Fukuda, D. Nishimura, S. Suzuki, M. Tanaka, M. Takechi, K. Iwamoto, S. Wakabayashi, M. Yaguchi, J. Ohno, Y. Morita, Y. Kamisho, M. Mihara, K. Matsuta, M. Nagashima, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, T. Ogura, K. Abe, N. Kikukawa, T. Sakai, D. Sera, T. Suzuki, T. Yamaguchi, K. Sato, H. Furuki, S. Miyazawa, N. Ichihashi, J. Kohno, S. Yamaki, A. Kitagawa, S. Sato, S. Fukuda

    EPJ Web of Conferences   66   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Reaction cross sections (σR) for the neutron-rich nucleus 14B on Be, C, and Al targets have been measured at several energies in the intermediate energy range of 45-120 MeV/nucleon. The present experimental σR show a significant enhancement relative to the systematics of stable nuclei. The nucleon density distribution was deduced through the fitting procedure with the modified Glauber calculation. The necessity of a long tail in the density distribution was found, which is consistent with the valence neutron in 2s1/2 orbital with the small empirical one-neutron separation energy in 14B. © Owned by the authors, published by EDP Sciences, 2014.

    DOI: 10.1051/epjconf/20146602037

    Scopus

    researchmap

  • Performance of high-resolution position-sensitive detectors developed for storage-ring decay experiments

    T. Yamaguchi, F. Suzaki, T. Izumikawa, S. Miyazawa, K. Morimoto, T. Suzuki, F. Tokanai, H. Furuki, N. Ichihashi, C. Ichikawa, A. Kitagawa, T. Kuboki, S. Momota, D. Nagae, M. Nagashima, Y. Nakamura, R. Nishikiori, T. Niwa, T. Ohtsubo, A. Ozawa, K. Sato, S. Sato, S. Suzuki

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   317   697 - 700   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    As next generation spectroscopic tools, heavy-ion cooler storage rings will be a unique application of highly charged RI beam experiments. Decay spectroscopy of highly charged rare isotopes provides us important information relevant to the stellar conditions, such as for the s- and r-process nucleosynthesis. In-ring decay products of highly charged RI will be momentum-analyzed and reach a position-sensitive detector set-up located outside of the storage orbit. To realize such in-ring decay experiments, we have developed and tested two types of high-resolution position-sensitive detectors: silicon strips and scintillating fibers. The beam test experiments resulted in excellent position resolutions for both detectors, which will be available for future storage-ring experiments. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nimb.2013.07.056

    Web of Science

    researchmap

  • Spin-polarized radioactive isotope beam produced by tilted-foil technique 査読

    Yoshikazu Hirayama, Mototsugu Mihara, Yutaka Watanabe, Sun-Chan Jeong, Hiroari Miyatake, Sadao Momota, Takashi Hashimoto, Nobuaki Imai, Kensaku Matsuta, Hironobu Ishiyama, Shin-ichi Ichikawa, Tetsuro Ishii, Takuji Izumikawa, Ichiro Katayama, Hirokane Kawakami, Hirokazu Kawamura, Ichiro Nishinaka, Katsuhisa Nishio, Hiroyuki Makii, Shin-ichi Mitsuoka, Aakihiko Osa, Yoshinori Otokawa, Tetsuya K. Sato, Yasuo Wakabayashi

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIONS WITH MATERIALS AND ATOMS   317   693 - 696   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The tilted-foil method for producing spin-polarized radioactive isotope beams has been studied using the re-accelerated radioactive Li-8 and In-123 beams produced at Tokai Radioactive Ion Accelerator Complex (TRIAC) facility. We successfully produced polarization in a Li-8 beam of 7.3(5)% using thin polystyrene foils (4.2 mu g/cm(2)). The systematic study of the nuclear polarization as a function of the number of foils and beam energy has been performed, confirming the features of the tilted-foil technique experimentally. After the study, a spin-polarized radioactive In-123 beam, which is the heaviest ever polarized in its ground state by this method, has been successfully generated by the tilted-foil method, for the nuclear spectroscopy around the doubly magic nucleus Sn-132. (V) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nimb.2013.07.051

    Web of Science

    researchmap

  • Momentum dependence of spin polarization for beta emitting nuclei produced through charge exchange reaction at intermediate energy 査読

    Momota S, Mihara M, Nishimura D, Fukuda M, Kamisho Y, Wakabayashi M, Matsuta K, Suzuki S, Nagashima M, Zhu Shengyun, Yuan Daqing, Zheng Yongnan, Yi Zuo, Fan Ping, Izumikawa T, Kitagawa A, Sato S, Kanazawa M, Torikoshi M, Minamisono T, Nakamura Y, Tashiro K, Honma A, Yoshida N, Shirai H, Ohtsubo T, Nagatomo T, Uenishi H, Iwamoto K, Yaguchi M, Ogura T, Ito T, Yamamura K, Ichikawa Y, Nojiri Y, Alonso J. R, Symons T. J

    HYPERFINE INTERACTIONS   220 ( 1-3 )   53 - 58   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Springer Netherlands  

    In order to investigate the polarization process in charge exchange reactions, we observed the momentum and angular distribution as well as the nuclear polarization of a proton-rich beta-emitting nucleus, ^<28>P (I^π = 3^+, T_<1/2> = 270 msec), produced through the reaction ^<28>Si+^9Be at E = 100 MeV/u, by selecting the momentum and the ejection angle. An analysis by using double Gaussian functions resolved the observed momentum distribution into two reaction components, nucleon knockout and pick-up abrasion reactions, suggested in a previous study. The behavior of the observed angular distribution and nuclear polarization implies the influence of those two components. The momentum dependence of the observed nuclear polarization of ^<28>P could be consistently reproduced by a simple model, in which two reaction components are considered. The present study also shows that the charge exchange reaction at intermediate energy is a useful method to produce polarized beta-emitting nuclei, especially for proton-rich nuclei.

    DOI: 10.1007/s10751-012-0741-1

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • Production of spin polarized N-12 through heavy ion reactions 査読

    M. Mihara, K. Matsuta, D. Nishimura, M. Fukuda, M. Yaguchi, K. Iwamoto, M. Wakabayashi, Y. Kamisho, J. Ohno, Y. Morita, T. Izumikawa, T. Ohtsubo, S. Suzuki, M. Nagashima, K. Abe, T. Sakai, S. Momota, A. Ozawa, D. Nagae, Y. Ishibashi, Y. Abe, T. Niwa, T. Nagatomo, T. Minamisono, M. K. Kubo, A. Kitagawa, M. Torikoshi, M. Kanazawa, S. Sato

    HYPERFINE INTERACTIONS   220 ( 1-3 )   83 - 88   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Production of spin polarized short-lived nucleus N-12 (I (pi) = 1 (+) , T (1/2) = 11 ms) using heavy ion reactions at intermediate energies has been performed. Typical polarization of about -25 % and +10 % through the projectile fragmentation Be(N-14, N-12)X and the charge exchange CH2(C-12, N-12)X processes, respectively, was obtained. The present study proved that the combination of a C-12 beam and a proton target provides a fairly good quality of polarized N-12 beam in terms of intensity and energy uniformity, and is promising for materials science use of N-12 as a nuclear probe.

    DOI: 10.1007/s10751-013-0869-7

    Web of Science

    researchmap

  • Nuclear moments as a probe of electronic structure in material, exotic nuclear structure and fundamental symmetry

    K. Matsuta, T. Minamisono, M. Mihara, M. Fukuda, Shengyun Zhu, Y. Masuda, K. Hatanaka, Daqing Yuan, Yongnan Zheng, Yi Zuo, Ping Fang, Dongmei Zhou, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, S. Momota, D. Nishimura, R. Matsumiya, A. Kitagawa, S. Sato, M. Kanazawa, M. Torikoshi, T. Nagatomo, Y. Nojiri, T. Suzuki, Xizhen Zhang, J. R. Alonso, T. J.M. Symons, S. Kawasaki, S. C. Jeong, Y. Watanabe, K. Minamisono

    Hyperfine Interactions   220 ( 1-3 )   21 - 28   2013年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report our studies in various fields of Physics through nuclear moments utilizing the β-NMR technique, including material sciences, nuclear structures and fundamental symmetries. Especially, we focus on the recent progress in the studies on the electronic structure in Pt through Knight shifts of various impurities, lattice locations of impurities, electric field gradients, the analysis of nuclear spin in terms of its components, anomaly in the spin expectation value for 9C-9Li mirror pair, the G-parity conservation law, and the Ramsey resonance on UCN for future neutron EDM measurements. © 2013 Springer Science+Business Media Dordrecht.

    DOI: 10.1007/s10751-013-0847-0

    Scopus

    researchmap

  • A Map for the Future: Measuring Radiation Levels in Fukushima, Japan 査読

    Yoh Kawano, David Shepard, Yugo Shobugawa, Jun Goto, Tsubasa Suzuki, Yoshihiro Amaya, Masayasu Oie, Takuji Izumikawa, Hidenori Yoshida, Yoshinori Katsuragi, Toshihiro Takahashi, Shigeru Hirayama, Reiko Saito, Makoto Naito

    2012 IEEE Global Humanitarian Technology Conference   53 - 58   2012年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ghtc.2012.18

    researchmap

  • Interaction cross sections for Ne isotopes towards the island of inversion and halo structures of<sup>29</sup>Ne and<sup>31</sup>Ne 査読

    M. Takechi, T. Ohtsubo, M. Fukuda, D. Nishimura, T. Kuboki, T. Suzuki, T. Yamaguchi, A. Ozawa, T. Moriguchi, H. Ooishi, D. Nagae, H. Suzuki, S. Suzuki, T. Izumikawa, T. Sumikama, M. Ishihara, H. Geissel, N. Aoi, Rui Jiu Chen, De Qing Fang, N. Fukuda, I. Hachiuma, N. Inabe, Y. Ishibashi, Y. Ito, D. Kameda, T. Kubo, K. Kusaka, M. Lantz, Yu Gang Ma, K. Matsuta, M. Mihara, Y. Miyashita, S. Momota, K. Namihira, M. Nagashima, Y. Ohkuma, T. Ohnishi, M. Ohtake, K. Ogawa, H. Sakurai, Y. Shimbara, T. Suda, H. Takeda, S. Takeuchi, K. Tanaka, R. Watanabe, M. Winkler, Y. Yanagisawa, Y. Yasuda, K. Yoshinaga, A. Yoshida, K. Yoshida

    Physics Letters, Section B: Nuclear, Elementary Particle and High-Energy Physics   707   357 - 361   2012年2月

     詳細を見る

    Interaction cross sections (σI) for Ne isotopes from the stability line to the vicinity of the neutron drip line have been measured at around 240 MeV/nucleon using BigRIPS at RIBF, RIKEN. The σIfor27-32Ne in every case exceed the systematic mass-number dependence of σIfor stable nuclei, which can be explained by considering the nuclear deformation. In particular the σIfor29Ne and31Ne are significantly greater than those of their neighboring nuclides. These enhancements of σIfor29Ne and31Ne cannot be explained by a single-particle model calculation under the assumption that the valence neutron of29Ne (31Ne) occupies the 0d3/2(0f7/2) orbital, as expected from the standard spherical shell ordering. The present data suggest an s dominant halo structure of29Ne and s- or p-orbital halo in31Ne. © 2011 Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.physletb.2011.12.028

    Scopus

    researchmap

  • Half-life measurements of stored fully ionized and hydrogen-like I-122 ions

    D. R. Atanasov, N. Winckler, D. Balabanski, L. Batist, F. Bosch, D. Boutin, C. Brandau, C. Dimopoulou, H. G. Essel, T. Faestermann, H. Geissel, I. Hachiuma, S. Hess, T. Izumikawa, P. Kienle, R. Knoebel, C. Kozhuharov, J. Kurcewicz, N. Kuzminchuk, S. A. Litvinov, Yu. A. Litvinov, R. S. Mao, R. Maertin, M. Mazzocco, G. Muenzenberg, K. Namihira, F. Nolden, T. Ohtsubo, Z. Patyk, R. Reuschl, M. S. Sanjari, C. Scheidenberger, D. Shubina, U. Spillmann, M. Steck, Th. Stoehlker, B. Sun, T. Suzuki, M. Trassinelli, I. I. Tupitsyn, H. Weick, M. Winkler, D. F. A. Winters, T. Yamaguchi

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL A   48 ( 2 )   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The half-lives of fully ionized and hydrogen-like (H-like) I-122 ions have been measured in a heavy-ion storage ring. The beta(+)-decay constants for both charge states and the electron capture (EC) decay constant of H-like ions have been determined. The EC-decay constant in H-like I-122 ions lambda(H-like)(EC) = 7.35(33) . 10(-4) s(-1) is, within the uncertainty, the same as the one in neutral atoms. This result is in agreement with the estimates of recent theoretical considerations on the EC-decay of few-electron ions that explicitly take into account the conservation of the total angular momentum of the nucleus plus lepton(s) system and its projections. No firm confirmation could be concluded from our results on the predicted effect that allowed Gamow-Teller transitions become forbidden if the initial and final total angular momenta are not equal.

    DOI: 10.1140/epja/i2012-12022-9

    Web of Science

    researchmap

  • 25aXA-8 反応断面積による核構造研究 : HIMACでの研究成果とこれから(25aXA 実験核物理領域,理論核物理領域合同シンポジウム:反応断面積による不安定核のハロー・スキン構造研究の新展開,実験核物理領域)

    福田 光順, 長島 正幸, 中島 真平, 鈴木 健, 山口 貴之, 佐藤 眞二, 福田 茂一, 金澤 光隆, 北川 敦志, 武智 麻耶, 西村 太樹, 鈴木 伸司, 久保木 隆正, 三原 基嗣, 松多 健策, 大坪 隆, 泉川 卓司

    日本物理学会講演概要集   67 ( 0 )   91 - 91   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.1.1.0_91_1

    CiNii Article

    researchmap

  • One- and two-neutron removal reactions from C-19,C-20 with a proton target

    A. Ozawa, Y. Hashizume, Y. Aoki, K. Tanaka, T. Aiba, N. Aoi, H. Baba, B. A. Brown, M. Fukuda, K. Inafuku, N. Iwasa, T. Izumikawa, K. Kobayashi, M. Komuro, Y. Kondo, T. Kubo, M. Kurokawa, T. Matsuyama, S. Michimasa, T. Motobayashi, T. Nakabayashi, S. Nakajima, T. Nakamura, T. Ohtsubo, H. Sakurai, R. Shinoda, M. Shinohara, H. Suzuki, T. Suzuki, M. Takechi, E. Takeshita, S. Takeuchi, Y. Togano, K. Yamada, T. Yamaguchi, T. Yasuno, M. Yoshitake

    PHYSICAL REVIEW C   84 ( 6 )   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    One-and two-neutron removal reactions from C-19 and C-20 have been studied using a liquid-hydrogen target at 40A MeV. A small cross section has been observed in the one-neutron removal reaction from C-20. The observed inclusive removal cross sections are compared with theoretical removal cross sections calculated by using shell model spectroscopic factors and Glauber-model single-particle cross sections. The observed momentum distributions are also compared with those calculated by using continuum-discretized coupled-channel methods. Good consistency between theory and experiment is shown in the one-neutron removal reaction from C-19. However, our theoretical calculation fails to reproduce the neutron removal reactions from C-20, which suggests that further improvements of the theoretical descriptions are necessary.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.84.064315

    Web of Science

    researchmap

  • Nuclear reactions of C-19,C-20 on a liquid hydrogen target measured with the superconducting TOF spectrometer 査読

    T. Yamaguchi, K. Tanaka, T. Suzuki, A. Ozawa, T. Ohtsubo, T. Aiba, N. Aoi, H. Baba, M. Fukuda, Y. Hashizume, K. Inafuku, N. Iwasa, T. Izumikawa, K. Kobayashi, M. Komuro, Y. Kondo, T. Kubo, M. Kurokawa, T. Matsuyama, S. Michimasa, T. Motobayashi, T. Nakabayashi, S. Nakajima, T. Nakamura, H. Sakurai, R. Shinoda, M. Shinohara, H. Suzuki, M. Takechi, E. Takeshita, S. Takeuchi, Y. Togano, K. Yamada, T. Yasuno, M. Yoshitake

    NUCLEAR PHYSICS A   864 ( 1 )   1 - 37   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Reaction cross sections with various kinds of breakup channels for neutron-rich carbon isotopes C18-20 and for Be-9 impinging on a liquid hydrogen target were investigated at 40 MeV/nucleon. The nuclides of interest were produced via projectile fragmentation from a 63 MeV/nucleon Ar-40 beam and were separated in flight at the RIKEN projectile fragment separator (RIPS). The combination of the large-acceptance superconducting TOF spectrometer, TOMBEE (TOF Mass analyzer for exotic BEam Experiment), with a liquid hydrogen target, CRYPTA (CRYogenic ProTon and Alpha target system), enables simultaneous measurements of several reaction channels: the reaction cross sections (sigma(R)), individual elemental fragmentation cross sections (sigma(Delta Z)), charge-changing cross sections (sigma(cc)), neutron-removal cross sections (sigma(-xn)), and charge-pickup cross sections (sigma(Delta Z+i)) for C-19,C-20.sigma(Delta Z), sigma(-xn), and sigma(Delta Z)+1 for C-18; and sigma(R) for Be-9. The present sigma(R) of Be-9 on proton, sigma(R) = 397 +/- 23 mb, measured in the inverse kinematics, was consistent with the previous measurements using proton beams at different laboratories. The sigma(R) of C-19 and C-20 on proton were determined to be sigma(R) = 754 +/- 22 mb and sigma(R) = 791 +/- 34 mb, respectively. Taking into account the beam energy and target dependence of sigma(R), the present sigma(R) are found to be considerably enhanced compared with those measured at around I GeV/nucleon. The sigma Delta Z+1 appears to increase with the mass number of the projectiles, and it significantly contributes to sigma(R) in the present energy range. The finite-range optical-limit and few-body Glauber model analyses were performed for sigma(R) to study the nuclear matter density distributions and to derive the relative strength of the s-wave components of the valence neutrons in C-19 and C-20. A neutron halo structure of C-19 is confirmed with an s-wave dominance of the valence neutron when the effect of the charge-pickup reaction is taken into account. The large sigma(-n) of C-19 and sigma(-2n) of C-20 also support the decoupled structures of C-18 + n and C-18 + 2n, respectively. The sigma(cc) of C-19 and C-20 agree with each other within their experimental uncertainties, which might indicate a similar proton density distribution in C-19 and C-20. The sigma(Delta Z) decreases monotonically without the even odd effect as the number of removed protons increases. (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2011.05.095

    Web of Science

    researchmap

  • Polarization creation in proton-rich P-28 via charge exchange reactions and measurement of its electric quadrupole moment 査読

    Matsuta K, Mihara M, Zhou D. M, Zheng Y. N, Nishimura D, Nagatomo T, Yuan D. Q, Momota S, Izumikawa T, Zuo Y, Fan P, Zhu S. Y, Ohtsubo T, Fukuda M, Namiki Y, Nagashima M, Minamisono T, Kameda D, Sumikama T, Kitagawa A, Kanazawa M, Torikoshi M, Sato S, Matsumiya R, Komurasaki J, Ishikawa D, Hirano H, Takahashi S, Kubo T, Yamada R, Shimbara Y, Nojiri Y, Suzuki T, Zhang X. Z, Alonso J. R, Krebs G. F, Symons T. J

    HYPERFINE INTERACTIONS   198 ( 1-3 )   147 - 151   2010年6月

  • NMR-ON study of (PtNi)-Pt-197 査読

    T. Ohtsubo, S. Ohya, Y. Masamori, T. Izumikawa, S. Muto, K. Nishimura

    HYPERFINE INTERACTIONS   198 ( 1-3 )   143 - 146   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Nuclear magnetic resonance measurement has been performed for Pt-197 oriented at 7 mK in a Ni host. The magnetic hyperfine splitting frequency at external magnetic fields of 0.2, 0.4 and 0.6 T were determined to be 229.4(1), 228.2(2) and 226.9(3) MHz, respectively. By using published values of the magnetic resonance frequency of (PtNi)-Pt-197 and magnetic moments determined by atomic beam methods, the hyperfine anomaly between the two isotopes is deduced to be (191)Delta(197) = +13(5)%. Which is extremely large compared to the theoretical value of +0.2%. Based on the same reasoning, the hyperfine anomaly with Pt-195, an isotope with the same spin and parity, is found to be (195)Delta(197) = +15(5)%. We conclude therefore that the published magnetic moment of Pt-197 is more likely in error. If we assume the hyperfine anomaly (195)Delta(197) = 0, a magnetic moment mu(Pt-191) = 0.45(1) mu(N) is obtained.

