2021/10/26 更新

写真a

ヒワ タカコ
檜皮 貴子
HIWA Takako
所属
教育研究院 人文社会科学系 教育学系列 准教授
教育学部 保健体育・スポーツ科学講座 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(コーチング学) ( 2014年12月   筑波大学 )

  • 修士(体育学) ( 2007年3月   筑波大学 )

研究キーワード

  • 体育科教育

  • 運動指導

  • 体つくり運動

  • 体操

  • 転倒予防

  • 高齢者

研究分野

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   教育学部   講師

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 駿河台大学   非常勤講師

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 福島大学   非常勤講師

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  • 駿河台大学   現代文科学部   准教授

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 埼玉大学   教育学部   非常勤講師

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 駿河台大学   現代文科学部   講師

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 東京藝術大学   美術学部   助教

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育学部 保健体育・スポーツ科学講座   准教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 人文社会科学系 教育学系列   准教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育学部 保健体育・スポーツ科学講座   講師

    2014年4月 - 2021年3月

学歴

  • 筑波大学   人間総合科学研究科後期課程

    2007年4月 - 2014年12月

      詳細を見る

  • 筑波大学   体育学研究科

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

  • 筑波大学   体育専門学群

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 日本ラート協会   普及部委員  

    2016年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 新潟県体育学会   理事,編集委員長  

    2014年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本体操学会   常任理事  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • (公財)日本体操協会   一般体操委員会委員  

    2007年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

取得資格

  • 高等学校教諭専修免許状(保健体育)

  • 中学校教諭専修免許状(保健体育)

 

論文

  • 転倒予防を目的とした小学校体育授業に関する研究 : 動的バランス運動介入の効果 査読

    日本転倒予防学会誌   7 ( 1 )   53 - 63   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 児童を対象とした体つくり運動と器械運動の融合単元に関する検討 : 補助倒立に着目して

    川口 正太郎, 檜皮 貴子, 吉田 直樹

    新潟体育学研究   36   3 - 8   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育学会新潟県支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 投の運動感覚に着目した児童の遠投指導に関する研究

    吉田 直樹, 檜皮 貴子, 川口 正太郎

    新潟体育学研究   36   9 - 14   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育学会新潟県支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 児童を対象とした逆上がり指導に関する研究 : 小学校4年生を対象に

    白井 明, 檜皮 貴子, 吉田 朱里, 吉田 直樹, 川口 正太郎

    新潟体育学研究   35   47 - 52   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育学会新潟県支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 紙鉄砲を活用した遠投指導に関する研究 : 女子大学生を対象に

    吉田 直樹, 檜皮 貴子, 吉田 朱里, 川口 正太郎, 白井 明

    新潟体育学研究   35   29 - 34   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育学会新潟県支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 体つくり運動における児童の投能力向上を目指した運動教材に関する研究 : ひねり動作に着目して

    吉田 朱里, 檜皮 貴子, 川口 正太郎, 白井 明, 吉田 直樹

    新潟体育学研究   35   11 - 16   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育学会新潟県支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 鉄棒における加速車輪時のバーのしなりが終末技に与える影響 : 後方伸身2回宙返り下りに着目して

    川口 正太郎, 五十嵐 久人, 牛山 幸彦, 大庭 昌昭, 亀山 就平, 檜皮 貴子

    新潟体育学研究   35   53 - 59   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本体育学会新潟県支部  

    CiNii Article

    researchmap

  • 震災避難者の語りからみる体操教室参加の意味づけ―福島県双葉町から茨城県つくば市への避難者の事例から―

    古屋朝映子, 檜皮貴子, 鈴木王香, 高橋靖彦, 長谷川聖修

    コーチング学研究   29 ( 2 )   139‐148   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 女性高齢者を対象とした転倒予防体操の考案:転倒回避動作に着目して 査読

    檜皮貴子

    2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:学位論文(博士)  

