2024/04/16 更新

写真a

キム ミンソク
金 ミンソク
KIM MINSEOK
所属
教育研究院 自然科学系 情報電子工学系列 准教授
工学部 工学科 准教授
職名
准教授
通称等の別名
金 旼錫
外部リンク

代表的な業績

学位

  • 博士(工学) ( 2005年3月   横浜国立大学 )

研究キーワード

  • 電波信号処理

  • 無線通信

  • 電波伝搬

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   研究推進機構   研究教授

    2022年11月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   工学部 電気電子工学科 通信システム   准教授

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • ジョージア工科大学(米)   研究員

    2010年8月 - 2010年12月

      詳細を見る

  • 東京工業大学   理工学研究科   助教

    2007年7月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 横浜国立大学   研究員

    2006年10月 - 2007年6月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   工学部 工学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   通信システム   准教授

    2014年4月 - 2017年3月

学歴

  • 横浜国立大学   工学研究科   電子情報工学専攻

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 横浜国立大学   工学研究科   電子情報工学専攻

    2000年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 漢陽大学(韓国ソウル)   工学部   電気工学科

    1992年3月 - 1999年2月

      詳細を見る

    国名: 大韓民国

    researchmap

所属学協会

委員歴

  • IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   編集委員  

    2023年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE Access   編集委員  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE) アンテナ伝播研究会(AP)   幹事補佐  

    2020年5月 - 2022年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 韓国電磁波学会(KIEES) 日本支部   支部長  

    2020年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • IEEE Shin-etsu Section   Secretary  

    2019年1月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • MDPI Journal of Sensor and Actuator Networks (JSAN)   編集委員  

    2018年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Wireless Communications and Mobile Computing   編集委員  

    2018年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • MDPI Telecom   編集委員  

    2018年1月 - 現在   

      詳細を見る

  • 電子情報通信学会英文誌B編集委員会   編集委員  

    2016年5月 - 2021年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE) 医療情報通信技術時限研究会(MICT)   幹事  

    2016年5月 - 2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE)   ヘルスケア医療情報通信技術研究会(MICT) 専門委員  

    2014年4月 - 2023年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 大韓電子工学会(IEIE)   日本支部 総務幹事  

    2014年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE)   マイクロ波研究会(MW) 専門委員  

    2012年4月 - 2016年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE)   医療情報通信技術時限研究会(MICT) 幹事  

    2012年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE)   医療情報通信技術時限研究会(MICT) 専門委員  

    2010年4月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会(IEICE)   ソフトウェア無線研究会(SR) 専門委員  

    2007年4月 - 2013年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • Characterization of Spatial Consistency of Cluster Channels in Urban Environments at 24 and 60 GHz

    Naoya Suzuki, Hibiki Tsukada, Riku Takahashi, Banibrata Bag, Minseok Kim

    IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   1 - 5   2024年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    DOI: 10.1109/lawp.2024.3363191

    researchmap

  • Comparison of Clustering Techniques Using an Indoor Measurement At 300 GHz

    Anirban Ghosh, Riku Takahashi, Minseok Kim

    IEEE Transactions on Terahertz Science and Technology   13 ( 6 )   678 - 687   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In recent years, cluster-based channel models comprising clusters or groups of multipath components (MPCs) have found a lot of acceptance in the research community. However, such models are heavily clustering technique dependent where there is a primary lack of uniformity regarding distance measure or the number of initial parameters. In this work, four clustering techniques, using the same power-weighted MPC distance as the distance measure and having the same number of user-specified initial parameters are introduced. The newly evolved techniques with uniform assumptions are next compared in terms of the average Silhouette coefficient (ASC) to assess their clustering quality in terms of cluster compactness using data from an indoor measurement campaign. Since clustering techniques normally do not consider the propagation environment, the relevance of the clusters generated using the introduced techniques is also assessed with the measurement environment using ambiance-embedded spectra and ray tracing simulation. It is observed that the variation of KPowerMeans whose a priori parameters are environment and spectra-dependent performs better both numerically and qualitatively compared with the other techniques. Furthermore, it is observed that independent of the technique there are always clusters that cannot be verified from the environment irrespective of the ASC value. Thus, it is concluded that numerical measures are only indicative and should be used in conjunction with environment-based assessment for conclusive results.

    DOI: 10.1109/TTHZ.2023.3313462

    Scopus

    researchmap

  • Indoor Channel Measurement at 300 GHz and Comparison of Signal Propagation With 60 GHz

    Minseok Kim, Anirban Ghosh, Riku Takahashi, Kosuke Shibata

    IEEE Access   11   124040 - 124054   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, a newly developed 300 GHz channel sounder is presented followed by a detailed description of test measurements and the subsequent results obtained to validate its working. An elucidation of the high-resolution double-directional channel measurement in a typical conference room scenario precedes the comparison of the results obtained for the current campaign to that obtained from an earlier campaign at 60 GHz for a similar setup. It is observed that a similar number of clusters for both the bands under investigation for all the transmitter (Tx) and receiver (Rx) positions are obtained from the generated power spectra. Any deviation is theorized to be caused either due to the usage of lower measurement bandwidth in the 60 GHz campaign or due to limited elevation expanse in the 300 GHz measurement. To identify the interacting objects (IOs) causing the clusters, environment-embedded angular power spectra (APS) and ray tracing simulations are used. The large-scale parameters (LSPs) are also evaluated for both campaigns. It is observed that signal propagation at 300 GHz is dominated more by the line-of-sight (LoS) path compared to 60 GHz. The results are also compared with other similar results from the literature.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2023.3330653

    Scopus

    researchmap

  • Validation of 300 GHz Channel Sounder Through Indoor Multipath Measurements 査読

    Riku Takahashi, Kosuke Shibata, Anirban Ghosh, Minseok Kim

    IEICE Communications Express   12 ( 6 )   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/comex.2023spl0013

    researchmap

  • Multipath Extraction and Cluster Identification from an Indoor Measurement at 300 GHz

    Anirban Ghosh, Riku Takahashi, Kosuke Shibata, Minseok Kim

    2023 35th General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science, URSI GASS 2023   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Owing to the unique attributes of the terahertz (THz) band (0.1-10 THz) adoption of millimeter and centimeter wave channel models to characterize THz communication seems unrealistic. In this context, a cluster-based channel model using multipath components extracted from measurement data can serve as a crucial step in understanding the propagation characteristics of THz signals. In cognizance of the prior fact, the current work uses the Subgrid CLEAN algorithm to extract the multipath components (MPCs) using the data from a measurement campaign conducted in a typical conference room at 300 GHz. The extracted MPCs were further clustered based on their temporal and spatial characteristics using the K-Power Means (KPM) technique. The effectiveness of the employed extraction technique is validated by comparing the extracted power spectrums (angle and delay) with the measured ones whereas the efficacy of the clustering algorithm is demonstrated by identifying the interacting objects (IOs) causing the same.

    DOI: 10.23919/URSIGASS57860.2023.10265492

    Scopus

    researchmap

  • Measurement and Analysis of Radio Signal Propagation in and from Corridor at 300 GHz

    Anirban Ghosh, Riku Takahashi, Kosuke Shibata, Minseok Kim

    17th European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2023   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    To realize the potential of the Terahertz band (0.1 - 10 THz) in providing high data rate, low latency, and improved reliability extensive measurement campaigns are the need of the hour. In this context, the current study presents the results from a first-of-its-kind measurement campaign conducted in a corridor and from corridor to room at 300 GHz. The investigated positions consist of both line-of-sight and non-line-of-sight cases. The measurement data is processed to generate the power delay profile and environment-embedded azimuth delay power spectra for the positions under study. A careful analysis of the generated results helps in identifying the dominant specular components for each position using ray tracing. We further confirm the poor penetration property of signals at 300 GHz through regular building materials like concrete and plasterboard. The current results lay the foundation for more extensive analysis to develop a channel model for one of the common yet unexplored indoor scenarios.

    DOI: 10.23919/EuCAP57121.2023.10133137

    Scopus

    researchmap

  • Multipath Cluster-Based Scatterer Recognition by Object Detection Techniques Using Panoramic Images

    Inocent Calist, Minseok Kim

    2023 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers, and Communications, ITC-CSCC 2023   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Object detection is crucial in the field of wireless communication, as it helps in predicting the channel behavior and channel model parameters that are necessary for efficient communication. In recent years, various object detection techniques have been proposed for this purpose, ranging from traditional statistical methods to deep learning-based approaches. This paper provides a comprehensive review of object detection techniques for predicting wireless channel model parameters. Additionally, the paper discuss the advantages and limitations of different object detection frameworks such as YOLO, Faster R-CNN, and Mask R-CNN. Finally, the paper puts foward a conceptual introduction of a novel approach to utilize Faster R-CNN object detection technique andcomputer vision, to predict the scatterers and eventually estimate the channel characteristics of a wireless channel. The paper highlights the current challenges and future directions in object detection for wireless channel model parameters prediction. The dataset to train the deep learning model is generated from an example conference room environment panoramic images. The proposed approach can be applied in various wireless communication scenarios, such as 5G and beyond, to accurately predict the location of scatterers based on multipath clusters so as to optimize network design and improve the overall performance of the system.

    DOI: 10.1109/ITC-CSCC58803.2023.10212703

    Scopus

    researchmap

  • Frequency Dependence of Millimeter-Wave Urban Macrocell Multipath Cluster Channels

    Minseok Kim, Naoya Suzuki, Hibiki Tsukada, Riku Takahashi

    17th European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2023   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    To properly design multi-frequency millimeter-wave radio systems, it is essential to understand frequency-dependent site-specific propagation channel characteristics. This study conducted double-directional (D-D) channel measurements in a typical urban macrocell (UMa) environment using a 24/60-GHz dual-band channel sounder. Post-processing extracted multipath components (MPCs) from the measured data and then grouped them into several clusters. Here, the clustering was conducted with the composite datasets of 24 GHz and power-compensated 60 GHz MPCs to obtain common clusters at both frequencies. From the results, this study compared the scattering processes in the two frequency bands. The statistical characteristics obtained at two frequencies, such as the number, power differences distribution, and relative delay distribution, were compared and discussed.

    DOI: 10.23919/EuCAP57121.2023.10133702

    Scopus

    researchmap

  • THz Channel Sounding and Modeling Techniques: An Overview 査読

    Anirban Ghosh, Minseok Kim

    IEEE Access   11   17823 - 17856   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    添付ファイル: IEEE Access_Anirban_THz_Channel_Sounding_and_Modeling_Techniques_An_Overview.pdf

    DOI: 10.1109/access.2023.3246161

    researchmap

  • Development and Verification of Double-Directional Channel Sounder At 300 GHz 査読

    Riku Takahashi, Kosuke Shibata, Minseok Kim

    2022 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   523 - 524   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper describes the 300 GHz channel sounder measurement system developed for Beyond 5G radio access systems. It also presents the results of double-directional channel measurements in a laboratory environment to validate the developed system. The measurement results show that several dominant multipath components were measured, and the angles of departure and arrival (AoD and AoA) were also in good agreement with those expected paths.

    DOI: 10.1109/ISAP53582.2022.9998626

    Web of Science

    researchmap

  • 24/60-GHz Dual-Band Double-Directional Channel Measurements in Urban Cellular Access Environments 査読

    Hibiki Tsukada, Naoya Suzuki, Riku Takahashi, Minseok Kim, Hirokazu Sawada, Takeshi Matsumura

    2022 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   517 - 518   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper reports the results of propagation channel measurements simultaneously performed at 24 and 60 GHz in an urban cellular access environment. A channel sounder with a phased-array antenna capable of high-speed beam steering was used to achieve double-directional full-azimuth scan measurements at the same position and at the same time at both frequencies. Statistical properties of the delay time of arrival, and the azimuth angles of departure and arrival, called large-scale parameters (LSPs), were obtained from the measured data. The results improve the accuracy of the currently widely used cluster-based millimeter-wave channel models for site-specific channel prediction.

    DOI: 10.1109/ISAP53582.2022.9998592

    Web of Science

    researchmap

  • Millimeter-Wave Cluster Channel Model Validation From Small-Scale Fading Measurements 査読

    Minseok Kim, Riku Takahashi, Hibiki Tsukada

    2022 IEEE 33RD ANNUAL INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PERSONAL, INDOOR AND MOBILE RADIO COMMUNICATIONS (IEEE PIMRC)   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This study aims at developing a cluster channel model validation method to evaluate the reproduction accuracy of small-scale fading. In this paper, the clustered multipath components (MPCs) obtained from the post-processing of the data measured in a specific scenario was evaluated as a first step. Here, the post-processing includes MPCs extraction and clustering. The small-scale fading generated by the cluster channel model was then statistically compared with the measured one in the same scenario. This procedure can give confidence that a set of channel measurement data is suitable for statistical modeling. This paper presented the developed configuration and a validation example.

    DOI: 10.1109/PIMRC54779.2022.9977991

    Web of Science

    researchmap

  • Millimeter-Wave Channel Model Parameters for Various Office Environments 査読

    Hibiki Tsukada, Keiichiro Kumakura, Shuaiqin Tang, Minseok Kim

    IEEE Access   10   60387 - 60396   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    添付ファイル: ACCESS3180780.pdf

    DOI: 10.1109/access.2022.3180780

    researchmap

  • A 24/60-GHz Dual-Band Double-Directional Channel Sounder Using COTS Phased Arrays 査読

    Minseok Kim, Hibiki Tsukada, Keiichiro Kumakura, Riku Takahashi, Naoya Suzuki, Hirokazu Sawada, Takeshi Matsumura

    2022 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMMUNICATIONS WORKSHOPS (ICC WORKSHOPS)   1113 - 1117   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The use of millimeter-wave (mm-wave) bands has been expanding in new wireless communication systems such as fifth-generation (5G) mobile systems and WiGig WLANs. Since mm-waves have quasi-optical propagation characteristics, it is necessary to develop a channel model that can cover sitespecific characteristics of various environments. For this reason, a large amount of channel measurement data measured in a wide range of frequency bands covering mm-wave in various environments should still be required. In particular, it is necessary to obtain the angular channel characteristics on both sides of the transmitter and receiver, but this requires considerable time and cost. The authors' previous study developed a 60-GHz doubledirectional (D-D) channel sounder using commercial-off-the-shelf (COTS) phased-array beamforming RFs, and it has currently been extended to realize 24/60-GHz dual-band simultaneous measurement. In this paper, we detailed the design of the dualband D-D channel sounder. As a demonstration of the operation, some measurement results taken in typical urban macro-cell (UMa)/micro-cell (UMi) scenarios were quickly reported.

    DOI: 10.1109/ICCWorkshops53468.2022.9814563

    Web of Science

    researchmap

  • Large Scale Channel Parameters Estimation by Utilization of Reflected Rays Information for an Urban Environment 査読

    Inocent Calist, Zhiqiang Li, Minseok Kim

    2022 16TH EUROPEAN CONFERENCE ON ANTENNAS AND PROPAGATION (EUCAP)   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In recent years, the discovery and utilization of the millimeter-wave for the next generation of mobile communications have fuelled the demand to develop site specific and more accurate wireless channel models. Due to the dynamic and high interactive nature of the millimeter waves, accurate models which takes into consideration the effects of the interacting objects in the propagation environments are needed. This paper presents a development of a machine learning (ML) based prediction model for large scale channel parameter (LSCP) estimation by analyzing the interaction of the reflected multipath rays information with propagation environments. This is to capture the shape of the changing propagation environments more accurately. Utilizing the robustness of ML, a dynamic LSCP prediction model can be realized. The input parameters to the prediction model are transmitter (TX) and receiver (RX) positional coordinates, and the reflected rays' information such as the delay, angle of arrival, angle of departure, elevation angle of arrival, elevation angle of departure, and power gain. The proposed model was implemented using Random Forests. Ray tracing (RT) simulation was performed to calculate the input dataset of the LSCPs, and also the input datasets of the reflected rays. Cross validation was utilized to validate the model.

    Web of Science

    researchmap

  • Device-Free Localization Using Millimeter-Wave Double-Directional Channel Sounding Measurements 査読

    Minseok Kim, Yuto Miyake, Togo Ikegami, Hibiki Tsukada, Keiichiro Kumakura

    2022 16TH EUROPEAN CONFERENCE ON ANTENNAS AND PROPAGATION (EUCAP)   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The authors have developed the Multipath-RTI (radio tomographic imaging) technique based on millimeter-wave (mm-wave) radios such as 5G mobile and WiGig LAN systems. Mm-wave radios can realize a highly accurate device-free localization (DFL) for smart home/smart building applications by utilizing the features that mm-wave radios usually have high delay and angle resolution, and thus is capable of separating the multi-path components (MPCs). The Multipath-RTI can drastically reduce the number of sensor nodes by using the virtual nodes created by multipaths. However, there are technical challenges to handle the multipaths and corresponding pathways. This paper proposed a practical data processing scheme for Multipath-RTI and presented some actual imaging results for DFL using double-directional channel sounding measurements.

    Web of Science

    researchmap

  • Development of Room Geometry Estimation Technique Utilizing Millimeter-Wave Radio Systems 査読

    Yuto Miyake, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Communications Express   10 ( 9 )   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/comex.2021spl0026

    researchmap

  • Multipath Clusters Observed in Outdoor Open Square Environments at 60 GHz 査読

    Minseok Kim, Keiichiro Kumakura, Shuaiqin Tang, Hibiki Tsukada

    2021 IEEE 94TH VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE (VTC2021-FALL)   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper presented channel sounding measurement results obtained in outdoor open square environments at 60 GHz using a millimeter-wave (mm-wave) double-directional (DD) channel sounding system. Here, by using phased array beamforming transceivers a fast D-D channel acquisition in 180 degrees and 360 degrees azimuth range was achieved by configuring a 2 x 4 multipleinput-multiple-output (MIMO) time division-multiplexing (TDM) scheme that enables simultaneous use of two and four antenna arrays covering +/- 45 degrees at the transmitter and receiver, respectively. The half-power beam widths in the azimuth and elevation planes are 6 degrees and 45 degrees, respectively. Using the post-processing including multipath components (MPCs) extraction and clustering method, some observation on the multipath clusters obtained in these measurements was described and statistical characteristics of large- and small-scale parameters were presented.

    DOI: 10.1109/VTC2021-FALL52928.2021.9625433

    Web of Science

    researchmap

  • Device-Free Indoor Location Estimation System Using Commodity Wireless LANs 査読

    Yuan Zhou, Minseok Kim, Hideaki Momose, Satoru Yasukawa

    Telecom   2 ( 2 )   181 - 198   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    In recent years, propagation channel characteristics have been effectively used in several applications such as motion sensing and position detection. Considerable attention has been paid to channel-sounding methods that are easy to utilize using low-cost devices. This paper presents a device-free indoor location estimation method using the spatio-temporal features of radio propagation channels using a 2.4 GHz-band three-by-three multiple-input-multiple-output (MIMO) channel sounder developed using commodity wireless local area network (WLAN). The measurement results demonstrated a reasonable performance of the proposed method with a small number of antennas.

    添付ファイル: telecom-02-00012.pdf

    DOI: 10.3390/telecom2020012

    researchmap

  • Development of Indoor Device-Free Location Estimation Using Commodity WiFi Device 査読

    Yuan Zhou, Hideaki Momose, Satoru Yasukawa, Minseok Kim

    2020 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP)   603 - 604   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental Investigation of Millimeter-Wave Multi-Path Propagation in Passenger Vehicles 査読

    Satoshi Yamakawa, Minseok Kim, Kensuke Matsui, Yuya Kaneko, Tadahide Kunitachi

    2020 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   751 - 752   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper reports the measurement campaign and identification results of the millimeter-wave multi-path propagation characteristics at 61.5 GHz band in a passenger vehicle environment. Four measurement scenarios were assumed, and the propagation characteristics of the dominant paths in each were identified. From the results, it can be seen that the dominant paths are distributed along the line-of-sight (LoS) direction, but it could also be seen that some other communication links of which power are ranged from 10 to 15 dB smaller than that of the LoS component are available.

    Web of Science

    researchmap

  • Ray-Tracing Analysis of 60 GHz Band Propagation in Vehicle 査読

    Kensuke Matsui, Satoshi Yamakawa, Yuya Kaneko, Minseok Kim, Tadahide Kunitachi

    2020 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP)   313 - 314   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In the future, the importance of in-vehicle sensors will increase. The usage of wireless communications is considered to save the number of electric wires for connecting the sensors. In this paper, we show ray-tracing simulation and experimental measurement in passenger vehicle. From the comparison between simulation and measurement, it was seen that the angular path loss distributions were very similar even if the path loss of the reflected paths in measurement were about 20 dB or more larger than those of the corresponding paths in the simulation.

    Web of Science

    researchmap

  • Fast Double-Directional Full Azimuth Sweep Channel Sounder Using Low-Cost COTS Beamforming RF Transceivers 査読

    Minseok Kim, Shuaiqin Tang, Keiichiro Kumakura

    IEEE Access   9   80288 - 80299   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    添付ファイル: IEEE Access_Fast Double-Directional Full Azimuth Sweep Channel Sounder Using Low-Cost COTS Beamforming RF Transceivers.pdf

    DOI: 10.1109/access.2021.3085325

    researchmap

  • Environmental Imaging Technique for Indoor Localization using Millimeter-wave Communication Systems 査読

    Minseok Kim, Yuto Miyake, Jun-ichi Takada

    URSI GASS 2020   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Measurement-Based Analysis and Modeling of Multimode Channel Behaviors in Spherical Vector Wave Domain 査読

    Yang Miao, Katsuyuki Haneda, Jun-Ichi Naganawa, Minseok Kim, Jun-Ichi Takada

    IEEE Transactions on Wireless Communications   19 ( 8 )   5345 - 5358   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    DOI: 10.1109/twc.2020.2992533

    researchmap

  • Quasi-deterministic channel model for millimeter-wave indoor entrance hall access links 査読

    Satoshi Yamakawa, Satoru Kishimoto, Minseok Kim

    IEICE COMMUNICATIONS EXPRESS   9 ( 7 )   336 - 341   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The IEEE 802.11ay channel models have been developed based on the quasi-deterministic (Q-D) channel modeling that considers environment specific property of millimeter-wave (mm-wave) propagation by representing multi-path channels as superposition of deterministic (called D-ray) and random clusters (called R-ray). Based on the Q-D model, this letter presented the inter-cluster parameters of the random clusters which were obtained from the double-directional channel measurement in an indoor entrance hall environment. Comparison between the parameters obtained in this study and those of the existing IEEE 802.11ay/MiWEBA model showed that both are reasonable values inferred from each corresponding environment.

    DOI: 10.1587/comex.2020XBL0052

    Web of Science

    researchmap

  • Millimeter-Wave Radio Channel Characterization Using Multi-Dimensional Sub-Grid CLEAN Algorithm 査読

    Minseok KIM, Tatsuki IWATA, Shigenobu SASAKI, Jun-ichi TAKADA

    IEICE Transactions on Communications   E103.B ( 7 )   767 - 779   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    In radio channel measurements and modeling, directional scanning via highly directive antennas is the most popular method to obtain angular channel characteristics to develop and evaluate advanced wireless systems for high frequency band use. However, it is often insufficient for ray-/cluster-level characterizations because the angular resolution of the measured data is limited by the angular sampling interval over a given scanning angle range and antenna half power beamwidth. This study proposes the sub-grid CLEAN algorithm, a novel technique for high-resolution multipath component (MPC) extraction from the multi-dimensional power image, so called double-directional angular delay power spectrum. This technique can successfully extract the MPCs by using the multi-dimensional power image. Simulation and measurements showed that the proposed technique could extract MPCs for ray-/cluster-level characterizations and channel modeling. Further, applying the proposed method to the data captured at 58 :5 GHz in an atrium entrance hall environment which is an indoor hotspot access scenario in the fifth generation mobile system, the multipath clusters and corresponding scattering processes were identified.

