2024/06/19 更新

写真a

エグチ カオリ
江口 香里
EGUCHI Kaori
所属
医歯学総合病院 摂食機能・補綴系歯科 冠・ブリッジ診療科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2016年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 歯学教育

  • 歯科補綴学

  • 骨代謝

  • 金属アレルギー

  • デンタルインプラント

研究分野

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   冠・ブリッジ診療科   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   冠・ブリッジ診療科   医員

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 摂食機能・補綴系歯科 冠・ブリッジ診療科   助教

    2017年4月 - 現在

学歴

  • 新潟大学   医歯学総合研究科

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   歯学部   歯学科

    2005年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • 異常絞扼反射の患者に対して大連結子の位置に配慮して上顎部分床義歯を適用した症例 査読

    江口香里

    日本補綴歯科学会誌   16 ( 1 )   75 - 78   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2186/ajps.16.75

    J-GLOBAL

    researchmap

  • The relationship between dental metal allergy, periodontitis, and palmoplantar pustulosis: An observational study. 査読

    Yurina Takaoka, Yosuke Akiba, Masako Nagasawa, Akiko Ito, Yukiko Masui, Nami Akiba, Kaori Eguchi, Haruna Miyazawa, Koichi Tabeta, Katsumi Uoshima

    Journal of prosthodontic research   66 ( 3 )   438 - 444   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: This study aimed to investigate the relationship between dental metal allergy, periodontitis, and palmoplantar pustulosis among patients from a dental metal allergy clinic over a period of 8 years. METHODS: This study included 436 patients who visited our dental metal allergy clinic between April 1, 2009 and March 31, 2016. Diagnoses of skin diseases, periodontal records, dental metal series patch test results, and electron probe microanalysis (EPMA) data were obtained from medical records. Relative risk (RR) values were estimated from these data. RESULTS: Of the 359 patients who underwent the patch test, 241 showed a positive reaction. Of the 187 patients who underwent EPMA, 113 had allergenic metals in their dental prostheses. These patients were suspected to have a dental metal allergy. Furthermore, 150 of the 436 patients were diagnosed with palmoplantar pustulosis (PPP). The RR of metal allergy between patients with PPP and healthy subjects was 3.88. The RR of periodontal disease between patients with PPP and PPP-negative patients in the national average was 2.54. CONCLUSIONS: In this study, both dental metal allergy and periodontitis showed a high RR for PPP.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_20_00307

    PubMed

    researchmap

  • Biological reaction control using topography regulation of nanostructured titanium 査読 国際誌

    Mayuko Shiozawa, Haruka Takeuchi, Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Nami Akiba, Yujin Aoyagi, Masako Nagasawa, Hiroyuki Kuwae, Kenji Izumi, Katsumi Uoshima, Jun Mizuno

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2438 - 2438   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020, The Author(s). The micro- and nanosize surface topography of dental implants has been shown to affect the growth of surrounding cells. In this study, standardized and controlled periodic nanopatterns were fabricated with nanosized surface roughness on titanium substrates, and their influence on bone marrow stromal cells investigated. Cell proliferation assays revealed that the bare substrate with a 1.7 nm surface roughness has lower hydrophilicity but higher proliferation ability than that with a 0.6 nm surface roughness. Further, with the latter substrate, directional cell growth was observed for line and groove patterns with a width of 100 nm and a height of 50 or 100 nm, but not for those with a height of 10 or 25 nm. With the smooth substrate, time-lapse microscopic analyses showed that more than 80% of the bone marrow cells on the line and groove pattern with a height of 100 nm grew and divided along the lines. As the nanosized grain structure controls the cell proliferation rate and the nanosized line and groove structure (50–100 nm) controls cell migration, division, and growth orientation, these standardized nanosized titanium structures can be used to elucidate the mechanisms by which surface topography regulates tissue responses to biomaterials.

