2022/12/01 更新

写真a

オオクボ マサキ
大久保 真樹
OHKUBO Masaki
所属
教育研究院 医歯学系 保健学系列 教授
医学部 保健学科 教授
保健学研究科 保健学専攻 教授
職名
教授
通称等の別名
Okubo Masaki
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 1994年6月   新潟大学 )

  • 工学修士 ( 1988年3月   新潟大学 )

研究分野

  • その他 / その他

経歴

  • 新潟大学   保健学研究科 保健学専攻   教授

    2013年4月 - 現在

  • 新潟大学   医学部 保健学科   教授

    2013年4月 - 現在

  • 新潟大学   保健学研究科 保健学専攻   准教授

    2004年4月 - 2013年3月

  • 新潟大学   医学部 保健学科   助教授

    1999年10月 - 2004年3月

  • 新潟大学   医療技術短期大学部   助教授

    1997年4月 - 1999年9月

  • 新潟大学   医療技術短期大学部   助手

    1988年4月 - 1997年3月

▶ 全件表示

所属学協会

 

論文

  • Method for determining slice sensitivity profile of iterative reconstruction CT images using low-contrast sphere phantom. 査読

    Akihiro Narita, Masaki Ohkubo, Takahiro Fukaya, Yoshiyuki Noto

    Radiological physics and technology   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel method for measuring the slice sensitivity profile (SSP) of computed tomography (CT) images reconstructed using an iterative reconstruction (IR) algorithm is proposed herein. A phantom that included a low-contrast spherical object was scanned and consecutive cross-sectional images were reconstructed. The mean CT values in a region including the sphere were measured for all images and plotted as a function of slice position along the longitudinal [Formula: see text] direction to yield a mean CT value profile [Formula: see text]. Next, we numerically generated an object function corresponding to the sphere and obtained the mean CT value profile [Formula: see text]. Subsequently, the SSP was modeled as a product of the Gaussian and cosine functions. We convolved [Formula: see text] with the modeled SSP to obtain [Formula: see text]. The difference between [Formula: see text] and [Formula: see text] was evaluated using the root mean square error (RMSE), which was minimized via optimization of the SSP model parameters. To validate the methodology, we first used filtered back projection (FBP) images to compare the SSPs determined using the proposed and standard coin methods. Subsequently, the proposed method was applied to measure the SSPs of four types of IR algorithms in two scanners. The SSPs of the FBP images determined using the proposed and coin methods showed good agreement. Additionally, in the SSP measurements using the proposed method, [Formula: see text] agreed well with [Formula: see text] for every IR algorithm. The RMSEs for all measurements were less than 0.7 HU, indicating the accuracy of the SSPs. Thus, the proposed method is effective for obtaining valid SSPs.

    DOI: 10.1007/s12194-021-00636-0

    PubMed

    researchmap

  • Technical Note: A simple method for measuring the slice sensitivity profile of iteratively reconstructed CT images using a non-slanted edge plane. 査読 国際誌

    Akihiro Narita, Masaki Ohkubo, Takahiro Fukaya, Yoshiyuki Noto

    Medical physics   48 ( 3 )   1125 - 1130   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: A method for measuring the slice sensitivity profile (SSP) of computed tomography (CT) images reconstructed with iterative reconstruction (IR) algorithms was reported by the AAPM Task Group 233 (TG233). In this method, the phantom plane edge is slightly slanted with respect to the scan plane to obtain a composite oversampled edge-spread function (ESF). However, it is expected that a fine-sampled ESF can be obtained directly from images reconstructed with a small slice increment without slanting the edge plane. This study aimed to investigate the validity of using a non-slanted edge plane. METHODS: In the proposed non-slanted edge method, the phantom was positioned so that the plane edge was perpendicular to the longitudinal z-axis, and images were reconstructed with a 1-mm slice thickness and 0.1-mm increment. The mean CT value was obtained in each slice and plotted as a function of slice position along the z-axis, thereby generating the ESF. The SSP was calculated from the ESF by differentiation. In the TG 233-recommended slanted edge method, the SSP was obtained by following the procedure described in the TG233 report. To validate the methodology, we first used filtered back projection (FBP) images to compare SSPs obtained using the non-slanted edge method, slanted edge method, and a standard method using a high-contrast thin object (coin). Next, for two types of IR algorithms, we compared the SSPs obtained using the non-slanted and slanted edge methods. RESULTS: For the FBP images, the SSP measured using the non-slanted edge method agreed well with SSPs measured using the coin and slanted edge methods. For the IR images, the SSPs measured using the non-slanted and slanted edge methods showed good agreement. CONCLUSIONS: The non-slanted edge method was demonstrated to be valid. The simplicity and practicality of the method allows routine and accurate determination of the SSP.

    DOI: 10.1002/mp.14668

    PubMed

    researchmap

  • [Central Slice Theorem-based Relationship between 1D-NPS Obtained by the Slit Method and 2D-NPS for CT Images]. 査読

    Akihiro Narita, Masaki Ohkubo, Takahiro Fukaya, Yoshiyuki Noto

    Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   77 ( 8 )   828 - 832   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: The method using a numerical slit (slit method) is used commonly to obtain the one-dimensional (1D) noise power spectrum (NPS) in computed tomography. However, the relationship between the 1D-NPS obtained by the slit method and the original two-dimensional (2D) NPS derived by the 2D Fourier transformation has not been elucidated clearly. The purpose of this study was to clarify their relationship based on the well-known central slice theorem (projection slice theorem) and validate it using computer simulation analysis. METHODS: With the application of the central slice theorem, we described that the 1D-NPS obtained by the slit method was equal to the central slice (profile) in the 2D-NPS when we set the slit length to the maximum (i.e. the matrix size of the noise image). To verify this, we generated computer-simulated noise images with the known 2D-NPS (true 2D-NPS). From those images, we obtained the 1D-NPS that was obtained by the slit method and compared it with the central slice in the true 2D-NPS. RESULTS: When we set the slit length to the maximum, the 1D-NPS obtained by the slit method showed good agreement with the central slice in the true 2D-NPS. CONCLUSION: We clarified the relationship between the 1D-NPS obtained by the slit method and the 2D-NPS using a theoretical approach and the computer simulation. We had to maximize the slit length to achieve the accurate measurement of the 1D-NPS using the slit method.

    DOI: 10.6009/jjrt.2021_JSRT_77.8.828

    PubMed

    researchmap

  • [A Simple Method for Computationally Generating Metal Artifacts in CT Images for Treatment Planning: A Pilot Phantom Study]. 査読

    Daisuke Mugishima, Akihiro Narita, Masaki Ohkubo

    Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   77 ( 5 )   445 - 453   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: In treatment planning for radiation therapy, the use of computed tomography (CT) images including metal artifacts causes a reduction in the dose calculation accuracy. In clinical practice, the artifacts are manually contoured and assigned an appropriate fixed CT number. To validate the procedure, images taken before and after metal insertion into a patient are required, which may be impractical. We propose a simple method for computationally generating metal artifacts in clinical images. METHODS: In the proposed method, a clinical image free of metal artifacts is used. To simulate metal inside a patient, CT numbers of a region in the image are replaced with a fixed extremely high value. A sinogram is created by the forward projection of the image. Data values of the sinogram in the metal region are converted into smaller values. From the sinogram, an image including artifacts is reconstructed with the filtered back projection. RESULTS: The simulated artifacts consisted of dark and bright bands and were observed to be similar to the actual metal artifacts. CT numbers in multiple small regions of interest in the image obtained by the proposed method showed a good agreement with those in the actual image. CONCLUSION: The proposed method was demonstrated to generate the metal artifacts additionally on the clinical images. The method would be potentially applicable to a validation study for the clinical procedure of manually contouring and assigning CT numbers to metal artifacts.

    DOI: 10.6009/jjrt.2021_JSRT_77.5.445

    PubMed

    researchmap

  • A pitfall of using the circular-edge technique with image averaging for spatial resolution measurement in iteratively reconstructed CT images. 査読 国際誌

    Akihiro Narita, Masaki Ohkubo

    Journal of applied clinical medical physics   21 ( 2 )   144 - 151   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The circular-edge technique using a low-contrast cylindrical object is commonly used to measure the modulation transfer functions (MTFs) in computed tomography (CT) images reconstructed with iterative reconstruction (IR) algorithms. This method generally entails averaging multiple images of the cylinder to reduce the image noise. We suspected that the cylinder edge shape depicted in the IR images might exhibit slight deformation with respect to the true shape because of the intrinsic nonlinearity of IR algorithms. Image averaging can reduce the image noise, but does not effectively improve the deformation of the edge shape; thereby causing errors in the MTF measurements. We address this issue and propose a method to correct the MTF. We scanned a phantom including cylindrical objects with a CT scanner (Ingenuity Elite, Philips Healthcare). We obtained cylinder images with iterative model reconstruction (IMR) algorithms. The images suggested that the depicted edge shape deforms and fluctuates depending on slice positions. Because of this deformation, image averaging can potentially cause additional blurring. We define the deformation function D that describes the additional blurring, and obtain D by analyzing multiple images. The MTF measured by the circular-edge method (referred to as MTF') can be thought of as the multiplication of the true MTF by the Fourier transformation (FT) of D. We thus obtain the corrected MTF (MTFcorrected ) by dividing MTF' by the FT of D. We validate our correction method by comparing the calculated images based on the convolution theorem using MTF' and MTFcorrected with the actual images obtained with the scanner. The calculated image using MTFcorrected is more similar to the actual image compared with the image calculated using MTF', particularly in edge regions. We describe a pitfall in MTF measurement using the circular-edge technique with image averaging, and suggest a method to correct it.

    DOI: 10.1002/acm2.12821

    PubMed

    researchmap

  • Longitudinal GluCEST MRI Changes and Cerebral Blood Flow in 5xFAD Mice. 査読 国際誌

    Hironaka Igarashi, Satoshi Ueki, Hiroki Kitaura, Tae Kera, Ken Ohno, Masaki Ohkubo, Mika Terumitsu-Tsujita, Akiyoshi Kakita, Ingrid L Kwee

    Contrast media & molecular imaging   2020   8831936 - 8831936   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Many of the focal neurological symptoms associated with Alzheimer's disease (AD) are due to synaptic loss. Glutamate chemical exchange saturation transfer (GluCEST) magnetic resonance imaging (MRI) is a candidate method to assess synaptic dysfunction. We assessed chronological changes in GluCEST in a 5xFAD mouse model of AD, comparing Glucest effects and regional cerebral blood flow (CBF). GluCEST effects and CBF in 5xFAD mice aged 1-15 months and their littermates (WT) were measured. Neurite orientation dispersion and density imaging (NODDI) MRI reflecting dendritic/axonal density was also measured and compared with GluCEST in 7-month-old mice. While regional CBF's decrease began at 7 months, GluCEST-reduction effects preceded hypoperfusion of the temporal cortex and hippocampus. While longitudinal 5xFAD mouse measurements revealed a correlation between the regional GluCEST effects and CBF, a generalized linear mixed model revealed statistically different correlations in cortical and basal brain regions. Further, NODDI-derived neurite density correlated with GluCEST effects in the parietal cortex, but not in the hippocampus, thereby revealing regional differences in pathophysiological mechanisms. Finally, GluCEST's effects correlated with regional synaptophysin. These results demonstrate that GluCEST can reflect subtle synaptic changes and may be a potential imaging method for AD diagnosis as well as serve as a biomarker of AD progression.

    DOI: 10.1155/2020/8831936

    PubMed

    researchmap

  • [Applications of 3D-PSF of CT Image to QA for Thoracic CT-CAD: Part 4. Application of 3D-PSF 2. Virtual Nodule Application to QA for Thoracic CT-CAD]. 査読

    Shinichi Wada, Masaki Ohkubo, Akihiro Narita, Kohei Murao, Toru Matsumoto, Shusuke Sone

    Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics   39 ( 4 )   77 - 85   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp.39.4_77

    PubMed

    researchmap

  • [Applications of 3D-PSF of CT Image to QA for Thoracic CT-CAD: Part 2. Application of 3D-PSF and Verification of Measurement Accuracy of PSF]. 査読

    Shinichi Wada, Masaki Ohkubo, Akihiro Narita, Kohei Murao, Toru Matsumoto

    Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics   39 ( 2 )   42 - 49   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp.39.2_42

    PubMed

    researchmap

  • [Applications of 3D-PSF of CT Image to QA for Thoracic CT-CAD: Part 3. Application of 3D-PSF 1. Conversion and Normalization of the Spatial Resolution of CT Image]. 査読

    Shinichi Wada, Masaki Ohkubo, Akihiro Narita, Kohei Murao, Toru Matsumoto

    Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics   39 ( 3 )   61 - 67   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp.39.3_61

    PubMed

    researchmap

  • Advances and Challenges in Assessing 2-Hydroxyglutarate in Gliomas by Magnetic Resonance Spectroscopy: A Short Review 査読

    Manabu Natsumeda, Hironaka Igarashi, Kunio Motohashi, Yuji Suzuki, Masaki Ohkubo, Kouichirou Okamoto, Masaki Watanabe, Tsutomu Nakada, Yukihiko Fujii

    Neuropsychiatry (London)   8 ( 6 )   1831 - 1838   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Improved wedge method for the measurement of sub-millimeter slice thicknesses in magnetic resonance imaging 査読

    Tsutomu Kanazawa, Masaki Ohkubo, Tatsuya Kondo, Takayuki Miyazawa, Shoichi Inagawa

    Radiological Physics and Technology   10 ( 4 )   446 - 453   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Tokyo  

    The standard method for measuring the slice thickness of magnetic resonance images uses the inclined surface of a wedge (wedge method)
    it is sensitive to small increases in noise because of the differentiation of the edge response function (ERF) required. The purpose of this study was to improve the wedge method by fitting a curve to the ERF. The curve-fit function was obtained by convolving an ideal ERF (a ramp function) with a Gaussian function to represent ERF blurring. Measurements of 5- and 3-mm slice thicknesses were performed on a 3T scanner using the conventional wedge method, the improved wedge method, and another standard method using an inclined slab (slab method). Subsequently, 0.5- and 0.25-mm slice thicknesses from multiple slices acquired using a three-dimensional sequence were measured using the improved wedge method. When measuring 5-mm slices, the differences in measurements obtained using the improved wedge method and the conventional slab and wedge methods were very small: &lt
    0.6% of the 5-mm slice thickness. The difference was ≤1.7% for 3-mm slices. For 0.5- and 0.25-mm slices, the mean values obtained using the improved wedge method were 0.543 ± 0.007 mm and 0.247 ± 0.015 mm, with a 1.2 and 5.9% coefficient of variation across slices, respectively. The improved wedge method is valid and potentially applicable to the measurement of sub-millimeter slice thicknesses.

    DOI: 10.1007/s12194-017-0417-2

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Generation of realistic virtual nodules based on three-dimensional spatial resolution in lung computed tomography: A pilot phantom study 査読

    Akihiro Narita, Masaki Ohkubo, Kohei Murao, Toru Matsumoto, Shinichi Wada

    MEDICAL PHYSICS   44 ( 10 )   5303 - 5313   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    Purpose: The aim of this feasibility study using phantoms was to propose a novel method for obtaining computer-generated realistic virtual nodules in lung computed tomography (CT).
    Methods: In the proposed methodology, pulmonary nodule images obtained with a CT scanner are deconvolved with the point spread function (PSF) in the scan plane and slice sensitivity profile (SSP) measured for the scanner; the resultant images are referred to as nodule-like object functions. Next, by convolving the nodule-like object function with the PSF and SSP of another (target) scanner, the virtual nodule can be generated so that it has the characteristics of the spatial resolution of the target scanner. To validate the methodology, the authors applied physical nodules of 5-, 7- and 10-mm-diameter (uniform spheres) included in a commercial CT test phantom. The nodule-like object functions were calculated from the sphere images obtained with two scanners (Scanner A and Scanner B); these functions were referred to as nodule-like object functions A and B, respectively. From these, virtual nodules were generated based on the spatial resolution of another scanner (Scanner C). By investigating the agreement of the virtual nodules generated from the nodule-like object functions A and B, the equivalence of the nodule-like object functions obtained from different scanners could be assessed. In addition, these virtual nodules were compared with the real (true) sphere images obtained with Scanner C. As a practical validation, five types of laboratory-made physical nodules with various complicated shapes and heterogeneous densities, similar to real lesions, were used. The nodule-like object functions were calculated from the images of these laboratory-made nodules obtained with Scanner A. From them, virtual nodules were generated based on the spatial resolution of Scanner C and compared with the real images of laboratory-made nodules obtained with Scanner C.
    Results: Good agreement of the virtual nodules generated from the nodule-like object functions A and B of the phantom spheres was found, suggesting the validity of the nodule-like object functions. The virtual nodules generated from the nodule-like object function A of the phantom spheres were similar to the real images obtained with Scanner C; the root mean square errors (RMSEs) between them were 10.8, 11.1, and 12.5 Hounsfield units (HU) for 5-, 7-, and 10-mm-diameter spheres, respectively. The equivalent results (RMSEs) using the nodule-like object function B were 15.9, 16.8, and 16.5 HU, respectively. These RMSEs were small considering the high contrast between the sphere density and background density (approximately 674 HU). The virtual nodules generated from the nodule-like object functions of the five laboratory-made nodules were similar to the real images obtained with Scanner C; the RMSEs between them ranged from 6.2 to 8.6 HU in five cases.
    Conclusions: The nodule-like object functions calculated from real nodule images would be effective to generate realistic virtual nodules. The proposed method would be feasible for generating virtual nodules that have the characteristics of the spatial resolution of the CT system used in each institution, allowing for site-specific nodule generation. (C) 2017 American Association of Physicists in Medicine

    DOI: 10.1002/mp.12503

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Magnetic Resonance Imaging of Neurotransmitter-Related Molecules 査読

    Hironaka Igarashi, Satoshi Ueki, Ken Ohno, Masaki Ohkubo, Yuji Suzuki

    JOURNAL OF NIPPON MEDICAL SCHOOL   84 ( 4 )   160 - 164   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MEDICAL ASSOC NIPPON MEDICAL SCH  

    Molecular imaging implies the method capable of pictorially displaying distribution of target molecules and their relative concentration in space. In clinical medicine, where non-invasiveness is mandatory, diagnostic molecular imaging has been considered virtually identical to positron emission tomography (PET). However, there is another powerful, apparently underutilized molecular imaging, namely, proton magnetic resonance spectroscopic imaging (H-1-MRSI). The technique can detect target molecules endogenous in brain in virtue of their own specific resonance frequencies (chemical shift) and can create quantitative images of each molecule. H-1-MRSI is conventionally utilized for imaging relatively easily detectable molecules such as N-acetyl-aspartate or lactate. More recently, however, the method is extended into imaging of more challenging molecules such as glutamate or gamma-aminobutyric acid (GABA). In this small review, we summarize basic concept of H-1-MRSI and introduce an advanced technique, i.e. chemical exchange saturation transfer magnetic resonance imaging (CEST MRI), which made realistic glutamate imaging in vivo possible.

