2022/11/28 更新

写真a

イケダ ノブユキ
池田 順行
IKEDA Nobuyuki
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
医歯学総合研究科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2004年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 顎関節

  • 顎変形症

  • 口腔外科学

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   顎顔面口腔外科学分野   助教

    2009年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   顎顔面口腔外科学分野   助手

    2006年8月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   顎顔面口腔外科学分野   医員

    2004年4月 - 2006年8月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科   助教

    2009年4月 - 現在

  • 新潟大学   口腔外科   助教

    2006年8月 - 2009年3月

学歴

  • 新潟大学   歯学研究科 博士課程

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   歯学部

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

取得資格

  • 歯科医師

 

論文

  • 口腔内に生じたリンパ上皮性嚢胞の2例 査読

    齋藤夕子, 上野山敦士, 池田順行, 田沼順一, 林 孝文, 髙木律男

    口科誌   70 ( 1 )   25 - 30   2021年3月

     詳細を見る

  • 嚥下障害が残遺した喉頭癌放射線治療歴を有する頸部蜂窩織炎の1例 査読

    木口 哲郎, 黒川 亮, 上野山 敦士, 西川 敦, 勝見 祐二, 池田 順行, 児玉 泰光, 高木 律男

    日有病歯誌   30 ( 1 )   25 - 30   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    われわれは、喉頭癌放射線治療歴を有する患者が頸部蜂窩織炎を発症し、嚥下障害が残遺した1例を報告する。患者は76歳男性、左側下顎第一大臼歯を抜歯し、顎下部の腫脹と嚥下障害を主訴に6日後に当科を受診した。CTでは、抜歯窩周囲の腐骨と、顎下隙から傍咽頭隙にかけてガスを伴う膿瘍を認めた。全身麻酔下に消炎手術を行い、手術および抗菌薬投与により炎症は改善したが、嚥下障害が残遺し、嚥下訓練のみでは改善困難のため、嚥下機能改善手術を施行し、経口摂取可能な状態まで改善した。(著者抄録)

    researchmap

  • 抜歯後に大動脈解離が大幅に拡大したMarfan症候群の1例 査読

    黒川 亮, 児玉 泰光, 勝見 祐二, 西川 敦, 木口 哲郎, 池田 順行, 佐藤 由美子, 高木 律男

    有病者歯科医療   29 ( 4 )   149 - 154   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    Marfan症候群(Marfan syndrome;以下MFS)の主たる症状は心臓血管病変である。今回、MFS患者の人工血管移植術前における周術期口腔機能管理として行った下顎埋伏智歯抜歯後、大動脈解離が進行した症例を経験したので報告する。症例は41歳女性である。数年前からMFSに由来する胸腹部大動脈解離腔が徐々に拡大しているため2ヵ月後に人工血管移植術が予定されていた。患者には右下智歯周囲炎の既往があった。周術期口腔機能管理目的に当科を初診し、全身麻酔下で下顎埋伏智歯抜歯を通法通りに行った。手術部位感染はなかったが、術後6日目、抜歯後疼痛に伴う血圧の上昇が観察された。患者は同時に強い心窩部痛と背部痛を訴えた。心臓血管外科と対診し画像上、新しい解離腔を認めた。すぐにICUで降圧療法と疼痛管理が行われた。急変後24日目、心窩部と背部の疼痛は改善し退院となった。その間、抜歯窩は順調に治癒した。退院2ヵ月後、予定していた人工血管移植術が行われ、予後は良好である。MFSでは周術期口腔機能管理の際にも致命的な合併症が生じる可能性があることから、事前に医科歯科連携を構築し、進行性の合併症も想定した診療体制で対応することが重要と思われた。(著者抄録)

    researchmap

  • Modulatory effects of repeated psychophysical stress on masseter muscle nociception in the nucleus raphe magnus of rats. 査読

    Shiho Shimizu, Yosuke Nakatani, Masayuki Kurose, Hiroki Imbe, Nobuyuki Ikeda, Ritsuo Takagi, Kensuke Yamamura, Keiichiro Okamoto

    Journal of Oral Science   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Psychophysical stress can cause neural changes that increase nociception in the orofacial region, particularly the masseter muscle (MM). The nucleus raphe magnus (NRM), which is located in the brain stem, serves the crucial role of regulating nociception through descending modulatory pain control. However, it remains unclear if neural activities in the NRM are affected under psychophysical stress conditions. This study conducted experiments to assess (1) whether neural activity, indicated by Fos expression in an NRM that has experienced MM injury, is affected by the stress of repeated forced swim tests (FST); and (2) whether the selective serotonin reuptake inhibitor fluoxetine administered daily after an FST could affect the number of Fos-positive neurons in the NRM. Results revealed that the stress from repeated FSTs significantly increased the number of Fos-positive neurons in an NRM that had been affected by MM injury. Fluoxetine inhibited increases in the number of Fos-positive neurons in the NRM that occurred as a result of FSTs, but this was not observed in sham rats. These findings indicate that the stress from FSTs could increase nociceptive neural activity in an NRM that has experienced MM injury. This could be due, in part, to changes in serotonergic mechanisms.

    DOI: 10.2334/josnusd.19-0320

    PubMed

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院矯正科における最近14年間の歯科矯正用インプラントアンカー(仮称)の使用状況 査読

    井表千馨, 福井忠雄, 小栗由充, 小田陽平, 池田順行, 児玉泰光, 小林正治, 斎藤功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   27 ( 1 )   37 - 44   2019年10月

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院における顎関節症患者の臨床的検討 顎関節症の病態分類(2013年)とSCL-90-Rを用いた2軸診断 査読

    山崎 裕太, 荒井 良明, 河村 篤志, 高嶋 真樹子, 池田 順行, 加藤 祐介, 小林 正治, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   49 ( 1 )   5 - 12   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    新潟大学医歯学総合病院顎関節治療部に、2012年8月から2015年7月末までの3年間に顎関節症状を訴えて新規受診した患者699名(男性184名、女性515名)を対象として、当院における顎関節症患者の特徴を把握することおよび第I軸と第II軸の関連性を検討することを目的に後ろ向き調査を行った。調査項目は、顎関節症の病態分類(2013年:日本顎関節学会)およびResearch Diagnostic Criteria for Temporomandibular Disorders(RDC/TMD)の第II軸評価、治療法、治療期間、無痛開口量とした。病態分類において、咀嚼筋痛障害が289例(38.4%)で最も多く、ついで復位性顎関節円板障害で231例(30.7%)であった。咀嚼筋痛障害と顎関節痛障害と診断された患者において、第II軸のDepression scoreが男性と比較して女性が有意に高い値を示した。治療法はセルフケア指導が最も多く384例であり、これを含む保存療法が全体の97.0%であった。治療期間は6ヵ月で80%の患者が終診となり、6ヵ月以上の通院期間を要した患者は、抑うつ点数が有意に高かった。無痛開口量は初診時(33.7mm)に対して最終来院時(41.7mm)に、全ての病態において有意に改善した。本統計より当院の顎関節症患者の病態別頻度、治療期間、治療成績および第II軸評価の重要性が示された。これらのデータは今後の顎関節症患者に対する治療法の提示、予後を説明する上で有用な指標の1つとなり得ると考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • 多数の先天欠如歯と埋伏歯ならびに多発性に歯冠周囲透過像を生じたLowe症候群の1例 査読

    山田瑛子, 小林孝憲, 小山貴寛, 池田順行, 齋藤太郎, 髙木律男

    日本口腔外科学会雑誌   64 ( 12 )   732 - 736   2018年12月

     詳細を見る

  • 顎矯正手術を行ったビスフォスフォネートを内服する顎変形症の1例 査読

    池田順行, 小野和宏, 阿部裕子, 丹原 惇, 齋藤 功, 髙木律男

    新潟歯学会誌   48 ( 2 )   91 - 96   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    ビスフォスフォネート(BP)製剤関連顎骨壊死(BRONJ)は広く認知されるようになってきたが、BPの投与を受ける患者に対して顎矯正手術を行った報告は少ない。今回われわれは、BPを内服する患者に対して顎矯正手術を行ったので報告する。患者は16歳男性で不正咬合を主訴に当科を受診した。骨格性下顎前突症の診断となり、顎矯正手術を計画したが、術前矯正治療終了後に多発性硬化症の診断に至り、ステロイドの内服治療が開始され、ステロイド性骨粗鬆症の予防のためにBPの内服も開始された。治療により多発性硬化症の症状の出現はなく、ステロイドは減量されていった。19歳時に、BPを6ヵ月間休薬し、Le Fort I型骨切り術と下顎枝矢状分割法による顎矯正手術を行って、9ヵ月後にプレート除去を行い、BPを再開した。周術期は感染に留意し、BRONJの発症はなかった。顎矯正手術後2年が経過した現在も経過観察中であるが、異常経過は認めていない。(著者抄録)

    researchmap

  • Inhibitory effects of fluoxetine, an antidepressant drug, on masseter muscle nociception at the trigeminal subnucleus caudalis and upper cervical spinal cord regions in a rat model of psychophysical stress 査読

    Yosuke Nakatani, Masayuki Kurose, Shiho Shimizu, Mana Hasegawa, Nobuyuki Ikeda, Kensuke Yamamura, Ritsuo Takagi, Keiichiro Okamoto

    Experimental Brain Research   236 ( 8 )   1 - 13   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Verlag  

    This study aimed to determine whether psychophysical stress conditionings had facilitatory effects on masseter muscle nociception in the central nervous system via serotonergic mechanisms in rats. Two experiments were conducted to assess: (1) whether repeated forced swim stress for 3 days increased the number of Fos-positive neurons evoked by masseter muscle injury due to formalin injection
    and (2) whether serotonin-reuptake inhibitor, fluoxetine, administered daily after each stress conditioning, had modulatory roles on Fos expression. The number of Fos-positive cells was quantified in several areas within the trigeminal subnucleus caudalis (Vc) and upper cervical spinal cord regions (Vc areas), including the ventrolateral area of the trigeminal subnucleus interpolaris/Vc transition, and the middle or caudal portion of the Vc regions, since nociceptive neural activity in the Vc region could play critical roles in deep craniofacial nociception. We found that forced swim stress conditionings increased depression-like behaviors, which was prevented by fluoxetine. Repeated forced swim stress significantly increased Fos expression in all Vc areas compared with those of non-stressed rats, while systemic administration of fluoxetine significantly decreased Fos expression in all areas, but mainly in the caudal Vc region, in stressed rats. Fluoxetine had no effect on Fos expression in non-stressed rats. These results indicate that repeated forced swim stress conditionings increase Fos expression in the Vc areas, and the contribution of serotonergic mechanisms to masseter muscle nociception could be greater in stressed rats than in sham rats. These results support the hypothesis that changes in brain function, including serotonergic mechanisms, in the Vc areas play critical roles in enhanced masseter muscle nociceptive responses under psychophysical stress conditions.

    DOI: 10.1007/s00221-018-5297-0

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 学童期検診における開口量および開閉口時クリック音の縦断的調査 査読

    鈴木 英弘, 池田 順行, 八木 稔, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   30 ( 1 )   51 - 58   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    これまでに成長発育期における顎運動を長期縦断的に検討した疫学調査の報告はほとんどない。当科では2002年より10年間、新潟県内の某小学校および中学校において延べ7,378名の学童・生徒を対象に、顎関節症状について検診を行った。その資料(結果)を基に、学童期における開口量の変化と身長の関連(対象者382名)、クリック音の発現状況および推移(対象者133名)について縦断的に検討し、以下の結果を得た。1.開口量と身長の関係では、小学校4年生以上で男女とも身長が増加しても開口量の増大はほとんどなく、相関関係を認めなかった。2.クリック音の初発年齢は、小学校低学年においても認められるものの、中学生で急増していた。3.クリック音の継続性については、一過性が49.0%、2年以上の症状の継続が28.3%、症状の再発が18.9%にみられ、一過性であることが多いものの、継続と再発を合計すると同数程度になった。(著者抄録)

    DOI: 10.11246/gakukansetsu.30.51

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Clinical study for the relationship between the situations of impacted lower third molar and post-operative paresthesia caused by extraction under general anesthesia 査読

    Katsumi Y, Kodama Y, Uematsu K, Ohnuki H, Nishikawa A, Kodama N, Kurokawa A, KoyamaT, Ikeda N, Nagata M, Takagi R

    Oral Science in Japan   23 - 26   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Clinical significance of intraoral strain elastography for diagnosing early stage tongue carcinoma: a preliminary study 査読

    Motoki Shingaki, Yutaka Nikkuni, Kouji Katsura, Nobuyuki Ikeda, Satoshi Maruyama, Ritsuo Takagi, Takafumi Hayashi

    ORAL RADIOLOGY   33 ( 3 )   204 - 211   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The aim of this study was to estimate the clinical significance of using intraoral strain elastography to establish an early diagnosis of tongue carcinoma.
    A total of 17 patients (11 men, 6 women; median age 67 years; age range 38-85 years) with a tumorous lesion of the tongue suggesting that early stage tongue carcinoma were enrolled in the study. Intraoral strain elastography was performed with a small hockey stick-shaped intraoperative probe and acoustic coupling polymer gel. The elasticity of the lesions was classified into four grades, with a score of 1 indicating a very soft tissue and a score of 4 indicating a very hard tissue. The patients were divided into two groups based on the histopathologically verified malignancy: carcinoma group (n = 15) and non-malignancy group (n = 2).
    All patients underwent surgical resection and histopathological examination of the surgical specimen. The pathology in the carcinoma group included 12 cases of squamous cell carcinoma and three cases of carcinoma in situ. The pathology in the non-malignancy group included one case of viral stomatitis and one case of pyogenic granuloma. The elasticity score was limited to 3 or 4 in the carcinoma group and 1 or 2 in the non-malignancy group. There was no significant difference in the elasticity scores between squamous cell carcinoma and carcinoma in situ.
    Although limited by the small number of subjects, the present results suggest that intraoral strain elastography could be an alternative noninvasive method for diagnosing tongue carcinoma.