    DOI: 10.1587/transcom.2019ebp3055

    Web of Science

    researchmap

  • Implementation of Real-Time Body Motion Classification Using ZigBee Based Wearable BAN System 査読

    Masahiro MITTA, Minseok KIM, Yuki ICHIKAWA

    IEICE Transactions on Communications   E103.B ( 6 )   662 - 668   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/transcom.2019hmp0005

    researchmap

  • Contactless Simultaneous Measurement Method for Breathing and Heartbeat Rates using Millimeter-Waves. 査読

    Koki Nagai, Minseok Kim 0001

    14th International Symposium on Medical Information Communication Technology(ISMICT)   1 - 4   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.1109/ISMICT48699.2020.9152612

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ismict/ismict2020.html#Nagai020

  • Millimeter-Wave Indoor Channel Measurement and Intra-Cluster Modelling 査読

    Minseok Kim, Satoru Kishimoto, Keita Akasaka

    14th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2020)   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Find My Car: Simple RSS-based UWB Localization Algorithms for Single and Multiple Transmitters 査読

    Abhishek Sourya, Shivashish Dutta, Aniruddha Chandra, Ales Prokes, Minseok Kim

    2020 IEEE LATIN-AMERICAN CONFERENCE ON COMMUNICATIONS (LATINCOM 2020)   1 - 6   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    This paper analyzes a scenario where single or multiple sensors placed on a parked car help the owner to find the car in a parking lot. It is assumed that the sensors communicate with the owner device over ultra-wide-band (UWB) and the owner device only records the received signal strength (RSS) values. Based on the RSS data, which are obtained from a field test, two algorithms are proposed, first, when there is only one UWB sensor transmitting from the car, and second, when there are three such transmitters available. For the single transmitter case, we used a multi-slope method for RSS-based ranging which yielded an average improvement of 2.5% in ranging accuracy over the basic linear regression model. For the three transmitter case, we are estimating distance of the receiver from the transmitters in an individual manner and then enhance the accuracy of the distance estimates with the knowledge of the other distances. The algorithm is simple, can act with heterogeneous sensor types and do not require time synchronization among transmitters, yet achieve an 8% improvement in ranging accuracy.

    DOI: 10.1109/LATINCOM50620.2020.9282293

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/latincom/latincom2020.html#SouryaDCPK20

  • Millimeter-Wave Intra-Cluster Channel Model for In-Room Access Scenarios 査読

    Minseok Kim, Satoru Kishimoto, Satoshi Yamakawa, Ke Guan

    IEEE Access   8   82042 - 82053   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)  

    DOI: 10.1109/access.2020.2991044

    researchmap

  • Millimeter-Wave Radio Tomographic Imaging Technique using Multipath Components for Indoor Localization 査読

    Minseok Kim, Takeshi Tasaki, Satoshi Yamakawa

    2019 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2019)   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of Radio Propagation Channel Model for Millimeter-Wave Indoor Multi-Gigabit Access Links 査読

    Satoru Kishimoto, Satoshi Yamakawa, Minseok Kim

    2019 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2019)   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Comparison of angle-of-arrival characteristics at 2.4 GHz and 60 GHz bands 査読

    Takuto Kurose, Satoru Kishimoto, Minseok Kim

    IEICE Communications Express   8 ( 10 )   404 - 409   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communications Engineers (IEICE)  

    DOI: 10.1587/comex.2019xbl0093

    researchmap

  • Scattering Process Identification and Cluster Analysis for Millimeter-wave Indoor Channel Model 査読

    Satoru Kishimoto, Minseok Kim, Danping He, Ke Guan

    2018 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2018)   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of Link Context-Aware Millimeter-Wave Beam Switching System using Depth-Sensor 査読

    Minseok Kim, Hideaki Momose, Tomoyuki Nakayama

    2018 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2018)   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Contactless Monitoring of Heart and Respiration Rates Using Millimeter Wave Wideband Radio 査読

    Minseok Kim

    2018 Progress In Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2018)   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Intruder Detection Using Radio Wave Propagation Characteristics 査読

    Satoru Yasukawa, Minseok Kim

    IEEE/IEIE ICCE-Asia 2018   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Temporal correlation model-based transmission power control in wireless body area network 査読

    Sukhumarn Archasantisuk, Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IET Wireless Sensor Systems   8 ( 2 )   191 - 199   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IET  

    researchmap

  • Simulation-based Body Motion Classifier Using Radio Channel Characteristics 査読

    Minseok Kim, Yuki Ichikawa

    The 12th International Symposium on Medical ICT (ISMICT 2018)   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Multi-dimensional radio channel measurement, analysis and modeling for high frequency bands 招待 査読

    Minseok Kim, Jun-Ichi Takada, Kentaro Saito

    IEICE Transactions on Communications   E101B ( 2 )   293 - 308   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    In order to utilize higher frequency bands above 6 GHz, which is an important technical challenge in fifth generation mobile systems, radio propagation channel properties in a large variety of deployment scenarios should be thoroughly investigated. The authors' group has been involved in a fundamental research project aimed at investigating multipleinput- multiple-output (MIMO) transmission performance and propagation channel properties at microwave frequency above 10 GHz from 2009 to 2013, and since then they have been conducting measurement and modeling for high frequency bands. This paper aims at providing comprehensive tutorial of a whole procedure of channel modeling
    multi-dimensional channel sounding, propagation channel measurement, analysis, and modeling, by introducing the developed MIMO channel sounders at high frequency bands of 11 and 60 GHz and presenting some measurement results in a microcell environment at 11 GHz. Furthermore, this paper identifies challenges in radio propagation measurements, and discusses current/future channel modeling issues as future works.

    DOI: 10.1587/transcom.2017ISI0003

    Scopus

    researchmap

  • Analysis of Multipath Component Parameter Estimation Accuracy in Directional Scanning Measurement 査読

    Minseok Kim

    IEEE Antennas and Wireless Propagation Letters   17 ( 1 )   12 - 16   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.  

    To resolve the crowded radio spectrum problem observed in conventional microwave bands (below 6 GHz), new frequency bands higher than 6 GHz are being considered to facilitate the use of a much wider bandwidth for next-generation wireless systems. Various channel sounding measurements have been conducted to elucidate the radio propagation properties at such new frequency bands. For a high-frequency channel sounding measurement, directional scanning with high-gain antennas is a popular method adopted to save the development cost of a full antenna array. This letter presents the analysis of the maximum likelihood multipath component parameter estimation accuracy where a Gaussian beam antenna pattern obtained by the scaled von Mises distribution function is used for the ease of analysis. The numerical analysis shows that the angle estimation error is approximately proportional to the square of the antenna half-power beamwidth (HPBW) and the square root of the angular sampling interval (ASI), respectively, and the amplitude and phase estimation error is approximately proportional to the HPBW and the square root of the ASI, respectively. The intrinsic performance of the used antenna is also discussed.

    DOI: 10.1109/LAWP.2017.2768434

    Scopus

    researchmap

  • Multipath Clustering and Cluster Tracking for Geometry-Based Stochastic Channel Modeling 査読

    Panawit Hanpinitsak, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Lawrence Materum

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   65 ( 11 )   6015 - 6028   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper presents a clustering and tracking method that exploits the geometry of the scattering points (SPs) obtained from the measurement-based ray tracer. The multipath components (MPCs) were categorized into clusters by applying the KPowerMeans (KPM) framework to those SPs. The clusters were tracked by comparing the cluster-centroid SPs of the adjacent snapshots. The clusters were estimated based on the indoor environment geometry at 11 GHz, and their physical mechanisms were interpreted. The complexity and performance of this method was assessed and compared with that of conventional KPM by comparing the number of floating point operations (FLOPS) and the channel eigenvalues obtained from the reconstructed channel matrices, which were calculated by superposing the MPCs randomly generated from intracluster parameters. The verification of this method showed that most clusters were estimated and tracked according to the physical location of the scatterers in the environment with acceptable error. Moreover, the eigenvalues reconstructed from the proposed method were closer to the measured ones with less number of FLOPS, which indicates both accuracy and complexity improvement. The results also imply that multiple-input multiple-output performance is highly dependent on the radio propagation channel; therefore, it is imperative that clusters in the channel be determined accurately.

    DOI: 10.1109/TAP.2017.2754417

    Web of Science

    researchmap

  • Dense Multipath Component Characteristics in 11-GHz-Band Indoor Environments 査読

    齋藤 健太郎, Saito Kentaro, 高田 潤一, Takada Jun-ichi, 金 ミンソク, Kim Minseok

    IEEE Transactions on Antennas and Propagation   65 ( 9 )   4780 - 4789   2017年9月

     詳細を見る

  • Double Directional Millimeter Wave Propagation Channel Measurement and Polarimetric Cluster Properties in Outdoor Urban Pico-cell Environment 査読

    Karma Wangchuk, Kento Umeki, Tatsuki Iwata, Panawit Hanpinitsak, Minseok Kim, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E100B ( 7 )   1133 - 1144   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    To use millimeter wave bands in future cellular and outdoor wireless networks, understanding the multipath cluster characteristics such as delay and angular spread for different polarization is very important besides knowing the path loss and other large scale propagation parameters. This paper presents result from analysis of wide-band full polarimetric double directional channel measurement at the millimeter wave band in a typical urban pico-cell environment. Only limited number of multipath clusters with gains ranging from -8 dB to -26.8 dB below the free space path loss and mainly due to single reflection, double reflection and diffraction, under both line of sight (LOS) and obstructed LOS conditions are seen. The cluster gain and scattering intensity showed strong dependence on polarization. The scattering intensities for v - v polarization were seen to be stronger compared to phi - phi polarization and on average 6.1 dB, 5.6 dB and 4.5 dB higher for clusters due to single reflection, double reflection and scattering respectively. In each cluster, the paths are highly concentrated in the delay domain with delay spread comparable to the delay resolution of 2.5 ns irrespective of polarization. Unlike the scattering intensity, the angular spread of paths in each cluster did not show dependence on polarization. On the base station side, average angular spread in azimuth and in elevation were almost similar with <= 3.3 degrees spread in azimuth and <= 3.2 degrees spread in elevation for v - v polarization. These spreads were slightly smaller than those observed for phi - phi polarization. On the mobile station side the angular spread in azimuth was much higher compared to the base station side. On average, azimuth angular spread of <= 11.4 degrees and elevation angular spread of <= 5 degrees are observed for v - v polarization. These spreads were slightly larger than in phi - phi polarization. Knowing these characteristics will be vital for more accurate modeling of the channel, and in system and antenna design.

    DOI: 10.1587/transcom.2016EBP3303

    Web of Science

    researchmap

  • Performance Evaluation of Path Parameter Estimation Method for Directional Antenna Scanning under Phase Drift Condition 査読

    Tatsuki Iwata, Minseok Kim

    The 32nd International Technical Conference on Circuits, Systems, Computers and Communications of 2017 (ITC-CSCC 2017)   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Ray Tracing Assisted Mm-Wave Switched Beamforming 査読

    Tomoyuki Nakayama, Minseok Kim

    The 32nd International Technical Conference on Circuits, Systems, Computers, and Communications of 2017 (ITC-CSCC 2017)   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Antenna Deembedding in WBAN Channel Modeling Using Spherical Wave Functions 査読

    Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada, Takahiro Aoyagi, Minseok Kim

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   65 ( 3 )   1289 - 1300   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Body area network (BAN) is a fundamental technology to realize future ICT-based healthcare services and applications, where channel modeling plays an important role in designing more reliable BAN systems. The greatest challenge of the WBAN channel modeling is that the antennas operate in proximity to the human body. Near-field interactions between the antenna and the human body make it difficult to distinguish the contribution of the antennas within the channel response, i.e., the antennas are embedded in the channel. As a result, the characterized channels had to be always specific to the given antenna, and antenna optimization is difficult. Therefore, this paper proposed antenna deembedding by applying the spherical wave function channel modeling into the on-body channel. The finite-difference time-domain (FDTD) method was utilized to implement the concept. The proposed implementation was validated against the conventional antenna-embedded simulation. Furthermore, the antenna performance evaluation in terms of mean path gain during a specific body motion was demonstrated as an application. The simplified but practical version of the proposed approach, involving only the fundamental modes, was introduced. The obtained mean path gain was compared with the measurement.

    DOI: 10.1109/TAP.2017.2655006

    Web of Science

    researchmap

  • 11 GHz Band MIMO Channel Characteristics in a Street Micro-Cell Environment 招待

    Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    11th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2017)   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Indoor Channel Characteristics in Atrium Entrance Hall Environment at Millimeter-wave Band 招待

    Minseok Kim, Tatsuki Iwata, Kento Umeki, Jun-ichi Takada, Shigenobu Sasaki

    11th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2017)   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Mm-Wave Outdoor-to-Indoor Channel Measurement In An Open Square Smallcell Scenario 査読

    Minseok Kim, Tatsuki Iwata, Kento Umeki, Karma Wangchuk, Jun-ichi Takada, Shigenobu Sasaki

    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2016)   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Simulation Based Mm-Wave Channel Model For Outdoor Open Area Access Scenarios 査読

    Minseok Kim, Kento Umeki, Tatsuki Iwata, Karma Wangchuk, Jun-ichi Takada, Shigenobu Sasaki

    The 2016 URSI Asia-Pacific Radio Science Conference (URSI AP-RASC 2016)   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Characterization of Radio Propagation Channel at 11 GHz 査読

    Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Kentaro Saito

    European Wireless 2016; 22th European Wireless Conference   pp. 1 - 6   2016年6月

     詳細を見る

  • Characterization of Radio Propagation Channel at 11 GHz 招待

    Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Kentaro Saito

    Eurapean Wireless 2016 (EW 2016)   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Geometrical Modeling of Shadowing Between On-body Nodes and Off-body Antennas During Various Human Movements in WBAN 招待

    Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    10th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2016)   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Characteristics Evaluation of Dense Multipath Component in 11GHz-band Indoor Environment 招待

    Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    10th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2016)   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Clustering Method Based on Scatterer Locations for Indoor Dynamic MIMO Channel 招待

    Panawit Hanpinitsak, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Lawrence Materum

    10th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2016)   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Human Motion Classification Using Radio Signal Strength in WBAN 査読

    Sukhumarn Archasantisuk, Takahiro Aoyagi, Tero Uusitupa, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E99B ( 3 )   592 - 601   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, a novel approach of a human motion classification system in wireless body area network (WBAN) using received radio signal strength was developed. This method enables us to classify human motions in WBAN using only the radio signal strength during communication without additional tools such as an accelerometer. The proposed human motion classification system has a potential to be used for improving communication quality in WBAN as well as recording daily-life activities for self-awareness tool. To construct the classification system, a numerical simulation was used to generate WBAN propagation channel in various motions at frequency band of 403.5MHz and 2.45 GHz. In the classification system, a feature vector representing a characteristic of human motions was computed from time-series received signal levels. The proposed human motion classification using the radio signal strength based on WBAN simulation can classify 3-5 human motions with the accuracy rate of 63.8-95.7 percent, and it can classify the human motions regardless of frequency band. In order to confirm that the human motion classification using radio signal strength can be used in practice, the applicability of the classification system was evaluated by WBAN measurement data.

    DOI: 10.1587/transcom.2015MIP0009

    Web of Science

    researchmap

  • Antenna De-embedding in WBAN Channel Modeling using Spherical Wave Functions: Transmit Antenna Model Validation 査読

    Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada, Takahiro Aoyagi, Minseok Kim

    2016 10TH EUROPEAN CONFERENCE ON ANTENNAS AND PROPAGATION (EUCAP)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    For designing reliable wireless body area network (WBAN) systems, channel modeling plays an important role. Antenna de-embedding, in which the contribution of antennas is separately modeled from the channel, has been one of the biggest challenges in WBAN channel modeling. While the antenna de-embedding in mobile communication has been achieved by double-directional channel modeling, this approach can not be applied to the WBAN channel because the antennas are operating close to the human body. Instead, this paper evaluates an antenna de-embedding scheme using spherical-wave-functions (SWFs). The antennas are modeled by the spherical wave coefficients. The channel without the antennas is modeled by a mode-to-mode mapping matrix M which describes the relationship between the radiated and impinging spherical waves. This paper shows the numerical validation of the transmit antenna model. The E-field distribution throughout the region is successfully reproduced by the antenna model in the proposed approach.

    Web of Science

    researchmap

  • Polarimetric Millimeter Wave Propagation Channel Measurement and Cluster Properties in Outdoor Urban Pico-cell Environment 査読

    Karma Wangchuck, Minseok Kim, Kento Umeki, Kento Umeki, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada

    The 27th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC2016)   1 - 6   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/PIMRC.2016.7794754

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/pimrc/pimrc2016.html#WangchukUIKST16

  • Transmission Power Control in WBAN Using the Context-Specific Temporal Correlation Model 査読

    Sukhumarn Archasantisuk, Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    The 27th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC2016)   1 - 6   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/PIMRC.2016.7794875

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/pimrc/pimrc2016.html#ArchasantisukAK16

  • Dense Multipath Component Parameter Estimation in 11GHz-band Indoor Environment 査読

    Kentaro Saito, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    The 27th Annual IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC2016)   1 - 6   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/PIMRC.2016.7794752

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/pimrc/pimrc2016.html#SaitoTK16

  • Antenna De-Embedding of Radio Propagation Channel With Truncated Modes in the Spherical Vector Wave Domain 査読

    Yang Miao, Katsuyuki Haneda, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   63 ( 9 )   4100 - 4110   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper proposes a novel approach to extracting the narrowband propagation channel from the communication link by de-embedding the impact of the antennas. In the proposed approach, the mode-to-mode mapping matrix M, which is the expression of the propagation channel in the spherical vector wave domain, is estimated by applying pseudo-inverse computation to the channel transfer functions with dedicated spherical arrays. The estimated M is truncated and only the dominant modes within the spatial bandwidth of the fields radiated from the finite volume of the spherical array are considered. Two types of spherical array are investigated: 1) an ideal array using tangential dipoles; and 2) a virtual array using dielectric resonator antenna (DRA). The ideal array is used for parameter investigation including the array radius and the spacing with regard to the size of M and the condition number of the excitation coefficient matrix, while the virtual DRA array is proposed as a practical implementation of the ideal array. The accuracy of the proposed approach has been validated numerically. The uncertainties of spherical array in practice, such as the influence of nonideally embedded array elements, cables, and fixtures, are considered in the validation. Moreover, the channel transfer functions reproduced by the de-embedded M are analyzed, given different target antennas at link ends. The gain and phase discrepancies as well as the antenna correlations of the reproduced channel transfer function are compared with the generated reference.

    DOI: 10.1109/TAP.2015.2443854

    Web of Science

    researchmap

  • Polarimetric Mm-Wave Channel Measurement and Characterization in a Small Office 査読

    Minseok Kim, Kento Umeki, Karma Wangchuk, Jun-ichi Takada, Shigenobu Sasaki

    IEEE International Symposium on Personal Indoor Mobile Radio Communications (PIMRC 2015)   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Antenna De-embedding in FDTD-Based Radio Propagation Prediction by Using Spherical Wave Function 査読

    Jun-ichi Naganawa, Katsuyuki Haneda, Minseok Kim, Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   63 ( 6 )   2545 - 2557   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Finite-difference time-domain (FDTD) method is one of the promising approaches for the propagation prediction. However, since the computational domain includes both the antennas and the propagation environment, their coupling prevents evaluating individual contributions to the channel response. As a result, the simulation becomes always specific to the given antenna type or orientation and cannot be reused for other configurations. The simulation also requires the internal structure of the antenna which is often unavailable and/or difficult to be modeled. These problems can be addressed by antenna de-embeddeding which separatelymodels the antenna and the propagation environment, hence the purpose of this paper. In particular, this paper proposes the implementation of spherical-wave-function (SWF) channel modeling using the FDTD method. Instead of modeling the real antenna structures inside the computational domain, the single-mode spherical wave source and the observation points are utilized. The spherical wave source is achieved by a cubical dipole array. The spherical wave source is first validated, including the investigation of the effects of cell and array size. The narrow-band channel response synthesized by the proposed approach is then validated numerically through comparison with the transmission formula in free space and the conventional antenna-embedded simulation in the human shadowing environment as well.

    DOI: 10.1109/TAP.2015.2414442

    Web of Science

    researchmap

  • Cooperative Relaying Channel and Outage Performance in Narrowband Wireless Body Area Network 査読

    Karma Wangchuk, Minseok KIM, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E98B ( 4 )   554 - 564   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    To improve the outage performance of a wireless body area network (BAN), exploitation of the diversity in the channel obtained by letting different nodes cooperate and relay signals for each other is an attractive solution. We carry out multi-link channel measurements and modeling for all realistic locations of the on-body sensor nodes and for three different motion scenarios in a typical office environment to develop equivalent channel model for simple and practical cooperative transmission schemes. Using the developed model the performance of the transmission schemes are evaluated and compared. Incremental decode and forward relaying is found to be consistently better than the other schemes with gains of up to 16 dB at 10% outage probability, and an average gain of more than 5.9 dB for any location of the coordinator node. The best location of the coordinator node based on the performance is also determined. Such insights will be very useful in designing BANs.

    DOI: 10.1587/transcom.E98.B.554

    Web of Science

    researchmap

  • Geometric Modeling of Shadowing Rate for Off-body Propagation During Human Walking 招待

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    9th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2015)   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Study of Propagation Mechanisms and Identification of Scattering Objects in Indoor Multipath Channels At 11 GHz 招待

    Khagendra Belbase, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    9th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2015)   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Simulation-Based Scenario-Specific Channel Modeling for WBAN Cooperative Transmission Schemes 査読

    Jun-ichi Naganawa, Karma Wangchuk, Minseok Kim, Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada

    IEEE JOURNAL OF BIOMEDICAL AND HEALTH INFORMATICS   19 ( 2 )   559 - 570   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Wireless body area networks (WBANs) are an emerging technology for realizing efficient healthcare and remote medicine for the aging society of the future. In order to improve the reliability of WBAN systems and support its various applications, channel modeling and performance evaluation are important. This paper proposes a simulation-based channel modeling for evaluating the performance of WBAN cooperative transmission schemes. The time series of path losses among seven on-body nodes are generated by the finite-difference time-domain method for seven body motions. The statistical parameters of the path loss for all the motions are also obtained. The generated path loss is then applied to the evaluation of the two-hop decode-and-forward relaying scheme, yielding an improvement in transmit power. From the evaluation of body motion, useful insights are obtained such as which relay links are more robust than others. Finally, the proposed approach is validated through comparison with a measurement-based approach.

    DOI: 10.1109/JBHI.2014.2326424

    Web of Science

    researchmap

  • Accuracy of Approximated WBAN Channel by Fundamental Modes of Spherical Wave Functions 査読

    Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada, Takahiro Aoyagi, underline{Minseo

    9th International Symposium on Medical ICT (ISMICT 2015)   25 - 29   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISMICT.2015.7107490

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ismict/ismict2015.html#NaganawaTAK15

  • Large Scale Characteristics of Urban Cellular Wideband Channels At 11 GHz 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Yuyuan Chang, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda

    9th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2015)   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

    researchmap

  • Development of a Tri-Polarized Dynamic Channel Sounder for Wireless Body Area Network 査読

    Gaochao Chen, Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    2015 9TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MEDICAL INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGY (ISMICT)   30 - 34   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    Wireless body area network (WBAN) is expected to be utilized in various fields such as health-care. One of its vital challenges is that dynamic channels suffer severely from fading. Therefore the characterization of WBAN channel is important and many researches have been done in this area. This paper presents a tri-polarized dynamic WBAN channel sounder to realize 3x3 dynamic channel measurement by applying time division multiplexing (TDM), and by using two tri-polarized dielectric resonator antennas (DRAs) and a multi-port oscilloscope. Due to the tri-polarized property of DRA, this present system can contribute to the antenna polarization dependency of WBAN channel as well as the measurement-based antenna de-embedding. In this paper, system configuration, parameter design, DRA antenna, calibration method, and measurement validation are presented.

    DOI: 10.1109/ISMICT.2015.7107491

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ismict/ismict2015.html#ChenNTK15

  • Clustering of Multipath Components Utilizing Geometrical Parameters for Indoor Double-Directional Propagation Channel 査読

    Panawit Hanpinitsak, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2014 Asia Pacific Microwave Conference (APMC 2014)   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Versatile radio channel sounder for double directional and multi-link MIMO channel measurements at 11 GHz 査読

    Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Minseok Kim, Jun Ichi Takada

    IEICE Transactions on Electronics   E97C ( 10 )   994 - 1004   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE  

    Copyright © 2014 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. This paper presents a 24 x 24 MIMO channel sounder that has been developed based on a scalable fully parallel MIMO architecture. It can be flexibly configured with 3 sub-transmitters and 3 sub-receivers, each of which consists of 8 RF ports. This flexibility allows the measurement for both purposes of double directional and multi-link MIMO channel measurements. Implementation issues related to the multi-link operation on the fully parallel architecture were successfully solved by appropriate system design and applying several calibration techniques. The performance of the developed system was validated by extensive test experiments. Finally, a multi-link channel measurement example in an indoor environment was presented demonstrating the capability of the proposed system.