    DOI: 10.1272/jnms.84.160

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Measurement of thin slice thickness in MRI using an improved wedge method 査読

    Kanazawa T, Ohkubo M, Kondo T

    European Congress of Radiology   C-1063   1 - 14   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:European Society of Radiology  

    DOI: 10.1594/ecr2017/C-1063

    researchmap

  • パーソナルコンピュータ上で動作するDICOMデータのCT画像からの体積測定プログラムの開発と評価(PC用のDICOM体積測定プログラムの開発と評価)(The development and assessment of program for volume measurement for CT images of: DICOM data running on a personal computer: (Development and assessment of volume measurement program for DICOM on PC)) 査読

    Takahashi Naoya, Kobayashi Arashi, Nishihama Saori, Minamizawa Natsuki, Suzuki Noriko, Higuchi Takeshi, Ohkubo Masaki, Narita Akihiro, Sasamoto Ryuta

    新潟大学保健学雑誌   14 ( 1 )   27 - 33   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    著者等は数値計算言語(MATLAB)を使ってPC上で動作するDICOM画像から体積を算出するプログラムを開発し、その有用性と正確度を検討した。CTの水平断像上に関心領域(ROI)を設置し、設定した閾値で必要な領域を抽出して三次元表示し、体積測定を行うこととした。本プログラムを用いて、64列CTで実施した死後CT検査5例について、肝、脾、腎を抽出した。ImageJにて目的とする臓器にROIを設定して面積を算出し、厚さを乗じて体積を測定した。臓器ごとに、ImageJにて求めた体積に最も近い値が得られるように閾値を決定した。著者等が開発したプログラムとImageJで測定した平均体積は、肝がそれぞれ1690.3±505.1cm3と107.9±60.7cm3、脾が107.9±60.7cm3と105.5±62.4cm3、腎が141.1±26.4cm3と143.9±32.1cm3であり、有意差は認められなかった。体積測定に要した平均時間は開発したプログラムの方が有意に短かった。著者等が開発したPC上で動作するDICOM画像の体積測定プログラムを用いると、簡便かつ正確に臓器の体積を測定することが可能であった。

    researchmap

    その他リンク: http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/47194/1/14%281%29_27-33.pdf

  • A method for evaluating the performance of computeraided detection of pulmonary nodules in lung cancer CT screening: detection limit for nodule size and density 査読

    Hajime Kobayashi, Masaki Ohkubo, Akihiro Narita, Janaka C. Marasinghe, Kohei Murao, Toru Matsumoto, Shusuke Sone, Shinichi Wada

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   90 ( 1070 )   1 - 10   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BRITISH INST RADIOLOGY  

    Objective: We propose the application of virtual nodules to evaluate the performance of computer-aided detection (CAD) of lung nodules in cancer screening using lowdose CT.
    Methods: The virtual nodules were generated based on the spatial resolution measured for a CT system used in an institution providing cancer screening and were fused into clinical lung images obtained at that institution, allowing site specificity. First, we validated virtual nodules as an alternative to artificial nodules inserted into a phantom. In addition, we compared the results of CAD analysis between the real nodules (n=6) and the corresponding virtual nodules. Subsequently, virtual nodules of various sizes and contrasts between nodule density and background density (Delta CT) were inserted into clinical images (n=10) and submitted for CAD analysis.
    Results: In the validation study, 46 of 48 virtual nodules had the same CAD results as artificial nodules (kappa coefficient = 0.913). Real nodules and the corresponding virtual nodules showed the same CAD results. The detection limits of the tested CAD system were determined in terms of size and density of peripheral lung nodules; we demonstrated that a nodule with a 5- mm diameter was detected when the nodule had a Delta CT> 220 HU.
    Conclusion: Virtual nodules are effective in evaluating CAD performance using site-specific scan/reconstruction conditions.
    Advances in knowledge: Virtual nodules can be an effectivemeans of evaluating site-specific CAD performance. The methodology for guiding the detection limit for nodule size/density might be a useful evaluation strategy.

    DOI: 10.1259/bjr.20160313

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Technical Note: Image filtering to make computer-aided detection robust to image reconstruction kernel choice in lung cancer CT screening 査読

    Masaki Ohkubo, Akihiro Narita, Shinichi Wada, Kohei Murao, Toru Matsumoto

    MEDICAL PHYSICS   43 ( 7 )   4098 - 4105   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    Purpose: In lung cancer computed tomography (CT) screening, the performance of a computer-aided detection (CAD) system depends on the selection of the image reconstruction kernel. To reduce this dependence on reconstruction kernels, the authors propose a novel application of an image filtering method previously proposed by their group.
    Methods: The proposed filtering process uses the ratio of modulation transfer functions (MTFs) of two reconstruction kernels as a filtering function in the spatial-frequency domain. This method is referred to as MTFratio filtering. Test image data were obtained from CT screening scans of 67 subjects who each had one nodule. Images were reconstructed using two kernels: f(STD) (for standard lung imaging) and f(SHARP) (for sharp edge-enhancement lung imaging). The MTFratio filtering was implemented using the MTFs measured for those kernels and was applied to the reconstructed f(SHARP) images to obtain images that were similar to the f(STD) images. A mean filter and a median filter were applied (separately) for comparison. All reconstructed and filtered images were processed using their prototype CAD system.
    Results: The MTFratio filtered images showed excellent agreement with the f(STD) images. The standard deviation for the difference between these images was very small, similar to 6.0 Hounsfield units (HU). However, the mean and median filtered images showed larger differences of similar to 48.1 and similar to 57.9 HU from the f(STD) images, respectively. The free-response receiver operating characteristic (FROC) curve for the f(SHARP) images indicated poorer performance compared with the FROC curve for the f(STD) images. The FROC curve for the MTFratio filtered images was equivalent to the curve for the f(STD) images. However, this similarity was not achieved by using the mean filter or median filter.
    Conclusions: The accuracy of MTFratio image filtering was verified and the method was demonstrated to be effective for reducing the kernel dependence of CAD performance. (C) 2016 American Association of Physicists in Medicine.

    DOI: 10.1118/1.4953247

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • [Measurement of the Dose Rate Using Dosimeters in Interventional Radiology and Its Difficulty]. 査読

    Hidenori Yoshida, Chiharu Takahashi, Nobuhiro Narita, Yasuhiko Mizusawa, Masaru Sekiya, Masaki Ohkubo

    Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   72 ( 1 )   63 - 72   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In equipment used for interventional radiology (IVR), automatic exposure control (AEC) is incorporated to obtain the X-ray output suitable for the treatment of targeted lesions. For the AEC, users select a region as the signal sensing region (measuring field, MF) in the flat panel detector; MFs with various sizes and shapes were pre-defined and prepared in the system. The aim of this study was to examine the change of measured dose rate with the selection of MFs, the type of dosimeters (the ionization chamber dosimeter and the semiconductor dosimeter), and the dosimeter placement relative to the direction of X-ray tube (from cathode to anode). The IVR equipment was Allura Xper FD20/10 (Philips Medical Systems), and six kinds of built-in MFs were used. It was found that dose rate measured by the ionization chamber dosimeter showed a variation of -2 mGy/min with the MFs and the ionization chamber dosimeter placement. The dose rate measured by the semiconductor dosimeter showed more variation than the ionization chamber dosimeter. The change of dose rate with the dosimeter placement would be caused by the MF overlapping the dosimeter which would affect the AEC (the X-ray output). Also, the change of dose rate with the dosimeter placement was considered to be related to the heel effect of the X-ray beam. When performing dose rate measurements, we should notice that the selection of MFs, the type of dosimeters, and the dosimeter placement would affect the measured values.

    DOI: 10.6009/jjrt.2016_JSRT_72.1.63

    PubMed

    researchmap

  • Characterization of the model-based iterative reconstruction algorithm: Confirmation of coexistence of dose reduction and spatial resolution improvement 査読

    Kayugawa A, Noto Y, Taga T, Fukaya T, Tasaki K, Fujioka T, Ohkubo M

    European Congress of Radiology   C-0946   1 - 24   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:European Society of Radiology  

    DOI: 10.1594/ecr2015/C-0946

    researchmap

  • Quality assurance of lung cancer CT screening CAD system by applying PSF-based reference virtual nodule set 査読

    Marasinghe JC, Ohkubo M, Kobayashi H, Yoshida A, Murao K, Matsumoto T, Sone S, Wada S

    European Congress of Radiology   C-1125   1 - 11   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:European Society of Radiology  

    DOI: 10.1594/ecr2015/C-1125

    researchmap

  • Diffuse Brain Abnormalities in Myotonic Dystrophy Type 1 Detected by 3.0 T Proton Magnetic Resonance Spectroscopy 査読

    Yuhei Takado, Kenshi Terajima, Masaki Ohkubo, Kouichirou Okamoto, Takayoshi Shimohata, Masatoyo Nishizawa, Hironaka Igarashi, Tsutomu Nakada

    EUROPEAN NEUROLOGY   73 ( 3-4 )   247 - 256   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    Patients with myotonic dystrophy type 1 (DM1) (n = 14) were compared with healthy controls (n = 13) using 3.0 T proton magnetic resonance spectroscopy (H-1-MRS) to investigate brain pathophysiology. H-1-MRS imaging revealed reduced N-acetylaspartate to creatine ratio (NAA/Cr) in multiple brain regions (average 24%), suggesting diffuse brain abnormalities among patients with DM1. Single-voxel H-1-MRS among patients with DM1 showed (1) reduced NAA in both the frontal cortex (23%) and frontal white matter (31%) and unaltered myo-inositol, suggesting neuronal abnormalities without significant gliosis; and (2) elevated glutamine in the frontal cortex (36%) and reduced glutamate in the frontal white matter (20%) among patients with DM1, suggesting abnormalities in the glutamatergic system in the brain of patients with DM1. We consider that these results reflect brain abnormalities that cannot be detected by neuropathological assessment in patients with DM1. (C) 2015 S. Karger AG, Basel

    DOI: 10.1159/000371575

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Validation of using PSF-based virtual nodules to assess the basic performances of lung cancer CT screening CAD system 査読

    Marasinghe JC, Ohkubo M, Wada S, Kobayashi H, Yoshida A, Murao K, Matsumoto T, Sone S

    Computer Assisted Radiology and Surgery 2014, 28th International and Exhibition   9 ( 1 (S236) )   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:CARS 2014  

    researchmap

  • Feasible method to assess the performance of a lung cancer CT screening CAD system in clinical practice: dependence on nodule size and density 査読

    Marasinghe JC, Ohkubo M, Kobayashi H, Murao K, Matsumoto T, Sone S, Wada S

    International Journal of Medical Physics, Clinical Engineering and Radiation Oncology   3 ( 2 )   107 - 116   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ijmpcero.2014.32016

    researchmap

  • [15O]H2O OSEM法PET画像でのsubset とiterationの組み合わせによる画素値の検討: FBP法を基準として 査読

    山野井理恵, 岡本浩一郎, 河村和紀, 大久保真樹, 鈴木雄治, 中村亨弥

    日本核医学会機関紙   51 ( 4 )   373 - 382   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of lung CT CAD performance by using PSF-based virtual nodules: a validation of the methodology 査読

    Marasinghe JC, Ohkubo M, Kobayashi H, Murao K, Matsumoto T, Sone S, Wada S

    MEDICAL PHYSICS INTERNATIONAL Journal   1 ( 2 )   350 - 350   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:The International Conference on Medical Physics 2013 (ICMP 2013)  

    researchmap

  • Observer-independent nodule-detectability index for low-dose lung cancer screening CT: A pilot study 査読

    Masaki Ohkubo, Shinichi Wada, Satoshi Kanai, Kazuhiro Ishikawa, Janaka C. Marasinghe, Toru Matsumoto

    Radiological Physics and Technology   6 ( 2 )   492 - 499   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    For the wide dissemination of lung cancer screening by low-dose computed tomography (CT), it is important to determine the optimal conditions for scan and image reconstruction based on objective standards of evaluation. Our aim in this study was to propose a quantitative index of nodule detectability without an observer test. It was essential to determine the apparent size and density of nodules visible on CT images for developing the nodule-detectability index based on a statistical observer-independent method. Therefore, we introduced a computer simulation technique for CT images based on the spatial resolution of the system to evaluate the size and density accurately. By use of scan/reconstruction parameter settings as employed for low-dose CT screening, a detectability index was obtained for target nodules (ideal spheres) of various sizes and with varying contrast (ΔCT) between nodule density and background density. The index was compared with the qualitative results of observer tests of nodule detectability. As the target nodule diameter or ΔCT was increased, the index value increased, implying improved nodule visibility. According to the index, the detection limits for nodules with ΔCTs of 70, 100, or 150 Hounsfield units were approximately 6, 5, and 4 mm in diameter, respectively. Index values were well correlated with nodule detectability as assessed by four observers. The proposed index was effective for quantifying nodule detectability, and its validity was confirmed by an observer test. This index has potential use in the determination of optimal scan/reconstruction parameters for lung cancer screening by low-dose CT without observer test. © 2013 Japanese Society of Radiological Technology and Japan Society of Medical Physics.

    DOI: 10.1007/s12194-013-0225-2

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Accurate determination of ct point-spread-function with high precision 査読

    Akihiro Kayugawa, Masaki Ohkubo, Shinichi Wada

    Journal of Applied Clinical Medical Physics   14 ( 4 )   216 - 226   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:John Wiley and Sons Ltd  

    The measurement of modulation transfer functions (MTFs) in computed tomography (CT) is often performed by scanning a point source phantom such as a thin wire or a microbead. In these methods the region of interest (ROI) is generally placed on the scanned image to crop the point source response. The aim of the present study was to examine the effect of ROI size on MTF measurement, and to optimize the ROI size. Using a 4 multidetector-row CT, MTFs were measured by the wire and bead methods for three types of reconstruction kernels designated as 'smooth', 'standard', and 'edge-enhancement' kernels. The size of a square ROI was changed from 30 to 50 pixels (approximately 2.9 to 4.9 mm). The accuracies of the MTFs were evaluated using the verification method. The MTFs measured by the wire and bead methods were dependent on ROI size, particularly in MTF measurement for the 'edge-enhancement' kernel. MTF accuracy evaluated by the verification method changed with ROI size, and we were able to determine the optimum ROI size for each method (wire/bead) and for each kernel. Using these optimal ROI sizes, the MTF obtained by the wire method was in strong agreement with the MTF obtained by the bead method in each kernel. Our data demonstrate that the difficulties in obtaining accurate MTFs for some kernels such as edge-enhancement can be overcome by incorporating the verification method into the wire and bead methods, allowing optimization of the ROI size to accurately determine the MTF.

    DOI: 10.1120/jacmp.v14i4.3905

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Application of PSF-based virtual nodules to assess the performance of lung cancer CT screening CAD system 査読

    Marasinghe JC, Ohkubo M, Kobayashi H, Murao K, Matsumoto T, Niizuma S, Sone S, Wada S

    Proceedings of Asia-Oceania Congress of Medical Physics   12 ( 1 )   249 - 252   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:12th Asia-Oceania Congress of Medical Physics (12th AOCMP)  

    researchmap

  • Application of CT-PSF-based computer-simulated lung nodules for evaluating the accuracy of computer-aided volumetry 査読

    Ayumu Funaki, Masaki Ohkubo, Shinichi Wada, Kohei Murao, Toru Matsumoto, Shinji Niizuma

    Radiological Physics and Technology   5 ( 2 )   166 - 171   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    With the wide dissemination of computed tomography (CT) screening for lung cancer, measuring the nodule volume accurately with computer-aided volumetry software is increasingly important. Many studies for determining the accuracy of volumetry software have been performed using a phantom with artificial nodules. These phantom studies are limited, however, in their ability to reproduce the nodules both accurately and in the variety of sizes and densities required. Therefore, we propose a new approach of using computer-simulated nodules based on the point spread function measured in a CT system. The validity of the proposed method was confirmed by the excellent agreement obtained between computer-simulated nodules and phantom nodules regarding the volume measurements. A practical clinical evaluation of the accuracy of volumetry software was achieved by adding simulated nodules onto clinical lung images, including noise and artifacts. The tested volumetry software was revealed to be accurate within an error of 20 % for nodules[5 mm and with the difference between nodule density and background (lung) (CT value) being 400-600 HU. Such a detailed analysis can provide clinically useful information on the use of volumetry software in CT screening for lung cancer. We concluded that the proposed method is effective for evaluating the performance of computer-aided volumetry software. © Japanese Society of Radiological Technology and Japan Society of Medical Physics 2012.

    DOI: 10.1007/s12194-012-0150-9

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 放射線治療における位置照合の容易化を目的としたEPID ポータル画像の周波数処理に関する検討 査読

    山田昌法, 大久保真樹, 粥川啓廣, 山田宏美, 松浦将孝, 三浦 貴, 楠本敏久

    日本放射線技術学会雑誌   68 ( 5 )   593 - 601   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.2012_JSRT_68.5.593

    researchmap

  • 脳動脈瘤クリップにおける磁化率アーチファクトの角度依存性の検討

    金沢 勉, 内藤健一, 斉藤宏明, 粥川啓廣, 岩崎友也, 大久保真樹, 木村元政

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   21   86 - 89   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Accuracy of lung nodule density on HRCT: analysis by PSF-based image simulation 査読

    Ken Ohno, Masaki Ohkubo, Janaka C. Marasinghe, Kohei Murao, Toru Matsumoto, Shinichi Wada

    JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS   13 ( 6 )   277 - 292   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MULTIMED INC  

    A computed tomography (CT) image simulation technique based on the point spread function (PSF) was applied to analyze the accuracy of CT-based clinical evaluations of lung nodule density. The PSF of the CT system was measured and used to perform the lung nodule image simulation. Then, the simulated image was resampled at intervals equal to the pixel size and the slice interval found in clinical high-resolution CT (HRCT) images. On those images, the nodule density was measured by placing a region of interest (ROI) commonly used for routine clinical practice, and comparing the measured value with the true value (a known density of object function used in the image simulation). It was quantitatively determined that the measured nodule density depended on the nodule diameter and the image reconstruction parameters (kernel and slice thickness). In addition, the measured density fluctuated, depending on the offset between the nodule center and the image voxel center. This fluctuation was reduced by decreasing the slice interval (i.e., with the use of overlapping reconstruction), leading to a stable density evaluation. Our proposed method of PSF-based image simulation accompanied with resampling enables a quantitative analysis of the accuracy of CT-based evaluations of lung nodule density. These results could potentially reveal clinical misreadings in diagnosis, and lead to more accurate and precise density evaluations. They would also be of value for determining the optimum scan and reconstruction parameters, such as image reconstruction kernels and slice thicknesses/intervals.

