2022/12/01 更新

写真a

ナカノ ムラタ ミチカ
中野(村田) 享香
NAKANO(MURATA) Michika
所属
経営戦略本部 ダイバーシティ推進センター 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 2002年3月   金沢大学 )

研究キーワード

  • 科学教育

  • 素粒子物理学

研究分野

  • 人文・社会 / 科学教育

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   経営戦略本部ダイバーシティ推進室   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   経営戦略本部 男女共同参画推進室   准教授

    2011年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   企画戦略本部 女性研究者支援室   特任助教

    2008年7月 - 2011年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   経営戦略本部 ダイバーシティ推進センター   准教授

    2022年10月 - 現在

  • 新潟大学   経営戦略本部 男女共同参画推進室   准教授

    2011年4月 - 2022年9月

  • 新潟大学   女性研究者支援室   特任助教

    2008年7月 - 2011年3月

学歴

  • 金沢大学   自然科学研究科

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

 

論文

  • 原子核や同位体についての理解を助ける模型の開発と教育実践 査読

    小林良彦, 中野享香

    物理教育   68 ( 1 )   18 - 21   2020年3月

     詳細を見る

  • 大学院生による分野横断型イベント「学び合いカフェ」の実践 : 新潟大学における科学技術コ ミュニケーション活動の報告 査読

    小林良彦, 川村桃子, 栗林なな子, 椎谷郁花, 玉木駿佑, 眞鍋達郎, 宮田恵理, 村田菜摘, 阿部ふく子, 中野享香

    科学技術コミュニケーション   22 ( 22 )   17 - 32   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers  

    DOI: 10.14943/81299

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 出前授業を通じた大学院生の科学コミュニケーション能力養成 ―理学系大学院生の特徴と傾向― 査読

    中野享香

    日本物理学会「大学の物理教育誌」   19 ( 2 )   68 - 72   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • サイエンス・セミナーの講師性別が女子中学生の進路選択に及ぼす影響に関する研究 査読

    土井康平, 草野有紀, 西山真樹, 中野享香, 佐藤孝, 松浦寛

    工学教育(J.of JSEE)   61 ( 4 )   20 - 25   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Engineering Education  

    It is hoped that female researchers will become leading figures in future technology, but, the percentage of young women currently entering faculties of science and technology, here in Japan, is much lower than that seen in similar faculties, in other advanced countries. Niigata University is developing a lecture-series with a twist; it will be presented by a graduate student, for the express purpose of stimulating interest in Science and Technology among junior high school girls. From replies given to survey-questions, we analyzed the relationship between lectors' gender and course-selection.

    DOI: 10.4307/jsee.61.4_30

    CiNii Article

    researchmap

  • 新潟大学発『女性大学院生によるサイエンス・セミナー(出前授業)』の取組とその成果 査読

    中野享香, 三宅恵子, 佐藤孝, 五十嵐由利子

    工学教育(J.of JSEE)   59 ( 3 )   88 - 92   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society for Engineering Education  

    To cultivate female students in science and technology (engineering) is one of the important subjects in universities, which have the role in the human resource development for next generation. As a good practice for this subject, we have made science seminar by female graduate students for senior and junior high school students. The primal purpose of this seminar is to eliminate their latent anxiety and prejudice that women are not suited for science and engineering fields. Here we report the contents of "the science seminar by the female graduate students" in Niigata University and its effects on both female senior school and junior high school students and female graduate students. Moreover we compare it with several similar activities in other universities, and discuss advantages and disadvantages of the activities.

    DOI: 10.4307/jsee.59.3_88

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Symmetry and Z(2)-Orbifolding Approach in Five-Dimensional Lattice Gauge Theory 査読

    Kouhei Ishiyama, Michika Murata, Hiroto So, Kazunori Takenaga

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS   123 ( 2 )   257 - 269   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PROGRESS THEORETICAL PHYSICS PUBLICATION OFFICE  

    In the framework of a pure SU(2) lattice gauge-Higgs unification scenario, we find a. new global symmetry on a Z(2)-orbifolded five-dimensional space. The global symmetry is consistently realized with the Z(2)-orbifolding, independent of the bulk gauge symmetry. It is shown that the vacuum expectation value of a Z(2)-projected Polyakov loop is a good order parameter for the new symmetry. The effective theory on lattice is also discussed.

