2021/05/15 更新

写真a

サトウ トモヤ
佐藤 友哉
SATO Tomoya
所属
教育研究院 人文社会科学系 教育学系列 准教授
教育学部 教育科学講座 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(人間科学) ( 2017年1月   早稲田大学 )

  • 修士(人間科学) ( 2012年3月   早稲田大学 )

研究キーワード

  • 認知行動療法

  • Cognitive Behavior Therapy

研究分野

  • 人文・社会 / 臨床心理学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   人文社会科学系   准教授

    2020年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 早稲田大学 人間総合研究センター 招聘研究員

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 比治山大学   現代文化学部 社会臨床心理学科   講師

    2018年4月 - 2020年8月

      詳細を見る

  • 上越教育大学   学校教育学部   非常勤講師

    2017年8月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟市スクールカウンセラー

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   人文社会・教育科学系   講師

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟薬科大学

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学人間科学学術院   Faculty of Human Sciences   助手

    2013年9月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学人間科学部e-school(通信教育課程)   School of Human Sciences   教育コーチ

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学人間科学学術院 心理相談室   Faculty of Human Sciences   相談補助員

    2012年 - 2015年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育学部 教育科学講座   准教授

    2020年9月 - 現在

  • 新潟大学   教育学部 教育科学講座   講師

    2016年4月 - 2018年3月

学歴

  • 早稲田大学   大学院人間科学研究科   博士後期課程(研究指導終了による退学)

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   大学院人間科学研究科   修士課程

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 早稲田大学   人間科学部   健康福祉科学科

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 博士(人間科学)(早稲田大学)

    2017年1月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 一般社団法人公認心理師の会 専門部会   教育・特別支援部会委員  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 公認心理師養成大学教員連絡協議会   現場実習・ワーキンググループメンバー  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本認知・行動療法学会   企画委員  

    2018年7月 - 2020年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本健康心理学会   研究推進委員  

    2017年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本認知・行動療法学会第43回大会 準備事務局長  

    2016年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本認知・行動療法学会第42回大会 大会組織委員  

    2015年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • 行動活性化におけるSudden gainが生じる要因に関する検討

    竹村 優希, 佐藤 友哉

    比治山大学大学院現代文化研究科附属心理相談センター紀要16   21 - 28   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Translation and validation of the Japanese version of the trait and state post‐event processing inventory 査読

    Japanese Psychological ResearchAdvance online publication   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • School‐based intervention program based on cognitive behavioral therapy for Japanese students affected by the Hiroshima heavy rain disaster of July 2018 査読

    Sugiyama,C., Ono,H., Ito,D., Sato,T., Inoue,Y., Niikawa,Y., Koseki,S.

    Japanese Psychological Research62   151 - 158   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • 近年の統計解析法の発展と臨床心理学における応用可能性に関する展望

    佐藤 友哉

    比治山大学大学院現代文化研究科附属心理相談センター紀要 ( 15 ) 9 - 12   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    researchmap

  • 脱フュージョン・エクササイズの最近の研究動向:エクササイズの機能に関するシステマティック・レビュー 査読

    姜 来娜, 佐藤 友哉, 田中 佑樹, 古川 潤弥, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究20   51 - 59   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 大学生における達成動機,達成目標,完全主義傾向が課題先延ばし行動に与える影響

    竹村 優希, 佐藤 友哉, 兒玉 憲一

    比治山大学大学院現代文化研究科附属心理相談センター紀要14   63 - 67   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 臨床応用を学ぶ:関係フレーム理論を実践する 招待

    佐藤 友哉

    臨床心理学18   28 - 31   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Cognitive reappraisal moderates the effect of post-event processing on social anxiety: A short-term prospective study 査読

    Maeda, S, Shimada, H, Sato, T

    International Journal of Cognitive Therapy11   359 - 373   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s41811-018-0031-z

    researchmap

  • 認知的再評価およびアクセプタンスの実行が不快情動の低減に及ぼす効果:認知的負荷による調整効果に着目した検討 査読

    田中 佑樹, 前田 駿太, 佐藤 友哉, 山下 歩, 嶋田 洋徳

    認知療法研究11   92 - 101   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Post-event Processing Predicts Impaired Cortisol Recovery Following Social Stressor: The Moderating Role of Social Anxiety 査読

    Shunta Maeda, Tomoya Sato, Hironori Shimada, Hideki Tsumura

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY8   1919   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FRONTIERS MEDIA SA  