    Web of Science

    researchmap

  • Image filtering as an alternative to the application of a different reconstruction kernel in CT imaging: Feasibility study in lung cancer screening 査読

    Masaki Ohkubo, Shinichi Wada, Akihiro Kayugawa, Toru Matsumoto, Kohei Murao

    MEDICAL PHYSICS   38 ( 7 )   3915 - 3923   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    Purpose: While the acquisition of projection data in a computed tomography (CT) scanner is generally carried out once, the projection data is often removed from the system, making further reconstruction with a different reconstruction filter impossible. The reconstruction kernel is one of the most important parameters. To have access to all the reconstructions, either prior reconstructions with multiple kernels must be performed or the projection data must be stored. Each of these requirements would increase the burden on data archiving. This study aimed to design an effective method to achieve similar image quality using an image filtering technique in the image space, instead of a reconstruction filter in the projection space for CT imaging. The authors evaluated the clinical feasibility of the proposed method in lung cancer screening.
    Methods: The proposed technique is essentially the same as common image filtering, which performs processing in the spatial-frequency domain with a filter function. However, the filter function was determined based on the quantitative analysis of the point spread functions (PSFs) measured in the system. The modulation transfer functions (MTFs) were derived from the PSFs, and the ratio of the MTFs was used as the filter function. Therefore, using an image reconstructed with a kernel, an image reconstructed with a different kernel was obtained by filtering, which used the ratio of the MTFs obtained for the two kernels. The performance of the method was evaluated by using routine clinical images obtained from CT screening for lung cancer in five subjects.
    Results: Filtered images for all combinations of three types of reconstruction kernels ("smooth," "standard," and "sharp" kernels) showed good agreement with original reconstructed images regarded as the gold standard. On the filtered images, abnormal shadows suspected as being lung cancers were identical to those on the reconstructed images. The standard deviations (SDs) for the difference between filtered images and reconstructed images ranged from 1.9 to 23.5 Hounsfield units for all kernel combinations; these SDs were much smaller than the noise SDs in the reconstructed images.
    Conclusions: The proposed method has good performance and is clinically feasible in lung cancer screening. This method can be applied to images reconstructed on any scanner by measuring the PSFs in each system. (C) 2011 American Association of Physicists in Medicine. [DOI:10.1118/1.3590363]

    DOI: 10.1118/1.3590363

    Web of Science

    researchmap

  • 3T MRIを用いた筋強直性ジストロフィー1型患者の大脳皮質・白質の非侵襲的評価

    高堂 裕平, 五十嵐 博中, 寺島 健史, 大久保 真樹, 下畑 享良, 岡本 浩一郎, 西澤 正豊, 中田 力

    新潟県医師会報   728 ( 728 )   7 - 8   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:新潟県医師会  

    researchmap

  • 肺結節体積評価のための濃度閾値設定に関する3次元CT画像シミュレーション解析 査読

    大野 健, 舟木 歩, 大久保真樹, 和田真一, 粥川啓廣, 松本 徹, 村尾晃平

    医学物理   30 ( 2 )   39 - 48   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp.30.2_39

    researchmap

  • Gd-EOB-DTPA を用いた肝ダイナミックMRI の動脈優位相における画像アーチファクトに関するシミュレーション 査読

    深谷貴広, 内藤健一, 齋藤宏明, 瀧本宗徳, 粥川啓廣, 大久保真樹

    日本放射線技術学会雑誌   66 ( 9 )   1197 - 1203   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.66.1197

    researchmap

  • SSPを用いたCT画像の体軸方向空間分解能変換 査読

    粥川啓廣, 大久保真樹, 和田真一, 松本 徹, 村尾晃平, 山本眞司

    医学物理   30 ( 1 )   3 - 9   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp.30.1_3

    researchmap

  • 低線量MDCT検診における画質と線量の最適化のための一考察 査読

    和田真一, 松本 徹, 西沢かな枝, 大久保真樹

    日本CT検診学会誌   16 ( 3 )   187 - 194   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Determination of point spread function in computed tomography accompanied with verification 査読

    Masaki Ohkubo, Shinichi Wada, Satoshi Ida, Masayuki Kunii, Akihiro Kayugawa, Toru Matsumoto, Kanae Nishizawa, Kohei Murao

    MEDICAL PHYSICS   36 ( 6 )   2089 - 2097   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    A method for verifying the point spread function (PSF) measured by computed tomography has been previously reported [Med. Phys. 33, 2757-2764 (2006)]; however, this additional PSF verification following measurement is laborious. In the present study, the previously described verification method was expanded to PSF determination. First, an image was obtained by scanning a phantom. The image was then two-dimensionally deconvolved with the object function corresponding to the phantom structure, thus allowing the PSF to be obtained. Deconvolution is implemented simply by division of spatial frequencies (corresponding to inverse filtering), in which two parameters are used as adjustable ones. Second, an image was simulated by convolving the object function with the obtained PSF, and the simulated image was compared to the above-measured image of the phantom. The difference indicates the inaccuracy of the PSF obtained by deconvolution. As a criterion for evaluating the difference, the authors define the mean normalized standard deviation (SD) in the difference between simulated and measured images. The above two parameters for deconvolution can be adjusted by referring to the subsequent mean normalized SD (i.e., the PSF is determined so that the mean normalized SD is decreased). In this article, the parameters were varied in a fixed range with a constant increment to find the optimal parameter setting that minimizes the mean normalized SD. Using this method, PSF measurements were performed for various types of image reconstruction kernels (21 types) in four kinds of scanners. For the 16 types of kernels, the mean normalized SDs were less than 2.5%, indicating the accuracy of the determined PSFs. For the other five kernels, the mean normalized SDs ranged from 3.7% to 4.8%. This was because of a large amount of noise in the measured images, and the obtained PSFs would essentially be accurate. The method effectively determines the PSF, with an accompanying verification, after one scanning of a phantom.

    DOI: 10.1118/1.3123762

    Web of Science

    researchmap

  • Accurate determination of CT PSF with high precision 査読

    A. Kayugawa, S. Wada, M. Ohkubo, T. Matsumoto, K. Murao

    WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING, VOL 25, PT 2 - DIAGNOSTIC IMAGING   25 ( II )   806 - 809   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER  

    A method for verifying the point spread function (PSF) measured by computed tomography has been previously reported [1]. However, this additional PSF verification following measurement is laborious. In the present study, the previously described verification method was expanded to PSF determination [2], that is, the PSF determination and verification were performed concurrently by one scanning of the phantom. Using this method, PSF measurements were performed for 10 types of image reconstruction kernels in two kinds of scanners. As a result, accurate PSF determinations were achieved. Also, reproducibility for determining the PSF was investigated by using four slice images. Using each image, the PSF was determined by the proposed method. The MTFs were derived from the PSFs, and that variation was evaluated. The standard deviation (SD) of the MTFs was found to be small, suggesting the stability for determining the PSF. Our method was concluded to be accurate with high precision determining the CT PSF.

    DOI: 10.1007/978-3-642-03879-2_225

    Web of Science

    researchmap

  • Imaging of small spherical structures in CT: simulation study using measured point spread function 査読

    Masaki Ohkubo, Shinichi Wada, Masayuki Kunii, Toru Matsumoto, Kanae Nishizawa

    MEDICAL & BIOLOGICAL ENGINEERING & COMPUTING   46 ( 3 )   273 - 282   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    Size and density measurements of objects undertaken using computed tomography (CT) are clinically significant for diagnosis. To evaluate the accuracy of these quantifications, we simulated three-dimensional (3D) CT image blurring; this involved the calculation of the convolution of the 3D object function with the measured 3D point spread function (PSF). We initially validated the simulation technique by performing a phantom experiment. Blurred computed images showed good 3D agreement with measured images of the phantom. We used this technique to compute the 3D blurred images from the object functions, in which functions are determined to have the shape of an ideal sphere of varying diameter and assume solitary pulmonary nodules with a uniform density. The accuracy of diameter and density measurements was determined. We conclude that the proposed simulation technique enables us to estimate the image blurring precisely of any 3D structure and to analyze clinical images quantitatively.

    DOI: 10.1007/s11517-007-0283-x

    Web of Science

    researchmap

  • MR用簡易ファントムを用いた磁化率強調画像(Susceptibility-weighted Imaging:SWI)の基礎的検討 査読

    太田絢子, 内藤健一, 大久保真樹, 猪又聖美, 大越幸和, 岡本浩一郎, 伊藤周子

    日本放射線技術学会雑誌   63 ( 9 )   1093 - 1098   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.63.1093

    researchmap

  • Identification of the anterior ethmoid arteries on thin-section axial images and coronal reformatted orbit images by means of multidetector row CT 査読

    N. Takahashi, M. Ohkubo, T. Higuchi, H. Maeda

    CLINICAL RADIOLOGY   62 ( 4 )   376 - 381   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO LTD  

    AIM: The aim of this study was to identify anterior ethmoid arteries on thin-section axial images and coronal reformatted images of the orbits using multidetector row computed tomography (CT).
    MATERIALS AND METHODS: One hundred and thirty-two patients underwent paranasal CT using a 16-row detector CT (n = 59) or a 6-row detector CT machine (n = 73) at 1 or 1.25 mm section width, respectively. Coronal images were reformatted at section widths of 3 and 1 mm. The anterior ethmoid arteries were identified for each patient. Differences were assessed using the chi-square test.
    RESULTS: All CT images were of approximately average diagnostic quality. Anterior ethmoid arteries were identified in 97.5 and 96.6% at section thicknesses of 1 and 1.25 mm on the axial images, respectively. There was no statistically significant difference in the detection rate (p=0.89). On the corona[ images, anterior ethmoid arteries were presented tangentially in 75.4 and 90.2% at section widths of 3 and 1 mm, respectively. The visibility of the anterior ethmoid arteries was rated significantly better on coronal images at a section width of 1 mm than on those at section widths of 3 mm (p < 0.001).
    CONCLUSION: Thin-section axial images and corona[ reformatted images using multi-detector row CT mostly depict anterior ethmoid arteries, and are useful to identify anterior ethmoid arteries for preoperative evaluation of paranasal sinuses. (c) 2006 The Royal College of Radiologists. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.crad.2006.11.010

    Web of Science

    researchmap

  • Increase in glutamate as a sensitive indicator of extracellular matrix integrity in peritumoral edema: a 3.0-tesla proton magnetic resonance spectroscopy study 査読

    Teruo Kimura, Masaki Ohkubo, Hironaka Igarashi, Ingrid L. Kwee, Tsutomu Nakada

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   106 ( 4 )   609 - 613   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS  

    Object. The authors of previous studies based on diffusion tensor imaging have indicated that there are two types of peritumoral edema-namely, edema with preserved structural integrity of the glial matrix and edema with compromised glial matrix. The authors of this study hypothesized that functionality of the glutamate (Glu)-glutamine shuttle, a vital neuron-glia interaction, may be differentially affected by peritumoral edema. They tested this hypothesis using proton magnetic resonance (MR) spectroscopy on a 3.0-tesla system that is capable of quantifying Glu without need of editing.
    Methods. Twenty-three patients, each with a single brain tumor mass and peritumoral edema (nine high-grade gliomas, eight metastatic brain tumors, and six meningiomas), and nine healthy individuals participated in this study. Single-voxel proton MR imaging targeting the region of peritumoral edema was performed using a 3.0-tesla system.
    Glutamate levels in the peritumoral edema of nonglial tumors was significantly elevated (p < 0.01) compared with edema associated with glial tumors or normal white matter. The finding confirmed that peritumoral edema in nonglial tumors is distinct from that of glial tumors, as previously indicated in diffusion tensor imaging studies. The authors hypothesized that the former condition represents a compensatory increase in activities of the Glu-glutamine shuttle brought about by simple expansion of the extracellular space due to edema.
    Conclusions. The assessment of Glu concentrations in peritumoral edema using 3.0-tesla proton MR spectroscopy may be developed into an objective index of the structural integrity of the glial matrix.

    DOI: 10.3171/jns.2007.106.4.609

    Web of Science

    researchmap

  • 脳血流PET 検査における15O-H2O投与量の違いに対する画像の評価 査読

    山野井理恵, 河村和紀, 岡本浩一郎, 大久保真樹

    新潟核医学懇話会記録集   35   22 - 26   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • The CT image standardization based on the verified PSF. 査読

    Shinichi Wada, Masaki Ohkubo, Masayuki Kunii, Toru Matsumoto, Kohei Murao, Kazuo Awai, Mitsuru Ikeda

    MEDICAL IMAGING 2007: PHYSICS OF MEDICAL IMAGING, PTS 1-3   6510 ( 65104D )   1 - 8   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    This study discusses a method of CT image quality standardization that uses a point-spread function (PSF) in MDCT. CT image I(x,y,z) is represented by the following formula: I(x,y,z) = O(x,y,z)***PSF(x,y,z). Standardization was performed by measuring the three-dimensional (3-D) PSFs of two CT images with different image qualities. The image conversion method was constructed and tested using the 3-D PSFs and CT images of the CT scanners of three different manufacturers. The CT scanners used were Lightspeed QX/i, Somatom Volume Zoom, and Brilliance-40. To obtain the PSF(x,y) of these CT scanners, the line spread functions of the respective reconstruction kernels were measured using a phantom described by J.M. Boone. The kernels for each scanner were: soft, standard, lung, bone, and bone plus (GE); B20f, B40f, B41f, B50f, and B60f (Siemens); and B, C, D, E, and L (Philips). Slice sensitivity profile (SSP) were measured using a micro-disk phantom (50 mu m* phi 1 mm) with 5 mm slice thickness and beam pitch of 1.5 (GE, Siemens) and 0.626 (Philips). 3-D PSF was verified using an MDCT QA phantom. Real chest CT images were converted to images with contrasting standard image quality. Comparison between the converted CT image and the original standard image showed good agreement. The usefulness of the image conversion method is discussed using clinical CT images acquired by CT scanners produced by different manufacturers.

    DOI: 10.1117/12.708888

    Web of Science

    researchmap

  • An effective method to verify line and point spread functions measured in computed tomography 査読

    Masaki Ohkubo, Sinichi Wada, Toru Matsumoto, Kanae Nishizawa

    MEDICAL PHYSICS   33 ( 8 )   2757 - 2764   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC PHYSICISTS MEDICINE AMER INST PHYSICS  

    This study describes an effective method for verifying line spread function (LSF) and point spread function (PSF) measured in computed tomography (CT). The CT image of an assumed object function is known to be calculable using LSF or PSF based on a model for the spatial resolution in a linear imaging system. Therefore, the validities of LSF and PSF would be confirmed by comparing the computed images with the images obtained by scanning phantoms corresponding to the object function. Differences between computed and measured images will depend on the accuracy of the LSF and PSF used in the calculations. First, we measured LSF in our scanner, and derived the two-dimensional PSF in the scan plane from the LSF. Second, we scanned the phantom including uniform cylindrical objects parallel to the long axis of a patient's body (z direction). Measured images of such a phantom were characterized according to the spatial resolution in the scan plane, and did not depend on the spatial resolution in the z direction. Third, images were calculated by two-dimensionally convolving the true object as a function of space with the PSF. As a result of comparing computed images with measured ones, good agreement was found and was demonstrated by image subtraction. As a criterion for evaluating quantitatively the overall differences of images, we defined the normalized standard deviation (SD) in the differences between computed and measured images. These normalized SDs were less than 5.0% (ranging from 1.3% to 4.8%) for three types of image reconstruction kernels and for various diameters of cylindrical objects, indicating the high accuracy of PSF and LSF that resulted in successful measurements. Further, we also obtained another LSF utilizing an inappropriate manner, and calculated the images as above. This time, the computed images did not agree with the measured ones. The normalized SDs were 6.0% or more (ranging from 6.0% to 13.8%), indicating the inaccuracy of the PSF and LSF. We could verify LSFs and PSFs for three types of reconstruction kernels, and demonstrated differences between modulation transfer functions (MTFs) derived from validated LSFs and inaccurate LSFs. Our technique requires a simple phantom that is suitable for clinical scanning, and does not require a particular phantom containing some metals or specific fine structures, as required in methods previously used for measurements of spatial resolution. Therefore, the scanned image of the phantom will be reliable and of good quality, and this is used directly as a confident reference image for the verification. When one obtains LSF, PSF or MTF values, verification using our method is recommended. Further, when another method for the measurement of LSF and PSF is developed, it could be validated using our technique, as illustrated in the method proposed by Boone [Med. Phys. 28, 356-360 (2001)] and used in this paper. (C) 2006 American Association of Physicists in Medicine.

    DOI: 10.1118/1.2214168

    Web of Science

    researchmap

  • Parietal white matter abnormalities in obsessive-compulsive disorder: a magnetic resonance spectroscopy study at 3-Tesla 査読

    H. Kitamura, T. Shioiri, T. Kimura, M. Ohkubo, T. Nakada, T. Someya

    ACTA PSYCHIATRICA SCANDINAVICA   114 ( 2 )   101 - 108   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Objective: To identify a neurochemical basis for the hypothesis that an aberrant cortico-subcortical circuit underlies obsessive-compulsive disorder (OCD). The white matter was also investigated because of recent research which suggests the altered connectivity of axons.
    Method: Using 3-Tesla magnetic resonance spectroscopy, the relative concentrations of N-acetylaspartate (NAA) and choline-containing compounds (Cho) to creatine/phosphocreatine (Cr) were measured in the anterior cingulate, basal ganglia, thalamus, frontal and parietal white matter of 12 OCD patients, and 32 control subjects.
    Results: The mean concentration of Cho/Cr was significantly higher in the patients than in the controls, but only in the parietal white matter, while no significant group differences in NAA/Cr were observed in any of the brain regions. Parietal Cho/Cr correlated positively with the severity of OCD symptoms.
    Conclusion: This finding provides indirect evidence for the parietal white matter involvement in OCD, thus suggesting a change in the phospholipids of myelinated axons and/or glia cells.

    DOI: 10.1111/j.1600-0447.2006.00858.x

    Web of Science

    researchmap

  • CT画像系において測定された line spread function (PSF) および point spread function (PSF) の精度評価法に関する研究 査読

    國井正之, 和田真一, 大久保真樹, 原田正紘, 西澤かな枝, 松本 徹

    医学物理   26 ( 2 )   57 - 64   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp2000.26.2_57

    researchmap

  • A method of accuracy evaluation of line spread function (LSF) and point spread function (PSF) measured in computed tomography. 査読

    Shinichi Wada, Masaki Ohkubo, Toru Matsumoto, Kanae Nishizawa

    MEDICAL IMAGING 2006: PHYSICS OF MEDICAL IMAGING, PTS 1-3   6142   61423I-1 - 61423I-8   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    This study describes a method of accuracy evaluation of verifying the line spread function (LSF) and point spread function (PSF) measured in computed tomography (CT). The CT image of an assumed object-function was calculated using LSF or PSF based on a model to understand spatial resolution in the imaging system. Validities of LSF and PSF were confirmed by comparing the calculated image with the scanned image of the phantom corresponding to the object-function. Differences between the scanned and calculated images depended on accuracies of LSF and PSF used in the calculations. First, we measured LSF in a scanner, and derived the two-dimensional PSF in the scan-plane from LSF. Second, we scanned the phantom including uniform cylindrical objects parallel to the long axis of a patient's body (z-direction). Scanned images of such a phantom were characterized according to spatial resolution in the scan-plane, and didn't depend on spatial resolution in the z-direction. Third, images were calculated by two-dimensionally convolving the object-function with PSF, which object-function was determined to correspond to the phantom. Calculated images agreed with scanned images, confirming validities of PSF and LSF. On the other hand, we obtained another LSF with an inappropriate manner, and calculated images as mentioned above. On this case, the calculated images did not agree with the scanned images, indicating the inaccuracy of LSF. We could verify LSFs and PSFs for three types of reconstruction kernels. When one obtains LSF, PSF or MTF, verification using the proposed method is recommended.

