2022/11/29 更新

写真a

ナカタ マコト
中田 誠
NAKATA Makoto
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 教授
農学部 教授
自然科学研究科 環境科学専攻 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 農学博士 ( 1989年3月   東京大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 森林科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   農学部 農学科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2011年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2011年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   農学部 生産環境科学科 生産環境科学   教授

    2011年10月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2010年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境共生科学専攻   准教授

    2004年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   助教授

    1995年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   農学部   助手

    1989年7月 - 1995年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   農学部   部長(学部長含む)

    2020年2月 - 現在

  • 新潟大学   農学部 農学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   教授

    2011年10月 - 現在

  • 新潟大学   生産環境科学   教授

    2011年10月 - 2017年3月

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻   准教授

    2010年4月 - 2011年9月

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境共生科学専攻   准教授

    2004年4月 - 2010年3月

  • 新潟大学   助教授

    1995年4月 - 2004年3月

  • 新潟大学   農学部   助手

    1989年7月 - 1995年3月

▶ 全件表示

所属学協会

▶ 全件表示

 

論文

  • Effects of freeze-thaw cycles resulting from winter climate change on soil nitrogen cycling in ten temperate forest ecosystems throughout the Japanese archipelago 査読

    Rieko Urakawa, Hideaki Shibata, Megumi Kuroiwa, Yoshiyuki Inagaki, Ryunosuke Tateno, Takuo Hishi, Karibu Fukuzawa, Keizo Hirai, Hiroto Toda, Nobuhiro Oyanagi, Makoto Nakata, Asami Nakanishi, Keitaro Fukushima, Tsutomu Enoki, Yuichi Suwa

    SOIL BIOLOGY & BIOCHEMISTRY   74   82 - 94   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    In temperate forest ecosystems, accelerated freeze-thaw cycles caused by winter climate change are expected to affect nitrogen (N) cycling in soils. Net N mineralization and nitrification rates were investigated via incubations of sieved soils transplanted from ten temperate forest ecosystems to two northern Japan sites with natural snowfall gradients. This was done to address: 1) how freeze-thaw cycles affect N mineralization and nitrification in temperate forest soils; 2) whether freeze-thaw cycles change the soil N transformation rates in the following growing season; and 3) which soil characteristics affect the response of the N transformation rates to freeze-thaw cycles. The effect of freeze-thaw cycles on inorganic N and dissolved organic carbon productions differed among soils, that is, some soils produced more inorganic N and dissolved organic carbon in the conditions imposed by freeze-thaw cycles than in the non-frozen treatment but the others did not. The response to the freeze(t)haw cycles was explained by soil microbial activity (gross N mineralization and nitrification rate) and soil fertility (inorganic N pools in the early spring and water soluble ions). Freeze-thaw cycles significantly increased N transformation rates in the following growing season, suggesting that winter climate change might also affect nutrient availability for vegetation and soil microbes in the growing season. The magnitude and frequency of freeze-thaw cycles were considered to be important indicators of N transformation rates during the growing season, suggesting that the higher intensity of freeze-thaw cycles in the original locations of soils changed the microbial communities and functions with high tolerance to freeze-thaw cycles; this resulted in greater N transformation rates in the following growing season. Microbial activity, soil fertility and climate patterns in the original locations of soils are believed to have an effect on the response to winter climate change and to cause large variability of soil response of N transformation rates to freeze-thaw cycles in both the dormant and growing seasons. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.soilbio.2014.02.022

    Web of Science

    researchmap

  • Seasonal variation of water chemistry and sulfur budget in an acid-sensitive river along the Sea of Japan 査読

    Ryo Kobayashi, Yani Sumarriani, Naoyuki Yamashita, Tsutomu Ohta, Hiroki Matsubara, Hiroaki Yagoh, Makoto Nakata, Hiroyuki Sase

    LIMNOLOGY   14 ( 2 )   195 - 209   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    A long-term declining trend of pH values has been observed for several rivers in areas of central Japan that are geologically dominated by acidic rocks such as granite, rhyolite, or chert. We monitored the seasonal variation in water chemistry in one of these rivers: the Araya River in Niigata Prefecture. During the 4-year survey period, we observed temporary acidification during the rainy and snowmelt seasons when the river flow rate abruptly increased. In the rainy season, the decrease in pH may be attributable to the dilution of almost all ions and increased leaching of NO3 (-) from the catchment. In the snowmelt season, decreases in pH were found to be associated with peaks of SO4 (2-), where the SO4 (2-) was possibly derived from that accumulated in the snowpack. The data pertaining to the river showed that it had a sensitive response to meteorological events and was likely to be acid sensitive. The estimated mass balance of the river showed that the SO4 (2-) output exceeded the corresponding input to the Araya River catchment. Mobilization of internal sulfur accumulated in forest ecosystems might have contributed to the observed long-term acidification of this acid-sensitive river.

    DOI: 10.1007/s10201-012-0396-2

    Web of Science

    researchmap

  • Seasonal changes in properties of abandoned terraced paddy field soil incubated under different water content conditions 査読

    Nobuhiro Oyanagi, Makoto Nakata

    PADDY AND WATER ENVIRONMENT   11 ( 1-4 )   207 - 216   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    The chemical properties of soil samples collected in August and November from an abandoned terraced paddy field dominated by reeds were examined by in vitro incubation under normal moisture and flooded conditions. Soil pH extracted with water [pH(H2O)] was higher in soil samples collected from a depth of 0-10 cm in November than in samples collected in August; a high pH(H2O) was maintained even during nitrification under normal moisture conditions. When soil samples collected in August from a depth of 0-10 cm were incubated under flooded conditions, a significant decrease in reduction potentials (Eh) and an increase in total Fe2+ concentrations were observed. Reductive conditions during sampling were strong in soil samples collected in August from a depth of 40-50 cm. Moreover, under normal moisture conditions, soil samples collected in August showed significant decreases in pH(H2O) and significant production of water-soluble SO4 (2-) than those collected in November. Glucose addition to soil samples collected from a depth of 0-10 cm caused nitrogen immobilization under normal moisture conditions, increases in exchangeable Fe2+ and Mn2+, and decreases in exchangeable bases (Ca2+, Mg2+, K+, and Na+) under flooded conditions. Seasonal changes in soil properties were probably due to microbial activity and vegetation phenology; thus, the timing of soil sampling influenced incubation experiment results. When abandoned terraced paddy fields are created as biotopes, seasonal changes in reductive soil conditions and slope position must be considered to prevent soil acidification and base cation elution.

