2021/10/26 更新

写真a

タカシミズ ヤスヒロ
髙清水 康博
TAKASHIMIZU Yasuhiro
所属
教育研究院 人文社会科学系 教育学系列 准教授
教育学部 自然情報講座 准教授
自然科学研究科 環境科学専攻 地球科学 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 2001年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 堆積地質学

  • 古津波

  • 北海道

  • 津波堆積物

  • 堆積組織

研究分野

  • 自然科学一般 / 固体地球科学  / 堆積地質学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   教育学部 自然情報講座   准教授

    2009年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   准教授

    2009年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 北海道立地質研究所   研究職員

    2001年4月 - 2009年4月

      詳細を見る

  • 新潟大学 教育学部 自然情報講座   准教授

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 環境科学専攻 地球科学   准教授

    2018年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育学部 自然情報講座   准教授

    2009年5月 - 現在

  • 新潟大学   教育学研究科 教科教育専攻   准教授

    2009年5月 - 2017年3月

 

論文

  • 陸前高田市広田湾から確認された浅海域の津波堆積物の堆積学的特徴と分布 査読

    横山由香, 坂本泉, 髙清水康博, 清水賀之

    堆積学研究   79 ( 2 )   47 - 69   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Tsunamis caused by offshore active faults and their deposits 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Gentaro Kawakami, Atsushi Urabe

    Earth-Science Reviews   211   103380 - 103380   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.earscirev.2020.103380

    researchmap

  • 仙台平野における2011年東北地方太平洋沖地震の津波堆積物および津波前の土壌堆積物中に含まれる珪藻 査読

    佐藤 善輝, 髙清水 康博, 卜部 厚志

    Diatom   36   85 - 91   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11464/diatom.36.85

    researchmap

  • Reconstruction of Late Holocene Extreme Hydrological Events of the Valentin Bay Coast, the Sea of Japan 査読

    N. G. Razjigaeva, L. A. Ganzey, Yu. Nishimura, T. A. Grebennikova, D. Sugawara, Y. Takashimizu, I. I. Lebedev, A. O. Gorbunov, Kh. A. Arslanov, F. E. Maksimov, A. Yu. Petrov

    Russian Journal of Pacific Geology   14 ( 2 )   180 - 192   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pleiades Publishing Ltd  

    DOI: 10.1134/s1819714020020086

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1134/S1819714020020086/fulltext.html

  • 月の観測における簡易高度測定器「ツクヨミ」の提案

    藤林 紀枝, 山上 遥那, 高橋 洋子, 髙清水 康博, 齋藤 暁史

    新潟大学教育学部研究紀要 自然科学編   11 ( 2 )   113 - 123   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 北海道太平洋岸の津波堆積物研究:北方四島の津波堆積物と北海道西部太平洋側の断層モデルの検討 査読

    高清水 康博

    地質学雑誌   123 ( 10 )   805 - 817   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0044

    researchmap

  • 日本海東縁の津波とイベント堆積物 査読

    川上源太郎, 加瀬善洋, 卜部厚志, 高清水康博, 仁科健二

    地質学雑誌   123 ( 10 )   857 - 877   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0054

    researchmap

  • 日本各地の津波堆積物 査読

    高清水康博, 後藤和久, 菅原大助, 藤原 治, 川上源太郎

    地質学雑誌   123 ( 10 )   III - IV   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2017.0062

    researchmap

  • 砂丘地形を利用した気象観測実習

    高清水康博, 山上遥那, 斉藤右悟, 高橋歩美, 玉木恵理菜, 本田明治, 高橋洋子

    新潟大学教育学部紀要   10 ( 1 )   55 - 63   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道日高海岸北部から確認された17世紀の津波堆積物 査読

    高清水康博, 仁科健二, 川上源太郎, 佐藤善輝, 岡村 聡, 中西 諒, 田村 慎, 廣瀬 亘, 高橋 良, 石丸 聡

    第四紀研究   56 ( 1 )   1 - 9   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4116/jaqua.56.1

    researchmap

  • 津波堆積物の認定基準

    後藤和久, 菅原大輔, 西村裕一, 藤野滋弘, 小松原純子, 澤井祐紀, 高清水康博

    津波工学研究報告   33   45 - 54   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道南西部奥尻島で発見された津波堆積物 査読

    加瀬善洋, 仁科健二, 川上源太郎, 林 圭一, 高清水 康博, 廣瀬 亘, 嵯峨山 積, 高橋 良, 渡邊達也, 輿水健一, 田近 淳, 大津 直, 卜部厚志, 岡崎紀俊, 深見浩司, 石丸 聡

    地質学雑誌   122 ( 11 )   587 - 602   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2016.0042

    researchmap

  • Reworked tsunami deposits by bottom currents: Circumstantial evidences from Late Pleistocene to Early Holocene in the Gulf of Cadiz 査読

    Y. Takashimizu, R. Kawamura, F. J. Rodriguez-Tovar, J. Dorador, E. Ducassou, F. J. Hernandez-Molina, D. A. V. Stow, C. A. Alvarez-Zarikian

    MARINE GEOLOGY   377   95 - 109   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Younger Sand layers (YSLs) have been identified in drill cores of a Late Glacial to Early Holocene muddy contourite succession from the Gulf of Cadiz. In this study, we evaluate the grain size characteristics of the YSL, which display bi-gradational grading, with inverse grading (from silt to fine- or medium-grained sand) followed by normal grading (from fine- or medium-grained sand to silt). Radiocarbon dating shows that the YSL formed at three distinct times: 1) the Bolling-Allerod (sites U1387 and U1386); 2) the Younger Dryas (site U1390), and; 3) the beginning of the Boreal (site U1389). Ichnological analyses and radiocarbon dating of cores from drill site U1389C indicate that the YSLs consist of reworked materials deposited at a high sedimentation rate. The results of sedimentological analyses, ichnological treatment, spatial distributions, and radiocarbon dating of the YSLs suggest that the possibility of an origin of the YSLs is tsunami-related but later reworked by bottom current. However, the source areas of the sandy sediments remain unclear, although our results show them to be variable and area dependent. Some sandy deposits are transported by the Mediterranean Outflow Water (MOW) from the proximal sector of the Gulf of Cadiz Contourite Depositional System (CDS), which is close to the Strait of Gibraltar. However, in other cases it is more probable that local gravity flows, which are the result of instability on adjacent margins, provide the sandy material. (C) 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.margeo.2015.09.009

    Web of Science

    researchmap

  • Depositional facies and sequence of the latest Pleistocene to Holocene incised valley fill in Kushiro Plain, Hokkaido, northern Japan 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Takashiro Shibuya, Yuichi Abe, Taku Otsuka, Shinya Suzuki, Chihiro Ishii, Yuki Miyama, Hiromasa Konishi, Sung Gi Hu

    QUATERNARY INTERNATIONAL   397   159 - 172   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    The development of the latest Pleistocene to Holocene incised valley fill in the Kushiro area, Hokkaido, Japan is investigated in this study. Nine boring core samples drilled in the Kushiro marsh were examined using depositional facies analysis, total sulfur content (TSC) measurement, and radiocarbon dating methods. Based on these methods, 12 depositional facies were recognized including marsh, subaqueous talus, bay-head delta, sand dune, beach, shoreface, barrier sand body, drowned valley-central basin, salt marsh, fluvial, pond, and pyroclastic deposits. The incised valley fill forms a depositional sequence primarily controlled by glacio-eustatic sea-level changes. The lowstand systems tract is composed of river deposits. The transgressive systems tract includes salt marsh, drowned-valley fill central basin, bay-head delta, barrier sand body, central basin, and subaqueous talus deposits. The highstand systems tract is composed of barrier sand body, shoreface, beach, sand dune, central basin bay-head delta, marsh, salt marsh, subaqueous talus, fluvial, and pond facies. Radiocarbon dating analysis indicates that the period of maximum marine flooding was around 7 ka cal. BP. (C) 2015 Elsevier Ltd and INQUA. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.07.061

    Web of Science

    researchmap

  • New parameter of roundness R: circularity corrected by aspect ratio 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Maiko Iiyoshi

    PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   3 ( 2 )   1 - 16   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    In this paper, we propose a new roundness parameter R, to denote circularity corrected by aspect ratio. The basic concept of this new roundness parameter is given by the following equation:
    R = Circularity + (Circularity (perfect circle) Circularity (aspect ratio))
    where Circularity(perfect circle) is the maximum value of circularity and Circularity(aspect ratio) is the circularity when only the aspect ratio varies from that of a perfect circle. Based on tests of digital circle and ellipse images using ImageJ software, the effective sizes and aspect ratios of such images for the calculation of R were found to range between 100 and 1024 pixels, and 10: 1 to 10: 10, respectively. R is thus given by
    R = C-I + (0.913-C-AR)
    where CI is the circularity measured using ImageJ software and C-AR is the sixth-degree function of the aspect ratio measured using the same software. The correlation coefficient between the new parameter R and Krumbein's roundness is 0.937 (adjusted coefficient of determination = 0.874). Results from the application of R to modern beach and slope deposits showed that R is able to quantitatively separate both types of material in terms of roundness. Therefore, we believe that the new roundness parameter R will be useful for performing precise statistical analyses of the roundness of particles in the future.

    DOI: 10.1186/s40645-015-0078-x

    Web of Science

    researchmap

  • A reference time scale for Site U1385 (Shackleton Site) on the SW Iberian Margin 査読

    D. Hodell, L. Lourens, S. Crowhurst, T. Konijnendijk, R. Tjallingii, Francisco J. Jimenez-Espejo, L. Skinner, P. C. Tzedakis

    GLOBAL AND PLANETARY CHANGE   133   49 - 64   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We produced a composite depth scale and chronology for Site U1385 on the SW Iberian Margin. Using log(Ca/Ti) measured by core scanning XRF at 1-cm resolution in all holes, a composite section was constructed to 166.5 meter composite depth (mcd) that corrects for stretching and squeezing in each core. Oxygen isotopes of benthic foraminifera were correlated to a stacked 8180 reference signal (LR04) to produce an oxygen isotope stratigraphy and age model.
    Variations in sediment color contain very strong precession signals at Site U1385, and the amplitude modulation of these cycles provides a powerful tool for developing an orbitally-tuned age model. We tuned the U1385 record by correlating peaks in L* to the local summer insolation maxima at 37 degrees N. The benthic 8180 record of Site U1385, when placed on the tuned age model, generally agrees with other time scales within their respective chronologic uncertainties.
    The age model is transferred to down-core data to produce a continuous time series of log(Ca/Ti) that reflect relative changes of biogenic carbonate and detrital sediment. Biogenic carbonate increases during interglacial and interstadial climate states and decreases during glacial and stadial periods. Much of the variance in the log(Ca/Ti) is explained by a linear combination of orbital frequencies (precession, tilt and eccentricity), whereas the residual signal reflects suborbital climate variability. The strong correlation between suborbital log(Ca/Ti) variability and Greenland temperature over the last glacial cycle at Site U1385 suggests that this signal can be used as a proxy for millennial-scale climate variability over the past 1.5 Ma.
    Millennial climate variability, as expressed by log(Ca/Ti) at Site U1385, was a persistent feature of glacial climates over the past 1.5 Ma, including glacial periods of the early Pleistocene ('41-1cyr world') when boundary conditions differed significantly from those of the late Pleistocene ('100-kyr world'). Suborbital variability was suppressed during interglacial stages and enhanced during glacial periods, especially when benthic delta O-18 surpassed similar to 3.33.5%. Each glacial inception was marked by appearance of strong millennial variability and each deglaciation was preceded by a terminal stadial event. Suborbital variability may be a symptomatic feature of glacial climate or, alternatively, may play a more active role in the inception and/or termination of glacial cycles. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.gloplacha.2015.07.002

