2021/10/26 更新

写真a

イマムラ タカシ
今村 孝
IMAMURA Takashi
所属
教育研究院 自然科学系 情報電子工学系列 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
ホームページ
外部リンク

学位

  • 博士(工学) ( 2003年3月   豊橋技術科学大学 )

  • 修士(工学) ( 1999年3月   豊橋技術科学大学 )

  • 学士(工学) ( 1997年3月   学位授与機構 )

  • 準学士(工学) ( 1995年3月   仙台電波工業高等専門学校 )

研究キーワード

  • 知能機械学・機械システム

研究分野

  • 情報通信 / 知能ロボティクス

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

経歴(researchmap)

  • 豊橋技術科学大学   未来ビークルシティリサーチセンター   客員准教授

    2013年8月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 豊橋技術科学大学   大学院工学研究科   助教

    2010年4月 - 2013年6月

      詳細を見る

  • 豊橋技術科学大学   研究基盤センター   助教

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

  • 豊橋技術科学大学   工学部   助教

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 岐阜工業高等専門学校   電子制御工学科   非常勤講師

    2006年4月 - 2006年10月

      詳細を見る

  • 豊橋技術科学大学   工学部   助手

    2005年10月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 岐阜工業高等専門学校   電子制御工学科   非常勤講師

    2005年4月 - 2005年10月

      詳細を見る

  • 豊橋技術科学大学   工学部   研究員

    2004年8月 - 2005年9月

      詳細を見る

  • パリ13大学   情報伝送処理研究所   研究員

    2003年7月 - 2004年6月

      詳細を見る

  • 豊橋技術科学大学   大学院工学研究科   研究員

    2002年10月 - 2003年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   福祉機器工学   准教授

    2013年7月 - 2017年3月

学歴

  • 豊橋技術科学大学   工学研究科   電子・情報工学専攻

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • IEEE   Co-Chair of TC on Human Centered Transportation Systems  

    2013年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE(米国電気電子学会)   技術委員会副委員長  

    2013年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Society of Instrument and Control Engineers   Secretary for accountant of Chubu Chapter  

    2012年1月 - 2013年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   中部支部会計幹事  

    2012年1月 - 2013年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Japan Society of Mechanical Engineers   Executive committee member for Robomec2012  

    2011年9月 - 2012年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本機械学会   ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2012(Robomec2012)実行委員  

    2011年9月 - 2012年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Society of Instrument and Control Engineers   Executive committee member for 54th Japan Joint Automatic Control Conference  

    2010年10月 - 2012年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   第54回自動制御連合講演会実行委員  

    2010年10月 - 2012年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Robotics Society of Japan   Program committee member for 28th Annual Conference  

    2010年1月 - 2010年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本ロボット学会   第28回学術講演会プログラム委員  

    2010年1月 - 2010年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • The Society of Instrument and Control Engineers   Committee member for Qualification of Engineering Education  

    2008年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 計測自動制御学会   教育・認定委員  

    2008年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Chugoku Industrial Innovation Center   member of research work  

    2006年10月 - 2008年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • ちゅうごく産業創造センター   調査研究委員  

    2006年10月 - 2008年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • The Public Foundation of Chubu Science and Technology Center   member of survey work  

    2006年4月 - 2007年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 中部科学技術センター   調査研究委員  

    2006年4月 - 2007年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • NPO Robofesta Japan International   secretary of area meeting  

    2005年8月 - 2005年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • NPO 国際ロボフェスタ協会   豊橋地区大会幹事  

    2005年8月 - 2005年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • NPO Robofesta Japan International   member of survey work  

    2004年12月 - 2005年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • NPO 国際ロボフェスタ協会   調査研究委員  

    2004年12月 - 2005年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • Early Detection of Drowsiness based on Facial Expressions in Keeping Awake 査読

    Tetsuo Miyake, Takuya Matsumoto, Takashi Imamura, Zhong Zhang

    ICIC Express Letters   8 ( 2 )   591 - 596   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Development of a driver inattention detection system using dynamic relational network 査読

    Md Rizal Othmvan, Zhong Zhang, Takuma Akiduki, Hajime Suzuki, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   10 ( 3 )   1189 - 1205   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    In this study, a robust driver inattention detection system based on a driver model and dynamic relational network (DRN) using sensor data such as the quantity of vehicle speed and pedal operation is proposed. The system can be divided into three parts: the sensor diagnosis module, the driver model and inattentive driving detection. The sensor diagnosis module using the DRN is developed to analyze and identify faulty sensors (if any) through its measurement data. The driver inattention detection system was tested with actual data from a car driving on a highway and the system's diagnosis performance was evaluated. The results obtained indicate the effectiveness of the proposed system for inattentive driving detection. © ICIC International 2014.

    Scopus

    researchmap

  • Development of Real-time Abnormal Sound Diagnosis System Using Fast Wavelet Instantaneous Correction 査読

    Z.Zhang, H.Ishii, T. Imamura, T. Miyake

    ICIC Express Letters, Part B: Applications   5 ( 1 )   201 - 206   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Toward symbolization of human motion data- time-series clustering in symbol space 査読

    Takuma Akiduki, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Hirotaka Takahashi

    ICIC Express Letters, Part B: Applications   5 ( 2 )   387 - 392   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    In this paper, we focus on a time-series analysis method for human motion analysis based on symbolization of sensor data. Human motions are observed by motion sensors such as accelerometers and gyroscopes, which involve time series. Time series of motions can often be represented as periodical signals. In our approach, the time series of the periodical signals are expressed by dynamical systems having attractors, which symbolize the time series in state space. Moreover, the symbol space is designed from a set of attractors to classify/partition symbols. In this paper, we discuss similarity measures for motion in the symbol space by using simulation. The aim of this simulation is to investigate the relationship between the physical conditions of motion and the distribution of symbols in the symbol space. The results suggest that symbol space can be used to discriminate motions. © 2014 ISSN 2185-2766.

    Scopus

    researchmap

  • 2次元複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性およびその半導体ウェーハの欠陥検査への応用 査読

    加藤毅, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫

    日本機械学会論文集C編   79 ( 808 )   4901 - 4916   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.79.4901

    researchmap

  • Design of Directional Selection for Three-Dimensional Complex Discrete Wavelet Transform 査読

    Takeshi Kato, Zhong Zhang, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake, Yasuhiro Ishikawa

    Proc. of the 2013 6th International conference on Machine Vision   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Real World Source Separation by Combining ICA and VD-CDWT in Time-Frequency Domain 査読

    Zhong Zhang, Yasudake Aoki, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    International Journal of innovative Computing, Information and Control   9 ( 4 )   1737 - 1757   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Optimization of Light-source Position in Appearance Inspection for Surface with Specular Reflection 査読

    Zhong Zhang, Hironobu Yoshioka, Takashi Imamura, Tatsuo Miyake

    Proc. of the IEEE International Conference on Information and Automation   600 - 605   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICInfA.2013.6720368

    researchmap

  • PERFECT-TRANSLATION-INVARIANT CUSTOMIZABLE COMPLEX DISCRETE WAVELET TRANSFORM 査読

    Hiroshi TODA, Zhang ZHANG, Takashi IMAMURA

    International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing   11 ( 4 )   1360003.1 - 1360003.2   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific  

    DOI: 10.1142/S0219691313600035

    researchmap

  • A NOVEL DESIGN METHOD FOR DIRECTIONAL SELECTION BASED ON 2-DIMENSIONAL COMPLEX WAVELET PACKET TRANSFORM 査読

    Takeshi KATO, Zhong ZHANG, Hiroshi TODA, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE

    International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing   11 ( 4 )   1360010.1 - 1360010.27   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific  

    DOI: 10.1142/S0219691313600102

    researchmap

  • Experiment Design for Measuring Driver Reaction Time in Driving Situation 査読

    Zhong Zhang, Yuki Asakawa, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    2013 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC 2013)   3699 - 3703   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Generally, inattentive driving is driving while in a state where attention has been weakened by a psychological factor. As a result, either the driver does not realize this condition or realization is delayed. In order to evaluate inattentive driving, the authors constructed a neural network-based NARX model for each driver using operation signals of neutral driving without secondary tasks and inattentive driving without secondary tasks and made the difference between the neutral driving and inattentive driving clear. However, the influence of the secondary task for inattentive driving is different for different drivers. Therefore, the problem is how to examine drivers' characteristics. In this study, in order to examine drivers' characteristics, we designed an experiment to measure a driver's reaction time, which is an important driver characteristic, by using a driving simulator, and obtained encouraging results.

    DOI: 10.1109/SMC.2013.630

    Web of Science

    researchmap

  • A novel variable-filter band discrete wavelet transform and its application on fetal electrocardiogram 査読

    Zhong Zhang, Jin Otaki, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    2013 IEEE Digital Signal Processing and Signal Processing Education Meeting, DSP/SPE 2013 - Proceedings   198 - 203   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    It is well known that a mother wavelet for the discrete wavelet transform (DWT) has the band-pass filter characteristic with octave width in the frequency domain and can be used for octave analysis. However, it is possible that the octave analysis is not necessarily the most suitable to match the analysis signal. In this study, a novel variable-filter band discrete wavelet transform (VFB-DWT) is proposed. It is achieved by using variable-band filters instead of conventional decomposition and reconstruction sequences, which are designed in consideration of the real signal characteristics. Furthermore, the VFB-DWT is applied to the fetal electrocardiogram de-noising and good performance has ben obtained. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/DSP-SPE.2013.6642590

    Scopus

    researchmap

  • Study of induction and estimation method for driver's intention by using a driving simulator 査読

    Takashi Imamura, Tomonari Ogi, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake

    2013 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC 2013)   3322 - 3326   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In recent years, in order to reduce traffic accidents, support systems for driving safety have been put to practical use, such as ITS. However, a support system which considers the driver's intentions has not yet been developed. If the system reflects the intentions of the driver in system behavior, important information will be provided at suitable timing. In a previous study, the authors have studied an estimation method for driver intentions, and a reasonable definition method for labeling driver intentions has been proposed based on the assumption of compliance with traffic rules. In this paper, the validity of our proposed method by using a driving simulator is discussed. The system is specially designed to induce driver intention changes by using traffic flow and environmental control. Moreover, in order increase the effectiveness in practical use, a real-time estimation system has also been constructed.

    DOI: 10.1109/SMC.2013.566

    Web of Science

    researchmap

  • Trial Study of Traffic Safety Education for High School Students using Driving Simulator 査読

    Takashi Imamura, Tomonari Ogi, Elvin Tiong Chew Lun, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake

    2013 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC 2013)   4606 - 4611   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In recent years, senior driver-related traffic accidents have been increasing while the number of deaths in these accidents has been decreasing. This also shows the complexity of the composition ratio of drivers to pedestrians in the traffic environment. In order to ensure traffic safety under this environment, not only is advanced technology for vehicle safety necessary but also traffic safety education of vulnerable road users. As one education method, the use of driving simulators is proposed in this paper, and its validity is evaluated through the application of the proposed method in a special course for high school students in our university. Finally, a questionnaire survey for students was conducted to confirm its effectiveness and the validity of the educational content.

    DOI: 10.1109/SMC.2013.784

    Web of Science

    researchmap

  • APPLICATION OF THE LIFTING SCHEME TO VARIABLE FILTER BAND DISCRETE WAVELET TRANSFORM 査読

    Zhong Zhang, Shotaro Hosokawa, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Testuo Miyake

    2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON WAVELET ANALYSIS AND PATTERN RECOGNITION (ICWAPR)   103 - 109   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A variable filter band discrete wavelet transform (VFB-DWT) is a kind of discrete wavelet transform (DWT), which has variable band filter, and it can extract desired signal. However, its calculation speed becomes slower than that of the base DWT. In this study, in order to improve the calculation speed of the VFB-DWT, a complex wavelet, RI-Spline wavelet is used to base DWT by Lifting Scheme, and the VFB-DWT is achieved by added the band-pass and band-reject filters on the CDWT. As a result of numerical experimentation, it was shown that signal extraction can be performed correctly.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2013.6599300

    Web of Science

    researchmap

  • Musical applications using perfect-translation-invariant variable-density complex discrete wavelet transform 査読

    Hiroshi Toda, Zhong Zhang, Takash Imamura

    International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   247 - 252   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, firstly, we introduce our proposed complex discrete wavelet transform achieving variable wavelet density in the frequency and time domains with perfect translation invariance. Next, using it, we introduce three musical applications 'High-precision frequency detection', 'Time stretch' and 'Pitch shift'. The time stretch is the process of changing the speed of an audio signal without affecting its pitch, and the pitch shift is the process of changing the pitch without affecting the speed. © 2013 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2013.6599325

    Scopus

    researchmap

  • THE PRINCIPLE AND EVALUATION METHOD OF DIRECTIONAL SELECTION OF COMPLEX WAVELET TRANSFORM 査読

    Takeshi Kato, Zhong Zhang, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON WAVELET ANALYSIS AND PATTERN RECOGNITION (ICWAPR)   294 - 299   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Previously, Discrete wavelet Transform(DWT) is well known for useful image processing method. Complex Discrete Wavelet Transform(CDWT) is one of the DWT and has the function called directional selection. This is the expected to be applied into shape and texture analysis. But the principle of directional selection is still not clear. In this paper, we consider the principle of directional selection. After that, we propose the evaluation method for directional selection based on the principle. Finally, we confirm the validity of evaluation method.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2013.6599333

    Web of Science

    researchmap

  • ステアリングシステムの音源探査技術の開発(リアルタイム解析の実用化) 査読

    石井秀明, 足高正善, 章 忠, 今村 孝

    日本設備管理学会誌   24 ( 3 )   112 - 119   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本設備管理学会  

    researchmap

  • DEVELOPING A NEW AUTOMATIC VISION DEFECT INSPECTION SYSTEM FOR CURVED SURFACES WITH HIGHLY SPECULAR REFLECTION 査読

    Chang Jiang Li, Zhong Zhang, Ippei Nakamura, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake, Hisanaga Fujiwara

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   8 ( 7B )   5121 - 5136   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INTERNATIONAL  

    This paper aims to create an automatic vision defect inspection system that is capable of detecting defects on highly specular reflection curved surfaces, especially for chrome-plated surfaces. These are strongly specular surfaces with very weak diffuse reflection. It is impossible to detect all the defects in one image in which defects may be covered by highlight regions or do not appear because the defects' shapes or positions are random when the object is illuminated. A set of images are captured under different illumination conditions with an optimized relative position and illumination parameter. In the set of images, the specular spots move smoothly on the intact surface and the defects appear randomly as the light source moves. A synthetic image in which specular spots have been removed is reconstructed from the set of images. Moreover, defects are integrated in the synthetic image with higher defect expressivities. Finally, defects can be extracted by combining template matching and morphology techniques. The presented automatic vision defect inspection system has been implemented and tested on a number of simulation images and actual highly specular parts. Encouraging experimental results show that our method is robust, effective and feasible.