    researchmap

  • バランスボードを用いた女性高齢者向け転倒予防体操の考案

    檜皮 貴子, 長谷川 聖修

    体育学研究   58 ( 2 )   707 - 720   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    Objective: In the present study, we devised an exercise program (GUT exercise) based on the motor structure of motion for avoidance of falls. The exercise uses an unbalanced board specially designed for the elderly. The feet are made intentionally unstable by tilting, pitching and rolling the board. From an unbalanced posture, a person steps forward or backward. Such movement is undertaken at a steady tempo (70 beats/min) in time to music. Our aim was to acquire basic knowledge of fall evasion movements in elderly women by devising an exercise program with our balance board, and we determined the ability of the subjects to balance by measuring their degree of unease about falling before and after implementation of the program, and compared the differences.<br> Methods: The subjects were 18 elderly women (average age 72.6±4.0 years) who performed exercise training for 5 months (15 sessions). Measurements were done before and after the exercise for a single-foot standing test with the eyes open, Function Reach (FR), Tandem Walk, and Timed Up and Go (TUG) test, as well as investigating the extent of unease about falling.<br> Results:<br> 1)  Balance ability improved significantly after the GUT exercise in the single-foot standing test with the eyes open, FR, and Tandem Walk (p<0.01, p<0.01 and p<0.05, respectively).<br> 2)  Considering the degrees of difference before and after implementation of the GUT exercise, we observed significantly favorable correlations for the single-foot standing test with the eyes open, FR, and TUG (p<0.01, p<0.05 and p<0.01, respectively). The measurements revealed a clear tendency for subjects with lower scores before implementation of the GUT exercise to show higher degrees of improvement afterwards.<br> 3)  The average degree of unease about falling was 10.3±0.6 before the GUT exercise and 10.4±0.9 after the exercise, thus demonstrating that unease about falling remained relatively unchanged.<br> Discussion: In conventional coaching aimed at making the elderly better at avoiding falls, unstable postures should be avoided from a safety viewpoint. In the exercise we have devised, however, the body's center of gravity is made to shake in an unstable situation. Applying this exercise to elderly women seems to have improved their balancing ability without worsening their unease about falling.<br> Conclusion: The significance of reexamining exercise intervention for elderly women has been verified from the viewpoint of acquiring the ability to cope with an unstable situation, while ensuring a sufficient level of safety.<br>

    DOI: 10.5432/jjpehss.13018

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • バランスボードを用いた転倒予防体操によるステップ動作の変容について

    檜皮貴子, 田村元延, 長谷川聖修

    コーチング学研究   26 ( 2 )   279 - 283   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 女性高齢者における動的バランス能力の測定方法に関する試案―ファンクショナルリーチ後に踏み出し動作を加えて―

    檜皮貴子, 板谷厚, 本谷聡, 長谷川聖修

    コーチング学研究   25 ( 2 )   167 - 176   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Gボールを用いた座位バウンド運動に関する研究―脊柱起立筋の筋電図に着目して―

    本谷聡, 板谷厚, 檜皮貴子

    コーチング学研究   24 ( 1 )   49 - 56   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小学生におけるGボールを用いた座位バウンド運動中の体幹筋群の筋電図--習熟された座位バウンド運動の事例から

    板谷 厚, 沖田 祐蔵, 檜皮 貴子

    スポ-ツ方法学研究   21 ( 1 )   55 - 58   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本スポ-ツ方法学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 高齢者を対象とした転倒予防体操の試案 査読

    檜皮貴子

    体操研究   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Gボールを用いた児童の姿勢つくりの試み ‐ 座位バウンド運動による即時的効果に着目して ‐

    長谷川聖修, 本谷聡, 池田陽介, 鞠子佳香, 柳下浩一朗, 板谷厚, 檜皮貴子

    スポーツコーチング研究(Web)   5 ( 1 )   13-21 (J-STAGE) - 21   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:スポーツコーチング研究会  

    Bounding motion in a seated position on a G-ball<sup>a)</sup> for children was observed with the aim of obtaining a basic knowledge of the effect of the G-ball motion on the children's sitting-posture. Dynamical and mental reflective analyses about the change in the posture before, after and during the motion were attempted. The results are as follows. <br> a) The name G-ball comes from the first letters of Giant, Gymnastics and Gravity.<br> 1. The average tempo of the bounding motion for all the subjects was 109±6.2 bounds/minutes. Separately, it was 108±6.4 and 111±6.3 bounds/minutes for males and females, respectively. There was no significant difference.<br> 2. The average value of BED (Back-Ear-Distance) in the sitting posture before and after the bounding motion was, 18.3±3.71 cm and 17.1±4.04 cm, respectively. It significantly decreased (P<0.01). Separately, BED significantly decreased both for males and females, but the decrease was more apparent for males (P<0.01) than for females (P<0.05). The average values of BED before and after the bounding motion for hump-back group were 21.8±2.53 cm and 20.3±3.84 cm, respectively. Those for the middle group were 17.3±0.96 cm and 16.3±1.57 cm. Both groups showed a significant decrease after the bounding motion (both groups P<0.01).<br> 3. Both the values of BED at the highest and the lowest positions, averaged for every 15 bounds, showed a significant decrease as the number of bounds increased (P<0.05).<br> 4. Mental reflection investigation executed after the exercise showed that 94.1% of the children gave a favorable answer.

