2021/10/25 更新

写真a

アダチ ユウコ
足立 祐子
ADACHI Yuuko
所属
教育・学生支援機構 コモンリテラシーセンター 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 文学修士 ( 1990年3月   大阪外国語大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育

  • 人文・社会 / 教育社会学  / 異文化間教育

  • 人文・社会 / 日本語教育

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 グローバル教育センター   准教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 社会文化専攻   准教授

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   経営戦略本部 国際戦略企画室 国際センター   准教授

    2004年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   法学部   非常勤講師

    1994年10月 - 1999年8月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 コモンリテラシーセンター   准教授

    2019年10月 - 現在

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 グローバル教育センター   准教授

    2016年4月 - 2019年9月

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 社会文化専攻   准教授

    2012年4月 - 2016年3月

  • 新潟大学   経営戦略本部 国際戦略企画室 国際センター   准教授

    2004年4月 - 2016年3月

  • 新潟大学   法学部   非常勤講師

    1994年10月 - 1999年8月

学歴

  • 大阪外国語大学   外国語研究科   日本語専攻

    - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 大阪市立大学   商学部

    - 1979年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

委員歴

  • 異文化間教育学会   編集委員  

    2011年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 移民政策学会   理事  

    2009年10月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 異文化間教育学会   理事  

    2009年4月 - 2011年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本語教育学会   評議員  

    2005年4月 - 2009年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

 

論文

  • 第二言語教育の理論と実践をつなぐ-日本語教師は学習者にどんな支援をすべきか-

    足立 祐子

    日本語・日本文化研究   1 ( 1 )   3 - 15   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学 現代社会文化研究科  

    researchmap

  • 口頭運用能力向上をめざす教室活動-地域の日本語教室の実践記録から- 査読

    足立 祐子, 松岡 洋子

    2017年度日本語教育学会秋季大会予稿集   292 - 295   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:公益法人日本語教育学会  

    本発表では地域の日本語教室の授業記録を分析した。授業は,『テーマで学ぶ基礎日本語』(くろしお出版)を参考に進めた。分析は,①学習内容,②教師の内省,③学習者の感想や要望を分析した。その結果,学習内容の工夫としては文法などの知識習得を重要視する学習者の感想があったため,文法事項も提示し段階的に学習者自身が表現する活動を多くした点があげられる。また,あるまとまった談話を学習者がレベルに合わせて言えるように,音読,群読,全体でリピートなど,学習者が飽きないようにした。教師の内省からは,文法や文型に重点を置かず発話の型に慣れるという方針にもかかわらず,無意識に文法項目に固執している教師の姿が明らかになった。西口(2015)の主張する対話的交流を実践する難しさが確認できた。学習意識の変化としては,漫然と学習をしていた学習者がまとまった談話を表現する活動により自分の学習すべき点が少し意識できた点があがった

    researchmap

  • 「専門性」と「職人性」に着目した教師指導力の評価に関する考察 査読

    足立 祐子, 松岡 洋子

    2016年度日本語教育学会秋季大会予稿集   261 - 262   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:公益社団法人 日本語教育学会  

    現在の日本語教師養成・研修がどのように実施されているか把握するため,教育実習の評価に関する報告や論文で示されている評価項目を取り出し,各教育機関の具体的な評価項目を整理した。これらのデータを,佐藤(2015)の2つの領域分類(①職人性:高度な技法,②専門職性:実践的知識と実践的見識)に分け,その評価法について分析した。その結果,職人性に着目した評価は少ないことが明らかになった。また,これまでの日本語教育実習は,効果的な授業技術の訓練,理論的な概念に基づく教授方法,教室の出来事の省察,授業実践の診断などの項目について,教育現場や学習者のちがいによりさまざまな切り口でおこなわれているが,統一したガイドラインに従い評価が行われているのではないこともわかった。さらに,三枝(2014)が指摘しているように,実習生を指導する立場の指導者を対象にした指導評価の方法の検討についても今後の課題である。

    researchmap

  • 日本語教育実習における教師力評価の再整理 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    2016年日本語教育国際研究大会予稿集   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:日本語教育国際研究大会  

    researchmap

  • 移民対象の日本語教育の内容について-ドイツの移民向けの教科書からの考察-

    足立祐子

    社会言語学 別冊Ⅱ   153 - 166   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社会言語学刊行会  

    researchmap

  • 「日本語教育の課題」

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 12 )   1 - 12   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学国際センター  

    researchmap

  • 入門語学クラスで教師は何に注意を向けているのか?