    DOI: 10.1587/transele.E97.C.994

    Scopus

    researchmap

  • Versatile Radio Channel Sounder for Double Directional and Multi-link MIMO Channel Measurements at 11 GHz 査読

    Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E97C ( 10 )   994 - 1004   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a 24 x 24 MIMO channel sounder that has been developed based on a scalable fully parallel MINI architecture. It can be flexibly configured with 3 sub-transmitters and 3 sub-receivers, each of which consists of 8 RF ports. This flexibility allows the measurement for both purposes of double directional and multi-link MIMO channel measurements. Implementation issues related to the multi-link operation on the fully parallel architecture were successfully solved by appropriate system design and applying several calibration techniques. The performance of the developed system was validated by extensive test experiments. Finally, a multi-link channel measurement example in an indoor environment was presented demonstrating the capability of the proposed system.

    DOI: 10.1587/transele.E97.C.994

    Web of Science

    researchmap

  • Analysis of Significant Propagation Phenomena and Identification of The Objects in Urban Environment at 11 GHz 招待

    Rieko Tsuji, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2014 URSI General Assembly   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Spatio-temporal Channel Characteristics in Urban Cellular Environments at 11 GHz for Future High Bit-rate Communications 招待

    Minseok Kim, Yuyuan Chang, Jun-ichi Takada, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda

    2014 URSI General Assembly   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • FDTD-based Antenna De-embedding in WBAN On-body Channel Modeling 招待

    Jun-ichi Naganawa, Minseok Kim, Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada

    2014 URSI General Assembly   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Stochastic Modelling of LOS Double-directional Channel in Spherical Wave Domain --- Concept, Formulation and Validation 査読

    Yang Miao, Katsuyuki Haneda, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2014 URSI General Assembly   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Application of Geostatistical Techniques for Spatial Interpolation of Location Fingerprints 招待

    Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Kei Sakaguchi, Shintaro Arata

    2014 URSI General Assembly   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Characterization of a Chip Antenna for 2.4 GHz in Proximity to Dielectric Material for Antenna De-Embedding of Body Area Networks 招待

    Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    8th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2014)   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Large Scale Parameters and Double-Directional Characterization of Indoor Wideband Radio Multipath Channels at 11 GHz 査読

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Jun-ichi Takada

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   62 ( 1 )   430 - 441   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper presents the large scale parameters of wideband multipath channels based on extensive measurement campaigns in various indoor environments. The measurements were conducted with a wideband multiple-input multiple-output (MIMO) channel sounder having a bandwidth of 400 MHz at 11 GHz which is a challenging frequency for future mobile systems. In particular, polarization characteristics of path-loss, shadowing, cross-polarization power ratio (XPR), delay spread and coherence bandwidth are characterized. The measurement results show that the path-loss exponents range between 2.0 and 3.0 for none-line-of-sight (NLoS), 0.36 and 1.5 for LoS, respectively. Vertically and horizontally polarized transmissions have almost same path-gain, but in some corridor-room NLoS environments, the path-loss for HH is significantly large. In most cases, the RMS delay spreads are less than 20 and 50 ns for NLoS and LoS, respectively, and the average coherence bandwidth is less than 30 MHz. The Rician K-factors range between 2 and 3 dB for cross-polarization, and in large Hall environments, those for co-polarization are greater than 6.0 dB with 10% probability. Finally, some dominant propagation mechanism and site-specific behaviors are illustrated using the double-directional measurement results.

    DOI: 10.1109/TAP.2013.2288633

    Web of Science

    researchmap

  • Frequency Hopping Mobile Ad Hoc Network and Adjacent Channel Interference Implementation in NS-2 査読

    Moonsuk Choi, Minseok Kim, Taejun Lee, Jong-Moon Chung, Raymond C. Garcia

    18TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CONSUMER ELECTRONICS (ISCE 2014)   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    The event-driven network simulator NS-2 does not support frequency hopping (FH) and multi-channel operations, as well as the adjacent channel interference (ACI), in its current form. This paper introduces the key implementation methods to enable FH mobile ad hoc network (MANET) simulations in NS-2. The proposed simulator provides proper analysis in arbitrary topologies of FH-MANET.

    Web of Science

    researchmap

  • FDTD Simulation of Wireless Body Area Network Channel in Mesh Topology 査読

    Junichi Naganawa, Karma Wangchuk, Minseok Kim, Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada

    2013 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Blind Illegal Signal Detection Utilizing Signal Cyclostationarity 査読

    Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Shintaro Arata

    2013 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC 2013)   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Spectral Correlation Based Blind Automatic Modulation Classification Using Symbol Rate Estimation 査読

    Azril Haniz, Minseok Kim, Md. Abdur Rahman, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E96B ( 5 )   1158 - 1167   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Automatic modulation classification (AMC) is an important function of radio surveillance systems in order to identify unknown signals. Many previous works on AMC have utilized signal cyclostationarity, particularly spectral correlation density (SCD), but many of them fail to address several implementation issues, such as the assumption of perfect knowledge of the symbol rate. In this paper, we discuss several practical issues, e.g. cyclic frequency mismatch, which may affect the SCD, and propose compensation techniques to overcome those issues. We also propose a novel feature extraction technique from the SCD, which utilizes the SCD of not only the original received signal, but also the squared received signal. A symbol rate estimation technique which complements the feature extraction is also proposed. Finally, the classification performance of the system is evaluated through Monte Carlo simulations using a wide variety of modulated signals, and simulation results show that the proposed technique can estimate the symbol rate and classify modulation with a probability of above 0.9 down to SNRs of 5 dB.

    DOI: 10.1587/transcom.E96.B.1158

    Web of Science

    researchmap

  • Robustness in Supervised Learning Based Blind Automatic Modulation Classification 査読

    Md Abdur Rahman, Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E96B ( 4 )   1030 - 1038   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Automatic modulation classification (AMC) involves extracting a set of unique features from the received signal.. Accuracy and uniqueness of the features along with the appropriate classification algorithm determine the overall performance of AMC systems. Accuracy of any modulation feature is usually limited by the blindness of the signal information such as carrier frequency, symbol rate etc. Most papers do not sufficiently consider these impairments and so do not directly target practical applications. The AMC system proposed herein is trained with probable input signals, and the appropriate decision tree should be chosen to achieve robust classification. Six unique features are used to classify eight analog and digital modulation schemes which are widely used by low frequency mobile emergency radios around the globe. The Proposed algorithm improves the classification performance of AMC especially for the low SNR regime.

    DOI: 10.1587/transcom.E96.B.1030

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization for a Electrically Small Antenna in Proximity to Human Body 招待

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    7th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2013)   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Characterization and Modeling of Indoor Wideband MIMO Channels At 11 GHz 招待

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Jun-ichi Takada

    7th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2013)   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Development of Low-Cost 60-GHz Millimeter-Wave MIMO Channel Sounding System 査読

    Minseok Kim, Hung Kinh Pham, Jun-ichi Takada

    6th Global Symposium of Millimeter Waves (GSMM 2013)   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Parametric method of frequency-dependent I/Q imbalance compensation for wideband quadrature modulator 査読

    Minseok Kim, Yuta Maruichi, Jun-Ichi Takada

    IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques   61 ( 1 )   270 - 280   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper proposes a parametric method of frequency-dependent I/Q imbalance compensation for wideband quadrature modulators using the spectrum measurement of a radio frequency (RF) signal that is easily performed by a general-purpose spectrum analyzer. The proposed method empirically estimates the frequency-dependent circuit parameters using only the magnitude of the frequency spectrum of the RF signal that is fed back from the spectrum analyzer. The frequency dependency of the I/Q imbalance effect generated by the difference between the overall frequency responses of the I and Q branches is modeled by frequency-dependent circuit parameters. By dividing the entire signal band into several sub-bands, the transmit signals are predistorted per sub-band in the frequency domain. To estimate the frequency-dependent circuit parameters, in this study, the modified method of steepest descent developed for single-band compensation is extended to the frequency-domain sub-band compensation scheme. We demonstrate the compensation effect by implementing an automatic sub-band circuit parameter estimation system. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/TMTT.2012.2228215

    Scopus

    researchmap

  • Cooperator Selection in 2.4GHz On-body Wireless Body Area Network 査読

    Karma Wangchuk, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    7th International Symposium on Medical ICT (ISMICT 2013)   42 - 46   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISMICT.2013.6521696

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ismict/ismict2013.html#WangchukKT13

  • Voxel Model Construction by Kinect for Propagation Channel Simulation 査読

    Akinori Fujie, Jun-ichi Naganawa, Minseok Kim, Takahiro Aoyagi, Jun-ichi Takada

    7th International Symposium on Medical ICT (ISMICT 2013)   164 - 168   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISMICT.2013.6521722

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/ismict/ismict2013.html#FujieNKAT13

  • Novel Scalable MIMO Channel Sounding Technique and Measurement Accuracy Evaluation With Transceiver Impairments 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Yohei Konishi

    IEEE TRANSACTIONS ON INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT   61 ( 12 )   3185 - 3197   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This paper presents a novel multiple-input-multiple-output (MIMO) channel sounding technique with a fully parallel transceiver architecture that employs a layered scheme of frequency and space-time division multiplexing. It offers inherent scalability of the number of antennas by a combination of multiple transceiver units and flexibility for both directional MIMO channel and multi-link MIMO channel measurements. This paper describes the principle of the channel sounding technique and formulates the signal processing that makes possible various scalable unit configurations. The influence of the transceiver imperfections such as I/Q imbalance (IQI) and phase noise (PN) on the measurement accuracy is discussed, and a multitone allocation scheme that is robust against IQI is also introduced. Using computer simulations, the measurement accuracy in the presence of IQI and PN is evaluated using the normalized mean square error, which provides a design guideline for the realization of hardware.

    DOI: 10.1109/TIM.2012.2205510

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization of Wireless On-Body Channel Under Specific Action Scenarios at Sub-GHz Bands 査読

    Minseok Kim, Jun-Ichi Takada

    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION   60 ( 11 )   5364 - 5372   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    Body area network is an emerging area of wireless communication for medical healthcare applications. This paper characterizes the narrowband wireless on-body channels under specific action scenarios by measurement at the three different sub-GHz frequencies of 444.5, 611, and 953 MHz, which are the candidate frequency bands of narrowband body area network systems with low data rates in IEEE 802.15.6 standard. The channel responses at ten different antenna positions were measured in an office room environment for the two dynamic action scenarios of "walking on the spot" (Action I) and "standing up/sitting down" (Action II). This paper provides generalized on-body channel models of Nakagami- and Weibull distributions for Actions I and II, respectively. Notably, this paper shows that the shadowing effect due to body movement is dominant over the multipath fading. The results were obtained by the statistical analyses of channel fading properties at three different frequencies including level crossing rate, average fade duration and channel dwelling time.

    DOI: 10.1109/TAP.2012.2207937

    Web of Science

    researchmap

  • On Point Source and Observation Modeling for Path Loss Calculation Using FDTD method 査読

    Jun-ichi Naganawa, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2012)   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Automatic IQ Imbalance Compensation Technique for Quadrature Modulator by Single-Tone Testing 査読

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Jun-ichi Takada, Boxin Gao

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 5 )   1864 - 1868   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This letter proposes an automatic IQ imbalance compensation technique for quadrature modulators by means of spectrum measurement of RF signal using a spectrum analyzer. The analyzer feeds back only magnitude information of the frequency spectrum of the signal. To realize IQ imbalance compensation, the conventional method of steepest descent is modified; the descent direction is empirically determined and a variable step-size is introduced for accelerating convergence. The experimental results for a four-channel transmitter operating at 11 GHz are presented for verification.

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.1864

    Web of Science

    researchmap

  • Performance Enhancement of Multi-Cyclic Detector for Cognitive Radios with an OFDM Primary System 査読

    Minseok Kim, Kimtho Po, Jun-ichi Takada

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E95B ( 3 )   950 - 960   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Spectrum sensing, a key technical challenge in cognitive radios (CR) technology, is a technique that enables the spectrum of licensed systems to be accessed without causing undue interference. It is well known that cyclostationarity detectors have great advantages over energy detectors in terms of the robustness to noise uncertainty that significantly degrades the performance as well as the capability to distinguish the signal of interest from the other interferences and noise. The generalized likelihood ratio test (GLRT) is a recognized sensing technique that utilizes the inherent cyclostationarity of the signal and has been intensively studied. However, no comprehensive evaluation on its performance enhancement has been published to date. Moreover high computational complexity is still a significant problem for its realization. This paper proposes a maximum ratio combining multi-cyclic detector which uses multiple cyclic frequencies for performance enhancement with reduced computational complexity. An orthogonal frequency-division multiplexing (OFDM) signal based on the ISDB-T (integrated services digital broadcasting terrestrial), a Japanese digital television broadcasting standard, was used in the evaluation assuming this as a primary system in WRAN (wireless regional area network) applications like IEEE 802.22.

    DOI: 10.1587/transcom.E95.B.950

    Web of Science

    researchmap

  • Link Correlation Property in WBAN At 2.4 GHz by Multi-link Channel Measurement 招待

    Minseok Kim, Karma Wangchuk, Jun-ichi Takada

    6th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2012)   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • The Utilization of Body Skeleton Model for Modeling the Dynamic BAN Channels 招待

    Iswandi, Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    6th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2012)   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Calibration Techniques for Fully Parallel 24 X 24 MIMO Sounder 査読

    Yuyuan Chang, Yohei Konishi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2012)   331 - 334   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • The utilization of body skeleton model for modeling the dynamic BAN channels 査読

    Iswandi, Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Junichi Takada

    Proceedings of 6th European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2012   540 - 543   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE Computer Society  

    This paper proposed the skeleton model to generate human body models for predicting dynamic BAN channels by considering the simplified body geometry in analytical study. The numerical human body model was exported into skeleton in bvh (bio-vision hierarchy) file format. The cylinder body model is constructed by shaping the necessary bones of skeleton by cylinder. The feasibility of model is assessed by FDTD simulation. The results show reasonable agreement between channels calculated from the complex and simplified body models. By using skeleton, the motion data can be transferred into a small size file without losing necessary information for channel prediction. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/EuCAP.2012.6206616

    Scopus

    researchmap

  • Link correlation property in WBAN at 2.4 GHz by multi-link channel measurement 査読

    Minseok Kim, Karma Wangchuk, Jun-Ichi Takada

    Proceedings of 6th European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2012   548 - 552   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this paper, the shadowing correlations among the multiple links between a coordinate node and sensor nodes in wireless BAN systems were investigated by measurements under everyday-life scenarios. We have developed a body-worn RSSI (receive signal strength indicator) logging system with off-the-shelf ZigBee sensor devices at 2.4 GHz for long time continuous and synchronized measurement among sensor nodes. The cross correlation coefficients calculated within a short time window were statistically characterized. The shadowing correlation will become useful information to develop and evaluate a multi-hop relay and a cooperative transmission scheme for increasing the reliability and power efficiency. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/EuCAP.2012.6206638

    Scopus

    researchmap

  • Multi-link Indoor MIMO Measurements at 11 GHz using Scalable Wideband Channel Sounder 査読

    Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Minseok Kim, Yuta Maruichi, Pham Van, Jun-ichi Takada

    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2012)   335 - 338   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

    researchmap

  • Scalable Wideband MIMO Channel Sounding Technique using Hybrid Scheme of Frequency and Time Division Multiplexing 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2011)   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Numerical Simulations for Wearable BAN Propagation Channel during Various Human Movements 査読

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Kiyoshi Hamaguchi, Ryuji Kohno

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E94B ( 9 )   2496 - 2500   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    In this paper, we performed six human movement simulation by a commercial software (Poser7). We performed FDTD simulations for body area network propagation with one transmitter and six receivers. Received amplitudes were calculated for every time frame of 1/30 s interval. We also demonstrated a polarization diversity effectiveness for dynamic wearable body area network propagation.

    DOI: 10.1587/transcom.E94.B.2496

    Web of Science

    researchmap

  • Developement of 4x4 Full-MIMO Channel Sounder Operating at 11 GHz with 400 MHz Bandwidth Utilizaing Software Radio Architecture 査読

    Jun-ichi Takada, Yohei Konishi, Boxin Gao, Minseok Kim, Mir Ghoraishi, Satoshi Suyama, Hiroshi Suzuki

    URSI General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Emergency Radio Information System for Post-Disaster Communication 査読

    Azril Haniz, Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    International ICST Conference on Cognitive Radio Oriented Wireless Networks and Communications (CROWNCOM)   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Numerical simulations for dynamic WBAN propagation channel during various human movements 査読

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-Ichi Takada, Kiyoshi Hamaguchi, Ryuji Kohno

    2011 5th International Symposium on Medical Information and Communication Technology, ISMICT 2011   65 - 69   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    In this report, we performed six human movement simulation by a commercial software (Poser7). We performed FDTD simulations for body area network propagation with one transmitter and six receivers. Received amplitudes were calculated for every time frame of 1/30 s interval. We also demonstrated a polarization diversity effectiveness for dynamic wearable body area network propagation. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISMICT.2011.5759798

    Scopus

    researchmap

  • Automatic modulation classification in wireless disaster area emergency network (W-DAEN). 査読

    Mohamed Abdur Rahman, Azril Haniz, Minseok Kim 0001, Jun-ichi Takada

    6th International ICST Conference on Cognitive Radio Oriented Wireless Networks and Communications(CrownCom)   226 - 230   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ICST / IEEE  

    DOI: 10.4108/icst.crowncom.2011.245915

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/rec/conf/crowncom/2011

  • Finite-state Markov model for on-body channels with human movements 査読

    Bin Zhen, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Ryuji Kohno

    IEEE International Conference on Communications (ICC)   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Performance Enhancement of Cyclostationarity Detector by Utilizing Multiple Cyclic Frequencies of OFDM signals 査読

    Minseok Kim, Kimtho Po, Jun-ichi Takada

    IEEE Dynamic Spectrum Access Networks (DySPAN) symposium   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Spectrum sensing on emergency radio spectrum management system 査読

    Azril Haniz, Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-Ichi Takada

    ISCIT 2010 - 2010 10th International Symposium on Communications and Information Technologies   985 - 990   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Big natural or manmade disasters damage infrastructure and cause severe effect on civilizations. Existing telecommunication infrastructure goes down as well as power, water etc. Quick and effective rescue operation requires a collaborative communication infrastructure for the rescue teams. Emergency spectrum usage of the rescue teams is one of the major issues in such scenario. Different teams interfere with each other for lack of collaboration and infrastructure limitations. This study designed and developed a cognitive wireless sensor network that collects and forms a database of the active emitters on the disaster scene. This paper focuses especially on a distributed spectrum sensing scheme for the emergency radios. ©2010 IEEE.

    DOI: 10.1109/ISCIT.2010.5665132

    Scopus

    researchmap

  • Performance Analysis of IEEE 802.11e HCCA for V2I Communications in WAVE Networks 査読

    Minseok Kim, Jong-Moon Chung

    53RD IEEE INTERNATIONAL MIDWEST SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS   328 - 331   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    In this paper, a centralized polling-based medium access (MAC) scheme, namely, the IEEE 802.11e hybrid coordinator function (HCF) controlled channel access (HCCA), is considered as an alternative to the current MAC protocol used in IEEE 802.11p for Wireless Access in Vehicular Environment (WAVE). At first, the limitations of the current enhanced distributed channel access (EDCA) are examined, and then a simple analytical performance evaluation of HCCA is provided. The results demonstrate that the HCCA scheme can be an alternative option to EDCA and could serve as an efficient channel access mechanism for vehicular communications.

    Web of Science

    researchmap

  • Fast SPT-Term Allocation and Efficient FPGA Implementation of FIR Filters for Software Defined Radio Applications 査読

    Choonghoon Bae, Takayuki Moteki, Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    Asia-Pacific Signal and Information Processing Association, Annual Summit and Conference (APSIPA ASC)   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Observation of Physical Mechanism of On-Body Channel Fluctuation 査読

    Iswandi, Minseok Kim, Yuuki Terao, Jun-ichi Takada

    International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC)   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental Investigation and Modeling of Shadow Fading by Human Movement on Body Surface Propagation Channel 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEEE International Symposium on Antennas and Propagation   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Efficient Heterodyne Digital Receiver with Direct RF-to-Digital Conversion for Software Defined Radio 査読

    Minseok Kim, Takayuki Moteki, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E92A ( 4 )   1056 - 1062   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This paper presents a framework of multimode fully digital receiver implementation using direct RF-to-digital conversion. In this architecture the entire band including multiple RF systems is directly converted to digital by a wideband high speed ADC, and the RF systems can be easily switched by only digital signal processing with the minimum analog RF components. The digital RF front-end consists of parallel processing blocks for parallel data streams considering practical ADC's configuration. The RF signals are converted into baseband through digital IF stage and the data rates are made down by two steps of decimation. In this paper, a principle investigation into a dualmode system implementation is presented for simplicity. The circuit resource and the robustness to the spurs (spurious outputs) of an NCO (numerically controlled oscillator) in the proposed design will be presented. The proposed architecture was implemented with an FPGA on the developed prototype system and the operations were also verified.

    DOI: 10.1587/transfun.E92.A.1056

    Web of Science

    researchmap

  • Real-Time Propagation Measurement System and Scattering Object Identification by 3D Visualization by Using VRML for ETC System 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Tetsuo Ando, Ryuji Soma

    EURASIP JOURNAL ON WIRELESS COMMUNICATIONS AND NETWORKING   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG  

    In the early deployment of electric toll collecting (ETC) system, multipath interference has caused the malfunction of the system. Therefore, radio absorbers are installed in the toll gate to suppress the scattering effects. This paper presents a novel radio propagation measurement system using the beamforming with 8-elmenet antenna array to examine the power intensity distribution of the ETC gate in real time without closing the toll gates that are already open for traffic. In addition, an identification method of the individual scattering objects with 3D visualization by using virtual reality modeling language will be proposed and the validity is also demonstrated by applying to the measurement data. Copyright (C) 2009 Minseok Kim et al.

    DOI: 10.1155/2009/131576

    Web of Science

    researchmap

  • Statistical Model for 4.5-GHz Narrowband On-Body Propagation Channel With Specific Actions 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEEE ANTENNAS AND WIRELESS PROPAGATION LETTERS   8   1250 - 1254   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    This letter presents the characterization of an on-body propagation channel with a specific activity of a body on the basis of the measurement results of a male subject in a radio anechoic chamber. In order to capture the dynamic behavior of the channel, a commercial real-time channel sounding system for the 4.5-GHz narrowband was used. The measurement scenarios included two repetitive actions of walking on the spot and standing up and sitting down at 10 different receive antenna locations where the fading caused by the action was observed and statistically modeled.

    DOI: 10.1109/LAWP.2009.2036570

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization and Modeling of Dynamic On-Body Propagation at 4.5 GHz 査読

    Bin Zhen, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Ryuji Kohno

    IEEE ANTENNAS AND WIRELESS PROPAGATION LETTERS   8   1263 - 1267   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC  

    On-body communication channels are of increasing interest as more and more wireless devices are wearable in medical, military, and personal communications. This letter presents an experimental investigation into the dynamic on-body channel with body movements. Based on statistical analyses of level crossing rate and fading duration, a three-state Fritchman model that considers both channel dwelling time and channel quality is proposed to describe the burst characteristics of on-body fading. The dynamic on-body channels are classified into unstable error-free state, constant error-free state, and error state. Parameters for the Fritchman model are estimated from the measured data.

    DOI: 10.1109/LAWP.2009.2036749

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization and modeling of dynamic on-body propagation. 査読

    Bin Zhen, Minseok Kim 0001, Jun-ichi Takada, Ryuji Kohno

    3rd International Conference on Pervasive Computing Technologies for Healthcare(PervasiveHealth)   1 - 6   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE  

    DOI: 10.4108/ICST.PERVASIVEHEALTH2009.5945

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/rec/conf/ph/2009

  • Efficient Multi-channel Wideband Spectrum Sensing Technique Using Filter Bank 査読

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEEE International Symposium On Personal, Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC)   1014 - 1018   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/PIMRC.2009.5450175

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/db/conf/pimrc/pimrc2009.html#KimT09

  • Adaptive impedance matching system using FPGA processor for efficient control algorithm 査読

    Hirokazu Oba, Minseok Kim, Ryotaro Tamaki, Hiroyuki Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E91C ( 8 )   1348 - 1355   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    The input impedance of an antenna fluctuates because of various usage conditions, which causes a mismatch between an internal circuit and an antenna. An automatic matching system solves this problem. then this paper presents a reconfigurable impedance tuner that has a set of fixed capacitors controlled by switching p-i-n diodes. A fast control algorithm for selecting the appropriate conditions of an impedance tuner is proposed and mounted on FPGA to demonstrate the performance.

