2024/06/18 更新

写真a

スズキ カズキ
鈴木 一輝
SUZUKI Kazuki
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 准教授
自然科学研究科 生命・食料科学専攻 准教授
農学部 農学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 2017年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 植物栄養学、土壌学

  • 環境・農学 / ランドスケープ科学

  • 環境・農学 / 環境農学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   大学院自然科学研究科 生命・食料科学専攻   准教授

    2023年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   農学部 農学科   准教授

    2023年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   助教

    2018年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   特任助教

    2017年1月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

経歴

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   准教授

    2023年4月 - 現在

  • 新潟大学   農学部 農学科   准教授

    2023年4月 - 現在

  • 新潟大学   教育研究院 自然科学系 農学系列   准教授

    2023年4月 - 現在

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   助教

    2018年4月 - 2023年3月

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   特任助教

    2017年1月 - 2018年3月

所属学協会

 

論文

  • Bacterial Community Composition Under Paddy Conditions Is More Strongly Affected by the Difference in Soil Type than by Field Management 査読

    Kazuki Suzuki, Kana Katashima, Takaaki Miki, Hajime Igarashi, Qicong Xu, Shinji Ohkubo, Shinji Iwaishi, Naoki Harada

    Microbial Ecology   86 ( 4 )   2552 - 2559   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00248-023-02261-3

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00248-023-02261-3/fulltext.html

  • Rice endophytic communities are strongly dependent on microbial communities specific to each soil 査読

    Solomon Oloruntoba Samuel, Kazuki Suzuki, Rasit Asiloglu, Naoki Harada

    Biology and Fertility of Soils   59 ( 7 )   733 - 746   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00374-023-01743-3

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00374-023-01743-3/fulltext.html

  • Protists modulate active bacterial community composition in paddy field soils 査読

    Mayu Fujino, Kazuki Suzuki, Naoki Harada, Rasit Asiloglu

    Biology and Fertility of Soils   59 ( 7 )   709 - 721   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00374-023-01733-5

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00374-023-01733-5/fulltext.html

  • Impact of the chemical composition of applied organic materials on bacterial and archaeal community compositions in paddy soil 査読

    Sharmin Akter Chowdhury, Aya Kaneko, Md Zakaria Ibne Baki, Chikako Takasugi, Natsumi Wada, Rasit Asiloglu, Naoki Harada, Kazuki Suzuki

    Biology and Fertility of Soils   58 ( 2 )   135 - 148   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/s00374-022-01619-y

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00374-022-01619-y/fulltext.html

  • Soil-root interface influences the assembly of the endophytic bacterial community in rice plants 査読

    Solomon Oloruntoba Samuel, Kazuki Suzuki, Rasit Asiloglu, Naoki Harada

    Biology and Fertility of Soils   58 ( 1 )   35 - 48   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00374-021-01611-y

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00374-021-01611-y/fulltext.html

  • Top-down effects of protists are greater than bottom-up effects of fertilisers on the formation of bacterial communities in a paddy field soil 査読

    Rasit Asiloglu, Kobayashi Kenya, Solomon Oloruntoba Samuel, Bahar Sevilir, Jun Murase, Kazuki Suzuki, Naoki Harada

    Soil Biology and Biochemistry   156   108186 - 108186   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.soilbio.2021.108186

    researchmap

  • Effect of protists on rhizobacterial community composition and rice plant growth in a biochar amended soil 査読

    Rasit Asiloglu, Bahar Sevilir, Solomon Oloruntoba Samuel, Murat Aycan, Muhittin Onur Akca, Kazuki Suzuki, Jun Murase, Oguz Can Turgay, Naoki Harada

    Biology and Fertility of Soils   57 ( 2 )   293 - 304   2020年11月

     詳細を見る

  • Protist-enhanced survival of a plant growth promoting rhizobacteria, Azospirillum sp. B510, and the growth of rice (Oryza sativa L.) plants 査読

    Rasit Asiloglu, Keiko Shiroishi, Kazuki Suzuki, Oguz Can Turgay, Jun Murase, Naoki Harada

    Applied Soil Ecology   154   103599 - 103599   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.apsoil.2020.103599

    researchmap

  • Biochar affects taxonomic and functional community composition of protists 査読

    Rasit Asiloglu, Solomon Oloruntoba Samuel, Bahar Sevilir, Muhittin Onur Akca, Pinar Acar Bozkurt, Kazuki Suzuki, Jun Murase, Oguz Can Turgay, Naoki Harada

    Biology and Fertility of Soils   57 ( 1 )   15 - 29   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00374-020-01502-8

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00374-020-01502-8/fulltext.html

  • Evaluation of primer pairs for studying arbuscular mycorrhizal fungal community compositions using a MiSeq platform 査読

    Kazuki Suzuki, Kohei Takahashi, Naoki Harada

    Biology and Fertility of Soils   56 ( 6 )   853 - 858   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/s00374-020-01431-6

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00374-020-01431-6/fulltext.html

  • Differences in soil bacterial community compositions in paddy fields under organic and conventional farming conditions 査読

    Suzuki K, Takemura M, Miki T, Nonaka M, Harada N

    Microbes and Environments   34 ( 1 )   108 - 111   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1264/jsme2.ME18101

    PubMed

    researchmap

  • Nitrogen-based fertilizers differentially affect protist community composition in paddy field soils 査読

    Seda Ozer Bodur, Solomon Oloruntoba Samuel, Kazuki Suzuki, Naoki Harada, Rasit Asiloglu

    Soil Ecology Letters   6 ( 3 )   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s42832-023-0221-3

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s42832-023-0221-3/fulltext.html

  • The Application of Organic Matter Temporarily Shifts Carrot Prokaryotic Communities in the Endosphere but Not in the Rhizosphere 査読

    Irem Bagci, Kazuki Suzuki, Rasit Asiloglu, Naoki Harada

    Microorganisms   11 ( 10 )   2377 - 2377   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms11102377

    researchmap

  • Investigation on the radiocesium transfer to rice plants near the water inlet of paddy fields via an in situ experiment using non-contaminated soil 査読

