Updated on 2024/07/13

写真a

 
FUJIWARA Hiroshi
 
Organization
University Medical and Dental Hospital Uonuma Institute of Community Medicine Specially Appointed Professor
Title
Specially Appointed Professor
External link

Degree

  • 医学博士 ( 1991.3   新潟大学 )

Research Interests

  • Dermatology

  • 皮膚科学

  • 褥瘡

Research Areas

  • Life Science / Dermatology

Research History (researchmap)

  • - 新潟大学大学院講師

    1999

      More details

  • Niigata University   Faculty of Medicine

    1991 - 1999

      More details

  • Niigata University, School of Medicine, Assistant

    1991 - 1999

      More details

  • Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences, Course for Molecular and Cellular Medicine   Specially Appointed Professor

      More details

Research History

  • Niigata University   University Medical and Dental Hospital UONUMA CHIIKI IRYO KYOIKU CENTER JUNBISHITU   Specially Appointed Professor

    2014.11

  • Niigata University   Graduate School of Medical and Dental Sciences Molecular and Cellular Medicine   Associate Professor

    2004.4 - 2014.10

  • Niigata University   Faculty of Medicine School of Medicine   Associate Professor

    2004.4 - 2014.10

  • Niigata University   Faculty of Medicine   Research Assistant

    1991.4 - 1999.11

Education

  • Niigata University   医学研究科   皮膚科学

    - 1991

      More details

    Country: Japan

    researchmap

  • Niigata University   Graduate School, Division of Medicine

    - 1991

      More details

  • Niigata University   Faculty of Medicine

    - 1986

      More details

  • Niigata University   Faculty of Medicine   School of Medicine

    - 1986

      More details

    Country: Japan

    researchmap

Professional Memberships

  • International Society of Dermatopathology

      More details

  • European Academy of Dermatology and Venereology

      More details

  • New York Academy of Sciences

      More details

  • American Association for the Advancement of Science

      More details

  • THE JAPANESE DERMATOLOGICAL ASSOCIATION

      More details

  • JAPANESE SOCIETY OF PRESSURE ULCERS

      More details

  • THE JAPANESE SOCIETY FOR INVESTIGATIVE DERMATOLOGY

      More details

  • The Japanese Society for Plgment Cell Research

      More details

  • Society for Investigative Dermatology

      More details

  • European Society for Dermatological Research

      More details

▶ display all

 

Papers

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン(2023) 糖尿病性皮膚潰瘍・壊疽診療ガイドライン(第3版)

    中西 健史, 池上 隆太, 大森 俊, 加藤 裕史, 小森 敏史, 清水 知道, 杉田 和成, 谷崎 英昭, 中島 英貴, 林 周次郎, 松尾 梨沙, 三井 広, 柳澤 宏人, 山口 道也, 山崎 修, 西出 薫, 浅野 善英, 藤原 浩, 前川 武雄, 茂木 精一郎, 吉野 雄一郎, 長谷川 稔, 藤本 学, 立花 隆夫, 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員会(糖尿病性皮膚潰瘍・壊疽グループ)

    日本皮膚科学会雑誌   133 ( 13 )   2969 - 3024   2023.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン(2023)-2 褥瘡診療ガイドライン(第3版)

    藤原 浩, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 加古 智子, 加持 達弥, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 野北 陽子, 浅野 善英, 中西 健史, 前川 武雄, 茂木 精一郎, 吉野 雄一郎, 長谷川 稔, 藤本 学, 立花 隆夫, 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員会(褥瘡グループ), 日本皮膚科学会

    日本皮膚科学会雑誌   133 ( 12 )   2735 - 2797   2023.11

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン(2023)-2 褥瘡診療ガイドライン(第3版)

    藤原 浩, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 加古 智子, 加持 達弥, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 野北 陽子, 浅野 善英, 中西 健史, 前川 武雄, 茂木 精一郎, 吉野 雄一郎, 長谷川 稔, 藤本 学, 立花 隆夫, 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン策定委員会(褥瘡グループ), 日本皮膚科学会

    日本皮膚科学会雑誌   133 ( 12 )   2735 - 2797   2023.11

  • Fluorescence imaging of lymphangioma circumscriptum of the vulva with aminolevulinic acid and target-type narrow band ultraviolet light. Reviewed International journal

    Yuki Iwai, Hiroshi Fujiwara

    Photodiagnosis and photodynamic therapy   43   103671 - 103671   2023.6

     More details

    Language:English  

    Lymphangioma circumscriptum of the vulva is a rare lymphatic disorder. Defining the precise location of the lesion is required to select an appropriate treatment. Herein we present photodynamic diagnosis of lymphangioma circumscriptum of the vulva with aminolevulinic acid and target-type narrow band ultraviolet light device.

    DOI: 10.1016/j.pdpdt.2023.103671

    PubMed

    researchmap

  • ガイドラインからみた褥瘡の局所療法 Invited

    藤原 浩

    皮膚病診療   42 ( 16 )   946 - 951   2020.12

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • Functional analysis of keratin filament network formation indicates clinical severity of epidermolysis bullosa simplex Reviewed

    O. Ansai, S. Shinkuma, R. Hayashi, K. Tomii, T. Deguchi, A. Aizawa, H. Fujiwara, Y. Shimomura, R. Abe

    Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology   34 ( 10 )   e613 - e616   2020.10

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines - 2: Guidelines for the diagnosis and treatment of pressure ulcers, second edition. Reviewed International journal

    Hiroshi Fujiwara, Zenzo Isogai, Ryokichi Irisawa, Masaki Otsuka, Takafumi Kadono, Monji Koga, Kuninori Hirosaki, Jun Asai, Yoshihide Asano, Masatoshi Abe, Masahiro Amano, Ryuta Ikegami, Takayuki Ishii, Taiki Isei, Takaaki Ito, Yuji Inoue, Yohei Iwata, Yoichi Omoto, Hiroshi Kato, Sakae Kaneko, Hiroyuki Kanoh, Tamihiro Kawakami, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Masanari Kodera, Keisuke Sakai, Eiichi Sakurai, Yasuko Sarayama, Yoichi Shintani, Miki Tanioka, Hideaki Tanizaki, Jun Tsujita, Naotaka Doi, Takeshi Nakanishi, Akira Hashimoto, Minoru Hasegawa, Masahiro Hayashi, Hideki Fujita, Manabu Fujimoto, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Sei-Ichiro Motegi, Hiroshi Yatsushiro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Andres Le Pavoux, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   47 ( 9 )   929 - 978   2020.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.14587

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines - 1: Guidelines for wounds in general, second edition. Reviewed International journal

    Minoru Hasegawa, Yuji Inoue, Sakae Kaneko, Hiroyuki Kanoh, Yoichi Shintani, Jun Tsujita, Hideki Fujita, Sei-Ichiro Motegi, Andres Le Pavoux, Jun Asai, Yoshihide Asano, Masatoshi Abe, Masahiro Amano, Ryuta Ikegami, Takayuki Ishii, Taiki Isei, Zenzo Isogai, Takaaki Ito, Ryokichi Irisawa, Yohei Iwata, Masaki Otsuka, Yoichi Omoto, Hiroshi Kato, Takafumi Kadono, Tamihiro Kawakami, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Monji Koga, Masanari Kodera, Keisuke Sakai, Eiichi Sakurai, Yasuko Sarayama, Miki Tanioka, Hideaki Tanizaki, Naotaka Doi, Takeshi Nakanishi, Akira Hashimoto, Masahiro Hayashi, Kuninori Hirosaki, Manabu Fujimoto, Hiroshi Fujiwara, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Hiroshi Yatsushiro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   47 ( 8 )   807 - 833   2020.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The Japanese Dermatological Association prepared the clinical guidelines for the "Wound, pressure ulcer and burn guidelines", second edition, focusing on treatments. Among them, "Guidelines for wounds in general" is intended to provide the knowledge necessary to heal wounds, without focusing on particular disorders. It informs the basic principles of wound treatment, before explanations are provided in individual chapters of the guidelines. We updated all sections by collecting references published since the publication of the first edition. In particular, we included new wound dressings and topical medications. Additionally, we added "Question 6: How should wound-related pain be considered, and what should be done to control it?" as a new section addressing wound pain, which was not included in the first edition.

    DOI: 10.1111/1346-8138.15401

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 女性尿道原発悪性黒色腫の1例

    長谷川 素, 村田 雅樹, 長谷川 剛, 池田 洋平, 本多 啓輔, 加嶋 克則, 佐藤 洋, 藤原 浩, 原 昇, 中川 由紀, 西山 勉

    泌尿器外科   33 ( 臨増 )   914 - 914   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • 女性尿道原発悪性黒色腫の1例

    長谷川 素, 村田 雅樹, 長谷川 剛, 池田 洋平, 本多 啓輔, 加嶋 克則, 佐藤 洋, 藤原 浩, 原 昇, 中川 由紀, 西山 勉

    泌尿器外科   33 ( 臨増 )   914 - 914   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:医学図書出版(株)  

    researchmap

  • dermatoporosis, skin-tear

    WOC Nursing   18 ( 5 )   22 - 28   2020.5

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines-6: Guidelines for the management of burns, second edition Reviewed International journal

    Yuichiro Yoshino, Akira Hashimoto, Ryuta Ikegami, Ryokichi Irisawa, Hiroyuki Kanoh, Eiichi Sakurai, Takeshi Nakanishi, Takeo Maekawa, Takao Tachibana, Masahiro Amano, Masahiro Hayashi, Takayuki Ishii, Yohei Iwata, Tamihiro Kawakami, Yasuko Sarayama, Minoru Hasegawa, Koma Matsuo, Hironobu Ihn, Yoichi Omoto, Naoki Madokoro, Taiki Isei, Masaki Otsuka, Ryuichi Kukino, Yoichi Shintani, Kuninori Hirosaki, Seiichiro Motegi, Masakazu Kawaguchi, Jun Asai, Zenzo Isogai, Hiroshi Kato, Takeshi Kono, Miki Tanioka, Hideki Fujita, Hiroshi Yatsushiro, Keisuke Sakai, Yoshihide Asano, Takaaki Ito, Takafumi Kadono, Monji Koga, Hideaki Tanizaki, Manabu Fujimoto, Osamu Yamasaki, Naotaka Doi, Masatoshi Abe, Yuji Inoue, Sakae Kaneko, Masanari Kodera, Jun Tsujita, Hiroshi Fujiwara, Andres Le Pavoux

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   47 ( 11 )   1207 - 1235   2020.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:WILEY  

    "Wound, pressure ulcer and burn guidelines - 6: Guidelines for the management of burns, second edition" is revised from the first edition which was published in the Japanese Journal of Dermatology in 2016. The guidelines were drafted by the Wound, Pressure Ulcer and Burn Guidelines Drafting Committee delegated by the Japanese Dermatological Association, and intend to facilitate physicians' clinical decisions in preventing, diagnosing and treating burn injury. All sections are updated by collecting documents published since the publication of the first edition. Especially, the recommendation levels of dressing materials newly covered by the Japanese national health insurance are mentioned. In addition, the clinical questions (CQ) regarding the initial treatment of electrical (CQ15) and chemical burns (CQ16), and also the use of escharotomy (CQ22), are newly created.

    DOI: 10.1111/1346-8138.15335

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines - 4: Guidelines for the management of connective tissue disease/vasculitis-associated skin ulcers. Reviewed International journal

    Manabu Fujimoto, Jun Asai, Yoshihide Asano, Takayuki Ishii, Yohei Iwata, Tamihiro Kawakami, Masanari Kodera, Masatoshi Abe, Masahiro Amano, Ryuta Ikegami, Taiki Isei, Zenzo Isogai, Takaaki Ito, Yuji Inoue, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Yoichi Omoto, Hiroshi Kato, Takafumi Kadono, Sakae Kaneko, Hiroyuki Kanoh, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Monji Koga, Keisuke Sakai, Eiichi Sakurai, Yasuko Sarayama, Yoichi Shintani, Miki Tanioka, Hideaki Tanizaki, Jun Tsujita, Naotaka Doi, Takeshi Nakanishi, Akira Hashimoto, Minoru Hasegawa, Masahiro Hayashi, Kuninori Hirosaki, Hideki Fujita, Hiroshi Fujiwara, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Sei-Ichiro Motegi, Hiroshi Yatsushiro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Andres James LE Pavoux, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   47 ( 10 )   1071 - 1109   2020.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The Japanese Dermatological Association prepared guidelines focused on the treatment of skin ulcers associated with connective tissue disease/vasculitis practical in clinical settings of dermatological care. Skin ulcers associated with connective tissue diseases or vasculitis occur on the background of a wide variety of diseases including, typically, systemic sclerosis but also systemic lupus erythematosus (SLE), dermatomyositis, rheumatoid arthritis (RA), various vasculitides and antiphospholipid antibody syndrome (APS). Therefore, in preparing the present guidelines, we considered diagnostic/therapeutic approaches appropriate for each of these disorders to be necessary and developed algorithms and clinical questions for systemic sclerosis, SLE, dermatomyositis, RA, vasculitis and APS.

    DOI: 10.1111/1346-8138.15186

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 褥瘡/MDRPU(医療関連機器圧迫創傷) Invited

    藤原浩

    在宅新療   4 ( 11 )   1059 - 1064   2019.11

     More details

    Authorship:Lead author, Last author   Language:Japanese  

    researchmap

  • 【皮膚科医が教える!ドレッシング材の選び方と使い方】観察しやすく、便の回り込み予防に効果のある ポリウレタンフィルム

    藤原 浩

    ナーシング   39 ( 8 )   79 - 81   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)学研メディカル秀潤社  

    researchmap

  • Photodynamic therapy prevented the recurrence of lymphomatoid papulosis. Reviewed

    Arimatsu A, Tomii K, Fujiwara H, Hasegawa G, Shigehara Y, Tachibana T

    Photodiagnosis and photodynamic therapy   25   334 - 335   2019.1

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1016/j.pdpdt.2019.01.007

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 褥瘡治療を振り返る 褥瘡治療ガイドライン

    藤原 浩

    日本臨床皮膚科医会雑誌   35 ( 6 )   854 - 858   2018.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本臨床皮膚科医会  

    researchmap

  • 【褥瘡の局所治療〜外用薬と創傷被覆材をどのように使いこなしますか〜】(PART2)深い褥瘡に対する外用薬と創傷被覆材の使い方 赤色期や白色期に対する使い方

    藤原 浩

    WOC Nursing   6 ( 9 )   78 - 84   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学出版  

    <Point>▼赤色期、白色期に使用する外用薬の使い分けを、おおまかに説明できる▼赤色期、白色期に使用する創傷被覆材の使い分けを、おおまかに説明できる▼肉芽組織増生、上皮化促進のための環境を整えられる(著者抄録)

    researchmap

  • 【ドレッシング材の選び方と使い方2018】 (Part2)ドレッシング材の種類とその基本的な使い方(case9) ポリウレタンフィルム

    藤原 浩

    Visual Dermatology   17 ( 7 )   630 - 631   2018.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)学研メディカル秀潤社  

    researchmap

  • 褥瘡治療ガイドライン

    藤原浩

    日本臨床皮膚科医会雑誌   35 ( 2 )   289   2018.4

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【転換期を迎えた創傷・スキンケア!いま皮膚科周囲で何が起こっているのか?】 (Part 1.)皮膚科医が知らない?創傷・スキンケアのトピックス 褥瘡(総説1a) 最新!褥瘡治療

    藤原 浩

    Visual Dermatology   17 ( 2 )   118 - 119   2018.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)学研メディカル秀潤社  

    寝たきり高齢者の5〜10%に褥瘡が発生すると考えられている。近年、適切な湿潤環境を得るためのドレッシング材、過剰水分の除去を行う陰圧閉鎖療法の進歩により、褥瘡治療が楽になってきたが、正しく適応を判断する皮膚科医の目が重要である。褥瘡治療における皮膚科医の役割、褥瘡治療の進歩、在宅で使用可能なドレッシング材、外来で可能な陰圧閉鎖療法について概説した。

    researchmap

  • Photodynamic therapy with intradermal application of 5-aminolevulinic acid successfully improved tumor lesions of mycosis fungoides. Reviewed International journal

    Yudai Kabata, Yutaka Shimomura, Yoshie Matsuo, Hiroshi Fujiwara, Riichiro Abe

    International journal of dermatology   56 ( 4 )   e81-e82 - e82   2017.4

     More details

    Language:English   Publisher:WILEY  

    DOI: 10.1111/ijd.13483

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A randomized double-blind trial of intravenous immunoglobulin for bullous pemphigoid. Reviewed International journal

    Masayuki Amagai, Shigaku Ikeda, Takashi Hashimoto, Masato Mizuashi, Akihiro Fujisawa, Hironobu Ihn, Yasushi Matsuzaki, Mikio Ohtsuka, Hiroshi Fujiwara, Junichi Furuta, Osamu Tago, Jun Yamagami, Akiko Tanikawa, Hisashi Uhara, Akimichi Morita, Gen Nakanishi, Mamori Tani, Yumi Aoyama, Eiichi Makino, Masahiko Muto, Motomu Manabe, Takayuki Konno, Satoru Murata, Seiichi Izaki, Hideaki Watanabe, Yukie Yamaguchi, Setsuko Matsukura, Mariko Seishima, Koji Habe, Yuichi Yoshida, Sakae Kaneko, Hajime Shindo, Kimiko Nakajima, Takuro Kanekura, Kenzo Takahashi, Yasuo Kitajima, Koji Hashimoto

    Journal of dermatological science   85 ( 2 )   77 - 84   2017.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    BACKGROUND: Patients with steroid-resistant bullous pemphigoid (BP) require an appropriate treatment option. OBJECTIVE: A multicenter, randomized, placebo-controlled, double-blind trial was conducted to investigate the therapeutic effect of high-dose intravenous immunoglobulin (IVIG; 400mg/kg/day for 5days) in BP patients who showed no symptomatic improvement with prednisolone (≥0.4mg/kg/day) administered. METHODS: We evaluated the efficacy using the disease activity score on day15 (DAS15) as a primary endpoint, and changes in the DAS over time, the anti-BP180 antibody titer, and safety for a period of 57days as secondary endpoints. RESULTS: We enrolled 56 patients in this study. The DAS15 was 12.5 points lower in the IVIG group than in the placebo group (p=0.089). The mean DAS of the IVIG group was constantly lower than that of the placebo group throughout the course of observation, and a post hoc analysis of covariance revealed a significant difference (p=0.041). Furthermore, when analyzed only in severe cases (DAS≥40), the DAS15 differed significantly (p=0.046). The anti-BP180 antibody titers showed no difference between the two groups. CONCLUSION: IVIG provides a beneficial therapeutic outcome for patients with BP who are resistant to steroid therapy.

