2021/08/06 更新

写真a

ミカミ タカシ
三上 貴司
MIKAMI Takashi
所属
教育研究院 自然科学系 生産デザイン工学系列 准教授
自然科学研究科 材料生産システム専攻 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 学士(工学) ( 2005年3月   早稲田大学 )

  • 修士(工学) ( 2007年3月   早稲田大学 )

  • 博士(工学) ( 2010年3月   早稲田大学 )

研究キーワード

  • 化学工学

  • 晶析工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 化学システム工学科 生産化学工学   准教授

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 鶴岡工業高等専門学校   物質工学科   助教

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員   DC2(工学)

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   理工学術院   助手

    2008年10月 - 2009年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 材料生産システム専攻   准教授

    2013年4月 - 現在

  • 新潟大学   生産化学工学   准教授

    2013年4月 - 2017年3月

学歴

  • 早稲田大学   先進理工学研究科   応用化学専攻

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 早稲田大学   理工学研究科   応用化学専攻

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 早稲田大学   理工学部   応用化学科

    - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

 

論文

  • Influence of Feed Condition on Crystal Size Distribution of Potassium Alum Obtained by Unseeded Two-stage Semi-batch Cooling Crystallization 査読

    Takashi Mikami, Rika Kaizu

    Journal of Chemical Engineering of Japan   52 ( 3 )   317 - 324   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.18we122

    researchmap

  • Influence of Feed Condition on Crystal Size Distribution of Potassium Alum Obtained by Unseeded Semi-batch Cooling Crystallization 査読

    Mikami, T, Kaizu, R, Saito, T

    Journal of Chemical Engineering of Japan   51 ( 5 )   454 - 459   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1252/jcej.17we142

    researchmap

  • Reactive Crystallization of Lithium Carbonate in the Presence of Magnesium Impurity 査読

    Takashi Mikami, Tadashi Koseki

    Journal of Chemical Engineering of Japan   50 ( 4 )   309 - 314   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Chemical Engineers, Japan  

    Semi-batch and batch-wise reactive crystallization of Li2CO3 was carried out in the presence of magnesium chloride. Magnesium impurity restrained crystal growth, and modified the crystal shape as well as crystal size distribution. However, the added magnesium impurity was usually contained in the product crystals. There was an optimal range for the amount of magnesium impurity. In this study, the influence of temperature was also investigated. In general, the solubility of lithium carbonate decreases with temperature, and it is higher than other sparingly soluble compounds such as CaCO3 and BaSO4. In this study, higher temperatures (70 degrees C and above) were better for obtaining homogeneous crystals because higher supersaturation was possible.

    DOI: 10.1252/jcej.16we150

    Web of Science

    researchmap

  • Heterogeneous Precipitation of Gold Nanoparticles on PEI Coated Silica Gel 査読

    Takashi Mikami, Chisato Konno, Yuta Takayasu, Izumi Hirasawa

    Journal of Chemical Engineering of Japan   49 ( 2 )   186 - 190   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Chemical Engineers, Japan  

    Gold nanoparticles were precipitated on the surface of silica gel without mechanical mixing. Polyethylenimine (PEI) which was coated on the surface of silica gel reduced raw materials of hydrogen tetrachloroaurate (III) tetrahydrate (HAuCl4 center dot 4H(2)O). Formation of gold nanoparticles on silica gel was confirmed by using Field Emission Scanning Electron Microscope (FE-SEM) and Energy Dispersive X-ray Fluorescence Spectrometer (EDX). In this study, particles size distribution and coverage ratio of gold on silica gel were investigated.