    DOI: 10.1007/s11282-016-0269-1

    Web of Science

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係 査読

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 1 )   1 - 7   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    偏位を伴う骨格性下顎前突症と診断し、両側下顎枝矢状分割法による下顎単独後退術を施行し、術前後で下顎正中部の側方移動を伴いかつ下顎後退量に左右差を認めた15例(男性4名、女性11名、平均21歳2ヵ月)を対象とした。術前におけるoverjetの平均は-3.7±1.9mmであった。偏位側と非偏位側における後方移動量は各5.0+2.6mm(平均値と標準偏差)と6.9+2.0mmで、左右平均後方移動量は5.9+2.2mmであった。後方移動量の左右差は1.9+1.4mm、L1とPogの後方移動量は、各6.2+2.2mm、5.6+3.0mm、下顎正中部の平均側方移動量は2.4+1.1mmであった。各症例のL1における後方移動量と下顎左右後退量の平均値との間、Pogにおける後方移動量と下顎左右後退量の平均値の関係、下顎後退量の左右差と下顎正中部側方移動量間に有意な相関関係を認めた。回帰係数および切片についてT値を算出し、それぞれ4.26、5.46と有意であった。

    DOI: 10.5927/jjjd.27.1

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J03047&link_issn=&doc_id=20170426390001&doc_link_id=%2Fdh5jawdf%2F2017%2F002701%2F001%2F0001-0007%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdh5jawdf%2F2017%2F002701%2F001%2F0001-0007%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 側頭部蜂窩織炎後の瘢痕形成により開口障害が持続した1例 査読

    渡部 桃子, 池田 順行, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   46 ( 2 )   89 - 94   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    われわれは、側頭部蜂窩織炎後に残遺した瘢痕による開口障害の1例を報告する。顎顔面口腔領域における炎症性開口障害は、消炎に伴い自ずと改善されることがほとんどであるが、ごくまれに炎症が長期に及び開口障害が持続することがある。患者は62歳の男性で、側頭部蜂窩織炎の消炎後に開口障害が改善せず、当院を受診した。開口障害の治療として、まず保存的に開口訓練を数ヵ月間行ったが、改善が得られなかった。保存療法での改善が認められない場合、外科療法を考慮するが、その明確な適応基準はない。本例の臨床的特徴として、end feelの硬い開口障害で、側頭筋腱・腱膜過形成症と同様に前方運動や側方運動などの下顎頭の滑走が認められた。画像診断では、MRI画像にて、側頭筋、咬筋に沿って頭蓋底から筋突起におよぶ瘢痕が帯状に形成されており、顎関節部には異常所見はなかった。瘢痕および筋突起の切除により術中開口量は十分に回復し、術後早期からの開口練習により症状は改善した。(著者抄録)

    researchmap

  • 顎矯正手術を行った筋緊張性ジストロフィーに伴う顎変形症の1例 査読

    池田 順行, 小原 彰浩, 弦巻 立, 瀬尾 憲司, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 12 )   612 - 617   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は15歳男児で、11歳頃から前歯部の開咬に気づき、うまく咬めなくなり、矯正治療を開始したが改善が得られなかった。開咬を伴う骨格性下顎前突症と診断し、顎矯正手術を併用した外科的矯正治療を行う方針とした。同時期に心房粗動と左室機能低下の診断を受け、鎮静下で経皮的カテーテル心筋焼灼を行った。また、把握性筋緊張が顕著になり、遺伝子検索で筋緊張性ジストロフィーの診断に至った。手術は、主訴である開咬の改善を図ることを目的とし、時間の短縮と骨片の安定性を考慮して下顎単独のObwegeser-Dal Pont法による下顎枝矢状分割法(SSRO)を選択した。全身麻酔は、悪性高熱症を誘発する可能性のある吸入麻酔薬を避けプロポフォールとレミフェンタニルによる全静脈麻酔とし、筋弛緩薬は非脱分極性のロクロニウム臭化物を選択した。術後2年4ヵ月が経過した現在も経過観察中であるが、開咬と反対咬合は改善し、患者自身の満足も得られている。

    researchmap

  • Basaloid squamous cell carcinoma of the uvula: Report of a case and review of the literature 査読

    Yuko Hara, Nobuyuki Ikeda, Ritsuo Takagi, Kazuto Horino, Akihiko Iida, Hidemasa Nishiyama, Takafumi Hayashi, Jun Cheng, Takashi Saku

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   28 ( 3 )   234 - 238   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Ltd  

    We report a rare case of squamous cell carcinoma (SCC) with basaloid appearances arising in the uvula of a 71-year-old man. The tumor was surgically removed because it was localized only in the uvula. Histopathologically, it was mainly composed of irregular-shaped foci of basaloid SCC cells. It showed some invasive growth but was laterally continuous with foci of carcinoma in situ and epithelial dysplasia, suggesting its sequential pathogenesis from a precancerous lesion. Although the patient did not have local recurrences, he had metastatic foci in one of his right cervical lymph nodes seven months after initial surgery. We performed radical neck dissection, while he did not want to receive additional chemotherapy and radiotherapy. Fifteen months after the neck dissection, he is free from disease in terms of recurrence and metastasis of SCC. This is the first report of a primary basaloid SCC case arising in the uvula.

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2015.10.004

    Scopus

    researchmap

  • 移植歯を含む歯の矯正移動により歯列および歯槽骨の回復をはかった小児石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例 査読

    山田 瑛子, 池田 順行, 小玉 直樹, 齋藤 功, 高木 律男

    小児口腔外科   25 ( 3 )   150 - 155   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    症例は10歳女児で、塀から転落して上顎前歯部を強打し、左側上顎中切歯の歯冠破折にて抜髄処置と歯冠修復を受けた。左側上顎前歯部に腫脹と疼痛が出現し、パノラマエックス線写真にて左側上顎側切歯根尖部に透過像を認めた。CT画像では左側上顎側切歯と犬歯の歯根間の歯槽骨は境界がやや不明瞭に吸収され、内部には不整形の不透過像を2個確認した。また、左側上顎中切歯には根尖病巣があり、左側上顎側切歯の病変と連続していた。左側上顎腫瘍と診断し、全身麻酔下にて腫瘍摘出術と左側上顎側切歯の抜歯を施行した。病理組織診断は歯牙腫を伴った石灰化嚢胞性歯原性腫瘍であった。術後12ヵ月目に左側上顎中切歯が歯頸部から破折し、再び歯肉に腫脹と排膿を認めた。歯の移植と矯正治療を併用し、歯列の回復をはかることとした。動的矯正治療期間は26ヵ月で、移植歯は最終的に接着性レジンで歯冠形態を修正した。現在、腫瘍摘出後から7年、歯の移植後から5年が経過しているが腫瘍再発所見、移植歯の動揺および歯根吸収を認めず経過良好である。

    researchmap

  • インプラント治療による上顎洞に関連した合併症の臨床的検討 査読

    池田 順行, 星名 秀行, 小野 和宏, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 山田 一穂, 高木 律男

    顎顔面インプラント学会雑誌   14 ( 2 )   99 - 105   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本顎顔面インプラント学会  

    インプラント治療は近年広く普及してきたが、その一方でさまざまな合併症も生じている。今回われわれは、インプラント治療による合併症を減少させることを目的に、上顎臼歯部に対するインプラント治療後に上顎洞に関連した合併症が生じて当科を受診した6症例を臨床的に検討した。症例の内訳は、歯根型インプラントの上顎洞への迷入が3症例、ブレードインプラントの上顎洞内への穿孔が2症例、サイナスリフトの移植骨への感染が1症例であった。インプラント治療後に症状が発現して受診するまでの期間は2日から17年で、迷入後早期に受診した1症例を除く5症例では少なからず上顎洞炎を発症しており、1年を超えた4症例中の3症例では慢性上顎洞炎に移行し、インプラント材料の摘出に加え上顎洞根治術を行う必要があった。以上より、上顎臼歯部のインプラント治療にあたっては、上顎洞に関連した合併症が生じることを説明するとともに、長期にわたる定期的な経過観察と症状発現時の早期の対応が重要と考えられた。(著者抄録)

    researchmap

  • ITGA3 and ITGB4 expression biomarkers estimate the risks of locoregional and hematogenous dissemination of oral squamous cell carcinoma 査読

    Masaki Nagata, Arhab A. Noman, Kenji Suzuki, Hiroshi Kurita, Makoto Ohnishi, Tokio Ohyama, Nobutaka Kitamura, Takanori Kobayashi, Kohya Uematsu, Katsu Takahashi, Naoki Kodama, Tomoyuki Kawase, Hideyuki Hoshina, Nobuyuki Ikeda, Susumu Shingaki, Ritsuo Takagi

    BMC Cancer   13   410   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Molecular biomarkers are essential for monitoring treatment effects, predicting prognosis, and improving survival rate in oral squamous cell carcinoma. This study sought to verify the effectiveness of two integrin gene expression ratios as biomarkers.Methods: Gene expression analyses of integrin α3 (ITGA3), integrin β4 (ITGB4), CD9 antigen (CD9), and plakoglobin (JUP) by quantitative real-time PCR were conducted on total RNA from 270 OSCC cases. The logrank test, Cox proportional hazards model, and Kaplan-Meier estimates were performed on the gene expression ratios of ITGA3/CD9 and ITGB4/JUP and on the clinicopathological parameters for major clinical events.Results: A high rate (around 80%) of lymph node metastasis was found in cases with a high ITGA3/CD9 ratio (high-ITGA3/CD9) and invasive histopathology (YK4). Primary site recurrence (PSR) was associated with high-ITGA3/CD9, T3-4 (TNM class), and positive margin, indicating that PSR is synergistically influenced by treatment failure and biological malignancy. A high ITGB4/JUP ratio (high-ITGB4/JUP) was revealed to be a primary contributor to distant metastasis without the involvement of clinicopathological factors, suggesting intervention of a critical step dependent on the function of the integrin β4 subunit. Kaplan-Meier curves revealed positive margin as a lethal treatment consequence in high-ITGA3/CD9 and YK4 double-positive cases.Conclusion: Two types of metastatic trait were found in OSCC: locoregional dissemination, which was reflected by high-ITGA3/CD9, and distant metastasis through hematogenous dissemination, uniquely distinguished by high-ITGB4/JUP. The clinical significance of the integrin biomarkers implies that biological mechanisms such as cancer cell motility and anchorage-independent survival are vital for OSCC recurrence and metastasis. © 2013 Nagata et al.
    licensee BioMed Central Ltd.

    DOI: 10.1186/1471-2407-13-410

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 下顎頭縦骨折 転倒転落症例の臨床的検討と発生状況への一考察 査読

    嵐山 貴徳, 高木 律男, 安島 久雄, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌   62 ( 3 )   215 - 223   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    下顎頭縦骨折症例について下顎頸部骨折と比較検討した。顎骨骨折203例中、下顎骨骨折を併発したものは174例であった。この中で下顎頭縦骨折を21例に認めた。治療後6ヵ月以上の経過観察が可能であった9例(縦骨折群)に絞り、転倒・転落により生じた下顎頸部骨折単独症例14例(頸部骨折群)を対照群とした。縦骨折群の受傷状況は意識障害下での転倒・転落が6例と多くを占め、頸部骨折群では意識下での受傷が13例と多かった。縦骨折群では天然歯での支持が7例、義歯使用症例を含めると9例であったが、頸部骨折群での臼歯部咬合支持は天然歯が5、臼歯部の義歯使用症例、乳歯での咬合関係を含めても9例であった。縦骨折群において、治療後6ヵ月時では、全例で受傷前の咬合状態と推測される咬合関係に回復した。頸部骨折群では、受傷前の咬合状態が確認できた天然歯臼歯咬合6例において、4例は受傷前の咬合状態に回復した。

    DOI: 10.11277/stomatology.62.215

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 頭頸部癌の切除不能頸部リンパ節転移巣に対する温熱化学放射線療法 治療成績および予後因子について(Thermochemoradiotherapy for inoperable metastatic cervical lymph nodes of patients with head and neck cancer: Analysis of clinical outcomes and prognostic variables) 査読

    星名 秀行, 永田 昌毅, 高木 律男, 藤田 一, 安島 久雄, 児玉 泰光, 池田 順行, 齋藤 正直, 小林 孝憲, 嵐山 貴徳, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 小川 信, 山田 一穂, 魚島 勝美

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   27 - 36   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    この研究の目的は頭頸部癌患者対する温熱化学放射線療法の成績向上のための重要な予後因子について検討することである。対象および方法:15名の切除不能頸部リンパ節転移20病巣に対して温熱化学放射線療法を行なった。温熱療法はマイクロ波またはRF波加温装置を用いて平均で8.8回実施した。化学療法はシスプラチンにペプレオマイシンまたは5Fuを併用し、さらに、外照射を加えた。結果:20病巣中8例(40%)は著効、8例(40%)は有効であったが、残りの4例(20%)では変化がなかった。奏効率は80%であった。全例の5年累積病巣制御率は64.2%を示し、放射線量別では、50Gy以上の照射例では5年病巣制御率は80.2%に対し、30Gy以下の照射例では3ヵ月で0%であった。統計学的解析により放射線療法の総線量は累積病巣制御率との間に有意差が認められた(P<0.05)。他の治療に関する因子(温熱療法の方法、回数、シスプラチン投与量、併用薬)および腫瘍に関する因子(再発巣か否か、腫瘍の大きさ、WHO分類、癌浸潤様式)では、病巣制御との間に有意差は認められなかった。結論:50Gy以上を併用した温熱化学放射線療法は頭頸部癌の切除不能な頸部リンパ節転移巣に対する効果的な治療方法であることが示された。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00999&link_issn=&doc_id=20120725420004&doc_link_id=%2Fdj2ngtdt%2F2012%2F004201%2F004%2F0027-0036%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdj2ngtdt%2F2012%2F004201%2F004%2F0027-0036%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 関節腔ステロイド注入を契機に発症した急性化膿性顎関節炎の1例 査読

    飯田 明彦, 池田 順行, 大貫 尚志, 安島 久雄, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   23 ( 1 )   1 - 4   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    他院整形外科にて行った関節腔への頻回のステロイド注入後に急性化膿性顎関節炎を発症した1例を報告した。症例は82歳の女性。右側顎関節部の腫脹と疼痛を主訴に来院した。初診時、右側顎関節周囲に膿瘍が認められた。CTでは右側下顎頭と下顎窩の表面が吸収され粗そうで、下顎頭内部は骨硬化像を呈していた。入院下、抗菌薬の点滴静注およびドレナージを施行し消炎した。退院9ヵ月後、開口障害の悪化とCTで骨性癒着の傾向がみられた。関節腔ステロイド注入は患者の状態に応じた適応判断と感染対策が肝要である。(著者抄録)

    DOI: 10.11246/gakukansetsu.23.1

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2011200373

  • Tumor mimicking actiomycosis of the upper lip: report of two cases 査読

    Kayo Kuyama, Yan Sun, Kenji Fukui, Satoshi Maruyama, Eriko Ochiai, Masahiko Fukumoto, Nobuyuki Ikeda, Toshihiro Kondoh, Kimiharu Iwadate, Ritsuo Takagi, Takashi Saku, Hirotsugu Yamamoto