    DOI: 10.1007/s10751-010-0252-x

    Web of Science

    researchmap

  • Magnetic hyperfine interaction of Fe-59 in nickel 査読

    Muto Suguru, Ohya Susumu, Ohtsubo Takashi, Izumikawa Takuji, Nishimura Katsuhiko

    HYPERFINE INTERACTIONS   197 ( 1-3 )   117 - 121   2010年4月

  • Directional correlation of nuclear-collision probability for aligned beams of deformed nucleus 査読

    M. Fukuda, D. Nishimura, M. Takechi, M. Mihara, K. Matsuta, R. Matsumiya, T. Kuboki, K. Namihira, I. Hachiuma, T. Yamaguchi, T. Suzuki, Y. Okuma, M. Nagashima, T. Ohtsubo, Y. Shimbara, T. Izumikawa, K. Tanaka, T. Suda, S. Momota, T. Minamisono, W. Xu, G. W. Fan, S. Fukuda, S. Sato, M. Kanazawa, A. Kitagawa

    NUCLEAR PHYSICS A   834 ( 1-4 )   461C - 463C   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Interaction cross sections have been measured for spin-aligned nuclear beams of deformed nucleus. The spin-aligned nuclear beams were created by selecting the momentum of fragments produced in the projectile fragmentation of intermediate energy heavy-ion beams. The directional correlation of nuclear reaction probability for heavy-ion beams of deformed nucleus has been directly observed for the first time.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2010.01.064

    Web of Science

    researchmap

  • Nuclear structure and fundamental symmetry studied through nuclear moments 査読

    K. Matsuta, M. Mihara, M. Fukuda, D. Nishimura, R. Matsumiya, T. Nagatomo, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, S. Momota, D. M. Zhou, D. Q. Yuan, Y. N. Zheng, Y. Zuo, P. Fan, S. Y. Zhu, A. Kitagawa, M. Kanazawa, M. Torikoshi, S. Sato, K. Minamisono, T. Sumikama, M. Ogura, M. Tanigaki, A. Ozawa, T. Yamaguchi, T. Suzuki, K. Tanaka, Maya Takechi, T. Minamisono, Y. Nojiri, P. Levy, T. J. M. Symons, J. R. Alonso, G. F. Krebs

    NUCLEAR PHYSICS A   834 ( 1-4 )   424C - 427C   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We report recent situation of anomaly in spin expectation value found in C-9-Li-9 mirror pair, recent analysis of the nuclear spin in terms of orbital or intrinsic and proton or neutron, and a result from the study of the G-parity conservation law through beta-ray angular correlation in terms of its nuclear orientation.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2010.01.055

    Web of Science

    researchmap

  • Electromagnetic moments of F-22 査読

    M. Mihara, K. Matsuta, J. Komurasaki, H. Hirano, D. Nishimura, S. Momota, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, Y. Shimbara, T. Kubo, D. Kameda, Dongmei Zhou, Yongnan Zheng, Daqing Yuan, Shengyun Zhu, A. Kitagawa, M. Kanazawa, M. Torikoshi, S. Sato, T. Nagatomo, R. Matsumiya, D. Ishikawa, M. Fukuda, T. Minamisono, Y. Nojiri, J. R. Alonso, G. F. Crebs, T. J. M. Symons

    NUCLEAR PHYSICS A   834 ( 1-4 )   75C - 77C   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The magnetic dipole (mu) and electric quadrupole (Q) moments of short-lived nucleus F-22 (I-pi = 4(+), T-1/2 = 4.2 s) have been measured for the first time by means of the beta-NMR technique. A spin polarized F-22 beam was produced through the charge exchange reaction of Ne-22 and was implanted into single crysltals of NaF and MgF2 for mu and Q measurements, respectively. As a result,vertical bar mu(F-22)vertical bar = (2.69443 +/- 0.00039)mu(N) and vertical bar Q(F-22)vertical bar = (3 +/- 2) mb was obtained. These values are well reproduced by the shell model calculations.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2010.01.022

    Web of Science

    researchmap

  • Observation of a Large Reaction Cross Section in the Drip-Line Nucleus <SUP>22</SUP>C 査読 国際誌

    K. Tanaka, T. Yamaguchi, T. Suzuki, T. Ohtsubo, M. Fukuda, D. Nishimura, M. Takechi, K. Ogata, A. Ozawa, T. Izumikawa, T. Aiba, N. Aoi, H. Baba, Y. Hashizume, K. Inafuku, N. Iwasa, K. Kobayashi, M. Komuro, Y. Kondo, T. Kubo, M. Kurokawa, T. Matsuyama, S. Michimasa, T. Motobayashi, T. Nakabayashi, S. Nakajima, T. Nakamura, H. Sakurai, R. Shinoda, M. Shinohara, H. Suzuki, E. Takeshita, S. Takeuchi, Y. Togano, K. Yamada, T. Yasuno, M. Yoshitake

    Physical Review Letters   104 ( 6 )   062701 - 062701   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.104.062701

    PubMed

    researchmap

  • Decay curve study in a standard electron capture decay 査読

    D. Nishimura, M. Fukuda, T. Izumikawa, K. Kisamori, Y. Kuwada, K. Makisaka, R. Matsumiya, K. Matsuta, M. Mihara, T. Ohtsubo, T. Suzuki, A. Takagi, T. Yamaguchi, R. Yokoyama

    NUCLEAR PHYSICS TRENDS   1235   219 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    We have searched for a time-modulated decay in a standard electron capture experiment for (140)pr in order to confirm a report from GSI, where an oscillatory decay has been observed for hydrogen-like Pr-140 and Pm-142 ions in the cooler storage ring. Pr-140 has been produced with the Ce-140(p, n) reaction by a pulsed proton beam accelerated from the Van de Graaff accelerator at Osaka University. Resultant time dependence of the k(alpha) and K-beta X-ray intensities from the daughter shows no oscillatory behavior.

    DOI: 10.1063/1.3442597

    Web of Science

    researchmap

  • Density distribution of Ne-17 and possible shell-structure change in the proton-rich sd-shell nuclei 査読

    K. Tanaka, M. Fukuda, M. Mihara, M. Takechi, D. Nishimura, T. Chinda, T. Sumikama, S. Kudo, K. Matsuta, T. Minamisono, T. Suzuki, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, S. Momota, T. Yamaguchi, T. Onishi, A. Ozawa, I. Tanihata, T. Zheng

    PHYSICAL REVIEW C   82 ( 4 )   044309   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    Reaction cross sections (sigma(R)) for the proton drip-line nucleus Ne-17 have been measured on Be-9, C-12, and Al-27 targets at 64 and 42 MeV/nucleon by the transmission method. From the energy dependence of the sigma(R) including the high energy data, the density distribution of Ne-17 was deduced through a modified Glauber-type calculation. It is indicated that Ne-17 has a long tail in the density, consistent with a (2s(1/2))(2)-dominant configuration of two valence protons.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.82.044309

    Web of Science

    researchmap

  • Reaction cross section studies at NIRS and RIBF 査読

    M. Fukuda, M. Takechi, D. Nishimura, M. Mihara, R. Matsumiya, K. Matsuta, T. Minamisono, T. Ohtsubo, Y. Ohkuma, Y. Shimbara, S. Suzuki, R. Watanabe, T. Izumikawa, S. Momota, T. Suzuki, T. Yamaguchi, T. Kuboki, I. Hachiuma, K. Namihira, S. Nakajima, K. Kobayashi, T. Sumikama, Y. Miyashita, K. Yoshinaga, K. Tanaka, N. Aoi, N. Fukuda, N. Inabe, D. Kameda, T. Kubo, K. Kusaka, M. Lantz, T. Ohnishi, M. Ohtake, T. Suda, H. Takeda, Y. Yanagisawa, A. Yoshida, K. Yoshida, A. Ozawa, T. Moriguchi, H. Ohishi, Y. Itoh, Y. Ishibashi, K. Ogawa, Y. Yasuda, H. Geissel, M. Winkler, S. Sato, M. Kanazawa, A. Kitagawa

    TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS AND ASTROPHYSICS - VII   1238   270 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Reaction cross sections for stable nuclei at intermediate energies have been measured precisely and systematically. The data have been found to be reproduced nicely by the optical-limit approximation of Glauber theory modified to include the nucleon multiple scattering effect and the Fermi-motion effect. Applying this prescription, the nucleon density distribution of Ne-17 has been studied. The surface structure of B-8 and Be-11 has been also studied using this prescription and hydrogen targets. Using the RIBF that has just started application to studies of exotic nuclei, neutron-rich Ne isotopes around the Island of Inversion have been investigated through measurements of their interaction cross sections.

    DOI: 10.1063/1.3455949

    Web of Science

    researchmap

  • Beta-NMR measurement of <sup>58</sup>Cu in Si

    M. Mihara, T. Izumikawa, H. Ueno, K. Matsuta, D. Nishimura, T. Nagatomo, T. Moriguchi, Y. Ito, D. Nagae, M. Fukuda, A. Yoshimi, K. Yamada, M. Takechi, Y. Ichikawa, S. Momota, Y. Hirayama, T. Ohtsubo, S. Suzuki, T. Kubo, Y. Namiki, A. Ozawa, Y. Ishibashi, H. Oishi, K. Suzuki, I. Hachiuma, K. Namihira, D. Horikawa, T. Minamisono, T. Yamaguchi, T. Kuboki, T. Suzuki, K. Satoh, Y. Kobayashi, K. Asahi, K. Matsukawa, K. Shirai

    Hyperfine Interactions   197 ( 1 )   143 - 147   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The β-NMR study of short-lived nucleus 58Cu (Iπ = 1+, T1/2 = 3.2 s) in Si has been performed. Spin polarization of 58Cu induced by the charge exchange reaction of 58Ni was observed in Si at 15 K. The 58Cu magnetic moment {pipe}μ[58Cu]{pipe} = (0.46±0.03)μN deduced from the β-NMR spectrum is consistent with the previous results on the laser spectroscopy. The present result shows that the 58Cu nucleus is promising as a new nuclear probe for the microscopic study of Cu impurities in Si. © 2010 Springer Science+Business Media B.V.

    DOI: 10.1007/s10751-010-0249-5

    Scopus

    researchmap

  • Reaction cross sections at intermediate energies and Fermi-motion effect 査読

    Takechi M, Fukuda M, Mihara M, Tanaka K, Chinda T, Matsumasa T, Nishimoto M, Matsumiya R, Nakashima Y, Matsubara H, Matsuta K, Minamisono T, Ohtsubo T, Izumikawa T, Momota S, Suzuki T, Yamaguchi T, Koyama R, Shinozaki W, Takahashi M, Takizawa A, Matsuyama T, Nakajima S, Kobayashi K, Hosoi M, Suda T, Sasaki M, Sato S, Kanazawa M, Kitagawa A

    PHYSICAL REVIEW C   79 ( 6 )   2009年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.79.061601

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Nuclear structure of proton-rich unstable nucleus P-28 studied by g-factor measurement 査読

    Zheng Yong-Nan, Zhou Dong-Mei, Matsuta K, Mihara M, Fukuda M, Nishimura D, Komurasaki J, Ishikawa D, Matsumiya R, Nagatomo T, Izumikawa T, Takahashi S, Hirano H, Ohtsubo T, Momota S, Nojiri Y, Kitagawa A, Kanazawa M, Torikoshi M, Sato S, Minamisono T, Alonso J. R, Krebs G. F, Symons T. J. M, Yuan Da-Qing, Zuo Yi, Fan Ping, Suzuki T, Zhang Xi-Zhen, Zhu Sheng-Yun

    CHINESE PHYSICS C   33   215 - 217   2009年3月

  • Measurement of the reaction cross section of <SUP>18</SUP>C and observations of fragments from <SUP>17</SUP>C and <SUP>18</SUP>C at 80A MeV 査読

    A. Ozawa, D. Q. Fang, M. Fukuda, N. Iwasa, T. Izumikawa, H. Jeppesen, R. Kanungo, R. Koyama, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, W. Shinozaki, T. Suda, T. Suzuki, M. Takahashi, I. Tanihata, C. Wu, Y. Yamaguchi

    Physicla Review   C78   054313   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.78.054313

    researchmap

  • Studies on the exotic structure of Al-23

    Fang De-Qing, Guo Wei, Ma Chun-Wang, Wang Kun, Yan Ting-Zhi, Ma Yu-Gang, Cai Xiang-Zhou, Shen Wen-Qing, Ren Zhong-Zhou, Sun Zhi-Yu, M. Hosoi, T. Izumikawa, R. Kanungo, S. Nakajima, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, A. Ozawa, T. Suda, K. Sugawara, T. Suzuki, A. Takisawa, K. Tanaka, T. Yamaguchi, I. Tanihata

    CHINESE PHYSICS C   32   34 - 37   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The longitudinal momentum distribution (P-//) of fragments after one-proton removal from Al-23 and reaction cross sections (sigma(R)) for Al-23,Al-24 on carbon target at 74A MeV have been measured simultaneously. An enhancement in sigma(R) is observed for Al-23 compaxed with Al-24. The full width at half maximum of the P-// distribution for Mg-22 fragments has been determined to be 232 +/- 28 MeV/c. Analysis of P-// using the Few-Body Glauber Model indicates a dominant d-wave configuration for the valence proton in the ground state of Al-23. The exotic structure in Al-23 is discussed.

    Web of Science

    researchmap

  • Shallow nitrogen acceptor in TiO(2) studied by beta-NMR spectroscopy 査読

    M. Mihara, R. Matsumiya, K. Shimomura, K. Matsuta, M. Fukuda, D. Ishikawa, J. Komurasaki, D. Nishimura, T. Nagasawa, T. Izumikawa, T. Minamisono

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   401   430 - 432   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The local electronic structure of substitutional nitrogen impurity in rutile TiO(2) was studied by means of the beta-NMR technique. A short-lived 0 emitter (12)N (I = 1, T(1/2) = 11 ms) was implanted into a rutile single crystal as a probe nucleus to detect double-quantum NMR spectrum. The result shows the existence of a small hyperfine interaction at low temperatures due to paramagnetic states localized at oxygen substitutional site, which suggests that a substitutional nitrogen atom acts as a shallow acceptor in rutile TiO(2). (C) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2007.08.204

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Magnetic moment of proton halo nucleus (28)P 査読

    Zhou Dongmei, Zheng Yongnan, Matsuta K, Mihara M, Fukuda M, Nishimura D, Komurasaki J, Ishikawa D, Matsumiya R, Nagatomo T, Izumikawa T, Takahashi S, Hirano H, Ohtsubo T, Momota S, Nojiri Y, Kitagawa A, Kanazawa M, Torikoshi M, Sato S, Minamisono T, Alonso J. R, Krebs G. F, Symons T. J. M, Yuan Daqing, Zuo Yi, Fan Ping, Suzuki T, Zhang Xizhen, Zhu Shengyun

    HYPERFINE INTERACTIONS   180 ( 1-3 )   37 - 42   2007年11月

  • Magnetic moment of (48)Sc 査読

    T. Ohtsubo, Y. Kawamura, S. Ohya, T. Izumikawa, K. Nishimura, S. Muto, T. Shinozuka

    HYPERFINE INTERACTIONS   180 ( 1-3 )   79 - 83   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Nuclear magnetic resonances were measured for (48)Sc and (44m)Sc oriented at 8 mK in an Fe host metal. The magnetic hyperfine splitting frequencies at an external magnetic field of 0.2 T were determined to be 63.22(11) MHz and 64.81(1) MHz for (48)Sc and (44m)Sc, respectively. With the known magnetic moment of mu((44m)Sc) = + 3.88 (1) mu(N), the magnetic moment of (48)Sc is deduced as vertical bar mu((48)Sc)vertical bar = 3.785 (12) mu(N). The measured magnetic moment of (48)Sc is discussed in terms of the shell model using the effective interactions.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9689-6

    Web of Science

    researchmap

  • Hyperfine anomalies of Sc isotopes (A=44, 44 m, 46 and 47) in iron 査読

    S. Ohya, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, K. Nishimura, S. Muto, T. Shinozuka

    HYPERFINE INTERACTIONS   180 ( 1-3 )   55 - 60   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Nuclear magnetic resonance on oriented nuclei (NMR-ON) on Sc isotopes (A = 44, 44 m, 46, 47) in Fe were performed. Using the known magnetic moments the magnetic hyperfine fields were determined. The hyperfine anomalies of various Sc were deduced; (44)Delta(47) = 0.0 (12) %, (44)m Delta(47) = 1.2 (4) %, (46)Delta(47) = 2.7 (8) %. The measured hyperfine anomalies are briefly discussed based on the shell model.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9683-z

    Web of Science

    researchmap

  • Magnetic moment of short lived beta-emitter (24m)Al 査読

    Nishimura D, Komurasaki J, Matsuta K, Mihara M, Matsumiya R, Momota S, Ohtsubo T, Izumikawa T, Hirano H, Kitagawa A, Kanazawa M, Torikoshi M, Sato S, Fukuda M, Ishikawa D, Minamisono T, Watanabe R, Kubo T, Nojiri Y, Alonso J. R, Krebs G. F, Symons T. J

    HYPERFINE INTERACTIONS   180 ( 1-3 )   71 - 74   2007年11月

  • Polarization of Ne-23, Al-24m,Al-25 and P-28 produced through single nucleon pickup and charge-exchange reactions at 100 AMeV

    T. Ohtsubo, H. Hirano, S. Takahashi, K. Matsuta, M. Mihara, M. Fukuda, T. Nagatomo, T. Izumikawa, S. Momota, D. Nishimura, J. Komurasaki, D. Ishikawa, D. M. Zhou, Y. N. Zheng, S. Y. Zhu, A. Kitagawa, M. Kanazawa, M. Torikoshi, S. Sato, T. Minamisono, Y. Nojiri, R. Matsumiya, T. Sumikama, K. Tanaka, K. Yamada, A. Ozawa, T. Suzuki, T. Yamaguchi, S. Nakajima, K. Yoshida, Y. Nakashima, H. Fujiwara, S. Kumashiro, M. Ota, D. Shinojima, H. Tanaka, T. Yasuno, K. Muranaka, T. Maemura, A. Chiba, S. A. Pahlovy, M. Nagao, R. Watanabe, T. Kubo, I. Tanihata, M. Takechi, K. Minamisono, J. R. Alonso, G. F. Krebs, T. J. M. Symons

    HYPERFINE INTERACTIONS   180 ( 1-3 )   85 - 89   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    We measured the polarization of the beta-emitting Ne-23 (I-pi = 5/2(+), T-1/2 = 37.24 s) and Al-25(I-pi = 5/2(+), T-1/2 = 7.18 s) produced through the one nucleon pickup reactions and Al-24m(I-pi = 1(+), T-1/2 = 131 ms, E-ex = 426 keV) and P-28(I-pi = 3(+), T-1/2 = 270 ms) produced through charge-exchange reactions in the intermediate energy heavy ion collisions. We compared them with those from the projectile fragmentation process. The larger polarization seems to persistently be positive throughout the momentum distribution, and sharper momentum distributions suggest that nuclear friction mechanism is responsible for the polarization phenomena.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9690-0

    Web of Science

    researchmap

  • Hyperfine interaction of Al-25 in alpha-Al2O3 and its quadrupole moment 査読

    K. Matsuta, M. Mihara, T. Nagatomo, R. Matsumiya, S. Momota, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, H. Hirano, S. Takahashi, D. Nishimura, J. Komurasaki, A. Kitagawa, M. Kanazawa, M. Torikoshi, S. Sato, M. Fukuda, T. Minamisono, T. Sumikama, K. Tanaka, M. Takechi, D. Ishikawa, S. A. Pahlovy, M. Nagao, Y. Nojiri, J. R. Alonso, G. F. Krebs, T. J. M. Symons

    HYPERFINE INTERACTIONS   180 ( 1-3 )   65 - 69   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The electric quadrupole (Q) moment of short-lived nucleus Al-25 (I-pi = 5/2(+), T-1/2 = 7.18 s) has been measured for the first time, by means of the beta-NQR technique. The spin polarization of Al-25 was produced in heavy ion collisions and was kept in a alpha-Al2O3 single crystal for as long as 2 s and the quadrupole coupling frequency was obtained as vertical bar eqQ/h(Al-25 in Al2O3)vertical bar = (4.05 +/- 0.30) MHz. From the result, the Q moment was determined as vertical bar Q(Al-25)vertical bar = (240 +/- 20) mb. The present

    DOI: 10.1007/s10751-008-9686-9

    Web of Science

    researchmap

  • Examining the exotic structure of the proton-rich nucleus Al-23 査読

    D. Q. Fang, W. Guo, C. W. Ma, K. Wang, T. Z. Yan, Y. G. Ma, X. Z. Cai, W. Q. Shen, Z. Z. Ren, Z. Y. Sun, J. G. Chen, W. D. Tian, C. Zhong, M. Hosoi, T. Izumikawa, R. Kanungo, S. Nakajima, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, A. Ozawa, T. Suda, K. Sugawara, T. Suzuki, A. Takisawa, K. Tanaka, T. Yamaguchi, I. Tanihata

    PHYSICAL REVIEW C   76 ( 3 )   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    The longitudinal momentum distribution (P-//) of fragments after one-proton removal from Al-23 and reaction cross sections (sigma(R)) for Al-23,Al-24 on a carbon target at 74A MeV have been measured. The Al-23,Al-24 ions were produced through projectile fragmentation of 135A MeV Si-28 primary beam using the RIPS fragment separator at RIKEN. P-// is measured by a direct time-of-flight (TOF) technique, while sigma(R) is determined using a transmission method. An enhancement in sigma(R) is observed for Al-23 compared with Al-24. The P-// for Mg-22 fragments from Al-23 breakup has been obtained for the first time. FWHM of the distributions has been determined to be 232 +/- 28 MeV/c. The experimental data are discussed by using the Few-Body Glauber model. Analysis of P-// demonstrates a dominant d-wave configuration for the valence proton in ground state of Al-23, indicating that Al-23 is not a proton halo nucleus.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.76.031601

    Web of Science

    researchmap

  • Temperature dependence of the lattice locations of boron implanted in germanium 査読

    T. Izumikawa, D. Shinojima, S. Takahashi, M. Mihara, K. Matsuta, M. Fukuda, T. Ohtsubo, S. Ohya, T. Minamisono

    HYPERFINE INTERACTIONS   178 ( 1-3 )   79 - 82   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The beta-NMR of the probe atom (12)B implanted in In-doped germanium was measured as a function of temperature. As a result, three resonances were observed: sharp and broad resonances around the Larmor frequency and a resonance split by the electric quadrupole interaction. It was found that the appearance of the resonances is similar to the case of Si host (Izumikawa et al. Hyperfine Interact. 136/137:559-605, 2001). The quadrupole coupling constant for the split resonance was deduced as vertical bar eqQ/h vertical bar = 252(3) kHz under the assumption that it has &lt; 111 &gt; axial symmetry. And furthermore, assuming that the defect atom jumps thermally between the identical defect sites, the activation energy of the jump was deduced as 0.4 +/- 0.1 eV.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9661-5

    Web of Science

    researchmap

  • Electric field gradient at (12)N implanted into ZnO 査読

    R. Matsumiya, M. Mihara, M. Ogura, K. Matsuta, M. Fukuda, T. Izumikawa, T. Minamisono

    HYPERFINE INTERACTIONS   178 ( 1-3 )   63 - 67   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The nuclear quadrupole interaction of short-lived beta-emitter (12)N(I = 1, T(1/2) = 11 ms) implanted into a ZnO single crystal has been studied by means of the beta-NMR method. We have observed a quadrupole splitting of (12)N in ZnO at room temperature, from which the electric field gradient (EFG) q = +(8.6 +/- 1.1) x 10(19) V/m(2) was deduced assuming axially symmetric EFG with respect to the crystalline c axis. A first principle calculation does not reproduce the data under assumption of the lattice location of (12)N at the oxygen substitutional site.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9658-0

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Spin-lattice relaxation of Al-25 and P-28 in Pt 査読

    M. Mihara, K. Matsuta, D. Nishimura, T. Nagatomo, R. Matsumiya, S. Momota, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, D. M. Zhou, Y. N. Zheng, M. Ogura, H. Akai, J. Komurasaki, M. Fukuda, D. Ishikawa, Y. Nojiri, H. Hirano, S. Takahashi, R. Watanabe, T. Kubo, S. Y. Zhu, A. Kitagawa, M. Kanazawa, S. Sato, M. Torikoshi, T. Sumikama, T. Minamisono, J. R. Alonso, G. F. Krebs, T. J. M. Symons

    HYPERFINE INTERACTIONS   178 ( 1-3 )   83 - 86   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The spin-lattice relaxation times T-1 for short-lived beta emitters Al-25(I = 5/2, T-1/ 2 = 7.2 s) and P-28(I = 3, T-1/2 = 270 ms) in Pt were measured by means of the beta-NMR technique. As a result, T-1[Al-25 in Pt] = (1.1(- 0.3)(+0.7)) s and T-1[P-28 in Pt] &gt; 0.5 s were obtained at temperatures of 17 and 20 K, respectively. The Knight shifts were estimated from the Korringa relation, which were evaluated by comparing to the first principle calculations.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9662-4

    Web of Science

    researchmap

  • Electronic structure of substitutional nitrogen impurity in TiO2 studied by the β-NMR method 査読

    Hyperfine Interactions   178 ( 1-3 )   69 - 72   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to study the local electronic structure of nitrogen impurity in rutile TiO2, we have measured double-quantum NMR spectra of short lived β-emitter12N(I = 1, T1/2= 11 ms) implanted into a rutile single crystal by means of the β-NMR technique. The resonance line obtained at room temperature is well accounted for by the second order shift due to the quadrupole interaction at the oxygen substitutional site. The spectrum at 25 K has shown the other lines than the central diamagnetic line shifted by 10-15 kHz to both sides, which has been already shown in the previous data obtained with a different crystal orientation and an external field. The present results supports the existence of a paramagnetic state formed by the substitutional nitrogen impurities. © 2008 Springer Science+Business Media B.V.