    Anastasiia Klevtsova, Rinji Inaba, Moeka Takahashi, Yoshimasa Suzuki, Susumu Miyazu, Kazuki Suzuki, Naoki Harada, Norio Nogawa, Tatsuhiro Nishikiori, Tomijiro Kubota, Natsuki Yoshikawa

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   331 ( 9 )   4077 - 4086   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s10967-022-08448-1

    Web of Science

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s10967-022-08448-1/fulltext.html

  • Microplastic Extraction from Agricultural Soils Using Canola Oil and Unsaturated Sodium Chloride Solution and Evaluation by Incineration Method 査読

    Andrei Kononov, Motoya Hishida, Kazuki Suzuki, Naoki Harada

    Soil Systems   6 ( 2 )   54 - 54   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Environmental pollution by microplastics (MPs) has become a global problem, but little is known about MPs in soils. This is because MP extraction methods from soils have not yet been standardized. In this study, we tried to establish a simple and economical method to extract soil MPs using the buoyancy of canola oil and the density separation process using sodium chloride (NaCl). In addition, the incineration method was adapted to evaluate the effectiveness of extraction methods precisely. First, the ability and suitability of seven different oils to extract MP from soil were investigated and canola oil was selected. Then, the spiking and recovery test was performed with canola oil and NaCl solution for low-density polyethylene (LDPE), polypropylene (PP), and polyvinylchloride (PVC) as follows: (1) soil and MP mixtures were prepared, (2) 5 g L−1 NaCl and canola oil were added and shaken thoroughly, (3) the oil phase containing MPs were separated after sedimentation, (4) the extracted MPs were rinsed with 99.5% ethanol, and (5) the organic adherents to the extracted MPs were digested with hydrogen peroxide. After drying and incineration, the substantial recovery rates were calculated. In the spiking and recovery test for MP particles (<1 mm) from five typical Japanese agricultural soils, the recoveries of LDPE, PP, and PVC were 95.2–98.3%, 95.2–98.7%, and 76.0–80.5%, respectively, higher than those obtained by the density separation using saturated NaCl solution. In conclusion, the method is effective for extracting MPs, especially LDPE and PP, from soils and is less sensitive to soil type, texture, and physicochemical properties.

    DOI: 10.3390/soilsystems6020054

    researchmap

  • Elevated rice 137Cs concentrations near the water inlet in paddy fields after the Fukushima nuclear accident 査読

    Yoshimasa Suzuki, Ryosuke Shoji, Takahiro Tsurumaki, Syohei Tamaki, Kousei Nakashima, Susumu Miyazu, Natsuki Yoshikawa, Hideki Ishii, Norio Nogawa, Masanori Nonaka, Kazuki Suzuki, Naoki Harada

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   331 ( 7 )   3167 - 3173   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10967-022-08350-w

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s10967-022-08350-w/fulltext.html

  • Soil properties have more significant effects on the community composition of protists than the rhizosphere effect of rice plants in alkaline paddy field soils

    Rasit Asiloglu, Keiko Shiroishi, Kazuki Suzuki, Oguz Can Turgay, Naoki Harada

    Soil Biology and Biochemistry   161   108397 - 108397   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.soilbio.2021.108397

    researchmap

  • Molecular Genetic Characterization of Arbuscular Mycorrhizal Fungi Associated with Upland Rice in Bangladesh 査読

    Md Zakaria Ibne Baki, Kazuki Suzuki, Kohei Takahashi, Sharmin Akter Chowdhury, Rasit Asiloglu, Naoki Harada

    Rhizosphere   18   100357 - 100357   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rhisph.2021.100357

    researchmap

  • Impacts of application of calcium cyanamide and the consequent increase in soil pH on N2O emissions and soil bacterial community compositions 査読

    Kazuki Suzuki, Naoya Kashiwa, Kota Nomura, Rasit Asiloglu, Naoki Harada

    Biology and Fertility of Soils   57 ( 2 )   269 - 279   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00374-020-01523-3

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00374-020-01523-3/fulltext.html

  • Influence of irrigation water intake on local increase of radiocesium activity concentration in rice plants near a water inlet. 査読 国際誌

    Natsuki Yoshikawa, Kosei Nakashima, Yoshimasa Suzuki, Susumu Miyazu, Kazuki Suzuki, Norio Nogawa, Naoki Harada

    Journal of environmental radioactivity   225   106441 - 106441   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To identify the cause of the phenomenon that rice plants close to the water inlet contain relatively higher radiocesium within a paddy field plot, we conducted a field experiment by establishing experimental channel using polypropylene corrugated sheets, and sampling surface water, paddy soil and rice plants according to the distance from the water inlet in 2014 and 2015. It was found that the 137Cs activity concentrations in both dissolved and particulate forms in paddy surface water presented a declining trend from the water inlet towards the outlet. The 137Cs activity concentration in paddy soil in the harvesting season and those of brown rice and rice straws were highest at 1-2 m from the water inlet. Balance calculation suggests that destination of the lost 137Cs from the surface water was likely to be adsorption of the dissolved form and sedimentation of particulate form onto the soil. The concentration of exchangeable potassium ion in paddy soil was below the recommended standard of 250 mg kg-1 (as K2O in dry soil) near the water inlet at the harvesting period both years.These findings suggested that the possible crucial factors to induce rice plant uptake of radiocesium near the water inlet were either (1) direct absorption of dissolved 137Cs in surface water by rice plants, (2) absorption of 137Cs, which was originally retained in particulate matter and released by ion exchange and/or by organic matter decomposition in combination with (3) loss of soil exchangeable potassium caused due partly to transportation of soil particles with exchangeable potassium by the rapid water flow near the water inlet and/or leaching by ion exchange onto the soil of other cations such as calcium ion flowing into the paddy field. These findings will contribute to providing possible measures for producing safe rice in highly contaminated areas in which agricultural production will resume in the near future. We propose providing a non-planting zone for the area closer than about 5 m from the water intake to avoid the occurrence of high 137Cs concentrations in rice crops.

