2021/11/27 更新

写真a

マエダ ヨシノブ
前田 義信
MAEDA Yoshinobu
所属
教育研究院 自然科学系 情報電子工学系列 教授
自然科学研究科 電気情報工学専攻 教授
工学部 工学科 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 1998年3月   大阪大学 )

  • 修士(工学) ( 1995年3月   大阪大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 知能情報学

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   コアステーション 人間支援科学教育研究センター   センター長

    2015年10月 - 2020年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   教授

    2015年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 福祉人間工学科 福祉生体工学   教授

    2015年5月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 2015年4月

      詳細を見る

  • 広島大学   客員准教授

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 福祉人間工学科 福祉生体工学   准教授

    2005年9月 - 2015年4月

      詳細を見る

  • 新潟医療福祉大学   非常勤講師

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

  • 大阪大学大学院基礎工学研究科   日本学術振興会特別研究員

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   教授

    2015年5月 - 現在

  • 新潟大学   福祉生体工学   教授

    2015年5月 - 2017年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 2015年4月

  • 新潟大学   福祉生体工学   准教授

    2005年9月 - 2015年4月

学歴

  • 大阪大学   基礎工学研究科   物理系 生物工学分野

    - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大阪大学   基礎工学部   生物工学科

    - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

委員歴

  • 日本生体医工学会   編集委員会 委員  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   回路とシステム研究専門委員会 副委員長  

    2021年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本生体医工学会   生体医工学シンポジウム論文 総編集委員長  

    2019年5月 - 2021年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   FR誌編集委員  

    2019年5月 - 2021年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE EMBS Japan Chapter   Treasurer  

    2019年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • システム制御情報学会   第63回研究発表講演会プログラム委員  

    2018年6月 - 2019年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   信越支部委員  

    2018年5月 - 2020年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電気学会   非線形電子回路の高機能化技術調査専門委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本生体医工学会   甲信越支部大会実行委員  

    2018年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 新潟県高等学校総合文化祭ボランティア部門   評価委員  

    2017年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   ライフエンジニアリング部門シンポジウム2016プログラム委員  

    2016年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業   地域・産学連携のためのライフイノベーション拠点形成シンポジウム 外部評価委員  

    2015年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 非線形電子回路の集積化技術調査専門委員  

    2014年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   HC特集号2013編集委員  

    2013年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   HCGシンポジウム2013運営委員  

    2013年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本生体医工学会   甲信越支部大会 プログラム委員  

    2012年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   福祉情報工学研究会 幹事補佐  

    2012年5月 - 2013年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本生体医工学会   広報委員会 委員  

    2012年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • DICOMO2011実行委員  

    2011年7月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   システムと信号処理サブソサイエティ 庶務幹事  

    2011年5月 - 2013年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   回路とシステム研究会 幹事  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   基礎・境界 会誌編集委員  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   信越支部 互選代議員  

    2011年4月 - 2012年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   信越支部 会計幹事  

    2009年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 第11回全国大会企画委員  

    2008年8月   

      詳細を見る

  • 6th Asian Symposium on Geographic Information Systems, Management Committee  

    2008年4月   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会   福祉情報工学研究会 専門委員  

    2007年5月 - 2012年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • ユビキタスコンピューティングシステム研究会 運営委員  

    2007年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

  • 日本生体医工学会   生体医工学シンポジウム プログラム委員, 編集委員  

    2005年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本生体医工学会   医療・福祉分野におけるヒューマンインタフェース研究会幹事  

    2004年4月 - 2008年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 第18回生体・生理工学シンポジウム実行委員  

    2003年10月   

      詳細を見る

▶ 全件表示

 

論文

  • 視覚探索時の注視点ネットワークが示すスモールワールド性 査読

    宝財吉拉呼, 加賀谷文紀, 松井瑞季, 津野将行, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章, 前田義信

    電子情報通信学会論文誌   J103-A ( 7 )   142 - 151   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quadruped locomotion patterns generated by desymmetrization of symmetric central pattern generator hardware network 査読

    N. Sasagawa, K. Tani, T. Imamura, Y. Maeda

    IEICE Trans., Fundamentals   E101-A ( 10 )   1658 - 1667   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 視覚探索を最適化する注視点時系列モデルの提案 査読

    小寺龍之介, 津野将行, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章, 前田義信

    生体医工学   56 ( 5 )   190‐197 - 197   2018年10月

     詳細を見る

  • Measurement of eye movement in visual search for a target symbol and simulation to construct a small-world network 査読

    R. Kodera, S. Tanahashi, A. Iijima, Y. Maeda

    Advanced Biomedical Engineering   6   129 - 133   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14326/abe.6.129

    researchmap

  • Implicit hidden small-world network that controls the movement of the eye in a visual search 査読

    Ryunosuke Kodera, Yoshinobu Maeda

    2017 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2017   2017-   1846 - 1849   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    In visually searching for a target symbol out of a number of alternatives, which may include not only symbols from the Latin alphabets but also Arabic, Greek, Chinese, Japanese, Greek, and Russian letters and numerals, and mathematical symbols, the time required to find the target, i.e., the response time, follows Hick's law, which states that the response time is proportional to the logarithm of the number of alternative symbols. How does movement of the human eye enable us to find the target in such a relatively short time? To examine this, we present a new hypothesis on the eye movement in a visual search, where the point of gaze, evaluated from movement of the eye across a monitor, is controlled by a hidden small-world network. First, in this study, we obtained experimental data for the points of gaze. A histogram of incremental movements of the point of gaze showed a power-law distribution. Then, using the histogram, we showed that the hidden network is a small-world one.

    DOI: 10.1109/SMC.2017.8122885

    Scopus

    researchmap

  • マタニティ・ヨーガにおける妊娠末期女性の身体的・精神的変化の検証

    齊藤 里佳, 横野 知江, 奥田 明子, 飯島 淳彦, 今村 孝, 前田 義信, 木竜 徹, 内山 美枝子

    看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集   5回・11回・7回   69 - 69   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:看護理工学会・看護実践学会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会  

    researchmap

  • Construction of Web-Based Speech Game System “kikimimi” 査読

    Kentaro Tani, Masahiko Sato, Tatsuya Murakami, Ryosuke Kawachi, Takuya Niikawa, Yoshinobu Maeda

    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics   21 ( 2 )   359 - 362   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press Ltd.  

    In this study, a web application of kikimimi, a game for visually-impaired persons, was created. The game rules were simplified to allow the visually-impaired to easily play it. This was verified in an experiment in which visually-impaired persons actually enjoyed the web application game. Moreover, it was confirmed that even the simplified version of the game was sufficiently entertaining.

    DOI: 10.20965/jaciii.2017.p0359

    researchmap

  • 動画を用いた対人コミュニケーションにおける評価者の性別と被評価者の印象向上努力との関係 査読

    前原謙一, 前田義信, 山﨑達也

    日本顔学会誌   16 ( 2 )   69 - 76   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Three Gait Oscillations Switchable by a Single Parameter on Hard-Wired Central Pattern Generator Hardware Network 査読

    Akihiro Maruyama, Kentaro Tani, Shigehito Tanahashi, Atsuhiko Iijima, Yoshinobu Maeda

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E99A ( 8 )   1600 - 1608   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    We present a hard-wired central patter generator (CPG) hardware network that reproduces the periodic oscillations of the typical gaits, namely, walk, trot, and bound. Notably, the three gaits are generated by a single parameter, i.e., the battery voltage E-MLR, which acts like a signal from the midbrain's locomotor region. One CPG is composed of two types of hardware neuron models, reproducing neuronal bursting and beating (action potentials), and three types of hardware synapse models: a gap junction, excitatory and inhibitory synapses. When four hardware CPG models were coupled into a Z(4) symmetry network in a previous study [22], two neuronal oscillation patterns corresponding to four-legged animal gaits (walk and bound) were generated by manipulating a single control parameter. However, no more than two neuronal oscillation patterns have been stably observed on a hard-wired four-CPG hardware network. In the current study, we indicate that three neuronal oscillation patterns (walk, trot, and bound) can be generated by manipulating a single control parameter on a hard-wired eight-CPG (Z(4) x Z(2) symmetry) hardware network.

    DOI: 10.1587/transfun.E99.A.1600

    Web of Science

    researchmap

  • An effect of production lifespan on markets using multi-agent similation 査読

    S. Onodera, N. Ito, Y. Maeda

    31st Int. Technical Conf. Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2016)   943 - 944   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • An effect of frequency-dependent behavior on bullying in school using multi-agent simulation model 査読

    Y. Nishida, Y. Maeda

    31st Int. Technical Conf. Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2016)   945 - 946   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • ハードウェア神経回路モデルを用いた輝度差変化がシュブルール錯視にもたらす影響の検討

    齋藤元喜, 前田義信, 秋田純一, 塚田 章

    電子情報通信学会技術研究報告   CAS2015-57   109 - 113   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Development of Game Controller for Voice Output Game System 査読

    R. Kawachi, T. Niikawa, Y. Maeda

    37th Annual International Conference (IEEE EMBC 2015)   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE EMBS  

    researchmap

  • 視覚障害者のための絵本読み聞かせ音声支援システムの開発 査読

    佐藤優彦, 浅井愛, 前田義信

    生体医工学   53 ( 1 )   40 - 43   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本生体医工学会  

    絵本は子の情緒発達において欠かすことのできない保育内容のひとつである.親による子や孫への絵本の読み聞かせは彼らの想像力の育成に重要な役割を果たす.しかし,視覚に障害をもつ親は絵本のストーリだけでなく,描かれたものすらも読み取ることが困難なため,彼らが子や孫に絵本の読み聞かせを行うことは大変難しい.本研究では,音声案内とタブレット端末を用いて,視覚障害者のための絵本読み聞かせ支援システムを開発した.

    DOI: 10.11239/jsmbe.53.40

    Scopus

    researchmap

  • 投球動作における「胸の張り」の定量評価に関する基礎的検討 査読

    福嶋祐一, 井田元樹, 林豊彦, 前田義信, 田中洋, 二宮祐樹, 駒井正彦, 信原克哉

    バイオメカニクス研究   19 ( 3 )   108 - 117   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 避難時における譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察 査読

    谷賢太朗, 伊藤尚, 前田義信

    電子情報通信学会論文誌   J98-A ( 3 )   274 - 283   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    災害時に避難者がパニック状態に陥穽すると円滑な避難行動が困難となり,被害が増大することがある.<br />
    それゆえ,避難者は個人的利益を優先させた行動だけでなく,全体としてのスムーズな避難を考慮した行動をとる必要がある.<br />
    これまで,マルチエージェントシミュレーション(MAS)を用いた避難行動に対する知見を得る試みが数多くなされてきた.<br />
    我々はMASにおいて,他のエージェントに進路を“譲る”確率$\alpha$を導入し,全員が避難完了するまでの時間(避難完了時間)を調べた.<br />
    その結果,避難完了時間が最小になるのは$\alpha$の値が0.4の近傍(0.35~0.45)であることが示された.<br />
    すなわち,避難者は5回中2回程度“譲る”行動をすることで,全体としての避難完了時間が縮小化できることが示唆された.<br />
    逆に5回中3回程度は譲ることなく避難してよいことになる.<br />
    さらに,避難完了時間が最小となるときの確率は$\hat{\alpha}=\sqrt{2}-1$であることが理論計算から示された.

    researchmap

  • Reproduction of Four-Leg Animal Gaits Using a Coupled System of Simple Hardware CPG Models 査読

    Hayate Kojima, Yoshinobu Maeda, Taishin Nomura

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E98A ( 2 )   508 - 509   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    We proposed a hard-wired CPG hardware network to reproduce the gaits of four-legged animals. It should reproduce walking and bounding, and they should be switchable with each other by changing the value of only one voltage.

    DOI: 10.1587/transfun.E98.A.508

    Web of Science

    researchmap

  • Hard-wired central pattern generator hardware network for quadrupedal locomotion based on neuron and synapse models 査読

    A. Maruyama, T. Ichimura, Y. Maeda

    Advanced Biomedical Engineering   4   48 - 54   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Medical and Biological Engineering  

    Many different quadrupedal walking patterns (gaits), such as “walking”, “trotting”, “bounding” and “galloping” can be generated by systems of coupled central pattern generators (CPG). However, the physiological mechanisms for the walking patterns are unclear. As a result, from an engineering viewpoint, many different mathematical models have been proposed to describe these walking patterns. In this report, we propose a hard-wired CPG network based on Rybak’s model that can reproduce quadrupedal locomotion walking patterns. In this network, we use the beating model proposed by Hoshimiya et al. and the bursting<br />
    model proposed by Maeda and Makino. The main purpose of this study was to reproduce the typical walking patterns; “walking” and “bounding”, with a hardware model, and to switch between these patterns using only one parameter, which can be interpreted as voltage stimulation from the midbrain locomotor region. We found the transition from the “walking” to the<br />
    “bounding” behavior to be due to a relative weakening of the coupling between the CPGs in the network by stimulation from the midbrain locomotor region.

    DOI: 10.14326/abe.4.48

    researchmap

  • プレイヤの行動記録を用いた人工学級ゲームエージェントの行動設計 査読

    前田 義信, 龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 加藤 浩介

    電子情報通信学会論文誌   J97-A ( 8 )   印刷中   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Study on Designing Agent's Behaviors Using Artificial School Class Game 査読

    Kouki Yamamoto, Yoshinobu Maeda

    2014 IEEE 3RD GLOBAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (GCCE)   202 - 203   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    We proposed a multi-agent and multi-player artificial school class game. This game has been designed to solve the bullying problem in school. Human players participate in the game and interact with other players, or agents, to make friends with those who have similar sense of values.

    DOI: 10.1109/GCCE.2014.7031323

    Web of Science

    researchmap

  • 連続水温データ収集ネットワーク構築とその評価 ―汽水湖(新潟県加茂湖)における実験的検証― 査読

    尾潟照一, 菅原新一, 前田義信, 牧野秀夫

    電気学会論文誌   134 ( 3 )   411 - 417   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.134.411

    Scopus

    researchmap

  • A study of the evacuation behavior simulation to investigate the effect of concessions and obstacles 査読

    Kentaro Tani, Yoshinobu Maeda, Nao Ito

    2013 IEEE 6th International Workshop on Computational Intelligence and Applications, IWCIA 2013 - Proceedings   63 - 67   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    It is difficult for all evacuees to behave the smooth evacuation, if they are panicked in occurring some disaster. Such a man-made disaster will increase the damage. Evacuees have to give good influence to the global evacuation behavior by means that they evacuate calmly without preceding personal benefit. So far, a lot of computer simulations, especially using the multi-agent system, or MAS, have tried to clarify the valuable knowledge for the smooth evacuation. We also have made the MAS model on the evacuation behavior. Especially, we have investigated the influence of the mutual concession of the agents on the global evacuation time, which was the time all agents in some space completely evacuated to the outside. As a result, the global evacuation time was minimized when the a, the probability of the concession, was in the range between 0.3 and 0.5. Also, the global evacuation time was decreased more by means of placing obstacles near the exit. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/IWCIA.2013.6624785

    Scopus

    researchmap

  • Construction of Four-Leg Robot Controlled by Hardware Central Pattern Generator Model

    Kojima Hayate, MAEDA Yoshinobu, Akita Junichi, Tsukada Akira

    生体医工学   51   R - 121-R-121   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Japanese Society for Medical and Biological Engineering  

    DOI: 10.11239/jsmbe.51.R-121

    CiNii Article

    researchmap

  • 皿内縁部とスプーンの適合性が高齢者の食事効率に与える影響

    阿部 里美, 林 豊彦, 前田 義信, 秋元 幸平

    福祉のまちづくり研究   15 ( 3 )   A13 - A20   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会  

    超高齢社会を背景に、要介護高齢者の食事を支援する多種の食器具が開発され、それらの使用性評価も精力的に行われてきた。使用性の要因のひとつとして、すくい動作にとうぜん影響する「皿内縁部とスプーンの適合性」が考えられるが、その実験的検証はいまだ十分には行われていない。我々は先行研究において、スプーンおよびそれとの適合性の高い内縁部をもつ皿を用いた実験系を開発した。この方法を用いて、上記の適合性が食事効率に与える影響について、高齢者10名と動作解析システムを用いて実験した。その結果、上記の適合性の高さは、すくい回数、集める回数、集め相時間、総時間を減少させたことから、食事効率における重要性が示唆された。