    DOI: 10.1117/12.654087

    Web of Science

    researchmap

  • 肝臓 ダイナミック MRI における 3D-VIBE法 の至適フリップ角の検討 査読

    内藤健一, 大越幸和, 大久保真樹, 八木下裕子, 岡 純子, 太田絢子, 山本哲史, 駒澤絵美

    日本放射線技術学会雑誌   61 ( 10 )   1441 - 1446   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00004039788

    researchmap

  • Validation of the blurring of a small object on CT images calculated on the basis of three-dimensional spatial resolution 査読

    Ohkubo M, Wada S, Saito M

    Igaku Butsuri   25 ( 3 )   132 - 140   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp2000.25.3_132

    researchmap

  • High-resolution magnetic resonance of the extracranial facial nerve and parotid duct: demonstration of the branches of the intraparotid facial nerve and its relation to parotid tumours by MRI with a surface coil 査読

    N Takahashi, K Okamoto, M Ohkubo, M Kawana

    CLINICAL RADIOLOGY   60 ( 3 )   349 - 354   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO LTD  

    AIM: To investigate the usefulness of high-resolution MR imaging in the evaluation of the extracranial. facial nerve, compared with surgical findings.
    MATERIALS AND METHODS: Thirteen patients with benign parotid tumours were studied on a 1.5-T MR system with a 3 in circular surface coil. High-resolution T1-weighted spin-echo, T2-weighted fast spin-echo, and three-dimensional gradient-recalled acquisition in the steady state (GRASS) images were obtained in the axial planes. Oblique reformatted images were generated. Tumours, parotid ducts and facial nerves were identified on these images. The relationship of the tumours to the facial nerves was confirmed at surgery.
    RESULTS: Facial nerves appeared as linear structures of low intensity on all pulse sequences. The main trunks and cervicofacial and temporofacial divisions of the facial nerves were identified in 100%, 84.1% and 53.8% of GRASS images, respectively. Parotid ducts appeared as structures of low intensity on T1-weighted (66.6%) and GRASS images (81.8%), and as structures of very high intensity on T2-weighted images (91.7%). The relationships of the tumours to the facial nerves were correctly diagnosed in 11 (91.7%) of 12 cases.
    CONCLUSION: High-resolution MR imaging depicts the extracranial facial nerve and the parotid duct, and is useful for preoperative evaluation of parotid gland tumours. (C) 2005 The Royal College of Radiologists. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.crad.2004.06.018

    Web of Science

    researchmap

  • Endorectal Coil の特性評価 MRS での使用を目的とした検討 査読

    八木下裕子, 内藤健一, 太田絢子, 岡 純子, 大越幸和, 大久保真樹

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   14   149 - 151   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 肝臓 dynamic MRI における 3D VIBE の有用性 査読

    内藤健一, 八木下裕子, 岡 純子, 太田絢子, 大越幸和, 大久保真樹

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   14   139 - 141   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Measurements and precisions of point spread function of multi-slice CT 査読

    S Wada, M Ohkubo, T Matsumoto

    Medical Imaging 2005: Physics of Medical Imaging, Pts 1 and 2   5745 ( 22 )   1209 - 1216   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING  

    The determination of point spread function (PSF) is essential for the assessment of the performance of multi-slice CT corresponding to particular scanning or reconstruction condition. We studied the accuracy of the method for determination of PSF. The precision were evaluated with use of special made phantom and computer simulations. The PSF of some kinds of multi-slice CT were evaluated under the several scanning or reconstruction conditions. The performances were compared with each other and discussed. The PSF (x, y, z) was measured with separate components of PSF (x, y)) and LSF(z). In the measurement of PSF(x, y) and LSF(z), we used Boone phantom and delta phantom respectively. The PSF(x,y) was calculated from LSF(x) and LSF(y). The LSF(z) obtained from delta phantom was added for the calculation of PSF(x,y,z) with use of the following formula..
    PSF(x, y, z) = PSF(x, y) (.) LSF(Z) = LSF(x) (.) LSF(y) (.) LSF(z)
    The precision for the obtained LSF and PSF were evaluated by phantom experiment with computer simulation using following equations.
    I (x) = LSF(x) * O(x)
    I(x, y, z) = integral(infinity)(-infinity)integral(infinity)(-infinity)integral O-infinity(-infinity)(x, y, z) (.) PSF(x - x', y - y', z - z') dx dy dz
    The precision of the measured PSF(x, y) was evaluated to be a good approximation for the image of the blood-vessel phantom. The results propose the method for the evaluation of the precision of measured point spread function.. At the same time this results suggests the method of the calculation of the CT image affected by spatial resolution.

    DOI: 10.1117/12.596683

    Web of Science

    researchmap

  • CT画像系におけるline spread function(LSF)およびslice sensitivity profile(SSP)とpoint spread function(PSF)の関連 査読

    大久保真樹, 和田真一, 小林悌二, 李 鎔範, 蔡 篤儀

    医学物理   24 ( 3 )   115 - 122   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11323/jjmp2000.24.3_115

    researchmap

  • Medical image classification using genetic-algorithm based fuzzy-logic approach 査読

    DY Tsai, Y Lee, M Sekiya, M Ohkubo

    JOURNAL OF ELECTRONIC IMAGING   13 ( 4 )   780 - 788   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:I S & T - SOC IMAGING SCIENCE TECHNOLOGY  

    In this paper we present a genetic-algorithm-based fuzzy-logic approach for computer-aided diagnosis scheme in medical imaging. The scheme is applied to discriminate myocardial heart disease from echocardiographic images and to detect and classify clustered microcalcifications from mammograms. Unlike the conventional types of membership functions such as trapezoid, triangle, S curve, and singleton used in fuzzy reasoning, Gaussian-distributed fuzzy membership functions (GDMFs) are employed in the present study. The GDMFs are initially generated using various texture-based features obtained from reference images. Subsequently the shapes of GDMFs are optimized by a genetic-algorithm learning process. After optimization, the classifier is used for disease discrimination. The results of our experiments are very promising. We achieve an average accuracy of 96% for myocardial heart disease and accuracy of 88.5% at 100% sensitivity level for micro-calcification on mammograms. The results demonstrated that our proposed genetic-algorithm-based fuzzy-logic approach is an effective method for computer-aided diagnosis in disease classification. 2004, SPIE and IST.

    DOI: 10.1117/1.1786607

    Web of Science

    researchmap

  • CT angiographyの血管描出能とpoint spread functionの関係 査読

    和田真一, 大久保真樹, 田中 孝, 吉村宣彦, 笹井啓資, 松本 徹

    胸部CT検診   10 ( 2 )   200 - 209   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • spiral SPGR法の基礎的検討 査読

    八木下裕子, 大越幸和, 内藤健一, 柴木充朗, 大久保真樹

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   13   112 - 115   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Elliptical Centric法を用いた造影三次元MR Angiographyにおける造影効果持続時間および撮像タイミングに関する検討 査読

    八木下裕子, 大越幸和, 大久保真樹, 内藤健一, 井上智子, 蔡 篤儀

    日本放射線技術学会雑誌   59 ( 12 )   1555 - 1560   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00000921687

    researchmap

  • Fast RecoveryパルスによるFast Spin Echo画像の信号強度の増加に関する検討 査読

    大久保真樹, 大越幸和, 内藤 健一, 八木下裕子, 蔡 篤儀

    日本放射線技術学会雑誌   59 ( 7 )   879 - 882   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00003174218

    researchmap

  • An integrated fuzzy-GA-based CAD system for disease discriminations 査読

    Tsai D-Y, Lee Y, Sekiya M, Ohkubo M, Kojima K, Yamada I

    Proceedings of the IASTED International Conference on BIOMEDICAL ENGINEERING   166 - 171   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 3D FIESTA法の基礎的検討 査読

    内藤健一, 大越幸和, 八木下裕子, 柴木充朗, 大久保真樹

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   12   124 - 127   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 造影三次元MR angiography における撮像タイミングに関するシミュレーション 査読

    大久保真樹, 大越幸和, 井上智子, 内藤健一, 八木下裕子, 蔡 篤儀

    日本放射線技術学会雑誌   58 ( 5 )   705 - 710   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00001364431

    researchmap

  • Evaluation of efficacy of an automated single-voxel proton MRS algorithm on a 3T system 査読

    Masaki Ohkubo, Teruo Kimura, Hitoshi Matsuzawa, Tsuyoshi Matsuda, Ingrid L. Kwee, Tsutomu Nakada

    Magnetic Resonance in Medical Sciences   1 ( 2 )   121 - 124   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: To evaluate the efficacy of a fully automatic, single-voxel, proton MR spectroscopy algorithm on a 3.0T MR system. Methods: The PROBE/SVQ algorithm (GE Medical Systems) was evaluated on a General Electric (GE) Signa LX-3T system. Ten normal volunteers (female, 21.1±2.0 years old) participated in the study. Nine representative regions of interest were examined, namely, right and left frontal white matter
    right and left parietal white matter
    right and left basal ganglia
    right and left dentate nucleus
    and pons. Results: The mean coefficients of variation in all regions for the N-acetyl-aspartate to creatine ratio (NAA/Cr), choline to creatine ratio (Cho/Cr), and choline to N-acetyl-aspartate ratio (Cho/NAA) were 10.2±2.4%, 11.4±3.2% and 12.6±1.4%, respectively. Conclusion: A fully automated spectroscopic examination under clinical setting utilizing the PROBE/SVQ algorithm appears to be a reliable method, extending the window of routine clinical assessment of brain metabolism. © 2002 by Japanese Society for Magnetic Resonance in Medicine.

    DOI: 10.2463/mrms.1.121

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • GE社製MRI装置Signaの頭頚部用Neurovascular Array Coilの評価 査読

    内藤健一, 大越幸和, 井上智子, 大久保真樹, 八木下裕子

    新大医保紀要   7 ( 3 )   357 - 361   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 造影三次元 MR angiography における造影効果の持続時間に関するシミュレーション 査読

    大久保 真樹, 大越 幸和, 井上 智子, 内藤 健一, 鈴木 清隆

    日本磁気共鳴医学会雑誌   21 ( 5 )   186 - 192   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A Morphology-Based Method for Automated Detection of Clustered Microcalcifications 査読

    Tsai D-Y, Sekiya M, Lee Y, Yamazaki Y, Ohkubo M, Kojima K, Yamaada I

    Proceedings of the IASTED International Conference SIGNAL PROCESSING, PATTERN RECOGNITION & APPLICATIONS   159 - 162   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 造影3次元MR angiographyに関する基礎的検討ー造影効果持続時間および撮像のタイミングについてー 査読

    井上智子, 大越幸和, 大久保真樹, 内藤健一

    新大医保紀要   7 ( 2 )   265 - 270   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 超高磁場MR装置を用いたプロトンスペクトロスコピーに関する基礎研究 招待 査読

    大久保真樹, 中田 力, 松沢 等, 松田 豪

    INNERVISION   15 ( 8 )   66   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 超高磁場MRI装置による顎関節画像撮影の初期検討 査読

    山川智子, 大久保真樹, 羽柴正夫, 中田 力, 伊藤壽助

    日磁医誌   20 ( 2 )   80 - 92   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A comparative study of simple methods to quantify cerebral blood flow with acetazolamide challenge by using iodine-123-IMP SPECT with one-point arterial sampling 査読

    M Ohkubo, Odano, I

    ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE   14 ( 2 )   115 - 120   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY NUCLEAR MEDICINE  

    The aim of this study was to compare the accuracy of simplified methods for quantifying rCBF with acetazolamide challenge by using I-123-N-isopropyl-p-iodoamphetamine (IMP) and SPECT with one-point arterial sampling. After acetazolamide administration we quantified rCBF in 12 subjects by the following three methods: (a) the modified microsphere method, (b) the IMP-autoradiographic (ARG) method based on a two-compartment one-parameter model, and (c) the simplified method based on a two-compartment two-parameter model (functional IMP method). The accuracy of these methods was validated by comparing rCBF values with those obtained by the standard method: the super-early microsphere method with continuous withdrawal of arterial blood. On analyzing rCBF in each flow range (0-0.25, 0.25-0.5, 0.5-0.75 and more than 0.75 ml/g/min), rCBF values obtained by both methods (a) and (c) showed significant correlations (p < 0.01) with those obtained by the standard method in every range, but rCBF values obtained by method (b) did not significantly correlated in the high flow range (0.5-0.75 and more than 0.75 ml/g/min). Method (c) was found to be the most accurate, even though it needs two serial SPECT scans. When requiring one SPECT scan, method (a) was considered to be superior to method (b) because of its accuracy, especially in high flow regions loaded with acetazolamide.

    DOI: 10.1007/BF02988590

    Web of Science

    researchmap

  • Noninvasive quantification of cerebral blood flow using Tc-99m-ECD and SPECT 査読

    Odano, I, M Ohkubo, T Yokoi

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   40 ( 10 )   1737 - 1744   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC NUCLEAR MEDICINE INC  

    The aim of this study was to develop a simple, noninvasive method for quantifying regional cerebral blood flow (rCBF) using Tc-99m-ethyl cysteinate dimer (ECD) by a single SPECT scan and single venous sampling. Methods: Using a three-compartment model, we introduced the regional brain fractionation index (BF!); Cb(T-s)/integral(0)(Ts) Ca(tau)d tau[Ca(t), arterial input; Cb(t), brain activity]. Regional BFI obtained at the optimum time T-s (min) was converted to rCBF using an exponential function, which was obtained by analyzing the relationship between regional BFI and rCBF (= F) obtained by the standard Xe-133 inhalation SPECT method. The integral of the concentration of Tc-99m-ECD in arterial blood corrected for physical decay [Ca(t)] in BFI was estimated from a single venous blood sample obtained at the optimum time T-v using the regression line obtained by analyzing the relationship between the integral of Ca(t) and venous sample data. The data come from three groups of patients. The first group of patients (n = 16) underwent a complete Tc-99m-ECD BFI study with measurement of Ca(t) and dynamic SPECT scanning, as well as a Xe-133 inhalation study to measure rCBF. The results were used to analyze the relationship between regional BFI and rCBF (obtained with Xe-133) and to determine the optimum time T-s for obtaining BFI. Data from the second group of patients (n = 15) were used to analyze the relationship between the integral of Ga(t) and venous sample data and to determine the optimum time T-v for one-point Venous blood sampling. Finally, the third group of patients (8 patients, 10 studies) was used to validate the current method by comparing the results with Xe-133 inhalation SPECT. Results: Regional BFI obtained at time T-s = 20 min showed good agreement (r = 0.907; a = 0.552, b = 0.962) with rCBF. The venous sample data obtained at time T-v = 6 min showed a good correlation (r = 0.988) with BFI. In comparing rCBF Values thus obtained and those obtained by the Xe-133 method, we found a good correlation (r = 0.917, slope = 1.01). Conclusion: The proposed method has three advantages: (a) accurate quantification of rCBF without underestimation in the high flow range, (b) simplicity and noninvasiveness and (c) the ability to use any type of SPECT camera for the study.

    Web of Science

    researchmap

  • Quantification of cerebral blood flow using technetium-99m ethyl cysteinate dimer and single-photon emission tomography 査読

    Odano, I, M Ohkubo

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   26 ( 3 )   246 - 252   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    The aim of this study was to develop a new method for quantifying regional cerebral blood flow (rCBF) with technetium-99m ethyl cysteinate dimer (ECD) and single-photon emission tomography (SPET). Employing a three-compartment model, we introduced a parameter, regional brain fractionation index (BFI), that reflects rCBF values and is obtained by a single SPET scan at optimum time T (min) after tracer injection and the integral of arterial input. By analysing the dynamic SPET and arterial blood sampling data of 15 subjects, including the results of acetazolamide challenges, with the graphical plot method, optimum time T was determined to be approximately 20 min post injection. Regional BFI values of each subject were calculated from the single SPET data at 20 min and arterial input. The relationship between the values of regional BFI and rCBF obtained by xenon-133 inhalation SPET was analysed by approximation with an exponential function, resulting in good agreement (r = 0.907). In the present method, I CBF values were determined from regional BFI values by using the inverse exponential function as a non-linear regression curve. To validate the method, we applied it to six other subjects, in whom acetazolamide challenges were also performed. In comparing rCBF values thus obtained and those obtained by Xe-133 inhalation SPET, we found a good correlation (r = 0.901) with an inclination approximating 1 (= 1.02) and without underestimation of rCBF in the high-flow range. Since the present method does not require dynamic planar imaging or dynamic SPET scanning, it can be applied to any type of SPET scanner and is useful in clinical SPET studies.

    DOI: 10.1007/s002590050384

    Web of Science

    researchmap

  • Diamox負荷時における123I-IMP SPECTを用いたマイクロスフェアモデルに基づく局所脳血流量定量法の精度の検討 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 野口栄吉, 大滝広雄, 柴木充朗, 土橋幸夫, 横井孝司

    核医学   35 ( 3 )   147 - 151   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 分割投与99mTc-ECD SPECTと静脈採血によるDiamox負荷前後の脳血流測定法 査読

    小田野行男, 大久保真樹, 野口栄吉, 大滝広雄, 柴木充朗, 土橋幸夫

    核医学   35 ( 2 )   74 - 75   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 99mTc-ECD SPECTを用いた3-コンパートメントモデルに基づく脳血流測定法 査読

    小田野行男, 大久保真樹, 野口栄吉, 大滝広雄, 柴木充朗, 土橋幸夫

    核医学   35 ( 8 )   702 - 703   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 細胞動態からみた薬剤併用放射線照射における細胞致死効果 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 日向浩, 酒井邦夫, 伊藤猛, 末山博男

    関越UFT研究会   10   7 - 10   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • FM3A細胞における5-FU+CDDPの放射線増感効果の細胞動態学的検討 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 日向 浩, 酒井邦夫

    新大医短紀要   6 ( 2 )   229 - 232   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 99mTc-ECD SPECTを用いたマイクロスフェアーモデルに基づく非侵襲的な脳血流測定1点動脈または静脈 採血法 査読

    小田野行男, 大久保真樹, 野口栄吉, 大滝広雄, 柴木充朗, 土橋幸夫

    核医学   34 ( 12 )   1111 - 1117   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • I-123 IMP SPECTによる簡便なrCBF定量測定法の臨床応用, 招待 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 野口栄吉, 大滝広雄, 柴木充朗, 土橋幸夫

    映像情報メディカル   29 ( 22 )   1330 - 1333   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Quantification of cerebral blood flow and partition coefficient using iodine-123-iodoamphetamine 査読

    Odano, I, M Ohkubo, M Takahashi

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   38 ( 8 )   1248 - 1253   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC NUCLEAR MEDICINE INC  

    The aim of this study was to develop a simple, noninvasive method for quantifying both regional cerebral blood flow (rCBF) and the partition coefficient (lambda) using N-isopropyl-p-[I-123]iodoamphetamine and SPECT. Methods: By employing a two-compartment model (influx, K-1; outflux, k(2)), a new method was introduced that requires two serial SPECT scans at 30 min and 60 min, and a single arterial sample 5 min after tracer injection. The integral of the arterial input function is inferred from the sample by using the correlation obtained from 25 subjects. Two original mathematical functions, Phi for K-1 and Gamma for h (= K-1/k(2)), were obtained from the input functions of 12 subjects. The values of K-1 and lambda are determined from the two scans and the single arterial sample by using these functions. The values obtained for K-1 (= rCBF) and lambda weve compared with those obtained by nonlinear least-squares fitting analysis and the Xe-133 inhalation SPECT method, Results: K-1 and lambda were in good agreement with the values obtained by nonlinear least-squares fitting analysis (r = 0.873 in K-1 and r = 0.825 in lambda), and rCBF values were closely correlated with those obtained by the Xe-133 method (r = 0.843). Conclusion: The proposed method has three advantages: (a) accurate, simultaneous quantification of both rCBF and the partition coefficient; (b) simplicity and noninvasiveness; and (c) a relatively short period (approximately 70 min) for the study.

