2024/07/13 更新

写真a

イトウ ノブユキ
伊藤 伸幸
ITO Nobuyuki
所属
教育研究院 人文社会科学系 経済学系列 准教授
経済科学部 総合経済学科 准教授
職名
准教授
ホームページ
外部リンク

学位

  • 博士(経済学) ( 2011年3月   神戸大学 )

研究キーワード

  • Envionmental valuation

  • Discrete choice

  • 環境評価

  • 応用計量経済学

  • 環境経済学

  • 実験経済学

  • 行動経済学

  • 公共経済学

研究分野

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 環境・農学 / 環境影響評価

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   経済学部   准教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 京都大学   学際融合教育研究推進センター   特定准教授

    2017年3月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 京都大学   学際融合教育研究推進センター   特定助教

    2013年4月 - 2017年2月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   経済科学部 総合経済学科   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 新潟大学   経済学部   准教授

    2018年4月 - 2020年3月

 

論文

  • Can market segmentation improve the performance of water quality trading auction? A laboratory experiment 査読

    Nobuyuki Ito

    Ecological Economics   213   107934 - 107934   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ecolecon.2023.107934

    researchmap

  • How group size and decision rules impact risk preferences: Comparing group and individual settings in lottery-choice experiments 査読

    Masao Fukutomi, Nobuyuki Ito, Yohei Mitani

    Journal of Behavioral and Experimental Economics   98   1 - 9   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.socec.2022.101873

    researchmap

  • Do battery-switching systems accelerate the adoption of electric vehicles? A stated preference study 査読

    Nobuyuki Ito, Kenji Takeuchi, Shunsuke Managi

    Economic Analysis and Policy   61   85 - 92   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.eap.2017.02.004

    researchmap

  • Averting behaviors of very small radiation exposure via food consumption after the fukushima nuclear power station accident 査読

    Nobuyuki Ito, Koichi Kuriyama

    American Journal of Agricultural Economics   99 ( 1 )   55 - 72   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    This article considers changes in the perception and avoidance behavior of food risks over time. In Japan, consumers' concerns about the risks of radiation exposure via food consumption rose rapidly after the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station in 2011. We conducted choice experiment surveys three months, seven months, and eleven months after the Fukushima accident and simulated the conditional means of willingness to pay (WTP) for avoiding radiation exposure via food consumption in each survey period. The results show that although the characteristics of changes in averting behaviors vary depending on the type of food, the heterogeneity in WTP values for avoiding food risk tends to reduce (broaden) when their magnitude decreases (increases).

    DOI: 10.1093/ajae/aaw078

    Web of Science

    researchmap

  • 環境経済学における実験研究の最新動向 査読

    三谷羊平, 伊藤伸幸

    環境経済・政策研究   6 ( 2 )   26 - 40   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:岩波書店  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Willingness-to-pay for infrastructure investments for alternative fuel vehicles 査読

    Nobuyuki Ito, Kenji Takeuchi, Shunsuke Managi

    Transportation Research Part D: Transport and Environment   18   1 - 8   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.trd.2012.08.004

    Web of Science

    J-GLOBAL

    researchmap

  • The motivation behind behavioral thresholds: A latent class approach 査読

    N. Ito, K. Takeuchi, T. Tsuge, A. Kishimoto

    Economics Bulletin   32 ( 3 )   1831 - 1847   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Economics Bulletin  

    CiNii Article

    researchmap

  • Applying threshold models to donations to a green electricity fund 査読

    Nobuyuki Ito, Kenji Takeuchi, Takahiro Tsuge, Atsuo Kishimoto

    ENERGY POLICY   38 ( 4 )   1819 - 1825   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCI LTD  

    This study applies a threshold model proposed by Granovetter (1978) to analyze the diffusion process of donating behavior for renewable energy. We first use a stated preference survey to estimate the determinants of a decision to support the donation scheme under various predicted participation rates. Using the estimated coefficients, we simulate how herd behavior spreads and the participation rate reaches the equilibrium. The participation rate at the equilibrium is estimated as 37.88% when the suggested donation is 500 yen, while it is 17.76% when the suggested amount is 1000 yen. The influence of environmentalism and altruism is also examined, and we find that these motivations increase the participation rate by 31.51% on average. (C) 2009 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.enpol.2009.11.057

    Web of Science

    researchmap

  • The influence of decision-making rules on individual preferences for ecological restoration: Evidence from an experimental survey 査読

    Nobuyuki Ito, Kenji Takeuchi, Koichi Kuriyama, Yasushi Shoji, Takahiro Tsuge, Yohei Mitani

    Ecological Economics   68 ( 8-9 )   2426 - 2431   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ecolecon.2009.03.022

    Web of Science

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • Collective risk preferences in small groups: A structural estimation approach

    伊藤 伸幸

    第21回実験社会科学カンファレンス  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ラボ実験を用いた個人と集団のリスク態度に関する研究動向

    伊藤 伸幸

    第27回日本リスク研究学会年次大会  2014年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Risk attitudes and trading ratios in water quality trading auctions: A laboratory experiment

    伊藤 伸幸

    環境経済・政策学会2012年大会  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 企業の環境への取り組みと製品の環境負荷に対する消費者の選好:選択型実験による自動車購入の分析