    DOI: 10.18975/jais.15.3_A13

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 求心性刺激を含む二段型中枢パターン発生器の電子回路モデル設計 査読

    久保田 真仁, 前田 義信, 塚田 章

    生体医工学   50 ( 6 )   620 - 628   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本生体医工学会  

    DOI: 10.11239/jsmbe.50.620

    researchmap

  • 3D 刺激に対する奥行き知覚における刺激サイズの影響と輻輳眼球運動の特徴 査読

    飯島淳彦, 松木広助, 前田義信, 林豊彦, 木竜徹, 板東武彦

    生体医工学   50 ( 6 )   681 - 686   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11239/jsmbe.50.681

    researchmap

  • 喉頭運動の視覚フィードバックを用いた喉頭挙上訓練 査読

    佐藤将大, 覚嶋慶子, 林豊彦, 前田義信, 渡辺哲也, 道見登, 谷口裕重, 井上誠

    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会誌   16 ( 3 )   235 - 242   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Bullying Phenomena Reproduced by an Artificial School Class Model 査読

    Y. Maeda, K. Tani, N. Ito, K. Kato

    World Congress on Social Simulation   A1   1 - 10   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 新たな通貨制度の創発に関するマルチエージェントシミュレーション 査読

    伊藤 尚, 堀口 航平, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A   95 ( 9 )   707 - 715   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,地域通貨は日本だけでなく世界的にも広がりを見せており,地域コミュニティに対する経済的側面,社会的側面での効果が期待されている.地域通貨の発生はボランティア活動等の相互扶助的な行為と関係が深いとされているが,その発生メカニズムは明らかにされていない.そこで本研究ではマルチエージェントシミュレーションにより地域通貨が発生する現象を再現し,そのメカニズムを解明する.具体的には安冨の通貨創発モデルに援助行動(ボランティア活動)と生産停止・再開ルールを導入し複数の通貨が発生する現象を再現した.その結果,生産停止のような通貨の流通を阻害する作用のあるものと,援助行動のような他の商品に交換媒介となる機会を与える作用のあるものの両者が働くことによって新たな通貨システム,すなわち地域通貨が発生することが示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 自律咀嚼運動シミュレータJSN/3Xの開発 査読

    林豊彦, 川田充洋, 中嶋新一, 井上誠, 前田義信

    バイオメカニズム学会   21 ( 16 )   179 - 191   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Consideration of a social dilemma solution by multi-agent simulation using reinforcement learning 査読

    K. Tani, Y. Maeda, N. Ito

    ITC-CSCC   E-M1 ( 5 )   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • シュブルール錯視を再現する側抑制アナログ電子回路神経ネットワーク 査読

    土門 立志, 前田 義信, 塚田 章, 伊藤 尚, 谷 賢太郎, 林 豊彦

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A   95 ( 4 )   383 - 386   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究では,活動電位波形やシナプス後電位波形を再現する電子回路ニューロンモデルと電子回路抑制性シナプスモデルを用いて,一次元に配置された側抑制ネットワークを設計・実装し,シュブルール錯視(錯視現象)が再現できることを示す.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 標本合計が負の場合へ拡張されたジニ係数の評価 査読

    伊藤尚, 前田義信, 谷賢太朗, 林豊彦, 宮川道夫

    数理社会学会誌「理論と方法」   27 ( 1 )   117 - 128   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    researchmap

  • リハビリテーション用PCゲームの開発 ―ボタン押しゲームの操作時間と片麻痺回復段階の関係― 査読

    星野浩通, 五十嵐祐太, 宮川道夫, 前田義信

    電気学会   132 ( 3 )   7 - 390   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.132.384

    Scopus

    researchmap

  • Quantitative Analysis on Usability of Button-Input Interfaces 査読

    Yoshinobu Maeda, Kentaro Tani, Nao Ito, Michio Miyakawa

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E94A ( 2 )   789 - 794   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper we show that the performance workload of button-input interfaces do not monotonically increase with he number of buttons, but there is an optimal number of buttons in the sense that the performance workload is minimized. As the number of buttons increases, it becomes more difficult to search for the target button, and, as such, the user's cognitive workload is increased. As the number of buttons decreases, the user's cognitive workload decreases but his operational workload increases, i.e., the amount of operations becomes larger because one button has to be used for plural functions. The optimal number of buttons emerges by combining the cognitive and operational workloads. The experiments used to measure performance were such that we were able to describe a multiple regression equation using two observable variables related to the cognitive and operational workloads. As a result, our equation explained the data well and the optimal number of buttons was found to be about 8, similar to the number adopted by commercial cell phone manufacturers. It was clarified that an interface with a number of buttons close to the number of letters in the alphabet was not necessarily easy to use.

    DOI: 10.1587/transfun.E94.A.789

    Web of Science

    researchmap

  • 移動行動プラン支援システムの提案とそのユーザビリティ評価 査読

    前田義信, 前川拓也, 河面勇太郎, 伊藤尚, 渡辺哲也, 林豊彦

    電子情報通信学会論文誌D   J94-D ( 1 )   印刷中   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Proposal for an Extended Gini Coefficient to evaluate samples of data that include negative values 査読

    N. Ito, Y. Maeda

    3rd World Congress on Social Simulation   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Emergence of a few isolated agents in an artificial class based on the multi-agent system 査読

    T. Sato, Y. Maeda, N. Ito, K. Tani, K. Kato, T. Watanabe, T. Hayashi

    3rd World Congress on Social Simulation   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 事前運動と映像視聴が映像酔いおよび心拍に与える影響について 査読

    蘇日塔拉図, 外山寛, 小杉剛, 木竜徹, 林豊彦, 飯島淳彦, 前田義信, 山崎健

    生体医工学   48 ( 1 )   98 - 105   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11239/jsmbe.48.98

    researchmap

  • An Effect of Afferent Stimulation Using a Hardware Model of a Central Pattern Generator Based on Neuronal Networks 査読

    Yoshinobu Maeda, Masahito Kubota, Satoshi Kaneko, Nao Ito, Kentaro Tani, Michio Miyakawa

    2010 5TH CAIRO INTERNATIONAL BIOMEDICAL ENGINEERING CONFERENCE (CIBEC 2010)   171 - 174   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper introduces hardware designs for a half-centered locomotor central pattern generator (CPG), composed of units reproducing the electrical behavior of neurons and synapses, such as action potentials, bursting discharges, and post-synaptic potentials. A typical phenomenon generated by the CPG is an alternating rhythmic activity of extensor and flexor sites, in the absence of external rhythmic input. In order to reproduce the phase resetting and non-resetting rhythmic activities observed after the afferent stimulation, a two-level CPG network and unit burst generators were proposed by Rybak et al. from an approach based on mathematical modeling. This paper confirms that such phase resetting and non-resetting rhythmic phenomena could be well reproduced by the hardware design of a two- level CPG using the electronic circuit simulator SPICE. In particular, it has been clarified that the phase resetting depends on the amount of stimulation of the extensor afferents during extension.

    DOI: 10.1109/CIBEC.2010.5716041

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of an economic model composed of producer agents 査読

    Nao Itou, Yoshinobu Maeda, Toyohiko Hayashi

    IEEE, IWCIA2009   122 - 126   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 歩行パターンの生成に関する相互抑制型電子回路ニューラルネットワークの設計 査読

    惣塚拓也, 金子怜史, 前田義信, 林豊彦

    生体医工学   47 ( 5 )   436 - 443   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11239/jsmbe.47.436

    researchmap

  • Practical effectiveness of strategy in reinforcement learning agent model

    Nao Ito, Yoshinobu Maeda

    International Symposium on Fusion Tech 2009   58   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • インタフェース・コンソールの使い易さとボタン数の関係について 査読

    宮川道夫, 小山望, 前田義信

    電気学会論文誌   129 ( 10 )   1853 - 1858   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.129.1853

    Scopus

    researchmap

  • Research of Practical Indoor Guidance Platform Using Fluorescent Light Communication 査読

    Xiaohan Liu, Hideo Makino, Suguru Kobayashi, Yoshinobu Maeda

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 11 )   3507 - 3515   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This article presents an indoor positioning and communication platform, using fluorescent lights. We set up a practical implementation of a VLC (Visible Light Communication) system in a University building. To finalize this work. it is important that we analyze the properties of the reception signal. especially the length of the data string that can be received at different walking, speed. fit this paper, we present a model and a series of formulae for analyzing the relationship between positioning signal availability and other important parameters, such as sensor angle, walking speed. data transmission rate, etc. We report a series of real-life experiments using VLC system and compare the results with those generated by the formula. The outcome is an improved design for determination of the reception area with more than 97% accurate signals, and an optimal transmission data length. and transmission rate.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.11.3507

    Web of Science

    researchmap

  • A hardware neuronal network model of a two-level central pattern generator 査読

    Y. Maeda

    Trans. Jpn Soc. Med. Biol. Eng.   46 ( 5 )   496 - 504   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11239/jsmbe.46.496

    researchmap

  • Fundamental Characteristic of an indoor navigation system using fluorescent light communication 査読

    X. Liu, H. Makino, Y. Maeda

    6th Asian Symposium on Geographic Information Systems from a Computer Science & Engineering Viewpoint   173 - 176   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Addition of Function to presume landmark-based routes in the travel plan assist system 査読

    Y. Komo, Y. Maeda, T. Konishi, H. Makino

    6th Asian Symposium on Geographic Information Systems from a Computer Science & Engineering Viewpoint   154 - 159   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 適応ファジィ推論ニューラルネットワークを用いた視覚障害者用学習型位置情報提供システム 査読

    小西孝史, 前田義信, 田野英一, 牧野秀夫

    生体医工学   46 ( 1 )   93 - 102   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11239/jsmbe.46.93

    researchmap

  • An Agent Model and its Gaming Simulation Reproducing the Emergence of a Minority 査読

    Yoshinobu Maeda, Nao Ito, Michio Miyakawa

    2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN AND CYBERNETICS (SMC), VOLS 1-6   2412 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Bullying is a social problem that needs to be solved for happiness and well-being of the individuals. For junior high school students to make friends, it is very important that they find a common set of values, such as similar interests, the same hobbies, or some kind of common activity or striving. However, there is a minority of students who are unable to find a set of values in common with others, and these students are potential victims of bullying. To describe this phenomenon, we proposed a formalized agent-based model, both for the formation of a group and the exclusion of a minority, in order to clarify the mechanism by which a minority emerges. Secondly, in order to model real organizational and social phenomena, we upgraded the model to a hybrid multi-agent system consisting of both human and machine agents, in which a player could participate as in gaming. In this so-called multi-agent system model a player would be able to interact with the machine agents, which were controlled by the stochastic rules of the model. The game was made similar to amusement games by using interesting illustrations. We carried out a preliminary examination with a junior high school student playing the game and as a result, the appropriate number of parameters was determined.

    Web of Science

    researchmap

  • Relationships bewteen Usability and Number of Buttons of a Universal Remote Console - Preliminary Experimental Result 査読

    Michio Miyakawa, Yoshinobu Maeda, Nozomu Koyama

    2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN AND CYBERNETICS (SMC), VOLS 1-6   424 - +   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Usability, or easiness of operation of a console such as URC, has been investigated in terms of the optimum number of buttons of the console. The action of console operation is consisted of two major processes, that is, cognition of the button and motion of hand to press it. Ease of cognition will be decreased in accordance with increase in the number of buttons. Conversely, increased number of buttons will be useful for quick switch operation. Therefore, it is expected that the optimum number of buttons which minimizes the total operation time of a console exists. To verify this hypothesis, several virtual consoles equipped with different number of buttons were developed on a PC. Subjects were asked to input designated family name as input data by using those consoles and ease of operation was evaluated by the operation time among several subjects. As easily imagined, ease of operation, or usability in terms of the operation time showed the maximum value when the number of buttons was approximately 18 in this study.

    Web of Science

    researchmap

  • 注視点制御型拡大読書器の試み 査読

    前田義信, 宮川道夫, 宮澤洋一, 堀潤一, 岡本明, 安藤伸朗

    電子情報通信学会論文誌   J90-D ( 3 )   715 - 723   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 拡大率調節にキー操作を導入した注視点型拡大読書器の実用性評価

    持田 大志, 宮沢 洋一, 宮川 道夫, 前田 義信

    ライフサポート   19   172 - 172   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.19.Supplement_172

    CiNii Article

    researchmap

  • 学級いじめ問題に対するゲーミングシミュレーションの試み

    長澤 美和子, 前田 義信

    ライフサポート   19   69 - 69   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.19.Supplement_69

    CiNii Article

    researchmap

  • MASを用いた人工経済モデルによる格差社会の発生

    池藤 美幸, 伊藤 尚, 前田 義信

    ライフサポート   19   143 - 143   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.19.Supplement_143

    CiNii Article

    researchmap

  • 中心暗点シミュレータの開発とその応用可能性について

    吉田 憲司, 宮川 道夫, 前田 義信

    ライフサポート   19   173 - 173   2007年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.19.Supplement_173

    CiNii Article

    researchmap

  • 視覚障害者の移動行動プラン形成に関する意思決定支援システムの開発 査読

    宮地孝明, 前田義信

    生体医工学   44 ( 4 )   635 - 642   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11239/jsmbe.44.635

    researchmap

  • CTAP画像中の門脈構造解析に基づいた肝繊維化推定法 査読

    石川雅浩, 内田日高, 前田義信, 山本正信, 五十嵐正人, 須田剛士, 野本実, 青柳豊

    医用画像情報学会雑誌   23 ( 5 )   130 - 135   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11318/mii.23.130

    researchmap

  • An agent-based model for simulating the group dynamics involved in excluding a minority 査読

    Y. Maeda, K. Anezaki, Y. Takeuchi

    Proc. 1st World Congress on Social Simulation   1   79 - 86   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • A GIS-based technological assist for travel plans of the visually impaired 査読

    T. Miyaji, Y. Maeda

    CSUN 21st Annual International Conference, "Technology and Persons with Disabilities"   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 歩行者用移動支援システムにおける案内情報提供方式 査読

    小西孝史, 前田義信, 田野英一, 牧野秀夫

    日本生活支援工学会誌   5 ( 2 )   34 - 42   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A smart video magnifier controlled by the visibility signal of a low vision user 査読

    Michio Miyakawa, Yoshinobu Maeda, Youichi Miyazawa, Junichi Hori

    2006 28TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-15   1157 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A smart video magnifier for the people with visual disabilities is now being developed to assist their stress-free reading. In a video magnifier, the users watch the monitor screen that is displaying the book page to be read. Eye movement is needed for reading a book. The difficulty of character recognition that is dependent on the environmental conditions is reflected to the eye movement. Accordingly, information on the visibility of the user is extracted as physiological signals accompanied by the gazing motion. These signals are basically used to control the video magnifier. The advantages and usefulness of the adaptive-type video magnifier are discussed in this paper.

    DOI: 10.1109/IEMBS.2006.259900

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of the preset travel routes in a self-determination support system 査読

    Yoshinobu Maeda, Takaaki Miyaji, Michio Miyakawa

    2006 28TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-15   1189 - +   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The ability to travel is important for disabled persons. It enables participation in social activities. Although there is a wide range of technologies for assisting the visually impaired to travel, they are under utilized. Part of the explanation lies in the behavioral patterns of many visually impaired who venture outdoors very little. To enable and encourage travel we have developed system to select a travel route that is suitable for a visually impaired traveler. The algorithm uses an analytic hierarchy process (AHP): one among the decision making mathematical models, used with a geographic information system (GIS). The preferred or favored demands of the traveler are reflected quantitatively on the travel route selection. Therefore, it is important to prepare the appropriate travel routes before making use of the system. In this paper we evaluated the preset travel route presumed automatically by the system, using 10 sighted participants as preliminary experiments. As a result, it was verified that several travel routes prepared by our system were available for 60% users.

