2022/09/28 更新

写真a

ニイミ リヨウスケ
新美 亮輔
NIIMI Ryosuke
所属
教育研究院 人文社会科学系 人文科学系列 准教授
人文学部 人文学科 准教授
職名
准教授
ホームページ
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 博士(心理学) ( 2008年5月   東京大学 )

  • 修士(心理学) ( 2005年3月   東京大学 )

  • 学士(文学) ( 2003年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 心理物理学

  • 物体認知

  • 知覚

  • 視覚

  • 認知心理学

  • 錯視

  • 物体認識

研究分野

  • 人文・社会 / 実験心理学  / 視覚認知

経歴(researchmap)

  • 東京大学大学院人文社会系研究科   助教

    2011年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 東京大学先端科学技術研究センター   日本学術振興会特別研究員(PD)

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

  • (独)理化学研究所脳科学総合研究センター   研究員

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程   日本学術振興会特別研究員(DC)

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   人文学部 人文学科   准教授

    2016年4月 - 現在

学歴

  • 東京大学   大学院人文社会系研究科   博士課程

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 日本アニメーション学会   ハラスメント防止・対策委員会委員  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 電子情報通信学会   HIP研究会専門委員  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本基礎心理学会   編集委員  

    2018年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本アニメーション学会   編集委員  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本認知心理学会   大会準備委員  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本認知科学会   大会実行委員  

    2011年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本心理学会注意と認知研究会   運営委員  

    2010年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • 心理学的性差の効果量を伝えるにはどうしたらよいか ―心理学を専攻しない学生を対象とした授業実践―

    新美亮輔

    人文科学研究(新潟大学人文学部)   148   Y33 - Y54   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • 顔の魅力が服の魅力評価に与える影響とその性差 査読

    新美亮輔・山田真也

    心理学研究   91 ( 2 )   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Interacting hands draw attention during scene observation. 査読

    Niimi, R

    Attention, Perception, & Psychophysics   82   1088 - 1098   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/s13414-019-01881-7

    researchmap

  • 視覚物体認識に情景音声が与える文脈効果

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    日本心理学会大会発表論文集   83 ( 0 )   3B - 050-3B-050   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.83.0_3B-050

    CiNii Article

    researchmap

  • Inhibition of return decays rapidly when familiar objects are used 査読

    Japanese Psychological Research   59 ( 2 )   167 - 177   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jpr.12149

    Web of Science

    researchmap

  • On the three-quarter view advantage of familiar object recognition 査読

    Psychological Research-Psychologische Forschung   80 ( 6 )   1030 - 1048   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00426-015-0702-9

    Web of Science

    researchmap

  • 東京帝国大学航空研究所航空心理部に見る日本の応用心理学の成立と拡大 査読

    新美 亮輔

    心理学史・心理学論   16/17   1 - 23   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:「心理学史・心理学論」刊行会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Does object view influence the scene consistency effect? 査読

    Attention, Perception, & Psychophysics   77 ( 3 )   856 - 866   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/s13414-014-0817-x

    Web of Science

    researchmap

  • 高速連続視覚呈示における情景文脈の抽出

    新美 亮輔, 飯泉 拓郎, 横澤 一彦

    日本心理学会大会発表論文集   79 ( 0 )   2AM - 070-2AM-070   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.79.0_2AM-070

    CiNii Article

    researchmap

  • Three-quarter view preference for three-dimensional objects in 8-month-old infants 査読

    Journal of Vision   14 ( 4 )   5   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/14.4.5

    Web of Science

    researchmap

  • Do we know others' visual liking? 査読

    i-Perception   5 ( 7 )   572 - 584   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1068/i0661

    Web of Science

    researchmap

  • Contextual effects of scene on the visual perception of object orientation in depth 査読

    Plos One   8 ( 12 )   e84371   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0084371

    Web of Science

    researchmap

  • The shot length styles of Miyazaki, Oshii, and Hosoda: A quantitative analysis 査読

    Animation: An Interdisciplinary Journal   8 ( 2 )   163 - 184   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1746847713487472

    Scopus

    researchmap

  • Consistency of likeability of objects across views and time 査読

    Perception   41 ( 6 )   673 - 686   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1068/p7240

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Iconic memory and parietofrontal network: fMRI study using temporal integration 査読

    Neuroreport   22 ( 11 )   515 - 519   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/WNR.0b013e328348aa0c

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Parietal and frontal object areas underlie perception of object orientation in depth 査読

    Neuroscience Letters   496 ( 1 )   35 - 39   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2011.03.081