    DOI: 10.1016/j.jenvrad.2020.106441

    PubMed

    researchmap

  • Molecular characterization, mycelial compatibility grouping, and aggressiveness of a newly emerging phytopathogen, Sclerotinia sclerotiorum, causing white mold disease in new host crops in Bangladesh 査読

    M. M. E. Rahman, K. Suzuki, M. M. Islam, T. K. Dey, N. Harada, D. M. Hossain

    Journal of Plant Pathology   102 ( 3 )   775 - 785   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/s42161-020-00503-8

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s42161-020-00503-8/fulltext.html

  • The composition characteristics of arbuscular mycorrhizal fungal communities associated with barley in saline-alkaline soils in Central Anatolia 査読

    Tomoyuki Kaidzu, Kazuki Suzuki, Hayato Sugiyama, Muhittin Onur Akca, Ali Ergül, Oguz Can Turgay, Masanori Nonaka, Naoki Harada

    Soil Science and Plant Nutrition   66 ( 2 )   268 - 274   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Informa {UK} Limited  

    DOI: 10.1080/00380768.2019.1706432

    researchmap

  • Native Trichoderma strains isolated from Bangladesh with broad spectrum antifungal action against fungal phytopathogens 査読

    Md. Monirul Islam, Delwar M. Hossain, Md. Muzahid E Rahman, Kazuki Suzuki, Taishi Narisawa, Ismail Hossain, Md. Bahadur Meah, Masanori Nonaka, Naoki Harada

    Archives of Phytopathology and Plant Protection   49 ( 1-4 )   75 - 93   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor and Francis Ltd.  

    Nineteen Trichoderma isolates, collected from different locations in Bangladesh, were characterised through phenotypic, biochemical and molecular means. Besides, they were assessed for their antifungal action in vitro. The isolates were divided into three groups: T. asperellum, T. virens and T. harzianum. A dual culture assay and a culture filtrate assay against 6 phytopathogens revealed that 9 of the 19 isolates showed significant antifungal activities. The isolate T. harzianum TR05 showed the highest inhibition against Fusarium oxysporum, Rhizoctonia solani, Fusarium circinatum and Phomopsis vexans, followed by T. asperellum TR08 and T. virens TR06. TR08 had the highest inhibition against Sclerotium rolfsii and Pythium aphanidermatum, followed by TR05 and TR06. These findings were in agreement with their activities of extracellular hydrolytic enzymes, including chitinase, β-1,3-glucanase, and proteinase. Our results suggest that isolates TR05, TR06 and TR08 have the potential to be effective biocontrol agents against the phytopathogenic fungi.

    DOI: 10.1080/03235408.2016.1147121

    Scopus

    researchmap

  • Suppressive effects of Bacillus spp. on mycelia, apothecia and sclerotia formation of Sclerotinia sclerotiorum and potential as biological control of white mold on mustard 査読

    Md Muzahid E. Rahman, Delwar M. Hossain, Kazuki Suzuki, Ayaka Shiiya, Kazushi Suzuki, Tapan Kumar Dey, Masanori Nonaka, Naoki Harada

    AUSTRALASIAN PLANT PATHOLOGY   45 ( 1 )   103 - 117   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Biological control, especially with Bacillus-based biocontrol agents, offers an attractive alternative to synthetic pesticides for sustainable management of white mold disease caused by Sclerotinia sclerotiorum. In this study, eight effective Bacillus isolates were isolated from rhizospheric soil samples as potential bacterial biocontrol agents. Cultural, biochemical, and molecular analyses of 16S rDNA and gyrase subunit A (gyrA) confirmed that all isolates were identified as Bacillus amyloliquefaciens subsp. plantarum. The production of hydrolytic enzymes and the plant growth-promotional attributes of these isolates confirmed their multifaceted potential. Molecular analysis of the eight biosynthetic genes, which are related to antibiotic properties of bacilli, revealed that all of the isolates possess five genes: bacA for bacilysin, dfnM for difficidin, fenA for fengycin, ituA for iturin, and sfp for surfactin. The Bacillus isolates inhibited mycelial growth and suppressed formation of sclerotia during an in vitro test against S. sclerotiorum. Deformities and cell-wall lysis of mycelia, abnormalities of apothecia, and germination failure of ascospores through interaction with the Bacillus isolates were observed with light and scanning electron microscopes, suggesting that they have high antagonistic effects against S. sclerotiorum. Seed bacterization with the Bacillus isolates protected mustard seedlings in vitro up to 98 % against S. sclerotiorum. In a pot experiment, damages of mustard plants against the pathogen decreased up to 90 % after foliar spray of the Bacillus isolates. In addition, the isolates increased seed germination and accelerated seedling vigor of mustard, suggesting that they have plant growth-promoting functions.

    DOI: 10.1007/s13313-016-0397-4

    Web of Science

    researchmap

  • Arbuscular mycorrhizal fungal community of wheat under long-term mineral and organic amendments in semi-arid Mediterranean Turkey 査読

    Takuya Buto, Kazuki Suzuki, Tomoyuki Kaidzu, Taishi Narisawa, Oguz Can Turgay, Ibrahim Ortas, Naoki Harada, Masanori Nonaka

    ARID LAND RESEARCH AND MANAGEMENT   30 ( 4 )   479 - 489   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    A minimal amount of information is currently available concerning arbuscular mycorrhizal (AM) fungal associations with crops in semi-arid zones on Leptosols in Turkey. Therefore, using molecular ecological techniques, we studied the effects of different management practices (without fertilization, chemical fertilization, farmyard manure, and plant compost amendments) on AM fungal communities associated with wheat roots. Experiments were conducted in a field established in 1996 in southern Mediterranean Turkey where soil productivity is low owing to unfavorable climatic effects and soil characteristics. We determined 201 partial sequences of AM fungal nuclear ribosomal large subunit genes. The higher AM fungal richness was found in the control treatment without fertilization and plant compost treatments compared with the chemical fertilization and farmyard manure treatments. Clones related to Rhizophagus were found in all treatments and accounted for 37% of the total AM fungal clones, whereas those of Funneliformis were dominant under chemical fertilization. Redundancy analysis based on the frequency of operational taxonomic units revealed that AM fungal communities were divided into three groups, namely, the control treatment, the chemical fertilization treatment, and the organic treatments (farmyard manure and plant compost treatments). Although different organic amendments supported relatively similar AM fungal communities, plant compost induced higher AM fungal richness than farmyard manure fertilization.