    足立祐子, 松岡洋子

    日本教育工学会研究報告集   15 ( 5 )   185 - 188   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本教育工学会  

    researchmap

  • 入門語学クラスで教師は何に注意を向けているのか?

    足立祐子, 松岡洋子

    日本教育工学会研究報告集   15 ( 5 )   185 - 188   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:JSET 日本教育工学会  

    researchmap

  • 移民対象の日本語教育の内容について-ドイツの移民対象の教科書からの考察- 査読

    あだち ゆーこ

    社会言語学   ( 15 )   137 - 150   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:「社会言語学」刊行会  

    researchmap

  • 「『やさしい日本語』会話について-公開されているガイドブックをもとに-」 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    2015年度日本語教育学会秋季大会予稿集   395 - 396   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本語教育学会  

    本発表では,日本語母語話者が日本語が第一言語ではない人々と日本語を使って会話をすすめるいう点に着目し,栃木県等の国際交流協会が公開している「やさしい日本語」会話のガイドブック三冊を分析した。その結果,文書における「やさしい日本語」で注意するルールと重なる点が多く見られ,会話だけに特徴的に見られる基本的なルールの記述が少ないことがわかった。職業として日本語非母語話者と関わる可能性の高い人々(官公署,学校,病院等の関係者たち)は,さまざまな状況において臨機応変に選択できるコミュニケーションツールの一つとして「やさしい日本語」会話が使えることが求められる。それによって少しでもコミュニティで問題になっている点の解決に結びつくであろう。よって,「やさしい日本語」会話の基本ルールについて,分析結果からはでてこなかった音声面を含め検討し,具体的なトレーニング内容とその方法の開発が必要であると考える。

    researchmap

  • 「複言語主義をめざす日本語学習支援者の意識変容」 査読

    足立祐子

    CAJLE2015年大会Proceedings   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 「複言語主義をめざす日本語学習支援者の意識変容」 査読

    足立 祐子

    CAJLE2015 大会Proceedings   1 - 8   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Canadian Association for Japanese Language Education  

    researchmap

    その他リンク: https://www.cajle.info/publications/conference-proceedings/cajle2015-proceedings/

  • 「外国人散在地域において『特別の教育課程』による日本語指導はどのように編成・実施されようとしているか」

    土屋千尋, 内海由美子, 中川祐治, 松岡洋子, 足立祐子

    2015年度異文化間教育学会第36回大会発表抄録   166 - 167   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:異文化間教育学会  

    researchmap

  • 「多元的地域コミュニティを支えるキーパーソンのコミュニケーション能力」

    松岡洋子, 足立祐子

    2015年度異文化間教育学会第36回大会発表抄録   178 - 179   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:異文化間教育学会  

    researchmap

  • 「研究ノート 日本で生活する人々向けの日本語教育の内容に関する一考察-ドイツ語教科書“Aussichten A1.1” からのヒント-」

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 11 )   41 - 52   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学国際センター  

    researchmap

  • 外国人散在地域における「特別の教育課程」による日本語指導 査読

    中川祐治, 足立祐子, 内海由美子, 土屋千尋, 松岡洋子

    福島大学地域創造   26 ( 2 )   49 - 61   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:福島大学  

    researchmap

  • 「『生活者としての外国人』に対する第二言語教育における教師の教授行動と学習意欲-ドイツの移民に対する言語教育現場から日本語教育への提言-」 査読

    足立祐子, 松岡洋子, 今村和宏

    2014年度日本語教育学会秋季大会予稿集   231 - 232   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本語教育学会  

    researchmap

  • 「多文化社会におけるコミュニティ構築に向けた仕組みと人材」

    松岡洋子, 足立祐子

    2014年度異文化間教育学会第35回大会発表抄録   222 - 223   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:異文化間教育学会  

    researchmap

  • 「 第二言語教育における当該文化に対する態度-地域日本語教育のかかえる問題-」

    足立祐子, 松岡洋子

    2013年度異文化間教育学会第34回大会発表抄録   186 - 187   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:異文化間教育学会  

    researchmap

  • 「『動機づけ』機能に着目した教師の指導技術の体系化の試み」 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    2013年度日本語教育学会春季大会予稿集   215 - 220   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本語教育学会  

