2021/10/25 更新

写真a

カン トウセイ
韓 東生
HAN Dong-sheng
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 准教授
自然科学研究科 生命・食料科学専攻 准教授
農学部 フィールド科学教育研究センター 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 学術博士 ( 1999年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 花卉

  • Ornamental Plants

研究分野

  • 環境・農学 / 園芸科学

経歴

  • 新潟大学   農学部 フィールド科学教育研究センター   准教授

    2013年3月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   准教授

    2013年3月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   准教授

    2013年3月 - 現在

  • 新潟大学   農業生産科学科   助教

    2007年4月 - 2013年2月

  • 新潟大学   自然科学研究科   助手

    1999年8月 - 2007年3月

学歴

  • 新潟大学

    - 1999年

      詳細を見る

  • 新潟大学   自然科学研究科   生命システム科学専政

    - 1999年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 東北農学院   園芸学部   果樹

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 中華人民共和国

    researchmap

  • Northeast Agricultural College   Faculty of Horticulture   Fruit Science

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 中華人民共和国

    researchmap

所属学協会

 

MISC

  • サイトカイニンの標識標品の保持特性と質量スペクトル

    新潟大学農学部研究報告   55 ( 2,83-90 )   2003年

     詳細を見る

  • Micropropagation of Vitis amurensis Rupr: an improved protocol.

    Vitis   42, 163-164   2003年

     詳細を見る

  • Production of seedlings from ovules excised at the zygote stage in Lilium spp.

    Plant Cell, Tissue and Organ Culture   73, 159-166   2003年

  • Detection of cucumber mosaic virus, lily symptomless virus and lily mottle virus in Lilium species by RT-PCR technique.

    Scienta Hortic.   97, 57-63   2003年

  • Plant regeneration from anther-derived embryos of apple and pear.

    HortScience   37, 962-965   2002年

     詳細を見る

  • 花き植物の栽培における植物繊維製ポットの耐用性の評価

    新潟大学農学部研究報告   54 ( 2 )   115 - 121   2002年

     詳細を見る

  • Production of virus-free plantlets by anther culture of Lilium x 'Enchantment'

    Y Niimi, DS Han, M Fujisaki

    SCIENTIA HORTICULTURAE   90 ( 3-4 )   325 - 334   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Anthers of the Lilium x 'Enchantment', excised at the uninucleate microspore stage, were cultured on MS media containing 6% sucrose with auxin and cytokinin. When anthers were cultured on the medium with 2 mg l(-1) picloram and zeatin, 12-86% of them formed nodular calli. Anthers excised from greenhouse- and field-grown plants showed different responses: anthers of greenhouse-grown plants had a significantly higher capability to form callus and regenerate bulblets than those of field-grown plants. In anthers from greenhouse-grown plants, bulblet formation was dependent on the time at which anthers were excised from donor plants: anthers collected from early forced mother-plants had a higher capability of forming bulblet than others. All regenerated plantlets were diploid, which was substantiated by histological observation showing that the anther-derived calli originated from anther wall tissues. Virus tests by ELISA were made for 49 plantlets selected randomly at transplanting: 20 plantlets. (41%) were virus-free, and the rest showed positive reactions for lily symptomless virus, cucumber mosaic virus and/or tulip breaking virus. (C) 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0304-4238(01)00223-0

    Web of Science

    researchmap

  • Production of virus-free plantlets by anther culture of Lilium × ‘Enchantment’

    Scienta Horticulturae   90 ( 3-4 )   325 - 334   2001年11月

     詳細を見る

  • Long term maintenance of an anther-derived haploid callus line of the Asiatic hybrid lily ‘Connecticut King’

    HAN D‐S, NIIMI Y, NAKANO M

    Plant Cell, Tissue and Organ Culture   61 ( 3 )   215 - 219   2000年

     詳細を見る

  • Formation of Calli from Isolated Microspore Cultures of Asitic Hybrid Lily 'Connecticut King'

    Dong Sheng Han, Yoshiji Niimi, Masaru Nakano

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   69 ( 1 )   52 - 56   2000年

     詳細を見る

  • Long term maintenance of an anther-derived haploid callus line of the Asiatic hybrid lily 'Connecticut King'

    DS Han, Y Niimi, M Nakano

    PLANT CELL TISSUE AND ORGAN CULTURE   61 ( 3 )   215 - 219   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    A haploid callus line from anther cultures of the Asiatic hybrid lily 'Connecticut King' was maintained for a long term. The survival and growth of the haploid calluses were affected by auxins of picloram, alpha-naphthaleneacetic acid (NAA) and 2,4-dichlorophenoxyacetic acid (2,4-D) and temperatures of 25, 15 and 7 degrees C during culture. Picloram was more suitable for maintenance of the haploid calluses, whereas NAA and 2,4-D led to root and shoot formation from the haploid calluses. The best temperature for maintenance was 25 degrees C. About 90% of cells in calluses were maintained in haploid level during 60 weeks of subculture, and about 80% of cells were haploid in the calluses maintained over 2 years with the MS medium containing 4 mu M picloram in the dark at 25 degrees C.

