2021/10/20 更新

写真a

アオヤギ カオル
青柳 かおる
AOYAGI Kaoru
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 教授
人文学部 人文学科 教授
現代社会文化研究科 現代文化専攻 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(文学) ( 2001年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 宗教学

  • 中東

  • 生命倫理

  • スーフィズム

  • ガザーリー

  • イスラーム

研究分野

  • 人文・社会 / 宗教学  / イスラーム思想史

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   人文学部   教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   人文学部   准教授

    2009年12月 - 2021年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院   人文社会系研究科イスラム学講座   助教

    2007年4月 - 2009年11月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 現代文化専攻   教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 人間科学系列   教授

    2021年4月 - 現在

所属学協会

 

論文

  • イスラームの同性愛における新たな潮流――ゲイのムスリムたちの解釈と活動

    青柳かおる

    比較宗教思想研究   21   1 - 24   2021年3月

  • イスラームにおける同性愛 : 伝統的解釈を中心に

    青柳 かおる

    人文科学研究 = Studies in humanities   147   Y1 - 19   2020年12月

     詳細を見る

  • ガザーリーの「婚姻作法の書」にみられる夫婦観――コーラン4章34節の解釈にみられる役割分担を中心に

    青柳かおる

    比較宗教思想研究   20   1 - 20   2020年3月

     詳細を見る

  • イスラームにおける出生前診断――スンナ派を中心に

    青柳かおる

    人文科学研究   145   1 - 16   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    添付ファイル: 青柳かおる/「イスラームにおける出生前診断」人文科学研究_抜刷 (1).pdf

    researchmap

  • 一時婚(ムトア)に関するシーア派とスンナ派の論争――古典時代から現代まで

    青柳かおる

    イスラム思想研究   創刊号   3 - 23   2019年3月

  • コーラン解釈における廃棄(ナスフ)の諸相――一時婚を中心に

    青柳かおる

    比較宗教思想研究   19   19 - 38   2019年3月

  • イスラーム・スンナ派における生殖補助医療への批判 : カトリックと比較して

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   18   1 - 19   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳かおる「イスラーム・スンナ派における生殖補助医療への批判」比較宗教第18輯.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームにおける生命倫理の諸問題 (特集 生命倫理と宗教 : 連続公開講演会/「社会と宗教」レクチャーより) 招待

    青柳 かおる

    東洋学術研究   57 ( 1 )   5 - 33   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東洋哲学研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Assisted Reproductive Technologies in Islam with Special Reference to Twelver Shia(イスラームにおける生殖補助医療 : 12イマーム・シーア派を中心に)

    AOYAGI Kaoru, 青柳 かおる

    人文科学研究 = Studies in humanities   141   Y1 - 20   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟大学人文学部  

    添付ファイル: Assisted Reproductive Technologies in Islam with Special Reference to Twelver Shia141_Y1-Y20.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームにおける婚姻制度の諸相 : スンナ派のミスヤール婚,ウルフィー婚とシーア派の一時婚(ムトア婚)

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   17   1 - 21   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳かおる「イスラームにおける婚姻制度の諸相」比較宗教思想研究第17輯.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • 生殖補助医療に関するスンナ派イスラームの生命倫理

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   15   19 - 41   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳かおる「生殖補助医療に関するスンナ派イスラームの生命倫理」比較宗教思想研究_第15輯.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • Early Embryos in Islamic Bioethics: A Comparative Study with Judaism and Christianity concerning Contraception, Abortion, and Embryonic Stem Cells 招待

    Kaoru AOYAGI(青柳かおる)

    近藤洋平編『中東の思想と社会を読み解く』東京大学中東地域研究センター(UTCMES)(Yohei Kondo ed. Thought and Societies in the Middle East)   1   3 - 20   2014年8月

     詳細を見る

  • イスラームの生命倫理における安楽死と尊厳死 : キリスト教と比較して

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   14   1 - 29   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳かおる「イスラームの生命倫理における安楽死と尊厳死」比較宗教思想研究第14輯.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームの生命倫理と先端医療 : キリスト教と比較して