    Oral Med Pathol   15   95 - 99   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3353/omp.15.95

    researchmap

  • 両側側頭開頭術後に生じた開口障害の1例 査読

    山中 正文, 福田 純一, 児玉 泰光, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   59 ( 1 )   31 - 35   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    症例は41歳男性で、多発性脳動脈瘤で右側を前側頭開頭術、左側を側頭開頭術でクリッピングされ、術直後より開口量が減少し開口練習しても改善しなかった。歯科治療受診時に開口量が少なく治療できず、右側前頭部から側頭部の有髪部に手術瘢痕を認めた。オーバーバイト3mm、オーバージェット-2mmと反対咬合を呈し、咬合時、下顎正中は上顎正中に比べ、右側に6mm偏位し、開口時には更に右側に2mm偏位した。開口量は上下切歯間で13mm、側斜位経頭蓋撮影法X線写真で両側下顎頭・下顎窩・関節結節の骨形態に異常所見はなかった。開口時滑走運動は左側で僅かにあるが両側とも殆ど認めなかった。CTで咀嚼筋の炎症性変化、腫瘍性病変、下顎頭・筋突起の形態異常などの異常所見は認めなかった。開頭術後筋拘縮による開口障害と診断し全身麻酔下に両側の筋突起切除術を施行した。術後12病日で退院し開口量は35mmであった。開口練習継続で術後7ヵ月、開口量は30mmと若干減少し歯科治療も可能となり口腔機能も改善した。パノラマX線では切除された筋突起部に骨形成を疑う所見は認めなかった。

    DOI: 10.11277/stomatology.59.31

    researchmap

  • 当科における顎関節に対する外科治療 査読

    池田 順行, 安島 久雄, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   38 ( 2 )   105 - 107   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2009113195

  • Immunocytochemical localization of caveolin-3 in the synoviocytes of the rat temporomandibular joint during development 査読

    Masahiro Niwano, Kayoko Nozawa-Inoue, Akiko Suzuki, Nobuyuki Ikeda, Ritsuo Takagi, Takeyasu Maeda

    ANATOMICAL RECORD-ADVANCES IN INTEGRATIVE ANATOMY AND EVOLUTIONARY BIOLOGY   291 ( 3 )   233 - 241   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Caveolins-caveolin-1, -2, -3 (Cav1, 2, 3)-are major components of caveolae, which have diverse functions. Our recent study on the temporomandibular joint (TMJ) revealed expressions of Cav1 and muscle-specific Cav3 in some synovial fibroblast-like type B cells with well-developed caveolae. However, the involvement of Cav3 expression in the differentiation and maturation of type B cells remains unclear. The present study therefore examined the chronological alterations in the localization of Cav3 in the synovial lining cells of the rat TMJ during postnatal development by immunocytochemical techniques. Observations showed immature type B cells possessed a few caveolae with Cav1 but lacked Cav3 protein at postnatal day 5 (P5). At P14, Cav3-immunopositive type B cells first appeared in the synovial lining layer. They increased in number and immunointensity from P14 to P21 as occlusion became active. In immunoelectron microscopy and double immunolabeling with heat shock protein 25 (Hsp25) and Cav3, coexpressed type B cells developed rough endoplasmic reticulum and numerous caveolae, while the Cav3-immunonegative type B cell with Hsp25 immunoreaction possessed few of these. Results suggest that Cav3 expression, which is closely related to added functional stimuli, reflects the differentiation of the type B synoviocytes.

    DOI: 10.1002/ar.20655

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 先天性ガマ腫の1例 査読

    勝見 祐二, 飯田 明彦, 池田 順行, 小林 孝憲, 朔 敬, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   52 ( 8 )   453 - 456   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    生後13日男児.生後まもなくより口底部に腫瘤を生じその後腫大と消褪を繰り返したため精査目的で来院となった.初診時,左側舌下ヒダが発赤を伴い右側に比較し軽度び漫性に腫脹し,びらん・潰瘍の形成はみられず,粘液貯留嚢胞の疑いにて経過観察となった.生後5ヵ月生検目的で全身麻酔下に腫瘤切除術を施行,切除標本の病理組織学的所見ではリンパ球・単球を主体とした炎症性の細胞浸潤を伴う線維性肉芽組織で,一部粘液肉芽腫像を呈していた.その後,生後6ヵ月時・1歳1ヵ月時に左側口底部に腫脹を生じ自壊と腫脹を繰り返したため根治手術の検討を開始した.CT・超音波所見では左側舌下隙に境界明瞭な嚢胞様病変を認めるも舌下腺との関係は不明であり,顎下腺は後方に圧迫されていたが顎下隙への進展とワルトン管拡大を疑わせる所見はなかった.以上の所見から左側舌下型ガマ腫の診断にて1歳3ヵ月時にガマ腫と舌下腺摘出術を施行した.摘出標本の病理学的所見から本症例は粘液貯留嚢胞と診断され,術後2年経過の現在,再発徴候はなく摂食障害は改善した

    DOI: 10.5794/jjoms.52.453

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00283942714?from=CiNii

  • 先天性両側下顎関節突起欠損の1例 査読

    飯田 明彦, 高木 律男, 福田 純一, 池田 順行, 田中 裕

    日本口腔科学会雑誌   55 ( 3 )   187 - 192   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    43歳男.半年前に上顎右側第三大臼歯を齲蝕のため抜歯されたが,その頃から右側頬部〜下顎枝部に鈍痛,違和感が出現した.口腔外所見で下顔面は小さく,下顎は後退していた.両側の耳前部に明らかな陥凹は認めなかったが,関節突起は触知しなかった.口腔内所見では著しい過蓋咬合を認め,垂直的な開咬はなく,臼歯部の対咬関係は比較的良好であった.顎運動は側方運動範囲が狭く,運動路および顎位が不安定であった.パノラマX線で両側下顎関節突起は欠損し,下顎枝は短く,下顎角前方の下顎下縁が深く陥凹していた.側面頭部X線では下顎平面角が53.3°と大きく,SNBは68.3°と著しい小下顎を呈し,気道は狭窄していた.先天性両側下顎関節突起欠損と診断し,形態異常に対する治療は希望されなかったため,違和感に対する治療を行った.また,神経症的な傾向を認めたため,咬合治療と同時に向精神薬の投与など精神心理的な管理も行った.その結果,鈍痛および違和感は消失した

    DOI: 10.11277/stomatology1952.55.187

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006275258

  • 舌顆粒細胞腫の1例と本邦報告97例の臨床病理学的解析 査読

    池田 順行, 星名 秀行, 斎藤 正直, 飯田 明彦, 高木 律男, 林 孝文, 宇都宮 宏子, 朔 敬

    新潟歯学会雑誌   36 ( 1 )   49 - 53   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    今回われわれは,右側舌縁部に生じた顆粒細胞腫の1例を経験した.患者は37歳男性で,3ヵ月前に右側舌縁の腫瘤に気づき,接触痛が出現した.初診時,右側舌縁に表面粗造な10×10mmの腫瘤を認め,超音波検査で腫瘤は境界が不明瞭で深部は筋層に達していた.舌腫瘍の臨床診断のもと安全域を10mm設けた切除を行った.病理組織学的には,好酸性顆粒をもつ細胞の充実性増殖が認められ,被膜構造は明かではなかった.免疫組織化学的に,腫瘍細胞の細胞質内顆粒がS-100蛋白質,神経特異エノラーゼ,カテプシンD陽性を示し,細胞質辺縁部がビメンチン陽性であったことから,顆粒細胞腫と診断された.術後,再発はなく経過は良好である.顆粒細胞腫は身体各部の軟組織に発生する比較的まれな良性腫瘍であるが,その鑑別診断には注意を要する.今回,われわれは,本邦での顆粒細胞腫の報告97例を検索したので,臨床病理学的に考察をつけ加えた(著者抄録)

    researchmap

  • Blepharo-cheilo-dontic (BCD) syndrome: Case report 査読

    A Iida, S Narai, R Takagi, K Ono, N Ikeda

    CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL   43 ( 2 )   237 - 243   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS  

    Objective: To report a case of blepharo-cheilo-dontic (BCD) syndrome, to compare with the previous cases, and to discuss the possible treatment.
    Patient: The patient was a 14-day-old boy born uneventfully on August 7, 2002. His scalp hair was sparse and curly. A tumor on the top of his head, which was thought to be a dermoid cyst, and a nevus on the back of his left hand were observed. All typical symptoms of blepharo-cheilo-dontic syndrome, such as euryblepharon with ectropion of the lower eyelids, distichiasis, bilateral cleft lip and palate, severe oligodontia, and conical teeth, were observed. Because there was no fatal complication, and growth and development were about normal, it was recommended that a long and active treatment plan be considered for this patient.

    DOI: 10.1597/04-200.1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Development of the articular cavity in the rat temporomandibular joint with special reference to the behavior of endothelial cells and macrophages 査読

    Akiko Suzuki, Kayoko Nozawa-Inoue, Nobuyuki Ikeda, Norio Amizuka, Kazuhiro Ono, Ritsuo Takagi, Takeyasu Maeda

    Anatomical Record - Part A Discoveries in Molecular, Cellular, and Evolutionary Biology   286 ( 2 )   908 - 916   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Previous developmental studies on the temporomandibular joint (TMJ) have proposed several hypotheses on the formation of its articular cavity. However, detailed information is meager. The present study examined the formation process of the articular cavity in the rat TMJ by immunocytochemistry for CD31, RECA-1, and ED1, which are useful cellular markers for endothelial cells and monocyte/macrophage lineages, respectively. The upper articular cavity formation had begun by embryonic day 21 (E21) and was completed at postnatal day 1 (P1) in advance of the lower cavitation
    the latter took place from P1 to P3. The occurrence and distribution pattern of the CD31-, RECA-1-, and ED1-positive cells differed between the upper and lower articular cavity-forming areas: the ED1-positive cells exclusively occurred in the area of the prospective upper articular cavity prior to its formation, while no ED1-positive cell appeared in the lower cavity-forming area. In contrast, the CD31- and RECA-1-positive endothelial cells were restricted to the lower cavity-forming area (never the prospective upper cavity) at E19 and diminished thereafter. Throughout the cavity formation, we failed to find any apoptotic cells in the cavity formation area, indicating no involvement of apoptosis in the cavity formation in TMJ. The present findings on the behaviors of endothelial cells and ED1-positive cells show a possibility of different mechanism in the cavity formation between the upper and lower articular cavities in the rat TMJ. The appearance of ED1-reactive cells and temporal vascularization may play crucial roles in the upper and lower articular cavity formation, respectively. © 2005 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/ar.a.20228

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Development of the articular cavity in the rat temporomandibular joint with special reference to the behavior of endothelial cells and macrophages 査読

    A Suzuki, K Nozawa-Inoue, N Ikeda, N Amizuka, K Ono, R Takagi, T Maeda

    ANATOMICAL RECORD PART A-DISCOVERIES IN MOLECULAR CELLULAR AND EVOLUTIONARY BIOLOGY   286A ( 2 )   908 - 916   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    Previous developmental studies on the temporomandibular joint (TMJ) have proposed several hypotheses on the formation of its articular cavity. However, detailed information is meager. The present study examined the formation process of the articular cavity in the rat TMJ by immunocytochemistry for CD31, RECA-1, and ED1, which are useful cellular markers for endothelial cells and monocyte/macrophage lineages, respectively. The upper articular cavity formation had begun by embryonic day 21 (E21) and was completed at postnatal day 1 (P1) in advance of the lower cavitation; the latter took place from P1 to P3. The occurrence and distribution pattern of the CD31-, RECA-1-, and ED1-positive cells differed between the upper and lower articular cavity-forming areas: the ED1-positive cells exclusively occurred in the area of the prospective upper articular cavity prior to its formation, while no ED1-positive cell appeared in the lower cavity-forming area. In contrast, the CD31- and RECA-1-positive endothelial cells were restricted to the lower cavity-forming area (never the prospective upper cavity) at E19 and diminished thereafter. Throughout the cavity formation, we failed to find any apoptotic cells in the cavity formation area, indicating no involvement of apoptosis in the cavity formation in TMJ. The present findings on the behaviors of endothelial cells and ED1-positive cells show a possibility of different mechanism in the cavity formation between the upper and lower articular cavities in the rat TMJ. The appearance of ED1-reactive cells and temporal vascularization may play crucial roles in the upper and lower articular cavity formation, respectively. (C) 2005 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/ar.a.20228

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Histochemical evidences on the chronological alterations of the hypertrophic zone of mandibular condylar cartilage 査読

    KS Hossain, N Amizuka, N Ikeda, K Nozawa-Inoue, A Suzuki, MQ Li, K Takeuchi, M Aita, Y Kawano, M Hoshino, K Oda, R Takagi, T Maeda

    MICROSCOPY RESEARCH AND TECHNIQUE   67 ( 6 )   325 - 335   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    The hypertrophic chondrocytes lack the ability to proliferate, thus permitting matrix mineralization as well as vascular invasion from the bone in both the mandibular condyle and the epiphyseal cartilage. This study attempted to verify whether the histological appearance of the hypertrophic chondrocytes is in a steady state during postnatal development of the mouse mandibular condyle. Type X collagen immunohistochemistry apparently distinguished the fibrous layer described previously as the "articular zone," "articular layer," and "resting zone" from the hypertrophic zone. Interestingly, the ratio of the type X collagen-positive hypertrophic zone in the entire condyle seemed higher in the early stages but decreased in the later stages. Some apparently compacted cells in the hypertrophic zone showed proliferating cell nuclear antigen (PCNA) immunoreaction, indicating the potential for cell proliferation at the early stages. As the mice matured, in contrast, they further enlarged and assumed typical features of hypertrophic chondrocytes. Apoptotic cells were also discernible in the hypertrophic zone at the early but not later stages. Consistent with morphological configurations of hypertrophic chondrocytes, immunoreactions for alkaline phosphatase, osteopontin, and type I collagen were prominent at the later stage, but not the early stage. Cartilaginous matrices demonstrated scattered patches of mineralization at the early stage, but increased in their volume and connectivity at the later stage. Thus, the spatial and temporal occurrence of these immunoreactions as well as apoptosis likely reflect the prematurity of hypertrophying cells at the early stage, and imply a physiological relevance during the early development of the mandibular condyles.