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis and Evalu-ation of Driver Inattention Using Support Vector Ma-chine 査読

    M. R. Othman, Z. Zhang, T. Imamura, T. Miyake

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   6 ( 6 )   1453 - 1458   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • A Study of Abnor-mal Signal Extraction by Using Parasitic Discrete Wavelet Transform 査読

    Z. Zhang, J. Ohtaki, H. Toda, T, Imamura,T. Miyake, Y. Ishikawa

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   6 ( 4 )   999 - 1004   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • A NOVEL METHOD FOR DRIVER INATTENTION DETECTION USING DRIVER OPERATION SIGNALS 査読

    Md Rizal Othman, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   8 ( 4 )   2625 - 2636   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INTERNATIONAL  

    This paper presents a new methodology for the analysis of driver inattention using the driving operation signals. The proposed method constructs a driver model based on a nonlinear autoregressive exogenous input (NARX) model using neutral driving data. The nonlinear function of the model is approximated by a multilayer perceptron (MLP) neural network. Driving data with and without a secondary task, collected using a real vehicle in Nagoya city, was used in this study. The performance of the model was evaluated during a validation process where the model produced acceptably small errors and the predicted values closely following the actual values. Finally, through an assessment of the model residuals between the actual signal and predicted signal of the inattentive driving data, we prove that driver inattention while driving in a real environment can be detected.

    Web of Science

    researchmap

  • Time-Series Analysis of Motion by Using Non-linear Dynamical Systems 査読

    T. Akiduki, Z. Zhang, T. Imamura, T. Miyake

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   6 ( 4 )   1077 - 1082   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Identification of Electric Power Steering System Rattle Noise Source While Driving on a Belgian Road Using a Wavelet Transform 査読

    H. Ishi, Z. Zhang, T. Imamura

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   6 ( 4 )   1005 - 1012   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • DESIGN OF MULTI-VALUED CELLULAR NEURAL NETWORKS FOR ASSOCIATIVE MEMORIES 査読

    Takuma Akiduki, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   8 ( 3A )   1575 - 1589   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INTERNATIONAL  

    Cellular neural networks (CNNs) are one type of interconnected neural network and differ from the well-known Hopfield model in that each cell has a piecewise linear output function. In this paper, we present a multi-valued CNN model in which each non-linear element consists of a multi-valued output function. The function is defined by a linear combination of piecewise linear functions. We conduct computer experiments of auto-associative recall to verify our multi-valued CNN's ability as an associative memory. In addition, we also apply our multi-valued CNN to a disease diagnosis problem. The results obtained show that the multi-valued CNN improves classification accuracy by properly selecting the output level q. Moreover, these results also show that the multi-valued associative memory can expand both the flexibility of designing the memory pattern and its applicability.

    Web of Science

    researchmap

  • ステアリングシステムの音源探査技術の開発, -悪路走行時におけるラトル音の解析- 査読

    石井秀明, 植村 広, 章 忠, 今村 孝

    日本設備管理学会誌   23 ( 4 )   184 - 190   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本設備管理学会  

    researchmap

  • アトラクタを用いた時系列データからの動作特徴の抽出 査読

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    電気学会論文誌C   132 ( 6 )   975 - 982   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電気学会  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.132.975

    Scopus

    researchmap

  • Estimation for Grasp Behavior of Vehicle Driver by using Steering Wheel Sensor System 査読

    Takashi Imamura, Yuto Takeuchi, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake

    PROCEEDINGS 2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   1515 - 1519   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    A vehicle's steering wheel is a special interface because it needs to be grasped by the driver's hand while driving. This is very useful from the viewpoint of biological instrumentation. This may achieve steady instrumentation for biological information, and by using this information, an estimate of the driver's state can also be made. In past research, a steering wheel sensor system was proposed by the authors. It has 28 pressure sensor points, and several of its characteristics have been analyzed. In this paper, an estimation method of grasp behavior is proposed based on the distribution of grasp pressure data. Four kinds of steering wheel grasp states are defined. Finally, the estimation method and its results are evaluated experimentally.

    DOI: 10.1109/ICSMC.2012.6377950

    Web of Science

    researchmap

  • Perfect-translation-invariant 3-dilation complex discrete wavelet transform based on 3-dilation orthogonal basis 査読

    Hiroshi Toda, Zhong Zhang, Takashi Imamura

    International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   352 - 358   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, firstly, we prove a useful theorem to investigate behavior of discrete wavelet transforms in the frequency domain. Next, based on this theorem, we propose a 3-dilation orthogonal basis, constructed from two types of symmetric and antisymmetric wavelets arrayed alternately. Finally, based on this orthogonal basis, we propose a 3-dilation complex discrete wavelet transform having perfect translation invariance. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2012.6294807

    Scopus

    researchmap

  • Evaluation of Driving Attentiveness through Usage of Fuzzy Inference 査読

    Tetsuo Miyake, Elvin Tiong Chew Lun, Ikuya Fukuyama, Takashi Imamura, Zhong Zhang

    PROCEEDINGS 2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   518 - 523   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents an evaluation of driving attentiveness by using Fuzzy Inference based on the driver's gaze when driving. Two cameras are used respectively to capture images in front of the driving car and to capture images of the driver's face in order to calculate the coordinates of the objects in front of the car and the driver's eye sight angle by using image processing. There are many kinds of inattentive driving such as loss of concentration on the objects in front of the vehicle, looking aside or idly thinking of some other things while driving, where we are able to detect the inattentive driving by evaluating the movement of the driver's gaze. Driving data with and without task were taken through offline mode experiment by using driving simulator. The tasks are to influence the concentration of the driver when driving. As a result, with the Fuzzy Inference that we proposed, inattentive driving can be detected due to the significant difference evaluation result between attentive driving and inattentive driving.

    DOI: 10.1109/ICSMC.2012.6377777

    Web of Science

    researchmap

  • Time Series Modeling of Visually Induced Postural Sway 査読

    Takashi Imamura, Hikaru Harada, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake

    PROCEEDINGS 2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   1497 - 1502   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Today, Virtual Reality (VR) technology has been applied in various fields, and the effects of inducing VR contents in humans have been studied. Generally, VR contents mainly consist of visual stimulation and it is considered that it influences the recognition mechanisms in the human brain, the behaviors in the human body and so on. In this research, in order to construct a methodology of VR content production with higher realism, an analysis method for behaviors in the human body induced by visual stimulation is studied. It is known that the sensation induced by visual stimulation affects the human behavior with a specific frequency component. If this kind of behavior can be modeled by using simple model parameters, it has the possibility to control the human behavior using visual stimulation or to increase its realism. In previous research, a parameterized first-order human behavior model has been proposed. The validity of the proposed model and its parameters has been confirmed through the analysis of verification experimental results. In this research, long-term experiments have been conducted to check the validity of the proposed analysis method. In addition, the possibility of applying the method as a time series modeling method to postural sway analysis is also considered.

    DOI: 10.1109/ICSMC.2012.6377947

    Web of Science

    researchmap

  • A novel design method for directional selection of 2-dimensional complex wavelet packet transform 査読

    Takeshi Kato, Zhong Zhang, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   417 - 423   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, we propose a design method for directional selection in the 2-Dimensional Complex Wavelet Packet Transform. Previous 2-Dimensional Complex Discrete Wavelet Transforms break up direction components, but the number of directions is small, and the directions and resolutions are fixed. So, they are not flexible enough. In this study, we propose a new design method that can detect desirable directions and resolutions. Finally, the proposed method is applied to defect detection in semiconductor wafer circuits in order to validate the proposed method. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2012.6294817

    Scopus

    researchmap

  • A new variable-band filter design method for the discrete wavelet transform 査読

    Zhong Zhang, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proceedings of the 9th International Conference on Information Technology, ITNG 2012   629 - 634   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, a new design method for Variable-Band Filters (VBFs) corresponding to the Real-signal Mother Wavelet (RMW), which is constructed from a real signal, is proposed. In order to detect and extract unsteady abnormal signals, the designed VBFs are used in the discrete wavelet transform (DWT) instead of traditional wavelets. The DWT that uses the VBFs is called the Variable-Band Filter Discrete Wavelet Transform (VBF-DWT). The VFB-DWT is applied to remove the pulse noise in the ion current waveform, which is measured in a spark-ignition engine and extracts the knocking components. The obtained results show that the VFB-DWT is effective in the detection and extraction of abnormal signals. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ITNG.2012.130

    Scopus

    researchmap

  • A novel variable-filter-band discrete wavelet transform 査読

    Zhong Zhang, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Testuo Miyake

    International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   371 - 377   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, a new variable-filter-band discrete wavelet transform (VBF-DWT) is proposed for detecting and extracting unsteady abnormal signals. The VBF-DWT is achieved by using the band pass wavelet set (BP-WS) and band rejection wavelet set (BR-WS) instead of traditional mother wavelet (MW). Corresponding to it, in the multi-resolution algorithm, the variable-band filters (VBFs) are used instead of traditional low and high pass filters. The VBFs are designed from the BP-WS and BR-WS, which is constructed from a real-signal MW. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2012.6294810

    Scopus

    researchmap

  • Variable-filter-band discrete wavelet transform: Improving energy loss problem 査読

    Z. Zhang, J. Ohtaki, H. Toda, T. Imamura, T. Miyake, Y. Ishikawa

    International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   403 - 409   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In the variable filter band discrete wavelet transform (VFB-DWT), the frequency components in a specific frequency range has energy losses, and it also makes to reduce the extraction accuracy. In the previous study, this problem was improved by applying stationary wavelet transform (SWT) with redundancy. However, the SWT has a larger calculation cost more than that of previous method because it does not do down-sampling. In this paper, we propose the method of reducing the calculation cost and their effectiveness have been examined. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2012.6294815

    Scopus

    researchmap

  • 完全シフト不変性を実現する実数型タイトウェーブレット・フレーム 査読

    戸田 浩, 章 忠, 今村 孝

    日本応用数理学会論文誌   21 ( 4 )   255 - 288   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用数理学会  

    researchmap

  • A NEW ILLUMINATION SYSTEM FOR DEFECT INSPECTION ON HIGHLY SPECULAR SURFACE 査読

    Li Chang-Jiang, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proc. of ICSIP2011   569 - 576   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • イオン電流を用いた時間-周波数解析によるノッキング検出 査読

    章 忠, 斎木典保, 今村 孝, 三宅哲夫, 戸田 浩, 泉 光宏

    日本機械学会論文集B編   77 ( 782 )   1994 - 2003   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaib.77.1994

    researchmap

  • ステアリングシステムの音源探査技術の開発 査読

    石井秀明, 植村 広, 章 忠, 今村 孝

    計測自動制御学会産業論文集   10 ( 9 )   73 - 80   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:計測自動制御学会  

    researchmap

  • The Wide Designed Discrete Wavelet Transforms Based on the Perfect Translation Invariance Theorem 査読

    Hiroshi Toda, Zhong Zhang, Takashi Imamura

    Proc. of the 2011 International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   260 - 265   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Metal Plating Sur-face Defect Detection by Template Matching using Morphological Processing 査読

    Z. Zhang, I. Nakamura, C. J. Li, T, Imamura,T. Miyake, H. Fujiwara

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   2 ( 3 )   615 - 620   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • A Study of Classifi-cation for Driver's Normal-ity Using Cooperativeness of Driving Behaviors 査読

    T. Imamura, H. Yamashita, Z. Zhang, T. Miyake

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   2 ( 3 )   647 - 652   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Estimation of Facial Expression from Its Change in Time 査読

    T. Miyake, T, Matsumoto,T. Imamura, Z. Zhang

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   2 ( 3 )   641 - 645   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Driver Inattention Analysis Using Neural Network Based Nonlinear ARX Model 査読

    M. R. Othman, Z. Zhang, T. Imamura, T. Miyake

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   2 ( 3 )   679 - 686   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Measurement of Viewing Direction for Safety Driving Support System with Monocular Camera 査読

    T. Miyake, J. Fujimoto, M, Matsunaga,T. Imamura, Z. Zhang

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   2 ( 3 )   653 - 658   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Detection of Saccade Using Image-Based Meas-urement System to Esti-mate Early Signs of Drowsiness 査読

    Z. Zhang, A. F, B. Rahim, T. Imamura, T. Miyake

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express letters, PartB: Applications   2 ( 3 )   635 - 640   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • 完全シフト不変定理を基礎に高速フーリエ変換を用いて構築する正規直交複素数ウェーブレット変換 査読

    戸田 浩, 章 忠, 今村 孝

    日本応用数理学会論文誌   21 ( 1 )   1 - 24   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用数理学会  

    researchmap

  • Educational joint project between NCT and TUT in Japan using tele-control system 査読

    Tran Quoc Trung, Takanori Miyoshi, Takashi Imamura, Makoto Honda, Masayuki Okabe, Shinya Oyama, Yuzuru Ohba, Tomoyasu Ichimura, Yoshihito Sawaguchi, Yasunori Kawai, Akihiro Kaneshige, Hideo Kitagawa, Masakatsu Kawata, Eiji Nishiyama, Kazuhiko Terashima

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   18 ( 1 )   5188 - 5194   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper presents an educational research project based on a collaboration between the National Colleges of Technology (NCT) and the Toyohashi University of Technology (TUT) in Japan. First, we constructed a telecontrol system that can work on the Internet for teleoperation experiments. To transmit realistic-looking environmental information, we implemented a 3D scenography system. Here we describe our experimental apparatuses and the control experiments performed as educational experiences for NCT students. In addition, to enhance the effectiveness of the educational experience and improve the proposed telecontrol system, we designed a questionnaire for operators to fill out after they finished the experiments. In this paper, we discuss the contents of the proposed educational system and the improvement of learning motivation that we believe could result from this project. © 2011 IFAC.