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Illusory motion induced by blurred red-blue edges 査読

    Perception   39 ( 12 )   1678 - 1680   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1068/p6811

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 視覚的短期記憶における視覚情報の時間的統合に関わる神経基盤の検討(<特集>脳機能計測と基礎心理学)

    実吉 綾子, 新美 亮輔, 末續 朋子, 神長 達郎, 横澤 一彦

    基礎心理学研究   28 ( 1 )   23 - 34   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    The neural basis for temporal integration of visual information in short term memory. We investigated the neural basis of integration of temporally separated bilateral asymmetrical dot patterns by using functional magnetic resonance imaging (fMRI). A symmetrical dot pattern with a small asymmetric region was temporally separated into two patterns and presented sequentially. The participants were asked to find the asymmetrical region by temporally integrating the patterns. When the second array was presented after a brief (40ms) or a long (2560ms) interval the performance was good. However, ...

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00005878665

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Three-quarter views are subjectively good because object orientation is uncertain 査読

    Psychonomic Bulletin & Review   16 ( 2 )   289 - 294   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/PBR.16.2.289

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Viewpoint dependence in the recognition of non-elongated familiar objects: Testing the effects of symmetry, front-back axis, and familiarity 査読

    Perception   38 ( 4 )   533 - 551   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1068/p6161

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • The dynamic-stimulus advantage of visual symmetry perception 査読

    Psychological Research-Psychologische Forschung   72 ( 5 )   567 - 579   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00426-008-0133-y

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Determining the orientation of depth-rotated familiar objects 査読

    Psychonomic Bulletin & Review   15 ( 1 )   208 - 214   2008年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/PBR.15.1.208

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 遮蔽された物体の視覚的認知における影の役割

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    日本心理学会大会発表論文集   72 ( 0 )   3EV114 - 3EV114   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.72.0_3EV114

    CiNii Article

    researchmap

  • 物体方向の視覚的認知

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    日本心理学会大会発表論文集   72 ( 0 )   L01 - L01   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.72.0_L01

    CiNii Article

    researchmap

  • 日常物体の方向はどれくらい正確に知覚されているか(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨)

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    基礎心理学研究   26 ( 2 )   204 - 205   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00004902495

    CiNii Article

    researchmap

  • 対称性の視知覚とその役割 査読

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    心理学評論   50 ( 2 )   119 - 134   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:心理学評論刊行会  

    DOI: 10.24602/sjpr.50.2_119

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Cast shadowによる物体形状知覚:ー物体の安定性の効果

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    日本心理学会大会発表論文集   71 ( 0 )   2PM089 - 2PM089   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.71.0_2PM089

    CiNii Article

    researchmap

  • Attentional set for axis of symmetry in symmetry-defined visual search 査読

    Perception & Psychophysics   68 ( 7 )   1153 - 1162   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/BF03193717

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 物体認知の視点依存性における物体前後軸の影響

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    日本心理学会大会発表論文集   70 ( 0 )   2AM091 - 2AM091   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.70.0_2AM091

    CiNii Article

    researchmap

  • 日常物体の方向認知は物体認知と対照的な特性を有する(日本基礎心理学会第25回大会,大会発表要旨)

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    基礎心理学研究   25 ( 1 )   145 - 145   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00004450604

    CiNii Article

    researchmap

  • The role of visual symmetry in determining depth orientation of familiar objects(Summary of Awarded Presentations at the 24th Annual Meeting)

    NIIMI Ryosuke, YOKOSAWA Kazuhiko

    基礎心理学研究   25 ( 1 )   105 - 106   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    This study investigated the mechanism by which human vision determines the orientation of depth-rotated familiar objects. We hypothesized that the symmetry of the contours in the front and back views of objects is used to determine their orientation because familiar objects are often bilaterally symmetrical. The participants were required to detect 15°differences of depth orientation of the two objects presented simultaneously. Detection was better for the 0°(front) and 180°(back) conditions than for the 45°, 90°, and 135°conditions (Experiment 1). These results confirmed a predicted contribution of symmetry. The same pattern of results was observed when detection was required of an orientation difference of two different objects (Experiment 2).