    DOI: 10.1002/jemt.20211

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟県の1中学校における顎関節機能に関する自己記入式アンケート調査 査読

    八木 稔, 高木 律男, 西田 康文, 小林 秀人, 安島 久雄, 池田 順行, 山田 裕士, 宮崎 秀夫

    新潟歯学会雑誌   34 ( 1 )   11 - 15   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:新潟歯学会  

    「学校における歯・口腔の健康診断」が改正された後,新潟県の1中学校において,顎関節の状態についてアンケート調査を行った.今回,開口障害,顎関節雑音および疼痛の発現状況について報告した.口を開閉するときの痛みの有無は,「ない」が74.7%,「ある」が23.3%であった.口を開閉するときの音の発生は,「ない」が68.1%,「ある」が30.2%であった.口の開閉が困難であるか否かは,「ない」が89.7%,「ある」が8.6%であった.これらの症状いずれにおいても,性別および学年間とも回答に有意な差はなかった.その症状の発現状況をみれば,学校歯科保健において,事後の対応と適切な診査方法の開発が求められている

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2005098917

  • Development of the synovial membrane in the rat temporomandibular joint as demonstrated by immunocytochemistry for heat shock protein 25 査読

    N Ikeda, K Nozawa-Inoue, R Takagi, T Maeda

    ANATOMICAL RECORD PART A-DISCOVERIES IN MOLECULAR CELLULAR AND EVOLUTIONARY BIOLOGY   279A ( 1 )   623 - 635   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-LISS  

    The synovial lining layer of the temporomandibular joint (TMJ) consists of macrophage-like type A cells and fibroblast-like type B cells. Until now, little information has been available on the development of the synovial membrane in TMJ. In the present study we examined the development of the synovial lining layer in the rat TMJ by light- and electron-microscopic immunocytochemistry for heat shock protein (Hsp) 25, which is a useful marker for type B cells. At embryonic day 19 (E19), a few Hsp25-positive cells first appeared in the upper portion of the developing condyle. During the formation of the upper articular cavity (E21 to postnatal day 1 (P1)), a few positive cells were arranged on its surface. Immunoelectron microscopy demonstrated that these cells had ultrastructural features of fibroblast-like type B cells. In addition, some Hsp25-positive cells moved to the deep portion by extending their cytoplasmic processes toward the articular cavity at P3. At that time, the presence of typical macrophage-like type A cells in the lining layer was confirmed by immunoelectron microscopy. The slender processes of Hsp25-positive cells showed a continuous covering with the synovial surface at P7, followed by a drastic increase in the Hsp25-positive cells at P15 and later, when active jaw movement occurred. These findings suggested that the arrangement and morphological maturation of type B cells are closely related to the formation of the articular cavity in the embryonic period and the commencement of active jaw movement after birth, respectively. (C) 2004 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/ar.a.20043

    Web of Science

    researchmap

  • Development of the synovial membrane in the rat temporomandibular joint as demonstrated by immunocytochemistry for heat shock protein 25. 査読

    Ikeda N, Nozawa-Inoue K, Takagi R, Maeda T

    The anatomical record. Part A, Discoveries in molecular, cellular, and evolutionary biology   279 ( 1 )   623 - 635   2004年7月

  • Synovial Type B Cells in the Temporomandibular Joint 査読

    Kayoko Nozawa-Inoue, Nobuyuki Ikeda, Akiko Suzuki, Norio Amizuka, Takeyasu Maeda

    Journal of Oral Biosciences   46 ( 6 )   519 - 522   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The synovial lining layer in the temporomandibular joint (TMJ) consists of macrophage-like type A cells and fibroblast-like type B cells. Their identification, however, has been difficult because of the lack of a specific cell marker. This review summarizes the characteristic configuration and development of the type B cell in the murine TMJ. Immunocytochemistry for 25kDa-heat shock protein (Hsp25) revealed two profiles of the fibroblast-like type B cells with cytoplasmic processes in the adult rat TMJ: one projected horizontally slender processes which covered the synovial membrane, and the other extended a thick, long process towards the articular cavity. The former appeared earlier than the latter during the development of synovial membrane, in close relation with the formation of the articular cavity and the commencement of active jaw movement. Since immature type B cells with Hsp25-immunoreactivity were found in the mesenchymal tissue which corresponded to the future articular cavity, type B cells may differentiate directly from mesenchymal cells. © 2004, Japanese Association for Oral Biology. All rights reserved.

    DOI: 10.2330/joralbiosci.46.519

    Scopus

    researchmap

  • Synovial membrane in the temporomandibular joint - Its morphology, function and development 査読

    K Nozawa-Inoue, N Amizuka, N Ikeda, A Suzuki, Y Kawano, T Maeda

    ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY   66 ( 4 )   289 - 306   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:INT SOC HISTOLOGY & CYTOLOGY  

    This paper reviews recent findings of the synovial membrane, in particular the morphology, function and development of synovial lining cells, in the temporomandibular joint (TMJ). Electron microscopic studies have confirmed the synovial membrane in TMJ consists of macrophage-like type A cells and fibroblast-like type B cells identical to those in other systematic joints. The macrophage-like type A cells react with anti-macrophage and macrophage-derived substances including the major histocompatibility class IT molecule, and show a drastic increase in their number in the inflamed synovial membrane. In addition, they have the ability to produce substances involved in the progression of TMJ inflammation such as nitric oxide and inducible nitric oxide synthase. Observation of osteopetrotic mice revealed that macrophage-like type A cells in TMJ are derived from monocyte lineage. Immunocytochemistry for 25kDa heat shock protein was able to depict the entire shape of fibro-blast-like type B cells including their unique processes. The expression of an estrogen receptor alpha-immunoreaction in the fibroblast-like type B cells may explain the etiology of temporomandibular disorders at a higher frequency in females than in males, suggesting that TMJ is a target tissue for estrogen. Furthermore, fibroblast-like type B cells are equipped with a basement membrane to serve as an adhesion molecule for the fibroblast-like type B cells to keep their epithelial arrangement. A clear understanding of the morphology of the intact synovial membrane will serve to clarify the etiology and development of temporomandibular disorders.

    DOI: 10.1679/aohc.66.289

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 顎口腔領域癌患者における上部消化管内視鏡検査(GIF)の検討 査読

    山中 正文, 飯田 明彦, 高木 律男, 小野 和宏, 星名 秀行, 藤田 一, 長島 克弘, 池田 順行, 福田 純一, 小林 龍彰

    日本口腔外科学会雑誌   49 ( 5 )   329 - 334   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    顎口腔領域扁平上皮癌患者62例にGIFを行った.一般集団に比べて高頻度に異常所見が認められた.癌が6例(9.7%),前癌病変である食道異型上皮,Barret上皮が各3例(各4.8%),萎縮性胃炎が26例(41.9%),腸上皮化生が9例(14.5%),活動期の潰瘍性病変が4例(6.5%)に認められた.喫煙,飲酒の両方を常用する群は,いずれか一方或いはどちらも常用しない群に比べて食道病変有病率が有意に高かった

    DOI: 10.5794/jjoms.49.329

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2003302510

  • 上唇に発生した基底細胞腺癌の1例 査読

    池田 順行, 飯田 明彦, 福田 純一, 星名 秀行, 高木 律男, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌   48 ( 3 )   168 - 171   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    56歳男.上唇粘膜に暗赤色凹凸不整で一部に易出血性の潰瘍を伴う腫脹があり,頬側歯槽部には上唇粘膜から連続したびらんを認めた.CT軟組織表示では,上唇内で右側大臼歯部から左側犬歯部に,ほぼ均一で筋と同等〜やや高のdensityを示す病変を認めた.骨条件では右側犬歯部から左側切歯部にわたる歯槽骨唇側面及び切歯管壁の一部に不整な骨破壊像を認めた.MR像では,T1強調像で筋よりやや高く,脂肪抑制T2強調像でリンパ組織と同等の高信号領域が鼻腔底にまで及んでいた.生検病理所見で,粘膜固有層から筋層にかけて好塩基性上皮細胞からなる小型胞巣の浸潤性増殖を認め,辺縁の細胞は柵状に配列していた.手術治療では広範な切除となるため,5-FUの動注及びその直後のライナック照射と,CDDP動注下でのマイクロ波加温による温熱療法を行い,点滴静注による補助化学療法を追加した.その結果,上唇粘膜の腫脹,歯槽部のびらんは消失し,CRと判定した

    DOI: 10.5794/jjoms.48.168

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2002157764

▶ 全件表示

MISC

  • 顎関節円板に骨化を認めた変形性顎関節症の1例

    池田 順行, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 松崎 奈々香, 荒井 良明, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   33 ( Suppl. )   85 - 85   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における新診療体制後の口唇口蓋裂患者動向調査

    児玉 泰光, 小林 亮太, 山田 茜, Salazar Andrea Rei Estacio, 結城 龍太郎, 永井 孝宏, 大湊 麗, 池田 順行, 市川 佳弥, 丹原 惇, 新美 奏恵, 若槻 華子, 宮田 昌幸, 小野 和宏, 齋藤 功, 小林 正治, 高木 律男

    日本口蓋裂学会雑誌   46 ( 2 )   133 - 133   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 顎関節円板または円板後部組織の石灰化もしくは骨化と疼痛に関する臨床的検討

    齋藤太郎, 池田順行, 上野山敦士, 北村厚, 新國農, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男

    新潟歯学会雑誌   51 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科における最近15年間の外来および入院患者の臨床統計的検討

    勝見 祐二, 北村 厚, 隅田 賢正, 新垣 元基, 齋藤 夕子, 上野山 敦士, 黒川 亮, 池田 順行, 児玉 泰光, 永田 昌毅, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   109 - 109   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科における最近15年間の外来および入院患者の臨床統計的検討

    勝見 祐二, 北村 厚, 隅田 賢正, 新垣 元基, 齋藤 夕子, 上野山 敦士, 黒川 亮, 池田 順行, 児玉 泰光, 永田 昌毅, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   50 ( 2 )   109 - 109   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顎関節治療部開設後14年間における受診患者の臨床統計的検討

    上野山 敦士, 池田 順行, 北村 厚, 松崎 奈々香, 山崎 裕太, 河村 篤志, 高嶋 真樹子, 荒井 良明, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   32 ( Suppl. )   72 - 72   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • Kissing molars Class IIIの2例

    内藤 絵里子, 池田 順行, 勝見 祐二, 小山 貴寛, 高木 律男, 西山 秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 山崎 学, 田沼 順一

    日本口腔科学会雑誌   69 ( 2 )   115 - 115   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 口内法により摘出した巨大な舌下型類皮嚢胞の1例

    小山 貴寛, 渡部 桃子, 池田 順行, 小玉 直樹, 齋藤 太郎, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌   40 ( 3 )   139 - 139   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 下顎歯肉癌に対する化学放射線療法後の終末期に上腸間膜動脈症候群を発症した1例

    内藤絵里子, 池田順行, 小山貴寛, 小玉直樹, 齋藤夕子, 永田昌毅, 林孝文, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   38th   2020年

     詳細を見る

  • ビスフォスフォネート製剤を内服する顎変形症の1例

    池田 順行, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 高木 律男, 小野 和宏, 阿部 裕子

    日本形成外科学会会誌   39 ( 8 )   409 - 409   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • DC/TMD口腔行動チェックリストと疼痛障害および心理社会的因子との関連性

    河村 篤志, 荒井 良明, 高嶋 真樹子, 山崎 裕太, 松崎 奈々香, 土屋 健太郎, 池田 順行, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   31 ( Suppl. )   146 - 146   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 顎関節症様症状を主訴に顎関節治療部を受診し顎関節症以外の診断に至った症例の検討

    上野山 敦士, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 北村 厚, 中谷 暢佑, 山崎 裕太, 河村 篤志, 高嶋 真樹子, 荒井 良明, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   31 ( Suppl. )   137 - 137   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 当科における顎関節開放手術の臨床的検討

    池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 北村 厚, 中谷 暢佑, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 新國 農, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   31 ( Suppl. )   142 - 142   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 下顎骨に発生した歯原性癌腫の1例

    原夕子, 小玉直樹, 池田順行, 小山貴寛, 勝見祐二, 新垣元基, 隅田賢正, 木口哲郎, 西山昌秀, 林孝文, 山崎学, 田沼順一, 永田昌毅, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37th   141   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌cN0症例の頸部後発転移に関する検討

    小玉直樹, 永田昌毅, 小山貴寛, 勝見祐二, 新垣元基, 木口哲郎, 原夕子, 池田順行, 児玉泰光, 星名秀行, 西山秀昌, 林孝文, 丸山智, 田沼順一, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   37th   185   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児における下顎区域切除・二期的顎骨再建症例-乳児型線維肉腫の1例-

    齋藤太郎, 池田順行, 永田昌毅, 高木律男

    日本形成外科学会会誌   39 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

  • 左右で別時期に疼痛が生じた両側茎状突起過長症の1例

    北村厚, 池田順行, 大貫尚志, 齋藤太郎, 上野山敦士, 新國農, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   31   2019年

     詳細を見る

  • 顎関節部に石灰化物を認めた症例の臨床統計学的検討

    齋藤太郎, 齋藤太郎, 池田順行, 大貫尚志, 上野山敦士, 北村厚, 新國農, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   31   2019年

     詳細を見る

  • 顎関節開放手術を行った顎関節円板障害を伴う変形性顎関節症の1例

    池田 順行, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本歯科心身医学会雑誌   33 ( 2 )   100 - 101   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科心身医学会  

    researchmap

  • 第二乳臼歯の埋伏により第二小臼歯の萠出障害をきたした2例

    渡部 桃子, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 池田 順行, 高木 律男

    小児口腔外科   28 ( 2 )   132 - 132   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 薬剤師が知っておくべき臓器別画像解析の基礎知識 口腔外科分野 顎関節疾患の画像診断

    池田 順行, 高木 律男

    医薬ジャーナル   54 ( 7 )   1547 - 1552   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    <文献概要>顎関節は両側の耳前部に存在する左右一対の両側性関節であり,側頭骨の下顎窩と下顎骨関節突起(下顎頭)で構成されている。顎関節の回転および滑走運動により,咀嚼および会話などの機能が可能になる。顎関節に生じる疾患は多岐にわたるが,例数としては顎関節症が9割以上とほとんどを占め,また歯科疾患の中でも,う蝕,歯周病に次いで多いとも言われている。本稿では,顎関節領域の画像診断を,代表的な顎関節疾患および顎関節症の病態分類を基に解説する。

    researchmap

  • 顎関節開放手術を行った顎関節円板障害を伴う変形性顎関節症の1例

    池田 順行, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   30 ( Suppl. )   106 - 106   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   136 - 136   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   115 - 115   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌   28 ( 2 )   136 - 136   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • チタンプレートによる顎骨再建を行った下顎骨区域切除症例の検討

    小玉直樹, 池田順行, 小山貴寛, 永田昌毅, 新垣元基, 勝見祐二, 木口哲郎, 齋藤太郎, 山田瑛子, 児玉泰光, 西山秀昌, 林孝文, 星名秀行, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   36th   197   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抜歯後に大動脈解離を呈したマルファン症候群の1例