    DOI: 10.3182/20110828-6-IT-1002.02759

    Scopus

    researchmap

  • Tele-Operation between USA and Japan Using Humanoid Robot Hand/Arm 査読

    Makoto Honda, Takanori Miyoshi, Takashi Imamura, Masayuki Okabe, Faisal M. Yazadi, Kazuhiko Terashima

    PROCEEDINGS OF THE 6TH ACM/IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMAN-ROBOT INTERACTIONS (HRI 2011)   151 - 152   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presents a tele-control system constructed by a robot hand/arm and operator. The angle of the robot hand is controlled by the angle of the operator's finger, and the operator feels the environmental force, as detected by the touch sensor of the robot hand, constituting so-called bilateral master/slave control. The position of the robot arm is controlled by the position of the operator's arm.
    So far, there has been little research using a multi-fingered humanoid robot hand in a network environment where communication delay exists. The purpose of our study is to achieve tele-operation between an operator's hand/arm and a multi-fingered humanoid robot hand/arm with delayed time. Therefore, this study constructs a system that can grasp and manipulate objects stably, despite the communication delay.
    In the experiments, the operator operates humanoid robot hand/arm of Toyohashi University of Technology from USA. The operator grasp and moves an object in Japan by operating the humanoid robot hand/arm. The staff in Japan gives the operation instruction to the operator in USA during experiment. The operator operates robot according to the voice. The experimental results show that this system can grasp and manipulate objects stably, despite the communication delay. In addition, the operator grasped the object using a multi-fingered humanoid robot hand/arm by master/slave control feeling fingertip force by tele-operation between USA and Japan.

    DOI: 10.1145/1957656.1957706

    Web of Science

    researchmap

  • Human motion analysis from inertial sensor data based on nonlinear dynamics 査読

    Takuma Akiduki, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   44 ( 1 PART 1 )   7396 - 7401   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    This paper discusses the problem of human motion analysis from inertial sensor (accelerometer and gyroscope) data, which is the time sequence data obtained from human motion. The inertial sensors are widely used in the wearable sensing field for understanding human activities. Human motion can be divided into simple movements, such as swinging the arms or legs. These simple movements are fundamentally periodic, and they can be modeled with dynamical systems having periodic attractors. On the other hand, more complex motion like walking can be represented as a sequence of simple movements. To address the problem of analyzing human motion data, we propose a new framework based on a dynamical system. The human motions observed by the inertial sensors are divided into simple movements, and they can be often described as periodical signals. The periodical signals are described by a dynamical system, which can store the periodical or transitional trajectory in a state space by using basin of attraction. The attractors abstract a kind of proto-symbol. The dynamical system having periodical attractors is shown to characterize human motion effectively by exploiting spatiotemporal continuity, because it describes the flow of its transitions into the state space. Moreover, in the designed symbol space from the attractors, the information of human motion dynamics is described in the placement of the points. Thus, each point or transition between points in the symbol space corresponds to a specific type of motion; it can act as a notation method of motion characteristics. © 2011 IFAC.

    DOI: 10.3182/20110828-6-IT-1002.03781

    Scopus

    researchmap

  • A study of direction selection properties of the 2-dimensional complex wavelet packet transform 査読

    Zhong Zhang, Takeshi Kato, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   266 - 271   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, we expand the perfect translation invariant complex discrete wavelet packet transform (PTI-CWPT) to the 2-dimensional PTI-CWPT for separating more directional components. A new definition is made for evaluating its directional selection and resolution properties. The results show that the 2-dimensional PTI-CWPT is capable of separating 30 directional components with each directional component having uniform energy. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2011.6014504

    Scopus

    researchmap

  • Identification for Human Posture Dynamics Induced by Visual Stimulation 査読

    Takashi Imamura, Hiroyuki Tominaga, Megumi Fujiyasu, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Kiyoaki Kakihara

    2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC)   201 - 207   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Today, Virtual Reality (VR) technology has been widely applied in various fields. In past research, the influence of inducing VR in humans through the human senses or virtual effects has been studied. However the methods used to analyze human sensation have only involved measuring the center of gravity and questionnaire surveys. On the other hand, it is known that the sensation induced by VR affects the userfs behavior with specific frequency component. If this kind of behavior can be modeled by using simple model parameters, it has possibility to control the humanfs behavior using visual stimulation or to increase their reality. And its application field has widely for the VR application with higher reality or medical rehabilitation supports and so on. In this papar, the human behavior model using first order system with parameters has been proposed. And identification method for their parameters by using frequency analysis of human behavior with measurement system is also proposed. In addition, various experiments are performed using the proposed system in order to evaluate its effectiveness. As a result, validity of proposed model and its parameters are confirmed through the analysis of experimental results.

    DOI: 10.1109/ICSMC.2011.6083666

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis for Induced Movement using a Measurement System of Dynamic Posture Behavior 査読

    Takashi Imamura, Hiroyuki Tominaga, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Kiyoaki Kakihara

    Proc of International Conference on Artificial Reality and Telexisitence 2010   178 - 183   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Estimation for Driver’s Intentions in Straight Road Environment using Hidden Markov Models 査読

    T. IMAMURA, T. TAKAHASHI, Z. ZHANG, T. MIYAKE

    Proc. of IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   2971 - 2974   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICSMC.2010.5641992

    researchmap

  • BLIND SOURCE SEPARATION BY COMBINING INDEPENDENT COMPONENT ANALYSIS WITH THE COMPLEX DISCRETE WAVELET TRANSFORM 査読

    Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura, Takashi Enomoto, Hiroshi Toda

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   6 ( 9 )   4157 - 4172   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INT  

    It is well known that Independent Component Analysis (ICA) is a useful method for blind source separation although it does have some drawbacks, such as performing poorly on unsteady sounds. In this study, in order to improve this deficiency, a new method combining ICA with the complex discrete wavelet transform is proposed and its performance at source separation in relation to the problems of permutation and scaling in the ICA are investigated experimentally. Through comparison of the results according to the Signal Noise Ratio (SNR), the effectiveness of the proposed method is confirmed.

    Web of Science

    researchmap

  • Biological Signal Analysis by Independent Component Analysis using Complex Wavelet Trans-form 査読

    S. Horihata, Z. Zhang, T. Imamura, T. Miyake, H. Toda, Y. Yasuda

    International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing   8 ( 4 )   595 - 608   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific  

    DOI: 10.1142/S0219691310003663

    researchmap

  • Generate a 3D CAD models for Pose Estimation 査読

    E. A. Bakar, T. Miyake, T. Imamura, Z. Zhang

    International Journal of Computer and Electrical Engineering   2 ( 4 )   704 - 708   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.7763/IJCEE.2010.V2.215

    researchmap

  • SINET QoSサービスを利用した力覚帰還を伴う遠隔操作システムの構築 査読

    清野 翔, 小山慎哉, 今村 孝, 三好孝典, 岡部正幸, 久松住子, 廣津登志夫

    日本高専学会論文集   15 ( 3 )   47 - 52   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本高専学会  

    researchmap

  • The Design of Complex Wavelet Packet Transforms based on Per-fect Translation Invariance Theorems 査読

    H. Toda, Z. Zhang, T. Imamura

    International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing   8 ( 4 )   537 - 558   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific  

    DOI: 10.1142/S0219691310003638

    researchmap

  • Directional Selec-tion of Two-Dimensional Complex Discrete Wavelet Transform and its Applica-tion to Image Processing 査読

    Z. Zhang, N. Komazaki, T. Imamura, T. Miyake, H. Toda

    International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing   8 ( 4 )   659 - 676   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific  

    DOI: 10.1142/S0219691310003705

    researchmap

  • The General Perfect Translation Invariance Theorem and its Application for an Orthogonal Complex Wavelet Basis on the Hardy Space 査読

    H. TODA, Z. ZHANG, T. IMAMURA

    Proc. of International Conference of Wavelet Analysis and Pattern Recognition   364 - 369   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2010.5576394

    researchmap

  • A study of 3D Objects Pose Estimation for CAT system -Linear Pose Estimation using Image sequence 査読

    Elmi Abu Bakar, Miyake Tetsuo, Imamura Takashi, Naito Shinya, Zhong Zhang

    Proc. of International Conference on Precision Instrumentation and Measurement 2010   2010年3月

     詳細を見る

  • THREE-DIMENSION SOUND LOCALIZATION BY BINAURAL MODEL USING SELF ORGANIZING MAP 査読

    Zhong Zhang, Kazuaki I, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura, Satoshi Horihata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   6 ( 1 )   361 - 371   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INT  

    It is well known that there are many advantages in using two microphones in sound localization systems when applied to assist the hearing impaired and in humanoid,robots. In this paper, we propose a novel sound localization method based on the binaural model, in which the feature differences of observed signals obtained from two microphones are used. In our method, first the feature vectors corresponding to the ratio of the observed signature power spectrum between both ears and the difference between the arrival times of the sound in. both cars are learned based on the algorithm of Self Organizing Maps (SOM) and then the SOM of the 3-D sound source direction is created.. The characteristic vector of the sound source is input into the SOM and the node that is the nearest reference vector to the input characteristic vector is estimated by searching for the winning node in the map's reference vector space, and the sound source direction corresponding to the winning node is output as the estimated sound source direction. Sounds from five kinds of objects from many directions were used to experimentally confirm the effectiveness of the method and a correct answer rate of 98.7% was obtained.

    Web of Science

    researchmap

  • PARASITIC DESCREASE WAVELET TRANSFORM AND ITS APPLICATION ON DENOISING 査読

    Zhong Zhang, Noriho Saiki, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    PROCEEDINGS OF THE 2010 INTERNATIONAL CONFERENCE ON WAVELET ANALYSIS AND PATTERN RECOGNITION   345 - 350   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    It is well known that parasitic discrete wavelet transform (PDWT) proposed by authors is a useful tool for abnormal signal detection, although it uses only for the signal decomposition and detection In this study, a reconstruction possible new parasitic discrete wavelet transform (N-PDWT) has been proposed for traditional PDWT. The N-PDWT is different from the PDWT and the traditional DWT that it enabled the detailed decomposition corresponding to the purpose signal. In addition, the N-PDWT has been applied to the Korona noise removal form the ion current waveform of the engine and confirmed that the N-PDWT has bester performance than that of conventional impulse noise removal technique used the CDWT.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2010.5576386

    Web of Science

    researchmap

  • 画像解析による高速眼球運動速度の計測システムの開発 査読

    章 忠, 鈴木直也, A. F. B. Rahim, 今村 孝, 三宅哲夫

    日本機械学会論文集C編   76 ( 772 )   3438 - 3445   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.76.3438

    Scopus

    researchmap

  • An efficient BRDF acquisition for glossy surface 査読

    Chang Jiang Li, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyaki

    ICACTE 2010 - 2010 3rd International Conference on Advanced Computer Theory and Engineering, Proceedings   2   V2141 - V2145   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    An efficient BRDF(Bidirectional Reflectance Distribution Function) measurement of glossy surface by photometric stereo was proposed. We assume that the surface reflectance can be approximated by the sum of a Lambertian and a specular component. We define the best window in one image and classify the patches into the diffuse points and the mix ones according to their radiance values. The diffuse parameter and surface normal are recovered by the diffuse points and the darkest three pixels of four pixels. The specular reflectance parameters are recovered by the specular components of mix points which normal and diffuse parameter are known. In the last, all reflection parameters are refined by minimizing the fitting error of the reflectance model. Experiments show that the reflectance of glossy object can be recovered in a good precision by the proposed method. © 2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICACTE.2010.5579112

    Scopus

    researchmap

  • A new design method of Multi-Valued Cellular Neural Networks for Associative Memory 査読

    Zhong ZHANG, Ryuichi TANIAI, Takuma AKIDUKI, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE

    Proc. of International Conference on Innovative Computing, Information and Control   1 - 4   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICICIC.2009.31

    researchmap

  • Detection of Knocking by Wavelet Transform using Ion Current 査読

    Zhong Zhang, Noriho Saiki, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proc. of International Conference on Innovative Computing, Information and Control   1 - 4   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICICIC.2009.173

    researchmap

  • Edge Detection of Smooth Metallic Surface Using Special Random Sampling Method 査読