    There is growing evidence that individuals with social anxiety show impaired cortisol recovery after experiencing social evaluative stressors. Yet, little is known regarding the cognitive processes underlying such impaired cortisol recovery. The present study examined the effect of post-event processing (PEP), referred to as repetitive thinking about social situations, on cortisol recovery following a social stressor. Forty-two non-clinical university students (23 women, 19 men, mean age = 22.0 +/- 2.0 years) completed the Trier Social Stress Test (TSST), followed by a thought sampling procedure which assessed the frequency of PEP reflecting the TSST. A growth curve model showed PEP and social anxiety interactively predicted cortisol recovery. In particular, PEP predicted impaired cortisol recovery in those with low levels of social anxiety but not in those with high levels of social anxiety, which contradicted the initial hypothesis. These findings suggest that PEP is differentially associated with cortisol recovery depending on levels of social anxiety. The possible mechanisms underlying these findings were discussed in terms of protective inhibition framework.

    DOI: 10.3389/fpsyg.2017.01919

    Web of Science

    researchmap

  • Translation and Initial Validation of the Japanese Version of the Self-Beliefs Related to Social Anxiety Scale 査読

    Shunta Maeda, Hironori Shimada, Tomoya Sato, Kyoko Tashiro, Yuki Tanaka

    PSYCHOLOGICAL REPORTS120 ( 2 ) 305 - 318   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS INC  

    Cognitive models of social anxiety posit that there are several types of maladaptive beliefs responsible for persistent social anxiety. Although these beliefs are theoretically important, currently there is no validated measure of these beliefs in Japan. In the present study, we translated into Japanese a well-validated measure of these beliefs, the Self-Beliefs Related to Social Anxiety (SBSA) Scale. The psychometric properties of the scale were also examined in two nonclinical samples (ns=401 and 30). Using confirmatory factor analysis, the Japanese version of the SBSA was found to have a correlated three-factor structure that consisted of "conditional beliefs," "unconditional beliefs," and "high standard beliefs." In addition, the Japanese version of the SBSA and its subscales demonstrated good internal consistency reliability and test-retest reliability. The Japanese version of the SBSA also demonstrated good convergent and divergent validity. Future applications of the Japanese version of the SBSA are discussed.

    DOI: 10.1177/0033294116686037

    Web of Science

    researchmap

  • 幼児の片付け行動に関する最近の研究動向と今後の課題:認知行動療法の観点から

    佐藤 友哉, 喜本 千香子, 田中 恒彦, 小堀 彩子

    「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」をはぐくむ教育・指導に関する研究及び方法に関する報告書(新潟大学教育学部)   10 - 13   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 教育心理学研究における研究倫理について

    田中 恒彦, 佐藤 友哉

    新潟大学教育学部研究紀要10   67 - 75   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 社交不安に対するエクスポージャーにおける刺激呈示手続きの差異が介入効果に及ぼす影響:少人数の健常学生を対象としたパイロットスタディ 査読

    増田 悠斗, 前田 駿太, 佐藤 友哉, 千先 純, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)16   127 - 135   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 児童の「母子同伴登校」に対する行動分析的アプローチ:母子の相互作用に焦点を当てて

    佐藤 友哉, 西川 公平

    行動療法研究(認知・行動療法学会)43   214 - 215   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 社交不安症における心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応:メタ分析による検討 査読

    前田駿太, 増田悠斗, 佐藤友哉, 嶋田洋徳

    不安症研究8   46 - 57   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.14389/jsad.8.1_46

    researchmap

  • 社交不安傾向者の目標設定がパフォーマンスに関する認知に与える影響 査読

    立花 美紀, 前田 駿太, 田中 佑樹, 佐藤 友哉, 嶋田洋徳, 小関俊祐

    ストレス科学研究31   23 - 30   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5058/stresskagakukenkyu.2016001

    researchmap

  • 異なる言語刺激を用いた脱フュージョン方略および言語刺激に対する曝露が不安症状に与える効果の差異の検討 査読

    佐藤 友哉, 橋本 塁, 前田 駿太, 山下 歩, 嶋田 洋徳, 大月 友

    行動医学研究21 ( 2 ) 99 - 108   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11331/jjbm.21.99

    researchmap

  • 社交不安のサブタイプにおける関係フレームづけの流暢性と生理的反応の差異:関係フレーム理論からの検討 査読

    佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳, 大月 友

    行動医学研究21 ( 2 ) 91 - 98   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11331/jjbm.21.91

    researchmap

  • 社交不安における他者の視線の方向が表情の情報処理過程に及ぼす影響 査読

    山下 歩, 佐藤 友哉, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)14 ( 1 ) 109 - 117   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 社交不安における非機能的な信念を維持する要因に関する研究動向および今後の展望 査読