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   13   101 - 122   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳「イスラームの生命倫理と先端医療」『比較宗教思想研究』13.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームの生命倫理における初期胚の問題 : ユダヤ教,キリスト教と比較して

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   12 ( 0 )   1 - 21   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳「イスラームの生命倫理における初期胚の問題」『比較宗教思想研究』12輯.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラーム神秘主義(スーフィズム)の思想と実践 (特集 イスラーム文化の特質と多様性 : 連続公開講演会より) 招待

    青柳 かおる

    東洋学術研究   51 ( 1 )   172 - 197   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東洋哲学研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームの生命倫理における胚の形成過程の問題

    青柳 かおる

    比較宗教思想研究   11   1 - 16   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学大学院現代社会文化研究科比較宗教思想研究プロジェクト  

    添付ファイル: 青柳「イスラームの生命倫理における胚の形成過程の問題」『比較宗教思想研究』第11輯, 2011年, 116頁.pdf

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームの婚姻論比較研究--ガザーリー、イブン・アラビー、カラダーウィー (特集 イスラーム哲学の世界) 招待

    青柳 かおる

    東洋学術研究   49 ( 2 )   105 - 121   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東洋哲学研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • ガザーリーの「婚姻作法の書」にみられる妻の条件

    青柳 かおる, アオヤギ カオル, Aoyagi Kaoru

    駒澤大学佛教学部論集   40   330[235] - 310[255]   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:駒澤大学仏教学部研究室  

    CiNii Article

    researchmap

  • ガザーリーにおける二つの欲望

    青柳 かおる, アオヤギ カオル, Aoyagi Kaoru

    駒澤大学佛教学部論集   39   510[29] - 494[45]   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:駒澤大学仏教学部研究室  

    CiNii Article

    researchmap

  • 古典時代と現代におけるイスラームの婚姻論比較研究--ガザーリーとカラダーウィー 査読

    青柳 かおる

    史潮   ( 63 )   64 - 81   2008年5月

  • ガザーリーの「婚姻作法の書」にみられる妻と子供

    青柳 かおる, アオヤギ カオル, Aoyagi Kaoru

    駒澤大学佛教学部論集   38   490[47] - 475[62]   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:駒澤大学仏教学部研究室  

    CiNii Article

    researchmap

  • Spiritual Spiritual Beings in Fakhr al-Din al-Razi’s Cosmology, with Special Reference to His Interpretation of the Mi‘raj 査読

    青柳かおる

    Orient   41   145 - 161   2006年3月

     詳細を見る

  • スーフィズムからみた結婚と性の問題 招待

    青柳 かおる

    多民族社会における宗教と文化   ( 10 )   1 - 33   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:宮城学院女子大学キリスト教文化研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  • Transition of Views on Sexuality in Sufism : Al-Makki, al-Ghazali, and Ibn al-'Arabi(スーフィズムにおける性の意義の変遷 : マッキー、ガザーリー、イブン・アラビー) 査読

    青柳 かおる

    日本中東学会年報   22 ( 1 )   1 - 20   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本中東学会  