    DOI: 10.1109/IEMBS.2006.259908

    Web of Science

    researchmap

  • 注視点追跡型拡大読書器の開発

    前田 義信, 宮川 道夫, 宮澤 洋一, 小柳 貴義

    ライフサポート   18   92 - 92   2006年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.18.Supplement_92

    CiNii Article

    researchmap

  • 群集化交友集団のいじめに関するエージェントベースモデル 査読

    前田義信, 今井博英

    電子情報通信学会論文誌   J88-A ( 6 )   722 - 729   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Cardiac cell firings replicated by a simple circuit design 査読

    Y. Maeda, M. Miyakawa, H. Ohnabe

    1st Int. Conf. Complex Medical Engineering 2005   870 - 873   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Synchronization with low power consumption of hardware models of cardiac cells 査読

    Y Maeda, E Yagi, H Makino

    BIOSYSTEMS   79 ( 1-3 )   125 - 131   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    In a diffusively coupled system of mathematical models of cardiac cells, an acceleration phenomenon becomes apparent, with the period of the system becoming shorter than the periods of each isolated circuit. In order to investigate the energy or power consumption necessary to accelerate the oscillation of the coupled system, we propose an,electronic circuit oscillator model for cardiac cells with the action potential presented by square waves with plateaus of different duration. When the durations of the plateaus of the isolated circuits were set at different values, while keeping the periods the same, the coupled system was accelerated. As a result the power consumption was reduced by the coupling. A requirement for the acceleration driven by the lowest power consumption was that the duty cycle of the coupled system be equal to 0.4. This duty cycle can be physiologically observed in living cardiac cell tissue. This suggests that cardiac cells are self-organized so as to accelerate through the coupling of cells while the total power consumption is reduced to the minimum state. (C) 2004 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.biosystems.2004.09.005

    Web of Science

    researchmap

  • ルチエージェントシステムを用いたボランタリー活動シミュレーションの試み

    伊藤 尚, 前田 義信, 牧野 秀夫

    ライフサポート   17   33 - 33   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.17.Supplement_33

    CiNii Article

    researchmap

  • 利用者の実体視力を反映した適応型拡大読書システム

    宮川 道夫, 前田 義信, 玉木 徹, 堀 潤一

    ライフサポート   17   38 - 38   2005年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Society of Life Support Engineering  

    DOI: 10.5136/lifesupport.17.Supplement_38

    CiNii Article

    researchmap

  • 意思決定モデルに基づく視覚障害者用移動経路選択ソフトウェアの開発 査読

    前田義信, 小西孝史, 松橋貴之, 田野英一, 牧野秀夫

    日本生活支援工学会誌   4 ( 1 )   29 - 37   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 歩行移動者の捜索に影響を与える因子の実験的調査 査読

    前田義信, 五十嵐晃, 田野英一, 牧野秀夫

    GIS理論と応用   12 ( 1 )   57 - 66   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Low-powered and accelerative synchronization in the coupled system of nonlinear hardware oscillators 査読

    Y Maeda, S Sakaguchi, H Makino, S Doi

    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE   87 ( 12 )   1 - 9   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS  

    In a diffusively coupled system using a mathematical model of heart muscle, an acceleration phenomenon has been reported in which the oscillation period after coupling becomes smaller than the intrinsic period prior to coupling. In the present research, an acceleration phenomenon is observed in a coupled system of an electronic circuit model. Also, by using an electronic circuit simulator, the conditions causing acceleration in a coupled system are studied. The power consumption of a coupled system is numerically derived. It is found that the power consumption can decrease when the acceleration phenomenon takes place. Heart muscle cells not only accelerate the oscillation (or increase the number of oscillations) by mutual coupling but also reduce the power (or energy) consumption at the same time. It is suggested that efficient information transmission may be carried out with less energy overall. (C) 2004 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/ecjc.20081

    Web of Science

    researchmap

  • 低消費加速同期振動を示す非線形回路振動子の拡散結合系 査読

    前田義信, 坂口信也, 牧野秀夫, 土居伸二

    電子情報通信学会論文誌   J86-A ( 12 )   1478 - 1486   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Acceleration phenomena of hardware coupled oscillators for cardiac Purkinje fiber cells 査読

    Y. Maeda, S. Doi, H. Makino

    5th International Workshop on Neuronal Coding   60 - 63   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Using infrared-transparent pigments to identify objects 査読

    Shirou Yamamiya, Hideo Makino, Mikihiko Hirono, Yoshinobu Maeda, Ikuo Ishii

    Systems and Computers in Japan   33 ( 10 )   74 - 82   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A discussion on creation of several pigments for color printing, that share the characterstic of being transparent to near-infrared light, was presented. A method for object identification, in which concealed information was screen-printed onto clothing was also proposed and investigated. The results showed that it was possible to detect and identify a hidden encoded object.

    DOI: 10.1002/scj.1159

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of a GPS-based guidance system for visually impaired pedestrians 査読

    Y. Maeda, E. Tano, H. Makino, T. Konishi, I.Ishii

    CSUN 17th Annual International Conference, "Technology and Persons with Disabilities"   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 視覚障害者用GPS位置案内装置の測位方式-SA解除後のDGPSの有効性評価- 査読

    田野英一, 牧野秀夫, 前田義信, 石井郁夫

    日本航海学会論文集   105   149 - 156   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 視覚障害者用GPS位置案内システムにおける情報多層化の評価 査読

    田野英一, 前田義信, 牧野秀夫, 小西孝史, 石井郁夫

    GIS-理論と応用   9 ( 2 )   41 - 51   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5638/thagis.9.2_41

    researchmap

  • 神経興奮の電子回路モデルが示す分岐構造 査読

    前田義信, 佐藤俊輔, 牧野秀夫

    電気学会論文誌   121-C ( 7 )   1153 - 1159   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 赤外線透過型顔料を用いた物体識別手法 査読

    山宮士郎, 牧野秀夫, 廣野幹彦, 前田義信, 石井郁夫

    電子情報通信学会論文誌   J83-D-I ( 7 )   797 - 803   2000年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A pulse-type hardware neuron model with beating, bursting excitation and plateau potential 査読

    Yoshinobu Maeda, Hideo Makino

    BioSystems   58 ( 1-3 )   93 - 100   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    We proposed a pulse-type hardware neuron model. It could reproduce simple excitations, beating and bursting discharges as well as an action potential with a plateau potential observed in living membranes. The model exhibited one of these dynamics depending on parameter values of the model's circuit. They include resistance, capacitance and externally injected DC current intensity. We studied the model's dynamics based on hardware experiments and mathematical analyses. Our results showed that two inward currents introduced into the model and differences in their operating time scales determined dynamics of the model. In particular, we illustrated a mechanism of the bursting discharges generation in terms of bifurcation theory and time-dependent changes in the form of instantaneous current-voltage characteristics of the model. Copyright © 2000 Elsevier Science Ireland Ltd.

    DOI: 10.1016/S0303-2647(00)00111-8

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A burst-generating neuronal model using a two-terminal electronic circuit 査読

    Y. Maeda, S. Sato, H. Makino

    3rd International Workshop on Neuronal Coding   173 - 176   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Reduction of a model for an Onchidium pacemaker neuron 査読

    Y Maeda, K Pakdaman, T Nomura, S Doi, S Sato

    BIOLOGICAL CYBERNETICS   78 ( 4 )   265 - 276   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The eight-variable model for the giant neuron localized in the esophageal ganglia of the marine pulmonate mollusk Onchidium verruculatum is reduced to four-and-three-dimensional systems by regrouping variables with similar time scales. These reduced models replicate the complex behavior including beating, periodic bursting and aperiodic bursting displayed by the original full model when the parameter I(ext) representing the intensity of the constant DC current stimulation is varied across a wide range. The complex behavior of the full model arises from the interaction of fast and slow dynamics, and depends on the time scale C(s) of the slow dynamics. The four-variable reduced model is constructed independently from the parameter C(s) so that it reproduces the two-dimensional bifurcation structure of the full model for the two parameters I(ext) and C(s). The three-variable reduced model is derived for a specific value of C(s). The parameters of this model are tuned so that its one-parameter bifurcation diagram for I(ext) closely matches that of the full model. Correspondence between bifurcation structures ensures that both reduced models reproduce the various discharge patterns of the full model. Similarity between the full and reduced models is also confirmed by comparing mean firing frequencies and membrane potential waveforms in various regimes. The reduction exposes the factors essential for reproducing the dynamics of the full model; indeed, it shows that the eight variables representing the membrane potential and seven gating variables of six ionic currents in the full model account, in fact, for three basic processes responsible for excitability, post-discharge refractoriness and slow membrane modulation.

    DOI: 10.1007/s004220050432

    Web of Science

    researchmap

  • Double impulse solutions in reduced Hodgkin-Huxley models 査読

    Hidekazu Fukai, Yoshinobu Maeda, Khashayar Pakdaman, Taishin Nomura, Shunsuke Sato

    Proc. of The Fifth International Conference on Neural Information Processing   1263 - 1266   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • イソアワモチペースメーカ細胞モデルの簡約化について 査読

    前田 義信, 土居 伸二, 野村 泰伸, 佐藤 俊輔

    日本神経回路学会誌   1 ( 1 )   12 - 19   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本神経回路学会  

    <I>Onchidium</I> pacemaker (OP) neurons show oscillatory behaviors such as beatings and periodic or chaotic discharges. Hayashi et al. proposed a set of modified Hodgkin-Huxley equations as a model of the OP neurons and succeeded to reproduce the discharge patterns. The model consists of 8 variables including those of fast and slow potasium and sodium currents. It is difficult, however, to gain mathematical insight of the model because of high dimensionality. Recently, Kepler et al. proposed a systematic method to reduce a number of variables in H-H equations without loss of essential features of the dynamics. In the present work, we apply the method by Kepler et al. to reduce the model of OP neurons by Hayashi et al. and show that the reduced one mimics well the oscallatory behaviors of the OP neurons.

    DOI: 10.3902/jnns.1.12

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 次世代ヒューマンインタフェース開発最前線

    前田 義信, 新川 拓也( 担当: 共著)

    株式会社エヌ・ティー・エス  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Assistive Technology Research Series, Selected papers from Japanese conference on the advancement of assistive and rehabilitation technology

    Yoshinobu Maeda, Takashi Konishi( 担当: 共著 ,  範囲: Assist systems for traveling and planning for the visually impaired (pp.132-138))

    IOS Press  2011年7月  ( ISBN:9781607507574

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 情報福祉の基礎知識-障害者・高齢者が使いやすいインタフェース-

    情報福祉の基礎研究会( 担当: 共著 ,  範囲: 視覚障害(ロービジョン)の読書時メンタルワークロード調査)

    ジアース教育新社  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • 視覚探索における探索時間に影響を与える要因の解析

    橋本帆波, 松井瑞季, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章, 前田義信

    日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web)   60th   2021年

     詳細を見る

  • 複雑ネットワークの観点から視覚探索が効率的であることを考察する

    前田義信, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章

    電子情報通信学会技術研究報告(Web)   120 ( 301(MBE2020 19-25) )   2020年

     詳細を見る

  • スマホゲーム中の視線解析 : 画面の大きさによる比較

    石井 雅子, 谷 賢太郎, 前田 義信

    新潟医療福祉学会誌   19 ( 1 )   65 - 65   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医療福祉学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 3Dプリンタを使用した視覚障がい者向けの挟み将棋用の用具の開発

    谷 賢太朗, 田村 剛一, 前田 義信

    新潟医療福祉学会誌   19 ( 1 )   109 - 109   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医療福祉学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ユーザの選好行動に基づくWeb広告の検討

    中山 周明, 伊藤 翔, 森本 優, 飯島 淳彦, 前田 義信

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   63   197 - 200   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 視覚探索時に測定された注視点移動長の固視微動とサッカードへの分類

    松井瑞季, 津野将行, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   119 ( 44(MBE2019 1-15)(Web) )   33‐38 (WEB ONLY)   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 視覚探索時の固視微動とサッカードの分類について

    松井瑞季, 津野将行, 小寺龍之介, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   118 ( 416(CAS2018 116-137) )   45‐48   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 視覚探索時の注視点軌跡の移動長と移動角度について

    前田義信, 野村泰伸, 塚田章

    日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web)   58th   ROMBUNNO.PO‐B‐002 (WEB ONLY)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 視覚探索時の眼球運動のモデリングの試み (回路とシステム)

    前田 義信, 小寺 龍之介, 津野 将行, 小澤 誠, 野村 泰伸, 塚田 章

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   118 ( 242 )   19 - 24   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 視覚探索時における眼球運動の頻度分布の検討

    小寺龍之介, 小澤誠, 野村泰伸, 塚田章, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   118 ( 44(MBE2018 1-6)(Web) )   23‐26 (WEB ONLY)   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 文字探索に関する注視点シミュレーションの試み

    津野将行, 小寺龍之介, 棚橋重仁, 飯島淳彦, 塚田章, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   118 ( 44(MBE2018 1-6)(Web) )   19‐22 (WEB ONLY)   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 視覚障害を考慮した心肺蘇生法を支援するWebアプリ開発の試み (福祉情報工学)

    谷 賢太朗, 平 康弘, 神藏 貴久, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 337 )   105 - 108   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ポスター講演 スマートグラスを用いた農作業管理システム開発の試み (知的環境とセンサネットワーク)

    村上 尊哉, 前田 義信, 山﨑 達也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117 ( 310 )   55 - 58   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ホームセンター内における店員の配置による顧客動線の変化についてのマルチエージェントシミュレーション (安全・安心な生活とICT)

    谷 賢太朗, 前田 義信, 中野 敬介, 仙石 正和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 483 )   49 - 52   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • マルチエージェントシミュレーションを用いたスクールカースト現象に関する基礎研究 (回路とシステム)

    小野 凌輔, 西田 悠, 前田 義信, 松本 慎平, 加藤 浩介, 山岸 秀一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 421 )   99 - 103   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ハードウェアCPGモデルが生成する四肢歩行リズムの群論的考察 (安全・安心な生活とICT)

    前田 義信, 笹川 成輝, 小宅 智史

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 422 )   121 - 126   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 安冨モデルにおける不完全な情報交換が通貨の出現に与える影響 (安全・安心な生活とICT)

    高橋 仁志, 小野寺 駿, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 422 )   95 - 98   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 視覚障害を考慮した心肺蘇生法を支援するWebアプリ開発の試み (第151回ヒューマンインタフェース学会研究会 個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般)

    谷 賢太朗, 平 康弘, 神藏 貴久, 前田 義信

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集   19   105 - 108   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ヒューマンインタフェース学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • D-8-3 品質工学的手法を用いた避難シミュレーションモデルの評価(D-8.人工知能と知識処理,一般セッション)

    大場 汐莉, 伊藤 尚, 的場 隆一, 橋本 優花, 五味 伸之, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016 ( 1 )   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • マルチエージェントシステムを用いた電力融通モデリングの試み (回路とシステム)

    谷 賢太朗, 前田 義信, 中野 敬介

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 422 )   57 - 60   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ハードウェア非線形振動子モデルの結合系を用いた四肢歩行パターンの再現

    小宅智史, 丸山陽央, 野村泰伸, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   115 ( 422(CAS2015 61-79) )   79 - 83   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 人工学級シミュレーションを用いたスケープゴート現象に関する研究 (回路とシステム)

    山本 幸樹, 前田 義信, 松本 慎平

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 315 )   103 - 108   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 品質工学的手法を用いたマルチエージェント避難シミュレーションモデルのパラメータ設計

    大場汐莉, 伊藤尚, 的場隆一, 橋本優花, 五味伸之, 谷賢太朗, 前田義信

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015   ROMBUNNO.2C1-01 - 56   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ライフサポート学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 災害発生時における避難者の譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting   45 ( 4 )   299 - 304   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本音響学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 災害発生時における避難者の譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察 (福祉情報工学)

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 100 )   95 - 100   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 災害発生時における避難者の譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察 (音声)

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 99 )   95 - 100   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 災害発生時における避難者の譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察 (パターン認識・メディア理解)

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115 ( 98 )   95 - 100   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Kinectを用いた顔認識によるUAV操作インタフェース開発の試み (回路とシステム)

    小野寺 駿, 谷 賢太朗, 前田 義信, 中野 敬介, 山崎 達也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 425 )   7 - 10   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,遠隔操作ロボットへの期待が高まり,特に小型飛行ロボット(UAV)に関しては様々な場面においての活躍が期待されている.本研究ではUAVによって人体の一部を表現することにより,苦労が強いられる作業の軽減や作業の効率化を目指す.ヒトの体の動きは3次元座標で表現され,またUAVも3次元空間を飛行するので,人体の動きに合わせてUAVが動作するインタフェースを提案する.体の動きはKinectより取得し,取得したデータをPCにて処理した後,UAVにコマンドを送信するシステムを構築した.本稿においては,手によるUAVの操作と,Kinectによる顔認識について論じる.顔認識についてはUAVの制御が実現しておらず,今後,顔認識によってなんらかの入力信号を取得するのが課題となる.