    DOI: 10.1143/PTP.123.257

    Web of Science

    researchmap

  • Genuine symmetry of a staggered fermion 査読

    Katsumi Itoh, Mitsuhiro Kato, Michika Murata, Hideyuki Sawanaka, Hiroto So

    Progress of Theoretical Physics   114 ( 3 )   631 - 641   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Yukawa Institute for Theoretical Physics  

    We present a new formulation of a staggered fermion on a D-dimensional lattice based on the SO(2D] Clifford algebra, which is naturally contained in the action. The action of a massless staggered fermion is invariant under discrete rotations and SO(2D) chiral and other discrete transformations. From the transformation properties of the fermion, we find two local meson operators (one scalar and one pseudoscalar), in addition to two standard meson operators.

    DOI: 10.1143/PTP.114.631

    Scopus

    researchmap

  • 5次元SU(2)格子ゲージ理論の相構造 ~その連続極限とlayerの世界~ 査読

    村田 享香

    2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

    researchmap

  • compact 化された 5D SU(2)Yang-Mills 理論の非摂動的な解析

    江尻信司, 久保治輔, 村田享香

    素粒子論研究   102 ( 4 )   24 - 25   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:素粒子論グループ 素粒子論研究 編集部  

    Extra dimensionを持つ理論のもっとも簡単な模型として,S_1 compact化した5D pure SU(2) Yang-Mills理論を格子MCシミュレーションにより非摂動的に解析した.格子MCシミュレーションによる解析が物理的に意味を持つのは,その格子間隔に物理的なスケールを持たせることが出来る場合であり,連続極限の存在が必要である.5D pure SU(2) YM理論はもともと,摂動論的には繰り込み不可能であるが,4次元からのε-展開によって,non-trivial fixed pointが存在する可能性がある.これまでのMCの解析では,この系には1次相転移しか見つかっていないが,この理論で1次元方向をS_1にcompact化した場合には,その際に導入される非等方パラメータで理論空間を拡張することによって,MCシミュレーションとβ関数の非摂動計算により連続極限の存在を間接的に示す結果を得た.また,4次元で起きる'閉じ込め'という性質が壊れないような5次元方向の半径の最大値はR_<max>〜0.1/√<σ_<phys>>程度であると予想される.

    DOI: 10.24532/soken.102.4_D24

    CiNii Article

    researchmap

  • An Almost Perfect Quantum Lattice Action for Low-energy SU(2) Gluodynamics 査読

    M.N. Chernodub, S. Fujimoto, S. Kato, M. Murata, M.I. Polikarpov, T. Suzuki

    Physical Review D   62   094506   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • String tension and glueball masses of SU(2) QCD from perfect action for monopoles and strings

    S Kato, S Fujimoto, M Murata, T Suzuki

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   83-84 ( 138 )   38 - 39   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PROGRESS THEORETICAL PHYSICS PUBLICATION OFFICE  

    We study the perfect monopole action and string model as an infrared effective theory of SU(2) QCD. It is transformed exactly into a lattice string model. The strong coupling expansion of string model shows that the quantum fluctuation is small. The classical string tension and the glueball mass are estimated analytically, and we see that it is very close to the quantum one in the SU(2) QCD.

    Web of Science

    researchmap

  • Study on the nonperturbative existence of Yang-Mills theories with large extra dimensions 査読

    Shinji Ejiri, Michika Murata

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   62 ( 10 )   15   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pure lattice (Formula presented) Yang-Mills theory in five dimensions is considered, where an extra dimension is compactified on a circle. Monte Carlo simulations indicate that the theory possesses a continuum limit with a nonvanishing string tension if the compactification radius is smaller than a certain value (Formula presented) which is (Formula presented) of the inverse of the square root of the string tension. We verify nonperturbatively the power-law running of the gauge coupling constant. Our method can be applied to the investigation of continuum limits in other higher-dimensional gauge theories. © 2000 The American Physical Society.