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00004450511

    CiNii Article

    researchmap

  • 日常物体の方向認知と対称性の関係(日本基礎心理学会第24回大会,大会発表要旨)

    新美 亮輔, 横澤 一彦

    基礎心理学研究   24 ( 2 )   219 - 219   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00004347137

    CiNii Article

    researchmap

  • The role of visible persistence for perception of visual bilateral symmetry 査読

    Japanese Psychological Research   47 ( 4 )   262 - 270   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1468-5884.2005.00295.x

    Web of Science

    researchmap

  • 対称図形の視覚探索における対称軸の方位の効果(日本基礎心理学会第23回大会,大会発表要旨)

    新美 亮輔, 横澤 一彦, 渡邊 克巳

    基礎心理学研究   23 ( 2 )   240 - 240   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00004414652

    CiNii Article

    researchmap

  • 対称性知覚の時間特性 : 時間的統合課題による検討(日本基礎心理学会第22回大会,大会発表要旨)

    新美 亮輔, 渡邊 克巳, 横澤 一彦

    基礎心理学研究   22 ( 2 )   217 - 217   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本基礎心理学会  

    DOI: 10.14947/psychono.KJ00004414396

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 美しさと魅力の心理

    新美 亮輔( 担当: 分担執筆 ,  範囲: I-9「商品写真,前から撮るか,斜めから撮るか?」 I-10「よくある見え方は好まれる」 I-11「好まれる構図とは」)

    ミネルヴァ書房  2019年10月 

     詳細を見る

  • 人工知能学大事典

    新美 亮輔( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ジスト)

    共立出版  2017年 

     詳細を見る

  • オブジェクト認知

    新美亮輔, 上田彩子, 横澤一彦( 担当: 共著)

    2016年2月  ( ISBN:9784326251094

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

MISC

  • Auditory scene context facilitates visual object recognition

    Ryosuke Niimi, Takahiro Saiki, Kazuhiko Yokosawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   1022 - 1023   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 異なる視点からの画像に対する乳児の知覚

    山下和香代, 新美亮輔, 金沢創, 山口真美, 横澤一彦

    Vision   24 ( 3 )   126   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 物体と顔の魅力度評定における系列効果

    近藤あき, 新美亮輔, 高橋康介, 渡邊克巳

    電子情報通信学会技術研究報告   111 ( 155(HIP2011 27-42) )   63 - 68   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    順番に呈示される刺激に対して物理的特性(光の明るさ、音の大きさなど)の評価を行うと、呈示された刺激に対する評定が、先行する刺激や、その刺激に対する評価の影響を受けることが知られている(系列効果;Holland & Lockhead, 1968)。近年では、この系列効果は物理的特性の評定のみならず、価格のようなより高次の評価においても生じることが報告されている(Matthews & Stewart, 2009)。しかし、この系列効果が、魅力度のような主観的な判断を行う場合にも生じるのかは明らかではない。そこで本研究では、顔や物体の画像に対して魅力度を評定する際に、系列効果が生じるかを検討した。実験参加者は、顔画像または様々なカテゴリーの物体画像に対して、魅力度を7件法で評価した。その結果、呈示された刺激の評定値は直前の試行の評定値に近づく傾向が見られた。さらに、呈示された刺激と直前の試行の刺激のカテゴリ門が異なるときには、同じカテゴリーの時に比べて、直前の評価の影響が弱まることが示された。以上の結果は、主観的な魅力度の評定においても系列効果が生じること、系列効果は同じカテゴリーの刺激に対しておこることが示唆された。

    CiNii Article

    CiNii Books

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Consistency of likability to objects across views and time

    Ryosuke Niimi, Katsumi Watanabe

    I-PERCEPTION   2 ( 4 )   253 - 253   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Environmental reference frame alters the perceived orientation of three-dimensional object

    R. Niimi, K. Watanabe

    PERCEPTION   39   103 - 103   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Illusory motion of blurred blue-red edges

    K. Takahashi, R. Niimi, K. Watanabe

    PERCEPTION   39   87 - 87   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:PION LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • 視覚的物体認識の二つの脳内機構

    新美亮輔, 新美亮輔, 実吉綾子, 阿部怜子, 神長達郎, 横澤一彦

    基礎心理学研究   28 ( 2 )   2010年

     詳細を見る

  • The role for human parietal cortex in the perception of object orientation in depth: an fMRI study

    Ryosuke Niimi, Ayako Saneyoshi, Reiko Abe, Tatsurou Kaminaga, Kazuhiko Yokosawa

    NEUROSCIENCE RESEARCH   65   S239 - S239   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.neures.2009.09.1348

    Web of Science

    researchmap

  • 非対称図形の時間的統合に関わる神経基盤の検討

    実吉綾子, 新美亮輔, 末續朋子, 神長達郎, 横澤一彦

    基礎心理学研究   27 ( 2 )   2009年

     詳細を見る

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • 物体認知と視点 古典的視点依存論争から感性まで 招待