    DOI: 10.1007/s10751-008-9659-z

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • New study of reaction cross sections and the nucleon density distribution 査読

    Fukuda M, Takechi M, Mihara M, Matsumiya R, Matsuta K, Minamisono T, Ohtsubo T, Izumikawa T, Momota S, Suzuki T, Yamaguchi T, Nakajima S, Kobayashi K, Tanaka K, Suda T, Sato S, Kanazawa M, Kitagawa A

    TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS VI   891   181 - +   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.2713515

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Precise studies of nucleon density distribution of He-6 and He-8 査読

    M. Takechi, M. Fukuda, M. Mihara, R. Matsumiya, K. Matsuta, T. Minamisono, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, S. Momota, T. Suzuki, T. Yamaguchi, S. Nakajima, K. Kobayashi, K. Tanaka, T. Suda, S. Sato, M. Kanazawa, A. Kitagawa

    TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS VI   891   187 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    Reaction cross sections (sigma(R)) for He-6 and He-8 have been measured on Be-9, C-12, and Al-27 targets at intermediate energies. We deduced the nucleon density distribution of He-6 and He-8 through our data with the use of modified Glauber calculation. This method is a sensitive probe for dilute nucleon density and we successfully clarified the halo structure of He-6 and the neutron skin-type density distribution of He-8.

    Web of Science

    researchmap

  • Polarization and momentum distribution of Ne-23 and Al-25 produced in one nucleon pickup reactions at 100A MeV

    K. Matsuta, T. Nagatomo, M. Mihara, R. Matsumiya, S. Momota, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, H. Hirano, S. Takahashi, A. Kitagawa, M. Kanazawa, M. Torikoshi, S. Sato, M. Fukuda, T. Minamisono, A. Ozawa, K. Yamada, T. Suzuki, T. Yamaguchi, S. Nakajima, T. Sumikama, K. Tanaka, K. Yoshida, Y. Nakashima, H. Fujiwara, S. Kumashiro, M. Ota, D. Shinojima, H. Tanaka, T. Yasuno, K. Muranaka, T. Maemura, A. Chiba, S. A. Pahlovy, M. Nagao, I. Tanihata, K. Minamisono, Y. Nojiri, J. R. Alonso, G. F. Krebs, T. J. M. Symons

    PROCEEDINGS OF THE 17TH INTERNATIONAL SPIN PHYSICS SYMPOSIUM   915   837 - +   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    We measured the polarization of the beta-emitting Ne-23 (I-pi = 5/2(+), T-1/2 = 37.24 s) and 25Al(I-pi = 5/2(+), T-1/2 = 7.18 s), produced through the one nucleon pickup reactions in the intermediate energy heavy ion collisions, and was compared with those from the projectile fragmentation process. The larger polarization which seems to persistently be positive throughout the momentum distribution, and sharper momentum distributions suggest nuclear friction mechanism to be responsible for the polarization phenomena. Using such a large polarization, magnetic moment of 23Ne and the quadrupole moment of 25AI were measured. The obtained values are vertical bar mu(Ne-23)vertical bar = 1.0817(9),mu(N) and vertical bar Q(Al-25)vertical bar = (240 +/- 20) mb.

    Web of Science

    researchmap

  • Study of the Neutron Halo and Skin Structure of ^6He and ^8He(International Workshop on Nuclear Structure-New Pictures in the Extended Isospin Space(NS07)-)

    Takechi M., Fukuda M., Mihara M., Matsumiya R., Komurasaki J., Nishimura D., Ishikawa D., Matsuta K., Minamisano T., Izumikawa T., Ohtsubo T., Matsuyama T., Momota S., Yamaguchi T., Nakajima S., Kobayashi K., Suzuki T., Tanaka K., Suda T., Sato S., Kanazawa M., Kitagawa A.

    素粒子論研究   115 ( 3 )   C107   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:素粒子論グループ 素粒子論研究 編集部  

    DOI: 10.24532/soken.115.3_C107

    CiNii Article

    researchmap

  • Nuclear moments of ^<24m 25>Al and ^<28>P(International Workshop on Nuclear Structure-New Pictures in the Extended Isospin Space(NS07)-)

    MATSUTA K., MIHARA M., NAGATOMO T., MATSUMIYA R., ZHOU D.M., ZHENG Y.N., ZHU S.Y., MOMOTA S., OHTSUBO T., IZUMIKAWA T., HIRANO H., TAKAHASHI S., NISHIMURA D., KOMURASAKI J., KITAGAWA A., KANAZAWA M., TORIKOSHI M., SATO S., FUKUDA M., ISHIKAWA D., MINAMISONO T., SUMIKAMA T., TANAKA K., TAKECHI M., WATANABE R., KUBO T, PAHLOVY S.A., NAGAO M., NOJIRI Y., ALONSO J.R., KREBS G.F., SYMONS T.J.M

    素粒子論研究   115 ( 3 )   C89   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:素粒子論グループ 素粒子論研究 編集部  

    DOI: 10.24532/soken.115.3_C89

    CiNii Article

    researchmap

  • Study of exoticness of proton-rich nuclei Al-23 and it's neighboring nuclei 査読

    Ma Chun-Wang, Fang De-Qing, Guo Wei, Wang Kun, Yan Ting-Zhi, Ma Yu-Gang, Cai Xiang-Zhou, Shen Wen-Qing, Sun Zhi-Yu, Ren Zhong-Zhou, Chen Jin-Gen, Tian Wen-Dong, Wang Hong-Wei, Ma Er-Jun, Liu Gui-Hua, Shi Yu, Su Qian-Min, Zhong Chen, M. Hosoi, T. Izumikawa, R. Kanungo, S. Nakajima, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, T. Suda, K. Sugawara, T. Suzuki, A. Ozawa, A. Takisawa, K. Tanaka, T. Yamaguchi, I. Tanihata

    HIGH ENERGY PHYSICS AND NUCLEAR PHYSICS-CHINESE EDITION   30   186 - 188   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:中国語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCIENCE CHINA PRESS  

    We measured the reaction cross sections(sigma(R)) and parallel momentum distributions(P-//) of Al-23 and it's neighboring nuclei at RIKEN-RIPS. An enhanced sigma(R) of Al-23 is observed, which is consistent with the previous experimental result. And the P-// of fragment from the projectile breakup nuclei have been obtained at the same time. We discuss our experimental data under the Few-Body Glauber Model. The P-// of Al-23 shows the ground state of the valence proton is a d-wave, which is consistent with the recent measurement of Al-23's g factor. To explain the experimental sigma(R) and P-// of Al-23 at the same time, we suggest an enlarged core of Al-23.

    Web of Science

    researchmap

  • Measurements of reaction cross section and fragment momentum distribution for N=10 proton-rich isotones 査読

    W. Guo, D. Q. Fang, Y. G. Ma, C. W. Ma, K. Wang, T. Z. Yan, X. Z. Cai, W. Q. Shen, Z. Y. Sun, Z. Z. Ren, J. G. Chen, J. H. Chen, G. H. Liu, E. J. Ma, G. L. Ma, Y. Shi, Q. M. Su, W. D. Tian, H. W. Wang, C. Zhong, J. X. Zuo, M. Hosoi, T. Izumikawa, R. Kanungo, S. Nakajima, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, A. Ozawa, T. Suda, K. Sugawara, T. Suzuki, A. Takisawa, K. Tanaka, T. Yamaguchi, I. Tanihata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS E-NUCLEAR PHYSICS   15 ( 7 )   1523 - 1530   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    The longitudinal momentum (p(//)) distributions of fragments after one-proton removal and reaction cross sections (sigma R) for several N = 10 isotones at intermediate energy (similar to 70A MeV) have been measured simultaneously at the RIken Projectile fragment Separator (RIPS). p(//) was measured using a direct time-of-flight (TOF) technique, while sigma(R) was determined using a transmission method. An enhanced sigma(R) is observed for Al-23 comparing with its neighbors. The p(//) distribution for Mg-22 fragments from Al-23 one-proton removal reaction has been obtained for the first time. The experimental data are discussed within a Few Body Glauber (FBG) framework. Analysis of p// indicates a dominant d-wave component in the ground state of Al-23. This agrees with recent experimental results. We also suggest the possibility of an enlarged Mg-22 core for proton-rich nucleus Al-23.

    DOI: 10.1142/S0218301306005101

    Web of Science

    researchmap

  • Measurement of the spin and magnetic moment of Al-23

    A. Ozawa, K. Matsuta, T. Nagatomo, M. Mihara, K. Yamada, T. Yamaguchi, T. Ohtsubo, S. Momota, T. Izumikawa, T. Sumikama, Y. Nakashima, H. Fujiwara, S. Kumashiro, R. Matsumiya, M. Ota, D. Shinojima, H. Tanaka, T. Yasuno, S. Nakajima, T. Suzuki, K. Yoshida, K. Muranaka, T. Maemura, A. Chiba, Y. Utsuno, M. Fukuda, K. Tanaka, I. Tanihata, Y. Nojiri, T. Minamisono, J. R. Alonso, G. F. Krebs, T. J. M. Symons

    PHYSICAL REVIEW C   74 ( 2 )   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER PHYSICAL SOC  

    For the first time, we obtained the g factor for the ground state of Al-23 by use of a beta-NMR measurement. Al-23 has a small proton separation energy and is a potential proton-halo candidate. The obtained g factor, vertical bar g vertical bar=1.557 +/- 0.088, clearly shows the spin and parity, J(pi)=5/2(+), for Al-23, which is the same as that of its mirror partner, Ne-23. The possible nuclear structure of Al-23 is also discussed.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.74.021301

    Web of Science

    researchmap

  • Measurements of the interaction cross-sections for <sup>14</sup>Be and <sup>14,15</sup>B as projectiles with a new scheme at RIBLL

    A. Ozawa, Y. Z. Cai, Z. Q. Chen, M. Chiba, D. Q. Fang, Z. G. Guo, T. Izumikawa, J. X. Li, R. S. Mao, T. Ohnishi, W. Q. Shen, T. Suda, Z. Y. Sun, T. Suzuki, I. Tanihata, W. D. Tian, J. S. Wang, M. Wang, Y. B. Wei, G. Q. Xiao, Z. G. Xiao, T. Yamaguchi, Y. Yamaguchi, A. Yoshida, W. L. Zhan, H. Y. Zhang, T. Zheng, C. Zhong

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   247 ( 2 )   155 - 160   2006年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have measured the interaction cross-sections (σI) for light neutron-rich nuclei (14Be, 14,15B) at ∼50A MeV at the Radioactive Ion Beam Line in Lanzhou (RIBLL) in IMP with a new scheme. In this scheme, a carbon reaction target was installed at the intermediate focusing point at RIBLL. This scheme allowed us to identify particles before and after the reaction target unambiguously. However, this scheme might suffer a large loss of transmission efficiency in the second half of RIBLL. We checked this effect by changing the emittance of the RI beams. The results showed that a correction of the transmission efficiency is needed to deduce σI. We performed a Monte Carlo type simulation and tried to deduce σI for the above nuclei. Finally, we obtained reasonable σI although their error bars were fairly large. The results were compared with calculations by an energy-dependent semi-empirical formula. © 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nimb.2006.01.054

    Scopus

    researchmap

  • Lattice location of B-12 implanted in Si

    T Izumikawa, K Matsuta, K Sato, T Miyake, M Mihara, M Fukuda, SY Zhu, T Minamisono

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   376   193 - 195   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The beta-NMR study of B-12 implanted in semiconductor Si was performed to understand dynamic behaviour of the defects. The temperature dependences of the fraction of the implantation sites were measured under two different external magnetic fields. The measurements were well explained by the fast spin-lattice relaxation due to the thermal atomic jump between the identical defect sites. The activation energy of the jump was also deduced as 0.40 +/- 0.04 eV under the external magnetic field of 3.5 kOe. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2005.12.051

    Web of Science

    researchmap

  • Microscopic observation of impurities in TiO2 using radioactive nuclear probes

    M Mihara, S Kumashiro, H Fujiwara, R Matsumiya, K Matsuta, Y Nakashima, YN Zheng, M Ogura, T Sumikama, T Nagatomo, K Minamisono, M Fukuda, T Izumikawa, T Minamisono

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   376   955 - 958   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The dynamical behavior of nitrogen impurity in TiO2 was examined microscopically by means of the beta-NMR technique. Short-lived radioactive nucleus N-12(I = 1, T-1/2 = 11 ms) was implanted into a single crystal of rutile TiO2 and its NMR was observed at 300-900 K through the beta-ray detection. Spin-lattice relaxation due to a fluctuation of the nuclear quadrupole interaction induced by an atomic motion was observed for oxygen substitutional and interstitial lattice sites. The corresponding amplitude of the fluctuation for the substitutional site was found to be much smaller than the static quadrupole field. From this result and the deduced activation energy, we infer that a substitutional N-12 atom remains in the site and the observed spin-lattice relaxation is attributed to the motion of some kind of defects. The possibility of interstitial nitrogen diffusion is also discussed. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.physb.2005.12.237

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Measurements of the reaction cross sections and momentum distributions for Al-23 neighbouring nuclei

    K. Wang, D. Q. Fang, W. Guo, Y. G. Ma, C. W. Ma, T. Z. Yan, X. Z. Cai, W. Q. Shen, Z. Y. Sun, Z. Z. Ren, J. G. Chen, G. H. Liu, E. J. Ma, Y. Shi, Q. M. Su, W. D. Tian, H. W. Wang, C. Zhong, M. Hosoi, T. Izumikawa, R. Kanungo, S. Nakajima, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, A. Ozawa, T. Suda, K. Sugawara, T. Suzuki, A. Takisawa, K. Tanaka, T. Yamaguchi, K. Tanaka, T. Yamaguchi, I. Tanihata

    NUCLEAR PHYSICS TRENDS   865   63 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    The reaction cross sections and momentum distributions for Al-23 and its neighbouring nuclei have been measured at the Riken Projectile Fragment Separator (RIPS). The primary beam of 135 A MeV Si-28 was used to produce the secondary beams. The measurement of sigma(R) was carried out by using a transmission-type method. sigma(R) was determined by the ratios between incident and outgoing particles without reaction from both target-in and target-out measurements. P-// of fragment from breakup reactions was determined from the measured TOF between F2 and F3. An enhancement is observed in sigma(R) for Al-23 compared to its neighbors. The P-// of Mg-22 fragments from Al-23 breakup have been obtained. The width of the distributions is found to be consistent with prediction by the Goldhaber Model. The experimental data are discussed in the framework of Glauber model. The analysis of P-// indicates a dominant d-wave component in the ground state of Al-23. This confirms the result of a recent magnetic moment measurement which indicates that the valence proton is in d-wave.

    Web of Science

    researchmap

  • Nuclear structure study through nuclear moments of mirror pairs

    K. Matsuta, T. Nagatomo, A. Ozawa, M. Mihara, R. Matsumiya, K. Yamada, T. Yamaguchi, T. Ohtsubo, S. Momota, T. Izumikawa, T. Sumikama, Y. Nakashima, H. Fujiwara, S. Kumashiro, M. Ota, D. Shinojima, H. Tanaka, T. Yasuno, S. Nakajima, T. Suzuki, K. Yoshida, K. Muranaka, T. Maemura, A. Chiba, Y. Utsuno, M. Fukuda, K. Tanaka, A. Kitagawa, M. Torikoshi, M. Kanazawa, S. Sato, M. Takechi, T. Miyake, M. Ogura, I. Tanihata, Y. Nojiri, K. Minamisono, T. Minamisono, J. R. Alonso, G. F. Krebs

    NUCLEAR PHYSICS TRENDS   865   153 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    beta-NMR spectra have been observed for Cl-33, Al-23 and Ne-23. As a result, the magnetic moment of Cl-33 was determined as vertical bar mu(Cl-33)vertical bar = 0.7549(3) mu(N). Combined with the known magnetic moment of S-33 and the ft-value of the Cl-33 beta decay, the orbital angular momenta and the intrinsic spins for proton and neutron groups, are deduced separately as < l(p)> = 1.3, < I-n > = 0.3, < S-p > = -0.12 and < S-n > = -0.02. The magnetic moment of Al-23, and that of Ne-23 were determined as vertical bar mu(Al-23)vertical bar = 3.89(22) mu(N) and vertical bar mu(Ne-23)vertical bar = 1.0817(9) mu(N), respectively. As a result, the orbital angular momentum < l(z)> and the intrinsic spin < S-z > were deduced to be 2.09(29) and 0.41(29), respectively. Combined with theft-value of the 0 transition from the ground state of Al-23 to the excited state of Mg-23, proton and neutron contributions are separated. The obtained expectation values < l(p)>, < l(n)>, < S-p > and < S-n > are compared with the shell model predictions.

    Web of Science

    researchmap

  • High-rate particle identification of high-energy heavy ions using a tilted electrode gas ionization chamber 査読

    K Kimura, T Izumikawa, R Koyama, T Ohnishi, T Ohtsubo, A Ozawa, W Shinozaki, T Suzuki, M Takahashi, Tanihata, I, T Yamaguchi, Y Yamaguchic

    NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   538 ( 1-3 )   608 - 614   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A high-rate particle identification device for high-energy heavy ions has been developed which utilizes a stacked configuration of grid-less parallel plate gas ionization chambers with thin anode-cathode gaps. The high-rate capability of this chamber was realized by adopting bipolar shaping of anode signals and by the suitable choice of a counter gas. Z-resolutions of 0.2-0.3 were obtained for nuclear fragments of Ar-40 at 95 A MeV with an intensity as high as 10(6) cps. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nima.2004.08.100

    Web of Science

    researchmap

  • Reaction cross sections for stable nuclei and nucleon density distribution of proton drip-line nucleus 8B 査読

    M. Takechi, M. Fukuda, M. Mihara, T. Chinda, T. Matsumasa, H. Matsubara, Y. Nakajima, K. Matsuta, T. Minamisono, R. Koyama, W. Shinozaki, M.Takahashi, A. Takizawa, T. Ohtsubo, T.Suzuki, T. Izumikawa

    Eur. Phy. J.   A ( 25 )   223 - 224   2005年

  • Nucleon density distribution of proton drip-line nucleus Ne-17 査読

    K Tanaka, M Fukuda, M Mihara, M Takechi, T Chinda, T Sumikama, S Kudo, K Matsuta, T Minamisono, T Suzuki, T Ohtubo, T Izumikawa, S Momota, T Yamaguchi, T Onishi, A Ozawa, Tanihata, I, Z Tao

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL A   25   221 - 222   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Ne-17 is one of the candidates for proton halo nuclei. To study the halo structure of Ne-17, we measured the reaction cross-sections (sigma(R)) and deduced the density distribution of Ne-17 through the energy dependence of sigma(R). From the deduced density, it is found that Ne-17 has a long density tail which is consistent with the picture of two valence protons of Ne-17 occupying the 2s(1/2) orbital.