    DOI: 10.1252/jcej.15we065

    Web of Science

    researchmap

  • Kinetic Study on Polyethylenimine-Assisted Reactive Crystallization of Monodisperse Strontium Sulfate Microcrystals 査読

    Takashi Mikami, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering & Technology   36 ( 8 )   1320 - 1326   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Double-jet reactive crystallization of SrSO4 was carried out in the presence of polyethylenimine (PEI). A simple kinetic model of primary nucleation as well as crystal growth was investigated under the condition of producing monodisperse microcrystals. Furthermore, surface free energy in the solution of PEI was estimated. PEI addition causes growth inhibition leading to smaller sizes and modifies the Gibbs free energy gap required for occurring nucleation. The effect of polyethylenimine (PEI) addition on nucleation and growth of SrSO4 is determined and a simple kinetic model is proposed. Time-dependent behaviors of crystal size and crystal number are statistically analyzed by a nonlinear least-square program. Kinetic aspects under the condition of obtaining monodisperse crystals are discussed. © 2013 WILEY-VCH Verlag GmbH &amp
    Co. KGaA, Weinheim.

    DOI: 10.1002/ceat.201200276

    Scopus

    researchmap

  • Single-Jet Precipitation of Silver Nanocrystals in the Presence of Poly(acrylic) Acid 査読

    Takashi Mikami, Takahiro Nagahori, Jin Saito, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering & Technology   35 ( 4 )   700 - 704   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Precipitation of silver nanocrystals was carried out in a poly(acrylic) acid (PAA) solution by using a single-jet crystallizer. The influence of the feeding rate, the injection position and the PAA dosage on the crystal size distribution (CSD) was clarified. The precipitated silver nanocrystals agglomerate with each other, forming an agglomerated microcrystal. In the presented case, smaller feeding rates caused smaller crystal sizes and narrower CSD widths. PAA, which is a water-soluble polyelectrolyte, successfully inhibited agglomeration and crystal growth, and decreased the crystal size and the CSD width. Thus, this idea may also facilitate the production of other nano-/microcrystalline particles.

    DOI: 10.1002/ceat.201100460

    Web of Science

    researchmap

  • Influence of Polyethyleneimine Addition on Crystal Size Distribution of Au Nanocrystals 査読

    Takashi Mikami, Yuta Takayasu, Junpei Watanabe, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering & Technology   34 ( 4 )   583 - 586   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    The influence of polyethyleneimine (PEI) addition on the crystal size distribution (CSD) of Au was investigated. PEI is a water-soluble cationic polyelectrolyte acting as a reducer of AuCl(4)(-) and a stabilizer of precipitated Au nanocrystals. The CSD can be controlled by the PEI dosage, and an increase in PEI dosage decreased both the size and the size distribution width of the obtained Au nanocrystals. The idea of PEI-assisted reductive crystallization of Au may be helpful in the production of nanometals by using a simple batch crystallizer.

    DOI: 10.1002/ceat.201000495

    Web of Science

    researchmap

  • PEI-assisted preparation of Au nanoparticles via reductive crystallization process 査読

    Takashi Mikami, Yuta Takayasu, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering Research and Design   88 ( 9 )   1248 - 1251   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Nano-sized gold particles were prepared in a solution containing polyethylenimine (PEI) utilizing a batch reactor. PEI acts as a reducing agent as well as a stabilizing agent of nanoparticles. The effects of initial concentration of PEI on the mean particle diameter, coefficient of variation (C.V.), growth rate, nucleation rate and the number of nuclei were studied. The particle diameter of gold decreased markedly with increasing initial concentration of PEI, from 3.3 mu m to a minimum value of about 5 nm. The observed decrease of particle diameter was considered to be caused by the growth-inhibiting effect of PEI, which affects the conclusive number of nuclei. (C) 2009 The Institution of Chemical Engineers. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.cherd.2009.08.013

    Web of Science

    researchmap

  • CSD-controlled reactive crystallization of SrSO4 in the presence of polyethylenimine 査読

    Takashi Mikami, Takahiro Sakuma, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering Research and Design   88 ( 9 )   1200 - 1205   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    Reactive crystallization of SrSO4 was performed in the presence of polyethylenimine (PEI) using a double-jet crystallizer. PEI dosage suggested important dependence on crystal size distributions (CSDs) leading to obtain micron-sized crystals with mono-dispersed distribution. A plausible role of PEI was considered to be a multiple inhibitor of growth, continuous nucleation and agglomeration. PEI might be an effective polyelectrolyte additive for the production of mono-dispersed fine crystals. (C) 2010 The Institution of Chemical Engineers. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.cherd.2010.01.030