    本稿では、ガザーリーの宇宙論とセクシュアリティーの結びついた議論の独自性を明らかにし、マッキーからガザーリー、さらにイブン・アラビーへと変容していくスーフィズムの思想史にガザーリーを位置付ける。ガザーリーはセクシュアリティーに大きな関心を持っているが、ガザーリーの神秘思想における性の問題を分析した研究はあまりない。性欲を含む人間の欲望全体を克服していく禁欲主義や、修行論の中で論じられてはいるが、性欲を抑える方向に関心が向けられており、神秘主義における性の意義については明らかにされていないのである。スーフィズムとセクシュアリティーの研究は、ガザーリーよりもむしろイブン・アラビーの研究が中心であり、存在一性論における女性観、性愛観が論じられることが多い。筆者はガザーリーの代表作『宗教諸学の再興』の「婚姻作法の書」の分析を行ったので、それを踏まえ、「二つの欲望の撲滅の書」を中心に、ガザーリーの神秘思想における性の役割を検証し、特に宇宙論と性の議論との結びつきを明らかにする。そしてマッキーとイブン・アラビーの議論と比較する。まずマッキーにおいては、世界はジャバルート界、マラクート界、ムルク界に分けられるとし、後にスーフィズムにおいて発展する階層的宇宙論の萌芽がみられるものの、彼の宇宙論は断片的であり、また性の力を神への崇拝へ生かしていくよりは、むしろ禁欲的に性欲を抑えていく立場である。ガザーリーは、マッキーの宇宙論を体系化し、ムルク界とマラクート界との対応関係を説き、人間霊魂が二つの世界を上昇し、神との合一に至るとした。さらにガザーリーは性の持つ肯定的な力を認め、性に対する考え方と宇宙論が一体となった結果、性欲は、神秘修行を含む神への崇拝に励む原動力になる、という思想を理論化することができた。神と世界を一体として見る存在一性論を説くイブン・アラビーにおいては、神と世界の一体性と重なる男女の性的結合が重視されている。ガザーリーは、性の肯定的な力を取り入れ、自らの神秘主義的宇宙論に適合する形の修行論を展開しているのである。なお本稿は、すでに日本語で発表した拙稿[Aoyagi 2005 b]と内容的に重複する部分を含むが、マッキー、ガザーリー、イブン・アラビーの議論の変遷について考察を深めたものである。

    CiNii Article

    researchmap

  • Al-Ghazali and Marriage from the Viewpoint of Sufism 査読

    青柳かおる

    Orient   40   124 - 139   2005年6月

     詳細を見る

  • ガザーリーの修行論における性の問題 : 神秘主義的宇宙論との関係を中心に 査読

    青柳 かおる

    宗教研究   79 ( 3 )   723 - 744   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    本稿では、ガザーリーの神秘思想における性の重要性を検証し、特に神秘主義的宇宙論と性の議論との結びつきを明らかにする。ガザーリーの禁欲主義の議論にも触れながら、食欲と性欲を比較し、さらにマッキーとイブン・アラビーの議論とも比較して、スーフィズムの思想史におけるガザーリーの性の議論の独自性を検討する。まずマッキーの神秘主義的宇宙論は断片的であり、また禁欲的に性欲を抑えていく立場である。ガザーリーは、マッキーの宇宙論を体系化し、宇宙論において人間霊魂の上昇を説き、さらに性の持つ肯定的な力を認めた。そして性に対する考え方と神秘主義的宇宙論が一体となった結果、性欲は、神秘修行を中心とする神への崇拝に励む原動力になる、という思想を理論化することができた。存在一性論を説くイブン・アラビーにおいては、神と世界の一体性と重なる男女の性的結合が重視されている。ガザーリーは、性の肯定的な力を取り入れ、自らの神秘主義的宇宙論に適合する形の修行論を展開しているのである。

    CiNii Article

    researchmap

  • ガザーリーの婚姻論 -スーフィズムの視点から- 査読

    青柳 かおる

    オリエント   47 ( 2 )   120 - 135   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本オリエント学会  

    This paper analyzes Abu Hamid al-Ghazali (d. 1111)'s <i>Book on the Manners of Marriage</i> (<i>Kitab Adab al-Nikah</i>) <i>in his The Revival of the Religious Sciences</i> (<i>Ihya' 'Ulum al-Din</i>), and examines the relation between the ideal married life and the practices of Sufism. In studies until now, the contents of this book have been often examined from the viewpoint of sexuality and the problem of women in Islam; however, not much attention has been paid to al-Ghazali's evaluation of marriage within Sufism in these studies. Rather, in studies of marriage, women, and sexuality in Sufism, the focus has usually been on the ideas on sexuality of Ibn al-'Arabi (d. 1240), while few studies of al-Ghazali's Sufism analyze his discussion of marriage. Therefore, the main objective of this paper is to examine al-Ghazali's discussion of marriage from the viewpoint of Sufism and to clarify its originality in the history of Sufi thought, comparing it with that of Abu Talib al-Makki (d. 998), a Sufi who influenced al-Ghazali considerably and discussed marriage in detail.<br>Al-Ghazali argues that there are many advantages in living with a wife in marriage, and he demonstrates that a man can devote himself to the worship of God and lead an ideal Sufi life with the help of marriage. On the other hand, al-Makki maintains that celibacy is preferable, at least in his time. Most of his discussion is fragmentary and not as developed as al-Ghazali's, though he does treat marriage more comprehensively than the Sufis before him. Al-Ghazali demonstrates that for practicing the remembrance of God which leads to seeing God in the hereafter, marriage is better than celibacy. It is concluded that al-Ghazali's theoretical discussion of marriage is an effort toward the popularization of Sufism.