    Shiqing Ren, Zhong Zhang, Miyake Tetsuo, Hisanaga Fujiwara, Takashi Imamura

    Proc. of International Conference on Innovative Computing, Information and Control   1 - 4   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICICIC.2009.187

    researchmap

  • Processing Specular Reflection Components of Chrome-plated Surface by Multi-Image Reconstruc-tion Method 査読

    C. J. Li, Z. Zhang, T. Miyake, T. Imamura

    International Journal of Computer Information Systems and Industrial Management Applications   1   303 - 311   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Detection of View Direction with a Single Camera and Its Application Using Eye Gaze 査読

    Tetsuo Miyake, Takuya Asakawa, Takanori Yoshida, Takashi Imamura, Zhong Zhang

    Proc. of the 35th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society   2051 - 2057   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IECON.2009.5414928

    researchmap

  • Associative Memories with Multi-Valued Cellular Neural Networks and Its Application to Disease Diagnosis 査読

    Takuma Akiduki, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proc. of The 2009 IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   3924 - 3929   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICSMC.2009.5346618

    researchmap

  • Development of a Sensor System for Grasp Behavior on a Steering Wheel 査読

    Takashi Imamura, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Othman MD Rizal

    Proc. of The 2009 IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   256 - 260   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Modeling Driver Operation Behavior by Linear Prediction Analysis and Auto associative Neural Network 査読

    Othman Md Rizal, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proc. of The 2009 IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   655 - 659   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICSMC.2009.5346668

    researchmap

  • 3D CAD Models and its Feature Similarity 査読

    E. A. Bakar, T. Miyake, Z. Zhang, T. Imamura

    WASET International Journal of Signal Processing,   26   514 - 518   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換による時間・周波数領域ブラインド信号源分離 査読

    章 忠, 榎本武史, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅哲夫

    Journal of Signal Processing「信号処理」   13 ( 2 )   171 - 182   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:信号処理学会  

    researchmap

  • Evaluation of Shaping Accuracy of Sand Mold Based on Stereo Measurement 査読

    Tetsuo Miyake, Michio Kaibeya, Takashi Imamura, Zhong Zhang

    Proc. of the IEEE International Conference on Industrial Technology   345 - 352   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICIT.2009.4939567

    researchmap

  • Reducing Specular Reflection components of Chrome-plated Surface with Varying Light Direction 査読

    Li Chang Jiang, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura, Hisanaga Fujiwa

    FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION ASSURANCE AND SECURITY, VOL 2, PROCEEDINGS   725 - +   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE COMPUTER SOC  

    On Chrome-plated surfaces, specular reflection is very strong while reflection is very weak. This makes the automatic inspection on a Chrome-plated very difficult. Based on analysis of Chrome-plated reflection properties, this paper propose and develop a method to reduce specular reflection. Using the median of gradients of all input images taken with various lighting direction, we reconstruct a syntheses image that contains only diffuse reflection, and the useful information is remained. Experimental results on chrome-plated ABS resin show that the method is efficient in reduction of specular reflections. The work is the basis of create visual inspection system for Chrome-plated surfaces.

    DOI: 10.1109/IAS.2009.265

    Web of Science

    researchmap

  • Educational Project for Robotics and Mechatronics Using Tele-Control System Between National College of Technology and Toyohashi University of Technology. 査読

    Takashi Imamura, Takanori Miyoshi, Kazunari Miyake, Shinichi Arai, Tatsuya Okada, Manabu Yamamoto, Minh Duc Duong, Masayuki Okabe, Hideo Kitagawa, Tomoyasu Ichimura, Eiji Nishiyama, Yasunori Kawai, Shinya Oyama, Kazuhiko Terashima

    J. Robotics Mechatronics   21 ( 3 )   384 - 393   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:富士技術出版  

    DOI: 10.20965/jrm.2009.p0384

    researchmap

  • 寄生的離散ウェーブレット変換およびその異常信号検出への応用 査読

    章 忠, 池内宏樹, 斎木典保, 今村 孝, 石井秀明, 戸田 浩, 三宅哲夫

    日本機械学会論文集C編   75 ( 757 )   2529 - 2536   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.2529

    Scopus

    researchmap

  • REAL WORLD SOURCE SEPARATION BY COMBINING ICA AND VD-CDWT IN TIME-FREQUENCY DOMAIN 査読

    Zhong Zhang, Yasudake Aoki, Hiroshi Toda, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura

    PROCEEDINGS OF 2009 INTERNATIONAL CONFERENCE ON WAVELET ANALYSIS AND PATTERN RECOGNITION   247 - 252   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    It is well known that in real world source separation, the environment noise removal must be considered with complex reverberating sound, and various noises. In this study, in order to improve the voice recognition accuracy in real world source separation, a new method that uses Independent Component Analysis (ICA) in the time-frequency domain using the variable density complex discrete wavelet transform (VD-CDWT) and the subspace method has been proposed. Through comparison of the results according to signal noise ratio (SNR), the effectiveness of the proposed method is confirmed.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2009.5207450

    Web of Science

    researchmap

  • The Development of Hands-Free Interface for the Vehicle Driver Use 査読

    Zhong Zhang, Yasutake Aoki, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proc. of 2008 International Symposium on Intelligent Informatics   128   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Muscle Strength Estimation Using Muscu-lo-Skeletal Model for Up-per Limb Rehabilitation 査読

    T. Okada, T. Imamura, T. Miyoshi, K. Terashima, Y. Yasuda, T. Suzuki

    Journal of Robotics and Mechatronics   20 ( 6 )   863 - 871   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:富士技術出版  

    researchmap

  • A Study of Analysis Method for Driver Features Extraction 査読

    Md Rizal OTHMAN, Zhong ZHANG, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE

    Proc. of 2008 IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   1501 - 1505   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICSMC.2008.4811498

    researchmap

  • A Study of Classification for Driver Conditions using Driving Behaviors 査読

    Takashi IMAMURA, Hagito YAMASHITA, Zhong ZHANG, MD Rizal, bin OTHMAN, Tetsuo MIYAKE

    Proc. of 2008 IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   1506 - 1511   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICSMC.2008.4811499

    researchmap

  • 自己組織化マップを用いた両耳聴モデルによる3次元音源方向定位 査読

    章 忠, 井 和章, 三宅哲夫, 今村 孝, 堀畑 聡

    日本機械学会論文集C編   74 ( 746 )   2577 - 2584   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.74.2577

    researchmap

  • Fast Wavelet In-stantaneous Correction and its Application on Abnormal Signal Detection 査読

    Z. Zhang, H. Ikeuchi, N. Saiki, T. Imamura, T. Miyake, H. Toda, S. Horihata

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   4 ( 10 )   2697 - 2710   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • Driving Behavior Classification and Driver Sensing based on Vehicle Steering Wheel Operations 査読

    Takashi Imamura, Hagito Yamashita, MD Rizal, bin Othman, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake

    Proc. of International Conference on Instrumentation Control and Information Technology   2714 - 2718   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • INDEPENDENT COMPONENT ANALYSIS USING WAVELET TRANSFORM AND ITS APPLICATION TO BIOLOGICAL SIGNALS 査読

    Satoshi Horihata, Zhong Zhang, Takashi Enomoto, Hiroshi Toda, Takeshi Imamura, Tetsuo Miyake, Yoshifumi Yasuda

    Proc. of the 2008 International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   436 - 441   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2008.4635819

    researchmap

  • Processing reflections on metallic surfaces using a special random sampling method 査読

    Zhong Zhang, Shiqing Ren, Tetsuo Miyake, Hisanaga Fujiwara, Takashi Imamura

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   4 ( 7 )   1595 - 1606   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INT  

    In smooth metallic surfaces, specular reflection components are very strong while diffuse reflection components are very weak. This makes the automatic inspection of defects on a smooth metallic surface very difficult. In order to divide specular reflection and diffuse reflection components from surface reflected light, this paper presents a novel method, called the special random sampling method (SRSM) based on the photometric linearization method, in which a set of real images taken in various lighting conditions are converted successfully into synthetic images that contain only diffuse reflection components. Encouraging experimental results show that the SRSM is efficient in processing reflections on a chrome-plated ABS resin.

    Web of Science

    researchmap

  • Designing average complex real signal mother wavelet and applying it in abnormal signal detection 査読

    Zhong Zhang, Hiroki Ikeuchi, Hiroshi Toda, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura, Hideaki Ishi, Satoshi Horihata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   4 ( 4 )   1009 - 1022   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INT  

    In this study, in order to improve the effectiveness of unsteady abnormal signal detection, the technique of constituting an average real signal mother wavelet (A-RMW) from two or more real signals is proposed and its effectiveness is confirmed. The procedure of constructing A-RMW by two or more signals is as follows: first the symmetric complex real signal mother wavelet (SCRMW) was constructed and then the average SCRMW was obtained by adding them. Finally the average SCRMW obtained above was normalized and the A-RMW was obtained. The proposed constructing method of the SCRMW is different from the traditional complex real signal mother wavelet (CRMW) in that the phase information of all the frequency components is set to 0 and symmetry can be obtained. The proposal method is applied to rattle noise source detection of a car, and its effectiveness is confirmed.

    Web of Science

    researchmap

  • バイノーラルモデルを用いた音源方向定位 査読

    章 忠, 井 和章, 三宅哲夫, 今村 孝, 堀畑 聡

    日本機械学会論文集C編   74 ( 739 )   642 - 649   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.74.642

    researchmap

  • 3-D sound source detection by binaural model using self organizing map 査読

    Zhong Zhang, I. Kazuaki, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura

    3rd International Conference on Innovative Computing Information and Control, ICICIC'08   1 - 4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this study, we propose a novel sound localization method, in which the feature differences of observation signals obtained from the two microphones are used. The features are learned based on the algorithm of the SOM (Self Organizing Maps) and the SOM of 3-D sound source direction is made. Furthermore, the five kinds of objects sound from each direction ere used to conforming experiment and the correct answer rate 98.7% is obtained. © 2008 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICICIC.2008.2

    Scopus

    researchmap

  • Inspection of smooth metallic surface using complex discrete wavelet transform 査読

    Shiqing Ren, Zhong Zhang, Miyake Tetsuo, Hisanaga Fujiwara, Takashi Imamura

    3rd International Conference on Innovative Computing Information and Control, ICICIC'08   1 - 4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Currently one of the most time-consuming, costly and important phases of metal products production is the inspection process, in which automated optical inspection and image processing techniques are used to identify production defects. It is difficult to detect defects occurred on metallic surface, especially on smooth metallic surface. The major problems in inspection process involve complex reflections and noise. Based on 2-D Translation Invariant RI-Spline Wavelet Transform, a novel automated defects detection system is developed for smooth chrome-plated ABS resin surface. From encouraging experimental results, it is confirmed that it is possible for automated inspection system to accurately detect defects on smooth metallic surface. © 2008 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICICIC.2008.322

    Scopus

    researchmap

  • DIRECTIONAL SELECTION OF 2D COMPLEX DISCRETE WAVELET TRANSFORM AND ITS APPLICATION TO IMAGE PROCESSING 査読

    Zhong Zhang, Nariva Komazaki, Hiroshi Toda, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura

    PROCEEDINGS OF 2008 INTERNATIONAL CONFERENCE ON WAVELET ANALYSIS AND PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2   146 - 151   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this study, a novel direction selection method using the two dimensional complex discrete wavelet transform is proposed. In order to achieve arbitrary direction selection, direction extraction filters are designed. And then, this method is applied to the surface analysis of a wafer, and it is confirmed that our method is effective in detecting irregular direction components.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2008.4635766

    Web of Science

    researchmap

  • PARASITIC DISCRETE WAVELET TRANSFORM AND ITS APPLICATION TO ABNORMAL SIGNAL DETECTION 査読

    Zhong Zhang, Noriho Saiki, Hiroshi Toda, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    PROCEEDINGS OF 2008 INTERNATIONAL CONFERENCE ON WAVELET ANALYSIS AND PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2   447 - 453   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this study, in order to improve the effectiveness of abnormal signal detection, we first develop a novel parasitic discrete wavelet transform (P-DWT) to perform fast wavelet instantaneous correlation (F-WIC) and then propose a new design method of the parasitic filters for the P-DWT. Furthermore, we show a judgment standard for assessing the credibility of the abnormal signal detection by using the P-DWT. Finally, we apply the F-WIC to car rattle noise source identification and show that our method can improve computation efficiency and obtain sufficient calculation accuracy at the same time.