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2016.11.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Birbeck granules, worm-like bodies and "lupus erythematosus virus". Reviewed International journal

    Ken Hashimoto, Hiroshi Fujiwara, Keiko Fujiwara

    European journal of dermatology : EJD   26 ( 5 )   444 - 451   2016.10

     More details

    Language:English   Publisher:JOHN LIBBEY EUROTEXT LTD  

    The origin of worm-like bodies and their relationship with Birbeck granules is poorly understood. To clarify the origin of worm-like bodies and their relationship with Birbeck granules. Over 800 electron micrographs of histiocytic disorders and several appendage tumours were reviewed in order to check for worm-like bodies and Birbeck granules. Worm-like bodies were most often encountered in mildly- to moderately-proliferative histiocytic tumours. Birbeck granules were observed in more malignant conditions. Narrow endoplasmic reticulum (Nrer), which resembles worm-like bodies, was abundant in worm-like body-rich cells and coexisted with Birbeck rods. Nrer is thought to be one of the candidates that gives rise to worm-like bodies. An ultrastructural similarity exists between worm-like bodies (and octopus body formation) and the so-called "lupus erythematosus virus". The presence of Nrer is often concomitant with other organelle markers, and could be a candidate for the origin of worm-like bodies.

    DOI: 10.1684/ejd.2016.2840

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The wound/burn guidelines-6: Guidelines for the management of burns Reviewed International journal

    Yuichiro Yoshino, Mikio Ohtsuka, Masakazu Kawaguchi, Keisuke Sakai, Akira Hashimoto, Masahiro Hayashi, Naoki Madokoro, Yoshihide Asano, Masatoshi Abe, Takayuki Ishii, Taiki Isei, Takaaki Ito, Yuji Inoue, Shinichi Imafuku, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Fumihide Ogawa, Takafumi Kadono, Tamihiro Kawakami, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Masanari Kodera, Masakazu Takahara, Miki Tanioka, Takeshi Nakanishi, Yasuhiro Nakamura, Minoru Hasegawa, Manabu Fujimoto, Hiroshi Fujiwara, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Osamu Yamasaki, Andres Le Pavoux, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   43 ( 9 )   989 - 1010   2016.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:WILEY  

    Burns are a common type of skin injury encountered at all levels of medical facilities from private clinics to core hospitals. Minor burns heal by topical treatment alone, but moderate to severe burns require systemic management, and skin grafting is often necessary also for topical treatment. Inappropriate initial treatment or delay of initial treatment may exert adverse effects on the subsequent treatment and course. Therefore, accurate evaluation of the severity and initiation of appropriate treatment are necessary. The Guidelines for the Management of Burn Injuries were issued in March 2009 from the Japanese Society for Burn Injuries as guidelines concerning burns, but they were focused on the treatment for extensive and severe burns in the acute period. Therefore, we prepared guidelines intended to support the appropriate diagnosis and initial treatment for patients with burns that are commonly encountered including minor as well as moderate and severe cases. Because of this intention of the present guidelines, there is no recommendation of individual surgical procedures.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13288

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Case with pyoderma gangrenosum abruptly emerging around the wound of cesarean section for placenta previa with placenta accrete Reviewed International journal

    Taro Nonaka, Kunihiko Yoshida, Masayuki Yamaguchi, Atsuko Aizawa, Hiroshi Fujiwara, Takayuki Enomoto, Koichi Takakuwa

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   42 ( 9 )   1190 - 1193   2016.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:WILEY-BLACKWELL  

    A 39-year-old woman underwent emergency cesarean section (CS) due to placenta previa totalis with massive bleeding. Two major problems emerged in this patient after CS was carried out. One was partial retention of the placenta due to placenta accreta. Another major and more serious problem was pyoderma gangrenosum (PG) widely appearing at the skin of the abdomen around the CS wound. Conservative treatment was performed for the retained placenta, and it had completely disappeared by 76 days after the CS. The diagnosis of PG was promptly made in consultation with a plastic surgeon and a dermatologist when a wide ulcer emerged around the CS wound, and high-dose prednisolone was administered as treatment. At 90 days following the CS, near-complete epithelialization was achieved. This extremely rare case reflects the importance of rapid diagnosis and treatment of PG.

    DOI: 10.1111/jog.13033

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The wound/burn guidelines - 5: Guidelines for the management of lower leg ulcers/varicose veins. Reviewed International journal

    Takaaki Ito, Ryuichi Kukino, Masakazu Takahara, Miki Tanioka, Yasuhiro Nakamura, Yoshihide Asano, Masatoshi Abe, Takayuki Ishii, Taiki Isei, Yuji Inoue, Shinichi Imafuku, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Mikio Ohtsuka, Fumihide Ogawa, Takafumi Kadono, Tamihiro Kawakami, Masakazu Kawaguchi, Takeshi Kono, Masanari Kodera, Keisuke Sakai, Takeshi Nakanishi, Akira Hashimoto, Minoru Hasegawa, Masahiro Hayashi, Manabu Fujimoto, Hiroshi Fujiwara, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Andres Le Pavoux, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   43 ( 8 )   853 - 68   2016.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Varicose veins are treated at multiple clinical departments, but as patients often visit the dermatology clinic first due to leg ulcers, the present Guidelines for the Management of Lower Leg Ulcers/Varicose Veins were prepared in consideration of the importance of the dermatologist's role. Also, the disease concept of chronic venous insufficiency or chronic venous disorders and the CEAP classification of these disorders are presented. The objective of the present guidelines is to properly guide the diagnosis and treatment of lower leg ulcers/varicose veins by systematically presenting evidence-based recommendations that support clinical decisions.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13286

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The wound/burn guidelines - 4: Guidelines for the management of skin ulcers associated with connective tissue disease/vasculitis. Reviewed International journal

    Manabu Fujimoto, Yoshihide Asano, Takayuki Ishii, Fumihide Ogawa, Tamihiro Kawakami, Masanari Kodera, Masatoshi Abe, Taiki Isei, Takaaki Ito, Yuji Inoue, Shinichi Imafuku, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Mikio Ohtsuka, Takafumi Kadono, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Keisuke Sakai, Masakazu Takahara, Miki Tanioka, Takeshi Nakanishi, Yasuhiro Nakamura, Akira Hashimoto, Minoru Hasegawa, Masahiro Hayashi, Hiroshi Fujiwara, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Andres Le Pavoux, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   43 ( 7 )   729 - 57   2016.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The Japanese Dermatological Association prepared guidelines focused on the treatment of skin ulcers associated with connective tissue disease/vasculitis practical in clinical settings of dermatological care. Skin ulcers associated with connective tissue diseases or vasculitis occur on the background of a wide variety of diseases including, typically, systemic sclerosis but also systemic lupus erythematosus (SLE), dermatomyositis, rheumatoid arthritis (RA), various vasculitides and antiphospholipid antibody syndrome (APS). Therefore, in preparing the present guidelines, we considered diagnostic/therapeutic approaches appropriate for each of these disorders to be necessary and developed algorithms and clinical questions for systemic sclerosis, SLE, dermatomyositis, RA, vasculitis and APS.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13275

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The wound/burn guidelines - 3: Guidelines for the diagnosis and treatment for diabetic ulcer/gangrene. Reviewed International journal

    Taiki Isei, Masatoshi Abe, Takeshi Nakanishi, Koma Matsuo, Osamu Yamasaki, Yoshihide Asano, Takayuki Ishii, Takaaki Ito, Yuji Inoue, Shinichi Imafuku, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Mikio Ohtsuka, Fumihide Ogawa, Takafumi Kadono, Masanari Kodera, Tamihiro Kawakami, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Keisuke Sakai, Masakazu Takahara, Miki Tanioka, Yasuhiro Nakamura, Akira Hashimoto, Minoru Hasegawa, Masahiro Hayashi, Manabu Fujimoto, Hiroshi Fujiwara, Takeo Maekawa, Naoki Madokoro, Yuichiro Yoshino, Andres Le Pavoux, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   43 ( 6 )   591 - 619   2016.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    We aimed to prepare guidelines for the management of diabetic ulcer/gangrene with emphasis on the diagnosis and treatment of skin symptoms. They serve as a tool to improve the quality of the diagnosis and treatment in each patient and, further, to improve the level of the care for diabetic ulcer in Japan by systematically presenting evidence-based recommendations for clinical judgments by incorporating various viewpoints.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13285

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The wound/burn guidelines-2: Guidelines for the diagnosis and treatment for pressure ulcers Reviewed International journal

    Takao Tachibana, Shinichi Imafuku, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Takafumi Kadono, Hiroshi Fujiwara, Yoshihide Asano, Masatoshi Abe, Takayuki Ishii, Taiki Isei, Takaaki Ito, Yuji Inoue, Mikio Ohtsuka, Fumihide Ogawa, Masanari Kodera, Tamihiro Kawakami, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Keisuke Sakai, Masakazu Takahara, Miki Tanioka, Takeshi Nakanishi, Yasuhiro Nakamura, Akira Hashimoto, Minoru Hasegawa, Masahiro Hayashi, Manabu Fujimoto, Takeo Maekawa, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Andres LE Pavoux, Hironobu Ihn

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   43 ( 5 )   469 - 506   2016.5

     More details

    Language:English   Publisher:WILEY  

    The Wound/Burn Guidelines Committee consists of members commissioned by the Board of Directors of the Japanese Dermatological Association (JDA). It held several meetings and evaluations in writing since October 2008, and drafted five guidelines for the diagnosis and treatment including commentaries on wounds in general and the Guidelines for the Diagnosis and Treatment for Pressure Ulcers by taking opinions of the Scientific Committee and Board of Directors of JDA into consideration.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13274

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The wound/burn guidelines - 1: Wounds in general. Reviewed International journal

    Yuji Inoue, Minoru Hasegawa, Takeo Maekawa, Andres Le Pavoux, Yoshihide Asano, Masatoshi Abe, Takayuki Ishii, Takaaki Ito, Taiki Isei, Shinichi Imafuku, Ryokichi Irisawa, Masaki Ohtsuka, Mikio Ohtsuka, Fumihide Ogawa, Takafumi Kadono, Masanari Kodera, Tamihiro Kawakami, Masakazu Kawaguchi, Ryuichi Kukino, Takeshi Kono, Keisuke Sakai, Masakazu Takahara, Miki Tanioka, Takeshi Nakanishi, Yasuhiro Nakamura, Akira Hashimoto, Masahiro Hayashi, Manabu Fujimoto, Hiroshi Fujiwara, Koma Matsuo, Naoki Madokoro, Osamu Yamasaki, Yuichiro Yoshino, Takao Tachibana, Hironobu Ihn

    The Journal of dermatology   43 ( 4 )   357 - 75   2016.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The Japanese Dermatological Association determined to prepare the Wound/Burn Guidelines focusing on treatments, catering to needs for the clinical practice of dermatology. Among these guidelines, "Wounds in General" was intended to explain knowledge necessary "to heal wounds" without specifying particular disorders.

    DOI: 10.1111/1346-8138.13276

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Identification of a recurrent mitochondrial mutation in a Japanese family with palmo-plantar keratoderma, nail dystrophy, and deafness Reviewed

    Ryota Hayashi, Hiroshi Fujiwara, Michiko Morishita, Masaaki Ito, Yutaka Shimomura

    EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY   25 ( 1 )   79 - 81   2015.1

     More details

    Language:English   Publisher:JOHN LIBBEY EUROTEXT LTD  

    DOI: 10.1684/ejd.2014.2461

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The prevalence of Merkel cell polyomavirus in Japanese patients with Merkel cell carcinoma Reviewed

    Tomoyasu Hattori, Yuko Takeuchi, Tatsuya Takenouchi, Akiko Hirofuji, Tetsuya Tsuchida, Takenori Kabumoto, Hiroshi Fujiwara, Masaaki Ito, Akira Shimizu, Etsuko Okada, Sei-Ichiro Motegi, Atsushi Tamura, Osamu Ishikawa

    Journal of Dermatological Science   70 ( 2 )   99 - 107   2013.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Background: A novel polyomavirus, the Merkel cell polyomavirus (MCPyV) has been implicated in the pathogenesis of Merkel cell carcinoma (MCC)
    however, the prevalence of MCPyV in Japan has not been extensively investigated. Objective: To clarify the prevalence of MCPyV in Japanese patients with MCC. Methods: MCPyV DNA was examined by polymerase chain reaction (PCR) in formalin-fixed paraffin-embedded (FFPE) or frozen tissue samples from 26 patients with MCC diagnosed in four medical centers in Japan. Immunohistochemistry was simultaneously performed using a monoclonal antibody against the viral large T (LT) antigen. FFPE samples from basal cell carcinoma (BCC) and squamous cell carcinoma (SCC) were also analyzed as controls. Results: Twenty-three out of 26 cases (88.5%) were positive for MCPyV DNA by PCR. The amplified products harbored 4 patterns of mutations. Phylogenetic analysis demonstrated that one of our strains was closely related to the other Japanese strains previously reported. The LT antigen was expressed in various degrees in 20 of 26 cases (76.9%) by immunohistochemistry. Histological type had little relation to CM2B4 positivity, whereas 3 of 5 trabecular-type tumors showed no staining. The immunoreactivity for CM2B4 did not correlate with the relative viral DNA load. In BCC and SCC, the LT antigen was immunohistochemically positive, but MCPyV DNA was not detected by PCR. The cells around some MCC and non-MCC tumors were stained with CM2B4 with a distribution similar to CD20- and CD45RO- (especially CD8-) positive lymphocytes. Conclusion: MCPyV was highly positive in Japanese patients with MCC. It is of note that the positive rate differs depending upon the detection method. © 2013 Japanese Society for Investigative Dermatology.

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2013.02.010

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Mutation Analysis of the IL36RN Gene in 14 Japanese Patients with Generalized Pustular Psoriasis Reviewed

    Muhammad Farooq, Hiroyuki Nakai, Atsushi Fujimoto, Hiroki Fujikawa, Asako Matsuyama, Naoyuki Kariya, Atsuko Aizawa, Hiroshi Fujiwara, Masaaki Ito, Yutaka Shimomura

    HUMAN MUTATION   34 ( 1 )   176 - 183   2013.1

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:WILEY-BLACKWELL  

    Generalized pustular psoriasis (GPP) is a rare, potentially life threatening, and aggressive form of psoriasis, which is characterized by sudden onset with repeated episodic skin inflammation leading to pustule formation. Familial GPP is known to be caused by recessively inherited mutations in the IL36RN gene, which encodes interleukin 36 receptor antagonist (IL-36Ra). In this article, we performed mutation analysis of the IL36RN gene in 14 Japanese patients with GPP, and identified mutations in two of these patients analyzed. One patient was compound heterozygous for mutations c.115+6T>C and c.368C>G (p.Thr123Arg), whereas the other carried compound heterozygous mutations c.28C>T (p.Arg10*) and c.115+6T>C in the IL36RN gene. Expression studies using total RNA from the patients' skin revealed that the mutation c.115+6T>C resulted in skipping of exon 3, leading to a frameshift and a premature termination codon (p.Arg10Argfs*1). The protein structure analysis suggested that the missensemutation p.Thr123Arg caused misfolding and instability of IL-36Ra protein. In vitro studies in cultured cells showed impaired expression of the p.Thr123Arg mutant IL-36Ra protein, which failed to antagonize the IL-36 signaling pathway. Our data further underscore the critical role of IL36RN in pathogenesis of GPP. Hum Mutat 34:176-183, 2013. (C) 2012 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/humu.22203

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Association between effective dose of prednisolone, alone or in conjunction with other immunosuppressants, and titre of anti-bullous pemphigoid 180 antibody: A retrospective study of 42 cases

    H. Miida, H. Fujiwara, M. Ito

    Clinical and Experimental Dermatology   36 ( 5 )   485 - 488   2011.7

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Background. Corticosteroids, especially prednisolone or prednisone, are the most commonly used drugs for the treatment of bullous pemphigoid (BP). However, the appropriate initial effective prednisolone dose has not been established. Recently, a highly sensitive and specific ELISA for detection of autoantibodies to the non-collagenous extracellular domain (NC16A) of the 180kDa transmembrane hemidesmosome component [bullous pemphigoid (BP)180] was developed, and the titre of anti-BP180 antibody was found to be closely related to disease activity. Aim. To investigate the relationship between anti-BP180 antibody titre and effective prednisolone dose alone or in conjunction with other immunosuppressants. Methods. Anti-BP180 antibody titres were measured by ELISA for the NC16A domain of BP180 in the sera of patients with BP (n=42) at the start of treatment. The effective prednisolone dose was calculated from the patients' records. Results. Higher anti-BP180 antibody titres correlated with a higher effective prednisolone dose. In particular, patients with antibody titres >200 required a significantly higher effective prednisolone dose than did those with antibody titres ≤200. Conclusions. A higher effective prednisolone dose may be necessary for patients who have both a high titre of anti-BP180 antibody and severe clinical disease. © The Author(s). CED © 2011 British Association of Dermatologists.