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)14 ( 1 ) 169 - 178   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 情動調整方略の機能に影響を及ぼす要因に関する最近の研究動向 査読

    田中 佑樹, 佐藤 友哉, 前田 駿太, 山下 歩, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)14 ( 1 ) 187 - 195   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Looming Cognitive Styleに関する最近の研究動向 査読

    前田 駿太, 森 彩香, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)13 ( 1 ) 151 - 159   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • エクスポージャーの治療効果促進のための方略に関する最近の研究動向 査読

    佐藤 友哉, 前田 駿太, 山下 歩, 千先 純, 茶原 仁美, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)13 ( 1 ) 109 - 118   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 社交不安における回避行動を誘発する他者の表情刺激の処理に関する展望 査読

    山下 歩, 佐藤 友哉, 千先 純, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)13 ( 1 ) 161 - 169   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 潜在的態度の臨床心理学的応用に関する最近の研究動向 査読

    佐藤 友哉, 野村 和孝, 玉田 絢香, 千先 純, 松本 拡, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)12 ( 1 ) 131 - 139   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 抑うつと不安における注意バイアスに対する心理学的介入の研究動向 査読

    津村 秀樹, 森本 浩志, 佐藤 友哉, 秋葉 勇鳳, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)10 ( 1 ) 123 - 133   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 他者指向的行動の頻度とその満足感が過剰適応傾向と適応感に及ぼす影響 査読

    藤田 彩香, 佐藤 友哉, 市川 健, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    早稲田大学臨床心理学研究(早稲田大学人間科学学術院心理相談室)10 ( 1 ) 27 - 34   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 認知行動療法辞典

    日本認知, 行動療法( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「社交不安症の認知行動療法の基盤となる研究」(佐藤 友哉),「教育分野の関連法規」(佐藤 友哉))

    丸善出版  2019年10月 

     詳細を見る

  • 健康心理学辞典

    日本健康心理( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「青年期のストレス評価」(佐藤 友哉))

    丸善出版  2019年8月 

     詳細を見る

  • 生徒指導・教育相談・進路指導

    松井 賢二, 横山 知行( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章「生徒指導・教育相談の基礎理論と実施体制」(佐藤 友哉・松井 賢二・横山 知行),第3章「児童生徒の問題行動とその対応」(佐藤 友哉・小堀 彩子・山田 亮)他)

    2019年5月  ( ISBN:449103673X

     詳細を見る

  • 集団認知行動療法の理論と実践

    嶋田洋徳, 嶋田洋徳, 野村和孝, 野村和孝, 津村秀樹, 津村秀樹( 担当: 共訳 ,  範囲: 第9章「社交不安症/社交不安障害」)

    金子書房  2018年8月  ( ISBN:476082667X

     詳細を見る

    総ページ数:512  

    ASIN

    researchmap

  • 使いこなすACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)

    武藤 崇, 三田村 仰, 酒井 美枝, 大屋 藍子( 担当: 共訳 ,  範囲: 第10章「厄介な思考」,第11章「自己に行き詰まる」)

    星和書店  2017年9月  ( ISBN:4791109635

     詳細を見る

    総ページ数:264  

    ASIN

    researchmap

  • 認知行動療法を生かした発達障害児・者への支援

    佐々木, 和義, 小関 俊祐, 石原 廣保, 池田 浩之, 佐々木 和義( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「吃音に対する支援の現状と課題」)

    ジアース教育新社  2016年9月  ( ISBN:4863713770

     詳細を見る

    総ページ数:270  

    ASIN

    researchmap

  • 行動医学テキスト

    日本行動医学会, 日本行動医学会, 野村 忍, 堤 明純, 島津 明人, 中尾 睦浩, 吉内 一浩( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「行動療法」(佐藤 友哉・嶋田 洋徳))

    中外医学社  2015年10月  ( ISBN:4498048288

     詳細を見る

    総ページ数:248   担当ページ:pp.117-121  

    ASIN

    researchmap

  • 関係フレーム理論(RFT)をまなぶ 言語行動理論・ACT入門

    山本 淳一, 武藤 崇, 熊野 宏昭( 担当: 共訳 ,  範囲: 「考える」ということが持っている力は,臨床に関連した問題なのか(嶋田 洋徳・藤田 彩香・佐藤 友哉))

