2024/05/26 更新

写真a

カンノ マサアキ
管野 政明
KANNO Masaaki
所属
教育研究院 自然科学系 情報電子工学系列 准教授
工学部 准教授
自然科学研究科 電気情報工学専攻 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • PhD ( 2004年7月   ケンブリッジ大学(英国) )

  • 工学修士(MPhil(Engineering)) ( 2000年7月   サセックス大学(英国) )

  • 情報工学 ( 1993年3月   東京大学 )

  • 機械工学 ( 1991年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 制御理論

  • 計算機代数

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

  • 自然科学一般 / 代数学

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 電気情報工学専攻   准教授

    2010年4月 - 現在

  • 新潟大学   工学部   准教授

    2009年4月 - 現在

学歴

  • University of Cambridge   情報工学研究科

    - 2004年

      詳細を見る

    国名: グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

    researchmap

  • サセックス大学   School of Engineering

    - 2000年7月

      詳細を見る

  • 東京大学   情報工学研究科   情報工学専攻

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東京大学   工学部   機械工学科

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

  • 計測自動制御学会

    2005年6月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本数式処理学会

    2005年 - 現在

      詳細を見る

  • 日本機械学会

      詳細を見る

委員歴

  • 計測自動制御学会   制御部門 学術委員会 幹事  

    2018年1月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IET Control Theory & Applications   Associate Editor  

    2017年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   制御部門 制御理論部会 主査  

    2017年1月 - 2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   制御部門 国際委員会 委員  

    2016年1月 - 2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   制御部門 学術委員会 委員  

    2016年1月 - 2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   制御部門 制御理論部会 副主査  

    2016年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   論文集 制御分野 アソシエイトエディタ  

    2014年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   制御部門 制御理論部会 委員  

    2013年1月 - 2014年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本数式処理学会   学会誌 編集委員  

    2012年 - 2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本数式処理学会   理論分科会 副代表 (2008-)  

    2008年 - 2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

留学歴

  • ケンブリッジ大学(University of Cambridge)   postgraduate student

    1999年10月 - 2004年7月

  • サセックス大学(University of Sussex)   postgraduate student

    1998年10月 - 1999年9月

 

論文

  • 有限周波数位相・ゲイン特性に着目した連続時間制御対象の制御しやすさの特徴づけ 査読

    管野 政明, 大西 政彦, 原 辰次

    計測自動制御学会論文集   43 ( 10 )   855 - 862   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/ve.sicetr1965.43.855

    researchmap

  • Validated numerical computation of the L-infinity-norm for linear dynamical systems 査読

    M Kanno, MC Smith

    JOURNAL OF SYMBOLIC COMPUTATION   41 ( 6 )   697 - 707   2006年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD ELSEVIER SCIENCE LTD  

    This paper develops a validated numerical algorithm to compute the LOO-norm, a norm which plays an important role in modern control. The method reduces the Loo-norm Computation problem to real root localization of polynomials and some Sturm chain tests, both of which can be executed in a manner which guarantees accuracy. A computational complexity estimate is also given. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jsc.2005.11.005

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • 有限周波数位相・ゲイン特性に基づく離散時間制御対象の制御しやすさの特徴づけ 査読

    管野 政明, 原 辰次, 高原 詩朗

    システム制御情報学会論文誌   21 ( 7 )   234 - 236   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 システム制御情報学会  

    DOI: 10.5687/iscie.21.234

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JALC/00316412382?from=CiNii

  • H2 最適追従制御設計問題の精度保証付き計算アルゴリズム 査読

    管野 政明, 原 辰次

    計測自動制御学会論文集   43 ( 2 )   102 - 109   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:The Society of Instrument and Control Engineers  

    In this paper an algorithm with guaranteed accuracy is developed for the SISO <I>H</I><SUB>2</SUB> optimal tracking problem for a step reference signal. The algorithm utilizes a computer algebra system and interval arithmetic for the achievement of a stringent requirement of guaranteed accuracy. It also makes use of some strucural properties of the solution to the problem in order to facilitate guaranteed accuracy computation. This paper first derives a general expression for the solution to the SISO <I>H</I><SUB>2</SUB> tracking problem, revealing some features of the solution useful for guaranteed accuracy computation. Then a guaranteed accuracy algorithm which computes the optimal cost and the controller that accomplishes it is developed by exploiting the features along with some tools for guaranteed accuracy computation. Numerical examples are used to demonstrate the algorithm.