    DOI: 10.1103/PhysRevD.62.105025

    Scopus

    researchmap

  • Extra DimensionをもったYang-Mills理論の存在可能性について(場の量子論2000,研究会報告)

    江尻 信司, 久保 治輔, 村田 享香

    素粒子論研究   102 ( 3 )   C121 - C122   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:素粒子論グループ 素粒子論研究 編集部  

    DOI: 10.24532/soken.102.3_C121

    CiNii Article

    researchmap

  • String tension and glueball masses of SU(2) QCD from perfect action for monopoles and strings

    S. Fujimoto, S. Kato, M. Murata, T. Suzuki

    Nuclear Physics B - Proceedings Supplements   83   494 - 496   1999年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • On the perfect lattice actions of abelian-projected SU(2) QCD

    S. Fujimoto, S. Kato, M. Murata, T. Suzuki

    Nuclear Physics B - Proceedings Supplements   73 ( 1-3 )   533 - 535   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    We study the perfect lattice actions of abelian-projected SU(2) gluodynamics. Using the BKT and duality transformations on the lattice, an effective string model is derived from the direction-dependent quadratic monopole action, obtained numerically from SU(2) gluodynamics in maximally abelian gauge. The string tension and the restoration of continuum rotational invariance are investigated using strong coupling expansion of lattice string model analytically. We also found that the block spin transformation can be performed analytically for the quadratic monopole action.

    DOI: 10.1016/S0920-5632(99)85128-7

    Scopus

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 実力主義とポジティブアクション

    中野享香

    工学教育   69 ( 3 )   3_83 - 3_83   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    DOI: 10.4307/jsee.69.3_83

    researchmap

  • 教育・研究活動と介護との両立をどう支えるか-新潟大学の取組-

    中野享香

    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   124th   2019年

     詳細を見る

  • 原子・元素・原子核を学ぶクイズと模型の開発

    小林 良彦, 中野 享香

    九州の物理教育   4   12 - 13   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 原子・元素・原子核のクイズと模型を用いた中学生向けセミナーの実践

    小林良彦, 中野享香

    日本物理教育学会物理教育研究大会講演予稿集   35th   2018年

     詳細を見る

  • 新大Wits”による出前授業の実績とその教育効果

    小林 良彦, 草野 有紀, 中野 享香

    日本サイエンスコミュニケーション協会誌   7 ( 1 )   37 - 37   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2B03 女子中高生のみを対象とした工学系出前授業の実践 : JST女子中高生の理系進路選択支援事業"リケジョ塾"における工学の伝え方((30)オーガナイズドセッション:女性技術者教育の現状と展望-II,口頭発表)

    中野 享香, 石山 優, 小松 慶子, 竹内 麻希子, 佐藤 孝

    工学教育研究講演会講演論文集   2015 ( 63 )   190 - 191   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseeja.2015.0_190

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 5-dimensional SU(2) lattice gauge theory with Z2 orbifolding and its phase structure

    Michika Murata, Hiroto So, Kazunori Takenaga

    2010年12月

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    In an SU(2) lattice gauge theory with a Z2 orbifolded extra dimension, the<br />
    new symmetry which is called as a stick symmetry is useful in understanding the<br />
    bulk transition. We discuss the relation with the Fradkin-Shenker&#039;s phase<br />
    diagram as well. A remnant of the extra dimension is remained as two U(1) gauge<br />
    symmetries in two 4-dimensional spaces. We also consider more general bulk<br />
    gauge groups beyond SU(2).

    arXiv

    researchmap

  • 1-218 新潟大学女性大学院生によるサイエンス・セミナーの取組とその成果(オーガナイズドセッション「明日の女性エンジニア,一人ひとりが日本を変える」,口頭発表論文)

    中野 享香, 三宅 恵子, 佐藤 孝, 五十嵐 由利子

    工学・工業教育研究講演会講演論文集   2010   234 - 235   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本工学教育協会  

    DOI: 10.20549/jseejaarc.2010.0_234

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 物理系ポスドクの実態調査I~IV -「研究者のキャリア支援に関する調査」アンケート2次調査報告- 招待

    浅野雅子, 小野寺昌江, 坂東昌子, 中野享香

    日本物理学会誌   65 ( 6-9 )   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

  • Five-dimensional Lattice Gauge Theory as Multi-Layer World

    Michika Murata, Hiroto So

    2003年6月

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

    A five-dimensional lattice space can be decomposed into a number of<br />
    four-dimens ional lattices called as layers. The five-dimensional gauge theory<br />
    on the lattice can be interpreted as four-dimensional gauge theories on the<br />
    multi-layer with interactions between neighboring layers. In the theory, there<br />
    exist two independent coupling constants; $\beta_4$ controls the dynamics<br />
    inside a layer and $\beta_5$ does the strength of the inter-layer<br />
    interaction.We propose the new possibility to realize the continuum limit of a<br />
    five-dimensional theory using four-dimensional dynamics with large $\beta_4$<br />
    and small $\beta_5$. Our result is also related to the higher dimensional<br />
    theory by deconstruction approach.