    DOI: 10.1093/ietele/e91-c.8.1348

    Web of Science

    researchmap

  • Development of Real-Time Propagation Measurement System for Electric Toll Collecting (ETC) System 招待

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Tetsuo Ando, Ryuji Soma

    2008 URSI General Assembly   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Resource and performance evaluations of fixed point QRD-RLS systolic array through FPGA implementation 査読

    Yoshiaki Yokoyama, Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 4 )   1068 - 1075   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    At present, when using space-time processing techniques with multiple antennas for mobile radio communication, real-time weight adaptation is necessary. Due to the progress of integrated circuit technology, dedicated processor implementation with ASIC or FPGA can be employed to implement various wireless applications. This paper presents a resource and performance evaluation of the QRD-RLS systolic array processor based on fixed-point CORDIC algorithm with FPGA. In this paper, to save hardware resources, we propose the shared architecture of a complex CORDIC processor. The required precision of internal calculation, the circuit area for the number of antenna elements and wordlength, and the processing speed will be evaluated. The resource estimation provides a possible processor configuration with a current FPGA on the market. Computer simulations assuming a fading channel will show a fast convergence property with a finite number of training symbols. The proposed architecture has also been implemented and its operation was verified by beam-forming evaluation through a radio propagation experiment.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.4.1068

    Web of Science

    researchmap

  • Evaluation of digital-to-RF upconversion transmitter using harmonic images of DAC output 査読

    Minseok Kim, Tatsuo Fuji, Takafumi Nakabayashi, Hiroyuki Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E91B ( 4 )   1215 - 1218   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    This letter evaluates a transmitter architecture using harmonic images in D/A conversion for generating RF signals. In generating harmonic images, the problems such as intermodulation distortion of DAC were investigated. We developed an evaluation system with two bandpass filter and a buffer amplifier. It was experimentally found that the RF signal up to around 400 MHz can be generated by a commonly used 14-bit DAC at the sampling rates of around 40 MHz with EVM less than 6.6%. This letter also presents a more feasible transmitter example having an IF stage with harmonic image extraction scheme and a typical RF upconversion stage.

    DOI: 10.1093/ietcom/e91-b.4.1215

    Web of Science

    researchmap

  • Low-profile Loop-shaped Inverted-F Wire Antenna with Dualmode Operation 査読

    Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    IEEE TENCON 2007   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • FPGA Implementation of Fast LMS and N-LMS Processor for Adaptive Array Applications 査読

    Hirokazu Oba, Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS 2006)   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Implementation of Systolic RLS adaptive array using FPGA and Its Performance Evaluation 査読

    Yoshiaki Yokoyama, Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    2006 IEEE Vehicular Technology Conference (VTC 2006 fall)   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • RLSアルゴリズムを用いたMMSEアダプティブアレーアンテナのFPGA実装 査読

    中島 淳, 金ミンソク, 新井宏之

    電子情報通信学会論文誌B   J88-B ( 9 )   1772 - 1779   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    本論文では, MMSE (Minimum Mean Square Error)アダプティブアレーアンテナの高速処理を目的として, そのアルゴリズムのFPGA (Field Programmable Gate Array)への実装法について検討を行っている.並列処理が可能であるFPGAを用いることで処理速度の向上を図ることが考えられるが, FPGAは固定小数点での演算が適しているため, 固定ワード長でのアルゴリズム処理の精度について検討する必要がある.本論文では, 収束が速く演算精度が良いとされるRLSアルゴリズムをFPGAに実装して送受信系システムの構築により実験的に検討することを目的とし, 入力情報及び内部変数の固定ワード長の決定やシフト演算による除算の検討を行い, 固定小数点演算を用いてRLSアルゴリズムのシミュレーションを行ってその演算精度を確認した.また, 実際にRLSアルゴリズムをFPGAに実装し, 同期処理部を含めた送受信システムを構築して伝搬実験を行い, BER特性よりその性能を評価した.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • A Novel Beamforming Technique Using DOA Estimation and Its Hardware Implementation 査読

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2005 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2005)   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • FPGA Implementation of RLS Systolic Array 査読

    Yoshiaki Yokoyama, Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    2005 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2005)   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Experimental study of jitter effect on digital downconversion receiver with undersampling scheme 査読

    M Kim, A Kiyono, K Ichige, H Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E88D ( 7 )   1430 - 1436   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Undersampling (or bandpass sampling) phase modulated signals directly at high frequency band, the harmful effects of the aperture jitter characteristics of ADCs (Analog-to-Digital converters) and sampling clock instability of the system can not be ignored. In communication systems the sampling jitter brings additional phase noise to the constellation pattern besides thermal noise, thus the BER (bit error rate) performance will be degraded. This paper examines the relationship between the input frequency to ADC and the sampling jitter in digital IF (Intermediate Frequency) downconversion receivers with undersampling scheme. This paper presents the measurement results with a real hardware prototype system as well as the computer simulation results with a theoretically modeled IF sampling receiver. We evaluated EVM (Error Vector Magnitude) in various clock jitter configurations with commonly used and reasonable cost ADCs of which sampling rates was 40 MHz. According to the results, the IF input frequencies of QPSK (16 QAM) signals were limited below around 290 (210) MHz for wireless LAN standard, and 730 (450) MHz for W-CDMA standard, respectively, in our best configuration.

    DOI: 10.1093/ietisy/e88-d.7.1430

    Web of Science

    researchmap

  • Experimental study of jitter effect on digital downconversion receiver with undersampling scheme 査読

    Minseok Kim, Aiko Kiyono, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    IEICE Transactions on Electronics   E88-C ( 7 )   1430 - 1436   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE  

    Undersampling (or bandpass sampling) phase modulated signals directly at high frequency band, the harmful effects of the aperture jitter characteristics of ADCs (Analog-to-Digital converters) and sampling clock instability of the system can not be ignored. In communication systems the sampling jitter brings additional phase noise to the constellation pattern besides thermal noise, thus the BER (bit error rate) performance will be degraded. This paper examines the relationship between the input frequency to ADC and the sampling jitter in digital IF (Intermediate Frequency) downconversion receivers with undersampling scheme. This paper presents the measurement results with a real hardware prototype system as well as the computer simulation results with a theoretically modeled IF sampling receiver. We evaluated EVM (Error Vector Magnitude) in various clock jitter configurations with commonly used and reasonable cost ADCs of which sampling rates was 40 MHz. According to the results, the IF input frequencies of QPSK (16 QAM) signals were limited below around 290 (210) MHz for wireless LAN standard, and 730 (450) MHz for W-CDMA standard, respectively, in our best configuration. Copyright © 2005 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1093/ietisy/e88-d.7.1430

    Scopus

    researchmap

  • Implementation of FPGA based fast unitary MUSIC DOA estimator 査読

    M Kim, K Ichige, H Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E87C ( 9 )   1485 - 1494   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    DOA (Direction Of Arrival) estimation is a useful technique in various positioning applications including the DOA-based adaptive array antenna system. This paper presents a practical implementation of FPGA (Field Programmable Gate Array) based fast DOA estimator for wireless cellular basestation. This system incorporates spectral unitary MUSIC (MUltiple SIgnal Classification) algorithm, which is one of the representative super resolution DOA estimation techniques. This paper proposes a way of digital signal processor design suitable for FPGA and its real hardware implementation. In this system, all digital signal processing procedures are computed by the only fixed-point operation with finite word-length for fast processing and low power consumption. The performance will be assessed by hardware level simulations and experiments in a radio anechoic chamber.

    Web of Science

    researchmap

  • Real-time Smart Antenna System Incorporating FPGA-based Fast DOA Estimator 査読

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2004 IEEE Vehicular Technology Conference (VTC 2004 fall)   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Use of Alias Harmonic Components in D/A conversion for Generating High Frequency IF Signals 査読

    Tatsuo Fuji, Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    The 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems (MWSCAS2004)   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Hardware Design of RF and Digital Units for Smart Antenna System 査読

    Hiroyuki Arai, Minseok Kim

    2003 Asia Pacific Microwave Conference (APMC 2003)   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Implementation of FPGA based Fast DOA Estimator using Unitary MUSIC Algorithm 査読

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2003 IEEE Vehicular Technology Conference (VTC 2003 fall)   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DOA-based Adaptive Array Antenna Testbed System 査読

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2003 IEEE AP-S Topical Conference on Wireless Communication Technology   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Design of Jacobi EVD processor based on CORDIC for DOA estimation with MUSIC algorithm 査読

    M Kim, K Ichige, H Arai

    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E85B ( 12 )   2648 - 2655   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG  

    Computing the Eigen Value Decomposition (EVD) of a symmetric matrix is a frequently encountered problem in adaptive (or smart or software) antenna signal processing, for example, super resolution DOA (Direction Of Arrival) estimation algorithms such as MUSIC (MUltiple SIgnal Classification) and ESPRIT (Estimation of Signal Parameters via Rotational Invariance Technique). In this paper the hardware architecture of the fast EVD processor of symmetric correlation matrices for the application of an adaptive antenna technology such as DOA estimation is proposed and the basic idea is also presented. Cyclic Jacobi method is well known for the simplest algorithm and easily implemented but its convergence time is slower than other factorization algorithm like QR-method. But if considering the fast parallel computation of the EVD with a hardware architecture like ASIC (Application Specific Integrated Circuit) or FPGA (Field Programmable Gate Array), the Jacobi method can be a appropriate solution, since it offers a quite higher degree of parallelism and easier implementation than other factorization algorithms. This paper computes the EVD using a Jacobi-type method, where the vector rotations and the angles of the rotations are obtained by CORDIC (COordinate Rotation DIgital Computer). The hardware architecture suitable for ASIC or FPGA with fixed-point arithmetic is presented. Because it consists of only shift and add operations, this hardware friendly feature provides easy and efficient implementation. In this paper, the computational load, the estimate of circuit scale and expected performance are discussed and the validation of fixed-point arithmetic for the practical application to MUSIC DOA estimation is examined.

    Web of Science

    researchmap

  • FPGA-Based DSP Implementation of Simple MRC beamformer 査読

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2001 Asia Pacific Microwave Conference (APMC 2001)   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • DBF array antenna systems at 8.45 GHz 査読

    Kohei Mori, Yuki Inoue, Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    International Symposium of IEEE Antenna and Propagation Society (APS2001)   2001年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Handbook of Radio and Optical Networks Convergence

    Minseok Kim( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Millimeter-Wave Propagation of 5G Wireless Access)

    Springer, Singapore  2023年7月  ( ISBN:9789813349995

     詳細を見る

  • 高速・高周波対応部材の最新開発動向 : 5G/Beyond 5Gに向けた

    技術情報協会( 担当: 共著)

    技術情報協会  2021年9月  ( ISBN:9784861048654

     詳細を見る

    総ページ数:653p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

  • Wearable Technologies and Wireless Body Sensor Networks for Healthcare (Healthcare Technologies)

    ( 担当: 共著)

    The Institution of Engineering and Technology  2019年8月  ( ISBN:1785612174

     詳細を見る

    総ページ数:608  

    ASIN

    researchmap

  • ワイヤレス通信の効率を高める信号処理回路設計

    Minseok Kim

    CQ出版  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • FPGAを活用して高速データ転送回路を設計しよう

    Minseok Kim

    CQ出版  2007年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

MISC

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 多重波伝搬を用いたパッシブ型屋内測位法における複数ターゲット検出の性能評価と改善手法の検討

    池上十五, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 市街地環境におけるミリ波帯多重波クラスタ特性の解析及び空間一貫性の評価

    鈴木直也, 塚田 響, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ソフトウェア無線機を用いたアンテナスイッチング方式MIMOチャネルサウンダの開発

    池上十五, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ミリ波帯電波伝搬測定及びサイトスペシフィックチャネルモデルの開発 ~ 特定環境における高精度チャネルエミュレーションに向けて ~

    金 ミンソク, 塚田 響, 鈴木直也, 高橋莉玖

    電子情報通信学会技術研究報告  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 廊下環境における300 GHz帯双方向チャネル測定および伝搬損失特性

    高橋莉玖, アニルバン ゴッシュ, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • Sub-6 GHz帯双角度チャネルサウンダの開発及び市街地環境におけるチャネル測定結果

    金ミンソク, 塚田響, 高橋莉玖, 鈴木直也, 日野一世, 沢田弘和, 松村 武

    電子情報通信学会技術研究報告  2023年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 300 GHz帯インテリア壁面材の反射特性の実験的検討

    柴田航輔, 高橋莉玖, ゴッシュ アニルバン, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2023年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Indoor Multipath Cluster Channel Characteristics at 60 and 300 GHz

    Minseok Kim・Anirban Ghosh・Riku Takahashi, Kousuke Shibata

    IEICE Technical Report  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 特定市街地マクロセル環境におけるミリ波帯チャネル統計特性および周波数依存性の考察

    塚田 響, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 会議室環境における300 GHz帯双角度チャネル特性

    高橋莉玖, 柴田航輔, アニルバン ゴッシュ, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 24 GHz及び60 GHz帯伝搬チャネル同時測定によるマルチパスクラスタの周波数依存性の考察

    鈴木直也, 塚田 響, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 分散MIMOセンサを用いたパッシブ測位システム構築の机上検討

    池上十五, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Millimeter Wave Vehicular Communication: From Channel Sounding to Standardization

    Aniruddha Chandra, Minseok Kim・Anirban Ghosh, Jan. M. Kelner・Ales Prokes・David, G. Michelson

    IEICE Technical Report  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多重波伝搬を用いたパッシブ型屋内測位法の性能評価

    池上十五, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 市街地マクロセル環境におけるミリ波帯多重波クラスタの発生メカニズム

    鈴木直也, 塚田 響, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 市街地マクロセル環境におけるミリ波帯クラスタチャネル特性

    塚田 響, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金 ミンソク, 沢田浩和, 松村 武

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クラスタチャネルモデルの検証システムの構築及びミリ波帯高速フェージング測定結果

    高橋莉玖, 塚田 響, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Beyond 5Gに向けた300 GHz帯双角度チャネルサウンダの机上検討

    金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 24GHz及び60GHz帯デュアルバンド双角度チャネルサウンダの開発

    塚田 響, 熊倉啓一朗, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金 ミンソク, 沢田浩和, 松村武

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 広場小セルアクセス環境におけるミリ波帯電波伝搬メカニズムの解明とチャネルモデルパラメータの抽出

    熊倉啓一朗, 塚田 響, 唐 率欽, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯無線システムを用いたデバイスフリー測位法の実験的検証

    三宅祐人, 金 ミンソク, 池上十五, 熊倉啓一朗, 塚田 響

    電子情報通信学会技術研究報告  2022年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Channel Parameter Estimation by using Environmental Features

    Inocent Calis, Zhiqiang Li, Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波クラスタチャネルモデルの開発と評価

    塚田 響, 唐 率欽, 熊倉啓一朗, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 60 GHz帯屋外広場アクセス環境における多重波クラスタ特性

    金 ミンソク, 熊倉啓一朗, 唐 率欽, 塚田 響

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Preliminary Development of IEEE802.11ac based Channel Sounder

    Yuan Zhou, Minseok Kim

    IEICE Shin-etsu Section Conference  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • サイバーフィジカル融合によるワイヤレスエミュレータのための電波伝搬モデル

    高田潤一, Nopphon Keerativoranan, 林 高弘, 金 ミンソク, 吉敷由起子, 岡村 航, 齋藤健太郎, 今井哲朗, 廣瀬 幸, 沢田浩和, 松村 武

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 60GHz帯における自動車内レイトレーシングシミュレーションと実測からの伝搬パラメータ推定の比較

    松井研輔, 國立忠秀, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 様々なオフィス環境におけるミリ波クラスタチャネルモデルのイントラクラスタ特性

    塚田 響, 熊倉啓一朗, 唐 率欽, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 様々なオフィスシナリオにおけるミリ波伝搬チャネル特性

    熊倉啓一朗, 唐 率欽, 塚田 響, 金, ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 乗用車内におけるミリ波クラスタチャネルモデル

    山川慧士, 金 ミンソク, 松井研輔, 金子裕哉, 國立忠秀

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習を用いた時空間伝搬チャネルパラメータの予測法の検討

    三田雅大, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2021年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波Intra-Clusterチャネルモデルを用いた屋内伝送性能評価

    新保 啓, 山川慧士, 岸本 悟, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯無線システムを用いた環境形状イメージング法の実験的検証

    三宅祐人, 金 ミンソク, 田嵜威司, 山川慧士, 高田潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ビームステアリング型チャネルサウンダを用いたミリ波帯伝搬チャネルパラメータ推定

    熊倉啓一朗, 唐 率欽, 金, ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ビームステアリング型ミリ波帯双角度チャネルサウンダの構築と到来波推定

    熊倉啓一朗, 唐率欽, 金ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Millimeter-Wave Radio Channel Sounder using Analog Beamformers

    Shuaiqin Tang, Keiichiro Kumakura, Hideaki Momose, Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯無線通信システムを用いた環境形状イメージングによる反射経路同定法

    三宅祐人, 金ミンソク, 高田潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 安価な無線センサーネットワークを用いたウェアラブル人体動作同定システム

    三田雅大, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ミリ波帯における粗い壁面による拡散散乱の測定とイントラクラスタモデル

    金 ミンソク, 岸本 悟, 赤坂 啓太

    電子情報通信学会技術研究報告  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 市販の無線LANを用いたMIMOチャネルサウンダの構築

    百瀬 秀亮, 安川 悟, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯屋内電波伝搬実験による多重波トモグラフィーイメージング(RTI)法の検証

    田嵜威司, 山川 慧, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ミリ波帯屋内超高速無線アクセス回線における電波伝搬路モデルの開発

    岸本 悟, 山川慧士, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2019年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • ポスター講演 無線BAN伝搬路特性を用いたリアルタイム人体動作同定システムの開発 (高信頼制御通信)

    市川 裕貴, 三田 雅大, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2019年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ポスター講演 無線BAN伝搬路特性を用いた人体動作同定における特徴量削減 (高信頼制御通信)

    市川 裕貴, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2018年5月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミリ波通信路応答を用いた呼吸と心拍計測法の検討 (ヘルスケア・医療情報通信技術)

    真柄 浩堯, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2018年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Invited Lecture : Millimeter Wave Indoor Channel Characterization using High Resolution Multipath Parameter Estimation (短距離無線通信)

    金 ミンソク, 岩田 樹, 佐々木 重信, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2018年2月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 招待講演 次世代無線通信システムに向けた電波伝搬研究の取り組み (短距離無線通信)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2017年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミリ波帯屋外オープンエリア環境における周囲の壁面反射波を考慮した伝搬路モデル (短距離無線通信) -- (移動通信ワークショップ)

    梅木 建人, 金 ミンソク, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2017年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 屋外環境における11GHz帯MIMOチャネル伝搬パラメータ特性 (短距離無線通信) -- (移動通信ワークショップ)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2017年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 多次元TCM/OFDMにおける位相変動の影響について (短距離無線通信) -- (移動通信ワークショップ)

    西山 貴宣, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2017年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • BANコンテキストアウェア通信のための伝搬路特性を用いた人体動作の同定法の一検討 (ヘルスケア・医療情報通信技術)

    市川 裕貴, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2017年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ソフトウェア無線機を用いた2.4GHz帯の電波伝搬路測定装置の開発 (スマート無線)

    黒瀬 拓人, 岩田 樹, 黒川 雄介, 金 ミンソク, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • The Delay, Angular and Polarization Characteristics of Geometry-based Clusters in an Indoor Environment at 11 GHz Band

    Panawit Hanpinitsak, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Lawrence Materum

    2016年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    researchmap

  • Channel Sounding in 2.4GHz and 60GHz band for Multi-band Wireless LAN System (短距離無線通信)

    MIN Tianyang, SAITO Kentaro, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年8月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • スペクトルセンシングにおける信号レベル推定に関する一検討 (短距離無線通信)

    山菅 健, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年8月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミリ波屋外アクセス環境における電波伝搬メカニズムに関する考察 (アンテナ・伝播)

    岩田 樹, 金 ミンソク, 梅木 建人, ワンチュー カラマ, 高田 潤一, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Evaluation of Transmission Power Control Method Using Temporal Correlation Model for WBAN (ヘルスケア・医療情報通信技術)

    ARCHASANTISUK Sukhumarn, AOYAGI Takahiro, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 11GHz帯屋外ストリートセルマイクロ環境におけるMIMOチャネル伝搬パラメータ特性 (アンテナ・伝播)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Evaluation of Transmission Power Control Method Using Temporal Correlation Model for WBAN (ワイドバンドシステム)

    ARCHASANTISUK Sukhumarn, AOYAGI Takahiro, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Invited Talk : Trend of Channel Model Development for High-frequency Use and IEEE802.11ay Channel Model (短距離無線通信)

    KIM Minseok, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Energy Harvestingを導入したリレー伝送システムに関する一検討 (短距離無線通信) -- (移動通信ワークショップ)

    西巻 宏晃, 佐々木 重信, 金 ミンソク, Krikidis Ioannis

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • スペクトルセンシングにおける微弱信号推定法に関する一検討 (スマート無線) -- (移動通信ワークショップ)

    山菅 健, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ミリ波帯屋外オープンエリアアクセス環境における伝搬路モデル (短距離無線通信) -- (移動通信ワークショップ)

    梅木 建人, 金 ミンソク, 岩田 樹, ワンチュー カルマ, 高田 潤一, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2016年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-31 11GHz帯屋内環境におけるDense Multipath Component角度/偏波特性(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2016年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-42 ミリ波屋外アクセス環境における電波伝搬メカニズムの同定(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    岩田 樹, 金 ミンソク, 梅木 建人, ワンチュー カラマ, 高田 潤一, 佐々木 重信

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2016年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • "MIMO Channel Measurement in 11GHz-band for the Next Generation Mobile Wireless Network"

    Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    2016年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    researchmap

  • 動的無線BANチャネル特性解析のためのMIMOチャネル応答と人体姿勢の同時測定装置の開発

    陳 高超, 高田 潤一, 齋藤 健太郎, 金 ミンソク, 青柳 貴洋

    生体医工学  2016年  公益社団法人 日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語  

    <p>Wireless body area network (WBAN) is a wireless sensor network inside, on or around the human body, and is expected to be utilized in medical and health-care applications. Dynamic behavior of radio propagation channel is important information for design and characterization of WBAN system. Various factors simultaneously influence the channel responses, such as position and orientation of antennas, electromagnetic interaction antenna and human body, and obstruction by human body itself. Therefore, it is rather difficult to analyze the propagation mechanism of dynamic WBAN channel. This paper reports the development of simultaneous measurement system of MIMO channel response and body posture of dynamic WBAN channel. Body posture information is utilized to synthesize numerical phantom for electromagnetic simulation via computer animation software. Comparison between measurement and predicted channel responses is possible by using the system, and some examples will be presented.</p>

    researchmap

  • 11GHz帯屋内MIMOチャネルDense Multipath Component特性評価 (アンテナ・伝播) -- (オーガナイズドセッション 電波伝搬・アンテナ測定技術とそれらを活用した通信システム技術)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Stochastic Channel Model for Residential Microcellular Environments at 11GHz (無線通信システム)

    金 ミンソク, 高田 潤一, 須山 聡

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 11GHz帯屋内MIMOチャネルDense Multipath Component特性評価 (無線通信システム)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Directional Characteristics of Millimeter Wave Propagation Channel in Outdoor Urban Picocell (アンテナ・伝播) -- (オーガナイズドセッション 電波伝搬・アンテナ測定技術とそれらを活用した通信システム技術)

    WANGCHUK Karma, KIM Minseok, UMEKI Kento

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Directional Characteristics of Millimeter Wave Propagation Channel in Outdoor Urban Picocell (無線通信システム)