    星和書店  2013年12月  ( ISBN:4791108620

     詳細を見る

    総ページ数:396  

    ASIN

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • さまざまな脱フュージョン・エクサイズと機能的側面

    姜 来娜, 佐藤 友哉, 田中 佑樹, 古川 潤弥, 嶋田 洋徳

    第27回日本行動医学会学術総会抄録集   46 - 46   2020年12月

     詳細を見る

  • 大学生における発汗不安に対する回避行動と不安のコントロール感の関連性

    前田 桂佑, 佐藤 友哉, 佐々木 美保

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集   149 - 150   2019年8月

     詳細を見る

  • 大学生における達成動機,達成目標,完全主義傾向が課題先延ばし行動に与える影響

    竹村 優希, 佐藤 友哉, 兒玉 憲一

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集   448 - 449   2018年10月

     詳細を見る

  • ドットプローブ課題による注意の切り替え学習が社交不安症状に及ぼす影響

    倉重 乾, 佐藤 友哉, 田中 恒彦, 横山 知行

    日本認知・行動療法学会第43回大会プログラム・発表論文集   527 - 528   2017年9月

     詳細を見る

  • Post-Event Processingが社交不安の維持に及ぼす影響:短期縦断調査による検討

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本心理学会第81回大会発表論文集   269 - 269   2017年9月

     詳細を見る

  • 認知的負荷の程度が異なる状況下における認知的再評価およびアクセプタンスの実行が不快情動の低減に及ぼす効果

    田中 佑樹, 前田 駿太, 佐藤 友哉, 山下 歩, 嶋田 洋徳

    日本心理学会第81回大会発表論文集   243 - 243   2017年9月

     詳細を見る

  • 日本語版Anticipatory Social Behaviors Questionnaire の作成

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集   271 - 272   2016年10月

     詳細を見る

  • Effects of cognitive defusion for generalized type of social anxiety

    Sato, T, Shimada, H, Ohtsuki, T

    International Journal of Psychology51(Issue Supplement S1)   94 - 94   2016年7月

     詳細を見る

  • 社交不安における心理的ストレッサーに対するコルチゾール反応:メタ分析による検討

    前田 駿太, 増田 悠斗, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    第8回日本不安症学会学術大会抄録集   122 - 122   2016年2月

     詳細を見る

  • 吃音者に対するアクセプタンス方略の獲得を目的とした心理学的介入の効果

    伊藤 定衛, 佐藤 友哉, 田中 佑樹, 前田 駿太, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集   116 - 117   2015年10月

     詳細を見る

  • 社交不安傾向者の目標設定がパフォーマンスの自己評価に与える影響

    立花 美紀, 前田 駿太, 田中 佑樹, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳, 小関 俊祐

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集   224 - 225   2015年10月

     詳細を見る

  • 他者評価懸念の様相による社交不安の程度の差異

    猪俣 菜津美, 山下 歩, 前田 駿太, 田中 佑樹, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第41回大会プログラム・抄録集   244 - 245   2015年10月

     詳細を見る

  • 社交不安の予測における解釈バイアスの効果:信念バイアスによる調整効果に着目した検討

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本心理学会第79回大会発表論文集   467 - 467   2015年9月

     詳細を見る

  • Belief bias predicts dysfunctional beliefs related to social anxiety over time

    Maeda, S, Inomata, N, Masuda, Y, Tanaka, Y, Sato, T, Shimada, H

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings   63 - 65   2015年5月

     詳細を見る

  • Effect of exposure techniques using different stimulus presentation procedures on social anxiety

    Masuda, Y, Maeda, S, Yamashita, A, Sato, T, Shimada, H

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings   79 - 80   2015年5月

     詳細を見る

  • Effect of class-wide social skills training with peer monitoring for children

    Kimura, Y, Sato, T, Shimada, H

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings   128 - 128   2015年5月

     詳細を見る

  • The effect of attainable goal-setting on self-appraisal in individuals with social anxiety

    Tachibana, M, Maeda, S, Yamashita, A, Sato, T, Shimada, H, Koseki, S

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings   137 - 138   2015年5月

     詳細を見る

  • Time-dependent effects of cortisol on the bias of attention function

    Shimada, H, Murata, M, Sensaki, J, Maeda, S, Yamashita, A, Sato, T, Ishii, M

    5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Abstract Proceedings   141 - 143   2015年5月