    Web of Science

    researchmap

  • 上流から下流までの河川システムとそれに関連する地形を 理解するための簡易水路教材

    高清水康博, 金谷亮子, 郷戸俊彦, 野友美, 羽鳥祐香

    新潟大学教育学部紀要   8 ( 1 )   41 - 48   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道オホーツク沿岸における津波堆積物調査

    仁科健二, 高清水康博, 嵯峨山 積, 廣瀬 亘

    北海道地質研究所報告   ( 86 )   47 - 60   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道胆振海岸,白老地域に見られる17世紀津波堆積物の分布と波源の検討 査読

    中西 涼, 岡村 聡, 高清水康博, 嵯峨山 積, 仁科健二

    地学団体研究会専報   ( 60 )   169 - 178   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 日南海岸沿いの深海堆積相と重力流堆積物 査読

    石原与四郎, 高清水康博, 松本 弾, 宮田雄一郎

    地質学雑誌   120 ( Suppl. )   41 - 62   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2014.0018

    researchmap

  • 磁気ファブリックと粒度特性を用いた名取川河口左岸域における2011年東北地方太平洋沖地震津波の挙動 査読

    澁谷 剛丈, 高清水 康博, 卜部 厚志, 鈴木 幸治

    堆積学研究   73 ( 1 )   3 - 17   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4096/jssj.73.3

    researchmap

  • Onset of Mediterranean outflow into the North Atlantic 査読

    F. Javier Hernandez-Molina, Dorrik A. V. Stow, Carlos A. Alvarez-Zarikian, Gary Acton, Andre Bahr, Barbara Balestra, Emmanuelle Ducassou, Roger Flood, Jose-Abel Flores, Satoshi Furota, Patrick Grunert, David Hodell, Francisco J. Jimenez-Espejo, Jin Kyoung Kim, Lawrence Krissek, Junichiro Kuroda, Baohua Li, Estefania Llave, Johanna Lofi, Lucas Lourens, Madeline Miller, Futoshi Nanayama, Naohisa Nishida, Carl Richter, Cristina Roque, Helder Pereira, Maria Fernanda Sanchez Goni, Francisco J. Sierro, Arun Deo Singh, Craig Sloss, Yasuhiro Takashimizu, Alexandrina Tzanova, Antje Voelker, Trevor Williams, Chuang Xuan

    SCIENCE   344 ( 6189 )   1244 - 1250   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE  

    Sediments cored along the southwestern Iberian margin during Integrated Ocean Drilling Program Expedition 339 provide constraints on Mediterranean Outflow Water (MOW) circulation patterns from the Pliocene epoch to the present day. After the Strait of Gibraltar opened (5.33 million years ago), a limited volume of MOW entered the Atlantic. Depositional hiatuses indicate erosion by bottom currents related to higher volumes of MOW circulating into the North Atlantic, beginning in the late Pliocene. The hiatuses coincide with regional tectonic events and changes in global thermohaline circulation (THC). This suggests that MOW influenced Atlantic Meridional Overturning Circulation (AMOC), THC, and climatic shifts by contributing a component of warm, saline water to northern latitudes while in turn being influenced by plate tectonics.

    DOI: 10.1126/science.1251306

    Web of Science

    researchmap

  • Quantitative estimation of bioturbation based on digital image analysis 査読

    Dorador, J, Rodriguez-Tovar,F. J, IODP Expeditio, Scientists (Hernandez-Molina, F.J, Stow, D.A.V, Alvarez-Zarikian, C, Acton, G, Bahr, A, Balestra, B, Ducassou. E, Flood, R, Flores, J-A, Furota, S, Grunert, P, Hodell, D, Jimenez-Espejo, F, Kim, J.K, Krissek, L, Kuroda, J, Li, B, Llave, E, Lofi,J, Lourens, L, Miller, M, Nanayama, F, Nishida, N, Richter, C, Roque, C, Pereira, H, Sanchez Goni, M, Sierro Sanchez, F, Singh, A, Sloss, C, Takashimizu, Y, Tzanova, A, Voelker, A, Williams, T, Xuan, C

    Marine Geology   349   55 - 60   2014年1月

  • Digital image treatment applied to ichnological analysis of marine core sediments 査読

    Javier Dorador, Francisco J. Rodriguez-Tovar, F. J. Hernandez-Molina, D. A. V. Stow, C. Alvarez-Zarikian, G. Acton, A. Bahr, B. Balestra, E. Ducassou, R. Flood, J. -A. Flores, S. Furota, P. Grunert, D. Hodell, F. Jimenez-Espejo, J. K. Kim, L. Krissek, J. Kuroda, B. Li, E. Llave, J. Lofi, L. Lourens, M. Miller, F. Nanayama, N. Nishida, C. Richter, C. Roque, H. Pereira, M. Sanchez Goni, F. Sierro Sanchez, A. Singh, C. Sloss, Y. Takashimizu, A. Tzanova, A. Voelker, T. Williams, C. Xuan

    FACIES   60 ( 1 )   39 - 44   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Characterization of trace fossils in marine core sediments is, most times, difficult due to the weak differentiation between biogenic structures and the host sediment, especially in pelagic and hemipelagic facies. This problem is accentuated where a high degree of bioturbation is associated with composite ichnofabrics. Simple methods are presented here based on modifications to image features such as contrast, brightness, vibrance, saturation, exposure, lightness, and color balance using the software Adobe Photoshop CS6 (Adobe Systems, San Jose, CA, USA) to enhance visibility and thus allow for a better identification of the trace fossils. Adjustments involving brightness, levels and vibrance generally give better results. This approach was applied to marine cores of pelagic and hemipelagic sediments obtained from the Integrated Ocean Drilling Program Expedition 339, Site U1385. Enhancing the digital images facilitates ichnological analysis through improving the visibility of weakly observed trace fossils, and in some cases revealing traces not detected previously.

    DOI: 10.1007/s10347-013-0383-z

    Web of Science

    researchmap

  • IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz and off West Iberia: Decoding the environmental significance of the Mediterranean outflow water and its global influence 査読

    F. J. Hernández-Molina, D. Stow, C. Alvarez-Zarikian, G. Acton, A. Bahr, B. Balestra, E. Ducassou, R. Flood, J. A. Flores, S. Furota, P. Grunert, D. Hodell, F. Jimenez-Espejo, J. K. Kim, L. Krissek, J. Kuroda, B. Li, E. Llave, J. Lofi, L. Lourens, M. Miller, F. Nanayama, Naohisa Nishida, C. Richter, C. Roque, H. Pereira, M. Goñi Fernanda Sanchez, F. J. Sierro, A. D. Singh, C. Sloss, Y. Takashimizu, A. Tzanova, A. Voelker, T. Williams, C. Xuan

    Scientific Drilling   1 - 11   2013年11月

  • The "Shackleton Site" (IODP Site U1385) on the Iberian Margin 査読

    D. A. Hodell, L. Lourens, D. A.V. Stow, J. Hernández-Molina, C. A. Alvarez Zarikian, F. Abrantes, G. D. Acton, A. Bahr, B. Balestra, E. Llave Barranco, G. Carrara, S. Crowhurst, E. Ducassou, R. D. Flood, J. A. Flores, S. Furota, J. Grimalt, P. Grunert, F. J. Jimenez-Espejo, J. Kyoung Kim, T. Konijnendijk, L. A. Krissek, J. Kuroda, B. Li, J. Lofi, V. Margari, B. Martrat, M. D. Miller, F. Nanayama, N. Nishida, C. Richter, T. Rodrigues, F. J. Rodríguez-Tovar, A. C. Freixo Roque, M. F, Sanchez Goni, F. J. Sierro Sánchez, A. D. Singh, L. Skinner, C. R. Sloss, Y. Takashimizu, R. Tjallingii, A. Tzanova, C. Tzedakis, A. Voelker, C. Xuan, T. Williams

    Scientific Drilling   13 - 19   2013年11月

  • IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz and off West Iberia: Decoding the environmental significance of the Mediterranean outflow water and its global influence 査読

    F. J. Hernández-Molina, D. Stow, C. Alvarez-Zarikian, G. Acton, A. Bahr, B. Balestra, E. Ducassou, R. Flood, J. A. Flores, S. Furota, P. Grunert, D. Hodell, F. Jimenez-Espejo, J. K. Kim, L. Krissek, J. Kuroda, B. Li, E. Llave, J. Lofi, L. Lourens, M. Miller, F. Nanayama, Naohisa Nishida, C. Richter, C. Roque, H. Pereira, M. Goñi Fernanda Sanchez, F. J. Sierro, A. D. Singh, C. Sloss, Y. Takashimizu, A. Tzanova, A. Voelker, T. Williams, C. Xuan

    Scientific Drilling   ( 16 )   1 - 11   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    IODP Expedition 339 drilled five sites in the Gulf of Cadiz and two off the west Iberian margin (November 2011 to January 2012), and recovered 5.5 km of sediment cores with an average recovery of 86.4 %. The Gulf of Cadiz was targeted for drilling as a key location for the investigation of Mediterranean outflow water (MOW) through the Gibraltar Gateway and its influence on global circulation and climate. It is also a prime area for understanding the effects of tectonic activity on evolution of the Gibraltar Gateway and on margin sedimentation. We penetrated into the Miocene at two different sites and established a strong signal of MOW in the sedimentary record of the Gulf of Cadiz, following the opening of the Gibraltar Gateway. Preliminary results show the initiation of contourite deposition at 4.2-4.5 Ma, although subsequent research will establish whether this dates the onset of MOW. The Pliocene succession, penetrated at four sites, shows low bottom current activity linked with a weak MOW. Significant widespread unconformities, present in all sites but with hiatuses of variable duration, are interpreted as a signal of intensified MOW, coupled with flow confinement. The Quaternary succession shows a much more pronounced phase of contourite drift development, with two periods of MOW intensification separated by a widespread unconformity. Following this, the final phase of drift evolution established the contourite depositional system (CDS) architecture we see today. There is a significant climate control on this evolution of MOW and bottom-current activity. However, from the closure of the Atlantic-Mediterranean gateways in Spain and Morocco just over 6 Ma and the opening of the Gibraltar Gateway at 5.3 Ma, there has been an even stronger tectonic control on margin development, downslope sediment transport and contourite drift evolution. The Gulf of Cadiz is the world's premier contourite laboratory and thus presents an ideal testing ground for the contourite paradigm. Further study of these contourites will allow us to resolve outstanding issues related to depositional processes, drift budgets, and recognition of fossil contourites in the ancient record on shore. The expedition also verified an enormous quantity and extensive distribution of contourite sands that are clean and well sorted. These represent a relatively untapped and important exploration target for potential oil and gas reservoirs. © Author(s) 2013.