    教師の指導技術を,学習者への「動機づけ」から分類し体系化を行った。指導技術を,1.学習開始時の「動機づけ」喚起段階,2.学習期間終了までの「動機づけ」維持・強化段階に分けた。喚起段階では,①学習者の内在的関心向上,②統合的価値観向上,③日本語学習の成功期待感向上,④具体的な教室目標の明確化,⑤教材や授業活動と学習者との関連づけ,⑥現実的な学習者信念形成支援,の6項目,維持・強化段階では,①教室内活動の単調さ打破,②「動機づけ」強化タスクの工夫,③学習者の目標明示化の工夫,④成功経験の提示,⑤学習者の不安誘発要素・言語不安の解消,⑥学習ストラテジー提示・学習への自信構築促進,⑦学習者間の協力促進,⑧学習者の自律性促進・自己動機づけ能力強化,の8項目を設定した。これらから教師用指導書等の具体的な指導技術項目を分類した。これにより,指導技術が効果的な「動機づけ」と関連していることを明らかにした。

    researchmap

  • 「生活者としての外国人」に対する日本語能力の測

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 9 )   1 - 12   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学国際センター  

    researchmap

  • 「『生活者としての外国人』に対する日本語能力の測定・評価について」

    足立 祐子

    国際センター紀要   ( 9 )   1 - 12   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学国際センター  

    researchmap

  • 「日本語教育の課題-複言語状況をめざして-」 招待

    足立祐子

    「多言語政策と日本語教育」論文集   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 「第二言語としての日本語教育のかかえる問題」 査読

    足立 祐子

    社会言語学別冊   183 - 200   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:「社会言語学」刊行会  

    researchmap

  • 「これからの第二言語としての日本語教育の方向」

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 7 )   1 - 11   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学国際センター  

    researchmap

  • 海外からの移住者のための滞在地言語としての日本語習得支援再考(2)

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 第5 )   7 - 12   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 第二言語としての日本語教育の課題

    足立祐子

    社会言語学   Ⅸ   81 - 94   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 海外からの移住者のための滞在地言語としての日本語習得支援再考(1)

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 5 )   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 多様な日本語教育に対応できる教授者の資質について

    足立祐子

    国際センター紀要   ( 4 )   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 「異言語間教育の観点からみた地域における日本語学習支援」

    足立祐子

    『異文化間教育に関する横断的研究-共通のパラダイムを求めて-』平成16年度~平成18年度科学研究費補助金基盤研究B(1)研究成果報告書(代表 小島勝)   169 - 176   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 「第二言語教育に関する一考察-多文化共生社会に対応できる日本語教師像-」

    足立祐子

    新潟大学国際センター紀要   ( 3 )   24 - 30   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 「日本国内における『定住外国人に対する日本語学習支援』をめぐる問題と提案」 査読

    足立祐子

    Electronic Journal of Foreign Language Teaching ,Centre for Language Studies National University of Singapore   3 ( 2 )   234 - 235   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「地域の日本語ボランティアに関するフレームワーク」 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    2006年度日本語教育学会秋季大会予稿集   165 - 170   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「定住外国人対象の日本語教育の枠組みに関する一考察」

    足立祐子

    『言外と言内の交流分野-小泉保博士傘寿記念論文集』大学書林   25 - 33   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 「語学教科書とジェンダーバイアス的な表現について」(共著)

    鄭賢熙

    新潟大学国際センター紀要   ( 2 )   27 - 42   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 地域における共通言語学習支援プログラム 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    日本語教育学会秋季大会予稿集   2004年秋   73 - 78   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 状況中心の日本語学習内容について 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    日本語教育国際研究大会予稿集   38200   225 - 230   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ドイツの多文化共生プログラムの実際 査読

