2021/05/15 更新

写真a

オオバ マサアキ
大庭 昌昭
OBA Masaaki
所属
教育研究院 人文社会科学系 教育学系列 准教授
教育学部 保健体育・スポーツ科学講座 准教授
現代社会文化研究科 現代文化論専攻 准教授
教育実践学研究科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 修士(体育学) ( 1993年3月   筑波大学 )

研究キーワード

  • 水泳

  • コーチング

  • 体育科教育

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学  / 体育科教育学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学  / スポーツ方法学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 人間形成研究専攻   准教授

    2012年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 全学教職支援センター   准教授

    2010年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 現代文化論専攻   准教授

    2009年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学部 保健体育・スポーツ科学講座   准教授

    2007年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   准教授

    2007年4月 - 2009年4月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育人間科学部 学校教育課程   助教授

    2000年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   准教授

    2000年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   講師

    1999年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育人間科学部   講師

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 人間形成研究専攻   准教授

    2012年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 全学教職支援センター   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 現代文化論専攻   准教授

    2009年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育学部 保健体育・スポーツ科学講座   准教授

    2007年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   准教授

    2007年4月 - 2009年4月

  • 新潟大学   教育人間科学部 学校教育課程   助教授

    2000年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   准教授

    2000年4月 - 2007年3月

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   講師

    1999年4月 - 2000年3月

  • 新潟大学   教育人間科学部   講師

    1998年4月 - 2000年3月

▶ 全件表示

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 新潟県体育学会   理事  

    1999年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

取得資格

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許

 

論文

  • 牽引泳による着衣時水泳運動の動力学的負荷 査読

    木村隆彦, 鈴木淳也

    運動とスポーツの科学19 ( 1 ) 207 - 212   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本運動・スポーツ科学学会  

    researchmap

  • キック動作の違いが泳速度調節に及ぼす影響

    大庭昌昭

    日本体育学会体育方法専門分科会会報 ( 38 ) 59 - 61   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • ジュニアアスリート競泳選手の牽引水泳Semi-Tethered Swimming時パワーと自転車エルゴメータ駆動時最大無酸素パワーの関係 査読

    塩野谷明, 立川厚太郎, 西條暁里, 大庭昌昭

    トレーニング科学23 ( 3 ) 275 - 285   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of subjective effort on stroke timing in Breaststroke Swimming 査読

    M. Ohba, S. Sato, Y. shimoyama, D. Sato

    Proceeding of XIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming   274 - 275   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 主観的努力度の変化が泳速度に及ぼす影響

    大庭昌昭, 佐藤慎哉, 下山好充, 佐藤大輔

    スポーツ方法学研究(日本体育学会体育方法専門分科会会報)23 ( 2 ) 113 - 116   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 競泳における主観的努力度の違いがストローク動作に及ぼす影響

    佐藤慎哉, 五十嵐久人, 牛山幸彦, 大庭昌昭

    新潟体育学研究28   33 - 38   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ナノプラチナ及びナノダイヤモンドを使用したハイブリット素材製ベッドパットによるストレス軽減効果 査読

    片野秀樹, 松木秀明, 大庭昌昭, 築地真実

    医学と生物学154 ( 2 ) 86 - 91   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Effect of subjective effort on turning motion in breaststroke turn(共著) 査読

    M. Ohba, Y. shimoyama, T. Nomura

    Proceedings of the 1st International Scientific Conference of Aquatic Space Activities   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • Effect of Teaching Points on Turn Motion of Breaststroke for Beginning-Swimmers 査読

    M. Ohba, M. Takahashi, Y. Shimoyama, T. Nomura

    Biomechanics and Medicine in Swimming XX   309 - 310   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 体育専攻学生を対象とした授業リフレクションについて 査読

    大庭昌昭

    教育実践総合研究5   105 - 109   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tethered Swimming (TS)時の牽引力と競技パフォーマンスの関係:Semi-Tethered Swimmnig (STS)時パワーの代替を目的として 査読

    塩野谷明, 堀内昌一, 小泉昌幸, 大庭昌昭

    スポーツ方法学研究19 ( 1 ) 81 - 87   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 泳技能獲得に向けた平泳ぎ指導の実践事例 査読

    大庭昌昭

    日本教育実践学会研究大会論文集8   71 - 72   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 体育専攻学生の教育実習における授業リフレクション 査読

    大庭昌昭

    日本教育実践学会研究大会論文集8   49 - 52   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 教員養成カリキュラムとしての1年次教育実習 査読