    DOI: 10.9746/ve.sicetr1965.43.102

    CiNii Article

    researchmap

  • On the Relationship Between the Sum of Roots with Positive Real Parts and Polynomial Spectral Factorization 査読

    Masaaki Kanno, Hirokazu Anai, Kazuhiro Yokoyama

    Numerical Methods and Applications   320 - 328   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    DOI: 10.1007/978-3-540-70942-8_38

    researchmap

  • SISO H_\infty ループ整形問題の準最適制御器の精度保証付き計算 査読

    シミュレーション   25 ( 3 )   185 - 193   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

  • On stability margins of the Fiat Dedra engine model 査読

    M Kanno, TC Yang

    IEEE TRANSACTIONS ON CONTROL SYSTEMS TECHNOLOGY   10 ( 5 )   690 - 695   2002年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    In this paper, we evaluate the stability margin of a Fiat Dedra engine model to explore possible applications of theoretical achievements in the parametric approach to robust control problems. The study is based on two versions of the model with uncertainties. One is the original model, which has a multilinear characteristic polynomial, while the other is an affine-linearized model which is obtained by the affine linearization technique proposed in this paper. By applying some newly developed theoretical tools in the literature, the stability margins of the affine-linearized model in terms of the rho(infinity). norm and the rho(2) norm and the stability margin of the original model in terms of the rho(infinity). norm are obtained.

    DOI: 10.1109/TCST.2002.801801

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • モデル予測制御 : 制約のもとでの最適制御

    足立, 修一, 管野, 政明( 担当: 共訳)

    東京電機大学出版局  2005年1月  ( ISBN:9784501324605

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 397p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

講演・口頭発表等

  • 固定小数点数を用いたカルマンフィルタにおける計算誤差の,システム特性に基づく現実的な評価

    管野 政明

    計測自動制御学会 第10回 制御部門マルチシンポジウム  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

受賞

  • 計測自動制御学会 学会賞(論文賞)

    2008年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 計測自動制御学会 学会賞(著述賞)

    2007年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 受動的機械回路網による制振制御系設計―達成可能性能とハイブリッド最適化

    研究課題/領域番号:24560541

    2012年4月 - 2016年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    管野 政明

      詳細を見る

    配分額:5590000円 ( 直接経費:4300000円 、 間接経費:1290000円 )

    受動的機械素子を用いた振動抑制に関して、特に近年提案されたイナータという素子の利用を念頭に置き、達成可能性能に関する研究を行った。イナータを用いた場合、H2ノルム、H∞ノルムで性能評価するとメリットは限定的であること、一方、振動吸収部の最大変位に関しては減少させられることが確認された。その他、H∞ノルムでの性能を最適化するための、代数的手法に基づくパラメータ最適化手法を確立した。また、「平均的減衰比」という概念を提案し、それが代数的に特徴づけられることを示し、さらに平均的減衰比に制約を課しながら達成可能性能を低減させる手法を提案した。

    researchmap

  • 代数的手法と数値最適化に基づくハイブリッド・パラメトリック最適化

    研究課題/領域番号:21860037

    2009年 - 2010年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:研究活動スタート支援

    提供機関:日本学術振興会

    管野 政明

      詳細を見る

    配分額:2678000円 ( 直接経費:2060000円 、 間接経費:618000円 )

    パラメータを含む制御対象と制御系の同時最適設計問題に対する新しいアプローチとして、数式処理に基づく代数的計算と数値最適化のそれぞれの利点を組み合わせたハイブリッド最適化手法を提案した。提案手法の適用範囲を広げるために、離散時間系の多項式スペクトル分解手法を一般化し、サンプリング周期を含むパラメータに対する最適性能値の感度解析を可能にした。

    researchmap

  • 数式処理を用いた制御系解析・設計

    2005年

    制度名:JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 制御しやすさの特徴づけ

    2005年

    制度名:JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 精度保証付き計算を用いた制御系解析・設計

    2000年

    制度名:その他の研究制度

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 創造研究プロジェクトI

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 創造プロジェクトI

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 創造プロジェクトII

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 創造プロジェクト基礎

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 創造研究プロジェクトII

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用数理C

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 基礎数理B

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報工学特定研究Ⅱ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学セミナーⅡ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学基礎実習I

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学研究発表(外部発表)

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学基礎実習II

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学文献詳読Ⅱ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 電子・情報科学入門

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学発表演習(中間発表)

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学特定研究Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学セミナーⅠ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 情報工学文献詳読Ⅰ

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 数値計算

    2011年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • アドバンススキルズ

    2010年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 数理工学特論

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎数理A II

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎数理A I

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数理システム制御特論

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 複素・フーリエ解析

    2009年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 数理計画法

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 応用数理B

    2009年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示