    DOI: 10.5194/sd-16-1-2013

    Scopus

    researchmap

  • 石狩低地帯中南部地域の地下水位変動:2001?2004年

    丸谷 薫, 高清水康博, 深見浩司

    北海道立地質研究所報告   ( 85 )   29 - 39   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道の津波堆積物研究の現状と課題:17世紀巨大津波による堆積物の研究を中心に 査読

    高清水 康博

    地質学雑誌   119 ( 9 )   599 - 612   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2013.0031

    researchmap

  • The “Shackleton Site” (IODP Site U1385) on the Iberian Margin 査読

    D. A. Hodell, L. Lourens, D. A. V. Stow, J. Hern?ndez-Molina, C. A. Alvarez Zarikian, the Shackleton Site, Project Members, F. Abrantes, G. D. Acton, A. Bahr, B. Balestra, E. Llave Barranco, G. Carrara, S. Crowhurst, E. Ducassou, R. D. Flood, J.-A. Flores, S. Furota, J. Grimalt, P. Grunert, F. J. Jimenez- Espejo, J. Kyoung Kim, T. Konijnendijk, L. A. Krissek, J. Kuroda, B. Li, J. Lofi, V. Margari, B. Martrat, M. D. Miller, F. Nanayama, N. Nishida, C. Richter, T. Rodrigues, F. J. Rodr?guez-Tovar, A. C. Freixo Roque, M. F, Sanchez Goni, F. J. Sierro S?nchez, A. D. Singh, L. Skinner, C. R. Sloss, Y. Takashimizu, R. Tjallingii, A. Tzanova, C. Tzedakis, A. Voelker, C. Xuan, T. Williams

    Scientific Drilling   ( 16 )   13 - 19   2013年9月

     詳細を見る

  • 砂丘を越えて沿岸低地を遡上した津波による堆積モデル:北海道胆振海岸東部に分布する17世紀津波堆積物の研究例 査読

    高清水康博, 永井 潤, 岡村 聡, 西村 裕一

    地質学雑誌   119 ( 1 )   1 - 16   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.2012.0067

    researchmap

  • Expedition 339 summary

    F. Javier, Hern?ndez-Molina, Dorrik A. V. Stow, Carlos A. Alvarez-Zarikian, Gary Acton, Andr? Bahr, Barbara Balestra, Emmanuelle Ducassou, Roger Flood, Jos?-Abel Flores, Satoshi Furota, Patrick Grunert, David Hodell, Francisco Jimenez-Espejo, Jin, Kyoung Kim, Lawrence Krissek, Junichiro Kuroda, Baohua Li, Johanna Lofi, Lucas Lourens, Madeline Miller, Futoshi Nanayama, Naohisa Nishida, Carl Richter, Maria Fernanda, Sanchez Go?i, Francisco J. Sierro, Arun Deo Singh, Craig Sloss, Yasuhiro Takashimizu, Alexandrina Tzanova, Antje Voelker, Trevor Williams, Chuang Xuan, Estefania Llave, Cristina Roque, H?lder Pereira

    Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program, 339   339   2013年

  • Deposition by the 2011 Tohoku-oki tsunami on coastal lowland controlled by beach ridges near Sendai, Japan 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Atsushi Urabe, Koji Suzuki, Yoshiki Sato

    SEDIMENTARY GEOLOGY   282   124 - 141   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A study of the 2011 Tohoku-oki tsunami deposits on the coastal lowland of the Sendai Plain, Japan was carried out along a shore-perpendicular survey line in the Arahama area. Field descriptions and tsunami water depth measurements were complemented by sedimentary analyses, including grain size, grain fabric and diatom analysis. The tsunami deposits show a generally fining-inland trend along the 3.4 km long transect. The depositional facies, grain size analysis and grain fabric data suggest that most of the tsunami deposits were laid down during the tsunami inflow, except at one site. These tsunami deposits are characterized by parallel-laminated or massive sand and silt with pieces of woods, fragments of glass, rip-up mud clasts and an erosional base. Minor backwash deposits overlying the inflow sand layer were only observed on one beach ridge and attributed to the topographic high. Marine diatom species comprised only approximately 2% of the diatom assemblage in tsunami deposits and their content decreased landward. In this study, diatom assemblages were similar in the rice field soil and tsunami layers, suggesting that the muddy fraction of the deposits mainly consists of sediments derived from the tsunami-eroded rice field soil. As a result of soil erosion, the tsunami had a high suspended sediment load. Furthermore, after the first tsunami inundation, seawater left by the tsunami did not drain completely to the sea because of the high coastal beach ridge and/or coastal subsidence due to the massive earthquake. Therefore, strong tsunami outflows to the sea did not occur and these areas were covered by mud deposited from stagnant water. (c) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.sedgeo.2012.07.004

    Web of Science

    researchmap

  • 2011年度(平成23年度)東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物の緊急調査速報:仙台平野を遡上した津波による堆積物の例

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   ( 1 )   79 - 80   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道胆振海岸に分布する17世紀津波堆積物

    岡村 聰, 伊藤和矢, 永井 潤, 桑谷大祐, 三浦祐紀, 角井貴博, 西村裕一, 高清水康博, 嵯峨山 積

    苫小牧市博物館館報   9   15 - 24   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 公設試験研究機関のアウトリーチ活動?札幌市立平岸小学校での事例?

    鈴木隆弘, 岡崎紀俊, 柴田智郎, 垣原康之, 廣瀬 亘, 野呂田 晋, 高橋 良, 川上源太郎, 石丸 聡, 田村 誠, 村山泰司, 荻野 激, 高清水康博, 一柳昌義, 高橋浩晃, 河野裕希, 佐藤達也

    北海道立地質研究所報告   ( 81 )   103 - 110   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 前弧海盆に発達した化石海底谷システム:中新?鮮新統宮崎層群“宮崎相”の堆積学的解析 査読

    高清水康博

    地質学雑誌   115 ( 11 )   559 - 577   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.115.559

    researchmap

  • 硝酸性窒素汚染の現況とリスク要因:1.汚染の現況と地質・気象要因との関係

    丸谷 薫, 高橋 良, 高清水康博

    北海道立農業試験場資料   ( 38 )   1 - 5   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小流域における窒素動態と影響要因:4.地下水中の硝酸性窒素濃度の季節・経年変動

    丸谷 薫, 高清水康博, 高橋 良

    北海道立農業試験場資料   ( 38 )   25 - 28   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小流域における窒素動態と影響要因:1.小流域A の概要

    丸谷 薫, 高清水康博

    北海道立農業試験場資料   ( 38 )   21 - 22   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 冷水性炭酸塩堆積物を含む新生代中頓別層の形成過程:北海道天然記念物中頓別鍾乳洞とその周辺地域の地質から

    高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 80 )   39 - 49   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 礫質網状河川堆積物の透水係数:湧別川低地の河岸段丘堆積物の例

    高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 80 )   185 - 187   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 幌延町宮園町と下沼の砂利採取場における更新統更別層の堆積相と堆積シークェンス

    高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 80 )   51 - 62   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 国土数値情報を用いた地下熱利用システムの導入可能性に関する研究 査読

    濱田靖弘, 田中慎哉, 長野克則, 田村 裕, 滝川郁美, 中村 靖, 丸谷 薫, 高清水康博, 高田雅之

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 143 )   1 - 10   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地層学とアイヌ口碑伝説から過去の大津波を探る 招待

    高清水康博

    Airctic circle   ( 64 )   14 - 17   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 十勝平野の下部更新統の堆積相と水理地質 査読

    高清水康博, 岡 孝雄

    地質学雑誌   113 ( Suppl. )   65 - 79   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.113.S65

    researchmap

  • 北海道胆振海岸東部から確認された17世紀の津波堆積物 査読

    高清水康博, 嵯峨山 積, 仁科健二, 岡 孝雄, 中村有吾, 西村裕一

    第四紀研究   46 ( 2 )   119 - 130   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.4116/jaqua.46.119

    researchmap

  • 北海道における地震に関するアイヌの口碑伝説と歴史記録 査読

    新里忠史, 重野聖之, 高清水康博

    歴史地震   ( 21 )   121 - 136   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 忠類村忠類東部地区地下水調査報告

    深見浩司, 高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   121 - 122   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 黒松内町歌才地区地下水調査報告

    高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   129 - 130   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 厚岸町大別地区地下水調査報告

    丸谷 薫, 高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   147 - 148   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 八雲町大新地区地下水調査報告

    丸谷 薫, 高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   145 - 146   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 京極町十区地区地下水調査報告

    丸谷 薫, 高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   143 - 144   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 美深町美深地区地下水調査報告

    高清水康博, 丸谷 薫

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   131 - 132   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 小清水町神浦美和地区地下水調査報告

    深見浩司, 高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 77 )   123 - 124   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道における津波に関するアイヌの口碑伝説と記録 査読

    高清水康博

    歴史地震   ( 20 )   183 - 199   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道鵡川町における津波に関するアイヌの口碑伝説と祭儀

    高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 76 )   97 - 100   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 平成15年(2003年)十勝沖地震による地質災害(速報)

    廣瀬 亘, 田近 淳, 岡 孝雄, 高見雅三, 大津 直, 石丸 聡, 田村 慎, 高清水康博

    北海道立地質研究所報告   ( 75 )   71 - 84   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 2003年十勝沖地震の概要?地形・地質学的観点から?