    DOI: 10.1140/epjad/i2005-06-182-1

    Web of Science

    researchmap

  • Density distribution of proton drip-line nucleus Ne-17

    K Tanaka, M Fukuda, M Mihara, M Takechi, T Chinda, T Sumikama, S Kudo, K Matsuta, T Minamisono, T Ohtubo, T Suzuki, S Momota, T Izumikawa, T Yamaguchi, T Onishi, A Ozawa, Tanihata, I, Z Tao

    NUCLEAR PHYSICS A   746   532C - 535C   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    Ne-17 is one of the candidates for a proton-halo nucleus. In order to make the halo structure of Ne-17 clear, we studied the density distribution of Ne-17 through the reaction cross sections sigma(R). As a consequence, it is suggested from sigma(R) data that Ne-17 has a long tail in the density, which is consistent with an occupancy of the 2s(1/2) orbital by the two valence protons.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.09.154

    Web of Science

    researchmap

  • Large hyperfine anomaly between <sup>91</sup>Y and <sup>91m</sup>Y in Fe 査読

    K. Nishimura, S. Ohya, T. Ohtsubo, I. Sato, J. Goto, T. Izumikawa, M. Tanigaki, A. Taniguchi, Y. Ohkubo, Y. Kawase, S. Muto

    Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   70 ( 13 )   132405-1-132405-4   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Nuclear magnetic resonance on oriented nuclei was carried out using a sample of dilute 91Y and 91mY in iron prepared by ion implantation of radioactive precursor Rb isotopes. For 91YFe, the beta-ray asymmetry was utilized to measure the magnetic hyperfine interaction frequency, ν0=73.566(22) MHz, which led to the magnetic hyperfine field, BHF=-29.4(2)T, by using the known nuclear g-factor. The field shift of the resonant frequency, dν0/dB0=-2.501(17) MHz/T for 91YFe, implies a Knight shift value, K=0.0(8)%. The interaction frequency and the field shift of 91mYFe obtained via the gamma-ray detection confirmed the previously reported results. A ratio of the measured ν0 and dν0/dB0 values for both 91YFe and 91mYFe gave rise to the hyperfine anomaly, 91Δ91m=-4.2(8)%, which can explain discrepancies in the BHF values of YFe as determined by various experiments.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.70.132405

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Study of the density distribution of C-17 from reaction cross section measurement

    C Wu, Y Yamaguchi, A Ozawa, R Kanungo, Tanihata, I, T Suzuki, DQ Fang, T Suda, T Ohnishi, M Fukuda, N Iwasa, T Ohtsubo, T Izumikawa, R Koyama, W Shinozaki, M Takahashi

    NUCLEAR PHYSICS A   739 ( 1-2 )   3 - 14   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The reaction cross section of C-17 on a carbon target at 79 A MeV has been measured by the transmission method. The density distribution of C-17 was deduced using the finite-range Glauber model (FRGM) combined with the interaction cross section of C-17 at high energy. The existence of a tail in the density distribution of C-17 is suggested to get a better understanding of both the low energy and high energy data. Under a core plus single-particle assumption, analysis shows a dominant d-wave of the valence neutron in C-17. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.03.220

    Web of Science

    researchmap

  • Hyperfine field measurement of <sup>89</sup>SrNi by NMR-ON method

    T. Ohtsubo, S. Ohya, M. Ota, K. Nishimura, Y. Masamori, Y. Horino, H. Yarimizu, D. Shinojima, T. Izumikawa, J. Goto, S. Muto, M. Tanigaki, A. Taniguchi, Y. Ohkubo, Y. Kawase

    KURRI Progress Report   23   2004年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • Magnetic moment and spin of the extremely proton-rich nucleus Al-23 査読

    Matsuta K, Nakashima Y, Nagatomo T, Ozawa A, Yamada K, Mihara M, Kumashiro S, Fujiwara H, Momota S, Ota M, Ohtsubo T, Yoshida K, Sumikama T, Ogura M, Minamisono K, Fukuda M, Minamisono T, Nojiri Y, Suzuki T, Izumikawa T, Tanihata I, Alonso JR, Krebs GF, Symons TJM

    HYPERFINE INTERACTIONS   159 ( 1-4 )   257 - 260   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10751-005-9115-2

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Halo structure of B-17 studied via its reaction cross section 査読

    Y Yamaguchi, T Suzuki, T Ohtsubo, T Izumikawa, W Shinozaki, M Takahashi, R Koyama, S Watanabe, C Wu, A Ozawa, T Ohnishi, DQ Fang, T Suda, R Kanungo, H Jeppesen, Tanihata, I, M Fukuda, N Iwasa

    NEW ERA OF NUCLEAR STRUCTURE PHYSICS   114 - 118   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    The reaction cross section for the neutron-rich nucleus B-17 on a carbon target has been measured at an energy of 77 AMeV by a transmission method. A large enhancement of 17B reaction cross section at low energy was observed. The density distribution of 17B was deduced through the energy dependence of the reaction cross section together with high-energy data using a finite-range Glauber-model calculation under an optical-limit approximation. It is confirmed that the neutron-tail in the density distribution is necessary for 17B in order to reproduce the measured reaction cross sections. Based on the assumption of a core (B-15) plus valence two-neutron picture, the mixture of v(2s(1/2)) and V(1d(5/2)) was studied without treating the correlation between two neutrons.

    DOI: 10.1142/9789812702401_0017

    Web of Science

    researchmap

  • Hyperfine Interact 査読

    K. Nishimura, S. Ohya, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, M. Sasaki, I. Sato, M. Suzuki, J. Goto, M. Tanigaki

    Hyperfine Interact   159   239 - 243   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Magnetic hyperfine anomaly measurements using nuclear magnetic resonance on oriented nuclei 査読

    Ohtsubo T, Ohya S, Sasaki M, Izumikawa T, Nishimura K, Goto J, Tanigaki M, Taniguchi A, Ohkubo Y, Kawase Y, Muto S

    NEW ERA OF NUCLEAR STRUCTURE PHYSICS   297 - 301   2004年

  • Hyperfine fields of Sr and Y in ferromagnetic hosts, and magnetic moment of Y-93 査読

    Nishimura K, Ohya S, Ohtsubo T, Izumikawa T, Sasaki M, Sato I, Suzuji M, Goto J, Tanigaki M, Taniguchi A, Ohkubo Y, Kawase Y, Muto S

    HYPERFINE INTERACTIONS   159 ( 1-4 )   239 - 243   2004年

  • Density distribution of B-17 from a reaction cross-section measurement 査読

    Y. Yamaguchi, C. Wu, T. Suzuki, A. Ozawa, D. Q. Fang, M. Fukuda, N. Iwasa, T. Izumikawa, H. Jeppesen, R. Kanungo, R. Koyama, T. Ohnishi, T. Ohtsubo, W. Shinozaki, T. Suda, M. Takahashi, I. Tanihata

    Physical Review C   70 ( 5 )   054320   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.70.054320

    Web of Science

    researchmap

  • Nuclear magnetic resonance on oriented nuclei of (SrFe)-Sr-91 査読

    Nishimura K, Ohya S, Ohtsubo T, Sasaki M, Goto J, Izumikawa T, Tanigaki M, Taniguchi A, Ohkubo Y, Kawase Y, Muto S

    PHYSICAL REVIEW B   68 ( 1 )   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.68.012403

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  • Nuclear spin relaxation of extremely dilute impurities using brute-force NMRON 査読

    K Nishimura, S Ohya, Y Kawamura, T Ohtsubo, T Izumikawa, S Muto, K Mori

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   71 ( 6 )   1589 - 1593   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PHYSICAL SOC JAPAN  

    Brute-force nuclear magnetic resonance on oriented nuclei (BF-NMRON) was used to investigate the nuclear spin-relaxation times, T-1, of Nb-90 in Nb and Cu, Tc-96 in Nb, Rh-101m in Cu, and I Ag-101m in Ag with an external field of 11.922 T at about 10 mK. The observed relaxation times with known nuclear g-factors were used to estimate the converted relaxation rates, (T(1)Tg(n)(2))(-1), which were compared with those n obtained from NMR and other methods. From the comparison, it was found that (T-1 Tg(n)(2))(-1) of Nb-90 in Nb n and Ag-110m in Ag coincided with those of the bulk systems. (T-1 Tg(n)(2))(-1) of Nb-90 in CU Was about four times n larger than that of Nb bulk system. Both Tc-96 in Nb and Rh-101m in Cu produced (T(1)Tg(n)(2))(-1) values n consistent with previous studies.

    DOI: 10.1143/JPSJ.71.1589

    Web of Science

    researchmap

  • Momentum Distribution of [Formula presented] Fragments from the Breakup of [Formula presented] 査読

    T. Suzuki, Y. Ogawa, M. Chiba, M. Fukuda, N. Iwasa, T. Izumikawa, R. Kanungo, Y. Kawamura, A. Ozawa, T. Suda, I. Tanihata, S. Watanabe, T. Yamaguchi, Y. Yamaguchi

    Physical Review Letters   89 ( 1 )   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The two-neutron removal cross section ( [Formula presented]) and the longitudinal momentum distribution of [Formula presented] fragments from the breakup of [Formula presented] on [Formula presented] were measured at [Formula presented]. The distribution in the projectile rest frame is characterized by a FWHM of [Formula presented] for [Formula presented]. The [Formula presented] is found to be [Formula presented]. A Glauber–type analysis of the data provides clear evidence of a two-neutron halo structure in [Formula presented]. © 2002 The American Physical Society.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.89.012501

    Scopus

    researchmap

  • Momentum Distribution of 15B Fragments from the Breakeup of 17B (共著) 査読

    T. Suzuki, Y. Ogawa, M. Chiba, M. Fukuda, N. Iwasa, T. Izumikawa, R. Kanungo, Y. Kawamura, A. Ozawa, T. Suda, I. Tanihata, S. Watanabe, T. Yamaguchi, Y. Yamaguchi

    Physical Review Letters   Vol.89, p.12501   2002年

     詳細を見る

  • Hyperfine anomalies of Tc-95-Tc-96 and Ag-106(m)-Ag-110(m) using brute-force nuclear magnetic resonance on oriented nuclei 査読

    S Ohya, H Sato, T Izumikawa, J Goto, S Muto, K Nishimura

    PHYSICAL REVIEW C   63 ( 4 )   044314   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMERICAN PHYSICAL SOC  

    Brute-force nuclear magnetic resonance on oriented nuclei (BF-NMRON) experiments have been performed with 12 T maximum field and at 10 mK. The resonances for (TcNb)-Tc-95,96, (AgAg)-Ag-106-Ag-m, and 110Ag(m)Ag have been observed. The magnetic moment of Ag-106(m) was determined to be 3.705(4) mu (N). Comparing the resonance frequencies of BF-NMRON and those of the known NMR-ON results in Fe, the hyperfine anomalies in Fe were determined: (95)Delta (96)(Tc) = -0.026(17)%. (106m)Delta 110(m)(Ag) = 0. 10(6)%. The measured hyperfine anomalies are interpreted in terms of a microscopic theory including core polarization and exchange current effects.

    DOI: 10.1103/PhysRevC.63.044314

    Web of Science

    researchmap

  • Knight shift of Nb-90, Mo-93m, Tc-96, and Rh-101m in Nb using brute-force NMRON 査読

    K Nishimura, S Ohya, Y Kawamura, T Ohtsubo, T Izumikawa, S Muto

    HYPERFINE INTERACTIONS   136   567 - 572   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    Brute-force nuclear magnetic resonance on oriented nuclei (BF-NMRON) of Nb-90, Mo-93m, Tc-96, and Rh-101m was carried out in a new host metal, Nb. The resonance center frequencies at an external field of 11.922(6) T were obtained as v((NbNb)-Nb-90) = 56.572(9) MHz, v((MoNb)-Mo-93m) = 85.76(3) MHz, v((TcNb)-Tc-96) = 66.997(11) MHz, and v(Rh-101m Nb) = 111.010(19) MHz. A systematic analysis of the Knight shift of 4d elements in extremely dilute alloy systems is briefly discussed.

    DOI: 10.1023/A:1020535110992

    Web of Science

    researchmap

  • Behavior of boron implanted in semiconductor Si 査読

    T Izumikawa, K Matsuta, M Tanigaki, T Miyake, K Sato, M Fukuda, SY Zhu, T Minamisono

    HYPERFINE INTERACTIONS   136   599 - 605   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    Using beta-NMR with B-12 nuclei the temperature dependence of the lattice locations of boron implanted in Si is studied. At low temperature almost 100% of the implanted B is in either substitutional site or nonsubstitutional site. Above 260 K, the nonsubstitutional B rapidly becomes undetectable and disappears at a temperature higher than 325 K due to the fast spin-lattice relaxation. Above 450 K, the fraction of substitutional B increases to 100%. These experimental results are consistently explained by the thermal atomic jump and the dissociation of the defect associated with the nonsubstitutional B.

    Web of Science

    researchmap

  • Quadrupole moment of the proton rich beta-emitting nucleus N-12 査読

    T Minamisono, T Ohtsubo, K Sato, S Takeda, S Fukuda, T Izumikawa, M Tanigaki, T Miyake, T Yamaguchi, N Nakamura, H Tanji, K Matsuta, M Fukuda, Y Nojiri

    PHYSICS LETTERS B   420 ( 1-2 )   31 - 36   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The quadrupole moment of the beta-emitter N-12(I-pi = 1(+),T-1/2 = 11 ms) has been measured to be Q(N-12) = + 9.8 +/- 0.9 mb by use of a modified beta-NMR method. The present result is 3 times smaller than the value which was deduced from the photoproduction cross-section of pions on C-12, while it is twice the shell-model prediction based on the Cohen-Kurath wave functions in the Woods-Saxon potential. (C) 1998 Elsevier Science B.V.

    DOI: 10.1016/S0370-2693(97)01553-0

    Web of Science

    researchmap

  • Electric Quadrupole Interactions of the Shout-Lived Beta-Emitter <sup>12</sup>N in Insulator Crystals (共著) 査読

    T. Minamisono, K. Sato, H. Akai, S. Takeda, Y. Maruyama, K. Matsuta, M. Fukuda, T. Miyake, A. Mor- ishita, T. Izumikawa, Y. Nojiri

    ( 53a )   293   1997年

     詳細を見る

  • Hyperfine interactions of <sup>13</sup>O and <sup>23</sup>Mg implanted in Pt. (共著) 査読

    K.Matsuta, M.Fukuda, M.Tanigaki, T.Minamisono, Y.Nojiri, H.Akai, T.Izumikawa, M.Nakazato, M.Mihara, T.Yamaguchi, A.Harada, M.Sasaki, T.Miyake, T.Onishi, K.Minamisono, T.Fukao, K.Sato, Y.Matsumoto, T.Ohtsubo, S.Fukuda, K.Yoshida, A.Ozawa, S.Momota, T.Kobayashi, I.Tanihata, J.R.Alonso, G.F.Krebs, T.J.M. Symons

    ( 97-98 )   501   1996年

     詳細を見る

  • Spin polarization of Mg-23 in Mg-24+Au, Cu and Al collisions at 91 A MeV 査読

    MATSUTA K, FUKUDA S, IZUMIKAWA T, TANIGAKI M, FUKUDA M, NAKAZATO M, MIHARA M, ONISHI T, YAMAGUCHI T, MIYAKE T, SASAKI M, HARADA A, OHTSUBO T, NOJIRI Y, MINAMISONO T, YOSHIDA K, OZAWA A, KOBAYASHI T, TANIHATA I, ALONSO JR, KREBS GF, SYMONS TJM

    POLARIZATION PHENOMENA IN NUCLEAR PHYSICS   ( 339 )   623 - 628   1995年

  • Lattice locations of <sup>12</sup>B implanted in Si. (共著) 査読

    T. Izumikawa, T. Ohtsubo, M. Tanigaki, T. Miyake, T. Yamaguchi, K. Sato, K. Minamisono, M. Fukuda, K. Matsuta, Y. Nojiri, G. Langouche, T. Minamisono

    1   187 - 190   1995年

     詳細を見る

  • PRECISE MEASUREMENT OF THE QUADRUPOLE-MOMENT OF BETA-EMITTING B-12 査読

    T OHTSUBO, Y NAKAYAMA, T IZUMIKAWA, S TAKEDA, N NAKAMURA, H TANJI, T MINAMISONO

    HYPERFINE INTERACTIONS   88 ( 1-3 )   25 - 33   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BALTZER SCI PUBL BV  

    Hyperfine interactions of B-12(I(pi) = 1+, T1/2 = 21 ms) implanted in the substitutional site of B atoms (stable) in a (single crystal like) BN (hexagonal) was studied by use of a beta-NMR detection. For efficient and simple measurements, the conventional beta-NMR has been modified as a new nuclear quadrupole resonance technique (NNQR). For the present case with the nuclear spin I = 1 the detection efficiency is improved about 30 times compared with the one with the old method. The quadrupole moment of B-12 was determined precisely as \Q(B-12; 1+)\ = 13.21+/-0.26 mb.

    Web of Science

    researchmap

  • MAGNETIC-MOMENT OF THE SHORT-LIVED BETA-EMITTER MG-23 査読

    M FUKUDA, T IZUMIKAWA, T OHTSUBO, M TANIGAKI, S FUKUDA, Y NAKAYAMA, K MATSUTA, Y NOJIRI, T MINAMISONO

    PHYSICS LETTERS B   307 ( 3-4 )   278 - 282   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The magnetic moment of Mg-23 (I(pi) = 3/2+, T1/2 = 11.3 s) has been determined to be \mu(Mg-23)\ = 0.5364 +/- 0.0003 mu(N) by means of a beta-NMR detection with recoil polarization obtained through a nuclear reaction. The deduced spin expectation values are in agreement with the systematic behavior of the mirror doublets in the sd shell.

    DOI: 10.1016/0370-2693(93)90219-8

    Web of Science

    researchmap

  • MAGNETIC-MOMENT OF MG-23 査読

    M FUKUDA, T IZUMIKAWA, T OHTSUBO, M TANIGAKI, S FUKUDA, Y NAKAYAMA, K MATSUTA, Y NOJIRI, T MINAMISONO

    HYPERFINE INTERACTIONS   78 ( 1-4 )   117 - 121   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BALTZER SCI PUBL BV  

    The magnetic moment of the Mg-23 (I(pi) = 3/2+, T1/2 = 11.3 s), has been determined as \mu(Mg-23)\ = 0.5364 +/- 0.0003 mu(N) by use of beta-NMR detection with the recoil polarization obtained through a low energy nuclear reaction.

    Web of Science

    researchmap

  • NEW DETERMINATION OF QUADRUPOLE COUPLING-CONSTANTS OF LI ISOTOPES IN SINGLE-CRYSTALS LIIO3 AND LINBO3 査読

    T MINAMISONO, T OHTSUBO, Y NAKAYAMA, S FUKUDA, T IZUMIKAWA, M TANIGAKI, M MATSUI, S TAKEDA, N NAKAMURA, M FUKUDA, K MATSUTA, Y NOJIRI

    HYPERFINE INTERACTIONS   78 ( 1-4 )   159 - 163   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BALTZER SCI PUBL BV  

    Quadrupole effects in NMR spectra of Li-8(I(pi) = 2+; T1/2 = 0.84 s) in LiIO3 and LiNbO3 single crystals have been detected by use of a modified beta-NMR. The coupling constants for both crystals are in agreement with known ones. Field gradients in the crystals were measured by detecting pulsed-Fourier transformed NMR of Li-7. The quadrupole moments deduced from both samples agree, and \Q(Li-8; 2+)\ = 32.7 +/- 0.6 mb has been determined.

