2021/12/04 更新

写真a

ナカムラ キヨシ
中村 潔
NAKAMURA Kiyoshi
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 教授
人文学部 人文学科 教授
現代社会文化研究科 現代文化専攻 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 社会学修士 ( 1981年3月   東京大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学 人文学部 人文学科   教授

      詳細を見る

学歴

  • 東京大学   総合文化研究科   文化人類学

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京大学   教養学部   文化人類学

    - 1979年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • バリにおける「空間の圧縮」とその帰結

    中村 潔

    人文科学研究   139   21 - 46   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • バリにおける慣習村組織の変化とその非全体論的解釈 査読

    中村 潔

    複ゲーム状況の人類学――東南アジアからの構想と実践   117 - 152   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 「伝統」の構築-バリにおける多元的医療術体系

    人文科学研究   103   1 - 23   2000年

     詳細を見る

  • 「開発」と「文化」-バリにおける伝統的土地権と近代化

    土地所有の政治史 風響社   1999年

     詳細を見る

  • バリにおける「内的回心」と儀礼の「説明」

    民博通信   81   85 - 97   1998年

     詳細を見る

  • 「バリ化」について 査読

    中村 潔

    社会人類学年報   16   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • バリ村落の多様性:火葬と理葬の問題をめぐって

    民族学研究   50 ( 2 )   1985年

     詳細を見る

  • 上顎部軟部組織への手術侵襲が上顎発育に及ぼす影響

    中村 潔

    昭和医学会雑誌   44 ( 1 )   17 - 35   1984年

     詳細を見る

    出版者・発行元:The Showa University Society  

    口唇口蓋裂の治療において, その手術法はほぼ確立されつつあるが, 患児の発育に伴い, 上顎の劣成長が生じる事が問題となっている.その原因は, 単一のものとは思われないが, 幼児期における手術に求める数多くの臨床的調査や, 動物実験がなされてきた.これらの実験の多くは, 口蓋裂手術に原因を想定するものであり, 種々の手術的侵襲が口蓋部に加えられたが, 上顎発育が受ける影響について, 一定した結果が得られていない.一方, 口唇裂手術は, 生後約3カ月の幼若時期に行われ, 次回行われる口蓋形成術の影響と重なって, 上顎の発育抑制を増長させる事が予想される.そして, 唇裂手術が上顎発育に, 何らかの影響を与えるとする臨床的調査や, 動物実験が報告されている.しかし, これらの実験は, 手術的に口唇口蓋裂を作り, これを閉鎖するもので, 骨への侵襲自体が, 抑制因子となりうるので, 著者は純粋に軟部組織のみへの手術侵襲が上顎発育に及ぼす影響を知るための実験を行った.体重100gのラットを, 骨膜を温存し, 軟部組織を剥離挙上した群, 骨膜を切除した群, 上唇を切除縫縮した群の3つの基本型と, それらの組み合わせた群で, 合計7つの実験群に分けた.以上のラットを体重200g, 300g, 400g, 500gで断頭し, 頭蓋各部の計測と組織標本の観察を行い, 対照群と比較した.観察の結果, 中間顎の体部に前後径の成長抑制が, 全実験群に認められ, 口蓋部の長さは影響を受けなかった.そして, この成長抑制は, 骨膜を切除するしないにかかわらず, 同程度に認められるが, 成長とともに, 手術の影響は薄れ, 発育抑制は見られなくなった.上口唇を0.6cm切除した群も同様の変化を示したが, 軟部組織を剥離した群より成長抑制の程度は軽い.また上唇を1.2cm縫縮した群と他の実験群との間に差は認められず, 上唇切除よりも剥離操作の影響が大きい事が判明した.幅径に関しても, 術後早期に中間顎の縮小傾向を示すが, 時間の経過とともに正常に復し, 長径と同様の経時的変化を示した.組織学的には, 術後早期に骨膜は再生され, 骨反応が増し, 骨表面の粗造多孔化が生じるが, 成長とともにこの変化はなくなる.二重骨標識法では, 術直後でも骨の石灰沈着は活発に行われ, 骨形成能が損われておらず, 顎発育障害の直接の原因として, 上顎, 中間顎周囲に形成される瘢痕組織による物理的圧迫力が最も考えられた.