    Web of Science

    researchmap

  • Polyelectrolyte-Assisted Reactive Crystallization of SrSO4 to Obtain Monodispersed Nano/Micro-Particles 査読

    Takashi Mikami, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering & Technology   33 ( 5 )   797 - 803   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Micronized SrSO4 crystals having monodispersed/narrow distributions were produced with a controlled double-jet reactive crystallizer. Polyethylenimine (PEI) had the role of a suitable controller of supersaturation and following crystallization phenomena, and then led to agglomeration-less homogeneous crystalline qualities. Especially, the PEI imines seemed to adjust the number of nucleates, and also physical gel networks seemed to contribute to the inhibition of further particulate agglomeration. The current paper mainly demonstrated the influence of PEI addition on the resulting properties, e.g. sizes and size distribution widths. Therefore the polyelectrolyte-assisted technique will develop as a build-up process contributing to provide high-value nano/micro-powders having the desired crystalline qualities.

    DOI: 10.1002/ceat.200900544

    Web of Science

    researchmap

  • Quality-Controlled Reactive Crystallization of SrSO4 To Produce High-Valued Chemicals 査読

    Takashi Mikami, Izumi Hirasawa

    Chemical Engineering & Technology   33 ( 5 )   775 - 779   2010年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Precipitation of monodispersed SrSO4 particles was carried out in the presence of polyethylenimine (PEI). PEI additions varied some particulate properties, e.g., sizes, shapes, size distribution widths, and agglomeration ratios. The present paper mainly focuses on the influence of PEI dosage on crystal size distributions. PEI-assisted double jet techniques require no difficult controls of feeding rates, therefore, this idea will be applicable to precipitation of other inorganic compounds for the purpose of producing monodispersed nano-/microparticles.

    DOI: 10.1002/ceat.200900545

    Web of Science

    researchmap

  • Influence of Polyethylenimine on Double-Jet Reactive Crystallization Process of Monodisperse BaSO4 査読

    Takashi Mikami, Shota Ikeda, Izumi Hirasawa

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   43 ( 8 )   698 - 703   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Chemical Engineers, Japan  

    Micronized BaSO4 particles with a narrow size distribution were produced by using a double-jet reactive crystallizer. Polyethylenimine (PEI) acted as a growth/agglomeration inhibitor at a high PEI dosage, hence the particle size and size distribution width decreased, and BaSO4 crystals with the desired qualities were obtained. Similar results were obtained in previous studies in which of SrSO4 and PbSO4. We believe that our method, which involves the use of PEI, can be employed for the production of various inorganic sulfates in which the particles have a monodisperse size distribution.

    DOI: 10.1252/jcej.09we218

    Web of Science

    researchmap

  • Effect of Feeding Condition on Crystal Size Distributions of Mono-Dispersed SrSO4 Particles Produced via PEI-Assisted Double-Jet Reactive Crystallization 査読

    Takashi Mikami, Takahiro Sakuma, Izumi Hirasawa

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   43 ( 3 )   300 - 307   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Chemical Engineers, Japan  

    Micron-sized SrSO4 particles having mono-dispersed/narrow distributions have been produced with a double-jet semi-batch reactive crystallizer. Slow molar feedings over a short time maintained proper supersaturation levels and result in narrow distributions due to the prevention of agglomeration growth of small primary precipitates. Furthermore, polyethylenimine (PEI) is a suitable growth/agglomeration inhibitor for sulfate precipitation, e. g., SrSO4 and PbSO4, and effectively reduced particle sizes leading to single-micron products. Besides feeding conditions, in the present work, the influence of PEI dosage on crystal size distributions (CSDs) is investigated. The controlled double-jet feeding using a polyelectrolyte additive such as PEI will be a powerful methodology to obtain agglomeration-free uniform micro-powders as a final solid product.