    DOI: 10.1007/s10333-011-0306-y

    Web of Science

    researchmap

  • 新潟市内の水田地域における農薬の挙動

    茨木 剛, 渡邉望美, 旗本尚樹, 中田 誠, 笠原 貢

    新潟県保健環境科学研究所年報   27   84 - 89   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 新潟市の海岸林における鳥類による秋季の果実利用 査読

    金子尚樹, 中田 誠, 千葉 晃, 伊藤泰夫

    日本鳥学会誌   61 ( 1 )   100 - 111   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本鳥学会  

    新潟市の海岸林において,秋季2シーズンにわたる標識調査で捕獲された鳥類の糞分析により,鳥類の果実利用を評価した.メジロは糞から得られた種子数,種子含有率とも最も高く,12種の比較的小型の果実を利用していた.ウグイスの糞の種子含有率は低かったが,捕獲個体数が多く,林内の下層に生育する9種の植物を利用していた.鳥類が利用していた果実は口角幅よりも有意に小さいか,または口角幅と統計的な有意差が認められない場合が多かった.果実サイズが口角幅より有意に大きい場合でも,両者の測定値の範囲には重複があった.ヒヨドリと大型ツグミ類の口角幅は,本研究で種子を得られたすべての植物の果実サイズよりも有意に大きく,海岸林内に多数生育し,比較的大型の果実を着けるタブノキ,シロダモ,モチノキなどの常緑広葉樹の果実を利用していた.しかし,口角幅の大きな鳥種が大きな果実を選好して利用する傾向は見られなかった.本調査地では,秋季には鳥種ごとの生息・採食場所において,十分な種数と量の果実資源が存在していると推測された.糞から種子が得られた植物のほとんどは,海岸林内で果実が見られるものだった.とくに,エノキのように調査地付近に多数生育し,比較的小型の果実を着ける植物が多くの鳥類により利用されていた.しかし,今後,周辺の住宅地の庭木などから新しい植物種が侵入する可能性も示唆された.

    DOI: 10.3838/jjo.61.100

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Deposition process of sulfate and elemental carbon in japanese and thai forests 査読

    Hiroyuki Sase, Kazuhide Matsuda, Thiti Visaratana, Hathairatana Garivait, Naoyuki Yamashita, Bopit Kietvuttinon, Bundit Hongthong, Jesada Luangjame, Pojanie Khummongkol, Junko Shindo, Tomomi Endo, Keiichi Sato, Shigeki Uchiyama, Masamitsu Miyazawa, Makoto Nakata, I. Wuled Lenggoro

    Asian Journal of Atmospheric Environment   6 ( 4 )   246 - 258   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Korean Society for Atmospheric Environment  

    Particulate matter deposited on leaf surfaces may cause erosion/abrasion of epicuticular wax and the malfunction of stomata. However, the deposition processes of particulate matter, such as elemental carbon (EC), has not been studied sufficiently in Asian forest ecosystems. Deposition processes for particulate SO4 2- and EC were studied in a Japanese cedar forest in Kajikawa, Niigata Prefecture, Japan, and in a dry evergreen forest and a dry deciduous forest in Sakaerat, Nakhon Ratchasima province, Thailand. The SO4 2- fluxes attributed to rainfall outside the forest canopy (RF), throughfall (TF), and stemflow (SF) showed distinct seasonalities at both sites, increasing from November to February at the Kajikawa site and in March/April at the Sakaerat site. Seasonal west/ northwest winds in winter may transport sulfur compounds across the Sea of Japan to the Kajikawa site. At the Sakaerat site, pollutants suspended in the air or dry deposits from the dry season might have been washed away by the first precipitations of the wet season. The EC fluxes from RF and TF showed similar variations by season at the Kajikawa site, while the flux from TF was frequently lower than that from RF at the Sakaerat site. Particulate matter strongly adsorbed onto leaf surfaces is not washed away by rainfall and contributes to the EC flux. At the Kajikawa site, Japanese cedar leaf surfaces accumulated the highest levels of particulate matter and could not be neglected when calculating the total flux. When such leaf-surface particles were considered, the contribution of dry deposition to the total EC flux was estimated to be 67%, 77%, and 82% at the Kajikawa site, and at the evergreen and deciduous forests of the Sakaerat site, respectively. Leaf-surface particles must be included when evaluating the dry and total fluxes of particulate matter, in particular for waterinsoluble constituents such as EC.

    DOI: 10.5572/ajae.2012.6.4.246

    Scopus

    researchmap

  • 新潟市の海岸林における鳥類捕獲数の経年変化と森林遷移との関係 査読

    中田 誠, 南 沙織, 千葉 晃, 伊藤泰夫, 小松吉蔵, 赤原清枝, 市村靖子, 沖野森生, 佐藤 弘, 太刀川勝喜, 藤沢幹子

    日本鳥学会誌   60   178 - 190   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3838/jjo.60.178

    researchmap

  • 佐渡島と新潟県内陸の山岳におけるオゾン濃度の垂直変化と季節変動 査読

    中田 誠, 武 直子, 仁平 聡, 大原利眞, 大泉 毅

    環境化学   21 ( 3 )   237 - 243   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society for Environmental Chemistry  

    From April to November in 2008, we observed altitudinal and seasonal changes in the monthly mean ozone concentrations using passive samplers at two mountains in Niigata Prefecture: Mt. Bunagahira on Sado Island and Mt. Hakkai, located on the mainland. The mean ozone concentrations at both mountains were the highest in spring (May), and decreased in summer. The ozone concentrations at Mt. Bunagahira increased in autumn again. Such a seasonal change in the mean ozone concentrations was the same pattern observed at other mountains in central Japan as well as plains in western part of Japan. The monthly mean ozone concentrations increased with the altitude at Mt. Hakkai. Such an altitudinal change in ozone concentrations was the similar pattern observed at other mountains in central Japan. In contrast, the mean ozone concentrations of each month showed similar values at all altitudes on each slope side of Mt. Bunagahira showing a different tendency with other mountains observed in Japan. This phenomenon might be resulted from few local origins of air pollutants around Mt. Bunagahira that generate or decompose ozone. The mean ozone concentrations on the slope of Mt. Bunagahira facing northwest were higher than those facing southeast in every month. This phenomenon might suggest that the mean ozone concentrations transported from the direction of East Asian continent were higher than those of the mainland in Niigata Prefecture.

    DOI: 10.5985/jec.21.237

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00378820965?from=CiNii

  • 佐渡島の耕作放棄棚田における地下水の水質形成要因 査読

    小柳信宏, 中田 誠, 松山恵子, 辻井令恵, 土田武慶

    農業農村工学会論文集   79 ( 3 )   169 - 177   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering  

    新潟県佐渡島の耕作放棄棚田において,地下水の水位および水質の経時変化に影響を及ぼす要因を調査した.山腹斜面末端部近くに位置し,上方が急斜面になっている調査区(A区)では,緩傾斜の平衡斜面の中腹に位置する調査区(B区)に比べて,地下水位の経時的な変動が小さかった.A区ではEC,pHおよび鉱物風化に関わる成分濃度(Na<sup>+</sup>,Ca<sup>2+</sup>,アルカリ度など)が高く,斜面浸透水が地下水の主要な供給源になっていると推察された.B区では海塩成分(Na<sup>+</sup>,Cl<sup>-</sup>など)の影響が冬期の濃度上昇に強く現れていた.地下水質の変化には,そのほかに降雨による地下水の希釈,イオウの酸化還元,植物の養分吸収なども影響していると推察された.近接する場所でも地形条件が違うと,地下水質に及ぼす各要因の影響の仕方が異なり,地下水位や地下水質などの水環境特性を考慮した耕作放棄棚田の管理が重要である.