    DOI: 10.1109/ICWAPR.2008.4635821

    Web of Science

    researchmap

  • De-noising Method by Combining Adaptive Line Enhancer and Complex Discrete Wavelet Trans-form 査読

    Z. Zhang, Y. Ohara, H. Toda, T. Miyake, T. Imamura

    Innovative Computing, Information and Control Express Letters   1 ( 2 )   145 - 151   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC International  

    researchmap

  • 3D CAD Models Shape Representation for Pose Estimation 査読

    Abu Bakar Elmi, Tetsuo Miyake, Zhang Zhong, Takashi Imamura

    Proc. of ROBOTICS, VISION, INFORMATION AND SIGNAL PROCESSING   390 - 393   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • BLIND SOURCE SEPARATION BY COMBINING INDEPANDENT COMPONENT ANALYSIS WITH COMPLEX DISCRETE WAVELET TRANSFORM 査読

    ZHONG ZHANG, TAKESHI ENOMOTO, TETSUO MIYAKE, TAKASHI IMAMURA

    Proc. of the 2007 International Conference on Wavelet Analysis and Pattern Recognition   549 - 554   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Realization of Multi-Valued Associative Memory with Cellular Neural Network 査読

    Zhong Zhang, Takuma Akiduki, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    Proc. of IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   1205 - 1210   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Estimation of Car Driver’s Psychology and Ability using Driving Behavior 査読

    Takashi Imamura, Keisuke Itoh, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake

    Proc. of IEEE International Conference on System, Man and Cybernetics   978 - 983   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICSMC.2007.4414145

    researchmap

  • De-noising Method by Combining RI-Wavelet and Adaptive Line Enhancer 査読

    Z. Zhang, Y. OHARA, H. TODA, T. Miyake, T. Imamura

    Proc. of SICE annual conference 2007   2054 - 2057   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/SICE.2007.4421325

    researchmap

  • Parasitic Discrete Wavelet Transform and its Application on Abnormal Detection 査読

    Z. Zhang, H. Ikeuchi, T. Miyake, T. Imamura

    Proc. of Second International Conference on Innovative Computing, Information and Control   1 - 4   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 在宅医療支援に向けての電磁ブレーキを用いたハプティックフィードバックとデッドバンド制御による遠隔リハビリロボットシステム 査読

    D. M. Duc, 寺嶋一彦, 三好孝典, 今村 孝

    システム制御情報学会論文誌   20 ( 7 )   309 - 320   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    DOI: 10.5687/iscie.20.309

    researchmap

  • Multi-Valued Cellular Neural Networks and Its Application for Associative Memory 査読

    Z. Zhang, T. Akiduki, T. Miyake, T. Imamura

    Proc. of 4th International Symposium on Neural Networks   (II)542 - (II)551   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 実信号マザーウェーブレットおよびその異常信号検出への応用 (平均的複素数実信号マザーウェーブレットの設計とその応用) 査読

    章 忠, 池内宏樹, 石井秀明, 堀畑 聡, 今村 孝, 三宅哲夫

    日本機械学会論文集C編   73 ( 730 )   1676 - 1683   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.73.1676

    researchmap

  • Estimation of sound source direction using a binaural model 査読

    Zhong Zhang, Kazuaki I, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura, Satoshi Horihata

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   3 ( 3 )   551 - 564   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ICIC INTERNATIONAL  

    The direction of a generated sound source can be estimated by humans using the time difference between both ears and the way the sound changes due to the shape of the head and ears. However, it is very difficult to create an estimation system using a computer and two microphones. In this study, we propose a novel sound source direction estimation method, in which the feature difference between two recorded microphone signals is used. As a result, an average correct estimation rate of 96% was obtained in determining the location of 11 kinds of object sounds.

    Web of Science

    researchmap

  • Teleoperation with haptic feedback by means of electromagnetic brake and deadband control for rehabilitation 査読

    Minh Duc Duong, Kazuhiko Terashima, Takashi Imamura

    Proceedings of the IEEE International Conference on Control Applications   1331 - 1336   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, teleoperation of a master-slave robot system with haptic feedback and network traffic reduction for rehabilitation are presented. At first, the stability of the teleoperation system with haptic feedback via time delay communication environment is mathematically shown for multijoint robot arm system. Experiments show that the system is stable, despite of time delay. In order to reduce packet transfer rate for transmission of data, deadband control approach is used. A new data reconstruction algorithm is proposed to improve system's performance for telerehabilitation while keeping the stability of the system. The validity of the approach is shown in simulations. © 2006 IEEE.

    DOI: 10.1109/CCA.2006.286051

    Scopus

    researchmap

  • MUSCULAR POWER ESTIMATION IN A TELE-REHABILITATION SYSTEM USING A SKELETAL-LINKAGE MODEL 査読

    Takashi IMAMURA, Chisato TERAOKA, Kazuhiko TERASHIMA, Zhong ZHANG

    Proc. of International Joint Conference SICE-ICCAS 2006   4042 - 4046   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • IMPROVING TRANSLATION INVARIANCE BY COMPLEX WAVELET USING PHASE INFORMATION 査読

    Zhong ZHANG, Hiroshi TODA, Tetsuo MIYAKE, Takashi IMAMURA

    Proc. of International Joint Conference SICE-ICCAS 2006   3285 - 3289   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ONLINE STEREO MEASUREMENT SYSTEM FOR A SAND MOLD 査読

    Tetsuo Miyake, Yusuke Takeda, Zhong Zhang, Takashi Imamura

    Proc. of International Joint Conference SICE-ICCAS 2006   4047 - 4050   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A NEW DE-NOISING METHOD COMBINING COMPLEX DISCRETE WAVELET TRANSFORM AND ADAPTIVE LINE ENHANCER 査読

    Zhong ZHANG, Hiroshi TODA, Tetsuo MIYAKE, Takashi IMAMURA, Yuya OHARA

    Proc. of International Joint Conference SICE-ICCAS 2006   4062 - 4065   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ESTIMATION OF SOUND SOURCE DIRECTION USING BINAURAL MODEL 査読

    Zhong ZHANG, Kazuaki I, Tetsuo MIYAKE, Takashi IMAMURA, Satoshi HORIHATA

    Proc. of International Joint Conference SICE-ICCAS 2006   4051 - 4056   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • A NOVEL DESIGN METHOD OF MULTI-VALUED CNN FOR ASSOCIATIVE MEMORY 査読

    Zhong ZHANG, Takuma AKIDUKI, Tetsuo MIYAKE, Takashi IMAMURA

    Proc. of International Joint Conference SICE-ICCAS 2006   4057 - 4061   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • REDUCING SPECULAR REFLECTION COMPONENTS OF METALLIC SURFACES USING PHOTOMETRIC LINEARIZATION 査読

    Zhong Zhang, Shiqing Ren, Tetsuo Miyake, Hisanaga Fujiwara, Takashi Imamura

    Proc. of First Inter. Conf. on Innovative Computing, information and control   (1)121 - (1)124   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICICIC.2006.141

    researchmap

  • Development of 3-D Sound Localization System by Binaural Model 査読

    Satoshi Horihata, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura

    Proc. of the 1st World Congress on Engineering Asset Management   1 - 5   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • MASTER-SLAVE SYSTEM WITH TELEOPERATION FOR REHABILITATION 査読

    Minh.Duc.DUONG, Chisato TERAOKA, Takashi IMAMURA, Takanori MIYOSHI, Kazuhiko TERASHIMA

    Proc. of 16th IFAC World Congress   03663(1) - 03663(6)   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • REGRASPING CONTROL BY MULTI-FINGERED ROBOT HAND 査読

    Kazuhiko TERASHIMA, Juan URBANO, Takanori MIYOSHI, Kagetoshi ITO, Takashi IMAMURA, Hideo KITAGAWA

    Proc. of IMCCAS 2005   495 - 198   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • リンク形状適切化による球面連鎖関節機構の負荷容量向上 査読

    熊谷和志, 大泉哲哉, 今村 孝

    設計工学   40 ( 3 )   150 - 156   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:設計工学会  

    researchmap

  • パラレルハイブリット電気自動車駆動システムにおける運転状況への適応制御 査読

    赤峰宏平, 今村 孝, 寺嶋一彦

    日本機械学会論文集C編   69 ( 682 )   1648 - 1655   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.69.1648

    researchmap

  • フィラメントワインディングにおけるフープ巻き張力制御系の構築 査読

    今村 孝, 黒岩哲也, 光井伸行, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    日本機械学会論文集C編   69 ( 680 )   906 - 913   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本機械学会  

    DOI: 10.1299/kikaic.69.906

    researchmap

  • フィラメントワインディングプロセスの最適制御系の設計と実装化に関する研究

    今村 孝

    2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(その他)  

    researchmap

  • ヘリカル巻きフィラメントワインディングプロセスにおけるモデリングと巻取り角度・張力制御系の構築 査読

    今村 孝, 赤峰宏平, 小笠原慎一, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    計測自動制御学会産業論文誌   2 ( 2 )   9 - 18   2003年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:計測自動制御学会  

    researchmap

  • MODELING AND TENSION CONTROL OF FILAMENT WINDING PROCESS 査読

    Takashi IMAMURA, Kouhei AKAMINE, Shu HONDA, Kazuhiko TERASHIMA, Hidehiro TAKEMOTO

    Preprint of the 15th Triennial World Congress of the International Federation of Automatic Control   1175(1) - 1175(6)   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DESIGN AND TENSION CONTROL OF FILAMENT WINDING SYSTEM 査読

    Takashi Imamura, Tetsuya Kuroiwa, Kazuhiko Terashima, Hidehiro Takemoto

    Proc. of IEEE Conference on System, Man and Cybernetics   II660 - II665   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 専門基礎ライブラリー 制御工学

    寺嶋一彦, 兼重明宏, 三好孝典, 今村 孝 他( 担当: 分担執筆)

    実教出版  2012年3月  ( ISBN:9784407325751

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

MISC

  • 高専-豊橋技科大間における遠隔制御実験と出前授業プロジェクト 招待

    三好孝典, 今村 孝

    システム/制御/情報   56 ( 11 )   569 - 574   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:システム制御情報学会  

    DOI: 10.11509/isciesci.56.11_569

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺の挙動定量化パラメータの提案とその同定法に関する研究 招待

    今村 孝, 原田 光, 章 忠, 三宅哲夫

    統計数理研究所共同研究リポート270 医学・工学における逆問題とその周辺(3)   34 - 35   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:統計数理研究所  

    researchmap

  • 研究室紹介 計測システム研究室(豊橋技術科学大学) 招待

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    信号処理 Journal of Signal Processing   15 ( 1 )   23 - 33   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:信号処理学会  

    researchmap

  • 遠隔制御技術と生体信,情報を用いた在宅型上肢リハビリテーションシステムの構築

    今村孝, 三好孝典, 寺嶋一彦, 安田好文, 北川秀夫

    平成17年度研究助成・事業助成報告書   16   397 - 428   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団  

    researchmap

  • フライホイール式UPSを用いた小規模電力負荷平準システムの構築

    児玉斎, 光井伸行, 今村孝, 寺嶋一彦

    TFTニュース   ( 44 )   7 - 12   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:東海産業技術振興財団  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • ドライバの視線計測の高精度化

    石川智規, 三宅哲夫, 章忠,今村孝

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・若手研究発表会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 交差点右左折時におけるドライバの運転行動解析

    香川亮太, 章忠, 三宅哲夫, 今村孝

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・若手研究発表会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • バス用ドライブレコーダの構築とデータ 解析

    佐々木大慶, 章忠, 三宅哲夫, 今村孝

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・若手研究発表会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 画像音声統合インタフェースにおける自己位置推定の検討

    上甲大貴, 三宅哲夫, 章忠,今村孝

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・若手研究発表会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 軌道アトラクタによる運動時系列の記号化手法の検討

    秋月 拓磨, 章 忠, 今村 孝, 高橋 弘殻

    第56回自動制御連合講演会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両耳聴音源方向定位手法の統合インタフェースへの応用

    川野 友裕, 章 忠, 今村 孝, 三宅 哲夫

    第56回自動制御連合講演会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 見えの不規則性に基づく物体表面欠陥の自動検出

    山中 將暢, 三宅 哲夫, 今村 孝, 章 忠

    第56回自動制御連合講演会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • VR応用のためのヒトの視覚特性に基づいた身体動揺に関する研究

    原田 光, 今村 孝, 章 忠, 三宅 哲夫

    第56回自動制御連合講演会  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺時の心拍・姿勢の解析

    今村 孝, 原田 光, 章 忠, 三宅 哲夫

    電子情報通信学会MEとバイオサイバネティクス研究会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 離散ウェーブレット変換を用いた音声信号の可視化

    戸田 浩, 章 忠, 今村 孝

    第41回可視化情報シンポジウム  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性の原理とそれに基づく評価法の提案

    加藤 毅, 章 忠, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅 哲夫

    第41回可視化情報シンポジウム  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライバの運転中における反応時間計測とその評価

    淺川祐樹, 章 忠, 今村 孝, 三宅 哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2013  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ハンドルセンサを用いた把持圧力と乗車姿勢の関係解析

    岩本拓馬, 今村 孝, 章 忠, 三宅 哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2013  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高校生を対象としたドライビングシミュレータを用いた交通安全教育の試み

    今村 孝, 荻 智成, Elvin Tiong Chow LUN, 章 忠, 三宅 哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2013  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 3次元複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性の設計

    加藤 毅, 章 忠, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅 哲夫, 石川 康宏

    第89回パターン計測部会研究会  2013年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2マイクによる多音源からの目的音声の抽出手法の開発

    中川靖士, 章 忠, 三宅哲夫, 今村孝

    平成24年度計測自動制御学会中部支部 静岡地区計測制御研究委員会終了企画 研究発表会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活支援視線インタフェースの開発

    鈴木良典, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    平成24年度計測自動制御学会中部支部 静岡地区計測制御研究委員会終了企画 研究発表会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • スリット像を用いた外観検査の自動化

    冨田卓司, 三宅哲夫, 章 忠, 今村孝, 岸田良文, 兼松賢, 森元庸介

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鏡面反射部品の表面検査における検査光源位置の最適化

    吉岡寛信, 章 忠, 三宅哲夫, 今村孝, 中島保徳

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車両前方画像からの視覚特性を考慮した物体抽出

    福山育也, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 汎用コミュニケーションロボットを対象とした画像音声統合インタフェースの検討

    川野友裕, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・学生発表会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 心理測定曲線を用いた欠陥検査技能の定量化

    麻生晋平, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫, 中島保徳

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・学生発表会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • パルス光による角膜反射像を用いたサッケード検出法

    佐藤駿佑, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・学生発表会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 加速度センサを用いたドライバの運転動作計測