    DOI: 10.1252/jcej.09we113

    Web of Science

    researchmap

  • Control of CSD Width via PEI-Assisted Reactive Crystallization of Micro-SrSO4 Particles 査読

    Takashi Mikami, Izumi Hirasawa

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   43 ( 3 )   308 - 312   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Society of Chemical Engineers, Japan  

    A controlled double-jet reactive crystallization technique using a PEI (polyethylenimine) additive has been conducted to produce agglomeration-free micro-particles of SrSO4 with narrow and mono-dispersed size distributions. PEI successfully inhibits rapid/continuous nucleation due to a complexation with strontium ions before nucleation occurs, and enables realization of perfect separation of nucleation and growth. Our idea to obtain fine particles with desired size distributions will introduce a new potential for contributing to enhance high-valued material properties.

    DOI: 10.1252/jcej.09we112

    Web of Science

    researchmap

  • Strategy to Obtain nm Size Crystals through Precipitation in the Presence of Polyelectrolyte 査読

    Izumi Hirasawa, Takashi Mikami, Akio Katayama, Takahiro Sakuma

    Chemical Engineering & Technology   29 ( 2 )   212 - 214   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    Crystals of lead sulfate were precipitated in solutions of various polyelectrolyte polymers (acidic, neutral, and basic polymers) using a double-jet crystallizer. Polyetyleneimine (PEI) basic polymer controlled both the nucleation rate and crystal growth rate, and enabled the production of fine monodispersed crystals. The on-line measurement of the variation in the lead concentration indicated that PEI lost its effect when a certain amount of the reactants N-tot was supplied. Interaction between lead ions and PEI was detected by NMR analysis, which suggested that lead ions made some kind of complex with PEI. The values of N-tot correlated well with the weight of PEI in the solution, regardless of the feed flow rate and reactant concentration, as shown in the correlative equation N-tot = k W-0.49. It was suggested that PEI could no longer control the precipitation rate when the amount of reactants supplied exceeded N-tot. Thereafter, rapid nucleation occurred. Precipitation with PEI could be controlled by a certain amount of PEI in a ground solution in order to produce monodispersed fine crystals. These results give an effective idea of how to create various nm size crystals.

    DOI: 10.1002/ceat.200500355

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 分離プロセスの最適化とスケールアップの進め方

    技術情報協会( 担当: 共著)

    技術情報協会  2019年11月  ( ISBN:9784861047664

     詳細を見る

    総ページ数:634p   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

  • 晶析工学は、どこまで進歩したか

    化学工学会, 化学工学会材料界面部会晶析技術分科会( 担当: 共著 ,  範囲: 第6章ナノ・マイクロ結晶の反応晶析(pp.63-71))

    化学工学会関東支部,三恵社 (発売)  2015年1月  ( ISBN:9784864873253

     詳細を見る

    総ページ数:vi, 208p   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

    researchmap

  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化

    三上 貴司( 担当: 共著 ,  範囲: 単分散微結晶の反応晶析技術(pp.15-22))

    分離技術会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • 医薬品原薬の回分冷却晶析工程における溶媒組成および過飽和度の影響

    石川大樹, 伊藤康広, 三上貴司

    鶴岡工業高等専門学校紀要   47   59 - 64   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:鶴岡工業高等専門学校  

    researchmap

  • 単分散微結晶の反応晶析技術

    三上貴司

    鶴岡工業高等専門学校紀要   46   83 - 88   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:鶴岡工業高等専門学校  

    researchmap

  • 晶析操作による結晶品質制御

    三上貴司

    鶴岡工業高等専門学校紀要   45   65 - 73   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:鶴岡工業高等専門学校  

    researchmap

  • 高分子電解質環境場を利用した単分散微結晶の反応晶析

    三上貴司

    分離技術会誌   41 ( 2 )   105 - 111   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:分離技術会  

    researchmap

  • 反応晶析プロセスを利用した単分散硫酸塩の製造(その2)

    三上貴司, 平沢泉

    硫酸と工業   63 ( 6 )   1 - 5   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:硫酸協会  

    researchmap

  • 反応晶析プロセスを利用した単分散硫酸塩の製造(その1)