    黒川 亮, 児玉 泰光, 池田 順行, 勝見 祐二, 西川 敦, 木口 哲郎, 高木 律男

    有病者歯科医療   26 ( 6 )   496 - 496   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • 学童期検診における開口量の変化と顎関節症状(顎関節音と疼痛)の長期縦断的調査

    鈴木 英弘, 高木 律男, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎

    小児口腔外科   27 ( 2 )   91 - 91   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 下顎右側第2小臼歯埋伏歯の深部に認められた第2乳臼歯埋伏の1例

    小山 貴寛, 池田 順行, 小玉 直樹, 大貫 尚志, 清水 志保, 高木 律男

    小児口腔外科   27 ( 2 )   99 - 99   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 全身麻酔下で多数歯抜歯と歯科治療を行ったトリコチオジストロフィーの1例

    池田 順行, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 大貫 尚志, 清水 志保, 高木 律男, 田中 裕

    小児口腔外科   27 ( 2 )   79 - 79   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 下顎部に発生したInfantile Fibromatosisの1例

    小玉 直樹, 高山 裕司, 永田 昌毅, 小山 貴寛, 勝見 祐二, 新垣 元基, 隅田 賢正, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 山田 瑛子, 西山 秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 高木 律男

    小児口腔外科   27 ( 2 )   68 - 68   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 機能性構音障害の臨床統計的検討

    大湊 麗, 児玉 泰光, 小山 貴寛, 池田 順行, 小野 和宏, 永田 昌毅, 高木 律男

    小児口腔外科   27 ( 2 )   97 - 97   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術時のチタンプレートを22年後に除去した1例

    清水 志保, 小山 貴寛, 池田 順行, 小玉 直樹, 大貫 尚志, 武藤 祐一, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   66 ( 3 )   255 - 255   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 池田 順行, 小玉 直樹, 西川 敦, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    日本小児科学会雑誌   121 ( 8 )   1425 - 1425   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

    researchmap

  • 当科における過去11年間の小児関節突起骨折症例の臨床的検討

    大貫 尚志, 池田 順行, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 北村 厚, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   29 ( Suppl. )   114 - 114   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節円板上関節腔面に沿って骨組織形成を認めた滑膜性骨軟骨腫症の1例

    齋藤 太郎, 池田 順行, 大貫 尚志, 中山 美和, 西山 秀昌, 林 孝文, 高嶋 真樹子, 荒井 良明, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   29 ( Suppl. )   97 - 97   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学童期検診における開口量の変化と顎関節症状(顎関節音と疼痛)の長期縦断的調査

    鈴木 英弘, 高木 律男, 池田 順行, 大貫 尚志, 八木 稔

    新潟歯学会雑誌   47 ( 1 )   53 - 53   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顎矯正手術を行ったビスフォスフォネート製剤を内服する顎変形症の1例

    池田 順行, 小野 和宏, 阿部 裕子, 丹原 惇, 新島 綾子, 小玉 直樹, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌   27 ( 2 )   118 - 118   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 筋突起部に著明な骨膜反応を呈した慢性下顎骨骨髄炎の1例

    小山 貴寛, 清水 志保, 池田 順行, 小玉 直樹, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   65 ( 4 )   336 - 336   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 嚥下障害が残遺した喉頭癌放射線治療歴を有する頸部壊死性筋膜炎の1例

    木口 哲郎, 黒川 亮, 西川 敦, 勝見 祐二, 池田 順行, 児玉 泰光, 高木 律男

    有病者歯科医療   25 ( 5 )   394 - 394   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本有病者歯科医療学会  

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   75回   136 - 136   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 池田 順行, 小玉 直樹, 西川 敦, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    小児口腔外科   26 ( 2 )   97 - 97   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例

    池田 順行, 福井 忠雄, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 北村 厚, 中谷 暢佑, 西山 秀昌, 荒井 良明, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   28 ( Suppl. )   136 - 136   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術前後の正貌硬組織変化と正貌輪郭変化の関係

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   26 ( 2 )   141 - 141   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 悪性腫瘍症例に対する周術期抗菌薬適正使用化への取り組み

    西川敦, 児玉泰光, 齋藤太郎, 大貫尚志, 黒川亮, 小玉直樹, 小山貴寛, 池田順行, 永田昌毅, 星名秀行, 星名秀行, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   34th   2016年

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科における最近10年間の外来および入院患者の臨床統計的検討

    北村 厚, 池田 順行, 永田 昌毅, 児玉 泰光, 小山 貴寛, 黒川 亮, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 西川 敦, 五十嵐 友樹, 隅田 賢正, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 4 )   349 - 349   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 当科における入院手術症例の手術部位感染の発生状況とその対応

    西川 敦, 児玉 泰光, 永井 孝宏, 永田 昌毅, 安島 久雄, 池田 順行, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 黒川 亮, 勝見 祐二, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 4 )   348 - 348   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 口腔内超音波エラストグラフィを用いた舌癌の筋層浸潤診断

    新垣 元基, 新國 農, 勝良 剛詞, 池田 順行, 高木 律男, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌   64 ( 2 )   112 - 112   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術後の正貌輪郭の変化

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   155 - 155   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における移動量の左右差と正中部移動量との関係

    丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   25 ( 2 )   153 - 153   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 臼歯部の開咬や顎変形を生じた下顎頭増大病変の臨床的検討

    池田順行, 安島久雄, 大貫尚志, 齋藤太郎, 西山秀昌, 荒井良明, 高嶋真樹子, 河村篤志, 高木律男

    日本顎関節学会雑誌   27   2015年

     詳細を見る

  • 外科的矯正治療を施行した筋緊張性ジストロフィーの1例

    池田 順行, 高木 律男, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 児玉 泰光, 小原 彰浩, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌   24 ( 2 )   123 - 123   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本顎変形症学会  

    researchmap

  • 口蓋垂に発生した扁平上皮癌の1例

    原夕子, 池田順行, 小玉直樹, 高木律男, 大西真, 飯田明彦, 齋藤太郎, 堀野一人, 西山秀昌, 林孝文, 程君, 朔敬

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   32nd   2014年

     詳細を見る

  • 腫瘍を疑わせた顎関節炎の1例

    安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 齋藤 太郎, 荒井 良明, 河村 篤志, 西山 秀昌, 阿部 達也, 朔 敬, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   25 ( Suppl. )   79 - 79   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用して治療を行った叢生を伴う上顎前突症例

    小栗 由充, 池田 順行, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌   21 ( 1 )   44 - 44   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:甲北信越矯正歯科学会  

    researchmap

  • 下顎骨の巨大な骨透過性病変に対し区域切除を回避できた症例の臨床的検討

    西川 敦, 安島 久雄, 池田 順行, 永田 昌毅, 高木 律男, 星名 秀行

    日本形成外科学会会誌   33 ( 2 )   145 - 145   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • 歯槽骨再生療法に用いる培養骨膜シートの質向上を目的とした新たな培養法の探索

    上松晃也, 永田昌毅, 星名秀行, 池田順行, 高木律男

    日本口腔科学会雑誌   62 ( 1 )   155   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • デンタルエックス線画像による根尖部透過像から診断に至った多発性骨髄腫の一例

    小玉直樹, 永田昌毅, 福田純一, 池田順行, 西山秀昌, 林孝文, 高木律男

    日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集   31st   233   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯槽骨再生療法に用いる培養骨膜シートの質的向上を目的とした培地の最適化

    上松晃也, 永田昌毅, 川瀬知之, 星名秀行, 小川信, 池田順行, 高木律男

    新潟歯学会雑誌   42 ( 2 )   143   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学童期における顎運動発達および顎関節症状(関節雑音)の縦断的調査

    小菅 健裕, 高木 律男, 安島 久雄, 山田 裕士, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 大貫 尚志, 八木 稔

    新潟歯学会雑誌   42 ( 2 )   146 - 146   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 下顎頭縦骨折 臨床統計的検討ならびに発症機序に関する一考察

    嵐山 貴徳, 高木 律男, 安島 久雄, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 小川 信, 林 孝文

    新潟歯学会雑誌   42 ( 2 )   146 - 146   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔腫瘍切除後インプラント治療による機能再建

    星名秀行, 山田一穂, 勝見祐二, 小川信, 魚島勝美, 永田昌毅, 池田順行, 嵐山貴徳, 高木律男

    新潟医学会雑誌   126 ( 9 )   504   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯の移植と矯正治療により歯列回復をはかった石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例

    小栗 由充, 池田 順行, 山田 瑛子, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   71回   285 - 285   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    researchmap

  • 両側顎関節部の難治性疼痛に対して高周波熱凝固を用いた神経ブロック療法の治療経験

    嵐山 貴徳, 瀬尾 憲司, 照光 真, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   24 ( Suppl. )   122 - 122   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎関節治療部における顎関節症IIIb/IV型の臨床統計的検討

    安島 久雄, 小菅 健裕, 八木 稔, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 西山 秀昌, 齋藤 太郎, 荒井 良明, 奥村 暢旦, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   24 ( Suppl. )   101 - 101   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外科的治療が奏功した上顎骨炎後の瘢痕性開口障害の1例

    池田 順行, 福田 純一, 安島 久雄, 嵐山 貴徳, 大貫 尚志, 斎藤 太郎, 高木 律男, 西山 秀昌, 林 孝文

    日本顎関節学会雑誌   24 ( Suppl. )   92 - 92   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における「口腔支持療法外来」の意義と役割

    高木 律男, 勝良 剛詞, 小田 陽平, 齋藤 美紀子, 金子 友厚, 池田 順行, 興地 隆史

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   64 - 65   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 入院加療を行った急性歯性感染症の臨床的検討

    西川 敦, 児玉 泰光, 田村 隆, 小玉 直樹, 小山 貴寛, 嵐山 貴徳, 池田 順行, 安島 久雄, 福田 純一, 永田 昌毅, 飯田 明彦, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   57 ( Suppl. )   332 - 332   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 下顎頭肥大を伴った滑膜性骨軟骨腫症の1例

    齋藤 太郎, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男, 小山 純市, 西山 秀昌, 林 孝文, 常木 雅之, 朔 敬

    日本顎関節学会雑誌   23 ( Suppl. )   93 - 93   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 学童期における顎関節雑音の発生率とその推移

    小菅 健裕, 八木 稔, 安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 山田 裕士, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   23 ( Suppl. )   99 - 99   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 当科における顎関節に対する外科治療例の検討

    齋藤 太郎, 池田 順行, 安島 久雄, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌   31 ( 3 )   191 - 191   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下顎骨エナメル上皮腫・腺様歯原性腫瘍ハイブリッド腫瘍の1例

    藤田 一, 池田 順行, 齋藤 太郎, 高木 律男, 林 孝文, 山崎 学, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌   56 ( Suppl. )   247 - 247   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 臼歯部開咬状態を呈した閉口末期における閉口障害の3例

    池田 順行, 安島 久雄, 嵐山 貴徳, 藤田 一, 齋藤 太郎, 櫻井 直樹, 西山 秀昌, 荒井 良明, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   22 ( Suppl. )   78 - 78   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遠隔診断用関節雑音録音システムと電子聴診器の比較

    櫻井 直樹, 昆 はるか, 高木 律男, 池田 順行, 安島 久雄, 高田 佳之, 西山 秀昌, 荒井 良明

    日本顎関節学会雑誌   22 ( Suppl. )   94 - 94   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 顎関節腔穿刺後に発症した急性化膿性顎関節炎の1例

    飯田 明彦, 池田 順行, 大貫 尚志, 安島 久雄, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   22 ( Suppl. )   81 - 81   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 頸部後発リンパ節転移を生じた口腔扁平上皮癌T1、T2症例の臨床病理学的検討

    池田 順行, 藤田 一, 永田 昌毅, 齊藤 正直, 安楽 純子, 星名 秀行, 高木 律男

    新潟医学会雑誌   124 ( 3 )   172 - 172   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 頸部後発リンパ節転移を生じた口腔領域扁平上皮癌T1、T2症例の臨床病理学的検討

    池田 順行, 藤田 一, 永田 昌毅, 齊藤 正直, 安楽 純子, 星名 秀行, 高木 律男

    日本口腔腫瘍学会誌   21 ( 4 )   319 - 319   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌におけるTetraspanin遺伝子発現レベルのバイオマーカーとしての有用性

    ノーマン・アルハブ, 永田 昌毅, 星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 大西 真, 大山 登喜男, 新垣 晋, 高田 佳之, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   58 ( 4 )   296 - 296   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 放線菌感染を伴った上唇粘液肉芽腫の1例

    池田 順行, 飯田 明彦, 児玉 泰光, 小山 貴寛, 高木 律男, 林 孝文, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌   55 ( Suppl. )   81 - 81   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎関節治療部における高齢者顎関節症患者に関する臨床統計的検討

    安島 久雄, 高木 律男, 荒井 良明, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 西山 秀昌, 福井 忠雄, 高田 佳之, 桜井 直樹, 川崎 真依子

    日本顎関節学会雑誌   21 ( Suppl. )   93 - 93   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 下顎頭縦骨折の臨床的検討 下顎頸部骨折との比較

    嵐山 貴徳, 高木 律男, 星名 秀行, 安島 久雄, 池田 順行, 庭野 将広, 高山 裕司, 田中 礼, 林 孝文

    日本顎関節学会雑誌   21 ( Suppl. )   123 - 123   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • インプラントに関連した上顎洞合併症の臨床的検討

    池田 順行, 星名 秀行, 小野 和宏, 飯田 明彦, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   39 ( 1 )   90 - 90   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 放射線化学(DOC、CDDP、5-FU)療法が著効した進行頬粘膜癌の1例

    小玉 直樹, 藤田 一, 池田 順行, 小林 孝憲, 齊藤 正直, 小山 貴寛, 大貫 尚志, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男

    新潟医学会雑誌   123 ( 4 )   193 - 193   2009年4月

  • 歯肉扁平上皮癌におけるTetraspaninファミリー遺伝子発現レベルの診断的有用性

    永田 昌毅, 星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 大西 真, 大山 登喜男, 新垣 晋, 芳澤 享子, 泉 直也, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   54 ( Suppl. )   150 - 150   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 好酸球肉芽腫を疑わせた下顎骨異常吸収性病変の1例

    藤田 一, 小林 孝憲, 高木 律男, 星名 秀行, 山田 裕士, 池田 順行, 朔 敬, 西山 秀昌, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 4 )   537 - 537   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • マウス顎関節関節腔形成過程における血管内皮細胞とマクロファージの動態

    池田順行, 井上佳世子, 鈴木晶子, 庭野将広, 高木律男, 前田健康

    日本顎関節学会雑誌   20   100   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 両側性の下顎頭吸収により開咬が認められた顎関節症の1例