    Web of Science

    researchmap

  • A comparative study of simple methods to measure regional cerebral blood flow using iodine-123-IMP SPECT 査読

    M Ohkubo, Odano, I, M Takahashi

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   38 ( 4 )   597 - 601   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SOC NUCLEAR MEDICINE INC  

    The aim of this study was to compare the accuracy and reliability of simple methods of quantifying regional cerebral blood Row (rCBF) with I-123-labeled N-isopropyl-p-iodoamphetamine (IMP) and SPECT and to determine which method was best. Methods: Four methods were examined: (a) the microsphere method with continuous withdrawal of arterial blood, which was based on a microsphere model using the SPECT image obtained 5 min after tracer injection, (b) the microsphere method with one-point sampling, which was the same as the first method except that one-point sampling was used instead of continuous withdrawal, (c) the modified microsphere method with one-point sampling, which was the same as the second method except that a later SPECT image (30-min postinjection) with correction was used and (d) a table look-up method based on a two-compartment model with one-point arterial blood sampling and two SPECT scans obtained 40- and 180-min postinjection. The accuracy of these methods was validated by comparing the rCBF values with those obtained by nonlinear least squares fitting analysis based on the two-compartment model in 15 subjects. Results: Regional cerebral blood flow values obtained by the first method correlated most closely with those obtained by nonlinear least squares fitting analysis (error, 6.8%). The second method estimated rCBF with a mean error of 10.4%. The third method estimated rCBF with a mean error of 13.1%, even though it tended to slightly overestimate rCBF. The fourth method was inclined to underestimate rCBF with a mean error of 17.1%, and it greatly overestimated regional distribution volume. Conclusion: The first method was the most accurate and reliable. For less invasiveness, the first method should be combined with one-point sampling instead of continuous withdrawal, which was used in the second method. When using a delayed SPECT image with a conventional SPECT scanner, the third method was considered to be superior to the fourth method.

    Web of Science

    researchmap

  • FM3A細胞に対する5-FU+CDDPの放射線増感効果-細胞増殖と色素排除能による解析- 査読

    藤田勝三, 酒井邦夫, 樋口正一, 末山博男, 大久保真樹

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   6 ( 1 )   103 - 108   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 学生用計測機器操作支援システム 査読

    中村久吾, 大久保真樹

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   6 ( 1 )   123 - 128   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 125I-iomazenil binding shows stress- and/or diazepam-induced reductions in mouse brain: Supporting data for 123I-iomazenil SPECT study of anxiety disorders 査読

    Makoto Takahashi, Ikuo Odano, Shozo Fujita, Masaki Ohkubo

    Annals of Nuclear Medicine   11 ( 3 )   243 - 250   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Tokyo  

    Effects of repeated swim stress on the binding of 125I-iomazenil were examined in the brains of diazepam-treated and non-treated mice. The mice were orally administered diazepam or vehicle (0.5% ethylene glycol) and subjected to daily swim stress (at 20°C for 10 min) for seven consecutive days. The distribution and the amount of 125I-iomazenil binding were analyzed autoradiographically after in vivo and in vitro binding experiments. Repeated swim stress decreased the in vivo binding in the hippocampus (p &lt
    0.05) and cerebral cortex (p &lt
    0.05) of vehicle-treated mice but caused no significant changes in diazepam-treated mice. Subchronic treatment with diazepam decreased the in vivo binding approximately 50% in all brain regions examined (p &lt
    0.01). The in vitro experiment, however, revealed no significant changes except in the hippocampus, where a small but significant decrease in the binding was observed after subchronic treatment with diazepam (p &lt
    0.01). The stress- or diazepam-induced reductions seem to represent alterations in the in vivo environment related to 125I-iomazenil binding. These results suggest that we can investigate the pathophysiology of stress and anxiety with 123I-iomazenil SPECT. Care must be taken concerning the effects of benzodiazepines.

    DOI: 10.1007/BF03164770

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • FM-3A細胞に対する5-FU+CDDPの放射線増感効果 査読

    藤田勝三, 樋口正一, 末山博男, 酒井邦夫, 大久保真樹

    関越UFT研究会   9   21 - 24   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • Elevation of cerebral lactate detected by localized H-1-magnetic resonance spectroscopy in migraine during the interictal period 査読

    H Wantanabe, T Kuwabara, M Ohkubo, S Tsuji, T Yuasa

    NEUROLOGY   47 ( 4 )   1093 - 1095   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LITTLE BROWN CO  

    We used localized H-1-magnetic resonance spectroscopy (MRS) to study the metabolic changes in the brains of patients with migraine during the interictal period. Measurement of metabolite levels in the occipital visual cortex in six normal subjects and six patients disclosed high lactate levels in the five patients who had experienced a migraine attack within the previous 2 months. One patient who had not experienced a migraine attack in the previous 4 years did not show a lactate peak. We speculate that anaerobic glycolysis occurs in the brains of patients with migraine during the interictal period, and a long attack-free period may normalize the subclinical metabolic disturbance.

    DOI: 10.1212/WNL.47.4.1093

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Radiosensitization of FM3A cells by 5-fluorouracil plus cisplatin 査読

    Higuchi S, Fujita S, Sueyama H, Ohkubo M, Sakai K

    Acta Medica et Biologica   44 ( 3 )   141 - 145   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

    その他リンク: http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/handle/10191/33172

  • I-123 IMPによる新しい脳機能定量法 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 高橋 誠 他

    映像情報メディカル   28 ( 18 )   1079 - 1083   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • A multicenter validation of regional cerebral blood flow quantitation using [I-123]iodoamphetamine and single photon emission computed tomography 査読

    H Iida, T Akutsu, K Endo, H Fukuda, T Inoue, H Ito, S Koga, A Komatani, Y Kuwabara, T Momose, S Nishizawa, Odano, I, M Ohkubo, Y Sasaki, H Suzuki, B Tanada, H Toyama, Y Yonekura, T Yoshida, K Uemura

    JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM   16 ( 5 )   781 - 793   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT-RAVEN PUBL  

    Recently, two methods have been proposed for regional cerebral blood flow (rCBF) quantitation using [I-123]iodoamphetamine (IMP) and single-photon emission computed tomography (SPECT). The table look-up (TLU) method has been shown to provide both rCBF and volume of distribution, V-d, images from two SPECT scans, while a single-scan autoradiographic (ARG) technique provided rCBF using a fixed and assumed V-d. In both methods, a single blood sample was referred to calibrate the previously determined standard input function The present multicenter project was designed to evaluate the accuracy of both methods for use as clinical investigative tools. Ten independent institutions performed [I-123]IMP-SPECT studies according to both methods in 76 subjects (10 normal volunteers, 32 patients with cerebrovascular disease, and 34 patients with other diseases). Calculated rCBF values were compared with those obtained by the following reference methods available in the participating institutions; [O-15] H2O positron emission tomography (PET) (five institutions), [Xe-133]SPECT (four institutions), and the [I-123]IMP microsphere method (three institutions). Both ARG and TLU methods provided rCBF values that were significantly correlated with those measured by the [O-15] H2O PET technique (p < 0.001 for all subjects; overall regression equation, y = 15.14 + 0.54x) and those measured by the [I-123]IMP-microsphere method (p < 0.001 for all subjects; y = 2.0 + 0.80x). Significant correlation (p < 0.05) was observed in 18 of 24 subjects studied with the [Xe-133] SPECT reference technique (overall regression equation, y = 15.0 + 0.55x). Mean cortical gray matter rCBF in a group of normal subject was 43.9 +/- 3.3 and 33.4 +/- 2.0 ml/min/100 g for the ARG and TLU methods, respectively. Regional V-d of [I-123]IMP estimated by the TLU method was 45 ml/ml +/- 20% in the normal cortical region, Close agreement between ARG and TLU rCBF values was observed (y = -3.21 + 1.07x, r = 0.97), confirming the validity of assuming a fixed V-d in the ARG method. Results of this study demonstrate that both the ARG and TLU methods accurately and reliably estimate rCBF in a variety of clinical settings.

    DOI: 10.1097/00004647-199609000-00003

    Web of Science

    researchmap

  • Decrease in benzodiazepine receptor binding in a patient with Angelman syndrome detected by iodine-123 iomazenil and single-photon emission tomography 査読

    Odano, I, T Anezaki, M Ohkubo, Y Yonekura, Y Onishi, T Inuzuka, M Takahashi, S Tsuji

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE   23 ( 5 )   598 - 604   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER VERLAG  

    A receptor mapping technique using iodine 123 iomazenil and single-photon emission tomography (SPET) was employed to examine benzodiazepine receptor binding in a patient with Angelman syndrome (AS). AS is characterized by developmental delay, seizures, inappropriate laughter and ataxic movement. In this entity there is a cytogenic deletion of the proximal long arm of chromosome 15q11-q13, where the gene encoding the GABA(A) receptor beta 3 subunit (GABRB3) is located. Since the benzodiazepine receptor is constructed as a receptor-ionophore complex that contains the GABA(A) receptor, it is a suitable marker for GABA-ergic synapsis. To determine whether benzodiazepine receptor density, which indirectly indicates changes in GABA(A) receptor density, is altered in the brain in patients with AS, we investigated a 27-year-old woman with AS using I-123-iomazenil and SPET. Receptor density was quantitatively assessed by measuring the binding potential using a simplified method. Regional cerebral blood flow was also measured with N-isopropyl-p-[I-123]iodoampheramine. We demonstrated that benzodiazepine receptor density is severely decreased in the cerebellum, and mildly decreased in the frontal and temporal cortices and basal ganglia, a result which is considered to indicate decreased GABA(A) receptor density in these regions. Although the deletion of GABRB3 was not observed in the present study, we indirectly demonstrated the disturbance of inhibitory neurotransmission mediated by the GABA(A) receptor in the investigated patient. I-123-iomazenil with SPET was useful to map benzodiazepine receptors, which indicate GABA(A) receptor distribution and their density.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine (123I-IMP) SPECTによる局所脳血流及び分布容積の新しい定量測定法 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 高橋誠, 他

    核医学   33 ( 3 )   241 - 249   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine (123I-IMP) SPECTによる局所脳血流の定量測定法の比較・検討 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 高橋誠, 他

    核医学   33 ( 6 )   647 - 654   1996年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • FM3A細胞に対する5-FU,CDDPおよび放射線の併用効果に関する研究

    藤田勝三, 大久保真樹, 酒井邦夫

    関越UFT研究会   8   9 - 14   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 123I-IMP SPECTを用いたmicrosphere modelに基づく局所脳血流量測定法(簡便法)の精度の検討 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 高橋直也

    核医学   32 ( 12 )   1323 - 31   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 5-FUおよびCDDPのFM3A細胞の細胞回転に及ぼす影響 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 酒井邦夫, 日向 浩

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   5 ( 3 )   259 - 263   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Combined effect of radiation and 5-fluorouracil on survival of FM3A mouse mammary adenocarcinoma cells 査読

    Fujita S, Sakai K, Hicughi S, Sueyama H, Ohkubo M

    Bull Coll Biomed Technol Niigata Univ   5 ( 3 )   265 - 269   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Can the microsphere model be applied to cerebral blood flow measurement using N-isopropyl-p-[I-123]iodoamphetamine with SPET regardless of washout from brain tissue? 査読

    M Ohkubo, Odano, I, N Takahashi, K Sakai

    NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS   16 ( 12 )   1026 - 1033   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHAPMAN HALL LTD  

    The microsphere model and the continuous withdrawal of arterial blood have commonly been used in clinical studies when measuring regional cerebral blood flow (rCBF) by N-isopropyl-p-[I-123]iodoamphetamine (IMP) single photon emission tomography. The method is considered to underestimate rCBF because of the washout of tracer from brain tissue; however, the extent of this underestimation is not known. To assess whether this underestimation can be determined quantitatively, we performed simulation analysis based on the microsphere model and the two-compartment model [influx, K-1(rCBF); and outflux, k(2)(washout)] using the time-activity curves of I-123-IMP in arterial blood [C-a(t)] of 10 subjects. With the microsphere method, rCBF values fell as time post-injection increased. The extent of underestimation of rCBF was 4.7 +/- 0.28% (mean +/- S.D.) at 5 min, 10.2 +/- 0.42% at 10 min and 15.2 +/- 0.55% at 15 min. There was little variation in the extent of underestimation and it was not dependent on the C-a(t) of the subjects. We therefore considered the results to be generally applicable to various studies of the microsphere model. As 4.7% is considered to be negligible in clinical studies, we conclude that the microsphere model can be applied to obtain accurate measurement of rCBF up to 5 min regardless of washout.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Quantitative assessment of cerebral blood flow measurement using the microsphere model with N-isopropyl-p-[123I]-iodoamphetamine SPECT: simulation analysis for the influence of washout from brain tissue 査読

    Ohkubo M, Odano I, Takahashi N, Sakai K

    Acta Medica et Biologica   43 ( 3 )   165 - 171   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • EVALUATION OF CEREBRAL BLOOD-FLOW IN PATIENTS WITH IDIOPATHIC ORTHOSTATIC HYPOTENSION USING TC-99M HMPAO BRAIN SPECT DURING POSTURAL TESTING 査読

    ODANO, I, N TAKAHASHI, T HIGUCHI, M OHKUBO, S HAMA, A TSUDA, H OTAKI, E NOGUCHI, M HATANO

    CLINICAL NUCLEAR MEDICINE   20 ( 9 )   807 - 809   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT-RAVEN PUBL  

    To determine whether regional cerebral blood flow (rCBF) would change on standing in patients with idiopathic orthostatic hypotension (IOH), Tc-99m HMPAO SPECT studies were performed during postural testing in five patients with IOH. After 10 minutes of quiet rest on a bed, the patients arose quickly and, at the same time, the radiotracer was injected intravenously. SPECT data were obtained with a ring-type SPECT scanner. Another dose of Tc-99m HMPAO was injected with the subjects in the supine position, and SPECT was performed again, Image subtraction was used to evaluate the change in rCBF caused by postural testing. In all patients, the authors observed a decrease of rCBF in the frontal cortex and basal ganglia. This preliminary study suggests that changes in rCBF occur In patients with IOH on standing, and Tc-99m HMPAO SPECT performed during postural testing may have an important role in evaluating these changes.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 動脈一点採血によるN-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamineとSPECTを用いた簡便な脳血流測定法-One-point sampling法- 査読

    小田野行男, 大久保真樹, 高橋直也

    核医学   31 ( 10 )   1219 - 26   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • 5-FU少量持続静注と放射線の同時併用療法に関する基礎的,臨床的研究 査読

    酒井邦夫, 末山博男, 小田純一, 樋口正一, 土田恵美子, 杉田 公, 松本康男, 藤田勝三, 大久保真樹, 稲越英樹

    INNERVISION   9 ( 7 )   19 - 19   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

    その他リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/journal/abstract?GoodsID=ab0inerc/1994/000907/009&name=0019-0019j

  • 5-FUと放射線の併用効果に関する基礎的研究 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 酒井邦夫

    関越UFT研究会   7   43 - 46   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • A NEW METHOD OF REGIONAL CEREBRAL BLOOD-FLOW MEASUREMENT USING ONE-POINT ARTERIAL SAMPLING BASED ON THE MICROSPHERE MODEL WITH N-ISOPROPYL-P-[I-123]-IODOAMPHETAMINE SPECT 査読

    ODANO, I, M OHKUBO, N TAKAHASHI, T HIGUCHI

    NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS   15 ( 7 )   560 - 564   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CHAPMAN HALL LTD  

    We developed a new method for quantitative measurement of regional cerebral blood flow (rCBF) using one-point arterial sampling with N-isopropyl-p-[I-123]-iodoamphetamine (I-123-IMP) and single photon emission computed tomography (SPECT) based on the microsphere model. Although the conventional microsphere method requires both the continuous withdrawal of arterial blood (integral of Ca(t)) and treatment of the blood with octanol to obtain the fraction of true tracer activity in the integral of Ca(t) (N), the new method does not require these two procedures. We examined 14 patients to analyse the correlation between the integral of Ca(t)N and a small arterial sample obtained at one time point [one-point Ca(t)] after the injection of I-123-IMp Without octanol treatment. The integral of Ca(t)N was calculated from one point Ca(t) using the regression line of the correlation. An error of 8.1% in the calculated value compared to the actual value of the integral of Ca(t)N, could be inferred from one-point Ca(t) obtained at 6 min after the injection. Then regional cerebral blood flow was measured by the method and a significant correlation was obtained with rCBF measured using the Xe-133 inhalation method (r = 0.773). The one-point Ca(t) method provides fast, easy, accurate and non-invasive measurement of rCBF without inserting catheters and without treatment of arterial blood with octanol.

    DOI: 10.1097/00006231-199407000-00011

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Microsphere modelを用いたN-isopropyl-p-〔123I〕iodoamphetamine (IMP) による局所脳血流定量法の問題点-133Xe SPECTおよび経時的123I-IMP SPECTとの比較検討- 査読

    高橋直也, 大久保真樹, 小野田行男

    核医学   31 ( 4 )   319 - 26   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • N-isopropyl-p-〔123I〕iodoamphetamine (IMP) と回転型ガンマカメラを用いたmicrosphere modelに基づく脳血流測定法の精度の検討 PaCO2による補正の必要性 査読

    小田野行男, 高橋直也, 大久保真樹

    核医学   31 ( 3 )   223 - 9   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • MITOCHONDRIAL ENCEPHALOMYOPATHY - ELEVATED VISUAL-CORTEX LACTATE UNRESPONSIVE TO PHOTIC-STIMULATION - A LOCALIZED H-1-MRS STUDY 査読

    T KUWABARA, H WATANABE, K TANAKA, S TSUJI, M OHKUBO, T ITO, K SAKAI, T YUASA

    NEUROLOGY   44 ( 3 )   557 - 559   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LITTLE BROWN CO  

    We used localized H-1-magnetic resonance spectroscopy (MRS) to study the metabolic changes in the visual cortex of patients with mitochondrial encephalomyopathy. Measurement of metabolite levels in the occipital visual cortex obtained in the dark with seven normal subjects and with four patients (all four of whom had Kearns-Sayre syndrome [KSS]) showed high lactate levels in the patients. Photic stimulation (PS) in four normal volunteers showed that lactate increased immediately after the start of PS and that it decreased to the baseline level with continued PS. Lactate in the resting state was higher in the KSS patients than in the controls, and, unlike the controls, the KSS patients showed no significant elevation of lactate with PS.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • H-magnetic resonance spectroscopyにて脳局所での乳酸の上昇を認めた片頭痛 査読

    渡邊浩之, 桑原武夫, 大久保真樹

    新潟大学脳研究所業績集   27   127 - 127   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 1H-magnetic resonance spectroscopyにて脳局所での乳酸の上昇を認めた片頭痛 査読

    渡邊浩之, 桑原武夫, 大久保真樹

    臨床神経学   34 ( 5 )   504 - 507   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 123I-IMP SPECTを用いたmicrosphere modelによるrCBF測定法における洗い出し(k2)の影響 査読

    大久保真樹, 小田野行男, 高橋直也

    新潟核医学懇話会記録集   17   33 - 39   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine (IMP) の分配定数(Distribution volume)とSPECTを用いた新しい診断 Magic Square法の開発 査読

    小田野行男, 大久保真樹, 高橋直也

    核医学   30 ( 10 )   1211 - 9   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

    researchmap

  • N-isopropyl-p-[123I] iodoamphetamine (IMP) SPECTにおける分配定数(Distribution volume)を算定するMagic Square法の理論

    小田野行男, 高橋直也, 大滝広雄, 野口栄吉, 羽田野政義, 山崎芳裕, 西原真美子, 大久保真樹

    新潟核医学懇話会記録集   16   35 - 39   1993年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 光刺激で誘発される大脳後頭葉視覚野における乳酸の変化-1H-MRSによるミトコンドリア脳筋症2例の観察- 査読

    桑原武夫, 渡辺浩之, 辻 省次, 田中恵子, 大久保真樹

    医学のあゆみ   165 ( 8 )   491 - 492   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

    その他リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/journal/abstract?GoodsID=aa7ayuma/1993/016508/017&name=0491-0492j

  • 食道癌高線量率腔内照射用の新しい二重バルーンアプリケータと新しい照射計画プログラム 査読

    稲越英機, 井上富夫, 関谷昌四, 日向 浩, 酒井邦夫, 大久保真樹

    臨床放射線   38 ( 5 )   565 - 569   1993年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1994069648

  • Changes of 31P-MR Spectroscopy in Experimental Tumors Following Radiotherapy Combined with 5-Fluorouracil Compound (UFT) 査読

    Ohkubo M

    The Tohoku Journal of Experimental Medicine   169 ( 3 )   215 - 223   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

    DOI: 10.1620/tjem.169.215

    researchmap

  • Changes of 31P-MR Spectroscopy in Experimental Tumors Following Radiotherapy Combined with 5-Fluorouracil Compound (UFT) 査読

    Masaki Ohkubo

    Tohoku Journal of Experimental Medicine   169 ( 3 )   215 - 223   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The energy metabolism of FM3A tumors in C3H mice following radiotherapy (20 Gy or 40 Gy), 5-fluorouracil compound (UFT) chemotherapy or radiotherapy (20 Gy) combined with UFT was investigated by in vivo 31P-MR spectroscopy on day 2 after treatment. The effects were compared with the growth curves of the tumors and with the cytokinetic and histological changes in the tumors on day 5 after treatment. The combined group (20 Gy+UFT) showed growth curves similar to the 40 Gy group. Cytokinetic and histological changes of the combined group were also similar to those of the 40 Gy group, suggesting supra-additive effect of UFT. 31P-MR spectra of the combined group were similar to those of the 40 Gy group which were characterized by increase of intracellular pH(pHi), decrease of Pi/β-NTP and of PME/total phosphorus-signal ratios. Spectra of the UFT group and the 20 Gy group, on the contrary, showed decrease of pHi, increase of Pi/β-NTP and of PME/total phosphorus-signal ratios. Changes detected by 31P-MR spectroscopy on day 2 were considered to reflect early metabolic events which were correlated to the growth curve, cytokinetic and histological alterations observed on day 5 after treatment. © 1993, Tohoku University Medical Press. All rights reserved.