    廣瀬 亘, 田近 淳, 大津 直, 石丸 聡, 高清水康博, 田村 慎, 岡 孝雄, 高見雅三

    土木施工   45 ( 1 )   60 - 67   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 北海道鵡川周辺の現世イベント堆積物中の珪藻遺骸

    嵯峨山 積, 高清水康博, 仁科健二, 岡 孝雄

    北海道立地質研究所報告   ( 74 )   59 - 62   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Depositional facies and sedimentary successions of earthquake-induced tsunami deposits in Upper Pleistocene incised valley fills, central Japan 査読

    Y Takashimizu, F Masuda

    SEDIMENTARY GEOLOGY   135 ( 1-4 )   231 - 239   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Two 'anomalous' deposits with well-preserved sedimentary structures were discovered in a drowned valley and in relict barrier sand body deposits in the Furuya Mud and Kyomatsubara Sand of the Upper Pleistocene incised valley fills. The sedimentary features of both deposits are interpreted as 'earthquake-induced tsunami deposits', which were deposited in incised valley fills. The tsunami deposit in the drowned valley (Furuya Mud) is 150 cm thick and shows a contorted structured bed in the lower part and cross-laminated sand in the upper part. The tsunami deposit in barrier sand body (Kyomatsubara Sand) is 270 cm thick and shows structureless sand with mud clasts in the lower part, cross-laminated sand with mud-drapes in the middle part and mud with small wave-ripples in the upper part. Taken together, these sedimentary features suggest a model for the composite succession, which is comprised of three units: a lower earthquake-shock-influenced (anomalous) convoluted part, a middle part dominated by tsunami-generated tractional currents, and an upper suspended-sediment part. The lower part is interpreted as earthquake event deposits (seismites) and the middle and upper parts as tsunami current deposits (tsunamiites). (C) 2000 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0037-0738(00)00074-9

    Web of Science

    researchmap

  • Petrofacies on sandy deposits of an incised-valley fill: Upper Pleistocene in the Makinohara Upland, Shizuoka, Japan 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Fujio Masuda, Masaaki Tateishi

    Earth Science (Chikyu-kagaku)   54 ( 1 )   23 - 32   2000年1月

  • Grain-size characteristics of sandy deposits of an incised-valley fill: Upper Pleistocene in the Makinohara Upland, Shizuoka, Japan 査読

    Yasuhiro Takashimizu, Fujio Masuda, Masaaki Tateishi

    The Journal of the Geological Society of Japan   105 ( 1 )   1 - 12   1999年1月

     詳細を見る

  • 砂組成に低海面期と高海面期の供給域の広さが影響した例:静岡県牧ノ原地域の上部更新統

    増田富士雄, 高清水康博

    東アジア変動帯の砂岩組成とテクトニクス(基盤研究A研究連絡誌)   ( 4 )   26 - 30   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 静岡県榛原郡地域の相良層群と掛川層群の層序 査読

    柴 正博, 十河寿寛, 川辺匡功, 竹島 寛, 村上 靖, 横山謙二, 駿河湾団体研究グループ, 勇治, 石川裕一, 菊池正行, 小坂武弘, 惣塚潤一, 高清水康博, 武田好史, 谷本裕則, 東元正志, 福田美和, 堀内伸太郎, 山崎三恵, 依田美行, 山田 剛

    地球科学   50 ( 6 )   441 - 455   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.50.6_441

    researchmap

  • 静岡県牧ノ原台地の上部更新統の堆積相と堆積シークェンス 査読

    高清水康博, 酒井哲弥, 増田富士雄

    地質学雑誌   102 ( 10 )   879 - 893   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5575/geosoc.102.879

    researchmap

  • 静岡県有度丘陵に分布する草薙層の層序 査読

    柴 正博, 加納和人, 青木洋人, 高清水康博

    地球科学   48 ( 3 )   209 - 222   1994年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.15080/agcjchikyukagaku.48.3_209

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 国後島における津波堆積物調査:2015‐2017年の成果と課題

    西村裕一, 高清水康博, 菅原大助, 圓谷昂史, 千葉崇, SHISHIKIN Alexander, GORBUNOV Alexsey, KAISTRENKO Victor, 高橋明日香, 村松弘規, 川添安之

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018   ROMBUNNO.MIS11‐11 (WEB ONLY)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 千島海溝沿いの津波と国後島太平洋沿岸のイベント砂層に関する検討

    菅原大助, 西村裕一, 高清水康博, 圓谷昂史, 千葉崇

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018   ROMBUNNO.MIS11‐12 (WEB ONLY)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロシア沿海州における津波の挙動と堆積物形成の数値解析

    菅原大助, 西村裕一, 高清水康博, RAZJIGAEVA Nadezhda G, GANZEY Larisa A, LEBEDEV Ilya, LEBEDEV Ilya, BORISOV Ruslan, BORISOV Ruslan

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2017   ROMBUNNO.MIS09‐11 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ロシア沿海州における1993年北海道南西沖地震による津波堆積物の面的分布

    西村裕一, RAZJIGAEVA Nadezhda G, GANZEY Larisa A, 菅原大助, 高清水康博, LEBEDEV Ilya, LEBEDEV Ilya, BORISOV Ruslan, BORISOV Ruslan

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2017   ROMBUNNO.MIS09‐10 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 津波堆積物研究の現状と日本堆積学会の取り組み

    後藤和久, 小松原純子, 菅原大助, 高清水康博, 高野修, 藤野滋弘

    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2015   ROMBUNNO.U07‐01 (WEB ONLY)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 福井地域の海岸平野における津波堆積物調査(予報)

    卜部 厚志, 山本 博文, 佐々木 直広, 高清水 康博, 片岡 香子

    新潟大学災害・復興科学研究所年報   3   83 - 84   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学災害・復興科学研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Environmental significance of the Mediterranean Outflow Water and its global implications

    Francisco J. Hernández-Molina, Dorrik A.V. Stow, Carlos Alvarez Zarikian, Trevor Williams, Johanna Lofi, Gary D. Acton, André Bahr, Barbara Balestra, Emmanuelle Ducassou, Roger D. Flood, José Abel Flores, Satoshi Furota, Patrick Grunert, David A. Hodell, Francisco J. Jimenez-Espejo, Jin Kyoung Kim, Lawrence A. Krissek, Junichiro Kuroda, Baohua Li, Lucas Lourens, Madeline D. Miller, Futoshi Nanayama, Naohisa Nishida, Carl Richter, Maria F, Sanchez Goni, Francisco J. Sierro Sánchez, Arun D. Singh, Craig R. Sloss, Yasuhiro Takashimizu, Alexandrina Tzanova, Antje Voelker, Chuang Xuan, Estefanìa Llave Barranco, Ana Cristina, Freixo Roque, Hélder Pereira, Grant Banta, Heather Barnes, John Beck, Christopher Bennight, Timothy Blaisdell, Chad Broyles, Etienne Claassen, Trevor Cobine, Roy Davis, Thomas Gorgas, Ronald Grout, Ted Gustafson, Hillary Hall, Sandra Herrmann, Michael Hodge, Dwight Hornbacher, Jan Jurie Kotze, Erik Moortgat, Chieh Peng, Paul Pleasant, Steve Prinz, Melissa Rotella, Kerry Swain, Yulia Vasilyeva

    Integrated Ocean Drilling Program: Preliminary Reports   8 - 97   2012年9月

     詳細を見る

    During Integrated Ocean Drilling Program Expedition 339, five sites were drilled in the Gulf of Cadiz and two sites were drilled off the West Iberian margin from November 2011 to January 2012. Total length of recovered core is 5447 m, with an average recovery of 86.4%. The Gulf of Cadiz was targeted for drilling as a key location for the investigation of Mediterranean Outflow Water (MOW) through the Strait of Gibraltar gateway and its influence on global circulation and climate. The gulf is also a prime area for understanding the effects of tectonic activity on evolution of the Strait of Gibraltar gateway and margin sedimentation.

    Scopus

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 勇払低地の17世紀津波堆積物の特徴

    髙清水康博, 西村裕一, 岩城昂平, 千葉 崇

    第38回歴史地震研究会(オンライン苫小牧大会)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 胆振東部太平洋岸における過去3000年の津波履歴

    髙清水康博, 西村裕一, 岩城昂平, 千葉 崇, 石澤尭史

    第38回歴史地震研究会(オンライン苫小牧大会)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 河川を横断する津波により形成された津波堆積物の特徴とX線CTを用いた津波堆積物の検出

    岩城 昂平, 高清水 康博, 西村 裕一, 千葉 崇

    日本地球惑星科学連合2021年大会 (オンライン大会)  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 勇払平野から確認された17世紀津波堆積物の堆積学的特徴

    髙清水康博, 西村祐一, 岩城昴平

    日本堆積学会2020年オンライン大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 色丹島のテフラと津波堆積物:2019年調査の概要

    西村 裕一, Alexander Shishkin, 高清水 康博, 菅原 大助, 石澤 尭史, 谷川 晃一朗

    地球惑星科学連合2020年大会  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 遡上津波の反転と堆積物の特徴

    高清水 康博, 齋藤 響

    地球惑星科学連合2020年大会  2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 国後島における津波堆積物調査:2015-2018年の成果

    西村 裕一, 高清水 康博, 菅原 大助, 圓谷 昂史, 千葉 崇, 中西 諒, Alexander Shishkin、Alexey Gorbunov, Victor Kaistrenko, 高橋 明日香, 村松 弘規, 川添 安之, 高松 直史

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 陸上津波堆積物に含まれるマッドクラストの側方変化

    高清水 康博, 伊藤 大智

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Tsunami sediment deposition on coastal lowland over a sand dune: Examples from present and historical deposits in Japan 国際会議

    Yasuhiro Takashimizu

    JKASP 2018 ( 10th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes)  2018年8月  Institute of Volcanology and Seismology, FEB, RSA

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Institute of Volcanology and Seismology, FEB, RSA, Petropavlovsk-Kamchatsky, Russia  

    researchmap

  • 青森県おいらせ町で採取した2011年東北地方太平洋沖地震による津波堆積物の特徴

    高清水 康博, 西村裕一

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 千島海溝沿いの津波と国後島太平洋沿岸のイベント砂層に関する検討

    菅原 大助, 西村 裕一, 高清水 康博, 圓谷 昂史, 千葉 崇

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 国後島における津波堆積物調査:2015-2017年の成果と課題

    西村 裕一, 高清水 康博, 菅原 大助, 圓谷 昂史, 千葉 崇, Shishikin Alexander, Gorbunov Alexsey, Kaistrenko Victor, 高橋 明日香, 村松 弘, 川添 安之

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 日本海沿岸における津波堆積物研究

    川上 源太郎, 加瀬 善洋, 仁科 健二, 卜部 厚志, 高清水 康博

    日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • ブロック試料を用いた陸上津波堆積物に含まれるマッドクラストの特徴

    高清水康博, 玉木恵理菜, 卜部厚志

    日本堆積学会2018年秋田大会  2018年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学手形キャンパス  

    researchmap

  • Spatial distribution of sedimentary characteristics of the 2011 Tohoku-oki tsunami deposits, Minami-Soma city, Japan.