    WANGCHUK Karma, KIM Minseok, UMEKI Kento

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Stochastic Channel Model for Residential Microcellular Environments at 11GHz (アンテナ・伝播) -- (オーガナイズドセッション 電波伝搬・アンテナ測定技術とそれらを活用した通信システム技術)

    金 ミンソク, 高田 潤一, 須山 聡

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Technology Exhibit : USRP prototyping of Multidimensional TCM/OFDM Communication System (Short Range Wireless Communications)

    Uchida Takuto, Sasaki Shigenobu, Kim Minseok

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Technology Exhibit : USRP prototyping of Multidimensional TCM/OFDM Communication System (Smart Radio)

    Uchida Takuto, Sasaki Shigenobu, Kim Minseok

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年10月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • BS-1-14 Cluster Characteristics of 11 GHz Urban Microcellular Channels

    Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2015年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • BS-1-3 11GHz帯屋内MIMOチャネルDense Multipath伝搬パラメータ推定(BS-1.高周波帯での無線システムを切り拓くアンテナ・伝搬技術,シンポジウムセッション)

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2015年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • BS-1-6 Measurement based Investigation of Clusters in Indoor Millimeter Wave Propagation Channel

    Wangchuk Karma, Kim Minseok, Kento Umeki, Saito Kentaro, Takada Jun-ich

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2015年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    researchmap

  • ホワイトスペース利用型無線LANにおける周波数マネジメント法の特性評価 (スマート無線)

    佐々木 重信, 星野 諒太, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Polarimetric Mm-Wave Channel Measurement and Characterization in a Small Cell Office Environment (スマート無線)

    金 ミンソク, 梅木 健人, ワンチュー カルマ

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年7月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 多次元符号化変調を用いたWRANの特性評価 (短距離無線通信)

    内田 拓人, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年6月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • mmWave Channel Sounding for Future Heterogeneous Cellular Network System Development and Preliminary Measurement Analysis (短距離無線通信) -- (移動通信ワークショップ)

    ワンチュー カラ, キンフン ファム, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    将来高速な無線通信の需要が更に高まると予想されており、それを実現するために空き周波数が比較的多く、広帯域確保可能なミリ波帯が注目を集めている。次世代ヘテロジニアスネットワークにおけるピコセルの周波数帯域として、連続的に5GHz以上の帯域が確保できる60GHz帯は有力な候補と考えられる。60GHzにおいては、自由空間損失、及び大気吸収損失が大きいため、高利得な指向性アンテナやアレーアンテナが必要となる。さらに、MIMOビームフォーミングやビームステアリングなどの技術を用いる際、方向性を含む電波伝搬路特性を様々な環境で調べることが重要である。本研究では、放射方向、及び到来方向の角度電力スペクトルが測定可能かつ低コストなミリ波帯チャネルサウンダを提案し、一般的な屋内環境における実験の解析結果を示す。

    researchmap

  • Development of Channel Sounder using GNU Radio/USRP : Timing Synchronization and Phase Alignment (スマート無線) -- (移動通信ワークショップ)

    MIN Tianyang, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2015年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    This paper presents a low-cost flexible channel sounder with the maximum bandwidth of 12.5MHz operating at various frequency bands within 400 - 4400 MHz developed by using GNU radio/USRP. This paper describes an improved work based on its previous channel sounding system and especially focuses on the techniques of timing synchronization and phase alignment which were hard to achieve in its previous work. Finally, The effect of improvement of previous work was demonstrated and validated by a DUT test.

    researchmap

  • B-1-10 ミリ波チャネルサウンダにおける位相雑音校正法の検討(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    金 ミンソク, 佐々木 重信

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2015年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • メチル水銀によってマウス脳特異的に発現誘導されるセクレトグロビン3A1

    高橋 勉, 金 ミンソク, 齋藤 隆寛, 趙 倩, 岩井 美幸, 黄 基旭, 永沼 章

    日本毒性学会学術年会  2015年  日本毒性学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

    メチル水銀は中枢神経に選択毒性を示すが、その毒性発現機構はほとんど明らかにされていない。我々は、以前、メチル水銀を投与したマウスの小脳における遺伝子発現をマイクロアレイ法で解析し、メチル水銀投与によって発現上昇する遺伝子を21種同定した。このうち5種の遺伝子はケモカイン分子種をコードしており、その中でCCL4がメチル水銀によって脳特異的に発現誘導されることを明らかにしている。本研究では、残りの16種の遺伝子について、メチル水銀を投与したマウスの各組織における発現変動を解析し、メチル水銀によって脳特異的に発現上昇する遺伝子を検索した。その結果、セクレトグロビン(低分子量の分泌蛋白質)ファミリーに属するScgb3a1の遺伝子の発現がメチル水銀投与によって脳特異的に上昇することが明らかとなった。メチル水銀によるScgb3a1の発現誘導はマウス神経前駆細胞 (C17.2細胞) でも認められ、同細胞を用いて経時的に検討したところScgb3a1の mRNAレベルの上昇はメチル水銀による細胞死が引き起こされるより早い時点で認められた。また、メチル水銀を投与したマウスにおいても、脳組織での病理変化が認められる前に、Scgb3a1の発現上昇が確認された。このことから、Scgb3a1の発現誘導は、少なくともメチル水銀によって細胞が障害された結果として認められる現象ではなく、メチル水銀曝露に対する細胞応答によるものと考えられる。また、siRNAによってScgb3a1の発現を抑制したところ、C17.2細胞のメチル水銀感受性が上昇した。以上の結果からScgb3a1はメチル水銀曝露に応答して脳特異的に発現誘導される防御因子として働く可能性が考えられる。現在、メチル水銀によるScgb3a1の脳特異的な発現誘導機構について解析中である。

    researchmap

  • 11 GHz Indoor MIMO Channel Parameter Estimation Using Gradient Method (マイクロ波)

    PHAM VanHue, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年12月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語  

    Elucidation of the space-time radio wave propagation characteristics is always an important fundamental task to develop new wireless transmission systems. For this purpose, we specifically developed a scalable full Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) channel sounder to measure the radio channel at 11 GHz with bandwidth of 400 MHz which is a challenging frequency for future high bit-rate mobile communications. The measurement campaign in various indoor environment was conducted at Tokyo Institute of Technology. Individual paths are extracted from the measurement with the Space Alternating Generalized Expectation Maximization (SAGE) algorithm. For cluster based analysis, we used K-means algorithm for automatic clustering of the detected paths and the statistical characteristics of cross-, co-polarization ratio, delay spread and direction spread were investigated based on clustering result.

    researchmap

  • Invited Talk : 11GHz Directional Wideband Channel Measurements in Residential Microcellular Environments (アンテナ・伝搬) -- (特集セッション 高周波数帯を用いた新しい通信技術)

    KIM Minseok, 高田 潤一, SHEN Jiyun, 小田 恭弘, 須山 聡

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年11月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,石垣島で実施した11GHz帯市街地マイクロセルラ環境における電波伝搬測定の解析結果を報告する.伝搬測定では,400MHzの帯域幅を持つ広帯域24×24MIMOチャネルサウンダと直交二偏波12素子円形アレーアンテナを用いており,基地局アンテナがマンションの3階(約9m)に設置され,半径約200mの住居エリアをアンテナ高3mの移動局が走行しながら伝達関数を測定した.データ解析はビーム形成による角度遅延電力分布とSAGE法によるマルチパスパラメタを用いた.本稿では,まず,見通し内・交差点見通し外における伝搬損失の距離特性と偏波特性,RMS遅延広がりについて報告する.それから,解析対象を半径60mのエリアに絞り,移動局位置の変化による角度遅延電力分布とマルチパスパラメタの変化を解析し支配的な伝搬メカニズムを考察する.

    researchmap

  • Invited Talk : 11GHz Directional Wideband Channel Measurements in Residential Microcellular Environments (無線通信システム) -- (特集セッション 高周波数帯を用いた新しい通信技術)

    KIM Minseok, 高田 潤一, SHEN Jiyun, 小田 恭弘, 須山 聡

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年11月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,石垣島で実施した11GHz帯市街地マイクロセルラ環境における電波伝搬測定の解析結果を報告する.伝搬測定では,400MHzの帯域幅を持つ広帯域24×24MIMOチャネルサウンダと直交二偏波12素子円形アレーアンテナを用いており,基地局アンテナがマンションの3階(約9m)に設置され,半径約200mの住居エリアをアンテナ高3mの移動局が走行しながら伝達関数を測定した.データ解析はビーム形成による角度遅延電力分布とSAGE法によるマルチパスパラメタを用いた.本稿では,まず,見通し内・交差点見通し外における伝搬損失の距離特性と偏波特性,RMS遅延広がりについて報告する.それから,解析対象を半径60mのエリアに絞り,移動局位置の変化による角度遅延電力分布とマルチパスパラメタの変化を解析し支配的な伝搬メカニズムを考察する.

    researchmap

  • Characteristics of Urban Cellular Radio Channels at 11 GHz (アンテナ・伝播)

    金 ミンソク, 高田 潤一, 張 裕淵, シン キユン, 小田 恭弘

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    10GHz以上の高周波数帯は広帯域が確保できるため更なる高速移動通信を実現するために注目されている.本報告では,石垣島で実施した11GHz帯市街地セルラ環境における電波伝搬測定の解析結果を報告する.伝搬測定は基地局アンテナの高さの異なるマクロ,マイクロ,ストリートセルの各環境において,400MHzの帯域幅を持つ広帯域24×24MIMOチャネルサウンダと二偏波12素子円形アレーを用いて実施された.本報告では,各環境における伝搬損失を評価し,見通し外の環境では約20dB程度の大きいシャドウイング損失を観測した.さらに,アウテージ評価により,SN比の30dBを満たすセル半径が100m未満に限定されることを確認した.また,遅延プロファイルと角度遅延電力スペクトルを用いて,伝搬路の時空間特性について考察した結果,空間的に広く分布する多数のマルチパスが観測されたが,平均RMS遅延広がりが15ns未満と比較的に小さいことを確認した.さらに,RMS遅延広がりが伝搬損失と比例することを確認した.

    researchmap

  • Antenna De-embedding and Antenna-Channel Recombination of MIMO System : Feasibility Investigation in Spherical Wave Domain (アンテナ・伝播) -- (オーガナイズドセッション 自然と生活環境との適合を目指す電波伝搬の研究)

    MIAO Yang, HANEDA Katsuyuki, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    Antenna de-embedding is to extract antennas from both ends of a MIMO system and to study the propagation channel only. Antenna-Channel Recombination is to recombine the de-embedded channel with other antennas at both ends. Through antenna de-embedding and antenna-channel recombination, the performances of different antennas in certain propagation environment can be evaluated. A MIMO channel can be described in either plane wave domain or spherical wave domain. Plane wave channel model is difficult for antenna-channel separation, since diffuse scattering requires infinite resolution of plane waves but practically only best fitted discrete paths are feasible. Alternatively, spherical wave channel model is possible for antenna-channel separation, because physically any radiated field can be expanded into a weighted sum of spherical harmonics with finite number of modes, including the field corresponding to diffuse scattering. This paper will study the feasibility of antenna de-embedding and antenna-channel recombination in spherical wave domain. Since spherical wave channel model is sensitive to array configurations and the number of modes, the criteria of appropriate array configurations and appropriate number of modes for antenna de-embedding and antenna-channel recombination will be discussed accordingly.

    researchmap

  • Antenna De-embedding and Antenna-Channel Recombination of MIMO System : Feasibility Investigation in Spherical Wave Domain (衛星通信) -- (オーガナイズドセッション 自然と生活環境との適合を目指す電波伝搬の研究)

    MIAO Yang, HANEDA Katsuyuki, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    Antenna de-embedding is to extract antennas from both ends of a MIMO system and to study the propagation channel only. Antenna-Channel Recombination is to recombine the de-embedded channel with other antennas at both ends. Through antenna de-embedding and antenna-channel recombination, the performances of different antennas in certain propagation environment can be evaluated. A MIMO channel can be described in either plane wave domain or spherical wave domain. Plane wave channel model is difficult for antenna-channel separation, since diffuse scattering requires infinite resolution of plane waves but practically only best fitted discrete paths are feasible. Alternatively, spherical wave channel model is possible for antenna-channel separation, because physically any radiated field can be expanded into a weighted sum of spherical harmonics with finite number of modes, including the field corresponding to diffuse scattering. This paper will study the feasibility of antenna de-embedding and antenna-channel recombination in spherical wave domain. Since spherical wave channel model is sensitive to array configurations and the number of modes, the criteria of appropriate array configurations and appropriate number of modes for antenna de-embedding and antenna-channel recombination will be discussed accordingly.

    researchmap

  • 室内環境におけるUWB BANコーディネータのダイバーシティの評価 (高信頼制御通信)

    小林 翔, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年5月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    無線バイタルセンサネットワークにおいてデータを継続的に収集するためには,無線伝送における信頼性の向上が必要不可欠である.広帯域無線伝送でおいては,マルチパス遅延波を合成するRAKEダイバーシティや,複数アンテナを用いたダイバーシティ技術を用いることにより,人体遮蔽による受信電力レベル低下が軽減可能であり,ロバストな無線伝送リンクの構築に有効である.しかしながらこれらのシステムは,伝搬環境におけるマルチパス伝搬路の状況によりその性能が決定される.本研究では,消費電力や取り付け自由度の高いUWB BAN(ultra wideband body area network)コーディネータに着目し,ベルト状に複数アンテナを取り付けた場合の伝搬実験を行った.そして,信頼性を向上させる手法として,RAKEダイバーシティおよびアンテナダイバーシティの導入を想定し,それぞれの手法における性能改善を評価した.特に,室内における被験者の立ち位置の改善効果への影響について検討した.

    researchmap

  • 人体の動作に対応して配置されたWBAN用アンテナ (高信頼制御通信)

    矢島 和樹, 青柳 貴洋, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年5月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    本研究では、人体歩行時のWBANにおいて安定的に通信を行うことができる体表上のアンテナの配置を明らかにすることを目的とした。まず、2.4GHzでの電波伝搬測定に必要なWBAN用アンテナの設計および試作を行った。次に、試作したアンテナを歩行の人体動作時におけるWBAN電波伝搬測定に基づき良好な通信状況となるアンテナ配置方向の検討を行った。被験者2人について室内環境で臍を送信点、胸、頭、右上腕、右手首、右足首を受信点として直立及び歩行動作時の1対1での受信レベルの時間変化を測定した。この平均値について被験者及び受信アンテナの位置ごとに二元配置分散分析を行った結果、送受信のアンテナ配置方向が受信レベル変化の要因となっていることが定量的に明らかになった。また、直立及び歩行動作時に1対1通信を行う場合には被験者に共通して、臍にあるアンテナ配置方向を変えることが受信レベルの改善に有効、1対多の場合には最適な配置方向は被験者ごとに異なるという結果が得られた。本研究で得られた知見は今後高信頼性のWBANシステム設計を行う上で有効と考えられる。

    researchmap

  • B-1-8 Investigation on Accuracy of Antenna De-embedding in Spherical Wave Domain

    Miao Yang, Haneda Katsuyuki, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2014年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-1-197 マルチリンクMIMOチャネルにおけるリンク間相関の実験的検討(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般セッション)

    金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2014年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • BS-5-2 人体歩行時における体表WBANアンテナの外部からの送信波のシャドウイングの方向特性に関する検討(BS-5.医療・ヘルスケア情報通信技術の最新動向:基礎技術から医療・ヘルスケア機器への導入まで,シンポジウムセッション)

    青柳 貴洋, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2014年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-19 11GHz帯における市街地環境での非正規散乱の影響評価(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    辻 理絵子, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2014年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-37 FDTD法を用いた電波伝搬解析におけるアンテナ・伝搬路分離の誤差評価(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    長縄 潤一, 羽田 勝之, 金 ミンソク, 青柳 貴洋, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2014年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 11GHz帯マイクロセル環境における非正規散乱物体同定と散乱メカニズ ムの解釈へ向けた検討 (マイクロ波)

    辻 理絵子, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2013年12月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    本研究では,11GHz帯マイクロセル環境においてMIMOチャネルサウンダによる電波特性測定を行うとともに,同環境を模したレイトレースシミュレーションを行った.両者の角度遅延電力スペクトルの比較と伝搬パスの可視化により電波伝搬における散乱メカニズムの解釈を行い,レイトレースシミュレーションでは考慮に入れない非正規散乱の受信電力における影響を確認した.

    researchmap

  • B-1-5 FDTD法を用いた電波伝搬解析におけるアンテナ・伝搬路分離の初期的検討(B-1.アンテナ・伝播A,(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    長縄 潤一, 羽田 勝之, 金 ミンソク, 青柳 貴洋, 高田 潤一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2013年9月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-10 Path Loss Calculation using Uniform Circular Array with Directional Elements in Multi-path Environments

    Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2013年9月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-5-114 Measurement Result of Microcell Environment with MIMO Sounder at 11 GHz for Super High Bit-Rate Mobile Communication Systems

    CHANG Yuyuan, KIM Minseok, SHEN Jiyun, ODA Yasuhiro, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-5-115 超高速ビットレート移動通信のための11GHz帯24×24MIMO屋外伝搬実験(B-5.無線通信システムA(移動通信))

    シン キユン, 張 裕淵, 小田 恭弘, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • BS-8-9 歩行動作におけるUWB BANチャネルの動特性の実験的な検討(BS-8.医療・ヘルスケアにおける最新情報通信技術,シンポジウムセッション)

    小林 翔, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-52 FDTD法による電波伝搬シミュレーションに向けた球波動関数の励振(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬非通信利用))

    長縄 潤一, 羽田 勝之, 青柳 貴洋, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-5-112 超高速ビットレート移動通信のための24×24チャネルサウンダの開発(B-5.無線通信システムA(移動通信))

    高田 潤一, 金 ミンソク, 張 裕淵, 小西 洋平

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-5-113 Indoor Channel Capacity of Dual-polarized 24×24 MIMO System at 11 GHz for Super High Bit-Rate Mobile Communication

    Kim Minseok, Konishi Yohei, Chang Yuyuan, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • BS-8-5 Throughput of IEEE 802.15.6 MAC in the Presence of Channel Error

    Annur Robithoh, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2013年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • オープンソースソフトウェア無線プラットホーム GNU Radio 招待

    金 ミンソク, アズリル ハニズ

    電子情報通信学会誌  2013年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    安価で誰でも手軽に構築できる無線システムとして,GNU Radioオープンソースソフトウェア無線プラットホームが注目されている.その評価用ハードウェアとして提供されるUSRPは,RF信号を周波数変換しサンプリングして,複素ベースバンド信号に変換する.その後の全ての処理はUSB2.0あるいはギガビットイーサーネットを経由して接続されたPC上のソフトウェアによりリアルタイムで行われる.本稿では,GNU Radioの基本概念,ソフトウェア・ハードウェアの構成,ハードウェアの特徴と制約を紹介し,最後にコグニティブ無線技術の試作例を紹介する.

    researchmap

  • B-17-20 Proper Selection of Parameters for Spectral Correlation Density Computation

    Haniz Azril, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2012年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-1-10 Characterization of Wideband Indoor MIMO Channel at 11 GHz

    Kim Minseok, Konishi Yohei, Chang Yuyuan, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2012年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 11GHz帯における広帯域スケーラブル24×24MIMOチャネルサウンダの開発

    金 ミンソク, 小西 洋平, 張 裕淵, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム  2012年5月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    高速伝送レートを実現する無線通信に対する要求が一層高まっており,高速伝送レートを実現するためには新たな周波数の開拓が必要である.なお,フェムトセルのように小さなエリアにおける利用形態の増加が予想され,個別環境における電波伝搬特性を解明することが重要とされている.本研究では,個別環境の電波伝搬チャネルを効率的に測定するために,広帯域双角度チャネル特性およびマルチリンクMIMOチャネル特性の測定が柔軟に行える24×24MIMOチャネルサウンダを開発した.本報告では,スケーラブルなチャネル測定手法を紹介し,複数送受信ユニットを制御するハードウェア・ソフトウェアの仕様を説明する.さらに,動作検証として行った屋内伝搬実験における到来方向推定例を紹介する.

    researchmap

  • 研究室紹介 高田研究室(東京工業大学)

    高田 潤一, 金 ミンソク

    信号処理  2012年5月  [信号処理学会]

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • BS-1-8 Eigenvalues Analysis for Wideband 8x12 MIMO Indoor Measurement at 11GHz Frequency

    Chang Yuyuan, Konishi Yohei, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2012年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Symbol Rate Estimation utilizing Spectral Correlation for Automatic Modulation Classification (ソフトウェア無線)

    HANIZ Azril, RAHMAN Md. Abdur, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2012年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語  

    Many modulation schemes exhibit a peak along the cross-section of the spectral correlation density (SCD) at the carrier frequency, where the cyclic frequency of that peak represents the symbol rate of the received signal. In this paper, a symbol rate estimation technique for various modulated signals is proposed. Window functions are used to improve discrete Fourier transform (DFT) results, and a simple filter is used to amplify peaks across the cyclic frequency domain. The proposed technique can be used together with feature extraction to perform AMC. Simulation results show that the proposed technique can estimate the symbol rate and classify modulations with good performance at SNRs of 4dB and above.

    researchmap

  • TVホワイトスペース(TVWS)を用いたエリア型放送の収容可能チャネル数の試算

    高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2012年1月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    本報告では,TVホワイトスペースを利用したエリア放送型システムのための技術的条件(案)に準拠し,都内における利用可能チャネル数の試算例を紹介する.

    researchmap

  • B-17-1 Exploitation of Signal Cyclostationarity for Modulation Classification

    Haniz Azril, Rabman Md. Abdur, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2011年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    Dept. of International Development Engineering, Tokyo Institute of Technology

    researchmap

  • B-1-36 Highly Scalable Wideband MIMO Channel Sounding Technique

    Kim Minseok, Konishi Yohei, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2011年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ソフトウェア無線アーキテクチャを用いた11GHz帯MIMOチャネルサウンダ

    小西 洋平, フェ ヴァン ファム, 丸一 雄大, 金 ミンソク, ゴレイシ ミール, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2011年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    将来の移動通信システムにおける更なる高速大容量化を実現するための基礎検討として,高周波帯の活用を前提とした伝送方式の研究・装置化が進められている.本報告では,上記の前提に基づいて既に開発した4×4 MIMOソフトウェア無線機を拡張した8×8システムについて報告するとともに,広帯域双角度チャネル特性およびマルチリンクMIMOチャネル特性の測定を念頭に置いたアレーアンテナ構成,及びチャネルサウンディング手法を提案する.ソフトウェア無線アーキテクチャを採用することにより,ビット誤り率やパケット誤り率などの伝送特性と伝搬路特性を実環境において同時に測定・評価できる.さらに,送信機・受信機をユニット単位で増設・分割することが可能であり,将来導入が予想されるマルチリンクMIMOシステムの実環境における評価にも適用できる利点がある.チャネルサウンダの性能としては,伝搬路の時間変動測定のために,1つのMIMOチャネル行列測定に要する時間が重要な指標となるが,提案するハードウェア構成及び多重化法を用いることにより一般的なスイッチング方式のチャネルサウンダと比較して,測定可能なドップラー変動を大きく拡張できる.提案手法の有効性を検証するため,開発した試作機を用いてチャネルサウンダとしての動作検証実験を行い,装置化したハードウェアおよびサウンディング手法の有効性を確認した.

    researchmap

  • Implementation issues of automatic modulation classification on software defined radio platform (ソフトウェア無線)

    Rahman Md. Abdur, Haniz Azril, Kim Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2011年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    Automatic modulation classification (AMC) is used in many military and civilian applications such as surveillance, spectrum monitoring, security, emitter identification, cognitive radio etc. Typically the receivers for the AMC is blind in nature i.e there is no pilot channel or known training sequence between the transmitters and receivers. This requires some non-data aided (NDA) signal processing in the receiver side. The detection algorithm becomes more complex in an environment where emitters use both analog and digital modulation schemes. AMC unit must estimate the carrier frequency, bandwidth, symbol rate etc. for accurate detection of the modulation types. In this demonstration, a feature based AMC algorithm will be introduced in the software defined radio (SDR) platform by using universal software peripheral radio (USRP), GNU radio and some open-source software.

    researchmap

  • B-17-6 ソフトウェア無線アーキテクチャによるMIMOチャネルサウンダの開発(B-17.ソフトウェア無線,一般セッション)