    岡野勉, 宮薗衛, 室賀美津雄, 常木正則, 堀竜一, 鈴木真由子, 伊野義博, 森下修次, 大庭昌昭, 長澤正樹, 福原昌恵

    教科教育研究22   103 - 116   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • PWC170テストによる持久的能力の推定 査読

    山崎健, 森恭, 大庭昌昭

    新潟大学教育人間科学部紀要6 ( 2 ) 165 - 171   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 1年次生を対象とする教育実習カリキュラムの開発 査読

    岡野勉, 大庭昌昭

    新潟大学教育人間科学部紀要5 ( 2 ) 249 - 263   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 教員養成系大学生における月経時の水泳に対する意識調査について 査読

    南隆尚, 藤原有子, 木村一彦, 安藤幸, 松井敦典, 上田憲嗣, 大庭昌昭, 下永田修二, 椿本昇三, 稲垣裕美, 合屋十四秋

    鳴門教育大学実技教育研究13   111 - 119   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 水泳における学校体育と社会体育の連携 査読

    森恭, 跡治望美, 大庭昌昭

    新潟大学教育人間科学部紀要6 ( 1 ) 143 - 153   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • プラチナフォトンが激運動後の疲労回復に及ぼす影響 査読

    大庭昌昭

    新潟大学教育人間科学部紀要6 ( 1 ) 163 - 167   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Force, velocity and power measurement in seemi-tethered swimming using new ergometer attachment system. 査読

    K. Morioka, T. Shibukura, M. Koizumi, M. Ohba, K. Tachikawa, H. Miyake, A. Shionoya

    The Book of the 4th International Conference on the Engineering of Sport   136 - 139   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Changes in interval swimming performance, OBLA speed and 400 M swimming performance after eight week swim training. 査読

    Y. Shimoyama, H. Mankyu, M. ohba, J. Yoshimi, T. nomura

    Journal of training science13 ( 3 ) 149 - 156   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Middle Powe Measurement in Semi-tethered Swimming using Ergometer Attachment 査読

    Akira SHIONOYA, Takayuki SHIBUKURA, Tomihiro SHIMIZU, Masaaki OHBA, Koutaro TACHIKAWA, Hitoshi MIYAKE

    長岡技術科学大学研究報告23   83 - 91   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • エルゴメータ・アタッチメントを用いた低年齢期スイマーのSemi-tethered swimming時パワーと競技成績の関係 査読

    塩野谷明, 渋倉崇行, 小泉昌幸, 大庭昌昭, 立川厚太郎

    長岡技術科学大学研究報告23   103 - 106   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 新潟県水泳連盟医科学委員会体力等測定合宿からの報告 査読

    塩野谷明, 渋倉崇行, 大庭昌昭, 小泉昌幸, 清水冨弘

    新潟体育学研究19   15 - 19   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 600m泳テストの活用方法について 査読

    大庭昌昭, 塩野谷明

    新潟大学教育人間科学部紀要3 ( 2 ) 333 - 338   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 水泳における有酸素能力の評価 査読

    山口清志, 塩野谷玲子, 小泉昌幸, 渋倉崇行, 大庭昌昭

    新潟体育学研究18   10 - 14   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 600m泳テスト中の心拍数の変化 査読

    大庭昌昭, 塩野谷明

    新潟大学教育人間科学部紀要3 ( 1 ) 133 - 138   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 競泳100m自由形のストローク頻度変化 査読

    萬久博敏, 大庭昌昭, 下山好充, 仙石泰雄, 椿本昇三, 野村武男

    筑波大学運動学研究16   69 - 75   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • エルゴメータ・アタッチメントを用いたSemi-tethered swimming時パワーの同時多計測 査読

    塩野谷明, 渋倉崇行, 小泉昌幸, 大庭昌昭, 清水富弘, 立川厚太郎, 長谷川光彦, 三宅仁

    トレーニング科学11 ( 3 ) 77 - 90   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • ジュニア競泳選手の有酸素能力について 査読

    大庭昌昭, 塩野谷明

    新潟大学教育人間科学部紀要2 ( 2 ) 213 - 217   2000年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Wave declining effect of course ropes during maximum effort swimming. 査読

    TOGASHI T, OHBA M, NOMURA T

    Biomechanics and Medicine in Swimming VIIIVIII   125 - 127   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Repeated altitude training effects on elite swimmers. 査読