    Y. Takashimizu

    Workshop "Sedimentary signature of palaeo-tsunamis", Disaster Risk Reduction, French-Japanese Week  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Maison Franco-Japonaise, French Embassy (Tokyo, Japan)  

    researchmap

  • 空間分析を用いた津波の挙動復元:福島県南相馬市小高区の平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物の特徴

    高清水 康博, 茂野 玲, 卜部 厚志, 羽鳥 祐香

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • ロシア沿海州における津波の挙動と堆積物形成の数値解析

    菅原 大助, 西村 裕一, 高清水 康博, Nadezhda Razjigaeva, Larisa Ganzey, Ilya Lebedev, Ruslan Borisov

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • ロシア沿海州における1993年北海道南西沖地震による津波堆積物の面的分布

    西村 裕一, Nadezhda Razjigaeva, Larisa Ganzey, 菅原 大助, 高清水 康博, Ilya Lebedev, Ruslan Borisov

    日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 陸上津波堆積物に含まれるマッドクラスト

    高清水康博, 茂野 玲, 羽鳥祐香, 卜部厚志

    日本堆積学会2016年松本大会  2017年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学  

    researchmap

  • 静穏な海岸背後にあるストーム性段丘(storm swash terrace)上の礫の分布:ストームと津 波による分布特性の相違

    仁科健二, 川上源太郎, 加瀬善洋, 廣瀬亘, 卜部厚志, 高清水康博, 平 川一臣

    日本地質学会第123回学術大会(桜上水)  2016年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • 無機化学分析による津波堆積物の認定:予察 的検討

    加瀬善洋, 川上源太郎, 仁科健二, 林 圭一, 卜部厚志, 高清水康博

    日本地質学会第123回学術大会(桜上水)  2016年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • 津波堆積物の堆積過程における有機質微化 石の比重分別

    林 圭一, 加瀬善洋, 卜部厚志, 清 水康博, 川上源太郎, 仁科健二

    日本地質学会第123回学術大会(桜上水)  2016年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • Characterization of electric conductivity, PH, and organic-walled microfossils for identifying tsunami deposits: an example of modern tsunami and paleotsunami deposits in pacific coast lowlands, Hokkaido and Tohoku, Japan

    Yoshihiro Kase, Keiichi Hayashi, Gentaro Kawakami, Kenji Nishina, Atsushi Urabe, Yasuhiro Takashimizu

    JKASP 2016 (9th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes)  2016年5月  University of Alaska, Fairbanks

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Geophysical Institute, University of Alaska, Fairbanks, ALASKA, USA  

    researchmap

  • 磁気ファブリックから復元した3・11津波の挙動

    高清水 康博, 羽鳥 祐香, 卜部 厚志, 加瀬 善洋, 林 圭一

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 津波堆積物の認定手順と項目の整理

    後藤 和久, 菅原 大助, 西村 裕一, 藤野 滋弘, 小松原 純子, 澤井 祐紀, 高清水 康博

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 富山・石川地域の海岸平野に記録されたイベント堆積物

    卜部 厚志, 高清水 康博, 片岡 香子, 仁科 健二, 川上 源太郎, 平川 一臣, 酒井 英男

    日本地球惑星科学連合2016年大会  2016年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 南相馬市小高区の津波堆積物の磁気ファブリックと粒子ファブリック

    高清水康博, 卜部厚志, 羽鳥祐香, 加瀬善洋, 林 圭一

    日本堆積学会2016年福岡大会  2016年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡大学  

    researchmap

  • 電気伝導度による津波堆積物の認定手法の有用性

    加瀬善洋, 川上源太郎, 仁科健二, 卜部厚志, 高清水康博, 林 圭一

    日本堆積学会2016年福岡大会  2016年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡大学  

    researchmap

  • 現世と歴史時代の津波堆積物に対する磁気ファブリックの適用例

    高清水康博, 卜部厚志, 加瀬善洋, 林 圭一, 山本 博文

    日本地質学会第122回学術大会(信州大学長野キャンパス)  2015年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学(長野キャンパス)  

    researchmap

  • 富山湾沿岸地域の沖積層に記録されたイベント堆積物

    卜部厚志, 高清水康博, 仁科健二, 川上源太郎, 平川一臣, 酒井秀男

    日本地質学会第122回学術大会(信州大学長野キャンパス)  2015年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学(長野キャンパス)  

    researchmap

  • 大地に刻まれた巨大津波の痕跡を探る

    高清水康博

    ほくりく防災・減災考座2015  2015年7月  【主催】北陸地方防災エキスパート 【協賛】一般社団法人北陸地域づくり協会 【後援】NPO法人新潟県砂防ボランティア協会、一般社団法人建設コンサルタンツ協会北陸支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルラングウッド新潟(新潟市中央区笹口1-1) 4F「越後(東)」  

    researchmap

  • 津波堆積物研究の現状と日本堆積学会の取り組み

    後藤 和久, 小松原 純子, 菅原 大助, 高清水 康博, 高野 修, 藤野 滋弘

    日本地球惑星科学連合2015年大会  2015年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 若狭湾沿い,高浜町の海岸低地におけるトレンチおよびハンドオーガ?による津波堆積物調査

    山本 博文, 卜部 厚志, 佐々木 直広, 高清水 康博, 片岡 香子

    日本地球惑星科学連合2015年大会  2015年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 新潟県荒川河口の低地のイベント堆積物

    高清水 康博, 小野 勝則, 卜部 厚志, 鶴巻 駿介

    日本地球惑星科学連合2015年大会  2015年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 開水路により作成した津波堆積物による平滑床の磁気ファブリックの特徴

    高清水康博, 大田和樹, 卜部厚志

    日本堆積学会2015年つくば大会  2015年4月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Sedimentary characteristics of tsunami deposits in Okushiri Island, southwestern Hokkaido, Japan

    Kase, Y, Nishina, K, Hayashi, K, Kawakami, G, Koshimizu, K, Takashimizu, Y, Watanabe, T, Sagayama, T, Takahashi, R, Hirose, W, Ohtsu, S, Ishimaru, S, Fukami, H, Tajika, J

    8th Biennial Workshop on Japan-Kamchatka-Alaska Subduction Processes: Finding clues for science and disaster mitigation from international collaboration  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hokkaido University, Sapporo, Japan  

    researchmap

  • 粒度組成とC14年代によるカディス湾の完新世コンターライトの特徴

    高清水康博, 河村遼平, Ducassou, E, Hern?ndez-Molina, F.J., Stow, D.A.V, Alvarez-Zarikian, C, 乗船研究者

    日本地質学会第121回学術大会(鹿児島)  2014年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 若狭湾沿い海岸平野におけるトレンチ,コアリングによる津波 堆積物調査

    山本博文, 卜部厚志, 佐々木直広, 高清水康博, 片岡香子

    日本地質学会第121回学術大会(鹿児島)  2014年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 北海道南西部奥尻島で認められた津波堆積物

    加瀬善洋, 林 圭一, 仁科健二, 川上源太郎, 輿水健一, 高清水康博, 嵯峨山 積, 渡邊達也, 高橋 良, 廣瀬 亘, 大津 直, 石丸 聡, 深 見浩司, 田近 淳

    日本地質学会第121回学術大会(鹿児島)  2014年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 有機質膜をもつ微生物遺骸(渦鞭毛藻シスト)を利用したイベ ント堆積物の起源推定

    林 圭一, 加瀬善洋, 仁科健二, 川上 源太郎, 輿水健一, 高清水康博, 渡邊達也, 高橋 良, 廣瀬 亘, 大津 直, 石丸 聡, 深見浩司, 田近 淳

    日本地質学会第121回学術大会(鹿児島)  2014年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • 福井地域の海岸平野における津波堆積物調査

    卜部厚志, 山本 博文, 佐々木直広, 高清水康博, 片岡香子

    日本地質学会第121回学術大会(鹿児島)  2014年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • Characteristics of a contourite sequence with bi-gradational grading based on grain-size analyses and AMS 14C dating an example from Holocene clean sands of the Faro Drift, Gulf of C?diz 国際会議

    Takashimizu Y, Kawamura R, Hern?ndez-Molina, F. J, Stow, D. A. V, Alvarez-Zarikian, C, d Ex, Scientists

    IODP Expedition 339 2nd Post-cruise Meeting  2014年6月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tarifa, C?diz, SPAIN  

    researchmap

  • 奥尻島で認められた津波堆積物の堆積学的特徴

    加瀬善洋, 仁科健二, 林 圭一, 川上源太郎, 輿水健一, 高清水康博, 嵯峨山 積, 渡邊達也, 高橋 良, 廣瀬 亘, 大津 直, 石丸 聡, 深見浩司, 田近 淳, 卜部厚志

    平成26年度 環境・地質研究本部 調査研究成果発表会  2014年5月  地方行政法人 北海道立総合研究機構

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道総合研究プラザ 1F セミナー室(札幌市北区北 19 条西 11 丁目)  

    researchmap

  • 高田松原における2011年(平成23年)東北地方太平洋沖地震による洗掘と堆積

    高清水康博, 澁谷剛丈

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜(横浜市)  

    researchmap

  • 若狭湾沿い海岸低地における津波堆積物調査(予報)

    山本博文, 卜部厚志, 佐々木直広, 高清水康博, 片岡香子

    日本地球惑星科学連合2014年大会  2014年4月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜(横浜市)  

    researchmap

  • カディス湾(スペイン?ポルトガル)泥質コンターライトの微細組織

    西田尚央, Hern?ndez-Molina, F.J, Stow, D.A.V, Alvarez-Zarikian, C, IODP 第, 次航海乗船研究者, Acton, G, Bahr, A, Balestra, B, Ducassou. E, Flood, R, Flores, J-A, 風呂田郷史, Grunert, P, Hodell, D, Jimenez-Espejo, F.J, Kim, J.K, 黒田潤一郎, Krissek, L, Li, B, Llave, E, Lofi, J, Lourens, L, Miller, M, 七山 太, Richter, C, Roque, C, Sanchez Go?i, M, Sierro Sanchez, F, Singh, A, Sloss, C, 高清水康博, Tzanova, A, Voelker, A, Williams, T, Xuan, C

    日本堆積学会2014年山口大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口市山口大学  

    researchmap

  • 日本海側の沿岸からの津波イベント認定の試み(予報)

    高清水康博, 卜部厚志, 片岡香子, 川上源太郎, 仁科健二, 平川一臣

    日本堆積学会2014年山口大会  2014年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口市山口大学  

    researchmap

  • 北海道南西部奥尻島で認められた津波堆積物の堆積学的特徴

    加瀬善洋, 仁科健二, 林 圭一, 川上源太郎, 輿水健一, 高清水康博, 嵯峨山 積, 渡邊達也, 高橋 良, 廣瀬 亘, 大津 直, 石丸 聡, 深見浩司, 田近 淳, 卜部厚志

    日本堆積学会2014年山口大会  2014年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口市山口大学  

    日本海北部に位置する離島のうち,複数層準の津波堆積物が検出されている北海道奥尻島,山形県飛島,新潟県佐渡島を対象に,それぞれの地域における津波堆積物の層相や堆積場(地形・標高),堆積年代を比較した.また追加的に青森県西津軽〜秋田県男鹿にかけて津波堆積物調査を実施し,日本海北部域におけるイベントの規模や波源域の推定を行った.海岸に面する緩斜面や低位段丘,ごく小規模な陸繋島様の地形的鞍部に,礫質の津波堆積物が確認された.それらは有機質な土壌層に挟在し,円磨度やファブリックによって斜面上方に起源をもつ礫質斜面堆積物と区別し得る.イベントの広域対比では,北海道奥尻島で13世紀頃,山形県飛島で9世紀のイベンおよび10世紀以降〜13世紀頃までに2つのイベントが,新潟県佐渡島では9世紀および10〜12世紀の2つのイベントが推定される.今回,青森県深浦,秋田県男鹿で9世紀頃のイベント堆積物を確認したことから,9世紀および10〜13世紀に日本海北部で大きな津波イベントが発生している可能性が指摘される.

    researchmap

  • 津波堆積物の調査方法,分析方法の紹介:定方位不攪乱試料採取法

    高清水 康博

    第5回 津波堆積物ワークショップ  2013年9月  津波堆積物ワーキンググループ(日本地質学会・日本堆積学会)

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • 東北地方北部?北海道の太平洋側に来襲しうる津波

    高清水 康博

    第5回 津波堆積物ワークショップ  2013年9月  津波堆積物ワーキンググループ(日本地質学会・日本堆積学会)

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • Image J を用いた新しい円磨度Rの提案:アスペクト比によるCircularityの補正

    高清水 康博

    日本地質学会第120年学術大会(2013仙台)  2013年9月  一般社団法人日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市青葉区東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • 異常反射物から見た広田湾における津波堆積物の特徴