    DOI: 10.1620/tjem.169.215

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 123I-IMP脳血流シンチにおけるCrossed Cerebellar Diaschisis(CCD)の発現と再分布現象に関する研究 査読

    小田野行男, 高橋直也, 西原真美子, 大久保真樹

    核医学   30 ( 2 )   189 - 196   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • MRIによる脳神経活動の画像化 MR functional brain imaging 査読

    渡辺浩之, 桑原武夫, 大久保真樹

    脳と神経   45 ( 10 )   941 - 944   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 31P-MRスペクトロスコピーからみた放射線単独ならびにUFT併用照射の効果

    大久保真樹, 藤田勝三, 酒井邦夫

    関越UFT研究会   5   37 - 41   1992年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • FM3A細胞に対する温熱併用2分割照射の細胞致死効果 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 樋口健史, 樋口正一, 日向 浩, 酒井邦夫

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   4 ( 3 )   285 - 288   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 交流電圧計を用いたアナログ計測の開発 査読

    中村久吾, 大久保真樹

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   4 ( 3 )   313 - 318   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 31P-MR spectroscopy of experimental tumors following irradiation 査読

    Ohkubo M, Sakai K, Fujita S, Ito T, Higuchi T, Kimura M, Yuasa T

    Acta Medica et Biologica   40 ( 1 )   29 - 34   1992年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

    その他リンク: http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/handle/10191/33374

  • 温熱・放射線併用療法の細胞回転に及ぼす影響 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 樋口健史, 樋口正一, 日向 浩, 酒井邦夫

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   4 ( 2 )   201 - 205   1991年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • マウス移植腫瘍の増殖に伴う31P-MRSの変化 査読

    大久保真樹, 酒井邦夫, 伊藤猛, 他

    日本磁気共鳴医学会雑誌   10 ( 4 )   285 - 293   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 放射線とUFTの併用による実験腫瘍の増殖抑制効果 査読

    藤田勝三, 大久保真樹, 酒井邦夫, 日向 浩, 伊藤 猛, 樋口健史

    日本医学放射線学会生物部会誌   3 ( 1 )   65 - 67   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • MRSの臨床応用 査読

    伊藤 猛, 木村元政, 酒井邦夫, 大久保真樹, 藤田勝三

    新潟医学会雑誌   104 ( 9 )   738 - 744   1990年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • R-C濾波器の周波数応答測定の一つの試み 査読

    中村久吾, 大久保真樹

    新潟大学医療技術短期大学部紀要   4 ( 1 )   111 - 118   1990年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • MRスペクトロスコピーによる放射線治療効果の予測に関する研究 査読

    酒井邦夫, 木村元政, 伊藤 猛, 樋口健史, 大久保真樹, 藤田勝三

    INNERVISION   5 ( 6 )   7 - 8   1990年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 表在性悪性腫瘍の治療に伴う31P-MRSの変化 査読

    伊藤猛, 酒井邦夫, 大久保真樹

    日本磁気共鳴医学会雑誌   10 ( 2 )   75 - 83   1990年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 自然観測係数による母音連鎖の認識 査読

    大久保真樹, 木竜徹, 斉藤義明, 飯島泰蔵

    電子情報通信学会論文誌D−2   72 ( 12 )   1985 - 1991   1989年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 有限次元の自然観測システムによる音声信号のモデル化 査読

    木竜徹, 大久保真樹, 飯島泰蔵, 斉藤義明

    電子情報通信学会論文誌A   72 ( 6 )   902 - 908   1989年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 有限次元の自然観測システムによる音声信号のモデル化

    木竜 徹, 大久保真樹, 斎藤義明, 飯島泰蔵

    電子情報通信学会技術報告   88 ( 4 )   19 - 26   1988年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 自然観測法における音声の調音結合・個人差の検討

    大久保真樹, 木竜 徹, 斎藤義明, 飯島泰蔵

    電子情報通信学会技術報告   87 ( 70 )   29 - 38   1987年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 咀嚼運動時のEMGにおける時変性反射係数の推定

    木竜 徹, 大久保真樹, 斉藤義明

    電子通信学会技術報告   86 ( 36 )   13 - 20   1986年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

  • 筋活動様式とkパラメータとの関連性について

    木竜 徹, 大久保真樹, 斉藤義明

    電子通信学会技術報告   86 ( 36 )   13 - 20   1986年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 学生のためのExcel

    大久保真樹, 湊 孝子( 担当: 共著 ,  範囲: 区分不可能)

    株式会社 考古堂書店  2004年4月  ( ISBN:4874996086

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • ファントム画像を用いた最適化を伴う簡易的CT画像シミュレータの考案

    岡本 和樹, 成田 啓廣, 大久保 真樹

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   77回   184 - 184   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • 低コントラストファントムを用いた逐次近似再構成CT画像におけるmodulation transfer functionの測定

    酒井 健一, 成田 啓廣, 大久保 真樹

    新潟大学保健学雑誌   17 ( 1 )   7 - 15   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    本研究では、CTにおける逐次近似再構成(iterative reconstruction:IR)画像のMTF測定を目的として、既報のfiltered back projection(FBP)画像におけるMTF測定法をIR画像に適応した。IR画像の空間分解能はコントラストに依存するため、コントラストの低い円柱を含んだファントムを使用した。円柱のCT画像と数値的に生成した被写体関数を逆重畳積分することでpoint spread functionを算出し、MTFを求めた。得られたMTFと被写体関数から計算画像を算出し、実際のCT画像と比較を行うことでMTFの精度を評価した。FBP画像において、標準的なMTF測定法である金属ワイヤー法と提案法のMTFを比較し、良好な一致を確認した。次に、提案法によってIR画像のMTFを測定した。このMTFから得られた計算画像は実際のCT画像に類似し、MTFの測定精度が高いことが示された。提案法を用いることでコントラストの低いIR画像から精度の高いMTFを測定できることが示唆された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J06421&link_issn=&doc_id=20200507530002&doc_link_id=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10191%2F00051611&url=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10191%2F00051611&type=%90V%8A%83%91%E5%8Aw%81F%90V%8A%83%91%E5%8Aw%8Aw%8Fp%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A_Nuar&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80230_3.gif

  • 逐次近似再構成CT画像における球体ファントムを用いたSlice Sensitivity Profileの測定

    深谷 貴広, 成田 啓廣, 大久保 真樹

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   76回   149 - 149   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • グルタミン酸CEST-MRイメージング法の開発とアルツハイマー病モデルマウスへの応用

    大野 健, 植木 智志, 大久保 真樹, 鈴木 清隆, 五十嵐 博中, 中田 力

    脳循環代謝   31 ( 1 )   99 - 99   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • グルタミン酸CEST-MRイメージング法の開発とアルツハイマー病モデルマウスへの応用

    大野 健, 植木 智志, 大久保 真樹, 鈴木 清隆, 五十嵐 博中, 中田 力

    脳循環代謝   31 ( 1 )   99 - 99   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • ログファイル解析によるMLC最大速度測定の基礎検討

    藤沢 真人, 早川 岳英, 大久保 真樹, 笹本 龍太

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   ( 28 )   219 - 220   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会-東北支部  

    researchmap

  • 定量解析ソフトウェアによるSPECT画像のSUV(Standardized Uptake Value)測定に関する検討

    大野 健, 内藤 健一, 大久保 真樹

    新潟医療福祉学会誌   18 ( 1 )   103 - 103   2018年10月

  • 3T-MRIにおける3D-CISS法を用いた滑車神経描出の検討

    金沢 勉, 大久保 真樹, 近藤 達也, 岩崎 友也, 高橋 直也

    新潟大学保健学雑誌   15 ( 1 )   49 - 56   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    滑車神経は脳神経の中で最も細く長いため画像による評価は難しいとされてきた。近年、MRIの高磁場化や傾斜磁場性能の向上によりスライス厚を薄くすることが可能となり、滑車神経同定の報告もされるようになってきている。本検討では、3D-constructive interference in steady state(3D-CISS)法を用い、高磁場化や高分解能撮像を行うことと、滑車神経を描出するために特化した再構成画像の連続したスライスデータを用いることによる滑車神経同定への影響を検討した。滑車神経の同定は、multi planar reconstruction(MPR)を用いて、脳槽内のpoint of exit(PE)からテント切痕まで描出できる連続したスライスデータの画像再構成を、滑車神経同定のための指導を受けた診療放射線技師2名が試みた。滑車神経の同定率は、1.5Tに比べ3Tの方が有意に高い結果であった。また同定された滑車神経の距離計測では、3Tでスライス厚0.25mmの方が0.5mm厚よりも有意に長くなり、またスライス厚0.5mmでは、1.5Tよりも3Tの方が有意に長くなった。3D-CISS法を用いて3Tで高分解能撮像を行い、MPRによる適切な画像再構成を行うことで、より確実に滑車神経を同定し、その描出距離も長くなる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J06421&link_issn=&doc_id=20180420580006&doc_link_id=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10191%2F49821&url=http%3A%2F%2Fhdl.handle.net%2F10191%2F49821&type=%90V%8A%83%91%E5%8Aw%81F%90V%8A%83%91%E5%8Aw%8Aw%8Fp%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A_Nuar&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80230_3.gif

  • CAD‐quality assuranceのためのSite‐specificな疑似肺結節像生成法の研究

    成田啓廣, 大久保真樹, 村尾晃平, 松本徹, 和田真一

    CT検診   25 ( 1 )   37   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Virtual noduleを用いた胸部CT‐CADの性能特性評価の研究:nodule性状の変化に対する3機種CADの応答

    舩越萌香, 郷戸允, 大久保真樹, 成田啓廣, 村尾晃平, 松本徹, 和田真一, 村松禎久

    CT検診   25 ( 1 )   38   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CT装置における逐次近似再構成法での低コントラストファントムを用いたSSP決定法

    原嶋 真吾, 成田 啓廣, 大久保 真樹, 和田 真一

    CT検診   25 ( 1 )   36 - 36   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    researchmap

  • 3D‐PSF模擬結節を用いた胸部CT‐CADの性能特性評価の研究:結節性状と画像再構成条件の変化に対するCADの応答

    郷戸允, 郷戸允, 大久保真樹, 成田啓廣, 菅原秀賢, 村松禎久, 村尾晃平, 松本徹, 和田眞一

    CT検診   24 ( 1 )   16 - 16   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 19F-3FDG MRIを用いたアルツハイマー病モデルマウス脳代謝マッピング

    藤原 秀元, 五十嵐 博中, 鈴木 雄治, 大久保 真樹, 中村 亨弥, 辻田 実加, 藤井 幸彦, 中田 力

    脳循環代謝   28 ( 1 )   161 - 161   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本脳循環代謝学会  

    researchmap

  • 3D‐PSF模擬結節を用いた胸部CT‐CADの性能評価の研究

    郷戸允, 郷戸允, 大久保真樹, 成田啓廣, 菅原秀賢, 村尾晃平, 松本徹, 和田眞一

    CT検診   23 ( 1 )   30 - 30   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 治療計画用CTの空間分解能がMU値計算に与える影響 微小肺結節シミュレーション画像を用いた検討

    重田 尚吾, 笹本 龍太, 大久保 真樹, 早川 岳英, 沼田 彩美, 和田 真一, 宇都宮 悟, 青山 英史, 棚邊 哲史

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   ( 25 )   176 - 176   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会-東北支部  

    researchmap

  • マウスVBM用のMRI標準脳の開発とアルツハイマー病モデルマウスを用いたVBMの有用性の検証

    八木 悠太, 植木 智志, 伊藤 浩介, 辻田 実加, 五十嵐 博中, 大久保 真樹

    日本放射線技術学会雑誌   71 ( 9 )   932 - 933   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • CT画像における総合的画質評価法に関する検討 体軸方向空間分解能を用いた新たな被写体の設定

    吉田 皓文, 成田 啓廣, 長谷川 晃, 田崎 かおり, 大久保 真樹, 和田 真一, 能登 義幸

    日本放射線技術学会雑誌   71 ( 9 )   854 - 855   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • CT装置の空間分解能に基づいたvirtual noduleの生成および胸部CT検診CADの性能評価への応用:ファントム模擬結節との比較による検証

    小林元, 大久保真樹, MARASINGHE Janaka C, 和田真一, 村尾晃平, 松本徹, 曽根脩輔

    Jpn J Radiol   33 ( Supplement )   4   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸部CT検診CADのQAに関する研究:ファントム模擬結節によるvirtual nodule offsetの検証

    吉田皓文, 大久保真樹, MARASINGHE Janaka C, 村尾晃平, 松本徹, 和田真一

    CT検診   22 ( 1 )   36 - 36   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Virtual noduleを用いた胸部CT検診CAD‐QAにおけるnodule offsetの影響―ファントム模擬結節による検証―

    吉田皓文, 大久保真樹, MARASINGHE Janaka C, 和田真一, 村尾晃平, 松本徹

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   ( 24 )   100 - 100   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会-東北支部  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • トモシンセシスの再構成モードの違いによる骨梁描出能の比較

    小林 有希子, 沼澤 武史, 吉田 皓文, 吉田 秀義, 大久保 真樹

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   ( 24 )   115 - 115   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会-東北支部  

    researchmap

  • Gdで造影した3Tと1.5Tの3D T1高速フィールドエコー法による正常な顔面神経検出能の比較(Comparison of normal facial nerve detectability on Gd-enhanced three-dimensional T1 fast field echo at 3T versus 1.5T)

    石川 和宏, 羽根田 淳, 大久保 真樹, 金沢 勉, 岡本 浩一郎

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   50回   S659 - S660   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 123I-MIBG H/M比算出における新しい心筋カウント値計測法の検討

    大野 健, 内藤 健一, 羽田野 政義, 能登 聖美, 大久保 真樹, 小田野 行男

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   70回   144 - 144   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • 123I-MIBG H/M比算出を目的とした再現性の高い新しい心筋カウント値計測法

    大野 健, 内藤 健一, 羽田野 政義, 能登 聖美, 大久保 真樹, 小田野 行男

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   ( 23 )   163 - 163   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会-東北支部  

    researchmap

  • Double Inversion Recovery法における無名質の描出能に関する検討

    石川 和宏, 宮澤 祐馬, 羽根田 淳, 金沢 勉, 大久保 真樹, 木村 元政

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   49回   S533 - S533   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 水頭症の程度による第三脳室底とLillequist membraneの位置関係の変化に関する検討

    石川 和宏, 中山 美紀, 羽根田 淳, 金沢 勉, 大久保 真樹, 木村 元政

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集   49回   S533 - S534   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • PSF‐CT画像シミュレーションと胸部CT検診画像の融合を用いたCAD性能評価の研究

    小林元, 大久保真樹, MARASINGHE Janaka C, 村尾晃平, 松本徹, 曽根脩輔, 和田真一

    医学物理 Supplement   32 ( 3 )   141 - 142   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Phase sensitive inversion recovery(PSIR)法の肝臓EOB検査の有用性

    内藤 健一, 金沢 勉, 斉藤 宏明, 粥川 啓廣, 大久保 真樹, 木村 元政, 高野 徹

    日本放射線技術学会雑誌   68 ( 9 )   1176 - 1177   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • 肺内結節検出CADシステムの性能評価法の研究―virtual noduleを用いた検討

    和田真一, 大久保真樹, 小林元, MUNAWEERA Chathari M, 村尾晃平, 松本徹, 曽根脩輔

    医学物理 Supplement   32 ( 1 )   123   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脳動脈瘤クリップの静磁場方向に対する角度が磁化率アーチファクトに及ぼす影響

    金沢 勉, 内藤 健一, 斉藤 宏明, 粥川 啓廣, 岩崎 友也, 大久保 真樹, 木村 元政

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   68回   125 - 125   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • Phase sensitive inversion recovery(PSIR)法の肝臓EOB検査への応用に関する検討

    内藤 健一, 金沢 勉, 斉藤 宏明, 大久保 真樹, 木村 元政, 高野 徹

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   68回   139 - 140   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • 肺内結節検出用CT‐CADの性能検証法の研究―virtual noduleを用いた検討

    和田真一, 大久保真樹, 舟木歩, 村尾晃平, 松本徹, 曽根脩輔

    CT検診   19 ( 1 )   13 - 13   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児大脳型adrenoleukodystrophy患者脳の発症極早期からの経時的評価 3.0テスラMR装置によるDTIと1H-MRSI解析

    山田 謙一, 鈴木 雄治, 清水 満美, 五十嵐 博中, 松澤 等, 大久保 真樹, 中田 力

    脳と発達   43 ( 4 )   332 - 332   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経学会  

    researchmap

  • IGRTにおける位置照合の容易化を目的としたEPIDポータル画像の周波数処理法の考案

    山田 昌法, 大久保 真樹, 粥川 啓廣, 楠本 敏久, 三浦 貴, 松浦 将孝, 山田 宏美

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   67回   256 - 256   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • 3D SPACEの撮像時間短縮を目的としたスライス方向分解能に関する撮像条件の検討

    斉藤 宏明, 内藤 健一, 大久保 真樹, 木村 元政

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   67回   247 - 247   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • PSF‐CT画像シミュレーションと人体ファントム画像融合を用いた肺内結節体積測定精度評価の研究

    舟木歩, 和田真一, 大久保真樹, 村尾晃平, 松本徹

    CT検診   18 ( 1 )   48 - 48   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PSF-CT画像シミュレーションと統計学的手法を用いた低線量CT検診撮影条件決定法の検証