    DOI: 10.1038/s41598-020-59395-4

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • バーチャルリアリティ(VR)とオーグメンテッドリアリティ(AR)を用いた支台歯形成練習の効果

    長澤麻沙子, 秋葉奈美, 江口香里, 高昇将, 魚島勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   39th   62 - 62   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ROCK inhibitors enhance bone healing by promoting osteoclastic and osteoblastic differentiation 査読 国際誌

    Juri Nakata, Yosuke Akiba, Jun Nihara, Lay Thant, Kaori Eguchi, Hiroko Kato, Kenji Izumi, Mariko Ohkura, Masanori Otake, Yoshito Kakihara, Isao Saito, Makio Saeki

    Biochemical and Biophysical Research Communications   526 ( 3 )   547 - 552   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Elsevier Inc. Osteoclast and osteoblast are essential for proper bone development and remodeling as well as recovery of bone fracture. In this study, we seek chemical compounds that enhance turnover of bone metabolism for promoting bone healing. First, we screen a chemical library which includes 378 compounds by using murine pre-osteoclastic RAW264.7 cells to identify compounds that promote osteoclastic differentiation. We find that two ROCK (Rho-associated coiled-coil kinase) inhibitors, HA-1077 (Fasudil) and Y-27632, enhance osteoclastogenesis. Subsequently, we identify that these two compounds also increase osteoblastic differentiation of MC3T3-E1 cells. Finally, our in vivo experiment shows that the local administration of ROCK inhibitors accelerate the bone healing of the rat calvarial defect.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.03.033

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Valproic Acid Contributes to Bone Cavity Healing in Rats 査読

    Mamunur Rashid, Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Nami Akiba, Masaru Kaku, Masako Nagasawa, Katsumi Uoshima

    Dentistry   9 ( 3 )   1 - 8   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: valproic-acid-contributes-to-bone-cavity-healing-in-rats.pdf

    researchmap

  • Insulin-like growth factor binding Protein-3 suppresses osteoblast differentiation via bone morphogenetic protein-2. 査読 国際誌

    Kaori Eguchi, Yosuke Akiba, Nami Akiba, Masako Nagasawa, Lyndon F Cooper, Katsumi Uoshima

    Biochemical and biophysical research communications   507 ( 1-4 )   465 - 470   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bone augmentation therapy is used in dental implantation. While techniques to induce bone formation are generally successful, the maintenance of bone mass is more difficult. Therefore, it is important to understand the mechanisms that regulate this process. Insulin-like growth factor-1 (IGF-1) is one of the most abundant growth factors that regulate bone mass, promote osteoblast differentiation, and accelerate bone formation. The activity of IGF-1 is regulated by IGF-binding proteins (IGFBPs). IGFBP-3 forms a ternary complex with IGF-1, extending its half-life in the circulating system. Therefore, IGFBP-3 acts as a stabilizer and transporter of IGF-1. Recent studies reported new IGF-1-independent functions of IGFBP-3 related with bone metabolism. In this study, we investigated the function of IGFBP-3 in osteoblast differentiation. Our results showed that IGFBP-3 decreases the expression of osteoblast differentiation markers, whose expression is enhanced by bone morphogenetic protein-2 (BMP-2). IGFBP-3 also reduced BMP-2 effect on ALP activity and mineral nodule formation. In addition, IGFBP-3 suppresses the activity of the Smad Binding Element (SBE) reporter, induced by BMP-2 signaling. These results suggest that IGFBP-3 inhibits osteoblast differentiation through the BMP-2 signal pathway, and that IGFBP-3 might play a role in bone mass maintenance in an IGF-1-dependent and -independent manner.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.11.065

    PubMed

    researchmap

  • The effect of ROCK inhibitor on bone remodeling 査読

    Juri Nakata, Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Jun Nihara, Isao Saito, Yoshito Kakihara, Makio Saeki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   32   S229 - S229   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

    researchmap

  • Biological Evaluation of Implant Drill Made from Zirconium Dioxide. 査読 国際誌

    Yosuke Akiba, Kaori Eguchi, Nami Akiba, Katsumi Uoshima

    Clinical implant dentistry and related research   19 ( 2 )   306 - 315   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PURPOSE: Zirconia is a good candidate material in the dental field. In this study, we evaluated biological responses against a zirconia drill using a bone cavity healing model. MATERIALS AND METHODS: Zirconia drills, stainless steel drills, and the drilled bone surface were observed by scanning electron microscopy (SEM), before and after cavity preparation. For the bone cavity healing model, the upper first and second molars of Wistar rats were extracted. After 4 weeks, cavities were prepared with zirconia drills on the left side. As a control, a stainless steel drill was used on the right side. At 3, 7, and 14 days after surgery, micro-CT images were taken. Samples were prepared for histological staining. RESULTS: SEM images revealed that zirconia drills maintained sharpness even after 30 drilling procedures. The bone surface was smoother with the zirconia drill. Micro-CT images showed faster and earlier bone healing in the zirconia drill cavity. On H-E staining, at 7 days, the zirconia drill defect had a smaller blank lacunae area. At 14 days, the zirconia drill defect was filled with newly formed bone. CONCLUSIONS: The zirconia drill induces less damage during cavity preparation and is advantageous for bone healing. (197 words).