    DOI: 10.1023/A:1006425307530

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

  • Formation of cell masses from isolated microspore cultures of lily

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   69 ( 1 )   52 - 56   2000年

     詳細を見る

  • 植物ホルモンの分析に用いるHPLCカラムの諸特性

    新潟大学農学部研究報告   53 ( 1 )   9 - 16   2000年

     詳細を見る

  • Production of doubled haploid plants through colchicine treatment of anther-derived haploid calli in the Asiatic hybrid lily ‘Connecticut King’

    韓 東生, 新美 芳二, 中野 優

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   68 ( 5 )   979 - 983   1999年

     詳細を見る

  • Prodution of Doubled Haploid Plants Through Colchicine Treatment of Anther-derived Haploid Calli in the Asiatic Hybrid Lily 'Connecticut King'

    Dong Sheng Han, Yoshiji Niimi, Masaru Nakano

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   68 ( 5 )   979 - 983   1999年

     詳細を見る

  • Regeneration of haploid plants from anther cultures of the Asiatic hybrid lily ‘Connecticut King’

    Plant Cell, Tissue and Organ Culture   47 ( 2,153-158 )   1997年

     詳細を見る

  • Regeneration of haploid plants from anther culuture of the Asiatic hybrid lily 'Connecticut King'

    Plant Cell, Tissue and Organ Culture   47 ( 2 )   153 - 158   1997年

  • 植物激素和蔗糖对山葡萄离体茎段腋芽及根发育的影响 (シラガブドウ茎外植体の腋芽および根の発達に及ぼす植物成長調節物質とショ糖の影響)

    北方園芸   5,15-17 (中国語)   1993年

     詳細を見る

  • 樱桃砧木的茎尖培养和快速繁殖(オウトウ台木の茎頂培養および大量増殖)

    北方園芸   3,7-8 (中国語)   1993年

     詳細を見る

  • ‘大旺’山楂的茎尖培养和快速繁殖 (‘大旺’サンザシの茎頂培養および大量増殖)

    東北農学院学報   20 ( 1, 99-102 (中国語) )   1989年

     詳細を見る

  • Haploid plant induction in apple (Malus prunifolia) and cytological and histological studies.

    International Rice Research Institute (ed.). Natural Resources and the Environment Series. Genetic Manipulation in Crops   22,25-27   1988年

     詳細を見る

  • 植物组织培养中的染色体变异(植物組織培養における染色体変異)

    生物工程通訊   1 ( 1,29-32 (中国語) )   1988年

     詳細を見る

  • 山葡萄离体培养快速繁殖的研究(In vitro 培養によるシラガブドウの大量増殖に関する研究)

    生物工程通訊   1 ( 1,11-13,38 (中国語) )   1988年

     詳細を見る

  • 黑穗醋栗(Rabes nigrumu L.) 茎尖组织培养瓶外生根试验. (クロフサスグリの茎頂増殖苗の試験管外での発根試験)

    東北農学院学報   16 ( 3,65-68 (中国語) )   1985年

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 葯培養によるユリのウイルスフリー球の生産とそのメカニズムの解明

    2002年 - 2004年

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Study on In Vitro Haploid Prodution and Application in Lily Breeding

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 組織培養によるユリ半数体の作出および育種利用に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 植物生産実地見学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIb

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIb

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎動植物生産学実験

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 産業スペシャリスト育成特論

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅳ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅲ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学概論

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎農林学実習

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 新潟の農林業

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 新潟の農業

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 園芸植物繁殖特論

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農作業システム特論

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 実践型食づくりプロジェクト

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 基礎農林学実習A

    2013年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 基礎農林学実習B

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 栽培学汎論

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 企画提案型食づくりプロジェクト

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学セミナーAⅡ

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学特定研究AⅡ

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 文献詳読Ⅱ

    2013年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表演習(中間発表)

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 文献詳読Ⅰ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学特定研究AⅠ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 生命・食料科学セミナーAⅠ

    2013年
    機関名:新潟大学

  • 研究発表

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅱ

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験実習Ⅰ

    2010年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 園芸植物繁殖学

    2010年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習Ⅱ

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習Ⅰ

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 実地見学

    2009年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験Ⅱ

    2009年
    -
    2010年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学実験Ⅰ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 植物専門実習Ⅰ

    2009年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源論

    2007年
    -
    2013年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 植物生産学演習I

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示