2024/07/16 更新

写真a

オニール ジヨージ
ONEAL GEORGE
ONEAL GEORGE
所属
教育基盤機構 国際センター 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 学術博士号 ( 2013年3月   新潟大学 )

  • 学術修士号 ( 2008年6月   カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校 )

  • 学術学士号 ( 2001年6月   カリフォルニア大学バークレー校 )

研究キーワード

  • 国際通用語としての英語

  • 分かりやすさ

  • 明瞭性

  • 会話分析

  • 音韻論

  • 音声学

研究分野

  • 人文・社会 / 外国語教育  / 明瞭的な発音の習得

経歴

  • 新潟大学   教育基盤機構 国際センター   准教授

    2022年10月 - 現在

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 コモンリテラシーセンター   准教授

    2019年10月 - 2022年9月

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 グローバル教育センター   准教授

    2015年4月 - 2019年9月

  • 新潟大学   教育・学生支援機構 教育支援センター   准教授

    2010年4月 - 2015年3月

  • 新潟大学   全学教育機構   准教授

    2009年10月 - 2010年3月

  • 新潟大学   大学教育開発研究センター   准教授

    2009年4月 - 2009年9月

▶ 全件表示

学歴

  • 早稲田大学   Education   English Education

    2016年9月 - 2019年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   Graduate School of Modern Society and Culture   Global Community

    2009年4月 - 2012年2月

      詳細を見る

  • San Francisco State University   English   Teaching English to Speakers of other Languages

    2006年9月 - 2008年6月

      詳細を見る

  • UC Berkeley   East Asian Languages   Japanese Literature

    1997年9月 - 2001年7月

      詳細を見る

所属学協会

  • THE JAPANESE ASSOCIATION FOR ASIAN ENGLISHES

      詳細を見る

  • 日本語用論学会

      詳細を見る

留学歴

  • 北京言語文化大学   北京言語文化大学

    2005年9月 - 2006年7月

 

論文

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Pragmatics at Its Interfaces (Mouton Series in Pragmatics

    ジョージ オニール( 担当: 分担執筆 ,  範囲: The pragmatics of intelligible pronunciation: Preemptive and reactive segmental repair in English as a lingua franca interactions in Japan)

    Mouton De Gruyter  2017年2月 

     詳細を見る

  • Waseda working papers in ELF, Vol. 5

    ジョージ オニール( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Intelligibility and segmentation in English as a lingua franca in Japan.)

    Waseda ELF Research Group  2016年4月 

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • 国際英語における明瞭性 招待

    「国際英語」教育に関する研究会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    添付ファイル: IMG_1423.jpeg

    researchmap

  • Functional Load and Intelligibility among Japanese and Chinese ELF Users: A Partial Replication Experiment of Munro & Derwing (2006)

    George O'Neal, Lance Latham

    JALT  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: JALT 2019 Presentation.pdf

    researchmap

  • The Formation of Interactional Intelligibility due to Segmental Repair among ELF Dyads 国際会議

    ジョージ オニール

    10th Annual Pronunciation in Second Language Learning and Teaching  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Interaction Hypothesis 国際会議

    ジョージ オニール

    11th Annual English as a Lingua Franca  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Repair Salience Hypothesis 国際会議

    ジョージ オニール

    11th Annual English as a Lingua Franca Conference  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Diachronic feature selection in a corpus of Japanese-Filipino business ELF interactions 国際会議

    ジョージ オニール

    7th Waseda ELF International Workshop  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Vicissitudes of Intelligible Segmental Pronunciation 国際会議

    ジョージ オニール

    9th Annual Pronunciation in Second Language Learning and Teaching  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: PSLLT 2017.pdf

    researchmap

  • What Kinds of Segmental Repair are Most Frequent in English as a Lingua Franca Interactions in Japan? 国際会議

    ジョージ オニール

    15th International Pragmatics Association Conference  2017年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Maintaining mutual intelligibility: Aggregate phonetic changes to segmental phonemes in a corpus of ELF interactions 国際会議

    ジョージ オニール

    6th Waseda ELF International Workshop  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Phoneme Segmentation in English as a Lingua Franca 国際会議

    ジョージ オニール

    9th Annual English as a Lingua Franca Conference  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Negotiating segmentation and word boundaries in English as a Lingua Franca in Japan 国際会議

    ジョージ オニール

    5th Waseda ELF International Workshop  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Interactional Intelligibility: The Relationship between Consonant Insertion and Pronunciation Intelligibility in English as a Lingua Franca in Japan 国際会議

    ジョージ オニール

    8th Annual English as a Lingua Franca Conference  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Negotiated Intelligibility of Consonant Pronunciation 国際会議

    ジョージ オニール

    ChangE  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Negotiation of Intelligible Pronunciation in English as a Lingua Franca in Northeast Asia 国際会議