    CiNii Article

    researchmap

  • Reproduction of Four-Leg Animal Gaits Using a Coupled System of Simple Hardware CPG Models

    KOJIMA Hayate, MAEDA Yoshinobu, NOMURA Taishin

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   98 ( 2 )   508 - 509   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    We proposed a hard-wired CPG hardware network to reproduce the gaits of four-legged animals. It should reproduce walking and bounding, and they should be switchable with each other by changing the value of only one voltage.

    DOI: 10.1587/transfun.E98.A.508

    CiNii Article

    researchmap

  • 学級のスクールカースト問題に対するシミュレーションとその考察 (福祉情報工学)

    龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 加藤 浩介, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 357 )   91 - 96   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    昨今の学級環境ではスクールカーストと呼ばれる生徒間階級制度が存在し,いじめの原因になるなど重要な社会問題となりつつある.教師による学級内のカースト制度対策法を確立するためにはその効果を検証する必要があるが,現実の学級環境での観測は倫理的,時間的制約から難しい.本研究ではマルチエージェントシステムを用いて人工的にスクールカースト環境を内包した学級を再現し,教師によるカースト制度対策法の効果を観察,検討した.「班行動,予防活動」の2つの対策法をモデル化し,生徒間の心理的変化を観察した結果,学校におけるカースト制度対策法として「予防活動」はカースト環境下でも対人心理関係を円滑化する効果がみられるとの示唆を得た.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 視覚障がい者用絵本読み聞かせ支援システム作成のためのツール開発 (福祉情報工学)

    松葉 紘史, 佐藤 優彦, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 357 )   11 - 16   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    絵本は子どもの心・情緒の発達において欠かすことのできない保育内容のひとつである.また,親による絵本の読み聞かせは子どもの想像力の育成に重要な役割を果たしている.しかしながら,視覚障がいをもつ親が子どもに絵本の読み聞かせを行うことは,晴眼者である親よりも困難であり,そのための支援は少ない.本研究では視覚障がいをもつ親のための育児支援を目的とし,OSに関係なく使える絵本読み聞かせ支援アプリケーションの開発を試み,さらに新機能として絵本作成機能を新たに追加する.また,晴眼者8名に試作したアプリケーションを使用してもらい評価を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • CPG回路を用いた四肢歩容walk,trot,boundの切り替えの試み (回路とシステム)

    小島 颯, 丸山 陽央, 市村 智康, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 312 )   1 - 6   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    歩行運動を行う哺乳類の脊髄には中枢パターン発生器(CPG)の存在が仮定されている.CPGは運動リズムを周期的に発生させ,そのリズムを両肢の屈筋・伸筋へと伝えている.Rybakらは数理CPGモデルを提案し,我々はその数理CPGモデルを回路CPGモデルで再現した.またそれら回路CPGモデルを用いて実際の四肢動物に観察される典型的な歩行パターン(歩容)を再現してきた.しかしその再現の際,歩容毎にCPG回路間のネットワークを切り替える必要があった.本研究ではCPG回路間のネットワークを切り替えず,なおかつ単一パラメータ(V_<MLR>)の変更のみで,歩容(walk,trot,bound)の再現および移行可能なネットワークの設計と実装を行った.その結果,単一パラメータの変更でwalk-trot間,trot-bound間の歩容移行ができるネットワークの実装に成功した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • CPG回路を用いた四肢歩容walk,trot,boundの切り替えの試み (システム数理と応用)

    小島 颯, 丸山 陽央, 市村 智康, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 313 )   1 - 6   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    歩行運動を行う哺乳類の脊髄には中枢パターン発生器(CPG)の存在が仮定されている.CPGは運動リズムを周期的に発生させ,そのリズムを両肢の屈筋・伸筋へと伝えている.Rybakらは数理CPGモデルを提案し,我々はその数理CPGモデルを回路CPGモデルで再現した.またそれら回路CPGモデルを用いて実際の四肢動物に観察される典型的な歩行パターン(歩容)を再現してきた.しかしその再現の際,歩容毎にCPG回路間のネットワークを切り替える必要があった.本研究ではCPG回路間のネットワークを切り替えず,なおかつ単一パラメータ(V_<MLR>)の変更のみで,歩容(walk,trot,bound)の再現および移行可能なネットワークの設計と実装を行った.その結果,単一パラメータの変更でwalk-trot間,trot-bound間の歩容移行ができるネットワークの実装に成功した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 路地でのすれ違いに対するヒトの行動選択に関する調査 (回路とシステム)

    横川 京平, 谷 賢太朗, 小西 孝史, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 312 )   7 - 10   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害時に避難者がパニック状態に陥穽すると円滑な避難行動が困難となり,被害が増大することがある.それゆえ,避難者は個人的利益を優先させるのではなく,冷静に行動することで全体としてのスムーズな避難行動に良い影響を与える必要がある.これまで,コンピュータシミュレーション(主にマルチエージェントシミュレーション,あるいはMAS)を用いて,避難行動に対する知見を得る試みがなされてきた.我々はMASにおいて,エージェントに進路を譲る確率αを導入し,全員が避難完了するまでの時間を調べてきた.今回,全員の避難ではなく2人の譲り合い行動に着目し,実際は他者にどの程度道を譲るのか調査するためのゲームを作成し,被験者にプレイをしてもらった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 路地でのすれ違いに対するヒトの行動選択に関する調査 (システム数理と応用)

    横川 京平, 谷 賢太朗, 小西 孝史, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 313 )   7 - 10   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害時に避難者がパニック状態に陥穽すると円滑な避難行動が困難となり,被害が増大することがある.それゆえ,避難者は個人的利益を優先させるのではなく,冷静に行動することで全体としてのスムーズな避難行動に良い影響を与える必要がある.これまで,コンピュータシミュレーション(主にマルチエージェントシミュレーション,あるいはMAS)を用いて,避難行動に対する知見を得る試みがなされてきた.我々はMASにおいて,エージェントに進路を譲る確率αを導入し,全員が避難完了するまでの時間を調べてきた.今回,全員の避難ではなく2人の譲り合い行動に着目し,実際は他者にどの程度道を譲るのか調査するためのゲームを作成し,被験者にプレイをしてもらった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 動的シュブルール錯視を再現するアナログ回路型神経ネットワークの設計

    斎藤元喜, 前田義信, 秋田純一, 塚田 章

    生体医工学シンポジウム2014   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    researchmap

  • シンポジウム「広く読まれる回路の教科書とは」を振り返って (システム数理と応用)

    金子 美博, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 125 )   159 - 161   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • タブレット端末を用いたボタンインタフェースにおける最適操作ボタン数の推定 (音声)

    伊藤 尚, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 91 )   5 - 9   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究ではタッチパネルボタンインターフェースのユーザビリティを評価するために,タブレット端末を用いて様々なボタン数のインタフェースにおいて被験者に四文字のアルファベッドを入力させる実験を行い,課題遂行時間,タップ間隔,過剰操作率を記録した.課題遂行時間から得られた最適操作ボタン数とタップ間隔と過剰操作率の重回帰分析から推定された最適操作ボタン数が一致した.このことからタップ間隔と過剰操作率から最適操作ボタン数を推定することが可能であると考えられる.マウスによる先行研究と比較すると,最適操作ボタン数は8から10へ増加した.これは先行研究と比べタップ間隔が有意に小さくなったためである.このことからマウスよりもタッチパネルによるボタン入力の方が探索負荷が小さく,最適操作ボタン数が大きくなることが示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • タブレット端末を用いたボタンインタフェースにおける最適操作ボタン数の推定

    伊藤 尚, 谷 賢太朗, 前田 義信

    聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting   44 ( 5 )   249 - 253   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本音響学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • タブレット端末を用いたボタンインタフェースにおける最適操作ボタン数の推定 (福祉情報工学)

    伊藤 尚, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 ( 92 )   5 - 9   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究ではタッチパネルボタンインターフェースのユーザビリティを評価するために,タブレット端末を用いて様々なボタン数のインタフェースにおいて被験者に四文字のアルファベッドを入力させる実験を行い,課題遂行時間,タップ間隔,過剰操作率を記録した.課題遂行時間から得られた最適操作ボタン数とタップ間隔と過剰操作率の重回帰分析から推定された最適操作ボタン数が一致した.このことからタップ間隔と過剰操作率から最適操作ボタン数を推定することが可能であると考えられる.マウスによる先行研究と比較すると,最適操作ボタン数は8から10へ増加した.これは先行研究と比べタップ間隔が有意に小さくなったためである.このことからマウスよりもタッチパネルによるボタン入力の方が探索負荷が小さく,最適操作ボタン数が大きくなることが示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 回路モデルを用いた四肢歩行パターンに関する研究

    前田義信, 丸山陽央, 小島颯, 市村智康, 野村泰伸

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2014   ROMBUNNO.AS-1-3   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • AI-1-1 広く読まれる回路の教科書とは(AI-1.広く読まれる回路の教科書とは?,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画)

    金子 美博, 前田 義信

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014   "SS - 47"-"SS-48"   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 貨幣的交換モデルを利用したDTNルーティングの効率化 (回路とシステム)

    浅間 祐人, 宮北 和之, 前田 義信, 中野 敬介

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 427 )   35 - 40   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    遅延耐性ネットワーク(Delay Tolerant Network; DTN)は,比較的長い遅延時間を許容した上で情報交換を行うネットワークであり,災害時通信や地域情報配信などへの様々な応用が考えられている.本報告では,DTNを用いて,発信元から定期的に配信される情報を効率的に広めるための方法を提案する.関連研究として,貨幣創発のメカニズムを研究するためのエージェント間の物々交換モデルである安冨モデルがあり,本報告では,安冨モデルを情報共有に応用することを考える.安冨モデルにおいて用いられている視野ベクトルと呼ばれる指標を導入した情報交換手法を提案し,情報を効率的にネットワーク内に広めることができることを示す.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音声インタフェースを用いた携帯型まわし将棋ゲーム (回路とシステム)

    金 麗, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 427 )   25 - 28   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,視覚障がい者は様々な福祉サービスを受けることができ,その内容も充実してきている.しかしながら,大多数はADL(Activities of Daily Living)能力を向上させるものであり,娯楽等の文化活動に対する公的な援助はまだ比較的少ない.娯楽は日常生活の中で蓄積されたストレスを解消するなど,精神衛生の安定を担っている.このため,娯楽という観点から視覚障がい者のQOL向上に貢献することを目的とし,視覚情報に頼らないゲームの開発を行った.その試作として携帯型「まわし将棋」を作成し,評価方法にCsikszentmihalyiが提案するフローを用いた.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 仲介者を用いた通貨交換エージェントシミュレーション (回路とシステム)

    猪股 亮太, 伊藤 尚, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 427 )   29 - 33   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    物々交換から通貨交換が創発するメカニズムを探究することは,貨幣経済の歴史についてだけではなく,地域通貨・電子通貨の成立についても知見を与えると期待できる.実際の地域コミュニティでは調査が困難であるため,本研究ではコンピュータシミュレーション技法のひとつであるマルチエージェントシミュレーションによりモデル化し調査を行った.我々はこれまでに,通貨の創発・流通に対する社会ネットワークの影響を調査した.しかし,これまでは1つのコミュニティにおける流通現象しか再現していなかった.そこで本研究では2つのコミュニティ間の流通を,仲介者を用いることで再現することを試みた.その結果,エージェントの総消費量の増加にとって仲介者が重要な役割を果たすことを確認した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 非対称形電子回路CPGモデルを用いた四肢動物の歩行パターンの再現 (回路とシステム)

    石郷岡 玄一郎, 丸山 陽央, 小島 颯, 市村 智康, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 427 )   41 - 44   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では四肢動物の歩行パターン("歩く","走る"等)を制御する中枢パターン発生器(CPG)の電子回路モデルを提案した.四肢動物の場合,"走る"には,トロット,ペース,キャンター,バウンド(ギャロップ)の4つがあり,今回は,3つの"走る"と"歩く"を1つのパラメータを用いて切り替えが可能となるhard-wiredなCPGネットワークを提案した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study on change of the gaits using the electronic circuit CPG network

    MARUYAMA Akihiro, KOJIMA Hayate, ICHIMURA Tomoyasu, NOMURA Taishin, MAEDA Yoshinobu

    日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM)   53rd   ROMBUNNO.O3-01-7   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    © 2014, Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering. All rights reserved. In the nervous system, an exquisite controller, so-called, the central pattern generator (CPG), exists indirectly in rhythm phenomena of organism. Many mathematical network models have been proposed to account for the phenomena, and yet, the physiological detail has not been clear. The basic form of this model is a combination of reciprocal inhibition of nervous systems that control extensor and flexor, respectively, and, as such, must be observed mutually firing bursting discharges in both sites. Rybak et al. proposed a Hodgkin-Huxley type mathematical CPG model composed of two levels. In this study, we reproduced quadrupedal locomotion (walking patterns, or animal gaits) by means of coupling four hardware CPG models, based on Rybak&#039;s mathematical model. So far, such the networked CPG models were needed to be controlled simultaneously by plural parameters to generate abundant gaits, or the network structure had to be changed topologically every gait. We propose in our hardware hard-wired CPG network model that two typical gaits, walk and bound, can be switchable by changing just one parameter corresponding to a constant voltage stimulation from the midbrain locomotor region .

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.O-269

    Scopus

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Study on change of the gaits using of the electronic circuit CPG network

    Maruyama Akihiro, Kojima Hayate, Ichimura Tomoyasu, Nomura Taishin, Maeda Yoshinobu

    生体医工学   52 ( 0 )   O - 269-O-270   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    Exquisite controller of nervous system, so-called, a central pattern generator (CPG), exists in rhythm phenomena of organism. Mathematical network models were proposed to account for the phenomena, however, the physiological details has not been clear. The basic form of this model is a combination of reciprocal inhibition of nervous systems that control extensor and flexor, respectively, and, as such, must be observed mutual bursting discharge. Rybak et al. proposed a Hodgkin-Huxley type mathematical CPG model composed of two levels.We constructed, in this study, reproduced quadruped walking patterns (gaits) by means of coupling four hardware CPG models, based on Rybak's mathematical model. So far, such the networked CPG model was simultaneously controlled by plural parameters to generate abundant gaits, or network structure itself was changed every gait. In this study, we proposed a hard-wired CPG network that has been possible to generate two gaits, by changing just one parameter.

    DOI: 10.11239/jsmbe.52.O-269

    CiNii Article

    researchmap

  • 新潟だより

    村松 正吾, 前田 義信, 中野 敬介

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ FUNDAMENTALS REVIEW   7 ( 3 )   290 - 291   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • ボタン入力インタフェースにおける注視点計測の試み (福祉情報工学)

    石原 宏哉, 谷 賢太朗, 富岡 健太, 飯島 淳彦, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 347 )   11 - 16   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    我々はコントローラやATM,自動券売機において使用されるボタン入力インタフェースに関して,その作業負荷あるいはユーザビリティを評価するための仮想インタフェース実験を行ってきた.その結果,あるボタン数のときに&quot;作業負荷&quot;を表す課題遂行時間が統計的に最小となり,その背景には,ボタンの探索負荷と操作負荷の質的に異なる2種類の下位負荷の影響があるこどを分析した.本稿では,このようなボタン入力の局所的な振る舞いの分布を調査する.具体的にはボタン入力操作中の注視点を計測し,注視点の動きがレヴィフライトでモデル化可能であることを示す.