    Web of Science

    researchmap

  • Precise measurement of the magnetic moment of doubly closed shell-1 nucleus <sup>15</sup>O(I<sup>π</sup>=1/2<sup>-</sup>, T<sub>1/2</sub>=122S)(共著) 査読

    M. Tanigaki, M. MATSUI, M. Mihara, M. MORI, M. TANAKA, T. YANAGISAWA, T. Ohtsubo, T. Izumikawa, A. Kitagawa, M. Fukuda, K. Matsuta, Y. Nojiri, T. Minamisono

    ( 78 )   105   1993年

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 19aAW-5 中性子過剰B同位体の反応断面積測定

    田中 聖臣, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 西塚 賢治, 青木 一矢, 泉川 卓司, 笈川 浩之, 大坪 隆, 大西 康介, 加藤 郁磨, 菅家 悠生, 神田 直人, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 島村 元, 杉原 貴信, 鈴木 伸司, 鈴木 健, 高垣 龍, 武井 悠稀, 竹内 勇貴, 竹之内 嵐, 只野 奈津生, 田中 悠太郎, 杜 航, 永井 伎, 南雲 淳也, 福田 茂一, 町田 聖寛, 三原 基嗣, 宮田 恵理, 村岡 純一, 八木 翔一, 山岡 慎太郎, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   71 ( 1 )   279 - 279   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 指向性があるガンマ線自動車走行サーベイシステムの開発状況

    後藤淳, 天谷吉宏, 泉川卓司, 遠藤良, 椎谷友博, 菖蒲川由郷, 高橋剛, 吉田秀義, 内藤眞

    日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM)   2015   ROMBUNNO.L53   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 指向性があるガンマ線自動車走行サーベイシステムの開発

    後藤淳, 天谷吉宏, 平山繁, 椎谷友博, 菖蒲川由郷, 泉川卓司, 上松和義, 葛城美徳, 高橋俊博, 吉田秀義, 内藤眞

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)   2015   ROMBUNNO.L29   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 南相馬市における放射線線量の測定とGISを用いた視覚化

    菖蒲川由郷, 後藤淳, 泉川卓司, 天谷吉宏, 大家正泰, 高橋俊博, 吉田秀義, 葛城美徳, 平山繁, 鈴木翼, 齋藤玲子, 内藤眞

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   3 ( 3 )   132 - 133   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 28pTF-4 不安定核ビーム粒子識別用RICH(Ring Imaging Cherenkov counter)の開発(28pTF 実験核物理領域,素粒子実験領域合同,測定器(III),実験核物理領域)

    神戸 峻輔, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 上庄 康斗, 森田 祐介, 大野 淳一, 田中 聖臣, 山岡 慎太郎, 渡邉 浩太, 三原 基嗣, 松多 健策, 吉永 健太, 渡邉 大介, 朱 易帆, 保高 寿也, 金野 峻平, 田口 義眞, 菅家 悠生, 南雲 淳也, 吉延 俊輝, 鈴木 健, 山口 貴之, 河野 準平, 松永 達, 大〓 瞬一郎, 竹内 勇貴, 西村 拓真, 大坪 隆, 長島 正幸, 田代 圭佑, 本間 彰, 室岡 大樹, 加藤 信也, 芳賀 恭介, 鈴木 伸司, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   69 ( 1 )   94 - 94   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28pTF-6 不安定核ビーム粒子識別のためのチェレンコフ飛行時間検出器の開発(28pTF 実験核物理領域,素粒子実験領域合同,測定器(III),実験核物理領域)

    渡邉 浩太, 神戸 峻輔, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 上庄 康斗, 森田 祐介, 大野 淳一, 田中 聖臣, 山岡 慎太郎, 三原 基嗣, 松多 健策, 吉永 健太, 渡邉 大介, 朱 易帆, 保高 寿也, 金野 峻平, 田口 義眞, 菅家 悠生, 南雲 淳也, 吉延 俊輝, 鈴木 健, 山口 貴之, 河野 準平, 松永 達, 大甕 瞬一郎, 竹内 勇貴, 西村 拓真, 大坪 隆, 長島 正幸, 田代 圭佑, 本間 彰, 室岡 大樹, 加藤 信也, 芳賀 恭介, 鈴木 伸司, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   69 ( 1 )   95 - 95   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aTA-3 不安定核の陽子標的に対する反応断面積と陽子・中性子密度分布の独立決定(28aTA 実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(I)(合同),実験核物理領域)

    田中 聖臣, 福田 光順, 西村 太樹, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 松多 健策, 森田 祐介, 上庄 康斗, 大野 淳一, 神戸 峻輔, 山岡 慎太郎, 渡邊 浩太, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 本間 彰, 室岡 大樹, 鈴木 健, 山口 貴之, 河野 準平, 山木 さやか, 松永 遠, 金野 峻平, 田口 義眞, 北川 敦志, 福田 茂一, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   69 ( 1 )   81 - 81   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aTA-2 陽子ピックアップ反応による核内核子運動量分布の研究(28aTA 実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(I)(合同),実験核物理領域)

    福田 光順, 大野 淳一, 山岡 慎太郎, 田中 聖臣, 西村 太樹, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 上庄 康斗, 森田 祐介, 神戸 峻輔, 三原 基嗣, 松多 健策, 劉 斌, 吉永 健太, 鈴木 健, 山口 貴之, 河野 準平, 鈴木 伸司, 大坪 隆, 長島 正幸, 田代 圭祐, 本間 彰, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   69 ( 1 )   80 - 80   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 南相馬市における放射線線量の測定とGISを用いた視覚化

    斎藤玲子, 菖蒲川由郷, 鈴木翼, 内藤眞, 泉川卓司, 後藤淳, 天谷吉宏, 大家正泰, 高橋俊博, 吉田秀義, 葛城美徳, 平山繁

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   2 ( 2 )   155 - 156   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 22aSJ-7 不安定核ビーム粒子識別のためのチェレンコフ検出器の開発(測定器(II),実験核物理領域)

    神戸 峻輔, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 若林 優, 岩本 昂大, 上庄 康斗, 森田 祐介, 大野 淳一, 田中 聖臣, 三原 基嗣, 松多 健策, 吉永 健太, 渡邉 大介, 朱 易帆, 保高 寿也, 鈴木 健, 河野 準平, 古木 悠敬, 佐藤 加奈恵, 山口 貴之, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 酒井 拓, 世良 大志郎, 田代 圭佑, 本間 彰, 劉 斌, 大坪 隆, 張 高龍, 孫 保華, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   68 ( 2 )   91 - 91   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20pSA-10 陽子過剰側Mg同位体の反応断面積測定(不安定核(II)(合同),実験核物理領域,理論核物理領域合同,実験核物理領域)

    本間 彰, 福田 光順, 三原 基嗣, 鈴木 健, 山口 貴之, 西村 太樹, 大坪 隆, 泉川 卓司, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 阿部 康介, 菊川 直樹, 酒井 拓, 世良 大志郎, 中村 佳裕, 岩元 昂大, 若林 優, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 上庄 康斗, 森田 祐介, 市橋 直卓, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮澤 周, 稲葉 成紀, 河野 準平, 鈴木 駿一郎, 西塚 一平, 安本 昌治, 山木 さやか, 佐藤 眞二, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   68 ( 2 )   63 - 63   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20pSA-8 ^<12>Nの反応断面積と核構造(不安定核(II)(合同),実験核物理領域,理論核物理領域合同,実験核物理領域)

    森田 祐介, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 岩元 昂大, 若林 優, 上庄 康斗, 大野 淳一, 田中 聖臣, 神戸 峻輔, 三原 基嗣, 松多 健策, 吉永 健太, 朱 易帆, 河野 準平, 山木 さやか, 鈴木 健, 山口 貴之, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 阿部 康介, 田代 圭佑, 本間 彰, 大坪 隆, 泉川 卓司, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   68 ( 2 )   63 - 63   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20aSC-13 核子pick up反応による^<17>Fの運動量分布(不安定核(I)(合同),実験核物理領域,理論核物理領域合同,実験核物理領域)

    大野 淳一, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 若林 優, 岩元 昂大, 上庄 康斗, 森田 祐介, 田中 聖臣, 神戸 峻輔, 三原 基嗣, 松多 健策, 劉 斌, 吉永 健太, 渡邉 大介, 朱 易帆, 鈴木 健, 河野 準平, 山口 貴之, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 酒井 拓, 田代 圭祐, 本間 彰, 大坪 隆, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   68 ( 2 )   60 - 60   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20pSA-6 中性子過剰核^<14>Bの反応断面積と中性子ハロー構造(不安定核(II)(合同),実験核物理領域,理論核物理領域合同,実験核物理領域)

    田中 聖臣, 福田 光順, 岩元 昴大, 西村 太樹, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 松多 健策, 若林 優, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 森田 祐介, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 阿部 康介, 菊川 直樹, 酒井 拓, 世良 大志郎, 鈴木 健, 山口 貴之, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮崎 周, 市橋 直卓, 河野 準平, 山木 さやか, 北川 敦志, 福田 茂一, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   68 ( 2 )   62 - 62   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27pHE-3 ^<26m>Naアイソマー状態のγ崩壊寿命精密測定(27pHE 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(III)(合同),実験核物理領域)

    田中 聖臣, 福田 光順, 西村 太樹, 酒井 拓, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 岩本 昴大, 若林 優, 上庄 康斗, 森田 祐介, 大野 淳一, 神戸 崚輔, 三原 基嗣, 松多 健策, 吉永 健太, 渡邉 大介, 朱 易帆, 保高 寿也, 河野 準平, 古木 悠敬, 佐藤 加奈恵, 鈴木 健, 山口 貴之, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 世良 大志郎, 田代 圭佑, 本間 彰, 大坪 隆, 張 高龍, 孫 保華, 佐藤 眞二, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   68 ( 1 )   100 - 100   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 26aHA-14 核破砕反応による偏極^<8,9>Liビーム生成(26aHA 軽イオン反応・核融合・核モーメント,実験核物理領域)

    上庄 康斗, 三原 基嗣, 福田 光順, 松多 健策, 森田 祐介, 大坪 隆, 泉川 卓司, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 中村 佳裕, 西村 太樹, 百田 佐多生, 阿部 康志, 石橋 陽子, 白井 葉月, 吉田 直貴, 久保 謙哉, 杉山 純, 北川 敦志, 取越 正己, 佐藤 眞二, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集   68 ( 1 )   72 - 72   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 26aHE-6 反応断面積による中性子過剰核^<14>Bの中性子ハローと核構造(26aHE 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(I)(合同),実験核物理領域)

    福田 光順, 西村 太樹, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 松多 健策, 若林 優, 岩元 昂大, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 森田 祐介, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 阿部 康介, 菊川 直樹, 酒井 拓, 世良 大志郎, 鈴木 健, 山口 貴之, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮澤 周, 市橋 直卓, 河野 準平, 山木 さやか, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 福田 茂一, Kanazawa M.

    日本物理学会講演概要集   68 ( 1 )   76 - 76   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28pHB-10 チェレンコフ光を利用した不安定核ビーム用粒子識別検出器の開発(28pHB 測定器(IV),実験核物理領域)

    森田 祐介, 福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 泉川 卓司, 若林 優, 岩本 昴大, 上庄 康斗, 大野 淳一, 田中 聖臣, 神戸 峻輔, 三原 基嗣, 松多 健策, 吉永 健太, 渡邉 大介, 朱 易帆, 保高 寿也, 鈴木 健, 河野 準平, 古木 悠敬, 佐藤 加奈恵, 山口 貴之, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 酒井 拓, 世良 大志郎, 田代 圭佑, 本間 彰, 大坪 隆, 張 高龍, 孫 保華, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   68 ( 1 )   104 - 104   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22aSH-5 ^<58>Cuのβ-NMR測定(軽イオン・宇宙物理・核融合・高スピン,実験核物理領域)

    上庄 康斗, 南園 忠則, 小倉 昌子, 小沢 顕, 長江 大輔, 石橋 陽子, 阿部 康志, 稲葉 成紀, 岡田 俊祐, 齋藤 佑多, 上野 秀樹, 三原 基嗣, 山田 一成, 大坪 隆, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 西村 太樹, 今村 慧, Xiaofei Y., 鈴木 健, 山口 貴之, 白井 光雲, 松多 健策, 藤村 卓功, 松川 和人, 福田 光順, 森田 祐介, 大野 淳一, 田中 正聖, 篠崎 真一, 神戸 峻輔

    日本物理学会講演概要集   68 ( 0 )   87 - 87   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.2.1.0_87_4

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 南相馬市,浪江町,楢葉町における放射線線量の測定とGISを用いた視覚化

    齋藤玲子, 菖蒲川由郷, 鈴木翼, 内藤眞, 泉川卓司, 後藤淳, 天谷吉宏, 大家正泰, 高橋俊博, 吉田秀義, 葛城美徳, 平山繁

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   1 ( 1 )   131 - 132   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 南相馬市,浪江町,楢葉町における放射線線量の測定とGISを用いた視覚化

    齋藤 玲子, 菖蒲川 由郷, 鈴木 翼, 内藤 眞, 泉川 卓司, 後藤 淳, 天谷 吉宏, 大家 正泰, 高橋 俊博, 吉田 秀義, 葛城 美徳, 平山 繁

    新潟大学災害・復興科学研究所年報 = 新潟大学災害・復興科学研究所年報   ( 1 )   145 - 146   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 11aSC-9 ^<16>Nの生成メカニズムとアイソマー比の関係(11aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核,実験核物理領域)

    西村 太樹, 福田 光順, 三原 基嗣, 岩元 昂大, 若林 優, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 上庄 康斗, 森田 祐介, 武智 麻耶, Lantz M., 市橋 直卓, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮澤 周, 市川 知沙, 久保木 隆正, 杉山 正輝, 鈴木 健, 波平 晃佑, 八馬 功, 山口 貴之, 阿部 康介, 菊川 直樹, 世良 大志郎, 中村 佳裕, 大熊 悠希, 大坪 隆, 小倉 聡之, 酒井 拓, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 泉川 卓司, Fan G. W., Xu W., 百田 佐多生, 金沢 光隆, 佐藤 眞二, 福田 茂一, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   67 ( 2 )   59 - 59   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 12aSC-2 陽子ドリップライン核^<26>Pにおけるアイソマー状態の発見(12aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(合同),実験核物理領域)

    酒井 拓, 西村 太樹, 福田 光順, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 大坪 隆, 阿部 康介, 菊川 直樹, 世良 大志郎, 中村 佳裕, 三原 基嗣, 岩元 昂大, 若林 優, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 上庄 康斗, 森田 祐介, 鈴木 健, 山口 貴之, 市橋 直卓, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮澤 周, 稲葉 成紀, 河野 準平, 鈴木 駿一郎, 西塚 一平, 安本 昌治, 山木 さやか, 泉川 卓司, 佐藤 眞二, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   67 ( 2 )   67 - 67   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 12aSC-1 ^<26>Pの反応断面積と核構造(12aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(合同),実験核物理領域)

    若林 優, 福田 光順, 西村 太樹, 三原 基嗣, 岩元 昂大, 大野 淳一, 森田 祐介, 神戸 峻輔, 篠崎 真一, 田中 聖臣, 武智 麻耶, 大坪 隆, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 酒井 卓, 阿部 康介, 菊川 直樹, 泉川 卓司, 鈴木 健, 山口 貴之, 市橋 直卓, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮澤 周, 河野 準平, 朱 易帆, 保高 寿也, 吉永 健太, 渡邉 大介, 北川 敦志, 金沢 光隆, 佐藤 眞二, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   67 ( 2 )   67 - 67   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 11aSC-5 中性子過剰核^<14>Bの反応断面積(11aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同),実験核物理領域)

    福田 光順, 西村 太樹, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 三原 墓嗣, 松多 健策, 若林 優, 岩元 昂大, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 森田 祐介, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 阿部 康介, 菊川 直樹, 酒井 拓, 世良 大志郎, 鈴木 健, 山口 貴之, 佐藤 加奈恵, 古木 悠敬, 宮澤 周, 市橋 直卓, 河野 準平, 山木 さやか, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 福田 茂一, 金澤 光隆

    日本物理学会講演概要集   67 ( 2 )   58 - 58   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aXC-12 ^<26>Alを用いた反応断面積に対する核整列効果(24aXC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(合同),実験核物理領域)

    福田 光順, 西村 太樹, 鈴木 伸司, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 松多 健策, 若林 優, 岩元 昂大, 矢口 雅貴, 大野 淳一, 森田 祐介, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 阿部 康介, 菊川 直樹, 酒井 拓, 世良 大志郎, 鈴木 健, 山口 貴之, 古木 悠敬, 宮澤 周, 市橋 直卓, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 福田 茂一, 金澤 光隆

    日本物理学会講演概要集   67 ( 1 )   81 - 81   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aXC-5 重イオン反応による高偏極^<12>Nビーム生成(24aXC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(合同),実験核物理領域)

    矢口 雅貴, 松多 健策, 福田 光順, 三原 基嗣, 岩元 昂大, 若林 優, 大野 淳一, 上庄 康斗, 森田 祐介, 大坪 隆, 泉川 卓司, 長島 正幸, 酒井 卓, 阿部 康介, 小沢 顕, 阿部 康志, 丹羽 崇博, 西村 太樹, 長友 傑, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 金澤 光隆, 取越 正巳, 南園 忠則, 百田 佐多生

    日本物理学会講演概要集   67 ( 1 )   79 - 79   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aXC-11 陽子ドリップライン近傍核^<26,27,28>Pの反応断面積(24aXC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(合同),実験核物理領域)

    若林 優, 福田 光順, 西村 太樹, 三原 基嗣, 岩元 昂大, 大野 淳一, 森田 祐介, 武智 麻耶, 大坪 隆, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 酒井 卓, 阿部 康介, 菊川 直樹, 泉川 卓司, 鈴木 健, 山口 貴之, 市橋 直卓, 古木 悠敬, 宮澤 周, 北川 敦志, 金沢 光隆, 佐藤 眞二, 福田 茂一

    日本物理学会講演概要集   67 ( 1 )   80 - 80   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 11aSC-10 Na同位体の反応断面積に原子核変形が及ぼす効果(11aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核,実験核物理領域)

    鈴木 伸司, 小沢 顕, 大石 寛人, 森口 哲朗, 炭竃 聡之, Geissel H., 青井 考, Chen Rui-Jiu, Fang De-Qing, 福田 直樹, 福岡 翔太, 武智 麻耶, 古木 悠敬, 稲辺 尚人, 石橋 陽子, 伊藤 健, 泉川 卓司, 亀田 大輔, 久保 敏幸, Lantz M., Lee C. S., Ma Yu-Gang, 西村 太樹, 三原 基嗣, 百田 佐多生, 長江 大輔, 錦織 良, 丹羽 崇博, 大西 哲哉, 奥村 公威, 小倉 聡之, 櫻井 博儀, 佐藤 加奈恵, 福田 光順, 新原 佳弘, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 武内 聡, 田中 鐘信, 上西 秀和, Winkler M., 柳澤 善行, 大坪 隆, 久保木 隆正, 長島 正幸, 鈴木 健, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   67 ( 0 )   60 - 60   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.2.1.0_60_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aXC-9 ^<23-25,27-35>Na同位体の相互作用断面積の測定(24aXC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(合同),実験核物理領域)

    鈴木 伸司, 小沢 顕, 大石 寛人, 森口 哲朗, 炭竃 聡之, Geissel H., 青井 考, Chen Rui-Jiu, Fang De-Qing, 福田 直樹, 福岡 翔太, 武智 麻耶, 古木 悠敬, 稲辺 尚人, 石橋 陽子, 伊藤 健, 泉川 卓司, 亀田 大輔, 久保 敏幸, Lantz M., Lee C. S., Ma Yu-Gang, 西村 太樹, 三原 基嗣, 百田 佐多生, 長江 大輔, 錦織 良, 丹羽 崇博, 大西 哲也, 奥村 公威, 小倉 聡之, 櫻井 博儀, 佐藤 加奈恵, 福田 光順, 新原 佳弘, 鈴木 宏, 竹田 浩之, 武内 聡, 田中 鐘信, 上西 秀和, Winkler M., 柳澤 善行, 大坪 隆, 久保木 隆正, 長島 正幸, 鈴木 健, 山口 貴之

    日本物理学会講演概要集   67 ( 0 )   80 - 80   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.67.1.1.0_80_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22aGQ-2 シリコン中銅不純物の挙動観測のための核プローブ開発(22aGQ 格子欠陥・ナノ構造(シリコン系材料),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン))

    三原 基嗣, 泉川 卓司, 上野 秀樹, 松多 健策, 西村 太樹, 長友 傑, 森口 哲朗, 伊藤 由太, 長江 大輔, 福田 光順, 古見 彰洋, 山田 一成, 武智 麻耶, 市川 雄一, 百田 佐多生, 平山 賀一, 大坪 隆, 鈴木 伸司, 久保 徹, 並木 祐一, 小沢 顕, 石橋 陽子, 大石 寛人, 鈴木 都文, 八馬 功, 波平 晃佑, 堀川 大輔, 南園 忠則, 山口 貴之, 久保木 隆正, 鈴木 健, 佐藤 一彦, 小林 義男, 旭 耕一郎, 松川 和人, 白井 光雲

    日本物理学会講演概要集   66 ( 2 )   979 - 979   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 18aSL-11 陽子ドリップライン領域sd殼核の生成と反応断面積(18aSL 理論核物理領域,実験核物理領域合同,不安定核(I),理論核物理領域)

    福田 光順, 西村 太樹, 三原 基嗣, 上西 秀和, 岩元 昂大, 矢口 雅貴, 松多 健策, 武智 麻耶, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 大坪 隆, 泉川 卓司, 久保木 隆正, 市川 知沙, 鈴木 健, 山口 貴之, 金澤 光隆, 福田 茂一, 佐藤 眞二, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   66 ( 2 )   51 - 51   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 18pSK-8 陽子-原子核の反応断面積のエネルギー依存性(II)(18pSK 不安定核(II),実験核物理領域)

    西村 大樹, 福田 光順, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 小紫 順冶, 松宮 亮平, 松多 健策, 八馬 功, 久保木 隆正, 三浦 宗賢, 中島 真平, 波平 晃祐, 斎藤 和哉, 鈴木 健, 山口 貴之, 吉竹 利織, 長島 正幸, 大熊 悠希, 大坪 隆, 新原 佳弘, 渡辺 亮太, 泉川 卓司, Mattias Lantz, 田中 鐘信, 須田 利美, 森口 哲朗, 小沢 顕, 石川 大貴, 安田 祐介, 百田 佐多生, Wei Fan Guan, Wang Xu, 福田 茂一, 金沢 光隆, 北川 敦志, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   66 ( 2 )   90 - 90   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 25aGJ-3 変形核^<10>Bを用いた反応断面積に対する整列効果(25aGJ 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核I,理論核物理領域)

    鈴木 伸司, 大坪 隆, 福田 光順, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 西村 太樹, 新原 佳弘, 泉川 卓司, 長島 正幸, 小倉 恥之, 鈴木 健, 山口 貴之, 久保木 隆正, 市川 知沙, 上西 秀和, 岩本 昂大, 矢口 雅貴, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 金澤 光隆

    日本物理学会講演概要集   66 ( 1 )   42 - 42   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27pGJ-11 ベータNMRによる^<58>Cuの磁気モーメント測定(27pGJ 不安定核III,実験核物理領域)

    三原 基嗣, 泉川 卓司, 上野 秀樹, 松多 健策, 西村 太樹, 長友 傑, 森口 哲朗, 伊藤 由太, 長江 大輔, 福田 光順, 吉見 彰洋, 山田 一成, 武智 麻耶, 市川 雄一, 百田 佐多生, 平山 賀一, 大坪 隆, 鈴木 伸司, 久保 徹, 並木 祐一, 小沢 顕, 石橋 陽子, 大石 寛人, 鈴木 都文, 八馬 功, 波平 晃佑, 堀川 大輔, 南園 忠則, 山口 貴之, 久保木 隆正, 鈴木 健, 佐藤 一彦, 小林 義男, 旭 耕一郎, 松川 和人, 白井 光雲

    日本物理学会講演概要集   66 ( 1 )   95 - 95   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 26pGJ-2 sd殻陽子過剰核のピックアップ反応による生成と反応断面積(26pGJ 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核II(合同),実験核物理領域)

    福田 光順, 西村 太樹, 三原 基嗣, 上西 秀和, 岩元 昂大, 矢口 雅貴, 松多 健策, 武智 麻耶, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 小倉 聡之, 大坪 隆, 泉川 卓司, 久保木 隆正, 市川 知沙, 鈴木 健, 山口 貴之, 金澤 光隆, 福田 茂一, 佐藤 眞二, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   66 ( 1 )   88 - 88   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27pGJ-5 陽子-原子核の反応断面積のエネルギー依存性(II)(27pGJ 不安定核III,実験核物理領域)

    西村 太樹, 福田 光順, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 小紫 順治, 松宮 亮平, 松多 健策, 八馬 功, 久保木 隆正, 三浦 宗賢, 中島 真平, 波平 晃祐, 斎藤 和哉, 鈴木 健, 山口 貴之, 吉竹 利織, 長島 正幸, 大熊 悠希, 大坪 隆, 新原 佳弘, 渡辺 亮太, 泉川 卓司, Mattias Lantz, 田中 鐘信, 須田 利美, 森口 哲朗, 小沢 顕, 石川 大貴, 安田 祐介, 百田 佐多生, Fan Guan Wei, Xu Wang, 福田 茂一, 金沢 光隆, 北川 敦志, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   66 ( 1 )   93 - 93   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27pGJ-6 荷電交換反応を通じて生成されるNaアイソトープの運動量分布(27pGJ 不安定核III,実験核物理領域)

    上西 秀和, 西村 太樹, 福田 光順, 三原 基嗣, 鈴木 伸司, 岩元 昂大, 矢口 雅貴, 山村 啓俊, 小倉 聡之, 百田 佐多生, 松多 健策, 大坪 隆, 泉川 卓司, 南園 忠則, 長友 傑, 北川 敦志, 金沢 光隆, 取越 正己, 佐藤 真二, Jose R., Alonso G., James T., Symons M.