    小西 洋平, 金 ミンソク, 須山 聡, ゴレイシ ミール, 高田 潤一, 鈴木 博

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2011年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ABS-1-5 Investigation of Cooperative Transmit Diversity in Narrowband Wearable Wireless Body Area Network at 400-MHz WMTS Band

    Kim Minseok, Ingram Mary Ann, Mutsawashe Gahadza, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2011年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ソフトウェア無線アーキテクチャによるMIMOチャネルサウンダの構築

    小西 洋平, 金 ミンソク, ゴレイシ ミール, 高田 潤一, 須山 聡, 鈴木 博

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2011年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語  

    本報告では,広帯域双角度チャネル特性およびマルチリンクMIMOチャネル特性の測定を念頭に置いたチャネルサウンダをMIMOソフトウェア無線(SDR)アーキテクチャを用いて実現する方法を提案し,従来方式との比較によりその得失を議論する.SDRアーキテクチャを採用した提案方式では,ビット誤り率やパケット誤り率などの伝送特性と伝搬路特性の関係をリアルタイムに解析できる.さらに,送信機・受信機をユニット単位で増設・分割することが可能であり,将来導入が予想されるマルチリンクMIMOシステムの実環境における評価にも適用できる利点がある.提案手法の有効性を検証するため,4×4MIMO構成の試作機を用いてチャネルサウンダとしての動作検証実験を行い,提案するチャネルサウンディング手法の有効性を確認した.

    researchmap

  • Development of 4x4 full-MIMO channel sounder operating at 11 GHz with 400 MHz bandwidth utilizing software radio architecture

    Jun-Ichi Takada, Yohei Konishi, Boxin Gao, Minseok Kim, Mir Ghoraishi, Satoshi Suyama, Hiroshi Suzuki

    2011 30th URSI General Assembly and Scientific Symposium, URSIGASS 2011  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語  

    This paper reports the development of MIMO channel sounder operating at 11 GHz with 400 MHz bandwidth. The sounder utilizes the software radio architecture to measure the full MIMO channels simultaneously, since the same hardware can be also used to test the real-time data transmission. © 2011 IEEE.

    researchmap

  • Automatic modulation classification in wireless disaster area emergency network (W-DAEN)

    Md. Abdur Rahman, Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-Ichi Takada

    Proceedings of the 2011 6th International ICST Conference on Cognitive Radio Oriented Wireless Networks and Communications, CROWNCOM 2011  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語  

    Post-disaster situation requires quick and effective rescue efforts by the first responders. Generally the rescue teams use wireless radios for intra-agency communications. Lack of collaboration among different rescue agencies may create interference among the emergency radios. Identification of some physical parameters of these active radios is necessary for collaboration. Carrier frequency and bandwidth can be estimated by spectrum sensing, whereas modulation classification requires further signal processing and classification operations. Processing speed and performance of the classification system can be controlled by appropriate selection of signal parameters, signal processing techniques and the classification algorithms. A wireless disaster area emergency network (W-DAEN) can be installed in the disaster area to detect and capture data (time samples) of the occupied frequencies. This study consists of some simulation results of a machine learning based cooperative automatic modulation classification technique by using six unique features. The classification performance and processing time of the proposed algorithm is quite satisfactory for real-time classification system. © 2011 ICST.

    researchmap

  • Numerical simulations for dynamic WBAN propagation channel during various human movements

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-Ichi Takada, Kiyoshi Hamaguchi, Ryuji Kohno

    2011 5th International Symposium on Medical Information and Communication Technology, ISMICT 2011  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:英語  

    In this report, we performed six human movement simulation by a commercial software (Poser7). We performed FDTD simulations for body area network propagation with one transmitter and six receivers. Received amplitudes were calculated for every time frame of 1/30 s interval. We also demonstrated a polarization diversity effectiveness for dynamic wearable body area network propagation. © 2011 IEEE.

    researchmap

  • Automatic modulation classification in wireless disaster area emergency network (W-DAEN).

    Mohamed Abdur Rahman, Azril Haniz, Minseok Kim 0001, Jun-ichi Takada

    6th International ICST Conference on Cognitive Radio Oriented Wireless Networks and Communications(CrownCom)  2011年  ICST / IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    researchmap

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/rec/conf/crowncom/2011

  • B-17-21 Cooperative Spectrum Sensing in Disaster Affected Area

    Khadka Santosh, Rahman Md. Abdur, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2010年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-17-19 Performance Evaluation of Supervised Learning based Automatic Modulation Classification

    Rahman Md. Abdur, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2010年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • BS-10-10 様々な人体動作時における動的ウェアラブルWBAN伝搬チャネルのシミュレーション計算(BS-10.医療・ヘルスケアにおける情報通信技術,シンポジウムセッション)

    青柳 貴洋, 金 ミンソク, 高田 潤一, 浜口 清, 河野 隆二

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2010年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-193 Influence of Phase Noise on the Frequency Division Multiplexing Channel Sounder for Super High Bit-Rate Wireless Communications

    Ghoraishi Mir, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2010年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Design and implementation of emergency radio information system (ソフトウェア無線)

    Rahman Md. Abdur, Haniz Azril, Khadka Santosh, ISWANDI, GAHADZA Mutsawashe, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2010年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    Emergency rescue operations require quick and efficient setup of collapsed telecommunication infrastructure in the disaster area. In a scenario where international rescue teams come for help, an automatic network collaboration system is necessary to avoid the interferences. This work developed a prototype that can detect the presence of active emergency radios with some physical parameters and maintain a public database. The prototype can demonstrate some basic functions of the proposed system. Energy detector based cooperative spectrum sensing as well as a supervised learning based automatic modulation recognition system have been implemented by using USRP and GNU Radio.

    researchmap

  • B-1-12 MIMOソフトウェア無線アーキテクチャによるチャネルサウンディング方式(B-1.アンテナ・伝播A(電波伝搬,非通信利用),一般セッション)

    高田 潤一, 金 ミンソク, ゴレイシ ミール

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2010年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-17-18 Implementation of a Cooperative Spectrum Sensing System using GNU Radio and USRP

    Haniz Azril, Rahman Md. Abdur, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2010年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-17-16 Performance Analysis of A Supervised Learning Based Automatic Modulation Classification Technique

    Rahman Md. Abdur, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2010年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-5-180 Investigation of Doppler Frequency Shift of Dynamic BAN Channel through Analysis of On-Body Antenna Movement

    Iswandi, KIM Minseok, TERAO Yuuki, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2010年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 球波動関数を用いた双角度チャネルのモデル化

    中井 健二, 高田 潤一, 金 ミンソク, マルジィエ ダシティ, ライティネン トミー

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波  2010年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語  

    無線チャネルを測定・解析・モデル化する際に,通信機器の一部である送受信アンテナをチャネルから切り出し,アンテナに依存しない電波伝搬路モデルを構築するアプローチは双角度チャネルモデルと呼ばれている.本稿では,双角度チャネルモデルを球波動関数を用いて再構築することを目的とし,実際のアンテナ及び伝搬路特性に対して球波動関数による表現を試みる.さらに,球波動関数を用いて再構成した複素放射パタンを示し,また再構成のために必要とされるモード数を議論する.

    researchmap

  • コグニティブ無線におけるスペクトルセンシング法

    金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2010年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:英語  

    近年,Opportunisticな周波数の二次利用により周波数の効率的な利用を図るコグニティブ無線技術が注目をされるなか,既存システムに干渉を与えないために既存システムのスペクトル利用状況を高い信頼性で判断するスペクトルセンシング技術が重要な課題となっている.本報告では,スペクトル検出の信頼性を高める手法としてOFDM信号の周期定常性を用いるCyclic Detectorについて解説するとともに,効率的な広帯域スペクトル検出手法としてポリフェーズDFTフィルタバンクを利用した複数チャネルセンシング機構について紹介する.

    researchmap

  • 超高速ビットレート移動通信方式用チャネルサウンダの開発

    小西洋平, 金 ミンソク, 須山 聡, ゴレイシ ミール, 高田 潤一, 鈴木 博

    2010年信学ソ大, 9月  2010年  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Design and implementation of a cognitive radio based emergency sensor network in disaster area (ソフトウェア無線)

    Rahman Md. Abdur, Khadka Santosh, Iswandi, GAHADZA Mutsawashe, HANIZ Azril, KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2009年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    Emergency communication systems are set to perform efficient rescue operations after disasters. Wireless communications is the only choice for these networks. After a natural disaster like earthquake in a metropolitan area, rescue operations must be quick and collaborative. Rescue teams setup their own emergency networks urgently. Checking the availability of the wireless channels in the disaster area is a time consuming and inconvenient solution. A spectrum sensing network that can detect the location and frequency of active emergency radio emitters in the disaster area can be helpful to avoid the interference among the rescue teams. This study discusses about the technologies and framework of such a spectrum sensing system for emergency communications.

    researchmap

  • コグニティブ無線におけるDFTフィルタバンクを用いた複数チャネルスペクトル検出法

    金 ミンソク, 長縄 潤一, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2009年5月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

    近年,Opportunisticな周波数の二次利用より周波数の効率的な利用を図るコグニティブ無線技術が注目をされるなか,既存システムに干渉を与えないために既存システムのスペクトル利用状況を高い確率で判断するスペクトルセンシング技術が重要な課題となっている.これまでに広帯域にまたがる複数のチャネルを同時にセンシングするための機構として,隣接チャネルからの電力漏れを抑えられるフィルタバンクを用いたセンシング機構が提案されてきている.フィルタバンクはバンドパスフィルタの効率的な実装を可能にすることから注目を集めているが,そのセンシング性能は十分に検討されていない.そのため本報告では,まずポリフェーズDFTフィルタバンクにエネルギー検出器を接続した複数チャネルセンシング機構を提案し,そのセンシング性能を理論的解析と数値シミュレーションで評価し,同時にフィルタ性能や各設計パラメータのセンシング性能に与える影響を検討した.また,従来のDFTによるピリオドグラム法,逐次的な単チャネルセンシングとの比較も行った.

    researchmap

  • UHF帯におけるネットワークアナライザを用いた動的なBAN(Body Area Network)チャネル測定—Dynamic BAN channel measurement using network analyzer in UHF—マイクロ派

    寺尾 優輝, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2009年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • BS-1-6 Investigation of Channel Coherency on Dynamic Body Surface Propagation with Human Movement

    金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2009年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • SPT項を用いた高速フィルタ演算実現技術とそのソフトウェア無線への応用—SPT term-based digital filter implementation technique and its application to software defined radio—回路とシステム

    ベ チュンフン, 茂木 貴之, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2009年3月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

    その他リンク: http://id.ndl.go.jp/bib/10207298

  • UHF帯におけるネットワークアナライザを用いた動的な BAN (Body Area Network) チャネル測定

    寺尾 優輝, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波  2009年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    本報告では、ボディエリアネットワークにおける動的なチャネル特性に関して実際の人体にアンテナを装着して行った測定結果について報告する.本測定は,チャネル伝達関数の測定ためネットワークアナライザを使用し,444.5MHz,611MHz,953MHzの周波数,被験者2名、またオフィス環境を想定して測定を行った.また,静止・徒歩・立ち座りの動作モデルを想定し,送信点を臍付近に固定し,人体表面の10ヵ所において測定を行った.本報告では、主に動的なチャネル測定システムの構築について報告する.

    researchmap

  • Implementation of a channel sounder using GNU radio opensource SDR platform (ソフトウェア無線)

    Gahadza Mutsawashe, Kim Minseok, Takada Jun-ichi

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2009年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:英語  

    GNU Radio refers to some open source software which, together with low cost hardware called USRP, can be used to realize a software radio platform. Cognisant of the possible practical limitations inherent to GNU-radio technology, this research seeks to explore the suitability of this technology in realization of a software radio platform. A PN sequence based channel sounding system with two Linux based host PC and two USRPs configured in the Master - Slave mode, was therefore implemented as a target application.

    researchmap

  • コグニティブ無線におけるDFTフィルタバンクを用いたスペクトル検出法

    長縄 潤一, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2009年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:英語  

    近年,Opportunisticな周波数の二次利用より周波数の効率的な利用を図るコグニティブ無線技術が注目をされるなか,既存システムに干渉を与えないために既存システムのスペクトル利用状況を高い確率で判断するスペクトルセンシング技術が重要な課題となっている.これまでに広帯域にまたがる複数のチャネルを同時にセンシングするための機構として、フィルタバンクを用いたセンシング機構が提案されてきている.フィルタバンクはバンドパスフィルタの効率的な実装を可能にすることから注目を集めているが,そのセンシング性能は十分に検討されていない.そのため本報告では,まずポリフェーズDFTフィルタバンクにエネルギー検出器を接続したマルチチャネルセンシング機構を提案し,そのセンシング性能を理論的解析と数値シミュレーションで評価し,同時にフィルタ性能や各設計パラメータのセンシング性能に与える影響を検討した.また,従来のFFTによるセンシング,逐次的な単チャネルセンシングとの比較も行った.

    researchmap

  • SPT項を用いた高速フィルタ演算実現技術とそのソフトウェア無線への応用

    ベ チュンフン, 茂木 貴之, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式  2009年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    AD変換器の高速化およびディジタルプロセッサの処理能力の進化に伴い,RF信号を直接AD変換して処理するダイレクトコンバージョン方式に基づいたソフトウェア無線技術が広く用いられている.ダイレクトコンバージョン方式では,RF信号の膨大なデータ処理のために,高速かつ高精度なディジタルフィルタが必要となるが,ディジタル実装時にフィルタの回路規模が問題となる.本稿では,このフィルタ演算の回路規模を減らすために,SPT項(Signed-Powers-of-Two Term)を用いてフィルタの乗算器係数を近似したディジタルフィルタを設計し,FPGAで実装して,従来のフィルタとの回路規模の比較によりその有効性を検証する.

    researchmap

  • B-17-6 Influence of Quantization on Detection Performance of Cognitive Radio Receiver

    MAHARJAN Sabita, KIM Minseok, PO Kimtho, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2008年9月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-1-43 Dynamic wireless BAN Channel Measurement

    KIM Minseok, TAKADA Jun-ichi

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2008年9月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • スペクトルセンシング評価システムの構築

    金 ミンソク, 呂 楽, ポ キムトウ, マハルジャン サビタ, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線 : IEICE technical report  2008年7月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • RF信号のダイレクトA/D変換によるソフトウェア無線受信機の試作と評価 (第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集) -- (実現技術)

    茂木 貴之, 金 ミンソク, 市毛 弘一

    回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集  2008年4月  [電子情報通信学会]

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ETC料金所用リアルタイム電波伝搬測定装置の開発

    金 ミンソク, 高田 潤一, 安藤 哲雄, 相馬 隆治

    電子情報通信学会技術研究報告. SR, ソフトウェア無線  2008年4月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語  

    ETC料金所における実信号を用いたリアルタイムの多重到来波分離測定システムの開発を行ったので,そのハードウェア構成,測定原理,信号処理の概要に関して報告する.本システムは,ETCレーンを閉鎖せず,ETC基地局から実際に発射される電波を用いて,測定車により移動しながら測定可能である.空間的な電力分布の測定を行なうばかりでなく,多重到来波を分離して各到来波の散乱過程と強度を推定するものである.

    researchmap

  • RF信号のダイレクトA/D変換によるソフトウェア無線受信機の試作と評価—Almost fully digital receiver implementation using direct RF-to-digital conversion—第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集 ; 実現技術

    茂木 貴之, 金 ミンソク, 市毛 弘一

    回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集  2008年4月  [電子情報通信学会]

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • ETC料金所用リアルタイム電波伝搬測定装置の開発—Development of real-time propagation measurement system for electric toll collecting system—ソフトウェア無線

    金 ミンソク, 高田 潤一, 安藤 哲雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2008年1月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Energy Detector without Diversity Reception

    Kimtho Po, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report (SR)  2008年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    researchmap

  • B-1-198 QRD-RLSのFPGA実装における回路規模と性能の定量的評価(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般講演)

    横山 良晃, 金 ミンソク, 新井 宏之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2007年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-197 自動整合回路制御アルゴリズムのFPGA実装(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般講演)

    大場 弘和, 金 ミン錫, 玉置 亮太郎, 新井 宏之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2007年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Low-profile loop-shaped inverted-F wire antenna with dualmode operation

    Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    TENCON 2007 - 2007 IEEE REGION 10 CONFERENCE, VOLS 1-3  2007年  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語  

    This paper proposes a new design of a dualmode operation antenna. We introduced loop-shaped inverted-F wire antenna using a parasitic element within a feeding element for additional resonance mode that has small and low profiled structure. This paper discusses theoretical dual resonance operation and investigates the characteristics along some dimensional parameters by numerical analyses. The measurement results with the proposed structure will be also presented.

    researchmap

  • B-1-192 自動整合回路の制御アルゴリズム(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般講演)

    大場 弘和, 金 ミン錫, 新井 宏之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2006年9月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • LMS, RLS, QRD-RLSアルゴリズムのFPGA実装と評価

    横山 良晃, 大場 弘和, 金 ミン錫, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播  2006年6月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    高速移動体通信の実現を可能にする手法としてMMSE (Minimum Mean Square Error)アダプティブアレーアンテナが挙げられる.MMSEアダプティブアレーは,干渉波や遅延波に対してアンテナ指向性のヌルを向けて抑圧し,所望波にはビームを向けることで所望信号のデータを取り出すことができる.主なMMSEアルゴリズムとして,LMS (Least Mean Square), RLS (Recursive Least Squares)アルゴリズムの最適化アルゴリズムがあり,RLSアルゴリズムはLMSアルゴリズムよりも収束が速いが演算量がアンテナ素子数の2乗に比例して増加することが問題になっていた.そこで,効率的な並列パイプライン処理を用いてギブンズ回転に基づくQRD-RLSアルゴリズムの計算を行うのがRLSシストリックアレーであり,RLSアルゴリズムに必要とされる処理時間を削減することができる.本稿ではLMS, RLS, QRD-RLSアルゴリズムのFPGA実装を同一ハードウェアに行い,回路規模と実時間での収束特性および固定小数点演算におけるビット依存性についての評価を行う.

    researchmap

  • B-1-217 単一FPGAによるRLSシストリックアレーの実装(B-1.アンテナ・伝播C(アンテナシステム),一般講演)

    横山 良晃, 金 ミン錫, 新井 宏之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2006年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-276 FPGAを用いたRLSアダプティブアレーによる室内伝搬実験(B-1. アンテナ・伝播C(アンテナシステム), 通信1)

    中島 淳, 金 ミンソク, 新井 宏之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2005年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • B-1-230 Performance Evaluation of FPGA-based Fast DOA Estimator

    KIM Minseok, ICHIGE Koichi, ARAI Hiroyuki

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2004年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • RLSアルゴリズムを用いたMMSEアダプティブアレーのFPGA実装

    松本 直也, 金 ミン錫, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム  2003年11月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    MMSE (Minimum Mean Square Error)アダプティブアレーアンテナを用いてマルチパスフェージングや干渉波の影響を軽減することが可能となる.MMSEアダプティブアレーアンテナには主に3つの最適化手法があり,その中でRLS (Recursive Least Squares)アルゴリズムは収束が早い利点が知られている.一方,RLSアルゴリズムは行列演算を含む計算量が多いという欠点がある.そこで,並列処理が可能なFPGA (Field Programmable Gate Array)を使用することで処理速度の向上を図ることが考えられる.しかし,FPGAは固定小数点演算が適しているため,固定のビット長でのRLSアルゴリズム処理にはその精度について検討が必要である.筆者たちは以前の文献において,シミュレーションから素子数を限定することにより固定小数点演算においても浮動小数点演算並みの推定精度が得られることを確認している.本稿では,シミュレーションにより得られた必要となる固定小数点のビット数をもとに,RLSアルゴリズムをFPGAに実装し,正弦波の場合での実験による検討を行う.また,MMSEアダプティブアレーに関しては同期処理という問題がある.本検討では,正弦波1波が入射した場合に同期を取るためのマッチトフィルタをFPGAに実装する.そして,同期処理器を用いたRLSアルゴリズムの正弦波による検討を行う.

    researchmap

  • B-1-118 Design of Fast DOA Estimator using Unitary MUSIC Algorithm based on FPGA

    KIM Minseok, ICHIGE Koichi, ARAI Hiroyuki

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2003年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • FPGAを用いたアダプティブアレーアンテナ送信機の試作

    村松 慎太郎, 金 ミン錫, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム  2003年2月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:英語  

    マルチパスフェージングの問題の解決や、SDMA(Space Division Multiple Access)方式の実現による周波数利用効率の向上に有効な下り回線の指向性制御を行えるシステムを試作した。このシステムは複数のFPGA(Field Programmable Gate Array)を搭載し、各アレーアンテナに必要な信号処理を並列に行う構成となっている。具体的には入力されたシリアルデータにQPSKマッピングを行い複素ウェイトを乗じた後にデジタルアップコンバートで直接IF信号を生成する回路をFPGAに実装を行った。本報告では、アダプティブアレーアンテナ送信機のデジタル部の実装について報告をする。

    researchmap

  • A-4-70 Design of EVD Computation Processor for MUSIC DOA Estimation By using Cyclic Jacobi Method based on CORDIC

    KIM Minseok, ICHIGE Koichi, ARAI Hiroyuki

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2002年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • B-1-34 MUSIC法による到来方向推定システムの実装に関する研究

    村松 慎太郎, 金 ミン錫, 新井 宏之

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集  2001年8月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • MUSIC法における固有値分解アルゴリズムのFPGA実現に関する検討

    金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2001年3月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 廊下環境における300 GHz帯伝搬損失特性

    高橋莉玖, ゴッシュ アニルバン, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2023年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 市街地マクロセル環境におけるミリ波帯クラスタチャネル特性の空間一貫性の評価

    鈴木直也, 高橋莉玖, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2023年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Multipath Extraction in a Conference Room Scenario at 300 GHz using Subgrid CLEAN

    Anirban Ghosh, Minseok Kim, Riku Takahashi, Kosuke Shibata

    IEICE General Conference  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 市街地マクロセル環境におけるSub-6 GHz帯伝搬チャネル特

    高橋莉玖, 塚田響, 鈴木直也, 日野一世, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 多重波伝搬を用いたパッシブ型屋内測位法における複数遮蔽物追跡法の検討

    池上十五, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • CPSワイヤレスエミュレータのための準決定論的電波伝搬モデル

    塚田響, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯クラスタチャネル特性の空間一貫性の評価

    鈴木直也, 塚田響, 高橋莉玖, 日野一世, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 300GHz帯双角度チャネルサウンダの動作検証実験

    柴田航輔, 高橋莉玖, 金ミンソク

    電子情報通信学会 ソサイエティ大会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of Automatic Clustering Algorithm for Accurate Cluster ChannelModeling

    Pulasthi Rukshan Hettiarachchi, Minseok Kim

    IEICE Shin-etsu Section Conference  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 劣悪な無線通信環境下におけるパッシブ型屋内測位法の性能評価

    池上十五, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Large Scale Channel Parameters Prediction Model using VGG16 based Transfer Learning

    Zhiqiang Li, Minseok Kim

    IEICE Society Conference  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 市街地マイクロセル環境におけるミリ波伝搬測定

    塚田響, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金ミンソク, 沢田浩和, 松村武

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波を用いた動作測定及び識別法の基礎検討

    輪湖圭祐, 金ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 屋内多重波クラスタ測定を通じた300GHz 帯双角度チャネルサウンダの検証

    高橋莉玖, 柴田航輔, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2022年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 24/60GHz帯デュアルバンド双角度チャネルサウンダの開発

    塚田 響, 熊倉啓一朗, 鈴木直也, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯小セル環境におけるランダムクラスタの発生メカニズム

    鈴木直也, 熊倉啓一朗, 塚田 響, 高橋莉玖, 金 ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 移動物体同定のための電波トモグラフィーを用いたイメージ作成法の検討

    池上十五, 三宅祐人, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of K-PowerMean Based Automatic Clustering Algorithm for Accurate Cluster Channel Modeling

    Hettiarachchi Pulasthi Rukshan, Keigo Shibuya, Minseok Kim

    IEEJ Tokyo Branch Meeting  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 部屋の形状推定法を用いたデバイスフリー測位法

    三宅祐人, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 広場小セルアクセス環境における60GHz帯双角度チャネル測定

    熊倉啓一朗, 唐率欽, 塚田響, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Large Scale Parameters Estimation By Machine Learning of Reflected Rays Information