    金井 悟史, 和田 真一, 大久保 真樹, 粥川 啓廣, 樫村 康弘, 大野 健, 舟木 歩, 原田 潤, 近藤 智史, 武田 聡司, 大棒 秀一, 松本 徹, 宮本 忠昭

    CT検診   18 ( 1 )   49 - 49   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    researchmap

  • 肝臓dynamic MRIにおける動脈優位相でのアーチファクトに関する検討

    内藤 健一, 深谷 貴広, 斉藤 宏明, 瀧本 宗徳, 大久保 真樹, 粥川 啓廣

    日本放射線技術学会東北部会雑誌   ( 19 )   94 - 95   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会-東北支部  

    肝臓dynamic MRIにおける動脈優位相でのアーチファクトについて検討した。肝特異性造影剤Gd-EOB-DTPA(EOB)を用いたテストインジェクションのデータを参考に、模擬的に時間濃度曲線を作成した。時間濃度曲線上で、撮像時間および撮像開始のタイミングを想定し、その間の濃度曲線の変化パターンを用いた。この変化パターンに基づいて、k-spaceにおける位相エンコード方向の各データを変調した。撮像時間20秒の場合、セントリック法にて、造影剤の立ち上がり時に撮像が開始された場合、輪郭強調の影響がみられた。逆に立ち下がり時に撮像が開始された場合、ボケが生じた。これらの影響は、撮像時間が短い(10秒)方が小さかった。また、シーケンシャル法では、撮像時間、タイミングに関わらずこれらのアーチファクトはほとんどみられなかった。

    researchmap

  • Gd-EOB-DTPA造影MRIにおける動脈優位相でのアーチファクトに関する検討

    内藤 健一, 深谷 貴広, 斉藤 宏明, 瀧本 宗徳, 大久保 真樹, 粥川 啓廣

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   66回   251 - 251   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本放射線技術学会  

    researchmap

  • LIDC画像を用いた肺がんCT検診CADシステムのロバスト化効果の検討

    和田真一, 松本徹, 村尾晃平, 粥川啓廣, 大久保真樹

    CT検診   17 ( 1 )   41 - 41   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 精度管理された胸部CT検診の普及を目指す研究プロジェクトについて

    和田真一, 松本徹, 西澤かな枝, 花井耕造, 長尾啓一, 村尾晃平, 大久保真樹, 山本眞司

    医学物理 Supplement   29 ( 2 )   216 - 217   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • SSPを用いたCT画像の体軸方向分解能変換の研究

    粥川啓廣, 和田眞一, 大久保真樹, 松本徹, 村尾晃平, 山本眞司

    医学物理 Supplement   29 ( 2 )   269 - 270   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MDCT画像における肺内結節画像の撮影・再構成条件による変化(4列〜64列MDCT装置における3D-PSFシミュレーション)

    和田 真一, 大久保 真樹, 國井 正之, 伊田 聡, 樫村 康弘, 松本 徹, 宮本 忠昭

    CT検診   16 ( 1 )   38 - 38   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    researchmap

  • 8列及び64列MDCTを用いた低線量CT検診の撮影・再構成条件決定に関する検討

    和田 真一, 松本 徹, 西澤 かな枝, 藤井 啓輔, 幸 進, 宮本 忠昭, 大久保 真樹, 金井 悟史

    CT検診   16 ( 1 )   37 - 37   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    researchmap

  • 64列CT肺がん検診の撮影条件の検討

    金井 悟史, 武田 聡司, 大棒 秀一, 樫村 康弘, 伊田 聡, 國井 正之, 大久保 真樹, 和田 真一

    CT検診   16 ( 1 )   39 - 39   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    researchmap

  • 3tesla multivoxel MR spectroscopyによる術前glioma悪性度評価

    中村 公彦, 西川 太郎, 宇塚 岳夫, 藤井 幸彦, 五十嵐 博中, 岡本 浩一郎, 大久保 真樹

    日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集   67回   3F - 05   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳神経外科学会  

    researchmap

  • PSF画質変換によるCT-CADシステムのロバスト性評価

    伊田 聡, 和田 眞一, 松本 徹, 山本 真司, 須田 修二, 村尾 晃平, 古瀬 由香里, 大久保 真樹, 国井 正之, 曾根 脩輔

    医学物理 : 日本医学物理学会機関誌 = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics   28   232 - 233   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

    researchmap

  • 胸部CT‐CADシステムのPSF画質変換によるロバスト化

    古瀬由香里, 和田真一, 松本徹, 山本眞司, 須田修二, 村尾晃平, 大久保真樹, 國井正之, 曽根脩輔

    CT検診   15 ( 1 )   26 - 27   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CADのためのCT画像画質変換処理(多機種CT装置画質対応CADへの応用の検討)

    和田真一, 古瀬由香里, 松本徹, 山本眞司, 村尾晃平, 曽根修輔, 國井正之, 大久保真樹

    コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集   17th-16th   255 - 256   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 16列MDCTの撮像・再構成条件と小結節CT画像の3D-PSFシミュレーション

    樫村 康弘, 和田 真一, 大久保 真樹, 國井 正之, 古瀬 由香里, 松本 徹, 新妻 伸二

    CT検診   14 ( 1 )   31 - 34   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本CT検診学会  

    researchmap

  • 統合失調症における帯状回グルタミン酸と帯状束拡散異方性

    北村 秀明, 塩入 俊樹, 松澤 等, 大久保 真樹, 中田 力, 染矢 俊幸

    神経化学   45 ( 2-3 )   486 - 486   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経化学会  

    researchmap

  • GE社製MRI装置Signaの頭頸部用Neurovascular Array Coilの評価

    内藤 健一, 大越 幸和, 井上 智子, 大久保 真樹, 八木下 裕子

    新潟大学医学部保健学科紀要   7 ( 3 )   357 - 361   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学医学部保健学科  

    Neurovascular Array Coil(NV)の特性を既存の頭部用Head Coil(HC)及び頸部用Spine Array Coil(SC)と比較した.ファントム撮像における画像の信号雑音比は,NVがHCに比較して低下し,SCとは同程度で,頭部から頸部にかけて大きく低下する領域はなかった.画像の均一度は,NVはHCに比較してやや低下していた.ボランティアの頭部を撮像した画像による脳脊髄液と白質のコントラストノイズ比には差がなかった.NVは既存のコイルと大きな差がなく,その利便性を考慮すれば臨床的に非常に有用なコイルであると考えられた

    researchmap

  • 超高磁場3T MR装置と臨床用1.5T MR装置による画像特性比較

    大越 幸和, 大久保 真樹, 中田 力

    日本放射線技術学会総会学術大会一般研究発表後抄録   55回   428 - 428   1999年8月

  • 99mTc-ECDを用いた1点静脈採血による定量的脳血流測定法 基準化した入力関数を用いる方法

    小田野 行男, 大久保 真樹

    核医学   36 ( 3 )   292 - 292   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 脊髄小脳変性症の小脳のMagnetic Resonance Spectroscopy(MRS)

    桑原 武夫, 大久保 真樹, 中田 力, 辻 省次

    臨床神経学   39 ( 1 )   208 - 208   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 超高磁場磁気共鳴装置による顎関節画像

    山川 智子, 藤井 幸彦, 松沢 等, 大久保 真樹, 伊藤 寿介, 中田 力

    新潟歯学会雑誌   28 ( 2 )   103 - 103   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 99mTc-ECD SPECTを用いた3-コンパートメントモデルに基づく新しい脳血流測定法の開発

    小田野 行男, 大久保 真樹, 野口 栄吉

    核医学   35 ( 9 )   971 - 971   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • オクタノール製造メーカーの違いによる99mTc-ECD抽出率の検討

    小田野 行男, 野口 栄吉, 大滝 広雄, 大久保 真樹

    核医学   35 ( 7 )   623 - 623   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 99mTc-ECD SPECTを用いた3-compartment modelに基づく簡便な脳血流測定法

    小田野 行男, 大久保 真樹, 野口 栄吉, 大滝 広雄

    核医学   35 ( 7 )   544 - 544   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 1H-MRSにおける脂肪抑制IR法の有用性と問題点

    大久保 真樹

    日本医学放射線学会雑誌   58 ( 2 )   S32 - S32   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • I-123 IMP SPECTによる簡便なDiamox負荷脳血流測定法の比較・検討

    大久保 真樹

    核医学   34 ( 8 )   662 - 662   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • Diamox負荷時の123I-IMP SPECTによる簡便なrCBF定量測定法の比較・検討

    大久保 真樹

    日本医学放射線学会雑誌   57 ( 2 )   S70 - S71   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • Diamox負荷脳血流SPECTにおける123I-IMPを用いた簡便な脳血流測定法の比較 マイクロスフェア法とTable look-up法

    小田野 行男, 大久保 真樹, 高橋 誠

    ブレイン・ファンクション・イメージング・カンファレンス記録集   ( 11 )   49 - 52   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本メジフィジックス(株)  

    マイクロスフェア法で求めた局所脳血流量は,NLLSF法で求めた局所脳血流量とよく相関し,脳血流量の変化を精度よく評価することができた

    researchmap

  • 123I-IMP SPECTを用いた新しいrCBF定量測定法

    大久保 真樹

    日本医学放射線学会雑誌   56 ( 2 )   70 - 70   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 123I-IMP SPECTを用いたmicrosphere modelによるrCBFの測定法の改善

    大久保 真樹

    日本医学放射線学会雑誌   55 ( 2 )   S66 - S66   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 123I-IMP SPECTを用いたmicrosphere modelによるrCBF測定法 早期像の補正による影響

    大久保 真樹, 小田野 行男, 高橋 直也, 酒井 邦夫

    核医学   31 ( 7 )   709 - 709   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 動脈一点採血によるI-123IMPとSPECTを用いた簡便な脳血流測定法 One-point Sampling法

    小田野 行男, 大久保 真樹, 高橋 直也, 樋口 健史

    核医学   31 ( 7 )   805 - 805   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • Microsphere modelを用いた123I-IMPによるrCBF測定法 早期再構成カウントの推定の考察

    高橋 直也, 小野田 行男, 酒井 邦夫, 大久保 真樹

    核医学   31 ( 7 )   817 - 817   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • I-123IMPのRate Constant Square法を用いた虚血性脳血管障害における分布容積(Vd)の測定の臨床的意義

    小田野 行男, 大久保 真樹, 高橋 直也, 樋口 健史

    核医学   31 ( 7 )   805 - 805   1994年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    researchmap

  • 1H-magnetic resonance spectroscopy(MRS)にて脳局所での乳酸の上昇を認めた片頭痛

    渡辺 浩之, 桑原 武夫, 大久保 真樹

    臨床神経学   34 ( 5 )   504 - 507   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    45歳女,32歳時に前兆を伴わない発作性の拍動性頭痛で発症し,6年後には右不全麻痺を伴うようになり,片麻痺型片頭痛と診断された。頭部MRIでは異常を認めず,SPECTでは前頭葉優位に脳血流の軽度低下を認めた。発作間欠期のMRSにて病側前頭葉に乳酸の上昇を認め,MRIでは捉えられない軽度の虚血の存在,あるいはミトコンドリア機能異常による好気性糖代謝の障害が考えられた

    researchmap

  • Microsphere modelを用いたN-isopropyl-p-〔123I〕iodoamphetamine(IMP)による局所脳血流定量法の問題点 133Xe SPECTおよび経時的123I-IMP SPECTとの比較検討

    高橋 直也, 大久保 真樹, 小野田 行男

    核医学   31 ( 4 )   319 - 326   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    中枢神経疾患に対し123I-IMPとmicrosphere modelを用いて局所脳血流量(rCBF)を求め,133Xe吸入SPECTによって求めたrCBFと比較した。得られたrCBFは133Xeから求めたrCBFと比べ,高血流域で過小,低血流域で過大に評価された。123I-IMPの静注5分,20分,60分後の1分間の短時間SPECTからそれぞれ算出したrCBFは,20分で15-30%,60分で30-60%少ない値を示し,洗い出しの存在が確認された。平衡時のSPECTのrCBFを早期のSPECTのrCBFと比べると,高血流域で過小に低血流域で過大に評価された。これは平衡時のSPECTを補正することにより生じた誤差であると考えられた

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1994&ichushi_jid=J00251&link_issn=&doc_id=19950006450002&doc_link_id=%2Fed0kakui%2F1994%2F003104%2F002%2F0319-0326%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fed0kakui%2F1994%2F003104%2F002%2F0319-0326%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 123I-IMP SPECTを用いたmicrosphere modelによるrCBF測定法における洗い出し(K2)の影響

    大久保 真樹

    日本医学放射線学会雑誌   54 ( 3 )   297 - 297   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 307. 心拍可変同期撮影(MR MRI-臨床応用)

    島田 哲雄, 滝沢 陽子, 遠藤 啓子, 大井 清美, 寺井 忠夫, 西村 義孝, 大久保 真樹

    日本放射線技術学会雑誌   50 ( 8 )   1223 - 1223   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本放射線技術学会  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00003326107

    CiNii Article

    researchmap

  • 308. T1 コントラストの向上ならびに撮影時間の短縮を可能にした心拍同期撮影(MR MRI-臨床応用)

    島田 哲雄, 滝沢 陽子, 遠藤 啓子, 大井 清美, 寺井 忠夫, 西村 義孝, 大久保 真樹

    日本放射線技術学会雑誌   50 ( 8 )   1224 - 1224   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本放射線技術学会  

    DOI: 10.6009/jjrt.KJ00003326108

    CiNii Article

    researchmap

  • N-isopropyl-p-[123I]iodoamphetamine(IMP)の分配定数(Distribution volume)とSPECTを用いた新しい診断 Magic Square法の開発

    小田野 行男, 大久保 真樹, 高橋 直也

    核医学   30 ( 10 )   1211 - 1219   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本核医学会  

    IMP脳血流SPECTを用いて,脳血流量K1,初期像と後期像のカウント比(Delayed/Early ratio)および脳血液分配定数distribution volume (Vd)を同一のグラフ上で評価できる新しい診断法-Magic square法を開発した。正常人を含む6例を対象に動脈血中の123I-IMPの時間放射能曲線を分析して標準入力関数とし,123I-IMPの脳内挙動を2-コンパートメントモデルで解析してグラフ(Magic square)を作成した。この方法をParkinson病と進行性核上麻痺の鑑別診断に応用したところ,Parkinson病では前頭葉におけるVdが有意に低下しており,両者を明瞭に鑑別できた。両疾患においてVdを測定する意義があることが示唆された。distribution volumeは123I-IMPの脳内保持機能の程度を反映し,その値はアミン類でも特にドーパミン系の受容体や代謝に大きく関与していると考えられた

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=1993&ichushi_jid=J00251&link_issn=&doc_id=19950006420003&doc_link_id=%2Fed0kakui%2F1993%2F003010%2F003%2F1211-1219%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fed0kakui%2F1993%2F003010%2F003%2F1211-1219%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Magic Square法を用いてN-isopropyl-ρ-〔123I〕iodoamphetamineの分配定数(Distribution volume)を算定する新しい診断法

    小野田 行男, 大久保 真樹, 高橋 直也

    パーヒューザミン研究会記録集   9   53 - 56   1993年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本メジフィジックス(株)  

    researchmap

  • 実験腫瘍における31P-MRSの放射線単独及びUFT併用照射に伴う変化

    大久保 真樹

    日本医学放射線学会雑誌   52 ( 7 )   1050 - 1050   1992年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本医学放射線学会  

    researchmap

  • 反射係数による咀嚼筋筋電図の評価

    大久保 真樹

    医用電子と生体工学   24 ( 7 )   546 - 546   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生体医工学会  

    researchmap

  • 咀嚼運動時のEMGにおける時変性反射係数の推定

    大久保 真樹, 木竜 徹, 牧野 秀雄

    電子通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   86 ( 55 )   37 - 44   1986年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)電子情報通信学会  

    咀嚼運動の評価に,筋電図における反射係数と顎運動軌跡が有効である事を示した.また,筋電図における最適な分析区間長を決定するための一つの方法を示した.現在他に有効な方法がないため,今回提案した方法は分析区間長の設定方法の一助となると思われる.しかし,この方法はD2を用いるため咀嚼筋筋電図にしか適用できず,一般的な波形における分析区間の決定方法を考える事が今後の課題となる

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 逐次近似再構成CT画像における高精度な空間分解能測定法の開発

    研究課題/領域番号:20K08046  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大久保 真樹, 成田 啓廣

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 化学交換飽和移動MRIを用いたアルツハイマー病における認知予備能評価法の開発

    研究課題/領域番号:18H02762  2018年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    五十嵐 博中, 大久保 真樹, 鈴木 清隆

      詳細を見る

    配分額:9100000円 ( 直接経費:7000000円 、 間接経費:2100000円 )

    本年度も研究は順調に進み、アルツハイマーモデル動物を用いたPOC研究を完了した。アルツハイマー病では、中枢病理学的変化の一つであるシナプスの喪失は、脳の障害領域に対応する局所的な神経学的症状を引き起こす。グルタミン酸化学交換飽和移動(gluCEST)MRIは、シナプスの機能障害や喪失を評価するための候補の一つである。本年度は、5xFADアルツハイマー病モデルマウスを用いてgluCESTの経時的変化を評価し、gluCEST効果と局所脳血流(CBF)を比較した。5xFADマウスと対照群のGluCEST効果とCBFを生後1ヶ月から15ヶ月までの期間で測定した。また、7ヶ月齢のマウスを対象に、樹状細胞/軸索密度を反映したNODDI MRIを測定し、神経密度を反映していると考えられているFicvfを計算し、gluCESTとの比較を行った。その結果、局所CBF は7ヶ月目から減少し始めたが、側頭葉と海馬ではgluCESTの減少がCBFの低下に先行した。5xFADマウス縦断測定では、局所的なgluCEST効果はCBFと相関していたが、一般化線形混合モデルでは大脳皮質では基底部とは統計的に異なる相関を示した。また、頭頂皮質ではNODDI由来のFicvfはgluCEST効果と相関していたが、海馬では相関しておらず、病態生理学的なメカニズムの地域差が明らかになった。これらの結果から、gluCESTは微妙な病態変化を評価することが可能であり、アルツハイマー病の診断やバイオマーカーの候補となるイメージング手法の一つとなり得ると考えられた。

    researchmap

  • CT画像の空間分解能および結節の特徴に基づいたバーチャル3D肺がん像生成法の開発

    研究課題/領域番号:17K09059  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大久保 真樹, 成田 啓廣, 和田 真一

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    肺がんCT検診用コンピュータ支援診断(CAD)の性能評価を目的として、実際の肺結節像を基にした模擬結節像(Virtual Nodule)を生成する手法を開発した。結節を模したファントムを用いた実験ではVirtual Noduleが実際の画像とよく一致することが確認され、手法の妥当性が示唆された。Virtual Noduleは各施設におけるCT装置の空間分解能に基づいて算出され、その施設で撮影した画像に融合することで生成できる。すなわち、各施設の画像の空間分解能や雑音の特性を持つ結節像となる。Virtual Noduleにより、各施設で異なるCADの性能を適確に評価できると考えられる。

    researchmap

  • CT装置の空間分解能を活用したバーチャル3D肺がん像生成およびCADへの応用

    研究課題/領域番号:26460722  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大久保 真樹, 松本 徹, 村尾 晃平, 和田 真一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1950000円 ( 直接経費:1500000円 、 間接経費:450000円 )