    DOI: 10.14930/jsma1939.44.17

    CiNii Article

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1985062877

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 複ゲーム状況の人類学

    杉島 敬志

    風響社  2014年12月  ( ISBN:4894892049

     詳細を見る

    総ページ数:382  

    ASIN

    researchmap

  • バリ島に生きる古文書:ロンタール文書のすがた

    中村 潔( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: pp. 6-11(解説), pp. 45-77 (訳))

    東信堂  2012年3月 

     詳細を見る

  • 神はなぜいるのか?(共訳)

    NTT出版  2008年  ( ISBN:9784757101746

     詳細を見る

  • 現代インドネシアの地方社会:ミクロロジーのアプローチ(共編著)

    NTT出版  2006年  ( ISBN:4757141394

     詳細を見る

  • ヒューマン・ユニヴァーサルズ: 文化相対主義から普遍性の認識へ(共訳)

    新曜社  2002年  ( ISBN:4788508125

     詳細を見る

  • 土地所有の政治史―人類学的視点

    杉島 敬志

    風響社  1999年5月  ( ISBN:4938718375

     詳細を見る

    総ページ数:476  

    ASIN

    researchmap

  • プトゥ・スティアのバリ案内(共訳)

    木犀社  1994年 

     詳細を見る

  • Bali, the Island of God

    1994年 

     詳細を見る

  • Translation of Putu Setia's ┣DBMenggugat Bali(/)-┫DB

    1994年 

     詳細を見る

  • 神々の島バリ : バリ = ヒンドゥーの儀礼と芸能(共編著)

    春秋社  1994年 

     詳細を見る

  • バリ・華花の舞う島 (アジア民俗写真叢書)

    古屋 均, 中村 潔, 鏡味 治也( 担当: 共著)

    平河出版社  1992年6月  ( ISBN:4892032158

     詳細を見る

    総ページ数:171  

    ASIN

    researchmap

  • バリ島民(共著)

    弘文堂  1992年 

     詳細を見る

  • The Use of Ritual Music in Selat (Karangasem)

    Institute of Ethnology, University of Basel, D. Schaareman(ed. )Balnese Music in Context  1992年 

     詳細を見る

  • Traditional Land Tenure and Communal Ritual in Bali

    1992年 

     詳細を見る

  • Balinese

    1992年 

     詳細を見る

  • バリにおける伝統的土地保有と共同体儀礼

    東京大学出版会  1992年 

     詳細を見る

  • The Elaboration of Rituals : Two Types of Temple Festival in the Village of Selat, Bali

    1989年 

     詳細を見る

  • 儀礼の精徴化-バリ島スラット村における寺の祭礼の2つの型

    小学館  1989年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 私が見た神の出る日 招待

    中村 潔

    TRANSIT   32   163 - 163   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    researchmap

  • Bali's Last Resort: Writing Ethnography of Balinese Adat

    NAKAMURA, Kiyoshi

    IIAS Newsletter   2003年

     詳細を見る

  • The Construction of 'Tradition' : Medical Pluralism in Bali

    Studies in Humanities   103   1 - 23   2000年

     詳細を見る

  • 'Development' and 'Culture' : Traditional Land Rights and Modernisation in Bali

    Political History of Land Tenure Fukyosha   1999年

     詳細を見る

  • 'Internal Conversion' in Bali and the 'Explanation' of Ritnal

    81   85 - 97   1998年

     詳細を見る

  • Studies of Bali by Japanese Anthropologists(jointly authored)

    Japanese Review of Cultural Anthropology   1   67 - 96   1998年

     詳細を見る

  • An Explanation in the Making : an Interpretation of a Communal Ritual in Bali(oral presentation)

    Rethinking Indonesian Rituals(symposium)   1997年

     詳細を見る

  • Traditional Land Rights and Modernisation in Bali : (oral presentation)

    Political History of Land Tenure   1996年

     詳細を見る

  • バリにおける婚姻のタブーと制裁について

    日本オセアニア学会ニューズレター   37   1990年

     詳細を見る

  • Bali as a Hindicized World and Bali as a 'Primitive Society'

    Shunju   317   1990年

     詳細を見る

  • On taboos of marriage and the sanctions in Bali

    The Japanese Society for Oceanic Studies Newsletter   37   1990年

     詳細を見る

  • ヒンドゥ世界としてのバリと「未開社会」としてのバリ

    春秋   317   1990年

     詳細を見る

  • 十年に一度:神の降りる日

    季刊民族学   48   1989年

     詳細を見る

  • ┣DBEbatan(/)-┫DB : Ritual Meal Menu in Bali

    Man and Culture in Oceania   5   1989年

     詳細を見る

  • Once a decade : the Day the Deity Descends

    Kikan Minzokugaku   48   1989年

     詳細を見る

  • The Diversity in Balinese Village : on the Problem of Cremation and Burial

    Minzokugaku-Kenkyu   50 ( 2 )   1985年

     詳細を見る

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • The Centripetal and the Centrifugal: Balinese adat on the move

    International Conference: The ritual articulation of cultural identity and socio-political order in Indonesia  2006年 