    Inocent Calis, Minseok Kim

    IEICE Society Conference  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of Machine Learning based Large-Scale Channel Parameter Estimation Method

    Zhiqiang Li, Minseok Kim

    IEICE Shin-etsu Section Conference  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オフィス環境におけるミリ波クラスタチャネルモデル

    塚田響, 熊倉啓一朗, 唐率欽, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • オフィス環境における双角度ミリ波チャネル測定結果

    熊倉啓一朗, 唐率欽, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • クラスタの数と角度広がりのチャネル特性に及ぼす影響

    塚田 響, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波を用いた伝搬環境イメージング法の精度評価

    三宅祐人, 金ミンソク, 高田潤一

    電子情報通信学会総合大会  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Fast Full-Azimuth Scanning Double-Directional Millimeter-Wave Channel Sounding System

    Shuaiqin Tang, Keiichiro Kumakura, Minseok Kim

    IEICE General Conference  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of Double-directional Millimeter-Wave Radio Channel Sounder using Analog Beamforming

    Shuaiqin Tang, Keiichiro Kumakura, Minseok Kim

    IEICE Shin-etsu Section Conference  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯無線通信システムを用いた環境形状イメージング

    三宅祐人, 金ミンソク, 高田潤一

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波帯屋内Intra-Clusterチャネルモデルを用いた伝送性能評価

    山川 慧士, 岸本 悟, 金ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波トモグラフィーイメージング法を用いた屋内測位の性能評価

    田嵜威司, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 機械学習を用いた屋内伝搬チャネルモデルの高精度化の検討

    三田雅大, 金ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波を用いた心拍・呼吸の非接触同時推定実験

    永井恒輝, 金ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 車内構造物における 60 GHz帯の反射及び透過の基礎的調査

    松井研輔, 金子裕哉, 金ミンソク, 國立忠秀

    電子情報通信学会総合大会  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-26  

    researchmap

  • 市販の無線LANを用いた広帯域MIMOチャネル測定法の開発

    百瀬秀亮, 金ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:5D-2  

    researchmap

  • 周期定常性を用いた非接触型心拍・呼吸同時推定法の開発

    永井恒輝, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月  B-19-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Development of Double-directional Millimeter-Wave Radio Channel Sounder using Analog Beamforming

    Shuaiqin Tang, Keiichiro Kumakura, Minseok Kim

    IEICE Shin-etsu Section Conference  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Experimental Evaluation of WiFi based Indoor Localization

    Satoru Yasukawa, Hideaki Momose

    IEICE Shin-etsu Section Conference  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 屋内エントランスホール環境におけるミリ波伝搬路モデルの構築

    山川慧士, 岸本悟, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-26  

    researchmap

  • 市販の無線LANを用いた屋内測位法の検討

    安川悟, 金ミンソク

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019年9月  B-1-126

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ZigBee準拠のウェアラブルBANシステムを用いたリアルタイム動作同定システムの実装

    三田雅大, 金ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:4A-1  

    researchmap

  • 多重波トモグラフィーイメージング(RTI)による屋内測位法の検討

    金ミンソク, 田嵜威司

    電子情報通信学会総合大会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-141  

    researchmap

  • ミリ波帯屋内超高速無線アクセス回線における準決定論的伝搬経路モデル

    岸本悟, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-30  

    researchmap

  • 無線通信路の時空間特徴量を用いた屋内測位法の検討

    安川悟, 金ミンソク

    電子情報通信学会総合大会  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-31  

    researchmap

  • ミリ波を通信路特性を用いたハンドジェスチャー認識

    金 ミンソク, 森山 聡一郎

    2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-8-1  

    researchmap

  • 通信路の時空間特徴量を用いたWiFi測位システムの検討

    安川 悟, 金 ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:4B-3  

    researchmap

  • 深度センサを用いたミリ波ビームスイッチングシステム

    百瀬 秀亮, 金 ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:P1-24  

    researchmap

  • 屋内環境における高分解能ミリ波伝搬測定と散乱プロセスの解析

    岸本 悟, 金 ミンソク

    電子情報通信学会信越支部大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:4D-5  

    researchmap

  • 高分解能到来角特性を用いたマイクロ波とミリ波帯の伝搬メカニズムの比較

    黒瀬 拓人, 金 ミンソク

    2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-1-7  

    researchmap

  • 無線BAN伝搬路特性を用いた人体動作同定における特徴量削減

    市川 裕貴, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2018-4  

    researchmap

  • ミリ波通信路応答を用いた呼吸と心拍計測法の検討

    真柄 浩堯, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2017-55  

    researchmap

  • 伝搬路特性を用いた人体動作同定における特徴量の検討

    市川 裕貴, 金 ミンソク

    2018年電子情報通信学会総合大会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-20-3  

    researchmap

  • ミリ波帯移動通信における粗面散乱特性の実験的検証

    金 ミンソク, 岩田 樹, 佐々木 重信, 高田 潤一

    2018年電子情報通信学会総合大会  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-31  

    researchmap

  • Millimeter Wave Indoor Channel Characterization using High Resolution Multipath Parameter Estimation 招待

    Minseok Kim, Tatsuki Iwata, Shigenobu Sasaki, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:SRW2017-82  

    researchmap

  • Experimental Validation Of Ray Tracing Assisted Mm-Wave Switched Beamforming 国際会議

    Tomoyuki Nakayama, Minseok Kim

    The 6th International Symposium on Fusion Technology (ISFT 2018)  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • Performance Evaluation of Channel Parameter Estimation Technique in Directional Antenna Scanning 国際会議

    Tatsuki Iwata, Minseok Kim

    The 6th International Symposium on Fusion Technology (ISFT 2018)  2018年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata, Japan  

    researchmap

  • ミリ波帯移動通信における粗面散乱特性の実験的検証

    赤坂 啓太, 金 ミンソク

    2017年電子情報通信学会信越支部大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:4D-3  

    researchmap

  • 伝搬路特性を用いた人体動作の同定法のシミュレーション

    市川 裕貴, 金 ミンソク

    2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-8-2  

    researchmap

  • 指向性アンテナ角度走査による伝搬経路の最尤パラメータ推定における誤差評価

    金 ミンソク

    2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-27  

    researchmap

  • ミ多次元TCM/OFDMにおける位相変動の影響について

    西山 貴宣, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2016-6  

    researchmap

  • 指向性アンテナ走査による超分解能伝搬経路推定法

    岩田 樹, 金 ミンソク

    2017年電子情報通信学会総合大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-32  

    researchmap

  • ミリ波帯ビームフォーミングシステムの特性評価

    中山 智之, 金 ミンソク

    2017年電子情報通信学会総合大会  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-31  

    researchmap

  • ミリ波帯屋外オープンエリア環境における周囲の壁面反射波を考慮した伝搬路モデル

    梅木 建人, 金 ミンソク, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2016-97  

    researchmap

  • BANコンテキストアウェア通信のための伝搬路特性を用いた人体動作の同定法の一検討

    市川 裕貴, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2016-74  

    researchmap

  • 屋内ホール環境における58.5GHz帯電波伝搬路測定実験

    岩田 樹, 金 ミンソク, 梅木 健人, 高田 潤一, 佐々木 重信

    2016年電子情報通信学会信越支部大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:4B-3  

    researchmap

  • ソフトウェア無線機を用いた帯域内全二重通信における自己干渉波抑制実験

    黒川 雄介, 金 ミンソク

    2016年電子情報通信学会信越支部大会  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:3C-1  

    researchmap

  • ソフトウェア無線機を用いた2.4GHz帯の電波伝搬路測定装置の開発

    黒瀬 拓人, 岩田 樹, 黒川 雄介, 金 ミンソク, 佐々木重信

    電子情報通信学会技術研究報告  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2016-64  

    researchmap

  • Millimeter-wave Outdoor-to-Indoor Channel Measurement in Atrium Environment

    金 ミンソク, 岩田 樹, 梅木健人, 高田潤一, 佐々木重信

    2016年IEICE Society Conference  2016年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-11  

    researchmap

  • スペクトルセンシングにおける信号レベル推定に関する一検討

    山菅 健, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2016-33  

    researchmap

  • Channel Sounding in 2.4GHz and 60GHz band for Multi-band Wireless LAN System

    Tianyang Min, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2016-39  

    researchmap

  • 11GHz帯屋外ストリートセルマイクロ環境におけるMIMOチャネル伝搬パラメータ特性

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2016-65  

    researchmap

  • ミリ波屋外アクセス環境における電波伝搬メカニズムに関する考察

    岩田 樹, 金 ミンソク, 梅木 建人, ワンチュー カラマ, 高田 潤一, 佐々木重信

    電子情報通信学会技術研究報告  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2016-66  

    researchmap

  • Trend of Channel Model Development for High-frequency Use and IEEE802.11ay Channel Model 招待

    Minseok Kim, Shigenobu Sasaki

    IEICE Technical Report  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:SRW2016-26  

    researchmap

  • Novel Geometry-based Multipath Clustering and Cluster Tracking for Double Directional Channel Modeling

    Panawit Hanpinitsak, Kentaro Saito, Junichi Takada, Minseok Kim, Lawrence Materum

    The 602nd URSI-F Meeting  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ミリ波屋外アクセス環境における電波伝搬メカニズムの同定

    岩田 樹, 金 ミンソク, 梅木 健人, ワンチュック カルマ, 高田潤一, 佐々木 重信

    2016年電子情報通信学会総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-42  

    researchmap

  • 11GHz帯屋内環境におけるDense Multipath Component角度/偏波特性

    齋藤 健太郎, 高田 潤一, 金 ミンソク

    2016年電子情報通信学会総合大会  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-31  

    researchmap

  • Energy Harvestingを導入したリレー伝送システムに関する一検討

    西巻 宏晃, 佐々木 重信, 金 ミンソク, Ioannis Krikidis

    電子情報通信学会技術研究報告  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2015-92  

    researchmap

  • スペクトルセンシングにおける微弱信号推定法に関する一検討

    山菅 健, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2015-109  

    researchmap

  • Identification of Mm-Wave Propagation Mechanism in an Outdoor Environment 国際会議

    Tatsuki Iwata, Minseok Kim, Kento Umeki, Karma Wangchuk, Jun-ichi Takada, Shigenobu Sasaki

    International Symposium on Fusion Technology (Fusioin Tech 2016)  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Harbin, China  

    researchmap

  • 11GHz帯屋内MIMOチャネルDense Multipath Component特性評価 招待

    齋藤健太郎, 高田潤一, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:AP2015-138  

    researchmap

  • Stochastic Channel Model for Residential Microcellular Environements at 11GHz 招待

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Satoshi Suyama

    IEICE Technical Report  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:AP2015-130  

    researchmap

  • 11GHz Directional Wideband Channel Measurements in Residential Microcellular Environments

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda, Satoshi Suyama

    IEICE Technical Report  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2014-197  

    researchmap

  • Directional Characteristics of Millimeter Wave Propagation Channel in Outdoor Urban Picocell 招待

    Karma Wangchuk, Minseok Kim, Kento Umeki, Tatsuki Iwata, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2015年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:AP2015-238  

    researchmap

  • Multi-dimensional TCM/OFDM for the IEEE802.22 WRAN 国際会議

    Shigenobu Sasaki, Takuto Uchida, Minseok Kim

    The 21st Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2015)  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto, Japan  

    researchmap

  • nderline{Minseok Kim} ``USRP prototyping of Multidimensional TCM/OFDM Communication Systems

    Takuto Uchida, Shigenobu Sasaki

    IEICE Technical Report  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2015-54  

    researchmap

  • Measurement based Investigation of Clusters in Indoor Millimeter Wave Propagation Channel

    Karma Wangchuk, Minseok Kim, Kento Umeki, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada

    2015 IEICE Society Conference  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-6  

    researchmap

  • 11GHz帯 屋内MIMOチャネルDense Multipath伝搬パラメータ推定

    齋藤 健太郎, 金 ミンソク, 高田 潤一

    2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-1-3  

    researchmap

  • Enhanced Clustering of Multipath Components Utilizing Geometrical Parameters for Dynamic Indoor Double-Directional Propagation Channel 国際会議

    Panawit Hanpinitsak, Kentaro Saito, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    URSI-JRSM 2015  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Human Motion Classification Utilizing Radio Signal Strength in Wireless Body Area Network 国際会議

    Sukhumarn Archasantisuk, Takahiro Aoyagi, Tero Uusitupa, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    URSI-JRSM 2015  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Cluster Characteristics of 11 GHz Urban Microcellular Channels

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2015 IEICE Society Conference  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-14  

    researchmap

  • ホワイトスペース利用型無線LANにおける周波数マネジメント法の特性評価

    佐々木 重信, 星野 諒太, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2015-42  

    researchmap

  • Polarimetric Mm-Wave Channel Measurement and Characterization in a Small Cell Office Environment

    Minseok Kim, Kento Umeki, Karma Wangchuk, Jun-ichi Takada, Shigenobu Sasaki

    IEICE Technical Report  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2015-20  

    researchmap

  • Antenna de-embedding and antenna-channel recombination of MIMO system: feasibility investigation in spherical wave domain

    Yang Miao, Jun-ichi Takada, Haneda Katsuyuki, Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2014-71  

    researchmap

  • Characteristics of Urban Cellular Radio Channels at 11 GHz

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Yuyuan Chang, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda

    IEICE Technical Report  2015年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2014-50  

    researchmap

  • 多次元符号化変調を用いたWRANの特性評価

    内田 拓人, 佐々木 重信, 金 ミンソク

    電子情報通信学会技術研究報告  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2015-8  

    researchmap

  • Polarimetric Millimeter-Wave Channel Measurement and Characterization in Office Environments

    Kento Umeki, Minseok Kim, Minseok Kim, Shigenobu Sasaki

    The 2nd Workshop on Electronics and Information Engineering (WEIE 2015)  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:P-1  

    researchmap

  • Development of SISO Channel Sounder using SDR

    Yusuke Kurokawa, Minseok Kim

    The 2nd Workshop on Electronics and Information Engineering (WEIE 2015)  2015年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:P-2  

    researchmap

  • ミリ波チャネルサウンダにおける位相雑音校正法の検討

    金 ミンソク, 佐々木重信

    2015年 電子情報通信学会総合大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-10  

    researchmap

  • ミリ波帯屋外オープンエリアアクセス環境における伝搬路モデル

    梅木 建人, 金 ミンソク, 岩田 樹, カルマ ワンチュー, 高田 潤一, 佐々木 重信

    電子情報通信学会技術研究報告  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2015-54  

    researchmap

  • mmWave Channel Sounding for Future Heterogeneous Cellular Networks -- System development and preliminary measurement analysis --

    Karma Wangchuk, Pham Kinh Hung, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SRW2014-52  

    researchmap

  • Development of Channel Sounder using GNU Radio/USRP: Timing Synchronization and Phase Alignment

    Tianyang Min, Minseok Kim, Junichi Takada

    IEICE Technical Report  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2014-131  

    researchmap

  • 11 GHz Indoor MIMO Channel Parameter Estimation Using Gradient Method

    Shizhi Zhang, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2014-162  

    researchmap

  • Development of MIMO Channel Sounder using GNU Radio/USRP

    TianYang Min, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2014-8  

    researchmap

  • 室内環境におけるUWB BANコーディネータのダイバーシチの評価

    小林 翔, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2014-13  

    researchmap

  • Cooperative Relaying and Outage Performance in Narrowband Wireless Body Area Network

    Karma Wangchuk, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2014-1  

    researchmap

  • Experimental Investigation of Interlink Correlation in Multi-link MIMO Channels

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2014 IEICE General Conference  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-196  

    researchmap

  • Comparative Study of Measurement and Simulation to Identify the Dominant Propagation Mechanisms in Indoor Multipath Channels at 11 GHz

    Khagendra Belbase, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    URSI-F Japanese Committee Meeting  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:no.583  

    researchmap

  • Cluster-Based Indoor Radio Channel Characterization at 11GHz

    Van Hue Pham, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2013-200  

    researchmap

  • Investigation on Accuracy of Antenna De-embedding in Spherical Wave Domain

    Yang Miao, Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Katsuyuki Haneda

    2014 IEICE General Conference  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-8  

    researchmap

  • FDTD法を用いた電波伝搬解析におけるアンテナ・伝搬路分離の誤差評価

    長縄 潤一, 羽田 勝之, 金 ミンソク, 青柳 貴洋, 高田 潤一

    2014年 電子情報通信学会総合大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-37  

    researchmap

  • 11 GHz帯における市街地環境での非正規散乱の影響評価

    辻 理絵子, 金 ミンソク, 高田 潤一

    2014年 電子情報通信学会総合大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-19  

    researchmap

  • 人体歩行時における体表WBANアンテナの外部からの送信波のシャドウイングの方向特性に関する検討

    青柳 貴洋, 金 ミンソク, 高田 潤一

    2014年 電子情報通信学会総合大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-5-2  

    researchmap

  • Application of Geostatistical Techniques for RSSI Spatial Interpolation

    Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Kei Sakaguchi, Shintaro Arata

    2014 IEICE General Conference  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-35  

    researchmap

  • マルチリンクMIMOチャネルにおけるリンク間相関の実験的検討

    金 ミンソク, 高田 潤一

    2014年 電子情報通信学会総合大会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-196  

    researchmap

  • Polarimetric Path Gain Calculation Using Uniform Circular Arrays with Directional Antenna Elements in Multipath Environments

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2013-166  

    researchmap

  • A statistical model for double directional channel model in spherical wave domain

    Yang Miao, Katsuyuki Haneda, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    URSI-F Japanese Committee Meeting  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:no.580  

    researchmap

  • 11 GHz帯マイクロセル環境における非正規散乱物体同定と散乱メカニズムの解釈へ向けた検討

    辻 理絵子, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2013-159  

    researchmap

  • 複数アンテナを有するBANコーディネータのダイバーシチ効果の確認

    小林 翔, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2013  

    researchmap

  • FDTD法を用いた電波伝搬解析におけるアンテナ・伝搬路分離の初期的検討

    長縄 潤一, 羽田 勝之, 金 ミンソク, 青柳 貴洋, 高田 潤一

    2013年 電子情報通信学会ソサイエティ大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-5  

    researchmap

  • Path Loss Calculation Using UCA with Directional Elements in Multipath Environments

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2013 IEICE Society Conference  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-10  

    researchmap

  • 人体動作におけるUWB BANチャネルダイバーシティ効果の考察

    小林 翔, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2013-19  

    researchmap

  • Results of Field Measurement with Wideband MIMO Sounder at 11 GHz for Macrocell Environments

    Yuyuan Chang, Van Hue Pham, Minseok Kim, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:RCS2013-2  

    researchmap

  • FDTD 法による電波伝搬シミュレーションに向けた球波動関数の励振

    長縄 潤一, 羽田 勝之, 青柳 貴洋, 金 ミンソク, 高田 潤一

    2013年 電子情報通信学会総合大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-52  

    researchmap

  • 超高速ビットレート移動通信のための11GHz帯24x24MIMO屋外伝搬実験

    沈 紀惲, 張 裕淵, 小田 恭弘, 金 ミンソク, 高田 潤一

    2013年 電子情報通信学会総合大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-5-115  

    researchmap

  • 超高速ビットレート移動通信のための24x24チャネルサウンダの開発

    高田 潤一, 金 ミンソク, 張 裕淵, 小西 洋平

    2013年 電子情報通信学会総合大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-5-112  

    researchmap

  • 歩行動作におけるUWB BANチャネルの動特性の実験的な検討

    小林 翔, 金 ミンソク, 高田 潤一

    2013年 電子情報通信学会総合大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-8-9  

    researchmap

  • Indoor Channel Capacity of Dual-polarized 24 x 24 MIMO System at 11 GHz for Super High Bit-Rate Mobile Communication

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Jun-ichi Takada

    2013 IEICE General Conference  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-5-113  

    researchmap

  • Throughput of IEEE 802.15.6 MAC in the Presence of Channel Error

    Robithoh Annur, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2013 IEICE General Conference  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-8-5  

    researchmap

  • Measurement Result of Microcell Environment with MIMO Sounder at 11 GHz for Super High Bit-Rate Mobile Communication Systems

    Yuyuan Chang, Minseok Kim, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda, Jun-ichi Takada

    2013 IEICE General Conference  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-5-114  

    researchmap

  • Analysis of Field Measurement with Wideband MIMO Sounder at 11 GHz Frequency

    Yuyuan Chang, Yohei Konishi, Minseok Kim, Jiyun Shen, Yasuhiro Oda, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2012-153  

    researchmap

  • Path Loss Simulation for Body Area Network using FDTD Method

    Jun-ichi Naganawa, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2012-110  

    researchmap

  • On-body Multilink Radio Channel Measurement for Cooperative Transmission

    Karma Wangchu, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2012-12  

    researchmap

  • Development of measurement system for Body Area Network by UWB

    Sho Kobayashi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2012-111  

    researchmap

  • Analysis for Wideband 8 X 12 MIMO Indoor Measurement at 11 GHz Frequency with Presence of People

    Yuyuan Chang, Yohei Konishi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2012 IEICE Society Conference  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-9  

    researchmap

  • Proper Selection of Parameters for Spectral Correlation Density Computation

    Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2012 IEICE Society Conference  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-20  

    researchmap

  • Characterization of Wideband Indoor MIMO Channel at 11 GHz

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Jun-ichi Takada

    2012 IEICE Society Conference  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-10  

    researchmap

  • Multi-link Indoor MIMO Measurements at 11 GHz using Scalable Wideband Channel Sounder

    Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Minseok Kim, Yuta Maruichi, Pham Hue Van, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:RCS2012-90  

    researchmap

  • Contact-less Heartbeat Detection Technique by using Microwave

    Yanran Liu, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Takahiro Kishi, Junko Suzuki, Satoshi Suzuki

    IEICE Technical Report  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2012-3  

    researchmap

  • Development of BAN Simulation Environment using FDTD method on multi-GPUs

    Jun-ichi Naganawa, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2012-5  

    researchmap

  • Development of Wideband Scalable 24x24 MIMO Channel Sounder at 11 GHz

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Yuyuan Chang, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:RCS2012-28  

    researchmap

  • Frequency-dependent I/Q Imbalance Compensation for Wideband Quadrature Modulator using Sub-band Circuit Parameter Estimation

    Minseok Kim, Yuta Maruichi, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2012-2  

    researchmap

  • Indoor Wideband 8×12 MIMO Channel Analysis in an Exhibition Hall with Presence of People

    Yuyuan Chang, Yohei Konishi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2012 IEICE Society Conference  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-1-8  

    researchmap

  • Wideband IQ Imbalance Compensation Technique for Quadrature Modulator

    Yuta Maruichi, Yohei Konishi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2011-110  

    researchmap

  • Highly Scalable Wideband MIMO Channel Sounding Technique

    Minseok Kim, Yohei Konishi, Jun-ichi Takada

    2011 IEICE Society Conference  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-36  

    researchmap

  • 11GHz MIMO Channel Sounder using Software Radio Architecture

    Yohei Konishi, Pham Hue Van, Yuta Maruichi, Minseok Kim, Mir Ghoraishi, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2011-28  

    researchmap

  • Automatic Modulation Classification Based on Cyclostationarity for Software Radios

    Azril Haniz, Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2011-39  

    researchmap

  • Implementation of a Spectrum Automatic Modulation Classification in Wireless Disaster Area Emergency Network (W-DAEN) 国際会議

    Md. Abdur Rahman, Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    International ICST Conference on Cognitive Radio Oriented Wireless Networks and Communications (CROWNCOM)  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka, Japan  

    researchmap

  • Channel Sounding Technique using MIMO Software Radio Architecture 招待 国際会議

    Yohei Konishi, Minseok Kim, Mir Ghoraishi, Jun-ichi Takada, Satoshi Suyama, Hiroshi Suzuki

    the 5th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP)  2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rome, Italy  

    researchmap

  • Body Motion and Channel Response of Dynamic Body Area Channel 招待 国際会議

    Takahiro Aoyagi, Iswandi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Kiyoshi Hamaguchi, Ryuji Kohno

    the 5th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP)  2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rome, Italy  

    researchmap

  • Development of MIMO Channel Sounder using Software Radio Architecture

    Yohei Konishi, Minseok Kim, Satoshi Suyama, Mir Ghoraishi, Jun-ichi Takada, Hiroshi Suzuki