    肺がんCT検診用コンピュータ支援診断(CAD)システムの性能評価を目的に仮想結節像“Virtual Nodule”を考案した。CT画像の撮影・再構成条件は検診施設によって異なるので、CADを導入する際は各施設が個別に性能を評価する必要がある。本研究のVirtual Noduleは、各施設で測定されたCT装置の空間分解能に基づいて模擬結節像を算出し、その施設で得られた胸部画像に融合することで生成される。したがって、各施設における画像の空間分解能や雑音の特性を持つ結節像となる。このVirtual Noduleを利用する事で、各検診施設毎に異なってくるCADの性能を適確に評価できると考えられる。

    researchmap

  • 肺がんCT検診CADの性能評価法および高度化の研究

    研究課題/領域番号:25461803  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    和田 真一, 大久保 真樹, 松本 徹, 村尾 晃平, 小林 元, 吉田 昭文, 郷戸 允, 成田 啓廣, 菅原 秀賢

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究は,多様な,CT装置メーカ‐,撮影・再構成条件に起因する画質特性の問題を包括する肺がんCT検診CADのQuality Assurance(QA)の方法開発の研究である。CT画像の3次元空間分解能指標(PSF,SSP)測定値を用いた,virtual noduleと検診画像の部分ディジタルファントムに関する4課題に取組み,肺がんCT検診の高精度化を目指した。(1) CT検診データベースを用いたvirtual nodule検証,(2) virtual nodule応用CADの性能評価法研究,(3)Virtual Noduleの高度化研究,(4) CAD性能評価法のアルゴリズムロバスト性評価。

    researchmap

  • 肺がんCT診断支援システムに適する画質への画像変換法の開発

    研究課題/領域番号:23602005  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大久保 真樹, 和田 真一, 松本 徹, 村尾 晃平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    肺がんCT検診用コンピュータ診断支援システム(CAD)の性能は画質に依存するため、CT画像の再構成条件(再構成関数)によっては性能が大きく低下する。CADの導入に伴い、各施設で用いられている再構成関数の変更を余儀なくされることがあり、CAD普及における大きな障壁となっている。そこで、CT装置で測定された変調伝達関数(MTF)の情報を活用し、再構成された画像の画質を、他の再構成関数による画質(CADに最適な画質)に変換する手法を開発した。考案法によって高い精度で画質変換が可能であり、CADの性能低下を改善できることが確認された。本法によりCADの導入が容易となると考えられる。

    researchmap

  • X線CT装置の空間分解能を活用した定量的な画像診断能の向上に関する研究

    研究課題/領域番号:20500389  2008年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大久保 真樹, 和田 真一, 松本 徹, 村尾 晃平

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:300000円 )

    X線CT装置の空間分解能指標であるPoint Spread Function(PSF)に基づいた3次元CT画像シミュレーションの手法を確立した。この手法を用いて、胸部CT画像における充実性の肺内結節を被写体関数に設定し、画像シミュレーションを行った。結節の濃度閾値と、それによって抽出される領域の体積との関係について解析した。結節の体積を正確に測定するための設定閾値については、結節の濃度が一定である場合でも大きさによって変動し、さらに画像再構成関数やスライス厚にも大きく依存することが定量的に示された。本研究における結果は、精度の高い画像診断につながる基礎データとしての有効性が示された。

    researchmap

  • 超高磁場MR装置を用いたプロトンスペクトロスコピーに関する基礎研究

    研究課題/領域番号:10770440  1998年4月 - 2000年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    大久保 真樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1100000円 ( 直接経費:1100000円 )

    昨年度,超高磁場(3テスラ)MR装置用のプロトンスペクトロスコピー測定シーケンスに改良を加えた.このシーケンスを用いてヒト脳におけるスペクトルの測定を試みたところ,従来のMR装置(〜1.5テスラ)では測定が難しい小さな領域におけるスペクトルを比較的短時間で測定することができた.観測されたスペクトルのピークはCholine,Phosphocreatine/Creatine,N-acetylasparate等の信号であり,Glutamine/Glutamateと思われるの信号も観察される場合があった.部位によりスペクトルパターンが異なっており,生化学的な状態や代謝及び組織構成などに差があるものと考えられた.またスペクトルの測定手順を一連の命令(マクロ)にまとめ簡易化することにより,測定法の確立を図った.
    測定したスペクトルデータの処理・解析を行うためにデータをフォーマット変換・転送し,広く普及しているパーソナルコンピュータ(PC)を用いて別途に処理を行う簡易なシステムをこれまでに作成した.このシステムを用いたところ,ヒト脳におけるスペクトルを容易に処理・解析することができ,スペクトルピーク位置や面積等を求め半定量的な評価が可能となった.一連の操作は非常に簡単であり,プログラムの変更なども容易である.PCを利用していることから汎用性が高く,データベースの構築や他のMR装置で測定したスペクトルデータとの比較などにも有用である.

    researchmap

  • 食道癌に対する5-FU+CDDPと放射線の同時併用療法に関する基礎的、臨床的研究

    研究課題/領域番号:08457240  1996年4月 - 1999年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    酒井 邦夫, 大久保 真樹, 松本 康雄, 土田 恵美子, 杉田 公, 藤田 勝三, 末山 博男, 伊藤 猛

      詳細を見る

    配分額:5900000円 ( 直接経費:5900000円 )

    基礎的研究では、FM3A細胞に対する5-FU(0.5μg/ml、24時間)+CDDP(0.1μg/ml、24時間)と放射線の併用効果をフローサイトメトリーで検討した結果、CDDPは5-FUのDNA合成阻害を何らかの形で増強することによって相乗効果をもたらしているものと考えられた。また細胞増殖、色素排除能および細胞形態の面から検討したところ、併用処理群では増殖遅延時間および死細胞の割合がそれぞれの単独処理の場合の和以上の効果を示し、細胞形態の観察では死細胞、巨大細胞および多核細胞が多くなることが確認された。細胞動態学的にみると、併用群では薬剤除去72時間後に著明なG2ブロックが認められ、長時間G2ブロックされた細胞の多くは巨大細胞、多核細胞となりやがて死滅することが確認された。
    臨床的研究では、本院ならびに関連病院において1992年から1994年までの間に放射線と5-FU少量長期持続静注の同時併用で治療したII・III期食道癌31例(RT+5FU群)と、以前に放射線単独で治療したII・III期食道癌27例(RT単独群)の治療成績を対比検討した。奏効率並びに局所非再燃率はRT+5FU群が有意に良好であった(p<0.05)。累積生存率では有意差はみられないものの、RT+5FU群が良好な傾向を示した(p=0.10)。次いで、1995年以来放射線と5-FU+CDDP少量長期持続静注を同時併用したII・III期食道癌32例(RT+FC群)とRT単独群の治療成績を対比検討したところ、奏効率、局所非再燃率、並びに累積生存率は、RT+FC群がRT単独群に比し有意に良好であった。

    researchmap

  • SPECT用の新しい放射性リガンドの合成と動態解析モデルの実験的研究

    研究課題/領域番号:06670907  1994年4月 - 1995年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(C)  一般研究(C)

    小田野 幾雄, 大久保 真樹, 中島 孝

      詳細を見る

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

    【目的】single photon emission computed tomography(SPECT)によってドーパミンD2受容体をイメージングするために、新しい放射性リガンドI-125 NCQ298を合成し、小動物(ラット)を用いて動態解析などの基礎的検討を行った。
    【対象】雄成熟ラット(Sprangue-Dawley rat:体重約200g,N=20)を用いた。【方法】まず、クロラミンT法を用いて、NCQ298の前駆物質にI-125を標識した。収率98%であった。次に、ラットをハロセン麻酔下に開腹し、大腿静脈ヘカテーテルを挿入して血管を確保した。麻酔が完全に覚醒してから、I-125I NCQ298 100μCi(=0.3ml)を静注した。静注5分、10分、15分、30分、60分の時点で断頭(各4匹)し、速やかに全脳を摘出して、全頭皮質、綿条体、海馬、小脳の4つに分離した。その際できるだけ血管成分を除去し、試料に混入しないようにした。断頭直後に頚部断端から採血した。各試料の重量を計測後、well counterで放射能を計測し、count/mgを測定した。また血中の放射能count/mlを測定した。以上のデータを用いて3-コンパートメントモデル解析を行った。
    【結果】前頭皮質、海馬、小脳の放射能は、約10分でプラトーに達して漸減した(図)。一方、綿条体の放射能は速やかに上昇して、約15分でプラトーに達し、その後60分まで平衡状態にあった。綿条体の放射能は、前頭皮質や小脳に比較して、約3倍であった。血中の放射能は10分でプラトーになり、その後漸減した。
    【考察】I-125INCQは綿条体に著しく集積し、約15分で平衡状態に達する。一方、小脳や前頭皮質への集積は約1/3と少なく、コントラストが明瞭になった。I-125INCQは、ドーパミンD2をイメージングする放射性リガンドとしてきわめて有用であると考えられた。今後は、ヒト脳を対象にしてこの放射性リガンドの有用性を検討する予定である。

    researchmap

  • 123I-IMP SPECTを用いたマイクロスフェア法による脳血流量測定法の評価

    研究課題/領域番号:06770699  1994年4月 - 1995年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    大久保 真樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    Single photon emission computed tomography(SPECT)及びN-isopropyl-p-〔^<123>I〕iodoamphetamine(^<123>I-IMP)を用いたmicrosphere modelに基づく局所脳血流量定量測定法(microsphere法)における2つの問題点,1)脳組織から^<123>I-IMPが洗い出されることを無視している点,2)通常は^<123>I-IMP静注後早期での短時間の撮像が困難なため静注数十分後に撮像した画像を補正したものを使用していること,による局所脳血流量の算出誤差を定量的に評価した.その結果を以下に述べる.
    問題点1)に対する検討結果:被検者10名から測定した動脈血中の^<123>I-IMP時間放射能曲線(microsphere modelの入力関数)を用いてシミュレーション解析を行ったところ,^<123>I-IMP静注後5分以内であれば約5%以下の誤差率で局所脳血流量を測定可能であると算定された.臨床では,5%程度の誤差は無視できうる大きさであると考えられ,静注5分後までならばmicrosphere法にて精度よく局所脳血流血の測定が可能である.
    問題点2)に対する検討結果:被検者8名について,入力関数と静注数十分後に撮像した画像を補正する係数(頭部全体の放射能カウントの変化率)を実測し,それらを用いてシミュレーション解析を行ったところ,局所脳血流量が過大に算出されることがわかった.過大に算出される割合を定量的にとらえその補正を試みたところ,^<133>Xe吸入法によって測定した局所脳血流量の値との誤差率は平均約7%改善した.
    microsphere法による局所脳血流量測定における誤差を定量的にとらえることができた.さらに問題点2)についての補正法を提案し,その有用性を認めた.

    researchmap

  • 5-FU少量持続静注と放射線の同時併用療法に関する基礎的、臨床的研究

    研究課題/領域番号:05454301  1993年4月 - 1996年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(B)  一般研究(B)

    酒井 邦夫, 大久保 真樹, 杉田 公, 伊藤 猛, 末山 博男, 藤田 勝三, 樋口 正一, 小田 純一

      詳細を見る

    配分額:4700000円 ( 直接経費:4700000円 )

    基礎的研究においては、5-FUおよびCDDPそれぞれ単独の放射線増感効果、ならびに両者を併用した場合の放射線増感効果について、FM3A細胞を用いて検討した。得られた結果は次のとうりである。(1)5-FU低濃度長時間処理(0.5μg/ml、24時間)と放射線照射のタイミングを変えて実験したところ、5-FU処理開始直後に照射を行った場合の増感効果がもっとも高いことが判明した。この場合のD_0は1.9Gy、Enhancement Ratio(ER)は1.16であった。(2)CDDP高濃度短時間処理(1.0μg/ml、1時間)のD_0は2.2Gy、ERは1.00であったが、低濃度長時間処理(0.1μg/ml、24時間)のD_0は2.1Gy、ERは1.05であった。(3)5-FU(0.5μg/ml、24時間)とCDDP(0.1μg/ml、24時間)の両者を同時に併用すると、D_0は1.7Gy、ERは1.30となった。すなわちCDDPには、それ自身の放射線増感効果のほかに、5-FUの放射線増感効果を増強する作用のあることが示唆された。
    臨床的研究においては、手術不能食道癌を対象として、5-FU少量持続静注(300mg/m^2/day)と放射線の同時併用療法を行い、副作用ならびに局所効果を検討した。本療法の主たる副作用は嚥下痛、食欲不振等であるが、多くの症例は治療の継続が可能であった。5週以上にわたる5-FU持続静注ならびに60Gy以上の照射が可能であったものを治療完遂とすると、本療法の治療完遂率は89%であり、放射線単独治療の場合と差のないことが示された。遠隔転移のない食道癌を対象として、局所制御に関与する因子について多変量解析を行ったところ、治療法とT因子に有意差が認められ、また生存率に関する多変量解析におおて、治療法が有意な因子として検出された。以上の結果から、本療法は食道癌の局所制御率を向上させると同時に、生存率の向上も期待できる有用な治療法であると考えられた。今後5-FU+CDDP少量持続静注と放射線の同時併用について検討の予定である。

    researchmap

  • 13C-MRスペクトロスコピーによる実験腫瘍の増殖・放射線照射に伴う組織代謝変化

    研究課題/領域番号:04770734  1992年4月 - 1993年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究(A)  奨励研究(A)

    大久保 真樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:900000円 ( 直接経費:900000円 )

    researchmap

  • MRスペクトロスコピーによる腫瘍組織の代謝に関する研究

    1991年4月 - 1992年3月

    科学研究費助成事業  奨励研究(A)

    大久保真樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 遷移区間の構造的特徴に着目した音素の類別とその音声認識への応用に関する研究

    研究課題/領域番号:02805044  1990年4月 - 1991年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(C)  一般研究(C)

    堀 潤一, 大久保 真樹, 木竜 徹

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本研究では、子音の開始から後続母音部分への移行区間(遷移区間)の動的変化を研究した.その際、より高い立場の波形再構成の理論から、ヒトの認識系の持つ一種曖昧な特徴を自然観則システムと呼ばれる波形の構造的モデルで音声信号をモデル化し,遷移区間での動的特徴を自然観測係数パタ-ンで解析した.さらに,これとは別に,従来のパラメ-タ(LPCやLPCケプストラム時系列を後続母音部分への移行を表す意図的な平面に射影し、その軌跡から子音遷移区間の音素毎の特徴分類も試みた。
    自然観測係数パタ-ンとは,有限項数自然観則フィルタの自然観測係数を,(時間ー観測時定数ー自然観測係数)の空間上に展開したものである.自然観測係数パタ-ンにより,自然観測係数{W_1}の時間変化{W_1(t)}に加えて,観測時定数f_<ec>に関する変化{W_1(f_<ec>)}も探ることができた.摩擦音・破裂音を解析した結果,(a)音素の瞬時周波数構造に近い自然観測係数パタ-ンが得られ,{W_1(t)}により後続母音との境界は明確に判別できた;(b)後続母音は母音毎に異なる特徴的な{W_1(f_<ec>)}パタ-ンを示し、子音部分によらず判別が可能であった.
    一方,後続母音部分への意図的平面を、“n次元のモデルパラメ-タを成分とするベクトルの時系列に対し、その動的変化が遷移区間での時間軸伸縮に無関係に後続音へ直線的に移行する軌跡となるような2次元平面"といった観点からの決定法を試みた。その結果,摩擦音の軌跡はほとんど直線となり,認識率も高かったが,他の子音には十分ではなかった.
    以上の結果をふまえて,今後,他の音素に対する解析,さらに個人差等を検討し,パラメ-タと認識法との相性に関して研究を進める予定である.

    researchmap

  • MRスペクトロスコピ-による放射線治療効果の予測に関する研究

    研究課題/領域番号:01440046  1989年4月 - 1991年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 一般研究(A)  一般研究(A)

    酒井 邦夫, 伊藤 猛, 大久保 真樹, 日向 浩, 木村 元政, 藤田 勝三, 樋口 健史, 杉田 公

      詳細を見る

    配分額:12600000円 ( 直接経費:12600000円 )

    1.マウス移植腫瘍における ^<31>PーMRS
    マウスの大腿部皮下に移植した腫瘍 ^<31>PーMRSをJEOL製JNMーGX270(静磁場強度6.3T)により測定したところ、スペクトルの各種ピ-クの信号強度比及びpHiは腫瘍体積と密接に関係することが判明した。そこで体積がほぼ一定の移植腫瘍に放射線を照射し、照射後腫瘍体積に変化の少ない時点で ^<31>PーMRSを測定した。その結果、(1)20Gy以上の照射群では、照射直後にNTPの著明な減少が一過性に見られるが、この現象と腫瘍増殖抑制効果との間には明らかな関連は認められない。(2)線量が多くなるにつれて照射後のPi/PMEの経時的変化が大きくなる傾向が見られた。(3)照射後1日目から2日目にけてのpHi、Pi/βーNTPおよびPME/βーNTPの各パラメ-タ-の変化は、照射効果を予測する指標になりうると考えられた。(4)これらの ^<31>PーMRSのパラメ-タ-の変化は治療後5日目のDNAヒストグラムにおけるG2+M期集積の程度に対応し、また病理学的な壊死や変性の程度とも関連することが判明した。
    2.ヒトの表在性腫瘍における ^<31>PーMRS
    ヒトの表在性悪性腫瘍の ^<31>PーMRSを超伝導MRI装置(静磁場強度1.5T)により測定したところ、正常筋肉組織に比較しPMEおよびPDEに明瞭なピ-クがあり、PCrは小さく、pHiはアルカリ側にシフトする傾向が見られた。治療に伴う変化は一様ではないが、治療が有効な場合にはPMEおよびPDEが早期に減少する傾向が見られ、治療効果の早期判定に有用である可能性が示唆された。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用機器工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特別研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用機器工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療英語(放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線機器科学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医学物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特定研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特定研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医学物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線機器科学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療英語(放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医学物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特別研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特定研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医学物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特定研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用画像機器

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線科学セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 脳学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線科学セミナー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医学物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線機器科学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用物理学概論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療英語(放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用放射線科学特別研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医用機器工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 入門医療英語

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子・システム工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 情報リテラシー

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディスキルズ (放射)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 保健学特別研究(放射線技術科学)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 放射線機器工学実験Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学及び演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体構造機能解析工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生体機能情報解析学特講演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 医療と画像技術

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 医学物理学特講演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医学物理学特講

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報リテラシー

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学特定研究(放射線技術科学)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学特別研究(放射線技術科学)

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • リサーチ・メソッズ・アドバンスト

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医療英語ベーシック(放射)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線撮影技術学実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学総合

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 放射線機器工学Ⅰ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線撮影技術学演習

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線機器工学Ⅱ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医用放射線機器科学演習

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医用放射線機器科学特論

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医用機器工学及び演習

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医療英語(放射)

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医学物理学概論

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線機器工学実験Ⅰ

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健学特別研究(放射線技術科学)

    2014年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 放射線機器工学実験Ⅱ

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子工学

    2012年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 保健学特定研究(放射線技術科学)

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ (放射)

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子・システム工学実験

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 医療と画像技術

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 磁気共鳴画像技術学演習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 放射線科学セミナー

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報学実習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報リテラシー

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 入門医療英語

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 電気工学実験

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 電気工学及び演習

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 生体機能情報解析学特講

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生体構造機能解析工学特論

    2007年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生体機能情報解析学特講演習

    2007年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生体構造機能解析工学演習

    2007年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 医用放射線科学特別研究

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 医用物理学概論

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 磁気共鳴画像技術学

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 医用画像機器

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 脳学概論

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示