    横山由香, 坂本 泉, 八木雅俊, 井村理一郎, 飯島さつき, 根元謙次, 鬼頭毅, 松井康雄, 高清水康博, 吉河秀郎, 笠谷貴史, 藤原義弘

    日本地質学会第120年学術大会(2013仙台)  2013年9月  一般社団法人日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市青葉区東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • 新潟地域の海岸砂丘後背地における津波堆積物

    卜部厚志, 高清水康博

    日本地質学会第120年学術大会(2013仙台)  2013年9月  一般社団法人日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市青葉区東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • 岩手県広田湾における津波起源堆積物の特徴

    横山由香, 坂本 泉, 八木雅俊, 井村理一郎, 飯島さつき, 根元謙次, 鬼頭毅, 松井康雄, 高清水康博, 吉河秀郎, 笠谷貴史, 藤原義弘

    日本地質学会第120年学術大会(2013仙台)  2013年9月  一般社団法人日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市青葉区東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • カディス湾およびポルトガル西部沖のコンターライト堆積システムにおける完新世砂質堆積物のAMSファブリックと粒度特性(予報)

    高清水 康博, 河村 遼平, ndez-Molina F.J, Stow D.A.V, Alvarez-Zarikian Carlos, Ex, Scientists

    日本地質学会第120年学術大会(2013仙台)  2013年9月  一般社団法人日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市青葉区東北大学川内キャンパス  

    researchmap

  • 川から遡った津波の記録:1833年庄内沖地震

    高清水康博

    ミニ講演会「堆積物からわかる日本海側の津波の記録」  2013年8月  新潟大学災害・復興科学研究所・新潟市歴史博物館

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市歴史博物館 本館2階 セミナー室  

    researchmap

  • 三陸沿岸域で見られる海底地形と津波起源堆積物の特徴 岩手県広田湾・唐丹湾・越喜来湾の例

    坂本泉, 横山由香, 滝野義幸, 八木雅俊, 金井大輔, 鈴木彩加, 遠藤綾, 井村理一郎, 飯島さつき, 根元謙次, 松井康雄, 鬼頭毅, 高清水康博, 吉河秀郎, 藤原義弘, 笠谷貴史

    日本地球惑星科学連合 2013年度連合大会  2013年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 胆振海岸白老地域にみられる17 世紀津波堆積物の分布と起源の検討

    中西 諒, 岡村 聡, 高清水康博, 嵯峨山 積, 仁科健二

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月  公益社団法人日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県 幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 広田湾における表層堆積物の分布と特徴

    横山由香, 坂本泉, 滝野義幸, 高清水康博, 八木雅俊, 鈴木彩加, 遠藤綾, 井村理一郎, 根元謙次, 鬼頭毅, 松井康雄, 吉河秀郎, 笠谷貴史, 藤原義弘

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月  公益社団法人日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県 幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 沖積層における津波堆積物の高い寄与率:宮古市真崎海岸の例

    高清水康博, 卜部厚志, 平川一臣

    沖積層における津波堆積物の高い寄与率:宮古市真崎海岸の例  2013年5月  地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 越喜来湾・唐丹湾内における海底地形と表層堆積物の特徴

    横山由香, 坂本泉, 滝野義幸, 高清水康博, 八木雅俊, 金井大輔, 井村理一郎, 根元謙次, 鬼頭毅, 松井康雄

    日本地球惑星科学連合2013年大会  2013年5月  公益社団法人日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県 幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • AMSファブリックを用いた古流向解析による仙台平野を遡上した津波の挙動

    澁谷剛丈, 高清水康博

    日本堆積学会2013年千葉大会  2013年4月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • 釧路平野の最終氷期最盛期以降の開析谷充填物の特徴と形成過程

    高清水康博, 阿部 祐一, 大塚 拓, 澁谷剛丈, 鈴木信也, 石井千尋, 三山裕基

    日本堆積学会2013年千葉大会  2013年4月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • アイヌ口碑伝説とアイヌ語地名から読む、過去の巨大津波と地震

    高清水康博

    過去の津波と地震を紐解く(標津町平成24年度生活館活動推進事業)  2013年3月  標津町

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:標津地区生活館(標津町南6条西2丁目1?1)  

    researchmap

  • アイヌ口碑伝説から探る釧路の大津波

    高清水康博

    防災ワンデー『釧路防災講演会2013』?検証!釧路の古津波?  2013年1月  釧路市連合町内会/釧路市連合防災推進協議会/釧路市家庭防災推進員連絡協議会/NHK釧路放送局/釧路地方気象台/

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:釧路アクア・ベール  

    researchmap

  • 胆振海岸東部(むかわ町?苫小牧勇払地域)から確認された17世紀津波堆積物の特徴と今後の研究課題および、ACEライナーによる地層引き抜き調査について

    高清水康博

    津波堆積物ゼミ:北海道胆振海岸地域の津波防災を考える  2012年12月  新潟大学

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:苫小牧市役所 南庁舎3階会議室  

    researchmap

  • Process, sea-level and tectonic controls on evolution of the South Iberian margin: Preliminary Results of IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz 国際会議

    Stow D, Hern?ndez-Molina F. J, Alvarez-Zarikian, C, Expedition, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Lofi J, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    Deep Water Continental Margins Conference  2012年10月  Geological Society of London

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地中海流出水の開始,進化,およびその効果:Cadiz湾におけるIODP航海339"Mediterranean Outflow"の概要

    高清水康博, Hern?ndez-Molina Francisco Javier, Stow Dorrik A.V, Alvarez-Zarikian Carlos, 風呂田郷史, Jimenez-Espejo Francisco, 黒田潤一郎, 七山 太, 西田尚央, 乗船研究者

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • コンターライト堆積相の特徴とその時空的変化:北大西洋スペイン?ポルトガル沖

    西田尚央, Hern?ndez-Molina Francisco Javier, Stow Dorrik A.V.・Alvarez-Zarikian Carlos, 風呂田郷史, Jimenez-Espejo Francisco, 黒田潤一郎, 七山 太, 高清水康博, 乗船研究者

    日本地質学会第119年学術大会  2012年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学  

    researchmap

  • Stratigraphy of contourite depositional systems in the Gulf of Cadiz: MIS 7 to Holocene 国際会議

    Sloss C, Hern?ndez-Molina F. J, Stow D, Hodell D, Alvarez-Zarikian, C, Petheric L, Expedition, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    34th International Geological Congress  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Onset, evolution and effects of the Mediterranean Outflow: Preliminary Results of IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz 国際会議

    Stow D, Hern?ndez-Molina F. J, Hodell D, Alvarez-Zarikian, C, Petheric L, Expedition, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    34th International Geological Congress  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Onset, evolution and effects of the Mediterranean Outflow: An overview of IODP Expedition 339 国際会議

    Hern?ndez-Molina F. Javier, Stow Dorrik, Alvarez-Zarikian Carlos, Jimenez-Espejo F, Kuroda J, Furota S, Nanayama F, Nishida N, Takashimizu Y, Expedition IODP, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Grunert P, Hodell D, Kim J. K, Krissek L, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    2012 Annual Meeting of Japan Geoscience Union  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe  

    researchmap

  • 砂丘を越流して平野へ浸入した津波からの堆積物:胆振海岸の17世紀津波堆積物と仙台平野の2011年東北津波堆積物の比較から

    高清水康博, 永井 潤, 卜部厚志, 佐藤善輝, 岡村 聡, 西村裕一, 鈴木幸治

    砂丘を越流して平野へ浸入した津波からの堆積物:仙台平野の2011年東北津波堆積物と胆振海岸の17世紀津波堆積物の比較から  2012年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • Onset, evolution and effects of the Mediterranean Outflow: Preliminary Results of IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz 国際会議

    Hern?ndez-Molina F. Javier, Stow Dorrik, Alvarez-Zarikian Carlos, Expedition IODP, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    European Geosciences Union General Assembly 2012  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Vienna, Austria  

    researchmap

  • Onset, evolution and effects of the Mediterranean Outflow: Preliminary Results of IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz 国際会議

    Hern?ndez-Molina F. J, Stow D, HODELL D, ALVAREZ-ZARIKIAN, C, Kim J. K, Expedition, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    2012 Joint Conference of the Geological Science & Technology of Korea  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Onset, evolution and effects of the Mediterranean Outflow: An overview of IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz 国際会議

    Hern?ndez-Molina F. J, Stow D, Alvarez-Zarikian, C, Lofi J, Ducassou. E, Sanchez Go?i M, Expedition, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    the IODP France Scientific Meeting  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris  

    researchmap

  • FMS resistivity layer characterization in a contourite depositional system. Preliminary results from Sites U1389 and U1390, IODP Expedition 339 in the Gulf of Cadiz. 国際会議

    Lofi J, Galvani A, Williams T, Hern?ndez-Molina F. J, Stow D, Llave E, Miller M, Alvarez-Zarikian, C, Expedition, Scientists (Acton G, Bahr A, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Lourens L, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Xuan C

    IODP-France Scientific Meeting  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris  

    researchmap

  • Preliminary Results of IODP Expedition 339 "Mediterranean Outflow" 国際会議

    Bahr A, Hern?ndez-Molina F. J, Stow D, HODELL D, ALVAREZ-ZARIKIAN, C, Expedition, Scientists (Acton G, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Grunert P, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    IODP Colloquium of the German Research Foundation  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kiel  

    researchmap

  • New data on the Stilostomella-event in the North Atlantic from IODP Expedition 339 国際会議

    Grunert P, Hern?ndez-Molina F. J, Stow D, HODELL D, ALVAREZ-ZARIKIAN, C, Expedition, Scientists (Acton G, Balestra B, Ducassou. E, Flood R, Flores J-A, Furota S, Bahr A, Hodell D, Jimenez-Espejo F, Kim J. K, Krissek L, Kuroda J, Li B, Llave E, Lofi J, Lourens L, Miller M, Nanayama F, Nishida N, Richter C, Pereira, H. Roque C, Sanchez Go?i M, Sierro Sanchez F, Singh A, Sloss C, Takashimizu Y, Tzanova A, Voelker A, Williams T, Xuan C

    IODP Colloquium of the German Research Foundation  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kiel  

    researchmap

  • 地層学とアイヌ口碑伝説から過去の大津波を探る

    高清水康博

    2011年度自然災害シンポジウム「古津波をさぐるー地層・伝承・古文書から?」  2012年2月  自然災害協議会北海道地区部会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学学術交流会館大講堂(札幌市北区北8条西5丁目,北大正門前)  

    researchmap

  • 仙台平野の沿岸低地を遡上した2011年巨大津波による堆積物の特徴

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治, 佐藤義輝

    津波災害に関するシンポジウム  2011年11月  新潟大学災害復興科学研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ベンチャービジネスラボラトリー  

    researchmap

  • 北海道胆振海岸に分布する17世紀津波堆積物:北海道駒ヶ岳の1640年噴火に伴う津波との関連性 (p152)

    岡村 聡, 伊藤和也, 永井 潤, 西村裕一, 高清水康博

    2011年度秋季大会  2011年10月  日本火山学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 仙台平野の沿岸低地を遡上した津波堆積物