    松岡洋子, 足立祐子

    異文化間教育学会第25回大会発表抄録   25   67 - 68   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 大学教育に求められるコミュニケーション教育 査読

    足立祐子, 宮本律子, 松岡洋子, 池田英喜

    ヨーロッパ日本語教育   8   177 - 188   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ドイツにおける共生および言語政策の現状報告-共生社会に対応する日本語教育へむけて-

    足立祐子, 松岡洋子

    留学生センター紀要   第6号   29 - 36   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 定住外国人に対する言語支援について 査読

    松岡洋子, 足立祐子

    異文化間教育学会第24回大会発表抄録   24   20 - 21   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 映像素材を活用したシラバスの柔軟化について

    足立祐子, 松岡洋子

    新潟大学留学生センター   第5号   31 - 38   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地域生活者の言語生活

    足立祐子

    「日本語総合シラバスの構築と教材開発指針の作成」論文集   第3巻   496 - 509   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 状況中心の活動ができる教授者養成 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    日本語教育学会秋季大会予稿集   2003年秋   143 - 148   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 学習者ニーズとボランティアの可能性 査読

    土屋千尋, 足立祐子, 松岡洋子, 米勢治子

    日本語教育学会秋季大会予稿集   2003年秋   76 - 77   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 体験学習を組み込んだコミュニケーション教育

    足立祐子

    新潟大学留学生センター紀要   第4号   55 - 64   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地域日本語活動と日本語教育者の役割 査読

    足立祐子

    2001年度日本語教育学会秋季大会予稿集   221 - 230   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • コミュニケーション体験の場としての多文化クラス

    足立祐子, 押谷祐子, 土屋千尋

    第12回日本語教育連絡会議報告発表論文集   42 - 47   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「異文化間教育における教師の関わり方-多文化クラスにおける教師の役割-」

    足立祐子, 大藤美帆

    留学生センター紀要   第3号   15 - 25   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 地域の日本語教室における異文化に関わる問題点 査読

    足立祐子, 松岡洋子

    異文化間教育学会第21回大会発表抄録   21   160 - 161   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 「地域における日本語学習支援の現状から」 査読

    足立祐子

    日本語教育学会秋季大会予稿集   2000年秋   40 - 43   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • アジア・欧州の意味をめぐる言語政策-ことばができればすべて解決するか?-

    松岡 洋子, 足立 祐子( 担当: 編集 ,  範囲: 11章 コミュニケーションの多様化に寄与できる語学教師ーコミュニティの中で声をあげられる学習者をどう支援するのか)

    株式会社ココ出版  2018年3月  ( ISBN:9784866760025

     詳細を見る

    総ページ数:351   担当ページ:40   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

  • 『多言語やりとり素材集 コミュニティでコミュニケーション』

    足立祐子, 松岡洋子, 郭俊海, 金世朗, 奥島佳代子( 担当: 共著)

    凡人社  2011年12月  ( ISBN:9784893588128

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 移動労働者とその家族のための言語政策

    春原憲一郎( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章)

    ひつじ書房  2009年1月  ( ISBN:9784894763876

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 異文化間教育学の研究

    小島勝( 担当: 共著 ,  範囲: 第7章)

    ナカニシア出版  2008年12月  ( ISBN:9784779502767

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 日本語教育の新たな文脈学習環境,接触場面,コミュニケーションの多様性

    国立国語研究所編, 二通信子, 佐久間勝彦, 浜田麻里, 足立祐子, サウクエン・ファン, 村岡英裕, 尾崎明人, 佐々木倫子, 春原憲一郎( 担当: 共著 ,  範囲: 15)

    アルク  2006年12月  ( ISBN:4757409613

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 留学生と新潟の国際化

    南方暁, 柴田幹夫, 池田英喜, 足立祐子, 阿波村稔( 担当: 共著 ,  範囲: 13)

    新潟日報事業社  2003年12月  ( ISBN:4861320070

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 総合的日本語教育を求めて

    足立祐子, 大藤美帆, 松岡洋子( 担当: 共著 ,  範囲: 30)