    DOI: 10.11325/jjsc.5.13

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 電子アンケートを利用したラートの傷害に関する調査研究 査読

    本谷聡,檜皮貴子,大塚隆,鞠子佳香,長谷川聖修

    スポーツコーチング研究   2 ( 2 )   2004年2月

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 学校及び中学校教員を対象とした表現・ダンス授業の実態調査から見えたもの ~令和元年度スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業「ダンス指導成果の検証」調査より~

    栫ちか子, 佐藤豊, 桐, 高橋修一, 石川泰成, 檜皮貴子, 山﨑朱音, 河合史菜

    日本体育科教育学会第25回大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 児童を対象とした転倒予防体操の指導法に関する研究ー測定機器開発による効果検証に着目してー

    檜皮貴子;北原葵;長谷川聖修

    日本コーチング学会第31回大会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • ラート競技におけるトレーニング方法に関する研究ー動画を活用した振り返りに着目してー

    川上裕樹;檜皮貴子

    日本体操学会第19回大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 児童を対象とした楽しい体育授業に関する検討ー体つくり運動授業における課題設定の方法に着目してー

    中川あい香;檜皮貴子

    日本体操学会第19回大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 児童を対象とした二重跳び指導の研究ー縄跳びが持つ運動要素に着目してー

    浅田響;檜皮貴子

    日本体操学会第19回大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 体つくり運動」の実施状況調査と現場での活用を目指した運動教材の検討 ー新潟県中越地区の体育主任を対象にしたアンケートよりー

    檜皮 貴子, 長谷川聖修, 中川あい香

    日本体操学会第18回大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催地:女子栄養大学  

    researchmap

  • とっさの一歩を引き出す装置「傾きリアクション」の開発

    檜皮貴子, 八坂剛史, 村山敏夫, 長谷川聖修

    日本体育学会大会予稿集  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島大学  

    researchmap

  • 投動作のアナロゴンに着目した運動試案:バドミントン用シャトルの真下投げとキャッチ

    大塚隆, 檜皮 貴子

    日本コーチング学会第29回大会  2018年3月 

     詳細を見る

  • 投の運動感覚に着目した児童の遠投指導に関する研究

    吉田直樹, 檜皮 貴子, 川口正太郎

    新潟県体育学会平成29年度大会  2017年10月 

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 児童を対象とした体つくり運動と器械運動の融合単元に関する検討ー補助倒立に着目してー

    川口正太郎, 檜皮 貴子, 吉田直樹

    新潟県体育学会平成29年度大会  2017年10月 

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 11教−10−ポ−08(68) 体ほぐしの運動を用いた児童の補助倒立指導に関する研究:ペア・グループ活動に着目して

    川口 正太郎, 檜皮 貴子, 白井 明, 吉田 直樹

    日本体育学会大会予稿集  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡大学  

    <p> 器械運動は個人の技能を高めることに焦点が当てられるため、仲間と協力して学習を進めるためには教師が意図的に場を設定する必要がある。仲間との協力活動のひとつに児童同士で補助をする取り組みが挙げられる。特に、補助倒立は仲間と協力・交流しながら学習することが求められる技である。他方で、学校体育では、仲間と豊かに交流する運動として、体ほぐしの運動が設けられている。そのため、補助倒立と体ほぐしの運動を融合させた指導について検討する必要があると考えた。そこで、本研究は、児童を対象に体ほぐしの運動を用いた補助倒立の授業を実施し、通常の補助倒立授業における技能および態度、形成的授業評価と比較することで、補助倒立と体ほぐしの運動を融合させた指導内容について検討することを目的とした。三条市立I小学校4年生の児童36名を対象に、体ほぐしの運動を用いた補助倒立の授業と通常の補助倒立の授業を器械運動の単元で各2時間実施した。各授業における児童の様子をビデオカメラで撮影すると共に、毎回の授業後に形成的授業評価アンケートを実施した。授業中の児童の様子や技能の変化、形成的授業評価の値については当日発表する。</p>