    arXiv

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 大学における女子学生のキャリア開発 ― 新潟大学の事例から

    中野享香

    日本工学教育協会第67回年次大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 中高生は科学セミナーをどうみているか ~出前授業の実践から見えてきたもの~

    中野享香

    第16回科学コミュニケーション研究会年次大会  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自然科学系大学院における科学コミュニケーション教育の現状

    中野享香, 三宅恵子, アルバナ・バロリ

    第8回日本サイエンスコミュニケーション協会年会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自然科学系大学院生の科学コミュニケーション教育経験とキャリア意識

    中野享香, 三宅恵子

    日本サイエンスコミュニケーション協会年会  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中高生にとってわかりやすい科学セミナーとは

    中野享香, 三宅恵子

    日本工学教育協会大会  2018年8月  工学教育協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学  

    researchmap

  • 原子・元素・原子核を学ぶクイズと模型の開発

    小林良彦, 中野享香

    日本物理教育学会九州支部大会  2018年3月  日本物理教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • “新大Wits”による出前授業の実績とその教育効果

    小林良彦, 草野有紀, 中野享香

    日本サイエンスコミュニケーション協会年会  2016年1月  日本サイエンスコミュニケーション協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • 女子中高生のみを対象とした工学系出前授業の実践 -JST女子中高生の理系進路選択支援事業“リケジョ塾”における工学の伝え方- 国際会議

    中野享香, 石山優, 小松慶子, 竹内麻希子, 佐藤孝

    日本工学教育協会大会オーガナイズドセッション“女性技術者教育の現状と展望Ⅱ”  2015年9月  日本工学教育協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 多分野交流が工学系女性大学院生に与える教育効果-工学系女性大学院生による出前授業「サイエンス・セミナー」活動の事例から-

    中野(村田)享香, 桑原理絵, 土井康平, 佐藤孝

    日本工学教育協会大会  2014年8月  日本工学教育協会 日本工学教育協会大会オーガナイズドセッション“ダイバーシティの観点からみるリケジョの活躍”

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学  

    researchmap

  • A comparative study of the effects of lecturer's gender in "Science Seminar" 国際会議

    Michika NAKANO, Kohei DOI, Yuki KUSANO, Maki NISHIYAMA, Takashi SATO

    the 12th Asia Pacific Physics Conference“Woman in Physics”  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新大Witsによる出前授業『サイエンス・セミナー』

    西山真樹, 土井康平, 中野享香, 佐山光子

    平成24年度 日本動物学会 中部支部大会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新潟大学の大学院生による出前授業『サイエンス・セミナー』の取組

    土井 康平, 中野 享香, 林はるみ, 佐藤 孝, 五十嵐 由利子

    第73回応用物理学会学術講演会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 新潟大学の大学院生による出前授業『サイエンス・セミナー』の取組

    土井 康平, 中野 享香, 林はるみ, 佐藤 孝, 五十嵐 由利子

    日本工学教育協会大59回年次大会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 任期付職について考える~日本物理学会アンケート調査から~ 招待

    中野享香

    男女共同参画学協会連絡会シンポジウム  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • ポスドク問題 招待

    中野享香

    平成22年度国立大学理学系学長会議  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 新潟大学女性大学院生によるサイエンス・セミナーの取組とその成果

    中野享香, 三宅恵子, 佐藤孝, 五十嵐由利子

    日本工学教育協会大58回年次大会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 研究・子育て・仕事

    中野享香

    新潟大学自然科学研究科キャリアフォーラム  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 5-dimensional SU(2) lattice gauge theory with Z2 orbifolding and its phase structure 国際会議

    M. Murata, H. So, K. Takenaga

    Lattice2010  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • キャリアフォーラム

    中野享香

    新潟大学自然科学研究科キャリアフォーラム  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Staggered Fermion, its Symmetry and Ichimatsu-Patterned Lattice 国際会議

    K. Itoh, M. Kato, M. Murata, H. Sawanaka, H. So

    Lattice2004  2004年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • An Approach to Higher Dimensional Theories Based on Lattice Gauge Theory 招待