    DOI: 10.1080/15324982.2016.1177749

    Web of Science

    researchmap

  • Molecular diversity of indigenous arbuscular mycorrhizal fungi in three different agricultural regions of Turkey 査読

    Kazuki Suzuki, Oguz Can Turgay, Muhittin Onur Akca, Naoki Harada, Masanori Nonaka

    SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION   60 ( 3 )   367 - 376   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    Little is known about the distribution of arbuscular mycorrhizal fungi (AMF, phylum Glomeromycota) in the Turkish arable soils. In this study, we investigated AM fungal phylotype composition in the roots of 13 different plant samples from one site each of the East Black Sea, Mediterranean, and Central Anatolian regions of Turkey. Fifty-seven distinguished operational taxonomic units at 97% nucleotide sequence identity were recorded among 424 partial sequences of the nuclear ribosomal large subunit (LSU) RNA genes determined. Most of the new sequences were clustered within 10 well-resolved phyloclades of the order Glomerales. About half of the newly determined sequences lacked similar sequences in the public databases. In particular, all sequences from Camellia sinensis collected in the East Black Sea region had only 83-97% sequence similarity to known AMF species. The findings suggest that novel and endemic AMF species may exist in Turkish agricultural soils. The AM fungal community composition in the East Black Sea region was relatively simple and completely differed from those in the other two regions, presumably due to the low soil pH and host specificity. The AM fungal community compositions of the Mediterranean and Central Anatolian samples were broadly similar; however, some sequences related to Rhizophagus were found only in the Mediterranean samples. This reflects the trend that more diverse AM fungal communities are established in the Mediterranean region than the Central Anatolian region.

    DOI: 10.1080/00380768.2014.890916

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • フミン酸および活性アルミニウムの添加に対する水田土壌細菌叢の応答

    鈴木一輝, 五十嵐一望, 片嶋夏菜, 原田直樹

    日本土壌肥料学会2023年度愛媛大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • イネ根エンドファイト形成における土壌-根接触の重要性と土壌型の影響

    鈴木一輝, Samuel Ololuntoba Solomon, Rasit Asiloglu, 原田直樹

    日本土壌肥料学会2022年度東京大会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The transition of arbuscular mycorrhizal fungal community composition in plant roots, soil spores, and extraradical hyphal fractions during host growth.

    Suzuki K, Takahashi K, Asiloglu R, Harada N

    International Soil Science Symposium on Soil Science & Plant Nutrition  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 異なる土壌型の菌叢の接種は水田細菌叢に影響を与えるか?

    鈴木一輝, 片嶋夏菜, OS SAMUEL, 五十嵐一望, 三木孝明, 徐啓聡, 榊原健太郎, R ASILOGLU, 原田直樹

    日本土壌肥料学会2021年度北海道大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Comparative analysis of bacterial community structures in paddy soils collected from a wide area of Japan

    Kana Katashima, Kazuki Suzuki, Takaaki Miki, Qicong Xu, Shinji Ohkubo, Shinji Iwaishi, Naoki Harada

    KAAB International symposium 2021  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Molecular Genetic Characterization of Arbuscular Mycorrhizal Fungi Associated with Upland Rice in Bangladesh

    Md Zakaria Ibne Baki, Kazuki Suzuki, Kohei Takahashi, Sharmin Akter Chowdhury, Rasit Asiloglu, Naoki Harada

    KAAB International symposium 2021  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Protist predation upon rhizobacteria alters endophytic bacterial community associated with rice plants

    Samuel Oloruntoba Solomon, Asiloglu Rasit, Shiroishi Keiko, Suzuki Kazuki, Harada Naoki

    KAAB International symposium 2021  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Taxonomic and functional community compositions of protist are shaped by soil properties and rhizosphere effect of rice plants

    Asiloglu Rasit, Shiroishi Keiko, Suzuki Kazuki, Turgay Oguz Can, Harada Naoki

    KAAB International symposium 2021  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 植物根・土壌中胞子・根外菌糸画分におけるアーバスキュラー菌根菌群集組成の宿主植物の生育に伴う遷移

    高橋康平, 鈴木一輝, Rasit Asiloglu, 原田直樹

    日本土壌肥料学会2020年度岡山大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of biochar amendment on community structure of protists and their predatory effects on bacterial community composition in a rice rhizosphere

    Rasit Asiloglu, Bahar Sevilir, Solomon Samuel, Murat Aycan, M. Onur Akca, Kazuki Suzuki, Jun Murase, O. Can Turgay, Naoki Harada

    日本土壌肥料学会2020年度岡山大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 水田土壌細菌群集の形成において従属栄養原生生物によるトップダウン効果の影響は施肥によるボトムアップ効果より大きい

    小林賢弥, Rasit Asiloglu, O Solomon Samuel, Bahar Sevilir, 鈴木一輝, 原田直樹

    日本土壌肥料学会2020年度岡山大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Effects of nitrogen application and weed management on rice yield under AWD irrigation system

    Md Zakaria Ibne Baki, MKA Bhuiyan, K Suzuki, N Harada

    International Soil Congress 2019  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ankara,Turkey  

    researchmap

  • The Effect of Pyrochar and Hydrochar Application on Arbuscular Mycorrhizal Fungi Associated with Zea mays