    DOI: 10.1111/j.1365-2230.2010.04013.x

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Fli1 expression is epigenetically suppressed in dermal fibroblast and endothelium in systemic sclerosis Reviewed

    Hiroshi Fujiwara, Masaaki Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   130   S6 - S6   2010.9

     More details

    Language:English   Publisher:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuroblastoma amplified sequence gene is associated with a novel short stature syndrome characterised by optic nerve atrophy and Pelger-Huet anomaly Reviewed

    Nadezda Maksimova, Kenju Hara, Irina Nikolaeva, Tan Chun-Feng, Tomoaki Usui, Mineo Takagi, Yasushi Nishihira, Akinori Miyashita, Hiroshi Fujiwara, Tokuhide Oyama, Anna Nogovicina, Aitalina Sukhomyasova, Svetlana Potapova, Ryozo Kuwano, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Osamu Onodera

    JOURNAL OF MEDICAL GENETICS   47 ( 8 )   538 - 548   2010.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:B M J PUBLISHING GROUP  

    Background Hereditary short stature syndromes are clinically and genetically heterogeneous disorders and the cause have not been fully identified. Yakuts are a population isolated in Asia; they live in the far east of the Russian Federation and have a high prevalence of hereditary short stature syndrome including 3-M syndrome. A novel short stature syndrome in Yakuts is reported here, which is characterised by autosomal recessive inheritance, severe postnatal growth retardation, facial dysmorphism with senile face, small hands and feet, normal intelligence, Pelger-Huet anomaly of leucocytes, and optic atrophy with loss of visual acuity and colour vision. This new syndrome is designated as short stature with optic atrophy and Pelger-Huet anomaly (SOPH) syndrome.
    Aims To identify a causative gene for SOPH syndrome.
    Methods Genomewide homozygosity mapping was conducted in 33 patients in 30 families.
    Results The disease locus was mapped to the 1.1 Mb region on chromosome 2p24.3, including the neuroblastoma amplified sequence (NBAS) gene. Subsequently, 33 of 34 patients were identified with SOPH syndrome and had a 5741G/A nucleotide substitution (resulting in the amino acid substitution R1914H) in the NBAS gene in the homozygous state. None of the 203 normal Yakuts individuals had this substitution in the homozygous state. Immunohistochemical analysis revealed that the NBAS protein is well expressed in retinal ganglion cells, epidermal skin cells, and leucocyte cytoplasm in controls as well as a patient with SOPH syndrome.
    Conclusion These findings suggest that function of NBAS may associate with the pathogenesis of short stature syndrome as well as optic atrophy and Pelger-Huet anomaly.

    DOI: 10.1136/jmg.2009.074815

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Skin metastasis of dermatofibrosarcoma protuberans with distinct morphological features, confirmed by COL1A1-PDGFB fusion gene analysis. Reviewed International journal

    Takenori Kabumoto, Hiroshi Fujiwara, Naoyuki Kariya, Tomotaka Tsujimoto, Kaoru Ito, Masaaki Ito, Hiroto Kobayashi

    Journal of the American Academy of Dermatology   61 ( 1 )   130 - 2   2009.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:MOSBY-ELSEVIER  

    We discuss a metastatic dermatofibrosarcoma protuberans on the occiput of a 53-year-old man whose initial tumor appeared on his forehead 23 years previously. The pathology of the tumor that recurred at the initial site was fibrosarcomatous dermatofibrosarcoma protuberans, whereas the metastatic tumor was a pigmented dermatofibrosarcoma protuberans, the so-called Bednar tumor. Because both tumors possessed the identical chimeric COL1A1-PDGFB fusion gene, the metastatic nature of the occipital tumor was confirmed.

    DOI: 10.1016/j.jaad.2008.10.053

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Nonisotopic cytosine extension assay: a highly sensitive method to evaluate CpG island methylation in the whole genome. Reviewed International journal

    Hiroshi Fujiwara, Masaaki Ito

    Analytical biochemistry   307 ( 2 )   386 - 9   2002.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1016/S0003-2697(02)00053-2

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Drug eruption and liver injury caused by terfenadine and oxatomide Reviewed

    T Suyama, H Fujiwara, K Takenouchi, M Ito

    EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY   12 ( 4 )   385 - 386   2002.7

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:JOHN LIBBEY EUROTEXT LTD  

    We report a case of drug eruption and liver injury caused by two antihistamines, concurrently. A 70-year-old woman developed eczematous exanthema while taking several anti-histamines for psoriasis. Both terfenadine and oxatomide. were proved to be causative in oral drug challenge tests.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Successful treatment of impetigo herpetiformis with oral cyclosporine during pregnancy. Reviewed International journal

    Naoko Imai, Rikio Watanabe, Hiroshi Fujiwara, Masaaki Ito, Akemi Nakamura

    Archives of dermatology   138 ( 1 )   128 - 9   2002.1

     More details

    Language:English   Publisher:AMER MEDICAL ASSOC  

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Failure to detect paramyxovirus RNA in the skin of connective tissue disease Reviewed

    Hiroshi Fujiwara, Keiko Fujiwara, Shinichi Yotsumoto, Ken Hashimoto

    Journal of Dermatological Science   11 ( 1 )   70 - 75   1996

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Elsevier Ireland Ltd  

    Etiology of connective tissue disease is unknown. The association of infectious agents has been suspected serologically, ultrastructurally and recently by means of molecular biological techniques. We extracted RNA from lesions of 25 discoid lupus erythematosus, 9 systemic LE, and 3 systemic sclerosis biopsies, and reverse transcription polymerase chain reaction was performed for all paramyxoviruses known to infect human beings. None of the samples yielded positive signal for any of the viruses. The existence of paramyxovirus in the skin of connective tissue disease is very unlikely.

    DOI: 10.1016/0923-1811(95)00422-X

    Scopus

    PubMed

    researchmap

▶ display all

Books

  • 皮膚病理のみかた第5巻

    橋本 健( Role: Supervisor (editorial))

    日本皮膚科学会大阪地方会・京滋地方会  2018 

     More details

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン2018

    日本皮膚科学会, 創傷, 褥瘡, 熱傷ガイドライン策定委員会( Role: Joint author ,  褥瘡診療ガイドライン)

    金原出版  2018 

     More details

  • 皮膚科臨床アセット12 新しい創傷治療のすべて 褥瘡・熱傷・皮膚潰瘍

    ( Role: Joint author ,  褥瘡に対する外科的治療の適応)

    中山書店  2013 

     More details

  • 創傷と痛み

    ( Role: Joint author ,  陰圧閉鎖療法の痛みに対処する)

    金原出版  2013 

     More details

  • フィッツパトリック皮膚科学アトラス

    ( Role: Joint translator ,  爪の疾患)

    2008 

     More details

  • 皮膚悪性腫瘍発生へのDNAメチレーションの関与

    藤原, 浩

    [藤原浩]  2006.3 

     More details

    Total pages:7p  

    CiNii Books

    researchmap

▶ display all

MISC

  • Papular elastosisの1例

    勝海 洸司, 木村 浄土, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 8 )   1883 - 1883   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 毛虫皮膚炎(毒蛾皮膚炎)の臨床像、組織像、病態

    勝海 洸司, 木村 浄土, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 8 )   1880 - 1880   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍(blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm)の1例

    勝海 洸司, 木村 浄土, 藤原 浩, 関 義信, 長谷川 剛, 浅田 一幸

    日本皮膚科学会雑誌   131 ( 8 )   1882 - 1882   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • アポクリン汗腺腫瘍はなぜ黒いのか

    宮島 莉乃, 石渡 彩乃, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 7 )   1666 - 1666   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 近接して複数発生したpilomatricomaは、monoclonalか?

    石渡 彩乃, 宮島 莉乃, 加勢 夕季乃, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 7 )   1662 - 1662   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 後天性疣贅状表皮発育異常症(EV)の1例

    宮島 莉乃, 石渡 彩乃, 藤原 浩, 長谷川 剛, 加嶋 克則

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 7 )   1664 - 1664   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 【高齢者の皮膚特性を考慮した褥瘡診療・ケアのポイント】皮膚粗鬆症・スキン-テア

    藤原 浩

    WOC Nursing   8 ( 5 )   22 - 28   2020.5

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publisher:(株)医学出版  

    <Point>▼皮膚の加齢による変化を説明できる▼皮膚の老化による創傷発生リスクを評価できる▼スキン-テア発生時に対処できる(著者抄録)

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷〜専門医に欠かせないガイドラインの知識〜 褥瘡の治療

    入澤 亮吉, 藤原 浩, 門野 岳史, 大塚 正樹, 磯貝 善蔵, 廣崎 邦紀, 古賀 文二

    日本皮膚科学会雑誌   130 ( 5 )   1119 - 1119   2020.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 皮膚科医が知らない?創傷・スキンケアのトピックス 1)褥瘡 最新!褥瘡治療

    藤原浩

    Visual Dermatology   17 ( 2 )   118‐119   2018.1

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 褥瘡診療ガイドライン

    藤原 浩, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 浅井 純, 浅野 善英, 安部 正敏, 天野 正宏, 池上 隆太, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 岩田 洋平, 尾本 陽一, 加藤 裕史, 金子 栄, 加納 宏行, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 小寺 雅也, 境 恵祐, 櫻井 英一, 皿山 泰子, 新谷 洋一, 谷岡 未樹, 谷崎 英昭, 辻田 淳, 土井 直孝, 中西 健史, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤田 英樹, 藤本 学, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 茂木 精一郎, 八代 浩, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology   127 ( 8 )   1689 - 1744   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1689

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 2:褥瘡診療ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン策定委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 8 )   1689 - 1744   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1689

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 褥瘡ガイドライン(第2版)の改正点ならびに変更点

    藤原浩, 磯貝善蔵, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 古賀文二, 廣崎邦紀

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 5 )   982   2017.5

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン(第2版)について 講演を聴けば分かる第1版(2011年)からの改正点ならびに変更点 褥瘡ガイドライン(第2版)の改正点ならびに変更点

    藤原 浩, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 5 )   982 - 982   2017.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • glomus tumor of uncertain malignant potentialの1例

    富井光一, 吉長由季菜, 藤原浩, 長谷川剛

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 4 )   632(J‐STAGE) - 632   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • parallel theque patternが診断の手引きとなった悪性黒色腫の1例

    吉長由季菜, 富井光一, 藤原浩, 林良太

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 4 )   631(J‐STAGE) - 631   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多形滲出性紅斑を生じたAngioimmunoblastic Tcell lymphomaの1例

    富井光一, 貴舩夏子, 藤原浩, 長谷川剛, 関義信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 4 )   634(J‐STAGE) - 634   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Trichilemmal keratosisとactinic keratosisの比較

    鈴木 丈雄, 林 良太, 富井 光一, 薮内 由季菜, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 4 )   636 - 636   2017.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1:創傷一般ガイドライン

    井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー アンドレ, 浅井 純, 浅野 善英, 安部 正敏, 天野 正宏, 池上 隆太, 石井 貴之, 爲政 大幾, 磯貝 善蔵, 伊藤 孝明, 入澤 亮吉, 岩田 洋平, 大塚 正樹, 尾本 陽一, 加藤 裕史, 門野 岳史, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 古賀 文二, 小寺 雅也, 境 恵祐, 櫻井 英一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 谷崎 英昭, 土井 直孝, 中西 健史, 橋本 彰, 林 昌浩, 廣崎 邦紀, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 八代 浩, 山崎 修, 吉野 雄一郎, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 8 )   1659 - 1687   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1659

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Trichilemmal keratosisとactinic keratosisの比較検討

    鈴木丈雄, 林良太, 鈴木丈雄, 林良太, 富井光一, 薮内由季菜, 藤原浩, 長谷川剛

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 4 )   636(J‐STAGE)   2017

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 前額部に生じた筋線維腫の1例

    坂上真帆子, 富井光一, 吉長由季菜, 藤原浩, 林良太, 長谷川剛, 生越章

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 2 )   225(J‐STAGE)   2017

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 6:熱傷診療ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 10 )   2261 - 2292   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.2261

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―6:熱傷診療ガイドライン

    吉野 雄一郎, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 浅井 純, 浅野 善英, 安部 正敏, 池上 隆太, 石井 貴之, 爲政 大幾, 磯貝 善蔵, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 入澤 亮吉, 岩田 洋平, 大塚 正樹, 加藤 裕史, 門野 岳史, 金子 栄, 加納 宏行, 川上 民裕, 久木野 竜一, 幸野 健, 古賀 文二, 小寺 雅也, 櫻井 英一, 皿山 泰子, 新谷 洋一, 谷岡 未樹, 谷崎 英昭, 辻田 淳, 中西 健史, 長谷川 稔, 廣崎 邦紀, 藤田 英樹, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 茂木 精一郎, 八代 浩, 山崎 修, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 10 )   2261 - 2292   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.2261

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 5:下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 10 )   2239 - 2259   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.2239

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 2:褥瘡診療ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン策定委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 9 )   1933 - 1988   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1933

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―2:褥瘡診療ガイドライン

    藤原 浩, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 浅井 純, 浅野 善英, 安部 正敏, 天野 正宏, 池上 隆太, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 岩田 洋平, 尾本 陽一, 加藤 裕史, 金子 栄, 加納 宏行, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 小寺 雅也, 境 恵祐, 櫻井 英一, 皿山 泰子, 新谷 洋一, 谷岡 未樹, 谷崎 英昭, 辻田 淳, 土井 直孝, 中西 健史, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤田 英樹, 藤本 学, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 茂木 精一郎, 八代 浩, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 9 )   1933 - 1988   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1933

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 1:創傷一般ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン策定委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 8 )   1659 - 1687   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1659

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―5:下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン

    伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 浅井 純, 浅野 善英, 安部 正敏, 天野 正宏, 池上 隆太, 石井 貴之, 爲政 大幾, 磯貝 善蔵, 井上 雄二, 入澤 亮吉, 岩田 洋平, 大塚 正樹, 尾本 陽一, 加藤 裕史, 谷崎 英昭, 門野 岳史, 金子 栄, 加納 宏行, 川上 民裕, 川口 雅一, 幸野 健, 古賀 文二, 小寺 雅也, 境 恵祐, 櫻井 英一, 新谷 洋一, 辻田 淳, 土井 直孝, 中西 健史, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 廣崎 邦紀, 藤田 英樹, 藤本 学, 藤原 浩, 松尾 光馬, 間所 直樹, 茂木 精一郎, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 10 )   2239 - 2259   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.2239

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 4:膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 9 )   2033 - 2075   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.2033

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―4:膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン

    藤本 学, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 安部 正敏, 天野 正宏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 磯貝 善蔵, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 尾本 陽一, 加藤 裕史, 門野 岳史, 金子 栄, 加納 宏行, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 古賀 文二, 境 恵祐, 櫻井 英一, 皿山 泰子, 新谷 洋一, 谷岡 未樹, 谷崎 英昭, 辻田 淳, 土井 直孝, 中西 健史, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 廣崎 邦紀, 藤田 英樹, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 茂木 精一郎, 八代 浩, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 9 )   2033 - 2075   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.2033

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン 3:糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    尹 浩信, 立花 隆夫, 井上 雄二, 金子 栄, 加納 宏行, 新谷 洋一, 辻田 淳, 長谷川 稔, 藤田 英樹, 茂木 精一郎, レパヴー・アンドレ, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 安部 正敏, 池上 隆太, 爲政 大幾, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 石井 貴之, 岩田 洋平, 川上 民裕, 小寺 雅也, 藤本 学, 伊藤 孝明, 久木野 竜一, 皿山 泰子, 谷岡 未樹, 前川 武雄, 八代 浩, 天野 正宏, 尾本 陽一, 川口 雅一, 境 恵祐, 土井 直孝, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, 幸野 健, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 9 )   1989 - 2031   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1989

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―3:糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    爲政 大幾, 安部 正敏, 池上 隆太, 加藤 裕史, 櫻井 英一, 谷崎 英昭, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅井 純, 浅野 善英, 天野 正宏, 石井 貴之, 磯貝 善蔵, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 入澤 亮吉, 岩田 洋平, 大塚 正樹, 尾本 陽一, 門野 岳史, 金子 栄, 加納 宏行, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 古賀 文二, 小寺 雅也, 境 恵祐, 皿山 泰子, 新谷 洋一, 谷岡 未樹, 辻田 淳, 土井 直孝, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 廣崎 邦紀, 藤田 英樹, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 間所 直樹, 茂木 精一郎, 八代 浩, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   127 ( 9 )   1989 - 2031   2017

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.127.1989

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Bowen癌を発症したBowen様丘疹症の1例

    濱菜摘, 藤原浩, 阿部理一郎, 伊藤雅章

    臨床皮膚科   70 ( 11 )   887‐891 - 891   2016.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    63歳,女性.5年前に血管免疫芽球性T細胞リンパ腫を発症し5ヵ月間の化学療法を施行され完全寛解となった.その頃から外陰部の黒褐色結節を自覚した.徐々に増大し出血するようになった.結節周囲には米粒大までの乳頭腫状の黒褐色丘疹が散在していた.結節の全摘標本の病理組織像で著明な角化を認め,表皮と連続性に個細胞角化を伴う大小の腫瘍胞巣が増殖し,核分裂像や異常角化細胞も散見された.凍結組織よりPCR法にてHPV 16DNAを検出し,bowenoid papulosisから発生したBowen癌と診断した.残存するbowenoid papulosisは5%イミキモドクリーム外用と液体窒素療法を併用して治療した.免疫異常,もしくは免疫抑制状態であった患者にbowenoid papulosisを認めた場合,悪性化の可能性を念頭に置き,疑わしい病変が生じた際は速やかに切除することが望ましいと考えた.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1412204906

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A case of bowenoid papulosis developed into Bowen's carcinoma

    濱 菜摘, 藤原 浩, 阿部 理一郎, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology   70 ( 11 )   887 - 891   2016.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1412204906

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 褥瘡―ガイドラインの変更,国の政策の変遷―

    藤原浩, 藤原浩, 藤原浩

    新潟県医師会報   ( 798 )   2‐7 - 7   2016.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟県医師会  

    褥瘡治療の方針に関し、少なくとも今世紀に入ってからは、その本質に変化はない。しかしながら、恣意的な外部条件の変化により、表面上大きな変化が起こりつつある。その概略とバックグラウンドについて、以下の項目に分けて解説した。1)創傷治療一般論、2)褥瘡の原因、悪化要因の除去、3)壊死組織の除去、4)肉芽組織の形成、5)上皮化の促進、6)ガイドラインの作り方、7)国家政策、として述べた。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褥瘡を診るのに必要な皮膚の構造・機能とスキンケアの基礎知識 6 皮膚と肉芽形成~肉芽形成はどのように進むのだろうか