    安島 久雄, 西山 秀昌, 荒井 良明, 高木 律男, 山田 裕士, 池田 順行, 嵐山 貴徳

    日本顎関節学会雑誌   20 ( Suppl. )   146 - 146   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 成長期における身長の増加と開口量の推移

    山田 裕士, 安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 八木 稔, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   20 ( Suppl. )   107 - 107   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜表層細胞の発育過程における筋特異型カベオリン‐3タンパクの発現

    庭野将広, 野澤(井上, 佳世子, 鈴木晶子, 池田順行, 安島久雄, 高木律男, 前田健康

    日本顎関節学会雑誌   20 ( 1 )   62 - 63   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修における新潟大学医歯学総合病院・顎関節治療部の関与

    池田 順行, 荒井 良明, 西山 秀昌, 山田 一尋, 高田 佳之, 小野 由起子, 桜井 直樹, 佐藤 一夫, 安島 久雄, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   20 ( 1 )   51 - 51   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 前歯部歯槽骨切り術の適応について

    福田純一, 児玉泰光, 池田順行, 飯田明彦, 高木律男, 齋藤功

    日本形成外科学会会誌   28 ( 3 )   179   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 外傷 当科における顎骨骨折の臨床統計的検討

    小山 貴寛, 飯田 明彦, 永田 昌毅, 福田 純一, 藤田 一, 安島 久雄, 児玉 泰光, 池田 順行, 小林 孝憲, 高木 律男, 小野 和宏, 星名 秀行

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 1 )   108 - 108   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • ガイドライン 抗血栓療法患者における歯科観血処置の検討

    山田 裕士, 児玉 泰光, 青柳 貴之, 山中 正文, 小山 貴寛, 斎藤 正直, 池田 順行, 安島 久雄, 藤田 一, 福田 純一, 永田 昌毅, 星名 秀行, 飯田 明彦, 小野 和宏, 古嶋 博司, 相澤 義房, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌   57 ( 1 )   91 - 92   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

  • 骨髄移植後のGVHD患者に発生した舌癌の1例

    安島 久雄, 池田 順行, 児玉 泰光, 福田 純一, 飯田 明彦, 小野 和宏, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   54 ( 1 )   38 - 38   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • Tetraspaninファミリー遺伝子発現レベルの口腔扁平上皮癌悪性度バイオマーカーとしての可能性

    平野 千鶴, 永田 昌毅, 小玉 直樹, 星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 大西 真, 宮島 久, 新垣 晋, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   37 ( 2 )   253 - 253   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 温熱化学放射線療法後切除した下顎に対しチタンプレート・インプラント義歯で咬合再建した下顎歯肉癌の1例

    星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 高木 律男, 勝良 剛詞, 林 孝文

    日本口腔腫瘍学会誌   19 ( 4 )   263 - 264   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔腫瘍学会  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜の発育過程における筋特異型カベオリン‐3タンパクの局在変化

    庭野将広, 野澤(井上, 佳世子, 鈴木晶子, 池田順行, 安島久雄, 高木律男, 前田健康

    J Oral Biosci   49 ( Supplement )   114   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口腔癌14例に対するTCF補助化学療法の効果と安全性

    青柳 貴之, 星名 秀行, 永田 昌毅, 藤田 一, 池田 順行, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌   37 ( 1 )   74 - 74   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 小児の下顎骨に発生した線維肉腫の1例

    池田 順行, 永田 昌毅, 星名 秀行, 山中 正文, 青柳 貴之, 庭野 将広, 高木 律男

    小児口腔外科   17 ( 1 )   58 - 58   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平苔癬におけるSNP解析による疾患感受性遺伝子の探究

    藤田 一, 小林 哲夫, 田井 秀明, 島田 靖子, 永田 昌毅, 星名 秀行, 関 雪絵, 池田 順行, 青柳 貴之, 斎藤 正直, 西澤 理史歩, 黒川 亮, 中間 純子, 高木 律男, 吉江 弘正

    新潟医学会雑誌   121 ( 6 )   360 - 360   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 全前脳胞症の4例

    飯田 明彦, 安島 久雄, 高木 律男, 児玉 泰光, 小野 和宏, 池田 順行, 福田 純一, 小山 貴寛

    日本口蓋裂学会雑誌   32 ( 2 )   271 - 271   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 当科における顎関節に対する外科治療例の検討

    池田 順行, 安島 久雄, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 大鳥居 淳, 高山 裕二, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   19 ( 1 )   57 - 57   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 温熱化学放射線療法後切除した下顎に対するプレート再建・インプラント義歯の適用

    星名 秀行, 荒井 良明, 永田 昌毅, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 勝見 祐二, 高木 律男, 魚島 勝美

    日本ハイパーサーミア学会誌   22 ( 4 )   248 - 248   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ハイパーサーミア学会  

    researchmap

  • 側頭開頭術後に生じた開口障害の1例

    山中 正文, 福田 純一, 児玉 泰光, 安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   52 ( Suppl. )   106 - 106   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 口腔扁平苔癬におけるSNP解析による疾患感受性遺伝子の探究

    藤田 一, 小林 哲夫, 田井 秀明, 島田 靖子, 永田 昌毅, 星名 秀行, 関 雪絵, 池田 順行, 青柳 貴之, 斎藤 正直, 西澤 理史歩, 黒川 亮, 中間 純子, 高木 律男, 吉江 弘正

    新潟歯学会雑誌   36 ( 1 )   109 - 109   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 再発を繰り返し舌下腺摘出にいたった先天性ガマ腫の1例

    勝見 祐二, 飯田 明彦, 小林 孝徳, 池田 順行, 高木 律男

    小児口腔外科   16 ( 1 )   76 - 77   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 生後マウスにおける下顎頭軟骨の経時的観察

    池田順行, HOSSAIN Kazi Sazzad, 井上佳世子, 鈴木晶子, 高木律男, 前田健康, 網塚憲生

    日本顎関節学会雑誌   18 ( 1 )   42 - 42   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小中学校児童生徒における関節雑音の推移 3年間の継続検診

    山田 裕士, 安島 久雄, 池田 順行, 庭野 将広, 大鳥居 淳, 八木 稔, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   18 ( 1 )   49 - 50   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 腫瘍を疑わせた慢性顎関節炎の1例

    安島 久雄, 荒井 良明, 山田 裕士, 池田 順行, 庭野 将広, 大鳥居 淳, 高木 律男, 鈴木 誠

    日本顎関節学会雑誌   18 ( 1 )   66 - 66   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 舌に発生した顆粒細胞腫の1例 文献的考察をふまえた検討

    池田 順行, 星名 秀行, 永田 昌毅, 安島 久雄, 宇都宮 宏子, 高木 律男, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌   51 ( 8 )   419 - 420   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 腫瘍を疑わせた小児の上顎骨慢性硬化性骨髄炎の2例

    池田 順行, 星名 秀行, 今井 信行, 富沢 美恵子, 高木 律男

    小児口腔外科   15 ( 1 )   76 - 77   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児口腔外科学会  

    researchmap

  • 間欠的に臼歯部開咬を呈した顎関節内障の1例

    高木 律男, 安島 久雄, 池田 順行, 永田 昌毅, 荒井 良明

    日本形成外科学会会誌   25 ( 4 )   308 - 308   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本形成外科学会  

    researchmap

  • <学位研究紹介>ラット顎関節滑膜の発生学的研究-抗heat shock protein 25抗体を用いた免疫組織学的検討-

    池田 順行

    新潟歯学会雑誌   34 ( 2 )   91 - 92   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ラット顎関節関節腔の形成における血管新生の関与

    鈴木晶子, 野沢(井上, 佳世子, 池田順行, 網塚憲生, 前田健康

    J Oral Biosci   46 ( 5 )   406 - 406   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Histochemical changes of the hypertrophiczone in developing mouse mandibular condyle

    SAZZAD HOSSAIN KAZI, 池田 順行, 野澤-井上, 佳世子, 網塚 憲生, 織田 公光, 高木 律男, 前田 健康

    Journal of oral biosciences   46 ( 5 )   396 - 396   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜表層B型細胞の発生

    池田順行, 野沢(井上, 佳世子, 高木律男, 前田健康

    日本顎関節学会雑誌   16 ( 1 )   39   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Blepharo-cheilo-dontic(BCD)症候群の1例

    飯田 明彦, 永田 昌毅, 奈良井 省太, 池田 順行, 高木 律男, 小野 和宏

    日本口蓋裂学会雑誌   29 ( 2 )   174 - 174   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口蓋裂学会  

    researchmap

  • 睡眠中における咬筋筋活動の検討

    大島 賢, 高木 律男, 井上 達夫, 安島 久雄, 池田 順行, 小林 正治

    日本顎関節学会雑誌   16 ( 1 )   46 - 47   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜B型表層細胞の発生過程

    池田 順行, 野澤 佳世子, 上, 高木 律男, 前田 健康

    新潟歯学会雑誌   33 ( 2 )   296 - 297   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 顎口腔領域癌患者における上部消化管内視鏡検査(GIF)の検討.

    山中 正文, 飯田 明彦, 高木 律男, 小野 和宏, 星名 秀行, 藤田 一, 長島 克弘, 池田 順行, 福田 純一

    日口外誌   49(5): 329-334 ( 12 )   760 - 761   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    DOI: 10.5794/jjoms.49.329

    researchmap

  • マウス下顎頭軟骨の経時的組織変化について

    HOSSAIN K S, 池田順行, 井上佳世子, 網塚憲生, 織田公光, 高木律男, 前田健康

    歯科基礎医学会雑誌   45 ( 5 )   304 - 304   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ラット顎関節におけるB型細胞の出現

    池田順行, 野沢(井上, 佳世子, 高木律男, 前田健康

    日本顎関節学会雑誌   15 ( 1 )   102   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 検診による顎関節症状の疫学的研究

    山田 裕士, 小林 龍彰, 八木 稔, 井上 達夫, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌   15 ( 1 )   107 - 108   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • Overseas Documents-顎関節滑膜表層B型細胞の形態と機能

    池田順行, 野澤-井上佳世子, 高木律男, 前田健康

    歯界展望   102 ( 2 )   372 - 373   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜B型細胞の発生過程

    池田順行, 井上佳世子, 高木律男, 前田健康

    歯科基礎医学会雑誌   44 ( 5 )   452   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 顎口腔領域の癌患者に対する上部消化管内視鏡検査の有用性

    山中 正文, 飯田 明彦, 高木 律男, 小野 和宏, 星名 秀行, 藤田 一, 長島 克弘, 早津 誠, 池田 順行

    新潟歯学会雑誌   32 ( 1 )   119 - 120   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • IVROを施行した顎関節症患者の長期予後の検討

    小林 龍彰, 高木 律男, 井上 達夫, 西原 義之, 安島 久雄, 木村 威, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 池田 順行

    日本顎関節学会雑誌   14 ( 1 )   101 - 101   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本顎関節学会  

    researchmap

  • 骨延長術を用いて治療した骨性癒着歯の1例

    小野 和宏, 高木 律男, 飯田 明彦, 福田 純一, 青山 玲子, 池田 順行, 阿部 裕子

    日本口腔外科学会雑誌   47 ( 13 )   925 - 925   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    researchmap

  • 上唇に発生した基底細胞腺癌の1例

    池田 順行, 飯田 明彦, 福田 純一, 星名 秀行, 小野 和宏, 高木 律男, 林 孝文, 朔 敬

    日本口腔科学会雑誌   50 ( 6 )   432 - 433   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本口腔科学会  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 顎関節円板に骨化を認めた変形性顎関節症の1例

    池田順行, 齋藤太郎, 上野山敦士, 高嶋真樹子, 河村篤志, 山崎裕太, 松崎奈々香, 荒井良明, 西山秀昌, 髙木律男

    第34回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月 - 2021年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顎関節症共通研修で歯科研修医は何を得られたか:研修終了後アンケート調査

    高嶋真樹子, 河村篤志, 山崎裕太, 松崎奈々香, 高田翔, 上野山敦士, 池田順行, 荒井良明

    第34回一般社団法人日本顎関節学会総会・学術大会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    researchmap

  • 過去10年間における当科入院加療が必要となった炎症症例の臨床的統計

    齋藤夕子, 黒川亮, 上野山敦士, 永井孝宏, 児玉泰光, 池田順行, 新垣元基, 伊藤元貴, 髙木律男

    第30回日本有病者歯科医療学会学術大会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    researchmap

  • 当科における薬剤関連顎骨壊死発症患者への介入状況

    黒川 亮, 児玉泰光, 池田順行, 勝見祐二, 上野山敦士, 新垣元基, 永井孝宏, 齋藤夕子, 田中恵子, 髙木律男

    第30回日本有病者歯科医療学会学術大会  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における新診療体制後の口唇口蓋裂患者動向調査

    児玉泰光, 小林亮太, 山田 茜, Andrea Rei, Estacio Salazar, 結城龍太郎, 永井孝宏, 大湊 麗, 池田順行, 市川佳弥, 丹原 惇, 新美奏恵, 若槻華子, 宮田昌幸, 小野和宏, 齋藤 功, 小林正治, 高木律男

    第45回日本口蓋裂学会総会学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    researchmap

  • 顎関節治療部開設後14年間における受診患者の臨床統計的検討

    上野山敦士, 池田順行, 北村 厚, 松崎奈々香, 山崎裕太, 河村篤志, 高嶋真樹子, 荒井良明, 髙木律男

    第33回一般社会法人日本顎関節学会総会・学術大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    researchmap

  • 外科的矯正治療を行った静脈奇形を伴う顎変形症の1例

    池田順行, 小野和弘, 阿部裕子, 本多綾子, 齋藤 功, 西山秀昌, 髙木律男

    第30回日本顎変形症学会学術総会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大石章寛, 上野山敦士, 勝見祐二, 池田順行, 児玉泰光, 髙木律男

    第110回関東形成外科学会新潟地方会  2021年7月 

     詳細を見る

  • 顎関節疾患に対する顎関節開放手術の検討

    池田順行

    第33回一般社会法人日本顎関節学会総会・学術大会  2020年7月 

     詳細を見る

  • 顎関節部に石灰化物を認めた症例の臨床学的検討

    齋藤太郎, 池田順行, 大貫尚志, 上野山敦士, 北村 厚, 新國 農, 西山秀昌, 林 孝文, 髙木律男

    日本顎関節学会雑誌  2019年7月 

     詳細を見る

  • 当科における顎関節開放手術の臨床的検討

    池田順行, 大貫尚志, 齋藤太郎, 上野山敦士, 北村厚, 中谷暢佑, 高嶋真樹子, 河村篤志, 山崎裕太, 荒井良明, 新國 農, 西山秀昌, 林孝 文, 髙木律男