     詳細を見る

  • 脳波指標と認知課題を用いた食行動異常に関する潜在的連合の検討

    田代 恭子, 田邉 泰子, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳, 大月 友

    早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2015   2015年3月

     詳細を見る

  • 他者からの評価の種類と注目量が社交不安の回避行動に及ぼす影響

    山下 歩, 佐藤 友哉, 前田 駿太, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集   145 - 145   2015年2月

     詳細を見る

  • 外傷性脳損傷者に対する認知行動療法的アプローチの適用における課題

    池田 美樹, 綾部 直子, 千葉 裕明, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳, 仲谷 誠

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集   107 - 107   2015年2月

     詳細を見る

  • 社交不安の予測における信念バイアスの効果

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 山下 歩, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集   141 - 141   2015年2月

     詳細を見る

  • 他者の視線方向の変化と文脈の差異が社交不安傾向者の回避行動に及ぼす影響

    田中 佑樹, 斉藤 純輝, 山下 歩, 前田 駿太, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    第7回日本不安症学会学術大会抄録集   144 - 144   2015年2月

     詳細を見る

  • 社交不安における他者の視線の方向が表情の情報処理過程に及ぼす影響

    山下 歩, 佐藤 友哉, 前田 駿太, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会抄録集   346 - 347   2014年11月

     詳細を見る

  • 日本語版Self-Beliefs related to Social Anxiety scale開発の試み

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 山下 歩, 田中 佑樹, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会抄録集   348 - 349   2014年11月

     詳細を見る

  • Effect of acquisition of avoidance through a direct or a derived learning on an implicit measure

    Sato, T, Yamashita, A, Maeda, S, Shimada, H, Ohtsuki, T

    ACBS Annual World Conference 12 program   63 - 63   2014年11月

     詳細を見る

  • 情動調整方略の差異とワーキングメモリ負荷の程度が不快情動の低減に及ぼす影響

    田中 佑樹, 佐藤 友哉, 前田 駿太, 山下 歩, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会抄録集   186 - 187   2014年11月

     詳細を見る

  • 不快情動喚起の程度とコーピング方略の差異が方略の案出数に与える影響

    村田 美樹, 佐藤 友哉, 山下 歩, 千先 純, 前田 駿太, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会抄録集   254 - 255   2014年11月

     詳細を見る

  • 認知機能の程度が行動活性化技法の介入プロセスにおける快活動および報酬知覚に与える影響

    横山 貴洸, 佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第40回大会抄録集   282 - 283   2014年11月

     詳細を見る

  • 社交不安に対する注意バイアス修正訓練の効果に影響を及ぼす諸要因の検討

    前田 駿太, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    ストレス科学(日本ストレス学会学術総会第30回記念大会抄録集)28 ( 3 ) 230 - 230   2013年11月

     詳細を見る

  • 性犯罪被害に対する視点取得と感情反応の関連 日本心理学会第77回大会発表論文集

    野村 和孝, 松本 拡, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本心理学会第77回大会発表論文集   452 - 452   2013年9月

     詳細を見る

  • Effects of others' gaze direction on facial information processing in social anxiety disorder

    Yamashita, A, Sato, T, Tamada, A, Matsumoto, H, Shimada, H

    The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference (CBT) Conference 2013 Tokyo Program   56 (A-P-163) - 56 (A-P-163)   2013年8月

     詳細を見る

  • Relearning associations using the Implicit Association Test to improve social anxiety

    Sato, T, Nomura, K, Tamada, A, Yamano, M, Chahara, H, Shimada, H

    The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference (CBT) Conference 2013 Tokyo Program   57 (A-P-164) - 57 (A-P-164)   2013年8月

     詳細を見る

  • The impact of cognitive function on pleasant activity and reward observation within the intervention process of behavioral activation

    Yokoyama, T, Sato, T, Matsumoto, H, Sensaki, J, Shimada, H

    4th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference 2013 program   60 (A-P-200) - 60 (A-P-200)   2013年8月

     詳細を見る

  • 小中学生における注意バイアスとコーピングが怒り反応へ及ぼす影響の発達差に関する検討(2):縦断的データによる介入効果の検討

    田部井 三貴, 橋本 塁, 佐藤 友哉, 蓑﨑 浩史, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会第39回大会プログラム・発表論文集   565 - 566   2013年8月