    researchmap

  • 11教−09−口−13 小学校2年生を対象にした壁逆上がりの段階的指導に関する研究

    白井 明, 檜皮 貴子, 川口 正太郎, 吉田 直樹

    日本体育学会大会予稿集  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡大学  

    <p> 児童の体力低下傾向や日常生活における運動経験の減少に伴い、鉄棒運動に課題を抱える児童が増加している。そのため、児童の実態に合わせた段階的な鉄棒運動に関する指導方法の検討が必要である。そこで、逆上がりの前段階である「壁逆上がり」を習得する過程に着目することにした。さらに、筆者(2016)は壁逆上がり指導後に児童の上体起こしの数値が向上したことを明らかにしたため、継続的にその変化についても観察したい。そこで、本研究は、壁逆上がりの段階的な指導内容を考え、児童に指導することで、壁逆上がりの技能と体力測定値の変化および形成的授業評価を明らかにし、壁逆上がり指導に関する基礎的知見を得ることを目的とした。小学校2年生の児童49名を対象に鉄棒運動の授業を全6回実施した。指導内容は、懸垂保持やリズム斜め懸垂などの予備運動に加え、児童同士のかかわりを持たせた壁逆上がりの実施であった。全6回の授業前後に、壁逆上がりの技能と上体起こし、懸垂保持時間を測定した。さらに、形成的授業評価を毎回の授業後に実施した。壁逆上がりの技能と上体起こし、懸垂保持時間の変化および形成的授業評価の結果を当日発表する。</p>

    researchmap

  • 11教−10−ポ−15(75) 運動アナロゴンに着目した児童の遠投指導に関する研究

    吉田 直樹, 檜皮 貴子, 川口 正太郎, 白井 明

    日本体育学会大会予稿集  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡大学  

    <p> 新体力テストの結果より、児童のソフトボール投げの記録は、平成20~28年度において男女ともに低下傾向となっている。その背景の一つに、投にかかわる類似運動を経験する機会の減少があげられる。類似運動の例として、基礎感覚づくりのために実施する運動アナロゴンに着目した取り組みがある。つまり、投能力を高めるためには、投運動のアナロゴンに着目した運動プログラムを考案、指導することが必要であると考える。そこで、本研究は、児童を対象に、投運動のアナロゴンに着目した運動プログラムを実施し、その実施前後で児童の投擲距離と形成的授業評価の変容を明らかにし、考案した教材の有用性について検討することを目的とした。男子児童4名を対象に、ボール投げの運動感覚(ひねり感覚・体重移動感覚・むち動作感覚・リリース感覚)に着目した5つの教材を考案し、全3回実施した。その実施前後に、ソフトボール投げの測定を行うと共に、運動プログラム実施後に形成的授業評価アンケートを実施した。その結果、個人差は見られたもののボール投げの記録が向上した。さらに、授業評価では、意欲・関心と学び方で高い値が得られ、教材実施による一定の効果が認められた。</p>

    researchmap

  • 体つくり運動における児童の投能力向上を目指した運動教材の検討

    吉田朱里, 檜皮 貴子, 吉田直樹, 川口正太郎, 白井明

    新潟県体育学会平成28年度大会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 紙鉄砲を活用した遠投指導についての一考察ー女子大学生を対象にー

    吉田直樹, 檜皮 貴子, 吉田朱里, 川口正太郎, 白井明

    新潟県体育学会平成28年度大会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 鉄棒における加速車輪時のバーのしなりが終末技に与える影響ー後方伸身2回宙返り下りに着目してー

    川口正太郎, 檜皮 貴子, 吉田朱里, 吉田直樹, 白井明

    新潟県体育学会平成28年度大会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 児童への逆上がり指導に関する一考察

    白井明, 檜皮, 貴子, 吉田朱里, 吉田直樹, 川口正太郎

    新潟県体育学会平成28年度大会  2016年10月 

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • 投動作における運動アナロゴンを用いた指導内容の検討ー紙鉄砲に着目してー

    吉田直樹, 檜皮 貴子, 吉田朱里, 田中健太

    日本体操学会第16回大会  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:霧島自然ふれあいセンター  

    researchmap

  • 児童を対象とした組立体操の実施に関するアンケート調査

    田中健太, 檜皮 貴子, 吉田朱里, 吉田直樹

    日本体操学会第16回大会  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:霧島自然ふれあいセンター  

    researchmap

  • 児童の投能力向上を目指した運動教材の試案ーひねり動作に着目した事例研究ー

    吉田朱里, 檜皮 貴子, 吉田直樹, 田中健太

    日本体操学会第16回大会  2016年9月 

     詳細を見る

    開催地:霧島自然ふれあいセンター  

    researchmap

  • 09方−26−ポ−50 「体力を高める運動」のねらいを複合化:力強い・巧みな動きを高める運動の実践

    大塚 隆, 檜皮 貴子, 長谷川 聖修, 高橋 靖彦

    日本体育学会大会予稿集  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪体育大学  

    <p> 「体つくり運動」領域の「体力を高める運動」では、ねらいに応じた運動を行うこと、それらを組み合わせて運動の計画を行うことが求められている。学習指導要領解説には、ねらい別に例が示され、また運動の計画では一つのねらいを取り上げたり、ねらいが異なる運動を組み合わせたりする例が示されている。そのため、一つの運動には一つのねらい、あるいは、一つのねらいに応じるための運動という固定概念が生じ、体力を高めるための運動の鋳型化・貧困化を筆者らは危惧している。そこで本研究では、大学生を対象とした授業において「力強い動き」と「巧みな動き」の二つをねらいとする運動を考案・実践し、ねらいの複合化による運動内容の多様性について検討を行った。具体的には、重い物や人を利用して(力強い動き)、力を調節したりバランスをとったりする(巧みな動き)という発想から運動を実践した。その結果、創意工夫がより自由になり、運動内容の広がりが認められた。ねらいの複合化によって、より楽しく効果的な運動へと発展できる可能性が示唆された。</p>