    DOI: 10.11408/jsidre.79.169

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10005812522?from=CiNii

  • 新潟市の海岸林における鳥類の春季渡来時期の経年変化と気温との関係. 査読

    中田 誠, 千野奈帆美, 千葉 晃, 小松吉蔵, 伊藤泰夫, 赤原清枝, 市村靖子, 沖野森生, 佐藤 弘, 太刀川勝喜, 藤沢幹子

    日本鳥学会誌   60   63 - 72   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3838/jjo.60.63

    researchmap

  • 新潟県佐渡島の耕作放棄棚田における下層植物の種多様性に影響を及ぼす要因. 査読

    石塚俊也, 中田 誠, 金子洋平, 本間航介

    農村計画学会誌   29   454 - 462   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2750/arp.29.454

    researchmap

  • Dynamics of dissolved ions in the soil of abandoned terraced paddy fields in Sado Island, Japan 査読

    Nobuhiro Oyanagi, Makoto Nakata

    PADDY AND WATER ENVIRONMENT   8 ( 2 )   121 - 129   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER HEIDELBERG  

    We investigated the soil and soil water chemistry in abandoned terraced paddy fields (reed stand) and a thicket of deciduous broad-leaved trees (thicket stand) on the same slope in Sado Island, Japan. The soils gathered from these plots were incubated under different water conditions to examine the dynamics of dissolved ions. The organic carbon pool in the soil in the reed stand at the lower slope position was greater than the thicket stand at the middle slope position. The high concentration of base cations and an almost neutral pH of the soil water at the reed stand corresponded with the high exchangeable cation concentrations and base saturation in the soil. These results reflect the mineral-rich groundwater percolating down the slope, which may be produced by chemical weathering. An in situ sulfate reduction in the reed stand at deeper soil horizons was identified. The different water conditions in the incubated soils affected the soil pH(H(2)O), transformation of Fe, and dominant anions (NO(3) (-), HCO(3) (-), and SO(4) (2-)). These biogeochemical processes were more conspicuous in the reed stand at the lower slope position where the concentrations of organic matter and base cations were high. When the abandoned terraced paddy field is developed for the conservation of the Japanese crested ibis (Nipponia nippon) habitat in Sado Island, the reductive subsoil at the lower slope position should be kept waterlogged to limit sulfuric acid generation.

    DOI: 10.1007/s10333-009-0191-9

    Web of Science

    researchmap

  • Long-Term Declining Trends in River Water pH in Central Japan 査読

    Hiroki Matsubara, Shingo Morimoto, Hiroyuki Sase, Tsuyoshi Ohizumi, Hiroshi Sumida, Makoto Nakata, Hiromasa Ueda

    WATER AIR AND SOIL POLLUTION   200 ( 1-4 )   253 - 265   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    pH monitoring data for public water bodies in Niigata and Gifu prefectures in central Japan were tested by the nonparametric seasonal Mann-Kendall method to evaluate long-term acidification. A significant long-term declining trend in river water pH was found in several watersheds in Niigata and Gifu prefectures. In Niigata, the declining trend was observed only in areas receiving drainage from granitic rocks, and the acid neutralizing capacity of the river waters was in fact low in those areas. In Gifu, a declining trend was observed in some remote watersheds, where there was no clear relationship between the geology and the long-term trends. Since Niigata and Gifu receive the highest level of acid loading from the atmosphere in Japan, river water acidification in several watersheds may be attributable to the effects of the acid deposition. Other factors, such as hot spring drainage, changes in land use, and natural sea salt deposition, cannot adequately explain the acidification phenomena observed in this study.

    DOI: 10.1007/s11270-008-9909-3

    Web of Science

    researchmap

  • 長野県黒姫山の亜高山帯に成立する高山性植物群落の立地条件 査読

    石井浩之, 中田 誠, 加々美寛雄, 平 英彰

    植生学会誌   26 ( 1 )   21 - 32   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:植生学会  

    &nbsp;&nbsp;1. これまで研究事例のなかった,標高的な森林限界に達していない山岳の亜高山帯針葉樹林域に高山性植物群落が成立している要因を明らかにするため,長野県黒姫山のカルデラ内壁の岩塊斜面下部において,植物群落の特性,立地・気象要因について調査した.<BR>&nbsp;&nbsp;2. TWINSPANの解析によって区分された各群落は,斜面下部から上部へ向かって順に,チシマザサ群落,コメバツガザクラ-ミネズオウ群集,コケモモ-ハイマツ群集,アカミノイヌツゲ-クロベ群集(オオシラビソ群集のコメツガ亜群集),オオシラビソ群集に相当すると考えられた.<BR>&nbsp;&nbsp;3. 黒姫山の岩塊斜面は最終氷期の中期ころ形成され,天狗の露地に成立している高山性植物群落(コメバツガザクラ-ミネズオウ群集)は,そのころに分布していた極地性植物群落に由来すると考えられた.<BR>&nbsp;&nbsp;4. 高山性植物群落の成立に対して積雪が影響を及ぼしているとは考えられなかったが,風穴から吹き出す冷気は高山性植物の繁殖や生存に影響を及ぼしている可能性が考えられた.<BR>&nbsp;&nbsp;5. 天狗の露地には高木性樹種の種子が供給されていたが,岩塊上では土壌の発達がきわめて悪く,薄い植物腐植しか堆積していないため,定着した高木性樹種はその生育が著しく抑制されていた.<BR>&nbsp;&nbsp;6. 本調査地の高山性植物群落に侵入し,その生育地を縮小させるパイオニア的役割を果たしている樹種は,ハイマツと低木状のコメツガであった.<BR>&nbsp;&nbsp;7. 本調査地の岩塊斜面上での植物群落の変遷は,高山性植物群落からコメツガ群落,オオシラビソ群落へと進んでいったと考えられ,岩塊斜面に侵入した植物によるリターの供給と有機物層の堆積が重要な役割を果たしていた.<BR>&nbsp;&nbsp;8. 岩塊斜面の下部に位置する天狗の露地では,粗大な岩塊の影響で土壌の発達が妨げられているために高木性樹種が定着しにくく,高山性植物群落が遺存できたと考えられた.

    DOI: 10.15031/vegsci.26.21

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 中山間地域の放棄棚田における森林の成立要因. 査読

    佐藤輝明, 中田 誠

    日本森林学会誌   90 ( 6 )   364 - 371   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本森林学会  

    耕作放棄後約40年が経過し,現在は森林になっている新潟県佐渡島の中山間地にある放棄棚田において,森林の成立に関わる要因を調査した。本調査地では,コナラやクリを主とした樹木の侵入が棚田の放棄前後から始まり,その後20年くらいの間に徐々に進んでいた。放棄棚田における森林の成立には,斜面位置による地下水位と,棚田面・畦・法面といった微地形による土壌の水分環境が強く影響していた。斜面上側では地下水位が低いために土壌含水率が高くなく,棚田面・畦・法面にともに樹木が生育していた。しかし,斜面下側ほど地下水位が高いために棚田面の土壌含水率が高く,樹木は過湿な土壌環境が緩和された畦や法面におもに生育し,それらによって林冠が閉鎖されていた。法面では傾斜が土壌含水率や樹木の生育に影響を与えていた。棚田の微地形間での樹種分布の違いには,種子の散布様式や土壌の水分環境に対する生理的な耐性も関係していると考えられた。

    DOI: 10.4005/jjfs.90.364

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/10031889369?from=CiNii

  • Seasonal and annual fluxes of inorganic constituents in a small catchment of a Japanese cedar forest near the Sea of Japan 査読

    Masato Kamisako, Hiroyuki Sase, Taeko Matsui, Hiroko Suzuki, Akiomi Takahashi, Takuji Oida, Makoto Nakata, Tsumugu Totsuka, Hiromasa Ueda