    国書刊行会  2002年12月  ( ISBN:4336039224

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 書評 大山万容『言語への目覚め活動-複言語主義に基づく教授法』 招待

    あだち ゆーこ

    社会言語学   ( 16 )   215 - 225   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:「社会言語学」刊行会  

    researchmap

  • 書評 『生きる力をつちかう言葉』

    あだち ゆーこ

    社会言語学   ( 7 )   223 - 245   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:「社会言語学」刊行会  

    researchmap

  • 書評 田中克彦『エスペラント-異端の言語』

    足立祐子

    社会言語学   Ⅶ   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:「社会言語学」刊行会  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • これからの地域日本語教育人材を問う

    足立祐子, 松岡洋子, 宇佐美洋, 林さと子, 安場淳, 今村和宏, 富谷玲子

    2018年度日本語教育学会秋季大会  2018年11月  公益法人日本語教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:プラサ ヴェルデ  

    文化庁が提示した地域日本語教育人材に関する調査や方針を分析し,地域日本語教育人材はどうあるべきかに関する論点の整理を行った。分析対象としたのは,『外国人に対する実践的な日本語教育の研究開発 「生活者としての外国人」のための日本語教育事業』(文化庁委託2009),『平成27年度日本語教育総合調査』(文化庁委託2016),『日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)』(文化審議会国語分科会2018)の3資料である。分析の結果、地域日本語教育人材の(1)「何が問題か=問題の明確化」,(2)「どこが問題か=問題箇所の特定」,(3)「なぜ問題が起こっているのか=原因の追求」の3点について,地域性,学習機会,政治,法律,経済性,社会の概念からそれぞれの論点を階層化することができた。その結果,重要な論点の一つとして「日本語学習支援者」と「日本語教師」のあり方に関し突き詰めた議論を行う必要性が浮かびあがってきた。

    researchmap

  • 「生活者としての外国人」への言語教育に携わる人材とはどうあるべきか

    足立祐子, 西口光一, 宇佐美洋, 安場淳, 松岡洋子

    2018年度日本語教育学会春季大会  2018年5月  公益法人日本語教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京外国語大学  

    2017年11月,文化審議会国語分科会日本語教育小委員会は,日本語教育人材の養成研修に関して活動分野や役割ごとに求められる資質・能力を整理し,「日本語教育人材の養成・研修の在り方について」(ワーキンググループ報告)を示した。本パネルでは,この報告のなかの「生活者としての外国人」の日本語教育について議論を行う。「生活者としての外国人」の日本語教育に特化する理由は,日本社会に中長期に渡り定住する外国人が急増し生活上必要な日本語の習得という点で日本語教育の果たす役割が大きくなってきているからである。パネルでは,求められる日本語教員について,過去の教育実績や教授法,教材等を発表者それぞれの専門から,「生活者としての外国人」の日本語教員育成の現状や問題点を批判的に指摘する。研修についてはこれまで本質的な議論がなかったので「言語教育に携わる人材はどうあるべきか」という点から研修全体を問う話題提供を行う。

    researchmap

  • ソーシャルコミュニケーションスキル向上を目的とした共修授業の内容について

    池田英喜, 足立祐子

    2017年度異文化間教育学会  2017年6月  異文化間教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

    本発表では、20年以上に渡って開講してきた留学生と日本人学生の共修授業の実践内容について、時間の流れとともにその変遷をまとめ分析する。特に、担当教員(池田・足立)がどのような視点で授業の内容改善を行ってきたかについて時間の経過とともに述べる。とりあげる授業は、新潟大学の学部生1,2年生対象の授業で留学生科目との合同で実施してきたものである。また、授業形態は、課題解決型のグループワークで実施してきたものである。