    藤原浩, 藤原浩

    WOC Nursing   4 ( 9 )   43‐49   2016.9

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【褥瘡を診るのに必要な皮膚の構造・機能とスキンケアの基礎知識】 皮膚と肉芽形成 肉芽形成はどのように進むのだろうか

    藤原 浩

    WOC Nursing   4 ( 9 )   43 - 49   2016.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学出版  

    <Point>▼創傷治癒の過程(止血期、炎症期、増殖期、成熟期[再構築期])を説明できる▼デブリードマンが創傷治癒にどのような意味をもつのか説明できる▼創傷治癒の遷延要因を分析し、対処できる(著者抄録)

    researchmap

  • 疣贅状表皮発育異常症の1例

    富井光一, 折目真理, 下村裕, 阿部理一郎, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 7 )   1306(J‐STAGE) - 1306   2016.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ガイドラインに基づく,褥瘡の予防・ケア・治療

    廣崎邦紀, 磯貝善蔵, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 古賀文二, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 5 )   768 - 768   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • クワシオルコール様症候群の2例

    吉長由季菜, 林良太, 藤原浩, 後藤倫子, 富井光一

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 5 )   952 - 952   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 疣贅状表皮発育異常症の1例

    折目真理, 下村裕, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 6 )   1140(J‐STAGE) - 1140   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • well‐differentiated liposarcomaの1例

    富井光一, 吉長由季菜, 藤原浩, 長谷川剛, 林良太

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 6 )   1143(J‐STAGE) - 1143   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Eccrine angiomatous hamartomaの1例

    斎藤勇輝, 藤川大基, 増井由紀子, 下村裕, 藤原浩, 阿部理一郎

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 6 )   1140(J‐STAGE) - 1140   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • クワシオルコール様症候群の1例

    吉長由季菜, 林良太, 藤原浩, 富井光一

    日本皮膚科学会雑誌   126 ( 6 )   1141(J‐STAGE) - 1141   2016.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Erdheim‐Chester病と考えられた1例

    有波浩, 会沢敦子, 株本武範, 藤原浩, 伊藤雅章, 生越章, 和泉大輔, 松永佐澄志

    臨床皮膚科   69 ( 10 )   735 - 741   2015.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    57歳,男性.1年前より前頭部に小丘疹が多発し,徐々に上眼瞼や頬部に拡大した.近医で外用加療されたが改善なく,当科を紹介された.皮膚生検病理組織像では,サルコイドーシスが疑われ,全身検索を行ったが,他の病変は認められなかった.その後,顔面の皮疹は消褪していったが,胸部や上腕に皮疹が拡大した.約2年後,中枢性尿崩症,長管骨病変が出現した.再度の皮膚生検では,真皮の浅層にスリガラス状で好酸性の細胞質を有する組織球が浸潤し,それらは免疫染色でCD68陽性,S100蛋白陰性,CD1a陰性であった.臨床症状と合わせ,Erdheim-Chester病と考えた.初診時の病理組織では,CD68陽性,CD1a陰性だったが,S100蛋白陽性の細胞も認めた.過去の報告で,Langerhans細胞組織球症の先行例や合併例があるが,自験例でもその可能性を考えた.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1412204542

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褥瘡の診療~ガイドラインの改訂と臨床現場での適用

    磯貝善蔵, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 古賀文二, 今福信一, 廣崎邦紀, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 4 )   762 - 762   2015.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Erdheim‐Chester病と考えられた1例

    有波浩, 会沢敦子, 株本武範, 藤原浩, 伊藤雅章, 生越章, 和泉大輔, 松永佐澄志

    西日本皮膚科   77 ( 2 )   175 - 175   2015.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会-西部支部  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Erdheim‐Chester病と考えられた1例

    有波浩, 会沢敦子, 株本武範, 藤原浩, 生越章, 和泉大輔, 松永佐澄志

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 3 )   457 - 457   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 菌状息肉症腫瘤に対する光線力学療法

    加畑雄大, 松尾淑江, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 3 )   457 - 457   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 主に片側性に皮疹を認めた色素失調症の男児の1例

    長谷川瑛人, 増井由紀子, 清水彩子, 藤原浩, 野本浩生

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 3 )   459 - 459   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • NPWTi(negative pressure wound therapy with instillation)を施行した皮膚潰瘍の1例

    吉長 由季菜, 林 良太, 五十嵐 可奈子, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   125 ( 3 )   458 - 458   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 潰瘍の病態と治療 褥瘡の治療アルゴリズム

    藤原浩

    Mon Book Derma   ( 226 )   55 - 61   2015.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)全日本病院出版会  

    褥瘡の診断は通常、容易であるが、鑑別すべき疾患も多く、特に末梢動脈疾患(PAD)の存在については気をつけなければならない。褥瘡と診断した場合、急性期はこまめに観察することが主となる。慢性期の浅い褥瘡(ステージII)は、圧迫などの悪化要因さえ解除できれば、速やかに上皮化する。慢性期の深い褥瘡に対しては、TIMEコンセプト(壊死組織の除去(T)、感染・炎症の制御(I)、滲出液の制御、除去(M)、創辺縁、ポケットの処理(E))に基づきwound bed preparationを図る。具体的には外用薬、ドレッシング材、抗菌薬の全身投与、外科的処置の適切な組み合わせである。ポケットを形成した場合は、ポケットの切開を優先して考える。近年、肉芽組織の増生促進のために、陰圧閉鎖療法を施行することが増えている。治療の全期間を通して、圧迫の解除、栄養、スキンケアなど、褥瘡の発生、悪化要因の除去が必要である。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褥瘡の治療~ガイドラインの変更点

    今福信一, 磯貝善蔵, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 廣崎邦紀, 藤原浩, 立花隆夫

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 13 )   2900 - 2903   2014.12

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚科医が行うべき難治性皮膚潰瘍の対処法とは? 創傷・熱傷ガイドラインの改訂版の変更点についても言及 褥瘡の治療 ガイドラインの変更点

    今福 信一, 磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 廣崎 邦紀, 藤原 浩, 立花 隆夫

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 13 )   2900 - 2903   2014.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2015125291

  • ピペラシリンナトリウムによる職業性アナフィラキシーの1例

    大湖 健太郎, 伊藤 明子, 増井 由紀子, 田中 登希子, 藤原 浩, 矢上 晶子, 松永 佳世子, 佐野 栄紀, 伊藤 雅章

    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology   8 ( 5 )   501 - 501   2014.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会  

    researchmap

  • 先天異常/先天奇形 染色体異常・先天奇形症候群 無汗性外胚葉形成不全症

    藤原浩

    日本臨床   722 - 724   2014.9

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • DNA methylation and hydroxymethylation regulate E-cadherin/CDH1 expression in squamous cell carcinoma of the skin

    H. Fujiwara, M. Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   134   S20 - S20   2014.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Web of Science

    researchmap

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 先天異常/先天奇形 染色体異常・先天奇形症候群 無汗性外胚葉形成不全症

    藤原 浩

    日本臨床   別冊 ( 神経症候群IV )   722 - 724   2014.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • A case of amelanotic malignant melanoma in a patient with Ocu1ocutaneous albinism

    会沢敦子, 株本武範, 折目真理, 浅野幸恵, 松山麻子, 藤原浩, 伊藤雅章, 三井田博

    Skin Cancer   29 ( 1 )   58 - 62   2014.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    56歳、女性。両親はいとこ婚。生下時より毛髪と虹彩の色素異常、弱視があった。2011年1月頃より左大腿に易出血性の紅色結節が出現した。前医で切除生検された病理組織では、びらん表面から真皮中層に、HMB45、melanA、S100蛋白、Fontana-Masson染色で陽性となる異型なメラノサイトが増殖しており、悪性黒色腫(MM)と診断され、同年4月に当科を紹介受診した。拡大切除術、分層植皮術を施行し、センチネルリンパ節生検は陰性であった。pT3bN0M0 stage IIBと診断し、術後インターフェロン局注療法を行っている。眼皮膚型白皮症(OCA)については遺伝子検索を施行し、I型と診断した。OCAと有棘細胞癌や基底細胞癌を含む皮膚悪性腫瘍の合併は多く報告されているが、MMとの合併は少ない。(著者抄録)

    DOI: 10.5227/skincancer.29.58

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褥瘡の治療~ガイドラインの変更点と実際の処置の具体例

    今福信一, 磯貝善蔵, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 廣崎邦紀, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 4 )   646 - 646   2014.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 中毒性表皮壊死症に対するシクロスポリン投与時の超微細構造の変化

    重原庸哉, 酒井あかり, 丸山涼子, 折目真理, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 4 )   786 - 786   2014.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 苺状血管腫にACE阻害薬を使用した1例

    土田裕子, 藤本篤, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 4 )   812 - 812   2014.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 菌状息肉症に対する光線力学療法

    加畑雄大, 松尾淑江, 折目真理, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 4 )   777 - 777   2014.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • FISH法による悪性黒色腫の検討

    加畑雄大, 松尾淑江, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 3 )   352 - 352   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • テラプレビルによるStevens‐Johnson症候群の1例

    土田裕子, 藤本篤, 五十嵐可奈子, 藤原浩, 五十嵐正人

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 3 )   349 - 349   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 中毒性表皮壊死剥離症に対するシクロスポリン投与時の組織変化

    酒井あかり, 重原庸哉, 丸山涼子, 折目真理, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 3 )   350 - 350   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • テラプレビルによるStevens‐Johnson症候群の1例

    土田裕子, 藤本篤, 五十嵐可奈子, 藤原浩, 伊藤雅章, 五十嵐正人

    日本皮膚科学会雑誌   124 ( 2 )   204 - 204   2014.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • in situ hibridization法による足底の色素斑の鑑別

    加畑雄大, 松尾淑江, 藤原浩, 伊藤雅章

    皮膚かたち研究学会学術大会プログラム・抄録集   41st   48   2014

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究[天疱瘡]天疱瘡における遺伝的背景の検索

    下村裕, 新関寛徳, 橋本隆, 青山裕美, 藤原浩, 桑野良三, 山上淳, 天谷雅行

    稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   29   2014

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン―第1版の課題と改訂に向けた取り組み 褥瘡診療ガイドライン

    藤原浩, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 立花隆夫

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 13 )   2882 - 2884   2013.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Lyme病の1例

    武田浩一郎, 馬場直子, 青木恵美, 坂ノ上正直, 持冨勇次, 藤原浩, 河井一浩, 金蔵拓郎

    西日本皮膚科   75 ( 6 )   559 - 559   2013.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会-西部支部  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褥瘡診療ガイドライン (第112回日本皮膚科学会総会 いま望まれる皮膚科心療) -- (教育講演 創傷・熱傷ガイドライン : 第1版の課題と改訂に向けた取り組み)

    藤原 浩, 今福 信一, 入澤 亮吉

    日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology   123 ( 13 )   2882 - 2884   2013.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 加齢と5‐mC(methylcytosine),5‐hmC(hydroxymethylcytosine)

    藤原浩, 伊藤雅章

    加齢皮膚医学セミナー   8   70   2013.6

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 褥瘡診療ガイドライン

    藤原浩, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 立花隆夫

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 5 )   830   2013.4

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 全身性エリテマトーデスに伴う動脈性潰瘍に陰圧閉鎖療法(VAC)が効果的であった1例

    田中登希子, 結城明彦, 会沢敦子, 松尾淑江, 下村尚子, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 4 )   453 - 453   2013.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン 第1版の課題と改訂に向けた取り組み 褥瘡診療ガイドライン

    藤原 浩, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 立花 隆夫

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 5 )   830 - 830   2013.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 眼皮膚型白皮症患者に発生した悪性黒色腫の1例

    会沢敦子, 浅野幸恵, 松山麻子, 株本武範, 藤原浩, 三井田博

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   163 - 163   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗ラミニン5型瘢痕性類天疱瘡の1例

    重原庸哉, 本田博樹, 藤本篤, 山崎清香, 大湖健太郎, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   162 - 162   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヘルペス脳炎様症状を呈した全身性エリテマトーデス(SLE)の1例

    林良太, 五十嵐可奈子, 浅野幸恵, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   163 - 163   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 関節症性乾癬患者に歯肉肥厚を生じた1例

    林良太, 濱菜摘, 五十嵐可奈子, 松山麻子, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   166 - 166   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 悪性黒色腫の切除後に汎発性白斑を生じた1例

    丸山涼子, 会沢敦子, 松山麻子, 株本武範, 藤原浩, 生越章, 浅野幸恵

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   167 - 167   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 単クローン性γグロブリン血症を合併した反応性血球貪食症

    田中登希子, 会沢敦子, 増井由紀子, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   165 - 165   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗トロンビン抗体陽性全身性エリテマトーデスに伴う動脈性潰瘍

    田中登希子, 松尾淑江, 会沢敦子, 下村尚子, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   123 ( 2 )   166 - 166   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 5-hydroxymethylcytosine regulation in aging skin and malignant melanoma

    H. Fujiwara, M. Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   132   S39 - S39   2012.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Web of Science

    researchmap

  • 眼皮膚型白皮症患者に発生した悪性黒色腫の1例

    会沢 敦子, 株本 武範, 浅野 幸恵, 松山 麻子, 藤原 浩, 伊藤 雅章, 三井田 博

    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   28回   147 - 147   2012.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    researchmap

  • Stevens‐Johnson’s syndromeに対するシクロスポリンの作用

    丸山涼子, 浅野幸恵, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   405 - 405   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗ラミニン332型粘膜類天疱瘡の2例

    丸山涼子, 五十嵐可奈子, 清水純子, 下村尚子, 佐藤信之, 藤原浩, 佐藤裕子, 松原三希子

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   400 - 400   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MC1R遺伝子polymorphismに伴う色素斑の組織学的検討

    濱菜摘, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   403 - 403   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性肝炎患者の顔面に血管系腫瘍が多発した1例

    藤川大基, 田中英一郎, 佐藤信之, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   405 - 405   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Mohs軟膏による腫瘍硬化療法と放射線化学療法を併用した頭部Ewing肉腫の1例

    増井 由紀子, 田中 英一郎, 土屋 和夫, 藤原 浩, 川島 寛之, 生越 章, 伊藤 雅章

    Skin Cancer   26 ( 3 )   311 - 315   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    20歳、男性。2008年5月頃より頭頂部に腫瘤が出現し、近医で切開・吸引されたが、短期間で腫瘤が再増大した。同年8月20日に当科を初診した。表面に凹凸のある約15cm×10cmの腫瘤が頭頂部にあり、血痂や潰瘍を伴い、易出血性であった。病理組織学的に、真皮、皮下組織に小型円形で均一なCD99陽性の腫瘍細胞がシート状に増殖し、RT-PCRでEWS-FLI1、EWS-ERGは陰性であった。免疫学的検索、FISHの結果よりEwing肉腫と診断した。原発巣と所属リンパ節に対する放射線照射と化学療法を行ったが、無効であった。腫瘍の重さ、悪臭と外観が患者のQOLを損なっていたため、Mohs軟膏を用いた腫瘍の硬化療法と、腫瘍減量術を施行した。その結果、手術時の出血量を少量に抑え、腫瘍を約半分の大きさに減量することができ、患者のQOLの改善をみた。Mohs軟膏は根治不能な皮膚悪性腫瘍の姑息治療に有用である。(著者抄録)

    DOI: 10.5227/skincancer.26.311

    CiNii Article

    researchmap

  • モスペースト腫瘍硬化療法と放射線化学療法を併用した頭部ユーイング肉腫の1例

    田中 英一郎, 土屋 和夫, 増井 由紀子, 藤原 浩, 伊藤 雅章, 川島 寛之, 生越 章

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   415 - 415   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    爲政 大幾, 安部 正敏, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅野 善英, 石井 貴之, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 門野 岳史, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, レパヴー・アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   281 - 319   2012.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.122.281

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―3:糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    爲政大幾, 安部正敏, 中西健史, 松尾光馬, 山崎修, 浅野善英, 石井貴之, 伊藤孝明, 井上雄二, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 大塚幹夫, 小川文秀, 門野岳史, 小寺雅也, 川上民裕, 川口雅一, 久木野竜一, 幸野健, 境恵祐, 高原正和, 谷岡未樹, 中村泰大, 橋本彰, 長谷川稔, 林昌浩, 藤本学, 藤原浩, 前川武雄, 間所直樹, 吉野雄一郎, レパブー アンドレ, 立花隆夫, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 2 )   281 - 319   2012.2

     More details

  • 皮膚悪性腫瘍患者のmelanocortin receptorの検討

    濱菜摘, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   87 - 87   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 下腿潰瘍と接触皮膚炎

    藤本篤, 濱菜摘, 後藤倫子, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   88 - 88   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 尋常性天疱瘡に対して,ステロイド投与,大量γグロブリン療法を施行し,重症合併症をきたした1例

    丸山涼子, 藤本篤, 濱菜摘, 後藤倫子, 苅谷直之, 松山麻子, 藤原浩, 高橋美千代

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   89 - 90   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 色素性乾皮症の2例

    濱菜摘, 株本武範, 後藤倫子, 土屋和夫, 田中英一郎, 佐藤信之, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   85 - 85   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モスペーストによる腫瘍硬化療法と放射線化学療法を併用した頭部Ewing肉腫の1例

    増井由紀子, 土屋和夫, 田中英一郎, 藤原浩, 川島寛之, 生越章

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   85 - 85   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 無汗性外胚葉性形成不全症の3症例

    増井由紀子, 下村裕, 橋本剛, 藤原浩, 佐藤信之

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   87 - 87   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モスペースト腫瘍硬化療法と放射線化学療法を併用した頭部ユーイング肉腫の1例

    田中英一郎, 土屋和夫, 増井由紀子, 藤原浩, 伊藤雅章, 川島寛之, 生越章

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   103 - 103   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Trichothiodystrophyの1例