    三上貴司, 平沢泉

    硫酸と工業   63 ( 5 )   1 - 7   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:硫酸協会  

    researchmap

  • ナノ結晶創製のための晶析技術

    平沢泉, 三上貴司

    色材協会誌   81 ( 5 )   161 - 164   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:色材協会  

    DOI: 10.4011/shikizai.81.161

    researchmap

  • 晶析工学を基軸にしたナノ結晶のビルドアップ

    平沢泉, 三上貴司, 池田将太

    ケミカルエンジニヤリング   52 ( 3 )   222 - 226   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:化学工業社  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • インテリジェント・コスモス奨励賞

    2012年5月   インテリジェント・コスモス学術振興財団  

    三上貴司

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 早稲田大学水野賞

    2010年3月   早稲田大学  

    三上貴司

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • 化学工学会室蘭大会ポスター賞

    2006年8月   化学工学会  

    三上貴司

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 晶析工学を基軸にした有機物造粒晶の製造

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人新潟工学振興会  令和2年度研究助成 

    三上貴司

      詳細を見る

  • 冷却晶析操作の新規概念に基づく単分散結晶の製造

    2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    三上貴司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • マグネシウム存在下における高品位炭酸リチウムの反応晶析研究

    2014年4月 - 2015年3月

    公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団  平成26年度研究助成 

    三上 貴司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 医薬品有効成分の回分冷却晶析研究

    2014年4月 - 2015年3月

    公益財団法人内田エネルギー科学振興財団  試験研究費助成 

    三上 貴司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 海水中リチウム資源の高品位化回収に関する反応晶析研究

    2012年4月 - 2013年3月

    公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団  平成24年度研究助成 

    三上貴司

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 晶析工学を基軸とした資源循環型無機排水処理プロセスの開発

    2012年4月 - 2013年3月

    公益財団法人畠山文化財団  平成24年度研究助成 

    三上貴司

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 晶析工学を基軸とした資源循環型重金属イオン回収プロセスの開発

    2010年4月 - 2012年3月

    財団法人鉄鋼業環境保全技術開発基金  平成22年度環境助成研究 

    三上貴司

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 晶析工学を基軸にした単分散微粒子製法の開発

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費助成事業  若手研究(スタートアップ)

    三上貴司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 単分散微粒子の製法に関する工業晶析研究

    2009年4月 - 2010年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員推奨費

    三上貴司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 工学リテラシー入門(化学材料分野)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学工学

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 工業英語

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 卒業研修

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 物質化学実験(化学工学)

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 物質化学実験(分析化学)

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 創造実習

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 応用化学基礎演習(反応工学)

    機関名:早稲田大学

     詳細を見る

  • 理工学基礎実験(物理化学)

    機関名:早稲田大学

     詳細を見る

  • 工業分析化学

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 物質工学概論

    機関名:鶴岡工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 論文輪講I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 分離工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉粒体工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 精密粉粒体工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 工学リテラシー入門(化学システム工学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学セミナーⅡ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 材料プロセス工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学セミナーⅠ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学セミナーⅠ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 材料生産システム特定研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学特別演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 設計製図

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習・発表

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学文献詳読Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 技術英語入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 材料生産システム特定研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 設計製図

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 材料生産システム特定研究Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 研究発表演習・発表

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学特別演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学文献詳読Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 素材生産科学文献詳読Ⅱ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学工学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 化学実験

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 設計製図

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 反応装置工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 材料プロセス工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研修

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 論文輪講I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 分離工学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 粉体工学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 技術文献リサーチA

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチC

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチB

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術文献リサーチD

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学実験2

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • リメディアル演習

    2019年
    機関名:新潟大学

  • 化学実験1

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(化学材料分野)

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講I

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講II

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 反応装置工学

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 粉体工学

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 技術英語入門

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学文献詳読Ⅱ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学セミナーⅡ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム特定研究Ⅱ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料プロセス工学

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 設計製図

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学特別演習

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 材料生産システム特定研究Ⅰ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学文献詳読Ⅰ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 素材生産科学セミナーⅠ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習・発表