    WATER AIR AND SOIL POLLUTION   195 ( 1-4 )   51 - 61   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Fluxes of major ions in rainfall (RF), throughfall plus stemflow (TF + SF), and stream water (SW) were measured for five water years in a small catchment of a Japanese cedar forest near the Sea of Japan. The fluxes of most ions in RF and in TF + SF, including the non-sea-salt constituents, increased from late autumn to midwinter owing to the seasonal westerly wind. The concentrations of most ions in SW showed no obvious seasonal trend during the study period, whereas NO(3)(-) concentrations were lowest in summer, with a small seasonality. The Ca(2+) and Mg(2+) outputs in SW were approximately 3.7 and 1.8 times the TF + SF inputs of these cations, respectively. The large net outputs of base cations in the catchment may indicate a decrease in the soil&apos;s acid-neutralizing capacity. Annual dissolved inorganic nitrogen inputs in RF and in TF + SF were 17.7 and 17.9 kg N ha(-1) year(-1), respectively, which exceeded previously published thresholds in Europe and the U. S. (i.e., the values at which these inputs increased NO(3)(-) levels in SW) and equaled the highest level of nitrogen deposition previously reported in Japan. The NO(3)(-) concentrations in SW were relatively high even in summer. During high-precipitation events, NO(3)(-) concentrations in SW increased with increasing water discharge, and the pH decreased simultaneously during several events. Nitrogen deposition may contribute to the high NO(3)(-) concentrations in SW and the temporary acidification that occurred during the rain events.

    DOI: 10.1007/s11270-008-9726-8

    Web of Science

    researchmap

  • 市街地に隣接した海岸クロマツ林における常緑広葉樹の侵入と成長-新潟県新潟市の事例-. 査読

    山口友平, 中田 誠

    海岸林学会誌   7 ( 2 )   7 - 15   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海岸林学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 平成19年新潟県中越沖地震後に出雲崎沖の海底に出現した古木の樹種組成とその成因に関する推察. 査読

    中田 誠, 細尾佳宏, 立石雅昭, 宮下純夫

    植生史研究   16 ( 1 )   19 - 24   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本植生史学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Seasonal variation in the atmospheric deposition of inorganic constituents and canopy interactions in a Japanese cedar forest 査読

    Hiroyuki Sase, Akiomi Takahashi, Masahiko Sato, Hiroyasu Kobayashi, Makoto Nakata, Tsumugu Totsuka

    ENVIRONMENTAL POLLUTION   152 ( 1 )   1 - 10   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    The seasonal changes in throughfall (TF) and stemflow (SF) chemistry and the canopy interactions of K+ and N compounds were studied in a Japanese cedar forest near the Sea of Japan. The fluxes of most ions, including non-sea-salt SO42-, from TF, SF, and rainfall showed distinct seasonal trends, increasing from autumn to winter, owing to the seasonal west wind, while the fluxes of NH4+ and K+ ions from TF + SF might have a large effect of canopy interactions. The contact angle (CA) of water droplets on leaves decreased with leaf aging, suggesting that surface wettability increases with leaf age. The K+ concentration in TF was negatively correlated with the CA of 1-year-old leaves, while the NH4+ concentration was positively correlated with the CA. The net fluxes of NH4+ and NO3- from TF were positively correlated with the CA. The increase in wettability may accelerate leaching of K+ or uptake of NH4+, (c) 2007 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.envpol.2007.06.023

    Web of Science

    researchmap

  • Holocene ages and inland source of wood blocks that emerged onto the seafloor during the 2007 Chuetsu-oki, central Japan, earthquake 査読

    Heitaro Kaneda, Makoto Nakata, Yoshihiro Hosoo, Yuichi Sugiyama, Yukinobu Okamura

    EARTH PLANETS AND SPACE   60 ( 11 )   1149 - 1152   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TERRA SCIENTIFIC PUBL CO  

    At least 300 tons of subrounded to well-rounded wood blocks emerged onto the seafloor at a water depth of 70-100 m during the 2007 M(w) 6.6 Chuetsu-oki, central Japan, earthquake. Radiocarbon dating and taxonomic identification of eight of those wood blocks suggest that they were transported from inland during the middle to late Holocene, buried by Subsequent sedimentation, and brought up onto the seafloor in 2007, most likely by submarine liquefaction induced by strong shaking. In particular, all eight blocks gave ages older than 2500 cal yr BP, implying the possibility that the 2007 earthquake was the first earthquake during the last two millennia to have caused shaking strong enough to induce submarine liquefaction in the 2007 meizoseismal area. However, we cannot rule out the possibility of multiple large earthquakes after approximately 2 ka, if the buried wood sources cannot be emptied by a single earthquake. Further studies are required to examine paleoseismic implications of the emergence of these wood blocks in 2007.

    DOI: 10.1186/BF03353152

    Web of Science

    researchmap

  • 佐渡島の棚田放棄地における植物群落の成立と土壌および水環境との関係. 査読

    辻井令恵, 中田 誠

    植生学会誌   23 ( 1 )   37 - 54   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:植生学会  

    &nbsp;&nbsp;1. 本研究は新潟県佐渡島の棚田放棄地において,さまざまな植物群落が成立している原因を,土壌,地下水,地形などの環境要因との関連から明らかにすることを目的とした.<BR>&nbsp;&nbsp;2. 18ヵ所に調査プロットを設定し,植生,土壌,地下水位の調査を行うとともに,土壌と水のサンプルを採取し,化学性の分析を行った.<BR>&nbsp;&nbsp;3. 本調査地の植物群落は,優占種の生育形や樹高,草本植物の種組成により,中生高木林,湿生高木林,中生低木林,湿生低木林,ヨシ群落の5タイプに分けられた.<BR>&nbsp;&nbsp;4. 調査したすべての土壌断面で,棚田として利用していたころの作土層と心土層を確認でき,作土層の上部には,腐植を多く含んだ黒色層が形成されていた.<BR>&nbsp;&nbsp;5. 平均地下水位は中生高木林と中生低木林で低く,逆に湿生高木林と湿生低木林,ヨシ群落で高く,両者の違いが明瞭だった.<BR>&nbsp;&nbsp;6. 多くの土壌断面中にグライ層が存在し,その現れる深さは平均地下水位と強い相関を示した.<BR>&nbsp;&nbsp;7. ヨシ群落では土壌表層に堆積した泥炭の影響で,他の群落タイプよりもC,N含有率が高かった.また,ヨシ群落と中生および湿生低木林では,中生および湿生高木林よりも土壌中のCaが多く,pHが高かった.<BR>&nbsp;&nbsp;8. 斜面下部に位置するヨシ群落と湿生低木林では,斜面浸出水が地下水のおもな供給源と考えられ,中生および湿生高木林よりも地下水位の経時変動が小さく,各成分の含有率とpHが高かった.<BR>&nbsp;&nbsp;9. 林床植生のデータを用いたDCAによる第I軸上でのプロットの配列は,平均地下水位,土壌,地下水の多くの化学性との間で有意な相関を示し,地下水位の高さに起因した土壌の水分環境傾度に沿った空間的な植生構造の変化を反映していると考えられた.<BR>&nbsp;&nbsp;10. 棚田放棄後の植生遷移においては,畦および棚田間の法面の存在と周囲の植生の影響が大きく,高木林では,その内部を被陰することで林床植生の組成や優占度に影響を及ぼしていた.<BR>&nbsp;&nbsp;11. 棚田放棄後は斜面位置や傾斜といった地形条件の違いが地下水位の高さやその変動パターンを通じて異なる植物群落を成立させ,さらに土壌や地下水の化学性にも影響を及ぼしていると考えられた.