    五十嵐可奈子, 藤原浩, 佐藤信之, 臼田東平, 河井一浩

    日本皮膚科学会雑誌   122 ( 1 )   88 - 88   2012.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告-6 : 熱傷診療ガイドライン

    吉野 雄一郎, 大塚 幹夫, 川口 雅一, 境 恵祐, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 小川 文秀, 門野 岳史, 川上 民裕, 久木野 竜一, 幸野 健, 小寺 雅也, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 長谷川 稔, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 山崎 修, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3279 - 3306   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.3279

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 頭部に多発した悪性軟部腫瘍の1例

    株本武範, 藤原浩, 辻本友高, 伊藤薫, 小林宏人

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3380 - 3380   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • RePUVA療法,高気圧酸素療法を行った難治性下腿潰瘍の1例

    山崎清香, 下村尚子, 三井田博, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3383 - 3383   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • コルヒチン減量に伴い発症したムチン沈着症の1例

    増井由紀子, 井村倫子, 藤原浩, 林正周, 手塚貴文

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3381 - 3381   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Cutting Edge

    藤原浩, 苅谷直之, 池滝知, 三井田博, 松山麻子

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3379 - 3379   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 熱傷診療ガイドライン

    吉野 雄一郎, 大塚 幹夫, 川口 雅一, 境 恵祐, 橋本 彰, 林 昌浩, 間所 直樹, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 小川 文秀, 門野 岳史, 川上 民裕, 久木野 竜一, 幸野 健, 小寺 雅也, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 長谷川 稔, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 山崎 修, レパヴー・アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3279 - 3306   2011.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.3279

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―6:熱傷診療ガイドライン

    吉野雄一郎, 大塚幹夫, 川口雅一, 境恵祐, 橋本彰, 林昌浩, 間所直樹, 浅野善英, 安部正敏, 石井貴之, 爲政大幾, 伊藤孝明, 井上雄二, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 小川文秀, 門野岳史, 川上民裕, 久木野竜一, 幸野健, 小寺雅也, 高原正和, 谷岡未樹, 中西健史, 中村泰大, 長谷川稔, 藤本学, 藤原浩, 前川武雄, 松尾光馬, 山崎修, レパブー アンドレ, 立花隆夫, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 14 )   3279 - 3306   2011.12

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン

    伊藤 孝明, 久木野 竜一, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中村 泰大, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 門野 岳史, 川上 民裕, 川口 雅一, 幸野 健, 小寺 雅也, 境 恵祐, 中西 健史, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー・アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 12 )   2431 - 2448   2011.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.2431

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告‐5:下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン

    伊藤孝明, 久木野竜一, 高原正和, 谷岡未樹, 中村泰大, 浅野善英, 安部正敏, 石井貴之, 爲政大幾, 井上雄二, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 大塚幹夫, 小川文秀, 門野岳史, 川上民裕, 川口雅一, 幸野健, 小寺雅也, 境恵祐, 中西健史, 橋本彰, 長谷川稔, 林昌浩, 藤本学, 藤原浩, 前川武雄, 松尾光馬, 間所直樹, 山崎修, 吉野雄一郎, レパブー アンドレ, 立花隆夫, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 12 )   2431 - 2448   2011.11

     More details

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告-4 : 膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン

    藤本 学, 浅野 善英, 石井 貴之, 小川 文秀, 川上 民裕, 小寺 雅也, 安部 正敏, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 門野 岳史, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 11 )   2187 - 2223   2011.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.2187

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン

    藤本 学, 浅野 善英, 石井 貴之, 小川 文秀, 川上 民裕, 小寺 雅也, 安部 正敏, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 門野 岳史, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤原 浩, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー・アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 11 )   2187 - 2223   2011.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.2187

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―4:膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン

    藤本学, 浅野善英, 石井貴之, 小川文秀, 川上民裕, 小寺雅也, 安部正敏, 爲政大幾, 伊藤孝明, 井上雄二, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 大塚幹夫, 門野岳史, 川口雅一, 久木野竜一, 幸野健, 境恵祐, 高原正和, 谷岡未樹, 中西健史, 中村泰大, 橋本彰, 長谷川稔, 林昌浩, 藤原浩, 前川武雄, 松尾光馬, 間所直樹, 山崎修, 吉野雄一郎, レパバー アンドレ, 立花隆夫, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 11 )   2187 - 2223   2011.10

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    爲政 大幾, 安部 正敏, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅野 善英, 石井 貴之, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 門野 岳史, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, レパヴー・アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 10 )   1997 - 2035   2011.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.1997

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告-3 : 糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    爲政 大幾, 安部 正敏, 中西 健史, 松尾 光馬, 山崎 修, 浅野 善英, 石井 貴之, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 門野 岳史, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 藤原 浩, 前川 武雄, 間所 直樹, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 立花 隆夫, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 10 )   1997 - 2035   2011.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.1997

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―3:糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン

    爲政大幾, 安部正敏, 中西健史, 松尾光馬, 山崎修, 浅野善英, 石井貴之, 伊藤孝明, 井上雄二, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 大塚幹夫, 小川文秀, 門野岳史, 小寺雅也, 川上民裕, 川口雅一, 久木野竜一, 幸野健, 境恵祐, 高原正和, 谷岡未樹, 中村泰大, 橋本彰, 長谷川稔, 林昌浩, 藤本学, 藤原浩, 前川武雄, 間所直樹, 吉野雄一郎, レパブー アンドレ, 立花隆夫, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 10 )   1997 - 2035   2011.9

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告-2 : 褥瘡診療ガイドライン

    立花 隆夫, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 藤原 浩, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー アンドレ, 尹 浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 9 )   1791 - 1839   2011.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.1791

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 褥瘡診療ガイドライン

    立花 隆夫, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 藤原 浩, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 爲政 大幾, 伊藤 孝明, 井上 雄二, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 長谷川 稔, 林 昌浩, 藤本 学, 前川 武雄, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, レパヴー・アンドレ, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 9 )   1791 - 1839   2011.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.1791

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告一2:褥瘡診療ガイドライン

    立花隆夫, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 門野岳史, 藤原浩, 浅野善英, 安部正敏, 石井貴之, 爲政大幾, 伊藤孝明, 井上雄二, 大塚幹夫, 小川文秀, 小寺雅也, 川上民裕, 川口雅一, 久木野竜一, 幸野健, 境恵祐, 高原正和, 谷岡未樹, 中西健史, 中村泰大, 橋本彰, 長谷川稔, 林昌浩, 藤本学, 前川武雄, 松尾光馬, 間所直樹, 山崎修, 吉野雄一郎, レパブー アンドレ, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 9 )   1791 - 1839   2011.8

  • Analysis of global 5-hydroxymethylcytosine in malignant melanoma and acquired melanocytic nevi

    H. Fujiwara, M. Ito

    PIGMENT CELL & MELANOMA RESEARCH   24 ( 4 )   852 - 852   2011.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:WILEY-BLACKWELL  

    Web of Science

    researchmap

  • 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―1:創傷一般

    井上雄二, 長谷川稔, 前川武雄, アンドレ レパブー, 浅野善英, 安部正敏, 石井貴之, 伊藤孝明, 爲政大幾, 今福信一, 入澤亮吉, 大塚正樹, 大塚幹夫, 小川文秀, 門野岳史, 小寺雅也, 川上民裕, 川口雅一, 久木野竜一, 幸野健, 境恵祐, 高原正和, 谷岡未樹, 中西健史, 中村泰大, 橋本彰, 林昌浩, 藤本学, 藤原浩, 松尾光馬, 間所直樹, 山崎修, 吉野雄一郎, 立花隆夫, 尹浩信

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 8 )   1539 - 1559   2011.7

     More details

  • 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告 創傷一般

    井上 雄二, 長谷川 稔, 前川 武雄, レパヴー・アンドレ, 浅野 善英, 安部 正敏, 石井 貴之, 伊藤 孝明, 爲政 大幾, 今福 信一, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 大塚 幹夫, 小川 文秀, 門野 岳史, 小寺 雅也, 川上 民裕, 川口 雅一, 久木野 竜一, 幸野 健, 境 恵祐, 高原 正和, 谷岡 未樹, 中西 健史, 中村 泰大, 橋本 彰, 林 昌浩, 藤本 学, 藤原 浩, 松尾 光馬, 間所 直樹, 山崎 修, 吉野 雄一郎, 立花 隆夫, 尹 浩信, 創傷, 熱傷ガイドライン委員会

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 8 )   1539 - 1559   2011.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    DOI: 10.14924/dermatol.121.1539

    researchmap

  • 顔面に血管系腫瘍が多発した1例

    藤川大基, 田中英一郎, 佐藤信之, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   121 ( 4 )   741   2011.3

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • A case of Ewing's sarcoma treated with radio-chemotherapy and Mohs' paste chemosurgery

    MASUI Yukiko, TANAKA Eiichiro, TSUCHIYA Kazuo, FUJIWARA Hiroshi, KAWASHIMA Hiroyuki, OGOSE Akira, ITO Masaaki

    Skin Cancer   26 ( 3 )   311 - 315   2011

     More details

    Language:Japanese   Publisher:The Japanese Skin Cancer Society  

    A 20-years-old man suffered from a rapidly growing tumor on his head. A histopathological survey of the tumor revealed CD99-positive small round cells massively spaced in the dermis and the subcutaneous fatty tissue. Although, EWS-FLI1 and EWS-ERG were negative in RT-PCR, this tumor could be diagnosed as Ewing sarcoma, because an abnormality of the EWS-gene of the tumor cells was detected by a fluorescence in situ hybridization study. Radio-chemotherapy for the tumor and lymph node metastasis was performed, however, the therapy was not effective. Since the bad smell, huge size and heavy weight of the tumor impaired his quality of life, Mohs' paste chemosurgery was applied two times, resulting in the safe reduction of the tumor size and improvement in the patient's quality of life.<br>Mohs' paste chemosurgery seems to be a palliative, but useful therapy for huge skin cancers in the terminal stage.[<i>Skin Cancer (Japan)</i> 2011 ; 26 : 311-315]

    DOI: 10.5227/skincancer.26.311

    CiNii Article

    researchmap

  • 大量γグロブリン療法が著効したが,重症感染症を併発した尋常性天疱瘡症例の検討

    丸山涼子, 藤本篤, 濱菜摘, 後藤倫子, 苅谷直之, 松山麻子, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   120 ( 3 )   696 - 696   2010.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヒトパピローマウイルス6型を検出したnevoid hyperkeratosis of nipple and areolaの1例

    山崎清香, 佐藤信之, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   120 ( 1 )   80 - 80   2010.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 特染のコツ : 免疫グロブリン直接蛍光抗体法を含む

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   119 ( 13 )   2844 - 2847   2009.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 皮膚生検のコツ~病理組織の出し方,読み方 特染のコツ(免疫グロブリン直接蛍光抗体法を含む)

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   119 ( 13 )   2844 - 2847   2009.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ビタミンDとphotodynamic cell death

    佐藤 信之, 藤原 浩, 鈴木 信也, 高塚 純子, Maytin E.V, Hasan T

    日本皮膚科学会雑誌   119 ( 11 )   2198 - 2198   2009.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 医政展望 日本医師会の会員数を増やすために

    藤原 浩

    新潟県医師会報   ( 712 )   7 - 10   2009.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟県医師会  

    researchmap

  • Epigenetics, Its Development for the Diagnostic Analyses and for the Treatment

    藤原浩

    新潟医学会雑誌   123 ( 5 )   211 - 213   2009.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    培地組成、培養条件を検討し、炎症性疾患、良性・悪性腫瘍などの初代培養組織内でメチル化されていた癌抑制遺伝子のmRNAを再発現させることに成功した。DNAメチル化による癌抑制遺伝子の発現制御に関して証明できるようにはなった。しかし、エピジェネティックスは、研究、診断に関しては実用化のレベルに達しているが治療に関しては不充分である。実際の治療への応用が課題であると思われた。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • モスペーストによる腫瘍硬化療法と放射線化学療法を併用した頭部Ewing肉腫の1例

    増井 由紀子, 土屋 和夫, 田中 英一郎, 藤原 浩, 伊藤 雅章, 川島 寛之, 生越 章

    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   25回   221 - 221   2009.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    researchmap

  • 特染のコツ

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   119 ( 4 )   589   2009.3

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚生検のコツ 病理組織の出し方、読み方 特染のコツ

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   119 ( 4 )   589 - 589   2009.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 強皮症,皮膚筋炎患者における胃食道逆流症

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   119 ( 2 )   211 - 211   2009.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 特染のコツ(免疫グロブリン直接蛍光抗体法を含む)

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   118 ( 13 )   2711 - 2714   2008.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 皮膚生検のコツ:初心者に必要な病理標本を準備するための留意点 特染のコツ(免疫グロブリン直接蛍光抗体法を含む)

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   118 ( 13 )   2711 - 2714   2008.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗リン脂質抗体症候群の1例と,過去に経験した抗リン脂質抗体陽性例の検討

    鈴木信也, 株本武範, 下村裕, 木戸学, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   118 ( 7 )   1272 - 1272   2008.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚筋炎に合併した日光蕁麻疹の1例

    三井田博, 株本武範, 藤原浩, 伊藤雅章

    日本皮膚科学会雑誌   118 ( 7 )   1283 - 1283   2008.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚生検のコツ:初心者に必要な病理標本を準備するための留意点 特染のコツ

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   118 ( 4 )   615   2008.3

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 特染のコツ

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   118 ( 4 )   615 - 615   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 病理標本を準備するためのコツ 特染のコツ

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 13 )   2109 - 2112   2007.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 特染のコツ

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 13 )   2109 - 2112   2007.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 下腿壊疽性膿皮症の1例

    林菜穂子, 飛澤泰友, 坂村律生, 宮田昌幸, 柴田実, 藤原浩

    日本形成外科学会会誌   27 ( 11 )   808 - 808   2007.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本形成外科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Pharmacological regulation of epigenetic gene expression in tissue culture of squamous cell carcinoma of the skin

    H. Fujiwara, M. Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   127   S93 - S93   2007.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Web of Science

    researchmap

  • クワシオルコール様症候群の1例

    井村倫子, 苅谷直之, 池滝知, 下村裕, 野本真由美, 木戸学, 藤原浩, 丸山友裕

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 10 )   1628 - 1628   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚筋炎に合併した日光蕁麻疹の1例

    株本武範, 三井田博, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 10 )   1625 - 1625   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 劣性栄養障害型表皮水疱症の1例

    鈴木信也, 下村裕, 苅谷直之, 山本洋子, 坂本ふみ子, 藤原浩, 渋谷倫子

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 10 )   1629 - 1629   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血漿交換療法を施行した水疱性類天疱瘡の1例

    下村尚子, 三井田博, 木戸学, 澤田壮平, 藤原浩, 中枝武司, 長谷川尚, 高橋美千代

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 10 )   1625 - 1625   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗リン脂質抗体症候群の1例と,過去に経験した抗リン脂質抗体陽性症例の検討

    株本武範, 石田勝, 鈴木信也, 清水純子, 池滝知, 下村裕, 木戸学, 八百枝美奈, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1461 - 1461   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血栓症状で見つかった,全身性エリテマトーデスに合併した抗リン脂質抗体症候群の1例

    鈴木信也, 下村裕, 木戸学, 八百枝美奈, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1459 - 1459   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 一部に毛包系の分化を伴った巨大な脂漏性角化症の1例

    高橋明仁, 辻本友高, 藤原浩, 渡辺修一

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1465 - 1466   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • D‐ペニシラミンによる苔癬型薬疹

    苅谷直之, 鈴木信也, 土屋和夫, 野本真由美, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1463 - 1463   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CNS lupusに先行してlichenoid reactionが生じた1例

    高橋明仁, 辻本友高, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1467 - 1467   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乳癌患者に生じた,環状紅斑を呈した水疱性類天疱瘡の1例

    大湖健太郎, 高橋明仁, 増子淳次郎, 下村裕, 藤原浩, 後藤一美

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1459 - 1459   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 天疱瘡におけるデスモグレイン1,デスモグレイン3の発現について

    井村倫子, 仁田原綾乃, 野本真由美, 藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 9 )   1459 - 1459   2007.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 第106回日本皮膚科学会総会 印象記

    藤原 浩

    臨床皮膚科   61 ( 8 )   662 - 664   2007.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:医学書院  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 特染のコツ

    藤原浩

    日本皮膚科学会雑誌   117 ( 4 )   495 - 495   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • CPC2非リンフォーマのまとめ

    熊切 正信, 野島 孝之, 清原 祥夫, 高田 実, 藤原 浩, 毛利 忍

    Skin Cancer   22 ( 2 )   190 - 193   2007

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    DOI: 10.5227/skincancer.22.190

    CiNii Article

    researchmap

  • 皮膚扁平苔癬の臨床

    藤原浩

    日本口腔粘膜学会雑誌   12 ( 2 )   85   2006.12

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 皮膚と口腔扁平苔癬 皮膚扁平苔癬の臨床

    藤原 浩

    日本口腔粘膜学会雑誌   12 ( 2 )   85 - 85   2006.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本口腔内科学会  

    researchmap

  • 劣性栄養障害型表皮水疱症の1例

    鈴木信也, 下村裕, 山本洋子, 苅谷直之, 藤原浩, 伊藤雅章, 渋谷倫子

    日本小児皮膚科学会雑誌   25 ( 2 )   156 - 156   2006.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本小児皮膚科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Treatment of Acute Phase Herpes Zoster

    藤原浩

    新潟医学会雑誌   120 ( 11 )   609 - 611   2006.11

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2 Treatment of Acute Phase Herpes Zoster(Chronic Pain Management-Current Status and Problems in Niigata Prefecture-)

    FUJIWARA Hiroshi

    Niigata medical journal   120 ( 11 )   609 - 611   2006.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Niigata University  