    researchmap

  • 09方−26−ポ−40 鉄棒におけるバーのしなりが終末技に与える影響:後方伸身2回宙返り下りに着目して

    川口 正太郎, 牛山 幸彦, 大庭 昌昭, 亀山 就平, 檜皮 貴子

    日本体育学会大会予稿集  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪体育大学  

    <p> 体操競技の鉄棒において、バーのしなりと動作には深い関連があると考えられる。特に終末技前の加速車輪はバーに大きな力が加わる動作のひとつであり、より減点の少ない終末技を行うためには、バーのしなりと動きのタイミングを合わせることが重要である。そこで、本研究は、加速車輪を行う際のバーにかかる力やしなるタイミングを動作と同期させることでバーのしなりと動作の関係性を明らかにし、減点の少ない終末技を指導するための知見を得ることを目的とした。対象者はN大学の体操競技部員4名であった。ハイスピードカメラで試技を側方から撮影した映像をパソコンに取り込み、Frame Dias Ⅳを用いてデジタイズし、二次元実長換算を行い、身体部位の変位・速度・角度・重心の算出を行った。さらに、バーに加わる力をストレインゲージでバーの歪み量を計測することにより算出した。その結果、加速車輪の際にバーを着地と反対側の方向へ大きくしならせることが減点の少ない終末技の実施には必要であることが分かった。また、バーのしなりを有効に使うためには身体がバーの真下に向かう際に身体を早く反らしすぎないことが重要であると示唆された。</p>

    researchmap

  • 11教−26−ポ−07 児童の投能力向上を目指した運動指導に関する研究:ひねり動作に着目して

    吉田 朱里, 檜皮 貴子, 川口 正太郎

    日本体育学会大会予稿集  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪体育大学  

    <p> 文科省が実施した平成27年度全国体力・運動能力調査の結果では、小学5年生の男女において、ソフトボール投げが調査開始以降、最も低い値となった。このことより、児童の投能力向上が今日的課題であることがわかる。そのため、投動作を改善するための研究はこれまで数多くなされてきた。その中で、体幹部の回転やひねり動作が投てき距離獲得のために重要であると示されてきた。しかしながら、ひねり動作に着目したボール投げ指導の実践研究は少ない。そこで、本研究は、ボール投げが苦手な児童を対象に、投動作におけるひねりの動作に着目して考案した運動プログラムを実施し、その実施前後で児童のボール投げの動作と投てき距離の変容を明らかにすることを目的とした。小学3年生の男子児童2名を対象に、多様なひねり動作を経験できる運動プログラムを全8回行った。その実施前後にソフトボール投げの測定と投動作の撮影を行った。その結果、対象者2名は異なる投動作の発達がみられ、1名は運動プログラム4回目以降に投能力が著しく向上した。もう1名は、上半身のみを使う投げ方から、体全体で投げる動作へと変容した。また、投てき距離の記録にも個人差が認められた。</p>

    researchmap

  • 児童の転倒予防を目的とした「体のバランスをとる運動」の実践研究

    檜皮 貴子, 吉田朱里

    日本体操学会第15回大会  2015年9月 

     詳細を見る

  • 11教-26-ポ-02 Gボール運動の安全指導に関するプログラムの開発(11 体育科教育学,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)

    田村 元延, 鈴木 王香, 高橋 靖彦, 古屋 朝映子, 檜皮 貴子, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:国士舘大学  

    researchmap

  • 11教-25-口-34 児童の危険な転倒を予防する「体つくり運動」の教材試案 : 「体のバランスをとる運動」の実践事例(11 体育科教育学,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)

    檜皮 貴子, 菅原 知昭, 田村 元延, 鈴木 王香, 古屋 朝映子, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2015年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:国士舘大学  

    researchmap

  • 東日本大震災・支援活動としての「交流型」体操指導の事例〜つくば市在中の福島県双葉町避難者との活動実践から〜

    長谷川聖修, 古屋朝映子, 檜皮 貴子, 鈴木王香

    日本コーチング学会第26回大会  2015年3月 

     詳細を見る

  • 幼児における自発的な運動遊びが動きの変化に与える影響

    中川 あい香, 檜皮 貴子

    日本体操学会第14回大会  2014年9月 

     詳細を見る

  • 大学生発!体つくり運動の教材試案

    檜皮 貴子

    日本体操学会第14回大会  2014年9月 

     詳細を見る

  • 方28-153 安全な転び方習得を目指した「リズムペア体操」の試案(09 体育方法,一般研究発表抄録)