    DOI: 10.15031/vegsci.23.37

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Relationship between seasonal trends in stream water chemistry and forest type in a snowy temperate region of northwestern Honshu, Japan. 査読

    Nakata, M

    Bulletin of Glaciological Research   23   1 - 12   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Arum- and Paris-type arbuscular mycorrhizas in a mixed pine forest on sand dune soil in Niigata Prefecture, central Honshu, Japan 査読

    EM Ahulu, M Nakata, M Nonaka

    MYCORRHIZA   15 ( 2 )   129 - 136   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Arbuscular mycorrhizas (AM) are the most widespread mycorrhiza in nature and form two morphologies, Arum- and Paris-type. The determining factors defining the two different morphologies are not well understood. In this study, the distribution of Arum- and Paris-type AM was determined in a mixed pine forest. A total of 35 plant species belonging to 20 families and 32 genera were identified and examined for AM colonization and morphological types. AM morphological types in 14 families were confirmed as follows: Arum-type in Rosaceae, Oleaceae, Lauraceae, Vitaceae and Compositae, Paris-type in Aquifoliaceae, Ulmaceae, Araliaceae, Theaceae, Magnoliaceae, Rubiaceae and Dioscoraceae, and both and/or intermediate types in Caprifoliaceae and Gramineae. Plant families whose AM morphological status was previously unknown were clarified as follows: Polygonaceae and Commelinaceae showed Arum-type morphology; Celastraceae, Menispermaceae and Elaeagnaceae had typical Paris-type morphology. The proportion of Arum-type to Paris-type species decreased in the following order: annuals &gt; perennials &gt; deciduous species &gt; evergreen species, and pioneer group &gt; early successional group &gt; late successional group. Evergreen plants had a higher tendency to form Paris-type AM than annuals, perennials and deciduous plants. The results indicate that environmental changes, such as shade during plant succession, control the distribution of plant growth forms in mixed pine forest and may also play a part in the distribution of Arum- and Paris-type morphology. The identity of the plant seems to strongly influence AM morphology, though control by the fungal genome cannot be ruled out.

    DOI: 10.1007/s00572-004-0310-9

    Web of Science

    researchmap

  • Relationship between plant cover type and soil properties on Syunkunitai coastal sand dune in eastern Hokkaido 査読

    Hiroki Nishijima, Makoto Nakata

    Ecological Research   19 ( 6 )   581 - 591   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A survey of soils and trees was conducted on Syunkunitai coastal sand dune in eastern Hokkaido to clarify the relationships between the soil properties and the plant cover type. A belt transect of 360 m in length was established across the dune.Three community types, that is, a Picea glehnii forest, an Abies sachalinensis forest, and a salt marsh were recognized. Soil types at the study area were determined to be sandy immature soil and peat soil. Their horizon sequences were described as A0-V-C or T-V-C layers (A0, T, V, and C indicate layers of leaf litter, peat, volcanic deposit, and parent material, respectively). The Abies sachalinensis forest was characterized by a relatively high calcium concentration in the surface soil layer and a tendency for podzolization in the volcanic deposit layer. The Picea glehnii forest was characterized by peat accumulation because of the high ground water table, volcanic deposits in the soil profile, and the strong influence of sea salt on the soil chemistry. The roots in the Picea glehnii forest were distributed more shallowly than those in the Abies sachalinensis forest, thus avoiding the high water table level as well as the influence of seawater in the soil. The salt marsh showed an extremely high sodium concentration and base saturation, indicating that this area was directly affected by seawater. Recently, the periphery of the Picea glehnii forest on Syunkunitai sand dune has been declining because of seawater inundation caused by ground subsidence.

    DOI: 10.1111/j.1440-1703.2004.00674.x

    Scopus

    researchmap

  • Site selectivity of Picea glehnii forest on Syunkunitai sand spit, north eastern Japan 査読

    Hiroki Nishijima, Tsutomu Iyobe, Fumihiko Nishio, Hideo Tomizawa, Makoto Nakata, Akira Haraguchi

    Wetlands   23 ( 2 )   406 - 415   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Wetland Scientists  

    In Far East Asia, coastal dune forests dominated by the conifer Picea glehnii represent a rare plant community type. A P. glehnii forest and adjacent plant communities on the dunes of the Syunkunitai sand spit, Hokkaido, northern Japan were examined. Using the basal area of P. glehnii and Abies sachalinensis stems measured in a belt transect across a portion of the sand spit, we identified three plant community zones: SALT MARSH, PICEA, and ABIES. The three zones were distributed along a topographic gradient that was associated with differences in water table depth, salinity, and pH of soil pore water. Nearly pure stands of P. glehnii grew on a relatively level portion of the sand dune where the ground-water-table level was shallow (-10.9 to -26.3 cm, without isolated depressions). The salinity of the soil pore water was significantly lower than that in the adjacent salt marsh (Dunnett's T3, P = 0.047). The A. sachalinensis community grew on the upper slope and ridge of the dune where the ground-water-table was significantly lower (P = 0.003) than in the P. glehnii forest. Our results show that the boundary between the P. glehnii forest and the salt marsh community is determined primarily by the salinity of the soil pore water, whereas the boundary between the P. glehnii and A. sachalinensis forests is determined by the ground-water-table depth and the pH of the soil pore water. Because of continual ground subsidence, the salt marsh community and P. glehnii forest will likely be submerged within 50 and 100 years, respectively.

    DOI: 10.1672/0277-5212(2003)023[0406:SSOPGF]2.0.CO;2

    Scopus

    researchmap

  • 落石岬のアカエゾマツ湿地林の植生と土壌環境.

    冨士田裕子, 中田 誠, 小島 覚

    財団法人前田一歩園財団創立20周年記念論文集「北海道の湿原」   107 - 119   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 海岸砂丘地のクロマツ林における広葉樹の混交による立地環境の変化-新潟県下越地方における事例-. 査読

    藤田恵美, 中田 誠

    日本林学会誌   83   84 - 92   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11519/jjfs1953.83.2_84

    researchmap

  • 冷温帯落葉広葉樹天然林における斜面位置別にみた秋季の林内通過水の化学的性質. 査読

    中田 誠, 佐藤和孝, 山田恵理子

    新潟大学農学部演習林研究報告   34   39 - 66   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 全国大学演習林における渓流水質. 査読

    戸田浩人, 笹賀一郎, 佐藤冬樹, 柴田英昭, 野村睦, 市川一, 藤戸永志, 鷹西俊和, 清和研二, 塚原初男, 飯田俊彰, 谷口憲男, 中田誠 他

    日本林学会誌   82 ( 3 )   308 - 312   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本森林学会  

    森林地域における渓流水質の広域比較は, 環境変化による森林生態系への影響把握に重要な情報となる。全国大学演習林において,1998年6月の1カ月間, 渓流水の水質調査を実施した。調査した渓流数は45カ所である。pHは, 平均で7.1 (最大8.1,最小6.1) とほぼ中性であった。電気伝導度 (EC) は, 平均で64 (最大178, 最小19) μS/cmであり, 沖縄•佐渡という島部で海塩のためECが大きかった。島部を除いたECは, pH, 陽イオンの当量合計およびアルカリ度 (主にHCO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>) と正の相関がみられた。これは, 炭酸風化による陽イオンの放出の多い渓流ではECが大きく, プロトン (H<SUP>+</SUP>) を消費するためpHも高いことを示唆している。NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>濃度は, 関東山地の調査渓流で高かった。群馬県の調査渓流では, NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>とCa2<SUP>+</SUP>濃度に強い正の相関がみられ, 土壌の表層において硝化作用で生成したH<SUP>+</SUP>による交換性Ca2<SUP>+</SUP>の溶出が示唆された。

    DOI: 10.11519/jjfs1953.82.3_308

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10097/46833

  • 森林地域における積雪の化学的性質と融雪期の水質形成過程の解明.