    Herpes zoster develops under the reactivation of varicella-zoster virus in dorsal ganglia. Ultimate goal of treatment of herpes zoster is prevention of post-herpetic neuralgia. Major decline of the incident of PHN was observed with acyclovir administration in 1980's. Currently early administration of acyclovir is the only effective treatment, widely accepted in the prevention of PHN. In its acute phase herpes zoster is treated with valaciclovir, non-steroidal anti-inflammatory drugs, corticosteroid oral administration, and vidarabine topical application. PHN is treated, although not always effective, with amitriptyline, benzodiazepines, carbamazepine, capsicin, or nerve block. Promising data in reactivation of VZV immunity were reported for prevention of development of herpes zoster and PHN.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ペインクリニックの現状と問題点 帯状疱疹急性期の治療 皮膚科の立場から

    藤原 浩

    新潟医学会雑誌   120 ( 11 )   609 - 611   2006.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    researchmap

  • Functional analysis of epigenetic regulation on normal skin and skin cancers

    H. Fujiwara, M. Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   126   35 - 35   2006.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Web of Science

    researchmap

  • 褥瘡有病率における定点調査と全日調査の同等性の検討

    田辺 志保子, 板垣 広美, 長沢 純子, 森川 妙子, 金子 喜久恵, 風間 真理子, 番場 朝子, 藤原 浩

    日本褥瘡学会誌   8 ( 3 )   482 - 482   2006.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本褥瘡学会  

    researchmap

  • 皮膚所見を伴った多発性単神経障害2症例の病因と治療方針の検討 血栓症か血管炎か

    松田 明子, 寺島 健史, 眞野 篤, 村上 修一, 五十嵐 修一, 藤原 浩, 田中 惠子, 西澤 正豊

    神経治療学   23 ( 3 )   327 - 327   2006.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本神経治療学会  

    researchmap

  • Epigenetic regulation of E-cadherin in squamous cell carcinoma of the skin

    H Fujiwara, M Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   125 ( 3 )   A64 - A64   2005.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:BLACKWELL PUBLISHING  

    Web of Science

    researchmap

  • 自然消退傾向を示したprimary cutaneous anaplastic large cell lymphomaの1例

    池滝 知, 河井 一浩, 下村 裕, 渡辺 力夫, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科   58 ( 10 )   868 - 871   2004.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    65歳男.頭頂部の皮膚腫瘤を主訴とした.19年前から全身各所に皮膚腫瘤の再発と自然消退を繰り返していた.頭頂部に自覚症状のない,中心に痂皮を伴う20mm大のドーム状の紅色腫瘤があり,病理所見で表皮下から皮下に及ぶ稠密な細胞浸潤を認めた.浸潤細胞は豊富な胞体と核小体が明瞭な大型の異型な核をもつ細胞で,シート状の増殖を示し,核分裂像も認められた.免疫組織化学染色所見で腫瘍細胞はCD30陽性で,CD15,CD20,CD45,CD56,EMA,ALK陰性,cutaneous lymphocyte antigen陽性であった.皮膚生検組織から抽出したDNAを用いたサザンブロット法で,Cβ1プローブよりT細胞レセプターβ鎖遺伝子のモノクローナルな再構成が検出された.以上より,primary cutaneous anaplastic large cell lymphomaと診断した.入院した時点で既に皮膚腫瘤は自然消退傾向を示し,遺伝子組換え型インターフェロンを局注したところ,残存していた紅斑も消退した.退院後2年間,皮膚腫瘤の再発は認めていない

    DOI: 10.11477/mf.1412100810

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004301280

  • 巨大尖圭コンジローマの1例

    池滝 知, 野本 重敏, 下村 裕, 山田 聰, 橘 敏明, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科   58 ( 6 )   463 - 465   2004.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    55歳男.1997年頃から肛門周囲に疣状の腫瘤が出現したが放置していた.初診4ヵ月前から急速に拡大し,疼痛,出血を伴うようになった.9×7cmのカリフラワー状に隆起した赤色,弾性軟の腫瘤を認めた.周囲にはより小型の疣状の結節と,排膿を伴う瘻孔や結節を伴っていた.腫瘤の表面には膿を伴い,悪臭を認めた.両側鼠径リンパ節は腫大していた.腫瘤部組織生検により巨大尖圭コンジローマと診断した.PCR法でhuman papillomavirus(HPV)DNAが検出され,type6と同定した.腫瘍を切除し,大腿から採皮してsheet graftで再建した.その後,創部感染を併発し,植皮が大部分脱落したため,再度mesh skin graftで再建した.術後2年を経過し,再発は認めていない.植皮部の拘縮も全くなく,肛門機能に問題も生じていない

    DOI: 10.11477/mf.1412100706

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004250013

  • ランソプラゾール,アモキシシリンの2剤により生じた粘膜皮膚眼症候群の1例

    苅谷 直之, 下村 裕, 長谷川 和佳子, 藤原 浩, 山本 綾子

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   999 - 1000   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • stanozololによる抗リン脂質抗体症候群に伴う難治性下腿潰瘍の治療

    土屋 和夫, 井村 倫子, 下村 裕, 辻本 友高, 澤田 壮平, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   997 - 997   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • non-x histiocytosisの1例

    鈴木 信也, 池滝 知, 辻本 友高, 佐藤 信之, 橋本 剛, 藤原 浩, 坂本 ふみ子

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   998 - 998   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • photodynamic therapyを施行した日光角化症の2例,電顕的検索

    鈴木 信也, 池滝 知, 佐藤 信之, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   1000 - 1000   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 尋常性乾癬経過中に発症した尋常性天疱瘡の1例

    大湖 健太郎, 高橋 明仁, 増子 淳次郎, 下村 裕, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   1001 - 1001   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 色素失調症の2例

    井村 倫子, 佐藤 信之, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   1001 - 1001   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 皮膚筋炎表皮細胞の電顕的観察

    鈴木 信也, 佐藤 信之, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   114 ( 5 )   1001 - 1001   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 2 巨大尖圭コンジローマの1例(一般講演,第4回新潟性感染症(STD)研究会)

    池滝 知, 野本 重敏, 藤原 浩, 橘 敏明, 山田 聰, 伊藤 雅章

    新潟医学会雑誌   117 ( 12 )   767 - 767   2003.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 巨大尖圭コンジローマの1例

    池滝 知, 野本 重敏, 藤原 浩, 橘 敏明, 山田 聰, 伊藤 雅章

    新潟医学会雑誌   117 ( 12 )   767 - 767   2003.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    researchmap

  • 当科における過去10年間の中毒性表皮壊死症,粘膜皮膚眼症候群の集計

    高橋 明仁, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   113 ( 8 )   1275 - 1275   2003.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 小児腹壁遠心性脂肪萎縮症の1例

    池滝 知, 長谷川 和佳子, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   113 ( 4 )   464 - 464   2003.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Genome-wide CpG island methylation and promotor methylation analyses in malignant tumors of the skin

    H Fujiwara, M Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   119 ( 3 )   750 - 750   2002.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:BLACKWELL PUBLISHING INC  

    Web of Science

    researchmap

  • <学会記事>1 AIDS 患者に生じた HPV16 型陽性の陰茎ボーエン病の 1 例(I. 一般演題)(第 3 回新潟性感染症 (STD) 研究会)

    池澤 知, 藤原 浩

    新潟医学会雑誌   116 ( 7 )   346 - 346   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 壊死性筋膜炎の1例

    池滝 知, 増子 淳次郎, 石井 美奈, 渡部 恭, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1142 - 1142   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • primary cutaneous anaplastic large cell lymphomaの1例

    池滝 知, 河井 一浩, 下村 裕, 渡辺 力夫, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1141 - 1141   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • シクロスポリンが奏効した疱疹状膿痂疹の1例

    今井 尚子, 渡辺 力夫, 藤原 浩, 中村 明美

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1141 - 1141   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • apocrine poromaの1例

    今井 尚子, 野本 重敏, 藤原 浩, 坂本 ふみ子

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1142 - 1142   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 高γグロブリン血症性紫斑病の1例

    下村 尚子, 田中 英一郎, 渡辺 力夫, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1144 - 1144   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • AIDS患者に生じたHPV16型陽性の陰茎Bowen病の1例

    池滝 知, 藤原 浩, 谷川 俊貴, 斎藤 和英

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1146 - 1146   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 血栓による小結節を生じた抗リン脂質抗体陽性の全身性エリテマトーデスの1例

    高橋 明仁, 木戸 学, 藤原 浩, 丸山 友裕

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1147 - 1147   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 増殖性変化を認めた尋常性天疱瘡の1例

    清水 純子, 田中 英一郎, 野本 真由美, 渡部 恭, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1148 - 1148   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • primary cutaneous anaplastic large cell lymphomaの1例

    池滝 知, 河井 一浩, 下村 裕, 渡辺 力夫, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1152 - 1152   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • AIDS患者に生じたHPV16型陽性の陰茎ボーエン病の1例

    池澤 知, 藤原 浩

    新潟医学会雑誌   116 ( 7 )   346 - 346   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2003139459

  • 三重複癌を合併した皮膚筋炎の1例

    下村 裕, 高橋 利幸, 藤原 浩, 竹之内 辰也

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1138 - 1138   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 小児の尋常性乾癬の1例

    三井田 博, 今井 尚子, 野本 真由美, 田村 正和, 内山 直樹, 富山 勝博, 藤原 浩, 小林 聰也

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1138 - 1138   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 巨大尖圭コンジローマの1例

    池滝 知, 野本 重敏, 藤原 浩, 橘 敏明, 山田 聰

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 8 )   1140 - 1140   2002.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • <学会記事>2 三重複癌を合併した皮膚筋炎の 1 例(I. 一般演題)(第 71 回膠原病研究会)

    下村 裕, 高橋 利幸, 藤原 浩, 樋浦 徹, 松本 尚也, 田中 純太

    新潟医学会雑誌   116 ( 4 )   185 - 185   2002.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 三重複癌を合併した皮膚筋炎の1例

    下村 裕, 高橋 利幸, 藤原 浩, 樋浦 徹, 松本 尚也, 田中 純太

    新潟医学会雑誌   116 ( 4 )   185 - 185   2002.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    researchmap

  • 【臨床皮膚科 最近のトピックス Clinical Dermatology 2002】 皮膚科医のための臨床トピックス 強皮症のニトログリセリン軟膏外用療法

    藤原 浩, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科   56 ( 5 )   168 - 169   2002.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    全身性強皮症は,いわゆる膠原病に分類される原因不明の疾患である.環境因子の関与が大きいことが推察され,自己抗体として,抗トポイソメラーゼ1抗体(抗Scl-70抗体)と抗セントロメア抗体が有名である.前者は肺線維症を伴う進行性の重症型と,後者はCREST症候群のようないわゆる軽症型と関係するといわれてきた.しかし,抗体の有無に拘わらず全身に硬化が進行するもの,病変が指だけに限局するものがある.著者等はこの全身性強皮症の組織虚血成因説に基づきニトログリセリン軟膏外用療法を行い,治療効果判定をdurometerを用いて定量的に行い,その有用性を報告した

    DOI: 10.11477/mf.1412903965

    researchmap

  • 皮膚筋炎患者の血清中の可溶性TNF-RI及びRIIは高値を示す

    石井 美奈, 藤原 浩, 河井 一浩, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   112 ( 3 )   270 - 270   2002.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • CpG island-specific hypermethylation in peripheral blood lymphocytes of systemic lupus erythematosus

    H Fujiwara, M Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   117 ( 2 )   520 - 520   2001.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:BLACKWELL SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 水疱形成を認めた慢性GVHDの1例

    山田 聰, 竹之内 辰也, 廣瀬 貴之, 今井 洋介, 張 高明, 澤田 壮平, 藤原 浩, 伊藤 薫, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 9 )   1380 - 1380   2001.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 無疹部に孤立性にBowen病を生じた疣贅状表皮発育異常症の1例

    三井田 博, 高塚 純子, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   873 - 873   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 水疱形成を主体とした慢性GVHDの1例

    山田 聰, 竹之内 辰也, 廣瀬 貴之, 今井 洋介, 張 高明, 澤田 壮平, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   876 - 876   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 組織球貪食性脂肪織炎の1例

    辻本 友高, 田子 修, 浅田 一幸, 渋谷 倫子, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   868 - 869   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 母子感染が疑われたケルスス禿瘡の1例

    岨山 真由美, 田村 正和, 橘 敏明, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   867 - 867   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 壊疽性膿皮症の1例

    辻本 友高, 青木 宣明, 田子 修, 藤原 浩, 河井 一浩, 竹内 学

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   867 - 867   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 両眼瞼球癒着をきたした自己免疫性水疱症の1例

    下村 裕, 山本 洋子, 石井 美奈, 藤原 浩, 笹川 智幸, 阿部 達也

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   873 - 873   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 薬剤再投与試験が陰性であった中毒性表皮壊死症の1例

    高橋 利幸, 木戸 学, 千葉 ひとみ, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   870 - 870   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 単純型先天性表皮水疱症の1例

    長谷川 和佳子, 橋本 剛, 藤原 浩, 坂本 ふみ子

    日本皮膚科学会雑誌   111 ( 5 )   871 - 871   2001.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 全身性強皮症の成因と治療に関する最近の考え方

    藤原 浩

    新潟県医師会報   ( 610 )   2 - 5   2001.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟県医師会  

    researchmap

  • 【日本語にならない皮膚病(臨床例)】 acral pseudolymphomatous angiokeratoma of children(APACHE)

    伊藤 薫, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    皮膚病診療   22 ( 10 )   979 - 982   2000.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)協和企画  

    8歳女児.左足の多発性紅色丘疹を主訴とした.初診時,左足第1趾間から第2趾,第1趾・第4趾の先端部,足底の一部に暗赤色丘疹が集簇し,特に第1趾間と第2趾に多発していた.H-E染色弱拡大像で,病変部の真皮に稠密な細胞浸潤を認めた.浸潤リンパ球に異型性はなく,毛細血管の拡張,表皮基底層の液状変性,表皮内への単核球の浸潤を認めた.免疫組織化学的所見では,MT-1陽性のT細胞が多数認められ,一部は表皮内に浸潤していた.CD20陽性のB細胞も真皮内に多数認められた.以上の所見により,acral pseudolymphomatous angiokeratoma of childrenと診断した.ステロイド外用,非ステロイド消炎剤外用を試みたが,ほとんど変化はみられなかった.初診半年後から徐々に丘疹は色素沈着を残して消褪傾向を示したため,無治療にて経過観察したところ,約8年後,皮疹はかなり減少・軽快し褐色斑となった

    CiNii Article

    researchmap

  • HUMURA assayによる母斑細胞母斑の検討

    藤原 浩, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 9 )   1448 - 1448   2000.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 単純型先天性表皮水疱症の1例

    長谷川 和佳子, 橋本 剛, 藤原 浩, 坂本 ふみ子

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 6 )   1042 - 1042   2000.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 【臨床皮膚科-最近のトピックス】 最近話題の皮膚疾患 Paraneoplastic pemphigus

    石井 美奈, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科   54 ( 5 )   11 - 13   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    59歳男.1995年4月頃より,舌痛と口腔内びらんが出現.ステロイドの全身投与に反応せず,結膜炎,陰部のびらん,上肢に水疱も出現した.組織像,蛍光抗体法所見よりparaneoplastic pemphigusと診断した.縦隔腫瘍摘出後,粘膜,皮膚病変とも軽快傾向を示した.現在はプレドニゾロン,シクロスポリン内服中である.Paraneoplastic pemphigusは,1990年Anhaltらによって提唱された疾患概念である.患者血清はdesmoplakin 1,BPAG 1,envoplakin,periplakinなど多彩な抗原と反応する.今回,著者等は患者血清がplakoglobinにも反応することを見いだした

    researchmap

  • subclinical Sjoegren syndromeに合併したStevens-Johnson syndromeの1例

    雨宮 一哲, 富山 勝博, 藤原 浩, 渡部 恭, 上村 旭

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 5 )   900 - 900   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 菌状息肉症患者に多発した放射線角化症の1例

    志村 英樹, 渡部 恭, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 5 )   901 - 901   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • hydroxyurea内服中の慢性骨髄性白血病患者に生じた下腿潰瘍の1例

    木戸 学, 田子 修, 藤原 浩, 庭野 裕恵

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 5 )   902 - 902   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 経過中に多発性筋炎を合併した強皮症の1例

    池滝 勝史, 小林 夏子, 田子 修, 島垣 和花, 藤原 浩, 大平 徹郎

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 5 )   896 - 896   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 習慣飲酒患者に生じた光線過敏性皮膚炎の1例

    木戸 学, 雨宮 一哲, 富山 勝博, 藤崎 景子, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   110 ( 5 )   899 - 899   2000.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 母子感染が疑われたT.violaceumによるケルスス禿瘡の1例

    岨山 真由美, 田村 正和, 橘 敏明, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   109 ( 8 )   1250 - 1250   1999.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 食道病変を認めた天疱瘡の2例

    雨宮 一哲, 富山 勝博, 藤原 浩, 石井 美奈, 伊藤 雅章, 浜田 正明

    日本皮膚科学会雑誌   109 ( 8 )   1230 - 1230   1999.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 全身性強皮症の女性患者の生検組織中にはY染色体陽性細胞が高率に存在する

    藤原 浩, 伊藤 雅章

    日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム   24回   146 - 146   1999.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本研究皮膚科学会  

    researchmap

  • Existence of Y-chromosome-positive cells in skin biopsy of female systemic sclerosis patients

    H Fujiwara, O Tago, M Ito

    JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY   112 ( 4 )   571 - 571   1999.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper, summary (international conference)   Publisher:BLACKWELL SCIENCE INC  

    Web of Science

    researchmap

  • 円板状エリテマトーデス,血栓病変を伴った補体欠損症(C9)の1例

    藤原 浩, 浅田 一幸, 山本 洋子, 伊藤 雅章

    日本皮膚科学会雑誌   109 ( 3 )   491 - 491   1999.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 食道病変を認めた天疱瘡の2例