    日本物理学会講演概要集   66 ( 1 )   94 - 94   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 13pSB-6 反応断面積による^<17>Neの核子密度分布II(13pSB 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核III(合同),理論核物理領域)

    福田 光順, 田中 鐘信, 三原 基嗣, 武智 麻耶, 西村 太樹, 珍田 武志, 炭竃 聡之, 工藤 修一, 松多 健策, 南園 忠則, 鈴木 健, 大坪 隆, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 山口 貴之, 大西 崇, 小沢 顕, 谷畑 勇夫, Zheng T.

    日本物理学会講演概要集   65 ( 2 )   46 - 46   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 13pSB-5 入射核破砕片^<16>Nのアイソマー比と運動量分布(13pSB 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核III(合同),理論核物理領域)

    西村 太樹, 福田 光順, 三原 基嗣, 武智 麻耶, Lantz M., 市川 知沙, 久保木 隆正, 杉山 正輝, 鈴木 健, 波平 晃祐, 八馬 功, 山口 貴之, 大熊 悠希, 大坪 隆, 鈴木 伸司, 長島 正幸, 泉川 卓司, Fan G. W., Xu W., 金沢 光隆, 佐藤 眞二, 福田 茂一, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   65 ( 2 )   45 - 45   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pBD-2 陽子-原子核の反応断面積のエネルギー依存性(22pBD 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核I(合同),実験核物理領域)

    西村 太樹, 福田 光順, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 小紫 順治, 松宮 亮平, 松多 健策, 八馬 功, 久保木 隆正, 三浦 宗賢, 中島 真平, 波平 晃祐, 斎藤 和哉, 鈴木 健, 山口 貴之, 吉竹 利織, 長島 正幸, 大熊 悠希, 大坪 隆, 新原 佳弘, 渡辺 亮太, 泉川 卓司, Lantz Mattias, 田中 鐘信, 須田 利美, 森口 哲朗, 小沢 顕, 石川 大貴, 安田 祐介, 百田 佐多生, Fan Guan Wei, Xu Wang, 福田 茂一, 金沢 光隆, 北川 敦志, 佐藤 眞二

    日本物理学会講演概要集   65 ( 1 )   88 - 88   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pBD-3 変形整列核ビームによる核衝突確率の方位依存性(22pBD 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核I(合同),実験核物理領域)

    福田 光順, 西村 太樹, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 松宮 亮平, 松多 健策, 久保木 隆正, 波平 晃佑, 八馬 功, 山口 貴之, 鈴木 健, 大熊 悠希, 長島 正幸, 鈴木 真司, 大坪 隆, 新原 佳弘, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 南園 忠則, Xu W., Fan G. W., Lantz M., 田中 鐘信, 須田 利美, 福田 茂一, 佐藤 眞二, 金澤 光隆, 北川 敦志

    日本物理学会講演概要集   65 ( 1 )   88 - 88   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 23aBD-6 中性子過剰な^<29-35>Na同位体の反応断面積測定(23aBD 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核II(合同),理論核物理領域)

    久保木 隆正, 武智 麻耶, 大坪 隆, 福田 光順, 鈴木 健, 波平 晃佑, 八馬 功, 山口 貴之, 青井 考, 稲辺 尚人, 亀田 大輔, 須田 利美, 田中 鐘信, Lantz M., 大熊 悠希, 新原 佳弘, 鈴木 信二, 渡部 亮太, 西村 太樹, 三原 基嗣, 泉川 卓司, 石橋 陽子, 伊藤 由太, 大石 寛人, 小川 賢一郎, 小沢 顕, 森口 哲朗, 安田 裕介, 炭竃 聡之, 吉永 健太, Geissel H., Winkler M., 百田 佐多生, 大西 哲哉, 大竹 政雄, 日下 健祐, 竹田 浩之, 福田 直樹, 柳澤 善行, 吉田 敦, 吉田 光一, 久保 敏幸

    日本物理学会講演概要集   65 ( 1 )   61 - 61   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Electromagnetic Moments of Proton-Rich P-28 and Decomposition of Its Spin 査読

    K. Matsuta, Shengyun Zhu, M. Mihara, Dongmei Zhou, D. Nishimura, Yongnan Zheng, M. Fukuda, Daqing Yuan, R. Matsumiya, Yi Zuo, J. Komurasaki, Ping Fan, Xizhen Zhang, D. Ishikawa, T. Suzuki, T. Nagatomo, T. Izumikawa, T. Ohtsubo, S. Takahashi, H. Hirano, Y. Shimbara, T. Kubo, R. Yamada, Y. Namiki, M. Nagashima, S. Momota, K. Ooi, Y. Nojiri, D. Kameda, A. Kitagawa, M. Kanazaw, M. Torikoshi, S. Sato, T. Minamisono, T. Sumikamall, M. Ogura, H. Akai, J. R. Alonso, T. J. M. Symons, G. F. Krebs

    NUCLEAR PHYSICS TRENDS   1235   260 - +   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER INST PHYSICS  

    The magnetic moment of P-28 (I-pi = 3(+), T-1/2 = 270.3 ms) has been measured precisely by means of beta-NMR technique. The obtained magnetic moment is vertical bar mu(P-28)vertical bar = 0.3115 (34) mu(N). Combined with the magnetic moment of its mirror partner Al-28, the nuclear spin I = 3 is decomposed into its 4 components. The measurement of the Q moment has also been tried. From the preliminary NQR spectrum, it was found that the quadrupole coupling constant eqQ/h may be slightly larger than the prediction, which may show enhancement of the Q moment.

    DOI: 10.1063/1.3442605

    Web of Science

    researchmap

  • 24pZF-8 短寿命核^<28>Pの磁気モーメントの精密測定(実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同)II,実験核物理領域)

    大坪 隆, 平野 晴誉, 高橋 慎太郎, 久保 徹, 山田 亮太, 新原 佳弘, 松多 健策, 三原 基嗣, 西村 太樹, 小紫 順治, 福田 光順, 周 冬梅, 鄭 永男, 袁 大慶, 朱 升云, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 亀田 大輔, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 金沢 光隆, 取越 正巳, 野尻 洋一, 南園 忠則, 松宮 亮平, 石川 大貴, 長友 傑, Alonso J.R., Krebs G.F., Symons T.J.M.

    日本物理学会講演概要集   63 ( 1 )   79 - 79   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aZF-9 質量数A=9体系の反応断面積と核子密度分布(実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同)I,実験核物理領域)

    西村 太樹, 福田 光順, 武智 麻耶, 石川 大貴, 小紫 順治, 三原 基嗣, 松多 健策, 松宮 亮平, 久保木 隆正, 吉竹 利織, 鈴木 健, 山口 貴之, 中島 真平, 斎藤 和哉, 三浦 宗賢, 大坪 隆, 新原 佳弘, 平野 晴誉, 渡部 亮太, 泉川 卓司, 田中 鐘信, 須田 利美, 小沢 顕, 安田 祐介, 森口 哲朗, 橋爪 裕平, 保谷 毅, 百田 佐多生, 福田 茂一, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 金沢 光隆

    日本物理学会講演概要集   63 ( 1 )   73 - 73   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aZF-8 反応断面積によるA=3体系の核半径(実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同)I,実験核物理領域)

    吉竹 利織, 山口 貴之, 鈴木 健, 相場 健, 石川 大貴, 泉川 卓司, 大坪 隆, 小沢 顕, 金澤 光隆, 北川 敦志, 久保木 隆正, 小林 圭, 小紫 順治, 斉藤 和哉, 佐藤 眞二, 新原 佳弘, 武智 麻耶, 田中 鐘信, 西村 太樹, 橋爪 祐平, 平野 晴誉, 福田 光順, 保谷 毅, 三浦 宗賢, 三原 基嗣, 百田 佐多生, 森口 哲朗, 安田 裕介, 山田 亮太, 渡部 亮太

    日本物理学会講演概要集   63 ( 1 )   73 - 73   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aZF-11 △E-Eカウンターテレスコープを用いた不安定核破砕片運動量分布の測定(実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同)I,実験核物理領域)

    武智 麻耶, 福田 光順, 三原 基嗣, 西村 太樹, 小紫 順治, 石川 大貴, 松宮 亮平, 松多 健策, 南園 忠則, 泉川 卓司, 大坪 隆, 新原 佳弘, 相場 健, 平野 晴誉, 渡部 亮太, 山田 亮太, 百田 佐多生, 山口 貴之, 中島 真平, 小林 圭, 久保木 隆正, 吉竹 利織, 斉藤 和哉, 三浦 宗賢, 鈴木 健, 小沢 顕, 安田 裕介, 橋爪 祐平, 保谷 毅, 森口 哲朗, 田中 鐘信, 須田 利美, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 金澤 光隆

    日本物理学会講演概要集   63 ( 1 )   74 - 74   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aZF-12 ^<20>C分解反応による破砕片^<18>Cの運動量分布測定(実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同)I,実験核物理領域)

    橋爪 祐平, 田中 鐘信, 小沢 顕, 山口 貴之, 鈴木 健, 相場 健, 青井 考, 泉川 卓司, 稲福 清彦, 岩佐 直仁, 大坪 隆, 黒川 明子, 小林 圭, 小室 麻里, 近藤 洋介, 篠田 遼子, 篠原 摩有子, 鈴木 宏, 武内 聡, 竹下 英里, 武智 麻耶, 栂野 泰宏, 中島 真平, 中林 彩, 馬場 秀忠, 福田 光順, 松山 貴史, 道正 新一郎, 安野 琢磨, 山田 一成, 吉竹 利織, 久保 敏幸, 中村 隆司, 櫻井 博儀, 本林 透

    日本物理学会講演概要集   63 ( 1 )   74 - 74   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24pZF-9 ^<22>Fの電磁気モーメント測定(実験核物理領域,理論核物理領域合同,不安定核(合同)II,実験核物理領域)

    三原 基嗣, 松多 健策, 小紫 順治, 平野 晴誉, 西村 大樹, 百田 佐多生, 大坪 隆, 泉川 卓司, 新原 佳弘, 久保 徹, 亀田 大輔, 周 冬梅, 鄭 永男, 朱 昇云, 北川 敦志, 金沢 光隆, 取越 正巳, 佐藤 眞二, 長友 傑, 松宮 亮平, 石川 大貴, 福田 光順, 南園 忠則, 野尻 洋一, Alonso J.R., Krebs G.F., Symons T.J.M.

    日本物理学会講演概要集   63 ( 1 )   80 - 80   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 21aYF-11 50A〜100AMeV領域の^<12>C,^8Bの反応断面積測定における水素標的としてのポリエチレンの可能性の検証(21aYF 天体核物理,実験核物理領域)

    石川 大貴, 福田 光順, 武智 麻耶, 西村 太樹, 小紫 順治, 三原 基嗣, 松多 健策, 松宮 亮平, 久保木 隆正, 吉竹 利織, 山口 貴之, 中島 真平, 鈴木 健, 平野 晴誉, 泉川 卓司, 大坪 隆, 田中 鐘信, 須田 利美, 百田 佐多生, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 金沢 光隆, 岡村 弘之

    日本物理学会講演概要集   62 ( 2 )   65 - 65   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pZD-6 ^<24m>Alの磁気モーメントの測定(不安定核,22pZD 実験核物理領域,理論核物理領域合同,実験核物理領域)

    小紫 順治, 西村 太樹, 松多 健策, 三原 基嗣, 松宮 亮平, 百田 佐多生, 大坪 隆, 泉川 卓司, 平野 晴誉, 北川 敦志, 金沢 光隆, 取越 正己, 佐藤 眞二, 福田 光順, 石川 大貴, 南園 忠則, 渡部 亮太, 久保 徹, 野尻 洋一, Alonso J.R., Krebs G.F., Symons T.J.M.

    日本物理学会講演概要集   62 ( 2 )   85 - 85   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pZD-7 中間エネルギー重イオン衝突における一核子ピックアップ及び荷電交換反応で生成される^<23>Ne,^<24m,25>Al及び^<28>Pの核スピン偏極(不安定核,22pZD 実験核物理領域,理論核物理領域合同,実験核物理領域)

    松多 健策, 三原 基嗣, 長友 傑, 大坪 隆, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 西村 太樹, 小紫 順治, 高橋 慎太郎, 平野 晴誉, 石川 大貴, 周 冬梅, 鄭 永男, 朱 升云, 北川 敦志, 金沢 光隆, 取越 正巳, 佐藤 真二, 南園 忠則, 福田 光順, 野尻 洋一, 松宮 亮平, 炭竃 聡之, 田中 鐘信, 山田 一成, 小沢 顕, 鈴木 健, 山口 貴之, 中島, 吉田 光一, 中島 良樹, 藤原 裕樹, 神代 真一, 太田 雅人, 篠島, 田中, 安野 琢磨, 村中, 前村, 千葉, Pahlovy S.A., 長尾 守, 渡部 亮太, 久保 徹, 谷畑 勇夫, 武智 麻耶, 南園 啓, Alonso J.R., Krebs G.F., Symoons T.J.

    日本物理学会講演概要集   62 ( 2 )   85 - 85   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22aZD-11 中間エネルギー領域における^3H,^3Heの反応断面積の標的依存性(不安定核(反応と構造),22aZD 理論核物理領域,実験核物理領域合同,理論核物理領域)

    西村 太樹, 福田 光順, 武智 麻耶, 三原 基嗣, 石川 大貴, 小紫 順治, 松多 健策, 松宮 亮平, 久保木 隆正, 吉竹 利織, 中島 真平, 斎藤 和哉, 三浦 宗賢, 谷藤 宏平, 柴田 寛之, 鈴木 健, 山口 貴之, 平野 晴誉, 大坪 隆, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 保谷 毅, 小沢 顕, 田中 鐘信, 須田 利美, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 金沢 光隆

    日本物理学会講演概要集   62 ( 2 )   46 - 46   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 22pTD-4 Pt中単寿命核^<25>Al及び^<28>Pのスピン格子緩和時間測定(格子欠陥・ナノ構造(金属・半導体),領域10,誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性)

    三原 基嗣, 松多 健策, 西村 大樹, 長友 傑, 松宮 亮平, 小倉 昌子, 赤井 久純, 百田 佐多生, 大坪 隆, 泉川 卓司, 周 冬梅, 鄭 永男, 朱 昇云, 平野 晴誉, 小紫 順治, 高橋 慎太郎, 北川 敦志, 金沢 光隆, 取越 正巳, 佐藤 眞二, 福田 光順, 石川 大貴, 南園 忠則, 渡部 亮太, 久保 徹, 野尻 洋一, 炭竃 聡之, Alonso J.R., Krebs G.F., Symons T.J.M.

    日本物理学会講演概要集   62 ( 2 )   992 - 992   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27aSC-6 HIMACに於けるA=3体系の反応断面積の測定(27aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(反応と構造))

    吉竹 利織, 山口 貴之, 鈴木 健, 相場 健, 石川 大貴, 泉川 卓司, 大坪 隆, 小沢 顕, 金澤 光隆, 北川 敦志, 久保木 隆正, 小林 圭, 小紫 順治, 佐藤 眞二, 武智 麻耶, 田中 鐘信, 西村 太樹, 橋爪 祐平, 平野 晴誉, 福田 光順, 保谷 毅, 三原 基嗣, 百田 佐多生, 森口 哲朗, 安田 裕介

    日本物理学会講演概要集   62 ( 1 )   72 - 72   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aSE-9 ^<25>Alの電気四重極モーメントの測定(28aSE 天体核・核モーメント・基礎物理,実験核物理領域)

    松多 健策, 長友 傑, 三原 基嗣, 松宮 亮平, 百田 佐多生, 大坪 隆, 泉川 卓司, 平野 晴誉, 高橋 慎太郎, 北川 敦志, 金沢 光隆, 取越 正己, 佐藤 真二, 福田 光順, 南園 忠則, 野尻 洋一, Alonso J. R., Krebs G. F., Symons T. J. M.

    日本物理学会講演概要集   62 ( 1 )   88 - 88   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aSE-12 ^<28>Pの磁気モーメントの測定(28aSE 天体核・核モーメント・基礎物理,実験核物理領域)

    小紫 順治, 三原 基嗣, 長友 傑, 西村 太樹, 松多 健策, 福田 光順, 周 冬梅, 石川 大貴, 鄭 永男, 泉川 卓司, 百田 佐多生, 高橋 慎太郎, 平野 晴誉, 大坪 隆, 朱 升云, 北川 敦志, 金沢 光隆, 佐藤 眞二, 取越 正己, 南園 忠則, 野尻 洋一, Alonso J. R., Krebs G. F., Symons T. J. M.

    日本物理学会講演概要集   62 ( 1 )   88 - 88   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27aSC-2 中間エネルギー領域における^6Liの反応断面積測定と核子密度分布(27aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(反応と構造))

    武智 麻耶, 福田 光順, 三原 基嗣, 西村 太樹, 小紫 順治, 松宮 亮平, 松多 健策, 南園 忠則, 泉川 卓司, 大坪 隆, 平野 晴誉, 百田 佐多生, 山口 貴之, 中島 真平, 小林 圭, 鈴木 健, 田中 鐘信, 須田 利美, 小沢 顕, 安田 裕介, 橋爪 祐平, 保谷 毅, 森口 哲朗, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 金澤 光隆

    日本物理学会講演概要集   62 ( 1 )   71 - 71   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27aSC-4 陽子ドリップライン核^9Cの反応断面積と核子密度分布(27aSC 実験核物理領域,理論核物理領域合同 不安定核(反応と構造))

    西村 太樹, 福田 光順, 松多 健策, 三原 基嗣, 松宮 亮平, 小紫 順治, 石川 大貫, 武智 麻耶, 中島 真平, 久保木 隆正, 吉竹 利織, 鈴木 健, 山口 貴之, 大坪 隆, 平野 晴誉, 泉川 卓司, 田中 鍾信, 須田 利美, 佐藤 眞二, 北川 敦志, 金沢 光隆

    日本物理学会講演概要集   62 ( 1 )   72 - 72   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aZD-3 TiO_2中窒素不純物の低温における局所電子状態(24aZD 格子欠陥・ナノ構造(金属・半導体),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    三原 基嗣, 松宮 亮平, 松多 健策, 下村 浩一郎, 小紫 順治, 西村 大樹, 長沢 拓, 石川 大貴, 福田 光順, 泉川 卓司, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集   61 ( 2 )   790 - 790   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20aSC-2 ^<23>Alの反応断面積とフラグメントの運動量分布の測定(20aSC 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核(反応と構造),理論核物理領域)

    Ma Y.G., Fang D.Q., Cai X.Z., Shen W.Q., Sun Z.Y., Ren Z.Z., Guo W., Bei Y.B., Wang K., Yan T.Z., Ma C.W., Chen J.G., Chen J.H., Ma G.L., SU Q.M., Tian W.D., Zhong C., Zuo J.X., 細井 基興, 泉川 卓司, Kanungo R., 中島 真平, 大西 哲哉, 大坪 隆, 小沢 顕, 須田 利美, 菅原 浩介, 鈴木 健, 滝沢 愛子, 田中 鐘信, 山口 貴之, 谷畑 勇夫

    日本物理学会講演概要集   61 ( 2 )   1 - 1   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 20aSC-4 中性子過剰核^<19,20,22>Cの反応断面積測定(20aSC 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核(反応と構造),理論核物理領域)

    田中 鐘信, 山口 貴之, 鈴木 健, 小沢 顕, 相場 健, 青井 考, 泉川 卓司, 稲福 清彦, 岩佐 直仁, 大坪 隆, 黒川 明子, 小林 圭, 小室 麻里, 近藤 洋介, 篠田 遼子, 篠原 摩有子, 鈴木 宏, 武内 聡, 竹下 英理, 武智 麻耶, 栂野 泰宏, 中島 真平, 中林 彩, 馬場 秀忠, 橋爪 祐平, 福田 光順, 松山 貴史, 道正 新一郎, 安野 琢磨, 山田 一成, 吉竹 利織, 久保 敏幸, 中村 隆司, 櫻井 博儀, 本林 透

    日本物理学会講演概要集   61 ( 2 )   1 - 1   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28pXD-5 ZnO中に植え込まれた短寿命核^<12>Nによる電場勾配観測(28pXD 格子欠陥,ナノ構造(半導体・炭素),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    三原 基嗣, 松宮 亮平, 松多 健策, 福田 光順, 泉川 卓司, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集   61 ( 1 )   938 - 938   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27aWD-7 ^<18>Cの反応断面積測定と^<17>C,^<18>Cからのフラグメントの運動量分布の測定(27aWD 理論核物理領域,実験核物理領域合同 不安定核・天体核,理論核物理領域)

    小沢 顕, 山口 由高, Wu C., 鈴木 健, Fang D.Q., 福田 光順, 岩佐 直人, 泉川 卓司, Jeppense H., Kanungo R., 小山 亮, 大西 哲哉, 大坪 隆, 篠崎 和佳子, 須田 利美, 高橋 聖, 谷畑 勇夫

    日本物理学会講演概要集   61 ( 1 )   28 - 28   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 21pYM-8 シリコンにインプラントされたホウ素の核スピン緩和の磁場依存性(格子欠陥・ナノ構造(半導体・水素),領域10(誘電体,格子欠陥,X線・粒子線,フォノン物性))

    泉川 卓司, 松多 健策, 佐藤 和則, 三原 基嗣, 福田 光順, 南園 忠則, Zhu S. Y.