    中田 誠

    林業技術   689   11 - 14   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    researchmap

  • 林床植生の異なる森林における降雨の性質変化と酸の緩衝能. 査読

    高田 徹, 中田 誠

    日本林学会論文集   108   203 - 204   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • The effect of selective cutting on the structure and regeneration of natural mixed forest dominated by Cryptomeria japonica and Fagus crenata in Sado Experimental Forest of Niigata University, central Japan. 査読

    Kamitani, T, Anzai, M, Nakata, M

    Research Bulletin of the Niigata University Forests   29   15 - 26   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Growth, photosynthesis and nitrogen content in Japanese beech (Fagus crenata Bl.) seedlings grown under five irradiances. 査読

    Liang, N, Nagayama, M, Nakata, M, Maruyama, K

    Photosynthetica   31   257 - 268   1995年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 産地の異なるブナの成育状況とフェノロジー. 査読

    中田 誠, 中山 昇

    新潟大学農学部演習林研究報告   28   17 - 28   1995年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Relationships between salt spray damage of Cryptomeria japonica and geographical features -Salt spray damage caused by Typhoon 19 in 1991 on Sado Island, Niigata, Japan-. 査読

    Nakata M, Kanekawa, S

    Journal of the Japanese Forestry Society   76   468 - 470   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11519/jjfs1953.76.5_468

    researchmap

  • Ecology and distribution of subalpine coniferous forests -Vegetation and soil characteristics in the Chichibu mountain range, central Honshu, Japan-.

    Nakata, M

    Proceedings of NAFRO Seminar on Sustainable Forestry and its Biological Environment.   91 - 101   1994年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 北海道中央部大麓山における植生と土壌の垂直変化. 査読

    中田 誠, 田中 浩, 八木久義

    日本生態学会誌   44 ( 1 )   33 - 47   1994年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本生態学会  

    Altitudinal changes in vegetation and soils were studied on Mt. Dairoku (1459.5m altitude), central Hokkaido, Japan. Three altitudinal vegetation types were recognized on the basis of vegetation similarity and species composition : 1) Pinus pumila scrub, distributed at altitudes exceeding 1250m, which was considered to have formed due to edaphic conditions. 2) Subalpine mixed forest, distributed at altitudes between 700m and 1250m, consisting mainly of Picea jezoensis, Abies sachalinensis and Betula ermanii. 3) Cool temperate mixed forest, distributed at altitudes lower than 700m, consisting of Abies sachalinensis, Picea jezoensis, Betula ermanii and many cool temperate deciduous tree species. Main soil types of the Pinus pumila scrub and subalpine mixed forest were black soil and light-colored black soil. These soils were considered to be paleosols, although their surface horizons showed a tendency for weak podzolization. Brown forest soil corresponded well with the cool temperate mixed forest. Synthetic indices of habitat fertility were provided using the soil chemical properties of horizons A_0 and A, which showed a tendency to become reduced gradually at higher altitudes. Soil chemical properties of horizon A_0 showed clear differences between the three vegetation types, whereas those of horizon A showed a difference between black soil and brown forest soil groups. A close correlation between vegetation and soils was recognized.

    DOI: 10.18960/seitai.44.1_33

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Topographical influence on the forest damage by strong wind. 査読

    Matsuzaki, T, Nakata, M, Iwaki, M, Le, T.C

    Research Bulletin of the Niigata University Forests   27   1 - 12   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 佐渡演習林スギ天然林の植生と土壌.

    中田 誠

    新潟大学農学部演習林研究報告   27   141 - 158   1994年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 大佐渡山地の崩壊斜面におけるシナノキの定着状況. 査読

    大野泰之, 中田 誠

    日本林学会論文集   104   565 - 566   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Wind feature of Typhoon 19th in 1991 at Sado Island. 査読

    Matsuzaki, T, Nakata, M

    Research Bulletin of the Niigata University Forests   26   1 - 16   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 花崗岩由来の褐色森林土を用いた人工酸性雨によるカラム実験. 査読

    八木久義, 相澤州平, 中田 誠

    森林立地   33 ( 2 )   65 - 70   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:森林立地学会  

    In order to clarify the effect of acid rain on the forest soil, that is, the relationship between acidneutralizing capacity of soil and aluminum ion concentration in the soil solution, artificial acid rains such as pH 4.0, 3.5, 3.0, and 2.0 solutions regulated by sulfuric acid and deionized water as a control were added to the column filled with brown forest soil derived from granite which is one of the most popular forest soils in Japan. The results obtained are as follows; 1) When buffer actions by exchangeable cations and ammonium ion derived from the chemical decomposition of nitrogenous organic matter are not enough to prevent acidification of soil by acid rain because the base saturation of the soil is very low, bases are also dissolved from minerals in soil even at the beginning stage of experiment where the soil pH is not so declined. 2) When pH value of soil solution is maintained at the same level as that of the original soil or within the lowering of 0.4 unit from pH value of the original soil through those buffer actins, exchangeable aluminum ion is only released a little. 3) When pH value of soil solutionbecomes 0.5 unit lower than that of the original soil, a consederable amount of aluminum ion is leached out from the column due to the release from the adsorption complex of soil and the dissolution of aluminum compound. 4) When pH value of soil solution becomes 1.0 unit lower than that of the original soil, the breakdown of minerals in soil begins and a lot of aluminum ion and bases are leached out from the column.

    DOI: 10.18922/jjfe.33.2_65

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 大佐渡山地の上部に分布するスギ天然林とその土壌について. 査読

    中田 誠

    日本林学会大会発表論文集   101   297 - 300   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 本州中部亜高山地帯における森林立地学的研究(Ⅲ) -シラベとオオシラビソの分布特性について-. 査読

    中田 誠

    日本林学会大会発表論文集   98   173 - 174   1987年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 奥秩父亜高山帯における森林植生と土壌,およびその垂直的成帯性に関する研究.

    中田 誠

    東京大学農学部演習林報告   76 ( 76 )   87 - 105   1987年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Effects of serpentine substrate on vegetation and soil development with special reference to Picea glehnii forest in Teshio district, Hokkaido, Japan 査読

    Makoto Nakata, Satoru Kojima

    Forest Ecology and Management   20 ( 3-4 )   265 - 290   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Characteristics of vegetation and soils in the serpentine area of northern Hokkaido were studied in comparison with non-serpentine areas of the same region, and with other serpentine areas of Japan and elsewhere in the world. The relationship between vegetation and soils is discussed. Although forest vegetation of northern Hokkaido is generally represented by deciduous forest, coniferous forest, predominantly Picea glehnii, develops in the serpentine area. Deciduous trees are limited both in number and in size. Forest floor is densely covered with Sasa kurilensis. The shrub layer is also well developed, whereas the herb layer is poor but contains characteristic species. Soils developing in the serpentine area are determined as Podzol (Wet Iron Podzol), while Brown Forest Soil is commonly found in the non-serpentine areas of the region. The serpentine soils are shallow and moist, showing general morphology and chemistry of podzolic soil in upper horizons of the profile. In lower horizons, however, physico-chemical properties are strongly affected by the parent rock. In comparison with other serpentine areas of Japan and elsewhere, northern Hokkaido is unique in that the vegetation is represented by a relatively closed forest of fair-sized trees, and the soils by a podzol. Such Picea glehnii forests and podzolic soils are considered an intrazonal phytogeocoenosis strongly affected by serpentine substrate. In this regard, the cool and humid climate as well as undulating relief of northern Hokkaido are also important factors for the development of the unique phytogeocoenosis. © 1987.