    CiNii Article

    researchmap

  • 音声出力型娯楽ゲーム"kikimimi"のオンラインシステム化の検討 (福祉情報工学)

    石坂 英太郎, 谷 賢太朗, 前田 義信, 新川 拓也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 347 )   17 - 20   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    視覚障がい者の日常生活動作(Activities of Daily Living, ADL)だけでなく生活の質(Quality Of Life)を上げるためのひとつの手法に,視覚障がい者のエンパワメントを向上させることが挙げられる.外出のような日常生活における動作では,視覚障がい者はガイドヘルパー(晴眼者)に依存し,相対的にパワーレスな状態に置かれがちである.エンパワメントを向上させるためには,晴眼者に依存しない視覚障がい者自身の自己効力感の上昇が必要である.我々は,視覚障がい者が晴眼者と対等に勝負できる音声出力型娯楽ゲームを提案し,ゲームプレイを通して視覚障がい者の自己効力感が上昇することを望んでいる.本稿では,テーブルゲーム"kikimimi"をオンライン化し,離れた地域に住む視覚障がい者や晴眼者がkikimimiをプレイできるようにすることを目的としてゲーム開発を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人工学級ゲームを用いたプレイヤ行動のモデリング (システム数理と応用)

    龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 加藤 浩介, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 279 )   73 - 78   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    いじめ問題は現代社会問題のひとつであり,教育学,医学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.問題解決のためのひとつの手法として我々は社会学の立場から人工学級ゲームを提案する.ゲーム内では趣味等の価値観を持ち自発的に他者と交流しようとするエージェントが存在している.その中でヒトがプレイヤとして学級の一員になり疑似的な学級生活を通していじめ問題や友人関係問題を当事者の立場から考えることができる.本研究では,プレイヤのゲーム内行動から得られた情報を用いて,よりエージェントの行動をヒトに近づけるための手法について検討した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人工学級ゲームを用いたプレイヤ行動のモデリング (回路とシステム)

    龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 加藤 浩介, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 278 )   73 - 78   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    いじめ問題は現代社会問題のひとつであり,教育学,医学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.問題解決のためのひとつの手法として我々は社会学の立場から人工学級ゲームを提案する.ゲーム内では趣味等の価値観を持ち自発的に他者と交流しようとするエージェントが存在している.その中でヒトがプレイヤとして学級の一員になり疑似的な学級生活を通していじめ問題や友人関係問題を当事者の立場から考えることができる.本研究では,プレイヤのゲーム内行動から得られた情報を用いて,よりエージェントの行動をヒトに近づけるための手法について検討した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セルオートマトンを用いた出口位置を考慮した避難行動シミュレーション (システム数理と応用)

    横川 京平, 谷 賢太朗, 荻原 さなえ, 小西 孝史, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 279 )   87 - 90   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害時に避難者がパニック状態に陥穽すると円滑な避難行動が困難となり,被害が増大することがある.それゆえ,避難者は個人的利益を優先させるのではなく,冷静に行動することで全体としてのスムーズな避難行動に良い影響を与える必要がある.これまで,コンピュータシミュレーション(主にマルチエージェントシミュレーション,あるいはMAS)を用いて,避難行動に対する知見を得る試みがなされてきた.我々はMASにおいて,エージエントに進路を譲る確率αを導入し,全員が避難完了するまでの時間を調べてきた.今回,実際に避難する際に観測される現象である"帰巣性"をモデルに導入し,避難完了するまでの時間を調べた.その結果,各々が決めた出口に独自に避難するより,進路を譲り合いながら避難することが避難完了までの時間を短くすることが分かった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人工学級ゲームを用いたプレイヤ行動のモデリング

    龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 加藤 浩介, 前田 義信

    情報処理学会研究報告. AL, アルゴリズム研究会報告   2013 ( 13 )   1 - 6   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    いじめ問題は現代社会問題のひとつであり,教育学,医学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.問題解決のためのひとつの手法として我々は社会学の立場から人工学級ゲームを提案する.ゲーム内では趣味等の価値観を持ち自発的に他者と交流しようとするエージェントが存在している.その中でヒトがプレイヤとして学級の一員になり疑似的な学級生活を通していじめ問題や友人関係問題を当事者の立場から考えることができる.本研究では,プレイヤのゲーム内行動から得られた情報を用いて,よりエージェントの行動をヒトに近づけるための手法について検討した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • セルオートマトンを用いた出口位置を考慮した避難行動シミュレーション

    横川 京平, 谷 賢太朗, 萩原 さなえ, 小西 孝史, 前田 義信

    研究報告アルゴリズム(AL)   2013 ( 15 )   1 - 4   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人情報処理学会  

    災害時に避難者がパニック状態に陥穽すると円滑な避難行動が困難となり,被害が増大することがある.それゆえ,避難者は個人的利益を優先させるのではなく,冷静に行動することで全体としてのスムーズな避難行動に良い影響を与える必要がある.これまで,コンピュータシミュレーション (主にマルチエージェントシミュレーション,あるいは MAS) を用いて,避難行動に対する知見を得る試みがなされてきた.我々は MAS において,エージェントに進路を譲る確率 α を導入し,全員が避難完了するまでの時間を調べてきた.今回,実際に避難する際に観測される現象である "帰巣性" をモデルに導入し,避難完了するまでの時間を調べた.その結果,各々が決めた出口に独自に避難するより,進路を譲り合いながら避難することが避難完了までの時間を短くすることが分かった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • CPGネットワークを用いた四肢歩行シミュレーション研究

    小島颯, 市村智康, 塚田章, 野村泰伸, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   113 ( 223(NC2013 22-45) )   17 - 22   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CPG電子回路を用いる形状記憶合金アクチュエータの駆動に関する基礎実験 (回路とシステム)

    市村 智康, 江島 直毅, 今泉 俊哉, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 118 )   55 - 58   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    哺乳類は中枢パターン発生器(CPG)と呼ばれるニューラルネットワークを脊髄に備え,このCPGが生体のリズム運動を制御すると考えられている.例えば,CPGは歩行リズムを周期的に発生させ,各脚の屈筋と伸筋へ交互にリズムを伝えている.この仕組みを用い,哺乳類は不随意的に歩行できる.これまで,CPGについて様々な研究が行われ,いくつかの数理モデルが提案されてきた.近年,このCPGの電子回路モデルも開発され,生体のリズム運動を再現する仕組みとして,歩行ロボットへ応用されつつある.そこで,この歩行ロボットの駆動装置として,我々は形状記憶合金(SMA)アクチュエータを採用し,より生体に近いロボットの実現を検討している.本報告はCPG電子回路を用いるSMAアクチュエータの駆動実験について述べる.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声提示式娯楽ゲームの評価と検討 (音声)

    松葉 紘史, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信, 新川 拓也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 76 )   7 - 12   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    障害者のストレス改善のために,障害者の娯楽環境の重要性が高まっている.これまでに我々が開発したThe10-1(ザトウイチ)は,ストレス発散のために単純な身体動作をその操作に用いたゲームである.参加しやすいゲームルール,音を頼りにして遊べるシステムとなっており,視覚の有無に依存せずに誰もが参加できることが特徴である.本稿ではThe10-1を用いて評価実験を行い,プレイヤにもたらす満足度の調査を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声提示式娯楽ゲームの評価と検討 (福祉情報工学)

    松葉 紘史, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信, 新川 拓也

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 77 )   7 - 12   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    障害者のストレス改善のために,障害者の娯楽環境の重要性が高まっている.これまでに我々が開発したThe10-1(ザトウイチ)は,ストレス発散のために単純な身体動作をその操作に用いたゲームである.参加しやすいゲームルール,音を頼りにして遊べるシステムとなっており,視覚の有無に依存せずに誰もが参加できることが特徴である.本稿ではThe10-1を用いて評価実験を行い,プレイヤにもたらす満足度の調査を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 貨幣的交換モデルを利用したDTNの効率化に関する一検討 (通信方式)

    浅間 祐人, 升田 隆, 宮北 和之, 前田 義信, 中野 敬介

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 486 )   137 - 142   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    遅延耐性ネットワーク(Delay Tolerant Network: DTN)は,比較的長い遅延時間を許容した上で情報交換を行うネットワークであり,災害時通信や地域情報配信などへの様々な応用が考えられている.本報告では, DTNの応用例として,電子フリーペーパーの地域配信および自動回収を行うことを考える.関連研究として,貨幣創発のメカニズムを研究するためのエージェント間の物々交換モデルである安冨モデルがあり,本報告では,安冨モデルを電子フリーペーパーの配布・回収に応用することを考える.安冨モデルにおいて用いられている視野ベクトルと呼ばれる指標を導入した情報交換手法を提案し,新しい電子フリーペーパーの配信と古い電子フリーペーパーの回収が促進されることを示す.また,新しい電子フリーペーパーの配信と古い電子フリーペーパーの回収を更に促進するための手法を提案し,その有効性を示す.

    CiNii Article

    researchmap

  • セルオートマトンを用いた待ち状態を含む避難行動シミュレーション (通信方式)

    横川 京平, 谷 賢太朗, 荻原 さなえ, 小西 孝史, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 486 )   111 - 114   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害時に避難者がパニック状態に陥穿すると円滑な避難行動が困難となり,被害が増大することがある.それゆえ,避難者は個人的利益を優先させるのではなく,冷静に行動することで全体としてのスムーズな避難行動に良い影響を与える必要がある.これまで,コンピュータシミュレーション(主にマルチエージェントシミュレーション,あるいはMAS)を用いて,避難行動に対する知見を得る試みがなされてきた.我々はMASにおいて,エージェントに進路を"譲る"確率αを導入し,全員が避難完了するまでの時間を調べた.その結果,αの値が0.3〜0.4の近傍で避難完了時間が最小になることが示された.すなわち,避難者は3回中1回程度"譲る"行動をすることで,全体としての避難時間が縮小化できることが示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 社会ネットワークを導入した通貨交換モデルによる地域通貨創発の再現 (回路とシステム)

    伊藤 尚, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 418 )   15 - 18   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,地域通貨が注目を集め,日本だけでなく世界的な普及を見せている.地域通貨は法定通貨と併用することでコミュニティの経済的側面と社会的側面を活性化することが期待されている.このため地域通貨が発生或いは流通する条件を調査することは非常に重要である.しかしこれらは実際の地域コミュニティでは調査が困難であるため,本研究ではコンピュータシミュレーション技法のひとつであるマルチエージェントシミュレーションによりモデル化し調査を行う.我々はこれまでに1つのコミュニティに複数の通貨が流通する現象を再現した.しかし,これらの通貨の流通規模・範囲は全てほぼ同じであり,地域通貨の発生・流通を再現しているとは言えなかった.そこで本研究では安冨モデルに社会ネットワークを導入し,地域通貨の発生を再現することを試みた.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 人工学級ゲームを用いた交友関係形成の行動分析 (回路とシステム)

    龍田 篤弥, 谷 賢太朗, 前田 義信, 加藤 浩介

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 418 )   153 - 158   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    いじめ問題は現代社会問題のひとつであり,教育学,医学,社会学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.中でも社会学では,個人ではなく全体の相互作用に焦点を当てた解決方法が採用されてきた.我々は社会学の立場から,コンピュータ内部に自律的に行動するプログラム(エージェント)を設計し,複数のエージェントの局所的相互作用から大域的に創発する現象を探る人工学級モデルを提案してきた.本研究では,エージェントの1人をヒトが操作するプレイヤとした学級シリアスゲームを構築した.プレイヤのゲーム内行動から得られた情報を用いて,よりゲームプレイを現実の学級に近づけるための手法について検討する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声インタフェースを用いた娯楽ゲームの開発 (回路とシステム)

    金 麗, 村山 尚紀, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 418 )   149 - 152   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,視覚障がい者は様々な福祉サービスを受けることができ,その内容も充実してきている.しかしながら,大多数はADL(Activities of Daily Living)能力を向上させるものであり,娯楽面に関する援助は少ない.娯楽は日常生活の中で蓄積されたストレスを解消するなど,精神衛生の安定を担っている.このため,視覚障がい者のQOL向上に貢献することを目的とし,視覚情報に頼らないゲームの開発を行った.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ボタン入力インタフェースを用いた課題遂行に関する行動分析 (福祉情報工学)

    前田 義信, 飯島 淳彦

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 ( 336 )   25 - 28   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    我々はコントローラやATM,自動券売機において使用されるボタン入力インタフェースに関して,その作業負荷あるいはユーザビリティを評価するための仮想インタフェース実験を行ってきた.その結果,あるボタン数のときに&quot;作業負荷&quot;を表す課題遂行時間が統計的に最小となり,最適ボタン数の存在を示唆した.そのような最適ボタン数が存在する背景には,ボタンの探索負荷と操作負荷の質的に異なる2種類の下位負荷の影響があることを分析した.本稿では,このようなボタン入力の局所的な振る舞いの分布を調査する.

    CiNii Article

    researchmap

  • 四肢動物の歩行パターンを制御する電子回路ネットワークの設計

    小島颯, 久保田真仁, 土門立志, 鈴木康之, 野村泰伸, 前田義信

    電子情報通信学会技術研究報告   112 ( 297(MBE2012 45-59) )   5 - 10   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本稿では四肢動物の歩行パターンの幾つかを再現する回路ネットワークモデルを提案する.四肢動物は歩行速度に依存して,walk,trot,boundといった歩行パターン(歩容)を示す.これまで歩容の再現には数理モデルが用いられてきたが,そこでは歩容の切り替えに対して複数のパラメータ値を同時に変更する必要があった.本研究では単一のパラメータでstand,pronk,walk,boundの4つの歩容を逐次出現させる回路モデルを設計,構築した.また,数理モデルと回路モデルを比較可能とするために,双方の分岐特性を合わせた.

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 四足歩行運動パターンを制御するアナログ回路設計の試み

    前田義信, 久保田真仁, 鈴木康之, 野村泰伸

    電子情報通信学会技術研究報告   112 ( 205(NLP2012 56-75) )   7 - 12   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 求心性刺激を含むCPGの電子回路設計

    久保田真仁, 前田義信, 塚田 章

    生体医工学シンポジウム2012   2012年9月

     詳細を見る

    生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード受賞

    researchmap

  • AS-1-4 マルチエージェントシミュレーションを用いた地域通貨発生の再現とその効果(AS-1.環境・社会に優しい回路とシステム,シンポジウムセツション)

    伊藤 尚, 谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012   "S - 7"-"S-8"   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • AS-1-6 Q学習を用いたMASによる社会的ジレンマ解決策の考察(AS-1.環境・社会に優しい回路とシステム,シンポジウムセツション)

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信, 宮北 和之, 中野 敬介

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012   "S - 11"-"S-12"   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • AS-1-8 4肢歩行を制御するアナログ電子回路神経ネットワーク(AS-1.環境・社会に優しい回路とシステム,シンポジウムセツション)

    土門 立志, 久保田 真仁, 前田 義信, 市村 智康, 塚田 章

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012   "S - 15"-"S-16"   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 義足の Inset・Outset アライメントの変化が義足足底荷重位置の主観的推定に与える影響

    須田 裕紀, 林 豊彦, 前田 義信, 渡辺 哲也, 前田 雄, 東江 由起夫

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   112 ( 123 )   15 - 20   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究は,義足のアライメントに関する新たな主観的な評価について述べたものである.義足のアライメント調整では,切断者の足底荷重位置の主観的評価が臨床でよく用いられている.そこで我々は,静止立位時における足底荷重位置を切断者本人が記録する評価票を開発した.本研究の目的は,義足の側方方向のアライメントがこの主観的評価に与える影響について生体力学的に明らかにすることにある.下腿切断者3名を用いた実験から,足底荷重推定位置は,適切なアライメントでは踵とつま先を結ぶ線分上に存在し,内外側方向にアライメントを変化させると,それぞれ外側と内側に偏位することが明らかとなった,同様の変化傾向を示した生体力学パラメータは,アライメント変化により幾何学的に決まる床反力の側方成分だけであった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2013003683

  • 譲り合いを考慮した避難行動シミュレーション

    荻原 さなえ, 谷 賢太郎, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   112 ( 114 )   77 - 80   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害が発生した際,群集が一度パニック状態に陥ると円滑な避難行動を行うことが困難となり,小規模な災害でも被害が拡大し,多数の被害者を出す可能性がある.そのため,ヒトは冷静に行動し,避難をスムーズに行うことが重要な課題であるが,実験的な検討は被験者の安全性や心理的要素の面から困難である.そこで,コンピュータ上でのシミュレーションが有効な手段として挙げられる.本稿では,マルチエージェントシミュレーション(以下,MAS)を用いて,ヒトの譲歩協力する様子を考慮した避難行動の検討をする.このとき,全体の避難行動にどのような影響を及ぼすかを考察する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 譲り合いを考慮した避難行動シミュレーション

    荻原 さなえ, 谷 賢太郎, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   112 ( 113 )   77 - 80   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害が発生した際,群集が一度パニック状態に陥ると円滑な避難行動を行うことが困難となり,小規模な災害でも被害が拡大し,多数の被害者を出す可能性がある.そのため,ヒトは冷静に行動し,避難をスムーズに行うことが重要な課題であるが,実験的な検討は被験者の安全性や心理的要素の面から困難である.そこで,コンピュータ上でのシミュレーションが有効な手段として挙げられる.本稿では,マルチエージェントシミュレーション(以下,MAS)を用いて,ヒトの譲歩協力する様子を考慮した避難行動の検討をする.このとき,全体の避難行動にどのような影響を及ぼすかを考察する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 譲り合いを考慮した避難行動シミュレーション