    内田皓, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫, 秋月拓磨

    計測自動制御学会中部支部オープンラボ・学生発表会  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 3次元複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性に関する検討

    加藤毅, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫, 石川康宏

    第五回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 完全シフト不変・複素数離散ウェーブレット変換から得られる連続ウェーブレット係数

    戸田 浩, 章 忠, 今村孝

    第五回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 可変フィルタバンド離散ウェーブレット変換による胎児心電抽出法の検討

    大滝仁, 章 忠, 戸田 浩, 今村孝, 三宅哲夫, 石川康宏

    第五回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高専-豊橋技科大間における遠隔制御システムを用いた体験型授業の実施

    柴田悠次, 松崎貴大, 美間康平, 今村孝, 三好孝典, 小山慎哉, 大場譲, 市村智康, 沢口義人, 河合康典, 川田昌克, 北川秀夫, 兼重明宏, 内堀晃彦, 西山英治, 寺嶋一彦

    日本ロボット学会第30回記念学術講演会 2012  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライビングシミュレータを用いた運転行動意図の付与とその推定に関する研究

    荻智成, 高橋忠相, 今村孝, 章 忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2012  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺の時系列モデリングに関する研究

    原田光, 今村孝, 章 忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2012  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 2次元複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性の設計とその応用

    加藤毅, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫

    第40回可視化情報シンポジウム  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレットパケット変換の方向選択性を用いた半導体回路上の異物検査

    加藤毅, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫

    日本機械学会東海支部第61期総会講演会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 動的関係ネットワークを用いた漫然運転検出法に関する研究

    鈴木創, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    日本機械学会東海支部第61期総会講演会  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 人型ロボットハンド/アームを用いた日本-アメリカ間のバイラテラル遠隔制御

    美間康平, 三好孝典, 本田誠, 今村孝, 岡部正幸, Faisal M. Yazadi, 寺嶋 一彦

    第17回ロボティクスシンポジア  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on Defect Inspection for highly Reflective Curved Surface

    Li Chang Jiang, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura

    ”センシングアーキテクト”による発表会 最先端インテリジェントセンシング研究開発事例集(2012)  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺の時系列モデリング

    今村孝, 原田光, 章 忠, 三宅哲夫

    ”センシングアーキテクト”による発表会 最先端インテリジェントセンシング研究開発事例集(2012)  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 力学系を用いた時系列データからの動作特徴の抽出

    秋月拓磨, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    ”センシングアーキテクト”による発表会 最先端インテリジェントセンシング研究開発事例集(2012)  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Analysis of Visual Induced Postural Sway based on Instrumentation and Control Engineering

    今村 孝

    GCOEシンポジウム東京2012  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 注視行動計測に基づくドライバの意識状態推定

    松永 惇, 三宅 哲夫, 今村 孝, 章 忠

    第12回システムインテグレーション部門講演会  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 実環境における音源方向定位に関する検討

    中谷 匡宏, 章 忠, 今村 孝, 三宅 哲夫

    第12回システムインテグレーション部門講演会  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ピークホールド処理を用いた音声区間検出手法の検討

    高橋 忠相, 章 忠, 今村 孝, 三宅 哲夫

    第12回システムインテグレーション部門講演会  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺の挙動定量化パラメータの提案とその同定法に関する研究

    今村 孝

    平成23年度 統計数理研究所共同研究集会「医学・工学における逆問題とその周辺(3)」  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車両前方画像からの物体抽出における色空間の選択

    福山 育也, 三宅 哲夫, 今村 孝, 章 忠

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • インターネット回線を用いた人間型ロボットハンド/アームの遠隔操作

    美間 康平, 本田 誠, 三好 孝典, 今村 孝, 岡部 正幸, Faisal M. Yazadi, 寺嶋 一彦

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレットパケット変換の方向選択性の検討

    加藤 毅, 章 忠, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅 哲夫

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寄生的離散ウェーブレット変換のエネルギー損失の改善とその応用

    大滝 仁, 章 忠, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅 哲夫, 石川 康宏

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 完全シフト不変定理を基礎とする離散ウェーブレット変換

    戸田 浩, 章 忠, 今村 孝

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 鏡面反射を有する加工部品の自動表面検査装置の試作

    吉岡 寛信, 李 長江, 三宅 哲夫, 今村 孝, 章 忠, 中島 保徳

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 物体表面の反射像を用いた外観検査の自動化

    冨田 卓司, 三宅 哲夫, 章 忠, 今村 孝, 岸田 良文, 兼松 賢, 森元 庸介

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハンドルセンサを用いた把持行動と把持圧力計測

    竹内 優斗, 今村 孝, 章 忠, 三宅 哲夫

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多音源に対する目的音声の抽出手法の開発

    中川 靖士, 章 忠, 三宅 哲夫, 今村 孝

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Active Appearance Modelsを用いた視線推定の高精度化

    鈴木 良典, 三宅 哲夫, 今村 孝, 章 忠

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 聴覚フィルタを用いた発話区間検出手法の検討

    高橋 忠相, 章 忠, 今村 孝, 三宅 哲夫

    第54回自動制御連合講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 完全シフト不変性を実現する実数値関数ウェーブレットフレーム

    戸田浩, 章忠, 今村孝

    日本応用数理学会 2011年度 年会  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺の計測とパラメータ同定

    今村孝, 富永祐之, 章忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2011  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 慣性センサ群による自動車運転操作における上肢動作計測法の開発

    秋月拓磨, 章忠, 今村孝, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2011  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 下肢表面筋電データ処理に基づく競技自転車の機材最適設定に関する研究

    徳安達士, 大庭恵一, 松本慎平, 今村孝, 戸田浩, 章忠, 平木場浩二

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2011  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 自動車運転の予防安全技術に関する研究事例紹介 招待

    今村孝, 章 忠, 三宅哲夫

    豊川商工会議所産学連携推進協議会招待講演  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 非線形力学系を用いた慣性センサデータからの動作特徴抽出とそのアトラクタ表現における物理的意味の考察

    秋月拓磨, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    第38回知能システムシンポジウム  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2次元複素数離散ウェーブレットパケット変換のエッジ検出特性の評価と検討

    加藤毅, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫

    日本機械学会東海支部第60期総会講演会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 瞬きを用いた眠気検出

    松本卓也, 三宅哲夫, 章 忠, 今村孝

    2011年電子情報通信学会総合大会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライバの運転集中度の定量評価

    松永 惇, 三宅哲夫, 章 忠, 今村孝

    2011年電子情報通信学会総合大会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寄生的離散ウェーブレット変換による異常信号抽出報に関する検討

    大滝仁, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫, 石川康宏

    日本機械学会東海支部第60期総会講演会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • モルフォロジー処理を用いたマッチングによる金属メッキ部品表面欠陥検出

    中村一平, 章 忠, 李長江, 吉岡寛信, 今村孝, 三宅哲夫

    日本機械学会東海支部第60期総会講演会  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 両耳聴モデルを用いた残響環境下における音源方向定位

    江川太平, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第11回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 身体障がい者向け運転技術在宅訓練システムの開発

    木村司, 小山慎哉, 三好孝典, 今村孝

    第11回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自動車運転時における,心理実験のデザインとその効果の検討

    笠井かおり, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第11回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Time-series Analysis of Human Motion Based on Nonlinear Dynamics 国際会議

    T.Akiduki, Z.Zhang, T.Imamura, T.Miyake

    Toyohashi University of Technology, Proceedings of the International Symposium on Electronics-Inspired Interdisciplinary Research  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The method and equipment of inspection surface defect of smooth metal surface 国際会議

    C.J.Li, Z.Zhang, T.Miyake, T.Imamura

    Toyohashi University of Technology, Proceedings of the International Symposium on Electronics-Inspired Interdisciplinary Research  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Estimation method for Driver's Intentions using Hidden Markov Models 国際会議

    T.Imamura, T.Takahashi, Z.Zhang, T.Miyake

    Toyohashi University of Technology, Proceedings of the International Symposium on Electronics-Inspired Interdisciplinary Research  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ローレンツプロット解析を用いた誘導運動の検出

    富永祐之, 今村孝,章忠, 三宅哲夫

    第53回自動制御連合講演会  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A New Methodology For Driver Inattention Detection Through Model Based Analysis

    MD Rizal Bin Othman, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake

    豊橋技術科学大学グローバルCOE 第3回センシングアーキテクト・シンポジウム  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The method and equipment of inspection surface defect of smooth metal surface

    Li ChangJiang, Zhong ZHANG, Tetsuo MIYAKE, Takashi IMAMURA, Ippei NAKAMURA

    豊橋技術科学大学グローバルCOE 第3回センシングアーキテクト・シンポジウム  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高速フーリエ変換を用いて構成する完全シフト不変・複素数離散ウェーブレット変換

    戸田 浩, 章 忠, 今村 孝

    第四回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2次元複素数離散ウェーブレット変換の方向検出の特性に関する検討

    加藤毅, 章 忠, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅哲夫

    第四回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハンドル操作における動作特徴の抽出とそのアトラクタ表現

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第20回インテリジェント・システム・シンポジウム  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボットアーム・ハンドを用いたアメリカ-日本間のバイラテラルマスタ/スレーブシステム遠隔制御

    本田誠, 三好孝典, 寺嶋一彦, 今村孝, 岡部正幸

    第28回日本ロボット学会学術講演会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 眠気早期検出のための眼部情報検出手法に関する検討

    Ahmad Fathullah Bin Rahim, 章 忠, 今村 孝, 三宅 哲夫

    平成22年度電気関係学会東海支部連合大会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単眼カメラを用いた安全運転支援システムのための視線計測

    藤本準, 松永惇, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    平成22年度電気関係学会東海支部連合大会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライバの注視行動計測に基づく運転集中度の検出

    松永惇, 藤本準, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    平成22年度電気関係学会東海支部連合大会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顔部位の時間変化量を用いた表情推定

    松本卓也, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    平成22年度電気関係学会東海支部連合大会  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高専-豊橋技科大間における臨場感を考慮した遠隔制御システムと授業への応用

    今村孝, 三好孝典

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 身体障害者用在宅運転技術訓練システムの開発

    小山 慎哉, 木村 司, 今村孝, 三好 孝典

    インタラクション2010・デモ部門-SA03  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視線インタフェースを用いた環境制御機器

    待井正哉, 三宅哲夫, 今村孝,章 忠

    第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ハンドルセンサを用いた運転時把持行動の計測と解析

    今村孝, 竹内優斗, 章 忠, 三宅哲夫

    第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ウェーブレット変換のイオン電流解析によるノック検出

    齋木典保, 章 忠, 戸田浩, 今村孝, 三宅哲夫, 泉光宏, 楠原功, 南口昌弘

    第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自動車内記録データを用いた運転行動とその安全性の解析

    MD Rizal Othman, Zhong ZHANG, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOEプログラム”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Synchronized Instrumentation for Driving Behavior and Bilogical Information using a Steering Wheel Sensor 国際会議

    Takashi Imamura, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Kazuaki Sawada

    Proceedings of the International Symposium 2009 in Tokyo -"Advanced Intelligence" developed with Smart Sensing -, Toyohashi University of Technology Global COE Program  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 統合検査システムのための3次元CADモデルの姿勢分類

    Elmi Bin Abu Bakar, Miyake Tetsuo, Imamura Takashi, Zhong Zhang

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOEプログラム”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 力学系の設計とその連想記憶への応用

    秋月拓磨, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOEプログラム”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ハンドルセンサを用いた運転時行動・生理の協調計測

    今村孝, 章 忠, 三宅哲夫, 澤田和明

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOEプログラム”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 力学系の設計とその連想記憶への応用についての一考察

    秋月拓磨, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    第19回インテリジェント・システム・シンポジウム  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 力学系によるパターン分類

    秋月拓磨, 章 忠, 今村孝, 三宅哲夫

    豊橋技術科学大学グローバルCOE 第二回学生主催シンポジウム  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Reducing Specular Components on Chrome-Plated Surface

    Li Chang Jiang, Zhong ZHANG, Tetsuo MIYAKE, Takashi IMAMURA

    豊橋技術科学大学グローバルCOE 第二回学生主催シンポジウム  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Analysis of Driver Operation Signal for Abnormal Driving Behavior Detection and Classification

    MD Rizal Othman, Zhong ZHANG, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE

    豊橋技術科学大学グローバルCOE 第二回学生主催シンポジウム  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • SINET QoSサービスを利用した力覚帰還を伴う遠隔操作支援システムの構築

    清野翔, 小山慎哉, 今村孝, 三好孝典, 廣津登志夫, 岡部正幸, 久松住子

    日本高専学会第15回年会講演会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高専-技科大間における遠隔制御システムを用いた,体験実習型制御工学教育プロジェクト

    三好孝典, 今村 孝, 岡部正幸, 北川秀夫, 川田昌克, 沢口義人, 市村智康, 河合康典, 西山英治, 大場譲, 小山慎哉, 兼重明宏, 寺嶋一彦

    平成20年度高専連携教育研究プロジェクト学生成果発表会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 技科大-高専間の遠隔制御実験を伴った出前授業

    三好孝典, 今村 孝, 岡部正幸, 北川秀夫, 川田昌克, 沢口義人, 市村智康, 河合康典, 西山英治, 大場譲, 小山慎哉, 兼重明宏, 寺嶋一彦

    日本高専学会第15回年会講演会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • SINET QoSモニターによる遠隔制御体験教育プログラム

    小山慎哉, 今村孝, 三好孝典, 岡部正幸

    平成21年度(第29回)高等専門学校 情報処理教育研究発表会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遠隔制御を用いた体験型出前授業の実施