    村田享香, 宗博人

    京都大学素粒子論セミナー  2003年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • An Approach to Higher Dimensional Theories Based on Lattice Gauge Theory 国際会議

    M. Murata, H. So

    Lattice2003  2003年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 5次元SU(2)格子ゲージ理論の相構造-その連続極限とLayerの世界-

    村田享香, 宗博人

    日本物理学会 第58回年次大会  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Vacuum Structure of the Ichimatsu-Decomposed Lattice Models 国際会議

    K. Itoh, M. Kato, M. Murata, H. Sawanaka, H. So

    Lattice2002  2002年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 5次元SU(2)格子ゲージ理論の相構造-その連続極限とLayerの世界- 招待

    村田享香, 宗博人

    新潟大学素粒子論セミナー  2002年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • compact 化された 5D SU(2)Yang-Mills 理論の非摂動的な解析 招待

    江尻信司, 久保治輔, 村田享香

    基礎物理学研究所研究会 素粒子物理の新展開  2000年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • Rotational symmetry of the monopole action on the lattice

    村田享香, 加藤清孝, 藤本祥二, 鈴木恒雄

    日本物理学会 第54回年次大会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Lattice QCD string and rotational symmetry

    村田享香, 加藤清孝, 藤本祥二, 鈴木恒雄

    日本物理学会 北陸支部例会  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 格子QCDストリングと回転対称性

    村田享香, 加藤清孝, 藤本祥二, 鈴木恒雄

    日本物理学会 第53回分科会  1998年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 非言語コミュニケーションの性差が科学教育にもたらす効果の検証

    研究課題/領域番号:19K03114  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村田 享香, 三宅 恵子

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究は,「女性の興味をより喚起する科学講演手法を開発すること」を目標として,非言語コミュニケーション(以下,NVC)における性差を踏まえた効果的な科学講演手法を開発することを目指すものである。令和元年度は「女子中高生が高く評価する講師はどのようなNVCを使用しているか」を調査することを目的として,これまでの研究で入手済みの科学講演中の講師のビデオ映像を,行動コーディングの手法を用いて分析するため,サンプル画像によるコーディングルール(アイコンタクト,身振り,質問,対話などを指標とし,これらの回数と継続時間を計測する)の作成とテストを行った。実際の解析データとなる講師のビデオ映像は各講師30分程度であり,データ容量の膨大さからそのすべてをコーディングすることは事実上不可能であるため,講師のNCVを客観的に評価するための妥当なデータ抽出方法を検討した。また,女子生徒が高く評価する講師のNCVの示唆を得るため,2018年度と2019年度に行った科学講演の受講者アンケートの分析を行った。講演を聞いて将来科学者になってみたいと思った女子生徒は,同男子生徒に比べ,講師の質問の仕方や,スライドで使用されるイラストや動画に注目する傾向があることがわかった。これらの結果は,第16回科学コミュニケーション研究会年次大会で発表した。
    この他、講師の科学コミュニケーション能力のバックグラウンドに関連する知見を得るため,2018年度の国立大学自然科学系分野の研究科で公開されている科学コミュニケーション関連科目シラバスを網羅的に調査し,開講件数や内容について,科学コミュニケータ養成の学術政策に取組んだ大学とそうでない大学とで違いがあることを明らかにした。この結果は,第8回日本サイエンスコミュニケーション協会年会において発表した。

    researchmap

  • ジェンダー視点を取り入れた大学院生の科学コミュニケーション教育プログラムの開発

    研究課題/領域番号:26350228  2014年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村田 享香, 三宅 恵子

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では,科学をわかりやすく伝えることのできる科学者を養成するための大学院教育プログラムの開発を目指し,特にジェンダーに注目しながら,1)大学院生の科学コミュニケーション教育の現状調査,2)科学講演における講師の振る舞いに対する受講者の注目度調査を行った。1)では,科学コミュニケーションの認知度は低いが,それに相当する実践経験を多く積んでいる大学院生ほど,社会に対する意識が高い可能性があることが示唆された。2)では,大学院生の科学講演を受講した女子生徒は,男子生徒に比べ,講師の振る舞い(声の大きさ・抑揚,口調,身振り手振り,質問の仕方,目線)に満遍なく注目する傾向があることがわかった。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 性の科学(経済科学部)

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • セクシュアリティ・スタディーズ

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ワーク・ライフ・バランス

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 研究者の仕事と生活

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学