    荻原 さなえ, 谷 賢太郎, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. MSS, システム数理と応用 : IEICE technical report   112 ( 116 )   77 - 80   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    災害が発生した際,群集が一度パニック状態に陥ると円滑な避難行動を行うことが困難となり,小規模な災害でも被害が拡大し,多数の被害者を出す可能性がある.そのため,ヒトは冷静に行動し,避難をスムーズに行うことが重要な課題であるが,実験的な検討は被験者の安全性や心理的要素の面から困難である.そこで,コンピュータ上でのシミュレーションが有効な手段として挙げられる.本稿では,マルチエージェントシミュレーション(以下,MAS)を用いて,ヒトの譲歩協力する様子を考慮した避難行動の検討をする.このとき,全体の避難行動にどのような影響を及ぼすかを考察する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 関節鏡視下手術のコンピュータ支援のための鏡視画像を用いた2D/3Dレジストレーション

    中村 亮介, 林 豊彦, 大森 豪, 渡邉 聡, 前田 義信, 渡辺 哲也

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   112 ( 63 )   23 - 28   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    我々は,関節鏡視下手術をコンピュータ支援するシステムを開発してきた.本システムは,CT撮影像から再構築した3次元骨モデルを,術中の鏡視画像にリアルタイムで重ね合わせ表示する「ナビゲーションシステム」である.この重ね合わせには,実空間上の骨と仮想空間上の骨モデルとの位置関係が必要である.我々はこの位置関係を,2方向透視X線画像を用いた2D/3Dレジストレーションによって求めてきた.しかし,一般的な関節鏡下手術では透視XX線撮影を必要としないことが多い.本システムを実際の手術に応用するために,新しいレジストレーション手法の開発が求められた.そこで,我々は鏡視画像そのものを用いるレジストレーション法を開発した.本手法では,複数枚の鏡視画像,およびMR撮影像から再構築した3次元関節軟骨モデルを用いる.モデルボーンを用いた精度評価実験の結果,並進成分と回転成分の誤差はそれぞれ平均で1[mm]未満,3[deg]未満であった.今後の課題は,回転成分の誤差を平均で1[deg]以下にすることである.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2012314066

  • 野球の投球動作にみられる「胸の張り」の評価法

    井田 元樹, 林 豊彦, 前田 義信, 渡辺 哲也, 田中 洋, 二宮 裕樹, 駒井 正彦, 信原 克哉

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   112 ( 63 )   35 - 40   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    野球の投球動作において,投手の体幹は,下肢の運動エネルギーを上肢へ伝える重要な役割を担っている.そのような体幹動作のコーチングにおいて,「胸の張り」という用語が頻繁に用いられている.しかし,その運動学的特徴はいまだ明らかにされていない.それを科学的に明らかにするために,我々は「胸の張り」を定量評価できるパラメータSを開発した.このSは,胸骨と胸椎に貼付したマーカ位置から定義される.予備実験の結果,パラメータSの値は,胸を張る運動のひとつである「上肢の水平外転」に主として従属することがわかった.そこで本論文では,投球動作コーチングにおける有効性を評価するために,パラメータSを投球動作解析に適用した.経験者3名・未経験者3名で実験を行った結果,1)時系列変化,2)体幹から上肢への運動連鎖の2つの観点において,パラメータSは「胸の張り」の定量分析に有効である可能性が示唆された.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • AS-1-4 生徒間相互作用に関するマルチエージェントシステムとその人工学級ゲームへの応用の試み(AS-1.モデリングとシミュレーションの最新動向,シンポジウムセッション)

    前田 義信

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012   "S - 7"-"S-8"   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • マルチエージェントシミュレーションを用いた地域通貨発生の再現

    伊藤 尚, 前田 義信, 林 豊彦

    電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report   111 ( 486 )   195 - 200   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本研究では,複数の通貨が創発し同時に流通する現象を再現するマルチエージェントシミュレーションモデルを提案する.提案モデルは,安冨の通貨創発モデルに相互扶助活動と経済的不況を表現するルールを導入したものである.これを用いてシミュレーションを行った結果,先行して流通していた通貨に加えて新たな通貨が創発し,複数の通貨が同時に流通する現象を観察することができた.また本研究で創発した新しい通貨は,相互扶助的活動のような先行通貨の交換価値を減少させる作用と経済的不況のような先行通貨の流通を阻害する作用とが同時に起こることで創発することが示された.これにより,地域通貨等が法定通貨と並行して流通するための条件に知見を与えることが期待される.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地磁気センサを用いた操作スイッチGSN/1における随意運動の検出特性と不随意運動の除去特性 (福祉情報工学)

    平松 佑太, 林 豊彦, 前田 義信, 渡辺 哲也, 飯島 淳彦, 若林 佑子, 織田 孝, 遁所 直樹, 山口 俊光

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 ( 424 )   79 - 84   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    重度運動機能障がい者は,わずかな身体運動で機器を操作できる「操作スイッチ」を用いれば,パーソナルコンピュータなどの電子機器を自力で操作できる.しかし,従来の操作スイッチは,不随意運動によっても影響を受けるという欠点があるため,その結果として装置の誤操作が起きていた.そこで我々は,地磁気センサを用いて不随意運動を識別可能な操作スイッチGSN/1の開発を試みてきた.本研究では,GSN/1の2つの特性:1)入力動作の検出特性,および2)不随意運動の除去特性を評価した.健常者を用いた実験から,GSN/1は,1)6[mm]以上の親指先端の動きは検出できるが,2)単発的な痙攣のような不随意運動は検出しないことが明らかとなった.

    CiNii Article

    researchmap

  • 行動連鎖と行動反射を用いた人工学級ゲームの検討 (回路とシステム)

    池田 泰子, 佐藤 輝空, 伊藤 尚, 前田 義信, 加藤 浩介

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 ( 377 )   43 - 48   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    いじめ問題は現代社会問題のひとつであり,教育学,医学,社会学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.主に教育学や医学では,いじめる者やいじめられる者に焦点を当てた解決方法が採用され,社会学では,個人ではなく全体の相互作用に焦点を当てた解決方法が採用されてきた,我々は後者の立場から,コンピュータ内部に自律的に行動するプログラム(エージェント)を設計し,複数のエージェントの局所的相互作用から大域的に創発する現象を探る人工学級モデルを提案してきた.本研究では,エージェントの1人をヒトが操作するプレイヤとし,シミュレーションとゲーミングが融合した学級シリアスゲームを構築した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声出力インタフェースを用いた娯楽ゲームに関するアンケート分析

    浅井 愛, 村山 尚紀, 谷 賢太朗, 前田 義信, 新川 拓也

    電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム   111 ( 377 )   37 - 42   2012年1月

     詳細を見る

  • 障害者歩行支援のための顔抽出と顔方向の推定

    小山 拓哉, 宮川 道夫, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   111 ( 379 )   13 - 16   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,高齢化と共に障害者数が増加している.社会ではバリアフリー化も進んでおり,街中で障害者とすれ違うことも多くなった.その際,周囲が障害者の存在に気づいていないとぶつかってしまったり,それが原因となり他の事故につながってしまうこともある.そこで本研究では障害者側から周囲を撮影し,画像処理によって交差する可能性のある顔の抽出,顔方向の推定を行い周囲がどの程度こちらを注意しているのかを定量評価する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 8B16 音で遊ぶゲームシステムの開発とその活用について(OS05 リハビリテーション技術と健康福祉工学)

    新川 拓也, 前田 義信

    バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2012 ( 24 )   "8B16 - 1"-"8B16-2"   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 心筋細胞モデルの結合数が拍動リズムに与える影響 (システム数理と応用)

    木竜 雄一郎, 前田 義信, 飯島 敦彦, 林 豊彦

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111 ( 294 )   113 - 118   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    長い絶対不応期(プラトー相)を有する活動電位を発生させる心筋細胞は,互いの結合により消費エネルギーが低下すると共に振動数が増加する"高効率加速現象"を起こしうる.本研究では心筋細胞をHodgkin-Huxley型方程式でモデル化したNobleモデル40個を用い,モデルの相互結合数(本研究では2〜12個)が"高効率加速現象"に与える影響についてinsilicoIDEを用いて調べた.その結果,全ての結合数において,結合前と比較して"高効率加速現象"が観察された.その中でもより,"高効率加速現象"に転じやすい結合数があることが分かり,それが実際の心筋組織で平均9個である結果に近い値となった.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A27 卓球競技のバックハンドドライブにおける上半身運動の特徴パラメータの抽出(打撃動作I)

    籠島 隼介, 林 豊彦, 前田 義信, 渡辺 哲也, 牛山 幸彦

    シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集 : symposium on sports and human dynamics   2011   151 - 156   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人日本機械学会  

    Backhand drive in table tennis is getting more important in recent years because the rally is becoming speedy. Its coaching method, however, has yet to be established due to the lack of basis motion data. In order to obtain kinematic features in backhand drive for evidence-based coaching, we compared four different backhand-drive motions with an emphasis on speed or control and with top or back spins of the ball. Experiments using five experienced table-tennis players and an optical motion capture system revealed that the angular velocity of the elbow supination and extension should be increased in case of speed emphasis, and the elbow joint valgus would be necessary in case of backspin ball, demonstrating the importance of the elbow joint motion in backhand drive.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 求心性刺激を含むCPGの電子回路モデル設計製作

    久保田 真仁, 土門 立志, 前田 義信, 飯島 淳彦, 市村 智康, 林 豊彦

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   111 ( 243 )   119 - 124   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    生体には多くのリズム現象が観察され,それらはCPGと呼ばれる脊髄のニューラルネットワークによって制御されていると考えられている.RybakらはHodgkin-Huxley型のニューロンモデルを用い,除脳ネコを用いた実験結果と合うようなCPGの数理モデルを構築した.さらにRybakらは伸筋や屈筋からの求心性刺激を含んだCPGモデルも構築した.そのモデルによって生じるリズムの解析や工学への応用を目的に,我々は電子回路モデルの構築を行い,実際にアナログ回路として実装しいくつかの現象の再現を試みた.その結果,電子回路モデルにおいても数理モデルと同様の現象を再現することができた.この電子回路モデルを用いることでソフトウェアを用いずにロボットの脚部制御を行ったり,リアルタイムでのシミュレーションが可能になると考えられる.

    CiNii Article

    researchmap

  • 錯視現象を説明するアナログ回路型神経ネットワークの設計

    土門立志, 久保田真仁, 前田義信, 塚田 章, 林 豊彦, 飯島淳彦

    生体医工学シンポジウム2011   2011年9月

     詳細を見る

  • 肩関節筋骨格モデルを用いた腱板損傷時における上腕挙上筋力の推定

    木下 直紀, 林 豊彦, 前田 義信, 渡辺 哲也, 田中 洋, 二宮 裕樹, 駒井 正彦, 信原 克哉

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会   2011 ( 102 )   19 - 24   2011年6月

     詳細を見る

  • 人工学級モデルとフラット化するコミュニケーションの特性

    前田 義信, 伊藤 尚, 谷 賢太朗, 佐藤 輝空, 加藤 浩介

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   111 ( 58 )   63 - 68   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    社会問題のひとつである"いじめ"は強者から弱者に対して行われる従来型の一方的な攻撃から,対等な他者との間で加害者と被害者が流動的に入れ替わる双方向の攻撃へとその性質を変容させつつある.当事者はいつ自分が被害者になるか予想することもできない不安を常に持ち,それゆえ対等な他者からの承認を常に必要とする"フラット"な関係が築かれるようになった.また流動性ゆえに,教育者をはじめとする支援者も対策に頭を悩ませている.そこではどのような事態が生じているのか?本稿では,エージェント,価値,エージェントが起こす行動,相互作用で構成される形式的な人工学級モデルを提案し,マルチエージェントシミュレーションによってその現象を調べる.相互作用を繰り返すことによって自分が見出す価値数がゼロになった経験を有するエージェント(いじめ被害者)と,他のエージェントから反感性の行動を連続的に受け続けたエージェント(いじめ被害者の候補=潜在的いじめ被害者)を定義し,その状況を調べた.その結果,交友関係における対立回避i,相補性やべき乗分布に従ういじめの特性が観察され,支援者によるいじめ発見の困難さとの関連性を考察した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 優先的選択をするエージェントからなる人工学級ゲーム

    冨岡 静佳, 佐藤 輝空, 前田 義信, 伊藤 尚, 谷 賢太朗, 加藤 浩介

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   110 ( 384 )   37 - 42   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    いじめ問題解法のために,エージェントに基づく人工学級モデルを提案する.人工学級では,すべてのエージェントが同調,包摂,排除,卓越の4つの行動を起こして他のエージェントと相互作用し,互いの価値観を一致させることで友人関係(グループ)を形成する.本稿では,優先的選択を導入して多くのグループが形成されるようにした.また,ヒトがプレイヤーとして人工学級に参加することを可能にするため,エージェントの行動を実際のヒトの行動に近づけるべくベイズ確率を導入した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • B1 ランニング中の最大回内運動に関係する接地時の足部姿勢パラメータの抽出(足部特性,ほか)

    小野 智, 林 豊彦, 前田 義信, 飯島 淳彦, 木竜 徹

    シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集   2011 ( 0 )   261 - 265   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    Excessive pronation in running is known to be one of the dominant causes of running injuries. In order to prevent it, the trilateral relationship of pronation, foot anatomy, and shoe structure has been studied in detail up to now. In addition, we assumed that the foot position at the heel contact (HC) and running speed could also affect pronation significantly. Then, we studied the relationship among foot motion, shoe sole stiffness and running speed using a multi-regression analysis. We conducted several experiments using 11 experienced runners, an optical motion capture system, a treadmill with two different speed and two types of running shoes with different inner-sole stiffness. Consequently, in low-stability shoe, pronation could be estimated primarily by foot position at HC and this relationship between them depended upon running speed. In high-stability shoe, on the other hand, the same relationship could not hold, probably due to other primary personal factors.