    日本物理学会講演概要集   60 ( 2 )   826 - 826   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Magnetic moment of extremely proton-rich nucleus 23Al 査読

    T. Nagatomo, K. Matsuta, A. Ozawa, Y. Nakashima, R. Matsumiya, M. Mihara, T. Yasuno, A. Chiba, K. Yamada, S. Momota, T. Ohtsubo, M. Ohta, D. Shinojima, T. Izumikawa, H. Tanaka, T. Yamaguchi, S. Nakajima, H. Maemura, K. Muranaka, S. Kumashiro, H. Fujiwara, K. Yoshida, T. Sumikama, K. Tanaka, M. Ogura, K. Minamisono, M. Fukuda, T. Minamisono, Y. Nojiri, T. Suzuki, I. Tanihata, J. R. Alonso, G. F. Krebs, T. J, M. Symons

    JOURNAL OF PHYSICS-Conference Series   20 ( 1 )   173 - 174   2005年

     詳細を見る

    The g-factor of the extremely proton-rich nucleus 23Al (T 1/2 = 0.47 s) has been measured by means of the β-NMR method for the first time. The g-factor were determined as |g| = 1.557(88) from the obtained NMR spectra. From the comparison between the experimental value and the shell model calculation, the spin parity of the ground state of 23Al was determined as Iπ = 5/2+. Thus, the magnetic moment of 23Al was determined as |μ| = 3.89(22)μN. © 2005 IOP Publishing Ltd.

    DOI: 10.1088/1742-6596/20/1/032

    Scopus

    researchmap

  • Electric quadrupole momentof Na-25 査読

    K Matsuta, H Fujiwara, T Nagatomo, M Mihara, S Kumashiro, Y Nakashima, M Ogura, S Momota, T Ohtsubo, M Ohta, A Kitagawa, M Kanazawa, M Torikoshi, S Sato, M Fukuda, T Minamisono, Y Nojiri, K Minamisono, M Suda, T Izumikawa, Alonso, JR, GF Krebs, TJM Symons

    International Symposium on Correlation Dynamics in Nuclei   20   169 - 170   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    The electric quadrupole coupling constant eqQ/h of Na-25 (I-pi = 5/2(+), T-1/2 = 59.6 s), implanted in a TiO2 single crystal, has been measured by use of the beta-NMR technique, to determine the electric quadrupole moment Q. As a result, vertical bar eqQ/h vertical bar = (44 +/- 16) kHz and vertical bar Q(Na-25)vertical bar = (1.0 +/- 0.4) mb were determined. From the NMR on 25Na in NaCl, the magnetic moment was determined as vertical bar mu vertical bar = (3.6832 +/- 0.0003) mu(N).

    DOI: 10.1088/1742-6596/20/1/030

    Web of Science

    researchmap

  • 27pWD-2 中間エネルギー領域における^6Heの反応断面積測定と核子密度分布(理論核物理,実験核物理合同,不安定核,理論核物理)

    武智 麻耶, 大坪 隆, 滝沢 愛子, 松山 貴史, 百田 佐多生, 山口 貴之, 細井 基興, 中島 真平, 鈴木 健, 北川 敦志, 佐藤 眞二, 福田 光順, 金沢 光隆, 佐々木 誠, 田中 鐘信, 須田 利美, 三原 基嗣, 松政 泰三, 松宮 亮平, 西本 雅志, 松多 健策, 南園 忠則, 泉川 卓司

    日本物理学会講演概要集   60 ( 0 )   53 - 53   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.60.1.1.0_53_3

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 28aZL-5 ^<23>Alの磁気モーメント(理論核物理,実験核物理合同不安定核)(理論核物理)

    長友 傑, 中島 良樹, 松多 健策, 小沢 顕, 山田 一成, 三原 基嗣, 神代 真一, 藤原 裕樹, 百田 佐多生, 野尻 洋一, 太田 雅洋, 大坪 隆, 吉田 光一, 炭竃 聡之, 小倉 昌子, 南園 啓, 福田 光順, 南園 忠則, 鈴木 健, 泉川 卓司, 谷畑 勇夫

    日本物理学会講演概要集   59 ( 1 )   36 - 36   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 30aZB-4 ^<91,91m>Yのhyperfine anomaly(核構造等)(実験核物理)

    大坪 隆, 大矢 進, 佐々木 恵, 佐藤 功, 泉川 卓司, 西村 克彦, 後藤 淳, 谷垣 実, 谷口 秋洋, 大久保 嘉高, 川瀬 洋一, 武藤 豪

    日本物理学会講演概要集   59 ( 1 )   73 - 73   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • \nHyperfine Anomaly Study by NMR-ON Method

    T. Ohtsubo, S. Ohya, M. Sasaki, K. Nishimura, I. Sato, M. Suzuki, T. Izumikawa, J. Goto, M. Tanigaki, A. Taniguchi, Y. Ohkubo, Y. Kawase, S. Muto

    KURRI Prog. Rep. 2003   23   0 - 0   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 9pSG-1 中性子過剰核 ^<17>B の反応断面積測定

    山口 由高, 岩佐 直人, Jeppesen H., 大坪 隆, 泉川 卓司, 渡辺 茂夫, 篠崎 和佳子, 小山 亮, 高橋 聖, 谷畑 勇夫, Wu Cuie, 小沢 顕, 鈴木 健, 大西 哲哉, 須田 利美, 福田 光順, Fang D. Q., Kanungo R.

    日本物理学会講演概要集   58 ( 0 )   24 - 24   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.58.2.1.0_24_4

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 9pSG-2 陽子過剰核 ^<17>Ne のハロー構造

    田中 鐘信, 大坪 隆, 鈴木 健, 百田 佐多生, 泉川 卓司, 山口 貴之, 大西 崇, 小沢 顕, 谷畑 勇夫, Zheng Tao, 福田 光順, 三原 基嗣, 武智 麻耶, 珍田 武志, 炭竈 聡之, 工藤 修一, 松多 健策, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集   58 ( 0 )   25 - 25   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.58.2.1.0_25_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 29pSA-6 中間エネルギー領域における ^<12>C の反応断面積

    武智 麻耶, 須田 利美, 北川 敦志, 佐々木 誠, 泉川 卓司, 大坪 隆, 小山 亮, 篠崎 和佳子, 高橋 聖, 百田 佐多生, 福田 光順, 三原 基嗣, 田中 鐘信, 土橋 正典, 珍田 武志, 松多 健策, 南園 忠則, 鈴木 健

    日本物理学会講演概要集   58 ( 0 )   46 - 46   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.58.1.1.0_46_1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 12pSF-13 中間エネルギー領域における ^<12>C の反応断面積

    武智 麻耶, 鈴木 健, 泉川 卓司, 大坪 隆, 小山 亮, 篠崎 和佳子, 高橋 聖, 北川 敦志, 佐々木 誠, 須田 利美, 百田 佐多生, 福田 光順, 三原 基嗣, 田中 鐘信, 珍田 武志, 土橋 正典, 中島 良樹, 松多 健策, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集   58 ( 0 )   77 - 77   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.58.2.1.0_77_4

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aWK-11 入射破砕反応^<17>B→^<15>Bの運動量分布

    鈴木 健, 須田 利美, 谷畑 勇夫, 渡辺 茂夫, 山口 貴之, 山口 由高, 小川 洋子, 千葉 将充, 福田 光順, 岩佐 直仁, 泉川 卓司, R Kanungoc, 川村 淑恵, 小沢 顕

    日本物理学会講演概要集   57 ( 0 )   35 - 35   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.57.1.1.0_35_2

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24pWK-9 ^<21>B探索実験

    小沢 顕, 泉川 卓司, 加藤 智美, 百田 佐多, 木村 喜久男, 山口 貴之, T Zheng, R Kanugo, 須田 利美, 吉田 光一, 谷畑 勇夫, 山口 由高, 鈴木 健

    日本物理学会講演概要集   57 ( 0 )   39 - 39   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.57.1.1.0_39_3

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 24aWK-8 中間エネルギーにおける^<12>Cの反応断面積とその増大

    福田 光順, 須田 利美, 佐々木 誠, 北川 敦志, 三原 基嗣, 土橋 正典, 田中 鐘信, 武智 麻耶, 松多 健策, 南園 忠則, 鈴木 健, 泉川 卓司

    日本物理学会講演概要集   57 ( 0 )   34 - 34   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本物理学会  

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.57.1.1.0_34_3

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • オンライン同位体分離器を用いた核分光・核物性研究 4 偏極核のイオン注入による核電磁モーメントの研究 (東京大学原子力研究総合センターS)

    大矢進, 大坪隆, 後藤淳, 佐藤洋恵, 泉川卓司, 武藤豪, 長明彦, 小泉光生, 関根俊明

    放射線高度利用研究第三期研究成果報告書 大学・原研プロジェクト共同研究 平成13年   54 - 56   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 29a-YT-6 ^<23>Mgベータ崩壊非対称度

    松多 健策, 大西 崇, 福田 光順, 三原 基嗣, 山口 貴之, 三宅 徹, 佐々木 誠, 野尻 洋一, 南園 忠則, 泉川 卓司, 谷垣 実, 中里 真久, 原田 昭彦, 大坪 隆, 福田 茂一, 百田 佐多夫, 吉田 光一, 小沢 顕, 鈴木 健, 小林 俊雄, 谷畑 勇夫, Alonso J.R., Krebs G.F., Symons T.J.M.

    日本物理学会講演概要集   52 ( 1 )   66 - 66   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ^<17>OのTiO_2中の超微細相互作用

    谷垣 実, 佐藤 和則, 武田 定, 丸山 由紀子, 三宅 徹, 泉川 卓司, 山口 貴之, 松多 健策, 福田 光順, 野尻 洋一, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1996 ( 3 )   277 - 277   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • <sup>7</sup>Li,<sup>8</sup>LiのLiIO<sub>3</sub>,LiNbO<sub>3</sub>中超微細構造相互作用

    丸山由紀子, 泉川卓司, 谷垣実, 三宅徹, 佐藤和則, 大坪隆, 武田定, 福田光順, 松多健策

    日本物理学会講演概要集(年会)   51st ( 1 )   1996年

     詳細を見る

  • <sup>7</sup>Li,<sup>8</sup>LiのLiIO<sub>3</sub>,LiNbO<sub>3</sub>中超微細構造相互作用

    丸山由紀子, 泉川卓司, 谷垣実, 三宅徹, 佐藤和則, 大坪隆, 武田定, 福田光順, 南園忠則

    京都大学原子炉実験所Technical Report KURRI-TR   ( 418 )   1996年

     詳細を見る

  • 29a-SF-5 二重閉殻+1核子核^<41>Scの電気四重極モーメント

    佐藤 和則, 泉川 卓司, 谷垣 実, 三宅 徹, 丸山 由紀子, 福田 茂一, 松多 健策, 福田 光順, 野尻 洋一, 南園 忠則, 武田 定

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1995 ( 1 )   120 - 120   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 31p-PSA-22 短寿命ベータ放射性核 ^<12>Bの強磁性Co内の超微細構造相互作用

    野尻 洋一, 柳沢 隆行, 百田 佐多生, 田中 学, 大西 崇, 松本 康寛, 大坪 隆, 泉川 卓司, 谷垣 実, 福田 光順, 松多 健策, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集. 年会   50 ( 3 )   204 - 204   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 30p-YM-14 青色発光半導体ZnSe中、^8Li, ^<12>Nの超微細相互作用

    三宅 徹, 谷垣 実, 泉川 卓司, 山口 貴之, 佐藤 和則, 南園 啓, 大坪 隆, 福田 茂一, 福田 光順, 松多 健策, 野尻 洋一, 南園 忠則

    日本物理学会講演概要集. 年会   50 ( 2 )   175 - 175   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Siに植え込まれたホウ素の位置の温度依存性

    泉川卓司, 大坪隆, 谷垣実, 三宅徹, 山口貴之, 佐藤和則, 南園啓, 福田光順, 南園忠則

    日本物理学会講演概要集(年会)   50th ( 2 )   1995年

     詳細を見る

  • 短寿命β放射性核<sup>12</sup>B,<sup>12</sup>NのMg中の超微細構造相互作用

    山口貴之, 泉川卓司, 谷垣実, 三宅徹, 佐藤和則, 南園啓, 大坪隆, 福田光順, 南園忠則

    日本物理学会講演概要集(年会)   50th ( 2 )   1995年

     詳細を見る

  • 30a-H-3 ^<23>Mgのベータ崩壊非対称係数

    松多 健策, 南園 忠則, 福田 光順, 野尻 洋一, 福田 茂一, 泉川 卓司, 谷垣 実, 中里 真久, 三原 基嗣, 大西 崇, 山口 貴之, 三宅 徹, 佐々木 誠, 原田 昭彦, 大坪 隆, 吉田 光一, 小沢 顕, 小林 俊雄, 谷畑 勇夫, Alonso J.R., Krebs G.F., Symons T.J.M.

    日本物理学会講演概要集. 秋の分科会   1994 ( 1 )   105 - 105   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 軽い短寿命ベータ崩壊核をプローブとした金属中の電気四重極相互作用の研究

    大坪隆, 福田茂一, 泉川卓司, 谷垣実, 福田光順, 松多健策, 野尻洋一, 赤井久純, 南園忠則

    京都大学原子炉実験所Technical Report KURRI-TR   ( 386 )   1994年

     詳細を見る

  • Si中Bの植え込み位置

    泉川卓司, 大坪隆, 谷垣実, 三宅徹, 山口貴之, 福田光順, 野尻洋一, 南園忠則

    京都大学原子炉実験所Technical Report KURRI-TR   ( 386 )   1994年

     詳細を見る

  • ZnSe中のLiの超微細相互作用

    谷垣実, 大坪隆, 泉川卓司, 福田茂一, 佐藤和則, 野尻洋一, 南園忠則

    京都大学原子炉実験所Technical Report KURRI-TR   ( 386 )   1994年

     詳細を見る

  • 強磁性体Co中の短寿命β放射性核<sup>12</sup>Bの超微細構造相互作用

    柳沢隆行, 百田佐多生, 田中学, 大西崇, 松本康寛, 大坪隆, 泉川卓司, 谷垣実, 南園忠則

    京都大学原子炉実験所Technical Report KURRI-TR   ( 386 )   1994年

     詳細を見る

  • 陽子過剰核<sup>12</sup>Nの電気四重極モーメント

    大坪隆, 福田茂一, 泉川卓司, 谷垣実, 三宅徹, 山口貴之, 福田光順, 松多健策, 丹治宏彰

    日本物理学会講演概要集(分科会)   1993 ( Autumn Pt 1 )   1993年

     詳細を見る

  • 4a-PS-7 ^<23>Mgの磁気モーメントの測定

    福田 光順, 泉川 卓司, 大坪 隆, 福田 茂一, 中山 雄二, 谷垣 実, 松多 健策, 野尻 洋一, 南園 忠則

    秋の分科会講演予稿集   1992 ( 1 )   120 - 120   1992年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 27p-R-1 β放射性短寿命核^8Liの電気四重極モーメントの測定

    中山 雄二, 大坪 隆, 福田 茂一, 泉川 卓司, 谷垣 実, 北川 敦志, 福田 光順, 野尻 洋一, 南園 忠則, 武田 定

    年会講演予稿集   47 ( 1 )   43 - 43   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 30p-ZE-12 ^8Li, ^<12>Bの金属結晶中の超微細相互作用

    中山 雄二, 大坪 隆, 福田 茂一, 泉川 卓司, 谷垣 実, 北側 敦, 福田 光順, 野尻 洋一, 南園 忠則

    年会講演予稿集   47 ( 3 )   172 - 172   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 30a-BPS-14 ^<12>BのBNの超微細相互作用と電気四重極モーメント

    大坪 隆, 福田 茂一, 中山 雄二, 泉川 卓司, 谷垣 実, 染田 恭弘, 福田 光順, 野尻 洋一, 南園 忠則, 中村 亘男, 武田 定, 丹治 宏彰

    年会講演予稿集   46 ( 1 )   57 - 57   1991年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本物理学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • タリウム205-裸イオンの束縛状態ベータ崩壊とニュートリノフラックスの研究

    研究課題/領域番号:18H03696  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    鈴木 健, 西村 太樹, 福田 光順, 泉川 卓司, 大坪 隆, 武智 麻耶

      詳細を見る

    配分額:32500000円 ( 直接経費:25000000円 、 間接経費:7500000円 )

    一昨年度ドイツの加速器装置の故障で実験できなかったが、国内実験(放射線医学総合研究所)で分解能の検証の後,ドイツへ渡航して本測定205Tl 81+ →205Pb81+ + e-を全員参加して実施する予定であった。
    コロナの影響で渡航は叶わなかったがドイツ人研究者のみでデータを取得した。
    具体的には、イオン源で1 次ビーム206Pb イオンを生成し線型加速器UNILAC にて核子当たり8 MeV まで前段加速ののち重イオンシンクロトロンSIS にて約500 MeV/u まで加速後,ビームを取り出し核破砕片分離装置FRS へと導いた。FRS では入射核破砕反応で生成する81価の205 Tlイオンを分離し本計画のメインデバイス・重イオン蓄積リングExperimental Storage Ring[ESR] へ入射・周回させた。
    ここで周回粒子に対してショットキー質量分光もしくはアイソクロナス(等時性) 質量分光を行った。
    前者ではESR の周回軌道中の空洞にショットキー検出器を設置しておく。荷電粒子が電極を通過する際に誘導電荷によるショットキーノイズが発生するのでこれを増幅した。粒子のm=q に応じた周期でこのショットキーノイズを発生させる。一方,後者は(粒子のエネルギー損失が無視できる程の) 極薄の炭素薄膜を設置し粒子が通過した際の2 次電子をマイクロチャネルプレートで増幅した。これらのパルスに対しスペクトラム・アナライザで周波数解析(FFT 法を用いる) によって粒子同定が可能となった。親核205Tl81+ を周回させるとベータ崩壊の娘核は3 時間経過後には約10個が得られ,6 日程度の実験で5*10個となり崩壊直線が求まる。

    researchmap

  • 放射性セシウム沈着量の高位置分解能測定技術開発とマップ作成

    研究課題/領域番号:16K00543  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    後藤 淳, 谷垣 実, 菖蒲川 由郷, 高橋 俊博, 天谷 吉宏, 吉田 秀義, 高橋 剛, 泉川 卓司

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究では、指向性がある自動車走行サーベイシステムASURAを用いた調査を国道6号線や常磐自動車道などで実施し、道路表面の放射性セシウム沈着量、道路周囲の汚染状況などに関する情報を得た。調査を定期的に実施することで放射性セシウム沈着量の環境半減期を導出した。
    自動車で測定できない山林等での沈着量測定を実施するために、歩行用システムを開発し、調査を実施した。

    researchmap

  • 実用化に向けた高速粒子線CTの開発による粒子線治療の高度化と効率化

    研究課題/領域番号:15H03656  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    川崎 健夫, 泉川 卓司, 皿谷 有一, 今野 智之, 片浦 隆介, 岩田 修一

      詳細を見る

    配分額:15210000円 ( 直接経費:11700000円 、 間接経費:3510000円 )

    高エネルギー粒子線を用いたCT撮像は、治療用粒子線ビームに対する阻止能の測定において、X線よりも原理的な不定性が小さいため、治療の高精度化に有用であると考えられている。本研究では、これまで原理検証を行ってきた粒子線CTについて、飛躍的な高速化を行うことにより、実用的な時間(数分以内)で撮像を行えるシステムを開発することを目的としている。物質量が少なく二次元の位置が測定できる両面型シリコンストリップ検出器と、時定数が短く高レートで使用可能なカロリメータにより、160MeV・100kHzの高強度陽子線ビームのプロファイルの測定に成功した。

    researchmap

  • 小型陽子線写真装置によるCT撮像実験

    研究課題/領域番号:26460723  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    泉川 卓司, 川崎 健夫, 後藤 淳

      詳細を見る

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究では陽子線による断層写真撮影のための高速化したシリコンストリップ位置検出器とエネルギー検出器からなるシステムを構築し、断層写真撮像原理の検証と分解能向上のための撮像技術画像解析技術の向上を目的として行われた。計数速度の大幅な向上を目指し、FPGAを用いた読み出し回路の改良とエネルギー検出器として高速シンチレーターであるYAPを導入し、放射線医学総合研究所のHIMAC加速器にて実験的研究を行った。YAPはエネルギー検出器として低レートでの測定では十分な性能を持つことが確認された。また、シリコン検出器は、ノイズもしくはパイルアップが多いものの400kHzまで動作することが確認された。

    researchmap

  • 標識薬剤を用いた心疾患進行過程における心臓エネルギー獲得機能の変化に関する研究

    研究課題/領域番号:25460205  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高橋 俊博, 張馬 梅蕾, 泉川 卓司, 後藤 淳