    武井 嘉恵, 鈴木 王香, 田村 元延, 檜皮 貴子, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手大学  

    researchmap

  • 教27-015 体力向上と体ほぐしの運動を融合させた「体つくり運動」教材の可能性 : 実技指導書等の文献調査をもとに(11 体育科教育学,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 長谷川 聖修, 田村 元延, 鈴木 王香, 武井 嘉恵

    日本体育学会大会予稿集  2014年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手大学  

    researchmap

  • 学生による校歌を用いた自校体操創作に関する研究

    檜皮 貴子

    日本体操学会第13回大会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催地:三重大学  

    researchmap

  • 09方-28-ポ-71 Internationales Deutsches Turnfest 2013の現地調査(09 体育方法,一般研究発表抄録)

    本谷 聡, 長谷川 聖修, 古屋 朝映子, 檜皮 貴子, 田村 元延

    日本体育学会大会予稿集  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:立命館大学  

    researchmap

  • 09方-28-口-04 東日本大震災を教訓とした「生活型体育」の提案 : 高萩市における避難訓練と健康運動の融合(09 体育方法,一般研究発表抄録)

    長谷川 聖修, 本谷 聡, 古屋 朝映子, 檜皮 貴子, 鈴木 王香, 田村 元延, 三浦 茉莉

    日本体育学会大会予稿集  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:立命館大学  

    researchmap

  • 積極的にバランスボードを傾ける転倒予防体操の試案-傾斜動作と踏み出し動作の変化に着目して-

    檜皮貴子, 田村元延, 長谷川聖修

    日本コーチング学会第24回大会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催地:広島大学  

    researchmap

  • GUT【ぐらぐら(GURAGURA)トントン(TONTON)】体操における内省調査と転倒不安感尺度の変化について

    檜皮貴子, 古屋朝映子, 田村元延, 長谷川聖修

    日本体操学会第12回大会  2012年9月 

     詳細を見る

    開催地:北海道教育大学  

    researchmap

  • 09方-24-口-50 バランスボードを用いた転倒予防体操によるステップ動作の変容について(体育方法,口頭発表,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 田村 元延, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東海大学  

    researchmap

  • 「とっさの一歩を導くためのぐらぐらばんばん(TIG)体操」の試案-不安定板を用いた体操による前倒回避動作の変化に着目して-

    檜皮貴子, 長谷川聖修

    日本体操学会第11回大会  2011年10月 

     詳細を見る

    開催地:自由学園  

    researchmap

  • 14介-27-口-11 高齢者向けTIB(「とっさの一歩」誘発ボード)体操の考案とその効果(14.介護福祉・健康づくり,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 板谷 厚, 本谷 聡, 古屋 朝映子, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿屋体育大学  

    researchmap

  • 「とっさの一歩」を引き出すための転倒予防体操試案

    檜皮貴子, 田村元延, 高橋靖彦, 堀場みのり, 深瀬友香子, 本谷聡, 長谷川聖修

    日本体操学会第10回大会  2010年12月 

     詳細を見る

    開催地:日本体育大学  

    researchmap

  • 09方-1A-K17 高齢者の転倒予防運動における体操指導について : 先行研究の問題点に着目して(09.体育方法,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 深瀬 友香子, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:中京大学  

    researchmap

  • 運動教室に通う高齢者の日常におけるGボールの使用実態について

    檜皮貴子, 板谷厚, 長谷川聖修

    日本体操学会第9回大会  2009年9月 

     詳細を見る

    開催地:実践女子大学  

    researchmap

  • 10-11-8LBY-1 教室の椅子をGボールにすると気分は変わるか?(体育科教育学7,11.体育科教育学,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 森 更紗, 関野 智史, 板谷 厚, 本谷 聡, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • 09-6-GYM-7 高齢者向け転倒予防運動プログラムの比較検討(09.体育方法,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:弘前大学  

    researchmap

  • 09-18-T001-34 「転ばぬ先の杖」体操試案(09 体育方法,一般研究発表抄録)

    檜皮 貴子, 長谷川 聖修, 木塚 朝博

    日本体育学会大会予稿集  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 09-26-ダンス-11 ドイツにおけるラートの傷害に関する実態調査について(09 体育方法,一般研究発表)