    researchmap

  • 大学における異文化理解教育の取り組み 招待

    足立祐子

    異文化理解研究会  2016年2月  北海道大学留学生センター

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:北海道大学  

    本取り組みは、足立の前任者である土屋千尋氏の取り組みを引き継いだ形で実施している。 土屋氏は1992年より日本事情のクラスを異文化理解の場ととらえ、留学生と日本人学生の合同授業として実施していた。留学生向けの「日本事情」から留学生・日本人学生対象の「合同授業」へ発展し、この授業形態を「多文化クラス」と位置づけていた。「多文化クラス」は、講義形式ではなく体験学習として位置づけ、1996年からは、同じような授業実践を行っている秋田大学、信州大学、弘前大学、福井大学と合流で大学間および地域相互プロジェクトとしての取り組みを行っていた。(詳細は、平成9-11年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究報告書『多文化クラスの大学間および地域相互交流プロジェクトの実施と評価に関する研究』(2000)) 1999年に足立が土屋氏の実践をそのまま受け継ぎ、試行錯誤しながら現在に至っている。

    researchmap

  • 「学習意欲を引き出す教師とは?」 国際会議

    足立 祐子, 松岡 洋子

    第18回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム  2014年8月  ヨーロッパ日本語教師会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:リビュリャーナ大学(スロベニア)  

    学習者の多様化に日本語教育が対応するための一つの方策として,学習者の自律的学習の促進という考えがある。自律学習とは,学習者が自分のニーズや希望に役立つように,自分の学習をコントロールすることであり,学習者がそれぞれ個人の目標にあわせた「学習意欲」を持ち続けることが学習を促進する。自律学習を促進する際,教師は学習者の意欲(=学習動機)を側面から支える役割を担う。本発表は, John M.KellerのARCSモデルをもとに,日本語教育における具体的な学習意欲の引き出し方について述べる。 ARCSモデルは,コースデザインを行う人や教師が学習意欲と動機づけ方略をまとめる助けとなる類型を提供するもので,John M.Kellerが,学習意欲に関する文献を調査し共通する属性に基づいて概念のクラスタリングを試み,学習意欲に関する概念を4分類したものである。主分類枠として注意(Attention),関連性(Relevance), 自信(Confidence),満足感(Satisfaction)の4つに分け

    researchmap

  • 「入門レベルにおける授業コミュニケーション力とその評価について」 国際会議

    足立祐子, 松岡洋子

    カナダ日本語教育学会  2013年8月  カナダ日本語教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:トロント大学  

    researchmap

  • 「教師に求められる『授業運営上の技能』について」 国際会議

    足立祐子, 松岡洋子

    日本語教育国際研究大会  2012年8月  日本語教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 「共生に対する考えの変容-日本語ボランティア教室の活動を通して-」

    足立祐子, 松岡洋子

    2012年度異文化間教育学会  2012年6月  異文化間教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館アジア太平洋大学  

    researchmap

  • 「コミュニケーションの多様化の現実に向けた教師の役割」-パネルセッション「移住者と受けいれ社会の共通言語と日本語教育」-

    足立祐子

    日本語教育学会2012年度春期全国大会  2012年5月  日本語教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:拓殖大学  

    researchmap

  • 「移住者の言語教育と教師の役割」 国際会議

    足立祐子

    科研合同シンポジウム  2012年3月  西山科研成人移民受け入れ社会のコミュニケーションと言語教育-ヨーロッパと東アジアの比較研究-」

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 「人口「移動に伴う東アジアの言語課題―結婚移住者の言語教育施策の日韓比較」 国際会議

    松岡洋子, 足立祐子

    第二回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム  2011年8月  中日韓朝言語文化比較研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:延辺大学  

    researchmap

  • 「言語技術教育を取り入れた初級レベルの教室活動について」 国際会議

    足立祐子, 松岡洋子

    世界日本語教育学会  2011年8月  天津外国語大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:天津外国語大学  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 教師研修プログラムの開発とその評価-入門クラスの授業実践力をめざして-