    DOI: 10.1111/cid.12452

    PubMed

    researchmap

  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)を用いたエピジェネティクス制御による細胞分化制御を利用した新規骨増成法に関する研究 査読

    秋葉陽介, 江口香里, MAMUNUR Rashid MD, 加来賢, 秋葉奈美, 魚島勝美, 魚島勝美

    日本歯科医学会誌   33   44 - 48   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)は抗癌剤、抗てんかん薬として臨床応用される薬剤である。HDACIは遺伝子発現過程においてクロマチンリモデリングに関与し、遺伝子発現を活性化することが知られている。骨形成関連においてはRunx2の安定化に関与し骨芽細胞の分化を促進する作用が報告されている。そこで本研究では、はじめに上顎骨円筒形骨欠損修復モデルを用いてHDACIの全身投与における骨形成能の賦活化を検討することとした。HDACIにはバルプロ酸(Valproic acid(VPA))を使用し、投与法は腹腔内投与、投与期間は円筒形骨欠損形成前7日間とした。VPA全身投与群では窩洞内新生骨形成能促進、円筒形骨欠損治癒促進を示す像が窩洞形成14日から21日後にかけて観察された。次に頭蓋骨限界径骨欠損細胞移植モデルを作製し、大腿骨より採取した骨髄間質細胞をVPA処理し欠損部へ移植した。VPA処理細胞移植窩洞では対照群と比較して窩洞内の石灰化の亢進が観察された。本研究より骨増成法におけるHDACIの有効性が示され、更にHDACIの多機能性を応用した新規骨増成法開発の可能性が示唆された。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 移植細胞の生存率向上と機能維持を目的とした酸化還元制御による骨増生法の開発 査読

    グエン クアン, 秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   53 ( 2 )   2024年

     詳細を見る

  • 抗酸化物質エダラボンによる移植細胞の生存率向上と機能維持を応用した骨増生法開発 査読

    NGUYEN VAN Quang, 秋葉陽介, 江口香里, 高岡由梨那, 秋葉奈美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   15   2023年

     詳細を見る

  • 規格化ナノ構造チタンにおける骨髄由来細胞の増殖と動態

    秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 高岡由梨那, 水野潤, 魚島勝美

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集(Web)   44th   2022年

     詳細を見る

  • 予知性の高い骨増生法の開発を目的とした抗酸化物質エダラボンによる移植細胞の生存率向上と機能温存 査読

    江口香里, 秋葉陽介, グエンヴアン クアン, 工藤莉奈, 高岡由梨那, 魚島勝美

    日本歯科医学会誌   41   47 - 47   2022年

     詳細を見る

  • 金属アレルギーによる乾癬の病態維持・増悪機序の探索 査読

    高岡由梨那, 秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 長澤麻沙子, 高永和, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   14   2022年

     詳細を見る

  • 金属アレルギーによる乾癬病態継続機構の探索 査読

    高岡由梨那, 秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 長澤麻沙子, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会関越支部学術大会プログラム・抄録集(Web)   2022   2022年

     詳細を見る

  • 嘔吐反射を有する上顎両側臼歯部欠損患者に対して大連結子の位置に配慮して部分床義歯を適用した症例 査読

    江口香里

    日本補綴歯科学会関越支部学術大会プログラム・抄録集(Web)   2022   2022年

     詳細を見る

  • 本学歯学部学生の歯冠修復学実習における支台歯形成自己評価能力について

    長澤麻沙子, 秋葉奈美, 秋葉陽介, 加来賢, 青柳裕仁, ROCABADO J M Rosales, 江口香里, 魚島勝美

    日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集   38th   94 - 94   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科医学教育学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 乾癬の病態機構に対する歯科金属アレルギー関与の可能性の探究 査読

    高岡由梨那, 秋葉陽介, 秋葉奈美, 長澤麻沙子, 江口香里, 竹内陽香, 魚島勝美

    日本歯科医学会誌   38   59 - 59   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ROCK阻害剤の骨代謝および矯正学的歯の移動への影響

    中田樹里, 中田樹里, 柿原嘉人, 秋葉陽介, 江口香里, 丹原惇, 大倉麻里子, 加藤寛子, 加藤寛子, 泉健郎, 佐伯万騎男, 齋藤功

    新潟歯学会雑誌   47 ( 2 )   120 - 120   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 明倫短期大学附属歯科診療所における訪問歯科診療の実態調査(第二報) 患者側からみた歯科訪問診療の評価