    2011 IEICE General Conference  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-6  

    researchmap

  • Investigation of Cooperative Transmit Diversity in Narrowband Wearable Wireless Body Area Network at 400-MHz WMTS Band

    Minseok Kim, Mary Ann Ingram, Gahadza Mutsawashe, Jun-ichi Takada

    2011 IEICE General Conference  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ABS-1-5  

    researchmap

  • Channel Sounding Technique using Software Defined Radio Architecture

    Yohei Konishi, Minseok Kim, Mir Ghoraishi, Junichi Takada, Satoshi Suyama, Hiroshi Suzuki

    IEICE Technical Report  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2010-100  

    researchmap

  • Simulation of Dynamic BAN Channel for Navel to Arm Links Based on Antenna Motion

    Iswandi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Takahiro Aoyagi

    IEICE Technical Report  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2010-22  

    researchmap

  • Numerical Simulations for Wearable BAN Propagation Channel during Various Human Movements and Diversity Strategy

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Kiyoshi Hamaguchi, Ryuji Kohno

    IEICE Technical Report  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2010-21  

    researchmap

  • Influence of Phase Noise on the Frequency Division Multiplexing Channel Sounding 国際会議

    Mir Ghoraishi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 Asia Pacific Microwave Conference  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan  

    researchmap

  • Implementation of a Spectrum Sensing Based Emergency Radio Information System 招待 国際会議

    Md. Abdur Rahman, Azril Haniz, Santosh Khadka, Iswandi, Mutsawashe Gahadza, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    SDR 10  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington DC, US  

    researchmap

  • Spectrum Sensing on Emergency Radio Spectrum Management System 国際会議

    Azril Haniz, Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT 2010)  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo, Japan  

    researchmap

  • Influence of Phase Noise on the Frequency Division Multiplexing Channel Sounder for Super High Bit-Rate Wireless Communications

    Mir Ghoraishi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 IEICE Society Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-193  

    researchmap

  • Development of Channel Sounder for Super High Bit-Rate Wireless Communication Systems

    Yohei Konishi, Minseok Kim, Satoshi Suyama, Mir Ghoraishi, Jun-ichi Takada, Hiroshi Suzuki

    2010 IEICE Society Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-192  

    researchmap

  • Emergency Radio Identification by Supervised Learning Based Automatic Modulation Recognition 国際会議

    Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 Asia-Pacific Radio Science Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • Effect of On-Body Antenna Motions To the BAN Channel Fluctuations 国際会議

    Iswandi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 Asia-Pacific Radio Science Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyama, Japan  

    researchmap

  • Numerical Simulation for Dynamic Wearable WBAN Propagation Channel of Various Human Movevments

    Takahiro Aoyagi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Kiyoshi Hamaguchi, Ryuji Kohno

    2010 IEICE Society Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-10-10  

    researchmap

  • Cooperative Spectrum Sensing in Disaster Affected Area

    Santosh Khadka, Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 IEICE Society Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-21  

    researchmap

  • Performance Evaluation of Supervised Learning based Automatic Modulation Classification

    Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 IEICE Society Conference  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-19  

    researchmap

  • Design and Implementation of Emergency Radio Information Sistem

    Md. Abdur Rahman, Azril Haniz, Santosh Khadka, Iswandi, Mutsawashe Gahadza, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2010-34  

    researchmap

  • Prototyping and Evaluation of Software Defined Radio using GNU Radio-USRP 招待

    Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:SR2010-25  

    researchmap

  • Analysis of Antenna Motion Dependency on BAN Channels

    Iswandi, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2010-7  

    researchmap

  • Performance Analysis of A Supervised Learning Based Automatic Modulation Classification Technique

    Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 IEICE General Conference  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-16  

    researchmap

  • Implementation of a Cooperative Spectrum Sensing System using GNU Radio and USRP

    Azril Haniz, Md. Abdur Rahman, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2010 IEICE General Conference  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-18  

    researchmap

  • Channel Sounding Technique using MIMO Software Radio Archtecture

    Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Mir Goraishi

    2010 IEICE General Conference  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-12  

    researchmap

  • Double-directional channel representation by use of vector spherical harmonics

    Kenji Nakai, Jun-ichi Takada, Minseok Kim, Dashti Marzieh, Tommi Laitinen

    IEICE Technical Report  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2009-198  

    researchmap

  • Spectrum Sensing Techniques for Cognitive Radios 招待

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:SR2009-92  

    researchmap

  • Observation on Speed of On-Body Antenna Motion for Predicting the Doppler Frequency Shift of Dynamic BAN Channel

    Iswandi, Minseok Kim, Yuuki Terao, Jun-ichi Takada

    2010 IEICE General Conference  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-5-180  

    researchmap

  • Three Dimensional Motion Analysis of Antennas on Body for BAN Channel Modeling

    Iswandi, Minseok Kim, Yuuki Terao, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2009-26  

    researchmap

  • BANチャネルにおけるアンテナ・ディエンベディングのための基礎検討

    寺尾 優輝, 金 ミンソク, イスワンディ, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2009-27  

    researchmap

  • Development of Spectrum Sensing System with GNU Radio and USRP to Detect Emergency Radios

    Md. Abdur Rahman, Santosh Khadka, Iswandi, Mutsawashe Gahadza, Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2009-57  

    researchmap

  • Design and implementation of a Cognitive Radio Based Emergency Sensor Network in Disaster Area

    Md. Abdur Rahman, Santosh Khadka, Iswandi, Mutsawashe Gahadza, Azril Haniz, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2009-27  

    researchmap

  • SPT項を用いたFIRフィルタの設計とソフトウェア無線受信機の実装への応用

    ベ チュンフン, 茂木 貴之, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2009-31  

    researchmap

  • Multichannel Spectrum Sensing using Polyphase DFT Filter Bank for Opportunistic Cognitive Radios 招待

    Minseok Kim, Jun-ichi Naganawa, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:SR2009-19  

    researchmap

  • UHF帯における狭帯域BAN(Body Area Network)チャネル測定

    寺尾 優輝, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2009-8  

    researchmap

  • Implementation of a Channel Sounder using GNURadio Opensource SDR Platform

    Mutsawashe Gahadha, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2008-94  

    researchmap

  • Spectrum Sensing Technique using polyphase DFT Filter Bank for Cognitive Radios

    Jun-ichi Naganawa, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2008-101  

    researchmap

  • Investigation of Channel Coherency on Dynamic Body Surface Propagation with Human Movement

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2009 IEICE General Conference  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:BS-1-6  

    researchmap

  • SPT項を用いた高速フィルタ演算実現技術とそのソフトウェア無線への応用

    ベ チュンフン, 茂木 貴之, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SIP2008-201  

    researchmap

  • UHF帯におけるネットワークアナライザを用いた動的なBAN(Body Area Network)チャネル測定

    寺尾 優輝, 金 ミンソク, 高田 潤一

    電子情報通信学会技術研究報告  2009年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MW2008-190  

    researchmap

  • Statistical Property of Path Gain in Dynamic BAN Channel

    Minseok Kim, Yuuki Terao, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:MICT2008-19  

    researchmap

  • Practical Detection Issues of Spectrum Sensing for Cognitive Radio System

    Sabita Maharjan, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2008-85  

    researchmap

  • Study on Energy Detector with Diversity Receptions

    Kimtho Po, Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2008-65  

    researchmap

  • Spectrum sensing demonstration system for energy and cyclostationary detectors

    Minseok Kim, Raku Ryo, Kimtho Po, Sabita Maharjan, Jun-ichi Takada

    IEICE Technical Report  2008年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2008-35  

    researchmap

  • Performance Evaluation of a Cooperative Sensing based on Energy and Cyclic Detection

    Kimtho Po, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2008-5  

    researchmap

  • RF信号のダイレクトA/D変換によるソフトウェア無線受信機の試作と評価

    茂木 貴之, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bd2-4-4  

    researchmap

  • Dynamic wireless BAN channel measurement

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada

    2008 IEICE Society Conference  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-43  

    researchmap

  • Influence of ADC Quantization on Detection Performance of Cognitive Radio Receiver

    Sabita Maharjan, Minseok Kim, Kimtho Po, Jun-ichi Takada

    2008 IEICE Society Conference  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-6  

    researchmap

  • Low-profile Loop-element Inverted-F Wire Antenna for Dualmode Operation

    Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2007-154  

    researchmap

  • ETC料金所用リアルタイム電波伝搬測定装置の開発

    金 ミンソク, 高田 潤一, 安藤 哲雄, 相馬 隆治

    電子情報通信学会技術研究報告  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2007-82  

    researchmap

  • Performance Evaluation of Cyclic Detector in Cognitive Radio

    Kimtho Po, Jun-ichi Takada, Minseok Kim

    IEICE Technical Report  2007年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2007-53  

    researchmap

  • Fully Digital Receiver Implementation using Direct RF-to-Digital Conversion

    Takayuki Moteki, Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2007-30  

    researchmap

  • Adaptive Impedance Matching System using FPGA Processor of Efficient Control Algorithm

    Hirokazu Oba, Minseok Kim, Ryotaro Tamaki, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2006-149  

    researchmap

  • QRD-RLSのFPGA実装における回路規模と性能の定量的評価

    横山 良晃, 金 ミンソク, 新井 宏之

    2007年 電子情報通信学会総合大会  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-198  

    researchmap

  • Performance comparison of LMS, RLS and QRD-RLS algorithm by FPGA Implementation

    Yoshiaki Yokoyama, Minseok Kim, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2006-51  

    researchmap

  • 単一FPGAによるRLSシストリックアレーの実装

    横山 良晃, 金 ミンソク, 新井 宏之

    2006年 電子情報通信学会総合大会  2006年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-217  

    researchmap

  • 16-element DOA estimation system

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:SR2005-43  

    researchmap

  • FPGAを用いたRLSアダプティブアレーによる室内伝搬実験

    中島 淳, 金 ミンソク, 新井 宏之

    2005年 電子情報通信学会総合大会  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-276  

    researchmap

  • ディジタルダウンコンバージョン方式受信機におけるサンプリングジッタの影響

    清野 愛子, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    2004年 電子情報通信学会ソサイエティ大会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-17-2  

    researchmap

  • FPGAを用いたMMSEアダプティブアレーの性能評価

    中島 淳, 金 ミンソク, 新井 宏之

    2004年 電子情報通信学会ソサイエティ大会  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-5-78  

    researchmap

  • 高速到来方向推定処理器の実装における性能評価およびビーム形成法の検討

    金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告  2004年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2004-18  

    researchmap

  • Performance Evaluation of FPGA-based Fast DOA Estimator

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2004 IEICE General Conference  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-230  

    researchmap

  • RLSアルゴリズムを用いたMMSEアダプティブアレーのFPGA実装

    松本 直也, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    電子情報通信学会技術研究報告  2003年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2004-210  

    researchmap

  • Design of Fast DOA Estimator using Unitary MUSIC Algorithm based on FPGA

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2003 IEICE General Conference  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-118  

    researchmap

  • A Prototype Transmitter Using FPGA and Adaptive Antenna Array for High-Speed Mobile Communication System

    Shintaro Muramatsu, Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2003年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2003-14  

    researchmap

  • Design of Jacobi EVD Processor Based on CORDIC for DOA Estimation with MUSIC Algorithm 国際会議

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    The 13th IEEE Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Commun. (PIMRC2002)  2002年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisbon, Portugal  

    researchmap

  • Adaptive Array Antenna Experimental System based on FPGAs and its evaluation through implementation of MRC beamformer

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai, Koichi Tsunekawa

    IEICE Technical Report  2002年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2002-38  

    researchmap

  • MUSIC法のための固有値展開における固定小数点演算の最適ビット長の検討

    村松 慎太郎, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    2002年 電子情報通信学会総合大会  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-18  

    researchmap

  • Design of EVD Computation Processor for MUSIC DOA Estimation by Using Cyclic Jacobi Method based on CORDIC

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2002 IEICE General Conference  2002年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:A-4-70  

    researchmap

  • MUSIC法による到来方向推定システムの実装に関する研究

    村松 慎太郎, 金 ミンソク, 市毛 弘一, 新井 宏之

    2001年 電子情報通信学会ソサイエティ大会  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-34  

    researchmap

  • Development of a Digital Prototype Board for Adaptive Array Antenna Receiver

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai, Masahiro Fukuta

    2001 IEICE Communication Society Conference  2001年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-151  

    researchmap

  • FPGA-Based DSP Implementation of Simple MRC Digital Beamforming Antenna

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    IEICE Technical Report  2001年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AP2001-49  

    researchmap

  • Examination of FPGA Implementation on Eigenvalue Decomposition in MUSIC Method

    Minseok Kim, Koichi Ichige, Hiroyuki Arai

    2001 IEICE General Conference  2001年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-45  

    researchmap

  • DOA Estimation using DBF Array Antenna and FPGA-based DSP Impelementation

    Minseok Kim, Yuki Inoue, Kohei Mori, Hiroyuki Arai

    2000 KEES General Conference  2000年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:B-1-230  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 活動功労賞

    2022年9月   電子情報通信学会通信ソサイエティ  

     詳細を見る

  • 功労賞

    2022年6月   電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会(A・P研)  

    金ミンソク

     詳細を見る

  • 活動功労賞

    2021年9月   電子情報通信学会通信ソサイエティ  

     詳細を見る

  • 功労賞

    2021年6月   電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会(A・P研)  

     詳細を見る

  • 功労賞

    2019年6月   電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会(A・P研)  

     詳細を見る

  • 第14回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞

    2019年5月   電子情報通信学会 通信ソサイエティ  

    金 ミンソク

     詳細を見る

  • ヘルスケア・医療情報通信技術研究賞(一般カテゴリー)

    2016年7月   電子情報通信学会ヘルスケア・医療情報通信技術研究会   室内環境におけるUWB BANコーディネータのダイバーシチの評価

    金 ミンソク

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • AWAP 2016 Excellent Research Award

    2016年1月   AWAP   Identification of Propagation Mechanism of Mm-Wave Outdoor Access Link

    Minseok Kim

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:大韓民国

    researchmap

  • 第29回 テレコムシステム技術賞(奨励賞)

    2014年3月   電気通信普及財団  

    Minseok Kim, Jun-ichi Takada, Yohei Konishi

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

  • 若手奨励賞

    2003年10月   IEEE VTS Japan Chapter  

    Minseok Kim

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ヘルスケアモニタリングのためのマルチバンドJCAS(Joint Communication and Sensing)技術 – 測定,アルゴリズム,解析

    2023年7月 - 2023年9月

    制度名:国際交流支援事業外国人研究者招へい

    提供機関:情報通信研究機構

    金ミンソク, 苗 陽

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 国際標準化におけるテラヘルツ帯伝搬チャネルモデルの技術提案及び動向調査

    2023年5月 - 2024年3月

    制度名:ワイヤレス利用分野における国際標準化動向調査

    提供機関:一般社団法人電波産業会

    Kim Minseok, 高田潤一, 佐々木重信, Kang CheChia

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5045700円 ( 直接経費:4587000円 、 間接経費:458700円 )

    NICT B5G研究開発促進事業シーズ創出型プログラム「テラヘルツ帯チャネルサウンディング及び時空間チャネルモデリング技術の開発 (#02701)」により得られた研究成果を基に、国際標準化の技術提案及び動向調査を行う。

    researchmap

  • 障害物等による劣悪環境下でも通信可能なパッシブ無線通信方式の開発

    研究課題/領域番号:JA22P22683407

    2022年7月 - 2025年3月

    制度名:英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業

    研究種目:課題解決型廃炉研究プログラム

    提供機関:文部科学省

    新井 宏之, 久我 宣裕, Kim Minseok, 杉本 義喜

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:35035000円 ( 直接経費:26950000円 、 間接経費:8085000円 )

    researchmap

  • 車両内環境における超高分解能ミリ波伝搬チャネル測定およびデータ解析

    2022年7月 - 2022年8月

    制度名:国際交流支援事業海外研究者招へい

    提供機関:情報通信研究機構

    金ミンソク, アニルダ チャンドラ

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • テラヘルツ帯チャネルサウンディング及び時空間チャネルモデリング技術の開発

    2021年11月 - 2024年3月

    制度名:革新的情報通信技術研究開発委託研究

    研究種目:Beyond 5Gシーズ創出型プログラム

    提供機関:国立研究開発法人情報通信研究機構

    Kim Minseok, 高田 潤一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:165022820円 ( 直接経費:126940633円 、 間接経費:38082187円 )

    researchmap

  • 仮想空間における電波模擬システム技術の高度化に向けた研究開発

    2020年8月 - 2024年3月

    制度名:電波資源拡大のための研究開発

    提供機関:総務省

    Kim Minseok

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:56588508円 ( 直接経費:45569000円 、 間接経費:11019508円 )

    researchmap

  • ミリ波無線通信を用いたデバイスフリー人動線可視化技術の研究開発

    研究課題/領域番号:195004002

    2019年6月 - 2020年3月

    制度名:総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)

    提供機関:総務省

    Kim Minseok

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4490000円 ( 直接経費:4300000円 、 間接経費:1290000円 )

    スマートホーム・スマートビルディングの実現に向けて、人の位置や動線を環境情報としてデータ化することが求められる。最近注目のミリ波通信は、広帯域の信号帯域幅の使用とアレーアンテナによるビーム形成が容易であるため、高分解能信号処理により多重波を分離し個別に扱うことが可能である。本研究開発では、ミリ波帯通信を用いた多重波イメージング法を開発し、高精度デバイスフリー人動線センシングの実現を目指す。

    researchmap

  • 電波による住環境データ化と環境情報同定

    2019年3月 - 2022年3月

    制度名:調査研究助成

    提供機関:(公財)KDDI財団

    金 ミンソク

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

    researchmap

  • 無線通信路特性を用いた人体動作同定に関する研究

    2017年4月 - 2018年3月

    制度名:研究助成

    提供機関:(一財)永井エヌ・エス知覚科学振興財団

    金 ミンソク

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:850000円 ( 直接経費:850000円 )

    researchmap

  • 第5世代移動通信システムの実現に向けたミリ波通信路測定に関する試験研究

    2016年10月 - 2017年3月

    制度名:研究助成

    提供機関:(公財)新潟工学振興会

    金 ミンソク

      詳細を見る

    配分額:400000円 ( 直接経費:400000円 )

    researchmap

  • マルチバンド無線LANのための2.4 GHz帯と60 GHz帯における時空間通信路特性の相関関係に関する調査研究

    2016年6月 - 2017年3月

    制度名:研究助成

    提供機関:(公財)内田エネルギー科学振興財団

    金 ミンソク

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:200000円 ( 直接経費:200000円 )

    researchmap

  • 次世代ミリ波アクセスリンクにおける通信環境計測によるアンテナビームの動的制御法の開発

    2016年4月 - 2017年3月

    制度名:研究助成

    提供機関:(公財)電気通信普及財団

    金 ミンソク

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

    researchmap

  • マイクロ波・ミリ波移動通信のための高角度分解能電波伝搬特性に関する研究

    研究課題/領域番号:15H04003

    2015年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    高田 潤一, Kim Minseok, 齋藤 健太郎

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    本研究では,10GHz以上の周波数帯において狭ビームアンテナを用いた移動通信システムを実現するための基礎研究として,高い角度分解能で電波伝搬特性を測定する装置(チャネルサウンダ)を構築して伝搬路の角度特性を実験的に明らかにするとともに,伝搬環境中の散乱物体の詳細な形状データを使用した電波伝搬特性予測のためのシミュレーション技術を開発し,これらの成果を用いて狭ビームアンテナ向けの無線通信路モデルを構築した.

    researchmap

  • 次世代移動通信シ ステムのためのミリ波帯アクセスリンクの時空間伝搬特性に関する研究開発

    研究課題/領域番号:145004102

    2014年10月 - 2015年3月

    制度名:総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)

    提供機関:総務省

    Kim Minseok, 高田 潤一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4459000円 ( 直接経費:3430000円 、 間接経費:1029000円 )

    本研究開発は,次世代移動通信システムにおける狭いサービスエリア(スモールセル)内の高速アクセスリンクのための10GHzを超える高周波数マイクロ波・ミリ波帯の時空間伝搬特性に関するものである.具体的には,60GHz・ミリ波帯における角度遅延特性・MIMO通信路特性同時に測定する装置の開発,典型的な運用環境における複数周波数の電波伝搬特性の測定,データ解析を通じて支配的な伝搬メカニズムと周波数による影響の解明,そして,確率的通信路モデルの構築を行うものである.特に,高周波数帯無線機における局部発振器の位相雑音問題をデジタル信号処理で補償する技術を取り入れ,これまで測定が困難であることから十分に解明されなかった通信路の動特性や偏波特性を解明を目指す.さらに,通信路特性に加えて伝搬環境の画像データや距離情報を用いるアンテナビーム制御技術を開発し,実用的なシステム運用法を提案する.

    researchmap

  • BANコンテキストアウェア通信のための伝搬路特性を用いた人体状態の同定法の研究

    研究課題/領域番号:26420344

    2014年4月 - 2017年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    Kim Minseok, 青柳 貴洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究では,人体周辺の無線センサネットワーク(BAN)において,複数のセンサから取得した伝搬路の時間変動と人体の状態(動作や姿勢)との関係を実験的に明らかにし,人体の状態を高精度で同定する手法の開発を行った.また,人体の状態と伝搬路の状態との関係性(通信品質を決定する特徴量)を具体化し,人体の状態に応じたコーディネータの送信電力の最適化するコンテキストアウェアネス通信法を開発し評価を行った.具体的な実施内容は次のようである.「伝搬路測定系の構築」,「信号設計と伝搬路測定法の開発」,「伝搬路の時間特性による人体状態の同定法の確立」,「人体状態による伝搬路状態の分類とモデル化」などを実施した.

    researchmap

  • 人体周辺の無線センサーネットワークにおける電波伝搬チャネルモデルに関する研究

    研究課題/領域番号:22360150

    2010年 - 2012年

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    高田 潤一, 青柳 貴洋, 金 ミンソク

      詳細を見る

    配分額:19240000円 ( 直接経費:14800000円 、 間接経費:4440000円 )

    人体周辺での無線通信(BodyAreaNetwork,BAN)は,医療・ヘルスケアや消防,軍事のような特定分野のみならず,エンターテインメント用途へも広がりを見せつつある.本研究では,人体の動的な特性を考慮したBAN通信路の根本的な問題に取り組み,測定方法の改善及びより実用的なモデル構築法,さらにはその応用としての通信特性改善技術を確立することを目的としている.本研究の成果は以下の4点に集約される:(1)多点動的通信路測定システムの構築,(2)動的通信路シミュレーション手法の開発,(3)体表通信路特性からのアンテナの寄与の分離方法の検討,(4)動的通信路特性を用いた高信頼性通信方式の検討.

    researchmap

  • 超高速移動通信システムの実現に向けた要素技術の研究開発

    2009年9月 - 2012年3月

    制度名:電波資源拡大のための研究開発

    提供機関:総務省

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 電気電子工学文献詳読Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学研究発表演習(中間発表)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電子情報通信特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 工学リテラシー入門(化学システム工学科)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学実験I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学実験III

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 論文輪講

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研修

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 通信応用システム特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気回路I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気回路演習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • プログラミング基礎

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学実験II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学実験IV

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子創造設計

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子設計製図

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 卒業研究

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論Ⅲ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 総合技術科学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • リメディアル演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学セミナーⅠ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • エレクトロニクス入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 電気電子工学特定研究Ⅰ

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 企業における生産・開発II

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 企業における生産・開発I

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験II

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験III

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 通信応用システム特論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 先端科学技術総論

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IVA

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講I

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IVB

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講II

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信設計製図

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IIIB

    2020年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IIIA

    2020年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(情報電子分野)

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IIB

    2019年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IIA

    2019年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IB

    2018年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信実験IA

    2018年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎Ⅰ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎Ⅱ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • リメディアル演習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 総合技術科学演習

    2017年
    機関名:新潟大学

  • エレクトロニクス入門

    2015年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学研究発表演習(中間発表)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学セミナーⅠ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学文献詳読Ⅰ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅲ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学特定研究Ⅰ

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 電子情報通信特論

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電気回路演習I

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 電気回路I

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研修

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • プログラミング基礎

    2014年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 論文輪講

    2014年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学実験IV

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子設計製図

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学実験III

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学実験I

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子工学実験II

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 通信応用システム特論

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 電気電子創造設計

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 工学リテラシー入門(化学システム工学科)

    2014年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示