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学  

    researchmap

  • 新潟県新津丘陵に分布する鮮新統金津層の堆積学的検討

    知野光潤, 高清水康博

    日本地質学会第118年学術大会  2011年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城大学  

    researchmap

  • 仙台平野を遡上した津波流による堆積物の特徴

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    新潟大学災害・復興科学研究所地震災害調査報告会  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学総合教育研究統G415講義室  

    researchmap

  • 北海道東部釧路平野地下を構成する地層の堆積学的検討

    高清水康博, 阿部祐一, 鈴木信也, 丸山千尋

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月  地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場  

    researchmap

  • 仙台平野若林区の沿岸低地を遡上した津波の堆積物の特徴

    高清水康博, 卜部厚志, 鈴木幸治

    日本地球惑星科学連合2011年大会  2011年5月  地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ国際会議場(〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1)  

    researchmap

  • 津波堆積物が語る北海道を襲った巨大津波:過去は未来を解く鍵

    高清水康博

    平成23年北海道総合研究機構地質研究所調査研究成果報告会  2011年5月  地方独立行政法人北海道総合研究機構環境・地質研究本部地質研究所

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:科学技術振興機構研究成果活用プラザ北海道  

    researchmap

  • 石狩平野中南部地域の地下水位

    丸谷 薫, 高清水康博, 深見浩司

    第20回環境地質学シンポジウム  2010年12月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス理工学術院55号館N棟大会議室  

    researchmap

  • 北海道東部釧路湿原D5コアの堆積学検討

    丸山千尋, 高清水康博

    第20回環境地質学シンポジウム  2010年12月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス理工学術院55号館N棟大会議室  

    researchmap

  • 北海道東部釧路湿原D3コアの堆積学検討

    鈴木信也, 高清水康博

    第20回環境地質学シンポジウム  2010年12月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス理工学術院55号館N棟大会議室  

    researchmap

  • 北海道東部釧路湿原D2コアの堆積学的検討

    高清水康博, 阿部佑一

    日本地質学会第117年学術大会(富山大会)  2010年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学五福キャンパス  

    researchmap

  • 北海道東部釧路湿原D1 コアの堆積学的検討

    高清水康博, 阿部佑一

    日本第四紀学会2010 年大会  2010年8月  日本第四紀学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京学芸大学芸術館ホール  

    researchmap

  • 新潟大学のコア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成プログラムにおける地学分野の指導力向上へ向けた取り組み

    平中宏典, 藤林紀枝, 高清水康博, 興治文子

    日本第四紀学会2010年大会  2010年8月  日本第四紀学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京学芸大学芸術館ホール  

    researchmap

  • 滝の上発電所取水堰のダム充填物の特徴

    高清水康博, 遠藤祐司

    日本地球惑星科学連合 2010年度連合大会  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 珪長質テフラの流下に伴う古環境の変遷:魚沼層群中のNssテフラ及びSK085テフラの広域対比から

    岡崎 歩, 高清水康博

    日本堆積学会2010年茨城大会  2010年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学水戸キャンパス茨苑会館  

    researchmap

  • 海底谷充填物から確認されたデューン様ベッドフォームの特徴:新津丘陵に分布する鮮新世金津層の例

    熊倉悠太, 高清水康博

    日本堆積学会2010年茨城大会  2010年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学水戸キャンパス茨苑会館  

    researchmap

  • 上部外浜堆積物中に見られる沿岸洲の特徴:見附地域における更新統の堆積学的研究

    高井那弥, 高清水康博

    日本堆積学会2010年茨城大会  2010年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学水戸キャンパス茨苑会館  

    researchmap

  • 地震性沈降を反映した強制的海進:新潟県角田山東麓峰岡丘陵仁箇層の古環境復元から

    関 信也, 高清水康博

    日本堆積学会2010年茨城大会  2010年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学水戸キャンパス茨苑会館  

    researchmap

  • 日高海岸から確認された17世紀津波堆積物(?)の特徴

    高清水康博, 仁科健二

    日本堆積学会2010年茨城大会  2010年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学水戸キャンパス茨苑会館  

    researchmap

  • 堆積相解析と粒度分析による河川卓越型デルタの特徴:新津丘陵天ヶ沢地域に分布する例

    知野光潤, 高清水康博

    日本堆積学会2010年茨城大会  2010年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城大学水戸キャンパス茨苑会館  

    researchmap

  • 釧路湿原の周縁から湧出する湧水と湿原周辺の地下水の水質

    丸谷 薫, 高清水康博

    第19回環境地質学シンポジウム  2009年12月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学西早稲田キャンパス理工学部55号館 N棟大会議室B  

    researchmap

  • 堆積相解析による透水性と地下水水質の特徴:北海道の更新統の例

    高清水康博, 丸谷 薫

    日本地質学会第116年学術大会  2009年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • 粒径頻度プロファイルから検討した堆積過程?石狩低地帯沖積層ボーリングコアの例?

    仁科健二, 川上 源太郎, 小松原 純子, 木村 克己, 大津 直, 廣瀬 亘, 高清水 康博, 岡 孝雄

    日本地質学会第116年学術大会  2009年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学  

    researchmap

  • 北海道当別町川下地区で掘削された沖積層ボーリングコア(GS-HTB)の解析

    川上源太郎, 小松原純子, 仁科健二, 木村克己, 廣瀬 亘, 大津 直, 高清水康博, 岡 孝雄

    日本地球惑星科学連合 2009年度連合大会  2009年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 河川の影響する潮汐システム:十勝平野に分布する池田層群最上部の堆積相解析から

    高清水康博

    日本堆積学会2009年京都・枚方大会  2009年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 砂丘を乗り越えた津波堆積物の特徴:北海道西部太平洋岸に分布する17 世紀津波堆積物の例

    高清水康博, 永井 潤, 岡村 聡

    日本堆積学会2009年京都・枚方大会  2009年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪工業大学・京都大学防災研究所  

    researchmap

  • 積雪寒冷地におけるノンポイントソースによる地下水汚染の濃度分布

    丸谷 薫, 高清水康博, 高橋 良

    第18回環境地質学シンポジウム  2008年11月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 石狩低地沖積層の層序・構造の解明に向けて

    川上源太郎, 廣瀬 亘, 大津 直, 仁科健二, 高清水康博, 嵯峨山 積, 岡 孝雄, 小松原純子, 木村克己

    日本地質学会第115年学術大会  2008年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田大学  

    researchmap

  • 堆積相,粒度特性および透水試験による浅海性砂質堆積物の評価:北海道幌延町に分布する更別層の解析から

    高清水康博

    日本堆積学会2008 年例会  2008年4月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:弘前大学創立50周年記念館  

    researchmap

  • 積雪寒冷地における砂礫帯水層への硝酸浸透機構

    丸谷 薫, 高清水康博

    第17回環境地質学シンポジウム  2008年1月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • 釧路湿原の湧水と帯水層の特徴

    高清水康博, 丸谷 薫

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学高等教育機能開発センター  

    researchmap

  • 北海道,苫小牧周辺における17世紀津波堆積物の堆積構造

    永井 潤, 高清水康博, 西村 裕一, 嵯峨山 積, 岡村 聰

    日本地質学会第114年学術大会  2007年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学高等教育機能開発センター  

    researchmap

  • 前弧海盆に発達した海底チャネルと海底谷の復元:中新-鮮新統宮崎層群“宮崎相”の層序と堆積学的解析から

    高清水康博

    地学団体研究会第61回総会シンポジウム「鮮新?更新統のこれからの研究」  2007年8月  地学団体研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 北海道,苫小牧周辺に分布する17 世紀津波堆積物

    永井 潤, 高清水康博, 西村裕一, 嵯峨山 積, 岡村 聡

    日本地球惑星科学連合2007年連合大会  2007年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • Seventeenth Century Tsunami Deposit in Eastern Iburi, Hokkaido, Northern Japan 国際会議

    Yasuhiro Takashimizu, Tsumoru Sagayama, Kenji Nishina, Takao Oka, Yugo Nakamura, Yuichi Nishimura

    17th International Sedimentological Congress  2006年8月  International Association of Sedimentologists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場  

    researchmap

  • 北海道周辺地域における歴史地震について:アイヌの口碑伝説と歴史記録に基づく検討

    新里忠史, 重野聖之, 高清水康博

    日本地球惑星科学連合2006年連合大会  2006年5月  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ  

    researchmap

  • 豊平川沿いを中心とした札幌西南山地の新第三系層序について?カイギュウ化石関連調査の今後の課題?

    岡 孝雄, 高清水康博

    2006年地学団体研究会北海道支部総会  2006年4月  地学団体研究会北海道支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市博物館活動センター  

    researchmap

  • 堆積学的解析を用いた帯水層・難帯水層の評価:十勝平野に分布する最上部池田層群の堆積相解析の結果から

    高清水康博, 岡 孝雄

    日本堆積学会2006年例会  2006年3月  日本堆積学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 北海道における砂礫帯水層の硝酸性窒素調査事例

    丸谷 薫, 高清水康博

    第15回環境地質学シンポジウム  2005年12月  地質汚染?医療地質?社会地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜情報文化センター  

    researchmap

  • 釧路湿原の湧水と周辺地域の地質について(1)

    高清水康博, 丸谷 薫

    第14回環境地質学シンポジウム  2004年12月  日本地質学会環境地質研究委員会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学農学部2号館化1・化2  

    researchmap

  • 北海道オホーツク沿岸で確認されたイベント砂層

    仁科健二, 高清水康博, 嵯峨山 積

    日本地質学会第111年学術大会  2004年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • 地質時代の津波の痕跡を探る?静岡県牧ノ原台地の上部更新等の例?