     詳細を見る

  • Local Press in Bali in the Era of "Reformasi": An Appraisal of New Directions of Research

    21 st Century COE Program International Workshop in Jakarta: “The Micrology of Indonesian Local Societies”+ “Everyday Life and Policing in the Wallacean World”  2004年 

     詳細を見る

  • バリにおける伝統的土地権と近代化(口頭発表)

    土地所有の政治史(シンポジウム)  1996年 

     詳細を見る

Works(作品等)

  • 科学研究費補助金基盤研究(A)「文化の世代間継承に関する文化人類学的研究:インドネシアの事例から」(研究代表者:金沢大学文学部・教授・鏡味治也)

    2007年

     詳細を見る

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「『伝統』の言説:バリ地方紙の文化人類学研究」

    2007年

     詳細を見る

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「『伝統』の言説:バリ地方紙の文化人類学研究」

    2006年

     詳細を見る

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「『伝統』の言説:バリ地方紙の文化人類学研究」

    2005年

     詳細を見る

  • 科学研究費補助金基盤研究(A)(1)「スハルト政権崩壊後のインドネシア地方社会に関する文化人類学的研究」(研究代表者:杉島敬志)

    2003年

     詳細を見る

  • 科学研究費補助金基盤研究(A)(1)「スハルト政権崩壊後のインドネシア地方社会に関する文化人類学的研究」(研究代表者:杉島敬志)

    2002年

     詳細を見る

  • 科学研究費補助金基盤研究(A)(1)「スハルト政権崩壊後のインドネシア地方社会に関する文化人類学的研究」(研究代表者:杉島敬志)

    2001年

     詳細を見る

  • Fieldwork on Development Policy and Issues on Land in Indonesia

    1996年

     詳細を見る

  • サントリー文化財団研究助成金「インドネシアの開発政策と土地問題」(研究代表者:杉島敬志)

    1996年

     詳細を見る

  • Preliminary Research on Development Policy and Issues on Land in Indonesia

    1995年

     詳細を見る

  • サントリー文化財団研究助成金「インドネシアの開発政策と土地問題」(研究代表者:杉島敬志)

    1995年

     詳細を見る

  • Preliminary Research on the local Press in Bali

    1992年

     詳細を見る

  • バリにおける地方新聞に関する予備調査

    1992年

     詳細を見る

  • Preliminary Research on Communal Land Tenure in Bali, Republic of Indonesia

    1990年

     詳細を見る

  • インドネシア共和国バリ州における共同体的土地保有に関する予備調査

    1990年

     詳細を見る

  • Research on Hindu Culture in Bali, Republic of Indonesia

    1989年

     詳細を見る

  • インドネシア共和国バリ州におけるヒンドゥー教文化に関する調査(庭野平和財団研究助成・研究代表者:河野亮仙)

    1989年

     詳細を見る

  • インドネシア共和国バリ州における社会人類学的調査

    1985年
    -
    1988年

     詳細を見る

  • Field Research in Bali, Republic of Indonesia

    1985年
    -
    1988年

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Social anthropological study on ritual and community in Bali

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 地方社会における伝統の位置づけ(バリの場合)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Cultural Relativism and Rationality

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • the meaning of Tradition in a local society (with special reference to a Balinese case)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • バリ島民の儀礼と共同体に関する社会人類学的研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 文化相対主義と合理性

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 文化人類学特殊講義

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会文化学基礎演習A

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会文化学概論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学概説

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 社会文化学入門A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • セクシュアリティ・スタディーズ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習A

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 社会・地域文化学入門

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 音楽R

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学研究

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 社会・地域文化基礎演習B

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習A

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 人文超域科目A

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目L

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 社会・地域文化基礎演習A

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 社会・地域文化学入門B

    2010年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 社会・地域文化学入門A

    2010年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 地域社会文化入門

    2010年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • フィールド スタディーズ

    2010年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 社会学入門

    2010年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学実習Ⅱ

    2009年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学A

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学概説A

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2008年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅱ

    2008年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅰ

    2008年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 社会行動論基礎演習A

    2008年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学演習Ⅱ

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 文化過程論

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • ジェンダーと文化

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習B

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学演習Ⅰ

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 社会行動論基礎演習Ⅰ

    2008年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学入門Ⅰ

    2008年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅲ

    2008年
    機関名:新潟大学

  • フィールドワーク

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学演習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(中村 潔)

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学特論

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学概説B

    2007年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学B

    2007年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 社会人類学

    2007年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 社会行動論基礎演習B

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 人文超域科目B

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学入門

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 民族学

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学演習II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 社会行動論基礎演習II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学実習I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学演習I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 現代文化論総合演習

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 文化人類学入門I

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示