    小林 梢, 河野 雅之, 加藤 由香里, 廣安 和枝, 井田 貴子, 江口 香里, 宮 福子, 市川 伸彦, 水橋 庸子, 春川 麻美, 鈴木 紗都子, 涌井 英恵, 椎谷 恵, 五十嵐 有沙, 八幡 可奈子, 小林 智美, 牧野 真理, 白井 貴美, 木暮 ミカ

    明倫短期大学紀要   20 ( 1 )   132 - 132   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:明倫短期大学  

    researchmap

  • ROCK阻害剤の骨代謝への影響とその作用機序の解析

    中田樹里, 中田樹里, 秋葉陽介, 江口香里, 丹原惇, 齋藤功, 柿原嘉人, 佐伯万騎男

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   35th   184 - 184   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 明倫短期大学附属歯科診療所における訪問歯科診療の実態調査(第一報) 訪問件数の動向

    市川 伸彦, 河野 雅之, 加藤 由香里, 廣安 和枝, 井田 貴子, 江口 香里, 宮 福子, 小林 梢, 水橋 庸子, 春川 麻美, 鈴木 紗都子, 涌井 英恵, 椎谷 恵, 五十嵐 有沙, 八幡 可奈子, 小林 智美, 牧野 真理, 白井 貴美, 赤川 貴行, 森田 知治, 木暮 ミカ

    明倫短期大学紀要   20 ( 1 )   131 - 131   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:明倫短期大学  

    researchmap

  • 機能特化プライミング細胞カクテルによる多面的骨形成法

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   151 - 151   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • IGFBP-3はBMP-2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口 香里, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 長澤 麻沙子, Cooper Lyndon, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   8 ( 特別号 )   259 - 259   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • IGFBP-3はBMP-2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口香里, 秋葉陽介, 秋葉奈美, 長澤麻沙子, COOPER Lyndon, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   8   2016年

     詳細を見る

  • 機能特化プライミング細胞カクテルによる多面的骨形成法

    秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会誌(Web)   8   2016年

     詳細を見る

  • IGF binding protein3はBMP2シグナルを介してIGF非依存的に骨形成を抑制する

    江口香里, 秋葉陽介, 長澤麻沙子, 水嶌一尊, クーパー リンドン, 魚島勝美

    新潟歯学会雑誌   45 ( 2 )   107 - 107   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多機能性エピジェネティクス化合物による骨増成法への多面的アプローチ

    秋葉 陽介, 江口 香里, 秋葉 奈美, 北見 恩美, マルセロ・ロサレス, 加来 賢, 魚島 勝美

    日本補綴歯科学会誌   6 ( 特別号 )   264 - 264   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    researchmap

  • HDACi処理細胞移植による骨増成法の検討

    江口 香里, 秋葉 陽介, 秋葉 奈美, 北見 恩美, 加来 賢, 魚島 勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement   2013   189 - 189   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

    researchmap

  • 各種HDACiが骨分化能,骨形成能に与える影響に関する研究

    江口香里, 秋葉奈美, 秋葉奈美, ROSALES Juan Marcelo, 野澤恩美, 加来賢, 秋葉陽介, 秋葉陽介, 魚島勝美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   122nd ( 特別号 )   275 - 275   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ジルコニア製インプラントドリルの生物学的評価に関する研究

    秋葉陽介, 秋葉陽介, 江口香里, 秋葉奈美, 秋葉奈美, ROSALES Juan Marcelo, 野澤恩美, 加来賢, 魚島勝美, 魚島勝美

    日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   122nd ( 特別号 )   167 - 167   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • HDACi処理細胞移植による骨増成法の検討

    江口香里, 秋葉陽介, 秋葉陽介, 秋葉奈美, 秋葉奈美, 北見恩美, 北見恩美, 加来賢, 魚島勝美, 魚島勝美

    Journal of Oral Biosciences Supplement (Web)   2013   2013年

     詳細を見る

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • チタン結晶構造制御とVUV照射による骨結合促進可能なインプラント表面開発

    研究課題/領域番号:23K09292

    2023年4月 - 2026年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(C)