    伊藤 伸幸

    環境経済・政策学会2010年大会  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • グリーン電力基金制度の動学的分析 潜在クラスモデルによるアプローチ

    伊藤 伸幸

    環境経済・政策学会2009年大会  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Identifying Conditional Cooperator in the Green Electricity Funds Programs: A Latent Class Approach

    伊藤 伸幸

    第13回実験社会科学カンファレンス  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Multi Attributes Project Evaluation of Ecological Restoration: An Economic Experiment in Kushiro wetland, Japan 国際会議

    Nobuyuki Ito

    6th European Conference on Ecological Restoration  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • How Decision-making Rule Influences Citizens' Preference for Ecological Restoration: Evidence from Experimental Survey in Kushiro, Japan 国際会議

    Nobuyuki Ito

    10th Biennial Conference of the International Society for Ecological Economics  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 水質取引オークションの市場細分化に関する実験研究

    研究課題/領域番号:18K12766

    2018年4月 - 2023年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究

    提供機関:日本学術振興会

    伊藤 伸幸

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    昨年度は,実験データの分析と論文の執筆,ラボ実験の実験デザインを中心に行った。
    実験データの分析では,環境ベースの水質クレジットを取引するオークションの実験データを分析した。この実験では,各非点源の汚染寄与度が入札者に公開されている状況を考え,汚染寄与度によってオークション市場を細分化した場合と細分化しない場合をそれぞれトリートメントとした。分析では,オークションで実現した汚染削減量と,仮に各非点汚染源の汚染削減費用が規制当局に知られており,最小費用で汚染削減が遂行できた場合の汚染削減量の比,オークションにおける費用対効果と最小費用で汚染削減を行った場合の費用対効果の比,売り手の利益の合計を指標として用い,それぞれのトリートメントにおけるオークションのパフォーマンスを比較した。さらに,それらの指標のトリートメント間での差異が生じている要因について,入札行動に関するデータを使って分析した。これらの分析結果についてまとめた論文を国際学術雑誌に投稿した。
    ラボ実験の実験デザインでは,投入ベース(排出ベース)の水質クレジットを取引するオークションの実験デザインに取り組んだ。環境ベースの水質クレジットの場合,対象としている水域の水質が1単位改善される対策に対してクレジットが発行されるため,どの売り手から購入したものであっても買い手にとっては1単位分のクレジットの価値は等しい。一方,投入ベースの水質クレジットでは,汚濁物質を排出している場所で1単位の汚濁物質が削減されることに対してクレジットが発行されるため,どの売り手から購入したかによって買い手にとっての1単位分のクレジットの価値が異なる。このような投入ベースの水質クレジットを取引するオークションについて,汚染寄与度1単位あたりの入札額で落札者が決まる水質取引を考え,数値計算による買い手の予算額の決定などの実験デザインを行った。

    researchmap

  • 生物多様性の価値評価における熟議の役割と保全政策への応用

    研究課題/領域番号:15H02867

    2015年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:基盤研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    栗山 浩一, 伊藤 伸幸, 坂井 豊貴, 庄子 康, 柘植 隆宏

      詳細を見る

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    生物多様性の価値を環境政策に反映することが政策課題となっているが、生物多様性に対する関心は人によって大きく異なるため、生物多様性の価値評価は容易ではない。本研究では、対話や討論をもとに環境の価値を評価する「熟議型貨幣評価」に着目し、熟議の中で他者の意見を参考にしながら生物多様性の価値が次第に形成されるプロセスを明らかにすることで、生物多様性の価値を環境政策に反映する方法を開発した。

    researchmap

  • 水質取引オークションの制度設計に関する研究

    研究課題/領域番号:15K21116

    2015年4月 - 2018年3月

    制度名:科学研究費助成事業

    研究種目:若手研究(B)

    提供機関:日本学術振興会

    伊藤 伸幸

      詳細を見る

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    水質取引オークションとは、主に農地など特定の排水場所を持たず、かつ汚濁物質の削減義務を負わない非点源が水質汚濁物質を削減した場合に、その削減量に応じた水質クレジットを発行し、それらをオークションで取引するという制度である。汚濁物質の削減義務を負った点源がそれらのクレジットを購入することで、全体の削減費用を最小化できる。本研究では、移動係数に異質性が存在する状況を非対称オークションのモデルを応用して定式化し、単一または複数のクレジットが存在する場合について、ラボ実験を用いた実証的な研究に取り組んだ。実験データの分析は未だ途中であるが、本課題に関する実験研究の基本的な枠組みを構築することができた。

    researchmap

  • Behavioral approaches in environmental valuation

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 環境評価における行動経済学的アプローチ

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 演習 III

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習 IV

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 特殊講義(経済データ処理演習)

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズIII

    2023年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 統計入門I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 経済統計学

    2022年
    機関名:新潟大学

  • 計量経済分析入門

    2022年
    機関名:新潟大学

  • 計量経済分析演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 経済経営統計入門

    2021年
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズI

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 計量経済学II

    2021年
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズII

    2021年
    機関名:新潟大学

  • 統計入門

    2020年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅡB

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 計量経済分析特論

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅡA

    2020年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅠB

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅠA

    2019年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 計量経済学Ⅰ

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 計量経済分析入門

    2018年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 統計入門Ⅱ

    2018年
    -
    2022年
    機関名:新潟大学

  • 統計入門Ⅰ

    2018年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示