    DOI: 10.1016/0378-1127(87)90084-3

    Scopus

    researchmap

  • 山火事による蛇紋岩地帯の植生と土壌の変化. 査読

    中田 誠

    森林立地   28 ( 2 )   37 - 45   1986年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:森林立地学会  

    DOI: 10.18922/jjfe.28.2_37

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 本州中部亜高山地帯における森林立地学的研究(Ⅱ) -林相および林床植生の違いと立地条件について-. 査読

    中田 誠

    日本林学会大会発表論文集   97   199 - 200   1986年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 本州中部亜高山地帯における森林立地学的研究(Ⅰ) -土壌の一般的性質と植生との対応について-. 査読

    中田 誠, 小島克巳, 真下育久

    日本林学会大会発表論文集   96   211 - 212   1985年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 北海道北部蛇紋岩地帯における土壌と森林植生について. 査読

    中田 誠

    日本林学会大会発表論文集   95   225 - 227   1984年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 森林の環境100不思議

    中田 誠( 担当: 共著 ,  範囲: 128-129)

    東京書籍  1999年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

  • 植物の世界83 -針葉樹林-

    中田 誠( 担当: 共著 ,  範囲: 216-218)

    朝日新聞社  1995年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 富山大百科事典<上巻><下巻>

    中田 誠( 担当: 共著)

    北日本新聞社  1994年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

    researchmap

  • ブナ林へのいざない -新潟県ブナ林百選-

    中田 誠( 担当: 共著)

    新潟日報事業社  1991年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

    researchmap

講演・口頭発表等

  • 間伐材を利用したグライド防止工による森林造成-10年経過した植栽木による斜面積雪の安定性の検討-

    柴 和宏, 中谷 浩, 中田 誠

    雪氷研究大会(2012・福山)  2012年9月  日本雪氷学会・日本雪工学会 共催

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福山  

    researchmap

  • 日本海側小集水域における大気沈着と渓流化学性の10年間の推移

    佐瀨裕之, 中田 誠, 武 直子, 家合浩明, 大泉 毅, 松田和秀

    第53回大気環境学会年会  2012年9月  大気環境学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Deposition process of ion constituents and black carbon in East Asian forests 国際会議

    H. SASE, K. MATSUDA, T. VISARATANA, H. GARIVAIT, N. YAMASHITA, B. KIETVUTTINON, B. HONGTHONG, J. LUANGJAME, P. KHUMMONGKOL, J. SHINDO, T. ENDO, K. SATO, M. MIYAZAWA, M. NAKATA

    International Conference, "Biological Reactions of Forests to Climate Change and Air Pollution"  2012年5月  IUFRO & APW & COST & ENV

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lithuania  

    researchmap

  • Atmospheric deposition and stream water chemistry in a Japanese cedar forest – 10-year surveys along Sea of Japan 国際会議

    H. SASE, N.YAMASHITA, S. UCHIYAMA, R. KOBAYASHI, J. SHINDO, K. MATSUDA, M. NAKATA

    International Conference, "Biological Reactions of Forests to Climate Change and Air Pollution"  2012年5月  IUFRO & APW & COST & ENV

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lithuania  

    researchmap

  • 気候変動による積雪変化が森林土壌の物質循環機能に及ぼす影響-全国サイトにおける土壌の化学的性質-

    浦川梨恵子, 柴田英昭, 菱 拓雄, 稲垣善之, 舘野隆之輔, 福澤加里部, 戸田浩人, 平井敬三, 中西麻美, 福島慶太郎, 中田 誠, 小柳信宏, 榎木 勉

    第122回日本森林学会大会  2011年3月  日本森林学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 糞内容物分析から見た鳥類の食性及び種子散布について

    金子尚樹, 中田 誠, 千葉 晃, 伊藤泰夫, 赤原清枝, 市村靖子, 沖野森生, 小松吉蔵, 佐藤 弘, 太刀川勝喜, 南雲照三, 藤沢幹子, 古川八重子

    第58回日本生態学会大会  2011年3月  日本生態学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新谷川(阿賀野川水系)における長期的酸性化傾向と季節変動

    小林 亮, YANI Sumarriani, 山下尚之, 太田 勉, 家合浩明, 中田 誠, 佐瀬裕之

    日本陸水学会第75回大会  2010年9月  日本陸水学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新潟市の海岸林に飛来する鳥類の糞分析と果実利用

    金子尚樹, 南 沙織, 千野奈帆美, 千葉 晃, 小松吉蔵, 伊藤泰夫, 佐藤 弘, 太刀川勝喜, 赤原清枝, 藤沢幹子, 市村靖子, 南雲照三, 古川八重子, 沖野森生, 中田 誠

    日本鳥学会2010年度大会  2010年9月  日本鳥学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新潟県におけるオゾン前駆物質の排出削減効果のモデル解析

    福井哲央, 大原利眞, 神成陽容, 大泉 毅, 武 直子, 中田 誠, 山下 研

    第51回大気環境学会年会  2010年9月  大気環境学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟市の海岸林に飛来する果実食鳥の食性

    金子尚樹, 千野奈帆美, 南 沙織, 小松吉蔵, 千葉 晃, 佐藤 弘, 太刀川勝喜, 赤原清枝, 藤沢幹子, 市村靖子, 南雲照三, 沖野森生, 伊藤泰夫, 中田 誠

    第57回日本生態学会大会  2010年3月  日本生態学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中山間地の耕作放棄棚田における林床植生の特徴と土壌水分・光環境との関係

    石塚俊也, 中田 誠, 金子洋平, 本間航介

    第57回日本生態学会大会  2010年3月  日本生態学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 佐渡復元棚田ビオトープに出現する絶滅危惧植物とその生育環境

    成田智紀, 中田 誠, 本間航介

    第57回日本生態学会大会  2010年3月  日本生態学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 中越沖地震海底古木の起源~新潟県上越市関川沿いの埋没樹木との関連性~

    佐藤芙美, 中田 誠, 古山利也, 卜部厚志

    第24回日本植生史学会大会  2009年11月  日本植生史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県におけるオゾンの時間・空間分布のモデル解析

    福井哲央, 大原利眞, 神成陽容, 大泉 毅, 武 直子, 中田 誠, 山下 研

    第50回大気環境学会年会  2009年9月  大気環境学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ここまでわかった!出雲崎沖海底古木の謎

    中田 誠, 細尾佳宏, 卜部厚志, 櫻井敬久, 門叶冬樹

    日本植生史学会第23回大会  2008年11月  日本植生史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県佐渡島におけるオゾン濃度の垂直分布

    仁平 聡, 中田 誠, 武 直子, 大泉 毅, 大原利眞

    第49回大気環境学会年会  2008年9月  大気環境学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 佐渡島の棚田放棄跡地および人工造林地における土壌中溶存イオンの動態比較

    小柳信宏, 中田 誠

    第119回日本森林学会大会  2008年3月  日本森林学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県中越沖地震後に出雲崎沖の海底に出現した古木の樹種組成