    Kazuki Suzuki, Eiko Bizen, Bahar Sevilir, Yusuf Osman Donar, Ali S?na?, Oguz Can Turgay, Naoki Harada

    International Soil Congress 2019  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ankara,Turkey  

    researchmap

  • Effects of Pyrochars and Hydrochars Obtained from Various Organic Wastes on Soil Bacterial Diversity in Rhizosphere of Maize (Zea mays)

    B. Sevilir, K. Suzuki, Y.O. Donar, A. S?na?, O.C. Turgay, N. Harada

    International Soil Congress 2019  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ankara,Turkey  

    researchmap

  • Molecular Diversity of Microbial Community in arid grassland in Central Anatolia

    Kazuki Suzuki, Hayato Sugiyama, Ahmad Mahmood, Selcuk Tugrul Koruklu, Al Ugur Ozcan, Oguz Can Turgay, Naoki Harada

    International Soil Congress 2019  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ankara,Turkey  

    researchmap

  • Effects of Pyrochars and Hydrochars Obtained from Various Organic Wastes on Soil Bacterial Diversity in Rhizosphere of Maize (Zea mays)

    B. Sevilir, K. Suzuki, Y.O. Donar, A. S?na?, O.C. Turgay, N. Harada

    International Soil Congress 2019  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Ankara,Turkey  

    researchmap

  • Molecular Diversity of Microbial Community in arid grassland in Central Anatolia

    Kazuki Suzuki, Hayato Sugiyama, Ahmad Mahmood, Selcuk Tugrul Koruklu, Al Ugur Ozcan, Oguz Can Turgay, Naoki Harada

    International Soil Congress 2019  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 広域から採取した水田土壌の細菌群集構造の比較解析

    片嶋夏菜, 鈴木一輝, 三木孝昭, 徐啓聡, 大久保慎二, 岩石真嗣, 原田直樹

    日本土壌微生物学会2019年度札幌大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • A comparison of soil bacterial diversities under the applications of pyrolytic and hydrothermal biochars derived from different waste materials

    B. Sevilir, K. Suzuki, Y.O. Donar, A. S?na?, O.C. Turgay, N. Harada

    日本土壌微生物学会2019年度札幌大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • MiSeq を用いたアーバスキュラー菌根菌群集構造解析に適したプライマーペアの検討

    高橋康平, 鈴木一輝, 原田直樹

    日本土壌微生物学会2019年度札幌大会  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The Effects of Calsium Cyanamide Application on Soil Bacterial Community and N2O Emission

    Kazuki Suzuki, Naoya Kashiwa, Kota Nomura, Naoki Harada

    5th Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sendai,Japan  

    researchmap

  • The effect of biochar application on soil bacterial diversity and arbuscular mycorrhizal fungal in rhizosphere of maize (Zea mays)

    B. Sevilir, K. Suzuki, E. Bizen, Y.O. Donar, A. S?na?, O.C. Turgay, N. Harada

    5th Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai,Japan  

    researchmap

  • Rice (Oryza sativa L.) Plant Growth Enhanced by Co-inoculation with Heterotrophic Protists and Azospirillum sp. strain B510

    K. Shiroishi, K. Suzuki, O.C. Turgay, J. Murase, N Harada, R. Asiloglu

    5th Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai,Japan  

    researchmap

  • 次世代シーケンサーMiSeqを用いたアーバスキュラー菌根菌群集構造解析法の確立

    高橋康平, 鈴木一輝, 原田直樹

    日本土壌肥料学会関東支部2018年度新潟大会  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 石灰窒素の局所施肥による亜酸化窒素発生抑制機構の解明

    野村洸太, 柏直也, 坂入恵美子, 鈴木一輝, 原田直樹

    日本土壌肥料学会関東支部2018年度新潟大会  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 従属栄養性原生生物とAzospirillum sp. Strain B510の相互作用によるイネの生育向上

    白石景子, 鈴木一輝, 村瀬潤, 原田直樹, Asiloglu Rasit

    日本土壌肥料学会関東支部2018年度新潟大会  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The effects of different organic material applications and their components on soil bacterial community composition under flooded conditions

    Kazuki Suzuki, Aya Kaneko, Natsumi Wada, Naoki Harada

    Joint Symposium of the 8th International Agriculture Congress & 6th International Symposium for Food & Agriculture 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Malaysia  

    researchmap

  • Analysis for bacterial community composition under organic paddy field and clarification of characteristices of organic paddy filed

    K. KATASHIMA, K. SUZUKI, T. MIKI, Q.C. XU, S. OHKUBO, M. IWAISHI, N. HARADA

    Joint Symposium of the 8th International Agriculture Congress & 6th International Symposium for Food & Agriculture 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Malaysia  

    researchmap

  • Effects of neonicotinoid insecticide on ecosystem

    R. SHIBATA, K. SUZUKI, N. HARADA

    Joint Symposium of the 8th International Agriculture Congress & 6th International Symposium for Food & Agriculture 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Malaysia  

    researchmap

  • Evaluation of primer pairs for studying arbuscular mycorrhizal fungal community compositions using high through-put sequencing

    K. TAKAHASHI, K. SUZUKI, N. HARADA

    Joint Symposium of the 8th International Agriculture Congress & 6th International Symposium for Food & Agriculture 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Malaysia  

    researchmap

  • Dynamics of neonicotinoid insecticides in a rice field and the surrounding environment

    M. SUGAI, K. SUZUKI, N. HARADA

    Joint Symposium of the 8th International Agriculture Congress & 6th International Symposium for Food & Agriculture 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Malaysia  

    researchmap

  • Enhanced rice plant growth by interaction of heterotrophic protists and Azospirillum SP. strain B510