    三好孝典, 今村 孝, 岡部正幸, 北川秀夫, 川田昌克, 沢口義人, 市村智康, 河合康典, 西山英治, 大場譲, 小山慎哉, 兼重明宏, 寺嶋一彦

    (独)国立高等専門学校機構主催 平成21年度教育教員研究集会  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 音声・画像・生体情報を統合する適応運転支援システムに関する研究 招待

    今村孝, 章 忠, 三宅哲夫

    自動車技術会エレクトロニクス研究会  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 動的体勢挙動計測システムによる誘導運動の解析

    富永祐之, 今村 孝, 章 忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2009  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 高専-豊橋技科大間における遠隔制御システムを用いた体験型学習

    今村 孝, 三好孝典, 三宅一誠, 新沼歩, 岡部正幸, 小山慎哉, 北川秀夫, 川田昌克, 沢口義人, 市村智康, 河合康典, 西山英治, 大場譲, 兼重明宏, 寺嶋一彦

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2009  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヒステリシス特性を有する多値セルラニューラルネットワークによる連想記憶

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第36回知能システムシンポジウム  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 線形予測分析と自己想起型ニューラルネットワークによるドライバ個性のモデリング

    MD Rizal Bin Othman, Zhong ZHANG, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE, Hagito YAMASHITA

    第2回”センシングアーキテクト”による発表会最先端インテリジェントセンシング研究開発  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 鏡面反射を有する金属物体の表面検査手法の開発

    Li Chang Jiang, Zhong Zhang, Tetsuo Miyake, Takashi Imamura

    第2回”センシングアーキテクト”による発表会最先端インテリジェントセンシング研究開発  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 研究室紹介 生産システム工学系 計測システム研究室

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    第2回”センシングアーキテクト”による発表会最先端インテリジェントセンシング研究開発  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 連想記憶ニューラルネットワークによる異常診断に関する研究

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第2回”センシングアーキテクト”による発表会最先端インテリジェントセンシング研究開発  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • CATシステムのための形状計測アルゴリズムの開発

    ELMI bin Abu Bakar, Tetsuo MIYAKE, Zhong ZHANG, Takashi IMAMURA

    第2回”センシングアーキテクト”による発表会最先端インテリジェントセンシング研究開発  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 視聴覚情報に対する体勢挙動の動的解析

    今村 孝, 富永祐之, 章 忠, 三宅哲夫

    第2回”センシングアーキテクト”による発表会最先端インテリジェントセンシング研究開発  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 「触覚フィードバックを含む遠隔制御システムの構築と ネットワークQoS向上による制御応答性改善および遠隔操作支援可能性の検討」 招待

    今村 孝, 小山慎哉, 三好孝典, 廣津登志夫, 岡部正行, 久松住子

    SINET3利用説明会(大阪会場)SINET3新サービス試行モニター成果報告会  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 専門科目教育における遠隔制御体験導入の試みとシステム構築

    今村 孝, 三好孝典, 岡部正幸

    第3回高専/技科大・技術者教育連続化プロジェクト研究会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自己運動感覚を伴う動的体勢挙動計測システムの構築

    今村 孝, 富永祐之, 章 忠, 三宅哲夫

    第9回システムインテグレーション部門講演会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活支援のための視線インタフェースを用いた機器操作

    吉田挙忠, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    第9回システムインテグレーション部門講演会  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換を用いた欠陥検出手法

    駒崎就哉, 章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    ビジョン技術の実利用ワークショップ 2008  2008年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 運転行動を用いたドライバ特徴抽出

    今村 孝, MD Rizal, Othman, 章 忠, 三宅哲夫, 山下萩人

    第8回未来ビークルリサーチセンターシンポジウム  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 遠隔力覚体感システムを用いた遠隔指導実験

    千葉智博, 小山慎哉, 三好孝典, 今村 孝, 三宅一誠, 河合康典

    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セルラニューラルネットワークを用いた古文書文字認識の試み

    堀内匡, 小須賀祐介, 高橋朋之, 章 忠, 今村 孝

    平成20年度電気・情報関連学会中国支部連合大会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遠隔力覚体感システムにおける操作インタフェースの評価

    井上和樹, 小山慎哉, 三好孝典, 今村 孝, 三宅一誠

    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多値セルラニューラルネットワークの分類問題への適用とその評価

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第18回インテリジェント・システム・シンポジウム  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 顔画像によるドライバ異常状態の定量化に関する研究

    竹中康洋, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    自動車技術会2008年秋季大会 学術講演会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単眼カメラによるドライバの視線方向計測

    浅川拓也, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    自動車技術会2008年秋季大会 学術講演会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車両前方画像からのドライバ視覚特性を考慮した物体の抽出

    中村俊一, 長田達矢, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    自動車技術会2008年秋季大会 学術講演会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 自動車運転時交差点通過行動における逸脱性検出の検討

    山下萩人, 今村孝, Mohd Rizal, bin, Othman,章 忠, 三宅哲夫

    自動車技術会2008年秋季大会 学術講演会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライバの注視行動計測に基づく運転集中度の評価

    長田達矢, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    自動車技術会2008年秋季大会 学術講演会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 音声・画像・生体情報を統合する適応運転支援システムの開発

    章 忠, 三宅哲夫, 中川聖一, 廣畠康裕, 新田恒雄, 安田好文, 今村 孝

    第3回未来ビークルリサーチセンター連携融合事業成果報告会  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • A Study of Analysis Method for Driver Features Extraction

    Md Rizal OTHMAN, Zhong Zhang, Takashi Imamura, Tetsuo Miyake, Hagito Yamashita

    豊橋技術科学大学 グローバルCOE  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Shape representation algorithm of castings object of pipe connector

    ELMI bin Abu Bakar, Tetsuo MIYAKE, Zhong ZHANG, Takashi IMAMURA

    豊橋技術科学大学 グローバルCOE  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 2次元複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性およびその画像処理への応用

    駒崎就哉, 章 忠, 戸田浩, 三宅哲夫, 今村 孝

    第二回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Shape representation algorithm of casting object of pipe connector

    Elmi bin Abu Bakar, 三宅哲夫, 章 忠, 今村 孝

    2008年度精密工学会秋季大会  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 分布型圧力計測による自動車用ハンドル生体センサシステム 招待

    今村 孝

    豊橋技術科学大学新技術説明会,科学技術振興機構JSTホール  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 高専-豊橋技科大間における遠隔制御システムを用いたロボメカ教育プロジェクト

    今村 孝, 三好孝典, 三宅一誠, 新井真一, 岡田達弥, 山本 学, DoungMinh Duc, 岡部正幸, 北川秀夫, 市村智康, 西山英治, 河合康典, 小山慎哉, 寺嶋一彦

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 運転時ハンドル操作行動による自動車運転逸脱性検出に関する研究

    山下萩人, 今村 孝, MD Rizal Bin, Othman,章 忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 多値セルラニューラルネットワークを用いた連想記憶とその自己想起能力の評価

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第35回 知能システムシンポジウム  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 2D複素数離散ウェーブレット変換の方向選択性およびその画像処理への応用

    駒崎就哉, 章 忠, 戸田浩, 今村 孝, 三宅哲夫

    日本応用数理学会 平成20年 研究部会 連合発表会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寄生離散ウェーブレット変換における寄生フィルタの設計と寄生条件に関する検討

    齋木典保, 章 忠, 戸田浩, 今村 孝, 三宅哲夫

    日本応用数理学会 平成20年 研究部会 連合発表会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 単眼カメラ画像を用いた視線計測法とその応用

    浅川拓也, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    動的画像処理実用化ワークショップ  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Shape Feature Description for computer Aided Testing in Production Line

    ELMI bin Abu Bakar, Tetsuo MIYAKE, Zhong Zhang, Takashi IMAMURA

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOE”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Study of Abnormal Driving Behavior Detection and Classification Method using In-Vehicle Driving Data

    MD Rizal, bin, OTHMAN, Zhong Zhang, Takashi IMAMURA, Tetsuo MIYAKE, Keisuke ITOH, Hagito YAMASHITA

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOE”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ハンドル操作行動にもとづく運転行動分類とドライバセンシングの検討

    今村 孝, 山下萩人, 章 忠, 三宅哲夫, 伊藤圭介, MD Rizal, bin, Ot

    国立大学法人 豊橋技術科学大学グローバルCOE”センシングアーキテクト”による最先端「インテリジェントセンシング研究開発」  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Driving Behavior Classification and Driver Sensing based on Vehicle Steering Wheel Operation 国際会議

    Takashi IMAMURA, Hagito YAMASHITA, Zhong Zhang, Tetsuo MIYAKE, Keisuke ITOH, MD Rizal, bin, OTHMAN

    Toyohashi University of Technology Glibal COE Proceedings of the First Symposium on Frontiers of Intelligent Sensing FIS2008 Toyohashi  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ビンピッキングのためのアクティブビジョンを用いた金属物体の認識

    元木久人, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • FPGAを利用した道路標識の認識

    青木祥平, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    ビジョン技術の実利用ワークショップ 2007  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 半導体パターン上のマクロ欠陥の検出

    駒崎就哉, 章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    ViEW2007ビジョン技術の実利用ワークショップ外観検査アルゴリズムコンテスト2007  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寄生的離散ウェーブレット変換およびその異常信号検出への応用

    章 忠, 池内宏樹, 斎木典保, 今村 孝, 三宅哲夫, 戸田浩

    第6回評価・診断に関するシンポジウム  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視線情報を用いた安全運転支援とドライバ支援技術に関する基礎的研究の紹介

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    第15回名古屋モーターショー ITS特別企画展  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 「「はかる」と「あやつる」~ヒトを見る技術と科学~」 招待

    今村孝

    豊田市科学技術教育振興会 平成19年度科学技術研究協議会 記念講演  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換による時間-周波数領域ICA

    今村 孝, 榎本武史, 章 忠, 戸田 浩, 三宅哲夫

    第一回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 寄生的離散ウェーブレット変換とそれによるウェーブレット瞬時相関に関する研究

    章 忠, 池内宏樹, 斎木典保, 戸田 浩, 今村 孝, 三宅哲夫

    第一回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップ  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車両前方画像からの注視対象物体の抽出

    長田達矢, 浅川拓也, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    自動車技術会2007年度秋季大会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 眼球運動情報を利用したドライバの眠気検出法に関する研究

    鈴木直也, 三宅哲夫, 安田好文, 章 忠, 今村 孝

    自動車技術会2007年度秋季大会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 習熟特性を考慮した自動車ドライバモデルの構築

    伊藤圭介, 今村 孝, 章 忠, 三宅哲夫

    自動車技術会2007年度秋季大会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 表面筋電位信号と骨格リンク機構モデルを用いた上腕筋力の評価

    岡田達弥, 鈴木拓央, 三好孝典, 寺嶋一彦, 今村 孝, 安田好文

    福祉工学シンポジウム2007  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライビングシミュレータを用いたドライバの運転技能推定

    今村 孝

    第5回 未来ビークルリサーチセンターシンポジウム 一般講演  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像処理・信号処理技術によるドライバ行動計測と安全運転支援システムの開発

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    平成19年度 計測自動制御学会中部支部 オープン・ラボラトリー  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 区分線形関数を用いた多値連想記憶セルラニューラルネットワークの設計

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    第17回インテリジェント・システム・シンポジウム  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 技能・心理特性を考慮した自動車ドライバモデルの構築

    伊藤圭介, 今村 孝, 章 忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2007  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ハンドル把持・操作にもとづく自動車ドライバの行動計測

    今村 孝, 伊藤圭介, 章 忠, 三宅哲夫

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 2007  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 顔画像からの表情変化検出手法の開発

    竹中康洋, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    電子情報通信学会2007総合大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 視線インタフェースによる外部機器制御

    吉田挙忠, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    電子情報通信学会2007総合大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車両前方画像からの注視対象物体の抽出

    長田達矢, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    電子情報通信学会2007総合大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換を用いたEOG信号の解析

    駒崎就哉, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    平成19年電気学会全国大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ドライバの行動監視と適性評価

    浅井新司, 三宅哲夫, 今村 孝, 章 忠

    計測自動制御学会中部支部静岡地区計測制御講演会  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • セルラニューラルネットワークの最適化手法を用いた設計法の検討

    西海仁, 章 忠, 今村 孝, 三宅哲夫

    計測自動制御学会中部支部静岡地区計測制御講演会  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 画像処理・信号処理技術を応用した自動車安全運転支援システムの構築

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    平成18年度 計測自動制御学会中部支部 オープン・ラボラトリー  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換を用いたブラインド信号源分離

    榎本 武史, 判治 明日香, 章 忠, 三宅 哲夫, 今村 孝

    第49回自動制御連合講演会  2006年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Shape Representation and Matching for Computer Aided Testing System

    Elmi Bin Abu Bakar, Tetsuo Miyake, Zhang Zhong, Takashi Imamura

    2006年度精密工学会秋季大会学術講演会  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ウェーブレット変換による異常診断法

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

    豊橋技術科学大学「技術シーズ展 in 名古屋」  2006年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 視線インタフェース

    三宅哲夫, 章 忠, 今村 孝

    豊橋技術科学大学「技術シーズ展 in 名古屋」  2006年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 通信遅延を考慮した遠隔リハビリテーションロボットの自律化設計

    岡田達弥, 宮下裕樹, Doung Minh Duc, 寺岡知里, 今村 孝, 三好孝典, 寺嶋一彦, 北川秀夫

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 高速搬送システムにおけるスタッカークレーンの振動抑制制御

    福田高宏, 今村 孝, 野田善之, 寺嶋一彦, 服部智弥, 和泉学, 小林由昌, 東俊光, 田中悟

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 遠隔リハビリテーションのためのハプティックフィードバックを用いたマスタ・スレーブロボットの制御