    雨宮 一哲, 富山 勝博, 藤原 浩, 石井 美奈, 野村 達也, 鈴木 力, 濱田 正明

    日本皮膚科学会雑誌   108 ( 9 )   1203 - 1203   1998.8

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 天疱瘡に合併した食道病変2症例

    東谷 正来, 本間 照, 小林 正明, 長谷川 勝彦, 杉村 一仁, 成澤 林太郎, 青柳 豊, 朝倉 均, 藤原 浩, 伊藤 薫

    ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease   14 ( 1 )   83 - 83   1998.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)癌と化学療法社  

    researchmap

  • 母斑細胞母斑におけるX染色体の不均等なメチル化

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   108 ( 4 )   604 - 604   1998.4

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Pemphigus vulgaris treated with combined oral cyclosporin and cyclophosphamide

    N Sato, S Satake, H Fujiwara, M Ito, K Kameda, E Nagahori, R Igarashi

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL DERMATOLOGY   23 ( 2 )   92 - 94   1998.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)   Publisher:BLACKWELL SCIENCE LTD  

    DOI: 10.1046/j.1365-2230.1998.00323.x

    Web of Science

    researchmap

  • 2)全身性エリテマトーデスに悪性リンパ腫を合併した1例(I. 一般演題, 第63回膠原病研究会)

    田中 洋史, 大渕 雄子, 広瀬 慎太郎, 斉藤 泰晴, 黒田 毅, 中野 正明, 荒川 正昭, 藤原 浩

    新潟医学会雑誌   111 ( 10 )   659 - 659   1997.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カポジ肉腫とヒトヘルペスウイルス8型(KS-HV又はHHV-8)

    藤原 浩

    新潟県医師会報   ( 566 )   2 - 5   1997.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟県医師会  

    researchmap

  • Coexpression of Hard and Epidermal Keratins in the Nail Unit duringHuman Fetal Skin Develoment

    Toshio TAZAWA, Hiroshi FUJIWARA, Kaoru ITO

    Acta medica et biologica   45 ( 1 )   27 - 32   1997.3

     More details

    Language:English   Publisher:Niigata University  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • カポジ肉腫内のKS-HV

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   106 ( 5 )   724 - 724   1996.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PCR WITH DEOXYINOSINE-CONTAINING PRIMERS USING DNA-POLYMERASES WITH PROOFREADING ACTIVITY

    H FUJIWARA, K FUJIWARA, K HASHIMOTO

    PCR-METHODS AND APPLICATIONS   4 ( 4 )   239 - 240   1995.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:COLD SPRING HARBOR LAB PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • PCR WITH DEOXYINOSINE-CONTAINING PRIMERS USING DNA-POLYMERASES WITH PROOFREADING ACTIVITY

    H FUJIWARA, K FUJIWARA, K HASHIMOTO

    PCR-METHODS AND APPLICATIONS   4 ( 4 )   239 - 240   1995.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:COLD SPRING HARBOR LAB PRESS  

    Web of Science

    researchmap

  • Dete(]E89FB[)(]E86EF[)o do V(]E85F1[)rus da immunod(]E86C6[)ficiencia humana tipo 1 e do papillomav(]E85F1[)rus humana tipo 16 em sarcoma de Kaposi associado (]E85C1[) s(]E85F1[)ndrome da immunodefici(]E86C6[)ncia adquirida e cl(]E85EB[)ssico

    Arquivos de Dermatologia   1   403   1994

     More details

  • Dete(]E89FB[)(]E86EF[)o do V(]E85F1[)rus da immunod(]E86C6[)ficiencia humana tipo 1 e do papillomav(]E85F1[)rus humana tipo 16 em sarcoma de Kaposi associado (]E85C1[) s(]E85F1[)ndrome da immunodefici(]E86C6[)ncia adquirida e cl(]E85EB[)ssico

    Arquivos de Dermatologia   1   403   1994

     More details

  • DETECTION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 AND HUMAN PAPILLOMAVIRUS TYPE-16 IN ACQUIRED IMMUNODEFICIENCY SYNDROME-RELATED AND CLASSIC KAPOSIS-SARCOMA

    H FUJIWARA, K HASHIMOTO, K FUJIWARA, AH MEHREGAN

    ARCHIVES OF DERMATOLOGY   129 ( 12 )   1620 - 1622   1993.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:AMER MEDICAL ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • DETECTION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 AND HUMAN PAPILLOMAVIRUS TYPE-16 IN ACQUIRED IMMUNODEFICIENCY SYNDROME-RELATED AND CLASSIC KAPOSIS-SARCOMA

    H FUJIWARA, K HASHIMOTO, K FUJIWARA, AH MEHREGAN

    ARCHIVES OF DERMATOLOGY   129 ( 12 )   1620 - 1622   1993.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:AMER MEDICAL ASSOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 汎発性先天性皮膚カンジダ症を合併した角化異常症の1例

    奥田 長三郎, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    臨床皮膚科   47 ( 10 )   847 - 851   1993.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    1ヵ月女児,出生時に羊水混濁あり。生下時から全身皮膚に高度の角質増殖あり。水疱,膿疱なし。組織学的に角層の著明な増生を伴う表皮肥厚をみるが,顆粒変性なし。角層に無数の真菌要素をみる。真皮上層に単核細胞が密に浸潤し,その多くはT細胞でHLA-DRを発現する。表皮直下で毛細血管が増生,拡張。ケラチン染色でBKN-1は陰性,HKN-2と4は正常に染まる。電顕的にケラチノサイトは少量の張原線維の発達不良のデスモゾームを有し,脂質滴を基底層から含有する。ところどころで変性した浸潤細胞をみる。角質片からCandida albicans Aを分離。抗真菌剤と亜鉛華軟膏を外用し,角質は急速に剥離して糜爛となったが,上皮化とともに再び角質が肥厚し,全身状態不良で生後2ヵ月半で死亡。胸腺の低形成であった

    DOI: 10.11477/mf.1412900995

    researchmap

  • 4) いわゆるlethal midline granulomaの病像を呈したNK marker 陽性 T cell lymphomaの1例(I.一般演題, 第7回新潟血液免疫学研究会)

    中山 均, 青木 あずさ, 五十川 修, 帯刀 亘, 小池 正, 柴田 昭, 江村 厳, 福田 剛明, 藤原 浩

    新潟医学会雑誌   107 ( 6 )   541 - 542   1993.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:新潟医学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 甲状腺と皮膚 原発性粘液水腫

    佐々木 嘉広, 山本 綾子, 藤原 浩

    皮膚病診療   15 ( 3 )   247 - 250   1993.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)協和企画  

    81歳男,全身の皮膚の乾燥と肥厚を主訴として来院し,原発性甲状腺機能低下症に伴う汎発性粘液水腫と診断した症例

    researchmap

  • Transient Bullous Dermolysis of the Newborn: New Pathologic Findings

    Chozaburo Okuda, Hiroshi Fujiwara, Masaaki Ito

    Archives of Dermatology   129 ( 9 )   1209 - 1210   1993

     More details

    Language:English   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

    DOI: 10.1001/archderm.1993.01680300139031

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ボーエン病のケラチンの免疫組織化学的検討

    田沢 敏男, 藤原 浩, 青木 宣明

    Skin Cancer   6 ( 3 )   449 - 453   1991.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    ボーエン病16例を抗ケラチン単クローン抗体を用いて免疫組織化学的に検討した.通常の症例は表皮に類似した分化を示すが,一部の症例はケラチン(K19)を発現し,皮膚付属器への分化能を有するとともに,浸潤癌を生ずる前段階にあることが示唆される

    DOI: 10.5227/skincancer.6.449

    CiNii Article

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1993019432

  • 慢性砒素中毒症の角化性病変における癌遺伝子の発現

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   101 ( 3 )   319 - 319   1991.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Keratin.Immunohistochemical study of keratin of Bowen disease.

    TAZAWA Toshio, FUJIWARA Hiroshi, AOKI Noriaki, ITO Masaaki

    Skin Cancer   6 ( 3 )   449 - 453   1991

     More details

    Language:Japanese   Publisher:The Japanese Skin Cancer Society  

    ボーエン病16例を抗ケラチン単クローン抗体を用いて免疫組織化学的に検討した。通常の症例は表皮に類似した分化を示すが, 一部の症例はケラチン (K19) を発現し, 皮膚付属器への分化能を有するとともに, 浸潤癌を生ずる前段階にあることが示唆される。

    DOI: 10.5227/skincancer.6.449

    CiNii Article

    researchmap

  • Aberrant Keratinization in Skin Neoplasms, with Production of Anti-keratin Monoclonal Antibody (Mo-1)

    Fujiwara Hiroshi

    Acta medica et biologica   39 ( 2 )   91 - 99   1991

     More details

    Language:English   Publisher:Niigata University School of Medicine  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Aberrant keratinization in skin neoplasms with production of anti-keratin monoclocal antibody

    Acta Med Biol   39   91   1991

     More details

  • Immunohistochemical study of keratin of sweat gland carcinoma, metastatic cutaneous cancer and mammary Paget's disease.

    TAZAWA Toshio, ITO Masaaki, FUJIWARA Hiroshi, SHIMIZU Naoya, KATSUUMI Kaoru, MATSUMURA Goichi, SATO Yoshio, AKAI Sho, IMAI Seiji

    Skin Cancer   5 ( 2 )   355 - 359   1990.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    Eccrine spirocarcinoma (ES) 1例, mucinous carcinoma of the skin (MC) 1例, 胃癌の皮膚転移2例, 乳房Paget病1例のケラチンを免疫組織化学的に検討。ESの管腔側細胞では単層上皮型ケラチン, 基底側細胞と充実部では重層上皮型ケラチンと単層上皮型ケラチンの両方の発現を認める。MC, 胃癌の皮膚転移, 乳房Paget病では単層上皮型ケラチンの一様な発現を認めるが, 単層上皮型ケラチンのサブクラスは一部異なる。

    DOI: 10.5227/skincancer.5.355

    CiNii Article

    researchmap

  • The immunohistochemical study of the keratin of sweat gland carcinoma.

    TAZAWA Toshio, FUJIWARA Hiroshi, MATSUMURA Goichi, ITO Masaaki, SATO Yoshio, IMAI Seiji

    Skin Cancer   5 ( 2 )   411 - 414   1990.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    エクリン汗孔癌とエクリン汗管癌の各1例を特異性の異なる10種類の抗ケラチン単クローン抗体を用いて免疫組織化学的に検討した。2例とも有棘細胞癌と同様のケラチンを発現しており, 正常のエクリン汗腺の導管と発現しているケラチンが一部異なっていた。これは汗腺癌とそれに対応する正常汗腺におけるケラチン発現は必ずしも完全に一致するとは限らず, ケラチンの免疫組織化学的所見を汗腺癌の鑑別診断の参考にする場合には注意を要することが示唆される。

    DOI: 10.5227/skincancer.5.411

    CiNii Article

    researchmap

  • いわゆる皮膚混合腫瘍 組織学的,酵素および免疫組織化学的,電顕的検討

    竹之内 辰也, 田沢 敏男, 藤原 浩

    臨床皮膚科   44 ( 7 )   665 - 670   1990.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    53歳男,顔面に生じたいわゆる皮膚混合腫瘍で組織学的に上皮性腫瘍巣は,充実部,管腔部,角化部からなり,互いに移行する像が見られる.S-100蛋白陽性細胞は,充実部,管腔部と粘液腫様間質中に散在性に認められる.Carcinoembryonic antigenは,管腔部の管腔側細胞と管腔内物質に陽性である.管腔側細胞は単巣上皮型ケラチンを認識するモノクローナル抗体RGE53とA53-B/A2で陽性であるが,その一部はHKN-2陽性で重層上皮型ケラチンを有する.充実部では,HKN-2陽性細胞とA53-B/A2陽性細胞が混在する.角化部はHKN-2陽性で,また,粘液腫様間質中にHKN-2陽性細胞を認める.電顕的に,腫瘍の一部はエクリン汗腺分泌細胞類似の構造を示すが,筋上皮細胞様細胞は認めない.自験例は,主にエクリン汗腺分泌部への分化を示すが,一部,重層扁平上皮ないしは導管への分化も存在すると考えられる

    DOI: 10.11477/mf.1412900124

    researchmap

  • Immunohistochemical Study on Differentiations of Carcinomas of the Skin Using Antikeratin Monoclonal Antibodies

    Tazawa Toshio, Fujiwara Hiroshi, Ito Masaaki, Sato Yoshio

    Acta medica et biologica   38 ( 2 )   75 - 84   1990.6

     More details

    Language:English   Publisher:Niigata University School of Medicine  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • エックリン分泌部への分化を示す汗器官癌(Eccrine Spircarcinoma)組織学的,酵素および免疫組織化学的,電顕的検討

    勝海 薫, 赤井 昭, 藤原 浩

    臨床皮膚科   44 ( 2 )   91 - 96   1990.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    81歳女,右頬部に生じた汗器官癌で組織学的に腫瘍細胞は円柱状ないし立方形の異型細胞で,腺様・管腔構造の形成が顕著である.しかし,明らかなクチクラや断頭分泌像は認められない.組織化学的に,酵素活性はフォスフォリラーゼとコハク酸脱水素酵素が陽性.また抗S-100蛋白抗体,汗器官分泌部細胞特異性抗ケラチン抗体RGE-53で大部分の腫瘍細胞が反応陽性,抗セクレタリーコンポーネント抗体で一部の腫瘍細胞が反応陽性であった.電顕的に,腫瘍細胞は分泌顆粒を有し,細胞間分泌小管を認めた

    DOI: 10.11477/mf.1412900019

    researchmap

  • Adenosquamous carcinoma of the skin―電顕的および免疫組織化学的検索―

    坂本 ふみ子, 伊藤 雅章, 小黒 啓子, 風間 隆, 藤原 浩, 手塚 匡哉, 佐藤 良夫

    日皮会誌   100 ( 11 )   1990

     More details

    Language:Japanese   Publisher:公益社団法人 日本皮膚科学会  

    83歳,女性の顔面に生じたadenosquamous carcinoma of the skinの1例について,電顕的および免疫組織化学的検索を行った.腫瘍は,扁平上皮細胞様細胞と印環細胞を含む粘液細胞からなり,腫瘍を覆う表皮内にも印環細胞様細胞が存在した.電顕的に,腫瘍細胞は多数の微絨毛を細胞辺縁に形成し,胞体内に張原線維,発達した粗面小胞体,およびムチン型分泌顆粒を有していた.印環細胞は,細胞質の大きな空胞内にムチン様の微細線維性構造物を含む細胞であった.また,腫瘍細胞間の所々に塊状物質を認め,それに面する腫瘍細胞に半デスモゾーム様構造と基底膜様構造が観察された.免疫組織化学的に,腫瘍細胞周囲の所々にラミニン染色陽性像を認め,また,腫瘍細胞はケラチン染色で重層上皮型ケラチンを発現していた.以上より,この腫瘍細胞は,表皮細胞を由来とし,それにムチンの異形成を生じた細胞と判断された.

    DOI: 10.14924/dermatol.100.1183

    CiNii Article

    researchmap

  • Cytophagic Panniculitis T-cell Lymphomaの1型か?

    藤原 浩, 風間 隆, 清水 直也

    皮膚のリンフォーマ   8   86 - 89   1989.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:皮膚リンフォーマ研究学会  

    症例は37歳男,1987年8月下旬,下肢の皮下硬結,発熱にて発症した.11月,当科へ入院,連日39度台の発熱,全身の皮下硬結,肝脾腫大があった.皮膚生検にて,皮下脂肪組織内の,組織球の各種血球細胞の貪食像が認められ,cytophagic panniculitisと診断した.ステロイド単独投与で,一時軽快したが再燃,凝固因子が減少,LDH, lysozyme高値を示した.&#039;88年1月,COP療法を開始,FFP輸注,ヘパリン持続皮下注を併用した.治療への反応が見られたため,その後CHOP療法を2クール行い,寛解状態となり,5月初め退院した.以後1ヵ月に1回同療法を行い,計9回で終了した.皮下脂肪組織内の貪食細胞は,各種リンパ球マーカー陰性で,酵素染色よりマクロファージと考えた.電顕的にも,各種血球細胞を取り込んだマクロファージであった.また,真皮,皮下脂肪組織内に,少数の異型リンパ球が見られた

    researchmap

  • 有棘細胞癌(SCC),ケラトアカントーマ(KA),ボーエン病(BD),基底細胞上皮腫(BCE)のケラチンの免疫学的比較

    田沢 敏男, 藤原 浩, 伊藤 雅章

    Skin Cancer   4 ( 1 )   152 - 156   1989.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本皮膚悪性腫瘍学会  

    SCC, KA, BD, BCEを抗ケラチン単クローン抗体で免疫組織化学的に検討.何れも重層上皮型ケラチンを認識するHKN-2で全体に陽性,ハードケラチンを認識するHKN-6とHKN-7および単層上皮型ケラチンを認識するRGE53で陰性.SCC, KAは表皮ケラチンを認識するRKSE60,ハードケラチン,外毛根鞘最内層ケラチンを認識するHKN-5の何れでも部分的に陽性.BDはRKSE60で陽性,HKN-5で陰性.BCEはRKSE60で陰性,HKN-5で部分的に陽性.SCC, KAは表皮,外毛根鞘最内層の両方のケラチンを,BDは表皮,BCEは外毛根鞘最内層と同様のケラチンを発言する

    DOI: 10.5227/skincancer.4.152

    CiNii Article

    researchmap

    Other Link: http://search.jamas.or.jp/link/ui/1991018218

  • 砒素角化症の免疫組織学的検討

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   99 ( 3 )   378 - 378   1989.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • An immunological comparison of the keratin in squamous cell carcinoma, keratoacanthoma, Bowen disease, and basal cell epithelioma.