     詳細を見る

  • Effect of interactional contingency between caregiver and depressed individuals on distress in caregivers - functional analysis using retrospective episodes

    Nagano, K, Chiba, H, Tashiro, K, Sato, T, Yokoyama, T, Maeda, S, Minosaki, K, Shimada, H

    7th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 ABSTRACT BOOK   664 - 665   2013年7月

     詳細を見る

  • Differences in mechanism between the Word Repeating Technique and exposure to verbal stimuli

    Sato, T, Hashimoto, R, Yokoyama,T, Maeda, S, Nagano, K, Minosaki, K, Shimada, H

    7th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 ABSTRACT BOOK   154 - 155   2013年7月

     詳細を見る

  • Influence of cognitive and behavioral factors on depressive symptoms in children with autistic features autism, automatic thoughts, child depression, coping

    Minosaki, K, Sato, T, Maeda, S, Yokoyama, T, Nagano, K, Shimada, H

    7th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2013 ABSTRACT BOOK   318 - 319   2013年7月

     詳細を見る

  • γ波に見られる選択的注意とコントロール不可能性を有する心配の関連についての検討

    玉田 絢香, 山本 哲也, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2013   2013年2月

     詳細を見る

  • パニック障害に対するインターネット式認知行動療法におけるサポートの有無がパニック症状に及ぼす影響

    飯坂 彩乃, 佐藤 友哉, 堀内 恵子, 嶋田 洋徳, 横光 健吾, 坂野 雄二

    第5回日本不安障害学会学術大会抄録集   123 - 123   2013年2月

     詳細を見る

  • パニック障害に対するインターネットを用いた認知行動療法の効果と研究課題

    飯坂 彩乃, 堀内 恵子, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳, 横光 健吾, 坂野 雄二

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集   372 - 373   2012年9月

     詳細を見る

  • アクセプタンス技法およびディストラクション技法が社会的場面における注意容量に及ぼす影響

    椿 明日香, 野村 和孝, 佐藤 友哉, 山口 あい子, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集   256 - 257   2012年9月

     詳細を見る

  • Word Repeating Technique と言語刺激に対する曝露の作用機序の差異に関する検討

    佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会第38回大会発表論文集   258 - 259   2012年9月

     詳細を見る

  • 脳波指標におけるエピソード記憶検索と概括的記憶検索の差異の検討

    佐藤 友哉, 市川 健, 野村 和孝, 玉田 絢香, 嶋田 洋徳

    早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2012   2012年6月

     詳細を見る

  • Difference of mechanism between Word Repeating Technique and exposure to verbal stimuli

    Sato, T, Hashimoto, R, Shimada, H

    International RFT / IRAP meeting   24 - 24   2012年3月

     詳細を見る

  • 社交不安反応のサブタイプにおける潜在的連合と生理的反応の特徴

    佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳, 大月 友

    第4回日本不安障害学会学術大会抄録集   150 - 150   2012年2月

     詳細を見る

  • 中学生の主張行動が友人関係における適応状態と心理的ストレス反応に及ぼす影響(2):頼む場面に焦点をあてて

    大沢 知隼, 渡辺 詩織, 蓑﨑 浩史, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集   422 - 423   2011年11月

     詳細を見る

  • 中学生の主張行動が友人関係における適応状態と心理的ストレス反応に及ぼす影響(1):断る場面に焦点を当てて

    渡辺 詩織, 大沢 知隼, 蓑﨑 浩史, 佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本行動療法学会第37回大会発表論文集   420 - 421   2011年11月

     詳細を見る

  • 社交不安傾向のサブタイプにおける言語刺激間の連合の差異に関する検討

    佐藤 友哉, 橋本 塁, 嶋田 洋徳, 大月 友

    第17回日本行動医学会学術総会プログラム・抄録集   53 - 53   2011年3月

     詳細を見る

  • The effects of memory retrieval training in college student on memory retrieval processes and depression

    Yamamoto, T, Sato, T, Mori, Y, Shimada, H

    6th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies Program   113 - 113   2010年6月