    CiNii Article

    researchmap

  • コンピューターとアラビア語 査読

    青柳 かおる

    史潮   ( 49 )   81 - 91   2001年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:弘文堂(発売)  

    CiNii Article

    researchmap

  • ファフルッディーン・ラーズィーの神名注釈書 査読

    青柳 かおる

    史潮   ( 47 )   16 - 32   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:弘文堂(発売)  

    CiNii Article

    researchmap

  • ファフルッディーン・ラーズィーのミゥラージュ解釈 査読

    青柳 かおる

    オリエント   42 ( 1 )   53 - 66   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本オリエント学会  

    Fakhr al-Din al-Razi (d. 606/1209), an Ash'arite theologian after Abu Hamid al-Ghazali (d. 505/1111), is a thinker who is influenced by philosophy and also has an inclination to mysticism. The author tries to clarify the role of the interpretation of <i>mi'raj</i> in his thought by examining of his Qur'an exegesis (<i>tafsir</i>), <i>Mafatih al-Ghayb</i>.<br><i>Mi'raj</i> means the ascension of Prophet Muhammad which is based on <i>Qur'an</i> 17:1, and there are many traditions (<i>hadith</i>) of <i>mi'raj</i>. A later tradition says that Muhammad made the nocturnal journey (<i>isra'</i>) from Mecca to Jerusalem riding on Buraq with Gabriel, and ascended to the presence of God, by passing through seven heavens, meeting a prophet at each heaven.<br>In the interpretation of <i>Qur'an</i> 17:1, Râzî proves that the journey of Muhammad was made with both soul and body and it was not a mere vision. In the interpretation of <i>Fatihah</i>, on the other hand, he interprets <i>mi'raj</i> as follows: Muhammad reached God after passing through the two material worlds, the earthly world and the heavenly one, and also experienced spiritual <i>mi'raj</i>, that is, the spiritual ascension from the material world to the invisible one (spiritual world), and to the further invisible world (God). This spiritual <i>mi'raj</i> means the ascendant process of a soul which aims at annihilation (<i>fana'</i>), and man can experience spiritual <i>mi'raj</i> through mystical exercises.<br>This interpretation of spiritual <i>mi'raj</i> is based on his classification of beings. He classifies created beings into that which occupies space, that which resides in subject that occupies space and that which does not occupy space nor does reside in subject that occupies space.<br>It seems that Razi tries to take mysticism into his cosmology which mixes the theological atomism and the philosophical ontology through his interpretation of <i>mi'raj</i>.

    CiNii Article

    researchmap

  • <論文>ガザーリーの神名論 : 神学から神秘主義への転換 査読

    青柳 かおる

    オリエント   40 ( 1 )   106 - 118   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:学術雑誌目次速報データベース由来  