    檜皮 貴子, 本谷 聡, 鞠子 佳香, 長谷川 聖修

    日本体育学会大会予稿集  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 09-26-ダンス-07 「動楽"どうがく"」プログラムのすすめ : モクモクからワクワクへ(09 体育方法,一般研究発表)

    長谷川 聖修, 本谷 聡, 鞠子 佳香, 大塚 隆, 檜皮 貴子

    日本体育学会大会予稿集  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

Works(作品等)

  • 2019日本体操祭

    新潟大学リズム体操部

    2019年10月

     詳細を見る

  • 第16回世界体操祭

    新潟大学学友会リズム体操部

    2019年7月

     詳細を見る

  • 2018日本体操祭 まちだ大会

    檜皮 貴子

    2018年1月

     詳細を見る

  • 2017日本体操祭

    檜皮 貴子

    2017年7月

     詳細を見る

  • 第21回全日本ラート競技選手権大会

    檜皮 貴子

    2015年12月

     詳細を見る

    女子斜転の部1位

    researchmap

  • 2015日本体操祭

    檜皮 貴子

    2015年11月

     詳細を見る

  • 第15回世界体操祭

    檜皮 貴子

    2015年7月

     詳細を見る

  • 2011年世界ラート競技選手権大会

    檜皮 貴子

    2011年5月

     詳細を見る

    女子斜転の部3位

    researchmap

  • 第16回全日本ラート競技選手権大会

    檜皮 貴子

    2010年12月

     詳細を見る

    女子斜転の部1位

    researchmap

  • 2007年世界ラート競技選手権大会

    檜皮 貴子

    2007年5月

     詳細を見る

    女子個人総合の部3位
    女子直転の部3位
    女子斜転の部3位
    団体戦2位

    researchmap

  • 2005年世界ラート競技選手権大会

    檜皮 貴子

    2005年5月

     詳細を見る

    女子個人総合の部3位
    女子跳躍の部1位
    女子直転の部2位
    団体戦2位

    researchmap

  • 第11回-第14回全日本ラート競技選手権大会

    檜皮 貴子

    2005年
    -
    2008年

     詳細を見る

    女子個人総合の部1位
    女子直転の部1位
    女子斜転の部1位
    女子跳躍の部1位

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 優秀発表賞

    2016年3月   日本コーチング学会第27回大会   体力測定値が低い児童を対象としたバランス運動の指導実践

    檜皮 貴子

     詳細を見る

  • 奨励賞

    2012年12月   日本体育学会体育方法専門分科会   バランスボードを用いた転倒予防体操によるステップ動作の変容について

    檜皮 貴子

     詳細を見る

  • 学長賞

    2007年3月   筑波大学  

    檜皮 貴子

     詳細を見る

  • 学群長賞

    2003年3月   筑波大学体育専門学群  

    檜皮 貴子

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 姿勢固定化を防ぐ環境づくりの試みー動的な座位姿勢のすゝめ-

    研究課題/領域番号:20K11438  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    長谷川 聖修

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    researchmap

  • 転倒回避動作を伴う「とっさの一歩」誘発装置の開発

    研究課題/領域番号:20K11442  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    檜皮 貴子

      詳細を見る

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    researchmap

  • 児童を対象とした転倒予防体操の指導方法に関する検討 ―測定機器開発による効果検証に着目してー

    2018年9月 - 2019年3月

    日本コーチング学会  研究助成 

    檜皮 貴子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 体つくり運動における「ほぐし」と「体力向上」の融合型教材試案

    研究課題/領域番号:26750249  2014年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    檜皮 貴子

      詳細を見る

    配分額:1950000円 ( 直接経費:1500000円 、 間接経費:450000円 )

    体つくり運動における「体ほぐしの運動」と「体力を高める運動」のねらいを融合させた運動教材づくりを目指した。実際に学校現場で活用するために,特別な用具を使用せず,ペアやグループで実施する融合運動教材を最終的に3つ試案した。それらの運動教材を小・中・特別支援学校の教員79名に指導したところ,「とても役に立つ」が69.6%,「少し役に立つ」29.1%,「あまり役に立たない」1.3%という結果が得られた。つまり,本研究で試案した運動教材は,学校の現場での活用が期待できる教材である可能性が示唆された。

    researchmap

  • 高齢者が「とっさの一歩」で転倒を予防するための体操試案

    研究課題/領域番号:23700808  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    檜皮 貴子

      詳細を見る

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:300000円 )