     詳細を見る

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 発達障害児の支援の最前線:医療・学校・家庭での支援

    尾形 明子, 佐々木 美保, 佐藤 友哉, 石川 菜津美, 大対 香奈子, 佐藤 美幸, 黒田 美保, 谷 晋二

    日本認知・行動療法学会第46回大会プログラム・発表論文集,56-57.  2020年9月1日 

     詳細を見る

  • 心理学的支援における多職種・地域連携の研究動向と課題

    日本健康心理学会研究推進委員会, 本田 周二, 佐藤 友哉, 池田 美樹, 境 泉洋, 北見 由奈, 野村 和孝, 嶋田 洋徳

    日本健康心理学会 第32回大会プログラム,25.  2019年9月29日 

     詳細を見る

  • 全般性の社交不安に対する関係フレーム理論からの再理解と認知行動療法的援助方法の検討

    佐藤 友哉, 嶋田 洋徳

    日本心理学会第83回大会 My Abstract,271.  2019年9月13日 

     詳細を見る

  • エクスポージャーの最前線:制止学習アプローチの可能性を探る

    佐藤 友哉, 前田 駿太, 田中 恒彦, 二瓶 正登, 伊藤 理紗, 大月 友, 金井 嘉宏

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,123-124.  2019年9月1日 

     詳細を見る

  • 多職種連携と認知行動療法:公認心理師の職責

    野村 和孝, 佐藤 友哉, 垣内 文夫, 大澤 ちひろ, 輕部 雄輝, 嶋田 洋徳

    日本認知・行動療法学会第45回大会プログラム・発表論文集,99-100.  2019年8月31日 

     詳細を見る

  • 学校で活かす認知行動療法:実践のための工夫とポイント

    中野 有美, 尾形 明子, 吉良 悠吾, 佐藤 友哉, 佐藤 美幸

    第18回日本認知療法・認知行動療法学会プログラム・抄録集,155.  2018年11月24日 

     詳細を見る

  • 重大事案・危機への支援を考える:その時に対応できる支援者になるために

    田中 恒彦, 斎藤 梓, 福地 成, 池田(山野) 美樹, 佐藤 友哉

    日本認知・行動療法学会第44回大会プログラム・発表論文集,79–80  2018年10月27日 

     詳細を見る

  • ステレオタイプな「望ましい健康像」の再検討:エビデンスに基づく健康の保持増進の心理学支援

    野村 和孝, 佐藤 友哉, 野中 俊介, 田中 佑樹, 前田 駿太, 嶋田 洋徳, 大竹 恵子

    日本健康心理学会第31回大会発表論文集, 29-30.  2018年6月23日 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    researchmap

  • 関係フレーム理論(RFT)は認知・行動療法に何を提供できるか?

    大月 友, 佐藤友哉, 茂本由紀, 上村 碧, 山本淳一, 伊藤義徳

    日本認知・行動療法学会第42回大会プログラム・発表論文集,92–93.  2016年10月9日 

     詳細を見る

  • 特別支援教育における機能的アセスメントに基づく支援

    佐藤友哉, 小関俊祐, 佐々木和義, 石坂 務, 池田浩之

    日本特殊教育学会第54回大会(2016新潟大会)プログラム,47  2016年9月17日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 教育臨床における認知行動療法の貢献と課題:各領域の実践から探る学校教育現場への還元

    嶋田 洋徳, 小関 俊祐, 五十嵐 友里, 和田 美佐子, 佐藤 友哉, 相場 恵美子, 佐藤 博子, 菅野 純

    日本教育心理学会第57回総会発表論文集,32–33  2015年8月26日 

     詳細を見る

  • 摂食障害を想定した認知行動療法的基礎研究の貢献と課題:アナログ研究の知見から探る実践現場への還元

    嶋田 洋徳, 田代 恭子, 田邉 泰子, 美根 早由里, 山蔦 圭輔, 佐藤 友哉

    日本健康心理学会第28回大会発表論文集,47–48.  2015年 

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • エクスポージャーにおける介入効果の般化促進プログラムの開発:基礎研究の知見の応用

    研究課題/領域番号:21K13724  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    佐藤 友哉

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • 恐怖反応の象徴的般化と復帰現象に対する「関係フレームづけ」からの再理解

    研究課題/領域番号:14J03898  2014年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    佐藤 友哉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