    ジョージ オニール

    7th Annual English as a Lingua Franca Conference  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Intelligible Pronunciation & Consonant Cluster Simplification in NEAR English

    ジョージ オニール

    Northeast Asia Region Conference  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The Pragmatics of Intercultural Phonetic Repair in English as a Lingua Franca Interactions 国際会議

    ジョージ オニール

    6th Intercultural Pragmatics & Communication Conference  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • The relationship between interaction, intelligibility, comprehensibility, and speaking confidence among Non-native English speakers

    研究課題/領域番号:19K13220

    2019年4月 - 2021年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    ONeal George

      詳細を見る

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    パンデミックのせいで、本研究の成果は非常に限られたものでした。この研究計画では、被験者を近接させて実験を行う必要がありました。被験者の安全を考慮して、本研究の実験を途中で中止しました。当初の研究企画書に記載されていたサンプル数を集めることができませんでした。集めたデータをもとに実験結果をまとめましたが、サンプル数が少なかったため、結果はやや曖昧で、すべての仮説を支持するものではありませんでした。
    <BR>
    発表に関しては、研究期間中に査読付きの論文を1本だけ発表することができました。現在、他の論文も査読中ですが、全体としては、研究期間中に当初の研究提案の目的を果たすことができたとは言えません。

    researchmap

  • Mutual intelligibility among non-native speakers

    研究課題/領域番号:17K17734

    2017年4月 - 2019年3月

    制度名:Grants-in-Aid for Scientific Research

    研究種目:Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    提供機関:Japan Society for the Promotion of Science

    O'Neal George, Matsumoto Yumi

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    English usage among students in eastern Asian has become more ubiquitous as universities in Japan internationalize. Intelligible English speech is necessary for such interactions to succeed and the bare minimum requirement to interact with someone else is to be an intelligible English speaker. Although research on the intelligibility of Asian English speakers abounds, one connection that has been understudied is the triangular relationship between pronunciation, intelligibility, and interaction. This research intends to fill that lacunae in the research literature.

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • iStep (Level 1) Academic Reading

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • iStep (Level 1) Academic Writing

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 上級EAP (Writing)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • iStep Extension: Basic Pronunciation

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 中級EAP (Writing)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Research Writing )

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • iStep Extension: Academic Writing

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 中級EAP (Listening & Speaking)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語W

    2020年
    機関名:新潟大学

  • EAP: Pronunciation A

    2019年
    機関名:新潟大学

  • EAP: Pronunciation B

    2019年
    機関名:新潟大学

  • iStep (Level 1) Academic Writing

    2019年
    機関名:新潟大学

  • iStep (Level 1) Academic Reading

    2019年
    機関名:新潟大学

  • EAP: Academic Writing Skills

    2019年
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Academic Writing Ⅱ)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Academic Writing Ⅰ)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Academic Reading Ⅰ)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Academic Reading Ⅱ)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • iStep (Strand 1) Academic Reading

    2018年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Pronunciation

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: English Dialogue Stress Pronunciation

    2018年
    機関名:新潟大学

  • iStep (Strand 1) Academic Writing

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: English Vowel Pronunciation

    2018年
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Research Skills)

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: English Lexical Stress Pronunciation

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: Research Report Writing Skills

    2018年
    機関名:新潟大学

  • P.A.C.E.(Research Writing Skills)

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: English Consonant Pronunciation

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: Quantitative Research Skills

    2018年
    機関名:新潟大学

  • EAP: Research Report Writing

    2018年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Academic Writing

    2018年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Speaking: Suprasegmental Pronunciation Term 4

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Academic Presentations Term 3

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Speaking: Segmental Pronunciation Term 3

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Advanced Academic Writing C Term 3

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Scientific Method for Academic Writing C Term 3

    2017年
    機関名:新潟大学

  • Academic Writing 1

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Academic Presentations Term 4

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Speaking: Segmental Pronunciation Term 4

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Advanced Academic Writing C Term 4

    2017年
    機関名:新潟大学

  • Academic Writing 2

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Advanced Academic Writing A Term 3

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Advanced Academic Writing A Term 4

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Speaking: Suprasegmental Pronunciation Term 3

    2017年
    機関名:新潟大学

  • iStep Continuation: Scientific Method for Academic Writing C Term 4

    2017年
    機関名:新潟大学

  • Topic Based Research Project Class

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • Academic Writing

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Topic Based Oral Communication

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Academic Reading

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Combination Class:Content & Skills 2

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Academic Listening & Speaking

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Combination Class:Content & Skills 1

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Topic Based Research Skills

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Topic Based Presentation Skills

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Content Lecture & Language Lab 1

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • Intercultural Communication 1

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 発展英語

    2012年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 応用英語

    2012年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語(リスニング)

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • アカデミック英語(ライティング)

    2012年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示