    Doung Minh Duc, 寺岡知里, 今村 孝, 三好孝典, 寺嶋一彦

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2005  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 小学校段階におけるロボットを用いた教育プログラム

    寺嶋一彦, 今村 孝, 村松浩幸, 山田宏尚

    日本ロボット学会 第23回学術講演会  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ロボット学習手法のロボフェスタ豊橋における実証の試み

    今村 孝

    ロボフェスタ2005豊橋地区 ロボット創造教育チュートリアル講演会  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 多指多関節ロボットハンドを用いた皮膚筋肉モデルの構築とマッサージモーションコントロール

    近藤拓, 森田英児, 今村 孝, 北川秀夫, 三好孝典, 寺嶋一彦

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2005  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 生体信号情報を用いた遠隔リハビリテーションシステムの構築

    寺岡知里, 今村 孝, Duong Minh Duc, 三好孝典, 寺嶋一彦, 安田好文, 堀畑聡

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会2005  2005年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 生体信号を用いた遠隔リハビリテーションシステムの制御系設計

    今村 孝, 寺岡知里, Duong Minh Duc, 三好孝典, 寺嶋一彦, 安田好文, 堀畑聡

    第49回システム制御情報学会 研究発表講演会  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ヘリカルフィラメントワインディング張力制御における制御系設計のオフライン・オンラインアプローチ

    今村 孝, 谷口善規, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    日本ロボット学会創立20周年記念学術講演会  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フィラメントワインディングにおけるセルフチューニング張力制御系の構築

    谷口善規, 今村 孝, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    日本機械学会東海支部・精密工学会東海支部地方講演会  2002年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フィラメントワインディングにおける最適統合化制御系の構築

    今村 孝, 谷口善規, 小笠原慎一, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2001  2002年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ヘリカルフィラメントワインディング制御系のモデリングと実装

    今村 孝, 赤峰宏平, 本田周, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2001  2001年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • フィラメントワインディングにおけるヘリカル巻き張力制御系の構築

    今村 孝, 赤峰宏平, 本田周, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    第43回自動制御連合講演会  2000年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • フィラメントワインディングシステムの同定と制御

    黒岩哲也, 今村 孝, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    システム制御情報学会研究発表講演会 2000  2000年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 張力制御機構を付加したフィラメントワインディングシステムの構築

    今村 孝, 黒岩哲也, 光井伸行, 寺嶋一彦, 竹本秀博

    日本機械学会1999年次大会  1999年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構試作第3号機の制御システムに関する研究 第1報 機構定数誤差及び動作誤差の測定・解析

    大友浩明, 八木俊哉, 大泉哲哉, 今村 孝, 松本英樹

    日本設計工学会研究発表講演会  1997年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構の設計 第3報 関節機構の試作

    今村 孝, 松本英樹, 熊谷和志, 大泉哲哉

    日本機械学会創立100周年記念講演会機素潤滑設計部門講演会  1997年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構の設計 第二報: 軽量化に関する検討

    今村 孝, 松本英樹, 大泉哲哉, 熊谷和志, 船山隆

    日本機械学会東北支部八戸地方講演会  1996年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • シーケンス制御教材用空き缶減容機の開発

    江場誠一郎, 今村 孝, 熊谷和志, 大泉哲哉, 薗辺和幸, 染谷賢治

    日本機械学会東北支部八戸地方講演会  1996年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構の設計

    今村 孝, 船山隆, 堀井洋, 大泉哲哉, 熊谷和志

    日本機械学会東北支部一関地方講演会  1995年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構に関する研究 第6報: 試作第3号機の静力学的解析

    大泉哲哉, 坂本宣幸, 今村 孝, 熊谷和志

    日本機械学会第72期通常総会  1995年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構に関する研究 第5報 試作第3号機に関する力学解析

    大泉哲哉, 坂本宣幸, 今村 孝, 熊谷和志

    日本機械学会東北支部石巻地方講演会  1994年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

  • 表面欠陥調査装置および表面欠陥検査方法

    章 忠, 今村孝, 三宅哲夫, 中島保徳, 尾栢正晴

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学、新協技研株式会社

    出願番号:2013-180787  出願日:2013年8月

    researchmap

  • 内燃機関の燃焼制御装置

    章 忠, 今村 孝, 戸田 浩, 泉光宏, 楠原功, 山形健次, 川島康照, 南口昌広

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学 、ダイヤモンド電機株式会社

    出願番号:2010-073302  出願日:2010年3月

    公開番号:2011-12672  公開日:2011年1月

    特許番号/登録番号:5453688  発行日:2014年1月

    researchmap

  • 内燃機関の燃焼制御装置

    章 忠, 今村 孝, 戸田 浩, 泉光宏, 楠原功, 山形健次, 川島康照, 南口昌広

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学 、ダイヤモンド電機株式会社

    出願番号:2010-073301  出願日:2010年3月

    公開番号:2011-12671  公開日:2011年1月

    researchmap

  • 安全運転診断装置

    近藤敏之, 章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

     詳細を見る

    出願人:株式会社デンソー 、国立大学法人豊橋技術科学大学

    出願番号:2009-279771  出願日:2009年12月

    公開番号:2011-123618  公開日:2011年6月

    特許番号/登録番号:5397201  発行日:2013年11月

    researchmap

  • 信号検出装置,信号検出方法及び信号検出措置の製造方法

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学

    出願番号:2010-532862  出願日:2009年8月

    特許番号/登録番号:5354505  発行日:2013年9月

    researchmap

  • 内燃機関の燃焼制御装置

    章 忠, 今村 孝, 戸田 浩, 泉光宏, 楠原功, 山形健次, 川島康照

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学 、ダイヤモンド電機株式会社

    出願番号:2009-144978  出願日:2009年6月

    公開番号:2011-001867  公開日:2011年1月

    researchmap

  • 把持行動計測ステアリングホイール装置

    今村 孝, 章 忠, 三宅哲夫

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学

    出願番号:2008-185429  出願日:2008年7月

    公開番号:2010-023593  公開日:2010年2月

    researchmap

  • 表面欠陥自動検出装置および検査法

    章 忠, 三宅哲夫, 今村 孝

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人豊橋技術科学大学

    出願番号:2007-147573  出願日:2007年6月

    公開番号:2008-298703  公開日:2008年12月

    特許番号/登録番号:5228157  発行日:2013年3月

    researchmap

  • 繊維強化樹脂複合製品の成形用フィラメントワインディング機

    竹本秀博, 今村孝, 黒岩哲也, 寺嶋一彦

     詳細を見る

    出願人:三菱レイヨン株式会社

    出願番号:2000-073514  出願日:2000年3月

    公開番号:2001-260240  公開日:2001年9月

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • Best Paper Award

    2013年9月   ICIC International   Toward Symbolization of Human Motion Data -Time-Series Clustering in Symbol Space-

    秋月拓磨, 章 忠, 今村 孝, 高橋弘毅

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第30回 共同研究奨励

    2013年3月   公益財団法人 永井科学技術財団   輝度飽和を有する鏡面・光沢面の画像処理にもとづく外観検査の自動化手法の検討とその実用化

    章 忠, 中島保徳, 戸田 浩, 今村孝

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 第9回インターネット活用教育実践コンクール 実践奨励賞

    2009年2月   文部科学省・インターネット活用教育実践コンクール実行委員会   高専-豊橋技科大間における遠隔制御体験実習プログラム

    高専連携遠隔制御プロジェクト

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

共同研究・競争的資金等の研究

  • 革新的ウェーブレット変換理論・技術と産業・研究への応用展開

    2012年6月 - 2013年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • マルチラテラル遠隔制御システムの発展的応用研究-体験実習から卒業研究課題等への展開-

    2012年6月 - 2013年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 介護・生活環境支援ロボットのための,視覚・聴覚統合インタフェース

    2012年5月 - 現在

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • マルチラテラル遠隔制御の研究と力覚共有マウスへの応用

    2012年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    三好 孝典

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:200000円 ( 直接経費:140000円 、 間接経費:60000円 )

    researchmap

  • 誘導性身体動揺の数理モデリングと身体挙動制御への応用

    2012年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    今村 孝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3600000円 ( 直接経費:2520000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 革新的寄生的離散ウェーブレット変換による高速・実時間異常信号検出法の創出

    2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    章 忠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:650000円 ( 直接経費:455000円 、 間接経費:195000円 )

    researchmap

  • ドライビングシミュレータを用いた運転行動意図の推定

    2009年4月 - 現在

    民間学術研究振興費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ナビゲーションシステム等運転支援システムとドライバのコミュニケーション支援を目的に,ドライバの運転行動意図のモデル化手法と推定方法を検討している.

    researchmap

  • ハンドルセンサシステムを用いたドライバ生体・生理行動の定量推定

    2009年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

    今村 孝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:2450000円 、 間接経費:1050000円 )

    researchmap

  • 高専-技科大間における遠隔制御システムを用いた,体験実習型制御工学教育プロジェクト

    2008年9月 - 2009年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 革新的なウェーブレット変換理論の開発と産業への応用

    2008年9月 - 2009年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • セルラニューラルネットワークを用いたパタン識別手法の開発と応用

    2008年9月 - 2009年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 視覚誘導性身体動揺の定量解析法の開発

    2008年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    視覚誘導性身体動揺により発生する身体の傾き情報を時間周波数解析することにより,誘導性動揺の発生時期や効果を定量評価する方法を検討している.

    researchmap

  • 鏡面反射部品の自動検査に関する研究

    2008年4月 - 現在

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 触覚フィードバックを含む遠隔制御環境構築とネットワークQoS向上による制御応答性改善および遠隔操作支援可能性に関する実験・研究の実施

    2008年4月 - 2009年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 教示型運転支援に関する研究

    2008年4月 - 2009年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 高専-技科大間における遠隔制御体験実習プログラムとその支援システムの構築

    2007年9月 - 2008年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 音声・画像・生体情報を統合する適応運転支援システムの開発

    2007年6月 - 2010年3月

    共同研究(学内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 複素数離散ウェーブレット変換による革新的金属めっき表面欠陥検出手法の開発

    2007年4月 - 2009年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    章 忠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 搬送工程機器の振動解析への信号処理技術の応用に関する研究

    2007年4月 - 2008年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • イオンセンサを利用した高精度エンジン制御技術の開発(186011)

    2006年7月 - 2009年3月

    岡山大学,ダイヤモンド電機,内山工業  共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • インターネットを介した汎用バイラテラル遠隔制御システムの構築と工学教育応用

    2006年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    インターネットを介して,汎用的かつ双方向力制御可能な遠隔制御システムを構築し,全国の高専との間の工学教育に応用している.

    researchmap

  • 自動車運転時の生体行動計測技術の開発

    2006年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    日常的な安全運転行動の維持を目的に,運転行動およびハンドル把持行動を対象とした行動計測とそのモデル化を行っている.

    researchmap

  • ビード挙動のシミュレーション解析

    2006年4月 - 2007年3月

    共同研究(国内共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 工業用生産機器の制振制御

    2004年7月 - 2006年3月

    受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    軽量化・大型化が進む工業用生産機器において,位置決め高速化を実現するための振動抑制を考慮した軌道生成法を検討した.

    researchmap

  • インターネットを介した遠隔リハビリテーションシステムの開発

    2004年7月 - 2006年3月

    民間学術研究振興費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    インターネットを介して,上腕の関節可動域拡大訓練を実現する遠隔制御システムを開発した.

    researchmap

  • 移動ロボットに搭載したビジョンシステムのシミュレータ開発

    2003年7月 - 2004年6月

    受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    リアルタイム画像処理システムの構築を目的とし,移動ロボットに搭載したカメラシステムが走行路面より受ける力学的外乱をシミュレートするシステムを開発した.

    researchmap

  • フィラメントワインディングシステムの設計と制御

    1997年4月 - 2003年3月

    共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    炭素繊維を対象とした巻き取りプラントにおいて,繊維の張力モデルを構築し,制御システムを構築した.

    researchmap

  • 球面連鎖を用いた関節機構の設計

    1994年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    球面連鎖機構の持つ冗長性を応用し,軽量かつ高先端負荷を実現する機構を設計した.

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 機械工学実験I

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • プログラミング応用

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • 計測システム工学

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • 物理学基礎

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • 工学実験

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • ロボット応用

    機関名:岐阜工業高等専門学校

     詳細を見る

  • 生産システム工学創造実験

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • プログラミング基礎

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • 工学解析数学

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

  • 物理実験

    機関名:豊橋技術科学大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 人間支援科学特別講義Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • アシスティブ・テクノロジー

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報工学実験II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学研究発表演習(中間発表)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験IV

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験III

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 芸術プロジェクト表現実習II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 芸術プロジェクト表現実習I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 芸術プロジェクト概論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報システム実験II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報工学実験I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学研究発表(外部発表)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(情報電子分野)

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人間支援感性科学実験IV

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • データサイエンス概論

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 情報システム基礎実習

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 福祉情報工学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 福祉人間工学実験II

    2018年
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎Ⅱ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎Ⅰ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • アドバンストテクノロジー

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 支援機器工学

    2015年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 福祉情報技術実習

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学特定研究Ⅰ(情報)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学セミナーⅠ(情報)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 人間支援科学文献詳読Ⅰ(情報)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 移動支援工学特論

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知能情報機械論

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • システム工学

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • メカトロニクス

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • メカトロニクス設計・製作

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 福祉人間工学実験I

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 高福祉社会を支える「生活支援工学」入門

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • ロボット工学

    2014年
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎演習

    2014年
    機関名:新潟大学

  • ボランティア実習

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 技術英語入門

    2014年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示