    今年後は,昨年度に引き続き,直接的な恐怖体験が少ないにもかかわらず恐怖対象が拡大する現象である「恐怖反応の象徴的般化」を示す状態像を,必ずしも物理的に類似しない刺激と刺激を関係づける行動である「関係フレームづけ」に基づいて記述し,これらの状態像に対して有効性が示唆される介入技法(脱フュージョン)の適切な使用方法に関する実験的検討を行なった。具体的には,(a)関係フレームづけの個人差を測定する方法の妥当性の研究(研究1:データ収集中),(b)恐怖反応の象徴的般化を示すことが想定される状態像の1つである「全般性の社交不安」を,関係フレームづけの個人差の観点から記述した研究(研究2:国内学術雑誌採択),(c)脱フュージョンの適切な使用方法を検討した研究(研究3:国内学術雑誌採択),(d)全般性の社交不安に対する脱フュージョンの効果を検討した研究(研究4:データ収集中)を実施した。その結果,(a)関係フレームづけの個人差を測定する方法としてGo / No-go Association Task(GNAT;Nosek & Banaji, 2001)を用いることが妥当であること(研究1),(b)全般性の社交不安が関係フレームづけの個人差によって記述可能であること(研究2),(c)脱フュージョンは,不安症状の減弱を目的とした中核的な介入技法であるエクスポージャーとは作用機序が異なり,全般性の社交不安に対しては従来の介入技法(エクスポージャー)に加えて,脱フュージョンを実施することが有効であること(研究3,4)が示唆された。
    以上の研究成果は,これまでの理論的枠組みのみでは記述が困難であった状態像(全般性の社交不安)を,新たな観点(関係フレームづけ)から理解し,これらの理論的枠組みに基づいた介入技法を立案するための基礎的知見の一助となると考えられる。

    researchmap

  • 「潜在指標が恐怖反応の象徴的般化を予測するメカニズムの関係フレームづけからの理解」

    2013年10月 - 2014年03月

    早稲田大学  2013年度特定課題研究助成費(新任の教員等) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 臨床心理査定演習Ⅰ(心理的アセスメントに関する理論と実践)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 教育心理学実験演習Ⅱ(心理学実験Ⅱ)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理基礎実習Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 教育相談・進路指導A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理学特論Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 発達心理学A

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理実習Ⅰ(心理実践実習)

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 教育相談事例研究Ⅱ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理基礎実習Ⅰ

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理査定演習Ⅰ

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 教育心理学総合演習I

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 生徒指導・教育相談・進路指導II

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業研究

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 教育心理学実験演習I

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 生徒指導・教育相談・進路指導I

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズB

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 教育心理学実験演習II

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 教育心理学総合演習II

    2016年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 教育心理学総合演習III

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理査定演習I

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理基礎実習II

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理基礎実習I

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理学特論I

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 臨床心理学課題研究I

    2016年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

社会貢献活動

  • 認知行動療法入門~ストレスとうまく付き合うコツ~

    講師

    瀬野児童館 班研修  2019年11月12日

     詳細を見る

  • 子どもに対する認知行動療法

    講師

    草津病院  2019年9月13日

     詳細を見る

  • 学校教育に生かす認知行動療法

    講師

    第51回広島子どものこころ支援ネットワーク総会・研修会  2019年5月25日

     詳細を見る

  • 生徒指導・教育相談・進路指導I

    講師

    新潟大学教員免許状更新講習  2018年2月3日

     詳細を見る

  • 児童生徒のためのストレスマネジメント教育

    講師

    見附市教育委員会「みつけこども大学」  2017年11月22日

     詳細を見る

  • 生徒指導・教育相談・進路指導I

    講師

    新潟県職員免許法認定講習  2017年9月16日

     詳細を見る

  • 教育の最新事情関係

    講師

    新潟大学教員免許状更新講習  2017年8月24日

     詳細を見る

  • 教育の最新事情関係

    講師

    新潟大学教員免許状更新講習  2017年8月2日

     詳細を見る

  • 幼児教育に活かす認知行動療法

    講師

    教師力を高めるトータル講座2017:これからの幼児教育の在り方を学ぶ  2017年5月20日

     詳細を見る

  • 教育の最新事情関係

    講師

    新潟大学教員免許状更新講習  2016年8月22日

     詳細を見る

  • 生徒指導、教育相談及び進路指導

    講師

    新潟県職員免許法認定講習  2016年8月19日

     詳細を見る

  • 教育の最新事情関係

    講師

    新潟大学教員免許状更新講習  2016年8月3日

     詳細を見る

  • 『第三世代』の認知行動療法

    講師

    東京家政大学大学院人間生活学総合研究科臨床心理学専攻 臨床心理学特論(後期)  2012年12月

     詳細を見る

▶ 全件表示