    中田 誠, 細尾佳宏

    日本植生史学会第22回大会  2007年11月  日本植生史学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本海からの季節風の影響を受けるスギ林集水域における溶存無機物質の年間収支

    上迫正人, 佐瀬裕之, 中田 誠, 戸塚 績

    第48回大気環境学会年会  2007年9月  大気環境学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県における河川水pHの長期的傾向とその原因に関する考察

    森元伸吾, 松原裕樹, 佐瀬裕之, 中田 誠, 植田洋匡

    日本陸水学会第72回大会  2007年9月  日本陸水学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 公共用水域データを用いた中部日本における河川水のpH長期トレンド解析

    松原裕樹, 佐瀬裕之, 中田 誠, 植田洋匡

    第48回大気環境学会年会  2007年9月  大気環境学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 多雪地域における木製グライド防止工を用いた防雪林造成法の確立

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 木製グライド防止工を用いた防雪林造成法の確立

    2014年8月 - 2015年3月

    地方自治体  平成26年度富山県元気な雪国づくり事業補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

    researchmap

  • 佐渡島の棚田復元ビオトープにおける水生生物の生態と保全に関する研究

    2013年9月 - 2014年5月

    民間財団等  佐々木環境技術振興財団試験研究費助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:737000円 ( 直接経費:714000円 、 間接経費:23000円 )

    researchmap

  • 気候変動による積雪変化が森林土壌の物質循環機能に及ぼす影響

    2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:800000円 )

    本研究では、日本各地における森林土壌の現地交換培養、リター分解、菌食動物、細根動態の現地実験、シカによる樹木・ササ食害の変化調査、土壌窒素無機化・硝化や樹木種子の病気にかかわる微生物・菌類の解析等により、「積雪減少といった冬季の環境変化によって土壌-微生物-植生における物質循環機能がどのように変化するのか」を解明すことを目的とした。
    「積雪減少による土壌の凍結-融解サイクルの増幅を含む環境変化が、直接的・間接的に土壌-微生物-植生間の物質循環を攪乱し、土壌からの栄養塩溶脱を加速する」という仮説を立てた。もともと積雪低温環境に影響されてきた厳冬期から融雪期にかけての土壌系の物質循環機構を解明するともに、気候変動に伴う冬季の環境変化がもたらす土壌の養分保持プロセス変化と栄養塩溶脱リスクの増大メカニズムを植生や微生物要因の変化を合わせて明らかにすることに主眼を置いた。

    researchmap

  • 新潟市の海岸クロマツ林における遷移進行の要因解析

    2009年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    新潟市の市街地に隣接した海岸クロマツ林において、多様な種類の常緑広葉樹を含む混交林への急速な遷移進行の要因を、種子散布者としての鳥類群集と植物群落との相互関係から解析し、それに気候温暖化がどのように関わっているのかを解明することを目的とする。さらに、将来の温暖化影響を視野に入れて、常緑広葉樹を活用した海岸林管理技術について検討する。

    researchmap

  • 新潟県中越沖地震後に出雲崎沖の海底に出現した古木の成因と自然環境変動の履歴解明

    2008年11月 - 2009年11月

    民間財団等  住友財団 環境研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円 ( 直接経費:2200000円 )

    researchmap

  • 日本海側多雪山地のスギ人工林流域における酸性降下物の生態系影響評価

    2004年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    新潟県下越地方にあるスギ人工林流域に酸性降下物のモニタリング試験地を設定し、大気からの無機成分流入量、渓流からの無機成分流出量、ならびに物質動態と林冠との相互作用について研究を行った。

    researchmap

  • 多様な組成と構造を有する広葉樹天然林における酸性物質の緩衝能とその季節変動

    1998年4月 - 2001年3月

    科学研究費助成事業  萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ブナを主とする広葉樹天然林、スギ人工林や海岸クロマツ林へ広葉樹が自然侵入した混交林において、降雨や乾性沈着による林内への酸性物質の流入量を定量するとともに、土壌中での降水の性質変化について評価した。また、広葉樹天然林とそれに隣接する草地の2つの流域において、渓流水質の変動特性を比較解析した。

    researchmap

  • 森林地域における積雪の化学的性質と融雪期の水質形成過程の解明

    1997年4月 - 1999年3月

    民間財団等  日本林業技術協会学術研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    researchmap

  • 亜高山帯針葉樹林の群落タイプと立地環境特性の解明

    1995年4月 - 1998年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    新潟県苗場山の亜高山帯針葉樹林において、群落タイプごとの分布特性と、その立地環境要因との関連を調査した。

    researchmap

  • 大佐渡山地における植生史研究

    1991年4月 - 1994年3月

    科学研究費助成事業  一般研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    新潟県佐渡島の大佐渡山地において、スギ天然林、ヒバ天然林、ブナ天然林を対象に群落(植生)調査・土壌調査・気象調査を行い、それらの成立に関わる要因を解析した。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 酸性降下物化学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系環境学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学セミナーⅡ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習Ⅱ(学外発表)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学総合演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 海外研究プロジェクト特別演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 水を巡る農の旅

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • トキをシンボルとした自然再生

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習Ⅱ(学外発表)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習Ⅱ(中間発表)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学総合演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学セミナーⅡ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生産環境科学概論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系機能学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 樹木医学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系環境学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境変動影響学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系環境学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 酸性降下物化学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系機能学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境変動影響学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生産環境科学概論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系機能学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生産環境科学概論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境変動影響学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態環境科学インターンシップ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 水を巡る農の旅

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境測定演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系機能学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系環境学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然環境関連法規

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 酸性降下物化学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系機能学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然環境関連法規

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林資源論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系環境学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 酸性降下物化学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境測定演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境測定演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然環境関連法規

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 農学入門Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 農学入門Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅴ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系環境学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生態系機能学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生産環境科学概論Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎地学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境変動影響学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 育林系演習及び実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 森林環境論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学セミナーⅡ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習Ⅱ(学外発表)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学特定研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 環境科学総合演習Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習Ⅱ(中間発表)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 野生植物生態学実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • トキをシンボルとした自然再生

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • ISI誌投稿特別演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 環境ガバナンス概論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 科学英語演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境ファシリテーター論及び演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎地学

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 温暖化メカニズム・影響学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文Ⅰ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 大気汚染物質科学特論

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 大気環境科学特論

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 領域概説 F (農学)

    2020年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA a

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 野生動植物生態学実習

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農学入門Ⅱ

    2018年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 農学入門Ⅰ

    2018年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 土と水

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎地学

    2017年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 水を巡る農の旅

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • ISI誌投稿特別演習

    2015年
    機関名:新潟大学

  • トキをシンボルとした自然再生

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅴ

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 海外研究プロジェクト特別演習

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅱ(学外発表)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究Ⅱ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定研究

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学総合演習Ⅱ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学セミナーⅡ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習Ⅱ(中間発表)

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学特定演習Ⅱ

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 環境科学演習Ⅱ

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 樹木医学

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 環境学演習

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境学入門

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生産環境科学概論Ⅱ

    2010年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 野生植物生態学実習

    2009年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 環境変動影響学

    2009年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 生態環境科学インターンシップ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 森林環境論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生態系機能学

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生態系環境学特論

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 育林系演習及び実習

    2007年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 野生植物生態実習

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 酸性降下物化学

    2007年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 自然環境関連法規

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 環境測定演習及び実習

    2007年
    -
    2009年
    機関名:新潟大学

  • 森林資源論

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示