    K. SHIROISHI, R. ASILOGLU, K. SUZUKI, N. HARADA

    Joint Symposium of the 8th International Agriculture Congress & 6th International Symposium for Food & Agriculture 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Malaysia  

    researchmap

  • 施用する有機物の構成成分の違いが湛水条件下の土壌細菌群集に与える影響に関する研究

    Kazuki Suzuki, Aya Kaneko, Natsumi Wada, Naoki Harada

    日本微生物生態学会第32回大会  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 有機質資材を施用した水田土壌における細菌群集構造変化の網羅的解析

    金子綾, 鈴木一輝, 原田直樹, 野中昌法

    環境微生物系学会合同大会2017  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • トルコ中央部乾燥地域の自然植生における根圏細菌およびアーバスキュラー菌根菌群集構造解析

    鈴木 一輝, Oguz Can Turgay, 原田 直樹, 野中 昌法

    環境微生物系学会合同大会2017  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • The effects of long-term organic farming on arbuscular mycorrhizal fungal diversities and community compositions in Turkey

    Kazuki Suzuki, Oguz Can Turgay, Ibrahim Ortas, Ali Ergul, Naoki Harada, Masanori Nonaka

    RIHN Workshop on ”Food Sovereignty, Sustainable Agriculture and Fukushima Accident”  2016年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukushima,Japan  

    researchmap

  • Challenge of profiling soil bacterial communities under organic rice farming using high throughput next-generation sequencing

    Kazuki Suzuki, Manami Takemura, Naoki Harada, Masanori Nonaka

    The 6th International Symposium for the Development of Integrated Pest Management (IPM) in Asia and Africa  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Niigata,Japan  

    researchmap

  • Antagonistic effects of Bacillus spp. on emerging phytopathogen Sclerotinia sclerotiorum and potential as biological control of white mold disease on mustard

    Md Muzahid E Rahman, Delwar M Hossain, Kazuki Suzuki, Ayaka Shiiya, Kazushi Suzuki, Tapan Kumar Dey, Masanori Nonaka, Naoki Harada

    The 6th International Symposium for the Development of Integrated Pest Management (IPM) in Asia and Africa  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata,Japan  

    researchmap

  • Profiling of fungal communities associated with corn roots using high-throughput next-generation sequencing under long-term organic management in Mediterranean coastal areas in Turkey

    Rin Konno, Kazuki Suzuki, Chika Toida, Oguz Can Turgay, Ibrahim Ortas, Naoki Harada, Masanori Nonaka

    The 6th International Symposium for the Development of Integrated Pest Management (IPM) in Asia and Africa  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata,Japan  

    researchmap

  • Arbuscular mycorrhizal fungal diversities and community compositions in Turkish arable soils

    Kazuki Suzuki, Oguz Can Turgay, Ibrahim Ortas, Ali Ergul, Naoki Harada, Masanori Nonaka

    5th Asian Conference on Green Technology in Agriculture: Chances and Challenges for a Better Life  2015年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiang Mai,Thailand  

    researchmap

  • 地中海沿岸地域における長期有機連用がトウモロコシ根の糸状菌叢に与える影響

    鈴木一輝, 戸井田千佳, Oguz Can Turgay, Ibrahim Ortas, 原田直樹, 野中昌法

    日本土壌微生物学会2015年度筑波大会  2015年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 次世代シーケンサーを用いた土壌細菌群集構造解析による有機水田土壌のプロファイリングの試み

    竹村真奈美, 鈴木一輝, 野中昌法, 原田直樹

    日本土壌微生物学会2015年度筑波大会  2015年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Profiling of soil bacterial communities in organic paddy fields using high throughput next-generation sequencing

    Kazuki SUZUKI, Manami TAKEMURA, Naoki HARADA, Masanori NONAKA

    EUROSOIL2016  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Instanbul,Turkey  

    researchmap

  • Influence of increasing soil salinity on diversity of arbuscular mycorrhizal fungi colonising winter barley

    Kazuki SUZUKI, Oguz Can TURGAY, Muhittin Onur AKCA, ?agla ATASOY, Ali ERGUL, Naoki HARADA, Masanori NONAKA

    First Global Soil Biodiversity Conference  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dijon,France  

    researchmap

  • Research of arbuscular mycorrhizal fungal communities associated with roots of wheat (Triticum aestivum L.) under long-term organic and chemical fertilization regimes in Mediterranean Turkey

    Kazuki SUZUKI, Takuya BUTO, Tomoyuki KAIDZU, Taishi NARISAWA, Oguz Can TURGAY, Ibrahim ORTAS, Naoki HARADA, Masanori NONAKA

    9th International Soil Science Congress on The Soul of Soil and Civilization  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Antalya,Turkey  

    researchmap

  • Arbuscular mycorrhizal fungal diversity associated with tea plant (Camelia sinensis) roots under inorganic and organic fertilization in acidic soil in the East Black Sea region of Turkey

    Kazuki SUZUKI, Oguz Can TURGAY, Muhittin Onur AKCA, Ali ERGUL, P?nar OZER, Naoki HARADA, Masanori NONAKA

    20th World Congress of Soil Science  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Jeju,Korea  

    researchmap

  • トルコ黒海沿岸酸性土壌における施肥管理とチャノキ共生アーバスキュラー菌根菌の多様性

    鈴木一輝, Oguz Can Turgay, Muhittin Onur Akca, Ergul Ali, Ozer Pinar, 原田直樹, 野中昌法

    日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 母材および管理の異なるトルコ耕地土壌中の土着アーバスキュラー菌根菌の多様性

    鈴木一輝, 原田直樹, 野中昌法, Oguz Can Turgay

    日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • トルコ地中海地域アダナの長期有機連用圃場におけるアーバスキュラー菌根菌の多様性

    武藤拓也, 鈴木一輝, 成沢大志, 海津朋之, 原田直樹, 野中昌法, Oguz Can Turgay, Ibrahim Ortas

    日本土壌微生物学会2012年度神戸大会  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Arbuscular Mycorrhizal fungal diversity under long-term inorganic and organic fertilization practices in Mediterranean Turkey