    日本顎関節学会雑誌  2019年7月 

     詳細を見る

  • 顎関節症様症状を主訴に顎関節治療部を受診し顎関節症以外の診断に至った症例の検討

    上野山敦士, 池田順行, 大貫尚志, 齋藤太郎, 北村 厚, 中谷暢介, 山崎裕太, 河村篤志, 高嶋真樹子, 荒井良明, 髙木律男

    日本顎関節学会雑誌  2019年7月 

     詳細を見る

  • DC/TMD口腔行動チェックリストと疼痛障害および心理社会的因子との関連性

    河村篤志, 荒井良明, 高嶋真樹子, 山崎裕太, 松崎奈々香, 土屋健太郎, 池田順行, 髙木律男

    日本顎関節学会雑誌  2019年7月 

     詳細を見る

  • 顎関節パノラマ4分割撮影にて関節円板の石灰化が疑われた症例

    西山秀昌, 新國 農, 池田順行, 荒井良明, 髙木律男, 林 孝文

    日本顎関節学会雑誌  2019年7月 

     詳細を見る

  • 左右で別時期に疼痛が生じた両側茎状突起過長症の1例

    北村 厚, 池田順行, 大貫尚志, 齋藤太郎, 上野山敦士, 新國 農, 西山秀昌, 林孝 文, 髙木律男

    日本顎関節学会雑誌  2019年7月 

     詳細を見る

  • 巨大な舌下型類皮嚢胞の1例

    小山貴寛, 池田順行, 小玉直樹, 齋藤夕子, 西山秀昌, 林 孝文, 山崎 学, 丸山 智, 田沼順一, 髙木律男

    日本口腔外科学会北日本支部会会誌  2019年5月 

     詳細を見る

  • Inhibitory effects of Sake lees (Sake Kasu) on stress-induced hyperalgesia in the rats

    Shimizu S, Kakihara Y, Taiyoji M, Nakatani Y, Kurose M, Ikeda N, Saeki M, Takagi R, Yamamura K, Okamoto K

    9th FAOPS Congress, Kobe, Japan  2019年3月 

     詳細を見る

  • 口内法により摘出した巨大な舌下型類皮嚢胞の1例

    小山貴寛, 渡部桃子, 池田順行, 小玉直樹, 齋藤太郎, 髙木律男

    日本形成外科学会会誌  2019年2月 

     詳細を見る

  • 下顎骨に発生した歯原性癌腫の 1例

    原 夕子, 小玉直樹, 池田順行, 小山貴寛, 勝見祐二, 新垣元基, 隅田賢正, 木口哲郎, 西山秀昌, 林 孝文, 山﨑 学, 田沼順一, 永田昌毅, 髙木律男

    日本口腔腫瘍学会雑誌  2019年1月 

     詳細を見る

  • 舌扁平上皮癌cN0症例の頸部好発転移に関する検討

    小玉直樹, 永田昌毅, 小山貴寛, 勝見祐二, 新垣元基, 木口哲郎, 原 夕子, 池田順行, 児玉泰光, 星名秀行, 西山秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 田沼順一, 髙木律男

    日本口腔腫瘍学会雑誌  2019年1月 

     詳細を見る

  • 第二乳臼歯の埋伏により第二小臼歯の萌出障害をきたした2例

    渡部桃子, 小山貴寛, 小玉直樹, 池田順行, 髙木律男

    小児口腔外科学会雑誌  2018年11月 

     詳細を見る

  • 顎関節脱臼に対し関節隆起切除術を行った4例

    黒川 亮, 児玉泰光, 池田順行, 大貫尚志, 齋藤太郎, 上野山敦士, 北村 厚, 中谷暢佑, 木口哲郎, 髙木律男

    日本口腔外科学会会誌  2018年11月 

     詳細を見る

  • Psychophysical Stress Enhances Orofacial Nociception in the Rostral Ventromedial Medulla

    Shimizu Shiho, Yosuke Nakatani, Masayuki Kurose, Mana Hasegawa, Nobuyuki Ikeda, Noritaka Fujii, Ritsuo Takagi, Kensuke Yamamura, Keiichiro Okamoto

    IADR, London, England  2018年7月 

     詳細を見る

  • 片側性の下顎頭吸収による開咬に対し顎間牽引を行った1例

    池田 順行, 大貫 尚志, 高木 律男, 福井 忠雄, 齋藤 功, 荒井 良明

    日本形成外科学会会誌  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎関節開放手術を行った顎関節円板障害を伴う変形性顎関節症の1例

    池田 順行, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 山崎 裕太, 荒井 良明, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顔貌変形や咬合不全を認めた下顎頭増大病変の臨床的検討

    池田 順行, 安島 久雄, 大貫 尚志, 斎藤 太郎, 児玉 泰光, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 術後2ヵ月で手術部位感染が顕在化した顎変形症の1例

    池田 順行, 小玉 直樹, 西野 和臣, 西山 秀昌, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋 功次朗, 丹原 惇, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 抜歯後に大動脈解離を呈したマルファン症候群の1例

    黒川 亮, 児玉 泰光, 池田 順行, 勝見 祐二, 西川 敦, 木口 哲郎, 高木 律男

    有病者歯科医療  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎部に発生したInfantile Fibromatosisの1例

    小玉 直樹, 高山 裕司, 永田 昌毅, 小山 貴寛, 勝見 祐二, 新垣 元基, 隅田 賢正, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 山田 瑛子, 西山 秀昌, 林 孝文, 丸山 智, 高木 律男

    小児口腔外科  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 機能性構音障害の臨床統計的検討

    大湊 麗, 児玉 泰光, 小山 貴寛, 池田 順行, 小野 和宏, 永田 昌毅, 高木 律男

    小児口腔外科  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 学童期検診における開口量の変化と顎関節症状(顎関節音と疼痛)の長期縦断的調査

    鈴木 英弘, 高木 律男, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎

    小児口腔外科  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎右側第2小臼歯埋伏歯の深部に認められた第2乳臼歯埋伏の1例

    小山 貴寛, 池田 順行, 小玉 直樹, 大貫 尚志, 清水 志保, 高木 律男

    小児口腔外科  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 全身麻酔下で多数歯抜歯と歯科治療を行ったトリコチオジストロフィーの1例

    池田 順行, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 大貫 尚志, 清水 志保, 高木 律男, 田中 裕

    小児口腔外科  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術時のチタンプレートを22年後に除去した1例

    清水 志保, 小山 貴寛, 池田 順行, 小玉 直樹, 大貫 尚志, 武藤 祐一, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 池田 順行, 小玉 直樹, 西川 敦, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    日本小児科学会雑誌  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における過去11年間の小児関節突起骨折症例の臨床的検討

    大貫 尚志, 池田 順行, 齋藤 太郎, 上野山 敦士, 北村 厚, 中谷 暢佑, 新國 農, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 関節円板上関節腔面に沿って骨組織形成を認めた滑膜性骨軟骨腫症の1例

    齋藤 太郎, 池田 順行, 大貫 尚志, 中山 美和, 西山 秀昌, 林 孝文, 高嶋 真樹子, 荒井 良明, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 学童期検診における開口量の変化と顎関節症状(顎関節音と疼痛)の長期縦断的調査

    鈴木 英弘, 高木 律男, 池田 順行, 大貫 尚志, 八木 稔

    新潟歯学会雑誌  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎矯正手術を行ったビスフォスフォネート製剤を内服する顎変形症の1例

    池田 順行, 小野 和宏, 阿部 裕子, 丹原 惇, 新島 綾子, 小玉 直樹, 高木 律男

    日本顎変形症学会雑誌  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 筋突起部に著明な骨膜反応を呈した慢性下顎骨骨髄炎の1例

    小山 貴寛, 清水 志保, 池田 順行, 小玉 直樹, 西山 秀昌, 林 孝文, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 嚥下障害が残遺した喉頭癌放射線治療歴を有する頸部壊死性筋膜炎の1例

    木口 哲郎, 黒川 亮, 西川 敦, 勝見 祐二, 池田 順行, 児玉 泰光, 高木 律男

    有病者歯科医療  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における小児顎顔面口腔外傷の臨床的検討

    大貫 尚志, 児玉 泰光, 池田 順行, 小玉 直樹, 西川 敦, 永井 孝宏, 北村 厚, 高木 律男

    小児口腔外科  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例

    池田 順行, 福井 忠雄, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 北村 厚, 中谷 暢佑, 西山 秀昌, 荒井 良明, 齋藤 功, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術前後の正貌硬組織変化と正貌輪郭変化の関係

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌  2016年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科における最近10年間の外来および入院患者の臨床統計的検討

    北村 厚, 池田 順行, 永田 昌毅, 児玉 泰光, 小山 貴寛, 黒川 亮, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 西川 敦, 五十嵐 友樹, 隅田 賢正, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における入院手術症例の手術部位感染の発生状況とその対応

    西川 敦, 児玉 泰光, 永井 孝宏, 永田 昌毅, 安島 久雄, 池田 順行, 小山 貴寛, 小玉 直樹, 黒川 亮, 勝見 祐二, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌癌筋層浸潤の評価における口腔内超音波エラストグラフィの有用性

    新垣 元基, 新國 農, 勝良 剛詞, 池田 順行, 丸山 智, 朔 敬, 高木 律男, 林 孝文

    新潟歯学会雑誌  2015年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 筋緊張性ジストロフィー患者の外科的矯正治療経験

    池田 順行, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 児玉 泰光, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔内超音波エラストグラフィを用いた舌癌の筋層浸潤診断

    新垣 元基, 新國 農, 勝良 剛詞, 池田 順行, 高木 律男, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臼歯部の開咬や顎変形を生じた下顎頭増大病変の臨床的検討

    池田 順行, 安島 久雄, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 西山 秀昌, 荒井 良明, 高嶋 真樹子, 河村 篤志, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における移動量の左右差と正中部移動量との関係

    丹原 惇, 高橋 功次朗, 森田 修一, 小林 正治, 池田 順行, 林 孝文, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術後の正貌輪郭の変化

    新島 綾子, 森田 修一, 高橋 功次朗, 丹原 惇, 池田 順行, 小林 正治, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔外科手術における周術期抗菌薬投与の適正使用化と手術部位感染(SSI)の評価

    西川 敦, 児玉 泰光, 永井 孝宏, 池田 順行, 安島 久雄, 永田 昌毅, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎関節部に両側性に生じた偽痛風の1例

    上野山 敦士, 安島 久雄, 池田 順行, 大貫 尚志, 荒井 良明, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外科的矯正治療を施行した筋緊張性ジストロフィーの1例

    池田 順行, 高木 律男, 小玉 直樹, 勝見 祐二, 児玉 泰光, 小原 彰浩, 齋藤 功

    日本顎変形症学会雑誌  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腫瘍を疑わせた顎関節炎の1例

    安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 齋藤 太郎, 荒井 良明, 河村 篤志, 西山 秀昌, 阿部 達也, 朔 敬, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 矯正用インプラントアンカー(仮称)を併用して治療を行った叢生を伴う上顎前突症例

    小栗 由充, 池田 順行, 齋藤 功

    甲北信越矯正歯科学会雑誌  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨の巨大な骨透過性病変に対し区域切除を回避できた症例の臨床的検討

    西川 敦, 安島 久雄, 池田 順行, 永田 昌毅, 高木 律男, 星名 秀行

    日本形成外科学会会誌  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯槽骨再生療法に用いる培養骨膜シートの質向上を目的とした新たな培養法の探索

    上松 晃也, 永田 昌毅, 星名 秀行, 池田 順行, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 学童期における顎運動発達および顎関節症状(関節雑音)の縦断的調査

    小菅 健裕, 高木 律男, 安島 久雄, 山田 裕士, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 大貫 尚志, 八木 稔

    新潟歯学会雑誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯槽骨再生療法に用いる培養骨膜シートの質的向上を目的とした培地の最適化

    上松 晃也, 永田 昌毅, 川瀬 知之, 星名 秀行, 小川 信, 池田 順行, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎頭縦骨折 臨床統計的検討ならびに発症機序に関する一考察

    嵐山 貴徳, 高木 律男, 安島 久雄, 池田 順行, 大貫 尚志, 齋藤 太郎, 小川 信, 林 孝文

    新潟歯学会雑誌  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯の移植と矯正治療により歯列回復をはかった石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例

    小栗 由充, 池田 順行, 山田 瑛子, 齋藤 功

    日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔腫瘍切除後インプラント治療による機能再建

    星名 秀行, 山田 一穂, 勝見 祐二, 小川 信, 魚島 勝美, 永田 昌毅, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 高木 律男

    新潟医学会雑誌  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 両側顎関節部の難治性疼痛に対して高周波熱凝固を用いた神経ブロック療法の治療経験

    嵐山 貴徳, 瀬尾 憲司, 照光 真, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における「口腔支持療法外来」の意義と役割

    高木 律男, 勝良 剛詞, 小田 陽平, 齋藤 美紀子, 金子 友厚, 池田 順行, 興地 隆史

    新潟歯学会雑誌  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 入院加療を行った急性歯性感染症の臨床的検討

    西川 敦, 児玉 泰光, 田村 隆, 小玉 直樹, 小山 貴寛, 嵐山 貴徳, 池田 順行, 安島 久雄, 福田 純一, 永田 昌毅, 飯田 明彦, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 学童期における顎関節雑音の発生率とその推移

    小菅 健裕, 八木 稔, 安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 山田 裕士, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における顎関節に対する外科治療例の検討

    齋藤 太郎, 池田 順行, 安島 久雄, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 高木 律男

    日本形成外科学会会誌  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎骨エナメル上皮腫・腺様歯原性腫瘍ハイブリッド腫瘍の1例

    藤田 一, 池田 順行, 齋藤 太郎, 高木 律男, 林 孝文, 山崎 学, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 遠隔診断用関節雑音録音システムと電子聴診器の比較

    櫻井 直樹, 昆 はるか, 高木 律男, 池田 順行, 安島 久雄, 高田 佳之, 西山 秀昌, 荒井 良明

    日本顎関節学会雑誌  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎関節腔穿刺後に発症した急性化膿性顎関節炎の1例

    飯田 明彦, 池田 順行, 大貫 尚志, 安島 久雄, 西山 秀昌, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 頸部後発リンパ節転移を生じた口腔領域扁平上皮癌T1、T2症例の臨床病理学的検討

    池田 順行, 藤田 一, 永田 昌毅, 齊藤 正直, 安楽 純子, 星名 秀行, 高木 律男

    日本口腔腫瘍学会誌  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 放線菌感染を伴った上唇粘液肉芽腫の1例

    池田 順行, 飯田 明彦, 児玉 泰光, 小山 貴寛, 高木 律男, 林 孝文, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌扁平上皮癌におけるTetraspanin遺伝子発現レベルのバイオマーカーとしての有用性