    新美 亮輔

    第18回感性学研究会  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    researchmap

  • 聴覚

    新美 亮輔

    人文カフェ2018「聴くということ」  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 視覚における手の役割

    新美 亮輔

    新潟心理学会第53回大会  2017年3月 

     詳細を見る

  • 手は口ほどにものを言う? 手の認知の心理

    新美 亮輔

    人文カフェ2016「今,心と身体を考える」  2016年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    researchmap

  • 東京帝国大学航空心理部と戦間期・戦時期の応用心理学

    新美 亮輔

    第26回心理学研究室セミナー(東京大学文学部)  2015年6月 

     詳細を見る

  • On the top-view disadvantage in visual object recognition.

    Psychonomic Society Annual Meeting  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • When a Mackintosh chair looks like a young woman: A study on visual object personification. 国際会議

    10th Asia-Pacific Conference on Vision  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • ヒトは何を見,何を認識しているのか:視覚物体認識から考えるヒトの情報処理 招待

    新美 亮輔

    日本認知科学会サマースクール  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Visual symmetry and human object perception

    Ryosuke Niimi

    RIKEN BSI Forum  2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 第13回錯視・錯聴コンテスト グランプリ

    2021年12月   両耳でしか聞こえない声

    新美亮輔

     詳細を見る

  • 2011年度優秀発表賞

    2012年   日本基礎心理学会  

    新美 亮輔

     詳細を見る

  • 第3回錯視コンテスト

    2011年   入賞

    新美 亮輔

     詳細を見る

  • 6th Annual Best Illusion of the Year Contest

    2010年   Top 10 Finalist

    Takahashi K, Niimi R, Watanabe K

     詳細を見る

  • 2005年度優秀発表賞

    2006年   日本基礎心理学会  

    新美 亮輔

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 瞳孔計測による情景・自然画像認知の研究

    研究課題/領域番号:21K03126  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    新美 亮輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    researchmap

  • 顔魅力の知覚に服および故魚津の知覚が与える影響の検討

    2020年10月 - 2023年3月

    公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団  コスメトロジー研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 手の視覚的認知の研究

    2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成(若手B) 

    新美 亮輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

その他研究活動

  • 特集「スピリチュアリズム」

    2018年

     詳細を見る

    新潟大学生協『ほんのこべや』53号,pp. 1-10.

    researchmap

  • 反応時間

    2013年

     詳細を見る

    脳科学辞典
    http://dx.doi.org/10.14931/bsd.806

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 心理学基礎実験

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 認知心理学

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 心理学実験演習(1)

    機関名:東京大学文学部

     詳細を見る

  • 心理学概説

    機関名:東京藝術大学音楽学部

     詳細を見る

  • 心理学研究法A

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 心理学演習

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 認知心理学特講

    機関名:武蔵野大学大学院通信教育部

     詳細を見る

  • 心理学基礎演習

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 人文展開系科目B

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 人文初年次演習A

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

  • 英語論文作成演習

    機関名:立教大学大学院現代心理学科

     詳細を見る

  • 心理学概説A

    機関名:新潟大学人文学部

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 性の科学(経済科学部)

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知覚心理学

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文系フロンティア

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知覚・認知心理学A

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知覚・認知心理学B

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 課題研究III

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 知覚情報研究

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 認知心理学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • セクシュアリティ・スタディーズ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学実験B

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学発展演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 認知科学演習

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理・思想・表象

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 人文系フロンティア

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 認知科学特論

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学概論A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学実験A

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学統計法

    2019年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 人文系展開科目B

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学基礎演習A

    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目Q

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 認知心理学

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 人文初年次演習A

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門A

    2017年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心の科学入門

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 心理学特殊実験B

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学特殊実験A

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学演習

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学概説A

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学研究法A

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(新美亮輔)

    2016年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 心理学基礎実験A

    2016年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 領域融合・超域科目A

    2016年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 心理学基礎実験B

    2016年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理・人間学入門B

    2016年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 心理学入門B

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 心理学基礎演習B

    2016年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

 

メディア報道

  • 女性の顔が魅力的だと服の評価も向上 評価者の性別関係なし 新聞・雑誌

    科学新聞  2020年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap

  • 服のセンスに「ただしイケメンに限る」は言い過ぎかも? 新潟大学が研究結果を発表 インターネットメディア

    ねとらぼ  2020年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    researchmap