    NOMURA T, MANKYU H, OHBA M

    Biomechanics and Medicine in Swimming VIIIVIII   417 - 422   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 体育専攻学生の水泳能力について 10分間泳・60分間泳・50m速泳の記録について 査読

    大庭昌昭, 椿本昇三

    新潟体育学研究17   16 - 20   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 水着が水中牽引抵抗力に与える影響について 査読

    野村武男, 大庭昌昭, 富樫泰一

    筑波大学運動学研究14   21 - 27   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 教師を目指す学生必携 保健体育科教育法(杉山重利・高橋健夫・園山和夫[編])

    杉山重利他( 担当: 共著 ,  範囲: 小学校の体育の授業<水泳系>)

    大修館書店  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • デジタル版 中学校体育科教育指導法授業資料集

    高橋健夫他( 担当: 共著 ,  範囲: 楽しみながら技能の定着を図る授業の考え方(水泳) 及び 6. 評価の考え方・進め方(水泳))

    (株)ニチブン  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • デジタル版新しい小学校体育授業の展開(小学校体育科教育実践講座)(理論編2)(監修:永島惇正・高橋建夫・細江文利)

    品田龍吉, 大庭昌昭( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章5-4「水泳」の学習評価(136-141))

    (株)ニチブン  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • アクアフィットネスインストラクター指導教本

    野村武男, 佐竹弘靖, 下永田修二, 富樫泰一, 小野寺昇, 渡部厚一, 曽根博仁, 板倉友紀, 山田信博, 目崎登, 金岡恒治, 菅野篤子, 上田千穂子, 須藤明治, 工藤明子, 谷口綾子, 目黒伸良, 稲垣裕美, 大庭昌昭, 西牟田武弘( 担当: 単著 ,  範囲: 第7章1水中運動の施設の概要(227-229))

    社団法人日本スイミングクラブ協会  2000年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • スイミングイーブンファースター(監訳)野村武男・田口正公

    野村武男, 田口正公, 中谷弘幸, 青葉貴明, 萬久博敏, 下山好充, 大庭昌昭, 青柳美由季, 下永田修二, 洲雅明, 田井村明博, 松波勝, 石川雄一( 担当: 単著 ,  範囲: 65)

    ベースボールマガジン社  1999年6月  ( ISBN:4583045670

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 競泳勝利へのコーチング(監訳)野村武男・田口正公

    野村武男, 田口正公, 青柳美由季, 下永田修二, 洲雅明, 田井村明博, 松波勝, 菅野篤子, 下山好充, 大庭昌昭( 担当: 共著)

    大修館書店  1998年3月  ( ISBN:4469263834

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 今,地域に問われていること(地域で育む青少年の体験活動)

    大庭昌昭

    新潟県教育月報   6 - 9   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • Effect of swimming speed on breaststroke movement in a swimming flume 国際会議

    Masaaki OHBA, Yoshimitsu SHIMOYAMA, Shozo Tsubakimoto

    XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming  2014年4月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Australian Institute of Sport, Canberra, Australia  

    researchmap

  • Effect of subjective effort on stroke timing in Breaststroke Swimming 国際会議

    M. Ohba, S. Sato, Y. shimoyama, D. Sato

    XIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming  2010年6月16日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Oslo, Norway  

    researchmap

  • The effect of subjective effort on turning motion in breaststroke turn 国際会議

    Masaaki OHBA, Yoshimitsu SHIMOYAMA, Takeo NOMURA

    International Conference of Aquatic Space Activities  2008年3月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:つくば国際会議場  

    researchmap

  • Effect of teaching points on turn motion of breaststroke for beginning-swimmers 国際会議

    M. Ohba, M. Takahashi, Y. shimoyama, T. Nomura

    Xth World Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming  2006年6月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Porto, Portugal  

    researchmap

  • Method of Applying 600 meter Swimming Tests to Training 国際会議

    Masaaki OHBA, Akira SHIONOYA, Takeo NOMURA

    IXth World Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming  2002年6月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

Works(作品等)

  • 全国国公立学生選手権水泳競技大会

    2002年12月

     詳細を見る

    大庭 昌昭

    researchmap

  • 日本学生選手権水泳競技大会

    2002年12月

     詳細を見る

    大庭 昌昭

    researchmap

  • The 9th FINA World Swimming Championships FUKUOKA 2001 (Routine Analysis in Synchronised Swimming - Biomechanical Analysis of Routines -)

    2001年12月

     詳細を見る

    大庭 昌昭,Routine Analysis Project Staff for the 9th FINA World Swimming Championships FUKUOKA 2001

    researchmap

  • 日本学生選手権水泳競技大会(監督)