    Among the Ash&#039;arites and the Mu&#039;tazilites, it had been discussed whether the divine name (&lt;i&gt;ism&lt;/i&gt;) is the same as the named (&lt;i&gt;musamma&lt;/i&gt;) or the naming (&lt;i&gt;tasmiyah&lt;/i&gt;). The Ash&#039;arites before al-Ghazali (d. 505/1111) insisted that the name is the same as the named in itself, i. e., God, or the divine attribute (&lt;i&gt;sifah&lt;/i&gt;), because of the consensus (&lt;i&gt;ijma&lt;/i&gt;&#039;) that God has the eternal names and attributes before He creates His creature. On the other hand, the Mu&#039;tazilites insisted that the divine name is the same as the naming, i. e., the speech which man makes and is not eternal. Thus different opinions had been proposed to whether the divine name is made or not.&lt;br&gt;However, al-Ghazali, in his &lt;i&gt;al-Maqsad al-Asna&lt;/i&gt; which deals with the 99 Beautiful Names of God, argued that since the name, the named and the naming are different from each other in meaning, the discussion done before him that the name is either same as the named or the naming was wide of the mark, and he defined the name as the word (&lt;i&gt;lafz&lt;/i&gt;), which is not eternal. It seems that al-Ghazali denied the thesis of the Ash&#039;arites before him. He also discussed that man becomes near (&lt;i&gt;qurb&lt;/i&gt;) to God through the divine names. He ceased the theological discussion of ontological positions of the divine names, and he regarded the divine names as means to become near to God mystically. Thus he found a new significance in the divine names.

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 杉木恒彦・高井啓介編『霊と交流する人びと』(上)宗教史学論叢21

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: 預言者ムハンマドにおける神との交流――啓示体験と昇天体験)

    リトン  2017年3月 

     詳細を見る

  • 池田嘉郎・上野愼也・村上衛・森本一夫編 『名著で読む世界史120』

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: ガザーリー『宗教諸学の再興』――来世で神に会うための現世における準備の書)

    山川出版社  2016年12月 

     詳細を見る

  • 塩尻和子編『変革期イスラーム社会の宗教と紛争』

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: イスラームにおける生殖補助医療――シーア派を中心に)

    明石書店  2016年3月 

     詳細を見る

  • 近藤洋平編『中東の思想と社会を読み解く』

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: Early Embryos in Islamic Bioethics: A Comparative Study with Judaism and Christianity concerning Contraception, Abortion, and Embryonic Stem Cells)

    東京大学中東地域研究センター  2014年8月 

     詳細を見る

  • ガザーリー : 古典スンナ派思想の完成者

    青柳 かおる

    山川出版社  2014年  ( ISBN:9784634350250

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 世界宗教百科事典編集委員会編、井上順孝編集委員長『世界宗教百科事典』

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: イスラーム、神学派)

    丸善  2012年12月 

     詳細を見る

  • 竹下政孝・山内志朗編『イスラーム哲学とキリスト教中世III 神秘哲学』

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: イスラームのコスモロジー――流出論をめぐって)

    岩波書店  2012年1月 

     詳細を見る

  • 神秘哲学

    竹下 政孝, 山内 志朗, 堀江 聡, 青柳 かおる, 菊地 達也, 野元 晋, 伊藤 博明, 今 義博, 細田 あや子, 八巻 和彦, 手島 勲矢, 香田 芳樹

    岩波書店  2012年  ( ISBN:9784000282390

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • T. Kurihara ed., Glauben und Wissen in der Geistesgeschichte

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: A Comparative Study of Marriage in Islamic Thought: Al-Ghazali and al-Qaradawi)

    Niigata University  2011年3月 

     詳細を見る

  • 栗原隆・辻元早苗・矢萩喜従郎編『空間と形に感応する身体』

    青柳かおる( 担当: 共著 ,  範囲: スーフィズムにおける修行と身体)

    東北大学出版会  2010年3月 

     詳細を見る

  • 面白いほどよくわかるイスラーム : 教義・思想から歴史まで、すべてを読み解く

    青柳 かおる, 塩尻 和子

    日本文芸社  2007年  ( ISBN:9784537254785

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • イスラームの世界観 : ガザーリーとラーズィー

    青柳 かおる

    明石書店  2005年  ( ISBN:4750320676

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • 現代に生きるイスラームの婚姻論 : ガザーリーの「婚姻作法の書」訳注・解説

    青柳 かおる

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  2003年  ( ISBN:487297851X

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 史料紹介 ガザーリー『宗教諸学の再興』 : 「婚姻作法の書」を中心に (世界史の研究(255)) 招待