    本研究では、転倒回避動作との類縁性に考慮した「とっさの一歩」を引き出すための体操を考案し、その効果を明らかにすることで、高齢者を対象とした転倒予防体操の指導実践上の課題と可能性を示すことを目的とした。そのため、バランスボードを用いた転倒予防体操「GUT(Guragura Tonton)体操」と新たな測定項目「Functional Reach and Forward Stepping Follow-up(FR-FS)」を考案した。女性高齢者18名を対象に5ヶ月間GUT体操を指導し、その前後に従来のバランス能力測定とFR-FS 測定を行った。その結果、足元をぐらぐらさせてから足を踏み出す動作を実践したGUT体操の一定効果が認められた。さらに、前方への新たな支持基底面を確保する動作を含むFR-FS測定は、動的バランス能力を測定する一つの方法として、その可能性が示唆された。

    researchmap

  • 転ばぬ先の杖は「転ぶ」こと?

    研究課題/領域番号:20300203  2008年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    長谷川 聖修, 衣笠 隆, 木塚 朝博, 本谷 聡, 檜皮 貴子

      詳細を見る

    配分額:8840000円 ( 直接経費:6800000円 、 間接経費:2040000円 )

    研究の目的は、JPクッション・ソフトジム・Gボール・バランスボードなど、動的なバランス運動「遊び」に関するブログラムを開発し、高齢者の動的バランス能力や不安定な環境時の身体動作の改善を目指すことであった。
    高齢女性26名を対象に6ヶ月間にわたる転倒予防教室を実施した。各種体力測定を実施した結果、動的なバランス能力に改善が認められた。また、アンバランスな状態からの回避動作に改善傾向が示唆された。

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 小学校体育(体操,ダンス,スキー)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 体育

    機関名:東京芸術大学

     詳細を見る

  • ダンス

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 体操(体つくり運動)

    機関名:新潟大学,駿河台大学,埼玉大学,福島大学

     詳細を見る

  • 体育科教育法

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スポーツ史

    機関名:駿河台大学

     詳細を見る

  • 保健体育科教育法

    機関名:新潟大学,駿河台大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 初等教育実習II(事前・事後指導)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 中等教育実習I(事前・事後指導)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 中等教育実習II(事前・事後指導)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 初等教育実習I(事前・事後指導)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 健康運動論特論

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体つくり運動・ダンス

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズP

    2015年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体操指導実践実習

    2015年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教材開発研究特論

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 体操授業実践実習

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体操

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学演習IIA

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体育科教育法

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 小学校体育

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 体育方法学演習IA

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育法IV

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ヘルスプロモーション研究演習II

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ダンス

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育法II

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スポーツ科学研究演習II

    2014年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2014年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育学演習I

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育学演習II

    2014年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育課題研究IV

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育学特論I

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育課題研究III

    2014年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育課題研究I

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 保健体育科教育課題研究II

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 体操指導

    役割:助言・指導

    長岡市立福戸小学校  福戸小学校保健集会  2019年9月

     詳細を見る

  • ラジオ体操指導

    役割:助言・指導

    ラジオ体操指導(新潟市立小針小学校)  2019年7月

     詳細を見る

  • 第16回世界体操祭出演

    役割:実演

    第16回世界体操祭  2019年7月

     詳細を見る

  • ラート競技国際審判員

    第9回世界ラートチームカップ実行委員会  第9回世界ラートチームカップ  2019年4月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    長岡市立福戸小学校  2018年9月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    てらどまり地域総合スポーツクラブ  2018年8月

     詳細を見る

  • 体操指導・ラート実演

    役割:講師, 実演

    てらどまり地域総合スポーツクラブ  2018年3月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    長岡市立福戸小学校  2017年9月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    てらどまり地域総合スポーツクラブ  2017年8月

     詳細を見る

  • 体操指導・ラート実演

    役割:講師

    てらどまり地域総合スポーツクラブ  2017年3月

     詳細を見る

  • ラート指導

    役割:講師

    新大スポーツクラブ  2016年4月 - 現在

     詳細を見る

  • 体操指導・ラート実演

    役割:講師, 実演

    てらどまり地域総合スポーツクラブ  2016年3月

     詳細を見る

  • Gボール指導

    役割:講師

    内野小学校  2015年12月

     詳細を見る

  • みつけこども大学

    役割:講師

    新潟大学,見附市教育委員会  2015年11月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    江南小学校  2015年9月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    長岡市立大河津小学校  2015年5月

     詳細を見る

  • 体操指導

    役割:講師

    新大体操クラブ  LOVE in ビーチ 寺泊  2015年4月 - 現在

     詳細を見る

  • Gボール指導

    役割:講師

    新潟市立内野小学校  2014年11月

     詳細を見る

  • ラート指導

    役割:講師

    上野の森ラートサークル  2008年4月 - 現在

     詳細を見る

▶ 全件表示