    CiNii Article

    researchmap

  • ポインタ操作を代替する直交移動法におけるパラメータ最適化の有効性評価 (第75回ヒューマンインタフェース学会研究会 インタラクションのデザイン(特集 : 手話システム)および一般)

    角田 卓哉, 林 豊彦, 前田 義信

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集   13   65 - 70   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ヒューマンインタフェース学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 音声出力インタフェースを用いた娯楽ゲーム(まわし将棋)開発の試み

    村山 尚紀, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   110 ( 221 )   121 - 125   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,視覚障がい者は様々な福祉サービスを受けることができ,その内容も充実してきている.しかしながら,これらはADL(Activities of Daily Living)能力を向上させるものが大多数であり,娯楽の面に関する援助は少ない.娯楽は日常生活の中で蓄積されたストレスを解消するなど,精神衛生の安定を担っている.このため,視覚障がい者が気軽に楽しめる娯楽の提供は重要な課題となっている.そこで本稿では,娯楽という観点から視覚障がい者のQOL向上に貢献することを目的とし,視覚情報に頼らないゲームの開発を行った.その試作として「まわし将棋」を作成し,評価方法にCsikszentmihalyiが提案するフローを用いた.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声出力インタフェースを用いた娯楽ゲーム(まわし将棋)開発の試み

    村山 尚紀, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   110 ( 219 )   121 - 125   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,視覚障がい者は様々な福祉サービスを受けることができ,その内容も充実してきている.しかしながら,これらはADL(Activities of Daily Living)能力を向上させるものが大多数であり,娯楽の面に関する援助は少ない.娯楽は日常生活の中で蓄積されたストレスを解消するなど,精神衛生の安定を担っている.このため,視覚障がい者が気軽に楽しめる娯楽の提供は重要な課題となっている.そこで本稿では,娯楽という観点から視覚障がい者のQOL向上に貢献することを目的とし,視覚情報に頼らないゲームの開発を行った.その試作として「まわし将棋」を作成し,評価方法にCsikszentmihalyiが提案するフローを用いた.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 音声出力インタフェースを用いた娯楽ゲーム(まわし将棋)開発の試み

    村山 尚紀, 谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   110 ( 220 )   121 - 125   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    近年,視覚障がい者は様々な福祉サービスを受けることができ,その内容も充実してきている.しかしながら,これらはADL(Activities of Daily Living)能力を向上させるものが大多数であり,娯楽の面に関する援助は少ない.娯楽は日常生活の中で蓄積されたストレスを解消するなど,精神衛生の安定を担っている.このため,視覚障がい者が気軽に楽しめる娯楽の提供は重要な課題となっている.そこで本稿では,娯楽という観点から視覚障がい者のQOL向上に貢献することを目的とし,視覚情報に頼らないゲームの開発を行った.その試作として「まわし将棋」を作成し,評価方法にCsikszentmihalyiが提案するフローを用いた.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 二段型CPG電子回路モデルのPF層を除く簡約化について

    金子怜史, 久保田真仁, 前田義信, 林 豊彦, 加納慎一郎, 塚田 章

    生体医工学シンポジウム2010   2010年9月

     詳細を見る

  • 地磁気センサを用いた操作スイッチGSN/1の性能評価 (第65回 ヒューマンインタフェース学会研究会 福祉工学および一般)

    平松 佑太, 林 豊彦, 前田 義信

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集   12   13 - 18   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ヒューマンインタフェース学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 車椅子利用者を考慮した避難行動シミュレーション

    山口 直人, 谷 賢太郎, 伊藤 尚, 小西 孝史, 前田 義信, 林 豊彦, 渡辺 哲也

    電気学会東京支部新潟支所研究発表会予稿集 = 電気学会東京支部新潟支所研究発表会予稿集   ( 19 )   47 - 47   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会東京支部新潟支所  

    CiNii Article

    researchmap

  • 活動電位を再現する電子回路ニューロンモデル研究からの考察

    前田義信, 林 豊彦, 加納慎一郎, 塚田 章

    電子情報通信学会技術研究報告   109 ( 279 )   47 - 50   2009年11月

     詳細を見る

  • 頭部固定の有無がビデオ方式による視線位置計測に与える影響

    木竜 雄一郎, 飯島 淳彦, 川嵜 圭祐, 宮川 尚久, 前田 義信, 長谷川 功

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   109 ( 194 )   19 - 22   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    我々は実験動物に対する侵襲を低減し,頭部非固定による行動実験の実現を目指している.本研究では,松田ら(BPES2000他)が過去に開発した高速楕円近似アルゴリズムによるビデオ眼球運動解析システムを利用して,ヒトの眼球運動を頭部固定した場合及び頭部非固定の場合で計測をした.また,ニホンザルの頭部非固定での眼球運動の計測を試みた.それぞれの方法から得られたビデオ画像より瞳孔が検出される確度を検証し,頭部非固定の動物でビデオ方式による視線位置計測が可能か否か検討した.

    CiNii Article

    researchmap

  • 環境条件の変化が集団応報戦略による二次ジレンマ問題の解決にもたらす影響

    谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   109 ( 27 )   201 - 204   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    This paper presented how the change of the environmental condition affects the solution of social dilemma including the second-order dilemma. Such social dilemma can be solved by using generalized tit-for-tat (TFT) strategy, which is an extended version tit-for-tat strategy applied in n-person games. However, it was not suggested what kind of environmental condition be achieved the solution. In this paper, we formally modeled a community by using a multi-agent system, and simulated it under various environmental conditions. As a result, a cooperation tendency of the agents changed by depending on the cost necessary to the cooperation. Furthermore, the cooperation tendency did not changed depending on the size of gain, but changed depending on the penalty point.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 環境条件の変化が集団応報戦略による二次ジレンマ問題の解決にもたらす影響

    谷 賢太朗, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理   109 ( 28 )   201 - 204   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    This paper presented how the change of the environmental condition affects the solution of social dilemma including the second-order dilemma. Such social dilemma can be solved by using generalized tit-for-tat (TFT) strategy, which is an extended version tit-for-tat strategy applied in n-person games. However, it was not suggested what kind of environmental condition be achieved the solution. In this paper, we formally modeled a community by using a multi-agent system, and simulated it under various environmental conditions. As a result, a cooperation tendency of the agents changed by depending on the cost necessary to the cooperation. Furthermore, the cooperation tendency did not changed depending on the size of gain, but changed depending on the penalty point.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 空間制約条件が社会的ジレンマの解決に与える影響

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface   9 ( 5 )   43 - 46   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ヒュ-マンインタフェ-ス学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 空間制約条件が社会的ジレンマの解決に与える影響

    谷 賢太朗, 伊藤 尚, 前田 義信

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学   107 ( 368 )   43 - 46   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    The purpose of this study is to investigate how spatially restricted condition affects solution of social dilemma. We often get social information, whereas we do not get the all. We are provided only local information around ourselves. In our study, we presented the multi-agent system model with spatially restricted condition as the information limited, and investigated influence on social dilemma. As a result, the spatially restricted condition made the model's society keep stable, but the whole benefit of agents reduced. It was suggested that an appropriate amount of spatially restricted condition should reproduce both benefit and stability of the model's society.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 注視点情報を用いた適応型読書拡大器の試み

    宮澤洋一, 宮川道夫, 前田義信, 堀潤一, 玉木徹, 岡本明, 田中正太郎, 小熊隆史, 武田紗路, 青柳真人

    日本生体医工学会大会プログラム・論文集   45th   585   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 注視点追跡機能を有する電子拡大読書器の検討

    前田義信, 前田義信, 小熊隆史, 石黒隆志, 宮川道夫, 宮川道夫, 玉木徹, 堀潤一, 堀潤一

    ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集   2005 ( 1 )   241-244   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 電子拡大読書器のための注視点情報活用法の検討

    田中正太郎, 前田義信, 前田義信, 宮川道夫, 宮川道夫, 武田紗路, 青柳真人, 玉木徹, 堀潤一, 堀潤一

    ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集   2005 ( 2 )   845-848   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 簡約化 Hodgkin-Huxley 方程式における Twisted homoclinic orbit

    深井 英和, 前田 義信, PAKDAMAN K., 野村 泰伸, 佐藤 俊輔

    電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   98 ( 45 )   49 - 56   1998年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    様々な強度の直流電流刺激を加えた時の4変数のHodgkin-Huxleyモデルの様々な応答は, 2変数簡約化HHモデルで再現できる.ところが, 直流電流の他にカリウム平衡電位を変えたときに現れるtwisted homoclinic orbitや周期倍分岐は2変数モデルでは位相幾何学的に再現し得ない.本稿で我々は, 3変数の簡約化HHモデルが, これらのダイナミクスをうまく再現することを示す.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 神経細胞モデルの簡約化に対する考察

    前田 義信, PAKDAMAN K., 野村 泰伸, 土居 伸二, 佐藤 俊輔

    生体・生理工学シンポジウム論文集   12   81 - 84   1997年9月

     詳細を見る

  • バースト放電入力に対する神経細胞の興奮性膜モデルの応答特性

    前田義信, 土居伸二, 野村泰伸, 佐藤俊輔

    生体・生理工学シンポジウム論文集   11th   73-76 - 76   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バースト神経細胞モデルの簡約化とダイナミクスの解析

    前田義信, 土居伸二, 野村泰伸, 佐藤俊輔

    生体・生理工学シンポジウム論文集   10th   461-464 - 464   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バースト神経細胞モデルの非線形ダイナミクス

    前田 義信, 土居 伸二, 野村 泰伸, 佐藤 俊輔

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   95 ( 84 )   85 - 92   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    神経細胞が示す典型的な振る舞いのひとつに,パースト放電と呼ばれるものがある.バースト放電は,インパルス系列が連続的に現れる活動相と全く現れない静止相が,周期的あるいは非周期的に繰り返される現象である.本研究では,自律的にバースト放電を示す神経細胞モデル(バースト神経細胞モデル)と力学系の手法を使って,バースト放電の非線形ダイナミクスを明らかにする.

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • イソアワモチペースメーカ細胞モデルの簡約とその相空間解析

    前田 義信, 土居 伸二, 野村 泰伸, 佐藤 俊輔

    電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   94 ( 80 )   25 - 32   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    Hayashiらは,軟体動物イソアワモチのペースメーカ細胞が,ビーティング,バースト放電といった振動現象を呈することを示し,これらの振る舞いを定性的に記述する8変数のHodgkin-Huxleyタイプのモデルを提案した.我々は,力学系の立場からイソアワモチペースメーカ細胞の様々な応答を調べるため,Keplerらによって提案された簡約化法を適用し,モデルの変数を3つまで引き下げることを試みる.さらに,ビーティング,バースト放電の周期軌道の形状を,3次元相空間におけるnullclineを用いて考察する.

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 側抑制型電子回路ニューラルネットワークを用いたシュブルール錯視現象

    土門立志, 前田義信

    第20回電気学会東京支部新潟支所研究発表会  2011年11月  電気学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • マルチエージェントシステムを用いた避難行動シミュレーションの試み

    荻原さなえ, 谷賢太朗, 前田義信

    電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 日本雇用市場における新卒採用活動のモデル化

    堀口航平, 伊藤尚, 前田義信

    電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 人工学級モデルを用いた生徒間の対立回避行動の分析

    山岸奈央, 伊藤尚, 前田義信

    電子情報通信学会信越支部大会  2011年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 日本雇用市場における新卒採用活動のモデル化の試み

    堀口航平, 伊藤尚, 前田義信

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2011年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 錯視現象を説明するアナログ回路型神経ネットワークの設計

    土門立志, 久保田真仁, 前田義信, 塚田章, 林豊彦, 飯島淳彦

    生体医工学シンポジウム  2011年9月  生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野  

    researchmap

  • 空間的なシミュレーションによる社会的ジレンマの基礎的性質に関する考察

    谷賢太朗, 前田義信, 林豊彦

    福祉情報工学研究会  2011年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 人工学級モデルとフラット化するコミュニケーションの特性

    前田義信, 伊藤尚, 谷賢太朗, 佐藤輝空, 加藤浩介

    福祉情報工学研究会  2011年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 優先的選択をするエージェントからなる人工学級ゲーム

    冨岡静佳, 佐藤輝空, 前田義信, 伊藤尚, 谷賢太朗, 加藤浩介

    福祉情報工学研究会  2011年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀  

    researchmap

  • ベイズ更新による人工学級シミュレーション

    佐藤輝空, 前田義信, 伊藤尚, 谷賢太朗, 林豊彦, 加藤浩介

    電子情報通信学会信越支部大会  2010年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • MASを用いた援助行動を伴う金銭交換シミュレーションの基礎研究

    堀口航平, 伊藤尚, 谷賢太朗, 前田義信

    電子情報通信学会信越支部大会  2010年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • 音声出力インタフェースを用いた娯楽ゲーム(まわし将棋)開発の試み

    村山尚紀, 谷賢太朗, 伊藤尚, 前田義信

    福祉情報工学研究会  2010年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張  

    researchmap

  • 求心性刺激を含むCPGの電子回路モデル設計の試み

    久保田真仁, 金子怜史, 谷賢太朗, 伊藤尚, 前田義信

    電子情報通信学会信越支部大会  2010年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • 二段型CPG電子回路モデルのPF層を除く簡約化について

    金子怜史, 久保田真仁, 前田義信, 林豊彦, 加納慎一郎, 塚田章

    生体医工学シンポジウム  2010年9月  生体医工学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 弱視シミュレータを用いたボタンインタフェース操作

    高橋ひとみ, 前田義信, 伊藤尚, 谷賢太朗, 宮川道夫, 林豊彦

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会  2010年9月  日本生活支援工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 視覚情報の有無によるゲームのユーザビリティの変化に関する検討

    谷賢太朗, 村山尚紀, 前田義信, 伊藤尚, 林豊彦, 渡辺哲也

    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会  2010年9月  日本生活支援工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • スモールワールドネットワークにおけるホジキン・ハクスレイ型振動子の加速現象

    木竜雄一郎, 小松弘輝, 前田義信, 伊藤尚, 谷賢太朗, 林豊彦

    生体医工学シンポジウム  2010年9月  生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • Noble方程式のスモールワールド結合系に関するシミュレーション

    小松弘輝, 木竜雄一郎, 前田義信, 林豊彦

    MEとバイオサイバネティクス研究会  2010年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山  

    researchmap

  • アフリカツメガエルの尾部消失における甲状腺ホルモン制御系モデルの改善

    佐々木章克, 井筒ゆみ, 前田義信, 林豊彦

    MEとバイオサイバネティクス研究会  2010年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山  

    researchmap

  • 相互抑制型電子回路ニューラルネットワークの簡略化

    金子怜史, 惣塚拓也, 前田義信, 林豊彦

    回路とシステム研究会  2010年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

    researchmap

  • 経路選択支援システムの改善とその評価

    前川拓也, 小林純一, 前田義信, 渡辺哲也, 林豊彦

    HCGシンポジウム  2009年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 車椅子利用者を考慮した避難行動シミュレーション

    山口直人, 谷賢太朗, 伊藤尚, 小西孝史, 前田義信, 林豊彦, 渡辺哲也

    第19回電気学会東京支部新潟支所研究会  2009年11月  電気学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 活動電位を再現する電子回路ニューロンモデル研究からの考察

    前田義信, 林豊彦, 加納慎一郎, 塚田章

    MEとバイオサイバネティクス研究会  2009年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 尾部消失に関わるアフリカツメガエル甲状腺ホルモン制御系のモデル化

    佐々木章克, 井筒ゆみ, 前田義信, 林豊彦

    第19回電気学会東京支部新潟支所研究会  2009年11月  電気学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 電子回路ニューラルネットワークを用いた中枢パターン発生器のモデル設計

    惣塚拓也, 金子怜史, 前田義信, 林豊彦

    第19回電気学会東京支部新潟支所研究会  2009年11月  電気学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 視覚障害者とボランティア学生の出会いの場

    前田義信

    第164回済生会新潟第二病院眼科勉強会  2009年10月  済生会新潟第二病院眼科

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:済生会新潟第二病院眼科  

    researchmap

  • 生徒エージェントを用いた人工学級シミュレーション

    前田義信

    「ソフトコンピューティングと最適化」研究部会,「数理モデルとその応用」研究部会  2009年10月  日本オペレーションズ・リサーチ学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福井工業大学  

    researchmap

  • 4行動MASモデルによる人工学級シミュレーション

    佐藤輝空, 前田義信, 伊藤尚, 林豊彦, 渡辺哲也

    電子情報通信学会信越支部大会  2009年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野  

    researchmap

  • CPG-運動ニューロン系を再現する相互抑制型電子回路モデルの設計

    金子怜史, 惣塚拓也, 前田義信, 林豊彦

    電子情報通信学会信越支部大会  2009年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野  

    researchmap

  • 人工学級シミュレーションとそのシリアスゲーム化の試み

    前田義信

    オーガナイズドセッション「エンターテインメント技術がくらしをかえる」  2009年9月  第7回生活支援工学系学会連合大会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:高知工科大学  

    researchmap

  • インタフェースデバイスの最適ボタン数に関する考察 -アルファベット出現頻度とボタン配置への依存性-

    菊地瞳, 前田義信, 宮川道夫

    ヒューマンインタフェースシンポジウム  2009年9月  ヒューマンインタフェース学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 心筋細胞の数理モデルが呈する加速現象のシミュレーション

    小松弘輝, 前田義信, 林豊彦, 渡辺哲也

    生体・生理工学シンポジウム  2009年9月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 経済指標を用いたマルチエージェント生産者モデルのダイナミクスの評価

    伊藤尚, 前田義信, 宮川道夫

    生活支援工学系学会連合大会  2009年9月  日本生活支援工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知  

    researchmap

  • 占有領域の異なるエージェントを用いた避難行動シミュレーション

    山口直人, 谷賢太朗, 小西孝史, 前田義信

    生活支援工学系学会連合大会  2009年9月  日本生活支援工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知  

    researchmap

  • 移動プランの形成を支援する音声ソフトウェア

    小林純一, 前川拓也, 前田義信, 渡辺哲也, 林豊彦

    生活支援工学系学会連合大会  2009年9月  日本生活支援工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知  

    researchmap

  • 色彩調和の観点から見たメイクの印象操作効果

    山本啓太, 前田義信, 宮川道夫, 北村絵里子

    生体医工学シンポジウム  2009年9月  生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • アフリカツメガエルの尾部消失に関する甲状腺ホルモン制御系のモデル化の試み