    青柳 かおる

    歴史と地理   ( 714 )   27 - 34,図巻末1p   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山川出版社  

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラームにおける生命倫理の諸問題 招待

    青柳かおる

    『聖教新聞』   2017年11月

     詳細を見る

  • イスラームにおける死と看護 招待

    青柳かおる

    『死の臨床』   67   60 - 61   2016年3月

     詳細を見る

  • 書評 松山洋平著『イスラーム神学』 招待

    青柳かおる

    宗教研究   90 ( 3 )   152 - 159   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本宗教学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 世界宗教地勢 サウジアラビア 招待

    青柳かおる

    『中外日報』   2015年11月

     詳細を見る

  • イスラームにおけるメッカ巡礼と聖者廟参詣 招待

    青柳かおる

    2011年度 四国遍路と世界の巡礼 公開研究会・研究集会プロシーディングズ   21 - 26   2012年3月

     詳細を見る

  • 食物の禁忌――イスラームの食物禁忌 招待

    青柳かおる

    『世界史のしおり』   2011年1月   4   2011年1月

     詳細を見る

  • 読書案内 イスラーム思想史 (世界史の研究(213)) 招待

    青柳 かおる

    歴史と地理   ( 609 )   45 - 48   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:山川出版社  

    CiNii Article

    researchmap

  • イスラーム関係邦文新刊書リスト(2004年7月-12月)

    青柳 かおる, 斎藤 正道, 榮谷 温子

    イスラム世界   ( 65 )   138 - 149   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本イスラム協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 11.現代イスラームの動向――エジプトの事例:インド及びパキスタンの事例との比較において コメント (1) 招待

    青柳かおる

    国際シンポジウム「交差するアジア・北アフリカ文化・科学技術研究」発表論文集   42 - 44   2005年9月

     詳細を見る

  • イスラーム関係邦文新刊書リスト(2004年1月-6月)

    青柳 かおる, 斎藤 正道, 榮谷 温子

    イスラム世界   ( 64 )   128 - 138   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本イスラム協会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • イスラームの「聖典」と<性別> 招待

    青柳かおる

    科研公開シンポジウム「イスラーム×ジェンダー――「境界」を生きる/越える」科学研究費補助金基盤研究(A)イスラーム・ジェンダー学の構築のための基礎的総合的研究(研究代表者:長沢栄治)  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • イスラームにおける生命倫理の諸相――初期胚、生殖補助医療、終末期医療 招待

    青柳かおる

    宗教倫理学会2018年度夏季一泊研修  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • イスラームにおける生命倫理の諸問題 招待

    青柳かおる

    東洋哲学研究所連続公開講演会「生命倫理と宗教」第1回  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • イスラームにおける生命倫理の諸問題――生殖補助医療のスンナ派とシーア派の比較を中心に