    TAZAWA Toshio, FUJIWARA Hiroshi, ITO Masaaki, SATO Yoshio

    Skin Cancer   4 ( 1 )   152 - 156   1989

     More details

    Language:Japanese   Publisher:The Japanese Skin Cancer Society  

    有棘細胞癌 (SCC) , ケラトアカントーマ (KA) , ボーエン病 (BD) , 基底細胞上皮腫 (BCE) を抗ケラチン単クローン抗体で免疫組織化学的に検討。何れも重層上皮型ケラチンを認識するHKN-2で全体に陽性, ハードケラチンを認識するHKN-6とHKN-7および単層上皮型ケラチンを認識するRGE53で陰性。SCC, KAは表皮ケラチンを認識するRKSE60, ハードケラチン, 外毛根鞘最内層ケラチンを認識するHKN-5の何れでも部分的に陽性。BDはRKSE60で陽性, HKN-5で陰性。BCEはRKSE60で陰性, HKN-5で部分的に陽性。SCC, KAは表皮, 外毛根鞘最内層の両方のケラチンを, また, BDは表皮, BCEは外毛根鞘最内層と同様のケラチンを発現する。

    DOI: 10.5227/skincancer.4.152

    CiNii Article

    researchmap

  • 硬膜に浸潤を認めた頭部の有棘細胞癌の1例

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   98 ( 8 )   837 - 837   1988.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 特異な臨床像を呈したpilomatricomaの2例

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   98 ( 8 )   835 - 835   1988.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • Merkel細胞癌,乳房外Paget病,有棘細胞癌の中間径フィラメントの免疫学的比較

    田沢 敏男, 藤原 浩, 清水 直也

    Skin Cancer   3 ( 3 )   196 - 200   1988.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本皮膚悪性腫瘍学会  

    Merkel細胞癌2例,乳房外Paget病5例,有棘細胞癌5例を抗中間径フィラメント単クローン抗体で免疫組織化学的に検討した.Merkel細胞癌,乳房外Paget病は,抗単層上皮型ケラチンNo. 18特異的単クローン抗体(RGE 53)で陽性であった.有棘細胞癌は,抗重層上皮型ケラチン特異的単クローン抗体(HKN-2)に陽性を示した.抗単層上皮型ケラチンNo. 7特異的単クローン抗体(CK 7)で,乳房外Paget病は陽性だが,Merkel細胞癌は陰性であった

    DOI: 10.5227/skincancer.3.196

    CiNii Article

    researchmap

  • 新潟大学皮膚科における最近10年間の悪性黒色腫23例の検討

    山本 綾子, 藤原 浩, 池田 和人

    臨床皮膚科   42 ( 2 )   131 - 135   1988.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)医学書院  

    発症時年齢はacral melanoma (AM)が65.1歳,superficial spreading melanoma (SSM)が56.0歳,nodular melanoma (NM)が41.8歳のAMが最も高齢であった.男女比は9:14と女性に多かった.病型別には,AM, NM, SSMの順に多く見られ,発生部位としては足底が最も多かった.悪性黒色腫のlevelやstageの差異,根治的治療の有無が,予後に関連していることが示唆された

    DOI: 10.11477/mf.1412203835

    CiNii Article

    researchmap

  • Immunologic Characteristics of Keratins in Extramammary Paget's Disease

    Toshio Tazawa, Masaaki Ito, Hiroshi Fujiwara, Naoya Shimizu, Yoshio Sato

    Archives of Dermatology   124 ( 7 )   1063 - 1068   1988

     More details

    Language:English  

    Six cases of extramammary Paget's disease were immunohistochemically investigated with several antikeratin monoclonal antibodies. Paget cells and surrounding epidermal keratinocytes were equally stained with an antikeratin monoclonal antibody, HKN-4, which recognizes a broad spectrum of keratins. However, Paget cells were clearly distinguished from the surrounding epidermal keratinocytes by HKN-2, which does not react with keratins of secretory cells but does react with keratins of ductal and myoepithelial cells of sweat glands and with epidermis and hair tissue of the normal skin. The HKN-2 did not bind to Paget cells, but the surrounding keratinocytes were positive. CK7, LE41, RGE53, and LP2K, which recognize simple epithelium-type keratins 7 (molecular weight [MW], 54 000
    type II), 8 (MW, 52 500
    type II), 18 (MW, 45 000
    type I), and 19 (MW, 40 000
    type I), respectively, stained Paget cells but not the surrounding keratinocytes. Two cases of Merkel cell carcinoma, examined as controls, showed positivity to LE41 and RGE53 but not to CK7 and LP2K. Since in the normal skin the secretory cells of sweat glands showed the same keratin expression as that of Paget cells, Paget cells of extramammary Paget's disease may be derived from or differentiate to the secretory cells of sweat glands. © 1988, American Medical Association. All rights reserved.

    DOI: 10.1001/archderm.1988.01670070051018

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • カプトプリルによる扁平苔癬型薬疹の1例

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   97 ( 11 )   1260 - 1260   1987.10

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 眼瞼に生じたエクリン汗孔腫

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   97 ( 4 )   512 - 512   1987.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

  • 壊疽性膿皮症の2例

    藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌   97 ( 4 )   513 - 513   1987.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本皮膚科学会  

    researchmap

▶ display all

Presentations

  • 褥瘡診療ガイドライン2018の概要

    磯貝 善蔵, 入澤 亮吉, 大塚 正樹, 門野 岳史, 古賀 文二, 廣崎 邦紀, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌  2019.5 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 多発性副耳を伴った鰓弓症候群の1例

    石渡 彩乃, 河合 亨, 藤原 浩, 和田 雅樹, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌  2019.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • Low-grade fibromyxoid sarcomaの1例

    石渡 彩乃, 河合 亨, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌  2019.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 自己免疫性肝炎を合併した皮膚ムチン沈着症の1例

    石渡 彩乃, 河合 亨, 藤原 浩, 長谷川 剛, 須田 剛士, 増井 由紀子, 橘 敏明

    日本皮膚科学会雑誌  2019.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 先天性魚鱗癬を伴った2型Gaucher病の1例

    加畑 雄大, 重原 庸哉, 新熊 悟, 阿部 理一郎, 入月 浩美, 藤原 浩

    日本皮膚科学会雑誌  2019.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 断頭分泌様構造を認めたsweat gland carcinoma in situの1例

    石渡 彩乃, 河合 亨, 藤原 浩, 長谷川 剛, 橘 敏明

    日本皮膚科学会雑誌  2019.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • ドレッシング材の種類とその基本的な使い方 ポリウレタンフィルム

    藤原浩

    Visual Dermatology  2018.6 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 褥瘡治療を振り返る 褥瘡治療ガイドライン

    藤原 浩

    日本臨床皮膚科医会雑誌  2018.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • Subungual hyperkeratosis(hyperkeratosis of the nail bed and matrix)の2例

    有松 亜美, 富井 光一, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌  2018.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • アタマジラミの観察

    有松 亜美, 富井 光一, 藤原 浩, 長谷川 剛

    日本皮膚科学会雑誌  2018.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 色素性乾皮症バリアントの1例

    有松 亜美, 富井 光一, 藤原 浩, 長谷川 瑛人, 橘 敏明

    日本皮膚科学会雑誌  2018.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • 口唇口腔内に生じたヒト乳頭腫ウイルス6型(HPV6)陽性上皮内癌の1例

    有松 亜美, 富井 光一, 藤原 浩, 林 良太, 浅田 一幸

    日本皮膚科学会雑誌  2018.4 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

  • リンパ腫様丘疹症に対するフィールドセラピーとしての光線力学療法(PDT)

    有松亜美, 富井光一, 藪内由季奈, 藤原浩, 長谷川剛, 重原庸哉, 橘敏明

    日本皮膚科学会雑誌  2018.2 

     More details

    Language:Japanese  

    researchmap

▶ display all

Research Projects

  • 皮膚悪性腫瘍発生へのDNAのメチレーションの関与

    2004.4 - 2006.3

    System name:基盤研究(C)

    藤原 浩

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • DNA methylation in the development of skin cancers

    Grant number:16591092

    2004 - 2005

    System name:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Awarding organization:Japan Society for the Promotion of Science

    FUJIWARA Hiroshi

      More details

    Grant amount:\3500000 ( Direct Cost: \3500000 )

    Genomic DNA was extracted from squamous cell carcinoma of the skin (n=12), malignant melanoma (n=9), and basal cell carcinoma (n=10), and subjected for methylation-specific PCR. DNA methylation in the promoter or 5'- coding region of p16, p14, p15, E-cadherin, von Hippel-Lindau genes were observed in 8 cases, 2 cases, none, 12 cases, and none of the squamous cell carcinoma, respectively, 3 cases, none, none, 4 cases, none of malignant melanoma, and 3 cases, none, none, 4 cases, none of basal cell carcinoma.
    In genomic analyses of squamous cell carcinoma loss of heterozygosity or mutation of E-cadherin gene were not detected. Among E-cadherin DNA methylation-positive cases E-cadherin protein expression was abruptly diminished between the tumor and the surrounded normal tissue. The E-cadherin expression in squamous cell carcinoma was suppressed through DNA methylation.
    Furthermore, squamous cell carcinoma, malignant melanoma, and basal cell carcinoma, one case each, were subjected to tissue culture, in the medium supplemented with 5'-aza-2'-deoxycytidine or trichostatin A. Extracted RNA was amplified, and hybridized onto Human 1A Oligo Microarray (Agilent). De-methylation of DNA lead the re-expression of tumor suppressor genes.

    researchmap

  • 皮膚悪性腫瘍の発生、転移における癌関連遺伝子DNAのメチル化の解析

    2001.4 - 2003.3

    System name:基盤研究(C)

    藤原 浩

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • ゲノムDNA CpG islandのグローバルメチレーションの解析

    2001.4 - 2002.3

    System name:特定領域(C)ゲノム医科学

    藤原 浩

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • DNA methylation of tumor suppressor gene in the development and in the metastasis of skin cancers

    Grant number:13670870

    2001 - 2002

    System name:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Research category:Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Awarding organization:Japan Society for the Promotion of Science

    FUJIWARA Hiroshi

      More details

    Grant amount:\3600000 ( Direct Cost: \3600000 )

    Epigenetic regulation of the expression of tumor suppressor genes plays important role in tumor development. DNA methylation of gene promoter is a major pathway of the epigenetic regulation, however, its detail has not well studied in skin neoplasms.
    With the power of non-isotopic cytosine extension assay, which we established recently, we demonstrated that malignant melanoma showed CpG-island specific hypermethylation compared with benign melanocytic nevus. Also, squamous cell carcinoma and basal cell carcinoma revealed CpG-island-specific hypomethylation.
    Methylation-specific PCR revealed p16 promoter methylation in 70% of SCC, and 30% of BCC or melanoma. p14 promoter methylation was observed in small number of SCC. E-cadherin promoter methylation was most ubiquitously observed; in all the cases of SCC, halves the cases of BCC and melanoma.
    Promoter DNA methylation may play an important role in the development of skin neoplasms.

    researchmap

  • ゲノムDNA CpG islandのグローバルメチレーションの解析

    Grant number:13204032

    2001

    System name:科学研究費助成事業 特定領域研究(C)

    Research category:特定領域研究(C)

    Awarding organization:日本学術振興会

    藤原 浩

      More details

    Grant amount:\3300000 ( Direct Cost: \3300000 )

    遺伝子変異によらない遺伝子発現制御(ebigenetics)として、近年、DNAのメチル化による転写抑制が重要視されてきている。筆者は、12年度特定領域(C)研究でアイソトープを用いない、ゲノムDNA全体のCpG island特異的なメチレーションの定量法、non-isotopic cytosine extension assayを確立し、genome DNAが10ナノグラム以下でも濃縮操作により解析可能なレベルにまで改良した。また、代表的な自己免疫性疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)の末梢血リンパ球ゲノムDNAでは、コントロール、円板状エリテマトーデスに比べ、CpG island methylationが亢進してると考えられ、SLEのリンパ球機能異常の病態の解明にせまる可能性があると考えられた。
    今年度は末梢血リンパ球の表面マーカー別に解析したところ、SLEでは、主にメチレーションに異常のあるのはCD19+のBリンパ球であることがわかった。
    他の膠原病、強皮症、皮膚筋炎についても解析したが、末梢血リンパ球ゲノムDNAのCpG island methylationの異常は見られなかった。
    正常人末梢血リンパ球と皮膚細胞ではグローバルメチレーションに大きな差があることがわかった。ケラチノサイトとメラノサイトでは差がなかった。
    悪性黒色腫ではnon-CpG island hypomethylationがおきていることが示唆された。

    researchmap

  • 各種疾患におけるゲノムDNAのグローバルメチレーションの解析

    2000.4 - 2001.3

    System name:特定領域(C)ゲノム医科学

    藤原 浩

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • 各種疾患におけるゲノムDNAのグローバルメチレーションの解析

    Grant number:12204049

    2000

    System name:科学研究費助成事業 特定領域研究(C)

    Research category:特定領域研究(C)

    Awarding organization:日本学術振興会

    藤原 浩

      More details

    遺伝子変異によらない遺伝子発現制御(epigenetics)として、近年、DNAのメチル化による転写抑制が重要視されてきている。筆者はアイソトープを用いない、ゲノムDNA全体のCpG island特異的なメチレーションの定量法、non-isotopic cytosine extension assay(NICEA)を開発した。この方法はメチレーションの解析を安全、安価に行い、さらに微量の組織でも解析を可能にし、応用範囲を格段に広げるものである。今年度は、NICEAの感度の向上、計測を行い、代表的な自己免疫性疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)の末梢血リンパ球からgenomic DNAを分離,CpG island特異的なメチレーションの定量を行った。
    その結果、
    1、NICEAは通常genome DNA数マイクログラムまでの範囲で定量的解析が可能である。また、genome DNAが10ナノグラム以下でも濃縮操作により解析可能であることがわかった。
    2、SLE、皮膚限局型エリテマトーデス(CLE)、コントロールの末梢血リンパ球から抽出したDNAを用い、NICEAを行った。BssHII/MspIではSLE-CLE間で、BssHII/HpaIIではSLE-control間で統計学的に有意差がみられた。HpaII/MspIでは、各群間に差はなかった。
    以上の結果から、
    3、NICEAは、その広い範囲での定量性から、応用範囲の広い研究法であり、また、DNA arrayによる大規模解析に移る前段階としての、スクリーニングにもなりうる。
    4、SLEでの解析では、コントロール、CLEに比べ、CpG island methylationが亢進してると考えられ、SLEのリンパ球機能異常の病態の解明にせまる可能性があると考えられた。

    researchmap

  • in situ PCR法によるカポジ肉腫内のヒトヘルペスウイルス8型の局在と病変形成

    1997.4 - 1999.3

    System name:奨励研究(A)

    藤原 浩

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    researchmap

  • in situPCR法によるカポジ肉腫内のヒトヘルペスウイルス8型の局在と病変形成

    Grant number:09770614

    1997 - 1998

    System name:科学研究費助成事業 奨励研究(A)

    Research category:奨励研究(A)

    Awarding organization:日本学術振興会

    藤原 浩

      More details

    Grant amount:\2000000 ( Direct Cost: \2000000 )

    ヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8またはKS-HV)の病変形成への関与について検討するために
    1. in situ PCR法によりカポジ肉腫組織切片上でのKS-HVの局在について検討した。
    2. RT-PCR法によりカポジ肉腫組織においてvEGF、オンコスタチンMのmRNAが発現を、in situ hybridizationによりその発現の局在を検討した。さらに免疫染色を行い蛋白発現を検討、CD34、第8因子関連抗原陽性細胞と対比、in situ PCR法によるKS-HVの局在との対比を行った。
    3. 骨髄移植患者の皮膚(GVHD病変)、各種の皮膚腫瘍組織からDNAを抽出し、PCR法によりKS-HVの検出を試みた。
    その結果、
    1. in situ PCR法によりカポジ肉腫組織内ではKS-HVは腫瘍細胞そのもの、および一部病期のすすんだ症例では表皮細胞にも存在することが証明された。
    2. RT-PCR法によりvEGF、オンコスタチンMのmRNAがカポジ肉腫組織で発現されてい留ことが確認された。さらにin situ hybridization、免疫染色により腫瘍細胞が発現していることが確認され、その局在はKS-HVと類似していた。
    3. 骨髄移植患者の皮膚、および皮膚腫瘍組織からはKS-HVのDNAは検出されなかった。
    以上よりKS-HVはカポジ肉腫腫瘍細胞に特異的に存在し、vEGF、オンコスタチンMといったサイトカインを介したオートクライン、パラクライン増殖を行っていることが推察された。

    researchmap

  • カポジ肉腫における成長因子の発現

    Grant number:07770652

    1995

    System name:科学研究費助成事業 奨励研究(A)

    Research category:奨励研究(A)

    Awarding organization:日本学術振興会

    藤原 浩

      More details

    Grant amount:\1000000 ( Direct Cost: \1000000 )

    後天性免疫不全症候群(AIDS)の死亡原因のトップであるカポジ肉腫(KS)の発生病理を明らかにするために、株化細胞での実験で関与の指摘されている増殖因子、オンコスタチンM(OSM)のmRNA発現をreverse transcription-polymerase chain reaction(RT-PCR)により、また蛋白発現をpolyclonal antibodyを用い免疫組織科学的に検索した。
    米国のAIDS患者のカポジ肉腫(AIDS-KS)、18例、日米の古典的カポジ肉腫(classic KS)、17例のパラフィン切片を用いた。
    RT-PCRは抽出したmRNAからcDNAを合成後、イントロン1をはさんだエクソン1-2の155-383nt,229bpを増幅した。その結果、全例でOSM mRNAの発現が観察された。
    さらにパラフィン切片を抗OSM抗体により染色した。その結果、腫瘍細胞に一致した陽性所見を得た。
    以上の結果より、AIDS-KS、classic KSとも腫瘍細胞自体がOSMを産生していると考えられ、autocrine mechanismが働いていることが推察された。この結果は平成7年の新潟三木会の特別講演で発表した。
    さらに上記の研究中、KSの中に、ヘルペスウイルス類似のDNAシークエンスが存在することが発表された。上記の材料を用い、検索したところAIDS-KSの16/18(89%),classic KSの8/17(47%)で陽性所見が得られた。この結果は平成8年の日本皮膚科学会総会で発表の予定である。

    researchmap

  • DNA methylation

    1992

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▶ display all

 

Teaching Experience

  • 皮膚科学

    2007
    -
    2015
    Institution name:新潟大学

  • 皮膚・形成

    2007
    -
    2008
    Institution name:新潟大学

  • 皮膚・形成系

    2007
    Institution name:新潟大学