    2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    足立祐子, 松岡洋子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究は、言語横断的な視野による、授業実践力向上のための教師研修プログラムの開発を目的とする。具体的には、過去の研究をもとに教師研修プログラムを作成、実際に研修を実施し、その成果から研修内容について中心課題となる部分について分析する。対象レベルは入門期で、移民的立場の学習者を想定している。想定クラスでは、言語学習に慣れていない、また仕事や生活上の忙しさなどから積極的な学習意欲を持って目標言語の学習に臨めない人々への支援を重視する。多くの国で難民や外国人労働者の受け入れ等の問題がある。この問題の言語学習支援の一助となるべく、本研究の最終段階の目的は移民的立場の学習者に対応できる教師養成の言語横断的な共通フレームワーク作成である。その第一段階として本研究ではドイツ語教育と日本語教育の教師研修に絞り研究を行う。

    researchmap

  • 生活者むけ日本語学習支援における教授者育成のための基礎的研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究は、第二言語としての日本語学習(成人・日本語未習者)に対する教授技術の諸要素を記述することを目的とする。具体的には、日本国内の、第二言語としての日本語教育において経験の豊富な教授者の授業観察及びインタビュー調査等を通して、有効な教授技術の要素を抽出し、整理分析をおこなう。ここから得られた教授要素から、日本語未習者に対する教授方法を探り、多様な背景を持つ日本語学習者に対応できる教授者養成に資することを目的とする。

    researchmap

  • 生活者むけ日本語学習支援における教授者育成のための基礎的研究

    2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    足立祐子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究は、第二言語としての日本語学習(成人・日本語未習者)に対する教授技術の諸要素を記述することを目的とする。具体的には、日本国内の、第二言語としての日本語教育において経験の豊富な教授者の授業観察及びインタビュー調査を実施し、有効な教授技術の要素を抽出し、整理分析をおこなう。ここから得られた教授要素から、日本語未習者に対する教授方法を探り、多様な背景を持つ日本語学習者に対応できる教授者養成に資することを目的とする。

    researchmap

  • 情報弱者のかかえる諸問題の発見とメディアのユニバーサルデザインのための基礎研究

    2008年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:429000円 ( 直接経費:330000円 、 間接経費:99000円 )

    本研究は、狭義の情報科学の基礎研究ではなく、広義の情報・媒体理論の基礎研究である。さらに、利用者主権の実現のために諸問題を整理することを目的とする。日本国内の言語事情、おもに日本語関連の情報媒体の諸課題を具体的素材にし、情報弱者の不利益を減らす方向性の追求をおこなう。

    researchmap

  • アジア・ヨーロッパにおける移住者と受け入れ住民の共通言語教育研究の構築

    2008年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • アジア・ヨーロッパにおける移住者と受け入れ住民の共通言語教育研究の構築

    2008年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1430000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:330000円 )

    本研究は、近年外国からの移住者の定住化が進んでいる日本、韓国、台湾、ドイツ、フランスを対象として、社会統合のための移住者と受け入れ住民双方にとっての共通言語教育を取り巻く新たな研究枠組みを構築し、多文化的統合を目指した移住社会の言語施策に資することを目的として実施する。その方法として、これまで各国別に行われたきた調査を横断的なものに発展させるためにシンポジウムを開催し、過去5年間の基礎調査研究の過程で情報交換を行った当該地域の研究者、実践者間の研究および情報交流のネットワークを構築する。また、そのネットワークでの情報交流を通じ、各地域の独自性と共通枠を明らかにするため、共同研究に発展させ、「共通言語教育」に必要な言語施策、教育方法、教育内容および教員養成の枠組みを作成する。

    researchmap

  • 相互学習を目的としたコミュニケーション教材の開発

    2007年4月 - 2012年3月

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 四技能別日本語教育教材の開発(聴解)

    2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 戦前・戦中の青島におけるドイツおよび日本の言語政策に関する基礎研究

    2006年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    中国青島のドイツ、日本の統治状況、特に言語政策について資料収集などの調査研究を実施した。

    researchmap

  • 移住者と受け入れ住民の多文化的統合を視座とした共通言語教育

    2004年4月 - 2008年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1850000円 ( 直接経費:1850000円 )

    本研究は外国からの移住者と受け入れ側である自国民の多文化的統合施策の中で、特に言語コミュニケーションに関わる政策およびその実施方法について多角的に情報収集・分析を行い、以下の2つの側面から多文化共生社会に資する施策や具体的な行動等について提言を行うことを目的とする。
    (1)移住者に対する言語コミュニケーション政策の特徴
    移住者に対する言語政策・施策とその法的・財政的根拠
    多文化的統合のための具体的なコミュニケーション教育
    (2)受け入れ住民に対する言語コミュニケーション政策の特徴
    受け入れ住民と移住者との共存推進政策・施策とその法的・財政
    的根拠
    受け入れ側住民に対する多文化受容的コミュニケーション教育

    researchmap

  • 移住者と受入住民の多文化的統合を視座とした共通言語教育

    2004年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 大学におけるコミュニケーション教育の総合的研究