    Tomoyuki KAIDZU, Oguz Can TURGAY, Kazuki SUZUKI, Taishi NARISAWA, Takuya BUTO, Naoki HARADA, Masanori NONAKA, Ibrahim ORTAS

    8th International Soil Science Congress, “Land Degradation and Challenges in Soil Management”  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Izmir,Turkey  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 水田細菌叢形成における土壌物理・化学・生物性の影響解析と支配的因子の特定

    研究課題/領域番号:21K14952

    2021年4月 - 2024年3月

    制度名:科学研究費助成事業 若手研究

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    鈴木 一輝

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    水田においては土壌細菌群集がその地力の維持に重要な役割を果たしていることが明らかになっているが,その群集形成メカニズムは未だ不透明であり,菌叢の制御には至っていない。我々は先行研究において,我が国の水田土壌細菌群集を広域にわたり解析し,水田細菌群集は肥培管理や地理的要因よりも土壌タイプ(型)間で大きく異なることを見出した。本研究の目的は,「土壌のいかなる性質が水田細菌叢を決定しているのか」を明らかにすることである。本研究では,マイクロコズム実験にて,土壌の物理性・化学性・生物性の3つの観点から細菌叢の形成メカニズムを明らかにするとともに,細菌叢形成に支配的な因子の特定を目指す。加えて,土壌型間に見られる潜在的な細菌叢と生態学的機能についても取りまとめ,水稲生育促進を目指した土壌細菌叢制御の可能性を探る。
    初年度は課題1として黒ボク土・灰色台地土・グライ土を用いて土壌特性の改変による細菌叢の制御を試みた。まず,複数のフミン酸および活性型のアルミニウム化合物を添加するマイクロコズム試験により水田土壌細菌叢への影響を検討した。その結果,いずれの場合においても細菌叢への影響はほとんど無く,各土壌型で一定の細菌叢を示した。従って,一般的に生物毒性があるとされる活性アルミニウムやそれを保持する腐植物質量が黒ボク土壌型の細菌叢を形成しているという仮説は支持されず,菌叢形成因子としての重要性は低いものと考えられた。課題2として黒ボク土・灰色台地土・灰色低地土・グライ土・砂丘未熟土を菌叢接種源とする水耕栽培にてイネ根エンドファイト群集の形成を検討した。その結果,接種源の土壌型ごとにエンドファイト群集が異なり,特に黒ボク土を接種源としたときにのみ検出されるエンドファイトが多く認められた。2022年度も引き続き,マイクロコズム試験および水耕栽培試験等により前述の2課題を検討していく予定である。

    researchmap

  • 無視できない灌漑水由来の放射性Cs:その水田内挙動とイネへの移行メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:19H03072

    2019年4月 - 2022年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    原田 直樹, 鈴木 一輝, 吉川 夏樹, 宮津 進

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:17030000円 ( 直接経費:13100000円 、 間接経費:3930000円 )

    福島第一原子力発電所事故以降,灌漑水と共に水田に流入する放射性セシウム(rCs)のイネへの影響についてはほぼ無視されてきた。しかし,我々の先行研究の結果,水口付近のイネ(玄米及び稲わら)のrCs濃度が水田内の他地点より有意に高いことが見出され,また非汚染土壌で栽培したイネであっても,水口に置くと現地土壌で育てたイネとほぼ同程度のrCs汚染が生じることが明らかとなった。以上の事実は,rCsを低濃度で含む灌漑水の流入は,水口イネへのrCs移行に直接的,間接的に影響することを示している。そこで本研究では,灌漑水中の137Csに焦点をあて,その存在形態を追究することに加えて,水田流入後の懸濁態及び溶存態137Csの挙動を調べ,またイネへの137Cs吸収へと至るメカニズムを明らかにすることで,水田における「水→土壌→イネ」に至る137Csの動態を理解することを目的としている。2019年度は,課題1として灌漑水由来137Csの挙動調査を福島県浜通り地域の3地区で行った。その結果,灌漑水中の溶存態及び懸濁態137Cs濃度の季節変動や経年変化を明らかにし,また通水初年度の用水路の通過によって用水中の137Cs濃度が上昇する可能性が示された。また,137Csをほとんど含まない新潟土壌を充填した模擬水田におけるイネ栽培試験を実施し,灌漑水とともに流入する137Csの約6割が模擬水田内に沈着することが分かり,また土壌中の137Csよりも用水中の137Csの方がイネに移行し易いことが示唆された。さらに数万Bq kg-1の137Csを含む粗大浮遊物の流入が現地水田で観察された。課題2として灌漑水由来137Csのイネへの移行メカニズム解明をトレーサー実験で目指した。137Csはイネの基部からも体内に移行し,収穫時には籾に分布することが確認された。特に出穂期に吸収された137Csは籾に移行し易かった。2020年度も引き続き,現地調査とポット試験等により前述の2課題を検討していく予定である。

    researchmap

  • ネオニコチノイド系農薬により引き起こされる生態系影響および毒性の実態に迫る

    研究課題/領域番号:18H04137

    2018年4月 - 2022年3月

    制度名:科学研究費助成事業 基盤研究(A)

    研究種目:基盤研究(A)

    提供機関:日本学術振興会

    関島 恒夫, 鈴木 一輝, 原田 直樹, 大西 浩史, 関島 香代子, 吉川 夏樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:44070000円 ( 直接経費:33900000円 、 間接経費:10170000円 )