    提供機関:日本学術振興会

    江口 香里, 秋葉 陽介, 魚島 勝美, 照沼 美穂

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    researchmap

  • 免疫寛容破綻を起点とした歯科金属アレルギー発症機序の可能性探索

    研究課題/領域番号:20K18627

    2020年4月 - 2024年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    江口 香里

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    歯科金属材料がアレルギーの原因となることがある。歯科治療が原因となる歯科金属アレルギーは医原病であり、歯科が解決する責務を負う課題であるが、いまだに金属の体内侵入経路やアレルギー発症の起点すら解明されていない。歯科金属アレルギー治療の第一選択は口腔内の抗原被疑金属除去であるが、近年、歯周治療によって歯科金属アレルギー関連疾患の症状が寛解するとの報告も増えている。しかし、歯科金属アレルギー関連疾患と歯周病および歯周治療との関連性を病態生理学的に検証した研究はない。本研究の目的は、新たに歯周病を併発した経口歯科金属アレルギー動物モデルを確立し、金属補綴修復物と歯周病による免疫寛容の破綻が歯科金属アレルギー発症機序の起点になるか否かを明らかにすることである。本研究の遂行により、金属の体内侵入経路とその機序が明らかになる。また、治療標的を明らかにすることができれば、歯科金属アレルギー関連疾患の症状寛解に有効な歯科処置のエビデンス構築に貢献することができる。
    研究期間の初年度となる本年度は、ニッケルおよびパラジウムに対する歯周病併発経口歯科金属アレルギー動物モデルを作成するため、感作、惹起等の試適条件の検索を行った。歯周病を併発させた場合、金属アレルギー単独の場合と比較して炎症症状が増悪することが示唆された。現在は作成したモデル動物の金属アレルギー発症部位における炎症の評価のため、組織学的解析を進めている。

    researchmap

  • IGFBP-3による骨代謝制御機構の解明と新規骨増生法開発への応用

    研究課題/領域番号:17K17161

    2017年4月 - 2020年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    江口 香里

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    本研究は、インスリン様成長因子結合蛋白-3(IGFBP-3)が骨組織においてIGF非依存的な新たな機能を有する可能性に着目し、IGFBP-3が骨代謝制御の一端を担い得るのではないかとの着想から、IGFBP-3が間葉系幹細胞の骨芽細胞分化に及ぼす影響の解析を行った。骨芽細胞の培養系におけるIGFBP-3の添加により、骨芽細胞分化マーカーの遺伝子発現量の減少、ALP活性の低下、石灰化の抑制が認められた。さらに、IGFBP-3はBMP-2シグナルを抑制することで骨芽細胞の分化および成熟を抑制する可能性が示唆された。

    researchmap

  • IGFBP-3を起点とする骨代謝制御を介した新規骨増生法開発

    研究課題/領域番号:16H06815

    2016年8月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:研究活動スタート支援

    提供機関:日本学術振興会

    江口 香里

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    歯科領域において骨量が不足する部位へのインプラント術前処置や歯周病による骨欠損部への骨増生、顎骨の再建術など、増生骨量の長期維持を必要とする治療は多い。本研究の目的は、IGFBP-3を介した骨代謝の均衡制御を通して、増生骨の長期維持を可能にする新たな骨再生療法の基盤を構築し、同時にIGFBP-3 のIGF 非依存的作用機序を解明することである。
    平成28年度は、マウス骨髄由来間質細胞に対してBMP2による骨芽細胞分化誘導を行い、IGFBP-3の骨芽細胞分化及び石灰化に対する影響について、それぞれreal-time PCRによる遺伝子発現解析、ALP活性解析、アリザリンレッド染色による石灰化解析を行った。 その結果、BMP2刺激により骨芽細胞分化マーカー遺伝子(Sp7, Alp, Bglap)の発現量、ALP活性は優位に上昇し、石灰化ノジュールの形成を認めたが、IGFBP-3はBMP-2によるこれらの上昇(骨芽細胞分化促進)を優位に抑制することが明らかとなった。
    また、骨芽細胞様細胞株MC3T3-E1対して骨芽細胞分化誘導を行い、分化による細胞の表現型変化時における内因性IGFBP-3の発現の有無及び発現量の経時的変化を、real-time PCRにて定量的に解析した。その結果、骨芽細胞への分化、成熟が進むにつれて、細胞自身によるIGFBP-3の発現量は優位に減少することが明らかとなった。
    今後は、BMP-2シグナルに着目し、IGFBP-3による骨芽細胞分化誘導促進メカニズムの詳細について解析を行っていく予定である。

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 生涯にわたる歯と咬合

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • デジタル技術を用いた補綴臨床治療学IIA

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • デジタル技術を用いた補綴臨床治療学IA

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科衛生士臨床実習II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科臨床推論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯の形態学

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習Ⅱ

    2020年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 特別授業 歯科臨床推論

    2020年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示