    2000年4月 - 2004年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 集中日本語0(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Language Policy in Japan

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える-国際関係・国際協力の視点から

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語2/3/4(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Language Policy in Japan

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 一般日本語3

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語0(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ-A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 共生社会論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 新潟と多文化共生社会

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語3(総合日本語J)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ−A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • グローバルコミュニケーション

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅳ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ−B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語0(総合日本語C)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実践研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実践研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語S(総合日本語A)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語0(総合日本語G)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅳ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • グローバルコミュニケーション

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実践研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅳ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Japanese Experiences from Various

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える国際関係・国際協力の視点か

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Language Policy in Japan

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ-A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ-B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情自然系A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語0(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える-国際関係・国際協力の視点から

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 一般日本語3

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ-B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 共生社会論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ-A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ-B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える−国際関係・国際協力の視点から

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情グローバル

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語ゼロ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語0 A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Language Policy in Japan

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅳ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 言語教育研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ−B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実践研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語J

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • アクティブラーニングⅢ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ−A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 人文総合演習A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅳ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • グローバルコミュニケーション

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える−国際関係・国際協力の視点から

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ-B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実践研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育I−B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • アクティブラーニングⅢ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育II−A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語J

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • グローバルコミュニケーション

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ-A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 社会人としての日本語・作文A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 共生社会論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ-B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Language Policy in Japan

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える-国際関係・国際協力の視点から

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 一般日本語3

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語集中a(読解1)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語集中a(作文3)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語集中AB(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語集中D(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語集中C(作文)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語集中C(コミュニケーション)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅱ-A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化を考える-国際関係・国際協力の視点から

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅰ-B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • アクティブラーニングC

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 異文化コミュニケーションB

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 社会人としての日本語・作文B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情人文系B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • アクティブラーニングC

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 課題研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 社会人としての日本語・作文B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語ゼロ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 集中日本語0 A

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語F

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本事情グローバル

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語J

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育実践研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • Language Policy in Japan

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語教育Ⅳ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 日本語B

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 集中日本語0 AII

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0 CII

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アクティブラーニングD

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本語初級eラーニングⅠ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0 B

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0 D

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会人としての日本語・作文E

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 共生社会論A

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 共生社会論B

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アクティブラーニングC

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0 C

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 言語教育研究

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0 A

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 日本事情グローバル

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 社会人としての日本語・作文B

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 社会人としての日本語・作文D

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 社会人としての日本語・作文A

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 社会人としての日本語・作文C

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語1 C

    2017年
    機関名:新潟大学

  • アクティブラーニングⅢ

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語3(総合日本語J)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0(総合日本語C)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育実習

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • グローバルコミュニケーション

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0(総合日本語G)

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語S(総合日本語A)

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅳ

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育実践研究

    2013年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • Japanese Experiences from Various

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 異文化を考える国際関係・国際協力の視点か

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅲ

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2012年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 日本事情自然系A

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 共生社会論

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 集中日本語0(コミュニケーション)

    2011年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 一般日本語3

    2011年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 4(コミュニケーション)

    2011年
    機関名:新潟大学

  • 日本語集中a(作文3)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 日本語集中C(コミュニケーション)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 日本語集中C(作文)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 日本語集中D(コミュニケーション)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 日本語集中AB(コミュニケーション)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 日本語集中a(読解1)

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅰ-B

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • Language Policy in Japan

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅱ-A

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 異文化を考える-国際関係・国際協力の視点から

    2009年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 日本語ゼロ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅰ-B

    2008年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育Ⅱ-A

    2008年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習A

    2008年
    機関名:新潟大学

  • 日本語F

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 日本事情人文系B

    2007年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 異文化コミュニケーションB

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 日本語A

    2007年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 日本語J

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 異文化を考える-国際関係・国際協力の視点から

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育II-A

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 日本語教育I-B

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 新潟と多文化共生社会

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 日本語B

    2005年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示