    ノーマン・アルハブ, 永田 昌毅, 星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 大西 真, 大山 登喜男, 新垣 晋, 高田 佳之, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院顎関節治療部における高齢者顎関節症患者に関する臨床統計的検討

    安島 久雄, 高木 律男, 荒井 良明, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 西山 秀昌, 福井 忠雄, 高田 佳之, 桜井 直樹, 川崎 真依子

    日本顎関節学会雑誌  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 下顎頭縦骨折の臨床的検討 下顎頸部骨折との比較

    嵐山 貴徳, 高木 律男, 星名 秀行, 安島 久雄, 池田 順行, 庭野 将広, 高山 裕司, 田中 礼, 林 孝文

    日本顎関節学会雑誌  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • インプラントに関連した上顎洞合併症の臨床的検討

    池田 順行, 星名 秀行, 小野 和宏, 飯田 明彦, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 放射線化学(DOC、CDDP、5-FU)療法が著効した進行頬粘膜癌の1例

    小玉 直樹, 藤田 一, 池田 順行, 小林 孝憲, 齊藤 正直, 小山 貴寛, 大貫 尚志, 永田 昌毅, 星名 秀行, 高木 律男

    新潟医学会雑誌  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯肉扁平上皮癌におけるTetraspaninファミリー遺伝子発現レベルの診断的有用性

    永田 昌毅, 星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 大西 真, 大山 登喜男, 新垣 晋, 芳澤 享子, 泉 直也, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 好酸球肉芽腫を疑わせた下顎骨異常吸収性病変の1例

    藤田 一, 小林 孝憲, 高木 律男, 星名 秀行, 山田 裕士, 池田 順行, 朔 敬, 西山 秀昌, 林 孝文

    日本口腔科学会雑誌  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 両側性の下顎頭吸収により開咬が認められた顎関節症の1例

    安島 久雄, 西山 秀昌, 荒井 良明, 高木 律男, 山田 裕士, 池田 順行, 嵐山 貴徳

    日本顎関節学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マウス顎関節関節腔形成過程における血管内皮細胞とマクロファージの動態

    池田 順行, 井上 佳世子, 鈴木 晶子, 庭野 将広, 高木 律男, 前田 健康

    日本顎関節学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 成長期における身長の増加と開口量の推移

    山田 裕士, 安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 八木 稔, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜表層細胞の発育過程における筋特異型カベオリン-3タンパクの発現

    庭野 将広, 野澤 佳世子, 上, 鈴木 晶子, 池田 順行, 安島 久雄, 高木 律男, 前田 健康

    日本顎関節学会雑誌  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 歯科医師臨床研修における新潟大学医歯学総合病院・顎関節治療部の関与

    池田 順行, 荒井 良明, 西山 秀昌, 山田 一尋, 高田 佳之, 小野 由起子, 桜井 直樹, 佐藤 一夫, 安島 久雄, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前歯部歯槽骨切り術の適応について

    福田 純一, 児玉 泰光, 池田 順行, 飯田 明彦, 高木 律男, 齋藤 功

    日本形成外科学会会誌  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 外傷 当科における顎骨骨折の臨床統計的検討

    小山 貴寛, 飯田 明彦, 永田 昌毅, 福田 純一, 藤田 一, 安島 久雄, 児玉 泰光, 池田 順行, 小林 孝憲, 高木 律男, 小野 和宏, 星名 秀行

    日本口腔科学会雑誌  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨髄移植後のGVHD患者に発生した舌癌の1例

    安島 久雄, 池田 順行, 児玉 泰光, 福田 純一, 飯田 明彦, 小野 和宏, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ガイドライン 抗血栓療法患者における歯科観血処置の検討

    山田 裕士, 児玉 泰光, 青柳 貴之, 山中 正文, 小山 貴寛, 斎藤 正直, 池田 順行, 安島 久雄, 藤田 一, 福田 純一, 永田 昌毅, 星名 秀行, 飯田 明彦, 小野 和宏, 古嶋 博司, 相澤 義房, 高木 律男

    日本口腔科学会雑誌  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 温熱化学放射線療法後切除した下顎に対しチタンプレート・インプラント義歯で咬合再建した下顎歯肉癌の1例

    星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 高木 律男, 勝良 剛詞, 林 孝文

    日本口腔腫瘍学会誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Tetraspaninファミリー遺伝子発現レベルの口腔扁平上皮癌悪性度バイオマーカーとしての可能性

    平野 千鶴, 永田 昌毅, 小玉 直樹, 星名 秀行, 藤田 一, 池田 順行, 大西 真, 宮島 久, 新垣 晋, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜の発育過程における筋特異型カベオリン-3タンパクの局在変化

    庭野 将広, 野澤 佳世子, 上, 鈴木 晶子, 池田 順行, 安島 久雄, 高木 律男, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔癌14例に対するTCF補助化学療法の効果と安全性

    青柳 貴之, 星名 秀行, 永田 昌毅, 藤田 一, 池田 順行, 高木 律男

    新潟歯学会雑誌  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔扁平苔癬におけるSNP解析による疾患感受性遺伝子の探究

    藤田 一, 小林 哲夫, 田井 秀明, 島田 靖子, 永田 昌毅, 星名 秀行, 関 雪絵, 池田 順行, 青柳 貴之, 斎藤 正直, 西澤 理史歩, 黒川 亮, 中間 純子, 高木 律男, 吉江 弘正

    新潟医学会雑誌  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 全前脳胞症の4例

    飯田 明彦, 安島 久雄, 高木 律男, 児玉 泰光, 小野 和宏, 池田 順行, 福田 純一, 小山 貴寛

    日本口蓋裂学会雑誌  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 当科における顎関節に対する外科治療例の検討

    池田 順行, 安島 久雄, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 庭野 将広, 大鳥居 淳, 高山 裕二, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 温熱化学放射線療法後切除した下顎に対するプレート再建・インプラント義歯の適用

    星名 秀行, 荒井 良明, 永田 昌毅, 藤田 一, 池田 順行, 齋藤 正直, 勝見 祐二, 高木 律男, 魚島 勝美

    日本ハイパーサーミア学会誌  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 側頭開頭術後に生じた開口障害の1例

    山中 正文, 福田 純一, 児玉 泰光, 安島 久雄, 池田 順行, 嵐山 貴徳, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 再発を繰り返し舌下腺摘出にいたった先天性ガマ腫の1例

    勝見 祐二, 飯田 明彦, 小林 孝徳, 池田 順行, 高木 律男

    小児口腔外科  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 口腔扁平苔癬におけるSNP解析による疾患感受性遺伝子の探究

    藤田 一, 小林 哲夫, 田井 秀明, 島田 靖子, 永田 昌毅, 星名 秀行, 関 雪絵, 池田 順行, 青柳 貴之, 斎藤 正直, 西澤 理史歩, 黒川 亮, 中間 純子, 高木 律男, 吉江 弘正

    新潟歯学会雑誌  2006年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 生後マウスにおける下顎頭軟骨の経時的観察

    池田 順行, Hossain Kazi Sazzad, 井上 佳世子, 鈴木 晶子, 高木 律男, 前田 健康, 網塚 憲生

    日本顎関節学会雑誌  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腫瘍を疑わせた慢性顎関節炎の1例

    安島 久雄, 荒井 良明, 山田 裕士, 池田 順行, 庭野 将広, 大鳥居 淳, 高木 律男, 鈴木 誠

    日本顎関節学会雑誌  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小中学校児童生徒における関節雑音の推移 3年間の継続検診

    山田 裕士, 安島 久雄, 池田 順行, 庭野 将広, 大鳥居 淳, 八木 稔, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 舌に発生した顆粒細胞腫の1例 文献的考察をふまえた検討

    池田 順行, 星名 秀行, 永田 昌毅, 安島 久雄, 宇都宮 宏子, 高木 律男, 朔 敬

    日本口腔外科学会雑誌  2005年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 腫瘍を疑わせた小児の上顎骨慢性硬化性骨髄炎の2例

    池田 順行, 星名 秀行, 今井 信行, 富沢 美恵子, 高木 律男

    小児口腔外科  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 間欠的に臼歯部開咬を呈した顎関節内障の1例

    高木 律男, 安島 久雄, 池田 順行, 永田 昌毅, 荒井 良明

    日本形成外科学会会誌  2005年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット顎関節関節腔の形成における血管新生の関与

    鈴木 晶子, 野澤 佳世子, 上, 池田 順行, 網塚 憲生, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 発生期マウス下顎関節突起における肥大層の組織化学的変化(Histochemical changes of the hypertrophic zone in developing mouse mandibular condyle)

    Hossain Kazi Sazzad, 池田 順行, 野澤 佳世子, 網塚 憲生, 織田 公光, 高木 律男, 前田 健康

    Journal of Oral Biosciences  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜表層B型細胞の発生

    池田 順行, 野澤 佳世子, 上, 高木 律男, 前田 健康

    日本顎関節学会雑誌  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 睡眠中における咬筋筋活動の検討

    大島 賢, 高木 律男, 井上 達夫, 安島 久雄, 池田 順行, 小林 正治

    日本顎関節学会雑誌  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Blepharo-cheilo-dontic(BCD)症候群の1例

    飯田 明彦, 永田 昌毅, 奈良井 省太, 池田 順行, 高木 律男, 小野 和宏

    日本口蓋裂学会雑誌  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜B型表層細胞の発生過程

    池田 順行, 野澤 佳世子, 上, 高木 律男, 前田 健康

    新潟歯学会雑誌  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • マウス下顎頭軟骨の経時的組織変化について

    Hossain Kazi Sazzad, 池田 順行, 井上 佳世子, 網塚 憲生, 織田 公光, 高木 律男, 前田 健康

    歯科基礎医学会雑誌  2003年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 検診による顎関節症状の疫学的研究

    山田 裕士, 小林 龍彰, 八木 稔, 井上 達夫, 安島 久雄, 池田 順行, 高木 律男

    日本顎関節学会雑誌  2003年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット顎関節におけるB型細胞の出現

    池田 順行, 野沢 佳世子, 上, 高木 律男, 前田 健康

    日本顎関節学会雑誌  2003年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ラット顎関節滑膜B型細胞の発生過程

    池田 順行, 井上 佳世子, 高木 律男, 前田 健康

    歯科基礎医学会雑誌  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 顎口腔領域の癌患者に対する上部消化管内視鏡検査の有用性

    山中 正文, 飯田 明彦, 高木 律男, 小野 和宏, 星名 秀行, 藤田 一, 長島 克弘, 早津 誠, 池田 順行

    新潟歯学会雑誌  2002年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • IVROを施行した顎関節症患者の長期予後の検討

    小林 龍彰, 高木 律男, 井上 達夫, 西原 義之, 安島 久雄, 木村 威, 山田 裕士, 嵐山 貴徳, 池田 順行

    日本顎関節学会雑誌  2002年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 骨延長術を用いて治療した骨性癒着歯の1例

    小野 和宏, 高木 律男, 飯田 明彦, 福田 純一, 青山 玲子, 池田 順行, 阿部 裕子

    日本口腔外科学会雑誌  2001年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 上唇に発生した基底細胞腺癌の1例

    池田 順行, 飯田 明彦, 福田 純一, 星名 秀行, 小野 和宏, 高木 律男, 林 孝文, 朔 敬

    日本口腔科学会雑誌  2001年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 平成31年度学術奨励賞最優秀賞

    2019年7月   日本顎関節学会   学童期検診における開口量および開閉口時クリック音の縦断的調査

    鈴木英弘, 池田順行, 八木 稔, 大貫尚志, 齋藤太郎, 髙木律男

     詳細を見る

  • 平成29年度日本顎変形症学会学会賞

    2018年6月   日本顎変形症学会   骨格性下顎前突症例における下顎単独後退術の下顎後退量の左右差と正中部移動量との関係

    高橋功次朗, 丹原 惇, 森田修一, 小林正治, 池田順行, 林 孝文, 齋藤 功

     詳細を見る

  • 第29回日本顎関節学会学術大会優秀ポスター賞

    2016年7月   日本顎関節学会   歯科矯正治療後に生じた片側性下顎頭吸収による開咬に対し歯科矯正用インプラントを併用して顎間牽引を行った1例

    池田順行, 福井忠雄, 大貫尚志, 斎藤太郎, 北村 厚, 中谷暢佑, 西山秀昌, 荒井良明, 齋藤 功, 高木律男

     詳細を見る

  • 第 53 回日本口腔外科学会総会ゴールドリボン賞

    2008年10月   日本口腔外科学会   歯肉扁平上皮癌におけるTetraspanin ファミリー遺伝子発現レベルの診断的有用性

    永田昌毅, 星名秀行, 藤田 一, 池田順行, 斎藤正直, 大西 真, 大山登喜男, 新垣 晋, 芳澤享子, 泉 直也, 高木律男

     詳細を見る

  • 第 21 回日本学関節学会学術大会優秀ポスター賞

    2008年7月   日本顎関節学会   進行性の下顎頭吸収により開咬が認められた顎関節症の1 例

    安島久雄, 荒井良明, 高木律男, 西山秀昌, 山田裕士, 池田順行, 嵐山貴徳

     詳細を見る

  • 第 22 回日本骨代謝学会The Asian Travel Awards

    2004年8月   日本骨代謝学会   Ahistochemical investigation in the mandibular condylar cartilage of the postnatal mice

    Hossain KS, 池田順行, 井上佳世子, 網塚憲生, 織田公光, 高木律男, 前田健康

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 顎関節滑膜組織内での疼痛伝達機序の解明-滑膜表層細胞と神経ペプチドに着目して-

    2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会科学研究費補助金  基盤研究(C) 

    池田順行

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 顎関節滑膜組織における疼痛の発現とその調節機構の解明

    2011年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会科学研究費補助金  若手研究(B) 

    池田順行

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 口腔癌とその周囲に拡がる異型上皮の段階的なエピジェネティック変化を検索する

    2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会科学研究費補助金  基盤研究(C) 

    藤田 一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 顎関節滑膜組織の退行性変化とその誘発・進行因子の解析

    2008年4月 - 2010年3月

    日本学術振興会科学研究費補助金  若手研究(B) 

    池田順行

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 関節症患者にみられる顎関節滑膜組織の退行性変化の解析

    2007年4月 - 2008年3月

    新潟大学プロジェクト推進経費  若手研究者奨励研究 

    池田順行

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

その他研究活動

  • 資格

     詳細を見る

    公益社団法人日本口腔外科学会専門医・指導医、一般社団法人日本顎関節学会専門医・指導医、NPO法人日本口腔科学会口腔科学認定医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)、一般社団法人日本有病者学会認定医

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 口腔外科学Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習ⅠB

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅰ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床予備実習

    2008年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学