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    2種の心臓集積性標識薬剤(標識脂肪酸、標識糖)を用い、様々な状況下(3種の状況:心不全疾患、心不全+心機能改善薬、糖尿病疾患)にある心臓のエネルギー獲得機能の変化を、動物実験(心機能評価法):心臓集積性実験, 心筋代謝物実験, 心筋局所集積性画像化実験等 により検討した。その結果、心不全疾患においては, 疾患の進行に伴ない心筋エネルギー獲得機能が脂肪酸代謝から糖代謝への移行が確認され、心機能改善薬投与の実験では, 改善薬の脂肪酸代謝機能改善効果が示され、また糖尿病疾患においては, 糖尿病による心臓エネルギー獲得機能(脂肪酸代謝機能、糖代謝機能)への影響(障害)が示された。

    researchmap

  • Ni同位体の中性子スキンに関する研究

    研究課題/領域番号:24244024  2012年5月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    鈴木 健, 山口 貴之, 福田 光順, 泉川 卓司, 大坪 隆, 西村 太樹

      詳細を見る

    配分額:31850000円 ( 直接経費:24500000円 、 間接経費:7350000円 )

    中性子スキンは原子核衝突の際の、反応断面積測定と荷電変化断面積半径の測定を通じて「陽子分布半径と中性子分布半径の差」に対応する物理量として求める事が出来る。Ni同位体は2重魔法数核を含み、非対称度が0~0.28と変化するので原子核の状態方程式(EOS)のパラメター決定・中性子星の構造に迫る事が出来る。
    当初ドイツ・GSIで実験する予定であったが本番実験を行えない事情が発生し、急遽国内の同等加速器施設である理化学研究所で本番実験を行う事に変更を余儀なくされた。このため、荷電変化断面積測定用原子番号識別検出器(イオンチェンバー)の製作が新たに要求され時間を要したがZ分解能4σの検出器が完成している。

    researchmap

  • 超高速デジタル型シリコン位置測定器の開発および粒子線CTへの応用

    研究課題/領域番号:24654063  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    川崎 健夫, 泉川 卓司, 後藤 淳, 皿谷 有一

      詳細を見る

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    高エネルギー荷電粒子を用いた人体内部の撮像は、将来粒子線治療を高精度化・高効率化できる可能性を持つ。本研究では、高エネルギー加速器実験で開発された測定技術を応用して、粒子線撮像システムを構築した。また将来的に臨床診断での使用を目指して短時間で撮像を可能とするために、超高速の精密位置測定器を開発した。結果として、小型の物体に対して0.3mmの位置分解能と0.2%の精度での電子密度を測定することに成功した。同じく高エネルギー加速器実験で開発されたLSIを用いて、現在のシステムの速度(~200Hz)を飛躍的に向上させ、100kHz以上のレートでビーム形状を測定することに成功した。

    researchmap

  • シリコンストリップ検出器を用いた小型陽子線断層写真装置の開発

    研究課題/領域番号:22611008  2010年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    泉川 卓司, 川崎 健夫, 後藤 淳, 長坂 康史, 阿蘇 司, 木村 彰徳

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究はシリコンストリップ検出器を用いた小型の陽子線断層写真撮影装置を開発すること、および、開発した装置を用いた実験的基礎研究を行い基礎データの収集と本手法による測定原理の検証を目的として実施した。測定対象物の上流側と下流側それぞれに位置検出型のシリコン検出器を二組ずつ配置し、最後部に残留エネルギー測定用のNaI(Tl)検出器を配した測定装置を開発した。陽子線ビームを用いた実験を行い、簡単な形状の物体の二次元像を測定した。上流側と下流側の陽子線の軌跡を独立して測定する事は、二次元像の位置分解能の向上に有用であることが分かった。

    researchmap

  • シリコン検出器を用いた陽子線断層写真実用化のための基礎的研究

    研究課題/領域番号:20659188  2008年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    泉川 卓司, 川崎 健夫, 後藤 淳, 長坂 康史, 田村 詔生

      詳細を見る

    配分額:3200000円 ( 直接経費:3200000円 )

    本研究では高エネルギー物理学分野で開発・発展させられてきたシリコンストリップ検出器を用い、粒子線による画像診断装置の実用化の可能性を探ることを目標としている。
    本年度は、昨年度に作成した検出器とPCを結ぶプロトタイプのインターフェース回路の不備を改良し、プリント基板におこし、多数枚のシリコン検出器に対応できるようにした。また、シリコン検出器のアセンブルも継続して行い、予定通り8枚のシリコン検出器を作成した。
    ベータ線源を用いたオフラインでのテストを行い、ベータ線を測定できることを確認した。また、アンプゲイン等のASICのパラメーターの設定を容易にするために、設定値を読み取るためのADコンバーターを付加した。
    完成した装置を国立がんセンター東病院の陽子線治療施設においてオンラインでのテストを行った。実験の実施においては、本装置のデータ収集の計数率が非常に低いため、ビーム強度を極限まで落として実験に望んだ。しかし残念ながら、陽子線を検出することは叶わなかった。オフラインでは動作する物がオンラインで動作しない原因として、多量に発生するであろうX線や加速器運転にともなう電磁ノイズがインターフェース回路を誤動作させているのではないかと考えている。その後、がんセンター東病院の陽子線施設は改修工事に入ったため、再実験を行う事はできなかった。
    装置の主要部は完成しているので、今後、X線や電磁波、電源ノイズ等の対策を行い、オンラインでの測定を成功させねばならないと考えている。

    researchmap

  • 多価イオン状態核の電子捕獲/束縛状態β崩壊半減期と価電子スピンの研究

    研究課題/領域番号:19204023  2007年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    鈴木 健, 山口 貴之, 大坪 隆, 泉川 卓司

      詳細を見る

    配分額:43810000円 ( 直接経費:33700000円 、 間接経費:10110000円 )

    水素原子様ヨウ素同位体^<122>_<53>I^<52+>EC崩壊半減期実験の結果:電子捕獲崩壊曲線は常識となっている指数関数からの変調を示し振動していた。その振動周期は約6秒であった。この振動現象の理由の一つとしてニュートリノ振動を考えるとニュートリノ質量自乗差Δm_<12>^2=m_1^2-m_2^2が、2.0(2)×10^<-4>eV_2となる。この値はカムランド実験のそれに較べて2.9倍程大きい。ヘリウム原子様プロメシウム同位体半減期実験の結果:現在鋭意解析中

    researchmap

  • 標識脂肪酸および標識糖を用いた心臓のエネルギー獲得機能評価に関する研究

    研究課題/領域番号:19590138  2007年 - 2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高橋 俊博, 馬 梅蕾, 内藤 眞, 泉川 卓司, 馬 梅蕾, 内藤 眞, 泉川 卓司

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    2種の標識薬剤(標識脂肪酸、標識糖)および心不全モデル作製動物を用いて、心臓集積性経時変化実験、心筋局所集積性画像化実験等を行い、心不全病期進行過程(正常→急性期→慢性期)における心臓エネルギー獲得機能の変化を検討した。その結果「脂肪酸代謝機能は急性期において障害を受け、その障害がそのまま次の慢性期に残ること、また糖代謝においては,慢性期に入って その機能が遅れて,緩やかに亢進してくること」が明らかとなった。

    researchmap

  • 低温核偏極からのα、β崩壊に於ける核変形効果の研究

    研究課題/領域番号:17540241  2005年 - 2007年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大矢 進, 大坪 隆, 泉川 卓司, 武藤 豪

      詳細を見る

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:300000円 )

    この研究の目的は低温核偏極で原子核スピンを偏極させて,偏極核からのα、β線の角分布の測定実験を行い,原子核のクーロンポテンシャルの影響をみるものである。Si検出器の分解能を上げるため3He/4He希釈冷凍機の底の部分の改造設計を行った。0.7Kのシールド部分に設置されたSi検出器からのリード線は希釈冷凍機の下部から室温の外部に出る構造にした。しかし希釈冷凍機とプリアンプのシールドのやり方でノイズが変化して,分解能の飛躍的向上は得られなかった。そこで希釈冷凍機の上部から信号を取り出す方法で実験を行うことにした。オーストラリアのグループと95ZrNiの核整列の実験を行い,ベータ線検出でその異方性を測定したが,2%程度であった。また59FeNiのベータ線をSi検出器で検出して,約7mKの温度で偏極させ,NMR-ON共鳴の実験で,ニッケル中の鉄の内部磁場を-28.33(3)Tと決定し,緩和時間は外部磁場0.1Tで30(25)sと決定した。この内部磁場はこれまでメッスバウアー法を用いて報告されていた値,-28.3(3)Tと一致して,精度は1桁向上した。つぎに241Amの線源製作を試みた。はじめにガラスのプレパートの上に5kBqほど蒸発乾固したものをSi検出器で測定したところ5.485MeVのα線に対して分解能は33keVであった。純鉄に熱拡散させるため,241Amを5kBqほど蒸発乾固させたものを水素雰囲気中800度で約5分間,熱拡散させた。しかしながら熱拡散する前後でのα線のスペクトルはまったく変化がなく,拡散は起きなかったと思われる。このときの5.485MeVのα線に対して分解能は130keVであった。これは鉄が塩酸で溶けたことによるものと思われる。分解能をあげるためには241Amを加速させて,一様に埋め込むことが必要であることが判明した。

    researchmap

  • 核破砕片分離装置を用いたクリプトン同位体の核半径とEOS研究

    研究課題/領域番号:16340063  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    鈴木 健, 吉永 尚孝, 山口 貴之, 大坪 隆, 泉川 卓司

      詳細を見る

    配分額:12100000円 ( 直接経費:12100000円 )

    本補助金の交付によって昨年度はドイツ・重イオン科学研究所の重イオンシンクロトロンと核破砕片分離装置を使い陽子過剰な質量数72〜80のクリプトン同位体につき反応断面積測定をトランスミッション法により研究分担者・研究協力者と共に遂行した。
    今年度,質量数72〜80のクリプトン同位体につき反応断面積の解析結果を確定させグラウバー理論の光学極限近似を適用して核半径を導出した。核半径は質量数A=80〜76〜72の減少に伴い通常の安定核であれば,Koxの半経験式からも予想されるようにA1/3に従って減少するのに反して誤差を考慮しても増加の傾向を示した。これは近傍での(クリプトンKr;ブロムBr;セレンSe;ヒ素As;ゲルマニウムGe;ガリウムGa)といった不安定核の核半径の振舞いと矛盾しないことが分かった。現在ドイツ人研究協力者と変形の効果を議論しつつ投稿論文を準備中である。また本研究の結果は春季物理学会(愛媛大学)に於いて実験にも参加した修士2年の大学院生が報告した。
    また本研究では同時にクリプトン-80を入射ビームとした場合の1GeV領域での入射核破砕反応で生成される種々の同位体の生成断面積も得ている。この断面積の傾向は現象論的予言式;EPAX2の予言とは一致するものの陽子ドリップライン近傍で実験値を再現しなくなる事及び実験値はAbrasion-Ablation模型の予言では再現されることが分かった。更に1陽子ピックアップ過程の断面積をも得ることができた。こちらはカスケード模型の計算を現在遂行中で,これらの結果も春季物理学会で鈴木が報告し,また論文として投稿中。

    researchmap

  • 二種の標識薬剤を用いた心筋機能評価法の開発およびその心疾患への応用

    研究課題/領域番号:16590107  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高橋 俊博, 渡辺 賢一, 内藤 眞, 泉川 卓司

      詳細を見る

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    1 使用した心臓集積性標識薬剤
    (1)脂肪酸代謝機能を評価する薬剤:[I-131]9MPA(標識脂肪酸),糖代謝機能を評価する薬剤:[C-14]2DG(標識糖),心筋交感神経機能を評価する薬剤:[I-125]MIBGをそれぞれ用いた。
    2 動物実験
    (1)脂肪酸代謝機能と糖代謝機能の評価
    ・薬剤として9MPAと2DG,実験動物として正常動物群(正常群)と心不全作製動物群(心不全群:)を用いた。
    ・(心臓集積性の経時変化実験)上記薬剤および実験動物を用いて心臓集積性の経時変化実験を行った。その結果、正常心臓では主エネルギー源が脂肪酸であるが,心不全心臓ではエネルギー獲得系が脂肪酸→糖へ移行していることがわかった。
    ・(心臓オートラジオグラフィ)9MPAおよび2DGより得られた心臓オートラジオグラムにおいても心不全心臓ではエネルギー獲得系が脂肪酸→糖へ移行していることがわかった。更に心不全群では正常群に比べ心臓が拡張していることがわかった。
    ・(心筋脂肪酸代謝実験)9MPAを用いた心筋脂肪酸代謝物分析を行った結果、心不全心筋では主に脂肪酸貯蔵機能の著しい低下障害が起きていることがわかった。
    (2)脂肪酸代謝機能と心臓交感神経機能の評価
    ・薬剤として9MPAとMIBG,実験動物として正常群,心不全群および心疾患治療薬投与(心不全群+カルベジロール(治療薬))動物群(カルベジロール投与群)を用いた。
    ・(心臓集積性の経時変化実験)上記薬剤および正常群,心不全群を用いて心臓集積性の経時変化実験:を行った。その結果、心不全心臓では脂肪酸代謝機能,心臓交感神経機能共に障害を受けていることがわかった。
    またカルベジロール投与群においてMIBGの心臓集積性を検討した結果、カルベジロールは心臓交感神経機能の改善に有効な薬剤であることが確認できた。

    researchmap

  • ベータNMRによる半導体中の不純物の拡散研究

    研究課題/領域番号:16540283  2004年 - 2005年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    泉川 卓司, 南園 忠則, 大矢 進, 松多 健策, 大坪 隆, 後藤 淳

      詳細を見る

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    半導体ゲルマニウム中のホウ素不純物のベータNMR測定について、以下の結果を得た。測定の結果、Larmor周波数近辺にシャープな共鳴と数十kHzに広がった共鳴、vqSplit=190kHzにピークを持つ四重極分裂した共鳴の3種が見いだされた。ゲルマニウムにおいてもシリコンと同様にこれらの3種類の共鳴線が存在し、それぞれ置換位置(Bs)、多結晶パターンを持つ位置(Bx)、<111>対称性を持つ位置(Bns)に相当するものと考えられる。それぞれのサイトの占有率の温度依存性については、Bnsの占有率は低温(T<250K)で約30%程度であるが、T〜300Kで共鳴が観測されなくなっている。これもシリコンと同様に、原子のジャンプによる電場勾配の揺動による偏極の緩和が起きているものと考えられる。一方、Bs+Bxの振る舞いはシリコンの場合と大きく異なるものであった。シリコンの場合は、温度の上昇に伴い占有率も単調増加するものであったが、ゲルマニウムの場合は室温付近で占有率が低下しディップを形成している。これは、インプラントにより生成された空孔の移動度が温度の上昇ともに増大し、空孔とBsまたはBxと相互作用する確率が高くなり、ホウ素の核偏極を破壊するためであると推察している。
    また、シリコン中のホウ素の局所的な原子ジャンプモデルを更に確かなものとするために、以前とは異なる外部磁場でのNMR信号の消滅を観測した。その結果、信号が消滅する温度は、この原子ジャンプモデルから予想される値と一致し、モデルの正しさを更に支持することとなった。
    そのほか、ゲルマニウム半導体の他に化合物半導体に対しても実験的研究を行い、TiO2中の窒素不純物及び空孔の熱活性的な振る舞いの研究や、ZnOにインプラントされた窒素不純物の受ける電気四重極相互作用の結合定数の測定を行った。

    researchmap

  • 心筋局所エネルギー代謝を評価するβ酸化能測定法の開発およびその心疾患への応用

    研究課題/領域番号:14572153  2002年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高橋 俊博, 泉川 卓司, 内藤 眞, 渡辺 賢一

      詳細を見る

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    『心筋はその生体維持のため恒常的な拍動運動を必要とし、そのため複数のエネルギー産生経路を確保しているが、好気的代謝における主たるエネルギー供給源は長鎖脂肪酸である。心筋はその長鎖脂肪酸からβ酸化によリエネルギーを獲得している。 』この知見に基づき本研究ではβ酸化が阻害されるようにドラッグデザインされた[l-125]標識脂肪酸(9MPA:15-(p-[l-125]lodophenyl)-9-methylpentadecanoic Acid)を用い,動物実験(代謝物実験)により心筋の機能をエネルギー獲得系の点から評価することを試みた。
    代謝物実験は9MPAを動物(正常ラットおよび心不全モデルラット)に投与し,その心筋における2種の主代謝物---貯蔵型代謝物およびβ酸化型代謝物---を二次元展開薄層クロマトグラフィー(TLC)にて分離し、続いて分離された分画の放射能計測より各代謝物の定量解析を行い,得られたデータから様々な状態(正常および心不全)における心筋のエネルギー獲得機能の評価を行った。その結果、心不全の心筋における貯蔵型代謝物の量は正常心筋に比べて著しく減少しているのに対し,β酸化型代謝物の量はほとんど変化していないことから、心不全の心筋においては脂肪酸の貯蔵能力に著しい低下障害が起きていることが示唆された。
    また上記代謝物実験と併行して、心筋集積性の経時変化実験および心筋オートラジオグラフィー(ARG : Autoradiography)実験を行った。その結果心筋集積性の実験では、9MPAの心不全心筋への集積性は,正常心筋への集積性に比べて低下していることがわかり、更に心筋ARG実験では、上記心不全心筋への9MPA取り込みの低下および心不全における心筋の肥大化が確認できた。

    researchmap

  • エキゾチック原子核(^<17>B,^<22>N,^<23>O等)のハロー構造の研究

    研究課題/領域番号:13440075  2001年 - 2003年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    鈴木 健, 泉川 卓司, 大坪 隆, 吉永 尚孝, 大矢 進

      詳細を見る

    配分額:14600000円 ( 直接経費:14600000円 )

    本補助金の交付によって主目的(^<17>B,^<22>N,^<23>O等のハロー構造)については権威ある国際学術雑誌に既に昨年度2報を報告している。また陽子過剰なAr同位体ではハロー構造よりも普遍的とされる陽子スキンの存在も報告した。また超中性子過剰核^<21>B(陽子数5中性子数16)探索したが、その結果^<21>Bは非束縛系である事もわかった。(既報4編)以上を踏まえハロー構造が確立している^<11>Liでみられたような、密度分布を直接的に求める為反応断面積(σ_R)測定結果を解析した。通常の核の反応断面積を良く再現する半経験式として知られているKoxの経験式より見積もられた値と比較すると、異常な増大が確認された。これは「^<17>Bが核の中心から遠く離れた領域にtailのような構造を有する」ことを暗示している。^<17>B+^<12>Cの破砕反応により^<15>Bフラグメントも同時に観測された。そこで2中性子剥離断面積も実験的に求めた。またFew-bodyグラウバー模型により算出された値との一致が確認され、このことは「^<17>Bは^<15>Bの周りに2つの中性子が弱く束縛されている構造を持つ」ことを示唆した。
    Fey-bodyグラウバーモデルの有限レンジ計算を用いた考察結果は以下の通りである。コア核(^<15>B)は調和振動子型関数を仮定し、バレンス2中性子は2s1/2軌道と1d5/2軌道それぞれの単一粒子の波動関数で表し、その混合状態をスペクトロスコピック因子を用いて仮定し、反応断面積2点のエネルギー依存性を再現するように^<17>Bの密度分布を導出した。s軌道のスペクトロクコピック因子は50+-10%となり運動量分布から求めた結果69+-20%と一致した。従って「^<17>Bのバレンス2中性子の配位は2s1/2軌道と1d5/2軌道が1:1の比率で混合している状態」であると結論づけた。

    researchmap

  • 低温核偏極を用いたBohr-Weisskopf効果の研究

    研究課題/領域番号:13640270  2001年 - 2002年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大矢 進, 西村 克彦, 泉川 卓司, 大坪 隆

      詳細を見る

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

    強磁性体内の不純物が感じる強い内部磁場と原子核の相互作用を精度良く調べると、原子核の磁気モーメントの発生の由来の違いで原子核が感じる磁場の強さが異なる。これをBohr-Weisskopf効果という。この研究の目的は、Bohr-Weisskopf効果を正確に系統的に測定することにより、原子核の構造の磁気モーメントの発生機構を研究することにある。計画は平成13年度から2年計画である。
    Sc(A=44,44m,46,47,48)の鉄中での低温核磁気共鳴の測定を行った。試料は東北大学のサイクロトロンからのαビームを用いて、反跳埋め込み法を用いて製作した。新潟大の^3He/^4He希釈冷凍機で10mK以下に冷却して核偏極させて、このアイソトープ全部の核磁気共鳴を得た。このScの同位元素のうちA=48以外の原子核の磁気モーメントはAtomic Beam法ですでに知られている。47Scの共鳴から鉄中の内部磁場を-13.17(5)T、48Scの磁気モーメントを3.79(1)μ_Nとそれぞれ決定した。またBohr-Weisskopf効果の値をA=44mとの比較により次の様に決定した;44ScΔ44mSc=-1.2(12)%,46ScΔ44mSc=1.3(7)%,47ScΔ44mSc=-1.3(7)%。また京都大学原子炉の質量分析器で91g, mYFeの試料を作り、NMR-ONの実験を行った。この結果それぞれの共鳴を得た。91Yの磁気モーメントはすでに知られているので、その値を用いて91YFeの内部塩場を-29.4(2)Tと決定した。91Yの共鳴周波数の外部磁場(B_0)依存性dν/dB_0=-2.35(7) MHz/T, dNと91mYの依存性dν/dB_0=-9.80(9)MHz/Tの比をとることによりBohr-Weisskopf効果の値を91YΔ91mYの値を-1(3)%と決定した。91Yのスピンは1/2-であり、スピンと軌道角運動量の向きが逆で大きなBohr-Weisskopfが期待される。藤田、有馬の理論計算によると4-5%になる。実験誤差を小さくする更なる実験が求められる。

    researchmap

  • Study on Hyperfine Interaction of Defects in Semiconductor Using radioactive Nuclei.

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 放射性核を用いた半導体中格子欠陥の超微細相互作用の研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 放射線防護学特論

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線関連法規

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 放射線管理学実験

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医学物理学総論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線防護学特論

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 医学物理学入門

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射化学実験

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • RI検査科学

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • RI検査科学実習

    2008年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 基礎科学演習

    2008年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示