    水田生態系に対する水稲用殺虫剤の影響を明らかにするために、水田を模した水田メソコスムを用いて殺虫剤曝露実験を行った。クロチアニジン処理区では底生ベントス群集に対し、クロラントラニリプロール処理区では動物プランクトン群集に対し負の影響が認められた。水田内の生物および水・土に対して殺虫剤の濃度測定を行ったところ、クロチアニジンは動物に蓄積しやすく、クロラントラニリプロールは植物および水・土に対して蓄積しやすいことが判明した。
    田植え期間の13日間と空中散布期間の6日間における対象流域でのクロチアニジン積算物質量の排出率は、田植え後に0.4%、空中散布後に1.3%であった。ライシメータに施用されたクロチアニジンは、田面水中に約12%、土壌中に約21%、植物体中に約1%存在し、浸透はほぼ0%であった。現地の対象水田およびライシメータ実験により、田面水中の濃度変化は光分解によることが示唆された。
    水田内での定期試料採取から、クロチアニジンおよびジノテフランはイネ体内に移行後急速に分解されており、各剤の殺虫活性の持続には吸収後の代謝産物の作用が考えられる。小ポットでの長期培養試験から、各剤の微生物分解が確認されたが、細菌群集組成への影響は認められなかった。一方、原生生物数は培養49日目以降に減少傾向にあった。
    胎仔期に農薬暴露を受けたマウスについて、個体成熟後に行動テストバッテリーを行ったところ、聴覚驚愕反射、記憶形成、社会行動などで異常な行動応答が認められ、胎仔期の農薬暴露が成熟後の脳機能に影響する可能性が示された。現在、行動解析後のマウスから遺伝子発現解析や組織化学解析用の脳サンプルの調製を進めている。
    極力化学物質を含まない乳児の尿の収集を試行し、収集方法を決定した。複数の医療機関および助産師からの研究協力を得て、乳児尿および母乳サンプルおよびアンケートデータの収集を開始した。

    researchmap

  • 水田細菌叢制御を目指した菌叢形成に支配的因子の特定

    2022年4月 - 2024年3月

    制度名:加藤記念研究助成

    提供機関:加藤記念バイオサイエンス振興財団

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 水田細菌叢形成メカニズムの解析-土壌理化学性改変による菌叢制御の試み―

    2022年4月 - 2024年3月

    制度名:若手研究者助成

    提供機関:発酵研究所

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 環境DNA分析による佐渡原生林生態系の網羅的解析

    2022年4月 - 2023年3月

    制度名:域学連携地域づくり応援事業

    提供機関:佐渡市

    鈴木一輝,原田直樹,Duygu Bozdogan,滝澤昇悟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 環境DNAを用いた森林植生モニタリングの挑戦

    2022年4月 - 2023年3月

    制度名:助成研究

    提供機関:内田エネルギー科学振興財団

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 水田細菌群集を形成する土壌の物理化学的性質の解明

    2020年4月 - 2021年3月

    制度名:試験研究費助成

    提供機関:佐々木環境技術振興財団

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 水田土壌の細菌群集を形成する土壌の物理化学的性質を探る

    2020年4月 - 2021年3月

    制度名:試験研究費助成

    提供機関:内田エネルギー科学振興財団

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 土壌タイプは水田土壌の細菌群集にいかなる影響を与えるか

    2019年4月 - 2020年3月

    制度名:試験研究費助成

    提供機関:内田エネルギー科学振興財団

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • NGS解析による有機水田土壌の特徴解明

    2018年4月 - 2019年3月

    制度名:共同研究

    提供機関:公益財団法人自然農法国際研究開発センター

    鈴木一輝, 原田直樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 生態ネットワーク解析の応用による植物―微生物相互作用の網羅的解明

    2017年4月 - 2018年3月

    制度名:試験研究費助成

    提供機関:内田エネルギー科学振興財団

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

  • 持続的な乾燥地農業を支える根圏微生物群集とは何か

    研究課題/領域番号:15J05051

    2015年4月 - 2017年3月

    制度名:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究種目:特別研究員奨励費

    提供機関:日本学術振興会

    鈴木 一輝

      詳細を見る

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    本研究では土壌劣化の影響下にある乾燥地において、AM菌と根圏細菌の群集構造解析を通し、有用菌の探索や土壌劣化に伴う微生物群集構造の変化を捉えることを目的とした。トルコアンカラにて土壌劣化の程度が異なる3地域における自然植生に注目し、多年草3種、一年草4種の7植物種について、AM菌および根圏細菌群集構造のアンプリコンシーケンス解析を行った。
    細根抽出DNAを鋳型に糸状菌ユニバーサルプライマーのみを使用したアンプリコンシーケンス解析では、AM菌DNAの増幅量が十分ではなかったため、1st PCRとしてAM菌のLSU-ITS-SSU領域を増幅させ、2nd PCRでITS領域を増幅させる方法を試みた結果、AM菌DNAを優先的に解析できることが示された。春季では多様なAM菌が検出されたが、一部の試料で著しく低いAM菌多様性が示された。このことに関して、今後プライマーの選択性等について再び検討する必要があると考えられる。また、現地土壌の培養及び保存は現在アンカラ大学にて継続しており、今後、現地の研究協力者と協働で資源化を進める予定である。
    細菌群集組成については、地点・植物種間で多少の変動は見られるものの、門レベルではFirmicutes門、Proteobacteria門、Actinobacteria門が優占しており、属レベルではBacillus属、Rubrobacter属が優占していた。今後、Bacillus属およびRubrobacter属に注目することで乾燥地農業に貢献し得るPGPRの獲得につながることが期待される。細菌群集組成を比較した結果、土壌劣化の程度が大きい地点では他とは異なる群集構造を示し、この傾向は特に春季で大きかった。今後、試料採取回数を増やし、経時変化を捉えることで、乾燥地における土壌微生物の季節的変動と環境要因との関係を明らかにできるものと考えられる。

    researchmap

  • 塩性土壌の改良に有用な耐塩性アーバスキュラー菌根菌の探索とその生理的機能の解明

    2013年4月 - 2014年3月

    制度名:笹川科学研究助成

    提供機関:公益財団法人日本科学協会

    鈴木一輝

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 応用生命科学演習I

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文I

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用生命科学演習II

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 科学英語演習

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文II

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 環境土壌学特論

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 応用生命科学実験

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 土と水

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 分析化学実験(農)

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 土壌植物資源科学実験

    2018年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示