    青柳かおる

    科研「イスラーム圏法現象の学際的研究」2017年度第1回研究会  2017年7月 

     詳細を見る

  • イスラームにおける生殖補助医療――宗教史学研究の一例 招待

    青柳かおる

    Niigata Liberal Arts Club 社会人向け教養講座  2016年10月 

     詳細を見る

  • イスラム教 シーア派の思想と歴史――12イマーム派を中心に 招待

    青柳かおる

    新潟県国際交流協会平成28年度国際理解セミナー「アジアを知る!」  2016年10月 

     詳細を見る

  • イスラームの生命倫理における生殖補助医療――スンナ派とシーア派の比較研究 招待

    青柳かおる

    2015上廣倫理財団 助成研究会発表会  2015年12月 

     詳細を見る

  • イスラーム教徒の日常生活 招待

    青柳かおる

    新潟国際情報大学・新潟日報社連携講座 異文化塾「いま イスラーム世界を読み解く」第2回  2015年12月 

     詳細を見る

  • イスラームにおける死と看護 招待

    青柳かおる

    第39回日本死の臨床研究会年次大会,シンポジウム4「さまざまな宗教における死の概念とその援助」  2015年10月 

     詳細を見る

  • イスラームの多様な貌――共生のための理解をめざして 招待

    青柳かおる

    日本中東学会第21回公開講演会「イスラーム教徒のイスラーム理解――その多様な可能性」  2015年10月 

     詳細を見る

  • イスラームの多様な解釈――食物規定と服装規定 招待

    青柳かおる

    新潟ロータリークラブ卓話  2015年5月 

     詳細を見る

  • イスラームにおける神との媒介者――預言者とスーフィー

    青柳かおる

    宗教史学研究所第60回研究会  2014年12月 

     詳細を見る

  • イスラームの生命倫理における初期胚の問題

    青柳かおる

    第5回中東イスラーム世界セミナー「中東の思想と社会を読み解く」  2013年7月 

     詳細を見る

  • オックスフォード、ロンドンにおけるアラビア語写本の資料収集について

    青柳かおる

    科研A変革期のイスラーム第一回研究会  2012年10月 

     詳細を見る

  • イスラームの生命倫理における初期胚の問題

    青柳かおる

    科研A変革期のイスラーム第一回研究会  2012年10月 

     詳細を見る

  • スーフィズム(イスラーム神秘主義)における思想と実践 招待

    青柳かおる

    第4回東洋哲学研究所公開講演会  2011年11月 

     詳細を見る

  • イスラームにおけるメッカ巡礼と聖者廟参詣 招待

    青柳かおる

    平成23年度「四国遍路と世界の巡礼」研究集会  2011年10月 

     詳細を見る

  • イスラームにおけるメッカ巡礼と聖者廟参詣

    青柳かおる

    第2回新潟大学人文学部・愛媛大学法文学部学術交流会「遍路と巡礼」  2011年1月 

     詳細を見る

  • コーランにみられるアラビア語の子音表記と母音符号の問題

    青柳かおる

    第40回新潟大学言語研究会研究発表会  2010年12月 

     詳細を見る

  • イスラームの婚姻論――ガザーリー、イブン・アラビー、カラダーウィー

    青柳かおる

    第4回新潟哲学思想セミナー  2010年4月 

     詳細を見る

  • イスラームの婚姻論――ガザーリー、イブン・アラビー、カラダーウィー 招待

    青柳かおる

    第5回イスラーム・レクチャー(東洋哲学研究所)  2009年10月 

     詳細を見る

  • 古典時代と現代におけるイスラームの比較婚姻論 招待

    青柳かおる

    中東調査会・日本イスラム協会共催,第11回イスラームとイスラーム諸国「理論と動向研究会」  2009年1月 

     詳細を見る

  • イスラームの婚姻論――ガザーリーとイブン・アラビー 招待

    青柳かおる

    早稲田大学オープン教育センター「ギリシアとアラビアの思想文化への導入」  2007年6月 

     詳細を見る

  • 加藤瑞絵氏:ガザーリーのフィクルの修行論に関する考察のコメント

    青柳かおる

    イスラム国家論研究会11月例会  2006年11月 

     詳細を見る

  • スーフィズムからみた結婚と性の問題 招待

    青柳かおる

    宮城学院女子大学キリスト教文化研究所公開研究会  2006年5月 

     詳細を見る

  • サミール・ヌーハ氏:イスラームの現在 現代エジプトのイスラーム動向のコメント(1) 招待

    青柳かおる

    国際シンポジウム・交差するアジア・北アフリカ文化・科学技術研究  2005年3月 

     詳細を見る

  • イスラームを学ぶ――第三回イスラーム哲学と神秘主義

    青柳かおる

    茨城県弘道館アカデミー県民大学講座  2003年10月 

     詳細を見る

  • コンピューターとアラビア語

    青柳かおる

    歴史学会第25回大会  2000年12月 

     詳細を見る

  • ファフルッディーン・ラーズィーの宇宙論

    青柳かおる

    日本オリエント学会第41回大会  1999年10月 

     詳細を見る

  • ファフルッディーン・ラーズィーにおけるミゥラージュ

    青柳かおる

    日本オリエント学会第40回大会  1998年10月 

     詳細を見る

  • ガザーリーにおける神名論

    青柳かおる

    日本オリエント学会第38回大会  1996年10月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

受賞

  • 平成29年度科学研究費補助金審査委員表彰

    2017年9月   日本学術振興会  

    青柳かおる

     詳細を見る

  • 第1回日本中東学会奨励賞

    2007年5月   日本中東学会  

    青柳かおる

     詳細を見る

  • 第27回日本オリエント学会奨励賞

    2005年9月   日本オリエント学会  

    青柳かおる

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • イスラームにおける出生前診断の総合的研究:選択的中絶と障害者をめぐる議論を中心に

    2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科研費・基盤研究(C) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • イスラームの生命倫理における生殖補助医療の総合的研究

    2015年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科研費・基盤研究(C) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • イスラームの生命倫理における生殖補助医療――スンナ派とシーア派の比較研究

    2015年2月 - 2016年1月

    公益財団法人上廣倫理財団  公益財団法上廣倫理財団研究助成 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • イスラームの生命倫理における生殖補助医療に関する総合的研究

    2014年8月 - 2015年3月

    新潟大学  人文社会・教育科学系研究支援経費(学系奨励研究) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 古典イスラーム・スンナ派思想の形成――ガザーリーのシーア派批判を中心に