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 化学工学実験

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 分離工学演習

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 化学実験

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 精密粉粒体工学

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 粉粒体工学

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(化学システム工学科)

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 粉体工学特論

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

教育活動に関する受賞

  • 化学工学会東京大会 関東支部長賞(奨励賞)

    2018年8月   化学工学会  

    受賞者:川崎 高弘, 三上 貴司

    種々の化学品製造プロセスで用いられる晶析工程において、寸法や形状が一様な結晶製品を製造するには、結晶化の推進力である過飽和度をプラント操作し、結晶化現象を人の意のままに進ませる必要があります。川崎君は、冷却操作を結晶核の発生と成長の2段階に分割する「2段階冷却法」を新たに開発し、従来冷却法の改良版に相当する「制御冷却法」をさらに改良することに成功しました。川崎君の今後の活躍が期待されます。

  • 化学工学会東京大会 関東支部長賞(奨励賞)

    2018年8月   化学工学会  

    受賞者:松永 将輝, 三上 貴司

    医薬品原薬や食品添加物等に代表される芳香族の有機物結晶を生産する際、結晶粒子のバラツキをなるべく抑止することで、原薬粒子の溶解性向上や調味料の味の調節が可能になります。松永君は、有機芳香族結晶の反応晶析において、多糖からなる水溶性高分子を添加剤に用いることで、従前の結晶品質が大幅に改善されることを新たに見出しました。松永君の今後の活躍が期待されます。

  • 化学工学会東京大会 関東支部長賞(奨励賞)

    2018年8月   化学工学会  

    受賞者:佐藤 優, 三上 貴司

    医薬品の有効成分である原薬の結晶粒径を均一に揃えることで、生体内における原薬の溶解と吸収のタイミングが調節されるなどの利点が見込まれます。佐藤君は、原薬製造工程で用いられる貧溶媒添加晶析法において、貧溶媒の添加操作を結晶核の発生と成長の2段階に分割する「2段階貧溶媒添加法」を新たに開発し、従来法の改良に成功しました。佐藤君の今後の活躍が期待されます。

  • 化学工学会東京大会 関東支部長賞(奨励賞)

    2017年8月   化学工学会  

    受賞者:野村 連, 三上 貴司

    寸法や形状が揃った高品質な結晶製品を溶液中で製造するには、結晶化の推進力である過飽和度を巧みに操作し、結晶化現象を人の希望通りに進ませる必要があります。野村君は、化学反応を利用した結晶化法を用いるとともに、結晶化の操作を2段階に分割する「2段階反応晶析法」を新たに開発し、過飽和度を巧みに操作することで、結晶製品の高品位化に成功しました。さらに、野村君は、過飽和度がどの程度「巧みに」操作されたかを定量的に評価するための指標である「成長係数」を独自に考案し、実際の実験データをもとに成長係数の計算を行うことで、その有用性を証明しました。野村君の今後の活躍が期待されます。

  • 教育貢献賞

    2016年4月   新潟大学工学部化学システム工学科  

  • 化学工学会群馬大会 関東支部長賞(奨励賞)

    2015年11月   化学工学会  

    受賞者:五十嵐 雄太, 三上 貴司

    所望の結晶製品を溶液中で製造するには、結晶化の推進力である過飽和度をその場で測定し、過飽和度の時間変化を把握することで、結晶製造条件の最適化を図る必要があります。五十嵐君は、導電率計の計測値を過飽和度に読み替える計算式を新たに作成することで、結晶製造中の過飽和度を安価かつ簡便な手法で測定することに成功しました。五十嵐君の今後の活躍が期待されます。

  • 教育貢献賞

    2015年4月   新潟大学工学部化学システム工学科  

  • 化学工学会新潟大会 関東支部長賞(奨励賞)

    2014年11月   化学工学会  

    受賞者:宮田 智弘, 河原 亨子, 三上 貴司

  • 優秀教職員表彰

    2012年3月   鶴岡工業高等専門学校  

▶ 全件表示