    2000年10月

     詳細を見る

    大庭 昌昭,規模:全国 順位:監督として,主な成績:2選手出場

    researchmap

  • 全国国公立水泳競技大会

    2000年8月

     詳細を見る

    大庭 昌昭,規模:全国 順位:監督として,主な成績:女子背泳ぎ入賞(3位)

    researchmap

  • 関東学生選手権水泳競技大会 監督

    1999年12月

     詳細を見る

    大庭 昌昭,順位:男子4部2位

    researchmap

  • 全国国公立水泳競技大会 監督

    1999年8月

     詳細を見る

    大庭 昌昭,順位:女子100m,200m背泳ぎ4位,男子100m平泳ぎ6位

    researchmap

  • 全国国公立大学選手権水泳競技大会

    1998年8月

     詳細を見る

    大庭 昌昭,規模:全国

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 日本体育学会体育方法専門分科会 優秀賞

    2012年8月   日本体育学会体育方法専門分科会  

    大庭昌昭

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 日本体育学会体育方法専門分科会 最優秀賞

    2010年9月   日本体育学会体育方法専門分科会  

    大庭昌昭, 佐藤慎哉, 佐藤大輔, 下山好充

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • グレーディング能力を基にした平泳ぎの動作分析

    2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 高強度領域における主観的努力度の変化が平泳ぎパフォーマンスに及ぼす影響

    2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    スポーツ選手は、競技中、自身の主観的な運動感覚を手かがりに物理的出力強度を調節・段階づけしており、競泳競技など記録系競技では重要な能力となる。水泳運動中のグレーディングに関わり表出する主観と客観のズレの要因を解明することを研究全体の目標としており、本研究においては、高強度水泳運動中のグレーディングに関与する泳動作特性(ストロークパラメータ・速度変化・上下肢のタイミングなど)を明らかにすることで、競泳レースにおける努力度利用に関する実践的示唆を与えることによるパフォーマンス向上の可能性を検証する。

    researchmap

  • 新型パドル装着によるストローク動作に与える影響に関する検討

    2011年01月 - 2011年09月

    丸善建材  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    新たな泳法指導の指針を探るための基礎的な実験を行い、新型パドル装着による「ストローク動作への影響」に関する比較検討を行うための基礎的資料を得ること。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 教育実践課題検証実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 授業改善と学習評価C(芸術・体育系)Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 学校経営シャドウイング実習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スポーツ社会学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅳ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 学校経営課題分析実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 授業改善と学習評価C(芸術・体育系)Ⅰ

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 教育実践課題分析実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 教育実践課題発見実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 教育実践課題達成実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 学校経営課題達成実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 学校支援フィールドワークB(中学校)

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 学校支援フィールドワークA(高等学校)

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 学校支援フィールドワークB(小学校)

    2019年
    機関名:新潟大学

  • ゴルフサイエンス

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 学校支援フィールドワークA(中学校)

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 学校支援フィールドワークA(小学校)

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 授業フィールドワーク

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 健康スポーツ科学講義a

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 健康スポーツ科学講義b

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 健康スポーツ科学実習 Ib

    2018年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 健康スポーツ科学実習 Ia

    2018年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • ウインタースポーツサイエンス

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 教育実践体験研究I

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 器械運動

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化学習論I

    2015年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 現代文化総合演習

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 現代文化論総合演習

    2014年
    機関名:新潟大学

  • ヘルスプロモーション研究演習II

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スポーツ科学研究演習II

    2013年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 水中運動研究

    2013年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 水泳指導実践実習

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 水中運動学研究

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 水中運動学特論

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 水中運動学演習

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 総合演習

    2009年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズP

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体育社会学

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育学演習II

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育学演習I

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学演習IC

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 小学校体育

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 水泳

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学演習IIC

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体育科教育法

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 水泳授業実践実習

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 社会スポーツ概論

    2007年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 健康スポーツ科学実習 I

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 健康スポーツ科学講義

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学演習II

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学特論II

    2007年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 社会体育学I

    2007年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 社会体育概論

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学課題研究I

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学課題研究II

    2007年
    -
    2008年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

教育活動に関する受賞

  • 公認スポーツ指導者賞

    2014年01月18日   新潟県体育協会  

    新潟県水泳連盟指導者委員会委員長として、指導員養成講習会を計画・開催し多数の指導員(約300名ほど)を排出し、県内水泳の普及に大きく貢献したことが認められた。