    佐々木章克, 井筒ゆみ, 前田義信, 林豊彦

    生体医工学シンポジウム  2009年9月  生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

    researchmap

  • 頭部固定の有無がビデオ方式による視線位置計測に与える影響

    木竜雄一郎, 飯島淳彦, 川嵜圭祐, 宮川尚久, 前田義信, 長谷川功

    MEとバイオサイバネティクス研究会  2009年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • マルチエージェント生産経済モデルのダイナミクスの評価

    伊藤尚, 前田義信, 林豊彦, 渡辺哲也

    福祉情報工学研究会  2009年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山梨  

    researchmap

  • 新潟大学における視覚障害者のためのパソコン講習

    前田義信, 林豊彦, 堀潤一, 石渡宏基, 岩城護, 渡辺哲也, 山口俊光

    福祉情報工学研究会  2009年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山梨  

    researchmap

  • 環境条件の変化が集団応報戦略による二次ジレンマ問題の解決にもたらす影響

    谷賢太朗, 前田義信

    福祉情報工学研究会  2009年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

    researchmap

  • ボタンインタフェースの操作モデル構築の試み

    前田義信, 宮川道夫, 小山望

    電子情報通信学会総合大会  2009年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛  

    researchmap

  • ボタンインタフェースの使いやすさに関する基礎実験

    前田義信, 宮川道夫, 小山望

    福祉情報工学研究会  2008年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:所沢  

    researchmap

  • 移動行動プランの自己決定を支援する視覚障害者用システムの開発

    前田義信, 河面勇太郎

    リハ工学カンファレンス  2008年8月  日本リハビリテーション工学協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 学級内友人形成の参加型エージェントゲーム

    前田義信

    電子情報通信学会総合大会  2008年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州  

    researchmap

  • 視覚障がい者のためのパソコン講習と支援技術教育

    前田義信

    第141回済生会新潟第二病院眼科勉強会  2007年11月  安藤伸朗

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:済生会新潟第二病院  

    researchmap

  • Participation-type agent-based simulation of group formation and minority exclusion

    Yoshinobu Maeda, Miwako Nagasawa

    福祉情報工学研究会  2007年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    researchmap

  • 視覚障害シミュレータを用いた読書行為のワークロード評価

    前田義信, 宮川道夫

    ヒューマンインタフェースシンポジウム  2007年9月  ヒューマンインタフェース学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 集団形成に関するマルチエージェントシミュレーション

    前田義信

    日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部平成19年度第1回講演会  2007年5月  日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学  

    researchmap

  • 注視点追跡型拡大読書器の開発

    前田義信, 宮川道夫, 宮澤洋一, 小柳貴義

    医療・福祉分野におけるヒューマンインタフェース研究会  2006年9月  第4回生活支援工学系学会連合大会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • 視覚障害者の自己決定と外出プラン支援システムの開発

    前田義信, 宮地孝明, 宮川道夫

    日本生体医工学会専門別研究会「平成18年度医療・福祉分野におけるヒューマンインターフェース研究会」  2006年8月  日本生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青森  

    researchmap

  • 適応型拡大読書器の制御を目的とした注視点の統計解析

    前田義信, 宮川道夫, 武田紗路, 田中正太郎

    日本生体医工学会専門別研究会「平成17年度第4回医療・福祉分野におけるヒューマンインタフェース研究会」  2006年3月  日本生体医工学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 注視点追跡機能を有する電子拡大読書器の検討

    前田義信, 小熊隆史, 石黒隆志, 宮川道夫, 玉木徹, 堀潤一

    ヒューマンインタフェースシンポジウム  2005年9月  ヒューマンインタフェース学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:藤沢  

    researchmap

  • 移動経路選択における経路の嗜好間相関の調査

    前田義信, 宮地孝明, 堀潤一, 宮川道夫

    日本エム・イー学会大会  2004年11月  日本エム・イー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山  

    researchmap

  • 視覚障害者のための移動行動支援システム開発の試み

    前田義信, 小西孝史, 松橋貴之, 牧野秀夫, 宮川道夫

    オーガナイズドセッション「医療と福祉におけるヒューマンインタフェースを考える」  2004年5月  第43回日本ME学会大会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:石川厚生年金会館  

    researchmap

  • 視覚障害者のための移動行動支援システム開発の試み

    前田義信, 小西孝史, 松橋貴之, 牧野秀夫, 宮川道夫

    日本エム・イー学会大会  2004年5月  日本エム・イー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢  

    researchmap

  • 視覚障害者を対象としたパソコン初級講習会の実施-2次元表の1次元音声情報への変換問題-

    前田義信, 中村康雄, 林豊彦, 鈴木文久, 牧野秀夫, 関良介, 佐藤喜代美, 松永秀夫

    電子情報通信学会総合大会  2004年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

    researchmap

  • 非線形回路振動子の拡散結合系における加速効果

    前田義信, 牧野秀夫, 土居伸二

    第18回生体・生理工学シンポジウム  2003年10月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

    researchmap

  • 非線形回路振動子の絶対不応期が加速振動へ及ぼす影響

    前田義信

    第2回情報科学技術フォーラム  2003年9月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

    researchmap

  • 心臓プルキンエ発振型電子回路モデル結合系の加速現象

    前田義信, 坂口信也, 牧野秀夫, 土居伸二

    電子情報通信学会総合大会  2003年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 電子回路バーストニューロンモデルのカオス的振舞い

    前田義信, 牧野秀夫

    第12回電気学会東京支部新潟支所研究会  2002年11月  電気学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長岡  

    researchmap

  • 電子回路を用いたバースト神経細胞モデルの結合系のダイナミクス

    前田義信, 牧野秀夫

    第15回生体・生理工学シンポジウム  2000年10月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

    researchmap

  • 力学系の手法を用いた神経細胞の電子回路モデルが示すダイナミクスの解析

    前田義信, 佐藤俊輔, 牧野秀夫

    第14回生体・生理工学シンポジウム  1999年10月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    researchmap

  • 拡張現実感を目的とした非可視型バーコードによる情報提示装置

    山本智志, 牧野秀夫, 中村英雄, 前田義信, ドナルド・パークス

    日本エム・イー学会大会  1999年4月  日本エム・イー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

  • 自律的バースト放電するハードウェア神経細胞モデル

    前田義信, 佐藤俊輔, 牧野秀夫

    日本エム・イー学会大会  1999年4月  日本エム・イー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 電子情報通信学会 サブソサイエティ運営 貢献賞

    2013年9月   電子情報通信学会   サブソサイエティ運営 貢献賞

    前田 義信

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 生体医工学シンポジウム2012 ベストリサーチアワード

    2012年9月   日本生体医工学会  

    久保田真仁, 前田義信, 塚田章

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第6回ヒューマンコミュニケーション賞

    2009年3月   電子情報通信学会  

    小西孝史, 前田義信, 田野英一, 牧野秀夫

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第5回インテリジェントコスモス奨励賞

    2006年5月   インテリジェントコスモス学術振興財団  

    前田義信

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 視覚探索時の注視点の動きに関するモデリング

    2018年4月 - 2020年3月

    (一財) 永井エヌ・エス知覚科学振興会 研究開発費助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • サッケード実時間予測と高精度頭部位置・姿勢計測による中心暗点シミュレータの開発

    2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    塚田章, 秋田純一, 前田義信

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • マルチプレイ型人工学級ゲームシステムの開発

    2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前田義信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ヒトの視線の動き計測とそのモデル化に関する研究

    2013年4月 - 2014年3月

    民間財団等  エヌ・エス知覚科学振興会 研究開発費助成 

    前田 義信

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    researchmap

  • 視覚系の動き検出処理に学ぶ各画素が連続的な時間軸をもつ実像処理

    2012年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:630000円 、 間接経費:270000円 )

    通常の動画像処理では時間間隔において順次撮像された画像列に対して処理が行われているのに対し,ヒト視覚系では受光細胞ごとに信号を時間連続的に扱うという点が大きく異なっている.本研究では,視覚系における優れた動き検出能力の要因の1つとしてこの点に着目し,従来用いられていたフレーム内の空間的な特徴やフレーム間の相関を,画素ごとの時空間的な特徴へと拡張し,実在する像を時間連続的に処理する「実像処理」と呼ぶ従来の画像処理から拡張された手法を構築する.また独立な時間軸で出に変化を示す視細胞・視覚系とそれを模擬する視覚情報処理モデルに基づく「実像処理」システムの実現方法を探る.

    researchmap

  • 人工学級ゲームを用いた自閉症傾向の推定

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費助成事業  萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:910000円 、 間接経費:390000円 )

    学校におけるいじめ現象に対して,生態学的かつ工学的観点からエージェントベースでモデル化を試み,シミュレーションソフトウェアとして実装する.
    エージェントの一部を実際のヒトが操作するプレイヤーとし,プレイヤーの行動を追跡することで,いじめ加害者,いじめ被害者になりやすい特性を抽出する.
    上記の特性を自閉症スペクトラム指数と比較検討し,診断テストと並行して実施できるような“診断ゲーム(シリアスゲーム)”を提案する.

    researchmap

  • 人工学級モデルを用いたフラット化交友関係の特性分析

    2011年4月 - 2012年3月

    民間財団等  内田エネルギー科学振興財団試験研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:380000円 ( 直接経費:380000円 )

    生徒エージェントを用いたマルチエージェントシミュレーションによる学校いじめ問題の構造分析

    researchmap

  • 友人ネットワーク形成といじめに関するシミュレーション

    2010年4月 - 2011年3月

    民間財団等  高橋産業経済研究財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:920000円 、 間接経費:80000円 )

    マルチエージェントシミュレーションを用いた人工学級モデルの構築

    researchmap

  • いじめ構造理解のためのプレイヤー参加型シミュレーション

    2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1600000円 ( 直接経費:1120000円 、 間接経費:480000円 )

    中高生がいじめ問題を体験的に学び,その解決策を自ら探ることを支援するシミュレーションソフトウェアを開発する.具体的には,自分の趣味と同じ趣味を見出す相手と友人関係を形成するエージェント(プログラム)に対して,プレイヤーであるヒトが同様に相互作用することのできる体験ゲームの開発である.そこで,1)ヒトと同様の相互作用をするエージェントのプログラミング,2)ヒト-エージェント間のハイブリッド相互作用を可能とするネットワーク構築,の2点を完成させることが目的となる.

    researchmap

  • CPG回路による生体型ロボット制御のための基礎研究

    2009年4月 - 2010年3月

    内田エネルギー科学振興財団  内田エネルギー科学振興財団試験研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:350000円 ( 直接経費:350000円 )

    ニューロンの電子回路モデル,シナプスの電子回路モデルを用いて伸筋,屈筋を交互に制御するCPG回路を設計する.

    researchmap

  • 視覚障害者の外出に対する主体性を支援するシステムの開発とその評価

    2005年10月 - 2006年9月

    民間財団等  三菱財団社会福祉事業並びに研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    ガーリングの地理学分野における移動行動モデルをもとに,視覚障害者の移動行動プランの形成を支援するシステム開発を,意思決定の数理モデルであるAHPと地理情報システムGISを組み合わせて開発した.

    researchmap

  • 視線分析による弱視者向け読図支援システムの開発と評価

    2005年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    ヒトの略地図の読図メカニズムを調査し,略地図作成支援システムの開発を試みた.

    researchmap

  • 低消費エネルギーで駆動可能な振動加速回路の分析

    2005年4月 - 2006年3月

    民間財団等  内田エネルギー科学振興財団試験研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    心臓の刺激伝導系を構成する細胞群はペースメーカ細胞であり,これら振動数は互いに似ているものの個々には異なっている.これらが拡散結合されたとき,全体で同期する振動数が個々の細胞の振動数よりも大きくなる加速現象を電子回路で再現し,なおかつ加速現象を起こすのにより電力を消費するケースと逆に電力をより消費しないケースがあることを確かめた.電力(単位時間あたりの消費エネルギー)を消費しないケースでの活動電位波形は実際の心筋細胞と同様のデューティー比を示すことを明らかにした.

    researchmap

  • マルチエージェントシミュレーションの学校いじめ問題への応用

    2004年4月 - 2005年3月

    民間財団等  科学技術融合振興財団補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:220000円 ( 直接経費:220000円 )

    学校いじめ問題はその質的な様相を変化させ,誰がいじめる者,いじめられる者になるか,その生態学的布置が環境要因や個人要因によって変化する時代を迎えている.いじめを創発させる構造を明らかにするため,マルチエージェントシステムを用いて人工学級を構築し,個人間の相互作用が学級全体にどのような影響を及ぼすかを調べた.その結果,環境に用意された価値観の総数が多すぎても少なすぎてもいじめられる者は1割程度に抑えられ,適度な価値観が与えられた環境でいじめられる者が多数出現する構造を明らかにした.

    researchmap

  • 低消費加速同期振動を示す非線形回路振動子の拡散結合系

    2003年12月

    民間財団等  中部電力基礎技術研究所出版助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:100000円 ( 直接経費:100000円 )

    researchmap

  • 視覚障害者用移動行動プラン支援システムの開発

    2003年4月 - 2005年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    視覚障害者の移動行動プラン(具体的には自らの嗜好を満たす経路選択)を支援するシステム開発を試みた.

    researchmap

  • 電子回路ニューロンモデルを用いた結合系の加速現象

    2002年10月 - 2003年3月

    民間財団等  山口育英奨学会学術研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:400000円 ( 直接経費:400000円 )

    神経細胞や心筋細胞など,生体内で情報伝達・処理系を構成する細胞群が相互結合を通して振動数を増加させる加速現象の様子を電子回路モデルで再現し調査した.その結果,活動電位の絶対不応期の長短で加速効果が発現したり消滅したりすることを確かめた.主に,神経細胞では絶対不応期が短く複雑な情報処理を行うことが可能であるが,加速現象は生じない.一方で心筋細胞では絶対不応期が長く複雑な情報処理は行えないが加速現象は生じ得ることを電子回路モデルで確かめた.

    researchmap

  • 痴呆性徘徊老人の探索に影響を与える外部因子の統計的調査

    2002年6月 - 2003年3月

    民間財団等  新潟工学振興会試験研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:400000円 ( 直接経費:400000円 )

    GPSとGISを用いて,徘徊老人の探索に影響を与える外部因子を抽出し,共分散構造分析モデルを構築した.

    researchmap

  • 神経インパルス系列の生成と制御機構の非線形力学系モデルによる研究

    1995年4月 - 1998年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員推奨費

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2600000円 )

    神経系で観察されるバースト放電の力学的な生成と制御構造を明らかにした.

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 機械システム論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 研究課題調査I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 研究課題調査II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • コンピュータアーキテクチャ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(融合領域分野)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報セキュリティ概論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修I

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間支援感性科学実験III

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間支援感性科学実験IV

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援感性科学実験II

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 福祉情報工学

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援感性科学実験I

    2018年
    機関名:新潟大学

  • リメディアル演習

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • コンピュータ基礎

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 総合工学概論

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間支援感性科学概論

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2016年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2016年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学セミナーⅡ(情報)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学研究発表(外部発表)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学特定研究Ⅰ(情報)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学特定研究Ⅱ(情報)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学研究発表演習(中間発表)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学文献詳読Ⅱ(情報)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学セミナーⅠ(情報)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学文献詳読Ⅰ(情報)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • システム工学

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 信号処理・制御工学演習

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数値計算実習

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅲ

    2010年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 福祉情報技術実習

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 数値計算

    2010年
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎演習

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 電気数理II

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数理応用演習II

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数理基礎演習Ⅰ

    2009年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(福祉人間工学科)

    2009年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅵ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • GISリテラシー入門

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 支援システム特論

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 福祉シミュレーション

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 福祉人間工学実験I

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ(福祉人間工学)

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 電気回路演習

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 数理基礎演習Ⅱ

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 制御工学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 福祉情報技術入門

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 高福祉社会を支える「生活支援工学」入門

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 電気回路I

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 支援機器工学

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 福祉機器特論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 生体機能特論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 福祉人間工学実験II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ユニバーサルデザイン特論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 電気回路演習I

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

教育活動に関する受賞

  • 新潟大学工学部教育賞

    2006年3月   新潟大学工学部  

    受賞者:前田義信,中村康雄,清水年美,堀潤一,林豊彦

    工学部公開講座「視覚障害者のためのパソコン講習」の講師として学生,大学院生の教務指導,実地指導を行った.