    高清水康博

    平成16年度地学団体研究会北海道支部総会  2004年4月  地学団体研究会北海道支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市生涯学習センター  

    researchmap

  • 2003年台風10号豪雨・十勝沖地震による地盤災害

    石丸 聡, 高清水康博

    第42回試錐研究会  2004年3月  試錐研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌サンプラザ  

    researchmap

  • 北海道石狩低地帯(恵庭市?千歳市)における地下水資源の利用と地下水位および地下水質の変化

    高清水康博, 丸谷 薫, 深見浩司

    第13回環境地質学シンポジウム  2003年12月  日本地質学会環境地質研究委員会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学発達科学部G棟  

    researchmap

  • 平成15年(2003年)十勝沖地震による被害調査報告

    高清水康博, 廣瀬 亘, 大津 直, 田村 慎, 田近 淳, 石丸 聡, 高見雅三, 岡 孝雄

    第13回環境地質学シンポジウム  2003年12月  日本地質学会環境地質研究委員会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 北海道鵡川町の沖積層中から見つかった海成イベント堆積物について

    高清水康博, 仁科健二, 嵯峨山 積, 岡 孝雄

    日本地質学会第109年学術大会  2002年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 冷水性炭酸塩堆積物を含む新生代中頓別層の形成過程-北海道天然記念物中頓別鍾乳洞とその周辺地域の地質から-

    高清水康博

    堆積学研究会2002年春季研究集会  2002年4月  堆積学研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:サンセール盛岡  

    researchmap

  • 宮崎層群"宮崎相"にみられる海底チャネルの堆積相とその形成

    高清水康博

    堆積学研究会“ミレニアム記念”2000年春の研究集会  2000年7月  堆積学研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都立大学  

    researchmap

  • 前孤海盆に発達した海底谷充填物の堆積の特徴:新第三系宮崎層群宮崎層の例から

    高清水康博

    日本地質学会第106回学術大会  1999年10月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • 宮崎層群‘宮崎相’における海底谷充填物の発達

    高清水康博

    日本地質学会第105会学術大会  1998年9月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学  

    researchmap

  • Sedimentary Structures of Earthquake-induced Tsunami Layers in the Upper Pleistocene Incised Valley System, Shizuoka, Japan 国際会議

    Yasuhiro Takashimizu, Fujio Masuda

    15th International Sedimentological Congress  1998年4月  International Association of Sedimentologists

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Alicante University, Spain  

    researchmap

  • 中新-更新統宮崎層群に見られるチャネル‐レヴィーの堆積相

    高清水康博

    堆積学研究会1997年秋季研究集会  1997年11月  堆積学研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

    researchmap

  • 静岡県牧ノ原台地の上部更新統の堆積相と砂層の粒度組成と鉱物組成

    高清水康博, 増田富士雄

    日本地質学会第104回学術大会  1997年10月  日本地質学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学六本松キャンパス  

    researchmap

  • 静岡県牧の原台地の上部更新統の砂層の粒度組成

    高清水康博, 増田富士雄

    堆積学研究会1996年秋季研究集会  1996年10月  堆積学研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都教育大学  

    researchmap

  • 静岡県牧ノ原台地の上部更新統の堆積相と堆積シークェンス

    高清水康博, 増田富士雄

    堆積学研究会1995年秋季研究集会  1995年11月  堆積学研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:信州大学  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • The PEPS Most Accessed Paper Awards 2018

    2018年4月   Progress in Earth and Planetary Science   New parameter of roundness R: Circularity corrected by aspect ratio

    髙清水 康博, 飯吉麻衣子

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 沿岸低地の微地形による津波挙動・土砂移動への影響解明

    2021年6月 - 2022年3月

    東北大学災害科学国際研究所  2021 年度東北大学災害科学国際研究所リソースを活用した共同研究助成 

    髙清水康博, 菅原大助, 卜部厚志, 石澤尭史ほか

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 自然情報と防災を包括した教員養成地学分野の防災教育プロセス構築

    研究課題/領域番号:21K02458  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤林 紀枝, 高清水 康博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    researchmap

  • 沿岸低地の微地形による津波挙動・土砂移動への影響の解明

    2020年6月 - 2021年3月

    東北大学災害科学国際研究所  2020年度 東北大学災害科学国際研究所 リソースを活用した共同研究助成 

    髙清水康博, 菅原大助, 卜部厚志, 石澤尭史ほか

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 富山湾沿岸地域の海水準変動と平野の形成過程の復元-弥生の海退はあるのか-

    研究課題/領域番号:19K03987  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    卜部 厚志, 片岡 香子, 高清水 康博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    弥生の海退は,日本各地の海岸平野での共通した変動として考えられてきた.この変動の有力な根拠は,富山湾沿岸に位置する魚津埋没林の埋没過程の検討から示されている.一方で,各地の弥生の海退とその後の海進は,その年代や変動量が一致せず,地域の沈降運動やハイドロユースタティックな変動量を含む相対的な変動である可能性がある.そこで,本研究は,魚津だけではなく,富山湾沿岸の海岸平野の形成・発達過程から富山湾沿岸全体の海水準変動を復元することで,縄文海進のピーク時期と標高の復元も含めて,富山地域での弥生の海退現象の評価を行うことを全体の目的とした.
    2019年度は,富山県の射水平野の内陸部の砂州の形成と潟端の遺跡立地を含めた古地理の復元による射水平野での最終氷期以降の海水準変動量等の検討を行った.射水平野沿岸部の沖積層の層序と年代については,沿岸部での最近の成果があるが,射水平野内陸側の砂州地形の発達過程や地形の形成年代は,明らかとなっていない.このため,既存ボーリングデータベースを活用して,沖積層の層序の概観を把握した上で,複数地点においてオールコアボーリング調査を行った.
    掘削したボーリング試料は,これまでの沖積層研究で実施してきた分析方法と同様に基本的な層相の解析と古環境を推定するための分析,年代分析を行った.また,既存ボーリングデータベースの資料を参考に,層相の空間的分布を年代ごとに推定し,射水平野の古地理の復元を行った.この結果,約7200年前には,現在の海岸線付近に狭長な砂州が成立し,泥質なラグーンが成立していることや潟端の小竹貝塚立地時の古地理を明らかにした.堆積相の分布と年代から,この地域の縄文海進のピーク標高は,現在の海水準とほぼ同様であることが推定できる.

    researchmap

  • 巨大地震津波は北海道西部太平洋岸を繰り返し襲うか?

    研究課題/領域番号:19K03986  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    高清水 康博, 西村 裕一, 卜部 厚志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    令和元年度は,苫小牧市勇払の低地において野外調査を実施した.この地域ではこれまでに17世紀前半の古津波が知られている(髙清水ほか,2007,2012).
    本研究ではそれ以前の古津波履歴の解明を目指してより2地域において古い時代の地層の調査を実施した.苫小牧地域では最大深度5.40 mの掘削を実施した.その結果,約3000年以前と考えられる深度1.5 m層準以深の古環境はラグーン環境であった.明瞭なイベント堆積物は把握されなかった.鵡川地域では最大深度3.6 mの掘削を実施した.その結果,深度2.95mまで泥炭層を確認することができた.深度2.95mの泥炭の放射性炭素年代は約4650-4855 cal yBPであり,この泥炭層中の上位層中の明瞭な津波イベント候補は17世紀津波堆積物以外には確認されなかった.
    また,苫小牧地域において17世紀津波堆積物の性状把握のために海岸から1.5 kmの範囲までの調査測線を設定し,試料採取を行った.調査地点数は26地点である.各地点においてコアラーおよびハンディジオスライサーによって試料採取を行い,現地において地層の特徴を記載した.その結果,内陸薄層化,内陸細粒化の傾向を把握した.また,沿岸低地の津波堆積物に特徴的な侵食的な基底面形状,侵食同時礫の存在,および級化ユニット等を確認した.
    これまでに一般的に行われている堆積物の性状把握の手法をさらに高度化するために,本研究では医療用CTを用いた地層の3次元形態の把握やハンスフィールド単位(HU値)による定量的な津波堆積物の特徴把握の試みを進めた.そのために,今年度は地層のCT撮影に最適化した撮影条件を決めた.その結果,0.6 mmスライスの高詳細なCT画像を恵らることが分かった.

    researchmap

  • リアス式海岸や海成段丘から津波堆積物を認定する手法の構築

    2016年4月 - 2019年3月

    髙清水 康博

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 古海底火山を用いた理科教育・災害科学教育

    研究課題/領域番号:15K00969  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤林 紀枝, 片岡 香子, 高清水 康博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    研究成果の概要(和文):佐渡島小木半島に分布する中新世海底火山の地層の研究から,火口から離れて斜面を流れ下って形成される'jumbled sheet flow'の存在と枕状溶岩の累進的な定置過程を明らかにし,それらを基に海底火山活動の様子を復元した。また,比較により,火山活動の特徴は東太平洋中央海嶺で観測されている溶岩流とよく似ていることが明らかとなった。これらの研究成果を基にした学習内容を作成した。また,日本海東縁部の津波堆積物,火山泥流,海底火山の地滑り堆積物についての研究を基に,地震災害,火山災害についての学習内容を作成した。

    researchmap

  • 砂丘を越えて沿岸低地を遡上する巨大津波からの堆積モデル構築

    2012年4月 - 2014年3月

    高清水康博

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 地層学セミナー

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学セミナー

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地層学

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎地学Ⅱ

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズI

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究IV

    2013年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究II

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • ダイナミック層序学

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 表層物質堆積論

    2011年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 生活地圏環境形成論

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 総合演習

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 岩石学Ⅰ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 地学基礎実習

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地域地質実習

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地学演習A

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 地殻科学実習

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 地質学演習I

    2009年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 生活地圏環境セミナーB

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生活地圏環境セミナーA

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究I

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地質学特論

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 生活圏地形地質環境論

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 地学課題研究III

    2009年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 地質学演習II

    2009年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生活環境地学実験

    2009年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 理科教育法(中等)IV

    2009年
    -
    2012年
    機関名:新潟大学

  • 地球科学概論

    2009年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 第61回 日本学生科学賞 審査委員

    2017年10月

  • 平成29年度教員免許更新講習「流れる水の働きが作る大地と津波・津波防災」講師

    2017年8月

  • 第60回 日本学生科学賞 審査委員

    2016年10月

  • 平成28年度教員免許更新講習「火山と流水が作る大地」講師

    2016年8月

  • 見附市教育委員会 平成27年度みつけ子ども大学「川によって運ばれた石はどうして丸くなるの?」での出前授業(5-1クラス;5・6限)

    2015年11月

  • 新潟県立教育センター 平成27年度 先端科学技術活用講座(中学校) 「地形解析と地形形成実験から読み解く新潟の大地」での講師

    2015年10月

  • 新潟県立教育センター平成26年度「観察・実験指導力向上研究協議会」Eグループ(佐渡地区),公開授業「第4単元:大地の変化,3章:大昔を語る~地層~」での指導,平成26年10月7日(火) 佐渡市立沢田中学校(1-1)

    2014年10月

  • 柏崎高校SSH事業 SSI大学アドバンス講座地学での講師 平成26年8月4日(月) 午前:柏崎高校化学教室 午後:柏崎市聖ケ鼻

    2014年8月

  • 新潟大学教育学部附属長岡小学校平成24年度特別講義「ようこそ、大学の先生」での講師:「東日本大震災と津波の科学」2012/11/15,3限・4限

    2012年11月

  • IODP研究航海339「地中海流出水」と深海掘削科学:大西洋と日本をリアルタイムで繋ぐ出前授業の試み

    2012年1月

  • 平成23年度中学校理科教員指導力向上事業(地学領域講座)「新しい地層学と野外観察の方法」での講師

    2011年10月

  • 平成23年度教員免許更新講習「火山と流水が作る大地」講師

    2011年8月

  • 平成23年度高校生対象体験講義プログラム 「津波堆積物が語る巨大津波:過去は未来を解く鍵」

    2011年7月

  • 栃木県立足利高等学校新潟大学見学会「体験講義地学:流れる水のはたらき」

    2011年7月

  • 新潟大学地学祭り:オリジナル粒度表を作ろう

    2010年10月

  • 平成22年度教員免許更新講習「火山と流水が作る大地」講師

    2010年7月

  • 見附市教育委員会「平成21年度学力調査アクションプラン推進事業」による「大学の先生の出前授業」講師:「ながれる水のはたらきが作る様々な地形:見附の今昔」

    2010年1月

  • 新潟大学地学祭り:地学博士になろう

    2009年9月

▶ 全件表示