    2013年8月 - 2014年3月

    新潟大学  人文社会・教育科学系研究支援経費(学系奨励研究) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 現代イスラームの医療と生命倫理の文献学的研究

    2012年10月 - 2013年9月

    公益財団法人三菱財団  公益財団法人三菱財団人文科学研究助成 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • イスラームの現代医療と生命倫理の総合的研究

    2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会  科研費・基盤研究(C) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 現代イスラームの生命倫理における古典思想の意義に関する比較宗教学的研究

    2011年7月 - 2012年3月

    新潟大学  新潟大学プロジェクト推進経費(奨励研究) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • イスラームの生命倫理の総合的研究

    2010年10月 - 2011年3月

    新潟大学  新潟大学プロジェクト推進経費(奨励研究) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 現代イスラームの生命倫理における古典思想の受容と影響の総合的研究

    2010年8月 - 2011年3月

    新潟大学  人文社会・教育科学系研究支援経費(学系奨励研究) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 古典時代と現代におけるイスラームの生命倫理に関する比較文献学的研究

    2009年7月 - 2010年6月

    財団法人三島海雲記念財団  財団法人三島海雲記念財団学術研究奨励金 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 現代イスラームの生命倫理と古典思想の関係

    2009年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科研費・若手研究(B) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 古典イスラーム・セクシュアリティー思想の現代的意義の研究

    2006年4月 - 2009年3月

    日本学術振興会  科研費・若手研究(B) 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • イスラームの世界観――ガザーリーとラーズィー

    2004年4月 - 2005年3月

    日本学術振興会  科研費研究成果公開促進費 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 古典イスラーム神学・法学史――テキストデータの分析を中心に

    2002年4月 - 2005年3月

    日本学術振興会  学振特別研究員奨励費 

    青柳かおる

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 古典語C

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ペルシア語

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・思想・表象

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文系フロンティア

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門B

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学概説

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 古典語B

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想史B

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 古典語

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 宗教学特殊研究B

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 宗教学演習

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想史A

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想演習

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想特論

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想研究

    2012年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 人文総合演習B

    2012年
    機関名:新潟大学

  • 人間学基礎演習A

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教学概説

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(青柳かおる)

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想史入門

    2010年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門A

    2010年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想史概説

    2010年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想論演習

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想論特論

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 人間学入門A

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 宗教学特殊研究A

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 人間学演習

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 宗教思想論

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 人間学入門B

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 宗教学演習Ⅰ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 宗教学演習Ⅱ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 人間学基礎演習Ⅱ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 宗教学特殊研究Ⅰ

    2010年
    機関名:新潟大学

  • 人間学基礎演習B

    2010年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示